<4D F736F F F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A F F696E74816A E EF8B F CB48D65816A>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>"

Transcription

1 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語

2 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる 国 の 動 き 10 財 政 再 建 団 体 制 度 11 夕 張 市 の 状 況 13 財 政 健 全 化 の 仕 組 みの 概 要 15 人 口 財 政 指 標 一 覧 16

3 地 方 交 付 税 について 地 方 公 共 団 体 の 主 な 自 主 財 源 である 地 方 税 は 地 域 の 経 済 力 や 人 口 によって 収 入 額 が 左 右 されるため 各 団 体 で 大 き なばらつきが 生 じます そこで 国 が 各 団 体 ごとに 標 準 的 に 必 要 な 一 般 財 源 の 総 額 である 基 準 財 政 需 要 額 を 定 め この 基 準 財 政 需 要 額 に 対 して 地 方 税 収 入 ( 実 際 の 計 算 では 地 方 税 収 入 の3/4に 相 当 する 基 準 財 政 収 入 額 )では 不 足 する 額 を 交 付 するのが 地 方 交 付 税 です 国 が 国 税 として 集 めた 税 の 一 部 を 地 方 に 再 配 分 するこの 地 方 交 付 税 制 度 により 地 方 は 財 源 が 保 障 され どの 団 体 で も 一 定 水 準 の 行 政 サービスが 提 供 できるよう 団 体 間 の 不 均 衡 が 是 正 されることになります なお 基 準 財 政 需 要 額 に 算 入 される 経 費 は あくまで 国 が 考 えた 標 準 的 なものであるため 実 際 の 予 算 はそれに 拘 束 されません 従 って 地 方 交 付 税 はその 使 途 が 特 定 されているわけではありません 総 額 所 得 税 酒 税 の32% 法 人 税 の34% 消 費 税 の29.5% たばこ 税 の25% 種 類 1 普 通 交 付 税 ( 交 付 税 総 額 の94%) 基 準 財 政 需 要 額 が 基 準 財 政 収 入 額 を 超 える 地 方 公 共 団 体 に 対 して 交 付 普 通 交 付 税 の 仕 組 み 留 保 財 源 基 準 財 政 需 要 額 に 算 入 された 事 業 以 外 の 事 業 を 行 うための 財 源 ( 地 方 税 収 額 の1/4) 基 準 財 政 需 要 額 100 億 円 公 債 費 事 業 費 補 正 基 準 財 政 需 要 額 100 億 円 標 準 的 な 県 民 サービスにかかる 経 費 一 般 財 源 110 億 円 基 準 財 政 収 入 額 30 億 円 事 業 費 補 正 公 債 費 普 通 交 付 税 70 億 円 自 由 に 使 える 交 付 税 基 準 財 政 収 入 額 留 保 財 源 30 億 円 10 億 円 地 方 税 収 入 40 億 円 2 特 別 交 付 税 ( 交 付 税 総 額 の6%) 普 通 交 付 税 で 捕 捉 されない 特 別 の 財 政 需 要 ( 災 害 等 )に 対 して 交 付 1

4 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 普 通 交 付 税 の 財 源 調 整 機 能 について 基 準 財 政 需 要 額 が100 億 円 と 同 額 ながら 地 方 税 収 入 が 大 きく 異 なるA 市 B 市 C 市 の3 団 体 の 場 合 を 例 に 説 明 します 普 通 交 付 税 による 財 源 調 整 イメ-ジ 基 準 財 政 需 要 額 A 市 B 市 C 市 基 準 財 政 需 要 額 100 億 円 全 て100 億 円 A 市 15 億 円 一 般 財 源 105 億 円 普 通 交 付 税 85 億 円 15 億 円 5 億 円 基 準 財 政 収 入 額 留 保 財 源 地 方 税 収 入 A 市 の 場 合 基 準 財 政 需 要 額 100 億 円 に 対 し 地 方 税 収 入 が20 億 円 し かないため 地 方 税 収 入 の3/4に 相 当 する 基 準 財 政 収 入 額 15 億 円 を 控 除 した85 億 円 が 普 通 交 付 税 として 交 付 さ れます 従 ってA 市 の 一 般 財 源 は 普 通 交 付 税 85 億 円 と 地 方 税 収 入 20 億 円 の 合 計 額 である105 億 円 となります 一 般 財 源 125 億 円 基 準 財 政 収 入 額 B 市 75 億 円 普 通 交 付 税 25 億 円 基 準 財 政 収 入 額 75 億 円 地 方 税 収 入 100 億 円 留 保 財 源 25 億 円 B 市 の 場 合 地 方 税 収 入 が100 億 円 あるため 同 じ 計 算 により 一 般 財 源 は125 億 円 となります C 市 120 億 円 一 般 財 源 160 億 円 基 準 財 政 収 入 額 120 億 円 地 方 税 収 入 160 億 円 留 保 財 源 40 億 円 C 市 の 場 合 地 方 税 収 入 が160 億 円 あるということは その3/4である 基 準 財 政 収 入 額 が120 億 円 となり 基 準 財 政 需 要 額 の100 億 円 を 超 えているため 普 通 交 付 税 は 交 付 されません 東 京 都 などがこのケ-スに 該 当 します このように 地 方 交 付 税 制 度 により どの 市 も 基 準 財 政 需 要 額 である100 億 円 の 一 般 財 源 が 保 障 されることになります さらに 地 方 税 収 が 多 くなればなるほど 交 付 税 算 定 から 控 除 されている 留 保 財 源 が 大 きくなるため 一 般 財 源 総 額 も 大 きくなることから 各 団 体 は 税 収 確 保 の 努 力 を 行 うことになります 2

5 財 政 力 指 数 基 本 的 な 財 政 需 要 額 に 対 する 基 本 的 な 収 入 の 割 合 で 財 政 の 自 主 性 自 由 度 を 図 る 指 標 として 用 いられます 国 の 各 種 財 政 援 助 措 置 を 行 う 場 合 の 財 政 力 の 判 断 指 数 ともされており 次 の 算 式 により 求 められます 普 通 交 付 税 算 定 の 基 礎 となる 基 準 財 政 収 入 額 普 通 交 付 税 算 定 の 基 礎 となる 基 準 財 政 需 要 額 の 過 去 3 年 平 均 全 国 平 均 は 概 ね0.4であるのに 対 し 本 県 は 平 成 17 年 度 では0.21であり 全 国 最 低 水 準 となっています 0.3 未 満 (Eグループ) 0.4 未 満 0.5 未 満 1.0 未 満 1.0 以 上 3

