Challenges and Opportunities for Japanese Companies in Germany Recruiting/Developing Global Talent

Size: px
Start display at page:

Download "Challenges and Opportunities for Japanese Companies in Germany Recruiting/Developing Global Talent"

Transcription

1 Kazuaki Yuoka Challenges and Opportunities for Japanese Companies in Germany Recruiting/Developing Global Talent NRW Japan K.K. Fireplace Talk

2 1 グローバル 人 材 獲 得 育 成 の5つの 課 題 1. ローカル( 地 域 国 )ニーズに 適 したグローバル 人 材 2. 日 本 人 と 外 国 人 社 員 の 起 用 の 機 会 均 等 3. 経 営 における 女 性 の 活 用 と 登 用 4. 大 学 生 の 就 学 中 研 修 ( 海 外 インターンシップ)の 実 施 5. インターンシップ 実 施 時 期 と 回 数 の 柔 軟 性

3 本 日 のお 話 する 内 容 1 2 はじめに 日 本 とドイツの 経 済 関 係 の 変 遷 3 ドイツ 進 出 日 系 企 業 の 現 状 と 課 題 4 グルローバル 人 材 の 確 保 育 成 5 まとめ Q&A

4 2 日 本 とドイツの 経 済 関 係 の 変 遷 ( 時 系 列 ) 日 独 関 係 64 年 東 京 オリンピック ドイツ 企 業 が 日 本 に 進 出 70 年 代 日 本 製 品 の 90 輸 年 出 代 が 日 急 本 増 2000 企 業 年 の 代 数 東 がピーク 欧 ロシア 市 場 ルール 地 方 はドイツ 経 済 復 60 興 年 を の 牽 半 引 ばには 日 本 の 貿 易 収 支 は 反 転 ドイツ 企 業 80 との 年 代 競 ディジタル 合 関 係 が 東 化 深 欧 と まる 諸 小 国 日 型 からの 独 化 社 会 部 保 品 障 協 定 発 効 1955 年 三 菱 商 事 1969 年 には77 社 日 の 本 日 =クール Discman Gameboyなど 本 企 業 がNRWに 進 出 1959 年 東 京 銀 行 73 年 田 貿 中 易 首 摩 相 擦 デュッセルドルフ 輸 出 自 主 規 来 制 訪 2011 年 M&Aの 増 欧 州 市 場 での 企 業 戦 略 加 を 再 考 75 年 には 日 独 センター 建 設 年 ホテル リーマンショック 日 航 バブル 崩 壊 直 接 投 資 50 年 代 60 年 代 70 年 代 80 年 代 90 年 代 2000 年 代 79 年 欧 州 89 通 年 貨 11 単 月 位 ベルリンの エキュ(ECU)を 93 年 欧 州 壁 12カ 崩 壊 国 1958 年 61 EEC, 年 ベルリンの 壁 2002 年 ユーロ コイン 紙 幣 を 導 入 EUROTOM, 7682 年 シュミット コール 首 相 就 任 90 年 ドイツ 統 一 条 約 調 印 12 年 EUのESM ECSC 69 年 ブラント 首 相 就 任 関 税 同 盟 / 域 内 市 場 の 整 備 ドイツ 欧 州 の 動 き

5 3 ドイツ 進 出 日 系 企 業 の 現 状 と 課 題 主 な 日 系 企 業 の 所 在 地 ハンブルク ベルリン デュッセルドルフ フランクフルト ミュンヘン シュトゥットガルト 出 所 :デュッセルドルフ 日 本 商 工 会 議 所 (2013 年 4 月 1 日 現 在 )

6 3 ドイツ 進 出 日 系 企 業 の 現 状 と 課 題 会 議 所 会 員 の 業 種 別 構 成 530 社 ( 全 国 ) 商 社 貿 易 (47 社 ) 8,9% 金 融 保 険 (23 社 ) 鉄 鋼 重 機 45 社 8.5% 3,8% 7,0% 18,1% 4,3% 1,9% 建 設 (10 社 ) 製 造 業 (297 社 ) 運 輸 物 流 (37 社 ) 軽 機 械 44 社 8.3% 化 学 医 薬 品 57 社 10.8% 自 動 車 35 社 6.6% 電 子 電 機 86 社 16.2% 56% レストラン/ホテル(20 社 ) 物 資 30 社 5.7% その 他 サービス(96 社 ) 出 所 : デュッセルドルフ 日 本 商 工 会 議 所 (2013 年 4 月 1 日 現 在 )

7 3 ドイツ 進 出 日 系 企 業 の 現 状 と 課 題 営 業 圏 別 日 系 企 業 558 社 の 内 訳 (NRW 州 ) *その 他 15% 所 在 都 市 周 辺 10% ドイツ 国 内 14% 主 要 EU 諸 国 61% * その 他 の 内 訳 は 欧 州 全 体 東 欧 ロシア トルコ アフリカ 中 近 東 を 含 むものが 多 く 主 要 EU 諸 国 のみならず 広 いエリアを 営 業 圏 としている 出 所 : 在 デュッセルドルフ 日 本 国 総 領 事 館 (2013 年 10 月 1 日 現 在 )

8 3 ドイツ 進 出 日 系 企 業 の 現 状 と 課 題 日 系 企 業 558 社 法 人 形 態 (NRW 州 ) 非 現 地 法 人 ( 支 社 ) 3% 現 地 法 人 ( 現 地 設 立 ) 24% 非 現 地 法 人 ( 駐 在 員 事 務 所 )9% 現 地 法 人 ( 合 弁 会 社 )3% 現 地 法 人 ( 支 店 )10% 現 地 法 人 ( 本 店 ) 51% 非 現 地 法 人 ( 支 社 ): 非 現 地 法 人 ( 駐 在 員 事 務 所 ): 現 地 法 人 ( 本 店 ): 現 地 法 人 ( 支 店 ): 現 地 法 人 ( 合 弁 会 社 ): 現 地 法 人 ( 現 地 設 立 ): 日 本 企 業 の 支 店 日 本 企 業 の 駐 在 員 事 務 所 出 張 所 日 本 企 業 が100% 出 資 しているドイツ 現 地 法 人 の 本 店 日 本 企 業 が100% 出 資 しているドイツ 又 は 第 三 国 現 地 法 人 の 支 店 日 本 企 業 と 他 国 企 業 による 合 弁 事 業 ( 日 本 企 業 の 資 本 参 加 ) 日 本 人 がドイツに 渡 って 興 した 会 社 出 所 : 在 デュッセルドルフ 日 本 国 総 領 事 館 (2013 年 10 月 1 日 現 在 )

9 3 ドイツ 進 出 日 系 企 業 の 現 状 と 課 題 進 出 日 系 企 業 形 態 の 変 遷 法 的 形 態 駐 在 員 事 務 所 現 地 法 人 (GmbH 等 ) R & D M & A 機 能 と 目 的 マーケティング & 情 報 収 集 製 造 販 売 研 究 開 発 リソースの 獲 得 生 産 拠 点 の 確 保 技 術 の 獲 得 企 業 連 携 経 営 陣 本 社 派 遣 経 営 者 本 社 派 遣 経 営 者 現 地 法 人 経 営 者 現 地 法 人 マネージャ ー 大 学 卒 業 者 技 術 者 研 究 者 日 本 人 経 営 者 現 地 人 経 営 者

10 4 グルローバル 人 材 の 確 保 育 成 人 材 確 保 日 本 本 社 国 内 海 外 現 地 法 人 経 営 者 中 間 マネージャー 従 業 員 ヘッドハンティング 会 社 ( 登 録 型, 成 功 報 酬 ) デュッセルドルフ 日 本 商 工 会 議 所 の 求 人 求 職 ネットワーク (LinkedIn, XING) 人 材 派 遣 会 社 日 独 産 業 協 会 の 求 人 求 職

11 4 グルローバル人材の確保 育成 会社内の人材育成 伝統的手法: 海外の大学への留学 ー 1年から2年の期間 MBA修得 語学研修 ドイツ語 フランス語等の重要性減少傾向 民間大学との提携 最近の手法: ー 企業内セミナー研修 ー 個人研修 ー 短期国内研修 ー 人材育成専門機関への研修 グローバル人材コース ー コーチング

12 4 グルローバル 人 材 の 確 保 育 成 Post-M&A の( 問 題 ある 会 計 事 務 所 の 調 査 事 例 ) 世 界 540 社 のうちM&Aに 成 功 している 企 業 は32% 日 本 56 社 のうちM&Aに 成 功 している 企 業 は8% 成 功 の 定 義 1 当 初 予 定 している 効 果 が 当 初 予 定 している 期 限 内 に 発 揮 できたか 段 階 での 評 価 が8 以 上 を 成 功 とする M&A 実 行 前 不 明 確 なM&Aの 目 的 不 適 切 な 戦 略 立 案 シナージ 効 果 の 過 大 評 価 M&A 実 行 DD(デューデリジェ ンス) の 不 備 交 渉 戦 略 の 甘 さ 意 思 決 定 者 の 不 在 M&A 実 行 後 スローな 統 合 ベース コミュニケー ション 不 足 リーダーシップ の 欠 如

