4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ"

Transcription

1 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行 う (2) 利 子 割 の 課 税 標 準 となる 利 子 等 の 額 は 所 得 税 法 その 他 の 所 得 税 に 関 する 法 令 の 規 定 の 例 によつて 算 定 されることから 所 得 税 法 等 の 規 定 によつて 非 課 税 とされる 次 の 利 子 等 については 利 子 割 についても 非 課 税 とされる( 地 方 税 法 ( 以 下 法 という )71 の52) ア 当 座 預 金 の 利 子 ( 所 得 税 法 91(1)) イ こども 銀 行 の 預 貯 金 の 利 子 等 ( 所 得 税 法 91(2)) ウ オープン 型 の 証 券 投 資 信 託 の 収 益 の 分 配 のうち 一 定 のもの( 所 得 税 法 91(11)) エ 公 益 信 託 又 は 加 入 者 保 護 信 託 の 信 託 財 産 につき 生 ずる 利 子 ( 所 得 税 法 112) オ 特 定 寄 附 信 託 の 利 子 ( 租 税 特 別 措 置 法 4の5) カ 納 税 準 備 預 金 の 利 子 ( 租 税 特 別 措 置 法 5) キ 納 税 貯 蓄 組 合 預 金 の 利 子 ( 納 税 貯 蓄 組 合 法 8) (3) 非 居 住 者 が 支 払 を 受 ける 利 子 等 については 非 課 税 とされる( 法 25の21) この 場 合 において 非 居 住 者 の 区 別 は 特 別 徴 収 義 務 者 が 実 態 によつて 判 定 するものである が その 区 別 は 原 則 として 所 得 税 の 場 合 と 一 致 するものである なお 特 別 徴 収 をした 後 に 当 該 特 別 徴 収 に 係 る 納 税 者 が 非 居 住 者 であることが 特 別 徴 収 義 務 者 において 判 明 した 場 合 は 当 該 特 別 徴 収 義 務 者 の 申 出 に 基 づいて 減 額 更 正 し 当 該 特 別 徴 収 に 係 る 税 額 を 当 該 特 別 徴 収 義 務 者 に 還 付 する ( 特 別 徴 収 に 係 る 納 期 限 ) 2 特 別 徴 収 義 務 者 は 利 子 等 の 支 払 の 際 ( 特 別 徴 収 義 務 者 が 利 子 等 の 支 払 の 取 扱 いをする 者 である 場 合 には 利 子 等 の 交 付 の 際 ) 利 子 割 を 徴 収 し 徴 収 の 日 の 属 する 月 の 翌 月 10 日 までに 利 子 等 の 支 払 の 事 務 ( 又 は 支 払 の 取 扱 いの 事 務 )を 行 う 営 業 所 等 の 所 在 地 の 都 道 府 県 に 納 入 する( 法 71の102) ( 特 別 徴 収 事 務 を 行 う 営 業 所 等 ) 3 特 別 徴 収 義 務 者 は 金 融 機 関 等 である 法 人 であつて 個 々の 営 業 所 等 ではないので 特 別 徴 収 事 務 を 実 際 に 行 う 営 業 所 等 はどこであつても 差 し 支 えない ( 例 ) 本 店 から 各 都 道 府 県 に 各 都 道 府 県 分 を 一 括 納 入

2 4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あるときは 上 記 の 納 入 方 式 のいくつかを 併 用 することも 差 し 支 えない ( 納 入 申 告 書 等 の 様 式 ) (1) 特 別 徴 収 義 務 者 が 納 入 申 告 書 納 入 済 通 知 書 納 入 書 領 収 証 書 及 び 特 別 徴 収 税 額 計 算 書 ( 以 下 納 入 申 告 書 等 という ) 並 びに 営 業 所 等 別 明 細 書 をコンピュータによ つて 作 成 する 場 合 には 課 税 事 務 に 支 障 のない 範 囲 内 において 納 入 申 告 書 等 及 び 営 業 所 等 別 明 細 書 の 様 式 に 若 干 の 修 正 を 加 えることができる この 場 合 においては その 大 きさは A4 判 以 外 の 判 形 としても 差 し 支 えない (2) 特 別 徴 収 義 務 者 は 金 融 商 品 の 種 類 ごとに 納 入 申 告 書 等 及 び 営 業 所 等 別 明 細 書 を 作 成 する ただし 懸 賞 金 付 預 貯 金 等 の 懸 賞 金 等 等 に 係 る 納 入 申 告 書 等 については 一 の 申 告 書 等 に 当 該 申 告 書 等 に 係 る 金 融 商 品 の 種 類 のうち 該 当 するものをすべて 記 載 する ( 納 入 申 告 書 等 における 支 払 金 額 の 記 載 ) (1) 特 別 徴 収 税 額 計 算 書 の 支 払 額 の 欄 は 支 払 の 時 点 における 課 税 非 課 税 の 区 分 にしたがつて 当 該 支 払 に 係 る 利 子 等 の 計 算 期 間 の 全 期 間 に 対 応 する 利 子 等 の 額 を 記 載 する したがつて 昭 和 63 年 4 月 1 日 を 含 む 利 子 等 の 計 算 期 間 に 係 るものについては 昭 和 63 年 4 月 1 日 前 の 期 間 に 係 る 利 子 等 に 相 当 する 額 も 含 めて 記 載 することとなる (2) 納 入 申 告 書 納 入 済 通 知 書 納 入 書 及 び 領 収 証 書 の 支 払 金 額 の 欄 は 特 別 徴 収 税 額 計 算 書 の 課 税 の 区 分 の 支 払 額 を 記 載 する したがつて 昭 和 63 年 4 月 1 日 前 の 期 間 を 含 む 利 子 等 の 計 算 期 間 に 係 るものが 含 まれる 場 合 には 当 該 支 払 金 額 の5% 相 当 分 と 特 別 徴 収 税 額 は 一 致 しないこととなる ( 納 入 申 告 書 の 受 付 及 び 不 申 告 加 算 金 等 の 取 扱 い) (1) 納 入 申 告 書 は 納 入 済 通 知 書 の 領 収 日 付 印 の 日 ( 神 奈 川 県 県 税 条 例 施 行 規 則 第 7 条 第 1 項 に 規 定 する 収 納 金 融 機 関 等 において 領 収 した 日 ( 同 項 の 収 納 金 融 機 関 等 以 外 の 金 融 機 関 に 納 入 の 委 託 がされた 場 合 で 当 該 金 融 機 関 の 発 する 証 明 書 等 により 委 託 された 日 が 確 認 されたときは 当 該 委 託 された 日 )をいう )をもつて 受 付 けられたものとみな し 当 該 日 付 が 提 出 期 限 内 であれば 不 申 告 加 算 金 は 課 さない (2) 不 申 告 又 は 過 少 申 告 の 区 別 は 予 め 県 と 特 別 徴 収 義 務 者 の 間 で 確 認 した 納 入 方 法 に より 一 の 納 入 申 告 書 によつて 申 告 納 入 することとされた 特 別 徴 収 税 額 ごとに 行 う すなわち 各 営 業 所 等 に 係 る 特 別 徴 収 税 額 を 各 営 業 所 等 から 個 別 に 納 入 する 場 合 は 各 営 業 所 等 分 につき 不 足 額 があれば 過 少 申 告 一 の 営 業 所 等 分 が 全 く 申 告 されていな

