いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し"

Transcription

1 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 いよいよ 適 用 開 始 投 信 制 度 改 革 目 論 見 書 運 用 報 告 書 などの 見 直 し 手 数 料 情 報 リスク 情 報 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 2014 年 12 月 8 日 全 15 頁 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2014 年 12 月 1 日 から 一 連 の 投 信 制 度 改 革 が 実 施 された その 中 に 運 用 報 告 書 や 目 論 見 書 などの 見 直 しが 盛 り 込 まれている 具 体 的 には 交 付 目 論 見 書 において 手 数 料 情 報 について 顧 客 が 負 担 する 手 数 料 を 対 価 とするサービスの 内 容 を 記 載 すること リスク 情 報 について 投 資 リスクの 定 量 的 把 握 比 較 が 可 能 となるようわかりやすく 記 載 すること(6 種 類 程 度 の 指 標 と 比 較 など) が 求 められることとなる また 運 用 報 告 書 について 必 ず 書 面 で 交 付 すべき 交 付 運 用 報 告 書 と ウェブ 掲 載 など 電 磁 的 方 法 による 提 供 を 原 則 とする 運 用 報 告 書 ( 全 体 版 ) に 二 段 階 化 すること とされている はじめに( 投 信 制 度 改 革 について) 2014 年 12 月 1 日 から 一 連 の 投 信 制 度 改 革 が いよいよ 実 施 された 投 信 制 度 改 革 は 2012 年 12 月 の 投 資 信 託 投 資 法 人 法 制 の 見 直 しに 関 するワーキング グ ループ 最 終 報 告 1 ( 以 下 最 終 報 告 書 )の 提 言 を 踏 まえたものである 最 終 報 告 書 の 内 容 は 多 岐 にわたるが 投 資 信 託 に 関 する 主 な 事 項 を 挙 げると 次 の 通 りである ( 投 資 信 託 運 営 の 効 率 性 の 向 上 ) 投 資 家 のニーズに 的 確 に 対 応 するための 運 用 会 社 の 運 用 力 の 強 化 約 款 の 変 更 や 投 資 信 託 の 併 合 等 に 関 する 書 面 決 議 制 度 の 見 直 し 1 金 融 庁 のウェブサイト( 掲 載 されている 株 式 会 社 大 和 総 研 丸 の 内 オフィス 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 一 丁 目 9 番 1 号 グラントウキョウ ノースタワー このレポートは 投 資 勧 誘 を 意 図 して 提 供 するものではありません このレポートの 掲 載 情 報 は 信 頼 できると 考 えられる 情 報 源 から 作 成 しておりますが その 正 確 性 完 全 性 を 保 証 する ものではありません また 記 載 された 意 見 や 予 測 等 は 作 成 時 点 のものであり 今 後 予 告 なく 変 更 されることがあります 大 和 総 研 の 親 会 社 である 大 和 総 研 ホールディングスと 大 和 証 券 は 大 和 証 券 グループ 本 社 を 親 会 社 とする 大 和 証 券 グループの 会 社 です 内 容 に 関 する 一 切 の 権 利 は 大 和 総 研 にあります 無 断 での 複 製 転 載 転 送 等 はご 遠 慮 ください

2 2 / 15 ( 合 理 的 な 投 資 判 断 のための 環 境 整 備 ) 運 用 報 告 書 の 改 善 等 トータルリターンの 通 知 ( 複 合 化 するリスクへの 対 応 ) リスク 等 についての 情 報 提 供 の 充 実 一 定 の 類 型 のリスクに 対 する 規 制 (より 一 層 の 顧 客 本 位 の 目 線 ) 顧 客 の 生 活 設 計 やマネープランを 踏 まえた 資 産 形 成 という 観 点 に 基 づくコンサルティング 機 能 の 発 揮 受 託 者 責 任 を 踏 まえた 適 切 な 運 営 これを 受 けて 2013 年 から 2014 年 にかけて 例 えば 次 のような 法 令 ガイドライン 自 主 規 制 規 則 などの 大 掛 かりな 改 正 が 行 われた 法 律 2 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 以 下 2013 年 改 正 金 商 法 ) 政 令 内 閣 府 令 3 金 融 商 品 取 引 法 施 行 令 等 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 以 下 改 正 政 令 ) 特 定 有 価 証 券 の 内 容 等 の 開 示 に 関 する 内 閣 府 令 等 の 一 部 を 改 正 する 内 閣 府 令 ( 以 下 改 正 府 令 ) 事 務 ガイドライン 監 督 指 針 4 特 定 有 価 証 券 の 内 容 等 の 開 示 に 関 する 留 意 事 項 について( 特 定 有 価 証 券 開 示 ガイドライ ン) 改 正 金 融 商 品 取 引 業 者 等 向 けの 総 合 的 な 監 督 指 針 改 正 2 金 融 庁 のウェブサイト( 掲 載 されている なお 拙 稿 イン サイダー 破 綻 処 理 などに 関 する 金 商 法 等 改 正 法 成 立 (2013 年 6 月 17 日 付 レポート)も 参 照 されたい ( 3 金 融 庁 のウェブサイト( 掲 載 されている 4 下 記 の 金 融 庁 のウェブサイトに 掲 載 されている

3 3 / 15 自 主 規 制 規 則 など 5 投 資 信 託 協 会 交 付 目 論 見 書 の 作 成 に 関 する 規 則 等 の 一 部 改 正 同 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 等 の 改 正 に 係 る 規 則 等 の 整 備 日 本 証 券 業 協 会 投 資 信 託 等 のトータルリターンの 通 知 制 度 導 入 に 係 る 協 会 員 の 投 資 勧 誘 顧 客 管 理 等 に 関 する 規 則 の 一 部 改 正 について 同 外 国 証 券 の 取 引 に 関 する 規 則 の 一 部 改 正 について など 本 稿 では これらのうち 最 終 報 告 書 の リスク 等 についての 情 報 提 供 の 充 実 運 用 報 告 書 の 改 善 等 に 対 応 する 改 正 事 項 を 紹 介 する 1.リスク 等 についての 情 報 提 供 の 充 実 金 融 商 品 取 引 業 者 などは 有 価 証 券 を 顧 客 に 販 売 する 場 合 原 則 として あらかじめ 又 は 同 時 に 目 論 見 書 という 法 定 開 示 書 類 を 交 付 することが 義 務 付 けられている( 金 融 商 品 取 引 法 15 条 2 項 ) この 目 論 見 書 という 法 定 開 示 書 類 は 投 資 者 が これから 購 入 しようとする 有 価 証 券 の 内 容 リスク コストなどを 理 解 する 上 で 重 要 な 役 割 を 担 っている 投 資 信 託 (の 受 益 証 券 )についても 必 ず 交 付 されなければならない 交 付 目 論 見 書 と 請 求 があった 場 合 に 交 付 される 請 求 目 論 見 書 の 二 部 構 成 となっているという 特 徴 があるも のの 基 本 的 には 同 様 である( 金 融 商 品 取 引 法 13 条 2 項 15 条 3 項 特 定 有 価 証 券 の 内 容 等 の 開 示 に 関 する 内 閣 府 令 ( 以 下 特 定 有 価 証 券 開 示 府 令 )15 16 条 など) 投 資 信 託 の 交 付 目 論 見 書 などには 投 資 者 の 投 資 判 断 に 重 要 な 情 報 として 投 資 リスク や 手 数 料 等 に 関 する 情 報 が 開 示 されてはいる しかし 例 えば 投 資 リスクについて 商 品 の リスクを 分 かりやすく 表 示 する 工 夫 が 考 えられないか 各 種 手 数 料 について 使 途 を 含 め そ の 説 明 が 不 足 しているのではないか といった 指 摘 があった 6 そこで 今 回 の 改 正 府 令 などを 5 下 記 ウェブサイトなど 参 照 ( 投 資 信 託 協 会 ) ( 日 本 証 券 業 協 会 ) 年 3 月 7 日 開 催 金 融 審 議 会 投 資 信 託 投 資 法 人 法 制 の 見 直 しに 関 するワーキング グループ( 第 1 回 ) 配 布 資 料 ( 資 料 5 投 資 信 託 投 資 法 人 法 制 の 見 直 しについて p.5

