Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc"

Transcription

1 NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課

2 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7 NPO 法 とはどのような 法 律 ですか? 5 Q 8 法 人 格 とは 何 ですか? 5 Q 9 NPO 法 人 になるための 要 件 は 何? 6 Q10 NPO 法 人 になるための 手 続 きは? 7 Q11 手 続 きに 要 する 期 間 は? 9 Q12 NPO 法 人 の 設 立 に 要 する 経 費 は? 9 Q13 活 動 実 績 は 必 要 ですか? 9 Q14 法 人 格 取 得 のメリットは? 9 Q15 NPO 法 人 の 義 務 は? 10 Q16 法 人 化 の 判 断 は? 10 Q17 NPO 法 人 を 誰 がチェックしますか? 11 Q18 NPO 法 人 に 対 する 行 政 の 監 督 は? 11 Q19 NPO 法 人 の その 他 の 事 業 とは? 12 Q20 NPO 法 人 の 税 金 は? 12 Q21 認 定 NPO 法 人 制 度 とは? 13 Q22 NPO 法 人 設 立 の 申 請 や 届 出 の 窓 口 は? 13 1

3 Q1 NPOって 何? NPO は Non-Profit Organization の 略 称 で 一 般 的 には 民 間 非 営 利 組 織 と 訳 されています 営 利 を 目 的 とする 株 式 会 社 などと 異 なり 収 入 から 費 用 を 差 し 引 いた 利 益 を 関 係 者 に 分 配 し ないことを 基 本 に 社 会 的 使 命 の 追 求 を 目 的 として 自 発 的 な 活 動 を 継 続 して 行 う 団 体 のこと を 指 します 一 方 NPO 法 人 というと NPO 法 により 法 人 格 を 取 得 した 団 体 を 指 します この NPO のという 言 葉 は いろいろな 使 われ 方 がされています 最 も 狭 い 意 味 では NPO 法 人 を 指 し 次 に 広 い 意 味 では ボランティア 団 体 などの 法 人 格 の ない 市 民 活 動 団 体 を 含 めて NPO と 捉 えています より 広 く 社 団 法 人 や 学 校 法 人 など 各 法 律 に 基 づく 法 人 や 自 治 会 などの 住 民 自 治 組 織 を 含 めて NPO と 捉 えたり さらには 労 働 団 体 や 経 済 団 体 などの 共 益 団 体 も 含 めて NPO と 捉 え たりすることもあります Q2 非 営 利 とはどういうことですか? 非 営 利 とは 活 動 によって 上 げた 利 益 を 構 成 員 に 分 配 することができない という 意 味 です 非 営 利 というと お 金 をもらったり 利 益 をあげたりすることはできないと 思 われるかもしれ ませんが そうではなく 利 益 を 団 体 の 構 成 員 に 分 配 しないということです 2

4 利 益 をあげることを 目 的 としている 株 式 会 社 は 株 主 がお 金 を 出 資 して 会 社 はこれを 元 手 として 事 業 を 行 い 利 益 をあげ 株 主 に 配 当 します これに 対 して 社 会 的 使 命 を 果 たすことを 目 的 としている 非 営 利 の NPO は 寄 附 者 や 協 力 者 ボランティアなどから 活 動 資 金 として 会 費 や 寄 附 金 を 集 めたり 活 動 に 対 する 対 価 を もらったりすることもできますが 収 益 を 団 体 の 構 成 員 に 分 配 することはできません 利 益 を 次 の 社 会 的 使 命 を 果 たすために 使 います そして 同 時 に 寄 附 者 や 協 力 者 に 対 してど のように 使 ったのか どのような 成 果 があったのかといった 説 明 や 報 告 をし そしてまた 次 の 協 力 や 寄 附 を 呼 びかけていくわけです 事 業 であげた 利 益 を 団 体 の 構 成 員 に 分 配 せず 社 会 貢 献 活 動 のために 使 うので 営 利 を 目 的 とする 団 体 ではない 非 営 利 団 体 と 言 えます Q3 NGOとの 違 いは? NGO(エヌ ジー オー)は Non-governmental Organization という 英 語 の 略 称 で 非 政 府 組 織 と 訳 されています 国 連 から 生 まれ NPO よりもかなり 早 くから 日 本 で 使 われている 名 称 で 主 として 国 際 協 力 などの 国 境 を 超 えた 活 動 を 行 っている 団 体 に 対 して 使 われます 組 織 を 営 利 か 非 営 利 かという 視 点 で 捉 えれば NPO となり 政 府 ではないという 視 点 で 捉 れ ば NGO となるので NPO も NGO も 本 質 的 には 同 じものです どちらの 視 点 を 強 調 したいか によって 使 い 分 けられています Q4 NPOとボランティアとの 違 いは? NPO=ボランティアという 誤 った 認 識 がされることがあります 3

5 確 かに NPOの 多 くはボランティアにより 支 えられていますが NPOは 社 会 貢 献 活 動 を 継 続 的 に 行 う 組 織 ですから 活 動 のための 資 金 を 自 ら 稼 ぐことは 組 織 を 維 持 するためには 必 要 だとも 言 えます したがって NPOと 無 料 奉 仕 とは 直 接 には 結 びつきません また 参 加 という 視 点 でいえば ボランティアは 参 加 する 側 で NPOは 参 加 を 促 す 側 参 加 の 受 け 皿 という 違 いもあります このような ボランティアと NPO の 違 いを 理 解 しておくことも 大 切 なことです ボランティア ボランティア 団 体 NPO 社 会 のために 何 かをしたいという 意 思 を 持 ち 自 発 的 に 活 動 する 個 人 ボランティア( 個 人 )の 集 合 体 社 会 的 使 命 を 果 たすために 継 続 的 に 活 動 する 組 織 体 Q5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 組 織 の 大 きな NPO の 中 には 専 属 の 職 員 がいて 給 料 をもらって 働 いていることがありま す 給 料 を 支 払 うのは 利 益 の 分 配 になり 非 営 利 でなくなると 思 われるかもしれませんが こ の 点 だけを 指 して 非 営 利 ではない と 言 うことはできません 事 務 所 を 構 えれば 電 気 代 電 話 代 や 事 務 用 品 費 などの 経 費 が 必 要 となるように 職 員 の 給 料 も 団 体 の 運 営 に 必 要 なものであり 正 当 な 労 働 の 対 価 として 支 払 うのであれば 利 益 の 分 配 とは 言 えません ただし 社 会 的 な 常 識 から 見 てあまりにも 高 給 を 払 えば 利 益 の 分 配 と 見 られる 可 能 性 があ ります また NPO の 活 動 には それを 支 えるボランティアが 重 要 なことは 言 うまでもありません Q6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 日 本 には 町 内 会 や 自 治 会 などの 地 縁 組 織 があり これを 基 盤 に 子 供 会 や 老 人 会 などの 活 動 が 行 われています これらの 組 織 の 多 くは 地 域 性 が 強 く 一 定 の 区 域 に 居 住 する 人 々の 相 互 扶 助 的 な 活 動 が 中 心 であり 仲 間 内 のために 活 動 する 共 益 的 な 団 体 が 中 心 です しかし 自 治 会 等 の 活 動 をベースとしながらも 地 域 住 民 のみでなく 地 域 外 の 人 も 巻 き 込 み 自 発 的 に 社 会 貢 献 活 動 を 行 えば 公 益 的 な 組 織 とみなされ NPO に 分 類 されることになります 4

