4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ"

Transcription

1 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行 う (2) 利 子 割 の 課 税 標 準 となる 利 子 等 の 額 は 所 得 税 法 その 他 の 所 得 税 に 関 する 法 令 の 規 定 の 例 によつて 算 定 されることから 所 得 税 法 等 の 規 定 によつて 非 課 税 とされる 次 の 利 子 等 については 利 子 割 についても 非 課 税 とされる( 地 方 税 法 ( 以 下 法 という )71 の52) ア 当 座 預 金 の 利 子 ( 所 得 税 法 91(1)) イ こども 銀 行 の 預 貯 金 の 利 子 等 ( 所 得 税 法 91(2)) ウ オープン 型 の 証 券 投 資 信 託 の 収 益 の 分 配 のうち 一 定 のもの( 所 得 税 法 91(11)) エ 公 益 信 託 又 は 加 入 者 保 護 信 託 の 信 託 財 産 につき 生 ずる 利 子 ( 所 得 税 法 112) オ 特 定 寄 附 信 託 の 利 子 ( 租 税 特 別 措 置 法 4の5) カ 納 税 準 備 預 金 の 利 子 ( 租 税 特 別 措 置 法 5) キ 納 税 貯 蓄 組 合 預 金 の 利 子 ( 納 税 貯 蓄 組 合 法 8) (3) 非 居 住 者 が 支 払 を 受 ける 利 子 等 については 非 課 税 とされる( 法 25の21) この 場 合 において 非 居 住 者 の 区 別 は 特 別 徴 収 義 務 者 が 実 態 によつて 判 定 するものである が その 区 別 は 原 則 として 所 得 税 の 場 合 と 一 致 するものである なお 特 別 徴 収 をした 後 に 当 該 特 別 徴 収 に 係 る 納 税 者 が 非 居 住 者 であることが 特 別 徴 収 義 務 者 において 判 明 した 場 合 は 当 該 特 別 徴 収 義 務 者 の 申 出 に 基 づいて 減 額 更 正 し 当 該 特 別 徴 収 に 係 る 税 額 を 当 該 特 別 徴 収 義 務 者 に 還 付 する ( 特 別 徴 収 に 係 る 納 期 限 ) 2 特 別 徴 収 義 務 者 は 利 子 等 の 支 払 の 際 ( 特 別 徴 収 義 務 者 が 利 子 等 の 支 払 の 取 扱 いをする 者 である 場 合 には 利 子 等 の 交 付 の 際 ) 利 子 割 を 徴 収 し 徴 収 の 日 の 属 する 月 の 翌 月 10 日 までに 利 子 等 の 支 払 の 事 務 ( 又 は 支 払 の 取 扱 いの 事 務 )を 行 う 営 業 所 等 の 所 在 地 の 都 道 府 県 に 納 入 する( 法 71の102) ( 特 別 徴 収 事 務 を 行 う 営 業 所 等 ) 3 特 別 徴 収 義 務 者 は 金 融 機 関 等 である 法 人 であつて 個 々の 営 業 所 等 ではないので 特 別 徴 収 事 務 を 実 際 に 行 う 営 業 所 等 はどこであつても 差 し 支 えない ( 例 ) 本 店 から 各 都 道 府 県 に 各 都 道 府 県 分 を 一 括 納 入

2 4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あるときは 上 記 の 納 入 方 式 のいくつかを 併 用 することも 差 し 支 えない ( 納 入 申 告 書 等 の 様 式 ) (1) 特 別 徴 収 義 務 者 が 納 入 申 告 書 納 入 済 通 知 書 納 入 書 領 収 証 書 及 び 特 別 徴 収 税 額 計 算 書 ( 以 下 納 入 申 告 書 等 という ) 並 びに 営 業 所 等 別 明 細 書 をコンピュータによ つて 作 成 する 場 合 には 課 税 事 務 に 支 障 のない 範 囲 内 において 納 入 申 告 書 等 及 び 営 業 所 等 別 明 細 書 の 様 式 に 若 干 の 修 正 を 加 えることができる この 場 合 においては その 大 きさは A4 判 以 外 の 判 形 としても 差 し 支 えない (2) 特 別 徴 収 義 務 者 は 金 融 商 品 の 種 類 ごとに 納 入 申 告 書 等 及 び 営 業 所 等 別 明 細 書 を 作 成 する ただし 懸 賞 金 付 預 貯 金 等 の 懸 賞 金 等 等 に 係 る 納 入 申 告 書 等 については 一 の 申 告 書 等 に 当 該 申 告 書 等 に 係 る 金 融 商 品 の 種 類 のうち 該 当 するものをすべて 記 載 する ( 納 入 申 告 書 等 における 支 払 金 額 の 記 載 ) (1) 特 別 徴 収 税 額 計 算 書 の 支 払 額 の 欄 は 支 払 の 時 点 における 課 税 非 課 税 の 区 分 にしたがつて 当 該 支 払 に 係 る 利 子 等 の 計 算 期 間 の 全 期 間 に 対 応 する 利 子 等 の 額 を 記 載 する したがつて 昭 和 63 年 4 月 1 日 を 含 む 利 子 等 の 計 算 期 間 に 係 るものについては 昭 和 63 年 4 月 1 日 前 の 期 間 に 係 る 利 子 等 に 相 当 する 額 も 含 めて 記 載 することとなる (2) 納 入 申 告 書 納 入 済 通 知 書 納 入 書 及 び 領 収 証 書 の 支 払 金 額 の 欄 は 特 別 徴 収 税 額 計 算 書 の 課 税 の 区 分 の 支 払 額 を 記 載 する したがつて 昭 和 63 年 4 月 1 日 前 の 期 間 を 含 む 利 子 等 の 計 算 期 間 に 係 るものが 含 まれる 場 合 には 当 該 支 払 金 額 の5% 相 当 分 と 特 別 徴 収 税 額 は 一 致 しないこととなる ( 納 入 申 告 書 の 受 付 及 び 不 申 告 加 算 金 等 の 取 扱 い) (1) 納 入 申 告 書 は 納 入 済 通 知 書 の 領 収 日 付 印 の 日 ( 神 奈 川 県 県 税 条 例 施 行 規 則 第 7 条 第 1 項 に 規 定 する 収 納 金 融 機 関 等 において 領 収 した 日 ( 同 項 の 収 納 金 融 機 関 等 以 外 の 金 融 機 関 に 納 入 の 委 託 がされた 場 合 で 当 該 金 融 機 関 の 発 する 証 明 書 等 により 委 託 された 日 が 確 認 されたときは 当 該 委 託 された 日 )をいう )をもつて 受 付 けられたものとみな し 当 該 日 付 が 提 出 期 限 内 であれば 不 申 告 加 算 金 は 課 さない (2) 不 申 告 又 は 過 少 申 告 の 区 別 は 予 め 県 と 特 別 徴 収 義 務 者 の 間 で 確 認 した 納 入 方 法 に より 一 の 納 入 申 告 書 によつて 申 告 納 入 することとされた 特 別 徴 収 税 額 ごとに 行 う すなわち 各 営 業 所 等 に 係 る 特 別 徴 収 税 額 を 各 営 業 所 等 から 個 別 に 納 入 する 場 合 は 各 営 業 所 等 分 につき 不 足 額 があれば 過 少 申 告 一 の 営 業 所 等 分 が 全 く 申 告 されていな

