出雲市都市計画法の施行に関する規則

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "出雲市都市計画法の施行に関する規則"

Transcription

1 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課

2 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施 行 区 域 内 の 権 利 者 の 同 意 書 11 設 計 者 の 資 格 に 関 する 申 告 書 12 申 請 者 の 資 力 等 に 関 する 申 告 書 13 工 事 施 行 者 の 能 力 に 関 する 申 告 書 14 開 発 行 為 協 議 書 15 開 発 行 為 変 更 許 可 申 請 書 16 開 発 行 為 変 更 届 出 書 17 開 発 行 為 変 更 協 議 書 18 工 事 着 手 届 19 工 程 表 20 開 発 行 為 許 可 標 識 21 建 築 着 工 承 認 申 請 書 22 建 築 物 形 態 等 制 限 区 域 内 建 築 許 可 申 請 書 23 予 定 建 築 物 等 以 外 の 新 築 用 途 変 更 許 可 申 請 書 24 地 位 承 継 届 出 書 25 地 位 承 継 承 認 申 請 書 26 開 発 登 録 簿 ( 調 書 ) 27 開 発 行 為 又 は 建 築 等 に 関 する 証 明 願 28 都 市 計 画 法 による 命 令 の 公 示 29 身 分 証 明 書 30 出 雲 市 開 発 行 為 に 関 する 指 導 要 綱 31 開 発 行 為 事 前 協 議 申 請 書 36 開 発 行 為 事 前 協 議 通 知 書 37 出 雲 市 違 反 開 発 行 為 等 監 督 処 分 事 務 処 理 要 領 38 都 市 計 画 法 違 反 行 為 調 査 報 告 書 47 通 知 48 違 反 開 発 行 為 等 是 正 指 導 書 49

3 是 正 指 示 書 50 都 市 計 画 法 違 反 開 発 行 為 等 是 正 命 令 書 51 緊 急 防 災 措 置 命 令 書 52 都 市 計 画 法 による 命 令 の 公 示 53 都 市 計 画 法 違 反 行 為 追 跡 調 査 報 告 書 57 出 雲 市 開 発 登 録 簿 閲 覧 規 程 58 閲 覧 簿 61 開 発 登 録 簿 の 写 しの 交 付 申 請 書 62 出 雲 市 優 良 宅 地 造 成 認 定 事 務 取 扱 要 綱 63 優 良 宅 地 認 定 申 請 書 69 認 定 書 71 優 良 宅 地 証 明 申 請 書 72 証 明 書 73 宅 地 造 成 工 事 廃 止 届 出 書 75 地 位 承 継 届 出 書 76 優 良 宅 地 認 定 申 請 書 77 証 明 書 78 国 土 交 通 省 令 別 記 様 式 79 開 発 行 為 許 可 申 請 書 80 資 金 計 画 書 82 工 事 完 了 届 出 書 84 公 共 施 設 工 事 完 了 届 出 書 85 開 発 行 為 に 関 する 工 事 の 検 査 済 証 86 公 共 施 設 に 関 する 工 事 の 検 査 済 証 87 開 発 行 為 に 関 する 工 事 の 廃 止 の 届 出 書 88 改 訂 経 過 平 成 22 年 4 月 平 成 24 年 4 月 平 成 28 年 4 月 制 定 改 訂 改 訂

4 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1

5 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 出 雲 市 規 則 第 15 号 ) 改 正 平 成 24 年 3 月 30 日 規 則 第 12 号 -- 年 -- 月 -- 日 規 則 第 -- 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 知 事 の 権 限 に 属 する 事 務 の 処 理 の 特 例 に 関 する 条 例 ( 平 成 12 年 島 根 県 条 例 第 137 号 ) 第 2 条 第 20 号 の 規 定 に 基 づき 出 雲 市 が 処 理 することとされている 開 発 行 為 に 関 し 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という ) 都 市 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 44 年 政 令 第 158 号 ) 及 び 都 市 計 画 法 施 行 規 則 ( 昭 和 44 年 建 設 省 令 第 49 号 以 下 省 令 という )に 定 めるもののほか 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 開 発 行 為 許 可 申 請 ) 第 2 条 法 第 29 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 により 開 発 行 為 の 許 可 ( 以 下 開 発 許 可 という )を 受 けよ うとする 者 は 省 令 第 16 条 第 1 項 に 規 定 する 開 発 行 為 許 可 申 請 書 に 省 令 第 17 条 第 1 項 の 添 付 図 書 のほか 次 に 掲 げる 図 書 ( 主 として 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 の 建 築 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 又 は 住 宅 以 外 の 建 築 物 若 しくは 特 定 工 作 物 で 自 己 の 業 務 の 用 に 供 するものの 建 築 若 しくは 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 1ヘクタール 未 満 の 開 発 行 為 にあっては 第 5 号 及 び 第 6 号 に 掲 げる 図 書 を 除 く )を 添 付 して 市 長 に 申 請 しなければならない (1) 開 発 区 域 の 土 地 の 全 部 事 項 証 明 書 (2) 開 発 区 域 の 土 地 の 公 図 の 写 し (3) 開 発 区 域 の 土 地 の 求 積 図 (4) 開 発 区 域 の 現 況 写 真 (5) 申 請 者 の 納 税 証 明 書 並 びに 申 請 者 の 資 力 及 び 信 用 に 関 する 申 告 書 (6) 工 事 施 行 者 の 納 税 証 明 書 及 び 工 事 施 行 者 の 工 事 施 行 能 力 に 関 する 申 告 書 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 が 必 要 と 認 める 図 書 ( 開 発 行 為 許 可 申 請 書 の 添 付 図 書 の 様 式 ) 第 3 条 法 及 び 省 令 に 規 定 する 次 に 掲 げる 証 明 書 等 の 様 式 は 当 該 各 号 に 定 めるところによる (1) 法 第 30 条 第 2 項 に 規 定 する 同 意 を 得 たことを 証 する 書 面 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 ( 様 式 第 1 号 ) (2) 法 第 30 条 第 2 項 に 規 定 する 協 議 の 経 過 を 示 す 書 面 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 ( 様 式 第 2 号 ) (3) 省 令 第 16 条 第 2 項 に 規 定 する 設 計 説 明 書 設 計 説 明 書 ( 様 式 第 3 号 ) (4) 省 令 第 17 条 第 1 項 第 3 号 に 規 定 する 相 当 数 の 同 意 を 得 たことを 証 する 書 面 工 事 施 行 区 域 内 の 権 利 者 の 同 意 書 ( 様 式 第 4 号 ) 2

6 (5) 省 令 第 17 条 第 1 項 第 4 号 に 規 定 する 設 計 者 の 資 格 を 有 する 者 であることを 証 する 書 面 設 計 者 の 資 格 に 関 する 申 告 書 ( 様 式 第 5 号 ) (6) 前 条 第 5 号 の 申 請 者 の 資 力 及 び 信 用 に 関 する 申 告 書 申 請 者 の 資 力 等 に 関 する 申 告 書 ( 様 式 第 6 号 ) (7) 前 条 第 6 号 の 工 事 施 行 者 の 工 事 施 行 能 力 に 関 する 申 告 書 工 事 施 行 者 の 能 力 に 関 する 申 告 書 ( 様 式 第 7 号 ) ( 国 又 は 都 道 府 県 等 が 行 う 開 発 行 為 の 協 議 の 申 出 ) 第 4 条 法 第 34 条 の 2 第 1 項 の 規 定 による 協 議 を 行 おうとする 者 は 開 発 行 為 協 議 書 ( 様 式 第 8 号 )に 省 令 第 17 条 第 1 項 の 添 付 図 書 のほか 第 2 条 第 1 号 から 第 4 号 まで 及 び 第 7 号 に 規 定 する 図 書 又 は 書 類 を 添 付 して 市 長 に 協 議 しなければならない ( 開 発 行 為 の 変 更 許 可 及 び 変 更 の 届 出 ) 第 5 条 法 第 35 条 の 2 第 1 項 の 規 定 による 申 請 及 び 同 条 第 3 項 の 規 定 による 届 出 は 開 発 行 為 変 更 許 可 申 請 書 ( 様 式 第 9 号 ) 又 は 開 発 行 為 変 更 届 出 書 ( 様 式 第 10 号 )によるものとし 省 令 第 28 条 の 3に 規 定 するもののほか 次 に 掲 げる 図 書 を 添 付 し 市 長 に 提 出 しなければならない (1) 第 2 条 各 号 に 掲 げる 図 書 のうち 開 発 行 為 の 変 更 に 伴 いその 内 容 が 変 更 される 図 書 (2) 第 3 条 に 規 定 する 図 書 のうち 当 該 変 更 にかかわる 図 書 (3) 前 2 号 に 掲 げるもののほか 市 長 が 必 要 と 認 める 図 書 ( 国 又 は 都 道 府 県 等 が 行 う 開 発 行 為 の 変 更 の 協 議 の 申 出 ) 第 6 条 法 第 35 条 の 2 第 4 項 において 準 用 する 法 第 34 条 の 2 第 1 項 の 規 定 による 協 議 を 行 おうとする 者 は 開 発 行 為 変 更 協 議 書 ( 様 式 第 11 号 )に 省 令 第 28 条 の 3に 規 定 するもののほか 前 条 各 号 に 規 定 する 図 書 を 添 付 し 市 長 に 協 議 しなければならない ( 工 事 着 手 の 届 出 ) 第 7 条 開 発 許 可 を 受 けた 者 は 当 該 開 発 許 可 に 係 る 工 事 に 着 手 しようとするときは 工 事 着 手 届 ( 様 式 第 12 号 )に 工 程 表 ( 様 式 第 13 号 )を 添 付 し 速 やかに 市 長 に 届 け 出 なければならない ( 開 発 行 為 許 可 標 識 の 掲 示 ) 第 8 条 開 発 許 可 を 受 けた 者 は 開 発 行 為 許 可 標 識 ( 様 式 第 14 号 )を 工 事 に 着 手 した 日 から 完 了 の 日 ま で 工 事 現 場 の 見 やすい 場 所 に 掲 示 しなければならない ( 工 程 の 報 告 及 び 中 間 の 検 査 ) 第 9 条 開 発 許 可 を 受 けた 者 は 当 該 開 発 行 為 ( 主 として 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 の 建 築 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 又 は 住 宅 以 外 の 建 築 物 若 しくは 特 定 工 作 物 で 自 己 の 業 務 の 用 に 供 するもの の 建 築 若 しくは 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )の 工 事 が 次 に 達 する 日 の 3 日 前 まで に その 旨 を 市 長 に 報 告 しなければならない 3

7 (1) 高 さ 2メートル 以 上 の 練 積 み 造 の 擁 壁 を 設 置 する 場 合 において 床 掘 を 完 了 するとき (2) 鉄 筋 コンクリート 造 の 擁 壁 を 設 置 する 場 合 において 配 筋 を 完 了 するとき (3) 無 筋 コンクリート 造 の 擁 壁 を 設 置 する 場 合 において 型 枠 を 完 了 するとき (4) 排 水 施 設 のうち 地 下 に 埋 設 する 集 水 管 暗 渠 等 の 配 置 を 完 了 し 土 砂 の 埋 め 戻 し 直 前 となる とき (5) 道 路 施 設 のうち 路 盤 工 を 完 了 するとき (6) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 工 事 完 了 後 外 部 から 確 認 できなくなる 箇 所 が 施 行 段 階 になるとき (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 が 必 要 と 認 めるとき 2 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 随 時 中 間 検 査 を 行 うことができる ( 工 事 完 了 の 届 出 ) 第 10 条 開 発 許 可 を 受 けた 者 は 当 該 開 発 許 可 に 係 る 工 事 が 完 了 したときは 法 第 36 条 第 1 項 の 規 定 により 省 令 第 29 条 に 規 定 する 工 事 完 了 届 出 書 に 次 に 掲 げる 図 書 を 添 付 し 市 長 に 届 け 出 なければな らない (1) 工 事 写 真 及 び 完 了 後 の 全 景 写 真 (2) 前 号 に 掲 げるもののほか 市 長 が 必 要 と 認 める 図 書 ( 工 事 完 了 の 公 告 ) 第 11 条 法 第 36 条 第 3 項 の 規 定 による 工 事 完 了 の 公 告 は 出 雲 市 役 所 掲 示 場 に 掲 示 して 行 うものとす る ( 建 築 等 の 制 限 解 除 承 認 の 申 請 ) 第 12 条 法 第 37 条 第 1 号 の 規 定 による 承 認 を 受 けようとする 者 は 建 築 着 工 承 認 申 請 書 ( 様 式 第 15 号 )に 次 に 掲 げる 図 書 を 添 付 し 市 長 に 申 請 しなければならない (1) 建 築 物 を 建 築 しようとする 土 地 の 現 況 図 及 び 付 近 見 取 図 (2) 建 築 物 の 配 置 図 及 び 平 面 図 (3) 開 発 区 域 の 工 事 の 状 況 及 び 建 築 工 事 との 関 係 を 示 す 図 書 (4) 現 況 写 真 (5) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 が 必 要 と 認 める 図 書 ( 工 事 廃 止 の 届 出 ) 第 13 条 法 第 38 条 の 規 定 による 届 出 を 行 おうとする 者 は 省 令 第 32 条 に 規 定 する 開 発 行 為 に 関 する 工 事 の 廃 止 の 届 出 書 に 次 に 掲 げる 図 書 を 添 付 し 市 長 に 届 け 出 なければならない (1) 工 事 の 廃 止 の 理 由 及 び 廃 止 に 伴 う 災 害 防 止 等 の 措 置 を 記 載 した 図 書 (2) 廃 止 における 工 事 の 状 況 を 示 す 図 面 及 び 写 真 4

