<4D F736F F D2091E595AA81458D CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63>"

Transcription

1 地 域 再 生 計 画 1. 地 域 再 生 計 画 の 名 称 地 場 産 業 の 活 性 化 と 民 生 安 定 と 都 会 との 交 流 を 推 進 する 地 域 づくり 計 画 2. 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 大 分 県 佐 伯 市 3. 地 域 再 生 計 画 の 区 域 浦 代 港 ( 佐 伯 市 ) 臼 杵 港 ( 臼 杵 市 ) 下 浦 漁 港 ( 大 分 市 ) 東 深 江 漁 港 ( 臼 杵 市 ) 小 浦 漁 港 ( 佐 伯 市 ) 間 越 漁 港 ( 佐 伯 市 ) 及 び 元 猿 漁 港 ( 佐 伯 市 )の 区 域 4. 地 域 再 生 計 画 の 目 標 浦 代 港 小 浦 漁 港 間 越 漁 港 並 びに 元 猿 漁 港 は 大 分 県 の 東 南 部 に 位 置 し 北 西 南 の3 方 を 山 に 囲 まれ 東 に 豊 後 水 道 を 望 むように 点 在 している 海 岸 線 はリアス 式 海 岸 特 有 の 複 雑 な 形 状 を 施 しており 豊 後 水 道 の 暖 流 の 影 響 もあり 天 然 の 良 港 として 古 くから 巻 き 網 船 曳 網 底 引 き 網 養 殖 漁 業 定 置 網 漁 業 刺 し 網 一 本 釣 り 潜 水 漁 業 が 盛 んに 営 まれており 水 産 業 は 米 水 津 地 区 入 津 地 区 における 基 幹 産 業 となっている 特 に 養 殖 漁 業 については 県 下 で 最 初 に 取 り 組 みを 始 め 現 在 浦 代 港 小 浦 漁 港 を 中 心 にブリ 鯛 ヒラメ フグ シマアジ 等 の 養 殖 が 盛 んに 行 なわれてい る しかしながら 漁 港 施 設 が 未 完 成 なため 係 留 施 設 が 不 足 し 港 内 静 穏 度 が 確 保 されていない 特 に 間 越 漁 港 では 台 風 時 には 米 水 津 湾 奥 に 位 置 する 浦 代 港 へ の 避 難 を 余 儀 なくされている また 昨 年 10 月 には 経 営 の 合 理 化 を 図 るため 浦 代 港 を 拠 点 港 としていた 米 水 津 養 殖 生 産 組 合 と 小 浦 漁 港 を 拠 点 港 にしていた 米 水 津 はまち 養 殖 生 産 組 合 が 合 併 して 新 たに 浦 代 港 の 田 鶴 音 地 区 に 基 地 を 整 備 したが 現 施 設 の 物 揚 場 では 潮 の 干 満 による 荷 揚 げ 作 業 等 に 大 きな 負 担 を 強 いられている さらに 元 猿 漁 港 については 地 方 卸 売 市 場 があるが 荷 捌 所 用 地 が 不 足 してい るため 陸 揚 げする 漁 船 が 沖 合 で 順 番 待 ちを 余 儀 なくされている このため 小 浦 及 び 間 越 漁 港 においては 外 郭 施 設 の 整 備 を 行 い 安 全 性 の 向 上 特 に 台 風 時 の 安 全 確 保 を 図 るとともに 不 足 している 係 留 施 設 と 併 せて 用 地 整 備 を 行 い 漁 業 活 動 の 効 率 化 利 便 性 の 向 上 を 図 る 浦 代 港 では 漁 業 従 事 者 より 荷 揚 げ 作 業 の 安 全 性 省 力 化 及 び 生 産 性 の 向 上 を 目 的 とした 施 設 の 改 善 を 求 めら れており 港 の 施 設 整 備 を 行 うことにより 水 産 物 の 物 流 効 率 化, 漁 業 活 動 の 労

2 働 時 間 短 縮, 労 働 環 境 改 善 及 び 地 場 産 業 の 振 興 を 図 る 元 猿 漁 港 では 不 足 して いる 係 留 施 設 と 併 せて 泊 地 用 地 道 路 整 備 を 行 い 漁 業 活 動 の 効 率 化 利 便 性 の 向 上 を 図 る また 併 せて 地 場 製 品 の 付 加 価 値 を 高 めるための 施 策 として 間 越 漁 港 につい ては 間 越 来 だんせへ 市 ( 朝 市 )を 毎 月 1 度 開 催 し 小 浦 漁 港 浦 代 港 について もマルコメぶりブランド 販 売 及 び ふるさと 宅 急 便 として 全 国 配 送 することに より 地 元 で 生 産 される 水 産 物 をPRすることで 生 産 性 の 向 上 を 目 指 すとともに 都 市 との 交 流 を 図 る また 近 年 日 本 各 地 で 地 震 が 発 生 しており 佐 伯 市 等 の 大 分 県 南 地 域 は 今 後 予 想 される 南 海 東 南 海 地 震 では 甚 大 な 被 害 が 予 想 されている 県 南 地 域 では 天 然 のリアス 式 海 岸 の 奥 地 に 集 落 があるため 道 路 網 が 寸 断 され 陸 の 孤 島 とな る 危 険 性 が 非 常 に 高 い 地 域 であるため 港 がライフラインとして 大 きな 役 割 を 果 たすことになる 県 南 地 域 への 海 上 輸 送 による 支 援 を 行 うために 臼 杵 港 に 耐 震 強 化 岸 壁 の 整 備 を 行 う その 背 後 に 非 常 時 に 荷 さばき 場 所 として 利 用 することが 可 能 となる 用 地 を 整 備 するために 緑 地 護 岸 及 び 廃 棄 物 処 理 用 地 護 岸 の 整 備 が 必 要 となる 耐 震 強 化 岸 壁 は 非 常 時 の 物 資 輸 送 の 拠 点 となり 背 後 地 は 非 常 時 の 待 避 所, 緊 急 物 資 の 荷 さばき 場 所 となり 県 南 各 地 への 物 資 の 供 給 が 可 能 であり 非 常 時 における 民 生 の 安 定 を 図 る また 臼 杵 港 の 耐 震 強 化 岸 壁 は 愛 媛 県 八 幡 浜 市 とのフェリー 岸 壁 としても 利 用 する 計 画 であり 物 流 や 人 間 の 交 流 拠 点 としてのニーズに 対 応 で きる 一 方 で 臼 杵 港 を 始 めとする 臼 杵 湾 内 の 港 では 近 年 のプレジャーボート 等 の 増 加 に 伴 い 施 設 が 不 足 傾 向 にあり 特 に 荒 天 時 に 係 留 避 難 できる 静 穏 水 域 が 不 足 していることから 下 浦 漁 港 及 び 東 深 江 漁 港 において 外 郭 施 設 を 整 備 し 泊 地 内 の 静 穏 域 を 増 やすことで 臼 杵 湾 全 体 としての 問 題 の 解 消 に 取 り 組 む ( 目 標 1) 浦 代 港 の 陸 揚 げ 量 の 増 加 及 び 労 働 時 間 短 縮 と 労 働 環 境 改 善 による 快 適 性 安 全 性 の 向 上 ( 年 間 移 入 量 455t)H16 年 度 実 績 303t ( 荷 捌 準 備 作 業 時 間 の 削 減 1.0h/ 隻 から 0.5h/ 隻 に 短 縮 ) ( 目 標 2) 小 浦 漁 港 の 荒 天 時 における 漁 船 被 害 削 減 と 労 働 環 境 改 善 ( 漁 船 耐 応 年 数 9 年 から 12 年 に 延 長 ) ( 荷 捌 準 備 作 業 時 間 の 削 減 1.0h/ 隻 から 0.5h/ 隻 に 短 縮 )

