平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要"

Transcription

1 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )の 主 たる 目 的 は 以 下 のとおりである 1 土 地 の 評 価 について 評 価 における 各 ステージの 評 価 体 系 を 客 観 的 に 俯 瞰 しな がら 統 一 的 な 基 準 と 評 価 の 基 礎 資 料 を 作 成 することで 評 価 内 容 の 均 衡 化 と 適 正 化 を 図 る 2 評 価 に 関 する 他 都 市 の 状 況 や 法 令 の 動 きなどの 情 報 提 供 評 価 困 難 事 例 や 審 査 申 立 て 等 の 際 の 助 言 と 技 術 面 での 理 論 補 強 などの 提 供 を 通 年 で 受 けることによ り 高 い 次 元 で 一 層 の 公 正 公 平 な 評 価 に 資 する ( 準 拠 法 令 等 ) 第 3 条 本 業 務 の 履 行 に 際 し 契 約 書 および 本 仕 様 書 に 拠 るほか 以 下 の 関 係 法 令 等 に 基 づき 実 施 するものとする (1) 地 方 税 法 (2) 固 定 資 産 評 価 基 準 (3) 地 価 公 示 法 (4)その 他 関 係 法 令 および 秋 田 市 条 例 規 則 等 ( 委 託 期 間 および 業 務 工 程 ) 第 4 条 本 業 務 の 委 託 期 間 は 契 約 の 日 から 平 成 30 年 3 月 31 日 までとし 各 年 度 の 業 務 工 程 は おおむね 次 のとおりとする 年 度 業 務 内 容 平 成 27 年 度 計 画 準 備 路 線 の 検 討 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 な 街 路 標 準 宅 地 の 検 討 その 他 の 宅 地 評 価 法 適 用 地 域 の 検 討 単 価 マスター - 1 -

2 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 な 街 路 標 準 宅 地 の 検 討 土 地 価 格 比 準 表 の 見 直 し 路 線 価 の 評 定 単 価 マスターの 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅱ 主 要 な 街 路 標 準 宅 地 の 検 討 路 線 価 の 評 定 単 価 マスターの 作 成 下 落 修 正 の 検 証 土 地 評 価 方 法 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 ( 受 託 の 条 件 ) 第 5 条 乙 は 前 条 の 業 務 を 完 遂 するため 以 下 の 条 件 を 満 たしていなければなら ない (1) 乙 が 前 条 の 業 務 を 円 滑 に 行 うため 乙 は 秋 田 市 内 に 本 社 支 店 営 業 所 等 を 設 置 し かつ 当 該 事 務 所 に 不 動 産 鑑 定 士 が2 名 以 上 常 駐 すること (2) 乙 は 甲 の 求 めに 応 じ 評 価 困 難 事 例 あるいは 審 査 申 出 等 の 土 地 評 価 に 関 する 諸 問 題 において 評 価 における 全 国 的 傾 向 を 踏 まえた 助 言 対 応 を 行 うために 秋 田 市 内 の 事 務 所 に 常 駐 する2 名 以 外 に 固 定 資 産 土 地 評 価 の 実 績 がある2 名 以 上 の 不 動 産 鑑 定 士 が 社 内 に 在 籍 し 当 該 業 務 を 担 当 すること ( 提 出 書 類 ) 第 6 条 本 業 務 の 着 手 にあたり 乙 は 次 に 定 める 書 類 を 甲 に 提 出 しなければならな い (1) 業 務 着 手 届 (2) 委 託 業 務 実 施 計 画 書 (3) 本 業 務 を 担 当 する 不 動 産 鑑 定 士 名 簿 (4)その 他 甲 が 指 示 する 書 類 ( 作 業 計 画 等 の 作 成 ) 第 7 条 乙 は 委 託 契 約 締 結 後 速 やかに 甲 と 協 議 し 業 務 の 作 業 計 画 および 工 程 表 等 を 作 成 し 甲 に 提 出 するものとする ( 作 業 の 打 ち 合 わせ) 第 8 条 甲 と 乙 は 計 画 準 備 のため 各 工 程 各 調 査 に 応 じて おおむね2ヵ 月 に 1 回 連 絡 調 整 のための 協 議 を 行 うものとする 当 協 議 の 開 催 にあたり 協 議 の 趣 旨 および 目 的 を 明 確 にし 乙 は 作 業 の 進 捗 状 況 および 成 果 について 甲 に 報 告 し 速 やかに 報 告 資 料 を 作 成 し 甲 乙 各 一 部 ずつ 保 管 する - 2 -

