ninki-kyuyo

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "ninki-kyuyo"

Transcription

1 任 期 制 職 員 給 与 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 17 号 ) 改 正 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 31 号 ) 改 正 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 平 成 28 年 規 程 第 43 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 13 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 本 給 及 び 年 俸 ( 第 14 条 ~ 第 17 条 ) 第 2 節 手 当 ( 第 18 条 ~ 第 22 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 23 条 ~ 第 26 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 雇 用 期 間 の 定 めのある 職 員 ( 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 規 程 第 7 号 ) 第 2 条 に 規 定 する 任 期 制 職 員 をいう 以 下 同 じ )の 給 与 について 定 めることを 目 的 とする ( 用 語 の 定 義 ) 第 2 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該 各 号 に 定 めるところによ る (1) 昇 格 任 期 制 職 員 の 職 務 の 等 級 を 上 位 の 職 務 の 等 級 に 変 更 することをいう (2) 降 格 任 期 制 職 員 の 職 務 の 等 級 を 下 位 の 職 務 の 等 級 に 変 更 することをいう (3) 昇 給 任 期 制 職 員 の 号 給 を 同 一 の 職 務 の 等 級 の 上 位 の 号 給 に 変 更 することをい う ( 給 与 の 区 分 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 の 給 与 は 年 俸 又 は 月 給 とし それぞれ 第 2 項 又 は 第 3 項 の 各 号 に 定 め る 区 分 により 支 給 する 2 年 俸 による 任 期 制 職 員 ( 以 下 年 俸 制 職 員 という )の 給 与 (1) 年 俸 (2) 手 当 ( 通 勤 手 当 超 過 勤 務 手 当 ) 3 月 給 による 任 期 制 職 員 ( 以 下 月 給 制 職 員 という )の 給 与 (1) 本 給 (2) 手 当 ( 本 給 の 特 別 調 整 額 期 末 手 当 通 勤 手 当 地 域 手 当 超 過 勤 務 手 当 ) 4 任 期 制 職 員 のうち 満 年 齢 60 歳 に 達 した 日 の 属 する 年 度 を 超 える 年 度 で 雇 用 される 者

2 及 び その 職 務 の 専 門 性 から 年 俸 制 職 員 とすることが 妥 当 として 機 構 が 認 めた 者 は 第 2 項 に 定 める 年 俸 制 職 員 とし それらに 該 当 しない 者 は 第 3 項 に 定 める 月 給 制 職 員 とする ( 重 複 給 与 の 禁 止 ) 第 4 条 任 期 制 職 員 が 機 構 の 委 員 等 の 他 の 職 に 併 せて 任 命 されたときは これに 重 複 して 給 与 を 支 給 することはできない ( 給 与 の 支 給 ) 第 5 条 任 期 制 職 員 の 給 与 は 法 令 及 び 労 働 者 代 表 との 書 面 による 協 定 により 任 期 制 職 員 の 給 与 から 控 除 すべき 金 額 を 控 除 し その 残 額 を 通 貨 で 直 接 任 期 制 職 員 に 支 給 する 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 任 期 制 職 員 が 自 己 の 預 金 又 は 貯 金 の 口 座 への 振 込 みを 申 し 出 たときは その 方 法 によって 支 給 することができる ( 給 与 の 支 給 定 日 及 び 支 給 方 法 ) 第 6 条 任 期 制 職 員 の 給 与 ( 期 末 手 当 を 除 く )の 支 給 定 日 は 毎 月 20 日 (その 日 が 任 期 制 職 員 就 業 規 程 第 8 条 第 1 項 に 規 定 する 休 日 ( 以 下 休 日 という )に 当 たるときは そ の 日 前 において 最 も 近 い 休 日 でない 日 )とする ただし 第 19 条 に 規 定 する 期 末 手 当 を 支 給 する 月 にあっては その 都 度 別 に 定 める 日 とすることができる 2 年 俸 制 職 員 の 給 与 は 前 項 の 支 給 定 日 において 年 俸 を12で 除 して 得 た 額 ( 以 下 年 俸 月 額 という ) 通 勤 手 当 ( 第 20 条 第 7 項 に 規 定 する 支 給 単 位 期 間 に 係 る 最 初 の 月 に 限 る ) 及 び 前 月 分 の 超 過 勤 務 手 当 を 支 給 する 年 俸 制 職 員 が 年 度 の 中 途 において 採 用 され 又 は 年 度 の 中 途 において 退 職 したときは 勤 務 しなかった 月 の 年 俸 月 額 に 相 当 す る 額 は 支 給 しない 3 月 給 制 職 員 の 給 与 は 第 1 項 の 支 給 定 日 において 当 月 分 の 本 給 本 給 の 特 別 調 整 額 通 勤 手 当 ( 第 20 条 第 7 項 に 規 定 する 支 給 単 位 期 間 に 係 る 最 初 の 月 に 限 る ) 地 域 手 当 及 び 前 月 分 の 超 過 勤 務 手 当 を 支 給 する 4 年 俸 制 職 員 が 給 与 の 支 給 定 日 後 に 採 用 されたとき 及 び 年 俸 月 額 又 は 通 勤 手 当 につい てこれらの 給 与 が 支 給 されるべき 新 たな 事 実 の 発 生 したときは 翌 月 の 支 給 定 日 に 支 給 することができる 5 月 給 制 職 員 が 給 与 の 支 給 定 日 後 に 採 用 されたとき 及 び 本 給 本 給 の 特 別 調 整 額 通 勤 手 当 又 は 地 域 手 当 についてこれらの 給 与 が 支 給 されるべき 新 たな 事 実 の 発 生 したときは 翌 月 の 支 給 定 日 に 支 給 することができる 6 任 期 制 職 員 が 死 亡 又 は 退 職 したときは その 際 給 与 を 支 給 することができる ( 非 常 時 の 支 給 ) 第 7 条 任 期 制 職 員 が その 者 又 はその 者 の 収 入 によって 生 計 を 維 持 する 者 の 出 産 疾 病 災 害 婚 礼 葬 儀 その 他 これらに 準 ずる 非 常 のときの 費 用 に 充 てるため 給 与 の 支 給 を 請 求 したときは 前 条 の 規 定 にかかわらず その 日 までの 給 与 を 支 給 することができる ( 日 割 計 算 ) 第 8 条 月 の 中 途 において 採 用 退 職 その 他 異 動 があったときの 年 俸 制 職 員 の 年 俸 月 額 又

