指 揮 活 動 要 綱

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "指 揮 活 動 要 綱"

Transcription

1 指 揮 活 動 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 別 に 定 めがあるもののほか 船 橋 市 警 防 活 動 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 消 防 局 訓 令 第 4 号 ) 第 30 条 第 1 項 第 4 号 及 び 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 指 揮 隊 及 び 現 場 最 高 指 揮 者 等 の 任 務 と 活 動 について 必 要 な 事 項 を 定 める ( 指 揮 隊 の 任 務 ) 第 2 条 指 揮 隊 は 現 場 最 高 指 揮 者 の 統 括 指 揮 のもとに 次 の 各 号 に 掲 げる 任 務 を 遂 行 する (1) 各 種 情 報 の 収 集 及 び 整 理 (2) 災 害 の 実 態 の 把 握 (3) 現 場 最 高 指 揮 者 の 命 令 の 伝 達 及 び 局 面 指 揮 (4) 出 動 隊 への 情 報 連 絡 及 び 指 令 課 との 通 信 連 絡 (5) 出 動 部 隊 及 び 活 動 状 況 の 把 握 (6) 関 係 機 関 との 連 絡 調 整 及 び 関 係 資 料 の 確 保 (7) 現 場 広 報 (8) 災 害 の 原 因 及 び 被 害 状 況 の 把 握 (9)その 他 現 場 最 高 指 揮 者 の 特 命 事 項 ( 現 場 最 高 指 揮 者 の 任 務 ) 第 3 条 現 場 最 高 指 揮 者 は 災 害 現 場 において 収 集 した 情 報 をもとに 災 害 の 規 模 及 び 各 部 隊 の 行 動 を 掌 握 し 適 切 な 現 場 指 揮 を 行 うため 次 の 各 号 に 掲 げる 任 務 を 遂 行 する (1) 現 場 活 動 の 方 針 の 決 定 及 び 統 括 防 ぎょ 指 揮 (2) 現 場 指 揮 本 部 及 び 必 要 に 応 じた 前 進 指 揮 所 の 設 置 (3) 部 隊 の 増 強 又 は 削 減 の 決 定 (4) 消 防 団 への 指 示 (5) 現 場 広 報 ( 報 道 機 関 への 災 害 情 報 の 公 表 ) (6) 鎮 火 の 決 定 ( 火 勢 鎮 圧 鎮 火 時 間 等 ) (7)その 他 必 要 事 項 ( 隊 員 の 安 全 確 保 関 係 者 等 に 対 する 連 絡 及 び 指 示 ) ( 中 隊 長 の 任 務 ) 第 4 条 各 隊 の 中 隊 長 は 自 隊 の 活 動 の 指 揮 をとるとともに 次 の 各 号 に 掲 げる 任 務 を 遂 行 し 現 場 最 高 指 揮 者 を 援 助 する (1) 局 面 防 ぎょ 指 揮 (2) 各 種 情 報 の 収 集 分 析 及 び 統 合 (3) 活 動 方 針 及 び 部 隊 増 強 等 の 検 討 (4) 現 場 広 報 (5) 関 係 機 関 との 連 絡 調 整 (6)その 他 必 要 事 項 ( 指 揮 隊 長 等 の 任 務 ) 第 5 条 指 揮 隊 長 は 現 場 最 高 指 揮 者 を 補 佐 するため 第 2 条 の 規 定 に 基 づき 常 に 災 害 現 場 における 状 況 の 変 化 を 考 慮 し 現 場 最 高 指 揮 者 の 円 滑 な 部 隊 運 用 を 図 るため 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 を 遂 行 する (1) 現 場 最 高 指 揮 者 の 命 令 を 部 隊 に 伝 える (2) 災 害 現 場 の 実 態 把 握 特 に 現 場 最 高 指 揮 者 の 死 角 と なる 範 囲 を 重 点 的 に 確 認 す る ( 人 命 危 険 火 点 及 び 延 焼 範 囲 等 を 含 む )

2 (3) 各 隊 の 部 署 位 置 及 び 活 動 状 況 を 把 握 する (4) 緊 急 度 延 焼 方 向 等 の 判 断 把 握 を 行 う (5) 局 面 指 揮 を 行 い 緊 急 時 には 自 らの 判 断 により 部 隊 に 指 示 命 令 をすることができる (6)その 他 現 場 最 高 指 揮 者 の 特 命 事 項 を 処 理 する 2 情 報 担 当 員 及 び 調 査 担 当 員 は 次 の 各 号 に 掲 げる 任 務 を 遂 行 する (1) 出 動 途 上 において 支 援 情 報 及 び 現 場 関 係 資 料 ( 地 水 利 の 状 況 対 象 物 の 実 態 警 防 計 画 等 )を 整 理 し 必 要 事 項 を 現 場 最 高 指 揮 者 に 報 告 する (2) 現 場 到 着 後 の 情 報 収 集 及 び 関 係 者 の 確 保 を 行 う (3) 緊 急 情 報 等 の 整 理 を 行 い 自 らの 判 断 により 部 隊 に 伝 えることができる この 場 合 速 やかに 現 場 最 高 指 揮 者 に 報 告 する (4) 現 場 に 必 要 な 資 機 材 等 の 補 給 及 び 連 絡 を 行 う (5) 関 係 機 関 との 連 絡 調 整 及 び 関 係 資 料 の 確 保 を 行 う (6) 災 害 の 原 因 及 び 被 害 状 況 の 把 握 を 行 う 3 通 信 担 当 員 及 び 広 報 担 当 員 は 次 の 各 号 に 掲 げる 任 務 を 遂 行 する (1) 指 令 課 へ 必 要 情 報 を 連 絡 する (2) 現 場 最 高 指 揮 者 への 情 報 整 理 及 び 記 録 の 整 理 を 行 う (3) 各 隊 からの 報 告 により 防 ぎょ 図 を 作 成 し 現 場 最 高 指 揮 者 に 報 告 する (4) 現 場 広 報 については 車 載 マイク 等 を 活 用 する (5) 機 関 員 としての 任 務 を 果 たす ( 指 揮 隊 員 の 活 動 要 領 ) 第 6 条 指 揮 隊 員 の 活 動 要 領 は 次 の 各 号 に 掲 げるとおりとする (1) 指 揮 担 当 員 の 活 動 要 領 は 別 表 1のとおりとする (2) 情 報 担 当 及 び 調 査 担 当 員 の 活 動 要 領 は 別 表 2のとおりとする (3) 通 信 担 当 員 及 び 広 報 担 当 員 の 活 動 要 領 は 別 表 3のとおりとする ( 委 任 ) 第 7 条 この 活 動 要 綱 に 定 めるもののほか 指 揮 活 動 に 押 する 必 要 な 事 項 は 所 轄 消 防 署 長 が 定 めることができる 付 則 ( 施 行 期 日 ) この 要 綱 は 平 成 7 年 1 月 1 日 から 施 行 する

