する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を"

Transcription

1 クロアチアの 船 員 教 育 海 技 資 格 制 度 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1410 日 本 海 事 センター 研 究 員 野 村 摂 雄 ポイント 外 航 船 員 の 資 質 には 定 評 あり ほとんどが 海 外 船 社 に 雇 用 されている 外 航 船 員 教 育 は 中 等 教 育 ( 海 事 高 校 ) 及 び 高 等 教 育 ( 海 事 大 学 ) 乗 船 実 習 は 大 学 卒 業 後 に 民 間 商 船 で 行 われている 1.はじめに クロアチア 共 和 国 は バルカン 半 島 の 北 西 部 に 位 置 し アドリア 海 を 挟 んでイタリア に 面 している 同 国 は 1991 年 にユーゴスラビア 連 邦 より 独 立 してから 政 治 行 政 制 度 を 再 構 築 して 民 主 化 を 実 現 し 2013 年 7 月 に EU 加 盟 国 となった 2012 年 の 名 目 GDP は 3,846 億 クーナ( 国 連 統 計 より 7 兆 382 億 円 2014 年 2 月 下 旬 のレート 1 クーナ=18.3 円 )で 一 人 当 たり 名 目 GDP(1.3 万 米 ドル)は 中 東 欧 諸 国 の 中 ではス ロベニア(2.2 万 米 ドル) チェコ(1.8 万 米 ドル) スロバキア(1.7 万 米 ドル)に 次 い で 高 く また その 最 低 賃 金 (372.4 ユーロ 2013 年 EU 統 計 より )は スロベニア (783.7 ユーロ) ポーランド(392.7 ユーロ)に 次 ぐ 高 さである 国 土 の 約 3 割 は 帯 状 にアドリア 海 に 面 し 1,185 に 及 ぶ 島 (マルコポーロの 生 誕 地 と されるコルチュラ 島 もある ) を 有 するなどの 地 理 的 条 件 から 古 来 より 海 運 業 造 船 業 が 発 達 してきた 現 在 の 海 運 業 に 関 してクロアチア 籍 の 商 船 隊 船 腹 量 について 見 ると 264 隻 1,382 千 総 トン(2013 年 1 月 1 日 時 点 100 総 トン 以 上 国 連 貿 易 開 発 会 議 統 計 より )であり 中 東 欧 諸 国 では 最 大 である( 次 に 船 腹 量 が 大 きいのはルーマニア 商 船 隊 で 152 隻 141 千 総 トン) 船 種 は バルクキャリア(629 千 総 トン)とオイルタンカー(591 千 総 ト ン)が 中 心 である クロアチアではトン 数 標 準 税 制 が 本 年 1 月 に 導 入 されたところであ り 外 航 海 運 業 の 発 展 に 向 けて 海 運 関 係 者 の 期 待 が 高 まっている 外 航 海 運 業 界 においてクロアチアは 高 度 に 訓 練 された 船 員 を 供 給 する 国 として 知 ら れ 特 に タンカー 乗 り としてオイルメジャーからも 評 価 が 高 く また 自 負 も 強 い 2008 年 にいわゆる 船 員 税 制 ( 年 に 183 日 以 上 外 航 船 に 従 事 する 船 員 は 所 得 税 が 免 除 さ れる )が 導 入 され 外 航 船 員 志 望 者 を 生 み 出 す 要 因 になっているという クロアチア 当 局 によれば 外 航 に 従 事 するクロアチア 人 船 員 は 職 員 が 約 9,400 名 部 員 が 約 5,100 名 おり その 8 割 強 は 外 国 船 社 に 雇 用 されているという(2013 年 10 月 時 点 ) クロアチアは STCW 条 約 の 下 で EU 加 盟 国 のほか 4 つの 国 地 域 と 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 めを また 日 本 を 含 む 20 の 国 地 域 でクロアチアの 海 技 資 格 を 承 認 1

2 する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 アンティグア&バルブーダ バルバドス ベリーズ バミューダ ブルネイ クウェート 日 本 ノルウェー オランダ 領 アンティル オランダ 領 アルバ ニュージーランド マン 島 リベリア マーシャル 諸 島 パナマ バヌアツ セントビンセント スイス バハマ ドミニカ 2. 学 校 教 育 制 度 ( 図 1 参 照 ) クロアチアでは 6 歳 から 初 等 教 育 が 始 まり 13 歳 までの 8 年 間 ( 第 1 学 年 から 第 8 学 年 )を 小 学 校 で 学 ぶ(この 8 年 間 は 小 学 校 4 年 間 中 学 校 4 年 間 の 一 貫 課 程 とも 紹 介 される ) 初 等 教 育 8 年 間 は 義 務 教 育 である 中 等 教 育 は 14 歳 から 4 年 間 ( 第 9 学 年 から 第 12 学 年 )とされ 大 学 進 学 を 念 頭 に 置 く 一 般 高 等 学 校 (4 年 制 )と 労 働 者 としての 技 能 を 身 につける 職 業 学 校 (1 年 制 ~5 年 制 )とがある 職 業 学 校 のうち 4 年 制 又 は 5 年 制 の 学 校 は 高 等 教 育 への 進 学 に 必 要 な 基 礎 教 育 期 間 (12 年 間 )を 経 て いることから その 修 了 者 は 高 等 教 育 への 進 学 経 路 においては 一 般 中 等 学 校 の 修 了 者 と 同 等 に 扱 われる 2

