◆比較法研究所報告・東ドイツ1953年6 月17日事件解読

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "◆比較法研究所報告・東ドイツ1953年6 月17日事件解読"

Transcription

1 2010 年 度 早 稲 田 大 学 比 較 法 研 究 所 プロジェクト 連 続 講 演 会 旧 社 会 主 義 国 における 法 と 社 会 Ⅱ 第 2 回 東 西 ドイツから 統 一 ドイツへ 東 ドイツ1953 年 6 月 17 日 事 件 の 今 日 的 解 読 2010 年 12 月 17 日 / 水 島 朝 穂 ( 法 学 学 術 院 教 授 ) はじめに 3つの 6 月 17 日 1789 年 6 月 17 日 : 三 部 会 から 第 三 身 分 ( 平 民 )が 離 脱 して 国 民 議 会 を 結 成 1932 年 6 月 17 日 : ボーナスアーミー 事 件 第 1 次 大 戦 の 復 員 軍 人 と 家 族 が ボ ーナス 支 払 いを 求 めてデモを 行 い ワシントンに 集 結 した 日 1953 年 6 月 17 日 : 東 ドイツにおける 労 働 者 市 民 の 運 動 Ⅰ. 6 月 17 日 事 件 はなぜ 起 きたのか 1.57 年 目 の 6 月 17 日 の 風 景 6 月 17 日 通 り :ブランデンブルク 門 からエルンスト ロイター 当 時 の 西 ベル リン 市 長 の 名 前 広 場 までの 通 り(ウンター デン リンデンとビスマルク 通 りを 接 続 するベルリン 中 心 部 の 大 通 り) 6 月 17 日 は 遠 くなりにけり? :マインツ 大 学 での 学 生 意 識 調 査 (18) 2010 年 6 月 17 日 ドイツ 連 邦 議 会 本 会 議 場 :G.シュヴァン( 元 大 統 領 候 補 )の 6 月 17 日 事 件 57 周 年 記 念 演 説 とそれに 対 する 微 妙 な 反 応 (20) 2. 原 因 と 背 景 6 月 17 日 への 道 東 ドイツ(DDR)の 建 国 と 迷 走 (2) 社 会 主 義 統 一 党 (SED) 第 2 回 協 議 会 (1952 年 7 月 ) 社 会 のソビエト 化 への 転 換 点 : 農 業 の 集 団 化 中 小 経 営 への 課 税 強 化 重 要 産 業 の2/3を 国 営 化 (3) 1952 年 7 月 から 東 ドイツの 軍 事 化 が 始 まる 軍 事 費 は 全 国 家 予 算 の22%(1952 年 ) 18%(1953 年 ) 兵 営 式 人 民 警 察 (KVP:Kasernierte Volkspolizei) 後 の 国 家 人 民 軍 (Nationale Volksarmee)16 万 の 誕 生 自 営 農 民 中 小 経 営 者 技 術 者 などの 西 ドイツへの 大 量 逃 亡 ( 建 国 から1952 年

2 までに65 万 以 上 1953 年 だけで33 万 1000 人 ) 労 働 人 口 の 低 下 深 刻 な 経 済 危 機 と 食 料 危 機 1953 年 3 月 5 日 ソ 連 のスターリン 死 去 5 月 13 日 SED 中 央 委 員 会 : 労 働 ノルマの10% 引 き 上 げ 決 定 イエナなどの 地 方 都 市 でストライキが 発 生 体 制 化 した 労 働 組 合 (FDGB)はSED 支 持 労 働 者 の 反 発 組 合 を 超 えた 決 起 へ 6 月 11 日 SED 新 コース を 導 入 : 重 工 業 優 先 方 針 の 見 直 し 自 営 農 の 保 護 個 人 営 業 の 再 開 しかしtoo lateだった SED 国 家 の 破 産 宣 言 Ⅱ. 6 月 17 日 事 件 の 経 過 1. それは 前 日 のスターリン アレー 工 事 現 場 の300 人 のストから 始 まった 17 日 に 東 ベルリン 周 辺 で6 万 1000 人 がストライキ ベルリン 米 占 領 地 区 の 放 送 局 リアス(RIAS)が 克 明 に 伝 える 東 独 全 土 にストやデモ が 波 及 cf.リアス 編 集 局 長 E.バール( 後 の 西 ドイツ 統 一 問 題 担 当 大 臣 )の 回 想 (9) 参 照 リアスなくして 蜂 起 なし 地 方 では 重 要 産 業 や 地 区 政 府 党 事 務 所 などが 占 拠 された 第 1 段 階 : 東 ドイツ 全 土 の 工 場 におけるストライキ 運 動 第 2 段 階 : 通 行 人 主 婦 若 者 もデモに 参 加 失 業 者 職 人 ホワイトカラーの 職 員 自 由 業 中 小 の 経 営 者 も 含 まれていた 第 3 段 階 :SED 政 治 に 対 する 労 働 者 の 比 較 的 平 和 な 抵 抗 が 政 治 的 に 動 機 づけられ た 労 働 者 の 決 起 に 変 わった 17 日 のベルリンのデモのスローガンやシュプレヒコールの 内 容 (21) 参 照 ex. 自 由 な 選 挙 を ロシア 人 は 撤 退 せよ W.ウルブリヒト(SED 第 一 書 記 ) 打 倒 我 々はパンだけを 求 めているのではない すべてのロシア 人 を 打 ち 倒 せ ゼネラルストライキを 独 ソ 友 好 糞 食 らえ 我 々にSEDは 不 要 だ 国 家 人 民 軍 は 必 要 ない グロテヴォール 政 府 打 倒 運 動 の 政 治 的 性 格 が 明 確 になった 瞬 間 :ヴィッターフェルトのストライキ 委 員 会 の 政 府 に 対 する 電 報 (6 月 17 日 )に 掲 げられた9 項 目 要 求 DDR 政 府 の 即 時 退 陣 進 歩 的 勤 労 者 による 政 府 の 形 成 4 週 間 以 内 の 自 由 秘 密 直 接 選 挙 全 政 治 犯 の 釈 放

