女 性 への 投 資 世 界 をリードする 組 織 であるソロプチミストは 世 界 中 で 女 性 とその 家 族 に 資 金 を 提 供 し 生 活 を 向 上 させ ています ソロプチミストは 20 の 国 と 地 域 で 活 動 しており 極 度 の 難 関 に 直 面 している 女 性 と

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "女 性 への 投 資 世 界 をリードする 組 織 であるソロプチミストは 世 界 中 で 女 性 とその 家 族 に 資 金 を 提 供 し 生 活 を 向 上 させ ています ソロプチミストは 20 の 国 と 地 域 で 活 動 しており 極 度 の 難 関 に 直 面 している 女 性 と"

Transcription

1 ソロプチミスト: 教 育 による 女 性 のエンパワーメントに 投 資 する 2013 年 1 月 Fels Institute of Government フェルス 研 究 所.. ペンシルベニア 大 学 *この 資 料 は Fels Research & Consulting がまとめた 調 査 報 告 書 Soroptimist: Investing in Women s Empowerment through Education を 有 志 のボランティアが 翻 訳 したものです 1

2 女 性 への 投 資 世 界 をリードする 組 織 であるソロプチミストは 世 界 中 で 女 性 とその 家 族 に 資 金 を 提 供 し 生 活 を 向 上 させ ています ソロプチミストは 20 の 国 と 地 域 で 活 動 しており 極 度 の 難 関 に 直 面 している 女 性 と 女 児 に 手 を 差 し 伸 べています 1972 年 以 来 ソロプチミストはその 主 要 なプログラム 夢 を 生 きる: 女 性 のための 教 育 訓 練 賞 ( 旧 : 女 性 に 機 会 を 与 える 賞 )を 通 して 30,000 人 以 上 の 女 性 が 夢 を 取 り 戻 すのを 助 けてきました 性 の 奴 隷 DV 貧 困 薬 物 乱 用 のような 問 題 を 克 服 しようとしている 女 性 たちや 教 育 もなく あるいは 有 利 な 技 能 も 持 っていない 女 性 たち 生 活 向 上 の 手 段 を 持 っていない 女 性 たちを 支 援 してきました 夢 を 生 きる 賞 夢 を 生 きる 賞 は 何 千 人 もの 女 性 とその 家 族 が 夢 を 取 り 戻 し 生 活 水 準 を 高 めるのを 援 助 してきました 夢 を 生 きる 賞 は 教 育 を 高 め 技 能 を 向 上 させようとする 女 性 たちの 努 力 に 対 して 資 金 を 提 供 しており 資 金 援 助 組 織 がまったくないところやアクセスできないところの 女 性 たちにとって 唯 一 の 資 金 支 援 源 として 機 能 している 場 合 が 多 いのです その 結 果 ソロプチミストは 夢 を 生 きる 賞 を 通 して 生 活 と 地 域 を 向 上 させています 最 も 影 響 力 のある 分 野 すなわち 教 育 に 目 標 を 設 定 し 女 性 に 手 を 差 し 伸 べ 資 金 を 提 供 することによって 夢 を 生 きる 賞 は 何 千 人 もの 女 性 たちの 経 済 状 態 を 改 善 してきました ソロプチミストは 女 性 と 女 児 に 焦 点 をあてることに よって まったく 新 しい 世 代 の 女 性 とその 家 族 が 自 立 し 教 養 を 持 ち 財 政 的 に 安 定 し 次 々に 地 域 や 国 に 貢 献 する 一 員 となるという 道 を 開 いているのです 生 活 家 族 地 域 の 向 上 教 育 は これまで 長 い 間 女 性 とその 家 族 を 貧 困 から 救 い 出 し 財 政 的 な 安 定 と 中 流 階 級 へ 導 く 決 定 的 な 要 因 として 認 められてきました ( 注 ⅰ) 事 実 女 性 と 女 児 への 教 育 投 資 は 他 の 貧 困 対 策 よりも 家 族 全 体 の 経 済 状 態 にプラスの 影 響 をもたらすことが 明 らかになっています ( 注 ⅱ) 高 等 教 育 の 利 点 に 関 する 最 近 の 報 告 は 次 のように 述 べています: 教 育 的 な 達 成 の 見 返 りは 例 えば 平 均 収 入 が 高 く 健 康 保 険 に 入 っている 可 能 性 が 高 いことや 公 的 扶 助 を 受 ける 可 能 性 が 小 さく 高 等 教 育 と 雇 用 に 関 する 利 点 との 関 連 性 が 大 きいと 感 じられること など 経 済 的 な 利 点 から 見 ても また 喫 煙 する 可 能 性 が 低 く 投 票 する 可 能 性 が 高 いなどの 非 経 済 的 な 利 点 から 見 ても 一 般 に 女 性 の 方 が 男 性 よりも 大 きい ( 注 ⅲ) ( 注 ⅰ) 最 近 の 世 界 銀 行 のジェンダー 平 等 と 教 育 および 経 済 の 影 響 についての 討 議 資 料 によると 教 育 におけるジェンダー 平 等 が 良 好 な 国 ほど 経 済 成 長 が 大 きいという ( 注 ⅱ)UNICEF の The State of the World s Children ( 世 界 の 子 どもたちの 状 況 )(2005) Downey ほか 著 Sex of Parent and Children s Well-being in Single Parent Households ( 片 親 の 家 庭 における 親 の 性 と 子 どもの 幸 福 度 ), Journal of Marriage and the Family ( 結 婚 と 家 族 ジャーナル)( (4)) 子 どもの 学 習 がうまくいくかどうかは(1) 子 どもの 母 親 の 教 育 レベルと(2) 家 庭 の 社 会 的 経 済 的 レベルによるところが 大 きい 母 親 が 変 わることについては すなわち 母 親 に 代 わって 主 に 世 話 をする 人 に 関 しては この 調 査 によれば シングル ファーザーの 家 庭 で 育 った 若 者 は 比 較 的 しつけが 悪 く 学 習 に 対 する 努 力 をしない と 先 生 たちに 判 断 されている 彼 らはまたシングル マザーの 相 手 よりも 標 準 テストの 点 数 がわずかながら 低 く 大 学 入 学 資 格 も 低 いとされている シングル ファーザーに 育 てられた 子 供 たちは 教 育 の 達 成 度 に 平 均 6 か 月 の 遅 れがある という ( 注 ⅲ)Laura Perna 著 The Benefits of Higher Education: Sex, Racial/ Ethnic, and Socioeconomic Group Differences ( 高 等 教 育 の 利 点 : 性 人 種 / 民 族 社 会 経 済 上 のグループ 格 差 ), The Review of Higher Education ( 高 等 教 育 概 説 ) 2

