3分の1ビル破壊031203

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "3分の1ビル破壊031203"

Transcription

1 大 規 模 空 間 に 設 置 された 耐 震 吊 り 天 井 の 耐 震 余 裕 度 検 証 実 験 結 果 速 報 1.はじめに 2011 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 で 発 生 した 吊 り 天 井 の 脱 落 被 害 を 受 け 関 係 各 機 関 では 各 種 法 規 の 整 備 や 既 存 施 設 の 早 急 な 点 検 対 策 の 推 進 などの 対 応 が 進 められています 例 えば 平 成 25 年 7 月 には 建 築 基 準 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 が 同 年 8 月 5 日 には 天 井 脱 落 対 策 に 係 る 一 連 の 技 術 基 準 告 示 が 公 布 され 平 成 26 年 4 月 より 施 行 される 予 定 となっています しかし これらの 新 しい 基 準 に 基 づいて 設 計 された 天 井 が 技 術 基 準 における 設 計 想 定 を 超 えるレベルの 地 震 にさらされた 場 合 に どこまでの 揺 れに 耐 え どう 損 傷 し 脱 落 するのかについては 天 井 の みを 取 り 出 した 実 験 ( 要 素 実 験 )などにより 関 係 各 所 やメーカーでも 検 証 が 進 められていると ころです しかしながら 天 井 の 要 素 実 験 では 過 去 の 脱 落 被 害 の 再 現 も 難 しいことから 実 大 の 建 物 を 用 いた 加 振 実 験 によりその 性 能 を 検 証 し 被 害 メカニズムを 探 ることが 重 要 です そこで 防 災 科 学 技 術 研 究 所 では 学 校 体 育 館 を 模 擬 した 大 規 模 空 間 を 有 する 実 大 モデル( 試 験 体 )をE-ディフェンスの 震 動 台 に 載 せ 加 振 することにより 大 規 模 空 間 での 被 害 を 引 き 起 こ す 柱 梁 等 の 構 造 部 材 の 地 震 時 挙 動 と これによる 天 井 などの 非 構 造 部 材 の 応 答 特 性 および 天 井 がどう 壊 れ 脱 落 するのか その 脱 落 被 害 メカニズムの 解 明 に 取 り 組 んでいます 2. 実 験 概 要 本 プロジェクトでは 試 験 体 の 天 井 の 組 み 合 わせを 変 えた 実 験 を 実 施 しました( 表 1) 本 実 験 で 使 用 する 建 物 試 験 体 は 小 中 学 校 で 使 用 される 体 育 館 を 模 擬 した 実 大 試 験 体 です 平 成 26 年 1 月 の 実 験 では この 試 験 体 の 内 部 に 耐 震 対 策 のない 吊 り 天 井 ( 未 対 策 天 井 )を 施 工 して 加 振 実 験 を 実 施 し 吊 り 天 井 の 脱 落 被 害 の 再 現 を 行 いました この 結 果 については 平 成 26 年 2 月 21 日 プレ ス 発 表 資 料 (http://www.bosai.go.jp/press/2013/pdf/ _01.pdf)をご 参 照 ください 平 成 26 年 2 月 は 試 験 体 の 内 部 に 平 成 26 年 4 月 施 行 予 定 の 技 術 基 準 に 基 づいて 設 計 された 吊 り 天 井 を 2 種 類 施 工 し 加 振 実 験 を 行 いました 1つは 一 般 の 流 通 量 が 多 い JIS 規 格 材 を 主 たる 部 材 とした 吊 り 天 井 (1.1G 耐 震 天 井 )で もう 1 つは JIS 規 格 材 よりも 高 強 度 な 部 材 で 構 成 された 吊 り 天 井 (2.2G 耐 震 天 井 )です この 2 種 類 の 耐 震 天 井 は 斜 め 部 材 (ブレース)により 天 井 の 揺 れ を 抑 制 し 天 井 の 周 囲 にクリアランス( 隙 間 )を 設 けることにより 設 計 時 に 検 討 が 困 難 な 壁 によ る 拘 束 の 影 響 を 無 くしました さらに 各 天 井 材 をビスなどで 相 互 に 緊 結 させることで 天 井 全 体 の 剛 性 を 高 め 天 井 材 の 損 傷 落 下 を 防 止 する 構 造 となっています それぞれの 天 井 の 細 かい 仕 様 の 違 いについては 表 2 および 平 成 26 年 2 月 21 日 プレス 発 表 資 料 をご 参 照 ください 入 力 地 震 動 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 において 震 源 から 約 170km の 距 離 にある 宮 城 県 仙 台 市 宮 城 野 区 にて 強 震 観 測 網 (K-NET)で 観 測 された 地 震 動 (K-NET 仙 台 波 )と 1995 年 兵 庫 県 南 部 地 震 において 神 戸 海 洋 気 象 台 で 観 測 された 地 震 動 (JMA 神 戸 波 )を 用 いました ( 表 3) 1

2 表 1 実 験 計 画 実 験 時 期 主 体 構 造 天 井 平 成 26 年 1 月 27 日 28 日 平 成 26 年 2 月 27 日 28 日 純 鉄 骨 造 柱 : 鉄 骨 造 屋 根 : 鉄 骨 山 形 架 構 H13 年 よりも 前 に 設 計 施 工 された 耐 震 対 策 されていない 天 井 大 規 模 空 間 での 地 震 被 害 の 発 生 を 引 き 起 こす 構 造 体 と 非 構 造 体 の 応 答 特 性 と 天 井 の 脱 落 被 害 のメカニズムの 解 明 H26.4 に 施 行 される 基 準 に 準 拠 した 耐 震 対 策 天 井 新 しい 基 準 で 設 計 された 大 規 模 空 間 に おける 天 井 の 安 全 性 および 耐 震 余 裕 度 の 検 証 項 目 表 2 天 井 の 仕 様 仕 様 未 対 策 天 井 1.1G 耐 震 天 井 2.2G 耐 震 天 井 加 振 実 験 日 H ~28 H ~28 試 験 体 の 考 え 方 耐 震 基 準 設 計 想 定 の 地 震 力 地 震 に 対 する 対 策 のない 天 井 ( 過 去 の 脱 落 被 害 再 現 のため 既 存 の 天 井 を 模 擬 ) なし 地 震 による 揺 れ が 設 計 想 定 外 JIS 規 格 材 を 主 たる 部 材 とした 耐 震 天 井 ( 耐 震 設 計 の 妥 当 性 と 耐 震 余 裕 度 の 検 証 ) H26.4 施 行 予 定 の 新 耐 震 基 準 (2 階 建 て 建 物 の 1 階 部 分 に 相 当 する 地 震 力 を 想 定 ) 天 井 に 作 用 する 慣 性 力 が 1.1G (K-NET 仙 台 波 25% 相 当 ) JIS 規 格 材 よりも 高 強 度 な 部 材 で 構 成 した 耐 震 天 井 ( 耐 震 余 裕 度 の 検 証 ) H26.4 施 行 予 定 の 新 耐 震 基 準 ( 基 準 で 想 定 されて いる 最 大 地 震 力 ) 天 井 に 作 用 する 慣 性 力 が 2.2G (K-NET 仙 台 波 50% 相 当 ) 表 3 入 力 地 震 動 加 振 波 入 力 レベル 備 考 K-NET 仙 台 波 25%( 震 度 5 強 ) 1.1G 耐 震 天 井 の 設 計 レベル 50%( 震 度 6 弱 ) 2.2G 耐 震 天 井 の 設 計 レベル 80%( 震 度 6 強 ) 100%( 震 度 6 強 ) 海 溝 型 地 震 による 長 時 間 の 揺 れ に 対 する 耐 震 天 井 の 耐 震 性 検 証 JMA 神 戸 波 100%( 震 度 6 強 ) 直 下 型 地 震 による 揺 れに 対 する 耐 震 天 井 の 耐 震 性 検 証 150%( 震 度 7) 天 井 の 破 壊 メカニズム 解 明 のた めの 加 振 2

