同 年 OECDは 非 居 住 者 に 係 る 金 融 口 座 情 報 を 各 国 税 務 当 局 間 で 自 動 的 に 交 換 するための 国 際 基 準 ( 共 通 報 告 基 準 )を 策 定 し 同 基 準 はG20 財 務 大 臣 会 合 及 びサミットにも 報 告 されました 平 成

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "同 年 OECDは 非 居 住 者 に 係 る 金 融 口 座 情 報 を 各 国 税 務 当 局 間 で 自 動 的 に 交 換 するための 国 際 基 準 ( 共 通 報 告 基 準 )を 策 定 し 同 基 準 はG20 財 務 大 臣 会 合 及 びサミットにも 報 告 されました 平 成"

Transcription

1 国 際 課 税 関 係 の 改 正 目 一 外 国 子 会 社 配 当 益 金 不 算 入 制 度 の 改 正 617 二 非 居 住 者 に 係 る 金 融 口 座 情 報 の 自 動 的 交 換 のための 報 告 制 度 の 整 備 624 三 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ( 二 重 課 税 調 整 関 係 )の 創 設 672 四 外 国 金 融 機 関 等 の 店 頭 デリバティブ 取 引 の 証 拠 金 に 係 る 利 子 の 課 税 の 特 例 の 創 設 679 五 特 定 外 国 子 会 社 等 に 係 る 所 得 の 課 税 の 特 例 等 の 改 正 689 ㈠ 特 定 外 国 子 会 社 等 に 係 る 所 得 の 課 税 の 特 例 ( 外 国 子 会 社 合 算 税 制 )の 改 正 689 ㈡ 特 殊 関 係 株 主 等 である 内 国 法 人 等 に 係 る 特 定 外 国 法 人 の 課 税 の 特 例 (コー ポレート インバージョン 対 策 合 算 税 制 )の 改 正 698 六 国 際 課 税 原 則 の 帰 属 主 義 への 変 更 の 円 滑 な 実 施 のための 改 正 701 Ⅰ 法 人 税 法 関 係 701 ㈠ 外 国 法 人 の 法 人 税 課 税 所 得 の 範 囲 の 変 更 等 国 内 源 泉 所 得 の 範 囲 恒 久 的 施 設 帰 属 所 得 に 係 る 所 得 の 金 額 の 計 算 外 国 法 人 の 中 間 申 告 705 次 5 外 国 普 通 法 人 となった 旨 の 届 出 等 706 ㈡ 内 国 法 人 の 外 国 税 額 控 除 国 外 所 得 金 額 国 外 事 業 所 等 帰 属 所 得 に 係 る 所 得 の 金 額 の 計 算 その 他 の 国 外 源 泉 所 得 に 係 る 所 得 の 金 額 の 計 算 控 除 限 度 額 の 計 算 連 結 国 外 所 得 金 額 715 Ⅱ 所 得 税 法 関 係 717 ㈠ 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 源 泉 徴 収 717 ㈡ 居 住 者 の 納 税 義 務 747 Ⅲ 租 税 特 別 措 置 法 関 係 772 Ⅳ 租 税 条 約 等 実 施 特 例 法 関 係 779 Ⅴ 地 方 法 人 税 法 関 係 780 Ⅵ 復 興 財 確 法 ( 復 興 特 別 所 得 税 関 係 ) 781 七 適 格 合 併 等 の 範 囲 等 に 関 する 特 例 (ク ロスボーダーの 組 織 再 編 成 に 係 る 適 格 性 判 定 の 特 例 )の 改 正 781 八 法 人 税 改 革 関 係 785 九 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 国 際 課 税 関 係 の 改 正 788 はじめに 近 年 多 国 籍 企 業 が 税 制 の 隙 間 を 利 用 した 節 税 対 策 により 税 負 担 を 軽 減 していることに 国 際 的 な 批 判 が 高 まっています この 問 題 に 各 国 で 協 調 し て 対 応 するため 経 済 協 力 開 発 機 構 (OECD)の 租 税 委 員 会 において G20メンバー 国 との 協 働 の 下 税 源 浸 食 と 利 益 移 転 (BEPS:Base Erosion and Profit Shifting)プロジェクト の 取 組 みが 進 められており 平 成 26 年 9 月 にその 第 一 弾 の 報 告 書 が 公 表 されました また 外 国 の 金 融 機 関 を 通 じた 国 際 的 な 脱 税 及 び 租 税 回 避 に 対 処 するため 615

2 同 年 OECDは 非 居 住 者 に 係 る 金 融 口 座 情 報 を 各 国 税 務 当 局 間 で 自 動 的 に 交 換 するための 国 際 基 準 ( 共 通 報 告 基 準 )を 策 定 し 同 基 準 はG20 財 務 大 臣 会 合 及 びサミットにも 報 告 されました 平 成 27 年 度 税 制 改 正 では こうしたG20/ OECDが 推 進 しているBEPSプロジェクトや 金 融 口 座 情 報 の 自 動 的 交 換 といった 国 際 的 取 組 みを 踏 まえ 主 として 以 下 のような 措 置 を 講 じています 第 一 に 外 国 子 会 社 配 当 益 金 不 算 入 制 度 の 見 直 しを 行 い 内 国 法 人 が 外 国 子 会 社 から 受 ける 配 当 等 が 当 該 外 国 子 会 社 の 本 店 所 在 地 国 の 法 令 上 課 税 所 得 の 損 金 の 額 に 算 入 することとされている 場 合 ( 損 金 算 入 配 当 の 場 合 )には 本 制 度 の 適 用 対 象 から 除 外 する 措 置 を 講 じました 通 常 配 当 は 課 税 所 得 の 損 金 の 額 に 算 入 されませんが 一 部 の 外 国 の 法 令 では 損 金 算 入 が 認 められる 一 方 わが 国 で 益 金 不 算 入 とされて 課 税 されない 場 合 いず れの 国 でも 課 税 されない いわゆる 国 際 的 二 重 非 課 税 が 生 ずることとなります BEPSプロジ ェクトの 報 告 書 ( 行 動 2 )では 国 際 的 な 二 重 非 課 税 を 防 止 する 観 点 から 配 当 益 金 不 算 入 制 度 の 採 用 国 は 損 金 算 入 配 当 を 適 用 対 象 外 とすべきであ ると 勧 告 されており 本 改 正 はこうした 勧 告 を 踏 まえて 行 ったものです 第 二 に 金 融 口 座 情 報 の 自 動 的 交 換 に 関 する G20/ OECDによる 国 際 的 取 組 みへのコミットメ ントを 受 けて 外 国 の 金 融 機 関 の 口 座 を 通 じた 国 際 的 な 脱 税 及 び 租 税 回 避 に 対 処 することを 目 的 と して OECDが 策 定 した 共 通 報 告 基 準 を 国 内 法 制 化 し 国 内 の 金 融 機 関 に 対 し 非 居 住 者 が 保 有 す る 口 座 の 情 報 について 国 税 庁 に 報 告 することを 義 務 付 けました わが 国 では 国 税 庁 に 国 内 の 金 融 機 関 から 提 出 された 非 居 住 者 の 口 座 情 報 (2017 年 報 告 分 から) は 租 税 条 約 等 に 基 づいて 外 国 の 税 務 当 局 に2018 年 から 提 供 されることが 予 定 されており 租 税 条 約 等 の 相 手 国 の 税 務 当 局 からわが 国 の 居 住 者 の 口 座 情 報 の 提 供 も 同 様 に 予 定 されています また 平 成 27 年 度 税 制 改 正 ではBEPS 関 連 以 外 についても 国 際 課 税 関 係 では 主 に 次 のような 改 正 を 行 っています 第 一 に 店 頭 デリバティブ 取 引 に 係 る 証 拠 金 利 子 の 非 課 税 制 度 の 創 設 を 行 い 外 国 金 融 機 関 等 が 国 内 金 融 機 関 等 との 間 で 平 成 30 年 3 月 31 日 までに 行 う 店 頭 デリバティブ 取 引 に 関 して 当 該 国 内 金 融 機 関 等 に 預 託 する 証 拠 金 で 一 定 のものにつき 支 払 を 受 ける 利 子 について 所 得 税 を 非 課 税 とする 措 置 が 講 じられました 第 二 に 特 定 外 国 子 会 社 等 に 係 る 所 得 の 課 税 の 特 例 (いわゆる 外 国 子 会 社 合 算 税 制 ) 等 について 1 特 定 外 国 子 会 社 等 に 該 当 することとされる 著 し く 低 い 租 税 負 担 割 合 の 基 準 (いわゆるトリガー 税 率 )の20% 未 満 ( 改 正 前 20% 以 下 )への 変 更 2 外 国 子 会 社 合 算 税 制 の 適 用 除 外 基 準 ( 事 業 基 準 に おける 被 統 括 会 社 の 範 囲 事 業 基 準 の 判 定 に おける 統 括 会 社 事 業 持 株 会 社 の 要 件 等 ) の 見 直 しを 行 いました 第 三 に 国 際 課 税 原 則 の 帰 属 主 義 への 変 更 の 円 滑 な 実 施 のための 改 正 を 行 いました 平 成 26 年 度 税 制 改 正 で OECDモデル 租 税 条 約 の 考 え 方 に 基 づいて 国 際 課 税 原 則 の 帰 属 主 義 への 変 更 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 施 行 )が 措 置 されましたが こうし た 変 更 が 円 滑 に 実 施 されるよう 各 種 の 措 置 が 講 じられました これら 国 際 課 税 の 改 正 は 次 の 法 令 により 行 わ れています ( 法 律 ) 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 法 律 第 9 号 ) ( 政 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 政 令 第 141 号 ) 法 人 税 法 施 行 令 等 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 政 令 第 142 号 ) 地 方 法 人 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 政 令 第 143 号 ) 租 税 条 約 等 の 実 施 に 伴 う 所 得 税 法 法 人 税 法 及 び 地 方 税 法 の 特 例 等 に 関 する 法 律 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 政 令 第 147 号 ) 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 等 の 一 部 を 改 正 する 政 616

3 令 ( 平 成 政 令 第 148 号 ) 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 す る 政 令 ( 平 成 政 令 第 152 号 ) 復 興 特 別 法 人 税 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 す る 政 令 ( 平 成 政 令 第 153 号 ) ( 省 令 ) 租 税 条 約 等 の 実 施 に 伴 う 所 得 税 法 法 人 税 法 及 び 地 方 税 法 の 特 例 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 関 する 省 令 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 総 務 省 財 務 省 令 第 3 号 ) 所 得 税 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 財 務 省 令 第 22 号 ) 法 人 税 法 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 財 務 省 令 第 23 号 ) 租 税 条 約 等 の 実 施 に 伴 う 所 得 税 法 法 人 税 法 及 び 地 方 税 法 の 特 例 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 租 税 条 約 に 基 づく 認 定 に 関 する 省 令 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 財 務 省 令 第 29 号 ) 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 財 務 省 令 第 30 号 ) 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 財 務 省 令 第 32 号 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 係 る 国 税 関 係 法 律 の 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 財 務 省 令 第 33 号 ) 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する 省 令 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 財 務 省 令 第 34 号 ) 国 税 質 問 検 査 章 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 財 務 省 令 第 39 号 ) 法 人 税 法 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 財 務 省 令 第 46 号 )( 申 告 書 別 表 関 係 ) ( 告 示 ) 法 人 税 法 施 行 規 則 ( 昭 和 40 年 大 蔵 省 令 第 12 号 ) 第 8 条 の 3 の10 第 3 項 ( 同 令 第 26 条 の 3 第 4 項 及 び 第 37 条 の 3 の 2 第 3 項 において 準 用 す る 場 合 を 含 む ) 及 び 第 59 条 第 3 項 ( 同 令 第 26 条 の 3 第 3 項 第 26 条 の 5 第 2 項 第 37 条 の 3 の 2 第 4 項 第 62 条 及 び 第 67 条 第 3 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 に 基 づき これ らの 規 定 に 規 定 する 保 存 の 方 法 を 定 める 件 の 一 部 を 改 正 する 件 ( 平 成 財 務 省 告 示 第 101 号 ) 所 得 税 法 施 行 規 則 第 56 条 第 1 項 ただし 書 第 58 条 第 1 項 及 び 第 61 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき これらの 規 定 に 規 定 する 記 録 の 方 法 及 び 記 載 事 項 取 引 に 関 する 事 項 並 びに 科 目 を 定 める 件 の 一 部 を 改 正 する 件 ( 平 成 財 務 省 告 示 第 146 号 ) 所 得 税 法 施 行 規 則 第 63 条 第 5 項 に 規 定 する 保 存 の 方 法 を 定 める 件 の 一 部 を 改 正 する 件 ( 平 成 財 務 省 告 示 第 147 号 ) 所 得 税 法 施 行 規 則 第 102 条 第 1 項 に 規 定 する 総 収 入 金 額 及 び 必 要 経 費 に 関 する 事 項 の 簡 易 な 記 録 の 方 法 を 定 める 件 の 一 部 を 改 正 する 件 ( 平 成 財 務 省 告 示 第 148 号 ) 一 外 国 子 会 社 配 当 益 金 不 算 入 制 度 の 改 正 1 改 正 前 の 制 度 の 概 要 外 国 子 会 社 配 当 益 金 不 算 入 制 度 は 外 国 子 会 社 から 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 に 係 る 国 際 的 な 二 重 課 税 を 排 除 するため 内 国 法 人 が 外 国 子 会 社 から 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 を 益 金 不 算 入 とする 制 度 です ⑴ 外 国 子 会 社 の 範 囲 外 国 子 会 社 配 当 益 金 不 算 入 制 度 の 適 用 を 受 け る 内 国 法 人 に 係 る 外 国 子 会 社 は 次 の 要 件 を 満 たす 外 国 法 人 とされています( 旧 法 法 23の 2 1 旧 法 令 22の 4 1) 1 次 のイ 又 はロの 割 合 のいずれかが25% 以 上 となっていること イ 外 国 子 会 社 の 判 定 の 対 象 となる 外 国 法 人 617

