那覇市の観光統計

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "那覇市の観光統計"

Transcription

1 平 成 23 年 度 版 那 覇 市 の 観 光 統 計 - 観 光 客 の 声 - なはが 好 き! みんなで 創 ろう 子 どもの 笑 顔 が 輝 くまち 那 覇 市

2 は じ め に 平 成 23 年 度 の 沖 縄 県 の 入 域 観 光 客 数 は 552 万 8,000 人 と 推 計 され 前 年 度 実 績 570 万 5,300 人 を 17 万 7,300 人 下 回 り 3.1%の マ イ ナ ス と な りました 平 成 21 年 度 に 8 年 ぶりとなる 前 年 実 績 4.1% 減 となりましたが 22 年 度 は 僅 かながら 持 ち 直 しました 23 年 度 は 3 月 の 東 日 本 大 震 災 に 伴 う 旅 行 自 粛 の 影 響 は 年 度 前 半 の 2 桁 の 減 少 というかたちであらわれま したが 年 度 では1 桁 代 のマイナスと な り ま し た そのうち 97.3% に あ た る 537 万 9000 人 余 りが 本 市 へ の 入 り 込 み 観 光 客 となっています 平 成 23 年 度 の 本 市 の 県 外 観 光 客 に つ い て は 10 月 以 降 年 度 前 半 の 東 日 本 大 震 災 による 旅 行 自 粛 の 反 動 のような 形 で 前 年 同 月 実 績 を 上 回 っ て 推 移 し また 年 が 改 ま っ て 平 成 24 年 に 入 っ て も 前 年 同 月 実 績 を 上 回 る など 平 成 23 年 度 全 体 では 前 年 度 実 績 に 対 し 3.4%の 減 少 にとどまりま した 外 国 人 観 光 客 については 7 月 に は 数 次 ビ ザ 発 給 に 伴 う 中 国 本 土 か ら の 観 光 客 増 加 を 始 め 海 外 航 空 各 社 の 航 空 機 増 便 新 規 路 線 の 就 航 が 相 次 ぎ 空 路 客 が 好 調 に 推 移 する 結 果 となり 過 去 最 高 の 記 録 となりました 今 後 は 震 災 等 の 影 響 に よ り 前 年 度 実 績 を 下 回 っ た 月 に つ い て は 県 外 観 光 客 に 対 し て よ り 積 極 的 な 誘 客 を 行 うとともに 増 加 す る 外 国 人 観 光 客 の 受 入 体 制 をさ ら に 充 実 していくことなどが 課 題 となっています 本 市 で は 毎 年 市 内 の 宿 泊 施 設 に 宿 泊 さ れ た 観 光 客 を 対 象 に ア ン ケ ー ト 調 査 を 行 い 那 覇 市 の 観 光 統 計 - 観 光 客 の 声 - と し て ま と め て い ま す 観 光 客 の 皆 様 から 寄 せられたアンケートに は 沖 縄 那 覇 観 光 の 満 足 度 を 高 めるための 貴 重 なご 提 言 が 数 多 くあります 本 書 が 那 覇 市 の 観 光 の 現 状 を 知 る 上 での 一 助 となれば 幸 いです 結 び に 本 書 の 作 成 に あ た り ア ン ケ ー ト 調 査 票 の 配 布 に ご 協 力 い た だ いた 各 宿 泊 施 設 の 皆 様 並 びに 各 種 資 料 をご 提 供 し て い た だ い た 関 係 機 関 の 皆 様 に 心 からお 礼 申 し 上 げます 那 覇 市 経 済 観 光 部 観 光 課

3 目 次 Ⅰ. 那 覇 市 の 現 況 1 Ⅱ. 調 査 集 計 のあらましと 観 光 客 の 動 向 2 1. 観 光 客 の 捉 え 方 2 2. 那 覇 市 への 観 光 客 及 び 観 光 消 費 額 の 集 計 方 法 2 3. 平 成 23 年 度 の 入 込 み 観 光 客 の 動 向 3 4. 那 覇 市 内 における 観 光 消 費 額 及 び 観 光 収 入 8 Ⅲ. 観 光 客 アンケート 調 査 の 方 法 と 結 果 回 答 者 の 属 性 来 訪 目 的 来 訪 動 機 来 訪 回 数 旅 行 者 形 態 ( 旅 行 の 同 行 者 ) 旅 行 形 態 ( 個 人 旅 行 団 体 旅 行 パッケージツアー) 旅 行 期 間 那 覇 市 内 における 観 光 消 費 額 那 覇 市 内 での 交 通 手 段 旅 行 コース みやげ 品 購 入 状 況 那 覇 市 内 に 欲 しい 施 設 サービス 面 における 問 題 点 や 改 善 して 欲 しい 点 51 Ⅳ. 観 光 客 の 声 飲 食 買 物 について 観 光 施 設 について 宿 泊 施 設 について 景 観 自 然 海 洋 レジャーについて 交 通 手 段 について 交 通 事 情 について 観 光 情 報 について 那 覇 市 の 印 象 まちの 様 子 について 観 光 全 般 の 印 象 感 想 その 他 63 附 表 参 考 資 料 附 表 1 平 成 23 年 県 内 の 周 辺 離 島 からの 月 別 入 込 み 出 域 客 数 65 附 表 2 平 成 23 年 度 県 内 の 周 辺 離 島 からの 航 路 別 入 込 み 客 数 ( 空 路 ) 65 附 表 3 平 成 23 年 県 内 の 周 辺 離 島 からの 航 路 別 入 込 み 客 数 ( 海 路 ) 66 附 表 4 平 成 23 年 度 県 内 の 周 辺 離 島 への 航 路 別 出 域 客 数 ( 空 路 ) 66 附 表 5 平 成 23 年 県 内 の 周 辺 離 島 への 航 路 別 出 域 客 数 ( 海 路 ) 67 主 要 観 光 施 設 の 推 移 68

4 Ⅰ. 那 覇 市 の 現 況

5 Ⅰ. 那 覇 市 の 現 況 位 置 地 勢 沖 縄 県 は 北 緯 24~28 度 東 経 122~132 度 の 南 北 約 400km 東 西 約 1,000km の 海 上 に 弧 を 描 いて 連 なる 160 の 島 しょの 内 有 人 島 49 からなっている その 中 で 那 覇 市 は 最 大 の 島 沖 縄 本 島 の 南 部 に 位 置 している また 本 市 は 鹿 児 島 と 台 北 のほとんど 中 間 にあり 那 覇 を 中 心 とする 1,500km の 円 周 域 には 東 京 ピョンヤン 香 港 ソウル 北 京 マニラなどの 主 要 な 都 市 があり 交 通 通 信 機 能 の 上 からも 東 南 アジ アの 各 都 市 を 結 ぶ 要 衝 の 地 点 であり わが 国 の 南 の 玄 関 として 地 理 的 に 好 条 件 の 位 置 にある 地 形 は 旧 市 内 を 中 心 とする 中 央 部 においてほぼ 平 坦 をなし これを 取 り 巻 くように 周 辺 部 には 小 高 い 丘 陵 地 帯 が 展 開 している また 市 内 を 東 から 西 に 国 場 川 と 安 里 川 が 流 れ 前 者 は 那 覇 ふ 頭 後 者 は 泊 ふ 頭 を 経 て 東 シナ 海 に 注 いでいる 出 典 : 那 覇 市 ホームページ 那 覇 市 の 概 要 面 積 那 覇 市 の 総 面 積 は 39.24k m2( 平 成 22 年 10 月 1 日 現 在 )である 出 典 : 那 覇 市 ホームページ 第 51 回 那 覇 市 統 計 書 平 成 23 年 版 人 口 及 び 世 帯 数 ( 平 成 23 年 12 月 末 現 在 ) 総 人 口 318,230 人 世 帯 数 137,382 世 帯 男 性 153,545 人 外 国 人 を 含 む 人 口 女 性 164,685 人 出 典 : 那 覇 市 ホームページ 第 51 回 那 覇 市 統 計 書 平 成 23 年 版 産 業 と 構 造 ( 平 成 21 年 調 査 ) 那 覇 市 の 事 業 所 数 は 19,596 ヶ 所 従 業 員 数 は 154,196 人 である 市 内 の 産 業 構 造 は 第 3 次 産 業 が 大 半 を 占 め 第 3 次 産 業 に 携 わる 事 業 所 数 は 18,294 事 業 所 ( 全 事 業 所 の 93.4%) 従 業 員 数 は 143,285 人 ( 全 従 業 者 数 の 92.9%)となっている 中 でも 卸 小 売 業 では 5,157 事 業 所 (26.3%)で 33,805 人 (21.9%)が 飲 食 店 宿 泊 業 では 4,068 事 業 所 (20.8%)で 25,716 人 (16.7%)またサービス 業 は 2,682 事 業 所 (13.7%)で 24,450 人 (15.9%)が 従 事 しており 那 覇 市 は 商 業 及 びホスピタリティ 産 業 を 中 心 とした 産 業 構 造 を 形 成 しているといえる 出 典 : 那 覇 市 ホームページ 第 51 回 那 覇 市 統 計 書 平 成 23 年 版 気 象 概 況 亜 熱 帯 モンスーン 地 帯 に 属 する 沖 縄 の 気 候 は 四 季 を 通 じて 平 均 気 温 22 平 均 湿 度 が 77%で 春 秋 の 季 節 の 特 徴 は はっきりしていないが 連 日 気 温 30 度 前 後 の 蒸 し 暑 く 長 い 夏 と 気 温 16~17 の 暖 かく 短 い 冬 に 分 けられる 春 から 夏 にかけては 雨 量 が 比 較 的 多 く 夏 から 秋 には 熱 帯 低 気 圧 の 通 過 路 となって 毎 年 数 個 の 台 風 が 来 襲 する 特 に 沖 縄 近 海 が 台 風 の 進 路 変 更 点 になっているため 台 風 通 過 の 際 長 時 間 にわたり 強 風 におそわれることが 多 くなっている 出 典 : 那 覇 市 ホームページ 那 覇 市 の 概 要 -1-

6 Ⅱ. 調 査 集 計 のあらましと 観 光 客 の 動 向

7 Ⅱ. 調 査 集 計 の あ ら ま し と 観 光 客 の 動 向 01. 観 光 客 の 捉 え 方 (1) 入 込 み 客 県 外 及 び 外 国 より 那 覇 空 港 着 で 入 域 した 客 数 に 入 込 客 の 混 在 率 (サンプリング 調 査 によ るデータ)を 乗 じた 数 値 に 那 覇 港 から 入 域 した 客 数 を 加 えたもの (2) 県 外 客 現 住 所 が 県 外 にあるもの(ただし 帰 省 客 は 除 き 本 土 経 由 で 那 覇 に 来 る 外 国 客 を 含 む) (3) 外 国 客 外 国 から 空 海 路 直 行 便 で 那 覇 を 訪 れたもの なお 県 外 観 光 客 と 外 国 人 観 光 客 数 は 本 市 が 沖 縄 県 の 交 通 の 起 終 点 及 び 結 接 点 となっていること を 踏 まえ 県 の 入 域 観 光 客 統 計 概 要 を 採 用 した(ただし 県 外 石 垣 宮 古 久 米 島 の 離 島 直 行 便 を 除 く) 02. 那 覇 市 への 観 光 客 及 び 観 光 消 費 額 の 集 計 方 法 那 覇 市 への 観 光 客 数 は 沖 縄 県 内 の 空 路 や 海 路 の 各 交 通 機 関 へ 毎 年 の 実 績 報 告 を 依 頼 し その 結 果 をもとに 算 出 している 那 覇 市 における 観 光 客 の 消 費 額 は 後 述 する 観 光 客 アンケートにおいて 観 光 客 が 記 入 した 那 覇 市 内 だけで 支 出 ( 現 地 払 い)した 1 人 当 たりの 費 用 の 項 目 から 推 計 した 03. 平 成 23 年 度 の 入 込 み 観 光 客 の 動 向 県 外 客 は 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 年 度 前 半 は 旅 行 自 粛 の 影 響 を 受 け 5 月 まで 前 年 同 月 の 観 光 客 数 増 減 率 は 二 桁 台 の 減 少 となった その 後 は 回 復 基 調 で 推 移 し 始 め 一 時 (8 9 月 )は 台 風 の 影 響 はあったものの 10 月 からは 対 前 年 同 月 実 績 を 上 回 りはじめ 最 終 的 には 一 桁 台 (-3.1%)の 減 少 にとどまった 今 後 しばらくは 震 災 の 影 響 による 反 動 で 前 年 実 績 を 上 回 る 月 が 続 くものと 考 えられるが 平 成 24 年 7 8 月 にはLCCの 就 航 もあり 新 規 の 旅 行 者 増 加 も 予 想 されるため 堅 調 な 推 移 が 見 込 まれる 外 国 客 は 国 内 同 様 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 年 度 前 半 (4 月 ~9 月 )まで 前 年 同 月 実 績 を 下 回 り 続 けた しかし 7 月 には 数 次 ビザ 発 給 に 伴 う 中 国 本 土 からの 観 光 客 増 加 を 始 め 海 外 航 空 各 社 の 航 空 機 増 便 新 規 路 線 の 就 航 が 相 次 ぎ 平 成 24 年 1 月 には 外 国 人 全 体 の 観 光 客 数 累 計 が 平 成 22 年 度 実 績 を 上 回 る 回 復 となった 今 後 は 台 湾 とのオープンスカイ 協 定 による 新 規 就 航 や 増 便 韓 国 国 内 における 沖 縄 旅 行 の 認 知 度 向 上 中 国 本 土 香 港 の 旺 盛 な 旅 行 需 要 に 支 えられ 引 き 続 き 好 調 な 推 移 が 見 込 まれる ( 以 上 は 沖 縄 県 観 光 企 画 課 入 域 観 光 客 統 計 概 要 平 成 23 年 度 分 を 参 考 にした) 本 市 における 平 成 23 年 度 の 入 込 み 観 光 客 数 は 537 万 9,472 人 で 沖 縄 県 全 体 の 入 込 み 観 光 客 数 減 少 と 同 様 に 減 少 した 観 光 客 のうち 県 外 から 訪 れているのは 507 万 8072 人 で 全 体 の 約 94.4%を 占 める 外 国 客 は 30 万 1,400 人 と 前 年 と 比 較 して 6.6% 増 加 した - 2 -