3 東 西 ベルリンの 境 界 の 即 時 廃 止 軍 隊 (NVA)の 即 時 解 体 等 々 (1) 2.ソ 連 の 軍 事 介 入 による 鎮 圧 ソ 連 軍 16 個 師 団 (1 個 あたり20000 人 )と600 両 のT34 戦 車 を 投 入 17 日 13 時 ソビエト 占 領 地 区 軍 司 令 官 命 令 により 戒 厳 ( 非 常 事 態 )が 布 告 : 通 りや 広 場 公 的 建 物 内 における 一 切 のデモ 集 会 催 しの 禁 止 3 人 以 上 の 人 間 の 集 まりが 禁 止 21 時 から 翌 朝 5 時 まで 徒 歩 や 乗 り 物 による 通 行 は 処 罰 される 戒 厳 令 に 基 づく 特 設 軍 法 会 議 で19 人 に 死 刑 判 決 6 月 17 日 事 件 のデータ cf.(8) 一 部 修 正 騒 擾 地 : 尐 なくとも373 都 市 デモ 参 加 者 : 尐 なくとも50 万 人 ストライキに 入 った 工 場 :600 解 放 された 監 獄 :1317 死 亡 したデモ 参 加 者 : 尐 なくとも51 人 ( 最 尐 の25 人 から 最 大 507 人 まである) 逮 捕 者 :6171 人 (6325 人 という 数 字 あり) 労 働 者 の 割 合 :65.2% 非 常 事 態 宣 言 :14 県 中 10 県 軍 法 会 議 で 銃 殺 :19 人 命 令 違 反 で 銃 殺 されたソ 連 兵 :40 人 死 刑 :2 人 (E.Dorn,E.Jennrich) 無 期 懲 役 刑 :3 人 10~15 年 の 自 由 刑 :13 人 5~10 年 の 自 由 刑 :98 人 1~5 年 の 自 由 刑 :791 人 1 年 以 下 の 自 由 刑 :534 人 Ⅲ. 6 月 17 日 事 件 とは 何 だったのか 1. 6 月 17 日 事 件 その 後 1961 年 8 月 13 日 ベルリンの 壁 建 設 への 道 雑 談 : 東 ドイツ 国 家 保 安 省 (シュタージ)と 国 家 人 民 軍 (NVA)の 歴 史 グッズ

4 の 紹 介 1963 年 の 10 周 年 の 際 当 時 の 大 統 領 の 宣 言 により 6 月 17 日 が 統 一 の 日 と して 国 民 の 祝 日 となった(1990 年 の 統 一 後 も 記 念 日 としては 残 った) 2. 6 月 17 日 事 件 をどうみるか 社 会 主 義 統 一 党 (SED)の 見 解 反 革 命 反 ソ 暴 動 半 ファシスト (Halbfaschist) 暴 動 cf. アメリカ 占 領 地 区 の 放 送 局 リアスが 指 示 を 与 えた 暴 動 ( 上 杉 重 二 郎 北 大 名 誉 教 授 ベルリン 東 と 西 三 一 書 房 1962 年 ) ベルリンの 壁 の 建 設 を ドイ ツ 史 上 最 初 の 労 働 者 = 農 民 国 家 の 生 き 残 りを100パーセント 証 明 したと 積 極 的 に 擁 護 している! ぶっつけ 本 番 の 革 命 (Revolution aus dem Stegreif) (8) 民 衆 蜂 起 ではなく 労 働 者 の 反 対 運 動 (バーリング 説 ) (13) ヨーロッパ 革 命 の 序 曲 (16) あるいは 未 完 の 革 命 (12) 自 由 革 命 ドイツ 基 本 法 (1949)を 含 める 視 点 6 月 革 命 は 生 きている (11) ハンガリーやポー ランドに 連 動 する 視 点 星 乃 治 彦 東 ドイツの 興 亡 ( 青 木 書 店 )などの 日 本 型 オスタルジー 研 究 の 楽 観 的 評 価 6 月 17 日 事 件 については 東 ドイツ 市 民 の 抵 抗 運 動 説 (7) 6 月 17 日 は 歴 史 をつくった 東 ドイツ 市 民 の 日 だった それは 社 会 主 義 体 制 そのものを 排 除 する 行 動 ではなかった よりよい 東 ドイツ あるいは よりよい ドイツを 求 める 東 ドイツ 市 民 の 抵 抗 運 動 であった 経 済 的 要 求 から 政 治 的 要 求 へ ナショナリズム(ドイツ 統 一 )との 関 係 SED 内 部 の 権 力 闘 争 に 注 目 する 見 解 R.ヘルンシュタット( 党 機 関 紙 (Neues Deutschland) 編 集 長 )とW.ツァイサー( 国 家 保 安 相 )によるW.ウルブリヒト( 第 一 書 記 )への 批 判 (2)(3)(5) 2 人 は 除 名 追 放 知 識 人 は 政 府 の 後 ろにいた という 神 話 (14) 年 と 1989 年 の 比 較 の 視 点 6.17 は 人 々の 意 識 のなかに 持 続 的 な 作 用 を 残 した 即 ち 一 定 の 状 況 に 際 して