6 標 準 財 政 規 模 地 方 公 共 団 体 の 標 準 的 な 状 態 で 通 常 収 入 されるであろう 一 般 財 源 の 規 模 を 示 すもので 地 方 税 収 等 に 普 通 交 付 税 を 加 算 したものにより 求 められます 本 県 は 平 成 18 年 度 で2547 億 円 となっています 基 準 財 政 需 要 額 A 基 準 財 政 収 入 額 B (D 7.5/10+E) 財 源 不 足 額 C (A-B) 25% 75% 地 方 税 収 入 額 D 地 方 譲 与 税 等 E 地 方 交 付 税 普 通 交 付 税 (94%) 特 別 交 付 税 (6%) 標 準 財 政 規 模 国 税 五 税 の 一 定 率 4

7 地 方 債 について 地 方 債 とは 地 方 公 共 団 体 が 借 り 入 れる 長 期 の 借 金 です 県 が 借 り 入 れるものを 特 に 県 債 と 呼 びます 1. 借 入 の 対 象 となる 事 業 は 法 律 で 限 定 されています (1) 地 方 財 政 法 学 校 その 他 の 文 教 施 設 保 育 所 その 他 の 厚 生 施 設 消 防 施 設 道 路 河 川 港 湾 その 他 の 土 木 施 設 等 の 公 1 共 施 設 又 は 公 用 施 設 の 建 設 事 業 費 などの 財 源 とする 場 合 2 交 通 事 業 ガス 事 業 水 道 事 業 その 他 地 方 公 共 団 体 の 行 う 企 業 に 要 する 経 費 の 財 源 とする 場 合 3 災 害 応 急 事 業 費 災 害 復 旧 事 業 費 及 び 災 害 救 助 事 業 費 の 財 源 とする 場 合 4 その 他 特 別 な 財 源 措 置 (2) その 他 の 特 別 法 このほか 過 疎 地 域 の 振 興 や 市 町 村 合 併 の 推 進 のために 個 別 の 法 律 で(1) 以 外 の 経 費 についても 地 方 債 の 借 入 が 認 められているものがあります 2. 国 と 異 なり 赤 字 補 填 のための 借 金 は 認 められていません 3. 地 方 債 が 果 たしている 主 な 機 能 は 次 のとおりです 1 単 年 度 に 多 額 の 財 源 を 必 要 とする 場 合 の 年 度 間 調 整 機 能 2 公 共 施 設 などを 利 用 する 各 世 代 の 住 民 負 担 の 公 平 のための 調 整 機 能 3 借 入 年 度 において 一 般 財 源 の 不 足 を 補 うための 財 源 調 達 機 能 4 国 の 経 済 対 策 にあわせた 事 業 量 の 調 整 のための 財 源 調 達 機 能 4. 地 方 債 には その 償 還 に 対 して 地 方 交 付 税 が 措 置 される 制 度 があります 地 方 債 の 種 類 借 入 年 度 によって 措 置 率 が 異 なり 地 方 債 の 償 還 にあわせて 地 方 交 付 税 が 各 年 度 に 交 付 されます 5

8 地 方 債 の 効 果 00 年 度 において 100 億 円 の 事 業 費 を 支 出 するため 55 億 円 の 国 からの 補 助 を 受 け 不 足 する 財 源 については 一 般 財 源 を24 億 7500 万 円 使 うほか 地 方 債 を20 億 2500 万 円 借 り 入 れま す 歳 出 財 源 ( ) ( ) 国 庫 補 助 金 公 共 事 業 費 特 別 法 により 事 業 翌 年 度 から2 年 以 内 に 開 発 指 定 補 助 金 13 億 7500 万 円 が 交 付 されます 一 般 財 源 55 億 24 億 7500 万 20 億 2500 万 100 億 地 方 債 18,000 16,000 14,000 12,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2,000 翌 年 度 から 償 還 が 始 まります 償 還 額 の2 分 の1が 毎 年 度 地 方 交 付 税 として 措 置 されます 万 円 0 地 方 債 の 公 債 費 元 金 改 築 された 道 路 を 利 用 する 世 代 が 負 担 を 分 かち 合 うことになります 利 子 年 度 事 業 の 収 支 合 計 国 庫 補 助 金 55 億 円 一 般 財 源 24 億 7500 万 円 開 発 指 定 補 助 13 億 7500 万 実 負 担 11 億 事 業 年 度 に24 億 7500 万 円 の 一 般 財 源 負 担 がありますが 01~02 年 度 に13 億 7500 万 円 の 補 助 金 の 追 加 があるため 実 質 的 な 負 担 は 差 引 11 億 円 となります 実 負 担 2 億 9324 万 01 年 度 ~20 年 度 の 間 地 方 債 の 償 還 について 元 金 10 億 1250 万 円 利 子 2 億 9324 万 円 の 合 計 13 億 574 万 円 の 実 負 担 となります 充 当 率 45% 地 方 債 20 億 2500 万 円 実 負 担 地 方 交 付 税 10 億 1250 万 10 億 1250 万 地 方 交 付 税 2 億 9324 万 事 業 費 補 正 50% 地 方 債 を 借 り 入 れて 事 業 を 行 った 場 合 県 の 総 支 出 額 は 利 子 を 加 えて 105 億 8648 万 円 となりますが 実 負 担 は 事 業 年 度 からの21 年 間 で24 億 事 業 費 100 億 円 574 万 円 となり 地 方 債 を 借 りない 場 合 の 実 負 担 31 億 2500 万 円 より 7 億 1926 万 円 の 負 担 軽 減 となります 利 子 5 億 8648 万 円 借 入 条 件 ( 仮 定 ) 20 年 元 金 均 等 半 年 賦 償 還 (うち3 年 据 置 ) 年 利 2.5% 6

9 地 方 債 の 償 還 1 最 も 古 い 地 方 債 の 償 還 は 昭 和 56 年 (1978 年 ) 度 に 上 水 道 整 備 のために 借 り 入 れた 地 方 債 のものです 億 円 160 事 業 年 度 別 の 公 債 費 内 訳 (H19) 上 水 道 は 利 用 できる 期 間 が 長 いことなどから 30 年 をかけて 償 還 することにしています 140 元 金 利 子 2 多 くの 県 民 の 方 に 利 用 いただいている 県 立 美 術 館 の 建 設 のために 平 成 7 年 度 から10 年 度 に 借 り 入 れた 地 方 債 89 億 2400 万 円 のうち14 億 7800 万 円 を しまね 海 洋 館 アクアスの 建 設 のために8 年 度 から11 年 度 に 借 り 入 れた 地 方 債 99 億 4300 万 円 のうち9 億 8100 万 円 を 償 還 します 美 術 館 やアクアスの 入 館 料 は 展 示 経 費 や 施 設 の 維 持 管 理 経 費 に 使 われています 建 設 費 は 概 ね 10 年 かけて 一 般 財 源 で 償 還 します 平 成 10 年 度 事 業 のために 借 り 入 れた 地 方 債 の 償 還 が 最 も 大 きな 割 合 を 占 めています 20 経 済 対 策 に 積 極 的 に 取 り 組 み 最 も 普 通 建 設 事 業 費 が 多 かった 年 度 です 0 ~S61 S62 S63 H 元 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 借 入 年 度 ( 実 際 の 借 入 日 は 繰 越 や 資 金 繰 りの 関 係 で 事 業 翌 年 度 になっているものもあります ) 7