4 4 / 15 通 じて 目 論 見 書 等 で 開 示 される 投 資 リスク 手 数 料 等 について 次 のような 見 直 しが 行 われた リスク 等 についてのわかりやすい 表 示 ( 過 去 の 基 準 価 額 の 変 動 を 他 の 代 表 的 な 投 資 資 産 と 比 較 するための 図 表 等 を 用 いた 投 資 リスクに 関 する 説 明 を 求 める) 販 売 手 数 料 信 託 報 酬 等 に 関 する 説 明 の 充 実 ( 販 売 手 数 料 信 託 報 酬 等 の 対 価 として 提 供 す る 役 務 (サービス)に 関 する 説 明 を 求 める) 内 国 投 資 信 託 受 益 証 券 ( 委 託 者 指 図 型 投 資 信 託 委 託 者 非 指 図 型 投 資 信 託 )だけではなく 外 国 証 券 投 資 信 託 受 益 証 券 についても 同 様 の 改 正 がなされている (1)リスク 等 についてのわかりやすい 表 示 目 論 見 書 に 記 載 する( 投 資 信 託 の) 投 資 リスク 情 報 について 次 のように 過 去 5 年 間 の 分 配 金 再 投 資 基 準 額 や 年 間 リターン 率 を 他 の6 種 類 程 度 の 指 標 と 比 較 するなどして 図 表 等 を 用 いてわかりやすく 記 載 することが 義 務 付 けられた( 特 定 有 価 証 券 開 示 府 令 第 25 号 様 式 ( 記 載 上 の 注 意 )(4)c 第 25 号 の2 様 式 ( 記 載 上 の 注 意 )(4)c など) 同 様 の 記 載 は 有 価 証 券 届 出 書 有 価 証 券 報 告 書 等 でも 求 められている( 同 第 4 号 様 式 ( 記 載 上 の 注 意 )(20)c d 第 4 号 の2 様 式 ( 記 載 上 の 注 意 )(25) c d 第 7 号 様 式 ( 記 載 上 の 注 意 )(3)c 第 7 号 の2 様 式 ( 記 載 上 の 注 意 )(3)c など) 1 投 資 者 がファンドの 運 用 実 績 から 投 資 リスクを 把 握 できるよう 過 去 5 年 間 ( 各 月 末 )につ いて 分 配 金 再 投 資 基 準 価 額 ( 注 1) 及 び 年 間 リターン 率 ( 注 2)を 図 表 等 を 用 いて 分 かりや すく 記 載 すること この 場 合 他 の 投 資 資 産 に 投 資 した 場 合 における 投 資 リスクと 適 切 に 比 較 できるよう 有 価 証 券 その 他 の 投 資 資 産 に 係 る6 種 類 程 度 の 指 標 ( 注 3)の 年 間 騰 落 率 ( 注 4)の 過 去 5 年 間 における 最 大 値 及 び 最 小 値 並 びに 平 均 値 を 各 指 標 ごとに 図 表 等 を 用 いて 分 かりやすく 記 載 すること 2 前 記 1において ファンドが 設 定 されていない 等 の 理 由 から 各 月 末 又 は(その 各 月 末 の) 1 年 前 の 日 の 分 配 金 再 投 資 基 準 価 額 がなく 年 間 リターン 率 の 算 出 ができない 場 合 であって ベンチマーク( 注 5)があるときには そのベンチマークを 用 いて 基 準 価 額 を 算 出 し 分 配 金 再 投 資 基 準 価 額 に 代 えて 当 該 基 準 価 額 を 用 いて 算 出 した 年 間 リターン 率 を 記 載 すること た だし 投 資 者 に 誤 解 を 生 じさせるおそれのある 場 合 には この 限 りではない 3なお 前 記 2の 方 法 で 年 間 リターン 率 を 記 載 する 場 合 には 過 去 の 運 用 実 績 である 年 間 リタ

5 5 / 15 ーン 率 ではなく ベンチマークを 用 いて 算 出 した 年 間 リターン 率 を 記 載 しているものである 旨 その 他 の 投 資 者 に 誤 解 を 生 じさせることとならないようにするために 必 要 な 事 項 を 明 瞭 に 記 載 すること ( 注 1) 税 引 前 の 分 配 金 が 分 配 時 に 再 投 資 されたものとみなして 計 算 した 内 国 投 資 信 託 受 益 証 券 1 単 位 当 たり の 純 資 産 額 をいう ( 注 2) 各 月 末 の 分 配 金 再 投 資 基 準 価 額 から(その 各 月 末 の)1 年 前 の 分 配 金 再 投 資 基 準 価 額 を 控 除 した 額 を 1 年 前 の 分 配 金 再 投 資 基 準 価 額 で 除 して 得 た 数 に 100 を 乗 じて 得 た 数 をいう ( 注 3) 客 観 的 かつ 公 正 な 基 準 に 基 づき 算 出 される 指 標 であって 継 続 的 に 公 表 されるものに 限 る ( 注 4) 当 該 各 月 末 の 指 標 の 値 から 当 該 各 月 末 の1 年 前 の 指 標 の 値 を 控 除 したものを 当 該 各 月 末 の1 年 前 の 指 標 の 値 で 除 して 得 た 数 に 100 を 乗 じて 得 た 数 をいう ( 注 5) 特 定 の 指 標 の 変 動 率 に 当 該 ファンドに 係 る 基 準 価 額 ( 内 国 投 資 信 託 受 益 証 券 1 単 位 当 たりの 純 資 産 額 をいう)の 変 動 率 を 一 致 させることを 目 標 とする 場 合 (その 旨 が 当 該 ファンドに 係 る 約 款 に 定 められ 又 は 本 有 価 証 券 届 出 書 において 記 載 されている 場 合 に 限 る )における 当 該 指 標 をいう これは 最 終 報 告 書 における 商 品 のリスクを 定 性 的 に 説 明 することに 加 え リスクの 定 量 的 な 把 握 や 比 較 が 可 能 となるように わかりやすく 表 示 することが 適 当 である 7 との 提 言 を 受 けたものと 考 えられる これを 受 けて 交 付 目 論 見 書 の 対 象 となる 投 資 信 託 と 代 表 的 な 資 産 クラスとの 騰 落 率 の 比 較 や (その 投 資 信 託 の) 年 間 騰 落 率 や 分 配 金 再 投 資 基 準 価 額 の 推 移 の 具 体 的 な 記 載 方 法 やイメー ジ 図 例 などについて 投 資 信 託 協 会 が 自 主 規 制 規 則 の 整 備 を 行 っている( 投 資 信 託 協 会 交 付 目 論 見 書 の 作 成 に 関 する 規 則 3 条 同 交 付 目 論 見 書 の 作 成 に 関 する 規 則 に 関 する 細 則 3 条 の2) また 有 価 証 券 届 出 書 や 請 求 目 論 見 書 では ファンドのもつリスク として 次 のことを 記 載 すべき 場 合 があるとしている( 特 定 有 価 証 券 開 示 ガイドライン BⅡ1) 1 投 資 資 産 の 流 動 性 が 低 下 することにより 投 資 資 産 の 換 金 等 が 困 難 となることがあること( 流 動 性 リスク )に 関 する 記 載 (これによる 投 資 者 への 影 響 ( 内 国 投 資 信 託 受 益 証 券 の 換 金 ( 解 約 ) 請 求 の 受 付 の 中 止 又 は 取 消 し 等 )に 関 する 記 載 を 含 む ) 2ファンドがある 指 標 に 係 るインデックス 型 ファンドである 場 合 に 当 該 指 標 の 変 動 をその 基 準 価 額 の 変 動 に 適 正 に 反 映 することができないことに 関 する 記 載 (2) 販 売 手 数 料 信 託 報 酬 等 に 関 する 説 明 の 充 実 目 論 見 書 等 に 記 載 する( 投 資 信 託 の) 申 込 手 数 料 換 金 ( 解 約 手 数 料 ) ( 主 要 な) 信 託 報 酬 等 ( 主 要 な) その 他 の 手 数 料 等 について 金 額 料 率 などに 加 え 当 該 手 数 料 7 最 終 報 告 書 p.9