5 働 きはじめる 酵 素 (Ferment)のように 作 用 している (13) 1953 年 1989 年 との 相 違 点 デモに 対 して 駐 留 ソ 連 軍 が 動 かなかったこと 革 命 のための 戦 略 や 綱 領 もなかったこと もしソ 連 軍 戦 車 が 1989 年 のように 駐 屯 地 内 にとどまっていたら 東 ドイツの 活 動 的 な 人 々の 勇 気 と 決 起 は 当 時 の 段 階 で このレジーム(SED 国 家 )を 倒 して いたことだろう (22) むすびにかえて ドイツ 憲 法 史 的 から 診 た 6 月 17 日 事 件 ドイツ 民 主 共 和 国 (DDR) 建 国 40 周 年 に 起 きた ベルリンの 壁 崩 壊 東 ドイツという 国 は 最 初 はよかったが 途 中 で 変 質 してしまった わけでも 社 会 主 義 の 大 義 から 外 れてしまった わけでもなく 建 国 4 周 年 に 起 きた 6 月 17 日 事 件 によって 国 家 としての 正 統 性 を 剥 奪 された 虚 構 の 存 在 であった ドイツ 基 本 法 (1949 年 )と 6 月 17 日 事 件 6 月 17 日 事 件 は 東 欧 立 憲 革 命 の 黎 明 参 考 文 献 (1)T.Diedrich,Der 17.Juni 1953 in der DDR,1991,S (2)W.Kenntemich,u.a.(Hrsg.),Das war die DDR-Eine Geschichte des anderen Deuts chland,1993,s (3)K.Schroeder,Der SED-Staat Partei,Staat und Gesellschaft ,1998,S (4)Ch.F.Ostermann,Uprising in East Germany 1953:The Cold War,the German Que stion, and the first major upheaval behind the iron curtainn,2001,p (5)Th.Neumann,Die Maßnahme Eine Herrschaftsgeschichte der SED,1991,S (6)F.Werkentin,Recht und Justiz im SED-Staat,1998,S (7)Haruhiko Hoshino,Macht und Bürger-Der 17.Juni 1953,2002,S (8)K.-H.Janssen,Die Revolution aus dem Stegreif,in:Die Zeit,Nr.25 vom , S.13. (9)E.Bahr,Etwas Unerhörtes passierte-erinnerung an den 17.Juni 1953,in:Freitag, Nr.25 vom ,S.8.

6 (10)K.Wiegrefe/U.Klussmann,Ein deutscher Aufstand,in:Der Spiegel,Nr.24 vom ,S (11)E.Neubert,Es lebe die Juni-Revolution!,in:Die Welt vom (12)A.Merkel,Die unvollendete Revolution,in:Die Welt vom (13)L.Ahonen,Nichts bleibt,wie es ist, ,ein Vergleich,in:Freitag,Nr.23 vom (14)S.Prokop,Die DDR-Intelligenz und die Juni-Krise 1953,in:Freitag,Nr.23 vom (15)J.Rösler,Der 17.Juni und das Recht auf Faulheit,in:Freitag,Nr.24 vom (16)K.Harpprecht,Ouvertuere einer europäischen Revolution,in:Die Zeit,Nr.25 vom ,S.41. (17)R.Leicht,Eine Revolte kehrt wieder,in:die Zeit,Nr.25 vom ,S.1. (18)F.Werner,Der 17.Juni-ein Beispiel für deutsche Geschichtevergessenheit,in: Frankfurter Rundschau vom (19)D.Körfer,Die verdrängte Erhebung,in:tageszeitung vom (20)Gedenkrede zum 17.Juni 1953-Schwan glaubt an Freiheitswillen,in:Frankfurter Rundschau vom (21)Frankfurter Allgemeine Zeitung vom (22) 小 島 栄 一 1953 年 6 月 17 日 事 件 と 東 ドイツ 社 会 科 学 討 究 38 巻 3 号 (1993 年 )179~ 203 頁 (23) 6 月 17 日 事 件 の 専 門 サイト:http://www.17juni53.de/

建 設 の 背 景 ベルリンは 全 域 が 東 ドイツの 中 に 含 まれており 西 ドイツとは 完 全 に 離 れていた そしてベルリン 東 側 はドイツ 国 第 三 帝 国 当 時 から 分 断 後 も 引 き 続 いて 東 ドイツの 首 都 であったのである つま り 東 ドイツに 囲 まれて

建 設 の 背 景 ベルリンは 全 域 が 東 ドイツの 中 に 含 まれており 西 ドイツとは 完 全 に 離 れていた そしてベルリン 東 側 はドイツ 国 第 三 帝 国 当 時 から 分 断 後 も 引 き 続 いて 東 ドイツの 首 都 であったのである つま り 東 ドイツに 囲 まれて ベルリンの 壁 第 二 次 世 界 大 戦 後 に ドイツは 米 英 仏 占 領 地 域 を 資 本 主 義 を 名 目 とした 西 ドイツと ソ 連 占 領 地 域 を 共 産 主 義 を 名 目 とした 東 ドイツ に 分 断 された ベルリ ンは 都 市 自 体 が 米 英 仏 ソ 連 によって 分 割 占 領 されたが 米 英 仏 の 占 領 地 域 である 西 ベルリンは 周 囲 を 全

