る 規 制 の 対 象 となる また 視 覚 に 訴 える 広 告 及 び 宣 伝 のみならず 聴 覚 に 訴 える 広 告 及 び 宣 伝 も 同 条 による 規 制 の 対 象 となる( 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 解 釈 運

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "る 規 制 の 対 象 となる また 視 覚 に 訴 える 広 告 及 び 宣 伝 のみならず 聴 覚 に 訴 える 広 告 及 び 宣 伝 も 同 条 による 規 制 の 対 象 となる( 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 解 釈 運"

Transcription

1 原 議 保 存 期 間 1 0 年 ( 平 成 34 年 12 月 31 日 まで) 各 管 区 警 察 局 広 域 調 整 担 当 部 長 警 察 庁 丁 保 発 第 102 号 警 視 庁 生 活 安 全 部 長 殿 平 成 24 年 7 月 13 日 各 道 府 県 警 察 ( 方 面 ) 本 部 長 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長 ぱちんこ 営 業 における 広 告 宣 伝 等 に 係 る 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 違 反 の 取 締 り 等 の 徹 底 について( 通 達 ) ぱちんこ 営 業 (ぱちんこ 屋 及 び 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 昭 和 59 年 政 令 第 319 号 ) 第 7 条 に 規 定 する 営 業 )における 広 告 宣 伝 等 については ぱちんこ 営 業 における 広 告 宣 伝 等 に 係 る 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 す る 法 律 違 反 の 取 締 り 等 について ( 平 成 23 年 6 月 15 日 付 け 警 察 庁 丁 保 発 第 100 号 以 下 旧 通 達 という )に 基 づき 指 導 及 び 取 締 りを 行 ってきたところである しかしながら 旧 通 達 が ぱちんこ 営 業 における 広 告 宣 伝 等 に 係 る 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 法 律 第 122 号 以 下 風 営 法 という )の 規 制 の 運 用 方 針 につ いて 明 確 化 を 行 い もってぱちんこ 営 業 者 による 風 営 法 違 反 を 抑 制 するとともに ぱちん こ 業 界 内 部 における 健 全 化 の 取 組 を 促 すことを 期 し これにのっとって 各 都 道 府 県 警 察 が 業 界 指 導 を 行 ったにもかかわらず 依 然 として この 趣 旨 に 反 し 隠 語 のみならず 様 々な 脱 法 的 表 現 により 善 良 の 風 俗 及 び 清 浄 な 風 俗 環 境 を 害 するおそれのある 広 告 宣 伝 等 を 行 おうとするぱちんこ 営 業 者 等 が 存 在 している 状 況 にある 各 都 道 府 県 警 察 にあっては ぱちんこ 営 業 における 広 告 宣 伝 等 が その 在 り 方 によっ ては 清 浄 な 風 俗 環 境 を 害 するのみならず ぱちんこ 遊 技 に 対 するのめり 込 みを 促 進 しか ねないものでもあることに 鑑 み 管 内 における 広 告 宣 伝 等 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 下 記 により ぱちんこ 営 業 者 及 び 当 該 営 業 者 が 営 業 所 ごとに 選 任 している 管 理 者 ( 以 下 営 業 者 等 という ) 並 びにぱちんこ 営 業 者 の 団 体 に 対 する 厳 正 な 指 導 及 び 取 締 りを 徹 底 され たい なお 旧 通 達 は 廃 止 する 1 風 営 法 違 反 の 該 当 性 (1) 広 告 及 び 宣 伝 の 規 制 記 風 営 法 第 16 条 は 風 俗 営 業 者 は その 営 業 につき 営 業 所 周 辺 における 清 浄 な 風 俗 環 境 を 害 するおそれのある 方 法 で 広 告 又 は 宣 伝 をしてはならない と 定 めており 広 告 及 び 宣 伝 の 内 容 が 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれのある 行 為 が 行 われていること 又 は 風 営 法 違 反 の 疑 いのある 行 為 を 行 っていることをうかがわせる 場 合 は 同 条 によ

2 る 規 制 の 対 象 となる また 視 覚 に 訴 える 広 告 及 び 宣 伝 のみならず 聴 覚 に 訴 える 広 告 及 び 宣 伝 も 同 条 による 規 制 の 対 象 となる( 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 解 釈 運 用 基 準 ( 平 成 22 年 7 月 9 日 付 け 警 察 庁 丙 保 発 第 14 号 丙 少 発 第 22 号 別 添 ) 第 16 中 4 参 照 ) (2) 営 業 所 の 構 造 及 び 設 備 の 維 持 義 務 風 俗 営 業 の 営 業 所 の 構 造 及 び 設 備 については 風 営 法 第 4 条 第 2 項 第 1 号 に 基 づく 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 60 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 1 号 以 下 風 営 法 施 行 規 則 という ) 第 8 条 が 技 術 上 の 基 準 を 定 めてお り 同 基 準 中 で 善 良 の 風 俗 又 は 清 浄 な 風 俗 環 境 を 害 するおそれのある 写 真 広 告 物 装 飾 その 他 の 設 備 を 設 けないこと ( 法 第 2 条 第 1 項 第 7 号 に 掲 げる 営 業 の 項 第 2 号 )とされている さらに 風 営 法 第 12 条 は 風 俗 営 業 者 は 営 業 所 の 構 造 及 び 設 備 を 第 4 条 第 2 項 第 1 号 の 技 術 上 の 基 準 に 適 合 するように 維 持 しなければならない と 定 めている したがって ぱちんこ 営 業 の 営 業 所 において 写 真 広 告 物 等 の 設 備 が 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれがあるもの 又 は 風 営 法 違 反 の 疑 いのある 行 為 を 行 っていることをう かがわせるものであるなど 善 良 の 風 俗 又 は 清 浄 な 風 俗 環 境 を 害 するおそれがあると 認 められれば 風 営 法 第 12 条 の 営 業 所 の 構 造 及 び 設 備 の 維 持 義 務 違 反 に 該 当 する 2 広 告 及 び 宣 伝 の 規 制 並 びに 営 業 所 の 構 造 及 び 設 備 の 維 持 義 務 ( 以 下 広 告 設 備 等 規 制 という ) 違 反 に 該 当 する 表 示 例 営 業 所 の 内 外 を 問 わず 看 板 のぼり ビラ 新 聞 折 り 込 みチラシ 等 を 利 用 して 次 の (1)から(7)までに 該 当 するような 内 容 の 広 告 又 は 宣 伝 を 行 った 場 合 には 風 営 法 第 16 条 にいう 清 浄 な 風 俗 環 境 を 害 するおそれのある 方 法 で 広 告 又 は 宣 伝 を 行 ったものと 認 められる また そのような 内 容 を 表 示 した 看 板 ポスター 等 を 営 業 所 に 設 置 掲 示 等 すれば 営 業 所 の 構 造 及 び 設 備 の 技 術 上 の 基 準 である 善 良 の 風 俗 又 は 清 浄 な 風 俗 環 境 を 害 する おそれのある 写 真 広 告 物 装 飾 その 他 の 設 備 を 設 けないこと に 適 合 しないことと なる なお 営 業 所 の 所 在 地 遊 技 料 金 又 は 賞 品 の 取 りそろえの 充 実 を 単 に 告 知 するにとど まるもの((1)から(7)までに 該 当 しないものに 限 る )については 一 般 的 には 広 告 設 備 等 規 制 違 反 に 該 当 しないものと 解 される (1) 入 賞 を 容 易 にした 遊 技 機 の 設 置 をうかがわせる 表 示 遊 技 機 本 来 の 性 能 に 調 整 を 加 えるなどして 入 賞 を 容 易 にした 遊 技 機 が 設 置 されてい ることをうかがわせる 表 示 は 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれがあるほか 風 営 法 第 20 条 第 10 項 において 準 用 される 風 営 法 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 違 反 する 行 為 ( 遊 技 機 の 無