10 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 1. 給 与 勧 告 職 員 の 給 与 は 次 の 理 由 により 民 間 給 与 との 均 衡 が 図 られるよう 措 置 されています 1 職 員 の 給 与 は 市 場 原 理 による 給 与 決 定 が 困 難 であること 公 務 は 営 利 を 目 的 としておらず 利 益 配 分 としての 給 与 決 定 方 式 がなじまないためです 2 職 員 も 労 働 者 であり 社 会 一 般 の 情 勢 に 適 応 した 適 正 な 給 与 の 確 保 が 必 要 であること 政 治 的 中 立 性 をはじめ 公 務 の 継 続 性 安 定 性 が 求 められるため 職 員 には 勤 労 者 として 適 正 な 給 与 の 確 保 が 必 要 なためです 3 職 員 の 給 与 は 県 民 の 税 金 によって 賄 われていること 税 金 で 賄 われる 公 務 員 給 与 は 納 税 者 の 理 解 と 納 得 を 得 られる 世 間 相 場 に 従 うことが 最 も 適 当 であ るためです そのため 人 事 委 員 会 では 毎 年 職 員 の 給 与 水 準 と 民 間 の 給 与 水 準 の 間 の 較 差 を 算 出 するための 調 査 ( 職 員 給 与 等 実 態 調 査 及 び 民 間 給 与 実 態 調 査 )を 実 施 し 給 与 勧 告 を 行 っています 2. 給 与 勧 告 の 手 順 毎 年 5 月 から6 月 にかけて 民 間 事 業 所 の 従 業 員 の 給 与 等 を 調 査 し 県 職 員 の 給 与 と 比 較 し また 国 や 他 の 都 道 府 県 の 動 向 を 踏 まえて10 月 頃 に 議 会 と 知 事 に 対 し 勧 告 ( 給 与 勧 告 )を 行 なっています 主 な 調 査 項 目 4 月 分 の 給 与 額 ボーナス 額 ( 過 去 1 年 間 の 状 況 ) 給 与 改 定 や 雇 用 調 整 の 状 況 なお 平 成 18 年 から 比 較 対 象 企 業 規 模 を 従 来 の 100 人 以 上 から 50 人 以 上 に 拡 大 し 民 間 企 業 従 業 員 の 給 与 をより 広 く 把 握 しし 反 映 させています この 給 与 勧 告 に 基 づき 知 事 が 条 例 改 正 案 を 提 案 し 議 会 で 可 決 されると 職 員 の 給 与 改 定 が 行 われます 8

11 民 間 給 与 との 比 較 方 法 平 成 18 年 人 事 院 資 料 9

12 地 方 財 政 をめぐる 国 の 動 き 平 成 14 年 度 において 小 泉 内 閣 の 下 で 自 立 した 国 地 方 の 関 係 の 確 立 を 目 指 し 国 の 関 与 を 縮 小 し 地 方 の 権 限 と 責 任 を 大 幅 に 拡 大 するため 1 国 庫 補 助 負 担 金 2 地 方 交 付 税 3 税 源 移 譲 を 含 めた 税 源 配 分 のあり 方 を 三 位 一 体 で 検 討 し 改 革 を 進 めていくことを 定 めた 骨 太 の 方 針 2002 が 出 されました その 後 具 体 的 な 取 組 が 実 施 され 国 からの 補 助 金 を 廃 止 し 税 源 移 譲 化 したり 交 付 金 化 して 地 方 にとって 使 いやす い 財 源 とする 一 方 地 方 歳 出 の 見 直 しを 前 提 とした 地 方 交 付 税 総 額 の 抑 制 も 行 われました また 18 年 度 に 出 された 骨 太 の 方 針 2006 では 23 年 度 までの 地 方 歳 出 の 削 減 方 針 が 定 められています 平 成 15 年 度 ~ 平 成 18 年 度 平 成 19 年 度 ~ 平 成 23 年 度 地 方 分 権 の 推 進 税 財 政 基 盤 の 拡 充 強 化 = 補 助 金 改 革 税 源 移 譲 交 付 税 の 算 定 の 改 革 = 質 的 転 換 三 位 一 体 改 革 国 と 地 方 の 構 造 改 革 全 国 補 助 金 改 革 ( 税 源 移 譲 化 スリム 化 交 付 金 化 ) 約 4.7 兆 円 税 源 移 譲 ( 所 得 税 ( 国 税 ) 個 人 住 民 税 ( 地 方 税 )) 約 3 兆 円 本 県 補 助 金 改 革 180 億 円 税 源 移 譲 93 億 円 差 額 は 普 通 交 付 税 措 置 地 方 財 政 の 健 全 化 財 源 不 足 の 圧 縮 = 歳 出 の 見 直 しによる 交 付 税 総 額 等 の 抑 制 = 量 的 縮 減 継 続 < 骨 太 の 方 針 2006> 地 方 公 務 員 定 員 削 減 投 資 的 経 費 削 減 一 般 行 政 経 費 抑 制 など 全 国 地 方 交 付 税 総 額 の 大 幅 な 抑 制 約 5.1 兆 円 本 県 地 財 ショック 約 210 億 円 10

