検 査 医 師 )のもとへ 検 査 結 果 を 送 り 受 診 させ 2 次 精 密 検 査 結 果 を 必 ず 報 告 してもらうこ とが 大 変 重 要 です Q:B~D 群 判 定 者 には ピロリ 菌 除 菌 胃 部 検 査 目 的 で 医 療 機 関 へしますが 自 覚 症 状 がない 病

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "検 査 医 師 )のもとへ 検 査 結 果 を 送 り 受 診 させ 2 次 精 密 検 査 結 果 を 必 ず 報 告 してもらうこ とが 大 変 重 要 です Q:B~D 群 判 定 者 には ピロリ 菌 除 菌 胃 部 検 査 目 的 で 医 療 機 関 へしますが 自 覚 症 状 がない 病"

Transcription

1 平 成 27 年 3 月 13 日 三 越 伊 勢 丹 健 康 保 険 組 合 事 業 所 保 健 スタッフ 研 究 会 <ABC 検 診 >に 関 するご 質 問 と 回 答 (Q&A) (ⅰ) 服 薬 との 関 係 を 尋 ねているもの Q: 胃 酸 を 抑 える 薬 を 服 用 しているとペプシノゲンが 高 く 出 るケースがあるそうですが 服 用 期 間 で 影 響 を 受 けますか A: 市 販 されている 一 般 の 胃 腸 薬 による 影 響 は 受 けませんが 医 療 機 関 で 処 方 される PPI (プロトンポンプ 阻 害 薬 ;タケプロン オメプラール パリエットなど)には 影 響 を 受 け ますので ABC 検 診 による 分 類 は 不 能 です 医 療 機 関 で 受 けた 胃 内 視 鏡 検 査 の 結 果 を 報 告 してもらい 記 録 してください 服 用 期 間 については PPI 服 用 者 の 場 合 6~12 か 月 ほど 前 に 服 用 を 中 止 しても 影 響 があるという 報 告 もあります ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (A BC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 頁 ) Q: 市 販 薬 を 服 用 している 場 合 影 響 を 受 けますか? A: 市 販 の 一 般 的 な 胃 腸 薬 による 影 響 は 受 けません Q: 要 注 意 観 察 者 対 応 である 胃 の 病 気 治 療 の 方 とは 具 体 的 にどのような 疾 患 の 方 か A: 胃 の 病 気 とは 胃 潰 瘍 十 二 指 腸 潰 瘍 逆 流 性 食 道 炎 などです Q:ピロリ 菌 感 染 が 判 明 した 場 合 に 除 菌 治 療 を 勧 めますが ペニシリンにアレルギーがある 場 合 の 他 の 選 択 薬 はありますか A:はい ありますが その 場 合 のお 薬 代 は 自 費 ( 保 険 外 診 療 )です できれば ピロリ 菌 専 門 外 来 の 受 診 をおすすめします Q:ABC 検 診 の 注 意 事 項 該 当 者 について 本 人 の 申 告 がなければ 注 意 事 項 に 該 当 するかど うか 把 握 ができない 場 合 があるが それは 仕 方 のないことですませてよいのか A:いいえ できる 限 り 問 診 で 確 かめることが 大 切 です (ii) 事 後 措 置 に 関 して 尋 ねているもの Q:ABC 検 診 は 胃 がんリスク 検 診 なので 高 リスクである B C D 群 のその 後 の 管 理 体 制 として 従 業 員 自 身 の 自 己 管 理 としての 健 診 受 診 率 を 長 期 にわたって 維 持 しなければ や りっぱなし で 胃 がんの 早 期 発 見 につなげることができない 高 リスク 群 の 管 理 体 制 の 整 備 としてどのようなことが 事 業 所 として 必 要 となるか 意 見 を 伺 いたい A: ABC 検 診 の 要 精 検 者 (B C D 群 )については 消 化 器 内 科 医 師 (できれば 内 視 鏡

2 検 査 医 師 )のもとへ 検 査 結 果 を 送 り 受 診 させ 2 次 精 密 検 査 結 果 を 必 ず 報 告 してもらうこ とが 大 変 重 要 です Q:B~D 群 判 定 者 には ピロリ 菌 除 菌 胃 部 検 査 目 的 で 医 療 機 関 へしますが 自 覚 症 状 がない 病 識 が 低 い 医 療 費 が 高 い 時 間 がない その 他 自 分 勝 手 な 理 由 で 放 置 しない ようフォローしてゆきたい 良 い 方 法 をご 指 導 お 願 いします A:B~D 群 判 定 者 には 無 症 状 でも ピロリ 菌 感 染 胃 炎 は 病 気 ( 疾 患 )である( 保 険 診 療 )ということを 根 気 よく 説 明 し 本 人 が 納 得 し 二 次 精 密 内 視 鏡 検 査 を 受 けに 医 療 機 関 を 受 診 するための 時 間 を 作 っていただくことが 最 も 大 切 です Q:ピロリ 菌 陽 性 除 菌 となったときに 胃 カメラは 必 須 ですか 胃 カメラをせずに 除 菌 を 行 う( 保 険 適 応 )ことはできますか A: 胃 カメラによる 検 査 は 除 菌 治 療 ( 保 険 適 用 )には 必 須 です 胃 カメラをせずに 除 菌 を 行 なう 場 合 は 保 険 適 用 外 となります Q:ピロリ 菌 の 除 菌 が 不 完 全 だったというようなケースを 耳 にしたことがありますが どれ ぐらいの 割 合 で 再 除 菌 が 必 要 となるのでしょうか A:1 次 除 菌 では 約 20~30%が 再 (2 次 ) 除 菌 となりますが 2 次 除 菌 後 の 再 除 菌 必 要 の 割 合 は 約 5%です Q:ピロリ 菌 除 菌 後 の 胃 がんリスクはどのくらいですか A: 約 数 百 人 に 一 人 の 割 合 との 報 告 があります また 一 般 に 除 菌 後 の 胃 がんリスクは ほぼ 半 減 すると 考 えられています Q:ピロリ 菌 除 菌 治 療 をしても 除 菌 できなかった 場 合 何 度 も 除 菌 治 療 を 勧 めてもいいです か A:はい 一 次 除 菌 で 失 敗 した 方 へは 二 次 除 菌 ( 保 険 診 療 です)を 勧 めます 二 次 除 菌 失 敗 の 方 へは 三 次 除 菌 ( 自 費 扱 いとなります)を 受 けるかどうか 相 談 します Q: 節 目 ドックで 胃 カメラと ABC 検 診 の 対 象 者 でピロリ 菌 陽 性 の 判 定 が 出 た 時 医 療 機 関 で 除 菌 治 療 の 際 は 保 険 適 用 のために 再 度 胃 カメラ 検 査 が 必 要 なのか A:いいえ 不 必 要 です (6 ヶ 月 以 内 の 胃 カメラ 検 査 施 行 日 と 診 断 名 を 記 録 しておいてく ださい )

3 Q:ピロリ 菌 除 去 後 の 胃 カメラ 実 施 はどれくらいの 間 隔 で 実 施 するのが 良 いですか A: 理 想 は 1,2 年 に 一 回 くらいです ( 各 施 設 でのマンパワーと 経 費 / 財 源 との 関 係 で 決 まると 思 われます ) Q:ピロリ 菌 除 菌 後 の E ( 除 菌 群 )の 方 への 内 視 鏡 はどのくらいの 頻 度 で する 方 がいいのか 資 料 があれば 欲 しい A:そのような 資 料 は 現 時 点 では 特 にありません ( 前 述 のように 要 精 検 者 (B, C, D, E 群 )は 消 化 器 内 科 を 受 診 させるのが 良 いと 思 います Q:ピロリ 菌 の 検 査 で 感 度 特 異 度 が 100%でないので 一 度 の 検 査 で 陰 性 であった 後 の 検 査 はしなくてよいのか A:いいえ 100% 近 くの 確 度 で 真 のピロリ 菌 陰 性 を 確 定 するには 2 種 類 以 上 の 検 査 を 組 み 合 わせる 必 要 があります ( 財 源 経 費 がかかります 一 般 的 には UBT 試 験 または 便 抗 原 検 査 などを 追 加 します ) Q:ABC 検 診 判 定 により 内 視 鏡 検 査 を 強 く 勧 めるが 心 疾 患 等 の 持 病 がある 人 や どうしても 内 視 鏡 検 査 を 受 けられない 人 には 胃 部 レントゲンを 勧 めた 方 がいいのか A:いいえ まず ベッドサイドでも 可 能 な 侵 襲 の 少 ない 極 細 径 / 経 鼻 内 視 鏡 検 査 など を 試 みるべきです Q:B~E 群 で 病 院 未 受 診 者 に 対 しての 働 きかけはどのようにしたらよいか A: 前 述 の 通 りです Q: 何 らかの 理 由 で 除 菌 できない 場 合 に 有 効 な 食 品 やサプリメントなどは ありますか A:はい ヨーグルトなどでは ピロリ 菌 の 数 を 減 らす 効 果 がありますが 除 菌 / 殺 菌 はで きません ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 137 頁 )

