No.26_蜂屋氏cs5.indd

Size: px
Start display at page:

Download "No.26_蜂屋氏cs5.indd"

Transcription

1 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影 響 (3) 地 方 交 付 税 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影 響 4. 地 方 の 財 源 の 在 り 方 の 見 直 し (1) 法 定 率 の 引 き 下 げ (2) 算 入 率 の 引 き 上 げ (3) 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 5.まとめ J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 31

2 要 約 年 度 までの 国 地 方 のプライマリーバランス( 基 礎 的 財 政 収 支 以 下 PB) 黒 字 化 目 標 達 成 に 向 けて 歳 出 面 歳 入 面 での 具 体 的 な 取 り 組 み 内 容 の 提 示 が 課 題 となっている その 際 地 方 の 財 源 の 在 り 方 の 問 題 は 外 せない 論 点 となろう PB 赤 字 を 国 地 方 別 にみると 国 の 赤 字 に 対 し 地 方 は 黒 字 となっており 表 向 きは 国 のPB 赤 字 解 消 が 課 題 となる しかし 国 のPB 対 象 経 費 のうち43% が 地 方 に 対 する 支 出 であり これが 地 方 の 歳 入 額 の36%を 占 めるだけに 国 のPB 赤 字 縮 小 に 向 けた 取 り 組 みは 結 局 のところ 地 方 の 財 源 に 相 当 のインパクトを 与 えると 考 えられる 2. 財 政 健 全 化 目 標 を 達 成 するには 相 当 に 厳 しい 改 革 が 必 要 になる 例 えば 高 齢 化 に 伴 う 増 加 が 見 込 まれている 社 会 保 障 費 で 一 段 の 歳 出 増 加 抑 制 を 想 定 しても PB 赤 字 の 名 目 GDP 比 は0.3% 程 度 の 縮 小 に 止 まるとみられる さらに 1 持 続 的 な 経 済 成 長 の 実 現 に 向 けた 法 人 実 効 税 率 の 一 段 の 引 き 下 げ 2 高 い 名 目 成 長 率 が 実 現 しないリスクを 考 慮 すると 財 政 健 全 化 達 成 のためには 歳 出 歳 入 両 面 での 一 段 の 取 り 組 みが 必 要 となる 3. 国 の 税 収 や 歳 出 は 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 出 金 を 介 して 地 方 財 政 に 影 響 を 与 える このため 国 の 税 収 増 加 や 歳 出 削 減 に 併 せて 地 方 財 政 の 見 直 しにも 取 り 組 む 必 要 がある その 際 1 地 方 の 財 源 不 足 解 消 後 の 国 地 方 間 の 歳 出 と 財 源 の 配 分 のバランスの 調 整 2 地 方 自 治 体 が 提 供 する 政 府 サービスの 取 捨 選 択 など 踏 み 込 んだ 取 り 組 み 3 地 方 自 治 体 間 の 政 府 サービスの 差 の 行 き 過 ぎた 拡 大 への 配 慮 がポイントとなる 年 度 のPB 目 標 達 成 に 向 けて 歳 出 歳 入 両 面 の 改 革 に 国 地 方 財 政 一 体 で 取 り 組 むなか 1 国 の 税 収 増 加 2 国 庫 支 出 金 の 削 減 3 地 方 交 付 税 の 削 減 が 地 方 財 政 に 与 える 影 響 への 目 配 りは 欠 か せない 財 政 健 全 化 を 着 実 に 推 進 するには 高 い 名 目 経 済 成 長 率 を 期 待 した 甘 い 前 提 を 避 け 景 気 の 下 振 れリスクを 視 野 に 入 れた 堅 実 な 前 提 に 基 づく 財 政 健 全 化 計 画 を 策 定 することが 必 要 である その 際 既 存 の 財 政 構 造 のままで 財 政 健 全 化 目 標 を 達 成 しようとすると 国 民 生 活 に 過 度 な 負 担 を 強 いる 可 能 性 がある そうした 負 担 を 避 けるには 財 政 健 全 化 のペースを 緩 めることなく 1 法 定 率 の 引 き 下 げ 2 算 入 率 の 引 き 上 げ 3 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 といった 機 動 的 な 制 度 変 更 の 組 み 合 わせで 対 応 すべきである 32 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

3 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 わが 国 財 政 の 健 全 化 に 向 けて 本 年 夏 までに 政 府 による 新 たな 健 全 化 計 画 の 策 定 が 予 定 されている これまで 政 府 は 国 と 地 方 トータルのPBについて 年 度 までに2010 年 度 に 比 べ 赤 字 の 対 GDP 比 を 半 減 し 年 度 までに 黒 字 化 することを 目 標 に( 注 1) 財 政 健 全 化 に 取 り 組 んできた この 結 果 2010 年 度 に 名 目 GDP 比 6.6%あった 国 地 方 のPB 赤 字 は 2015 年 度 には 同 3.3%( 16.4 兆 円 )に 縮 小 する 見 込 みであり 2015 年 度 までのPB 赤 字 半 減 目 標 は 達 成 される 一 方 2020 年 度 のPB については 黒 字 化 目 標 達 成 に 向 けた 具 体 的 な 取 り 組 み 方 針 が 今 のところ 策 定 されておらず 内 閣 府 試 算 ( 注 2)によると 名 目 GDP 成 長 率 が3% 台 で 推 移 する 経 済 再 生 ケース で 同 1.6%( 9.4 兆 円 ) 名 目 GDP 成 長 率 が1% 台 で 推 移 する ベースラインケース で 同 3.0%( 16.4 兆 円 )の 赤 字 が 依 然 と して 残 る 見 込 みとなっている 新 たな 財 政 健 全 化 計 画 では 2020 年 度 までの 国 地 方 のPB 黒 字 化 達 成 という これまでの 目 標 が 堅 持 されることになっており 残 存 するPB 赤 字 の 解 消 に 向 けた 歳 出 面 歳 入 面 での 具 体 的 な 取 り 組 み 内 容 の 提 示 が 必 要 となる その 際 表 面 的 には 国 のPB 赤 字 の 解 消 が 課 題 となる 2015 年 度 のPB 赤 字 を 国 地 方 別 にみると 国 が 名 目 GDP 比 3.9%( 19.5 兆 円 )の 赤 字 であるのに 対 し 地 方 は 同 0.6%(3.1 兆 円 )の 黒 字 となっ ている これを 映 じて 地 方 債 残 高 GDP 比 が2013 年 度 の42%から 2014 年 度 41% 2015 年 度 39%と 低 下 に 転 じるのに 対 し 国 債 残 高 GDP 比 は2013 年 度 の154%から 2014 年 度 158% 2015 年 度 160%と 引 き 続 き 上 昇 が 見 込 まれている しかしながら 実 態 としては 地 方 財 政 は2015 年 度 において 依 然 として 7.8 兆 円 の 財 源 不 足 を 抱 え ており その 一 部 は 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 別 枠 の 加 算 といった 国 からの 支 出 で 賄 われている このため 国 のPB 赤 字 の 縮 小 には この 財 源 不 足 の 解 消 が 課 題 となる また 2012 年 度 における 国 の PB 対 象 経 費 83.3 兆 円 のうち43%が 地 方 に 対 する 支 出 であり これが 地 方 の 歳 入 額 99.8 兆 円 の36%を 占 め るという 財 政 構 造 を 踏 まえると( 注 3) 国 のPB 赤 字 の 縮 小 は 地 方 の 財 源 に 相 当 のインパクトを 与 え るとみられる( 図 表 1) それだけに 新 たな 健 全 化 計 画 においては 地 方 の 財 源 の 在 り 方 の 問 題 は 外 ( 図 表 1) 国 から 地 方 への 支 出 ( 兆 円 ) 国 の 歳 出 構 成 比 地 方 の 歳 入 構 成 比 総 額 総 額 % 基 礎 的 財 政 収 支 % 地 方 税 % 対 象 経 費 地 方 国 地 方 譲 与 税 2.3 2% (6%) に か 地 方 交 付 税 % (51%) 対 ら す % の 国 庫 支 出 金 % (43%) る 財 地 方 特 例 交 付 金 等 0.1 0% (0%) 支 源 出 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 0.0 0% (0%) 交 通 安 全 対 策 特 別 交 付 金 0.1 0% (0%) その 他 % その 他 の 歳 入 % 公 債 費 21.2 ( 資 料 ) 総 務 省 平 成 24 年 度 地 方 財 政 統 計 年 報 平 成 26 年 版 地 方 財 政 白 書 ( 注 1)2012 年 度 決 算 ( 注 2) 国 の 歳 出 額 は 一 般 会 計 と 交 付 税 及 び 譲 与 税 配 付 金 特 別 会 計 エネルギー 対 策 特 別 会 計 年 金 特 別 会 計 ( 児 童 手 当 及 び 子 ども 手 当 勘 定 のみ) 食 料 安 定 供 給 特 別 会 計 ( 国 営 土 地 改 良 事 業 勘 定 のみ) 国 有 林 野 事 業 特 別 会 計 ( 旧 治 山 勘 定 の 一 部 ) 社 会 資 本 整 備 事 業 特 別 会 計 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 の 純 計 ( 注 3) 国 の 歳 出 の 構 成 比 は 基 礎 的 財 政 収 支 対 象 経 費 に 対 する 割 合 ( 注 4) 地 方 の 歳 入 の 構 成 比 の( ) 内 は 国 からの 財 源 に 対 する 割 合 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 33

