No.26_蜂屋氏cs5.indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "No.26_蜂屋氏cs5.indd"

Transcription

1 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影 響 (3) 地 方 交 付 税 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影 響 4. 地 方 の 財 源 の 在 り 方 の 見 直 し (1) 法 定 率 の 引 き 下 げ (2) 算 入 率 の 引 き 上 げ (3) 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 5.まとめ J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 31

2 要 約 年 度 までの 国 地 方 のプライマリーバランス( 基 礎 的 財 政 収 支 以 下 PB) 黒 字 化 目 標 達 成 に 向 けて 歳 出 面 歳 入 面 での 具 体 的 な 取 り 組 み 内 容 の 提 示 が 課 題 となっている その 際 地 方 の 財 源 の 在 り 方 の 問 題 は 外 せない 論 点 となろう PB 赤 字 を 国 地 方 別 にみると 国 の 赤 字 に 対 し 地 方 は 黒 字 となっており 表 向 きは 国 のPB 赤 字 解 消 が 課 題 となる しかし 国 のPB 対 象 経 費 のうち43% が 地 方 に 対 する 支 出 であり これが 地 方 の 歳 入 額 の36%を 占 めるだけに 国 のPB 赤 字 縮 小 に 向 けた 取 り 組 みは 結 局 のところ 地 方 の 財 源 に 相 当 のインパクトを 与 えると 考 えられる 2. 財 政 健 全 化 目 標 を 達 成 するには 相 当 に 厳 しい 改 革 が 必 要 になる 例 えば 高 齢 化 に 伴 う 増 加 が 見 込 まれている 社 会 保 障 費 で 一 段 の 歳 出 増 加 抑 制 を 想 定 しても PB 赤 字 の 名 目 GDP 比 は0.3% 程 度 の 縮 小 に 止 まるとみられる さらに 1 持 続 的 な 経 済 成 長 の 実 現 に 向 けた 法 人 実 効 税 率 の 一 段 の 引 き 下 げ 2 高 い 名 目 成 長 率 が 実 現 しないリスクを 考 慮 すると 財 政 健 全 化 達 成 のためには 歳 出 歳 入 両 面 での 一 段 の 取 り 組 みが 必 要 となる 3. 国 の 税 収 や 歳 出 は 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 出 金 を 介 して 地 方 財 政 に 影 響 を 与 える このため 国 の 税 収 増 加 や 歳 出 削 減 に 併 せて 地 方 財 政 の 見 直 しにも 取 り 組 む 必 要 がある その 際 1 地 方 の 財 源 不 足 解 消 後 の 国 地 方 間 の 歳 出 と 財 源 の 配 分 のバランスの 調 整 2 地 方 自 治 体 が 提 供 する 政 府 サービスの 取 捨 選 択 など 踏 み 込 んだ 取 り 組 み 3 地 方 自 治 体 間 の 政 府 サービスの 差 の 行 き 過 ぎた 拡 大 への 配 慮 がポイントとなる 年 度 のPB 目 標 達 成 に 向 けて 歳 出 歳 入 両 面 の 改 革 に 国 地 方 財 政 一 体 で 取 り 組 むなか 1 国 の 税 収 増 加 2 国 庫 支 出 金 の 削 減 3 地 方 交 付 税 の 削 減 が 地 方 財 政 に 与 える 影 響 への 目 配 りは 欠 か せない 財 政 健 全 化 を 着 実 に 推 進 するには 高 い 名 目 経 済 成 長 率 を 期 待 した 甘 い 前 提 を 避 け 景 気 の 下 振 れリスクを 視 野 に 入 れた 堅 実 な 前 提 に 基 づく 財 政 健 全 化 計 画 を 策 定 することが 必 要 である その 際 既 存 の 財 政 構 造 のままで 財 政 健 全 化 目 標 を 達 成 しようとすると 国 民 生 活 に 過 度 な 負 担 を 強 いる 可 能 性 がある そうした 負 担 を 避 けるには 財 政 健 全 化 のペースを 緩 めることなく 1 法 定 率 の 引 き 下 げ 2 算 入 率 の 引 き 上 げ 3 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 といった 機 動 的 な 制 度 変 更 の 組 み 合 わせで 対 応 すべきである 32 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

3 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 わが 国 財 政 の 健 全 化 に 向 けて 本 年 夏 までに 政 府 による 新 たな 健 全 化 計 画 の 策 定 が 予 定 されている これまで 政 府 は 国 と 地 方 トータルのPBについて 年 度 までに2010 年 度 に 比 べ 赤 字 の 対 GDP 比 を 半 減 し 年 度 までに 黒 字 化 することを 目 標 に( 注 1) 財 政 健 全 化 に 取 り 組 んできた この 結 果 2010 年 度 に 名 目 GDP 比 6.6%あった 国 地 方 のPB 赤 字 は 2015 年 度 には 同 3.3%( 16.4 兆 円 )に 縮 小 する 見 込 みであり 2015 年 度 までのPB 赤 字 半 減 目 標 は 達 成 される 一 方 2020 年 度 のPB については 黒 字 化 目 標 達 成 に 向 けた 具 体 的 な 取 り 組 み 方 針 が 今 のところ 策 定 されておらず 内 閣 府 試 算 ( 注 2)によると 名 目 GDP 成 長 率 が3% 台 で 推 移 する 経 済 再 生 ケース で 同 1.6%( 9.4 兆 円 ) 名 目 GDP 成 長 率 が1% 台 で 推 移 する ベースラインケース で 同 3.0%( 16.4 兆 円 )の 赤 字 が 依 然 と して 残 る 見 込 みとなっている 新 たな 財 政 健 全 化 計 画 では 2020 年 度 までの 国 地 方 のPB 黒 字 化 達 成 という これまでの 目 標 が 堅 持 されることになっており 残 存 するPB 赤 字 の 解 消 に 向 けた 歳 出 面 歳 入 面 での 具 体 的 な 取 り 組 み 内 容 の 提 示 が 必 要 となる その 際 表 面 的 には 国 のPB 赤 字 の 解 消 が 課 題 となる 2015 年 度 のPB 赤 字 を 国 地 方 別 にみると 国 が 名 目 GDP 比 3.9%( 19.5 兆 円 )の 赤 字 であるのに 対 し 地 方 は 同 0.6%(3.1 兆 円 )の 黒 字 となっ ている これを 映 じて 地 方 債 残 高 GDP 比 が2013 年 度 の42%から 2014 年 度 41% 2015 年 度 39%と 低 下 に 転 じるのに 対 し 国 債 残 高 GDP 比 は2013 年 度 の154%から 2014 年 度 158% 2015 年 度 160%と 引 き 続 き 上 昇 が 見 込 まれている しかしながら 実 態 としては 地 方 財 政 は2015 年 度 において 依 然 として 7.8 兆 円 の 財 源 不 足 を 抱 え ており その 一 部 は 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 別 枠 の 加 算 といった 国 からの 支 出 で 賄 われている このため 国 のPB 赤 字 の 縮 小 には この 財 源 不 足 の 解 消 が 課 題 となる また 2012 年 度 における 国 の PB 対 象 経 費 83.3 兆 円 のうち43%が 地 方 に 対 する 支 出 であり これが 地 方 の 歳 入 額 99.8 兆 円 の36%を 占 め るという 財 政 構 造 を 踏 まえると( 注 3) 国 のPB 赤 字 の 縮 小 は 地 方 の 財 源 に 相 当 のインパクトを 与 え るとみられる( 図 表 1) それだけに 新 たな 健 全 化 計 画 においては 地 方 の 財 源 の 在 り 方 の 問 題 は 外 ( 図 表 1) 国 から 地 方 への 支 出 ( 兆 円 ) 国 の 歳 出 構 成 比 地 方 の 歳 入 構 成 比 総 額 総 額 % 基 礎 的 財 政 収 支 % 地 方 税 % 対 象 経 費 地 方 国 地 方 譲 与 税 2.3 2% (6%) に か 地 方 交 付 税 % (51%) 対 ら す % の 国 庫 支 出 金 % (43%) る 財 地 方 特 例 交 付 金 等 0.1 0% (0%) 支 源 出 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 0.0 0% (0%) 交 通 安 全 対 策 特 別 交 付 金 0.1 0% (0%) その 他 % その 他 の 歳 入 % 公 債 費 21.2 ( 資 料 ) 総 務 省 平 成 24 年 度 地 方 財 政 統 計 年 報 平 成 26 年 版 地 方 財 政 白 書 ( 注 1)2012 年 度 決 算 ( 注 2) 国 の 歳 出 額 は 一 般 会 計 と 交 付 税 及 び 譲 与 税 配 付 金 特 別 会 計 エネルギー 対 策 特 別 会 計 年 金 特 別 会 計 ( 児 童 手 当 及 び 子 ども 手 当 勘 定 のみ) 食 料 安 定 供 給 特 別 会 計 ( 国 営 土 地 改 良 事 業 勘 定 のみ) 国 有 林 野 事 業 特 別 会 計 ( 旧 治 山 勘 定 の 一 部 ) 社 会 資 本 整 備 事 業 特 別 会 計 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 の 純 計 ( 注 3) 国 の 歳 出 の 構 成 比 は 基 礎 的 財 政 収 支 対 象 経 費 に 対 する 割 合 ( 注 4) 地 方 の 歳 入 の 構 成 比 の( ) 内 は 国 からの 財 源 に 対 する 割 合 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 33