3 図 1:クロアチアの 学 校 教 育 制 度 概 観 高 等 教 育 は 大 学 を 中 心 に 行 われており 中 等 教 育 を 終 える 時 点 で 全 国 統 一 の 中 等 教 育 修 了 試 験 に 合 格 した 者 が 進 学 する 資 格 を 得 る 中 等 教 育 修 了 試 験 は 2008 年 度 に 導 入 さ れたものであり 今 ではほとんどの 大 学 がこの 試 験 結 果 と 中 等 学 校 での 成 績 とで 入 学 審 査 を 行 っているという クロアチアの 高 等 教 育 機 関 は 122 あり その 内 訳 は 総 合 大 学 10 校 (うち 私 立 3 校 ) 科 学 技 術 大 学 15 校 (うち 私 立 2 校 ) 専 門 単 科 大 学 30 校 (う ち 私 立 27 校 ) 学 部 アカデミー67 校 ( 総 合 大 学 が 設 置 する 法 的 に 独 立 した 高 等 教 育 機 関 私 立 はない )である これら 高 等 教 育 機 関 は 総 合 大 学 とそれ 以 外 とに 分 けることができるが その 主 たる 違 いは 総 合 大 学 は 学 術 的 研 究 を 行 うことが 義 務 づけられている 点 及 び 学 部 アカデ ミーを 設 置 する 権 限 を 与 えられている 点 である 一 般 に 総 合 大 学 の 方 が 他 の 高 等 教 育 機 関 よりも 格 が 高 いと 言 われるが 実 際 に 行 われている 教 育 の 内 容 や 質 に 差 はないとの 見 方 が 同 国 では 定 着 している 3. 船 員 教 育 制 度 船 員 教 育 機 関 船 員 教 育 は 中 等 教 育 では 職 業 学 校 で 高 等 教 育 では 大 学 で 行 われている これらに 対 して 科 学 教 育 スポーツ 省 は 設 置 認 可 運 営 に 対 する 監 督 等 を 海 事 運 輸 インフラ 省 は STCW 条 約 の 規 制 当 局 として 教 育 内 容 の 監 督 及 び 教 育 施 設 等 の 点 検 等 を 行 ってい る 海 事 運 輸 インフラ 省 による 点 検 は 5 年 ごとの 定 期 点 検 に 加 え 随 時 点 検 も 行 われ る 当 局 担 当 者 によれば この 点 検 は 厳 格 であり 基 準 を 満 たさないものについて 閉 鎖 させた 例 もあるという また 科 学 高 等 教 育 品 質 保 証 法 に 基 づいて 科 学 高 等 教 育 庁 は 高 等 教 育 機 関 に 対 して 監 査 を 行 い 教 育 の 質 を 継 続 的 に 改 善 することを 促 している 海 事 運 輸 インフラ 省 は 帆 船 Kraljica Mora( 海 の 女 王 ) ( 全 長 35m 定 員 32 名 ) を 所 有 し( 管 理 は 民 間 企 業 に 委 託 ) 船 員 教 育 機 関 における 実 習 に 供 している 中 等 教 育 機 関 で 外 航 船 員 養 成 過 程 を 有 する 海 事 高 校 は 4 年 制 で 10 校 (うち 私 立 2 校 )ある 海 事 高 校 の 課 程 修 了 者 は 甲 板 部 においては 総 トン 数 500 トン 以 上 の 船 3

4 舶 の 当 直 職 員 資 格 機 関 部 においては 750kW 以 上 の 推 進 出 力 の 主 推 進 機 関 を 備 え た 船 舶 の 当 直 職 員 資 格 の 試 験 を 目 指 すことになるが 受 験 資 格 を 得 るに 必 要 な 訓 練 等 は 海 事 大 学 の 卒 業 生 と 同 一 である( 後 述 ) 海 事 高 校 出 身 者 がさらに 上 位 の 資 格 を 得 る には 学 士 号 を 取 得 するか 又 は 海 事 大 学 卒 業 生 より 長 い 海 上 履 歴 を 満 たすことなどが 求 められる 高 等 教 育 機 関 で 外 航 船 員 養 成 過 程 を 有 する 大 学 は 4 校 ある そのひとつであるスプリ ト 大 学 ( 国 立 大 学 )を 例 にとると 同 大 学 の 海 事 研 究 学 部 は 学 部 課 程 (3 年 制 )とし て 6 学 科 ( 航 海 学 科 舶 用 機 関 学 科 海 事 電 子 情 報 技 術 学 科 ヨット マリーナ 海 事 技 術 学 科 海 事 マネジメント 学 科 海 事 システム 処 理 学 科 )を 設 置 しており 船 舶 職 員 を 養 成 するのは 航 海 学 科 と 舶 用 機 関 学 科 である これら 6 学 科 には 修 士 課 程 (2 年 制 )も あり また 海 事 学 専 攻 の 博 士 課 程 (1 年 ~2 年 制 )もある(リエカ 大 学 海 事 研 究 学 部 ザダール 大 学 海 事 学 部 及 びドゥブロヴニク 大 学 海 事 学 部 と 共 同 運 営 ) 航 海 学 科 の 定 員 は 1 学 年 145 名 であり そのうち 3 年 間 で 修 了 する 者 はおよそ 90 名 舶 用 機 関 学 科 においては 定 員 70 名 で 同 じく 3 年 間 で 修 了 する 者 はおよそ 25 名 とのこ とである これら 修 了 者 のほとんどは 外 航 船 員 となり その 9 割 は 外 国 船 社 しかも 日 本 郵 船 CMA-CGM STASCo 社 (シェルグループ)など 大 手 に 採 用 されているとい う これら 大 手 船 社 は 大 学 と 協 定 を 交 わし 優 秀 な 学 生 に 対 する 奨 学 金 の 付 与 卒 業 後 の 乗 船 実 習 枠 の 提 供 等 を 行 っている 同 大 学 の 教 育 課 程 は すべて IMO のモデルコースを 参 照 しつつ 構 築 され STCW 条 約 が 求 める 教 育 訓 練 内 容 を 網 羅 している 教 育 の 質 の 維 持 向 上 のためには 学 内 委 員 会 が 定 期 的 に 講 師 陣 を 監 督 し 各 講 師 の 実 績 を 審 査 するほか 第 三 者 機 関 (ビューロ ー ベリタス 及 びクロアチア 船 級 協 会 )より 教 育 及 び 研 究 等 に 関 する 品 質 管 理 について 認 証 (ISO9001:2008)を 受 けている 同 大 学 における 乗 船 実 習 は 前 述 の 帆 船 Kraljica Mora 又 は 民 間 フェリーを 用 い て 少 なくとも 5 日 間 行 われる 4. 海 技 資 格 制 度 クロアチアには 当 局 が 発 給 する 海 技 資 格 が 41 種 類 あり そのうち STCW 条 約 に 対 応 する 外 航 船 舶 職 員 の 海 技 資 格 は 12 種 類 ある( 表 2 参 照 ) 海 技 資 格 試 験 は 全 国 5 都 市 で 年 に 2 回 (ザダール シベニック ドゥブロヴニク) 又 は 3 回 (スプリト リエ カ) 行 われる 海 技 試 験 官 は 総 トン 数 3,000 トン 以 上 の 船 舶 の 船 長 資 格 又 は 3,000kW 以 上 の 推 進 出 力 の 主 推 進 機 関 を 備 えた 船 舶 の 機 関 長 資 格 を 有 する 者 が 務 めている 外 航 海 運 の 船 舶 職 員 志 望 者 がスプリト 大 学 などの 船 舶 職 員 養 成 課 程 ( 学 士 課 程 )を 修 了 して 最 初 に 取 得 するのは 甲 板 部 では 総 トン 数 500 トン 以 上 の 船 舶 の 当 直 職 員 資 格 であり 機 関 部 では 750 kw 以 上 の 推 進 出 力 の 主 推 進 機 関 を 備 えた 船 舶 の 当 直 職 4