4 せない 論 点 となろう 地 方 の 財 源 の 在 り 方 については 現 在 主 に 地 方 分 権 改 革 推 進 の 観 点 から 議 論 されており 歳 出 面 で の 国 と 地 方 の 役 割 分 担 の 見 直 し 義 務 付 け 等 の 地 方 に 対 する 規 制 緩 和 の 推 進 に 併 せて 地 方 税 財 政 の 充 実 強 化 が 目 指 されている( 注 4) しかしながら 地 方 分 権 改 革 は1993 年 以 降 20 年 以 上 続 い ている 取 り 組 みで 段 階 を 追 って 積 み 上 げていく 息 の 長 い 取 組 ( 注 5)と 位 置 付 けられているだけ に 2020 年 度 までのPB 黒 字 化 には 改 革 のペースが 追 いつかない 懸 念 がある このため 2020 年 度 ま での 財 政 健 全 化 目 標 を 念 頭 に 置 いた 地 方 分 権 改 革 とは 異 なる 視 点 からの 地 方 財 源 の 見 直 しに 取 り 組 む 必 要 があろう PB 黒 字 化 目 標 の 達 成 には 歳 出 の 大 幅 削 減 や 内 容 の 見 直 し 追 加 的 な 増 税 といった 厳 しい 改 革 が 求 められ 国 民 に 相 当 の 痛 みを 伴 う 恐 れがある 財 政 健 全 化 をスムースに 進 めるには その ペースを 緩 めることなく 改 革 に 伴 う 痛 みを 少 しでも 和 らげることが 重 要 であり 地 方 の 財 源 の 見 直 し はそのための 方 策 の 一 つになると 考 えられる そこで 本 稿 では 地 方 の 財 源 の 在 り 方 を 財 政 健 全 化 の 観 点 から 議 論 する まず 第 2 章 で PB 黒 字 化 目 標 がどれだけ 高 いハードルかをみたうえで 第 3 章 で 財 政 健 全 化 が 地 方 財 政 に 与 える 影 響 を 検 討 し 第 4 章 で 地 方 の 財 源 の 見 直 しの 方 向 性 を 考 察 する ( 注 1) 内 閣 府 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~( 平 成 26 年 6 月 24 日 ) ( 以 下 骨 太 の 方 針 2014 )p 年 ( 注 2) 内 閣 府 中 長 期 の 経 済 財 政 に 関 する 試 算 ( 平 成 27 年 2 月 12 日 経 済 財 政 諮 問 会 議 提 出 ) 2015 年 ( 注 3) 国 の 基 礎 的 財 政 収 支 対 象 経 費 は 一 般 会 計 と 一 部 の 特 別 会 計 の 純 計 地 方 の 歳 入 は 都 道 府 県 と 市 区 町 村 の 純 計 ( 注 4) 地 方 分 権 改 革 有 識 者 会 議 個 性 を 活 かし 自 立 した 地 方 をつくる~ 地 方 分 権 改 革 の 総 括 と 展 望 ~( 平 成 26 年 6 月 24 日 ) p.12~ 年 ( 注 5) 同 上 p 年 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 本 章 では 財 政 健 全 化 目 標 を 達 成 するためには 相 当 に 厳 しい 改 革 が 必 要 になることを 示 す 本 年 2 月 に 示 された 内 閣 府 試 算 では 高 い 名 目 GDP 成 長 率 を 前 提 とする 経 済 再 生 ケース でも 2020 年 度 に 名 目 GDP 比 1.6%( 9.4 兆 円 )の 国 地 方 のPB 赤 字 が 残 る 見 通 しとなっている 試 算 の 主 な 前 提 は 1 全 要 素 生 産 性 や 労 働 参 加 率 の 上 昇 等 によって 名 目 GDP 成 長 率 が3% 台 で 推 移 2 法 人 減 税 や 消 費 増 税 等 に 関 して 既 定 の 税 制 改 正 等 を 反 映 3 社 会 保 障 の 歳 出 は 高 齢 化 要 因 等 で 増 加 4 社 会 保 障 以 外 の 歳 出 は 物 価 上 昇 率 並 みに 増 加 である 以 下 では 歳 出 改 革 に 関 する 追 加 の 想 定 を 置 き それらがPBに 与 える 影 響 を 試 算 する 今 後 PB 赤 字 を 解 消 するうえで 国 地 方 合 計 のPB 対 象 経 費 の41%を 占 める 社 会 保 障 費 の 増 加 抑 制 は 欠 かせない( 図 表 2) 実 際 内 閣 府 試 算 経 済 再 生 ケース では 国 の 一 般 会 計 の 社 会 保 障 関 係 費 は2015 年 度 から2020 年 度 にかけて5.7 兆 円 増 加 する 見 込 みであり これは 同 じ 期 間 のPB 対 象 経 費 の 増 加 額 9.7 兆 円 の 約 6 割 を 占 める 分 野 別 にみると とくに 医 療 介 護 費 の 増 加 抑 制 が 課 題 となる 例 えば 厚 生 労 働 省 試 算 ( 注 6)をみると 医 療 と 介 護 以 外 の 公 費 負 担 が ほぼ 名 目 GDP 成 長 率 並 みで 増 加 するのに 対 し 医 療 と 介 護 の 公 費 負 担 は 名 目 GDP 成 長 率 を 上 回 るペースで 増 加 しており 名 目 GDP 比 は2015 年 から2020 年 にかけて 合 計 で0.7%ポイント 上 昇 している 34 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

5 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 そこで 1 医 療 と 介 護 2 子 ども 子 育 て と その 他 につ いて 追 加 の 想 定 を 置 いて 国 地 方 のPBへの 影 響 を 試 算 する まず 医 療 と 介 護 については 利 益 率 を 他 の 政 府 サービス 関 連 事 業 並 みに 圧 縮 することを 想 定 する 産 業 連 関 表 を 用 いて 政 府 サービス 関 連 事 業 の 利 益 率 を 比 較 すると 生 産 額 に 対 する 営 業 余 剰 の 比 率 は 医 療 で3.6% 介 護 で4.9% であり 他 の 政 府 サービスに 比 べて 高 くなっている( 注 7 図 表 3) これ を 踏 まえ 試 算 の 前 提 として 仮 に 医 療 と 介 護 の 同 比 率 が 他 の 事 業 の 平 均 ( 注 8)と 同 じになるように 医 療 と 介 護 の 営 業 余 剰 を 削 減 すると 医 療 介 護 費 の 増 加 率 は 年 率 0.7%ポイン ト 抑 制 される 次 に 子 ども 子 育 て と その 他 については( 注 9) 厚 生 労 働 省 試 算 では 名 目 GDP 成 長 率 並 みの 増 加 が 見 込 まれているものの ( 図 表 2) 国 と 地 方 の 目 的 別 歳 出 国 地 方 純 計 これらについては 高 齢 者 数 の 増 加 の 影 響 をあまり 受 けないと 考 えられることから 内 閣 府 試 算 におけ 構 成 比 る 社 会 保 障 以 外 の 歳 出 と 同 様 に 物 価 上 昇 率 並 みの 増 加 に 抑 制 すると 想 定 した 国 国 の 割 合 地 方 ( 兆 円 ) 地 方 の 割 合 歳 出 公 債 費 基 礎 的 財 政 収 支 対 象 経 費 % % % 機 関 費 % % % 一 般 行 政 費 等 % % % 司 法 警 察 消 防 費 6.5 5% % % 防 衛 費 4.8 4% % 国 土 保 全 および 開 発 費 % % % 国 土 保 全 費 2.2 2% % % 国 土 開 発 費 % % % 災 害 復 旧 費 等 1.3 1% % % 産 業 経 済 費 % % % 農 林 水 産 業 費 3.3 3% % % 商 工 費 % % % 教 育 費 % % % 学 校 教 育 費 % % % 社 会 教 育 費 等 4.7 4% % % 社 会 保 障 関 係 費 % % % 民 生 費 ( 年 金 除 く) % % % 年 金 % % 衛 生 費 6.3 5% 0.1 2% % 住 宅 費 等 2.9 2% % % 恩 給 費 0.6 1% % 0.0 4% その 他 3.4 3% % 0.0 0% ( 資 料 ) 総 務 省 平 成 26 年 版 地 方 財 政 白 書 ( 注 1)2012 年 度 決 算 ( 注 2) 構 成 比 は 基 礎 的 財 政 収 支 対 象 経 費 に 対 する 割 合 ( 図 表 3) 政 府 サービス 関 連 事 業 の 投 入 産 出 構 造 ( 億 円 ) 介 護 医 療 その 他 の 政 府 サービス 関 連 事 業 ( 公 務 を 除 く) 公 務 保 健 衛 生 公 共 事 業 社 会 保 険 社 会 福 祉 教 育 研 究 構 成 比 構 成 比 構 成 比 構 成 比 構 成 比 構 成 比 構 成 比 構 成 比 構 成 比 内 生 部 門 計 20, % 195, % 180, % 4, % 65, % 25, % 38, % 47, % 124, % 投 入 雇 用 者 所 得 48, % 180, % 314, % 8, % 39, % 46, % 161, % 57, % 145, % ( 営 業 余 剰 4, % 15, % 4, % % 1, % 1, % % % 0 0.0% 供 給 資 本 減 耗 引 当 6, % 34, % 44, % % 5, % 3, % 22, % 12, % 119, % ) その 他 ( 間 接 税 等 ) 2, % 1, % 16, % % 6, % 2, % 3, % 3, % 5, % 粗 付 加 価 値 部 門 計 61, % 232, % 379, % 9, % 53, % 53, % 189, % 74, % 269, % 国 内 生 産 額 82, % 427, % 559, % 14, % 118, % 78, % 227, % 121, % 394, % 内 生 部 門 計 0 0.0% 13, % 118, % 6, % 0 0.0% 0 0.0% 6, % 105, % 11, % 産 出 民 間 消 費 支 出 5, % 79, % 120, % 1, % 0 0.0% 44, % 73, % 1, % 10, % ( 一 般 政 府 消 費 支 出 76, % 331, % 199, % 4, % 0 0.0% 34, % 147, % 13, % 371, % 需 要 公 的 総 固 定 資 本 形 成 0 0.0% 0 0.0% 118, % 0 0.0% 118, % 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% ) 民 間 総 固 定 資 本 形 成 0 0.0% 0 0.0% % 0 0.0% % 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% その 他 の 最 終 需 要 0 0.0% 3, % 1, % 2, % 0 0.0% % % % 0 0.0% ( 資 料 ) 総 務 省 平 成 23 年 産 業 連 関 表 ( 注 ) 構 成 比 は 国 内 生 産 額 に 対 する 比 率 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 35

