5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去"

Transcription

1 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の 提 示 等 を 受 け その 対 応 について 党 内 で 丁 寧 に 議 論 を 重 ねてきた 15 事 例 に 対 し 政 府 は 十 分 な 説 明 を 行 っておらず 説 明 そのものも 確 定 して いない それ 以 前 に そもそも 15 事 例 の 位 置 づけ 自 体 が 曖 昧 と 言 わざるをえな い こうした 政 府 の 不 誠 実 な 態 度 は 極 めて 遺 憾 である しかし 与 党 協 議 の 進 展 や 閣 議 決 定 が 強 行 されかねない 情 勢 を 踏 まえ この 問 題 に 関 する 民 主 党 の 基 本 的 な 考 え 方 を 国 民 に 示 すことが 必 要 と 考 え 現 時 点 の 見 解 を 以 下 に 示 すことにした 1. 民 主 党 は 党 綱 領 や 平 成 22 年 12 月 にとりまとめた 防 衛 大 綱 にも 定 めたとお り 平 和 主 義 を 掲 げる 日 本 国 憲 法 の 下 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国 とならないとの 基 本 理 念 を 今 後 も 堅 持 する 2. 同 時 に 民 主 党 は 我 が 国 を 取 り 巻 く 諸 情 勢 の 変 化 を 踏 まえ 我 が 国 の 領 土 領 海 領 空 国 民 の 生 命 及 び 財 産 を 守 るという 観 点 や 集 団 安 全 保 障 に 基 づい て 国 際 的 な 責 任 を 果 たすという 視 点 からの 新 たな 要 請 の 有 無 を 不 断 に 検 討 し 必 要 な 対 応 を 取 る 特 に グレーゾーン 事 態 を 含 めた 切 れ 目 のない 日 本 防 衛 のための 態 勢 強 化 や 近 隣 有 事 における 日 米 同 盟 協 力 の 深 化 などについ ては 必 要 な 措 置 をとることを 躊 躇 すべきでないと 考 える 3. 民 主 党 は 内 閣 による 憲 法 解 釈 については 内 閣 みずからが 諸 情 勢 の 変 化 と それから 生 ずる 新 たな 要 請 を 考 慮 し 変 更 する 余 地 があることは 法 令 解 釈 の 基 本 に 照 らし 否 定 しない しかし その 余 地 は いかに 諸 情 勢 の 変 化 とそ れから 生 ずる 新 たな 要 請 があったとしても 従 来 の 解 釈 との 整 合 性 が 図 られ た 論 理 的 に 導 きうる 範 囲 に 限 られ 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 に 変 更 すること は 立 憲 主 義 及 び 法 治 主 義 に 反 し 許 されない 4. 立 憲 主 義 及 び 法 治 主 義 の 基 本 に 照 らし 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 について 憲 法 第 9 条 に 違 反 し 許 されないという 内 閣 の 解 釈 を 正 面 から 否 定 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 一 般 を 容 認 する 解 釈 に 変 更 することは 許 されないと 考 える 1

2 5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 に 適 法 であったものが 将 来 違 法 と 評 価 されるといった 状 況 が 起 きることは 国 際 問 題 を 引 き 起 こす 危 険 があるとともに 武 力 の 行 使 にあたる 自 衛 隊 の 現 場 においても 混 乱 が 必 至 である したがって こうした 恐 れを 生 じうるような 法 的 安 定 性 を 損 な う 解 釈 変 更 は 許 されるものではない 6. 民 主 党 は アジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 に 責 任 を 持 ちながら 外 交 と 安 全 保 障 のバランスのとれた 真 に 現 実 的 な 安 全 保 障 政 策 を 追 求 する これに 対 し 安 倍 内 閣 の 外 交 安 全 保 障 政 策 は 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 容 認 を 主 張 する 一 方 で 隣 国 に 対 し 不 要 な 挑 発 を 行 い 続 けるなど 整 合 性 を 欠 いており 支 離 滅 裂 とさえ 言 ってよい 7. 政 府 は 安 倍 総 理 個 人 が 結 論 先 にありき で 人 選 した 懇 談 会 に 諮 って 報 告 を 出 させ その 後 も 与 党 間 の 密 室 の 取 引 で 調 整 したうえで 閣 議 決 定 するとい う 乱 暴 かつ 不 透 明 そして 何 よりも 立 憲 主 義 を 無 視 したやり 方 を 強 行 しよ うとしている 我 が 国 の 安 全 と 国 民 の 生 命 を 左 右 する 重 大 な 問 題 について 国 民 を 巻 き 込 んだオープンな 議 論 を 国 会 で 行 うことなく 性 急 に 決 定 する 政 府 のやり 方 に 対 しては 強 く 反 対 し 厳 重 に 抗 議 する 以 上 を 前 提 にしつつ 政 府 の 提 示 した 15 事 例 に 対 して 民 主 党 は 以 下 のような 基 本 的 考 え 方 に 立 つ 2

