Microsoft PowerPoint 水産庁講演資料.pptx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - 210407 水産庁講演資料.pptx"

Transcription

1 かつお まぐろ 類 に 関 する 国 際 情 勢 について ( 国 際 資 源 管 理 の 動 向 ) 目 次 1. 主 要 なかつお まぐろの 種 類 2. 漁 業 の 種 類 3. 世 界 のかつお まぐろ 類 の 漁 獲 量 の 推 移 4. 海 域 別 国 別 魚 種 別 かつお まぐろ 類 の 漁 獲 量 5. 我 が 国 のかつお まぐろ 類 供 給 量 と 価 格 6. 国 連 海 洋 法 条 約 7. かつお まぐろ 類 の 地 域 漁 業 管 理 機 関 8. 主 要 なかつお まぐろ 類 の 資 源 状 況 9. 地 域 漁 業 管 理 機 関 における 資 源 管 理 の 取 組 平 成 21 年 4 月 平 成 21 年 4 月 水 産 庁

2 1. 主 要 なかつお まぐろの 種 類 クロマグロ クロマグロ(Bluefin Tuna): 地 中 海 を 含 む 大 西 洋 太 平 洋 の 主 として 北 半 球 に 分 布 本 マグロとも 呼 ばれ マグロ 類 の 中 でも 最 高 級 品 とされる イン ド 洋 には 分 布 しない 主 に 刺 身 に 利 用 ビンナガ カツオ キハダ ミナミマグロ メバチ m ミナミマグロ(Southern Bluefin Tuna): 南 半 球 の 高 緯 度 海 域 を 中 心 に 分 布 インドマグロとも 呼 ば れ クロマグロに 次 ぐ 高 級 品 とされる 主 に 刺 身 に 利 用 メバチ(Bigeye Tuna): 世 界 中 の 温 帯 から 熱 帯 の 海 域 に 分 布 目 玉 が 大 きくぱっち りしていることから 目 鉢 マグロと 呼 ばれる 主 に 刺 身 に 利 用 キハダ(Yellowfin Tuna): メバチとほぼ 同 じ 海 域 に 分 布 体 色 が 黄 色 味 がかっている ことから 黄 肌 マグロと 呼 ばれる 刺 身 及 び 缶 詰 に 利 用 ビンナガ(Albacore Tuna): 世 界 中 の 海 に 広 く 分 布 する 小 型 のマグロ 長 い 刀 状 の 胸 びれが 特 徴 で 油 漬 けの 缶 詰 の 原 料 になる 最 近 は 刺 身 にも 利 用 される ビンチョウ トンボとも 呼 ばれる カツオ(Skipjack): 世 界 中 の 海 に 広 く 分 布 し 特 に 南 方 水 域 では 一 年 中 獲 ら れる 腹 側 に 濃 青 色 のしまが 入 っているのが 特 徴 かつお は 用 途 が 広 く 刺 身 タタキ 節 缶 詰 等 に 利 用 される 資 料 : 日 本 かつお まぐろ 漁 業 協 同 組 合 1

3 2. 漁 業 の 種 類 図 : 社 団 法 人 大 日 本 水 産 会 図 は 一 本 釣 り はえ 縄 主 にクロマグロ ミナミマグロ メ グ バチ キハダ ビンナガを 対 象 日 本 韓 国 台 湾 中 国 イント ネシア 等 ( 刺 身 用 ) 竿 釣 り 主 にカツオ ビンナガを 対 象 日 本 [ 一 本 釣 り]( 刺 身 用 ) ガーナ 等 ( 缶 詰 用 ) まき 網 主 にカツオ キハダを 対 象 日 本 ( 鰹 節 缶 詰 用 ) スペイン メキシコ 米 国 等 ( 缶 詰 用 ) スペイン フランス 等 ( 蓄 養 クロマグロ 用 ) 許 可 隻 数 (H 現 在 ) 遠 洋 まぐろはえ 縄 漁 業 407 隻 近 海 まぐろはえ 縄 漁 業 349 隻 許 可 隻 数 (H 現 在 ) 遠 洋 かつお 釣 り 漁 業 44 隻 近 海 かつお 釣 り 漁 業 60 隻 許 可 隻 数 (H 現 在 ) 海 外 まき 網 漁 業 35 隻 2

4 3. 世 界 のかつお まぐろ 類 の 漁 獲 量 の 推 移 5,000 ( 千 トン) 約 4,351( 千 トン)(2006 年 ) 4,500 合 計 4,000 マグロ 類 3,500 3,000 2,500 2,000 1,500 1, カツオ 約 1,751( 千 トン)(1976 年 ) 約 倍 資 料 :FAO 統 計 及 びWCPFC 資 料

5 4-1. 海 域 別 かつお まぐろ 類 の 漁 獲 量 (2006 年 ) 2006 年 海 域 別 漁 獲 量 合 計 ビンナガ メバチ キハダ 大 西 洋 クロマグロ 太 平 洋 クロマグロ ( 単 位 : 万 トン) ミナミマグロ カツオ 大 西 洋 ( 地 中 海 を 除 く) 地 中 海 インド 洋 東 太 平 洋 西 太 平 洋 合 計 年 海 域 別 漁 獲 量 総 計 万 トン カツオ ミナミマグロ 太 平 洋 クロマグロ 大 西 洋 クロマグロ キハダ 0.0 大 西 洋 ( 地 中 海 を 除 く) 地 中 海 インド 洋 東 太 平 洋 西 太 平 洋 メバチ ビンナガ 4 資 料 :FAO 統 計 及 びWCPFC 資 料

6 4-2 国別 魚種別かつお まぐろ類の漁獲量 2006年 2006年国別漁獲量 2006年魚種別漁獲量 ビンナガ, 23.5 単位 万トン 単位 万トン 日本, 49.4 メバチ, 41.3 その他, 87.6 台湾, 37.3 米国, 9.1 総計 中国, パナマ, 10.7 万トン 総計 インドネシ ア, カツオ, 万トン キハダ, スペイン スペイン, 31.3 フランス, 14.2 イラン, 14.3 フィリピ ン, 31.3 モルジブ, 16.1 メキシコ, 16.3 エクアドル, 20.3 大西洋クロマグ ロ, 3.3 韓国, 29 太平洋クロマグ ロ, 2.4 ミナミマグロ, 1.3 パプアニュー ギニア, 21.1 資料 FAO統計及びWCPFC資料 5

7 4-3 国別 魚種別まぐろ類の漁獲量 2006年 2006年国別漁獲量 2006年魚種別漁獲量 太平洋クロマグロ, 2.4 単位 万トン 大西洋クロマグロ, 3.3 単位 万トン ミナミマグロ, 1.3 日本 21 8 日本, 21.8 ビンナガ, 23.5 その他, 41.7 台湾, 17.9 米国, 3.6 総計 セーシェル, イラン, 4.1 万トン 総計 メキシコ, 万トン フィリピン 14 9 フィリピン, 14.9 パナマ, 5.0 メバチ, 41.3 キハダ, 中国, 5.0 パプアニューギニア, 5.2 エクアドル, 6.1 フラン ス, 8.7 スペイ ン, 14.4 韓国, 8.3 インドネシア, 11.6 資料 FAO統計及びWCPFC資料 6

8 5-1 我が国の主要なかつお まぐろ類供給量 類 2006年国別供給量 推計 セーシェル, 年魚種別供給量 推計 クロアチア, 0.5 単位 万トン 単位 万トン バヌアツ, 0.8 オーストラリア, 1.0 ビンナ ガ, 5.7 その他, 6.1 その他, 6.1 マーシャル, 2.1 インドネシア, 2.1 フィリピン, 2.9 中国, 2.6 韓国, 3.4 台湾, 8.6 キハダ 18 3 キハダ, 18.3 輸入量合計 30 7 総計85.1 万トン カツオ, 37.9 我が国 生産量 合計 54.4 総計85.1 万トン メバチ, 17.3 ミナミマグロ, 1.5 クロマグロ, 4.4 資料 漁業 養殖業生産統計 財務省貿易 統計に基づく推計 資料 漁業 養殖業生産統計 財務省貿易 統計に基づく推計 7