3 7 ければ 不 申 告 となる また 県 内 の 各 営 業 所 等 に 係 る 特 別 徴 収 税 額 を 一 括 納 入 する 場 合 は 一 括 分 につき 不 足 額 があれば 過 少 申 告 一 括 分 が 全 く 申 告 されていなければ 不 申 告 となる (3) 既 に 提 出 された 納 入 申 告 書 等 について 特 別 徴 収 税 額 計 算 書 の 種 類 の 欄 に 記 入 誤 りがあつたため 本 来 申 告 すべき 金 融 商 品 とは 異 なる 金 融 商 品 に 係 る 利 子 割 の 申 告 がされたものとして 取 り 扱 つていた 場 合 は 本 来 申 告 すべき 金 融 商 品 に 係 る 利 子 割 の 法 第 71 条 の10 第 2 項 に 規 定 する 申 告 義 務 は 当 該 既 に 提 出 された 納 入 申 告 書 等 により 果 たされているとみられるので 不 申 告 とはならない (4) 延 滞 金 の 計 算 は 予 め 県 と 特 別 徴 収 義 務 者 の 間 で 確 認 した 納 入 方 法 により 一 の 納 入 申 告 書 によつて 申 告 納 入 することとされた 特 別 徴 収 税 額 を 基 礎 として 計 算 を 行 う (5) 督 促 状 は 予 め 県 と 特 別 徴 収 義 務 者 の 間 で 確 認 した 納 入 方 法 により 一 の 納 入 申 告 書 によつて 納 入 申 告 書 を 提 出 することとされた 特 別 徴 収 税 額 について 当 該 特 別 徴 収 税 額 に 係 る 特 別 徴 収 事 務 を 行 う 営 業 所 等 に 送 付 する ( 利 子 等 の 種 類 別 の 特 別 徴 収 義 務 者 及 び 納 入 すべき 都 道 府 県 ) (1) 預 貯 金 等 ( 法 231(14)イ) ア 公 社 債 (ア) 金 融 債 a 登 録 債 ( 地 方 税 法 施 行 令 ( 以 下 令 という )7の4の21(1) 3(4)) 元 利 金 指 定 支 払 場 所 を 有 する 金 融 機 関 等 が 特 別 徴 収 し 銀 行 等 が 元 利 金 指 定 支 払 場 所 とされているものについては 元 利 金 指 定 支 払 場 所 たる 営 業 所 等 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 元 利 金 指 定 支 払 場 所 とされているものについては 利 子 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する b 現 物 債 ( 令 7の4の21(1) 2(1)ロ 3(4)) 発 行 体 である 金 融 機 関 又 は 当 該 金 融 機 関 から 委 託 を 受 けて 利 子 の 支 払 をする 金 融 機 関 等 若 しくは 利 子 の 支 払 の 取 次 ぎをする 金 融 機 関 ( 地 方 税 法 施 行 規 則 ( 以 下 規 則 という )1の101に 規 定 するもの) 若 しくは 金 融 商 品 取 引 業 者 が 特 別 徴 収 し 利 子 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 ( 保 護 預 り 債 の 場 合 は 保 護 預 り 口 座 の 設 定 された 営 業 所 等 )の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する c 単 独 運 用 信 託 に 係 る 信 託 契 約 に 基 づき 内 国 信 託 会 社 が 保 有 する 現 物 債 の 利 子 については 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 保 管 の 委 託 がなされている 場 合 を 含 め 当 該 内 国 信 託 会 社 を 特 別 徴 収 義 務 者 とする d 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 に 規 定 する 振 替 口 座 簿 ( 以 下 振 替 口 座 簿 という )に 記 載 され 又 は 記 録 された 金 融 債 ( 令 7の4の22(1)イ 3(4)) 同 法 第 2 条 第 6 項 に 規 定 する 直 近 上 位 機 関 ( 以 下 直 近 上 位 機 関 という )が 特 別 徴 収 し 利 子 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する

4 (イ) その 他 の 公 社 債 a 登 録 債 元 利 金 指 定 支 払 場 所 を 有 する 金 融 機 関 等 が 特 別 徴 収 し 銀 行 等 が 元 利 金 指 定 支 払 場 所 とされているものについては 元 利 金 指 定 支 払 場 所 たる 営 業 所 等 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 元 利 金 指 定 支 払 場 所 とされているものについては 利 子 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する b 現 物 債 ( 令 7の4の21(1) 2(1)ロ 3(4)) 発 行 体 である 発 行 法 人 又 は 発 行 法 人 から 委 託 を 受 けて 利 子 の 支 払 をする 金 融 機 関 等 若 しくは 利 子 の 支 払 の 取 次 ぎをする 金 融 機 関 ( 規 則 1の101に 規 定 するも の) 若 しくは 金 融 商 品 取 引 業 者 が 特 別 徴 収 し 利 子 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 ( 保 護 預 り 債 の 場 合 は 保 護 預 り 口 座 の 設 定 された 営 業 所 等 )の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する c 単 独 運 用 信 託 に 係 る 信 託 契 約 に 基 づき 内 国 信 託 会 社 が 所 有 する 現 物 債 の 利 子 については 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 保 管 の 委 託 がなされている 場 合 を 含 め 当 該 内 国 信 託 会 社 を 特 別 徴 収 義 務 者 とする d 振 替 口 座 簿 に 記 載 され 又 は 記 録 された 公 社 債 ( 令 7の4の22(1)イ 3(4)) 直 近 上 位 機 関 が 特 別 徴 収 し 利 子 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する e 郵 便 貯 金 銀 行 が 特 別 徴 収 する 公 社 債 の 利 子 に 係 る 利 子 割 については その 支 払 い 方 法 が 現 金 払 であるものにあつては 支 払 を 行 う 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 局 の 所 在 する 都 道 府 県 に 振 替 預 入 であるものにあつては 振 替 預 入 に 係 る 預 貯 金 の 記 号 による 都 道 府 県 に 納 入 する イ 預 貯 金 ( 令 7の4の21(2) (3) (4) 2(2) (2)の2 3(1) (2)) (ア) 銀 行 ( 郵 便 貯 金 銀 行 を 除 く )その 他 の 金 融 機 関 に 対 する 預 貯 金 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する なお 外 貨 建 預 金 及 び 譲 渡 性 預 金 については 口 座 ( 勘 定 )が 本 店 に 集 中 している 場 合 があるが この 場 合 は 本 店 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 することとなる (イ) 郵 便 貯 金 銀 行 に 対 する 預 貯 金 a 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 貯 金 銀 行 から 業 務 の 委 託 を 受 けた 郵 便 局 に おいて 新 たな 預 入 の 申 込 みの 受 付 が 行 われたもの( 令 7の4の21(3) 2 (2) 3 (1) 郵 政 民 営 化 法 等 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 令 の 整 備 等 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 19 年 政 令 第 292 号 ) 附 則 第 15 条 ) 郵 便 貯 金 銀 行 が 特 別 徴 収 し 当 該 受 付 の 事 務 を 行 つた 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 局 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する b 旧 通 常 郵 便 貯 金 ( 旧 郵 便 貯 金 法 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 通 常 郵 便 貯 金 ( 郵 政 民