4 せない 論 点 となろう 地 方 の 財 源 の 在 り 方 については 現 在 主 に 地 方 分 権 改 革 推 進 の 観 点 から 議 論 されており 歳 出 面 で の 国 と 地 方 の 役 割 分 担 の 見 直 し 義 務 付 け 等 の 地 方 に 対 する 規 制 緩 和 の 推 進 に 併 せて 地 方 税 財 政 の 充 実 強 化 が 目 指 されている( 注 4) しかしながら 地 方 分 権 改 革 は1993 年 以 降 20 年 以 上 続 い ている 取 り 組 みで 段 階 を 追 って 積 み 上 げていく 息 の 長 い 取 組 ( 注 5)と 位 置 付 けられているだけ に 2020 年 度 までのPB 黒 字 化 には 改 革 のペースが 追 いつかない 懸 念 がある このため 2020 年 度 ま での 財 政 健 全 化 目 標 を 念 頭 に 置 いた 地 方 分 権 改 革 とは 異 なる 視 点 からの 地 方 財 源 の 見 直 しに 取 り 組 む 必 要 があろう PB 黒 字 化 目 標 の 達 成 には 歳 出 の 大 幅 削 減 や 内 容 の 見 直 し 追 加 的 な 増 税 といった 厳 しい 改 革 が 求 められ 国 民 に 相 当 の 痛 みを 伴 う 恐 れがある 財 政 健 全 化 をスムースに 進 めるには その ペースを 緩 めることなく 改 革 に 伴 う 痛 みを 少 しでも 和 らげることが 重 要 であり 地 方 の 財 源 の 見 直 し はそのための 方 策 の 一 つになると 考 えられる そこで 本 稿 では 地 方 の 財 源 の 在 り 方 を 財 政 健 全 化 の 観 点 から 議 論 する まず 第 2 章 で PB 黒 字 化 目 標 がどれだけ 高 いハードルかをみたうえで 第 3 章 で 財 政 健 全 化 が 地 方 財 政 に 与 える 影 響 を 検 討 し 第 4 章 で 地 方 の 財 源 の 見 直 しの 方 向 性 を 考 察 する ( 注 1) 内 閣 府 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~( 平 成 26 年 6 月 24 日 ) ( 以 下 骨 太 の 方 針 2014 )p 年 ( 注 2) 内 閣 府 中 長 期 の 経 済 財 政 に 関 する 試 算 ( 平 成 27 年 2 月 12 日 経 済 財 政 諮 問 会 議 提 出 ) 2015 年 ( 注 3) 国 の 基 礎 的 財 政 収 支 対 象 経 費 は 一 般 会 計 と 一 部 の 特 別 会 計 の 純 計 地 方 の 歳 入 は 都 道 府 県 と 市 区 町 村 の 純 計 ( 注 4) 地 方 分 権 改 革 有 識 者 会 議 個 性 を 活 かし 自 立 した 地 方 をつくる~ 地 方 分 権 改 革 の 総 括 と 展 望 ~( 平 成 26 年 6 月 24 日 ) p.12~ 年 ( 注 5) 同 上 p 年 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 本 章 では 財 政 健 全 化 目 標 を 達 成 するためには 相 当 に 厳 しい 改 革 が 必 要 になることを 示 す 本 年 2 月 に 示 された 内 閣 府 試 算 では 高 い 名 目 GDP 成 長 率 を 前 提 とする 経 済 再 生 ケース でも 2020 年 度 に 名 目 GDP 比 1.6%( 9.4 兆 円 )の 国 地 方 のPB 赤 字 が 残 る 見 通 しとなっている 試 算 の 主 な 前 提 は 1 全 要 素 生 産 性 や 労 働 参 加 率 の 上 昇 等 によって 名 目 GDP 成 長 率 が3% 台 で 推 移 2 法 人 減 税 や 消 費 増 税 等 に 関 して 既 定 の 税 制 改 正 等 を 反 映 3 社 会 保 障 の 歳 出 は 高 齢 化 要 因 等 で 増 加 4 社 会 保 障 以 外 の 歳 出 は 物 価 上 昇 率 並 みに 増 加 である 以 下 では 歳 出 改 革 に 関 する 追 加 の 想 定 を 置 き それらがPBに 与 える 影 響 を 試 算 する 今 後 PB 赤 字 を 解 消 するうえで 国 地 方 合 計 のPB 対 象 経 費 の41%を 占 める 社 会 保 障 費 の 増 加 抑 制 は 欠 かせない( 図 表 2) 実 際 内 閣 府 試 算 経 済 再 生 ケース では 国 の 一 般 会 計 の 社 会 保 障 関 係 費 は2015 年 度 から2020 年 度 にかけて5.7 兆 円 増 加 する 見 込 みであり これは 同 じ 期 間 のPB 対 象 経 費 の 増 加 額 9.7 兆 円 の 約 6 割 を 占 める 分 野 別 にみると とくに 医 療 介 護 費 の 増 加 抑 制 が 課 題 となる 例 えば 厚 生 労 働 省 試 算 ( 注 6)をみると 医 療 と 介 護 以 外 の 公 費 負 担 が ほぼ 名 目 GDP 成 長 率 並 みで 増 加 するのに 対 し 医 療 と 介 護 の 公 費 負 担 は 名 目 GDP 成 長 率 を 上 回 るペースで 増 加 しており 名 目 GDP 比 は2015 年 から2020 年 にかけて 合 計 で0.7%ポイント 上 昇 している 34 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

5 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 そこで 1 医 療 と 介 護 2 子 ども 子 育 て と その 他 につ いて 追 加 の 想 定 を 置 いて 国 地 方 のPBへの 影 響 を 試 算 する まず 医 療 と 介 護 については 利 益 率 を 他 の 政 府 サービス 関 連 事 業 並 みに 圧 縮 することを 想 定 する 産 業 連 関 表 を 用 いて 政 府 サービス 関 連 事 業 の 利 益 率 を 比 較 すると 生 産 額 に 対 する 営 業 余 剰 の 比 率 は 医 療 で3.6% 介 護 で4.9% であり 他 の 政 府 サービスに 比 べて 高 くなっている( 注 7 図 表 3) これ を 踏 まえ 試 算 の 前 提 として 仮 に 医 療 と 介 護 の 同 比 率 が 他 の 事 業 の 平 均 ( 注 8)と 同 じになるように 医 療 と 介 護 の 営 業 余 剰 を 削 減 すると 医 療 介 護 費 の 増 加 率 は 年 率 0.7%ポイン ト 抑 制 される 次 に 子 ども 子 育 て と その 他 については( 注 9) 厚 生 労 働 省 試 算 では 名 目 GDP 成 長 率 並 みの 増 加 が 見 込 まれているものの ( 図 表 2) 国 と 地 方 の 目 的 別 歳 出 国 地 方 純 計 これらについては 高 齢 者 数 の 増 加 の 影 響 をあまり 受 けないと 考 えられることから 内 閣 府 試 算 におけ 構 成 比 る 社 会 保 障 以 外 の 歳 出 と 同 様 に 物 価 上 昇 率 並 みの 増 加 に 抑 制 すると 想 定 した 国 国 の 割 合 地 方 ( 兆 円 ) 地 方 の 割 合 歳 出 公 債 費 基 礎 的 財 政 収 支 対 象 経 費 % % % 機 関 費 % % % 一 般 行 政 費 等 % % % 司 法 警 察 消 防 費 6.5 5% % % 防 衛 費 4.8 4% % 国 土 保 全 および 開 発 費 % % % 国 土 保 全 費 2.2 2% % % 国 土 開 発 費 % % % 災 害 復 旧 費 等 1.3 1% % % 産 業 経 済 費 % % % 農 林 水 産 業 費 3.3 3% % % 商 工 費 % % % 教 育 費 % % % 学 校 教 育 費 % % % 社 会 教 育 費 等 4.7 4% % % 社 会 保 障 関 係 費 % % % 民 生 費 ( 年 金 除 く) % % % 年 金 % % 衛 生 費 6.3 5% 0.1 2% % 住 宅 費 等 2.9 2% % % 恩 給 費 0.6 1% % 0.0 4% その 他 3.4 3% % 0.0 0% ( 資 料 ) 総 務 省 平 成 26 年 版 地 方 財 政 白 書 ( 注 1)2012 年 度 決 算 ( 注 2) 構 成 比 は 基 礎 的 財 政 収 支 対 象 経 費 に 対 する 割 合 ( 図 表 3) 政 府 サービス 関 連 事 業 の 投 入 産 出 構 造 ( 億 円 ) 介 護 医 療 その 他 の 政 府 サービス 関 連 事 業 ( 公 務 を 除 く) 公 務 保 健 衛 生 公 共 事 業 社 会 保 険 社 会 福 祉 教 育 研 究 構 成 比 構 成 比 構 成 比 構 成 比 構 成 比 構 成 比 構 成 比 構 成 比 構 成 比 内 生 部 門 計 20, % 195, % 180, % 4, % 65, % 25, % 38, % 47, % 124, % 投 入 雇 用 者 所 得 48, % 180, % 314, % 8, % 39, % 46, % 161, % 57, % 145, % ( 営 業 余 剰 4, % 15, % 4, % % 1, % 1, % % % 0 0.0% 供 給 資 本 減 耗 引 当 6, % 34, % 44, % % 5, % 3, % 22, % 12, % 119, % ) その 他 ( 間 接 税 等 ) 2, % 1, % 16, % % 6, % 2, % 3, % 3, % 5, % 粗 付 加 価 値 部 門 計 61, % 232, % 379, % 9, % 53, % 53, % 189, % 74, % 269, % 国 内 生 産 額 82, % 427, % 559, % 14, % 118, % 78, % 227, % 121, % 394, % 内 生 部 門 計 0 0.0% 13, % 118, % 6, % 0 0.0% 0 0.0% 6, % 105, % 11, % 産 出 民 間 消 費 支 出 5, % 79, % 120, % 1, % 0 0.0% 44, % 73, % 1, % 10, % ( 一 般 政 府 消 費 支 出 76, % 331, % 199, % 4, % 0 0.0% 34, % 147, % 13, % 371, % 需 要 公 的 総 固 定 資 本 形 成 0 0.0% 0 0.0% 118, % 0 0.0% 118, % 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% ) 民 間 総 固 定 資 本 形 成 0 0.0% 0 0.0% % 0 0.0% % 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% その 他 の 最 終 需 要 0 0.0% 3, % 1, % 2, % 0 0.0% % % % 0 0.0% ( 資 料 ) 総 務 省 平 成 23 年 産 業 連 関 表 ( 注 ) 構 成 比 は 国 内 生 産 額 に 対 する 比 率 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 35