3 3. 実 験 結 果 実 験 による 天 井 損 傷 の 進 展 をまとめると 以 下 のようになります ( 表 4) 表 4 天 井 の 被 害 状 況 のまとめ 加 振 ケース K-NET 仙 台 波 25% [ 震 度 5 強 ] K-NET 仙 台 波 50% [ 震 度 6 弱 ] K-NET 仙 台 波 80% K-NET 仙 台 波 100% JMA 神 戸 波 100% JMA 神 戸 波 150% [ 震 度 7] 損 傷 状 況 未 対 策 天 井 ( 参 考 比 較 ) 1.1G 耐 震 天 井 2.2G 耐 震 天 井 骨 組 みを 接 合 する 金 物 の 滑 り 等 の 軽 微 な 損 傷 損 傷 なし 損 傷 なし (1 回 目 ) 骨 組 みを 接 合 する 金 物 が 外 れ 天 井 が 大 きくたわむ 天 井 面 は 脱 落 寸 前 損 傷 なし 損 傷 なし (2 回 目 ) たわんだ 天 井 面 が 大 きく 振 動 し 脱 落 一 部 の 揺 れ 止 めが 折 れ 曲 がる 揺 れ 止 めがさらに 大 きく 折 れ 曲 がり 元 に 戻 らなくなる 柱 と 激 しく 衝 突 し 天 井 ボー ドが 落 下 さらに 激 しく 衝 突 し 天 井 ボー ドが 多 数 落 下 損 傷 なし 揺 れ 止 めを 取 り 付 ける 金 具 のずれ 揺 れ 止 めを 取 り 付 ける 金 具 が 一 部 破 断 揺 れ 止 めが 折 れ 曲 がり 取 り 付 けている 金 具 が 破 断 骨 組 みも 大 きく 変 形 天 井 ボードも 多 数 落 下 平 成 26 年 1 月 に 実 施 された 未 対 策 天 井 の 脱 落 被 害 再 現 実 験 において 天 井 脱 落 の 生 じた K-NET 仙 台 波 50%( 震 度 6 弱 )の 実 験 では 1.1G 耐 震 天 井 2.2G 耐 震 天 井 ともに 損 傷 はありませんでした さらに 入 力 レベルを 大 きくしていき K-NET 仙 台 波 80%および 100%(いずれも 震 度 6 強 相 当 ) の 実 験 では 天 井 面 が 大 きく 振 動 し 一 般 に 流 通 する JIS 規 格 材 を 使 用 した 1.1G 耐 震 天 井 では 天 井 面 の 揺 れを 抑 えるための 斜 め 部 材 (ブレース)が 地 震 によって 天 井 面 に 生 じる 力 の 大 きさ に 耐 えられなくなり 曲 がり 始 めました しかし 未 対 策 天 井 のように 天 井 面 が 大 きくたわむなど の 危 険 な 状 態 に 至 ることはありませんでした( 図 1) また より 高 強 度 な 部 材 を 用 いた 2.2G 耐 震 天 井 では 目 視 で 確 認 できる 被 害 はありませんでした( 図 2) 図 1 折 れ 曲 がったブレース(1.1G 耐 震 天 井 ) ( 左 :K-NET 仙 台 波 80% 後 右 :K-NET 仙 台 波 100% 後 ) 3

4 図 2 損 傷 のない 2.2G 耐 震 天 井 (K-NET 仙 台 波 100% 後 ) これらの 実 験 により 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 あるいは 同 様 の 地 震 においても H26 年 4 月 施 行 予 定 の 耐 震 基 準 を 満 たした 天 井 では 脱 落 に 至 る 被 害 が 起 きないであろうことが 確 認 されました また 直 下 型 地 震 の 揺 れに 対 する 耐 震 天 井 の 耐 震 性 能 を 検 証 するために 兵 庫 県 南 部 地 震 の 際 に 神 戸 海 洋 気 象 台 ( 兵 庫 県 神 戸 市 )での 観 測 記 録 (JMA 神 戸 波 震 度 6 強 )による 実 験 を 続 けて 実 施 しました 1.1G 耐 震 天 井 では ブレースの 変 形 がすでに 起 こっていたため ブレースの 天 井 面 の 揺 れを 抑 える 機 能 が 低 下 しており 天 井 面 が 大 きく 揺 さぶられ 周 囲 の 柱 などに 天 井 面 が 衝 突 し 天 井 ボードなどが 衝 撃 により 脱 落 しました( 図 3) 2.2G 耐 震 天 井 では ブレースの 取 り 付 け 部 が 痛 んでおり 数 点 はずれたことが 確 認 されました 図 3 JMA 神 戸 波 100%( 震 度 6 強 ) 加 振 後 の 被 害 状 況 さらに 2.2G 耐 震 天 井 がどう 壊 れ 脱 落 していくかを 確 認 するため 兵 庫 県 南 部 地 震 の 記 録 を 1.5 倍 にまで 増 幅 させた 揺 れ( 震 度 7 相 当 )で 検 証 を 続 けました この 結 果 2.2G 耐 震 天 井 も 大 きく 揺 さぶられ 天 井 面 を 構 成 する 骨 組 みが 変 形 し 天 井 ボードが 大 きく 脱 落 しました( 図 4) 実 験 により 計 測 された 天 井 面 の 加 速 度 をまとめると 表 4 のようになります これらの 実 験 に より 耐 震 天 井 は 設 計 想 定 の 2 倍 以 上 の 地 震 の 揺 れにも 耐 えられるだけの 余 裕 度 を 持 っているこ とが 明 らかに 出 来 ました 4

5 天 井 全 景 1.1G 耐 震 天 井 2.2G 耐 震 天 井 天 井 骨 組 みの 変 形 天 井 ボードの 脱 落 柱 への 衝 突 図 4 神 戸 波 150%[ 震 度 7] 加 振 後 状 況 表 4 天 井 面 の 加 速 度 加 振 ケース *1 *2 天 井 面 加 速 度 ( 梁 間 方 向 )の 最 大 値 *3 未 対 策 天 井 1.1G 耐 震 天 井 2.2G 耐 震 天 井 K-NET 仙 台 波 25% [ 震 度 5 強 ] 0.81 G 0.63 G 0.77 G K-NET 仙 台 波 50% 4.21 G [ 震 度 6 弱 ] (5.54 G) * G 1.55 G K-NET 仙 台 波 80% 2.18 G 2.05 G K-NET 仙 台 波 100% 2.52 G 2.51 G JMA 神 戸 波 100% 4.77 G 2.40 G JMA 神 戸 波 150% [ 震 度 7] 4.45 G 4.90 G *1 加 速 度 とは 速 度 の 時 間 当 たり 変 化 率 を 表 し この 数 値 が 大 きいほど 揺 れが 大 きいことを 示 す 天 井 面 に 作 用 した 地 震 力 と 同 じ 意 味 を 持 ち 加 速 度 1G は 自 身 の 重 量 に 相 当 する 力 に 等 しい 地 震 力 が 作 用 したことを 表 す *2 屋 根 の 大 梁 がかかる 方 向 のこと 今 回 の 試 験 体 では 建 物 の 短 手 方 向 *3 2 月 21 日 プレス 発 表 資 料 の 値 とは 若 干 異 なるが 未 対 策 天 井 1.1G 耐 震 天 井 2.2G 耐 震 点 の 3 つの 天 井 で 比 較 で きるよう 結 果 の 整 理 方 法 を 統 一 したためである 以 前 の 結 果 とほぼ 同 じ 傾 向 を 示 しており 結 論 に 相 違 はない *4 2 回 目 加 振 の 結 果 ただし 加 振 途 中 に 天 井 の 損 傷 によりセンサが 断 線 したため 計 測 できた 途 中 までの 最 大 値 5

6 4.まとめ 耐 震 対 策 の 不 足 した 未 対 策 天 井 による 実 験 および 平 成 26 年 4 月 施 行 の 技 術 基 準 に 基 づいて 設 計 された 耐 震 天 井 による 実 験 によって 現 時 点 において 明 らかになった 点 をまとめると 以 下 のよ うになります 耐 震 対 策 の 不 足 した 未 対 策 天 井 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 の 観 測 記 録 の 揺 れを 50%にまで 縮 小 した 地 震 動 ( 震 度 6 弱 相 当 )でも 脱 落 の 恐 れがあることが 明 らかになりました 脱 落 に 至 る 過 程 を 詳 細 に 把 握 できたことから 天 井 脱 落 被 害 メカニズムの 解 明 に 大 いに 役 立 つ 物 と 考 え られます 本 震 で 脱 落 しかかった 状 態 の 天 井 は 本 震 後 の 大 きな 余 震 により 大 きく 脱 落 することがあ ることが 確 認 されました このことから 地 震 後 の 安 全 点 検 は 重 要 であるといえます デー タの 詳 細 分 析 により 安 全 点 検 のために 必 要 な 知 見 の 収 集 も 期 待 されます 脱 落 した 天 井 をワイヤ/ネットで 受 け 止 めるフェイルセーフ 機 能 は 有 効 でした ただし 既 存 の 施 設 にどう 取 り 付 けるかについては 課 題 があり さらなる 技 術 開 発 が 必 要 と 考 えられま す 平 成 26 年 4 月 施 行 の 技 術 基 準 に 基 づいて 設 計 された 耐 震 天 井 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 の 観 測 記 録 ( 震 度 6 強 相 当 )による 実 験 でも 脱 落 することはなく 設 計 想 定 の 2 倍 以 上 の 余 裕 度 を 持 っていることが 明 らかになりました 耐 震 天 井 に 対 して 設 計 想 定 を 大 きく 超 える 地 震 動 を 加 えることにより 耐 震 天 井 がどう 壊 れるかを 示 すデータを 取 得 できました データの 詳 細 分 析 により 耐 震 天 井 の 合 理 的 な 設 計 手 法 設 計 施 工 における 課 題 などを 洗 い 出 し より 安 全 な 耐 震 天 井 の 開 発 につなげ さら なる 被 害 低 減 技 術 開 発 をすすめていけるものと 考 えています 6

