している. 本 研 究 は 対 象 とする 事 例 の 規 模 の 点 では 池 谷 ら と 視 点 を 同 じくするものであるが, 地 価 と 土 地 利 用 に 着 目 し, 定 量 的 な 指 標 として 影 響 を 示 すこと に 特 徴 がある. (2) 分 析 方 法 本 研 究 ではス

Size: px
Start display at page:

Download "している. 本 研 究 は 対 象 とする 事 例 の 規 模 の 点 では 池 谷 ら と 視 点 を 同 じくするものであるが, 地 価 と 土 地 利 用 に 着 目 し, 定 量 的 な 指 標 として 影 響 を 示 すこと に 特 徴 がある. (2) 分 析 方 法 本 研 究 ではス"

Transcription

1 東 京 スカイツリーの 立 地 に 伴 う 近 隣 地 域 の 地 価 及 び 土 地 利 用 の 変 化 に 関 する 分 析 馬 場 隼 哉 ¹ 小 根 山 裕 之 ² 石 倉 智 樹 ³ ¹ 学 生 非 会 員 東 京 工 業 大 学 大 学 院 社 会 理 工 学 研 究 科 社 会 工 学 専 攻 ( 東 京 都 目 黒 区 大 岡 山 ² 正 会 員 工 博 首 都 大 学 東 京 大 学 院 都 市 環 境 科 学 研 究 科 都 市 基 盤 環 境 学 域 ( 東 京 都 八 王 子 市 南 大 沢 ³ 正 会 員 工 博 首 都 大 学 東 京 大 学 院 都 市 環 境 科 学 研 究 科 都 市 基 盤 環 境 学 域 ( 東 京 都 八 王 子 市 南 大 沢 都 市 の 再 開 発 は 景 観 を 変 化 させるだけでなく, 地 価 の 変 動 や 開 発 事 業 といった 周 辺 住 民 の 生 活 環 境 にも 大 きな 影 響 を 与 えると 考 えることができる. 本 研 究 では 東 京 スカイツリーの 事 例 をもとに 都 市 再 開 発 における 近 隣 地 域 の 影 響 を 明 らかにすることを 目 的 として, 路 線 価 と 土 地 利 用 の 変 化 を 分 析 し, 地 域 特 性 等 他 の 要 素 との 関 係 性 を 考 察 した. 地 価 と 土 地 利 用 の 変 化 に 統 計 的 な 関 係 性 は 見 られなかったが, 地 域 内 で 局 所 的 な 変 化 が 表 れていることが それぞれ 確 かめられた. キーワード: 路 線 価 土 地 利 用 再 開 発 1. 研 究 の 背 景 目 的 近 年, 東 京 都 心 部 では 六 本 木 ヒルズや 東 京 スカイ ツリーのように 複 合 商 業 施 設 を 伴 った 大 規 模 な 再 開 発 が 施 行 されている.これらは 駅 前 の 業 務 地 帯 や 旧 工 業 地 域, 商 業 地 域 等 で 計 画 され, 単 に 新 しい 施 設 ができるという 効 果 のみならず, 近 隣 の 地 域 にも 様 々な 変 化 をもたらしている. 大 きく 分 類 すると, 行 政 による 関 連 政 策 取 組 等 のソフト 面, 再 開 発 に 便 乗 して 行 われる 整 備 事 業 や 周 辺 施 設 のリニューアルといったハード 面 での 変 化 が 考 えられるが,それによる 効 果 は 一 様 では ない. 再 開 発 に 伴 って 近 隣 地 域 で 開 発 等 が 進 み, 活 気 や 賑 わいが 取 り 戻 されるというプラスの 影 響 の 一 方 で 再 開 発 施 設 のみに 関 心 が 集 中 し, 近 隣 地 域 が 取 り 残 されてしまうというマイナス 面 が 問 題 と なりつつある. 既 成 市 街 地 で 再 開 発 が 実 施 されることになれば, 当 該 地 域 で 生 活 する 人 はもちろんのこと 来 街 者, その 他 様 々な 関 係 主 体 にとって 影 響 を 及 ぼすこと は 明 白 であり, 事 業 のもたらす 変 化 を 詳 細 に 整 理, 把 握 することは 有 益 であると 考 える. 本 研 究 では2012 年 5 月 に 開 業 した 東 京 スカイツリ ー 及 び 関 連 施 設 ( 以 下 スカイツリーとする)を 対 象 とし, 地 価 と 土 地 利 用 の 変 化 を 主 体 として 近 隣 地 域 にどのような 変 化 が 表 れているのかを 定 量 的 に 分 析 する.これは 数 々の 事 例 が 実 施 されてきた 都 市 の 再 開 発 事 業 の 事 例 の 一 つとして, 開 業 後 の 現 時 点 での 変 化 を 把 握 することにより 今 後 の 事 業 における 知 見 を 得 ることを 目 的 とするものである. 2. 研 究 の 内 容 方 法 (1) 研 究 の 位 置 づけ 本 研 究 は 都 市 の 再 開 発 に 関 する 研 究 に 位 置 づけ られる 池 谷, 加 藤 ¹は 東 京 ミッドタウン 及 び 六 本 木 ヒルズを 対 象 地 とし 土 地 利 用 とコミュニティ 活 動 の 変 化 から 周 辺 地 域 への 影 響 を 分 析 している 都 築 ²は 東 京 都 区 部 の 再 開 発 とその 周 辺 地 区 につ いて 開 発 に 至 るまでの 手 法 ごとに GIS を 用 いて 分 類 し,データベースを 構 築 して 分 析 している.ま た 中 島, 岸 井 ³らは 再 開 発 事 業 を 行 ったことによる 周 辺 の 変 化 について 地 価 関 数 を 用 いて 考 察, 検 証

