愛知県公安委員会活動概要

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "愛知県公安委員会活動概要"

Transcription

1 定 例 公 安 委 員 会 日 時 : 平 成 20 年 1 月 11 日 9 時 00 分 ~12 時 35 分 出 席 委 員 : 髙 山 委 員 長 大 森 委 員 豊 田 委 員 楠 田 委 員 小 笠 原 委 員 1 全 体 審 議 ( 公 安 委 員 会 会 議 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 2 月 の 行 事 予 定 警 務 部 本 部 長 年 末 における 特 別 警 戒 の 実 施 結 果 生 活 安 全 部 総 務 部 長 猟 銃 亡 失 事 案 の 発 生 警 務 部 長 110 番 受 理 状 況 及 び 緊 急 配 備 結 果 ( 平 成 19 年 中 ) 地 域 部 生 活 安 全 部 長 報 告 刑 事 部 における 主 要 事 件 の 検 挙 刑 事 部 地 域 部 長 交 通 死 亡 事 故 の 特 徴 等 ( 平 成 19 年 中 ) 交 通 部 刑 事 部 長 組 織 犯 罪 対 策 局 長 サミット 関 連 記 事 の 愛 知 県 警 察 ホームページへの 掲 載 交 通 総 務 課 長 警 備 部 警 行 進 又 は 集 団 示 威 運 動 に 関 する 条 例 の 許 可 申 請 及 び 備 部 長 許 可 ( 平 成 19 年 12 月 中 及 び 平 成 19 年 中 ) 情 報 通 信 部 長 2 個 別 審 議 ( 公 安 委 員 執 務 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 決 裁 激 励 の 上 申 決 裁 苦 情 及 び 公 安 委 員 会 あて 文 書 等 の 受 理 総 務 部 公 安 委 員 会 執 務 官 決 裁 平 成 19 監 査 年 度 行 政 監 査 結 果 会 計 課 長 報 告 人 事 案 件 警 務 部 長 報 告 監 察 案 件 警 務 部 首 席 監 察 官 行 政 訴 訟 ( 運 転 免 許 取 消 処 分 取 消 請 求 事 件 )の 判 決 決 裁 訟 務 官 概 要 ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 報 告 警 告 の 実 施 決 定 放 置 違 反 金 納 付 命 令 等 に 対 する 異 議 申 立 て 生 活 安 全 部 生 活 安 全 総 務 課 長 放 置 駐 車 対 策 センター 所 長 決 定 運 転 者 区 分 に 対 する 異 議 申 立 て 交 通 部 裁 決 運 転 免 許 停 止 処 分 に 対 する 審 査 請 求 決 定 聴 聞 等 の 実 施 結 果 決 定 38 件 総 務 部 運 転 免 許 課 次 長 首 席 聴 聞 官 聴 聞 官

2 議 事 の 概 要 1 全 体 審 議 (1) 警 務 部 2 月 の 行 事 予 定 警 務 部 長 から 2 月 の 行 事 予 定 について 県 警 強 調 業 務 は 悪 質 交 通 違 反 等 取 締 りの 強 化 で 各 部 強 調 業 務 は 地 域 部 の 職 務 質 問 の 強 化 刑 事 部 の 告 訴 告 発 事 件 捜 査 活 動 及 び 知 能 犯 情 報 収 集 活 動 の 強 化 である (2) 生 活 安 全 部 ア 年 末 における 特 別 警 戒 の 実 施 結 果 生 活 安 全 部 長 から 年 末 における 特 別 警 戒 の 実 施 結 果 について 年 末 における 特 別 警 戒 は 昨 年 12 月 中 活 動 重 点 を 街 頭 犯 罪 侵 入 犯 罪 等 の 抑 止 及 び 検 挙 活 動 の 強 化 交 通 死 亡 事 故 抑 止 活 動 の 強 化 初 詣 に 伴 う 雑 踏 事 故 等 の 防 止 活 動 の 強 化 として 実 施 した 全 警 察 署 において 特 別 警 戒 を 行 い これに 従 事 した 警 察 官 は 延 べ9,680 人 民 間 の 方 は 延 べ13,325 人 の 計 23,005 人 であった 期 間 中 における 重 点 10 罪 種 の 認 知 件 数 ( 暫 定 数 )は6,554 件 ( 昨 年 比 件 ) 重 点 10 罪 種 の 検 挙 状 況 については157 件 ( 同 +42 件 )であった 歓 楽 街 における 風 俗 営 業 所 等 への 立 入 は 合 計 14 回 延 べ78 店 舗 に 対 して 行 い 検 挙 1 件 ( 無 許 可 営 業 ) 行 政 処 分 55 件 であり また 期 間 中 の 交 通 事 故 死 者 数 は30 人 ( 昨 年 比 -6 人 )であった

3 イ 猟 銃 亡 失 事 案 の 発 生 生 活 安 全 部 長 から 猟 銃 亡 失 事 案 の 発 生 について 猟 銃 の 遺 失 状 況 とその 後 の 措 置 の 概 要 について 報 告 があった (3) 地 域 部 110 番 受 理 状 況 及 び 緊 急 配 備 結 果 ( 平 成 19 年 中 ) 地 域 部 長 から 平 成 19 年 中 における110 番 受 理 状 況 及 び 緊 急 配 備 結 果 につい て 平 成 19 年 中 の110 番 受 理 件 数 は613,003 件 ( 有 効 受 理 件 数 )で 昨 年 と 比 較 すると-1,674 件 (0.3%)と 僅 かに 減 少 した 1 日 に 換 算 すると1,680 件 51 秒 に1 件 の 割 合 となり 携 帯 電 話 等 からの110 番 通 報 は 全 体 の63.7%を 占 め ている また 平 成 19 年 中 の 緊 急 配 備 については 配 備 件 数 が748 件 で 配 備 中 の 検 挙 件 数 は207 件 (27.7%)であった (4) 刑 事 部 刑 事 部 における 主 要 事 件 の 検 挙 刑 事 部 長 から 名 古 屋 市 西 部 における 連 続 強 盗 強 姦 等 事 件 の 検 挙 概 要 及 び 偽 造 住 基 カードを 使 用 した 広 域 的 な 携 帯 電 話 機 詐 欺 等 事 件 の 検 挙 概 要 について 報 告 があった (5) 交 通 部

4 交 通 死 亡 事 故 の 特 徴 等 ( 平 成 19 年 中 ) 交 通 総 務 課 長 から 平 成 19 年 中 における 交 通 死 亡 事 故 の 特 徴 等 について 平 成 19 年 中 の 交 通 事 故 死 者 数 は288 人 前 年 比 -50 人 (-14.8%)であり 昭 和 28 年 以 来 54 年 ぶりに200 人 台 にとどめることができた 死 亡 事 故 の 特 徴 は 地 域 的 には 人 口 比 で 三 河 部 が 多 い 年 齢 層 では 高 齢 者 が 多 く 約 4 割 を 占 める 当 事 者 別 では 歩 行 者 自 転 車 で 約 5 割 を 占 めるが 四 輪 車 95 人 中 48 人 の 方 がシートベルト 未 着 用 であった 時 間 帯 では 夜 間 が 前 年 より 減 少 し 早 朝 昼 間 が 増 加 した 飲 酒 を 伴 う 死 亡 事 故 は 26 件 28 人 ( 前 年 比 -14 人 ) 発 生 した などであった 本 年 は 交 通 事 故 の 発 生 傾 向 に 対 応 した 対 策 を 講 じるなど 連 続 減 少 を 目 標 として 各 種 交 通 死 亡 事 故 抑 止 対 策 を 積 極 的 に 推 進 する 委 員 より 交 通 事 故 の 原 因 となった 違 反 形 態 をみると 信 号 無 視 歩 行 者 妨 害 など 運 転 マナーの 悪 さを 感 じる 様 々なキャンペーンを 通 じて 運 転 マナーの 向 上 につながる 教 育 広 報 が 必 要 である 旨 の 発 言 があった また 委 員 より 死 亡 事 故 に 直 結 するものではないが 道 路 の 案 内 標 識 が 非 常 にわかりにく い もう 少 し 整 理 して 道 路 を 知 らない 者 でもわかるような 表 示 にすべきでは ないか 旨 の 発 言 があり 交 通 総 務 課 長 から 道 路 管 理 者 との 協 議 も 進 めており 案 内 標 識 の 数 を 整 理 することとあわせ 理 解 しやすい 内 容 の 表 示 となるよう 検 討 している 旨 の 説 明 があった