4 の 発 行 済 株 式 又 は 出 資 (その 外 国 法 人 の 保 有 する 自 己 の 株 式 又 は 出 資 を 除 きます ) の 総 数 又 は 総 額 ( 以 下 発 行 済 株 式 等 と いいます )のうち 内 国 法 人 が 保 有 してい る 株 式 又 は 出 資 の 数 又 は 金 額 の 占 める 割 合 ロ 外 国 子 会 社 の 判 定 の 対 象 となる 外 国 法 人 の 発 行 済 株 式 等 のうちの 議 決 権 のあるもの のうち 内 国 法 人 が 保 有 している 議 決 権 のあ る 株 式 又 は 出 資 の 数 又 は 金 額 の 占 める 割 合 2 上 記 1の 状 態 が 外 国 子 会 社 配 当 益 金 不 算 入 制 度 の 適 用 を 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 の 支 払 義 務 が 確 定 する 日 (その 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 が 法 人 税 法 第 24 条 第 1 項 ( 配 当 等 の 額 とみ なす 金 額 )の 規 定 によりみなされる 金 額 ( 資 本 の 払 戻 しに 係 る 部 分 を 除 きます )である 場 合 には 支 払 義 務 が 確 定 する 日 の 前 日 ) 以 前 6 月 以 上 継 続 していること ⑵ 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 外 国 子 会 社 配 当 益 金 不 算 入 制 度 の 対 象 となる 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 は 法 人 税 法 第 23 条 第 1 項 第 1 号 ( 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 )に 掲 げる 金 額 すなわち 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 又 は 剰 余 金 の 分 配 の 額 とされています( 旧 法 法 23の 2 1 ) ⑶ 益 金 不 算 入 額 の 計 算 外 国 子 会 社 配 当 益 金 不 算 入 制 度 により 益 金 不 算 入 とされる 額 は 外 国 子 会 社 から 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 からその 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に 係 る 費 用 の 額 に 相 当 するものとして 計 算 された 金 額 を 控 除 した 金 額 とされています( 旧 法 法 23 の21) 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に 係 る 費 用 の 額 に 相 当 す る 金 額 とは 具 体 的 にはその 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 の 5 % 相 当 額 とされ 結 果 的 には 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 の95% 相 当 額 が 益 金 不 算 入 となります ( 旧 法 令 22の 4 2) ⑷ 適 用 要 件 外 国 子 会 社 配 当 益 金 不 算 入 制 度 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 に 益 金 不 算 入 と される 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 及 びその 計 算 に 関 す る 明 細 を 記 載 した 書 類 の 添 付 があり かつ 次 の 書 類 を 保 存 している 場 合 に 限 り 適 用 するこ ととされています( 旧 法 法 23の 2 3 旧 法 規 8 の5) 1 外 国 法 人 が 外 国 子 会 社 に 該 当 することを 証 する 書 類 具 体 的 には 内 国 法 人 の 持 株 割 合 が25% 以 上 であること 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 の 支 払 義 務 が 確 定 する 日 及 び 保 有 期 間 が 6 月 以 上 であ ることを 証 する 書 類 として 配 当 通 知 書 や 資 本 金 の 払 い 込 みを 証 する 書 類 等 がこれに 当 たり ます 2 外 国 子 会 社 の 益 金 不 算 入 とされる 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に 係 る 事 業 年 度 の 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 及 び 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 損 益 金 の 処 分 に 関 する 計 算 書 その 他 これらに 類 する 書 類 3 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に 係 る 外 国 源 泉 税 等 の 額 がある 場 合 のその 外 国 源 泉 税 等 の 額 が 課 さ れた 申 告 書 の 写 し 等 又 は 納 付 がされている 場 合 の 納 付 書 等 のタックス レシート なお 益 金 不 算 入 とされる 金 額 は 確 定 申 告 書 等 に 添 付 した 書 類 に 記 載 された 金 額 を 限 度 とす ることとされています( 旧 法 法 23の 2 3) ま た その 書 類 の 保 存 がない 場 合 においても そ の 書 類 の 保 存 がなかったことについてやむを 得 ない 事 情 があると 税 務 署 長 が 認 めるときには その 書 類 の 保 存 がなかった 金 額 につき 制 度 の 適 用 をすることができるものとして 宥 恕 規 定 が 設 けられています( 旧 法 法 23の 2 4) ⑸ 外 国 子 会 社 から 受 ける 配 当 等 に 係 る 外 国 源 泉 税 等 の 損 金 不 算 入 等 1 外 国 子 会 社 配 当 益 金 不 算 入 制 度 の 適 用 を 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に 係 る 外 国 源 泉 税 等 の 額 の 損 金 不 算 入 618

5 外 国 子 会 社 から 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 につき 外 国 子 会 社 配 当 益 金 不 算 入 制 度 の 適 用 を 受 ける 場 合 には その 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に 係 る 外 国 源 泉 税 等 の 額 は 損 金 不 算 入 とさ れます( 旧 法 法 39の 2 ) 2 外 国 源 泉 税 等 の 額 の 外 国 税 額 控 除 制 度 の 不 適 用 外 国 子 会 社 から 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に 係 る 外 国 源 泉 税 等 の 額 については 外 国 税 額 控 除 制 度 の 対 象 となる 控 除 対 象 外 国 法 人 税 の 額 に 含 まれないこととされています( 旧 法 法 69 旧 法 令 142の 2 7 三 ) 2 改 正 の 内 容 通 常 配 当 は 支 払 法 人 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 損 金 の 額 として 認 識 されませんが 一 部 の 外 国 の 法 令 により 外 国 子 会 社 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 損 金 の 額 に 算 入 される 配 当 (いわゆる 損 金 算 入 配 当 )があります そのような 配 当 の 支 払 を 受 けた 内 国 法 人 においては 本 制 度 により 益 金 に 算 入 さ れず 課 税 されないこととなり 国 際 的 な 二 重 非 課 税 が 生 ずることとなります このような 国 際 的 な 二 重 非 課 税 への 対 応 として OECDの 税 源 浸 食 と 利 益 移 転 (BEPS)プロジ ェクト の 報 告 書 において 配 当 益 金 不 算 入 制 度 を 採 用 している 国 は 損 金 算 入 配 当 を 配 当 益 金 不 算 入 制 度 の 対 象 外 とするよう 勧 告 がなされました この 勧 告 を 踏 まえ 今 回 の 改 正 において 損 金 算 入 配 当 が 外 国 子 会 社 配 当 益 金 不 算 入 制 度 の 対 象 か ら 除 外 されました ( 注 ) 今 回 の 改 正 においては 外 国 子 会 社 から 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 が 損 金 算 入 配 当 に 該 当 し ないことを 明 らかにする 書 類 について 特 段 の 改 正 は 行 われていません 支 払 配 当 の 損 金 算 入 制 度 を 有 する 一 部 の 外 国 の 制 度 を 前 提 とす ると 損 金 算 入 配 当 に 該 当 しないことを 確 認 するために 最 低 限 必 要 な 書 類 としては 1 外 国 子 会 社 から 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 の 元 本 で ある 株 式 等 の 種 類 ( 普 通 株 式 か 優 先 株 式 か 等 ) を 確 認 できる 書 類 や 2 損 益 金 の 処 分 の 決 議 に 関 する 事 項 が 記 載 された 株 主 総 会 の 決 議 書 等 が 考 えられます これらの 書 類 については 外 国 子 会 社 配 当 益 金 不 算 入 制 度 を 適 用 する 場 合 に 保 存 しなければならないこととされる 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 を 支 払 う 外 国 法 人 が 外 国 子 会 社 に 該 当 することを 証 する 書 類 ( 法 規 8 の 5 1 一 )や 外 国 子 会 社 の 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に 係 る 事 業 年 度 の 損 益 金 の 処 分 に 関 する 計 算 書 その 他 これに 類 する 書 類 ( 法 規 8 の 5 1 二 )に 該 当 するものと 考 えられ 現 行 規 定 において 既 に 保 存 義 務 が 課 されていると 考 え られることから 新 たに 保 存 義 務 を 課 す 改 正 は 行 われていません ⑴ 益 金 不 算 入 の 対 象 から 除 外 される 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 1 原 則 法 内 国 法 人 が 外 国 子 会 社 から 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 で その 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 の 全 部 又 は 一 部 がその 外 国 子 会 社 の 本 店 所 在 地 国 の 法 令 においてその 外 国 子 会 社 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 損 金 の 額 に 算 入 することとされてい る 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に 該 当 する 場 合 におけ るその 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 は 益 金 不 算 入 の 対 象 外 とされました( 法 法 23の 2 2 一 ) こ れは 損 金 算 入 配 当 といった 性 質 を 備 えてい る 剰 余 金 の 配 当 等 である 場 合 には その 剰 余 金 の 配 当 等 を 受 ける 内 国 法 人 において その 受 けた 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 の 全 額 を 益 金 不 算 入 の 対 象 外 とするというものです ( 注 ) 純 資 産 残 高 に 一 定 の 利 子 率 を 乗 じた 金 額 について 実 際 の 支 払 の 有 無 にかかわらず 利 子 を 支 払 ったものとみなして 損 金 算 入 する 制 度 (いわゆる 資 本 利 子 控 除 制 度 )は 実 際 の 配 当 の 支 払 との 間 に 必 ずしも 対 応 関 係 があるものではないことから 資 本 利 子 控 除 制 度 の 適 用 を 受 けた 外 国 子 会 社 からの 剰 余 金 の 配 当 等 が 資 本 利 子 控 除 制 度 の 適 用 を 受 けたことのみをもって 損 金 算 入 配 当 に 該 当 するということはないものと 考 えられます 619

6 2 実 額 法 損 金 算 入 配 当 は 原 則 として 上 記 1の 原 則 法 により 益 金 不 算 入 の 対 象 外 とされますが 実 際 に 外 国 子 会 社 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 損 金 の 額 に 算 入 された 金 額 に 対 応 する 受 取 配 当 の 額 をもって 益 金 不 算 入 の 対 象 外 とされる 金 額 とする 実 額 法 を 選 択 することができます 具 体 的 には 内 国 法 人 が 外 国 子 会 社 から 受 け る 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 で その 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 の 一 部 がその 外 国 子 会 社 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 損 金 の 額 に 算 入 されたものである 場 合 には 上 記 1にかかわらず その 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 のうちその 損 金 の 額 に 算 入 された 部 分 の 金 額 ( 以 下 損 金 算 入 対 応 受 取 配 当 等 の 額 といいます )をもって 益 金 不 算 入 の 対 象 外 とされる 金 額 とすることがで きることとされています( 法 法 23の 2 3) イ 損 金 算 入 対 応 受 取 配 当 等 の 額 損 金 算 入 対 応 受 取 配 当 等 の 額 は 内 国 法 人 が 外 国 子 会 社 から 受 けた 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に イに 掲 げる 金 額 のロに 掲 げる 金 額 に 対 する 割 合 (イにおいて 損 金 算 入 配 当 割 合 といいます )を 乗 じて 計 算 した 金 額 その 他 合 理 的 な 方 法 により 計 算 した 金 額 設 例 とされています( 法 令 22の 4 4) イ ロに 掲 げる 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 のうち その 外 国 子 会 社 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 損 金 の 額 に 算 入 された 金 額 ロ その 内 国 法 人 がその 外 国 子 会 社 から 受 けた 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 の 元 本 である 株 式 又 は 出 資 の 総 数 又 は 総 額 につきその 外 国 子 会 社 により 支 払 われた 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 損 金 算 入 対 応 受 取 配 当 等 の 額 は 内 国 法 人 が 外 国 子 会 社 から 受 けた 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 のうち 実 際 にその 外 国 子 会 社 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 損 金 の 額 に 算 入 された 部 分 の 金 額 を 表 すものです 内 国 法 人 が 外 国 子 会 社 の 株 式 等 を100% 保 有 していない 場 合 には その 外 国 子 会 社 から 受 けた 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 のうち 外 国 子 会 社 における 損 金 算 入 配 当 の 総 額 に 対 応 した 金 額 を 算 定 す る 必 要 があります そこで 内 国 法 人 が 外 国 子 会 社 から 受 けた 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に その 外 国 子 会 社 における 損 金 算 入 配 当 割 合 を 乗 じて 計 算 した 金 額 を 損 金 算 入 対 応 受 取 配 当 等 の 額 としているものです 具 体 的 な 計 算 例 で 示 すと 以 下 のとおりです 計 算 の 前 提 1 内 国 法 人 による 外 国 子 会 社 の 発 行 済 株 式 の 保 有 割 合 :50% 2 内 国 法 人 が 外 国 子 会 社 から 受 けた 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 :50 3 内 国 法 人 の 当 期 利 益 :50 4 外 国 子 会 社 の 剰 余 金 の 配 当 等 の 支 払 総 額 : のうち 外 国 子 会 社 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 損 金 の 額 に 算 入 された 金 額 :80 原 則 法 の 適 用 ( 法 法 23の 2 2 一 ) 実 額 法 ( 法 法 23の 2 3) 益 金 不 算 入 の 対 象 外 とされる 金 額 50( 受 取 配 当 の 全 額 ) 40(50 80/100) 益 金 不 算 入 の 対 象 とされる 金 額 9.5((50-40) 95%) 所 得 の 金 額 (50-9.5) 原 則 法 の 適 用 原 則 法 においては その 受 けた 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 の 全 額 (50)が 益 金 不 算 入 の 対 象 外 とされます 実 額 法 の 適 用 原 則 法 に 代 えて 実 際 に 外 国 子 会 社 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 損 金 の 額 に 算 入 された 金 額 に 対 応 する 受 取 配 当 の 額 ( 損 金 算 入 対 応 受 取 配 当 等 の 額 :40)をもって 益 金 不 算 入 の 対 象 外 とされる 金 額 とする 実 額 法 を 選 択 することができます 益 金 不 算 入 の 対 象 とされる 金 額 は 内 国 法 人 が 受 けた 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 (50)から 損 金 算 入 対 応 受 取 配 当 等 の 額 (40)を 控 除 した 残 額 の95% 相 当 額 (9.5)となります 620