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

5.1 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 1931 昭 和 6 年 38 1932 昭 和 7 年 39 1933 昭 和 8 年 40 7.5 久 布 白 落 実 に 代 わり 婦 選 獲 得 同 盟 総 務 理 事 に 就 任 2.28 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 貴

5.1 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 1931 昭 和 6 年 38 1932 昭 和 7 年 39 1933 昭 和 8 年 40 7.5 久 布 白 落 実 に 代 わり 婦 選 獲 得 同 盟 総 務 理 事 に 就 任 2.28 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 貴 市 川 房 枝 年 譜 西 暦 和 暦 年 齢 月 日 年 譜 事 項 関 連 主 要 事 項 1893 明 治 26 年 0 愛 知 県 中 島 郡 明 地 村 ( 現 尾 西 市 )の 農 家 の 三 女 に 生 まれ 5.15 ふさゑ と 命 名 1907 明 治 40 年 14 4 朝 日 尋 常 高 等 小 学 校 卒 業 1908 明 治 41 年 15 3 単 身 上 京 女 子 学

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労 公 務 員 の 種 類 と 数 公 務 員 は 国 家 公 務 員 が 約 64 万 人 地 方 公 務 員 が 約 286 万 人 大 臣 副 大 臣 大 臣 政 務 官 大 使 公 使 等 ( 約 500 人 ) 給 与 決 定 の 方 法 特 別 職 ( 約 300,000 人 ) 裁 判 官 裁 判 所 職 員 ( 約 26,000 人 ) 人 事 院 勧 告 に 準 じて 措 置 国 会

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E393FA967B82CC90ED918882C695BD986182F08D6C82A682E982512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E393FA967B82CC90ED918882C695BD986182F08D6C82A682E982512E646F63> 北 広 島 九 条 の 会 例 会 資 料 近 代 日 本 の 戦 争 と 平 和 を 考 える2 2015 年 4 月 4 日 / 後 藤 守 彦 1. 第 1 次 世 界 大 戦 (1914~1918 年 ) (1)1914( 大 正 3) 年 サラエボ 事 件 (セルビアの 青 年 によるオーストリア 皇 太 子 夫 妻 暗 殺 事 件 )を 契 機 に 開 戦 (2) 戦 争 参 加 国 (31

More information

営業秘密管理指針(案)の概要

営業秘密管理指針(案)の概要 ( 別 紙 1-2) 外 為 法 に 基 づく 対 内 投 資 規 制 の 見 直 しについて ( 参 考 資 料 ) 平 成 1 9 年 6 月 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 外 国 投 資 家 による 対 内 直 接 投 資 が 国 の 安 全 を 損 ない 公 の 秩 序 の 維 持 を 妨 げ 公 衆 の 安 全 の 保 護 に 支 障 を 来 す 等 のおそれがある 場

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

24 パートタイム職員就業規則

24  パートタイム職員就業規則 国 立 大 学 法 人 鳴 門 教 育 大 学 パートタイム 職 員 就 業 規 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 第 24 号 平 成 16 年 11 月 15 日 規 第 38 号 平 成 17 年 3 月 14 日 規 第 21 号 平 成 18 年 3 月 13 日 規 第 4 号 平 成 19 年 3 月 23 日 規 第 11 号 平 成 20 年 3 月 24 日 規 第

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

ついては, 別 に 定 める 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 任 用 規 程 ( 平 成 17 年 規 程 第 44 号 )による ( 労 働 条 件 の 明 示 ) 第 7 条 学 長 は 職 員 の 採 用 に 際 しては, 採 用 する 職 員 に 対 し, 次 の 事

ついては, 別 に 定 める 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 任 用 規 程 ( 平 成 17 年 規 程 第 44 号 )による ( 労 働 条 件 の 明 示 ) 第 7 条 学 長 は 職 員 の 採 用 に 際 しては, 採 用 する 職 員 に 対 し, 次 の 事 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 10 月 3 日 規 則 第 5 号 最 終 改 正 平 成 26 年 3 月 18 日 規 則 第 2 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号

More information

Untitled

Untitled 滋 刑 企 甲 発 第 S0 号 平 成 年 (0)0 月 日 滋 賀 県 警 察 本 部 刑 事 部 刑 事 企 画 課 刑 法 犯 特 別 法 犯 暴 力 団 犯 罪 来 日 外 国 人 犯 罪 凡 例 滋 賀 の 犯 罪 ( 平 成 年 ) 目 次 平 成 年 中 の 主 な 出 来 事 < 解 説 > 平 成 年 の 犯 罪 概 要 < 全 国 統 計 表 > < 本 県 統 計 表 >

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山 安 保 破 棄 岡 山 県 実 行 委 員 会 学 習 会 2011 年 10 月 17 日 ( 岡 山 市 勤 労 者 福 祉 センター) 米 軍 機 の 低 空 飛 行 を 許 さないために 中 尾 元 重 1. 低 空 飛 行 の 被 害 とその 後 (1) 全 国 の 低 空 飛 行 (2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4)

More information

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正 東 村 山 に 関 する 新 聞 記 事 INDEX 2012 年 10 月 分 ここに 掲 載 されている 記 事 は 切 り 抜 きをファイルし 中 央 図 書 館 に 保 管 しています 見 出 し 掲 載 日 掲 載 紙 朝 夕 刊 ページ 分 類 更 衣 室 盗 撮 目 的 侵 入 容 疑 で 逮 捕 東 村 山 市 保 育 園 職 員 2012 年 10 月 2 日 朝 日 朝 刊 29

