テーマ ケアハウスの 最 大 の 特 徴 は 自 立 した 方 々の 生 活 の 場 だという 点 にある 換 言 すれば 利 用 者 が 自 分 のことを 自 分 でできなくなればケアハウスでの 生 活 は 継 続 できない ということでも ある そこで 利 用 者 が 一 日 でも 長 くケアハ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "テーマ ケアハウスの 最 大 の 特 徴 は 自 立 した 方 々の 生 活 の 場 だという 点 にある 換 言 すれば 利 用 者 が 自 分 のことを 自 分 でできなくなればケアハウスでの 生 活 は 継 続 できない ということでも ある そこで 利 用 者 が 一 日 でも 長 くケアハ"

Transcription

1 ACTION 2013 プロジェクト 報 告 書 テーマ タイトル ケアハウス 健 康 管 理 日 常 の 延 長 としてのアクションを 目 指 して 部 署 学 園 前 西 ケアハウス キ ャ プ テ ン 副 キャプテン メ ン バ ー 事 業 紹 介 田 尻 泰 雄 津 田 里 恵 田 尻 泰 雄 / 津 田 里 恵 / 森 高 茂 木 ケアハウスは 本 来 自 立 した 高 齢 者 の 生 活 の 場 である いわゆる 高 齢 者 施 設 ではありながら 介 護 施 設 ではない 基 本 的 に 自 分 のことは 自 分 で 出 来 るが 毎 日 の 食 事 の 準 備 は 困 難 だ 一 人 暮 らしに 不 安 が ある といった 方 々が 職 員 の 見 守 りや 介 護 保 険 のシステムを 利 用 して 足 りない 部 分 を 補 いながら 生 活 しておられる 食 事 提 供 つきのバリアフ リー 完 全 個 室 型 集 合 住 宅 である 食 事 や 入 浴 時 間 などに 最 低 限 のルール は 設 けられているものの 外 出 外 泊 飲 食 飲 酒 喫 煙 も 自 由 で 利 用 者 にとってはまさに 自 宅 であり 大 浴 場 と 食 堂 の 利 用 以 外 はマン ションでの 一 人 暮 らしに 限 りなく 近 い 一 人 一 人 の 利 用 者 が 確 固 たる 自 分 の 生 き 方 生 活 リズムを 持 っておられるのも 大 きな 特 徴 である 2014 年 3 月 現 在 28 名 在 籍 平 均 年 齢 は 85.6 歳 うち 自 立 の 方 8 名 要 支 援 の 方 6 名 ( 平 均 1.8) 要 介 護 の 方 14 名 ( 平 均 1.5)である

2 テーマ ケアハウスの 最 大 の 特 徴 は 自 立 した 方 々の 生 活 の 場 だという 点 にある 換 言 すれば 利 用 者 が 自 分 のことを 自 分 でできなくなればケアハウスでの 生 活 は 継 続 できない ということでも ある そこで 利 用 者 が 一 日 でも 長 くケアハウスで 生 活 できるようにADLの 低 下 や 認 知 症 進 行 を ふせぐための 援 助 = 日 常 の 健 康 管 理 をテーマとし 病 気 や 事 故 入 院 によるレベル 低 下 を 防 ぐための 様 々な 実 践 に 取 り 組 むこととした それは 従 来 の 取 り 組 みをふまえた 上 で PDCA サイクルに 基 づき 肉 体 的 健 康 と 精 神 的 健 康 のサポート ADLとQOLのサポートをリンクさ せた 一 人 一 人 の 利 用 者 に 対 する 年 間 を 通 じた 総 合 的 サポート となるはずである 注 PDCA=Plan( 計 画 ) Do( 実 行 ) Check( 検 証 ) Action( 改 善 ) ADL= 日 常 生 活 動 作 能 力 ( 移 動 摂 食 など)QOL= 生 活 の 質 ( 精 神 的 満 足 など) テーマ 実 現 に 向 けて テーマ[ 健 康 管 理 = 一 人 一 人 の 利 用 者 に 対 する 年 間 を 通 じた 総 合 的 サポート]を 実 現 するために まずは 従 来 ケアハウスで 行 われてきた 健 康 管 理 項 目 を 再 確 認 してみた 通 年 転 倒 予 防 ( 環 境 整 備 ストレッチ 体 操 ) 誤 嚥 予 防 (パタカラ 発 声 練 習 ) 認 知 症 予 防 ( 壁 面 装 飾 脳 トレ 書 籍 ) 健 康 増 進 ( 食 事 歩 行 指 導 ) 健 康 測 定 ( 月 1 回 ) バイタルチェック( 体 調 不 良 時 に 実 施 ) 環 境 整 備 ( 清 潔 安 全 ) 精 神 的 サポート( 声 掛 け 相 談 雑 談 ) 各 種 レクリエーション 冬 季 インフルエンザ ノロ 対 策 ( 加 湿 換 気 啓 発 活 動 ) ヒートショック 対 策 ( 温 度 管 理 ) 日 光 浴 ( 屋 内 外 ) 夏 季 熱 中 症 予 防 ( 温 度 管 理 啓 発 活 動 ) 食 中 毒 予 防 ( 啓 発 活 動 ) これらの 項 目 を 精 査 し 新 たに4つの 課 題 として 分 類 し 具 体 的 な 取 り 組 みの 出 発 点 とした 4つの 課 題 課 題 1 体 調 管 理 ( 健 康 増 進 感 染 症 予 防 脱 水 症 予 防 ) 課 題 2 事 故 防 止 ( 転 倒 予 防 誤 嚥 予 防 ) 課 題 3 認 知 症 予 防 ( 毎 日 の 生 活 に 刺 激 と 変 化 を) 課 題 4 レクリエーション 充 実 ( 個 別 ニーズの 重 視 ) これらの 課 題 に 取 り 組 むにあたり 123については 利 用 者 自 身 に 介 護 予 防 の 意 識 を 持 っていただく 必 要 がある 自 由 な 生 活 の 中 で 居 室 環 境 飲 食 運 動 休 養 などを 自 己 管 理 する 必 要 があるからである また 34については 個 別 ニーズや 各 人 の 趣 味 嗜 好 を 強 く 意 識 した 取 り 組 みが 必 要 となる