3 承 認 変 更 )への 関 与 をうかがわせる ア イ 本 来 の 性 能 に 調 整 が 加 えられた 遊 技 機 の 設 置 をうかがわせる 表 示 は それが ぱ ちんこ 営 業 の 客 一 般 に 遊 技 機 の 性 能 調 整 の 実 施 をうかがわせるものとして 通 用 する 隠 語 又 はこれに 類 する 表 現 ( 記 号 及 びイラストを 含 む )によって 表 現 されている 場 合 であっても 規 制 の 対 象 となる このような 表 示 の 例 は 別 添 1のとおりであ る なお 表 示 中 同 一 フォント 同 一 色 等 により 強 調 された 文 字 のみ 抽 出 すると 上 記 の 表 示 になる 場 合 も 規 制 の 対 象 となるものと 解 する( 以 下 イ ウ 及 び(2) におい て 同 じ ) 総 付 景 品 等 (ぱちんこ 営 業 において 客 に 提 供 される 賞 品 を 含 む 以 下 同 じ )の 提 供 営 業 所 又 は 遊 技 機 の 状 況 有 名 人 の 招 致 等 の 事 実 を 告 知 する 表 示 は 当 該 表 示 の 内 容 が 事 実 か 否 かにかかわらず 殊 更 に 特 定 の 日 特 定 の 機 種 特 定 の 遊 技 機 等 と 関 連 付 けることにより ぱちんこ 営 業 の 客 一 般 に 遊 技 機 の 性 能 調 整 の 実 施 をう かがわせるものである 場 合 には 規 制 の 対 象 となる このような 表 示 の 例 は 別 添 2のとおりである ウ 入 賞 に 伴 う 遊 技 機 の 諸 動 作 又 は 遊 技 盤 の 盤 面 構 成 の 状 況 を 表 現 する 数 字 文 字 記 号 イラスト 等 (ぱちんこ 営 業 の 客 一 般 に 当 該 動 作 又 は 状 況 をうかがわせるもの として 通 用 する 隠 語 又 はこれに 類 する 表 現 を 含 む )は 殊 更 に 特 定 の 日 特 定 の 機 種 又 は 特 定 の 遊 技 機 等 と 関 連 付 けることにより 営 業 所 に 設 置 されている 遊 技 機 の 全 部 又 は 一 部 について 本 来 の 性 能 に 調 整 を 加 えるなどして 入 賞 を 容 易 にしている ことをうかがわせるものである 場 合 には 規 制 の 対 象 となる このような 表 示 の 例 は 別 添 3のとおりである (2) 大 当 たり 確 率 の 設 定 変 更 が 可 能 な 遊 技 機 について 設 定 状 況 等 をうかがわせる 表 示 大 当 たり 確 率 を 高 く 設 定 した 遊 技 機 を 設 置 していることや 特 定 の 時 間 帯 において 高 い 設 定 に 変 更 することをうかがわせる 表 示 は 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれがある なお 当 該 表 示 の 内 容 が 事 実 か 否 かにかかわらず 大 当 たり 確 率 の 設 定 状 況 をうか がわせる 表 示 は 全 て 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれがあるものと 解 される ここで 当 該 表 示 については 全 ての 遊 技 機 について 設 定 状 況 を 表 示 するものに 限 らず 一 部 の 遊 技 機 についてのみ 設 定 状 況 を 表 示 するものも このようなおそれがあるものに 該 当 する ア 営 業 所 に 設 置 されている 遊 技 機 の 全 部 又 は 一 部 の 設 定 状 況 を 直 接 的 又 は 間 接 的 に うかがわせる 表 示 は それが ぱちんこ 営 業 の 客 一 般 に 設 定 状 況 をうかがわせるも のとして 通 用 する 隠 語 又 はこれに 類 する 表 現 ( 記 号 及 びイラストを 含 む )によっ て 表 現 されている 場 合 であっても 規 制 の 対 象 となる このような 表 示 の 例 は 別 添 4のとおりである