5 営 化 法 等 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 附 則 第 5 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 郵 便 貯 金 を 除 く )をいう 以 下 同 じ )( 令 7の4の21(4)) 郵 便 貯 金 銀 行 が 特 別 徴 収 し 当 該 旧 通 常 郵 便 貯 金 の 現 在 高 についての 情 報 の 管 理 に 関 する 事 務 ( 利 子 の 計 算 のためのものを 除 く )を 行 う 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する c 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 ( 以 下 機 構 という )から 業 務 の 委 託 を 受 けて 郵 便 貯 金 銀 行 が 管 理 する 旧 積 立 郵 便 貯 金 等 ( 郵 政 民 営 化 法 等 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 附 則 第 5 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 郵 便 貯 金 をいう 以 下 同 じ )( 令 7の4の22(2)の2 3(2)) 郵 便 貯 金 銀 行 が 特 別 徴 収 し 当 該 旧 積 立 郵 便 貯 金 等 の 現 在 高 についての 情 報 の 管 理 に 関 する 事 務 ( 利 子 の 計 算 のためのものを 除 く )を 行 う 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (ウ) 勤 務 先 預 金 a 使 用 者 が 預 金 の 受 入 れをする 場 合 利 子 の 支 払 をする 使 用 者 が 特 別 徴 収 し 利 子 の 支 払 の 事 務 を 行 う 事 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する したがつて 利 子 の 支 払 の 事 務 が 本 社 一 括 で 行 われている 場 合 は 本 社 所 在 地 複 数 の 事 業 所 等 で 行 われている 場 合 は 当 該 事 業 所 等 の 所 在 地 の 都 道 府 県 に 納 入 する なお 利 子 の 支 払 の 事 務 とは 通 帳 又 は 台 帳 等 により 預 金 の 口 座 管 理 利 息 計 算 を 行 う 事 務 をいうものである b 使 用 者 が 預 金 通 帳 の 管 理 のみを 行 い 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 が 預 金 の 口 座 管 理 利 息 計 算 を 行 う 場 合 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 に 対 する 預 貯 金 と 同 じ 取 扱 いとする (エ) 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 第 98 条 若 しくは 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 第 112 条 に 規 定 する 組 合 に 対 する 組 合 員 の 貯 金 又 は 私 立 学 校 教 職 員 共 済 法 第 26 条 に 規 定 する 事 業 団 に 対 する 加 入 者 の 貯 金 利 子 の 支 払 をする 組 合 又 は 事 業 団 が 特 別 徴 収 し 利 子 の 支 払 の 事 務 を 行 う 組 合 又 は 事 業 団 の 事 務 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する したがつて 利 子 の 支 払 の 事 務 が 組 合 又 は 事 業 団 の 複 数 の 事 務 所 等 で 行 われて いる 場 合 は 当 該 事 務 所 等 の 所 在 地 の 都 道 府 県 に 納 入 する (オ) 金 融 商 品 取 引 業 者 の 支 店 に 対 する 預 託 金 で 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 に 基 づく 有 価 証 券 の 購 入 のためのものの 利 子 金 融 商 品 取 引 業 者 が 特 別 徴 収 し 預 託 金 の 運 用 を 行 う 営 業 所 等 すなわち 本 社 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する ウ 合 同 運 用 信 託

6 (ア) 振 替 口 座 簿 に 記 載 され 又 は 記 録 された 所 得 税 法 第 2 条 第 1 項 第 12 号 に 規 定 す る 貸 付 信 託 ( 令 7の4の22(2)の3 3(4)) 直 近 上 位 機 関 が 特 別 徴 収 し 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (イ) (ア) 以 外 の 合 同 運 用 信 託 ( 令 7の4の21(5)) a 無 記 名 の 貸 付 信 託 以 外 のもの 内 国 信 託 会 社 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する b 無 記 名 の 貸 付 信 託 内 国 信 託 会 社 が 特 別 徴 収 し 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する この 場 合 において 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 とは クーポ ンの 提 示 を 受 けた 営 業 所 等 をいうが 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 こ れにより 難 い 場 合 は 貸 付 信 託 の 受 益 証 券 を 発 行 した 営 業 所 等 として 差 し 支 え ない エ 公 社 債 投 資 信 託 (ア) 振 替 口 座 簿 に 記 載 され 又 は 記 録 された 公 社 債 投 資 信 託 ( 令 7の4の22(3)イ 3(4)) 直 近 上 位 機 関 が 特 別 徴 収 し 公 社 債 投 資 信 託 に 係 る 収 益 の 分 配 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (イ) (ア) 以 外 の 公 社 債 投 資 信 託 ( 令 7の4の21(6) 2(3)ロ 3(4)) 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 に 規 定 する 投 資 信 託 委 託 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 金 融 商 品 取 引 法 に 規 定 する 登 録 金 融 機 関 又 は 取 次 金 融 商 品 取 引 業 者 その 他 支 払 の 取 次 ぎを 行 う 金 融 機 関 ( 銀 行 及 び 信 託 会 社 )が 特 別 徴 収 し 公 社 債 投 資 信 託 に 係 る 収 益 の 分 配 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (2) 国 外 一 般 公 社 債 等 ( 法 231(14)ロ) ア 振 替 口 座 簿 に 記 載 され 又 は 記 録 された 租 税 特 別 措 置 法 第 3 条 の3 第 1 項 に 規 定 す る 公 社 債 又 は 受 益 権 に 係 る 国 外 一 般 公 社 債 等 ( 令 ( 令 7の4の22(7)イ 3(4))) 直 近 上 位 機 関 が 特 別 徴 収 し 国 外 一 般 公 社 債 等 の 利 子 等 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する イ ア 以 外 の 国 外 一 般 公 社 債 等 ( 令 令 7の4の22(7)ロ 3(4)) (ア) 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 等 ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 2 条 の2 第 2 項 に 規 定 するも のをいい 信 託 会 社 を 含 む )が 顧 客 から 注 文 を 受 け 国 外 において 直 接 取 得 した 国 外 一 般 公 社 債 等 の 利 子 等 について 顧 客 に 対 しその 支 払 の 取 扱 いを 行 う 場 合 には 当 該 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 特 別 徴 収 し 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (イ) 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 以 外 の 一 般 金 融 商 品 取 引 業 者 又 は 内 国 信 託 会 社 ( 以 下