3 課 題 1 体 調 管 理 テーマ 決 定 時 全 国 的 にノロ 感 染 が 拡 大 しつつあったため 感 染 症 予 防 を 起 点 とし 脱 水 熱 中 症 食 中 毒 予 防 等 について 利 用 者 の 意 識 を 高 める 取 り 組 みを 継 続 発 展 させた 具 体 的 な 取 り 組 み A 独 自 資 料 を 用 いた 勉 強 会 命 を 守 るために を4 回 にわたって 実 施 第 1 4 回 感 染 症 予 防 (ノロ インフルエンザ 対 策 ) 年 12 月 実 施 第 2 回 脱 水 熱 中 症 予 防 ( 隠 れ 脱 水 の 危 険 性 を 啓 発 ) 2013 年 4 月 実 施 第 3 回 食 中 毒 予 防 (プロジェクターを 使 用 し 栄 養 士 より 説 明 注 意 喚 起 )6 月 実 施 医 務 や 厨 房 と 連 携 し 専 門 的 見 地 からの 助 言 を 得 て 当 日 の 説 明 に 活 かした 注 意 すべき 点 を 明 示 し 利 用 者 が 自 然 に 毎 日 の 生 活 の 中 で 実 践 できるように 配 慮 した 毎 回 食 事 運 動 休 養 が 健 康 の 基 盤 であることを 強 調 してきた B 日 常 的 な 呼 びかけによる 利 用 者 啓 発 1 掲 示 ( 新 聞 雑 誌 等 の 関 連 記 事 を 拡 大 し 注 意 点 にカラーマーキング) 2 ホワイトボード 活 用 ( 気 象 情 報 注 意 点 の 継 続 呼 びかけ 食 事 時 の 全 体 説 明 ) 3 訪 室 ( 居 室 環 境 確 認 エアコン 使 用 や 補 水 の 呼 びかけ) 4 個 別 の 声 掛 け( 外 出 時 帰 苑 時 食 事 時 など 折 に 触 れて) C 公 共 部 分 の 環 境 整 備 ( 温 度 湿 度 管 理 換 気 の 徹 底 手 すり 通 路 テーブルの 消 毒 など) 上 記 の 取 り 組 みを 通 じて 日 常 的 に 利 用 者 の 自 己 管 理 意 識 予 防 意 識 を 高 めることで 感 染 症 等 の 発 症 を 抑 えることを 目 指 してきた 結 果 分 析 ノロ インフルエンザの 感 染 者 熱 中 症 脱 水 症 食 中 毒 の 発 症 はゼロであったが 本 来 体 調 管 理 という 取 り 組 みの 成 果 を 客 観 的 に 数 値 化 して 評 価 することは 困 難 である 一 つの 目 安 として 最 も 日 常 的 に 見 られる 体 調 不 良 の 現 れである 発 熱 を 参 考 にしていただきたい [ 熱 発 者 数 の 推 移 ] ( 注 熱 発 者 = 継 続 して 検 温 を 必 要 とした 場 合 太 字 は 勉 強 会 実 施 月 ) 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 計 注 目 して 頂 きたいのは 年 間 総 数 取 り 組 みの 始 まった 直 後 ( 利 用 者 の 手 洗 い うがいが 徹 底 さ れた)1 月 ~3 月 4 月 末 という 早 期 の 脱 水 症 予 防 勉 強 会 実 施 後 かくれ 脱 水 の 恐 ろしさを 啓 発 し 補 水 の 呼 びかけを 徹 底 した5 月 ~8 月 の 数 値 取 り 組 み 開 始 から 二 年 目 の 2013 年 12 月 以 降 の 数 値 である 前 年 同 時 期 との 差 は 明 確 であり ABCの 取 り 組 みによって 自 らの 体 調 管 理 のために 注 意 すべきポイントである 手 洗 い 消 毒 うがい 冬 季 外 出 時 のマスク 手 袋 着 用 十 分 な 水 分 補 給 居 室 温 度 湿 度 管 理 適 切 な 食 事 や 運 動 などへの 意 識 が 高 まり 利 用 者 自 身 が 予 防 に 努 めた 結 果 である と 思 われる 今 後 も 予 防 意 識 の 定 着 に 継 続 的 に 取 り 組 みたい

4 課 題 2 事 故 防 止 ケアハウスの 利 用 者 は 外 出 自 由 であり 苑 外 で 様 々な 事 故 に 直 面 する 可 能 性 がある また 介 護 や 見 守 りを 常 時 必 要 とするわけではないため 苑 内 居 室 内 での 事 故 が 発 生 する 可 能 性 も 高 い 経 験 上 特 に 転 倒 誤 嚥 のリスクが 高 いと 判 断 し 取 り 組 みの 対 象 とした 具 体 的 な 取 り 組 み A ストレッチ 体 操 ( 転 倒 予 防 ) 週 一 回 タオルやゴムチューブを 用 いて 主 に 下 半 身 の 筋 力 維 持 をめざし 基 本 メニュー 以 外 に 随 時 新 メニューを 組 み 込 み 食 堂 において 約 20 分 間 実 施 ( 希 望 者 のみ 参 加 ) B パタカラ 発 声 練 習 ( 誤 嚥 予 防 だが 認 知 症 予 防 もかねる) Aのストレッチ 体 操 後 約 10 分 間 谷 川 俊 太 郎 の 詩 かっぱ を 利 用 して 実 施 早 口 ロングブレス 暗 記 ジェスチャー 職 員 作 オリジナル かっぱ などで 変 化 をつける C フロア 歩 行 苑 外 散 歩 の 呼 びかけ その 日 の 気 象 条 件 その 方 の 体 調 ADLに 応 じた 声 掛 けで 事 故 のリスク 軽 減 に 努 める とともに より 効 果 的 な 運 動 となるよう 姿 勢 速 度 距 離 等 に 対 するアドバイスを 行 っ た また フロア1 周 約 100 メートルを 利 用 して どんどん 歩 こう 計 画 を 実 施 した D 転 倒 誤 嚥 リスクの 高 い 方 に 対 する 見 守 り 声 掛 け 強 化 ( 個 別 支 援 計 画 書 に 基 づくが 日 々の 利 用 者 一 人 一 人 の 状 態 把 握 を 最 優 先 する ) E 環 境 整 備 ( 共 有 部 分 居 室 内 の 安 全 点 検 特 につまずき 易 い 危 険 箇 所 等 を 意 識 していただく) F 新 聞 雑 誌 記 事 ( 正 しい 歩 行 姿 勢 ウォーキング ピンコロ 体 操 等 )の 拡 大 掲 示 ( 腰 痛 予 防 頻 尿 対 策 ボケない 食 事 注 出 典 のタイトル 通 り 等 もおりまぜながら) Fで 得 た 情 報 を 常 にA~Eに 反 映 させていく 結 果 分 析 誤 嚥 については 軽 度 のむせこみこそ 見 られたものの 深 刻 な 事 態 に 陥 ることはなかった 転 倒 については 軽 い 半 身 麻 痺 を 持 ち 度 々 躓 きや 尻 餅 転 倒 を 繰 り 返 しておられた 方 が 大 腿 骨 頸 部 骨 折 で 入 院 するという 事 故 が 一 件 発 生 している その 他 大 事 には 至 らなかったものの 軽 いつまずきや 転 倒 は 苑 内 外 を 問 わず 昨 年 に 続 き10 件 をこえている 上 記 取 り 組 みにより 予 防 意 識 は 高 まりつつあるが いかに 注 意 を 呼 びかけ 環 境 を 整 えても 自 由 な 生 活 の 中 での 転 倒 を 完 全 になくすことは 至 難 の 業 である また 加 齢 によるADL 低 下 に 歯 止 めがかけられ たとは 言 いがたいのが 現 状 であり メニューや 実 施 方 法 の 見 直 しなど 更 なる 対 策 が 必 要 である 課 題 3 認 知 症 予 防 外 出 外 泊 も 自 由 とはいえ 実 際 に 日 常 的 に 外 出 可 能 な 方 は3 分 の1に 満 たない 多 くの 方 はせいぜいフロアを1,2 周 歩 いてみる 程 度 で 居 室 内 で 退 屈 を 持 て 余 しておられるの が 現 状 である その 退 屈 な 日 常 にいかにして 刺 激 と 変 化 を 加 えるかが 大 きなテーマとなる 具 体 的 な 取 り 組 み(あくまでも 個 別 の 声 掛 け コミュニケーション 重 視 が 大 前 提 ) A 脳 トレクイズ( 毎 週 日 曜 5~6 問 更 新 言 葉 数 字 図 形 など) 希 望 者 が 自 由 に 持 ち 帰 り 居 室 でも 楽 しめるように 書 籍 コーナーにコピーを 設 置