6 以 上 の 追 加 の 想 定 を 置 いたとしても PB 赤 字 の 縮 小 は 名 目 GDP 比 0.3%(2.0 兆 円 ) 程 度 にとどまると 試 算 され PB 黒 字 化 目 標 達 成 には 程 遠 い さらに 次 の 点 も 考 慮 すると 財 政 健 全 化 には 歳 出 歳 入 両 面 での 一 段 の 取 り 組 みが 必 要 となる 第 1は 法 人 実 効 税 率 の 一 段 の 引 き 下 げである 法 人 実 効 税 率 については 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 において 2015 年 度 に32.11% 2016 年 度 に31.33%への 段 階 的 な 引 き 下 げが 示 されている しか しながら 骨 太 の 方 針 2014 では 数 年 で 法 人 実 効 税 率 を20% 台 まで 引 き 下 げることを 目 指 す ( 注 10)とされており 一 段 の 引 き 下 げが 求 められている そもそも わが 国 では 財 政 健 全 化 と 並 行 して デフレ 脱 却 後 の 持 続 的 な 経 済 成 長 の 実 現 が 課 題 となっている それには 実 際 に 経 済 活 動 を 担 う 企 業 が 国 内 で 国 際 的 に 遜 色 ない 競 争 環 境 で 活 動 できることが 重 要 であり 規 制 改 革 など 非 財 政 面 での 改 革 への 地 道 な 取 り 組 みに 加 えて 財 政 面 では 企 業 負 担 の 軽 減 が 求 められている 財 政 健 全 化 にあたっては こ のことも 踏 まえる 必 要 がある 第 2は 名 目 GDP 成 長 率 の 問 題 である 内 閣 府 試 算 の 経 済 再 生 ケース で 想 定 されている3% 台 の 名 目 GDP 成 長 率 が 実 現 されるとは 限 らない 実 際 の 成 長 率 がこれよりも 低 い 場 合 には PB 赤 字 は 拡 大 する 実 際 1% 台 の 成 長 率 を 前 提 とする 内 閣 府 試 算 の ベースラインケース では 2020 年 度 の PB 赤 字 は 名 目 GDP 比 3.0%( 16.4 兆 円 )である 今 後 成 長 戦 略 の 取 り 組 み 等 を 通 じて 名 目 成 長 率 を 高 め 持 続 させる 努 力 は 不 可 欠 ながら 財 政 健 全 化 を 着 実 に 推 進 するには 高 い 名 目 成 長 率 実 現 へ の 過 度 な 期 待 を 避 け 堅 めの 想 定 に 基 づく 成 長 率 見 通 しを 前 提 に 歳 出 歳 入 改 革 に 取 り 組 む 必 要 があ ろう ( 注 6) 厚 生 労 働 省 社 会 保 障 に 係 る 費 用 の 将 来 推 計 の 改 定 について( 平 成 24 年 3 月 ) 2012 年 将 来 の 社 会 保 障 給 付 費 や 公 費 負 担 額 が 年 金 医 療 介 護 子 ども 子 育 て その 他 の 別 に 推 計 されている ( 注 7) 産 出 ( 需 要 ) 側 で 生 産 額 に 占 める 一 般 政 府 消 費 支 出 と 公 的 総 固 定 資 本 形 成 の 割 合 の 合 計 をみると 介 護 が92.8% 医 療 が 77.5%であり 公 共 投 資 100.0% 公 務 94.4%に 次 いで 公 的 需 要 の 比 率 が 高 い ( 注 8) 営 業 余 剰 がゼロの 公 務 は 含 めていない ( 注 9)なお 年 金 について 厚 生 労 働 省 試 算 では マクロ 経 済 スライド 調 整 等 を 反 映 して 公 費 負 担 の 増 加 率 はほぼ 名 目 GDP 成 長 率 並 みとなっている 年 金 の 一 段 の 増 加 抑 制 のために 仮 に 支 給 開 始 年 齢 を2016 年 度 以 降 1 年 おきに1 歳 ずつ 段 階 的 に 引 き 上 げると 2020 年 度 までに3 歳 引 き 上 げられ これによってPB 赤 字 の 名 目 GDP 比 は0.1% 程 度 縮 小 すると 試 算 される ( 注 10)p 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 2020 年 度 のPB 黒 字 化 目 標 の 達 成 に 向 けて 今 後 歳 出 歳 入 両 面 での 改 革 が 求 められる その 際 足 元 の 国 地 方 別 のPBの 状 況 を 踏 まえると 国 のPB 赤 字 の 縮 小 を 急 ぐために 国 の 税 収 増 加 や 歳 出 削 減 の 取 り 組 みの 強 化 が 欠 かせないのは 当 然 である しかしながら 国 の 税 収 や 歳 出 は 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 出 金 を 介 して 地 方 財 政 に 影 響 を 与 えるため 国 の 税 収 増 加 や 歳 出 削 減 を 図 るには 併 せて 地 方 財 政 の 見 直 しにも 取 り 組 む 必 要 がある そこで 本 章 では 1 国 の 税 収 増 加 2 国 庫 支 出 金 の 削 減 3 地 方 交 付 税 の 削 減 について 地 方 財 政 への 影 響 を 検 討 する (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 税 収 増 加 を 図 るには 1 自 然 増 収 の 拡 大 2 増 税 の 二 つのルートがあるが いずれにおいても 国 の 36 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

7 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 税 収 増 加 は 地 方 交 付 税 制 度 を 介 して 地 方 の 財 源 に 影 響 を 与 える( 注 11) 地 方 交 付 税 は 全 国 各 地 のどの 地 方 自 治 体 においても 法 律 等 で 定 められた 標 準 的 な 政 府 サービスが 提 供 されるように 必 要 な 財 源 を 保 障 し 地 方 自 治 体 間 の 財 源 の 格 差 を 是 正 する 制 度 である 地 方 自 治 体 の 提 供 する 政 府 サービスの 経 費 については 基 本 的 に 地 方 税 で 賄 う ことが 望 ましいが 実 際 には 地 域 の 人 口 や 年 齢 構 成 自 然 環 境 産 業 構 造 等 を 反 映 して 地 方 自 治 体 ごとに 必 要 経 費 と 地 方 税 収 が 一 致 するとは 限 らない 地 方 税 収 の 乏 しい 地 方 自 治 体 では 必 要 経 費 が 地 方 税 収 を 上 回 る 収 支 不 足 と なり この 収 支 不 足 が 地 方 交 付 税 によって 埋 められる( 図 表 4) 地 方 交 付 税 の 財 源 には 国 税 のうち 所 得 税 法 人 税 酒 税 消 費 税 地 方 法 人 税 の 一 定 割 合 が 充 てられ それぞれ に 対 して 一 定 の 法 定 率 が 法 律 で 定 められている 法 定 率 は 所 得 税 と 法 人 税 が33.1% 酒 税 が50% 消 費 税 が22.3% 地 方 法 人 税 が 全 額 となっており( 注 12) 2015 年 度 予 算 の 法 定 率 分 は14.0 兆 円 である もっとも この 法 定 率 分 と 上 記 の 地 方 財 政 の 収 支 不 足 額 が 一 致 するとは 限 らない 実 際 現 在 は 法 定 率 分 が 収 支 不 足 額 を 下 回 っている その 差 額 を 埋 めるために 臨 時 の 財 源 対 策 が 国 地 方 財 政 の 両 面 で 図 られており 2015 年 度 には 国 の 一 般 会 計 から 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 1.5 兆 円 と 別 枠 の 加 算 0.2 兆 円 の 財 源 が 追 加 され 地 方 財 政 からは 地 方 債 である 臨 時 財 政 対 策 債 1.5 兆 円 ( 注 13)が 発 行 される 計 画 である 今 後 財 政 健 全 化 が 進 めば こうした 臨 時 の 財 源 対 策 は 解 消 される 実 際 2003 年 度 から2007 年 度 に かけて 国 地 方 のPB 赤 字 が 名 目 GDP 比 5.6%から 同 1.1%へと 縮 小 した 局 面 では 2003 年 度 に11 兆 円 あった 臨 時 の 財 源 対 策 が 2007 年 度 には 解 消 されている このように 国 地 方 のPB 赤 字 が 残 るも とで 臨 時 の 財 源 対 策 が 解 消 されていた2007 年 度 の 経 験 を 踏 まえると 今 後 のPB 黒 字 化 への 過 程 では 臨 時 の 財 政 対 策 が 解 消 された 後 に 法 定 率 分 が 収 支 不 足 額 を 上 回 り 地 方 交 付 税 の 財 源 が 余 剰 となる 可 能 性 も 考 えられる この 場 合 地 方 のPB 黒 字 が 一 段 と 拡 大 する 一 方 で 国 のPB 赤 字 が 残 ることになり 国 のPB 赤 字 を 縮 小 させるために 歳 出 削 減 の 強 化 や 追 加 増 税 が 行 われれば それだけ 国 民 の 負 担 が 増 すことになる こうした 事 態 を 回 避 するには 歳 出 における 国 地 方 の 配 分 と 財 源 における 国 地 方 の 配 分 のバランスを 再 調 整 する 必 要 がある ( 図 表 4) 地 方 財 政 の 財 源 不 足 とその 補 填 (2015 年 度 地 方 財 政 計 画 ) 必 要 財 源 地 方 税 等 収 支 不 足 地 方 交 付 税 ( 法 定 率 分 等 ) 財 源 不 足 一 般 会 計 からの 支 出 ( 法 定 加 算 等 財 別 枠 の 加 算 源 不 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 足 地 方 債 の 発 行 の 補 臨 時 財 政 対 策 債 ( 特 例 加 算 相 当 ) 填 臨 時 財 政 対 策 債 ( 元 利 償 還 分 ) ) 財 源 対 策 債 交 付 税 特 別 会 計 からの 支 出 剰 余 金 準 備 金 の 活 用 62.3 兆 円 40.3 兆 円 22.0 兆 円 14.2 兆 円 7.8 兆 円 0.4 兆 円 0.2 兆 円 1.5 兆 円 1.5 兆 円 3.1 兆 円 0.8 兆 円 0.4 兆 円 ( 資 料 ) 総 務 省 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 平 成 27 年 度 地 方 財 政 対 策 の 概 要 ( 注 ) 必 要 財 源 = 一 般 財 源 + 財 源 対 策 債 地 方 税 等 = 地 方 税 + 地 方 譲 与 税 + 地 方 特 例 交 付 金 法 定 率 分 等 = 所 得 税 法 人 税 酒 税 消 費 税 の 法 定 率 分 + 地 方 法 人 税 + 繰 越 金 - 精 算 分 等 - 借 入 金 元 利 償 還 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影 響 国 庫 支 出 金 は 地 方 の 提 供 する 政 府 サービスに 係 る 経 費 に 対 する 国 の 補 助 で 国 からの 財 源 の43%を 占 める( 前 掲 図 表 1) 補 助 の 対 象 となる 政 府 サービスには 1 法 令 に 基 づいて 実 施 しなければならな いもの 2 国 が 奨 励 するもの 3 国 に 代 わって 地 方 が 行 うものがある 2015 年 度 の 地 方 財 政 計 画 では こうした 国 庫 補 助 負 担 金 等 を 伴 う 経 費 として 地 方 の 歳 出 総 額 の35%を 占 める29.9 兆 円 が 計 上 されてお J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 37

