重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光"

Transcription

1 資 料 1 北 海 道 交 通 ネットワーク 総 合 ビジョン 重 点 プロジェクトの 推 進 状 況 1 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 1 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 2 新 幹 線 駅 における 交 通 情 報 案 内 機 能 の 整 備 3 札 幌 までの 早 期 完 成 青 函 共 用 走 行 問 題 の 解 決 に 向 けた 取 組 2 道 内 空 港 発 着 航 空 路 線 の 拡 充 7 1 航 空 路 線 拡 充 に 向 けた 取 組 の 推 進 2 新 千 歳 空 港 の 機 能 整 備 3 道 内 航 空 路 線 の 維 持 確 保 のための 国 等 への 要 望 4 道 内 空 港 の 運 営 のあり 方 に 関 する 検 討 の 推 進 3 本 道 と 国 内 外 を 結 ぶ 物 流 ネットワークの 強 化 15 1 国 際 的 な 物 流 機 能 の 強 化 ( 北 東 アジア ターミナル 構 想 に 基 づく 取 組 ) 2 国 内 道 内 の 物 流 ネットワークの 強 化 3 安 全 安 心 を 支 える 物 流 機 能 の 強 化 4 人 口 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 に 対 応 する 地 域 交 通 の 確 保 21 地 域 における 地 域 交 通 確 保 に 向 けた 取 組 の 促 進 5 利 便 性 の 高 い 交 通 ネットワーク 構 築 に 向 けた 交 通 機 関 相 互 の 連 携 強 化 1 主 要 ターミナルにおける 交 通 機 関 相 互 の 連 携 強 化 23 2 交 通 情 報 提 供 機 能 の 整 備 に 向 けた 取 組 の 推 進 3 高 規 格 幹 線 道 路 など 道 路 交 通 ネットワークの 整 備 促 進

2 重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光 地 や 主 要 都 市 などへ 快 適 円 滑 取 組 に 移 動 できる 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 ( 道 路 鉄 道 バス レンタカー タクシー 航 空 機 など) (2) 道 民 の 利 用 促 進 に 向 けた 新 幹 線 駅 へのアクセスの 充 実 成 果 指 標 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 平 成 27 年 度 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 取 組 予 定 北 海 道 新 幹 線 開 業 戦 略 推 進 会 議 ( )による 官 民 連 携 協 働 による 取 組 の 推 進 推 進 会 議 に 交 通 戦 略 部 会 を 設 置 し 関 係 機 関 の 情 報 共 有 を 図 りながら 二 次 交 通 に 関 する 取 組 について 検 討 を 実 施 (26 年 度 第 1 回 :26.4 月 第 2 回 :26.9 月 ) 開 業 後 の 新 函 館 北 斗 駅 からの 二 次 交 通 の 利 用 動 態 等 に 関 する 調 査 を 実 施 ( 実 施 主 体 : 北 海 道 新 幹 線 開 業 戦 略 推 進 会 議 ) ( 概 要 ) 北 海 道 経 済 連 合 会 が 実 施 した 調 査 結 果 (H15)によると 北 海 道 新 幹 線 開 業 による 交 流 人 口 は 1 日 平 均 約 9,500 人 と 推 計 今 回 の 調 査 では 利 用 者 の 居 住 地 などの 内 訳 や 新 幹 線 駅 からの 二 次 交 通 の 利 用 動 態 等 を 推 計 する ( 推 計 する 事 項 ) 新 幹 線 利 用 者 の 内 訳 新 函 館 北 斗 駅 から 道 央 方 面 函 館 方 面 に 向 かう 方 の 割 合 新 函 館 北 斗 駅 からの 二 次 交 通 ( 航 空 鉄 道 ハ ス タクシー レンタカー)の 利 用 動 向 など 新 幹 線 駅 からの 移 動 手 段 に 関 する 二 次 交 通 実 証 事 業 の 実 施 二 次 交 通 ネットワークの 充 実 に 向 け 道 南 地 域 において 周 遊 バスや 定 額 タクシー 周 遊 レンタカーを 活 用 した 実 証 事 業 を 行 い 事 業 化 に 向 けた 検 証 を 実 施 内 容 利 用 実 績 レンタカー 利 用 者 への 利 用 代 金 助 成 H26.7(23~31) 9 月 257 組 周 遊 バス モニターツアーの 実 施 H26.8~9 月 計 14 回 184 名 定 額 タクシー 9ルートのモニターツアーを 実 施 H26.8~9 月 計 50 組 106 名 < 二 次 交 通 実 証 事 業 27,858 千 円 > 新 幹 線 駅 へのアクセスの 充 実 JR 北 海 道 では 函 館 駅 と 新 函 館 北 斗 駅 間 を 最 短 17 分 で 結 ぶアクセス 列 車 の 導 入 を 計 画 しており 電 化 工 事 を 進 めている ( 車 両 は 輸 送 力 が 高 く 大 きな 荷 物 を 持 つ 旅 行 者 が 使 いやすいほか バリアフリー 対 応 にもなっている733 系 車 両 を 導 入 する 予 定 ) また 新 函 館 北 斗 駅 から 道 央 方 面 への 鉄 道 アクセスについては 新 幹 線 の 到 着 ホーム と 同 一 平 面 上 のプラットホームから 特 急 列 車 を 接 続 する 方 向 で 整 備 が 進 められている 新 幹 線 駅 への 道 路 アクセスについては 新 函 館 北 斗 駅 では 道 道 渡 島 大 野 停 車 場 線 など 木 古 内 駅 では 道 道 木 古 内 停 車 場 線 などの 整 備 が 着 実 に 進 められている ( ) 北 海 道 新 幹 線 開 業 戦 略 推 進 会 議 北 海 道 新 幹 線 の 開 業 効 果 を 最 大 限 高 めるとともに 全 道 各 地 に 広 く 波 及 拡 大 させるための 取 組 を オール 北 海 道 で 推 進 していくための 官 民 連 携 による 会 議 体 ( 会 長 : 北 海 道 知 事 25.3 月 設 置 ) -1-

3 成 果 課 題 今 後 の 取 組 方 向 [ 交 通 戦 略 部 会 の 取 組 ] 二 次 交 通 動 態 調 査 による 二 次 交 通 の 交 通 モードごとの 分 担 率 に 係 る 調 査 結 果 をもと に 交 通 戦 略 部 会 において 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 に 向 けた 具 体 の 取 組 を 進 めてい く ( 調 査 結 果 を 地 域 の 交 通 事 業 者 や 団 体 市 町 村 等 に 提 供 し 新 函 館 北 斗 駅 の 開 業 後 における 二 次 交 通 ネットワークの 充 実 に 向 けた 取 組 の 促 進 を 図 る ) [ 二 次 交 通 実 証 事 業 ] 今 後 調 査 結 果 を 取 りまとめた 上 で 関 係 市 町 や 観 光 協 会 等 からなる 地 域 協 議 会 を 設 置 し 実 証 事 業 の 課 題 等 を 踏 まえた 次 年 度 の 地 域 における 対 応 方 向 などについて 検 討 を 進 める また 道 としても 地 域 の 取 組 に 対 して 必 要 な 支 援 等 を 講 じていく [ 新 幹 線 駅 へのアクセスの 充 実 ] 関 係 機 関 同 士 の 情 報 共 有 の 下 利 用 者 の 目 線 に 立 った 使 い 勝 手 の 良 い 新 幹 線 駅 へのア クセスの 充 実 に 向 けた 取 組 について 検 討 調 査 を 行 うとともに 道 としても 必 要 な 取 組 を 行 う 新 幹 線 の 二 次 交 通 に 関 する 検 討 取 組 の 方 向 性 ( 案 ) 二 次 交 通 実 証 事 業 の 結 果 ( 速 報 ) レンタカー 事 業 レンタカーで 道 南 各 地 の 観 光 ポイント( 市 町 村 等 の 意 見 を 踏 まえ 設 定 )を2カ 所 以 上 周 遊 する 場 合 キャッシュバック(2,000 円 ~6,000 円 ) 上 限 200 台 と 設 定 道 内 夏 休 み 期 間 の 想 定 で7/23~ 31を 第 1 回 9/1~30を 第 2 回 として 設 定 [ 実 績 ]257 件 バス タクシー 事 業 1 周 遊 バス 事 業 函 館 - 鹿 部 - 森 - 七 飯 - 北 斗 を 巡 る 日 帰 り 周 遊 バスを8~9 月 の 土 日 運 行 ( 全 20 回 ) [ 実 績 ]14 回 運 行 184 人 乗 車 2 定 額 タクシー 事 業 定 額 観 光 タクシーを 活 用 したモニタープランを8~9 月 に 実 施 江 差 ( 函 館 ) 発 着 ~ 檜 山 管 内 を 巡 るルート/ 八 雲 発 着 ~ 檜 山 北 部 を 巡 るルート/ 函 館 発 ~ 江 差 ~ 奥 尻 を 巡 るルート [ 実 績 ]50 台 運 行 106 人 乗 車 -2-