6 6 / 15 を 対 価 とする 役 務 の 内 容 についても 記 載 することが 義 務 付 けられた( 特 定 有 価 証 券 開 示 府 令 第 25 号 様 式 ( 記 載 上 の 注 意 )(6) 第 25 号 の2 様 式 ( 記 載 上 の 注 意 )(6)など なお 運 用 報 告 書 での 開 示 につき 後 述 2(2)(イ)も 参 照 ) 同 様 の 記 載 は 有 価 証 券 届 出 書 有 価 証 券 報 告 書 等 でも 求 められている( 同 第 4 号 様 式 ( 記 載 上 の 注 意 )(22)~(25) 第 4 号 の2 様 式 ( 記 載 上 の 注 意 )(27)~(30) 第 7 号 様 式 ( 記 載 上 の 注 意 )(1)g 第 7 号 の2 様 式 ( 記 載 上 の 注 意 )(1)j など) これは 最 終 報 告 書 における 投 資 者 が 負 担 する 手 数 料 等 と 対 価 関 係 にあるサービスにつ いて 投 資 家 のコスト 意 識 を 醸 成 し 競 争 の 促 進 を 期 待 する 観 点 から 中 略 説 明 の 充 実 を 図 る ことが 適 当 である 8 との 提 言 を 受 けたものと 考 えられる これを 受 けて 交 付 目 論 見 書 における 手 数 料 等 の 記 載 様 式 (ファンドの 費 用 の 表 )などにつ いて 投 資 信 託 協 会 が 自 主 規 制 規 則 の 整 備 を 行 っている( 投 資 信 託 協 会 交 付 目 論 見 書 の 作 成 に 関 する 規 則 に 関 する 細 則 6 条 ) なお 役 務 の 内 容 に 関 して 次 のような 記 載 上 の 留 意 事 項 が 設 けられている( 同 前 ) 1. 略 2. 購 入 時 手 数 料 については 当 該 手 数 料 を 対 価 とする 役 務 の 内 容 を 当 該 手 数 料 と 対 比 できる よう 表 内 に 記 載 するものとする 3. 運 用 管 理 費 用 ( 信 託 報 酬 )については 運 用 管 理 費 用 ( 信 託 報 酬 )の 総 額 表 示 のみでなく 支 払 先 毎 にその 算 出 方 法 金 額 又 は 料 率 徴 収 方 法 及 び 徴 収 時 期 を 記 載 するとともに 以 下 の 事 項 を 参 考 に 対 比 できるよう 表 内 に 記 載 するものとする 信 託 報 酬 = 運 用 期 間 中 の 基 準 価 額 信 託 報 酬 率 ( 委 託 会 社 ) 委 託 した 資 金 の 運 用 の 対 価 ( 販 売 会 社 ) 運 用 報 告 書 等 各 種 書 類 の 送 付 口 座 内 でのファンドの 管 理 購 入 後 の 情 報 提 供 等 の 対 価 ( 受 託 会 社 ) 運 用 財 産 の 管 理 委 託 会 社 からの 指 図 の 実 行 の 対 価 4. 略 5.その 他 の 費 用 手 数 料 は 主 要 なものについて 支 払 先 毎 にその 算 出 方 法 金 額 又 は 料 率 徴 収 方 法 及 び 徴 収 時 期 並 びに 当 該 手 数 料 等 を 対 価 とする 役 務 の 内 容 ( 例 えば 監 査 に 係 る 手 数 料 等 )を 記 載 する また 事 前 に 料 率 等 を 記 載 することができない 場 合 はその 旨 及 びその 理 由 請 求 目 論 見 書 で 確 認 できる 場 合 はその 旨 の 記 載 をするものとする 6. 上 記 項 目 以 外 の 費 用 を 徴 収 するファンドで 別 に 記 載 すべき 費 用 があるファンド( 例 えば 8 最 終 報 告 書 p.9

7 7 / 15 換 金 時 に 手 数 料 を 徴 収 するファンドなど)は 適 宜 項 目 を 追 加 し 当 該 費 用 及 びそれを 対 価 とする 役 務 の 内 容 を 記 載 するものとする ( 以 下 略 ) (3) 適 用 時 期 改 正 後 の 特 定 有 価 証 券 開 示 府 令 は 施 行 日 (2014 年 12 月 1 日 ) 以 後 に 提 出 する 有 価 証 券 届 出 書 に 係 る 目 論 見 書 から 適 用 されている( 改 正 府 令 附 則 2 条 5 項 ) 2. 運 用 報 告 書 の 改 善 等 投 資 信 託 委 託 会 社 は 原 則 として 運 用 報 告 書 という 法 定 開 示 書 類 を 計 算 期 間 末 日 ごとに 作 成 し 知 れている 受 益 者 (その 投 資 信 託 を 保 有 する 投 資 者 など)に 交 付 することが 義 務 付 け られている( 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 投 信 法 )14 条 1 項 ) 運 用 報 告 書 は 投 資 者 が 保 有 する 投 資 信 託 の 運 用 状 況 などを 把 握 する 上 で 重 要 な 役 割 を 担 っている その 一 方 数 字 の 列 挙 が 多 く 記 載 内 容 も 一 般 投 資 家 にとって 理 解 が 困 難 9 数 百 頁 にも 及 ぶこともあり 情 報 の 取 捨 選 択 が 困 難 10 書 面 での 交 付 が 原 則 であるため 投 資 信 託 委 託 会 社 には 多 大 なコストが 発 生 などといった 指 摘 があった そこで 2013 年 改 正 金 商 法 改 正 政 令 改 正 府 令 などを 通 じて 次 のような 見 直 しが 行 われ た 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 運 用 報 告 書 記 載 事 項 等 の 見 直 し 上 記 の 改 正 は 委 託 者 指 図 型 投 資 信 託 だけでなく 委 託 者 非 指 図 型 投 資 信 託 や 外 国 証 券 投 資 信 託 受 益 証 券 についても 準 用 されている( 投 信 法 54 条 59 条 ) 年 5 月 11 日 開 催 金 融 審 議 会 投 資 信 託 投 資 法 人 法 制 の 見 直 しに 関 するワーキング グループ( 第 5 回 ) 配 布 資 料 ( 事 務 局 説 明 資 料 p.4 10 古 澤 知 之 栗 田 照 久 佐 藤 則 夫 増 田 昌 樹 横 尾 光 輔 監 修 齋 藤 将 彦 小 長 谷 章 人 西 田 勇 樹 澤 飯 敦 上 島 正 道 編 著 逐 条 解 説 2013 年 金 融 商 品 取 引 法 改 正 ( 商 事 法 務 2014 年 )p.54