5 B 壁 面 装 飾 ( 季 節 写 真 絵 画 浮 世 絵 詩 画 集 落 ち 葉 利 用 者 作 品 など) 投 票 によるフ レセ ント クイズ 形 式 テーブル 装 飾 とのリンクなどを 随 時 織 り 込 みながら 利 用 者 の 反 応 を 見 て 掲 示 期 間 を 延 長 短 縮 し 好 評 であれば 展 示 作 品 を 追 加 していく 全 体 展 示 と 特 集 展 示 を 併 用 更 新 を 早 める (2012 年 12 月 以 降 の 全 展 示 は 以 下 の 通 り ) 全 体 日 本 の 紅 葉 四 季 大 和 路 江 戸 情 緒 浮 世 絵 尽 くし 日 本 の 桜 涼 -はつなつ オーロラ ブルーパラダイス 星 野 富 弘 彩 秋 花 ごよみ 正 月 飾 り 藤 城 清 治 特 集 奈 良 の 御 仏 飼 い 主 募 集 奥 田 元 宋 櫻 工 芸 館 この 人 誰 だっけ? 映 画 スタア シルバー 川 柳 近 代 の 日 本 画 のどか 切 り 紙 装 飾 懐 かしのTV 番 組 月 光 浴 戦 後 美 男 美 女 女 性 風 俗 史 富 士 山 星 野 富 弘 花 火 幻 想 蕗 谷 虹 児 戦 後 の 子 供 秋 祭 り 装 飾 クリスマス 切 り 紙 装 飾 イルミネーション 正 月 飾 り 切 り 紙 装 飾 C ホワイトボード( 毎 日 更 新 気 象 情 報 今 日 は 何 の 日 行 事 案 内 健 康 情 報 等 イラストも) D テーブル 装 飾 ( 生 花 や 造 花 を 組 み 合 わせ 出 来 る 限 り 頻 回 に 9 テーブルをローテーション) 結 果 分 析 展 示 物 はすぐに 風 景 の 一 部 として 飽 きられがちなため 配 置 替 え ナンバリングやタイトルの 追 加 投 票 やクイズ 形 式 の 採 用 などによって 常 に 鮮 度 を 保 つ 工 夫 をした 季 節 感 や 思 い 出 が 共 通 の 話 題 となり 利 用 者 同 士 だけでなく 職 員 との 交 流 の 契 機 ともなった また プレゼント 形 式 を 発 表 するや 否 や いつもは 居 室 と 食 堂 の 往 復 だけの 利 用 者 がフロアを 何 周 もして 作 品 を 選 ぶなど QOLを 意 識 した 取 り 組 みがADLの 維 持 向 上 に 関 係 することが 証 明 された 認 知 症 予 防 にはこうした 積 み 重 ねが 必 ず 生 きると 信 じて 今 後 も 変 化 と 刺 激 を 提 供 していきたい 課 題 4 レクリエーション 充 実 従 来 からの 毎 月 の 買 い 物 レクや 外 出 レク 等 に 加 え 新 たにアンケート(5/1)を 実 施 し 改 めて 利 用 者 のニーズを 確 認 個 別 ニーズに 応 えるための 新 たな 取 り 組 みを 開 始 した 具 体 的 な 取 り 組 み( 従 来 型 の 買 い 物 レク 等 は 継 続 ) A 外 出 レク 1 分 散 型 ミニドライブ 導 入 花 見 新 緑 紫 陽 花 紅 葉 ミニドライブ( 喫 茶 等 も 可 能 ) 2 行 先 希 望 アンケート 実 施 舞 洲 ゆり 園 見 学 ( 第 二 希 望 はミニドライブで 対 応 ) 3 車 椅 子 での 苑 近 辺 プチ 紅 葉 狩 り プチ 花 見 B 苑 内 レク 1 アンケート 項 目 より リクエスト 映 画 上 映 会 ビンゴ 大 会 お 茶 会 等 の 実 施 2 のどかや 秋 祭 りなどの 苑 行 事 を 利 用 した 利 用 者 参 加 型 の 装 飾 ( 折 り 紙 切 り 紙 等 ) 3 若 草 山 山 焼 き 観 賞 中 庭 苺 争 奪 あみだくじ 大 会 などの 新 イベント 4 外 部 ギターボランティアとの 連 携 ( 利 用 者 のリクエストに 基 づく 歌 集 1~3 作 制 ) 5 個 別 対 応 としての 短 歌 俳 句 作 り( 個 人 詩 歌 集 作 成 )やクイズ 歌 詞 提 供 出 来 る 限 り 迅 速 に( 原 則 は 当 日 中 遅 くとも 2 3 日 中 に) 写 真 を 掲 示 配 布 し 記 憶 が 新 鮮 なうちに 楽 しみを 共 有 できるよう 心 がけた 同 時 に 参 加 されなかった 利 用 者 に 笑 顔 あふ れる 写 真 を 見 ていただき 次 は 私 も と 思 っていただけるようにとの 願 いをこめて

6 結 果 分 析 分 散 型 ドライブは 個 別 ニーズに 応 える 意 味 では 有 効 だったが 日 程 調 整 やコース 選 択 下 見 等 従 来 型 以 上 に 時 間 や 労 力 が 必 要 となる 多 様 なニーズに 対 応 して 満 足 度 を 高 める 困 難 さを 痛 感 した 個 別 ニーズ 把 握 が 目 的 のアンケート 実 施 だったが 実 際 には 日 常 の 会 話 の 中 にこそ 本 当 のニーズ が 顔 を 覗 かせることが 多 い 又 ケア 食 堂 で 楽 しめる 気 軽 なお 茶 会 のようなレクへの 参 加 率 は 高 い が わざわざ 外 出 は とか 何 となく 退 屈 だけど あれをしたい あそこへ 行 きたいという のは 思 いつかない という 方 が 多 いのも 顕 著 な 特 徴 であった 一 泊 旅 行 のような 遠 出 も 視 野 には 入 れているが まずは 身 近 で 日 常 的 な 楽 しみや 満 足 を 充 実 させる 方 向 性 が 合 理 的 と 思 われる 同 時 に 受 身 の 満 足 ではない 自 発 的 な 真 のニーズ( 趣 味 生 きがい 等 )の 開 拓 が 必 要 であろう まとめ 以 上 ケアハウスのアクション 2013 を4つの 課 題 に 即 して 振 り 返 ってきた 年 間 を 通 じた 総 合 的 サポート というビジョンの 性 質 上 総 花 的 な 報 告 とならざるを 得 ないのだが 実 際 にはこの 報 告 書 に 収 めきれない 数 々の 日 常 的 取 り 組 み( 全 てはPDCAに 基 づく)の 集 積 が ケアハウス 健 康 管 理

社会福祉法人 地域サポート 虹

社会福祉法人 地域サポート 虹 (1) 事 業 内 容 平 成 24 年 度 事 業 計 画 書 事 業 所 名 称 : 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 くるみ 社 会 福 祉 法 人 地 域 サポート 虹 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 くるみ (( 介 護 予 防 ) 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 ) 事 業 者 番 号 :1493500134 介 護 保 険 地 域 密 着 型 サービス

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 基 本 方 針 患 者 さんそれぞれのニーズに 対 応 したリハビリテーションの 計 画 を 作 成 し 定 期 的 に 効 果 判 定 や 必 要 に 応 じた 方 針 の 変 更 を 行 い 思 いやり と 優 しさ のある 患 者 さん 中 心 のリハビリテーションを 行 います 各 専 門 職 種 が 常 に 連 絡 を 取 り 合 い チームアプローチを 実 践 し 質 の 高 いリハビリテーションを

More information

平成20年度大仙ふくし会事業報告

平成20年度大仙ふくし会事業報告 6-3その 他 訓 練 等 ( 愛 幸 園 ) 回 実 施 日 訓 練 内 容 1 7 月 3 日 消 防 避 難 訓 練 ( 日 中 想 定 ) 2 10 月 20 日 通 報 訓 練 及 び 避 難 訓 練 ( 夜 間 想 定 ) ( 桜 寿 苑 ) 回 実 施 日 訓 練 内 容 1 6 月 25 日 春 季 避 難 訓 練 ( 日 中 想 定 ) 2 9 月 24 日 合 同 避 難 訓 練

More information

設 広 報 誌 や 法 人 ホームページを 利 用 し 開 示 に 行 う 事 業 所 運 営 状 況 や 事 故 苦 情 情 報 についても 開 示 を 行 っている (5) 特 定 計 画 相 談 支 援 事 業 障 害 者 総 合 支 援 法 の 理 念 に 基 づき 障 害 者 特 定 相

設 広 報 誌 や 法 人 ホームページを 利 用 し 開 示 に 行 う 事 業 所 運 営 状 況 や 事 故 苦 情 情 報 についても 開 示 を 行 っている (5) 特 定 計 画 相 談 支 援 事 業 障 害 者 総 合 支 援 法 の 理 念 に 基 づき 障 害 者 特 定 相 1. 施 設 運 営 支 援 方 針 予 算 計 画 平 成 26 年 度 東 堀 切 くすのき 園 事 業 計 画 書 (1) 施 設 運 営 法 人 理 念 自 分 を 愛 するように あなたの 隣 人 を 愛 せよ の 具 現 化 のため 事 業 運 営 のさらなる 安 定 と 法 人 及 び 事 業 所 が 定 めた 経 営 目 標 に 従 い 利 用 者 支 援 サービスの 質 的 な 向