3 別 表 1 指 揮 活 動 要 領 ( 行 動 の 原 則 ) 1 統 括 指 揮 に 必 要 な 情 報 を 収 集 整 理 し これを 報 告 伝 達 する 等 して 積 極 的 に 指 揮 責 任 者 を 補 佐 する 2 現 場 指 揮 本 部 を 定 位 置 とし 現 場 状 況 の 確 認 指 揮 責 任 者 の 命 令 伝 達 等 を 行 う 3 現 場 到 着 後 の 各 種 状 況 の 把 握 は 関 係 者 または 活 動 部 隊 からの 情 報 収 集 によって 行 う ( 出 動 途 上 ) 1 住 宅 地 図 等 により 出 火 場 所 又 はその 付 近 の 街 区 状 況 を 確 認 し 延 焼 危 険 を 予 測 する 2 警 防 計 画 書 水 利 台 帳 等 により 水 利 状 況 及 び 指 揮 の 要 点 を 確 認 する ( 現 場 到 着 後 ) 1 現 場 指 揮 本 部 の 運 営 に 支 障 とならない 範 囲 で 建 物 概 要 火 点 延 焼 範 囲 危 険 方 向 先 着 隊 の 活 動 状 況 等 の 把 握 を 行 う 2 危 険 物 爆 発 物 その 他 消 防 活 動 上 障 害 となる 物 件 又 は 施 設 の 存 否 を 把 握 する 3 避 難 誘 導 人 命 検 索 人 命 救 助 等 の 要 がある 場 合 は 指 揮 責 任 者 に 即 報 するとともに その 対 策 ( 方 法 任 務 分 担 等 )を 検 討 する 4 耐 火 建 物 の 場 合 は 煙 の 流 動 状 況 階 段 ( 位 置 構 造 等 )の 状 況 消 防 隊 の 進 入 口 連 結 送 水 管 等 の 位 置 を 把 握 する 5 不 燃 ガス 消 火 設 備 の 設 置 場 所 ( 駐 車 場 変 電 設 備 危 険 物 施 設 電 算 機 室 等 )にあっ てはその 状 況 を 把 握 する 6 指 揮 責 任 者 の 命 令 を 忠 実 かつ 正 確 に 部 隊 に 伝 える ( 指 示 命 令 事 項 は 必 ず 復 唱 し 不 明 確 なものは 再 確 認 する ) ( 初 期 ) 初 動 時 における 防 ぎょ 方 針 決 定 まで 1 危 険 物 爆 発 物 電 気 ガス その 他 消 防 活 動 上 障 害 となる 物 件 の 情 報 について は 必 要 に 応 じて 自 らこれを 確 認 し その 消 火 方 法 出 動 隊 及 び 付 近 住 民 への 危 険 性 等 を 検 討 するとともに 消 防 活 動 上 とるべき 措 置 等 について 検 討 する 2 爆 発 物 有 毒 ガス 等 がある 場 合 は 指 揮 責 任 者 の 命 令 の 下 に 警 戒 線 を 設 定 し 区 域 内 は 原 則 として 進 入 を 厳 禁 する なお 緊 急 やむを 得 ない 場 合 は 噴 霧 注 水 等 により 拡 散 冷 却 等 を 実 施 する 小 隊 を 指 定 する 3 禁 水 性 物 品 の 消 火 方 法 ガスの 危 険 性 と 安 全 管 理 方 法 等 については 技 術 者 関 係 者 等 に 質 問 して 正 確 に 把 握 し 隊 員 に 周 知 徹 底 する なお 不 明 の 場 合 は 指 令 課 へ 照 会 すること 4 火 災 の 状 況 により 特 殊 車 特 殊 資 機 材 等 の 要 請 を 検 討 する なお 特 殊 車 については 接 近 の 可 否 部 署 位 置 を 必 ず 検 討 する 5 出 火 建 物 及 び 設 備 の 状 況 並 びに 火 勢 の 状 況 から 指 揮 責 任 者 の 活 動 方 針 に 基 づき 各 隊 の 任 務 分 担 を 検 討 する ( 連 結 送 水 管 送 水 隊 水 損 防 止 隊 等 ) 6 避 難 誘 導 等 人 命 検 索 救 助 の 必 要 がある 場 合 は 進 入 誘 導 検 索 救 助 援 護 注 水 等 について その 方 法 を 具 体 的 に 検 討 する また 傷 病 者 が 多 数 ある 場 合 は 応 急 救 護 所 を 設 置 する ( 中 期 ) 防 ぎょ 方 針 決 定 から 延 焼 阻 止 まで 1 消 防 警 戒 区 域 等 の 設 定 の 要 否 及 びそ の 範 囲 を 検 討 し 必 要 ある 場 合 は 警 察 官 に 要 請 し 又 は 消 防 団 に 担 当 させる

4 2 飛 火 警 戒 水 損 防 止 及 び 後 着 隊 の 防 ぎょの 要 否 を 検 討 する 3 部 隊 活 動 状 況 ( 部 署 位 置 人 命 検 索 実 施 状 況 等 )を 確 認 し 防 ぎょ 活 動 の 略 図 を 補 正 する 4 水 利 部 署 状 況 を 把 握 し 水 利 運 用 計 画 を 検 討 する 5 放 水 活 動 を 要 しない 小 隊 に 対 し 特 定 任 務 ( 飛 火 警 戒 防 水 照 明 等 の 付 与 又 は 現 場 待 機 引 き 揚 げ 等 について 検 討 する 6 各 小 隊 の 活 動 状 況 を 確 認 し 状 況 により 任 務 の 補 正 増 築 等 について 検 討 する ( 後 期 ) 延 焼 阻 止 以 降 1 残 火 処 理 に 対 する 各 隊 ( 消 防 団 を 含 む)の 任 務 について 検 討 する 2 報 道 機 関 等 に 対 する 公 表 内 容 を 総 合 調 整 する

5 別 表 2 情 報 担 当 及 び 補 給 担 当 活 動 要 領 ( 行 動 の 原 則 ) 1 指 揮 責 任 者 が 状 況 判 断 活 動 方 針 の 決 定 を 効 果 的 に 行 うために 必 要 な 情 報 収 集 を 行 う とともに 関 係 者 の 確 保 を 行 う 2 現 場 指 揮 本 部 を 定 位 置 とし 情 報 収 集 を 行 い 移 動 は 短 時 間 とする ( 出 動 途 上 ) 1 指 揮 担 当 と 協 力 して 各 種 資 料 から 現 場 状 況 を 把 握 し 人 命 危 険 の 有 無 等 を 指 揮 責 任 者 に 報 告 する 2 対 象 物 に 応 じた 情 報 収 集 の 項 目 ポイント 等 を 確 認 する 3 出 動 計 画 等 により 出 動 車 両 及 び 各 車 両 の 積 載 資 機 材 等 を 把 握 する 4 支 援 情 報 の 整 理 ( 現 場 到 者 時 ) 1 関 係 者 を 確 保 ( 現 場 指 揮 本 部 へ 同 行 する )するとともに 要 救 助 者 等 の 緊 急 情 報 を 指 揮 責 任 者 に 速 報 する 2 延 焼 建 物 の 構 造 規 模 棟 数 延 焼 面 積 等 について その 概 要 把 握 に 努 める 3 火 点 が 出 動 指 令 場 所 と 異 なる 場 合 は ただちに 指 令 課 及 び 出 動 各 隊 に 通 報 する 4 建 物 関 係 者 に 建 物 及 び 各 種 設 備 等 の 関 係 図 書 の 提 出 を 求 める 5 建 物 関 係 者 を 現 場 指 揮 本 部 へ 呼 び 出 し 建 物 の 状 況 ( 内 部 構 造 各 種 設 備 の 状 況 消 防 活 動 の 障 害 となる 物 件 等 の 有 無 等 )について 確 認 する 6 夜 間 休 日 等 の 場 合 は 建 物 関 係 者 に 各 出 入 ロの 鍵 を 現 場 指 揮 本 部 に 持 参 させる 7 建 物 関 係 者 から 避 難 誘 導 等 状 況 等 について 次 ぎの 事 項 を 聴 取 して 要 救 助 者 の 状 況 を 把 握 する (1) 要 救 助 者 の 有 無 (2) 出 火 当 時 の 各 階 の 人 員 状 況 (3) 各 階 ごとの 避 難 状 況 と 避 難 場 所 8 関 係 機 関 との 連 絡 調 整 を 行 う ( 初 期 ) 1 通 信 担 当 と 協 力 して 建 物 概 要 図 を 作 成 し 棟 ごとに 要 救 助 者 の 状 況 構 造 階 数 等 を 記 入 する 人 命 検 索 の 終 了 した 建 物 については その 都 度 整 理 し 未 確 認 の 建 物 がある 場 合 は 指 揮 責 任 者 に 報 告 するとともに 早 期 確 認 に 努 める 2 火 災 発 生 に 関 係 が 深 いと 予 想 される 負 傷 者 がいる 場 合 は 救 急 隊 が 収 容 するまでに 要 救 助 者 の 有 無 その 他 必 要 事 項 を 聴 取 する 3 出 火 建 物 及 び 各 種 設 備 等 の 関 係 図 書 から 平 面 図 を 作 成 し 火 点 延 焼 範 囲 防 火 区 画 階 段 エレベーター 空 調 機 の 給 排 気 口 等 の 位 置 を 表 示 する 4 出 火 建 物 の 立 面 または 断 面 図 を 作 成 し 火 点 延 焼 階 延 焼 危 険 箇 所 及 び 階 段 を 表 示 し 人 命 救 助 筒 先 配 備 等 の 作 戦 図 とする 5 排 煙 設 備 換 気 設 備 がある 場 合 は 建 物 関 係 者 からその 概 要 等 について 聴 取 又 は 確 認 する ( 中 期 ) 1 必 要 資 機 材 等 の 状 況 を 確 認 し 補 充 等 の 要 否 を 検 討 する 2 火 元 建 物 延 焼 建 物 の 名 称 責 任 者 用 途 業 態 被 災 世 帯 と 人 員 を 整 理 する