3 は 月 給 制 職 員 の 当 該 月 の 本 給 本 給 の 特 別 調 整 額 及 び 地 域 手 当 は その 事 実 の 発 生 した 日 を 基 準 とし 日 割 計 算 をもって 支 給 する ただし 死 亡 したとき 又 は 定 員 の 削 減 のため 若 しくは 組 織 の 改 廃 による 配 置 転 換 が 困 難 なため 退 職 し 又 は 解 雇 させられたときは この 限 りでない ( 給 与 の 日 額 ) 第 9 条 前 条 の 規 定 による 日 額 は 年 俸 制 職 員 にあっては 支 給 される 年 俸 月 額 を 当 該 月 の 日 数 から 休 日 を 除 いた 日 数 で 除 して 得 た 額 とし 月 給 制 職 員 にあっては 支 給 される 本 給 本 給 の 特 別 調 整 額 及 び 地 域 手 当 のそれぞれの 額 を 当 該 月 の 日 数 から 休 日 を 除 いた 日 数 で 除 して 得 た 額 とする ( 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 ) 第 10 条 年 俸 制 職 員 の 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 は 年 俸 月 額 に 12 を 乗 じ 当 該 年 度 の 所 定 勤 務 時 間 数 で 除 した 額 とする 2 月 給 制 職 員 の 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 は 本 給 の 月 額 本 給 の 特 別 調 整 額 の 月 額 及 び これらに 地 域 手 当 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 に12 を 乗 じ 当 該 年 度 の 所 定 勤 務 時 間 数 で 除 した 額 とする ( 端 数 の 処 理 ) 第 11 条 この 規 程 の 定 めるところによる 給 与 計 算 において 50 銭 未 満 の 端 数 のあるときは その 端 数 金 額 を 切 り 捨 て 50 銭 以 上 1 円 未 満 の 端 数 のあるときはその 端 数 金 額 は1 円 と して 計 算 する ( 給 与 の 減 額 ) 第 12 条 任 期 制 職 員 が 勤 務 しないときは その 勤 務 しないことにつき 特 に 承 認 のあったと きを 除 くほか その 勤 務 しない 時 間 の1 時 間 につき 第 10 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たり の 給 与 額 を 減 額 して 支 給 する 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 当 月 分 の 給 与 の 支 給 期 間 において 勤 務 すべき 全 時 間 につい て 勤 務 しなかったとき 又 は 給 与 から 減 額 すべき 金 額 が 本 給 本 給 の 特 別 調 整 額 及 び 地 域 手 当 の 月 額 の 合 計 額 を 上 回 るか 又 はこれに 等 しいときは 本 給 本 給 の 特 別 調 整 額 及 び 地 域 手 当 の 月 額 の 合 計 額 を 減 額 する 3 前 2 項 の 規 定 により 減 額 した 給 与 の 額 が 第 5 条 1 項 の 控 除 すべき 金 額 を 下 回 るときは その 控 除 は 機 構 が 指 定 する 方 法 で 行 うものとする ( 在 外 職 員 の 給 与 ) 第 13 条 在 外 任 期 制 職 員 の 給 与 は 在 外 職 員 の 取 扱 いに 関 する 規 則 ( 平 成 27 年 規 則 第 20 号 )に 定 めるところによる 第 2 章 給 与 第 1 節 本 給 及 び 年 俸 ( 本 給 及 び 年 俸 )

4 第 14 条 任 期 制 職 員 の 受 ける 本 給 及 び 年 俸 は その 職 務 の 複 雑 困 難 及 び 責 任 の 度 等 を 考 慮 して 決 定 する 2 満 年 齢 60 歳 に 達 した 日 の 属 する 年 度 を 超 える 年 度 で 雇 用 される 年 俸 制 職 員 の 年 俸 は 年 俸 等 区 分 表 ( 別 表 第 1)に 定 める 等 級 により 支 給 する ただし 当 該 区 分 表 により 難 い ときは 都 度 定 める 3 職 務 の 専 門 性 から 年 俸 制 職 員 とすることが 妥 当 として 機 構 が 認 めた 年 俸 制 職 員 の 年 俸 は その 職 務 の 専 門 性 知 識 及 び 経 験 を 勘 案 して 都 度 定 める 4 月 給 制 職 員 の 本 給 は 級 別 本 給 表 ( 別 表 第 2)に 定 める 等 級 号 給 により 支 給 する 5 給 与 の 支 給 基 準 となる 標 準 的 な 職 務 の 等 級 は 次 のとおりとする (1)2 等 級 執 行 役 部 長 監 査 室 長 参 事 役 及 び 研 究 総 括 役 (2)3 等 級 次 長 監 査 室 長 代 理 上 席 調 査 役 及 びシニア 知 的 財 産 コンサルタント (3)4 等 級 課 長 室 長 グループ 長 調 査 役 東 日 本 統 括 部 長 西 日 本 統 括 部 長 知 的 財 産 コンサルタント 及 び 主 幹 創 薬 コーディネーター (4)5 等 級 課 長 代 理 室 長 代 理 グループ 長 代 理 主 幹 アソシエイト 知 的 財 産 コン サルタント 及 び 創 薬 コーディネーター (5)6 等 級 係 長 主 査 及 び 係 員 ( 昇 格 ) 第 15 条 機 構 は 任 期 制 職 員 の 勤 務 成 績 等 に 基 づき 当 該 任 期 制 職 員 の 契 約 を 更 新 する 際 に 初 任 給 昇 降 格 昇 給 等 の 取 扱 い 細 則 ( 平 成 27 年 細 則 第 15 号 )に 定 める 基 準 により 昇 格 させることができる ( 昇 給 ) 第 16 条 機 構 は 月 給 制 職 員 の 勤 務 成 績 に 応 じて 当 該 月 給 制 職 員 の 契 約 を 更 新 する 際 に 昇 給 させることができる 2 昇 給 の 号 給 数 は4 号 給 を 標 準 として 1 号 給 から6 号 給 までの 範 囲 内 において 上 位 の 号 給 に 昇 給 させることができる ただし 55 歳 を 超 える 職 員 については 2 号 給 を 標 準 として 1 号 給 から3 号 給 までの 範 囲 内 において 上 位 の 号 給 に 昇 給 させることができる 3 次 に 掲 げる 月 給 制 職 員 には 昇 給 を 行 わない (1) 退 職 手 続 中 の 月 給 制 職 員 (2) 直 近 1 年 以 内 に 停 職 以 上 の 懲 戒 処 分 を 受 けた 月 給 制 職 員 (3) 本 給 の 月 額 がその 属 する 等 級 における 最 高 の 号 給 となっている 月 給 制 職 員 4 機 構 は 年 俸 制 職 員 の 契 約 を 更 新 する 際 に 総 合 評 価 結 果 に 応 じて 年 俸 額 の100 分 の5 の 範 囲 内 で 年 俸 額 の 改 定 を 行 うことができる 5 前 各 項 に 規 定 するもののほか 昇 給 の 基 準 手 続 等 は 初 任 給 昇 降 格 昇 給 等 の 取 扱 い 細 則 に 定 める ( 降 格 ) 第 17 条 任 期 制 職 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときには 初 任 給 昇 降 格 昇 給