9 5-2 我が国の主要なまぐろ類供給量 類 2006年国別供給量 推計 2006年魚種別供給量 推計 ミナミマグロ, 1.5 単位 万トン クロアチア, 0.5 ク アチア, 0.5 セーシェル, 0.6 その他, 5.7 クロマグ ロ, 4.4 バヌアツ, 0.8 ビンナガ, 5.7 オーストラリア, 1.0 インドネシア, 1.3 フィリピン, 1.7 中国, 2.6 総計47.3 万トン 我が国 生産量 21.6 総計47.3 万トン メバチ, 17.3 韓国, 3.4 キハダ, 18.3 輸入量合計 25.7 台湾, 8.1 資料 漁業 養殖業生産統計 財務省貿易 統計に基づく推計 8 資料 漁業 養殖業生産統計 財務省貿易 統計に基づく推計

10 5 3. 海 外 におけるまぐろ 養 殖 ( 蓄 養 )の 輸 入 量 の 推 移 蓄 養 マグロ 輸 入 量 の 推 移 ( 製 品 重 量 : 千 トン) 地 中 海 クロマグロ 太 平 洋 クロマグロ ミナミマグロ 輸 入 量 ( 千 ト ン ) 年 1999 年 2000 年 2001 年 2002 年 2003 年 2004 年 2005 年 2006 年 2007 年 蓄 養 マグロ 輸 入 量 の 推 移 ( 国 別 製 品 重 量 : 千 トン) 魚 種 海 域 国 名 EU スペイン マルタ キプロス イタリア ギリシャ ポルトガル 地 中 海 EU 計 クロマグロ トルコ クロアチア チュニジア パナマ* 地 中 海 計 太 平 洋 メキシコ クロマグロ 計 ミナミマグロ オーストラリア 合 計 資 料 : 財 務 省 貿 易 統 計 ( 国 名 及 び 魚 種 から 蓄 養 生 産 と 推 定 ) WCPFC 資 料 及 びCCSBT 資 料 *1:パナマ 籍 船 舶 において 船 上 加 工 されたもので 原 料 は 地 中 海 産 の 蓄 養 クロマグロと 推 定 9

11 5-4.かつお まぐろ 類 価 格 ( 卸 売 価 格 )の 推 移 ( 生 鮮 ) 単 位 : 円 /kg くろまぐろ みなみまぐろ( クロマグロ ミナミマグロ( グ 生 鮮 )) めばちまぐろ( メバチ( 生 鮮 ) 生 鮮 ) きはだまぐろ( キハダ( 生 鮮 生 ) 鮮 ) かつお( カツオ( 生 鮮 ) 年 56 年 57 年 58 年 59 年 60 年 61 年 62 年 63 年 元 年 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 7 年 8 年 9 年 10 年 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 資 料 : 農 水 省 水 産 物 流 通 統 計 注 :クロマグロ ミナミマグロは 両 魚 種 の 加 重 平 均 バブル 経 済 下 での 高 級 品 需 要 の 高 まりにより クロマグロ 及 びミナミマグロの 加 重 平 均 価 格 は 平 成 2 年 がピーク(2,848 円 /kg)となった 10

12 5-5.かつお まぐろ 類 価 格 ( 卸 売 価 格 )の 推 移 ( 冷 凍 ) 単 位 : 円 /kg くろまぐろ みなみまぐろ( クロマグロ ミナミマグロ( 冷 凍 ) めばちまぐろ( メバチ( 冷 凍 ) 冷 凍 ) きはだまぐろ( キハダ( 冷 凍 冷 ) 凍 ) かつお( カツオ( 冷 凍 ) 年 56 年 57 年 58 年 59 年 60 年 61 年 62 年 63 年 元 年 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 7 年 8 年 9 年 10 年 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 資 料 : 農 水 省 水 産 物 流 通 統 計 注 :クロマグロ ミナミマグロは 両 魚 種 の 加 重 平 均 バブル 経 済 下 での 高 級 品 需 要 の 高 まりにより クロマグロ 及 びミナミマグロの 加 重 平 均 価 格 は 平 成 元 年 がピーク(5,101 円 /kg)となった 11

13 6. 国 連 海 洋 法 条 約 (1993 年 発 効 157カ 国 等 締 結 ) 第 64 条 は 各 国 に 対 し 国 際 機 関 を 通 じ 高 度 回 遊 性 魚 種 ( 例 :マグ ロ)の 資 源 管 理 につき 協 力 すること を 要 請 12

14 7.かつお まぐろ 類 の 地 域 漁 業 管 理 機 関 (RFMO) Tunas Regional Fisheries Management Organization インド 洋 まぐろ 類 委 員 会 Indian Ocean Tuna Commission (IOTC) ヴィクトリア(セーシェル) 1996 年 中 西 部 太 平 洋 まぐろ 類 委 員 会 Western and Central Pacific Fisheries Commission (WCPFC) ポンペイ(ミクロネシア) 2004 年 大 西 洋 まぐろ 類 保 存 国 際 委 員 会 International Commission for the Conservation of Atlantic Tunas (ICCAT) マドリッド(スペイン) 1969 年 全 米 熱 帯 まぐろ 類 委 員 会 Inter-American Tropical Tuna Commission (IATTC) ラホヤ( 米 国 ) 1950 年 みなみまぐろ 保 存 委 員 会 Commission for the Conservation of the Southern Bluefin Tuna (CCSBT) キャンベラ(オーストラリア) 1994 年 13

15 8. 主 要 なかつお まぐろ 類 の 資 源 状 況 まぐろ 類 の 海 域 別 資 源 状 況 魚 種 クロマグロ ICCAT IOTC IATTC WCPFC CCSBT 大 西 洋 インド 洋 東 部 太 平 洋 中 西 部 太 平 洋 ミナミマグロ 東 大 西 洋 : 低 位 / 減 少 西 大 西 洋 : 低 位 / 横 ばい - - 中 位 / 横 ばい* - ミナミマグロ 低 位 / 横 ばい メバチ 低 位 / 横 ばい 中 位 / 減 少 低 位 / 横 ばい 中 位 / 減 少 * - キハダ 中 位 / 横 ばい 中 位 / 減 少 中 位 / 横 ばい 中 位 / 横 ばい - ビンナガ 北 大 西 洋 : 低 位 / 増 加 南 大 西 洋 : 中 位 / 減 少 中 位 から 低 位 / 減 少 北 大 平 洋 : 高 位 / 横 ばい 南 大 平 洋 : 高 位 / 横 ばい - カツオ 高 位 / 横 ばい 高 位 / 増 加 高 位 / 横 ばい 高 位 / 横 ばい - ( 注 ) 水 産 庁 平 成 19 年 度 国 際 資 源 の 現 況 より 資 源 水 準 / 資 源 動 向 の 順 に 表 示 資 源 水 準 : 最 近 20 年 の 資 源 状 況 と 比 較 し 高 位 中 位 低 位 の3 段 階 で 評 価 資 源 動 向 : 最 近 5 年 の 資 源 動 向 から 増 加 横 ばい 減 少 の3 段 階 で 評 価 *WCPFCのクロマグロ メバチについては 国 際 機 関 での 直 近 の 資 源 評 価 に 基 づく 14