8 3.1 那 覇 市 への 入 込 み 観 光 客 数 (36 年 分 ) 図 表 Ⅱ-1 那 覇 市 への 入 込 み 観 光 客 数 ( 単 位 : 人 ) 区 分 県 外 客 海 外 客 観 光 客 総 数 昭 和 51 年 820,780 15, ,108 昭 和 52 年 1,186,507 14,649 1,201,156 昭 和 53 年 1,472,842 29,568 1,502,410 昭 和 54 年 1,770,238 37,703 1,807,941 昭 和 55 年 1,746,778 61,258 1,808,036 昭 和 56 年 1,849,745 80,278 1,930,023 昭 和 57 年 1,802,876 95,340 1,898,216 昭 和 58 年 1,784,379 67,615 1,851,994 昭 和 59 年 1,965,900 87,600 2,053,500 昭 和 60 年 1,999,700 82,200 2,081,900 昭 和 61 年 1,965,000 63,800 2,028,800 昭 和 62 年 2,178,800 71,900 2,250,700 昭 和 63 年 2,316,000 79,400 2,395,400 平 成 元 年 2,546, ,500 2,660,500 平 成 2 年 2,769, ,300 2,924,000 平 成 3 年 2,788, ,500 2,981,400 平 成 4 年 2,900, ,700 3,099,300 平 成 5 年 2,934, ,900 3,108,800 平 成 6 年 2,906, ,900 3,057,400 平 成 7 年 3,002, ,200 3,140,500 平 成 8 年 3,178, ,900 3,320,400 平 成 9 年 3,469, ,500 3,661,000 平 成 10 年 3,743, ,400 3,882,930 平 成 11 年 4,177, ,000 4,400,200 平 成 12 年 4,059, ,700 4,257,000 平 成 13 年 3,986, ,400 4,177,600 平 成 14 年 4,388, ,300 4,569,200 平 成 15 年 4,653, ,100 4,753,459 平 成 16 年 4,687, ,500 4,816,700 平 成 17 年 5,019, ,500 5,155,600 平 成 18 年 度 5,337,900 96,800 5,434,700 平 成 19 年 度 5,517, ,800 5,706,200 平 成 20 年 度 5,512, ,000 5,749,540 平 成 21 年 度 5,219, ,200 5,466,045 平 成 22 年 度 5,256, ,800 5,539,272 平 成 23 年 度 5,078, ,400 5,379,472 平 成 17 年 までは 暦 年 による 集 計 - 3 -

9 図 表 Ⅱ-2 平 成 23 年 度 月 別 入 込 み 観 光 客 総 数 の 推 移 ( 単 位 :% 人 ) 県 外 客 外 国 客 観 光 客 総 数 前 年 同 月 数 前 年 同 月 比 平 成 23 年 4 月 338,331 16, , , 月 344,383 24, , , 月 347,604 31, , , 月 446,242 36, , , 月 554,263 33, , , 月 468,174 32, , , 月 469,639 40, , , 月 414,234 13, , , 月 422,081 14, , , 平 成 24 年 1 月 374,252 19, , , 月 405,943 16, , , 月 492,926 22, , , 合 計 5,078, ,400 5,379,472 5,539, 構 成 比 前 年 度 比 図 表 Ⅱ-3 年 ( 度 ) 別 入 込 観 光 客 総 数 の 推 移 ( 単 位 : 人 ) 7,000,000 6,000,000 5,000,000 4,257,000 人 4,177,600 人 4,569,200 人 4,753,459 人 4,816,700 人 5,155,600 人 5,434,700 人 5,706,200 人 5,749,540 人 5,466,045 人 5,539,332 人 5,379,472 人 4,000,000 3,000,000 2,000,000 1,000,000 0 平 成 12 年 平 成 13 年 平 成 14 年 平 成 15 年 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18 年 度 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 観 光 客 総 数 ( 単 位 : 人 ) 平 成 12 年 4,257,000 平 成 13 年 4,177,600 平 成 14 年 4,569,200 平 成 15 年 4,753,459 平 成 16 年 4,816,700 平 成 17 年 5,155,600 平 成 18 年 度 5,434,700 平 成 19 年 度 5,706,200 平 成 20 年 度 5,749,540 平 成 21 年 度 5,466,045 平 成 22 年 度 5,539,332 平 成 23 年 度 5,379,

10 図 表 Ⅱ-4 航 路 別 県 外 観 光 客 数 航 空 別 観 光 客 数 は 東 京 が 最 も 多 く 2,432,117 人 で 47.9%を 占 め 次 いで 阪 神 が 1,010,811 人 で 20.0% 福 岡 が 683,995 人 で 13.5%を 占 めている ( 単 位 : 人 %) 空 路 構 成 比 海 路 構 成 比 合 計 構 成 比 札 幌 帯 広 仙 台 40, , 小 松 35, , 富 山 東 京 2,431, ,432, 名 古 屋 436, , 阪 神 1,010, , ,013, 広 島 62, , 岡 山 42, , 松 山 13, , 高 松 56, , 徳 島 北 九 州 福 岡 683, , 長 崎 24, , 熊 本 30, , 大 分 宮 崎 31, , 鹿 児 島 96, , , 福 島 新 潟 17, , 出 雲 石 見 山 口 宇 部 花 巻 秋 田 庄 内 高 知 青 森 鳥 取 静 岡 28, , その 他 1, , , 合 計 5,046, , ,078,

11 図 表 Ⅱ-5 航 路 別 県 外 観 光 客 数 ( 空 路 海 路 ) 区 分 総 数 札 幌 仙 台 小 松 富 山 東 京 名 古 屋 阪 神 広 島 岡 山 松 山 高 松 北 九 州 福 岡 長 崎 熊 本 大 分 宮 崎 鹿 児 島 福 島 新 潟 平 成 12 年 4,059,300 59,200 59,300 36,300-1,707, , ,700 73,300 35,900 18,100 26, ,300 23,900 53,100 22,900 31, ,600 24,200 28,500 平 成 13 年 3,986,200 60,500 52,800 34,600-1,739, , ,700 66,200 34,200 16,800 23, ,900 22,500 45,900 21,400 28, ,800 26,000 25,400 平 成 14 年 4,388,900 55,500 56,400 37,800-2,020, , ,000 65,600 38,700 22,100 29, ,400 25,600 46,400 22,800 30, ,900 30,900 27,300 平 成 15 年 4,653,359 57,600 59,200 41,400-2,138, , ,768 70,300 40,700 22,600 40, ,080 24,800 45,400 23,500 30, ,600 31,100 25,500 平 成 16 年 4,687,200 53,800 64,000 41,900-2,148, , ,400 70,300 41,800 20,200 38, ,800 25,600 48,200 26,400 31, ,700 34,300 26,800 平 成 17 年 5,019,100 73,100 64,200 42,600-2,304, , ,600 75,800 43,600 21,100 40, ,900 26,700 46,500 24,800 31, ,300 34,100 23,800 平 成 18 年 度 5,337,900 69,800 74,600 43,100-2,487, , ,600 73,800 42,700 20,000 44, ,200 26,200 45,700 26,000 28, ,800 33,400 24,300 平 成 19 年 度 5,518,200 29,000 69,800 40,400-2,630, ,400 1,048,500 78,700 45,800 19,300 44, ,100 27,600 48,400 7,200 32, ,600 32,600 22,200 平 成 20 年 度 5,512, ,184 38,323-2,677, ,751 1,063,269 72,024 40,869 19,736 51, ,605 25,633 48, , ,947 30,797 19,063 平 成 21 年 度 5,219, ,492 35,911-2,571, , ,132 72,356 37,529 25,737 50, ,876 23,570 38, , , ,410 平 成 22 年 度 5,256, ,000 37, ,584, ,046 1,008,235 70,400 39,700 20,100 57,000 5, ,382 23,900 32, , , ,700 平 成 23 年 度 5,078, ,300 35, ,432, ,400 1,013,000 62,900 42,300 13,800 56, ,995 24,200 30, , , ,600 構 成 比 前 年 比 月 337, , ,578 29,000 76,900 4,500 4, , ,270 1,700 2, ,300 8, ,000 5 月 343, , ,271 28,100 94,500 4,100 6, , ,275 1,500 2, ,400 9, ,500 6 月 354, , ,459 34,400 75,700 3,800 3, , ,315 1,600 1, ,300 8, 月 456, , ,699 38,800 88,000 5,600 3, , ,337 2,100 2, ,600 10, 月 540, ,100 3, ,512 45, ,100 6,000 3, , ,350 2,700 3, ,500 15, 月 471, ,400 3, ,337 38,000 99,600 4,000 2, , ,175 2,000 2, ,700 10, 月 460, ,800 3, ,837 37,800 84,200 6,000 3, , ,880 2,100 2, ,600 10, , 月 414, ,900 3, ,301 35,300 73,100 5,000 3,200 2,700 4, ,623 2,300 2, ,800 10, , 月 421, ,100 2, ,823 33,100 76,400 5,200 2,600 2,200 3, ,655 1,600 2, ,900 9, ,800 1 月 373, ,600 2, ,376 33,000 66,500 5,200 2,600 2,700 2, ,360 1,900 2, ,300 10, ,200 2 月 406, ,400 2, ,622 39,900 70,200 6,200 2,800 2,700 3, ,430 2,100 2, ,600 8, ,900 3 月 498, ,300 3, ,362 44,500 93,800 7,300 3,600 3,000 5, ,325 2,600 3, ,100 11, ,300 空 路 による 県 外 観 光 客 数 は 沖 縄 県 に 訪 れる 観 光 客 数 から 離 島 直 行 便 を 除 いた 数 値 に 混 在 率 を 乗 じた( 県 内 客 を 除 いた) 数 値 である 区 分 の 地 域 別 内 訳 は 東 京 ( 羽 田 空 港 + 成 田 空 港 + 東 京 港 ) 阪 神 ( 関 西 空 港 + 神 戸 空 港 + 伊 丹 空 港 + 大 阪 港 + 神 戸 港 ) 鹿 児 島 ( 鹿 児 島 空 港 + 鹿 児 島 県 下 各 港 )である - 6 -

12 図 表 Ⅱ-6 那 覇 港 へのクル-ズ 船 入 港 状 況 実 績 ( 単 位 : 隻 人 ) ,687 72,367 66,534 80,000 70, ,660 37,438 34,185 25,506 20,563 20,383 16,590 14,222 9, 平 成 12 年 平 成 13 年 平 成 14 年 平 成 15 年 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18 年 平 成 19 年 平 成 20 年 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 60,000 50,000 40,000 30,000 20,000 10,000 0 寄 港 隻 数 乗 船 客 数 ( 単 位 : 隻 人 ) 寄 港 隻 数 乗 船 客 数 平 均 乗 客 数 平 成 12 年 37 20, 平 成 13 年 61 25, 平 成 14 年 52 34, 平 成 15 年 26 9, 平 成 16 年 30 16, 平 成 17 年 34 20, 平 成 18 年 14 14, 平 成 19 年 30 37, 平 成 20 年 56 69, 平 成 21 年 57 72, 平 成 22 年 52 66, 平 成 23 年 53 53, 参 考 資 料 : 那 覇 港 要 覧 2012/2013 参 考 資 料 : 那 覇 港 要 覧 2012/