7 事 務 取 扱 金 融 商 品 取 引 業 者 等 という )が 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 に 委 託 して 取 得 した 国 外 一 般 公 社 債 等 の 利 子 等 について 顧 客 に 対 しその 支 払 の 取 扱 いを 行 う 場 合 には 当 該 事 務 取 扱 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 特 別 徴 収 し 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (ウ) 事 務 取 扱 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 に 委 託 して 取 得 した 自 己 所 有 分 の 国 外 一 般 公 社 債 等 の 利 子 等 については 当 該 事 務 取 扱 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 支 払 の 取 扱 いをする 者 として 特 別 徴 収 を 行 う (エ) 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 等 又 はその 他 の 金 融 機 関 等 が 国 外 から 直 接 支 払 を 受 け る 自 己 所 有 分 の 国 外 一 般 公 社 債 等 の 利 子 等 には 課 税 しない (3) 財 形 貯 蓄 ( 法 231(14)イ 又 はハに 含 まれるいわゆる 一 般 財 形 ) ア 財 形 貯 蓄 ( 預 貯 金 の 預 入 に 関 する 契 約 に 基 づくもの) (ア) 銀 行 ( 郵 便 貯 金 銀 行 を 除 く )その 他 の 金 融 機 関 に 対 する 預 貯 金 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (イ) 郵 便 貯 金 銀 行 に 対 する 預 貯 金 郵 便 貯 金 銀 行 が 特 別 徴 収 し 最 後 の 預 入 の 取 扱 いを 行 つた 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 局 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する これは 財 形 貯 蓄 の 契 約 期 間 中 に 住 所 移 転 した 場 合 預 入 の 取 扱 いを 行 う 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 局 が 新 たな 預 入 の 申 込 を 受 けた 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 局 と 異 なることとな るので 利 子 の 支 払 時 点 において 最 後 の 預 入 の 取 扱 いを 行 つた 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 局 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 することとするものである イ 財 形 貯 蓄 ( 合 同 運 用 信 託 の 信 託 に 関 する 契 約 に 基 づくもの) 内 国 信 託 会 社 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する ウ 財 形 貯 蓄 ( 有 価 証 券 の 購 入 に 関 する 契 約 に 基 づくもの) 一 般 の 有 価 証 券 と 同 じ エ 財 形 貯 蓄 ( 生 命 保 険 又 は 生 命 共 済 に 係 る 契 約 に 基 づくもの)( 令 7の4の21(7)) (ア) 生 命 保 険 会 社 が 特 別 徴 収 し 当 該 生 命 保 険 契 約 に 関 する 事 務 を 行 う 営 業 所 等 を 地 域 的 に 統 轄 する 営 業 所 等 すなわち 概 ね 都 道 府 県 に 対 応 して 設 置 されるいわ ゆる 支 社 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (イ) 農 業 協 同 組 合 等 ( 農 協 農 協 連 合 会 消 費 生 協 連 合 会 )が 特 別 徴 収 し 支 払 の 事 務 を 行 う 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する オ 財 形 貯 蓄 ( 損 害 保 険 に 係 る 契 約 に 基 づくもの)( 令 7の4の21(7)) 損 害 保 険 会 社 が 特 別 徴 収 し 当 該 損 害 保 険 契 約 に 関 する 事 務 を 行 う 営 業 所 等 を 地 域 的 に 統 轄 する 営 業 所 等 すなわち 概 ね 都 道 府 県 に 対 応 して 設 置 されるいわゆる 支 店 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する