16 9. 地 域 漁 業 管 理 機 関 における 資 源 管 理 の 取 組 ICCAT IOTC IATTC WCPFC CCSBT 大 西 洋 インド 洋 東 部 太 平 洋 中 西 部 太 平 洋 ミナミマグロ 主 な 措 置 クロマグロの 国 別 漁 獲 枠 及 び 漁 獲 証 明 制 度 メバチ 及 びキハダの 漁 獲 努 力 量 制 限 巻 き 網 の 漁 獲 努 力 量 制 限 キハダの 漁 獲 努 力 量 ミナミマグロの 国 別 制 限 漁 獲 枠 2008 年 における 主 な 決 定 事 項 東 大 西 洋 クロマグロ の 漁 獲 可 能 量 の 段 階 的 削 減 (2008 年 : 28,500トン 2011 年 : 18,500トン) 海 鳥 の 混 獲 回 避 措 置 の 導 入 2008 年 以 降 のメバ チ キハダの 管 理 措 置 ( 例 : 禁 漁 措 置 漁 獲 枠 )に 合 意 出 来 ず メバチ 漁 獲 量 を 今 後 3 年 間 で30% 削 減 す るため 2009 年 に 集 魚 装 置 を 用 いた まき 網 操 業 の2ヶ 月 禁 止 又 は 漁 獲 量 を 2001 年 ~2004 年 の 獲 枠 )に 合 意 出 来 ず 平 均 値 から10% 削 減 延 縄 によるメバチ 漁 獲 量 を2001 年 ~ 2004 年 の 平 均 値 から 10% 削 減 ミナミマグロの 漁 獲 証 明 制 度 の 導 入 ( 注 ) 漁 獲 証 明 制 度 : 漁 獲 水 揚 及 び 貿 易 を 書 類 にてモニターする 制 度 15

同 じく 減 少 していた 米 国 は 2008 年 以 降 増 大 傾 向 にあります マグロにもいろいろ クロマグロは 本 マグロ とも 呼 ばれ マグロの 中 で 最 高 級 品 とされています 成 長 す ると 体 長 3 m 重 さ 400 kg にもなります 日 本 がその 漁 獲 の

同 じく 減 少 していた 米 国 は 2008 年 以 降 増 大 傾 向 にあります マグロにもいろいろ クロマグロは 本 マグロ とも 呼 ばれ マグロの 中 で 最 高 級 品 とされています 成 長 す ると 体 長 3 m 重 さ 400 kg にもなります 日 本 がその 漁 獲 の マグロはどこから 来 るのか 大 木 優 利 大 久 保 泰 邦 パプアニューギニアに 現 れたマグロ 漁 船 パプアニューギニアのラバウルの 港 にて 2014 年 10 月 24 日 大 久 保 が 撮 影 この 写 真 は 著 者 の 一 人 大 久 保 が 2014 年 10 月 24 日 パプアニューギニアのラバウルの 港 で 見 た 光 景 です 小 型 の 船 が 中 国 名 の 大

More information

バイオ燃料:

バイオ燃料: PARC ビデオ DVD 食 べるためのマグロ 売 るためのマグロ 資 料 集 食 べるためのマグロ 売 るためのマグロ 各 章 の 内 容 1.マグロってどんな 魚? (4 分 50 秒 ) 現 代 マグロ 事 情 (59 秒 )/マグロの 生 活 史 (44 秒 )/マグロの 種 類 (2 分 )/マグロを 獲 る 方 法 (1 分 2 秒 ) 2.マグロと 日 本 人 (7 分 25 秒 )

More information

付 漁 船 の 建 造 ディーゼル 機 関 の 据 付 船 体 の 鋼 船 化 に 加 えて 大 型 化 され 漁 港 整 備 もこれ に 呼 応 する 形 で 昭 和 26 年 からの 第 1 次 漁 港 整 備 長 期 計 画 に 基 づく 焼 津 内 港 の 修 築 更 に は 第 6 次 の

付 漁 船 の 建 造 ディーゼル 機 関 の 据 付 船 体 の 鋼 船 化 に 加 えて 大 型 化 され 漁 港 整 備 もこれ に 呼 応 する 形 で 昭 和 26 年 からの 第 1 次 漁 港 整 備 長 期 計 画 に 基 づく 焼 津 内 港 の 修 築 更 に は 第 6 次 の 浜 の 活 力 再 生 プラン 1 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 組 織 名 焼 津 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 代 表 者 名 西 川 角 次 郎 再 生 委 員 会 の 構 成 員 焼 津 漁 業 協 同 組 合 焼 津 市 株 式 会 社 事 代 丸 オブザーバー 静 岡 県 経 済 産 業 部 水 産 業 局 水 産 振 興 課 静 岡 県 水 産 技 術 研

More information

年 の ICCAT の TAC 割 当 量 は 全 体 では 12,900 トンであるが うちトルコはわずか 535.89 トンであり 同 年 の 漁 獲 量 は 528 トンとなっている( 表 40 参 照 ) 2013 年 以 降 は 全 体 で 13,400 トンと 微 増 し トルコも 55

年 の ICCAT の TAC 割 当 量 は 全 体 では 12,900 トンであるが うちトルコはわずか 535.89 トンであり 同 年 の 漁 獲 量 は 528 トンとなっている( 表 40 参 照 ) 2013 年 以 降 は 全 体 で 13,400 トンと 微 増 し トルコも 55 5 5.1 5. トルコの 養 殖 業 は 比 較 的 限 られており 内 水 面 養 殖 のニジマス 海 水 面 養 殖 のヘダイ スズキ クロマ グロの 4 種 が 主 要 魚 種 となっている トルコのクロマグロの 養 殖 は 2002 年 に 始 まって 急 速 に 発 展 したが その 後 大 西 洋 クロマグロ 漁 獲 の 資 源 管 理 が 強 化 されるにつれて 生 産 量 は 減

More information

平成19年度高等専科研修 「原産地規則《

平成19年度高等専科研修 「原産地規則《 税 関 における 手 続 き 特 恵 適 用 のための 手 続 要 件 : - 原 産 地 証 明 書 - 運 送 要 件 証 明 書 原 産 地 基 準 積 送 基 準 を 提 出 すること 第 三 国 を 経 由 する 場 合 何 れかを 必 ず 提 出 1 通 し 船 荷 証 券 の 写 し 2 積 替 国 の 税 関 官 公 署 が 発 給 した 証 明 書 3 税 関 長 が 適 当 と

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

<4D F736F F F696E74202D C678D758B608E9197BF5F82DC82AE82EB82CC8E918CB98AC7979D5F76322E >

<4D F736F F F696E74202D C678D758B608E9197BF5F82DC82AE82EB82CC8E918CB98AC7979D5F76322E > 魚の数を推定して管理する : まぐろを巡る国際的な 漁業管理の現状 遠洋水産研究所くろまぐろ資源部太平洋くろまぐろ資源研究室 市野川桃子 (ichimomo@fra.affrc.go.jp) 松方弘樹さんが 325 キロの特大マグロ釣る (2009.11.22 産経ニュース ) 自己紹介 遠洋水産研究所 ( 水産総合研究センター ) ( 静岡市清水区 東海大清水キャンパス隣 ) http://fsf.fra.affrc.go.jp/

More information

マグロ養殖業の歴史的展開と今後の展望

マグロ養殖業の歴史的展開と今後の展望 マグロ 養 殖 業 の 歴 史 的 展 開 と 今 後 の 展 望 誌 名 長 崎 大 學 水 産 學 部 研 究 報 告 = Bulletin of the Faculty of Fisheries, Nagasaki University ISSN 05471427 著 者 巻 / 号 山 本, 尚 俊 93 号 掲 載 ページ p. 59-77 発 行 年 月 2012 年 3 月 農 林 水

More information

GYOSEI NO MADO 平 成 年 外 国 船 取 締 実 績 について 資 源 管 理 部 管 理 課 指 導 監 督 室 による 平 成 年 外 国 船 拿 捕 件 数 は 9 件 ( 前 年 件 ) となりました また 我 が 国 排 他 的 経 済 域 (EEZ) で 発 見 された