5 (6) 警 備 部 ア サミット 関 連 記 事 の 愛 知 県 警 察 ホームページへの 掲 載 警 備 部 長 から サミット 関 連 記 事 の 愛 知 県 警 察 ホームページへの 掲 載 につい て テロなどの 未 然 防 止 を 図 ることを 目 的 として 県 民 に 対 して 過 去 のサ ミットでの 出 来 事 や 本 年 開 催 のサミットの 情 勢 について 説 明 するとともに 鉄 道 などの 公 共 交 通 機 関 に 対 する 警 戒 への 理 解 と 協 力 を 求 めるため 1 月 11 日 ( 金 )から 愛 知 県 警 察 ホームページに 北 海 道 洞 爺 湖 サミットについ てのお 願 い と 題 したページを 掲 載 する 記 事 の 内 容 は 過 去 のサミットでの 出 来 事 今 回 のサミット 開 催 をめぐる 情 勢 県 民 の 皆 さんへのお 願 い としており 必 要 によって 記 事 内 容 を 更 新 し サミット 警 備 終 了 まで 掲 載 する 予 定 である イ 行 進 又 は 集 団 示 威 運 動 に 関 する 条 例 の 許 可 申 請 及 び 許 可 ( 平 成 19 年 12 月 中 及 び 平 成 19 年 中 ) 警 備 部 長 から 平 成 19 年 12 月 中 及 び 平 成 19 年 中 における 行 進 又 は 集 団 示 威 運 動 に 関 する 条 例 取 扱 状 況 について 昨 年 12 月 中 許 可 申 請 はなかった 昨 年 1 年 間 では189 件 の 許 可 申 請 があり 全 てを 許 可 したが 対 前 年 比 では -25 件 であった 2 個 別 審 議 (1) 激 励 の 上 申

6 公 安 委 員 会 執 務 官 から 名 古 屋 市 西 部 における 連 続 強 盗 強 姦 等 事 件 捜 査 本 部 に 対 する 激 励 の 上 申 について 報 告 があり 決 裁 した (2) 苦 情 及 び 公 安 委 員 会 あて 文 書 等 の 受 理 公 安 委 員 会 執 務 官 から 交 通 事 故 捜 査 に 関 する 苦 情 の 申 し 出 があった 旨 の 報 告 があり 公 安 委 員 会 は 本 部 長 に 調 査 指 示 することを 決 裁 した また 公 安 委 員 会 執 務 官 から 昨 年 12 月 28 日 から1 月 10 日 までの 間 に 取 り 扱 った 公 安 委 員 会 あての 要 望 等 について 報 告 があった (3) 平 成 19 監 査 年 度 行 政 監 査 結 果 会 計 課 長 から 平 成 19 監 査 年 度 行 政 監 査 結 果 について 警 察 本 部 は 平 成 19 年 6 月 警 察 署 等 は 平 成 18 年 11 月 から 平 成 19 年 3 月 まで の 間 個 人 情 報 の 適 切 な 管 理 について をテーマとして 地 方 自 治 法 に 基 づ き 愛 知 県 監 査 委 員 による 行 政 監 査 を 受 監 した 旨 の 報 告 があり 決 裁 した (4) 人 事 案 件 警 務 部 長 から 人 事 案 件 について 報 告 があった (5) 監 察 案 件 首 席 監 察 官 から 監 察 案 件

7 について 報 告 があった (6) 行 政 訴 訟 ( 運 転 免 許 取 消 処 分 取 消 請 求 事 件 )の 判 決 概 要 訟 務 官 から 行 政 訴 訟 ( 運 転 免 許 取 消 処 分 取 消 請 求 事 件 )の 判 決 概 要 について 昨 年 12 月 27 日 名 古 屋 地 方 裁 判 所 において 原 告 の 違 反 事 実 は 認 められ 公 安 委 員 会 の 処 分 に 違 法 はないとの 判 決 がなされた 旨 の 報 告 があり 決 裁 した (7) ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 警 告 の 実 施 生 活 安 全 総 務 課 長 から ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 警 告 の 実 施 状 況 について ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 第 4 条 第 1 項 に 基 づき 昨 年 12 月 中 は 面 会 要 求 押 し 掛 け つきまとい 等 の 行 為 を 理 由 に7 件 の 警 告 を 実 施 し た また 昨 年 11 月 に 警 告 を 行 ったが これに 従 わなかった 行 為 者 をストーカー 規 制 法 違 反 で 通 常 逮 捕 した (8) 放 置 違 反 金 納 付 命 令 等 に 対 する 異 議 申 立 て 放 置 駐 車 対 策 センター 所 長 から 4 件 の 放 置 違 反 金 納 付 命 令 等 に 対 する 異 議 申 立 てに 係 る 審 理 経 過 調 書 及 び 決 定 書 の 提 示 と 説 明 があり 原 案 どおり 決 定 した (9) 運 転 者 区 分 に 対 する 異 議 申 立 て 運 転 免 許 課 次 長 から 2 件 の 運 転 者 区 分 に 対 する 異 議 申 立 ての 理 由 及 び 決 定 ( 却 下 及 び 棄 却 )に 関 する 明 細 書 並 びに 決 定 書 の 提 示

8 があり 原 案 どおり 決 定 した (10) 運 転 免 許 取 消 処 分 に 対 する 審 査 請 求 運 転 免 許 課 次 長 から 運 転 免 許 取 消 処 分 に 対 する 審 査 請 求 の 理 由 及 び 裁 決 ( 棄 却 )に 関 する 明 細 書 並 びに 決 定 書 の 提 示 があり 原 案 どおり 裁 決 した (11) 聴 聞 等 の 実 施 結 果 決 定 首 席 聴 聞 官 及 び 聴 聞 官 から 運 転 免 許 取 消 処 分 等 に 関 する 意 見 の 聴 取 結 果 について 報 告 があり 行 政 処 分 を 決 定 した 38 件

9 定 例 公 安 委 員 会 日 時 : 平 成 20 年 1 月 18 日 9 時 00 分 ~11 時 45 分 出 席 委 員 : 髙 山 委 員 長 大 森 委 員 豊 田 委 員 楠 田 委 員 小 笠 原 委 員 1 全 体 審 議 ( 公 安 委 員 会 会 議 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 愛 知 県 公 安 委 員 会 の 活 動 概 要 ( 平 成 19 年 中 ) 総 務 部 本 部 長 愛 知 県 警 察 治 安 回 復 アクションプランⅡにおける 基 本 目 標 戦 略 目 標 の 達 成 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 総 務 部 長 情 報 公 開 の 開 示 請 求 等 の 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 警 務 部 警 務 部 長 個 人 情 報 の 開 示 請 求 等 の 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 生 活 安 全 部 長 報 告 ストーカー DV 事 案 への 対 応 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 少 年 非 行 の 概 況 ( 平 成 19 年 中 ) 生 活 安 全 部 における 主 要 事 件 の 検 挙 生 活 安 全 部 地 域 部 長 刑 事 部 長 刑 法 犯 重 点 罪 種 の 認 知 検 挙 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 組 織 犯 罪 対 策 局 長 適 正 な 検 視 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 刑 事 部 交 通 部 長 刑 事 部 における 主 要 事 件 の 検 挙 警 備 部 長 組 織 犯 罪 対 策 局 における 主 要 事 件 の 検 挙 組 織 犯 罪 対 策 局 情 報 通 信 部 長 2 個 別 審 議 ( 公 安 委 員 執 務 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 報 告 公 安 委 員 会 あて 文 書 等 の 受 理 総 務 部 公 安 委 員 会 執 務 官 報 告 人 事 案 件 警 務 部 長 警 務 部 決 裁 情 報 公 開 の 開 示 決 定 等 に 対 する 審 査 請 求 の 取 下 げ 住 民 サービス 課 長 裁 決 レッカー 移 動 に 係 る 審 査 請 求 交 通 部 駐 車 対 策 課 長 決 定 聴 聞 等 の 実 施 結 果 決 定 426 件 総 務 部 首 席 聴 聞 官 聴 聞 官