2 している. 本 研 究 は 対 象 とする 事 例 の 規 模 の 点 では 池 谷 ら と 視 点 を 同 じくするものであるが, 地 価 と 土 地 利 用 に 着 目 し, 定 量 的 な 指 標 として 影 響 を 示 すこと に 特 徴 がある. (2) 分 析 方 法 本 研 究 ではスカイツリーの 建 設 計 画 決 定 時 の 2006 年 と 開 業 年 である 2012 年 の 間 の 変 化 を 時 系 列 に 沿 って 分 析 する. 土 地 の 価 格 として 今 回 は 近 隣 の 地 区 の 詳 細 な 価 格 の 違 いを 見 るため, 路 線 ( 街 路 )ごと 価 格 を 表 す 路 線 価 を 用 いる.なお, 路 線 価 は 毎 年 1 月 1 日 時 点 の 価 格 であり 開 業 後 のものとして 2013 年 1 月 のデータまでを 用 いる.8 年 分 を 分 析 し, 東 京 都 の 平 均 値 との 比 較 や 対 前 年 変 動 率 を 算 出 し, 地 域 ご との 傾 向 を 整 理 する. 土 地 利 用 の 変 化 としてはゼンリン 住 宅 地 図 を 用 い, 建 物 の 用 途 変 化 に 焦 点 を 当 てる.2006 年 から 2012 年 までの 土 地 の 建 物 用 途 を 駐 車 場, 集 合 住 宅, 戸 建 て 住 宅, 店 舗 兼 事 務 所, 空 き 地 の 5 種 類 に 分 類 し, 経 年 ごとの 変 化 を 算 出 し, GIS にて 可 視 化 を 行 う.これらの 変 化 について 対 象 区 域 の 開 発 整 備 計 画 の 進 捗 や 人 口,メディアによる 注 目 の 変 化 等 との 関 係 を 整 理, 考 察 する. 図 -1 分 析 対 象 範 囲 表 -1 スカイツリー 関 連 事 業 年 表 年 月 内 容 2003 年 3 月 東 京 メトロ 半 蔵 門 線 延 伸 東 武 伊 勢 崎 線 と 相 互 直 通 運 転 開 始 12 月 在 京 6 社 新 タワー 推 進 プロジェクト 発 足 2004 年 10 月 押 上 業 平 橋 駅 周 辺 地 区 まちづくり 協 議 会 設 立 2005 年 1 月 新 タワー 誘 致 推 進 協 議 会 設 立 3 月 押 上 業 平 橋 駅 周 辺 地 区 に 関 する 都 市 計 画 決 定 2006 年 3 月 建 設 地 が 墨 田 エリアに 最 終 決 定 9 月 まちづくりグランドデザイン 策 定 2008 年 3 月 都 市 計 画 決 定 6 月 新 タワー 正 式 名 称 決 定 東 京 スカイツリー 7 月 着 工 2012 年 3 月 竣 工 5 月 開 業 (3) 分 析 対 象 地 今 回 分 析 対 象 とする 地 区 は 東 京 都 墨 田 区 押 上 業 平 地 区 のスカイツリー 近 隣 の 商 業 系 の 用 途 地 域 とする( 図 -1). 地 価 と 土 地 利 用 に 着 目 するため, 変 化 の 大 きいとされる 近 隣 商 業 地 域 商 業 地 域 に 限 定 し, 住 居 地 域, 工 業 地 域 は 除 外 する. 押 上 業 平 地 区 は 古 くから 小 規 模 な 商 業 店 舗 と 住 宅 の 混 在 する, 下 町 としての 雰 囲 気 を 持 つ 地 域 で ある 対 象 地 区 の 西 側 には 浅 草 隅 田 川 が 立 地 し, 観 光 客 が 多 く 訪 れるスポットとしても 知 られる. 表 -1 にスカイツリーに 関 連 する 事 業 の 時 系 列 の 流 れを 示 す.2006 年 に 建 設 計 画 が 決 定 してから 開 業 に 至 るまでわずか 6 年 であり, 商 業 観 光 の 新 名 所 としてその 動 向 が 世 間 の 注 目 を 集 めている. 3. 分 析 結 果 (1) 路 線 価 変 動 2006 年 から2013 年 の 期 間 の 路 線 価 を 図 -2のよ うにGISにて 示 した. 路 線 価 の 特 徴 として 駅 付 近 や 幹 線 道 路, 都 市 計 画 道 路 は 価 格 が 高 く, 対 象 地 に 図 年 路 線 価 分 布 図 図 -3 対 前 年 変 動 率 の 比 較 おいても 浅 草 通 り 沿 いは 路 線 価 が 高 いことがわか る. 路 線 価 の 変 動 の 傾 向 を 把 握 するため, 街 路 ごと の 路 線 価 から 対 前 年 変 動 率 を 算 出 し, 東 京 都 全 体 の 路 線 価 平 均,また 対 象 地 の 平 均 との 比 較 を 行 っ た. 図 -3にその 対 前 年 変 動 率 の 推 移 を 示 す.リー マンショック 等 の 影 響 により2008 年 を 境 に 全 国 で

3 図-4 路線価の分布 2013 年 図-5 新聞記事数の推移 下落しており,対象地の路線価もほぼ同じ傾向を 化の割合を算出した(表-2 示している.しかし2009年以降,東京都の平均値で 今回対象としている期間が短いこともあり,変化 は依然として負の推移となっている中でスカイツ 件数自体は多くなかった.しかし,項目別に見ると リー付近の路線価は変動率がプラスの値を示して 店舗の減少及び駐車場 空き地と集合住宅の増加 いる.同時期の時系列の動きとして表-1より2008 が顕著である.また部分的ではあるがスカイツリ 年にスカイツリーの正式名称決定,建設工事着工 ーから距離が離れた地区ではより店舗の減少 集 というように大きな変化がみられる. また,メディアとの関連を調べるため,新聞記事数 の調査を行 ったと ころ ¹,2009年から2010年にか けてスカイツリー関連の新聞記事数に大幅な増加 がみられた 図-5.つまり,この時期にスカイツ リーに対する世間の認知が急速に向上したものと 推測される.2011年から2012年にかけても同様の 傾向がみられることから,このような事業進捗と 注目 認知の向上が路線価の上昇に関係している と考えられる. 図-8 建物用途の変化点とスカイツリーとの位置関係 (2)土地利用変化 図 -6に2006年の 対 象 地 全 体の 建 物 用 途 の利 用 表-2 状況を示す.対象地の特徴として戸建て住宅と店 舗 事務所が約八割を占めていることがわかる. 駐車場 集合住宅 空き地 戸建住宅 店舗 計 2006年から2012年までの用途の変化を抽出し, 変 図-6 建物用途の分布図 2006 年 建物用途の割合 件数 変化率(%) 図-7 土地利用構成の変化 226

4 合 住 宅 の 増 加 が 進 んでいるという 傾 向 が 読 み 取 れ る( 図 -8). 既 成 市 街 地 であるため, 押 上 業 平 地 区 では 古 い 店 舗 や 住 宅 が 多 く, 新 規 開 発 を 目 的 とした 建 物 用 地 を 創 出 する 上 で 駐 車 場 空 き 地 という 一 時 利 用 の 形 がとられ, 地 価 の 動 向 や 周 辺 の 開 発 に 呼 応 し て 集 合 住 宅 に 建 て 替 わっているという 時 系 列 の 動 きが 推 測 される. スカイツリー 開 業 に 合 わせ, 行 政 主 体 で 商 業 観 光 振 興 を 目 的 として 様 々なイベント, 取 り 組 み が 行 われているが( 表 -3), 結 果 として 店 舗 系 の 建 物 は 減 少 し, 集 合 住 宅 が 増 えている.つまり 現 時 点 では 計 画 時 に 意 図 されていた 地 域 の 賑 わい 回 復 に は 結 び 付 いておらず,あくまでもツリー 施 設 のみ に 関 心 が 集 中 していることを 裏 付 ける 結 果 となっ ている. 店 舗 数 の 減 少 は 地 域 としての 商 業 の 衰 退 に 関 連 していると 考 えられ,ツリー 開 業 の 時 間 経 過 とともに,より 一 極 集 中 の 傾 向 は 高 まっていく と 推 測 される. 図 -9 路 線 価 の 平 均 に 対 する 大 きさと 変 化 度 合 いの 関 係 表 -3 墨 田 区 の 関 連 事 業 一 覧 都 市 文 化 を 楽 しむ まち 安 全 安 心 で 災 害 に 強 いまち 地 球 にやさしい 水 と 緑 のまち 人 にやさしい 移 動 しやすいまち (3) 地 価 と 土 地 利 用 の 関 連 路 線 価 の 変 動 と 土 地 利 用 の 変 化 の 関 連 を 見 るた め, 対 象 区 域 の 路 線 価 の 平 均 を 基 準 として 価 格 の 大 きさと 変 化 傾 向 でパターン 化 し²)( 図 -9),GIS 上 に 示 した( 図 -10).このパタ ー ン 分 類 を も と にA,B,C,D の4つの 地 域 に 区 分 し 土 地 利 用 の 特 徴 を 分 観 光 プラザ 整 備 事 業 観 光 案 内 所 設 置 事 業 3M 運 動 推 進 事 業 商 業 活 性 化 すみだプログラム 推 進 事 業 すみだ 地 域 学 セミナー 事 業 新 たな 防 災 拠 点 整 備 事 業 押 上 業 平 橋 駅 周 辺 地 区 整 備 事 業 北 十 間 川 整 備 事 業 環 境 ふれあい 館 整 備 事 業 墨 田 川 艇 庫 整 備 業 吾 妻 橋 防 災 船 着 場 整 備 事 業 自 転 車 駐 車 場 整 備 事 業 親 水 公 園 整 備 事 業 新 タワー 周 辺 主 要 道 路 景 観 整 備 事 業 都 市 景 観 形 成 促 進 事 業 水 上 ネットワーク 形 成 事 業 周 遊 ルート 等 歩 行 者 空 間 整 備 事 業 観 光 施 設 等 回 遊 性 向 上 事 業 きれいなトイレ 整 備 事 業 表 -4 路 線 価 平 均 による 分 類 路 線 価 平 均 に 対 して 価 格 変 化 傾 向 A 平 均 以 下 変 化 率 大 B 平 均 以 上 変 化 率 大 C 平 均 以 下 変 化 率 小 D 平 均 以 上 変 化 率 小 図 -10 路 線 価 の 平 均 を 基 準 としたパターン 分 類 種 類 変 化 率 (%) A B C D 駐 車 場 集 住 空 地 戸 建 店 舗 計 図 -11 パターンごとの 建 物 用 途 の 変 化 割 合 ( 年 ) 析 した. その 結 果 から, 路 線 価 の 変 化 率 が 大 きい 地 域 ほ ど 集 合 住 宅 が 増 加 しており,また 路 線 価 が 低 く, 変 化 率 が 小 さい 地 域 ほど 店 舗 の 減 少 割 合 が 大 きいこ とがわかる.つまりスカイツリー 周 囲 では 開 発 が 進 み,それが 路 線 価 の 上 昇 にも 相 互 に 関 係 してい るが,スカイツリーから 離 れた 地 域 では 元 々の 地 域 特 性 の 影 響 が 大 きく,それほど 再 開 発 としての 変 化 が 表 れていないことが 推 測 される. 表 -1の 関 連 事 業 一 覧 からもスカイツリー 事 業 に 関 連 した 開