3 ( 貸 与 資 料 ) 第 9 条 本 業 務 に 必 要 な 資 料 ( 甲 以 外 の 第 三 者 が 管 理 する 資 料 を 含 む)は 借 用 書 と 引 換 に 貸 与 するものとする 2 乙 は 貸 与 資 料 の 取 扱 いおよびその 管 理 には 十 分 注 意 を 払 い 業 務 終 了 後 は 速 やかにこれを 甲 に 返 却 するものとする また 複 写 等 の 処 理 の 際 は 甲 にその 旨 を 事 前 に 報 告 し 破 損 紛 失 および 不 正 利 用 等 が 無 いよう 厳 重 に 管 理 すること ( 検 査 およびかし 担 保 責 任 ) 第 10 条 乙 は 各 年 度 毎 の 業 務 実 績 報 告 書 を 提 出 し 甲 による 検 査 を 受 けること とする その 結 果 成 果 品 について 甲 の 要 求 を 満 たさない 場 合 には 速 やかに 修 正 し 再 検 査 の 合 格 をもって 業 務 の 完 了 とする ( 納 品 ) 第 11 条 乙 は 本 業 務 を 誠 実 に 遂 行 し 期 限 内 に 成 果 品 を 納 入 する 義 務 を 負 う なお 甲 は 業 務 の 完 了 したものについては 納 期 限 前 でも 提 出 を 求 めることが できる 2 本 業 務 の 納 品 場 所 は 秋 田 市 企 画 財 政 部 資 産 税 課 とする ( 個 人 情 報 の 保 護 ) 第 12 条 乙 は 本 業 務 の 遂 行 にあたり 知 り 得 た 情 報 には 細 心 の 注 意 を 払 い いか なる 場 合 もこれを 他 に 漏 らしてはならない 2 乙 は 本 業 務 の 遂 行 にあたり 個 人 情 報 の 保 護 に 関 し 別 記 個 人 情 報 取 扱 特 記 事 項 に 定 める 事 項 を 遵 守 しなければならない ( 損 害 賠 償 ) 第 13 条 本 業 務 中 に 発 生 した 事 故 に 対 する 一 切 の 責 任 は 乙 が 負 うものとする ま た 事 故 が 発 生 した 場 合 は その 状 況 を 速 やかに 甲 に 報 告 するものとする ( 疑 義 ) 第 14 条 本 仕 様 書 に 記 載 のない 事 項 および 本 仕 様 書 に 定 める 各 条 項 の 解 釈 につい て 疑 義 が 生 じたときは 甲 乙 双 方 協 議 の 上 別 に 定 める 第 2 章 業 務 内 容 ( 計 画 準 備 ) 第 15 条 甲 と 乙 は 本 事 業 の 契 約 成 立 後 速 やかに 打 合 せを 行 い 当 該 年 度 を 含 む3 年 間 の 事 業 計 画 を 作 成 する 計 画 にあたっては 乙 は 甲 の 現 行 の 固 定 資 産 評 価 状 況 を 分 析 しながら 評 価 替 えに 向 けた 課 題 の 抽 出 および 対 応 方 法 を 甲 に 的 確 - 3 -

4 に 提 案 すること ( 路 線 の 検 討 ) 第 16 条 乙 は 事 業 計 画 に 基 づき 次 のとおり 路 線 の 検 討 を 行 うものとする (1) 平 成 27 年 度 評 価 替 え 時 の 現 行 の 路 線 状 況 を 確 認 し 新 設 街 路 の 設 定 既 存 路 線 の 分 割 等 にあたり 路 線 の 設 定 街 路 条 件 測 定 の 基 準 を 検 討 する (2) 路 線 マスターと 路 線 価 図 との 突 合 により 使 用 していない 路 線 の 廃 止 路 線 形 状 の 変 更 等 を 行 う (3) 相 続 税 路 線 価 価 格 形 成 要 因 の 附 設 情 報 等 を 勘 案 しながら (1)および(2) の 結 果 を 総 合 的 に 検 討 し 路 線 の 見 直 しをする ( 新 設 街 路 の 設 定 ) 第 17 条 乙 は 事 業 計 画 に 基 づき 開 発 行 為 等 により 宅 地 造 成 された 区 域 内 に 新 設 街 路 を 設 定 する 路 線 価 評 定 にあたり 乙 は 現 地 調 査 を 行 い 新 設 街 路 の 設 定 および 路 線 データの 適 否 を 確 認 してから 路 線 価 を 評 定 すること ( 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ) 第 18 条 乙 は 事 業 計 画 に 基 づき 次 のとおり 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰを 行 うもの とする (1) 路 線 価 に 影 響 を 与 える 価 格 形 成 要 因 の 変 化 を 分 析 し 採 用 する 価 格 形 成 要 因 および 測 定 基 準 を 見 直 し 新 しい 価 格 形 成 要 因 測 定 基 準 を 作 成 すること (2) 新 しい 価 格 形 成 要 因 測 定 基 準 に 基 づき 街 路 条 件 以 外 の 路 線 データの 見 直 し を 行 うこと ( 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅱ) 第 19 条 乙 は 事 業 計 画 に 基 づき 甲 が 実 施 する 路 線 調 査 により 得 られる 街 路 条 件 ( 道 路 の 幅 員 舗 装 の 状 況 歩 道 の 有 無 等 )の 結 果 に 基 づき 路 線 データの 見 直 しを 行 うこと ( 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 ) 第 20 条 乙 は 事 業 計 画 に 基 づき 次 のとおり 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 を 行 うものとする (1) 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 にあたり 路 線 データの 分 析 現 地 調 査 により 固 定 資 産 評 価 基 準 と 整 合 性 を 図 りながら 検 証 すること (2) 検 証 結 果 の 提 示 に 際 しては 見 直 しの 理 由 路 線 価 シミュレーションによる 評 価 への 影 響 について 図 面 資 料 を 作 成 し 甲 に 提 案 協 議 すること なお 必 要 があれば 甲 との 合 同 現 地 調 査 も 実 施 すること (3) 提 示 した 見 直 し 箇 所 は 甲 の 承 認 を 受 けて 確 定 するものとし 確 定 後 はデー - 4 -