13 財 政 再 建 団 体 制 度 財 政 再 建 団 体 となった 場 合 国 の 管 理 下 で 財 政 再 建 計 画 に 沿 った 予 算 編 成 が 義 務 付 けられ 県 独 自 の 政 策 決 定 な ど 自 主 的 な 行 財 政 運 営 ができなくなり いわば 地 方 自 治 の 放 棄 ともいうべき 事 態 に 陥 ります 地 方 財 政 再 建 特 別 措 置 法 に 基 づく 財 政 再 建 制 度 の 概 要 標 準 財 政 規 模 の5%を 超 える 赤 字 決 算 となった 場 合 法 に 基 づく 財 政 再 建 団 体 とならなければ 公 共 事 業 等 に 充 当 する 県 債 の 発 行 ができなくなります [ 本 県 の 場 合 約 120 億 円 以 上 の 赤 字 決 算 で 該 当 ] 自 主 再 建 を 選 択 することも 可 能 ですが 国 直 轄 事 業 を 除 く 公 共 事 業 高 校 整 備 などの 単 独 事 業 また 財 政 健 全 化 債 による 資 金 手 当 ができなくなるため 事 実 上 行 財 政 運 営 が 不 可 能 となってしまいます このため 財 政 再 建 団 体 となって 国 の 管 理 下 に 置 かれる 以 外 に 選 択 肢 はありません 財 政 再 建 団 体 となると 国 の 承 認 を 受 けた 財 政 再 建 計 画 に 基 づき 概 ね7 年 以 内 に 歳 入 と 歳 出 との 均 衡 が 実 質 的 に 回 復 するよう 財 政 再 建 に 取 り 組 むこととなります 本 県 は 過 去 昭 和 29 年 度 30 年 度 に 赤 字 決 算 を 余 儀 なくされ 法 定 再 建 か 自 主 再 建 かの 岐 路 に 立 たされました が 自 主 再 建 を 選 択 し 景 気 回 復 による 税 収 増 により 昭 和 31 年 度 で 累 積 赤 字 を 一 掃 することができました 当 時 地 方 財 政 は 極 度 に 窮 乏 し 昭 和 30 年 度 は36 府 県 で 赤 字 決 算 を 余 儀 なくされ 18 府 県 が 国 から 財 政 再 建 団 体 の 承 認 を 得 ていました 昭 和 32 年 度 以 降 に 財 政 再 建 団 体 となった 都 道 府 県 は 青 森 県 (S32~36)と 和 歌 山 県 (S35~37)の2 県 のみです また 市 町 村 では 現 在 北 海 道 の 夕 張 市 が 財 政 再 建 団 体 となり 平 成 36 年 度 までの18 年 間 をかけて 再 建 を 目 指 して います < 計 画 作 成 の 主 な 基 準 > 歳 入 県 税 : 超 過 課 税 徴 収 成 績 の 向 上 滞 納 整 理 の 強 化 使 用 料 : 施 設 使 用 料 等 の 値 上 げ 歳 出 人 件 費 : 給 与 水 準 の 是 正 定 期 昇 給 延 伸 定 数 削 減 補 助 金 等 : 総 務 大 臣 の 同 意 支 出 効 果 の 面 から 再 検 討 建 設 事 業 : 充 当 可 能 な 一 般 財 源 ( 経 常 経 費 に 優 先 充 当 )を 考 慮 し 特 に 重 要 なもののみを 実 施 11

14 財 政 再 建 団 体 となった 場 合 の 影 響 本 県 が 財 政 再 建 団 体 の 要 件 に 該 当 する 大 幅 な 決 算 赤 字 を 生 じた 場 合 次 のように 本 県 経 済 や 県 民 生 活 に 急 激 か つ 甚 大 な 影 響 を 及 ぼすことになります 1 県 債 の 発 行 が 原 則 として 停 止 されるため 県 債 を 財 源 として 行 っている 道 路 県 立 学 校 校 舎 などの 建 設 事 業 もストップせざるを 得 ません 2 例 えば 30 人 学 級 や 乳 幼 児 医 療 費 の 助 成 制 度 など 本 県 が 教 育 医 療 福 祉 の 分 野 などで 国 の 基 準 に 上 乗 せして 独 自 で 行 っている 県 単 独 施 策 もストップせざるを 得 ません 国 の 定 める 財 政 再 建 制 度 によらずに 自 主 的 に 財 政 建 て 直 しを 行 う 場 合 でも 厳 しい 歳 出 削 減 や 使 用 料 手 数 料 の 引 上 げなど 県 民 生 活 への 影 響 は 避 けて 通 れません 財 政 再 建 制 度 により 国 の 管 理 下 で 財 政 再 建 を 行 う 場 合 には 鉛 筆 一 本 を 買 うにも 国 の 承 認 が 必 要 と 言 われ るほど 強 い 国 のコントロール 下 で 県 債 の 償 還 を 最 優 先 した 財 政 運 営 を 行 うこととなります 国 の 統 制 命 令 に 頼 って 歳 出 削 減 を 行 う 方 が 財 政 再 建 が 円 滑 に 進 むのではないかという 意 見 も 聞 かれますが 財 政 再 建 団 体 転 落 を 甘 受 することは 自 ら 自 己 管 理 自 己 統 治 の 能 力 を 否 定 することを 意 味 し 地 方 自 治 の 放 棄 ともいうべ きものです 歳 出 の 是 非 の 判 断 を 国 に 委 ねるのではなく 県 自 らが 地 方 自 治 体 として 自 らの 判 断 で 歳 出 の 優 先 順 位 を 決 定 し 県 の 未 来 へ 向 けた 最 小 限 の 投 資 は 確 保 していかなければなりません そのためにも 財 政 再 建 団 体 への 転 落 は 何 としてでも 避 けなければなりません 12

15 夕 張 市 の 状 況 1. 財 政 悪 化 の 原 因 人 口 の 減 少 に 伴 い 市 税 や 地 方 交 付 税 が 大 幅 に 減 少 する 一 方 で 歳 入 の 減 少 に 対 応 したサービス 水 準 の 見 直 しや 人 口 の 激 減 に 対 応 すべき 組 織 のスリム 化 も 大 きく 立 ち 遅 れ 総 人 件 費 の 抑 制 も 不 十 分 であった 加 えて 地 域 振 興 の ための 観 光 施 設 整 備 による 公 債 費 等 の 負 担 や 第 三 セクターの 運 営 に 対 する 赤 字 補 てんの 増 大 などにより 財 政 負 担 は 増 加 し 歳 出 規 模 は 拡 大 した このように 財 政 状 況 が 逼 迫 する 中 で 一 時 借 入 金 を 用 いた 会 計 間 での 年 度 をまた がる 貸 付 償 還 という 不 適 正 な 会 計 処 理 を 行 い 赤 字 決 算 を 先 送 りしてきたことにより 実 質 的 な 赤 字 は 膨 大 な 額 となった ( 夕 張 市 財 政 再 建 計 画 書 より ) 2. 財 政 再 建 の 内 容 主 な 歳 入 の 確 保 税 目 引 き 上 げ の 内 容 市 民 税 個 人 均 等 割 3,000 円 3,500 円 個 人 所 得 割 6.0% 6.5% 固 定 資 産 税 1.4% 1.45% 軽 自 動 車 税 現 行 税 率 の1.5 倍 入 湯 税 宿 泊 (150 円 ) 日 帰 り(50 円 ) 施 設 使 用 料 50% 引 き 上 げ 市 営 住 宅 使 用 料 滞 納 者 に 対 する 徴 収 強 化 下 水 道 使 用 料 1,470 円 /10m3 2,440 円 /10m3 各 種 交 付 手 数 料 等 各 種 交 付 閲 覧 等 (150 円 ~200 円 引 き 上 げ) 各 種 検 診 料 (100 円 ~500 円 引 き 上 げ) ゴミ 処 理 手 数 料 ( 新 設 ) 家 庭 系 混 合 ごみ(2 円 /リットル) 粗 大 ゴミ(20 円 /kg) 等 13