More information

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医 第 46 期 第 3 回 常 任 幹 事 会 報 告 日 時 2016 年 6 月 23 日 ( 木 )13:30~ 会 場 東 京 労 働 会 館 5 階 地 評 会 議 室 出 欠 : 竹 崎 井 手 口 丸 山 岡 村 椎 橋 福 井 西 川 寺 川 相 川 阿 久 津 石 上 小 形 深 沢 西 銘 ( 代 稲 垣 ) 星 杉 山 伊 藤 植 松 佐 々 木 中 村 佐 田 酒 井 水 上

More information

Microsoft Word 制裁強化の動きについて

Microsoft Word 制裁強化の動きについて 最 近 における 制 裁 強 化 の 動 きについて 2013.4.23 連 合 会 館 金 東 鶴 1. 制 裁 期 間 を2 年 に 拡 大 し 継 続 決 定 2. 再 入 国 許 可 の 不 許 可 対 象 の 拡 大 3. 高 校 無 償 化 から 制 度 的 に 締 め 出 すための 省 令 改 正 4. 補 助 金 固 定 資 産 税 についても 締 め 付 け 強 化 か!? 1 [

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 非 常 勤 教 職 員 就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 11 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 4 月 20 日 一 部 改 正 平 成 18 年 4 月 4 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

Taro12-a 紹介 富山(更新).jtd

Taro12-a 紹介 富山(更新).jtd 富 山 始 審 裁 判 所 ができるまで 1 県 庁 における 裁 判 時 代 ( 1) 明 治 4 年 7 月 14 日, 廃 藩 置 県 によって 富 山 藩 は 廃 せられ, 旧 藩 領 に 富 山 県 が 設 置 された だ 裁 判 事 務 は, 富 山 藩 時 代 には 藩 において 行 われており, 富 山 県 もこれを 引 き 継 い 同 年 11 月 20 日 には, 富 山 県 が

More information

1945 年 8 月 11 日 連 合 国 の 回 答 1945 年 8 月 14 日 御 前 会 議 においてポツダム 宣 言 の 最 終 的 な 受 諾 を 決 定 連 合 国 軍 最 高 司 令 官 ダグラス マッカーサーの 任 命 1945 年 8 月 17 日 東 久 邇 宮 内 閣 が

1945 年 8 月 11 日 連 合 国 の 回 答 1945 年 8 月 14 日 御 前 会 議 においてポツダム 宣 言 の 最 終 的 な 受 諾 を 決 定 連 合 国 軍 最 高 司 令 官 ダグラス マッカーサーの 任 命 1945 年 8 月 17 日 東 久 邇 宮 内 閣 が 日 本 国 憲 法 制 定 経 過 平 成 25 年 9 月 17 日 1918 年 1 月 8 日 ウィルソン 14 原 則 1918 年 11 月 11 日 ドイツとの 休 戦 の 締 結 1918 年 11 月 13 日 ハンガリーとの 休 戦 協 定 (ハンガリーの 内 部 行 政 には 干 渉 しない) 1941 年 1 月 6 日 ルーズベルト 大 統 領 の 四 つの 自 由 に 関

More information

平成12年度

平成12年度 平 成 27 年 度 (2015 年 度 ) 公 益 財 団 法 人 広 島 観 光 コンヘ ンションヒ ューロー 契 約 職 員 採 用 (Ⅰ 種 ) 受 験 案 内 平 成 2 8 年 2 月 1 日 公 益 財 団 法 人 広 島 観 光 コンヘ ンションヒ ューロー 第 1 次 平 成 28 年 2 月 21 日 ( 日 ) 申 込 受 付 期 間 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月

More information

第 2 応 募 資 格 条 件 1 応 募 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4の 規 定 に 該 当 しない 者 であること (2) 経 営 不 振 の 状 況 ( 破 産 手 続 更 生 手 続 再 生 手 続 の 開 始 がされている 又 は 手 形 取 引 停

第 2 応 募 資 格 条 件 1 応 募 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4の 規 定 に 該 当 しない 者 であること (2) 経 営 不 振 の 状 況 ( 破 産 手 続 更 生 手 続 再 生 手 続 の 開 始 がされている 又 は 手 形 取 引 停 都 営 地 下 鉄 駅 構 内 店 舗 出 店 者 公 募 要 項 一 般 財 団 法 人 東 京 都 営 交 通 協 力 会 では 都 営 三 田 線 白 山 駅 構 内 において 以 下 のとおり 店 舗 出 店 予 定 者 の 募 集 を 行 います なお この 公 募 要 項 内 において 店 舗 出 店 予 定 者 は 出 店 者 一 般 財 団 法 人 東 京 都 営 交 通 協 力 会

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

これに 対 して 1915( 大 正 4) 年 1 月 18 日 日 本 は 中 華 民 国 に 21 か 条 要 求 を 提 出 しました この 要 求 は 要 求 14 か 条 希 望 7 か 条 からなり 大 隈 重 信 内 閣 ( 加 藤 高 明 外 相 )が 中 華 民 国 の 大 総 統

