<4D F736F F F696E74202D F D8D C390EA96E58CA48F B408D5C90E096BE89EF816A2E >

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478>"

Transcription

1 総 合 診 療 専 門 プログラムについて 北 海 道 第 2 回 新 専 門 医 制 度 説 明 会 北 海 道 家 庭 医 療 学 センター 草 場 鉄 周 ( 日 本 専 門 医 機 構 総 合 診 療 専 門 医 に 関 する 委 員 会 ワーキンググループ メンバー) 総 合 診 療 専 門 医 養 成 の 背 景 ( 専 門 医 の 在 り 方 検 討 会 報 告 書 より) 1. 特 定 の 臓 器 や 疾 患 に 限 定 することなく 幅 広 い 視 野 で 患 者 を 診 る 医 師 が 必 要 であること 2. 複 数 の 疾 患 等 の 問 題 を 抱 える 患 者 にとっては 複 数 の 従 来 の 領 域 別 専 門 医 による 診 療 よりも 総 合 的 な 診 療 能 力 を 有 する 医 師 による 診 療 の 方 が 適 切 な 場 合 もあること 3. 地 域 では 慢 性 疾 患 や 心 理 社 会 的 な 問 題 に 継 続 的 なケアを 必 要 としている 患 者 が 多 いこと 4. 高 齢 化 に 伴 い 特 定 の 臓 器 や 疾 患 を 超 えた 多 様 な 問 題 を 抱 える 患 者 が 今 も 増 えること 制 度 検 討 の 流 れ 月 厚 労 省 専 門 医 の 在 り 方 検 討 会 報 告 書 にて 基 本 専 門 領 域 としての 総 合 診 療 専 門 医 の 設 立 明 記 月 日 本 専 門 医 機 構 設 立 月 総 合 診 療 専 門 医 に 関 する 委 員 会 ワーキンググループを 設 置 し 詳 細 検 討 月 総 合 診 療 専 門 医 の プログラム 整 備 基 準 発 表 プログラム 整 備 基 準 1. 理 念 と 使 命 2. 専 門 の 目 標 3. 専 門 の 方 法 4. 専 門 の 評 価 5. 専 門 施 設 とプログラムの 認 定 基 準 6. 専 門 プログラムを 支 える 体 制 7. 専 門 実 績 記 録 システム マニュアル 等 の 整 備 8. 専 門 プログラムの 評 価 と 改 善 9. 専 攻 医 の 採 用 と 了 日 本 専 門 医 機 構 HPに に 詳 細 は 全 て 掲 載

2 総 合 診 療 専 門 医 のあり 方 厚 生 労 働 省 専 門 医 の 在 り 方 検 討 会 最 終 報 告 書 より 1. 理 念 と 使 命 総 合 診 療 専 門 医 は 従 来 の 領 域 別 専 門 医 が 深 さ が 特 徴 である のに 対 し 扱 う 問 題 の 広 さと 多 様 性 が 特 徴 であり 専 門 医 の 一 つとして 基 本 領 域 に 加 えるべきである 総 合 診 療 専 門 医 は 日 常 的 に 頻 度 の 高 い 疾 病 や 傷 害 に 対 応 出 来 る 事 に 加 えて 地 域 によって 異 なる 医 療 ニーズに 的 確 に 対 応 出 来 る 地 域 を 診 る 医 師 の 視 点 が 重 要 である 地 域 のニーズを 基 盤 として 多 職 種 と 連 携 して 包 括 的 且 つ 多 様 な 医 療 サービス ( 在 宅 医 療 緩 和 ケア 高 齢 者 ケアなど) を 柔 軟 に 提 供 し 地 域 における 予 防 医 療 健 康 増 進 活 動 等 を 通 して 地 域 全 体 の 健 康 向 上 に 貢 献 出 来 る 総 合 診 療 専 門 医 制 度 の 理 念 現 在 地 域 の 病 院 や 診 療 所 の 医 師 が かかりつけ 医 として 地 域 医 療 を 支 えている 今 の 日 本 社 会 の 急 速 な 高 齢 化 等 を 踏 まえると 健 康 にか かわる 問 題 について 適 切 な 初 対 応 等 を 行 う 医 師 が 必 要 となることから 総 合 的 な 診 療 能 力 を 有 する 医 師 の 専 門 性 を 評 価 し 新 たな 基 本 診 療 領 域 の 専 門 医 と 位 置 づける 以 下 の3つの 理 念 に 基 づいて 制 度 を 構 築 する 1. 総 合 診 療 専 門 医 の 質 の 向 上 を 図 り 以 て 国 民 の 健 康 福 祉 に 貢 献 することを 第 一 の 目 的 とする 2. 地 域 で 活 躍 する 総 合 診 療 専 門 医 が 誇 りをもって 診 療 等 に 従 事 でき る 専 門 医 資 格 とする 特 に これから 総 合 診 療 専 門 医 資 格 の 取 得 を 目 指 す 若 手 医 師 にとって 夢 と 希 望 を 与 える 制 度 となることを 目 指 す 3. 我 が 国 の 今 の 医 療 提 供 体 制 の 構 築 に 資 する 制 度 とする 2. 専 門 の 目 標 の 到 達 目 標 総 合 診 療 専 門 医 の6つのコアコンピテンシー 1. 人 間 中 心 の 医 療 ケア 2. 包 括 的 統 合 アプローチ 3. 連 携 重 視 のマネジメント 4. 地 域 志 向 アプローチ 5. 公 益 に 資 する 職 業 規 範 6. 診 療 の 場 の 多 様 性 1. 人 間 中 心 の 医 療 ケア 1) 患 者 中 心 の 医 療 2) 家 族 志 向 型 医 療 ケア 3) 患 者 家 族 との 協 働 を 促 すコミュニケーション 2. 包 括 的 統 合 アプローチ 1) 未 分 化 で 多 様 かつ 複 雑 な 健 康 問 題 への 対 応 2) 効 率 よく 的 確 な 臨 床 推 論 3) 健 康 増 進 と 疾 病 予 防 4) 継 続 的 な 医 療 ケア