4 イ ウ 総 付 景 品 等 の 提 供 営 業 所 又 は 遊 技 機 の 状 況 有 名 人 の 招 致 等 の 事 実 を 告 知 する 表 示 は 当 該 表 示 の 内 容 が 事 実 か 否 かにかかわらず 殊 更 に 特 定 の 日 特 定 の 機 種 特 定 の 遊 技 機 等 と 関 連 付 けることにより ぱちんこ 営 業 の 客 一 般 に 大 当 たり 確 率 の 設 定 変 更 が 可 能 な 遊 技 機 について 設 定 状 況 等 をうかがわせるものである 場 合 には 規 制 の 対 象 となる このような 表 示 の 例 は 別 添 5のとおりである 入 賞 に 伴 う 遊 技 機 の 諸 動 作 を 表 現 する 数 字 文 字 記 号 イラスト 等 (ぱちんこ 営 業 の 客 一 般 に 当 該 動 作 をうかがわせるものとして 通 用 する 隠 語 又 はこれに 類 する 表 現 を 含 む )は 営 業 所 に 設 置 されている 遊 技 機 の 全 部 又 は 一 部 について 設 定 状 況 をうかがわせるものである 場 合 には 規 制 の 対 象 となる このような 表 示 の 例 は 別 添 6のとおりである (3) 賞 品 買 取 行 為 への 関 与 をうかがわせる 表 示 風 営 法 第 23 条 第 1 項 第 1 号 及 び 同 項 第 2 号 は 現 金 又 は 有 価 証 券 を 賞 品 として 提 供 すること 及 び 客 に 提 供 した 賞 品 を 買 い 取 ること をぱちんこ 営 業 者 の 禁 止 行 為 として 規 定 している これは このような 行 為 が 行 われれば 遊 技 の 結 果 が 直 ちに 現 金 の 獲 得 につながることになり 著 しく 客 の 射 幸 心 をそそるおそれがあるからである ぱちんこ 営 業 者 が 等 価 交 換 等 の 文 言 を 殊 更 に 表 示 することは 賞 品 買 取 所 にお いて 遊 技 球 又 は 遊 技 メダル( 以 下 遊 技 球 等 という )の 数 量 に 対 応 する 金 額 と 等 価 等 で 賞 品 が 買 い 取 られていることや 風 営 法 第 23 条 第 1 項 第 2 号 が 禁 止 している 営 業 者 による 賞 品 買 取 行 為 が 行 われていることをうかがわせることから 上 記 風 営 法 の 趣 旨 に 鑑 み 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれがある したがって 賞 品 買 取 所 への 案 内 をうかがわせる 表 示 や 賞 品 買 取 所 における 賞 品 の 買 取 価 格 等 をうかがわせる 表 示 は 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれがあるものと 解 され る このような 表 示 の 例 は 別 添 7のとおりである (4) 遊 技 客 が 獲 得 した 遊 技 球 等 の 数 を 示 し これに 付 随 して 賞 品 買 取 所 における 買 取 価 格 等 を 直 接 的 又 は 間 接 的 に 示 す 表 示 獲 得 遊 技 球 数 又 は 獲 得 遊 技 メダル 数 ( 以 下 獲 得 遊 技 球 等 数 という )が 表 示 さ れた 降 順 表 等 に 付 随 して 数 字 ( 例 えば 12 万 3,000 円 ) 文 字 ( 例 えば 等 価 ) 等 により 遊 技 の 結 果 が 現 金 の 獲 得 と 容 易 に 結 びつくことを 示 す 表 示 は 上 記 (3)と 同 様 の 趣 旨 から 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれがある このような 表 示 の 例 は 別 添 8の とおりである なお 実 際 の 獲 得 遊 技 球 等 数 のみの 表 示 は 直 ちには 現 金 の 獲 得 と 容 易 に 結 びつ くことを 示 す 表 示 に 当 たるものではないと 解 される しかし 著 しく 多 くの 遊 技 球 等 の 獲 得 が 容 易 であることをうかがわせる 方 法 で 表 示 される 場 合 は (5)に 該 当 する (5) 著 しく 多 くの 遊 技 球 等 の 獲 得 が 容 易 であることをうかがわせる 表 示 数 字 文 字 写 真 等 により 著 しく 多 くの 遊 技 球 等 の 獲 得 が 容 易 であることをうかが

5 わせる 表 示 は 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれがある このような 表 示 の 例 は 別 添 9 のとおりである (6) 風 営 法 第 19 条 の 遊 技 料 金 等 の 規 制 等 に 違 反 する 行 為 が 行 われることを 直 接 的 又 は 間 接 的 に 示 す 表 示 獲 得 遊 技 球 等 数 に 対 応 する 金 額 を 上 回 る 賞 品 を 提 供 していることや 獲 得 遊 技 球 等 数 に 対 応 する 金 額 と 等 価 の 賞 品 とは 別 に 物 品 等 の 提 供 が 受 けられることをうかがわせる 表 示 市 場 価 格 とは 異 なる 額 に 基 づき 賞 品 を 提 供 することをうかがわせる 表 示 同 一 の 賞 品 について 遊 技 機 の 種 類 又 は 遊 技 料 金 の 区 分 により 獲 得 遊 技 球 等 数 に 対 応 する 金 額 に 差 異 があることをうかがわせる 表 示 遊 技 機 の 種 類 又 は 遊 技 料 金 の 区 分 ごとに 当 該 種 類 の 遊 技 機 又 は 当 該 区 分 の 遊 技 料 金 で 遊 技 した 客 にのみ 提 供 される 専 用 の 賞 品 を 設 け これを 提 供 することをうかがわせる 表 示 は 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれが あるほか 風 営 法 第 19 条 又 は 第 23 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 違 反 する 行 為 への 関 与 をう かがわせる このような 表 示 の 例 は 別 添 10のとおりである なお 賞 品 として 提 供 される 物 品 以 外 の 物 品 を 遊 技 客 に 限 らず 来 店 者 全 員 に 対 し 景 品 として 提 供 することを 表 示 する 場 合 は 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれがある 方 法 で 行 われない 限 り 本 件 表 示 には 該 当 しない ただし この 場 合 は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 ) 第 3 条 及 び 一 般 消 費 者 に 対 する 景 品 類 の 提 供 に 関 する 事 項 の 制 限 ( 昭 和 52 年 公 正 取 引 委 員 会 告 示 第 5 号 ) 第 1 項 により 景 品 の 価 額 が200 円 以 下 とされること 及 び 風 営 法 第 23 条 第 1 項 第 1 号 により ぱちんこ 営 業 の 営 業 者 は その 営 業 に 関 し 現 金 又 は 有 価 証 券 を 賞 品 として 提 供 することが 禁 止 されて いることに 留 意 すること また この 場 合 において 全 日 本 遊 技 事 業 協 同 組 合 連 合 会 社 団 法 人 日 本 遊 技 関 連 事 業 協 会 一 般 社 団 法 人 日 本 遊 技 産 業 経 営 者 同 友 会 一 般 社 団 法 人 余 暇 環 境 整 備 推 進 協 議 会 及 び 一 般 社 団 法 人 パチンコ チェーンストア 協 会 が 昨 年 10 月 21 日 付 けで 策 定 した 総 付 景 品 等 の 提 供 に 関 するガイドライン の 範 囲 内 で 景 品 を 提 供 することを 表 示 することについては 当 該 ガイドラインの 現 時 点 の 内 容 がぱち んこ 営 業 に 係 る 風 営 法 の 各 種 規 制 を 担 保 するに 十 分 なものであると 考 えられ 一 定 の 合 理 性 も 認 められることに 鑑 み (1)イ 又 は(2)イに 該 当 しない 限 りにおいて 規 制 の 対 象 とはならないものと 解 する (7) 遊 技 の 結 果 について 客 の 技 量 により 差 異 が 生 じる 余 地 をなくしていることをうかが わせる 表 示 遊 技 の 結 果 について 客 の 技 量 により 差 異 を 生 じる 余 地 をなくすことは 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれのある 行 為 であり これが 行 われていることをうかがわせる 表 示 は 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれがある このような 表 示 の 例 は 別 添 11のとおりである 3 広 告 設 備 等 規 制 の 適 用 に 当 たっての 留 意 点