6 3 要 救 助 者 負 傷 者 等 を 救 助 救 護 した 場 合 は 職 業 氏 名 年 齢 受 傷 状 況 収 容 病 院 及 び 救 助 救 護 活 動 の 概 要 を 確 認 し 記 録 する 4 その 他 火 災 の 実 態 に 対 応 し 必 要 な 情 報 の 収 集 記 録 を 整 理 する ( 後 期 ) 1 火 災 等 の 原 因 焼 損 程 度 被 災 状 況 についてまとめる 2 報 道 機 関 等 に 対 する 公 表 内 容 を 整 理 する

7 別 表 3 通 信 担 当 及 び 広 報 担 当 活 動 要 領 ( 行 動 の 原 則 ) 1 現 場 指 揮 本 部 を 定 位 置 とし 指 令 課 及 び 指 揮 責 任 者 の 呼 び 出 しに 対 して 迅 速 応 じる 2 無 線 交 信 は 簡 潔 に 行 う 3 火 災 等 の 状 況 に 応 じた 現 場 広 報 を 行 う ( 出 動 途 上 ) l 機 関 員 として 機 関 運 用 に 当 たる ( 現 場 到 着 時 ) 1 現 場 到 着 位 置 から 見 た 火 災 の 状 況 を 指 令 課 へ 報 告 する 2 現 場 指 揮 本 部 の 設 置 準 備 をする 3 支 援 情 報 の 整 理 をする ( 初 期 以 降 ) 1 建 物 概 要 延 焼 範 囲 危 険 方 向 及 び 先 着 隊 の 活 動 状 況 ( 部 署 位 置 等 )の 略 図 を 作 成 す る 2 指 揮 責 任 者 の 指 示 命 令 に 基 づき 現 場 報 告 応 援 要 請 消 防 隊 の 活 動 状 況 その 他 の 情 報 を 指 令 課 に 報 告 する 3 指 令 課 からの 支 援 情 報 等 を 指 揮 責 任 者 に 報 告 する 4 各 隊 から 発 信 される 無 線 の 情 報 を 傍 受 し 部 隊 運 用 に 関 係 のある 情 報 については そ の 情 報 を 指 揮 責 任 者 又 は 指 揮 担 当 員 に 連 絡 する 5 現 場 指 揮 本 部 から 見 た 火 点 周 囲 の 建 物 密 集 度 空 地 または 道 路 の 有 無 ブロック 内 面 角 火 災 の 別 等 の 状 況 を 指 令 課 へ 報 告 する 6 主 な 通 信 経 過 を 記 録 整 理 する 7 指 揮 担 当 情 報 担 当 に 協 力 し 情 報 の 整 理 を 行 う 8 防 ぎょ 活 動 図 焼 損 図 を 作 成 する

8 参 考 資 料 1 現 場 指 揮 本 部 運 営 要 領 1 現 場 最 高 指 揮 者 は 指 揮 権 の 所 在 を 明 らかにするため 必 ず 指 揮 宣 言 を 行 う 現 場 最 高 指 揮 者 名 と 併 せ 現 場 指 揮 本 部 の 位 置 も 徹 底 する 指 揮 権 は 指 揮 宣 言 をもって 移 行 する 1 火 災 の 状 況 等 により 必 要 があると 認 めるときは 前 進 指 揮 所 を 設 置 する 前 進 指 揮 所 設 置 要 領 は 別 に 定 める 1 現 場 最 高 指 揮 者 は 指 揮 体 制 はそのままで 指 揮 隊 の 機 能 のみを 強 化 することが 必 要 と 判 断 した 場 合 は 状 況 に 応 じて 次 の 方 法 により 指 揮 隊 の 機 能 の 強 化 を 図 る 出 動 隊 のうちから 隊 を 特 定 して 指 揮 支 援 にあたらせる 指 揮 隊 の 特 命 出 動 要 請 を 行 う ( 特 命 要 請 された 指 揮 隊 は 応 援 指 揮 隊 という ) 応 援 指 揮 隊 の 任 務 は 別 に 定 める 1 現 場 最 高 指 揮 者 に 事 故 が 発 生 したときは 副 指 揮 者 が 指 揮 宣 言 を 行 い 指 揮 に 間 隙 が 生 じないようにする 1 付 近 住 民 や 報 道 関 係 者 に 対 して 現 場 広 報 を 行 う 広 報 板 を 有 効 に 活 用 する 1 報 連 関 係 者 により 現 場 指 揮 本 部 の 運 営 に 支 障 がないよう 立 入 禁 止 スペースを 確 保 す る 混 乱 が 予 想 される 場 合 は 現 場 指 揮 本 部 と 離 れた 場 所 で 対 応 する 1 火 災 建 物 の 関 係 者 を 現 場 指 揮 本 部 等 に 確 保 する 必 要 に 応 じ 関 係 者 を 現 場 指 揮 本 部 へ 出 頭 させ 消 防 活 動 等 に 必 要 な 措 置 を 講 じさせ る 関 係 者 が 興 奮 して いる 場 合 等 には 指 揮 車 内 や 隣 接 等 の 静 かな 場 所 へ 誘 導 して 落 ち 着 かせる 1 通 信 担 当 情 報 担 当 は 原 則 として 現 場 指 揮 本 部 に 常 駐 し 指 令 センターや 各 隊 との 無 線 交 信 とその 整 理 記 録 に 専 念 する 必 要 な 情 報 は 活 動 中 の 小 隊 から 極 力 収 集 する 1 必 要 に 応 じ 消 防 警 戒 区 域 火 災 警 戒 区 域 を 設 定 する 1 延 焼 阻 止 後 は 新 たな 災 害 に 備 え 不 必 要 な 隊 を 早 期 に 引 き 揚 げさせるとともに 災 害 現 場 の 交 通 障 害 の 解 消 を 図 る 1 警 察 電 気 ガス 水 道 等 の 関 係 機 関 との 連 絡 を 密 にしておく 1 同 一 管 轄 区 域 内 に 連 続 して 災 害 が 発 生 した 場 合 の 指 揮 の 対 応 は 隣 接 署 の 中 隊 長 及 び 指 揮 隊 の 出 動 による

9 参 考 資 料 2の1 前 進 指 揮 所 設 置 要 領 1 ビルや 地 下 街 の 火 災 あるいは 大 規 模 な 火 災 では 現 場 指 揮 本 部 からの 死 角 が 多 く 各 隊 の 講 堂 を 掌 握 することが 困 難 である こうした 場 合 には 前 進 指 揮 所 を 設 置 して 効 率 的 な 指 揮 活 動 を 行 うことが 必 要 である ビルの 上 階 地 階 に 発 生 した 火 災 地 下 街 の 火 災 大 規 模 火 災 通 路 狭 あい 等 により 活 動 前 線 と 現 場 指 揮 本 部 が 離 れる 火 災 1 前 進 指 揮 所 の 設 置 位 置 は 原 則 として 次 の 要 件 を 満 たす 場 所 とする 現 場 指 揮 本 部 との 連 絡 が 確 保 できること ( 建 物 内 の 非 常 電 話 等 を 有 効 に 活 用 する ) 指 揮 下 の 小 隊 長 との 連 絡 が 容 易 なこと ( 交 信 不 能 が 予 想 されるため 伝 令 員 の 活 用 も 必 要 となる ) 資 器 材 の 集 結 や 交 代 要 員 の 待 機 呼 吸 器 着 装 ボンベ 交 換 等 の 作 業 に 必 要 なスペース があること 煙 熱 騒 音 注 水 等 の 影 響 が 少 ないこと ヤジ 馬 報 道 関 係 者 等 の 影 響 が 少 ないこと 活 動 の 前 線 にできるだけ 近 いこと (あまり 接 近 しすぎると 活 動 の 障 害 になる ) 1 前 進 指 揮 所 は 必 要 があれば 複 数 設 置 する 階 別 火 点 階 上 階 下 階 方 面 別 風 上 風 下 方 位 別 任 務 別 検 索 救 助 延 焼 防 止 水 損 防 止