8 カ 財 形 貯 蓄 ( 機 構 から 業 務 の 委 託 を 受 けて 郵 便 保 険 会 社 が 管 理 する 旧 簡 易 生 命 保 険 契 約 に 基 づくもの)( 令 7の4の22(4)) 郵 便 保 険 会 社 が 特 別 徴 収 し 保 険 金 若 しくは 満 期 保 険 金 又 は 解 約 返 戻 金 の 支 払 の 事 務 を 行 う 営 業 所 等 を 当 該 営 業 所 等 の 所 在 する 地 域 において 統 轄 する 郵 便 保 険 会 社 の 営 業 所 等 ( 当 該 保 険 金 若 しくは 満 期 保 険 金 又 は 解 約 返 戻 金 を 顧 客 の 振 替 口 座 に 払 い 込 む 取 扱 いの 場 合 又 は 金 融 機 関 にある 顧 客 の 預 金 又 は 貯 金 に 振 り 込 む 取 扱 いの 場 合 にあつては 当 該 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 を 当 該 営 業 所 等 の 所 在 する 地 域 に おいて 統 轄 する 郵 便 保 険 会 社 の 営 業 所 等 )の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (4) 預 金 保 険 機 構 が 行 う 保 険 金 の 支 払 又 は 預 金 等 債 権 の 買 取 り( 法 231(14)イ ヘ)( 令 7 の4の21(8) 2(5) 3(4)) 預 金 保 険 機 構 又 はその 業 務 の 一 部 の 委 託 を 受 けた 日 本 銀 行 若 しくは 預 金 保 険 法 に 規 定 する 金 融 機 関 等 が 特 別 徴 収 し 保 険 金 の 支 払 又 は 預 金 等 債 権 の 買 取 り 若 しくは 精 算 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (5) 農 水 産 業 協 同 組 合 貯 金 保 険 機 構 が 行 う 保 険 金 の 支 払 又 は 貯 金 等 債 権 の 買 取 り( 法 23 1(14)イ ヘ)( 令 7の4の21(9) 2(6) 3(4)) 農 水 産 業 協 同 組 合 貯 金 保 険 機 構 又 はその 業 務 の 一 部 の 委 託 を 受 けた 農 水 産 業 協 同 組 合 その 他 の 金 融 機 関 が 特 別 徴 収 し 保 険 金 の 支 払 又 は 貯 金 等 債 権 の 買 取 り 若 しくは 精 算 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (6) 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 ( 法 231(14)ハ) ア 振 替 口 座 簿 に 記 載 され 又 は 記 録 された 租 税 特 別 措 置 法 第 8 条 の2 第 1 項 に 規 定 す る 受 益 権 に 係 る 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 ( 令 7の4の22(8)イ 3(4)) 直 近 上 位 機 関 が 特 別 徴 収 し 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 に 係 る 収 益 の 分 配 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する イ ア 以 外 の 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 ( 令 7の4の21(2) 2(8)ロ 3(4)) 投 資 信 託 委 託 会 社 委 託 者 非 指 図 型 投 資 信 託 の 受 託 信 託 会 社 資 産 の 流 動 化 に 関 する 法 律 に 規 定 する 特 定 目 的 信 託 の 受 託 者 である 信 託 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 金 融 商 品 取 引 法 に 規 定 する 登 録 金 融 機 関 又 は 取 次 金 融 商 品 取 引 業 者 その 他 の 支 払 の 取 次 ぎを 行 う 金 融 機 関 ( 銀 行 内 国 信 託 会 社 )が 特 別 徴 収 し 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 に 係 る 収 益 の 分 配 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (7) 国 外 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 ( 法 231(14)ニ) ア 振 替 口 座 簿 に 記 載 され 又 は 記 録 された 租 税 特 別 措 置 法 第 8 条 の3 第 1 項 に 規 定 す る 受 益 権 に 係 る 国 外 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 ( 令 7の4の22(9)イ 3(4)) 直 近 上 位 機 関 が 特 別 徴 収 し 国 外 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 に 係 る 収 益 の 分 配 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する イ ア 以 外 の 国 外 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 ( 令 7の4の22(9)ロ 3(1)) (ア) 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 等 ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 2 条 の2 第 2 項 に 規 定 するも

9 のをいい 内 国 信 託 会 社 を 含 む )が 顧 客 から 注 文 を 受 け 国 外 において 直 接 取 得 し た 国 外 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 の 配 当 等 について 顧 客 に 対 しその 支 払 の 取 扱 いを 行 う 場 合 には 当 該 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 特 別 徴 収 し 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (イ) 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 以 外 の 一 般 金 融 商 品 取 引 業 者 又 は 内 国 信 託 会 社 ( 以 下 事 務 取 扱 金 融 商 品 取 引 業 者 等 という )が 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 に 委 託 して 取 得 した 国 外 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 の 配 当 等 について 顧 客 に 対 しその 支 払 の 取 扱 いを 行 う 場 合 には 当 該 事 務 取 扱 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 特 別 徴 収 し 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (8) 懸 賞 金 付 預 貯 金 等 ( 法 231(14)ホ)( 令 7の4の21(11)) ア 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 に 対 する 懸 賞 金 付 預 貯 金 等 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する イ 割 増 金 品 付 の 定 額 貯 金 郵 便 貯 金 銀 行 が 特 別 徴 収 し 割 増 金 品 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 局 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (9) 金 融 類 似 商 品 ( 法 231(14)ヘ) ア 定 期 積 金 ( 所 得 税 法 174(3))( 令 7の4の21(12)) 信 用 金 庫 等 の 金 融 機 関 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する イ 掛 金 ( 所 得 税 法 174(4))( 令 7の4の21(12)) 銀 行 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する ウ 抵 当 証 券 ( 所 得 税 法 174(5))( 令 7の4の21(12)) 抵 当 金 融 商 品 取 引 業 者 が 特 別 徴 収 し 利 息 の 支 払 の 事 務 を 行 う 営 業 所 等 の 所 在 す る 都 道 府 県 に 納 入 する エ 金 貯 蓄 ( 投 資 ) 口 座 ( 所 得 税 法 174(6))( 令 7の4の21(12)) 銀 行 金 融 商 品 取 引 業 者 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する なお 口 座 ( 勘 定 )が 本 店 に 集 中 している 場 合 があるがこの 場 合 は 本 店 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 することとなる オ 外 貨 建 預 金 ( 所 得 税 法 174(7))( 令 7の4の21(12)) 銀 行 等 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する カ 一 時 払 保 険 ( 所 得 税 法 174(8)) (ア) 一 時 払 生 命 保 険 ( 令 7の4の21(13)) 生 命 保 険 会 社 が 特 別 徴 収 し 保 険 金 又 は 解 約 返 戻 金 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 を 地 域 的 に 統 轄 する 営 業 所 等 すなわち 概 ね 都 道 府 県 に 対 応 して 設 置 され