8 り このうち 22.8 兆 円 が 1の 法 令 に 基 づいて 実 施 しなければならないものである こうした 政 府 サービスの 財 源 は 多 くの 場 合 国 庫 支 出 金 だけで 賄 われているのではなく( 注 14) 地 方 負 担 を 伴 っており 2015 年 度 の 地 方 負 担 分 は17.3 兆 円 ある( 図 表 5) 財 源 負 担 の 国 地 方 の 配 分 ( 補 助 率 ) は 事 業 ごとに 定 められており この 補 助 率 を 事 業 ご とに 見 直 すことで 国 庫 支 出 金 を 削 減 できる しかし ながら 地 方 負 担 分 については 標 準 的 な 政 府 サービ ( 図 表 5) 国 庫 補 助 負 担 金 等 に 基 づく 地 方 の 歳 出 ( 兆 円 ) 事 業 費 国 庫 補 助 地 方 負 担 構 成 比 負 担 金 等 総 額 % 社 会 保 障 % 教 育 % 公 共 事 業 % その 他 % ( 資 料 ) 総 務 省 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 ( 注 1)2015 年 度 地 方 財 政 計 画 ( 注 2) 社 会 保 障 は 厚 生 労 働 省 所 管 のもの 教 育 は 義 務 教 育 教 職 員 給 与 費 と 文 部 科 学 省 所 管 の 合 計 スに 必 要 な 経 費 であることから 地 方 交 付 税 で 財 源 保 障 されることが 法 律 で 定 められており 補 助 率 の 見 直 しによって 国 庫 支 出 金 が 削 減 されたとしても 代 わって 地 方 交 付 税 が 増 額 されるため 結 局 のところ PB 赤 字 の 縮 小 には 繋 がらない このため 財 政 健 全 化 を 進 めるために 国 庫 支 出 金 を 削 減 するには 補 助 を 伴 う 政 府 サービスそのもの の 廃 止 が 求 められる この 場 合 国 のPB 赤 字 が 国 庫 支 出 金 の 削 減 によって 縮 小 するだけでなく 地 方 のPBも 廃 止 される 事 業 に 充 てられていた 地 方 負 担 分 が 浮 くことから 改 善 する このため 先 述 の 地 方 財 政 の 収 支 不 足 が 縮 小 し 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 や 別 枠 の 加 算 が 縮 小 すれば 地 方 交 付 税 財 源 の 軽 減 に 繋 がり 国 のPB 赤 字 がさらに 縮 小 すると 考 えられる もっとも 国 庫 支 出 金 は 標 準 的 な 政 府 サービスを 支 えるものであり さらに 補 助 を 伴 う 経 費 の 分 野 別 の 内 訳 をみると 社 会 保 障 関 連 が54.1%( 注 15) 教 育 関 連 が22.4% 公 共 事 業 が17.2%を 占 めるだけ に 廃 止 に 伴 う 国 民 生 活 への 相 当 のインパクトは 避 けられないとみられる (3) 地 方 交 付 税 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影 響 地 方 交 付 税 は 地 方 財 政 の 収 支 不 足 を 埋 め 地 方 の 必 要 財 源 を 保 障 する 制 度 である このため 地 方 交 付 税 の 削 減 には 地 方 歳 出 の 削 減 や 地 方 税 の 増 加 によって 地 方 財 政 の 収 支 不 足 を 縮 小 することが 求 め られる 地 方 の 歳 出 には 全 国 的 な 基 準 に 基 づく 標 準 的 な 政 府 サービスに 対 する 支 出 と 地 方 自 治 体 が 独 自 に 行 う 政 府 サービスに 対 する 支 出 があり これらを 賄 う 一 般 財 源 として 前 者 には 標 準 的 な 地 方 税 収 ( 注 16)の75% 分 と 地 方 譲 与 税 等 の 基 準 財 政 収 入 額 が 充 てられ 後 者 には 標 準 的 な 地 方 税 収 の25 % 分 と 独 自 の 課 税 による 税 収 等 が 充 てられている このうち 地 方 交 付 税 によって 財 源 保 障 され 財 源 調 整 されるのは 前 者 の 標 準 的 な 政 府 サービスであり 後 者 の 独 自 の 政 府 サービスに 対 する 財 源 保 障 や 財 源 調 整 はない このため 地 方 自 治 体 間 の 政 府 サービスの 差 は 標 準 的 な 政 府 サービスでは 発 生 せず 独 自 の 政 府 サービスで 発 生 することになり これが 政 府 サービスの 全 体 の 差 となる 財 政 健 全 化 に 向 けて 歳 出 を 削 減 する 場 合 基 本 的 には 標 準 的 な 政 府 サービスの 削 減 が 課 題 となる 一 方 地 方 税 収 が 増 加 する 場 合 標 準 的 な 政 府 サービスの 収 支 不 足 が 縮 小 するのに 対 し 独 自 の 政 府 サ ービスでは 増 収 分 の 使 途 は 地 方 の 裁 量 にゆだねられているため 地 方 歳 出 の 削 減 と 地 方 税 収 の 増 加 の いずれにおいても 結 果 的 に 地 方 歳 出 全 体 に 占 める 後 者 の 割 合 が 高 まることになり 地 方 自 治 体 間 の 政 府 サービスの 全 体 の 差 の 拡 大 に 繋 がる 38 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

9 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 地 方 自 治 体 間 の 政 府 サービスの 差 を 把 握 するために 本 稿 では サービス 力 指 数 という 概 念 を 新 たに 定 義 した 具 体 的 には 標 準 財 政 規 模 を 基 準 財 政 需 要 額 ( 臨 時 財 政 対 策 債 振 替 前 注 17)で 除 した 倍 率 を 計 算 している 分 子 の 標 準 財 政 規 模 は 標 準 的 な 一 般 財 源 の 額 を 示 しており 標 準 的 な 地 方 税 収 + 地 方 譲 与 税 等 + 普 通 交 付 税 + 臨 時 財 政 対 策 債 発 行 可 能 額 で 計 算 される 他 方 分 母 の 基 準 財 政 需 要 額 は 標 準 的 な 政 府 サービスに 必 要 な 一 般 財 源 の 額 を 示 しており 基 本 的 には 標 準 的 な 地 方 税 収 算 入 率 + 地 方 譲 与 税 等 + 普 通 交 付 税 + 臨 時 財 政 対 策 債 発 行 可 能 額 ( 注 18)となる なお 算 入 率 は 地 方 税 収 のうち 標 準 的 なサービスの 財 源 に 充 てられる 割 合 で 現 在 は75%である サービス 力 指 数 を 計 算 することで 地 方 自 治 体 が 標 準 的 な 一 般 財 源 を 用 いて 標 準 的 な 政 府 サービスの 何 倍 のサービス が 提 供 可 能 かを 把 握 できる( 図 表 6) J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 39

