< D8D8794C5817A E E E786C7378>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378>"

Transcription

1 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 のQ&A 目 次 計 画 作 成 手 続 き () 協 議 会 ア 国 と 地 方 の 協 議 会 P イ 地 域 協 議 会 P () 国 の 柔 軟 な 対 応 地 方 の 負 担 軽 減 (3)その 他 P P 計 画 作 成 に 対 する 国 の 支 援 P 3 計 画 記 載 事 項 () 復 興 産 業 集 積 区 域 () 税 制 上 の 特 例 が 適 用 される 区 域 ( 法 第 条 第 3 項 第 号 イの 地 域 ) (3) 対 象 とする 業 種 (4) 内 容 の 熟 度 (5)その 他 P P 3 P 3 P 3 P 3 4 税 制 上 の 特 例 の 適 用 の 可 否 () 税 制 上 の 特 例 の 適 用 の 可 否 P 4 ()その 他 P 5 5 税 制 上 の 特 例 に 係 る 指 定 事 業 者 等 の 指 定 までの 手 続 き () 総 論 () 各 論 P 6 P 8 6 税 制 上 の 特 例 に 係 る 指 定 事 業 者 等 の 指 定 後 の 手 続 き () 総 論 () 各 論 P 8 P 9 7 利 子 補 給 P 0 8 その 他 P 0

2 分 類 計 画 作 成 手 続 き () 協 議 会 ア 国 と 地 方 の 協 議 会 () 協 議 会 イ 地 域 協 議 会 () 国 の 柔 軟 な 対 応 地 方 の 負 担 軽 減 (3) その 他 復 興 推 進 計 画 を 作 成 する 際 は 国 と 地 方 の 協 議 会 において 議 論 し なくてはいけないのか 復 興 推 進 計 画 の 策 定 に 当 たり 地 域 協 議 会 は 必 ず 設 置 しなければな らないのか 地 域 協 議 会 はどのような 単 位 で 設 置 すればよいのか 例 えば 施 策 のテーマや 特 例 の 中 身 毎 に 設 置 する 必 要 があるのか 3 地 域 協 議 会 は 地 域 協 議 会 と いう 名 称 でなければならないの か また 既 存 の 検 討 会 を 地 域 協 議 会 とみなしてもよいのか 4 3 Q 復 興 推 進 計 画 の 作 成 や 地 域 協 議 会 の 設 置 については 議 会 の 議 決 を 必 要 とするのか 3つの 計 画 はバラバラに 作 成 し なくてはならないのか 地 方 公 共 団 体 が 既 に 策 定 した 復 興 に 係 る 計 画 を 復 興 推 進 計 画 とし て 活 用 することはできないのか 当 面 必 要 となる 事 業 を 復 興 推 進 計 画 等 に 記 載 し 急 ぎでない 事 業 は 後 日 計 画 に 記 載 するといった 段 階 的 な 計 画 の 作 成 は 可 能 か 県 が 市 町 村 の 代 わりに 復 興 推 進 計 画 を 作 成 することは 可 能 か 計 画 作 成 に 係 る 各 種 相 談 は 国 のどこが 対 応 するのか 復 興 推 進 計 画 作 成 にあたり 国 と 地 方 の 協 議 会 の 関 与 はない 復 興 推 進 計 画 の 策 定 に 当 たっては 一 部 の 特 例 措 置 ( 食 料 供 給 等 施 設 整 備 事 業 特 定 水 力 発 電 事 業 復 興 特 区 支 援 貸 付 事 業 )を 活 用 する 場 合 を 除 き 地 域 協 議 会 の 設 置 は 任 意 で ある 地 域 協 議 会 の 設 置 及 び 設 置 する 単 位 は 自 治 体 の 判 断 であり あくまでも 地 域 の 実 情 プロジェクトの 内 容 に 即 したものにしていた だければよい 地 域 協 議 会 という 名 称 は 法 律 上 のものであ り 同 じ 役 割 を 担 うのであれば 各 地 で 独 自 の 呼 び 方 をしてもよい また 既 存 の 検 討 会 を 地 域 協 議 会 としてもよい 復 興 推 進 計 画 の 作 成 や 地 域 協 議 会 の 設 置 に ついて 議 会 の 議 決 を 義 務 付 けているもので はないが 各 地 方 公 共 団 体 の 判 断 で 議 会 に も 説 明 し 必 要 に 応 じて 議 決 を 得 て 頂 いて 構 わない 記 載 事 項 のどの 部 分 がそれぞれどの 計 画 に 該 当 するのか 明 確 であれば つの 計 画 とし て 策 定 することも 可 能 である どの 部 分 がそれぞれどの 計 画 に 該 当 するの か 明 確 であれば 地 方 公 共 団 体 が 既 に 策 定 し た 復 興 に 係 る 計 画 の 中 に 復 興 推 進 計 画 等 に 係 る 事 項 を 記 載 して 復 興 推 進 計 画 等 と 位 置 付 けることも 可 能 である 当 初 の 計 画 には 実 施 予 定 が 確 実 な 事 業 のみ を 記 載 し その 後 必 要 に 応 じて 計 画 を 改 訂 して 記 載 事 項 を 拡 充 することや 新 たな 計 画 を 追 加 して 作 成 することも 可 能 である 市 町 村 の 合 意 を 得 ることができれば 県 が ご 指 摘 のような 復 興 推 進 計 画 を 作 成 すること は 可 能 である また 県 と 市 町 村 が 共 同 して 作 成 することも 可 能 である 復 興 局 支 所 事 務 所 ( 青 森 茨 城 ) 又 は 復 興 庁 に 幅 広 くご 相 談 頂 きたい A 計 画 作 成 に 対 する 国 の 支 援 市 町 村 は 県 を 通 じて 国 に 相 談 しなければならないのか 県 を 通 じてご 相 談 いただいても 市 町 村 か ら 直 接 国 へご 相 談 いただいても どちらでも 構 わない ただし 計 画 作 成 に 当 たり 市 町 村 と 県 との 間 で 必 要 な 連 絡 や 調 整 は 随 時 行 っていただきたい ページ