5 発 整 備 計 画 が 多 く, 再 開 発 地 域 の 周 囲 のみに 賑 わ いが 偏 っていることを 示 唆 する 要 素 であると 考 え られる. 4. 結 論 本 研 究 ではスカイツリーの 立 地 による 近 隣 地 域 の 変 化 を 路 線 価 と 土 地 利 用 の 観 点 から 分 析 した. 路 線 価 の 変 動 と 土 地 利 用 の 変 化 には 統 計 的 な 関 連 はあまり 見 られなかったものの,それぞれ 近 隣 地 域 内 でスカイツリー 周 囲 とそれ 以 外 で 変 化 の 度 合 いに 差 が 生 まれつつあることを 示 している. また, 路 線 価 と 土 地 利 用 の 時 系 列 の 変 動 におい てメディアの 注 目 一 般 の 認 知 や 開 発 整 備 事 業 との 関 連 を 示 唆 することができた.これらのこと から 定 量 的 な 地 価 や 土 地 利 用 の 変 化 に 加 え, 観 光 客 や 買 い 物 といった 人 の 動 きを 対 象 とした 分 析 を 加 えることでより 明 確 な 変 化 の 特 徴 について 言 及 できる 可 能 性 が 明 らかになった. なお, 今 回 扱 ったデータは2012 年 の 開 業 以 降 の ものが 少 なく, 今 後 の 時 間 経 過 とともにさらに 変 化 が 顕 在 してくると 考 えられる. 詳 細 な 分 析 とと もに, 近 隣 地 域 から 分 析 範 囲 を 拡 大 することでよ り 客 観 的 な 指 標 として 変 化 を 示 していく 必 要 があ る. 参 考 文 献 1) 池 谷 加 藤 : 大 規 模 再 開 発 による 周 辺 環 境 の 変 化 に 関 する 研 究 - 東 京 ミッドタウン 周 辺 地 区 を 対 象 と して-, 都 市 計 画 報 告 集 No 年 10 月 2) 都 築 まい 子 :GIS を 用 いた 東 京 都 区 部 における 都 市 再 開 発 とその 周 辺 部 の 地 域 特 性 の 変 化 に 関 する 基 礎 的 研 究, 都 市 計 画 論 文 集 No 年 10 月 3) 中 島 岸 井 : 駅 前 市 街 地 再 開 発 事 業 が 地 価 に 与 える 影 響 に 関 する 分 析, 土 木 計 画 学 研 究 講 演 集 No.23(2) 2000 年 11 月 補 注 (1) 朝 日 新 聞 データベースより スカイツリー, 新 タワー & 墨 田, 第 二 東 京 タワー のキーワ ードで 検 索 を 行 った.( 正 式 名 称 決 定 が2008 年 6 月 であるため) (2) 対 象 地 の 路 線 価 の 平 均 に 対 する 価 格 の 大 きさを 横 軸,その 平 均 の 変 動 に 対 する 各 路 線 価 の 変 動 を 縦 軸 に 表 した. 横 軸 を1.0, 縦 軸 を0で 区 切 って 分 類 し GIS 上 に 示 した.

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29 都 市 再 生 整 備 計 画 て つ ど う みなと つ る が 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) ふ く い つ る が 福 井 県 敦 賀 市 平 成 25 年 1 月 様 式 は A4 長 辺 側 を 2 箇 所 ホチキス 留 めすること 様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

ando20160201

ando20160201 平 成 27 年 度 研 究 所 奨 学 論 文 応 募 研 究 所 政 治 経 済 研 究 所 Facebook と 投 票 論 文 作 品 テーマ 都 会 と 田 舎 における 影 響 の 差 フリガナ アンドウ ユウスケ 氏 名 安 藤 雄 祐 ( 代 表 者 ) ( 共 同 執 筆 の 場 合 は 上 記 者 が 代 表 者 となる 代 表 者 他 名 ) 所 属 研 究 科 専 攻 または

More information

参 考 資 料 住 宅 と 工 業 流 通 業 務 機 能 が 混 在 するエリア 倉 庫 等 の 流 通 保 管 施 設 の 立 地 が 進 むエリア 共 同 住 宅 の 立 地 が 進 むエリア 新 駅 の 整 備 により 鉄 道 利 用 の 利 便 性 が 高 まるエリア 低 未 利 用 地 が 点 在 し 鉄 道 道 路 の 整 備 効 果 により 土 地 利 用 が

More information

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担 平 成 26 年 度 防 府 市 商 工 業 振 興 施 策 に 関 す る 要 望 1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 に ついて (2) 消 費 税 増 税 に 伴 う 効 果 的 な 経 済 対 策 事 業 について 1 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 の 継 続 実 施 に ついて 2 中 心

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

1 推 進 構 想 の 目 的 ねりま 未 来 プロジェクト 推 進 構 想 ( 以 下 推 進 構 想 という )は 練 馬 区 基 本 構 想 ( 平 成 21 年 12 月 ) および 練 馬 区 長 期 計 画 ( 平 成 22 年 3 月 ) におい て 定 めた ねりま 未 来 プロジェ

1 推 進 構 想 の 目 的 ねりま 未 来 プロジェクト 推 進 構 想 ( 以 下 推 進 構 想 という )は 練 馬 区 基 本 構 想 ( 平 成 21 年 12 月 ) および 練 馬 区 長 期 計 画 ( 平 成 22 年 3 月 ) におい て 定 めた ねりま 未 来 プロジェ ねりま 未 来 プロジェクト 推 進 構 想 にかかる 平 成 23 年 度 検 討 のまとめ ~ 練 馬 城 址 公 園 の 整 備 にかかる 考 え 方 ~ 1 推 進 構 想 の 目 的 2 頁 2 検 討 の 経 緯 3 頁 3 検 討 にあたっての 基 本 的 考 え 方 6 頁 4 平 成 22 年 度 に 検 討 した 内 容 とその 検 証 9 頁 5 整 備 が 考 えられる 施

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

「(仮称)丸の内3-2計画」 着工

「(仮称)丸の内3-2計画」 着工 報 道 関 係 各 位 2015 年 11 月 11 日 三 菱 地 所 株 式 会 社 東 京 商 工 会 議 所 株 式 会 社 東 京 會 舘 三 菱 地 所 東 京 商 工 会 議 所 東 京 會 舘 による 共 同 プロジェクト ( 仮 称 ) 丸 の 内 3-2 計 画 着 工 三 菱 地 所 株 式 会 社 東 京 商 工 会 議 所 及 び 株 式 会 社 東 京 會 舘 は 千 代