3 ( 目 標 3) 間 越 漁 港 の 労 働 環 境 改 善 と 機 能 向 上 ( 係 留 施 設 充 足 率 31.6%から 36.3%に 向 上 ) ( 泊 地 面 積 3,600 m2から 4,800 m2へ 拡 大 ) ( 目 標 4) 下 浦 漁 港 の 労 働 環 境 改 善 ( 安 全 係 船 施 設 充 足 率 23.8%から 28.2%に 向 上 ) ( 目 標 5) 東 深 江 漁 港 の 労 働 環 境 改 善 と 荒 天 時 における 漁 船 被 害 削 減 ( 安 全 係 船 施 設 充 足 率 34.5%から 51.8%に 向 上 ) ( 漁 船 耐 応 年 数 9 年 から 12 年 に 延 長 ) ( 目 標 6) 元 猿 漁 港 の 労 働 環 境 改 善 と 機 能 向 上 ( 係 留 施 設 充 足 率 40.7%から 97.0%に 向 上 ) ( 泊 地 の 創 出 30,000 m2) ( 目 標 7) 各 種 イベントによる 入 り 込 み 客 の 増 加 ( 年 間 入 り 込 み 客 100,425 人 から 110,000 人 へ 増 加 ) ( 目 標 8) 南 海 東 南 海 地 震 時 の 緊 急 物 資 の 安 定 供 給 5. 目 標 を 達 成 するために 行 う 事 業 5-1 全 体 の 概 要 各 港 の 漁 業 形 態 にあった 施 設 の 整 備 を 行 う 浦 代 港 湾 に 浮 桟 橋 を 整 備 することにより 水 産 振 興 水 産 物 の 物 流 効 率 化 漁 業 活 動 の 労 働 時 間 短 縮 と 労 働 環 境 改 善 を 図 る また 現 在 実 施 中 である 小 浦 漁 港 間 越 漁 港 及 び 元 猿 漁 港 の 整 備 について 小 浦 漁 港 においては 防 波 堤 の 整 備 により 港 内 の 静 穏 度 を 確 保 し 荒 天 時 の 警 戒 係 留 解 除 の 作 業 時 間 の 短 縮 を 図 るとともに 物 揚 場 漁 港 施 設 用 地 の 整 備 により 高 齢 者 や 女 性 就 労 者 にやさしく 安 全 で 効 率 的 な 漁 港 整 備 を 図 る 間 越 漁 港 につい ては 防 波 堤 を 整 備 することにより 台 風 時 の 他 港 への 避 難 を 解 消 し 港 内 の 静 穏 度 を 確 保 することにより 出 漁 準 備 陸 揚 作 業 の 時 間 の 短 縮 を 図 る また 浮 桟 橋 物 揚 場 の 整 備 により 潮 位 に 関 係 なく 漁 獲 物 の 陸 揚 漁 具 の 保 管 修 理 作 業 の 効 率 化 を 図 る なお 近 年 の 漁 船 大 型 化 に 伴 い 防 砂 堤 護 岸 を 改 修 し 泊 地 を 拡 張 することにより 船 回 し 等 の 作 業 時 間 短 縮 を 図 る 元 猿 漁 港 については 係 留 施 設 及 び 漁 港 施 設 用 地 を 整 備 することにより 水 産 振 興 水 産 物 の 物 流 の 効 率 化 漁 業 活 動 の 労 働 時 間 の 短 縮 と 労 働 環 境 改 善 を 図 る