7 ロ 適 用 要 件 実 額 法 は 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 を 受 ける 日 の 属 する 事 業 年 度 に 係 る 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 に 実 額 法 の 適 用 を 受 けようとする 旨 並 びに 損 金 算 入 対 応 受 取 配 当 等 の 額 及 びその 計 算 に 関 する 明 細 を 記 載 した 書 類 の 添 付 があり かつ 次 の 書 類 を 保 存 している 場 合 に 限 り 適 用 すること とされています( 法 法 23の 2 7 法 規 8 の 5 2 ) イ 外 国 子 会 社 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 損 金 の 額 に 算 入 された 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 を 明 らかにする 書 類 ロ 外 国 子 会 社 の 本 店 所 在 地 国 の 法 令 によ り 課 される 法 人 税 に 相 当 する 税 に 関 する 申 告 書 でイの 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に 係 る 事 業 年 度 に 係 るものの 写 し ハ 損 金 算 入 対 応 受 取 配 当 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 を 記 載 した 書 類 ニ 外 国 子 会 社 の 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に 係 る 事 業 年 度 の 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 及 び 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 損 益 金 の 処 分 に 関 する 計 算 書 その 他 これらに 類 する 書 類 ホ その 他 参 考 となるべき 事 項 を 記 載 した 書 類 ⑵ 原 則 法 と 実 額 法 の 選 択 上 記 ⑴2ロのとおり 実 額 法 は 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 を 受 ける 日 の 属 する 事 業 年 度 に 係 る 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 に 一 定 の 書 類 の 添 付 があり かつ 一 定 の 書 類 を 保 存 し ている 場 合 に 限 り 適 用 することとされていま す また 内 国 法 人 の 確 定 申 告 の 時 点 では 上 記 ⑴1の 原 則 法 に 基 づく 金 額 を 益 金 の 額 に 算 入 し その 後 更 正 の 請 求 によって 配 当 受 領 事 業 年 度 の 益 金 算 入 額 について 実 額 法 による 計 算 を 行 うこともできます 具 体 的 な 例 を 示 すと 以 下 のとおりです 原 則 法 と 実 額 法 の 選 択 1 < 前 提 > 内 国 法 人 が 外 国 子 会 社 から 剰 余 金 の 配 当 等 100( 外 国 子 会 社 の 本 店 所 在 地 国 の 法 令 上 90が 損 金 算 入 とされる)の 支 払 を 受 けた 場 合 1 配 当 受 領 ( 支 払 ) 事 業 年 度 原 則 法 2 子 会 社 の 申 告 による 損 金 算 入 額 の 確 定 実 額 法 3 子 会 社 への 外 国 当 局 による 調 査 又 は 子 会 社 の 自 発 的 な 修 正 による 損 金 算 入 額 の 変 動 実 額 法 外 国 子 会 社 支 払 配 当 100 損 金 算 入 90 損 金 算 入 90 減 額 20 損 金 算 入 70 例 1 内 国 法 人 受 取 配 当 100 益 金 算 入 100 < 原 則 > 調 整 不 要 (これも 可 ) (これも 可 ) 益 金 不 算 入 10 益 金 不 算 入 10 < 原 則 > 益 金 不 算 入 20 益 金 算 入 90 調 整 不 要 益 金 算 入 70 法 法 23の 2 2 一 法 法 23の 2 3 法 法 23の 2 3 <1 配 当 受 領 事 業 年 度 における 内 国 法 人 の 処 理 > 原 則 法 を 適 用 すると その 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 の 一 部 (90)でも 外 国 子 会 社 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 損 金 の 額 に 算 入 される 場 合 には その 支 払 を 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 の 全 額 (100)が 内 国 法 人 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 益 金 の 額 に 算 入 されます <2 1の 配 当 受 領 事 業 年 度 後 に 外 国 子 会 社 の 申 告 により1の 配 当 支 払 事 業 年 度 の 損 金 算 入 額 が 確 定 した 場 合 の 内 国 法 人 の1の 配 当 受 領 事 業 年 度 に 係 る 益 金 算 入 額 の 処 理 > 原 則 法 を 適 用 すると 1の 配 当 受 領 事 業 年 度 の 益 金 算 入 額 を 調 整 する 必 要 はありません 実 額 法 を 適 用 すると 更 正 の 請 求 によって 1の 配 当 受 領 事 業 年 度 の 益 金 算 入 額 を 減 額 すること(100 90)が 可 能 です <3 2の 後 の 事 業 年 度 に 外 国 子 会 社 の1の 配 当 支 払 事 業 年 度 の 損 金 算 入 額 が 減 額 した 場 合 の 内 国 法 人 の1の 配 当 受 領 事 業 年 度 に 係 る 益 金 算 入 額 の 処 理 > 原 則 法 を 適 用 すると 1の 配 当 受 領 事 業 年 度 の 益 金 算 入 額 を 調 整 する 必 要 はありません 実 額 法 を 適 用 すると 更 正 の 請 求 によって 1の 配 当 受 領 事 業 年 度 の 益 金 算 入 額 を 減 額 すること(100 70)が 可 能 です ( 注 ) 益 金 不 算 入 とされる 金 額 の 計 算 上 控 除 される 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 の 5 % 相 当 額 は 考 慮 していません( 次 頁 の 例 においても 同 じです ) 621

8 ⑶ 実 額 法 の 適 用 を 受 けた 後 に 損 金 算 入 対 応 受 取 配 当 等 の 額 が 増 額 された 場 合 内 国 法 人 が 外 国 子 会 社 から 受 けた 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 につき 上 記 ⑴2の 実 額 法 の 適 用 を 受 け た 場 合 において その 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 を 受 けた 日 の 属 する 事 業 年 度 後 の 各 事 業 年 度 におい て 損 金 算 入 対 応 受 取 配 当 等 の 額 が 増 額 されたと きは 益 金 不 算 入 の 対 象 外 とされる 金 額 は そ の 増 額 された 後 の 損 金 算 入 対 応 受 取 配 当 等 の 額 とされます( 法 法 23の 2 4) したがって こ の 場 合 には その 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 を 受 けた 日 の 属 する 事 業 年 度 の 益 金 不 算 入 額 を 再 計 算 す る 必 要 があります 内 国 法 人 が 外 国 子 会 社 から 受 けた 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に 係 る 益 金 算 入 部 分 の 金 額 につき 修 正 を 行 うことから 損 金 算 入 対 応 受 取 配 当 等 の 額 の 増 額 のあった 当 期 において 修 正 処 理 を 行 うのでなく 内 国 法 人 のその 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 を 受 けた 日 の 属 する 事 業 年 度 に 遡 って 修 正 処 理 を 行 うこととなります 具 体 的 な 例 を 示 すと 以 下 のとおりです 原 則 法 と 実 額 法 の 選 択 2 < 前 提 > 内 国 法 人 が 外 国 子 会 社 から 剰 余 金 の 配 当 等 100( 外 国 子 会 社 の 本 店 所 在 地 国 の 法 令 上 50が 損 金 算 入 とされる)の 支 払 を 受 けた 場 合 1 配 当 受 領 ( 支 払 ) 事 業 年 度 原 則 法 2 子 会 社 の 申 告 による 損 金 算 入 額 の 確 定 実 額 法 3 子 会 社 への 外 国 当 局 による 調 査 又 は 子 会 社 の 自 発 的 な 修 正 による 損 金 算 入 額 の 変 動 実 額 法 外 国 子 会 社 支 払 配 当 100 損 金 算 入 50 損 金 算 入 50 増 額 20 損 金 算 入 50 例 2 内 国 法 人 受 取 配 当 100 益 金 算 入 100 < 原 則 > 調 整 不 要 (これも 可 ) 益 金 不 算 入 50 益 金 算 入 50 2で 事 後 調 整 をした 場 合 は 損 金 算 入 の 増 額 後 の 金 額 について 益 金 算 入 する 必 要 < 原 則 > 調 整 不 要 益 金 不 算 入 30 益 金 算 入 20 益 金 算 入 50 法 法 23の 2 2 一 法 法 23の 2 3 法 法 23の 2 4 <1 配 当 受 領 事 業 年 度 における 内 国 法 人 の 処 理 > 原 則 法 を 適 用 すると その 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 の 一 部 (50)でも 外 国 子 会 社 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 損 金 の 額 に 算 入 される 場 合 には その 支 払 を 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 の 全 額 (100)が 内 国 法 人 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 益 金 の 額 に 算 入 されます <2 1の 配 当 受 領 事 業 年 度 後 に 外 国 子 会 社 の 申 告 により1の 配 当 支 払 事 業 年 度 の 損 金 算 入 額 が 確 定 した 場 合 の 内 国 法 人 の1の 配 当 受 領 事 業 年 度 に 係 る 益 金 算 入 額 の 処 理 > 原 則 法 を 適 用 すると 1の 配 当 受 領 事 業 年 度 の 益 金 算 入 額 を 調 整 する 必 要 はありません 実 額 法 を 適 用 すると 更 正 の 請 求 によって 1の 配 当 受 領 事 業 年 度 の 益 金 算 入 額 を 減 額 すること(100 50)が 可 能 です <3 2の 後 の 事 業 年 度 に 外 国 子 会 社 の1の 配 当 支 払 事 業 年 度 の 損 金 算 入 額 が 増 額 した 場 合 の 内 国 法 人 の1の 配 当 受 領 事 業 年 度 に 係 る 益 金 算 入 額 の 処 理 > 原 則 法 を 適 用 すると 1の 配 当 受 領 事 業 年 度 の 益 金 算 入 額 を 調 整 する 必 要 はありません 既 に 実 額 法 を 適 用 していた 場 合 には 修 正 申 告 によって その 増 額 された 損 金 算 入 額 に 基 づいて 1の 配 当 受 領 事 業 年 度 の 益 金 算 入 額 を 調 整 (5 0 70)する 必 要 があります ⑷ 外 国 子 会 社 から 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 に 係 る 外 国 源 泉 税 等 の 損 金 不 算 入 等 今 回 の 改 正 において 損 金 算 入 配 当 が 益 金 不 算 入 の 対 象 から 除 外 されたことに 伴 い 外 国 子 会 社 から 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 に 係 る 外 国 源 泉 税 等 の 損 金 不 算 入 及 びその 外 国 源 泉 税 等 の 外 国 税 額 控 除 に 関 する 規 定 について 見 直 しが 行 われま した 1 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に 係 る 外 国 源 泉 税 等 の 額 の 損 金 不 算 入 今 回 の 改 正 において 外 国 子 会 社 から 受 ける 損 金 算 入 配 当 が 益 金 不 算 入 の 対 象 から 除 外 さ れたことに 伴 い 益 金 不 算 入 の 対 象 から 除 外 される 配 当 に 係 る 部 分 の 外 国 源 泉 税 等 が 損 金 不 算 入 の 対 象 外 とされました( 法 法 39の 2 ) これは 外 国 子 会 社 から 受 ける 損 金 算 入 配 当 は 益 金 不 算 入 の 対 象 外 とされることにより 内 国 法 人 の 課 税 所 得 に 算 入 されることから その 損 金 算 入 配 当 の 額 を 獲 得 するために 要 し た 費 用 についても 課 税 所 得 の 計 算 上 損 金 算 入 622

9 し 費 用 収 益 を 対 応 させるという 趣 旨 のもの です 2 外 国 源 泉 税 等 の 額 の 外 国 税 額 控 除 制 度 今 回 の 改 正 において 外 国 子 会 社 から 受 ける 損 金 算 入 配 当 が 益 金 不 算 入 の 対 象 から 除 外 さ れたことに 伴 い 適 切 な 二 重 課 税 排 除 の 観 点 から 益 金 不 算 入 の 対 象 から 除 外 される 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 に 係 る 部 分 の 外 国 源 泉 税 等 が 外 国 税 額 控 除 の 対 象 とされました( 法 法 69 法 令 142の 2 7 三 ) ( 注 ) 内 国 法 人 が 外 国 税 額 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 には その 外 国 源 泉 税 等 の 額 は 損 金 不 算 入 とされます( 法 法 41) ( 参 考 ) 外 国 源 泉 税 等 の 額 の 処 理 を 含 めた 課 税 関 係 を 示 すと 以 下 のとおりです 内 国 法 人 が 外 国 法 人 から 受 ける 配 当 に 係 る 課 税 関 係 1 課 税 外 国 法 人 から 受 ける 配 当 外 国 子 会 社 からの 配 当 ( 持 株 割 合 25% 以 上 ) 2 95% 免 除 損 金 算 入 配 当 ( 全 額 ) 3 課 税 4 一 部 課 税 損 金 算 入 配 当 ( 一 部 ) 外 国 法 人 から 受 ける 配 当 受 取 配 当 に 係 る 課 税 ( 法 法 23の 2 ) 受 取 配 当 に 係 る 外 国 源 泉 税 ( 法 法 39の 2 ) 費 用 収 益 対 応 受 取 配 当 に 係 る 外 国 源 泉 税 についての 外 税 控 除 ( 法 令 142の 2 7 三 ) 二 重 課 税 の 排 除 ベン 図 1の 配 当 課 税 ( 損 金 算 入 )* あり ベン 図 2の 配 当 95% 免 除 ( 法 法 23の 2 1) 損 金 不 算 入 なし ベン 図 3の 配 当 課 税 ( 法 法 23の 2 2) ( 損 金 算 入 )* あり ベン 図 4の 配 当 ( 注 ) 支 払 国 において 損 金 算 入 された 部 分 支 払 国 において 損 金 算 入 されなかった 部 分 課 税 ( 法 法 23の 2 23) 95% 免 除 ( 法 法 23の 2 1) ( 損 金 算 入 )* あり 損 金 不 算 入 (*) 外 国 税 額 控 除 を 行 う 場 合 には グロスアップのため 損 金 不 算 入 となります( 法 法 41) ( 注 ) 実 額 法 を 適 用 した 場 合 の 処 理 を 示 します なお 原 則 法 を 適 用 した 場 合 は ベン 図 3の 配 当 を 受 けた 場 合 の 課 税 関 係 と 同 様 です 3 適 用 関 係 上 記 2 の 改 正 は 現 在 計 画 中 の 投 資 案 件 の 見 直 しに 要 する 期 間 を 考 慮 して 内 国 法 人 が 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 において 外 国 子 会 社 から 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 について 適 用 し 内 国 法 人 が 同 日 前 に 開 始 した 事 業 年 度 におい て 外 国 子 会 社 から 受 けた 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 につ いては 従 前 どおりとされています( 改 正 法 附 則 241) なし また 既 に 行 った 投 資 に 係 る 課 税 関 係 の 激 変 緩 和 の 観 点 から 内 国 法 人 の 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 30 年 3 月 31 日 までの 間 に 開 始 する 各 事 業 年 度 において 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 において 保 有 する 外 国 子 会 社 に 該 当 する 外 国 法 人 の 株 式 等 に 係 るものに 限 ります )に 係 る 本 制 度 の 適 用 についても 従 前 どおりとされていま す( 改 正 法 附 則 242) 623