10 議 事 の 概 要 1 全 体 審 議 (1) 総 務 部 愛 知 県 公 安 委 員 会 の 活 動 概 要 ( 平 成 19 年 中 ) 総 務 部 長 から 平 成 19 年 中 における 愛 知 県 公 安 委 員 会 の 活 動 概 要 について 平 成 19 年 中 の 公 安 委 員 会 権 限 の 追 加 事 項 としては 刑 事 収 容 施 設 法 に 基 づく 留 置 施 設 視 察 委 員 の 任 命 探 偵 業 の 業 務 の 適 正 化 に 関 する 法 律 に 基 づく 探 偵 業 の 届 出 義 務 改 正 遺 失 物 法 に 基 づく 特 例 施 設 占 有 者 の 指 定 があった 定 例 会 議 は46 回 開 催 され 報 告 件 数 は478 件 聴 聞 等 を 除 いた 決 裁 等 は325 件 であった 出 席 行 事 としては 全 国 会 議 県 議 会 及 び 警 察 学 校 入 校 卒 業 式 等 への 出 席 捜 査 本 部 への 激 励 等 112 回 であった また 公 安 委 員 会 あての 苦 情 は12 件 個 人 情 報 開 示 請 求 は1 件 を 受 理 したが 公 益 通 報 及 び 情 報 公 開 請 求 はなかった (2) 警 務 部 ア 愛 知 県 警 察 治 安 回 復 アクションプランⅡにおける 基 本 目 標 戦 略 目 標 の 達 成 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 警 務 部 長 から 平 成 19 年 中 の 愛 知 県 警 察 治 安 回 復 アクションプランⅡにおけ る 基 本 目 標 戦 略 目 標 の 達 成 状 況 について 基 本 目 標 については 刑 法 犯 の 認 知 件 数 を1 万 件 以 上 減 少 させるという 目 標 (147,382 件 以 下 )を 達 成 し 件 数 としては143,949 件 であった 戦 略 目 標 については 重 点 罪 種 の 認 知 件 数 を10% 以 上 減 少 させる 目 標 及 び 来 日 外 国 人 犯 罪 の 摘 発 検 挙 を5% 以 上 増 加 させるという 目 標 については 達 成 した

11 しかし 重 点 罪 種 の 検 挙 人 員 目 標 (5% 以 上 増 加 ) 性 犯 罪 の 認 知 件 数 抑 止 目 標 (10% 以 上 減 少 ) 検 挙 人 員 目 標 (5% 以 上 増 加 )については 達 成 で きなかった イ 情 報 公 開 の 開 示 請 求 等 の 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 警 務 部 長 から 平 成 19 年 中 における 情 報 公 開 の 開 示 請 求 等 の 状 況 について 平 成 19 年 中 における 情 報 公 開 の 開 示 請 求 については 公 安 委 員 会 あて の 請 求 はなく 警 察 本 部 長 あてに143 件 ( 前 年 比 -29 件 )を 受 理 しており 主 に 古 物 営 業 に 関 する 文 書 風 俗 営 業 に 関 する 文 書 及 び 契 約 書 等 の 会 計 事 務 に 関 する 文 書 の 請 求 が 多 い ウ 個 人 情 報 の 開 示 請 求 等 の 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 警 務 部 長 から 平 成 19 年 中 における 個 人 情 報 の 開 示 請 求 等 の 状 況 について 平 成 19 年 中 における 個 人 情 報 の 開 示 請 求 等 の 状 況 については 自 己 情 報 開 示 請 求 が 公 安 委 員 会 あて1 件 ( 前 年 比 +1 件 ) 警 察 本 部 長 あて62 件 ( 同 +31 件 )を 受 理 しているが 訂 正 請 求 利 用 停 止 請 求 の 取 扱 いはなか った 主 な 請 求 内 容 は 警 察 安 全 相 談 等 処 理 票 に 記 録 された 個 人 情 報 110 番 事 案 表 等 に 記 録 された 個 人 情 報 及 び 自 動 車 運 転 免 許 の 種 類 ごとの 取 得 年 月 日 に 係 る 個 人 情 報 等 である なお 採 用 試 験 の 結 果 について 不 合 格 者 の 順 位 だけを 口 頭 により 開 示 請 求 できる 個 人 情 報 として 指 定 して 簡 易 開 示 に 応 じており 合 計 で375 件 を 実 施 した (3) 生 活 安 全 部 ア ストーカー DV 事 案 への 対 応 状 況 ( 平 成 19 年 中 )

12 生 活 安 全 部 長 から 平 成 19 年 中 におけるストーカー DV 事 案 への 対 応 状 況 について 平 成 19 年 中 におけるストーカー DV 事 案 への 対 応 状 況 についてであ るが ストーカー 事 案 については 相 談 受 理 件 数 が722 件 ( 前 年 比 -91 件 ) 措 置 件 数 が250 件 ( 同 -61 件 )であった なお 措 置 の 内 訳 は 検 挙 が42 件 (ストーカー 規 制 法 9 件 刑 法 等 の 刑 罰 法 令 33 件 ) 行 政 措 置 が208 件 (ストーカー 規 制 法 の 警 告 117 件 同 法 の 援 助 91 件 )であった DV 事 案 については 相 談 受 理 件 数 が951 件 ( 前 年 比 +80 件 )で 裁 判 所 から 書 面 の 提 出 要 求 を 受 けた 件 数 が41 件 ( 同 -20 件 ) 保 護 命 令 通 知 件 数 は50 件 ( 同 -13 件 )であった 委 員 より 警 察 に 相 談 した 段 階 で 措 置 を 待 たずに 多 くのストーカー 行 為 がなくな っているようであるが 相 談 そのものに 抑 止 効 果 があるのか 早 めに 警 察 に 相 談 することが 大 切 だという 理 解 でよいのか との 発 言 があり 生 活 安 全 部 長 から 警 察 が 知 ることとなったという 事 実 が 行 為 者 に 対 する 抑 止 効 果 を 与 え ていると 考 えており 早 めに 相 談 していただくことが 大 切 だと 考 えている 旨 の 説 明 があった イ 少 年 非 行 の 概 況 ( 平 成 19 年 中 ) 生 活 安 全 部 長 から 平 成 19 年 中 における 少 年 非 行 の 概 況 について 刑 法 犯 少 年 は6,290 人 で 前 年 に 比 べて897 人 減 少 した 罪 種 別 では 窃 盗 犯 が3,635 人 と 最 も 多 いが 前 年 に 比 較 すれば328 人 減 少 している また 不 良 行 為 少 年 の 補 導 数 は68,572 人 で 前 年 に 比 べて10,660 人 増 加 し ているが 補 導 数 の 大 半 は 深 夜 はいかいと 喫 煙 である

13 ウ 生 活 安 全 部 における 主 要 事 件 の 検 挙 生 活 安 全 部 長 から ゲームセンターを 仮 装 してバカラ 賭 博 を 開 張 していたカジノクラブの 検 挙 概 要 について 報 告 があった (4) 刑 事 部 ア 刑 法 犯 重 点 罪 種 の 認 知 検 挙 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 刑 事 部 長 から 平 成 19 年 中 における 刑 法 犯 重 点 罪 種 の 認 知 検 挙 状 況 につ いて 刑 法 犯 の 認 知 件 数 は 143,949 件 で 前 年 に 比 べ 13,433 件 減 少 した 刑 法 犯 の 検 挙 人 員 は 19,201 人 で 前 年 に 比 べ 745 人 減 少 した 重 点 罪 種 の 認 知 件 数 は 82,441 件 で 前 年 に 比 べ 9,889 件 減 少 した 重 点 罪 種 の 検 挙 人 員 は 4,330 人 で 前 年 に 比 べ 917 人 減 少 した 重 点 罪 種 の 認 知 件 数 の 全 国 順 位 は 総 数 では 大 阪 東 京 に 次 ぎ 第 3 位 侵 入 盗 が 第 1 位 部 品 ねらい 車 上 ねらいが 第 2 位 自 動 車 盗 自 動 販 売 機 ねらい 恐 喝 が 第 3 位 であった イ 適 正 な 検 視 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 刑 事 部 長 から より 適 正 な 検 視 を 行 うため 検 視 及 び 解 剖 の 現 場 における 研 修 等 を 行 うことによって 必 要 かつ 高 度 な 法 医 学 知 識 を 習 得 させ 適 正 な 検 視 を 行 うことができる 警 察 官 を1 人 でも 多 く 育 成 することとした まず 検 視 特 別 研 修 制 度 を 発 足 させる この 研 修 は 研 修 員 を 検 視 官 に 一 定 期 間 同 行 させるマンツーマン 方 式 により 法 医 学 の 知 識 及 び 検 視 の 技 術 についての 実 践 的 な 指 導 教 養 を 行 い 必 要 かつ 高 度 な 法 医 学 知 識 を 習 得 させるものである なお 本 研 修 以 外 にも 検 視 講 習 及 び 検 視 実 務 専 科 を 予 定 している