8 8 / 15 (1) 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 (イ) 交 付 運 用 報 告 書 と 運 用 報 告 書 ( 全 体 版 ) 改 正 前 の 金 融 商 品 取 引 法 では 投 資 信 託 の 運 用 報 告 書 は 原 則 書 面 ( 紙 媒 体 )で 交 付 する ことが 義 務 付 けられていた 電 磁 的 方 法 ( 電 子 媒 体 )での 提 供 が 認 められるのは 個 別 の 投 資 者 の 同 意 がある 場 合 に 限 られていた( 改 正 前 の 投 信 法 14 条 2 項 ) 2013 年 改 正 金 商 法 では この 原 則 そのものは 維 持 しつつ 次 のような 見 直 しを 行 った( 投 信 法 14 条 2~4 項 ) 1 投 資 信 託 約 款 に 定 めがある 場 合 には 書 面 の 交 付 に 代 えて 運 用 報 告 書 の 記 載 事 項 を 電 磁 的 方 法 で 提 供 することができる 2 前 記 1の 場 合 でも 受 益 者 からの 請 求 があれば 書 面 による 運 用 報 告 書 を 交 付 しなければな らない 3 前 記 1の 場 合 でも 運 用 報 告 書 の 記 載 事 項 のうち 重 要 なものとして 内 閣 府 令 で 定 めるものを 記 載 した 書 面 を 作 成 し 知 れている 受 益 者 に 交 付 しなければならない これを 整 理 すると 投 資 信 託 約 款 に 定 めがある 場 合 運 用 報 告 書 の 記 載 事 項 のうち 重 要 なも のだけを 記 載 した 書 面 ( 交 付 運 用 報 告 書 )を 交 付 すればよい( 上 記 3) それ 以 外 の 記 載 事 項 については 投 資 者 の 個 別 の 承 諾 がなくても 11 電 子 媒 体 ( 電 磁 的 方 法 )で 提 供 すればよい( 上 記 1) ただし 投 資 者 から 個 別 の 請 求 があれば 本 来 の 運 用 報 告 書 ( 運 用 報 告 書 ( 全 体 版 ) ) を 書 面 で 交 付 しなければならない( 上 記 2)ということになる これは 実 質 的 に 運 用 状 況 に 関 する 極 めて 重 要 な 事 項 を 記 載 した 交 付 運 用 報 告 書 と より 詳 細 な 運 用 状 況 等 も 含 めて 記 載 した 運 用 報 告 書 ( 全 体 版 )に 二 段 階 化 する 12 ものであることから 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 とも 呼 ばれている 13 なお 交 付 運 用 報 告 書 についても 個 別 の 投 資 者 の 同 意 がある 場 合 には 電 子 媒 体 ( 電 磁 的 方 法 )での 提 供 が 認 められる( 投 信 法 14 条 5 項 ) 11 古 澤 知 之 栗 田 照 久 佐 藤 則 夫 増 田 昌 樹 横 尾 光 輔 監 修 齋 藤 将 彦 小 長 谷 章 人 西 田 勇 樹 澤 飯 敦 上 島 正 道 編 著 逐 条 解 説 2013 年 金 融 商 品 取 引 法 改 正 ( 商 事 法 務 2014 年 )p 最 終 報 告 書 p.7 13 なお 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 に 伴 い 改 正 前 の 紙 ベースの 運 用 報 告 書 を 投 資 者 の 個 別 の 同 意 に 基 づいて 電 磁 的 方 法 ( 電 子 媒 体 )で 提 供 する 仕 組 み( 厳 密 には 投 信 法 5 条 2 項 の 準 用 )は 新 制 度 に 置 き 換 わってなく なった 模 様 である 古 澤 知 之 栗 田 照 久 佐 藤 則 夫 増 田 昌 樹 横 尾 光 輔 監 修 齋 藤 将 彦 小 長 谷 章 人 西 田 勇 樹 澤 飯 敦 上 島 正 道 編 著 逐 条 解 説 2013 年 金 融 商 品 取 引 法 改 正 ( 商 事 法 務 2014 年 )p.315 参 照

9 9 / 15 (ロ) 電 磁 的 方 法 交 付 運 用 報 告 書 の 記 載 事 項 以 外 の 事 項 を 提 供 する 電 磁 的 方 法 としては 具 体 的 に 次 の ものが 指 定 されている( 投 信 法 施 行 規 則 25 条 の2) 1 電 子 情 報 処 理 組 織 を 使 用 する 方 法 のうちイからニまでに 掲 げるもの イ 提 供 者 等 ( 注 1)の 使 用 に 係 る 電 子 計 算 機 と 提 供 先 等 ( 注 2)の 使 用 に 係 る 電 子 計 算 機 とを 接 続 する 電 気 通 信 回 線 を 通 じて 記 載 事 項 を 送 信 し 提 供 先 等 の 使 用 に 係 る 電 子 計 算 機 に 備 えられた 顧 客 ファイルに 記 録 する 方 法 ロ 提 供 者 等 の 使 用 に 係 る 電 子 計 算 機 に 備 えられたファイルに 記 録 された 記 載 事 項 を 電 気 通 信 回 線 を 通 じて 提 供 先 の 閲 覧 に 供 し 提 供 先 等 の 使 用 に 係 る 電 子 計 算 機 に 備 えられた 当 該 提 供 先 の 顧 客 ファイルに 当 該 記 載 事 項 を 記 録 する 方 法 ハ 提 供 者 等 の 使 用 に 係 る 電 子 計 算 機 に 備 えられた 顧 客 ファイルに 記 録 された 記 載 事 項 を 電 気 通 信 回 線 を 通 じて 提 供 先 の 閲 覧 に 供 する 方 法 ニ 閲 覧 ファイル( 注 3)に 記 録 された 記 載 事 項 を 電 気 通 信 回 線 を 通 じて 提 供 先 の 閲 覧 に 供 す る 方 法 2 磁 気 ディスク CD-ROM その 他 これらに 準 ずる 方 法 により 一 定 の 事 項 を 確 実 に 記 録 しておく ことができる 物 をもって 調 製 するファイルに 記 載 事 項 を 記 録 したものを 交 付 する 方 法 ( 注 1) 運 用 報 告 書 の 記 載 事 項 の 提 供 者 又 は 提 供 者 との 契 約 によりファイルを 自 己 の 管 理 する 電 子 計 算 機 に 備 え 置 き これを 提 供 先 若 しくは 提 供 者 の 用 に 供 する 者 をいう ( 注 2) 運 用 報 告 書 の 記 載 事 項 の 提 供 先 及 び 提 供 先 との 契 約 により 顧 客 ファイル( 専 らその 提 供 先 の 用 に 供 せ られるファイル)を 自 己 の 管 理 する 電 子 計 算 機 に 備 え 置 く 者 をいう ( 注 3) 提 供 者 等 の 使 用 に 係 る 電 子 計 算 機 に 備 えられたファイルであって 同 時 に 複 数 の 提 供 先 の 閲 覧 に 供 す るため 記 載 事 項 を 記 録 させるファイルをいう 具 体 的 なイメージとしては 1イは 受 益 者 に 電 子 メールにより 送 信 する 方 法 など 1ロ は 受 益 者 がインターネットからダウンロードする 方 法 1ハは 投 資 信 託 委 託 会 社 が 管 理 す る 受 益 者 専 用 ファイルにより 受 益 者 が 閲 覧 する 方 法 (いわゆる 電 子 私 書 箱 方 式 ) 1ニは 投 資 信 託 委 託 会 社 のホームページにおいて 受 益 者 が 閲 覧 する 方 法 2は CD-ROM 等 をもって 調 製 するファイルに 記 載 事 項 を 記 録 したものを 交 付 する 方 法 が それぞれ 該 当 すると 解 されて いる 宮 本 孝 男 粕 谷 晋 史 河 原 雄 亮 御 厨 景 子 投 資 信 託 投 資 法 人 法 制 の 見 直 し ( 商 事 法 務 No 年 10 月 5 15 日 合 併 号 )p.97 注 11~15