5 員 資 格 である 表 2:クロアチアの 船 舶 職 員 資 格 一 覧 甲 板 部 機 関 部 無 線 職 員 資 格 名 対 応 す る STCW 規 則 総 トン 数 500 トン 以 上 の 船 舶 の 当 直 職 員 II/1 総 トン 数 3,000 トン 未 満 の 船 舶 の 一 等 航 海 士 総 トン 数 3,000 トン 未 満 の 船 舶 の 船 長 総 トン 数 3,000 トン 以 上 の 船 舶 の 一 等 航 海 士 総 トン 数 3,000 トン 以 上 の 船 舶 の 船 長 750 kw 以 上 の 推 進 出 力 の 主 推 進 機 関 を 備 えた 船 舶 の 当 直 職 員 III/1 3,000kW 未 満 の 推 進 出 力 の 主 推 進 機 関 を 備 えた 船 舶 の 一 等 機 関 士 III/3 3,000kW 未 満 の 推 進 出 力 の 主 推 進 機 関 を 備 えた 船 舶 の 機 関 長 III/3 3,000kW 以 上 の 推 進 出 力 の 主 推 進 機 関 を 備 えた 船 舶 の 一 等 機 関 士 I 3,000kW 以 上 の 推 進 出 力 の 主 推 進 機 関 を 備 えた 船 舶 の 機 関 長 I 2 等 無 線 電 子 職 員 IV/2 1 等 無 線 電 子 職 員 IV/2 (1) 総 トン 数 500 トン 以 上 の 船 舶 の 当 直 職 員 総 トン 数 500 トン 以 上 の 船 舶 の 当 直 職 員 資 格 を 得 るには 海 事 高 校 (4 年 制 ) 又 は 海 事 大 学 (3 年 制 )の 課 程 を 修 了 し 基 本 安 全 訓 練 レーダー 航 法 ( 運 用 水 準 ) 応 急 治 療 等 の 技 能 証 明 を 受 けた 後 補 助 員 ( 実 習 生 )として 少 なくとも 12 ヵ 月 (うち 少 なくとも 6 ヵ 月 は 3,000 総 トン 以 上 の 外 航 船 であることを 要 する )の 乗 船 履 歴 を 積 ん だ 上 で 海 技 試 験 に 合 格 しなければならない 試 験 科 目 は 天 文 航 法 地 文 電 子 航 法 海 上 安 全 海 上 衝 突 予 防 規 則 操 縦 規 則 気 象 学 船 体 復 原 船 体 安 全 海 事 法 及 び 英 語 である 試 験 は 記 述 式 の 筆 記 試 験 及 び 口 頭 試 問 で 構 成 され 5 日 間 にわたる 同 資 格 試 験 の 最 近 5 年 間 の 平 均 合 格 率 は 当 局 によれば 77%である 試 験 不 合 格 者 は その 後 3 ヵ 月 間 は 再 受 験 できない ただし 試 験 科 目 のうち 1~2 科 目 が 不 合 格 で あった 場 合 には 当 該 科 目 のみを 1 ヵ 月 後 以 降 に 再 受 験 することが 可 能 であり 合 格 す れば 全 科 目 合 格 とみなされる (2)750 kw 以 上 の 推 進 出 力 の 主 推 進 機 関 を 備 えた 船 舶 の 当 直 職 員 750 kw 以 上 の 推 進 出 力 の 主 推 進 機 関 を 備 えた 船 舶 の 当 直 職 員 資 格 を 得 るには 総 トン 数 500 トン 以 上 の 船 舶 の 当 直 職 員 資 格 と 同 様 に 海 事 高 校 又 は 海 事 大 学 の 課 程 を 修 了 し 基 本 安 全 訓 練 等 の 技 能 証 明 を 受 け 補 助 員 ( 実 習 生 )として 少 なくとも 12 ヵ 月 (うち 少 なくとも 6 ヵ 月 は 3,000kW 以 上 の 推 進 出 力 の 主 推 進 機 関 を 備 えた 船 舶 であることを 要 する )の 乗 船 履 歴 を 積 んだ 上 で 海 技 試 験 に 合 格 しなければならない 5