13 4. 那 覇 市 内 における 観 光 消 費 額 及 び 観 光 収 入 1) 個 人 消 費 額 及 び 観 光 収 入 ( 入 込 み 客 ベ-ス) 今 回 実 施 したアンケートの 結 果 から 平 成 23 年 度 に 那 覇 市 を 訪 れた 観 光 客 の 一 人 当 たり 消 費 額 は 本 市 での 宿 泊 を 伴 う 観 光 客 で 73,813 円 宿 泊 を 伴 わない 観 光 客 で 56,294 円 と 推 計 され どちらも 前 年 の 水 準 ( 宿 泊 を 伴 う 観 光 客 65,872 円 宿 泊 を 伴 わない 観 光 客 49,482 円 )を 上 回 った 本 市 に 宿 泊 した 観 光 客 一 人 当 たり 消 費 額 の 内 訳 は 飲 食 娯 楽 費 が 28,064 円 (38.0%)と 最 も 大 きく 以 下 みやげ 品 費 11,875 円 (16.1%) 雑 費 9,594 円 (13.0%) 交 通 費 6,761 円 (9.2%) と 続 いている 前 年 度 と 比 較 すると 飲 食 娯 楽 費 雑 費 の 占 める 割 合 が 増 加 し みやげ 品 費 は 減 少 している 金 額 は 飲 食 娯 楽 費 は 前 年 比 で 25% 増 加 みやげ 品 費 は 20% 雑 費 は 84% 増 加 交 通 費 は 1% 減 少 している 宿 泊 費 については 1 泊 当 たりの 平 均 宿 泊 費 は 6,924 円 で 前 年 (7,005 円 )に 比 べ 減 少 してい る 平 均 宿 泊 日 数 は 2.12 泊 で 前 年 の 2.34 泊 から 若 干 の 短 縮 がみられる 那 覇 市 内 における 観 光 収 入 の 推 計 については 那 覇 市 への 入 込 み 客 ( 宿 泊 客 と 通 過 客 を 含 む)537 万 9,472 人 を 那 覇 市 に 宿 泊 した 観 光 客 (+ 市 内 宿 泊 客 )と 宿 泊 しなかった 観 光 客 (= 通 過 客 )に 分 けて 集 計 を 行 う 市 内 宿 泊 客 数 は P11 の 2)から 249 万 6,231 人 と 推 計 される この 推 計 値 に 観 光 客 一 人 当 たりの 消 費 額 (73,813 円 )を 乗 じ 市 内 宿 泊 客 からの 観 光 収 入 とした 通 過 客 数 は 288 万 3,241 人 と 推 計 され るので この 値 に 一 人 当 たりの 消 費 額 (56,294 円 )を 乗 じて 通 過 客 からの 観 光 収 入 とした この 2 つを 合 計 した 値 3,465 億 6,129 万 円 が 那 覇 市 における 観 光 収 入 と 推 計 される 以 上 のような 方 法 で 推 計 した のは アンケートは 市 内 宿 泊 客 のみを 対 象 に 実 施 しており 通 過 客 からの 実 データを 収 集 できないため 現 有 データの 範 囲 でより 実 態 に 即 した 値 を 導 き 出 すためである ( 単 位 : 円 %) 区 分 宿 泊 費 みやげ 品 費 交 通 費 飲 食 娯 楽 費 雑 費 計 平 成 23 年 度 17,519 11,875 6,761 28,064 9,594 73,813 24% 16.1% 9.2% 38.0% 13.0% 100% 図 表 Ⅱ-7 那 覇 市 内 宿 泊 客 の 一 人 当 たり 消 費 額 内 訳 ( 単 位 : 円 %) 宿 泊 費 円 24% みやげ 品 費 円 16% 交 通 費 6761 円 9% 飲 食 娯 楽 費 円 38% 雑 費 9594 円 13% 0 5,000 10,000 15,000 20,000 25,000 30,000 通 過 客 については 上 記 の 値 から 宿 泊 費 を 除 いた 値 とする 上 記 の 値 には 外 国 客 は 含 まれていない - 8 -

14 図 表 Ⅱ-8 観 光 客 の 一 人 当 たり 消 費 額 内 訳 単 位 : 円 人 百 万 円 区 分 宿 泊 費 みやげ 品 費 交 通 費 飲 食 娯 楽 費 雑 費 計 ( 円 ) 県 ( 国 ) 外 観 光 客 ( 人 ) 観 光 収 入 ( 百 万 円 ) 平 成 4 年 13,997 21,170 21,194 19,143 6,274 81,778 3,099, ,455 平 成 5 年 13,545 20,075 17,858 16,310 6,108 73,896 3,108, ,728 平 成 6 年 13,169 16,094 18,158 15,769 5,513 68,703 3,057, ,053 平 成 7 年 13,634 16,294 15,711 14,466 8,762 68,867 3,140, ,277 平 成 8 年 20,700 13,900 17,500 12,500 4,000 68,600 3,320, ,779 平 成 9 年 11,900 14,400 17,600 13,800 6,600 64,300 3,661, ,402 平 成 10 年 11,065 14,183 21,109 14,870 4,672 65,899 3,882, ,881 平 成 11 年 12,868 18,429 10,771 15,216 6,451 63,735 4,400, ,447 平 成 12 年 11,272 14,990 9,434 16,682 6,102 58,480 4,257, ,949 平 成 13 年 10,854 15,808 8,648 17,267 7,199 59,776 4,177, ,720 平 成 14 年 9,690 17,514 9,327 16,798 6,524 59,853 4,569, ,480 平 成 15 年 18,804 15,418 7,325 16,465 5,826 63,838 4,753, ,451 平 成 16 年 19,343 16,574 7,759 15,494 5,336 64,506 4,816, ,706 平 成 17 年 19,127 17,276 6,958 20,878 5,418 69,657 5,155, ,124 平 成 18 年 度 19,100 16,093 7,172 22,646 5,070 70,081 5,434, ,292 平 成 19 年 度 21,669 17,259 6,690 26,373 5,157 77,148 5,706, ,656 平 成 20 年 度 20,012 15,894 6,333 26,829 6,530 75,598 5,749, ,130 平 成 21 年 度 20,685 16,384 7,328 30,728 8,404 83,529 5,466, ,704 平 成 22 年 度 17,089 14,910 6,845 22,515 5,212 66,571 5,539, ,555 平 成 23 年 度 14,679 11,875 6,761 28,064 9,594 70,973 5,379, ,561 対 前 年 度 増 減 率 平 成 18 年 度 から 宿 泊 客 と 通 過 客 を 別 々に 算 出 し その 合 計 を 那 覇 市 における 観 光 収 入 とした 宿 泊 費 は1 泊 当 たり 宿 泊 費 平 均 宿 泊 日 数 で 費 用 を 算 出 但 し14 年 までは1 泊 あたりの 費 用 那 覇 市 の 宿 泊 客 と 通 過 別 消 費 額 の 推 計 区 分 宿 泊 費 みやげ 品 費 交 通 費 飲 食 娯 楽 費 雑 費 計 (a) 観 光 客 数 (b) 観 光 収 入 (a b) ( 百 万 円 ) 合 計 ( 百 万 円 ) 宿 泊 客 17,519 11,875 6,761 28,064 9,594 73,813 2,496, ,253 通 過 客 - 11,875 6,761 28,064 9,594 56,294 2,883, , ,561 < 一 泊 当 たり 平 均 宿 泊 費 と 平 均 宿 泊 日 数 の 考 え 方 > 一 泊 当 たり 平 均 宿 泊 費 (6,924 円 ) 1 泊 当 たりの 平 均 宿 泊 費 については 那 覇 市 内 だけで 支 出 した 宿 泊 費 と 滞 在 期 間 の 両 方 の 問 いに 回 答 を 得 られたものだけを 集 計 している 宿 泊 費 合 計 (5,109,554 円 ) 那 覇 泊 合 計 (738 人 泊 ) = 一 人 一 泊 当 たり 平 均 宿 泊 費 (6,924 円 / 人 泊 ) 平 均 宿 泊 日 数 (2.12 日 ) 平 均 宿 泊 日 数 については 那 覇 市 内 での 宿 泊 日 数 の 合 計 を 回 答 者 数 で 除 して 求 めた 値 である 那 覇 泊 合 計 (1,210 泊 ) 有 効 回 答 者 数 (572 人 ) = 一 人 当 たり 平 均 宿 泊 日 数 (2.12 泊 / 人 ) - 9 -

15 図 表 Ⅱ-9 年 次 別 観 光 客 一 人 あたり 消 費 額 内 訳 の 推 移 (グラフ) 35,000 単 位 : 円 30,000 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 飲 食 娯 楽 費 宿 泊 費 みやげ 品 費 交 通 費 雑 費 図 表 Ⅱ-10 年 次 別 観 光 収 入 の 推 移 ( 入 込 み 観 光 客 数 ベース) 500,000 単 位 : 百 万 円 450, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,480 沖 縄 県 那 覇 市 150, ,000 50,000 0 平 成 4 年 平 成 5 年 平 成 6 年 平 成 7 年 平 成 8 年 平 成 9 年 平 成 10 年 平 成 11 年 平 成 12 年 平 成 13 年 平 成 14 年 平 成 15 年 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18 年 度 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度

16 2) 那 覇 市 内 の 宿 泊 客 数 平 成 23 年 度 の 那 覇 市 内 の 宿 泊 施 設 における 延 べ 客 数 は 市 内 客 室 規 模 及 び 稼 働 状 況 から 529 万 2,011 人 と 推 定 される これをアンケート 調 査 における 平 均 宿 泊 日 数 で 除 し 市 内 宿 泊 数 を 算 出 した その 結 果 那 覇 市 内 で の 宿 泊 客 数 は 249 万 6,231 人 の 推 定 となる 図 表 Ⅱ-11 入 込 み 観 光 客 ( 県 外 外 国 )のうち 那 覇 市 内 の 宿 泊 客 ( 推 計 )( 単 位 : 人 日 ) 規 模 延 べ 収 容 人 員 A 稼 働 率 B 延 べ 宿 泊 客 数 A B 那 覇 市 での 宿 泊 数 C 宿 泊 客 数 (A B)/C 大 (300 人 以 上 ) 3,958, ,608, ,230,359 中 (10~299 人 ) 3,537, ,331, ,099,653 小 (100 人 未 満 ) 534, , ,219 合 計 8,030,365-5,292,011-2,496,231 延 べ 収 容 人 員 = 那 覇 市 内 宿 泊 施 設 の 収 容 人 員 365 日 平 成 23 年 宿 泊 施 設 実 態 調 査 沖 縄 県 観 光 政 策 課 那 覇 市 内 での 宿 泊 数 は 観 光 客 アンケ-ト 調 査 から 推 計 稼 働 率 : 日 本 銀 行 那 覇 支 店 資 料 県 内 金 融 経 済 状 況 (2012 年 4 月 6 日 ) 参 照 図 表 Ⅱ-12 那 覇 市 内 宿 泊 の 宿 泊 客 数 過 去 5 年 間 の 推 計 (グラフ) ( 単 位 : 人 ) 図 表 Ⅱ-13 那 覇 市 内 の 宿 泊 客 数 過 去 5 年 間 の 推 計 ( 単 位 : 人 ) 大 規 模 中 規 模 小 規 模 合 計 平 成 19 年 度 1,299, , ,076 2,449,674 平 成 20 年 度 1,324,242 1,109, ,951 2,625,213 平 成 21 年 度 1,182, , ,552 2,308,387 平 成 22 年 度 1,126,525 1,006, ,191 2,285,566 平 成 23 年 度 ,099, ,219 2,496,

17 Ⅲ. 観 光 客 アンケート 調 査 の 方 法 と 結 果

18 Ⅲ. 観 光 客 アンケート 調 査 の 方 法 と 結 果 アンケート 調 査 の 方 法 (1) 調 査 対 象 及 び 調 査 期 間 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 までに 那 覇 市 内 に 宿 泊 した 観 光 客 を 対 象 に 行 った (2) 調 査 方 法 那 覇 市 内 に 所 在 する 約 100 軒 の 宿 泊 施 設 に 対 して 調 査 協 力 を 依 頼 し 各 宿 泊 施 設 が 宿 泊 客 に 対 して 調 査 票 と 返 信 用 封 筒 を 配 布 した 調 査 票 の 記 入 は 宿 泊 客 が 帰 った 後 に 自 身 で 記 入 し 配 布 した 返 信 用 封 筒 に よって 返 送 してもらい 回 収 を 行 った 宿 泊 施 設 に 対 する 調 査 票 の 配 布 は 年 3 回 に 分 けて 実 施 したため 月 別 の 回 答 者 数 にばらつきが 生 じてい る (3) 調 査 項 目 調 査 項 目 は 性 別 年 齢 居 住 地 等 の 回 答 者 の 属 性 に 関 する 項 目 来 県 目 的 来 県 動 機 那 覇 市 内 で 支 出 した 費 用 県 内 での 移 動 手 段 みやげ 品 の 購 入 状 況 サービス 面 での 問 題 点 や 改 善 して 欲 しい 点 観 光 コース 等 の 項 目 を 設 定 し 調 査 した (4) 調 査 票 回 収 数 及 び 有 効 回 答 数 調 査 票 回 収 数 : 576 票 うち 有 効 回 答 数 : 572 票 回 収 した 全 調 査 票 のうち 宿 泊 日 が 特 定 できないもの(= 未 記 入 のもの)は 数 的 統 計 資 料 とし ては 無 効 扱 いとしたが 自 由 記 述 式 の 欄 ( 那 覇 市 の 印 象 および 感 想 意 見 提 言 等 など)に 記 入 された 意 見 は Ⅳ. 観 光 客 の 声 に 反 映 させた 図 表 Ⅲ-1 アンケートの 質 問 項 目 那 覇 の 旅 いかがでしたか? 1 年 齢 1.10 代 2.20 代 3.30 代 4.40 代 5.50 代 6.60 代 7.70 代 8.80 代 以 上 2 性 別 1. 男 2. 女 3 住 所 都 道 府 県 4 職 業 1. 会 社 員 2. 公 務 員 3. 自 営 業 4. 農 林 漁 業 5. 自 由 業 6. 学 生 7. 主 婦 8. 無 職 9.その 他 ( ) 5 来 県 目 的 1. 観 光 2. 戦 跡 地 参 拝 3. 商 用 社 用 4. 公 用 5. 観 光 兼 用 務 6.マリンレジャー 7.ゴルフ 8. 祭 り イベントの 見 物 参 加 9. 新 婚 旅 行 10. 大 会 研 修 11.その 他 ( ) 8と 答 えた 方 にお 聞 きします 次 のどの 祭 りの 見 物 あるいはイベントへの 参 加 でしたか 1. 那 覇 ハーリー 2. 那 覇 まつり( 那 覇 大 綱 挽 ) 3.NAHA マラソン 4.その 他 ( ) 6 来 県 動 機 1. 友 人 知 人 のすすめ 2. 家 族 のすすめ 3. 雑 誌 等 の 宣 伝 物 を 見 て 4. 旅 行 業 者 のすすめ 5. 前 に 来 て 良 かったから 6. 一 度 来 たかった 7.その 他 ( ) 7 来 県 回 数 1. 初 めて 2.2 回 目 3.3 回 目 4.4 回 目 以 上 8 どなたとご 一 緒 でしたか 1. 一 人 2. 夫 婦 3. 家 族 (ご 自 身 含 め 人 ) 4. 地 域 職 場 の 団 体 (ご 自 身 含 め 人 ) 5. 友 人 知 人 グループ(ご 自 身 含 め 人 ) 6.その 他 ( ) 9 旅 行 形 態 及 び 旅 費 の 総 額 ( 一 人 当 たりの 旅 行 代 金 ) 1. 団 体 旅 行 円 2. 観 光 つきパッケージツアー 円 3. 個 人 旅 行 円 4.フリープラン 型 パッケージツアー 円 10 那 覇 市 内 だけで 支 出 した 一 人 当 たりの 費 用 (パッケージに 含 まれる 料 金 を 除 いて 下 さい お 支 払 いのない 項 目 は 0 とお 書 き 下 さい ) 1. 宿 泊 費 円 2. 交 通 費 ( 航 空 運 賃 除 く) 円