10 るいわゆる 支 社 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (イ) 機 構 から 業 務 の 委 託 を 受 けて 郵 便 保 険 会 社 が 管 理 する 旧 簡 易 生 命 保 険 ( 令 7の4 の22(10)) 郵 便 保 険 会 社 が 特 別 徴 収 し 保 険 金 若 しくは 満 期 保 険 金 又 は 解 約 返 戻 金 の 支 払 の 事 務 を 行 う 営 業 所 等 を 当 該 営 業 所 等 の 所 在 する 地 域 において 統 轄 する 郵 便 保 険 会 社 の 営 業 所 等 ( 当 該 保 険 金 若 しくは 満 期 保 険 金 又 は 解 約 返 戻 金 を 顧 客 の 振 替 口 座 に 払 い 込 む 取 扱 いの 場 合 又 は 金 融 機 関 にある 顧 客 の 預 金 又 は 貯 金 に 振 り 込 む 取 扱 いの 場 合 にあつては 当 該 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 を 当 該 営 業 所 等 の 所 在 する 地 域 において 統 轄 する 郵 便 保 険 会 社 の 営 業 所 等 )の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (ウ) 一 時 払 損 害 保 険 ( 令 7の4の21(14)) 損 害 保 険 会 社 が 特 別 徴 収 し 当 該 損 害 保 険 契 約 に 関 する 事 務 を 行 う 営 業 所 等 を 地 域 的 に 統 轄 する 営 業 所 等 すなわち 概 ね 都 道 府 県 に 対 応 して 設 置 されるいわ ゆる 支 店 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (エ) 一 時 払 共 済 ( 生 命 )( 令 7の4の21(13)) 農 業 協 同 組 合 等 が 特 別 徴 収 し 共 済 金 の 支 払 の 事 務 を 行 う 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (オ) 一 時 払 共 済 ( 損 害 )( 令 7の4の21(14)) 農 業 協 同 組 合 等 が 特 別 徴 収 し 共 済 金 の 支 払 の 事 務 を 行 う 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (10) 特 定 寄 附 信 託 ( 特 定 寄 附 信 託 の 要 件 を 満 たさないこととなる 事 実 が 生 じたことに より 特 定 寄 附 信 託 の 受 託 者 が 支 払 つたものとみなされたもの)( 法 附 則 8の3の2)( 令 附 則 6) 特 定 寄 附 信 託 の 受 託 者 である 信 託 会 社 が 特 別 徴 収 し 当 該 特 定 寄 附 信 託 に 関 する 事 務 を 行 う 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する ( 財 形 貯 蓄 に 関 する 経 過 措 置 ) 8 次 の 財 形 貯 蓄 に 係 る 利 子 等 については 法 231(14)イ 又 はハに 規 定 する 財 形 住 宅 年 金 貯 蓄 に 係 る 利 子 等 とみなして 非 課 税 とする( 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 62 年 法 律 第 94 号 ) 附 則 4(13)) (1) 旧 財 形 年 金 貯 蓄 (2) 財 形 貯 蓄 引 継 契 約 に 基 づいて 旧 一 般 財 形 貯 蓄 から 財 形 住 宅 年 金 貯 蓄 に 切 り 替 えら れたもので 昭 和 63 年 4 月 1 日 からその 日 以 後 最 初 に 利 払 を 受 ける 日 か 昭 和 63 年 9 月 30 日 か 最 初 にこの 変 更 後 の 契 約 に 基 づいて 預 入 等 をする 日 のいずれか 最 も 早 い 日 ま でに 非 課 税 申 告 書 を 住 所 地 の 所 轄 税 務 署 長 に また 非 課 税 申 込 書 を 取 扱 金 融 機 関 の 営 業 所 に それぞれ 提 出 したもの (3) 旧 一 般 財 形 貯 蓄 から 財 形 住 宅 年 金 貯 蓄 に 切 り 替 えられたもの( 昭 和 63 年 9 月 30 日 ま

11 でに 切 り 替 えられたものに 限 る )で 上 記 (2)の 規 定 の 適 用 を 受 けられないもの すな わち 昭 和 63 年 4 月 1 日 以 後 に 旧 財 形 貯 蓄 に 係 る 利 子 等 の 支 払 がされた 後 に 財 形 住 宅 年 金 貯 蓄 に 切 り 替 えられたもの この 場 合 昭 和 63 年 4 月 1 日 から 当 該 切 替 えのための 契 約 が 締 結 された 日 (すなわち 財 形 住 宅 年 金 貯 蓄 契 約 を 締 結 したとみなされる 日 ) の 前 日 までの 期 間 に 対 応 する 部 分 に 対 しては 5%の 税 率 で 利 子 割 を 課 する ( 税 務 調 査 ) 9 県 民 税 利 子 割 に 関 する 税 務 調 査 については 国 税 地 方 税 の 課 税 対 象 が 共 通 であるこ とに 十 分 配 意 して 取 り 扱 う 附 則 附 則 ( 平 成 元 年 税 第 185 号 ) 附 則 ( 平 成 3 年 税 第 187 号 ) 附 則 ( 平 成 5 年 税 第 45 号 ) 附 則 ( 平 成 6 年 税 第 83 号 ) 附 則 ( 平 成 7 年 税 第 40 号 ) この 通 達 は 平 成 7 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 10 年 税 第 67 号 ) 附 則 ( 平 成 14 年 税 第 347 号 ) 附 則 ( 平 成 15 年 税 第 572 号 )

12 附 則 ( 平 成 15 年 税 第 226 号 ) 附 則 ( 平 成 16 年 税 第 515 号 ) 附 則 ( 平 成 19 年 税 第 71 号 ) 附 則 ( 平 成 19 年 税 第 253 号 ) この 通 達 は 平 成 19 年 9 月 30 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 19 年 税 第 384 号 ) 附 則 ( 平 成 24 年 課 税 第 132 号 ) 附 則 ( 平 成 27 年 課 税 第 138 号 ) この 通 達 は 平 成 28 年 1 月 1 日 から 施 行 する

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A>

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A> 1-1 相 続 税 又 は 贈 与 税 の 納 税 義 務 者 及 び 課 税 財 産 の 範 囲 1 3の 下 線 部 分 を 修 正 する 1. 相 続 税 の 納 税 義 務 者 次 の 者 は 相 続 税 を 納 める 義 務 がある 居 住 無 制 限 納 税 義 務 者 ( 法 1の3 一 ) 相 続 又 は 遺 贈 により 財 産 を 取 得 した 個 人 でその 財 産 を 取 得

More information

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当 平 成 20 年 度 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 報 告 書 金 融 資 産 負 債 台 帳 の 作 成 手 引 き 平 成 20 年 6 月 30 日 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information

個人向け国債の事務取扱いに関する細則

個人向け国債の事務取扱いに関する細則 個 人 向 け 国 債 の 事 務 取 扱 いに 関 する 細 則 目 次 1.この 細 則 の 適 用 2. 用 語 の 定 義 3. 募 集 に 関 する 事 務 4. 払 込 等 に 関 する 事 務 5. 中 途 換 金 に 関 する 事 務 6. 手 数 料 に 関 する 事 務 7. 振 替 先 口 座 の 確 認 8. 所 要 事 項 の 決 定 等 9. 雑 則 [ 参 考 1] 計

More information

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総 郵 便 局 において 提 供 されるユニバーサルサービスについて 日 本 郵 政 株 式 会 社 及 び 日 本 郵 便 株 式 会 社 は その 業 務 の 運 営 に 当 たっては 郵 便 の 役 務 簡 易 な 貯 蓄 送 金 及 び 債 権 債 務 の 決 済 の 役 務 並 びに 簡 易 に 利 用 できる 生 命 保 険 の 役 務 を 利 用 者 本 位 の 簡 便 な 方 法 により

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 要 項 事 務 部 長 裁 定 平 成 4 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 6 年 1 月 1 日 一 部 改 正 平 成 16 年 9 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

(3) 財 形 貯 蓄 等 に 係 る 給 与 からの 控 除 預 入 等 を 行 うための 明 細 書 ( 以 下 控 除 額 明 細 書 という )について 人 事 課 と 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 相 互 間 における 送 付 の 取 次 ぎを 行 うこと (4) 財 務 課 から