13 4 グルローバル 人 材 の 確 保 育 成 日 本 人 と 現 地 社 員 間 の 意 思 疎 通 言 葉 / コミュニケーション 目 的 言 語 目 的 文 化 知 識 の 学 習 性 格 / 寛 容 性 双 方 の 異 文 化 の 差 異 を 認 め お 互 いに 理 解 しようとする 姿 勢 現 地 労 働 法 税 法 規 則 への 理 解 度 相 手 との 交 渉 調 整 で 必 要 な 情 報 の 習 得 文 化 言 葉 で 表 現 しにくい 背 景 にある 異 文 化 の 認 識 発 表 表 現 力 相 手 に 対 する 意 思 の 伝 達 能 力 意 思 決 定 の 差 異 共 同 の 課 題 に 向 かって 回 答 を 模 索 するための 調 整 まとめ 言 語 文 化 生 活 様 式 の 多 種 多 様 な 環 境 (グローバル 社 会 )においてグローバルな 視 点 で 対 応 できる 実 践 力 をもつ 人 材 がグローバル 人 材 であり 画 一 的 なグローバ ルな 人 材 育 成 は 困 難 特 定 エリアをターゲットに 当 該 国 において 出 来 るだけ 早 い 時 期 に 体 験 出 来 る 機 会 を 与 えることが 肝 要

14 4 グルローバル 人 材 の 確 保 育 成 インターンシップの 日 独 比 較 (1) ドイツ 日 本 企 業 の 人 材 確 保 目 的 一 般 的 ほぼ 全 員 参 加 国 内 及 び 海 外 一 学 期 から 卒 業 後 も 可 能 複 数 企 業 分 野 での 研 修 自 己 啓 発 発 見 最 終 的 には 就 活 目 的 企 業 体 験 ドイツほど 普 及 していない 国 内 短 期 1-6 日 特 定 分 野 に 限 定 体 験 型 企 業 主 体 海 外 限 られたチャンス 増 加 傾 向 変 化 の 兆 し

15 4 グルローバル 人 材 の 確 保 育 成 インターンシップ (2)の 実 施 機 関 例 ドイツ 及 び 外 国 機 関 Kopra Bridging Cultures (University of Duisburg- Essen) Vulcanus (EU- Japan Centre) Heinz- Nixdorf Founda`on ETP(Execu`ve Training Programme) DAAD Sprache und Praxis JMEC (Japan Market Expansion Compe``on) 日 本 の 機 関 各 大 学 全 国 201 校 (14%)の 大 学 大 学 院 専 門 学 校 にて 実 施 (2012 年 ) JET Programm ( 外 務 省 ) 日 本 企 業 JETRO ( 経 産 省 ) AISEC Japan / IAESTE Japan

16 4 グルローバル 人 材 の 確 保 育 成 海 外 インターンシップのモデル( 同 志 社 大 学 ) 大 学 講 義 概 論 日 本 企 業 の 進 出 形 態 ケーススタディー グループ 討 議 テーマ 目 標 設 定 研 修 地 合 同 講 義 企 業 人 セミナー 異 文 化 接 点 (セミナー 大 学 生 交 流 ) 企 業 研 修 大 学 フォローアップ インターンシップ 報 告 ( 成 果 の 共 有 ) 評 価

17 5 まとめ Q&A まとめ 言 語 文 化 生 活 様 式 の 多 種 多 様 な 環 境 (グローバル 社 会 )においてグローバルな 視 点 で 対 応 できる 実 践 力 をもつ 人 材 がグローバル 人 材 であり 画 一 的 なグローバルな 人 材 育 成 は 困 難 グローバル 人 材 は 次 のスキルを 必 要 とする: 課 題 分 析 能 力, 実 行 力,チームワーク 力, 英 語 力. 特 定 エリアをターゲットに 当 該 国 において 出 来 るだけ 早 い 時 期 に 体 験 出 来 る 機 会 を 与 えることが 肝 要

18 ご 静 聴 ありがとうございました!

19 参 考 資 料 EUの 歴 史 と 将 来 ( 概 念 図 ) 出 所 : JETRO

20 参 考 資 料 EUの 歴 史 と 将 来 ( 概 念 図 ) 1) M&A:リソースの 獲 得 を 狙 ったケース 2) M&A : 生 産 拠 点 の 確 保 を 狙 ったケース 出 所 : JETRO

21 参 考 資 料 EUの 歴 史 と 将 来 ( 概 念 図 ) 3) M&A:ドイツ 企 業 が 持 つ 優 れた 技 術 の 獲 得 を 狙 ったケース 4) 最 近 の 日 独 企 業 連 携 の 事 例 出 所 : JETRO

1-1: 企 業 数 の 推 移 図 表 1:ドイツの 中 小 企 業 の 動 向 (EU 加 盟 国 の 平 均 値 との 比 較 ) 1-2: 従 業 員 数 の 推 移 1-3: 付 加 価 値 額 の 推 移 ( 出 所 )European Commission (2014) 2

1-1: 企 業 数 の 推 移 図 表 1:ドイツの 中 小 企 業 の 動 向 (EU 加 盟 国 の 平 均 値 との 比 較 ) 1-2: 従 業 員 数 の 推 移 1-3: 付 加 価 値 額 の 推 移 ( 出 所 )European Commission (2014) 2 2015 年 3 月 12 日 APIR Trend Watch No.23 ドイツにみる 中 小 企 業 の 海 外 展 開 支 援 はじめに ドイツは 日 本 と 並 ぶ 世 界 のものづくり 立 国 である ドイツ 経 済 を 支 える 屋 台 骨 になっているのが ミッテルシュタンド 1 と 呼 ばれる 中 小 企 業 であり その 中 には 高 い 技 術 力 をもち 部 品 素 材 等

More information

スライド 1

スライド 1 2014 年 7 月 8 日 2014 年 度 APIR GRIPS 共 催 セミナー 資 料 ものづくり 中 小 企 業 の 海 外 進 出 と 地 方 自 治 体 の 役 割 APIR 研 究 事 業 中 小 企 業 の 東 南 アジア 進 出 に 関 する 比 較 研 究 リサーチャー 大 阪 府 商 工 労 働 部 中 小 企 業 支 援 室 ものづくり 支 援 課 領 家 誠 ものづくり

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

EUの東方拡大とその行方

EUの東方拡大とその行方 EU の 東 方 拡 大 とその 行 方 文 責 角 賢 二 0.はじめに 先 月 24 25 日 にブリュッセルで 開 かれた 首 脳 会 議 において 中 東 欧 地 中 海 諸 国 1 2カ 国 の 新 規 EU 加 盟 を12 月 のコペンハーゲン 首 脳 会 議 で 決 めることが 決 まった これ は 27ヶ 国 人 口 約 4 億 5 千 万 人 経 済 規 模 は GDP 約 10

More information

Microsoft PowerPoint - 第14回 香港

Microsoft PowerPoint - 第14回 香港 第 14 号 (28 年 12 月 11 日 ) 香 港 の 基 本 情 報 香 港 の 総 面 積 は 東 京 都 の 約 半 分 ほどで 九 龍 香 港 島 新 界 周 辺 諸 島 の4つの 区 域 で 構 成 されて います 15 年 程 前 には 不 毛 の 岩 山 と 呼 ばれた 香 港 は 今 や 世 界 で 最 も 自 由 な 経 済 地 域 であり 世 界 屈 指 の 金 融 貿 易

More information

2 しまねのものづくり 381,450 ものづくり 企 業 の 経 営 管 理 生 産 管 理 技 術 369,420 事 業 費 精 査 商 工 労 働 部 産 業 活 性 化 プロジェ 力 の 強 化 新 規 取 引 先 の 開 拓 新 分 野 への 進 出 一 部 を 前 倒 して 実 施 [

2 しまねのものづくり 381,450 ものづくり 企 業 の 経 営 管 理 生 産 管 理 技 術 369,420 事 業 費 精 査 商 工 労 働 部 産 業 活 性 化 プロジェ 力 の 強 化 新 規 取 引 先 の 開 拓 新 分 野 への 進 出 一 部 を 前 倒 して 実 施 [ 平 成 27 年 度 当 初 予 算 の 要 求 の 概 要 ( 主 な 事 業 ) Ⅰ 1.ものづくり IT 産 業 の 振 興 1 ものづくり 産 業 生 産 235,526 ものづくり 企 業 のグローバル 競 争 への 対 応 や 235,526 要 求 どおり 商 工 労 働 部 力 受 注 力 強 化 緊 急 国 内 成 長 産 業 への 参 入 に 向 けた 取 組 を 支 援 [ 産