4 重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 2 新 幹 線 駅 における 交 通 情 報 案 内 機 能 の 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 の 案 内 表 示 やインターネットなどを 活 用 した 分 かりやすい 交 通 案 内 取 組 情 報 機 能 の 整 備 成 果 指 標 情 報 案 内 設 備 サービス( 駅 構 内 インターネット 等 )の 提 供 開 始 平 成 27 年 度 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 取 組 予 定 新 幹 線 駅 などにおける 交 通 案 内 情 報 機 能 の 整 備 交 通 案 内 を 含 む 地 域 観 光 情 報 提 供 機 能 の 整 備 について 先 行 事 例 の 調 査 等 を 実 施 今 後 調 査 結 果 を 踏 まえ 検 討 を 進 める < 北 海 道 新 幹 線 開 業 PR 推 進 事 業 2,840 万 円 の 一 部 > 新 幹 線 駅 にかかる 交 通 案 内 表 示 等 に 関 する 検 討 道 南 地 域 において 既 存 の 会 議 体 ( 北 海 道 新 幹 線 開 業 を 活 かした 地 域 づくり 懇 談 会 )を 活 用 し 道 関 係 市 町 関 係 機 関 からなるワーキング グループを 開 催 し 新 函 館 北 斗 駅 の 整 備 状 況 や 鉄 道 バス タクシー レンタカー 等 の 二 次 交 通 への 乗 り 継 ぎに 係 る 案 内 表 示 や 駅 周 辺 における 道 路 標 識 の 検 討 状 況 等 について 情 報 共 有 を 実 施 今 後 新 幹 線 開 業 の 先 行 県 における 取 組 事 例 などの 調 査 等 を 通 じて 分 かりやすい 情 報 提 供 やユニバーサルデザインの 視 点 を 踏 まえた 円 滑 な 動 線 の 確 保 など 課 題 の 洗 い 出 し 整 理 を 行 い 具 体 の 取 組 について 検 討 を 進 める < 交 通 ネットワーク 連 携 推 進 事 業 3,567 千 円 > 成 果 課 題 今 後 の 取 組 方 向 [ 新 幹 線 駅 などにおける 交 通 案 内 情 報 機 能 の 整 備 ] 先 行 例 を 踏 まえ 新 幹 線 駅 における 交 通 案 内 情 報 観 光 情 報 の 提 供 手 段 方 法 につい て 関 係 団 体 と 検 討 協 議 を 行 い 新 幹 線 開 業 に 向 けて 計 画 的 に 取 組 を 進 める [ 交 通 機 関 相 互 の 連 携 強 化 に 向 けた 取 組 の 推 進 ] 二 次 交 通 の 整 備 に 向 けた 取 組 は 道 内 地 域 を 中 心 に 関 係 機 関 各 所 において 検 討 が 進 め られているが トータルで 全 体 を 見 通 した 課 題 の 整 理 や 対 応 策 の 検 討 が 必 要 であり 道 が 中 心 となって 関 係 者 間 の 情 報 共 有 を 図 るとともに 各 団 体 等 との 個 別 の 相 談 などを 行 いながら 課 題 の 洗 い 出 しや 対 応 策 についての 検 討 を 進 める 各 関 係 機 関 の 取 組 状 況 や 課 題 について 北 海 道 新 幹 線 開 業 を 活 かした 地 域 づくり 懇 談 会 を 通 じて 発 信 説 明 し 今 後 の 対 応 や 具 体 の 取 組 について 道 南 地 域 全 体 のコン センサス 形 成 を 図 っていくほか 北 海 道 新 幹 線 開 業 戦 略 推 進 会 議 において 全 道 的 な 観 点 からの 調 整 や 地 域 での 取 組 の 支 援 や 促 進 について 検 討 を 行 う -3-

5 新 青 森 駅 における 案 内 表 示 例 在 来 線 への 乗 り 換 え 案 内 表 示 在 来 線 出 口 の 案 内 表 示 バスのり 場 に 設 置 された 停 車 位 置 案 内 図 通 路 に 設 置 された バスのり 場 への 案 内 表 示 出 口 付 近 に 設 置 された 周 辺 案 内 図 等 交 通 情 報 等 の 提 供 事 例 大 型 情 報 端 末 函 館 インフォメーション ( 函 館 市 ) 函 館 市 では 月 JR 函 館 駅 と 五 稜 郭 タワーに 観 光 客 向 けの 大 型 情 報 端 末 を 設 置 タッチパネル 式 の46インチ 液 晶 ディスプレーを 採 用 し スマートフォンを 大 きくしたイメージ 日 本 語 英 語 中 国 語 韓 国 語 にも 対 応 しており 観 光 情 報 イベ ント 案 内 のほか 天 気 や 函 館 空 港 の 運 航 状 況 などのリアルタイム 情 報 の 提 供 も 行 っている 鹿 児 島 県 公 共 交 通 総 合 案 内 システム 交 通 ナビかごしま 鹿 児 島 県 は 九 州 新 幹 線 全 線 開 業 にあわせ 県 内 の 公 共 交 通 機 関 ( 鉄 道 バス 船 舶 等 )の 路 線 ダイヤ 運 賃 等 に 係 る 総 合 的 な 検 索 システム 交 通 ナビかごしま を 構 築 パソコンや 携 帯 電 話 で 経 路 検 索 を 可 能 とするほか 鹿 児 島 中 央 駅 バスターミナル 等 に 設 置 された タッチパネル 式 表 示 器 及 び 大 型 ディスプレイを 通 じた 情 報 提 供 も 行 っ ている ( 鹿 児 島 県 HPより) -4-

6 重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 3 札 幌 までの 早 期 完 成 青 函 共 用 走 行 問 題 の 解 決 に 向 けた 取 組 具 体 的 (1) 新 青 森 ~ 新 函 館 北 斗 間 の1 日 も 早 い 開 業 と 札 幌 までの 早 期 完 成 に 向 けた 取 組 取 組 の 推 進 (2) 工 期 短 縮 の 実 現 に 向 けた 幅 広 い 観 点 からの 建 設 財 源 の 確 保 や 財 源 措 置 の 拡 充 による 地 方 負 担 の 軽 減 について 国 等 に 要 請 (3) 青 函 共 用 走 行 区 間 における 開 業 時 からの 東 京 ~ 新 函 館 北 斗 間 における3 時 間 台 の 運 行 実 現 や 時 間 帯 区 分 案 による 高 速 走 行 の 実 現 と 更 なる 増 便 及 び 抜 本 的 方 策 による 全 ダイヤ 高 速 走 行 の 実 現 に 向 けた 取 組 の 推 進 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 取 組 予 定 要 請 活 動 の 展 開 関 係 道 県 や 経 済 界 等 との 連 携 により 要 請 活 動 を 実 施 整 備 新 幹 線 関 係 18 都 府 県 期 成 同 盟 会 要 請 (26.7 月 11 月 ( 予 定 )) 北 海 道 新 幹 線 建 設 促 進 期 成 会 要 請 (26.7 月 9 月 ) 国 費 予 算 要 望 (26.7 月 ) 北 海 道 新 幹 線 建 設 促 進 連 絡 調 整 会 議 の 開 催 新 函 館 北 斗 札 幌 間 における 建 設 工 事 を 円 滑 に 進 めることを 目 的 に 設 置 (26.2 月 ) 構 成 : 沿 線 自 治 体 鉄 道 運 輸 機 構 など 第 1 回 開 催 :26.2 月 第 2 回 開 催 :26.8 月 青 函 共 用 走 行 区 間 高 速 走 行 早 期 実 現 協 議 会 の 設 置 開 催 北 海 道 と 青 森 県 の 両 地 域 が 連 携 した 取 組 について 検 討 協 議 することを 目 的 に 設 置 構 成 : 道 青 森 県 関 係 自 治 体 商 工 団 体 (26.4 月 ) 第 1 回 開 催 :26.4 月 第 2 回 開 催 :26.6 月 北 海 道 新 幹 線 ( 新 青 森 新 函 館 北 斗 間 ) 開 業 に 向 けた 意 見 交 換 会 の 開 催 道 議 会 及 び 青 森 県 議 会 が 青 函 共 用 走 行 区 間 高 速 走 行 の 実 現 に 向 けて 情 報 共 有 連 携 強 化 を 図 ることを 目 的 に 開 催 第 1 回 開 催 :26.7 月 第 2 回 開 催 :26.9 月 成 果 課 題 今 後 の 取 組 方 向 [ 札 幌 までの 工 期 短 縮 ] 本 年 7 月 与 党 整 備 新 幹 線 建 設 推 進 プロジェクトチームから 政 府 に 対 して 北 海 道 新 幹 線 札 幌 開 業 の5 年 前 倒 し 等 についての 申 し 入 れが 行 われたことを 受 け 本 年 9 月 整 備 新 幹 線 に 係 る 政 府 与 党 ワーキンググループ が 設 置 され 平 成 27 年 度 予 算 編 成 過 程 で 適 切 な 結 論 を 得 るべく 必 要 な 検 討 を 行 っていくこととされた 国 等 に 対 し 引 き 続 き 札 幌 までの 早 期 完 成 と 幅 広 い 観 点 からの 更 なる 財 源 確 保 や 財 源 措 置 の 拡 充 による 地 方 負 担 の 軽 減 について 要 請 していく [ 青 函 共 用 走 行 問 題 ] 平 成 25 年 3 月 に 青 函 共 用 走 行 問 題 に 関 する 当 面 の 方 針 が 取 りまとめられ 時 間 帯 区 分 案 による 平 成 30 年 春 に1 日 1 往 復 の 高 速 走 行 の 実 現 を 目 指 すこと より 抜 本 的 な 方 策 による 高 速 走 行 の 実 現 に 向 け すれ 違 い 時 減 速 システム 等 による 共 用 走 行 案 及 び 新 幹 線 貨 物 専 用 列 車 導 入 案 の 技 術 的 実 現 可 能 性 の 検 討 を 深 度 化 し 開 発 の 方 向 性 の 見 通 しを 得 るとされており 現 在 国 において 学 識 経 験 者 や 専 門 機 関 からなる 検 討 会 を 設 置 し 検 討 が 進 められているところ 青 森 県 等 との 情 報 共 有 を 図 るとともに 様 々な 機 会 を 通 じて 国 等 に 働 きかけるなど 新 幹 線 の 高 速 走 行 実 現 に 向 けた 取 組 を 進 めていく -5-