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層 第 1 章 第 4 節 第 4 節 4-1. 土 地 利 用 都 市 空 間 の 方 針 (1) 土 地 利 用 都 市 空 間 の 基 本 的 考 え 方 近 年 の 人 口 減 少 少 子 高 齢 社 会 の 到 来 産 業 構 造 の 変 化 等 を 背 景 に これまでの 都 市 の 拡 大 成 長 を 前 提 としたまちづくりから 成 熟 する 社 会 に 対 応 し 質 的 な 豊 かさの

More information

Microsoft Word - 配布資料表紙A4版HP用.doc

Microsoft Word - 配布資料表紙A4版HP用.doc 幸 手 駅 西 口 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 によるまちづくり - 幸 せを 私 たちの 手 から 未 来 へ- 幸 手 市 目 次 幸 手 駅 西 口 地 区 の 位 置 づけ 1. 都 市 計 画 からの 位 置 づけ 2. 上 位 計 画 からの 位 置 づけ ------------------------------------------------- 1 -------------------------------------------------

More information

台東緑2章_4

台東緑2章_4 第 2 章 緑 を 取 り 巻 く 現 況 と 課 題 5. 緑 の 役 割 別 にみた 課 題 区 の 概 況 緑 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 区 の 緑 の 変 化 区 の 緑 の 状 況 から 緑 の 役 割 別 に 課 題 を 整 理 しました (1) 都 市 環 境 の 維 持 改 善 地 球 規 模 での 地 球 温 暖 化 の 進 行 や 都 市 のヒートアイランド 現 象 が

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

ÿþ

ÿþ 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 1 回 変 更 ) か し ま じ ん ぐ う し ゅ う へ ん 鹿 島 神 宮 周 辺 地 区 い ば ら き か し ま し 茨 城 県 鹿 嶋 市 平 成 20 年 11 月 様 式 は A4 長 辺 側 を 2 箇 所 ホチキス 留 めすること 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 茨 城 県 市 町

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

1 都 市 計 画 マスタープラン 平 成 10 年 に 都 市 計 画 マスタープランを 策 定 し その 中 で 本 区 の 将 来 のあるべき 姿 を 描 き その 都 市 像 を 実 現 するため これまで 様 々 なすみだのまちづくりに 取 り 組 んできた 平 成 17 年 に 新 たな

1 都 市 計 画 マスタープラン 平 成 10 年 に 都 市 計 画 マスタープランを 策 定 し その 中 で 本 区 の 将 来 のあるべき 姿 を 描 き その 都 市 像 を 実 現 するため これまで 様 々 なすみだのまちづくりに 取 り 組 んできた 平 成 17 年 に 新 たな 都 市 計 画 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 1 都 市 計 画 マスタープラン 平 成 10 年 に 都 市 計 画 マスタープランを 策 定 し その 中 で 本 区 の 将 来 のあるべき 姿 を 描 き その 都 市 像 を 実 現 するため これまで 様 々 なすみだのまちづくりに 取 り 組 んできた 平

More information

大 きく 寄 与 したことが 伺 える (2) 横 浜 中 華 街 の 動 向 等 1 横 浜 中 華 街 の 歴 史 横 浜 中 華 街 は 横 浜 市 中 区 山 下 町 に 位 置 しており 東 西 南 北 の 牌 楼 で 囲 まれた 概 ね 500m 四 方 の 広 さの 中 に 中 国 料

大 きく 寄 与 したことが 伺 える (2) 横 浜 中 華 街 の 動 向 等 1 横 浜 中 華 街 の 歴 史 横 浜 中 華 街 は 横 浜 市 中 区 山 下 町 に 位 置 しており 東 西 南 北 の 牌 楼 で 囲 まれた 概 ね 500m 四 方 の 広 さの 中 に 中 国 料 経 済 調 査 レポート 平 成 25 年 12 月 26 日 財 務 省 横 浜 財 務 事 務 所 相 互 直 通 運 転 開 始 に 伴 う 横 浜 中 華 街 元 町 エリアの 動 向 ~ 鉄 道 アクセスの 向 上 が 及 ぼす 影 響 ~ 1.はじめに 今 年 ( 平 成 25 年 )3 月 16 日 東 京 急 行 電 鉄 東 横 線 と 東 京 メトロ 副 都 心 線 の 相 互 直

More information

21 年 1 月 29 日発行 TVI( タス空室インデックス )( 過去 2 年推移 ) ポイント 1 都 3 県 TVI 推移 ( 過去 2 年間 ) 全域 23 区市部神奈川県埼玉県千葉県 年月 東京都全域 23 区市部 神奈川県 埼玉県 千葉県 28 年

21 年 1 月 29 日発行 TVI( タス空室インデックス )( 過去 2 年推移 ) ポイント 1 都 3 県 TVI 推移 ( 過去 2 年間 ) 全域 23 区市部神奈川県埼玉県千葉県 年月 東京都全域 23 区市部 神奈川県 埼玉県 千葉県 28 年 21 年 1 月 29 日発行 21 年 8 月期 1 都 3 県賃貸住宅指標 ~ 意外と広い? 東京 23 区内の賃貸住宅専有面積 ~ 1. 賃貸住宅指標概況 東京都 全域 23 区 市部 会社名 : 株式会社タス所在地 : 東京都中央区八丁堀 2-25-9 トヨタ八丁堀ビル 7F 3-6222-123( 代表 ) 3-6222-124(FAX) http://www.tas-japan.com/

More information

ÿþ

ÿþ 認 定 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 のフォローアップに 関 する 報 告 Ⅰ.ポイント 計 画 期 間 ; 平 成 19 年 8 月 ~ 平 成 24 年 8 月 (5 年 1 月 ) 平 成 22 年 3 月 砂 川 市 ( 北 海 道 ) 1. 概 況 本 基 本 計 画 の 最 終 目 標 である 商 店 街 活 性 化 のためには 市 立 病 院 等 集 客 施 設 利

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 千 葉 県 市 町 村 名 き さら づ し 木 更 津 市 地 区 名 かねだ ち く 金 田 地 区 面 積 350 ha 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 交 付 期 間 平

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 千 葉 県 市 町 村 名 き さら づ し 木 更 津 市 地 区 名 かねだ ち く 金 田 地 区 面 積 350 ha 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 交 付 期 間 平 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 か ね だ 金 田 地 区 か い 2 回 へ ん こ う 変 更 ) ち ば 千 葉 き さ ら づ 県 木 更 津 し 市 平 成 27 年 12 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 千 葉 県 市 町 村 名 き さら づ し 木 更 津 市 地 区 名 かねだ ち く 金 田 地 区 面

More information

熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 を 決 める 要 素 となる 出 生 と 死 亡 に 伴 う 人 口 の 動 きである 自 然 動 態 転 入 転 出 に 伴 う 人 口 の 動 きである 社 会 動 態 の 推 移 を 示 したものである 熊

熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 を 決 める 要 素 となる 出 生 と 死 亡 に 伴 う 人 口 の 動 きである 自 然 動 態 転 入 転 出 に 伴 う 人 口 の 動 きである 社 会 動 態 の 推 移 を 示 したものである 熊 熊 本 都 市 政 策 vol.2 (2013) 熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 植 木 英 貴 熊 本 市 都 市 政 策 研 究 所 副 所 長 キーワード: 熊 本 都 市 圏 人 口 集 中 人 口 移 動 都 市 の 魅 力 1 はじめに 熊 本 市 は 平 成 20 年 に 富 合 町 平 成 22 年 には 城 南 町 及 び 植

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 東 京 大 改 造 2020 駅 力 から 見 た 注 目 エリア 日 経 BPインフラ 総 合 研 究 所 徳 永 太 郎 注 目 エリア5 品 川 田 町 エリア 虎 ノ 門 エリア 渋 谷 エリア 新 宿 エリア 東 京 湾 岸 エリア 多 様 な 機 能 を 揃 えた 日 本 の 玄 関 めざす 品 川 田 町 エリア 品 川 田 町 エリア 駅 力 の 将 来 イメージ 2015 年 交

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来 とうおん まちづくりプラ プラン 東 温 市 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 都 市 づくりの 全 体 構 想 編 愛 媛 県 東 温 市 目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人

