Vol

Size: px
Start display at page:

Download "Vol.250 2 2 3 4 6 8 10 12 14 16"

Transcription

1

2 Vol

3 一緒に考えてみよう TPPから私たちの国 地域 生活を守ろう TPPによる農業 暮らしへの影響は農林水産業はもとより医療 金融サービス 公共事業 残留農薬 遺伝子組み換え食品などの食の安全 安心 投資家 国家訴 訟条項による規制の撤廃 賠償金の支払いなどがあります TPPが我が国に与える さまざまな影響は何か まず農業 食料を中心にみんなで考えてみましょう 2/ 農業 食料自給率への影響 28 農林水産省は 例外なき関税撤廃により 国内主 要農産物の生産量が激減するとの試算 その結 果 食料自給率は14%にまで激減し 約9割を外国 に頼ることに これは 平成32年度までに食料自給 率を50%に引き揚げることを目標とし 政府が平成 22年に閣議決定した 食料 農業 農村基本計画 と矛盾する 千葉県JAグループ代表国会議員に要請 県内の農林水産関係団体などで組織するTPP交渉対策 千葉県連絡会議や県農協農政対策本部 JA中央会は2月 28日 衆 参両議院会館を訪ね 県選出国会議員に TPP 交渉参加断固阻止を要請した 要請したのは JA中央会の林茂壽会長をはじめJA関係 者や 県森連 県畜産協会関係者ら25人 林会長らは 日 米で首脳会談の内容の解釈に食い違いが見られるのでは 自民党の政権公約6項目が満たされているとは ないか 思えない などと話し 交渉参加反対を訴えた 国民の命を 要請を受けた議員は 農業も国防の一つ 守らなければならない など理解を示した 今後国民的議論を盛り上げていくために 林会長は 国 民にあまり知られていないことを 具体例を挙げて 分かり やすく伝えていく必要がある と話した 米 牛乳乳製品 牛肉 小麦 甘味資源作物 豚肉 等 幅広い品目に影響 平成22年3月30日閣議決定 食料 農業 農村基本計画 平成32年度の食料自給率目標は 国際情勢 農業 農村の状況 課題克服のための関係者の努力を前 提として 供給熱量ベースで50 まで引き上げ 食の安全が脅かされる懸念 30 国の方針との 大きな矛盾 20 TPP参加により 食料自給率が へ TPP後 出典 農林水産省 TPP交渉参加国は 現在の参加国に共通のルール作りを議論しているが 二国間での交渉も行われる中で 今後各 国の個別措置が議論される可能性は高い これまで米国は 日米間の議論の枠組みである 日米経済調和対話 やU STR 外国貿易障壁報告書 等において 日本に改善を求めている 残留農薬基準の緩和 残留農薬基準やポストハーベスト農薬規制が緩和される懸念 遺伝子組換表示義務緩和の懸念 遺伝子組換表示義務を 貿易障壁 としてルール変更が求められる恐れ 食品添加物規制が緩和される懸念 日本では認可されていない食品添加物の認可を求められる懸念 日本で 認可されている食品添加物は約800種類 米国では約3000種類 3 Vol.250 みずき250.indd 3 13/03/11 18:25

4 Vol 省 エネしながら 涼 しい 夏 を!

5 Vol.250 5

6 Vol.250 6

7 7 Vol.250

8 Vol.250 8

9 Vol.250 9

10 Vol

11 Vol

12 Vol

13 Vol

14 Vol

15 15 Vol.250

16

6次産業ガイドブック表1

6次産業ガイドブック表1 北海道6次産業化展示交流会 平成27年度北海道委託事業 6次産業化支援体制整備事業 平成26年度北海道委託事業 6次産業化支援体制整備事業 北海道6次産業化展示交流会 6 出展品ガイドブック 日 時 平成28年2月2日 火 13 00 17 00 会 場 ロイトン札幌 3F ロイトンホール 主 催 北海道 実施主体 (公財)北海道中小企業総合支援センター 北海道6次産業化サポートセンター 後 援 農林水産省北海道農政事務所