More information

目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁

目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁 資 料 3-2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 投 融 資 分 科 会 参 考 資 料 平 成 26 年 10 月 17 日 文 部 科 学 省 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁 グローバル 人 材 の 育 成 について 海 外 留 学

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態 建 設 分 野 における 競 合 国 に 関 する 調 査 研 究 概 要 (1) 調 査 研 究 の 目 的 技 術 力 等 の 強 みを 活 かした 海 外 展 開 の 取 組 が 進 められているところ 日 本 の 技 術 力 品 質 信 頼 等 に 関 する 定 評 に 拘 わらず 受 注 に 結 びつかない 状 況 が 生 じている また 人 口 減 少 に 伴 う 日 本 国 内 市 場

More information

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激 アベノミクスと 雇 用 改 革 竹 田 茂 夫 法 政 大 学 経 済 学 部 2013 11.16 アベノミクス 雇 用 改 革 背 景 政 策 理 念 背 景 労 働 法 制 をめぐる 対 立 1 アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 日 通 グループの 新 経 営 計 画 パワーアップ3カ 年 計 画 - 改 革 へ の 挑 戦 お 客 様 と と も に - 日 通 グループ パワーアップ3カ 年 計 画 - 改 革 への 挑 戦 お 客 様 とともに - 目 次 頁 現 経 営 計 画 の 総 括 2-5 足 元 の 状 況 とその 打 開 6 パワーアップ3カ 年 計 画 その 方 向 性 7 五 つのパワーアップ 8 営

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

5 国 家 公 務 員 の 人 事 管 理 資 料 5-1 国 家 公 務 員 の 人 事 管 理 のイメージ 25 資 料 5-2 人 事 評 価 制 度 の 基 本 的 枠 組 み 26 6 根 拠 法 令 資 料 6 国 家 公 務 員 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 120 号 )(

5 国 家 公 務 員 の 人 事 管 理 資 料 5-1 国 家 公 務 員 の 人 事 管 理 のイメージ 25 資 料 5-2 人 事 評 価 制 度 の 基 本 的 枠 組 み 26 6 根 拠 法 令 資 料 6 国 家 公 務 員 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 120 号 )( 参 考 資 料 1 国 家 公 務 員 の 在 職 状 況 等 資 料 1-1 公 務 員 の 数 と 種 類 1 資 料 1-2 年 齢 階 層 別 人 員 構 成 比 ( 平 成 17 年 との 比 較 ) 2 資 料 1-3 在 職 者 に 占 める 女 性 職 員 の 割 合 の 推 移 2 資 料 1-4 再 任 用 職 員 数 の 推 移 3 資 料 1-5 任 期 付 職 員 の 採

More information

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流 資 料 2 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 と 青 少 年 の 国 際 交 流 平 成 22 年 4 月 30 日 ( 金 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 1.スポーツを 通 じた 国 際 交 流 について 11 国 際 競 技 力 の 向 上 と 国 際 スポーツ 界 をリードする 人 材 育 成 の 強 化 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 は 国 際 競 技 力 の

More information

第 3 次 産 業 25 兆 0992 億 元 11.0% 増 東 部 地 域 8.5% 中 部 地 域 14.5% 西 部 地 域 8.7% 不 動 産 開 発 投 資 7 兆 8801 億 元 2.0% 増 その 内 住 宅 5 兆 3150 億 元 1.3% 増 不 動 産 販 売 6 兆 4

第 3 次 産 業 25 兆 0992 億 元 11.0% 増 東 部 地 域 8.5% 中 部 地 域 14.5% 西 部 地 域 8.7% 不 動 産 開 発 投 資 7 兆 8801 億 元 2.0% 増 その 内 住 宅 5 兆 3150 億 元 1.3% 増 不 動 産 販 売 6 兆 4 マンスリーレポート(2015 年 11 月 度 ) 2015 年 11 月 18 日 太 田 泰 雄 1 中 国 貿 易 額 10 月 1~10 月 貿 易 額 3231.9 億 ト ル 12.1% 減 32269.6 億 ト ル 8.5% 減 輸 出 1924.1 億 ト ル 6.9% 減 18564.5 億 ト ル 2.5% 減 輸 入 1307.7 億 ト ル 18.8% 減 13705.2

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

77

77 76 77 人 材 基 盤 育 成 方 針 信 頼 と スピード という 双 日 らしさ を 体 現 する 人 材 の 育 成 に 注 力 します 常 務 執 行 役 員 秘 書 人 事 総 務 担 当 平 井 龍 太 郎 双 日 グループの 持 続 的 成 長 のためには 安 定 的 な 収 益 基 盤 の 創 出 とそれを 維 持 発 展 させ ていく 人 材 の 厚 みが 必 要 です 多 様

More information

リア 海 で 畜 養 し, 脂 がのった12 月 に 何 千 トンも 収 獲 して 日 本 に 輸 出 する 筆 者 は, 収 獲 の 際 に 日 本 から 来 る 漁 船 団 の 皆 さんとお 目 にかかれるのを 楽 しみにしている 残 る 旧 共 産 主 義 体 制 と 戦 争 の 影 響 ~

リア 海 で 畜 養 し, 脂 がのった12 月 に 何 千 トンも 収 獲 して 日 本 に 輸 出 する 筆 者 は, 収 獲 の 際 に 日 本 から 来 る 漁 船 団 の 皆 さんとお 目 にかかれるのを 楽 しみにしている 残 る 旧 共 産 主 義 体 制 と 戦 争 の 影 響 ~ クロアチア 経 済 と 日 本 のビジネス 展 開 の 展 望 駐 クロアチア 日 本 国 特 命 全 権 大 使 井 出 敬 二 ( 本 稿 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 在 外 企 業 協 会 ( 日 外 協 )の 機 関 誌 月 刊 グローバル 経 営 の 2014 年 10 月 号 に 掲 載 されたものの 概 要 である 同 誌 編 集 部 のご 了 解 を 得 て,ここに 転 載

More information

情報処理基礎論II (1)イントロダクション

情報処理基礎論II (1)イントロダクション 問 題 02-01 AD200261 迅 速 な 意 思 決 定 経 営 責 任 の 明 確 化 を 目 指 し 企 業 の 中 に 事 業 領 域 ごとに 独 立 した 仮 想 的 な 会 社 組 織 を 設 ける 経 営 組 織 形 態 はどれか ア カンパニー 制 組 織 ウ プロジェクト 組 織 イ 事 業 部 制 組 織 エ 持 ち 株 会 社 問 題 02-02 AD200280 S 社

More information

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 函 館 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 函 館 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 函 館 市 は 津 軽 海 峡 に 面 した 北 海 道 の

More information

資 料 3 第 4 回 日 本 の 稼 ぐ 力 創 出 研 究 会 雇 用 システム 改 革 事 務 局 説 明 資 料 2014 年 6 月 10 日 経 済 産 業 省 経 済 産 業 政 策 局 ( ) 本 分 析 における 試 算 は 一 定 の 仮 定 を 置 いて 推 計 を 行 ったものであり 種 々の 不 確 実 性 に 鑑 み 相 当 程 度 の 幅 を 持 って 理 解 される

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2012 年 12 月 号 掲 載 中 国 PE 課 税 の 申 告 納 税 実 務 と 対 応 ポイント 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース 中 国 ビジネスグループ 公 認 会 計 士 税 理 士 簗 瀬 正 人 中 国 では 現 在, 徴 税 強 化 の 一 環 として 外 国 企 業 に 対 する PE(Permanent Establishment;

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター 2016 年 6 月 30 日 経 済 レポート EU 離 脱 で 危 機 に 瀕 するロンドン 国 際 金 融 センター ~7 万 人 の 雇 用 が 英 国 から 移 転 し バーゼル 規 制 の 行 方 にも 影 響 か~ 調 査 部 主 席 研 究 員 廉 了 英 国 (ロンドン)は 米 国 (ニューヨーク)と 並 び 金 融 取 引 を 多 く 抱 える 国 際 金 融 センターとして 圧

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Global Advisory Department 香 港 アウトルック 2016 年 7 月 グローバル アドバイザリー 部 本 資 料 は 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 取 引 の 勧 誘 を 目 的 としたものではありません 本 資 料 は 一 般 に 信 頼 できると 思 われるデー タに 基 づき 作 成 致 しておりますが その 信 憑 性 正 確