14 委 員 より 検 視 の 研 修 や 講 習 等 も 必 要 であることは 理 解 できるが 専 門 家 としての 検 視 官 そのものが 不 足 しているのではないのか 旨 の 発 言 があり 刑 事 部 長 から 平 成 20 年 度 を 目 途 に 検 視 官 等 の 体 制 強 化 を 図 る 予 定 である 旨 の 説 明 があった ウ 刑 事 部 における 主 要 事 件 の 検 挙 刑 事 部 長 から 豊 田 市 若 林 東 町 地 内 老 女 強 盗 殺 人 事 件 の 検 挙 概 要 及 び ブラジル 人 等 グループによる 組 織 窃 盗 ( 自 動 車 盗 ) 事 件 の 検 挙 概 要 について 報 告 があった (5) 組 織 犯 罪 対 策 局 組 織 犯 罪 対 策 局 における 主 要 事 件 の 検 挙 組 織 犯 罪 対 策 局 長 から バカラ 賭 博 事 件 の 突 き 上 げ 捜 査 による 暴 力 団 組 長 の 検 挙 概 要 及 び 山 口 組 系 暴 力 団 組 長 らによる 組 員 に 対 する 死 体 遺 棄 事 件 の 検 挙 概 要 について 報 告 があった 2 個 別 審 議 (1) 公 安 委 員 会 あて 文 書 等 の 受 理 公 安 委 員 会 執 務 官 から 1 月 11 日 から1 月 18 日 までの 間 に 取 り 扱 った 公 安 委 員 会 あての 要 望 等

15 について 報 告 があった (2) 人 事 案 件 警 務 部 長 から 人 事 案 件 について 報 告 があった (3) 情 報 公 開 の 開 示 決 定 等 に 対 する 審 査 請 求 の 取 下 げ 住 民 サービス 課 長 から 平 成 19 年 9 月 から12 月 にかけて 行 った 開 示 決 定 等 に 対 してなされた 審 査 請 求 のうち 4 件 の 取 下 げがあった これに 伴 い 情 報 公 開 審 査 会 に 対 して 諮 問 の 取 下 げを 行 う 旨 の 報 告 があり 決 裁 した (4) レッカー 移 動 に 係 る 審 査 請 求 駐 車 対 策 課 長 から レッカー 移 動 に 係 る 審 査 請 求 事 案 の 審 理 経 過 調 書 及 び 裁 決 書 の 提 示 と 説 明 があり 原 案 どおり 裁 決 した (5) 聴 聞 等 の 実 施 結 果 決 定 首 席 聴 聞 官 及 び 聴 聞 官 から 運 転 免 許 取 消 処 分 等 に 関 する 意 見 の 聴 取 結 果 放 置 駐 車 に 係 る 車 両 の 使 用 制 限 に 関 する 聴 聞 結 果 風 俗 営 業 の 停 止 処 分 等 に 関 する 聴 聞 結 果 について 報 告 があり 行 政 処 分 を 決 定 した 51 件 373 件 2 件

16 定 例 公 安 委 員 会 日 時 : 平 成 20 年 1 月 25 日 9 時 00 分 ~12 時 10 分 出 席 委 員 : 大 森 委 員 豊 田 委 員 楠 田 委 員 1 全 体 審 議 ( 公 安 委 員 会 会 議 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 春 日 井 警 察 署 落 成 式 の 実 施 本 部 長 総 務 部 遺 失 物 拾 得 物 取 扱 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 総 務 課 長 平 成 20 年 春 の 組 織 整 備 警 察 安 全 相 談 等 及 び 苦 情 取 扱 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 報 告 風 俗 営 業 等 の 実 態 と 取 締 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 生 活 経 済 事 犯 取 締 りの 推 進 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 警 務 部 長 警 務 部 生 活 安 全 部 長 地 域 部 長 生 活 安 全 部 鑑 識 課 長 組 織 犯 罪 対 策 局 長 嘱 託 警 察 犬 審 査 会 の 開 催 刑 事 部 交 通 部 長 組 織 犯 罪 対 策 局 における 主 要 事 件 の 検 挙 交 通 事 故 死 ゼロを 目 指 す 日 の 実 施 について の 決 定 2 個 別 審 議 ( 公 安 委 員 執 務 室 ) 組 織 犯 罪 対 策 局 交 通 部 警 備 部 長 情 報 通 信 部 長 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 報 告 警 察 署 長 会 議 開 催 結 果 総 務 課 長 決 裁 激 励 の 上 申 決 裁 苦 情 及 び 公 安 委 員 会 あて 文 書 等 の 受 理 総 務 部 公 安 委 員 会 執 務 官 社 団 法 人 被 害 者 サポートセンターあいちに 対 する 決 裁 特 定 公 益 増 進 法 人 であることの 認 定 にあたっての 財 務 大 臣 への 協 議 警 務 部 住 民 サービス 課 長 優 良 指 定 自 動 車 教 習 所 公 安 委 員 会 表 彰 等 の 実 施 ( 平 決 裁 成 19 年 中 ) 裁 決 運 転 免 許 停 止 処 分 に 対 する 審 査 請 求 決 定 運 転 者 区 分 に 対 する 異 議 申 立 て 交 通 部 運 転 免 許 課 長 運 転 免 許 課 次 長 決 定 聴 聞 等 の 実 施 結 果 決 定 59 件 総 務 部 首 席 聴 聞 官 聴 聞 官

17 議 事 の 概 要 髙 山 委 員 長 が 欠 席 のため 大 森 委 員 が 代 行 を 務 め 議 事 を 進 行 した 1 全 体 審 議 (1) 総 務 部 ア 春 日 井 警 察 署 落 成 式 の 実 施 総 務 課 長 から 春 日 井 警 察 署 落 成 式 の 実 施 について 2 月 8 日 ( 金 ) 午 後 2 時 から 春 日 井 警 察 署 7 階 講 堂 において 同 署 の 落 成 式 を 行 う イ 遺 失 物 拾 得 物 取 扱 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 総 務 課 長 から 平 成 19 年 中 における 遺 失 物 拾 得 物 取 扱 状 況 について 平 成 19 年 中 の 遺 失 物 拾 得 物 の 取 扱 状 況 については 遺 失 届 の 受 理 が 177,547 件 で 前 年 と 比 較 して7,654 件 増 加 した また 拾 得 物 の 受 理 は676, 504 件 であり 52,752 件 増 加 した 拾 得 物 の 返 還 については 93,247 件 受 理 した 拾 得 物 の13.8%を 遺 失 者 に 返 還 し 前 年 に 比 べて6,746 件 増 加 した なお 改 正 法 施 行 後 の1か 月 間 に 県 警 のホームページにおいて55,573 件 の 拾 得 物 件 情 報 を 公 表 しており 落 とし 物 拾 い 物 検 索 については 19,301 件 のアクセスがあった (2) 警 務 部 ア 平 成 20 年 春 の 組 織 整 備 警 務 部 長 から 平 成 20 年 春 の 組 織 整 備

