1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ

Size: px
Start display at page:

Download "1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ"

Transcription

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れの 概 要 平 成 24 年 6 月 19 日 1

2 1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとされている 一 方, 受 入 れ 国 における 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れは, 近 年, 概 ね7 万 人 前 後 で 推 移 しており, 平 成 22 年 の 受 入 れ 実 績 は 下 表 のとおりとなっている 国 名 出 国 数 国 名 出 国 数 米 国 54,077 人 チェコ 48 人 カナダ 6,706 人 ルーマニア 38 人 豪 州 5,636 人 ブラジル 28 人 スウェーデン 1,789 人 日 本 (パイロットケース) 27 人 ノルウェー 1,088 人 ポルトガル 24 人 英 国 695 人 アルゼンチン 23 人 フィンランド 543 人 アイルランド 20 人 ニュージーランド 535 人 ウルグアイ 17 人 オランダ 430 人 パラグアイ 13 人 デンマーク 386 人 チリ 6 人 フランス 217 人 アイスランド 6 人 合 計 72,352 人 ( 注 )1 UNHCRの 資 料 に 基 づく 難 民 受 入 れ 国 別 の 第 一 次 庇 護 国 からの 難 民 出 国 数 ( 平 成 22 年 ) 2 正 式 な 第 三 国 定 住 プログラムにより 平 成 22 年 に 難 民 を 受 入 れた22か 国 について 計 上 正 式 な 第 三 国 定 住 プログラムではないものの,ドイツ,イタリア 等 の 国 が, 平 成 22 年 に562 人 の 難 民 を 受 け 入 れている( 本 表 に 計 上 した72,352 人 との 合 計 は72,914 人 ) 2

3 ( 参 考 ) 第 三 国 定 住 難 民 の 難 民 発 生 国 から 第 一 次 庇 護 国 への 移 動 の 状 況 ( 難 民 発 生 国 別 ) 第 三 国 定 住 による 難 民 出 国 数 ( 平 成 22 年 ) ( 第 一 次 庇 護 国 別 ) 第 三 国 定 住 による 難 民 出 国 数 ( 平 成 22 年 ) ミャンマー 19,436 人 イラク 16,014 人 ブータン 14,809 人 ソマリア 5,391 人 コンゴ 民 主 4,510 人 エリトリア 3,316 人 パレスチナ 1,489 人 アフガニスタン 1,378 人 イラン 1,328 人 エチオピア 1,211 人 その 他 4,032 人 合 計 72,914 人 ネパール 14,819 人 タイ 11,417 人 マレーシア 7,955 人 シリア 7,213 人 トルコ 5,335 人 ケニア 3,773 人 ヨルダン 3,630 人 エチオピア 3,098 人 タンザニア 2,668 人 レバノン 2,018 人 その 他 10,988 人 合 計 72,914 人 ( 注 )UNHCRの 資 料 に 基 づき, 作 成 矢 印 は, 第 一 次 庇 護 国 への 主 な 難 民 の 移 動 を 示 す 3

4 (2) 主 な 受 入 れ 国 の 受 入 れ 対 象 難 民 ア 受 入 れ 難 民 の 出 身 国 及 び 人 数 アイルランド 2011 年 実 績 スーダン 24 人 エリトリア 10 人 英 国 2011 年 実 績 エチオピア 145 人 コンゴ( 民 )119 人 ソマリア 93 人 イラク 75 人 オランダ 2010 年 実 績 イラク 125 人 ブータン 46 人 エリトリア 33 人 ラオス 33 人 カンボジア 12 人 アフガニスタン 10 人 イラン 8 人 ルワンダ 7 人 セネガル 7 人 デンマーク 直 近 1 年 間 の 実 績 コンゴ( 民 ) 154 人 ブータン 147 人 ミャンマー 140 人 エリトリア 29 人 コンゴ 12 人 ソマリア 11 人 エチオピア 7 人 スーダン 4 人 パレスチナ 3 人 コロンビア 2 人 オーストラリア 年 度 実 績 ミャンマー 1,393 人 イラク 1,114 人 ブータン 1,001 人 コンゴ( 民 ) 514 人 アフガニスタン 423 人 エチオピア 297 人 ソマリア 144 人 イラン 141 人 スリランカ 78 人 スーダン 61 人 ( 以 下 略 ) スウェーデン 2011 年 実 績 ソマリア 584 人 アフガニスタン404 人 エリトリア 373 人 エチオピア 147 人 スーダン 89 人 コンゴ( 民 ) 69 人 ビルマ 58 人 イラン 32 人 ナミビア 18 人 ニュージーランド 年 度 実 績 ミャンマー 230 人 ブータン 117 人 コロンビア 96 人 ブルンジ 12 人 スリランカ 12 人 エクアドル 10 人 イラク 7 人 コンゴ( 民 ) 6 人 アフガニスタン 5 人 エチオピア 5 人 ( 以 下 略 ) カナダ 2011 年 実 績 イラク 2,107 人 ブータン 1,874 人 ソマリア 594 人 イラン 412 人 コンゴ( 民 ) 392 人 コロンビア 362 人 エチオピア 327 人 アフガニスタン255 人 ミャンマー 238 人 エリトリア 180 人 ( 以 下 略 ) 米 国 2010 年 度 実 績 イラク 18,016 人 ミャンマー 16,693 人 ブータン 12,363 人 ソマリア 4,884 人 キューバ 4,818 人 イラン 3,543 人 コンゴ( 民 ) 3,174 人 エリトリア 2,570 人 パレスチナ 1,053 人 ベトナム 891 人 ( 以 下 略 ) 4

5 イ 受 入 れ 単 位 ( 家 族 又 は 単 身 者 ) 家 族 単 位 での 受 入 れがほとんどを 占 める 国 もある 一 方 で, 単 身 者 単 位 での 受 入 れが 半 数 程 度 に 及 ぶ 国 もみられる 家 族 の 定 義 は, 国 によって 様 々であるが, 単 身 者 の 受 入 れ 条 件 を 具 体 的 に 設 定 している 国 は 少 ない 国 名 家 族 単 位 及 び 単 身 者 単 位 での 受 入 れの 割 合 家 族 の 定 義 単 身 者 の 受 入 れ 条 件 オーストラリア ビクトリア 州 の2012 年 1 ( 必 ずしも 条 件 は 付 していない ) 月 ~3 月 の 実 績 の 場 合, 単 身 者 のみは46.6% ニュージーランド 主 に 家 族 単 位 ( 必 ずしも 条 件 は 付 していない ) 米 国 世 帯 主 が 単 身 ( 子 等 の 扶 養 家 族 受 入 れ 難 民 の 配 偶 者 及 び 未 婚 かつ21 歳 未 満 の 子 ( 必 ずしも 条 件 は 付 していない ) を 有 する 場 合 を 含 む )である 割 合 は,50% 前 後 (これ 以 外 の 親 族 も 個 別 の 事 情 により 考 慮 ) カナダ 単 身 ( 成 人 ):43% ( 必 ずしも 条 件 は 付 していない ) 単 身 ( 成 人 )と 子 ども:11% 夫 婦 ( 成 人 ):8% 夫 婦 ( 成 人 )と 子 ども:26% アイルランド 主 に 家 族 単 位 1 受 入 れ 難 民 が 結 婚 している 場 合,その 配 偶 者 2 受 入 れ 難 民 が18 歳 未 満 で 未 婚 の 場 合,その 両 親 3 受 入 れ 難 民 の18 歳 未 満 で 未 婚 の 子 単 身 の 高 齢 者, 単 身 の 未 成 年 者 (1 8 歳 未 満 ) 及 び 公 共 の 保 健 や 公 的 秩 序 を 脅 かすおそれのある 者 は 受 け 入 れていない 英 国 95% 程 度 は 家 族 単 位 中 心 となる 申 請 者 に1 人 以 上 付 随 している 親 族 グ ( 必 ずしも 条 件 は 付 していない ) ループ スウェーデン 2011 年 受 入 れ634 件 2, 配 偶 者 ( 事 実 婚 を 含 む ) 及 び18 歳 未 満 の 子 ( 必 ずしも 条 件 は 付 していない ) 020 人 中,261 件 が 単 身 者 デンマーク 不 詳 であるが, 両 方 受 け 入 れて おり, 比 較 的 家 族 単 位 が 多 い 両 親 と18 歳 以 下 の 子 高 齢 の 扶 養 家 族 がいる 場 合 は 人 道 上 の 観 点 から 家 族 に 含 めることがある ( 必 ずしも 条 件 は 付 していない ) 5