4 臼 杵 港 の 下 り 松 地 区 に 耐 震 強 化 岸 壁 を 整 備 し 緑 地 廃 棄 物 処 理 用 地 整 備 を 行 う 被 災 地 への 物 資 の 輸 送 及 び 緊 急 物 資 の 一 時 保 管 を 可 能 とすることにより 県 南 各 地 への 物 資 の 安 定 供 給 を 図 る また 現 在 実 施 中 である 下 浦 漁 港 及 び 東 深 江 漁 港 においては 防 波 堤 の 新 設 及 び 改 良 により 港 内 の 静 穏 度 を 確 保 し 荒 天 時 における 係 留 避 難 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る さらに 東 深 江 漁 港 において 護 岸 の 改 良 を 行 うことで 出 漁 準 備 陸 揚 作 業 時 の 安 全 を 確 保 することにより 安 全 で 快 適 な 漁 業 活 動 の 実 現 を 図 る 5-2 法 第 五 章 の 特 別 の 措 置 を 適 用 して 行 う 事 業 港 整 備 交 付 金 を 活 用 する 事 業 施 設 の 種 類 と 事 業 主 体 港 湾 施 設 ( 浦 代 港 臼 杵 港 ) 大 分 県 漁 港 施 設 ( 下 浦 漁 港 東 深 江 漁 港 ) 大 分 県 ( 小 浦 漁 港 間 越 漁 港 元 猿 漁 港 ) 佐 伯 市 整 備 量 港 湾 施 設 浮 桟 橋 緑 地 ( 護 岸 ) 岸 壁 防 波 堤 泊 地 航 路 道 路 漁 港 施 設 浮 桟 橋 防 波 堤 防 波 堤 ( 改 良 ) 護 岸 護 岸 ( 改 良 ) 防 砂 堤 道 路 物 揚 場 漁 港 施 設 用 地 泊 地 岸 壁 事 業 期 間 港 湾 施 設 平 成 17 年 度 ~ 平 成 21 年 度 漁 港 施 設 平 成 17 年 度 ~ 平 成 21 年 度 事 業 費 総 事 業 費 8,621,250 千 円 港 湾 施 設 6,546,250 千 円 (うち 交 付 金 2,526,900 千 円 ) 漁 港 施 設 2,075,000 千 円 (うち 交 付 金 1,037,500 千 円 ) なお 上 記 事 業 の 整 備 箇 所 等 については 別 添 の 整 備 箇 所 を 示 した 図 面 によ る 5-3その 他 の 事 業 地 域 再 生 法 による 特 別 の 措 置 を 活 用 するほか 地 場 産 業 の 活 性 化 と 民 生 安 定 と 都 会 との 交 流 を 推 進 する 地 域 づくり を 達 成 するため 以 下 の 事 業 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 行 うものとする

5 1 商 工 会 が 主 体 となって 米 水 津 地 区 の 特 産 品 を 全 国 各 地 に ふるさと 宅 急 便 として 年 4 回 配 送 し 米 水 津 をPRすることにより 地 場 産 業 の 活 性 化 と 新 たな 市 場 の 開 拓 を 図 る 2 間 越 漁 港 において 住 民 が 総 出 で 毎 月 1 度 来 だんせへ 市 ( 朝 市 )を 開 催 し 都 市 との 交 流 により 地 域 の 活 性 化 を 図 る 6. 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~21 年 度 (5ヶ 年 ) 7. 目 標 の 達 成 状 況 に 係 る 評 価 に 関 する 事 項 計 画 終 了 後 に 4に 示 す 数 値 目 標 に 照 らし 状 況 を 調 査 評 価 する また 必 要 に 応 じて 事 業 の 内 容 の 見 直 しを 図 るために 市 関 係 機 関 等 で 構 成 する 地 域 再 生 計 画 評 価 協 議 会 を 設 立 し 施 設 の 整 備 状 況 等 について 評 価 検 討 を 行 う 8. 地 域 再 生 計 画 の 実 施 に 関 し 当 該 地 方 公 共 団 体 が 必 要 と 認 める 事 項 該 当 なし

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73>

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73> 事 前 評 価 書 整 理 番 号 都 道 府 県 名 長 崎 県 関 係 市 町 村 松 浦 市 事 業 名 地 区 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 アオウウラ 阿 翁 浦 地 区 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) 事 業 主 体 長 崎 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 漁 港 名 ( 種 別 ) 阿 翁 浦 漁 港 ( 種 ) 漁 場 名 陸 揚 金 額,09

More information

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C 事 業 評 価 書 ( 期 中 の 評 価 ) 整 理 番 号 都 道 府 県 名 千 葉 県 関 係 市 町 村 フッツ 富 津 シ 市 期 中 評 価 実 施 の 理 由 事 業 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) フッツ 地 区 名 事 業 主 体 千 葉 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 フッツ 漁 港 名 ( 種 別 )

More information

Ⅰ-③_漁業・海業の振興

Ⅰ-③_漁業・海業の振興 ( 後 期 基 本 計 画 ) 政 策 名 Ⅰ 交 流 経 済 都 市 施 策 名 3 漁 海 振 興 施 策 調 書 ( 内 部 結 ) 所 管 部 局 農 林 水 産 環 境 部 整 理 番 号 4 所 管 部 局 長 氏 名 石 嶋 政 博 1 関 連 する 個 別 計 画 PLAN 個 別 計 画 名 称 計 画 計 画 年 次 計 画 期 間 し 備 考 施 策 優 先 順 位 1 現 状

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

漁 船 隻 数 ( ) 内 は 沿 岸 漁 業 総 数 1t 未 満 1t 以 上 ~ 3t 未 満 3t 以 上 ~ 5t 未 満 5t 以 上 ~ 10t 未 満 10t 以 上 ~ 50t 未 満 50t 以 上 無 動 力 (591) (177) (304) (65) (27) (18) (

漁 船 隻 数 ( ) 内 は 沿 岸 漁 業 総 数 1t 未 満 1t 以 上 ~ 3t 未 満 3t 以 上 ~ 5t 未 満 5t 以 上 ~ 10t 未 満 10t 以 上 ~ 50t 未 満 50t 以 上 無 動 力 (591) (177) (304) (65) (27) (18) ( 第 5 章 新 潟 市 の 水 産 業 1 概 要 本 市 は, 日 本 海 沿 岸 のほぼ 中 心 に 位 置 し, 海 岸 線 延 長 は 58.6km, 底 質 は 砂 泥 で 単 調 な 遠 浅 の 漁 場 とな っている 沖 合 には 佐 渡 が 島 粟 島 の 2 島 とこれに 連 なる 岩 礁 及 び 瀬 礁 が 多 数 点 在 し, 暖 寒 流 系 の 回 遊 魚 類 及 び 定 着

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4>

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4> 事 業 計 画 5. 港 湾 八 戸 港 1 応 急 復 旧 により 11 月 24 日 現 在 で 公 共 岸 壁 44バース( 水 深 4.5m 以 深 ) のうち 41バースが 喫 水 制 限 や 上 載 荷 重 制 限 があるものの 利 用 可 能 2 八 太 郎 地 区 コンテナターミナル 等 基 幹 的 輸 送 を 担 う 施 設 製 紙 製 鉄 飼 料 等 の 産 業 復 興 に 必