18 について 報 告 があった イ 警 察 安 全 相 談 等 及 び 苦 情 取 扱 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 警 務 部 長 から 平 成 19 年 中 における 警 察 安 全 相 談 等 及 び 苦 情 取 扱 状 況 につい て 平 成 19 年 中 の 相 談 等 の 取 扱 件 数 は92,068 件 で 前 年 と 比 較 して6,356 件 約 7% 減 少 した 相 談 種 別 では 生 活 安 全 ( 悪 質 商 法 やハイテク 関 係 ) 交 通 ( 駐 車 問 題 等 の 交 通 指 導 取 締 り) 関 係 の 相 談 が 減 少 し 刑 事 関 係 の 相 談 が 増 加 した 苦 情 関 係 については 公 安 委 員 会 あての 苦 情 は12 件 を 受 理 し 前 年 と 比 較 して12 件 (50%) 減 少 警 察 あて 苦 情 の 受 理 件 数 は319 件 で 前 年 と 比 較 して108 件 ( 約 25%) 減 少 した (3) 生 活 安 全 部 ア 風 俗 営 業 等 の 実 態 と 取 締 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 生 活 安 全 部 長 から 平 成 19 年 中 における 風 俗 営 業 等 の 実 態 と 取 締 状 況 につい て 平 成 19 年 中 の 風 俗 営 業 等 の 実 態 ( 県 内 店 舗 数 )については 風 俗 営 業 が6,249 店 ( 前 年 比 -249 店 ) 性 風 俗 関 連 特 殊 営 業 が1,101 店 ( 同 +113 店 ) 深 夜 酒 類 提 供 飲 食 店 が4,366 店 ( 同 -11 店 )の 合 計 11,716 店 ( 同 -147 店 )である 風 俗 営 業 は 減 少 傾 向 にあるが 性 風 俗 関 連 特 殊 営 業 は 一 昨 年 の 法 改 正 に 伴 う 再 届 出 によって 一 時 激 減 したものの 昨 年 は 増 加 に 転 じた 行 政 処 分 の 実 施 結 果 は1,164 件 ( 内 訳 : 指 示 処 分 963 件 営 業 停 止 192 件 取 り 消 し9 件 )で 前 年 同 期 比 で91 件 増 加 した また カジノクラブにおける 賭 博 事 犯 を 含 み 159 件 ( 前 年 比 +15 件 )232 人 ( 同 +24 人 )を 検 挙 した

19 イ 生 活 経 済 事 犯 取 締 りの 推 進 状 況 ( 平 成 19 年 中 ) 生 活 安 全 部 長 から 平 成 19 年 中 における 生 活 経 済 事 犯 取 締 りの 推 進 状 況 につ いて 平 成 19 年 中 における 生 活 経 済 事 犯 の 取 締 状 況 については 事 犯 数 が444 件 検 挙 人 員 が553 人 逮 捕 人 員 が151 人 であった 昨 年 と 比 較 して 事 犯 数 は27 件 増 加 したが 共 犯 者 数 が 減 少 したため 検 挙 人 員 については40 人 逮 捕 者 は12 人 減 少 した 事 犯 数 の 内 訳 は 環 境 犯 罪 が194 件 と 最 も 多 く 次 いでヤミ 金 融 事 犯 25 件 保 健 衛 生 事 犯 23 件 知 的 財 産 事 犯 22 件 である (4) 刑 事 部 嘱 託 警 察 犬 審 査 会 の 開 催 鑑 識 課 長 から 嘱 託 警 察 犬 審 査 会 の 開 催 について 平 成 20 年 度 中 の1 年 間 警 察 犬 として 活 用 できる 嘱 託 犬 及 び 嘱 託 訓 練 士 を 選 出 するため 2 月 7 日 ( 木 ) 知 多 市 の 新 舞 子 マリンパーク 内 において 民 間 飼 育 犬 の 能 力 及 び 民 間 訓 練 士 の 技 術 を 審 査 するための 審 査 会 を 開 催 する 出 場 頭 数 は51 頭 部 門 別 では 足 跡 追 及 20 頭 臭 気 選 別 31 頭 出 場 訓 練 士 は 19 人 ( 男 性 10 人 女 性 9 人 )を 予 定 している なお 警 察 本 部 が 直 接 管 理 している 直 轄 警 察 犬 は12 頭 であり 昨 年 の 出 動 回 数 は397 件 であった 内 訳 は 事 件 出 動 が247 件 行 方 不 明 者 の 発 見 を 目 的 とする 出 動 が150 件 であり この 行 方 不 明 者 の 発 見 活 動 は 増 加 傾 向 にある ま た 昨 年 は12 件 について 行 方 不 明 者 の 発 見 につながった (5) 組 織 犯 罪 対 策 局 組 織 犯 罪 対 策 局 における 主 要 事 件 の 検 挙 組 織 犯 罪 対 策 局 長 から

20 イラン 人 グループによる 強 盗 傷 人 事 件 の 検 挙 概 要 について 報 告 があった (6) 交 通 部 交 通 事 故 死 ゼロを 目 指 す 日 の 実 施 について の 決 定 交 通 部 長 から 交 通 事 故 死 ゼロを 目 指 す 日 の 実 施 について の 決 定 につ いて 昨 年 末 に 内 閣 総 理 大 臣 その 他 関 係 閣 僚 会 合 において 取 りまとめられた 生 活 安 心 プロジェクト 緊 急 に 講 ずる 具 体 的 な 施 策 において 交 通 安 全 に 対 する 国 民 意 識 を 高 めるため 交 通 事 故 死 ゼロを 目 指 す 日 を 設 けるこ ととされ これを 受 け 本 年 1 月 11 日 に 中 央 交 通 安 全 対 策 会 議 交 通 対 策 本 部 において 実 施 日 及 び 実 施 内 容 が 定 められた 実 施 日 は 平 成 20 年 2 月 20 日 ( 水 ) 及 び 同 年 4 月 10 日 ( 木 ) 実 施 主 体 は 国 及 び 地 方 公 共 団 体 である なお 本 県 においては 昭 和 44 年 から 毎 月 10 日 を また 昭 和 46 年 からは 毎 月 10 日 20 日 及 び30 日 を 交 通 死 亡 事 故 ゼロの 日 と 定 め 交 通 監 視 活 動 等 を 行 っている 交 通 事 故 死 ゼロを 目 指 す 日 については 実 施 主 体 である 地 方 公 共 団 体 に 必 要 な 支 援 を 行 うなど この 活 動 の 促 進 を 図 る 2 個 別 審 議 (1) 警 察 署 長 会 議 開 催 結 果 総 務 課 長 から 警 察 署 長 会 議 開 催 結 果 について 警 察 署 長 会 議 については 当 面 の 警 察 運 営 について を 議 題 として 本 年 1 月 22 日 ( 火 ) 午 後 1 時 から 午 後 5 時 30 分 までの 間 愛 知 県 警 察 本 部 北 館 講 堂 において 開 催 された 来 賓 の 挨 拶 に 続 き 本 部 長 からは 命 にかかわる 事 案 への 積 極 的 かつ 組 織 的 な 対 応 活 力 ある 職 場 づくり

21 当 面 の 諸 問 題 について 訓 示 があり 続 いて 各 部 長 等 から 当 面 の 課 題 に 関 する 指 示 が 行 われた また 熱 田 警 察 署 長 及 び 江 南 警 察 署 長 から 事 例 発 表 が 行 われた (2) 激 励 の 上 申 公 安 委 員 会 執 務 官 から ブラジル 人 等 グループによる 組 織 窃 盗 ( 自 動 車 盗 ) 事 件 捜 査 本 部 及 び 山 口 組 系 暴 力 団 組 長 らによる 組 員 に 対 する 死 体 遺 棄 事 件 特 別 捜 査 本 部 に 対 する 激 励 の 上 申 について 報 告 があり 決 裁 した (3) 苦 情 及 び 公 安 委 員 会 あて 文 書 等 の 受 理 公 安 委 員 会 執 務 官 から 交 通 事 故 捜 査 に 関 する 苦 情 の 申 し 出 があった 旨 の 報 告 があり 公 安 委 員 会 は 本 部 長 に 調 査 指 示 することを 決 裁 した また 公 安 委 員 会 執 務 官 から 1 月 18 日 から1 月 24 日 までの 間 に 取 り 扱 った 公 安 委 員 会 あての 要 望 等 について 報 告 があった (4) 社 団 法 人 被 害 者 サポートセンターあいちに 対 する 特 定 公 益 増 進 法 人 であること の 認 定 にあたっての 財 務 大 臣 への 協 議 住 民 サービス 課 長 から 社 団 法 人 被 害 者 サポートセンターあいちに 対 する 特 定 公 益 増 進 法 人 であることの 認 定 にあたっての 財 務 大 臣 への 協 議 について 社 団 法 人 被 害 者 サポートセンターあいちは 平 成 18 年 2 月 に 愛 知 県 知 事 か ら 所 得 税 法 施 行 令 及 び 法 人 税 法 施 行 令 に 掲 げる 特 定 公 益 増 進 法 人 として 認 定 を 受 けたが 平 成 20 年 2 月 に 認 定 期 間 が 経 過 することから 引 き 続 き 認 定 を 受 け るための 申 請 がなされたので 必 要 な 手 続 を 行 う 法 令 で 定 められた 審 査 項 目 について 審 査 した 結 果 は いずれも 適 正 と 認 めら れる 旨 の 報 告 があり 原 案 どおり 決 裁 した