10 参 考 資 料 2の2 前 進 指 揮 所 運 営 要 領 1 前 進 指 揮 所 を 設 置 した 場 合 の 現 場 指 揮 本 部 の 任 務 火 災 の 実 態 及 び 活 動 状 況 の 総 合 的 な 把 握 活 動 方 針 の 決 定 必 要 資 器 材 の 補 給 警 察 電 気 ガス 水 道 等 の 関 係 者 との 連 絡 調 整 住 民 報 道 機 関 に 対 する 広 報 1 前 進 指 揮 所 の 任 務 担 当 部 隊 の 任 務 担 当 範 囲 における 情 報 収 集 及 びその 伝 達 ア 要 救 助 者 の 有 無 及 び 状 況 イ 危 険 物 等 の 有 無 及 び 状 況 ウ 建 物 構 造 エ 防 火 区 画 防 火 戸 防 火 シャッター-の 位 置 及 び 状 況 オ 延 焼 方 面 煙 の 拡 散 範 囲 及 びそれから 判 断 される 進 入 路 進 入 可 能 範 囲 力 各 小 隊 の 活 動 状 況 現 場 指 揮 本 部 からの 命 令 伝 達 ( 指 揮 ) 必 要 資 機 材 の 集 結 及 び 管 理 交 代 要 員 の 確 保 (あらかじめ 空 気 呼 吸 器 を 着 装 させ 待 機 させる ) 救 護 態 勢 の 確 保 ( 救 急 隊 の 待 機 ) 1 現 場 最 高 指 揮 者 は 前 進 指 揮 所 に 前 進 指 揮 担 当 者 を 指 名 するとともに 指 揮 責 任 範 囲 及 び 指 揮 下 に 入 るべき 部 隊 を 明 確 に 指 示 する 前 進 指 揮 所 を 設 置 したときは その 位 置 指 定 局 及 び 指 揮 担 当 者 を 全 隊 に 宣 言 し 徹 底 する 前 進 指 揮 所 は 現 場 指 揮 本 部 の 統 制 下 で その 活 動 方 針 に 従 った 指 揮 活 動 を 行 う 指 揮 隊 員 が 不 足 する 場 合 は 出 動 部 隊 の 中 から 指 揮 隊 として 選 定 し 前 進 指 揮 担 当 者 を 補 佐 させる 現 場 に 余 裕 のない 場 合 は 直 ちに 指 揮 隊 の 応 援 要 請 ( 特 命 出 動 要 請 )を 行 う 1 現 場 最 高 指 揮 者 は 重 要 な 戦 術 の 決 定 又 は 修 正 を 行 う 場 合 は 前 進 指 揮 担 当 者 からの 情 報 等 も 十 分 考 慮 に 入 れるとともに 必 要 に 応 じ 現 場 指 揮 本 部 へ 出 頭 させる

11 重 要 事 項 の 伝 達 は 直 接 又 は 伝 令 を 派 遣 するなどして 細 部 まで 徹 底 させる 必 要 が ある 1 指 揮 命 令 系 統 の 混 乱 を 防 ぐために 現 場 最 高 指 揮 者 が 前 進 指 揮 下 にある 部 隊 を 直 接 指 揮 することは 避 ける 活 動 小 隊 にあっても 指 揮 命 令 系 統 を 把 握 して 連 絡 及 び 報 告 先 を 誤 らないように 注 意 する 1 現 場 最 高 指 揮 者 の 活 動 方 針 に 対 する 具 体 的 な 実 施 手 段 は 前 進 指 揮 担 者 の 判 断 による 活 動 前 線 の 状 況 に 応 じた 手 段 をとる 現 場 指 揮 本 部 と 前 進 指 揮 所 の 無 線 等 活 用 例 指 揮 隊 A 波 小 隊 長 小 隊 長 現 小 隊 長 B 波 前 進 指 揮 所 電 話 B 波 伝 令 場 指 揮 本 部 小 隊 長 小 隊 長 直 接 A 波 小 隊 長 指 令 センター

12 参 考 資 料 3 応 援 指 揮 隊 活 動 要 領 1 現 場 最 高 指 揮 者 により 特 命 出 動 要 請 された 場 合 には 応 援 指 揮 隊 として 現 場 指 揮 本 部 を 補 佐 する 出 動 途 上 において 現 着 後 の 速 やかな 活 動 が 行 えるよう 現 場 指 揮 本 部 と 連 絡 を 取 り さらに 指 令 課 からの 情 報 を 収 集 する 1 応 援 指 揮 隊 の 任 務 現 場 指 揮 本 部 の 補 佐 現 場 最 高 指 揮 者 の 命 令 の 伝 達 ( 伝 令 ) 消 防 隊 の 活 動 状 況 の 把 握 付 近 の 水 利 状 況 及 び 街 区 状 況 の 把 握 車 両 配 置 の 把 握 災 害 経 過 交 信 の 記 録 水 損 状 況 の 把 握 その 他 現 場 最 高 指 揮 者 が 命 ずる 事 項 前 進 指 揮 所 の 指 揮 運 営 ( 前 進 指 揮 所 運 営 要 領 を 参 照 ) 前 進 指 揮 所 の 補 佐 前 進 指 揮 担 当 者 の 命 令 報 告 の 伝 達 ( 伝 令 ) 担 当 範 囲 内 における 消 防 隊 の 活 動 状 況 の 把 握 活 動 経 過 交 信 記 録 資 機 材 の 管 理 その 他 前 進 指 揮 担 当 者 が 命 ずる 事 項

13 参 考 資 料 4 1 関 係 者 の 確 保 情 報 収 集 の 要 領 建 物 管 理 責 任 者 防 火 管 理 者 自 衛 消 防 隊 建 物 占 有 者 警 備 員 宿 直 責 任 者 等 関 係 者 発 見 者 通 報 者 初 期 消 火 者 避 難 者 ( 居 住 者 従 業 員 客 等 ) けがをしている 者 (1) 関 係 者 は 次 のような 場 所 に 集 めて 確 保 する ア 指 揮 本 部 イ 指 揮 隊 車 ポンプ 車 救 急 車 広 報 車 等 ウ 防 災 センター 警 備 員 室 宿 直 室 管 理 人 室 等 エ 近 くの 交 番 の 利 用 (2) 関 係 者 を 集 めた 場 所 には 必 ず 隊 員 を 常 駐 させて 確 保 する (3) 被 災 者 は 恐 怖 と 不 安 で 興 奮 状 悪 にあるので 次 のことに 留 意 する ア 被 災 者 に 対 していたわりの 気 持 ちをもって 接 する イ 消 防 隊 が 到 着 したこと 等 を 知 らせ 安 心 感 を 与 えるとともに 水 でぬれている 場 合 はタオルを 貸 す 等 気 を 落 ち 着 かせるよう 配 意 する (4) 火 傷 を 負 った 者 は 最 も 重 要 な 情 報 をもっている 救 急 隊 との 連 携 により 搬 送 途 上 又 は 病 院 収 容 先 での 詳 細 な 情 報 収 集 に 努 める 2 収 集 内 容 現 場 の 地 番 の 確 認 避 難 の 状 況 けが 人 の 状 況 延 焼 状 況 建 物 の 状 況 人 命 救 助 概 要 消 防 活 動 上 支 障 となる 物 件 の 有 無 (1) 関 係 者 がどのような 人 であるか 確 認 するとともに 次 の 事 項 を 聴 取 し 必 ずメモす る ア 逃 げ 遅 れ 又 は 行 方 不 明 者 の 有 無 を 第 一 とし 逃 げ 遅 れ 者 等 がいる 場 合 は 人 数 及 び 氏 名 年 齢 居 住 場 所 等 イ けが 人 の 有 無 及 びその 者 の 氏 名 年 齢 受 傷 状 況 等