6 以 上 の 追 加 の 想 定 を 置 いたとしても PB 赤 字 の 縮 小 は 名 目 GDP 比 0.3%(2.0 兆 円 ) 程 度 にとどまると 試 算 され PB 黒 字 化 目 標 達 成 には 程 遠 い さらに 次 の 点 も 考 慮 すると 財 政 健 全 化 には 歳 出 歳 入 両 面 での 一 段 の 取 り 組 みが 必 要 となる 第 1は 法 人 実 効 税 率 の 一 段 の 引 き 下 げである 法 人 実 効 税 率 については 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 において 2015 年 度 に32.11% 2016 年 度 に31.33%への 段 階 的 な 引 き 下 げが 示 されている しか しながら 骨 太 の 方 針 2014 では 数 年 で 法 人 実 効 税 率 を20% 台 まで 引 き 下 げることを 目 指 す ( 注 10)とされており 一 段 の 引 き 下 げが 求 められている そもそも わが 国 では 財 政 健 全 化 と 並 行 して デフレ 脱 却 後 の 持 続 的 な 経 済 成 長 の 実 現 が 課 題 となっている それには 実 際 に 経 済 活 動 を 担 う 企 業 が 国 内 で 国 際 的 に 遜 色 ない 競 争 環 境 で 活 動 できることが 重 要 であり 規 制 改 革 など 非 財 政 面 での 改 革 への 地 道 な 取 り 組 みに 加 えて 財 政 面 では 企 業 負 担 の 軽 減 が 求 められている 財 政 健 全 化 にあたっては こ のことも 踏 まえる 必 要 がある 第 2は 名 目 GDP 成 長 率 の 問 題 である 内 閣 府 試 算 の 経 済 再 生 ケース で 想 定 されている3% 台 の 名 目 GDP 成 長 率 が 実 現 されるとは 限 らない 実 際 の 成 長 率 がこれよりも 低 い 場 合 には PB 赤 字 は 拡 大 する 実 際 1% 台 の 成 長 率 を 前 提 とする 内 閣 府 試 算 の ベースラインケース では 2020 年 度 の PB 赤 字 は 名 目 GDP 比 3.0%( 16.4 兆 円 )である 今 後 成 長 戦 略 の 取 り 組 み 等 を 通 じて 名 目 成 長 率 を 高 め 持 続 させる 努 力 は 不 可 欠 ながら 財 政 健 全 化 を 着 実 に 推 進 するには 高 い 名 目 成 長 率 実 現 へ の 過 度 な 期 待 を 避 け 堅 めの 想 定 に 基 づく 成 長 率 見 通 しを 前 提 に 歳 出 歳 入 改 革 に 取 り 組 む 必 要 があ ろう ( 注 6) 厚 生 労 働 省 社 会 保 障 に 係 る 費 用 の 将 来 推 計 の 改 定 について( 平 成 24 年 3 月 ) 2012 年 将 来 の 社 会 保 障 給 付 費 や 公 費 負 担 額 が 年 金 医 療 介 護 子 ども 子 育 て その 他 の 別 に 推 計 されている ( 注 7) 産 出 ( 需 要 ) 側 で 生 産 額 に 占 める 一 般 政 府 消 費 支 出 と 公 的 総 固 定 資 本 形 成 の 割 合 の 合 計 をみると 介 護 が92.8% 医 療 が 77.5%であり 公 共 投 資 100.0% 公 務 94.4%に 次 いで 公 的 需 要 の 比 率 が 高 い ( 注 8) 営 業 余 剰 がゼロの 公 務 は 含 めていない ( 注 9)なお 年 金 について 厚 生 労 働 省 試 算 では マクロ 経 済 スライド 調 整 等 を 反 映 して 公 費 負 担 の 増 加 率 はほぼ 名 目 GDP 成 長 率 並 みとなっている 年 金 の 一 段 の 増 加 抑 制 のために 仮 に 支 給 開 始 年 齢 を2016 年 度 以 降 1 年 おきに1 歳 ずつ 段 階 的 に 引 き 上 げると 2020 年 度 までに3 歳 引 き 上 げられ これによってPB 赤 字 の 名 目 GDP 比 は0.1% 程 度 縮 小 すると 試 算 される ( 注 10)p 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 2020 年 度 のPB 黒 字 化 目 標 の 達 成 に 向 けて 今 後 歳 出 歳 入 両 面 での 改 革 が 求 められる その 際 足 元 の 国 地 方 別 のPBの 状 況 を 踏 まえると 国 のPB 赤 字 の 縮 小 を 急 ぐために 国 の 税 収 増 加 や 歳 出 削 減 の 取 り 組 みの 強 化 が 欠 かせないのは 当 然 である しかしながら 国 の 税 収 や 歳 出 は 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 出 金 を 介 して 地 方 財 政 に 影 響 を 与 えるため 国 の 税 収 増 加 や 歳 出 削 減 を 図 るには 併 せて 地 方 財 政 の 見 直 しにも 取 り 組 む 必 要 がある そこで 本 章 では 1 国 の 税 収 増 加 2 国 庫 支 出 金 の 削 減 3 地 方 交 付 税 の 削 減 について 地 方 財 政 への 影 響 を 検 討 する (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 税 収 増 加 を 図 るには 1 自 然 増 収 の 拡 大 2 増 税 の 二 つのルートがあるが いずれにおいても 国 の 36 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

7 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 税 収 増 加 は 地 方 交 付 税 制 度 を 介 して 地 方 の 財 源 に 影 響 を 与 える( 注 11) 地 方 交 付 税 は 全 国 各 地 のどの 地 方 自 治 体 においても 法 律 等 で 定 められた 標 準 的 な 政 府 サービスが 提 供 されるように 必 要 な 財 源 を 保 障 し 地 方 自 治 体 間 の 財 源 の 格 差 を 是 正 する 制 度 である 地 方 自 治 体 の 提 供 する 政 府 サービスの 経 費 については 基 本 的 に 地 方 税 で 賄 う ことが 望 ましいが 実 際 には 地 域 の 人 口 や 年 齢 構 成 自 然 環 境 産 業 構 造 等 を 反 映 して 地 方 自 治 体 ごとに 必 要 経 費 と 地 方 税 収 が 一 致 するとは 限 らない 地 方 税 収 の 乏 しい 地 方 自 治 体 では 必 要 経 費 が 地 方 税 収 を 上 回 る 収 支 不 足 と なり この 収 支 不 足 が 地 方 交 付 税 によって 埋 められる( 図 表 4) 地 方 交 付 税 の 財 源 には 国 税 のうち 所 得 税 法 人 税 酒 税 消 費 税 地 方 法 人 税 の 一 定 割 合 が 充 てられ それぞれ に 対 して 一 定 の 法 定 率 が 法 律 で 定 められている 法 定 率 は 所 得 税 と 法 人 税 が33.1% 酒 税 が50% 消 費 税 が22.3% 地 方 法 人 税 が 全 額 となっており( 注 12) 2015 年 度 予 算 の 法 定 率 分 は14.0 兆 円 である もっとも この 法 定 率 分 と 上 記 の 地 方 財 政 の 収 支 不 足 額 が 一 致 するとは 限 らない 実 際 現 在 は 法 定 率 分 が 収 支 不 足 額 を 下 回 っている その 差 額 を 埋 めるために 臨 時 の 財 源 対 策 が 国 地 方 財 政 の 両 面 で 図 られており 2015 年 度 には 国 の 一 般 会 計 から 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 1.5 兆 円 と 別 枠 の 加 算 0.2 兆 円 の 財 源 が 追 加 され 地 方 財 政 からは 地 方 債 である 臨 時 財 政 対 策 債 1.5 兆 円 ( 注 13)が 発 行 される 計 画 である 今 後 財 政 健 全 化 が 進 めば こうした 臨 時 の 財 源 対 策 は 解 消 される 実 際 2003 年 度 から2007 年 度 に かけて 国 地 方 のPB 赤 字 が 名 目 GDP 比 5.6%から 同 1.1%へと 縮 小 した 局 面 では 2003 年 度 に11 兆 円 あった 臨 時 の 財 源 対 策 が 2007 年 度 には 解 消 されている このように 国 地 方 のPB 赤 字 が 残 るも とで 臨 時 の 財 源 対 策 が 解 消 されていた2007 年 度 の 経 験 を 踏 まえると 今 後 のPB 黒 字 化 への 過 程 では 臨 時 の 財 政 対 策 が 解 消 された 後 に 法 定 率 分 が 収 支 不 足 額 を 上 回 り 地 方 交 付 税 の 財 源 が 余 剰 となる 可 能 性 も 考 えられる この 場 合 地 方 のPB 黒 字 が 一 段 と 拡 大 する 一 方 で 国 のPB 赤 字 が 残 ることになり 国 のPB 赤 字 を 縮 小 させるために 歳 出 削 減 の 強 化 や 追 加 増 税 が 行 われれば それだけ 国 民 の 負 担 が 増 すことになる こうした 事 態 を 回 避 するには 歳 出 における 国 地 方 の 配 分 と 財 源 における 国 地 方 の 配 分 のバランスを 再 調 整 する 必 要 がある ( 図 表 4) 地 方 財 政 の 財 源 不 足 とその 補 填 (2015 年 度 地 方 財 政 計 画 ) 必 要 財 源 地 方 税 等 収 支 不 足 地 方 交 付 税 ( 法 定 率 分 等 ) 財 源 不 足 一 般 会 計 からの 支 出 ( 法 定 加 算 等 財 別 枠 の 加 算 源 不 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 足 地 方 債 の 発 行 の 補 臨 時 財 政 対 策 債 ( 特 例 加 算 相 当 ) 填 臨 時 財 政 対 策 債 ( 元 利 償 還 分 ) ) 財 源 対 策 債 交 付 税 特 別 会 計 からの 支 出 剰 余 金 準 備 金 の 活 用 62.3 兆 円 40.3 兆 円 22.0 兆 円 14.2 兆 円 7.8 兆 円 0.4 兆 円 0.2 兆 円 1.5 兆 円 1.5 兆 円 3.1 兆 円 0.8 兆 円 0.4 兆 円 ( 資 料 ) 総 務 省 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 平 成 27 年 度 地 方 財 政 対 策 の 概 要 ( 注 ) 必 要 財 源 = 一 般 財 源 + 財 源 対 策 債 地 方 税 等 = 地 方 税 + 地 方 譲 与 税 + 地 方 特 例 交 付 金 法 定 率 分 等 = 所 得 税 法 人 税 酒 税 消 費 税 の 法 定 率 分 + 地 方 法 人 税 + 繰 越 金 - 精 算 分 等 - 借 入 金 元 利 償 還 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影 響 国 庫 支 出 金 は 地 方 の 提 供 する 政 府 サービスに 係 る 経 費 に 対 する 国 の 補 助 で 国 からの 財 源 の43%を 占 める( 前 掲 図 表 1) 補 助 の 対 象 となる 政 府 サービスには 1 法 令 に 基 づいて 実 施 しなければならな いもの 2 国 が 奨 励 するもの 3 国 に 代 わって 地 方 が 行 うものがある 2015 年 度 の 地 方 財 政 計 画 では こうした 国 庫 補 助 負 担 金 等 を 伴 う 経 費 として 地 方 の 歳 出 総 額 の35%を 占 める29.9 兆 円 が 計 上 されてお J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 37