16 主 な 歳 出 の 削 減 区 分 見 直 し の 内 容 職 員 数 (H18)269 人 (H22)103 人 4 年 間 で166 人 減 一 般 職 給 与 等 給 与 基 本 給 平 均 30% 及 び 各 種 手 当 削 減 年 収 平 均 (640 万 円 400 万 円 ) 管 理 職 (820 万 円 440 万 円 ) 特 別 職 給 与 給 料 ( 千 円 ) 市 長 ( ) 助 役 ( ) 教 育 長 ( ) 期 末 手 当 (80% 以 上 削 減 ) 退 職 手 当 ( 当 分 の 間 未 支 給 ) 報 酬 ( 千 円 ) 議 長 ( ) 副 議 長 ( ) 議 員 ( ) 議 員 報 酬 期 末 手 当 支 給 率 4.45 月 2.45 月 定 数 18 人 9 人 (19 一 般 選 挙 から) その 他 委 員 報 酬 物 件 費 各 種 委 員 会 の 委 員 報 酬 等 を 平 均 で60% 削 減 事 務 事 業 の 見 直 しによる 削 減 のほか 内 部 管 理 経 費 の 削 減 平 成 17 年 度 決 算 額 との 対 比 で4 割 程 度 の 削 減 を 図 る 各 種 公 共 施 設 や 公 営 住 宅 等 の 維 持 補 修 に 要 する 経 費 は 必 要 最 小 限 とするほか 維 持 補 修 費 住 民 の 利 用 が 少 ない 公 共 施 設 を 休 廃 止 することにより 維 持 補 修 費 の 抑 制 を 図 る 平 成 17 年 度 決 算 額 との 対 比 で3 割 程 度 の 削 減 を 図 る 扶 助 費 原 則 として 単 独 事 業 は 廃 止 し 補 助 事 業 分 のみとする 補 助 費 等 平 成 17 年 度 決 算 額 との 対 比 で8 割 程 度 の 削 減 を 図 る 投 資 的 経 費 に 関 する 事 項 災 害 復 旧 事 業 など 真 に 必 要 な 事 業 以 外 は 実 施 しない 14

17 財 政 健 全 化 の 仕 組 みの 概 要 現 在 国 会 では これまでの 財 政 再 建 団 体 制 度 に 変 わる 地 方 公 共 団 体 の 財 政 の 健 全 化 に 関 する 法 律 ( 案 ) が 審 議 されています これは 国 による 再 生 状 態 となる 前 に まず 自 主 的 な 改 善 努 力 による 財 政 健 全 化 を 目 指 す 早 期 健 全 化 段 階 を 設 け 議 会 や 住 民 による 健 全 化 に 取 り 組 むことが 特 徴 です また 財 政 状 態 を 判 断 する 指 標 に これまでの 単 年 度 決 算 だけでなく 地 方 債 残 高 などの 長 期 の 負 債 の 大 きさを 示 す ストック 指 標 が 導 入 される 予 定 となっています 15

18 人 口 財 政 指 標 一 覧 人 口 標 準 財 政 規 模 財 政 力 指 数 地 方 債 残 高 人 口 一 人 あたり 実 質 公 債 費 比 率 人 口 標 準 財 政 規 模 財 政 力 指 数 地 方 債 残 高 人 口 一 人 あたり 実 質 公 債 費 比 率 区 分 (H17 国 調 ) (H18) (H16~H18) (H19 末 見 込 ) の 地 方 債 残 高 の 地 方 債 残 高 ( 千 円 ) (H17) 区 分 (H17 国 調 ) (H18) (H16~H18) (H19 末 見 込 ) ( 千 円 ) (H17) a ( 人 ) ( 百 万 円 ) 順 位 b ( 百 万 円 ) b/a 順 位 順 位 a ( 人 ) ( 百 万 円 ) 順 位 b ( 百 万 円 ) b/a 順 位 順 位 1 北 海 道 5,627,737 1,298, ,479, % 京 都 府 2,647, , ,386, % 1 2 青 森 県 1,436, , ,274, % 大 阪 府 8,817,166 1,403, ,044, % 32 3 岩 手 県 1,385, , ,387,742 1, % 兵 庫 県 5,590, , ,318, % 45 4 宮 城 県 2,360, , ,410, % 奈 良 県 1,421, , , % 18 5 秋 田 県 1,145, , ,214,379 1, % 和 歌 山 県 1,035, , , % 4 6 山 形 県 1,216, , ,107, % 鳥 取 県 607, , ,187 1, % 15 7 福 島 県 2,091, , ,205, % , , ,014,017 1, % 43 8 茨 城 県 2,975, , ,724, % 岡 山 県 1,957, , ,212, % 44 9 栃 木 県 2,016, , ,002, % 広 島 県 2,876, , ,903, % 群 馬 県 2,024, , , % 3 35 山 口 県 1,492, , ,160, % 埼 玉 県 7,054, , ,983, % 徳 島 県 809, , ,593 1, % 千 葉 県 6,056, , ,459, % 香 川 県 1,012, , , % 東 京 都 12,576,601 2,991, ,763, % 愛 媛 県 1,467, , , % 神 奈 川 県 8,791,597 1,158, ,880, % 1 39 高 知 県 796, , , % 新 潟 県 2,431, , ,498,244 1, % 福 岡 県 5,049, , ,588, % 富 山 県 1,111, , , % 佐 賀 県 866, , , % 石 川 県 1,174, , ,100, % 6 42 長 崎 県 1,478, , ,093, % 福 井 県 821, , , % 熊 本 県 1,842, , ,164, % 山 梨 県 884, , , % 大 分 県 1,209, , , % 長 野 県 2,196, , ,552, % 宮 崎 県 1,153, , , % 7 21 岐 阜 県 2,107, , ,291, % 鹿 児 島 県 1,753, , ,611, % 静 岡 県 3,792, , ,172, % 沖 縄 県 1,361, , , % 5 23 愛 知 県 7,254,704 1,213, ,865, % 8 単 純 平 均 % 24 三 重 県 1,866, , , % 8 Eグループ 平 均 ( 本 県 除 き) % 25 滋 賀 県 1,380, , , % 19 16