22 (5) 優 良 指 定 自 動 車 教 習 所 公 安 委 員 会 表 彰 等 の 実 施 ( 平 成 19 年 中 ) 運 転 免 許 課 長 から 平 成 19 年 中 の 優 良 指 定 自 動 車 教 習 所 公 安 委 員 会 表 彰 等 の 実 施 について 平 成 20 年 2 月 15 日 ( 金 ) 午 後 2 時 から 愛 知 県 警 察 本 部 北 館 講 堂 において 平 成 19 年 中 の 優 良 指 定 自 動 車 教 習 所 公 安 委 員 会 表 彰 等 を 行 う この 表 彰 は 公 安 委 員 会 の 指 定 を 受 けた 自 動 車 教 習 所 が 創 意 工 夫 をこらし た 適 正 な 教 習 と 良 好 な 教 習 実 績 をあげた 場 合 に 賞 揚 し 教 習 所 全 体 の 教 習 水 準 の 向 上 を 図 り 優 良 な 運 転 者 の 育 成 と 初 心 事 故 防 止 を 図 るものである 公 安 委 員 会 表 彰 については8 校 を 予 定 しており 警 察 本 部 長 及 び 愛 知 県 指 定 自 動 車 教 習 所 協 会 会 長 の 連 名 表 彰 については 管 理 者 3 人 及 び 職 員 44 人 の 計 47 人 を 予 定 している (6) 運 転 免 許 停 止 処 分 に 対 する 審 査 請 求 運 転 免 許 課 次 長 から 運 転 免 許 停 止 処 分 に 対 する 審 査 請 求 の 理 由 及 び 裁 決 ( 棄 却 )に 関 する 明 細 書 並 びに 決 定 書 の 提 示 があり 原 案 どおり 裁 決 した (7) 運 転 者 区 分 に 対 する 異 議 申 立 て 運 転 免 許 課 次 長 から 運 転 者 区 分 に 対 する 異 議 申 立 ての 理 由 及 び 決 定 ( 棄 却 )に 関 する 明 細 書 並 び に 決 定 書 の 提 示 があり 原 案 どおり 決 定 した (8) 聴 聞 等 の 実 施 結 果 決 定 首 席 聴 聞 官 及 び 聴 聞 官 から

23 運 転 免 許 取 消 処 分 等 に 関 する 意 見 の 聴 取 結 果 風 俗 営 業 の 停 止 処 分 等 に 関 する 聴 聞 結 果 について 報 告 があり 行 政 処 分 を 決 定 した 57 件 2 件

署協議会議事録

署協議会議事録 平 成 28 年 第 1 回 仙 台 南 警 察 署 協 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 13:30~15:00 場 所 : 仙 台 南 警 察 署 3 階 大 会 議 室 1 会 長 挨 拶 本 協 議 会 は 年 間 4 回 開 催 される 予 定 で その 都 度 治 安 情 勢 や 懸 案 事 項 等 につい て 審 議 し 地 域 の 安 心

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

Taro-第4回 三条署協議会開催概況【決定】

Taro-第4回 三条署協議会開催概況【決定】 第 4 回 三 条 警 察 署 協 議 会 開 催 概 況 開 催 日 時 平 成 28 年 2 月 25 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 までの 間 開 催 場 所 三 条 警 察 署 3 階 会 議 室 公 安 委 員 会 小 林 公 安 委 員 1 人 近 藤 会 長 濱 田 副 会 長 青 木 委 員 出 席 者 委 員 刈 屋 委 員 斎 藤 委

More information

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179>

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179> 平 成 23 年 岩 手 県 の 治 安 情 勢 平 成 24 年 1 月 岩 手 県 警 察 本 部 1 刑 法 犯 認 知 検 挙 ( 値 は 暫 定 値 です ) これまでの 推 移 刑 法 犯 認 知 は 平 成 13 年 の15,125 をピークに 概 ね 減 少 傾 向 平 成 23 年 は 平 成 22 年 の 戦 後 最 小 記 録 (7,4 )を 下 回 り 6,353 前 年 比

More information

Untitled

Untitled 滋 刑 企 甲 発 第 S0 号 平 成 年 (0)0 月 日 滋 賀 県 警 察 本 部 刑 事 部 刑 事 企 画 課 刑 法 犯 特 別 法 犯 暴 力 団 犯 罪 来 日 外 国 人 犯 罪 凡 例 滋 賀 の 犯 罪 ( 平 成 年 ) 目 次 平 成 年 中 の 主 な 出 来 事 < 解 説 > 平 成 年 の 犯 罪 概 要 < 全 国 統 計 表 > < 本 県 統 計 表 >

More information

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力 平 成 28 2 月 少 非 行 情 勢 ( 平 成 27 1~12 月 ) 警 察 庁 生 活 安 全 局 少 課 凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル

More information

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強 平 成 25 年 5 月 日 :00 以 降 に 報 道 願 います 裁 判 員 裁 判 の 概 況 平 成 25 年 5 月 日 最 高 検 察 庁 公 判 1 裁 判 員 裁 判 対 象 事 件 起 訴 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30 日 現 在 ) 6,025 名 ( 起 訴 件 数 :6,800 件 ) 2 裁 判 員 裁 判 判 決 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 計 画 計 画 期 間 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 23 年 4 月 恵 庭 市 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

Microsoft Word - 扉(浅黄)

Microsoft Word - 扉(浅黄) 4. 少 年 非 行 等 の 概 要 と 警 察 と 児 童 相 談 所 との 連 携 について -133- 資 料 平 成 25 年 中 の 少 年 非 行 等 の 概 要 について 平 成 26 年 8 月 少 年 課 1 非 行 少 年 (1) 概 況 刑 法 犯 少 年 は5 万 6,469 人 と 10 年 連 続 で 減 少 したが 人 口 比 は 成 人 の 約 4 倍 振 り 込

More information

目 次 重 点 目 頁 1 府 民 の 期 待 と 信 頼 に 応 える 警 察 の 確 立 1 2 街 頭 犯 罪 抑 止 総 合 対 策 の 推 進 2 3 府 民 の 生 命 身 体 を 脅 かす 犯 罪 対 策 の 推 進 3 4 組 織 犯 罪 対 策 の 推 進 4 5 少 年 の 健

目 次 重 点 目 頁 1 府 民 の 期 待 と 信 頼 に 応 える 警 察 の 確 立 1 2 街 頭 犯 罪 抑 止 総 合 対 策 の 推 進 2 3 府 民 の 生 命 身 体 を 脅 かす 犯 罪 対 策 の 推 進 3 4 組 織 犯 罪 対 策 の 推 進 4 5 少 年 の 健 報 告 書 大 阪 府 警 察 本 部 目 次 重 点 目 頁 1 府 民 の 期 待 と 信 頼 に 応 える 警 察 の 確 立 1 2 街 頭 犯 罪 抑 止 総 合 対 策 の 推 進 2 3 府 民 の 生 命 身 体 を 脅 かす 犯 罪 対 策 の 推 進 3 4 組 織 犯 罪 対 策 の 推 進 4 5 少 年 の 健 全 育 成 を 図 る 諸 対 策 の 推 進 5 6 地 域

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人 平 成 27 年 4 月 来 日 外 国 人 犯 罪 の 検 挙 状 況 ( 平 成 26 年 ) 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 国 際 捜 査 管 理 官 凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米

More information

3 刑事事件【Web用】.indd

3 刑事事件【Web用】.indd 地 方 裁 判 所 における 刑 事 訴 訟 事 件 ( 第 一 審 )の 審 理 の 状 況 検 察 官 の 公 訴 提 起 ( 起 訴 ) 冒 頭 手 続 人 定 質 問 検 察 官 の 起 訴 状 朗 読 黙 秘 権 等 の 告 知 被 告 人, 弁 護 人 の 被 告 事 件 についての 陳 述 証 拠 調 べ 手 続 冒 頭 陳 述 犯 罪 事 実 に 関 する 立 証 証 拠 調 べの

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

所 属 ( 対 策 課 (H28).) 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 訓 令 指 定 保 存 期 間 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 例 規 指 定 保 存 期 間 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 訓 示 甲 指 定 保 存