8 り このうち 22.8 兆 円 が 1の 法 令 に 基 づいて 実 施 しなければならないものである こうした 政 府 サービスの 財 源 は 多 くの 場 合 国 庫 支 出 金 だけで 賄 われているのではなく( 注 14) 地 方 負 担 を 伴 っており 2015 年 度 の 地 方 負 担 分 は17.3 兆 円 ある( 図 表 5) 財 源 負 担 の 国 地 方 の 配 分 ( 補 助 率 ) は 事 業 ごとに 定 められており この 補 助 率 を 事 業 ご とに 見 直 すことで 国 庫 支 出 金 を 削 減 できる しかし ながら 地 方 負 担 分 については 標 準 的 な 政 府 サービ ( 図 表 5) 国 庫 補 助 負 担 金 等 に 基 づく 地 方 の 歳 出 ( 兆 円 ) 事 業 費 国 庫 補 助 地 方 負 担 構 成 比 負 担 金 等 総 額 % 社 会 保 障 % 教 育 % 公 共 事 業 % その 他 % ( 資 料 ) 総 務 省 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 ( 注 1)2015 年 度 地 方 財 政 計 画 ( 注 2) 社 会 保 障 は 厚 生 労 働 省 所 管 のもの 教 育 は 義 務 教 育 教 職 員 給 与 費 と 文 部 科 学 省 所 管 の 合 計 スに 必 要 な 経 費 であることから 地 方 交 付 税 で 財 源 保 障 されることが 法 律 で 定 められており 補 助 率 の 見 直 しによって 国 庫 支 出 金 が 削 減 されたとしても 代 わって 地 方 交 付 税 が 増 額 されるため 結 局 のところ PB 赤 字 の 縮 小 には 繋 がらない このため 財 政 健 全 化 を 進 めるために 国 庫 支 出 金 を 削 減 するには 補 助 を 伴 う 政 府 サービスそのもの の 廃 止 が 求 められる この 場 合 国 のPB 赤 字 が 国 庫 支 出 金 の 削 減 によって 縮 小 するだけでなく 地 方 のPBも 廃 止 される 事 業 に 充 てられていた 地 方 負 担 分 が 浮 くことから 改 善 する このため 先 述 の 地 方 財 政 の 収 支 不 足 が 縮 小 し 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 や 別 枠 の 加 算 が 縮 小 すれば 地 方 交 付 税 財 源 の 軽 減 に 繋 がり 国 のPB 赤 字 がさらに 縮 小 すると 考 えられる もっとも 国 庫 支 出 金 は 標 準 的 な 政 府 サービスを 支 えるものであり さらに 補 助 を 伴 う 経 費 の 分 野 別 の 内 訳 をみると 社 会 保 障 関 連 が54.1%( 注 15) 教 育 関 連 が22.4% 公 共 事 業 が17.2%を 占 めるだけ に 廃 止 に 伴 う 国 民 生 活 への 相 当 のインパクトは 避 けられないとみられる (3) 地 方 交 付 税 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影 響 地 方 交 付 税 は 地 方 財 政 の 収 支 不 足 を 埋 め 地 方 の 必 要 財 源 を 保 障 する 制 度 である このため 地 方 交 付 税 の 削 減 には 地 方 歳 出 の 削 減 や 地 方 税 の 増 加 によって 地 方 財 政 の 収 支 不 足 を 縮 小 することが 求 め られる 地 方 の 歳 出 には 全 国 的 な 基 準 に 基 づく 標 準 的 な 政 府 サービスに 対 する 支 出 と 地 方 自 治 体 が 独 自 に 行 う 政 府 サービスに 対 する 支 出 があり これらを 賄 う 一 般 財 源 として 前 者 には 標 準 的 な 地 方 税 収 ( 注 16)の75% 分 と 地 方 譲 与 税 等 の 基 準 財 政 収 入 額 が 充 てられ 後 者 には 標 準 的 な 地 方 税 収 の25 % 分 と 独 自 の 課 税 による 税 収 等 が 充 てられている このうち 地 方 交 付 税 によって 財 源 保 障 され 財 源 調 整 されるのは 前 者 の 標 準 的 な 政 府 サービスであり 後 者 の 独 自 の 政 府 サービスに 対 する 財 源 保 障 や 財 源 調 整 はない このため 地 方 自 治 体 間 の 政 府 サービスの 差 は 標 準 的 な 政 府 サービスでは 発 生 せず 独 自 の 政 府 サービスで 発 生 することになり これが 政 府 サービスの 全 体 の 差 となる 財 政 健 全 化 に 向 けて 歳 出 を 削 減 する 場 合 基 本 的 には 標 準 的 な 政 府 サービスの 削 減 が 課 題 となる 一 方 地 方 税 収 が 増 加 する 場 合 標 準 的 な 政 府 サービスの 収 支 不 足 が 縮 小 するのに 対 し 独 自 の 政 府 サ ービスでは 増 収 分 の 使 途 は 地 方 の 裁 量 にゆだねられているため 地 方 歳 出 の 削 減 と 地 方 税 収 の 増 加 の いずれにおいても 結 果 的 に 地 方 歳 出 全 体 に 占 める 後 者 の 割 合 が 高 まることになり 地 方 自 治 体 間 の 政 府 サービスの 全 体 の 差 の 拡 大 に 繋 がる 38 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

9 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 地 方 自 治 体 間 の 政 府 サービスの 差 を 把 握 するために 本 稿 では サービス 力 指 数 という 概 念 を 新 たに 定 義 した 具 体 的 には 標 準 財 政 規 模 を 基 準 財 政 需 要 額 ( 臨 時 財 政 対 策 債 振 替 前 注 17)で 除 した 倍 率 を 計 算 している 分 子 の 標 準 財 政 規 模 は 標 準 的 な 一 般 財 源 の 額 を 示 しており 標 準 的 な 地 方 税 収 + 地 方 譲 与 税 等 + 普 通 交 付 税 + 臨 時 財 政 対 策 債 発 行 可 能 額 で 計 算 される 他 方 分 母 の 基 準 財 政 需 要 額 は 標 準 的 な 政 府 サービスに 必 要 な 一 般 財 源 の 額 を 示 しており 基 本 的 には 標 準 的 な 地 方 税 収 算 入 率 + 地 方 譲 与 税 等 + 普 通 交 付 税 + 臨 時 財 政 対 策 債 発 行 可 能 額 ( 注 18)となる なお 算 入 率 は 地 方 税 収 のうち 標 準 的 なサービスの 財 源 に 充 てられる 割 合 で 現 在 は75%である サービス 力 指 数 を 計 算 することで 地 方 自 治 体 が 標 準 的 な 一 般 財 源 を 用 いて 標 準 的 な 政 府 サービスの 何 倍 のサービス が 提 供 可 能 かを 把 握 できる( 図 表 6) J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 39