6 試 験 科 目 は 主 機 補 機 当 直 電 気 自 動 制 御 保 守 修 繕 船 体 復 原 船 体 安 全 海 事 法 及 び 英 語 である 試 験 は 記 述 式 の 筆 記 試 験 及 び 口 頭 試 問 で 構 成 され 3 日 間 又 は 4 日 間 にわたる 同 資 格 試 験 の 最 近 5 年 間 の 平 均 合 格 率 は 当 局 によれば 70%であり 試 験 不 合 格 者 の 再 受 験 に 関 する 条 件 は 総 トン 数 500 トン 以 上 の 船 舶 の 当 直 職 員 資 格 試 験 と 同 様 である 図 2: 当 直 職 員 資 格 を 取 得 するための 基 本 的 経 路 6

(BIMCO/ISF Manpower 2010 Update 及 び 各 国 当 局 ヒアリングに 基 づき 作 成 ) 邦 船 社 もこれら 3 か 国 の 船 員 を 船 舶 職 員 として 採 用 している 2015 年 2 月 1 日 時 点 で ブルガリア 人 船 員 355 名 クロア

(BIMCO/ISF Manpower 2010 Update 及 び 各 国 当 局 ヒアリングに 基 づき 作 成 ) 邦 船 社 もこれら 3 か 国 の 船 員 を 船 舶 職 員 として 採 用 している 2015 年 2 月 1 日 時 点 で ブルガリア 人 船 員 355 名 クロア ブルガリア クロアチア ルーマニアの 船 員 教 育 海 技 資 格 制 度 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 船 長 第 132 号 201503 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 研 究 員 野 村 摂 雄 1.はじめに ブルガリア クロアチア 及 びルーマニアは バルカン 1 船 員 マーケット の 一 部 として EU/EEA 域 内 ではポーランドとともに 船 員 供 給 国 として

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030325F81798376838C83589770817A914488F58A6D95DB88E790AC8C9F93A289EF8E9197BF5F30333239>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030325F81798376838C83589770817A914488F58A6D95DB88E790AC8C9F93A289EF8E9197BF5F30333239> 船 員 ( 海 技 者 )の 確 保 育 成 に 関 する 検 討 会 報 告 ~ステークホルダー 間 の 真 の 連 携 をめざして~ 平 成 24 年 3 月 27 日 海 事 局 船 員 を 取 り 巻 く 現 状 と 課 題 外 航 日 本 人 船 員 の 現 状 内 航 船 員 の 現 状 安 定 的 な 際 海 上 輸 送 の 確 保 のためには 日 本 船 舶 及 び 日 本 人 船

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有 海 難 事 故 調 査 について 海 上 自 衛 隊 護 衛 艦 あたご 漁 船 清 徳 丸 衝 突 事 故 を 例 に 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1310 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 首 席 研 究 員 池 田 敏 郎 ポイント 小 型 船 を 巻 き 込 んだ 海 難 事 故 調 査 は 必 ずしも 容 易 ではない 海 難 審 判 と 刑 事 裁

More information

Microsoft Word - 131-144李志明.docx

Microsoft Word - 131-144李志明.docx 流 通 科 学 大 学 論 集 流 通 経 営 編 第 26 巻 第 2 号,131-144(2014) 内 航 海 運 事 業 と 新 規 船 員 育 成 に 関 する 日 本 と 韓 国 の 比 較 A Comparison Study on Coastal Shipping Industry and Seafarers Development System in Japan and Korea

More information

ÿþ

ÿþ I O 01 II O III IV 02 II O 03 II O III IV III IV 04 II O III IV III IV 05 II O III IV 06 III O 07 III O 08 III 09 O III O 10 IV O 11 IV O 12 V O 13 V O 14 V O 15 O ( - ) ( - ) 16 本 校 志 望 の 理 由 入 学 後 の

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

44 4 I (1) ( ) (10 15 ) ( 17 ) ( 3 1 ) (2)

44 4 I (1) ( ) (10 15 ) ( 17 ) ( 3 1 ) (2) (1) I 44 II 45 III 47 IV 52 44 4 I (1) ( ) 1945 8 9 (10 15 ) ( 17 ) ( 3 1 ) (2) 45 II 1 (3) 511 ( 451 1 ) ( ) 365 1 2 512 1 2 365 1 2 363 2 ( ) 3 ( ) ( 451 2 ( 314 1 ) ( 339 1 4 ) 337 2 3 ) 363 (4) 46

More information

i ii i iii iv 1 3 3 10 14 17 17 18 22 23 28 29 31 36 37 39 40 43 48 59 70 75 75 77 90 95 102 107 109 110 118 125 128 130 132 134 48 43 43 51 52 61 61 64 62 124 70 58 3 10 17 29 78 82 85 102 95 109 iii

More information

近 代 造 船 技 術 を 学 ぶ 場 となった 長 崎 製 鉄 所 は 三 菱 重 工 長 崎 造 船 所 の 起 源 であり 近 代 日 本 の 造 船 業 の 始 まりとされている 今 日 長 崎 県 内 の 鋼 製 貨 物 船 の 新 造 (20 総... トン 以 上 の 動 力 船 約