5 タベースおよび 地 図 を 更 新 し 確 定 図 面 を 甲 に 提 出 すること (4)(3)の 確 定 後 であっても 価 格 調 査 基 準 日 まで 生 じる 地 域 内 の 変 化 等 に 留 意 し 変 化 が 認 められた 場 合 は 甲 と 協 議 を 行 い 必 要 に 応 じて 評 価 替 えに 反 映 させること ( 主 要 な 街 路 標 準 宅 地 の 検 討 ) 第 21 条 乙 は 事 業 計 画 に 基 づき 次 のとおり 主 要 な 街 路 標 準 宅 地 の 検 討 を 行 う (1) 現 地 調 査 等 により 現 行 の 主 要 な 街 路 および 標 準 宅 地 の 適 否 を 分 析 するこ と 特 に 標 準 的 であるか 路 線 格 差 が 一 定 範 囲 内 に 収 まっているか と いう 事 項 と 路 線 本 数 について 配 意 し 固 定 資 産 評 価 基 準 との 整 合 性 を 図 りな がら 検 証 すること (2) 標 準 宅 地 を 見 直 しする 場 合 見 直 しの 理 由 路 線 価 シミュレーションによる 評 価 への 影 響 について 図 面 資 料 を 作 成 し 甲 に 提 案 協 議 すること なお 必 要 があれば 甲 との 合 同 現 地 調 査 も 実 施 すること (3) 提 示 した 見 直 し 箇 所 は 甲 の 承 認 を 受 けて 確 定 するものとし 確 定 後 はデー タベースおよび 地 図 を 更 新 し 確 定 図 面 を 甲 に 提 出 すること (4) 標 準 宅 地 の 鑑 定 評 価 にあたり 甲 と 協 議 の 上 標 準 宅 地 の 一 覧 および 案 内 図 等 の 必 要 書 類 を 作 成 すること また 甲 の 求 めに 応 じて 鑑 定 評 価 にあたり 特 に 留 意 すべき 事 項 等 の 提 案 不 動 産 鑑 定 士 間 の 調 整 も 行 うこと (5) 標 準 宅 地 の 鑑 定 において 不 動 産 鑑 定 士 から 提 出 を 受 けるメモ 価 格 について その 検 証 を 行 い 甲 に 対 し 必 要 に 応 じて 指 摘 および 提 案 を 行 うこと その 場 合 指 摘 等 の 理 由 路 線 価 シミュレーションによる 評 価 への 影 響 について 図 面 資 料 を 作 成 し 甲 に 提 案 協 議 すること (6) 不 動 産 鑑 定 士 から 甲 に 提 出 された 鑑 定 評 価 書 について 鑑 定 評 価 方 法 標 準 的 画 地 の 妥 当 性 等 について その 検 証 を 行 い 問 題 が 見 受 けられた 場 合 は 甲 に 報 告 すること (その 他 の 宅 地 評 価 法 適 用 地 域 の 検 討 ) 第 22 条 乙 は 事 業 計 画 に 基 づき その 他 の 宅 地 評 価 法 適 用 地 域 ( 市 街 化 調 整 区 域 旧 河 辺 町 地 域 旧 雄 和 町 地 域 )における 平 成 27 年 度 の 評 価 状 況 を 検 討 し 状 況 類 似 地 区 標 準 宅 地 等 の 見 直 しを 行 うこと なお 都 市 計 画 区 域 の 見 直 し 等 があった 場 合 は 甲 からの 情 報 提 供 によりその 内 容 についても 十 分 に 吟 味 し 検 討 すること ( 土 地 価 格 比 準 表 の 見 直 し) 第 23 条 乙 は 事 業 計 画 に 基 づき 平 成 27 年 度 の 路 線 価 比 準 表 および 時 点 修 正 率 の 適 用 区 域 等 の 資 料 を 参 考 に 主 要 な 街 路 の 路 線 価 からその 他 の 街 路 の 路 線 価 - 5 -