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20288E9197BF352981798DC58F4994C5817A90E096BE8E9197BF915391CC8169413488F38DFC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20288E9197BF352981798DC58F4994C5817A90E096BE8E9197BF915391CC8169413488F38DFC816A2E707074> 第 6 回 北 九 州 港 長 期 構 想 検 討 委 員 会 資 料 ~ 港 湾 計 画 改 訂 ( 案 )の の 検 討 ~ 平 成 23 年 8 月 22 日 北 九 州 市 港 湾 空 港 局 社 団 法 人 日 本 港 湾 協 会 港 湾 計 画 について アジア 輸 送 における 国 際 拠 点 港 湾 シャトル 航 路 北 九 州 港 アジア 基 幹 航 路 ( 本 船 航 路 ) 大

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63> 問 い 合 わせ 先 総 務 部 政 務 課 政 策 評 価 広 報 室 海 上 保 安 報 道 官 一 條 正 浩 海 上 保 安 庁 03-3591-9780( 直 通 ) 平 成 23 年 9 月 1 日 東 日 本 大 震 災 への 対 応 等 について ( 第 153 報 ) 平 成 23 年 8 月 31 日 1800 現 在 ( 下 線 部 分 は 第 152 報 からの 変 更 点

More information

スライド 1

スライド 1 すくも 湾 漁 協 水 産 業 事 業 継 続 計 画 (BCP) 平 成 25 年 10 月 23 日 改 訂 ( 第 2 版 ) 目 次 1. 基 本 方 針 2.すくも 湾 漁 協 の 体 制 3.BCPの 対 象 とする 事 業 と 目 標 再 開 時 間 4.BCPの 対 象 とする 事 業 に 必 要 となる 資 源 5. 対 象 とする 地 震 津 波 とそれによる 被 害 と 影 響

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

浦河沖を震源とする地震(第2報)

浦河沖を震源とする地震(第2報) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 58 報 ) 1 地 震 の 概 要 1 公 表 資 料 平 成 28 年 6 月 3 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 平 成 28 年 熊 本 地 震 は4 月 14 日 21 時 26 分 以 降 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 一 連

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A> 1 5. 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 港 区 ) 6. 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 港 区 ) 調 査 団 メンバー 小 黒 章 二 八 谷 好 高 菅 野 真 弘 亀 井 重 信 建 設 マネジメント 研 究 所 主 任 研 究 員 理 事 兼 建 設 マネジメント 研 究 所 副 所 長 調 査 部 調 査 役 仙 台 支 部 調 査 役 仙 台 塩 釜 港 調 査 行 程 塩 釜 港

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定 1. 旧 軍 港 市 転 換 法 のあゆみ 旧 軍 港 市 転 換 促 進 委 員 会 の 結 成 S24.12.1 昭 和 23 年 24 年 と2 年 続 けて 国 会 で 採 択 された 旧 軍 港 四 市 長 による 旧 軍 港 市 国 有 財 産 払 下 げに 関 する 請 願 の 法 制 化 のため 法 案 発 議 から 国 会 通 過 成 立 を 図 るため 衆 参 両 院 議 員 有

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

三池港

三池港 32 島 原 海 湾 水 先 区 水 先 人 会 [ 三 池 港 三 角 港 及 び 島 原 湾 有 明 海 / 八 代 港 及 び 八 代 海 ] 32-1 三 池 港 三 池 港 での 主 要 な 揚 貨 物 は 石 炭 アルミ 地 金 塩 オイルコークスである また 小 型 の 外 航 コ ンテナ 船 も 週 1 回 当 港 に 寄 港 している 気 象 海 象 1 風 冬 季 の 北 風 の

More information

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 事 業 者 資 料 湛 江 漁 港 ( 笠 岡 市 六 島 ) 公 有 水 面 埋 立 出 願 について 出 願 者 : 笠 岡 市 湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県

More information

Taro-zyorei.jtd

Taro-zyorei.jtd 沖 縄 県 港 湾 管 理 条 例 - 抄 - ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 港 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以 下 法 という )の 規 定 により 県 が 管 理 する 港 湾 の 利 用 及 び 管 理 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めるもの とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378> 資 料 3 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム - 最 終 取 りまとめ - 平 成 24 年 1 月 目 次 1. 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム の 設 置 趣 旨 1 2. 検 討 に 当 たっての 前 提 条 件 2

More information

大阪港臨港地区における構築物の規制について

大阪港臨港地区における構築物の規制について 大 阪 臨 地 の 分 における 構 築 物 の 規 制 に 関 する 条 例 制 定 昭 40. 4. 1 条 例 32 改 正 昭 54.12.27 条 例 37 改 正 昭 62. 2.20 条 例 3 改 正 平 13. 3. 5 条 例 20 改 正 平 28. 5. 26 条 例 82 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以

More information

伊 24 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガス 輸 送 に 関 する 調 査 研 究 東 邦 ガス 伊 25 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガ

伊 24 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガス 輸 送 に 関 する 調 査 研 究 東 邦 ガス 伊 25 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガ 伊 勢 湾 海 難 防 止 協 会 受 託 事 業 伊 勢 湾 海 難 防 止 協 会 受 託 事 業 参 考 資 料 資 料 番 号 刊 行 年 度 主 地 域 名 港 区 地 区 岸 壁 埠 頭 等 調 査 概 要 調 査 概 要 資 料 名 ( 名 ) 委 託 者 委 員 長 伊 1 1975 昭 和 50 伊 勢 湾 LNG 輸 送 伊 勢 湾 液 化 天 然 ガス 輸 送 問 題 に 関

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477>

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477> 第 10 章 交 通 輸 送 10-1 緊 急 輸 送 道 路 路 線 一 覧 道 路 種 別 路 線 名 管 理 者 機 能 区 分 経 過 地 高 速 自 動 車 国 道 中 国 自 動 車 道 西 日 本 高 速 道 路 1 次 広 島 県 境 - 鹿 野 IC(R315)- 徳 地 IC(R489)- 山 口 IC(R262)- 山 口 JCT( 山 陽 自 動 車 道 )- 小 郡 IC(R9)-

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

【別紙】

【別紙】 別 紙 広 田 湾 漁 協 地 域 養 殖 復 興 プロジェクト 計 画 書 ( 米 崎 地 域 イシカゲ 養 殖 部 会 ) 地 域 養 殖 復 興 プロジェクト 名 称 広 田 湾 漁 協 地 域 養 殖 復 興 プロジェクト 名 称 広 田 湾 漁 業 協 同 組 合 地 域 養 殖 復 興 プロ ジェクト 運 営 者 代 表 者 名 代 表 理 事 組 合 長 佐 々 木 戝 住 所 岩 手