6 ウ 障 害 者 の 受 入 れ 及 び 経 済 的 自 立 可 能 性 の 考 慮 の 有 無 障 害 者 の 受 入 れ 数 に 係 る 統 計 を 有 する 国 はないが, 医 療 の 必 要 性 がある 者 に 関 し 一 定 の 受 入 れ 枠 を 設 定 している 国 がみられる 経 済 的 自 立 可 能 性 に 関 しては, 入 国 後 の 自 立 を 重 視 する 国 がある 一 方 で, 保 護 の 必 要 性 の 観 点 のみにより 選 考 する 国 もみられる 国 名 障 害 者 の 受 入 れの 有 無 経 済 的 自 立 可 能 性 の 考 慮 の 有 無 オーストラリア 存 在 するが, 人 数 は 統 計 がなく 不 詳 経 済 的 自 立 を 前 提 に 受 け 入 れているが, 選 考 の 際 にその 可 能 性 を 考 慮 するわけではない ニュージーランド 受 入 れ 枠 750 人 中,10%は 医 療 の 必 要 性 がある 者 又 は 障 害 者 とされている 考 慮 していない 米 国 統 計 がなく 不 詳 考 慮 していないが, 米 国 の 定 住 支 援 の 最 大 目 標 は,できる 限 り 早 期 に 自 立 を 実 現 すること カナダ 統 計 がなく 不 詳 一 定 の 考 慮 をしている(おおむね 入 国 後 3~5 年 で 経 済 的 に 自 立 できることが 目 安 ) アイルランド 障 害 者 との 定 義 ではなく, 医 療 の 必 要 性 がある 者 を 年 間 5 名 程 度 まで 受 入 れ 考 慮 していない 英 国 ( 正 確 な 統 計 はないが)2% 程 度 選 考 基 準 は 非 公 開 であるため 不 詳 であるが, 受 入 れ 後 は 自 立 を 促 している オランダ 不 詳 であるが, 医 療 の 必 要 性 がある 者 について 年 間 30 人 の 受 入 れ 枠 がある 2005 年 から 選 考 時 に 統 合 可 能 性 を 考 慮 ( 言 語 習 得 の 意 欲, 生 計 のための 就 労 経 験, 社 会 適 応 の 意 欲 等 ) しかし, 選 考 時 のこれらの 審 査 は 難 しく,2005 年 から2008 年 までの 間 でこれにより 受 入 れを 拒 否 した 者 は2 名 のみ スウェーデン 存 在 するが, 人 数 は 統 計 がなく 不 詳 考 慮 していない デンマーク 不 詳 であるが, 医 療 の 必 要 性 がある 者 を 毎 年 約 30 人 受 け 入 れている 考 慮 していない 6

7 ( 参 考 )UNHCRの 第 三 国 定 住 対 象 者 カテゴリ 別 の 第 一 次 庇 護 国 からの 難 民 出 国 数 ( 平 成 22 年 ) 基 準 出 国 数 法 的 又 は 身 体 的 保 護 の 必 要 性 がある 者 予 見 可 能 な 代 替 恒 久 的 解 決 案 が 欠 如 している 者 暴 力 又 は 拷 問 を 生 き 延 びた 者 危 険 に 瀕 する 女 性 と 少 女 医 療 の 必 要 性 がある 者 家 族 の 再 統 合 危 険 に 瀕 する 子 どもや 若 者 高 齢 の 難 民 その 他 合 計 ( 注 ) UNHCRの 資 料 に 基 づくUNHCRの 第 三 国 定 住 対 象 者 カテゴリ 別 の 第 一 次 庇 護 国 からの 難 民 出 国 数 ( 平 成 22 年 ) 31,837 人 21,782 人 10,215 人 5,357 人 2,447 人 562 人 370 人 321 人 23 人 72,914 人 7

8 2 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 に 対 する 支 援 内 容 (1) 中 央 省 庁 における 予 算 措 置 日 本 の 場 合,おおむね 難 民 1 人 当 たり 約 450 万 円 の 中 央 省 庁 における 予 算 措 置 がされているが, 例 えば,ニュージーランド では 約 490 万 円, 米 国 では 約 110 万 円,カナダでは 約 80 万 円,スウェーデンでは 約 240 万 円 となっている 国 名 オーストラリア ニュージーランド 米 国 カナダ 予 算 総 額 ( 難 民 1 人 当 たり 予 算 額 ) 約 5 億 4,513 万 豪 ドル ( 約 3,792 豪 ドル) 年 度 の 移 民 市 民 権 省 の 難 民 人 道 支 援 及 び 移 民 難 民 に 対 する 定 住 支 援 サービス に 係 る 予 算 を 合 算 したもの 約 5,800 万 NZドル ( 約 7 万 7 千 NZドル) 年 度 約 億 米 ドル ( 約 1.4 万 米 ドル) 2012 年 度 5,500 万 加 ドル 程 度 ( 約 1 万 加 ドル 程 度 ) 予 算 策 定 の 際 の 参 考 数 値 地 方 自 治 体,NGOその 他 の 団 体 に 対 する 財 政 支 援 年 度 では, 国 際 移 住 機 関 (IOM)に76.2 万 豪 ドル, 豪 州 赤 十 字 に1,0 62 万 豪 ドル( 難 民 希 望 者 支 援 スキーム), 豪 州 難 民 評 議 会 に14 万 豪 ドルなど 定 住 助 成 金 プログラム(Settlement Grants Program, SGP)には, 年 度 でおよそ3,90 0 万 豪 ドルが 計 上 されている NZ 難 民 サービス が 定 住 センターで 行 う6 週 間 のオリエンテーション, 訓 練 研 修 活 動 及 びそれ 以 降 12か 月 のコミュニティー 内 支 援 活 動 に 係 る 経 費 に 対 し,2010 年 度 は, 政 府 か ら 約 416 万 NZドルを 補 助 金 として 交 付 ( 同 団 体 の 総 収 入 の 約 75%に 相 当 ) この 他 難 民 に 対 する 英 語 教 育 や 精 神 衛 生 支 援 等 に 対 して 教 育 省 等 の 省 庁 が 関 連 のNGOに 補 助 金 を 交 付 国 務 省 人 口 難 民 移 住 局 ( 連 邦 政 府 )からボランティア 支 援 団 体 (NGO)に 対 し,1ボ ランティア 支 援 団 体 が 毎 年 提 出 する 提 案 書 にしたがって 支 援 団 体 本 部 に 配 分 する 予 算 及 び2 難 民 1 人 あたり1,850ドルの 予 算 を 支 給 (これら 及 び 入 国 前 プログラム 等 を 合 わせた 同 局 の 予 算 規 模 は2012 年 度 4.15 億 ドル) 保 健 福 祉 省 難 民 再 定 住 部 ( 連 邦 政 府 )からの 予 算 のほとんどは 各 州 政 府 に 配 分 され,その 大 部 分 は 州 政 府 からボランティア 支 援 機 関 等 に 配 布 ( 予 算 規 模 は2012 年 度 約 7.3 億 ドル) 連 邦 政 府 ( 市 民 権 移 民 省 )は, 政 府 支 援 難 民 に 対 するサービスを 提 供 するNGO(サービ ス 提 供 機 関 )に 対 し, 合 計 で 年 間 約 15 百 万 加 ドルの 助 成 金 を 支 出 している 他 方, 連 邦 政 府 は, 難 民 受 入 れの 目 的 では 地 方 自 治 体 に 財 政 支 援 を 行 っていない 8