19 3.みやげ 品 費 円 4. 飲 食 費 円 5. 娯 楽 費 円 6. 雑 費 円 11 沖 縄 本 島 内 での 移 動 手 段 1. 路 線 バス 2. 貸 切 バス 3.タクシー 4.レンタカー 5.モノレール 6. 友 人 知 人 の 車 7.その 他 ( ) 12 那 覇 市 内 でお 買 い 求 めになったおみやげ 品 や 商 品 (いくつでも をつけてください ) 1. 陶 器 漆 器 2. 琉 球 ガラス 製 品 3. 泡 盛 4. 洋 酒 5.さんご 製 品 6. 星 砂 貝 製 品 7. 紅 型 織 物 8.かりゆしウェア T シャツ 9.お 菓 子 類 10. 食 品 11. 健 康 食 品 12. 沖 縄 関 係 CD 楽 譜 13. 外 国 製 品 (ハンドバック 洋 服 等 ) 14.その 他 ( ) 13 おみやげをお 買 い 求 めになった 場 所 (いくつでも をつけて 下 さい) 1. 市 内 ホテル 2. 国 際 通 り 周 辺 3. 新 都 心 4. 空 港 5.その 他 ( ) 14 サービス 面 においての 問 題 点 や 改 善 してほしい 点 (いくつでも をつけて 下 さい) 1.みやげ 品 店 の 接 客 2.ホテルでの 接 客 3.タクシー 乗 務 員 の 接 客 4. 飲 食 店 の 接 客 5. 道 路 案 内 表 示 6. 交 通 機 関 の 案 内 表 示 7. 観 光 地 案 内 表 示 8.その 他 ( ) 15 沖 縄 滞 在 日 数 泊 日 (うち 那 覇 市 内 泊 日 ) 年 月 日 から 16 滞 在 場 所 (お 泊 りになられた 地 区 に をつけて 下 さい) 那 覇 市 内 那 覇 市 以 外 本 島 周 辺 離 島 離 島 宿 泊 施 設 宿 泊 施 設 以 外 ( 本 島 内 ) 慶 良 間 久 米 島 その 他 宮 古 八 重 山 1 泊 目 2 泊 目 3 泊 目 4 泊 目 5 泊 目 6 泊 目 以 上 17 滞 在 中 どの 観 光 地 に 行 きましたか( 下 記 の 中 から 該 当 する 箇 所 にレ 点 をつけ ご 記 入 下 さい) ( 那 覇 市 内 ) ( 那 覇 市 外 ) 首 里 城 ( 午 前 午 後 夕 方 以 降 ) 北 部 観 光 ( 日 目 ) 識 名 園 ( 午 前 午 後 夕 方 以 降 ) 中 部 観 光 ( 日 目 ) 国 際 通 り ( 午 前 午 後 夕 方 以 降 ) 南 部 観 光 ( 日 目 ) 牧 志 公 設 市 場 ( 午 前 午 後 夕 方 以 降 ) 周 辺 離 島 ( 日 目 ) 新 都 心 ( 午 前 午 後 夕 方 以 降 ) その 他 ( 日 目 ) 壷 屋 周 辺 ( 午 前 午 後 夕 方 以 降 ) 福 州 園 ( 午 前 午 後 夕 方 以 降 ) てんぶす 那 覇 ( 午 前 午 後 夕 方 以 降 ) 那 覇 市 伝 統 工 芸 館 ( 午 前 午 後 夕 方 以 降 ) 波 の 上 ビーチ ( 午 前 午 後 夕 方 以 降 ) DFS ( 午 前 午 後 夕 方 以 降 ) その 他 ( 午 前 午 後 夕 方 以 降 ) 18 那 覇 市 内 にほしい 施 設 1.アミューズメント 施 設 2.レストラン 街 3.ショッピングモール 4. 伝 統 工 芸 芸 能 体 験 施 設 5.スポーツ レクリエーション 施 設 6. 駐 車 場 7. 教 養 文 化 施 設 8. 大 型 会 議 研 修 施 設 9.その 他 ( ) 10. 現 状 のままでよい 19 那 覇 市 の 印 象 及 び 感 想 意 見 提 言 等 裏 面 をご 利 用 になり ご 記 入 ください ご 協 力 ありがとうございました 那 覇 市 観 光 課 TEL FAX

20 1. 回 答 者 の 属 性 回 答 者 の 性 別 内 訳 は 男 性 56.3% 女 性 37.2%の 割 合 になっている 年 齢 別 では 最 も 多 い 順 から 30 代 22.4% 40 代 22.0% 50 代 19.9%となっている 性 別 の 構 成 比 の 回 答 比 率 は 30 代 以 下 では 女 性 が 高 く 40 代 以 上 は 男 性 が 高 くなっている 職 業 別 の 回 答 数 は 会 社 員 が 最 も 多 く 48.1%を 占 めている 主 婦 は 全 体 的 に 年 々 増 加 傾 向 であ ったが 昨 年 度 に 引 き 続 き 本 年 度 も 前 年 度 を 下 回 った 公 務 員 の 減 少 傾 向 も 続 いている 居 住 地 別 では 南 関 東 が 33.78%と 最 も 多 く 中 部 14.0% 西 近 畿 13.8% がそれに 続 いて いる 都 道 府 県 別 では 東 京 都 17.8% 大 阪 府 8.9% 愛 知 県 8.2%の 順 となっており 前 年 度 と 比 較 して 近 畿 地 区 からの 来 訪 者 の 割 合 が 増 加 した 月 別 回 答 者 数 は 12 月 が 最 も 多 く 50 人 (22.7%) 次 いで 9 月 18.5% 5 月 16.8%となっ ている 図 表 Ⅲ-1-1 年 代 別 回 答 者 構 成 単 位 : 人 10 代 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代 70 代 80 代 無 回 答 3 人 0.5% 5 人 0.9% 30 人 5.2% 27 人 4.7% 64 人 11.2% 75 人 13.1% 114 人 19.9% 128 人 22.4% 126 人 22.0% 図 表 Ⅲ-1-2 年 代 別 男 女 別 回 答 者 数 及 び 構 成 比 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 10 代 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代 70 代 80 代 無 回 答 総 合 計 男 女 無 回 答 回 答 数 男 0.0% 31.3% 43.0% 69.8% 70.2% 66.7% 80.0% 80.0% 3.7% 56.3% 女 100.0% 64.1% 52.3% 29.4% 28.1% 30.7% 20.0% 20.0% 11.1% 37.2% 無 回 答 0.0% 4.7% 4.7% 0.8% 1.8% 2.7% 0.0% 0.0% 85.2% 6.5% 回 答 比 率 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%

21 図 表 Ⅲ-1-3 職 業 別 回 答 者 数 及 び 構 成 比 単 位 : 人 % 区 分 人 数 構 成 比 会 社 員 % 公 務 員 % 自 営 業 % 農 林 漁 業 4 0.7% 自 由 業 % 学 生 % 主 婦 % 無 職 % その 他 % 無 回 答 % 総 計 % 図 表 Ⅲ-1-4 職 業 別 回 答 者 数 及 び 構 成 比 グラフ 単 位 : 人 会 社 員 公 務 員 自 営 業 農 林 漁 業 自 由 業 学 生 主 婦 無 職 その 他 無 回 答 38 人 6.6% 4 人 0.7% 14 人 2.4% 19 人 3.3% 42 人 7.3% 39 人 6.8% 39 人 6.8% 38 人 6.6% 64 人 11.2% 275 人 48.1% 図 表 Ⅲ-1-5 職 業 別 回 答 者 比 率 の 推 移 ( 過 去 5 年 間 ) 単 位 :% 区 分 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 会 社 員 公 務 員 自 営 業 農 林 漁 業 自 由 業 学 生 主 婦 無 職 その 他

22 図 表 Ⅲ-1-6 居 住 地 別 回 答 者 数 及 び 構 成 比 区 分 都 道 府 県 名 人 数 構 成 比 北 海 道 北 海 道 東 北 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 北 関 東 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 南 関 東 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 北 陸 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 中 部 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 三 重 県 東 近 畿 滋 賀 県 京 都 府 奈 良 県 和 歌 山 県 西 近 畿 大 阪 府 兵 庫 県 中 国 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 四 国 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 九 州 福 岡 県 長 崎 県 大 分 県 熊 本 県 佐 賀 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 外 国 沖 縄 県 外 国 無 回 答 総 計 単 位 : 人 % 区 分 人 数 構 成 比 北 海 道 東 北 北 関 東 南 関 東 北 陸 中 部 東 近 畿 西 近 畿 中 国 四 国 九 州 沖 縄 外 国 無 回 答 北 海 道 東 北 北 関 東 南 関 東 北 陸 中 部 東 近 畿 西 近 畿 中 国 四 国 九 州 沖 縄 外 国 無 回 答 15 人 2.6% 4 人 0.7% 17 人 3.0% 16 人 2.8% 14 人 2.4% 15 人 2.6% 32 人 5.6% 15 人 2.6% 22 人 3.8% 人 14.0% 79 人 13.8% 70 人 12.2% 単 位 : 人 % 193 人 33.7%

23 図 表 Ⅲ-1-7 月 別 年 代 別 回 答 者 数 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 平 成 23 年 平 成 24 年 区 分 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 総 計 10 代 代 代 代 代 代 代 代 無 回 答 回 答 数 代 代 代 代 代 代 代 代 無 回 答 回 答 比 率 図 表 Ⅲ-1-8 年 代 別 回 答 者 比 率 の 推 移 ( 過 去 5 年 間 ) 単 位 :% 区 分 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 10 代 代 代 代 代 代 以 上 図 表 Ⅲ-1-9 月 別 職 業 別 回 答 者 数 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 平 成 23 年 平 成 24 年 区 分 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 総 計 会 社 員 公 務 員 自 営 業 農 林 漁 業 自 由 業 学 生 主 婦 無 職 その 他 無 回 答 回 答 数 会 社 員 公 務 員 自 営 業 農 林 漁 業 自 由 業 学 生 主 婦 無 職 その 他 無 回 答 回 答 比 率

24 2. 来 訪 目 的 来 訪 の 目 的 は 観 光 が 最 も 多 く 44.3%となっており 次 いで 商 用 社 用 14.5% マリンレジ ャー 10.2% その 他 7.5% 祭 り イベント が 5.3%の 順 となっている 年 代 別 にみても 各 年 代 とも 観 光 が 最 も 多 く さらに 20 代 から 30 代 にかけて マリン レジャー がそれに 次 いでいる 50 代 から 70 代 では 商 用 社 用 の 割 合 が 高 い 職 業 別 にみても どの 職 種 でも 観 光 で 訪 れる 人 の 割 合 が 最 も 多 くなっている また 次 に 多 い 回 答 数 である マリンレジャー を 目 的 に 訪 れる 人 の 職 種 は 公 務 員 自 由 業 主 婦 その 他 の 順 となっている 図 表 Ⅲ-2-1 来 訪 目 的 回 答 者 数 ( 複 数 回 答 有 ) 単 位 : 人 % 観 光 戦 跡 地 参 拝 商 用 社 用 公 用 観 光 兼 用 務 マリンレジャー ゴルフ 祭 り イベント 新 婚 旅 行 大 会 研 修 その 他 無 回 答 16 人 2.4% 7 人 1.1% 5 人 0.8% 10 人 1.5% 32 人 4.8% 35 人 5.3% 25 人 3.8% 26 人 3.9% 68 人 10.2% 50 人 7.5% 96 人 14.5% 294 人 44.3%

25 図 表 Ⅲ-2-2 年 代 別 来 訪 目 的 ( 複 数 回 答 有 ) 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 10 代 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代 70 代 80 代 無 回 答 総 計 観 光 戦 跡 地 参 拝 商 用 社 用 公 用 観 光 兼 用 務 マリンレジャー ゴルフ 祭 り イベント 新 婚 旅 行 大 会 研 修 その 他 無 回 答 回 答 数 観 光 戦 跡 地 参 拝 商 用 社 用 公 用 観 光 兼 用 務 マリンレジャー ゴルフ 祭 り イベント 新 婚 旅 行 大 会 研 修 その 他 無 回 答 回 答 比 率 図 表 Ⅲ-2-3 職 業 別 来 訪 目 的 ( 複 数 回 答 有 ) 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 会 社 員 公 務 員 自 営 業 農 林 漁 業 自 由 業 学 生 主 婦 無 職 その 他 無 回 答 総 計 観 光 戦 跡 地 参 拝 商 用 社 用 公 用 観 光 兼 用 務 マリンレジャー ゴルフ 祭 り イベント 新 婚 旅 行 大 会 研 修 その 他 無 回 答 回 答 数 観 光 戦 跡 地 参 拝 商 用 社 用 公 用 観 光 兼 用 務 マリンレジャー ゴルフ 祭 り イベント 新 婚 旅 行 大 会 研 修 その 他 無 回 答 回 答 比 率