7 参 考 資 料 :2 月 21 日 プレス 発 表 資 料 ( 抜 粋 ) 大 規 模 空 間 に 設 置 された 吊 り 天 井 の 脱 落 被 害 再 現 実 験 結 果 速 報 1.はじめに 2011 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 では 2,000 件 以 上 の 吊 り 天 井 の 脱 落 被 害 が 報 告 されており こ れらによる 人 的 被 害 も 発 生 しました これらの 被 害 の 中 でも 特 に 災 害 発 生 時 に 避 難 所 防 災 拠 点 としての 活 用 が 想 定 されている 体 育 館 等 の 施 設 では 天 井 などの 脱 落 被 害 により その 機 能 を 失 われた 事 例 が 多 数 有 り 問 題 となっています これらの 問 題 に 対 し 関 係 各 機 関 では 各 種 法 規 の 整 備 や 既 存 施 設 の 早 急 な 点 検 対 策 の 推 進 などの 対 応 が 進 められていますが 天 井 がどう 壊 れ どのように 脱 落 するのかを 含 む 被 害 メカニ ズムは 未 だ 明 らかにされていないのが 現 状 です そこで 防 災 科 学 技 術 研 究 所 では 学 校 体 育 館 を 模 擬 した 大 規 模 空 間 を 有 する 実 大 モデル( 試 験 体 )をE-ディフェンスの 震 動 台 に 載 せ 加 振 することにより 大 規 模 空 間 での 被 害 を 引 き 起 こす 柱 梁 等 の 構 造 部 材 の 地 震 時 挙 動 と これによる 天 井 などの 非 構 造 部 材 の 応 答 特 性 および 天 井 がどう 壊 れ 脱 落 するのか その 脱 落 被 害 メカニズムの 解 明 を 目 的 とした 振 動 実 験 を 実 施 しました 2. 実 験 概 要 本 プロジェクトでは 試 験 体 の 天 井 の 組 み 合 わせを 変 えた 実 験 を 計 画 しています( 表 1) 本 実 験 で 使 用 する 建 物 試 験 体 の 詳 細 については 別 添 の 平 成 26 年 1 月 7 日 プレス 発 表 資 料 および 1 月 28 日 公 開 実 験 当 日 資 料 を 実 験 に 使 用 する 天 井 の 詳 細 な 仕 様 については P.6 の 参 考 資 料 をそ れぞれご 参 照 ください 平 成 26 年 1 月 に 実 施 した 実 験 は 耐 震 対 策 のされていない 吊 り 天 井 の 脱 落 被 害 の 再 現 を 行 い そのメカニズム 解 明 を 行 うことを 目 的 とした 実 験 です 入 力 地 震 動 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 において 震 源 から 約 170km の 距 離 にある 宮 城 県 仙 台 市 宮 城 野 区 にて 強 震 観 測 網 (K-NET)で 観 測 された 地 震 動 K-NET 仙 台 波 を 用 いました 平 成 26 年 1 月 に 実 施 した 実 験 で は K-NET 仙 台 波 の 加 速 度 記 録 を 25%に 縮 小 することにより 揺 れの 大 きさを 震 度 5 強 相 当 に 調 整 して 1 回 加 振 しました その 後 加 速 度 記 録 を 50%に 縮 小 することにより 震 度 6 弱 相 当 にした 揺 れを 2 回 加 振 し 脱 落 被 害 の 再 現 を 行 いました 表 1 実 験 計 画 実 験 時 期 主 体 構 造 天 井 平 成 26 年 1 月 27 日 28 日 ( 実 施 済 み) 平 成 26 年 2 月 27 日 28 日 ( 実 施 予 定 ) 純 鉄 骨 造 柱 : 鉄 骨 造 屋 根 : 鉄 骨 山 形 架 構 H13 年 よりも 前 に 設 計 施 工 された 耐 震 対 策 されていない 天 井 大 規 模 空 間 での 地 震 被 害 の 発 生 を 引 き 起 こす 構 造 体 と 非 構 造 体 の 応 答 特 性 と 天 井 の 脱 落 被 害 のメカニズムの 解 明 H26.4 に 施 行 される 基 準 に 準 拠 した 耐 震 対 策 天 井 新 しい 基 準 で 設 計 された 大 規 模 空 間 に おける 天 井 の 安 全 性 および 耐 震 余 裕 度 の 検 証 7

8 本 実 験 では すでに 建 物 へ 設 置 されている 地 震 に 対 する 対 策 のない 特 定 天 井 ( 高 さ 6m 以 上 平 面 積 200m 2 以 上 )に 対 し 耐 震 補 強 以 外 の 地 震 対 策 の 選 択 肢 として 適 用 してもよいと 建 築 基 準 法 施 行 令 に 定 められている 天 井 の 脱 落 を 防 止 する 措 置 を 想 定 し ワイヤとネットで 脱 落 した 天 井 を 受 け 止 めることが 出 来 るフェイルセーフ 機 能 を 設 置 しています( 図 1) フェイルセーフ 機 能 は 脱 落 した 天 井 を 確 実 に 受 け 止 めることが 期 待 されますが これが 機 能 するかについての 研 究 はまだ 不 十 分 で 有 り 今 回 の 実 験 でその 有 効 性 を 検 証 しました 今 回 の 実 験 では 脱 落 した 天 井 面 全 体 の 重 量 は 800mm 間 隔 で 設 置 したワイヤで 受 け 止 め 破 損 した 細 かい 金 物 類 は 30mm 間 隔 の 比 較 的 細 かいネットで 受 け 止 める 構 造 としています 図 1 フェイルセーフ 機 能 3. 実 験 結 果 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (K-NET 仙 台 波 )の 加 振 による 再 現 実 験 により 今 回 の 天 井 は 表 2 にあ るような 被 害 を 受 けました 震 度 6 弱 の 1 回 目 の 揺 れ(50% 加 振 )により 天 井 を 支 える 接 合 金 物 がはずれ 天 井 面 が 大 きくたわみました 天 井 は 大 破 した 状 態 であり いつ 脱 落 してもおかし くない 状 態 まで 損 傷 いたしました 続 いて 余 震 を 想 定 した 震 度 6 弱 の 2 回 目 の 揺 れ(50% 加 振 )が 加 わることにより 大 きくたわ んだ 天 井 が 揺 れによって 大 きく 振 動 し 耐 えられなくなった 天 井 面 が 脱 落 しました 中 央 の 天 井 が 脱 落 し 始 めたことにより 全 体 の 1/5 程 度 にあたる 天 井 面 が 軽 量 鉄 骨 下 地 に 引 っ 張 られるよ うに 次 々と 脱 落 し 大 きな 被 害 を 及 ぼしました ( 図 2 図 3) この 振 動 実 験 により これまで 明 確 に 把 握 されていなかった 天 井 部 材 を 接 合 する 金 物 が 外 れ 脱 落 していく 大 規 模 吊 り 天 井 の 天 井 裏 の 動 きと 天 井 脱 落 の 様 子 を 世 界 で 初 めてカメラに 収 める ことが 出 来 ました この 映 像 は 天 井 がなぜ どのようにして 脱 落 していくか そのメカニズム 解 明 のための 重 要 なデータとなります また 本 実 験 で 導 入 したフェイルセーフ 機 能 は 脱 落 した 天 井 面 および 破 損 した 金 物 を 下 にま 8

9 で 落 下 させることなくきちんと 受 け 止 めました( 図 4) このフェイルセーフ 機 能 により 少 な くとも 人 的 被 害 は 抑 えられたと 考 えられ 未 対 策 天 井 の 脱 落 対 策 に 対 する 応 急 措 置 としては 十 分 な 性 能 があることが 確 認 できました 表 2 実 験 による 天 井 の 損 傷 まとめ 入 力 地 震 天 井 面 の 揺 れの 強 さ ( 加 速 度 計 測 定 値 ) 天 井 の 応 答 ( 動 き)と 損 傷 K-NET 仙 台 波 25% ( 震 度 5 強 ) 0.93G 接 合 金 物 がずれる 等 軽 微 な 損 傷 のみ K-NET 仙 台 波 50% ( 震 度 6 弱 ) 5.80G 接 合 金 物 が 外 れ 天 井 面 が 大 きくたわむ 脱 落 寸 前 であり 天 井 は 大 破 した K-NET 仙 台 波 50% ( 震 度 6 弱 ) 7.15G たわんだ 天 井 面 が 大 きく 揺 すられ 激 し い 音 とともに 天 井 面 が 脱 落 した 脱 落 し た 天 井 は 全 体 の1/5 程 度 であった Gは 加 速 度 の 単 位 1Gで 自 分 自 身 の 重 さと 同 じ 地 震 力 を 受 けたことに 相 当 する 金 物 の 外 れ 天 井 面 の 脱 落 の 影 響 により 天 井 全 体 が 大 きく 揺 れたため 50% 加 振 では 加 速 度 の 値 が 大 きくなっている 震 度 6 弱 1 回 目 図 2 実 験 中 の 天 井 裏 の 様 子 震 度 6 弱 2 回 目 図 3 実 験 後 の 状 況 ( 左 : 天 井 裏 より 右 : 外 れた 金 具 ) 図 4 有 効 に 機 能 したフェイルセーフ 機 能 9