7 1. 北 海 道 新 幹 線 の 主 な 工 事 状 況 北 海 道 新 幹 線 の 現 況 等 について 平 成 26 年 9 月 末 現 在 N 後 志 トンネル(18.0km) (H26 年 度 ( 予 定 )~) 石 狩 湾 小 樽 倶 知 安 駅 新 小 樽 駅 ( 仮 称 ) 札 幌 駅 野 田 追 トンネル(8.2km) (H26 年 度 ( 予 定 )~) 長 万 部 駅 昆 布 トンネル(10.4km) (H25 年 度 ~) 立 岩 トンネル(17.0km) (H25 年 度 ~) 新 八 雲 駅 ( 仮 称 ) 八 雲 内 浦 湾 森 村 山 トンネル(5.3km) (H24 年 度 ~) 泉 沢 トンネル(1.7km) (H20 年 度 ~H24 年 度 ) 日 札 苅 トンネル(1.2km) (H20 本 年 度 ~H24 年 度 ) 新 函 館 北 斗 駅 木 古 内 駅 渡 島 大 野 大 沼 七 飯 五 稜 郭 函 館 新 函 館 北 斗 駅 新 築 工 事 (H24 年 度 ~H27.6 予 定 ) 大 野 川 橋 りょう 工 事 (H21 年 度 ~H25 年 度 ) 木 古 内 川 橋 りょう 工 事 (H21 年 度 ~H25 年 度 ) 新 茂 辺 地 トンネル(3.3km) (H18 年 度 ~H25 年 度 ) 木 古 内 駅 新 築 工 事 (H24 年 度 ~H27.5 予 定 ) 奥 津 軽 いまべつ 駅 渡 島 当 別 トンネル(8.1km) (H17 年 度 ~H23 年 度 ) 幸 連 トンネル(1.4km) (H19 年 度 ~H24 年 度 ) 陸 奥 湾 凡 例 北 海 道 新 幹 線 H27 年 度 末 開 業 予 定 H24 認 可 着 工 区 間 函 館 本 線 江 差 線 青 森 湾 野 辺 地 湾 東 北 新 幹 線 新 青 森 駅 七 戸 十 和 田 駅 新 幹 線 駅 在 来 線 駅 2. 北 海 道 新 幹 線 ( 新 青 森 新 函 館 北 斗 間 ) 木 古 内 駅 ( 本 屋 全 景 ) 新 函 館 北 斗 駅 函 館 総 合 車 両 基 地 H26.9 月 末 H26.9 月 末 H26.9 月 末 -6-

8 重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 2. 道 内 空 港 発 着 航 空 路 線 の 拡 充 取 組 1 航 空 路 線 拡 充 に 向 けた 取 組 の 推 進 具 体 的 (1) 道 内 空 港 における 国 際 航 空 路 線 の 誘 致 指 針 に 基 づく 戦 略 的 な 誘 致 活 動 取 組 の 展 開 (2) 国 際 航 空 定 期 便 の 就 航 補 助 制 度 の 活 用 (3) 国 内 航 空 路 線 の 誘 致 に 向 け 航 空 会 社 や 旅 行 会 社 等 へのPR 活 動 の 展 開 (4) 需 要 動 向 を 把 握 し 関 係 市 町 村 等 と 連 携 を 取 りながら 必 要 に 応 じ 機 材 の 大 型 化 について 航 空 会 社 へ 要 望 (5) 既 存 のLCC 路 線 の 利 用 拡 大 に 取 り 組 むほか 道 内 地 方 空 港 へのLCC 誘 致 に 向 けた 取 組 の 展 開 (6) 道 民 の 海 外 旅 行 需 要 の 拡 大 に 向 けたPR (7) 道 東 3 空 港 ( 女 満 別 紋 別 中 標 津 )を 活 用 した 旅 行 商 品 の 造 成 と 国 際 チャ ーター 便 の 誘 致 (8) 地 方 空 港 におけるCIQ 体 制 の 整 備 による 国 際 線 受 け 入 れ 体 制 の 整 備 (9) 道 内 外 を 結 ぶ 航 空 ネットワークの 充 実 のため その 基 盤 となる 空 港 施 設 につ いて 航 空 機 の 安 定 運 航 の 確 保 や 利 用 者 の 利 便 性 向 上 の 促 進 成 果 指 標 国 際 線 就 航 路 線 数 平 成 29 年 度 20 路 線 国 内 航 空 路 線 の 充 実 に 向 けた 取 組 の 実 施 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 取 組 予 定 国 際 航 空 路 線 の 戦 略 的 な 誘 致 活 動 の 展 開 (1)(2)(6) ( 観 光 プロモーションや 経 済 文 化 交 流 事 業 等 との 連 携 による 誘 致 活 動 の 展 開 ) 26.4 月 に 東 南 アジアの 航 空 会 社 に 対 し 道 札 幌 市 の 観 光 部 局 と 連 携 し プレゼン テーションを 実 施 したほか 5 月 には 東 アジア 東 南 アジア オセアニアの 航 空 会 社 の 日 本 支 社 を 訪 問 し 路 線 開 設 について 意 見 交 換 を 実 施 26.8 月 成 長 著 しいASEAN 地 域 と 北 海 道 との 関 係 強 化 を 視 野 に 航 空 路 線 誘 致 海 外 観 光 客 の 誘 客 等 を 目 的 としたトップセールスを 実 施 知 事 がシンガポール 航 空 を 訪 問 し 定 期 便 就 航 を 要 請 したほか 現 地 大 手 旅 行 会 社 等 との 意 見 交 換 会 を 実 施 < 国 際 航 空 ネットワーク 形 成 推 進 事 業 費 8,515 千 円 > (アウトバウンド 需 要 の 拡 大 に 向 けた 取 組 の 展 開 ) 道 内 高 等 学 校 の 海 外 への 教 育 旅 行 の 促 進 を 図 るため 教 員 による 現 地 調 査 や 海 外 教 育 旅 行 の 現 状 把 握 課 題 整 理 を 目 的 としたアンケート 調 査 の 実 施 道 内 からの 直 行 便 就 航 先 地 などを 旅 行 先 としたモデルプランを 作 成 し 道 内 高 等 学 校 へ 配 布 するほか 道 内 4カ 所 ( 札 幌 函 館 旭 川 釧 路 )で 教 育 関 係 者 などを 対 象 とした 海 外 教 育 旅 行 セミナーを 実 施 < 道 内 空 港 を 利 用 した 海 外 教 育 旅 行 促 進 事 業 17,542 千 円 > 現 地 調 査 :7 月 下 旬 ~8 月 上 旬 台 湾 ハワイ マレーシア( 各 4 校 が 参 加 ) 道 内 空 港 からの 直 行 便 就 航 地 を 対 象 としたフォトコンテストを3 期 に 渡 って 実 施 する ほか Webによる 情 報 発 信 各 種 メディアを 活 用 した 路 線 PR 等 を 実 施 < 道 内 空 港 国 際 航 空 定 期 路 線 継 続 運 航 支 援 事 業 39,870 千 円 > -7-

9 ( 国 際 定 期 便 の 就 航 補 助 ) 道 内 空 港 に 新 たに 国 際 航 空 定 期 便 を 就 航 させる 航 空 会 社 への 支 援 を 実 施 < 国 際 航 空 定 期 便 就 航 促 進 事 業 費 補 助 金 141,250 千 円 > [26 年 度 の 状 況 ] ハワイアン 航 空 が 新 千 歳 -ホノルル 線 タイ 国 際 航 空 が 新 千 歳 -バンコク 線 をH24.10 月 に 就 航 しており 当 該 路 線 の 運 航 に 直 接 要 する 経 費 について 支 援 また 中 国 東 方 航 空 が 旭 川 - 上 海 線 及 び 旭 川 - 北 京 線 をH26.7 月 に 就 航 して おり 当 該 路 線 の 運 航 に 直 接 要 する 経 費 について 支 援 予 定 国 内 航 空 路 線 の 誘 致 利 用 促 進 等 (3)(4)(5) 地 域 における 需 要 傾 向 ( 動 向 )や 現 在 の 就 航 状 況 の 把 握 今 後 の 方 向 性 などについて 打 合 せを 行 うため 道 内 の 自 治 体 経 済 界 ( 商 工 会 議 所 商 工 会 ) 空 ビルなど 関 係 団 体 を 訪 問 (7~8 月 :5 地 域 10 月 ~:4 地 域 訪 問 予 定 ) 地 方 航 空 路 線 の 運 航 継 続 や 新 規 就 航 等 について 航 空 会 社 (8 月 :5 社 )や 旅 行 会 社 等 (8 月 :5 社 )と 打 合 せを 実 施 (H27.1 月 : 予 定 ) 道 東 3 空 港 を 活 用 した 旅 行 商 品 の 造 成 と 国 際 チャーター 便 の 誘 致 (7) 平 成 25 年 度 に 作 成 したリーフレット 等 を 活 用 し 道 東 3 空 港 への 新 規 就 航 やツアー 造 成 等 について 航 空 会 社 (8 月 :5 社 )や 旅 行 会 社 等 (8 月 :5 社 )と 打 合 せを 実 施 (27.1 月 予 定 ) 国 際 チャーター 便 の 誘 致 について 航 空 会 社 と 打 合 せを 実 施 (9 月 : 国 際 LCC1 社 ) 地 方 空 港 のCIQ 体 制 の 充 実 に 向 けた 国 への 要 請 (8) < 国 費 予 算 要 望 >(26.7 月 ) 道 内 各 空 港 のCIQ( 税 関 出 入 国 管 理 検 疫 ) 体 制 の 整 備 充 実 空 港 施 設 について 航 空 機 の 安 定 運 航 の 確 保 や 利 用 者 の 利 便 性 向 上 の 促 進 (9) 道 管 理 空 港 の 整 備 や 市 町 村 管 理 空 港 の 整 備 に 関 する 支 援 を 実 施 26 年 度 の 事 業 内 容 < 空 港 整 備 費 道 1,020,500 千 円 旭 川 市 217,200 千 円 > 女 満 別 空 港 の 誘 導 路 改 良 利 尻 空 港 中 標 津 空 港 の 照 明 施 設 更 新 など 帯 広 市 旭 川 市 の 空 港 整 備 事 業 函 館 市 の 騒 音 防 止 対 策 事 業 への 支 援 国 が25.9 月 に 策 定 した 空 港 内 の 施 設 の 維 持 管 理 指 針 を 踏 まえ 道 では26.4 月 に 維 持 管 理 更 新 計 画 を 策 定 したところであり これに 基 づき 計 画 的 に 維 持 管 理 を 行 うこととしている [ 国 管 理 空 港 等 の 整 備 の 状 況 ] 26 年 度 の 事 業 内 容 < 空 港 整 備 費 ( 当 初 )> 道 管 理 空 港 及 び 新 千 歳 空 港 除 く 新 千 歳 空 港 : 滑 走 路 改 良 ILS 双 方 向 化 無 線 施 設 整 備 照 明 施 設 整 備 耐 震 対 策 等 (3,387 百 万 円 ) 稚 内 空 港 : 無 線 施 設 整 備 照 明 施 設 整 備 等 (547 百 万 円 ) 釧 路 空 港 : 滑 走 路 改 良 無 線 施 設 整 備 等 (315 百 万 円 ) 函 館 空 港 : 滑 走 路 改 良 誘 導 路 改 良 無 線 施 設 整 備 照 明 施 設 整 備 耐 震 対 策 等 (1,878 百 万 円 ) 旭 川 空 港 :エプロン 改 良 無 線 施 設 整 備 照 明 施 設 整 備 等 (308 百 万 円 ) 帯 広 空 港 : 無 線 施 設 整 備 (15 百 万 円 ) 丘 珠 空 港 : 照 明 施 設 整 備 等 (45 百 万 円 ) -8-