6 を 算 出 するための 土 地 価 格 比 準 表 の 見 直 しを 行 うこと なお 見 直 しにあたり 統 計 手 法 および 価 格 要 因 を 現 地 に 即 して 具 体 的 に 検 証 し 各 比 準 項 目 について 明 確 な 根 拠 資 料 を 作 成 し 甲 に 提 案 すること ( 路 線 価 の 評 定 ) 第 24 条 乙 は 事 業 計 画 に 基 づき 次 のとおり 路 線 価 の 評 定 を 行 うこと (1) 評 定 の 手 法 として 土 地 価 格 比 準 表 の 作 成 と 連 動 させながら 路 線 価 の 算 出 のシミュレーションを 反 復 実 施 することにより 路 線 価 比 準 表 の 突 合 結 果 を 検 証 すること (2)シミュレーションにあたり 各 シミュレーションを 明 確 な 意 義 を 持 って 行 う とともに 問 題 点 およびその 対 応 方 法 について 図 面 資 料 を 用 いて 甲 に 示 し 提 案 協 議 すること (3)シミュレーションにおいて 特 に 定 量 的 なデータ 取 得 が 困 難 な 商 況 住 環 境 周 辺 土 地 の 利 用 状 況 の 要 因 については 適 用 路 線 と 適 用 する 場 合 の 根 拠 を 一 覧 表 で 取 りまとめて 甲 に 提 出 すること (4) 路 線 間 の 価 格 バランスの 検 証 を 行 うとともに 現 年 課 税 用 の 路 線 価 相 続 税 路 線 価 との 検 証 を 行 い 整 合 性 を 確 保 すること ( 単 価 マスターの 作 成 ) 第 25 条 乙 は 事 業 計 画 に 基 づき 最 終 的 に 決 定 した 路 線 価 から 単 価 マスターを 作 成 する ( 下 落 修 正 の 検 証 ) 第 26 条 乙 は 事 業 計 画 に 基 づき 各 年 度 の 下 落 修 正 を 路 線 価 のバランス 等 の 観 点 から 検 証 する ( 土 地 評 価 方 法 の 検 証 ) 第 27 条 乙 は 事 業 計 画 に 基 づき 次 のとおり 土 地 評 価 方 法 の 検 証 を 行 うこと (1) 本 市 の 現 行 の 土 地 評 価 方 法 を 整 理 し 法 令 および 他 都 市 の 評 価 実 例 を 検 討 し ながら 全 国 的 傾 向 と 本 市 の 状 況 を 検 証 したうえで 土 地 評 価 取 扱 要 領 作 成 のた めの 基 礎 資 料 を 作 成 する (2) 甲 と 現 行 の 評 価 方 法 について 協 議 を 行 い 所 要 の 補 正 に 係 る 補 正 率 を 作 成 す る (3) 都 市 計 画 区 域 の 統 合 等 が 実 施 された 場 合 甲 からの 情 報 に 基 づきこの 内 容 に ついても 盛 り 込 むこと ( 報 告 書 の 作 成 ) 第 28 条 乙 は 本 業 務 の 成 果 品 として 各 年 度 毎 に 業 務 の 実 施 結 果 をまとめた 報 - 6 -