6 Q7 NPO 法 とはどのような 法 律 ですか? NPO 法 人 とは 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 (NPO 法 )に 基 づいて 法 人 格 を 取 得 した 団 体 を 指 します NPO 法 の 第 一 条 ( 目 的 )には 次 のように 規 定 されています この 法 律 は 特 定 非 営 利 活 動 を 行 う 団 体 に 法 人 格 を 付 与 すること 並 びに 運 営 組 織 及 び 事 業 活 動 が 適 正 であって 公 益 の 増 進 に 資 する 特 定 非 営 利 活 動 法 人 の 認 定 に 係 る 制 度 を 設 けること 等 により ボランティア 活 動 をはじめとする 市 民 が 行 う 自 由 な 社 会 貢 献 活 動 としての 特 定 非 営 利 活 動 の 健 全 な 発 展 を 促 進 し もって 公 益 の 増 進 に 寄 与 することを 目 的 とする このように NPO 法 は 市 民 活 動 団 体 に 法 人 格 を 付 与 するとともに 税 制 優 遇 の 対 象 となる 認 定 制 度 を 設 けることによって 活 動 を 促 進 しようという 制 度 です NPO 法 ができたきっかけは 阪 神 淡 路 大 震 災 だといわれています 被 災 者 支 援 や 復 興 支 援 などの 様 々な 支 援 活 動 における 市 民 活 動 団 体 の 目 覚 しい 活 躍 が 注 目 を 集 め ボランティア 活 動 をはじめとする 市 民 活 動 の 重 要 性 が 認 識 されました 震 災 で 活 躍 した 団 体 の 多 くは 法 人 格 を 持 たない 任 意 団 体 でした 法 的 に 人 格 を 持 たない 任 意 団 体 であるということは 事 務 所 を 借 りるための 契 約 や 銀 行 で 口 座 の 開 設 をする 際 には 代 表 者 の 個 人 名 義 で 行 わなければならないといった 不 都 合 があります 市 民 活 動 が 注 目 され 活 発 になるにつれて 任 意 団 体 を 団 体 名 義 で 契 約 や 財 産 の 所 有 ができ る 法 人 化 することへの 機 運 が 高 まっていきました そして 市 民 活 動 団 体 が 法 人 格 を 取 得 できるための 制 度 の 必 要 性 が 議 論 されることになり NPO 法 が 平 成 10 年 3 月 19 日 に 議 員 立 法 により 成 立 し 平 成 10 年 12 月 1 日 に 施 行 さ れました 留 意 点 は 認 証 を 受 けたからといって 所 轄 庁 がその 団 体 の 活 動 内 容 について いわゆる お 墨 付 き を 与 えたわけではないということです NPO の 活 動 内 容 を 保 証 したり 直 接 的 な 支 援 制 度 を 定 めたりしたものではなく あくまでも 法 人 格 という 道 具 を 与 えるための 法 律 です また 従 来 の 法 律 では 政 令 省 令 や 通 達 等 で 定 めていた 運 用 についての 基 準 も 法 の 中 で 定 められています これは 所 轄 庁 の 裁 量 を 極 力 少 なくするという 趣 旨 からです なお NPO 法 は 平 成 23 年 6 月 に 大 幅 な 改 正 が 行 われ 平 成 24 年 4 月 から 施 行 されまし た これは NPO 法 人 の 活 動 の 健 全 な 発 展 をより 一 層 促 進 するためのものであり 制 度 の 使 い やすさと 信 頼 性 向 上 のための 見 直 しや 財 政 基 盤 を 強 化 するための 認 定 制 度 の 見 直 しが 行 われ ました Q8 法 人 格 とは 何 ですか? 会 社 の 物 や 会 社 のお 金 は 社 長 個 人 のものではなく 会 社 が 結 んだ 契 約 も 社 長 個 人 の 契 約 では ありません 会 社 が 法 人 格 を 持 ち この 人 格 をもってお 金 を 所 有 したり 契 約 を 結 んだりして いるのです 5

7 人 間 ( 自 然 人 )ではない 団 体 に 人 格 を 認 めているので その 団 体 の 存 在 や 動 きを 対 外 的 に 知 らしめるため 団 体 の 目 的 事 業 組 織 団 体 を 代 表 して 誰 が 業 務 を 行 うのかなどを 文 書 の 形 で 定 めておく 必 要 があり これを 定 款 と 言 います 法 人 はこの 定 款 に 書 かれた 目 的 の 範 囲 内 に おいて 世 の 中 に 存 在 していることとなります 人 間 ( 自 然 人 )は 基 本 的 には 誰 でも 契 約 をしたり 財 産 を 所 有 したりできますが 団 体 の 場 合 は 法 律 の 定 めに 従 い 一 定 の 手 続 きを 経 て 初 めて 法 人 格 が 認 められます 法 人 格 を 持 っていない 団 体 は 任 意 団 体 と 呼 ばれています この 任 意 団 体 は 法 律 上 は 個 人 の 集 まりなので 契 約 する 場 合 便 宜 上 代 表 者 の 個 人 名 義 で 行 わなければなりません 法 人 格 を 取 得 すると 団 体 名 義 での 契 約 や 財 産 の 所 有 ができるようになるため 団 体 の 代 表 者 の 個 人 的 負 担 が 軽 くなり 安 定 的 継 続 的 な 活 動 が 行 いやすくなります Q9 NPO 法 人 になるための 要 件 は 何? NPO 法 による 法 人 格 を 得 るためには いくつかの 条 件 がありますが ここでは 主 なものを 紹 介 します 1 次 に 掲 げる 活 動 のうち 一 つ 以 上 を 行 い 不 特 定 かつ 多 数 のものの 利 益 (つまり 公 益 )の 増 進 に 寄 与 することを 目 的 とすること 1 保 健 医 療 又 は 福 祉 の 増 進 を 図 る 活 動 2 社 会 教 育 の 推 進 を 図 る 活 動 3 まちづくりの 推 進 を 図 る 活 動 4 観 光 の 振 興 を 図 る 活 動 5 農 山 漁 村 又 は 中 山 間 地 域 の 振 興 を 図 る 活 動 6 学 術 文 化 芸 術 又 はスポーツの 振 興 を 図 る 活 動 7 環 境 の 保 全 を 図 る 活 動 8 災 害 救 援 活 動 9 地 域 安 全 活 動 10 人 権 の 擁 護 又 は 平 和 の 推 進 を 図 る 活 動 11 国 際 協 力 の 活 動 12 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 の 促 進 を 図 る 活 動 13 子 どもの 健 全 育 成 を 図 る 活 動 14 情 報 化 社 会 の 発 展 を 図 る 活 動 15 科 学 技 術 の 振 興 を 図 る 活 動 16 経 済 活 動 の 活 性 化 を 図 る 活 動 17 職 業 能 力 の 開 発 又 は 雇 用 機 会 の 拡 充 を 支 援 する 活 動 18 消 費 者 の 保 護 を 図 る 活 動 19 前 各 号 に 掲 げる 活 動 を 行 う 団 体 の 運 営 又 は 活 動 に 関 する 連 絡 助 言 又 は 援 助 の 活 動 20 前 各 号 に 掲 げる 活 動 に 準 ずる 活 動 として 都 道 府 県 又 は 指 定 都 市 の 条 例 で 定 める 活 動 ( 浜 松 市 では 定 めていません ) 6