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

Microsoft PowerPoint - 20140715 トビタテ説明用PPT.pptx

Microsoft PowerPoint - 20140715 トビタテ説明用PPT.pptx トビタテ! 留 学 JAPAN 2014 年 秋 申 請 希 望 者 向 け 説 明 会 資 料 本 スライドの 内 容 トビタテ! 留 学 JAPAN って 何? 重 視 されるポイント トビタテ! 留 学 JAPAN 4つの 特 徴 プランとその 内 容 これまでの 留 学 との 違 い 個 の 情 熱 & 能 5つのコース 申 請 要 件 厚 い 経 済 援 留 学 の 流 れ 事 前 事 後

More information

<819F31362D3130318AE989E68F918145905694438AC7979D8ED2816932372E31322E323481454F4B816A2E786C7378>

<819F31362D3130318AE989E68F918145905694438AC7979D8ED2816932372E31322E323481454F4B816A2E786C7378> 16-101 ( サ ブ ) 新 任 管 理 者 研 修 Ⅰ ~マネジメントの 基 礎 がよくわかる 入 門 座 ~ 企 業 が 活 力 を 高 めていくためには 組 織 の 中 核 となる 管 理 者 がメンバーのやる 気 や 柔 軟 なアイディアを 引 き 出 し 効 果 的 にPDCAを 回 していくことが 求 められます 本 研 修 では 管 理 者 に 求 められる 役 割 とマネジメントについて

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 議 題 資 料 1 Company Logo 若 者 の 流 出 防 止 策 平 成 26 年 度 第 1 回 三 重 県 経 営 戦 略 会 議 平 成 26 年 5 月 20 日 目 次 ( 頁 ) 1.はじめに 1 2. 人 口 の 社 会 移 動 について 2 3. 学 ぶ 5 4. 働 く 12 5. 暮 らす 16 6. 若 者 の 意 識 について 19 1.はじめに 平 成 25 年

More information

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推 平 成 27 年 度 の 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 関 係 事 業 取 組 等 一 覧 実 施 年 度 省 庁 担 当 課 名 事 業 名 等 事 業 概 要 内 閣 官 房 ( 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 連 絡 会 議 担 当 ) 調 べ ( 平 成 27 年 9 月 17 日 現 在 ) 1 27 年 度 沖 縄 県 ( 商 工 労 働 部 国 際 物 流 商 業 課

More information

理 事 会          

理 事 会           平 成 23 年 度 事 業 報 告 書 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 < 目 的 及 び 事 業 > * 定 款 第 3 条 第 4 条 より ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 優 秀 でありながら 経 済 的 理 由 により 修 学 が 困 難 な 日 本 国 内 で 学 ぶ 大 学 生 大 学 院 生 に 対 する 奨 学 金 の 貸

More information

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が 2016 年 6 月 22 日 BTMU Economic Brief, London 経 済 調 査 室 ロンドン 駐 在 情 報 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd Economic Research Office (London) Shin Takayama 髙 山 真 (shin.takayama@uk.mufg.jp) 英 国 の EU 離 脱 問

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 国 の 海 外 展 開 販 路 拡 大 支 援 施 策 について 東 北 経 済 産 業 局 産 業 部 国 際 課 1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 中 小 企 業 海 外 展 開 一 環 支 援 事 業 (F/S( ) 支 援 事 業 ) F/S(フィージビリティ スタディ) : 新 規 事 業 への 参 入

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc No.10-001 No.13-063 2014.1 CSR トピックス CSR トピックスは CSR( 企 業 の 社 会 的 責 任 )およびこれに 関 連 する 内 部 統 制 コンプライアンス ( 法 令 等 遵 守 ) リスクマネジメント 環 境 品 質 CS( 顧 客 満 足 ) 労 働 安 全 衛 生 従 業 員 満 足 人 権 社 会 貢 献 CSR 調 達

More information

「世界のサイフ」、投資通貨の最近の動向について

「世界のサイフ」、投資通貨の最近の動向について 2010 年 3 月 12 日 日 興 アセットマネジメント 株 式 会 社 世 界 のサイフ 投 資 通 貨 の 最 近 の 動 向 について 2009 年 に 入 ると 主 要 国 の 景 気 刺 激 策 や 金 融 緩 和 などを 受 けて 景 気 回 復 の 兆 しが 見 られるよ うになり 世 界 経 済 は 最 悪 期 を 脱 したとの 見 方 が 拡 がりました こうした 中 投 資

More information

Microsoft Word - F6_Research_Notes_1.doc

Microsoft Word - F6_Research_Notes_1.doc The study and analysis of the HK Local Female Talents: The reasons why they quit the Japanese Companies メイ ウォン Sino Education 要 旨 香 港 には 世 界 中 から 優 秀 な 人 材 が 集 まっている そして その 中 には これまで 学 んできた 日 本 語 を 生 かして

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478> 中 企 業 規 模 事 業 者 関 係 予 算 税 制 改 正 のポイント 詳 しい 情 報 は ミラサポ の 施 策 マップでご 覧 いただけます ミラサポ 検 索 1. 中 企 業 の 産 性 向 上 を 援 します 1 ものづくり サービスの 新 展 開 (ものづくり 補 助 ) ものづくり 商 業 サービス 新 展 開 援 補 助 1020.5 億 円 < 平 成 27 年 度 補 正 >

More information

<5461726F2D95F18D908F9181698DC58F498A6D92E881A888F38DFC82D6816A>

<5461726F2D95F18D908F9181698DC58F498A6D92E881A888F38DFC82D6816A> 参 考 資 料 参 考 資 料 目 次 国 家 公 務 員 採 用 試 験 一 覧 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 の 申 込 者 数 の 推 移 2 国 家 公 務 員 の 採 用 の 状 況 ( 平 成 19 年 度 新 規 採 用 者 ) 3 多 様 で 有 為 な 人 材 の 確 保 に 向 けた 取 組 み 4 国 家 公 務 員 制 度 改 革 基 本 法 ( 抄 ) 5 国 家

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 0 地 域 密 着 型 金 融 の 取 組 み 状 況 について ( 平 成 22 年 度 ) 目 次 1 FFG FFG 第 三 次 中 期 経 営 計 画 ABCプラン ABCプラン 2 地 域 密 着 型 金 融 の 推 進 体 制 3 開 業 黎 明 期 支 援 4 成 長 成 熟 期 支 援 5 事 業 再 生 経 営 改 善 支 援 6 事 業 承 継 支 援 7 人 財 育 成 の 強

More information

FLYING DRAGON 2

FLYING DRAGON 2 飛 FLYING DRAGON 龍 No.82 1 Hong Kong Tramways 新 しい 観 光 電 車 が 登 場 1 香 港 の 思 い 出 2 香 港 インターンシップ 3 アジアNo.1 資 産 運 用 センター(Wealth Management Centre) 都 市 香 港 の 魅 力 4 香 港 貿 易 発 展 局 新 日 本 首 席 代 表 林 蘇 珊 (スーザン ラム)

More information

義務教育費国庫負担制度について

義務教育費国庫負担制度について 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 について 1. 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 の 概 要 意 義 憲 法 の 要 請 に 基 づく 義 務 教 育 の 根 幹 ( 機 会 均 等 水 準 確 保 無 償 制 )を 支 えるため 国 は 必 要 な 制 度 を 整 備 するこ とが 必 要 教 育 は 人 なり と 言 われるように 義 務 教 育 の 成 否 は 教 職 員

More information

2 1.ESOPとは (1)ESOPの 概 要 ESOP は 1950 年 代 に 投 資 銀 行 家 ルイス ケルソ 氏 が 提 唱 し 上 院 議 員 ラッセル ロング 氏 の 支 持 を 得 て 1974 年 の 従 業 員 退 職 所 得 保 障 法 (ERISA 法 ) 制 定 により 実

2 1.ESOPとは (1)ESOPの 概 要 ESOP は 1950 年 代 に 投 資 銀 行 家 ルイス ケルソ 氏 が 提 唱 し 上 院 議 員 ラッセル ロング 氏 の 支 持 を 得 て 1974 年 の 従 業 員 退 職 所 得 保 障 法 (ERISA 法 ) 制 定 により 実 1 買 収 防 衛 策 にとどまらないESOP ~ 上 手 く 活 用 すれば 従 業 員 一 般 株 主 にもメリット 大 和 総 研 企 業 財 務 戦 略 部 深 澤 寛 晴 要 約 従 業 員 持 株 制 度 (ESOP 米 国 の 株 式 報 酬 制 度 )への 注 目 が 徐 々に 高 まっている ESOP を 巡 る 議 論 は 買 収 防 衛 策 など 経 営 者 の 視 点 に 偏

More information

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界 料 2 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 について 平 成 27 年 7 月 総 務 省 1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000

More information

大学通信VOL197号

大学通信VOL197号 2 AICHI UNIVERSITY 3 4 AICHI UNIVERSITY 5 6 AICHI UNIVERSITY 7 8 AICHI UNIVERSITY 9 キャリア 支 援 課 案 内 ~ 望 ましい 未 来 を 獲 得 するために~ 2012 年 度 卒 業 生 の 就 職 状 況 文 部 科 学 省 によると 2013 年 3 月 卒 業 生 の 就 職 決 定 率 は93.9%と

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798AEE92B28D7589898740817A90BC8A708E8181468A6D92E894C54D564E4F322E3083748348815B838983802E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798AEE92B28D7589898740817A90BC8A708E8181468A6D92E894C54D564E4F322E3083748348815B838983802E70707478> 2014/3/6 MVNO2.0フォーラム 講 演 資 料 モバイルビジネスの 将 来 及 び 海 外 MVNO 事 情 情 報 通 信 政 策 研 究 本 部 主 席 研 究 員 西 角 直 樹 (nskd@mri.co.jp) Copyright (C) Mitsubishi Research Institute, Inc. 本 日 の 内 容 1. いま なぜ( 改 めて)MVNOなのか? 2.