7 告 書 を 甲 に 提 出 するものとする ( 審 査 申 出 等 への 対 応 ) 第 29 条 乙 は 秋 田 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 に 対 する 審 査 の 申 出 又 は 甲 に 対 す る 異 議 申 立 てがあったとき 甲 が 作 成 する 弁 明 書 その 他 甲 が 必 要 と 認 める 固 定 資 産 税 上 の 事 柄 に 対 し 随 時 情 報 提 供 等 の 協 力 をする ( 困 難 事 例 等 の 評 価 参 考 資 料 の 作 成 ) 第 30 条 乙 は 土 地 評 価 における 困 難 事 例 訴 訟 対 応 等 甲 が 必 要 と 認 める 固 定 資 産 税 上 の 事 案 について 随 時 助 言 および 情 報 提 供 を 行 い 評 価 参 考 資 料 を 作 成 する 第 3 章 成 果 品 ( 成 果 品 ) 第 31 条 本 業 務 の 成 果 品 は 以 下 のとおりとする なお 図 面 以 外 はデータおよび 紙 出 力 により 納 品 する 2 データ 類 は 全 てCD-Rに 記 録 すること (1) 路 線 の 検 討 結 果 に 基 づく 路 線 図 (2) 新 設 街 路 図 面 (3) 価 格 形 成 要 因 の 見 直 し 結 果 に 基 づく 新 旧 比 較 表 (4) 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 見 直 し 結 果 に 基 づく 新 旧 比 較 図 (5) 主 要 な 街 路 標 準 宅 地 の 見 直 し 結 果 に 基 づく 新 旧 比 較 図 (6)その 他 の 宅 地 評 価 法 適 用 地 区 の 状 況 類 似 地 区 および 標 準 宅 地 の 見 直 し 結 果 に 基 づく 新 旧 比 較 図 (7) 土 地 価 格 比 準 表 および 新 旧 対 照 表 (8) 路 線 価 評 定 結 果 表 および 路 線 価 図 (9) 用 途 地 区 区 分 図 および 地 図 データ (10) 鑑 定 評 価 用 資 料 (11) 標 準 宅 地 図 (12) 単 価 マスターデータ (13) 下 落 修 正 検 討 結 果 表 (14) 土 地 評 価 方 法 の 検 討 結 果 に 基 づく 秋 田 市 固 定 資 産 税 土 地 評 価 資 料 (15) 事 業 報 告 書 (16)その 他 甲 が 要 求 する 成 果 品 以 上 - 7 -

8 別 記 個 人 情 報 取 扱 特 記 事 項 ( 基 本 的 事 項 ) 第 1 乙 は 個 人 情 報 ( 個 人 に 関 する 情 報 であって 特 定 の 個 人 が 識 別 され 又 は 識 別 され 得 るものをいう 以 下 同 じ )の 保 護 の 重 要 性 を 認 識 し この 契 約 によ る 業 務 を 実 施 するに 当 たり 個 人 の 権 利 利 益 を 侵 害 することのないよう 個 人 情 報 を 適 正 に 取 り 扱 わなければならない ( 秘 密 の 保 持 ) 第 2 乙 は この 契 約 による 業 務 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 の 内 容 をみだりに 他 人 に 知 らせ 又 は 不 当 な 目 的 に 利 用 してはならない この 契 約 が 終 了 し 又 は 解 除 された 後 においても 同 様 とする ( 使 用 者 への 周 知 および 教 育 ) 第 3 乙 は この 業 務 に 従 事 している 者 に 対 し 在 職 中 および 退 職 後 においても この 契 約 による 業 務 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 の 内 容 をみだりに 他 人 に 知 らせ 又 は 契 約 の 目 的 以 外 の 目 的 に 利 用 してはならないことなど 個 人 情 報 の 保 護 に 関 して 必 要 な 事 項 を 周 知 し 又 は 意 識 の 向 上 を 図 るため 必 要 な 教 育 を 行 わなければ ならない ( 適 正 な 管 理 ) 第 4 乙 は この 契 約 による 業 務 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 を 適 正 に 管 理 し 漏 え い 滅 失 又 はき 損 の 防 止 その 他 の 個 人 情 報 の 適 切 な 管 理 のために 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない ( 収 集 の 制 限 ) 第 5 乙 は この 契 約 による 業 務 を 実 施 するために 個 人 情 報 を 収 集 するときは 当 該 業 務 を 実 施 するために 必 要 な 範 囲 内 で 適 正 かつ 公 正 な 手 段 により 収 集 しなけ ればならない ( 利 用 および 提 供 の 制 限 ) 第 6 乙 は この 契 約 による 業 務 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 を 契 約 の 利 用 目 的 以 外 の 目 的 のために 自 ら 利 用 し 又 は 提 供 してはならない ( 責 任 者 および 作 業 場 所 の 明 確 化 ) 第 7 乙 は この 契 約 による 業 務 を 実 施 する 際 は あらかじめ 責 任 者 および 作 業 場 所 を 明 確 にして 甲 に 報 告 して 行 わなければならない この 場 合 その 内 容 に 変 更 が 生 ずるときにも 同 様 に 報 告 しなければならない ( 複 写 複 製 および 移 動 の 制 限 ) 第 8 乙 は この 契 約 による 業 務 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 を 甲 の 指 示 又 は 承 諾 が あるときを 除 き 複 写 し 複 製 し 又 は 他 の 場 所 に 移 動 してはならない ( 再 委 託 の 禁 止 ) 第 9 乙 は 甲 の 承 認 があるときを 除 き この 契 約 による 個 人 情 報 を 取 り 扱 う 業 務 を 第 三 者 に 委 託 し 又 は 請 け 負 わせてはならない - 8 -