10 2012 年 度 決 算 値 を 用 いて サービス 力 指 数 を 計 算 する と 地 方 税 収 の 豊 富 な 財 政 力 の 強 い 地 方 自 治 体 ( 例 えば 財 政 力 指 数 0.8 以 上 )では 標 準 的 な 政 府 サービスの1.243 ~1.505 倍 のサービスが 提 供 できるのに 対 し 地 方 税 収 の 乏 しい 財 政 力 の 弱 い 地 方 自 治 体 ( 例 えば 同 0.3 未 満 )では 1.018~1.119 倍 にとどまっている( 図 表 7) これは 地 方 税 収 の 豊 富 な 自 治 体 では 乏 しい 自 治 体 に 比 べて 留 保 財 源 ( 標 準 的 な 地 方 税 収 の25% 分 )が 多 くなり さらに 財 政 力 指 数 が1を 超 える 地 方 自 治 体 では 標 準 的 な 地 方 税 収 の75% 分 等 ( 基 準 財 政 収 入 額 )が 標 準 的 なサービスに 必 要 な 財 源 ( 基 準 財 政 需 要 額 )を 上 回 ることから( 注 19) こ の 超 過 分 も 独 自 サービスの 財 源 に 充 てられるためである 地 方 歳 出 の 削 減 が 政 府 サービスの 差 に 与 える 影 響 をみる ために 例 えば 先 述 した2015 年 度 の 臨 時 の 財 源 対 策 ( 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 + 別 枠 の 加 算 + 臨 時 財 政 対 策 債 の 合 計 財 政 力 指 数 ( 図 表 7) サービス 力 指 数 の 計 算 市 町 村 都 道 府 県 財 政 力 指 数 自 治 体 数 サービス 力 指 数 1 以 上 未 満 以 上 未 満 ( 資 料 ) 総 務 省 平 成 24 年 度 地 方 財 政 統 計 年 報 平 成 24 年 度 都 道 府 県 決 算 状 況 調 平 成 24 年 度 市 町 村 決 算 状 況 調 より 作 成 ( 注 1)2012 年 度 決 算 より 作 成 ( 注 2) サービス 力 指 数 = 標 準 財 政 規 模 基 準 財 政 需 要 額 ( 臨 時 財 政 対 策 債 振 替 前 ) 3.1 兆 円 ) 分 の 地 方 歳 出 の 削 減 を 想 定 して サービス 力 指 数 ( 注 20)を 計 算 すると 普 通 交 付 税 と 臨 時 財 政 対 策 債 発 行 可 能 額 の 減 少 を 受 けてすべてのグループ で 低 下 するなか 財 政 力 の 最 も 強 いグループの 低 下 幅 は 小 幅 にとどまっている( 注 21 図 表 10) また サービス 力 指 数 が1 以 上 のグループでは 既 存 の 独 自 サービスを 削 減 すれば 削 減 前 の 標 準 的 なサ ービス 水 準 を 維 持 する 財 源 を 捻 出 できると 考 えられるが 財 政 力 の 弱 いグループでは そうした 余 地 に 乏 しいことが 示 唆 される( 注 22) このような 政 府 サービスの 差 の 拡 大 については ある 程 度 はやむを 得 ないものの 過 度 に 進 行 する 場 合 には 地 方 税 収 の 偏 在 を 是 正 するなどの 対 応 が 必 要 となろう ( 注 11) 地 方 交 付 税 には 普 通 交 付 税 と 特 別 交 付 税 の 二 つの 制 度 があり それぞれ 地 方 交 付 税 総 額 の94% 6%を 財 源 としている 普 通 交 付 税 が 地 方 自 治 体 の 収 支 不 足 を 補 うための 支 出 であるのに 対 し 特 別 交 付 税 は 災 害 等 の 特 別 の 財 政 需 要 等 に 対 応 するため の 支 出 である 本 章 では 地 方 交 付 税 の 大 部 分 を 占 める 普 通 交 付 税 を 介 した 影 響 を 概 観 する ( 注 12)2014 年 度 までは たばこ 税 の 一 部 も 財 源 であったが 2015 年 度 から 外 されている これに 伴 って 法 定 率 も 変 更 されている ( 注 13) 臨 時 財 政 対 策 債 には この 他 既 往 債 の 元 利 償 還 金 分 等 (3.1 兆 円 )がある 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 (1.5 兆 円 )と 臨 時 財 政 対 策 債 (1.5 兆 円 )の 相 当 額 が 折 半 対 象 財 源 不 足 と 呼 ばれ これと 別 枠 の 加 算 (0.2 兆 円 )の 解 消 が 急 がれている ( 注 14)ただし 3は 全 額 国 の 負 担 ( 注 15) 地 方 財 政 計 画 に 記 載 されている 国 庫 補 助 負 担 金 等 に 基 づく 経 費 (29.9 兆 円 )には 後 期 高 齢 者 医 療 給 付 費 負 担 金 と 介 護 給 付 費 負 担 金 の 国 庫 負 担 額 が 計 上 されていない そこで 国 の 一 般 会 計 予 算 に 計 上 されている 後 期 高 齢 者 医 療 給 付 費 等 負 担 金 (3.6 兆 円 )と 介 護 給 付 費 等 負 担 金 (1.7 兆 円 )を 加 算 すると 同 割 合 は61.0%となる ( 注 16) 地 方 税 法 で 定 められた 標 準 税 率 等 と 標 準 的 な 徴 収 率 で 計 算 される 地 方 税 収 と 地 方 特 例 交 付 金 等 の 合 計 地 方 自 治 体 による 独 自 の 超 過 課 税 や 減 税 措 置 法 定 外 課 税 による 税 収 を 含 まない ( 注 17) 標 準 財 政 規 模 が 臨 時 財 政 対 策 債 の 発 行 可 能 額 を 含 むことから 基 準 財 政 需 要 額 も 臨 時 財 政 対 策 債 の 発 行 可 能 額 を 含 む 額 とし た 現 状 法 定 率 分 だけでは 十 分 な 地 方 交 付 税 総 額 が 確 保 できないことを 受 けて 基 準 財 政 需 要 額 から 臨 時 財 政 対 策 債 の 発 行 可 能 額 が 控 除 されており 各 地 方 自 治 体 の 基 準 財 政 需 要 額 は 本 来 の 額 よりも 減 額 されている ( 注 18) 普 通 交 付 税 が 交 付 される 交 付 団 体 の 場 合 不 交 付 団 体 は 標 準 的 な 地 方 税 収 算 入 率 + 地 方 譲 与 税 等 + 臨 時 財 政 対 策 債 発 行 可 能 額 となる ( 注 19)ただし 財 政 力 指 数 が 基 準 財 政 収 入 額 基 準 財 政 需 要 額 の3 年 平 均 で 計 算 されるため 2012 年 度 の 単 年 度 でみると 財 政 力 指 数 が1 以 上 の 地 方 自 治 体 で 普 通 交 付 税 が 交 付 されている 自 治 体 が 存 在 する 40 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

11 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 ( 注 20)ただし 歳 出 削 減 前 の 基 準 財 政 需 要 額 を 分 母 に 使 用 なお 歳 出 削 減 後 の 基 準 財 政 需 要 額 を 分 母 に 用 いて 計 算 した 結 果 を ( 図 表 8)に 示 した また 2015 年 度 の 臨 時 の 財 源 対 策 分 の 地 方 税 収 の 増 加 を 想 定 した 試 算 結 果 を( 図 表 9)に 示 した J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 41

12 ( 注 21) 財 政 力 指 数 が1 以 上 のグループの サービス 力 指 数 が 低 下 するのは 臨 時 財 政 対 策 債 発 行 可 能 額 の 減 少 によるもののほか 財 政 力 指 数 が 基 準 財 政 収 入 額 基 準 財 政 需 要 額 の3 年 平 均 で 計 算 されることから 2012 年 度 の 単 年 度 のデータでは 普 通 交 付 税 が 交 付 されている 地 方 自 治 体 が 一 部 存 在 するため ( 注 22)2012 年 度 データの1,720 市 町 村 ( 特 別 区 は 一 つとカウント)のうち425 市 町 村 で1を 下 回 ると 試 算 される 4. 地 方 の 財 源 の 在 り 方 の 見 直 し 今 後 歳 出 歳 入 両 面 の 改 革 に 国 地 方 財 政 一 体 で 取 り 組 むなかで 第 3 章 で 見 たような 影 響 への 目 配 りは 欠 かせない 既 存 の 財 政 制 度 を 維 持 したまま 財 政 健 全 化 を 進 めることで 国 民 生 活 に 過 度 なマイ ナス 影 響 が 及 ぶ 場 合 には 財 政 健 全 化 に 向 けた 取 り 組 みの 手 綱 を 緩 めるのではなく むしろ 1 地 方 交 付 税 財 源 を 決 める 際 の 法 定 率 の 引 き 下 げ 2 基 準 財 政 収 入 額 を 計 算 する 際 の 算 入 率 の 引 き 上 げ 3 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 といった 制 度 そのものの 機 動 的 な 変 更 で 対 応 すべきである (1) 法 定 率 の 引 き 下 げ 今 後 のPB 黒 字 化 の 過 程 で 地 方 の 収 支 不 足 に 対 して 法 定 率 分 等 の 既 定 の 地 方 交 付 税 財 源 が 過 大 にな る 場 合 には 国 地 方 間 の 歳 出 と 財 源 の 配 分 のバランスを 調 整 するために 地 方 交 付 税 財 源 を 決 める 際 に 適 用 される 法 定 率 の 引 き 下 げが 求 められる これにより 国 のPB 赤 字 の 縮 小 ペースが 速 まり 地 方 のPB 黒 字 の 拡 大 ペースが 落 ちるため 過 大 な 歳 出 削 減 や 税 負 担 増 の 回 避 が 期 待 される もっとも 国 地 方 間 の 歳 出 と 財 源 の 配 分 のバランスを 調 整 する 方 法 としては 法 定 率 の 引 き 下 げの ほかに 国 から 地 方 への 事 業 の 移 譲 も 考 えられる 法 定 率 の 引 き 下 げが 国 地 方 間 の 歳 出 の 配 分 に 合 せ 42 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