GYOSEI NO MADO 平 成 年 外 国 船 取 締 実 績 について 資 源 管 理 部 管 理 課 指 導 監 督 室 による 平 成 年 外 国 船 拿 捕 件 数 は 9 件 ( 前 年 件 ) となりました また 我 が 国 排 他 的 経 済 域 (EEZ) で 発 見 された G Y O S E I N O M A D O 04. 04 vol. 通 巻 号 00-8907 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 -- 合 同 舎 号 館 代 表 03-30-8( 内 線 60)URL http://www.jfa.maff.go.jp/ 我 が 国 領 海 や 国 際 業 条 約 海 域 における 業 取 締 風 景 C O N T E N T S 平 成 年 外 国

More information

<303431308F7291E98ADB8BE08EA1303532312D303630395F976C8EAE322E786C73>

<303431308F7291E98ADB8BE08EA1303532312D303630395F976C8EAE322E786C73> 1 船 名 総 トン 数 馬 力 数 名 平 成 年 度 俊 鷹 丸 ( 国 際 水 産 資 源 研 究 所 ) 88トン 4,000 馬 力 船 計 画 書 東 シナ 海 及 び 南 西 諸 島 周 辺 海 域 小 型 鯨 類 目 視 ( 予 定 している 予 算 科 目 名 水 産 庁 国 際 資 源 評 価 等 推 進 委 託 事 業 鯨 類 サブユニット) 4 期 間 平 成 年 5 月 1

More information

PARCさかな研究会2007年度調査報告書

PARCさかな研究会2007年度調査報告書 2007 年 度 ( 第 2 年 度 ) 調 査 報 告 書 グローバリズム 時 代 における マグロをめぐる 漁 業 養 殖 / 流 通 / 食 アジア 太 平 洋 資 料 センター(PARC) 水 産 資 源 研 究 会 本 小 冊 子 は 独 立 行 政 法 人 環 境 再 生 保 全 機 構 地 球 環 境 基 金 の 助 成 を 受 けて 行 っている 持 続 的 な 水 産 資 源 の

More information

資 料 ~_

資 料 ~_ 資 料 ~_ の 効 率 留 雀 力 化 ( 網 おこし 船 2~1 隻 フィシュポンプの 活 用 )を 推 進 する 計 覇 を 策 定 静 ~ \~~3, : 省 エネ 小 裂 化 (50 19t) 衛 生 管 理 付 加 価 値 向 よ 等

More information

(2) 大 麦 1 現 行 の 国 家 貿 易 制 度 を 維 持 するとともに 枠 外 税 率 (39 円 /kg)を 維 持 2 TPP 枠 を 新 設 (2.5 万 t( 当 初 ) 6.5 万 t(9 年 目 以 降 ) SBS 方 式 ) 3 既 存 のWTO 枠 内 のマークアップを9

(2) 大 麦 1 現 行 の 国 家 貿 易 制 度 を 維 持 するとともに 枠 外 税 率 (39 円 /kg)を 維 持 2 TPP 枠 を 新 設 (2.5 万 t( 当 初 ) 6.5 万 t(9 年 目 以 降 ) SBS 方 式 ) 3 既 存 のWTO 枠 内 のマークアップを9 TPP 農 林 水 産 物 市 場 アクセス 交 渉 の 結 果 1 米 : (1) 米 及 び 米 粉 等 の 国 家 貿 易 品 目 1 現 行 の 国 家 貿 易 制 度 を 維 持 するとともに 枠 外 税 率 ( 米 の 場 合 341 円 /kg)を 維 持 2 米 国 豪 州 にSBS 方 式 の 国 別 枠 を 設 定 米 国 :5 万 t( 当 初 3 年 維 持 ) 7 万 t(13

More information

儲 か る 水 産 業 の 実 現 に 向 け て 宮 崎 県 は 温 暖 な 気 候 豊 かな 自 然 環 境 のもと 地 域 の 特 性 を 生 かした 第 一 次 産 業 を 中 心 に 発 展 して まいりました さんさんとふりそそぐ 太 陽 は 豊 かな 作 物 を 育 て 青 く 澄 ん

儲 か る 水 産 業 の 実 現 に 向 け て 宮 崎 県 は 温 暖 な 気 候 豊 かな 自 然 環 境 のもと 地 域 の 特 性 を 生 かした 第 一 次 産 業 を 中 心 に 発 展 して まいりました さんさんとふりそそぐ 太 陽 は 豊 かな 作 物 を 育 て 青 く 澄 ん 第 五 次 宮 崎 県 水 産 業 漁 村 振 興 長 期 計 画 平 成 23 年 6 月 宮 崎 県 儲 か る 水 産 業 の 実 現 に 向 け て 宮 崎 県 は 温 暖 な 気 候 豊 かな 自 然 環 境 のもと 地 域 の 特 性 を 生 かした 第 一 次 産 業 を 中 心 に 発 展 して まいりました さんさんとふりそそぐ 太 陽 は 豊 かな 作 物 を 育 て 青 く 澄

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7%

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 日 経済情勢 217 年 7 月 外務省 1 1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 21.8% 41.1% 中国 11.3% 32.8% 米国

More information

漁 船 隻 数 ( ) 内 は 沿 岸 漁 業 総 数 1t 未 満 1t 以 上 ~ 3t 未 満 3t 以 上 ~ 5t 未 満 5t 以 上 ~ 10t 未 満 10t 以 上 ~ 50t 未 満 50t 以 上 無 動 力 (591) (177) (304) (65) (27) (18) (

漁 船 隻 数 ( ) 内 は 沿 岸 漁 業 総 数 1t 未 満 1t 以 上 ~ 3t 未 満 3t 以 上 ~ 5t 未 満 5t 以 上 ~ 10t 未 満 10t 以 上 ~ 50t 未 満 50t 以 上 無 動 力 (591) (177) (304) (65) (27) (18) ( 第 5 章 新 潟 市 の 水 産 業 1 概 要 本 市 は, 日 本 海 沿 岸 のほぼ 中 心 に 位 置 し, 海 岸 線 延 長 は 58.6km, 底 質 は 砂 泥 で 単 調 な 遠 浅 の 漁 場 とな っている 沖 合 には 佐 渡 が 島 粟 島 の 2 島 とこれに 連 なる 岩 礁 及 び 瀬 礁 が 多 数 点 在 し, 暖 寒 流 系 の 回 遊 魚 類 及 び 定 着

More information

Microsoft Word - 原稿1(銚子)

Microsoft Word - 原稿1(銚子) 沖 合 底 びき 網 漁 業 の 再 生 に 向 けた 挑 戦 銚 子 市 漁 業 協 同 組 合 銚 子 沖 合 漁 業 生 産 組 合 網 代 慶 二 郎 1. 地 域 及 び 漁 業 の 概 要 銚 子 市 は 千 葉 県 北 東 部 に 位 置 し, 沖 合 では 黒 潮 と 親 潮 がぶつかるため 好 漁 場 が 形 成 され, 古 くから 漁 業 の 盛 ん な 地 域 である 私 たちが

More information

[1]熊本県の水産概要

[1]熊本県の水産概要 熊 本 県 の 水 産 平 成 27 年 熊 本 県 農 林 水 産 部 目 次 [ 1 ] 熊 本 県 の 水 産 概 要 1 1 漁 場 の 性 状 1 2 漁 業 の 概 要 2 3 漁 業 経 営 体 及 び 就 業 者 数 2 4 漁 船 3 5 漁 業 生 産 4 6 内 水 面 漁 業 6 7 熊 本 県 の 地 位 7 8 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 9 [ 2 ] 漁

More information

‡¶‡á‡ª‡¢‡àfl™‘‚.eps

‡¶‡á‡ª‡¢‡àfl™‘‚.eps 2,500 2,000 1,500 単 位 : 千 トン 国 内 需 要 の 推 移 食 用 1,000 500 冷 凍 加 工 品 ポテトチップ( 成 型 除 く) その 他 加 工 じゃがいも 青 果 じゃがいも 0 1960 1965 1970 1975 1980 1985 1990 1995 2000 / 年 単