9 アイルランド 第 三 国 定 住 に 係 る 特 定 の 予 算 配 分 はなく, 関 係 省 庁 の 既 存 の 予 算 から 捻 出 英 国 非 公 開 のため 不 詳 中 央 政 府 による 地 方 自 治 体,NGOその 他 団 体 に 対 する 財 政 支 援 あり 英 国 政 府 の 第 三 国 定 住 プログラムである ゲートウェイ 保 護 計 画 には,2011 年 の 段 階 で, 主 管 官 庁 である UKBA のほか, 政 府 機 関 である 雇 用 年 金 省, 保 健 省, 教 育 省,15の 地 方 自 治 体,8つの 民 間 支 援 団 体 が 参 加 しており,UKBA が 受 入 れを 決 定 した 難 民 は, 地 方 自 治 体 が 管 轄 地 域 内 に 受 入 れ, 民 間 支 援 団 体 (NGO)との 協 同 連 携 による1 年 間 の 定 住 支 援 を 受 ける スウェーデン 約 3 億 9 千 万 スウェーデ ンクローネ ( 約 19 万 7 千 スウェー デンクローネ) 左 記 のうち, 約 3 億 7,544 万 スウェーデンクローネは, 地 方 自 治 体 への 補 助 金 ( 残 り1, 650 万 スウェーデンクローネは, 移 送 費 や 行 政 事 務 費 ) 法 務 省 所 管 の 移 民 庁 (Mgrationsverket)との 契 約 により, 難 民 を 受 入 れることとなった 市 に 対 しては,2 年 間 の 生 活 支 援 に 必 要 な 費 用 について, 補 助 金 が 支 給 される 2012 年 度 デンマーク 統 計 がなく 不 詳 デンマーク 移 民 統 合 法 の 規 定 により, 難 民 の 受 入 れ 過 程 は 法 務 省 や 社 会 統 合 省 が 責 任 を 負 っ ているが, 定 住 過 程 については 地 方 自 治 体 が 責 任 を 持 つこととなっており( 受 け 入 れた 難 民 の 数 に 応 じて 政 府 から 定 額 の 資 金 援 助 を 受 ける ), 通 常, 各 自 治 体 は3 年 間 の 定 住 プログラムを 実 施 している ( 参 考 1) 日 本 (パイロットケース)では, 政 府 予 算 は 約 1 億 3,500 万 円 ( 注 )であり, 年 間 約 30 人 を 受 け 入 れる 場 合, 難 民 1 人 当 たり 予 算 額 は 約 4 50 万 円 となる ( 注 ) 平 成 23 年 度 の 外 務 省, 文 化 庁 及 び 厚 生 労 働 省 の 委 託 費 予 算 であり, 一 部 に 条 約 難 民 の 定 住 支 援 に 関 する 予 算 を 含 む また, 定 住 支 援 施 設 の 手 当 に 係 る 予 算 は 含 まれていない ( 参 考 2) 1 豪 ドル:83 円,1NZドル:64 円,1 米 ドル:81 円,1 加 ドル:82 円,1ユーロ:112 円,1ポンド:129 円,1スウェーデンク ローネ:12 円,1デンマーククローネ:15 円 (いずれも 支 出 官 レート( 平 成 23 年 12 月 28 日 財 務 省 告 示 第 416 号 )による ) 9

10 (2) 中 央 省 庁 による 第 三 国 定 住 難 民 への 生 活 支 援 日 本 ( 当 初 の180 日 間 )では, 収 入 補 助 等 として, 月 額 約 4 万 5 千 円 の 生 活 費 支 給, 住 居 ( 受 託 団 体 が 手 当 1 世 帯 当 たり 家 賃 12 万 円 前 後 )への 入 居 等 の 支 援 や, 一 時 金 ( 約 15 万 7 千 円 )の 支 給 などの 支 援 がある 諸 外 国 では, 例 えば,カナダで は, 月 額 約 6 万 3 千 円 の 支 給 や, 一 時 金 ( 約 15 万 円 )の 支 給 などの 収 入 補 助 がある 支 援 期 間 は,おおむね1 年 間 前 後 としている 国 が 多 く(オーストラリア,ニュージーランド,カナダ, 英 国 など),その 後 の 支 援 は, 一 般 国 民 と 同 様 に 受 けられる 社 会 保 障 の 枠 組 みの 中 で 行 われる 国 名 難 民 を 対 象 とした 生 活 支 援 一 般 国 民 と 同 様 に 受 けられる 生 活 支 援 オーストラリア 入 国 後 12か 月 まで, 入 国 当 初 の 集 中 的 な 支 援 として, 移 民 市 民 権 省 と 契 約 した 民 間 団 体 (サービスプロバイダー) が, 空 港 への 出 迎 え,オリエンテーション, 衣 料 品 などの 手 当, 住 居 ( 自 宅 )を 探 す 手 伝 いや 家 具 等 の 提 供, 拷 問 や 心 的 外 傷 に 関 するカウンセリングサービスなどを 実 施 例 えば, 失 業 者 手 当 は 単 身 者 で 最 高 2 週 間 当 たり 豪 ドル この 他 にも 各 種 手 当 ( 障 害 者 手 当 や 年 金 など) を 受 ける 権 利 がある 受 給 期 限 なし 政 府 の 社 会 保 障 制 度 を 通 じた 財 政 支 援 が 基 本 であるが,コ ミュニティーが 寄 付 金 により 移 転 費 等 を 賄 うケースやNG Oによる 移 転 支 援 等 があることもある ニュージーランド 米 国 マンゲレ 難 民 定 住 センターで6 週 間 の 集 中 オリエンテー ション プログラムが 実 施 されるほか, 自 立 促 進 支 援 として, 最 初 の12か 月, 各 種 相 談,モニタリング 等 が 実 施 される 受 入 れ 配 置 プログラム(RPP) により30 日 ~9 0 日 の 基 本 的 ニーズ( 住 宅, 生 活 用 品 など)が 提 供 され, 直 接 支 援 費 1 人 当 たり1,125 米 ドル 支 給 ( 一 時 金 ) 右 記 TANFに 適 合 しない 難 民 ( 単 身 や 子 のない 夫 婦 )に 難 民 金 銭 扶 助 (RCA)を 支 給 ( 最 長 8か 月 額 は 州 によっ て 異 なり 単 身 の 大 人 1 人 当 たり 約 80~ 約 540 米 ドル) 社 会 保 険 事 務 所 が 個 別 にインタビューを 行 い, 経 済 的 支 援 ニーズを 特 定 の 上, 定 住 先 において, 失 業 保 険, 疾 病 休 業 保 険, 障 害 者 年 金 等 の 多 様 な 社 会 保 障 スキームから 支 援 が 行 わ れる 例 えば, 失 業 及 び 疾 病 休 業 の 場 合,25 歳 以 上 の 単 身 者 は 税 引 き 後 最 高 週 当 たり204.96NZドル, 夫 婦 の 場 合 子 どもの 有 無 を 問 わず 同 NZドル 受 給 期 限 なし この 他, 当 初 の 衣 料 品, 生 活 必 需 品 購 入 等 の 生 活 立 ち 上 げ 支 援 として 社 会 保 険 事 務 所 から 再 出 発 一 時 金 として 成 人 1 人 当 たり1,200NZドルが 給 付 される 場 合 がある 一 定 の 要 件 に 適 合 する 難 民 に 対 し, 貧 困 家 庭 一 時 扶 助 (T ANF 受 給 期 限 は 州 によって 異 なり2~5 年 間 支 給 額 は 州 によって 異 なり3 人 家 族 当 たり 約 170~1,000 米 ド ル) このほか, 補 助 的 栄 養 支 援 プログラム(SNAP い わゆるフードスタンプ)がある 10