10 10 / 15 (2) 運 用 報 告 書 記 載 事 項 等 の 見 直 し 前 記 (1)の 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 に 併 せて 運 用 報 告 書 の 記 載 事 項 などの 見 直 しなども 行 われ た 主 なポイントを 挙 げると 次 の 通 りである (イ) 報 酬 等 の 表 示 運 用 報 告 書 の 記 載 事 項 として 計 算 期 間 中 における 投 資 信 託 委 託 会 社 及 び 受 託 会 社 に 対 する 報 酬 等 並 びに 当 該 投 資 信 託 財 産 に 関 して 受 益 者 が 負 担 するその 他 の 費 用 並 びにこれらを 対 価 と する 役 務 の 内 容 が 追 加 された( 投 資 信 託 財 産 の 計 算 に 関 する 規 則 ( 以 下 投 信 財 産 計 算 規 則 )58 条 1 項 4 号 ) なお 記 載 に 当 たっては 投 資 者 が 計 算 期 間 中 に 負 担 する 信 託 報 酬 その 他 の 費 用 及 びその 対 価 として 享 受 するサービスの 内 容 が 投 資 者 にとって 理 解 しやすいように 表 示 されていること が 求 められており( 金 融 商 品 取 引 業 者 等 向 けの 総 合 的 な 監 督 指 針 ( 本 編 ) Ⅵ-3-2-3(2) 4) 前 記 1(2)( 販 売 手 数 料 信 託 報 酬 等 に 関 する 説 明 の 充 実 )とも 関 連 する 見 直 しだと 考 え られる これを 受 けて 投 資 信 託 協 会 が 自 主 規 制 規 則 の 整 備 を 行 っている( 投 資 信 託 協 会 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 係 る 運 用 報 告 書 等 に 関 する 委 員 会 決 議 ) この 中 で 費 用 金 額 の 基 準 価 額 に 対 する 比 率 や その 他 費 用 の 内 訳 ( 保 管 費 用 監 査 費 用 その 他 )などの 記 載 を 求 める 様 式 が 示 されている( 同 別 表 1など) (ロ) 交 付 運 用 報 告 書 の 記 載 事 項 投 資 信 託 約 款 において 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 を 採 用 する 場 合 交 付 運 用 報 告 書 には 原 則 として 運 用 報 告 書 の 記 載 事 項 のうち 次 の 事 項 を 記 載 することとされた( 投 信 財 産 計 算 規 則 58 条 の2 第 1 項 ) 1 投 資 信 託 財 産 の 運 用 方 針 2 投 資 信 託 財 産 の 計 算 期 間 中 における 資 産 の 運 用 の 経 過 3 運 用 状 況 の 推 移 4 投 資 信 託 財 産 の 計 算 期 間 中 における 投 資 信 託 委 託 会 社 及 び 受 託 会 社 に 対 する 報 酬 等 並 びに 当 該 投 資 信 託 財 産 に 関 して 受 益 者 が 負 担 するその 他 の 費 用 並 びにこれらを 対 価 とする 役 務 の 内 容 5 株 式 のうち 主 要 なものにつき 銘 柄 ごとに 当 期 末 現 在 における 時 価 総 額 の 投 資 信 託 財 産 の 純 資 産 額 に 対 する 比 率 6 公 社 債 のうち 主 要 なものにつき 銘 柄 ごとに 当 期 末 現 在 における 時 価 総 額 の 投 資 信 託 財 産 の 純 資 産 額 に 対 する 比 率

11 11 / 15 7 投 資 信 託 の 受 益 証 券 親 投 資 信 託 の 受 益 証 券 及 び 投 資 法 人 の 投 資 証 券 のうち 主 要 なものにつ き 銘 柄 ごとに 当 期 末 現 在 における 時 価 総 額 の 投 資 信 託 財 産 の 純 資 産 額 に 対 する 比 率 8デリバティブ 取 引 のうち 主 要 なものにつき 種 類 ごとに 当 期 末 現 在 における 評 価 額 の 投 資 信 託 財 産 の 純 資 産 額 に 対 する 比 率 9 不 動 産 不 動 産 の 賃 借 権 又 は 地 上 権 ごとに 次 に 掲 げる 事 項 イ 当 該 不 動 産 の 所 在 地 番 その 他 当 該 不 動 産 を 特 定 するために 必 要 な 事 項 ロ 物 件 ごとに 当 期 末 現 在 における 価 格 ハ 当 該 不 動 産 に 関 してテナントがある 場 合 には 物 件 ごとに 当 期 末 現 在 における 稼 働 率 及 びテナントの 総 数 並 びに 当 該 投 資 信 託 財 産 の 計 算 期 間 中 における 全 賃 料 収 入 ( 当 該 全 賃 料 収 入 について やむを 得 ない 事 情 により 表 示 できない 場 合 には その 旨 ) ニ 当 該 投 資 信 託 財 産 の 計 算 期 間 中 における 売 買 総 額 10 約 束 手 形 のうち 主 要 なものにつき 当 期 末 現 在 における 債 権 額 の 投 資 信 託 財 産 の 純 資 産 額 に 対 する 比 率 11 金 銭 債 権 のうち 主 要 なものにつき 種 類 ごとに 当 期 末 現 在 における 債 権 の 総 額 の 投 資 信 託 財 産 の 純 資 産 額 に 対 する 比 率 12 匿 名 組 合 出 資 持 分 のうち 主 要 なものにつき 種 類 ごとに 当 期 末 現 在 における 総 額 の 投 資 信 託 財 産 の 純 資 産 額 に 対 する 比 率 13( 商 品 先 物 取 引 法 上 の) 商 品 のうち 主 要 なものにつき 種 類 ごとに 当 期 末 現 在 における 時 価 総 額 の 投 資 信 託 財 産 の 純 資 産 額 に 対 する 比 率 14 商 品 投 資 等 取 引 のうち 主 要 なものにつき 種 類 ごとに 当 期 末 現 在 における 評 価 額 の 投 資 信 託 財 産 の 純 資 産 額 に 対 する 比 率 15 特 定 資 産 以 外 の 資 産 のうち 主 要 なものにつき 種 類 ごとに 当 期 末 現 在 における 時 価 総 額 の 投 資 信 託 財 産 の 純 資 産 額 に 対 する 比 率 16( 不 動 産 の) 鑑 定 評 価 が 行 われた 場 合 には 当 該 鑑 定 評 価 を 行 った 者 の 氏 名 又 は 名 称 並 びに 当 該 鑑 定 評 価 の 結 果 及 び 方 法 の 概 要 ( 当 該 鑑 定 評 価 の 年 月 日 又 は 期 間 を 含 む ) 17 当 期 末 現 在 における 当 該 投 資 信 託 財 産 の 純 資 産 及 び 受 益 証 券 の 基 準 価 額 の 状 況 18 投 資 信 託 委 託 会 社 が 宅 地 建 物 取 引 業 を 営 んでいる 場 合 にあっては 当 該 投 資 信 託 財 産 の 計 算 期 間 中 における 宅 地 建 物 取 引 業 者 である 投 資 信 託 委 託 会 社 との 間 の 取 引 の 状 況 及 び 当 該 投 資 信 託 委 託 会 社 に 支 払 われた 手 数 料 の 総 額 19 投 資 信 託 委 託 会 社 が 不 動 産 特 定 共 同 事 業 を 営 んでいる 場 合 にあっては 当 該 投 資 信 託 財 産 の 計 算 期 間 中 における 不 動 産 特 定 共 同 事 業 者 である 投 資 信 託 委 託 会 社 との 間 の 取 引 の 状 況 20その 他 当 該 投 資 信 託 財 産 の 計 算 期 間 中 における 投 資 信 託 財 産 の 運 用 状 況 を 明 らかにするため に 必 要 な 事 項 のうち 重 要 なもの