3 3. 連 携 重 視 のマネジメント 1) 多 職 種 協 働 のチーム 医 療 2) 医 療 機 関 連 携 および 医 療 介 護 連 携 3) 組 織 運 営 マネジメント 4. 地 域 志 向 アプローチ 1) 保 健 医 療 介 護 福 祉 事 業 への 参 画 2) 地 域 ニーズの 把 握 とアプローチ 5. 公 益 に 資 する 職 業 規 範 1) 倫 理 観 と 説 明 責 任 2) 自 己 鑽 とワークライフバランス 3) 究 と 教 育 6. 診 療 の 場 の 多 様 性 1) 外 来 医 療 2) 救 急 医 療 3) 病 棟 医 療 4) 在 宅 医 療 の 経 験 目 標 1. 身 体 診 察 及 び 検 査 治 療 手 技 2. 一 般 的 な 症 候 への 適 切 な 対 応 と 問 題 解 決 3. 一 般 的 な 疾 患 病 態 に 対 する 適 切 なマネジメ ント 4. 医 療 介 護 の 連 携 活 動 5. 保 健 事 業 予 防 医 療 外 来 における 総 合 診 療 医 の 役 割 1. 外 来 で 遭 遇 する 頻 度 の 高 い 健 康 問 題 に 対 応 し 相 談 に のり 適 切 な 問 題 解 決 や 安 定 化 をはかることができ 必 要 な 専 門 家 に 紹 介 することができる 2. 行 動 医 学 に 基 づき 患 者 を 意 識 変 容 行 動 変 容 に 導 くよ うに 対 応 できる 3. 外 来 で 提 供 可 能 なリハビリテーションを 多 職 種 と 共 同 しな がら 提 供 することができる 4. 軽 症 にみえる 重 症 疾 患 重 症 外 傷 を 見 逃 さず 対 応 できる 5. 診 断 困 難 事 例 への 対 応 ができる 6. 心 理 社 会 的 問 題 の 解 決 が 困 難 な 事 例 への 対 応 ができる 7. 大 きな 社 会 問 題 である 認 知 症 について 患 者 家 族 地 域 社 会 に 対 して 適 切 に 対 応 できる 救 急 における 総 合 診 療 医 の 役 割 1. 救 急 外 来 において 重 大 な 疾 患 を 見 逃 さず 軽 症 救 急 全 般 及 び 中 等 症 救 急 の 一 部 を 担 当 できる 2. 災 害 時 には 地 域 の 資 源 に 応 じた 適 切 な 救 急 医 療 を 担 い 正 常 な 診 療 体 制 構 築 までの 外 来 病 棟 在 宅 医 療 の 提 供 に 資 することができる 病 棟 における 総 合 診 療 医 の 役 割 1. 当 該 地 域 医 療 機 関 において 入 院 頻 度 の 高 い 疾 患 あ るいは 健 康 問 題 の 診 断 と 治 療 ができる 2. 外 来 在 宅 など 他 のセッティングとの 切 れ 目 のない 連 携 の 下 で リハビリテーション 長 入 院 患 者 診 療 術 前 術 の 病 棟 患 者 管 理 を 含 む 必 要 な 入 院 ケアが 提 供 できる 3. 併 存 疾 患 の 多 い 患 者 の 主 治 医 機 能 をはたすことが できる 4. 心 理 社 会 的 複 雑 事 例 への 対 応 とマネジメントができ る 5. 地 域 連 携 を 活 かして 退 院 支 援 ができる 6. 終 末 患 者 への 病 棟 医 療 を 適 切 に 提 供 できる

4 在 宅 における 総 合 診 療 医 の 役 割 ( 一 部 抜 粋 ) 1. 在 宅 療 養 を 行 う 高 齢 患 者 に 対 して 高 齢 者 総 合 機 能 評 価 を 実 施 し 老 医 学 的 諸 問 題 に 対 応 できる 2. 在 宅 急 性 医 療 において 在 宅 医 療 の 限 界 を 踏 まえて 必 要 なアセスメント 往 診 の 適 切 な 提 供 入 院 適 応 の 判 断 予 せぬ 臨 死 の 対 応 ができる 3. 専 門 の 方 法 と 評 価 ポイント 総 合 診 療 で 活 用 する 教 育 方 略 知 識 と 技 能 の 向 上 に 加 えて 経 験 の 省 察 と 総 合 診 療 の 基 本 概 念 の 理 解 が 両 輪 外 来 在 宅 病 棟 救 急 地 域 ケアの 現 場 で 外 来 指 導 症 例 カンファなどを 活 用 して 学 習 手 帳 とポートフォリオを 方 略 及 び 評 価 法 とし て3 間 にわたって 活 用 日 本 医 師 会 や 学 会 の 講 習 会 やe-learningも 適 宜 活 用 総 括 評 価 もポートフォリオと 手 帳 で 実 施 外 来 プリセプティング 短 時 間 でが 入 り 診 療 におい て 学 習 者 を 評 価 し 教 育 1. 考 えを 述 べさせる 2. 根 拠 を 述 べさせる 3. 一 般 論 のミニ 講 義 4. 出 来 たことを 褒 める 5. 間 違 いを 正 す ビデオレビュー 面 接 を 主 観 的 客 観 的 に 評 価 す ることで 自 らが 日 頃 気 付 いてい ない 面 接 の 長 所 / 短 所 を 自 覚 し 面 接 能 力 を 向 上 させる 手 帳 3 間 を 通 じて 目 標 を 網 羅 した 手 帳 に の 実 績 を 記 録 する 記 録 内 容 を 定 的 に 指 導 医 と 確 認 し の 進 捗 状 況 を 把 握 することが 目 的 全 ての 診 療 科 で 同 一 の 評 価 表 を 用 いながら 一 貫 性 のある 評 価 を 展 開 了 評 価 の 際 の 重 要 な 資 料 の 一 つ Showcase Portfolio ( 最 良 作 品 型 ポートフォリオ) Work based assessment( 実 際 の 仕 事 ぶりを 評 価 ) Learning portfolio( 自 らの 学 びの 有 り 様 も 記 載 し 評 価 ) 専 攻 医 が 習 得 すべきコンピテンシーの 領 域 に 関 する 達 成 を 証 明 する 仕 事 内 容 を 症 例 報 告 ではなく 実 践 内 容 として 記 述 現 在 20 領 域 を 想 定 23 24

5 専 門 基 幹 施 設 4. 施 設 とプログラムの 認 定 1. 総 合 診 療 専 門 ⅠもしくはⅡの 施 設 基 準 を 満 たしていること ただし 大 学 病 院 は 全 体 の 統 括 組 織 としての 役 割 を 果 して いる 場 合 はその 限 りではない 2. プログラム 統 括 責 任 者 が 常 勤 で 勤 務 し コーディネーターとして の 役 目 を 十 分 果 たせるように 時 間 的 経 済 的 な 配 慮 が 十 分 なさ れていること 3. 専 門 施 設 群 内 での 情 報 等 の 共 有 が 円 滑 に 行 われる 環 境 ( 例 えばTV 会 議 システム 等 )が 整 備 されていること 4. プログラム 運 営 を 支 援 する 事 務 の 体 制 が 整 備 されていること 5. に 必 要 な 図 書 や 雑 誌 インターネット 環 境 が 整 備 されている こと 6. 自 施 設 で 臨 床 究 を 実 施 したり 大 学 等 の 究 機 関 と 連 携 した 究 ネットワークに 加 わったりするなど 究 活 動 が 活 発 に 行 わ れていること 総 合 診 療 専 門 Ⅰ Ⅱ 領 域 別 総 合 診 療 専 門 Ⅰ 診 療 所 または 地 域 の 中 小 病 院 ( 規 模 は 以 下 の 要 件 を 満 たせば 病 床 数 では 規 定 しない) 外 来 診 療 ( 学 童 以 下 が 5% 以 上 高 齢 者 が10% 以 上 ) 訪 問 診 療 ( 在 宅 療 養 支 援 診 療 所 病 院 またはこれに 準 じる 施 設 )およ び 地 域 包 括 ケアの が 可 能 な 施 設 総 合 診 療 専 門 Ⅱ 総 合 診 療 部 門 を 有 する 病 院 ( 規 模 は 以 下 の 要 件 を 満 たせば 病 床 数 などで 規 定 しない) 一 般 病 床 を 有 し 救 急 医 療 を 提 供 し 臓 器 別 でない 病 棟 診 療 ( 高 齢 入 院 患 者 や 心 理 社 会 倫 理 的 問 題 を 含 む 複 数 の 健 康 問 題 を 抱 える 患 者 の 包 括 ケア 癌 非 癌 患 者 の 緩 和 ケア 等 )と 臓 器 別 でな い 外 来 診 療 ( 救 急 も 含 む 初 診 を 数 多 く 経 験 し 複 数 の 健 康 問 題 をもつ 患 者 への 包 括 的 ケアを 経 験 等 )の が 可 能 な 施 設 内 科 1. 基 幹 型 または 協 力 型 臨 床 病 院 であること 2. 内 科 病 床 数 が 50 床 以 上 あ ること 3. 内 科 常 勤 医 が 5 名 以 上 在 籍 していること 4. 内 科 指 導 医 が 3 名 以 上 在 籍 していること 5. 内 科 専 門 プログラムに 参 加 していること にあたっては 内 科 指 導 医 が 指 導 すること 小 児 科 常 勤 の 小 児 科 指 導 医 がい る 病 院 で 外 来 救 急 病 棟 の( 日 常 的 によく 遭 遇 する 疾 患 を 中 心 とした) が 行 える 施 設 にあたっては 小 児 科 専 門 医 等 が 指 導 すること 救 急 科 救 命 救 急 センターもしくは 救 急 科 専 門 医 指 定 施 設 も しくは 救 急 科 専 門 医 等 が 救 急 担 当 として 専 従 する 一 定 の 規 模 の 医 療 機 関 ( 救 急 に よる 搬 送 等 の 件 数 1000 件 以 上 / ) にあたっては 救 急 科 専 門 医 あるいは 救 急 に 専 従 する 医 師 が 指 導 すること その 他 領 域 別 プライマリ ケアと 関 連 の 深 い 診 療 領 域 ( 一 般 外 科 整 形 外 科 精 神 科 産 科 婦 人 科 皮 膚 科 眼 科 耳 鼻 科 な ど)の を 行 える 病 院 ま たは 診 療 所 各 領 域 の 専 門 科 指 導 医 を1 名 以 上 置 くこと 診 療 実 績 基 準 総 合 診 療 専 門 Ⅰ のべ 外 来 患 者 数 400 名 以 上 / 月 のべ 訪 問 診 療 件 数 20 件 以 上 / 月 総 合 診 療 専 門 Ⅱ のべ 外 来 患 者 数 200 名 以 上 / 月 入 院 患 者 総 数 20 名 以 上 / 月 内 科 入 院 患 者 総 数 40 名 以 上 / 月 小 児 科 のべ 外 来 患 者 数 400 名 以 上 / 月 救 急 科 救 急 による 搬 送 等 の 件 数 1000 件 以 上 / ただし 複 数 の 施 設 によって 各 診 療 領 域 の 施 設 群 を 構 築 することで 上 記 の 基 準 を 満 たすことも 可 能 であり その 場 合 は 施 設 単 位 で 必 ずしも 上 記 基 準 を 満 たさなくても 良 い