26 3. 来 訪 動 機 来 訪 動 機 は 前 に 来 て 良 かったから が 36.9%と 最 も 多 く 次 いで その 他 27.8% 一 度 来 たか った 10.9%となっている その 他 の 詳 細 は 不 明 である また 年 代 別 では 前 に 来 て 良 かったから を 動 機 として 上 げた 人 は 解 答 者 数 の 多 い 30 代 から 50 代 までが 順 に 47.0% 41.1% 37.4%となっており 前 に 来 て 良 かったから と 回 答 した 者 の 約 7.4 割 を 占 めている さらに 来 訪 回 数 別 来 訪 動 機 では 友 人 知 人 のすすめ 家 族 のすすめ など 身 近 な 人 からのアド バイスも 来 訪 のきっかけに 大 きな 影 響 を 及 ぼしていると 見 られる また 雑 誌 等 の 宣 伝 前 年 に 比 べて 増 加 傾 向 であるが 旅 行 業 者 のすすめ が 本 年 に 関 しては 微 増 にとどまっている 前 年 に 比 べて バ ラつきがみられ 今 後 観 光 地 側 からの 情 報 提 供 の 重 要 性 は 高 まるのではないかと 考 えられる 過 去 5 年 間 の 来 訪 動 機 の 推 移 を 見 てみると 前 に 来 て 良 かったから が 最 も 多 く 次 いで 一 度 来 たかった となる 傾 向 に 変 化 はない 沖 縄 が 依 然 としてビギナーにとって 一 度 は 行 ってみたい 土 地 であり さらに 一 度 来 てみると 二 度 三 度 と 繰 り 返 し 訪 れたくなる 土 地 であることがうかがえる 図 表 Ⅲ-3-1 来 訪 動 機 回 答 者 数 単 位 : 人 友 人 知 人 のす すめ 家 族 のすすめ 雑 誌 等 の 宣 伝 物 を 見 て 旅 行 業 者 のすす め 8 人 1.3% 18 人 3.0% 30 人 5.0% 43 人 7.2% 前 に 来 て 良 かっ たから 220 人 36.9% 一 度 来 たかった 65 人 10.9% その 他 166 人 27.8% 無 回 答 47 人 7.9% 図 表 Ⅲ-3-2 年 代 別 来 訪 動 機 ( 複 数 回 答 有 ) 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 10 代 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代 70 代 80 代 無 回 答 総 計 友 人 知 人 のすすめ 家 族 のすすめ 雑 誌 等 の 宣 伝 物 を 見 て 旅 行 業 者 のすすめ 前 に 来 て 良 かったから 一 度 来 たかった その 他 無 回 答 回 答 数 友 人 知 人 のすすめ 家 族 のすすめ 雑 誌 等 の 宣 伝 物 を 見 て 旅 行 業 者 のすすめ 前 に 来 て 良 かったから 一 度 来 たかった その 他 無 回 答 回 答 比 率

27 図 表 Ⅲ-3-3 職 業 別 来 訪 動 機 ( 複 数 回 答 有 ) 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 会 社 員 公 務 員 自 営 業 農 林 漁 業 自 由 業 学 生 主 婦 無 職 その 他 無 回 答 総 計 友 人 知 人 のすすめ 家 族 のすすめ 雑 誌 等 の 宣 伝 物 を 見 て 旅 行 業 者 のすすめ 前 に 来 て 良 かったから 一 度 来 たかった その 他 無 回 答 回 答 数 友 人 知 人 のすすめ 家 族 のすすめ 雑 誌 等 の 宣 伝 物 を 見 て 旅 行 業 者 のすすめ 前 に 来 て 良 かったから 一 度 来 たかった その 他 無 回 答 回 答 比 率 図 表 Ⅲ-3-4 来 訪 回 数 別 来 訪 動 機 ( 複 数 回 答 有 ) 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 初 めて 2 回 目 3 回 目 4 回 目 以 上 無 回 答 総 計 友 人 知 人 のすすめ 家 族 のすすめ 雑 誌 等 の 宣 伝 物 を 見 て 旅 行 業 者 のすすめ 前 に 来 て 良 かったから 一 度 来 たかった その 他 無 回 答 回 答 数 友 人 知 人 のすすめ 家 族 のすすめ 雑 誌 等 の 宣 伝 物 を 見 て 旅 行 業 者 のすすめ 前 に 来 て 良 かったから 一 度 来 たかった その 他 無 回 答 回 答 比 率 図 表 Ⅲ-3-5 来 訪 動 機 の 推 移 ( 過 去 5 年 間 ) 単 位 :% 区 分 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 友 人 知 人 のすすめ 家 族 のすすめ 雑 誌 等 の 宣 伝 物 を 見 て 旅 行 業 者 のすすめ 前 に 来 て 良 かったから 一 度 来 たかった その 他 無 回 答

28 図 表 Ⅲ-3-6 来 訪 動 機 の 推 移 単 位 :% 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 友 人 知 人 のすすめ 家 族 のすすめ 雑 誌 等 の 宣 伝 物 を 見 て 旅 行 業 者 のすすめ 前 に 来 て 良 かったから 一 度 来 たかった その 他 無 回 答

29 4. 来 訪 回 数 年 代 別 来 訪 回 数 は 若 年 層 では 20 代 の 4 回 目 以 上 が 初 めて を 超 えている 以 降 50 代 までは 4 回 目 以 上 の 占 める 割 合 が 大 きい 年 代 が 上 がるにつれてリピート 率 も 上 がると 理 解 できる 一 方 で 昨 年 度 調 査 では 70 代 本 年 度 調 査 では 60 代 80 代 で 初 めて の 割 合 が 再 び 増 加 してい る これは 退 職 後 に 生 じた 余 暇 の 活 用 方 法 のひとつとして 沖 縄 旅 行 を 選 択 しているとも 考 えられる さらに 職 業 別 内 訳 をみると 4 回 目 以 上 の 来 訪 者 は 会 社 員 が 約 5 割 強 を 占 め 主 婦 は 昨 年 度 同 様 に4 割 弱 となっている 来 訪 目 的 別 にみると ゴルフ 祭 り を 目 的 とする 来 訪 者 は 圧 倒 的 に 4 回 以 上 来 訪 のヘビーリピ ーターで 次 いで マリンレジャー に 同 様 の 傾 向 が 見 て 取 れる 目 的 の 明 確 なリピーターが 増 加 して いる 可 能 性 がうかがえる 月 別 に 来 訪 回 数 の 内 訳 をみると 1 月 をのぞく 全 ての 月 で 4 回 目 以 上 の 来 訪 者 が 最 上 位 を 占 め ており 一 度 沖 縄 を 気 に 入 った 旅 行 者 は 時 を 選 ばず 来 訪 していることがうかがえる 図 表 Ⅲ-4-1 年 代 別 来 訪 回 数 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 10 代 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代 70 代 80 代 無 回 答 総 計 初 めて 回 目 回 目 回 目 以 上 無 回 答 回 答 数 初 めて 回 目 回 目 回 目 以 上 無 回 答 回 答 比 率 図 表 Ⅲ-4-2 年 代 別 来 訪 回 数 単 位 : 人 10 代 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代 70 代 初 めて 2 回 目 3 回 目 4 回 目 以 上 無 回 答 80 代 無 回 答

30 図 表 Ⅲ-4-3 職 業 別 来 訪 回 数 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 会 社 員 公 務 員 自 営 業 農 林 漁 業 自 由 業 学 生 主 婦 無 職 その 他 無 回 答 総 計 初 めて 回 目 回 目 回 目 以 上 無 回 答 回 答 数 初 めて 回 目 回 目 回 目 以 上 無 回 答 回 答 比 率 図 表 Ⅲ-4-4 来 訪 目 的 別 来 訪 回 数 ( 複 数 回 答 有 ) 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 観 光 戦 跡 地 参 拝 商 用 社 用 公 用 観 光 兼 用 務 マリン レジャー ゴルフ 祭 り 新 婚 旅 行 大 会 研 修 その 他 無 回 答 総 計 イベント 初 めて 回 目 回 目 回 目 以 上 無 回 答 回 答 数 初 めて 回 目 回 目 回 目 以 上 無 回 答 回 答 比 率 図 表 Ⅲ-4-5 来 訪 目 的 別 来 訪 回 数 単 位 : 人 観 光 戦 跡 地 商 用 社 用 公 用 観 光 兼 マリン ゴルフ 祭 り 新 婚 旅 行 初 めて 2 回 目 3 回 目 4 回 目 以 上 無 回 答 大 会 研 修 その 他 無 回 答

31 図 表 Ⅲ-4-6 月 別 来 訪 回 数 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 総 計 初 めて 回 目 回 目 回 目 以 上 無 回 答 回 答 数 初 めて 回 目 回 目 回 目 以 上 無 回 答 回 答 比 率 図 表 Ⅲ-4-7 来 訪 回 数 別 回 答 者 比 率 の 推 移 ( 過 去 5 年 間 ) 単 位 :% 区 分 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 初 めて 回 目 回 目 回 目 以 上 無 回 答 総 計 初 めて リピーター 図 表 Ⅲ-4-8 来 訪 回 数 別 回 答 者 比 率 の 推 移 ( 過 去 5 年 間 ) 単 位 :% 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 初 めて 2 回 目 3 回 目 4 回 目 以 上 無 回 答

32 5. 旅 行 者 形 態 ( 旅 行 の 同 行 者 ) 旅 行 の 同 行 者 形 態 は 一 人 が 28.8%と 最 も 多 く 次 いで 夫 婦 が 22.6%で 昨 年 度 と 同 じく 2 位 となっており 家 族 は 1 位 から 3 位 に 後 退 している また 年 代 別 にみると 20 代 は 友 人 知 人 グループ が 一 位 で 30 代 は 一 人 が 昨 年 の 11.5%から 20.2%に 増 加 している 昨 年 度 同 様 40 代 以 上 のグループも 一 人 が 高 い 割 合 を 記 している 職 業 別 に 同 行 者 の 形 態 をみると 自 営 業 自 由 業 が 一 人 で 来 沖 する 割 合 が 高 くなっている 主 婦 は 家 族 夫 婦 での 来 訪 が 多 い 傾 向 にある 来 訪 目 的 別 旅 行 者 形 態 内 訳 では 夫 婦 友 人 知 人 グループ を 伴 う 来 訪 者 は 観 光 マリン レジャー を 主 な 目 的 としてきたが 一 人 での 来 訪 者 にもマリンレジャーに 参 加 する 割 合 が 多 くな っており 検 証 が 必 要 であるが 移 動 プロセスを 誰 と 一 緒 かは 相 対 的 に 重 要 性 が 下 がっているの ではないかと 思 われる 例 えば 移 動 中 もスマートフォンとソーシャルネットワークを 活 用 することに よって 一 人 での 移 動 のマイナス 面 を 補 うなどの 行 動 が 一 般 的 になっているかも 知 れない 図 表 Ⅲ-5-1 旅 行 同 行 者 単 位 : 人 一 人 夫 婦 家 族 地 域 職 場 の 団 体 友 人 知 人 グループ その 他 無 回 答 17 人 3.0% 28 人 4.9% 47 人 8.2% 97 人 17.0% 89 人 15.6% 129 人 22.6% 165 人 28.8% 図 表 Ⅲ-5-2 年 代 別 旅 行 同 行 者 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 10 代 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代 70 代 80 代 無 回 答 総 計 一 人 夫 婦 家 族 地 域 職 場 の 団 体 友 人 知 人 グループ その 他 無 回 答 回 答 数 一 人 夫 婦 家 族 地 域 職 場 の 団 体 友 人 知 人 グループ その 他 無 回 答 回 答 比 率

33 図 表 Ⅲ-5-3 職 業 別 旅 行 者 形 態 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 会 社 員 公 務 員 自 営 業 農 林 漁 業 自 由 業 学 生 主 婦 無 職 その 他 無 回 答 総 計 一 人 夫 婦 家 族 地 域 職 場 の 団 体 友 人 知 人 グループ その 他 無 回 答 回 答 数 一 人 夫 婦 家 族 地 域 職 場 の 団 体 友 人 知 人 グループ その 他 無 回 答 回 答 比 率 図 表 Ⅲ-5-4 来 訪 目 的 別 旅 行 者 形 態 ( 複 数 回 答 有 ) 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 観 光 戦 跡 地 参 拝 商 用 社 用 公 用 観 光 兼 用 務 マリン レジャー ゴルフ 祭 り 新 婚 旅 行 大 会 研 修 その 他 無 回 答 総 計 イベント 一 人 夫 婦 家 族 地 域 職 場 の 団 体 友 人 知 人 グループ その 他 無 回 答 回 答 数 一 人 夫 婦 家 族 地 域 職 場 の 団 体 友 人 知 人 グループ その 他 無 回 答 回 答 比 率

34 6. 旅 行 形 態 ( 個 人 旅 行 団 体 旅 行 パッケージツアー) 旅 行 の 形 態 は 本 年 度 は 個 人 旅 行 (45.3%)が フリープラン 型 パッケージツアー を 完 全 に 凌 駕 する 形 となっている この 二 つを 合 わせると 昨 年 度 同 様 全 体 の 約 8 割 を 占 める さらに 年 代 別 旅 行 形 態 では 20 代 では フリープラン 型 パッケージツアー が 最 多 で 次 いで 個 人 旅 行 となっているが 30 代 以 上 ではその 関 係 が 逆 転 しているのも 昨 年 同 様 である 来 訪 回 数 別 旅 行 形 態 については 2 回 目 の 回 答 者 で フリープラン 型 パッケージツアー の 割 合 が 高 くなっている フリー 型 パッケージツアー がより 浸 透 してきていることがうかがえる 図 表 Ⅲ-6-1 旅 行 形 態 (グラフ) 単 位 : 人 団 体 旅 行 観 光 つきパッケージツアー 15 人 2.6% 39 人 6.8% 個 人 旅 行 259 人 45.3% フリープラン 型 パッケージツアー 無 回 答 113 人 19.8% 146 人 25.5% 図 表 Ⅲ-6-2 年 代 別 旅 行 形 態 単 位 : 人 10 代 代 代 代 代 代 代 代 無 回 答 団 体 旅 行 観 光 つきパッケージツアー 個 人 旅 行 フリープラン 型 パッケージツアー 無 回 答