3 7 ければ 不 申 告 となる また 県 内 の 各 営 業 所 等 に 係 る 特 別 徴 収 税 額 を 一 括 納 入 する 場 合 は 一 括 分 につき 不 足 額 があれば 過 少 申 告 一 括 分 が 全 く 申 告 されていなければ 不 申 告 となる (3) 既 に 提 出 された 納 入 申 告 書 等 について 特 別 徴 収 税 額 計 算 書 の 種 類 の 欄 に 記 入 誤 りがあつたため 本 来 申 告 すべき 金 融 商 品 とは 異 なる 金 融 商 品 に 係 る 利 子 割 の 申 告 がされたものとして 取 り 扱 つていた 場 合 は 本 来 申 告 すべき 金 融 商 品 に 係 る 利 子 割 の 法 第 71 条 の10 第 2 項 に 規 定 する 申 告 義 務 は 当 該 既 に 提 出 された 納 入 申 告 書 等 により 果 たされているとみられるので 不 申 告 とはならない (4) 延 滞 金 の 計 算 は 予 め 県 と 特 別 徴 収 義 務 者 の 間 で 確 認 した 納 入 方 法 により 一 の 納 入 申 告 書 によつて 申 告 納 入 することとされた 特 別 徴 収 税 額 を 基 礎 として 計 算 を 行 う (5) 督 促 状 は 予 め 県 と 特 別 徴 収 義 務 者 の 間 で 確 認 した 納 入 方 法 により 一 の 納 入 申 告 書 によつて 納 入 申 告 書 を 提 出 することとされた 特 別 徴 収 税 額 について 当 該 特 別 徴 収 税 額 に 係 る 特 別 徴 収 事 務 を 行 う 営 業 所 等 に 送 付 する ( 利 子 等 の 種 類 別 の 特 別 徴 収 義 務 者 及 び 納 入 すべき 都 道 府 県 ) (1) 預 貯 金 等 ( 法 231(14)イ) ア 公 社 債 (ア) 金 融 債 a 登 録 債 ( 地 方 税 法 施 行 令 ( 以 下 令 という )7の4の21(1) 3(4)) 元 利 金 指 定 支 払 場 所 を 有 する 金 融 機 関 等 が 特 別 徴 収 し 銀 行 等 が 元 利 金 指 定 支 払 場 所 とされているものについては 元 利 金 指 定 支 払 場 所 たる 営 業 所 等 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 元 利 金 指 定 支 払 場 所 とされているものについては 利 子 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する b 現 物 債 ( 令 7の4の21(1) 2(1)ロ 3(4)) 発 行 体 である 金 融 機 関 又 は 当 該 金 融 機 関 から 委 託 を 受 けて 利 子 の 支 払 をする 金 融 機 関 等 若 しくは 利 子 の 支 払 の 取 次 ぎをする 金 融 機 関 ( 地 方 税 法 施 行 規 則 ( 以 下 規 則 という )1の101に 規 定 するもの) 若 しくは 金 融 商 品 取 引 業 者 が 特 別 徴 収 し 利 子 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 ( 保 護 預 り 債 の 場 合 は 保 護 預 り 口 座 の 設 定 された 営 業 所 等 )の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する c 単 独 運 用 信 託 に 係 る 信 託 契 約 に 基 づき 内 国 信 託 会 社 が 保 有 する 現 物 債 の 利 子 については 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 保 管 の 委 託 がなされている 場 合 を 含 め 当 該 内 国 信 託 会 社 を 特 別 徴 収 義 務 者 とする d 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 に 規 定 する 振 替 口 座 簿 ( 以 下 振 替 口 座 簿 という )に 記 載 され 又 は 記 録 された 金 融 債 ( 令 7の4の22(1)イ 3(4)) 同 法 第 2 条 第 6 項 に 規 定 する 直 近 上 位 機 関 ( 以 下 直 近 上 位 機 関 という )が 特 別 徴 収 し 利 子 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する

4 (イ) その 他 の 公 社 債 a 登 録 債 元 利 金 指 定 支 払 場 所 を 有 する 金 融 機 関 等 が 特 別 徴 収 し 銀 行 等 が 元 利 金 指 定 支 払 場 所 とされているものについては 元 利 金 指 定 支 払 場 所 たる 営 業 所 等 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 元 利 金 指 定 支 払 場 所 とされているものについては 利 子 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する b 現 物 債 ( 令 7の4の21(1) 2(1)ロ 3(4)) 発 行 体 である 発 行 法 人 又 は 発 行 法 人 から 委 託 を 受 けて 利 子 の 支 払 をする 金 融 機 関 等 若 しくは 利 子 の 支 払 の 取 次 ぎをする 金 融 機 関 ( 規 則 1の101に 規 定 するも の) 若 しくは 金 融 商 品 取 引 業 者 が 特 別 徴 収 し 利 子 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 ( 保 護 預 り 債 の 場 合 は 保 護 預 り 口 座 の 設 定 された 営 業 所 等 )の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する c 単 独 運 用 信 託 に 係 る 信 託 契 約 に 基 づき 内 国 信 託 会 社 が 所 有 する 現 物 債 の 利 子 については 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 保 管 の 委 託 がなされている 場 合 を 含 め 当 該 内 国 信 託 会 社 を 特 別 徴 収 義 務 者 とする d 振 替 口 座 簿 に 記 載 され 又 は 記 録 された 公 社 債 ( 令 7の4の22(1)イ 3(4)) 直 近 上 位 機 関 が 特 別 徴 収 し 利 子 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する e 郵 便 貯 金 銀 行 が 特 別 徴 収 する 公 社 債 の 利 子 に 係 る 利 子 割 については その 支 払 い 方 法 が 現 金 払 であるものにあつては 支 払 を 行 う 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 局 の 所 在 する 都 道 府 県 に 振 替 預 入 であるものにあつては 振 替 預 入 に 係 る 預 貯 金 の 記 号 による 都 道 府 県 に 納 入 する イ 預 貯 金 ( 令 7の4の21(2) (3) (4) 2(2) (2)の2 3(1) (2)) (ア) 銀 行 ( 郵 便 貯 金 銀 行 を 除 く )その 他 の 金 融 機 関 に 対 する 預 貯 金 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する なお 外 貨 建 預 金 及 び 譲 渡 性 預 金 については 口 座 ( 勘 定 )が 本 店 に 集 中 している 場 合 があるが この 場 合 は 本 店 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 することとなる (イ) 郵 便 貯 金 銀 行 に 対 する 預 貯 金 a 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 貯 金 銀 行 から 業 務 の 委 託 を 受 けた 郵 便 局 に おいて 新 たな 預 入 の 申 込 みの 受 付 が 行 われたもの( 令 7の4の21(3) 2 (2) 3 (1) 郵 政 民 営 化 法 等 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 令 の 整 備 等 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 19 年 政 令 第 292 号 ) 附 則 第 15 条 ) 郵 便 貯 金 銀 行 が 特 別 徴 収 し 当 該 受 付 の 事 務 を 行 つた 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 局 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する b 旧 通 常 郵 便 貯 金 ( 旧 郵 便 貯 金 法 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 通 常 郵 便 貯 金 ( 郵 政 民