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C 事 業 評 価 書 ( 期 中 の 評 価 ) 整 理 番 号 都 道 府 県 名 千 葉 県 関 係 市 町 村 フッツ 富 津 シ 市 期 中 評 価 実 施 の 理 由 事 業 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) フッツ 地 区 名 事 業 主 体 千 葉 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 フッツ 漁 港 名 ( 種 別 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

<5461726F2D303320979897708ED282CC82BD82DF82C982502E6A7464>

<5461726F2D303320979897708ED282CC82BD82DF82C982502E6A7464> 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 目 的 漁 業 経 営 調 査 ( 以 下 本 調 査 という )は 海 面 漁 業 経 営 体 の 財 産 状 況 収 支 状 況 操 業 状 況 等 の 経 営 実 態 を 明 らかにし 水 産 行 政 の 推 進 のための 資 料 を 整 備 することを 目 的 とし ている 2 調 査 の 根 拠 本 調 査 は 統 計 法 ( 平 成 19 年

More information

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73>

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73> 事 前 評 価 書 整 理 番 号 都 道 府 県 名 長 崎 県 関 係 市 町 村 松 浦 市 事 業 名 地 区 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 アオウウラ 阿 翁 浦 地 区 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) 事 業 主 体 長 崎 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 漁 港 名 ( 種 別 ) 阿 翁 浦 漁 港 ( 種 ) 漁 場 名 陸 揚 金 額,09

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313690858E598AEE94D590AE94F582C982A882AF82E9834A836383498145837D834F838D939982CC919D904289C2945C90AB92B28DB82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313690858E598AEE94D590AE94F582C982A882AF82E9834A836383498145837D834F838D939982CC919D904289C2945C90AB92B28DB82E646F63> Ⅰ 調 査 課 題 名 沖 合 漁 場 整 備 における 水 産 資 源 の 培 養 及 び 増 養 殖 機 能 に 関 する 調 査 のうち 水 産 基 盤 整 備 におけるカツオ マグロ 等 の 増 殖 可 能 性 調 査 Ⅱ 調 査 実 施 機 関 及 び 担 当 者 財 団 法 人 漁 港 漁 場 漁 村 技 術 研 究 所 漁 場 と 海 業 研 究 室 伊 藤 靖 漁 場 と 海 業 研

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204C454483568393837C8376838C835B839381698A43976D90858E598B5A8F7081408EF088E4816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204C454483568393837C8376838C835B839381698A43976D90858E598B5A8F7081408EF088E4816A2E707074> 1.LED 漁 技 術 開 発 の 推 移 2.20 年 度 終 了 時 における 課 題 と 21 年 度 実 証 事 業 結 果 1サンマ 棒 受 網 漁 業 への 導 入 事 例 2イカ 釣 り 漁 業 への 導 入 事 例 平 成 22 年 4 月 22 日 ( 木 ) ( 株 ) 海 洋 水 産 技 術 酒 井 拓 宏 3.LED 漁 実 証 試 験 に 係 る 現 状 の 到 達 点 1.LED

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税 平 成 8 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 指 定 薬 物 の 輸 入 してはならない 貨 物 への 追 加 に 伴 い 摘 発 件 数

More information

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録 平 成 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 6 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 不 正 薬 物 の 押 収 量 が 連 続 で 6kg 超 え 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を クロアチアの 船 員 教 育 海 技 資 格 制 度 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1410 日 本 海 事 センター 研 究 員 野 村 摂 雄 ポイント 外 航 船 員 の 資 質 には 定 評 あり ほとんどが 海 外 船 社 に 雇 用 されている 外 航 船 員 教 育 は 中 等 教 育 ( 海 事 高 校 ) 及 び 高 等 教 育 ( 海 事 大 学 ) 乗

More information

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人 平 成 27 年 4 月 来 日 外 国 人 犯 罪 の 検 挙 状 況 ( 平 成 26 年 ) 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 国 際 捜 査 管 理 官 凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米

More information

Taro-① 表紙.jtdc

Taro-① 表紙.jtdc 第 339 号 平 成 25 年 11 月 使 用 漁 具 漁 獲 したマグロの 取 り 込 み 漁 獲 したマグロの 測 定 ( 魚 体 重 43kg) 同 時 に 漁 獲 した3 種 類 のマグロ 熱 帯 性 マグロ 類 有 効 活 用 調 査 11 月 7 日 から17 日 にかけて, 初 期 投 資 が 少 額 なため 奄 美 海 域 の 沿 岸 漁 業 者 が 取 り 組 みやすい 旗 流

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

x x な 別 添 6 規 制 の 特 例 措 置 等 の 提 案 書 提 案 団 体 名 : 長 崎 県 長 崎 市 佐 世 保 市 西 海 市 政 策 課 題 解 決 策 との 関 係 区 分 ( 1) 現 行 の 規 制 制 度 の 所 管 関 係 官 庁 ( 該 当 に を 記 載 ) 提

More information

< 選 別 作 業 > 大 きさや 傷 み 等 を 選 別 問 題 ない 鰹 をラインに 乗 せ 次 の 工 程 へ 魚 を 扱 っているので 当 然 だが 匂 う 次 工 程 の 加 工 場 はかなりの 血 も 流 れていて グロテスクというか 生 々 しい 感 じがした < 加 工 場 > まず

< 選 別 作 業 > 大 きさや 傷 み 等 を 選 別 問 題 ない 鰹 をラインに 乗 せ 次 の 工 程 へ 魚 を 扱 っているので 当 然 だが 匂 う 次 工 程 の 加 工 場 はかなりの 血 も 流 れていて グロテスクというか 生 々 しい 感 じがした < 加 工 場 > まず 鰹 節 製 造 工 場 視 察 レポート 2015.8.18 作 成 細 渕 静 岡 県 焼 津 市 の 鰹 節 製 造 工 場 を 視 察 した 最 初 に 訪 れたのが 株 式 会 社 にんべん の 協 力 会 社 ( 株 ) 丸 栄 地 元 焼 津 港 に 水 揚 げされた 鰹 を 使 い 鰹 節 を 製 造 している この 日 は 2.5kg~4.5kg の 鰹 から 荒 節 ができるまでを

More information

press

press プレスリリース 平 成 28 年 3 月 25 日 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 総 合 研 究 セ ン タ ー 平 成 27 年 度 太 平 洋 いわし 類 長 期 漁 海 況 予 報 - 別 表 の 水 産 関 係 機 関 が 検 討 し 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 総 合 研 究 センター 中 央 水 産 研 究 所 がとりまとめた 結 果 - 今 後 の 見 通 し(

More information

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4>

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4> 事 業 計 画 5. 港 湾 八 戸 港 1 応 急 復 旧 により 11 月 24 日 現 在 で 公 共 岸 壁 44バース( 水 深 4.5m 以 深 ) のうち 41バースが 喫 水 制 限 や 上 載 荷 重 制 限 があるものの 利 用 可 能 2 八 太 郎 地 区 コンテナターミナル 等 基 幹 的 輸 送 を 担 う 施 設 製 紙 製 鉄 飼 料 等 の 産 業 復 興 に 必

More information

近 年 日 本 海 でサワラが 増 加 したと 言 われていますが 新 潟 県 においても 以 前 はほと んど 獲 れなかったサワラが 2000 年 を 境 に 急 に 獲 れるようになりました 新 潟 県 のサワラの 漁 獲 量 は 2012 年 は100トン 程 度 でしたが 近 年 で 最