More information

目 次 平 成 26 年 度 事 業 計 画 1. 平 成 26 年 度 事 業 計 画 総 括 1 2. 研 修 部 事 業 計 画 (JICA 研 修 事 業 ) 3 3. 技 術 協 力 部 事 業 計 画 7 4. 国 際 親 善 事 業 計 画 11 5. 広 報 活 動 計 画 11

目 次 平 成 26 年 度 事 業 計 画 1. 平 成 26 年 度 事 業 計 画 総 括 1 2. 研 修 部 事 業 計 画 (JICA 研 修 事 業 ) 3 3. 技 術 協 力 部 事 業 計 画 7 4. 国 際 親 善 事 業 計 画 11 5. 広 報 活 動 計 画 11 平 成 26 年 度 事 業 計 画 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 北 九 州 国 際 技 術 協 力 協 会 目 次 平 成 26 年 度 事 業 計 画 1. 平 成 26 年 度 事 業 計 画 総 括 1 2. 研 修 部 事 業 計 画 (JICA 研 修 事 業 ) 3 3. 技 術 協 力 部 事 業 計 画 7

More information

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3 第 3 章 3 日 本 経 済 の 競 争 力 一 国 経 済 の 競 争 力 というのは 曖 昧 な 概 念 であるが ここでは そこに 立 地 する 企 業 が 成 長 できるような 環 境 を 提 供 する 力 であると 考 えてみよう そうした 定 義 の 下 では 競 争 力 のある 国 の 企 業 は 高 い 収 益 を 上 げているはずであり また 海 外 から 多 くの 直 接 投

More information

フェスティバル 想定問答集

フェスティバル 想定問答集 採 用 についての FAQ(よくある 質 問 ) 目 次 1 JICS の 組 織 1 (1) 一 般 財 団 法 人 1 (2)JICS の 設 立 1 (3)JICS の 組 織 構 成 2 2 JICS の 職 員 2 3 職 員 の 待 遇 勤 務 状 況 3 4 JICS 職 員 募 集 4 (1) 求 める 人 材 像 および 入 団 後 のキャリア 4 (2) 職 員 の 募 集 (

More information

先進的科学技術・理科教育推進委託事業

先進的科学技術・理科教育推進委託事業 様 式 1 学 校 名 愛 知 県 立 豊 田 工 業 高 等 学 校 平 成 26 年 度 スーパー プロフェッショナル ハイスクール 事 業 計 画 書 Ⅰ 委 託 事 業 の 内 容 1. 研 究 開 発 課 題 名 将 来 の 日 本 のものづくり 産 業 の 柱 となる 航 空 宇 宙 産 業 次 世 代 自 動 車 産 業 を 担 う 中 核 的 専 門 人 材 を 育 成 するため 地

More information

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4)

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4) 経 営 強 化 計 画 (ダイジェスト 版 ) ( 金 融 機 能 の 強 化 のための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 第 12 条 ) 平 成 28 年 6 月 目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3)

More information

科 目 名 :GBOE-ビジネス 英 語 担 当 講 師 : 松 場 清 志 英 語 でのプレゼンテーション 能 力 の 開 発 と 基 本 的 な 金 融 経 済 能 力 の 習 得 をめざす このクラスは 企 業 の 中 間 管 理 職 がグローバルなビジネ スを 遂 行 する 上 で 必 要

科 目 名 :GBOE-ビジネス 英 語 担 当 講 師 : 松 場 清 志 英 語 でのプレゼンテーション 能 力 の 開 発 と 基 本 的 な 金 融 経 済 能 力 の 習 得 をめざす このクラスは 企 業 の 中 間 管 理 職 がグローバルなビジネ スを 遂 行 する 上 で 必 要 2013 年 度 11 月 開 講 国 際 戦 略 ビジネス 科 シラバス 帝 京 大 学 冲 永 総 合 研 究 所 科 目 名 :GBOE-ビジネス 英 語 担 当 講 師 : 松 場 清 志 英 語 でのプレゼンテーション 能 力 の 開 発 と 基 本 的 な 金 融 経 済 能 力 の 習 得 をめざす このクラスは 企 業 の 中 間 管 理 職 がグローバルなビジネ スを 遂 行 する

More information

日刊版ひながた

日刊版ひながた [ 華 鐘 通 信 ] 日 刊 2015 年 11 月 30 日 ( 月 ) 第 3682 号 発 行 : 華 鐘 コンサルタントグループ ニュース 提 供 : 時 事 通 信 社 DAILY HUAZHONG NEWS 華 鐘 グループのお 知 らせ SHIS 12 月 用 友 年 度 決 算 操 作 実 例 共 有 学 習 会 のご 案 内... 2 用 友 年 度 決 算 操 作 実 例 共

More information

Microsoft Word - ①118255_17-22_高金利通貨ファンド_.doc

Microsoft Word - ①118255_17-22_高金利通貨ファンド_.doc 当 ファンドの 仕 組 みは 次 のとおりです 商 品 分 類 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 信 託 期 間 原 則 無 期 限 です グローバル 高 金 利 通 貨 マザーファンド 受 益 証 券 を 主 要 投 資 対 象 として 安 定 した 収 益 の 確 運 用 方 針 保 と 投 資 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 目 指 した 運 用 を 行 います

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

見 通 し 株 式 債 券 為 替 [ 4 月 の 金 融 市 場 ] 4 月 の 日 経 平 均 株 価 は 前 月 比 -0.55%と 小 幅 安 となりました 月 末 の 日 銀 政 策 決 定 会 合 にて 新 たな 緩 和 策 が 検 討 さ れているとの 報 道 があったことから 日 経

見 通 し 株 式 債 券 為 替 [ 4 月 の 金 融 市 場 ] 4 月 の 日 経 平 均 株 価 は 前 月 比 -0.55%と 小 幅 安 となりました 月 末 の 日 銀 政 策 決 定 会 合 にて 新 たな 緩 和 策 が 検 討 さ れているとの 報 道 があったことから 日 経 Monthly Market Review 2016 年 5 月 KOSEI SECURITIES 4 月 マーケット 概 況 資 産 クラス 指 数 2 月 3 月 4 月 当 月 リターン 年 初 来 リターン 国 内 株 式 日 経 平 均 株 価 16,026.76 16,758.67 16,666.05-0.55% -12.44% マザーズ 指 数 838.67 1,020.80 1,131.56

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

営業秘密管理指針(案)の概要

営業秘密管理指針(案)の概要 ( 別 紙 1-2) 外 為 法 に 基 づく 対 内 投 資 規 制 の 見 直 しについて ( 参 考 資 料 ) 平 成 1 9 年 6 月 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 外 国 投 資 家 による 対 内 直 接 投 資 が 国 の 安 全 を 損 ない 公 の 秩 序 の 維 持 を 妨 げ 公 衆 の 安 全 の 保 護 に 支 障 を 来 す 等 のおそれがある 場

More information

15. 営 業 活 動 を 組 織 的 かつ 効 率 的 に 遂 行 するためには 必 要 な 職 務 分 掌 および 職 務 権 限 を 明 確 にする 16. 営 業 部 門 の 基 本 的 職 務 は 商 品 開 発 仕 入 れ 販 売 組 織 人 事 経 理 財 務 ならびに 情 報 処 理

15. 営 業 活 動 を 組 織 的 かつ 効 率 的 に 遂 行 するためには 必 要 な 職 務 分 掌 および 職 務 権 限 を 明 確 にする 16. 営 業 部 門 の 基 本 的 職 務 は 商 品 開 発 仕 入 れ 販 売 組 織 人 事 経 理 財 務 ならびに 情 報 処 理 販 売 管 理 に 関 する 内 部 監 査 の 留 意 事 項 1. 販 売 戦 略 は 顧 客 を 消 費 者 としてではなく 生 活 者 としてとらえ 顧 客 のライフスタイルにおけ る 質 の 向 上 および 地 域 社 会 への 貢 献 など 豊 かな 人 間 生 活 に 寄 与 する 販 売 理 念 を 基 本 とする 2. 販 売 政 策 は 販 売 理 念 に 基 づく 販 売 活