8 この 20 種 類 の 活 動 は 例 示 ではなく 限 定 されたものであり 法 律 の 中 でも 特 定 非 営 利 活 動 として 定 義 しています 2 団 体 として 次 の 要 件 を 満 たすこと 1 特 定 非 営 利 活 動 を 行 うことを 主 たる 目 的 とすること 2 営 利 を 目 的 としないものであること ( 非 営 利 についての 説 明 は Q2を 参 照 ) 3 社 員 の 資 格 の 得 喪 に 関 して 不 当 な 条 件 を 付 さないこと 社 員 とは 総 会 において 議 決 権 を 持 つ 者 で 従 業 員 のことではありません また 不 当 な 条 件 とは 例 えば 高 校 の 同 窓 生 に 限 る とか 町 地 域 在 住 者 に 限 る などとすることです 4 理 事 が3 人 以 上 監 事 が1 人 以 上 いること 5 役 員 ( 理 事 及 び 監 事 )のうち 報 酬 を 受 ける 者 が 役 員 総 数 の3 分 の1 以 下 であること 役 員 が 職 員 として 働 いている 場 合 労 働 の 対 価 として 支 払 われた 報 酬 はこれに 該 当 しません 6 宗 教 活 動 や 政 治 活 動 を 主 たる 目 的 とするものでないこと 7 政 党 活 動 ( 特 定 の 政 党 等 を 推 薦 することなど)を 目 的 とするものでないこと 8 暴 力 団 でないこと 暴 力 団 又 はその 構 成 員 等 に 統 制 されてないこと 9 10 人 以 上 の 社 員 がいること Q10 NPO 法 人 になるための 手 続 きは? NPO 法 人 になるには 所 轄 庁 ( 注 )の 認 証 を 受 けなければなりません 以 下 の 書 類 を 作 成 し 所 轄 庁 の 窓 口 に 提 出 してください 1 特 定 非 営 利 活 動 法 人 設 立 認 証 申 請 書 2 定 款 3 役 員 名 簿 ( 役 員 報 酬 を 受 ける 者 の 有 無 等 の 記 載 を 含 む) 4 役 員 就 任 承 諾 書 及 び 宣 誓 書 ( 欠 格 事 由 に 該 当 しないこと 等 を 誓 う) 5 役 員 の 住 所 又 は 居 所 を 証 する 書 面 ( 住 民 票 等 ) 6 社 員 のうち 10 人 以 上 の 者 の 氏 名 及 び 住 所 または 居 所 を 記 載 した 書 面 7 確 認 書 ( 宗 教 活 動 政 治 活 動 を 主 たる 目 的 としないこと 等 ) 8 設 立 趣 旨 書 9 設 立 についての 意 思 決 定 を 証 する 議 事 録 10 設 立 の 初 年 度 及 び 翌 年 度 の 事 業 計 画 書 11 設 立 の 初 年 度 及 び 翌 年 度 の 活 動 予 算 書 所 轄 庁 では これらの 書 類 を 受 理 すると 2ヵ 月 間 の 縦 覧 を 経 た 上 で 書 面 審 査 を 行 い NPO 法 に 定 められた 認 証 要 件 を 満 たしていれば 認 証 します 7

9 ( 注 ) 所 轄 庁 NPO 法 人 の 設 立 申 請 先 は 事 務 所 をどこに 置 くかで 決 まります NPO 法 では 所 轄 庁 について 次 のように 規 定 しています 第 9 条 特 定 非 営 利 活 動 法 人 の 所 轄 庁 は その 主 たる 事 務 所 が 所 在 する 都 道 府 県 の 知 事 (その 事 務 所 が 一 の 指 定 都 市 の 区 域 内 のみに 所 在 する 特 定 非 営 利 活 動 法 人 にあっては 当 該 指 定 都 市 の 長 )とする 浜 松 市 内 のみに 事 務 所 を 置 く NPO 法 人 の 所 轄 庁 は 浜 松 市 となりますので NPO 法 人 を 立 ち 上 げようとする 場 合 は 浜 松 市 に 設 立 の 認 証 申 請 を 行 うことになります 法 人 格 を 取 得 するまでの 流 れ 8

10 Q11 手 続 きに 要 する 期 間 は? 所 轄 庁 では 申 請 を 受 理 すると 申 請 日 団 体 名 代 表 者 名 事 務 所 の 所 在 地 定 款 に 記 載 さ れた 目 的 を 公 告 します ( 浜 松 市 は 市 の 掲 示 板 で 公 告 ) また 定 款 役 員 名 簿 設 立 趣 旨 書 事 業 計 画 書 活 動 予 算 書 を 申 請 書 類 を 受 理 した 日 か ら2ヵ 月 間 縦 覧 に 供 します その 後 2ヵ 月 以 内 に 審 査 を 行 い NPO 法 に 定 められた 基 準 に 従 い 認 証 不 認 証 の 判 断 を 行 い ます したがって 要 件 を 満 たしている 団 体 なら 申 請 してから 最 長 で4ヵ 月 以 内 に 認 証 を 受 けることができます ただし 認 証 を 受 けても 登 記 をしないと 法 人 は 成 立 しませんので 注 意 が 必 要 です Q12 NPO 法 人 の 設 立 に 要 する 経 費 は? 財 団 法 人 など 設 立 にあたって 財 産 が 一 定 以 上 あることが 必 要 になる 法 人 もありますが NPO 法 人 の 場 合 は 法 律 で 財 産 要 件 の 定 めはありません 登 録 免 許 税 もかかりませんので 申 請 書 類 の 作 成 費 用 や 法 人 の 代 表 者 印 の 調 製 費 程 度 で 設 立 することができます Q13 活 動 実 績 は 必 要 ですか? 活 動 実 績 は NPO 法 人 の 認 証 要 件 になっていませんので 認 証 申 請 の 際 に 任 意 団 体 としての 活 動 実 績 を 問 われることはありません しかし NPO 法 人 を 立 ち 上 げたけれど 1 年 2 年 経 っても 思 うような 活 動 ができないとい う 団 体 が 見 受 けられます NPO 法 人 さえ 作 れば 活 動 はできるはず という 代 表 者 の 想 いだ けでは 継 続 的 な 活 動 はできません NPO 法 人 の 認 証 申 請 には 定 款 3 名 以 上 の 理 事 と1 名 以 上 の 監 事 10 名 以 上 の 社 員 ( 総 会 において 議 決 権 を 持 つもの: 正 会 員 等 )が 必 要 です 役 員 に 就 任 する 方 は 理 事 監 事 の 役 割 をしっかり 認 識 し 社 員 の 皆 さんは 定 款 に 定 められていることを 理 解 していることが 大 切 です Q14 法 人 格 取 得 のメリットは? 法 人 格 があれば 契 約 締 結 や 財 産 保 有 などの 法 律 行 為 を 団 体 名 義 で 行 うことができ 責 任 の 所 在 が 明 確 になります 団 体 の 規 模 や 活 動 の 内 容 にもよりますが 一 般 的 には 組 織 や 活 動 の 規 模 が 大 きくなればな 9