13 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 て 財 源 の 配 分 を 調 整 する 方 法 であるのに 対 し 国 から 地 方 への 事 業 の 移 譲 は 国 地 方 間 の 財 源 の 配 分 に 合 せて 歳 出 の 配 分 を 見 直 す 方 法 であるという 違 いはあるが 国 のPB 赤 字 と 地 方 のPB 黒 字 の 縮 小 に 繋 がる 点 で 大 差 ない さらに 国 から 地 方 に 事 業 を 移 譲 する 場 合 法 定 率 引 き 下 げの 場 合 とは 異 なり 事 業 にかかわる 事 務 や 権 限 が 地 方 に 移 譲 されることから 地 方 自 治 体 の 自 主 性 や 政 府 サービスの 独 自 性 が 高 まり 地 方 分 権 改 革 の 推 進 にも 資 すると 考 えられる しかしながら 国 から 地 方 への 事 業 の 移 譲 には 国 と 地 方 の 役 割 分 担 の 見 直 しが 前 提 となるなど 時 間 がかかるとみられ 2020 年 度 までの 財 政 健 全 化 に 向 けた 取 り 組 みとしては 機 動 性 に 欠 ける 懸 念 があ る この 点 法 定 率 引 き 下 げの 場 合 地 方 分 権 改 革 には 寄 与 しないものの 状 況 に 応 じて 法 定 率 を 機 動 的 に 設 定 できることから 財 政 健 全 化 が 急 がれる 現 状 においては 国 から 地 方 への 事 業 の 移 譲 よりも 相 応 しいと 考 えられる (2) 算 入 率 の 引 き 上 げ 財 政 健 全 化 にあたっては 政 府 サービスの 取 捨 選 択 は 避 けられず 国 民 に 一 定 の 痛 みを 伴 うことは 覚 悟 しなければならない こうした 痛 みを 緩 和 する 方 法 の 一 つとして 基 準 財 政 収 入 額 を 計 算 する 際 に 使 われる 算 入 率 の 引 き 上 げが 考 えられる 算 入 率 を 引 き 上 げると 基 準 財 政 収 入 額 が 増 加 するが それに 対 応 して 歳 出 面 では 財 源 保 障 され る 歳 出 ( 基 準 財 政 需 要 額 )が 拡 大 される かつて 2003 年 度 に 都 道 府 県 の 算 入 率 が80%から75%に 引 き 下 げられた 際 には 基 準 財 政 収 入 額 の 減 少 に 合 せて 基 準 財 政 需 要 額 が 減 額 されており 算 入 率 を 引 き 上 げる 場 合 は これと 反 対 の 動 きとなる 財 政 健 全 化 に 向 けた 国 庫 支 出 金 や 地 方 歳 出 の 削 減 は 標 準 的 な 政 府 サービスのレベルの 引 き 下 げ 基 準 財 政 需 要 額 の 削 減 に 繋 がる しかしながら その 際 算 入 率 を 引 き 上 げ 財 源 保 障 される 歳 出 を 拡 大 すれば 基 準 財 政 需 要 額 の 削 減 額 の 一 部 が 相 殺 されるため その 分 標 準 的 な 政 府 サービスの 引 き 下 げ 幅 をマイルドにすることができる( 図 表 11) この 時 算 入 率 引 き 上 げによる 基 準 財 政 収 入 額 の 増 加 と 基 準 財 政 需 要 額 の 増 額 が 同 額 であることから 普 通 交 付 税 の 必 要 額 は 増 加 せず 財 政 健 全 化 のペースは 落 ちない 一 方 で 基 準 財 政 収 入 額 に 算 入 されない 留 保 財 源 が 圧 縮 されることから 地 方 独 自 の 政 府 サ ービスは 削 減 される 以 上 を 要 すると 財 政 健 全 化 を 進 める 際 に 算 入 率 を 引 き 上 げることの 意 義 は 独 自 サービスの 削 減 を 促 すことで 捻 出 した 財 源 を 活 用 することにより 財 政 健 全 化 のペースを 落 とすこ となく 標 準 的 な 政 府 サービスの 削 減 を 抑 制 できることといえよう 加 えて 算 入 率 を 引 き 上 げることで 政 府 サービスの 差 の 拡 大 がある 程 度 抑 制 される 可 能 性 がある これは 留 保 財 源 が 縮 小 されることで 地 方 歳 出 に 占 める 独 自 の 政 府 サービスの 割 合 が 低 下 するのに 加 え 財 政 力 の 強 い 地 方 自 治 体 では 既 存 の 留 保 財 源 のうち 基 準 財 政 収 入 額 に 新 たに 算 入 される 分 で 基 準 財 政 需 要 額 の 増 加 分 をカバーできるのに 対 し 財 政 力 の 弱 い 地 方 自 治 体 では カバーできず 結 果 的 に 財 政 力 の 弱 い 地 方 自 治 体 に 普 通 交 付 税 が 多 く 配 分 されるためである 例 えば 第 3 章 の( 図 表 10) で 示 した サービス 力 指 数 について 仮 に 算 入 率 を 現 行 の75%から80%に 変 更 して 計 算 すると 財 政 力 指 数 の 強 いグループで 低 下 するのに 対 し 弱 いグループでは 上 昇 する( 注 23 図 表 12) もっとも 算 入 率 の 意 義 の 一 つが 一 定 の 留 保 財 源 を 残 すことによる 地 方 自 治 体 の 税 収 確 保 に 対 する J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 43

14 44 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

15 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 インセンティブである 点 を 踏 まえると( 注 24) 逆 に 引 き 下 げる 方 が 望 ましいとの 見 方 もできよう 留 保 財 源 の 増 加 を 通 じ 地 方 自 治 体 の 自 主 性 や 政 府 サービスの 独 自 性 の 向 上 に 繋 がるとみられ 地 方 分 権 改 革 とも 整 合 的 である しかしながら ここで 想 定 されている 税 収 確 保 は 超 過 税 率 や 法 定 外 目 的 税 等 の 地 方 の 独 自 課 税 ではなく 地 域 産 業 振 興 等 を 通 じた 標 準 的 な 税 収 の 確 保 であることから 一 朝 一 夕 には 実 現 しない 財 政 健 全 化 が 急 がれる 現 局 面 においては むしろ 即 効 性 の 期 待 できる 算 入 率 の 引 き 上 げの 方 が 効 果 的 な 選 択 肢 といえよう (3) 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 地 方 税 収 の 偏 在 は 地 方 自 治 体 間 の 政 府 サービスの 差 をもたらす 原 因 であるとして 従 来 から 問 題 視 されており これまでにも 是 正 策 が 施 されてきた 例 えば 2008 年 度 には 地 方 税 である 法 人 事 業 税 の 減 税 と 国 税 の 地 方 法 人 特 別 税 の 創 設 がセットで 行 われ 地 方 法 人 特 別 税 を 地 方 譲 与 税 として 人 口 と 従 業 者 数 に 基 づいて 各 都 道 府 県 に 配 分 することで 偏 在 是 正 が 図 られている さらに 2014 年 度 には 地 方 法 人 税 が 創 設 されている これは 地 方 税 の 法 人 住 民 税 法 人 税 割 の 一 部 を 国 税 の 地 方 法 人 税 に 変 更 し 地 方 交 付 税 の 財 源 に 充 てることで 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 を 図 るものである 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 は いわゆる 法 人 2 税 ( 法 人 住 民 税 と 法 人 事 業 税 )の 偏 在 をどのように 是 正 する かが 焦 点 となる これは 法 人 2 税 の 都 市 部 への 偏 在 が 大 きいためで 例 えば 主 要 な 地 方 税 である 個 人 住 民 税 地 方 消 費 税 法 人 2 税 のそれぞれの 税 収 のうち 東 京 都 神 奈 川 県 愛 知 県 大 阪 府 の 割 合 を みると 個 人 住 民 税 が39% 地 方 消 費 税 が34%であるのに 対 し 法 人 2 税 は48%に 上 る( 図 表 13) 一 方 どのように 是 正 するかについて 地 方 法 人 特 別 税 や 地 方 法 人 税 のケースでは 地 方 税 を 国 税 化 した うえで 地 方 に 配 分 することによって 偏 在 是 正 が 図 られている しかしながら この 方 法 については 各 地 方 自 治 体 における 受 益 と 負 担 の 関 係 が 乖 離 する 可 能 性 に 留 意 する 必 要 がある このため 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 に 向 けた 基 本 的 な 方 向 性 としては 個 人 住 民 税 や 地 方 消 費 税 等 の 偏 在 の 比 較 的 小 さい 地 方 税 収 を 厚 くすることが 求 められる 地 方 税 収 の 偏 在 是 正 による 政 府 サービスの 差 への 影 響 をみるために J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 45

16 第 3 章 の( 図 表 10)で 示 した サービス 力 指 数 について 仮 に 税 収 中 立 を 前 提 に 法 人 2 税 を 個 人 住 民 税 や 地 方 消 費 税 に 置 き 換 えたとして 試 算 すると 財 政 力 が1 以 上 の 不 交 付 団 体 の サービス 力 指 数 が 低 下 する 一 方 で 交 付 団 体 では 上 昇 しており 政 府 サービスの 差 が 一 定 程 度 是 正 される 可 能 性 が 示 唆 される( 注 25 図 表 14) 地 方 税 収 の 偏 在 については 今 後 消 費 税 率 の 引 き 上 げに 伴 う 地 方 消 費 税 収 の 増 加 に 伴 って 一 定 程 度 是 正 されると 考 えられる このため 上 記 の 試 算 の 前 提 のような 法 人 2 税 の 個 人 住 民 税 や 地 方 消 費 税 への 置 き 換 えは 不 要 との 見 方 もできよう しかしながら 財 政 健 全 化 と 持 続 的 な 経 済 成 長 の 実 現 の 両 立 が 求 められる 現 況 のもとでは 法 人 2 税 を 削 減 することによる 法 人 の 税 負 担 の 軽 減 までも 考 慮 に 入 れ ると このような 税 収 に 中 立 的 な 税 の 置 き 換 えは 重 要 な 選 択 肢 となろう( 注 26) 46 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