10 2012 年 度 決 算 値 を 用 いて サービス 力 指 数 を 計 算 する と 地 方 税 収 の 豊 富 な 財 政 力 の 強 い 地 方 自 治 体 ( 例 えば 財 政 力 指 数 0.8 以 上 )では 標 準 的 な 政 府 サービスの1.243 ~1.505 倍 のサービスが 提 供 できるのに 対 し 地 方 税 収 の 乏 しい 財 政 力 の 弱 い 地 方 自 治 体 ( 例 えば 同 0.3 未 満 )では 1.018~1.119 倍 にとどまっている( 図 表 7) これは 地 方 税 収 の 豊 富 な 自 治 体 では 乏 しい 自 治 体 に 比 べて 留 保 財 源 ( 標 準 的 な 地 方 税 収 の25% 分 )が 多 くなり さらに 財 政 力 指 数 が1を 超 える 地 方 自 治 体 では 標 準 的 な 地 方 税 収 の75% 分 等 ( 基 準 財 政 収 入 額 )が 標 準 的 なサービスに 必 要 な 財 源 ( 基 準 財 政 需 要 額 )を 上 回 ることから( 注 19) こ の 超 過 分 も 独 自 サービスの 財 源 に 充 てられるためである 地 方 歳 出 の 削 減 が 政 府 サービスの 差 に 与 える 影 響 をみる ために 例 えば 先 述 した2015 年 度 の 臨 時 の 財 源 対 策 ( 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 + 別 枠 の 加 算 + 臨 時 財 政 対 策 債 の 合 計 財 政 力 指 数 ( 図 表 7) サービス 力 指 数 の 計 算 市 町 村 都 道 府 県 財 政 力 指 数 自 治 体 数 サービス 力 指 数 1 以 上 未 満 以 上 未 満 ( 資 料 ) 総 務 省 平 成 24 年 度 地 方 財 政 統 計 年 報 平 成 24 年 度 都 道 府 県 決 算 状 況 調 平 成 24 年 度 市 町 村 決 算 状 況 調 より 作 成 ( 注 1)2012 年 度 決 算 より 作 成 ( 注 2) サービス 力 指 数 = 標 準 財 政 規 模 基 準 財 政 需 要 額 ( 臨 時 財 政 対 策 債 振 替 前 ) 3.1 兆 円 ) 分 の 地 方 歳 出 の 削 減 を 想 定 して サービス 力 指 数 ( 注 20)を 計 算 すると 普 通 交 付 税 と 臨 時 財 政 対 策 債 発 行 可 能 額 の 減 少 を 受 けてすべてのグループ で 低 下 するなか 財 政 力 の 最 も 強 いグループの 低 下 幅 は 小 幅 にとどまっている( 注 21 図 表 10) また サービス 力 指 数 が1 以 上 のグループでは 既 存 の 独 自 サービスを 削 減 すれば 削 減 前 の 標 準 的 なサ ービス 水 準 を 維 持 する 財 源 を 捻 出 できると 考 えられるが 財 政 力 の 弱 いグループでは そうした 余 地 に 乏 しいことが 示 唆 される( 注 22) このような 政 府 サービスの 差 の 拡 大 については ある 程 度 はやむを 得 ないものの 過 度 に 進 行 する 場 合 には 地 方 税 収 の 偏 在 を 是 正 するなどの 対 応 が 必 要 となろう ( 注 11) 地 方 交 付 税 には 普 通 交 付 税 と 特 別 交 付 税 の 二 つの 制 度 があり それぞれ 地 方 交 付 税 総 額 の94% 6%を 財 源 としている 普 通 交 付 税 が 地 方 自 治 体 の 収 支 不 足 を 補 うための 支 出 であるのに 対 し 特 別 交 付 税 は 災 害 等 の 特 別 の 財 政 需 要 等 に 対 応 するため の 支 出 である 本 章 では 地 方 交 付 税 の 大 部 分 を 占 める 普 通 交 付 税 を 介 した 影 響 を 概 観 する ( 注 12)2014 年 度 までは たばこ 税 の 一 部 も 財 源 であったが 2015 年 度 から 外 されている これに 伴 って 法 定 率 も 変 更 されている ( 注 13) 臨 時 財 政 対 策 債 には この 他 既 往 債 の 元 利 償 還 金 分 等 (3.1 兆 円 )がある 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 (1.5 兆 円 )と 臨 時 財 政 対 策 債 (1.5 兆 円 )の 相 当 額 が 折 半 対 象 財 源 不 足 と 呼 ばれ これと 別 枠 の 加 算 (0.2 兆 円 )の 解 消 が 急 がれている ( 注 14)ただし 3は 全 額 国 の 負 担 ( 注 15) 地 方 財 政 計 画 に 記 載 されている 国 庫 補 助 負 担 金 等 に 基 づく 経 費 (29.9 兆 円 )には 後 期 高 齢 者 医 療 給 付 費 負 担 金 と 介 護 給 付 費 負 担 金 の 国 庫 負 担 額 が 計 上 されていない そこで 国 の 一 般 会 計 予 算 に 計 上 されている 後 期 高 齢 者 医 療 給 付 費 等 負 担 金 (3.6 兆 円 )と 介 護 給 付 費 等 負 担 金 (1.7 兆 円 )を 加 算 すると 同 割 合 は61.0%となる ( 注 16) 地 方 税 法 で 定 められた 標 準 税 率 等 と 標 準 的 な 徴 収 率 で 計 算 される 地 方 税 収 と 地 方 特 例 交 付 金 等 の 合 計 地 方 自 治 体 による 独 自 の 超 過 課 税 や 減 税 措 置 法 定 外 課 税 による 税 収 を 含 まない ( 注 17) 標 準 財 政 規 模 が 臨 時 財 政 対 策 債 の 発 行 可 能 額 を 含 むことから 基 準 財 政 需 要 額 も 臨 時 財 政 対 策 債 の 発 行 可 能 額 を 含 む 額 とし た 現 状 法 定 率 分 だけでは 十 分 な 地 方 交 付 税 総 額 が 確 保 できないことを 受 けて 基 準 財 政 需 要 額 から 臨 時 財 政 対 策 債 の 発 行 可 能 額 が 控 除 されており 各 地 方 自 治 体 の 基 準 財 政 需 要 額 は 本 来 の 額 よりも 減 額 されている ( 注 18) 普 通 交 付 税 が 交 付 される 交 付 団 体 の 場 合 不 交 付 団 体 は 標 準 的 な 地 方 税 収 算 入 率 + 地 方 譲 与 税 等 + 臨 時 財 政 対 策 債 発 行 可 能 額 となる ( 注 19)ただし 財 政 力 指 数 が 基 準 財 政 収 入 額 基 準 財 政 需 要 額 の3 年 平 均 で 計 算 されるため 2012 年 度 の 単 年 度 でみると 財 政 力 指 数 が1 以 上 の 地 方 自 治 体 で 普 通 交 付 税 が 交 付 されている 自 治 体 が 存 在 する 40 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

11 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 ( 注 20)ただし 歳 出 削 減 前 の 基 準 財 政 需 要 額 を 分 母 に 使 用 なお 歳 出 削 減 後 の 基 準 財 政 需 要 額 を 分 母 に 用 いて 計 算 した 結 果 を ( 図 表 8)に 示 した また 2015 年 度 の 臨 時 の 財 源 対 策 分 の 地 方 税 収 の 増 加 を 想 定 した 試 算 結 果 を( 図 表 9)に 示 した J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 41

12 ( 注 21) 財 政 力 指 数 が1 以 上 のグループの サービス 力 指 数 が 低 下 するのは 臨 時 財 政 対 策 債 発 行 可 能 額 の 減 少 によるもののほか 財 政 力 指 数 が 基 準 財 政 収 入 額 基 準 財 政 需 要 額 の3 年 平 均 で 計 算 されることから 2012 年 度 の 単 年 度 のデータでは 普 通 交 付 税 が 交 付 されている 地 方 自 治 体 が 一 部 存 在 するため ( 注 22)2012 年 度 データの1,720 市 町 村 ( 特 別 区 は 一 つとカウント)のうち425 市 町 村 で1を 下 回 ると 試 算 される 4. 地 方 の 財 源 の 在 り 方 の 見 直 し 今 後 歳 出 歳 入 両 面 の 改 革 に 国 地 方 財 政 一 体 で 取 り 組 むなかで 第 3 章 で 見 たような 影 響 への 目 配 りは 欠 かせない 既 存 の 財 政 制 度 を 維 持 したまま 財 政 健 全 化 を 進 めることで 国 民 生 活 に 過 度 なマイ ナス 影 響 が 及 ぶ 場 合 には 財 政 健 全 化 に 向 けた 取 り 組 みの 手 綱 を 緩 めるのではなく むしろ 1 地 方 交 付 税 財 源 を 決 める 際 の 法 定 率 の 引 き 下 げ 2 基 準 財 政 収 入 額 を 計 算 する 際 の 算 入 率 の 引 き 上 げ 3 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 といった 制 度 そのものの 機 動 的 な 変 更 で 対 応 すべきである (1) 法 定 率 の 引 き 下 げ 今 後 のPB 黒 字 化 の 過 程 で 地 方 の 収 支 不 足 に 対 して 法 定 率 分 等 の 既 定 の 地 方 交 付 税 財 源 が 過 大 にな る 場 合 には 国 地 方 間 の 歳 出 と 財 源 の 配 分 のバランスを 調 整 するために 地 方 交 付 税 財 源 を 決 める 際 に 適 用 される 法 定 率 の 引 き 下 げが 求 められる これにより 国 のPB 赤 字 の 縮 小 ペースが 速 まり 地 方 のPB 黒 字 の 拡 大 ペースが 落 ちるため 過 大 な 歳 出 削 減 や 税 負 担 増 の 回 避 が 期 待 される もっとも 国 地 方 間 の 歳 出 と 財 源 の 配 分 のバランスを 調 整 する 方 法 としては 法 定 率 の 引 き 下 げの ほかに 国 から 地 方 への 事 業 の 移 譲 も 考 えられる 法 定 率 の 引 き 下 げが 国 地 方 間 の 歳 出 の 配 分 に 合 せ 42 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