14 ウ 発 見 通 報 初 期 消 火 者 等 から 出 火 場 所 延 焼 物 件 及 びその 当 時 の 状 況 エ 一 般 人 による 人 命 救 助 行 動 等 オ 建 物 内 等 に 危 険 物 RⅠ 有 毒 ガス 高 圧 ガスなどの 有 無 及 び 危 険 物 品 の 種 類 数 量 並 びに 貯 蔵 状 況 その 他 消 防 活 動 に 支 障 となる 事 項 力 建 物 の 平 面 図 配 置 図 等 の 図 面 の 提 出 を 求 め 溝 造 用 途 規 模 及 び 消 防 用 設 備 の 作 動 状 況 キ 情 報 は 正 確 牲 を 期 すため 必 ずその 情 報 源 を 明 らかにする( 付 近 住 民 からの 情 報 等 ) (2) 延 焼 範 囲 及 び 延 焼 危 険 の 大 小 並 びに 延 焼 方 向 を 確 認 する (3) 屋 内 階 段 非 常 階 段 エレベーター 等 建 築 施 設 の 使 用 の 可 否 を 確 認 する (4) 関 係 者 等 への 事 情 聴 取 は 聞 き 手 に 徹 するとともに 次 のことに 留 意 する ア 衆 人 環 視 の 中 での 事 情 聴 取 は 避 ける イ せっかちな 質 問 はしない ウ 質 問 は 具 体 的 に 抽 象 的 な 表 現 をしない (あれ それ 等 ) エ 先 入 観 をもって 質 問 しない (5) 情 報 収 集 の 六 何 の 原 則 六 何 の 原 則 ポイント いつ( 時 間 ) 覚 知 からの 時 間 の 経 過 どこで 所 在 だれが( 人 物 ) 1 名 称 : 具 体 的 な 店 舗 工 場 会 社 名 等 2 責 任 者 : 所 有 者 管 理 者 占 有 者 等 の 区 別 3 職 業 : 会 社 取 締 役 社 長 店 長 代 表 等 4 氏 名 : 特 に 正 確 性 が 要 求 されるので 漢 字 説 明 のほか 読 み 方 についても 収 集 する 5 年 齢 : 生 年 月 日 から 年 齢 を 確 認 する 何 を( 事 物 ) どのようにして ( 経 過 結 果 状 況 ) どうした( 結 果 ) 建 築 物 構 造 規 模 使 用 していた 火 気 使 用 器 具 酔 って 寝 たばこをして フトンに 着 水 誤 って 石 油 ストーブを 倒 した 木 造 蜜 集 のため 拡 大 した 棟 別 に 全 焼 半 焼 部 分 焼 ぼやの 別 半 焼 部 分 焼 の 場 合 は 延 面 積 と 焼 損 面 積 を 区 別 する 3 聞 込 み 要 領 トランジスタ-メガホン 又 は 車 載 拡 声 器 あるいは 構 内 放 送 設 備 の 活 用 付 近 住 民 に 対 する 呼 びかけ 町 会 関 係 者 等 に 対 する 呼 びかけ 現 場 警 察 官 への 確 認 (1) 情 報 収 集 に 当 たっては 収 集 項 目 が 重 複 しないように 任 務 分 担 を 決 め 能 率 的 に 情 報 を 収 集 する

15 (2) 収 集 活 動 は 一 定 の 時 間 (おおむね10 分 ~15 分 )ごとに 指 揮 本 部 に 集 合 し 情 報 の 交 換 等 をする (3) 有 効 な 情 報 源 となる 関 係 者 を 捜 し 求 める 情 報 収 集 を 最 優 先 とし その 方 法 は 次 の とおりである ア トランジスターメガホン 又 は 車 載 拡 声 器 あるいは 構 内 放 送 設 備 を 積 極 的 に 活 用 し 関 係 者 の 呼 び 出 しをする なお 呼 び 出 しは 会 社 の さん など 具 体 的 に 会 社 名 や 関 係 者 の 氏 名 とし 必 ず 集 合 場 所 を 付 加 する イ 現 場 付 近 ではだし 寝 巻 き 姿 水 にぬれている 者 泣 き 騒 いでいる 者 等 異 様 な 格 好 と 態 度 の 者 は 関 係 者 と 判 断 して 聞 込 みをする ウ 現 場 付 近 で 火 災 を 見 ている 人 の 中 に 関 係 者 がいる 場 合 が 多 いので 近 くの 人 から 声 をかけていく しかし 被 災 者 が 知 人 宅 等 に 身 を 寄 せている 場 合 もあるので 注 意 する エ 町 会 関 係 者 等 に 対 しても 聞 込 みをする オ 警 察 関 係 で 関 係 者 を 保 護 している 場 合 があるので 現 場 警 察 官 に 確 認 する (4) 現 場 付 近 の 関 係 者 以 外 の 人 々から 重 要 な 情 報 が 得 られる 場 合 があるのでこれらの 人 々の 言 動 にも 注 意 する (5) 逃 げ 遅 れ 者 がいるかどうかは 関 係 者 を 捜 すだけでなく 隣 り 近 所 の 人 からも 聴 取 する (6) 居 住 者 等 関 係 者 が 分 からない 場 合 は 警 防 本 部 を 経 由 して 市 役 所 等 関 係 機 関 から 居 住 者 数 氏 名 年 齢 等 を 調 査 する (7) 情 報 収 集 は 次 の 順 位 によるものとする ア 第 一 順 位 逃 げ 遅 れ 者 がいるか 全 員 避 難 完 了 したか けが 人 がいるかなど 人 命 に 関 する 情 報 イ 第 二 順 位 ガス 漏 れや 爆 発 有 事 ガスなどによる 二 次 的 災 害 の 発 生 危 険 に 関 する 情 報 ウ 第 三 順 位 延 焼 危 険 の 大 小 階 段 等 建 築 施 設 及 び 屋 内 消 火 栓 等 消 防 用 設 備 の 使 用 の 可 否 など 消 防 活 動 上 の 情 報 エ 第 四 順 位 被 害 状 況 出 火 原 因 等 予 防 警 防 上 の 問 題 点 等 4 収 集 結 果 の 処 理 収 集 内 容 の 報 告 情 報 の 分 析 検 討 (1) 情 報 班 長 は 収 集 した 情 報 を 統 括 指 揮 者 に 報 告 する なお 報 告 は 携 帯 無 線 機 を 有 効 に 活 用 する (2) 逃 げ 遅 れ 者 に 関 する 情 報 ガス 漏 れ 又 は 有 毒 ガス 等 二 次 的 災 害 の 発 生 危 険 に 関 する 情 報 は 断 片 的 不 確 実 であっても 直 ちに 指 揮 本 部 に 速 報 し 追 跡 調 査 する (3) 情 報 班 長 は 収 集 した 情 報 を 整 理 し 未 確 認 情 報 の 確 認 及 び 必 要 な 情 報 の 収 集 を 班 員 に 指 示 する (4) 情 報 の 確 認 とりまとめ 方 は 次 のとおりである ア 出 火 日 時 及 び 場 所 イ 火 元 ( 類 焼 )の 名 称 用 途 責 任 者 及 び 居 住 者 の 職 業 氏 名 年 齢

16 ウ り 災 世 帯 及 び 人 員 エ 焼 損 程 度 オ 死 傷 者 1 焼 死 者 発 見 場 所 (2 階 4.5 畳 居 室 窓 ぎわ) 状 態 ( 全 身 やけど うつぶせ 避 難 したようすがある) 氏 名 年 齢 職 業 日 常 の 生 活 状 況 及 び 出 火 当 時 の 状 況 2 けが 人 氏 名 年 齢 職 業 けがの 程 度 : 救 急 隊 名 収 容 先 病 院 力 発 見 通 報 初 期 消 火 の 状 況 及 びその 者 の 氏 名 年 齢 職 業 等 キ 出 火 箇 所 及 び 原 因 ク 消 防 活 動 概 要 出 場 別 及 びポンプ 車 等 の 車 種 別 台 数 人 命 救 助 等 特 異 な 活 動 状 況 ケ 消 防 用 設 備 等 の 作 動 状 況 コ 交 通 障 害 及 び 公 共 機 関 への 影 響