11 カナダ 定 住 支 援 プログラム(RAP)を 最 長 12か 月 提 供 定 住 先 により 異 なるが, 例 えばトロント 市 在 住 であれば 収 入 補 助 として 単 身 者 1 人 当 たり 月 額 768 加 ドル 支 給 ( 政 府 と 民 間 の 共 同 支 援 プログラム 対 象 者 は 最 長 24か 月 ) この 他, 一 時 金 として 以 下 のものがある 食 品 等 購 入 費 175 加 ドル 必 需 品 購 入 費 1,330 加 ドル 被 服 費 325 加 ドル 12か 月 を 経 過 した 後 は, 難 民 も 一 般 のカナダ 人 と 同 様, 必 要 に 応 じて 社 会 保 障 給 付 を 受 けることができる アイルランド 第 三 国 定 住 難 民 は,アイルランド 国 民 と 同 じ 基 準 で, 所 得 支 援, 失 業 手 当, 身 体 障 害 者 手 当, 国 民 年 金 等 を 申 請 するこ とができる 具 体 的 支 給 額 は 個 別 ケースごとに 異 なる 受 給 期 限 は,スキームごとに 異 なる 英 国 ゲートウェイ 保 護 計 画 (GPP) に 基 づき, 地 方 自 治 体 及 び 民 間 支 援 団 体 が1 年 間 の 定 住 支 援 を 実 施 収 入 補 助 の 金 額 は 非 公 開 のため 不 詳 期 限 の 延 長 はない 難 民 が 住 居 の 賃 貸 契 約 を 行 うに 当 たって, 経 済 的 に 支 払 い が 困 難 な 場 合, 地 方 自 治 体 から 資 金 援 助 ( 一 時 金 )が 行 われ るが, 金 額 は 不 定 1 年 間 の 定 住 支 援 終 了 後 は, 通 常 の 社 会 保 障 制 度 により 支 援 を 受 けることができる スウェーデン 収 入 補 助 として 月 当 たり6,776スウェーデンクローネ が 市 から 支 給 される 受 給 期 限 は2 年 間 であり, 延 長 はない 生 活 の 立 ち 上 げに 必 要 な 物 又 は 一 時 金 の 支 給 については, 受 入 れ 市 及 び 各 難 民 の 個 別 事 情 により 異 なる 2 年 間 の 支 援 期 間 中 において, 各 難 民 の 個 別 事 情 により 市 が 一 般 の 社 会 保 障 制 度 の 枠 組 みの 中 で 別 途 支 援 措 置 を 講 ずることもある デンマーク 地 方 自 治 体 が, 政 府 の 財 政 支 援 を 受 けて 実 施 収 入 補 助 の 受 給 期 限 は 難 民 の 定 住 期 間 とされている3 年 間 難 民 の 定 住 期 間 とされている3 年 間 を 超 えた 時 点 から, 当 該 難 民 は 一 般 の 社 会 保 障 制 度 の 対 象 となる ( 参 考 1) 日 本 (パイロットケース)では, 難 民 は, 収 入 補 助 として, 約 180 日 間 の 定 住 支 援 プログラム 期 間 中, 生 活 援 助 費 ( 日 額 1,500 円 ), 医 療 費 ( 実 費 ) 等 を 受 給 でき,また, 同 プログラム 修 了 時 には, 定 住 手 当 として 一 時 金 ( 約 15 万 7 千 円 ) 等 を 受 給 できる さらに, 同 プログラム 修 了 後 6か 月 間, 職 場 適 応 訓 練 を 受 講 ( 難 民 は, 基 本 手 当 ( 日 額 3,530 円 ~4,310 円 ), 受 講 手 当 ( 日 額 700 円 ) 等 を 受 給 ) 等 できる ( 参 考 2) 1 豪 ドル:83 円,1NZドル:64 円,1 米 ドル:81 円,1 加 ドル:82 円,1ユーロ:112 円,1ポンド:129 円,1スウェーデンク ローネ:12 円,1デンマーククローネ:15 円 (いずれも 支 出 官 レート( 平 成 23 年 12 月 28 日 財 務 省 告 示 第 416 号 )による ) 11