12 12 / 受 益 者 が 問 い 合 わせを 行 うことができる 部 署 及 び 電 話 番 号 22 投 資 信 託 約 款 において 運 用 報 告 書 に 記 載 すべき 事 項 を 電 磁 的 方 法 により 提 供 する 旨 を 定 めて いる 投 資 信 託 にあっては その 旨 及 び 運 用 報 告 書 に 記 載 すべき 事 項 を 閲 覧 するために 必 要 な 情 報 23 運 用 報 告 書 は 受 益 者 の 請 求 により 交 付 される 旨 及 び 受 益 者 が 当 該 請 求 をするために 必 要 な 情 報 これらの 事 項 の 具 体 的 な 表 示 については 投 資 信 託 協 会 自 主 規 制 規 則 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 係 る 運 用 報 告 書 等 に 関 する 規 則 を 遵 守 する 必 要 がある 上 グラフや 図 を 積 極 的 に 活 用 す る 文 章 による 説 明 は 平 易 かつ 簡 易 な 表 現 で 行 うなど 投 資 者 から 見 て 正 確 な 理 解 が 容 易 に 得 られるよう 創 意 工 夫 が 求 められる 点 に 留 意 することとされている 15 ( 金 融 商 品 取 引 業 者 等 向 けの 総 合 的 な 監 督 指 針 ( 本 編 ) Ⅵ-3-2-3(3)) これを 受 けて 交 付 運 用 報 告 書 の 表 示 事 項 表 示 順 提 供 規 格 文 章 表 現 などについて 投 資 信 託 協 会 が 自 主 規 制 規 則 の 整 備 を 行 っている( 投 資 信 託 協 会 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 係 る 運 用 報 告 書 等 に 関 する 規 則 3 条 の2 3 条 の3 9 条 の2 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 係 る 運 用 報 告 書 等 に 関 する 委 員 会 決 議 別 表 1-2) なお ここでも 前 記 1の 目 論 見 書 の 見 直 しに 準 じて グラフや 図 を 用 いた 代 表 的 な 資 産 クラスと 騰 落 率 の 比 較 などを 記 載 する 様 式 が 示 されている 加 えて ベンチマークとの 差 異 の 表 示 が 求 められている また 前 記 (イ)に 準 じた 販 売 手 数 料 信 託 報 酬 等 の 表 示 も 求 められている (3) 適 用 時 期 改 正 後 の 規 定 は 施 行 日 (2014 年 12 月 1 日 ) 以 後 に 到 来 する 作 成 期 日 に 係 る 運 用 報 告 書 につ いて 適 用 されている(2013 年 改 正 金 商 法 附 則 10 条 改 正 府 令 附 則 4 条 ) 15 最 終 報 告 書 p.8 でも 他 の 投 資 信 託 と 比 較 可 能 な 方 式 で 当 該 投 資 信 託 の 現 在 及 び 過 去 の 状 況 を 記 載 し グラフや 図 を 活 用 し 平 易 かつ 簡 素 な 表 現 で 文 章 による 解 説 を 行 うなどわかりやすい 表 示 を 行 う ことが 求 め られていた

13 13 / 有 価 証 券 届 出 書 有 価 証 券 報 告 書 の 特 例 措 置 金 融 商 品 取 引 法 における 企 業 内 容 等 の 開 示 制 度 の 中 で 有 価 証 券 届 出 書 は 有 価 証 券 を 発 行 して 資 金 調 達 を 行 う 企 業 などが 行 うべき 発 行 開 示 の 法 定 開 示 書 類 である それに 対 して 有 価 証 券 報 告 書 は 多 数 の 者 が 保 有 するなど 一 定 の 流 通 性 を 有 する 有 価 証 券 の 発 行 者 が 行 うべ き 流 通 開 示 の 法 定 開 示 書 類 である つまり 両 者 は 発 行 市 場 における 開 示 制 度 と 流 通 市 場 における 開 示 制 度 という 役 割 分 担 がなされている ところが 継 続 的 に 募 集 売 出 しが 行 われている 投 資 信 託 (の 受 益 証 券 )の 場 合 実 質 的 に 発 行 開 示 と 継 続 開 示 が 同 時 並 行 して 進 められることとなり 実 務 上 も 継 続 開 示 書 類 で ある 有 価 証 券 報 告 書 を 定 期 的 に 提 出 するとともに 同 時 期 に 発 行 開 示 書 類 である 有 価 証 券 届 出 書 を 提 出 することが 通 例 になっている 16 とされる その 結 果 両 者 の 開 示 内 容 は 基 本 的 に 重 複 しており 提 出 者 に 負 担 が 生 じていることに 加 え 投 資 家 にとって 分 かりづらい 場 合 がある 等 の 指 摘 17 があった そこで こうした 重 複 を 解 消 する 観 点 から 2013 年 改 正 金 商 法 改 正 政 令 改 正 府 令 などを 通 じて 次 のような 見 直 しが 行 われた みなし 有 価 証 券 届 出 書 制 度 の 導 入 ( 募 集 事 項 等 記 載 書 面 を 有 価 証 券 報 告 書 と 併 せて 提 出 した 場 合 これらを 有 価 証 券 届 出 書 とみなす) 報 告 書 代 替 書 面 制 度 活 用 (その 提 出 により 有 価 証 券 報 告 書 の 一 部 とみなすことができる 報 告 書 代 替 書 面 として 投 資 信 託 協 会 の 規 則 に 基 づき 作 成 された 一 定 の 書 面 を 利 用 できるように する) (1) みなし 有 価 証 券 届 出 書 制 度 の 導 入 2013 年 改 正 金 商 法 により 募 集 事 項 等 記 載 書 面 を 有 価 証 券 報 告 書 と 併 せて 提 出 した 場 合 これらを 有 価 証 券 届 出 書 とみなすという みなし 有 価 証 券 届 出 書 制 度 が 導 入 された 具 体 的 には 投 資 信 託 の 受 益 証 券 など 一 定 の 特 定 有 価 証 券 の 募 集 売 出 しについて 有 価 証 券 届 出 書 を 提 出 しなければならない 会 社 が 次 の 要 件 を 満 たす 場 合 には 有 価 証 券 届 出 書 に 代 えて 募 集 事 項 等 記 載 書 面 を 提 出 することができるというものである 18 ( 金 融 商 品 取 引 法 5 条 項 16 古 澤 知 之 栗 田 照 久 佐 藤 則 夫 増 田 昌 樹 横 尾 光 輔 監 修 齋 藤 将 彦 小 長 谷 章 人 西 田 勇 樹 澤 飯 敦 上 島 正 道 編 著 逐 条 解 説 2013 年 金 融 商 品 取 引 法 改 正 ( 商 事 法 務 2014 年 )p 古 澤 知 之 栗 田 照 久 佐 藤 則 夫 増 田 昌 樹 横 尾 光 輔 監 修 齋 藤 将 彦 小 長 谷 章 人 西 田 勇 樹 澤 飯 敦 上 島 正 道 編 著 逐 条 解 説 2013 年 金 融 商 品 取 引 法 改 正 ( 商 事 法 務 2014 年 )p これに 伴 い( 有 価 証 券 届 出 書 の) 訂 正 報 告 書 の 提 出 手 続 についても 手 当 てがなされている( 金 融 商 品 取 引 法 7 条 3~5 項 ) 古 澤 知 之 栗 田 照 久 佐 藤 則 夫 増 田 昌 樹 横 尾 光 輔 監 修 齋 藤 将 彦 小 長 谷 章 人 西 田 勇 樹 澤 飯 敦 上 島 正 道 編 著 逐 条 解 説 2013 年 金 融 商 品 取 引 法 改 正 ( 商 事 法 務 2014 年 )p.58 参 照

14 14 / 15 特 定 有 価 証 券 開 示 府 令 11 条 の6 第 2 3 項 第 6 号 の7 様 式 など) (その 投 資 信 託 の 受 益 証 券 などの) 募 集 又 は 売 出 しが 既 に1 年 間 継 続 して 行 われている( 注 1) ( 注 2) 名 称 形 態 等 発 行 ( 売 出 ) 価 格 申 込 手 数 料 申 込 期 間 などを 記 載 した 募 集 事 項 等 記 載 書 面 ( 注 3)を 有 価 証 券 報 告 書 ( 及 びその 添 付 書 類 )と 併 せて 提 出 する ( 注 1)その 募 集 売 出 しが 募 集 事 項 等 記 載 書 面 の 提 出 の 直 前 まで 行 われている 場 合 に 限 る ( 注 2)その 間 適 正 に 募 集 又 は 売 出 しに 係 る 届 出 書 類 の 提 出 義 務 及 び 継 続 開 示 義 務 が 履 行 されている 必 要 が ある( 特 定 有 価 証 券 開 示 ガイドライン5-3) ( 注 3) 厳 密 には 対 象 となる 特 定 有 価 証 券 の 区 分 に 応 じて 特 定 有 価 証 券 開 示 府 令 第 6 号 の7~10 様 式 が 定 められている この 場 合 提 出 された 募 集 事 項 等 記 載 書 面 と 有 価 証 券 報 告 書 が 有 価 証 券 届 出 書 とみな される( 金 融 商 品 取 引 法 5 条 12 項 ) これは 最 終 報 告 書 の 有 価 証 券 届 出 書 第 一 部 証 券 情 報 に 相 当 する 情 報 を 記 載 した 書 面 を 有 価 証 券 報 告 書 と 併 せて 提 出 した 場 合 には これらの 書 類 を 有 価 証 券 届 出 書 とみなす 制 度 を 導 入 する 19 という 提 言 を 踏 まえたものと 考 えられる なお 募 集 事 項 等 記 載 書 面 による みなし 有 価 証 券 届 出 書 制 度 を 利 用 できるものは 次 の ように 定 められている( 特 定 有 価 証 券 開 示 府 令 11 条 の6 第 1 項 ) 1 内 国 投 資 信 託 受 益 証 券 ( 委 託 者 指 図 型 投 資 信 託 委 託 者 非 指 図 型 投 資 信 託 ) 2 外 国 投 資 信 託 受 益 証 券 3 内 国 信 託 受 益 証 券 4 外 国 信 託 受 益 証 券 5 内 国 信 託 受 益 権 6 外 国 信 託 受 益 権 7 特 定 有 価 証 券 信 託 受 益 証 券 (1~6を 受 託 有 価 証 券 とするものに 限 る) 8 特 定 預 託 証 券 (1~6に 係 る 権 利 を 表 示 するものに 限 る) 19 最 終 報 告 書 p.8