11 るほど 法 人 化 するメリットが 多 いと 思 われます 事 務 所 を 借 りたり 専 用 電 話 を 引 いたり コピー 機 をレンタルしたりする 場 合 任 意 団 体 は 代 表 者 の 個 人 名 義 でしか 契 約 を 行 えません また 口 座 の 開 設 も 団 体 名 ではできないため あ くまでも 代 表 者 等 の 個 人 の 口 座 を 使 うことになります また 環 境 保 全 活 動 として 土 地 を 購 入 したり 事 務 所 等 として 建 物 を 取 得 したりしても 不 動 産 の 登 記 は 個 人 名 でしかできません これらの 場 合 代 表 者 の 交 代 や 事 故 などの 際 に 名 義 変 更 等 に 手 間 がかかりますし 相 続 問 題 ( 相 続 税 の 支 払 い 等 )が 起 こる 可 能 性 もあります さらに 活 動 中 の 事 故 等 により 団 体 の 代 表 者 や 構 成 員 個 人 に 対 して 賠 償 責 任 が 問 われる 可 能 性 もあります 権 利 関 係 や 責 任 の 所 在 を 明 確 にし 社 会 的 に 信 用 を 得 るためには 法 人 格 という 道 具 があっ た 方 が 便 利 で 社 会 的 信 用 度 を 高 めるうえで 重 要 な 要 素 となります Q15 NPO 法 人 の 義 務 は? NPO 法 人 になると NPO 法 の 規 定 に 従 うことはもちろん その 他 の 法 令 上 の 義 務 さらに 定 款 に 定 めた 運 営 を 行 う 義 務 が 生 じます NPO 法 では 毎 年 1 回 以 上 総 会 を 開 くこと 適 正 に 会 計 処 理 を 行 い 貸 借 対 照 表 活 動 計 算 書 等 を 作 成 すること これらを 含 めた 事 業 報 告 書 等 を 所 轄 庁 へ 提 出 するとともに 事 務 所 に 備 え 置 くこと 等 が 定 められています また 法 務 局 への 登 記 や 税 務 署 県 財 務 事 務 所 等 への 申 告 など 税 金 に 関 する 諸 手 続 が 必 要 になります Q16 法 人 化 の 判 断 は? 法 人 化 するか 否 かの 判 断 は メリットとデメリットを 比 較 し その 団 体 にとって 法 人 格 が 必 要 かどうかを 検 討 した 上 で 行 う 必 要 があります 自 分 の 団 体 は 契 約 行 為 をしないからメリットは 無 いと 単 純 に 判 断 するのではなく 法 人 化 により 継 続 的 な 活 動 が 可 能 となり 社 会 からの 信 頼 を 得 ることができるという 面 でのメリット も 判 断 基 準 となります 活 動 が 継 続 され 発 展 してこそ 目 的 が 達 成 される 団 体 も 多 いと 思 われますし 法 人 化 により 活 動 内 容 の 幅 も 広 がり 様 々な 支 援 や 行 政 等 との 協 働 への 可 能 性 も 出 てきます 社 会 的 な 課 題 の 解 決 をしようとする 場 合 志 だけでは 十 分 とは 言 えず 志 を 形 にし 実 現 す るための 仕 組 みや 資 金 が 必 要 であり 法 人 化 はそれを 実 現 するための 手 段 です しかし 法 人 にはそれ 相 応 の 義 務 と 負 担 が 伴 うものです 本 来 NPO に 対 する 評 価 は 法 人 格 のあるなしではなく 活 動 の 内 容 により 判 断 すべきであり その 評 価 は 市 民 が 行 うものです 10

12 法 人 格 の 取 得 については 当 面 は 任 意 団 体 のままでいて 必 要 になった 時 点 で 取 得 するとい う 選 択 肢 もあり 総 合 的 に 検 討 を 行 い 団 体 自 身 が 判 断 することになります Q17 NPO 法 人 を 誰 がチェックしますか? NPO 法 人 の 設 立 認 証 に 当 っては 所 轄 庁 は NPO 法 上 の 基 準 や 手 続 きに 適 合 しているかにつ いてのみ 審 査 するよう 定 められており 団 体 の 活 動 の 実 態 を 行 政 が 判 断 する 制 度 にはなってい ません NPO 法 は NPO 法 人 は 市 民 自 らが 監 視 し 育 てていくもの という 考 えの 基 に 行 政 の 監 督 を 最 小 限 に 留 める 一 方 行 政 NPO 法 人 双 方 に 情 報 公 開 が 義 務 付 けられています 市 では 法 人 の 設 立 認 証 等 の 申 請 を 受 理 すると 申 請 年 月 日 団 体 名 代 表 者 事 務 所 所 在 地 法 人 の 目 的 を 市 の 掲 示 板 で 公 告 します また 申 請 書 類 のうち 定 款 役 員 名 簿 設 立 趣 旨 書 事 業 計 画 書 活 動 予 算 書 は 申 請 から2ヵ 月 間 縦 覧 に 供 していますので 市 民 協 働 地 域 政 策 課 で 誰 でも 見 ることができます また NP0 法 人 も 事 業 報 告 書 財 産 目 録 貸 借 対 照 表 活 動 計 算 書 役 員 名 簿 定 款 等 の 書 類 を 法 人 の 事 務 所 に 備 え 置 き 会 員 や 利 害 関 係 者 から 請 求 があった 場 合 これを 閲 覧 させな ければならないことになっています これらの 書 類 は 毎 年 度 所 轄 庁 に 提 出 されることになっており 市 内 のみに 事 務 所 を 設 置 す る NPO 法 人 については 市 民 協 働 地 域 政 策 課 で 見 ることもできます これらの 規 定 は NPO 法 人 の 適 正 な 運 営 に 市 民 が 果 たす 役 割 が 大 きいことを 物 語 っています Q18 NPO 法 人 に 対 する 行 政 の 監 督 は? NPO 法 人 が 法 令 等 に 違 反 する 疑 いがあると 認 められる 相 当 な 理 由 があるときには 所 轄 庁 は その NPO 法 人 に 対 して 報 告 を 求 めることや 立 ち 入 り 検 査 を 行 うことができます また NPO 法 人 が NPO 法 上 の 要 件 を 満 たさなくなった 場 合 や 法 令 違 反 定 款 違 反 などが 認 められる 場 合 所 轄 庁 はその NPO 法 人 に 対 して 改 善 措 置 を 命 令 することができます この 改 善 命 令 に 違 反 し 他 の 方 法 では 監 督 の 目 的 を 達 成 できない 場 合 や3 年 以 上 にわたって 事 業 報 告 書 等 法 定 の 書 類 を 提 出 しない 場 合 所 轄 庁 は 聴 聞 を 経 て 設 立 の 認 証 を 取 り 消 すことがで きます また 法 令 違 反 があり 命 令 によっては 改 善 が 期 待 できないことが 明 らかな 場 合 所 轄 庁 は 改 善 命 令 を 経 ることなく 認 証 を 取 り 消 すことができます なお 所 轄 庁 は NPO 法 人 が 暴 力 団 である 疑 いがある 場 合 暴 力 団 やその 構 成 員 の 統 制 下 に ある 団 体 又 は 役 員 が 暴 力 団 の 構 成 員 等 である 疑 いがあると 認 められるときは 県 警 本 部 長 等 の 意 見 を 聴 くことができます 11