More information

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全 社 会 福 祉 法 人 千 葉 県 福 祉 援 護 会 応 募 書 類 5-1(1/6) 船 橋 市 西 老 人 デイサービスセンター 事 業 計 画 書 ( 朋 松 苑 デイサービスセンター 除 く) 以 下 の 項 目 について 指 定 期 間 全 体 の 計 画 を 記 載 して 下 さい 記 載 漏 れの 無 いよう 枠 内 の 着 眼 点 を 参 考 に 全 ての 項 目 について 記 載

More information

Microsoft Word - 27年度流山事業所事業計画書.doc

Microsoft Word - 27年度流山事業所事業計画書.doc 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 旭 悠 会 流 山 事 業 所 特 別 養 護 老 人 ホームリバーパレス 流 山 P.1 介 護 部 門 総 合 P.1 医 務 看 護 部 門 P.2 栄 養 管 理 ( 給 食 ) 部 門 P.2 リバーパレス 流 山 デイサービスセンター P.6 指 定 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 リバーパレス 流 山 P.8 リバーパレス

More information

3. 利 用 者 への 支 援 3-1 個 別 支 援 計 画 利 用 者 の 自 立 支 援 を 促 進 するために 個 別 支 援 計 画 の 見 直 し 推 進 強 化 を 図 り 日 常 生 活 の 中 に 可 能 な 限 り 自 己 選 択 できるシステムを 取 り 入 れ その 人 らし

3. 利 用 者 への 支 援 3-1 個 別 支 援 計 画 利 用 者 の 自 立 支 援 を 促 進 するために 個 別 支 援 計 画 の 見 直 し 推 進 強 化 を 図 り 日 常 生 活 の 中 に 可 能 な 限 り 自 己 選 択 できるシステムを 取 り 入 れ その 人 らし 平 成 26 年 度 救 護 施 設 りんくうみなと 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 みなと 寮 1. 目 的 りんくうみなとは 生 活 保 護 法 第 38 条 第 2 項 に 定 められた 救 護 施 設 であり 保 護 の 実 施 機 関 より 依 頼 された 身 体 や 精 神 に 障 がいがあり 経 済 的 な 課 題 も 含 めて 日 常 生 活 を 送 ることが 困 難 な

More information

特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 平 成 26 年 10 月 1 日 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 特 別 養 護 老 人 ホーム/ 短 期 入 所 生 活 介 護 (ショートステイ) 併 設

特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 平 成 26 年 10 月 1 日 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 特 別 養 護 老 人 ホーム/ 短 期 入 所 生 活 介 護 (ショートステイ) 併 設 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 いわき 会 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 短 期 入 所 生 活 介 護 (ショートステイ) 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 平 成 26 年 10 月 1 日 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 特 別 養

More information

1 12 33

1 12 33 1 12 33 1 3 12 317 13 240 16 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 2 報 告 事 例 ( 事 故 報 告 書 より 抜 粋 ) ケガ サービスの 種 類 介 護 老 人 福 祉 施 設 利 用 者 80 歳 要 介 護 5 事

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

重要事項説明書

重要事項説明書 重 要 事 項 説 明 書 社 会 福 祉 法 人 敬 信 福 祉 会 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 あいの 里 竜 間 重 要 事 項 説 明 書 社 会 福 祉 法 人 敬 信 福 祉 会 当 施 設 は 介 護 保 険 の 指 定 を 受 けています 事 業 所 番 号 (2771900319) 当 施 設 はご 契 約 者 に 対 して 指 定 介 護 福 祉 施 設 サービスを

More information

●議案用2016かんなべ事業計画(2016に使用すること).xls

●議案用2016かんなべ事業計画(2016に使用すること).xls 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 について < 運 営 方 針 > 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 は, 地 域 の 芸 術 文 化 の 振 興 と 地 域 社 会 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とし, 指 定 管 理 者 として, 次 の 重

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

資料2-1 前回の提案に関する主な意見・指摘と対応案

資料2-1 前回の提案に関する主な意見・指摘と対応案 前 回 の 提 案 に 関 する 主 な 意 見 指 摘 と 対 応 ( 案 ) 高 齢 者 の 地 域 におけるリハビリテーションの 新 たな 在 り 方 検 討 会 ( 第 4 回 ) 平 成 26 年 11 月 6 日 資 料 2-1 主 な 意 見 指 摘 対 応 の 考 え 方 ( 案 ) (リハビリテーションカンファレンス) 多 職 種 協 働 を 実 現 するための 具 体 的 な 仕

More information

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実 社 会 福 祉 法 人 やまゆり 福 祉 会 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 1. 法 人 経 営 の 原 則 の 遵 守 当 法 人 は 平 成 25 年 度 事 業 を 執 行 するに 際 し 法 人 定 款 第 3 条 に 規 定 する 法 人 経 営 の 原 則 を 遵 守 する 法 人 定 款 ( 経 営 の 原 則 ) 第 3 条 当 法 人 は 社 会 福 祉 事 業 の 主

More information

1 社 会 福 祉 法 人 共 生 会 事 業 計 画 書 平 成 25 年 度 Ⅰ 共 生 会 1. 基 本 理 念 ご 利 用 者 の 皆 様 に 明 るく 楽 しい 毎 日 を 過 ごしていただくために 共 生 会 運 営 の 基 本 理 念 を 次 の 三 項 目 としました 第 一 に ご 利 用 者 が 安 心 して 家 庭 的 な 生 活 が 出 来 るよう 支 援 します 人 間 の 幸

More information

デイサービス 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 事 業 規 模 開 設 場 所 平 成 26 年 10 月 1 日 デイサービス 東 神 田 の 里 通 所 介 護 / 介 護 予 防 通 所 介 護 (デイサービス) 利 用 定 員 10 名

デイサービス 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 事 業 規 模 開 設 場 所 平 成 26 年 10 月 1 日 デイサービス 東 神 田 の 里 通 所 介 護 / 介 護 予 防 通 所 介 護 (デイサービス) 利 用 定 員 10 名 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 いわき 会 デイサービス 東 神 田 の 里 デイサービス 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 事 業 規 模 開 設 場 所 平 成 26 年 10 月 1 日 デイサービス 東 神 田 の 里 通 所 介 護 / 介 護 予 防 通 所 介 護 (デイサービス) 利 用 定 員

More information

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 事 業 計 画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 ( 以 下 慶 福 苑 という )は 利 用 定 100 床 の 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 及 び 利 用 定 4 床 の 短 期 入 所 生 活 介 護 事 業 所 としての 認 可 を 受 け 施 設 運 営 を 行 っています 平 成 27 年 度 国 の 介

More information

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書 第 1 号 様 式 -2 市 民 提 案 型 行 政 提 案 型 協 働 事 業 提 案 書 A 事 業 の 名 称 B 提 案 事 業 の 概 要 キーワード: 介 護 予 防, 家 族 支 援,リハビリテーション, 地 域 包 括 ケア 介 護 予 防 と 家 族 支 援 を 主 体 とした 地 域 リハビリテーション 推 進 事 業 1. 現 状 課 題 (150 文 字 程 度 ) 超 高

More information

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空 第 116 号 平 26 4 20 発 発 保 広 報 委 939-0633 富 県 下 郡 町 浦 2208 TEL076578 1131 http://www.mutsumien.com/ 浦 区 桜 並 木 散 歩 写 真 富 県 央 植 物 外 写 真 右 桜 げ 春 訪 2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩

More information

untitled

untitled 町 座 勤 初 心 優 町 超 初 優 行 座 切 水 昌 昌 昌 玉 作 ド 木 グ 工 芸 打 麺 づ コ 芸 切 貼 わ 筆 文 字 形, 切 紙 貼, 癒 空 演 玉 作, コト 挿, ト 種 作, ば 粉 麺 打 服 飾 オナ 作 品, 作 磯 幸 兵 橘 千 治 兼 洋 井 吉 雄 犬 塚 妙 勤 各 座 座 座 町 座 座 むね 特 別 座 パ 作 同 伴 今 パ 作 長 寿 那 須