8 (3) 前 2 号 に 掲 げるもののほか 市 長 が 必 要 と 認 める 図 書 ( 制 限 区 域 内 における 建 築 の 許 可 ) 第 14 条 法 第 41 条 第 2 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 を 受 けようとする 者 は 建 築 物 形 態 等 制 限 区 域 内 建 築 許 可 申 請 書 ( 様 式 第 16 号 )に 次 に 掲 げる 図 書 を 添 付 し 市 長 に 申 請 しなければならない (1) 土 地 利 用 計 画 図 (2) 建 築 物 の 平 面 図 及 び 立 面 図 (3) 前 2 号 に 掲 げるもののほか 市 長 が 必 要 と 認 める 図 書 ( 予 定 建 築 物 等 以 外 の 建 築 等 の 許 可 ) 第 15 条 法 第 42 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 建 築 等 の 許 可 を 受 けようとする 者 は 予 定 建 築 物 等 以 外 の 新 築 用 途 変 更 許 可 申 請 書 ( 様 式 第 17 号 )に 次 に 掲 げる 図 書 を 添 付 し 市 長 に 申 請 しなければな らない (1) 土 地 利 用 計 画 図 (2) 建 築 物 の 平 面 図 (3) 前 2 号 に 掲 げるもののほか 市 長 が 必 要 と 認 める 図 書 ( 地 位 の 承 継 の 届 出 ) 第 16 条 法 第 44 条 の 規 定 による 地 位 の 承 継 をした 者 は 遅 滞 なく 地 位 承 継 届 出 書 ( 様 式 第 18 号 )に 地 位 を 承 継 したことを 証 する 書 類 を 添 付 し 市 長 に 届 け 出 なければならない ( 地 位 の 承 継 の 承 認 申 請 ) 第 17 条 法 第 45 条 の 規 定 による 承 認 を 受 けようとする 者 は 遅 滞 なく 地 位 承 継 承 認 申 請 書 ( 様 式 第 19 号 )に 次 に 掲 げる 図 書 ( 主 として 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 の 建 築 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 又 は 住 宅 以 外 の 建 築 物 若 しくは 特 定 工 作 物 で 自 己 の 業 務 の 用 に 供 するものの 建 築 若 しくは 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 にあっては 第 2 号 に 掲 げる 図 書 を 除 く )を 添 付 し 市 長 に 申 請 し なければならない (1) 承 継 の 原 因 を 証 する 図 書 (2) 第 2 条 第 5 号 に 掲 げる 図 書 (3) 前 2 号 に 掲 げるもののほか 市 長 が 必 要 と 認 める 図 書 ( 開 発 登 録 簿 ) 第 18 条 省 令 第 36 条 第 1 項 の 規 定 による 開 発 登 録 簿 の 調 書 は 開 発 登 録 簿 ( 調 書 )( 様 式 第 20 号 )によ るものとする ( 開 発 行 為 又 は 建 築 等 に 関 する 証 明 書 の 交 付 の 申 請 ) 5

9 第 19 条 省 令 第 60 条 の 規 定 による 証 明 書 ( 法 第 53 条 の 規 定 に 適 合 していることを 証 する 証 明 書 は 除 く )の 交 付 を 受 けようとする 者 は 開 発 行 為 又 は 建 築 等 に 関 する 証 明 願 ( 様 式 第 21 号 )により 市 長 に 申 請 しなければならない ( 監 督 処 分 等 の 標 識 ) 第 20 条 法 第 81 条 第 3 項 の 規 定 による 標 識 は 様 式 第 22 号 によるものとする ( 身 分 証 明 書 の 様 式 ) 第 21 条 法 第 82 条 第 2 項 に 規 定 する 身 分 を 示 す 証 明 書 は 身 分 証 明 書 ( 様 式 第 23 号 )によるものとす る ( 申 請 書 等 の 提 出 部 数 ) 第 22 条 法 省 令 及 びこの 規 則 により 市 長 に 提 出 する 申 請 書 等 の 提 出 部 数 は 次 のとおりとする (1) 申 請 書 及 びその 添 付 図 書 正 本 1 部 及 び 副 本 1 部 (2) 前 号 に 掲 げるもの 以 外 の 届 出 書 及 びその 添 付 図 書 正 本 1 部 附 則 この 規 則 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 規 則 第 12 号 ) この 規 則 は 平 成 24 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 規 則 第 号 ) この 規 則 は 公 布 の 日 から 施 行 する 6

10 様 式 第 1 号 ( 第 3 条 関 係 ) 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 様 平 成 氏 名 所 属 所 下 記 の 開 発 行 為 については 都 市 計 画 法 第 32 条 の 規 定 により 同 意 します 記 1 関 係 す る 公 共 施 設 2 開 発 行 為 の 申 請 者 の 住 所 氏 名 3 開 発 区 域 の 地 名 地 番 4 開 発 区 域 の 面 積 5 開 発 行 為 の 目 的 6 同 意 の 内 容 7

11 様 式 第 2 号 ( 第 3 条 関 係 ) 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 開 発 区 域 の 名 称 公 共 施 設 の 名 称 協 議 項 目 協 議 内 容 協 議 結 果 ( 条 件 ) 設 計 管 理 方 法 土 地 及 び 施 設 の 帰 属 費 用 の 負 担 そ の 他 開 発 行 為 申 請 者 住 所 住 所 協 議 ( 代 理 者 ) 氏 名 氏 名 協 議 指 導 者 住 所 住 所 ( 管 理 予 定 者 ) 氏 名 氏 名 8

12 様 式 第 3 号 ( 第 3 条 関 係 ) 設 計 説 明 書 1 設 計 者 住 所 氏 名 登 録 番 号 2 開 発 区 域 ( 工 区 ) の 名 称 3 申 請 者 氏 名 設 計 方 法 4 目 的 5 基 本 方 針 6 そ の 他 7 地 域 ( 地 区 街 区 等 ) 都 市 計 画 区 域 用 途 地 域 その 他 の 地 域 ( 地 区 街 区 等 ) 土 地 の 8 地 目 区 分 宅 地 農 地 山 林 そ の 他 合 計 面 積 m 2 m 2 m 2 m 2 m 2 比 率 % % % % % 現 況 9 所 有 区 分 自 己 所 有 買 収 予 定 地 地 主 還 元 そ の 他 合 計 面 積 m 2 m 2 m 2 m 2 m 2 者 比 率 % % % % % 備 考 土 地 の 地 形 地 質 及 び 措 置 土 地 の 利 用 計 画 区 分 宅 地 用 地 道 路 用 地 公 園 緑 地 広 場 用 地 そ の 他 の 用 地 面 積 m 2 m 2 m 2 m 2 m 2 比 率 % % % % % 合 計 13 街 区 の 計 画 種 類 計 画 概 要 管 理 予 定 者 14 道 路 幅 員 全 長 こう 配 路 面 公 共 施 設 等 整 備 計 画 15 排 水 施 設 16 給 水 施 設 17 ガ ス 供 給 施 設 18 公 園 緑 地 広 場 19 街 路 照 明 20 消 火 水 公 益 的 施 設 そ の 他 接 続 道 路 及 び 管 理 者 方 法 構 造 接 続 道 路 及 び 管 理 者 9

13 備 考 1 1 登 録 番 号 欄 には 島 根 県 開 発 行 為 設 計 資 格 登 録 簿 に 登 録 されている 者 は その 番 号 を 記 入 すること 2 4 目 的 欄 には 開 発 区 域 の 使 用 目 的 ( 分 譲 建 売 社 員 住 宅 の 別 等 )を 記 入 すること 3 5 基 本 方 針 欄 には 計 画 上 特 に 配 慮 した 点 を 記 入 すること 4 6その 他 欄 には 土 捨 場 土 取 場 の 位 置 と 搬 入 搬 出 の 方 法 経 路 等 を 記 入 すること 5 7 地 域 ( 地 区 街 区 等 ) 欄 には 用 途 地 域 その 他 の 分 区 名 を 記 入 すること 6 10 備 考 欄 には 現 況 図 の 補 足 説 明 を 記 入 すること 7 11 土 地 の 地 形 地 質 及 び 措 置 欄 には 土 地 のこう 配 切 土 盛 土 の 別 及 び 土 の 置 き 換 え 擁 壁 等 の 措 置 を 記 入 すること 8 13 街 区 の 計 画 欄 には 宅 地 の 区 割 りの 大 きさ 数 を 記 入 すること 9 14 道 路 欄 には 幅 員 (すべての 種 類 ) 延 長 距 離 最 大 縦 断 勾 配 路 面 の 仕 上 げ 等 を 記 入 すること 排 水 施 設 欄 には 直 角 式 しゃ 集 式 放 射 式 等 の 方 法 の 別 及 び 排 水 管 の 材 料 等 の 構 造 を 記 入 すること 公 園 緑 地 広 場 欄 には 公 園 緑 地 広 場 の 別 その 中 に 設 ける 施 設 等 を 記 入 すること 消 火 水 欄 には 消 防 活 動 のための 水 の 供 給 方 法 消 火 栓 防 火 用 水 等 を 記 入 する こと 13 公 益 的 施 設 欄 には 教 育 医 療 購 買 等 の 施 設 を 予 定 している 場 合 には その 施 設 を 記 入 すること 14 その 他 欄 には 汚 水 処 理 施 設 等 がある 場 合 に その 種 類 概 要 等 を 記 入 すること 10

14 様 式 第 4 号 ( 第 3 条 関 係 ) 工 事 施 行 区 域 内 の 権 利 者 の 同 意 書 開 発 行 為 施 行 者 ないので 事 業 の 施 行 に 同 意 します の 施 行 にかかわる 開 発 事 業 計 画 については 異 議 が 権 利 の 対 象 物 所 在 地 面 積 ( 用 途 ) 権 利 の 種 類 同 意 年 月 日 権 利 者 の 住 所 氏 名 11

15 様 式 第 5 号 ( 第 3 条 関 係 ) 設 計 者 の 資 格 に 関 する 申 告 書 都 市 計 画 法 第 31 条 に 規 定 する 設 計 者 の 資 格 について 下 記 のとおり 申 告 します 様 1 設 計 者 の 氏 名 2 設 計 者 の 現 住 所 申 請 者 氏 名 記 住 所 3 最 終 学 歴 学 校 名 学 部 科 名 修 業 年 限 4 資 格 免 許 等 勤 務 先 又 は 工 事 名 職 務 内 容 期 間 年 数 合 計 5 実 務 経 歴 設 計 経 歴 年 月 から 年 月 まで 年 月 から 年 月 まで 年 月 から 年 月 まで 年 月 から 年 月 まで 第 1 号 審 査 欄 該 当 号 省 令 第 19 条 イ ロ ハ ニ ホ ヘ ト 第 2 号 備 考 1 のある 欄 は 記 載 しないこと 2 最 終 学 歴 欄 の 最 終 学 校 の 卒 業 証 明 書 等 を 添 付 すること 3 資 格 免 許 等 欄 の 資 格 免 許 等 については これらを 有 することを 証 する 書 類 の 写 しを 添 付 すること 12

16 様 式 第 6 号 ( 第 3 条 関 係 ) 申 請 者 の 資 力 等 に 関 する 申 告 書 様 申 請 者 住 所 氏 名 ( 電 話 番 号 ) 開 発 行 為 を 行 うために 必 要 な 資 力 等 については 下 記 のとおりです 記 設 立 資 本 金 千 円 法 令 に よ る 登 録 等 従 業 員 数 事 務 技 術 労 務 計 人 人 人 人 前 年 度 事 業 量 千 円 資 産 総 額 千 円 前 年 度 又 は 前 年 の 納 税 額 主 た る 取 引 金 融 機 関 法 人 税 又 は 所 得 税 : 千 円 事 業 税 千 円 職 名 氏 名 年 齢 在 社 年 数 資 格 免 許 学 歴 その 他 役 員 略 歴 歳 歳 歳 年 年 年 宅 地 造 成 経 歴 添 付 図 書 備 考 工 事 の 名 称 工 事 施 行 者 工 事 施 行 場 所 歳 年 面 積 及 び 工 事 費 m 2 千 円 m 2 千 円 m 2 千 円 1 法 人 の 全 部 事 項 証 明 書 ( 個 人 の 場 合 は 住 民 票 ) 2 事 業 経 歴 書 3 前 年 度 にかかわる 法 人 税 又 は 前 年 度 にかかわる 所 得 税 の 納 税 証 明 書 4 財 務 諸 表 ( 過 去 1 年 間 ) 5 その 他 着 工 及 び 完 了 着 工 完 了 着 工 完 了 着 工 完 了 1 申 請 者 の 住 所 及 び 氏 名 は 法 人 にあっては その 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 並 びに 名 称 及 び 代 表 者 の 氏 名 を 記 載 すること 2 法 令 による 登 録 等 欄 には 宅 地 建 物 取 引 業 者 の 免 許 建 築 士 法 による 建 築 士 事 務 所 の 登 録 建 設 業 法 による 建 設 業 者 の 登 録 等 について 記 入 すること 13

17 様 式 第 7 号 ( 第 3 条 関 係 ) 工 事 施 行 者 の 能 力 に 関 する 申 告 書 様 申 請 者 住 所 氏 名 ( 電 話 番 号 ) 開 発 行 為 に 関 する 工 事 を 完 成 するために 必 要 な 能 力 については 下 記 のとおりです 記 設 立 資 本 金 千 円 法 令 による 登 録 等 従 業 員 数 事 務 技 術 労 務 計 人 人 人 人 前 年 度 又 は 前 年 の 納 税 額 主 た る 取 引 金 融 機 関 法 人 税 又 は 所 得 税 : 千 円 技 術 者 略 歴 宅 地 造 成 工 事 施 行 経 歴 添 付 図 書 職 名 氏 名 年 齢 在 社 年 数 資 格 免 許 学 歴 その 他 注 文 主 の 氏 名 元 請 下 請 の 別 歳 歳 歳 歳 工 事 施 行 場 所 1 法 人 の 全 部 事 項 証 明 書 ( 個 人 の 場 合 は 住 民 票 ) 2 事 業 経 歴 書 3 建 設 業 許 可 証 明 書 4 財 務 諸 表 ( 過 去 1 年 間 ) 5 その 他 年 年 年 年 面 積 及 び 工 事 費 m 2 千 円 m 2 千 円 m 2 千 円 着 工 及 び 完 了 着 工 完 了 着 工 完 了 着 工 完 了 備 考 1 工 事 施 行 者 の 住 所 及 び 氏 名 は 法 人 にあっては その 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 並 びに 名 称 及 び 代 表 者 の 氏 名 を 記 載 すること 2 法 令 による 登 録 等 欄 には 建 設 業 法 による 建 設 業 者 の 登 録 建 築 士 法 による 建 築 士 事 務 所 の 登 録 について 記 入 すること 14

18 様 式 第 8 号 ( 第 4 条 関 係 ) 様 開 発 行 為 協 議 書 事 業 者 所 在 地 名 称 及 び 代 表 者 の 氏 名 ( 電 話 番 号 : ) 都 市 計 画 法 第 34 条 の 2 第 1 項 の 規 定 による 開 発 行 為 を 協 議 します 1. 開 発 区 域 に 含 まれる 地 域 の 名 称 平 成 2. 開 発 区 域 の 面 積 平 方 メートル 開 発 行 為 の 概 要 3. 予 定 建 築 物 等 の 用 途 4. 工 事 施 行 者 の 住 所 氏 名 5. 工 事 着 手 予 定 平 成 6. 工 事 完 了 予 定 平 成 7. 自 己 の 業 務 の 用 に 供 するもの その 他 の ものの 別 8. その 他 必 要 な 事 項 備 考 1. その 他 必 要 な 事 項 の 欄 には 開 発 行 為 を 行 うことについて 農 地 法 その 他 の 法 令 に よる 許 可 認 可 等 を 要 する 場 合 には その 手 続 の 状 況 を 記 載 すること この 協 議 は( 別 記 条 件 を 付 して) 同 意 する 同 意 番 号 15