12 (3) 定 住 支 援 の 主 な 実 施 主 体 多 くの 国 で, 民 間 団 体 が, 政 府 等 からの 委 託 や 補 助 を 受 けて 定 住 支 援 を 実 施 している 北 欧 諸 国 では, 地 方 自 治 体 が 定 住 支 援 の 主 な 実 施 主 体 であり 民 間 団 体 の 関 与 が 少 ないことが 特 徴 となっている 国 名 主 要 主 管 省 庁 主 要 実 施 主 体 摘 要 オーストラリア 移 民 市 民 権 省 民 間 団 体 サービスプロバイダーと 呼 ばれる 民 間 団 体 が, 企 画 競 争 によって 選 定 され, 移 民 市 民 権 省 との 契 約 に 基 づいて 各 種 サービスの 提 供 を 実 施 ニュージーランド 労 働 省 民 間 団 体 政 府 が 資 金 拠 出 を 行 う NZ 難 民 サービス が6 都 市 に 事 務 所 を 設 置 し 各 種 サー ビスの 提 供 を 実 施 米 国 国 務 省, 保 健 福 祉 省 民 間 団 体 全 米 にネットワークを 持 つ 再 定 住 機 関 (ボランティア 支 援 機 関 )が, 政 府 予 算 の みならず, 自 己 資 金 又 は 現 物 による 補 完 を 行 いつつ, 難 民 入 国 後 30 日 間 (90 日 間 まで 延 長 可 能 )の 支 援 プログラムを 実 施 カナダ 市 民 権 移 民 省 民 間 団 体 サービス 提 供 機 関 ( 宗 教 団 体, 民 族 グループ, 女 性 団 体 等 の 民 間 団 体 約 30 団 体 )が, 企 画 競 争 の 形 式 で 選 定 され, 政 府 との2 年 間 の 取 極 めを 交 わすことにより 補 助 金 を 受 け, 具 体 的 な 定 住 支 援 サービスの 提 供 を 実 施 アイルランド 司 法 平 等 省 地 方 自 治 体 県 議 会 が, 地 方 レベルでの 第 三 国 定 住 のための 関 係 機 関 によるワーキング グル ープを 設 置 し, 難 民 がすべてのサービスを 適 切 に 受 けられることを 確 保 する 英 国 内 務 省 国 境 庁 地 方 自 治 体, 民 間 団 体 ゲートウェイ 保 護 計 画 に 参 加 する15 地 方 自 治 体 が, 内 務 省 国 境 庁 から 拠 出 される 予 算 の 下,8 民 間 支 援 団 体 との 協 働 連 携 により,1 年 間 の 定 住 支 援 を 行 う 地 方 自 治 体 が 主 導 する 場 合 もあれば, 民 間 支 援 団 体 が 主 導 する 場 合 もある 法 務 省 の 出 資 による 独 立 機 関 である オランダ 難 民 評 議 会 が, 政 府 や 地 方 自 治 体 からの 助 成 金 や 交 付 金 を 受 け, 定 住 支 援 を 実 施 コミューン( 日 本 の 市 町 村 に 相 当 )が, 政 府 と 契 約 を 結 び, 必 要 経 費 補 償 を 受 け つつ, 住 宅 確 保, 子 どもの 学 校 の 手 配,スウェーデン 語 講 座 の 実 施 などを 実 施 N GOは 具 体 的 な 役 割 を 担 っていない オランダ 自 治 省 移 民 帰 化 サービス 民 間 団 体 スウェーデン 法 務 省, 移 民 庁, 地 方 自 治 体 雇 用 省, 雇 用 仲 介 庁 デンマーク 入 国 管 理 局 地 方 自 治 体 地 方 自 治 体 が, 受 け 入 れた 難 民 の 数 に 応 じて 政 府 から 定 額 の 資 金 援 助 を 受 け, 定 住 支 援 を 実 施 フランス 内 務 海 外 領 土 独 立 行 政 法 人 内 務 省 の 予 算 により 運 営 される 独 立 行 政 法 人 仏 統 合 移 民 局 が 定 住 支 援 を 担 当 自 治 体 移 民 省 している ( 参 考 ) 日 本 (パイロットケース)では, 民 間 団 体 が, 企 画 競 争 によって 選 定 され, 政 府 ( 外 務 省, 文 化 庁 及 び 厚 生 労 働 省 )と 契 約 を 締 結 し, 定 住 支 援 を 実 施 現 在 の 実 施 団 体 は, 公 益 財 団 法 人 アジア 福 祉 教 育 財 団 ( 難 民 事 業 本 部 ) 12

13 (4) 出 国 前 研 修 等 諸 外 国 の 多 くで, 日 本 と 同 様,IOM 等 により 出 国 前 研 修 等 が 実 施 されている 内 容 は, 受 入 れ 国 における 生 活, 文 化 等 に 関 するオリエンテーションが 主 なものであるが, 日 本 のように 数 週 間 にわたる 語 学 教 育 を 行 っている 国 は 見 当 たらない 諸 外 国 の 中 で 特 徴 のある 出 国 前 研 修 等 を 実 施 している 例 スウェーデン 出 国 前 研 修 は, 入 国 管 理 局 と 受 入 れ 先 地 方 自 治 体 とで 計 6 名 を 派 遣 して 実 施 する 渡 航 に 関 するガイダンスは, 大 人 と 子 どもを 分 けて 行 う スウェーデンでの 生 活 に 関 するガイダンスは,DVDを 使 用 し 通 訳 付 きで 説 明 する また, 時 系 列 に 沿 って, 出 国 手 続 から 到 着 までを 説 明 する さらに, My new hometown として, 定 住 先 の 市 の 名 前 をスウェーデンの 地 図 に 貼 り, 定 住 先 がどこかを 把 握 させる ノルウェー 児 童 (8~15 歳 )の 場 合,8~12 歳 と13~15 歳 のクラスに 分 け,2 日 間 の 研 修 を 行 う 16 歳 以 上 の 者 の 場 合, 通 訳 を 介 し,4~ 5 日 間 の 研 修 を 実 施 する 出 国 前 研 修 の 目 的 は, 定 着 をスムーズにし, 定 住 初 期 の 期 間 を 支 援 すること,ノルウェーの 社 会 に 関 する 知 識 を 身 に 着 けること,そして, 非 現 実 的 な 期 待 を 抱 かせず,カルチャーショックを 軽 減 することにある 同 じ 文 化 や 言 語 などのバックグラウンドを 持 つ 者 が 研 修 の 実 施 者 となる また,スカイプを 使 って, 難 民 キャンプにいる 難 民 と 話 をするな ど, 出 国 前 研 修 と 入 国 後 の 定 住 支 援 プログラムとのリンケージを 強 化 する なお,プロフェッショナルの 通 訳 を 使 用 している オーストラリア 定 住 初 期 に 必 要 なアドバイスのほか, 難 民 がオーストラリアでの 生 活 に 現 実 的 な 期 待 を 抱 くように 支 援 する アプローチの 方 法 は, 参 加 すること 自 体 を 重 視 し, 学 び 手 である 難 民 を 中 心 に 置 くこと また, 自 立 心 を 促 し, 現 実 的 な 期 待 にフォーカスすること さらに,よく 訓 練 さ れた 通 訳 を 使 うことなどである ( 参 考 ) 日 本 (パイロットケース)では, 難 民 は, 日 本 へ 入 国 する 前 に,タイの 難 民 キャンプにおいて 計 3~4 週 間 の 出 国 前 研 修 ( 日 本 における 基 本 的 な 生 活 習 慣 に 関 するガイダンス 及 び 日 本 語 教 育 等 ) 及 び 健 康 診 断 を 受 ける 13