More information

表 14-3-1 農 業 農 村 整 備 事 業 等 に 係 る 事 前 評 価 の 結 果 一 覧 事 業 名 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 予 算 科 目 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 費 補 助 事 業 の 主 な 目 的 将 来 の 地 域 農 業 を 担 う 経 営 体 を 育 成 しながら 地 域 農 業 の 展 開 方 向 等 を 勘 案 して 必 要 となる

More information

歳入金等取扱庁一覧

歳入金等取扱庁一覧 ア 00036256 相 生 税 務 署 国 税 収 納 金 整 理 資 金 678-0055 相 生 市 那 波 本 町 6-1 管 理 運 営 徴 収 部 門 0791(23)0231 ア 00008837 愛 光 女 子 学 園 一 般 会 法 務 省 201-0001 狛 江 市 西 野 川 3-14-6 庶 務 課 0424(480)2178-9 ア 00077445 愛 知 県 一 般

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

untitled

untitled 1 2 3 4 5 6 7 1) 8 捗 釜 9 () () () () 10 10m 12m LNG 11 12,000DWT 10m 3 9m 170m 3.8 30,000DWT 12m 2 10 11m 199m 12 釜 釜 13 14 艘 釜 釜 7 3.8 15 12 16 GT) FORTUNA 39,989 169 46 5.0-9.0 Kuroshio 15,983 142 40

More information

事 名 事 型 事 箇 所 名 経 営 体 育 成 型 第 一 湯 前 事 実 施 主 体 関 係 市 村 球 磨 郡 湯 前 の 事 内 容 用 水 路 工 L=5,400m 暗 渠 排 水 工 L=0.ha 工 期 の 総 事 費 H7 ~ H9 50,000 経 営 体 育 成 型 川 登 荒

事 名 事 型 事 箇 所 名 経 営 体 育 成 型 第 一 湯 前 事 実 施 主 体 関 係 市 村 球 磨 郡 湯 前 の 事 内 容 用 水 路 工 L=5,400m 暗 渠 排 水 工 L=0.ha 工 期 の 総 事 費 H7 ~ H9 50,000 経 営 体 育 成 型 川 登 荒 別 記 参 考 様 式 第 号 計 画 の 名 称 農 山 漁 村 地 域 整 備 計 画 ( 期 ) 計 画 策 定 主 体 対 象 市 村 計 画 の 期 間 計 画 の 目 標 農 山 漁 村 地 域 整 備 計 画 八 代 市 人 吉 市 荒 尾 市 水 俣 市 玉 名 市 天 草 市 山 鹿 市 菊 池 市 宇 土 市 上 天 草 市 宇 城 市 阿 蘇 市 合 志 市 美 里 玉 東 南

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1 8 第 1 第 2 指 定 地 方 行 政 機 関 東 海 農 政 局 1~9 10 米 穀 乾

第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1 8 第 1 第 2 指 定 地 方 行 政 機 関 東 海 農 政 局 1~9 10 米 穀 乾 名 古 屋 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 < 平 成 22 年 度 修 正 案 > 名 古 屋 市 防 災 会 議 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1 8 第 1 第 2 指 定 地 方 行 政 機

More information

豊岡市地域防災計画案

豊岡市地域防災計画案 豊 岡 市 地 域 防 災 計 画 ~みんなの 力 で 命 と 暮 らしを 守 る~ 平 成 27 年 4 月 豊 岡 市 防 災 会 議 豊 岡 市 地 域 防 災 計 画 修 正 経 緯 平 成 18 年 9 月 作 成 平 成 20 年 1 月 一 部 修 正 平 成 21 年 1 月 一 部 修 正 平 成 24 年 1 月 一 部 修 正 平 成 27 年 3 月 全 面 改 定 (4 月

More information

H19.03.27 東 浜 地 区 漁 業 用 施 設 整 備 に 係 る 水 域 ( 約 2,000 m2)の 共 同 使 用 について 日 米 合 同 委 員 会 で 合 意 ( 防 波 堤 の 建 設 計 画 変 更 により 当 該 共 同 使 用 水 域 を 変 更 ) H19.04.24

H19.03.27 東 浜 地 区 漁 業 用 施 設 整 備 に 係 る 水 域 ( 約 2,000 m2)の 共 同 使 用 について 日 米 合 同 委 員 会 で 合 意 ( 防 波 堤 の 建 設 計 画 変 更 により 当 該 共 同 使 用 水 域 を 変 更 ) H19.04.24 提 供 施 設 の 沿 革 FAC5029 佐 世 保 海 軍 施 設 M19.05.04 旧 海 軍 佐 世 保 鎮 守 府 設 置 決 定 M22.07.01 開 庁 S20. 終 戦 時 佐 世 保 海 軍 鎮 守 府 佐 世 保 海 兵 団 佐 世 保 海 軍 工 廠 佐 世 保 海 軍 軍 需 部 佐 世 保 病 院 等 残 存 S20.09 連 合 国 軍 ( 米 海 軍 及 び 米 陸

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~ 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 3 回 変 更 ) け せ ん ぬ ま し 気 仙 沼 市 ち ゅ う お う ぶ 中 央 部 ち く 地 区 み や ぎ け せ ん ぬ ま し 宮 城 県 気 仙 沼 市 平 成 24 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け

More information

Microsoft Word - 新旧対照表_H21.11月_.doc

Microsoft Word - 新旧対照表_H21.11月_.doc 漁 港 施 設 設 要 領 ( 平 成 18 年 版 ) 改 定 内 容 ( 新 旧 対 照 表 ) 平 成 21 年 11 月 改 定 新 第 2 編 第 4 章 輸 送 施 設 P378 上 から 20 行 目 ( 追 加 ) 4-2 臨 港 道 路 4-4-2 道 路 の 規 格 および P378 下 から 10 行 目 ~P379 上 画 交 通 から 9 行 目 (2) 漁 港 における