19 様 式 第 9 号 ( 第 5 条 関 係 ) 受 付 開 発 行 為 変 更 許 可 申 請 書 都 市 計 画 法 第 35 条 の 2 第 1 項 の 規 定 により 開 発 行 為 の 変 更 の 許 可 を 申 請 します 様 申 請 者 住 所 氏 名 ( 電 話 番 号 ) 手 数 料 開 発 行 為 の 変 更 の 概 要 1 開 発 区 域 に 含 まれる 地 域 の 名 称 2 開 発 区 域 の 面 積 3 予 定 建 築 物 の 用 途 4 工 事 施 行 者 の 住 所 氏 名 5 そ の 他 必 要 な 事 項 住 所 氏 名 開 発 行 為 の 許 可 番 号 第 号 変 更 の 理 由 備 考 1 のある 欄 は 記 入 しないこと 2 その 他 必 要 な 事 項 の 欄 には 開 発 行 為 の 変 更 を 行 うことについて 農 地 法 その 他 の 法 令 による 許 可 認 可 等 を 要 する 場 合 には その 手 続 の 状 況 を 記 載 すること 3 開 発 行 為 の 変 更 の 概 要 ( その 他 必 要 な 事 項 を 除 く )は 変 更 前 及 び 変 更 後 の 内 容 を 対 象 させて 記 載 すること この 申 請 は( 別 記 条 件 を 付 して) 許 可 する 許 可 番 号 16

20 様 式 第 10 号 ( 第 5 条 関 係 ) 開 発 行 為 変 更 届 出 書 様 届 出 者 住 所 氏 名 ( 電 話 番 号 ) 都 市 計 画 法 第 35 条 の 2 第 3 項 の 規 定 により 開 発 行 為 の 変 更 について 下 記 により 届 け 出 ます 記 1 変 更 に か か わ る 事 項 2 変 更 の 理 由 3 開 発 許 可 の 許 可 番 号 第 号 備 考 変 更 にかかわる 事 項 は 変 更 前 及 び 変 更 後 の 内 容 を 対 照 させて 記 載 すること 17

21 様 式 第 11 号 ( 第 6 条 関 係 ) 開 発 行 為 変 更 協 議 書 平 成 様 事 業 者 所 在 地 名 称 及 び 代 表 者 の 氏 名 ( 電 話 番 号 : ) 都 市 計 画 法 第 35 条 の 2 第 4 項 において 準 用 する 都 市 計 画 法 第 34 条 の 2 第 1 項 の 規 定 よる 開 発 行 為 の 変 更 を 協 議 します 1 開 発 区 域 に 含 まれる 地 域 の 名 称 開 発 行 為 の 変 更 の 概 要 2 開 発 区 域 の 面 積 3 予 定 建 築 物 の 用 途 4 工 事 施 行 者 の 住 所 氏 名 住 所 氏 名 住 所 氏 名 5 その 他 必 要 な 事 項 当 初 開 発 行 為 の 同 意 番 号 平 成 指 令 都 計 第 号 変 更 の 理 由 備 考 1 その 他 必 要 な 事 項 の 欄 には 開 発 行 為 の 変 更 を 行 うことについて 農 地 法 その 他 の 法 令 による 許 可 認 可 等 を 要 する 場 合 には その 手 続 きの 状 況 を 記 載 すること 2 開 発 行 為 の 変 更 の 概 要 ( その 他 必 要 な 事 項 を 除 く )は 変 更 前 及 び 変 更 後 の 内 容 を 対 照 させて 記 載 すること この 協 議 は( 別 記 条 件 を 付 して) 同 意 する 同 意 番 号 18

22 様 式 第 12 号 ( 第 7 条 関 係 ) 工 事 着 手 届 様 届 出 者 住 所 氏 名 ( 電 話 番 号 ) 開 発 行 為 の 工 事 に 着 手 しましたので 出 雲 市 都 市 計 画 法 施 行 に 関 する 規 則 第 7 条 の 規 定 により 届 け 出 ます 許 可 第 号 開 発 区 域 に 含 ま れ る 地 域 の 名 称 工 事 着 手 完 了 予 定 着 手 完 了 予 定 工 事 施 行 者 現 場 管 理 者 氏 名 住 所 電 話 連 絡 場 所 氏 名 住 所 電 話 連 絡 場 所 19

23 様 式 第 13 号 ( 第 7 条 関 係 ) 工 程 表 届 出 者 住 所 氏 名 工 種 個 別 数 量 単 位 月 月 月 月 月 月 月 月 月 月 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 通 計 歩 合 % 20

24 様 式 第 14 号 ( 第 8 条 関 係 ) 開 発 行 為 許 可 標 識 許 可 番 号 第 号 許 可 者 許 可 を 受 け た 者 の 住 所 氏 名 住 所 氏 名 工 事 施 行 者 住 所 氏 名 住 所 氏 名 開 発 区 域 に 含 ま れ る 地 域 の 名 称 開 発 区 域 の 面 積 m 2 工 事 予 定 期 間 から まで 工 事 現 場 管 理 者 氏 名 ( 電 話 番 号 ) 寸 法 は 横 100センチメートル 縦 80 センチメートルとする 21

25 様 式 第 15 号 ( 第 12 条 関 係 ) 建 築 着 工 承 認 申 請 書 都 市 計 画 法 第 37 条 第 1 号 の 規 定 により 建 築 物 の 着 工 の 承 認 を 受 けたく 申 請 します 様 申 請 者 氏 名 住 所 開 発 許 可 を 受 け た 地 域 の 名 称 開 発 許 可 第 号 開 発 行 為 の 工 事 予 定 建 築 物 の 敷 地 の 名 称 建 築 物 の 概 要 工 事 の 状 態 この 申 請 を( 別 記 条 件 を 付 して) 承 認 する 承 認 番 号 22

26 様 式 第 16 号 ( 第 14 条 関 係 ) 受 付 建 築 物 形 態 等 制 限 区 域 内 建 築 許 可 申 請 書 都 市 計 画 法 第 41 条 第 2 項 ただし 書 の 規 定 により 建 築 物 の 形 態 制 限 区 域 内 の 建 築 の 許 可 を 受 けたく 申 請 します 様 申 請 者 住 所 氏 名 ( 電 話 番 号 ) 手 数 料 開 発 許 可 番 号 第 号 建 築 物 の 敷 地 の 所 在 地 番 工 事 種 別 新 築 増 築 改 築 敷 地 面 積 建 築 面 積 延 面 積 予 定 建 築 物 の 用 途 構 造 規 模 高 さ 階 建 壁 面 線 の 位 置 設 備 従 前 の 開 発 許 可 に 付 された 条 件 の 内 容 今 回 許 可 を 受 けようとする 内 容 許 可 を 受 けようとする 理 由 この 申 請 を( 別 記 条 件 を 付 して) 許 可 する 許 可 番 号 23

27 様 式 第 17 号 ( 第 15 条 関 係 ) 受 付 予 定 建 築 物 等 以 外 の 新 築 用 途 変 更 許 可 申 請 書 都 市 計 画 法 第 42 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 により 予 定 建 築 物 等 以 外 の 新 築 ( 用 途 変 更 )の 許 可 を 受 けたく 申 請 します 手 数 料 様 申 請 者 住 所 氏 名 ( 電 話 番 号 ) 開 発 許 可 を 受 け た 地 域 の 名 称 開 発 許 可 番 号 第 号 許 可 を 受 け た 建 築 物 の 用 途 変 更 後 の 用 途 変 更 の 理 由 この 申 請 を( 別 記 条 件 を 付 して) 許 可 する 許 可 番 号 24

28 様 式 第 18 号 ( 第 16 条 関 係 ) 受 付 地 位 承 継 届 出 書 様 承 継 者 住 所 氏 名 ( 電 話 番 号 ) 下 記 の 者 から 都 市 計 画 法 第 44 条 の 規 定 により 次 の 許 可 に 基 づく 地 位 を 承 継 したので 届 け 出 ます 記 許 可 を 受 けた 者 の 住 所 氏 名 住 所 氏 名 許 可 を 受 け た 地 域 の 名 称 許 可 番 号 第 号 許 可 の 種 類 承 継 の 理 由 この 届 出 を 受 理 する 許 可 番 号 25

29 様 式 第 19 号 ( 第 17 条 関 係 ) 受 付 地 位 承 継 承 認 申 請 書 様 承 継 者 住 所 氏 名 ( 電 話 番 号 ) 下 記 の 者 から 都 市 計 画 法 第 45 条 の 規 定 により 次 の 開 発 許 可 に 関 する 工 事 を 施 行 する 権 限 を 取 得 したから 当 該 開 発 許 可 に 基 づく 地 位 を 承 継 したいので 承 認 を 受 けたく 申 請 します 記 許 可 を 受 け た 者 の 住 所 氏 名 住 所 氏 名 許 可 を 受 けた 土 地 の 地 名 地 番 許 可 番 号 第 号 許 可 の 種 類 申 請 の 理 由 手 数 料 この 申 請 を( 別 記 条 件 を 付 して) 承 認 する 許 可 番 号 26

30 様 式 第 20 号 ( 第 18 条 関 係 ) 開 発 登 録 簿 ( 調 書 ) 番 号 許 可 番 号 第 号 承 継 承 認 番 号 第 号 許 可 承 継 承 認 当 初 許 可 変 更 許 可 建 築 制 限 解 除 工 事 完 了 検 査 許 可 を 受 けた 者 の 住 所 及 び 氏 名 工 事 施 行 者 の 住 所 及 び 氏 名 開 発 区 域 に 含 まれる 地 域 地 番 予 定 建 築 物 等 の 用 途 都 市 計 画 法 第 41 条 の 規 定 による 制 限 の 内 容 工 事 予 定 期 間 着 手 完 了 承 継 人 の 住 所 及 び 氏 名 区 地 域 域 等 用 途 地 域 ( ) 開 発 面 積 m 2 街 区 数 区 画 数 都 市 計 画 法 第 41 条 第 2 項 ただし 書 及 び 都 市 計 画 法 第 42 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 による 許 可 許 可 番 号 第 号 第 号 許 可 変 更 の 内 容 許 可 番 号 第 号 第 号 許 可 建 物 概 要 検 査 済 証 完 了 公 告 番 号 第 号 摘 要 番 号 第 号 完 了 検 査 備 考 27

31 様 式 第 21 号 ( 第 19 条 関 係 ) 様 開 発 行 為 又 は 建 築 等 に 関 する 証 明 願 申 請 者 住 所 氏 名 ( 電 話 番 号 ) 都 市 計 画 法 施 行 規 則 第 60 条 の 規 定 により 下 記 のとおり 都 市 計 画 法 の 規 定 に 適 合 している 旨 の 証 明 を 申 請 します 敷 地 の 所 在 区 域 等 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 記 用 途 地 域 該 当 条 文 第 29 条 第 35 条 の 2 第 41 条 第 42 条 第 43 条 建 築 物 の 建 築 若 しくは 用 途 変 更 又 は 特 定 工 作 物 の 建 築 の 計 画 用 途 自 己 用 か 否 かの 別 自 己 の 居 住 用 自 己 の 業 務 用 非 自 己 用 ( ) 敷 地 面 積 m 2 建 築 面 積 m 2 延 べ 面 積 m 2 種 別 新 築 ( 新 設 ) 増 築 ( 増 設 ) 改 築 用 途 変 更 移 転 増 改 築 又 は 用 途 変 更 の 場 合 の 既 存 建 築 物 都 市 計 画 法 の 規 定 によ る 許 可 等 の 番 号 添 付 書 類 用 途 建 築 面 積 m 2 構 造 延 べ 面 積 m 2 第 号 ( 工 事 完 了 公 告 ) 1 付 近 見 取 図 2 敷 地 現 況 図 3 建 築 平 面 図 立 面 図 配 置 図 ( 敷 地 の 求 積 増 改 築 前 後 の 建 築 面 積 延 べ 面 積 が 確 認 できるもの)4 土 地 の 公 図 の 写 し 5 土 地 の 全 部 事 項 証 明 書 6 現 況 写 真 ( 建 築 位 置 を 明 示 ) 7 その 他 上 記 のとおり 都 市 計 画 法 の 規 定 に 適 合 している 開 発 許 可 等 を 要 しない ことを 証 明 します 証 明 番 号 28

32 様 式 第 22 号 ( 第 20 条 関 係 ) 都 市 計 画 法 による 命 令 の 公 示 ( 土 地 又 は 工 作 物 等 の) 所 在 地 命 令 を 受 けた 者 の 氏 名 この( 土 地 又 は 工 作 物 等 )は 都 市 計 画 法 に( 違 反 している 違 反 し 災 害 の 発 生 する 恐 れがある)ので 付 けで 同 法 第 81 条 に 基 づき( 工 事 施 行 の 停 止 猶 予 期 限 を 定 め 是 正 措 置 及 び 使 用 禁 止 期 限 を 定 めて 防 災 措 置 )を 命 じた 注 1 この 標 識 を 損 壊 したものは 公 文 書 毀 棄 罰 で 罰 せられます 2 この 命 令 に 違 反 して を 行 った 場 合 は 罰 せられます 29

33 様 式 第 23 号 ( 第 21 条 関 係 ) ( 表 ) 第 号 身 分 証 明 書 所 属 職 名 氏 名 上 記 の 者 は 都 市 計 画 法 第 82 条 第 1 項 の 規 定 により 立 入 検 査 を 行 う 者 であることを 証 明 する 発 行 縦 :5.4 センチメートル 横 :8.5 センチメートル ( 裏 ) 都 市 計 画 法 ( 抜 粋 ) ( 立 入 検 査 ) 第 82 条 国 土 交 通 大 臣 都 道 府 県 知 事 若 しくは 市 長 又 はその 命 じた 者 若 しくは 委 任 した 者 は 前 条 の 規 定 による 権 限 を 行 うため 必 要 がある 場 合 においては 当 該 土 地 に 立 ち 入 り 当 該 土 地 若 しくは 当 該 土 地 にある 物 件 又 は 当 該 土 地 において 行 われている 工 事 の 状 況 を 検 査 することができる 2 前 項 の 規 定 により 他 人 の 土 地 に 立 ち 入 ろうとする 者 は その 身 分 を 示 す 証 明 書 を 携 帯 しなければならない 3 前 項 に 規 定 する 証 明 書 は 関 係 人 の 請 求 があったときは これを 提 示 しなければなら ない 4 第 1 項 の 規 定 による 立 入 検 査 の 権 限 は 犯 罪 捜 査 のために 認 められたものと 解 しては ならない 30