More information

6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 (1) 米 野 名 駅 南 地 区 総 合 整 備 米 野 名 駅 南 地 区 ( 約 180ha)は 名 古 屋 駅 の 南 に 位 置 し 周 囲 を 広 小 路 線 江 川 線 岩 井 町 線 名 古 屋 環 状 線 に 囲 まれた 地 区 である

6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 (1) 米 野 名 駅 南 地 区 総 合 整 備 米 野 名 駅 南 地 区 ( 約 180ha)は 名 古 屋 駅 の 南 に 位 置 し 周 囲 を 広 小 路 線 江 川 線 岩 井 町 線 名 古 屋 環 状 線 に 囲 まれた 地 区 である 都 市 計 画 概 要 2013 第 2 編 名 古 屋 の 都 市 計 画 の 現 況 第 6 章 市 街 地 の 開 発 整 備 6-1 市 街 地 整 備 の 沿 革 と 方 針 6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 6-3 土 地 区 画 整 理 事 業 6-4 市 街 地 再 開 発 事 業 6-5 優 良 建 築 物 等 整 備 事 業 6-6 開 発 行 為 6-7 都 心 部

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

【出典追加】20141117国土審参考資料.pptx

【出典追加】20141117国土審参考資料.pptx 平 成 26 年 度 第 1 回 国 土 利 用 計 画 審 議 会 部 会 農 地 国 土 利 用 計 画 審 議 会 部 会 資 料 -2 農 地 面 積 の 推 移 H19~32 年 目 標 増 減 値 H19~24 年 実 績 増 減 値 目 標 増 減 に 対 する 実 績 の 割 合 -1,000ha -647ha 64.7% 10,600 10,400 10,200 10,000 9,800

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土 地 利 用 方 針 3. 市 街 化 調 整

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土 地 利 用 方 針 3. 市 街 化 調 整 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 ガイドライン 酒 々 井 町 平 成 28 年 4 月 策 定 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土

More information

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3)

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3) 3) 計 画 容 積 率 設 定 の 考 え 方 計 画 容 積 率 は 見 直 し 相 当 容 積 率 に 評 価 容 積 率 を 加 えた 範 囲 内 で 計 画 内 容 の 優 良 性 当 該 区 域 及 び 周 辺 市 街 地 に 対 する 貢 献 度 道 路 等 の 都 市 基 盤 施 設 等 とのバランス 日 照 や 景 観 に 対 する 配 慮 周 辺 市 街 地 との 調 和 等 を

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx 石 神 井 公 園 駅 南 地 まちづくり 計 画 1 まちづくり 計 画 目 標 ------------------------------------------------ 2 2 まちづくり 計 画 ------------------------------------------------ 3 3 土 地 利 用 考 え 方 ----------------------------------------------------

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

3 圏 域 では 県 北 沿 岸 で2の 傾 向 を 強 く 見 てとることができます 4 近 年 は 分 配 及 び 人 口 が 減 少 している 市 町 村 が 多 くなっているため 所 得 の 増 加 要 因 を 考 える 場 合 は 人 口 減 少 による 影 響 についても 考 慮 する

3 圏 域 では 県 北 沿 岸 で2の 傾 向 を 強 く 見 てとることができます 4 近 年 は 分 配 及 び 人 口 が 減 少 している 市 町 村 が 多 くなっているため 所 得 の 増 加 要 因 を 考 える 場 合 は 人 口 減 少 による 影 響 についても 考 慮 する 調 査 分 析 レポート 21-9 平 成 21 年 12 月 16 日 調 査 統 計 課 調 査 分 析 担 当 一 人 当 たり 市 町 村 民 所 得 の 増 加 要 因 について 平 成 19 市 町 村 民 所 得 推 計 において 市 町 村 民 所 得 の 分 配 ( 以 下 分 配 という ) 及 び 一 人 当 たり 市 町 村 民 所 得 ( 以 下 所 得 という

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 5 回 変 更 ) ひ ろ し ま 広 島 と し ん 都 心 ち く 地 区 ひろしまけん 広 島 ひ ろ し ま 県 広 島 し 市 平 成 22 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

スライド 1

スライド 1 1 都 市 計 画 に 関 する 市 民 説 明 会 松 江 市 都 市 計 画 課 2 議 事 次 第 1. 松 江 市 のまちづくり 計 画 会 場 アンケート(その1) 2. 線 引 き( 区 域 区 分 ) 制 度 会 場 アンケート(その2) 3. 今 後 のスケジュール 会 場 アンケート(その3) 3 1. 松 江 市 のまちづくり 計 画 まちづくり 計 画 とは 松 江 市 都 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63> 資 料 2 広 域 的 課 題 の 整 理 のまとめ 方 等 について 目 次 1. 検 討 の 視 点...1 (1) 広 域 的 課 題 の 整 理 の 目 的...1 (2) 課 題 等 のとりまとめ 方 法...1 (3) 広 域 的 課 題 等 として 整 理 することが 考 えられるもの( 例 )...2 2. 各 市 の 現 況 の 整 理 に 用 いるデータ 指 標 案...3 参

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く 藤 岡 市 街 地 地 区 面 積 999 ha 目 標 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 28 年 度 交 付 期

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く 藤 岡 市 街 地 地 区 面 積 999 ha 目 標 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 28 年 度 交 付 期 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 ふ じ 藤 お か 岡 し が い ち 市 街 地 地 区 か い 2 回 へ ん こ う 変 更 ) ぐ ん ま 群 馬 ふ じ お か 県 藤 岡 し 市 平 成 25 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 社 会 工 学 類 都 市 計 画 主 専 攻 卒 業 研 究 最 終 発 表 2015/1/27 多 様 な 交 通 手 段 混 在 時 の 交 通 流 シミュレーション 分 析 201111279 安 達 修 平 指 導 教 員 : 鈴 木 勉 研 究 の 背 景 現 在, 様 々な 交 通 手 段 が 道 路 に 溢 れている 多 種 多 様 なニーズに 応 えるため 現 在 も 新 たな 交

More information

地 区 別 のまちづくり 方 針 12 地 区 の 区 域 図 2

地 区 別 のまちづくり 方 針 12 地 区 の 区 域 図 2 第 4 回 横 須 賀 市 都 市 計 画 マスタープラン 検 討 会 議 資 料 資 料 1 第 4 回 横 須 賀 市 都 市 計 画 マスタープラン 検 討 会 議 資 料 1. 追 浜 地 区 のまちづくり 方 針 ---------------------- 3 2. 田 浦 地 区 のまちづくり 方 針 ---------------------- 9 3. 逸 見 地 区 のまちづくり

More information

² ² ² ²

² ² ² ² ² ² ² ² n=44 n =44 n=44 n=44 20.5% 22.7% 13.6% 27.3% 54.5% 25.0% 59.1% 18.2% 70.5% 15.9% 47.7% 25.0% 60% 40% 20% 0% n=44 52.3% 27.3% 11.4% 6.8% 27.55.5 306 336.6 408 n=44 9.1% 6.8% n=44 6.8% 2.3% 31.8%

More information

Cross functional Team-2 地域経済活性化対策

Cross functional Team-2  地域経済活性化対策 Cross functional Team-2 地 域 経 済 活 性 化 対 策 ~ 中 間 報 告 ~ 平 成 27 年 3 月 30 日 1 CFT-2の 構 成 リーダー 黄 瀬 信 之 ( 企 画 財 政 部 企 業 立 地 情 報 化 推 進 室 ) サブリーダー 大 内 規 裕 ( 総 務 部 秘 書 課 秘 書 係 ) メンバー 森 本 紗 緒 里 ( 総 務 部 市 民 連 携 室

More information

国有地の有効活用について

国有地の有効活用について 国 有 地 の 有 効 活 用 について 定 期 借 地 権 制 度 の 活 用 2010 年 5 月 20 日 定 期 借 地 権 制 度 の 活 用 について 定 期 借 地 権 と 他 事 業 の 比 較 土 地 所 有 者 サイドからの 所 見 ( 一 般 事 例 として) 事 業 の 収 益 性 ( 事 業 計 画 ) 事 業 の 安 全 性 ( 事 業 リスク) 事 業 の 流 動 性