More information

様式1

様式1 岩 手 県 エイズ 対 策 推 進 プラン 平 成 26 年 2 月 岩 手 県 目 次 1 推 進 プランの 基 本 的 考 え 方 1 2 HIV 感 染 者 及 びエイズ 患 者 の 現 状 と 本 県 の 課 題 3 3 目 標 及 び 重 点 施 策 15 4 具 体 的 な 取 組 17 5 プランを 推 進 するための 各 実 施 主 体 の 役 割 25 1 推 進 プランの 基 本

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

<8E968BC695F18D908F912E786C73>

<8E968BC695F18D908F912E786C73> 平 成 7 度 施 設 事 業 報 告 概 要. 法 人 () 経 営 主 体 社 会 福 祉 法 人 白 雪 会 () 所 在 地 千 葉 県 千 葉 市 緑 区 高 田 町 4 番 地 6 (3) 代 表 者 理 事 長 鳥 越 浩 (4) 設 立 月 日 昭 和 54 7 月 日 (5) 設 立 の 目 的 軽 費 老 人 ホーム 設 置 の 為 (6) 役 員 役 職 名 氏 名 職 業 等

More information

○かんなべ議案1号事業計画.xls

○かんなべ議案1号事業計画.xls 2015 年 度 ( 平 成 27 年 度 ) 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 事 業 計 画 について < 運 営 方 針 > 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 は, 地 域 の 芸 術 文 化 の 振 興 と 地 域 社 会 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とし, 指 定 管 理 者 として, 次 の 重

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計 本 市 で は 国 の 健 康 増 進 計 画 で あ る 健 康 日 本 21 愛 知 県 の 健 康 日 本 21あ い ち 計 画 を 受 け て 第 1 次 健 康 増 進 計 画 を 策 定 し 平 成 15 年 度 から 平 成 25 年 度 まで また 食 育 推 進 計 画 についても 食 育 基 本 法 に 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 まで それぞれ

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

法 人 概 要 事 業 主 体 名 : 株 式 会 社 フラップ 代 表 者 : 代 表 取 締 役 東 野 篤 史 所 在 地 : 大 阪 市 門 真 市 打 越 町 TEL : ~ 主 な 事 業 ~ 居 宅 介 護 支 援 :フラップケアプランセンター 訪

法 人 概 要 事 業 主 体 名 : 株 式 会 社 フラップ 代 表 者 : 代 表 取 締 役 東 野 篤 史 所 在 地 : 大 阪 市 門 真 市 打 越 町 TEL : ~ 主 な 事 業 ~ 居 宅 介 護 支 援 :フラップケアプランセンター 訪 住 宅 型 有 料 老 人 ホーム Re Yell 沖 町 (リ エールおきまち) 施 設 のご 案 内 法 人 概 要 事 業 主 体 名 : 株 式 会 社 フラップ 代 表 者 : 代 表 取 締 役 東 野 篤 史 所 在 地 : 大 阪 市 門 真 市 打 越 町 26-11 TEL : 072-813-5466 ~ 主 な 事 業 ~ 居 宅 介 護 支 援 :フラップケアプランセンター

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E968BC68C7689E68F91816991E682529269816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E968BC68C7689E68F91816991E682529269816A> 平 成 24 年 度 事 業 計 画 書 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 社 会 福 祉 法 人 神 奈 川 県 匡 済 会 平 成 24 年 度 事 業 計 画 第 1 横 浜 市 ホームレス 自 立 支 援 施 設 はまかぜ 第 2 横 浜 市 ホームレス 巡 回 相 談 指 導 事 業 第 3 横 浜 市 ホームレス 保 健 サービス 支 援 事

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information

<5461726F2D87403234303331328BA697CD88CB978A92CA926D2E6A7464>

<5461726F2D87403234303331328BA697CD88CB978A92CA926D2E6A7464> 柔 道 整 復 師 の 施 術 の 療 養 費 の 適 正 化 への 取 組 について 柔 道 整 復 師 の 施 術 の 療 養 費 ( 以 下 柔 整 療 養 費 という )については 平 成 21 年 11 月 の 行 政 刷 新 会 議 や 会 計 検 査 院 の 平 成 21 年 度 決 算 検 査 報 告 ( 平 成 22 年 11 月 )の 指 摘 ( 別 添 1 参 照 )を 踏 まえ

More information

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい 長 野 県 における 熱 中 症 の 発 生 状 況 熱 中 症 の 発 生 件 数 の 推 移 ( 休 業 4 日 以 上 単 位 : 人 ) 長 野 労 働 局 8 9(1) 5 5 1 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 ( ) 内 は 死 亡 者 で 内 数 熱 中 症 の 業 種 別 年 別 発 生 状 況 ( 休 業 4 日 以 上

More information

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版)

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版) 産 物 部 経 営 ビジョン 横 浜 化 の 丁 番 地 へ < 概 要 版 > 平 成 27 年 5 横 浜 市 中 央 卸 売 市 場 本 場 産 物 部 次 ページ はじめに 2 Ⅰ 基 本 理 念 6 Ⅰ-1. 経 営 理 念 7 Ⅰ-2. 行 動 規 範 8 Ⅰ-3.スローガン 9 Ⅱ 内 外 部 環 境 概 要 10 Ⅱ-1. 外 部 環 境 概 要 11 Ⅱ-2. 内 部 環 境 概

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

平成27年度事業計画書

平成27年度事業計画書 社 会 福 祉 法 人 やず 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 社 会 福 祉 法 人 やずの 理 念 今 を 生 きる すべての 入 所 者 通 所 者 様 一 人 ひとりへ 優 しく 温 かみのある 看 護 介 護 に 真 摯 に 取 り 組 み 地 域 の 皆 様 から 信 頼 され 愛 される 施 設 を 目 指 します 基 本 方 針 社 会 福 祉 法 人 やずは 法 人 の 理

More information

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考 H25.4.1 版 認 証 保 育 所 施 設 基 準 解 説 平 成 22 年 10 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 少 子 社 会 対 策 部 保 育 支 援 課 0/15 本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建

More information

なければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し そ の 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者

なければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し そ の 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 個 人 情 報 保 護 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 1 月 13 日 個 人 情 報 保 護 委 員 会 訓 令 第 21 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 29 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する

More information

かんなべ議案2号事業計画.xls

かんなべ議案2号事業計画.xls 2012 年 度 ( 平 成 24 年 度 ) 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 事 業 計 画 について < 重 点 項 目 > 1 優 れた 舞 台 文 化 活 動 や 地 域 の 歴 史 と 文 化 にふれる 機 会 の 充 実 これまで 培 ってきた 管 理 運 営 の 実 績 と 技 術 知 識 を 最 大 限 活 用 し, 住 民 ニーズをふまえ, 優 れた

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

松 任 図 書 館 業 称 期 日 容 展 示 西 中 日 記 能 / ~ 傘 /1 西 氏 中 日 記 俳 風 港 原 展 示 火 坂 志 氏 交 流 品 物 展 示 図 書 館 職 員 展 / 里 ~ /10 図 書 館 職 員 面 感 動 図 書 館 職 員 選 展 示 生 物 多 様 性 展

松 任 図 書 館 業 称 期 日 容 展 示 西 中 日 記 能 / ~ 傘 /1 西 氏 中 日 記 俳 風 港 原 展 示 火 坂 志 氏 交 流 品 物 展 示 図 書 館 職 員 展 / 里 ~ /10 図 書 館 職 員 面 感 動 図 書 館 職 員 選 展 示 生 物 多 様 性 展 成 度 主 な 事 業 行 事 市 立 図 書 館 同 事 業 業 称 期 日 容 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 書 間 行 特 別 展 示 優 秀 作 品 展 調 学 習 ン 第 回 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 作 品 募 第 回 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 表 彰 式 図 書 館 芥 川 龍 之 介 賞 賞 谷 希 子 特 別 展 傘 ~ 里 10~11 傘 /1 里 /1~