4 (iii) 判 定 結 果 の 捉 え 方 に 関 して 尋 ねているもの Q:E 群 をA 群 と 判 定 する 可 能 性 とその 対 策 について 教 えて 欲 しい A: 種 々の 可 能 性 があり その 対 策 が 提 案 されています ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (AB C 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 2 頁 ) Q:ABC 検 診 結 果 票 に E 群 の 説 明 はないが 実 際 E 群 に 当 たる 人 も 受 診 して A 群 の 判 定 に なっている E 群 で ABC 検 診 の 対 象 者 でない 方 が 受 診 する ことがないようにするには 自 己 申 告 のみですか? 事 前 に 問 診 等 で 確 認 が ありますか A:はい 必 ず 問 診 で 確 認 してください (ABC 検 診 結 果 に HP や PG 測 定 数 値 を 記 録 し ておいてください 例 えば E 群 の 多 くは HP 陰 性 高 値 (3~9)です )( 参 照 : 胃 がんリ スク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 2-3 頁 ) Q:ABC 検 診 で ピロリ 菌 ペプシノゲン 検 査 結 果 を 元 に D と 判 定 された 方 の 除 菌 後 の 経 過 (5 年 後 等 )のデータ 等 あれば 教 えて 欲 しい 実 際 に D 判 定 の 方 が 除 菌 したが 胃 がんになった 方 の 割 合 や 組 織 学 的 にどういう 胃 がんが 多 いのか 等 A: 現 時 点 では そのようなデータはありません 一 般 的 に D 群 では 分 化 型 胃 がんが 多 いです ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 3 頁 ) Q: 自 覚 症 状 のない 初 期 がんがある 場 合 ABC 検 診 の 結 果 は C 群 D 群 が 出 るのか A: 自 覚 症 状 のない 初 期 がんがある 場 合 は A 群 以 外 の B,C,D,E 群 のいずれからも 出 ること があります 年 率 B 群 は 1,000 人 に 一 人 (0.1%) C 群 は 500 人 に 一 人 (0.2%) D 群 は 80 人 に 一 人 (1.25%)の 割 合 で 胃 がんになると 報 告 されています ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 3 頁 ) Q: 既 に 除 菌 治 療 済 みの 人 は 検 査 結 果 について 配 慮 することはありますか A:はい 除 菌 済 み(E 群 )は ABC 検 診 結 果 判 定 不 能 群 ですが 長 期 (10 年 以 上 )に 渡 り

5 内 視 鏡 で 経 過 観 察 をすることが 必 要 です ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュア ル 改 訂 2 版 3 頁 ) Q: 胃 切 除 後 の 人 には 検 査 結 果 について 配 慮 することはありますか A:はい 胃 切 除 術 前 の 病 名 を 記 録 してください ( 一 般 的 には 術 前 診 断 が 胃 がんの 場 合 毎 年 一 回 その 他 の 良 性 疾 患 では 3 年 に 一 回 など 内 視 鏡 経 過 観 察 における 検 査 間 隔 を 変 えます ) Q: 結 果 説 明 時 下 記 事 例 についてどのような 説 明 をすればよいか 1)48 歳 :3 年 前 に 胃 内 視 鏡 にてピロリ 菌 未 感 染 と 言 われた 今 回 の 検 診 で 感 染 の 診 断 2)60 歳 :10 年 くらい 前 に 除 菌 今 回 の 検 診 でピロリ 菌 感 染 の 診 断 被 検 者 にわかるような 説 明 がほしい A:1) 2)とも 確 定 診 断 のために 内 視 鏡 検 査 を 受 けるよう 勧 めるのがベストですが 応 じない 場 合 は 少 なくとも UBT 試 験 だけでも 受 けていただき 再 感 染 かどうかを 調 べ ます Q: D と A の 判 定 はヘ フ シノーケ ンであるが カットオフ 値 に 近 い 値 で 一 方 は A 一 方 は D と 判 定 されるところに 今 後 のフォローの 差 が 出 てくるが 今 後 基 準 の 変 更 など あるのか A:いいえ ありません ( 判 定 が 疑 わしい 場 合 は UBT 試 験 や 内 視 鏡 検 査 を 再 度 勧 めてく ださい )( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 3 頁 ) Q:A 群 と 偽 A 群 との 鑑 別 について A 群 を 真 の 胃 がん 低 リスク 群 と ピロリ 菌 感 染 既 往 者 や 感 染 持 続 者 である 偽 A 群 の 鑑 別 のために ピロリ 菌 除 菌 歴 の 問 診 や PGⅠ/PGⅡ 比 血 清 Hp 抗 体 価 陰 性 高 値 等 での ふるい 分 けといったことも 必 要 という 見 解 があるが 偽 A 群 の 除 外 は 現 実 どこまで 対 策 を 講 じること 適 切 なのでしょうか A:でき 得 る 限 りの 対 策 を 講 じることが 適 切 ですが 各 施 設 のマンパワーと 経 費 / 財 源 の 関 係 で 決 まることと 思 われます ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 2 頁 )

6 Q: 偽 A 群 同 様 に B 群 の 中 に 高 度 胃 粘 膜 炎 症 や 未 分 化 型 胃 がん の ようなハイリスクが 含 まれることから PGⅠや PGⅠ/PGⅡ 比 のカット オフ 値 の 細 分 類 で 考 える 見 解 もあるがこれに 関 しても 何 か 対 策 を 講 じる 必 要 があるのでしょうか A:はい でき 得 る 限 りの 対 策 を 講 じることが 適 切 ですが 各 施 設 のマンパワーと 経 費 / 財 源 の 関 係 で 決 まることと 思 われます ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 2 頁 ) Q: 難 知 性 ( 反 復 性 ) 逆 流 性 食 道 炎 の 診 断 下 に 広 く 開 業 医 レベルで PPI の 長 期 投 与 が 行 われている 現 状 を 考 えると D 判 定 中 に 多 くの 自 然 除 菌 群 が 含 まれるものと 考 えます これらは 必 ずしも 広 範 な 腸 上 皮 化 生 を 伴 って おらず 真 の A 群 に 比 べればがん 発 生 のリスクは 高 いとは 言 え BC 群 で 除 菌 を 施 行 した 方 と 同 程 度 の 発 癌 リスクではないかと 推 測 いたします 高 リスクとされる D 群 中 における 自 然 除 菌 群 の 比 率 と 発 がん 率 について ご 教 示 ください A:ご 推 測 の 通 りです D 群 中 の 自 然 除 菌 率 は まだエビデンスはありませんが ほぼ 50% くらいの 比 率 と 推 定 されています D 群 の 胃 がん 発 がん 率 は 年 率 1.25%(80 人 に 一 人 ) です ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 3 頁 ) (ⅳ) ABC 検 診 と 胃 がん 検 査 ( 胃 カメラ 胃 部 X 線 )との 関 係 を 尋 ねているもの Q: 胃 バリウム 検 診 では 食 道 がんのスクリーニングも 対 応 できたが ABC 検 診 では 不 可 A 群 は 5 年 ごとの 節 目 人 間 ドックまで 画 像 診 断 が 実 施 されないが この 点 に 関 してはどう 考 えたらよいでしょうか A: 横 山 の 食 道 がん 問 診 票 を ABC 検 診 に 追 加 して 使 用 するのが 良 いと 思 います ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 225 頁 ) Q:H27 H28 年 度 の 節 目 ドック(56 歳 )と 57 歳 以 上 の 方 は ABC 検 診 で A 判 定 であればその 後 の 約 10 年 間 (65 歳 まで 働 くとして) 胃 がん 検 診 は なしとなりますが 大 丈 夫 と 言 い 切 ってもよいのか 自 治 体 の 胃 がん 検 診 を 勧 めた 方 が 良 いか

7 A:いいえ 大 丈 夫 とは 言 い 切 れません また 自 治 体 の 胃 がん 検 診 を 勧 める 方 が 良 いとも いえません (A 判 定 でも 自 覚 症 状 のある 人 および 過 去 5 年 以 内 に 画 像 検 査 を 受 けていな い 人 は 受 ける 必 要 があります )( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 3 頁 ) Q:ABC 検 診 と 市 町 村 の 胃 がん 検 診 の 受 診 をどう 考 えていけばいいか A:ABC 検 診 の 判 定 に 従 い 内 視 鏡 二 次 検 査 で 経 過 観 察 を 受 ければ その 年 度 の 検 査 とし ては 十 分 です Q:ABC 検 診 が 導 入 され 胃 バリウム 検 査 が 今 後 中 止 となったあと 市 町 村 の がん 検 診 を 受 診 したいと 従 業 員 から 希 望 があった 場 合 の 考 え 方 について 知 りたい A: 希 望 通 り 受 診 していただいても 良 いと 思 います (その 結 果 を 必 ず 報 告 していただき 記 録 しておくことが 大 切 です ) Q: 胃 がんの 家 系 で 毎 年 自 己 で 胃 カメラを 受 けている 人 でも ABC 検 診 は 必 要 ですか A:いいえ 必 要 ありません 毎 年 の 胃 カメラ 検 査 結 果 を 報 告 いただき 記 録 しておくこと が 大 切 です ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 3 頁 ) Q:ABC 検 診 は 将 来 の 胃 がんリスクは 回 避 できても 現 状 の 胃 がん 早 期 発 見 の 面 では 胃 カメラ 胃 透 視 の 併 用 が 必 要 な 気 がするが A:いいえ まず ABC 検 診 は 将 来 の 胃 がんリスクを 予 知 するものであて 回 避 するものではありません そして 胃 がん 早 期 発 見 のためにも ABC 検 診 後 に 定 期 的 内 視 鏡 検 査 で 経 過 観 察 することが 最 も 大 切 なことです ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 3 頁 ) Q: 内 視 鏡 検 査 を 受 けた 人 は ABC 検 診 は 受 けなくて 良 いのか A:はい 前 述 の 通 り 内 視 鏡 検 査 結 果 を 報 告 いただき 記 録 しておくことが 大 切 です ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 3 頁 )