近 代 造 船 技 術 を 学 ぶ 場 となった 長 崎 製 鉄 所 は 三 菱 重 工 長 崎 造 船 所 の 起 源 であり 近 代 日 本 の 造 船 業 の 始 まりとされている 今 日 長 崎 県 内 の 鋼 製 貨 物 船 の 新 造 (20 総... トン 以 上 の 動 力 船 約 各 県 別 海 事 産 業 の 経 済 学 - 長 崎 県 - 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1206 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 研 究 員 野 村 摂 雄 1. 地 勢 等 たたな 長 崎 港 の 山 々は 美 しい とくに 外 洋 から 畳 づく 山 々にかこまれた 細 長 い 港 内 を 奥 深 く 入 ってゆくときの 景 観 は まれなうつくしさといっていい

More information

<5461726F2D834A83558374916490C5986195B681698DE096B18FC88267826F>

<5461726F2D834A83558374916490C5986195B681698DE096B18FC88267826F> 訳 文 重 回 避 脱 防 止 和 案 和 重 回 避 脱 防 止 結 希 望 次 協 双 次 a i 個 ii 下 b i ii 民 iii 下 掲 げ 加 え 代 署 名 後 掲 げ 同 実 質 似 両 局 各 重 要 改 正 改 正 後 妥 期 相 互 知 三 文 脈 別 解 釈 べ ほ 和 理 味 和 a 領 域 並 際 協 づ 主 管 轄 区 域 含 む 理 味 べ b 領 域 領 海 含

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

大 東 文 化 大 一 覧 (2015 年 度 入 生 より) 全 ( 年 額 ) 入 金 経 済 部 外 国 語 部 法 部 国 際 関 係 部 経 営 部 環 境 創 造 部 - - - - - - - - - - - - 授 業 料 693,000 693,000 693,000 855,00

大 東 文 化 大 一 覧 (2015 年 度 入 生 より) 全 ( 年 額 ) 入 金 経 済 部 外 国 語 部 法 部 国 際 関 係 部 経 営 部 環 境 創 造 部 - - - - - - - - - - - - 授 業 料 693,000 693,000 693,000 855,00 大 東 文 化 大 一 覧 ( 新 入 生 :2015 年 度 入 生 より) 全 ( 年 額 ) 入 金 経 済 部 外 国 語 部 法 部 国 際 関 係 部 経 営 部 環 境 創 造 部 授 業 料 693,000 693,000 693,000 855,000 683,000 693,000 683,000 693,000 683,000 733,000 835,000 995,000 教

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

国 輸 出 信 用 供 与 国 内 借 入 国 家 予 算 の 3 つから 調 達 される 100 兆 ルピアが 外 国 / 国 内 借 入 か ら 調 達 され 残 りは 国 家 予 算 から 調 達 される 予 定 である TNI の 老 朽 化 した 装 備 を 近 代 化 する ために イン

国 輸 出 信 用 供 与 国 内 借 入 国 家 予 算 の 3 つから 調 達 される 100 兆 ルピアが 外 国 / 国 内 借 入 か ら 調 達 され 残 りは 国 家 予 算 から 調 達 される 予 定 である TNI の 老 朽 化 した 装 備 を 近 代 化 する ために イン インドネシアにおける 軍 需 産 業 の 可 能 性 (Opportunities in Defense Industry in Indonesia) 背 景 過 少 投 資 が 数 十 年 続 いていたが インドネシア 政 府 は 近 年 国 防 強 化 に 関 して 精 力 的 な 努 力 を 見 せている インドネシア 国 軍 (Tentara Nasional Indonesia, TNI)は

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

改・定期試験案内(P1~P3) (2)

改・定期試験案内(P1~P3) (2) 1. 筆 記 試 験 の 日 程 試 験 開 始 期 日 平 成 27 年 10 月 1 日 試 験 申 請 受 付 期 間 平 成 27 年 8 月 27 日 ~ 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 但 し 口 述 のみは9 月 30 日 まで) 月 日 ( 曜 日 ) 試 験 種 別 10 月 13 日 ( 火 ) 10 月 14 日 ( 水 ) 10 月 15 日 ( 木 ) 10 月 19

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

JSA2001/ごあいさつ

JSA2001/ごあいさつ 2007 年 12 月 20 日 海 事 記 者 会 各 位 社 団 法 人 日 本 船 主 協 会 2007 年 海 運 界 10 大 ニュースについて 当 協 会 は 本 年 の 海 運 界 10 大 ニュースを 別 紙 のとおり 選 定 いたしましたので お 知 らせいたします 以 上 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 ( 社 ) 日 本 船 主 協 会 総 務 部 (TEL:03-3264-7181

More information

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 自 衛 隊 法 施 行 令 ( 昭 和 29 年 政 令 第 179 号 ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 36 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 48 号 )の 全 部 を 次 のように 改 正 する 昭 和 40 年 3 月 20 日 防 衛 庁 長 官 小 泉 純 也 航 空 隊 及

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

一 方 平 成 18 年 に 行 われた 海 難 審 判 庁 の 裁 決 は 合 計 で 740 件 であったが 裁 決 の 対 象 となった 船 舶 は 1,061 隻 で そのうち 原 因 なし とされた 船 舶 92 隻 を 除 いた 969 隻 の 原 因 総 数 は 1,264 原 因 で

一 方 平 成 18 年 に 行 われた 海 難 審 判 庁 の 裁 決 は 合 計 で 740 件 であったが 裁 決 の 対 象 となった 船 舶 は 1,061 隻 で そのうち 原 因 なし とされた 船 舶 92 隻 を 除 いた 969 隻 の 原 因 総 数 は 1,264 原 因 で 197 東 京 海 上 日 動 リスクコンサルティング( 株 ) 経 営 リスクグループ セイフティコンサルタント 木 村 啓 はじめに 船 舶 の 衝 突 事 故 からの 教 訓 2008 年 2 月 19 日 に 起 きたイージス 艦 あたご と 漁 船 清 徳 丸 の 衝 突 事 故 は 自 衛 艦 の 事 故 とい うだけでなく 運 行 管 理 のずさんさという 点 からも 国 民 から 厳