3 事 例 集 に 関 する 見 解 武 力 攻 撃 に 至 らない 侵 害 への 対 処 事 例 1: 離 島 等 における 不 法 行 為 への 対 処 島 嶼 部 や 海 上 における 不 法 行 為 といった 事 態 については 海 上 保 安 庁 等 の 警 察 力 を 以 て 対 応 することが 基 本 であり 海 上 保 安 庁 等 の 対 処 能 力 の 向 上 を 図 ることを 第 一 とするが 警 察 機 関 では 対 応 できない 場 合 には 自 衛 隊 によ る 対 応 も 含 め 我 が 国 の 防 衛 に 隙 がないようにすべきである 海 上 警 備 行 動 や 治 安 出 動 など 現 行 の 法 制 や 運 用 については 自 衛 隊 によ る 切 れ 目 ない 対 応 を 可 能 にするうえで 1 時 間 2 権 限 3 武 器 使 用 という 3 つの 隙 間 が 指 摘 されている これを 克 服 するため 領 域 警 備 法 制 を 整 備 す べきと 考 える 事 例 2: 公 海 上 で 訓 練 などを 実 施 中 の 自 衛 隊 が 遭 遇 した 不 法 行 為 への 対 処 本 来 訓 練 に 際 しては 防 衛 省 自 衛 隊 で 周 到 な 準 備 を 行 っており 想 定 し づらい 事 例 である そのうえで 述 べれば 島 嶼 部 や 海 上 における 不 法 行 為 といった 事 態 につい ては 海 上 保 安 庁 等 の 警 察 力 を 以 て 対 応 することが 基 本 であり 海 上 保 安 庁 等 の 対 処 能 力 の 向 上 を 図 ることを 第 一 とするが 警 察 機 関 では 対 応 できない 場 合 には 自 衛 隊 による 対 応 も 含 め 我 が 国 の 防 衛 に 隙 がないようにすべき である 海 上 警 備 行 動 や 治 安 出 動 など 現 行 の 法 制 や 運 用 については 自 衛 隊 によ る 切 れ 目 ない 対 応 を 可 能 にするうえで 1 時 間 2 権 限 3 武 器 使 用 という 3 つの 隙 間 が 指 摘 されている これを 克 服 するため 領 域 警 備 法 制 を 整 備 す べきと 考 える 事 例 3: 弾 道 ミサイル 発 射 警 戒 時 の 米 艦 防 護 近 隣 諸 国 による 弾 道 ミサイル 発 射 の 兆 候 がある 場 合 自 衛 隊 に 対 しては 待 機 命 令 が 下 され 日 米 防 衛 ガイドラインに 従 って 一 般 的 な 意 味 での 警 戒 態 勢 が 敷 かれ 日 米 間 の 緊 密 な 連 携 が 図 られることになる かかる 場 合 には 我 が 国 としても 展 開 する 自 衛 隊 艦 艇 の 防 護 態 勢 を 強 化 する 必 要 があり 米 側 か ら 要 請 がなされる 蓋 然 性 は 低 いと 考 えられる また 米 艦 の 能 力 や 米 軍 の 運 用 実 態 からも 切 迫 性 が 高 いとは 考 えにくい 3