34 出 雲 市 開 発 行 為 に 関 す る 指 導 要 綱 31

35 出 雲 市 開 発 行 為 に 関 する 指 導 要 綱 ( 平 成 22 年 出 雲 市 告 示 第 47 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 本 市 における 許 可 に 係 る 開 発 行 為 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 め 開 発 行 為 の 事 業 者 の 理 解 と 協 力 を 求 めることにより 無 秩 序 な 開 発 を 防 止 するとともに 開 発 区 域 及 びその 周 辺 の 地 域 に おける 良 好 な 住 環 境 の 確 保 を 図 り もって 本 市 の 均 衡 ある 発 展 と 公 共 の 福 祉 の 増 進 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 使 用 する 用 語 の 意 義 は 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 と いう )に 規 定 するもののほか 次 の 各 号 に 定 めるところによる (1) 公 益 的 施 設 公 共 施 設 を 除 く 市 民 生 活 の 福 祉 及 び 利 便 のために 必 要 な 施 設 をいう (2) 事 業 者 開 発 行 為 を 行 う 者 をいう ( 適 用 範 囲 ) 第 3 条 この 要 綱 は 本 市 における 許 可 に 係 る 開 発 行 為 ( 法 第 29 条 第 1 項 第 3 号 に 規 定 する 開 発 行 為 を 含 む )に 適 用 する ( 開 発 区 域 の 制 限 ) 第 4 条 次 に 掲 げる 区 域 は 原 則 として 開 発 区 域 に 含 まないものとする (1) 自 然 公 園 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 161 号 ) 第 13 条 第 1 項 に 規 定 する 国 立 公 園 及 び 国 定 公 園 内 の 特 別 地 域 (2) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 に 関 する 法 律 ( 昭 和 44 年 法 律 第 57 号 ) 第 3 条 第 1 項 に 規 定 す る 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険 区 域 (3) 地 すべり 等 防 止 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 30 号 ) 第 3 条 第 1 項 に 規 定 する 地 すべり 防 止 区 域 (4) 土 砂 災 害 警 戒 区 域 等 における 土 砂 災 害 防 止 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律 第 57 号 ) 第 8 条 第 1 項 に 規 定 する 土 砂 災 害 特 別 警 戒 区 域 (5) 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 39 条 第 1 項 に 規 定 する 災 害 危 険 区 域 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 及 び 第 25 条 の 2の 規 定 により 指 定 される 保 安 林 並 び に 同 法 第 41 条 に 規 定 する 保 安 施 設 地 区 (7) 史 跡 名 勝 又 は 天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (8) その 他 法 令 等 に 基 づく 規 制 区 域 ( 事 業 者 の 責 務 ) 32

36 第 5 条 事 業 者 は 開 発 行 為 の 計 画 策 定 及 びその 実 施 にあたっては 各 関 係 法 令 及 び 本 要 綱 を 遵 守 する とともに 開 発 区 域 周 辺 に 及 ぼす 影 響 を 考 慮 して あらかじめ 開 発 行 為 の 計 画 内 容 を 利 害 関 係 者 及 び 周 辺 住 民 等 に 説 明 し 理 解 と 協 力 が 得 られるように 努 めるものとする 2 事 業 者 は 開 発 行 為 の 計 画 工 事 及 び 維 持 管 理 に 関 して 紛 争 が 生 じることのないよう 配 慮 するもの とする なお 紛 争 が 生 じた 場 合 は 事 業 者 の 責 任 において 誠 意 をもって 解 決 するとともに その 旨 を 市 長 に 報 告 するものとする ( 事 前 協 議 ) 第 6 条 事 業 者 は 開 発 許 可 等 の 申 請 を 行 う 前 に 開 発 行 為 (1 万 平 方 メートル 以 上 のものを 除 く ) の 計 画 について 開 発 行 為 事 前 協 議 申 請 書 ( 様 式 第 1 号 以 下 事 前 協 議 書 という )により 市 長 と 協 議 するものとする 2 前 項 の 事 前 協 議 書 には 次 に 掲 げる 図 書 を 添 付 するものとする (1) 開 発 区 域 図 (2) 土 地 利 用 計 画 図 (3) 土 地 の 公 図 の 写 し (4) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 図 書 ( 事 前 協 議 の 通 知 ) 第 7 条 市 長 は 前 条 の 規 定 による 協 議 をした 場 合 は 事 業 者 に 開 発 行 為 事 前 協 議 通 知 書 ( 様 式 第 2 号 )により 通 知 するものとする 2 前 項 の 規 定 による 通 知 後 正 当 な 理 由 なく2 年 以 上 法 令 に 基 づく 許 可 申 請 等 の 手 続 が 行 われないと きは 当 該 事 前 協 議 書 は 効 力 を 失 うものとする ( 計 画 の 策 定 ) 第 8 条 事 業 者 は 開 発 行 為 の 計 画 を 策 定 するにあたり 次 に 掲 げる 事 項 に 留 意 するものとする (1) 公 共 事 業 に 支 障 をきたすものでないこと (2) 国 県 市 等 の 公 的 機 関 の 土 地 利 用 に 関 する 各 種 計 画 に 適 合 し 又 は 整 合 するよう 関 係 機 関 と 協 議 すること (3) 開 発 区 域 及 びその 周 辺 に 既 存 の 公 共 施 設 若 しくは 公 益 的 施 設 がある 場 合 又 は 公 共 施 設 若 しく は 公 益 的 施 設 に 関 する 計 画 がある 場 合 は 関 係 機 関 と 協 議 すること (4) 当 該 開 発 行 為 に 関 連 する 公 共 施 設 又 は 公 益 的 施 設 の 整 備 については 関 係 機 関 と 協 議 すること (5) 開 発 区 域 及 びその 周 辺 に 埋 蔵 文 化 財 等 がある 場 合 は あらかじめ 県 及 び 市 の 関 係 機 関 と 調 査 発 掘 保 存 の 方 法 等 必 要 な 事 項 について 十 分 協 議 すること なお 造 成 工 事 着 手 後 に 埋 蔵 文 化 財 等 を 発 見 した 場 合 は 直 ちに 工 事 を 中 断 し 関 係 機 関 と 速 やかに 協 議 し その 指 示 に 従 うこと 33

37 (6) 地 域 住 民 の 生 活 環 境 に 支 障 をきたすことのないよう 配 慮 すること ( 防 災 等 の 対 策 ) 第 9 条 事 業 者 は 開 発 行 為 に 起 因 するがけ 崩 れ 土 砂 流 出 地 すべり 出 水 等 の 災 害 の 防 止 及 び 公 害 の 防 止 について 万 全 の 措 置 を 講 じ 治 山 治 水 水 源 のかん 養 等 に 支 障 をきたさないよう 配 慮 するも のとする 2 事 業 者 は 開 発 行 為 によって 災 害 又 は 公 害 を 起 こすおそれがある 場 合 は 当 該 開 発 行 為 を 一 時 中 断 し その 原 因 の 除 去 復 旧 等 に 努 めるものとする 3 事 業 者 は 工 事 期 間 中 に 災 害 又 は 公 害 が 発 生 し その 原 因 が 当 該 開 発 行 為 によると 認 められる 場 合 は 補 償 責 任 を 負 うものとする 4 事 業 者 は 開 発 行 為 を 中 止 し 又 は 廃 止 するときは 既 に 施 行 された 工 事 によって 災 害 若 しくは 公 害 が 発 生 し 又 は 開 発 区 域 内 及 びその 周 辺 の 土 地 利 用 に 支 障 をきたすことのないよう 適 切 な 措 置 を 講 じるものとする ( 公 共 施 設 の 用 に 供 される 土 地 の 帰 属 ) 第 10 条 開 発 行 為 又 は 開 発 行 為 に 関 する 工 事 により 新 たに 設 置 された 公 共 施 設 の 用 に 供 された 土 地 ( 以 下 公 共 施 設 用 地 という )は 法 第 36 条 第 3 項 の 規 定 による 公 告 の 日 の 翌 日 において 市 に 帰 属 するものとする ただし 法 第 32 条 の 規 定 による 協 議 により 別 段 の 定 めをしたものについては この 限 りでない 2 前 項 の 規 定 による 公 共 施 設 用 地 の 帰 属 は 無 償 譲 渡 とする 3 事 業 者 は 引 継 ぎの 申 請 又 は 寄 附 申 込 み 時 点 までに 公 共 施 設 用 地 の 分 筆 登 記 及 び 管 理 引 継 ぎの 妨 げ となる 全 ての 権 利 ( 所 有 権 を 除 く )の 抹 消 を 行 ったうえで 所 有 権 移 転 の 嘱 託 登 記 に 必 要 な 書 類 を 工 事 完 了 検 査 の 日 の 前 日 までに 市 長 に 提 出 するものとする ( 公 共 施 設 等 の 管 理 及 び 譲 渡 ) 第 11 条 開 発 行 為 により 設 置 される 公 共 施 設 等 は 法 第 32 条 の 規 定 による 管 理 予 定 者 との 協 議 に 基 づ き 法 第 36 条 第 3 項 の 規 定 による 公 告 の 日 の 翌 日 において 管 理 予 定 者 の 管 理 に 属 するものとする ただし 他 の 法 律 に 基 づく 管 理 者 が 別 にあるとき 又 は 法 第 32 条 の 規 定 による 協 議 により 管 理 者 につ いて 別 段 の 定 めをしたときは これらの 者 の 管 理 に 属 するものとする 2 前 項 の 場 合 において 管 理 引 継 ぎが 完 了 するまでは 事 業 者 の 責 任 と 負 担 において 管 理 するものと する 3 第 1 項 に 規 定 する 公 共 施 設 等 は 管 理 予 定 者 に 無 償 譲 渡 するものとする ( 指 導 又 は 助 言 ) 34

38 第 12 条 市 長 は 必 要 があると 認 めるときは 事 業 者 に 対 して 指 導 し 又 は 助 言 することができるも のとする ( 委 任 ) 第 13 条 この 要 綱 に 定 めるもののほか 必 要 な 事 項 については 市 長 が 別 に 定 める 附 則 この 要 綱 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する 35

39 様 式 第 1 号 ( 第 6 条 関 係 ) 開 発 行 為 事 前 協 議 申 請 書 様 申 請 者 住 所 氏 名 ( 電 話 番 号 - - ) 出 雲 市 開 発 行 為 に 関 する 指 導 要 綱 第 6 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 協 議 を 申 請 します 開 発 事 業 の 名 称 開 発 目 的 土 所 在 地 番 開 発 区 域 の 所 在 地 番 及 び 開 発 面 積 地 目 開 発 面 積 地 目 地 法 定 外 公 共 物 公 共 施 設 等 建 築 物 及 び 特 定 工 作 物 用 途 区 画 数 個 数 面 積 高 さ 階 数 区 画 数 区 画 個 数 個 面 積 m2 受 付 協 議 欄 には 記 入 しないでください 添 付 書 類 1. 開 発 区 域 図 2. 土 地 利 用 計 画 図 3. 土 地 の 公 図 の 写 し 4.その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 図 書 36

40 様 式 第 2 号 ( 第 7 条 関 係 ) 開 発 行 為 事 前 協 議 通 知 書 第 号 様 出 雲 市 開 発 行 為 に 関 する 指 導 要 綱 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 通 知 します 開 発 事 業 名 災 害 及 び 公 害 等 防 止 の 留 意 点 都 市 計 画 法 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 農 地 法 開 発 事 業 者 住 所 氏 名 住 所 氏 名 森 林 法 各 関 国 有 財 産 法 係 法 そ の 他 事 項 37

41 出 雲 市 違 反 開 発 行 為 等 監 督 処 分 事 務 処 理 要 領 38

42 出 雲 市 違 反 開 発 行 為 等 監 督 処 分 事 務 処 理 要 領 ( 平 成 22 年 出 雲 市 告 示 第 48 号 ) 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 告 示 第 -- 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という ) 第 3 章 第 1 節 の 規 定 による 開 発 行 為 等 の 規 制 制 度 に 違 反 する 開 発 行 為 及 び 建 築 物 の 建 築 等 ( 以 下 違 反 開 発 行 為 等 という )について 違 反 の 是 正 等 に 関 する 事 務 手 続 を 定 め 迅 速 か つ 適 切 な 事 務 処 理 を 図 ることを 目 的 とする ( 適 用 範 囲 ) 第 2 条 この 要 領 は 市 内 における 法 第 3 章 第 1 節 並 びに 同 法 政 令 及 び 国 土 交 通 省 令 の 規 定 に 違 反 する 行 為 に 適 用 する ( 処 理 の 原 則 ) 第 3 条 市 長 は 違 反 開 発 行 為 等 について その 実 態 に 応 じ 実 効 ある 措 置 を 講 じ ことさら に 放 置 する 等 時 期 を 失 して 是 正 を 困 難 にすることのないよう 迅 速 な 処 理 に 努 めなければ ならない ( 巡 視 ) 第 4 条 開 発 許 可 事 務 担 当 部 局 ( 以 下 担 当 部 局 という )は 開 発 許 可 制 度 及 び 本 要 領 の 適 正 な 運 用 のために 違 反 開 発 行 為 等 の 有 無 について 随 時 管 内 の 巡 視 を 行 わなければな らない ( 違 反 開 発 行 為 等 の 通 報 等 ) 第 5 条 違 反 開 発 行 為 等 に 関 連 して 投 書 通 報 等 ( 以 下 投 書 等 という )による 情 報 提 供 があったときは 担 当 部 局 職 員 ( 以 下 担 当 職 員 という )はすみやかに 現 地 を 確 認 しなければならない また 投 書 等 で 回 答 が 必 要 なものについては 調 査 結 果 について 回 答 しなければならない ( 調 査 及 び 報 告 ) 第 6 条 担 当 職 員 は 違 反 事 実 を 確 認 した 場 合 又 は 違 反 のおそれがある 場 合 すみやかに 実 態 を 調 査 し 都 市 計 画 法 違 反 行 為 調 査 報 告 書 ( 様 式 第 1 号 )を 作 成 し 主 管 部 長 に 報 告 し なければならない 2 違 反 開 発 行 為 等 の 調 査 は 監 督 処 分 の 対 象 となる 原 因 事 実 を 明 確 にし 司 法 当 局 への 告 発 の 際 には 重 要 な 証 拠 となるものであるので 次 のとおり 詳 細 に 調 査 し 記 録 に 残 してお かなければならない 39