13 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 て 財 源 の 配 分 を 調 整 する 方 法 であるのに 対 し 国 から 地 方 への 事 業 の 移 譲 は 国 地 方 間 の 財 源 の 配 分 に 合 せて 歳 出 の 配 分 を 見 直 す 方 法 であるという 違 いはあるが 国 のPB 赤 字 と 地 方 のPB 黒 字 の 縮 小 に 繋 がる 点 で 大 差 ない さらに 国 から 地 方 に 事 業 を 移 譲 する 場 合 法 定 率 引 き 下 げの 場 合 とは 異 なり 事 業 にかかわる 事 務 や 権 限 が 地 方 に 移 譲 されることから 地 方 自 治 体 の 自 主 性 や 政 府 サービスの 独 自 性 が 高 まり 地 方 分 権 改 革 の 推 進 にも 資 すると 考 えられる しかしながら 国 から 地 方 への 事 業 の 移 譲 には 国 と 地 方 の 役 割 分 担 の 見 直 しが 前 提 となるなど 時 間 がかかるとみられ 2020 年 度 までの 財 政 健 全 化 に 向 けた 取 り 組 みとしては 機 動 性 に 欠 ける 懸 念 があ る この 点 法 定 率 引 き 下 げの 場 合 地 方 分 権 改 革 には 寄 与 しないものの 状 況 に 応 じて 法 定 率 を 機 動 的 に 設 定 できることから 財 政 健 全 化 が 急 がれる 現 状 においては 国 から 地 方 への 事 業 の 移 譲 よりも 相 応 しいと 考 えられる (2) 算 入 率 の 引 き 上 げ 財 政 健 全 化 にあたっては 政 府 サービスの 取 捨 選 択 は 避 けられず 国 民 に 一 定 の 痛 みを 伴 うことは 覚 悟 しなければならない こうした 痛 みを 緩 和 する 方 法 の 一 つとして 基 準 財 政 収 入 額 を 計 算 する 際 に 使 われる 算 入 率 の 引 き 上 げが 考 えられる 算 入 率 を 引 き 上 げると 基 準 財 政 収 入 額 が 増 加 するが それに 対 応 して 歳 出 面 では 財 源 保 障 され る 歳 出 ( 基 準 財 政 需 要 額 )が 拡 大 される かつて 2003 年 度 に 都 道 府 県 の 算 入 率 が80%から75%に 引 き 下 げられた 際 には 基 準 財 政 収 入 額 の 減 少 に 合 せて 基 準 財 政 需 要 額 が 減 額 されており 算 入 率 を 引 き 上 げる 場 合 は これと 反 対 の 動 きとなる 財 政 健 全 化 に 向 けた 国 庫 支 出 金 や 地 方 歳 出 の 削 減 は 標 準 的 な 政 府 サービスのレベルの 引 き 下 げ 基 準 財 政 需 要 額 の 削 減 に 繋 がる しかしながら その 際 算 入 率 を 引 き 上 げ 財 源 保 障 される 歳 出 を 拡 大 すれば 基 準 財 政 需 要 額 の 削 減 額 の 一 部 が 相 殺 されるため その 分 標 準 的 な 政 府 サービスの 引 き 下 げ 幅 をマイルドにすることができる( 図 表 11) この 時 算 入 率 引 き 上 げによる 基 準 財 政 収 入 額 の 増 加 と 基 準 財 政 需 要 額 の 増 額 が 同 額 であることから 普 通 交 付 税 の 必 要 額 は 増 加 せず 財 政 健 全 化 のペースは 落 ちない 一 方 で 基 準 財 政 収 入 額 に 算 入 されない 留 保 財 源 が 圧 縮 されることから 地 方 独 自 の 政 府 サ ービスは 削 減 される 以 上 を 要 すると 財 政 健 全 化 を 進 める 際 に 算 入 率 を 引 き 上 げることの 意 義 は 独 自 サービスの 削 減 を 促 すことで 捻 出 した 財 源 を 活 用 することにより 財 政 健 全 化 のペースを 落 とすこ となく 標 準 的 な 政 府 サービスの 削 減 を 抑 制 できることといえよう 加 えて 算 入 率 を 引 き 上 げることで 政 府 サービスの 差 の 拡 大 がある 程 度 抑 制 される 可 能 性 がある これは 留 保 財 源 が 縮 小 されることで 地 方 歳 出 に 占 める 独 自 の 政 府 サービスの 割 合 が 低 下 するのに 加 え 財 政 力 の 強 い 地 方 自 治 体 では 既 存 の 留 保 財 源 のうち 基 準 財 政 収 入 額 に 新 たに 算 入 される 分 で 基 準 財 政 需 要 額 の 増 加 分 をカバーできるのに 対 し 財 政 力 の 弱 い 地 方 自 治 体 では カバーできず 結 果 的 に 財 政 力 の 弱 い 地 方 自 治 体 に 普 通 交 付 税 が 多 く 配 分 されるためである 例 えば 第 3 章 の( 図 表 10) で 示 した サービス 力 指 数 について 仮 に 算 入 率 を 現 行 の75%から80%に 変 更 して 計 算 すると 財 政 力 指 数 の 強 いグループで 低 下 するのに 対 し 弱 いグループでは 上 昇 する( 注 23 図 表 12) もっとも 算 入 率 の 意 義 の 一 つが 一 定 の 留 保 財 源 を 残 すことによる 地 方 自 治 体 の 税 収 確 保 に 対 する J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 43

14 44 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

15 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 インセンティブである 点 を 踏 まえると( 注 24) 逆 に 引 き 下 げる 方 が 望 ましいとの 見 方 もできよう 留 保 財 源 の 増 加 を 通 じ 地 方 自 治 体 の 自 主 性 や 政 府 サービスの 独 自 性 の 向 上 に 繋 がるとみられ 地 方 分 権 改 革 とも 整 合 的 である しかしながら ここで 想 定 されている 税 収 確 保 は 超 過 税 率 や 法 定 外 目 的 税 等 の 地 方 の 独 自 課 税 ではなく 地 域 産 業 振 興 等 を 通 じた 標 準 的 な 税 収 の 確 保 であることから 一 朝 一 夕 には 実 現 しない 財 政 健 全 化 が 急 がれる 現 局 面 においては むしろ 即 効 性 の 期 待 できる 算 入 率 の 引 き 上 げの 方 が 効 果 的 な 選 択 肢 といえよう (3) 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 地 方 税 収 の 偏 在 は 地 方 自 治 体 間 の 政 府 サービスの 差 をもたらす 原 因 であるとして 従 来 から 問 題 視 されており これまでにも 是 正 策 が 施 されてきた 例 えば 2008 年 度 には 地 方 税 である 法 人 事 業 税 の 減 税 と 国 税 の 地 方 法 人 特 別 税 の 創 設 がセットで 行 われ 地 方 法 人 特 別 税 を 地 方 譲 与 税 として 人 口 と 従 業 者 数 に 基 づいて 各 都 道 府 県 に 配 分 することで 偏 在 是 正 が 図 られている さらに 2014 年 度 には 地 方 法 人 税 が 創 設 されている これは 地 方 税 の 法 人 住 民 税 法 人 税 割 の 一 部 を 国 税 の 地 方 法 人 税 に 変 更 し 地 方 交 付 税 の 財 源 に 充 てることで 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 を 図 るものである 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 は いわゆる 法 人 2 税 ( 法 人 住 民 税 と 法 人 事 業 税 )の 偏 在 をどのように 是 正 する かが 焦 点 となる これは 法 人 2 税 の 都 市 部 への 偏 在 が 大 きいためで 例 えば 主 要 な 地 方 税 である 個 人 住 民 税 地 方 消 費 税 法 人 2 税 のそれぞれの 税 収 のうち 東 京 都 神 奈 川 県 愛 知 県 大 阪 府 の 割 合 を みると 個 人 住 民 税 が39% 地 方 消 費 税 が34%であるのに 対 し 法 人 2 税 は48%に 上 る( 図 表 13) 一 方 どのように 是 正 するかについて 地 方 法 人 特 別 税 や 地 方 法 人 税 のケースでは 地 方 税 を 国 税 化 した うえで 地 方 に 配 分 することによって 偏 在 是 正 が 図 られている しかしながら この 方 法 については 各 地 方 自 治 体 における 受 益 と 負 担 の 関 係 が 乖 離 する 可 能 性 に 留 意 する 必 要 がある このため 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 に 向 けた 基 本 的 な 方 向 性 としては 個 人 住 民 税 や 地 方 消 費 税 等 の 偏 在 の 比 較 的 小 さい 地 方 税 収 を 厚 くすることが 求 められる 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 による 政 府 サービスの 差 への 影 響 をみるために J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 45

16 第 3 章 の( 図 表 10)で 示 した サービス 力 指 数 について 仮 に 税 収 中 立 を 前 提 に 法 人 2 税 を 個 人 住 民 税 や 地 方 消 費 税 に 置 き 換 えたとして 試 算 すると 財 政 力 が1 以 上 の 不 交 付 団 体 の サービス 力 指 数 が 低 下 する 一 方 で 交 付 団 体 では 上 昇 しており 政 府 サービスの 差 が 一 定 程 度 是 正 される 可 能 性 が 示 唆 される( 注 25 図 表 14) 地 方 税 収 の 偏 在 については 今 後 消 費 税 率 の 引 き 上 げに 伴 う 地 方 消 費 税 収 の 増 加 に 伴 って 一 定 程 度 是 正 されると 考 えられる このため 上 記 の 試 算 の 前 提 のような 法 人 2 税 の 個 人 住 民 税 や 地 方 消 費 税 への 置 き 換 えは 不 要 との 見 方 もできよう しかしながら 財 政 健 全 化 と 持 続 的 な 経 済 成 長 の 実 現 の 両 立 が 求 められる 現 況 のもとでは 法 人 2 税 を 削 減 することによる 法 人 の 税 負 担 の 軽 減 までも 考 慮 に 入 れ ると このような 税 収 に 中 立 的 な 税 の 置 き 換 えは 重 要 な 選 択 肢 となろう( 注 26) 46 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