More information

2. リストラ 賃下げを許さない!- 県内 3 争議の解決と 共同 の前進 3. 悪法阻止 解雇規制 労働者保護法制定 年金改悪反対 のたたかい -2-

2. リストラ 賃下げを許さない!- 県内 3 争議の解決と 共同 の前進 3. 悪法阻止 解雇規制 労働者保護法制定 年金改悪反対 のたたかい -2- 愛労連 2000 年度総括と 2001 年度運動方針 Ⅰ.2000 年度運動をふり返って -1- 2. リストラ 賃下げを許さない!- 県内 3 争議の解決と 共同 の前進 3. 悪法阻止 解雇規制 労働者保護法制定 年金改悪反対 のたたかい -2- 4. 愛労連運動一年の主な流れ. -3- ... /, 5. とりくみの到達点 - 今後の展望につながる 共同 のひろがり -4- 6. 今後の課題

More information

2

2 特集に当たって 本年の警察白書の特集テーマは 安全 安心なインターネット社会を目指して である 我が国においては 2005年度までに世界最先端のIT国家となる との目標を掲げた e-japan戦略等の5年間において ブロードバンドインフラの整備と利用の広がり等の面で 世界最先端を実現するなど 国民生活の利便性が飛躍的に向上し 情報通信ネットワーク が社会 経済活動上 極めて重要なインフラとなった 一方で

More information

20 102 5-6 -

20 102 5-6 - 20 20-5 - 20 102 5-6 - 2.65 631 101 102.1641 102.1 211 100.8101.4 308 114.0 80 347 141 307 20 601.45 696 19 80.721 120.78 941 20-7 - 20 8 94.9102 7 3 1,896 19 34 12 1 1 22,431 20 102 JA 4,185 JA 78 1 24,500

More information

08-03月くらし-3.3

08-03月くらし-3.3 食品表示は 私たち消費者が食品を購入するとき 食品を選ぶ上で重要な情報源となっています 食品を正しく 選択するには 食品の表示内容やそのルールをよく知ることが大切です どのくらいご存じですか クイズに答えて 確認してみましょう ① 国内産 ② 山口県産 ③ 宇部産 産 きゃべつ 農産物については 国産品は 生産された都道府県名を 輸入品は 原産国名を表示します 市町村名やその 他一般に知られている地名を原産地として表示することができます

More information

Vol.242 2 3 4 6 7 10 8 12 14 16 2

Vol.242 2 3 4 6 7 10 8 12 14 16 2 ホームページアドレス http://www.ja-kimitu.or.jp 2012 M i 8 k i Vol.242 表紙242.indd 1 12/07/10 14:58 Vol.242 2 3 4 6 7 10 8 12 14 16 2 Vol.242 3 Vol.242 4 Vol.242 5 Vol.242 6 NEWS NEWS 1 Vol.242 7 Vol.242 8 1205-0105-241みずき242.qxd

More information

CSR2014 当社の経営とCSR 日立国際電気グループの情報開示 企業理念 経営理念 に示した基本理念を 行動基準 当社グループの事業活動についての情報は 財務情報を中 と グループ行動規範 に示す活動の積み重ねにより実現 心に扱う事業報告書と 社会性や環境保全などの非財務情報 することを当社グループの CSR 方針としています を主に扱うCSR報告書に分け 定期的に開示しています 企業理念 経営理念および行動基準とCSR

More information

h23活動報告書

h23活動報告書 Ⅴ 市民 行政協働 ネットワー ク学習事業の概要 Ⅴ 市民 行政協働 ネットワーク学習事業の概要 地域とそこで暮らす市民 学校 区役所や市民館などが連携し 協力して学習活動を発展させている また 広く学習にかかわる情報や人などのネットワークづくりを進め 生涯学習活動やボランティア活動 市民活動を積極 的に支援している 1 行政区地域教育会議 行政区において 学校 家庭 地域の連携により 区内の子育てや生涯学習のネットワークづくりと

More information

p237〜p258 平川幸子.indd

p237〜p258 平川幸子.indd 2009 A/H1N1 2012 2009 A/H1N1 2003 SARS O-157 2009 2009 A/H1N1 2010 A/H1N1 A/H1N1 2009 1997 1 2 1 2011 2. 3 1-1 1997 1998 4 1998 4 2001 11 4 1980 1995 1997 5 1997 11 1999 8 2000 3 6 3 4 2. 1. 2003 11 21