More information

55558 8 款 七 五 方 違 利 義 差 投 票 立 候 届 締 切 立 候 超 無 投 票 最 思 機 関 次 織 投 票 得 八 口 但 五 超 納 必 要 八 属 設 趣 旨 場 種 態 偏 恐 設 へ 割 額 勘 案 割 得 改 程 八 立 候 六 七 五 口 関 知 役 八 満 了

55558 8 款 七 五 方 違 利 義 差 投 票 立 候 届 締 切 立 候 超 無 投 票 最 思 機 関 次 織 投 票 得 八 口 但 五 超 納 必 要 八 属 設 趣 旨 場 種 態 偏 恐 設 へ 割 額 勘 案 割 得 改 程 八 立 候 六 七 五 口 関 知 役 八 満 了 No.484 :, 4 席 田 順 株 式 田 自 動 車 代 表 取 締 役 褒 賞 佐 坂 秀 俊 前 東 旅 客 鉄 道 株 式 信 濃 川 発 電 改 善 前 謝 丸 山 秀 授 与 948-88 潟 駅 番 TE55-5 FAX55-44 E-mail info@tokamachi-cci.or.jp UR http:www.tokamachi-cci.or.jp P P P4 P5 P8

More information

栄養管理手順について

栄養管理手順について 栄 養 管 理 手 順 について 平 成 27 年 6 月 29 日 管 理 栄 養 士 栄 養 管 理 の 意 義 患 者 様 の 病 気 の 治 癒 回 復 を 支 援 し 手 術 などの 合 併 症 の 予 防 に 貢 献 すること 栄 養 ケア マネジメント 平 成 17 年 に 介 護 保 険 制 度 に 導 入 給 食 の 提 供 者 栄 養 療 法 を 担 う 医 療 チームの 一 員

More information

Microsoft Word - H24事業報告

Microsoft Word - H24事業報告 平 成 24 年 度 事 業 報 告 書 社 会 福 祉 法 人 広 島 県 同 胞 援 護 財 団 平 成 24 年 度 の 事 業 計 画 に 基 づき 高 い 公 共 性 と 公 益 性 を 維 持 しつつ 安 全 で 快 適 な 質 の 高 い サービスを 提 供 するとともに 安 定 した 事 業 の 継 続 をお 客 様 と 地 域 社 会 に 約 束 することを 目 標 として 事 業

More information

鈴木隆雄委員資料

鈴木隆雄委員資料 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 58 回 ) 平 成 28 年 5 月 25 日 鈴 木 隆 雄 委 員 提 出 資 料 後 期 高 齢 者 の 保 健 事 業 のあり 方 に 関 する 研 究 (ポイント) 平 成 27 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 特 別 研 究 ( 班 長 : 鈴 木 隆 雄 ( 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 理 事 長 特

More information

Microsoft Word - seitan-group.doc

Microsoft Word - seitan-group.doc 平 成 26 年 度 Ⅰ 研 究 テーマ 生 単 グループ 研 究 のまとめ 五 十 嵐 曜 三 橋 道 順 松 本 成 男 野 本 篤 美 茶 谷 泰 久 河 野 真 貴 五 十 嵐 友 澤 岡 麻 衣 子 満 田 任 昭 北 村 淳 中 島 秀 樹 千 葉 久 幸 山 崎 英 哉 キャリア 教 育 の 視 点 による 教 育 課 程 の 改 善 と 授 業 づくりの 実 践 研 究 今 既 にある

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

第 1 法 人 活 動 について 法 人 内 会 議 や 職 員 主 体 の 委 員 会 について 計 画 する 1 主 な 会 議 (1) 理 事 会 5 月 8 月 12 月 3 月 の 年 4 回 開 催 必 要 時 に 随 時 開 催 (2) 評 議 員 会 5 月 8 月 12 月 3 月

第 1 法 人 活 動 について 法 人 内 会 議 や 職 員 主 体 の 委 員 会 について 計 画 する 1 主 な 会 議 (1) 理 事 会 5 月 8 月 12 月 3 月 の 年 4 回 開 催 必 要 時 に 随 時 開 催 (2) 評 議 員 会 5 月 8 月 12 月 3 月 平 成 28 年 度 事 業 計 画 社 会 福 祉 法 人 佐 伯 さつき 会 では 次 に 掲 げる 理 念 と 目 標 をもとに 各 事 業 を 計 画 する 理 念 と 目 標 1, 自 立 支 援 と 生 活 の 質 の 向 上 をケアの 基 本 とします 2, 知 識 と 技 術 を 習 熟 し 安 全 安 心 良 質 な 介 護 と 福 祉 を 提 供 します 3,いつも 笑 顔 で

More information

6 サービス内容に関する苦情

6 サービス内容に関する苦情 通 所 リハビリテーション 介 護 予 防 通 所 リハビリテーション 平 成 の 家 重 要 事 項 説 明 書 平 成 28 年 6 月 20 日 1 事 業 所 の 概 要 (1) 事 業 所 名 称 および 事 業 所 番 号 と 居 宅 サービス 提 供 地 域 事 業 所 名 平 成 の 家 所 在 地 弘 前 市 大 字 独 狐 字 石 田 121 番 地 1 電 話 番 号 0172-95-3986

More information

1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 )14:00~16:00 3 場 所 滝 沢 市 公 民 館 2 階 視 聴 覚 室 4 委 員 会 長 柳 村 典 秀 滝 沢 市 長 ( 青 少 年 問 題 協

1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 )14:00~16:00 3 場 所 滝 沢 市 公 民 館 2 階 視 聴 覚 室 4 委 員 会 長 柳 村 典 秀 滝 沢 市 長 ( 青 少 年 問 題 協 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 録 目 次 会 議 概 要 2P 会 議 内 容 4P 会 議 録 署 名 人 署 名 9P 滝 沢 市 生 涯 学 習 文 化 課 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 1 1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日

More information

スライド 1

スライド 1 全 国 健 康 保 険 協 会 広 島 支 部 データヘルス 計 画 ~ 安 定 した 経 営 は 従 業 員 の 健 康 づくりから~ 概 要 版 ~ ヘルスケア 通 信 簿 に 基 づく 事 業 所 毎 の 健 康 課 題 の 把 握 と 特 徴 に 合 った 保 健 事 業 の 提 案 ~ ヘルスケア 通 信 簿 は 全 国 健 康 保 険 協 会 の 商 標 登 録 です 平 成 27 年

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信 災 害 時 透 析 業 務 支 援 ボランティア 活 動 マニュアル ver.1.10 2014 年 6 月 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 災 害 対 策 委 員 会 < 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 在 宅 サービス 提 供 者 交 流 会 Copyright 2012 SAKURANOMORI All Rights Reserved. 株 式 会 社 さくらの 杜 代 表 取 締 役 ごあいさつ SAKURA 訪 問 看 護 リハビリステーション 昭 島 株 式 会 社 さくらの 杜 代 表 取 締 役 越 阪 部 修 一 自 己 紹 介 おさかべ しゅういち 越 阪 部 修 一 2000 年

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

第 3 章 歯 科 疾 患 の 予 防 及 び 口 腔 機 能 の 維 持 向 上 のた めの 課 題 全 般 高 齢 者 障 害 者 の 章 立 てが 必 要 ご 意 見 ありがとうございます 今 後 の 課 題 とさせて 頂 きます う 蝕 の 予 防 高 校 生 以 上 の 一 般 成 人 も

第 3 章 歯 科 疾 患 の 予 防 及 び 口 腔 機 能 の 維 持 向 上 のた めの 課 題 全 般 高 齢 者 障 害 者 の 章 立 てが 必 要 ご 意 見 ありがとうございます 今 後 の 課 題 とさせて 頂 きます う 蝕 の 予 防 高 校 生 以 上 の 一 般 成 人 も 県 民 からの 意 見 募 集 和 歌 山 県 歯 と 口 腔 の 健 康 づくり 計 画 ( 案 )に 対 する 意 見 募 集 結 果 及 び について 県 民 募 集 期 間 : 意 見 提 出 件 数 : 12 月 27 日 ~1 月 26 日 意 見 提 出 件 数 65 名 ( 個 人 )149 件 全 般 口 腔 の 健 康 が 全 身 の 健 康 に 関 係 することを 県 民 に