5 等 の 取 扱 い 細 則 に 定 める 基 準 により 降 格 されることがある (1) 勤 務 実 績 が 良 くないとき (2) 心 身 の 故 障 のため 業 務 に 堪 えられないとき (3) 自 ら 降 格 を 希 望 して 申 し 出 たとき (4)その 他 その 職 に 必 要 な 適 格 性 を 欠 くとき 2 前 項 の 降 格 は 降 格 審 査 委 員 会 における 審 議 を 経 て 行 うものとする 第 2 節 手 当 ( 本 給 の 特 別 調 整 額 ) 第 18 条 本 給 の 特 別 調 整 額 は 次 の 各 号 に 掲 げる 月 給 制 職 員 の 区 分 に 応 じて 当 該 各 号 に 定 める 額 を 支 給 する (1) 執 行 役 部 長 監 査 室 長 参 事 役 及 び 研 究 総 括 役 107,000 円 (2) 次 長 監 査 室 長 代 理 上 席 調 査 役 及 びシニア 知 的 財 産 コンサルタント 102,000 円 (3) 課 長 室 長 グループ 長 調 査 役 東 日 本 統 括 部 長 西 日 本 統 括 部 長 知 的 財 産 コ ンサルタント 及 び 主 幹 創 薬 コーディネーター 87,000 円 (4) 課 長 代 理 室 長 代 理 グループ 長 代 理 主 幹 アソシエイト 知 的 財 産 コンサルタン ト 及 び 創 薬 コーディネーター 34,000 円 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 月 の 初 日 から 末 日 までの 期 間 の 全 日 数 にわたって 勤 務 しな かったとき( 業 務 上 若 しくは 通 勤 途 上 における 負 傷 若 しくは 疾 病 による 欠 勤 を 除 く )に は その 月 の 本 給 の 特 別 調 整 額 は 支 給 しない ( 期 末 手 当 ) 第 19 条 期 末 手 当 は 6 月 1 日 及 び12 月 1 日 ( 以 下 基 準 日 という )にそれぞれ 在 職 する 月 給 制 職 員 及 びこれらの 基 準 日 前 1 月 以 内 に 退 職 し 又 は 解 雇 された 月 給 制 職 員 に 対 し それぞれ 基 準 日 の 属 する 月 の 理 事 長 が 定 める 日 に 支 給 する 2 期 末 手 当 の 額 は それぞれ 基 準 日 現 在 ( 退 職 した 月 給 制 職 員 にあっては 退 職 日 現 在 )に おける 期 末 手 当 基 礎 月 額 ( 次 項 の 規 定 により 算 出 される 額 をいう )に 人 事 評 価 の 実 施 細 則 ( 平 成 27 年 細 則 第 22 号 )に 基 づいて 定 める 業 績 評 価 の 評 価 ランクに 応 じた 係 数 を 乗 じた 額 を 基 礎 として 在 職 期 間 に 応 じて 支 給 する この 場 合 において 在 職 期 間 の 計 算 等 に 関 し 必 要 な 事 項 は 手 当 支 給 に 関 する 細 則 ( 平 成 27 年 細 則 第 21 号 )に 定 める 3 期 末 手 当 基 礎 月 額 は 次 の 各 号 によって 算 定 された 額 を 合 算 した 額 とする (1) 本 給 (2) 前 号 の 額 に 地 域 手 当 割 合 を 乗 じて 得 た 額 (3) 本 給 に 次 に 掲 げる 職 務 の 区 分 に 応 じた 管 理 職 加 算 率 を 乗 じて 得 た 額 ア 執 行 役 部 長 監 査 室 長 参 事 役 及 び 研 究 総 括 役 100 分 の23 イ 次 長 監 査 室 長 代 理 上 席 調 査 役 及 びシニア 知 的 財 産 コンサルタント 100 分 の 16 ウ 課 長 室 長 グループ 長 調 査 役 東 日 本 統 括 部 長 西 日 本 統 括 部 長 知 的 財 産

6 コンサルタント 及 び 主 幹 創 薬 コーディネーター 100 分 の14 (4) 本 給 及 びこれに 地 域 手 当 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 に それぞれ 次 に 掲 げる 職 務 の 区 分 に 応 じた 職 務 加 算 率 を 乗 じて 得 た 額 ア 執 行 役 部 長 監 査 室 長 参 事 役 及 び 研 究 総 括 役 100 分 の20 イ 次 長 監 査 室 長 代 理 上 席 調 査 役 及 びシニア 知 的 財 産 コンサルタント 100 分 の 18 ウ 課 長 室 長 グループ 長 調 査 役 東 日 本 統 括 部 長 西 日 本 統 括 部 長 知 的 財 産 コンサルタント 及 び 主 幹 創 薬 コーディネーター 100 分 の15 エ 課 長 代 理 室 長 代 理 グループ 長 代 理 主 幹 アソシエイト 知 的 財 産 コンサルタ ント 及 び 創 薬 コーディネーター 100 分 の10 オ 係 長 及 び 主 査 100 分 の5 4 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 支 給 日 に 期 末 手 当 を 支 給 することとされていた 月 給 制 職 員 で 当 該 支 給 日 の 前 日 までに 離 職 したものが 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは 当 該 期 末 手 当 の 支 給 を 一 時 差 し 止 めることができる その 際 機 構 は 当 該 一 時 差 止 処 分 を 受 けるべき 者 に 対 し 一 時 差 止 処 分 の 事 由 を 記 載 した 説 明 書 を 交 付 しなければならない (1) 離 職 した 日 から 当 該 支 給 日 の 前 日 までの 間 に その 者 の 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 して その 者 が 起 訴 ( 当 該 起 訴 に 係 る 犯 罪 について 禁 錮 以 上 の 刑 が 定 めら れているものに 限 り 刑 事 訴 訟 法 ( 昭 和 23 年 7 月 10 日 法 律 第 131 号 ) 第 6 編 に 規 定 する 略 式 手 続 によるものを 除 く 次 項 において 同 じ )をされ その 判 決 が 確 定 して いないとき (2) 離 職 した 日 から 当 該 支 給 日 の 前 日 までの 間 に その 者 の 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 して その 者 が 逮 捕 されたとき 又 はその 者 から 聴 取 した 事 項 若 しくは 調 査 により 判 明 した 事 実 に 基 づきその 者 に 犯 罪 があると 思 料 するに 至 ったときであっ て その 者 に 対 し 期 末 手 当 を 支 給 することが 機 構 の 公 共 的 使 命 に 対 する 国 民 の 信 頼 を 確 保 し 期 末 手 当 に 関 する 制 度 の 適 正 かつ 円 滑 な 実 施 を 維 持 する 上 で 重 大 な 支 障 を 生 ずると 認 めるとき 5 機 構 は 前 項 の 一 時 差 止 処 分 について 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するに 至 ったときは 速 やかに 当 該 一 時 差 止 処 分 を 取 り 消 さなければならない ただし 第 3 号 に 該 当 する 場 合 において 一 時 差 止 処 分 を 受 けた 者 がその 者 の 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 現 に 逮 捕 されているときその 他 これを 取 り 消 すことが 一 時 差 止 処 分 の 目 的 に 明 らかに 反 すると 認 めるときは この 限 りでない (1) 一 時 差 止 処 分 を 受 けた 者 が 当 該 一 時 差 止 処 分 の 理 由 となった 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられなかったとき (2) 一 時 差 止 処 分 を 受 けた 者 について 当 該 一 時 差 止 処 分 の 理 由 となった 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 につき 公 訴 を 提 起 しない 処 分 があったとき (3) 一 時 差 止 処 分 を 受 けた 者 がその 者 の 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 起 訴