3 3 計 画 記 載 事 項 () 復 興 産 業 集 積 区 域 市 町 村 ( 県 )の 区 域 全 部 を 復 興 産 業 集 積 区 域 として 定 めることは 可 能 か 復 興 産 業 集 積 区 域 は 工 業 団 地 や 都 市 計 画 法 上 の 工 業 専 用 地 域 等 に 限 定 して 定 める 必 要 があるの か 3 一 市 町 村 に 複 数 の 復 興 産 業 集 積 区 域 を 定 めることは 可 能 か 4 復 興 産 業 集 積 区 域 は 既 に 一 定 の 産 業 集 積 が 形 成 されている 区 域 も 対 象 とすることは 可 能 か 複 数 の 市 町 村 の 区 域 をまたいで 復 興 産 業 集 積 区 域 を 設 定 すること は 可 能 か 計 画 において 復 興 産 業 集 積 区 域 は 必 ず 地 番 を 用 いて 定 めなければ ならないのか 復 興 産 業 集 積 区 域 と 復 興 居 住 区 域 は 重 なり 合 う 区 域 とすること はできないのか 地 方 公 共 団 体 が 復 興 産 業 集 積 区 域 を 設 定 す る 際 には 住 宅 地 や 自 然 環 境 の 保 全 が 必 要 な 地 域 を 除 外 するなど 最 低 限 の 事 項 を 考 慮 し た 上 で 産 業 集 積 の 形 成 等 を 戦 略 的 に 推 進 す べき 区 域 を 地 域 の 実 情 に 応 じて 設 定 すること としており 市 町 村 ( 県 )の 区 域 全 域 を 対 象 とすることは 想 定 していない 工 業 団 地 や 都 市 計 画 法 上 の 工 業 専 用 地 域 や 工 業 地 域 等 の 用 途 地 域 に 限 定 されるものでは ない 可 能 である 既 に 一 定 の 産 業 集 積 が 形 成 されている 区 域 であっても 地 方 自 治 体 が 当 該 区 域 におい て 産 業 集 積 の 形 成 及 び 活 性 化 の 取 組 を 推 進 し ようとする 意 思 を 有 しているのであれば 当 該 区 域 を 復 興 産 業 集 積 区 域 として 設 定 するこ とは 可 能 である 可 能 である ただし 産 業 集 積 の 形 成 及 び 活 性 化 の 推 進 に 当 たり 自 然 的 経 済 的 社 会 的 条 件 からみて 一 体 である 地 域 をもって 設 定 す る 必 要 がある なお この 場 合 には 県 が 復 興 推 進 計 画 を 作 成 するか 複 数 市 町 村 が 共 同 して 復 興 推 進 計 画 を 作 成 する 必 要 がある 例 えば 市 市 町 のように 復 興 産 業 集 積 区 域 の 境 界 を 明 確 に 定 めることができるのであれば 地 番 を 用 いて 定 める 必 要 はない 詳 細 については 別 添 の 平 成 4 年 4 月 9 日 付 け 事 務 連 絡 参 照 復 興 産 業 集 積 区 域 として 既 に 定 めた 区 域 の 中 に 復 興 居 住 区 域 を 定 めることについて は 当 該 復 興 産 業 集 積 区 域 内 に 復 興 居 住 区 域 を 設 定 することが 集 積 を 目 指 す 業 種 の 集 積 を 妨 げるものでない 場 合 は 可 能 である 8 農 業 以 外 の 業 種 の 集 積 を 目 指 し 農 地 に 復 興 産 業 集 積 区 域 を 設 定 することは 可 能 か 農 業 以 外 の 業 種 の 集 積 を 目 指 す 復 興 産 業 集 積 区 域 を 現 在 農 地 である 土 地 に 定 めること を 禁 止 するものではないが 必 要 最 低 限 の 範 囲 で 区 域 を 定 めるとか 今 後 も 農 地 として 保 全 していくべき 土 地 は 対 象 にしない 等 の 点 を 考 慮 する 必 要 がある また 現 在 の 土 地 利 用 に 関 する 規 制 上 立 地 できない 業 種 の 集 積 を 目 指 すこととする 場 合 には 立 地 が 可 能 となるための 土 地 利 用 に 関 する 計 画 又 は 方 針 の 見 直 しが 必 要 であること について 復 興 推 進 計 画 において 言 及 すると ともに 関 係 行 政 機 関 との 情 報 の 共 有 が 必 要 である ページ

4 () 税 制 上 の 特 例 措 置 が 適 用 される 区 域 ( 法 第 条 第 3 項 第 号 イの 地 域 ) (3) 対 象 とする 業 種 日 常 的 な 取 引 関 係 の 発 生 が 見 込 まれる 等 当 該 事 業 の 実 施 の 経 済 的 波 及 効 果 により 雇 用 等 被 害 地 域 において 新 規 投 資 や 雇 用 機 会 の 創 出 が 見 込 まれる 場 合 における 当 該 事 業 の 実 施 区 域 は どのよう にして 特 定 するのか 税 制 上 の 特 例 の 対 象 となる 集 積 を 目 指 す 業 種 について 全 業 種 と することは 可 能 か 税 制 上 の 特 例 の 対 象 となる 集 積 を 目 指 す 業 種 について 既 に 集 積 が 存 在 する 業 種 を 定 めることは 可 能 か 3 税 制 上 の 特 例 の 対 象 は 製 造 業 に 限 定 されるのか 集 積 を 目 指 す 業 種 雇 用 等 被 害 地 域 との 間 の 道 路 等 の 交 通 アクセス 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 当 該 区 域 において 事 業 が 実 施 されること により 雇 用 等 被 害 地 域 における 新 規 投 資 や 雇 用 機 会 の 創 出 が 見 込 まれるか 判 断 をした 上 で 対 象 となる 区 域 を 特 定 し 計 画 に 記 載 する ことになる 集 積 を 目 指 す 業 種 は 地 域 において 戦 略 的 にその 集 積 の 形 成 及 び 活 性 化 を 図 ろうとする 業 種 であることから 地 域 における 産 業 振 興 の 戦 略 に 基 づき 強 みとなる 地 域 特 性 や 地 域 資 源 の 活 用 を 考 慮 して 定 めていただく 必 要 があ り また 地 域 における 集 積 の 支 援 のための 施 策 ( 企 業 立 地 補 助 金 の 交 付 関 連 する 社 会 資 本 の 整 備 等 )との 整 合 性 を 考 慮 して 定 めて いただく 必 要 がある なお 全 業 種 とするこ とは 想 定 していない 既 に 地 域 において 集 積 している 業 種 を 選 ぶ ことは 可 能 である 税 制 上 の 特 例 の 対 象 となる 業 種 は 地 方 公 共 団 体 が 復 興 推 進 計 画 において 集 積 を 目 指 す 業 種 として 定 めたものである 集 積 を 目 指 す 業 種 は 製 造 業 以 外 の 業 種 を 定 めることも 可 能 であり 第 次 産 業 第 3 次 産 業 の 業 種 も 可 能 である (4) 内 容 の 熟 度 復 興 推 進 計 画 に 記 載 する 復 興 推 進 事 業 について 必 ず 実 施 主 体 が 決 まっている 必 要 があるのか 一 部 の 特 例 を 除 き 必 ずしも 計 画 作 成 時 点 において 事 業 主 体 が 決 まっている 必 要 はな い 例 えば 産 業 集 積 に 係 る 課 税 の 特 例 の 対 象 となる 復 興 推 進 事 業 は 計 画 作 成 時 点 にお いて 実 施 主 体 が 定 まっている 必 要 はない (5) その 他 産 業 集 積 に 関 する 税 制 上 の 特 例 に 特 化 した 復 興 推 進 計 画 を 作 成 す る 場 合 に 計 画 に 記 載 しなければ ならない 事 項 如 何 計 画 の 区 域 目 標 目 標 を 達 成 するために 推 進 しようとする 取 組 の 内 容 等 の 他 主 に 以 下 の 事 項 を 記 載 する 必 要 がある 復 興 産 業 集 積 区 域 の 区 域 復 興 産 業 集 積 区 域 においてその 集 積 の 形 成 及 び 活 性 化 を 目 指 す 業 種 雇 用 等 被 害 地 域 雇 用 等 被 害 地 域 から 通 勤 圏 内 にある 区 域 日 常 的 な 取 引 関 係 の 発 生 が 見 込 まれる 等 当 該 事 業 の 実 施 の 経 済 的 波 及 効 果 により 雇 用 等 被 害 地 域 において 新 規 投 資 や 雇 用 機 会 の 創 出 が 見 込 まれる 場 合 における 当 該 事 業 の 実 施 区 域 3 ページ