More information

Microsoft Word - 概要版.doc

Microsoft Word - 概要版.doc 杉 戸 町 都 市 計 画 マスタープラン 概 要 版 平 成 20 年 3 月 杉 戸 町 1 杉 戸 町 都 市 計 画 マスタープランについて 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 及 び 地 域 の 将 来 像 を 明 ら かにし その 実 現 化 を 計 画 的 に 進 めていくための 基 本 方 針 です 本 町 では 平 成 7 年 度 に 都 市 計 画 マスタープラン を

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~ 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 3 回 変 更 ) け せ ん ぬ ま し 気 仙 沼 市 ち ゅ う お う ぶ 中 央 部 ち く 地 区 み や ぎ け せ ん ぬ ま し 宮 城 県 気 仙 沼 市 平 成 24 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

目 次 1.はじめに 1 2. 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 現 状 1 3. 市 としての 方 向 性 1 4.3つのコンセプトとその 基 本 的 な 考 え 方 2 参 考 資 料 5

目 次 1.はじめに 1 2. 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 現 状 1 3. 市 としての 方 向 性 1 4.3つのコンセプトとその 基 本 的 な 考 え 方 2 参 考 資 料 5 狛 江 市 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 整 備 に 関 する 考 え 方 狛 江 市 平 成 28 年 3 月 目 次 1.はじめに 1 2. 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 現 状 1 3. 市 としての 方 向 性 1 4.3つのコンセプトとその 基 本 的 な 考 え 方 2 参 考 資 料 5 1.はじめに 狛 江 市 では, 多 摩 川 土 手 の 天 端 のあり 方 について

More information

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx 綱 島 サスティナブル スマートタウン 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 市 素 案 説 明 会 平 成 27 年 6 月 12 日 横 浜 市 ~ 本 日 の 説 明 内 容 ~ 地 区 の 概 要 と 上 位 計 画 経 緯 地 区 計 画 の 都 市 計 画 市 素 案 今 後 の 都 市 計 画 手 続 地区の概要 港北区 日吉駅 綱島サスティナブル スマートタウン地区 面積 約4.4ha

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0 して 活 気 のある 魅 力 的 なまちづくりを 推 進 することで 交 流 人 口 の 拡 大 を 図 る (ア) 現 況 と 問 題 点 Ⅰ( 国 道 県 道 及 び 市 道 ) 本 市 の 主 要 道 路 は 諫 早 方 面 から 一 般 国 道 57 号 が 島 原 半 島 の 西 岸 を 経 て 小 浜 雲 仙 から 島 原 市 に 至 り 市 域 の 東 岸 には 一 般 国 道 251

More information

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近 東 京 のブランド 力 ~ 世 界 が 憧 れる5つの 魅 力 ~ 概 要 版 この 研 究 報 告 書 は 外 国 人 から 見 た 東 京 の 魅 力 が 何 であるかを 探 り それを 東 京 の 都 市 ブラ ンドとして 世 界 から 認 知 されるための 課 題 と 戦 略 を 研 究 したものである 東 京 の 魅 力 向 上 によって 国 際 競 争 力 を 高 め 東 京 を 訪 問

More information

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー 新 しい 公 共 支 援 事 業 NPO 新 時 代 を 拓 く 組 織 運 営 の 力 量 アップ 支 援 事 業 1から 学 ぶ NPO 法 人 会 計 基 準 対 応 事 業 報 告 書 & 計 算 書 類 作 成 セミナー( 名 古 屋 会 場 ) 中 尾 さゆり( 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ボランタリーネイバーズ 相 談 事 業 部 長 ) 1. NPO 法 改 正 の 概 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20905682BD82C893BF8E5289778372838B90AE94F58AEE967B8D5C917A8179485094C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20905682BD82C893BF8E5289778372838B90AE94F58AEE967B8D5C917A8179485094C5817A2E646F63> 新 たな 徳 山 駅 ビル 整 備 基 本 構 想 平 成 25 年 11 月 周 南 市 はじめに 昭 和 44 年 10 月 に 民 衆 駅 として 開 業 した 徳 山 駅 ビルは 周 南 市 の 中 心 市 街 地 のみならず 山 口 県 東 部 地 域 の 交 通 拠 点 商 業 拠 点 として 機 能 してきました しかしながら モータリゼー ションの 進 展 や 大 型 店 舗 の 郊

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

世 紀 に 機 能 するまちづくり( 次 の 世 代 が 夢 を 描 けるまちづくり)の 3 つに 置 いた 上 で 基 本 理 念 を 共 に 創 る 自 主 自 立 のまちづくり 育 み つなげる そして 輝 き 続 けるまちづくり とし 都 市 の 将 来 像 を みんなで 創 る 元 気 都

世 紀 に 機 能 するまちづくり( 次 の 世 代 が 夢 を 描 けるまちづくり)の 3 つに 置 いた 上 で 基 本 理 念 を 共 に 創 る 自 主 自 立 のまちづくり 育 み つなげる そして 輝 き 続 けるまちづくり とし 都 市 の 将 来 像 を みんなで 創 る 元 気 都 事 例 番 号 063 市 民 がつくり 育 てる 市 民 プラザ( 新 潟 県 上 越 市 市 民 プラザ) 1. 背 景 上 越 市 は 新 潟 県 の 南 西 部 上 越 地 方 に 位 置 する 人 口 約 21 万 人 の 中 核 都 市 である この 地 は 古 くから 越 後 の 国 府 として 栄 え 戦 国 時 代 の 名 将 上 杉 謙 信 が 春 日 山 城 を 構 える 頃

More information

Microsoft Word - 00表紙・目次.doc

Microsoft Word - 00表紙・目次.doc 7-4 九 鬼 早 田 地 域 : 九 鬼 地 区 (1) 地 域 の 概 況 1 位 置 環 境 九 鬼 地 区 は 熊 野 灘 のリアス 式 海 岸 の 入 り 組 んだ 入 江 に 位 置 しており 江 戸 時 代 から 回 船 な どの 寄 港 地 として 利 用 されてきたところです 集 落 の 西 端 にJR 九 鬼 駅 があり その 西 側 を 国 道 311 号 が 位 置 しています

More information

 

  旧 体 育 文 化 館 および 周 辺 施 設 に 係 るサウンディング 型 市 場 調 査 実 施 要 領 1. 調 査 名 称 旧 体 育 文 化 館 および 周 辺 施 設 に 係 るサウンディング 型 市 場 調 査 サウンディング 型 市 場 調 査 とは 公 有 資 産 の 有 効 活 用 の 検 討 にあたって その 活 用 方 法 について 民 間 事 業 者 から 広 く 意 見

More information

(3) 事 業 内 容 項 目 内 容 1. 事 業 の 方 向 性 1 大 久 保 公 園 については エンターテイメント&スポーツ をキーコ ンセプトにした 施 設 を 整 備 する 例 えば 主 催 者 と 観 客 が 一 体 となって 楽 しむことができるイベント 体 験 型 のアミューズメ

(3) 事 業 内 容 項 目 内 容 1. 事 業 の 方 向 性 1 大 久 保 公 園 については エンターテイメント&スポーツ をキーコ ンセプトにした 施 設 を 整 備 する 例 えば 主 催 者 と 観 客 が 一 体 となって 楽 しむことができるイベント 体 験 型 のアミューズメ 大 久 保 公 園 を 活 用 したエンターテイメント&スポーツ 施 設 整 備 事 業 1 募 集 事 業 概 要 募 集 要 項 (1) 背 景 新 宿 区 立 大 久 保 公 園 は 戦 災 復 興 区 画 整 理 事 業 により 造 成 された 公 園 であり 昭 和 2 年 区 立 公 園 として 開 園 した 都 市 計 画 公 園 として 都 市 公 園 法 ( 昭 和 31 年 法