7 をされることなく 当 該 一 時 差 止 処 分 に 係 る 期 末 手 当 の 基 準 日 から 起 算 して1 年 を 経 過 したとき (4)その 他 一 時 差 止 処 分 後 に 判 明 した 事 実 又 は 生 じた 事 情 に 基 づき 期 末 手 当 の 支 給 を 差 し 止 める 必 要 がなくなったとき 6 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは 当 該 各 号 の 基 準 日 に 係 る 期 末 手 当 は 支 給 しない (1) 月 給 制 職 員 が 基 準 日 から 当 該 基 準 日 に 対 応 する 支 給 日 の 前 日 までの 間 に 任 期 制 職 員 就 業 規 程 第 36 条 第 2 項 の 規 定 により 免 職 となったとき (2) 基 準 日 前 1 月 以 内 から 当 該 基 準 日 に 対 応 する 支 給 日 の 前 日 までの 間 に 離 職 した 月 給 制 職 員 で その 離 職 した 日 から 当 該 支 給 日 の 前 日 までの 間 に 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せ られたとき (3) 前 項 の 規 定 により 期 末 手 当 の 支 給 を 一 時 差 し 止 める 処 分 を 受 けた 者 ( 当 該 処 分 を 取 り 消 された 者 を 除 く )で その 者 の 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられたとき ( 通 勤 手 当 ) 第 20 条 通 勤 手 当 は 次 に 掲 げる 任 期 制 職 員 に 対 して 時 間 距 離 及 び 運 賃 等 の 実 情 に 照 らし 最 も 経 済 的 かつ 合 理 的 と 認 められる 通 勤 経 路 により 算 出 される 次 項 に 定 める 金 額 を 支 給 する (1) 通 勤 のため 交 通 機 関 又 は 有 料 の 道 路 ( 以 下 交 通 機 関 等 という )を 利 用 してそ の 運 賃 又 は 料 金 ( 以 下 運 賃 等 という )を 負 担 することを 常 例 とする 任 期 制 職 員 ( 交 通 機 関 等 を 利 用 しなければ 通 勤 することが 著 しく 困 難 である 任 期 制 職 員 以 外 の 任 期 制 職 員 であって 交 通 機 関 等 を 利 用 しないで 徒 歩 により 通 勤 するものとしたとき の 通 勤 距 離 が 片 道 2キロメートル 未 満 であるもの 及 び 第 3 号 に 掲 げる 任 期 制 職 員 を 除 く ) (2) 通 勤 のため 自 動 車 その 他 の 交 通 の 用 具 で 別 に 定 めるもの( 以 下 自 動 車 等 という ) を 使 用 することを 常 例 とする 任 期 制 職 員 ( 自 動 車 等 を 使 用 しなければ 通 勤 すること が 著 しく 困 難 である 任 期 制 職 員 以 外 の 任 期 制 職 員 であって 自 動 車 等 を 使 用 しないで 徒 歩 により 通 勤 するものとしたときの 通 勤 距 離 が 片 道 2キロメートル 未 満 であるも の 及 び 次 号 に 掲 げる 任 期 制 職 員 を 除 く ) (3) 通 勤 のため 交 通 機 関 等 を 利 用 してその 運 賃 等 を 負 担 し かつ 自 動 車 等 を 使 用 する ことを 常 例 とする 任 期 制 職 員 ( 交 通 機 関 等 を 利 用 し 又 は 自 動 車 等 を 使 用 しなければ 通 勤 することが 著 しく 困 難 である 任 期 制 職 員 以 外 の 職 員 であって 交 通 機 関 等 を 利 用 せず かつ 自 動 車 等 を 使 用 しないで 徒 歩 により 通 勤 するものとしたときの 通 勤 距 離 が 片 道 2キロメートル 未 満 であるものを 除 く ) 2 通 勤 手 当 の 額 は 次 の 各 号 に 掲 げる 任 期 制 職 員 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 額 とす る

8 (1) 前 項 第 1 号 に 掲 げる 任 期 制 職 員 支 給 単 位 期 間 につき 次 のア 及 びイの 区 分 に 応 じて 定 めるところにより 算 出 した その 者 の 支 給 単 位 期 間 の 通 勤 に 要 する 運 賃 等 の 額 に 相 当 する 額 (その 額 に1 未 満 の 端 数 があるときは その 端 数 を 切 り 捨 てた 額 )( 以 下 運 賃 等 相 当 額 という ) ただし 運 賃 等 相 当 額 を 支 給 単 位 期 間 の 月 数 で 除 して 得 た 額 ( 以 下 1か 月 当 たり の 運 賃 等 相 当 額 という )が 55,000 円 を 超 えるときは 支 給 単 位 期 間 につき 55,000 円 に 支 給 単 位 期 間 の 月 数 を 乗 じて 得 た 額 (その 者 が2 以 上 の 交 通 機 関 等 を 利 用 する ものとして 当 該 運 賃 等 の 額 を 算 出 するときにおいて 1か 月 当 たりの 運 賃 等 相 当 額 の 合 計 額 が 55,000 円 を 超 えるときは その 者 の 通 勤 手 当 に 係 る 支 給 単 位 期 間 のうち 最 も 長 い 支 給 単 位 期 間 につき 55,000 円 に 当 該 支 給 単 位 期 間 の 月 数 を 乗 じて 得 た 額 ) ア 定 期 券 を 使 用 することが 最 も 経 済 的 かつ 合 理 的 であると 認 められる 普 通 交 通 機 関 等 通 用 期 間 が 支 給 単 位 期 間 である 定 期 券 の 価 額 イ 回 数 乗 車 券 等 を 使 用 することが 最 も 経 済 的 かつ 合 理 的 であると 認 められる 普 通 交 通 機 関 等 当 該 回 数 乗 車 券 等 の 通 勤 21 回 分 の 運 賃 等 の 額 (2) 前 項 第 2 号 に 掲 げる 任 期 制 職 員 次 に 掲 げる 任 期 制 職 員 の 区 分 に 応 じ 支 給 単 位 期 間 につき それぞれ 次 に 定 める 額 ア 自 動 車 等 の 使 用 距 離 ( 以 下 この 号 において 使 用 距 離 という )が 片 道 5キロ メートル 未 満 である 職 員 2,100 円 イ 使 用 距 離 が 片 道 5キロメートル 以 上 10キロメートル 未 満 である 職 員 4,200 円 ウ 使 用 距 離 が 片 道 10キロメートル 以 上 15キロメートル 未 満 である 職 員 7,100 円 エ 使 用 距 離 が 片 道 15キロメートル 以 上 20キロメートル 未 満 である 職 員 10,000 円 オ 使 用 距 離 が 片 道 20キロメートル 以 上 25キロメートル 未 満 である 職 員 12,900 円 カ 使 用 距 離 が 片 道 25キロメートル 以 上 30キロメートル 未 満 である 職 員 15,800 円 キ 使 用 距 離 が 片 道 30キロメートル 以 上 35キロメートル 未 満 である 職 員 18,700 円 ク 使 用 距 離 が 片 道 35キロメートル 以 上 40キロメートル 未 満 である 職 員 21,600 円 ケ 使 用 距 離 が 片 道 40キロメートル 以 上 45キロメートル 未 満 である 職 員 24,400 円 コ 使 用 距 離 が 片 道 45キロメートル 以 上 50キロメートル 未 満 である 職 員 26,200 円 サ 使 用 距 離 が 片 道 50キロメートル 以 上 55キロメートル 未 満 である 職 員 28,000 円 シ 使 用 距 離 が 片 道 55キロメートル 以 上 60キロメートル 未 満 である 職 員 29,800 円 ス 使 用 距 離 が 片 道 60キロメートル 以 上 である 職 員 31,600 円 (3) 前 項 第 3 号 に 掲 げる 任 期 制 職 員 交 通 機 関 等 を 利 用 せず かつ 自 動 車 等 を 使 用 しないで 徒 歩 により 通 勤 するものと したときの 通 勤 距 離 交 通 機 関 等 の 利 用 距 離 自 動 車 等 の 使 用 距 離 等 の 事 情 を 考 慮 し て 別 に 定 める 区 分 に 応 じ 前 2 号 に 定 める 額 (1か 月 当 たりの 運 賃 等 相 当 額 及 び 前 号 に 定 める 額 の 合 計 額 が 55,000 円 を 超 えるときは その 者 の 通 勤 手 当 に 係 る 支 給 単 位 期 間 のうち 最 も 長 い 支 給 単 位 期 間 につき 55,000 円 に 当 該 支 給 単 位 期 間 の 月 数 を 乗