17 参 考 資 料 5 指 揮 隊 の 活 動 指 針 現 着 時 の 基 本 的 活 動 1 現 場 最 高 指 揮 者 名 現 場 指 揮 本 部 の 位 置 と 併 せ 現 着 時 に 視 認 できる 範 囲 の 火 況 を 指 令 センターヘ 通 報 する 現 場 指 揮 本 部 を 火 点 北 側 に 設 置 現 場 最 高 指 揮 者 は 中 隊 長 なお 木 造 2 階 建 民 家 の2 階 部 分 炎 上 中 他 へ 延 焼 危 険 は 今 のところ なし 1 増 強 出 動 や 特 命 出 動 の 要 請 は 機 を 失 することなく 的 確 な 状 況 判 断 に 基 づき 行 う 要 救 助 者 が 多 数 いる 場 合 や 延 焼 拡 大 勢 力 が 強 い 場 合 は 躊 躇 することなく 増 強 出 動 又 は 特 命 出 動 を 要 請 する 増 強 出 動 特 命 出 動 要 請 した 場 合 は 増 強 出 動 隊 特 命 出 動 隊 に 対 して 具 体 的 な 任 務 を 下 命 する 延 焼 防 止 のために はしご 車 屈 折 放 水 塔 車 等 を 特 命 出 動 要 請 する 場 合 には 補 水 隊 も 併 せて 出 動 要 請 する 特 に 大 量 の 放 水 を 期 待 する 場 合 には 特 殊 車 1 台 に 対 して 補 水 隊 を2 隊 要 請 する 1 最 先 着 小 隊 長 から 状 況 の 説 明 を 受 ける 要 救 助 者 に 関 する 情 報 最 先 着 小 隊 の 活 動 内 容 等 1 現 場 最 高 指 揮 者 又 は 副 指 揮 者 は 火 点 を 一 巡 し 火 災 の 概 況 を 把 握 する 現 場 最 高 指 揮 者 が 現 場 指 揮 本 部 を 離 れる 場 合 には 副 指 揮 者 を 現 場 指 揮 本 部 に 常 駐 させるとともに 携 帯 無 線 機 を 携 行 し 緊 急 連 絡 等 に 備 える 副 指 揮 者 は 現 場 指 揮 本 部 の 統 括 にあたる ただし 指 揮 権 はない 現 着 時 の 火 災 の 状 況 を 写 真 撮 影 する 現 場 指 揮 本 部 運 営 要 領 1 現 場 最 高 指 揮 者 は 指 揮 権 の 所 在 を 明 らかにするため 必 ず 指 揮 宣 言 を 行 う 現 場 最 高 指 揮 者 名 と 併 せ 現 場 指 揮 本 部 の 位 置 も 徹 底 する 指 揮 権 は 指 揮 宣 言 をもって 移 行 する 1 火 災 の 状 況 等 により 必 要 があると 認 めるときは 前 進 指 揮 所 を 設 置 する 前 進 指 揮 所 設 置 要 領 参 照 1 現 場 最 高 指 揮 者 は 指 揮 体 制 のみを 強 化 することが 必 要 と 判 断 した 場 合 は 指 令 課 に 指 揮 体 制 のみの 強 化 の 要 請 を 行 う

18 参 考 資 料 6 消 防 指 揮 論 消 防 指 揮 1 消 防 指 揮 の 意 義 指 揮 とは さしづ することである 消 防 指 揮 は 指 揮 者 が 自 己 の 意 図 を 実 現 するために 組 織 を 活 用 し 部 下 に 一 定 の 行 動 を 強 制 する ことである 2 指 揮 責 任 者 と 権 限 (1) 指 揮 責 任 指 揮 者 は 部 下 が 命 令 を 忠 実 に 実 行 するので その 行 動 結 果 には 全 責 任 を 負 うもの である その 行 動 が 命 令 に 基 づくものでなくとも その 行 動 を 許 容 した 以 上 責 任 回 避 できない また 組 織 の 一 体 牲 は 指 揮 者 の 旺 盛 な 責 任 感 によって 維 持 される 功 あれば 功 は 部 下 に 帰 し 罪 あれば 責 を 己 ( 指 揮 者 )に 帰 す が 指 揮 者 の 基 本 姿 勢 でなければならない (2) 指 揮 権 ア 指 揮 権 の 中 核 をなすものは 命 令 権 であり 部 下 に 一 定 の 行 動 を 要 求 する 権 限 で ある イ 部 下 は この 命 令 に 従 う 義 務 がある ウ 災 害 現 場 では 規 律 が 維 持 出 来 なければならない 規 律 は 命 令 と 服 従 の 関 係 を 伝 うものである エ 命 令 内 容 が 忠 実 に 履 行 されるのは 使 命 感 を 上 下 の 相 互 信 頼 に 基 づく 規 律 の 作 用 で ある (3) 指 揮 権 の 絶 対 性 ア 指 揮 者 は 部 下 の 行 動 に 全 責 任 を 負 うものであるから この 権 限 をみたりに 犯 して はならない イ 上 級 指 揮 者 といえども これを 尊 重 し みだりに 干 渉 してはならない 自 ら 指 揮 をとる 必 要 がある 場 合 は 統 括 指 揮 者 となり 立 場 を 明 確 にして 指 揮 権 を 行 使 すべきである ( 指 揮 宣 言 ) ウ 指 揮 者 自 身 も 誰 が 来 ようと き 然 とした 態 度 で 指 揮 の 権 威 を 保 持 すべきである エ ただし 危 険 が 切 追 した 場 合 は 指 揮 権 を 有 しない 人 でも 緊 急 措 置 として 必 要 事 項 を 命 令 することができる (4) 部 下 の 行 動 評 価 指 揮 者 の 命 令 によって 活 動 したものであり 部 下 の 行 動 評 価 は 指 揮 者 の 意 見 が 十 分 に 尊 重 されなければならない 特 に 部 下 の 行 動 については 最 も 正 しく 把 握 している 立 場 にある 指 揮 活 動 の 基 本 1 基 本 的 なパターン 実 態 把 握 状 況 判 断 決 心 命 令 効 果 の 検 討 測 定 報 告 実 施 ア 現 場 指 揮 は 災 害 の 実 態 把 握 から 始 まる

19 イ そのためには 情 報 の 収 集 が 重 要 であり( 早 く 確 実 に) ウ 情 報 を 総 合 的 に 判 断 して 決 心 する エ 決 心 は 直 ちに 具 体 的 命 令 として 各 隊 に 伝 達 される オ 指 揮 者 は 絶 えず 実 施 隊 の 適 合 状 祝 を 確 認 し 続 けなければならない カ 実 施 者 は 積 極 的 に 報 告 をし 指 揮 者 は 報 告 を 取 る 努 力 をする キ 報 告 により 実 施 結 果 が 明 らかになれば 1 増 強 部 隊 の 安 否 20 転 戦 8 新 たな 任 務 の 付 与 等 を 決 心 し 命 令 として 実 施 者 に 伝 達 する これがサイクル 運 動 として 段 階 ごとに 現 場 活 動 終 了 まで 続 けられるのが 一 般 的 で ある 2 指 揮 の 基 本 (1) 決 断 直 ちに 活 動 方 針 を 決 定 せよ (2) 情 報 検 索 全 力 をあげて 情 報 を 収 集 せよ (3) 状 況 判 断 戦 術 は 危 険 側 に 立 って 組 立 よ (4) 命 令 の 補 正 状 況 の 変 化 に 即 応 して 命 令 を 補 正 せよ (5) 活 動 評 価 評 価 は 厳 正 に 小 さな 江 過 を 見 逃 すな 3 命 令 (1) 一 般 的 に 予 知 し 得 る 状 況 に 即 した 命 令 をする (2) 意 図 を 明 らかにし 受 命 者 に 任 務 を 明 確 に 示 す (3) 細 部 まで 拘 束 せず 部 下 に 判 断 の 余 地 を 与 えよ (4) 受 命 者 の 能 力 性 格 等 を 考 慮 して 行 う (5) 命 令 は やれ の 代 わりに やろう の 感 じで 行 い 威 圧 的 態 度 で 行 わない (6) 教 えてやる 方 式 の 口 調 で 話 さない (7) 努 めて 部 下 の 能 力 に 信 頼 を 表 現 する (8) 下 命 事 項 は 報 告 を 取 って 状 況 及 び 結 果 を 確 認 する (9) 下 命 は 指 揮 系 統 に 従 う 事 が 原 則 であるが 緊 急 時 は 直 接 下 命 せよ (10) 部 下 が 困 難 に 直 面 する 時 は 指 導 する 4 号 令 (1) 号 令 は 明 確 にせよ (2) 号 令 は 積 極 的 に 疑 う 余 地 のない 声 でせよ (3) 号 令 は 部 下 を 見 てせよ (4) 号 令 は 簡 潔 にせよ 指 揮 論 と 戦 術 論 1 消 防 戦 術 (1) 消 防 戦 術 は 活 動 手 法 である (2) 火 災 の 特 性 をふまえ 消 防 カによって 最 も 効 果 的 な 消 防 活 動 の 方 法 を 定 めたもの