4 今 後 日 米 間 で 具 体 的 協 力 を 深 化 させる 可 能 性 もあるが 上 記 に 鑑 みた 時 現 時 点 で 現 行 法 上 の 対 応 を 大 きく 超 える 措 置 を 検 討 する 必 要 はない なお 我 が 国 に 向 かう 可 能 性 もある 弾 道 ミサイルの 警 戒 を 行 う 米 艦 に 対 す る 攻 撃 については ケースによっては 我 が 国 に 対 する 武 力 攻 撃 の 着 手 に 当 たる 場 合 もあり 得 ようが 武 力 の 行 使 を 前 提 とした 自 衛 隊 の 派 遣 はそうし た 場 合 に 限 定 されるべきである 国 連 PKOを 含 む 国 際 協 力 等 事 例 4: 侵 略 行 為 に 対 抗 するための 国 際 協 力 としての 支 援 国 際 貢 献 の 観 点 から 国 連 安 保 理 決 議 に 基 づく 集 団 安 全 保 障 措 置 について は 厳 に 戦 闘 行 為 に 携 わらず 且 つ 従 来 の 解 釈 と 整 合 性 のとれた 範 囲 で 可 能 な 貢 献 について 積 極 的 な 検 討 を 進 めるべきである 事 例 5: 駆 けつけ 警 護 PKO 部 隊 等 による 駆 け 付 け 警 護 に 際 しての 武 器 使 用 については 本 来 は 接 受 国 の 警 察 等 が 実 施 すべき 任 務 ではあるが PKO 五 原 則 に 則 り 国 もし くは 国 に 準 ずる 主 体 が 活 動 する 地 域 に 存 在 しないことを 常 に 確 認 している ことを 前 提 に 緊 急 で 他 に 代 替 手 段 がなく 最 小 限 度 にとどまり 且 つそれ がその 緊 急 時 を 終 えても 継 続 的 に 実 施 されるものでない 限 りにおいて 容 認 されるべきと 考 える ただし その 場 合 であっても 中 立 性 を 維 持 し 事 後 の 国 会 の 関 与 を 万 全 なものとすべきである 本 件 は 集 団 的 自 衛 権 行 使 に 係 る 事 例 ではない 事 例 6: 任 務 遂 行 のための 武 器 使 用 PKO 部 隊 等 による 任 務 遂 行 型 の 武 器 使 用 については 本 来 は 接 受 国 の 警 察 等 が 実 施 すべき 任 務 ではあるが PKO 五 原 則 に 則 り 国 もしくは 国 に 準 ずる 主 体 が 活 動 する 地 域 に 存 在 しないことを 常 に 確 認 していることを 前 提 に 緊 急 で 他 に 代 替 手 段 がなく 最 小 限 度 にとどまり 且 つそれがその 緊 急 時 を 終 えても 継 続 的 に 実 施 されるものでない 限 りにおいて 容 認 されるべき と 考 える ただし その 場 合 であっても 中 立 性 を 維 持 し 事 後 の 国 会 の 関 与 を 万 全 なものとすべきである 本 件 は 集 団 的 自 衛 権 行 使 に 係 る 事 例 ではない 4

5 事 例 7: 領 域 国 の 同 意 に 基 づく 邦 人 救 出 領 域 国 の 協 力 が 欠 かせず 平 素 の 外 交 的 努 力 が 前 提 となる 邦 人 救 出 を 妨 害 する 相 手 方 が 事 例 で 想 定 するように 国 又 は 国 に 準 ずる 組 織 でないことが 担 保 されれば 現 行 の 武 器 使 用 権 限 を 拡 大 する 余 地 がな いわけではない 武 力 の 行 使 に 当 たり 得 る 活 動 事 例 8: 邦 人 輸 送 中 の 米 輸 送 艦 の 防 護 関 係 国 の 協 力 が 欠 かせず 外 交 的 努 力 が 前 提 となる 周 辺 事 態 等 で 退 避 する 我 が 国 国 民 が 乗 船 する 船 舶 等 に 対 する 警 護 の 必 要 については 特 定 の 密 接 な 関 係 にある 国 の 軍 艦 艇 等 に 限 ることなく その 必 要 性 に 鑑 み 公 海 において 取 るべき 措 置 について 検 討 し 周 辺 事 態 法 の 改 正 を 含 め 別 途 必 要 な 法 制 度 を 整 備 すべきと 考 える 事 例 9: 武 力 攻 撃 を 受 けている 米 艦 の 防 護 今 後 日 米 間 で 協 力 を 深 化 させる 可 能 性 はあるが 米 軍 の 運 用 実 態 や 日 米 間 の 役 割 分 担 の 観 点 から 蓋 然 性 切 迫 性 が 高 いとは 考 えにくく 今 後 の 検 討 課 題 とすべきである 事 例 10: 強 制 的 な 停 船 検 査 周 辺 事 態 等 における 旗 国 の 同 意 なしの 強 制 的 な 臨 検 は 武 力 行 使 に 当 たるた め 我 が 国 として 行 うことは 基 本 的 にできない 周 辺 事 態 における 船 舶 検 査 法 の 運 用 改 善 や 武 力 攻 撃 事 態 における 海 上 輸 送 規 制 法 の 適 用 を 含 め 我 が 国 に 実 行 可 能 なことを 最 大 限 実 行 すべきである 事 例 11: 米 国 に 向 け 我 が 国 上 空 を 横 切 る 弾 道 ミサイルの 迎 撃 本 事 例 にあるような 長 距 離 ミサイルを 迎 撃 する 能 力 を 日 本 は 現 段 階 で 保 有 しておらず 少 なくとも 当 面 の 間 保 有 しないと 思 われるほか 現 在 の 日 米 の 役 割 分 担 ミサイル 防 衛 能 力 の 差 迎 撃 に 必 要 な 地 理 的 要 件 等 からも 日 本 のイージス 艦 は 日 本 を 守 るべきである ミサイル 防 衛 については 日 米 同 盟 の 中 で 今 後 深 化 させるべき 重 要 なテー マと 考 える ただし 本 事 例 は 上 述 のとおり 蓋 然 性 切 迫 性 が 高 いとは 言 5