これに 対 して 1915( 大 正 4) 年 1 月 18 日 日 本 は 中 華 民 国 に 21 か 条 要 求 を 提 出 しました この 要 求 は 要 求 14 か 条 希 望 7 か 条 からなり 大 隈 重 信 内 閣 ( 加 藤 高 明 外 相 )が 中 華 民 国 の 大 総 統 第 5 編 第 一 次 世 界 大 戦 と 共 産 主 義 の 出 現 第 1 章 日 露 戦 争 後 の 世 界 の 概 観 日 露 戦 争 に 勝 利 した 日 本 は 自 国 の 独 立 を 確 固 たるものとするとともに 近 代 国 家 として 日 の 浅 い 有 色 人 種 の 日 本 が 当 時 世 界 最 大 の 陸 軍 大 国 であった 白 人 国 家 ロシアに 勝 ったことは 植

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警 ご 異 議 なしと 認 め よって 本 案 は 原 案 の 通 り 可 決 する 事 に 決 定 いたしました 日 程 第 19 請 願 第 1 号 日 本 を 海 外 で 戦 争 する 国 にする 立 法 案 の 廃 案 へ の 意 見 書 の 提 出 を 求 める 請 願 書 を 議 題 といたし これより 先 ほどの 委 員 長 報 告 に 対 する 質 疑 を 開 始 いたし ( 質 疑 なし

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の 様 式 D 学 位 記 番 号 甲 第 45 号 氏 名 周 家 彤 論 文 題 目 長 春 市 における 満 州 国 旧 祉 群 の 保 存 と 変 遷 学 位 審 査 委 員 主 査 西 尾 林 太 郎 副 査 谷 澤 明 副 査 馬 場 毅 2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤

More information

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064 天 災 彼 地 斯 戦 巻 雲 注 意 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 物 語 英 霊 程 度 篠 之 G A T E 世 界 元 般 話 ア チ ヘ 念 主 公 崩 壊 口 調 コ ロ コ ロ 変 次 第 0 話 プ ロ ロ

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

@081937ヨコ/木畑和子 211号

@081937ヨコ/木畑和子 211号 DDR SED DDR SED DDR SED DDR H DDR DDR DDR DDR DDR SED SED FDJ FDJ FDJ SED DDR DDR DDR S DDR DDR SED DDR DDR SED DDR DDR VdN DDR DDR KPD SED DDR DDR SED DDR das andere Deutschland FDJ DDR FDJ DDR FDJ DDR

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

Microsoft Word - 2Q&A.doc

Microsoft Word - 2Q&A.doc 1 朝 鮮 学 校 無 償 化 問 題 Q&A Q そもそも 高 校 無 償 化 とは 何 ですか? 学 校 への 補 助 金 とは 違 うのですか? A 高 校 無 償 化 とは 教 育 の 機 会 均 等 への 寄 与 を 目 的 として 公 立 高 校 の 授 業 料 を 無 償 にし 私 立 学 校 等 の 生 徒 には 公 立 高 校 の 授 業 料 と 同 じ 額 を 就 学 支 援 金

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 西 洋 法 制 史 講 義 領 邦 体 制 ー プロイセン 国 制 1 プロイセンの 国 制 ホーエンツォレルン 家 Hohenzollern 南 独 シュヴァーベン 地 方 発 祥 領 土 拡 大 の 歴 史 国 章 領 邦 身 分 制 の 形 骸 化 ホーエンツォレルン 城 Photo by A. Kniesel with CC License Attribution 2 http://homepage.mac.com/linstedt/linische/hre_6.html

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保 1/11 第 19 回 社 会 福 祉 士 第 9 回 精 神 保 健 福 祉 士 共 通 科 目 国 家 試 験 問 題 解 説 ( ) =2 社 会 保 障 論 = ( 問 題 11~ 問 題 20) (2007 年 5 月 3 日 ホームページ 掲 載 ) 社 会 保 障 論 問 題 11 社 会 保 障 の 歴 史 に 関 する 次 の 記 述 のうち, 誤 っているものを 一 つ 選 びなさい

More information

関西ブント・略年史

関西ブント・略年史 WEBリベラシオン 社 (2) 新 左 翼 ブントの 歴 史 年 表 1958~1960 1958 年 1 月 1 日 十 月 革 命 の 道 とわれわれの 道 ( 山 口 一 理 マルクス レーニン 主 義 第 9 号 ) 一 九 五 八 年 をむかえて ( 日 本 共 産 党 東 大 学 生 細 胞 委 員 会 加 藤 明 男 ) 1 月 20 日 反 戦 旗 情 報 復 刊 第 3 号 1 月

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力 平 成 28 2 月 少 非 行 情 勢 ( 平 成 27 1~12 月 ) 警 察 庁 生 活 安 全 局 少 課 凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル

More information

Taro-2-3.jtd

Taro-2-3.jtd -90- 点 課 井 岡 康 在 韓 金 権 氏 諸 機 構 庭 校 青 団 ほ ぼ 掌 握 メ カ ズ ム 官 僚 図 致 真 過 程 質 周 露 戦 争 帝 転 換 旧 来 然 秩 序 価 値 観 再 否 破 壊 創 先 点 金 氏 基 権 力 衆 域 前 提 前 統 過 程 位 づ 和 係 料 -91- 衆 在 角 欠 総 括 金 氏 批 判 監 容 経 済 質 援 助 叱 咤 激 励 与 権

More information

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム 1 載 小 説 偏 態 第 77 偏 態 浦 俊 彦 miura toshihiko 分 野 皆 近 政 府 へ 示 証 拠 撤 余 勢 違 面 加 速 崩 崩 易 取 吉 田 清 治 虚 系 正 反 対 向 誤 報 違 材 料 利 用 杜 撰 勇 足 真 踏 荒 藪 朝 鮮 元 慰 婦 売 春 婦 給 料 主 張 ヤ 金 慰 所 テ ム 係 個 々 犯 罪 慰 婦 度 叩 活 動 家 役 立 証