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

Microsoft Word - h26_syokugyou_sagyou.doc

Microsoft Word - h26_syokugyou_sagyou.doc ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 あいち 福 祉 医 療 専 門 平 成 4 年 3 月 9 日 熊 崎 正 実 456-000 校 名 古 屋 市 熱 田 区 金 山 町 一 丁 目 7 番 3 号 ( 電 話 )05-678-80 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

1 企 画 設 計 等 イベントの 趣 旨 目 的 を 踏 まえた 企 画 設 計 業 務 を 行 うこと 実 施 計 画 書 を 作 成 すること 会 場 のレイアウトを 作 成 し 電 子 データ(パワーポイントファイル)で 提 出 す ること なお レイアウトの 詳 細 については 後 楽 園

1 企 画 設 計 等 イベントの 趣 旨 目 的 を 踏 まえた 企 画 設 計 業 務 を 行 うこと 実 施 計 画 書 を 作 成 すること 会 場 のレイアウトを 作 成 し 電 子 データ(パワーポイントファイル)で 提 出 す ること なお レイアウトの 詳 細 については 後 楽 園 平 成 28 年 度 岡 山 後 楽 園 夜 間 特 別 開 園 事 業 等 委 託 業 務 仕 様 書 Ⅰ 目 的 岡 山 後 楽 園 の 四 季 を 通 じた 魅 力 づくりのため 夜 間 特 別 開 園 事 業 ( 幻 想 庭 園 ) 和 のおもてなし 事 業 及 び 旬 彩 市 場 事 業 として 園 内 のライトアップや 各 種 イベント を 実 施 する Ⅱ 概 要 1. 平 成 28

More information

別 表 1 見 舞 金 祝 金 給 付 内 容 病 気 入 院 見 舞 金 対 象 者 が 病 気 により5 日 以 上 継 続 入 院 した 場 合 ( 注 1) ( 注 2) ( 注 5) 事 故 通 院 見 舞 金 対 象 者 がけがにより5 日 以 上 実 通 院 した 場 合 ( 注 1)

別 表 1 見 舞 金 祝 金 給 付 内 容 病 気 入 院 見 舞 金 対 象 者 が 病 気 により5 日 以 上 継 続 入 院 した 場 合 ( 注 1) ( 注 2) ( 注 5) 事 故 通 院 見 舞 金 対 象 者 がけがにより5 日 以 上 実 通 院 した 場 合 ( 注 1) 三 木 商 工 会 議 所 生 命 共 済 制 度 独 自 給 付 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 本 制 度 は 三 木 商 工 会 議 所 ( 以 下 会 議 所 という)が 会 員 事 業 所 及 びその 役 員 従 業 員 の 福 利 厚 生 制 度 を 充 実 させることを 目 的 として 実 施 する 生 命 共 済 の 一 部 をなすものである ( 対 象 者 ) 第 2 条 本

More information

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用 環 境 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 告 示 日 : 平 成 28 年 1 月 6 日 環 境 省 告 示 第 2 号 [ 改 定 ] 平 成 28 年 4 月 1 日 環 境 省 告 示 第 44 号 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成

More information

平 成 え 丘 青 空 取 新 鮮 野 菜 販 売 商 品 次 第 終 了 分 毎 第 開 催 総 セ え 丘 側 議 盆 踊 公 開 練 習 各 地 域 自 治 平 盆 民 催 盆 踊 曲 公 開 練 習 ぜ ひ 越 土 分 分 健 康 ド ム ア リ ナ 持 ち 物 靴 リ ッ パ 容 春 音 頭 師 勝 音 頭 明 ふ 音 頭 郡 上 節 炭 坑 節 馬 盆 唄 河 音 頭 花 火 音 頭 企

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁 平 成 26 年 度 第 1 回 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 平 成 26 年 11 月 保 健 福 祉 局 高 齢 福 祉 部 国 保 年 金 医 療 課 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 摂 食 機 能 障 害 リハビリテーション 部 課 長 補 佐 言 語 聴 覚 士 長 谷 川 和 子 経 管 栄 養 3 食 経 口 摂 取 ( 経 管 離 脱 率 ) 入 院 患 者 数 654 人 699 人 342 人 入 院 時 経 管 44 人 28 人 28 人 72.2 歳 72.4 歳 肺 炎 発 症 率 20.8% 10.7% 人 50 40 40 3030 2020 10 10

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

前回の改正労働基準法案の制定経緯

前回の改正労働基準法案の制定経緯 参 考 資 料 3 規 制 改 革 会 議 雇 用 ワーキング グ ループ 提 出 資 料 ( 平 成 26 年 4 月 25 日 ) 多 様 な 正 社 員 (ジョブ 型 正 社 員 )について 3. 多 様 な 正 社 員 の 普 及 拡 大 平 成 26 年 4 月 22 日 ( 火 ) 第 4 回 経 済 財 政 諮 問 会 議 産 業 競 争 力 会 議 合 同 会 議 田 村 厚 生 労

More information

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人 第 3 章 弟 子 屈 町 の 健 康 づくりの 推 進 第 1 節 健 康 づくりの 目 標 町 民 一 人 ひとりが 主 体 的 に 健 康 づくりに 取 り 組 み 健 康 的 な 生 活 習 慣 について 考 えることができるよう 行 動 指 針 として 食 育 栄 養 食 生 活 をはじめ8つの 生 活 習 慣 について わかりやすい 健 康 づくりの 目 標 を 設 定 しています また

More information

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ 内 閣 官 房 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 11 月 16 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下

More information

施 設 概 要 北 苑 寮 (ほくえんりょう) 所 在 地 北 見 市 東 陵 町 111 番 地 2 ( 大 まで 徒 歩 5 分 ) 概 要 居 室 設 備 寄 宿 料 ( 平 成 26 年 度 ) 募 集 対 象 及 び 数 その 他 鉄 筋 4 階 建 て( 平 成 10 年 度 改 修 )

施 設 概 要 北 苑 寮 (ほくえんりょう) 所 在 地 北 見 市 東 陵 町 111 番 地 2 ( 大 まで 徒 歩 5 分 ) 概 要 居 室 設 備 寄 宿 料 ( 平 成 26 年 度 ) 募 集 対 象 及 び 数 その 他 鉄 筋 4 階 建 て( 平 成 10 年 度 改 修 ) 平 成 28 年 度 北 見 工 業 大 寮 及 び 女 子 寮 寮 募 集 要 項 本 では 生 に 勉 に 適 した 住 環 境 を 提 供 することにより 充 実 した 生 生 活 に 資 することを 目 的 に 寮 北 苑 寮 (ほくえんりょう) と 女 子 寮 北 桜 寮 (ほくおうりょう) の 二 つの 寮 を 設 置 しております 寮 を 希 望 する は 次 により 募 集 しますので

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

Microsoft Word - P7 行事・異動

Microsoft Word - P7 行事・異動 7 21 米 尚 徳 包 括 支 援 行 政 自 治 会 公 館 委 コ デ ィ ネ 推 進 カ ェ 8 区 集 会 米 宅 内 開 始 区 は 営 県 営 宅 独 居 高 齢 世 帯 多 区 身 近 ろ 作 願 度 実 現 初 は 話 手 方 交 流 思 っ 楽 予 防 今 後 め 情 報 収 集 ど 興 味 持 方 々 来 会 話 楽 今 後 は カ ェ 道 運 営 方 拠 根 付 思 サ ポ

More information

3 介 護 の 基 本 ( 6 時 間 ) 1 介 護 職 の 役 割 専 門 性 と 2 時 間 介 護 環 境 の 特 徴 の 理 解 多 職 種 との 連 携 訪 問 介 護 と 施 設 介 護 サービスの 違 い 地 域 包 括 ケアの 方 向 性 介 護 の 専 門 性 重 度 化 防 止