8 (v) ABC 検 診 の 広 がりについて 尋 ねているもの Q:ABC 検 診 は 現 在 どの 位 の 企 業 または 健 康 保 険 組 合 が 取 り 組 んでいる のか 今 後 どの 位 の 企 業 が 取 り 組 むと 考 えているか A:2015 年 2 月 現 在 東 京 を 中 心 とした 主 要 百 数 十 企 業 または 健 保 組 合 です また 今 後 も データヘルス 計 画 (モデル 52 健 保 組 合 ほか)の 実 施 などで さらに 増 加 すると 期 待 されます ( 参 照 :ご 存 知 ですか?13 頁 ) Q: 全 国 の 健 診 の 中 で 現 在 ABC 検 診 を 実 施 している 割 合 はどの 位 か A: 自 治 体 では 現 在 全 国 の 8%(143 市 町 村 )が 実 施 しています ( 東 京 では 40% 以 上 です ) ( 参 照 :ご 存 知 ですか?13 頁 ) (vi) ABC 検 診 のリスクなどに 関 し 尋 ねているもの Q: 胃 がんの 種 類 によっては 委 縮 性 変 化 と 関 係 ないと 言 われている 未 分 化 型 腺 がんや 胃 XP( 関 節 法 )で 診 断 できる 進 行 がんが 見 逃 されると 言 われて いる 事 は 本 当 か? ABC 検 診 のメリットとデメリット(A 判 定 の 人 は 心 理 的 に とても 安 心 してしまい 症 状 があった 時 の 受 診 行 動 が 遅 くなる 事 もある 様 に 思 う)の 観 点 から 注 意 する 事 を 教 えて 頂 きたい A:いいえ ABC 検 診 では 未 感 染 者 を 厳 重 に 除 外 し 現 既 感 染 者 に 対 して 内 視 鏡 によ る 精 検 受 診 勧 奨 と 経 過 観 察 体 制 を 確 立 した 上 で 実 施 します (A 判 定 でも 自 覚 症 状 のある 人 および 過 去 5 年 以 内 に 画 像 検 査 を 受 けていない 人 は 受 ける 必 要 があります )( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 3 頁 ) Q:ABC 検 診 の 精 度 について 胃 がんの 型 によっては 判 定 できないこと 胃 の 萎 縮 を 伴 わない 胃 がんの 発 見 のため ABC 検 診 と 胃 透 視 検 査 の 併 用 を 勧 める 文 献 もあるが 実 際 ABC 検 診 のみで 見 落 とされる 胃 がんは どれくらい 想 定 されているのか A: 前 述 のように 経 過 観 察 管 理 体 制 を 十 分 に 構 築 すれば 理 論 的 には 約 1%と 想 定 され

9 ます ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 37 頁 ) (ⅶ)その 他 Q:ピロリ 菌 は 感 染 症 で 法 定 外 項 目 であるが 同 意 取 得 について どう 考 えているか もし 同 意 を 取 るとすると どういう 方 法 でとるか A: ピロリ 菌 感 染 胃 炎 は 2013 年 2 月 からは 保 険 診 療 の 病 名 です ( 参 照 : 胃 がんリ スク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 頁 ) Q:ピロリ 菌 検 査 の 感 度 はどの 程 度 でしょうか A:ピロリ 菌 感 染 診 断 の 検 査 法 は 6 種 類 ありますが その 感 度 は 50~100%です ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 頁 ) Q:ペプシノゲンの 数 値 に 与 える 日 常 生 活 での 要 因 はあるのか A: 特 にありません Q:ABC 検 診 に 適 さない 社 員 への 対 応 法 を 知 りたい A: 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 頁 Q:ABC 検 診 前 に 受 診 者 がとくに 注 意 することはありますか A:はい あります ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 頁 ) Q:ABC 検 診 において 専 用 の 問 診 票 はとるのか A:はい とります ( 参 照 : 胃 がんリスク 検 診 (ABC 検 診 )マニュアル 改 訂 2 版 頁 ) Q:ABC 検 診 に 注 意 を 要 する 方 ( 胃 疾 患 治 療 中 胃 切 除 後 など)にはどんな

10 検 診 を 勧 めれば 良 いですか A: 胃 疾 患 治 療 中 胃 切 除 後 などは ABC 検 診 判 定 不 能 で 除 外 例 ですが 内 科 / 外 科 の 先 生 に 経 過 観 察 をお 願 いし それらの 結 果 を 記 録 しておくことが 大 切 です Q:ABC 判 定 における 下 記 の 注 意 事 項 において 対 象 者 に 説 明 する 時 の 模 範 解 答 を 教 えて 欲 しい A: 以 下 をご 確 認 ください ( 健 保 からの ABC 検 診 のお 知 らせより) <ABC 検 診 に 注 意 を 要 する 方 > 1. 胃 その 他 の 病 気 治 療 中 の 方 2. 胃 を 切 除 された 方 3. 胃 酸 を 抑 える 薬 を 服 用 中 の 方 4. 慢 性 腎 不 全 の 方 5.すでにピロリ 菌 を 除 菌 された 方 上 記 の 方 は 正 しいリスク 判 定 が 困 難 とされています 抗 生 剤 を 長 期 に 服 用 するような 病 気 ( 肺 炎 中 耳 炎 蓄 膿 症 など)の 既 往 歴 がある 方 も 注 意 が 必 要 です 該 当 する 方 は ABC 検 診 の 結 果 にかかわらず 主 治 医 や 会 社 の 保 健 スタッフに ご 相 談 ください

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1]

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1] 消 化 器 がんの 予 防 と 1.がん について 2. 消 化 器 がん 食 道 がん 胃 がん 大 腸 がん 肝 臓 がん 膵 臓 がん 3.がんを 予 防 する 4. 早 期 発 見 で 治 す 5. 個 別 化 予 防 滋 賀 県 立 成 人 病 センター 疾 病 介 護 予 防 推 進 室 水 田 和 彦 平 成 26 年 2 月 14 日 予 防 受 治 療 発 生 断 可 能 症 状

More information

健康管理パンフ.indd

健康管理パンフ.indd 大 腸 が ん 大 腸 がんの 検 査 と 注 意 事 項 2 若 い 人 の 病 気 になりつつあります 気 づ い た と き に は 手 遅 れ だ っ た な ん て こ と を 予 防 す る た め に 子 宮 頸 が ん 検 診 を 受 け ま し ょ う! 20 ~ 30 歳 代 女 性 の 子 宮 頸 がん 患 率 死 亡 率 が 急 増 しています 20 ~ 30 歳 代 女 性

More information

Microsoft Word - pirorikin1_2.doc

Microsoft Word - pirorikin1_2.doc 警 告 あなたの 胃 元 気 ですか? もし 何 らかの 胃 症 状 があるなら Ni-na 無 料 レポートシリーズ 題 2 号 もし ストレスを 多 く 抱 えているなら 最 近 食 欲 がないなら もし あなたの 胃 に 何 らかの 症 状 があるならば 必 ず 読 んでください 手 遅 れにならないうちに! - 1 はじめに 推 奨 環 境 このレポート 上 に 書 かれている URL はクリックできます

More information

第 6 回 ピロリ 菌 感 染 を 考 慮 した 胃 がん 検 診 研 究 会 会 期 :2015 年 6 月 7 日 ( 日 ) 会 場 : 梅 田 スカイビル タワーウエスト 36 階 スペース 36L 大 阪 市 北

第 6 回 ピロリ 菌 感 染 を 考 慮 した 胃 がん 検 診 研 究 会  会 期 :2015 年 6 月 7 日 ( 日 ) 会 場 : 梅 田 スカイビル タワーウエスト 36 階 スペース 36L 大 阪 市 北 第 6 回 ピロリ 菌 感 染 を 考 慮 した 胃 がん 検 診 研 究 会 第 6 回 ピロリ 菌 感 染 を 考 慮 した 胃 がん 検 診 研 究 会 http://hp-igan-kenshin.kenkyuukai.jp/ 会 期 :2015 年 6 月 7 日 ( 日 ) 会 場 : 梅 田 スカイビル タワーウエスト 36 階 スペース 36L 大 阪 市 北 区 大 淀 中 1 1

More information

事 務 連 絡 平 成 28 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 衛 生 主 管 部 ( 局 ) がん 対 策 担 当 課 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 がん 疾 病 対 策 課 事 業 評 価 のためのチェックリスト 等 について がん 対 策 の 推 進 につきましては

事 務 連 絡 平 成 28 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 衛 生 主 管 部 ( 局 ) がん 対 策 担 当 課 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 がん 疾 病 対 策 課 事 業 評 価 のためのチェックリスト 等 について がん 対 策 の 推 進 につきましては ( 地 Ⅲ26) 平 成 28 年 4 月 21 日 都 道 府 県 医 師 会 担 当 理 事 殿 日 本 医 師 会 常 任 理 事 道 永 麻 里 がん 検 診 に 係 る 事 業 評 価 のためのチェックリスト 等 について 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます さて 標 記 につきまして 平 成 28 年 1 月 15 日 付 け 文 書 ( 地 Ⅲ211)(