35 図 表 Ⅲ-6-3 年 代 別 旅 行 形 態 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 10 代 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代 70 代 80 代 無 回 答 総 計 団 体 旅 行 観 光 つきパッケージツアー 個 人 旅 行 フリープラン 型 パッケージツアー 無 回 答 回 答 数 団 体 旅 行 観 光 つきパッケージツアー 個 人 旅 行 フリープラン 型 パッケージツアー 無 回 答 回 答 比 率 図 表 Ⅲ-6-4 年 来 訪 回 数 別 旅 行 形 態 単 位 : 人 初 めて 回 目 回 目 回 目 以 上 無 回 答 団 体 旅 行 観 光 つきパッケージツアー 個 人 旅 行 フリープラン 型 パッケージツアー 無 回 答 図 表 Ⅲ-6-5 来 訪 回 数 別 旅 行 形 態 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 )

36 7. 旅 行 期 間 1) 旅 行 日 数 沖 縄 旅 行 日 数 は 2 泊 3 日 が 最 も 多 く 32.0%を 占 め 次 いで 3 泊 4 日 (24.7%)となっており この 2 つで 全 体 の 約 6 割 を 占 めている 昨 年 度 調 査 では 20 代 から 50 代 まで 3 泊 4 日 が 最 も 多 くなっていたが 本 年 度 調 査 では 20 代 40 代 50 代 60 代 では 2 泊 3 日 が 多 くなっている 職 業 別 では 公 務 員 学 生 を 除 き 2 泊 3 日 が 最 も 多 く 3 泊 4 日 が 次 に 多 い 傾 向 にある 経 年 変 化 の 中 に 旅 行 期 間 の 短 縮 化 の 傾 向 がみられるが 原 因 となる 要 因 は ここでは 判 らない 月 別 にみると どの 月 でも 2 泊 3 日 ないしは 3 泊 4 日 が 主 流 となっている なお 4 泊 5 日 以 上 の 比 較 的 長 い 宿 泊 は 昨 年 度 と 比 較 すると 8 月 にも 多 くなっており 昨 年 度 は 9 月 から 11 月 にか けて 多 くみられたことと 比 較 すると 変 化 がみられる 図 表 Ⅲ-7-1 旅 行 日 数 の 割 合 単 位 : 人 1 泊 2 日 2 泊 3 日 3 泊 4 日 4 泊 5 日 5 泊 6 日 6 泊 7 日 7 泊 8 日 8 泊 9 日 9 泊 10 日 10~12 泊 13 泊 以 上 無 回 答 13 人 2.3% 2 人 0.3% 8 人 30 人 5.2% 1.4% 13 人 2.3% 6 人 1.0% 9 人 1.6% 30 人 5.2% 64 人 11.2% 73 人 12.8% 141 人 24.7% 183 人 32.0% 図 表 Ⅲ-7-2 年 代 別 旅 行 日 数 単 位 : 人 10 代 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代 70 代 80 代 無 回 答 1 泊 2 日 2 泊 3 日 3 泊 4 日 4 泊 5 日 5 泊 6 日 6 泊 7 日 7 泊 8 日 8 泊 9 日 9 泊 10 日 10~12 泊 13 泊 以 上 無 回 答

37 図 表 Ⅲ-7-3 年 代 別 旅 行 日 数 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 10 代 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代 70 代 80 代 無 回 答 総 計 1 泊 2 日 泊 3 日 泊 4 日 泊 5 日 泊 6 日 泊 7 日 泊 8 日 泊 9 日 泊 10 日 ~12 泊 泊 以 上 無 回 答 回 答 数 泊 2 日 泊 3 日 泊 4 日 泊 5 日 泊 6 日 泊 7 日 泊 8 日 泊 9 日 泊 10 日 ~12 泊 泊 以 上 無 回 答 回 答 比 率 図 表 Ⅲ-7-4 職 業 別 旅 行 日 数 単 位 : 人 ( 上 段 ) %( 下 段 ) 区 分 会 社 員 公 務 員 自 営 業 農 林 漁 業 自 由 業 学 生 主 婦 無 職 その 他 無 回 答 総 計 1 泊 2 日 泊 3 日 泊 4 日 泊 5 日 泊 6 日 泊 7 日 泊 8 日 泊 9 日 泊 10 日 ~12 泊 泊 以 上 無 回 答 回 答 数 泊 2 日 泊 3 日 泊 4 日 泊 5 日 泊 6 日 泊 7 日 泊 8 日 泊 9 日 泊 10 日 ~12 泊 泊 以 上 無 回 答 回 答 比 率

平 成 24 年 度 若 狭 路 観 光 実 態 調 査 業 務 報 告 書 平 成 24 年 1 月 嶺 南 広 域 行 政 組 合 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 ------------------------------------------------- 1 Ⅱ. 調 査 結 果 のまとめ----------------------------------------- 2 1. 若 狭

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx 資 料 2 最 近 の 住 宅 着 工 動 向 等 に 関 する 資 料 平 成 27 年 12 月 ( 独 ) 住 宅 金 融 支 援 機 構 調 査 部 新 設 住 宅 着 工 戸 数 (2015 年 10 月 )は 8か 月 ぶりにマイナス 2015 年 10 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は77,153 戸 前 年 同 月 比 伸 び 率 は 2.5%で 8か 月 ぶりにマイナスに

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

観光意向調査報告書(概要版)※みだし修正

観光意向調査報告書(概要版)※みだし修正 平 成 26 年 度 栃 木 県 観 光 意 向 調 査 報 告 書 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 3 月 栃 木 県 産 業 労 働 観 光 部 観 光 交 流 課 目 次 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 対 象... 1 3. 調 査 期 間... 1 4. 調 査 方 法... 1 Ⅰ. 県 内 居 住 者 の 調 査 結 果... 3

More information

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 お 子 さま 1 人 につき 35 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 学 院 に 1 年 以 上 在 籍 する 資 金 として する 場 合 は 45 万 円 以 内 ご 返

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 お 子 さま 1 人 につき 35 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 学 院 に 1 年 以 上 在 籍 する 資 金 として する 場 合 は 45 万 円 以 内 ご 返 ニュースリリース 平 成 2 8 年 2 月 23 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 高 校 入 学 から 大 学 卒 業 までに 必 要 な 教 育 費 は 約 9 万 円 に ~ 教 育 費 の 増 加 や 仕 送 り 額 の 減 少 を 奨 学 金 子 供 のアルバイト 収 入 等 により 捻 出 ~ - 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 平 成 )-

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4995F18D908F915F8F4390B38CE35F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4995F18D908F915F8F4390B38CE35F2E646F63> 和 歌 山 県 観 光 統 計 調 査 報 告 書 平 成 21 年 (2009 年 )3 月 和 歌 山 県 目 次 1.はじめに... 3 1-1. 調 査 目 的...3 1-2. 実 施 調 査 内 容...3 2. 調 査 結 果 と 分 析 ( 単 純 集 計 結 果 )... 6 2-1. 県 内 アンケート 調 査 結 果...6 2-1-1. 回 答 者 プロフィール...6 2-1-2.

More information

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt)

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt) GIFU ECONOMIC AND INDUSTRIAL PROMOTION CENTER 観 光 平 成 27 年 度 担 当 者 : 主 任 調 査 役 堀 邦 裕 報 告 内 容 1 岐 阜 県 の 観 光 の 動 向 2 全 国 から 見 た 岐 阜 県 の 観 光 3 最 近 の 動 向 と 課 題 4 観 光 振 興 等 についての 意 見 要 望 等 5 主 な 観 光 宿 泊 地 の

More information

Microsoft Word - 010_表紙

Microsoft Word - 010_表紙 第 Ⅱ 章 調 査 結 果 1. 住 まいの 損 害 保 険 および 共 済 の 加 入 状 況 本 調 査 の 集 計 分 析 は 損 害 保 険 共 済 等 の 加 入 状 況 により 地 震 保 険 の 加 入 非 加 入 の 別 で 2 区 分 その 詳 細 として 5 区 分 に 分 けて 実 施 した 具 体 的 な 区 分 内 容 は 以 下 の 通 りである (1) 地 震 保 険

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx 2011 1 25 075029 4 61 29 1 1 2 1.1 2 1.2 3 1.3 5 1.4 6 2 12 2.1 12 2.2 13 3 15 3.1 15 3.2 17 3.3 19 20 21 web 21 はじめに 研 究 概 要 2 研 究 方 法 CSV ArcGIS 21 1 第 1 章 新 聞 業 界 の 現 状 1.1 全 体 の 売 上 1 図 1: 業 界 全 体

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

H27あらましP0(表紙)ホームページ

H27あらましP0(表紙)ホームページ 平 成 27 年 地 価 調 査 のあらまし 第 1 地 価 調 査 制 度 の 概 要 1 地 価 調 査 の 目 的 2 調 査 対 象 区 域 3 調 査 地 点 数 4 基 準 地 の 選 定 基 準 5 価 格 判 定 の 基 準 日 6 価 格 の 判 定 7 標 準 価 格 の 性 格 8 周 知 措 置 9 用 語 の 定 義 第 2 全 国 の 状 況 1 概 要 2 栃 木 県

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

5. 入港者(アクセス)アンケート調査 | 成田国際空港アクセス交通実態調査

5. 入港者(アクセス)アンケート調査 | 成田国際空港アクセス交通実態調査 5. 入 港 者 (アクセス)アンケート 調 査 調 査 票 の 配 布 場 所 は 出 発 旅 客 が 入 港 する 際 に 通 過 する 第 1 ゲート 第 2 ゲート 第 6 ゲー ト 成 田 空 港 駅 ゲート 空 港 第 2 ビル 駅 ゲート 第 1 ターミナルビルバス 降 車 場 第 2 ターミ ナルビルバス 降 車 場 の 7 地 点 において 空 港 従 業 員 を 除 く 全 ての

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ローン ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 ご 返 済 期 間 金 利 ( 平 成 27 年 2 月 20 日 現 在 ) お 使 いみち お 子 さま 1 人 につき 350 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ローン ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 ご 返 済 期 間 金 利 ( 平 成 27 年 2 月 20 日 現 在 ) お 使 いみち お 子 さま 1 人 につき 350 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 平 成 2 7 年 2 月 20 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 重 い 教 育 費 負 担 ~ 年 収 400 万 円 未 満 の 世 帯 では 負 担 割 合 が 4 割 に~ - 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 平 成 26 年 度 )- < 調 査 結 果 のポイント> 1 自 宅 外 通 学 の 場 合 高 校 ~ 大 学 卒 業 までに 必 要 な

More information

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工 建 設 業 の 経 営 分 析 ( 平 成 26 年 度 ) ( 概 要 版 ) 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 目 的 建 設 企 業 の 経 営 分 析 を 行 い 建 設 業 の 健 全 な 発 展 に 資 する 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とする (2) 調 査 事 項 各 財 務 比 率 の 平 均 値 を 調 査 した (3) 調 査 対 象 一 般 財 団 法

More information

統計トピックスNo.84 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)-「敬老の日」にちなんで-

統計トピックスNo.84 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)-「敬老の日」にちなんで- 平 成 26 年 9 月 14 日 統 計 トピックス No.84 統 計 からみた 我 が 国 の 高 齢 者 (65 歳 以 上 ) - 敬 老 の 日 にちなんで- 総 務 省 統 計 局 では 敬 老 の 日 (9 月 15 日 )を 迎 えるに 当 たって 統 計 からみた 我 が 国 の 高 齢 者 のすがたについて 取 りまとめました 要 約 Ⅰ 高 齢 者 の 人 口 ( 人 口 推

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

< F18D908F91>

< F18D908F91> 金 沢 市 観 光 調 査 結 果 報 告 書 平 成 26 年 (2014) 金 沢 市 経 済 局 営 業 戦 略 部 観 光 交 流 課 はじめに この 報 告 書 は 平 成 26 年 に 金 沢 市 が 行 った 観 光 に 関 する 各 種 調 査 をとりまとめたも のです 本 報 告 書 には 1. 金 沢 市 を 訪 れた 観 光 客 から 旅 行 形 態 や 本 市 の 印 象

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090AC93638D918DDB8BF38D6082C6894893638BF38D6082CC979897708FF38BB582C98AD682B782E992B28DB88C8B89CA8B7982D192F18CBE2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090AC93638D918DDB8BF38D6082C6894893638BF38D6082CC979897708FF38BB582C98AD682B782E992B28DB88C8B89CA8B7982D192F18CBE2E646F6378> 成 田 と 羽 田 空 港 の 利 用 状 況 に 関 するアンケート 調 査 結 果 及 び 提 言 2012 年 3 月 株 式 会 社 ちばぎん 総 合 研 究 所 1 目 次 1. 調 査 概 要 1 (1) 調 査 目 的 1 (2) 調 査 方 法 1 2. 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 (1) ア ン ケ ー ト 調 査 結 果 3 (2) 成 田 の 利 用 促 進 に 向 け

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

平成23年度 住宅リフォーム実例調査

平成23年度 住宅リフォーム実例調査 平 成 26 年 度 第 12 回 住 宅 リフォーム 実 例 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 ォーム 推 進 協 議 会 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 Ⅱ. 調 査 結 果 の 分 析... 3 Ⅲ. 調 査 結 果... 8 1. 結 果 の 概 要... 8 2. 調 査 結 果 の 詳 細... 14 1. 世 帯 住 宅 の 基 本 属 性... 14 (1)