6 (1) 広 告 及 び 宣 伝 の 規 制 風 営 法 第 16 条 は 営 業 所 周 辺 における 清 浄 な 風 俗 環 境 を 害 するおそれのある 方 法 で の 広 告 及 び 宣 伝 を 規 制 しているところ これは 営 業 所 周 辺 で 行 われる 広 告 及 び 宣 伝 のみを 対 象 とするものではない したがって 当 該 規 制 の 対 象 となるか 否 かは 当 該 広 告 又 は 宣 伝 が 営 業 所 周 辺 における 清 浄 な 風 俗 環 境 を 害 するおそれがあるか 否 か で 判 断 すること また 風 俗 営 業 者 が 行 う 広 告 及 び 宣 伝 については 風 営 法 第 16 条 に よる 規 制 のほか 各 都 道 府 県 の 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 施 行 条 例 ( 以 下 風 営 法 施 行 条 例 という )による 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれの ある 方 法 で 営 業 しないこと 等 の 規 制 に 照 らし 問 題 がないか 否 かについても 検 討 す ること なお 広 告 及 び 宣 伝 の 規 制 に 違 反 する 広 告 又 は 宣 伝 が 営 業 所 の 外 壁 営 業 所 に 含 ま れるものと 認 められる 駐 車 場 等 に 設 けられた 写 真 広 告 物 等 の 設 備 によるものである 場 合 は 営 業 所 の 構 造 及 び 設 備 の 維 持 義 務 違 反 にも 該 当 する (2) 営 業 所 の 構 造 及 び 設 備 の 維 持 義 務 営 業 所 の 構 造 及 び 設 備 の 維 持 義 務 は 営 業 所 の 構 造 及 び 設 備 に 対 する 規 制 であって ぱちんこ 営 業 に 係 る 営 業 所 に 設 置 されている 遊 技 機 については 風 営 法 第 4 条 第 2 項 第 1 号 の 規 定 により 営 業 所 の 構 造 及 び 設 備 の 技 術 上 の 基 準 による 規 制 の 対 象 から 除 外 されていることに 留 意 すること したがって 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれのある 表 示 を 含 むシール 等 を 遊 技 機 のガ ラス 板 等 に 貼 付 等 している 場 合 については 風 営 法 施 行 条 例 における 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれのある 方 法 で 営 業 しないこと 等 の 規 定 の 適 用 を 検 討 すること 4 速 やかな 行 政 処 分 の 実 施 等 広 告 設 備 等 規 制 違 反 を 認 めた 場 合 は 営 業 者 等 に 対 して 必 要 な 行 政 指 導 を 行 うほか 悪 質 な 形 態 の 違 反 については 違 反 状 態 の 解 消 等 を 図 るため 速 やかに 風 営 法 第 25 条 に 基 づく 指 示 処 分 を 課 し 特 に 悪 質 なものについては 風 営 法 第 26 条 に 基 づく 営 業 の 停 止 処 分 を 課 すこと なお 営 業 所 の 構 造 及 び 設 備 の 維 持 義 務 違 反 に 係 る 指 示 は 一 般 的 には 技 術 的 な 基 準 に 従 うべきことを 命 ずる 不 利 益 処 分 であり 行 政 手 続 法 ( 平 成 5 年 法 律 第 88 号 ) 第 13 条 第 2 項 第 3 号 の 規 定 により 弁 明 の 機 会 の 付 与 を 経 ないで 処 分 することができるものと 解 されている( 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 指 示 及 び 措 置 命 令 の 基 準 ( 平 成 22 年 12 月 2 日 付 け 警 察 庁 丙 保 発 第 18 号 別 紙 1) 第 1 中 2(1) 参 照 ) が 本 通 達 の 内 容 に 係 る 営 業 所 の 構 造 及 び 設 備 の 維 持 義 務 違 反 については 特 定 の 写 真 広 告 物 等 が 善 良 の 風 俗 又 は 清 浄 な 風 俗 環 境 を 害 するおそれのある 写 真 広 告 物 装 飾 その 他 の 設 備 に 該 当 するか 否 かにより 判 断 されるものであって 遵 守 すべき 事 項 が 技