13 Q19 NPO 法 人 の その 他 の 事 業 とは? NPO 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 に 係 る 事 業 に 支 障 がない 限 り その 特 定 非 営 利 活 動 に 関 する 事 業 以 外 の 事 業 を 行 うことができます これを その 他 の 事 業 といいます NPO 法 人 は その 他 の 事 業 として 収 益 を 目 的 とする 事 業 や 特 定 非 営 利 活 動 に 該 当 しない 共 益 的 な 事 業 等 を 行 うことができますが その 他 の 事 業 で 生 じた 利 益 は 特 定 非 営 利 活 動 に 係 る 事 業 に 使 用 しなければなりません 例 えば 環 境 保 護 を 行 う NPO 法 人 が その 経 費 に 充 当 するために チャリティーショーを 開 催 することや 所 有 している 土 地 を 駐 車 場 として 貸 すことなどが 該 当 します その 他 の 事 業 を 行 う 場 合 は 定 款 にその 種 類 等 を 記 載 していなければなりません なお 行 おうとする 事 業 が 特 定 非 営 利 活 動 に 該 当 するか 否 かは その 法 人 が 定 款 に 定 めた 目 的 によって 判 断 されます Q20 NPO 法 人 の 税 金 は? NPO 法 人 に 対 する 税 金 は 株 式 会 社 等 の 営 利 法 人 に 適 用 される 税 制 よりは 優 遇 されています が 公 益 法 人 ほどには 優 遇 はされておらず これらの 中 間 的 な 位 置 にあると 言 えます NPO 法 人 に 対 する 税 金 は 様 々なものがありますが ここでは 主 なものについて 説 明 します まず 法 人 の 存 在 そのものに 課 税 される 税 金 として 法 人 県 民 税 均 等 割 (2 万 1 千 円 )と 法 人 市 町 村 民 税 均 等 割 (5 万 円 )があります ただし 浜 松 市 では NPO 法 の 趣 旨 等 から 税 法 上 の 収 益 事 業 を 行 わない NPO 法 人 に 対 する 法 人 市 町 村 民 税 均 等 割 を 減 免 しており また 県 においても 法 人 県 民 税 均 等 割 の 減 免 を 行 っ ています 次 に 税 法 上 の 収 益 事 業 ( 法 人 税 法 施 行 令 に 定 められている34 業 種 )から 生 じた 所 得 に 対 す る 税 金 があります 国 税 である 法 人 税 は 収 益 事 業 については 株 式 会 社 等 と 同 様 に 課 税 されます ( 一 定 額 まで は 軽 減 税 率 ) 県 税 である 法 人 県 民 税 の 法 人 税 割 及 び 事 業 税 市 町 村 税 である 法 人 市 町 村 民 税 の 法 人 税 割 も 収 益 事 業 に 対 し 課 税 されます ここで 注 意 しなければならない 点 は NPO 法 上 の 特 定 非 営 利 活 動 であっても 税 法 上 の 収 益 事 業 に 該 当 すれば 課 税 されるということです NPO 法 人 に 関 係 する 税 には 消 費 税 もあります 消 費 税 は 個 人 法 人 を 問 わず 事 業 者 が 行 う 国 内 における 資 産 の 譲 渡 貸 付 サービスの 提 供 に 対 して 課 せられるものです NPO 法 人 の 基 準 期 間 ( 前 々 事 業 年 度 )における 課 税 売 上 高 が 1,000 万 円 を 超 える 場 合 には 消 費 税 の 納 税 義 務 が 生 じます これ 以 外 には 固 定 資 産 税 自 動 車 取 得 税 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 などがありますが これ らは 個 人 でも 支 払 うことのある 一 般 的 なものです 12

14 法 人 格 を 取 得 したら 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 を 管 轄 する 県 財 務 事 務 所 及 び 全 ての 事 務 所 の 所 在 地 を 管 轄 する 市 町 の 税 務 担 当 課 に 法 人 設 立 等 届 出 書 の 提 出 が 必 要 になります また 収 益 事 業 を 行 わない 場 合 には 減 免 申 請 書 の 提 出 も 必 要 です なお 収 益 事 業 を 開 始 した 場 合 には 県 市 町 への 届 出 のほか 税 務 署 への 届 出 も 必 要 になります また 職 員 給 与 や 講 師 謝 金 の 支 払 いをする 場 合 には 源 泉 徴 収 義 務 者 の 届 出 が 必 要 となるな ど 法 人 化 することにより 各 種 書 類 の 提 出 義 務 が 生 じてきますので 収 益 事 業 を 行 わなくても 税 務 署 に 相 談 されることをお 勧 めします Q21 認 定 NPO 法 人 制 度 とは? 認 定 NPO 法 人 とは NPO 法 人 のうち 一 定 の 要 件 を 満 たすものとして 所 轄 庁 の 認 定 を 受 け ているものを 言 います 認 定 NPO 法 人 に 対 して 寄 附 をした 人 は 寄 附 金 控 除 等 の 税 の 優 遇 措 置 を 受 けることができます また 認 定 NPO 法 人 になると みなし 寄 附 金 制 度 という 税 の 優 遇 措 置 を 活 用 することが できます 平 成 24 年 3 月 までは 国 税 庁 で 認 定 を 行 っていましたが 4 月 からは 所 轄 庁 が 認 定 を 行 う 制 度 となりました Q22 NPO 法 人 設 立 の 申 請 や 届 出 の 窓 口 は? 浜 松 市 内 のみに 事 務 所 を 設 置 する NPO 法 人 の 設 立 等 の 手 続 き 先 は 浜 松 市 ( 市 民 協 働 地 域 政 策 課 )になります また 設 立 や 運 営 に 関 する 相 談 については 浜 松 市 市 民 協 働 センター でも 対 応 していますので ご 相 談 ください 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 振 興 課 ( 浜 松 市 のみに 事 務 所 を 設 置 する 法 人 ) 浜 松 市 中 区 元 城 町 103 番 地 の 2 TEL: FAX: 浜 松 市 市 民 協 働 センター 浜 松 市 中 区 中 央 一 丁 目 13 番 3 号 TEL: FAX:

15 浜 松 市 ホームページから 手 引 き 様 式 などのダウンロード 方 法 浜 松 市 トップページから くらし 手 続 き をクリック 特 定 非 営 利 活 動 法 人 (NPO 法 人 ) をクリック 特 定 非 営 利 活 動 法 人 の 認 証 申 請 報 告 届 出 等 の 様 式 記 載 例 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 に 係 る 諸 手 続 きの 手 引 き 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 浜 松 市 中 区 元 城 町 市 役 所 本 館 電 話 : FAX:

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 第 1 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 答 ) NPO 法 人 のうち 一 定 の 基 準 等 に 適 合 するものとして 所 轄 庁 の 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けた 法 人 ( 以 下 認 定 NPO 法 人 等 といいます )に 対 して 支 出 した 寄 附 について 次 のような

More information

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477>

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477> 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 手 引 きQ&A 163 164 第 1 章 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 概 要 第 2 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 問 2) 認 定 等 を 受 けたいと 考 えていますが どこに 相 談 すればよいでしょうか

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

平 成 27 年 度 市 民 の 社 会 貢 献 に 関 する 実 態 調 査 調 査 票 お 答 えいただく 項 目 ( 内 容 )は 以 下 のとおりです お 答 えいただく 問 数 は 選 択 される 回 答 により 異 なりますが 属 性 を 除 き 最 大 で 17 問 になります 市 民 の 社 会 貢 献 に 関 する 実 態 調 査 設 問 項 目 一 覧 項 目 対 象 Ⅰ 属

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

表紙

表紙 第 1 章 日 本 とアメリカのNPO 比 較 アメリカが 社 会 貢 献 の 先 進 国 と 呼 ばれる 理 由 としては NPOの 数 や 規 模 寄 付 金 額 が 圧 倒 的 に 多 いことや また NPOの 社 会 的 なステータスが 企 業 と 同 等 に 高 いという ことが 挙 げられる その 象 徴 的 な 例 として アメリカの 就 職 人 気 ランキングを 挙 げるこ とができるだろう