6 施 設 群 の 構 成 3 以 上 の 間 1. 総 合 診 療 専 門 は 診 療 所 中 小 病 院 における 総 合 診 療 専 門 Ⅰと 病 院 総 合 診 療 部 門 における 総 合 診 療 専 門 Ⅱで 構 成 され それぞれ6 ヶ 月 以 上 合 計 で18 ヶ 月 以 上 の を 行 う 2. 必 須 領 域 別 として 内 科 6 ヶ 月 以 上 小 児 科 3 ヶ 月 以 上 救 急 科 3 ヶ 月 以 上 の を 行 う 3. その 他 の 領 域 別 では 目 標 の 達 成 に 必 要 な 範 囲 で 外 科 整 形 外 科 産 婦 人 科 精 神 科 皮 膚 科 眼 科 耳 鼻 咽 喉 科 などの 各 科 での を 行 う プログラムの 施 設 体 制 プログラム 統 括 責 任 者 が 在 籍 する 専 門 基 幹 施 設 の 種 別 により3つに 分 類 1. 大 学 病 院 基 幹 型 2. 地 方 センター 病 院 基 幹 型 3. 診 療 所 基 幹 型 プログラムの 施 設 体 制 の 基 準 < 必 須 > 総 合 診 療 専 門 Ⅰ: 診 療 所 中 小 病 院 総 合 診 療 専 門 Ⅱ: 病 院 の 総 合 診 療 部 門 内 科 : 内 科 領 域 の 病 院 小 児 科 : 小 児 科 領 域 の 病 院 救 急 科 : 救 急 科 領 域 の 病 院 <オプション> その 他 ( 整 形 外 科 産 婦 人 科 精 神 科 等 ): 総 合 病 院 あるいは 専 門 クリニック 等 パターン1: 大 学 病 院 基 幹 型 総 合 診 療 医 学 講 座 の 教 育 体 制 が 充 実 したA 大 学 を 核 として 比 較 的 広 域 の 医 療 機 関 が 協 力 して 築 いた 連 携 体 制 連 携 施 設 : 責 任 者 : 各 診 療 科 科 長 : 内 科 小 児 科 救 急 科 (1 ) 都 市 部 で 各 科 が 充 実 した 病 院 基 幹 施 設 :A 大 学 病 院 総 合 診 療 部 門 プログラム 責 任 者 :E 教 授 : 総 合 診 療 (2ヶ 月 ) 精 神 科 (2ヶ 月 ) 産 婦 人 科 (2ヶ 月 ) 連 携 施 設 :C 病 院 責 任 者 : 総 合 診 療 科 F 科 長 : 総 合 診 療 専 門 Ⅱ(1 ) 比 較 的 医 療 過 疎 地 域 のセンター 病 院 基 幹 施 設 として3 間 を 通 じた サポートを 提 供 連 携 施 設 :D 診 療 所 責 任 者 :G 所 長 : 総 合 診 療 専 門 Ⅰ(6ヶ 月 ) 比 較 的 医 療 過 疎 地 域 の 診 療 所 パターン1のローテーション 例 A 大 学 病 院 目 総 合 診 療 精 神 科 産 婦 人 科 内 科 2 C 病 院 目 小 児 科 救 急 科 総 合 診 療 専 門 Ⅱ 3 C 病 院 D 診 療 所 目 総 合 診 療 専 門 Ⅱ 総 合 診 療 専 門 Ⅰ パターン2: 地 方 センター 病 院 基 幹 型 総 合 診 療 科 の 指 導 陣 が 充 実 したA 病 院 を 核 として 地 域 の 医 療 機 関 が 協 力 して 築 いた 連 携 体 制 基 幹 施 設 として3 間 を 通 じた サポートを 提 供 基 幹 施 設 :A 病 院 プログラム 責 任 者 : 総 合 診 療 部 門 E 部 長 : 総 合 診 療 専 門 Ⅱ(1 ) 内 科 小 児 科 救 急 科 (1 ) 連 携 施 設 : 責 任 者 : 各 科 科 長 : 精 神 科 産 婦 人 科 整 形 外 科 放 射 線 科 (6ヶ 月 ) 同 一 医 療 圏 内 で 各 科 が 充 実 した 病 院 連 携 施 設 :Dクリニック 責 任 者 :G 院 長 : 総 合 診 療 専 門 Ⅰ 連 携 施 設 であり 専 攻 医 に よっては を 提 供 連 携 施 設 :Cクリニック 責 任 者 :F 院 長 : 総 合 診 療 専 門 Ⅰ(6ヶ 月 ) 同 一 医 療 圏 内 で 医 師 会 の 協 力 を 得 た 開 業 医 の 診 療 所