9 じて 得 た 額 ) 第 1 号 に 定 める 額 又 は 前 号 に 定 める 額 3 在 勤 する 事 務 所 の 移 転 に 伴 い 所 在 する 地 域 を 異 にする 事 務 所 に 在 勤 することとなっ たことにより 通 勤 の 実 情 に 変 更 を 生 ずることとなった 任 期 制 職 員 のうち 当 該 異 動 又 は 事 務 所 の 移 転 の 直 前 の 住 居 からの 通 勤 のため 新 幹 線 鉄 道 等 の 特 別 急 行 列 車 高 速 自 動 車 国 道 その 他 の 交 通 機 関 等 ( 以 下 新 幹 線 鉄 道 等 という )でその 利 用 が 通 勤 事 情 の 改 善 に 相 当 程 度 資 するものであると 認 められるものを 利 用 し その 利 用 に 係 る 特 別 料 金 等 (そ の 利 用 に 係 る 運 賃 等 の 額 から 運 賃 等 相 当 額 の 算 出 の 基 礎 となる 運 賃 等 に 相 当 する 額 を 減 じた 額 をいう 以 下 同 じ )を 負 担 することを 常 例 とする 職 員 の 通 勤 手 当 の 月 額 は 前 項 の 規 定 にかかわらず その 任 期 制 職 員 の1か 月 の 通 勤 に 要 する 特 別 料 金 等 の 額 の2 分 の 1に 相 当 する 額 (その 額 が 20,000 円 を 超 えるときは 20,000 円 ) 及 び 前 項 の 規 定 による 額 の 合 計 額 とする 4 前 項 の 規 定 は 同 項 の 規 定 による 通 勤 手 当 を 支 給 される 任 期 制 職 員 との 権 衡 上 必 要 が あると 認 められるものとして 手 当 支 給 に 関 する 細 則 ( 平 成 27 年 細 則 第 21 号 )に 定 める 任 期 制 職 員 の 通 勤 手 当 の 額 の 算 出 について 準 用 する 5 通 勤 手 当 は 支 給 単 位 期 間 に 係 る 最 初 の 月 の 支 給 定 日 に 支 給 する 6 通 勤 手 当 を 支 給 される 任 期 制 職 員 について 出 張 休 職 退 職 等 により 通 勤 しない 期 間 が 生 じたときは 支 給 単 位 期 間 のうちこれらの 事 由 が 生 じた 後 の 期 間 を 考 慮 して 当 該 任 期 制 職 員 に 使 用 されるべき 通 用 期 間 の 定 期 券 等 の 払 戻 し 相 当 額 を 返 納 させるものとす る 7 この 条 において 支 給 単 位 期 間 とは 通 勤 手 当 の 支 給 単 位 となる 期 間 として6か 月 を 超 えない 範 囲 内 で1か 月 を 単 位 として 手 当 支 給 に 関 する 細 則 に 定 める 期 間 ( 自 動 車 等 に 係 る 通 勤 手 当 にあっては 1か 月 )をいう 8 前 各 項 に 規 定 するもののほか 通 勤 手 当 の 額 の 算 定 方 法 及 び 通 勤 の 実 情 の 変 更 に 伴 う 支 給 額 の 改 定 歩 行 することが 著 しく 困 難 な 任 期 制 職 員 等 に 係 る 特 例 その 他 通 勤 手 当 の 支 給 及 び 返 納 に 関 し 必 要 な 事 項 は 手 当 支 給 に 関 する 細 則 に 定 める ( 地 域 手 当 ) 第 21 条 地 域 手 当 は 次 の 各 号 に 定 める 地 域 に 在 勤 する 月 給 制 職 員 に 対 して その 月 給 制 職 員 が 受 けるべき 本 給 及 び 本 給 の 特 別 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 以 下 この 条 において 算 定 基 礎 額 という )に 当 該 各 号 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 支 給 する (1) 東 京 都 特 別 区 100 分 の20 (2) 大 阪 府 大 阪 市 100 分 の16 2 前 項 に 該 当 する 月 給 制 職 員 が 在 勤 する 部 署 が 移 転 したとき(これらの 職 員 が 当 該 移 転 の 日 の 前 日 に 在 勤 していた 地 域 に 引 き 続 き6か 月 を 超 えて 在 勤 していたときに 限 る )に おいて 当 該 移 転 の 日 後 に 在 勤 する 地 域 に 係 る 地 域 手 当 の 支 給 割 合 が 当 該 移 転 の 日 の 前 日 に 在 勤 していた 地 域 に 係 る 地 域 手 当 の 支 給 割 合 ( 以 下 異 動 前 の 支 給 割 合 という ) に 達 しないこととなるときは 当 該 月 給 制 職 員 には 同 項 の 規 定 にかかわらず 当 該 異 動 等