14 (5) 定 住 支 援 施 設 等 への 入 所 による 定 住 支 援 日 本 のような 定 住 支 援 施 設 への 入 所 による 集 中 的 な 定 住 支 援 は, 受 入 れ 規 模 が 比 較 的 小 規 模 な 国 において 実 施 されているが, 受 入 れ 規 模 が 比 較 的 大 規 模 な 国 においては, 難 民 は, 入 国 後, 受 入 れ 先 地 域 へ 直 接 移 動 する 場 合 が 多 い 状 況 がみられる 政 府 が 手 当 する 定 住 支 援 施 設 等 への 入 所 による 定 住 支 援 がある 国 国 名 入 所 期 間 施 設 入 所 中 の 支 援 施 設 退 所 後 の 支 援 ニュージーランド 6 週 間 マンゲレ 難 民 定 住 センターで6 週 間 の 集 中 オリエ ンテーション プログラムを 実 施 ( 英 語, 保 健 衛 生, 交 通 安 全, 健 康 診 断, 歯 科 診 療,ストレス 診 断, 女 性 グループワーク, 児 童 グループワーク 等 ) 退 所 後, 通 常,NZ 難 民 サービスが 事 務 所 を 置 く6 都 市 が 受 入 れ 先 となり, 受 入 れ 先 地 域 において 教 育 支 援, 生 活 支 援, 住 居 支 援, 雇 用 支 援 など 各 種 の 定 住 支 援 を 実 施 アイルランド フランス 6~8 週 間 3~6 月 ( 最 長 1 年 間 ) 健 康 診 断, 言 語 教 育, 生 活 用 品 の 使 い 方,アイル ランドの 文 化 法 制 度, 家 計 管 理, 銀 行 や 郵 便 局 の 使 い 方 などの 研 修 を 実 施 難 民 受 入 れ 居 住 施 設 (CPH) 等 滞 在 中, 独 立 行 政 法 人 である 統 合 移 民 局 により, 経 済 的 自 立 を 目 指 した 各 種 の 定 住 支 援 が 行 われる(フランスの 社 会 制 度 に 関 する 研 修, 就 業 支 援, 語 学 支 援 など) 退 所 後, 地 方 自 治 体 ( 県 議 会 )が, 地 方 レベルでの 第 三 国 定 住 のための 関 係 機 関 によるワーキング グループ を 設 置 し, 語 学 教 育, 住 居 支 援, 雇 用 支 援 などのサービ スを 適 切 に 受 けられることを 確 保 する 退 所 後,NGOが, 政 府 や 欧 州 難 民 基 金 からの 財 政 支 援 を 受 け, 住 居 支 援, 就 職 就 学 先 の 確 保 等 に 係 る 支 援 を 行 う 政 府 が 手 当 する 定 住 支 援 施 設 等 への 入 所 による 定 住 支 援 がない 国 ( 入 国 後, 受 入 れ 先 地 域 へ 移 動 ) オーストラリア, 米 国,カナダ, 英 国,オランダ,スウェーデン,デンマークなど( 上 記 (3) 参 照 ) ( 参 考 1) 日 本 (パイロットケース)では, 第 三 国 定 住 難 民 は, 首 都 圏 の 定 住 支 援 施 設 及 び 宿 泊 施 設 において, 入 国 当 初 の 初 動 支 援 や 総 合 的 な 定 住 支 援 ( 日 本 語 教 育, 社 会 生 活 適 応 指 導, 職 業 相 談 員 による 職 業 相 談 及 び 職 業 紹 介 等 )を 約 180 日 間 受 講 し,その 後, 受 入 れ 先 地 域 へ 移 動 することとなる ( 参 考 2) 上 記 の 各 国 以 外 では, 政 府 が 手 当 する 定 住 支 援 施 設 等 への 入 所 による 定 住 支 援 がある 国 として,スペイン(1 年 間 ),チェコ(6か 月 ),ポルトガ ル(6か 月 ),ルーマニア(6か 月 ~1 年 )などがある 14

15 (6) 語 学 教 育 諸 外 国 における 語 学 教 育 の 在 り 方 は 一 律 ではなく, 提 供 期 間 も400 時 間 程 度 から1,100 時 間 程 度 まで 様 々であるが,お おむね 各 国 とも, 必 要 に 応 じ, 教 育 機 関 の 延 長 や 別 途 のプログラムによる 補 完 を 行 っている 状 況 がみられる 国 名 オーストラリア ニュージーランド 米 国 カナダ アイルランド 英 国 オランダ スウェーデン デンマーク フランス 語 学 教 育 の 在 り 方 移 民 市 民 権 省 が 運 営 する 成 人 移 住 者 向 け 英 語 プログラム(AMEP) により510 時 間 まで 提 供 拷 問 被 害 者 など 特 別 な 配 慮 を 要 する 者 は, 追 加 受 講 が 可 能 教 育 雇 用 労 働 関 係 省 (DEEWR)と 州 政 府 も 同 様 のプログラムを 実 施 している マンゲレ 難 民 定 住 センターでの6 週 間 の 集 中 オリエンテーション プログラムの 中 で 英 語 研 修 を 実 施 義 務 教 育 機 関 における 外 国 人 ( 学 童 ) 向 け 英 語 教 育 ( 最 大 5 年 間 ) 大 学 専 門 学 校 における 外 国 人 ( 成 人 ) 向 け 英 語 教 育 の 無 償 提 供 等 移 民 国 籍 法 (INA)により, 再 定 住 支 援 プログラムにおいて 英 語 研 修 を 行 うことが 課 されている 受 入 れ 配 置 プログラム(RPP) (30 日 間 90 日 間 まで 延 長 可 能 )において 英 語 研 修 を 実 施 一 般 の 米 国 民 が 受 けられる 社 会 保 障 の 枠 組 みにおいて, 最 長 5 年 間 程 度, 英 語 教 育 を 受 けられる 企 画 競 争 の 形 式 で 選 定 された サービス 提 供 機 関 が, 政 府 との 取 極 めに 基 づいて 補 助 金 を 受 け, 語 学 教 育 を 実 施 ケベック 州 では, 難 民 を 優 先 的 にフランス 語 コースへ 登 録 成 人 向 けコースの 場 合, 全 体 で990 時 間 識 字 弱 者 向 け コースの 場 合,1,100 時 間 職 業 教 育 委 員 会 ( 教 育 技 能 省 所 管 )が 担 当 し,1 年 間, 週 20 時 間 の 語 学 教 育 が 行 われる 例 外 的 に 必 要 に 応 じ 延 長 さ れる 場 合 もある 難 民 のみを 対 象 とした 特 別 な 英 語 教 育 は 行 われていないが, 各 地 方 自 治 体 の 財 政 支 援 により, 各 地 域 の 大 学 や 教 育 機 関 が 実 施 しているESOLと 呼 ばれる 無 料 の 英 語 学 習 や, 各 種 団 体 による 外 国 人 向 け 英 語 教 育 クラス 等 により, 語 学 教 育 の 機 会 が 確 保 されている 定 住 支 援 期 間 中, 半 日 は 語 学 の 学 習 に 充 てられる 語 学 に 問 題 のある5 歳 から18 歳 までの 児 童 のため, 政 府 等 から 財 政 補 償 を 受 けている 普 通 の 学 校 が 特 別 教 育 を 実 施 SFIと 呼 ばれる 移 民 一 般 に 提 供 されるウェーデン 語 学 習 講 座 ( 無 料 )を 提 供 (2 年 間 ) 12か 月 以 内 に 修 了 した 者 には SFIボーナス と 呼 ばれる 非 課 税 の 賞 与 金 を 付 与 (6 千 ~12 千 スウェーデンクローネ) 3 年 間 の 義 務 的 社 会 統 合 プログラムの 中 で, 週 20 時 間 以 上 の 語 学 教 育 を 実 施 すべての 児 童 は 公 立 学 校 に 入 学 するこ とができ, 語 学 の 特 別 クラスを 受 講 することが 可 能 仏 統 合 移 民 局 との 受 入 れ 統 合 契 約 (CAI) の 契 約 期 間 中, 語 学 レベルに 応 じて 最 長 400 時 間 の 語 学 支 援 が 受 けら れる このほか,NGOが 欧 州 難 民 基 金 から 財 政 支 援 を 受 けて 語 学 支 援 を 実 施 ( 参 考 ) 日 本 (パイロットケース)では, 定 住 支 援 プログラムの 実 施 期 間 ( 約 180 日 間 ),572 授 業 時 間 の 日 本 語 教 育 が 行 われ, 同 プログラム 後 は, 日 本 語 学 習 に 関 する 相 談 のほか, 必 要 に 応 じ, 日 本 語 教 育 に 関 する 情 報 提 供, 日 本 語 教 材 の 配 布 及 び 日 本 語 教 育 の 実 施 が 行 われる 15