7 1 目 2 目 3 目 パターン2のローテーション 例 A 病 院 総 合 診 療 専 門 Ⅱ A 病 院 小 児 科 救 急 科 内 科 精 神 科 産 婦 人 科 整 形 外 科 放 射 線 科 C 診 療 所 総 合 診 療 専 門 Ⅰ C 診 療 所 のローテーションはD 診 療 所 になる 時 もあり パターン3: 診 療 所 基 幹 型 グループ 診 療 体 制 で サポート 体 制 が 充 実 したA クリニックを 核 として 総 合 病 院 と 中 小 病 院 も 含 む 連 携 体 制 連 携 施 設 : 責 任 者 : 各 診 療 科 科 長 : 総 合 診 療 専 門 Ⅱ(6ヶ 月 ) 内 科 小 児 科 救 急 科 (1 ) 各 科 が 充 実 した 病 院 基 幹 施 設 :Aクリニック プログラム 責 任 者 :D 院 長 : 総 合 診 療 専 門 Ⅰ(1 ) 週 に1 日 は で 精 神 科 皮 膚 科 整 形 外 科 産 婦 人 科 等 の 外 来 診 療 を 実 施 基 幹 施 設 として3 間 を 通 じた サポートを 提 供 連 携 施 設 :C 病 院 責 任 者 :F 院 長 : 総 合 診 療 専 門 Ⅰ(6ヶ 月 ) 比 較 的 医 療 過 疎 地 域 の 中 小 病 院 1 目 2 目 3 目 パターン3のローテーション 例 Aクリニック 総 合 診 療 専 門 Ⅰ( 同 時 に にて 各 科 の も1 日 / 週 実 施 ) 内 科 小 児 科 救 急 科 C 病 院 総 合 診 療 専 門 Ⅱ 総 合 診 療 専 門 Ⅰ ポイント 基 本 的 に 同 一 都 道 府 県 で 施 設 群 を 構 成 プログラム 全 体 での 専 攻 医 の 間 受 入 数 の 上 限 は 総 合 診 療 専 門 Ⅰ 及 びⅡを 提 供 する 施 設 で 指 導 にあたる 総 合 診 療 専 門 指 導 医 の 総 数 の2 倍 同 時 に 受 け 入 れできる 専 攻 医 の 数 は 指 導 を 担 当 する 医 師 1 名 に 対 して3 名 まで へき 地 における 体 制 の 特 例 あり 専 攻 医 は 学 術 大 会 での 発 表 と 論 文 作 成 が 必 須 ポイント 5. 専 門 プログラムを 支 える 体 制 プログラム 統 括 責 任 者 が 運 営 の 実 務 を 担 い プログラム 委 員 会 が を 管 理 監 督 総 合 診 療 専 門 指 導 医 の 認 定 については 日 本 全 体 で 総 合 診 療 に 取 り 組 んで 来 たベテ ラン 医 師 の 力 を 結 集 プログラム 統 括 責 任 者 については 指 導 経 験 を 持 つプロの 力 を 結 集

8 総 合 診 療 専 門 指 導 医 の 役 割 総 合 診 療 領 域 の 専 門 性 に 基 づいた 学 習 の 提 供 医 学 知 識 とその 検 索 活 用 方 法 の 提 供 臨 床 手 技 (スキル)の 学 習 の 提 供 精 神 心 理 面 への 配 慮 専 攻 医 の 評 価 ロールモデル 総 合 診 療 専 門 指 導 医 臨 床 能 力 教 育 能 力 については 6つのコアコンピテンシーを 具 体 的 に 実 践 していることなどが 求 められる レポートの 提 出 などによ りそれらを 確 認 し 総 合 診 療 専 門 指 導 医 講 習 会 (1 泊 2 日 程 度 )の 受 講 を 経 て 理 解 度 などについての 試 験 を 行 う 指 導 医 の 候 補 としては 以 下 の1)~6)が 挙 げられている 1) 日 本 プライマリ ケア 連 合 学 会 認 定 のプライマリ ケア 認 定 医 及 び 家 庭 医 療 専 門 医 2) 全 自 病 協 国 診 協 認 定 の 地 域 包 括 医 療 ケア 認 定 医 3) 日 本 病 院 総 合 診 療 医 学 会 認 定 医 4) 大 学 病 院 または 初 臨 床 病 院 にて 総 合 診 療 部 門 に 所 属 し 総 合 診 療 を 行 う 医 師 ( 卒 の 臨 床 経 験 7 以 上 ) 5) 4)の 病 院 に 協 力 して 地 域 において 総 合 診 療 を 実 践 している 医 師 ( 同 上 ) 6) 都 道 府 県 医 師 会 ないし 郡 市 区 医 師 会 から 総 合 診 療 専 門 医 専 門 カリキュ ラムに 示 される 到 達 目 標 : 総 合 診 療 専 門 医 の6つのコアコンピテンシー につい て 地 域 で 実 践 してきた 医 師 として 推 薦 された 医 師 ( 同 上 ) PG 統 括 責 任 者 の 役 割 プログラムの 管 理 遂 行 や 専 攻 医 の 採 用 了 に つき 最 終 責 任 を 負 い 専 門 プログラム 管 理 委 員 会 における 評 価 に 基 づいて 専 攻 医 の 最 終 的 な 了 判 定 を 行 い その 資 質 を 証 明 する 書 面 を 発 行 す る その 他 以 下 の 役 割 権 限 を 担 う 1. プログラムの 企 画 立 案 と 実 施 の 管 理 2. 指 導 体 制 の 構 築 指 導 医 への 支 援 3. 専 攻 医 に 対 する 指 導 と 評 価 4. 専 攻 医 への 配 慮 メンタリング 5. プログラムの 点 検 評 価 6. プログラムのプロモーションやリクルートメント 戦 略 プログラム 統 括 責 任 者 プログラム 統 括 責 任 者 の 資 格 要 件 として 以 下 の1) 2) 3)の 全 てを 満 たすことを 原 則 とする 1) 専 門 指 導 医 であること 2) 総 合 診 療 専 門 プログラムの 専 門 基 幹 施 設 に 所 属 している こと 3) 以 下 の のいずれかである 1 日 本 プライマリ ケア 連 合 学 会 認 定 指 導 医 2 全 自 病 協 国 診 協 認 定 の 地 域 包 括 医 療 ケア 認 定 施 設 の 教 育 責 任 者 3 日 本 病 院 総 合 診 療 医 学 会 の 認 定 医 養 成 施 設 の 教 育 責 任 者 4 大 学 病 院 または 臨 床 指 定 病 院 における 総 合 診 療 部 門 の 責 任 者 プログラム 運 営 能 力 を 標 準 化 することを 目 的 として 総 合 診 療 専 門 プログラム 統 括 責 任 者 講 習 会 (1 日 程 度 )を 行 う 6. を 支 えるツールなど 総 合 診 療 専 門 カリキュラム 総 合 診 療 専 門 専 攻 医 手 帳 目 標 及 び の 場 総 合 診 療 専 門 指 導 医 マニュアル 内 科 小 児 科 救 急 科 における の 指 針 ( 現 在 作 成 中 )

9 今 の 展 開 指 導 医 養 成 講 習 会 とプログラム 統 括 責 任 者 講 習 会 の 開 催 現 在 講 習 会 の 細 部 についての 議 論 を 実 施 中 プログラム 認 定 認 定 にあたっての 細 則 策 定 も 含 めて 申 請 から 審 査 そして 認 定 などのフローを 今 検 討 月 にプログラム 公 募 開 始 月 に 新 制 度 1 生 の 開 始 ご 清 聴 ありがとうございました

1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 整 形 外 科 専 門 医 は 国 民 の 皆 様 に 質 の 高 い 運 動 器 医 療 を 提 供 することが 求 められます こ のため 整 形 外 科 専 門 医 制 度 は 医 師 として 必 要 な 臨 床 能 力 および 運