17 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 ( 注 23) サービス 力 指 数 が1 未 満 は387 市 町 村 に 減 少 すると 試 算 される ( 注 24)2003 年 度 の 算 入 率 引 き 下 げの 趣 旨 として 企 業 誘 致 等 により 税 収 が 増 えた 場 合 に 地 方 団 体 が 自 由 に 使 える 財 源 ( 一 般 財 源 )が 増 加 するようにすることで 税 収 確 保 努 力 へのインセンティブを 高 める ( 総 務 省 地 方 財 政 関 係 資 料 ( 平 成 24 年 2 月 ) p 年 )ことが 挙 げられている ( 注 25) サービス 力 指 数 が1 未 満 は 個 人 住 民 税 への 置 換 で336 市 町 村 地 方 消 費 税 への 置 換 で263 市 町 村 に 減 少 すると 試 算 される ( 注 26) 法 人 負 担 の 軽 減 消 費 者 負 担 の 増 加 になることに 対 して 否 定 的 な 見 方 が 予 想 されるが それを 回 避 する 場 合 例 えば 法 人 2 税 を 法 人 税 ( 国 税 )に 移 すと 同 時 に 同 額 の 所 得 税 ( 国 税 )を 個 人 住 民 税 や 地 方 消 費 税 に 移 すといった 方 法 が 考 えられる この 場 合 1 国 と 地 方 の 税 収 に 中 立 2 個 人 と 法 人 の 税 負 担 にも 中 立 な 形 で 法 人 2 税 が 個 人 住 民 税 や 地 方 消 費 税 に 置 き 換 わ る ただし 法 人 実 効 税 率 を 引 き 下 げるには 別 途 法 人 税 率 の 引 き 下 げが 必 要 になる 5.まとめ 2020 年 度 までのPB 黒 字 化 目 標 を 達 成 するには 単 純 計 算 で 毎 年 度 平 均 1.9 兆 円 ~3.3 兆 円 のPBの 改 善 を 今 後 5 年 間 続 ける 必 要 がある その 過 程 では 相 当 に 厳 しい 歳 出 歳 入 改 革 に 踏 み 込 まざるを 得 ないと 予 想 される 財 政 健 全 化 を 着 実 に 推 進 するには 高 い 名 目 経 済 成 長 率 を 期 待 した 甘 い 前 提 を 避 け 景 気 の 下 振 れリスクを 視 野 に 入 れた 堅 実 な 前 提 に 基 づく 財 政 健 全 化 計 画 を 策 定 することが 必 要 である 歳 出 面 では 標 準 的 な 政 府 サービスの 削 減 が 求 められ 既 存 の 政 府 サービスの 取 捨 選 択 に 迫 られる 一 方 で 歳 入 面 では 税 負 担 の 在 り 方 が 議 論 の 俎 上 に 載 るとみられる いずれにせよ 財 政 健 全 化 の 取 り 組 み 過 程 では ナショナルミニマムとは 何 かが 常 に 問 われることになろう そうしたなか 既 存 の 財 政 構 造 のままで 財 政 健 全 化 目 標 を 達 成 しようとすると 過 大 な 歳 出 削 減 や 増 税 地 方 財 政 に 対 する 財 源 の 保 障 や 偏 在 是 正 の 弱 まりなどを 通 じて 国 民 生 活 に 過 度 な 負 担 を 強 いる 可 能 性 がある 財 政 健 全 化 のペースを 緩 めることなく 国 民 生 活 への 過 度 な 負 担 を 避 けるためには 本 稿 でとりあげたような 既 存 の 制 度 の 見 直 しに 機 動 的 に 取 り 組 むことが 求 められる 新 たな 健 全 化 計 画 では こうした 考 え 方 を 反 映 した 具 体 的 施 策 に 踏 み 込 んでいくことを 期 待 したい ( ) 参 考 文 献 資 料 岩 手 県 ホームページhttp://www.pref.iwate.jp/yosan/teigen/ html 厚 生 労 働 省 [2012]. 社 会 保 障 に 係 る 費 用 の 将 来 推 計 の 改 定 について( 平 成 24 年 3 月 ) 2012 年 高 知 県 市 町 村 交 付 税 制 度 研 究 会 [2006]. 地 方 交 付 税 制 度 の 改 革 について 地 域 間 格 差 の 是 正 に 向 けて 2006 年 総 務 省 [2012]. 地 方 財 政 関 係 資 料 ( 平 成 24 年 2 月 ) 2012 年 総 務 省 ホームページhttp://www.soumu.go.jp/main_sosiki/c-zaisei/kouhu.html 地 方 分 権 改 革 有 識 者 会 議 [2014]. 個 性 を 活 かし 自 立 した 地 方 をつくる~ 地 方 分 権 改 革 の 総 括 と 展 望 ~( 平 成 26 年 6 月 24 日 ) 2014 年 内 閣 府 [2014]. 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~( 平 成 26 年 6 月 24 日 ) 2014 年 内 閣 府 [2015]. 中 長 期 の 経 済 財 政 に 関 する 試 算 ( 平 成 27 年 2 月 12 日 経 済 財 政 諮 問 会 議 提 出 ) 2015 年 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26 47

18 西 森 光 子 [2005]. 地 方 交 付 税 の 問 題 点 と 有 識 者 の 改 革 案 財 政 再 建 と 地 方 分 権 の 両 立 をめざして レファレンス(656) 国 立 国 会 図 書 館 2005 年 竹 前 希 美 [2011]. 地 方 交 付 税 制 度 の 財 政 的 課 題 調 査 と 情 報 ( 第 730 号 ) 国 立 国 会 図 書 館 2011 年 48 J R Iレビュー 2015 Vol.7, No.26

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E5959D82C889FC915082AA8CA98D9E82DC82EA82E98CD9977095DB8CAF8DE090AD8169936EE7B28C5B8B50816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E5959D82C889FC915082AA8CA98D9E82DC82EA82E98CD9977095DB8CAF8DE090AD8169936EE7B28C5B8B50816A2E646F63> 大 幅 な 改 善 が 見 込 まれる 雇 用 保 険 財 政 ~ 弾 力 条 項 発 動 による 保 険 料 率 引 下 げの 可 能 性 ~ 予 算 委 員 会 調 査 室 渡 邊 啓 輝 1.はじめに 現 在 第 14 循 環 の 景 気 拡 張 局 面 は4 年 を 経 過 し 平 成 景 気 ( 谷 : 昭 和 61 年 11 月 山 : 平 成 3 年 2 月 )を 超 える 息 の 長

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する 税 制 A to Z 2014 年 1 月 28 日 全 12 頁 年 収 1,000 万 円 前 後 の 層 に 負 担 増 が 集 中 する 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 所 得 税 )と 家 計 関 連 の 予 算 の 解 説 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 本 稿 は 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 以 下 大 綱 )のうち

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

39_1

39_1 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 215 年 7 月 号 高 齢 化 財 政 悪 化 が 変 える 個 人 消 費 構 造 < 要 旨 > 日 本 では 年 金 受 給 者 数 が 給 与 所 得 者 数 の 約 7 割 に 達 し 高 齢 者 が 消 費 全 体 に 与 え る 影 響 は 年 々 増 してきている 214 年 は 給 与 所 得 環 境 が 改 善 したにもかかわらず

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

タイトル

タイトル 経 済 トレンド 子 ども 手 当 ての 意 義 を 考 える ~ 拙 速 な 廃 止 は 将 来 の 労 働 力 を 質 量 の 両 面 から 減 少 させることに~ 経 済 調 査 部 柵 山 順 子 ( 要 旨 ) 東 日 本 大 震 災 の 復 興 財 源 案 の 一 つとして 子 ども 手 当 ての 廃 止 が 議 論 されている 子 ども 手 当 て 廃 止 が 様 々な 世 帯 にどのような

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF)

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF) 個 人 マーケット わが 国 における 相 続 贈 与 税 一 体 化 の 影 響 平 成 15 年 度 税 制 改 正 において 贈 与 税 の 相 続 時 精 算 課 税 制 度 が 創 設 された これにより 相 続 税 と 贈 与 税 の 一 体 化 が 可 能 となり 高 齢 者 世 帯 に 偏 っている 個 人 金 融 資 産 の 次 世 代 へ の 移 転 が 図 られていくことが 期

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73>

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73> 平 成 26 中 津 市 における 普 通 交 付 税 算 定 結 果 交 付 決 定 額 ( 千 円 ) 交 付 決 定 額 対 前 伸 び 率 財 政 力 指 数 平 成 22 11,486,011 6.4% 0.490 平 成 23 11,597,848 1.0% 0.473 平 成 24 11,657,421 0.5% 0.471 平 成 25 10,952,521 6.0% 0.488 平

More information

復興特別法人税の前倒し廃止の検討

復興特別法人税の前倒し廃止の検討 税 制 A to Z 2013 年 11 月 25 日 全 6 頁 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 の 検 討 民 間 投 資 活 性 化 等 のための 税 制 改 正 大 綱 の 解 説 その 4( 最 終 回 ) 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 平 成 25 年 10 月 1 日 自 由 民 主 党 および 公 明 党 は 民 間 投 資 活

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

協 会 けんぽ 組 合 健 保 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 脆 弱 なところに 公 費 投 入 や 制 度 間 移 転 が 行 われており 各 制 度 間 で 給 付 や 保 険 料 率 の 格 差 が 発 生 することを 抑 える 仕 組 みになっている 資 料 1

協 会 けんぽ 組 合 健 保 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 脆 弱 なところに 公 費 投 入 や 制 度 間 移 転 が 行 われており 各 制 度 間 で 給 付 や 保 険 料 率 の 格 差 が 発 生 することを 抑 える 仕 組 みになっている 資 料 1 Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート 新 財 政 再 建 計 画 考 2 発 表 日 :2015 年 4 月 15 日 ( 水 ) ~ 社 会 保 障 制 度 改 革 でどこまでPB 黒 字 に 近 づけるか~ ( 要 旨 ) 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 エコノミスト 星 野 卓 也 TEL:03-5221-4547 医 療 介 護 年

More information

超高齢社会に向けた家計金融資産運用

超高齢社会に向けた家計金融資産運用 特 集 超 高 齢 日 本 の 再 構 想 中 里 幸 聖 / 佐 川 あぐり/ 中 田 理 惠 要 約 超 高 齢 社 会 となるわが 国 は 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 要 因 を 抱 えている 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 は 最 終 需 要 にマイナス 要 素 であると 同 時 に 実 物 投 資 の 原 資 減 少 という 形 で 生 産 活 動 にもマイナス 要 素

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

Microsoft Word - 201210601.doc

Microsoft Word - 201210601.doc 金 融 緩 和 と 成 長 戦 略 の 効 果 発 現 を 期 待 する 日 銀 シナリオ ~2012 年 10 月 日 銀 展 望 レポートと 金 融 緩 和 の 強 化 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 2012 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 は 先 行 きの 経 済 と 物 価 情 勢 を 展 望 した 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 ( 展 望 レポート) 1 を

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免 みずほインサイト 政 策 2014 年 3 月 6 日 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 が 増 加 懸 念 される 将 来 の 低 年 金 者 の 増 加 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 の 増 加 が 続 いており 2012

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 木 村 真 ( 北 海 道 大 学 公 共 政 策 大 学 院 特 任 助 教 ) 1.はじめに わが 国 では 高 齢 化 の 進 展 とともに 国 民 負 担 における 社 会 保 険 料