7 術 的 な 基 準 をもって 明 確 にされている 場 合 には 当 たらないことから 弁 明 の 機 会 の 付 与 を 行 うべきであると 解 される したがって 当 該 違 反 に 対 する 指 示 処 分 を 行 う 際 には 営 業 者 に 対 し 聴 聞 及 び 弁 明 の 機 会 の 付 与 に 関 する 規 則 ( 平 成 6 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 26 号 ) 第 20 条 に 規 定 する 弁 明 通 知 書 を 交 付 し 弁 明 の 機 会 を 付 与 するものとすること また 広 告 設 備 等 規 制 に 対 する 違 反 状 態 については 速 やかに 解 消 される 必 要 がある 一 方 で これを 是 正 するための 行 政 処 分 の 実 施 に 当 たっては その 擬 律 判 断 について 各 地 域 の 風 俗 環 境 の 実 態 等 に 応 じた 合 理 的 な 範 囲 での 差 異 はありつつも 同 一 県 内 又 は 隣 接 他 県 との 間 で 説 明 責 任 を 果 たせないまでの 差 異 が 生 じることがあってはならない そこで 行 政 処 分 の 実 施 に 当 たっては 過 去 の 類 似 事 例 の 確 認 を 徹 底 するとともに そ の 基 礎 として 過 去 における 行 政 処 分 の 状 況 ( 個 々の 事 案 についての 処 分 事 由 処 分 内 容 等 )を 少 なくとも 同 一 県 内 の 風 俗 行 政 担 当 者 が 共 有 できるようにする 取 組 を 進 めるこ と 5 広 告 設 備 等 規 制 違 反 から 推 認 される 他 の 風 営 法 違 反 の 事 件 化 広 告 設 備 等 規 制 違 反 に 関 しては 当 該 違 反 に 対 する 行 政 処 分 にとどまることなく これらの 違 反 から 推 認 される 遊 技 機 の 無 承 認 変 更 や 賞 品 買 取 り 等 の 悪 質 な 風 営 法 違 反 が 潜 在 している 疑 いが 認 められる 営 業 所 について 必 要 な 捜 査 を 行 うなど 根 源 的 かつ 悪 質 な 違 反 の 立 証 に 努 め その 事 件 化 を 図 ること なお 広 告 設 備 等 規 制 違 反 に 関 しては ぱちんこ 業 界 に 対 して 度 重 なる 指 導 を 実 施 してきたことに 照 らし 今 なお 同 違 反 を 行 う 営 業 者 については 特 に 遵 法 意 識 に 疑 いが 持 たれるところであり 釘 曲 げ 等 の 遊 技 機 の 無 承 認 変 更 を 始 めとする 各 種 の 風 営 法 違 反 を 行 っている 蓋 然 性 が 高 いことから その 他 の 違 法 行 為 についても 見 過 ごすことなく 厳 正 に 対 処 すること 6 営 業 者 等 に 対 する 指 導 の 徹 底 許 可 事 務 及 び 立 入 りの 際 には その 都 度 営 業 者 等 に 適 時 適 切 な 指 導 を 行 うほか 風 営 法 施 行 規 則 第 37 条 各 号 に 規 定 する 管 理 者 の 業 務 の 実 施 状 況 の 把 握 に 努 める( 風 俗 営 業 の 営 業 所 における 管 理 者 に 関 する 施 策 の 推 進 について ( 平 成 14 年 3 月 31 日 付 け 警 察 庁 丁 生 環 発 第 80 号 ) 参 照 )とともに 風 営 法 第 24 条 第 6 項 に 基 づく 管 理 者 講 習 の 際 には 管 内 における 広 告 設 備 等 規 制 違 反 の 実 態 に 即 した 具 体 的 な 指 導 に 配 意 すること また 本 通 達 の 趣 旨 及 び 各 都 道 府 県 の 実 態 を 踏 まえ 広 告 若 しくは 宣 伝 又 は 営 業 所 の 設 備 に 関 し 管 理 者 が 行 うべき 業 務 について 臨 時 講 習 の 必 要 が 認 められる 特 別 の 事 情 が ある 場 合 は その 実 施 に 努 めること 7 ぱちんこ 営 業 者 の 団 体 に 対 する 指 導 と 営 業 の 健 全 化 に 向 けた 自 主 的 活 動 の 要 請

8 警 視 庁 及 び 各 道 府 県 警 察 本 部 の 風 俗 営 業 担 当 課 においては 旧 通 達 をその 施 行 後 短 期 間 で 見 直 して 本 通 達 を 発 出 することとなった 経 緯 を 十 分 に 踏 まえ ぱちんこ 営 業 者 及 び ぱちんこ 営 業 者 により 構 成 される 遊 技 業 組 合 等 の 団 体 に 対 して 本 通 達 の 趣 旨 を 徹 底 さ せるための 働 き 掛 けを 行 い ぱちんこ 営 業 に 係 る 著 しく 射 幸 心 をそそるおそれのある 広 告 及 び 宣 伝 等 の 一 掃 に 向 けた 自 主 的 な 取 組 の 更 なる 強 化 を 促 すこと また 広 告 設 備 等 規 制 違 反 に 対 する 行 政 処 分 に 際 し 風 俗 行 政 担 当 者 の 擬 律 判 断 を 困 難 にさせている 要 因 の 一 つに 2(1)ほかで 示 した 隠 語 その 他 の 表 現 が 広 くぱちんこ 営 業 において 用 いられていることが 挙 げられることから 上 記 の 働 き 掛 けに 際 しては 誤 解 のない 広 告 宣 伝 文 句 の 使 用 についても 併 せて 働 き 掛 けること 8 報 告 当 分 の 間 広 告 設 備 等 規 制 違 反 に 係 る 指 示 処 分 等 を 行 った 場 合 及 び 関 係 団 体 に 行 っ た 指 導 又 は 働 き 掛 け 等 に 対 する 特 異 な 動 向 等 を 把 握 した 場 合 には 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 宛 て 報 告 されたい

9 別 添 1 甘 釘 特 選 台 天 国 調 整 モーニングサービス イブニングサービス 赤 字 覚 悟 の 熱 血 週 間 つの 誓 い つの 約 束 つの 宣 言 つの 力 等 は 大 当 たりを 象 徴 する 数 字 ( 7 等 ) 又 はこれを 含 む 数 字 ( 17 等 ) の 日 の 月 月 間 の 年 周 年 は 営 業 所 の 名 称 地 名 記 念 的 行 事 特 定 の 機 種 の 名 称 等 営 業 は 平 常 の 営 業 でないことを 示 唆 する 文 言 ( 元 気 全 開 等 ) 徹 底 強 化 別 格.DAS( 注 :どっと 出 す).DEL( 注 :どっと 出 る) 等 は 営 業 所 の 名 称 又 は 特 定 の 機 種 の 名 称

10 別 添 2 日 には 特 選 スイーツ 限 定 提 供 はぞろ 目 の 数 字 又 は 大 当 たりを 象 徴 する 数 字 若 しくはこれらを 含 む 数 字 リニューアルオープンから 日 目 グランドオープンから 日 目 新 装 開 店 から 日 目 等 日 日 日 は 混 雑 予 想 日 を 大 事 にします を 重 視 します は 特 定 の 機 種 の 名 称 又 は 特 定 の 日 には 特 に 愛 を 込 めて 徹 底 清 掃 しました は 特 定 の 機 種 の 名 称 又 は 特 定 の 日 特 定 の 機 種 について 若 しくはぞろ 目 の 日 等 の 特 定 日 においてライターその 他 の 者 が 取 材 等 を 行 う 旨 又 は 営 業 所 の 名 称 地 名 記 念 的 行 事 若 しくは 特 定 の 機 種 の 名 称 等 を 冠 し 若 しくは 特 定 の 機 種 の 題 材 となっている 者 が 来 店 する 旨 の 表 示

11 別 添 3 月 日 パチンココーナー 従 業 員 一 同 揃 って お 待 ちしております は ガバッ!! は 特 定 の 機 種 の 名 称 又 は 特 定 の 日 大 開!! は 特 定 の 機 種 の 名 称 又 は 特 定 の 日