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

下 IOM という )による 健 康 診 断 結 果 を 踏 まえ 受 入 れ 予 定 者 を 決 定 した 政 府 の 委 託 を 受 けた IOM が タイにおいて 受 入 れ 予 定 者 に 対 する 出 国 前 研 修 ( 我 が 国 における 基 本 的 な 生 活 習 慣 に 関 するガ

下 IOM という )による 健 康 診 断 結 果 を 踏 まえ 受 入 れ 予 定 者 を 決 定 した 政 府 の 委 託 を 受 けた IOM が タイにおいて 受 入 れ 予 定 者 に 対 する 出 国 前 研 修 ( 我 が 国 における 基 本 的 な 生 活 習 慣 に 関 するガ 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れ 事 業 の 今 後 の 方 針 について 平 成 2 6 年 1 月 2 2 日 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 第 1 経 緯 我 が 国 は 平 成 20 年 12 月 の 閣 議 了 解 及 び 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 決 定 に より アジア 地 域 で 発 生 している 難 民 に 関 する 諸 問 題 に 対 処

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書 2012 年 6 月 7 日 新 たな 在 留 管 理 制 度 外 国 人 住 民 基 本 台 帳 制 度 に 関 する 各 市 区 町 村 に 対 する アンケート 結 果 をふまえての 意 見 書 東 京 弁 護 士 会 会 長 斎 藤 義 房 当 会 は 本 年 7 月 9 日 に 予 定 されている 新 たな 在 留 管 理 制 度 ( 以 下 新 在 管 制 度 という) 及 び 外 国

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 )

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 ) 満 額 でない 基 礎 年 金 等 の 受 給 権 者 無 年 金 者 が 生 じる 要 因 として 考 えられる 理 由 年 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 保 険 料 納 付 済 期 間 が 満 額 受 給 の 期 間 に 満 たないこと 昭 和 61 年 3 月 以 前 に 被 用 者 の 配 偶 者 であった 者 で 国 民 年 金 に 任 意 加 入 しなかった 者 この 場

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 新 宿 区 1 新 宿 区 は 外 国 人 住 民 が 全 国 で 一 番 多 く 暮 らす 自 治 体 で 全 区 民 の10%を 超 えています 地 域 別 全 国 平 成 26 年 1 月 1 日 現 在 住 民 記 録 人 口 総 数 ( 人 ) 日 本 人 住 民 人 口 外 国 人 住 民 人 口 人 数 ( 人 ) 割 合 (%) 人

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

’00

’00 明 石 の 人 口 平 成 17 年 (2005 年 ) 国 勢 調 査 結 果 報 告 書 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 ほぼ 5 年 ごとに 行 われており, 平 成 17 年 国 勢 調 査 はその 18 回 目 に 当 たる 国 勢

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

第 18 回 在 外 教 育 施 設 派 遣 セミナー(2/20) 於 県 生 涯 学 習 センター 海 外 子 女 教 育 の 特 質 と 求 められる 教 員 像 (1) 派 遣 への 期 待 と 不 安 海 外 生 活 の 期 待 国 情 国 際 情 勢 の 不 安 海 外 に 暮 らす 子

第 18 回 在 外 教 育 施 設 派 遣 セミナー(2/20) 於 県 生 涯 学 習 センター 海 外 子 女 教 育 の 特 質 と 求 められる 教 員 像 (1) 派 遣 への 期 待 と 不 安 海 外 生 活 の 期 待 国 情 国 際 情 勢 の 不 安 海 外 に 暮 らす 子 2015 年 ( 平 成 27 年 ) 第 7 号 平 成 28 年 2 月 20 日 発 行 群 馬 県 国 際 理 解 教 育 研 究 会 発 行 責 任 者 会 長 天 川 博 平 成 28 年 度 在 外 施 設 派 遣 内 定 者 数 335 名 現 職 派 遣 予 定 者 都 道 府 県 名 校 長 教 頭 教 諭 都 道 府 県 名 校 長 教 頭 教 諭 男 女 男 女 男 女 男

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

しおり及び様式類

しおり及び様式類 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 申 請 のしおり 前 後 期 申 請 者 用 ( 学 部 大 学 院 専 攻 科 共 通 ) 1 2 3 4 5 6 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 地 方 公 務 員 法 及 び 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 の 規 定 により 広 域 大 和 斎 場 組 合 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 を 次 のとおり 公 表 します 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員

More information

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保 1/11 第 19 回 社 会 福 祉 士 第 9 回 精 神 保 健 福 祉 士 共 通 科 目 国 家 試 験 問 題 解 説 ( ) =2 社 会 保 障 論 = ( 問 題 11~ 問 題 20) (2007 年 5 月 3 日 ホームページ 掲 載 ) 社 会 保 障 論 問 題 11 社 会 保 障 の 歴 史 に 関 する 次 の 記 述 のうち, 誤 っているものを 一 つ 選 びなさい

More information

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 管 理 規 程 第 1 章 総 則 ( 事 業 所 等 の 名 称 など) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 若 杉 福 祉 会 が 設 置 するこの 保 育 園 の 名 称 及 び 所 在 地 は 次 のとおりにする (1) 名 称 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 (2) 所 在 地 那 覇 市 首 里 大 名 町 1 64 5 ( 施 設

More information

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 非 常 勤 教 職 員 就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 11 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 4 月 20 日 一 部 改 正 平 成 18 年 4 月 4 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

書 面 回 覧, 制 度 パンフレット 配 布 等 住 民 基 本 台 帳 制 度 関 係 について Q3 新 制 度 の 開 始 以 前 に, 各 自 治 体 内 に 居 住 している 非 正 規 滞 在 者 の 情 報 ( 名 前 国 籍 住 所 家 族 関 係 など 以 下 同 様 )を 把

書 面 回 覧, 制 度 パンフレット 配 布 等 住 民 基 本 台 帳 制 度 関 係 について Q3 新 制 度 の 開 始 以 前 に, 各 自 治 体 内 に 居 住 している 非 正 規 滞 在 者 の 情 報 ( 名 前 国 籍 住 所 家 族 関 係 など 以 下 同 様 )を 把 改 正 入 管 法 等 施 行 に 関 するアンケート 集 計 結 果 関 東 弁 護 士 会 連 合 会 都 県 別 の 市 区 町 村 回 答 数 東 京 都 49, 神 奈 川 県 21, 埼 玉 県 53, 千 葉 県 35, 栃 木 県 23, 静 岡 県 29, 山 梨 県 9, 長 野 県 41, 新 潟 県 22 回 答 合 計 9 都 県 282 市 区 町 村 9 都 県 自 治

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準 公 益 財 団 法 人 伊 勢 丹 奨 学 会 大 学 奨 学 生 推 薦 選 考 基 準 [1] 奨 学 生 の 資 格 1. 人 物 学 習 活 動 その 他 生 活 の 全 般 を 通 じて 態 度 行 動 が 学 生 にふさわしく 将 来 良 識 ある 社 会 人 として 活 動 できる 見 込 みがあり かつ 東 京 大 学 一 橋 大 学 横 浜 国 立 大 学 慶 應 義 塾 大 学