More information

企業平均年齢と長寿企業の実態調査

企業平均年齢と長寿企業の実態調査 212/9/13 東 京 都 港 区 南 青 山 2--2 TEL: 3-77-373 URL:http://www.tdb.co.jp/ はじめに 全 国 の 企 業 は 歳 ~ 都 道 府 県 別 では 山 形 県 の 4 歳 がトップ ~ 長 引 く 不 況 や 震 災 を 機 に 長 寿 企 業 への 注 目 が 高 まっている 環 境 の 変 化 に 対 応 しながら 戦 争 や 災 害

More information

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73>

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73> 平 成 19 年 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 結 果 の 概 要 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 ) 平 成 19 年 12 月 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 担 当 : 岡 田 山 家 (やまが) 電 話 : 03-5253-5551( 直 ) 03-5253-5111( 代 ) ( 内 線 3245

More information

外国人観光客の受け入れに関するアンケート

外国人観光客の受け入れに関するアンケート 2014 年 1 月 24 日 日 本 政 策 金 融 公 庫 総 合 研 究 所 観 光 客 受 け 入 れに 関 するアンケト ~ 結 果 概 要 ~ Ⅰ Ⅱ Ⅲ 調 査 目 的 実 施 要 領 調 査 結 果 1 観 光 客 受 け 入 れ 現 状 2 観 光 客 る 企 業 企 業 違 3 観 光 客 受 け 入 れに 関 する 今 後 方 針 取 り 組 み Ⅳ まめ < 問 合 わせ 先

More information

中途採用状況調査

中途採用状況調査 11 月 ( 9 月 ~ 8 月 ) 株 式 会 社 マイナビ( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 代 表 取 締 役 社 長 : 中 川 信 行 )が 運 営 する 総 合 転 職 情 報 サイト マイナビ 転 職 は 民 間 企 業 等 における 一 年 間 ( 9 月 ~ 8 月 )の 中 途 採 用 状 況 調 査 を 行 い 国 内 優 良 企 業 666 社 より 回 答 が 得

More information

スポーツ振興くじ(2015年度販売・投票概況集計(第755回~第832回))

スポーツ振興くじ(2015年度販売・投票概況集計(第755回~第832回)) 資 料 スポーツ 振 興 くじ 2015 年 度 販 売 投 票 概 況 集 計 ( 第 755 回 ~ 第 832 回 ) 2016 年 4 月 目 次 2015 年 度 のまとめ 1 1.2015 年 度 売 上 の 推 移 2~3 2.2015 年 度 売 上 当 せん 結 果 の 推 移 2-1 toto 4 2-2 mini toto-a 組 5 2-3 mini toto-b 組 6 2-4

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医 指 定 大 学 院 (コース) 一 覧 第 1 種 指 定 大 学 院 (155 校 / 修 了 後 直 近 の 審 査 の 受 験 可 ) 所 在 県 名 種 別 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 領 域 (コース) 名 1 北 海 道 国 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 院 教 育 学 専 攻 臨 床 心 理 学 講 座 2 北 海 道 私 札 幌 学 院 大 学 大 学

More information

平成20年3月4日

平成20年3月4日 212 年 7 月 13 日 日 本 銀 行 福 島 支 店 NHK 大 河 ドラマ 八 重 の 桜 の 放 映 に 伴 う 内 経 済 への 波 及 効 果 ~ 大 河 ドラマ 効 果 を 足 掛 かりに 内 観 光 の 復 活 を 目 指 して~ 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 日 本 銀 行 福 島 支 店 総 務 課 電 話 :24-521- 6353 本 稿 の 内 容 について

More information

平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 はじめに 1 凡 例 2 第 1 章 労 働 経 済 推 移

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

特別乗継割引 2015年9月1日~10月24日ご搭乗分(2015年6月24日更新)

特別乗継割引 2015年9月1日~10月24日ご搭乗分(2015年6月24日更新) 2015 年 ご 搭 乗 分 (2015 年 6 月 24 日 更 新 ) 表 示 される 運 賃 は 当 該 区 間 の 直 行 便 の 運 航 がある 場 合 に 有 効 です 記 載 されている 運 賃 とは 別 に 羽 田 空 港 成 田 空 港 中 部 空 港 北 九 州 空 港 発 着 便 をご 利 用 の 場 合 空 港 ビル 会 社 に 代 わって 旅 客 施 設 使 用 料 を 申

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

補償業務管理士検定試験(口述試験)

補償業務管理士検定試験(口述試験) 補 償 業 務 管 理 士 検 定 試 験 ( 筆 記 試 験 ) 受 験 の 案 内 ( 平 成 24 年 度 ) 社 団 法 人 日 本 補 償 コンサルタント 協 会 目 次 はじめに 1 1. 筆 記 試 験 受 験 資 格 のある 者 1 2. 筆 記 試 験 に 係 る 研 修 修 了 証 書 ( 共 通 科 目 及 び 専 門 科 目 )の 有 効 期 限 について 1 3. 手 続

More information

ランキング(2月数値訂正済み)

ランキング(2月数値訂正済み) [ 参 考 資 料 ] 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 ( 確 報 ) 結 果 産 業 小 分 類 都 道 府 県 市 町 村 のランキング 産 業 小 分 類 1 事 業 所 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 2 2 従 業 者 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 4 都 道 府 県 3 事 業 所 数 産 業 大 分 類 都 道 府

More information

観光地ホテル・旅館について

観光地ホテル・旅館について 1-1 49 1-2 50 1-3 1) 2) 3) 4) 51 52 1-4 2-1 53 順 位 項 目 % 1 国 内 観 光 旅 行 70.0 2 外 食 ( 日 常 的 なものを 除 く) 58.4 3 ドライブ 56.9 4 海 外 旅 行 44.0 5 カラオケ 40.2 6 映 画 (テレビは 除 く) 38.5 図 2ー4 国 内 旅 行 の 支 出 の 力 点 宿 泊 施 設 37.0

More information

1, 1

1, 1 0 1, 1 ( 人 ) 40,000 35,000 30,000 移 民 取 扱 人 による 者 移 民 取 扱 人 によらない 者 合 計 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 1899 年 1900 年 1901 年 1902 年 1903 年 1904 年 1905 年 1906 年 1907 年 1908 年 1909 年 1910 年 1911 年 1912

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国 2 次 2 次 2 次 2 次 81 東 京 学 芸 ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 東 京 学 芸 ( 教 育 - 初 等 - 英 語 ) 62.5 79 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 英 語 教 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 60.0 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 英 語 ) 62.5 都 留 文 科 ( 文 - 初

More information

乗継割引28 2015年9月1日~6日ご搭乗分(2015年6月24日更新)

乗継割引28 2015年9月1日~6日ご搭乗分(2015年6月24日更新) 2015 年 ご 搭 乗 分 (2015 年 6 月 24 日 更 新 ) 表 示 される 運 賃 は 当 該 区 間 の 直 行 便 の 運 航 がある 場 合 に 有 効 です 記 載 されている 運 賃 とは 別 に 羽 田 空 港 成 田 空 港 中 部 空 港 北 九 州 空 港 発 着 便 をご 利 用 の 場 合 空 港 ビル 会 社 に 代 わって 旅 客 施 設 使 用 料 を 申

More information

平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 1 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした これは おおよそ 1 日 あたり 107 件 13 分

平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 1 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした これは おおよそ 1 日 あたり 107 件 13 分 平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 平 成 27 年 中 の 火 災 の 状 況 について 1 月 から 12 月 までの 確 定 値 を 取 りまとめ ましたので その 概 要 を 公 表 します 前 年 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 火 災 による 死 者 数 ともに 減 少 しています 1 総 出 火

More information

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc 第 20 回 本 宮 町 白 沢 村 合 併 協 議 会 別 冊 目 次 1. 経 過 報 告 別 紙 資 料 1 2. 合 併 協 定 項 目 具 体 的 調 整 内 容 一 覧 表 ( 要 協 議 会 報 告 ) 4 3. 報 告 第 73 号 関 係 本 宮 市 市 章 デザイン 応 募 結 果 7 4. 報 告 第 80 号 別 紙 指 定 金 融 機 関 等 一 覧 14 本 宮 町 白

More information

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算>

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算> 平 成 28 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 実 施 予 定 事 業 < 当 初 予 算 > 79 国 立 大 学 法 人 175 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 7 事 業 6 国 立 高 等 専 門 学 校 6 事 業 計 188 事 業 1)これらの 事 業 は 予 定 であり, 今 後, 財 政 法 に 基 づく 財 務 省 との 実 施 計 画 協

More information

スーパーマーケット 販 売 統 計 調 査 2015 年 7 月 実 績 速 報 版 (パネル275) 全 店 売 上 高 ( 万 円 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 スーパーマーケット 協 会 オール 日 本 スーパーマーケット 協 会 一 般 社 団 法 人 新 日 本 スーパーマーケット

スーパーマーケット 販 売 統 計 調 査 2015 年 7 月 実 績 速 報 版 (パネル275) 全 店 売 上 高 ( 万 円 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 スーパーマーケット 協 会 オール 日 本 スーパーマーケット 協 会 一 般 社 団 法 人 新 日 本 スーパーマーケット スーパーマーケット 販 売 統 計 調 査 資 料 2015 年 7 月 実 績 速 報 版 (パネル 275) 6 月 実 績 確 報 版 (8 月 21 日 公 表 ) 調 査 資 料 概 要 商 品 分 類 パネル 集 計 食 品 を 中 心 に 取 り 扱 うスーパーマーケットを 対 象 に 同 一 企 業 を 集 計 2015 年 4 月 実 績 よりパネル 対 象 企 業 変 更 (285

More information

福 岡 札 幌 ( 千 歳 ) 東 京 ( 羽 田 ) 240 57 24,900 ~ 35,400 37,900 22,800 26,900 40,500 ~ 40,500 40,500 40,500 40,500 51,800 ~ 51,800 51,800 51,800 51,800 福 岡

福 岡 札 幌 ( 千 歳 ) 東 京 ( 羽 田 ) 240 57 24,900 ~ 35,400 37,900 22,800 26,900 40,500 ~ 40,500 40,500 40,500 40,500 51,800 ~ 51,800 51,800 51,800 51,800 福 岡 大 阪 ( 伊 丹 ) 札 幌 ( 千 歳 ) 東 京 ( 羽 田 ) 986 55 21,600 ~ 30,700 30,700 19,000 23,000 31,000 ~ 31,000 31,000 31,000 31,000 42,300 ~ 42,300 42,300 42,300 42,300 大 阪 ( 伊 丹 ) 札 幌 ( 千 歳 ) 東 京 ( 羽 田 ) 14 57 21,600

More information

第Ⅰ章 一週間の買物行動

第Ⅰ章 一週間の買物行動 調 査 の 目 的 と 方 法 調 査 の 目 的 と 方 法 1. 調 査 目 的 と 分 析 の 基 本 方 針 1.1. 調 査 目 的 本 調 査 は アンケート 調 査 を 通 じて 消 費 者 の 食 肉 の 購 買 状 況 食 肉 に 対 す る 意 識 食 肉 調 理 に 関 する 実 態 などを 季 節 年 度 別 年 代 別 地 域 別 など 様 々な 角 度 から 分 析 し

More information

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 9 月 3 日 照 会 先 保 険 局 調 査 課 課 長 秋 田 倫 秀 ( 内 線 3291) 数 理 企 画 官 鎌 田 真 隆 ( 内 線 3293) 担 当 係 医 療 機 関 医 療 費 係 ( 内 線 3298) 電 話 : 03(5253)1111 ( 代 表 ) 03(3595)2579 ( 直 通 ) 平

More information

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント 調 査 レポート 調 査 レポート 原 稿 15 年 1 月 東 日 東 本 日 大 本 震 大 災 後 の の 高 校 卒 業 業 者 者 の の 路 動 路 向 動 向 1. 概 況 文 部 科 省 校 基 本 調 査 における の 14 年 3 月 の 高 校 卒 業 者 数 は 前 年 比 597 人 2.9 減 の19,657 人 となり 2 年 ぶりに 前 年 を 下 回 った 路 別

More information

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd 学 園 の 現 況 平 成 28(2016) 28 (2016) 年 度 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 教 育 研 究 組 織 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 日 本 文 学 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 課 程 後 期 課 程 ) 大 学 院 文 学 研 究 科 中 国 学 専 攻 ( 博 士

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

報道資料

報道資料 平 成 24 7 月 5 日 消 防 庁 平 成 23 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 総 火 災 件 数 は 50,006 件 で おおよそ 1 日 あたり 137 件 11 分 に 1 件 の 火 災 が 発 生 したことになります また 東 日 本 大 震 災 による 火 災 は 330 件 でした 1 総 出 火 件 数 は 50,006 件 でした

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 (

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 固 定 資 産 評 価 基 準 新 旧 対 照 表 改 正 案 現 行 固 定 資 産 評 価 基 準 固 定 資 産 評 価 基 準 目 次 略 目 次 略 第 1 章 土 地 第 1 章 土 地 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 11 節 その 他 第 11 節 その 他 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 砂 防 法 (

More information

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す 平 成 28 年 1 月 20 日 土 地 建 設 産 業 局 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 通 省 が 平 成 27 年 10 月 に 実 施 した 公 共 事 業 労 務 費 調 査 に 基 づき 平 成 28 年 2 月 からの 公 共 工 事 の 工 事 費 の 積 算 に 用 いるための

More information

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73>

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73> 備 考 欄 に 記 載 のお 願 い 従 前 と 改 定 後 に2 等 級 以 上 の 差 がある 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 がない 場 合 月 額 変 更 に 該 当 しません 非 固 定 的 賃 金 ( 残 業 等 )のみが 変 動 した 方 につきましては 必 ず 算 定 基 礎 届 の 備 考 欄 に 固 定 給 の 変 動 なし と ください 固 定 的 賃 金 の 変 動

More information

(別添2)高校生コース第2 期派遣留学生選考学校別採用者数

(別添2)高校生コース第2 期派遣留学生選考学校別採用者数 ( 別 添 2) 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 ~トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム 高 校 生 コース ~ 採 用 生 徒 等 数 一 覧 ( 高 等 学 校 等 別 ) 人 都 道 府 県 国 公 私 立 高 等 学 校 等 名 北 海 道 公 立 北 海 道 旭 川 商 業 高 等 学 校 0 1 北 海 道 公 立 北 海 道 旭 川 東 高 等 学

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

目 次 (1)シェアハウスの 立 地 状 況... (2) 直 近 のシェアハウスの 物 件 規 模 の 状 況... 1. 調 査 概 要... 2. わが 国 のシェアハウス 市 場...