12 別 添 4 大 量 投 入 は 設 定 を 示 す 数 字 ROCK LOCK 朝 一 高 確 率 スタート つの 誓 い つの 約 束 つの 宣 言 つの 力 等 は 設 定 を 示 す 数 字 ( 6 等 ) 又 はこれを 含 む 数 字 ( 16 等 ) の 日 の 月 月 間 の 年 周 年 は 営 業 所 の 名 称 地 名 記 念 的 行 事 特 定 の 機 種 の 名 称 等 高 設 定 における 大 当 たり 確 率 のみを 強 調 した 表 示 本 日 も 金 メダル!.DAS.DEL 等 は 営 業 所 の 名 称 又 は 特 定 の 機 種 の 名 称

13 別 添 5 日 には 特 選 スイーツ 限 定 提 供 はぞろ 目 の 数 字 又 は 設 定 を 示 す 数 字 若 しくはこれらを 含 む 数 字 リニューアルオープンから 日 目 グランドオープンから 日 目 新 装 開 店 から 日 目 等 日 日 日 は 混 雑 予 想 日 を 大 事 にします を 重 視 します は 特 定 の 機 種 の 名 称 又 は 特 定 の 日 には 特 に 愛 を 込 めて 徹 底 清 掃 しました は 特 定 の 機 種 の 名 称 又 は 特 定 の 日 特 定 の 機 種 について 若 しくはぞろ 目 の 日 等 の 特 定 日 においてライターその 他 の 者 が 取 材 等 を 行 う 旨 又 は 営 業 所 の 名 称 地 名 記 念 的 行 事 若 しくは 特 定 の 機 種 の 名 称 等 を 冠 し 若 しくは 特 定 の 機 種 の 題 材 となっている 者 が 来 店 する 旨 の 表 示

14 別 添 6 大 当 たり 時 に 発 生 する 光 音 等 が 当 該 営 業 所 における 遊 技 において 頻 繁 に 発 生 するこ とを 示 す 表 示 月 日 パチスロコーナー 従 業 員 一 同 揃 って お 待 ちしております

15 別 添 7 賞 品 買 取 所 の 所 在 地 及 び 賞 品 買 取 所 における 特 定 の 賞 品 の 買 取 価 格 等 を 直 接 的 又 は 間 接 的 にうかがわせる 数 字 文 字 記 号 イラスト 等 (ぱちんこ 営 業 の 客 一 般 に 賞 品 買 取 所 に おける 特 定 の 賞 品 の 買 取 価 格 等 をうかがわせるものとして 通 用 する 隠 語 又 はこれに 類 する 表 現 を 含 む )の 表 示 であって 具 体 的 には 次 のようなものを 含 む 円 交 換 等 価 交 換 高 価 交 換 完 全 交 換 闘 火 好 感 度 MAX

16 別 添 8 出 玉 ランキング 表 等 にそれぞれの 出 玉 に 応 じた 賞 品 買 取 所 における 買 取 価 格 等 を 併 記 した 表 示

17 別 添 9 大 放 出 万 枚 万 枚 オーバー 玉 箱 を 重 ねるなど 著 しく 多 くの 遊 技 球 等 を 獲 得 した 状 況 を 示 す 表 示 実 際 に 獲 得 されたものではない 遊 技 球 等 を 収 めた 玉 箱 を 客 室 エントランス 部 等 に 強 調 して 積 み 上 げる 表 示 獲 得 された 遊 技 球 等 を 実 際 以 上 に 見 せ 掛 ける 表 示 特 定 の 日 週 月 等 ( 以 下 特 定 日 等 という )に 客 が 獲 得 する 遊 技 球 等 の 数 量 に ついて 当 該 営 業 所 における 過 去 の 記 録 若 しくは 他 の 営 業 所 の 記 録 と 競 い 若 しくは 何 らかの 誓 約 若 しくは 目 標 を 掲 げるような 催 物 を 実 施 し 又 はこれに 参 加 していることを 示 す 表 示 ( 当 該 催 物 の 主 催 者 が 当 該 ぱちんこ 営 業 者 以 外 の 第 三 者 である 場 合 を 含 む ) 特 定 日 等 における 大 当 たり 確 率 の 設 定 変 更 が 可 能 な 遊 技 機 の 設 定 状 況 について 当 該 営 業 所 における 過 去 の 遊 技 機 の 設 定 状 況 若 しくは 他 の 営 業 所 における 遊 技 機 の 設 定 状 況 と 競 い 若 しくは 何 らかの 誓 約 若 しくは 目 標 を 掲 げるような 催 物 を 実 施 し 又 はこれに 参 加 していることを 示 す 表 示 ( 当 該 催 物 の 主 催 者 が 当 該 ぱちんこ 営 業 者 以 外 の 第 三 者 で ある 場 合 を 含 む )

18 別 添 10 大 特 価 賞 品 無 料 引 換 券 50%off 景 品 チケット 特 別 に 無 料 で 遊 技 球 等 の 提 供 を 受 けることができることを 示 す 表 示 遊 技 に 伴 って 洗 車 自 転 車 修 理 空 気 入 れ 等 の 役 務 の 提 供 を 受 けることができること を 示 す 表 示 駅 から 徒 歩 で 秒 歩 ダッシュで 秒 は 賞 品 の 獲 得 に 要 する 遊 技 球 等 の 数 量 1 万 円 を 超 える 賞 品 の 提 供 が 受 けられることを 示 す 表 示 遊 技 に 伴 ってポイント 等 を 付 与 し 当 該 ポイント 等 の 蓄 積 数 に 応 じて 景 品 の 提 供 (ポ イントの 提 供 者 ポイントの 蓄 積 に 応 じた 景 品 の 提 供 者 ともに ぱちんこ 営 業 者 に 限 ら れない )が 受 けられることを 示 す 表 示

19 別 添 11 ハンドル 固 定 を 助 長 するような 表 示 目 押 しサービスを 受 けられることをうかがわせる 表 示

Microsoft Word - ガイドライン.doc

Microsoft Word - ガイドライン.doc インターネットを 活 用 したパチンコ 店 舗 の チラシ 広 告 ガイドライン [ 2011 年 7 月 版 ] 社 団 法 人 日 本 遊 技 関 連 事 業 協 会 凸 版 印 刷 株 式 会 社 IMC 株 式 会 社 [ 2011 年 7 月 版 ] 目 次 第 1 章 :インターネットを 活 用 したパチンコ 店 舗 のチラシ 広 告 ガイドラインについて 3 1. パチンコインターネット

More information

法 令 の 遵 守 自 助 努 力 原 議 保 存 期 間 1 0 年 ( 平 成 3 4 年 1 2 月 3 1 日 まで) 各 管 区 警 察 局 広 域 調 整 担 当 部 長 警 察 庁 丁 保 発 第 1 0 2 号 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長 各 道 府 県 警 察