5 営 化 法 等 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 附 則 第 5 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 郵 便 貯 金 を 除 く )をいう 以 下 同 じ )( 令 7の4の21(4)) 郵 便 貯 金 銀 行 が 特 別 徴 収 し 当 該 旧 通 常 郵 便 貯 金 の 現 在 高 についての 情 報 の 管 理 に 関 する 事 務 ( 利 子 の 計 算 のためのものを 除 く )を 行 う 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する c 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 ( 以 下 機 構 という )から 業 務 の 委 託 を 受 けて 郵 便 貯 金 銀 行 が 管 理 する 旧 積 立 郵 便 貯 金 等 ( 郵 政 民 営 化 法 等 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 附 則 第 5 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 郵 便 貯 金 をいう 以 下 同 じ )( 令 7の4の22(2)の2 3(2)) 郵 便 貯 金 銀 行 が 特 別 徴 収 し 当 該 旧 積 立 郵 便 貯 金 等 の 現 在 高 についての 情 報 の 管 理 に 関 する 事 務 ( 利 子 の 計 算 のためのものを 除 く )を 行 う 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (ウ) 勤 務 先 預 金 a 使 用 者 が 預 金 の 受 入 れをする 場 合 利 子 の 支 払 をする 使 用 者 が 特 別 徴 収 し 利 子 の 支 払 の 事 務 を 行 う 事 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する したがつて 利 子 の 支 払 の 事 務 が 本 社 一 括 で 行 われている 場 合 は 本 社 所 在 地 複 数 の 事 業 所 等 で 行 われている 場 合 は 当 該 事 業 所 等 の 所 在 地 の 都 道 府 県 に 納 入 する なお 利 子 の 支 払 の 事 務 とは 通 帳 又 は 台 帳 等 により 預 金 の 口 座 管 理 利 息 計 算 を 行 う 事 務 をいうものである b 使 用 者 が 預 金 通 帳 の 管 理 のみを 行 い 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 が 預 金 の 口 座 管 理 利 息 計 算 を 行 う 場 合 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 に 対 する 預 貯 金 と 同 じ 取 扱 いとする (エ) 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 第 98 条 若 しくは 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 第 112 条 に 規 定 する 組 合 に 対 する 組 合 員 の 貯 金 又 は 私 立 学 校 教 職 員 共 済 法 第 26 条 に 規 定 する 事 業 団 に 対 する 加 入 者 の 貯 金 利 子 の 支 払 をする 組 合 又 は 事 業 団 が 特 別 徴 収 し 利 子 の 支 払 の 事 務 を 行 う 組 合 又 は 事 業 団 の 事 務 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する したがつて 利 子 の 支 払 の 事 務 が 組 合 又 は 事 業 団 の 複 数 の 事 務 所 等 で 行 われて いる 場 合 は 当 該 事 務 所 等 の 所 在 地 の 都 道 府 県 に 納 入 する (オ) 金 融 商 品 取 引 業 者 の 支 店 に 対 する 預 託 金 で 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 に 基 づく 有 価 証 券 の 購 入 のためのものの 利 子 金 融 商 品 取 引 業 者 が 特 別 徴 収 し 預 託 金 の 運 用 を 行 う 営 業 所 等 すなわち 本 社 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する ウ 合 同 運 用 信 託

6 (ア) 振 替 口 座 簿 に 記 載 され 又 は 記 録 された 所 得 税 法 第 2 条 第 1 項 第 12 号 に 規 定 す る 貸 付 信 託 ( 令 7の4の22(2)の3 3(4)) 直 近 上 位 機 関 が 特 別 徴 収 し 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (イ) (ア) 以 外 の 合 同 運 用 信 託 ( 令 7の4の21(5)) a 無 記 名 の 貸 付 信 託 以 外 のもの 内 国 信 託 会 社 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する b 無 記 名 の 貸 付 信 託 内 国 信 託 会 社 が 特 別 徴 収 し 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する この 場 合 において 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 とは クーポ ンの 提 示 を 受 けた 営 業 所 等 をいうが 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 こ れにより 難 い 場 合 は 貸 付 信 託 の 受 益 証 券 を 発 行 した 営 業 所 等 として 差 し 支 え ない エ 公 社 債 投 資 信 託 (ア) 振 替 口 座 簿 に 記 載 され 又 は 記 録 された 公 社 債 投 資 信 託 ( 令 7の4の22(3)イ 3(4)) 直 近 上 位 機 関 が 特 別 徴 収 し 公 社 債 投 資 信 託 に 係 る 収 益 の 分 配 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (イ) (ア) 以 外 の 公 社 債 投 資 信 託 ( 令 7の4の21(6) 2(3)ロ 3(4)) 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 に 規 定 する 投 資 信 託 委 託 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 金 融 商 品 取 引 法 に 規 定 する 登 録 金 融 機 関 又 は 取 次 金 融 商 品 取 引 業 者 その 他 支 払 の 取 次 ぎを 行 う 金 融 機 関 ( 銀 行 及 び 信 託 会 社 )が 特 別 徴 収 し 公 社 債 投 資 信 託 に 係 る 収 益 の 分 配 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (2) 国 外 一 般 公 社 債 等 ( 法 231(14)ロ) ア 振 替 口 座 簿 に 記 載 され 又 は 記 録 された 租 税 特 別 措 置 法 第 3 条 の3 第 1 項 に 規 定 す る 公 社 債 又 は 受 益 権 に 係 る 国 外 一 般 公 社 債 等 ( 令 ( 令 7の4の22(7)イ 3(4))) 直 近 上 位 機 関 が 特 別 徴 収 し 国 外 一 般 公 社 債 等 の 利 子 等 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する イ ア 以 外 の 国 外 一 般 公 社 債 等 ( 令 令 7の4の22(7)ロ 3(4)) (ア) 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 等 ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 2 条 の2 第 2 項 に 規 定 するも のをいい 信 託 会 社 を 含 む )が 顧 客 から 注 文 を 受 け 国 外 において 直 接 取 得 した 国 外 一 般 公 社 債 等 の 利 子 等 について 顧 客 に 対 しその 支 払 の 取 扱 いを 行 う 場 合 には 当 該 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 特 別 徴 収 し 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (イ) 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 以 外 の 一 般 金 融 商 品 取 引 業 者 又 は 内 国 信 託 会 社 ( 以 下