6 いがたいことに 鑑 み 日 米 間 の 新 たな 役 割 分 担 やそのために 必 要 となる 権 限 については 今 後 さらに 検 討 すべき 課 題 であると 考 える 事 例 12: 弾 道 ミサイル 発 射 警 戒 時 の 米 艦 防 護 事 例 13: 米 本 土 が 武 力 攻 撃 を 受 け 我 が 国 近 隣 で 作 戦 を 行 う 時 の 米 艦 防 護 今 後 日 米 間 で 協 力 を 深 化 させる 可 能 性 はあるが 米 軍 の 運 用 実 態 や 日 米 間 の 役 割 分 担 の 観 点 から 蓋 然 性 切 迫 性 が 高 いとは 考 えにくく 今 後 の 検 討 課 題 とすべきである 事 例 14: 国 際 的 な 機 雷 掃 海 活 動 への 参 加 本 事 例 が 該 当 するのはホルムズ 海 峡 であろうが 戦 闘 継 続 時 に 集 団 的 自 衛 権 を 行 使 して 掃 海 するケースはおよそ 考 えにくい 機 雷 が 周 辺 国 等 を 混 乱 させるために 敷 設 されたなど 武 力 攻 撃 の 一 環 とし て 敷 設 されたものでない 場 合 や 武 力 攻 撃 の 一 環 として 敷 設 されたが 停 戦 等 により 遺 棄 機 雷 となった 場 合 には 警 察 権 行 使 ( 危 険 物 除 去 )として 処 理 することは 可 能 である 事 例 15: 民 間 船 舶 の 国 際 共 同 護 衛 具 体 的 にどのようなケースでかかる 事 態 が 起 きるのか 疑 問 がある 仮 に 対 応 するとすれば 民 間 船 舶 の 航 行 の 安 全 のための 活 動 は 我 が 国 船 舶 の 護 衛 については 警 察 権 の 行 使 として 可 能 と 整 理 できる 護 衛 対 象 に 外 国 船 舶 も 含 まれる 場 合 は 我 が 国 が 護 衛 を 行 う 場 合 には 旗 国 の 同 意 が 必 要 と なるが 国 際 共 同 護 衛 活 動 を 受 けることについて 旗 国 の 了 解 があればよい と 考 えられる 以 上 ( 参 考 ) 専 守 防 衛 とは 相 手 から 攻 撃 を 受 けたときに 初 めて 防 衛 力 を 行 使 し その 態 様 も 自 衛 のため の 必 要 最 小 限 にとどめ また 保 持 する 防 衛 力 も 自 衛 のための 必 要 最 小 限 度 のものに 限 るな ど 憲 法 の 精 神 にのっとった 防 衛 戦 略 の 姿 勢 をいう 6

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13)( 続 き) [ 邦 人 への 危 害 ] 憲 法 九 条 のもとで 許 容 されております 自 衛 権 の 発 動 としての 武 力 の 行 使 につきまして は 政 府 は 従 来 から 自 衛 権 発 動 は 三 要 件 に 該 当 する そうい

米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13)( 続 き) [ 邦 人 への 危 害 ] 憲 法 九 条 のもとで 許 容 されております 自 衛 権 の 発 動 としての 武 力 の 行 使 につきまして は 政 府 は 従 来 から 自 衛 権 発 動 は 三 要 件 に 該 当 する そうい 米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13) 事 例 8~15と 関 連 する 過 去 の 答 弁 [ 自 衛 艦 と 米 艦 が 極 めて 接 近 しているような 場 合 ] 武 力 攻 撃 に 当 たらない 武 器 の 使 用 といたしまして 自 己 等 や 武 器 等 の 防 護 のための 武 器 使 用 の 規 定 こ れはテロ 特 法 の 十 二 条 あるいは 自 衛 隊 法 の 九

More information

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2 9 条 の 会 北 九 州 憲 法 ネット 結 成 10 周 年 記 念 憲 法 講 演 会 資 料 2014.11.29 渡 辺 治 ( 資 料 1) 九 条 の 会 の 発 展 と 世 論 の 変 化 年 結 成 数 活 動 状 況 備 考 内 訳 2004.04 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 65% 反 対 22.7% 2004.6.10. 九 条 の 会 呼 びかけ 2004.7.29.