10 4. 今 後 のスケジュール 今 回 の 実 験 により 得 られたデータを 詳 細 に 分 析 し 建 物 の 揺 れと 天 井 の 動 きの 相 関 関 係 を 明 ら かにするとともに 天 井 が 地 震 による 激 しい 揺 れでどう 脱 落 に 至 るのか そのメカニズムを 解 明 し 報 告 書 でまとめる 予 定 です また 平 成 26 年 2 月 27 日 28 日 には 平 成 26 年 4 月 より 施 行 予 定 の 新 基 準 に 準 拠 した 耐 震 天 井 の 実 験 を 計 画 しています(P.6 参 考 資 料 ) この 新 しい 基 準 は 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 に 設 置 された 建 築 構 造 基 準 検 討 委 員 会 における 技 術 的 検 討 に 基 づき 取 りまとめられた 建 築 物 にお ける 天 井 脱 落 対 策 試 案 をベースとして パブリックコメントにより 寄 せられた 意 見 やその 後 の 調 査 研 究 による 追 加 の 技 術 的 検 討 も 踏 まえて 平 成 25 年 7 月 12 日 に 公 布 された 建 築 基 準 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 25 年 政 令 第 217 号 )および 建 築 基 準 法 施 行 規 則 および 建 築 基 準 法 に 基 づく 指 定 資 格 検 定 機 関 等 に 関 する 省 令 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 25 年 国 土 交 通 省 令 第 61 号 )と 同 年 8 月 5 日 に 公 布 された 天 井 脱 落 対 策 に 係 る 一 連 の 技 術 基 準 告 示 によるもので 6m 超 の 高 さにある 水 平 投 影 面 積 200m 2 超 単 位 面 積 質 量 2kg/m 2 超 の 吊 り 天 井 で 人 が 日 常 利 用 する 場 所 に 設 置 されているもの を 脱 落 によって 重 大 な 危 害 を 生 ずる 恐 れがある 天 井 ( 特 定 天 井 と 略 称 される)と 定 義 して 適 切 な 脱 落 対 策 を 取 ることを 求 めています この 基 準 に 基 づいて 2 月 に 実 施 を 予 定 している 実 験 の 天 井 では 各 部 材 を 接 合 する 金 物 をよ り 強 固 な 物 に 入 れ 替 えるとともに 揺 れを 抑 える 斜 め 部 材 (ブレース)を 多 数 配 置 して 天 井 全 体 の 強 度 を 大 きく 向 上 させ 地 震 による 脱 落 被 害 に 対 する 対 策 を 施 したものです( 図 5) また 天 井 周 囲 には 壁 や 柱 との 間 に 隙 間 (クリアランス)を 設 け 揺 れにより 天 井 が 周 囲 の 壁 等 に 衝 突 することがないように 設 計 されています 吊 り 天 井 に 対 する 耐 震 対 策 として 有 効 であると 考 えら れているこれらのブレースやクリアランスが 天 井 の 応 答 にどう 影 響 を 及 ぼすのかを 評 価 します さらに 耐 震 天 井 が 設 計 で 想 定 している 以 上 の 揺 れを 受 けた 場 合 に どこまでの 揺 れに 耐 え ど う 壊 れるかを 明 らかにし 耐 震 天 井 の 耐 震 余 裕 度 の 検 証 を 行 う 予 定 です 2 月 27 日 28 日 の 実 験 については 別 途 お 問 い 合 わせください 図 5 天 井 試 験 体 の 模 型 ( 上 : 未 対 策 天 井 左 :JIS 規 格 材 を 中 心 とした 主 たる 部 材 とした 耐 震 天 井 (1.1G 耐 震 天 井 ) 右 :JIS 規 格 材 より 高 強 度 の 部 材 で 構 成 した 耐 震 天 井 (2.2G 耐 震 天 井 )) 10

11 天 井 の 仕 様 参 考 資 料 1 項 目 仕 様 未 対 策 天 井 1.1G 耐 震 天 井 2.2G 耐 震 天 井 加 振 実 験 日 H ~28 H ~28 試 験 体 の 考 え 方 耐 震 基 準 設 計 地 震 力 地 震 に 対 する 対 策 のない 天 井 ( 過 去 の 脱 落 被 害 再 現 のため 既 存 の 天 井 を 模 擬 ) なし 地 震 による 揺 れ が 設 計 想 定 外 JIS 規 格 材 を 主 たる 部 材 とした 耐 震 天 井 ( 耐 震 設 計 の 妥 当 性 と 耐 震 余 裕 度 の 検 証 ) H26.4 施 行 予 定 の 新 耐 震 基 準 (2 階 建 て 建 物 の 1 階 部 分 に 相 当 する 地 震 力 を 想 定 ) 天 井 に 作 用 する 慣 性 力 が 1.1G (K-NET 仙 台 波 25% 相 当 ) 吊 りボルト 3/8'' 吊 りボルト(3 分 ) 吊 り 長 さ 1500mm JIS 規 格 材 よりも 高 強 度 な 部 材 で 構 成 した 耐 震 天 井 ( 耐 震 余 裕 度 の 検 証 ) H26.4 施 行 予 定 の 新 耐 震 基 準 ( 基 準 で 想 定 されて いる 最 大 地 震 力 ) 天 井 に 作 用 する 慣 性 力 が 2.2G (K-NET 仙 台 波 50% 相 当 ) 吊 り 間 隔 mm mm mm 野 縁 受 け ハンガー シングル 野 縁 ダブル 野 縁 シングル クリップ ダブル クリップ ブレース 野 縁 受 け 19 型 (38 12 JIS ハンガー 加 工 品 ( 勾 配 天 井 用 JIS 規 格 同 等 品 ) シングル 野 縁 19 型 (25 19 ダブル 野 縁 19 型 (50 19 シングル 野 縁 19 型 用 クリップ ダブル 野 縁 19 型 用 クリップ なし 野 縁 受 け 19 型 (38 12 ビス 付 耐 震 フリーハン ガー( 野 縁 受 け 19 型 用 ) シングル 野 縁 19 型 (25 19 ダブル 野 縁 19 型 (50 19 耐 風 圧 クリップ S ブレース 近 傍 のみ ビス 付 き 耐 震 クリップ S 耐 風 圧 クリップ W ブレース 近 傍 のみ ビス 付 き 耐 震 クリップ W [ 組 =108 本 クリアランス なし 60mm 以 上 天 井 仕 上 げ 材 石 こうボード 9.5mm + 岩 綿 吸 音 板 9mm [ ビス 付 耐 風 圧 フリー ハンガー ([-40 用 ) ダブル 野 縁 25 型 (50 25 耐 風 圧 Wクリップ ([-40 用 ) ブレース 近 傍 のみ 補 強 ピース+ビス 固 定 C 組 =120 本 天 井 質 量 13.1kg/m kg/m kg/m 2 耐 震 天 井 に 使 用 する 金 具 の 一 部 に 耐 風 圧 設 計 が 必 要 な 天 井 ( 大 きな 風 荷 重 が 作 用 する 天 井 ) 用 の 金 具 を 使 用 していますが これらの 金 具 は 別 途 試 験 により 耐 震 天 井 に 使 用 できることを 確 認 し ています 11

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13 平 成 24 年 6 月 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 での 留 意 事 項 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 の 説 明 用 資 料 の 作 成 にあたり これまでの 審 査 委 員 会 での 指 摘 の 多 い 事 項 について 以 下 の 通 りとりまとめましたので 留 意 願 います 1. 対 象 1-1. 耐 震 診 断 耐 震 改 修 計 画 評

More information

ブレースの配置と耐力

ブレースの配置と耐力 システム 天 井 新 耐 震 基 準 (2015 年 版 ) 2015 年 3 月 制 定 平 成 26 年 4 月 に 改 定 された 建 築 基 準 法 施 行 令 による 技 術 基 準 等 の 動 向 を 踏 まえ 制 定 しました 1 はじめに 平 成 13 年 芸 予 地 震 平 成 15 年 十 勝 沖 地 震 および 平 成 17 年 宮 城 沖 地 震 において 天 井 の 脱 落

More information

No3. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm No4. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No5. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No6. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾

No3. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm No4. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No5. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No6. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 平 成 27 年 11 月 2 日 ( 月 ) 9 時 00 分 ~11 時 40 分 木 材 強 度 試 験 の 実 施 について (1) 目 的 地 栗 原 市 築 館 字 萩 沢 土 橋 26 栗 原 地 域 事 務 所 林 業 振 興 部 (2) 団 体 等 の 名 称 宮 城 北 部 流 域 森 林 林 業 活 性 化 センター 栗 原 支 部 東 北 職 業 能 力 開 発 大 学 校

More information

財建技第  号

財建技第  号 構 造 設 計 指 針 平 成 28 年 4 月 東 京 都 財 務 局 目 次 第 1 章 総 則 P. 1 1.1 目 的 P. 1 1.2 適 用 範 囲 P. 1 第 2 章 構 造 計 画 P. 1 2.1 一 般 事 項 P. 1 2.2 構 造 形 式 及 び 種 別 P. 1 2.3 上 部 構 造 P. 1 2.4 基 礎 構 造 P. 2 第 3 章 構 造 材 料 P. 2

More information

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋)

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋) 参 考 資 料 1 科 学 技 術 学 術 審 議 会 測 地 学 分 科 会 ( 第 22 回 ) H23.2.16 平 成 23 年 度 文 部 科 学 省 予 算 案 の 概 要 ( 測 地 学 関 連 の 抜 粋 ) 地 震 防 災 分 野 の 研 究 開 発 の 推 進 平 成 23 年 度 予 算 案 119 億 円 ( 平 成 22 年 度 予 算 額 125 億 円 ) 平 成 22

More information

処 することができることを 付 記 したい. (2) 設 計 安 全 率 ここで 大 切 なことは, 両 者 のバランスが 重 要 である. 例 えば, 安 全 率 を, 地 震 荷 重 安 全 率 (2) 耐 震 性 能 のように 定 義 すると, 式 (1)に 倣 って, 以 下 のように 照