15 15 / 15 (2) 報 告 書 代 替 書 面 制 度 の 活 用 報 告 書 代 替 書 面 制 度 とは 内 閣 総 理 大 臣 の 承 認 があれば 有 価 証 券 報 告 書 の 提 出 義 務 会 社 は 有 価 証 券 報 告 書 の 記 載 事 項 の 一 部 を それを 記 載 した 一 定 の 書 面 ( 報 告 書 代 替 書 面 )の 提 出 に 代 えることができるというものである( 金 融 商 品 取 引 法 24 条 14 項 ) 今 回 の 改 正 府 令 により 報 告 書 代 替 書 面 として 利 用 できる 一 定 の 書 面 として 改 正 前 の 法 令 又 は 金 融 商 品 取 引 所 の 規 則 に 基 づいて 作 成 された 書 面 に 加 え 金 融 商 品 取 引 業 協 会 の 規 則 に 基 づいて 作 成 された 書 面 も 認 めることとなった( 特 定 有 価 証 券 開 示 府 令 27 条 の4の2 第 1 項 ) これは 最 終 報 告 書 の 投 資 信 託 協 会 の 規 則 に 基 づき 作 成 され ホームページ 上 で 公 表 さ れる 委 託 会 社 の 情 報 に 関 する 書 面 については 報 告 書 代 替 書 面 として 利 用 できるようにすると いった 方 向 で 対 応 することが 適 当 20 との 提 言 を 踏 まえたものと 考 えられる 20 最 終 報 告 書 p.8

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

FinTech、仮想通貨などを巡る銀行法等改正法案の概要

FinTech、仮想通貨などを巡る銀行法等改正法案の概要 金 融 システムの 諸 問 題 FinTech 仮 想 通 貨 などを 巡 る 銀 行 法 等 改 正 法 案 の 概 要 2016 年 3 月 25 日 全 6 頁 5%ルール グループ 経 営 管 理 仮 想 通 貨 交 換 業 者 など 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2016 年 3 月 4 日 情 報 通 信 技 術 の 進 展 等 の 環 境 変 化

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

法律・制度 Monthly Review 2014.12

法律・制度 Monthly Review 2014.12 その 他 法 律 2015 年 1 月 20 日 全 13 頁 法 律 制 度 Monthly Review 2014.12 法 律 制 度 の 新 しい 動 き 金 融 調 査 部 研 究 員 [ 要 約 ] 2014 年 12 月 の 法 律 制 度 に 関 する 主 な 出 来 事 と 2014 年 12 月 に 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 が 作 成 公 表 したレポート 等 を

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 参 考 資 料 厚 生 年 金 基 金 等 の 現 状 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 給

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保 日 立 工 機 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 則 ( 制 定 1951 年 12 月 4 日 ) 改 正 2016 年 1 月 12 日 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 当 会 社 の 株 主 の 権 利 の 行 使 等 に 関 する 取 扱 いその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 については 振 替 機 関 である 株 式 会 社 証 券 保 管

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

29条の2

29条の2 電 磁 的 方 法 による 交 付 に 係 るQ&A( 平 成 26 年 11 月 版 ) 平 成 26 年 11 月 21 日 日 本 証 券 業 協 会 法 律 施 行 令 関 係 1 書 面 を 電 磁 的 に 交 付 することについての 顧 客 の 承 諾 ( 目 論 見 書 にあっては 同 意 以 下 承 諾 等 という )は 書 面 の 交 付 毎 ではなく 包 括 的 に 得 る ことも

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

第 19 期 事 業 報 告 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 Ⅰ 会 社 の 現 況 1 当 事 業 年 度 の 事 業 の 状 況 当 事 業 年 度 は 味 の 素 スタジアムで サッカーJリーグのFC 東 京 と 東 京 ヴェルディの 主 催 試

第 19 期 事 業 報 告 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 Ⅰ 会 社 の 現 況 1 当 事 業 年 度 の 事 業 の 状 況 当 事 業 年 度 は 味 の 素 スタジアムで サッカーJリーグのFC 東 京 と 東 京 ヴェルディの 主 催 試 第 19 期 報 告 書 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 事 業 報 告 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 個 別 注 記 表 会 計 監 査 人 の 監 査 報 告 書 謄 本 監 査 役 会 の 監 査 報 告 書 謄 本 株 式 会 社 東 京 スタジアム 第 19 期 事 業 報 告 自 平 成 24

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 程 によりお 渡 しするものです ) 1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (1) 信 用 取 引 とは (2) 信 用 取 引 の 手 数 料 など 諸 費 用 リスク 等 について (3) 信 用 取 引 の 仕 組 みについて (4) 信 用

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 地 方 職 員 共 済 組 合 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の

More information

国立大学法人会計基準等検討会議(第2回)議事録・配付資料 [資料3(後半)]

国立大学法人会計基準等検討会議(第2回)議事録・配付資料 [資料3(後半)] 2. 実 務 上 の 観 点 から 要 請 された 項 目 第 24 行 政 サービス 実 施 コスト 第 24 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 独 法 基 準 の 改 訂 内 容 を 踏 まえ 語 句 訂 正 の 上 同 様 の 修 正 を 次 に 掲 げるコストは 行 政 サービス 実 施 コストに 次 に 掲 げるコストは 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コ 行

More information

2325 28152810 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38-

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

論叢本文

論叢本文 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 に 向 けての 論 点 と 在 り 方 原 武 彦 税 務 大 学 校 研 究 部 教 授 120 要 約 1 研 究 の 目 的 ( 問 題 の 所 在 ) 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 ( 本 要 約 において 以 下 一 体 化 という )は 更 に 推 進 することとされていることから 今 後 一 体 化 を 進 めるに 当 たっての 論 点

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

附 属 資 料 附 属 資 料 1 証 券 監 視 委 の 組 織 事 務 概 要 133 1-1 組 織 及 び 事 務 概 要 133 1-2 証 券 取 引 等 の 監 視 体 制 の 概 念 図 136 1-3 証 券 監 視 委 の 機 能 強 化 137 1-4 証 券 監 視 委 と 内 閣 総 理 大 臣 金 融 庁 長 官 及 び 財 務 局 長 等 の 関 係 の 概 念 図

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

配 当 支 払 調 書 合 計 表 のご 利 用 について 配 当 支 払 調 書 合 計 表 は 配 当 の 支 払 調 書 と 配 当 等 とみなす 金 額 の 支 払 調 書 および 支 払 調 書 合 計 表 を 作 成 するシステムです システムのご 利 用 について 配 当 支 払 調