20 である (3) このことから 火 災 や 施 設 の 実 態 によって また 消 防 の 力 関 係 によって 方 法 が 変 わり 多 くの 種 別 がある (4) 消 防 指 揮 者 は 前 提 として 当 然 周 知 しておくことの 必 要 な 選 択 肢 である 2 消 防 指 揮 (1) 消 防 指 揮 は 選 択 した 戦 術 をもとに 消 防 部 隊 を 強 力 にけん 引 するための 行 為 であ る (2) 従 って 指 揮 者 には 消 防 の 知 識 や 経 験 あるいは 消 防 戦 術 を 知 らない 者 はなり 得 な い (3) 部 下 との 相 互 信 頼 関 係 を 有 し 個 性 を 把 握 し 指 導 力 のある 者 が 要 件 となる 高 層 地 下 火 災 等 複 雑 な 災 害 が 多 く 発 生 し 個 々の 隊 の 総 和 ではなく 指 揮 統 括 によ る 総 合 的 な 活 動 が 求 められるようになってきた 情 報 1 意 義 情 報 とは まだ 確 認 されていない 事 実 を 直 接 あるいは 間 接 にうかがわせ 資 料 である 行 政 上 は 意 志 決 定 又 は 行 政 行 為 に 際 し その 前 提 となる 要 素 と 理 解 されている 2 性 格 (1) 情 報 は 実 態 からの 信 号 である (2) 情 報 は 変 盾 する 3 収 集 の 原 則 (1) 情 報 は 自 ら 積 極 的 に 収 集 せよ (2) 情 報 は 憶 測 と 誇 張 をさけよ (3) 情 報 は 重 視 せよ 但 し 過 信 するな (4) 情 報 は 流 れやすいシステムにせよ 4 優 先 情 報 (1) 作 業 危 険 情 報 (2) 人 命 危 険 情 報 (3) 拡 大 危 険 情 報 (4) 災 害 の 実 態 に 関 する 情 報 状 況 判 断 1 意 義 情 報 をもとに 実 像 と 思 われるものを 選 定 し それを 総 合 して 事 実 は 何 かを 判 定 する ことである 2 状 況 判 断 の 原 則 (1) 情 報 は 重 視 せよ 但 し 過 信 するな (2) 現 示 された 状 況 を 冷 静 に 読 め 変 化 の 兆 侯 を 見 逃 すな (3) 状 況 の 推 定 は 危 険 側 を 採 れ 楽 観 をするな (4) 一 局 面 に 促 われるな 俯 かん 的 視 野 に 立 て 3 実 態 把 握 (1)ナマの 情 報 を 基 に 冷 静 に (2) 総 合 的 な 状 況 の 把 握

21 (3) 情 報 源 を 付 する (4) 変 化 の 兆 候 を 見 逃 さない

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 十 五 日 法 律 第 二 百 三 十 一 号 ) E-1 航 空 法 ( 抜 粋 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 六 年 六 月 一 三 日 法 律 第 七 〇 号 (この 法 律 の 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 国 際 民 間 航 空 条 約 の 規 定 並 びに 同 条 約 の 附 属 書 として 採 択 された 標 準 方 式 及 び 手

More information

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 について 作 成 例 は 統 括 防 火 管 理 義 務 対 象 物 における 基 本 的 な 全 体 についての 防 火 管 理 に 係 る 消 防 計 画 の 作 成 例 であ ることから 次 の 点 に 留 意 する 1 統 括 防 火 管 理 者 が 作 成 する 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 は 当 該 防 火 対 象 物 の 各

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

あわら市地域防災計画資料編

あわら市地域防災計画資料編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 条 例 規 則 要 綱 等... 1 (1) あわら 市 防 災 会 議 条 例... 1 (2) あわら 市 災 害 対 策 本 部 条 例... 3 (3) あわら 市 災 害 対 策 本 部 運 営 要 綱... 4 (4) 嶺 北 消 防 組 合 警 防 規 定... 16 (5)

More information

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災 第 2 節 消 防 通 信 指 令 体 制 消 防 緊 急 情 報 システムによる 情 報 の 一 元 化 を 図 るとともに 迅 速 的 確 な 情 報 収 集 及 び 消 防 隊 等 に 対 する 指 令 指 示 連 絡 その 他 必 要 な 情 報 の 受 伝 達 を 行 うものとする 1 災 害 通 信 の 取 扱 い 災 害 通 信 の 取 扱 いについては 逗 子 市 消 防 専 用 無

More information

: 種 別 応 計 画 種 別 応 計 画 1 大 規 模 火 この は 地 下 街 高 層 建 築 物 等 の 火 等 に する 防 火 及 び 消 火 活 動 計 画 等 につい て 定 め による 被 の 軽 減 を 図 ることを 目 的 とする 1 節 想 定 本 における 想 定 の 種 別 は 次 による 総 務 局 ( 危 機 管 理 室 ) 想 定 の 種 別 1 地 下 街 火

More information

年間行事

年間行事 第 1 章 自 主 防 災 組 織 とは 1. 自 主 防 災 組 織 の 必 要 性 東 海 地 震 を 含 む 南 海 トラフの 巨 大 地 震 等 から 自 分 や 家 族 の 命 を 守 るためには さまざまな 被 害 の 発 生 に 備 え 普 段 から 十 分 な 対 策 を 講 じておかなくてはなりません しかし ひとた び 大 地 震 が 発 生 すると 災 害 の 拡 大 を 防

More information

第1 防 災 計 画

第1 防 災 計 画 第 5 章 消 防 計 画 消 防 計 画 は 下 記 のとおり 定 める 1. 消 防 組 織 及 び 編 成 (1) 有 明 広 域 行 政 事 務 組 合 の 組 織 理 事 会 議 会 消 防 本 部 事 務 局 会 計 管 理 者 監 査 委 員 玉 名 消 防 署 荒 尾 消 防 署 第 一 衛 生 セ ン タ ー 第 二 衛 生 セ ン タ ー 第 一 清 掃 セ ン タ ー 第 二

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

伊勢市地域防災計画

伊勢市地域防災計画 伊 勢 市 地 震 防 災 強 化 計 画 平 成 28 年 3 月 伊 勢 市 防 災 会 議 目 次 第 1 節 総 則...1 第 2 節 地 震 災 害 警 戒 本 部 の 設 置 等...6 第 3 節 情 報 伝 達 計 画...8 第 4 節 広 報 計 画...9 第 5 節 自 主 防 災 活 動... 11 第 6 節 避 難 対 策 計 画... 13 第 7 節 緊 急 輸

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

第3編 震災対策

第3編  震災対策 嬉 野 市 地 域 防 災 計 画 5 編 佐 賀 県 嬉 野 市 平 成 28 年 2 月 第 5 編 その 他 の 災 害 対 策... 1 第 1 章 総 則... 1 第 2 章 大 規 模 火 事 災 害 対 策... 2 第 1 節 災 害 予 防 対 策 計 画... 2 第 2 節 災 害 応 急 対 策 計 画... 10 第 3 節 災 害 復 旧 復 興 計 画... 27 第

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 大 規 模 事 故 編 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 1 第 1 防 災 体 制 の 確 立 1 第 2 報 告 2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 3 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 5 第 1 基 本 方 針 5 第 2 予 防 計 画 5 第 3 応 急 対 策 計 画 6 第 2 節

More information

目  次(風水害等編)

目  次(風水害等編) 大 規 模 事 故 等 編 目 次 ( 大 規 模 事 故 等 編 ) 第 1 章 総 則 第 1 節 基 本 方 針 -------------------------------------------------------1 1 計 画 の 目 的 -----------------------------------------------------1 2 火 災 及 び 交 通 の 主

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

大阪府地域防災計画(原子力災害対策)

大阪府地域防災計画(原子力災害対策) 原 子 力 災 害 対 策 第 3 章 緊 急 事 態 応 急 対 策 - 27 - - 28 - 原 子 力 災 害 対 策 第 3 章 緊 急 事 態 応 急 対 策 第 1 節 基 本 方 針 本 章 は 原 子 力 事 業 者 から 警 戒 事 象 又 は 特 定 事 象 の 通 報 があった 場 合 の 対 応 及 び 原 災 法 第 15 条 に 基 づき 原 子 力 緊 急 事 態 宣

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 本 計 画 の 目 的 及 び 構 成 1 第 2 章 実 施 方 針 2 第 2 編 地 震 災 害 対 策 3 第 1 章 国 家 公 安 委 員 会 及 び 警 察 庁 がとるべき 措 置 3 第 1 節 災 害 に 備 えての 措 置 3 第 1