処 することができることを 付 記 したい. (2) 設 計 安 全 率 ここで 大 切 なことは, 両 者 のバランスが 重 要 である. 例 えば, 安 全 率 を, 地 震 荷 重 安 全 率 (2) 耐 震 性 能 のように 定 義 すると, 式 (1)に 倣 って, 以 下 のように 照 9 回 耐 震 設 計 : 構 造 物 の 安 全 性 を 照 査 する 1. 耐 震 設 計 とは (1) 設 計 照 査 : 壊 れるか/ 壊 れないか? 耐 震 設 計 (seismic design)は,どのようにしてなされるのか.これは, 簡 単 に 言 うと, 構 造 物 が, 地 震 に 対 して 壊 れないように 設 計 すること であり, 工 学 的 には, 構 造 物 が, 設

More information

Microsoft Word - 06_地震編140515修正★.doc

Microsoft Word - 06_地震編140515修正★.doc < 第 1 編 地 震 による 被 害 > 地 震 による 被 害 とは 地 震 により 地 震 力 が 作 用 することによる 住 家 の 損 傷 及 び 地 震 に 伴 う 液 状 化 等 の 地 盤 被 害 による 住 家 の 損 傷 をいう 地 震 により 被 災 した 住 家 に 対 する 被 害 調 査 は 第 1 次 調 査 第 2 次 調 査 の2 段 階 で 実 施 する( 調 査

More information

Microsoft Word - 131018-設計例3-山中修正2.docx

Microsoft Word - 131018-設計例3-山中修正2.docx 吊 り 天 井 の 耐 震 設 計 設 計 例 3 N 体 育 館 設 計 手 法 : 計 算 ルート( 水 平 震 度 法 ) 3-1 3-1 目 次 1. 吊 り 天 井 の 耐 震 設 計 概 要...3-4 1-1 建 物 概 要...3-4 1-2 設 計 方 針...3-6 1-3 チェックシート...3-8 1-4 使 用 材 料 と 許 容 応 力 度 許 容 耐 力...3-10

More information

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc)

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc) 中 津 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 大 分 県 中 津 市 ( 平 成 27 年 3 月 ) 目 次 第 1 章 総 則 1. 目 的 2. 位 置 付 け 3. 計 画 期 間 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の 現 状 3. 耐 震 改 修 等 の 目 標

More information

東北地方太平洋沖地震  国土交通省国土技術政策総合研究所 及び 建築研究所

東北地方太平洋沖地震  国土交通省国土技術政策総合研究所 及び 建築研究所 平 成 23 年 3 月 24 日 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 独 立 行 政 法 人 建 築 研 究 所 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 による 建 築 物 被 害 第 一 次 調 査 栗 原 市 仙 台 市 における 木 造 を 中 心 とした 建 築 物 被 害 ( 速 報 ) 1. 調 査 目 的 震 度 7を 記 録 した 栗

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

untitled

untitled アウトブレース 工 法 1. 工 法 の 概 要 アウトブレース 工 法 は 既 存 RC 建 物 の 外 側 に 鉄 骨 ブレースを 取 り 付 け PC 鋼 棒 を 用 いて 既 存 建 物 と 一 体 化 を 図 り 耐 震 性 能 を 向 上 させる 補 強 工 法 です ブレースの 取 り 付 けに 際 しては 既 存 梁 側 面 に 削 孔 し 鉄 骨 の 交 差 部 分 ( 以 下 台

More information

Microsoft Word - 耐震診断ガイドライン.doc

Microsoft Word - 耐震診断ガイドライン.doc 既 存 建 築 物 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 ガイドライン 制 定 平 成 25 年 4 月 1 日 愛 媛 建 築 住 宅 センター 耐 震 評 定 委 員 会 1 - 目 次 - Ⅰ 総 論 A ガイドラインの 目 的 など B 適 用 範 囲 C 診 断 方 法 および 判 定 基 準 D 準 拠 する 基 規 準 E 参 考 とする 技 術 マニュアル 手 引 書 Ⅱ 現 地 調

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

耐震構造委員会資料                         2006/3/24

耐震構造委員会資料                         2006/3/24 耐 震 診 断 改 修 の 手 引 き この 手 引 きは 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 同 施 行 令 に 定 められている 指 針 基 準 ( 以 下 耐 震 診 断 基 準 * という) 等 に 基 づき その 具 体 的 な 取 り 扱 いを 示 していま す これらは 耐 震 診 断 基 準 等 の 中 で 診 断 者 の 判 断 に 委 ねられているもののうち

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

2

2 大 規 模 修 繕 工 事 の 進 め 方 ~ 注 意 するポイント~ 平 成 28 年 2 月 13 日 公 益 財 団 法 人 マンション 管 理 センター 1 2 世 帯 主 の 年 齢 世 帯 主 の 年 齢 1.6 1.2 0.8 0.2 100% 90% 19.2 13.2 11.9 7.6 18.9 80% 25.8 22.9 30 歳 未 満 70% 60% 27.9 24.1 22.8

More information

目 次. 6 熊 本 地 震 の 概 要... 3. 地 形 地 質 概 要... 6 () 九 州 地 域 の 地 形 地 質 概 要... 6 () 熊 本 地 方 の 地 形 地 質 概 要... 7 3. 観 測 データ 概 要... () 観 測 点 一 覧... () 各 観 測 点 の

目 次. 6 熊 本 地 震 の 概 要... 3. 地 形 地 質 概 要... 6 () 九 州 地 域 の 地 形 地 質 概 要... 6 () 熊 本 地 方 の 地 形 地 質 概 要... 7 3. 観 測 データ 概 要... () 観 測 点 一 覧... () 各 観 測 点 の 6 年 熊 本 地 震 における 各 観 測 データについて 6.4.6 エス エー アイ 構 造 設 計 株 式 会 社. はじめに 6 年 4 月 に 熊 本 地 方 で 発 生 した 一 連 の 地 震 活 動 により 数 多 くの 方 々が 被 災 され 多 くの 尊 い 命 が 奪 われている また 建 物 の 倒 壊 崩 壊 により 避 難 生 活 を 強 いられる 方 々は 何 十 万

More information

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連 別 紙 2 平 成 22 年 度 長 大 橋 における 異 種 構 造 の 連 続 化 と 経 済 的 な 支 間 割 による 合 理 化 橋 梁 一 般 国 道 337 号 当 別 町 札 幌 大 橋 札 幌 開 発 建 設 部 札 幌 道 路 事 務 所 秋 山 隆 住 岡 栄 悦 濱 下 和 久 札 幌 大 橋 ( 下 流 橋 )は 一 般 国 道 337 号 の4 車 線 化 の 一 環 として

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E7396AF8D758DC0814592A3205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E7396AF8D758DC0814592A3205B8CDD8AB78382815B83685D> 2 3 平 成 二 十 四 年 市 民 講 座 第 五 講 座 略 歴 日 本 人 が 一 番 怖 いもの 耐 震 構 造 への 理 解 を 深 めよう チョウ ケイヨウ 張 景 耀 Email: zhang@sda.nagoya-cu.ac.jp 名 古 屋 市 立 大 学 大 学 院 芸 術 工 学 研 究 科 所 属 : 名 古 屋 市 立 大 学 芸 術 工 学 部 建 築 都 市 デザイン

More information

1.2 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 東 日 本 大 震 災 では 広 域 にわたって 震 度 6 弱 以 上 の 揺 れが 観 測 され 津 波 被 害 の みならず 揺 れによる 被 害 も 多 くみられました 内 閣 府 の 調 べでは 建 築 物 の 被 害 だけでも 約 10 兆 4

1.2 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 東 日 本 大 震 災 では 広 域 にわたって 震 度 6 弱 以 上 の 揺 れが 観 測 され 津 波 被 害 の みならず 揺 れによる 被 害 も 多 くみられました 内 閣 府 の 調 べでは 建 築 物 の 被 害 だけでも 約 10 兆 4 1.はじめに 1.1 頻 発 する 被 害 地 震 日 本 は 世 界 有 数 の 地 震 大 国 であり 特 に 1995 年 阪 神 大 震 災 を 契 機 として 被 害 地 震 が 頻 発 しています 下 の 図 は 過 去 20 年 に 最 大 震 度 6 弱 以 上 の 地 震 の 発 生 した 場 所 を 示 していますが 日 本 国 内 どこでも 地 震 の 大 きな 揺 れの 被

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動

More information

(Microsoft Word - ASJ008 \221\317\220k\224\273\222\350\220R\215\270\227v\227\314\(\210\304\)20150705.doc)

(Microsoft Word - ASJ008 \221\317\220k\224\273\222\350\220R\215\270\227v\227\314\(\210\304\)20150705.doc) 耐 震 判 定 審 査 要 領 2015 年 8 月 ビューローベリタスジャパン 株 式 会 社 耐 震 判 定 委 員 会 目 次 1. 判 定 方 針 概 要 2 2. 適 用 範 囲 2 3. 耐 震 診 断 方 針 2 4. 現 地 調 査 3 5. 診 断 計 算 4 6. 耐 震 改 修 7 7. 躯 体 以 外 の 検 討 部 位 9 8. その 他 10-1- 1. 判 定 方 針

More information

公共建築設備数量積算基準 平成15年版

公共建築設備数量積算基準 平成15年版 公 共 建 築 設 備 数 量 積 算 基 準 平 成 15 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定 したものです また この 基 準 は 官 庁 営 繕 関 係 基 準 類 等 の 統