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保 1/11 第 19 回 社 会 福 祉 士 第 9 回 精 神 保 健 福 祉 士 共 通 科 目 国 家 試 験 問 題 解 説 ( ) =2 社 会 保 障 論 = ( 問 題 11~ 問 題 20) (2007 年 5 月 3 日 ホームページ 掲 載 ) 社 会 保 障 論 問 題 11 社 会 保 障 の 歴 史 に 関 する 次 の 記 述 のうち, 誤 っているものを 一 つ 選 びなさい

More information

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉 堺 泉 北 港 港 湾 計 画 一 部 変 更 ( 前 回 改 訂 : 平 成 18 年 2 月 目 標 年 次 : 平 成 20 年 代 後 半 ) 港 湾 管 理 者 : 大 阪 府 平 成 27 年 3 月 10 日 交 通 政 策 審 議 会 第 59 回 港 湾 分 科 会 資 料 5 堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

Taro11-20060810110343.jtd

Taro11-20060810110343.jtd 平 成 18 年 ( 行 ケ) 第 10105 号 審 決 取 消 請 求 事 件 平 成 18 年 8 月 9 日 判 決 言 渡, 平 成 18 年 6 月 19 日 口 頭 弁 論 終 結 判 決 原 告 トップツアー 株 式 会 社 ( 旧 商 号 東 急 観 光 株 式 会 社 ) 訴 訟 代 理 人 弁 理 士 員 見 正 文 被 告 Y 訴 訟 代 理 人 弁 理 士 中 島 淳, 加

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

86 7 I ( 13 ) II ( )

86 7 I ( 13 ) II ( ) 10 I 86 II 86 III 89 IV 92 V 2001 93 VI 95 86 7 I 2001 6 12 10 2001 ( 13 ) 10 66 2000 2001 4 100 1 3000 II 1988 1990 1991 ( ) 500 1994 2 87 1 1994 2 1000 1000 1000 2 1994 12 21 1000 700 5 800 ( 97 ) 1000

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082578F948A4F8D9182CC8EA991528DD08A5195DB8CAF82C98AD682B782E98CA48B86205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082578F948A4F8D9182CC8EA991528DD08A5195DB8CAF82C98AD682B782E98CA48B86205B8CDD8AB78382815B83685D> 諸 外 国 の 自 然 災 害 保 険 に 関 する 研 究 ~ドイツ スイスの 事 例 を 中 心 に 国 土 交 通 政 策 研 究 所 ( 発 表 者 ) 研 究 官 佐 藤 淳 一 朗 研 究 官 馬 場 美 智 子 1. 背 景 我 が 国 の 今 後 の 課 題 長 期 的 な 人 口 減 少 インフラへの 投 資 力 の 低 下 地 球 温 暖 化 土 地 利 用 に 関 する 開 発

More information

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80>

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80> 平 成 21 年 度 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 社 会 人 特 別 選 抜 学 生 募 集 要 項 ( 第 3 次 ) 平 成 21 年 2 月 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 社 会 人 の 受 け 入 れについて 急 速 な 技 術 革 新 や 社 会 経 済 の 進 展 等 により 様 々な 分 野 で 活 躍 している 社 会 人 の 間

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

リア 海 で 畜 養 し, 脂 がのった12 月 に 何 千 トンも 収 獲 して 日 本 に 輸 出 する 筆 者 は, 収 獲 の 際 に 日 本 から 来 る 漁 船 団 の 皆 さんとお 目 にかかれるのを 楽 しみにしている 残 る 旧 共 産 主 義 体 制 と 戦 争 の 影 響 ~

リア 海 で 畜 養 し, 脂 がのった12 月 に 何 千 トンも 収 獲 して 日 本 に 輸 出 する 筆 者 は, 収 獲 の 際 に 日 本 から 来 る 漁 船 団 の 皆 さんとお 目 にかかれるのを 楽 しみにしている 残 る 旧 共 産 主 義 体 制 と 戦 争 の 影 響 ~ クロアチア 経 済 と 日 本 のビジネス 展 開 の 展 望 駐 クロアチア 日 本 国 特 命 全 権 大 使 井 出 敬 二 ( 本 稿 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 在 外 企 業 協 会 ( 日 外 協 )の 機 関 誌 月 刊 グローバル 経 営 の 2014 年 10 月 号 に 掲 載 されたものの 概 要 である 同 誌 編 集 部 のご 了 解 を 得 て,ここに 転 載

More information

目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14 < 申 請 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > p14

目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14 < 申 請 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > p14 2011 年 度 定 住 外 国 人 の 子 どもの 就 学 支 援 事 業 新 規 公 募 / 継 続 審 査 申 請 のガイドライン 2010 年 12 月 目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14

More information

2005 年 5 月 棚 橋 泰 文 科 学 技 術 担 当 大 臣 2005 年 7 月 福 島 啓 史 郎 外 務 大 臣 政 務 官 2006 年 5 月 河 合 隼 雄 文 化 庁 長 官 2007 年 7 月 松 島 みどり 外 務 大 臣 政 務 官 ( クロアチア サミット 会 合 出

2005 年 5 月 棚 橋 泰 文 科 学 技 術 担 当 大 臣 2005 年 7 月 福 島 啓 史 郎 外 務 大 臣 政 務 官 2006 年 5 月 河 合 隼 雄 文 化 庁 長 官 2007 年 7 月 松 島 みどり 外 務 大 臣 政 務 官 ( クロアチア サミット 会 合 出 我 が 国 とクロアチアとの 関 係 2014 年 7 月 在 クロアチア 日 本 国 大 使 館 概 観 1 外 交 関 係 樹 立 (1993 年 3 月 ) 以 来, 我 が 国 とクロアチアは 良 好 な 二 国 間 関 係 (ユーゴスラビア 時 代 にも, 天 皇 皇 后 両 陛 下 が 皇 太 子 時 代 にドゥブロブニ クを 御 訪 問 される 等 の 友 好 親 善 関 係 があった