近 年 日 本 海 でサワラが 増 加 したと 言 われていますが 新 潟 県 においても 以 前 はほと んど 獲 れなかったサワラが 2000 年 を 境 に 急 に 獲 れるようになりました 新 潟 県 のサワラの 漁 獲 量 は 2012 年 は100トン 程 度 でしたが 近 年 で 最 業 績 名 : サワラの 漁 況 予 測 技 術 の 開 発 所 属 : 新 潟 県 水 産 海 洋 研 究 所 漁 業 課 研 究 者 : 主 任 研 究 員 池 田 怜 (いけださとし) 1 近 年 日 本 海 でサワラが 増 加 したと 言 われていますが 新 潟 県 においても 以 前 はほと んど 獲 れなかったサワラが 2000 年 を 境 に 急 に 獲 れるようになりました 新 潟

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書 刊 行 によせて 一 般 社 団 法 人 日 本 舶 用 工 業 会 では 我 が 国 の 造 船 関 係 事 業 の 振 興 に 資 するために ボートレース 事 業 の 交 付 金 による 日 本 財 団 の 助 成 金 を 受 けて 造 船 関 連 海 外 情 報 収 集 及 び 海 外 業 務 協 力 事 業 を 実 施 しております その 一 環 としてジェトロ 関 係 海 外 事 務 所

More information

????????1

????????1 企 業 理 念 人 と 地 球 が 輝 くために 自 然 の 恵 みをいかしきり 生 きがいと 喜 びを 創 造 する ごあいさつ この 度 私 共 では 自 然 の 恵 みをいかしきる という 代 々 網 元 として 受 け 継 がれてきた 家 訓 を 将 来 に 向 け より 地 球 規 模 での 豊 かで 平 和 で 幸 福 な 社 会 づくりに 貢 献 させていくために 上 記 の 企 業

More information

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設 水 族 館 に 関 する 世 界 の 動 向 及 び イルカ クジラ 類 の 保 護 イルカ 保 護 の 認 識 を 持 たない 日 本 の 現 状 国 際 連 合 は 2007 年 及 び 2008 年 を 国 際 イルカ 年 と 宣 言 し 地 球 的 規 模 で イルカを 保 護 するために 活 動 しました しかし 日 本 ではほとんどニュースに なりませんでした 日 本 では イルカ クジラ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63> 地 域 再 生 計 画 1. 地 域 再 生 計 画 の 名 称 地 場 産 業 の 活 性 化 と 民 生 安 定 と 都 会 との 交 流 を 推 進 する 地 域 づくり 計 画 2. 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 大 分 県 佐 伯 市 3. 地 域 再 生 計 画 の 区 域 浦 代 港 ( 佐 伯 市 ) 臼 杵 港 ( 臼 杵 市 ) 下 浦 漁 港 ( 大

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

また 主 要 魚 種 別 生 産 額 とその 構 成 比 をみると ホタテガイが 817 億 円 でもっとも 多 く 全 生 産 額 の 28.2%を 占 めている これにサケ イカ コンブ サンマが 続 き 上 位 5 魚 種 で 本 道 の 全 生 産 額 の 70.2%を 占 めている 特 に

また 主 要 魚 種 別 生 産 額 とその 構 成 比 をみると ホタテガイが 817 億 円 でもっとも 多 く 全 生 産 額 の 28.2%を 占 めている これにサケ イカ コンブ サンマが 続 き 上 位 5 魚 種 で 本 道 の 全 生 産 額 の 70.2%を 占 めている 特 に 北 海 道 資 源 管 理 指 針 第 1 北 海 道 の 海 洋 生 物 資 源 保 存 及 び 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 漁 業 の 概 観 ( 漁 業 環 境 資 源 来 遊 状 況 漁 業 実 態 生 産 量 等 ) 北 海 道 は 日 本 海 太 平 洋 オホーツク 海 とそれぞれ 特 性 の 異 なる 3 つの 海 に 囲 まれ 全 国 の 12.6% にあたる

More information

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅 第 1 章 TPP 協 定 と 関 連 対 策 ~ 努 力 が 報 われる 農 林 水 産 業 の 実 現 に 向 けて~ - 41 - 左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

伊豆のカツオ文化と歴史

伊豆のカツオ文化と歴史 鰹 節 の 歴 史 鰹 節 の 歴 史 西 伊 豆 田 子 の 歴 史 カネサ 鰹 節 商 店 の 歴 史 鰹 節 の 歴 史 人 類 は5 万 年 ぐらい 前 から 舟 で 外 洋 航 海 をしていたらしい 1 万 2 千 年 前 ごろから 漁 をしていたらしいこともわかっている 東 ティモールでは 4 万 年 前 の 釣 り 針 らしき 物 が 見 つかっている 日 本 では 縄 文 時 代 からカツオを

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203034204C50834B835882CC8BD98B7D8E9E8B9F8B8B91CC90A782C98C5782E98CBB8FF382C689DB91E82E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203034204C50834B835882CC8BD98B7D8E9E8B9F8B8B91CC90A782C98C5782E98CBB8FF382C689DB91E82E70707478> 資 料 4 LPガスの 緊 急 時 供 給 体 制 に 係 る 現 状 と 課 題 平 成 26 年 4 月 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 1. 対 策 の 現 状 と 課 題 LPガスサプライチェーンの 強 靱 化 1 LPガスサプライチェーンの 意 義 と 直 面 する 課 題 LPガスサプライチェーンの 意 義 LPガスは 大 規 模 災 害 等 により 電 力 都 市 ガス 供

More information

目 次 海 事 産 業 の 構 造 及 び 規 模 1 (1) 外 航 海 運 2 (2) 内 航 海 運 4 (3) 国 内 旅 客 船 事 業 6 (4) 造 船 舶 用 工 業 7 (5) 海 洋 産 業 ( 海 洋 資 源 開 発 海 洋 再 生 エネルギー) 12 (6) エネルギールート

目 次 海 事 産 業 の 構 造 及 び 規 模 1 (1) 外 航 海 運 2 (2) 内 航 海 運 4 (3) 国 内 旅 客 船 事 業 6 (4) 造 船 舶 用 工 業 7 (5) 海 洋 産 業 ( 海 洋 資 源 開 発 海 洋 再 生 エネルギー) 12 (6) エネルギールート 資 料 2-2 各 分 野 の 現 況 及 び 取 組 み Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 目 次 海 事 産 業 の 構 造 及 び 規 模 1 (1) 外 航 海 運 2 (2) 内 航 海 運 4 (3) 国 内 旅 客 船 事 業 6 (4) 造 船 舶 用 工 業 7 (5) 海 洋 産 業 ( 海 洋 資 源

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カンボジア 投 資 セミナー( 日 本 アセアンセンター 駐 日 カンボジア 王 国 大 使 館 主 催 ) カンボジアでのビジネスの 可 能 性 ~カンボジアへの 投 資 促 進 に 関 する 調 査 結 果 を 踏 まえて~ 2006 年 11 月 15 日 : 名 古 屋 11 月 17 日 : 東 京 JICAカンボジア 国 経 済 政 策 支 援 調 査 団 1 目 次 1. 調 査 の

More information

別紙1~9

別紙1~9 国 際 戦 略 港 国 際 拠 点 港 重 要 港 湾 の 一 覧 別 紙 1 港 格 都 道 府 県 港 湾 名 港 格 都 道 府 県 港 湾 名 国 際 戦 略 港 湾 東 京 都 東 京 港 重 要 港 湾 大 阪 府 阪 南 港 神 奈 川 県 横 浜 港 尼 崎 西 宮 芦 屋 港 兵 庫 県 川 崎 港 東 播 磨 港 大 阪 府 大 阪 港 和 歌 山 県 日 高 港 国 際 拠 点

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 中 小 企 小 規 模 事 者 が 直 面 する 経 済 社 会 構 造 の 変 化 第 2 部 第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 少

More information

Microsoft Word - press.doc

Microsoft Word - press.doc プレスリリース 平 成 28 年 8 月 1 日 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 平 成 28 年 度 第 1 回 太 平 洋 いわし 類 マアジ さば 類 長 期 漁 海 況 予 報 - 別 表 の 水 産 関 係 機 関 が 検 討 し 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 中 央 水 産 研 究 所 がとりまとめた 結 果 - 今 後