More information

Microsoft Word - 05藤本.doc

Microsoft Word - 05藤本.doc 安 藤 建 設 技 術 研 究 所 報 造 建 物 の 振 動 特 性 地 震 時 挙 動 と 振 動 特 性 のモニタリング 藤 本 利 昭 * 野 中 康 友 ** 清 水 秀 哲 *** Vibration Characteristic of CFT Buildings Earthquake response and monitoring on the vibration characteristics

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山 安 保 破 棄 岡 山 県 実 行 委 員 会 学 習 会 2011 年 10 月 17 日 ( 岡 山 市 勤 労 者 福 祉 センター) 米 軍 機 の 低 空 飛 行 を 許 さないために 中 尾 元 重 1. 低 空 飛 行 の 被 害 とその 後 (1) 全 国 の 低 空 飛 行 (2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4)

More information

○6編 目次(1304)

○6編 目次(1304) 第 6 編 耐 震 設 計 編 目 次 1 章 設 計 一 般 6-1 1.1 耐 震 設 計 の 基 本 方 針 6-1 1.2 耐 震 設 計 の 原 則 6-1 1.3 橋 梁 の 重 要 度 区 分 6-2 2 章 耐 震 設 計 上 考 慮 すべき 荷 重 および 設 計 条 件 6-3 2.1 耐 震 設 計 上 考 慮 すべき 荷 重 の 組 み 合 わせ 6-3 2.2 地 震 の

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

2 改 正 の 概 要 しています ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 今 回 の 改 正 により 次 のイからハまでの 建 築 物 のうち 昭 和 56 年 以 前 のいわゆる 旧 耐 震 基 準 により 建

2 改 正 の 概 要 しています ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 今 回 の 改 正 により 次 のイからハまでの 建 築 物 のうち 昭 和 56 年 以 前 のいわゆる 旧 耐 震 基 準 により 建 耐 震 改 修 促 進 法 の 改 正 について 国 土 交 通 省 住 宅 局 建 築 指 導 課 課 長 補 佐 広 瀬 行 久 目 次 1 今 回 の 改 正 に 至 る 背 景 2 改 正 の 概 要 ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 ⅱ 全 ての 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 ⑵ 耐 震

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H 資 料 No.1-1 高 浜 発 電 所 3 4 号 機 工 事 計 画 の 概 要 について 平 成 27 年 9 月 3 日 関 西 電 力 株 式 会 社 浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設

More information

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5>

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5> 付 録 1 損 傷 評 価 基 準 目 次 1 1 腐 食...1 2 2 亀 裂...3 3 3ゆるみ 脱 落...8 4 4 破 断... 10 5 5ひび 割 れ 漏 水 遊 離 石 灰... 11 6 6 剥 離 鉄 筋 露 出... 15 7 7 床 版 ひび 割 れ 遊 離 石 灰... 16 8 8 床 版 抜 け 落 ち... 18 9 9コンクリート 補 強 材 の 損 傷...

More information

JTCCM製品認証審査要綱

JTCCM製品認証審査要綱 2005/4/1 制 定 2014/10/8 改 正 JTCCM 製 品 認 証 審 査 要 綱 ( 個 別 ) JIS A 5721(プラスチックデッキ 材 ) 本 文 書 は 審 査 要 綱 ( 個 別 )として 製 品 認 証 省 令 第 2 条 JIS Q 1001( 一 般 認 証 指 針 ) 及 び 製 品 認 証 審 査 要 綱 ( 共 通 )に 基 づき 次 の 認 証 区 分 に

More information

Microsoft Word - PBプログラムQ&A.doc

Microsoft Word - PBプログラムQ&A.doc プレビーム 橋 設 計 計 算 プログラム Q&A 集 項 目 2008.06 1. 仕 様 入 力 方 法 について 2. 入 力 時 の 制 限 エラーについて 3. 床 版 の 設 計 について 4. 計 算 結 果 照 査 NGへの 対 応 方 法 について 5. 断 面 決 定 要 領 について 6.プログラムの 不 具 合 情 報 プログラムに 関 する 質 問 や 指 摘 があれば プレビーム

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総 高 性 能 床 版 防 水 に 適 合 した 新 たな 橋 梁 レベリング 層 用 アスファルト 混 合 物 設 計 施 工 暫 定 要 領 平 成 26 年 12 月 東 日 本 高 速 道 路 1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前

More information

計 に 用 いられる 地 震 外 力 は 上 部 構 造 物 の 慣 性 力 であり それを 杭 頭 に 作 用 させて 得 られる 杭 の 曲 げモーメントの 分 布 形 状 は 杭 頭 で 大 きく 杭 の 先 端 に 向 かっては 小 さくなるという のが 杭 の 耐 震 設 計 を 行 って

計 に 用 いられる 地 震 外 力 は 上 部 構 造 物 の 慣 性 力 であり それを 杭 頭 に 作 用 させて 得 られる 杭 の 曲 げモーメントの 分 布 形 状 は 杭 頭 で 大 きく 杭 の 先 端 に 向 かっては 小 さくなるという のが 杭 の 耐 震 設 計 を 行 って 地 震 時 の 杭 の 挙 動 - 地 盤 が 揺 れると 杭 も 揺 れる - 田 蔵 隆 Takashi Tazoh 富 山 県 立 大 学 工 学 部 環 境 工 学 科 東 京 スカイツリーの 基 礎 は 話 題 の 東 京 スカイツリー その 高 さは 武 蔵 の 国 の 名 にちなんで 634m(むさし)とされ 自 立 式 の 電 波 塔 としては 世 界 一 の 高 さを 誇 ることになる

More information

2

2 1 2 自 転 車 は 免 許 を 持 たずに 誰 でも 乗 れる 便 利 な 乗 り 物 です それゆ え 交 通 ルールを 知 らない あるいは 知 っていても 守 らない 利 用 者 も 多 くいるのが 実 態 です 本 区 では 自 転 車 交 通 量 の 増 加 に 伴 い 自 転 車 利 用 者 のマナー 改 善 や 自 転 車 通 行 空 間 の 整 備 を 求 める 声 も 多 く

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 1 年 3 月 制 定 平 成 年 3 月 改 正 平 成 6 年 3 月 改 正 岡 山 県 土 木 部 都 市 局 建 築 指 導 課 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1

More information

Microsoft Word - 平成28年熊本地震の調査報告_セミナー用

Microsoft Word - 平成28年熊本地震の調査報告_セミナー用 平 成 28 年 熊 本 地 震 調 査 報 告 ( 木 造 住 宅 ) ホームズ 君 すまいの 安 心 フォーラム 株 式 会 社 インテグラル 2016 年 6 月 23 日 益 城 町 木 山 宮 園 地 区 惣 領 地 区 判 断 基 準 全 壊 半 壊 外 観 上 被 害 無 未 調 査 調 査 概 要 本 調 査 は 平 成 28 年 熊 本 地 震 の 被 災 地 における 木 造 住

More information

Microsoft PowerPoint - 基礎セミナー配付用資料(墨田区22.8.7).ppt

Microsoft PowerPoint - 基礎セミナー配付用資料(墨田区22.8.7).ppt 大 規 模 修 繕 工 事 進 め 方 ~ 管 理 組 合 仕 事 アラカルト~ 平 成 22 年 8 月 7 日 財 団 法 人 マンション 管 理 センター 1 2 分 譲 マンションへ 永 住 意 識 3 大 規 模 修 繕 工 事 目 的 4 大 規 模 修 繕 とは 大 規 模 修 繕 : 計 画 修 繕 等 うち 工 事 内 容 工 事 費 工 事 期 間 等 が 多 大 となる 修 繕

More information

Microsoft Word - 課題と提言 3.11

Microsoft Word - 課題と提言 3.11 平 成 23 年 3 月 11 日 連 発 直 下 型 クライストチャーチ 地 震 と CTV ビル 崩 壊 が 示 した 課 題 次 の 地 震 に 対 して 安 全 な 構 造 物 を 確 保 する 建 物 のシートベルトの 必 要 性 五 十 嵐 俊 一 本 年 2 月 22 日 のクライストチャーチ 地 震 で 崩 壊 し 多 くの 犠 牲 者 を 出 した CTV ビルは 昨 年 9 月

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

<95F18D908F9182525F313030373232>

<95F18D908F9182525F313030373232> 平 成 21 年 度 臼 杵 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 7 月 臼 杵 市 報 告 書 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 目 的 1-1 耐 震 化 の 必 要 性 1 1-2 計 画 の 目 的 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ 1 1-4 計 画 の 期 間 2 1-5 計 画 の 対 象 2 第 2 章 臼 杵 市 における 地 震 の 危 険 性 2-1

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F8094F594C5313281698DC48D5A90B38CE3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F8094F594C5313281698DC48D5A90B38CE3816A2E646F63> 1 ワイヤーソーイング 工 法 とは 目 次 1.1 ワイヤーソーイング 工 法 の 概 要 3 1.2 ワイヤーソーイング 工 法 の 特 徴 3 1.3 使 用 される 機 械 及 び 部 材 4 1.3.1 主 に 使 用 されている 機 械 4 1.3.2 使 用 される 部 材 工 具 5 1.4 具 体 的 な 施 工 方 法 6 1.4.1 一 般 的 な 施 工 順 序 6 1.4.2

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

消 費 率 引 上 げ 1 2 制 住 拡 宅 充 ロ ー ン 減 等 制 度 ミ ュ レ ー ョ ン 申 請 き 方 3 4 5 1 消 費 率 引 上 げ 3 1. 消 費 4 2. 消 費 率 引 上 げ 伴 う 住 宅 関 る 経 過 措 置 5 消 費 率 引 上 げQ&A 6 2 住 宅