法 令 の 遵 守 自 助 努 力 原 議 保 存 期 間 1 0 年 ( 平 成 3 4 年 1 2 月 3 1 日 まで) 各 管 区 警 察 局 広 域 調 整 担 当 部 長 警 察 庁 丁 保 発 第 1 0 2 号 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長 各 道 府 県 警 察 提 案 書 株 式 会 社 P S 検 査 機 構 法 令 の 遵 守 自 助 努 力 原 議 保 存 期 間 1 0 年 ( 平 成 3 4 年 1 2 月 3 1 日 まで) 各 管 区 警 察 局 広 域 調 整 担 当 部 長 警 察 庁 丁 保 発 第 1 0 2 号 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長 各 道 府 県 警 察 ( 方 面 ) 本 部 長 殿 警 視 庁 生 活

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行)

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行) 凍 り 豆 腐 製 造 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 及 び 凍 り 豆 腐 の 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 と 施 行 規 則 規 約 施 行 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という ) は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 ) 第 31

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ 大 通 達 甲 ( 生 企 ) 第 4 号 平 成 2 1 年 5 月 2 9 日 本 部 例 規 (1 年 ) 簿 冊 名 学 校 署 例 規 本 部 1 年 保 存 期 間 学 校 署 常 用 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 殿 各 警 察 署 長 生 活 安 全 部 長 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 法 第 29 条 の 規 定 による 公 安 委 員 会 に 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

新聞業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約及び施行規則

新聞業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約及び施行規則 新 聞 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 に 関 する 公 正 競 争 規 約 及 び 施 行 規 則 公 正 競 争 規 約 第 1 章 総 則 第 1 章 景 品 類 提 供 の 範 囲 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 と いう )は 新 聞 業 における 景 品 類 の 提 供 に 関 する 事 項 の 制 限 ( 平 成 10 年

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

止 できる 者 を 配 置 し 夜 間 における 酒 類 の 販 売 体 制 を 整 備 するよう 必 要 な 助 言 と 指 導 を 実 施 ( 平 成 10 年 4 月 ~) 5 年 齢 確 認 の 実 施 をはじめとする 取 組 を 推 進 していくためには 酒 類 販 売 に 従 事 する

止 できる 者 を 配 置 し 夜 間 における 酒 類 の 販 売 体 制 を 整 備 するよう 必 要 な 助 言 と 指 導 を 実 施 ( 平 成 10 年 4 月 ~) 5 年 齢 確 認 の 実 施 をはじめとする 取 組 を 推 進 していくためには 酒 類 販 売 に 従 事 する 25 未 成 年 者 の 飲 酒 防 止 等 に 関 する 取 組 等 国 税 庁 においては アルコール 飲 料 としての 酒 類 の 特 性 に 鑑 み より 良 い 飲 酒 環 境 を 形 成 して 消 費 者 利 益 と 酒 類 業 の 健 全 な 発 達 を 期 する 観 点 から 従 来 から 酒 類 業 界 に 対 し 未 成 年 者 飲 酒 防 止 に 配 意 し た 販 売 や 広

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc 答 申 第 1 審 議 会 の 結 論 名 古 屋 市 長 ( 以 下 実 施 機 関 という )が 本 件 異 議 申 立 ての 対 象 とな る 保 有 個 人 情 報 を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 である 第 2 異 議 申 立 てに 至 る 経 過 1 平 成 27 年 5 月 29 日 異 議 申 立 人 は 名 古 屋 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 17

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

平 成 1 3 年 度

平 成 1 3 年 度 27 豊 建 維 第 33-3 号 平 成 27 年 7 月 31 日 豊 前 市 監 査 委 員 初 山 吉 治 様 豊 前 市 監 査 委 員 鈴 木 正 博 様 豊 前 市 長 後 藤 ( 建 設 課 ) 元 秀 定 期 監 査 等 の 結 果 について( 回 答 ) 平 成 27 年 5 月 に 実 施 されました 定 期 監 査 等 においてご 指 摘 いただきました 事 項 について 下

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

二輪自動車業における表示に関する公正競争規約及び同施行規則

二輪自動車業における表示に関する公正競争規約及び同施行規則 二 輪 自 動 車 業 における 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 及 び 同 施 行 規 則 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という )は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 以 下 景 品 表 示 法 という ) 第 11 条 第 1 項 の 規

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030332D31208EC096B18F438F4B8E7793B1834B8343836883898343839381698267825182558144825789FC92F9814594BD896694C5816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030332D31208EC096B18F438F4B8E7793B1834B8343836883898343839381698267825182558144825789FC92F9814594BD896694C5816A2E646F6378> 1 343 344 2 3 345 346 - 1-347 348-2 - - 3-349 350 分 野 別 実 務 修 習 のガイドライン 1 検 察 の 分 野 別 実 務 修 習 における 指 導 目 標 指 導 方 法 司 法 修 習 においては, 法 曹 として 活 動 を 開 始 するに 当 たり 必 要 な 事 実 調 査 能 力, 法 的 分 析 能 力, 事 実 認 定 能 力,

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817990B3817A8E9096E291E63138358D86939A905C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817990B3817A8E9096E291E63138358D86939A905C> 静 情 審 第 6 3 号 平 成 26 年 3 月 24 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 25 年 11 月 7 日 付 け 静 空 総 第 141 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

<4D F736F F D A518AD68C578ED282C682CC90DA904782C98AD682B782E98E77906A E392E31292E646F63>

<4D F736F F D A518AD68C578ED282C682CC90DA904782C98AD682B782E98E77906A E392E31292E646F63> 利 害 関 係 者 との 接 触 に 関 する 指 針 制 定 平 成 16 年 4 月 9 日 最 近 改 正 平 成 23 年 9 月 1 日 この 指 針 は 横 浜 市 職 員 服 務 規 程 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 行 動 が 市 民 の 疑 惑 や 不 信 を 招 くことがない よう 利 害 関 係 を 有 するもの( 以 下 利 害 関 係 者 という )との

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

土 地 家 屋 購 入 家 賃 地 代 駐 車 料 ( 一 時 預 りを 除 く) 等 の 不 動 産 に 関 わる 支 払 い 現 金 との 換 金 金 融 機 関 への 預 け 入 れ 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年