43 (1) 明 らかに 違 反 開 発 行 為 等 に 該 当 すると 認 められる 行 為 にあっては 担 当 職 員 は 現 場 記 録 写 真 を 撮 るとともに 違 反 開 発 行 為 等 を 行 った 土 地 又 は 建 築 物 の 所 有 者 発 注 者 又 は 工 事 施 工 者 ( 以 下 違 反 行 為 者 という ) 及 びその 他 関 係 者 から 事 情 聴 取 を 行 い 事 実 関 係 を 明 らかにする (2) 違 反 開 発 行 為 等 に 該 当 するおそれのある 行 為 については 担 当 職 員 は 現 場 記 録 写 真 を 撮 るとともに その 関 係 者 から 事 情 聴 取 を 行 い 事 実 関 係 を 明 らかにする (3) 現 地 調 査 は 複 数 の 職 員 で 行 い 必 要 に 応 じ 当 該 土 地 又 は 工 作 物 等 に 立 入 りのうえ 調 査 を 行 うものとする この 場 合 担 当 職 員 は 必 ず 身 分 証 明 書 を 携 帯 し 関 係 人 の 請 求 があった 場 合 はこれを 提 示 しなければならない (4) 現 地 調 査 は 犯 罪 捜 査 のために 認 められたものではないので 担 当 職 員 は 当 該 違 反 開 発 行 為 等 の 事 実 関 係 の 把 握 に 必 要 なこと 以 外 は 調 査 してはならない ( 事 情 聴 取 ) 第 7 条 担 当 職 員 は 違 反 開 発 行 為 等 について 事 実 関 係 を 明 らかにするため 違 反 行 為 者 及 びその 他 関 係 者 から 事 情 聴 取 を 行 うものとする (1) 違 反 開 発 行 為 等 について 違 反 行 為 者 から 事 情 を 聴 取 する 場 合 は 複 数 の 職 員 が 立 ち 会 うこととし 発 言 内 容 は 記 録 し その 他 関 係 者 の 確 認 を 求 めるものとする (2) 事 情 聴 取 にあたり 担 当 職 員 は 必 要 に 応 じ 当 事 者 の 了 解 を 得 たうえで 聴 取 内 容 を 録 音 記 録 するものとする (3) 違 反 行 為 者 が 特 定 できない 場 合 にあっては 担 当 職 員 は 事 情 聴 取 に 出 頭 すべき 旨 の 通 知 書 ( 様 式 第 2 号 )を 当 該 土 地 工 作 物 等 又 は 工 作 物 等 の 敷 地 内 に 掲 示 するものとす る ( 是 正 指 導 ) 第 8 条 市 長 は 前 2 条 の 現 地 調 査 及 び 事 情 聴 取 の 結 果 当 該 開 発 行 為 が 法 及 び 関 連 法 令 に 違 反 していることが 明 らかになったときは 違 反 行 為 者 に 対 し 違 反 開 発 行 為 等 是 正 指 導 書 ( 様 式 第 3 号 )により 違 反 の 是 正 を 指 導 しなければならない 2 是 正 指 導 の 内 容 は 違 反 の 内 容 に 応 じ 以 下 の 中 から 必 要 な 措 置 を 指 導 するものとする (1) 工 事 停 止 (2) 工 作 物 等 の 除 却 (3) 原 状 復 旧 (4) 防 災 措 置 3 違 反 開 発 行 為 等 是 正 指 導 書 は 配 達 証 明 付 き 郵 便 により 送 付 するものとする 40

44 ( 意 見 陳 述 ) 第 9 条 市 長 は 監 督 処 分 を 行 うに 先 立 ち 行 政 手 続 法 ( 平 成 5 年 法 律 第 88 号 ) 出 雲 市 行 政 手 続 条 例 ( 平 成 17 年 出 雲 市 条 例 第 7 号 ) 及 び 出 雲 市 聴 聞 及 び 弁 明 の 機 会 の 付 与 の 手 続 に 関 する 規 則 ( 平 成 17 年 出 雲 市 規 則 第 8 号 )に 基 づく 意 見 陳 述 のための 手 続 を 執 らな ければならない 2 意 見 陳 述 の 方 法 は 許 認 可 等 を 取 り 消 そうとする 場 合 は 聴 聞 を 行 い その 他 の 処 分 をし ようとする 場 合 は 弁 明 の 機 会 を 付 与 するものとする 3 聴 聞 は 次 のとおり 行 うものとする (1) 聴 聞 通 知 市 長 は 聴 聞 を 行 う 場 合 は 聴 聞 通 知 書 により 次 の 事 項 を 通 知 しなければならない この 場 合 配 達 証 明 付 き 郵 便 により 送 付 するものとする ア 不 利 益 処 分 の 内 容 及 び 根 拠 となる 法 令 の 条 項 イ 不 利 益 処 分 の 原 因 となる 事 実 ウ 聴 聞 の 期 日 及 び 場 所 エ 聴 聞 事 務 を 所 掌 する 組 織 の 名 称 及 び 所 在 地 オ 教 示 事 項 (ア) 聴 聞 の 期 日 に 出 頭 して 意 見 を 述 べ 及 び 証 拠 書 類 等 を 提 出 し 又 は 出 頭 に 代 えて 陳 述 書 及 び 証 拠 書 類 等 を 提 出 できること (イ) 聴 聞 終 結 までの 間 当 該 処 分 の 原 因 となる 事 実 を 証 する 資 料 の 閲 覧 を 求 める ことができること (2) 主 宰 者 主 宰 者 は 担 当 部 局 の 責 任 者 以 外 の 職 員 から 市 長 が 指 名 するものとする (3) 聴 聞 会 ア 主 宰 者 は 聴 聞 の 冒 頭 において 担 当 部 局 職 員 に 不 利 益 処 分 の 内 容 根 拠 法 令 条 項 及 び 原 因 となる 事 実 を 説 明 させる イ 当 事 者 及 び 参 加 人 は 意 見 を 述 べ 及 び 証 拠 書 類 等 を 提 出 し 並 びに 主 宰 者 の 許 可 を 得 て 担 当 職 員 に 質 問 することができる ウ 当 事 者 又 は 参 加 人 は 主 宰 者 の 許 可 を 得 て 補 佐 人 とともに 出 頭 することができる エ 主 宰 者 は 必 要 に 応 じ 当 事 者 及 び 参 加 人 に 質 問 し 意 見 の 陳 述 若 しくは 証 拠 書 類 の 提 出 を 求 め 又 は 担 当 職 員 に 説 明 を 求 めることができる オ 主 宰 者 は 当 事 者 又 は 参 加 人 の 一 部 が 出 頭 しないときでも 審 理 を 行 うことができる 41

45 カ 聴 聞 会 は 原 則 として 非 公 開 とする (4) 聴 聞 調 書 及 び 報 告 書 ア 主 宰 者 は 聴 聞 調 書 により 聴 聞 の 審 理 の 経 過 不 利 益 処 分 の 原 因 となる 事 実 に 対 す る 当 事 者 及 び 参 加 人 の 陳 述 内 容 を 明 らかにしておかなければならない イ 主 宰 者 は 聴 聞 の 終 結 後 速 やかに 当 事 者 等 の 主 張 に 理 由 があるかどうかに 関 する 意 見 を 記 載 した 報 告 書 を 作 成 し 聴 聞 調 書 とともに 担 当 部 局 に 提 出 しなければならな い ウ 当 事 者 又 は 参 加 人 は 聴 聞 調 書 及 び 報 告 書 の 閲 覧 を 求 めることができる (5) 陳 述 書 当 事 者 又 は 参 加 人 は 聴 聞 会 への 出 頭 に 代 えて 陳 述 書 及 び 証 拠 書 類 等 を 提 出 できる 4 弁 明 の 機 会 の 付 与 は 次 のとおり 行 う (1) 弁 明 の 機 会 付 与 通 知 書 市 長 は 弁 明 の 機 会 を 付 与 する 場 合 は 弁 明 の 機 会 付 与 通 知 書 により 次 の 事 項 を 通 知 しなければならない この 場 合 配 達 証 明 付 き 郵 便 により 送 付 するものとする ア 不 利 益 処 分 の 内 容 及 び 根 拠 となる 法 令 の 条 項 イ 不 利 益 処 分 の 原 因 となる 事 実 ウ 弁 明 書 の 提 出 期 日 及 び 提 出 先 ( 口 頭 による 弁 明 の 場 合 はその 旨 並 びに 出 頭 日 時 及 び 場 所 ) (2) 口 頭 による 弁 明 弁 明 は 原 則 として 弁 明 書 の 提 出 により 行 うが 市 長 が 認 めた 場 合 は 口 頭 による 弁 明 を 行 うことができる ( 是 正 指 示 ) 第 10 条 市 長 は 聴 聞 又 は 弁 明 の 結 果 違 反 事 実 が 明 確 になり 是 正 が 必 要 であると 認 め た 場 合 は 是 正 指 示 書 ( 様 式 第 4 号 )により 是 正 を 指 示 する この 場 合 の 是 正 措 置 内 容 に ついては 第 8 条 第 2 項 に 準 ずる ( 監 督 処 分 ) 第 11 条 市 長 は 違 反 行 為 者 が 前 条 の 是 正 指 示 に 従 わない 場 合 法 第 81 条 に 基 づく 監 督 処 分 ( 是 正 命 令 )を 行 わなければならない 2 是 正 命 令 は 都 市 計 画 法 違 反 開 発 行 為 等 是 正 命 令 書 ( 様 式 第 5 号 )をもって 行 うことと し 命 令 書 の 送 付 は 配 達 証 明 付 き 郵 便 により 行 うものとする 3 監 督 処 分 の 内 容 及 び 基 準 は 次 のとおりとする 42

46 (1) 許 可 の 取 消 し 法 に 基 づく 許 可 を 受 けており 是 正 指 示 に 従 わない 場 合 は 当 該 許 可 を 取 り 消 す (2) 工 作 物 等 撤 去 並 びに 原 状 回 復 命 令 是 正 指 示 が 履 行 されず 違 反 工 作 物 等 を 放 置 することが 秩 序 の 維 持 等 著 しく 公 共 の 安 寧 を 害 する 場 合 は 相 当 の 期 限 を 定 めて 当 該 工 作 物 等 の 改 築 移 転 除 却 及 び 原 状 回 復 を 命 ずる (3) 工 事 停 止 命 令 是 正 指 示 が 履 行 されず 工 事 の 継 続 が 当 該 違 反 開 発 行 為 等 の 是 正 を 困 難 にする 場 合 は 工 事 の 停 止 を 命 ずる この 場 合 他 の 処 分 を 併 せて 行 うことができる (4) 防 災 措 置 命 令 是 正 指 示 が 履 行 されず 当 該 違 反 開 発 行 為 等 により 土 砂 流 出 等 の 災 害 が 発 生 するお それがある 場 合 は 防 災 措 置 を 命 ずる (5) その 他 監 督 処 分 は 違 反 の 状 況 及 び 実 態 に 応 じて 命 ずるものとする 4 市 長 は 災 害 防 除 等 のため 緊 急 に 対 処 することが 必 要 な 場 合 は 第 9 条 の 意 見 陳 述 手 続 を 経 ないで 工 事 停 止 命 令 及 び 防 災 措 置 命 令 を 行 うことができる (1) 緊 急 の 場 合 の 工 事 停 止 命 令 及 び 防 災 措 置 命 令 は 緊 急 防 災 措 置 命 令 書 ( 様 式 第 6 号 )により 行 うこととし 命 令 書 の 送 付 は 配 達 証 明 付 き 郵 便 により 行 うものとする (2) 緊 急 防 災 措 置 を 命 じた 場 合 は 防 災 工 事 設 計 図 書 の 提 出 を 求 め 担 当 部 局 の 審 査 に よる 承 認 のうえ 相 当 の 期 限 を 定 めて 防 災 工 事 を 施 工 させるものとする (3) 緊 急 防 災 工 事 が 完 了 した 場 合 担 当 職 員 は 現 場 検 査 による 確 認 を 行 わなければなら ない (4) 担 当 職 員 は 緊 急 防 災 措 置 命 令 を 行 った 場 合 は 速 やかに 都 市 計 画 法 違 反 行 為 調 査 報 告 書 に 命 令 書 の 写 しを 添 えて 主 管 部 長 に 報 告 しなければならない (5) 緊 急 防 災 措 置 命 令 をした 後 他 の 是 正 命 令 が 必 要 な 場 合 は 意 見 陳 述 手 続 を 経 て 命 令 しなければならない 5 監 督 処 分 ( 工 事 停 止 命 令 使 用 禁 止 命 令 防 災 措 置 命 令 是 正 措 置 命 令 )を 行 った 場 合 は 速 やかに 現 場 へ 標 識 ( 様 式 第 7 号 から 10 号 まで)を 設 置 するとともに 公 告 を 行 いその 旨 を 公 示 しなければならない 6 違 反 開 発 行 為 等 の 是 正 指 示 及 び 監 督 処 分 については 関 係 機 関 と 連 絡 調 整 を 行 うものと する 43

47 (1) 違 反 開 発 行 為 等 の 是 正 指 示 監 督 処 分 を 行 うに 際 しては 担 当 部 局 は 島 根 県 等 関 係 機 関 及 び 庁 内 関 係 課 と 連 絡 調 整 を 行 う (2) 是 正 指 示 及 び 監 督 処 分 を 行 った 場 合 担 当 部 局 は 関 係 他 法 令 ( 建 設 業 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 100 号 ) 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 ) 等 ) 主 管 部 局 に 合 議 するとと もに 島 根 県 知 事 に 通 知 しなければならない 監 督 処 分 に 変 更 が 生 じた 場 合 にあっても 同 様 とする ( 是 正 確 認 ) 第 12 条 担 当 職 員 は 監 督 処 分 に 履 行 期 限 を 定 めている 場 合 は 履 行 期 限 の 翌 日 期 限 を 定 めていない 場 合 は 処 分 後 速 やかに 現 地 調 査 を 実 施 し 是 正 確 認 を 行 わなければならない 2 是 正 確 認 をした 場 合 担 当 職 員 は 処 分 の 内 容 に 応 じ 写 真 撮 影 を 行 い 確 認 日 時 を 明 記 のうえ 都 市 計 画 法 違 反 行 為 追 跡 調 査 報 告 書 ( 様 式 第 11 号 )に 添 付 して 主 管 部 長 に 報 告 しなければならない ( 不 服 申 立 ) 第 13 条 監 督 処 分 に 対 して 不 服 がある 場 合 は 処 分 を 受 けた 者 は 島 根 県 開 発 審 査 会 に 対 して 審 査 請 求 をすることができる ( 告 発 ) 第 14 条 監 督 処 分 ( 是 正 命 令 )が 履 行 されない 場 合 は 市 長 は 島 根 県 警 察 本 部 ( 出 雲 警 察 署 )に 法 違 反 の 旨 告 発 するものとする ( 代 執 行 等 ) 第 15 条 市 長 は 監 督 処 分 が 期 限 までに 履 行 されず 他 の 手 段 による 履 行 確 保 が 困 難 であ り かつ 当 該 違 反 開 発 行 為 等 を 放 置 することが 著 しく 公 益 に 反 する 場 合 は 行 政 代 執 行 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 43 号 )の 規 定 に 基 づき 行 政 代 執 行 を 行 うものとする 2 行 政 代 執 行 を 行 う 場 合 においては 相 当 の 期 限 を 定 めて 期 限 までに 当 該 是 正 が 履 行 さ れない 場 合 代 執 行 をなすべき 旨 予 め 文 書 で 戒 告 しなければならない 3 戒 告 を 行 ってなお 期 限 までに 当 該 是 正 措 置 が 履 行 されない 場 合 代 執 行 令 書 により 代 執 行 を 行 う 時 期 執 行 責 任 者 の 氏 名 概 算 見 積 費 用 額 を 違 反 行 為 者 に 通 知 したうえで 代 執 行 を 行 う 4 代 執 行 に 要 した 費 用 は 義 務 者 ( 違 反 行 為 者 )に 対 し 実 際 の 費 用 の 額 納 期 日 を 定 め 文 書 により 納 付 を 命 令 する 附 則 44