9 ( 資 料 等 の 返 還 ) 第 10 乙 は この 契 約 による 業 務 を 実 施 するために 甲 から 貸 与 され 又 は 乙 が 収 集 し もしくは 作 成 した 個 人 情 報 が 記 録 された 資 料 等 を 業 務 完 了 後 直 ちに 甲 に 返 還 し 又 は 引 き 渡 すものとする ただし 甲 が 別 に 指 示 したときは その 指 示 に 従 うものとする ( 事 故 発 生 時 における 報 告 ) 第 11 乙 は この 個 人 情 報 取 扱 特 記 事 項 に 違 反 する 事 態 が 生 じ 又 は 生 ずる 恐 れが あることを 知 ったときは 速 やかに 甲 に 報 告 し 甲 の 指 示 に 従 うものとする こ の 契 約 が 終 了 し 又 は 解 除 された 後 においても 同 様 とする ( 事 故 の 公 表 ) 第 12 乙 が この 個 人 情 報 取 扱 特 記 事 項 に 違 反 したことにより 事 件 又 は 事 故 が 発 生 した 場 合 には 甲 は 当 該 事 故 等 の 公 表 を 行 うことができる ( 市 による 監 査 又 は 検 査 ) 第 13 甲 は 乙 に 対 し この 契 約 による 個 人 情 報 の 取 扱 い 状 況 を 確 認 するため 監 査 又 は 検 査 を 行 うことができる この 場 合 乙 は 正 当 な 理 由 なくこれを 拒 否 する ことはできない ( 指 示 ) 第 14 甲 は 乙 がこの 契 約 による 業 務 を 実 施 するために 取 り 扱 っている 個 人 情 報 に ついて その 取 扱 いが 不 適 切 と 認 められるときは 乙 に 対 して 必 要 な 指 示 を 行 う ことができる ( 契 約 解 除 ) 第 15 甲 は 乙 がこの 個 人 情 報 取 扱 特 記 事 項 に 違 反 していると 認 めるときは 契 約 の 解 除 をすることができる ( 損 害 賠 償 責 任 ) 第 16 乙 が この 個 人 情 報 取 扱 特 記 事 項 に 違 反 したことにより 被 害 が 発 生 し そ の 賠 償 を 求 められた 場 合 には 乙 がその 責 任 を 負 うものとする - 9 -

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

第 4 条 ( 受 託 者 条 件 等 ) 本 業 務 を 円 滑 かつ 確 実 に 履 行 するため 受 託 者 は 以 下 の 条 件 を 満 たさなければならない (1) 受 託 者 について 1 本 業 務 の 特 殊 性 より 平 成 24 年 基 準 年 度 において 大 阪 府 内 の

第 4 条 ( 受 託 者 条 件 等 ) 本 業 務 を 円 滑 かつ 確 実 に 履 行 するため 受 託 者 は 以 下 の 条 件 を 満 たさなければならない (1) 受 託 者 について 1 本 業 務 の 特 殊 性 より 平 成 24 年 基 準 年 度 において 大 阪 府 内 の 平 成 27 基 準 年 度 分 交 野 市 路 線 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 本 仕 様 書 は 平 成 27 基 準 年 度 分 交 野 市 路 線 価 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )に 適 用 す るものとする 第 2 条 ( 目 的 及 び 実 施 方 針 ) 本 業 務 は 平 成 27 基 準 年 度 における 固 定 資

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 の 実 施 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領 の 全

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

仕様書案

仕様書案 平 成 30 年 度 評 価 替 え 路 線 価 付 設 業 務 基 本 仕 様 書 宜 野 湾 市 総 務 部 税 務 課 1 第 1 章 総 則 ( 適 用 の 範 囲 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 宜 野 湾 市 ( 以 下 甲 という )が 業 務 委 託 する 平 成 30 年 度 評 価 替 え 路 線 価 付 設 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )に 必 要 な 事 項

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 網 走 市 水 道 事 業 検 針 収 納 等 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 網 走 市 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 道

More information

1 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 医 事 関 係 運 営 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 と 病 院 の 概 要 業 務 名 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 医 事 関 係 運 営 業 務 委 託 履 行 場 所 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 駅 前 2 丁 目 39 番 地 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 病 床 数 198 床 一 般 病 床 165 床, 療

More information

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc) 富 士 山 モール 出 店 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) 本 規 約 は 富 士 吉 田 市 富 士 河 口 湖 町 西 桂 町 鳴 沢 村 忍 野 村 山 中 湖 村 ( 以 下 甲 という)がイ ンターネット 上 で 運 営 する 総 合 情 報 サイト 富 士 山 モール ( 以 下 モール という)への 出 店 に 関 し 甲 と 出 店 申 込 者 ( 以 下 乙 という)との 間