More information

Microsoft Word - 271201答申最終

Microsoft Word - 271201答申最終 なお 立 体 交 差 工 事 の 実 施 にあたっては 交 通 を 確 保 しながらの 施 工 となるため 十 分 安 全 に 配 慮 するとともに 路 線 の 重 要 性 に 鑑 み 早 期 完 成 に 努 められたい また 盛 土 区 間 の 法 面 緑 化 など 緑 の 確 保 にも 配 慮 されたい 海 岸 港 湾 事 業 (2) 福 良 港 海 岸 福 良 地 区 ( 南 あわじ 市 )

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

表 2 技 術 基 準 対 象 施 設 区 分 具 体 的 な 施 設 水 域 施 設 航 路 泊 地 船 だまり 外 郭 施 設 こうもん 防 波 堤 防 砂 堤 防 潮 堤 導 流 堤 水 門 閘 門 護 岸 堤 防 きょうへき 突 堤 胸 壁 係 留 施 設 けいせんふひょう もの あげば ふ

表 2 技 術 基 準 対 象 施 設 区 分 具 体 的 な 施 設 水 域 施 設 航 路 泊 地 船 だまり 外 郭 施 設 こうもん 防 波 堤 防 砂 堤 防 潮 堤 導 流 堤 水 門 閘 門 護 岸 堤 防 きょうへき 突 堤 胸 壁 係 留 施 設 けいせんふひょう もの あげば ふ 第 3 行 政 評 価 監 視 の 結 果 1 社 会 資 本 の 維 持 管 理 及 び 更 新 等 の 実 施 状 況 (1) 港 湾 施 設 ア 港 湾 施 設 の 現 状 (ア) 港 湾 施 設 の 種 類 設 置 数 等 現 状 港 湾 の 種 類 は 港 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 ) 第 2 条 第 2 項 に 基 づき 国 際 戦 略 港 湾 国 際 拠 点

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

36

36 3.5 201606081330 28(2016)(M7.3) 16(2004)(M6.8) 200 100 20(2008)(M7.2) 7(1995)(M7.3) 2005(M7.0) 12(2000)(M7.3) 1997(M6.6) 0 0 10 20 30 40 50 60 35 36 平 成 28 年 4 月 15 日 15 時 30 分 時 点 緑 川 前 震 での 堤 体 の 被 害

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

田 原 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 水 防 計 画 地 震 災 害 対 策 編 津 波 災 害 対 策 編 津 波 避 難 計 画 原 子 力 災 害 対 策 編 ( 平 成 27 年 6 月 修 正 ) 田 原 市 防 災 会 議 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 方 針 等 1 第 2 章 本 市 の 概 況 5 第 3 章 予 想 される

More information

地 区 追 浜 N0 施 設 名 契 約 年 月 日 備 考 21 追 浜 下 水 ポンプ 場 旧 海 軍 天 神 用 地 235 - - - 平 成 7 年 7 月 18 日 22 市 道 敷 ( 第 4,818 号 ) 旧 第 一 海 軍 技 術 廠 42 - - 昭 和 26 年 3 月 2

地 区 追 浜 N0 施 設 名 契 約 年 月 日 備 考 21 追 浜 下 水 ポンプ 場 旧 海 軍 天 神 用 地 235 - - - 平 成 7 年 7 月 18 日 22 市 道 敷 ( 第 4,818 号 ) 旧 第 一 海 軍 技 術 廠 42 - - 昭 和 26 年 3 月 2 地 区 N0 施 設 名 1 日 向 公 園 旧 海 軍 運 輸 部 日 向 地 区 1,509-3 昭 和 26 年 3 月 2 日 昭 和 26 年 6 月 1 日 2 夏 島 小 学 校 旧 海 軍 鉈 切 山 用 地 21,302-12 昭 和 29 年 12 月 20 日 昭 和 31 年 11 月 7 日 3 鷹 取 公 園 旧 海 軍 追 浜 高 等 官 宿 舎 11,963-17 昭

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

付 漁 船 の 建 造 ディーゼル 機 関 の 据 付 船 体 の 鋼 船 化 に 加 えて 大 型 化 され 漁 港 整 備 もこれ に 呼 応 する 形 で 昭 和 26 年 からの 第 1 次 漁 港 整 備 長 期 計 画 に 基 づく 焼 津 内 港 の 修 築 更 に は 第 6 次 の

付 漁 船 の 建 造 ディーゼル 機 関 の 据 付 船 体 の 鋼 船 化 に 加 えて 大 型 化 され 漁 港 整 備 もこれ に 呼 応 する 形 で 昭 和 26 年 からの 第 1 次 漁 港 整 備 長 期 計 画 に 基 づく 焼 津 内 港 の 修 築 更 に は 第 6 次 の 浜 の 活 力 再 生 プラン 1 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 組 織 名 焼 津 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 代 表 者 名 西 川 角 次 郎 再 生 委 員 会 の 構 成 員 焼 津 漁 業 協 同 組 合 焼 津 市 株 式 会 社 事 代 丸 オブザーバー 静 岡 県 経 済 産 業 部 水 産 業 局 水 産 振 興 課 静 岡 県 水 産 技 術 研

More information

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732>

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732> 第 4 うみ と みなと ( 港 湾 課 ) 第 4 うみ と みなと 1 海 岸 (1) 概 要 福 岡 県 の 海 岸 線 延 長 は 約 669kmに 及 び このうちの261kmと 二 線 堤 ( )30kmを 合 わせた 291kmを 海 岸 保 全 区 域 に 指 定 して 海 岸 事 業 を 行 っています この 海 岸 保 全 区 域 は3 省 庁 ( 国 土 交 通 省 水 管 理

More information

○四日市港管理組合港湾施設条例

○四日市港管理組合港湾施設条例 四 日 市 港 管 理 組 合 港 湾 施 設 条 例 改 正 昭 和 41 年 6 月 16 日 条 例 第 30 号 昭 和 42 年 7 月 25 日 条 例 第 1 号 昭 和 44 年 4 月 1 日 条 例 第 1 号 昭 和 45 年 8 月 15 日 条 例 第 8 号 昭 和 47 年 4 月 1 日 条 例 第 5 号 昭 和 49 年 3 月 27 日 条 例 第 6 号 昭

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊 東 日 本 大 地 震 に 対 する 海 上 自 衛 隊 の 活 動 状 況 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 一 帯 を 震 源 地 とするマグニチュー ド 9.0 の 大 地 震 が 発 生 した 発 災 から 約 3 時 間 後 に 自 衛 隊 に 対 して 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 命 令 が 発 出 され 翌 々 日