48 この 要 領 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 告 示 第 -- 号 ) この 要 領 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 施 行 する 45

49 違 反 開 発 処 理 手 順 ( 出 雲 市 違 反 開 発 行 為 等 監 督 処 分 事 務 処 理 要 領 H 施 行 ) 巡 視 随 時 (4 条 ) 投 書 通 報 現 地 確 認 [5 条 ] 違 反 事 実 恐 れあり 市 一 般 者 実 態 調 査 [6 条 ] 開 発 者 違 反 行 為 調 査 報 告 書 作 成 [6 条 ]( 様 式 1 号 ) 報 告 主 幹 部 長 [6 条 ] 違 反 者 特 定? できる できない 出 頭 通 知 [7 条 ]( 様 式 2 号 ) 事 情 聴 取 [7 条 ] なし 法 違 反 は? e nd あり 指 導 書 [8 条 ]( 様 式 3 号 ) 是 正 実 施 はい e nd いいえ 必 要 緊 急 措 置 は? 工 事 停 止 防 災 措 置 命 令 [ 11 条 4 項 ] 不 要 意 見 陳 述 ( 聴 聞 弁 明 ) [9 条 ] 緊 急 防 災 命 令 書 不 服? ( 様 式 6 号 ) 標 識 設 置 [ 11 条 5 項 ] ( 様 式 7~10 号 ) 公 告 なし あり 工 事 停 止 命 令 使 用 禁 止 命 令 防 災 措 置 命 令 是 正 措 置 命 令 [ 11 条 5 項 ] 是 正 必 要? あり 是 正 指 示 書 従 う? 監 督 処 分 いいえ なし はい e nd [ 10 条 ]( 様 式 4 号 ) e nd [ 11 条 1 項 ]( 様 式 5 号 ) 許 可 の 取 消 3 項 1 号 工 作 物 等 撤 去 他 3 項 2 号 工 事 停 止 命 令 3 項 3 号 防 災 措 置 命 令 3 項 4 号 その 他 3 項 5 号 不 服? あり なし 是 正 実 施 是 正 確 認 [ 12 条 ]( 様 式 11 号 ) はい 是 正 済 み e nd 審 査 請 求 [ 13 条 ] 口 頭 審 理 裁 決 2 ヶ 月 以 内 いいえ 告 発 [ 14 条 ] 行 政 代 執 行 [ 15 条 ] e nd 46

50 様 式 第 1 号 ( 第 6 条 関 係 ) 都 市 計 画 法 違 反 行 為 調 査 報 告 書 平 成 部 長 次 長 課 長 主 査 係 長 担 当 回 議 発 見 種 別 巡 回 投 書 通 報 陳 情 その 他 平 成 場 所 事 業 者 住 所 氏 名 工 事 施 行 者 住 所 氏 名 設 計 者 住 所 氏 名 工 事 監 理 者 住 所 氏 名 電 話 番 号 資 格 電 話 番 号 資 格 電 話 番 号 資 格 電 話 番 号 資 格 行 為 の 目 的 都 市 計 画 区 域 内 区 域 種 別 用 途 地 域 ( ) その 他 都 市 計 画 区 域 外 違 反 行 為 の 概 要 添 付 資 料 違 反 条 項 そ の 他 関 係 法 令 調 査 員 職 氏 名 部 課 係 職 氏 名 調 査 員 の 取 った 措 置 47

51 様 式 第 2 号 ( 第 7 条 関 係 ) 通 知 この 土 地 で 行 われている 工 事 は 都 市 計 画 法 の 規 制 対 象 となるおそれがありますので 早 急 に 打 合 せのため 出 雲 市 役 所 部 課 へ 来 て 下 さい 出 雲 市 部 課 係 電 話

52 様 式 第 3 号 ( 第 8 条 関 係 ) 第 号 様 違 反 開 発 行 為 等 是 正 指 導 書 土 地 の 所 在 : 違 反 行 為 の 内 容 : 上 記 の 開 発 建 築 行 為 について 都 市 計 画 法 第 の 措 置 をしてください 条 に 違 反 しているので 速 やかに 下 記 平 成 記 指 示 事 項 49

53 様 式 第 4 号 ( 第 10 条 関 係 ) 第 号 様 是 正 指 示 書 を 指 示 する は 都 市 計 画 法 第 条 に 違 反 しているので 速 やかに 下 記 の 措 置 をすること 平 成 記 指 示 事 項 50

54 様 式 第 5 号 ( 第 11 条 関 係 ) 第 号 様 都 市 計 画 法 違 反 開 発 行 為 等 是 正 命 令 書 は 都 市 計 画 法 第 条 に 違 反 しているので 同 法 第 81 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 下 記 の 措 置 をすることを 命 ずる 平 成 記 命 ずる 措 置 1. 建 築 物 の 使 用 禁 止 2. 建 築 物 を 平 成 までに 除 却 撤 去 すること 教 示 1 この 処 分 について 不 服 がある 場 合 は この 処 分 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から 起 算 して3か 月 以 内 に 島 根 県 開 発 審 査 会 に 対 して 審 査 請 求 をすることができます 2 この 処 分 については 上 記 1の 審 査 請 求 のほか この 処 分 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から 起 算 して6か 月 以 内 に 出 雲 市 を 被 告 として( 訴 訟 において 出 雲 市 を 代 表 する 者 は となりま す ) 処 分 の 取 消 しの 訴 えを 提 起 することができます 3 ただし 上 記 の 期 間 が 経 過 する 前 に この 処 分 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して1 年 を 経 過 した 場 合 は 審 査 請 求 をすることや 処 分 の 取 消 しの 訴 えを 提 起 することはできなくなります なお 正 当 な 理 由 があるときは 上 記 の 期 間 やこの 処 分 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して1 年 を 経 過 した 後 であっても 審 査 請 求 をすることや 処 分 の 取 消 しの 訴 えを 提 起 することが 認 められる 場 合 があります 51

55 様 式 第 6 号 ( 第 11 条 関 係 ) 第 号 様 緊 急 防 災 措 置 命 令 書 は 都 市 計 画 法 第 条 に 違 反 しており 災 害 発 生 のおそれがあるので 同 法 第 81 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 至 急 下 記 の 措 置 をすることを 命 ずる 平 成 記 命 ずる 措 置 工 事 の 停 止 防 災 工 事 の 実 施 防 災 工 事 設 計 図 書 を に 提 出 し 承 認 を 受 けた 後 平 成 までに 施 工 すること 教 示 1 この 処 分 について 不 服 がある 場 合 は この 処 分 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から 起 算 して3か 月 以 内 に 島 根 県 開 発 審 査 会 に 対 して 審 査 請 求 をすることができます 2 この 処 分 については 上 記 1の 審 査 請 求 のほか この 処 分 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から 起 算 し て6か 月 以 内 に 出 雲 市 を 被 告 として( 訴 訟 において 出 雲 市 を 代 表 する 者 は となります ) 処 分 の 取 消 しの 訴 えを 提 起 することができます 3 ただし 上 記 の 期 間 が 経 過 する 前 に この 処 分 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して1 年 を 経 過 した 場 合 は 審 査 請 求 をすることや 処 分 の 取 消 しの 訴 えを 提 起 することはできなくなります なお 正 当 な 理 由 が あるときは 上 記 の 期 間 やこの 処 分 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して1 年 を 経 過 した 後 であっても 審 査 請 求 をすることや 処 分 の 取 消 しの 訴 えを 提 起 することが 認 められる 場 合 があります 52

56 (1) 様 式 第 7 号 ( 第 11 条 関 係 ) A2 版 都 市 計 画 法 に よ る 命 令 の 公 示 行 為 地 の 場 所 命 令 を 受 けた 者 の 氏 名 この 行 為 については 都 市 計 画 法 に 違 反 しているので 平 成 年 月 日 付 けで 工 事 施 工 の 停 止 を 命 じた 注 1. この 標 識 を 損 壊 した 者 は 公 文 書 毀 棄 罪 で 罰 せられます 注 2. 命 令 に 違 反 して この 行 為 の 工 事 を 行 った 場 合 は 罰 せられま す 平 成 ( 担 当 出 雲 市 部 課 係 電 話 - - ) 53

57 様 式 第 8 号 ( 第 11 条 関 係 ) A2 版 都 市 計 画 法 に よ る 命 令 の 公 示 行 為 地 の 場 所 命 令 を 受 けた 者 の 氏 名 この 行 為 については 都 市 計 画 法 に 違 反 しているので 平 成 年 月 日 付 けで 猶 予 期 限 を 定 め 是 正 措 置 及 び 使 用 禁 止 を 命 じた 注 1. この 標 識 を 損 壊 した 者 は 公 文 書 毀 棄 罪 で 罰 せられます 平 成 ( 担 当 出 雲 市 部 課 係 電 話 - - ) 54

58 様 式 第 9 号 ( 第 11 条 関 係 ) A2 版 都 市 計 画 法 に よ る 命 令 の 公 示 行 為 地 の 場 所 命 令 を 受 けた 者 の 氏 名 この 行 為 については 都 市 計 画 法 に 違 反 し 災 害 の 発 生 するおそれがあるの で 平 成 付 けで 期 限 を 定 めて 防 災 措 置 をとるよう 命 じた 注 1. この 標 識 を 損 壊 した 者 は 公 文 書 毀 棄 罪 で 罰 せられます 平 成 ( 担 当 出 雲 市 部 課 係 電 話 - - ) 55

59 様 式 第 10 号 ( 第 11 条 関 係 ) A2 版 都 市 計 画 法 に よ る 命 令 の 公 示 行 為 地 の 場 所 命 令 を 受 けた 者 の 氏 名 この 行 為 については 都 市 計 画 法 に 違 反 しているので 平 成 年 月 日 付 けで 猶 予 期 限 を 定 めて 是 正 措 置 を 命 じた 注 1. この 標 識 を 損 壊 した 者 は 公 文 書 毀 棄 罪 で 罰 せられます 平 成 ( 担 当 出 雲 市 部 課 係 電 話 - - ) 56

60 様 式 第 11 号 ( 第 12 条 関 係 ) 都 市 計 画 法 違 反 行 為 追 跡 調 査 報 告 書 平 成 場 所 命 令 を 受 けた 者 の 住 所 氏 名 電 話 番 号 監 督 処 分 監 督 処 分 番 号 処 分 内 容 の 履 行 状 況 添 付 資 料 調 査 員 職 氏 名 部 課 係 職 氏 名 調 査 員 の 取 った 措 置 57

61 出 雲 市 開 発 登 録 簿 閲 覧 規 程 58

62 出 雲 市 開 発 登 録 簿 閲 覧 規 程 ( 平 成 22 年 出 雲 市 訓 令 第 1 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 都 市 計 画 法 施 行 規 則 ( 昭 和 44 年 建 設 省 令 第 49 号 ) 第 38 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 開 発 登 録 簿 ( 以 下 登 録 簿 という )の 閲 覧 の 手 続 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 閲 覧 場 所 ) 第 2 条 出 雲 市 開 発 登 録 簿 閲 覧 所 ( 以 下 閲 覧 所 という )の 場 所 は 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 とする ( 閲 覧 等 の 時 間 及 び 休 日 ) 第 3 条 閲 覧 所 における 登 録 簿 の 閲 覧 及 び 写 しの 交 付 時 間 は 午 前 8 時 30 分 から 午 後 5 時 15 分 までと する 2 閲 覧 所 の 休 日 は 出 雲 市 の 休 日 を 定 める 条 例 ( 平 成 17 年 出 雲 市 条 例 第 2 号 ) 第 1 条 第 1 項 に 規 定 す る 日 とする 3 市 長 は 登 録 簿 の 整 理 その 他 特 別 の 理 由 により 必 要 があると 認 めるときは 前 2 項 の 規 定 に 関 わら ず 閲 覧 時 間 を 変 更 し 又 は 休 日 を 設 けることができる この 場 合 において あらかじめその 旨 を 閲 覧 場 所 に 掲 示 するものとする ( 閲 覧 の 手 続 ) 第 4 条 登 録 簿 を 閲 覧 しようとする 者 は 閲 覧 所 備 付 けの 閲 覧 簿 ( 様 式 第 1 号 )に 住 所 氏 名 閲 覧 の 目 的 及 び 所 定 の 事 項 を 記 載 しなければならない ( 持 出 しの 禁 止 ) 第 5 条 登 録 簿 は 閲 覧 所 の 外 に 持 ち 出 してはならない ( 閲 覧 の 拒 否 又 は 停 止 ) 第 6 条 市 長 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 に 対 して 登 録 簿 の 閲 覧 を 拒 否 し 又 は 停 止 させる ことができる (1) 登 録 簿 を 汚 損 し 若 しくは 破 損 し 又 はそのおそれがあるものと 認 められる 者 (2) 他 人 に 迷 惑 を 及 ぼし 又 はそのおそれがあるものと 認 められる 者 (3) この 規 程 に 違 反 した 者 又 は 係 員 の 指 示 に 従 わない 者 ( 登 録 簿 の 写 しの 交 付 手 続 ) 第 7 条 登 録 簿 の 写 しの 交 付 を 請 求 しようとする 者 は 開 発 登 録 簿 の 写 しの 交 付 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) を 市 長 に 提 出 しなければならない 59

63 附 則 この 規 程 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する 60

64 様 式 第 1 号 ( 第 4 条 関 係 ) 閲 覧 登 録 番 号 閲 覧 の 目 的 閲 覧 簿 住 所 閲 覧 者 氏 名 61

65 様 式 第 2 号 ( 第 7 条 関 係 ) 交 付 開 発 登 録 簿 の 写 しの 交 付 申 請 書 手 数 料 欄 都 市 計 画 法 第 47 条 第 5 項 の 規 定 による 開 発 登 録 簿 の 写 しの 交 付 を 受 けたいので 次 のと おり 申 請 します 様 申 請 者 住 所 氏 名 ( 電 話 番 号 - ) 開 発 許 可 を 受 けた 者 の 氏 名 開 発 区 域 の 名 称 交 付 申 請 の 枚 数 枚 使 用 の 目 的 欄 は 記 入 しないこと 62