More information

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~ 東 欧 の 金 融 経 済 ~EU ユーロ 動 向 の 最 前 線 ~ 7 月 1 日 にEUに 加 盟 したクロアチアの 聖 マルコ 寺 院 ( 筆 者 撮 影 ) H25.7.20 拓 殖 大 学 政 経 学 部 高 橋 智 彦 東 欧 とは 一 般 に 日 本 では 冷 戦 時 の 欧 州 の 社 会 主 義 圏 のイメー ジ 国 連 定 義 ではこのイメージに 近 くポーランド チェコ スロバキア

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

i

i 14 i ii iii iv v vi 14 13 86 13 12 28 14 16 14 15 31 (1) 13 12 28 20 (2) (3) 2 (4) (5) 14 14 50 48 3 11 11 22 14 15 10 14 20 21 20 (1) 14 (2) 14 4 (3) (4) (5) 12 12 (6) 14 15 5 6 7 8 9 10 7

More information

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2...2...3...4...4...4...5...6...7...8...

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2...2...3...4...4...4...5...6...7...8... 取 扱 説 明 書 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2...2...3...4...4...4...5...6...7...8...9...11 - - - - - - - - - - - - - - - - -

More information

その 代 理 人 は 日 本 国 内 に 事 務 所 を 有 する 者 とする なお 代 理 人 が 証 明 書 の 発 行 を 申 請 する 場 合 は 輸 出 しようとする 者 が 作 成 し た 別 記 様 式 1((2)イ(ア)の 輸 出 証 明 書 発 行 システムにより 申 請 する 場

その 代 理 人 は 日 本 国 内 に 事 務 所 を 有 する 者 とする なお 代 理 人 が 証 明 書 の 発 行 を 申 請 する 場 合 は 輸 出 しようとする 者 が 作 成 し た 別 記 様 式 1((2)イ(ア)の 輸 出 証 明 書 発 行 システムにより 申 請 する 場 輸 出 される 食 品 等 に 関 する 証 明 書 の 発 行 事 務 処 理 要 領 制 定 平 成 27 年 1 月 30 日 付 け26 食 産 第 3838 号 一 部 改 正 平 成 27 年 2 月 25 日 付 け26 食 産 第 4161 号 一 部 改 正 平 成 27 年 5 月 1 日 付 け27 食 産 第 626 号 一 部 改 正 平 成 27 年 9 月 28 日 付

More information

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として 上 海 市 概 況 1. 一 般 概 況 (1) 概 要 ( 人 口 面 積 主 要 産 業 ) 市 名 上 海 市 面 積 6,340.5km2( 群 馬 県 (6,363.2km2)とほぼ 同 じ 東 京 都 は 2,102.4km2 ) 人 口 常 住 人 口 2415.27 万 人 出 生 率 *1 7.25 *4( 戸 籍 人 口 ) 戸 籍 人 口 1433.62 万 人 死 亡 率 *2

More information

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター 2016 年 6 月 30 日 経 済 レポート EU 離 脱 で 危 機 に 瀕 するロンドン 国 際 金 融 センター ~7 万 人 の 雇 用 が 英 国 から 移 転 し バーゼル 規 制 の 行 方 にも 影 響 か~ 調 査 部 主 席 研 究 員 廉 了 英 国 (ロンドン)は 米 国 (ニューヨーク)と 並 び 金 融 取 引 を 多 く 抱 える 国 際 金 融 センターとして 圧

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

別紙2

別紙2 運 輸 事 情 調 査 中 国 東 北 地 方 ( 遼 寧 省 吉 林 省 黒 龍 江 省 ) ( 出 展 : 中 国 統 計 年 鑑 29 遼 寧 統 計 年 鑑 29 吉 林 統 計 年 鑑 29 黒 龍 江 統 計 年 鑑 29) 基 本 情 報 図 1. 中 国 東 北 三 省 地 図 図 2. 中 国 東 北 地 方 と 日 本 の 位 置 関 係 表 1. 東 北 三 省 の 基 本 情

More information

表1票4.qx4

表1票4.qx4 iii iv v 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 22 23 10 11 24 25 26 27 10 56 28 11 29 30 12 13 14 15 16 17 18 19 2010 2111 22 23 2412 2513 14 31 17 32 18 33 19 34 20 35 21 36 24 37 25 38 2614

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

スポーツ庁の設置形態に関する研究

スポーツ庁の設置形態に関する研究 5-4 文 部 科 学 省 外 局 型 ( 観 光 庁 型 ) 5-4-1 権 限 ( 政 策 および 法 律 ) (1) 観 光 庁 のケース 前 節 までは 省 庁 横 断 型 スポーツ 庁 と 他 組 織 融 合 型 スポーツ 庁 ( 文 化 観 光 スポーツ 庁 )を 検 討 したが これらはいずれもその 形 態 から 内 閣 府 に 設 置 することを 想 定 して いた これらのパターンは

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存 Chinese Capital Markets Research 中 国 の 社 会 保 険 法 ( 草 案 )の 公 表 と 公 的 年 金 制 度 改 革 関 根 栄 一 1. 中 国 の 社 会 保 険 は 基 本 養 老 保 険 ( 日 本 の 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 に 相 当 ) 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 出 産 保 険 の 五 つから 構 成 されているが