5 4 税 制 上 の 特 例 の 適 用 の 可 否 税 制 上 の 特 例 のうち 投 資 に 係 る 特 別 償 却 税 額 控 除 について い つの 時 点 の 投 資 から 対 象 となるの か 復 興 推 進 計 画 が 認 定 され 当 該 計 画 を 作 成 した 認 定 地 方 公 共 団 体 から 指 定 を 受 けた 事 業 者 が 同 計 画 に 定 められた 復 興 産 業 集 積 区 域 内 で 対 象 となる 減 価 償 却 資 産 を 取 得 等 をして 事 業 の 用 に 供 した 場 合 に 特 別 償 却 税 額 控 除 が 適 用 される 税 制 上 の 特 例 のうち 投 資 に 係 る 特 別 償 却 税 額 控 除 について 特 区 法 施 行 前 であるが 平 成 3 年 3 月 日 以 降 に 減 価 償 却 資 産 を 事 業 の 用 に 供 した 場 合 も 適 用 されるか 税 制 上 の 特 例 のうち 投 資 に 係 る 特 別 償 却 税 額 控 除 は 法 の 規 定 により 法 の 施 行 以 前 に 減 価 償 却 資 産 が 事 業 の 用 に 供 された 場 合 は 適 用 されない これは 企 業 の 新 規 投 資 を 促 進 するという 政 策 目 的 のための 税 制 であると いう 考 え 方 に 基 づくものである 3 震 災 直 後 から 地 域 で 努 力 した 企 業 には 税 制 上 の 特 例 は 適 用 されな いのか 税 制 上 の 特 例 のうち 被 災 雇 用 者 等 へ 支 給 す る 給 与 等 の0%の 税 額 控 除 は 被 災 雇 用 者 等 へ 給 与 等 を 支 給 することが 要 件 であり ご 指 摘 のような 既 存 企 業 にも 広 く 適 用 が 可 能 であ る 4 法 第 38 条 の 被 災 者 雇 用 の 税 額 控 除 について 雇 用 人 数 の 基 準 はあ るのか 法 第 38 条 の 被 災 雇 用 者 等 を 雇 用 した 場 合 の 税 額 控 除 については 雇 用 人 数 に 係 る 要 件 は 設 定 されていない 5 法 第 38 条 について 税 制 の 特 例 を 受 けるためには 新 規 雇 用 をし なければならないのか 法 第 38 条 の 場 合 ( 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 係 る 国 税 関 係 法 律 の 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 に 規 定 する) 被 災 者 雇 用 者 等 を 雇 用 してい る 場 合 に 課 税 の 特 例 を 受 けることができ 新 規 雇 用 を 行 う 場 合 に 限 定 されていない 6 雇 用 の 形 態 については 正 社 員 パートなどの 区 別 はない か 雇 用 の 形 態 については 特 段 の 要 件 を 定 め ていない () 税 制 上 の 特 例 の 適 用 の 可 否 7 指 定 事 業 者 が 年 度 ごとに 適 用 する 課 税 の 特 例 を 変 更 することは 可 能 か 可 能 である ただし 適 用 する 全 ての 税 制 上 の 特 例 につ いて 指 定 事 業 者 事 業 実 施 計 画 書 の 作 成 を 行 い 指 定 事 業 者 として 指 定 を 受 ける 必 要 があ る 4 ページ