66 出 雲 市 優 良 宅 地 造 成 認 定 事 務 取 扱 要 綱 63

67 出 雲 市 優 良 宅 地 造 成 認 定 事 務 取 扱 要 綱 ( 平 成 17 年 出 雲 市 告 示 第 176 号 ) 改 正 平 成 22 年 出 雲 市 告 示 第 49 号 平 成 28 年 3 月 1 日 告 示 第 65 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 租 税 特 別 措 置 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 26 号 以 下 法 という ) 第 28 条 の 4 第 3 項 第 5 号 イ 若 しくは 第 7 号 イ 第 31 条 の 2 第 2 項 第 14 号 ハ 第 62 条 の 3 第 4 項 第 14 号 ハ 第 63 条 第 3 項 第 5 号 イ 若 しくは 第 7 号 イの 規 定 に 基 づく 認 定 事 務 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 認 定 申 請 の 手 続 ) 第 2 条 法 第 28 条 の 4 第 3 項 第 5 号 イ 第 31 条 の 2 第 2 項 第 14 号 ハ 第 62 条 の 3 第 4 項 第 14 号 ハ 又 は 第 63 条 第 3 項 第 5 号 イの 規 定 に 基 づく 認 定 を 受 けようとする 者 は 宅 地 の 造 成 に 着 手 する 前 に 優 良 宅 地 認 定 申 請 書 ( 様 式 第 1 号 )を 市 長 に 提 出 しなければならない 2 法 第 28 条 の 4 第 3 項 第 7 号 イ 又 は 第 63 条 第 3 項 第 7 号 イの 規 定 に 基 づく 認 定 を 受 けようとする 者 は 宅 地 の 造 成 が 完 了 した 後 に 優 良 宅 地 認 定 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 )を 市 長 に 提 出 しなければならない 3 前 2 項 の 申 請 書 には 次 に 掲 げる 図 書 を 添 付 しなければならない (1) 設 計 説 明 書 及 び 設 計 図 (2) 造 成 区 域 位 置 図 (3) 造 成 区 域 図 (4) 造 成 区 域 内 の 土 地 の 登 記 事 項 証 明 書 (5) 造 成 区 域 内 の 公 図 の 写 し (6) 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 以 下 土 地 区 画 整 理 事 業 という )の 施 行 に 関 する 事 業 を 土 地 区 画 整 理 組 合 との 契 約 に 基 づき 土 地 区 画 整 理 組 合 に 代 わって 行 う 者 にあっては 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 ( 昭 和 32 年 大 蔵 省 令 第 15 号 ) 第 13 条 の 3 第 10 項 第 2 号 ロ 及 び 第 21 条 の 19 第 11 項 第 2 号 ロの 規 定 に 基 づく 認 定 を 受 けたことを 証 する 書 類 (7) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 4 前 項 第 1 号 の 設 計 説 明 書 は 設 計 の 方 針 造 成 区 域 ( 造 成 区 域 を 工 区 に 分 けたときは 造 成 区 域 及 び 工 区 ) 内 の 土 地 の 現 況 土 地 利 用 計 画 及 び 公 共 施 設 の 整 備 計 画 を 記 載 したものでなければならない 5 第 3 項 第 1 号 の 設 計 図 は 別 表 に 定 めるところにより 作 成 しなければならない 6 第 3 項 第 2 号 の 造 成 区 域 位 置 図 は 縮 尺 5 万 分 の1 以 上 とし 方 位 及 び 造 成 区 域 の 位 置 を 表 示 したも のでなければならない この 場 合 において 当 該 造 成 区 域 が 土 地 区 画 整 理 事 業 の 施 行 区 域 内 であると きは 当 該 土 地 区 画 整 理 事 業 の 施 行 区 域 の 位 置 も 併 せて 表 示 しなければならない 64

68 7 第 3 項 第 3 号 の 造 成 区 域 図 は 縮 尺 2,500 分 の 1 以 上 とし 方 位 及 び 造 成 区 域 ( 造 成 区 域 を 工 区 に 分 け たときは 造 成 区 域 及 び 工 区 )の 区 域 並 びにその 区 域 を 明 らかにするに 必 要 な 範 囲 において 市 町 村 界 市 の 区 域 内 の 町 又 は 字 の 境 界 都 市 計 画 区 域 並 びに 土 地 の 地 番 及 び 形 状 を 表 示 したものでなけれ ばならない この 場 合 において 当 該 造 成 区 域 が 土 地 区 画 整 理 事 業 の 施 行 区 域 内 であるときは 当 該 土 地 区 画 整 理 事 業 の 施 行 区 域 の 位 置 も 併 せて 表 示 しなければならない ( 認 定 の 基 準 ) 第 3 条 市 長 は 前 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 申 請 があった 場 合 において 当 該 申 請 に 係 る 宅 地 の 造 成 が 昭 和 54 年 建 設 省 告 示 第 767 号 に 規 定 する 基 準 ( 以 下 認 定 基 準 という )に 適 合 しているとき 又 はそ の 申 請 の 手 続 がこの 要 綱 に 違 反 していないと 認 めるときは 速 やかに 認 定 を 行 うものとする ( 認 定 書 の 交 付 ) 第 4 条 市 長 は 第 2 条 第 1 項 の 申 請 に 基 づき 認 定 を 行 った 場 合 は 認 定 書 ( 様 式 第 3 号 )を 交 付 するも のとする ( 造 成 計 画 の 変 更 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 により 認 定 を 受 けた 者 ( 以 下 認 定 を 受 けた 者 という )は 当 該 認 定 に 係 る 宅 地 造 成 の 計 画 を 変 更 しようとする 場 合 には 新 たに 市 長 の 認 定 を 受 けなければならない ただし 次 に 掲 げる 軽 微 な 変 更 をしようとする 場 合 は この 限 りでない (1) 街 区 の 境 界 又 は 道 路 広 場 排 水 施 設 等 の 位 置 若 しくは 形 状 の 軽 微 な 変 更 (2) 工 事 の 仕 様 を 変 更 する 設 計 の 変 更 ( 証 明 書 の 交 付 ) 第 6 条 認 定 を 受 けた 者 は 当 該 造 成 区 域 ( 工 区 に 分 けた 場 合 は 当 該 工 区 )の 全 部 について 当 該 宅 地 の 造 成 が 完 了 した 場 合 において その 造 成 が 認 定 の 内 容 に 適 合 していることの 証 明 を 受 けようとすると きは 優 良 宅 地 証 明 申 請 書 ( 様 式 第 4 号 )を 市 長 に 提 出 しなければならない 2 市 長 は 前 項 の 申 請 に 係 る 宅 地 の 造 成 が 認 定 の 内 容 に 適 合 して 行 われたと 認 める 場 合 は 証 明 書 ( 様 式 第 5 号 )を 交 付 するものとする 3 市 長 は 第 2 条 第 2 項 の 申 請 に 基 づき 認 定 を 行 ったときは 証 明 書 ( 様 式 第 6 号 )を 交 付 するものとす る ( 造 成 工 事 の 廃 止 ) 第 7 条 認 定 を 受 けた 者 は 当 該 認 定 に 係 る 宅 地 の 造 成 に 関 する 工 事 を 廃 止 したときは 遅 滞 なく 宅 地 造 成 工 事 廃 止 届 出 書 ( 様 式 第 7 号 )によりその 旨 を 市 長 に 届 け 出 なければならない ( 認 定 に 基 づく 地 位 の 承 継 ) 第 8 条 認 定 を 受 けた 者 の 相 続 人 その 他 の 承 継 人 又 は 認 定 を 受 けた 者 から 当 該 造 成 区 域 内 の 土 地 の 所 有 権 その 他 当 該 造 成 を 施 行 する 権 限 を 取 得 した 者 ( 法 第 31 条 の 2 第 2 項 第 14 号 ハの 規 定 に 基 づく 認 定 に 65

69 あっては 同 号 に 規 定 する 個 人 又 は 法 人 に 限 り 法 第 62 条 の 3 第 4 項 第 14 号 ハの 規 定 に 基 づく 認 定 に あっては 同 号 に 規 定 する 個 人 又 は 法 人 に 限 る )は 第 6 条 第 1 項 の 証 明 書 の 交 付 の 申 請 をするまで の 間 に 限 りその 承 継 について 地 位 承 継 届 出 書 ( 様 式 第 8 号 )により 市 長 に 届 け 出 てその 地 位 を 承 継 す ることができる ( 土 地 区 画 整 理 事 業 による 宅 地 の 造 成 に 関 する 特 例 ) 第 9 条 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 した 後 換 地 処 分 により 取 得 した 宅 地 について 第 2 条 第 1 項 又 は 第 2 項 に 定 める 認 定 を 受 けようとする 者 は 土 地 区 画 整 理 法 第 103 条 第 4 項 の 規 定 による 換 地 処 分 の 公 告 後 優 良 宅 地 認 定 申 請 書 ( 様 式 第 9 号 ) 又 は 第 2 条 第 2 項 の 第 2 条 第 1 項 又 は 第 2 項 に 定 める 認 定 申 請 書 を 市 長 に 提 出 しなければならない 2 前 項 の 優 良 宅 地 認 定 申 請 書 には 第 2 条 第 3 項 各 号 の 図 書 を 添 付 しなければならない 3 第 3 条 の 規 定 は 第 1 項 の 申 請 について 準 用 する この 場 合 において 第 3 条 中 前 条 第 1 項 とあ るのは 第 9 条 第 1 項 と 読 み 替 えるものとする 4 市 長 は 第 1 項 の 申 請 に 基 づき 認 定 を 行 った 場 合 は 証 明 書 ( 様 式 第 10 号 ) 又 は 第 6 条 第 3 項 の 証 明 書 を 交 付 するものとする 5 仮 換 地 指 定 の 段 階 の 土 地 であっても 既 に 造 成 を 完 了 し そのまま 換 地 処 分 に 至 ることが 確 実 と 認 め られるものについては 前 各 項 の 手 続 に 準 じて 認 定 を 行 うことができる ( 申 請 書 等 の 提 出 部 数 ) 第 10 条 この 要 綱 の 規 定 による 申 請 書 及 びその 添 付 図 書 の 提 出 部 数 は それぞれ 正 本 1 部 及 び 副 本 1 部 とする 附 則 ( 施 行 期 日 ) 1 この 要 綱 は 平 成 17 年 3 月 22 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 要 綱 の 施 行 の 前 日 までに 合 併 前 の 優 良 宅 地 造 成 認 定 事 務 取 扱 要 綱 ( 平 成 12 年 平 田 市 告 示 第 30 号 )の 規 定 によりなされた 処 分 手 続 きその 他 の 行 為 は この 要 綱 の 相 当 規 定 によりなされたものと みなす 附 則 ( 平 成 22 年 出 雲 市 告 示 第 49 号 ) ( 施 行 期 日 ) 1 この 要 綱 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 66

70 2 この 要 綱 の 施 行 の 日 の 前 日 までに 改 正 前 の 出 雲 市 優 良 宅 地 造 成 認 定 事 務 取 扱 要 綱 の 規 定 によりなさ れた 処 分 手 続 その 他 の 行 為 は 改 正 後 の 出 雲 市 優 良 宅 地 造 成 認 定 事 務 取 扱 要 綱 の 相 当 規 定 によりな されたものとみなす 附 則 ( 平 成 28 年 3 月 1 日 告 示 第 65 号 ) この 要 綱 は 平 成 28 年 3 月 1 日 から 施 行 する 別 表 ( 第 2 条 関 係 ) 図 面 の 種 類 明 示 すべき 事 項 縮 尺 備 考 現 況 図 地 形 造 成 区 域 の 境 界 並 びに 造 成 区 域 内 及 び 造 成 区 域 周 辺 の 公 共 施 設 2,500 等 高 線 は2メートルの 標 高 差 を 示 すもので 分 の 1 あること 以 上 土 地 造 成 区 域 の 境 界 公 共 施 設 の 位 置 及 び 形 利 用 状 予 定 建 築 物 の 敷 地 の 形 状 敷 地 に 係 る 計 画 予 定 建 築 物 の 用 途 並 びに 公 共 施 設 の 位 置 図 67 1,000 分 の 1 以 上 造 成 造 成 区 域 の 境 界 切 土 又 は 盛 土 をする 土 地 1,000 計 画 の 部 分 がけ( 地 表 面 が 水 平 面 に 対 し30 度 分 の 1 平 面 を 超 える 角 度 をなす 土 地 で 硬 岩 盤 ( 風 化 の 著 以 上 図 しいものを 除 く ) 以 外 のものをいう 以 下 同 じ ) 又 は 擁 壁 の 位 置 並 びに 道 路 の 位 置 形 状 幅 員 及 び 勾 配 造 成 計 画 断 面 図 切 土 又 は 盛 土 をする 前 後 の 地 盤 面 1,000 高 低 差 の 著 しい 箇 所 について 作 成 するこ 分 の 1 と 以 上 排 水 排 水 区 域 の 区 域 界 並 びに 排 水 施 設 の 位 置 施 設 種 類 材 料 形 状 内 のり 寸 法 勾 配 水 計 画 の 流 れの 方 向 吐 口 の 位 置 及 び 放 流 先 の 名 平 面 称 図 給 水 給 水 施 設 の 位 置 形 状 内 のり 寸 法 及 び 取 施 設 水 方 法 並 びに 消 火 栓 の 位 置 計 画 平 面 図 がけ がけの 高 さ 勾 配 及 び 土 質 ( 土 質 の 種 類 が2 の 断 以 上 であるときは それぞれの 土 質 及 びそ 面 図 の 地 層 の 厚 さ) 切 土 又 は 盛 土 をする 前 の 地 盤 面 並 びにがけ 面 の 保 護 の 方 法 500 分 の1 以 上 500 分 排 水 施 設 計 画 平 面 図 にまとめて 図 示 しても の1 以 よい 上 50 分 の1 以 上 1 切 土 をした 土 地 の 部 分 に 生 ずる 高 さが2 メートルを 超 えるがけ 盛 土 をした 土 地 の 部 分 に 生 ずる 高 さが1メートルを 超 えるが け 又 は 切 土 と 盛 土 とを 同 時 にした 土 地 の 部 分 に 生 ずる 高 さが2メートルを 超 えるがけ

71 擁 壁 擁 壁 の 寸 法 及 び 勾 配 擁 壁 の 材 料 の 種 類 の 断 及 び 寸 法 裏 込 めコンクリートの 寸 法 透 面 図 水 層 の 位 置 及 び 寸 法 擁 壁 を 設 置 する 前 後 の 地 盤 面 基 礎 地 盤 の 土 質 並 びに 基 礎 ぐい の 位 置 材 料 及 び 寸 法 50 分 の1 以 上 について 作 成 すること 2 擁 壁 で 覆 われるがけ 面 については 土 質 に 関 する 事 項 は 示 すことを 要 しない 68