More information

フランス 貿 易 投 資 庁 -ビジネスフランスとは フランス 貿 易 投 資 庁 -ビジネスフランスは 企 業 の 国 際 展 開 におけるプロジェクト 発 案 から 成 立 に 至 るまで 効 果 的 にサポートし 企 業 の 国 際 事 業 発 展 さらにはプロ ジェクト 成 功 へ 導 く

フランス 貿 易 投 資 庁 -ビジネスフランスとは フランス 貿 易 投 資 庁 -ビジネスフランスは 企 業 の 国 際 展 開 におけるプロジェクト 発 案 から 成 立 に 至 るまで 効 果 的 にサポートし 企 業 の 国 際 事 業 発 展 さらにはプロ ジェクト 成 功 へ 導 く フランス 企 業 の 輸 出 促 進 外 国 企 業 のフランス 進 出 支 援 企 業 の 国 際 化 をサポート フランス 貿 易 投 資 庁 -ビジネスフランス 企 業 の 国 際 進 出 プロジェクトを 効 率 化 WWW.BUSINESSFRANCE.FR フランス 貿 易 投 資 庁 -ビジネスフランスとは フランス 貿 易 投 資 庁 -ビジネスフランスは 企 業 の 国 際 展 開

More information

卓 球 用 具 って? (ラバーの 例 ) 卓 球 用 具 の 輸 出 入 Page シート シート 統 計 品 目 の 卓 球 用 具 には 卓 球 台 ラケット ボール など 卓 球 に 使 用 する 用 具 が 含 まれます 一 見 すると 同 じように 見 える 用 具 も 様 々な 種 類

卓 球 用 具 って? (ラバーの 例 ) 卓 球 用 具 の 輸 出 入 Page シート シート 統 計 品 目 の 卓 球 用 具 には 卓 球 台 ラケット ボール など 卓 球 に 使 用 する 用 具 が 含 まれます 一 見 すると 同 じように 見 える 用 具 も 様 々な 種 類 卓 球 用 具 の 輸 出 入 平 成 年 5 月 7 日 東 京 税 関 15 年 は 輸 出 輸 入 ともに 3 割 以 上 の 増 加 輸 出 額 は3 年 連 続 輸 入 額 は5 年 連 続 の 増 加 で 輸 出 輸 入 ともに 過 去 最 大 輸 出 輸 入 ともに 対 中 国 対 ドイツが 急 増 輸 出 額 の9 割 輸 入 額 の5 割 を 東 京 税 関 が 占 める はじめに

More information

平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 ふりがな よしだ ゆみこ 学 部 法 学 部 国 際 学 年 3 年 氏 名 吉 田 有 美 子 学 科 公 共 政 策 学 科 ふりがな かいぬま しゅうへい 学 部 法 学 部 国 際 学

平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 ふりがな よしだ ゆみこ 学 部 法 学 部 国 際 学 年 3 年 氏 名 吉 田 有 美 子 学 科 公 共 政 策 学 科 ふりがな かいぬま しゅうへい 学 部 法 学 部 国 際 学 Title 組 織 マネジメントの 理 論 と 実 践 Author(s) 吉 田, 由 美 子 Citation 平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 Issue 2016-03 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/54689 DOI Rights

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798BC691D48C7689E6817A3230313196E291E88F57837A815B83808379815B83579770>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798BC691D48C7689E6817A3230313196E291E88F57837A815B83808379815B83579770> 問 題 1 業 態 計 画 業 1. 2. 種 GMS ホールセールクラブ 業 態 と 商 業 施 設 に 関 する 次 の 組 み イトーヨーカドー 全 合 日 わせのうち 食 チェーン 最 も 不 適 当 なものはどれか 3. 4. SPA カテゴリーキラー ---------------------- ユニクロ 解 改 訂 説 新 版 Vol.4 商 業 施 設 創 造 とデザイン p.70~72

More information

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉 堺 泉 北 港 港 湾 計 画 一 部 変 更 ( 前 回 改 訂 : 平 成 18 年 2 月 目 標 年 次 : 平 成 20 年 代 後 半 ) 港 湾 管 理 者 : 大 阪 府 平 成 27 年 3 月 10 日 交 通 政 策 審 議 会 第 59 回 港 湾 分 科 会 資 料 5 堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域

More information

Microsoft PowerPoint - Jpn_final_media_FY15_1H_announcement

Microsoft PowerPoint - Jpn_final_media_FY15_1H_announcement 20 決 算 報 告 2015 年 11 月 2 日 日 産 自 動 車 株 式 会 社 20 主 要 財 務 指 標 ( 東 証 届 出 値 - 中 国 合 弁 会 社 持 分 法 ベース) ( 億 円 ) 売 上 高 営 業 利 益 当 期 純 利 益 * フリーキャッシュフロー ( 自 動 車 事 業 ) ネットキャッシュ ( 自 動 車 事 業 ) 14,736 51,446 59,333

More information

問 5 貴 社 における 経 営 事 業 展 開 の 動 向 は 次 のそれぞれについて いずれにあてはまりますか (a ~e のそれぞれについて あてはまるもの1つに ) a 3 年 前 と 比 べた 売 上 高 の 増 減 1. 増 加 している 2.あまり 変 わらない 3. 減 少 している

問 5 貴 社 における 経 営 事 業 展 開 の 動 向 は 次 のそれぞれについて いずれにあてはまりますか (a ~e のそれぞれについて あてはまるもの1つに ) a 3 年 前 と 比 べた 売 上 高 の 増 減 1. 増 加 している 2.あまり 変 わらない 3. 減 少 している 資 料 企 業 アンケート 調 査 票 人 材 の 確 保 と 離 職 防 止 に 関 するアンケート 調 査 ご 回 答 にあたって 1. 本 調 査 は 商 用 データベースを 用 い 無 作 為 に 企 業 の 総 務 人 事 ご 担 当 者 様 にご 送 付 しています 貴 社 の 人 材 確 保 施 策 に 関 してお 答 え 下 さい 2. 本 調 査 の 数 値 の 記 入 は 特 に

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション オーストラリアの 投 資 環 境 情 報 提 供 資 料 6 年 月 日 州 では 早 期 に 解 散 総 選 挙 実 施 か 与 党 連 合 勝 利 の 場 合 企 業 の 生 産 性 向 上 が 予 想 され 経 済 の 下 支 え 要 因 に 州 では 7 月 に 上 下 両 院 の 解 散 総 選 挙 が 実 施 される 可 能 性 が 高 まっています 経 済 成 長 のけん 引 役 が

More information

図 表 5-1 太 田 市 内 の 製 造 業 事 業 所 数 従 業 者 数 製 品 出 荷 額 の 推 移 1 事 業 所 数 従 業 者 数 1000 39000 38000 950 37000 36000 事 業 所 数 900 850 35000 34000 33000 従 業 者 数 人

図 表 5-1 太 田 市 内 の 製 造 業 事 業 所 数 従 業 者 数 製 品 出 荷 額 の 推 移 1 事 業 所 数 従 業 者 数 1000 39000 38000 950 37000 36000 事 業 所 数 900 850 35000 34000 33000 従 業 者 数 人 第 5 章 群 馬 県 太 田 市 周 辺 地 域 における 取 組 み 本 章 では 群 馬 県 太 田 市 周 辺 地 域 における ものづくり 人 材 の 育 成 能 力 開 発 に 関 連 する 取 組 みについて 一 般 財 団 法 人 地 域 産 学 官 連 携 ものづくり 研 究 機 構 の 活 動 を 中 心 に 見 ていくこ ととする 1 第 1 節 太 田 市 周 辺 地 域 の

More information

Ⅰ 階 層 別 人 材 養 成 コース 実 践 的 即 戦 力 を 育 てる 人 材 養 成 セミナー 階 層 別 目 的 別 のセミナーで 体 系 的 効 率 的 に 人 材 ( 人 財 )を 育 てることができます 今 年 は 経 営 者 向 けに 無 料 セミナー を 開 催 いたします 研

Ⅰ 階 層 別 人 材 養 成 コース 実 践 的 即 戦 力 を 育 てる 人 材 養 成 セミナー 階 層 別 目 的 別 のセミナーで 体 系 的 効 率 的 に 人 材 ( 人 財 )を 育 てることができます 今 年 は 経 営 者 向 けに 無 料 セミナー を 開 催 いたします 研 宮 城 県 商 工 振 興 協 同 組 合 経 営 者 層 管 理 者 層 中 堅 層 若 手 新 人 目 的 に 合 わせたセミナーでポイントを 説 明 し 実 践 力 を 養 います 平 素 は 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 当 組 合 では 毎 年 組 合 員 はもちろん 地 域 の 中 小 企 業 向 けに 各 種 セミナーを 開 催 しております 今