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

本:燧 xdw

本:燧 xdw 燧 灘 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 27 年 9 月 愛 媛 県 目 次 序 論 海 岸 保 全 基 本 計 画 策 定 にあたって 1. 燧 灘 沿 岸 の 概 要 -------------------------------------------------------------------------- 序 -1 2. 燧 灘 沿 岸 の 区 域 --------------------------------------------------------------------------

More information

平成20年度6月補正予算の概要

平成20年度6月補正予算の概要 平 成 20 年 度 6 月 補 正 予 算 の 概 要 西 条 市 目 次 平 成 20 年 度 6 月 補 正 予 算 について 1 会 計 別 予 算 の 規 模 2 一 般 会 計 における 主 な 事 業 3~10 特 別 会 計 における 主 な 事 業 11 平 成 20 年 度 6 月 補 正 予 算 について 今 回 の 補 正 予 算 では ( 仮 称 ) 丹 原 図 書 館 の

More information

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復 資 料 2 平 成 25 年 2 月 17 日 復 興 庁 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 主 な 予 算 について ( 平 成 24 年 度 補 正 予 算 平 成 25 年 度 予 算 案 ) 復 興 庁 が 司 令 塔 となって 原 子 力 災 害 からの 福 島 の 復 興 及 び 再 生 を 加 速 的 に 推 進 する さらに 福 島 の 深 刻 な 諸 問 題 に 対 応 できるよう

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx (2) 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 あ ま ち ょ う 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 事 例 島 根 県 海 士 町 平 成 23 年 から25 年 の 社 会 増 減 をみると 24 年 25 年 は 転 入 超 過 に 転 じてい る 平 成 20 年 と25 年 の 年 齢 階 層 別 の 人 口 を 比 較 すると 25 歳 から44 歳 の 年 齢 層 ( 平 成 25

More information

別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 基 幹 事 事 番 号 事 概 要 公 立 学 校 施 設 整 備 費 国 庫 負 担 A1 復 興 のための 地 域 づくりに 必 要 な 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 における 新 増 築 事 事 ( 公 立 小 中 学 校 等 の 新

別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 基 幹 事 事 番 号 事 概 要 公 立 学 校 施 設 整 備 費 国 庫 負 担 A1 復 興 のための 地 域 づくりに 必 要 な 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 における 新 増 築 事 事 ( 公 立 小 中 学 校 等 の 新 別 表 次 別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 201 別 表 2 復 旧 復 興 事 一 覧 ( 経 費 項 別 ) 205 1 平 成 23 年 度 1 次 補 正 205 2 平 成 23 年 度 2 次 補 正 219 3 平 成 23 年 度 3 次 補 正 224 4 平 成 24 年 度 復 興 特 会 258 別 表 3 分 類 基 準 287 別 表 4 事 故

More information

総務部元気宣言

総務部元気宣言 福 井 新 々 元 気 宣 言 推 進 に 関 する 政 策 合 意 私 は 知 事 の 政 策 スタッフとして 福 井 県 民 の 将 来 ビジョン に 基 づき 福 井 新 々 元 気 宣 言 の 元 気 な 産 業 元 気 な 社 会 元 気 な 県 土 元 気 な 県 政 に 掲 げられた 政 策 等 を 実 現 するため 県 民 の 理 解 と 参 加 を 得 な がら 責 任 を 持 って

More information

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73>

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73> 資 料 2-5 岩 手 県 地 域 防 災 対 策 見 直 し 素 案 に 係 るパブリック コメント 意 見 件 数 及 び 対 応 状 況 1 意 見 件 数 受 付 方 法 人 数 ( 人 機 ) 意 見 件 数 ( 件 ) 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 郵 便 ( 持 参 を 含 む) 0 0 ファクシミリ 1 2 2 5 1 4 2 7 電

More information

x x な 別 添 6 規 制 の 特 例 措 置 等 の 提 案 書 提 案 団 体 名 : 長 崎 県 長 崎 市 佐 世 保 市 西 海 市 政 策 課 題 解 決 策 との 関 係 区 分 ( 1) 現 行 の 規 制 制 度 の 所 管 関 係 官 庁 ( 該 当 に を 記 載 ) 提

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し 平 常 時 からの

More information

[1]熊本県の水産概要

[1]熊本県の水産概要 熊 本 県 の 水 産 平 成 27 年 熊 本 県 農 林 水 産 部 目 次 [ 1 ] 熊 本 県 の 水 産 概 要 1 1 漁 場 の 性 状 1 2 漁 業 の 概 要 2 3 漁 業 経 営 体 及 び 就 業 者 数 2 4 漁 船 3 5 漁 業 生 産 4 6 内 水 面 漁 業 6 7 熊 本 県 の 地 位 7 8 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 9 [ 2 ] 漁

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

要 望 書 平 成 28 年 2 月 京 都 府 北 部 地 域 連 携 都 市 圏 形 成 推 進 協 議 会 ( 福 知 山 市 舞 鶴 市 綾 部 市 宮 津 市 京 丹 後 市 伊 根 町 与 謝 野 町 )

要 望 書 平 成 28 年 2 月 京 都 府 北 部 地 域 連 携 都 市 圏 形 成 推 進 協 議 会 ( 福 知 山 市 舞 鶴 市 綾 部 市 宮 津 市 京 丹 後 市 伊 根 町 与 謝 野 町 ) 報 道 資 料 京 都 府 北 部 地 域 を 経 由 する 北 陸 新 幹 線 のルート 延 伸 の 実 現 に 係 る 要 望 書 の 提 出 について 平 成 28 年 2 月 8 日 京 都 府 北 部 地 域 連 携 都 市 圏 形 成 推 進 協 議 会 ( 福 知 山 市 舞 鶴 市 綾 部 市 宮 津 市 京 丹 後 市 伊 根 町 与 謝 野 町 ) 京 都 府 北 部 地 域 連

More information

<5461726F2D837083758352838188D38CA989F1939A2E6A7464>

<5461726F2D837083758352838188D38CA989F1939A2E6A7464> 総 合 物 流 施 策 大 綱 (2013-2017) 案 に 関 する パブリックコメントの 募 集 結 果 について 平 成 25 年 6 月 25 日 国 土 交 通 省 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省 経 済 産 業 省 では 総 合 物 流 施 策 大 綱 (2013-2017) 案 について ホー ムページを 通 じてご 意 見 を 募 集 したところ 7 名 の 方 から22