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

集団的自衛権の行使容認と安全保障法制整備の基本方針

集団的自衛権の行使容認と安全保障法制整備の基本方針 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 容 認 と 安 全 保 障 法 制 整 備 の 基 本 方 針 閣 議 決 定 を 受 けての 国 会 論 戦 の 概 要 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 中 内 康 夫 はじめに 安 全 保 障 法 制 の 見 直 しに 向 けて 検 討 を 進 めてきた 安 倍 内 閣 は 平 成 26 年 7 月 1 日 新 た な 安 全 保 障 法 制 の 整

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 3 年 度 ~ 平 成 7 年 度 )について 平 成 2 年 12 月 20 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 3 年 度 から 平 成 7 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 3 年 度 以 降 の 防 衛 計 画 の 基 本 的 考 え 方 について ( 平 成 2 年

More information

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警 ご 異 議 なしと 認 め よって 本 案 は 原 案 の 通 り 可 決 する 事 に 決 定 いたしました 日 程 第 19 請 願 第 1 号 日 本 を 海 外 で 戦 争 する 国 にする 立 法 案 の 廃 案 へ の 意 見 書 の 提 出 を 求 める 請 願 書 を 議 題 といたし これより 先 ほどの 委 員 長 報 告 に 対 する 質 疑 を 開 始 いたし ( 質 疑 なし

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非 自 衛 隊 防 衛 問 題 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 調 査 対 象 全 国 0 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数,680 人 ( 回 収 率 56.0%) 平 成 7 3 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 時 期 平 成 7 8 日 ~ 8 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 ) 調 査 目 的 自 衛 隊

More information

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を 平 成 25 年 6 月 4 日 新 防 衛 計 画 の 大 綱 策 定 に 係 る 提 言 ( 防 衛 を 取 り 戻 す ) 自 由 民 主 党 一 はじめに 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 が 策 定 されて 以 降 わが 国 周 辺 にお いては 北 朝 鮮 が 弾 道 ミサイル 発 射 や 核 実 験 を 強 行 し また 中 国 がわが 国 周 辺

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0% 平 成 27 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 1 月 井 口 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%の

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】 (お 知 らせ) 28.8.31 防 衛 装 備 庁 取 得 戦 略 計 画 の 策 定 について 防 衛 装 備 庁 では 平 成 27 年 11 月 にプロジェクト 管 理 重 点 対 象 装 備 品 (プ ロジェクト マネージャー 及 び 統 合 プロジェクト チームを 置 いて 重 点 的 にプ ロジェクト 管 理 を 実 施 する 装 備 品 )として 選 定 した12 品 目 の 装 備

More information

untitled

untitled 野 田 内 閣 の 防 衛 政 策 防 衛 大 綱 沖 縄 米 軍 基 地 問 題 等 をめぐる 国 会 論 議 おかどめ やすふみ い ま い かずまさ たかふじ な お こ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 岡 留 康 文 今 井 和 昌 高 藤 奈 央 子 菅 内 閣 の 総 辞 職 を 受 け 平 成 23 年 9 月 2 日 野 田 内 閣 が 発 足 した 野 田 内 閣 総 理

More information

死 者 も 出 なかったのは 平 和 憲 法 が 存 在 したお 蔭 であります 平 和 憲 法 の 存 在 によって 日 本 は アメリカによる 海 外 派 兵 の 要 求 を 断 ることができたのであります 3 平 和 国 家 としての 日 本 の 立 場 は 世 界 中 が 認 めているもので

死 者 も 出 なかったのは 平 和 憲 法 が 存 在 したお 蔭 であります 平 和 憲 法 の 存 在 によって 日 本 は アメリカによる 海 外 派 兵 の 要 求 を 断 ることができたのであります 3 平 和 国 家 としての 日 本 の 立 場 は 世 界 中 が 認 めているもので 平 成 26 年 6 月 26 日 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 様 元 防 衛 庁 教 育 訓 練 局 長 新 潟 県 加 茂 市 長 小 池 清 彦 憲 法 解 釈 の 変 更 による 集 団 的 自 衛 権 の 容 認 に 関 する 意 見 書 1 まず はじめに 申 し 上 げます 政 府 が 示 された 集 団 的 自 衛 権 行 使 の 事 例 とされる8 事 例 は 一 見