10 の 日 から2 年 を 経 過 するまでの 間 ( 第 2 号 に 定 める 割 合 が 当 該 移 転 の 日 後 に 勤 務 する 地 域 に 係 る 地 域 手 当 の 支 給 割 合 以 下 となるときは 当 該 移 転 の 日 から1 年 を 経 過 するまで の 間 ) 算 定 基 礎 額 に 次 の 各 号 に 掲 げる 期 間 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 月 額 の 地 域 手 当 を 支 給 する (1) 当 該 異 動 の 日 から 同 日 以 後 1 年 を 経 過 する 日 までの 期 間 当 該 移 転 前 の 支 給 割 合 (2) 当 該 異 動 の 日 から 同 日 以 後 2 年 を 経 過 する 日 までの 期 間 ( 前 号 に 掲 げる 期 間 を 除 く ) 当 該 移 転 前 の 支 給 割 合 に 100 分 の 80を 乗 じて 得 た 割 合 ( 超 過 勤 務 手 当 ) 第 22 条 超 過 勤 務 手 当 は 任 期 制 職 員 就 業 規 程 第 6 条 に 規 定 する 所 定 勤 務 時 間 外 及 び 同 規 程 第 8 条 に 規 定 する 休 日 に 勤 務 を 命 ぜられた 任 期 制 職 員 に 対 し その 勤 務 時 間 1 時 間 に つき 第 10 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 に 次 の 各 号 に 掲 げる 勤 務 の 区 分 に 応 じて 当 該 各 号 に 定 める 割 合 (その 勤 務 が 午 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 までの 間 にある 場 合 は その 割 合 に 100 分 の 25 を 加 算 した 割 合 )を 乗 じて 得 た 額 を 支 給 する (1) 休 日 以 外 の 日 における 所 定 勤 務 時 間 を 超 える 勤 務 100 分 の125 (2) 休 日 における 勤 務 ( 休 日 において 勤 務 することを 命 ぜられた 任 期 制 職 員 が 休 日 の 振 替 を 行 ったときを 除 く ) 100 分 の135 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 1 日 当 たり8 時 間 ( 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 32 条 第 2 項 に 定 める 労 働 時 間 )を 超 える 勤 務 及 び 休 日 における 勤 務 ( 任 期 制 職 員 就 業 規 程 第 8 条 第 3 項 の 法 定 休 日 における 勤 務 を 除 く )の 時 間 が1か 月 について 60 時 間 を 超 えた 職 員 に 対 しては その 60 時 間 を 超 えて 勤 務 した 全 時 間 について 勤 務 1 時 間 につき 第 10 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 に100 分 の 150(その 勤 務 が 午 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 までの 間 にある 場 合 は 100 分 の175)を 乗 じて 得 た 額 を 支 給 する 3 前 2 項 の 規 定 は 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 には 適 用 しない ただし 午 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 までの 間 に 勤 務 したときは 第 10 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 に 100 分 の 25 を 乗 じて 得 た 額 を 支 給 する (1) 執 行 役 部 長 監 査 室 長 参 事 役 及 び 研 究 総 括 役 (2) 次 長 監 査 室 長 代 理 上 席 調 査 役 及 びシニア 知 的 財 産 コンサルタント (3) 課 長 室 長 グループ 長 調 査 役 東 日 本 統 括 部 長 西 日 本 統 括 部 長 知 的 財 産 コ ンサルタント 及 び 主 幹 創 薬 コーディネーター 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 欠 勤 者 の 給 与 ) 第 23 条 業 務 上 負 傷 し 若 しくは 疾 病 にかかり 又 は 通 勤 により 負 傷 し 若 しくは 疾 病 に かかり 欠 勤 した 任 期 制 職 員 に 対 しては 最 初 の3 日 間 は 有 給 とする また その 後 の 欠 勤 期 間 は 給 与 の 額 から 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 50 号 以 下 労 災 保 険 法 という ) により 支 給 された 休 業 補 償 の 額 を 控 除 した 額 を 休 業 補 償 給 付 の 支 払 が 確

11 認 された 後 支 給 する この 場 合 において 期 末 手 当 を 算 定 するときは 当 該 欠 勤 期 間 を 出 勤 したものとみなす 2 前 項 に 該 当 しない 場 合 において 任 期 制 職 員 が 負 傷 又 は 疾 病 により 欠 勤 した 期 間 の 給 与 は 欠 勤 を 始 めた 日 から 90 日 間 本 給 及 び 地 域 手 当 の 全 額 を 支 給 する 3 前 項 に 規 定 する 90 日 の 有 給 期 間 を 超 えて 欠 勤 するとき 任 期 制 職 員 就 業 規 程 第 13 条 第 3 項 に 規 定 する 無 断 欠 勤 とするとき 並 びに 前 2 項 に 該 当 しない 負 傷 又 は 疾 病 による 欠 勤 及 び 私 事 等 による 欠 勤 をするときは 第 12 条 各 項 の 規 定 により 給 与 額 を 減 額 して 支 給 する 4 第 19 条 第 1 項 に 規 定 するそれぞれの 基 準 日 に 欠 勤 をしている 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6か 月 以 内 の 期 間 において 勤 務 した 期 間 がある 職 員 には 前 2 項 の 規 定 にかかわらず 当 該 基 準 日 に 係 る 期 末 手 当 を 支 給 する ( 介 護 休 業 者 及 び 部 分 休 業 者 の 給 与 ) 第 24 条 任 期 制 職 員 就 業 規 程 第 19 条 の 規 定 による 介 護 休 業 又 は 部 分 休 業 期 間 中 の 任 期 制 職 員 の 給 与 は 第 12 条 各 項 の 規 定 により 給 与 額 を 減 額 して 支 給 する 2 第 19 条 第 1 項 に 規 定 するそれぞれの 基 準 日 に 介 護 休 業 をしている 月 給 制 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6か 月 以 内 の 期 間 において 勤 務 した 期 間 がある 月 給 制 職 員 には 前 項 の 規 定 にかかわらず 当 該 基 準 日 に 係 る 期 末 手 当 を 支 給 する ( 育 児 休 業 者 及 び 部 分 休 業 者 の 給 与 ) 第 25 条 任 期 制 職 員 就 業 規 程 第 18 条 の 規 定 による 育 児 休 業 期 間 中 の 任 期 制 職 員 の 給 与 は 支 給 しない また 部 分 休 業 期 間 中 の 任 期 制 職 員 の 給 与 については 第 12 条 各 項 の 規 定 により 給 与 額 を 減 額 して 支 給 する 2 第 19 条 第 1 項 に 規 定 するそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 をしている 月 給 制 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6か 月 以 内 の 期 間 において 勤 務 した 期 間 がある 月 給 制 職 員 には 前 項 の 規 定 にかかわらず 当 該 基 準 日 に 係 る 期 末 手 当 を 支 給 する 3 給 与 が 支 給 されない 期 間 の 諸 控 除 については 機 構 が 指 定 する 方 法 で 行 うものとする この 場 合 において 育 児 休 業 期 間 中 の 社 会 保 険 料 の 個 人 負 担 分 の 免 除 を 受 けようとする ときは 機 構 に 申 し 出 ることとする (この 規 則 により 難 いときの 措 置 ) 第 26 条 特 別 の 事 情 により この 規 程 によることが 適 当 でないと 認 められるときの 任 期 制 職 員 の 給 与 の 取 扱 いについては 雇 用 契 約 書 において 別 段 の 取 扱 いをすることができる 附 則 ( 施 行 期 日 ) 1 この 規 程 は 平 成 27 年 4 月 1 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 )