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

1 2 3 4 5

1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 1 人 口 及 び 世 帯 数 の 推 移 (3 月 末 現 在 ) 年 別 世 帯 数 人 口 男 女 人 口 伸 指 数 人 口 密 度 平 成 13 年 20,991 43,184 19,620 23,564 100.0 701.6 14 20,931 42,740 19,441 23,299 99.0 694.4 15 21,087 42,582 19,318 23,264

More information

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成 草 津 市 議 員 報 酬 および 特 別 職 給 料 審 ( 平 成 26 年 度 ) 資 料 < 改 定 状 況 > 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ < 類 団 比 較 > 2 類 似 都 市 および 県 内 市 一 覧 3 類 似 都 市 および 県 内 各 市 の 概 要 4 報 酬 等 の 現 状 5 期 末 手 当 支 給 率 一 覧

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73>

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73> 平 成 19 年 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 結 果 の 概 要 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 ) 平 成 19 年 12 月 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 担 当 : 岡 田 山 家 (やまが) 電 話 : 03-5253-5551( 直 ) 03-5253-5111( 代 ) ( 内 線 3245

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

第24回税制調査会 総24-3

第24回税制調査会 総24-3 平 27.10.23 総 2 4-3 説 明 資 料 個 人 住 民 税 3 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 1. 個 人 住 民 税 の 課 税 標 準 の 計 算 1 2. 個 人 住 民 税 における 各 種 人 的 控 除 のあり 方 2 3. 個 人 住 民 税 における 超 過 課 税 独 自 減 税 の 実 施 状 況 9 4. 個 人 住 民 税

More information

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年 地 方 財 政 計 画 及 び 地 方 公 務 員 の 特 殊 勤 務 手 当 等 の 状 況 につい ての 報 告 書 ( 要 旨 ) 平 成 2 6 年 4 月 会 計 検 査 院 1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 防 府 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 資 料 総 務 部 職 員 課 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 給 第 104 号

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

要 望 事 項

要 望 事 項 平 成 28 年 度 自 動 車 関 係 諸 税 に 関 する 要 望 書 平 成 2 7 年 7 月 自 動 車 総 連 ( 全 日 本 自 動 車 産 業 労 働 組 合 総 連 合 会 ) 会 長 相 原 康 伸 目 次 < 要 望 事 項 > 1. 車 体 課 税 を 抜 本 的 に 見 直 し 簡 素 化 負 担 の 軽 減 を 図 る 1) 自 動 車 取 得 税 を 廃 止 する 2)

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員 1 総 括 魚 沼 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 千 千 千 40,272 27,751,216 1,487,094 3,834,368

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

Microsoft Word - 22.3.20報告書(原本) .doc

Microsoft Word - 22.3.20報告書(原本) .doc 平 成 21 年 度 包 括 外 部 監 査 の 結 果 報 告 書 県 税 の 賦 課 徴 収 事 務 について 宮 城 県 包 括 外 部 監 査 人 柴 田 純 一 平 成 22 年 3 月 平 成 21 年 度 宮 城 県 包 括 外 部 監 査 結 果 報 告 書 目 次 第 1. 監 査 の 概 要... 1 1. 監 査 の 種 類... 1 2. 選 定 した 特 定 の 事 件...

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

平成19年度版

平成19年度版 平 成 27 年 度 版 市 税 概 要 松 江 市 目 次 松 江 市 の 概 況 ページ 1 市 域 1 2 町 別 人 口 世 帯 数 2 財 政 1 一 般 会 計 歳 入 決 算 の 推 移 3 2 一 般 会 計 予 算 の 構 成 比 ( 平 成 27 年 度 当 初 ) 3 3 平 成 27 年 度 当 初 予 算 構 成 調 4 4 平 成 26 年 度 決 算 額 調 ( 一 般

More information

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 を 経 済 的 に 支 援 します 仕 事 と 介 護 を 両 立 できる 職 場 環 境 の 整 備 促 進 のためのシンボルマーク トモニン 目 次 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 P. 3 介 護 休 業 給 付 の 支 給 P. 5 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 等 期 間 中 の 社 会 保 険 料 の 免 除 P. 6 産

More information

新規文書1

新規文書1 社 会 福 祉 法 人 京 都 身 体 障 害 者 福 祉 センター 一 般 事 業 主 行 動 計 画 職 員 がその 能 力 を 発 揮 し 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 り 働 きやすい 雇 用 環 境 の 整 備 を 行 うため 次 のように 行 動 計 画 を 策 定 する 1 計 画 期 間 : 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 までの

More information

m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3

More information

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73>

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73> 備 考 欄 に 記 載 のお 願 い 従 前 と 改 定 後 に2 等 級 以 上 の 差 がある 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 がない 場 合 月 額 変 更 に 該 当 しません 非 固 定 的 賃 金 ( 残 業 等 )のみが 変 動 した 方 につきましては 必 ず 算 定 基 礎 届 の 備 考 欄 に 固 定 給 の 変 動 なし と ください 固 定 的 賃 金 の 変 動

More information

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229>

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229> 建 設 業 許 可 ( 建 設 業 法 第 3 条 ) (1) 建 設 業 の 許 可 ア 建 設 業 を 営 もうとする 者 は 軽 微 な 建 設 工 事 のみを 請 け 負 う 場 合 を 除 き 建 設 業 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 建 設 業 の 許 可 を 受 けなければなりません イ 軽 微 な 建 設 工 事 とは 工 事 1 件 の 請 負 代 金 の 額 が 建

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件 育 児 休 業 や 介 護 休 業 経 済 的 に 支 援 をする 方 を します このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 までお 尋 ねください ご 存

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx 資 料 2 最 近 の 住 宅 着 工 動 向 等 に 関 する 資 料 平 成 27 年 12 月 ( 独 ) 住 宅 金 融 支 援 機 構 調 査 部 新 設 住 宅 着 工 戸 数 (2015 年 10 月 )は 8か 月 ぶりにマイナス 2015 年 10 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は77,153 戸 前 年 同 月 比 伸 び 率 は 2.5%で 8か 月 ぶりにマイナスに

More information

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3 平 成 13 年 12 月 19 日 衆 議 院 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 についての 勧 告 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 区 割 りの 改 定 案 により 変 更 される 選 挙 区 の 数 都 道 府 県 別 区 割

More information

特別企画コンファレンス

特別企画コンファレンス 地 域 資 源 としての 空 き 家 の 利 活 用 と これからのまちづくり 2014 年 10 月 6 日 富 士 通 総 研 経 済 研 究 所 上 席 主 任 研 究 員 米 山 秀 隆 yoneyama.hide@jp.fujitsu.com 本 日 の 内 容 1. 空 き 家 の 現 状 2. 空 き 家 の 利 活 用 促 進 策 3. コンパクトシティ 化 と 空 き 家 の 利