10 二 非 居 住 者 に 係 る 金 融 口 座 情 報 の 自 動 的 交 換 のための 報 告 制 度 の 整 備 1 制 度 整 備 の 背 景 趣 旨 等 ⑴ 租 税 条 約 等 に 基 づく 税 務 当 局 間 の 情 報 交 換 の 概 要 経 済 取 引 のグローバル 化 が 進 展 する 中 で 国 境 を 越 える 取 引 が 恒 常 的 に 行 われ 資 産 の 保 有 運 用 の 形 態 も 複 雑 化 多 様 化 していますが 租 税 の 賦 課 徴 収 を 確 実 に 行 うためには 国 内 で 入 手 できる 情 報 だけではなく 国 外 にある 情 報 を 適 切 に 入 手 することが 重 要 です しかしなが ら この 国 外 にある 情 報 を 入 手 するには 外 国 の 主 権 ( 執 行 管 轄 権 )により 制 約 を 受 けます こ のため わが 国 を 含 め 各 国 の 税 務 当 局 は 租 税 条 約 等 に 基 づき 租 税 に 関 する 情 報 を 互 いに 提 供 する 仕 組 み( 情 報 交 換 )を 設 け 国 際 的 な 脱 税 及 び 租 税 回 避 に 対 処 しています わが 国 は 平 成 27 年 6 月 1 日 現 在 64の 租 税 条 約 等 を 締 結 し 90か 国 地 域 に 適 用 されてい ますが 全 ての 租 税 条 約 等 に 情 報 交 換 に 関 する 規 定 が 定 められています この 租 税 条 約 等 に 基 づく 税 務 当 局 間 の 情 報 交 換 には 1 要 請 に 基 づく 情 報 交 換 2 自 発 的 情 報 交 換 及 び3 自 動 的 情 報 交 換 の 3 つの 形 態 が あり 近 年 わが 国 では 年 間 数 十 万 件 の 情 報 交 換 を 実 施 しています ( 注 ) 租 税 条 約 等 には 租 税 条 約 のほか わが 国 が 締 結 したその 他 の 国 際 約 束 ( 行 政 取 極 ) で 租 税 に 関 する 情 報 を 相 互 に 提 供 することを 定 める 規 定 を 有 するものが 含 まれます( 実 特 法 2 二 ) ( 参 考 1 ) 平 成 27 年 6 月 1 日 現 在 わが 国 が 締 結 している 条 約 数 及 び 適 用 されている 国 地 域 数 の 内 訳 は 以 下 のとおりです 1 二 重 課 税 の 回 避 脱 税 及 び 租 税 回 避 等 への 対 応 を 主 たる 内 容 とする 条 約 : 53 条 約 64か 国 地 域 2 租 税 に 関 する 情 報 交 換 を 主 たる 内 容 とする 条 約 :10 条 約 10か 国 地 域 (う ち 行 政 取 極 に 基 づく 情 報 交 換 協 定 を 締 結 している 国 地 域 は 5 条 約 5 か 国 地 域 ) なお わが 国 が 締 結 してい る 情 報 交 換 協 定 は 情 報 交 換 の 形 態 が 要 請 に 基 づく 情 報 交 換 に 限 定 されて います 3 税 務 行 政 執 行 共 助 条 約 ( 締 約 国 はわ が 国 を 除 いて 全 48か 国 うちわが 国 と 二 国 間 条 約 を 締 結 していない 国 は16か 国 ) ( 参 考 2 ) 平 成 25 年 7 月 から 平 成 26 年 6 月 までに おけるわが 国 の 税 務 当 局 間 の 情 報 交 換 の 実 績 は 以 下 のとおりです( 平 成 26 年 11 月 国 税 庁 平 成 25 事 務 年 度 における 租 税 条 約 等 に 基 づく 情 報 交 換 事 績 の 概 要 ) 1 要 請 に 基 づく 情 報 交 換 イ 国 税 庁 から 外 国 税 務 当 局 への 要 請 件 数 :720 件 ロ 外 国 税 務 当 局 から 国 税 庁 への 要 請 件 数 :106 件 2 自 発 的 情 報 交 換 イ 国 税 庁 から 外 国 税 務 当 局 への 提 供 件 数 :6,881 件 ロ 外 国 税 務 当 局 から 国 税 庁 への 提 供 件 数 :3,062 件 3 自 動 的 情 報 交 換 イ 国 税 庁 から 外 国 税 務 当 局 への 提 供 件 数 :126,000 件 ロ 外 国 税 務 当 局 から 国 税 庁 への 提 供 件 数 :133,000 件 624

11 税 務 当 局 間 の 情 報 交 換 の 形 態 (イメージ) 1. 要 請 に 基 づく 情 報 交 換 2 情 報 交 換 要 請 国 税 庁 4 関 連 情 報 の 提 供 1 調 査 ( 課 税 上 の 問 題 の 把 握 ) 3 調 査 ( 情 報 収 集 ) 外 国 税 務 当 局 2. 自 発 的 情 報 交 換 国 税 庁 2 一 方 的 に 情 報 提 供 1 調 査 ( 外 国 における 課 税 上 の 問 題 の 把 握 ) 外 国 税 務 当 局 3. 自 動 的 情 報 交 換 国 税 庁 1 法 定 調 書 から 情 報 収 集 2 大 量 一 括 の 情 報 提 供 外 国 税 務 当 局 ⑵ 自 動 的 情 報 交 換 を 巡 る 国 際 的 な 取 組 みの 経 緯 2008 年 のUBS 事 件 等 を 受 けて 米 国 内 で 批 判 が 高 まり 2010 年 3 月 米 国 市 民 による 外 国 の 金 融 機 関 の 口 座 を 利 用 した 脱 税 を 防 止 する 外 国 口 座 税 務 コンプライアンス 法 (FATCA: Foreign Account Tax Compliance Act) が 米 国 で 成 立 し 2012 年 に 欧 州 5 か 国 がFATCAへ の 対 応 について 米 国 と 合 意 したことを 契 機 とし て OECDは 税 務 当 局 間 で 非 居 住 者 の 口 座 情 報 を 提 供 し 合 う 自 動 的 情 報 交 換 に 関 する 国 際 基 準 の 策 定 に 着 手 しました 2013 年 9 月 にサンクトペテルブルグで 行 われ たG20 首 脳 会 議 においては OECDによる 国 際 基 準 の 策 定 を 支 持 するとともに 2014 年 央 まで に 自 動 的 情 報 交 換 の 技 術 的 様 式 を 完 成 させるこ とにコミットしました ( 参 考 ) G20サンクトペテルブルグ サミット 首 脳 宣 言 ( 仮 訳 抜 粋 ) 我 々は 税 の 透 明 性 の 分 野 で 達 成 された 最 近 の 進 展 を 称 賛 し 多 国 間 及 び 二 国 間 の 自 動 的 情 報 交 換 のための 真 にグローバルな モデルに 関 するOECDの 提 案 を 完 全 に 支 持 する その 他 のあらゆる 国 地 域 に 可 能 な 限 り 早 期 に 我 々に 加 わることを 求 めつつ 我 々は 新 しい 国 際 基 準 としての 自 動 的 情 報 交 換 にコミットしている なお 当 該 基 準 は 守 秘 義 務 と 交 換 された 情 報 の 適 切 な 使 用 を 確 保 しなければならない 我 々は 2014 年 2 月 までに 自 動 的 情 報 交 換 のため のそうした 新 しい 単 一 の 国 際 基 準 を 提 示 す ることを 目 的 とした G20 諸 国 とともに 行 う OECDの 作 業 を 完 全 に 支 持 し 2014 年 央 ま でに 効 果 的 な 自 動 的 交 換 の 技 術 的 様 式 を 完 成 させることにコミットする 並 行 して 我 々は 2015 年 末 までにG20 諸 国 間 で 税 に 関 する 自 動 的 情 報 交 換 が 開 始 されることを 期 待 する そ し て 2014 年 1 月 OECD 租 税 委 員 会 が 共 通 報 告 基 準 (CRS:Common Reporting Standard) を 承 認 し 同 年 2 月 にOECDがこ れを 公 表 し 同 月 にシドニーで 行 われたG20 財 務 大 臣 中 央 銀 行 総 裁 会 議 がこれを 支 持 するに 至 りました その 後 同 年 7 月 に 共 通 報 告 基 準 の 統 一 的 な 適 用 を 確 保 するための 実 施 細 目 を 定 625

12 めた 共 通 報 告 基 準 のコメンタリー 及 び 税 務 当 局 間 の 情 報 に 用 いるデータ 言 語 構 造 や 情 報 の 送 受 信 手 段 等 の 必 要 な 技 術 的 側 面 (CRSスキーマ) も 公 表 されています ( 参 考 ) G20 財 務 大 臣 中 央 銀 行 総 裁 会 議 声 明 ( 仮 訳 抜 粋 ) 我 々は 相 互 主 義 に 基 づく 税 に 関 する 情 報 の 自 動 的 な 交 換 のための 共 通 報 告 基 準 を 支 持 し 9 月 の 会 合 において 我 々の 実 施 計 画 を 詳 細 にするために 我 々の 金 融 機 関 を 含 む 全 ての 関 係 団 体 と 協 働 していく ⑶ 共 通 報 告 基 準 の 概 要 共 通 報 告 基 準 は 自 動 的 情 報 交 換 の 対 象 となる 非 居 住 者 の 口 座 の 特 定 方 法 や 情 報 の 範 囲 等 を 各 国 で 共 通 化 する 国 際 基 準 であり これを 通 用 することにより 金 融 機 関 の 事 務 負 担 を 軽 減 しつつ 金 融 資 産 の 情 報 を 各 国 税 務 当 局 間 で 効 率 的 に 交 換 し 外 国 の 金 融 機 関 の 口 座 を 通 じ た 国 際 的 な 脱 税 及 び 租 税 回 避 に 対 処 することを 目 的 としています 共 通 報 告 基 準 の 概 要 は 以 下 のとおりで す 1 各 国 の 税 務 当 局 は それぞれ 自 国 に 所 在 す る 金 融 機 関 から 非 居 住 者 ( 個 人 法 人 等 )に 係 る 金 融 口 座 情 報 を 報 告 させ 非 居 住 者 の 各 居 住 地 国 の 税 務 当 局 に 対 して 年 一 回 まとめて 互 いに 提 供 することとされています ( 注 ) 共 通 報 告 基 準 に 従 った 税 務 当 局 間 の 自 動 的 情 報 交 換 は 実 際 には 共 通 報 告 基 準 に 従 って 情 報 交 換 をすることについて 税 務 当 局 間 で 合 意 した 上 で 実 施 されることとな ります 非 居 住 者 に 係 る 金 融 口 座 情 報 を 報 告 する 義 務 を 負 う 金 融 機 関 は 銀 行 等 の 預 金 機 関 (Depository Institution) 生 命 保 険 会 社 等 の 特 定 保 険 会 社 (Specified Insurance Company) 証 券 会 社 等 の 保 管 機 関 (Custodial Institution) 及 び 信 託 等 の 投 資 事 業 体 (Investment Entity)とされています また 報 告 の 対 象 となる 口 座 は 普 通 預 金 口 座 等 の 預 金 口 座 (Depository Account) キャッシ ュバリュー 保 険 契 約 年 金 保 険 契 約 (Cash Value Insurance Contract, Annuity Contract) 証 券 口 座 等 の 保 管 口 座 (Custodial Account) 及 び 信 託 受 益 権 等 の 投 資 持 分 (Equity Interest)とされ 報 告 の 対 象 とな る 口 座 情 報 は 口 座 保 有 者 の 氏 名 住 所 納 税 者 番 号 口 座 残 高 利 子 配 当 等 の 年 間 受 取 総 額 等 とされています 2 金 融 機 関 は 共 通 報 告 基 準 に 定 められた 手 続 に 従 って 口 座 保 有 者 の 居 住 地 国 を 特 定 し 報 告 すべき 口 座 を 選 別 することとされていま す 具 体 的 には 新 規 開 設 口 座 については 金 融 機 関 が 口 座 開 設 者 から 居 住 地 国 を 聴 取 する 等 して 居 住 地 国 を 特 定 し 既 存 の 口 座 につい ては 金 融 機 関 が 口 座 保 有 者 の 住 所 等 の 記 録 か ら 居 住 地 国 を 特 定 することにより 報 告 すべ き 口 座 の 選 別 が 行 われます ⑷ 共 通 報 告 基 準 の 実 施 スケジュール 及 びわが 国 の 対 応 2014 年 9 月 のG20 財 務 大 臣 中 央 銀 行 総 裁 会 議 及 び 同 年 11 月 のG20 首 脳 会 議 は 最 終 決 定 さ れた 共 通 報 告 基 準 を 承 認 し 所 要 の 法 制 手 続 の 完 了 を 条 件 として 2017 年 又 は2018 年 末 までに 自 動 的 情 報 交 換 を 開 始 することにコミットしま した 平 成 27 年 6 月 1 日 現 在 わが 国 を 含 む90 を 超 える 国 地 域 が 2018 年 ( 平 成 30 年 )まで にこの 共 通 報 告 基 準 に 従 った 情 報 交 換 を 開 始 す ることを 表 明 しています ( 参 考 ) G20ブリスベン サミット 首 脳 宣 言 ( 仮 訳 抜 粋 ) 国 境 を 越 える 脱 税 を 予 防 するため 我 々は 相 互 主 義 に 基 づいた 税 に 関 する 情 報 の 自 動 的 な 交 換 (AEOI)のための 国 際 的 な 共 通 報 告 基 準 を 承 認 する 我 々は 所 要 の 法 制 手 続 の 完 了 を 条 件 として 2017 年 又 は2018 年 末 までに 相 互 に 及 びその 他 の 国 との 間 で 自 動 的 情 報 交 換 を 開 始 する 我 々は 同 626