12 2 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 法 ( 平 成 26 年 法 律 第 49 号 以 下 機 構 法 と いう ) 附 則 第 3 条 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 医 薬 基 盤 健 康 栄 養 研 究 所 の 権 利 義 務 の 承 継 に 伴 い 施 行 日 の 前 日 に 独 立 行 政 法 人 医 薬 基 盤 研 究 所 の 任 期 付 職 員 又 は 非 常 勤 職 員 であった 者 のうち 施 行 日 付 で 引 き 続 き 機 構 の 任 期 制 職 員 となった 者 で 施 行 日 現 在 満 60 歳 に 達 していない 者 の 給 与 は 月 給 制 とし この 規 程 第 14 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 格 付 けを 行 うが 当 該 格 付 けにより 計 算 された 本 給 月 額 が 前 年 度 に 受 けていた 本 給 月 額 に 達 しないこととなるときは 平 成 31 年 度 までの 間 本 給 月 額 のほかその 差 額 に 相 当 する 額 を 本 給 として 支 給 する ただし 当 該 任 期 制 職 員 の 契 約 を 更 新 する 際 に 当 該 任 期 制 職 員 が 満 60 歳 に 達 する 日 を 超 えているときは その 最 初 の 年 度 の 給 与 は 年 俸 制 とし7,728,000 円 / 年 とし 平 成 31 年 度 までの 間 毎 年 度 前 年 度 の 額 から2.2パーセント 減 じた 額 を 支 給 する 3 機 構 法 附 則 第 3 条 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 医 薬 基 盤 健 康 栄 養 研 究 所 の 権 利 義 務 の 承 継 に 伴 い 施 行 日 の 前 日 に 独 立 行 政 法 人 医 薬 基 盤 研 究 所 の 任 期 付 職 員 であった 者 のう ち 施 行 日 付 で 引 き 続 き 機 構 の 任 期 制 職 員 となった 者 で 施 行 日 現 在 満 60 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 される 者 の 給 与 は 年 俸 制 とし 平 成 27 年 度 は7,728,000 円 / 年 平 成 28 年 度 から 平 成 31 年 度 は 毎 年 度 前 年 度 の 額 から2.2パーセント 減 じた 額 を 支 給 する 4 機 構 法 附 則 第 3 条 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 医 薬 基 盤 健 康 栄 養 研 究 所 の 権 利 義 務 の 承 継 に 伴 い 施 行 日 の 前 日 に 独 立 行 政 法 人 医 薬 基 盤 研 究 所 の 非 常 勤 職 員 であった 者 で 施 行 日 付 で 引 き 続 き 機 構 の 任 期 制 職 員 となった 者 のうち 施 行 日 現 在 満 60 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 される 者 の 給 与 は 年 俸 制 とし 平 成 27 年 度 は 当 該 任 期 制 職 員 が 平 成 26 年 度 に 受 けていた 年 俸 と 同 額 を また 平 成 28 年 度 から 平 成 31 年 度 までは 毎 年 度 前 年 度 の 額 から 2.2パーセント 減 じた 額 を 支 給 する ただし 満 65 歳 に 達 する 日 を 超 えた 年 度 の 契 約 更 新 は 行 わない 5 前 項 の 規 定 にかかわらず 機 構 法 附 則 第 3 条 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 医 薬 基 盤 健 康 栄 養 研 究 所 の 権 利 義 務 の 承 継 に 伴 い 施 行 日 の 前 日 に 独 立 行 政 法 人 医 薬 基 盤 研 究 所 の 非 常 勤 職 員 であった 者 で 施 行 日 付 で 引 き 続 き 機 構 の 任 期 制 職 員 となった 者 のうち 東 日 本 統 括 部 長 の 職 に 就 いた 者 の 給 与 は 月 給 制 とし この 規 程 第 14 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 格 付 けを 行 うが 当 該 格 付 けにより 計 算 された 本 給 月 額 が 前 年 度 に 受 けていた 本 給 月 額 に 達 しないこととなるときは 平 成 31 年 度 までの 間 本 給 月 額 のほかその 差 額 に 相 当 す る 額 を 本 給 として 支 給 する ただし 満 65 歳 に 達 する 日 を 超 えた 年 度 の 契 約 更 新 は 行 わ ない 6 第 2 項 から 前 項 までに 規 定 する 額 については 人 事 院 勧 告 により 変 更 することがある 附 則 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 31 号 ) この 規 程 は 平 成 27 年 10 月 1 日 から 施 行 する

13 附 則 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 平 成 28 年 規 程 第 43 号 ) この 規 程 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 施 行 する

14 別 表 第 1( 第 14 条 関 係 ) Ⅰ 級 年 俸 等 区 分 表 標 準 的 な 業 務 年 俸 ( 円 ) 特 に 高 度 の 知 識 経 験 を 有 し 職 責 及 び 職 務 内 容 が 極 めて 重 要 な 業 務 を 所 掌 する 職 務 6,189,600 Ⅱ 級 Ⅲ 級 高 度 の 知 識 経 験 を 有 し 職 責 及 び 職 務 内 容 が 重 要 な 業 務 を 所 掌 する 職 務 職 務 内 容 が 知 識 経 験 を 必 要 とする 一 般 的 な 業 務 に 従 事 する 職 務 5,428,800 4,468,800 Ⅳ 級 職 務 内 容 が 一 般 的 な 業 務 に 従 事 する 職 務 3,712,800 備 考 特 別 な 能 力 又 は 実 績 を 有 すると 認 められる 者 は この 表 の 年 俸 額 に100 分 の10の 範 囲 内 の 額 を 加 算 した 額 を 年 俸 として 設 定 することがで きる

15 別 表 第 2( 第 14 条 関 係 ) 級 別 本 給 表 1 等 級 2 等 級 3 等 級 4 等 級 5 等 級 6 等 級 7 等 級 等 級 号 給 月 額 / 円 等 級 号 給 月 額 / 円 等 級 号 給 月 額 / 円 等 級 号 給 月 額 / 円 等 級 号 給 月 額 / 円 等 級 号 給 月 額 / 円 等 級 号 給 月 額 / 円 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,300

16 1 等 級 2 等 級 3 等 級 4 等 級 5 等 級 6 等 級 7 等 級 等 級 号 給 月 額 / 円 等 級 号 給 月 額 / 円 等 級 号 給 月 額 / 円 等 級 号 給 月 額 / 円 等 級 号 給 月 額 / 円 等 級 号 給 月 額 / 円 等 級 号 給 月 額 / 円 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,800