More information

図 2. 男 女 別 部 位 別 がん 死 亡 数 図 3. 胃 がんの 年 齢 階 級 別 がん 罹 患 率 推 移 ( 国 立 がん 研 究 センターがん 情 報 サービス) 男 女 ともに 60 歳 以 降 に 罹 患 率 が 上 がっており 女 性 は 30 年 前 と 比 べ 減 少 傾

図 2. 男 女 別 部 位 別 がん 死 亡 数 図 3. 胃 がんの 年 齢 階 級 別 がん 罹 患 率 推 移 ( 国 立 がん 研 究 センターがん 情 報 サービス) 男 女 ともに 60 歳 以 降 に 罹 患 率 が 上 がっており 女 性 は 30 年 前 と 比 べ 減 少 傾 ピロリ 菌 と 胃 がん 荒 木 産 婦 人 科 肛 門 科 荒 木 常 男 2014 年 12 月 31 日 作 成 目 次 1. 日 本 人 の 男 女 別 胃 がん 罹 患 数 死 亡 数 と 年 齢 階 級 別 罹 患 率 死 亡 率 推 移 2. 胃 がんの 主 たる 原 因 はピロリ 菌 感 染 による 慢 性 胃 炎 です 3.ピロリ 菌 感 染 が 小 児 期 からずっとない 成 人

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

産業医学振興財団委託研究

産業医学振興財団委託研究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 産 業 医 学 振 興 財 団 委 託 研 究 中 小 規 模 事 業 場 におけるメンタルヘルス 対 策 の 進 め 方 に 関 する 研 究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 目 次 1. 過 重 労 働 で 引 き 起 こされる 健 康 障 害 と 労 災 認 定 P 1 2. 過 重 労 働 対 策 に 関 係 する 法

More information

遺 伝 子 とは 遺 伝 という 言 葉 は 親 の 体 質 が 子 に 伝 わることをいいます 体 質 には 顔 かたち 体 つきのほか 病 気 へのかかりやすさなどが 含 まれます この 遺 伝 を 担 っ ている 物 質 が 遺 伝 子 です 遺 伝 子 とは 人 間 の 体 をつくる 設 計

遺 伝 子 とは 遺 伝 という 言 葉 は 親 の 体 質 が 子 に 伝 わることをいいます 体 質 には 顔 かたち 体 つきのほか 病 気 へのかかりやすさなどが 含 まれます この 遺 伝 を 担 っ ている 物 質 が 遺 伝 子 です 遺 伝 子 とは 人 間 の 体 をつくる 設 計 患 者 様 へ 遺 伝 子 解 析 研 究 へのご 協 力 のお 願 い とよしまクリニックでは 病 気 の 原 因 をより 正 確 に 明 らかにし 効 果 的 な 治 療 法 や 予 防 法 を 確 立 させるために 遺 伝 子 解 析 の 研 究 を 行 っております この 文 書 は 患 者 様 に 遺 伝 子 解 析 研 究 へのご 協 力 をお 願 いしたく 研 究 内 容 について ご

More information

Q2 熱 1 風 邪 で 咳 と 鼻 水 が 少 しでていますが 熱 もなく 元 気 です 予 防 接 種 をうけても いいでしょうか? 2 突 発 性 発 疹 や 麻 疹 にかかったあと どのくらい 経 てば 予 防 接 種 をうけられますか? 3 熱 性 けいれんを 起 こしてからまだ1ヶ 月

Q2 熱 1 風 邪 で 咳 と 鼻 水 が 少 しでていますが 熱 もなく 元 気 です 予 防 接 種 をうけても いいでしょうか? 2 突 発 性 発 疹 や 麻 疹 にかかったあと どのくらい 経 てば 予 防 接 種 をうけられますか? 3 熱 性 けいれんを 起 こしてからまだ1ヶ 月 Q A? 平 成 26 年 度 第 3 回 学 術 講 演 会 彩 の 国 予 防 接 種 推 進 協 議 会?! ワクチン/ 副 反 応 / 感 染 症 に 関 する 疑 問 に 答 えます! 平 成 27 年 4 月 11 日 ( 土 ) 浦 和 コミュニティーセンター 第 15 会 議 室 にて Q1 母 子 健 康 手 帳 を 持 参 するのを 忘 れた 母 親 が 子 どもを 連 れて 予

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B> 第 4 章 医 療 情 報 等 の 分 析 による 健 康 課 題 1 医 療 費 の 状 況 (1) 医 療 費 の 経 年 変 化 平 成 24 年 度 から 平 成 26 年 度 の 本 市 三 重 県 全 国 における 医 科 の 一 人 当 たり 医 療 費 の 推 移 を 合 計 入 院 外 来 とそれぞれ 表 しています ( 図 4-1) 一 人 当 たりの 医 療 費 は 三 重 県

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20896990B6836783738362834E835835388D868146817588DD92D7E187817682C982C282A282C481698EA197C395D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20896990B6836783738362834E835835388D868146817588DD92D7E187817682C982C282A282C481698EA197C395D2816A2E646F63> 0 58 H22.3.11 3.11. 胃 潰 瘍 について について( 治 療 編 ) 出 血 性 胃 潰 瘍 では 主 に 内 視 鏡 的 止 血 治 療 が 行 なわれます 出 血 性 胃 潰 瘍 とは 吐 下 血 の 出 血 症 状 があり 内 視 鏡 検 査 で 活 動 性 の 胃 潰 瘍 が 確 認 され かつ かつ 胃 内 の 血 液 の 存 在 潰 瘍 底 に 凝 血 塊 の 付 着

More information

はじめに 胃 中 に 住 みつくヘコバクター ピ(ピ )が 発 見 されたは 1982 年 ことです 以 後 今 日 までにさまざ かいよう まな 研 究 が 進 められ ピ 感 染 が 胃 炎 や 消 化 性 潰 瘍 ( 胃 潰 じゅうに しちょうかいよう 瘍 十 二 指 腸 潰 瘍 ) 重 要

はじめに 胃 中 に 住 みつくヘコバクター ピ(ピ )が 発 見 されたは 1982 年 ことです 以 後 今 日 までにさまざ かいよう まな 研 究 が 進 められ ピ 感 染 が 胃 炎 や 消 化 性 潰 瘍 ( 胃 潰 じゅうに しちょうかいよう 瘍 十 二 指 腸 潰 瘍 ) 重 要 ヘコバクター じ ゅ う に し ち ょ う ピと 胃 十 二 指 腸 監 修 医 療 法 人 新 生 会 高 田 中 央 病 院 総 院 長 藤 岡 利 生 ( 大 分 大 学 名 誉 教 授 ) はじめに 胃 中 に 住 みつくヘコバクター ピ(ピ )が 発 見 されたは 1982 年 ことです 以 後 今 日 までにさまざ かいよう まな 研 究 が 進 められ ピ 感 染 が 胃 炎 や 消

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

Microsoft Word - 5_医療費のしくみ150924修正

Microsoft Word - 5_医療費のしくみ150924修正 はじめに このパンフレットは 静 岡 がんセンター よろず 相 談 が 実 施 した 患 者 さんやご 家 族 向 けの 学 習 会 学 びの 広 場 の 講 演 内 容 をもとに 作 成 しました 自 宅 で 療 養 生 活 を 送 るときの 参 考 にしてください 注 ) 医 療 制 度 の 改 正 に 伴 い ここに 記 載 されている 金 額 や 対 象 な どが 変 更 になることもあります

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

目次

目次 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 ( 概 要 ) 医 療 経 済 研 究 機 構 では 社 会 保 険 庁 より 委 託 を 受 け 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 を 実 施 した 調 査 研 究 の 主 なポイントは 以 下 の 通 り Ⅰ. 調 査 研 究 の 背 景 と 目

More information

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A 平 成 27 年 10 月 ( 第 3 版 ) 兵 庫 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必

More information

難 病 医 療 費 助 成 制 度 における 療 機 関 と のための Q&A 管 理 票 8 管 理 票 9 管 理 票 7 のとき 同 日 中 に 再 度 来 院 された 場 合 はど う したらよいか 管 理 票 7 のとき 2 回 目 の 来 院 時 にも 管 理 票 を 忘 れた 場 合

難 病 医 療 費 助 成 制 度 における 療 機 関 と のための Q&A 管 理 票 8 管 理 票 9 管 理 票 7 のとき 同 日 中 に 再 度 来 院 された 場 合 はど う したらよいか 管 理 票 7 のとき 2 回 目 の 来 院 時 にも 管 理 票 を 忘 れた 場 合 難 病 医 療 費 助 成 制 度 における 療 機 関 と のための Q&A 1/9 管 理 票 1 患 者 さんが 何 も 記 入 していない 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 を 持 ってきたが どうすれば 良 いのか 患 者 さんが 印 字 していない 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 をお 持 ちの 場 合 診 療 月 受 診 者 名 受 給 者 番 号 疾 病 名 有 効 期

More information

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て 学 校 における 感 染 症 発 生 時 の 対 応 学 校 保 健 法 が 学 校 保 健 安 全 法 に 改 正 され 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 されました その 後 学 校 保 健 安 全 法 施 行 規 則 の 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 の 種 類 や 出 席 停 止 の 期 間 の 基 準 が 見 直 されました 本 資 料 は 長 野 県 における