72 様 式 第 1 号 ( 第 2 条 関 係 ) 租 税 特 別 措 置 法 優 良 宅 地 認 定 申 請 書 第 28 条 の 4 第 3 項 第 5 号 イ 第 31 条 の 2 第 2 項 第 14 号 ハ 第 62 条 の 3 第 4 項 第 14 号 ハ の 規 定 に 基 づき 優 良 な 宅 地 ( 同 法 第 63 条 第 3 項 第 5 号 イ 第 31 条 の 2 第 2 項 第 14 号 ハ 又 は 同 法 第 62 条 の 3 第 4 項 第 14 号 ハに 規 定 する 宅 地 の 造 成 にあって は 住 宅 の 用 に 供 する 優 良 な 宅 地 )の 供 給 に 寄 与 するものであることの 認 定 を 申 請 します 造 成 宅 地 の 概 要 備 考 1 2 様 宅 地 造 成 区 域 に 含 まれ る 地 域 の 名 称 宅 地 造 成 区 域 に 含 む 都 市 計 画 区 域 の 名 称 氏 名 申 請 者 住 所 手 数 料 3 宅 地 造 成 区 域 の 面 積 平 方 メートル 4 宅 地 の 用 途 5 工 事 着 手 完 了 予 定 年 月 日 6 その 他 必 要 な 事 項 ~ 受 付 番 号 第 号 認 定 番 号 第 号 1 のある 欄 は 記 載 しないこと 2 その 他 必 要 な 事 項 の 欄 には 宅 地 造 成 を 行 うことについて 宅 地 造 成 等 規 制 法 その 他 法 令 に よる 許 可 認 可 等 を 要 する 場 合 には その 手 続 の 状 況 を 記 載 すること 3 認 定 申 請 に 当 たっては 申 請 文 中 当 該 認 定 の 根 拠 となる 条 項 以 外 の 条 項 は 抹 消 すること 69

73 様 式 第 2 号 ( 第 2 条 関 係 ) 優 良 宅 地 認 定 申 請 書 租 税 特 別 措 置 法 第 28 条 の 4 第 3 項 第 7 号 イ 第 63 条 第 3 項 第 7 号 イ の 規 定 に 基 づき 優 良 な 宅 地 の 供 給 に 寄 与 するものであることの 認 定 を 申 請 します 手 数 料 様 申 請 者 住 所 氏 名 1 宅 地 造 成 区 域 に 含 まれ る 地 域 の 名 称 造 成 宅 地 の 概 要 2 宅 地 造 成 区 域 に 含 む 都 市 計 画 区 域 の 名 称 3 宅 地 造 成 区 域 の 面 積 平 方 メートル 4 宅 地 の 用 途 5 工 事 着 手 完 了 予 定 年 月 日 ~ 6 その 他 必 要 な 事 項 受 付 番 号 第 号 認 定 番 号 第 号 備 考 1 のある 欄 は 記 入 しないこと 2 その 他 必 要 な 事 項 の 欄 には 宅 地 造 成 を 行 うことについて 宅 地 造 成 規 制 法 その 他 法 令 による 許 可 認 可 等 を 要 する 場 合 には その 手 続 の 状 況 を 記 載 すること 3 認 定 申 請 に 当 たっては 申 請 文 中 当 該 認 定 の 根 拠 となる 条 項 以 外 の 条 項 は 抹 消 すること 70

74 様 式 第 3 号 ( 第 4 条 関 係 ) 認 定 書 第 号 下 記 の 宅 地 の 造 成 は 租 税 特 別 措 置 法 第 28 条 の 4 第 3 項 第 5 号 イ 第 31 条 の 2 第 2 項 第 14 号 ハ 第 62 条 の 3 第 4 項 第 14 号 ハ 第 63 条 第 3 項 第 5 号 イ に 規 定 する 優 良 な 宅 地 ( 同 法 第 31 条 の 2 第 2 項 第 14 号 ハ 又 は 同 法 第 62 条 の 3 第 4 項 第 14 号 ハに 規 定 する 宅 地 の 造 成 にあっては 住 宅 の 用 に 供 す る 優 良 な 宅 地 )の 供 給 に 寄 与 するものであることについて 認 定 したことを 証 する 記 1 認 定 番 号 第 号 2 宅 地 造 成 区 域 に 含 まれる 地 域 の 名 称 3 宅 地 造 成 区 域 を 含 む 都 市 計 画 区 域 の 名 称 4 宅 地 造 成 区 域 の 面 積 5 宅 地 の 用 途 6 認 定 を 受 けた 者 の 住 所 及 び 氏 名 71

75 様 式 第 4 号 ( 第 6 条 関 係 ) 優 良 宅 地 証 明 申 請 書 第 28 条 の 4 第 3 項 第 5 号 イ 租 税 特 別 措 置 法 第 31 条 の 2 第 2 項 第 14 号 ハ 第 62 条 の 3 第 4 項 第 14 号 ハ 第 63 条 第 3 項 第 5 号 イ の 規 定 に 基 づき 年 月 日 付 け 認 定 番 号 第 号 の 宅 地 造 成 につき 認 定 の 内 容 に 適 合 している 旨 の 証 明 を 申 請 します 様 申 請 者 住 所 氏 名 備 考 証 明 申 請 に 当 たっては 申 請 文 中 当 該 証 明 の 根 拠 となる 条 項 以 外 の 条 項 は 抹 消 すること 72

76 様 式 第 5 号 ( 第 6 条 関 係 ) 証 明 書 第 号 下 記 の 宅 地 の 造 成 は 付 け 第 号 をもって 認 定 した 内 容 に 適 合 し ていることを 証 する 記 1 証 明 番 号 第 号 2 宅 地 造 成 区 域 に 含 まれる 地 域 の 名 称 3 宅 地 造 成 区 域 の 面 積 4 認 定 を 受 けた 者 の 住 所 及 び 氏 名 73

77 様 式 第 6 号 ( 第 6 条 関 係 ) 証 明 書 第 号 第 28 条 の 4 第 3 項 第 7 号 イ 下 記 の 宅 地 の 造 成 は 租 税 特 別 措 置 法 第 63 条 第 3 項 第 7 号 イ 優 良 な 宅 地 の 供 給 に 寄 与 するものであることについて 認 定 したことを 証 する に 規 定 する 記 1 証 明 番 号 第 号 2 宅 地 造 成 区 域 に 含 まれる 地 域 の 名 称 3 証 明 を 受 けた 者 の 住 所 及 び 氏 名 74

78 様 式 第 7 号 ( 第 7 条 関 係 ) 宅 地 造 成 工 事 廃 止 届 出 書 様 届 出 者 住 所 氏 名 付 け 第 号 をもって 認 定 を 受 けた 宅 地 の 造 成 に 関 する 工 事 を 下 記 のとおり 廃 止 しましたので 届 け 出 ます 記 1 宅 地 の 造 成 に 関 する 工 事 を 廃 止 した 2 宅 地 の 造 成 に 関 する 工 事 の 廃 止 に 係 る 地 域 の 名 称 3 宅 地 の 造 成 に 関 する 工 事 の 廃 止 に 係 る 地 域 の 面 積 75

79 様 式 第 8 号 ( 第 8 条 関 係 ) 地 位 承 継 届 出 書 様 届 出 者 ( 承 継 人 ) 住 所 氏 名 付 け 第 号 をもって 認 定 を 受 けた 宅 地 の 造 成 について 下 記 の とおり 認 定 に 基 づく 地 位 を 承 継 したので 届 け 出 ます 記 1 承 継 2 被 承 継 人 の 住 所 及 び 氏 名 3 承 継 の 原 因 76

80 様 式 第 9 号 ( 第 9 条 関 係 ) 優 良 宅 地 認 定 申 請 書 租 税 特 別 措 置 法 第 28 条 の 4 第 3 項 第 5 号 イ 第 63 条 第 3 項 第 5 号 イ の 規 定 に 基 づき 優 良 な 宅 地 の 供 給 に 寄 与 するものであることの 認 定 を 申 請 します 様 手 数 料 氏 名 申 請 者 住 所 1 宅 地 造 成 区 域 に 含 ま れ る 地 域 の 名 称 造 成 宅 地 の 概 要 2 宅 地 造 成 区 域 の 面 積 平 方 メートル 3 宅 地 の 用 途 4 工 事 着 手 完 了 予 定 ~ 5 そ の 他 必 要 な 事 項 受 付 番 号 第 号 認 定 番 号 第 号 備 考 1 のある 欄 は 記 載 しないこと 2 その 他 必 要 な 事 項 の 欄 には 宅 地 造 成 を 行 うことについて 宅 地 造 成 等 規 制 法 その 他 法 令 に よる 許 可 認 可 等 を 要 する 場 合 には その 手 続 の 状 況 を 記 載 すること 3 認 定 申 請 に 当 たっては 申 請 文 中 当 該 認 定 の 根 拠 となる 条 項 以 外 の 条 項 は 抹 消 すること 77

81 様 式 第 10 号 ( 第 9 条 関 係 ) 証 明 書 第 号 第 28 条 の 4 第 3 項 第 5 号 イ 下 記 の 宅 地 の 造 成 は 租 税 特 別 措 置 法 第 63 条 第 3 項 第 5 号 イ 地 の 供 給 に 寄 与 するものであることについて 認 定 したことを 証 する に 規 定 する 優 良 な 宅 記 1 証 明 番 号 第 号 2 宅 地 造 成 区 域 に 含 まれる 地 域 の 名 称 3 証 明 を 受 けた 者 の 住 所 及 び 氏 名 78

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

目  次

目  次 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 1 月 台 東 区 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 目 次 1 開 発 許 可 制 度 の 概 要 について 1 開 発 許 可 制 度 とは? 3 2 開 発 行 為 とは? 3 3 開 発 許 可 申 請 に 係 わる 手 続

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金 2 2.4 入 札 等 3 2.5 落 札 者 決 定 の

目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金 2 2.4 入 札 等 3 2.5 落 札 者 決 定 の 入 札 及 び 契 約 心 得 ( 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 ) 航 空 自 衛 隊 市 ヶ 谷 基 地 航 空 中 央 業 務 隊 会 計 科 目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

はじめに

はじめに 第 3 版 町 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 適 正 な 土 地 利 用 の 調 整 に 関 する 条 例 の 手 引 き 町 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 適 正 な 土 地 利 用 の 調 整 に 関 する 条 例 施 行 規 則 を 一 部 改 正 し2011 年 4 月 1 日 に 施 行 しました (2012 年 7 月 17 日 付 庁 舎 移 転 等 に

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること 平 成 22 年 度 宅 地 建 物 取 引 主 任 者 資 格 試 験 問 1 制 限 行 為 能 力 者 に 関 する 次 の 記 述 のうち 民 法 の 規 定 によれば 正 しいものはどれか 1 土 地 を 売 却 すると 土 地 の 管 理 義 務 を 免 れることになるので 婚 姻 していない 未 成 年 者 が 土 地 を 売 却 するに 当 たっては その 法 定 代 理 人 の 同

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

社会福祉法人 吉寿会定款

社会福祉法人 吉寿会定款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスがその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 し つつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会 において 営 むことができるよう 支 援 することを

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

Taro11-第5章.jtd

Taro11-第5章.jtd 第 5 章 法 第 43 条 令 第 34 条 令 第 35 条 令 第 36 条 規 則 第 34 条 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 以 外 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 法 第 四 十 三 条 何 人 も 市 街 化 調 整 区 域 のうち 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 以 外 の 区 域 内 においては 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号)

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号) 発 兵 庫 県 公 報 金 曜 日 第 2496 号 目 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 土 地 改 良 区 役 員 の 退 任 の 届 出 ( 農 地 整 備 課 ) 1 土 地 改

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 26 号 改 正 平 成 22 年 9 月 30 日 条 例 第 23 号 平 成 23 年 9 月 29 日 条 例 第 40 号 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 目 次 第 1 章

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

<89EF88F5954B8C C8E86>

<89EF88F5954B8C C8E86> 会 員 必 携 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 ) 関 東 信 越 税 理 士 会 朝 霞 支 部 351-0015 朝 霞 市 幸 町 1 丁 目 3 番 6 号 石 川 ビル2F TEL 048-465-0025 FAX 048-468-1043 http://www.asaka-zeirishikai.gr.jp/ 目 次 ( 関 連 規 則 等 対 応 表 示 ) 関 東 信

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 こ の 法 人 は 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 (Izumo Junior Chamber Inc. 以 下 本 会 議 所 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 議 所 は 主 たる 事 務 所 を 島 根 県 出 雲 市 に 置 く ( 目

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法 Ⅲ 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 務 手 続 き 1. 概 要 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 例 は 全 国 ではまだ 例 が 少 なく 膨 大 な 事 務 量 と 専 門 知 識 を 必 要 とする 割 には 具 体 的 な 事 務 手 続 きを 示 した 知 見 が 少 ない のが 現 状 である

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 の 実 施 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領 の 全

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節 建 築 行 為 建 設 行 為 の 許 可 法 第 43 条 第 2 節 許 可 の 条 件 令 第 36 条 第 3 節 既 存 宅 地 における 建 築 物 に 係 る 暫 定 措 置 法 第 43 条 - 201 - 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32>

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32> ( 建 設 リサイクル 法 に 関 する 条 件 明 示 等 ) 1. 本 工 事 は 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 (( 平 成 12 年 法 律 第 104 号 ) 以 下 建 設 リサイクル 法 という )に 基 づき 特 定 建 設 資 材 の 分 別 解 体 等 及 び 再 資 源 化 等 の 実 施 について 適 正 な 措 置 を 講

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

01 国有財産売払公示書

01 国有財産売払公示書 国 有 財 産 売 払 公 示 書 国 有 財 産 の 売 払 について 下 記 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 1 売 払 物 件 物 件 番 号 所 在 地 区 分 種 目 数 量 28-1 福 山 市 千 田 町 1-393-2 土 地 宅 地 170.14 m2 28-2 福 山 市 北 本 庄 2 丁 目 111-2 土 地 宅 地 658.94 m2 28-3 広 島

More information

定 款

定 款 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は, 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき, 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い, もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申 先 着 申 込 順 による 市 有 財 産 ( 土 地 ) 売 却 実 施 要 領 物 件 案 内 平 成 27 年 度 阿 賀 野 市 - 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 厚 生 労 働 省 発 老 0717 第 2 号 平 成 2 4 年 7 月 1 7 日 最 終 改 正 厚 生 労 働 省 発 老 0309 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 9 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 事 務 次 官 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information