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367> 基 礎 からわかる 現 代 社 会 第 45 講 日 本 の 国 際 貢 献 PKO 国 連 平 和 維 持 活 動 協 力 法 日 本 の PKO 参 加 5 原 則 1 当 事 者 間 の 停 戦 合 意 2 当 事 国 の 合 意 3 中 立 公 平 4 武 器 使 用 は 正 当 防 衛 の 場 合 のみ 5 上 記 1~3の3 原 則 が 崩 れれば 撤 収 か 中 断 PKO 監 視 団

More information

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト (

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト ( 事 業 開 始 年 度 大 臣 官 房 企 画 評 価 課 事 業 概 要 説 明 書 -1 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 根 拠 法 改 革 会 議 報 告 書 (20.7.15) 1 実 施 方 法 ( 該 当 項 目 にチェッ ク)) 直 接 実 施 業 務 委 託 補 助 金 貸 付 その 他 上 記 実 施 方 法 が 業 務 委

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

防 衛 省 表 19-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/seisaku_fusyou.ht ml)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

Microsoft Word - 060804基本計画.doc

Microsoft Word - 060804基本計画.doc イラク 人 道 復 興 支 援 特 措 法 に 基 づく 対 応 措 置 に 関 する 基 本 計 画 1 基 本 方 針 平 成 15 年 3 月 20 日 米 国 を 始 めとする 国 々は イラクが 国 際 社 会 の 平 和 と 安 全 に 与 えている 脅 威 を 取 り 除 くための 最 後 の 手 段 として イラクに 対 する 武 力 行 使 を 開 始 した その 後 イラクにおける

More information

自 衛 隊 法 第 95 条 ( 武 器 等 の 防 護 のための 武 器 の 使 用 ) 自 衛 官 は 自 衛 隊 の 武 器 弾 薬 火 薬 船 舶 航 空 機 車 両 有 線 電 気 通 信 設 備 無 線 設 備 又 は 液 体 燃 料 を 職 務 上 警 護 するに 当 たり 人 又 は

自 衛 隊 法 第 95 条 ( 武 器 等 の 防 護 のための 武 器 の 使 用 ) 自 衛 官 は 自 衛 隊 の 武 器 弾 薬 火 薬 船 舶 航 空 機 車 両 有 線 電 気 通 信 設 備 無 線 設 備 又 は 液 体 燃 料 を 職 務 上 警 護 するに 当 たり 人 又 は 御 説 明 資 料 武 力 攻 撃 に 至 らない 侵 害 への 対 処 自 衛 隊 法 第 95 条 条 文 2 自 衛 隊 法 第 95 条 に 規 定 する 武 器 の 使 用 について 2 関 連 国 会 答 弁 3 部 隊 防 護 (Unit Self-defense) 安 全 保 障 の 法 的 基 盤 の 再 構 築 に 関 する 懇 談 会 報 告 書 4 関 連 国 会 答 弁 4

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

Microsoft Word - HOPS コラム原稿(集団的自衛権議論の「盲点」としての台湾問題)簡略訂正版.docx

Microsoft Word - HOPS コラム原稿(集団的自衛権議論の「盲点」としての台湾問題)簡略訂正版.docx 我 が 国 の 安 全 保 障 政 策 と 台 湾 問 題 ~ 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 議 論 の 盲 点? 准 教 授 柿 澤 未 知 1.はじめに 2013 年 9 月 に 外 務 省 から 北 海 道 大 学 公 共 政 策 大 学 院 に 出 向 してきて 早 いもので 既 に1 年 が 経 過 した 外 務 省 においては 一 貫 して 台 湾 中 国 に 関 する 情 勢 分

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し) 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 共 同 発 表 変 化 する 安 全 保 障 環 境 のためのより 力 強 い 同 盟 新 たな 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 岸 田 外 務 大 臣 中 谷 防 衛 大 臣 ケリー 国 務 長 官 カーター 国 防 長 官 1. 概 観 2015 年 4 月 27 日 ニューヨークにおいて 岸 田 文 雄 外