More information

第 1 章 ミクロネシア 連 邦 水 産 業 の 現 状 1. 一 般 情 報 1-1. 地 理 的 特 徴 ミクロネシア 連 邦 は 東 経 130 度 から 172 度 赤 道 以 北 から 北 緯 22 度 に 広 がって 点 在 する 607 の 島 々と 環 礁 からなる 島 嶼 国 であ

第 1 章 ミクロネシア 連 邦 水 産 業 の 現 状 1. 一 般 情 報 1-1. 地 理 的 特 徴 ミクロネシア 連 邦 は 東 経 130 度 から 172 度 赤 道 以 北 から 北 緯 22 度 に 広 がって 点 在 する 607 の 島 々と 環 礁 からなる 島 嶼 国 であ 第 1 章 ミクロネシア 連 邦 水 産 業 の 現 状 第 1 章 ミクロネシア 連 邦 水 産 業 の 現 状 1. 一 般 情 報 1-1. 地 理 的 特 徴 ミクロネシア 連 邦 は 東 経 130 度 から 172 度 赤 道 以 北 から 北 緯 22 度 に 広 がって 点 在 する 607 の 島 々と 環 礁 からなる 島 嶼 国 である 国 土 面 積 は 約 701km 2

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

平 成 25 年 度 沖 縄 農 林 水 産 業 の 情 勢 報 告 のポイント 1. 特 集 : 沖 縄 の 食 文 化 と 健 康 ~ 長 寿 県 沖 縄 の 復 活 に 向 けて~ (1) 沖 縄 の 食 生 活 と 長 寿 県 沖 縄 の 現 状 平 成 2 6 年 7 月 沖 縄 県 はか

平 成 25 年 度 沖 縄 農 林 水 産 業 の 情 勢 報 告 のポイント 1. 特 集 : 沖 縄 の 食 文 化 と 健 康 ~ 長 寿 県 沖 縄 の 復 活 に 向 けて~ (1) 沖 縄 の 食 生 活 と 長 寿 県 沖 縄 の 現 状 平 成 2 6 年 7 月 沖 縄 県 はか 平 成 26 年 7 月 17 日 平 成 25 年 度 沖 縄 農 林 水 産 業 の 情 勢 報 告 のポイント 問 い 合 わせ 先 農 林 水 産 部 農 政 課 担 当 : 原 石 丸 福 嶋 TEL:98-866-1627( 直 通 ) FAX:98-86-1395 平 成 25 年 度 沖 縄 農 林 水 産 業 の 情 勢 報 告 のポイント 1. 特 集 : 沖 縄 の 食 文 化

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

名 桜 大 学 派 遣 留 学 候 補 者 選 考 基 準 ( 平 成 24 年 12 月 26 日 制 定 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 基 準 は 名 桜 大 学 ( 以 下 本 学 という ) 派 遣 留 学 の 候 補 者 選 考 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 選 考 基 準 ) 第 2 条 協 定 大 学 への 派 遣 留 学 に 係 る 選 考 に 関 し 以

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等 平 成 26 年 3 月 平 成 2 5 年 の 薬 物 銃 器 情 勢 確 定 値 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 薬 物 銃 器 対 策 課 各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

独立行政法人国立文化財機構旅費取扱要項

独立行政法人国立文化財機構旅費取扱要項 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 旅 費 取 扱 要 項 平 成 19 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 旅 行 日 数 及 び 発 着 地 ) 第 1 条 旅 費 計 算 上 の 旅 行 日 数 は, 旅 行 のために 現 に 要 した 日 数 による ただし, 公 務 上 の 必 要 又 は 天 災 その 他 やむを 得 ない 事 情 により 要 した 日 数 を 除

More information

Ⅰ-③_漁業・海業の振興

Ⅰ-③_漁業・海業の振興 ( 後 期 基 本 計 画 ) 政 策 名 Ⅰ 交 流 経 済 都 市 施 策 名 3 漁 海 振 興 施 策 調 書 ( 内 部 結 ) 所 管 部 局 農 林 水 産 環 境 部 整 理 番 号 4 所 管 部 局 長 氏 名 石 嶋 政 博 1 関 連 する 個 別 計 画 PLAN 個 別 計 画 名 称 計 画 計 画 年 次 計 画 期 間 し 備 考 施 策 優 先 順 位 1 現 状

More information

(BIMCO/ISF Manpower 2010 Update 及 び 各 国 当 局 ヒアリングに 基 づき 作 成 ) 邦 船 社 もこれら 3 か 国 の 船 員 を 船 舶 職 員 として 採 用 している 2015 年 2 月 1 日 時 点 で ブルガリア 人 船 員 355 名 クロア

(BIMCO/ISF Manpower 2010 Update 及 び 各 国 当 局 ヒアリングに 基 づき 作 成 ) 邦 船 社 もこれら 3 か 国 の 船 員 を 船 舶 職 員 として 採 用 している 2015 年 2 月 1 日 時 点 で ブルガリア 人 船 員 355 名 クロア ブルガリア クロアチア ルーマニアの 船 員 教 育 海 技 資 格 制 度 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 船 長 第 132 号 201503 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 研 究 員 野 村 摂 雄 1.はじめに ブルガリア クロアチア 及 びルーマニアは バルカン 1 船 員 マーケット の 一 部 として EU/EEA 域 内 ではポーランドとともに 船 員 供 給 国 として

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

スライド 1

スライド 1 官 : 国 家 戦 略 としての 宇 宙 和 歌 山 大 学 宇 宙 教 育 研 究 所 所 長 / 特 任 教 授 秋 山 演 亮 我 が 国 の 現 状 1 失 われた10 年 失 われた20 年 失 われた30 年 2 経 産 省 産 業 競 争 力 部 会 日 本 経 済 の 行 き 詰 まりは 深 刻 この 行 き 詰 まりは 一 過 性 のものではなく 3つの 構 造 的 問 題 が 存

More information

JSA2001/ごあいさつ

JSA2001/ごあいさつ 2007 年 12 月 20 日 海 事 記 者 会 各 位 社 団 法 人 日 本 船 主 協 会 2007 年 海 運 界 10 大 ニュースについて 当 協 会 は 本 年 の 海 運 界 10 大 ニュースを 別 紙 のとおり 選 定 いたしましたので お 知 らせいたします 以 上 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 ( 社 ) 日 本 船 主 協 会 総 務 部 (TEL:03-3264-7181

More information

1. 海 洋 生 物 多 様 性 保 全 に 関 連 する 法 制 度 等 にかかる 年 表 等 海 洋 生 物 多 様 性 保 全 に 関 連 する 法 制 度 等 にかかる 年 表 19C 海 洋 生 物 多 様 性 に 関 わる 国 際 的 な 制 度 等 伝 統 的 海 洋 法 ( 公 海

1. 海 洋 生 物 多 様 性 保 全 に 関 連 する 法 制 度 等 にかかる 年 表 等 海 洋 生 物 多 様 性 保 全 に 関 連 する 法 制 度 等 にかかる 年 表 19C 海 洋 生 物 多 様 性 に 関 わる 国 際 的 な 制 度 等 伝 統 的 海 洋 法 ( 公 海 1. 海 洋 生 物 多 様 性 保 全 に 関 連 する 法 制 度 等 にかかる 年 表 等 海 洋 生 物 多 様 性 保 全 に 関 連 する 法 制 度 等 にかかる 年 表 19C 海 洋 生 物 多 様 性 に 関 わる 国 際 的 な 制 度 等 伝 統 的 海 洋 法 ( 公 海 と 領 海 )が 成 立 海 洋 生 物 多 様 性 に 関 わる 国 内 の 制 度 等 環 境 等