13 共 通 報 告 基 準 における 報 告 金 融 機 関 報 告 対 象 口 座 のカテゴリー 1 報 告 義 務 を 負 う 金 融 機 関 ( 報 告 金 融 機 関 )のカテゴリー 預 金 機 関 (Depository Institution) 例 銀 行 信 用 金 庫 等 保 管 機 関 (Custodial Institution) 例 証 券 会 社 等 投 資 事 業 体 (Investment Entity) 例 投 資 信 託 組 合 等 特 定 保 険 会 社 (Specified Insurance Company) 例 生 保 会 社 損 保 会 社 等 ( 注 ) 一 定 の 金 融 機 関 は 報 告 対 象 から 除 外 ( 政 府 機 関 一 定 の 年 金 基 金 等 又 はそれらに 実 質 的 に 類 似 するものとして 国 内 法 で 定 めるもの) 2 報 告 の 対 象 になる 金 融 口 座 ( 報 告 対 象 口 座 )のカテゴリー 預 金 口 座 (Depository Account) 保 管 口 座 (Custodial Account) 投 資 持 分 (Equity Interest) 例 普 通 預 金 定 期 預 金 等 例 証 券 口 座 等 例 信 託 組 合 の 持 分 等 キャッシュバリュー 保 険 契 約 年 金 保 険 契 約 (Cash Value Insurance Contract Annuity Contract) ( 注 ) 一 定 の 金 融 口 座 は 報 告 対 象 から 除 外 ( 一 定 の 要 件 を 満 たす 預 金 口 座 等 又 はそれらに 実 質 的 に 類 似 するものとして 国 内 法 で 定 めるもの) 3 金 融 機 関 が 所 定 の 手 続 により 報 告 対 象 口 座 (Reportable Account)として 特 定 した 口 座 報 告 対 象 者 である 個 人 が 保 有 する 口 座 報 告 対 象 者 が 支 配 する 受 動 的 非 金 融 機 関 事 業 体 が 保 有 する 口 座 報 告 対 象 者 である 事 業 体 が 保 有 する 口 座 ( 注 ) 報 告 対 象 国 ( 自 動 的 情 報 交 換 の 相 手 国 )の 居 住 者 を 報 告 対 象 者 といい 以 下 の 事 業 体 を 除 く 公 開 法 人 及 びその 関 連 事 業 体 政 府 系 事 業 体 国 際 機 関 中 央 銀 行 金 融 機 関 ( 上 記 1) 金 融 口 座 保 有 受 動 的 非 金 融 機 関 事 業 体 支 配 金 融 口 座 保 有 報 告 対 象 者 ( 個 人 事 業 体 ) 報 告 対 象 者 ( 個 人 ) 共 通 報 告 基 準 における 口 座 特 定 手 続 の 概 要 個 人 口 座 事 業 体 口 座 新 規 既 存 口 座 開 設 者 からの 自 己 宣 誓 書 により 居 住 地 国 を 特 定 口 座 開 設 者 からの 自 己 宣 誓 書 等 により 法 人 等 ( 及 び その 支 配 者 )の 居 住 地 国 を 特 定 低 額 口 座 ( 残 高 100 万 ドル 以 下 ) 以 下 のいずれかの 方 法 を 実 施 して 居 住 地 国 を 特 定 公 的 証 明 書 等 により 確 認 された 現 住 所 の 記 録 による 特 定 金 融 機 関 が 管 理 する 顧 客 情 報 の 電 子 的 記 録 検 索 高 額 口 座 ( 残 高 100 万 ドル 超 ) 以 下 の 全 ての 方 法 を 実 施 して 居 住 地 国 を 特 定 金 融 機 関 が 管 理 する 顧 客 情 報 の 電 子 的 記 録 検 索 金 融 機 関 が 管 理 する 紙 媒 体 の 顧 客 情 報 の 検 索 リレーションシップマネージャーからの 聴 取 残 高 25 万 ドル 以 下 手 続 不 要 残 高 25 万 ドル 超 以 下 の 点 を 金 融 機 関 の 保 有 情 報 や 公 開 情 報 等 により 特 定 口 座 を 保 有 する 法 人 等 の 居 住 地 国 口 座 を 保 有 する 法 人 等 が 受 動 的 非 金 融 機 関 事 業 体 で ある 場 合 には その 支 配 者 の 居 住 地 国 ( 注 ) 受 動 的 非 金 融 機 関 事 業 体 とは 主 として 収 入 が 投 資 所 得 で 構 成 される 事 業 体 等 をいいます 様 に 行 動 するとの 金 融 センターのコミット メントを 歓 迎 し また 全 ての 国 地 域 に 対 して 我 々に 加 わるよう 要 請 する 我 々は 開 発 途 上 国 が 自 らの 懸 念 に 対 処 するために BEPSプロジェクトにより 深 く 関 与 すること を 歓 迎 する 我 々は 開 発 途 上 国 と 共 に その 税 務 執 行 能 力 を 開 発 し AEOIを 実 施 す るために 取 り 組 む このような 経 緯 を 経 て 各 国 は 共 通 報 告 基 準 を 実 施 するための 国 内 法 制 を 整 備 する 段 階 に 移 627

14 行 することとなり わが 国 においては 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において この 共 通 報 告 基 準 に 従 った 情 報 交 換 を 実 施 する 観 点 から 非 居 住 者 に 係 る 金 融 口 座 情 報 の 自 動 的 交 換 のための 報 告 制 度 を 整 備 することとされました なお 本 制 度 の 施 行 に 当 たっては 金 融 機 関 のシステム 整 備 等 の 準 備 期 間 を 考 慮 して 2 年 弱 の 期 間 を 置 くこととされており わが 国 におい ては 2017 年 ( 平 成 29 年 )から 金 融 機 関 による 対 象 口 座 の 特 定 手 続 を 行 い 2018 年 ( 平 成 30 年 )に2017 年 ( 平 成 29 年 ) 分 の 報 告 を 金 融 機 関 から 受 け 租 税 条 約 等 に 基 づき 共 通 報 告 基 準 に 従 った 税 務 当 局 間 の 情 報 交 換 を 開 始 すること としています 共 通 報 告 基 準 の 実 施 スケジュール 2014 (H26) 2015 (H27) 2016 (H28) 2017 (H29) 2018 (H30) わが 国 のスケジュール (2018 年 交 換 開 始 ) 国 内 法 整 備 (27 年 度 税 制 改 正 ) 金 融 機 関 のシステム 整 備 金 融 機 関 による 対 象 口 座 の 特 定 手 続 2017 年 分 報 告 税 務 当 局 間 の 情 報 交 換 ( 参 考 ) 2017 年 に 交 換 開 始 する 国 のスケジュール 国 内 法 整 備 金 融 機 関 のシステム 整 備 金 融 機 関 による 対 象 口 座 の 特 定 手 続 2016 年 分 報 告 税 務 当 局 間 の 情 報 交 換 2 制 度 の 内 容 ⑴ 制 度 の 概 要 1 居 住 地 国 等 の 特 定 手 続 イ 新 規 特 定 取 引 ( 平 成 29 年 1 月 1 日 以 後 に 行 う 特 定 取 引 )を 行 う 者 による 新 規 届 出 書 の 提 出 平 成 29 年 1 月 1 日 以 後 に 報 告 金 融 機 関 等 との 間 でその 営 業 所 等 を 通 じて 特 定 取 引 を 行 う 者 は 特 定 対 象 者 の 氏 名 又 は 名 称 住 所 又 は 本 店 若 しくは 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 居 住 地 国 外 国 の 納 税 者 番 号 等 を 記 載 した 届 出 書 を その 特 定 取 引 を 行 う 際 当 該 報 告 金 融 機 関 等 の 営 業 所 等 の 長 に 提 出 しなけ ればならないこととされました ロ 報 告 金 融 機 関 等 による 既 存 特 定 取 引 ( 平 成 28 年 12 月 31 日 以 前 に 行 われた 特 定 取 引 ) に 係 る 特 定 対 象 者 の 住 所 等 所 在 地 国 と 認 め られる 国 又 は 地 域 の 特 定 手 続 報 告 金 融 機 関 等 は 平 成 28 年 12 月 31 日 以 前 に 特 定 取 引 を 行 った 者 で 同 日 において 当 該 特 定 取 引 に 係 る 契 約 を 締 結 しているもの につき 平 成 30 年 12 月 31 日 ( 一 定 の 特 定 取 引 に 係 る 契 約 については 平 成 29 年 12 月 31 日 )までに 所 定 の 特 定 手 続 を 実 施 した 上 当 該 報 告 金 融 機 関 等 の 保 有 する 特 定 対 象 者 に 関 する 情 報 に 基 づき 当 該 特 定 対 象 者 の 住 所 等 所 在 地 国 と 認 められる 国 又 は 地 域 を 特 定 しなければならないこととされました 2 報 告 金 融 機 関 等 による 所 轄 税 務 署 長 に 対 す る 報 告 事 項 の 提 供 報 告 金 融 機 関 等 は その 年 の12 月 31 日 にお いて 当 該 報 告 金 融 機 関 等 との 間 でその 営 業 所 等 を 通 じて 特 定 取 引 を 行 った 者 が 報 告 対 象 契 約 を 締 結 している 場 合 には 特 定 対 象 者 の 氏 名 又 は 名 称 住 所 又 は 本 店 若 しくは 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 居 住 地 国 外 国 の 納 税 者 番 号 等 及 び 当 該 報 告 対 象 契 約 に 係 る 資 産 の 価 額 当 該 資 産 の 運 用 保 有 又 は 譲 渡 による 収 入 金 額 を その 年 の 翌 年 4 月 30 日 までに 当 該 報 628

15 告 金 融 機 関 等 の 本 店 等 の 所 在 地 の 所 轄 税 務 署 長 に 提 供 しなければならないこととされまし た ( 注 ) 上 記 の 報 告 事 項 は 共 通 報 告 基 準 におい て 税 務 当 局 間 で 情 報 交 換 することとされて いる 情 報 を 踏 まえたものとされており い わゆる 納 税 者 番 号 については 外 国 の 納 税 者 番 号 は 報 告 事 項 とされますが わが 国 の マイナンバー( 個 人 番 号 )は 報 告 事 項 とは されていません なお 報 告 事 項 の 対 象 と なる 納 税 者 番 号 の 詳 細 については 下 記 ⑷ 3イを 参 照 してください 3 その 他 イ 報 告 金 融 機 関 等 は 新 規 届 出 書 等 の 提 出 を 受 けた 場 合 又 は 特 定 対 象 者 の 住 所 等 所 在 地 国 と 認 められる 国 若 しくは 地 域 の 特 定 を 行 った 場 合 には 特 定 対 象 者 の 特 定 居 住 地 国 に 関 する 事 項 等 一 定 の 事 項 に 関 する 記 録 を 文 書 等 により 作 成 し 保 存 しなければな らないこととされました ロ 税 務 職 員 は 報 告 事 項 の 提 供 に 関 する 調 査 について 必 要 があるときは 当 該 報 告 事 項 の 提 供 をする 義 務 がある 者 に 質 問 し 帳 簿 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 し 又 は 当 該 物 件 (その 写 しを 含 みます )の 提 示 若 しく は 提 出 を 求 めることができることとされま した ハ 届 出 書 の 提 出 義 務 及 び 報 告 事 項 の 提 供 義 務 に 対 する 違 反 行 為 等 について 所 要 の 罰 則 を 規 定 することとされました 日 本 非 居 住 者 に 係 る 金 融 口 座 情 報 の 自 動 的 交 換 のための 報 告 制 度 (イメージ) [H30 年 に 初 回 の 情 報 交 換 ] 4 租 税 条 約 等 に 基 づき 外 国 の 税 務 当 局 に 対 して 年 一 回 まとめて 情 報 提 供 A 国 国 税 庁 A A 国 の 税 務 当 局 3 口 座 保 有 者 ( 非 居 住 者 = 報 告 対 象 契 約 を 締 結 している 者 )の 氏 名 住 所 外 国 の 納 税 者 番 号 口 座 残 高 利 子 配 当 等 の 年 間 受 取 総 額 等 を 報 告 [H30 年 に H29 年 分 を 報 告 ] B 2 口 座 保 有 者 (= 既 存 特 定 取 引 を 行 った 者 )の 居 住 地 国 を 特 定 A 国 居 住 者 日 本 居 住 者 口 座 ( 報 告 対 象 外 ) 日 本 の 金 融 機 関 A 国 居 住 者 口 座 B 国 居 住 者 口 座 X 国 居 住 者 口 座 [H29 年 から 金 融 機 関 による 手 続 開 始 ] 1 新 規 口 座 開 設 者 (= 新 規 特 定 取 引 を 行 う 者 )による 氏 名 住 所 居 住 地 国 外 国 の 納 税 者 番 号 等 の 届 出 B 国 の 税 務 当 局 B 国 居 住 者 B 国 ⑵ 居 住 地 国 等 の 特 定 手 続 1 新 規 特 定 取 引 に 関 する 特 定 手 続 イ 新 規 特 定 取 引 を 行 う 者 による 新 規 届 出 書 の 提 出 手 続 イ 新 規 特 定 取 引 を 行 う 者 による 新 規 届 出 書 の 提 出 平 成 29 年 1 月 1 日 以 後 に 報 告 金 融 機 関 等 との 間 でその 営 業 所 等 を 通 じて 特 定 取 629

16 引 を 行 う 者 は 特 定 対 象 者 の 氏 名 又 は 名 称 住 所 又 は 本 店 若 しくは 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 居 住 地 国 外 国 の 納 税 者 番 号 等 一 定 の 事 項 を 記 載 した 届 出 書 ( 以 下 新 規 届 出 書 といいます )を その 特 定 取 引 を 行 う 際 当 該 報 告 金 融 機 関 等 の 営 業 所 等 の 長 に 提 出 しなければならない こととされています( 実 特 法 10の 5 1 前 段 ) ( 注 1) 営 業 所 等 とは 国 内 にある 営 業 所 又 は 事 務 所 ( 報 告 金 融 機 関 等 のう ち 下 記 ⅰⅳbに 掲 げる 組 合 員 等 にあ っては 下 記 ⅰⅳb から までに 掲 げる 組 合 契 約 等 によって 成 立 する 組 合 又 は 団 体 の 事 務 所 )をいいます ( 実 特 法 10の 5 7 二 実 特 令 6 の 6 3) ( 注 2) 新 規 届 出 書 の 記 載 事 項 の 電 磁 的 方 法 による 提 供 特 定 取 引 を 行 う 者 は 新 規 届 出 書 の 提 出 に 代 えて 当 該 新 規 届 出 書 に 記 載 すべき 事 項 を 電 磁 的 方 法 により 提 供 することができることとされて います( 実 特 法 10の 5 8) 上 記 の 電 磁 的 方 法 とは 送 信 者 等 ( 送 信 者 又 は 当 該 送 信 者 との 契 約 によりファイルを 自 己 の 管 理 する 電 子 計 算 機 に 備 え 置 き これを 受 信 者 若 しくは 当 該 送 信 者 の 用 に 供 する 者 をいいます )の 使 用 に 係 る 電 子 計 算 機 と 受 信 者 等 ( 受 信 者 又 は 当 該 受 信 者 との 契 約 により 受 信 者 ファイ ル( 専 ら 当 該 受 信 者 の 用 に 供 せられ るファイルをいいます ( 注 2 )にお いて 同 じです )を 自 己 の 管 理 する 電 子 計 算 機 に 備 え 置 く 者 をいいます ( 注 2 )において 同 じです )の 使 用 に 係 る 電 子 計 算 機 とを 接 続 する 電 気 通 信 回 線 を 通 じてその 提 供 すべき 事 項 に 係 る 情 報 (( 注 2 )において 記 載 情 報 といいます )を 送 信 し 受 信 者 等 の 使 用 に 係 る 電 子 計 算 機 に 備 えられた 受 信 者 ファイルに 記 録 す る 方 法 をいいます( 実 特 規 16の111) なお 上 記 の 電 磁 的 方 法 は 受 信 者 ファイルに 記 録 されている 記 載 情 報 について 提 供 を 受 ける 者 が 電 子 計 算 機 の 映 像 面 への 表 示 及 び 書 面 への 出 力 ができるようにするため の 措 置 が 講 じられているものでなけ ればなりません( 実 特 規 16の112) ( 注 3) 法 令 上 新 規 届 出 書 には 所 定 の 事 項 を 記 載 しなければならないことと されていますが その 様 式 は 定 めら れていません また 下 記 2ロイの 任 意 届 出 書 及 び 下 記 ⑶1イイの 異 動 届 出 書 についても 法 令 上 様 式 は 定 められていません ⅰ 報 告 金 融 機 関 等 の 範 囲 報 告 金 融 機 関 等 とは 次 に 掲 げ る 者 ( 下 記 ⅲ 及 びⅳに 掲 げる 者 にあっ ては それぞれ 一 定 の 要 件 を 満 たすも のに 限 ります )をいいます( 実 特 法 10の 5 7 一 実 特 令 6 の 6 1) ⅰ 共 通 報 告 基 準 上 の 預 金 機 関 に 相 当 するもの 銀 行 信 用 金 庫 信 用 金 庫 連 合 会 労 働 金 庫 労 働 金 庫 連 合 会 信 用 協 同 組 合 信 用 協 同 組 合 連 合 会 農 業 協 同 組 合 農 業 協 同 組 合 連 合 会 漁 業 協 同 組 合 漁 業 協 同 組 合 連 合 会 水 産 加 工 業 協 同 組 合 水 産 加 工 業 協 同 組 合 連 合 会 農 林 中 央 金 庫 株 式 会 社 商 工 組 合 中 央 金 庫 及 び 無 尽 会 社 ( 実 特 令 6 の 6 1 一 ) ⅱ 共 通 報 告 基 準 上 の 特 定 保 険 会 社 に 相 当 するもの 保 険 会 社 保 険 業 法 第 2 条 第 7 項 に 規 定 する 外 国 保 険 会 社 等 共 済 水 産 業 協 同 組 合 連 合 会 消 費 生 活 協 同 組 合 及 び 消 費 生 活 協 同 組 合 連 合 会 630