消 費 率 引 上 げ 1 2 制 住 拡 宅 充 ロ ー ン 減 等 制 度 ミ ュ レ ー ョ ン 申 請 き 方 3 4 5 1 消 費 率 引 上 げ 3 1. 消 費 4 2. 消 費 率 引 上 げ 伴 う 住 宅 関 る 経 過 措 置 5 消 費 率 引 上 げQ&A 6 2 住 宅 H25.10 住 宅 関 連 制 と 住 宅 関 連 制 と 解 説 テキスト 解 説 テキスト 国 土 交 通 省 住 宅 局 国 土 交 通 省 住 宅 局 消 費 率 引 上 げ 1 2 制 住 拡 宅 充 ロ ー ン 減 等 制 度 ミ ュ レ ー ョ ン 申 請 き 方 3 4 5 1 消 費 率 引 上 げ 3 1. 消 費 4 2. 消 費 率 引 上 げ 伴 う 住 宅 関 る 経

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 新 しい 木 質 材 料 CLT 実 用 化 の 今 ( 研 ) 森 林 総 合 研 究 所 構 造 利 用 研 究 領 域 野 田 康 信 講 演 内 容 はじめに 国 内 の 動 向 海 外 の 事 例 おわりに 2/39 はじめに CLTとは? Cross Laminated Timber 直 交 集 成 板 ラミナと 呼 ばれる ひき 板 を 幅 方 向 に 並 べたものを 互 いに 直 交

More information

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の 土 木 学 会 熊 本 地 震 広 域 交 通 ネットワーク 調 査 団 調 査 報 告 ( 速 報 ) 2016 年 4 月 27 日 家 田 仁 ( 政 策 研 究 大 学 院 大 学 団 長 ) 岩 倉 成 志 ( 芝 浦 工 業 大 学 ) 平 田 輝 満 ( 茨 城 大 学 ) 柳 沼 秀 樹 ( 東 京 理 科 大 学 ) 目 次 1. 調 査 活 動 の 概 要 2. 大 局 的 に

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

建 築 構 造 基 準 委 員 会 委 員 名 簿 委 員 長 委 員 長 代 理 委 員 久 保 哲 夫 東 京 大 学 名 誉 教 授 平 石 久 廣 明 治 大 学 理 工 学 部 建 築 学 科 教 授 丑 場 英 温 ( 一 社 ) 日 本 建 設 業 連 合 会 設 計 委 員 会 構

建 築 構 造 基 準 委 員 会 委 員 名 簿 委 員 長 委 員 長 代 理 委 員 久 保 哲 夫 東 京 大 学 名 誉 教 授 平 石 久 廣 明 治 大 学 理 工 学 部 建 築 学 科 教 授 丑 場 英 温 ( 一 社 ) 日 本 建 設 業 連 合 会 設 計 委 員 会 構 熊 本 地 震 における 建 築 物 被 害 の 原 因 分 析 を 行 う 委 員 会 ( 第 2 回 ) 第 12 回 建 築 構 造 基 準 委 員 会 第 2 回 建 築 研 究 所 熊 本 地 震 建 築 物 被 害 調 査 検 討 委 員 会 国 土 交 通 省 合 同 庁 舎 3 号 館 10 階 共 用 会 議 室 A 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 17:00~19:00

More information

平成14年4月22日

平成14年4月22日 地 盤 品 質 判 定 士 通 信 40 地 盤 品 質 判 定 士, 地 盤 品 質 判 定 士 補,ならびに 判 定 士 協 議 会 関 係 者 の 皆 様 へ 地 盤 品 質 判 定 士 による 熊 本 地 震 地 盤 災 害 現 地 調 査 速 報 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 )と 16 日 ( 本 震 )の 地 震 によって, 熊 本 から 大 分 にかけての 広 い

More information

<4D F736F F D20819A837D CF906B89BB837D836A B874895CA F94EF977082CC8E5A92E895FB9640>

<4D F736F F D20819A837D CF906B89BB837D836A B874895CA F94EF977082CC8E5A92E895FB9640> 別 添 1 居 住 性 等 の 影 響 に 対 する 費 用 の 算 定 方 法 1. 居 住 性 等 の 影 響 に 対 する 費 用 の 算 定 の 基 本 的 考 え 方 耐 震 改 修 工 事 により 特 定 の 専 有 部 分 が 居 住 性 等 の 影 響 を 受 ける 場 合 その 影 響 に 対 する 費 用 の 算 定 方 法 は 大 きくは 次 の 内 容 に 区 分 して 捉

More information

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc)

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc) Ⅱ チェックシート 1 平 常 時 のチェックシート 地 震 風 水 害 等 に 対 する 備 えが 十 分 かどうかを 定 期 的 に 少 なくとも 防 災 訓 練 時 にチェックして 万 全 の 体 制 を 整 える (その1) 立 地 条 件 と 災 害 予 測 地 盤 地 形 などの 立 地 環 境 と 起 こりうる 災 害 予 測 の 確 認 1 1 1 情 報 伝 達 強 化 館 内 一

More information

Microsoft Word - 05-01.doc

Microsoft Word - 05-01.doc 第 8 節 港 湾 施 設 の 復 旧 1 港 湾 施 設 の 復 旧 事 例 柏 崎 港 港 湾 災 害 復 旧 事 業 - 港 湾 施 設 の 被 災 状 況 と 復 旧 工 事 - 新 潟 港 湾 事 務 所 庭 山 真 一 山 﨑 慎 矢 栗 原 健 太 ( 平 成 19 年 10 月 1 日 から 平 成 20 年 11 月 30 日 まで 交 代 で 応 援 派 遣 ) 庭 山 山 﨑

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

<88C4814090EC8DE88E738FAC8CFB8C618AC782AB82E58D5890B68D4896408DCC91F0905C90BF977697CC>

<88C4814090EC8DE88E738FAC8CFB8C618AC782AB82E58D5890B68D4896408DCC91F0905C90BF977697CC> 川 崎 市 小 口 径 管 きょ 更 生 工 法 採 択 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 ( 以 下 管 理 者 という ) が 発 注 する 管 きょ 改 築 事 業 で 使 用 する 管 きょ 更 生 工 法 ( 内 径 700ミリメー トル 以 下 の 下 水 道 管 に 係 るものに 限 る 以 下 更 生 工 法 という

More information

目 次 はじめに 1 計 画 の 目 的 2 2 本 計 画 の 位 置 づけと 他 の 村 計 画 との 関 係 2 3 計 画 期 間 等 2 4 耐 震 化 の 必 要 性 2 5 本 計 画 の 対 象 とする 建 築 物 3 第 1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修

目 次 はじめに 1 計 画 の 目 的 2 2 本 計 画 の 位 置 づけと 他 の 村 計 画 との 関 係 2 3 計 画 期 間 等 2 4 耐 震 化 の 必 要 性 2 5 本 計 画 の 対 象 とする 建 築 物 3 第 1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 川 上 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 川 上 村 目 次 はじめに 1 計 画 の 目 的 2 2 本 計 画 の 位 置 づけと 他 の 村 計 画 との 関 係 2 3 計 画 期 間 等 2 4 耐 震 化 の 必 要 性 2 5 本 計 画 の 対 象 とする 建 築 物 3 第 1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B94ED8A5192B28DB895F18D908F91816993BD96BC94C5816A303531332E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B94ED8A5192B28DB895F18D908F91816993BD96BC94C5816A303531332E646F6378> 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 被 害 調 査 ( 速 報 ) 早 稲 田 大 学 創 造 理 工 学 部 建 築 学 科 広 島 大 学 大 学 院 工 学 研 究 院 1.はじめに 4 月 14 日 夜 に 発 生 した 強 い 地 震 により 熊 本 県 を 中 心 に 多 くの 被 害 をもたらした 本 報 告 の 作 成 者 の 一 人 である 宮 津 は 4 月 21

More information

ÿþ

ÿþ ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W 日 付 :3 年 4 月 7 日 8:3:3 耐 震 診 断 ( 一 般 診 断 法 ) 建 物 名 様 邸. 総 合 評 価. 上 部 構 造 評 点 3. 壁 の 耐 力 明 細 表 4. 柱 保 有 耐 力 明 細 表 ( 伝 統 的 構 法 のみ) 5. 耐 力 要 素 の 配

More information

工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開

工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開 S E K I S A N 602 614 615 619 工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開 外 装 変 更 内 装 仕 上 げ 口

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され 健 康 寿 命 延 伸 産 業 分 野 における 新 事 業 活 動 のガイドライン 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 1.ガイドラインの 趣 旨 概 要 産 業 競 争 力 強 化 法 第 9 条 において 新 事 業 活 動 を 実 施 しようとする 者 は 主 務 大 臣 に 対 して 事 業 活 動 に 関 する 規 制 法 の 解 釈 及 び 事

More information

運転経験等反映に関する検討(クリアリングハウス活動)における分析・評価の充実について

運転経験等反映に関する検討(クリアリングハウス活動)における分析・評価の充実について 資 料 3 運 転 経 験 等 反 映 に 関 する 検 討 (クリアリングハウス 活 動 ) における 分 析 評 価 の 充 実 について 独 立 行 政 法 人 原 子 力 安 全 基 盤 機 構 企 画 部 安 全 情 報 グループ 1. 概 要 現 行 のクリアリングハウス 活 動 において 我 が 国 では 事 業 者 に 品 質 マネジメント システムを 要 求 しているため 規 制