10 成 果 課 題 今 後 の 取 組 方 向 [ 国 際 航 空 路 線 の 戦 略 的 な 誘 致 活 動 の 展 開 ] 26.7 月 中 国 東 方 航 空 が 旭 川 - 上 海 線 及 び 旭 川 - 北 京 線 の 定 期 航 空 路 線 を 開 設 したほか アシアナ 航 空 が 女 満 別 -ソウル 線 のチャーター 便 を3 往 復 (6 便 ) 運 航 (7/28~8/3)するなど 誘 致 活 動 の 成 果 が 見 られるが 今 後 も 地 方 空 港 への 誘 致 の 取 組 が 課 題 道 内 の 高 等 学 校 における 海 外 教 育 旅 行 は 全 国 平 均 より 低 い 状 況 にあり その 背 景 と して 現 地 での 研 修 メニュー 等 に 関 する 情 報 不 足 や 治 安 に 関 する 懸 念 などが 考 えられる ため 現 地 調 査 結 果 報 告 会 を 道 内 4 地 域 において 開 催 し 海 外 教 育 旅 行 の 理 解 の 深 度 化 を 図 る (27.1 月 道 南 道 央 道 北 道 東 で 開 催 予 定 ) [ 国 内 航 空 路 線 の 誘 致 利 用 促 進 等 ] 路 線 数 は 減 少 傾 向 で 推 移 (H25 年 度 52 路 線 )しているが 23 年 まで 減 少 傾 向 で 推 移 していた 道 内 空 港 の 利 用 者 数 は 24 年 度 から 増 加 に 転 じ 25 年 度 は20 年 度 の 水 準 まで 回 復 した (25 年 度 20,839 千 人 ) 改 正 航 空 法 の 施 行 (H12)に 伴 い 路 線 の 開 設 休 止 については 航 空 会 社 の 自 由 な 経 営 判 断 に 任 されているため 地 域 の 意 向 が 反 映 されない 恐 れがある 中 北 海 道 からのア ウトバンドを 拡 大 させ 双 方 向 での 需 要 拡 大 を 図 っていくことが 重 要 である 今 後 は 各 地 域 の 需 要 動 向 を 把 握 し 地 域 との 連 携 を 図 りながら 航 空 会 社 などに 対 して 路 線 の 誘 致 に 向 けた 積 極 的 なポートセールスに 取 り 組 んでいくとともに 関 係 自 治 体 経 済 界 航 空 会 社 などで 構 成 される 北 海 道 地 域 航 空 推 進 協 議 会 などと 連 携 し 利 用 促 進 に 向 けて 取 り 組 んでいく [ 地 方 空 港 のCIQ 体 制 の 充 実 ] 26.8 月 から 道 内 の 入 国 管 理 審 査 官 が6 名 増 員 ( 函 館 空 港 2 名 旭 川 空 港 4 名 ) 月 から 旭 川 空 港 の 入 国 管 理 体 制 が 出 張 所 の 新 設 により 強 化 される 予 定 道 内 空 港 への 国 際 定 期 便 及 び 国 際 チャーター 便 の 乗 り 入 れについては 一 部 を 除 き 近 隣 のCIQ 機 関 の 出 張 所 職 員 が 出 張 により 対 応 している 状 況 にあるが 限 られた 体 制 であることや 特 に 冬 期 間 における 交 通 事 情 などから すべての 乗 り 入 れ 希 望 に 対 して 十 分 に 対 応 できないことが 懸 念 されるため CIQ 機 関 の 更 なる 体 制 整 備 が 必 要 であるこ とから 引 き 続 き 国 に 対 し CIQ 体 制 の 整 備 充 実 を 要 請 していく [ 空 港 整 備 ] 空 港 施 設 の 機 能 保 持 に 必 要 となる 事 業 を 行 うことにより 航 空 機 の 安 全 安 定 運 航 が 確 保 されることから 今 後 とも 維 持 管 理 更 新 計 画 に 基 づき 必 要 な 事 業 を 実 施 し ていく 本 道 経 済 の 活 性 化 や 道 民 の 安 心 安 全 を 確 保 するために 必 要 不 可 欠 な 道 内 外 航 空 ネッ トワークを 支 える 空 港 基 本 施 設 の 維 持 整 備 は 欠 かすことのできない 交 通 インフラであ るが 空 港 整 備 予 算 については 減 少 傾 向 が 続 いており 引 き 続 き 国 に 対 し 道 内 空 港 の 整 備 予 算 の 確 保 を 要 請 していくとともに 十 分 な 除 雪 体 制 や 消 防 力 の 確 保 など 航 空 機 の 定 時 性 や 安 全 性 の 向 上 に 資 する 空 港 の 運 営 経 費 についても 国 へ 支 援 制 度 等 の 創 設 を 要 望 していく -9-

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿 (3) 観 光 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 課 題 本 県 への 観 光 のための 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 空 路 陸 路 及 び 海 路 は 震 災 後 地 震 被 害 津 波 被 害 に 加 え 原 発 事 故 被 害 と 風 評 被 害 により 現 在 においても 休 止 不 通 等 の 障 害 が 生 じており 本 県 観 光 利 用 状 況 の 復

More information

Microsoft PowerPoint - 110201 説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 110201 説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード] 別 紙 3 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 について 注 意 本 資 料 で 説 明 する 内 容 は 平 成 23 年 1 月 末 時 点 のものであって 今 後 の 調 整 等 により 変 更 がありうる 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 交 通 計 画 課 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 ~ 生 活 交 通 サバイバル 戦 略 ~( 新 規

More information

(部局運営プログラム(仮称)の様式例)

(部局運営プログラム(仮称)の様式例) < 総 括 表 > 平 成 27 年 度 商 工 労 働 観 光 部 観 光 経 済 交 流 局 運 営 プログラム 基 本 的 考 え 方 今 年 度 は おもてなし 山 形 県 観 光 計 画 のスタート 初 年 度 であり 観 光 立 県 山 形 の 実 現 に 向 けて 計 画 に 掲 げる 施 策 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 展 開 し 観 光 に よる 交 流 人 口 の 着

More information

Ⅰ. 提 案 事 項 1. 国 では 空 港 が 地 域 活 性 化 に 果 たす 役 割 に 着 目 し 空 港 の 上 下 一 体 化 による 民 間 委 託 を 進 めている 上 下 一 体 化 を 通 じた 空 港 の 民 間 委 託 により 着 陸 料 の 低 下 や 空 港 ビル 経 営

Ⅰ. 提 案 事 項 1. 国 では 空 港 が 地 域 活 性 化 に 果 たす 役 割 に 着 目 し 空 港 の 上 下 一 体 化 による 民 間 委 託 を 進 めている 上 下 一 体 化 を 通 じた 空 港 の 民 間 委 託 により 着 陸 料 の 低 下 や 空 港 ビル 経 営 道 内 空 港 の 民 間 委 託 の 方 向 性 について 平 成 28 年 3 月 北 海 道 経 済 連 合 会 Ⅰ. 提 案 事 項 1. 国 では 空 港 が 地 域 活 性 化 に 果 たす 役 割 に 着 目 し 空 港 の 上 下 一 体 化 による 民 間 委 託 を 進 めている 上 下 一 体 化 を 通 じた 空 港 の 民 間 委 託 により 着 陸 料 の 低 下 や 空

More information

目 次 1. 事 業 の 概 要... 1 2. 社 会 経 済 情 勢 の 変 化... 5 3. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化... 8 4. 事 業 の 効 果 の 発 現 状 況... 9 5. 今 後 の 事 業 評 価 の 必 要 性 等.