More information

『こみの株式会社』の実践

『こみの株式会社』の実践 2003 . JA JA A JA 811 2005/8/11 1003 452 10 960 28 2005/8/11 1003 452 6 120 29 2005/8/11 2003 151 10 420 33 2005/8/11 2003 211 3 180 31 2005/8/11 2003 211 3 150 32 827 400 5 80 221 2005/6/25 900 3 300

More information

324.pdf

324.pdf 50 50 10 30 11 26 12 27 14 16 27 18 20 21 22 22 22 22 23 24 24 1 No.324 JA 2 85 69 20 12 81 18 12 22 93 10 31 3 50 50 30 30 50 22 27 27 10 16 14 52 10 62 15 64 25 24 50 4 25 23 27 5 10 11 25 6 11 49 10

More information

15 7 26 1,276 3,800 1 16 15 1 2 3 4 2

15 7 26 1,276 3,800 1 16 15 1 2 3 4 2 1 15 7 26 1,276 3,800 1 16 15 1 2 3 4 2 JA 3 4 2 1 3 2001 1981 6 10% 10 30% 1 2 JA JA 2 4 JA 2 1 2 1 2 1 2 1 2 1 2 7 5 1 1 1 3 1 6 1 1 2 2 1 7 2 3 3 53 1 2000 30 8 250 53 435 20 35 3 1 8 2 4 3 2 2 232

More information

EX-word_Library_JA

EX-word_Library_JA JA 2 3 4 5 14 7 1 2 6 3 1 2 7 3 8 27 1 2 3 1 2 3 9 1 2 3 1 2 3 10 12 13 14 11 1 12 1 2 13 1 2 3 25 14 1 2 3 25 15 1 2 3 25 16 1 2 3 25 17 1 2 3 25 18 1 2 3 4 25 19 1 2 3 4 25 20 1 2 21 3 4 25 22 1 2 3

More information

H24_3_表紙CS5_D

H24_3_表紙CS5_D 2 0 1 2年は 国際協同組合年です 国際協同組合年とは 協同組合 の経済社会開発や世界の食料問題 金融危機への取り組みに期待し その活動を広めることを目指した ものです JA秋田しんせい広報誌 ウインズ 2012 4月号 Wind's は風 Wind しんせい s から しんせいの風 をイメージした造語です 3 NEW FACES 平成2 4年度 新採用職員紹介 4 CLOSE UP クローズアップ

More information

ディスクロージャー2012.indd

ディスクロージャー2012.indd D I S C L O S U R E 2 0 1 2 C O N T E N T S トピックス JAバンクえひめロールプレイング大会 東京第一ホテル松山コスモホールにて 平成23年 11月2日に平成23年度 JAバンクえひめMAロール プレイング大会 約150名参加 を 11月10日に JAバンクえひめ 窓口担当者ロールプレイング大 経 営 会 約150名参加 を開催しました

More information

2012年1月.indd

2012年1月.indd 新年を迎えて 二円上昇したものの 昨年の猛暑の 影響 繁殖不良による分 時期の遅 れ 乳質の悪化等により 出荷乳量 は年度当初より平年を下回っていま す また 資材 飼料の高騰により 配合飼料では二十二年十二月から 二十三年十二月この一年で四 〇五 円上がる等 酪農家には収入減少を 余儀なくされ 大変厳しい状態でT PP交渉の参加が大きな問題となり 先行きの不安も強い状況です 来年度から三年間 生乳安定生産

More information

Short dogleg Short dogleg

Short dogleg Short dogleg Short dogleg Short dogleg 三 月 二 日 土 第 七 十 二 回 茨 城 県 農 村 業 式 が 行 わ れ 第 三 十 八 期 生 八 十 五 名 う 市 三 村 藤 原 秀 臣 学 校 長 で 三 月 一 日 卒 土 浦 協 同 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 石 岡 る こ と を 忘 れ ず 今 度 は 看 護 師 と し て 患 中を押して下さった沢山の方々に感謝す