6 8 課 税 免 除 の 減 収 補 塡 は 平 成 7 年 度 に 指 定 を 受 けた 場 合 平 成 3 年 分 まで 認 められるという 理 解 で よいか 地 方 税 の 課 税 免 除 の 減 収 補 塡 については 平 成 8 年 3 月 3 日 までの 間 に 取 得 した 特 区 法 第 37 条 に 基 づく 特 別 償 却 等 の 適 用 を 受 ける 施 設 等 ( 以 下 対 象 施 設 等 という )が 対 象 となる () 不 動 産 取 得 税 については 当 該 対 象 施 設 等 に 係 る 減 収 額 について 減 収 補 塡 をす る () 事 業 税 及 び 固 定 資 産 税 については 当 該 対 象 施 設 等 に 係 る 減 収 額 ( 減 収 が 生 じた 最 初 の 年 度 から5 年 間 )について 減 収 分 が 補 塡 さ れる 例 えば 平 成 7 年 度 に 認 定 地 方 公 共 団 体 が 企 業 を 指 定 し 事 業 税 の 減 免 措 置 を 実 施 した 場 合 には 平 成 7 年 度 から 平 成 3 年 度 までの 5 年 間 分 についての 減 収 額 が 補 塡 されること となる 9 不 動 産 取 得 税 について 認 定 日 前 に 企 業 が 土 地 の 取 得 をしたが 土 地 の 取 得 とは 登 記 をした 日 を 指 すのか 売 買 契 約 をした 日 を 指 すのか 不 動 産 の 取 得 とは 所 有 権 の 取 得 をいう この 場 合 取 得 とは 有 償 であると 無 償 であ るとを 問 わず また その 原 因 が 売 買 交 換 贈 与 寄 付 等 のいずれであるかは 問 わな い 仮 に 売 買 により 取 得 した 場 合 は 売 買 契 約 をした 日 を 指 す 0 事 業 税 の 課 税 免 除 額 に 対 する 国 の 減 収 補 塡 について 減 収 分 の 全 額 ではなく [ 対 象 施 設 等 の 従 業 者 数 / 県 内 の 事 業 所 等 の 従 業 者 数 ]に 限 定 されている 不 動 産 取 得 税 や 固 定 資 産 税 の 減 収 補 塡 措 置 も 同 じ 考 え 方 なのか 不 動 産 取 得 税 については 当 該 対 象 施 設 等 である 家 屋 及 びその 敷 地 である 土 地 の 取 得 に 対 して 課 する 不 動 産 取 得 税 を 課 税 免 除 又 は 不 均 一 課 税 とした 場 合 に 減 収 補 塡 をする 固 定 資 産 税 については 当 該 対 象 施 設 等 で ある 家 屋 及 び 償 却 資 産 並 びに 当 該 家 屋 の 敷 地 である 土 地 に 対 して 課 する 固 定 資 産 税 を 課 税 免 除 又 は 不 均 一 課 税 とした 場 合 に 減 収 補 塡 を する 赤 字 決 算 が 今 後 も 数 事 業 年 度 続 く 予 定 であり 法 人 税 の 課 税 の 特 例 の 適 用 は 見 込 めない 会 社 であっ ても 新 たに 機 械 等 の 設 備 投 資 を 行 う 場 合 に 固 定 資 産 税 の 課 税 免 除 又 は 不 均 一 課 税 を 受 けることは 可 能 か 事 業 を 実 施 する 場 所 を 所 管 する 地 方 公 共 団 体 の 条 例 に 規 定 する 要 件 を 満 たす 場 合 には 可 能 である ()その 他 復 興 特 区 法 第 40 条 の 適 用 を 受 け る 場 合 には 当 該 指 定 を 受 けた 事 業 年 度 に 3 億 円 ( 中 小 法 人 等 は 3,000 万 円 ) 以 上 の 事 業 の 用 に 供 するための 機 械 又 は 建 物 等 の 取 得 を 行 わなければならないが 当 該 投 資 資 産 について 固 定 資 産 税 の 課 税 免 除 又 は 不 均 一 課 税 を 受 けるこ とはできるか 事 業 を 実 施 する 場 所 を 所 管 する 地 方 公 共 団 体 の 条 例 に 規 定 する 要 件 を 満 たす 場 合 には 可 能 である なお 上 述 のとおり 固 定 資 産 税 の 課 税 免 除 又 は 不 均 一 課 税 を 受 けるためには 認 定 地 方 公 共 団 体 の 指 定 を 受 ける 必 要 があると 思 わ れるが この 場 合 復 興 特 区 法 第 40 条 の 指 定 に 加 え 同 法 第 37 条 又 は 第 39 条 の 指 定 も 受 け る 必 要 があるので その 点 を 注 意 していただ きたい 5 ページ

7 5 税 制 上 の 特 例 に 係 る 指 定 事 業 者 等 の 指 定 までの 手 続 き 事 業 者 が 指 定 の 申 請 を 受 けられ なかった 場 合 再 申 請 をしてもい いか 3 4 認 定 地 方 公 共 団 体 が 法 人 等 の 指 定 や 実 施 状 況 報 告 書 の 認 定 を 行 う にあたって 復 興 庁 等 への 協 議 は 必 要 か 認 定 地 方 公 共 団 体 による 指 定 や 実 施 状 況 報 告 書 の 認 定 に 対 し 国 は 全 く 関 与 しないのか 指 定 の 申 請 はどの 認 定 地 方 公 共 団 体 に 行 えばよいのか 指 定 要 件 を 満 たさなかった 事 業 者 が 後 に 指 定 要 件 を 満 たすようになったときには 再 申 請 を 行 うことが 可 能 である 認 定 地 方 公 共 団 体 が 指 定 や 認 定 を 行 うに 際 し 協 議 などの 国 の 事 前 の 関 与 はない 国 は 認 定 地 方 公 共 団 体 に 対 して 認 定 復 興 推 進 計 画 の 実 施 状 況 について 報 告 を 求 めた り( 法 第 7 条 第 項 ) 認 定 復 興 推 進 計 画 の 適 正 な 実 施 のために 必 要 な 措 置 を 講 ずること を 求 めることができる( 法 第 8 条 第 項 ) これらの 対 象 には 認 定 地 方 公 共 団 体 の 指 定 や 実 施 状 況 報 告 書 の 認 定 も 含 まれる 事 業 を 実 施 する 場 所 を 所 管 する 認 定 地 方 公 共 団 体 に 対 して 行 う 特 区 法 第 37 条 の 特 例 に 係 る 指 定 を 申 請 する 場 合 には 個 人 事 業 者 又 は 法 人 が 施 設 又 は 設 備 を 新 増 設 しようとする 復 興 産 業 集 積 区 域 が ある 認 定 地 方 公 共 団 体 に 対 して 行 うこととな る 特 区 法 第 38 条 の 特 例 に 係 る 指 定 を 申 請 する 場 合 には 個 人 事 業 者 又 は 法 人 が 被 災 者 を 雇 用 している 事 業 所 が 所 在 する 復 興 産 業 集 積 区 域 がある 認 定 地 方 公 共 団 体 に 対 して 行 うこと になる 特 区 法 第 39 条 の 特 例 に 係 る 指 定 を 申 請 する 場 合 には 個 人 事 業 者 又 は 法 人 が 開 発 研 究 用 の 資 産 の 取 得 等 をして 開 発 研 究 の 用 に 供 する 復 興 産 業 集 積 区 域 がある 認 定 地 方 公 共 団 体 に 対 して 行 うこととなる 特 区 法 第 40 条 の 特 例 に 係 る 指 定 を 申 請 する 場 合 には 新 規 立 地 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けよ うとする 法 人 が 設 立 された 復 興 産 業 集 積 区 域 がある 認 定 地 方 公 共 団 体 に 対 して 行 うことと なる 特 区 法 第 4 条 の 特 例 に 係 る 指 定 を 申 請 する 場 合 には 被 災 者 向 け 優 良 賃 貸 住 宅 を 新 たに 取 得 等 しようとする 復 興 居 住 区 域 が 所 在 して いる 認 定 地 方 公 共 団 体 に 対 して 行 うこととな る 特 区 法 第 4 条 の 特 例 に 係 る 指 定 を 申 請 する 場 合 には 指 定 会 社 事 業 実 施 計 画 に 記 載 する 事 業 の 実 施 場 所 が 所 在 する 認 定 地 方 公 共 団 体 に 対 して 行 うことになる () 総 論 5 複 数 の 市 町 村 の 区 域 にまたがっ ている 復 興 産 業 集 積 区 域 に 関 して 指 定 の 申 請 をする 場 合 指 定 の 申 請 先 はどうなるのか 複 数 の 市 町 村 の 区 域 にまたがっている 復 興 産 業 集 積 区 域 に 関 して 指 定 の 申 請 を 行 う 事 業 者 は 事 業 者 が 事 業 を 実 施 する 場 所 を 所 管 す る 市 町 村 に 対 して 申 請 を 行 うこととなる 6 ページ