7 事 務 取 扱 金 融 商 品 取 引 業 者 等 という )が 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 に 委 託 して 取 得 した 国 外 一 般 公 社 債 等 の 利 子 等 について 顧 客 に 対 しその 支 払 の 取 扱 いを 行 う 場 合 には 当 該 事 務 取 扱 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 特 別 徴 収 し 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (ウ) 事 務 取 扱 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 に 委 託 して 取 得 した 自 己 所 有 分 の 国 外 一 般 公 社 債 等 の 利 子 等 については 当 該 事 務 取 扱 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 支 払 の 取 扱 いをする 者 として 特 別 徴 収 を 行 う (エ) 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 等 又 はその 他 の 金 融 機 関 等 が 国 外 から 直 接 支 払 を 受 け る 自 己 所 有 分 の 国 外 一 般 公 社 債 等 の 利 子 等 には 課 税 しない (3) 財 形 貯 蓄 ( 法 231(14)イ 又 はハに 含 まれるいわゆる 一 般 財 形 ) ア 財 形 貯 蓄 ( 預 貯 金 の 預 入 に 関 する 契 約 に 基 づくもの) (ア) 銀 行 ( 郵 便 貯 金 銀 行 を 除 く )その 他 の 金 融 機 関 に 対 する 預 貯 金 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (イ) 郵 便 貯 金 銀 行 に 対 する 預 貯 金 郵 便 貯 金 銀 行 が 特 別 徴 収 し 最 後 の 預 入 の 取 扱 いを 行 つた 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 局 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する これは 財 形 貯 蓄 の 契 約 期 間 中 に 住 所 移 転 した 場 合 預 入 の 取 扱 いを 行 う 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 局 が 新 たな 預 入 の 申 込 を 受 けた 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 局 と 異 なることとな るので 利 子 の 支 払 時 点 において 最 後 の 預 入 の 取 扱 いを 行 つた 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 局 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 することとするものである イ 財 形 貯 蓄 ( 合 同 運 用 信 託 の 信 託 に 関 する 契 約 に 基 づくもの) 内 国 信 託 会 社 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する ウ 財 形 貯 蓄 ( 有 価 証 券 の 購 入 に 関 する 契 約 に 基 づくもの) 一 般 の 有 価 証 券 と 同 じ エ 財 形 貯 蓄 ( 生 命 保 険 又 は 生 命 共 済 に 係 る 契 約 に 基 づくもの)( 令 7の4の21(7)) (ア) 生 命 保 険 会 社 が 特 別 徴 収 し 当 該 生 命 保 険 契 約 に 関 する 事 務 を 行 う 営 業 所 等 を 地 域 的 に 統 轄 する 営 業 所 等 すなわち 概 ね 都 道 府 県 に 対 応 して 設 置 されるいわ ゆる 支 社 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (イ) 農 業 協 同 組 合 等 ( 農 協 農 協 連 合 会 消 費 生 協 連 合 会 )が 特 別 徴 収 し 支 払 の 事 務 を 行 う 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する オ 財 形 貯 蓄 ( 損 害 保 険 に 係 る 契 約 に 基 づくもの)( 令 7の4の21(7)) 損 害 保 険 会 社 が 特 別 徴 収 し 当 該 損 害 保 険 契 約 に 関 する 事 務 を 行 う 営 業 所 等 を 地 域 的 に 統 轄 する 営 業 所 等 すなわち 概 ね 都 道 府 県 に 対 応 して 設 置 されるいわゆる 支 店 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する