17 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 ( 注 23) サービス 力 指 数 が1 未 満 は387 市 町 村 に 減 少 すると 試 算 される ( 注 24)2003 年 度 の 算 入 率 引 き 下 げの 趣 旨 として 企 業 誘 致 等 により 税 収 が 増 えた 場 合 に 地 方 団 体 が 自 由 に 使 える 財 源 ( 一 般 財 源 )が 増 加 するようにすることで 税 収 確 保 努 力 へのインセンティブを 高 める ( 総 務 省 地 方 財 政 関 係 資 料 ( 平 成 24 年 2 月 ) p 年 )ことが 挙 げられている ( 注 25) サービス 力 指 数 が1 未 満 は 個 人 住 民 税 への 置 換 で336 市 町 村 地 方 消 費 税 への 置 換 で263 市 町 村 に 減 少 すると 試 算 される ( 注 26) 法 人 負 担 の 軽 減 消 費 者 負 担 の 増 加 になることに 対 して 否 定 的 な 見 方 が 予 想 されるが それを 回 避 する 場 合 例 えば 法 人 2 税 を 法 人 税 ( 国 税 )に 移 すと 同 時 に 同 額 の 所 得 税 ( 国 税 )を 個 人 住 民 税 や 地 方 消 費 税 に 移 すといった 方 法 が 考 えられる この 場 合 1 国 と 地 方 の 税 収 に 中 立 2 個 人 と 法 人 の 税 負 担 にも 中 立 な 形 で 法 人 2 税 が 個 人 住 民 税 や 地 方 消 費 税 に 置 き 換 わ る ただし 法 人 実 効 税 率 を 引 き 下 げるには 別 途 法 人 税 率 の 引 き 下 げが 必 要 になる 5.まとめ 2020 年 度 までのPB 黒 字 化 目 標 を 達 成 するには 単 純 計 算 で 毎 年 度 平 均 1.9 兆 円 ~3.3 兆 円 のPBの 改 善 を 今 後 5 年 間 続 ける 必 要 がある その 過 程 では 相 当 に 厳 しい 歳 出 歳 入 改 革 に 踏 み 込 まざるを 得 ないと 予 想 される 財 政 健 全 化 を 着 実 に 推 進 するには 高 い 名 目 経 済 成 長 率 を 期 待 した 甘 い 前 提 を 避 け 景 気 の 下 振 れリスクを 視 野 に 入 れた 堅 実 な 前 提 に 基 づく 財 政 健 全 化 計 画 を 策 定 することが 必 要 である 歳 出 面 では 標 準 的 な 政 府 サービスの 削 減 が 求 められ 既 存 の 政 府 サービスの 取 捨 選 択 に 迫 られる 一 方 で 歳 入 面 では 税 負 担 の 在 り 方 が 議 論 の 俎 上 に 載 るとみられる いずれにせよ 財 政 健 全 化 の 取 り 組 み 過 程 では ナショナルミニマムとは 何 かが 常 に 問 われることになろう そうしたなか 既 存 の 財 政 構 造 のままで 財 政 健 全 化 目 標 を 達 成 しようとすると 過 大 な 歳 出 削 減 や 増 税 地 方 財 政 に 対 する 財 源 の 保 障 や 偏 在 是 正 の 弱 まりなどを 通 じて 国 民 生 活 に 過 度 な 負 担 を 強 いる 可 能 性 がある 財 政 健 全 化 のペースを 緩 めることなく 国 民 生 活 への 過 度 な 負 担 を 避 けるためには 本 稿 でとりあげたような 既 存 の 制 度 の 見 直 しに 機 動 的 に 取 り 組 むことが 求 められる 新 たな 健 全 化 計 画 では こうした 考 え 方 を 反 映 した 具 体 的 施 策 に 踏 み 込 んでいくことを 期 待 したい ( ) 参 考 文 献 資 料 岩 手 県 ホームページ 厚 生 労 働 省 [2012]. 社 会 保 障 に 係 る 費 用 の 将 来 推 計 の 改 定 について( 平 成 24 年 3 月 ) 2012 年 高 知 県 市 町 村 交 付 税 制 度 研 究 会 [2006]. 地 方 交 付 税 制 度 の 改 革 について 地 域 間 格 差 の 是 正 に 向 けて 2006 年 総 務 省 [2012]. 地 方 財 政 関 係 資 料 ( 平 成 24 年 2 月 ) 2012 年 総 務 省 ホームページ 地 方 分 権 改 革 有 識 者 会 議 [2014]. 個 性 を 活 かし 自 立 した 地 方 をつくる~ 地 方 分 権 改 革 の 総 括 と 展 望 ~( 平 成 26 年 6 月 24 日 ) 2014 年 内 閣 府 [2014]. 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~( 平 成 26 年 6 月 24 日 ) 2014 年 内 閣 府 [2015]. 中 長 期 の 経 済 財 政 に 関 する 試 算 ( 平 成 27 年 2 月 12 日 経 済 財 政 諮 問 会 議 提 出 ) 2015 年 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 47

18 西 森 光 子 [2005]. 地 方 交 付 税 の 問 題 点 と 有 識 者 の 改 革 案 財 政 再 建 と 地 方 分 権 の 両 立 をめざして レファレンス(656) 国 立 国 会 図 書 館 2005 年 竹 前 希 美 [2011]. 地 方 交 付 税 制 度 の 財 政 的 課 題 調 査 と 情 報 ( 第 730 号 ) 国 立 国 会 図 書 館 2011 年 48 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73>

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73> 平 成 26 中 津 市 における 普 通 交 付 税 算 定 結 果 交 付 決 定 額 ( 千 円 ) 交 付 決 定 額 対 前 伸 び 率 財 政 力 指 数 平 成 22 11,486,011 6.4% 0.490 平 成 23 11,597,848 1.0% 0.473 平 成 24 11,657,421 0.5% 0.471 平 成 25 10,952,521 6.0% 0.488 平

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

39_1

39_1 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 215 年 7 月 号 高 齢 化 財 政 悪 化 が 変 える 個 人 消 費 構 造 < 要 旨 > 日 本 では 年 金 受 給 者 数 が 給 与 所 得 者 数 の 約 7 割 に 達 し 高 齢 者 が 消 費 全 体 に 与 え る 影 響 は 年 々 増 してきている 214 年 は 給 与 所 得 環 境 が 改 善 したにもかかわらず

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4 平 2 6. 5. 9 法 D 5-4 税 制 調 査 会 ( 法 人 課 税 DG5) 中 小 法 人 公 益 法 人 等 ( 地 方 税 ) 平 成 26 年 5 月 9 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 中 小 企 業 に 対 する 特 別 な 取 扱 い( 主 なもの) 地 方 税 1 中 小 法 人 と 個 人 事 業 主 との 税 負 担 率 の 比 較 ( 国 税 地 方 税 ) 2

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66 平 成 26 年 度 健 保 組 合 予 算 早 期 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 4 月 18 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 26 年 度 における 健 保 組 合 の 財 政 状 況 等 を 早 期 に 把 握 するため 26 年 度 予 算

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 資 料 4-1 第 2 回 長 野 市 社 会 福 祉 審 議 会 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 平 成 26 年 7 月 15 日 保 育 課 作 成 1 新 制 度 における 利 用 者 負 担 ( 保 育 料 )の 設 定 について( 案 ) ~ 保 育 所 等 (2 号 3 号 ) 保 育 料 ~ 平 成 26 年 7 月 こども 未 来 部 保 育 課 1. 本 市 の 保 育 所

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項 平 成 28 年 度 文 部 科 学 省 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 8 月 28 日 H27 税 制 改 正 要 望 事 項 1. 寄 附 税 制 の 拡 充 (1) 国 立 大 学 法 人 等 への 個 人 寄 附 に 係 る 税 額 控 除 の 導 入 等 所 得 税 等 新 設 (2) 学 校 法 人 への 個 人 寄 附 に 係 る 所 得 控 除 上 限 額 の 引

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に ニッセイ 基 礎 研 究 所 No.2011-02 Aug 2011 見 直 しによる 家 への 影 響 ~ 高 所 得 者 層 の 可 処 分 所 得 は 大 幅 減 少 に 経 済 調 査 部 門 研 究 員 桑 畠 滋 (くわはた しげる) (03)3512-1838 kuwahata@nli-research.co.jp [ 要 旨 ] 民 主 自 民 公 明 3 党 は を 見 直 し 2012

More information

課 税 ベ ー ス の 拡 大 等 : - 租 税 特 別 措 置 の 見 直 し ( 後 掲 ) - 減 価 償 却 の 見 直 し ( 建 物 附 属 設 備 構 築 物 の 償 却 方 法 を 定 額 法 に 一 本 化 ) - 欠 損 金 繰 越 控 除 の 更 な る 見 直 し ( 大

課 税 ベ ー ス の 拡 大 等 : - 租 税 特 別 措 置 の 見 直 し ( 後 掲 ) - 減 価 償 却 の 見 直 し ( 建 物 附 属 設 備 構 築 物 の 償 却 方 法 を 定 額 法 に 一 本 化 ) - 欠 損 金 繰 越 控 除 の 更 な る 見 直 し ( 大 Article 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 要 課 題 を 見 る ( 1 ) 拓 殖 大 学 准 教 授 稲 葉 知 恵 子 平 成 27 年 12 月 24 日 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 が 閣 議 決 定 さ れた 平 成 28 年 度 税 制 改 正 は 経 済 の 好 循 環 を 確 実 な も の とする 観 点 から 成 長 志 向

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc)

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc) 国 から 地 方 への 税 源 移 譲 による 税 率 構 造 の 改 正 平 成 18 年 度 税 制 改 正 で 所 得 税 から 個 人 住 民 税 への3 兆 円 規 模 の 本 格 的 な 税 源 移 譲 が 実 施 されます この 税 源 移 譲 にあたっては 所 得 税 及 び 個 人 住 民 税 の 役 割 分 担 を 明 確 化 する とともに 全 ての 納 税 者 の 負 担 が

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 平 成 25 事 業 年 度 財 務 諸 表 の 概 要 1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 欠 損 金 792 億 円 : 利 益 剰