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

るもの 第 回 第 回 は その 簿 冊 が 複 数 回 接 収 されたもので それぞれの 接 収 返 還 年 月 日 を 記 している 青 又 は 赤 ~ ~ は 昭 和 49 年 に 当 館 に 返 還 された 返 還 文 書 中 にあり その 請 求 番 号 防 衛 庁 経 由 は 昭 和 3

るもの 第 回 第 回 は その 簿 冊 が 複 数 回 接 収 されたもので それぞれの 接 収 返 還 年 月 日 を 記 している 青 又 は 赤 ~ ~ は 昭 和 49 年 に 当 館 に 返 還 された 返 還 文 書 中 にあり その 請 求 番 号 防 衛 庁 経 由 は 昭 和 3 北 の 丸 第 34 号 ( 平 成 13 年 11 月 刊 行 )より 公 文 書 の 接 収 返 還 返 還 台 帳 ( 内 閣 関 係 )について 公 文 書 専 門 官 室 終 戦 直 後 に 多 くの 政 府 機 関 国 策 会 社 等 から 多 数 の 公 文 書 資 料 が 連 合 国 側 によって 接 収 されたことはよく 知 られている これらの 接 収 資 料 の 部 は 昭 和

More information

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営 設 計 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 度 1. 件 名 中 部 中 学 校 ほか14 校 武 道 場 ほか 吊 天 井 崩 落 対 策 工 事 設 計 業 務 委 託 2. 設 計 対 象 施 設 (1) 場 所 四 日 市 市 西 浦 二 丁 目 ほか14 町 地 内 (2) 既 存 施 設 概 要 記 号 施 設 名 称 構 造 規 模 等 RC 造 4 階 建 ( 対 象 部 分 3

More information

本 展 のみどころ 日 本 とアメリカの 国 立 公 文 書 館 初 の 企 画 展 ケネディの 遺 した 足 跡 を 日 本 の 国 立 公 文 書 館 とアメリカの 国 立 公 文 書 記 録 管 理 院 の 一 組 織 である ジョン F ケネディ 大 統 領 図 書 館 博 物 館 が 所

本 展 のみどころ 日 本 とアメリカの 国 立 公 文 書 館 初 の 企 画 展 ケネディの 遺 した 足 跡 を 日 本 の 国 立 公 文 書 館 とアメリカの 国 立 公 文 書 記 録 管 理 院 の 一 組 織 である ジョン F ケネディ 大 統 領 図 書 館 博 物 館 が 所 報 道 資 料 2014 年 12 月 橋 を 架 けた 大 統 領 - JFK-その 生 涯 と 遺 産 展 2015 年 3 月 6 日 [ 金 ]-5 月 10 日 [ 日 ] 国 立 公 文 書 館 ( 東 京 都 千 代 田 区 北 の 丸 公 園 ) 1962 年 プレスコンファレンスにて 展 覧 会 概 要 1961 年 1 月 43 歳 で 第 35 代 アメリカ 合 衆 国 大 統

More information

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A>

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A> 1 織 傍 線 今 回 案 現 織 織 目 目 章 章 節 秘 節 参 節 参 節 節 款 房 款 房 款 款 款 款 目 房 目 房 目 目 目 目 節 節 節 節 節 節 款 款 款 款 章 章 章 章 附 則 附 則 章 章 節 秘 秘 秘 節 参 節 参 参 参 参 参 節 節 款 房 款 房 房 房 房 ほ 策 策 運 企 画 運 企 画 装 装 削 削 削 房 房 房 ど 房 ど 印 印

More information

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与,

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与, 会 社 規 程 就 業 規 則 PAGE 1of 11 第 1 条 第 2 条 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 章 総 則 目 的 この 規 程 は 会 社 が 営 業 する 事 業 所 に 於 ける 従 業 員 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 適 用 範 囲 会 社 が 指 定 する 事 業 所 に 於 いて 勤 務 する 従 業 員 について 適 用 する 但 し 従

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367> 基 礎 からわかる 現 代 社 会 第 45 講 日 本 の 国 際 貢 献 PKO 国 連 平 和 維 持 活 動 協 力 法 日 本 の PKO 参 加 5 原 則 1 当 事 者 間 の 停 戦 合 意 2 当 事 国 の 合 意 3 中 立 公 平 4 武 器 使 用 は 正 当 防 衛 の 場 合 のみ 5 上 記 1~3の3 原 則 が 崩 れれば 撤 収 か 中 断 PKO 監 視 団

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

集 直 危 機 3 講 演 首 都 東 京 院 授 江 原 由 美 究 専 門 究 等 様 領 域 扱 ぜ 漏 疑 焦 告 告 示 成 素 由 山 田 告 告 述 逆 究 明 示 険 検 討 妥 変 程 ぜ 第 述 観 短 ぎ 認 識 焦 ぎ 専 個 選 択 形 評 価 等 与 ぜ 果 初 般 文

集 直 危 機 3 講 演 首 都 東 京 院 授 江 原 由 美 究 専 門 究 等 様 領 域 扱 ぜ 漏 疑 焦 告 告 示 成 素 由 山 田 告 告 述 逆 究 明 示 険 検 討 妥 変 程 ぜ 第 述 観 短 ぎ 認 識 焦 ぎ 専 個 選 択 形 評 価 等 与 ぜ 果 初 般 文 集 直 危 機 J I L P T 術 変 動 科 ォ 催 究 機 証 究 基 信 J I L P T 去 普 遍 術 根 変 重 文 科 然 科 至 幅 広 科 集 術 求 術 ミ ョ 背 景 織 ォ 運 営 運 び 第 ォ 開 催 背 景 誰 直 誰 析 歴 途 退 形 道 摘 重 意 識 真 抜 去 背 景 改 半 市 企 訓 練 受 改 背 景 意 識 稼 ぎ 児 外 真 据 開 挨 拶 小