目 次 1. 事 業 の 概 要... 1 2. 社 会 経 済 情 勢 の 変 化... 5 3. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化... 8 4. 事 業 の 効 果 の 発 現 状 況... 9 5. 今 後 の 事 業 評 価 の 必 要 性 等. 資 料 3-3(1) どうおうけんれんらく 道 央 圏 連 絡 道 路 ( 一 般 国 道 337 号 ) しん 新 ちとせ 千 歳 空 港 関 連 事 後 評 価 結 果 準 備 書 説 明 資 料 平 成 27 年 度 北 海 道 開 発 局 目 次 1. 事 業 の 概 要... 1 2. 社 会 経 済 情 勢 の 変 化... 5 3. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった

More information

行政機関ガイド北海道(防衛省)

行政機関ガイド北海道(防衛省) 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

Microsoft PowerPoint - 【本番資料】IR決算説明会(H26-4Q)【No20】.pptx

Microsoft PowerPoint - 【本番資料】IR決算説明会(H26-4Q)【No20】.pptx 決 算 説 明 会 東 証 第 一 部 コード:9009 目 次 1 経 営 概 況 2 京 成 グループの 取 り 組 み 3 連 結 決 算 4 2016 年 3 月 期 連 結 業 績 予 想 5 連 結 業 績 の 推 移 6 参 考 資 料 連 結 決 算 E2プランの 各 数 値 目 標 に1 年 前 倒 しで 到 達 有 利 子 負 債 残 高 にはリース 債 務 を 含 む EBITDA

More information

内    閣

内    閣 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特 平 成 26 年 度 公 益 社 団 法 人 鹿 児 島 県 観 光 連 盟 事 業 計 画 書 Ⅰ 公 1 事 業 1 観 光 客 の 誘 致 促 進 に 関 する 事 業 本 事 業 は 会 員 非 会 員 を 問 わず 不 特 定 多 数 の 観 光 客 等 に 対 し 県 内 各 地 の 観 光 スポ ットや 旬 のイベントなどを 広 く 情 報 発 信 するほか 国 内 外 の 旅 行 会

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

Microsoft Word - A都市マス本編.doc

Microsoft Word - A都市マス本編.doc 5-3 交 通 体 系 の 方 針 1) 現 状 と 課 題 (1) 道 路 交 通 1 幹 線 道 路 幹 線 道 路 網 は 周 辺 市 町 との 広 域 連 携 を 担 う 一 般 国 道 11 号 32 号 438 号 さぬき 浜 街 道 を 中 心 に 市 内 各 地 の 連 絡 を 担 う 主 要 地 方 道 一 般 県 道 及 び 主 要 な 市 道 により 概 ね 格 子 状 に 道

More information

<92B79387926E88E68CF68BA48CF092CA918D8D8798418C678C7689E6313030343037814096DA8E9F2E786477>

<92B79387926E88E68CF68BA48CF092CA918D8D8798418C678C7689E6313030343037814096DA8E9F2E786477> Ⅳ 地 域 公 共 交 通 連 携 計 画 の 区 域 この 計 画 では 獅 子 島 航 路 で 結 ばれた 3 市 町 を 事 業 実 施 の 区 域 とし 長 島 町 を 中 心 に 天 草 市 及 び 水 俣 市 との 連 携 のもとで 事 業 を 推 進 する 対 象 区 域 35 Ⅴ 地 域 公 共 交 通 連 携 計 画 の 目 標 基 本 方 針 に 沿 って 具 体 的 な 事 業

More information

スライド 1

スライド 1 原 子 力 災 害 による 風 評 被 害 を 含 む 影 響 への 対 策 国 土 交 通 省 観 光 庁 目 次 1. 福 島 県 における 観 光 関 連 復 興 支 援 事 業 2. 福 島 県 教 育 旅 行 再 生 事 業 実 績 と 課 題 3. 福 島 県 観 光 戦 略 会 議 4. 東 北 地 域 観 光 復 興 対 策 事 業 5. 訪 日 旅 行 促 進 事 業 (ビジット

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0 して 活 気 のある 魅 力 的 なまちづくりを 推 進 することで 交 流 人 口 の 拡 大 を 図 る (ア) 現 況 と 問 題 点 Ⅰ( 国 道 県 道 及 び 市 道 ) 本 市 の 主 要 道 路 は 諫 早 方 面 から 一 般 国 道 57 号 が 島 原 半 島 の 西 岸 を 経 て 小 浜 雲 仙 から 島 原 市 に 至 り 市 域 の 東 岸 には 一 般 国 道 251

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国 DBJ 北 海 道 支 店 経 済 ミニレポートNo.17 2014/11 アジア8 地 域 北 海 道 観 光 に 関 する 訪 日 外 国 人 の 意 向 調 査 ( 平 成 26 年 版 ) ~ 引 き 続 き 北 海 道 ブランドの 価 値 は 高 く 国 内 トップクラス~ 1. 日 本 政 策 投 資 銀 行 は 2014 年 9 月 昨 年 に 引 き 続 きアジア8 地 域 ( 韓

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378> 資 料 3 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム - 最 終 取 りまとめ - 平 成 24 年 1 月 目 次 1. 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム の 設 置 趣 旨 1 2. 検 討 に 当 たっての 前 提 条 件 2

More information

<4D F736F F F696E74202D AAE90AC94C5817A95CA8DFB D C E FC8D65817A2E >

<4D F736F F F696E74202D AAE90AC94C5817A95CA8DFB D C E FC8D65817A2E > 2013 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 説 明 会 京 成 グループ 中 期 経 営 計 画 E1プラン の 進 捗 状 況 について 別 冊 資 料 2012 年 11 月 9 日 目 次 E1プラン(2011 年 3 月 期 ~2013 年 3 月 期 )の 進 捗 状 況 別 冊 資 料 1. 中 期 経 営 計 画 E1プラン 2. 京 成 グループ 連 結 対 象 会 社 3.

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

2016/8/3 自 動 車 局 環 境 政 策 地 域 交 通 グリーン 化 事 業 の 公 募 について~バス タクシー トラックにおける 電 気 自 動 車 の 導 入 を 支 援 します~ 2016/8/3 航 空 局 交 通 管 制 部 交 通 管 制 企 画 交 通 管 制 部 の 所

2016/8/3 自 動 車 局 環 境 政 策 地 域 交 通 グリーン 化 事 業 の 公 募 について~バス タクシー トラックにおける 電 気 自 動 車 の 導 入 を 支 援 します~ 2016/8/3 航 空 局 交 通 管 制 部 交 通 管 制 企 画 交 通 管 制 部 の 所 発 表 年 月 日 担 当 部 局 件 名 2016/8/1 総 合 政 策 局 国 際 物 流 第 6 回 日 中 韓 物 流 大 臣 会 合 の 開 催 結 果 について 2016/8/1 水 管 理 国 土 保 全 局 河 川 計 画 第 36 回 今 後 の 治 水 対 策 のあり 方 に 関 する 有 識 者 会 議 の 開 催 について 2016/8/1 海 事 局 総 務 等 2016/8/1

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095E291AB90E096BE8E9197BF>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095E291AB90E096BE8E9197BF> 交 通 基 本 法 と 生 活 交 通 サバイバル 戦 略 で 元 気 な 日 本 の 復 活 を 支 えます! 我 が 国 の 経 済 成 長 を 支 える 交 通 のあり 方 地 域 社 会 の 活 性 化 を 支 える 交 通 のあり 方 それぞれの 特 長 を 活 か した 総 合 的 な 交 通 体 系 交 通 基 本 法 まちづくりと 一 体 的 な 交 通 のあり 方 地 域 公 共

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 北 海 道 に 津 波 被 害 をもたらす 想 定 地 震 の 再 検 討 ワーキンググループ 平 成 24 年 度 日 本 海 沿 岸 の 津 波 浸 水 想 定 の 点 検 見 直 し 報 告 書 平 成 25 年 3 月 平 成 24 年 度 報 告 にあたって 北 海 道 防 災 会 議 地 震 専 門 委 員 会 では 北 海 道 より 諮 問 を 受 け 東 北 地 方 太 平 洋 沖

More information

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり 平 成 22 年 度 総 務 常 任 委 員 会 県 外 行 政 視 察 報 告 書 1 期 日 : 平 成 22 年 5 月 10 日 ( 月 )~5 月 12 日 ( 水 ) 2 視 察 地 : 北 海 道 千 歳 市 5 月 10 日 北 海 道 苫 小 牧 市 5 月 11 日 北 海 道 札 幌 市 5 月 12 日 3 視 察 者 総 務 常 任 委 員 会 委 員 長 平 山 五 郎

More information

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港 平 成 16 年 9 月 公 明 党 代 表 神 崎 武 法 殿 要 望 書 宮 城 県 商 工 会 議 所 連 合 会 会 長 村 松 巖 要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832362E31302E323720283129959F89AA8BF38D6082CC96AF8AD488CF91F582C982C282A282C48179967B95D2817A816988C4816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832362E31302E323720283129959F89AA8BF38D6082CC96AF8AD488CF91F582C982C282A282C48179967B95D2817A816988C4816A2E646F6378> 福 岡 空 港 の 民 間 委 託 について( 案 ) 福 岡 空 港 運 営 検 討 協 議 会 平 成 26 年 10 月 1 福 岡 空 港 の 現 状 について (1) 空 港 の 概 要 1 (2) 就 航 路 線 利 用 状 況 3 (3) 福 岡 空 港 の 需 要 予 測 及 び 滑 走 路 処 理 容 量 について 5 (4) 福 岡 空 港 の 整 備 ( 滑 走 路 増 設

More information

資 料 編 目 次 資 料 1 防 災 関 係 機 関 連 絡 先 一 覧 資 - 1 資 料 2 増 毛 町 防 災 会 議 条 例 資 - 4 資 料 3 増 毛 町 災 害 対 策 本 部 条 例 資 - 5 資 料 4 増 毛 町 防 災 行 政 無 線 放 送 施 設 の 設 置 及 び