8 6 県 及 び 市 町 村 が 共 同 で 作 成 した 認 定 復 興 推 進 計 画 に 関 して 指 定 の 申 請 をする 場 合 指 定 の 申 請 先 はどうなるのか 7 すぐに 適 用 されない 特 例 に 関 し ても 指 定 の 申 請 をしてよいのか 予 め 申 請 先 として 定 められた 認 定 地 方 公 共 団 体 に 対 して 申 請 を 行 う 申 請 先 が 定 められて いない 場 合 県 又 は 市 町 村 のどちらでも 構 わ ないが 指 定 の 申 請 をする 事 業 者 の 混 乱 を 避 けるため あらかじめ 県 と 市 町 村 で 調 整 を 行 い 指 定 の 申 請 先 を 決 めておくことが 望 まし い 指 定 の 申 請 は 事 業 者 の 判 断 で 行 うことが できる 8 特 例 ごとに 指 定 を 受 けなければ ならないのか 特 例 の 対 象 となる 事 業 者 の 活 動 内 容 が 異 な ることや 特 例 によっては 他 の 特 例 と 指 定 の 要 件 が 異 なることから 指 定 は 受 けようとす る 特 例 ごとに 受 けていただく 必 要 がある 9 複 数 の 特 例 に 係 る 指 定 の 申 請 を まとめて 行 うことは 可 能 か 複 数 の 特 例 に 係 る 指 定 の 申 請 を 同 時 に 行 う ことは 可 能 であるが それぞれの 特 例 ごと に 別 記 様 式 が 定 められており 記 載 する 内 容 や 添 付 書 類 も 異 なるため それらの 必 要 書 類 を 省 略 することはできない ただし 共 通 の 添 付 書 類 がある 場 合 に 全 てを 原 本 にせ ず 原 本 が 一 部 あれば 残 りを 写 しで 代 用 す ることは 認 められる 0 事 業 者 は 複 数 の 業 務 を 行 って いることが 想 定 されるところで 指 定 申 請 書 及 び 指 定 事 業 者 事 業 実 施 計 画 書 に 記 載 する 実 施 する 復 興 推 進 事 業 については 主 業 従 業 の 関 係 はないものと 考 えてよ いか 法 第 37 条 から 法 第 40 条 の 国 税 の 特 例 に 関 して 複 数 の 市 町 村 に 事 業 所 を 持 っている 事 業 者 が 特 例 を 受 けるに 当 たり それぞれの 事 業 所 ごとに 適 用 する 特 例 を 変 えて 指 定 を 受 けることは 可 能 か 指 定 事 業 者 事 業 実 施 計 画 書 における 実 施 する 復 興 推 進 事 業 については 主 業 である か 従 業 であるかは 問 わない 指 定 は 特 例 ごとに 受 けることとされてお り 事 業 所 ごとに 適 用 する 特 例 を 変 えて 指 定 を 受 けることは 可 能 ただし 課 税 の 特 例 は 事 業 所 ごとではな く 事 業 者 が 適 用 を 受 けるものであることか ら 事 業 年 度 において 選 択 適 用 とされてい る 法 第 37 条 第 38 条 及 び 第 40 条 に 係 る 課 税 の 特 例 については 事 業 者 単 位 で 選 択 するこ ととなり 事 業 所 ごとに 異 なる 特 例 を 選 択 す ることはできない 7 ページ