More information

Microsoft Word - 27gyousyaQA

Microsoft Word - 27gyousyaQA Q&A 目 次 Ⅰ 宅 建 業 者 免 許 に 関 すること Q1 申 請 書 類 はどこで 手 に 入 れるのですか 3 Q2 どのくらい 資 金 が 必 要 ですか 3 Q3 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 代 表 者 を 兼 ねることができますか 3 Q4 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 取 締 役 又 は 監 査 役 又 は 従 事 者

More information

serbarikkusu

serbarikkusu サーバリックスまたはガーダシルを 受 けられる 方 へ やまもとクリニック サーバリックスまたはガーダシルを 受 けられる 方 へ 発 行 日 :2013.6.30 平 成 25 年 度 は 定 期 予 防 接 種 となり 小 学 6 年 から 高 校 1 年 相 当 の 女 子 は 公 費 助 成 が 受 けられます 注 サーバリックスおよびガーダシル 接 種 の 際 非 常 にまれに 注 射 後

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

デュアック 配 合 ゲル に 係 る 医 薬 品 リスク 管 理 計 画 書 (RMP)の 概 要 販 売 名 デュアック 配 合 ゲル 有 効 成 分 クリンダマイシンリン 酸 エステ ル 水 和 物 / 過 酸 化 ベンゾイル 製 造 販 売 業 者 株 式 会 社 ポーラファルマ 薬 効 分

デュアック 配 合 ゲル に 係 る 医 薬 品 リスク 管 理 計 画 書 (RMP)の 概 要 販 売 名 デュアック 配 合 ゲル 有 効 成 分 クリンダマイシンリン 酸 エステ ル 水 和 物 / 過 酸 化 ベンゾイル 製 造 販 売 業 者 株 式 会 社 ポーラファルマ 薬 効 分 デュアック 配 合 ゲルに 係 る 医 薬 品 リスク 管 理 計 画 書 本 資 料 に 記 載 された 情 報 に 係 る 権 利 及 び 内 容 についての 責 任 は 株 式 会 社 ポーラファルマ にあります 当 該 製 品 の 適 正 使 用 に 利 用 する 以 外 の 営 利 目 的 に 本 資 料 を 利 用 することは できません 株 式 会 社 ポーラファルマ デュアック 配

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード] 癌 の 画 像 診 断 ( 胸 部 泌 尿 器 その 他 ) 広 島 市 立 広 島 民 病 院 放 射 線 科 秦 良 一 郎 本 日 の 内 容 胸 部 泌 尿 器 その 他 1. 肺 癌 2. 腎 癌 3. 悪 性 リンパ 腫 本 日 の 講 演 は 開 業 医 の 先 生 方 から 紹 介 された 腫 瘤 性 病 変 を 放 射 線 科 医 がどのような 視 点 から 良 悪 性 を 鑑 別

More information

はじめに テストメイト ラピッド ピロリ 抗 原 について テストメイト ラピッド ピロリ 抗 原 は わかもと 製 薬 において 開 発 された 糞 便 中 のヘリコバクター ピロリ 抗 原 ( 未 変 性 カタラーゼ)に 特 異 的 に 反 応 するモノクローナル 抗 体 を 用 いた イムノク

はじめに テストメイト ラピッド ピロリ 抗 原 について テストメイト ラピッド ピロリ 抗 原 は わかもと 製 薬 において 開 発 された 糞 便 中 のヘリコバクター ピロリ 抗 原 ( 未 変 性 カタラーゼ)に 特 異 的 に 反 応 するモノクローナル 抗 体 を 用 いた イムノク Q&A 販 売 元 : 日 本 ベクトン ディッキンソン 株 式 会 社 製 造 販 売 元 :わかもと 製 薬 株 式 会 社 POCT ホームページ http://www.bd.com/jp/poct/ 上 記 弊 社 のホームページに 製 品 情 報 が 掲 載 されています ぜひご 利 用 ください カスタマーサービス TEL:0120-8555-90 ( 受 付 時 間 :9:00~17:00)

More information

脊 椎 ドック( 脊 椎 精 密 検 査 )のご 説 明 同 意 書 脊 椎 ドック( 脊 椎 精 密 検 査 )とは 日 本 脊 椎 脊 髄 ドック 協 会 のガイドラインに 沿 った 検 査 法 であり その 目 的 は 脊 椎 の 詳 細 な 画 像 撮 影 と 脊 椎 専 門 医 による 高

脊 椎 ドック( 脊 椎 精 密 検 査 )のご 説 明 同 意 書 脊 椎 ドック( 脊 椎 精 密 検 査 )とは 日 本 脊 椎 脊 髄 ドック 協 会 のガイドラインに 沿 った 検 査 法 であり その 目 的 は 脊 椎 の 詳 細 な 画 像 撮 影 と 脊 椎 専 門 医 による 高 お 名 前 様 生 年 月 日 : 昭 和 年 月 日 受 診 コース: 脊 椎 ドック *お 名 前 生 年 月 日 等 をご 確 認 ください 誤 りがある 場 合 お 手 数 ですがお 申 し 出 ください このたびは 東 京 腰 痛 クリニックの 脊 椎 ドックをお 申 し 込 みいただきまして 誠 にありがとうござ います 下 記 および 別 紙 の 記 載 事 項 をご 確 認 の 上

More information

マザーブレイン月報目次2010年

マザーブレイン月報目次2010年 MOTHER BRAIN MONTHLY REPORT 30 SEPTEMBER 2015 シエスタはスペイン 語 で お 昼 の 休 憩 です 一 息 いれて 午 後 も 元 気 に 働 きましょう! 第 42 回 病 院 の 機 能 評 価 by KIKUCHI 医 療 機 関 の 機 能 評 価 医 療 の 質 の 向 上 や 標 準 化 をめざした 評 価 は 20 世 紀 初 めにアメリカで

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり-ⅰあなたの 健 康 づくり- 0% 20% 40% 60% 80% 100% 非 常 に 健 康 である まあまあ 健 康 である あまり 健 康 ではない 健 康 ではない 全 体 (N=1372) 性 男 性 (N=6

Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり-ⅰあなたの 健 康 づくり- 0% 20% 40% 60% 80% 100% 非 常 に 健 康 である まあまあ 健 康 である あまり 健 康 ではない 健 康 ではない 全 体 (N=1372) 性 男 性 (N=6 Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり -ⅰあなたの 健 康 づくり- 自 分 の 健 康 状 態 に 関 する 認 識 問 1 あなたは 現 在 のご 自 分 の 健 康 状 態 をどのように 感 じていますか 次 の 中 か ら あてはまるものに1つ をつけてください 全 体 (N=1372) 健 康 ではない 3.4% 0.5% 非 常 に 健 康 である 15.3% あまり 健 康 ではない 12.9%

More information

TEL: がん 拠 点 病 院 地 域 連 携 室 TEL 薬 局 薬 剤 師 1

TEL: がん 拠 点 病 院 地 域 連 携 室 TEL 薬 局 薬 剤 師 1 TEL: がん 拠 点 病 院 地 域 連 携 室 TEL 薬 局 薬 剤 師 1 かかり つけ 連 携 情 報 共 有 書 ( 平 成 (201 ) 日 ) (がん 拠 点 病 院 ) がん 拠 点 病 院 化 学 療 法 放 射 線 療 法 その 他 アレルギー 2 大 腸 癌 の 手 術 を 受 けられた 患 者 様 へ 退 院 後 は5 間 手 術 の 後 遺 症 や 再 発 の 有 無 などの

More information

は じ め に 大 腸 がんは 男 女 ともに 40 歳 代 から 増 加 し 始 め 高 齢 になるほど 増 加 する 傾 向 にあります しかし 他 の 臓 器 にできるがんと 比 べると 比 較 的 進 行 がゆっくりで 早 期 に 発 見 できれば 根 治 する 可 能 性 も 高 いと 言

は じ め に 大 腸 がんは 男 女 ともに 40 歳 代 から 増 加 し 始 め 高 齢 になるほど 増 加 する 傾 向 にあります しかし 他 の 臓 器 にできるがんと 比 べると 比 較 的 進 行 がゆっくりで 早 期 に 発 見 できれば 根 治 する 可 能 性 も 高 いと 言 は じ め に 大 腸 がんは 男 女 ともに 40 歳 代 から 増 加 し 始 め 高 齢 になるほど 増 加 する 傾 向 にあります しかし 他 の 臓 器 にできるがんと 比 べると 比 較 的 進 行 がゆっくりで 早 期 に 発 見 できれば 根 治 する 可 能 性 も 高 いと 言 われています したがって 大 腸 がんの 治 療 成 績 向 上 には 検 診 等 で 早 期 発

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

乳癌は女性にとって 身近な病気です

乳癌は女性にとって 身近な病気です 乳 がんについて 名 古 屋 掖 済 会 病 院 外 科 診 療 部 長 木 村 桂 子 乳 がんの 原 因 と 予 防 Ⅰ 乳 がんは 女 性 にとって 身 近 な 病 気 です 毎 年 日 本 では 約 4 万 人 (23 人 に 1 人 )の 女 性 が 乳 癌 にかかっているといわれています しかし 乳 がんは 早 く 発 見 すれば 治 る 確 率 が 高 く 唯 一 自 分 で 見 つけることが