1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 整 形 外 科 専 門 医 は 国 民 の 皆 様 に 質 の 高 い 運 動 器 医 療 を 提 供 することが 求 められます こ のため 整 形 外 科 専 門 医 制 度 は 医 師 として 必 要 な 臨 床 能 力 および 運 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 後 の 成 果 3. 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラムの 目 標 と 特 徴 4. 研 修 方 法 4.1 基 本 方 針 4.2 研 修 計 画 専 門 知 識 の 習 得 計 画 専 門

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

program_0410.docx

program_0410.docx 太 田 総 合 病 院 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 特 徴 3. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 目 標 4. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 方 法 5. 専 門 研 修 の 評 価 について 6. 研 修

More information

到 達 目 標 ( 修 得 すべき 知 識 技 能 態 度 など) i 専 門 知 識 総 合 診 療 の 専 門 知 識 は 以 下 の5 領 域 で 構 成 される. 地 域 住 民 が 抱 える 健 康 問 題 には 単 に 生 物 医 学 的 問 題 のみではなく 患 者 自 身 の 健 康

到 達 目 標 ( 修 得 すべき 知 識 技 能 態 度 など) i 専 門 知 識 総 合 診 療 の 専 門 知 識 は 以 下 の5 領 域 で 構 成 される. 地 域 住 民 が 抱 える 健 康 問 題 には 単 に 生 物 医 学 的 問 題 のみではなく 患 者 自 身 の 健 康 専 門 研 修 プログラム 整 備 基 準 研 修 プログラムを 申 請 する 研 修 基 幹 施 設 の 責 任 者 は 本 整 備 基 準 に 準 拠 した 研 修 プログラムを 作 成 し てください 研 修 プログラムは 日 本 専 門 医 機 構 の 中 の 研 修 プログラム 研 修 施 設 評 価 認 定 部 門 研 修 委 員 会 で 審 査 され 基 準 に 照 らして 認 定 されます

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

4 他 の 診 療 科 や 医 療 職 種 と 連 携 協 力 し 良 好 なコミュニケーションのもとで 診 療 を 進 めることができ 5 必 要 に 応 じて 病 院 前 診 療 を 行 え 6 病 院 前 救 護 のメディカルコントロールが 行 え 7 災 害 医 療 において 指 導 的 立

4 他 の 診 療 科 や 医 療 職 種 と 連 携 協 力 し 良 好 なコミュニケーションのもとで 診 療 を 進 めることができ 5 必 要 に 応 じて 病 院 前 診 療 を 行 え 6 病 院 前 救 護 のメディカルコントロールが 行 え 7 災 害 医 療 において 指 導 的 立 救 急 科 専 攻 医 指 導 者 マニュアル はじめに 救 急 医 療 では 医 学 的 緊 急 性 への 対 応 が 重 要 ですが 救 急 患 者 が 医 療 にアクセスした 段 階 では 緊 急 性 や 罹 患 臓 器 も 不 明 なため どのような 緊 急 性 にも 対 応 できる 専 門 医 が 必 要 となります そのためには 救 急 搬 送 患 者 を 中 心 に 診 療 し 急 病

More information

program_0160.docx

program_0160.docx 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 整 形 外 科 専 門 研 修 後 の 成 果 3. 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラムの 目 標 と 特 徴 4. 研 修

More information

公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 と 知 識 を 用 いて 水 準

公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 と 知 識 を 用 いて 水 準 2016 年 度 認 定 看 護 師 教 育 課 程 募 集 要 項 認 知 症 看 護 慢 性 心 不 全 看 護 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において

More information

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80>

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80> 平 成 26 年 度 山 形 大 学 大 学 院 入 学 者 選 抜 概 要 社 会 文 化 システム 研 究 科 地 域 教 育 文 化 研 究 科 理 工 学 研 究 科 ( 理 学 系 工 学 系 ) 農 学 研 究 科 教 育 実 践 研 究 科 平 成 25 年 8 月 社 会 の 高 度 化 複 雑 化 に 応 える5つの 研 究 科 と1つの 専 門 職 大 学 院 社 会 文 化 システム

More information

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案)

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案) 平 成 27 年 度 ( 後 期 入 学 ) 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 学 生 募 集 要 項 < 一 般 選 抜 > < 社 会 人 選 抜 > < 外 国 人 選 抜 > < 科 目 等 履 修 生 > 目 次 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 概 要 1 博 士 課 程 募 集 要 項 4 埼 玉 医 科 大

More information

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する 資 料 2-2 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 に 関 する 意 見 書 ( 案 ) 平 成 28 年 1 月 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機

More information

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 細 則 (2011 年 9 月 ) 目 次 1. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 2. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 3. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 会 費 規 則 ( 定

More information

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

供 した 例 がある しかし このような 船 舶 の 利 活 用 が 被 災 地 全 体 に 普 及 しなかったのは 活 用 可 能 な 船 舶 の 情 報 が 把 握 されていないことに 加 え 船 舶 において 医 療 活 動 を 実 施 すること 自 体 の 認 知 が 進 んでいなかったこと

供 した 例 がある しかし このような 船 舶 の 利 活 用 が 被 災 地 全 体 に 普 及 しなかったのは 活 用 可 能 な 船 舶 の 情 報 が 把 握 されていないことに 加 え 船 舶 において 医 療 活 動 を 実 施 すること 自 体 の 認 知 が 進 んでいなかったこと 自 分 を 守 る! ビジネスにつなげる! 社 会 貢 献 をする! 23 円 滑 な 医 療 体 制 を 構 築 している 例 事 例 番 号 174 兵 庫 県 内 の 大 学 と 医 療 団 体 海 事 団 体 で 災 害 時 医 療 支 援 船 構 想 推 進 協 議 会 設 立 取 組 主 体 災 害 時 医 療 支 援 船 構 想 推 進 協 議 会 取 組 の 実 施 地 域 兵 庫

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

【外科臨床研修プログラム】

【外科臨床研修プログラム】 1. 豊 田 厚 生 病 院 臨 床 研 修 プログラム 規 定 Ⅰ.プログラム 名 称 豊 田 厚 生 病 院 臨 床 研 修 プログラム( 以 下 プログラムと 略 す) Ⅱ.プログラムの 特 徴 豊 田 市 を 中 心 とした 西 三 河 北 部 医 療 圏 の 市 民 病 院 的 病 院 の 機 能 を 担 い 地 域 の 基 幹 病 院 としての 役 割 を 果 たしている 606 床 の

More information

Microsoft Word - 議事次第

Microsoft Word - 議事次第 平 成 25 年 6 月 28 日 金 10:00~12:00 厚 生 労 働 省 9 階 省 議 室 第 7 回 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 に 関 する 検 討 会 議 事 次 第 1. 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 について 2. その 他 配 付 資 料 資 料 1 特 定 機 能 病 院 及 び

More information

Microsoft Word - 20160808【2017年度版】(20160808追加修正版)山形県立中央病院 救急科専門研修プログラム.docx

Microsoft Word - 20160808【2017年度版】(20160808追加修正版)山形県立中央病院 救急科専門研修プログラム.docx 山 形 県 立 中 央 病 院 救 急 科 専 門 研 修 プログラム 0 山 形 県 立 中 央 病 院 救 急 科 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 山 形 県 立 中 央 病 院 救 急 科 専 門 研 修 プログラムについて 2. 救 急 科 専 門 研 修 の 方 法 3. 救 急 科 専 門 研 修 の 実 際 4. 専 攻 医 の 到 達 目 標 ( 修 得 すべき 知 識 技