More information

本 書 において 使 用 している 主 な 省 略 語 は 次 のとおりです NPO 法 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 平 成 10 年 法 律 第 7 号 ) NPO 法 人 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 特 定 非 営 利 活 動

本 書 において 使 用 している 主 な 省 略 語 は 次 のとおりです NPO 法 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 平 成 10 年 法 律 第 7 号 ) NPO 法 人 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 特 定 非 営 利 活 動 特 定 非 営 利 活 動 法 人 の 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 北 九 州 市 本 書 において 使 用 している 主 な 省 略 語 は 次 のとおりです NPO 法 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 平 成 10 年 法 律 第 7 号 ) NPO 法 人 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 特 定 非 営 利 活

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

NPO 活 動 の 特 徴 である 非 営 利 性 とは? 非 営 利 と 聞 くと 対 価 をもらってはいけないとか 利 益 をあげてはいけないというイメージを 持 ち NPOがお 金 を 稼 いでるのはおかしい ボランティアでやっているのだから 収 益 事 業 を 行 わないのが 当 然 という

NPO 活 動 の 特 徴 である 非 営 利 性 とは? 非 営 利 と 聞 くと 対 価 をもらってはいけないとか 利 益 をあげてはいけないというイメージを 持 ち NPOがお 金 を 稼 いでるのはおかしい ボランティアでやっているのだから 収 益 事 業 を 行 わないのが 当 然 という NPOとは 英 語 の Non( 非 ) Profit( 利 益 ) Organization( 組 織 )の 略 で ボランティア 団 体 や 市 民 活 動 団 体 などの 民 間 非 営 利 組 織 を 広 く 指 します つまり 株 式 会 社 などの 営 利 企 業 とは 違 って 利 益 追 求 の 為 ではなく 社 会 的 な 使 命 (ミッション)の 実 現 を 目 指 して 活 動

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

50_事業年度終了前後のスケジュール例

50_事業年度終了前後のスケジュール例 NPO 法 人 設 立 運 営 の 手 引 き 平 成 24 年 5 月 ( 平 成 26 年 3 月 一 部 改 訂 ) 島 根 県 環 境 生 活 総 務 課 NPO 活 動 推 進 室 690-8501 松 江 市 殿 町 1 番 地 TEL.(0852)22-5096 FAX.(0852)22-5636 E-mail:npo@pref.shimane.lg.jp http:www.pref.shimane.lg.jp/npo/

More information

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477>

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477> 入 札 公 告 次 のとおり 総 合 評 価 ( 特 別 簡 易 型 事 後 確 認 ) 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 10 月 6 日 名 古 屋 市 病 院 局 長 大 原 弘 隆 [1] 工 事 名 東 部 医 療 センター 新 病 棟 改 築 電 気 工 事 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内 容 [4]

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

所得拡大促進税制 のガイドライン

所得拡大促進税制 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 説 明 会 用 - 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 - 経 営 力 向 上 計 画 策 定 活 用 の 手 引 き 案 目 次 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 経 営 力 向 上 計 画 の 概 要 (1) 制 度 の 概 要 2 (2) 制 度 利 用 のポイント 2 (3) 中 小 企 業 中 小 企 業 者 等 の 範 囲 3 (4) 制 度 活

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

Microsoft Word - 連結納税のメリット_2011_09.docx

Microsoft Word - 連結納税のメリット_2011_09.docx www.pwc.com/jp/tax 連 結 納 税 のメリット- 連 結 所 得 計 算 連 結 納 税 から 最 大 限 の ベネフィットを 享 受 するた めには 連 結 納 税 の 通 算 効 果 を 十 分 に 活 用 する 必 要 があります 連 結 納 税 の 導 入 を 検 討 す るにあたり そのエッセン スである 連 結 所 得 計 算 のメカニズムをよく 理 解 し ましょう

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

山梨みらいファンド事業費助成金交付要領(案)

山梨みらいファンド事業費助成金交付要領(案) 市 場 調 査 展 示 会 等 支 援 事 業 費 助 成 金 交 付 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 山 梨 県 が 定 める 山 梨 県 市 場 調 査 展 示 会 出 展 等 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づいて 公 益 財 団 法 人 やまなし 産 業 支 援 機 構 ( 以 下 支 援 機 構 という )が 実 施 する 市 場 調 査 展

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定 348 第 Ⅱ 部 医 療 法 人 の 税 務 第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 第 1 節 法 人 税 法 上 の 法 人 の 種 類 1 法 人 税 法 上 の 種 類 法 人 税 法 上 の 法 人 は 普 通 法 人 公 共 法 人 公 益 法 人 等 及 び 協 同 組 合 等 に 区 分 され( 法 法 2 五 六 七 九 ) それぞれにおいて 異 なる 課 税 関 係 が 定

More information

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378>

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378> 地 縁 団 体 規 約 作 成 例 と 作 成 上 の 留 意 事 項 資 料 1 規 約 の 例 を 示 すと 次 のとおりです ただし これは 一 般 的 な 例 を 示 したものに 過 ぎないの で 各 地 縁 団 体 で 規 約 作 成 に 当 たっては 規 約 例 及 び 留 意 点 を 参 考 としながら 各 地 縁 団 体 の 実 情 に 合 った 定 めをすることが 必 要 です なお

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 に 係 る 諸 手 続 きQ&A 第 1 章 法 律 の 概 要 ( 問 1)どのような 活 動 が 20 の 分 野 に 該 当 しますか また 逆 にどのような 活 動 が 該 当 しませんか ( 答 ) 法 律 の 別 表 には 20 の 活 動 分 野 が 列 挙 され それらの 活 動 に 該 当 しないと 特 定 非 営 利 活 動 とはみな されません

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た 入 札 公 告 次 のとおり 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 9 月 30 日 [1] 工 事 名 西 築 地 小 埋 設 給 排 水 管 改 修 工 事 契 約 事 務 受 任 者 名 古 屋 市 財 政 局 契 約 監 理 監 柴 田 真 吾 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

義援金に関する税務上の取扱いFAQ

義援金に関する税務上の取扱いFAQ 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 3 月 国 税 庁 この 度 の 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 の 発 生 により 被 災 された 方 を 支 援 するために 県 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 い や 募 金 団 体 に

More information

Microsoft Word - 00表紙(管理・運営編).doc

Microsoft Word - 00表紙(管理・運営編).doc 第 1 章 手 続 きの 概 要 1 手 続 きの 概 要 (1) 手 続 きの 種 類 NPO 法 人 を 運 営 する 上 では,さまざまな 手 続 きが 発 生 します 所 轄 庁 ( 福 岡 市 )への 手 続 き, 法 務 局 への 登 記 手 続 き, 県 税 事 務 所 あるいは 市 役 所 への 税 金 関 係 の 手 続 きのほか, 収 益 事 業 を 行 う 場 合 の 税 務