More information

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき 日 付 時 限 内 4 月 8 日 4 婦 人 科 腫 瘍 学 総 論 GIO: 女 性 に 特 有 の 腫 瘍 疾 患 を 総 論 的 に 捉 え 理 解 する 容 SBO: 1. 生 殖 器 の 解 剖 生 殖 器 腫 瘍 の 病 理 細 胞 診 断 画 像 診 断 などについて 説 明 ができる 2. 子 宮 頸 部 悪 性 腫 瘍 の 発 癌 メカニズム( 特 にHPV) 診 断 治 療 について

More information

胃癌ESD

胃癌ESD 胃 癌 の 治 療 選 択 早 期 胃 癌 進 行 胃 癌 粘 膜 癌 粘 膜 下 層 癌 1 内 視 鏡 的 粘 膜 切 除 術 (EMR)あるいはESD 2 腹 腔 鏡 下 手 術 3 開 腹 手 術 ESD 腹 腔 鏡 下 手 術 開 腹 手 術 1 開 腹 手 術 2 化 学 療 法 ( 抗 がん 剤 ) 早 期 胃 癌 切 除 例 の 半 数 以 上 がESD 施 行 例 となっている ESDの

More information

高額療養費制度を利用される皆さまへ

高額療養費制度を利用される皆さまへ こう がく りょう よう ひ せい ど 高 額 療 養 費 制 度 を 利 用 される 皆 さまへ 厚 生 労 働 省 保 険 局 目 次 高 額 療 養 費 制 度 とはこんな 制 度 です 負 担 の 上 限 額 は 年 齢 や 所 得 によって 異 なります さらにご 負 担 を 軽 減 する 仕 組 みもあります 入 院 される 方 は 用 意 する 費 用 が 少 なく 済 みます よくあるご

More information

脳 ドック( 血 圧 血 糖 コレステロールなどの 高 い 方 脳 卒 中 や 認 知 症 が 気 になる 方 ) (13) 脳 MR 検 査 (MRI MRA) 放 射 線 を 用 いず 磁 気 で 脳 の 実 質 や 血 管 の 状 態 を 診 断 します 午 後 からの 検 査 になり 日 帰

脳 ドック( 血 圧 血 糖 コレステロールなどの 高 い 方 脳 卒 中 や 認 知 症 が 気 になる 方 ) (13) 脳 MR 検 査 (MRI MRA) 放 射 線 を 用 いず 磁 気 で 脳 の 実 質 や 血 管 の 状 態 を 診 断 します 午 後 からの 検 査 になり 日 帰 腫 瘍 マーカーセット 検 査 ( 全 身 のがんが 気 になる 方 ) (1) 男 性 セット CEA CA19-9 SCC ProGRP AFP 抗 P53 抗 体 CEA CA19-9 SCC ProGRP AFP PSA 抗 P53 抗 体 のセットです 肺 食 道 胃 大 腸 肝 臓 胆 嚢 膵 臓 前 立 腺 のがん 全 般 を 対 象 にしています 8,200 円 血 液 (2) 女

More information

施 設 所 在 地 東 海 九 州 北 海 道 東 北 関 東 近 畿 中 国 四 国 北 陸 沖 縄 49 47 119 157 63 114 45 92 設 置 形 態 単 独 設 置 特 養 と 併 設 その 他 と 併 設 302 237 139 定 員 30 人 以 下 31~50 人 5

施 設 所 在 地 東 海 九 州 北 海 道 東 北 関 東 近 畿 中 国 四 国 北 陸 沖 縄 49 47 119 157 63 114 45 92 設 置 形 態 単 独 設 置 特 養 と 併 設 その 他 と 併 設 302 237 139 定 員 30 人 以 下 31~50 人 5 平 成 23 年 度 居 住 型 施 設 ( 軽 費 ) 実 態 調 査 アンケート 報 告 書 Ⅰ. 調 査 概 要 1. 調 査 の 目 的 本 調 査 は 軽 費 の 会 員 施 設 における 実 態 を 把 握 することを 目 的 として 実 施 したものである 2. 調 査 対 象 軽 費 会 員 施 設 :1,148 ヶ 所 3. 調 査 実 施 時 期 平 成 23 年 12 月 2

More information

療 を 受 ける 者 に 厳 格 に 強 いるべき 規 則 ではなく 当 事 者 がガイドラインを 遵 守 しなければ その 後 の 治 療 を 受 けられないといった 懲 罰 的 な 対 応 を 強 制 するための 規 則 でもない 柔 軟 性 のない 厳 格 な 規 則 として 受 け 止 めら

療 を 受 ける 者 に 厳 格 に 強 いるべき 規 則 ではなく 当 事 者 がガイドラインを 遵 守 しなければ その 後 の 治 療 を 受 けられないといった 懲 罰 的 な 対 応 を 強 制 するための 規 則 でもない 柔 軟 性 のない 厳 格 な 規 則 として 受 け 止 めら 性 同 一 性 障 害 に 関 する 診 断 と 治 療 のガイドライン( 第 3 版 )の 実 地 診 療 の 手 引 き 日 本 精 神 神 経 学 会 性 同 一 性 障 害 に 関 する 委 員 会 はじめに 本 稿 は 性 同 一 性 障 害 に 関 する 診 断 と 治 療 のガイドライン( 第 3 版 ) ( 以 下 ガイド ラインと 記 す)に 沿 って 実 地 診 療 に 当 たろうとする

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E63189F191E592B082AA82F12D8370836C838B83668342834A8362835683878393>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E63189F191E592B082AA82F12D8370836C838B83668342834A8362835683878393> 1 2 がん 情 報 局 第 1 回 大 腸 がん 市 民 公 開 講 座 3 上 行 結 腸 盲 腸 虫 垂 大 腸 = 結 腸 + 直 腸 横 行 結 腸 直 腸 結 腸 大 腸 下 行 結 腸 S 状 結 腸 4 粘 膜 (m) 粘 膜 下 層 (sm) 筋 層 (mp) 粘 膜 粘 膜 下 層 筋 層 浸 潤 (しんじゅん): 細 胞 が 周 囲 の 組 織 を 壊 しながら 入 り 込 み,

More information

予 防 接 種 による 健 康 被 害 救 済 制 度 について 定 期 の 予 防 接 種 により 引 き 起 こされた 副 反 応 により 医 療 機 関 での 治 療 が 必 要 になったり 生 活 に 支 障 が 出 るような 障 害 を 残 すな どの 健 康 被 害 が 生 じた 場 合

予 防 接 種 による 健 康 被 害 救 済 制 度 について 定 期 の 予 防 接 種 により 引 き 起 こされた 副 反 応 により 医 療 機 関 での 治 療 が 必 要 になったり 生 活 に 支 障 が 出 るような 障 害 を 残 すな どの 健 康 被 害 が 生 じた 場 合 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチン 接 種 説 明 書 ~ 大 切 なお 知 らせ~ 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンは 2 種 類 のワクチンが 国 内 で 使 用 承 認 され 医 療 機 関 で 接 種 されていますが その 内 容 に ついては 異 なる 点 があります いずれのワクチンで 接 種 しても 法 定 予 防 接 種 として 無 料 で 接 種 できますが 必 ず 初 回 に

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 内 臓 脂 肪 に 加 えて 高 血 糖 高 血 圧 脂 質 異 常 のいずれか 2 つ 以 上 を 持 ち 合 わせた 状 態 をメタボリック 症 候 群 と 呼 びます 心 臓 病 や 脳 卒 中 を 起 こしやすく 生 活 改 善 を 促 す 指 導

特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 内 臓 脂 肪 に 加 えて 高 血 糖 高 血 圧 脂 質 異 常 のいずれか 2 つ 以 上 を 持 ち 合 わせた 状 態 をメタボリック 症 候 群 と 呼 びます 心 臓 病 や 脳 卒 中 を 起 こしやすく 生 活 改 善 を 促 す 指 導 平 成 23 年 12 月 ( 第 一 版 ) http://square.umin.ac.jp/nosmoke/ 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 内 臓 脂 肪 に 加 えて 高 血 糖 高 血 圧 脂 質 異 常 のいずれか 2 つ 以 上 を 持 ち 合 わせた 状 態 をメタボリック 症 候 群 と 呼 びます 心 臓 病 や 脳 卒 中 を 起 こしやすく 生 活 改 善 を

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

19.12.19 豊島区地域保健福祉策定委員会第1回専門委員会

19.12.19 豊島区地域保健福祉策定委員会第1回専門委員会 会 議 録 ( 要 旨 ) 会 議 体 名 称 平 成 27 年 度 第 3 回 豊 島 区 がん 対 策 推 進 会 議 事 務 局 ( 担 当 課 ) 保 健 福 祉 部 地 域 保 健 課 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 次 第 委 員 傍 聴 者 平 成 27 年 11 月 17 日 ( 火 ) 午 後 7 時 30 分 ~ 午 後 8 時 50 分 池 袋 保 健 所 3 階

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378> 子 宮 頚 がんはワクチンで 予 防 できる 50 歳 代 に 多 い 子 宮 体 がん 子 宮 体 がんは 女 性 ホルモンのエストロゲンの 割 合 がプロゲステロンより 高 くなる 状 態 が 長 く 続 くと 発 生 します ちょうど 更 年 期 から 閉 経 期 がその 時 期 に 一 致 するので 50 歳 代 がピークとなるわけです エストロゲンは 卵 巣 だけ でなく 脂 肪 からも

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 1. 施 設 の 称 市 立 四 日 市 病 院 研 修 に 関 するアンケート 2. 所 在 地 510-8567 四 日 市 市 芝 田 二 丁 目 2-37 3. 電 話 番 号 059-354-1111 4. ホームページ http://www.city.yokkaichi.mie.jp/hospital/ 5. 経 営 母 体 四 日 市 市 記 入 年 月 日 : 平 成 20 年 2