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造-

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造- 活 力 ある 健 康 長 寿 社 会 の 実 現 - 新 たな 政 策 パッケージの 創 造 - 自 民 党 国 際 保 健 医 療 戦 略 特 命 委 員 会 委 員 長 参 議 院 議 員 武 見 敬 三 これまでの 教 訓 医 療 政 策 は 経 済 政 策 労 働 政 策 社 会 福 祉 政 策 など 包 括 的 な 国 家 運 営 の 中 で 計 画 実 施 される 必 要 がある また

More information

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 看 護 職 員 募 集 要 項 (2 次 募 集 ) 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 研 修 歯 科 医 師 募 集 要 項 募 集 職 種 研 修 歯 科 医 師 募 集 人 員 1 名 試 験 日 平 成 28 年 8 月 10 日 ( 水 ) 受 験 票 試 験 日 の 案 内 を 応 募 期 間 終 了 後 別 途 送 付 選 考 方 法 筆 記 試

More information

本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構

本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構 第 4 章 重 点 的 な 取 組 - 57 - 本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構 築 のために 市 町 村 が 重 点 的 に 取 り

More information

3 実務研修内容【分野別】

3 実務研修内容【分野別】 6) 地 域 栄 養 分 野 地 域 栄 養 ( 項 目 番 号 :T21-101 T21-201) 科 目 名 生 活 習 慣 病 の 発 症 予 防 と 重 症 化 予 防 単 位 数 講 義 3 単 位 がん 循 環 器 疾 患 糖 尿 病 及 び COPD( 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 対 処 するため 一 次 予 防 に 重 点 を 置 いた 対 策 を 推 進 するとともに 合

More information

AO-29-通し.indd

AO-29-通し.indd 平 成 29 年 度 (2017 年 度 ) 教 育 学 部 学 校 教 育 課 程 AO 入 試 学 生 募 集 要 項 添 付 用 紙 ( 綴 じ 込 み) この 要 項 には, 次 の 本 学 部 所 定 の 用 紙 が 綴 じ 込 みで 添 付 されています AO 入 試 志 願 票 AO 入 試 写 真 票 受 験 票 AO 入 試 自 己 推 薦 書 AO 入 試 自 己 推 薦 書 補

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 1. 施 設 の 称 市 立 四 日 市 病 院 研 修 に 関 するアンケート 2. 所 在 地 510-8567 四 日 市 市 芝 田 二 丁 目 2-37 3. 電 話 番 号 059-354-1111 4. ホームページ http://www.city.yokkaichi.mie.jp/hospital/ 5. 経 営 母 体 四 日 市 市 記 入 年 月 日 : 平 成 20 年 2

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 介 護 保 険 制 度 の 改 正 及 び 介 護 報 酬 改 定 について 神 奈 川 県 平 成 24 年 2 月 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 介 護 保 険 制 度 の 対 応 について 12 13 14 15 16 17 18 19 社 会 保 障 税 一 体 改

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

Taro-第1~4-2.jtd

Taro-第1~4-2.jtd 第 8 章 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 総 合 的 な 取 組 の 促 進 第 1 節 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 連 携 ( 現 状 及 び 課 題 ) 保 健 医 療 福 祉 は 相 互 に 密 接 に 関 わっており 医 療 連 携 体 制 の 構 築 にあ たっても 疾 病 の 予 防 特 定 健 診 特 定 保 健 指 導 各 種 の 相 談 治 療 リハビ リテーション

More information

( 新 ) 医 療 提 供 の 機 能 分 化 に 向 けたICT 医 療 連 携 導 入 支 援 事 業 費 事 業 の 目 的 医 療 政 策 課 予 算 額 58,011 千 円 医 療 分 野 において あじさいネットを 活 用 したICT したICT 導 入 により により 医 療 機 能

( 新 ) 医 療 提 供 の 機 能 分 化 に 向 けたICT 医 療 連 携 導 入 支 援 事 業 費 事 業 の 目 的 医 療 政 策 課 予 算 額 58,011 千 円 医 療 分 野 において あじさいネットを 活 用 したICT したICT 導 入 により により 医 療 機 能 事 業 の 目 的 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 費 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 に 基 づき づき 生 活 保 護 に 至 る 前 の 段 階 の 自 立 支 援 策 の 強 化 を 図 るため 生 活 困 窮 の 方 々に 々に 対 し し 各 種 事 業 を 実 施 福 祉 保 健 課 予 算 額 50,265 千 円 自 立 相 談 支 援 事 業 23,960 千

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

Microsoft Word - 01編入募集案内.doc

Microsoft Word - 01編入募集案内.doc 各 種 資 料 請 求 方 法 第 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 請 求 方 法 (6 月 中 旬 より 発 送 開 始 ) 封 筒 の 表 に 第 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 大 学 案 内 医 学 部 案 内 請 求 と 朱 書 きし 返 信 用 封 筒 角 形 2 号 (24.0 cm 33.3 cm)に 郵 便 番 号 住 所 氏 名 を 明 記 し 390

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は,

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は, 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 学 則 第 1 章 総 則 ( 大 学 院 の 目 的 ) 第 1 条 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 ( 以 下 本 学 大 学 院 という )は, 広 島 文 化 学 園 の 建 学 の 精 神 である 究 理 実 践 に 基 づき 対 話 の 教 育 を 推 し 進 め, 高 度 の 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための

More information

保険薬局におけるハイリスク薬取り扱い時の注意点

保険薬局におけるハイリスク薬取り扱い時の注意点 薬 剤 師 の 病 棟 業 務 の 進 め 方 (Ver.1.2) 一 般 社 団 法 人 日 本 病 院 薬 剤 師 会 平 成 28 年 6 月 4 日 1.はじめに 長 寿 社 会 の 到 来 疾 病 構 造 の 変 化 や 意 識 の 変 化 に 伴 い 国 民 の 医 療 ニーズは 多 様 化 している また 科 学 技 術 の 進 歩 により 医 療 技 術 も 高 度 化 し 専 門

More information

20141113(滋賀県)都道府県計画

20141113(滋賀県)都道府県計画 医 療 保 促 進 法 に 基 づく 滋 賀 県 計 画 平 成 26 年 10 月 滋 賀 県 - 2 - 1. 計 画 の 基 本 的 事 項 (1) 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 本 県 の 人 口 は 現 在 約 141 万 人 であり 全 国 でも 数 少 ない 人 口 増 加 県 であるが 平 成 27 年 (2015 年 )をピークとして 減 少 に 転 じると 見 込 まれている

More information

1 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 医 事 関 係 運 営 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 と 病 院 の 概 要 業 務 名 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 医 事 関 係 運 営 業 務 委 託 履 行 場 所 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 駅 前 2 丁 目 39 番 地 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 病 床 数 198 床 一 般 病 床 165 床, 療

More information

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分)

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分) 具 体 的 な 報 告 項 目 報 告 方 法 時 期 等 について 今 年 度 一 般 病 床 療 養 病 床 を 有 する 病 院 診 療 所 は 以 下 の 項 目 を 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 )までに 報 告 することとする(10 月 1 日 ( 水 ) 受 付 開 始 ) 報 告 項 目 1 平 成 26 年 7 月 1 日 時 点 における 医 療 機 能 ( 病

More information

第 5 章 教 育 機 関 の 認 定 及 び 取 消 し 第 1 節 教 育 機 関 の 審 査 と 認 定 第 11 条 本 会 は 認 定 看 護 師 の 水 準 を 均 質 にするため 認 定 看 護 師 の 教 育 にふさわしい 条 件 を 備 えた 教 育 機 関 を 認 定 看 護 分