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート 2014 年 度 新 車 販 売 の 行 方 発 表 日 :2014 年 1 月 24 日 ( 金 ) ~ 車 体 課 税 の 見 直 しの 効 果 はいかに?~ ( 要 旨 ) 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 エコノミスト 大 塚 崇 広 TEL:03-5221-4525 昨 年 12 月 に 平 成

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」

金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」 2016 年 9 月 21 日 日 本 銀 行 金 融 緩 和 強 化 のための 新 しい 枠 組 み: 長 短 金 利 操 作 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 1. 日 本 銀 行 は 本 日 政 策 委 員 会 金 融 政 策 決 定 会 合 において 量 的 質 的 金 融 緩 和 および マイナス 金 利 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 のもとでの 経 済 物 価 動 向 と

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

震 災 の 経 済 効 果 2

震 災 の 経 済 効 果 2 東 日 本 大 震 災 からの 経 済 復 興 の 課 題 と 提 言 佐 藤 主 光 一 橋 大 学 1 震 災 の 経 済 効 果 2 震 災 の3つの 影 響 第 1 次 災 害 第 2 次 災 害 第 3 次 災 害 インフラ 住 宅, 工 場 等 の 震 災 の 直 接 的 被 害 内 閣 府 の 試 算 ( 平 成 23 年 3 月 23 日 ) 約 16 兆 円 ~ 最 大 25 兆

More information

NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷

NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷 2011.4 NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷 の 長 期 化 や 急 速 な 高 齢 化 等 を 背 景 として 日 本 の 財 政

More information

片岡氏提出資料

片岡氏提出資料 第 4 回 今 後 の 経 済 財 政 動 向 等 についての 集 中 点 検 会 合 ( 於 : 総 理 大 臣 官 邸 4 階 大 会 議 室 ) 消 費 税 再 増 税 と 日 本 経 済 2014 年 11 月 17 日 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 経 済 社 会 政 策 部 主 任 研 究 員 片 岡 剛 士 1 2013 年 以 降 の 日 本 経 済 の

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

引 き 下 げを 行 ったところあり 職 員 の 給 与 水 準 は 適 正 であると 考 えており また 定 員 適 正 化 計 画 に 基 づき 全 体 的 な 人 件 費 の 削 減 にも いち 早 く 取 り 組 んでまいりました 以 上 のようなことから 10% 削 減 は 考 えておりま

引 き 下 げを 行 ったところあり 職 員 の 給 与 水 準 は 適 正 であると 考 えており また 定 員 適 正 化 計 画 に 基 づき 全 体 的 な 人 件 費 の 削 減 にも いち 早 く 取 り 組 んでまいりました 以 上 のようなことから 10% 削 減 は 考 えておりま 2010 年 12 月 1 日 通 告 15 日 一 般 質 問 山 県 市 議 会 寺 町 知 正 ( 質 問 と 答 弁 を 並 べ 替 えて 分 かりやすくした 今 回 は 時 間 がたりず 実 質 再 質 問 は 無 し) 質 問 番 号 1 番 答 弁 者 副 市 長 質 問 事 項 人 口 増 加 若 者 定 住 のために 転 入 市 民 税 新 築 住 宅 減 税 子 育 て 支 援

More information

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし -

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし - REPORT 適 格 退 職 年 金 廃 止 後 の 企 業 年 金 に 関 する 一 考 察 - 確 定 給 付 企 業 年 金 数 の 増 加 対 策 の 検 討 を 開 始 すべし - 鈴 木 政 司 生 活 設 計 研 究 部 主 任 研 究 員 要 旨 確 定 給 付 企 業 年 金 法 が 2002 年 4 月 に 施 行 されたことから 10 年 間 の 移 行 期 間 を 経 て 2012

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(上)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(上) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 上 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 松 野 晴 菜 1.はじめに 平 成 26 年 6 月 3 日 国 民 年 金 及 び 厚 生 年 金 に 係 る 財 政 の 現 況 及 び 見 通 し ( 以 下 財 政 検 証 という )が 公 表 された 財 政 検 証 は 少 なくとも5

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

NIRA 社 会 保 障 制 度 に 関 する 研 究 報 告 国 債 に 依 存 した 社 会 保 障 からの 脱 却 -シルバー 民 主 主 義 を 超 えて- エクゼクティブサマリー 日 本 の 社 会 保 障 制 度 は 毎 年 の 赤 字 国 債 の 発 行 により 支 えられており その

NIRA 社 会 保 障 制 度 に 関 する 研 究 報 告 国 債 に 依 存 した 社 会 保 障 からの 脱 却 -シルバー 民 主 主 義 を 超 えて- エクゼクティブサマリー 日 本 の 社 会 保 障 制 度 は 毎 年 の 赤 字 国 債 の 発 行 により 支 えられており その 2013.2 NIRA 社 会 保 障 制 度 に 関 する 研 究 報 告 国 債 に 依 存 した 社 会 保 障 からの 脱 却 -シルバー 民 主 主 義 を 超 えて- エクゼクティブサマリー 日 本 の 社 会 保 障 制 度 は 毎 年 の 赤 字 国 債 の 発 行 により 支 えられており その 発 行 規 模 は 今 後 持 続 的 に 拡 大 することが 見 込 まれる 2040

More information

公的年金運用改革は一元化後に本格化するか

公的年金運用改革は一元化後に本格化するか 金 融 資 本 市 場 2015 年 11 月 16 日 全 9 頁 公 的 年 金 運 用 改 革 は 一 元 化 後 に 本 格 化 するか 被 用 者 年 金 一 元 化 を 見 据 え 各 共 済 組 合 等 も 資 産 構 成 に 変 化 がみられる 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 公 的 年 金 の 資 産 総 額 は 205.4 兆 円 と 8 年 ぶりに

More information

Microsoft Word - 201210613.docx

Microsoft Word - 201210613.docx 年 月 期 GDP 速 報 (1 次 速 報 )の 概 要 ~ 後 退 局 面 の 早 期 脱 却 の 可 否 を 占 う 世 界 経 済 底 打 ちのタイミング~ 調 査 情 報 担 当 室 竹 田 智 哉 1. 後 退 局 面 入 りしたと 見 られる 我 が 国 経 済 年 月 期 のGDP 成 長 率 (1 次 速 報 値 年 11 月 12 日 公 表 )は 名 実 ともに 0.9%( 年

More information

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい Research Report 2015 年 8 月 7 日 経 営 サポートセンター リサーチグループ 主 査 浅 野 俊 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について( 平 成 20 年 度 - 平 成 25 年 度 ) 福 祉 医 療 機 構 のデータに 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までにわたる 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 経 年 分 析 を

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

[ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 ] みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 経 済 調 査 部 市 川 雄 介 TEL(03)3591-1416 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 とし

[ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 ] みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 経 済 調 査 部 市 川 雄 介 TEL(03)3591-1416 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 とし 2008 年 9 月 9 日 発 行 定 額 減 税 : 想 定 されるスケジュールと 効 果 [ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 ] みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 経 済 調 査 部 市 川 雄 介 yusuke.ichikawa@mizuho-ri.co.jp TEL(03)3591-1416 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作

More information

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本 資 料 2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 制 度 分 科 会 報 告 超 高 齢 日 本 における 政 府 財 政 の 課 題 と 長 期 展 望 株 式 会 社 大 和 総 研 調 査 提 言 企 画 室 長 鈴 木 準 hitoshi.suzuki@dir.co.jp 214 年 3 月 1 日 Japanese Economic Research 財 政 問 題 の 長 期 展 望

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に ニッセイ 基 礎 研 究 所 No.2011-02 Aug 2011 見 直 しによる 家 への 影 響 ~ 高 所 得 者 層 の 可 処 分 所 得 は 大 幅 減 少 に 経 済 調 査 部 門 研 究 員 桑 畠 滋 (くわはた しげる) (03)3512-1838 kuwahata@nli-research.co.jp [ 要 旨 ] 民 主 自 民 公 明 3 党 は を 見 直 し 2012

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

年 金 抑 制 デフレ 下 でも 実 施 二 重 引 き 下 げ へ (2015 年 1 月 22 日 読 売 新 聞 ) 厚 生 労 働 省 の 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 は21 日 公 的 年 金 制 度 の 改 革 に 関 する 報 告 書 を 取 りまとめた 年 金 の 抑

年 金 抑 制 デフレ 下 でも 実 施 二 重 引 き 下 げ へ (2015 年 1 月 22 日 読 売 新 聞 ) 厚 生 労 働 省 の 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 は21 日 公 的 年 金 制 度 の 改 革 に 関 する 報 告 書 を 取 りまとめた 年 金 の 抑 社 説 公 的 年 金 見 直 し 低 所 得 者 対 策 を 急 げ 東 京 新 聞 2015 年 1 月 23 日 厚 生 労 働 省 の 審 議 会 がまとめた 公 的 年 金 制 度 の 見 直 しに 関 する 報 告 書 は 給 付 抑 制 の 仕 組 み 強 化 が 柱 で 高 齢 者 に 痛 みを 強 いるものだ 高 齢 者 の 貧 困 が 拡 大 する 中 低 所 得 者 対 策 を

More information

税制改正に関するアンケート(最終版)

税制改正に関するアンケート(最終版) 平 成 29 年 度 税 制 改 正 に 関 するアンケート 平 成 28 年 度 税 制 改 正 では 法 人 実 効 税 率 の 引 き 下 げなどの 法 人 税 改 革 等 が 行 われるととも に 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 が 導 入 されることとなりました また 少 子 化 対 策 や 地 方 創 生 の 推 進 等 に 向 けた 税 制 措 置 が 講 じられました ( 平

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 率 に 関 する 一 考 察 三 井 住 友 信 託 銀 行 ペンション リサーチ センター 研 究 理 事 杉 田 健 要 旨 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 は 将 来 部 分 の 均 衡 のみによって 計 算 されており 予 定 利 率 の 引 下 げ 等 の 後 発 債 務 の 償 却 を 反 映 していないが 本 稿 では 後

More information

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 平 成 25 事 業 年 度 財 務 諸 表 の 概 要 1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 欠 損 金 792 億 円 : 利 益 剰

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information