17 ( 実 特 令 6 の 6 1 二 ) ⅲ 共 通 報 告 基 準 上 の 保 管 機 関 に 相 当 するもの 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 9 項 に 規 定 する 金 融 商 品 取 引 業 者 同 条 第 30 項 に 規 定 する 証 券 金 融 会 社 特 例 業 務 届 出 者 ( 同 法 第 63 条 第 3 項 に 規 定 する 特 例 業 務 届 出 者 をいいます ⅳ において 同 じです ) 信 託 会 社 信 託 業 法 第 50 条 の 2 第 1 項 の 登 録 を 受 けた 者 貸 金 業 法 施 行 令 第 1 条 の 2 第 3 号 に 掲 げる 者 商 品 先 物 取 引 法 第 2 条 第 23 項 に 規 定 する 商 品 先 物 取 引 業 者 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 す る 法 律 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 振 替 機 関 及 び 同 条 第 4 項 に 規 定 する 口 座 管 理 機 関 ( 実 特 令 6 の 6 1 三 ) ( 注 ) 保 管 機 関 のうち 報 告 金 融 機 関 等 とされるのは 平 成 23 年 1 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 のうち 連 続 する 3 事 業 年 度 (その 者 が 個 人 である 場 合 にあっては 平 成 24 年 分 以 後 の 年 分 のうち 連 続 する 3 年 間 )において 次 に 掲 げる 要 件 の いずれかを 満 たすものに 限 られま す( 実 特 規 16の 7 1 一 ) a その 者 の 収 入 金 額 の 合 計 額 の うちに 特 定 取 引 ( 下 記 ⅱⅰgか らiまでに 掲 げるものに 限 りま す )に 係 る 契 約 に 基 づき 管 理 する 金 銭 又 は 有 価 証 券 ( 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 1 項 に 規 定 す る 有 価 証 券 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 により 有 価 証 券 とみなされる 権 利 をいいます ⅳ ⅱⅰg 及 びⅳⅰj ( 注 )eにおいて 同 じ です )につき 当 該 特 定 取 引 を 行 った 者 に 提 供 した 役 務 の 対 価 の 合 計 額 の 占 める 割 合 が20% 以 上 であること b その 者 の 収 入 金 額 の 合 計 額 の うちに 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 8 項 各 号 に 掲 げる 行 為 及 び 商 品 先 物 取 引 法 第 2 条 第 22 項 各 号 に 掲 げる 行 為 に 係 る 収 入 金 額 の 合 計 額 の 占 める 割 合 が50% 以 上 で あること 保 管 機 関 が 上 記 a 又 はbに 掲 げ る 要 件 のいずれかを 満 たした 場 合 には その 保 管 機 関 は 最 初 にそ の 要 件 を 満 たした 期 間 の 末 日 から 2 年 を 経 過 した 日 の 属 する 年 の12 月 31 日 後 報 告 金 融 機 関 等 に 該 当 するものとされます( 実 特 令 6 の 6 2 実 特 規 16の 7 2) なお 上 記 a 又 はbに 掲 げる 要 件 のいずれかを 満 たすことにより 報 告 金 融 機 関 等 に 該 当 することと なった 保 管 機 関 は 特 定 取 引 を 行 う 際 当 該 報 告 金 融 機 関 等 との 間 で 当 該 特 定 取 引 を 行 う 者 がそれを 認 識 することができるよう 必 要 な 措 置 を 講 じておかなければならな いこととされています( 実 特 規 16 の73) ⅳ 共 通 報 告 基 準 上 の 投 資 事 業 体 に 相 当 するもの a 次 に 掲 げる 法 人 (その 財 産 の 運 用 を 金 融 商 品 取 引 業 者 等 ( 金 融 商 品 取 引 法 第 34 条 に 規 定 する 金 融 商 品 取 引 業 者 等 をいいます 以 下 同 じです ) 又 は 特 例 業 務 届 出 者 が 同 法 第 28 条 第 4 項 各 号 に 掲 げる 行 為 (b 及 びcにおいて 投 資 運 用 業 といいます )として 行 う 場 合 に 限 ります )( 実 特 令 6 の 6 1 四 ) 資 産 の 流 動 化 に 関 する 法 律 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 特 定 目 的 会 社 631

18 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 す る 法 律 第 2 条 第 12 項 に 規 定 する 投 資 法 人 株 式 会 社 合 名 会 社 合 資 会 社 又 は 合 同 会 社 外 国 の 法 令 に 準 拠 して 設 立 さ れた 法 人 で 上 記 から までに 掲 げる 法 人 に 類 するもの b 次 に 掲 げる 組 合 (その 財 産 の 運 用 を 金 融 商 品 取 引 業 者 等 又 は 特 例 業 務 届 出 者 が 投 資 運 用 業 として 行 う 場 合 に 限 ります )の 契 約 の 区 分 に 応 じそれぞれ 次 に 定 める 者 ( 実 特 令 6 の 6 1 五 ) 民 法 第 667 条 第 1 項 に 規 定 す る 組 合 契 約 当 該 組 合 契 約 によ って 成 立 する 組 合 の 業 務 を 執 行 する 組 合 員 匿 名 組 合 契 約 (これに 準 ずる 契 約 を 含 みます 以 下 同 じで す ) 当 該 匿 名 組 合 契 約 に 基 づ いて 出 資 を 受 ける 者 ( 注 ) 匿 名 組 合 契 約 に 準 ずる 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 事 業 のために 出 資 をし 相 手 方 がその 事 業 から 生 ずる 利 益 を 分 配 することを 約 する 契 約 をいいます( 実 特 令 6 の 9 1 ) 投 資 事 業 有 限 責 任 組 合 契 約 に 関 する 法 律 第 3 条 第 1 項 に 規 定 する 投 資 事 業 有 限 責 任 組 合 契 約 当 該 投 資 事 業 有 限 責 任 組 合 契 約 によって 成 立 する 同 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 投 資 事 業 有 限 責 任 組 合 の 業 務 を 執 行 する 無 限 責 任 組 合 員 有 限 責 任 事 業 組 合 契 約 に 関 す る 法 律 第 3 条 第 1 項 に 規 定 する 有 限 責 任 事 業 組 合 契 約 当 該 有 限 責 任 事 業 組 合 契 約 によって 成 立 する 同 法 第 2 条 に 規 定 する 有 限 責 任 事 業 組 合 の 業 務 を 執 行 す る 同 法 第 29 条 第 3 項 に 規 定 する 組 合 員 外 国 における 上 記 から ま でに 掲 げる 契 約 に 類 する 契 約 当 該 契 約 によって 成 立 する 団 体 に 係 る 上 記 から までに 規 定 する 者 に 類 する 者 c 信 託 ( 委 託 者 のみが 受 益 者 であ る 信 託 以 外 の 信 託 に 限 り かつ その 信 託 財 産 の 運 用 を 金 融 商 品 取 引 業 者 等 又 は 特 例 業 務 届 出 者 が 投 資 運 用 業 として 行 う 場 合 に 限 りま す )の 受 託 者 ( 実 特 令 6 の 6 1 六 ) ( 注 ) 上 記 aからcまでに 掲 げる 投 資 事 業 体 のうち 報 告 金 融 機 関 等 とさ れるのは 平 成 23 年 1 月 1 日 以 後 に 開 始 する 当 該 投 資 事 業 体 に 係 る 事 業 年 度 又 は 計 算 期 間 のうち 連 続 する 3 事 業 年 度 又 は 3 計 算 期 間 に おいて 当 該 投 資 事 業 体 の 収 入 金 額 の 合 計 額 のうちに 有 価 証 券 又 は デリバティブ 取 引 ( 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 20 項 に 規 定 するデリバ ティブ 取 引 をいいます 以 下 同 じ です )に 係 る 権 利 に 対 する 投 資 に 係 る 収 入 金 額 の 合 計 額 の 占 める 割 合 が50% 以 上 であるものに 限 ら れます( 実 特 規 16の 7 1 二 ) 上 記 aからcまでに 掲 げる 投 資 事 業 体 が 上 記 の 要 件 を 満 たした 場 合 には その 投 資 事 業 体 は 最 初 にその 要 件 を 満 たした 期 間 の 末 日 から 2 年 を 経 過 した 日 の 属 する 年 の12 月 31 日 後 報 告 金 融 機 関 等 に 該 当 するものとされます( 実 特 令 6 の 6 2 実 特 規 16の 7 2) 632

19 なお 上 記 の 要 件 を 満 たすこと により 報 告 金 融 機 関 等 に 該 当 する こととなった 投 資 事 業 体 は 特 定 取 引 を 行 う 際 当 該 報 告 金 融 機 関 等 との 間 で 当 該 特 定 取 引 を 行 う 者 がそれを 認 識 することができるよ う 必 要 な 措 置 を 講 じておかなけれ ばならないこととされています ( 実 特 規 16の 7 3) ⅱ 特 定 取 引 の 範 囲 特 定 取 引 とは 次 に 掲 げる 場 合 の 区 分 に 応 じそれぞれ 次 に 定 める 取 引 ( 報 告 を 免 れるおそれがない 取 引 とし て 除 外 される 一 定 の 取 引 を 除 きます ) をいいます( 実 特 法 10の 5 7 三 実 特 令 6 の 7 実 特 規 16の 8 2) ⅰ 上 記 ⅰⅰからⅲまでに 掲 げる 者 と の 間 で 行 われる 場 合 次 に 掲 げる 取 引 a 預 金 又 は 貯 金 の 預 入 れを 内 容 と する 契 約 の 締 結 b 銀 行 法 第 2 条 第 4 項 に 規 定 する 定 期 積 金 等 の 預 入 れを 内 容 とする 契 約 の 締 結 c 無 尽 業 法 第 1 条 に 規 定 する 無 尽 に 係 る 契 約 の 締 結 d 保 険 業 法 第 2 条 第 1 項 に 規 定 す る 保 険 業 を 行 う 者 が 保 険 者 となる 保 険 契 約 ( 再 保 険 契 約 を 除 きます 以 下 保 険 契 約 といいます ) の 締 結 e 農 業 協 同 組 合 法 第 10 条 第 1 項 第 10 号 水 産 業 協 同 組 合 法 第 11 条 第 1 項 第 11 号 第 93 条 第 1 項 第 6 号 の2 若 しくは 第 100 条 の2 第 1 項 第 1 号 又 は 消 費 生 活 協 同 組 合 法 第 10 条 第 1 項 第 4 号 に 規 定 する 共 済 に 係 る 契 約 ( 以 下 共 済 に 係 る 契 約 といいます )の 締 結 f 保 険 契 約 又 は 共 済 に 係 る 契 約 に 基 づく 年 金 ( 人 の 生 存 を 事 由 とし て 支 払 が 行 われるものに 限 りま す ) 満 期 保 険 金 満 期 返 戻 金 解 約 返 戻 金 又 は 満 期 共 済 金 の 受 取 g 信 託 ( 上 記 ⅰⅳcの 信 託 を 除 き ます )に 係 る 契 約 ( 金 銭 及 び 有 価 証 券 以 外 の 財 産 のみを 信 託 財 産 とする 定 めのあるものを 除 きま す )の 締 結 h 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 又 は 第 44 条 第 1 項 の 規 定 による 同 法 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 社 債 等 の 振 替 を 行 うため の 口 座 の 開 設 を 受 けることを 内 容 とする 契 約 の 締 結 i 金 銭 又 は 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 有 価 証 券 の 預 託 をすることを 内 容 とする 契 約 の 締 結 ⅱ 上 記 ⅰⅳaに 掲 げる 法 人 との 間 で 行 われる 場 合 次 に 掲 げるものの 取 得 による 上 記 ⅰⅳaに 掲 げる 法 人 と の 間 の 法 律 関 係 の 成 立 a 資 産 の 流 動 化 に 関 する 法 律 第 2 条 第 5 項 に 規 定 する 優 先 出 資 同 法 第 26 条 に 規 定 する 優 先 出 資 社 員 となる 権 利 若 しくは 同 法 第 5 条 第 1 項 第 2 号 ニ⑵に 規 定 する 引 受 権 又 は 同 法 第 2 条 第 7 項 に 規 定 する 特 定 社 債 b 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 第 2 条 第 14 項 に 規 定 する 投 資 口 (bにおいて 投 資 口 といい ます ) 同 条 第 16 項 に 規 定 する 投 資 主 となる 権 利 投 資 口 の 割 当 て を 受 ける 権 利 若 しくは 同 条 第 17 項 に 規 定 する 新 投 資 口 予 約 権 又 は 同 条 第 19 項 に 規 定 する 投 資 法 人 債 c 株 式 株 主 となる 権 利 株 式 の 割 当 てを 受 ける 権 利 新 株 予 約 権 633