More information

自 衛 隊 の 役 割 と 権 限 1

自 衛 隊 の 役 割 と 権 限 1 事 例 集 関 連 資 料 目 次 平 成 26 年 6 月 3 日 自 衛 隊 の 役 割 と 権 限 1 国 連 PKOを 含 む 国 際 協 力 等 12 自 衛 隊 による 在 外 邦 人 等 の 輸 送 29 米 艦 防 護 弾 道 ミサイル 防 衛 32 関 連 条 文 34 関 連 国 会 答 弁 等 48 安 倍 総 理 記 者 会 見 76 安 保 法 制 懇 報 告 書 関 連

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴ 概 病 院 医 師 手 術 中 医 療 器 操 患 死 亡 逮 捕 毛 静 岡 秋 魁 以 際 元 医 師 低 死 亡 故 翌 医 療 諸 故 器 操 ミ 器 良 旨 書 所 無 1 医 師 低 請 訴 訟 起 女 子 医 病 院 英 郎 研 究 日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

ネット安全安心全国推進会議(第1回)配付資料 [資料5]

ネット安全安心全国推進会議(第1回)配付資料 [資料5] インターネット 上 の 違 法 有 害 情 報 に 関 する 総 務 省 の 取 組 について 平 成 1 9 年 1 1 月 総 務 省 インターネット 上 の 違 法 有 害 情 報 権 利 侵 害 情 報 はセクハラをしている はセクハラをしている ( 名 誉 毀 損 ) 公 序 良 俗 に 反 する 情 報 人 の 尊 厳 を 害 する する 情 報 ( 殺 害 画 像 死 体 画 像 等

More information

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること 平 成 22 年 度 宅 地 建 物 取 引 主 任 者 資 格 試 験 問 1 制 限 行 為 能 力 者 に 関 する 次 の 記 述 のうち 民 法 の 規 定 によれば 正 しいものはどれか 1 土 地 を 売 却 すると 土 地 の 管 理 義 務 を 免 れることになるので 婚 姻 していない 未 成 年 者 が 土 地 を 売 却 するに 当 たっては その 法 定 代 理 人 の 同

More information

諮問第1号

諮問第1号 平 成 28 年 2 月 諮 問 説 明 資 料 ページ 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 1 総 務 企 画 局 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 第 1 議 会 への 諮 問 の 理 由 酒 気 帯 び 運 転 を 行 った 教 員 に 対 して, 平 成 27 年

More information

7555 年 以 降 イ 連 邦 憲 法 裁 判 所 判 例 動 向 い 2000 年 以 降 のドイツ 連 邦 憲 法 裁 判 所 判 例 の 動 向 について 宮 地 基 はじめに 本 研 究 所 定 例 研 究 会 報 告 赴 任 以 来 度 目 回 目 6998 年 赴 任 直 後 イ 憲

7555 年 以 降 イ 連 邦 憲 法 裁 判 所 判 例 動 向 い 2000 年 以 降 のドイツ 連 邦 憲 法 裁 判 所 判 例 の 動 向 について 宮 地 基 はじめに 本 研 究 所 定 例 研 究 会 報 告 赴 任 以 来 度 目 回 目 6998 年 赴 任 直 後 イ 憲 明 治 学 院 大 学 機 関 リポジトリ http://repository.meijigakuin Title 2000 年 以 降 のドイツ 連 邦 憲 法 裁 判 所 判 例 の 動 向 につい て Author(s) 宮 地, 基 Citation 明 治 学 院 大 学 法 律 科 学 研 究 所 年 報, 30: 5-13 Issue Date 2014-07-31 URL http://hdl.handle.net/10723/2011

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874681408169938A89659770816A20202094FC8DAA814066696E616C2081698E518D6C8E9197BF82C882B5816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874681408169938A89659770816A20202094FC8DAA814066696E616C2081698E518D6C8E9197BF82C882B5816A2E70707478> E キ E E キ ヤ ノ E Z ノ ン グ 研 究 Z と グ 主 ロー 幹 安 全 バ 美 ル 全 保 戦 略 研 根 慶 保 障 研 究 所 樹 障 所 キヤノングローバル 戦 略 研 究 所 シンポジウム EEZにおける 安 全 保 障 と 産 業 活 動 2011 年 11 月 18 日 新 丸 ビル9Fコンファレンススクエア 基 本 整 理 1 海 の 安 全 保 障 とは 何 か 領

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

Microsoft Word - 歴史テスト【再テスト用】.docx

Microsoft Word - 歴史テスト【再テスト用】.docx 帝 国 憲 法 の 成 果 と 課 題 教 科 書 P166~P167 大 日 本 帝 国 憲 法 1889 年 いち 早 く 憲 法 発 布 国 会 開 設 を 約 束 した 政 府 は 憲 法 の 作 成 に 乗 り 出 した ( 伊 藤 博 文 )はヨーロッパへ 留 学 して ( 君 主 の 権 力 )が 強 い( ドイツ(プロイセン) )の 憲 法 を 中 心 に 調 査 した 1885 年

More information