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

untitled

untitled 1 2 3 23 4 1 24 3 31 4 12 29 12 23 SD cmcm 10 15 SD 10 11 12 13 14 15 23 18 31 12 () 12 12 12 20 1 10 () 1.5 2 12 29 1 1 24 3 31 16 8 . {ft A.t: ts''f. 6o'-;5tr1a rlr r. Zo{Q ^ (t+

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91> 資 料 2 よこはまウォーキングポイント 事 業 基 本 協 定 書 ( 目 次 ) 第 1 条 ( 定 義 ) 第 2 条 ( 協 働 事 業 ) 第 3 条 ( 本 事 業 の 目 的 ) 第 4 条 ( 本 協 定 の 趣 旨 ) 第 5 条 ( 基 本 的 合 意 ) 第 6 条 ( 協 定 期 間 ) 第 7 条 ( 協 働 契 約 の 締 結 ) 第 8 条 ( 本 事 業 の 役 割

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

Microsoft Word - 一般仕様書(H27)

Microsoft Word - 一般仕様書(H27) 一 般 仕 様 書 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 旧 吉 野 川 浄 化 センターの 運 転 管 理 業 務 を 円 滑 に 実 施 するため 業 務 の 内 容 等 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 履 行 ) 第 2 条 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は 下 水 道 法 水 質 汚 濁 防 止 法 電 気 事 業 法 及 びその 他 の 関 係 法 令

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

マイナンバーガイドライン入門

マイナンバーガイドライン入門 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 事 務 局 長 其 田 真 理 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63> 賃 貸 借 契 約 書 貸 主 ( 以 下 甲 という )と 借 主 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 ( 以 下 乙 という )と 入 居 者 ( 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 者 のうち 本 契 約 により 入 居 する 者 以 下 丙 という )とは 別 紙 の(1)に 記 載 する 賃 貸 借 契 約 の 目 的 物 ( 以 下 本 物 件 という )について 居 住

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

5 業 務 委 託 の 基 本 的 要 件 (1) 契 約 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までとする (2) 委 託 金 額 の 上 限 3,712 千 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 含 む ) * 上 記 金 額 は, 本

5 業 務 委 託 の 基 本 的 要 件 (1) 契 約 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までとする (2) 委 託 金 額 の 上 限 3,712 千 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 含 む ) * 上 記 金 額 は, 本 平 成 28 年 度 京 都 市 障 害 者 生 活 状 況 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 京 都 市 保 健 福 祉 局 障 害 保 健 福 祉 推 進 室 1 事 業 の 趣 旨 支 えあうまち 京 都 ほほえみプラン ( 京 都 市 障 害 者 施 策 推 進 計 画 計 画 期 間 : 平 成 25 年 度 ~29 年 度 )の 次 期 計 画 を 策 定 するために, 障 害 のある

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴ 長 久 手 市 公 共 的 団 体 による 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 逐 条 解 説 1 目 的 このガイドラインは 防 犯 カメラによる 犯 罪 防 止 への 有 用 性 と 市 民 の 容 ぼ うや 行 動 をみだりに 撮 影 されないなどプライバシーの 保 護 との 調 和 を 旨 に 地 域 の 公 共 的 団 体 が 市 内 の 公 共 空 間 を

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

仕 様 書

仕 様 書 仕 様 書 件 名 : 施 設 入 所 及 び 施 設 利 用 時 食 事 サービス 提 供 業 務 委 託 ( 案 ) 委 託 期 間 : 平 成 24 年 4 月 1 日 ( 予 定 )~ 履 行 場 所 : 山 梨 県 都 留 郡 富 士 河 口 湖 町 船 津 社 会 福 祉 法 人 博 友 会 高 齢 者 関 連 施 設 ( 仮 称 ) Ⅰ 入 所 時 及 び 施 設 利 用 時 食 事

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

平成19年度とやま女性のチャレンジ総合支援業務委託仕様書

平成19年度とやま女性のチャレンジ総合支援業務委託仕様書 委 託 業 務 仕 様 書 1 委 託 業 務 の 名 称 岐 阜 県 介 護 情 報 ポータルサイト 運 営 事 業 委 託 業 務 2 委 託 業 務 の 目 的 平 成 28 年 3 月 15 日 から 公 開 した 岐 阜 県 介 護 情 報 ポータルサイト( 以 下 サイト という ) を 効 率 的 効 果 的 かつ 安 定 的 に 運 営 することを 目 的 とする URL:http://www.gifu-kaigo.jp/