More information

【セット】サイバー戦略指針

【セット】サイバー戦略指針 防 衛 省 自 衛 隊 によるサイバー 空 間 の 安 定 的 効 果 的 な 利 用 に 向 けて 平 成 24 年 9 月 防 衛 省 目 次 1. 趣 旨 2. 基 本 認 識 (1)サイバー 空 間 の 意 義 性 格 (2)サイバー 空 間 におけるリスク 1 サイバー 攻 撃 2 その 他 のリスク 3. 基 本 方 針 (1) 防 衛 省 自 衛 隊 の 能 力 態 勢 強 化 (2)

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 度 防 衛 予 算 案 の 概 要 防 衛 省 注 1: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 装 備 品 等 の 製 造 等 に 要 する 初 度 費 を 除 く 経 費 を 表 示 している 2: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 契 約 ベースである 3: 本 文 中 の 青 字 は 新 規 事 業 を

More information

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案)

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案) 地 方 公 務 員 の 新 たな 労 使 関 係 制 度 に 係 る 主 な 論 点 に 対 する 意 見 平 成 24 年 1 月 27 日 全 国 市 長 会 地 方 公 務 員 制 度 改 革 検 討 委 員 会 委 員 長 新 見 市 長 石 垣 正 夫 地 方 公 務 員 の 労 働 基 本 権 の 検 討 のあり 方 については 本 会 として 現 在 の 労 使 関 係 は これまでの

More information

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点 航 空 自 衛 隊 の 戦 闘 機 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 平 成 23 年 1 月 25 日 防 衛 省 航 空 幕 僚 監 部 1 目 次 1 我 が 国 の 航 空 作 戦 における 戦 闘 機 の 役 割 等 2 航 空 自 衛 隊 における 運 用 支 援 の 現 状 3 航 空 自 衛 隊 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 2 1 我 が

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9> 憲 法 から 平 和 と 安 全 保 障 を 考 える 日 本 の 未 来 はどうなるか? 関 西 学 院 大 学 法 学 部 長 岡 徹 一 統 幕 内 部 文 書 の 衝 撃 1 ガイドラインこそが 防 衛 当 局 にとっての 最 高 法 規 4.27 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 第 3 次 ガイドライン 合 意 4.29 安 倍 首 相 米 議 会 演 説 安 保 法 制 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

自 衛 隊 の 役 割 と 権 限 1

自 衛 隊 の 役 割 と 権 限 1 事 例 集 関 連 資 料 目 次 平 成 26 年 6 月 3 日 自 衛 隊 の 役 割 と 権 限 1 国 連 PKOを 含 む 国 際 協 力 等 12 自 衛 隊 による 在 外 邦 人 等 の 輸 送 29 米 艦 防 護 弾 道 ミサイル 防 衛 32 関 連 条 文 34 関 連 国 会 答 弁 等 48 安 倍 総 理 記 者 会 見 76 安 保 法 制 懇 報 告 書 関 連

More information

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 1 月 17 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 422 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 19 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

田 原 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 水 防 計 画 地 震 災 害 対 策 編 津 波 災 害 対 策 編 津 波 避 難 計 画 原 子 力 災 害 対 策 編 ( 平 成 27 年 6 月 修 正 ) 田 原 市 防 災 会 議 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 方 針 等 1 第 2 章 本 市 の 概 況 5 第 3 章 予 想 される

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推 平 成 28 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 12 月 堀 内 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

資料6:事前分析表

資料6:事前分析表 第 6 回 防 衛 省 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 資 料 (4.8.0) 資 料 6 目 標 管 理 型 の 政 策 評 価 ( 事 前 分 析 表 ) 平 成 4 年 事 前 分 析 表 (FU 変 更 試 作 案 ) 8 月 7 日 調 整 達 成 手 段 は4 年 レビュー 時 点 平 成 4 年 実 施 施 策 に 係 る 事 前 分 析 表 ( 防 衛 省 4( 施

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共 参 考 茂 原 市 国 民 保 護 計 画 用 語 集 あ 行 安 定 ヨウ 素 剤 原 子 力 施 設 等 の 事 故 に 備 えて 服 用 するために 調 合 した 放 射 能 をもたないヨウ 素 をいう 被 ばく 前 に 安 定 ヨウ 素 剤 を 服 用 することにより 甲 状 腺 (ヨウ 素 が 濃 集 しやすい )をヨウ 素 で 飽 和 して おくと 被 ばくしても 放 射 性 ヨウ 素

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

国民の保護に関する業務計画

国民の保護に関する業務計画 国 民 の 保 護 に 関 する 業 務 計 画 平 成 26 年 12 月 中 部 電 力 株 式 会 社 1 2 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的... 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針... 1 第 3 節 国 が 想 定 する 武 力 攻 撃 事 態 等 における 電 力 供 給 電