第 5 章 教 育 機 関 の 認 定 及 び 取 消 し 第 1 節 教 育 機 関 の 審 査 と 認 定 第 11 条 本 会 は 認 定 看 護 師 の 水 準 を 均 質 にするため 認 定 看 護 師 の 教 育 にふさわしい 条 件 を 備 えた 教 育 機 関 を 認 定 看 護 分 公 益 社 団 法 人 日 本 看 護 協 会 認 定 看 護 師 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 公 益 社 団 法 人 日 本 看 護 協 会 認 定 看 護 師 制 度 ( 以 下 本 制 度 という )は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 及 び 知 識 を 用 いて 水 準 の 高 い 看 護 実 践 のできる 認 定 看 護 師 を 社 会 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

01

01 保 医 発 0 3 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303232355F95BD90AC3237944E93788E968BC68C7689E65F93E08A74957B92F18F6F977081698C8892E8816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303232355F95BD90AC3237944E93788E968BC68C7689E65F93E08A74957B92F18F6F977081698C8892E8816A> 平 成 27 年 度 公 益 社 団 法 人 日 本 眼 科 医 会 事 業 計 画 公 1 国 民 の 目 の 健 康 を 守 る 事 業 1 正 しい 眼 科 医 療 の 啓 発 および 教 育 活 動 に 関 する 事 業 [1] 眼 科 公 衆 衛 生 知 識 の 啓 発 事 業 眼 科 医 療 情 報 の 発 信 目 の 疾 患 に 関 する 情 報 ロービジョン 施 設 に 関 する 情

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

○○県看護協会の報告

○○県看護協会の報告 2 72 470 27 7 1 14 466 352 26 394 46 3 25 18 16 2 1 13 12 2 3 4 4 25 448 21 4 73 25 11 25 12 26 1 ~3 1 4 5 5 26 4 27 3 2 6 74 7 8 75 4 9 30 10 76 11 11 5 2 26 9 10 1 1 12 77 13 14 78 15 16 79 ( ) 2 80

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

資料3-1「教育実施状況調査」の分析結果について―臨床教育の事例を中心に―

資料3-1「教育実施状況調査」の分析結果について―臨床教育の事例を中心に― 資 料 3-1 獣 医 学 教 育 の 改 善 充 実 に 関 する 調 査 研 究 協 力 者 会 議 ( 第 8 回 )H25.1.16 教 育 実 施 状 況 調 査 の 分 析 結 果 について 臨 床 教 育 の 事 例 を 中 心 に 1. 臨 床 系 の 教 育 内 容 について A.カリキュラムについて 臨 床 系 科 目 全 般 の 傾 向 1) 現 行 カリキュラムについて 単

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

スライド 1

スライド 1 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 26 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation アウトカム 基 盤 型 教 育 (Outcome-based Education) - 千 葉 大 学 医 学 部 の 取 組 み- 背 景 OBEについて OBEの 導 入 OBEの 検 証 改 善 1 学 士 課 程 教 育 の 構 築 に 向 けて( 答 申 ) 基 本 的 な 認 識 1. 学 士 レベルの 資 質 能 力 を 備 える 人 材 養 成 中 央 教 育 審 議 会 2008.12

More information

平成25年度実施大学機関別認証評価評価報告書(奈良県立医科大学)

平成25年度実施大学機関別認証評価評価報告書(奈良県立医科大学) 平 成 25 年 度 実 施 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 奈 良 県 立 医 科 大 学 平 成 26 年 3 月 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 目 次 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 が 実 施 した 大 学 機 関 別 認 証 評 価 について 1 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 5 Ⅱ 基 準 ごとの

More information

Taro-27近代化要領本文

Taro-27近代化要領本文 新 潟 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 領 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 29 日 1 目 的 こ の 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 し つつ 病 院 に おける 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 等 の 改 善 及 び へき 地

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

別 添 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 に 関 する 指 針 Ⅰ がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 指 定 について 1 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 ( 都 道 府 県 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 及 び 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病

別 添 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 に 関 する 指 針 Ⅰ がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 指 定 について 1 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 ( 都 道 府 県 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 及 び 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病 健 発 0 1 1 0 第 7 号 平 成 26 年 1 月 10 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 健 康 局 長 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 について 我 が 国 のがん 対 策 については がん 対 策 基 本 法 ( 平 成 18 年 法 律 第 98 号 ) 及 び 同 法 の 規 定 に 基 づく がん 対 策 推 進 基 本 計 画 (

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

平成21年度教育関係共同利用様式

平成21年度教育関係共同利用様式 ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 メディカル 専 門 平 成 4 年 月 9 日 渡 辺 敏 彦 950 094 学 校 新 潟 市 中 央 区 紫 竹 山 6 丁 目 4 番 号 ( 電 話 )05(55)5 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表 者 名 所

More information

1. 目 的 社 会 福 祉 主 事 として 必 要 な 基 礎 的 知 識 および 技 術 について 通 信 教 育 ( 面 接 授 業 4 日 間 を 含 む)の 方 法 により 教 授 し 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )に 定 める 社 会 福 祉 主 事

1. 目 的 社 会 福 祉 主 事 として 必 要 な 基 礎 的 知 識 および 技 術 について 通 信 教 育 ( 面 接 授 業 4 日 間 を 含 む)の 方 法 により 教 授 し 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )に 定 める 社 会 福 祉 主 事 厚 生 労 働 省 委 託 公 務 員 課 程 2016[ 平 成 28] 年 度 受 講 案 内 受 講 申 込 締 切 日 2016 年 4 月 1 日 ( 金 ) 1. 目 的 社 会 福 祉 主 事 として 必 要 な 基 礎 的 知 識 および 技 術 について 通 信 教 育 ( 面 接 授 業 4 日 間 を 含 む)の 方 法 により 教 授 し 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 5 内 容 これまで1ヶ 月 の 動 きと 今 後 1ヶ 月 の 予 定 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 備 考 員 の 確 保 状 況 と 地 元 雇 用 率 の 実

東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 5 内 容 これまで1ヶ 月 の 動 きと 今 後 1ヶ 月 の 予 定 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 備 考 員 の 確 保 状 況 と 地 元 雇 用 率 の 実 東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 管 理 対 象 区 域 の 運 用 区 分 及 び 放 射 線 防 護 装 備 の 適 正 化 管 理 対 象 区 域 の 運 用 区 分 に 応 じた 放 射 線 防 護 装 備 の 適 正 化 の 運 用 開 始 (2016 年 3 月 8 日 ~) 労 働 環 境 改 善 スケジュール

More information

診療現場で役立つ         経営分析研究会

診療現場で役立つ         経営分析研究会 MTA2015 メインテーマ ~ビッグデータ 時 代 の 電 子 カルテ 活 用!~ 宮 崎 大 学 医 学 部 附 属 病 院 医 療 情 報 部 荒 木 賢 二 元 気 くん ハニーちゃん みゃおう 宮 大 医 療 情 報 部 ゆるきゃらトリオ 1 自 己 紹 介 荒 木 賢 二 ( 大 阪 出 身 昭 和 33 年 生 まれ) もともとは 心 臓 外 科 医 現 在 も 人 工 心 臓 の 開

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63> 学 校 自 己 評 価 報 告 書 ( 平 成 24 年 度 ) 平 成 25 年 7 月 学 校 法 人 電 波 学 園 あいち 情 報 専 門 学 校 学 校 評 価 委 員 会 委 員 長 加 藤 仁 志 ( 校 長 ) 総 括 責 任 者 渡 邉 栄 二 ( 教 務 科 長 ) 目 次 ( 点 検 中 項 目 一 覧 ) 基 準 1 教 育 理 念 目 的 育 成 人 材 像 等 1-1 理