More information

平成22年度産業経済研究委託費,総合調査研究等委託費,高度人材受入の経済的効果及び外国人の社会生活環境に関する調査報告書

平成22年度産業経済研究委託費,総合調査研究等委託費,高度人材受入の経済的効果及び外国人の社会生活環境に関する調査報告書 平 成 22 年 度 経 済 産 業 省 委 託 調 査 高 度 人 材 受 入 れの 経 済 的 効 果 及 び 外 国 人 の 社 会 生 活 環 境 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 23 年 2 月 平 成 22 年 度 経 済 産 業 省 委 託 調 査 高 度 人 材 受 入 れの 経 済 的 効 果 及 び 外 国 人 の 社 会 生 活 環 境 に 関 する 調 査 報 告

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

< 目 次 > 第 1 章 地 域 区 分 と 地 域 別 特 性 第 1 章 (1) 地 域 区 分 1. 行 政 区 分 2. 3 大 地 域 区 分 3. 6 大 地 域 区 分 4. 7 大 地 域 区 分 5. その 他 地 域 区 分 第 1 章 (2) 31 省 自 治 区 直 轄 市

< 目 次 > 第 1 章 地 域 区 分 と 地 域 別 特 性 第 1 章 (1) 地 域 区 分 1. 行 政 区 分 2. 3 大 地 域 区 分 3. 6 大 地 域 区 分 4. 7 大 地 域 区 分 5. その 他 地 域 区 分 第 1 章 (2) 31 省 自 治 区 直 轄 市 中 国 マーケティングデータ 総 覧 2014 価 格 : 35,000 円 ( 税 別 ) ( 著 ) 株 式 会 社 日 本 能 率 協 会 総 合 研 究 所 ( 製 作 ) 株 式 会 社 日 本 能 率 協 会 総 合 研 究 所 ( 販 売 ) 株 式 会 社 日 本 能 率 協 会 総 合 研 究 所 発 行 日 :2014 年 2 月 28 日 版 型 :A4 版 ページ 数 :537

More information

法 定 義 務 研 修 会 第 1 講 第 2 講 2

法 定 義 務 研 修 会 第 1 講 第 2 講 2 2010.7 Vol.140 法 定 義 務 研 修 会 第 1 講 第 2 講 2 経 営 改 善 セミナー 変 化 が 激 しく 厳 しい 経 営 環 境 が 続 く 現 在 勘 と 経 験 と 度 胸 だけでは 企 業 の 発 展 は 望 めません! 戦 略 と 計 数 管 理 能 力 で 武 装 することが 有 効 です! 競 争 力 強 化 のための 経 営 改 善 セミナー 第 2 回

More information

Microsoft Word - レポートフォーマット1

Microsoft Word - レポートフォーマット1 NYマーケットレポート(2015 年 3 月 13 日 ) NY 市 場 では 序 盤 に 発 表 された 米 生 産 者 物 価 指 数 が 予 想 外 の 悪 化 となり 4ヵ 月 連 続 のマイナスとなったことや ミシガン 大 学 消 費 者 信 頼 感 指 数 が 昨 年 11 月 以 来 4ヵ 月 ぶりの 低 水 準 となったことを 受 けて 米 経 済 に 対 する 楽 観 的 な 見

More information

Microsoft PowerPoint - WIN_CRISIS_INDEX_REPORT_(日本語最終版)_0122_編集.ppt

Microsoft PowerPoint - WIN_CRISIS_INDEX_REPORT_(日本語最終版)_0122_編集.ppt (1 月 22 日 公 表 ) WIN 危 機 インデックス 調 査 レポート( 国 際 比 較 世 論 調 査 ) 金 融 危 機 についての グローバル バロメーター 2009 年 1 月 日 本 リサーチセンター (ギャラップ インターナショナル メンバー) 1. 調 査 目 的 および 調 査 概 要 WIN (Worldwide Independent Network の 略 称 )は 昨

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

3 節 農 業 経 営 体 と 農 業 就 業 者 の 動 向 農 業 就 業 人 口 の 平 均 年 齢 は 多 くの 地 域 において 65 歳 を 超 えていますが 都 道 府 県 別 にみると その 様 相 は 異 なります 広 島 県 (70.4 歳 ) 山 口 県 (70.3 歳 ) 島

3 節 農 業 経 営 体 と 農 業 就 業 者 の 動 向 農 業 就 業 人 口 の 平 均 年 齢 は 多 くの 地 域 において 65 歳 を 超 えていますが 都 道 府 県 別 にみると その 様 相 は 異 なります 広 島 県 (70.4 歳 ) 山 口 県 (70.3 歳 ) 島 () 農 業 就 業 者 の 動 向 ( 農 業 就 業 人 口 は 引 き 続 き 減 少 高 齢 化 ) 農 業 就 業 人 口 は 平 成 (010) 年 には 61 万 人 となり 平 成 1(000) 年 と 比 べ 33% 平 成 17(005) 年 と 比 べ % 減 少 しています 1 この 減 少 の 要 因 は 高 齢 化 による 離 農 のほか 小 規 模 農 家 の 農 業

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF EBF82CC8D8282A28BB388E78AC28BAB82C98CFC82AF82C EC88CF88F5816A81798F4390B38CE3817A8CB3>

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF EBF82CC8D8282A28BB388E78AC28BAB82C98CFC82AF82C EC88CF88F5816A81798F4390B38CE3817A8CB3> 資 料 3 質 の 高 い 教 育 環 境 に 向 けて 平 成 24 年 6 月 2012/6/22 ( 株 ) 大 和 総 研 産 学 連 携 室 副 部 長 : 宇 野 健 司 論 点 論 点 1 戦 略 重 点 校 の 活 性 化 ~ 教 育 リソースの 集 中 配 分 短 期 グローバル 化, 理 数 系 人 材 育 成, 学 力 向 上 対 策 については, 従 前 より 全 校 展

More information

様式1 全体(観光交流局)

様式1 全体(観光交流局) ( 様 式 1: 総 括 表 ) 平 成 22 年 度 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 運 営 プログラム 平 成 22 年 度 における 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 の 運 営 については 以 下 のとおりとする 1 重 点 施 策 及 び 目 標 の 一 覧 施 策 番 号 重 点 施 策 の 名 称 重 点 施 策 の 目 標 1 魅 力 溢 れる 観 光 交 流 山 形

More information

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が 資 本 取 引 2016 年 06 月 30 日 更 新 1. 資 本 取 引 の 外 貨 口 座 の 種 類 国 内 外 貨 口 座 管 理 規 定 (1997 年 10 月 15 日 より 実 施 )により 外 資 企 業 の 中 国 現 地 法 人 の 場 合 外 貨 資 金 は 用 途 に 応 じて 資 本 金 口 座 国 内 外 貨 ローン 専 用 口 座 外 債 専 用 口 座 などで

More information

Microsoft Word - H23土木計画学秋大会論文v0.doc

Microsoft Word - H23土木計画学秋大会論文v0.doc 高 速 ツアーバスの 旅 客 流 動 実 態 について 新 倉 淳 史 1 浦 嶋 一 馬 2 大 石 礎 3 1 正 会 員 財 団 法 人 運 輸 政 策 研 究 機 構 企 画 室 ( 105-0001 東 京 都 港 区 虎 ノ 門 3 丁 目 18-19) E-mail:niikura@jterc.or.jp 2 非 会 員 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 参 事 官 付 ( 100-8918

More information

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste アジア 消 費 市 場 の 拡 大 良 質 な 市 場 へ 向 けて 第 3 節 第 2-3-3-4 図 中 国 におけるB to C 電 子 商 取 引 市 場 の 推 移 第 2-3-3-6 表 最 近 のネットビジネス 分 野 の 日 系 企 業 海 外 進 出 事 例 ( 株 )ファーストリティリング 2009 年 4 月 中 国 でネット 通 販 大 手 アリババと 提 携 SBIベリトランス(

More information

ⅲ) 取 組 の 実 現 を 支 える 地 域 資 源 等 の 概 要 たたら 山 陰 地 方 はかつてたたら 製 鉄 で 栄 えた 地 域 であり たたら 吹 きから 得 られた 精 神 ノウハウ ( 鉄 の 純 度 を 高 める 技 術 )は 島 根 県 東 部 の 特 殊 鋼 産 業 の 発