More information

(2) 自 衛 隊 に 対 して 避 難 住 民 の 誘 導 を 要 請 する(P5 P46 P65) 件 について 戦 争 の 世 紀 といわれる20 世 紀 の 人 類 史 において 戦 争 や 紛 争 の 都 度 一 般 民 衆 の 死 者 は 夥 しい 数 にのぼり 第 2 次 世 界 大

(2) 自 衛 隊 に 対 して 避 難 住 民 の 誘 導 を 要 請 する(P5 P46 P65) 件 について 戦 争 の 世 紀 といわれる20 世 紀 の 人 類 史 において 戦 争 や 紛 争 の 都 度 一 般 民 衆 の 死 者 は 夥 しい 数 にのぼり 第 2 次 世 界 大 パブリックコメントに 対 する 回 答 ( 石 狩 市 国 民 保 護 計 画 ) 意 見 の 要 旨 回 答 9 月 発 行 石 狩 市 による 国 民 保 護 計 画 の 素 案 を 一 読 して 二 度 と 再 びそのようなことにはならないと 信 じてきた 戦 争 が すぐそこま で 迫 ってきているような 恐 怖 を 感 じ 子 や 孫 たちの 未 来 に 強 い 不 安 を 覚 えましたので

More information

untitled

untitled 防 衛 省 自 衛 隊 : 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 に 関 する 検 討 会 開 催 要 綱 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/kaihatsukokuki/kaisai/kaisai.html 1/1 ページ PDFページ 1/7 2010/04/25 文 字 サイズ よくある 質 問 サイトマップ 検 索 詳

More information

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制 法 曹 養 成 制 度 改 革 推 進 会 議 御 中 この 度 司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 をとりまとめましたので お 届 け 致 します ご 査 収 いただけますと 幸 いです なお この 提 言 は 法 務 大 臣 及 び 文 部 科 学 大 臣 にもお 届 け 致 します 2014 年 6 月 9 日 京 都 大 学 大 学 院 法 学 研 究

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

<4D F736F F D D CF88F592B795F18D CF88F589EF8D8791CC816A2E646F63>

<4D F736F F D D CF88F592B795F18D CF88F589EF8D8791CC816A2E646F63> 平 成 26 年 第 2 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 26 年 6 月 19 日 総 務 委 員 長 織 田 勝 久 議 案 第 65 号 川 崎 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について * 消 費 税 増 税 と 一 体 をなす 地 方 税 法 の 一 部 改 正 には 反 対 であり これに 伴 う 条 例 改

More information

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 につい て 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について ( 平

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表)

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表) 防 衛 省 表 20-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/portal/index.htm l)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の 結

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 2 月 1 9 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 1 0 9 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 1 5 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 3 7 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 1 8 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

Microsoft Word - JFAS50 要請 HP用ファイル

Microsoft Word - JFAS50 要請 HP用ファイル A 航 空 行 政 A01 航 空 の 安 全 に 対 する 行 政 の 基 本 的 な 考 え 方 について A01-1 安 全 上 必 要 な 規 則 が 守 られるための 適 切 な 規 制 を 講 じること 航 空 の 安 全 を 確 保 するためには 適 切 な 安 全 規 制 が 設 定 されることが 必 要 であ るが それだけでは 十 分 ではない 安 全 を 確 保 するための 規

More information

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF>

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF> 問 1 キャンプ 座 間 への 米 陸 軍 新 司 令 部 の 移 転 は 世 界 的 な 米 軍 の 改 編 の 一 環 として 行 われ また 沖 縄 の 負 担 軽 減 も 含 む 日 米 再 編 協 議 の 中 で 統 合 任 務 可 能 な 作 戦 司 令 部 として 米 国 本 土 より 移 転 してくる 唯 一 の 基 地 であり ます このことは 機 能 強 化 として 認 められたところでありますが

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

自衛隊の礼式に関する訓令

自衛隊の礼式に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 11 条 第 12 条 第 2 項 及 び 第 13 条 から 第 15 条 まで の 規 定 に 基 づき 自 衛 隊 の 礼 式 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 39 年 5 月 8 日 防 衛 庁 長 官 福 田 篤 泰 自 衛 隊 の 礼 式

More information

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー 宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クーデターが 起 きないの Titleか? -- 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 ( 書 評 ) Author(s) 柳, 学 洙 Citation アジア 経 済 55.2 (2014.6): 109-112 Issue Date 2014-06 URL http://hdl.handle.net/2344/1346

More information