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

< 調 査 結 果 > 1 いつ 頃 から 花 粉 症 の 治 療 を 始 めるか( 数 :3,916 人 ) 1 2 月 809 35.7% 2 何 もしない 565 25.0% 3 3 月 373 16.5% 4 1 月 282 12.5% 5 前 年 12 月 以 前 144 6.4% 6 4

< 調 査 結 果 > 1 いつ 頃 から 花 粉 症 の 治 療 を 始 めるか( 数 :3,916 人 ) 1 2 月 809 35.7% 2 何 もしない 565 25.0% 3 3 月 373 16.5% 4 1 月 282 12.5% 5 前 年 12 月 以 前 144 6.4% 6 4 Press Release -MedPeer 会 員 医 師 へのアンケート 調 査 - 2015 年 2 月 23 日 メドピア 株 式 会 社 医 師 が 自 身 で 行 っている 花 粉 症 対 策 について 治 療 の 開 始 時 期 は 2 月 最 重 要 視 する 花 粉 除 去 対 策 は マスク 治 療 法 は 薬 物 療 法 (ケミカルメディエーター 受 容 体 拮 抗 薬 ) が1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483235814532368C7091B1905C90BF817582E682AD82A082E982A896E28D8782B98169827081958260816A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483235814532368C7091B1905C90BF817582E682AD82A082E982A896E28D8782B98169827081958260816A81762E646F63> よくあるお 問 合 せ 平 成 25 26 年 度 川 崎 市 競 争 入 札 参 加 資 格 申 請 ( 業 者 登 録 ) Q&A 1 電 子 申 請 について Q1-1: 継 続 申 請 の 場 合 のログイン 場 所 及 び 入 力 箇 所 はどこでしょうか ( 継 続 申 請 のみ) P.01 Q1-2: ユーザーID パスワードがうまく 入 らないのですが ( 継 続 申 請 のみ) P.02

More information

1 研 究 の 背 景 と 目 的 背 景 毎 日 訪 問 し 処 置 をしているにも 関 わらず 褥 瘡 が 悪 化 傾 向 をたどっている 利 用 者 様 がいる 何 故 褥 瘡 が 治 らないのかその 原 因 を 追 究 する 事 で 治 癒 方 向 に 向 かう 事 が 出 来 るのでは な

1 研 究 の 背 景 と 目 的 背 景 毎 日 訪 問 し 処 置 をしているにも 関 わらず 褥 瘡 が 悪 化 傾 向 をたどっている 利 用 者 様 がいる 何 故 褥 瘡 が 治 らないのかその 原 因 を 追 究 する 事 で 治 癒 方 向 に 向 かう 事 が 出 来 るのでは な 勇 美 記 念 財 団 2012 年 度 被 災 地 における 在 宅 医 療 の 研 究 的 実 践 完 了 報 告 書 褥 瘡 が 悪 化 傾 向 をたどっている 利 用 者 様 の 治 らない 原 因 を 追 求 することで 治 癒 に 導 くこ とができる 研 究 研 究 者 石 田 美 由 紀 佐 藤 朋 子 田 崎 幸 代 所 属 医 療 法 人 社 団 健 育 会 矢 本 ひまわり 訪

More information

chibuH27nittei

chibuH27nittei 平 成 27 年 度 健 康 診 断 日 程 表 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 受 けることから! 特 定 健 康 診 断 後 期 高 齢 者 健 康 診 断 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 5 月 20 日 ( 水 ) 午 後 1 時 ~ 午 後 3 時 4 月 21 日 ( 火 )

More information

点 数 表 に 定 義 された 副 傷 病 名 がある 場 合 に 限 らないようにすること ) 入 院 後 の 検 査 で 発 見 された 傷 病 であっても, 入 院 時 に 既 にその 病 態 があったと 主 治 医 が 判 断 できる 場 合 は, 入 院 時 併 存 症 として 扱 うこと

点 数 表 に 定 義 された 副 傷 病 名 がある 場 合 に 限 らないようにすること ) 入 院 後 の 検 査 で 発 見 された 傷 病 であっても, 入 院 時 に 既 にその 病 態 があったと 主 治 医 が 判 断 できる 場 合 は, 入 院 時 併 存 症 として 扱 うこと 4 診 断 情 報 ⑴ 主 傷 病 名,⑶ 入 院 の 契 機 となった 傷 病 名,⑸ 医 療 資 源 を 最 も 投 入 した 傷 病 名 が 同 一 の 場 合,すべてに 同 一 傷 病 名 を 入 力 する 記 載 する 傷 病 名 は, 原 則 としてレセ 電 算 傷 病 名 マスターから 選 択 すること 病 名 については,ICD10へのコーディング が 適 切 に 行 えるように 入

More information

ユナシン ファイザー 錠 剤 ( 粉 砕 不 可 ):375mg(\61.9) トシル 酸 スルタミシリン SBTPC 用 法 用 量 1 回 375mg,1 日 2~3 回 禁 忌 (1) 本 剤 の 成 分 に 対 し 過 敏 の 既 往 歴 (2) 伝 染 性 単 核 重 大 な 副 作 用

ユナシン ファイザー 錠 剤 ( 粉 砕 不 可 ):375mg(\61.9) トシル 酸 スルタミシリン SBTPC 用 法 用 量 1 回 375mg,1 日 2~3 回 禁 忌 (1) 本 剤 の 成 分 に 対 し 過 敏 の 既 往 歴 (2) 伝 染 性 単 核 重 大 な 副 作 用 病 原 微 生 物 に 対 する 剤 1 抗 菌 ペニシリン 系 バイシリンG MSD 顆 粒 剤 :40 万 U/g(\31) ベンジルペニシリンベンザチン 水 和 物 Aus:A, 用 法 用 量 1 回 40 万 単 位,1 日 2~4 回, 梅 毒 :1 回 40 万 単 位,1 日 3~4 回 重 大 な 副 作 用 1)ショック,2) 溶 血 性 貧 血,3) 間 質 性 腎 炎 急 性

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会 平 成 23 年 度 第 4 回 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 保 健 医 療 連 絡 協 議 専 門 分 科 会 ( 議 事 録 ) 日 時 : 平 成 23 年 10 月 17 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~2 時 32 分 場 所 : 神 戸 市 役 所 1 号 館 14 階 大 会 議 室 議 題 : 病 院 開 設 許 可 事 務 に 係 る 意 見 について 神

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

《印刷用》ためしてガッテン:知って安心! 子宮がん徹底予防術

《印刷用》ためしてガッテン:知って安心! 子宮がん徹底予防術 NHK 総 合 テレビ 毎 週 水 曜 日 午 後 8 時 から 放 送 中 http://www.nhk.or.jp/gatten/ 知 って 安 心! 子 宮 がん 徹 底 予 防 術 2007 年 4 月 11 日 放 送 今 回 の 番 組 について 早 期 発 見 できればほぼ 完 治 するとされる 子 宮 がんですが 年 間 5000 人 を 越 える 人 が 子 宮 がんで 亡 くなっ

More information

がんとは 監 修 草 津 総 合 病 院 乳 腺 外 科 部 長 木 下 一 夫 Contents がんとは 3 抗 がん 剤 とは 4 について 5 外 来 化 学 療 法 とは 6 薬 の 投 与 を 受 ける 前 の 注 意 点 7 投 与 中 に 注 意 すること 8 副 作 用 について

がんとは 監 修 草 津 総 合 病 院 乳 腺 外 科 部 長 木 下 一 夫 Contents がんとは 3 抗 がん 剤 とは 4 について 5 外 来 化 学 療 法 とは 6 薬 の 投 与 を 受 ける 前 の 注 意 点 7 投 与 中 に 注 意 すること 8 副 作 用 について の 治 療 を 受 ける 患 者 さんへ がんとは 監 修 草 津 総 合 病 院 乳 腺 外 科 部 長 木 下 一 夫 Contents がんとは 3 抗 がん 剤 とは 4 について 5 外 来 化 学 療 法 とは 6 薬 の 投 与 を 受 ける 前 の 注 意 点 7 投 与 中 に 注 意 すること 8 副 作 用 について 9 で 起 こりやすい 副 作 用 10 吐 き 気 嘔 吐

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

厚 生 労 働 省 では 毎 年 9 月 24 日 ~30 日 を 結 核 予 防 週 間 として 広 く 国 民 の 皆 様 に 結 核 についての 正 しい 理 解 を 深 めていただく 期 間 とし ています 結 核 は 化 学 療 法 により 完 治 する 病 気 ですが きちんと 服 薬

厚 生 労 働 省 では 毎 年 9 月 24 日 ~30 日 を 結 核 予 防 週 間 として 広 く 国 民 の 皆 様 に 結 核 についての 正 しい 理 解 を 深 めていただく 期 間 とし ています 結 核 は 化 学 療 法 により 完 治 する 病 気 ですが きちんと 服 薬 感 染 症 情 報 を 医 療 者 へダイレクトにお 届 けする 厚 生 労 働 省 のメールマガジン 感 染 症 エ ク ス プ レ ス >>>>>>>>>>>>>> >>>>>>>>> @ 厚 労 省 Vol.264(2016 年 9 月 16 日 ) >>>>>>>>> ヘッドライン トピックス 9 月 24 日 ~30 日 は 結 核 予 防 週 間 です RS ウイルス 感 染 症 の 報