9 () 各 論 地 方 税 の 課 税 免 除 又 は 不 均 一 課 税 のみ 受 けることを 前 提 とした 場 合 においても 認 定 地 方 公 共 団 体 から 指 定 を 受 ける 必 要 があるの か 復 興 特 区 法 第 39 条 の 適 用 を 受 け ることを 想 定 しているが 確 定 申 告 段 階 で 認 められない 場 合 に 備 え て 法 第 37 条 の 指 定 も 受 けておきた い このような 場 合 法 第 37 条 及 び 第 39 条 の 指 定 申 請 を 行 うに 際 し 双 方 の 指 定 事 業 者 事 業 実 施 計 画 書 に 同 一 資 産 を 記 載 して 指 定 を 受 け ることは 可 能 か 各 地 方 公 共 団 体 の 条 例 の 規 定 次 第 である が 地 方 公 共 団 体 が 復 興 特 区 法 第 43 条 に 基 づ き 減 収 補 塡 を 受 けることができるよう 条 例 上 認 定 地 方 公 共 団 体 から 指 定 を 受 けた 者 に ついて 課 税 免 除 又 は 不 均 一 課 税 を 実 施 するこ ととしていると 想 定 される そのため 地 方 税 の 課 税 免 除 又 は 不 均 一 課 税 のみを 受 けるこ ととしている 場 合 であっても 事 業 者 は 認 定 地 方 公 共 団 体 の 指 定 を 受 ける 必 要 があると 思 われるが 詳 細 については 事 業 を 実 施 する 場 所 を 所 管 する 県 又 は 市 町 村 にご 相 談 いただ きたい 復 興 特 区 法 第 37 条 及 び 第 39 条 それぞれの 指 定 要 件 に 該 当 すれば 同 一 資 産 を 双 方 の 指 定 事 業 者 実 施 計 画 書 に 記 載 して 法 第 37 条 及 び 第 39 条 の 指 定 を 受 けることは 可 能 である しかしながら 同 一 の 資 産 について 法 第 37 条 及 び 第 39 条 双 方 の 課 税 の 特 例 を 二 重 に 適 用 することはできないので その 点 を 注 意 して いただきたい 6 税 制 上 の 特 例 に 係 る 指 定 事 業 者 等 の 指 定 後 の 手 続 き 指 定 事 業 者 が 実 施 状 況 報 告 書 を 出 すタイミングはいつぐらいにな るのか 指 定 事 業 者 事 業 実 施 計 画 の 変 更 があった 場 合 はどうすればよいの か 指 定 事 業 者 は 当 該 指 定 事 業 者 の 事 業 年 度 終 了 後 か 月 以 内 の 提 出 が 必 要 である 法 人 の 場 合 は 例 えば 事 業 年 度 末 が3 月 3 日 の 会 社 であれば 4 月 末 日 が 提 出 期 限 と なる 個 人 事 業 者 の 場 合 は 事 業 年 度 が 暦 年 ( 月 から 月 )であるので 月 末 日 が 提 出 期 限 となる 指 定 事 業 者 は 申 請 書 に 係 る 記 載 事 項 や 指 定 事 業 者 事 業 実 施 計 画 書 の 内 容 に 変 更 があっ た 場 合 は 遅 滞 なくその 旨 を 認 定 地 方 公 共 団 体 に 届 け 出 なければならない () 総 論 3 変 更 の 届 出 が 不 要 となる 場 合 は あるのか 申 請 書 に 係 る 記 載 事 項 や 指 定 事 業 者 事 業 実 施 計 画 書 の 内 容 の 変 更 が 軽 微 であれば 届 出 は 不 要 であり その 内 容 で 実 施 状 況 報 告 書 を 作 成 提 出 すればよい( 軽 微 な 変 更 の 例 : 設 備 投 資 の 内 容 の 変 更 を 伴 わないものであり かつ 同 一 事 業 年 度 内 に 取 得 した 設 備 の 事 業 の 用 に 供 した 年 月 日 の 相 違 又 は 取 得 予 定 して いた 設 備 の 取 得 価 額 の 相 違 ) なお 軽 微 な 変 更 か 否 かの 判 断 が 難 しい 場 合 は 指 定 を した 認 定 地 方 公 共 団 体 又 は 復 興 局 支 所 事 務 所 ( 青 森 茨 城 ) 若 しくは 復 興 庁 へ 問 い 合 わせ 願 いたい 8 ページ

10 4 認 定 地 方 公 共 団 体 は 指 定 事 業 者 の 指 定 に 係 る 申 請 に 対 し 指 定 し ない 場 合 指 定 事 業 者 の 指 定 を 取 り 消 した 場 合 又 は 指 定 事 業 者 から 提 出 された 実 施 状 況 報 告 書 に 対 し 認 定 しない 場 合 において 行 政 不 服 審 査 法 に 基 づく 教 示 を 行 う 必 要 があるのか 行 政 不 服 審 査 法 第 57 条 に 基 づく 教 示 につい ては 認 定 地 方 公 共 団 体 において 別 途 行 うこ と その 際 別 記 様 式 の 余 白 に 教 示 を 記 載 す ることを 妨 げるものではない 記 載 例 なお この 処 分 について 不 服 があるときに は この 処 分 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から 起 算 して60 日 以 内 に 県 知 事 ( 又 は 市 長 など)に 対 して 行 政 不 服 審 査 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 60 号 )に 基 づく 異 議 申 立 てをす ることができる また この 処 分 について 訴 訟 により 取 消 し を 求 めるときには この 処 分 があったことを 知 った 日 から6か 月 以 内 に 県 ( 又 は 市 町 村 ) を 被 告 として 行 政 事 件 訴 訟 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 39 号 )に 基 づく 処 分 の 取 消 しの 訴 えを 提 起 することができる 出 資 控 除 の 特 例 の 別 記 様 式 第 7 のについて 個 人 ごとに 作 るの は 大 変 だと 思 うが 何 か 個 人 ごと に 作 らなければならない 理 由 はあ るか 出 資 に 係 る 所 得 控 除 の 特 例 を 受 けるのは 株 式 を 払 込 みにより 取 得 した 個 人 であること から 指 定 会 社 が 作 成 する 確 認 申 請 書 ( 別 記 様 式 第 7の)は 個 人 ごとに 作 成 することと したものである () 各 論 建 築 物 整 備 事 業 に 関 し 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 係 る 国 税 関 係 法 律 の 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 施 行 規 則 第 3 条 の 第 号 第 6 条 の 第 号 又 は 第 9 条 の 第 号 の 書 類 とは 何 か 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 施 行 規 則 第 9 条 第 項 の 規 定 に 基 づき 認 定 地 方 公 共 団 体 が 当 該 建 築 物 整 備 事 業 を 適 切 に 実 施 している と 認 定 したことを 証 する 書 面 ( 当 該 認 定 の 概 要 を 記 載 した 書 面 ) 別 記 様 式 第 の を 交 付 することとしています 9 ページ