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

3.1. ❷ 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 の 基 準 耐 力 については ( 一 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 の HP で 公 開 されている 木 造 住 宅 の 耐 震 診 断 と 補 強 方 法 の 質 問 回 答

3.1. ❷ 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 の 基 準 耐 力 については ( 一 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 の HP で 公 開 されている 木 造 住 宅 の 耐 震 診 断 と 補 強 方 法 の 質 問 回 答 3 耐 震 補 強 編 [3.1] 耐 震 補 強 に 使 用 できる 構 造 用 合 板 張 り 壁 の 壁 基 準 耐 力 と 壁 基 準 剛 性 耐 震 補 強 に 使 用 できる 構 造 用 合 板 張 り 壁 には 次 の 3 種 類 がある 3.1. ❶ 日 本 建 築 防 災 協 会 による 耐 震 補 強 壁 ( 一 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 2012 年 改 訂 版

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

熊本地震電気通信施設被害調査報告

熊本地震電気通信施設被害調査報告 建 設 電 気 技 術 協 会 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 被 害 調 査 団 電 気 通 信 施 設 被 害 調 査 報 告 ( 速 報 ) 調 査 期 間 : 平 成 28 年 4 月 26 日 ~28 日 一 般 社 団 法 人 建 設 電 気 技 術 協 会 建 設 電 気 技 術 協 会 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 被 害 調 査 団

More information

今 後 の 検 討 事 項 の 整 理 資 料 4 東 日 本 大 震 災 における 堤 防 被 災 の 特 徴 1. 河 川 堤 防 の 被 災 が 多 数 広 範 囲 に 発 生 ( 照 査 対 象 外 の 区 間 において 多 数 の 被 災 が 発 生 ) 緊 急 復 旧 に 時 間 を 要

今 後 の 検 討 事 項 の 整 理 資 料 4 東 日 本 大 震 災 における 堤 防 被 災 の 特 徴 1. 河 川 堤 防 の 被 災 が 多 数 広 範 囲 に 発 生 ( 照 査 対 象 外 の 区 間 において 多 数 の 被 災 が 発 生 ) 緊 急 復 旧 に 時 間 を 要 第 2 回 河 川 堤 防 耐 震 対 策 緊 急 検 討 委 員 会 資 料 44 現 状 の 耐 震 照 査 及 び 設 計 の 改 善 今 後 の 検 討 事 項 の 整 理 資 料 4 東 日 本 大 震 災 における 堤 防 被 災 の 特 徴 1. 河 川 堤 防 の 被 災 が 多 数 広 範 囲 に 発 生 ( 照 査 対 象 外 の 区 間 において 多 数 の 被 災 が 発 生

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 速 報 (Ver.2) 平 成 28 年 4 月 25 日 基 礎 地 盤 コンサルタンツ 株 式 会 社 はじめに 平 成 28 年 4 月 14 日 21 時 26 分 頃 熊 本 地 方 を 震 源 とするM6.5の 地 震 が 発 生 しました この 地 震 で 熊 本 市 に 隣 接 する 益 城 町 で 震 度 7を 観 測 し 多

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

( 注 意 ) 居 室 としての 利 用 が 予 想 されるものは 当 然 階 としてみなされる 小 屋 裏 物 置 等 は 室 内 からの 利 用 を 想 定 しており 外 部 から 利 用 するものは 認 められな い 以 下 のように 余 剰 空 間 を 意 図 的 に 作 った 場 合 は

( 注 意 ) 居 室 としての 利 用 が 予 想 されるものは 当 然 階 としてみなされる 小 屋 裏 物 置 等 は 室 内 からの 利 用 を 想 定 しており 外 部 から 利 用 するものは 認 められな い 以 下 のように 余 剰 空 間 を 意 図 的 に 作 った 場 合 は 9 面 積 高 さ 空 地 9-1 小 屋 裏 等 利 用 の 収 納 庫 法 第 92 条 令 第 2 条 次 の(1)から(5)まで 又 は(6)に 掲 げる 条 件 を 満 たす 場 合 は 階 とみなさず 床 面 積 にも 算 入 しない なお 当 該 小 屋 裏 物 置 等 の 面 積 が その 存 する 階 の 床 面 積 の1/8を 超 える 場 合 は 平 成 12 年 5 月 23

More information

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果)

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果) 学 校 安 全 に 関 する 規 制 ( 学 校 保 健 安 全 法 案 第 27 条 第 28 条 第 29 条 ) 主 管 課 ( 課 長 名 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 学 校 健 康 教 育 課 ( 課 長 : 作 花 文 雄 ) 関 係 課 ( 課 長 名 ) 施 策 目 標 及 び 達 成 目 標 施 策 目 標 2-5 健 やかな 体 の 育 成 児 童 生 徒

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF 資 料 厚 生 年 金 基 金 今 後 方 向 性 について 1 ( 総 論 ) 2 厚 生 年 金 基 金 制 度 改 革 基 本 構 造 厚 生 年 金 被 保 険 者 を 含 めたリスク 分 かち 合 いによる 代 行 割 れ 早 期 決 代 行 割 れを 再 び 起 こさない ため 制 度 的 措 置 代 行 部 分 に 対 す る 積 立 比 率 6.0 5.0 4.0 3.0 2.0 1.5

More information

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63>

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63> 静 岡 県 土 木 施 設 長 寿 命 化 計 画 下 水 道 管 路 ガイドライン 平 成 21 年 3 月 建 設 部 都 市 局 生 活 排 水 室 はじめに 本 ガイドラインは 静 岡 県 土 木 部 ( 当 時 )が 平 成 15 年 度 にとりまとめた 土 木 施 設 長 寿 命 化 行 動 方 針 ( 案 ) を 受 け 県 が 管 理 している 流 域 下 水 道 幹 線 をはじめとする

More information

Microsoft Word - HP掲載用概要(26(不)8事件).docx

Microsoft Word - HP掲載用概要(26(不)8事件).docx 愛 労 委 平 成 26 年 ( 不 ) 第 8 号 事 件 (7 条 1 号 2 号 3 号 ) 1 事 案 の 概 要 本 件 は 被 申 立 人 会 社 が 申 立 人 組 合 の 分 会 の 組 合 員 に 対 し 1 組 合 の 誹 謗 中 傷 等 を したことが 労 組 法 7 条 3 号 に 23 名 の 異 動 辞 令 を 発 したことが 同 条 1 号 にそれぞれ 該 当 する 不

More information

Microsoft Word - 参考資料.doc

Microsoft Word - 参考資料.doc ( 仮 称 ) 豊 田 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 する 条 例 制 定 について 平 成 24 年 10 月 社 会 部 交 通 安 全 防 犯 課 1 背 景 (1) 社 会 的 背 景 全 国 的 な 傾 向 として 犯 罪 発 生 後 の 犯 人 の 特 定 逃 走 経 路 について 民 間 設 置 の 防 犯 カメラ( 又 は 監 視 カメラ)などが 利 用 されていることも

More information

改正耐震改修促進法について

改正耐震改修促進法について 事 務 所 ビルの 耐 震 化 を 巡 る 課 題 と 取 組 ( 一 社 ) 日 本 ビルヂング 協 会 連 合 会 常 務 理 事 小 川 富 由 平 成 25 年 11 月 1 本 日 のお 話 震 災 での 建 築 物 の 被 害 と 耐 震 改 修 東 日 本 大 震 災 阪 神 大 震 災 での 被 害 耐 震 改 修 促 進 法 の 仕 組 み 平 成 25 年 耐 震 改 修 促 進

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

コスト縮減を考慮した整備計画案について

コスト縮減を考慮した整備計画案について 第 1 回 委 員 会 H20.9.3. 資 料 -3 事 業 費 縮 減 を 考 慮 した 整 備 計 画 案 について (1) 目 的 昨 年 度 の 関 係 者 連 絡 会 議 で 事 業 費 縮 減 に 向 けて 提 案 された 乗 り 換 え 案 等 について 現 計 画 の 高 架 案 半 数 乗 り 入 れ 案 をベースに 概 略 の 比 較 検 討 を 行 う (2) 必 要 輸 送

More information

第8章 消防施設に関する事項

第8章 消防施設に関する事項 第 8 章 消 防 施 設 に 関 する 事 項 1 消 防 水 利 の 設 置 消 防 水 利 は 次 の 基 準 により 設 置 するものとする 1) 消 防 水 利 の 種 別 消 防 水 利 は 消 防 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 186 号 ) 第 20 条 第 1 項 の 規 定 により 消 防 庁 が 定 める 消 防 水 利 の 基 準 ( 昭 和 39 年 消 防 庁 告

More information

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教 中 野 区 立 小 中 学 校 施 設 整 備 計 画 平 成 26 年 10 月 中 野 区 教 育 委 員 会 目 次 1.はじめに... - 1-2. 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (1) 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過... - 2-1 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業... - 2-2 創

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 の 現 状 と 課 題 解 析 事 業 部 環 境 解 析 部 石 原 一 史 1. は じ め に 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 ( 以 下 大 店 立 地 法 ) は, 大 規 模 小 売 店 舗 法 ( 以 下 大 店 法 に 変 わ る 法 律 として 平 成 12 年 6 月 1 日 に 施 行 された 大 店 法 は, 近 隣 の 中 小

More information