More information

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上 市 街 地 再 開 発 事 業 の 今 後 の 展 開 に 関 する 検 討 会 ワーキンググループにおける 検 討 概 要 目 的 再 開 発 ビルの 再 生 ( 建 替 え リニューアル 等 )について 具 体 地 区 における 課 題 を 洗 い 出 し 必 要 な 方 策 等 について 検 討 を 行 うとともに 必 要 に 応 じて 国 に 制 度 提 案 等 を 行 う 検 討 地 区

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8BE68C7689E682CC8EE888F882AB816989AB8EFC95D3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8BE68C7689E682CC8EE888F882AB816989AB8EFC95D3816A2E646F63> 地 区 計 画 手 引 きー 沖 周 辺 地 区 地 区 計 画 地 区 計 画 とは 地 区 計 画 とは 建 築 物 の 用 途 や 形 態 ( 建 ぺい 率 容 積 率 壁 面 位 置 意 匠 の 制 限 ) 垣 柵 の 制 限 道 路 公 園 などをきめ 細 かに 定 め 良 好 なまちづくりを 推 進 していくためのルールです 沖 周 辺 地 区 では 商 業 街 区 及 び 住 宅 街

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

3 土 地 の 所 有 関 係 岡 山 城 主 要 部 内 の 土 地 所 有 者 を 見 ると 市 有 地 は 烏 城 公 園 として 整 備 されている 本 丸 の 大 部 分 烏 城 公 園 駐 車 場 西 の 丸 ( 旧 内 山 下 小 学 校 跡 地 ) 市 民 会 館 旧 NHK 岡 山

3 土 地 の 所 有 関 係 岡 山 城 主 要 部 内 の 土 地 所 有 者 を 見 ると 市 有 地 は 烏 城 公 園 として 整 備 されている 本 丸 の 大 部 分 烏 城 公 園 駐 車 場 西 の 丸 ( 旧 内 山 下 小 学 校 跡 地 ) 市 民 会 館 旧 NHK 岡 山 2 建 物 用 途 岡 山 城 主 要 部 の 建 物 用 途 を 見 ると 本 丸 部 分 ( 烏 城 公 園 ) 周 囲 の 住 宅 地 内 の 建 物 は 都 市 公 園 区 域 風 致 地 区 となっているため ほとんど 全 て 2 階 建 て 以 下 の 低 層 住 宅 である 山 西 の 丸 内 は 市 民 会 館 病 院 放 送 局 旧 放 送 局 旧 小 学 校 の 比 較 的 規

More information

2/14 もくじ 今 までのボーナスの 使 い 道 - 番 額 だった 使 い 道 ------------------------------ 3 - 参 考 にした 情 報 源 ------------------------------ 4 - 申 し 込 み 購 法 ------------

2/14 もくじ 今 までのボーナスの 使 い 道 - 番 額 だった 使 い 道 ------------------------------ 3 - 参 考 にした 情 報 源 ------------------------------ 4 - 申 し 込 み 購 法 ------------ 1/14 シーズナリティー 2014/6/3 消 費 か 貯 蓄 か 増 税 と 景 気 回 復 がもたらす 夏 のボーナス 意 識 の 変 化 2014 年 夏 のボーナス に 関 する 意 識 調 査 はじめに 夏 のボーナス 商 戦 はもう 前 アベノミクス そして 消 費 税 増 税 といった 安 倍 政 権 下 の 経 済 政 策 は 消 費 者 のボーナスに 対 する 意 識 にどのような

More information

2013年 東洋経済新報社 CSR調査・評価説明会 配布資料(2013年5月16日版)

2013年 東洋経済新報社 CSR調査・評価説明会 配布資料(2013年5月16日版) 2013 年 東 洋 経 済 新 報 社 CSR 調 査 評 価 説 明 会 東 洋 経 済 CSR 調 査 CSR 評 価 ランキングのご 説 明 2 回 目 2013 年 5 月 16 日 ( 木 ) 株 式 会 社 東 洋 経 済 新 報 社 CSRデータ 開 発 チーム 財 務 企 業 評 価 チーム 岸 本 吉 浩 本 日 のご 説 明 内 容 1. 昨 年 の 説 明 会 アンケートからいくつかご

More information

緩急接続

緩急接続 第 4 章 案 内 緩 急 接 続 の 旅 客 案 内 の 差 異 文 学 部 3 回 生 笹 木 高 史 1. はじめに 本 稿 ではまた 尐 し 違 った 側 面 から 案 内 を 考 えていこうと 思 う ここでは 民 鉄 における 緩 急 接 続 が 利 用 者 にどのように 案 内 されているか まず 関 東 の 大 手 民 鉄 のうち 小 田 急 東 急 西 武 東 京 メトロを 例 にとって

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

山 口 市 は 1929 年 に 市 制 が 施 行 されて 行 政 経 済 教 育 文 化 情 報 等 の 都 市 機 能 が 集 積 して きた 人 口 増 加 は 最 近 は 鈍 化 してはいるものの 現 在 も 続 いており(1990~2000 年 の 人 口 増 加 率 6.1%) 第 3

山 口 市 は 1929 年 に 市 制 が 施 行 されて 行 政 経 済 教 育 文 化 情 報 等 の 都 市 機 能 が 集 積 して きた 人 口 増 加 は 最 近 は 鈍 化 してはいるものの 現 在 も 続 いており(1990~2000 年 の 人 口 増 加 率 6.1%) 第 3 事 例 番 号 121 まちと 川 を 結 ぶまちづくり( 山 口 県 山 口 市 ) 1. 背 景 山 口 市 は 山 口 県 の 中 央 に 位 置 する 県 庁 所 在 地 である 市 の 中 心 部 は 北 部 の 山 地 に 発 し 南 の 瀬 戸 内 海 ( 周 防 灘 )に 至 る 椹 野 (ふしの) 川 と 佐 波 川 とが 流 れる 山 口 盆 地 及 びその 下 流 の 臨 海

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

目 次 背 景 とねらい 1 中 心 市 街 地 区 域 にある 公 共 施 設 商 業 施 設 1 2 実 験 運 行 から 本 格 運 行 までのルート 経 過 2 3 基 本 データ( 定 期 券 1 日 乗 車 券 ) 3 4 ルート 変 更 の 経 過 (お 堀 端 聖 神 社 ) 3 5

目 次 背 景 とねらい 1 中 心 市 街 地 区 域 にある 公 共 施 設 商 業 施 設 1 2 実 験 運 行 から 本 格 運 行 までのルート 経 過 2 3 基 本 データ( 定 期 券 1 日 乗 車 券 ) 3 4 ルート 変 更 の 経 過 (お 堀 端 聖 神 社 ) 3 5 資 料 6 鳥 取 市 100 円 循 環 バス くる 梨 路 線 再 編 計 画 ( 案 ) 平 成 24 年 8 月 鳥 取 市 目 次 背 景 とねらい 1 中 心 市 街 地 区 域 にある 公 共 施 設 商 業 施 設 1 2 実 験 運 行 から 本 格 運 行 までのルート 経 過 2 3 基 本 データ( 定 期 券 1 日 乗 車 券 ) 3 4 ルート 変 更 の 経 過 (お

More information

1 資 料 5 平 成 19 年 (2007 年 )12 月 11 日 中 野 区 の 住 宅 住 環 境 の 動 向 目 次 1. 人 口 と 世 帯 -1-2. 世 帯 の 構 成 -2-3.5 歳 階 級 別 人 口 の 構 成 -3-4. 年 少 人 口 の 推 移 -4-5.65 歳 以 上 人 口 の 推 移 -5-6. 転 入 転 出 世 帯 の 状 況 1 単 身 世 帯 -6-7. 転

More information

県 内 の 事 業 者 で 組 織 する 建 築 士 事 務 所 協 会 建 設 業 協 会 全 建 総 連 などさまざまな 関 係 団 体 があるが それらを 構 成 団 体 とする 福 島 県 地 域 型 復 興 住 宅 推 進 協 議 会 を 立 ち 上 げ 連 携 して 対 応 することとし