11 利 子 補 給 を 受 けるために 必 要 と なる 手 続 きや 計 画 記 載 事 項 はどの ようなものか 利 子 補 給 を 受 けるためには 地 方 公 共 団 体 が 作 成 した 復 興 推 進 計 画 の 認 定 の 後 国 によ る 金 融 機 関 の 指 定 国 と 指 定 金 融 機 関 との 利 子 補 給 契 約 の 締 結 等 の 手 続 きが 必 要 となる 更 に 指 定 金 融 機 関 が 地 域 協 議 会 の 構 成 員 で あることが 必 要 である また 復 興 推 進 計 画 には 計 画 の 区 域 目 標 目 標 を 達 成 するために 推 進 しようとする 取 組 の 内 容 等 の 他 主 に 以 下 の 事 項 を 記 載 す る 必 要 がある 貸 付 けの 対 象 となる 事 業 が 復 興 推 進 計 画 の 目 標 を 達 成 する 上 で 中 核 となるものである ことの 説 明 指 定 金 融 機 関 から 事 業 を 実 施 する 単 独 の 事 業 者 での 融 資 合 計 額 事 業 者 の 資 金 計 画 7 利 子 補 給 8 その 他 3 復 興 特 区 支 援 利 子 補 給 金 を 活 用 しようとする 場 合 に 復 興 推 進 計 画 に 記 載 する 復 興 推 進 事 業 の 内 容 はどのようなものなのか 認 定 された 復 興 推 進 計 画 は 公 表 されるものなのか どの 地 域 でどのように 行 うか 等 は 未 定 であるが 復 興 のために 重 要 と 考 えられる 構 想 段 階 にあるプロ ジェクトについて 復 興 特 区 制 度 を 活 用 することは 可 能 か 復 興 特 区 支 援 利 子 補 給 金 を 活 用 した 貸 付 け の 対 象 となる 事 業 は 以 下 の 要 件 を 満 たすも のである 施 行 規 則 第 条 に 規 定 する 事 業 に 該 当 する 復 興 推 進 計 画 の 目 標 を 達 成 する 上 で 中 核 と なるもの( 他 の 事 業 に 比 較 して 計 画 の 目 標 達 成 への 寄 与 度 が 高 いものを 想 定 )であること 3 個 別 プロジェクトであること ( 個 別 プロジェクトの 記 載 例 ) 市 漁 港 後 背 地 において が 当 該 エリアに 立 地 する 複 数 の 事 業 者 の 水 産 加 工 場 を 統 合 して 地 域 の 中 核 的 な 水 産 加 工 場 を 整 備 する 事 業 市 の 地 区 において 太 陽 光 発 電 所 を 建 設 運 営 する 事 業 透 明 性 を 確 保 するため 復 興 特 別 区 域 基 本 方 針 第 5-において 認 定 された 個 別 の 復 興 推 進 計 画 について 国 において 作 成 する ウェブサイトにより 一 覧 形 式 で 公 開 するこ と となっていることから 認 定 された 復 興 推 進 計 画 は 公 表 されることとなる 復 興 に 資 すると 考 えられるプロジェクト 構 想 があり 地 方 公 共 団 体 民 間 事 業 者 等 によ る 推 進 の 方 向 性 がある 程 度 固 まっている 場 合 には 例 えば プロジェクト 単 位 で 地 域 協 議 会 を 組 織 し 協 議 を 進 め 必 要 に 応 じて 新 た な 規 制 の 特 例 措 置 等 に 関 する 提 案 を 行 い 国 と 地 方 の 協 議 会 にこのプロジェクトに 対 応 す る 分 科 会 を 設 置 して 国 の 制 度 の 改 善 を 図 っ たり 既 存 の 制 度 による 支 援 を 受 ける 等 の 進 め 方 が 考 えられる 0 ページ

12 事 務 連 絡 平 成 4 年 4 月 9 日 関 係 道 県 復 興 推 進 計 画 担 当 課 関 係 市 町 村 復 興 推 進 計 画 担 当 課 御 中 御 中 復 興 庁 復 興 特 区 班 復 興 産 業 集 積 区 域 の 表 示 方 法 について 関 係 地 方 公 共 団 体 から 簡 素 化 の 要 望 が 多 い 復 興 推 進 計 画 における 復 興 産 業 集 積 区 域 の 表 示 方 法 について 地 方 公 共 団 体 の 負 担 軽 減 を 図 るため 区 域 が 明 らかになるのであればよ り 簡 易 な 手 法 によることができるよう 別 添 のとおり 具 体 的 な 表 示 方 法 をお 示 しします

13 復 興 産 業 集 積 区 域 の 表 示 方 法 文 章 で 復 興 産 業 集 積 区 域 に 含 まれる 区 域 の 全 てを 表 示 するパターン 計 画 上 の 文 章 図 面 地 番 により 表 示 する 概 括 図 ( 縮 尺 問 わない) 大 字 字 又 は 小 字 により 表 示 する 概 括 図 ( 縮 尺 問 わない) 3 4 地 番 及 び 大 字 字 又 は 小 字 の 組 み 合 わせにより 表 示 する 一 定 の 地 物 施 設 工 作 物 からの 距 離 及 び 方 向 により 表 示 する 概 括 図 ( 縮 尺 問 わない) 概 括 図 ( 縮 尺 問 わない) 5 ~4に 準 じる 方 法 により 表 示 する 概 括 図 ( 縮 尺 問 わない) 区 域 図 (,500 分 の 以 上 )で 表 示 して 文 章 で 補 足 するパターン 計 画 上 の 文 章 図 面 6 地 番 等 により 表 示 する ( 区 域 図 では 明 らかではない 部 分 を 文 章 で 補 足 する ) 区 域 図 (,500 分 の 以 上 ) 及 び 概 括 図 ( 縮 尺 問 わない) 概 括 図 は 参 考 資 料 としての 位 置 づけ 概 括 図 は 市 町 村 ごとに 作 成 する 県 が 作 成 主 体 である 場 合 には 併 せて 県 の 概 括 図 も 作 成 する

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx (1) 被 災 地 の 雇 用 機 会 の 確 保 のための 税 制 上 の 特 例 措 置 (~28 年 3 月 末 ) 復 興 産 業 集 積 区 域 内 において 雇 用 に 大 きな 被 害 が 生 じた 地 域 の 雇 用 機 会 の 確 保 に 寄 与 する 事 業 を 行 う 個 人 事 業 者 又 は 法 人 ( 新 規 立 地 促 進 税 制 は 法 人 のみ)を 対 象 として

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 助 成 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における 改 善 見

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

平成20年

平成20年 第 5 章 税 法 その 他 の 分 野 1. 不 動 産 取 得 税 (H24-24) 不 動 産 取 得 税 に 関 する 次 の 記 述 のうち 正 しいものはどれか (1) 不 動 産 取 得 税 の 課 税 標 準 となるべき 額 が 土 地 の 取 得 にあっては 10 万 円 家 屋 の 取 得 のうち 建 築 に 係 るものにあっては1 戸 につき 23 万 円 その 他 のものにあっては