8 カ 財 形 貯 蓄 ( 機 構 から 業 務 の 委 託 を 受 けて 郵 便 保 険 会 社 が 管 理 する 旧 簡 易 生 命 保 険 契 約 に 基 づくもの)( 令 7の4の22(4)) 郵 便 保 険 会 社 が 特 別 徴 収 し 保 険 金 若 しくは 満 期 保 険 金 又 は 解 約 返 戻 金 の 支 払 の 事 務 を 行 う 営 業 所 等 を 当 該 営 業 所 等 の 所 在 する 地 域 において 統 轄 する 郵 便 保 険 会 社 の 営 業 所 等 ( 当 該 保 険 金 若 しくは 満 期 保 険 金 又 は 解 約 返 戻 金 を 顧 客 の 振 替 口 座 に 払 い 込 む 取 扱 いの 場 合 又 は 金 融 機 関 にある 顧 客 の 預 金 又 は 貯 金 に 振 り 込 む 取 扱 いの 場 合 にあつては 当 該 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 を 当 該 営 業 所 等 の 所 在 する 地 域 に おいて 統 轄 する 郵 便 保 険 会 社 の 営 業 所 等 )の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (4) 預 金 保 険 機 構 が 行 う 保 険 金 の 支 払 又 は 預 金 等 債 権 の 買 取 り( 法 231(14)イ ヘ)( 令 7 の4の21(8) 2(5) 3(4)) 預 金 保 険 機 構 又 はその 業 務 の 一 部 の 委 託 を 受 けた 日 本 銀 行 若 しくは 預 金 保 険 法 に 規 定 する 金 融 機 関 等 が 特 別 徴 収 し 保 険 金 の 支 払 又 は 預 金 等 債 権 の 買 取 り 若 しくは 精 算 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (5) 農 水 産 業 協 同 組 合 貯 金 保 険 機 構 が 行 う 保 険 金 の 支 払 又 は 貯 金 等 債 権 の 買 取 り( 法 23 1(14)イ ヘ)( 令 7の4の21(9) 2(6) 3(4)) 農 水 産 業 協 同 組 合 貯 金 保 険 機 構 又 はその 業 務 の 一 部 の 委 託 を 受 けた 農 水 産 業 協 同 組 合 その 他 の 金 融 機 関 が 特 別 徴 収 し 保 険 金 の 支 払 又 は 貯 金 等 債 権 の 買 取 り 若 しくは 精 算 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (6) 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 ( 法 231(14)ハ) ア 振 替 口 座 簿 に 記 載 され 又 は 記 録 された 租 税 特 別 措 置 法 第 8 条 の2 第 1 項 に 規 定 す る 受 益 権 に 係 る 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 ( 令 7の4の22(8)イ 3(4)) 直 近 上 位 機 関 が 特 別 徴 収 し 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 に 係 る 収 益 の 分 配 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する イ ア 以 外 の 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 ( 令 7の4の21(2) 2(8)ロ 3(4)) 投 資 信 託 委 託 会 社 委 託 者 非 指 図 型 投 資 信 託 の 受 託 信 託 会 社 資 産 の 流 動 化 に 関 する 法 律 に 規 定 する 特 定 目 的 信 託 の 受 託 者 である 信 託 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 金 融 商 品 取 引 法 に 規 定 する 登 録 金 融 機 関 又 は 取 次 金 融 商 品 取 引 業 者 その 他 の 支 払 の 取 次 ぎを 行 う 金 融 機 関 ( 銀 行 内 国 信 託 会 社 )が 特 別 徴 収 し 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 に 係 る 収 益 の 分 配 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (7) 国 外 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 ( 法 231(14)ニ) ア 振 替 口 座 簿 に 記 載 され 又 は 記 録 された 租 税 特 別 措 置 法 第 8 条 の3 第 1 項 に 規 定 す る 受 益 権 に 係 る 国 外 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 ( 令 7の4の22(9)イ 3(4)) 直 近 上 位 機 関 が 特 別 徴 収 し 国 外 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 に 係 る 収 益 の 分 配 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する イ ア 以 外 の 国 外 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 ( 令 7の4の22(9)ロ 3(1)) (ア) 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 等 ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 2 条 の2 第 2 項 に 規 定 するも

9 のをいい 内 国 信 託 会 社 を 含 む )が 顧 客 から 注 文 を 受 け 国 外 において 直 接 取 得 し た 国 外 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 の 配 当 等 について 顧 客 に 対 しその 支 払 の 取 扱 いを 行 う 場 合 には 当 該 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 特 別 徴 収 し 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (イ) 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 以 外 の 一 般 金 融 商 品 取 引 業 者 又 は 内 国 信 託 会 社 ( 以 下 事 務 取 扱 金 融 商 品 取 引 業 者 等 という )が 指 定 金 融 商 品 取 引 業 者 に 委 託 して 取 得 した 国 外 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 の 配 当 等 について 顧 客 に 対 しその 支 払 の 取 扱 いを 行 う 場 合 には 当 該 事 務 取 扱 金 融 商 品 取 引 業 者 等 が 特 別 徴 収 し 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (8) 懸 賞 金 付 預 貯 金 等 ( 法 231(14)ホ)( 令 7の4の21(11)) ア 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 に 対 する 懸 賞 金 付 預 貯 金 等 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する イ 割 増 金 品 付 の 定 額 貯 金 郵 便 貯 金 銀 行 が 特 別 徴 収 し 割 増 金 品 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 郵 便 貯 金 銀 行 の 営 業 所 等 又 は 郵 便 局 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (9) 金 融 類 似 商 品 ( 法 231(14)ヘ) ア 定 期 積 金 ( 所 得 税 法 174(3))( 令 7の4の21(12)) 信 用 金 庫 等 の 金 融 機 関 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する イ 掛 金 ( 所 得 税 法 174(4))( 令 7の4の21(12)) 銀 行 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する ウ 抵 当 証 券 ( 所 得 税 法 174(5))( 令 7の4の21(12)) 抵 当 金 融 商 品 取 引 業 者 が 特 別 徴 収 し 利 息 の 支 払 の 事 務 を 行 う 営 業 所 等 の 所 在 す る 都 道 府 県 に 納 入 する エ 金 貯 蓄 ( 投 資 ) 口 座 ( 所 得 税 法 174(6))( 令 7の4の21(12)) 銀 行 金 融 商 品 取 引 業 者 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する なお 口 座 ( 勘 定 )が 本 店 に 集 中 している 場 合 があるがこの 場 合 は 本 店 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 することとなる オ 外 貨 建 預 金 ( 所 得 税 法 174(7))( 令 7の4の21(12)) 銀 行 等 が 特 別 徴 収 し 口 座 が 設 定 された 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する カ 一 時 払 保 険 ( 所 得 税 法 174(8)) (ア) 一 時 払 生 命 保 険 ( 令 7の4の21(13)) 生 命 保 険 会 社 が 特 別 徴 収 し 保 険 金 又 は 解 約 返 戻 金 の 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 を 地 域 的 に 統 轄 する 営 業 所 等 すなわち 概 ね 都 道 府 県 に 対 応 して 設 置 され