資 料 編 目 次 資 料 1 防 災 関 係 機 関 連 絡 先 一 覧 資 - 1 資 料 2 増 毛 町 防 災 会 議 条 例 資 - 4 資 料 3 増 毛 町 災 害 対 策 本 部 条 例 資 - 5 資 料 4 増 毛 町 防 災 行 政 無 線 放 送 施 設 の 設 置 及 び 資 料 編 資 料 編 目 次 資 料 1 防 災 関 係 機 関 連 絡 先 一 覧 資 - 1 資 料 2 増 毛 町 防 災 会 議 条 例 資 - 4 資 料 3 増 毛 町 災 害 対 策 本 部 条 例 資 - 5 資 料 4 増 毛 町 防 災 行 政 無 線 放 送 施 設 の 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 資 - 6 資 料 5 災 害 時 における 北 海 道 及

More information

01公示

01公示 平 成 28 年 7 月 8 日 中 国 運 輸 局 観 光 部 長 木 嶋 淳 企 画 競 争 実 施 の 公 示 次 のとおり 企 画 提 案 書 の 提 出 をお 願 いします 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 及 び 概 要 平 成 27 年 度 補 正 広 域 観 光 周 遊 ルート 緊 急 形 成 促 進 事 業 美 食 展 出 展 事 業 ( 台 湾 ) (2) 業 務 内 容

More information

夕 張 市 相 談 支 援 やコーディネート 機 能 充 実 のための 人 員 人 材 予 算 の 確 保 岩 見 沢 市 基 幹 相 談 支 援 センターの 設 置 と 障 害 者 相 談 支 援 に 携 わる 人 員 の 確 保 美 唄 市 三 笠 市 相 談 支 援 機 能 と 居 住 支 援

夕 張 市 相 談 支 援 やコーディネート 機 能 充 実 のための 人 員 人 材 予 算 の 確 保 岩 見 沢 市 基 幹 相 談 支 援 センターの 設 置 と 障 害 者 相 談 支 援 に 携 わる 人 員 の 確 保 美 唄 市 三 笠 市 相 談 支 援 機 能 と 居 住 支 援 圏 域 南 渡 島 市 町 村 名 函 館 市 北 斗 市 松 前 町 福 島 町 知 内 町 木 古 内 町 七 飯 町 市 町 村 別 地 域 生 活 支 援 拠 点 を 整 備 するための 課 居 住 支 援 機 能 及 び 地 域 包 括 支 援 機 能 のいずれも 受 け 入 れ 出 来 る 施 設 が 町 内 にないことが 課 指 定 特 定 相 談 支 援 事 業 所 については 今

More information

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について 2013 年 9 月 13 日 日 本 銀 行 福 岡 支 店 Bank of Japan Fukuoka Branch 金 融 経 済 トピックス 福 岡 県 を 訪 れる 外 国 人 観 光 客 の 特 徴 について 当 資 料 は 当 店 ホームページに 掲 載 しています http://www3.boj.or.jp/fukuoka/ < 内 容 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > 日

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874391E6825289F1926E88E6836F83588CF092CA8A8890AB89BB835A837E8369815B8E9197BF8F57816990BC9353816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874391E6825289F1926E88E6836F83588CF092CA8A8890AB89BB835A837E8369815B8E9197BF8F57816990BC9353816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 平 成 26 年 2 月 18 日 ( 火 ) 乗 合 バス 事 業 の 概 要 単 体 ( 西 日 本 鉄 道 のみ) 車 両 保 有 台 数 1,861 台 (H25.3.31 現 在 ) 輸 送 人 員 約 1.82 億 人 (1 日 当 たり49.8 万 人 ) 実 車 走 行 キロ 約 97 百 万 キロ(1 日 当 たり266 千 キロ 地 球 約 6 周 半 分 ) 連 結 ( 西 鉄

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取

Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取 資 料 1 地 方 航 空 路 線 活 性 化 プログラムに 係 る 効 果 検 証 に 関 する 懇 談 会 発 表 資 料 平 成 27 年 12 月 11 日 山 形 空 港 利 用 拡 大 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 : 山 形 県 ) 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 (フジドリームエアラインズ) プロジェクト 名 発 着 両 側 の 分 野 別 連 携 体 制 の 構 築

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

<819B313381408E9197BF342D3120208AEE91628EA98EA191CC814593B9957B8CA7939982C682CC98418C678E9697E12E786C73>

<819B313381408E9197BF342D3120208AEE91628EA98EA191CC814593B9957B8CA7939982C682CC98418C678E9697E12E786C73> 資 料 4-1 基 礎 自 治 体 道 府 県 等 との 連 携 の 事 例 ~ 各 市 における 特 徴 的 な 事 例 ~ 都 市 名 連 携 事 務 連 携 相 手 方 内 容 札 幌 市 札 幌 市 札 幌 市 仙 台 市 仙 台 市 仙 台 市 札 幌 広 域 圏 組 合 北 海 道 内 都 市 経 済 活 性 化 会 議 さっぽろ 圏 地 産 地 消 推 進 委 員 会 仙 台 都 市

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

函 館 ~ 青 森 新 青 森 間 特 急 スーパー 白 鳥 白 鳥 の 時 刻 を 変 更 します 東 北 新 幹 線 の 新 青 森 駅 時 刻 の 変 更 に 合 わせて 一 部 特 急 スーパー 白 鳥 白 鳥 と 急 行 はま なす 青 森 ~ 函 館 間 の 時 刻 を 変 更 します

函 館 ~ 青 森 新 青 森 間 特 急 スーパー 白 鳥 白 鳥 の 時 刻 を 変 更 します 東 北 新 幹 線 の 新 青 森 駅 時 刻 の 変 更 に 合 わせて 一 部 特 急 スーパー 白 鳥 白 鳥 と 急 行 はま なす 青 森 ~ 函 館 間 の 時 刻 を 変 更 します 平 成 25 年 12 月 20 日 平 成 26 年 3 月 ダイヤ 改 正 について 平 成 25 年 11 月 1 日 ( 金 )から 実 施 しております メンテナンス 体 制 強 化 に 向 けたダイヤ ダイヤの 変 更 によ り ご 利 用 のお 客 様 にご 不 便 ご 迷 惑 をお 掛 けしておりますことを 深 くお 詫 び 申 し 上 げます JR 北 海 道 では 平 成 26

More information

九 州 新 幹 線 ( 博 多 新 八 代 間 ) 事 業 に 関 する 事 後 評 価 報 告 書 平 成 28 年 3 月 独 立 行 政 法 人 鉄 道 運 輸 機 構 はじめに 九 州 新 幹 線 鹿 児 島 ルートは 昭 和 47 年 6 月 基 本 計 画 の 決 定 翌 年 11 月 整 備 計 画 の 決 定 以 来 国 鉄 改 革 や 整 備 新 幹 線 の 一 時 凍 結 など

More information

目 次 1.エイトライナー 導 入 促 進 2. 鉄 道 交 通 3.バス 交 通 1-1 背 景 と 目 的 -1 1-2 調 査 内 容 -1 1-3 東 京 都 の 動 き 及 び 運 輸 政 策 審 議 会 答 申 -1 1-4 今 後 の 進 め 方 -2 2-1 鉄 道 の 現 況 等

目 次 1.エイトライナー 導 入 促 進 2. 鉄 道 交 通 3.バス 交 通 1-1 背 景 と 目 的 -1 1-2 調 査 内 容 -1 1-3 東 京 都 の 動 き 及 び 運 輸 政 策 審 議 会 答 申 -1 1-4 今 後 の 進 め 方 -2 2-1 鉄 道 の 現 況 等 公 共 交 通 機 関 対 策 等 特 別 委 員 会 資 料 平 成 26 年 5 月 29 日 世 田 谷 区 における 公 共 交 通 について 交 通 政 策 担 当 部 交 通 政 策 課 鉄 道 立 体 街 づくり 調 整 担 当 課 目 次 1.エイトライナー 導 入 促 進 2. 鉄 道 交 通 3.バス 交 通 1-1 背 景 と 目 的 -1 1-2 調 査 内 容 -1 1-3

More information

資料3-2基本計画実施状況(案) 5.生活環境 1/3

資料3-2基本計画実施状況(案) 5.生活環境 1/3 5. 生 活 環 境 (1) 住 宅 の 確 保 5-(1)-1 公 営 住 宅 を 新 たに 整 備 する 際 にはバリアフリー 対 応 を 原 則 とするとともに, 既 存 の 公 営 住 宅 のバリアフリー 化 改 修 を 促 進 し, 障 害 者 向 けの 公 共 賃 貸 住 宅 の 供 給 を 推 進 する ま た, 障 害 者 に 対 する 優 先 入 居 の 実 施 や 単 身 入 居

More information

平成16年度事業報告(案)

平成16年度事業報告(案) 平 成 27 年 度 事 業 報 告 我 が 国 経 済 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが 見 られるもの の 緩 やかな 回 復 基 調 にあるとされております こうした 中 職 業 別 有 効 求 人 倍 率 での 自 動 車 運 転 者 倍 率 は3 月 実 績 で2.25 倍 と 2 倍 を 超 える 状 況 にあり 長 距 離 運

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63> 首 都 圏 の 空 港 に 関 する 企 業 へのアンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 18 年 8 月 横 浜 市 目 次 調 査 の 概 要... 2 調 査 結 果 ( 要 旨 )... 3 アンケートの 集 計 結 果... 12 1 回 答 企 業 の 属 性... 12 1) 業 種 別... 12 2) 所 在 地 別... 13 3) 資 本 金 規 模 別...