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

12FBI特会vol1_01編.indd

12FBI特会vol1_01編.indd 第 1 章 債 券 の 基 礎 知 識 2 種 1 種 重 要 度 重 要 度 問 題 集 P2 P6 問 題 集 P2 P6 債 券 とその 特 徴 1 債 券 とは 債 券 とはその 発 行 者 ( 国 事 業 会 社 及 び 金 融 機 関 等 )が 広 く 一 般 の 投 資 者 から 一 時 に 大 量 の 資 金 を 調 達 し その 見 返 りとして 発 行 する 証 書 ( 借 用

More information

公表資料02【案1】0806印刷用<厚生年金・国民年金の平成26年度収支決算の概要>

公表資料02【案1】0806印刷用<厚生年金・国民年金の平成26年度収支決算の概要> 平 成 27 年 8 月 7 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 国 民 年 金 の 平 成 26 年 度 収 支 決 算 の 概 要 平 成 26 年 度 収 支 決 算 1 厚 生 年 金 ( 年 金 特 別 会 計 厚 生 年 金 勘 定 ) 歳 入 歳 出 差 引 41 兆 3,134 億 円 39 兆 5,497 億 円 1 兆 7,636 億 円 2 国 民 年 金 (

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

財政再計算結果_色変更.indd

財政再計算結果_色変更.indd 私 たちの 共 済 年 金 財 政 再 計 算 結 果 と 新 保 険 料 率 について 組 合 員 の 皆 さまに これまでリーフレットなどでお 知 らせしてきましたように 本 年 は 組 合 員 の 皆 さまが 加 入 している 共 済 年 金 で5 年 に 一 度 の 財 政 再 計 算 を 行 う 年 になっています 去 る5 月 27 日 に 財 務 省 から 財 政 再 計 算 に 関

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割 は 資 源 配 分 ( 公 共 財 の 安 定 供 給 )とされる ( 所 得 再 分 配 や 経 済 安 定 化 は 国 の

1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割 は 資 源 配 分 ( 公 共 財 の 安 定 供 給 )とされる ( 所 得 再 分 配 や 経 済 安 定 化 は 国 の 企 業 活 力 研 究 所 地 方 税 研 究 会 報 告 レジュメ < 資 料 1> 個 人 住 民 税 の 課 税 ベース 拡 大 による 地 方 税 制 改 革 京 都 産 業 大 学 経 済 学 部 八 塩 裕 之 1 1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

も く じ 1 税 源 移 譲 1 2 何 が 変 わったのか 改 正 の 3 つ の ポイント ポイント1 国 から 地 方 へ 3 兆 円 規 模 の 税 源 が 移 譲 される 2 ポイント2 個 人 住 民 税 の 税 率 構 造 が 一 律 10%に 変 わる 3 ポイント3 個 々の 納

も く じ 1 税 源 移 譲 1 2 何 が 変 わったのか 改 正 の 3 つ の ポイント ポイント1 国 から 地 方 へ 3 兆 円 規 模 の 税 源 が 移 譲 される 2 ポイント2 個 人 住 民 税 の 税 率 構 造 が 一 律 10%に 変 わる 3 ポイント3 個 々の 納 住 民 税 が 変 わす 税 源 移 譲 青 森 県 も く じ 1 税 源 移 譲 1 2 何 が 変 わったのか 改 正 の 3 つ の ポイント ポイント1 国 から 地 方 へ 3 兆 円 規 模 の 税 源 が 移 譲 される 2 ポイント2 個 人 住 民 税 の 税 率 構 造 が 一 律 10%に 変 わる 3 ポイント3 個 々の 納 税 者 の 負 担 が 増 えないようにする

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

官報掲載【セット版】

官報掲載【セット版】 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 厚 生 労 働 省 告 示 第 二 百 八 十 四 号 ( ) 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 る 事 業 分 野 別 指 針 を 次 の よ う に 策 定 し た の で 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 告 示 す る 介 護 分 野 に 係 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎

More information

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7 平 成 22 年 度 高 山 市 貸 借 対 照 表 ( 連 結 ) 行 政 コスト 計 算 書 ( 連 結 ) 純 資 産 変 動 計 算 書 ( 連 結 ) 資 金 収 支 計 算 書 ( 連 結 ) 平 成 24 年 3 月 岐 阜 県 高 山 市 目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 4 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 5 年 3 月 31 日 ) 1, 歳 出 額 5,95,3 A の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 3 年 度 の 件 費 率 1,4 1,3,9.9 7. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 安 芸 太 田 町 平 成 26 年 10 月 12 日 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った 地 方 創 生 の 推 進 に 向 けて Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 2 税 源 の 偏 在 性 が 小 さく 税 収 が 安 定 的 な 地 方 税 体 系 の 構 築 Ⅱ 思 い 切 った 施 策 の 展 開 と 必 要 な 財 源 の 確 保 等 1 地 方 創 生 人 口 減 少

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 野 迫 川 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 (2 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 2 年 度 の 件 費 率 2 年 度 556,96,86 8,9 27,59 2..9 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73>

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (18 年 度 末 ) むつ 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A B B/A 17 年 度 の 件 費 率 18 年 度 65,960 32,435,254 2,134,451 5,440,498 16.77 18.00 (2)

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

< 圧 縮 記 帳 の 効 果 > 圧 縮 記 帳 を 適 用 した 場 合 に 得 られる 税 務 上 の 効 果 はどのようなものでしょうか 前 述 のように 圧 縮 記 帳 の 制 度 目 的 は 補 助 金 等 の 受 贈 益 に 対 して 直 ちに 課 税 しないことにより 補 助 目 的

< 圧 縮 記 帳 の 効 果 > 圧 縮 記 帳 を 適 用 した 場 合 に 得 られる 税 務 上 の 効 果 はどのようなものでしょうか 前 述 のように 圧 縮 記 帳 の 制 度 目 的 は 補 助 金 等 の 受 贈 益 に 対 して 直 ちに 課 税 しないことにより 補 助 目 的 税 務 東 日 本 大 震 災 における 税 務 上 の 取 扱 い YAC 税 理 士 法 人 代 表 社 員 清 水 川 浩 司 ( 税 理 士 ) Ⅰ.はじめに 東 日 本 大 震 災 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いについては 昨 年 より 既 に 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 係 る 国 税 関 係 法 律 の 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 ( 以 下 震

More information

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免 みずほインサイト 政 策 2014 年 3 月 6 日 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 が 増 加 懸 念 される 将 来 の 低 年 金 者 の 増 加 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 の 増 加 が 続 いており 2012

More information

延長保育料について

延長保育料について 資 料 3 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 事 業 及 び 一 時 預 かり 事 業 について 平 成 27 年 1 月 桐 生 市 保 健 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 教 育 委 員 会 教 育 部 学 校 教 育 課 1 1. 事 業 について (1) 概 要 就 労 形 態 の 多 様 化 等 に 伴 う の 需 要 に 対 応 するための 事 業 につい ては 平 成 27

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 年 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 年 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 別 紙 新 篠 津 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,,,,.. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 職 員 数 給 与 費 一 当

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

(2) 支 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 支 状 況 は 次 とおりです 1 総 入 構 成 比 は 割 合 が88.1% 活 動 外 入 が2.1% 特 別 入 が9.8%でした 2 構 成 比 は 運 営 費 入 が80.1% 経 常 経 費 補 助 金 入 が17.8%

(2) 支 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 支 状 況 は 次 とおりです 1 総 入 構 成 比 は 割 合 が88.1% 活 動 外 入 が2.1% 特 別 入 が9.8%でした 2 構 成 比 は 運 営 費 入 が80.1% 経 常 経 費 補 助 金 入 が17.8% 認 可 保 育 所 経 営 析 参 考 指 標 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 1. 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) (1) 機 能 性 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 有 効 集 対 象 3,086 施 設 機 能 性 状 況 は 次 とおりです 1 平 均 認 可 定 員 数 は108.5 人 で 利 用 率 は110.0%でした 2 在 所 児 1 人

More information

ほかに パート 従 業 員 らの 厚 生 年 金 加 入 の 拡 大 を 促 す 従 業 員 五 百 人 以 下 の 企 業 を 対 象 に 労 使 が 合 意 すれば 今 年 十 月 から 短 時 間 で 働 く 人 も 加 入 できる 対 象 は 約 五 十 万 人 五 百 人 超 の 企 業

ほかに パート 従 業 員 らの 厚 生 年 金 加 入 の 拡 大 を 促 す 従 業 員 五 百 人 以 下 の 企 業 を 対 象 に 労 使 が 合 意 すれば 今 年 十 月 から 短 時 間 で 働 く 人 も 加 入 できる 対 象 は 約 五 十 万 人 五 百 人 超 の 企 業 低 年 金 の 高 齢 者 に 打 撃 改 革 関 連 法 案 支 給 さらに 抑 制 東 京 新 聞 2016 年 3 月 12 日 政 府 は 十 一 日 二 〇 一 八 年 四 月 から 公 的 年 金 の 額 の 伸 びを 低 く 抑 えることを 柱 とする 年 金 制 度 改 革 関 連 法 案 を 衆 院 に 提 出 した 将 来 世 代 に 年 金 財 源 を 渡 す 狙 いがあるが

More information

事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 事 業 税 は 都 道 府 県 が 所 得 ( 利 益 )に 対 して 課 税 します 1. 個 人 事 業 税 業 種 区 分 税 率 ( 標 準 税 率 ) 第 1 種 事 業 ( 物 品 販 売 業 製 造 業 金 銭 貸 付 業 飲 食 店 業 不 動

事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 事 業 税 は 都 道 府 県 が 所 得 ( 利 益 )に 対 して 課 税 します 1. 個 人 事 業 税 業 種 区 分 税 率 ( 標 準 税 率 ) 第 1 種 事 業 ( 物 品 販 売 業 製 造 業 金 銭 貸 付 業 飲 食 店 業 不 動 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 減 資 による 欠 損 填 補 と 資 本 金 等 の 額 http://www.up-firm.com 1 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 事 業 税 は 都 道 府 県 が 所 得 ( 利 益 )に 対 して 課 税 します

More information