10 るいわゆる 支 社 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (イ) 機 構 から 業 務 の 委 託 を 受 けて 郵 便 保 険 会 社 が 管 理 する 旧 簡 易 生 命 保 険 ( 令 7の4 の22(10)) 郵 便 保 険 会 社 が 特 別 徴 収 し 保 険 金 若 しくは 満 期 保 険 金 又 は 解 約 返 戻 金 の 支 払 の 事 務 を 行 う 営 業 所 等 を 当 該 営 業 所 等 の 所 在 する 地 域 において 統 轄 する 郵 便 保 険 会 社 の 営 業 所 等 ( 当 該 保 険 金 若 しくは 満 期 保 険 金 又 は 解 約 返 戻 金 を 顧 客 の 振 替 口 座 に 払 い 込 む 取 扱 いの 場 合 又 は 金 融 機 関 にある 顧 客 の 預 金 又 は 貯 金 に 振 り 込 む 取 扱 いの 場 合 にあつては 当 該 支 払 の 請 求 を 受 けた 営 業 所 等 を 当 該 営 業 所 等 の 所 在 する 地 域 において 統 轄 する 郵 便 保 険 会 社 の 営 業 所 等 )の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (ウ) 一 時 払 損 害 保 険 ( 令 7の4の21(14)) 損 害 保 険 会 社 が 特 別 徴 収 し 当 該 損 害 保 険 契 約 に 関 する 事 務 を 行 う 営 業 所 等 を 地 域 的 に 統 轄 する 営 業 所 等 すなわち 概 ね 都 道 府 県 に 対 応 して 設 置 されるいわ ゆる 支 店 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (エ) 一 時 払 共 済 ( 生 命 )( 令 7の4の21(13)) 農 業 協 同 組 合 等 が 特 別 徴 収 し 共 済 金 の 支 払 の 事 務 を 行 う 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (オ) 一 時 払 共 済 ( 損 害 )( 令 7の4の21(14)) 農 業 協 同 組 合 等 が 特 別 徴 収 し 共 済 金 の 支 払 の 事 務 を 行 う 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する (10) 特 定 寄 附 信 託 ( 特 定 寄 附 信 託 の 要 件 を 満 たさないこととなる 事 実 が 生 じたことに より 特 定 寄 附 信 託 の 受 託 者 が 支 払 つたものとみなされたもの)( 法 附 則 8の3の2)( 令 附 則 6) 特 定 寄 附 信 託 の 受 託 者 である 信 託 会 社 が 特 別 徴 収 し 当 該 特 定 寄 附 信 託 に 関 する 事 務 を 行 う 営 業 所 等 の 所 在 する 都 道 府 県 に 納 入 する ( 財 形 貯 蓄 に 関 する 経 過 措 置 ) 8 次 の 財 形 貯 蓄 に 係 る 利 子 等 については 法 231(14)イ 又 はハに 規 定 する 財 形 住 宅 年 金 貯 蓄 に 係 る 利 子 等 とみなして 非 課 税 とする( 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 62 年 法 律 第 94 号 ) 附 則 4(13)) (1) 旧 財 形 年 金 貯 蓄 (2) 財 形 貯 蓄 引 継 契 約 に 基 づいて 旧 一 般 財 形 貯 蓄 から 財 形 住 宅 年 金 貯 蓄 に 切 り 替 えら れたもので 昭 和 63 年 4 月 1 日 からその 日 以 後 最 初 に 利 払 を 受 ける 日 か 昭 和 63 年 9 月 30 日 か 最 初 にこの 変 更 後 の 契 約 に 基 づいて 預 入 等 をする 日 のいずれか 最 も 早 い 日 ま でに 非 課 税 申 告 書 を 住 所 地 の 所 轄 税 務 署 長 に また 非 課 税 申 込 書 を 取 扱 金 融 機 関 の 営 業 所 に それぞれ 提 出 したもの (3) 旧 一 般 財 形 貯 蓄 から 財 形 住 宅 年 金 貯 蓄 に 切 り 替 えられたもの( 昭 和 63 年 9 月 30 日 ま

11 でに 切 り 替 えられたものに 限 る )で 上 記 (2)の 規 定 の 適 用 を 受 けられないもの すな わち 昭 和 63 年 4 月 1 日 以 後 に 旧 財 形 貯 蓄 に 係 る 利 子 等 の 支 払 がされた 後 に 財 形 住 宅 年 金 貯 蓄 に 切 り 替 えられたもの この 場 合 昭 和 63 年 4 月 1 日 から 当 該 切 替 えのための 契 約 が 締 結 された 日 (すなわち 財 形 住 宅 年 金 貯 蓄 契 約 を 締 結 したとみなされる 日 ) の 前 日 までの 期 間 に 対 応 する 部 分 に 対 しては 5%の 税 率 で 利 子 割 を 課 する ( 税 務 調 査 ) 9 県 民 税 利 子 割 に 関 する 税 務 調 査 については 国 税 地 方 税 の 課 税 対 象 が 共 通 であるこ とに 十 分 配 意 して 取 り 扱 う 附 則 附 則 ( 平 成 元 年 税 第 185 号 ) 附 則 ( 平 成 3 年 税 第 187 号 ) 附 則 ( 平 成 5 年 税 第 45 号 ) 附 則 ( 平 成 6 年 税 第 83 号 ) 附 則 ( 平 成 7 年 税 第 40 号 ) この 通 達 は 平 成 7 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 10 年 税 第 67 号 ) 附 則 ( 平 成 14 年 税 第 347 号 ) 附 則 ( 平 成 15 年 税 第 572 号 )

12 附 則 ( 平 成 15 年 税 第 226 号 ) 附 則 ( 平 成 16 年 税 第 515 号 ) 附 則 ( 平 成 19 年 税 第 71 号 ) 附 則 ( 平 成 19 年 税 第 253 号 ) この 通 達 は 平 成 19 年 9 月 30 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 19 年 税 第 384 号 ) 附 則 ( 平 成 24 年 課 税 第 132 号 ) 附 則 ( 平 成 27 年 課 税 第 138 号 ) この 通 達 は 平 成 28 年 1 月 1 日 から 施 行 する

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A>

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A> 1-1 相 続 税 又 は 贈 与 税 の 納 税 義 務 者 及 び 課 税 財 産 の 範 囲 1 3の 下 線 部 分 を 修 正 する 1. 相 続 税 の 納 税 義 務 者 次 の 者 は 相 続 税 を 納 める 義 務 がある 居 住 無 制 限 納 税 義 務 者 ( 法 1の3 一 ) 相 続 又 は 遺 贈 により 財 産 を 取 得 した 個 人 でその 財 産 を 取 得

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当 平 成 20 年 度 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 報 告 書 金 融 資 産 負 債 台 帳 の 作 成 手 引 き 平 成 20 年 6 月 30 日 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

○福岡県警察職員財形貯蓄等事務取扱要綱の制定について(通達)

○福岡県警察職員財形貯蓄等事務取扱要綱の制定について(通達) 福 岡 県 警 察 職 員 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 要 綱 の 制 定 について( 通 達 ) 平 成 12 年 6 月 5 日 福 岡 県 警 察 本 部 内 訓 第 24 号 本 部 長 この 度 福 岡 県 警 察 職 員 財 産 形 成 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 の 実 施 について ( 昭 和 59 年 福 岡 県 警 察 本 部 内 訓 第 2 号 )の

More information

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令 国 家 公 務 員 等 の 有 料 宿 舎 の 使 用 料 の 算 定 について 昭 和 46 年 3 月 27 日 蔵 理 第 1289 号 改 正 昭 和 48 年 05 月 01 日 蔵 理 第 1922 号 同 50 年 01 月 24 日 同 第 5462 号 同 52 年 01 月 28 日 同 第 5438 号 同 54 年 04 月 27 日 同 第 1645 号 同 56 年 06