20 若 しくは 新 株 予 約 権 の 割 当 てを 受 ける 権 利 又 は 社 債 d 合 名 会 社 合 資 会 社 又 は 合 同 会 社 の 社 員 の 持 分 社 員 となる 権 利 若 しくは 出 資 の 割 当 てを 受 ける 権 利 又 は 社 債 e 外 国 の 法 令 に 基 づく 権 利 であっ て 上 記 aからdまでに 掲 げる 権 利 に 類 するもの ⅲ 上 記 ⅰⅳbに 掲 げる 組 合 員 等 との 間 で 行 われる 場 合 上 記 ⅰⅳbに 掲 げる 組 合 契 約 等 の 締 結 ⅳ 上 記 ⅰⅳcに 掲 げる 信 託 の 受 託 者 との 間 で 行 われる 場 合 信 託 行 為 信 託 法 第 89 条 第 1 項 に 規 定 する 受 益 者 指 定 権 等 の 行 使 信 託 の 受 益 権 の 譲 渡 その 他 の 行 為 による 信 託 の 受 益 者 と 受 託 者 との 間 の 法 律 関 係 の 成 立 ⅲ 特 定 取 引 から 除 外 される 取 引 の 範 囲 次 に 掲 げる 取 引 は 報 告 を 免 れるお それがない 取 引 として 特 定 取 引 から 除 外 することとされています( 実 特 令 6 の 7 柱 書 実 特 規 16の 8 1) ⅰ 上 記 ⅱⅰa b 若 しくはdからg まで 又 は 上 記 ⅱⅳに 掲 げる 取 引 のう ち 次 に 掲 げるものに 係 るもの a 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 第 6 条 第 1 項 に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 同 条 第 2 項 に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 契 約 及 び 同 条 第 4 項 に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 契 約 同 法 第 6 条 の 2 第 1 項 に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 給 付 金 契 約 又 は 同 法 第 6 条 の 3 第 1 項 に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 基 金 契 約 b 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 65 条 第 3 項 に 規 定 する 資 産 管 理 運 用 契 約 企 業 年 金 基 金 が 同 法 第 66 条 第 1 項 の 規 定 により 締 結 する 同 法 第 65 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 契 約 又 は 同 法 第 66 条 第 2 項 に 規 定 する 信 託 の 契 約 c 確 定 拠 出 年 金 法 第 8 条 第 2 項 に 規 定 する 資 産 管 理 契 約 又 は 同 法 第 23 条 第 1 項 前 段 ( 同 法 第 73 条 にお いて 準 用 する 場 合 を 含 みます ) の 政 令 で 定 める 運 用 の 方 法 に 該 当 する 同 項 各 号 に 掲 げる 運 用 の 方 法 に 係 る 契 約 ⅱ 上 記 ⅱⅰdからfまでに 掲 げる 取 引 のうち 次 に 掲 げるものに 係 るも の a 保 険 契 約 又 は 共 済 に 係 る 契 約 で あって 年 金 ( 人 の 生 存 を 事 由 と して 支 払 が 行 われるものに 限 りま す ) 満 期 保 険 金 満 期 返 戻 金 又 は 満 期 共 済 金 を 支 払 う 旨 の 定 めが ないもの( 期 間 の 限 定 がなく 人 の 死 亡 を 事 由 として 支 払 が 行 われ るものであって かつ 保 険 料 又 は 共 済 掛 金 を 一 時 に 払 い 込 むこと を 内 容 とするものを 除 きます ) b 法 人 税 法 附 則 第 20 条 第 3 項 に 規 定 する 適 格 退 職 年 金 契 約 被 用 者 の 給 与 等 から 控 除 される 金 銭 を 保 険 料 とする 保 険 契 約 普 通 保 険 約 款 において 団 体 若 しくは 団 体 の 代 表 者 を 契 約 者 とし 当 該 団 体 に 所 属 する 者 を 保 険 法 第 2 条 第 4 号 に 規 定 する 被 保 険 者 とすることと なっている 保 険 契 約 若 しくは 保 険 業 法 施 行 規 則 第 83 条 第 1 号 イから ホまで 若 しくは 同 号 リからヲまで に 掲 げる 保 険 契 約 又 はこれらに 相 当 する 共 済 に 係 る 契 約 ⅲ 上 記 ⅱⅰg 又 は 上 記 ⅳに 掲 げる 取 引 のうち 次 に 掲 げるものに 係 るも の a 信 託 に 係 る 契 約 であって その 634

21 受 益 権 が 振 替 機 関 ( 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 振 替 機 関 をいいます 以 下 同 じです )によって 取 り 扱 われるもの 又 はその 受 益 権 を 表 示 する 有 価 証 券 ( 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 有 価 証 券 を いいます ⅵにおいて 同 じです ) が 金 融 商 品 取 引 業 者 等 を 通 じて 取 得 されるもの b 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 第 51 条 第 1 項 の 規 定 により 締 結 する 加 入 者 保 護 信 託 契 約 金 融 商 品 取 引 法 第 43 条 の 2 第 2 項 の 規 定 による 信 託 に 係 る 契 約 金 融 商 品 取 引 業 等 に 関 する 内 閣 府 令 第 142 条 の 5 第 1 項 に 規 定 する 商 品 顧 客 区 分 管 理 信 託 に 係 る 契 約 同 令 第 143 条 の 2 第 1 項 に 規 定 する 顧 客 区 分 管 理 信 託 に 係 る 契 約 金 融 商 品 取 引 業 等 に 関 する 内 閣 府 令 等 の 一 部 を 改 正 する 内 閣 府 令 ( 平 成 26 年 内 閣 府 令 第 11 号 ) 附 則 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 による 信 託 に 係 る 契 約 資 金 決 済 に 関 する 法 律 第 16 条 第 1 項 に 規 定 する 発 行 保 証 金 信 託 契 約 同 法 第 45 条 第 1 項 に 規 定 する 履 行 保 証 金 信 託 契 約 又 は 商 品 先 物 取 引 法 施 行 規 則 第 98 条 第 1 項 第 1 号 及 び 第 98 条 の 3 第 1 項 第 1 号 の 規 定 による 信 託 に 係 る 契 約 c 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 施 行 規 則 第 3 条 に 規 定 す る 契 約 ⅳ 上 記 ⅱⅰhに 掲 げる 取 引 のうち 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 第 69 条 の 2 第 3 項 本 文 ( 同 法 第 121 条 及 び 第 276 条 ( 第 1 号 に 係 る 部 分 に 限 ります )において 準 用 する 場 合 を 含 みます ) 第 127 条 の 6 第 3 項 本 文 第 131 条 第 3 項 本 文 ( 同 法 第 228 条 第 1 項 第 235 条 第 1 項 第 239 条 第 1 項 及 び 第 276 条 ( 第 2 号 に 係 る 部 分 に 限 ります )において 準 用 する 場 合 を 含 みます ) 第 167 条 第 3 項 本 文 ( 同 法 第 247 条 の 3 第 1 項 及 び 第 276 条 ( 第 3 号 に 係 る 部 分 に 限 ります )において 準 用 する 場 合 を 含 みます ) 及 び 第 196 条 第 3 項 本 文 ( 同 法 第 276 条 ( 第 4 号 に 係 る 部 分 に 限 ります )において 準 用 す る 場 合 を 含 みます )に 規 定 する 申 出 による 口 座 の 開 設 に 係 るもの ⅴ 上 記 ⅱⅰh 又 はiに 掲 げる 取 引 の うち 次 に 掲 げるものに 係 るもの a 金 融 商 品 取 引 法 施 行 令 第 1 条 の 3 の 3 第 5 号 及 び 第 6 号 に 規 定 す る 権 利 に 係 る 契 約 b 租 税 特 別 措 置 法 第 29 条 の 2 第 1 項 及 び 同 法 第 29 条 の 3 第 1 項 の 規 定 によりその 取 得 に 係 る 経 済 的 利 益 について 所 得 税 を 課 さないこと とされる 株 式 c 租 税 特 別 措 置 法 第 37 条 の14 第 5 項 第 1 号 に 規 定 する 非 課 税 口 座 及 び 同 法 第 37 条 の14の 2 第 5 項 第 1 号 に 規 定 する 未 成 年 者 口 座 ⅵ 上 記 ⅱⅳに 掲 げる 取 引 のうち 上 記 ⅱⅱaからeまでに 掲 げるもの ( 以 下 株 式 等 といいます )が 振 替 機 関 によって 取 り 扱 われるもの 又 は 株 式 等 に 係 る 権 利 を 表 示 する 有 価 証 券 が 金 融 商 品 取 引 業 者 等 を 通 じて 取 得 されるものに 係 るもの ⅳ 特 定 対 象 者 の 意 義 特 定 対 象 者 とは 特 定 取 引 を 行 う 者 をいいます ただし 1 特 定 取 引 を 行 う 者 が 特 定 法 人 である 場 合 におい て 当 該 特 定 法 人 に 係 る 実 質 的 支 配 者 があるときは 当 該 特 定 法 人 及 びその 635

22 実 質 的 支 配 者 とされ 2 特 定 取 引 を 行 う 者 が 特 定 組 合 員 である 場 合 には 当 該 特 定 取 引 をその 業 務 として 行 う 当 該 特 定 組 合 員 が 締 結 している 組 合 契 約 に よって 成 立 する 組 合 とされています ( 実 特 法 10の 5 1) ⅰ 特 定 法 人 の 意 義 特 定 法 人 とは 次 に 掲 げる 法 人 以 外 の 法 人 をいいます( 実 特 法 10 の 5 7 四 実 特 令 6 の 8 1) a その 発 行 する 株 式 が 外 国 金 融 商 品 取 引 所 又 は 金 融 商 品 取 引 所 にお いて 上 場 されている 法 人 ( 注 ) 外 国 金 融 商 品 取 引 所 とは 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 16 項 に 規 定 する 金 融 商 品 取 引 所 に 類 す るもので 外 国 の 法 令 に 基 づき 設 立 されたものをいい( 実 特 法 10 の 5 7 四 ) 金 融 商 品 取 引 所 とは 同 項 に 規 定 する 金 融 商 品 取 引 所 をいいます( 実 特 令 6 の 8 1 一 ) b 上 記 aに 掲 げる 法 人 (bにおい て 上 場 法 人 といいます )と 他 の 法 人 との 間 に 次 に 掲 げる 関 係 がある 場 合 における 当 該 他 の 法 人 いずれか 一 方 の 法 人 が 他 方 の 法 人 を 直 接 又 は 間 接 に 支 配 する 関 係 ( 注 1) 同 一 の 者 が 当 該 上 場 法 人 及 び 当 該 他 の 法 人 を 直 接 又 は 間 接 に 支 配 する 関 係 ( 注 1) ( 注 1) 直 接 又 は 間 接 に 支 配 す る 関 係 とは 一 方 の 法 人 と 他 方 の 法 人 との 間 に 当 該 他 方 の 法 人 が 次 に 掲 げる 法 人 に 該 当 する 関 係 がある 場 合 における 当 該 関 係 をいい ます( 実 特 令 6 の 8 2) a 当 該 一 方 の 法 人 が 法 人 を 支 配 している 場 合 ( 注 2)における 当 該 法 人 ( 例 : 子 会 社 ) b 上 記 aに 掲 げる 法 人 又 は 当 該 一 方 の 法 人 及 び 上 記 aに 掲 げる 法 人 が 他 の 法 人 を 支 配 している 場 合 ( 注 2 )における 当 該 他 の 法 人 ( 例 : 孫 会 社 ) c 上 記 bに 掲 げる 法 人 又 は 当 該 一 方 の 法 人 及 び 上 記 a 及 び 上 記 bに 掲 げる 法 人 が 他 の 法 人 を 支 配 し ている 場 合 ( 注 2 )にお ける 当 該 他 の 法 人 ( 例 : 曾 孫 会 社 ) ( 注 2) 他 の 法 人 を 支 配 してい る 場 合 とは 他 の 法 人 の 発 行 済 株 式 の 過 半 を 有 する 場 合 他 の 法 人 の 重 要 事 項 に 関 する 議 決 権 の 過 半 を 有 する 場 合 等 をいいます( 実 特 令 6の83 法 令 43) c 国 地 方 公 共 団 体 若 しくは 日 本 銀 行 又 は 外 国 政 府 外 国 の 地 方 公 共 団 体 外 国 の 中 央 銀 行 若 しくは わが 国 が 加 盟 している 国 際 機 関 d 上 記 cに 掲 げる 法 人 が 資 本 金 基 本 金 その 他 これらに 準 ずるもの の 全 部 を 出 資 している 法 人 e 法 人 税 法 別 表 第 一 に 掲 げる 法 人 及 び 同 法 別 表 第 二 に 掲 げる 法 人 ( 収 益 事 業 を 行 っていないものに 限 ります ) f 報 告 金 融 機 関 等 ( 法 人 に 限 りま す hからjまでにおいて 同 じで す )で 外 国 の 法 令 に 準 拠 して 設 立 された 法 人 であるもの(gに おいて 外 国 報 告 金 融 機 関 等 と いいます ) 以 外 のもの 636