ⅲ) 取 組 の 実 現 を 支 える 地 域 資 源 等 の 概 要 たたら 山 陰 地 方 はかつてたたら 製 鉄 で 栄 えた 地 域 であり たたら 吹 きから 得 られた 精 神 ノウハウ ( 鉄 の 純 度 を 高 める 技 術 )は 島 根 県 東 部 の 特 殊 鋼 産 業 の 発 別 添 3 地 域 活 性 化 総 合 特 区 の 指 定 申 請 書 ( 概 要 版 ) 地 域 活 性 化 総 合 特 別 区 域 指 定 について 1. 指 定 を 申 請 する 地 域 活 性 化 総 合 特 別 区 域 の 名 称 伝 承 する 特 殊 鋼 関 連 産 業 振 興 総 合 特 区 2. 総 合 特 別 区 域 について (1) 区 域 1 指 定 申 請 に 係 る 区 域

More information

Microsoft Word _受益者向けレター.doc

Microsoft Word _受益者向けレター.doc 受 益 者 の 皆 様 へ 2010 年 5 月 10 日 キャピタル インターナショナル 株 式 会 社 基 準 価 額 の 動 向 と 今 後 の 投 資 環 境 について キャピタル 世 界 株 式 ファンド ギリシャの 財 政 悪 化 に 伴 う 信 用 不 安 を 発 端 に 世 界 の 株 式 市 場 が 大 きく 下 落 しています 4 月 27 日 には 大 手 格 付 会 社 がギリシャ

More information

1

1 1 2 3 4 1. 教 育 投 資 教 育 財 源 確 保 策 の 検 討 教 育 投 資 の 必 要 性 1 少 子 化 の 克 服 2 格 差 の 改 善 ( 公 正 公 平 な 社 会 の 実 現 ) 3 経 済 成 長 雇 用 の 確 保 という 三 つを 解 決 し 一 人 一 人 の 豊 かな 人 生 と 成 長 し 続 け 安 心 できる 社 会 を 実 現 できるのが 教 育 少

More information

EU総まとめ

EU総まとめ 平 成 28 年 5 月 号 改 めて EU とは 何 か を 考 える 千 葉 銀 行 ロンドン 支 店 英 国 では 先 月 エリザベス 女 王 が 90 歳 の 誕 生 日 を 迎 えました 昨 年 9 月 に 歴 代 君 主 で 在 位 最 長 期 間 (63 年 )を 更 新 した 女 王 ですが 今 なお 精 力 的 に 公 務 をこなし ています 英 国 では 6 月 10 日 11

More information

12 月 7 日 月 池 袋 面 接 実 践 4 年 / 院 2 年 11:00~13:00 セミナー 室 12 月 7 日 月 池 袋 企 業 研 究 をはじめよう 3 年 / 院 1 年 18:30~20:00 AB01 就 活 のはじめの 一 歩 はここから! 幅 広 い 業 界 様 々な 企

12 月 7 日 月 池 袋 面 接 実 践 4 年 / 院 2 年 11:00~13:00 セミナー 室 12 月 7 日 月 池 袋 企 業 研 究 をはじめよう 3 年 / 院 1 年 18:30~20:00 AB01 就 活 のはじめの 一 歩 はここから! 幅 広 い 業 界 様 々な 企 2015 年 12 月 キャリア 支 援 就 職 支 援 プログラム 予 定 表 立 教 大 学 キャリアセンター 当 日 程 表 は 立 教 就 職 Navi 上 で 随 時 更 新 されます( 日 程 教 室 変 更 含 む) 開 催 日 曜 日 校 地 プログラム 名 対 象 学 年 時 間 場 所 内 容 12 月 1 日 火 池 袋 ES 対 策 ( 自 己 PR 編 ) 3 年 / 院

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C93878CA788E397C388C091538CA48F4389EF8169323031352E392E3130816A2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C93878CA788E397C388C091538CA48F4389EF8169323031352E392E3130816A2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D> 広 島 県 医 療 安 全 研 修 会 患 者 と 医 療 者 の コミュニケーションで 築 く 医 療 安 全 NPO 法 人 ささえあい 医 療 人 権 センターCOML 理 事 長 山 口 育 子 1 NPO 法 人 ささえあい 医 療 人 権 センターCOMLとは 1990 年 スタート 2002 年 NPO 法 人 化 自 立 成 熟 し 主 体 的 医 療 参 加 ができる 賢 い 患

More information

(1)

(1) 2012 年 度 工 学 マネジメント 研 究 科 外 部 点 検 評 価 委 員 会 審 査 議 事 録 日 時 : 2013 年 3 月 19 日 ( 火 )14:00~16:30 場 所 : 豊 洲 校 舎 研 究 棟 5 階 大 会 議 室 出 席 者 : 外 部 点 検 評 価 委 員 側 委 員 長 野 間 口 有 ( 独 ) 産 業 技 術 総 合 研 究 所 理 事 長 委 員 酒

More information

Microsoft Word - 第28回国日協報告最終版130905.doc

Microsoft Word - 第28回国日協報告最終版130905.doc 第 28 回 国 立 大 学 日 本 語 教 育 研 究 協 議 会 報 告 2013 年 5 月 24 日 ( 金 )に 第 28 回 国 立 大 学 日 本 語 教 育 研 究 協 議 会 が 東 京 海 洋 大 学 で 開 催 されました 当 日 の 協 議 会 について 情 報 共 有 セッション 分 科 会 総 合 討 議 を 中 心 にご 報 告 します 1. 日 時 :2013 年 5

More information

(記載例2)仕事太郎(評価シート入)

(記載例2)仕事太郎(評価シート入) 記 載 例 (2 回 目 ) ジョブ カード 様 式 1 履 歴 シート 1 E-mail アドレス 昭 和 平 成 57 年 10 月 15 日 生 ( 27 歳 ) 男 女 現 住 所 職 務 経 歴 とうきょうとちよだくかすみがせき 100-8916 - 同 上 ( 電 話 ) 印 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1-2-2 ( 電 話 ) しごと たろう 氏 名 仕 事 太 郎 連

More information

自動車産業の現状

自動車産業の現状 産 業 の 現 状 2013 年 8 月 一 般 社 団 法 人 日 本 工 業 会 我 が 国 の 経 済 雇 用 を 支 える 産 業 産 業 は 広 範 な 関 連 産 業 を 持 ち 日 本 経 済 や 雇 用 確 保 に 大 きく 貢 献 する 基 幹 産 業 である 関 連 : 548 万 人 (8.8%) * 国 内 就 業 人 口 中 の 割 合 就 業 人 口 うち 製 造 部 門

More information

Microsoft Word - 02 資料2関係 次期産業プランの骨子案

Microsoft Word - 02 資料2関係 次期産業プランの骨子案 次 期 産 業 プラン(とちぎ 産 業 成 長 戦 略 ( 仮 称 ))の 骨 子 案 資 料 2-1 Ⅰ とちぎ 産 業 成 長 戦 略 ( 仮 称 ) 策 定 の 趣 旨 1 策 定 の 背 景 趣 旨 新 とちぎ 産 業 プラン 策 定 後 の 本 県 産 業 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 等 を 踏 まえ 本 県 の 強 みを 活 かし 更 なる 産 業 振 興 施

More information

設 備 整 備 の 概 要 本 事 業 により 整 備 する 設 備 について 1どのような 趣 旨 目 的 の 下 で 整 備 するものか 2 大 学 の 中 長 期 的 な 教 育 改 革 構 想 に おける 位 置 付 けと 必 要 性 3 整 備 する 設 備 の 概 況 ( 名 称 機 能

設 備 整 備 の 概 要 本 事 業 により 整 備 する 設 備 について 1どのような 趣 旨 目 的 の 下 で 整 備 するものか 2 大 学 の 中 長 期 的 な 教 育 改 革 構 想 に おける 位 置 付 けと 必 要 性 3 整 備 する 設 備 の 概 況 ( 名 称 機 能 単 独 申 請 版 ( 様 式 1) 学 校 番 号 171002A01 平 成 24 年 度 私 立 大 学 教 育 研 究 活 性 化 設 備 整 備 事 業 申 請 書 ( 概 要 ) 1. 取 組 の 基 本 情 報 大 学 名 金 沢 工 業 大 学 取 組 名 称 [ 全 角 30 字 以 内 ] 地 域 産 業 界 の 人 材 育 成 と 多 様 な 連 携 教 育 による 大 学 教

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089EF8ED090E096BE89EF8E9197BF938A8E9189C68CFC82AF32>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089EF8ED090E096BE89EF8E9197BF938A8E9189C68CFC82AF32> 株 式 会 社 飯 田 産 業 ( 平 成 22 年 4 月 期 ) 帰 りたい いい いい 家 があります メニュー 第 1 部 業 界 と 事 業 の 現 状 経 済 環 境 住 宅 産 業 経 営 方 針 他 社 差 別 化 第 2 部 今 後 の 事 業 展 開 等 3ヵ 年 経 営 計 画 計 画 達 成 に 向 けて4つのポイント 今 後 のリスクへの 対 応 利 益 配 分 に 関 する

More information