(3) 財 形 貯 蓄 等 に 係 る 給 与 からの 控 除 預 入 等 を 行 うための 明 細 書 ( 以 下 控 除 額 明 細 書 という )について 人 事 課 と 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 相 互 間 における 送 付 の 取 次 ぎを 行 うこと (4) 財 務 課 から 高 知 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 6 0 号 最 終 改 正 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 531 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 高 知 大 学 職 員 ( 以 下 職 員 という )の 財 産 形 成 貯 蓄 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

<5461726F2D30373081468DE08C609299927E93998AD68C578E9696B18EE6>

<5461726F2D30373081468DE08C609299927E93998AD68C578E9696B18EE6> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 要 項 ( 昭 和 63 年 4 月 1 日 制 定 ) ( 趣 旨 ) 第 1 本 学 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下 財 形 貯 蓄 等 という )の 事 務 の 取 扱 いについては 勤 労 者 財 産

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

Microsoft Word - 07-410

Microsoft Word - 07-410 宇 都 宮 大 学 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 要 項 学 長 裁 定 昭 和 47 年 5 月 1 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 昭 和 51 年 3 月 1 日 平 成 元 年 2 月 1 日 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 22 年 3 月 19 日 1 趣 旨 宇 都 宮 大 学 職 員 の 勤 労 者 財 産 形 成 促

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 122-3 日 本 郵 政 グループにおける 資 本 の 再 構 成 について 2014 年 11 月 10 日 日 本 郵 政 株 式 会 社 日 本 郵 便 株 式 会 社 株 式 会 社 ゆうちょ 銀 行 1. 概 要 日 本 郵 政 が 抱 える7,000 億 円 弱 の 整 理 資 源 (1958 年 ( 昭 和 33 年 ) 以 前 から 郵 政 事 業 に 携 わっていた 者

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Taro-38 H270401 財形貯蓄事務取

Taro-38 H270401 財形貯蓄事務取 270050 新 潟 県 警 察 職 員 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 綱 の 制 定 について( 例 規 通 達 ) 厚 生 課 昭 和 63 年 3 月 9 日 本 部 ( 厚 ) 第 10 号 沿 革 平 成 5 年 12 月 本 部 ( 厚 ) 第 44 号 12 年 2 月 第 9 号 13 年 5 月 第 39 号 14 年 3 月 第 30 号 15 年 2 月 第 4

More information

兵庫県公報(平成25年3月5日 第2号外)

兵庫県公報(平成25年3月5日 第2号外) 発 兵 庫 県 公 報 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 平 成 25 年 3 月 5 日 火 曜 日 第 2 号 外 目 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 規 則 ヘ ーシ 本 人 確 認 情 報 の 提 供 利 用 及 び 保 護 に

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡 国 債 商 品 概 要 説 明 書 ( 兼 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) (この 書 面 は 法 令 の 規 定 に 基 づく 契 約 締 結 前 交 付 書 面 です ) この 書 面 には 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 はお 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください

More information

○福岡県警察職員財形貯蓄等事務取扱要綱の制定について(通達)

○福岡県警察職員財形貯蓄等事務取扱要綱の制定について(通達) 福 岡 県 警 察 職 員 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 要 綱 の 制 定 について( 通 達 ) 平 成 12 年 6 月 5 日 福 岡 県 警 察 本 部 内 訓 第 24 号 本 部 長 この 度 福 岡 県 警 察 職 員 財 産 形 成 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 の 実 施 について ( 昭 和 59 年 福 岡 県 警 察 本 部 内 訓 第 2 号 )の

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

資    料 (法人課税)

資    料 (法人課税) 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 際 課 税 関 係 ) 1 外 国 税 額 控 除 制 度 の 適 正 化 外 国 税 額 控 除 制 度 は 国 際 的 二 重 課 税 を 排 除 するために 外 国 で 納 付 した 外 国 税 額 を 国 外 所 得 に 対 しわが 国 で 納 付 すべき 法 人 の 税 額 ( 控 除 限 度 額 )の 範 囲 内 で 控 除

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

不 動 産 所 得 収 入 金 ウ 欄 所 得 金 3 欄 土 地 や 建 物 など 不 動 産 の 貸 し 付 けから 生 ずる 所 得 をいい ます 収 入 金 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いた 金 が 所 得 金 とな ります( 申 告 書 裏 面 の 7 事 業 不 動 産 所 得

不 動 産 所 得 収 入 金 ウ 欄 所 得 金 3 欄 土 地 や 建 物 など 不 動 産 の 貸 し 付 けから 生 ずる 所 得 をいい ます 収 入 金 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いた 金 が 所 得 金 とな ります( 申 告 書 裏 面 の 7 事 業 不 動 産 所 得 平 成 28 年 度 市 民 税 道 民 税 申 告 の 手 引 き 千 歳 市 申 告 書 を 作 成 する 前 にお 読 みください 所 得 税 の 確 定 申 告 をする(した) 方 は この 申 告 書 を 提 出 する 必 要 はありません 住 所 氏 名 生 年 月 日 世 帯 主 の 氏 名 世 帯 主 との 続 柄 電 話 番 号 ( 申 告 の 内 容 等 についてお 尋 ねする

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒)

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒) 市 府 民 税 ( 住 民 税 )の 課 税 のしくみ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 度 の 市 府 民 税 の 課 税 は 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 の 市 町 村 で 課 税 されます 平 成 27 年 1 月 2 日 以 降 亀 岡 市 に 在 住 しなくなった 場 合 ( 転 出 した 場 合 または 死 亡 した 場 合 )に ついても 平

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

住民税

住民税 住 民 個 人 住 民 は 平 成 23 年 1 月 1 日 現 在 東 神 楽 町 に 住 がある 方 に 課 されます なお 他 市 町 村 に 住 がある 方 でも 生 活 関 係 の 面 で 東 神 楽 町 に 本 拠 地 をおかれている 場 合 は 課 されます ただし 次 の 方 には 課 されません 割 均 等 割 とも 非 課 生 活 保 護 法 の 規 定 による 生 活 扶 助

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

公共債のご案内

公共債のご案内 1 頁 / 全 5 頁 ( 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) 公 共 債 のご 案 内 この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 定 ( 契 約 締 結 前 の 書 面 交 付 )によりお 渡 しするものです 公 共 債 とは 国 地 方 公 共 団 体 政 府 関 係 機 関 等 が 発 行 する 債 券 です この 書 面 には 公 共 債 の 売 買 等 のお