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

Microsoft Word - プレスリリース

Microsoft Word - プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 7 年 9 月 4 日 照 会 先 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 雇 用 均 等 政 策 課 課 長 小 林 洋 子 均 等 業 務 指 導 室 長 高 橋 弘 子 均 等 業 務 指 導 室 長 補 佐 中 込 左 和 ( 代 表 電 話 ) 03(553)( 内 線 784) ( 夜 間 直 通 ) 03(3595)37 男

More information

設 問 一 覧 全 員 にお 聞 きします 103 万 円 の 壁 130 万 円 の 壁 について 知 っていますか?...(SA) あなたの 年 収 を 教 えてください...(SA) 年 収 が 103 万 円 以 下 103 万 円 超 130 万 円 以 下 と 答 えた 人 あなたは 年

設 問 一 覧 全 員 にお 聞 きします 103 万 円 の 壁 130 万 円 の 壁 について 知 っていますか?...(SA) あなたの 年 収 を 教 えてください...(SA) 年 収 が 103 万 円 以 下 103 万 円 超 130 万 円 以 下 と 答 えた 人 あなたは 年 まとめ 全 国 の 主 婦 736 人 (うち 専 業 主 婦 53.5% フルタイム18.2% パート アルバイト/ が28.3%)に 最 近 見 直 しの 議 論 が 始 まった 配 偶 者 控 除 について 聞 いた まず 年 収 103 万 円 を 超 えると 世 帯 の 所 得 税 負 担 が 増 加 する 103 万 円 の 壁 年 収 130 万 円 を 超 えると 配 偶 者 の 社

More information

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73>

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73> 平 成 26 中 津 市 における 普 通 交 付 税 算 定 結 果 交 付 決 定 額 ( 千 円 ) 交 付 決 定 額 対 前 伸 び 率 財 政 力 指 数 平 成 22 11,486,011 6.4% 0.490 平 成 23 11,597,848 1.0% 0.473 平 成 24 11,657,421 0.5% 0.471 平 成 25 10,952,521 6.0% 0.488 平

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464>

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464> 参 考 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 推 進 本 部 は, 平 成 9 年 7 月 に 人 権 教 育 のた めの 国 連 10 年 に 関 する 国 内 行 動 計 画 を

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

Microsoft Word - 20130115013.docx

Microsoft Word - 20130115013.docx 参 議 院 選 挙 制 度 の 改 革 1 票 の 較 差 定 数 是 正 問 題 を 中 心 として 総 務 委 員 会 調 査 室 さとう 佐 藤 けんすけ 研 資 1.はじめに 平 成 24 年 11 月 ( 第 181 回 国 会 ) 参 議 院 の 選 挙 区 選 出 議 員 の 定 数 を4 増 4 減 して1 票 の 較 差 を 是 正 する 公 職 選 挙 法 の 一 部 を 改 正

More information

2 技 能 労 務 職 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 清 掃 職 員 51.1 歳 25 人 310,300 円 371,728 円 327,424 円 公 務 員 民 間 参 考 平 均 給 与 月 額 ( 国 比 較 ベース) 対 応 する

2 技 能 労 務 職 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 清 掃 職 員 51.1 歳 25 人 310,300 円 371,728 円 327,424 円 公 務 員 民 間 参 考 平 均 給 与 月 額 ( 国 比 較 ベース) 対 応 する 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 ) 中 津 川 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 24 年 度 末 ) 歳 出 額 (A) 実 質 収 支 人 件 費 (B) 人 件 費 率 (B/A) ( 参 考 ) 平 成 23 年 度 の 人 件 費 率 平 成 24 年 度 82,514 人 37,448,931

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

1, 1

1, 1 0 1, 1 ( 人 ) 40,000 35,000 30,000 移 民 取 扱 人 による 者 移 民 取 扱 人 によらない 者 合 計 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 1899 年 1900 年 1901 年 1902 年 1903 年 1904 年 1905 年 1906 年 1907 年 1908 年 1909 年 1910 年 1911 年 1912

More information

<483235944E93788CF6955C81698E738BE692AC91BA94C5816A2E786C73>

<483235944E93788CF6955C81698E738BE692AC91BA94C5816A2E786C73> 別 紙 常 総 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 人 件 費 率 人 % 年 度,,71,79 97,8,,81 1. 11.1 % () 給 与 費 の 状 況

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 第 5 章 地 震 保 険 の 実 務 的 な 課 題 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 個 人 商 品 業 務 部 個 人 火 災 グループ 吉 田 彰 要 旨 地 震 保 険 制 度 は 1966 年 の 地 震 保 険 に 関 する 法 律 の 制 定 を 受 けて 政 府 と 民 間 の 損 害 保 険 会 社 が 共 同 で 運 営 する 制 度 として 発 足 した 地 震 保

More information

Microsoft Word - 主な用語・事務事業の解説H24 2

Microsoft Word - 主な用語・事務事業の解説H24 2 資 料 主 な 用 語 事 務 事 業 の 解 説 一 般 1 医 療 保 険 制 度 医 療 保 険 は 疾 病 や 負 傷 の 際 の 医 療 費 を 補 償 し 十 分 な 医 療 が 受 けられることを 目 的 とする 保 険 制 度 で 次 のように 分 類 されている 現 在 国 民 の 全 てがいずれかの 制 度 に 加 入 しており こ れがいわゆる 国 民 皆 保 険 といわれている

More information

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1 平 成 27 年 12 月 16 日 ( 水 ) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 ( 理 事 長 菅 野 和 夫 ) 経 済 社 会 と 労 働 部 門 副 主 任 研 究 員 中 野 諭 ( 電 話 )03-5903-6223 URL:http://www.jil.go.jp/ 平 成 27 年 労 働 力 需 給 の 推 計 新 たな 全 国 推 計 を 踏 まえた

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

2. 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

2. 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 平 成 25 年 度 人 件 費 とは 一 般 職 の 給 料 諸 手 当 退 職 手 当 共 済 組 合 負 担 金 公 務 災 害 補 償 費 のほか 市 議 員 等 特 別 職 の 給 料 報 酬 などを 含 みます ( 注 ) 1.