所 属 ( 対 策 課 (H28).) 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 訓 令 指 定 保 存 期 間 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 例 規 指 定 保 存 期 間 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 訓 示 甲 指 定 保 存 所 属 ( 対 策 課 (H28).) 庶 務 総 括 総 括 総 括 警 察 職 員 宿 所 名 簿 継 続 庶 務 総 括 総 括 総 括 事 務 引 継 書 3 年 庶 務 総 括 総 括 総 括 業 務 引 継 書 継 続 庶 務 総 括 総 括 通 行 券 公 務 従 事 車 両 証 明 書 等 送 付 書 1 年 庶 務 総 括 総 括 通 行 券 公 務 警 察 自 動 車 通 行 証

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

判例学習・刑事訴訟法[第2版]_大扉_再校-.mcd

判例学習・刑事訴訟法[第2版]_大扉_再校-.mcd 目 次 第 2 版 はしがき Ⅰ 捜 査 の 意 義 1 犯 罪 発 生 前 の 捜 査 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

平 成 25 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 26 年 6 月 警 察 庁

平 成 25 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 26 年 6 月 警 察 庁 本 資 料 内 に 掲 載 されている 平 成 20 年 から 平 成 25 年 までの 犯 罪 統 計 について は 数 値 の 一 部 に 修 正 が 生 じていますので 修 正 後 の 数 値 は 平 成 26 27 年 の 犯 罪 情 勢 等 をご 確 認 ください 平 成 25 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 26 年 6 月 警 察 庁 凡 例 1 本 資 料 における 用 語 等 の

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

三条市安全・安心な

三条市安全・安心な 三 条 市 安 全 安 心 な まちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) 三 条 市 1 目 次 第 1 章 計 画 の 基 礎 事 項 1 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 節 計 画 の 位 置 付 け 1 第 3 節 計 画 期 間 1 第 4 節 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 犯 罪 の 状 況 2 第 1 節 刑 法 犯 発 生 状 況 2 (1) 刑 法 犯 認

More information

平 成 24 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 25 年 6 月 警 察 庁

平 成 24 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 25 年 6 月 警 察 庁 本 資 料 内 に 掲 載 されている 平 成 20 年 から 平 成 24 年 までの 犯 罪 統 計 について は 数 値 の 一 部 に 修 正 が 生 じていますので 修 正 後 の 数 値 は 平 成 26 27 年 の 犯 罪 情 勢 等 をご 確 認 ください 平 成 24 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 25 年 6 月 警 察 庁 凡 例 1 本 資 料 における 用 語 等 の

More information

一般社団法人大阪府防災通信協会「定款の変更の案」

一般社団法人大阪府防災通信協会「定款の変更の案」 **************************** * * * 定 * * * * * * * **************************** 款 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災 通 信 協 会 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災 通 信 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 一 宮 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 00 分 までの 間 一 宮 警 察 署 講 堂 1 委 員 高 間 正 道 会 長 杉 本 昇 副 会 長 岩 田 武 志 委 員 小 川 典 子 委 員 大 塚 良 雄 委 員 川

More information

5. 政 策 目 標 の 達 成 ( 進 捗 ) 状 況 達 成 状 況 A 概 ね 順 調 犯 罪 に 強 い 安 全 なまちづくりの 推 進 については 住 民 自 身 の 防 犯 活 動 として 民 間 パトロール 隊 や 青 色 回 転 灯 装 備 車 両 によるパトロール 活 動 が 県

5. 政 策 目 標 の 達 成 ( 進 捗 ) 状 況 達 成 状 況 A 概 ね 順 調 犯 罪 に 強 い 安 全 なまちづくりの 推 進 については 住 民 自 身 の 防 犯 活 動 として 民 間 パトロール 隊 や 青 色 回 転 灯 装 備 車 両 によるパトロール 活 動 が 県 政 策 評 価 表 政 策 とりまとめ 課 : 知 事 政 策 局 防 災 危 機 管 理 課 TEL( 直 通 ):076-444-4124 政 策 の 柱 安 心 とやま 政 策 名 19 防 犯 交 通 安 全 対 策 の 推 進 による 安 全 なまちづくり 政 策 目 標 犯 罪 や 交 通 事 故 の 発 生 しにくい 環 境 づくりが 進 み 県 民 が 安 全 で 安 心 して 暮

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり CONTENTS No.39 2016.May ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とりわけ 暴 力 団 排 除 や 薬 物 乱 用 防 止

More information

諮問第1号

諮問第1号 平 成 28 年 2 月 諮 問 説 明 資 料 ページ 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 1 総 務 企 画 局 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 第 1 議 会 への 諮 問 の 理 由 酒 気 帯 び 運 転 を 行 った 教 員 に 対 して, 平 成 27 年

More information

1 会 長 挨 拶 会 長 から 今 回 の 諮 問 事 項 は 自 転 車 利 用 者 のマナーアップ 方 策 についてで ある 交 通 事 故 抑 止 のため 活 発 な 意 見 をお 願 いする 旨 の 挨 拶 があった 2 署 長 挨 拶 3 管 内 の 治 安 情 勢 ( 署 長 説 明

1 会 長 挨 拶 会 長 から 今 回 の 諮 問 事 項 は 自 転 車 利 用 者 のマナーアップ 方 策 についてで ある 交 通 事 故 抑 止 のため 活 発 な 意 見 をお 願 いする 旨 の 挨 拶 があった 2 署 長 挨 拶 3 管 内 の 治 安 情 勢 ( 署 長 説 明 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 知 多 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 27 日 ( 水 ) 午 後 3 時 30 分 から 午 後 5 時 10 分 までの 間 知 多 警 察 署 講 堂 1 委 員 出 席 者 2 警 察 署 員 宍 戸 由 明 会 長 竹 内 由 香 理 副 会 長 岡 戸 千 尋 委 員 篠 原 早

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

Microsoft Word - 3_懲戒処分の指針(H28.4

Microsoft Word - 3_懲戒処分の指針(H28.4 平 成 15 年 4 月 16 日 施 行 平 成 19 年 12 月 16 日 改 正 平 成 20 年 5 月 28 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 懲 戒 処 分 の 指 針 第 1 目 的 この 指 針 は 職 員 が 地 方 公 務 員 として 遵 守 すべき 義 務 に 違 反 した 場 合 の 責 任 を 明 確 にするとともに

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63> 第 2 次 久 留 米 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 ( 素 案 ) 資 料 編 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 久 留 米 市 目 次 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 1 犯 罪 の 現 状 P1 2 暴 力 団 の 情 勢 P10 3 少 年 非 行 の 現 状 P12 4 市 民 の 防 犯 意 識 P15 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑 裁 判 員 裁 判 の 概 況 本 日 中 不 公 表,5 月 21 日 解 禁 でお 願 いします 第 1 これまでの 裁 判 員 裁 判 の 概 要 平 成 22 年 5 月 20 日 最 高 検 察 庁 1 起 訴 件 数 合 計 1, 881 件 ( 平 成 22 年 5 月 20 日 現 在 ) 別 添 資 料 1のとおり 2 判 決 結 果 判 決 言 渡 人 員 合 計 530 人 (

More information

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73>

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73> 5 職 の の 状 況 (1) 期 末 勤 勉 宮 城 県 1 人 当 たり 平 均 支 給 額 (22 年 度 ) - 1,691 千 (22 年 度 支 給 割 合 ) (22 年 度 支 給 割 合 ) 期 末 勤 勉 期 末 勤 勉 2.60 月 分 1.35 月 分 2.60 月 分 1.35 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65 ) 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ 大 通 達 甲 ( 生 企 ) 第 4 号 平 成 2 1 年 5 月 2 9 日 本 部 例 規 (1 年 ) 簿 冊 名 学 校 署 例 規 本 部 1 年 保 存 期 間 学 校 署 常 用 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 殿 各 警 察 署 長 生 活 安 全 部 長 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 法 第 29 条 の 規 定 による 公 安 委 員 会 に 対

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16 平 成 24 年 度 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 警 察 庁 平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16,541 百 万 円 21,026

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

Taro-6【セット版】事業評価書(子供女性安全対策班)

Taro-6【セット版】事業評価書(子供女性安全対策班) 事 業 評 価 書 子 供 女 性 安 全 対 策 班 の 設 置 平 成 2 7 年 3 月 国 家 公 安 委 員 会 警 察 庁 子 供 女 性 安 全 対 策 班 の 設 置 1 評 価 の 対 象 とした 政 策 (1) 政 策 の 背 景 目 的 及 び 内 容 子 供 や 女 性 を 対 象 とする 性 犯 罪 等 ( 子 供 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 犯 罪 及 び