More information

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利 別 紙 2 土 地 売 買 契 約 等 に 伴 う 留 意 事 項 の 文 書 確 認 について 前 茂 充 近 畿 地 方 整 備 局 用 地 部 用 地 対 策 課 ( 540-8586 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 1-5-44) 被 補 償 者 が 用 地 買 収 により 補 償 金 を 受 け 取 ることによって 所 得 税 や 住 民 税 が 増 えたり 各 種 年 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826582608270816982E682AD82A082E982A896E282A28D8782ED82B9816A5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826582608270816982E682AD82A082E982A896E282A28D8782ED82B9816A5F2E646F63> F A Q (よくあるお 問 合 せ) (1)FAQ(よくあるお 問 合 せ)NPO 法 人 設 立 編 FAQ 2 (2)FAQ(よくあるお 問 合 せ)NPO 法 人 運 営 編 FAQ 8 (3)FAQ(よくあるお 問 合 せ) 認 定 NPO 法 人 編 FAQ 17 FAQ- 1 FAQ(よくあるお 問 合 せ) NPO 法 人 設 立 編 Q1 NPO 法 人 ( 特 定 非 営 利 活

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

120402改正NPO法実務ポイント 原稿(p1-4)

120402改正NPO法実務ポイント 原稿(p1-4) NPO 法 人 の 皆 様 向 け 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 (NPO 法 )の 改 正 に 伴 う 実 務 のポイントについて 平 成 24 年 4 月 2 日 鳥 取 県 鳥 取 力 創 造 課 この 資 料 の 構 成 法 律 改 正 の 内 容 改 正 項 目 と 実 務 上 気 をつけるポイント 1) 認 証 制 度 の 変 更 ( 活 動 分 野 の 増 加 手 続 の 簡

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

第 6 条 この 法 人 の 会 員 は 次 の2 種 とし 正 会 員 を 持 って 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 以 下 法 と 言 う) 上 の 社 員 とする (1) 正 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 個 人 及 び 団 体 (2) 賛 助 会

第 6 条 この 法 人 の 会 員 は 次 の2 種 とし 正 会 員 を 持 って 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 以 下 法 と 言 う) 上 の 社 員 とする (1) 正 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 個 人 及 び 団 体 (2) 賛 助 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 セラピュ-ティック ティック ケア 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 セラピュ-ティック ケア 協 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 太 宰 府 市 五 条 2 丁 目 6 番 1 号 におく 第 2

More information

④(参考)税額控除手引(厚労省)

④(参考)税額控除手引(厚労省) 税 額 控 除 に 係 る 証 明 事 務 ~ 申 請 の 手 引 き~ 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 福 祉 基 盤 課 2015 年 4 月 1 日 Ⅰ 総 論 1. 税 額 控 除 制 度 について (1) 概 要 現 下 の 厳 しい 経 済 状 況 及 び 雇 用 情 勢 に 対 応 して 税 制 の 整 備 を 図 るための 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法 4 運 営 1 認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 103 2. 事 業 年 度 終 了 後 3か 月 以 内 の 報 告 103 3. 助 成 金 の 支 給 を 行 った 場 合 の 報 告 109 4. 海 外 への 送 金 または 金 銭 の 持 ち 出 しを 行 う 場 合 の 報 告 110 5. 代 表 者 を 変 更 した 場

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

資格審査質疑応答集

資格審査質疑応答集 質 疑 応 答 集 資 格 関 係 H26.12.1 現 在 資 格 要 件 について 談 合 等 の 不 正 行 為 の 事 実 から2 年 を 経 過 しない 者 は 申 請 できないと あるがどのように 判 断 すればよいか? 資 格 要 件 (1)のアからカの 事 実 により 資 格 を 取 り 消 された 者 という 解 釈 です 指 名 停 止 中 又 は 指 名 回 避 中 の 場 合

More information

2 個 人 と 法 人 の 税 負 担 比 較 1. 給 与 所 得 控 除 額 を 利 用 した 税 負 担 の 軽 減 平 成 24 年 度 改 正 により 給 与 所 得 控 除 額 の 上 限 が 以 下 のように 設 定 されました 具 体 的 には 平 成 25 年 分 より 1 給 与

2 個 人 と 法 人 の 税 負 担 比 較 1. 給 与 所 得 控 除 額 を 利 用 した 税 負 担 の 軽 減 平 成 24 年 度 改 正 により 給 与 所 得 控 除 額 の 上 限 が 以 下 のように 設 定 されました 具 体 的 には 平 成 25 年 分 より 1 給 与 医 療 法 人 化 のメリットデメリットレジュメダイジェスト 版 1 医 療 法 人 化 するということは 1. 権 利 義 務 の 主 体 は 法 人 に 1 個 人 事 業 は 廃 業 2 法 人 設 立 法 人 格 の 付 与 ( 権 利 義 務 主 体 ) 法 律 に 基 づいて 設 立 登 記 された 法 人 ( 法 人 法 定 主 義 ) 経 営 主 体 の 継 続 性 がない 役 員

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

従 業 員 を 雇 うことになる 場 合 (5 人 以 上 ) ( 注 9) までに ワーク 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 - 強 制 適 用 事 務 所 になっ 年 金 事 務 所 新 規 適 用 届 ( 注 10) て 原 則 5 日 以 内 注 1: 評 価 方 法 及 び 償 却

従 業 員 を 雇 うことになる 場 合 (5 人 以 上 ) ( 注 9) までに ワーク 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 - 強 制 適 用 事 務 所 になっ 年 金 事 務 所 新 規 適 用 届 ( 注 10) て 原 則 5 日 以 内 注 1: 評 価 方 法 及 び 償 却 個 人 事 業 開 設 法 人 設 立 ( 主 な 法 定 届 出 書 類 ) 1. 個 人 事 業 開 設 の 場 合 個 人 事 業 を 開 設 される 場 合 には 各 種 の 届 出 が 必 要 となりますが 以 下 に 主 な 法 定 届 出 内 容 をまとめてみ ました 要 届 出 の 事 象 届 出 書 式 名 選 択 届 出 期 限 届 出 先 個 人 事 業 を 開 業 した 場

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

問 Ⅴ 2 5( 収 支 相 償 ) 収 支 相 償 を 計 算 した 結 果 収 入 が 費 用 を 上 回 って 剰 余 金 が 出 た 場 合 はどうす ればよいのでしょうか また この 剰 余 金 は 遊 休 財 産 となるのでしょうか 答 1 収 支 相 償 の 計 算 においては 公 益

問 Ⅴ 2 5( 収 支 相 償 ) 収 支 相 償 を 計 算 した 結 果 収 入 が 費 用 を 上 回 って 剰 余 金 が 出 た 場 合 はどうす ればよいのでしょうか また この 剰 余 金 は 遊 休 財 産 となるのでしょうか 答 1 収 支 相 償 の 計 算 においては 公 益 公 益 法 人 の 収 支 相 償 について 公 益 法 人 が 利 益 を 内 部 に 溜 めずに 公 益 目 的 事 業 に 充 てるべき 財 源 を 最 大 限 活 用 して 無 償 格 安 でサービスを 提 供 し 受 益 者 を 広 げようとするものです 公 益 法 人 が 受 けている 税 制 優 遇 の 重 要 な 基 礎 となっています 収 支 相 償 の 例 ( 注 ) 収 支 相

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー 新 しい 公 共 支 援 事 業 NPO 新 時 代 を 拓 く 組 織 運 営 の 力 量 アップ 支 援 事 業 1から 学 ぶ NPO 法 人 会 計 基 準 対 応 事 業 報 告 書 & 計 算 書 類 作 成 セミナー( 名 古 屋 会 場 ) 中 尾 さゆり( 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ボランタリーネイバーズ 相 談 事 業 部 長 ) 1. NPO 法 改 正 の 概 要