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 122-3 日 本 郵 政 グループにおける 資 本 の 再 構 成 について 2014 年 11 月 10 日 日 本 郵 政 株 式 会 社 日 本 郵 便 株 式 会 社 株 式 会 社 ゆうちょ 銀 行 1. 概 要 日 本 郵 政 が 抱 える7,000 億 円 弱 の 整 理 資 源 (1958 年 ( 昭 和 33 年 ) 以 前 から 郵 政 事 業 に 携 わっていた 者

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

月 に 締 結 )し それぞれについて 教 育 資 金 非 課 税 申 告 書 を 提 出 ( 教 育 資 金 管 理 契 約 の 締 結 日 にそれぞれ 提 出 )して 教 育 資 金 の 非 課 税 の 特 例 の 適 用 を 受 けることはできますか 15 [Q2-8] 平 成 25 年 4

月 に 締 結 )し それぞれについて 教 育 資 金 非 課 税 申 告 書 を 提 出 ( 教 育 資 金 管 理 契 約 の 締 結 日 にそれぞれ 提 出 )して 教 育 資 金 の 非 課 税 の 特 例 の 適 用 を 受 けることはできますか 15 [Q2-8] 平 成 25 年 4 別 添 直 系 尊 属 から 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 非 課 税 に 関 するQ&A 資 金 FAQ 平 成 25 年 4 月 国 税 庁 目 次 1 制 度 全 体 に 関 するQ&A [Q1-1] 直 系 尊 属 から 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 非 課 税 ( 以 下 教 育 資 金 の 非

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

不 動 産 所 得 収 入 金 ウ 欄 所 得 金 3 欄 土 地 や 建 物 など 不 動 産 の 貸 し 付 けから 生 ずる 所 得 をいい ます 収 入 金 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いた 金 が 所 得 金 とな ります( 申 告 書 裏 面 の 7 事 業 不 動 産 所 得

不 動 産 所 得 収 入 金 ウ 欄 所 得 金 3 欄 土 地 や 建 物 など 不 動 産 の 貸 し 付 けから 生 ずる 所 得 をいい ます 収 入 金 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いた 金 が 所 得 金 とな ります( 申 告 書 裏 面 の 7 事 業 不 動 産 所 得 平 成 28 年 度 市 民 税 道 民 税 申 告 の 手 引 き 千 歳 市 申 告 書 を 作 成 する 前 にお 読 みください 所 得 税 の 確 定 申 告 をする(した) 方 は この 申 告 書 を 提 出 する 必 要 はありません 住 所 氏 名 生 年 月 日 世 帯 主 の 氏 名 世 帯 主 との 続 柄 電 話 番 号 ( 申 告 の 内 容 等 についてお 尋 ねする

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

Taro-別紙1 パブコメ質問意見とその回答

Taro-別紙1 パブコメ質問意見とその回答 別 紙 1 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議 第 千 二 百 六 十 七 号 等 を 踏 まえ 我 が 国 が 実 施 す る 国 際 テ ロリ スト の 財 産 の 凍 結 等 に 関 す る 特 別 措 置 法 施 行 令 案 等 に 対 す る 御 意 見 御 質 問 に 対 する 警 察 庁 の 考 え 方 について 1 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

第1章 簿記の一巡

第1章 簿記の一巡 第 1 節 現 金 1. 現 金 の 範 囲 (A) 簿 記 でいう 現 金 とは, 紙 幣 や 硬 貨 等 の 通 貨 に 加 え, 通 貨 代 用 証 券 を 含 んでいる 通 貨 代 用 証 券 は,すぐに 換 金 できるため, 簿 記 上 では 現 金 勘 定 ( 資 産 )として 扱 われる 現 金 = 通 貨 + 通 貨 代 用 証 券 通 貨 代 用 証 券 は, 金 融 機 関 などでいつでも

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

-- 平 成 6 年 度 市 県 申 告 手 引 き 市 県 計 算 しくみについて 市 県 には, 住 方 に 均 に 負 担 していただく 均 割 と, 所 に 応 じて 負 担 していただく 所 割 ( 前 年 所 金 を 基 礎 として 計 算 します )とがあり, 市 と 県 をそれぞれ

-- 平 成 6 年 度 市 県 申 告 手 引 き 市 県 計 算 しくみについて 市 県 には, 住 方 に 均 に 負 担 していただく 均 割 と, 所 に 応 じて 負 担 していただく 所 割 ( 前 年 所 金 を 基 礎 として 計 算 します )とがあり, 市 と 県 をそれぞれ -- 4 配 当 所 がある 方 で 次 に 該 当 する 場 合 5 平 成 8 年 度 市 県 申 告 手 引 き 平 素 から, 当 市 務 行 政 に 格 別 ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて, 平 成 8 年 度 市 県 申 告 期 間 は, 平 成 8 年 月 6 日 ( 火 )から3 月 5 日 ( 火 )までです 申 告 書 に 平 成 7

More information

38 様式第17号の3【付属明細表】

38 様式第17号の3【付属明細表】 様 式 第 十 七 号 の 三 ( 第 四 条 第 十 条 関 係 ) ( 用 紙 A4) 附 属 明 細 表 平 成 年 月 日 現 在 1 完 成 工 事 未 収 入 金 の 詳 細 相 手 先 別 内 訳 滞 留 状 況 相 手 先 金 額 発 生 時 完 成 工 事 未 収 入 金 当 期 上 分 前 期 以 前 上 分 2 短 期 貸 付 金 明 細 表 相 手 先 金 額 3 長 期 貸

More information

兵庫県公報(平成25年3月5日 第2号外)

兵庫県公報(平成25年3月5日 第2号外) 発 兵 庫 県 公 報 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 平 成 25 年 3 月 5 日 火 曜 日 第 2 号 外 目 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 規 則 ヘ ーシ 本 人 確 認 情 報 の 提 供 利 用 及 び 保 護 に

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総 郵 便 局 において 提 供 されるユニバーサルサービスについて 日 本 郵 政 株 式 会 社 及 び 日 本 郵 便 株 式 会 社 は その 業 務 の 運 営 に 当 たっては 郵 便 の 役 務 簡 易 な 貯 蓄 送 金 及 び 債 権 債 務 の 決 済 の 役 務 並 びに 簡 易 に 利 用 できる 生 命 保 険 の 役 務 を 利 用 者 本 位 の 簡 便 な 方 法 により

More information

1.ポイントについての 会 計 処 理 例 (1) 会 計 基 準 等 の 状 況 我 が 国 においては ポイントについて 個 別 の 会 計 処 理 の 基 準 等 は 存 在 しておらず ポイント 発 行 企 業 は 企 業 会 計 原 則 等 に 則 り 会 計 処 理 をしている 具 体