More information

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 作 成 要 領 申 請 の 手 引 1 申 請 の 時 期 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 は 次 の 表 の 左 欄 の 区 分 に 従 い 参 加 しようとする 地 区 のいずれか1つ の 部 局 長 あてに 次 号 に 掲 げる 申 請 書 等 の 関 係 書 類 を 原 則 として 定 期 審 査 を

More information

スライド 1

スライド 1 835.0 840.0 810.0 900.0 800.0 700.0 706.4 751.5 722.2 739.8 771.2 766.8 784.3 774.3 754.8 739.5 731.3 732.8 736.3 653.7 600.0 556.0 602.2 500.0 400.0 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF C AD8DF489EF8B638E9197BF816989BC8FCC82C682E894C5816A2E >

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF C AD8DF489EF8B638E9197BF816989BC8FCC82C682E894C5816A2E > 独 立 行 政 法 人 地 域 医 療 機 能 推 進 機 構 法 案 説 明 資 料 平 成 21 年 10 月 19 日 社 会 保 険 庁 社 会 保 険 病 院 厚 生 年 金 病 院 船 員 保 険 病 院 の 今 後 の 運 営 体 制 1. 病 院 の 設 置 経 緯 (1) 社 会 保 険 病 院 (53 病 院 )や 船 員 保 険 病 院 (3 病 院 )は 主 に 昭 和 20

More information

2. 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 23 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 件 費 とは 一 般 職 員 に 支 給 される 給 与 と 市 長 や 議 員 など 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 手 当 の 他 共 済 費 ( 社 会 保 険 料 の 事 業 主 負 担

2. 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 23 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 件 費 とは 一 般 職 員 に 支 給 される 給 与 と 市 長 や 議 員 など 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 手 当 の 他 共 済 費 ( 社 会 保 険 料 の 事 業 主 負 担 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1. 職 員 の 構 成 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 に 在 職 する 職 員 は 3,290 人 で 市 民 生 活 にかかわるさまざまな 仕 事 に 携 わっています 市 行 政 の 部 門 別 職 員 構 成 はグラフ1 職 種 別 の 職 員 構 成 はグラフ2のとおりです 部 門 別 職 員 構 成 3,290 3,421 3,374

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

機 11. 心 神 喪 失 者 等 医 療 観 察 法 指 定 医 療 機 関 の 整 備 等 について 医 療 観 察 法 ( 以 下 法 という ) は 平 成 15 年 7 月 に 公 布 平 成 17 年 7 月 に 施 行 され 心 神 喪 失 者 等 の 状 態 で 重 大 な 他 害 行 為 を 行 った 法 対 象 者 に 対 して 適 切 な 医 療 を 提 供 し 社 会 復 帰 の

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 岐 阜 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 均 給

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 岐 阜 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 H23 年 度 (H23 年 度 末 ) 92,515 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 A B 47,237,799 3,355,983 7,34,613 件 費 率 B/A 15.5 ( 参 考 ) H22 年 度 の 件 費 率 14.3 (2) 職

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 目 的 畜 産 物 流 通 調 査 は 畜 産 物 の 取 引 数 量 価 格 等 を 把 握 し 畜 産 物 に 関 する 生 産 出 荷 の 調 整 価 格 安 定 等 各 種 施 策 の 資 料 を 提 供 することを 目 的 とする 2 調 査 の 根 拠 と 畜 場 統 計 調 査 鶏 卵 流 通 統 計 調 査 及 び 食 鳥 流 通 統 計

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF312D31817A90C597A681698BC78B638CE332528F4390B3816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF312D31817A90C597A681698BC78B638CE332528F4390B3816A2E70707478> 資 料 1-1 税 率 についての 課 税 自 主 権 の 拡 大 について 目 次 1. 制 限 税 率 について 4 2. 一 定 税 率 について 14 3. 標 準 税 率 について 18 1 標 準 税 率 種 類 一 定 税 率 制 限 税 率 あり 制 限 税 率 なし 概 要 地 方 団 体 にそれ 以 外 の 税 率 を 定 めることを 許 さな い 税 率 地 方 団 体 が 課

More information

: 1 () () () () 5013,000 () 55 14,300 () 95 152,000 70 () 35 () 17,965 () () () 75 72,100 30 () 55,558 2 () () 33,630 35,780 () 1/240,253 ()75% 85,200 50 () 75% 7,000 ()1,531 () 21,340 () 3 () () 100%190,000

More information

平 成 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 監 査 委 員 目 次 第 1 審 査 の 対 象 1 第 2 審 査 の 期 間 1 第 3 審 査 の 方 法 1 第 4 審 査 の 結 果 1 第 5 審 査 の 概 要 2 1 決 算 の 総 括

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (19 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 43.6 歳 343,700 396,252 愛 知 県 4

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (19 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 43.6 歳 343,700 396,252 愛 知 県 4 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 豊 川 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (18 年 度 末 ) A B B/A 17 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 千 千 千 % % 1,741,734 7,883,101 19.8 (

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 及 び 平 均 給 与 の 状 況 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 埼 玉 県 43.3 類 似 団 体 平 均 年 齢 44. 43.5 42.

2 職 員 の 平 均 給 与 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 及 び 平 均 給 与 の 状 況 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 埼 玉 県 43.3 類 似 団 体 平 均 年 齢 44. 43.5 42. の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 出 額 件 費 件 費 率 実 質 収 支 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 26 年 度 千 千 千 57,249 18,943,425 843,562 2,87,314 14.8 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

2011年5月26日

2011年5月26日 2016 年 6 月 10 日 全 国 私 立 学 校 教 職 員 組 合 連 合 ( 全 国 私 教 連 ) 中 央 執 行 委 員 長 永 島 民 男 2015 年 度 私 立 高 校 中 学 生 の 経 済 的 理 由 による 退 学 と 学 費 滞 納 調 査 のまとめ 1. 調 査 の 目 的 今 回 の 調 査 は 2015 年 度 (2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 末 )に

More information

Microsoft Word - 24kyuyoteiinkanri.doc

Microsoft Word - 24kyuyoteiinkanri.doc 芦 屋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A 人 23 年 度 94,463 35,526,420 1,552,807 7,922,645 22.3 ( 参 考 ) 22 年 度 の

More information

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度 八 幡 浜 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 2 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (26 年 1 月 1 日 ) 37,38 出 額 A 18,314,46 実 質 収 支 36,717 件 費 B 2,86,4 件 費 率 B/A % 1.6 ( 参 考 ) 24 年 度 の 件 費 率 % 1.7 (2) 職

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 220,269 258,809 285,787 316

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 220,269 258,809 285,787 316 平 成 24 年 度 上 越 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 25 年 4 月 公 表 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) 23 年 度 202,876 111,300,540 A 3,115,095 16,066,853 B

More information

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント 調 査 レポート 調 査 レポート 原 稿 15 年 1 月 東 日 東 本 日 大 本 震 大 災 後 の の 高 校 卒 業 業 者 者 の の 路 動 路 向 動 向 1. 概 況 文 部 科 省 校 基 本 調 査 における の 14 年 3 月 の 高 校 卒 業 者 数 は 前 年 比 597 人 2.9 減 の19,657 人 となり 2 年 ぶりに 前 年 を 下 回 った 路 別

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information