More information

27 8 5 小 型 機 船 底 びき 網 漁 業 調 整 規 則 を 制 定 した 27 11 3 長 崎 大 干 拓 事 業 の 調 査 を 開 始 した 27 12 20いわし 網 漁 業 不 振 緊 急 融 資 損 失 補 償 条 例 を 制 定 した 27 12 27 中 小 漁 業 融

27 8 5 小 型 機 船 底 びき 網 漁 業 調 整 規 則 を 制 定 した 27 11 3 長 崎 大 干 拓 事 業 の 調 査 を 開 始 した 27 12 20いわし 網 漁 業 不 振 緊 急 融 資 損 失 補 償 条 例 を 制 定 した 27 12 27 中 小 漁 業 融 Ⅵ 長 崎 県 水 産 部 年 表 和 暦 年 月 日 事 項 明 治 33 3 7 産 業 組 合 法 公 布 される 33 5 7 長 崎 県 水 産 試 験 場 を 深 堀 村 に 設 置 した 34 4 13 漁 業 法 公 布 される 36 水 産 試 験 場 を 北 松 平 戸 村 に 移 転 した 41 7 31 水 産 試 験 場 に 水 産 講 習 所 ( 県 立 水 産 学 校

More information

目 次 1 秋 田 米 プロモーション 事 業 の 実 施 状 況 について[ 流 通 販 売 課 ] 1 2 平 成 24 年 産 米 の 生 産 数 量 目 標 について[ 水 田 総 合 利 用 課 ] 4 3 千 秋 丸 代 船 建 造 スケジュールと 現 船 処 分 について[ 水 産 漁

目 次 1 秋 田 米 プロモーション 事 業 の 実 施 状 況 について[ 流 通 販 売 課 ] 1 2 平 成 24 年 産 米 の 生 産 数 量 目 標 について[ 水 田 総 合 利 用 課 ] 4 3 千 秋 丸 代 船 建 造 スケジュールと 現 船 処 分 について[ 水 産 漁 平 成 23 年 9 月 定 例 会 (12 月 議 会 ) 農 林 水 産 委 員 会 ( 所 管 事 項 関 係 ) 提 出 資 料 平 成 23 年 12 月 5 日 農 林 水 産 部 目 次 1 秋 田 米 プロモーション 事 業 の 実 施 状 況 について[ 流 通 販 売 課 ] 1 2 平 成 24 年 産 米 の 生 産 数 量 目 標 について[ 水 田 総 合 利 用 課 ]

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

市場と経済A

市場と経済A 財 政 学 Ⅰ 1 第 12 回 租 税 (6) 消 費 税 ( 付 加 価 値 税 )(2) 2015 年 6 月 26 日 ( 金 ) 担 当 : 天 羽 正 継 ( 経 済 学 部 経 済 学 科 准 教 授 ) 2 日 本 の 消 費 税 (1) 2013 年 度 決 算 における 消 費 税 の 収 入 額 は10.8 兆 円 で 税 収 に 占 める 割 合 は23.6% 一 般 会 計

More information

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 鳥 獣 被 害 の 現 状 と 対 策 平 成 2 8 年 3 月 目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 隊 8 6 鳥 獣 被 害 防 止

More information

2011年8月29日

2011年8月29日 各 県 別 海 事 産 業 の 経 済 学 青 森 県 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1401 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 情 報 課 長 奈 良 孝 1. 県 勢 青 森 県 は 日 本 の 本 州 最 北 端 に 位 置 し 北 は 津 軽 海 峡 を 隔 てて 北 海 道 に 相 対 し 東 は 太 平 洋 西 は 日 本 海 に 面 し 南 は 岩

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 新 宿 区 1 新 宿 区 は 外 国 人 住 民 が 全 国 で 一 番 多 く 暮 らす 自 治 体 で 全 区 民 の10%を 超 えています 地 域 別 全 国 平 成 26 年 1 月 1 日 現 在 住 民 記 録 人 口 総 数 ( 人 ) 日 本 人 住 民 人 口 外 国 人 住 民 人 口 人 数 ( 人 ) 割 合 (%) 人

More information

はじめに 我 が 国 においては 様 々な 構 造 変 化 によって 水 産 物 の 需 給 状 況 も 大 きく 変 化 してきております 特 に 近 年 は 海 外 に 依 存 していた 水 産 物 については 現 地 での 買 い 負 けが 起 こる 一 方 国 内 の 水 産 物 の 中 に

はじめに 我 が 国 においては 様 々な 構 造 変 化 によって 水 産 物 の 需 給 状 況 も 大 きく 変 化 してきております 特 に 近 年 は 海 外 に 依 存 していた 水 産 物 については 現 地 での 買 い 負 けが 起 こる 一 方 国 内 の 水 産 物 の 中 に 水 産 物 流 通 構 造 改 革 事 業 支 援 事 業 報 告 書 ( 平 成 20 年 度 ) 平 成 21 年 3 月 財 団 法 人 魚 価 安 定 基 金 はじめに 我 が 国 においては 様 々な 構 造 変 化 によって 水 産 物 の 需 給 状 況 も 大 きく 変 化 してきております 特 に 近 年 は 海 外 に 依 存 していた 水 産 物 については 現 地 での 買

More information

スライド 1

スライド 1 訪 日 旅 行 の 全 体 像 4 ( 単 位 : 千 人 ) 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 訪 日 旅 行 者 数 訪 日 旅 行 マーケットの 全 体 像 -199 年 以 降 の 訪 日 旅 行 者 数 の 推 移 - 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO)がまとめた 訪 日 旅 行 者 数 の199 年 からの 推 移 をみると 24 年 から 急 速 に 訪 日

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

日 本 のホテル 市 場 は 1980 年 代 の 不 動 産 バブル 1990 年 代 の 失 われた 10 年 と 呼 ばれる 長 期 不 況 期 2008 年 のリーマンショックにかけての ファンドバブル その 後 のデフレ 不 況 という 景 気 の 浮 沈 の 中 で 紆 余 曲 折 を

日 本 のホテル 市 場 は 1980 年 代 の 不 動 産 バブル 1990 年 代 の 失 われた 10 年 と 呼 ばれる 長 期 不 況 期 2008 年 のリーマンショックにかけての ファンドバブル その 後 のデフレ 不 況 という 景 気 の 浮 沈 の 中 で 紆 余 曲 折 を 663-8006 兵 庫 県 西 宮 市 段 上 町 3-14-4-607 TEL:0798-52-7470 FAX:0798-52-7480 ホテルマーケットレポート ~ 変 革 期 に 入 った 日 本 のホテル 市 場 ~ 2015 年 12 月 24 日 エーエム ワークス 日 本 のホテル 市 場 は 1980 年 代 の 不 動 産 バブル 1990 年 代 の 失 われた 10 年 と

More information

~ 危 機 管 理 としての 新 型 インフルエンザ 及 び 全 国 的 かつ 急 速 なまん 延 のおそれのある 新 感 染 症 対 策 のために~ 1. 体 制 整 備 等 新 型 インフルエンザ 等 対 策 特 別 措 置 法 の 体 系 (1) 行 動 計 画 の 作 成 等 の 体 制 整

~ 危 機 管 理 としての 新 型 インフルエンザ 及 び 全 国 的 かつ 急 速 なまん 延 のおそれのある 新 感 染 症 対 策 のために~ 1. 体 制 整 備 等 新 型 インフルエンザ 等 対 策 特 別 措 置 法 の 体 系 (1) 行 動 計 画 の 作 成 等 の 体 制 整 資 料 2 指 定 公 共 機 関 関 係 説 明 資 料 平 成 25 年 1 月 9 日 内 閣 官 房 新 型 インフルエンザ 等 対 策 室 ~ 危 機 管 理 としての 新 型 インフルエンザ 及 び 全 国 的 かつ 急 速 なまん 延 のおそれのある 新 感 染 症 対 策 のために~ 1. 体 制 整 備 等 新 型 インフルエンザ 等 対 策 特 別 措 置 法 の 体 系 (1)

More information