1.ポイントについての 会 計 処 理 例 (1) 会 計 基 準 等 の 状 況 我 が 国 においては ポイントについて 個 別 の 会 計 処 理 の 基 準 等 は 存 在 しておらず ポイント 発 行 企 業 は 企 業 会 計 原 則 等 に 則 り 会 計 処 理 をしている 具 体 決 済 WG4-2 ポイント 及 びプリペイドカードに 関 する 会 計 処 理 について ( 改 訂 ) 平 成 20 年 7 月 2 日 金 融 庁 1.ポイントについての 会 計 処 理 例 (1) 会 計 基 準 等 の 状 況 我 が 国 においては ポイントについて 個 別 の 会 計 処 理 の 基 準 等 は 存 在 しておらず ポイント 発 行 企 業 は 企 業 会 計 原 則

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

個人向け国債の事務取扱いに関する細則

個人向け国債の事務取扱いに関する細則 個 人 向 け 国 債 の 事 務 取 扱 いに 関 する 細 則 目 次 1.この 細 則 の 適 用 2. 用 語 の 定 義 3. 募 集 に 関 する 事 務 4. 払 込 等 に 関 する 事 務 5. 中 途 換 金 に 関 する 事 務 6. 手 数 料 に 関 する 事 務 7. 振 替 先 口 座 の 確 認 8. 所 要 事 項 の 決 定 等 9. 雑 則 [ 参 考 1] 計

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

資    料 (法人課税)

資    料 (法人課税) 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 際 課 税 関 係 ) 1 外 国 税 額 控 除 制 度 の 適 正 化 外 国 税 額 控 除 制 度 は 国 際 的 二 重 課 税 を 排 除 するために 外 国 で 納 付 した 外 国 税 額 を 国 外 所 得 に 対 しわが 国 で 納 付 すべき 法 人 の 税 額 ( 控 除 限 度 額 )の 範 囲 内 で 控 除

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築

More information

論叢本文

論叢本文 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 に 向 けての 論 点 と 在 り 方 原 武 彦 税 務 大 学 校 研 究 部 教 授 120 要 約 1 研 究 の 目 的 ( 問 題 の 所 在 ) 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 ( 本 要 約 において 以 下 一 体 化 という )は 更 に 推 進 することとされていることから 今 後 一 体 化 を 進 めるに 当 たっての 論 点

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

Taro-38 H270401 財形貯蓄事務取

Taro-38 H270401 財形貯蓄事務取 270050 新 潟 県 警 察 職 員 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 綱 の 制 定 について( 例 規 通 達 ) 厚 生 課 昭 和 63 年 3 月 9 日 本 部 ( 厚 ) 第 10 号 沿 革 平 成 5 年 12 月 本 部 ( 厚 ) 第 44 号 12 年 2 月 第 9 号 13 年 5 月 第 39 号 14 年 3 月 第 30 号 15 年 2 月 第 4

More information

別 冊 第 1 防 衛 省 職 員 の 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 等 に 関 する 事 務 取 扱 細 部 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1) 第 2 章 財 形 貯 蓄 契 約 等 ( 第 2- 第 7) 第 3 章 預 貯 金 等 の 預 入 等 ( 第 8- 第 12)

別 冊 第 1 防 衛 省 職 員 の 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 等 に 関 する 事 務 取 扱 細 部 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1) 第 2 章 財 形 貯 蓄 契 約 等 ( 第 2- 第 7) 第 3 章 預 貯 金 等 の 預 入 等 ( 第 8- 第 12) 人 厚 第 1198 号 15. 2.21 改 正 人 厚 第 6 0 6 号 1 7. 2. 1 改 正 人 厚 第 16 号 1 9. 1. 4 改 正 人 計 第 8444 号 19. 8.31 改 正 人 計 第 3785 号 20. 3.26 改 正 人 厚 第 5387 号 20. 4.28 改 正 人 厚 第 3962 号 施 設 等 機 関 の 長 21. 3.27 各 幕 僚 長

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 要 項 事 務 部 長 裁 定 平 成 4 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 6 年 1 月 1 日 一 部 改 正 平 成 16 年 9 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63> 平 成 年 度 市 民 県 民 申 告 の 手 引 き 日 頃, 本 市 の 務 事 務 にご 協 力 をいただきましてありがとうございます 市 民 県 民 申 告 は,この 手 引 きをご 参 照 のうえ, 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたし ます ( 申 告 期 限 近 くは, 大 変 混 雑 しますのでお 早 めにお 願 いいたします ) この 申 告 は,あなたの

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する (1) 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 報 告 規 則 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 様 式 及 び 勘 定 科 目 については 定 められていない が この 趣 旨 は 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 が 事 業 規 制 の 緩 和 を 目 的 としたことにかんがみ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 についても 一 般 に 公 開

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

<4D F736F F D20826C BB97E18CA48B868CB88E9182C982E682E98AF195748BE082CC8A AB2E646F6378>

<4D F736F F D20826C BB97E18CA48B868CB88E9182C982E682E98AF195748BE082CC8A AB2E646F6378> [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 事 業 再 編 / 払 戻 限 度 超 過 額 の 寄 付 該 当 性 ( 東 京 裁 平 成 26 年 6 12 ) 第 60 回 2015 年 ( 平 成 27 年 )6 5 発 表 林 靖 典 MJSS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが主 催 する 研 究 会 です MJSS 租 税 判 例 研 究 会 についての

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

<5461726F2D30373081468DE08C609299927E93998AD68C578E9696B18EE6>

<5461726F2D30373081468DE08C609299927E93998AD68C578E9696B18EE6> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 要 項 ( 昭 和 63 年 4 月 1 日 制 定 ) ( 趣 旨 ) 第 1 本 学 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下 財 形 貯 蓄 等 という )の 事 務 の 取 扱 いについては 勤 労 者 財 産

More information

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する 上 場 準 備 会 社 における 資 本 政 策 上 の 税 務 の 留 意 点 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 木 ) 新 日 本 監 査 法 人 EYCベンチャーアカデミー アクティベートジャパン 税 理 士 法 人 代 表 社 員 公 認 会 計 士 税 理 士 尾 崎 充 目 次 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 Ⅱ 税 務 上 の 時 価 概 念 法 人 税 所 得 税

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

経営の健全化のための計画フォローアップ

経営の健全化のための計画フォローアップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 ( 億 円 ) 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 ( 図 表 18) 評 価 損 益 総 括 表 ( 平 成 13 年 3 月 末 連 結 ) 有 価 証 券 ( 億 円

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information