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

Q4-2 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 は 利 子 割 の 課 税 対 象 は 個 人 とされていま すが 金 融 機 関 には 様 々な 口 座 がある 中 で 該 当 の 有 無 をどのように 判 断 すればよいですか? ( 平 成 28 年 2 月 修 正 ) A4-2 平 成 2

Q4-2 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 は 利 子 割 の 課 税 対 象 は 個 人 とされていま すが 金 融 機 関 には 様 々な 口 座 がある 中 で 該 当 の 有 無 をどのように 判 断 すればよいですか? ( 平 成 28 年 2 月 修 正 ) A4-2 平 成 2 平 成 28 年 1 月 1 日 施 行 県 民 税 利 子 割 の 改 正 Q&A 平 成 27 年 11 月 作 成 ( 平 成 28 年 2 月 一 部 修 正 ) 埼 玉 県 自 動 車 税 事 務 所 Q1 改 正 後 の 特 別 徴 収 しなければならない 納 税 義 務 者 はどう 変 わりますか? A1 法 人 からの 徴 収 がなくなり 利 子 の 支 払 いを 受 ける 個 人

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超 5 神 奈 川 県 の 県 税 県 税 相 談 神 奈 川 県 の 県 税 県 民 の 声 相 談 室 (かながわ 県 民 センター2 階 神 奈 川 区 鶴 屋 町 2-24-2) 土 日 祝 日 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 日 ) を 除 く 毎 日 ( 午 前 9 時 ~12 時 午 後 1 時 ~4 時 ) 平 成 24 年 度 地 方 財 政 計 画 によると 都 道

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

Taro-別紙1 パブコメ質問意見とその回答

Taro-別紙1 パブコメ質問意見とその回答 別 紙 1 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議 第 千 二 百 六 十 七 号 等 を 踏 まえ 我 が 国 が 実 施 す る 国 際 テ ロリ スト の 財 産 の 凍 結 等 に 関 す る 特 別 措 置 法 施 行 令 案 等 に 対 す る 御 意 見 御 質 問 に 対 する 警 察 庁 の 考 え 方 について 1 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議

More information

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります なお 利 子 の 支 払 いを 受 ける 際 に 源

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

fukkouqa120606.pdf

fukkouqa120606.pdf 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する Q&A 平 成 24 年 6 月 日 本 証 券 業 協 会 目 次 Ⅰ. 復 興 特 別 所 得 税 について Q1 復 興 特 別 所 得 税 とは どのようなものに 課 税 されるの 3 頁 ですか Ⅱ. 復 興 特 別 所 得 税 額 の 計 算 方 法 について Q2 復 興 特 別 所 得 税 額 は 具 体 的 にどのように 計 算 されま 3

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

疑わしい取引の参考事例

疑わしい取引の参考事例 ( 別 添 ) 疑 わしい 取 引 の 参 考 事 例 記 号 記 号 記 号 記 号 預 金 取 扱 い 金 融 機 関 保 険 会 社 証 券 会 社 外 国 証 券 会 社 及 び 投 資 信 託 委 託 業 者 証 券 金 融 会 社 貸 金 業 者 抵 当 証 券 業 者 商 品 投 資 販 売 業 者 小 口 債 権 販 売 業 者 不 動 産 特 定 共 同 事 業 者 金 融 先 物

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

kyoukai.indd

kyoukai.indd 個 人 投 資 家 の 皆 さまへ 主 なポイント 株 式 の 売 買 益 については 特 定 口 座 ( 源 泉 徴 収 選 択 口 座 ) の 利 用 で 税 務 署 に 申 告 しなくてもよくなり 預 貯 金 並 みの 手 軽 さで 株 式 投 資 を 行 うことができます 株 式 売 買 益 税 率 ( 平 成 15 年 1 月 1 日 ~ 平 成 19 年 12 月 31 日 ) 年 間

More information

Microsoft Word sozei-sample1.doc

Microsoft Word sozei-sample1.doc 第 1 章 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 Ⅱ 第 1 節 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 の 趣 旨 (A) 法 人 が, 他 の 内 国 法 人 から 利 益 の 配 当 等 を 受 けた 場 合 には, 企 業 会 計 上, 営 業 外 収 益 に 計 上 されるため, 収 益 の 額 を 構 成 する しかし, 法 人 税 法 上 は, 別 段 の 定 めにより, 原

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

26補正リース実施要領一部改正

26補正リース実施要領一部改正 別 紙 様 式 第 1 号 年 月 日 一 般 社 団 法 人 全 日 本 畜 産 経 営 者 協 会 理 事 長 青 野 正 宣 殿 住 所 末 端 借 受 者 印 TEL E-mail(ある 場 合 ) 平 成 年 度 畜 産 収 益 力 強 化 緊 急 支 援 事 業 参 加 申 請 書 畜 産 収 益 力 強 化 緊 急 支 援 事 業 を 下 記 のとおり 実 施 したいので 独 立 行

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得 政 令 第 十 六 号 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する 政 令 内 閣 は 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 二 十 三 年 法 律 第 百 十 七 号 ) 第 四 章 の 規 定 に 基 づき この 政 令 を 制 定 する ( 定 義 ) 第 一 条 この 政

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

第1章 簿記の一巡

第1章 簿記の一巡 第 1 節 現 金 1. 現 金 の 範 囲 (A) 簿 記 でいう 現 金 とは, 紙 幣 や 硬 貨 等 の 通 貨 に 加 え, 通 貨 代 用 証 券 を 含 んでいる 通 貨 代 用 証 券 は,すぐに 換 金 できるため, 簿 記 上 では 現 金 勘 定 ( 資 産 )として 扱 われる 現 金 = 通 貨 + 通 貨 代 用 証 券 通 貨 代 用 証 券 は, 金 融 機 関 などでいつでも

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 14-15 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2014 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 生 保 顧 客 資 産 相 談 業 務 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 1ハ 2ニ 3ト 国 民 年 金 の 毎 月 の 保

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378> ( 別 様 式 第 4の1-1/3-) 復 興 産 業 集 積 区 域 における 研 究 開 発 税 制 の 特 例 等 ( 法 第 39 条 ) 指 定 を 行 った 認 定 地 方 公 共 法 人 の 場 合 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 終 了 後 団 体 の 長 の 氏 名 を 載 してく 1か 月 以 内 に 提 出 し ださい 個 人 の 場 合 事 業 年 度 ( 暦

More information

   新潟市市税口座振替事務取扱要領

   新潟市市税口座振替事務取扱要領 昭 和 63 年 4 月 1 日 制 定 平 成 13 年 5 月 1 日 全 部 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 12 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 7 月 17 日 一 部 改 正 平 成

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information