More information

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A>

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A> 浦 河 町 津 波 避 難 計 画 平 成 26 年 2 月 第 1 章 総 則 1 目 的 この 計 画 は 津 波 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 恐 れがある 場 合 の 津 波 災 害 に 対 し 住 民 の 命 を 守 る ことを 最 優 先 した ソフト 面 の 対 策 を 充 実 させるため 地 震 津 波 発 生 直 後 か ら 津 波 が 終 息 するまでの 概 ね

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030354832372E352E323781408CA7918D89EF90E096BE8E9197BF205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030354832372E352E323781408CA7918D89EF90E096BE8E9197BF205B8CDD8AB78382815B83685D> リニア 中 央 平 新 幹 線 の 現 状 について 奈 良 成 県 27 県 年 土 マネジメント 5 月 27 日 部 ポイント1 ポイント2 ポイント3 中 基 沿 央 本 線 新 計 県 幹 画 が 線 地 整 は 元 備 市 計 町 全 奈 画 村 国 良 において 新 市 取 幹 附 りまとめ 線 近 鉄 が 道 主 整 要 備 な 法 経 に 過 基 地 づき と 決 整 定 備 ポイント4

More information

第1回 河内長野市地域公共交通会議

第1回 河内長野市地域公共交通会議 平 成 24 年 度 第 15 回 河 内 長 野 市 地 域 公 共 交 通 会 議 次 第 日 時 平 成 24 年 10 月 24 日 ( 水 ) 午 後 3 時 30 分 から 場 所 河 内 長 野 市 役 所 602 会 議 室 1. 開 会 2. 議 題 (1) 第 2 期 河 内 長 野 市 地 域 公 共 交 通 総 合 連 携 計 画 ( 案 )に 対 する パブリックコメントの

More information

2012年4月 日本政府観光局(JNTO)

2012年4月 日本政府観光局(JNTO) PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 26 年 5 月 23 日 理 事 長 松 山 良 一 中 国 旅 行 会 社

More information

鉄 軌 道 をめぐる 現 状 自 家 用 自 動 車 の 普 及 により 公 共 交 通 の 維 持 が 困 難 になるなど 地 域 公 共 交 通 を 巡 る 環 境 は 危 機 的 な 状 況 公 共 交 通 サービスの 低 下 地 方 都 市 過 疎 地 域 における 交 通 空 白 地 帯

鉄 軌 道 をめぐる 現 状 自 家 用 自 動 車 の 普 及 により 公 共 交 通 の 維 持 が 困 難 になるなど 地 域 公 共 交 通 を 巡 る 環 境 は 危 機 的 な 状 況 公 共 交 通 サービスの 低 下 地 方 都 市 過 疎 地 域 における 交 通 空 白 地 帯 6/26 地 方 鉄 道 活 性 化 再 生 に 関 する 研 修 会 地 域 公 共 交 通 活 性 化 再 生 総 合 事 業 の 実 務 のポイント 法 定 協 議 会 の 立 上 げ~ 調 査 実 施 計 画 の 申 請 まで 中 部 運 輸 局 企 画 観 光 部 交 通 企 画 課 長 栗 原 弥 生 鉄 軌 道 をめぐる 現 状 自 家 用 自 動 車 の 普 及 により 公 共 交

More information

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉 堺 泉 北 港 港 湾 計 画 一 部 変 更 ( 前 回 改 訂 : 平 成 18 年 2 月 目 標 年 次 : 平 成 20 年 代 後 半 ) 港 湾 管 理 者 : 大 阪 府 平 成 27 年 3 月 10 日 交 通 政 策 審 議 会 第 59 回 港 湾 分 科 会 資 料 5 堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 28 日 上 場 会 社 名 京 成 電 鉄 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 9009 URL http://www.keisei.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 三 枝 紀 生 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

① 報 告 事 項 平 成 2 6 年 度 事 業 計 画 当 連 盟 では 平 成 27 年 春 の 北 陸 新 幹 線 の 開 業 や 同 年 秋 のJR 北 陸 三 県 等 と 連 携 した 北 陸 デスティネーションキャンペーン の 実 施 を 見 据 え 今 年 秋 に 本 県 で 開 催 される 全 国 販 売 促 進 会 議 に 向 けて 諸 準 備 を 進 めるとともに 県 や 市 町

More information

第2回基幹的交通システム部会_資料1

第2回基幹的交通システム部会_資料1 (8) 都 市 空 間 の 魅 力 と 基 幹 的 交 通 システムのデザイン 性 が 相 まって 魅 力 的 な 都 市 空 間 の 形 成 に 寄 与 できるルート を 選 定 する 銀 座 地 区 では 銀 座 の 個 性 的 な 景 観 や 空 間 を 考 慮 し 銀 座 らしさを 演 出 し ヒューマンスケールの 都 市 空 間 形 成 に 寄 与 できるルートを 選 定 する 特 に 銀

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

わが国におけるLCCの台頭と 空港政策

わが国におけるLCCの台頭と 空港政策 平 成 27 年 度 国 総 研 講 演 会 資 料 航 空 市 場 の 環 境 変 化 と 需 要 予 測 手 法 の 研 究 動 向 平 成 27 年 12 月 3 日 空 港 研 究 部 長 谷 川 勇 二 首 都 圏 空 港 利 用 者 数 の 推 移 日 本 の 実 質 GDPの 推 移 [ 単 位 :1 兆 円 ] 600 500 400 300 200 100 実 質 GDPの 推 移

More information

2016年3月ダイヤ改正について

2016年3月ダイヤ改正について 2015 年 12 月 18 日 東 日 本 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 2016 年 月 ダイヤ 改 正 について JR 東 日 本 では 2016 年 月 に 海 道 幹 線 函 館 斗 開 業 首 都 圏 在 来 線 の 混 雑 緩 和 と 利 便 性 向 を 中 心 としたダイヤ 改 正 を 実 施 します このたび ダイヤ 改 正 の 詳 細 がまとまりましたので お 知 らせします

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

様式1 全体(観光交流局)

様式1 全体(観光交流局) ( 様 式 1: 総 括 表 ) 平 成 22 年 度 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 運 営 プログラム 平 成 22 年 度 における 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 の 運 営 については 以 下 のとおりとする 1 重 点 施 策 及 び 目 標 の 一 覧 施 策 番 号 重 点 施 策 の 名 称 重 点 施 策 の 目 標 1 魅 力 溢 れる 観 光 交 流 山 形

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

資料3

資料3 1 第 2 回 那 覇 空 港 技 術 検 討 委 員 会 資 料 3 費 用 便 益 分 析 の 手 法 平 成 20 年 10 月 24 日 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 2 費 用 便 益 分 析 の 実 施 方 針 費 用 便 益 分 析 は 空 港 整 備 事 業 の 費 用 対 効 果 分 析 マニュアルVer.4 ( 国 土 交 通 省 航 空 局, 平 成 18 年 3 月

More information

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 ( 一 部 改 訂 平 成 27 年 3 月 ) 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地

More information

2016 年 3 月 開 業 予 定 新 函 館 北 斗 駅 - 東 京 駅 最 短 4 時 間 10 分 2035 年 度 札 幌 延 伸 (5 年 前 倒 しで 2030 年 開 業 も) 新 函 館 北 斗 駅 - 札 幌 駅 最 短 で50 分 札 幌 から 東 京 まで4 時 間 40 分

2016 年 3 月 開 業 予 定 新 函 館 北 斗 駅 - 東 京 駅 最 短 4 時 間 10 分 2035 年 度 札 幌 延 伸 (5 年 前 倒 しで 2030 年 開 業 も) 新 函 館 北 斗 駅 - 札 幌 駅 最 短 で50 分 札 幌 から 東 京 まで4 時 間 40 分 フィールド 実 践 (8) 北 海 道 新 幹 線 開 業 の 事 前 調 査 2014 年 10 月 6 日 ( 月 ) 7 7 日 ( 火 ) 8 8 日 ( 水 ) メンバー: 大 馬 悠 平 角 裕 一 郎 川 原 木 敬 太 小 西 悠 太 佐 藤 有 我 進 藤 巧 夢 中 川 公 平 成 田 隆 明 野 村 伊 吹 馬 渡 泰 匡 柳 岡 稜 剣 担 当 教 員 : 赤 羽 幸 雄 1.

More information

1 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 (1) 道 内 経 済 への 影 響 対 策 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 消 費 者 マインドの 悪 化 や 生 産 活 動 が 低 下 し たほか 原 発 事 故 の 風 評 被 害 による 道 産 品 輸 出 の 低

1 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 (1) 道 内 経 済 への 影 響 対 策 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 消 費 者 マインドの 悪 化 や 生 産 活 動 が 低 下 し たほか 原 発 事 故 の 風 評 被 害 による 道 産 品 輸 出 の 低 Ⅱ 自 立 型 経 済 産 業 構 造 に 向 けた 施 策 展 開 本 道 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 組 に 当 たっては 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 と 人 々の 生 活 を 支 える 力 強 い 地 域 経 済 づくり 本 道 経 済 の 成 長 力 強 化 に 向 けた 取 組 の 推 進 を 柱 に 施 策 を 展 開 する < 施 策 の 柱

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

平成19年度 新駅・基幹交通網整備促進特別委員会行政視察

平成19年度 新駅・基幹交通網整備促進特別委員会行政視察 平 成 22 年 度 空 港 対 策 特 別 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 1. 視 察 日 程 平 成 22 年 10 月 6 日 ( 水 )~10 月 8 日 ( 金 ) 2. 視 察 先 及 び 視 察 内 容 (1) 静 岡 空 港 地 元 企 業 の 航 空 事 業 への 参 入 やその 運 用 状 況 また 空 港 利 用 促 進 対 策 ついて (2) 福 岡 空 港 福 岡

More information

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796 -5833 FAX.03-5796 -5848 http://jtb 2013 年 第 109 号 (2013.12. 4) 年 末 年 始 (2013 年 12 月 23 日 ~2014 年 1 月 3 日 )の 旅 行 動 向 国 内 旅 行 海 外 旅 行 共 に 過 去 最 高 国

More information

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29 都 市 再 生 整 備 計 画 て つ ど う みなと つ る が 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) ふ く い つ る が 福 井 県 敦 賀 市 平 成 25 年 1 月 様 式 は A4 長 辺 側 を 2 箇 所 ホチキス 留 めすること 様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る