県 内 の 事 業 者 で 組 織 する 建 築 士 事 務 所 協 会 建 設 業 協 会 全 建 総 連 などさまざまな 関 係 団 体 があるが それらを 構 成 団 体 とする 福 島 県 地 域 型 復 興 住 宅 推 進 協 議 会 を 立 ち 上 げ 連 携 して 対 応 することとし 平 成 26 年 12 月 定 例 会 常 任 委 員 会 土 木 委 員 会 委 員 長 名 吉 田 栄 光 委 員 会 開 催 日 平 成 26 年 12 月 15 日 ( 月 ) 所 属 委 員 副 委 員 長 遊 佐 久 男 委 員 鈴 木 智 佐 久 間 俊 男 斎 藤 勝 利 神 山 悦 子 甚 野 源 次 郎 川 田 昌 成 渡 部 譲 青 木 稔 吉 田 栄 光 委 員 長 (1)

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

○○県看護協会の報告

○○県看護協会の報告 2 72 470 27 7 1 14 466 352 26 394 46 3 25 18 16 2 1 13 12 2 3 4 4 25 448 21 4 73 25 11 25 12 26 1 ~3 1 4 5 5 26 4 27 3 2 6 74 7 8 75 4 9 30 10 76 11 11 5 2 26 9 10 1 1 12 77 13 14 78 15 16 79 ( ) 2 80

More information

<4D F736F F D2091E682518FCD81408C698ACF8C6090AC82CC8E968CE3955D89BF82C98C5782E990D882E88CFB82CC90AE979D2E646F63>

<4D F736F F D2091E682518FCD81408C698ACF8C6090AC82CC8E968CE3955D89BF82C98C5782E990D882E88CFB82CC90AE979D2E646F63> 第 2 章 景 観 形 成 の 事 後 評 価 に 係 る 切 り 口 の 整 理 本 章 では 既 存 の 景 観 形 成 に 関 する 事 業 や 事 後 評 価 の 取 組 み 例 などを 参 照 して 景 観 形 成 の 事 後 評 価 に 関 する 切 り 口 の 整 理 を 行 った 2.1 これまでの 景 観 施 策 と 事 後 評 価 の 位 置 づけ (1) 景 観 施 策 の 全

More information

された 徳 川 家 康 公 顕 彰 四 百 年 記 念 事 業 中 村 勘 九 郎 中 村 七 之 助 新 緑 特 別 公 演 2015 は 静 岡 市 総 合 計 画 ( 以 下 総 合 計 画 という )の 施 策 芸 術 文 化 を 通 じた 交 流 の 推 進 と 賑 わいの 創 出 に 基

された 徳 川 家 康 公 顕 彰 四 百 年 記 念 事 業 中 村 勘 九 郎 中 村 七 之 助 新 緑 特 別 公 演 2015 は 静 岡 市 総 合 計 画 ( 以 下 総 合 計 画 という )の 施 策 芸 術 文 化 を 通 じた 交 流 の 推 進 と 賑 わいの 創 出 に 基 様 式 第 25 号 年 度 評 価 シ ー ト 課 名 文 化 振 興 課 施 設 の 名 称 静 岡 市 民 文 化 会 館 指 定 管 理 者 名 静 岡 市 文 化 振 興 財 団 共 同 事 業 体 1 履 行 状 況 業 務 仕 様 書 及 び 事 業 計 画 書 に 従 って 概 ね 適 切 に 履 行 されている 平 成 27 年 度 は 公 益 財 団 法 人 静 岡 市 文 化

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

8

8 第 8 章 における 低 炭 素 まちづくり 中 心 市 街 地 にふさわしい 質 の 高 い 居 住 環 境 の 創 出 と, 環 境 に 配 慮 した 道 路 公 園 等 の 公 共 施 設 の 整 備 改 善 を 行 い, 本 市 の 経 済 社 会 の 活 性 化 発 展 に 寄 与 すること を 事 業 の 目 的 としている 守 谷 市 松 並 土 地 区 画 整 理 事 業 を とします

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378> 東 日 本 大 震 災 前 後 のコミュニティに 対 する 考 え 方 の 変 化 1. 目 的 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 地 域 ではこれまであった 地 域 ごとのコミュニティが 崩 壊 し 被 災 者 は 新 しい 生 活 を 余 儀 なくされた 自 宅 を 再 建 する 者 や 避 難 していく 者 など そ れぞれが 意 志 決 定 を 行 い 新 しい 環 境 でのコミュニティの

More information

朝霞市都市計画マスタープラン

朝霞市都市計画マスタープラン 第 3 章 地 域 別 構 想 95 96 1. 地 域 区 分 (1) 地 域 区 分 の 検 討 要 素 地 域 区 分 の 設 定 については 以 下 のとおり 地 域 ごとに 居 住 人 口 バランスや 将 来 のまちづくり 構 想 を 考 えるにあたり 地 域 拠 点 や 交 通 軸 などの 要 素 が 特 定 の 地 域 に 極 端 に 偏 らないことも 考 慮 し 地 域 区 分 を

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

平 成 施 策 マネジメントシート2 ( 平 成 22 年 度 目 標 達 成 度 評 価 ) 3 計 画 期 間 で 解 決 すべき 施 策 の 課 題 ( 総 合 計 画 書 より) 商 工 会 議 所 商 工 会 に 対 し 商 工 業 者 のアドバイザーとしての 役 割 強 化 を 働 きか

平 成 施 策 マネジメントシート2 ( 平 成 22 年 度 目 標 達 成 度 評 価 ) 3 計 画 期 間 で 解 決 すべき 施 策 の 課 題 ( 総 合 計 画 書 より) 商 工 会 議 所 商 工 会 に 対 し 商 工 業 者 のアドバイザーとしての 役 割 強 化 を 働 きか 政 策 体 系 平 成 政 策 No. 3 政 策 名 施 策 マネジメントシート1 ( 平 成 22 年 度 目 標 達 成 度 評 価 ) 活 力 ある 産 業 のまちづくり 重 点 施 策 No. 2 商 工 業 の 振 興 〇 施 策 施 策 観 光 課 関 係 課 名 1 計 画 期 間 ( 平 成 20 年 度 ~ 平 成 )における 施 策 の 方 針 商 工 業 者 の 安 定 経

More information

第 3 章 着 眼 点 を 用 いた 方 向 性 診 断 のケーススタディ( 結 城 市 ) 結 いプロジェクト 自 己 診 断 ( 結 城 市 の 場 合 ) まちづくり 活 動 の 取 り 組 み 具 合 着 眼 点 1-1: 外 からの 視 点 ( 取 組 中 ) 結 い 市 や 結 いのおと

第 3 章 着 眼 点 を 用 いた 方 向 性 診 断 のケーススタディ( 結 城 市 ) 結 いプロジェクト 自 己 診 断 ( 結 城 市 の 場 合 ) まちづくり 活 動 の 取 り 組 み 具 合 着 眼 点 1-1: 外 からの 視 点 ( 取 組 中 ) 結 い 市 や 結 いのおと 第 3 章 着 眼 点 を 用 いた 方 向 性 診 断 のケーススタディ ここでは 目 指 す 状 態 に 向 かっているか( 方 向 性 )について 5つの 着 眼 点 を 用 い チェックする 手 法 を 解 説 します なお ガイドライン 作 成 にあたり 協 力 いただいた 自 治 体 の 中 から 観 光 まちづくりの 核 となる 創 発 人 材 のモデルケースになるであろう2 市 (

More information

荒川区における新たな住宅政策のあり方について

荒川区における新たな住宅政策のあり方について 荒 川 区 における 新 たな 住 宅 政 策 のあり 方 について 答 申 平 成 20 年 12 月 荒 川 区 住 宅 対 策 審 議 会 目 次 はじめに ----------------------------------------------------------------- 1 1. 新 たな 住 宅 政 策 の 前 提 -------------------------------------------------

More information