配 当 支 払 調 書 合 計 表 のご 利 用 について 配 当 支 払 調 書 合 計 表 は 配 当 の 支 払 調 書 と 配 当 等 とみなす 金 額 の 支 払 調 書 および 支 払 調 書 合 計 表 を 作 成 するシステムです システムのご 利 用 について 配 当 支 払 調 VBA 配 当 支 払 調 書 合 計 表 VBA 配 当 支 払 調 書 合 計 表 システムのデータの 入 力 用 フォーム 表 示 と 印 刷 用 のワークシートについて 説 明 しま す VBA 配 当 支 払 調 書 合 計 表 のメインメニュー このシステムは 税 務 署 に 提 出 する 配 当 剰 余 金 の 分 配 の 支 払 調 書 配 当 等 とみなす 金 額 の 支 払 調

More information

公益財団法人プラン・ジャパン定款

公益財団法人プラン・ジャパン定款 定 款 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン( 以 下 本 財 団 という ) と 称 し その 英 文 名 を Plan International Japan と 称 する (

More information

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する 上 場 準 備 会 社 における 資 本 政 策 上 の 税 務 の 留 意 点 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 木 ) 新 日 本 監 査 法 人 EYCベンチャーアカデミー アクティベートジャパン 税 理 士 法 人 代 表 社 員 公 認 会 計 士 税 理 士 尾 崎 充 目 次 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 Ⅱ 税 務 上 の 時 価 概 念 法 人 税 所 得 税

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 確 定 拠 出 年 金 制 度 のための 専 用 ファンドとして 長 期 的 な 信 託 財 産 の 成 長 を 目 指 して 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 わが 国 の 企 業 が 発 行 する 株 式 に 投 資 を 行 います 個

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 確 定 拠 出 年 金 制 度 のための 専 用 ファンドとして 長 期 的 な 信 託 財 産 の 成 長 を 目 指 して 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 わが 国 の 企 業 が 発 行 する 株 式 に 投 資 を 行 います 個 確 定 拠 出 年 金 専 用 ファンド 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2013 年 3 月 1 日 DC 日 本 株 式 エクセレント フォーカス 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

マイナンバーガイドライン入門

マイナンバーガイドライン入門 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 事 務 局 長 其 田 真 理 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CFA90B6944E8BE095DB8CAF8E968BC682CC8EC08E7B8B408AD690CF97A78BE082CC8AC7979D8B7982D1895E977082C98C5782E98BEF91CC934982C895FB906A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CFA90B6944E8BE095DB8CAF8E968BC682CC8EC08E7B8B408AD690CF97A78BE082CC8AC7979D8B7982D1895E977082C98C5782E98BEF91CC934982C895FB906A2E646F63> 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 実 施 機 関 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 具 体 的 な 方 針 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 警 察 共 済 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 実 施 機 関 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 ( 以 下 基 本 的 な 方 針 という

More information

日 本 MRF(マネー リザーブ ファンド) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 /MRF 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2011 年 2 月 23 日 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です ご 購 入 に 際 しては 本 書 の

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 主 にブラジル レアル 建 てのブラジル 国 債 に 投 資 を 行 うことにより 信 託 財 産 の 中 長 期 的 成 長 を 目 指 して 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 特 色 1 主 としてブラジル レアル 建 てのブラジル 国

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 主 にブラジル レアル 建 てのブラジル 国 債 に 投 資 を 行 うことにより 信 託 財 産 の 中 長 期 的 成 長 を 目 指 して 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 特 色 1 主 としてブラジル レアル 建 てのブラジル 国 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.6.10 LM ブラジル 国 債 ファンド ( 毎 月 分 配 型 )/( 年 2 回 型 ) 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 投 資 対 象 資 産 頻 度 投 資

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

利 回 り( 積 立 金 の 運 用 利 回 りから 名 目 賃 金 上 昇 率 を 差 し 引 いたものをいう )を 最 低 限 のリスクで 確 保 するよう 基 本 ポートフォリオを 定 め これを 適 切 に 管 理 する その 際 市 場 の 価 格 形 成 や 民 間 の 投 資 行 動

利 回 り( 積 立 金 の 運 用 利 回 りから 名 目 賃 金 上 昇 率 を 差 し 引 いたものをいう )を 最 低 限 のリスクで 確 保 するよう 基 本 ポートフォリオを 定 め これを 適 切 に 管 理 する その 際 市 場 の 価 格 形 成 や 民 間 の 投 資 行 動 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 に 関 する 基 本 方 針 公 本 財 第 390の96 号 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 公 立 学 校 共 済 組 合 ( 以 下 当 共 済 組 合 という )は 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 以 下 法 という ) 第 112 条 の4 第 1 項 の 規 定 に

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63> 資 金 決 済 に 関 する 法 律 の 制 定 について 平 成 21 年 6 月 24 日 資 金 決 済 に 関 する 法 律 ( 平 成 21 年 法 律 第 59 号 ) 1 ( 以 下 資 金 決 済 法 とい う )が 公 布 された 本 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して1 年 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 め る 日 から 施 行 される( 資

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

平成■■年■■月■■日

平成■■年■■月■■日 入 札 公 告 事 後 審 査 型 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 及 び 西 宮 市 上 下 水 道 局 契 約 規 程 ( 昭 和 42 年 西 宮 市 水 道 局 管 理 規 程 第 13 号 )において 準 用 する 西 宮 市 契 約 規 則 ( 昭 和

More information

個人向け国債の事務取扱いに関する細則

個人向け国債の事務取扱いに関する細則 個 人 向 け 国 債 の 事 務 取 扱 いに 関 する 細 則 目 次 1.この 細 則 の 適 用 2. 用 語 の 定 義 3. 募 集 に 関 する 事 務 4. 払 込 等 に 関 する 事 務 5. 中 途 換 金 に 関 する 事 務 6. 手 数 料 に 関 する 事 務 7. 振 替 先 口 座 の 確 認 8. 所 要 事 項 の 決 定 等 9. 雑 則 [ 参 考 1] 計

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相

多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あ らかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 は お 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください なお 本

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 :2015 年 11 月 20 日 楽 天 グローバル バランス ( 安 定 型 / 成 長 型 / 積 極 型 ) ほうじょう ( 愛 称 ) 豊 饒 の 木 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 商 品 分 類 および 属 性 区 分 商 品 分 類 投 資 対 象 資 産 単 位 型 追 加 型 投

More information

Microsoft Word - 00定款.doc

Microsoft Word - 00定款.doc 定 款 公 益 財 団 法 人 内 視 鏡 医 学 研 究 振 興 財 団 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 内 視 鏡 医 学 研 究 振 興 財 団 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

法人関係情報

法人関係情報 はじめに 法 人 関 係 情 報 ( 金 融 商 品 取 引 法 研 究 会 )(2013.07.17) 同 志 社 大 学 川 口 恭 弘 Ⅰ 法 人 関 係 情 報 の 意 義 ( 範 囲 ) 法 163 条 1 項 に 規 定 する 上 場 会 社 等 の 運 営 業 務 または 財 産 に 関 する 公 表 されていない 重 要 な 情 報 であって 顧 客 の 投 資 判 断 に 影 響

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 以 下 法 という ) 第 112 条 の4 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 ( 法 第 3 8 条 の8 第 1 項

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 等 の 支 援 による 経 営 者 保 証 に 関 する ガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 手 順 本 手 順 は 産 業 競 争 力 強 化 法 第 127 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 中 小 企 業 再 生 支 援 業 務 を 行 う 者 として 認 定 を 受 けた 者 ( 以 下 認 定 支 援 機 関 という )

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

Microsoft Word - ☆f.doc

Microsoft Word - ☆f.doc 第 1 問 問 1 正 解 2 6,000 千 円 給 与 所 得 の 金 額 は 次 の 式 より 求 める 給 与 所 得 の 金 額 = 収 入 金 額 - 給 与 所 得 控 除 額 まず 給 与 所 得 控 除 額 を 設 例 の 中 の 速 算 表 から 求 め 次 に 上 記 計 算 式 より 給 与 所 得 控 除 後 の 金 額 を 求 めることになる 給 与 所 得 控 除 額

More information