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129>

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129> 国 立 大 学 法 人 室 蘭 工 業 大 学 役 員 の 給 与, 退 職 手 当, 紀 律, 旅 費 に 関 する 規 則 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 9 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 125 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 164 号 改 正 平 成 17 年 度 室 工 大 規 則 第 25 号 改 正 平 成 17 年

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

独立行政法人物質・材料研究機構任期制職員給与規程

独立行政法人物質・材料研究機構任期制職員給与規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 任 期 制 職 給 与 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 3 号 改 正 : 平 成 18 年 7 月 18 日 18 規 程 第 79 号 改 正 : 平 成 18 年 10 月 2 日 18 規 程 第 96 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 29 号 改 正 : 平 成 19

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職 国 立 印 刷 局 規 則 第 10 号 改 訂 平 15 規 則 第 69 号 改 訂 平 16 規 則 第 4 号 改 訂 平 21 規 則 第 11 号 改 訂 平 24 規 則 第 22 号 改 訂 平 27 規 則 第 11 号 独 立 行 政 法 人 国 立 印 刷 局 役 員 退 職 手 当 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 (

More information

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 規 程 第 5 号 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 の 退 職 手 当 について は この 規 程 の 定 めるところによる 2 この

More information

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 12 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 という )

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx 退 職 手 当 制 度 について 制 度 の 概 要 1 退 職 手 当 の 支 給 根 拠 退 職 手 当 は 地 方 自 治 法 第 204 条 第 2 項 ( 諸 手 当 )の 規 定 に 基 づき 地 方 公 共 団 体 が 職 員 に 支 給 する 手 当 の 一 つです 同 条 第 3 項 において その 額 及 びその 支 給 方 法 は 条 例 で 定 めなければならな いとしており

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 職 員 給 与 規 程 最 終 改 正 平 成 15 年 10 月 1 日 独 信 基 (101) 平 成 15 年 第 35 号 平 成 28 年 4 月 20 日 独 信 基 602 平 成 28 年 度 第 5 号 制 定 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 の 業 務 に 常 時 従 事

More information

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版 役 員 退 職 手 当 規 程 目 次 第 1 条 総 則 第 2 条 退 職 手 当 の 受 給 者 第 2 条 の2 遺 族 の 範 囲 及 び 順 位 第 3 条 退 職 手 当 の 額 第 4 条 在 職 期 間 の 計 算 第 5 条 再 任 等 の 場 合 の 取 り 扱 い 第 6 条 解 任 された 場 合 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 第 7 条 退 職 手 当 の 支

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD 国 立 大 学 法 人 山 口 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 66 号 改 正 平 成 17 年 1 月 11 日 規 則 第 1 号 平 成 17 年 3 月 24 日 規 則 第 48 号 平 成 18 年 3 月 23 日 規 則 第 38 号 平 成 19 年 3 月 22 日 規 則 第 44 号 平 成 23 年 3 月 31 日

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 9 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 職

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73>

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 23 年 4 月 1 日 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (21 年 度 末 ) A 21 年 度 3,455 19,33,478 実 質 収 支 472,685 件 費 B 3,364,471 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 2 年 度 の 件 費 率 17.7

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

役員退職金支給規程

役員退職金支給規程 平 成 17 年 10 月 1 日 17( 規 程 ) 第 62 号 ( 改 正 ) 平 成 21 年 12 月 1 日 21( 規 程 ) 第 42 号 ( 改 正 ) 平 成 25 年 3 月 26 日 24( 規 程 ) 第 56 号 ( 改 正 ) 平 成 26 年 6 月 30 日 26( 規 程 ) 第 32 号 ( 改 正 ) 平 成 27 年 4 月 14 日 27( 規 程 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378> 規 程 第 16 号 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 4 月 1 日 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 理 事 長 坂 本 雄 三 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 第 1 章 総 則 ( 総 則 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 建

More information

Microsoft Word - ac16-8.doc

Microsoft Word - ac16-8.doc 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 6 年 4 月 日 制 定 平 成 6 年 規 程 第 29 号 ( 趣 旨 ) 第 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 6 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 8 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職 第 2 章 職 員 の 給 与 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の 状 況 地 方 公 務 員 の 給 与 は 国 や 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 民 間 企 業 の 従 業 員 の 給 与 等 を 考 慮 して 定 めることになっています 市 には 公 平 中 立 な 機 関 である 事 委 員 会 が 設 置 されており 事 委 員 会 は 毎 年 市 内 民 間

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321 平 成 24 年 度 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 千 千 千 23 年 度 16,465 1,969,859 183,816 2,34,765 21.3

More information

事務連絡

事務連絡 Ⅰ 本 組 合 退 職 手 当 条 例 等 の 一 部 改 正 概 要 について 1 改 正 概 要 退 職 給 付 における 官 民 較 差 ( 平 均 402.6 万 円 )の 解 消 を 図 るための 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 の 支 給 水 準 引 下 げに 準 じ 本 組 合 退 職 手 当 条 例 本 則 の 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 基 本 額 に

More information

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E>

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 54 号 改 正 平 成 16 年 10 月 1 日 規 則 第 199 号 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 48 号 平 成 17 年 11 月 22 日 規 則 第 85 号 平 成 18 年 3 月 28 日 規 則 第 18 号 平 成 19 年 3 月 20

More information

3 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 則 第 2 条 第 5 号 及 び 第 6 号 に 規 定 する 有 期 雇 用 職 員 の 給 料 は 他 の 職 員 との 権 衡 を 考 慮 して 予 算 の 範 囲 内 において 決 定 するもの とする ( 職

3 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 則 第 2 条 第 5 号 及 び 第 6 号 に 規 定 する 有 期 雇 用 職 員 の 給 料 は 他 の 職 員 との 権 衡 を 考 慮 して 予 算 の 範 囲 内 において 決 定 するもの とする ( 職 地 方 独 立 行 政 法 人 長 野 県 立 病 院 機 構 有 期 雇 用 職 員 給 与 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 4-2 沿 革 平 成 22 年 11 月 30 日 規 程 4-1-2= 一 部 改 正 平 成 23 年 11 月 30 日 規 程 4-1-5= 一 部 改 正 平 成 26 年 12 月 25 日 規 程 4-2-1= 一 部 改 正 平 成 27

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

後 にまで 及 んでおり(このような 外 部 研 究 資 金 を 以 下 契 約 理 由 研 究 という ) かつ その 者 が 退 職 後 も 引 き 続 き 研 究 代 表 者 となることを 研 究 所 が 認 める 場 合 とし 理 事 室 の 命 を 受 けて 発 議 書 ( 別 に 定 め

後 にまで 及 んでおり(このような 外 部 研 究 資 金 を 以 下 契 約 理 由 研 究 という ) かつ その 者 が 退 職 後 も 引 き 続 き 研 究 代 表 者 となることを 研 究 所 が 認 める 場 合 とし 理 事 室 の 命 を 受 けて 発 議 書 ( 別 に 定 め 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 フェロー 採 用 等 規 程 平 成 23 年 3 月 31 日 平 22 規 程 第 3 号 平 成 25 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 26 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 平 成 28 年 3 月 31 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information