23 g 外 国 の 法 令 に 準 拠 して 設 立 され た 法 人 ( 外 国 報 告 金 融 機 関 等 を 除 きます )で 上 記 fに 掲 げる 法 人 に 類 するもの 及 び 外 国 報 告 金 融 機 関 等 (これらのうち 外 国 ( 報 告 対 象 国 を 除 きます )の 法 令 に 準 拠 して 設 立 された 上 記 ⅰⅳaに 掲 げ る 法 人 に 類 するものを 除 きます ) ( 注 ) 報 告 対 象 国 とは 租 税 条 約 等 の 相 手 国 等 のうち 一 定 の 国 又 は 地 域 をいい( 実 特 法 10の 6 2 一 ) 具 体 的 には 租 税 条 約 等 の 相 手 国 等 のうち 共 通 報 告 基 準 に 従 って 非 居 住 者 に 係 る 金 融 口 座 情 報 の 自 動 的 交 換 を 実 施 す ることについての 税 務 当 局 間 の 合 意 がなされた 国 又 は 地 域 をい い 今 後 この 税 務 当 局 間 の 合 意 を 踏 まえ 順 次 規 定 するこ ととしています h 私 的 独 占 の 禁 止 及 び 公 正 取 引 の 確 保 に 関 する 法 律 第 9 条 第 4 項 第 1 号 に 規 定 する 持 株 会 社 であって 法 令 又 は 定 款 の 規 定 により その 同 条 第 5 項 に 規 定 する 子 会 社 ( 報 告 金 融 機 関 等 を 除 きます )の 経 営 管 理 を 行 うこと 及 びこれに 附 帯 する 業 務 のほか 他 の 業 務 を 営 む ことができないことが 定 められて いるもの i 主 として 上 記 b 又 は に 掲 げ る 関 係 にある 法 人 ( 報 告 金 融 機 関 等 を 除 きます )に 対 する 出 資 融 資 その 他 これらに 準 ずる 取 引 を 行 うことを 業 務 とする 法 人 j 新 規 届 出 書 若 しくは 下 記 2ロイ の 任 意 届 出 書 を 提 出 する 法 人 の 当 該 提 出 の 日 又 は 報 告 金 融 機 関 等 の 下 記 2イロⅱⅰ( 注 )による 法 人 既 存 特 定 取 引 契 約 者 の 確 認 をする 日 を 含 む 事 業 年 度 の 直 前 の 事 業 年 度 (jにおいて 直 前 事 業 年 度 といいます )が 次 に 掲 げる 要 件 の 全 てに 該 当 する 場 合 における 当 該 法 人 又 は 法 人 既 存 特 定 取 引 契 約 者 ( 注 ) 法 人 既 存 特 定 取 引 契 約 者 の 意 義 については 下 記 2イロ ( 注 )を 参 照 してください 直 前 事 業 年 度 の 総 収 入 金 額 の うちに 当 該 直 前 事 業 年 度 の 投 資 関 連 所 得 に 係 る 収 入 金 額 の 占 め る 割 合 が50%に 満 たないこと 直 前 事 業 年 度 終 了 の 時 の 総 資 産 の 額 のうちに 当 該 直 前 事 業 年 度 の 投 資 関 連 所 得 の 基 因 となる 当 該 直 前 事 業 年 度 終 了 の 時 の 資 産 の 額 の 合 計 額 の 占 める 割 合 が 50%に 満 たないこと ( 注 ) 投 資 関 連 所 得 とは 次 に 掲 げる 所 得 をいいます( 実 特 規 16の 9 ) a 所 得 税 法 第 23 条 第 1 項 に 規 定 する 利 子 所 得 b 所 得 税 法 第 24 条 第 1 項 に 規 定 する 配 当 所 得 c 不 動 産 不 動 産 の 上 に 存 する 権 利 船 舶 若 しくは 航 空 機 (cにおいて 不 動 産 等 といいます )の 貸 付 け(その 他 他 人 に 不 動 産 等 を 使 用 させることを 含 みま す ) 又 はその 譲 渡 による 所 得 d 工 業 所 有 権 その 他 の 技 術 に 関 する 権 利 特 別 の 技 術 による 生 産 方 式 若 しくはこ れらに 準 ずるもの 若 しくは 著 作 権 ( 出 版 権 及 び 著 作 隣 接 権 その 他 これに 準 ずるも 637

24 のを 含 みます )の 使 用 料 又 はその 譲 渡 による 所 得 e 有 価 証 券 又 はデリバティ ブ 取 引 に 係 る 権 利 の 譲 渡 に よる 所 得 f 保 険 契 約 又 は 共 済 に 係 る 契 約 に 基 づき 生 ずる 所 得 g 貸 付 金 (これに 準 ずるも のを 含 みます )の 利 子 h 所 得 税 法 第 174 条 第 3 号 から 第 8 号 までに 掲 げる 給 付 補 塡 金 利 息 利 益 又 は 差 益 i 外 国 通 貨 で 表 示 された 預 貯 金 を 本 邦 通 貨 又 は 当 該 外 国 通 貨 以 外 の 外 国 通 貨 に 換 算 することにより 生 ずる 所 得 j 匿 名 組 合 契 約 に 基 づいて 受 ける 利 益 の 分 配 k 上 記 aからjまでに 掲 げ る 所 得 のほか 資 産 の 運 用 保 有 又 は 譲 渡 による 所 得 の うちこれらに 類 するもの ⅱ 実 質 的 支 配 者 の 意 義 実 質 的 支 配 者 とは 法 人 の 事 業 経 営 を 実 質 的 に 支 配 することが 可 能 となる 関 係 にあるものをいい( 実 特 法 10の 5 7 五 ) 具 体 的 には 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 第 4 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 に より 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 施 行 規 則 第 10 条 第 2 項 各 号 に 定 める 者 ( 個 人 に 限 ります ) として 確 認 された 者 とされています ( 実 特 規 16の10) 個 人 に 限 ることと しているのは 共 通 報 告 基 準 上 報 告 対 象 者 となる 実 質 的 支 配 者 が 個 人 に 限 られているためであり 法 人 のよ うな 個 人 でない 者 が 事 業 経 営 を 実 質 的 に 支 配 する 関 係 にある 場 合 は 本 制 度 の 報 告 対 象 者 から 除 外 されていま す ( 参 考 1 ) 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 22 号 )( 抄 ) ( 取 引 時 確 認 等 ) 第 4 条 特 定 事 業 者 ( 第 2 条 第 2 項 第 42 号 に 掲 げる 特 定 事 業 者 ( 第 12 条 において 弁 護 士 等 という )を 除 く 以 下 同 じ )は 顧 客 等 との 間 で 別 表 の 上 欄 に 掲 げる 特 定 事 業 者 の 区 分 に 応 じそれぞれ 同 表 の 中 欄 に 定 める 業 務 ( 以 下 特 定 業 務 とい う )のうち 同 表 の 下 欄 に 定 める 取 引 ( 次 項 第 2 号 において 特 定 取 引 といい 同 項 前 段 に 規 定 する 取 引 に 該 当 するもの を 除 く )を 行 うに 際 しては 主 務 省 令 で 定 める 方 法 により 当 該 顧 客 等 について 次 の 各 号 ( 第 2 条 第 2 項 第 43 号 から 第 46 号 までに 掲 げる 特 定 事 業 者 にあっては 第 1 号 )に 掲 げる 事 項 の 確 認 を 行 わなけ ればならない 一 本 人 特 定 事 項 ( 自 然 人 にあっては 氏 名 住 居 ( 本 邦 内 に 住 居 を 有 しない 外 国 人 で 政 令 で 定 めるものにあっては 主 務 省 令 で 定 める 事 項 ) 及 び 生 年 月 日 をいい 法 人 にあっては 名 称 及 び 本 店 又 は 主 た る 事 務 所 の 所 在 地 をいう 以 下 同 じ ) 二 取 引 を 行 う 目 的 三 当 該 顧 客 等 が 自 然 人 である 場 合 にあ っては 職 業 当 該 顧 客 等 が 法 人 である 場 合 にあっては 事 業 の 内 容 四 当 該 顧 客 等 が 法 人 である 場 合 におい て その 事 業 経 営 を 実 質 的 に 支 配 する ことが 可 能 となる 関 係 にあるものとし て 主 務 省 令 で 定 める 者 があるときにあ っては その 者 の 本 人 特 定 事 項 2 特 定 事 業 者 は 顧 客 等 との 間 で 特 定 業 務 のうち 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 す る 取 引 を 行 うに 際 しては 主 務 省 令 で 定 めるところにより 当 該 顧 客 等 について 638

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 27 年 1 月 14 日 閣 議 決 定 ) k 主 な 改 正 内 容 k l 相 続 税 節 税 にも 有 効! 若 年 層 への 資 産 移 転 スムーズに 結 婚 子 育 て 資 金 一 括 贈 与 の 非 課 税 措 置 の 創 設 など l 法 人 税 率 引 下 げ! 各 租 税 特 別 措 置 も 拡 充 所 得 拡 大 促

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 はじめに 平 成 25 年 度 税 制 改 正 では 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 成 長 と 富 の 創 出 の 好 循 環 を 実 現 する 等 の 観 点 から 生 産 等 設 備 投 資 促 進

租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 はじめに 平 成 25 年 度 税 制 改 正 では 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 成 長 と 富 の 創 出 の 好 循 環 を 実 現 する 等 の 観 点 から 生 産 等 設 備 投 資 促 進 租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 目 一 相 続 税 贈 与 税 の 見 直 し 583 Ⅰ 小 規 模 宅 地 等 についての 相 続 税 の 課 税 価 格 の 計 算 の 特 例 の 改 正 583 Ⅱ 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 税 率 の 特 例 及 び 相 続 時 精 算 課 税 の 特 例 の

More information

03_所得税法等_保険

03_所得税法等_保険 相 続 税 法 等 の 改 正 所 得 税 法 等 ( 生 命 保 険 料 控 除 寄 附 金 控 除 等 )の 改 正 目 一 生 命 保 険 料 控 除 の 改 組 75 二 寄 附 金 控 除 制 度 の 改 正 85 三 政 治 活 動 に 関 する 寄 附 をした 場 合 の 寄 附 金 控 除 の 特 例 又 は 所 得 税 額 の 特 別 控 除 制 度 の 改 正 87 四 オリンピック

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9 地 方 税 法 等 の 改 正 目 一 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 924 二 平 成 27 年 度 の 地 方 税 収 見 込 み 928 三 個 人 住 民 税 932 四 地 方 法 人 課 税 ( 法 人 住 民 税 法 人 事 業 税 ) 945 五 地 方 消 費 税 949 六 自 動 車 取 得 税 952 七 軽 自 動 車 税 961 次 八 軽 油 引 取 税

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

平成21年度税制改正について

平成21年度税制改正について 相 続 税 法 等 の 改 正 所 得 税 関 係 のその 他 の 改 正 目 一 特 定 退 職 金 共 済 制 度 の 改 正 185 二 家 事 関 連 費 等 の 必 要 経 費 不 算 入 制 度 の 改 正 188 三 電 子 証 明 書 を 有 する 個 人 の 電 子 情 報 処 理 組 織 による 申 告 に 係 る 所 得 税 額 の 特 別 控 除 制 度 の 改 正 190

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な 復 興 特 別 法 人 あらまし 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 する ために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 関 係 平 成 24 3 月 国 庁 平 成 23 12 月 2 日 に 公 布 された 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

平 成 25 年 3 月 改 正 この 点 私 学 入 学 のケースなど 長 期 間 に 多 額 の 支 出 が 見 込 まれる 場 合 も 多 いのですが そ の 資 金 を 一 括 して 贈 与 した 場 合 例 えばその 年 の 授 業 料 など 都 度 贈 与 に 当 たるものは 非 課 税

平 成 25 年 3 月 改 正 この 点 私 学 入 学 のケースなど 長 期 間 に 多 額 の 支 出 が 見 込 まれる 場 合 も 多 いのですが そ の 資 金 を 一 括 して 贈 与 した 場 合 例 えばその 年 の 授 業 料 など 都 度 贈 与 に 当 たるものは 非 課 税 租 税 特 別 措 置 法 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 目 一 直 系 尊 属 から 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 非 課 税 措 置 の 創 設 281 1 制 度 創 設 の 背 景 281 次 2 制 度 の 具 体 的 内 容 282 3 適 用 関 係 305 一 直 系 尊 属 から 教 育 資 金 の 一 括 贈 与

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

論叢本文

論叢本文 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 に 向 けての 論 点 と 在 り 方 原 武 彦 税 務 大 学 校 研 究 部 教 授 120 要 約 1 研 究 の 目 的 ( 問 題 の 所 在 ) 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 ( 本 要 約 において 以 下 一 体 化 という )は 更 に 推 進 することとされていることから 今 後 一 体 化 を 進 めるに 当 たっての 論 点

More information

Japan Tax Newsletter

Japan Tax Newsletter Japan Tax Newsletter 税 理 士 法 人 トーマツ 2015 年 1 月 臨 時 号 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 概 要 1 法 人 税 率 の 引 下 げ P. 2 2 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 等 P. 2 3 欠 損 金 の 繰 越 控 除 制 度 等 の 見 直 し P. 3 4 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切 別 表 一 ( 一 ) 及 び 別 表 一 ( 一 ) 次 葉 普 通 ( 特 定 医 療 を 除 く ) 一 般 社 団 等 及 び 格 ない 社 団 等 分 申 告 書 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 以 後 開 始 事 業 年 度 等 用 ) 1 こ 表 用 途 こ 表 は 普 通 ( 措 置 第 67 条 2 第 1 項 ( 特 定 医 療 率 特 例 )) 規 定 により 承 認

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報】図解・平成27年度税制改正大綱(1月6日時点).pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報】図解・平成27年度税制改正大綱(1月6日時点).pptx 図 解 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 税 理 士 法 人 名 南 経 営 平 成 27 年 1 月 6 日 時 点 情 報 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 医 療 用 機 器 等 の 特 別 償 却 制 度 の 延 長 縮 減 ふるさと 納 税 制 度 の 拡 充 等 NISA( 少 額 投 資 非

More information

資    料 (法人課税)

資    料 (法人課税) 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 際 課 税 関 係 ) 1 外 国 税 額 控 除 制 度 の 適 正 化 外 国 税 額 控 除 制 度 は 国 際 的 二 重 課 税 を 排 除 するために 外 国 で 納 付 した 外 国 税 額 を 国 外 所 得 に 対 しわが 国 で 納 付 すべき 法 人 の 税 額 ( 控 除 限 度 額 )の 範 囲 内 で 控 除

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

所 得 税 法 ( 特 定 支 出 控 除 制 度 の 拡 充 退 職 所 得 課 税 の 見 直 し 等 )の 改 正 5 単 身 赴 任 者 の 往 復 旅 費 する 書 類 を 申 告 書 等 に 添 付 するか 又 はその 提 出 転 任 に 伴 い 生 計 を 一 にする 配 偶 者 等

所 得 税 法 ( 特 定 支 出 控 除 制 度 の 拡 充 退 職 所 得 課 税 の 見 直 し 等 )の 改 正 5 単 身 赴 任 者 の 往 復 旅 費 する 書 類 を 申 告 書 等 に 添 付 するか 又 はその 提 出 転 任 に 伴 い 生 計 を 一 にする 配 偶 者 等 所 得 税 法 ( 特 定 支 出 控 除 制 度 の 拡 充 退 職 所 得 課 税 の 見 直 し 等 ) の 改 正 目 一 特 定 支 出 控 除 制 度 の 拡 充 252 二 退 職 所 得 課 税 の 見 直 し 257 三 源 泉 徴 収 に 係 る 所 得 税 の 納 期 に 関 する 特 例 の 改 正 266 四 外 国 親 会 社 等 が 国 内 の 役 員 等 に 供 与

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 逐 条 解 説 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 < 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 いよいよ 適 用 開 始 投 信 制 度 改 革 目 論 見 書 運 用 報 告 書 などの 見 直 し 手 数 料 情 報 リスク 情 報 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 2014 年 12 月 8 日 全 15 頁 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2014 年 12 月 1 日 から 一 連 の 投 信 制 度

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

マイナンバー制度と企業の実務対応

マイナンバー制度と企業の実務対応 マイナンバー 制 度 と 企 業 の 実 務 対 応 2014 年 11 10 株 式 会 社 富 通 総 研 経 済 研 究 所 主 席 研 究 員 榎 並 利 博 迫 るマイナンバー 対 応 2015 年 10 から 番 号 通 知 2016 年 1 から 番 号 利 開 始 マイナンバー 法 とは 1 1.マイナンバー 法 とは マイナンバー 法 の 構 成 基 本 理 念 個 番 号 個 番

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information