More information

パブコメ募集に向けた作業の進め方(案)’04

パブコメ募集に向けた作業の進め方(案)’04 船 舶 に 係 る 排 出 量 参 考 14 船 舶 に 係 る 排 出 量 については 貨 物 船 旅 客 船 等 漁 船 プレジャーボート の 3 つに 区 分 して 推 計 を 行 う < 推 計 の 対 象 範 囲 > 推 計 対 象 範 囲 は 領 海 内 を 一 応 の 目 安 と 考 える( 図 1 参 照 ) ただし 海 外 との 往 来 に 使 われる 外 航 船 舶 は 国 内

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

第1部 一般的コメント

第1部 一般的コメント (( 2000 11 24 2003 12 31 3122 94 2332 508 26 a () () i ii iii iv (i) (ii) (i) (ii) (iii) (iv) (a) (b)(c)(d) a) / (i) (ii) (iii) (iv) 1996 7 1996 12

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 23 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 10 月 29 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 商 船 三 井 上 場 取 引 所 東 大 名 福 コード 番 号 9104 URL http://www.mol.co.jp/ir-j/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 ( 氏 名 )

More information

ウェールズ大学経営大学院 募集要項

ウェールズ大学経営大学院 募集要項 MBA programme at HABS (BTEC Level 7 + top-up) 東 京 校 学 生 募 集 要 項 1. 入 学 資 格 下 記 の(1)(2)のいずれかを 満 たし 所 定 の 入 学 審 査 に 合 格 した 者 (1) 6 年 以 上 の 実 務 経 験 および2 年 以 上 の 管 理 職 相 当 の 経 験 を 有 すること (2) 学 士 号 以 上 の 学

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 実 施 条 例 第 1 章 総 則 第 1 条 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 ( 以 下 企 業 所 得 税 法 と 略 称 )の 規 定 に 基 づ き 本 条 例 を 制 定 する 第 2 条 企 業 所 得 税 法 第 1 条 にいう 個 人 独 資 企 業 パートナーシップ 企 業 とは 中 国 の 法 律 行 政 法

More information

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労 公 務 員 の 種 類 と 数 公 務 員 は 国 家 公 務 員 が 約 64 万 人 地 方 公 務 員 が 約 286 万 人 大 臣 副 大 臣 大 臣 政 務 官 大 使 公 使 等 ( 約 500 人 ) 給 与 決 定 の 方 法 特 別 職 ( 約 300,000 人 ) 裁 判 官 裁 判 所 職 員 ( 約 26,000 人 ) 人 事 院 勧 告 に 準 じて 措 置 国 会

More information

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま 授 業 料 免 除 制 度 の 改 定 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありますが その 審 査 基 準 等 を 改 定 しますので お 知 らせします 平 成 25

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

第1章 国民年金における無年金

第1章 国民年金における無年金 1 2 3 4 ILO ILO 5 i ii 6 7 8 9 10 ( ) 3 2 ( ) 3 2 2 2 11 20 60 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 13 14 15 16 17 14 15 8 16 2003 1 17 18 iii 19 iv 20 21 22 23 24 25 ,,, 26 27 28 29 30 (1) (2) (3) 31 1 20

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

特定個人情報保護評価書(全項目評価書)

特定個人情報保護評価書(全項目評価書) 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 3 評 価 書 名 職 業 安 定 行 政 業 務 に 関 する 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 職 業 安 定 行 政 業 務 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 については 全 国 の 都 道 府 県 労 働

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx 本 事 業 は 日 本 財 団 の 支 援 を 得 て 実 施 されています 中 国 海 事 通 信 CHINA MARITIME NEWS ( 第 242 号 : 平 成 25 年 12 月 ( 香 港 事 務 所 作 成 )) < 造 船 舶 用 工 業 > 第 17 回 中 国 国 際 海 事 展 高 級 海 事 フォーラム-----------------------------P1 交 通

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796 -5833 FAX.03-5796 -5848 http://jtb 2013 年 第 109 号 (2013.12. 4) 年 末 年 始 (2013 年 12 月 23 日 ~2014 年 1 月 3 日 )の 旅 行 動 向 国 内 旅 行 海 外 旅 行 共 に 過 去 最 高 国

More information

補 助 金 等 見 直 し 結 果 2 23 全 国 中 山 間 地 域 振 興 対 策 協 議 会 負 担 金 6 1 3 負 担 金 10,000 農 業 課 支 出 の 必 要 性 について 検 討 を 要 する 24 岩 手 県 緑 化 推 進 委 員 会 会 費 6 2 1 会 費 36,

補 助 金 等 見 直 し 結 果 2 23 全 国 中 山 間 地 域 振 興 対 策 協 議 会 負 担 金 6 1 3 負 担 金 10,000 農 業 課 支 出 の 必 要 性 について 検 討 を 要 する 24 岩 手 県 緑 化 推 進 委 員 会 会 費 6 2 1 会 費 36, 補 助 金 等 見 直 し 結 果 1 1 沿 岸 都 市 議 会 連 絡 会 議 負 担 金 1 1 1 負 担 金 20,000 議 会 事 務 局 2 岩 手 県 市 議 会 議 長 会 負 担 金 1 1 1 負 担 金 201,800 議 会 事 務 局 3 広 域 行 政 圏 市 議 会 連 絡 会 議 負 担 金 1 1 1 負 担 金 15,000 議 会 事 務 局 支 出 の 必

More information

Microsoft Word - 奨学金相談Q&A.rtf

Microsoft Word - 奨学金相談Q&A.rtf 奨 学 金 相 談 Q&A 1 奨 学 金 制 度 の 何 が 問 題 か 1 金 融 事 業 に 変 質 した 奨 学 金 制 度 日 本 育 英 会 が2004 年 に 廃 止 されて 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 に 移 行 してから 金 融 事 業 として 位 置 づけられ 返 還 金 の 回 収 強 化 が 進 められてきました 2010 年 4 月 から 返 済

More information