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

平 成 26 年 度 包 括 外 部 監 査 結 果 報 告 書 平 成 27 年 1 月 16 日 神 奈 川 県 包 括 外 部 監 査 人 弁 護 士 橋 本 吉 行 目 次 第 1 編 包 括 外 部 監 査 の 概 要 1 Ⅰ 監 査 の 種 類 1 Ⅱ 特 定 した 事 件 ( 監 査 のテーマ) 1 Ⅲ 監 査 対 象 年 度 1 Ⅳ 監 査 の 実 施 期 間 1 Ⅴ 監 査 の

More information

Microsoft Word - 20ガイドラインリーフレット案4ページ

Microsoft Word - 20ガイドラインリーフレット案4ページ 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 する ガイドライン 安 全 で 安 心 なまちづくり 平 成 26 年 3 月 栃 木 県 第 1 はじめに 1 ガイドライン 策 定 の 目 的 安 全 で 安 心 なまちづくりを 進 める 上 で 近 年 防 犯 カメラの 設 置 は 広 く 有 用 であると 認 められてお り 県 内 各 地 において 防 犯 カメラの 設 置 が 進 んでいます

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

職員退職手当規則【 】

職員退職手当規則【 】 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 100 号 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 広 島 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 4 条 及 び 広 島 大 学 船 員 就 業 規

More information

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73>

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73> 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 資 料 6 保 護 観 察 新 規 受 理 人 員 の 推 移 資 料 7 ( 千 人 ) ( 昭 和 24 年 ~ 平 成 17 年 ) 80 70 60 保 護 観 察 処 分 少 年 50 40 30 20 10 保 護 観 察 付 執 行 猶 予 者 仮 釈 放 者 0 少 年 院 仮 退 院 者 24 年 30 35 40 45

More information

平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 防 犯 意 識 の 向 上 と 地 域 交 流 の 強 化 (1) 安 全 安 心 なまちづくりと 防 犯 情 報 の 提 供 や 助 成 事 業 の 推 進 ア 安 全 安 心 なまちづくりの 推 進 本 年 4 月 1 日 に なくそう 犯 罪 滋 賀

平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 防 犯 意 識 の 向 上 と 地 域 交 流 の 強 化 (1) 安 全 安 心 なまちづくりと 防 犯 情 報 の 提 供 や 助 成 事 業 の 推 進 ア 安 全 安 心 なまちづくりの 推 進 本 年 4 月 1 日 に なくそう 犯 罪 滋 賀 平 成 27 年 度 主 要 行 事 予 定 ~ 公 益 社 団 法 人 4 年 目 ~ 第 1 四 半 期 新 会 計 年 度 理 事 会 通 常 総 会 の 開 催 4 月 13( 月 ) 14:00~ 県 県 警 との 合 同 担 当 者 研 修 会 ( 県 庁 )+ 知 恵 出 し 会 議 < 専 務 出 席 > 20( 月 ) 終 日 風 俗 環 境 浄 化 地 域 安 全 相 談 所 開

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た 入 札 公 告 次 のとおり 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 9 月 30 日 [1] 工 事 名 西 築 地 小 埋 設 給 排 水 管 改 修 工 事 契 約 事 務 受 任 者 名 古 屋 市 財 政 局 契 約 監 理 監 柴 田 真 吾 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63>

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63> 鳥 取 市 ( 平 成 18 年 6 月 ) 第 1 章 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1. 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 2. 基 本 計 画 の 施 策 対 象 の 範 囲 3. 計 画 期 間 第 2 章 現 状 と 課 題 2 1. 犯 罪 の 現 状 2. 生 活 環 境 の 変 化 3. 課 題 第 3 章 基 本 計 画 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 4 1.

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

Microsoft Word - 参考資料.doc

Microsoft Word - 参考資料.doc ( 仮 称 ) 豊 田 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 する 条 例 制 定 について 平 成 24 年 10 月 社 会 部 交 通 安 全 防 犯 課 1 背 景 (1) 社 会 的 背 景 全 国 的 な 傾 向 として 犯 罪 発 生 後 の 犯 人 の 特 定 逃 走 経 路 について 民 間 設 置 の 防 犯 カメラ( 又 は 監 視 カメラ)などが 利 用 されていることも

More information

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49>

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49> 平 成 25 年 度 主 要 施 策 の 成 果 に 関 する 調 書 警 察 本 部 目 次 3 安 心 安 全 な 社 会 の 形 成 と 県 土 づくり 1 (1) 日 本 一 安 心 安 全 な 鹿 児 島 づくり 1 (2) 災 害 に 強 い 県 土 づくり 7 6 誰 もがいきいきと 活 躍 できる 雇 用 環 境 づくり 8 (1) ふるさとでいきいきと 働 ける 環 境 づくり 8

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

○○○市・町セーフコミュニティ ○○○対策委員会

○○○市・町セーフコミュニティ ○○○対策委員会 犯 罪 の 防 止 対 策 委 員 会 活 動 報 告 松 原 市 セーフコミュニティ 犯 罪 の 防 止 対 策 委 員 会 報 告 者 : 犯 罪 の 防 止 対 策 委 員 会 委 員 長 山 本 剛 所 属 : 松 原 事 業 場 防 犯 協 会 会 長 1 背 景 : 全 国 と 比 較 して 犯 罪 認 知 件 数 が 多 い ( 件 /10 万 人 ) 3,500 10 万 人 あたりの

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

総 務 課 警 察 白 書 昭 和 61 年 版 警 察 庁 総 務 課 警 察 白 書 昭 和 62 年 版 警 察 庁 総 務 課 警 察 白 書 昭 和 63 年 版 警 察 庁 総 務 課 警 察 白 書 平 成 元 年 版 警 察 庁 総 務 課 警 察 白 書 平 成 2 年 版 警 察

総 務 課 警 察 白 書 昭 和 61 年 版 警 察 庁 総 務 課 警 察 白 書 昭 和 62 年 版 警 察 庁 総 務 課 警 察 白 書 昭 和 63 年 版 警 察 庁 総 務 課 警 察 白 書 平 成 元 年 版 警 察 庁 総 務 課 警 察 白 書 平 成 2 年 版 警 察 < 総 務 部 > 備 付 資 料 一 覧 担 当 課 資 料 名 発 行 作 成 等 公 安 委 員 会 補 佐 室 公 安 委 員 会 のしおり 全 国 公 安 委 員 連 絡 協 議 会 公 安 委 員 会 補 佐 室 公 安 委 員 会 定 例 会 議 の 概 要 警 察 本 部 総 務 課 京 都 府 ( 公 安 委 員 会 警 察 本 部 長 )の 情 報 公 開 制 度 警 察 本 部

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

発 覚 理 由 違 反 態 様 在 日 期 間 違 反 期 間 婚 姻 期 間 夫 婦 間 の 子 刑 事 処 分 等 1 出 頭 申 告 不 法 残 留 約 13 年 9 月 約 9 年 11 月 約 1 年 10 月 2 出 頭 申 告 不 法 入 国 約 4 年 2 月 約 4 年 2 月 約

発 覚 理 由 違 反 態 様 在 日 期 間 違 反 期 間 婚 姻 期 間 夫 婦 間 の 子 刑 事 処 分 等 1 出 頭 申 告 不 法 残 留 約 13 年 9 月 約 9 年 11 月 約 1 年 10 月 2 出 頭 申 告 不 法 入 国 約 4 年 2 月 約 4 年 2 月 約 1 在 留 特 別 許 可 について 在 留 特 別 許 可 された 事 例 及 び 在 留 特 別 許 可 されなかった 事 例 について( 平 成 27 年 ) 平 成 28 年 3 月 法 務 省 入 国 管 理 局 入 管 法 第 50 条 に 規 定 する 在 留 特 別 許 可 は, 法 務 大 臣 の 裁 量 的 な 処 分 であり,その 許 否 判 断 に 当 たっては, 個 々の

More information

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 に 関 わ る 法 の 理 解 H23.12.19 弁 護 士 川 島 志 保 ねらい 1 虐 待 とは 2 障 害 者 虐 待 防 止 法 3 条 何 人 も 障 害 者 に 対 して 虐 待 をしてはならない 3 虐 待 の 関 する 法 律 4 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 の 留 意 点 対 応 しない 理 由 を 見 つけるのではなく 1 虐 待

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information