More information

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 学 手 続 等 8 12 ホームページ 10 13 問 い 合 わせ 先 10 願 書 等 の 記 入

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

2013 April 内 外 診 療 科 科 心 臓 血 管 セ ン タ ー 呼 吸 器 ( 新 患 ) 呼 吸 器 ( 再 診 ) 血 液 消 化 器 腎 臓 科 心 臓 血 管 外 科 月 熊 部 山 口 佐 々 木 中 村 竹 田 大 地 火 山 口 須 加 原 外 山 工 藤 水 佐 々 木 松 本 中 村 新 名 木 須 加 原 山 口 外 山 大 地 7 階

More information

はじめに ゼロベース 積 上 げにより 収 支 均 衡 予 算 を 達 成 平 成 28 年 度 予 算 は, 平 成 26 年 度 予 算 編 成 から3 年 目 となる ゼロベ ース 部 局 積 み 上 げ 方 式 による 編 成 に 取 り 組 みました 既 存 の 事 業 すべて をゼロベー

はじめに ゼロベース 積 上 げにより 収 支 均 衡 予 算 を 達 成 平 成 28 年 度 予 算 は, 平 成 26 年 度 予 算 編 成 から3 年 目 となる ゼロベ ース 部 局 積 み 上 げ 方 式 による 編 成 に 取 り 組 みました 既 存 の 事 業 すべて をゼロベー 平 成 28 年 2 月 15 日 記 者 会 見 資 料 1 はじめに 1 国 分 寺 市 総 合 ビジョンの 策 定 2 まちの 魅 力 の 発 信 2 民 設 民 営 保 育 所 整 備 事 業 他 3 親 子 ひろば 事 業 3 小 学 校 の 施 設 整 備 事 業 他 4 認 知 症 施 策 の 推 進 4 乳 幼 児 インフルエンザ 予 防 接 種 事 業 5 健 康 診 査 事 業

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか 平 成 23 年 度 自 己 報 告 書 1 理 念 目 的 (1) 大 学 学 部 研 究 科 等 の 理 念 目 的 は 適 切 に 設 定 されているか 平 成 19 年 6 月 に の 目 標 として 大 学 の 発 展 に 貢 献 する 力 のある 組 織 とい う 共 通 の 目 標 を 掲 げ この 目 標 を 常 に 念 頭 に 置 きながら 日 々の 業 務 に 当 たっている さらに

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

Ⅰ Ⅰ 方 法 等 について 1 介 護 給 付 費 書 等 の 受 付 について (1) 直 接 ( 窓 口 ) 受 付 ( 国 保 連 合 会 へ 直 接 書 等 を 持 ち 込 む 方 法 ) (ア) 締 切 毎 月 1 まで (イ) 時 間 午 前 8 時 分 から 午 後 5 時 15 分 受 付 最 終 1 については 土 曜 曜 及 び 祝 に 関 わらず 受 付 を 行 います (ウ)

More information

1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 で 都 道 府 県 は 地 域 医 療 計 画 に 将 来 の 医 療 提 供 体 制 に 関 する 構 想 として 地 域 医 療 ビジョン( 地 域 医 療

1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 で 都 道 府 県 は 地 域 医 療 計 画 に 将 来 の 医 療 提 供 体 制 に 関 する 構 想 として 地 域 医 療 ビジョン( 地 域 医 療 主 な 制 度 仕 組 み( 概 説 ) * 地 域 医 療 計 画 に 関 連 する 主 な 制 度 や 仕 組 みの 現 状 と 課 題 を 概 説 した 趣 旨 と 基 本 的 考 え 方 機 能 分 化 と 連 携 と 併 読 されることを 想 定 している 44 1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保

More information

総合診療専門研修カリキュラム

総合診療専門研修カリキュラム 総 合 診 療 専 門 医 専 門 研 修 カリキュラム 到 達 目 標 : 総 合 診 療 専 門 医 の6つのコアコンピテンシー 1. 人 間 中 心 の 医 療 ケア 1) 患 者 中 心 の 医 療 2) 家 族 志 向 型 医 療 ケア 3) 患 者 家 族 との 協 働 を 促 すコミュニケーション 2. 包 括 的 統 合 アプローチ 1) 未 分 化 で 多 様 かつ 複 雑 な 健

More information

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 難 小 児 慢 性 東 京 都 医 費 助 成 事 業 等 に 関 する 請 求 事 例 集 平 成 7 年 月 東 京 都 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70

More information

<4D F736F F D20819C392D312E90DD927582CC8EEF8E7C939982F08B4C8DDA82B582BD8F9197DE E81698AC58CEC8A7789C8816A81798DC58F4994C5817A E30382E3330>

<4D F736F F D20819C392D312E90DD927582CC8EEF8E7C939982F08B4C8DDA82B582BD8F9197DE E81698AC58CEC8A7789C8816A81798DC58F4994C5817A E30382E3330> 看 護 学 科 ア 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 1. 看 護 学 科 を 設 置 する 理 由 本 学 の 医 療 工 学 部 は 現 在 医 療 福 祉 工 学 科 と 義 肢 装 具 学 科 の2 学 科 により 構 成 されて おり 保 健 衛 生 学 分 野 と 工 学 分 野 に 関 する 専 門 的 な 教 育 研 究 活 動 を 通 じて 地 域 社 会 に 貢 献 する

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

研修プログラム モデル例

研修プログラム モデル例 麻 酔 科 専 門 医 研 修 プログラム 名 東 京 女 子 医 科 大 学 病 院 麻 酔 科 専 門 医 研 修 プログラム TEL 03-3353-8112 ( 内 線 39312) 連 絡 先 FAX 03-3359-2517 e-mail ikyoku@anes.twmu.ac.jp 担 当 者 名 尾 﨑 眞 プログラム 責 任 者 氏 名 尾 﨑 眞 責 任 基 幹 施 設 東 京

More information

2. 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 23 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 件 費 とは 一 般 職 員 に 支 給 される 給 与 と 市 長 や 議 員 など 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 手 当 の 他 共 済 費 ( 社 会 保 険 料 の 事 業 主 負 担

2. 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 23 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 件 費 とは 一 般 職 員 に 支 給 される 給 与 と 市 長 や 議 員 など 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 手 当 の 他 共 済 費 ( 社 会 保 険 料 の 事 業 主 負 担 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1. 職 員 の 構 成 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 に 在 職 する 職 員 は 3,290 人 で 市 民 生 活 にかかわるさまざまな 仕 事 に 携 わっています 市 行 政 の 部 門 別 職 員 構 成 はグラフ1 職 種 別 の 職 員 構 成 はグラフ2のとおりです 部 門 別 職 員 構 成 3,290 3,421 3,374

More information

Microsoft Word - 配付資料

Microsoft Word - 配付資料 認 知 症 の 人 の 精 神 科 入 院 医 療 と 在 宅 支 援 のあり 方 に 関 する 研 究 会 配 付 資 料 海 上 寮 療 養 所 上 野 秀 樹 (1) 当 院 で 在 宅 生 活 を 送 られている 認 知 症 の 人 に 対 し 実 践 している 精 神 科 医 療 の 具 体 的 な 支 援 内 容 や 実 績 等 当 院 では 平 成 21 年 11 月 から 認 知 症

More information

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ 平 成 26 年 度 公 表 分 留 萌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 25 年 度 の 件 費 率 25 年 度 千 千 千 2 3, 4 4 0 1

More information