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

(記載例)

(記載例) 浜 の 活 力 再 生 広 域 プラン 別 添 ( 別 記 様 式 第 1 号 ) 1 広 域 水 産 業 再 生 委 員 会 組 織 名 代 表 者 名 熊 本 県 有 明 海 地 区 広 域 水 産 業 再 生 委 員 会 会 長 上 田 浩 次 広 域 委 員 会 の 荒 尾 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 荒 尾 漁 協 荒 尾 市 ) 構 成 員 熊 本 北 部 地 区

More information

<95BD90AC E938C93FA967B91E5906B8DD E F1816A8CF6955C97702E786C7378>

<95BD90AC E938C93FA967B91E5906B8DD E F1816A8CF6955C97702E786C7378> 東 日 本 大 震 災 ( 第 93 報 ) 平 成 23 年 10 月 3 日 ( 月 )10:00 作 成 1. 本 省 等 の 体 制 について 2 鉄 道 61 2. 地 震 の 概 要 2 自 動 車 関 係 68 3. 国 土 交 通 省 の 対 応 3 海 事 120 4. 海 上 保 安 庁 の 対 応 18 港 湾 122 5. 国 土 地 理 院 の 対 応 24 海 上 保 安

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 書 (たたき 台 ) 平 成 28 年 7 月 熊 本 連 携 中 枢 都 市 圏 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 この 度 の 熊 本 地 震 の 発 生 以 降 被 災 者 の 救 助 活 動 避 難 者 への 生 活 支 援 激 甚 災 害 の 指 定 補 正 予 算 編 成 など 国 の 機 動 的 かつ 迅

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

Microsoft Word - 05-01.doc

Microsoft Word - 05-01.doc 第 8 節 港 湾 施 設 の 復 旧 1 港 湾 施 設 の 復 旧 事 例 柏 崎 港 港 湾 災 害 復 旧 事 業 - 港 湾 施 設 の 被 災 状 況 と 復 旧 工 事 - 新 潟 港 湾 事 務 所 庭 山 真 一 山 﨑 慎 矢 栗 原 健 太 ( 平 成 19 年 10 月 1 日 から 平 成 20 年 11 月 30 日 まで 交 代 で 応 援 派 遣 ) 庭 山 山 﨑

More information

13 鉄 道 事 故 の 安 全 対 策 鉄 道 事 故 時 の 安 全 対 策 に 関 する 覚 書 西 日 本 鉄 道 株 式 会 社 鉄 道 事 故 における 乗 客 の 安 全 確 保 に 関 すること 平 成 20 年 3 月 31 日 14 災 害 発 生 時 における 応 急 対 策

13 鉄 道 事 故 の 安 全 対 策 鉄 道 事 故 時 の 安 全 対 策 に 関 する 覚 書 西 日 本 鉄 道 株 式 会 社 鉄 道 事 故 における 乗 客 の 安 全 確 保 に 関 すること 平 成 20 年 3 月 31 日 14 災 害 発 生 時 における 応 急 対 策 1 海 南 市 が 関 西 電 力 株 式 会 社 海 南 発 電 所 に 対 して 行 なう 火 災 出 動 要 請 に 関 する 覚 書 関 西 電 力 株 式 会 社 海 南 発 電 所 1 大 火 災 等 で 特 に 応 援 を 必 要 とする 時 2 特 殊 な 火 災 で 特 に 化 学 消 防 車 を 必 要 とする 時 昭 和 48 年 1 月 10 日 2 和 歌 山 県 防 災

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63> 高 度 人 材 ポイント 制 の 加 点 対 象 となるイノベーション 促 進 支 援 措 置 一 覧 高 度 人 材 ポイント 制 の 申 請 を 行 う 外 国 人 の 方 が 所 属 する 大 学 企 業 等 の 機 関 が, 次 の1 又 は2に 掲 げる 措 置 を 受 けている 場 合 には, 特 別 加 算 としてポイントが 加 点 されます(1 0 点 所 属 機 関 が 中 小 企

More information

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A>

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A> 浦 河 町 津 波 避 難 計 画 平 成 26 年 2 月 第 1 章 総 則 1 目 的 この 計 画 は 津 波 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 恐 れがある 場 合 の 津 波 災 害 に 対 し 住 民 の 命 を 守 る ことを 最 優 先 した ソフト 面 の 対 策 を 充 実 させるため 地 震 津 波 発 生 直 後 か ら 津 波 が 終 息 するまでの 概 ね

More information

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行 1. 都 市 計 画 区 域 等 について (1) 全 体 総 括 表 (H27.3.31 現 在 ) 行 政 区 域 都 市 計 画 区 域 石 巻 市 (A) (B) 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 B/A (C) C/A C/B (D) D/A D/B ha ha % ha % % ha % % 旧 石 巻 市 11,765.0 21.2 3,001.2 5.4 25.5 8,763.8

More information

砂 防 費 ( 土 木 部 砂 防 課 ) 922,021 (4,527,621) 通 常 砂 防 事 業 費 471,625 千 円 関 川 ( 四 国 中 央 市 ) 砂 防 堰 堤 工 など 17か 所 ( 国 1/2 県 1/2) 地 すべり 対 策 事 業 費 91,778 千 円 中 黒

砂 防 費 ( 土 木 部 砂 防 課 ) 922,021 (4,527,621) 通 常 砂 防 事 業 費 471,625 千 円 関 川 ( 四 国 中 央 市 ) 砂 防 堰 堤 工 など 17か 所 ( 国 1/2 県 1/2) 地 すべり 対 策 事 業 費 91,778 千 円 中 黒 平 成 25 年 度 6 月 補 正 予 算 について 注 : は 新 規 施 策 分 は 大 幅 増 額 分 ( )は 累 計 額 単 位 : 千 円 国 内 示 に 伴 う 公 共 事 業 の 推 進 6,149,180 農 地 防 災 事 業 費 ( 農 林 水 産 部 農 地 整 備 課 ) 8,150 (1,583,449) ため 池 等 整 備 事 業 費 山 田 上 池 地 区 ( 松

More information