目 次 (1)シェアハウスの 立 地 状 況... (2) 直 近 のシェアハウスの 物 件 規 模 の 状 況... 1. 調 査 概 要... 2. わが 国 のシェアハウス 市 場... シェアハウス 市 場 調 査 2014 年 度 版 2015 年 5 月 日 本 シェアハウス ゲストハウス 連 盟 協 力 : 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 e-ゲストハウス(http://e-guest.jp/ 運 営 : 株 式 会 社 e ゲストハウスバンク(http://www.guesthousebank.c 会 社 ティーファクトリー) 本 レポートに 関

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅 平 成 26 7 月 23 日 消 防 庁 平 成 25 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 が 増 加 する 一 方 で 火 災 による 死 者 数 は 減 少 しています 1 総 出 火 件 数 は 48,095 件 前 より 3,906 件 の 増 加 総 出 火 件 数 は 48,095 件 で 前 より 3,906

More information

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ 平 成 23 年 度 財 務 省 調 査 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 23 年 11 月 株 式 会 社 リサーチアンドソリューション 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費

More information

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 目 的 畜 産 物 流 通 調 査 は 畜 産 物 の 取 引 数 量 価 格 等 を 把 握 し 畜 産 物 に 関 する 生 産 出 荷 の 調 整 価 格 安 定 等 各 種 施 策 の 資 料 を 提 供 することを 目 的 とする 2 調 査 の 根 拠 と 畜 場 統 計 調 査 鶏 卵 流 通 統 計 調 査 及 び 食 鳥 流 通 統 計

More information

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国 DBJ 北 海 道 支 店 経 済 ミニレポートNo.17 2014/11 アジア8 地 域 北 海 道 観 光 に 関 する 訪 日 外 国 人 の 意 向 調 査 ( 平 成 26 年 版 ) ~ 引 き 続 き 北 海 道 ブランドの 価 値 は 高 く 国 内 トップクラス~ 1. 日 本 政 策 投 資 銀 行 は 2014 年 9 月 昨 年 に 引 き 続 きアジア8 地 域 ( 韓

More information

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿 (3) 観 光 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 課 題 本 県 への 観 光 のための 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 空 路 陸 路 及 び 海 路 は 震 災 後 地 震 被 害 津 波 被 害 に 加 え 原 発 事 故 被 害 と 風 評 被 害 により 現 在 においても 休 止 不 通 等 の 障 害 が 生 じており 本 県 観 光 利 用 状 況 の 復

More information

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd 6 June,215 賃 貸 共 同 住 宅 の 空 室 率 と 人 口 移 動 の 関 係 2 経 済 トレンド ウォッチ 4 不 動 産 場 トレンド ウォッチ 6 京 圏 京 都 神 奈 埼 玉 千 葉 の の 状 況 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動 産 業 務 部 金 伸 幸 TEL.3-3274-979 代 表 賃 貸

More information

<5461726F2D83528373815B208160208179308E9197BF817A955C8E868145>

<5461726F2D83528373815B208160208179308E9197BF817A955C8E868145> 資 料 2 平 成 21 年 地 価 公 示 に 基 づく 地 価 動 向 について 平 成 21 年 地 価 公 示 に 基 づく 地 価 動 向 について( 概 括 ) 平 成 21 年 3 月 24 日 国 土 交 通 省 土 地 水 資 源 局 平 成 21 年 1 月 1 日 時 点 の 地 価 公 示 によると 平 成 20 年 1 月 以 降 の1 年 間 の 地 価 は 全 国 平

More information

(4) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 在 住 外 国 人 のための 住 宅 に 関 する 情 報 を 多 言 語 で 提 供 しています( 英 語 中 国 語 韓 国 語 ポルトガル 語 スペイン 語 ベトナム 語 インドネシア 語 タガログ 語 タイ 語 ) ホームページで 提

(4) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 在 住 外 国 人 のための 住 宅 に 関 する 情 報 を 多 言 語 で 提 供 しています( 英 語 中 国 語 韓 国 語 ポルトガル 語 スペイン 語 ベトナム 語 インドネシア 語 タガログ 語 タイ 語 ) ホームページで 提 第 3 章 外 国 人 の 住 まいに 関 する 情 報 提 供 事 例 等 1. 各 団 体 における 情 報 提 供 事 例 等 (1) 埼 玉 県 ( 彩 の 国 外 国 人 住 居 アドバイザー 制 度 ) 不 動 産 業 者 団 体 からの 推 薦 で 埼 玉 県 及 び( 財 ) 埼 玉 県 国 際 交 流 協 会 から 委 嘱 された 住 居 アドバイザーが ボランティアで 住 まいについて

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

報道資料

報道資料 平 成 27 7 月 16 日 消 防 庁 平 成 26 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 は 減 少 していますが 火 災 による 死 者 数 は 増 加 しています 1 総 出 火 件 数 は 43,741 件 前 より 4,354 件 の 減 少 総 出 火 件 数 は 43,741 件 で 前 より 4,354

More information

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464>

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464> 参 考 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 推 進 本 部 は, 平 成 9 年 7 月 に 人 権 教 育 のた めの 国 連 10 年 に 関 する 国 内 行 動 計 画 を

More information

航 空 賃 名 鉄 バス 片 道 往 復 泊 距 離 運 賃 特 急 等 北 海 道 大 学 1,520.1 16,630 13,730 30,910 58,480 はやぶさ 利 用 札 幌 札 幌 市 北 海 道 工 業 大 学 46.6 1,070 34,950 1,240 37,260 73,

航 空 賃 名 鉄 バス 片 道 往 復 泊 距 離 運 賃 特 急 等 北 海 道 大 学 1,520.1 16,630 13,730 30,910 58,480 はやぶさ 利 用 札 幌 札 幌 市 北 海 道 工 業 大 学 46.6 1,070 34,950 1,240 37,260 73, 一 般 職 2 級 相 当 国 立 大 学 独 立 行 政 法 人 公 立 私 立 教 育 職 研 究 職 大 学 研 究 所 大 学 研 究 所 学 長 理 事 長 学 長 副 学 長 理 事 副 学 長 理 事 監 事 教 授 研 究 所 長 教 授 研 究 所 長 学 長 研 究 所 長 准 教 授 研 究 センター 准 教 授 研 究 部 長 副 学 長 研 究 部 長 名 誉 教 授 研

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

長く住みたくなる いえ 長期優良住宅制度のご案内(2015.04.01)

長く住みたくなる いえ 長期優良住宅制度のご案内(2015.04.01) 認 定 長 期 優 良 住 宅 のご 案 内 1 あなたが 家 に 求 めるものは 何 ですか? 価 格? 間 取 りや デザイン? 多 くのアンケート 調 査 で 価 格 や 間 取 り デザインなどが 上 位 を 占 めます 思 い 描 いた 家 を 建 てるためには これらももちろん 大 切 な 要 件 となります しかし それだけで 決 めることは 絶 対 にしないでください 家 によって

More information

「東日本大震災関連倒産」の動向調査

「東日本大震災関連倒産」の動向調査 東 京 都 港 区 南 青 山 2--20 TEL: 03-77-3073 URL:http://www.tdb.co.jp/ 東 日 本 大 震 災 による 倒 産 4 月 末 時 点 で 66 社 判 明 ~ 9 年 の 阪 神 大 震 災 当 時 (22 社 )の 3 倍 に 急 増 ~ はじめに 今 回 の 震 災 による 直 接 間 接 の 影 響 を 受 けて 倒 産 した 東 日 本

More information

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷 平 成 24 年 (1 月 ~12 月 ) における 火 災 の 概 要 ( 概 数 ) 消 防 庁 防 災 情 報 室 目 次 1 全 国 の 概 況 ------------------------------------------------------ 1 (1) 火 災 件 数 ------------------------------------------------------

More information

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退 資 料 3の 参 考 2 平 成 27 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 平 成 27 年 度 国 有 財 産 監 査 の 結 果 について の 2 ページに 記 載 した の 主 な 内 容 を 別 に 表 しています 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

00報道表紙.doc

00報道表紙.doc 報 道 資 料 平 成 28 年 地 価 公 示 の 結 果 について 地 価 公 示 は 地 価 公 示 法 に 基 づき 国 土 交 通 省 土 地 鑑 定 委 員 会 が 標 準 地 を 選 定 し 毎 年 1 月 1 日 時 点 の 調 査 を 行 い 価 格 を 判 定 して 公 表 するものです 大 阪 府 の 地 価 は 平 成 27 年 1 月 1 日 からの 1 年 間 で 住 宅

More information

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277 北 海 道 廃 棄 物 管 理 グループ 060-8588 北 海 道 札 幌 市 中 央 区 北 3 条 西 6 011-204-5199 旭 川 市 環 境 対 策 課 産 業 廃 棄 物 係 070-8525 北 海 道 旭 川 市 6 条 通 9 丁 目 46 総 合 庁 舎 8F 0166-25-6369 札 幌 市 環 境 事 業 部 事 業 廃 棄 物 課 060-8611 北 海 道

More information

3 着 地 側 動 向 表 -3-2 着 地 別 に 見 る 延 べ 宿 泊 者 数 ( 暦 年 ) ( 単 位 : 万 泊 ) 2011 年 2012 年 2013 年 実 数 実 数 前 年 比 実 数 前 年 比 本 全 1,702 2, % 3, % 北 海 道

3 着 地 側 動 向 表 -3-2 着 地 別 に 見 る 延 べ 宿 泊 者 数 ( 暦 年 ) ( 単 位 : 万 泊 ) 2011 年 2012 年 2013 年 実 数 実 数 前 年 比 実 数 前 年 比 本 全 1,702 2, % 3, % 北 海 道 3 着 地 側 動 向 全 的 に 延 べ 宿 泊 者 数 が 大 幅 増 北 海 道 ではタイから 客 数 が 急 増 (1) 着 地 別 に 見 る 入 空 港 海 港 法 務 省 出 入 管 理 統 計 によると 13 年 に 我 が に 入 した 数 は1,126 万 ( 前 年 比 22.7% 増 )であった( 表 -3-1) 港 別 に 見 ると 中 を 除 く 主 な 籍 地 域 から

More information

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1 基 礎 資 料 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 配 備 状 況 1 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 配 備 状 況 76 機 (45 都 道 府 県 55 団 体 ) (1) 消 防 庁 ヘリコプター 5 機 ( 東 京 消 防 庁 京 都 市 消 防 局 埼 玉 県 宮 城 県 高 知 県 に 無 償 使 用 ) (2) 消 防 機 関 ヘリコプター 31 機 ( 東 京 消 防 庁

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E882E382A482AC82F192B28DB832303136944E31308C8E8D86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E882E382A482AC82F192B28DB832303136944E31308C8E8D86> 県 内 の 景 気 動 向 概 況 (216 年 8 月 ) 景 気 は 拡 大 の 動 きが 強 まる 消 費 関 連 では スーパーが 前 年 を 上 回 る 観 光 関 連 では 入 域 観 光 客 が 前 年 を 上 回 る 8 月 の 県 内 景 気 をみると 消 費 関 連 では 百 貨 店 は 旧 盆 の 早 まりによるお 中 元 ギフト 催 事 期 間 が 前 倒 しとなった 影 響

More information

Microsoft Word - 実例調査-報告書20130307-01.doc

Microsoft Word - 実例調査-報告書20130307-01.doc 平 成 24 年 度 住 宅 リフォーム 実 例 調 査 報 告 書 平 成 25 年 3 月 ォーム 推 進 協 議 会 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 ------------------------------------------------------ 1 Ⅱ. 調 査 結 果 の 分 析 --------------------------------------------------

More information

特別企画コンファレンス

特別企画コンファレンス 地 域 資 源 としての 空 き 家 の 利 活 用 と これからのまちづくり 2014 年 10 月 6 日 富 士 通 総 研 経 済 研 究 所 上 席 主 任 研 究 員 米 山 秀 隆 yoneyama.hide@jp.fujitsu.com 本 日 の 内 容 1. 空 き 家 の 現 状 2. 空 き 家 の 利 活 用 促 進 策 3. コンパクトシティ 化 と 空 き 家 の 利

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

高速道路の有効活用に関する個人向けアンケート調査について

高速道路の有効活用に関する個人向けアンケート調査について 高 速 道 路 の 有 効 活 用 に 関 する 個 人 向 け アンケート 調 査 について 高 速 道 路 は, 平 常 時 は 人 流 物 流 を 支 える 大 動 脈 として, 緊 急 時 は 被 災 地 への 救 援 物 資 の 輸 送 などを 支 える 命 の 道 として, 経 済 の 活 性 化 のみならず, 国 民 の 安 全 安 心 を 守 るインフラであり,その 機 能 を 最

More information