土 地 家 屋 購 入 家 賃 地 代 駐 車 料 ( 一 時 預 りを 除 く) 等 の 不 動 産 に 関 わる 支 払 い 現 金 との 換 金 金 融 機 関 への 預 け 入 れ 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 津 市 プレミアム 商 品 券 発 行 等 運 営 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 津 市 プレミアム 商 品 券 発 行 等 運 営 業 務 2 委 託 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 業 務 の 概 要 (1) 目 的 津 市 内 に 店 舗 のある 商 店 等 において 使 用 できるプレミアム 商 品 券 を 発 行 することによ

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取 諮 問 庁 : 公 正 取 引 委 員 会 委 員 長 諮 問 日 : 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 平 成 28 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 136 号 ) 答 申 日 : 平 成 28 年 7 月 7 日 ( 平 成 28 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 183 号 ) 事 件 名 : 平 成 27 年 度 総 合 職 官 庁 訪 問 での 対 応 依 頼 等 の 一 部 開

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477>

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477> 静 情 審 第 2 1 号 平 成 26 年 9 月 30 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 付 け 医 疾 第 1330 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果 平 成 2 8 年 7 月 8 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 について 第 1 請 求 の 受 付 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

第85回行政苦情救済推進会議

第85回行政苦情救済推進会議 地 縁 団 体 名 義 への 不 動 産 移 転 登 記 手 続 の 改 善 促 進 相 談 申 出 要 旨 資 料 1 高 知 の 事 案 私 が 副 会 長 を 務 めている 自 治 会 は 平 成 17 年 に 地 方 自 治 法 第 260 条 の2に 基 づく 地 縁 団 体 の 認 可 を 受 けている 自 治 会 が 保 有 する 不 動 産 に 所 有 者 107 名 の 表 示 登

More information

(別添)特定個人情報の適正な取扱いに関する安全管理措置

(別添)特定個人情報の適正な取扱いに関する安全管理措置 資 料 1 ( 別 添 ) 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する 安 全 管 理 措 置 目 次 要 点... 1 1 安 全 管 理 措 置 の 検 討 手 順... 2 A 個 人 番 号 を 取 り 扱 う 事 務 の 範 囲 の 明 確 化... 2 B 特 定 個 人 情 報 ファイルの 範 囲 の 明 確 化... 2 C 事 務 取 扱 担 当 者 の 明 確

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

平成20年7月25日

平成20年7月25日 学 校 私 費 会 計 事 務 事 故 防 止 検 討 委 員 会 報 告 学 校 私 費 会 計 事 務 事 故 防 止 検 討 委 員 会 平 成 20 年 10 月 1 経 緯 と 検 討 会 の 設 置 (1) 私 費 会 計 の 定 義 と 種 別 義 務 教 育 である 公 立 の 小 中 学 校 に 関 しては 日 本 国 憲 法 第 26 条 第 2 項 において 義 務 教 育 は

More information

法 律 の 目 的 及 び 概 要 1. 目 的 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 29 年 4 月 の 消 費 税 率 の 引 上 げに 際 し, 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 を 確 保 するため, 特 定 事 業 者 による 消 費 税 の 転 嫁 拒 否 等 の

法 律 の 目 的 及 び 概 要 1. 目 的 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 29 年 4 月 の 消 費 税 率 の 引 上 げに 際 し, 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 を 確 保 するため, 特 定 事 業 者 による 消 費 税 の 転 嫁 拒 否 等 の 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 の 確 保 のための 消 費 税 の 転 嫁 を 阻 害 する 行 為 の 是 正 等 に 関 す る 特 別 措 置 法 及 びガイドライン 等 について 法 律 の 目 的 及 び 概 要 1. 目 的 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 29 年 4 月 の 消 費 税 率 の 引 上 げに 際 し, 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正

More information

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 に おける 職 員 のコンプライアンス 違 反 等 に 関 する 報 告 平 成 28 年 7 月 11 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 理 事 長 上 西 郁 夫 Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

(案)

(案) 資 料 2-1 特 例 番 号 1010 の 関 連 資 料 審 議 事 項 1 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 のニーズについて 1 2 行 政 評 価 局 による 調 査 結 果 ( 平 成 18 年 度 下 半 期 実 施 分 ) 2 3 規 制 所 管 省 庁 の 意 見 等 12 参 考 資 料 4 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 の 概 要 13

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差 気 象 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 12 月 2 日 気 象 庁 訓 令 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法

More information

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 消 防 庁 訓 令 第 7 号 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 め る 平 成 27 年 11 月 30 日 消 防 庁 長 官 佐 々 木 敦 朗 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816932372E30352E32308CBB8DDD816A48323793DE97C78E738376838C837E834183808FA495698C9481698E5189C1935895DC95E58F5797768D80816A2D312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816932372E30352E32308CBB8DDD816A48323793DE97C78E738376838C837E834183808FA495698C9481698E5189C1935895DC95E58F5797768D80816A2D312E646F63> 奈 良 市 プレミアム 商 品 券 参 加 店 舗 募 集 要 項 奈 良 市 プレミアム 商 品 券 事 務 局 2015.5.20 現 在 事 業 の 趣 旨 市 域 における 消 費 を 喚 起 し 地 域 経 済 の 活 性 化 に 資 することを 目 的 として プレミアム 商 品 券 を 発 行 します 併 せて 子 育 て 世 帯 に 向 けた 生 活 応 援 を 行 うとともに 奈

More information

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464>

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464> 徳 島 県 情 報 公 開 審 査 会 答 申 第 37 号 第 1 審 査 会 の 結 論 実 施 機 関 が 産 業 廃 棄 物 処 理 業 の 事 業 範 囲 変 更 許 可 申 請 書 ( 平 成 11 年 2 月 10 日 付 け) 平 成 11 年 度 分 のダイオキシン 類 測 定 結 果 報 告 書 平 成 11 年 度 分 の 産 業 廃 棄 物 の 処 分 実 績 報 告 書 に

More information

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378>

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378> 地 縁 団 体 規 約 作 成 例 と 作 成 上 の 留 意 事 項 資 料 1 規 約 の 例 を 示 すと 次 のとおりです ただし これは 一 般 的 な 例 を 示 したものに 過 ぎないの で 各 地 縁 団 体 で 規 約 作 成 に 当 たっては 規 約 例 及 び 留 意 点 を 参 考 としながら 各 地 縁 団 体 の 実 情 に 合 った 定 めをすることが 必 要 です なお

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

なければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し そ の 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者

なければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し そ の 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 個 人 情 報 保 護 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 1 月 13 日 個 人 情 報 保 護 委 員 会 訓 令 第 21 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 29 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information