3 介 護 の 基 本 ( 6 時 間 ) 1 介 護 職 の 役 割 専 門 性 と 2 時 間 介 護 環 境 の 特 徴 の 理 解 多 職 種 との 連 携 訪 問 介 護 と 施 設 介 護 サービスの 違 い 地 域 包 括 ケアの 方 向 性 介 護 の 専 門 性 重 度 化 防 止 介 護 職 員 初 任 者 研 修 カリキュラム 事 業 者 名 野 の 花 会 研 修 センター 研 修 事 業 の 名 称 野 の 花 会 研 修 センター 介 護 職 員 初 任 者 研 修 1 職 務 の 理 解 ( 6 時 間 ) 1 多 様 なサービスの 理 解 3 時 間 介 護 保 険 サービス( 居 宅 施 設 ) 介 護 保 険 外 サービス 2 介 護 職 の 仕 事 内 容

More information

手引き 前編

手引き 前編 診 断 書 意 見 書 1 診 断 書 の 作 成 について 身 体 障 害 者 障 害 程 度 等 級 表 においては 肢 体 不 自 由 を 上 肢 下 肢 体 幹 及 び 乳 幼 児 期 以 前 の 非 進 行 性 の 脳 病 変 による 運 動 機 能 障 害 に 区 分 している したがって 肢 体 不 自 由 診 断 書 の 作 成 に 当 たっては これを 念 頭 に 置 き それぞれの

More information

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する規程(案)

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する規程(案) 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 規 程 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 及

More information

(3) 固 定 看 板 電 光 掲 示 装 着 形 式 イラストや 写 真 を 描 いた 大 型 の 看 板 に LED ディスプレイやプラズマディスプレイを 固 着 して 情 報 表 示 します 大 きなイラストや 写 真 により 北 斗 市 の 観 光 名 所 等 のPRをし 電 光 掲 示 で

(3) 固 定 看 板 電 光 掲 示 装 着 形 式 イラストや 写 真 を 描 いた 大 型 の 看 板 に LED ディスプレイやプラズマディスプレイを 固 着 して 情 報 表 示 します 大 きなイラストや 写 真 により 北 斗 市 の 観 光 名 所 等 のPRをし 電 光 掲 示 で 5 路 側 での 観 光 情 報 の 提 供 5.1 路 側 情 報 提 供 装 置 の 例 (1)プラズマ 電 光 掲 示 形 式 強 度 の 高 い 鋼 製 支 柱 に 大 型 のプラズマディスプレイを 設 置 するものです パソコンのディス プレイと 同 様 にフルカラーの 画 像 や 文 字 を 表 示 することが 可 能 です (2)LED 電 光 掲 示 形 式 文 字 情 報 だけを

More information

平成25年度事業計画書(栄区生活支援センター).pdf

平成25年度事業計画書(栄区生活支援センター).pdf 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 横 浜 市 栄 区 生 活 支 援 センター 近 時 生 活 支 援 センターの 業 務 も 大 きく 変 化 し 開 設 当 初 の 施 設 通 所 者 を 対 象 とした 支 援 か ら 精 神 障 害 者 の 方 々が 地 域 で 自 立 して 生 活 できるよう 支 援 するアウトリーチを 主 とする 方 向 へと 移 行 しつつあります センター

More information

研究の計画・方法

研究の計画・方法 外 来 患 者 を 対 象 とした 緩 和 ケアに 関 するニーズ 調 査 報 告 書 大 友 宣 1) 佐 野 かず 江 2) 橋 本 勉 3) 1) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 内 科 医 長 / 湘 南 国 際 村 クリニック 所 長 2) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 ケアセンター 所 長 3) 社 会 福 祉 法

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 石 川 県 知 事 部 局 議 会 事 務 局 及 び 行 政 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の

More information

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc ( 別 添 2) エイジレス ライフ 実 践 事 例 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 推 薦 要 領 平 成 2 7 年 1 月 9 日 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 決 定 1 推 薦 の 対 象 となるエイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践 者 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 (1)エイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践

More information

農林水産省 対応指針 るびなし

農林水産省 対応指針 るびなし 農 林 水 産 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 農 林 水 産 大 臣 森 山 𥙿 第 一 趣 旨 1 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 昭 和

More information

Taro-16年春表紙.jtd

Taro-16年春表紙.jtd 第 97 号 全 国 脊 髄 損 傷 連 神 奈 県 支 平 成 8 4 ペ http://www.max.hi-ho.ne.jp/yawaragi/ メア yawaragi@max.hi-ho.ne.jp 学 び 講 師 全 脊 連 古 谷 理 迎 労 災 補 償 研 修 開 催 S S 〇 九 K 六 増 刊 巻 第 四 六 第 四 種 号 郵 便 八 認 可 五 六 毎 楽 語 研 修 & 忘

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし)

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし) 外 務 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 第 1 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 ( 昭 和 45

More information

る 規 制 の 対 象 となる また 視 覚 に 訴 える 広 告 及 び 宣 伝 のみならず 聴 覚 に 訴 える 広 告 及 び 宣 伝 も 同 条 による 規 制 の 対 象 となる( 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 解 釈 運

る 規 制 の 対 象 となる また 視 覚 に 訴 える 広 告 及 び 宣 伝 のみならず 聴 覚 に 訴 える 広 告 及 び 宣 伝 も 同 条 による 規 制 の 対 象 となる( 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 解 釈 運 原 議 保 存 期 間 1 0 年 ( 平 成 34 年 12 月 31 日 まで) 各 管 区 警 察 局 広 域 調 整 担 当 部 長 警 察 庁 丁 保 発 第 102 号 警 視 庁 生 活 安 全 部 長 殿 平 成 24 年 7 月 13 日 各 道 府 県 警 察 ( 方 面 ) 本 部 長 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長 ぱちんこ 営 業 における 広 告 宣 伝

More information

untitled

untitled 高 収 益 企 業 を 実 現 する 体 質 改 善 と 構 造 改 革 2013 年 11 月 20 日 キヤノン 電 子 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 酒 巻 久 2013 年 11 月 20 日 高 収 益 企 業 を 実 現 する 体 質 改 善 と 構 造 改 革 1. はじめに 2. 低 成 長 下 での 発 展 を 目 指 して 3. 経 営 革 新 とリーダーシップ 4.

More information

2 緑 の 保 全 大 阪 平 野 の 北 端 に 位 置 し 山 間 部 と 平 野 部 にまたがる 本 市 にとって 豊 かな 自 然 は 本 市 の 良 好 な 住 環 境 を 形 成 する 重 要 な 要 素 の 一 つである したがって これまでも 山 間 部 における 国 定 公 園 特

2 緑 の 保 全 大 阪 平 野 の 北 端 に 位 置 し 山 間 部 と 平 野 部 にまたがる 本 市 にとって 豊 かな 自 然 は 本 市 の 良 好 な 住 環 境 を 形 成 する 重 要 な 要 素 の 一 つである したがって これまでも 山 間 部 における 国 定 公 園 特 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 自 然 とふれあう 緑 豊 かな 健 康 まちづくり 地 域 再 生 計 画 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 箕 面 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 箕 面 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 (1) 地 域 の 現 状 と 課 題 1 本 市 の 概 要 箕 面 市 は 大

More information

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり 平 成 22 年 度 総 務 常 任 委 員 会 県 外 行 政 視 察 報 告 書 1 期 日 : 平 成 22 年 5 月 10 日 ( 月 )~5 月 12 日 ( 水 ) 2 視 察 地 : 北 海 道 千 歳 市 5 月 10 日 北 海 道 苫 小 牧 市 5 月 11 日 北 海 道 札 幌 市 5 月 12 日 3 視 察 者 総 務 常 任 委 員 会 委 員 長 平 山 五 郎

More information

「生徒アンケートを中心とした学校改善のための学校評価システムの開発」

「生徒アンケートを中心とした学校改善のための学校評価システムの開発」 1 平 成 22 年 度 学 校 評 価 推 進 協 議 会 生 徒 アンケートを 中 心 とした 学 校 改 善 のための 学 校 評 価 システムの 開 発 大 分 県 立 大 分 舞 鶴 高 等 学 校 大 分 舞 鶴 高 校 について 強 い 絆 舞 鶴 魂 (Maizuru Spirit) 勉 学 と 部 活 動 の 両 立 SSH(スーパーサイエンスハイスクール) 2 今 年 創 立 60

More information

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律

More information