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 本 計 画 の 目 的 及 び 構 成 1 第 2 章 実 施 方 針 2 第 2 編 地 震 災 害 対 策 3 第 1 章 国 家 公 安 委 員 会 及 び 警 察 庁 がとるべき 措 置 3 第 1 節 災 害 に 備 えての 措 置 3 第 1 国 家 公 安 委 員 会 警 察 庁 防 災 業 務 計 画 平 成 26 年 3 月 作 成 修 正 昭 和 3 8 年 6 月 昭 和 4 2 年 8 月 昭 和 4 5 年 3 月 昭 和 5 2 年 9 月 昭 和 5 5 年 2 月 平 成 7 年 9 月 平 成 9 年 1 1 月 平 成 1 2 年 7 月 平 成 1 5 年 2 月 平 成 1 6 年 3 月 平 成 1 9 年

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

消 防 計 画

消 防 計 画 サンプラザ 熊 野 店 消 防 計 画 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 消 防 計 画 は 消 防 法 第 8 条 第 1 項 及 び 消 防 法 第 8 条 の2 第 1 項 に 基 づき サンプラ ザ 熊 野 店 の 防 火 管 理 についての 必 要 事 項 を 定 め 火 災 地 震 その 他 の 災 害 の 予 防 と 人 命 の 安 全 被 害 のならびに 災 害

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

神戸市防火基準適合表示要綱

神戸市防火基準適合表示要綱 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 運 用 要 領 第 1 目 的 ( 第 1 条 関 係 ) この 要 領 は 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 以 下 実 施 要 綱 という )の 運 用 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 表 示 対 象 物 の 範 囲 ( 第 2 条 関 係 ) 1 ホテル 旅 館 等 ( 消 防 法

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

NO2―

NO2― パートタイム 労 働 者 就 業 規 則 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 ( 以 下 法 人 という )のパートタイム 労 働 者 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 することを 定 めるものである 2 この 規 則 に 定 めない 事 項 については 労 働

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案)

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案) 佐 久 合 同 庁 舎 電 話 交 換 及 び 受 付 案 内 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 業 務 の 大 要 を 示 すものであって 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 であっても 佐 久 地 方 事 務 所 長 ( 以 下 委 託 者 という )が 業 務 遂 行 上 必 要 と 認 めた 場 合 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 という )は 速

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 街 頭 防 犯 カメラ 整 備 運 用 の 手 引 き( 案 ) 目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 4 3 マッピング 等 4 第 2

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

国民の保護に関する業務計画

国民の保護に関する業務計画 国 民 の 保 護 に 関 する 業 務 計 画 平 成 26 年 12 月 中 部 電 力 株 式 会 社 1 2 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的... 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針... 1 第 3 節 国 が 想 定 する 武 力 攻 撃 事 態 等 における 電 力 供 給 電

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199826782518253926E906B91CE8DF495D2814091E6825495D28169502D383781603133325F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199826782518253926E906B91CE8DF495D2814091E6825495D28169502D383781603133325F2E646F63> 地 震 対 策 編 第 5 編 第 5 編 災 害 応 急 対 策 第 1 章 計 画 作 成 の 主 旨 地 震 災 害 が 発 生 した 場 合 の 市 防 災 関 係 機 関 事 業 所 及 び 市 民 等 の 災 害 応 急 対 策 について 定 める 第 2 章 防 災 関 係 機 関 の 活 動 第 1 節 計 画 作 成 の 主 旨 地 震 発 生 時 の 市 防 災 関 係 機 関

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

消 防 庁 第 1 編 第 3 章 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 対 策 3 災 害 対 策 本 部 の 組 織 編 成 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 及 び 事 務 分 掌 は 柏 崎 市 災 害 対 策 本 部 条 例 に 基 づき 市 の 行 政 組 織

消 防 庁 第 1 編 第 3 章 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 対 策 3 災 害 対 策 本 部 の 組 織 編 成 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 及 び 事 務 分 掌 は 柏 崎 市 災 害 対 策 本 部 条 例 に 基 づき 市 の 行 政 組 織 第 1 編 第 3 章 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 対 策 第 1 編 ( ) 第 3 章 災 害 応 急 対 策 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 対 策 1 災 害 対 策 本 部 の 設 置 市 内 に 地 震 災 害 が 発 生 し 又 は 津 波 が 発 生 するおそれのある 場 合 で 市 長 が 必 要 と 認 めたとき は 災 害 対

More information

瀬戸内市消防訓令第  号

瀬戸内市消防訓令第  号 〇 うるま 市 防 火 対 象 物 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は ホテル 旅 館 等 不 特 定 多 数 の 者 を 収 容 する 防 火 対 象 物 の 防 火 安 全 対 策 の 重 要 性 に 鑑 み 防 火 対 象 物 の 関 係 者 の 防 火 に 対 する 認 識 を 高 め 防 火 管 理 業 務 の 適 正 化

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

仕 様 書

仕 様 書 仕 様 書 件 名 : 施 設 入 所 及 び 施 設 利 用 時 食 事 サービス 提 供 業 務 委 託 ( 案 ) 委 託 期 間 : 平 成 24 年 4 月 1 日 ( 予 定 )~ 履 行 場 所 : 山 梨 県 都 留 郡 富 士 河 口 湖 町 船 津 社 会 福 祉 法 人 博 友 会 高 齢 者 関 連 施 設 ( 仮 称 ) Ⅰ 入 所 時 及 び 施 設 利 用 時 食 事

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 315 第 2 節 計 画 の 性 格 315 第 2 節 の2 災 害 時 における 個 人 情 報 の 取 扱 い 315 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 責 務 及 び 業 務 の 大 綱 316 第 4 節 地 震 の 想

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 315 第 2 節 計 画 の 性 格 315 第 2 節 の2 災 害 時 における 個 人 情 報 の 取 扱 い 315 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 責 務 及 び 業 務 の 大 綱 316 第 4 節 地 震 の 想 北 上 市 地 域 防 災 計 画 震 災 対 策 編 北 上 市 防 災 会 議 - 310 - 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 315 第 2 節 計 画 の 性 格 315 第 2 節 の2 災 害 時 における 個 人 情 報 の 取 扱 い 315 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 責 務 及 び 業 務 の 大 綱 316 第 4 節 地 震 の 想 定

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 廃 止 基 準 1 災 害 発 生 のおそれが 解 消 したとき 2 災 害 警 戒 本 部 を 設 置 したとき 注 ) 気 象 警 報 等 とは 大 雨 警 報 洪 水 警 報 高 潮 警 報 暴 風 警 報 暴 風 雪 警 報 大 雪 警

第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 廃 止 基 準 1 災 害 発 生 のおそれが 解 消 したとき 2 災 害 警 戒 本 部 を 設 置 したとき 注 ) 気 象 警 報 等 とは 大 雨 警 報 洪 水 警 報 高 潮 警 報 暴 風 警 報 暴 風 雪 警 報 大 雪 警 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 第 3 章 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 担 当 : 情 報 収 集 統 括 班 すべての 班 1 計 画 の 方 針 市 域 に 大 規 模 な 風 水 害 等 が 発 生 するおそれ 又 は 発 生 した 場 合 市 及 び 防 災 関 係 機 関 は 災 害 規 模 に 応 じた

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B>

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B> 判 定 調 整 員 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 判 定 調 整 員 が 行 うべきこ とについて 具 体

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366)

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366) 運 行 管 理 規 程 平 成 制 定 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 規 程 は ( 事 業 者 名 ) 運 行 管 理 規 程 と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 この 規 程 は 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 運 輸 規 則 ( 以 下 運 輸 規 則 という ) 第 48 条 の2の 定 めに 基 づき 運 行 管 理 者 の 職 務 及 び 権 限 並 びに

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

平 成 26 年 度 横 田 基 地 対 策 に 関 する 要 望 書 在 日 米 軍 兼 第 5 空 軍 司 令 部 司 令 官 サルバトーレ A.アンジェレラ 中 将 殿 在 日 米 軍 横 田 基 地 第 374 空 輸 航 空 団 司 令 部 司 令 官 ダグラス C.デラマター 大 佐 殿 平 成 26 年 12 月 11 日 横 田 基 地 に 関 する 東 京 都 と 周 辺 市 町

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information