More information

安全教育2010

安全教育2010 遺伝子組換え生物等 (LMO) の使用による 生物の多様性及び持続可能な利用に悪影響を及ぼ す可能性を考慮して バイオセーフティーに関するカルタヘナ議定書 が国際的に採択されま した 我国も 議定書を締結 国内法 カルタヘナ法 が制定 施行されています カルタヘナ 法の規制対象になる実験を行う場合は 実験計画申請書の提出が必要になります その他 保管 運搬 健康管理 記録保管 情報提供 輸出入に関する措置が定められており

More information

untitled

untitled 12 3 10 27 1 100 1/10 1/3 2012 24 27 22 23 153 8407 26 28 563 275 26 260 275 120 67 21 15 98 70 8407 7791 616 70.2 19 50 100 300 vol.195 12 10 12 22 11 23 30 0.022 22 11 23 1 9230+0.022 22 11 23 vol.194

More information

Vol..3 2010 2 10 2

Vol..3 2010 2 10 2 1 Vol..3 2010 2 10 2 Vol..3 2010 2 10 3 Vol..3 2010 2 10 4 Vol..3 2010 2 10 5 Vol..3 2010 2 10 6 Vol..3 2010 2 10 7 Vol..3 2010 2 10 8 Vol..3 2010 2 10 9 Vol..3 2010 2 10 10 Vol..3 2010 2 10 11 Vol..3

More information

09030549_001.図書館31-1

09030549_001.図書館31-1 vol.31 NO.1 2 3 5 6 10 12 8 1947-1954- 1950-1838-1904 1952-1996 1 913-1954 1981-1958- 1 902-1992 1972-1946- 1 940- 1 2 3 3 5 6 6 8 8 12 8 8 1 2 2 http://library.hokkai-s-u.ac.jp/cgi-bin/tosyokan/index.cgi

More information

T-News51.indd

T-News51.indd 2015 vol.51 1 2 2015 vol.51 9:00 17:00 204-00233-1-72 TEL042-493-5551 FAX042-493-5550 2015 vol.51 3 4 2015 vol.51 女 男 2015 vol.51 5 6 2015 vol.51 2015 vol.51 7 8 2015 vol.51 2015 vol.51 9 10 2015 vol.51

More information

みさき_1

みさき_1 2 3 4 5 6 7 1F 2F 8 9 10 11 17 18 19 20 21 22 23 24 31 25 26 27 28 29 30 8 1 2 3 4 5 6 7 6 8 7 16 7 8 9 10 11 12 14 15 13 17 23 Vol.41 8 6 20 11 7 15 7 23 7 7 7 16 23 23 8 13 18:00 22:00 722

More information

H21_report

H21_report vol.4 1 2 6 10 14 18 20 22 24 25 1 2 2172 73 3 21925 926 21125 126 4 5 6 21629 630 7 21107 108 21127 128 8 9 10 21616 617 11 211026 1027 211213 1214 12 13 14 21713 714 15 2194 95 211031 111 16 17 18 19

More information

untitled

untitled Vol.27 1 Vol.27 2 Vol.27 3 Vol.27 4 Vol.27 5 Vol.27 6 Vol.27 7 Vol.27 8 Vol.27 9 Vol.27 10 11 Vol.27 Vol.27 12 Vol.27 13 Vol.27 14 Vol.27 15 Vol.27 16 Vol.27 17 Vol.27 2007 10 29 18 http://www.nira.or.jp/index.html

More information

VOL a s d f g h

VOL a s d f g h VOL.20013 -- 1937 101939 1940410 1940 1 VOL.20013 2030 193810 19391034 1937 a s d f g h 1995139140161 1998348 1988236 1994577578 1998 1987151 1922 2 VOL.20013 101110 3000500 70 1929 1920 1927 70 4050 30

More information

Vol.14 98 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 62 63 64 65 66 67 68

More information

2009-9-2.indd

2009-9-2.indd Q No.1441 Q No.1442 Vol.33 NO.9 (2009) 30 (614) Q No.1443 Vol.33 NO.9 (2009) 31 (615) Q No.1444 Vol.33 NO.9 (2009) 32 (616) Vol.33 NO.9 (2009) 33 (617) Vol.33 NO.9 (2009) 34 (618) Q No.1445 Vol.33 NO.9

More information