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受

賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受 4 Q & A 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB82C98AD682B782E9827081954182512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB82C98AD682B782E9827081954182512E646F63> 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 2 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 介 護 保 険 課 国 民 健 康 保 険 課 高 齢 者 医 療 制 度 施 行 準 備 室 問 1 年 度 途 中 において 保 険 料 が 増 額 された 場 合 は 特 別 徴 収 と 普 通 徴 収 を 併 用 すること( 併 徴 )が 可 能 であるとのことだが 特 別 徴 収 依 頼 の 時 点

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 に 基 づく 固 定 資 産 税 特 例 措 置 の 手 引 き < 第 1 版 > この 手 引 きは 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 認 定 経 営 力 向 上 計 画 に 基 づき 中 小 事 業 者 等 がファイナンス リース 取 引 により 設 備 を 導 入 した 場 合 に 適 用 が 受 けられる 固 定 資 産 税 特 例 措 置

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか 標 準 報 酬 月 額 の 定 時 決 定 及 び 随 時 改 定 の 事 務 取 扱 いに 関 する 事 例 集 報 酬 賞 与 の 範 囲 について 問 報 酬 賞 与 にはどのようなものが 含 まれるか ( 答 ) 報 酬 及 び 賞 与 ( 以 下 報 酬 等 という )は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 5 項 及 び 第 6 項 ( 厚 生 年 金 保 険 法 第 3 条 第 1 項

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

H28記入説明書(納付金・調整金)8

H28記入説明書(納付金・調整金)8 1 常 用 雇 用 労 働 者 の 総 数 の 把 握 ( STEP1 ) (1) 常 用 雇 用 労 働 者 とは 障 害 者 雇 用 納 付 金 制 度 における 常 用 雇 用 労 働 者 とは あなたの 企 業 で の 形 式 の 如 何 を 問 わず 1 雇 用 ( 契 約 ) の 定 めがなく 雇 用 されている 労 働 者 及 び 一 定 の 雇 用 ( 契 約 ) を 定 めて 雇

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6> 情 報 システム 研 究 機 構 法 人 文 書 管 理 規 程 平 成 2 4 月 1 日 制 定 目 次 第 1 章 総 則 第 2 章 管 理 体 制 第 3 章 作 成 第 4 章 整 理 第 5 章 保 存 第 6 章 法 人 文 書 ファイル 管 理 簿 第 7 章 移 管, または 保 存 期 間 の 延 長 第 8 章 点 検 監 査 及 び 管 理 状 況 の 報 告 等 第 9

More information

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

者 で 行 うこととしているので 処 遇 改 善 計 画 もその 申 請 単 位 で 作 成 し 処 遇 改 善 に 取 り 組 むこととなります ( 問 7) 短 時 間 勤 務 者 には 支 給 しないこととしてよいか また 支 給 額 は 職 員 毎 差 をつけてもよいか 職 員 毎 の 支

者 で 行 うこととしているので 処 遇 改 善 計 画 もその 申 請 単 位 で 作 成 し 処 遇 改 善 に 取 り 組 むこととなります ( 問 7) 短 時 間 勤 務 者 には 支 給 しないこととしてよいか また 支 給 額 は 職 員 毎 差 をつけてもよいか 職 員 毎 の 支 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 について に 関 する Q&A 山 梨 県 1 賃 金 改 善 の 方 法 等 ( 問 1) 事 業 者 がロング ショート デイとあった 場 合 は それぞれの 職 員 に 対 して 交 付 率 の 区 分 毎 に 支 払 ってもよいのか または 交 付 金 を 合 計 して 職 員 数 で 割 って 一 律 で 支 払 うのがよいか? 国 は 全 職

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 平 成 27 年 12 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 名 簿 ( 平 成 27 年 12 月 ) < 委 員 > ( 敬 称 略 五 十 音 順 ) 石 毛

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

空 白

空 白 空 白 空 白 Ⅰ 償 却 資 産 のあらまし 1 償 却 資 産 とは 償 却 資 産 とは 土 地 及 び 家 屋 以 外 の 事 業 の 用 に 供 することができる 資 産 で その 減 価 償 却 額 又 は 減 価 償 却 費 が 法 人 税 法 又 は 所 得 税 法 の 規 定 による 所 得 の 計 算 上 損 金 又 は 必 要 な 経 費 に 算 入 されるもの(これに 類

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

建築基準法第43条第1項ただし書き許可

建築基準法第43条第1項ただし書き許可 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 許 可 申 請 マニュアル 平 成 17 年 4 月 作 成 ( 平 成 23 年 8 月 改 正 ) 特 定 行 政 庁 桑 名 市 目 次 許 可 制 度 と 手 続 き P. 1 許 可 手 続 きフロー P. 3 道 路 判 断 の 流 れ P. 4 建 築 審 査 会 における 取 り 扱 い P. 5 建 築 審 査 会 包 括

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 推 進 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 1. 目 的 南 相 馬 市 が 行 う 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 のインターネットを 利 用 した 受 付 サイ ト 構 築 返 礼 品 等 に 関 連 する 業 務 及 びその 他 関 連 業 務 の 代 行 業 務 に 関 し 事 業 者 を 選 定 するため 公 募 型 プロポーザル(

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

今 回 は まず 前 回 の 続 きで 意 思 表 示 2 に 関 して 勘 違 いをして 契 約 を 締 結 した 場 合 の ように 契 約 の 成 立 に 問 題 があった 場 合 の 契 約 の 取 扱 いを 勉 強 します 次 に 未 成 年 者 の ように 保 護 が 必 要 な 人 を

今 回 は まず 前 回 の 続 きで 意 思 表 示 2 に 関 して 勘 違 いをして 契 約 を 締 結 した 場 合 の ように 契 約 の 成 立 に 問 題 があった 場 合 の 契 約 の 取 扱 いを 勉 強 します 次 に 未 成 年 者 の ように 保 護 が 必 要 な 人 を 09 宅 建 スーパー 合 格 講 座 権 利 関 係 目 次 第 1 回 今 回 は 最 初 の 講 義 ですので まず 権 利 関 係 のガイダンスとしてこの 科 目 の 出 題 内 容 傾 向 勉 強 方 法 等 について 説 明 します そして 1 契 約 は どのように 成 立 するのか,2 契 約 の 内 容 が 反 社 会 的 な 場 合 ( 例 えば 殺 人 の 契 約 )はどのように

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information