More information

しおり(新規用)

しおり(新規用) 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 申 請 のしおり 新 規 申 請 者 用 ( 学 部 大 学 院 専 攻 科 共 通 ) 1 2 3 4 5 6 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について 江 戸 川 区 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 単 位 = 千 円 ( 参 考 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 (A) 実 質 収 支 人 件 費 (B) 24 年 度 の ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ) (B/A) 人 件 費 率 26 年 度 680,262 人 234,193,267

More information

順 位 国 地 域 名 邦 人 数 前 年 比 35 トルコ 1,613 +8.62% 36 チェコ 1,523 +1.47% 37 南 アフリカ 1,446 +4.40% 出 典 : 外 務 省 海 外 在 留 邦 人 数 統 計 ( 平 成 24 年 速 報 版 ) : BRICs 諸 国 (

順 位 国 地 域 名 邦 人 数 前 年 比 35 トルコ 1,613 +8.62% 36 チェコ 1,523 +1.47% 37 南 アフリカ 1,446 +4.40% 出 典 : 外 務 省 海 外 在 留 邦 人 数 統 計 ( 平 成 24 年 速 報 版 ) : BRICs 諸 国 ( 海 外 赴 任 者 の 健 康 管 理 危 機 管 理 と 企 業 の 法 的 責 任 283 東 京 海 上 日 動 リスクコンサルティング( 株 ) ビジネスリスク 事 業 部 グローバルグループ グループリーダー 主 席 研 究 員 深 津 嘉 成 はじめに 新 興 国 を 中 心 に 企 業 の 海 外 進 出 が 増 加 する 中 海 外 赴 任 者 の 健 康 管 理 危 機 管 理 はますます

More information

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に Ⅲ 年 金 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 が 雇 就 労 や の 選 択 に 影 響 3 低 年 無 年 者 の 存 在 4 年

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

の 略 語 は 次 のとおりです 相 法 相 続 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 73 号 ) 措 法 租 税 特 別 措 置 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 26 号 ) 相 基 通 相 続 税 法 基 本 通 達 ( 昭 和 34 年 直 資 10) - 2 -

の 略 語 は 次 のとおりです 相 法 相 続 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 73 号 ) 措 法 租 税 特 別 措 置 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 26 号 ) 相 基 通 相 続 税 法 基 本 通 達 ( 昭 和 34 年 直 資 10) - 2 - 別 添 扶 養 義 務 者 ( 父 母 や 祖 父 母 )から 生 活 費 又 は 教 育 費 の 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 に 関 するQ&A 資 金 FAQ 平 成 25 年 12 月 国 税 庁 目 次 1 生 活 費 又 は 教 育 費 の 全 般 に 関 するQ&A [Q1-1] 扶 養 義 務 者 ( 父 母 や 祖 父 母 )から 生 活 費 又 は 教 育 費 の

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス -2-2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) -3-3. 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

International Economic Review

International Economic Review 2016.09.06 (No.19, 2016) 欧 州 の 難 民 受 け 入 れ 問 題 ~EU は 危 機 をのりきれるか?~ 公 益 財 団 法 人 国 際 通 貨 研 究 所 経 済 調 査 部 上 席 研 究 員 山 口 綾 子 yamaguchi@iima.or.jp < 要 旨 > 1. 欧 州 への 難 民 流 入 は 2015 年 に 急 増 した 中 東 北 アフリカ 地 域

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人 佐 野 市 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 する 条 例 ( 案 ) の 概 要 について 1 条 例 制 定 の 背 景 目 的 平 成 25 年 5 月 31 日 に 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界 料 2 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 について 平 成 27 年 7 月 総 務 省 1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ 総 会 A/HRC/RES/25/1 配 布 : 一 般 2014 年 4 月 9 日 原 文 : 英 語 人 権 理 事 会 第 25 会 期 議 事 日 程 議 題 2 国 際 連 合 人 権 高 等 弁 務 官 年 次 報 告 書 および 高 等 弁 務 官 事 務 所 並 びに 事 務 総 長 報 告 書 人 権 理 事 会 により 採 択 された 決 議 25/1. スリランカにおける 和

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1 規 制 改 革 ホットライン へ 提 案 内 容 と 官 回 答 参 考 資 料 1 提 案 官 制 度 現 状 寄 港 地 上 陸 許 可 手 続 運 用 改 善 とトランジット ビザ 発 給 方 法 見 直 し 要 望 具 体 的 内 容 観 光 立 国 実 現 観 点 から わが 国 主 要 国 際 空 港 等 において 自 動 化 ゲート 活 用 混 雑 時 既 存 ブ ースフル 運 用 を

More information

資料3-2

資料3-2 資 料 3-2 改 訂 案 ( 昨 年 からの 変 更 点 は 赤 字 ) 男 女 共 同 参 画 社 会 の 実 現 を 目 指 して 平 成 28 年 版 データ 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 社 会 のあらゆる 分 野 において 2020 年 までに 指 導 的 地 位 ( )に 女 性 が 占 める 割 合 を 少 なくとも 30% 程 度 とする 目 標 を 設

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

第○章 msゴシック16P太字

第○章 msゴシック16P太字 第 3 節 療 育 手 帳 3-1 療 育 手 帳 とは 療 育 手 帳 の 交 付 により 知 的 障 がいのある 人 に 対 して 一 貫 した 相 談 や 援 助 を 行 うとともに 各 種 サー ビスを 受 けやすくすることを 目 的 としています (1) 療 育 手 帳 の 交 付 対 象 児 童 相 談 所 または 知 的 障 害 者 更 生 相 談 所 ( 手 を つなぐ 相 談 センター

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

8.手当・年金・貸付等

8.手当・年金・貸付等 9 章 手 当 年 金 貸 付 等 手 当 年 金 等 一 覧 対 象 者 や 金 額 の 詳 細 は 該 当 ページを 参 照 してください 年 金 関 係 主 な 対 象 金 額 ページ (1)(2) 障 がい 基 礎 年 金 (3) 特 別 障 がい 給 付 金 (4) 重 度 障 がい 者 特 例 支 援 事 業 (5) 障 がい 厚 生 年 金 障 が い 手 当 金 20 歳 以 上 で

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場 第 2 章 短 期 給 付 の 内 容 と 請 求 手 続 第 1 節 傷 病 等 に 係 る 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたときは 通 常 の 場 合 組 合 員 証 を 保 険 医 療 機 関 に 提 示 する ことによって 療 養 の 給 付 や 家 族 療 養 費 の 現 物 給 付 を 受 けることができます しかし 緊 急 その 他 やむを 得

More information

2 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B ( 平 成 24 年 度 末 ) (B/A) 平 成 25 年 3 月 31 日 % 平 成 24 年 度 67,4

2 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B ( 平 成 24 年 度 末 ) (B/A) 平 成 25 年 3 月 31 日 % 平 成 24 年 度 67,4 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 市 職 員 の 給 与 や 勤 務 条 件 研 修 や 福 利 厚 生 等 について 主 に 平 成 24 年 度 の 状 況 を 公 表 します 1 任 免 および 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 採 用 試 験 の 状 況 ( 平 成

More information