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63> 資 料 1-1 大 腸 がん 罹 患 率 の 推 移 ( 男 性 ) 140 120 大 腸 胃 肺 100 80 60 40 胃 がん 87.1 大 腸 がん 69.5 肺 がん 55.7 年 齢 調 整 罹 患 率 ( 人 口 10 万 対 ) 20 0 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

平成年月日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官

平成年月日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官 主 文 1 被 告 は, 原 告 に 対 し,7 万 円 を 支 払 え 2 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 3 訴 訟 費 用 は,これを7 分 し,その1を 被 告 の,その 余 を 原 告 の 各 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 被 告 は, 原 告 に 対 し,50 万 円 を 支 払 え 第 2 事 案 の 概 要 1 本 件 は, 原 告 が,

More information

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx 阪 府 私 等 学 校 等 授 業 料 援 補 助 事 務 の 引 き 私 等 学 校 等 [ 全 日 制 課 程 ] 私 専 修 学 校 高 等 課 程 平 成 23 年 度 以 降 入 学 生 用 平 成 25 年 7 月 阪 府 府 化 部 私 学 学 課 559-8555 大 阪 市 住 之 江 区 南 港 北 1-14-16 大 阪 府 咲 洲 庁 舎 38 階 TEL (06)6941-0351(

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎 抗 HIV 予 防 内 服 のための 苫 小 牧 市 立 病 院 受 診 の 手 続 き 事 故 を 起 こす 前 に 事 故 前 に 抗 HIV 予 防 内 服 薬 について 必 要 性 副 作 用 危 険 性 を 理 解 しておく 必 要 があります 予 め 各 説 明 書 をご 参 照 の 上 事 故 時 には 自 己 決 定 のもと 迅 速 行 動 が 望 まれます 事 故 時 の 対 処

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

います がん 細 胞 がまだ 小 さなごく 初 期 の 間 は 何 の 症 状 も 出 ませんし 最 新 鋭 の 機 器 を 使 っても 発 見 するのは 不 可 能 です マンモグラフィー(X 線 による 乳 房 専 門 の 撮 影 機 器 )で 検 出 できるのは 一 般 的 に5ミリ 程 度

います がん 細 胞 がまだ 小 さなごく 初 期 の 間 は 何 の 症 状 も 出 ませんし 最 新 鋭 の 機 器 を 使 っても 発 見 するのは 不 可 能 です マンモグラフィー(X 線 による 乳 房 専 門 の 撮 影 機 器 )で 検 出 できるのは 一 般 的 に5ミリ 程 度 乳 がん 検 診 と 早 期 発 見 国 際 医 療 センター 乳 腺 腫 瘍 科 佐 伯 俊 昭 1.はじめに 日 本 では 近 年 乳 がんの 患 者 数 が 増 加 していて 死 亡 される 患 者 さんの 割 合 も 増 えています 2004 年 には 1 年 間 で 乳 がんと 診 断 された 人 は 全 国 で 約 5 万 以 上 と 報 告 され 女 性 のがんでは 最 も 多 い 癌

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

7 認 定 こども 園 になると 保 育 内 容 はどう 変 わるので すか 1 号 認 定 と 2 号 認 定 で 保 育 内 容 に 差 はありま すか 幼 稚 園 8 私 立 幼 稚 園 が 新 制 度 に 移 行 する 期 限 はあるのです か 現 在 幼 稚 園 では 幼 稚 園 教 育

7 認 定 こども 園 になると 保 育 内 容 はどう 変 わるので すか 1 号 認 定 と 2 号 認 定 で 保 育 内 容 に 差 はありま すか 幼 稚 園 8 私 立 幼 稚 園 が 新 制 度 に 移 行 する 期 限 はあるのです か 現 在 幼 稚 園 では 幼 稚 園 教 育 豊 中 市 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 市 民 説 明 会 主 な 質 問 と 回 答 について 平 成 26 年 (2014 年 )11 月 1 日 現 在 Ver.1 現 時 点 の 国 及 び 豊 中 市 の 検 討 状 況 等 を 基 に 市 民 説 明 会 にていただいた 主 な 質 問 と 回 答 をまとめたものです 今 後 変 更 などが 生 じる 可 能 性 もあります

More information

No. 質 問 回 答 8 給 電 器 を 購 入 します 第 5 の 事 業 で 申 請 をしますが 条 件 はありま す 9 給 電 器 を 購 入 します 第 5の 事 業 で 申 請 をしますが 交 付 決 定 が 下 りるまで 給 電 器 を 使 えないのでし ょう 10 第 1 の 事

No. 質 問 回 答 8 給 電 器 を 購 入 します 第 5 の 事 業 で 申 請 をしますが 条 件 はありま す 9 給 電 器 を 購 入 します 第 5の 事 業 で 申 請 をしますが 交 付 決 定 が 下 りるまで 給 電 器 を 使 えないのでし ょう 10 第 1 の 事 目 次 Q1. 事 業 概 要 補 助 内 容 募 集 期 間 実 績 報 告 締 切... 1 Q2. 申 請 方 法 記 入 方 法 日 付... 4 Q3. 添 付 書 類... 9 Q4. 申 請 後 の 変 更... 12 Q5. 財 産 管 理 財 産 処 分... 13 2015 年 10 月 9 日 一 部 追 記 Q1. 事 業 概 要 補 助 内 容 募 集 期 間 実 績 報

More information

横 浜 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 議 事 録 要 旨 日 時 平 成 23 年 2 月 15 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 3 時 30 分 開 催 場 所 開 港 記 念 会 館 2 階 6 号 室 出 席 者 委 員 19 名 ( 傍 聴 者 2 名

横 浜 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 議 事 録 要 旨 日 時 平 成 23 年 2 月 15 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 3 時 30 分 開 催 場 所 開 港 記 念 会 館 2 階 6 号 室 出 席 者 委 員 19 名 ( 傍 聴 者 2 名 横 浜 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 日 時 平 成 23 年 7 月 27 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 関 内 中 央 ビル 5 階 大 会 議 室 次 第 開 会 健 康 福 祉 局 長 あいさつ 新 任 委 員 紹 介 定 足 数 確 認 報 告 前 回 議 事 録 要 旨 報 告 議 事 1 平 成 23 年 度 国 民 健 康 保 険 事 業

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

Microsoft Word - 医療介護の最新情報2013_18_137_.doc

Microsoft Word - 医療介護の最新情報2013_18_137_.doc 医 療 介 護 の 最 新 情 報 [ 2013 年 度 版 ] 共 有 すべき 事 例 2013 年 4 月 (7 件 ) Vol.137 2013/ 7/ 24 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 薬 局 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 分 析 事 業 7 月 8 日 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 薬 局 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 分 析 事 業 より 共 有 すべき 事 例

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

: 必 須 項 目 : 必 要 時 に 行 います : 補 助 化 学 療 法 施 行 時 に 実 施 病 院 4ヶ 月 5ヶ 月 6ヶ 月 ~メモ~ *あなたが 手 術 を 受 けた 日 平 成 年 月 日 内 はあなたにご 記 入 いただ きます

: 必 須 項 目 : 必 要 時 に 行 います : 補 助 化 学 療 法 施 行 時 に 実 施 病 院 4ヶ 月 5ヶ 月 6ヶ 月 ~メモ~ *あなたが 手 術 を 受 けた 日 平 成 年 月 日 内 はあなたにご 記 入 いただ きます 大 腸 がん 術 後 連 携 パス(1~6ヶ 月 ) 計 画 策 定 病 院 病 院 or かか り ( 術 後 ) 2 週 間 1ヶ 月 2ヶ 月 3ヶ 月 診 察 採 血 検 査 投 薬 自 己 検 診 問 診 視 触 診 食 欲 腹 部 症 状 排 便 腹 部 理 学 所 見 一 般 的 内 科 的 診 察 直 腸 指 診 ( 直 腸 癌 ) 血 算 生 化 学 CEA CA19-9 胸 部

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

与 天 引 き)の 対 象 から 除 外 ( 普 通 徴 収 ( 個 人 納 付 ))することもできます 1 給 与 受 給 者 総 人 員 が2 名 以 下 の 事 業 所 ( 他 の 市 町 村 を 含 む 事 業 所 全 体 の 受 給 者 の 人 数 で 下 記 2~7の 理 由 に 該 当

与 天 引 き)の 対 象 から 除 外 ( 普 通 徴 収 ( 個 人 納 付 ))することもできます 1 給 与 受 給 者 総 人 員 が2 名 以 下 の 事 業 所 ( 他 の 市 町 村 を 含 む 事 業 所 全 体 の 受 給 者 の 人 数 で 下 記 2~7の 理 由 に 該 当 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 ( 給 与 天 引 き)に 関 するQ&A Ⅰ 制 度 について 問 1: 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 ( 給 与 天 引 き) とはどのような 制 度 ですか? 答 1: 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 ( 給 与 天 引 き)とは 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 同 じように 事 業 主 ( 給 与 支 払 者 )が 従 業 員 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63> 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 1 契 約 方 法 ( 調 達 先 選 定 方 法 ) 決 定 の 概 略 フロー 検 討 開 始 判 断 1 政 府 調 達 に 関 する 協 定 の 対 象 か? 判 断 2 特 例 政 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? 判 断 3 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? ( 少 額 随

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information