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

Microsoft Word - 委託仕様書_H270327修正

Microsoft Word - 委託仕様書_H270327修正 福 岡 市 プレミアム 付 商 品 券 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 福 岡 市 プレミアム 付 商 品 券 事 業 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 業 務 の 概 要 (1) 目 的 福 岡 市 に 所 在 し, 地 域 振 興 に 貢 献 する 商 店 等 において 使 用 できるプレミアム 付 商

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

柳川市固定資産評価支援業務仕様書(案)

柳川市固定資産評価支援業務仕様書(案) 柳 川 市 固 定 資 産 評 価 見 直 し 業 務 委 託 基 本 仕 様 書 平 成 27 年 5 月 柳 川 市 役 所 市 民 部 税 務 課 第 1 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 柳 川 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 受 託 者 ( 以 下 受 注 者 という )に 委 託 する 柳 川 市 固 定 資 産 評 価 見 直 し 業 務 (

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

奈良市固定資産評価システム

奈良市固定資産評価システム 奈 良 市 固 定 資 産 評 価 システム 業 務 委 託 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 27 年 5 月 奈 良 市 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 本 仕 様 書 は 奈 良 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 受 託 者 に 業 務 委 託 する 奈 良 市 固 定 資 産 評 価 システム 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 という )について 適

More information

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい 小 松 島 市 プロポーザル 方 式 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 が 発 注 する 企 画 調 査, 計 画, 設 計 等 の 業 務 のうち, 高 度 な 技 術 又 は 専 門 的 な 知 識 を 必 要 とする 業 務 等 の 契 約 に 当 たり, 当 該 業 務 に 係 る 提 案 を 求 め, 当 該 業 務 の 目 的 及 び 内 容 に 最 も

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申 HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 は( 以 下 本 規 約 といいます) 株 式 会 社 AKS( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する HKT48 へのオーディション 申 込 およびその 後 の 審 査 に 関 する 全 サービ スの 利 用 条 件 を 定 めるものです 第

More information

愛荘町土地評価等業務および地番図家屋図異動更新業務委託

愛荘町土地評価等業務および地番図家屋図異動更新業務委託 愛 荘 町 土 地 評 価 等 業 務 および 地 番 図 家 屋 図 異 動 更 新 委 託 業 務 特 記 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 固 定 資 産 評 価 基 準 および 愛 荘 町 土 地 評 価 要 領 に 基 づき 平 成 27 年 度 評 価 替 えに 向 けた 固 定 資 産 税 ( 土 地 )の 評 価 の 適 正 化 が 図 れるよう 課 税 客

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 仕 様 書 第 1 条 適 用 範 囲 この 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )の 履 行 に 適 用 する 本 仕 様 書 に 定 めのない 事 項 については 宮 城 県 土 木 部 作 成 の 共 通 仕 様 書 (

More information

<5461726F2D88EA94CA8ED092639640906C817597CF979D8B4B92F681458D73>

<5461726F2D88EA94CA8ED092639640906C817597CF979D8B4B92F681458D73> 倫 理 規 程 行 動 規 範 (2015 年 12 月 4 日 施 行 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 鑑 定 人 協 会 倫 理 規 程 行 動 規 範 目 次 前 文 : 倫 理 規 程 行 動 規 範 制 定 の 趣 旨 第 1 章 倫 理 綱 領 第 1 条 ( 使 命 ) 1 第 2 条 ( 使 命 の 自 覚 ) 1 第 3 条 ( 信 義 誠 実 ) 1 第 4

More information

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 2007 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき, 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申 先 着 申 込 順 による 市 有 財 産 ( 土 地 ) 売 却 実 施 要 領 物 件 案 内 平 成 27 年 度 阿 賀 野 市 - 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

   国立大学法人富山大学不動産貸付事務取扱細則

   国立大学法人富山大学不動産貸付事務取扱細則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 不 動 産 貸 付 事 務 取 扱 細 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 20 年 7 月 22 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 平 成 24 年 8 月 1 日 改 正 平 成 25 年 2 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

【個人情報の取扱い】

【個人情報の取扱い】 リース 契 約 条 項 第 1 条 東 洋 自 動 車 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)は 契 約 書 (1) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 自 動 車 という)をお 客 様 ( 以 下 甲 という)に リースし 甲 はこれを 借 受 けます 第 2 条 リース 期 間 はリース 契 約 書 (2) 記 載 の 期 間 とします 甲 は 契 約 締 結 の 日 からリース 期 間 が

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書 ( 別 紙 1) 京 都 市 クレジットカード 納 税 業 務 委 託 仕 様 書 1 本 仕 様 書 について 本 仕 様 書 は, 京 都 市 ( 以 下 市 という )の 個 人 市 府 民 税 ( 普 通 徴 収 ), 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 含 む) 都 市 計 画 税, 軽 自 動 車 税 のクレジットカード 納 税 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )について,その

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information