More information

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 28 年 4 月 国 税 庁 平 成 28 年 4 月 の 熊 本 地 震 により 被 害 を 受 けられた 方 を 支 援 するために 熊 本 県 下 や 大 分 県 下 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いや

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 役 員 給 与 の 税 務 Ⅲ はじめに 今 回 は 役 員 給 与 のうち 臨 時 的 で 巨 額 な 支 出 がなされる 役 員 退 職 給 与 を 主 に 取 り 上 げてい ます 役 員 退 職 給 与 は 大 きなお 金 を 会 社 からもらえる というメリットだけでなく 中 小 企 業 の 節 税 の 王 道 と 言 われるもので 会 社

More information

事 業 の 趣 旨 現 在 東 京 は かつて 経 験 したことのないほど 急 速 に 少 子 高 齢 化 が 進 展 しています とりわ け 東 京 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.15( 平 成 26 年 )と 全 国 最 低 であり 少 子 化 の 進 行 は 顕 著 です 少 子 化

事 業 の 趣 旨 現 在 東 京 は かつて 経 験 したことのないほど 急 速 に 少 子 高 齢 化 が 進 展 しています とりわ け 東 京 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.15( 平 成 26 年 )と 全 国 最 低 であり 少 子 化 の 進 行 は 顕 著 です 少 子 化 平 成 28 年 度 東 京 子 育 て 応 援 事 業 公 募 要 項 平 成 28 年 3 月 公 益 財 団 法 人 東 京 都 福 祉 保 健 財 団 事 業 の 趣 旨 現 在 東 京 は かつて 経 験 したことのないほど 急 速 に 少 子 高 齢 化 が 進 展 しています とりわ け 東 京 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.15( 平 成 26 年 )と 全 国 最 低 であり

More information

特定非営利活動促進法に係る諸手続きの手引きQ&A

特定非営利活動促進法に係る諸手続きの手引きQ&A 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 に 係 る 諸 手 続 きの 手 引 きQ&A 第 1 章 法 律 の 概 要 ( 問 1)どのような 活 動 が20の 分 野 に 該 当 しますか また 逆 にどのような 活 動 が 該 当 し ませんか ( 問 2) 今 回 の 改 正 により 活 動 分 野 が 追 加 されましたが 改 正 法 の 施 行 日 以 前 から 今 回 追 加 された 活

More information

<3135313032308E6D964089FC90B3518195412E786C7378>

<3135313032308E6D964089FC90B3518195412E786C7378> 講 習 会 で 出 された 質 問 と 回 答 平 成 27 年 5 月 1 日 ~6 月 24 日 に 開 催 された 建 築 三 会 による 建 築 士 建 築 士 事 務 所 のための 改 正 建 築 士 法 講 習 会 の 質 問 票 により 出 された 質 問 について 質 問 と 回 答 を 以 下 に 掲 載 いたします なお 同 様 の 質 問 はまとめ 質 問 の 趣 旨 が 不

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

各種申請手続及び届出の手引きQ&A

各種申請手続及び届出の手引きQ&A 各 種 申 請 手 続 及 び 届 出 に 関 するQ&A 1 研 修 事 業 者 指 定 申 請 研 修 事 業 指 定 申 請 (Q1-1) 通 学 形 式 の 事 業 者 として 指 定 を 受 けましたが 新 たに 通 信 形 式 での 研 修 を 計 画 した 場 合 研 修 事 業 の 指 定 申 請 のみを 行 えばよいですか (A1-1) 違 います 事 業 者 指 定 された 形

More information

慶弔金品・各種保険への課税

慶弔金品・各種保険への課税 慶 弔 金 品 各 種 保 険 への 課 税 はじめに 慶 弔 に 伴 う 金 品 の 贈 呈 は,わが 国 古 来 の 社 会 的 慣 行 であり, 一 種 の 儀 礼 的 な 行 為 と 認 め られています したがって, 当 該 慶 弔 にふさわしい 金 品 の 受 領 について 課 税 するのは 妥 当 でないとして, 一 定 の 条 件 を 満 たす 場 合 は, 非 課 税 扱 いとされています

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

建築基準法第43条第1項ただし書き許可

建築基準法第43条第1項ただし書き許可 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 許 可 申 請 マニュアル 平 成 17 年 4 月 作 成 ( 平 成 23 年 8 月 改 正 ) 特 定 行 政 庁 桑 名 市 目 次 許 可 制 度 と 手 続 き P. 1 許 可 手 続 きフロー P. 3 道 路 判 断 の 流 れ P. 4 建 築 審 査 会 における 取 り 扱 い P. 5 建 築 審 査 会 包 括

More information

Taro-H25-26手引き(コンサル)・

Taro-H25-26手引き(コンサル)・ 平 成 2 5 2 6 年 度 測 量 及 び 建 設 コ ン サ ル タ ン ト 業 務 等 に 係 る 競 争 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 の 手 引 き 追 加 申 請 用 島 根 県 土 木 部 目 次 ページ 1 申 請 書 類 一 覧 1 2 申 請 書 類 の 提 出 方 法 2 3 申 請 書 類 の 提 出 期 間 2 4 申 請 書 類 の 提 出 場 所 2 5 申

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 こ の 法 人 は 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 (Izumo Junior Chamber Inc. 以 下 本 会 議 所 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 議 所 は 主 たる 事 務 所 を 島 根 県 出 雲 市 に 置 く ( 目

More information

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2.

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 研 究 者 向 け 受 入 各 種 手 続 ガイド SHIMANE UNIVERSITY 島 根 大 学 学 術 国 際 部 国 際 交 流 課 2012 年 度 連 絡 先 : TEL: 0852-32-9735 ( 内 線 2072) FAX: 0852-32-6481 ( 内 線 2075) Email: ied-koryu@office.shimane-u.ac.jp

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 寄 附 金 課 税 の 税 務 はじめに 税 務 調 査 でよくトラブルになる 項 目 の 一 つに 寄 附 金 があります 寄 附 金 と 言 えば 一 般 的 に は 災 害 に 対 する 支 援 などを 意 味 しますので 社 会 にとって 良 いこととされます しかし 会 社 が 支 出 する 寄 附 金 を 無 制 限 に 経 費 として 認

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

回 答 Q4-1 法 人 市 民 税 の 法 人 税 割 均 等 割 はどのように 計 算 しますか? 質 問 : 法 人 市 民 税 の 法 人 税 割 均 等 割 とは 何 ですか どのように 計 算 しますか 答 : 法 人 市 民 税 の 法 人 税 割 は 法 人 の 収 益 をもとに 課

回 答 Q4-1 法 人 市 民 税 の 法 人 税 割 均 等 割 はどのように 計 算 しますか? 質 問 : 法 人 市 民 税 の 法 人 税 割 均 等 割 とは 何 ですか どのように 計 算 しますか 答 : 法 人 市 民 税 の 法 人 税 割 は 法 人 の 収 益 をもとに 課 税 に 関 するQ&A 質 問 と 回 答 4. 法 人 市 民 税 編 質 問 一 覧 Q4-1 法 人 市 民 税 の 法 人 税 割 均 等 割 はどのように 計 算 しますか? Q4-2 なぜ 法 人 市 民 税 には 均 等 割 があるのでしょうか? Q4-3 事 業 年 度 途 中 に 事 業 所 を 市 外 に 移 転 しました 法 人 市 民 税 は? Q4-4 法 人 市 民 税

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information