More information

Taro-03逶ョ谺。[1].jtd

Taro-03逶ョ谺。[1].jtd 労 働 相 談 ホットライン( 北 海 道 ) 北 海 道 では 労 働 条 件 その 他 様 々な 労 働 問 題 でお 困 りの 皆 さんからの 相 談 を フリー ダイヤル 電 話 でお 受 けしています 相 談 は 無 料 です フリーダイヤル < 月 ~ 金 曜 日 > 17:00~20:00 いずれも 祝 日 12 月 29 日 ~1 月 3 日 を 除 く < 土 曜 日 >13:00~16:00

More information

都市計画道路の見直しについて

都市計画道路の見直しについて 連 絡 1 都 市 計 画 区 域 の 検 討 について 1 上 越 市 の 都 市 計 画 区 域 現 在 市 内 には 上 越 都 市 計 画 区 域 柿 崎 都 市 計 画 区 域 妙 高 都 市 計 画 区 域 の 異 なる3つの 都 市 計 画 区 域 を 定 めており それぞれ 以 下 のとおり 土 地 利 用 建 築 に 関 する 開 発 規 制 内 容 が 異 なる 上 越 都 市

More information

Microsoft Word - ①沿線説明会資料

Microsoft Word - ①沿線説明会資料 平 成 28 年 3 月 26 日 から 北 海 道 新 幹 線 の 開 業 と 共 に 北 海 道 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 (JR 北 海 道 )の 江 差 線 ( 木 古 内 ~ 五 稜 郭 間 37.8km)が 経 営 分 離 され 道 南 いさりび 鉄 道 がスタートします 今 後 ともご 愛 顧 のほど よろしくお 願 い 申 し 上 げます 平 成 28 年 3 月 26 日 (

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

国 土 交 通 省 東 京 航 空 局 新 千 歳 空 港 事 務 所 新 千 歳 空 港 事 務 所 業 務 継 続 計 画 の 策 定 地 震 災 害 時 の 首 都 中 枢 機 関 の 機 能 継 続 を 確 保 するため 平 成 19 年 6 月 に 国 土 交 通 省 において 国 土 交

国 土 交 通 省 東 京 航 空 局 新 千 歳 空 港 事 務 所 新 千 歳 空 港 事 務 所 業 務 継 続 計 画 の 策 定 地 震 災 害 時 の 首 都 中 枢 機 関 の 機 能 継 続 を 確 保 するため 平 成 19 年 6 月 に 国 土 交 通 省 において 国 土 交 防 災 対 策 強 化 の 新 たな 取 組 について 参 考 資 料 北 海 道 開 発 局 津 波 対 策 の 推 進 学 識 経 験 者 等 から 構 成 される 津 波 対 策 検 討 委 員 会 を 設 置 し 技 術 的 専 門 的 な 見 地 から 助 言 を 受 け ながら 今 後 の 津 波 対 策 について 検 討 を 行 い 津 波 対 策 ビジョンを 取 りまとめた 特 に

More information

3 / 5 1

3 / 5 1 第 3 回 埼 玉 県 道 路 メンテナンス 会 議 日 時 : 平 成 27 年 1 月 13 日 ( 火 ) 13:30~15:30 場 所 : 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 5 階 大 研 修 室 5A 議 事 次 第 1. 開 会 2. 挨 拶 3. 議 事 (1)これまでの 動 き 資 料 -1 (2) 道 路 インフラの 老 朽 化 対 策 に 関 するアンケート 追

More information

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通 都 市 建 設 委 員 会 資 料 平 成 26 年 9 月 30 日 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 エイトライナー 促 進 協 議 会 の 実 施 結 果 について 1 これまでの 協 議 会 の 活 動 平 成 6 年 度 エイトライナー 促 進 協 議 会 設 立 平 成 10~16 年 度 エイトライナー メトロセブン 合 同 促 進 大 会 を 実 施 平 成 11 年 度 運

More information

富 山 きときと 空 港 活 性 化 方 策 についての 検 討 の 流 れ 外 部 環 境 国 内 線 は 全 国 的 に 漸 減 傾 向 国 際 線 はアジアを 中 心 に 増 加 傾 向 特 にインバ ウンド 旅 客 が 増 加 羽 田 国 際 線 大 幅 増 によるハブ 空 港 化 リージョ

富 山 きときと 空 港 活 性 化 方 策 についての 検 討 の 流 れ 外 部 環 境 国 内 線 は 全 国 的 に 漸 減 傾 向 国 際 線 はアジアを 中 心 に 増 加 傾 向 特 にインバ ウンド 旅 客 が 増 加 羽 田 国 際 線 大 幅 増 によるハブ 空 港 化 リージョ 富 山 きときと 空 港 活 性 化 検 討 会 議 とりまとめ 概 要 平 成 27 年 2 月 24 日 富 山 きときと 空 港 活 性 化 方 策 についての 検 討 の 流 れ 外 部 環 境 国 内 線 は 全 国 的 に 漸 減 傾 向 国 際 線 はアジアを 中 心 に 増 加 傾 向 特 にインバ ウンド 旅 客 が 増 加 羽 田 国 際 線 大 幅 増 によるハブ 空 港 化

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63> 平 成 23 年 度 定 時 総 会 の 特 別 講 演 の 概 要 この 内 容 は 講 演 者 久 保 田 晃 司 氏 のご 好 意 により 当 日 の 発 表 資 料 を 掲 載 するものです 従 って 資 料 の 取 り 扱 いはあくまでも 会 員 各 位 の 個 人 の 責 任 範 囲 においてご 利 用 下 さい 当 資 料 の 利 用 希 望 がある 場 合 は 利 用 目 的 を 明

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運 ( 別 添 ) 公 社 等 外 郭 団 体 の 見 直 し 実 施 計 画 ( 特 ) 宮 城 県 土 地 開 発 公 社 団 体 名 多 額 の 借 入 金 と 保 有 土 地 があることから, 経 営 安 定 化 に 向 けて の 経 営 健 全 化 計 画 を 策 定 するとともに, 将 来 的 な 視 点 としては, 類 似 の 団 体 との 統 合 を 検 討 する 必 県 としては, 業

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担 平 成 26 年 度 防 府 市 商 工 業 振 興 施 策 に 関 す る 要 望 1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 に ついて (2) 消 費 税 増 税 に 伴 う 効 果 的 な 経 済 対 策 事 業 について 1 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 の 継 続 実 施 に ついて 2 中 心

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 長 引 くデフレからの 脱 却 と 経 済 の 再 生 を 掲 げた 安 倍 政 権 は 発 足 以 来 アベノミク ス 3 本 の 矢 の 経 済 政 策 に 取 組 んだ 結 果 中 央 を 中 心 に 経 済 の 好

平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 長 引 くデフレからの 脱 却 と 経 済 の 再 生 を 掲 げた 安 倍 政 権 は 発 足 以 来 アベノミク ス 3 本 の 矢 の 経 済 政 策 に 取 組 んだ 結 果 中 央 を 中 心 に 経 済 の 好 平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 7 月 北 海 道 経 済 連 合 会 平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 長 引 くデフレからの 脱 却 と 経 済 の 再 生 を 掲 げた 安 倍 政 権 は 発 足 以 来 アベノミク ス 3 本 の 矢 の 経 済 政 策 に 取 組 んだ 結 果 中

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63> 07 財 務 省 特 区 第 16 次 再 検 討 要 請 回 答 管 理 コード 070010 プロジェクト 名 要 望 事 項 土 地 区 画 整 理 事 業 における 公 共 施 設 充 当 用 地 につ 都 道 府 県 愛 媛 県 ( 事 項 名 ) 提 案 主 体 名 いての 事 業 施 行 者 の 証 明 書 の 発 行 要 件 の 見 直 し 提 案 事 項 管 理 番 号 1006010

More information

平 成 19 年 度 下 期 における 鉄 道 助 成 業 務 の 実 施 状 況 平 成 18 年 度 上 期 平 成 19 年 度 下 期 平 成 20 年 度 備 考 前 年 度 予 算 ( 繰 越 繰 越 分 ) 繰 越 新 幹 線 高 度 化 新 線 調 査 ( 調 査 ) 技 術 開 発

平 成 19 年 度 下 期 における 鉄 道 助 成 業 務 の 実 施 状 況 平 成 18 年 度 上 期 平 成 19 年 度 下 期 平 成 20 年 度 備 考 前 年 度 予 算 ( 繰 越 繰 越 分 ) 繰 越 新 幹 線 高 度 化 新 線 調 査 ( 調 査 ) 技 術 開 発 資 料 3 鉄 道 助 成 業 務 の 実 施 状 況 に 関 する 事 項 平 成 19 年 度 下 期 における 鉄 道 助 成 業 務 の 実 施 状 況 P 6 (1) 平 成 18 年 度 予 算 ( 繰 越 分 )の 実 施 状 況 P 7 (2) 平 成 19 年 度 予 算 の 実 施 状 況 P 9 個 別 案 件 の 審 査 [ 案 件 1] 鉄 道 駅 総 合 改 善 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2034325F8253814490EC8DE88E7382CC8CF092CA8E968FEE81698251816A8341935393B9836C83628367838F815B834E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2034325F8253814490EC8DE88E7382CC8CF092CA8E968FEE81698251816A8341935393B9836C83628367838F815B834E2E646F63> (2) 分 野 別 の 現 況 課 題 ア 鉄 道 ネットワーク (ア) 市 内 の 鉄 道 市 では 6 事 業 者 15 路 線 54 駅 で 運 行 を 行 っている 京 王 相 模 原 線 (イ) 駅 密 度 市 の 駅 密 度 は 政 令 指 定 都 市 19 都 市 中 3 番 目 の.37 駅 / 平 方 km であり おおよそ 半 径 9m の 円 内 に1 駅 ある 換 算 となる

More information