3 しかしながら 世 界 の 10 億 人 の 貧 困 者 のうち 5 分 の 3 が 女 性 と 女 児 であり また 世 界 の7 億 7 千 4 百 万 人 の 非 識 字 者 のうち 3 分 の 2 は 女 性 と 女 児 なのです ソロプチミストは 長 い 間 この 著 しい 格 差 に 注 目 してきました: 女 性 は 教 育 を 受 けなくてよいと 思 われがちで す しかし 女 性 を 教 育 することは 家 庭 の 生 活 向 上 および 国 の 経 済 に 大 きな 影 響 を 及 ぼします ( 注 ⅳ) こ れこそが まさに 夢 を 生 きる 賞 を 創 設 し このプログラムを 通 して 毎 年 160 万 ドル 以 上 の 投 資 をすることに なったソロプチミストの 洞 察 力 にほかなりません 夢 を 生 きる 賞 は 女 性 に 教 育 を 受 けさせる 直 接 的 即 効 的 な 介 入 策 であり 女 性 に 社 会 的 経 済 的 な 自 立 を 達 成 させます この 投 資 は 次 の 重 要 な 4 分 野 に 測 定 可 能 な 結 果 をもたらしてきました:( 注 ⅴ) 女 性 の 生 活 の 質 : 子 どもたちのために 満 足 な 経 済 的 安 定 と 生 活 の 質 女 性 の 自 信 と 自 尊 心 女 性 の 自 己 決 定 力 他 人 を 支 援 し 他 の 女 性 のために 成 長 と 自 立 のサイクルを 継 続 する 能 力 生 活 の 質 大 多 数 の 受 賞 者 は 夢 を 生 きる 賞 を 受 賞 して 教 育 を 受 けた 結 果 生 活 水 準 が 上 がったと 報 告 しており この 賞 の 経 済 的 価 値 を 証 明 しています 夢 を 生 きる 賞 の 受 賞 者 の 63%は この 賞 のおかげで 教 育 や 技 能 訓 練 への 障 壁 が 取 り 除 かれ 結 果 的 に 給 料 がより 高 い 職 業 に 就 くことができると 報 告 しています 女 性 の 79%は 夢 を 生 きる 賞 を 受 賞 した 結 果 生 活 水 準 が 改 善 されたと 報 告 しています 大 学 ( 専 門 学 校 ) 終 了 から 有 資 格 プログラムの 開 始 に 至 るまで 女 性 はこの 賞 によって 自 分 の 雇 用 条 件 給 与 財 政 的 自 立 を 向 上 させるのに 必 要 な 教 育 を 受 けることができます 最 も 大 切 なことは 私 が 自 立 できることでことです もう 二 度 と 不 健 康 な 虐 待 の 境 遇 の 中 で 行 き 詰 り を 感 じる 場 に 身 を 置 かなくてもよいのです 私 は 今 自 分 と 家 族 を 養 うすべがあり 私 の 子 供 たち が 教 育 こそ 私 に 自 由 と 機 会 そして 幸 福 へとつながるいくつもの 扉 を 開 けさせた 鍵 なのだと 理 解 す ることを 望 んでいます 年 夢 を 生 きる 賞 米 国 の 受 賞 者 自 信 夢 を 生 きる 賞 を 受 賞 する 多 くの 女 性 たちにとって 専 門 的 職 業 やビジネスで 成 功 を 収 めた 女 性 たちから 肯 定 的 に 認 められ 選 ばれるというようなことは 生 まれて 初 めての 経 験 なのです 人 に 認 められると 自 信 すなわち 自 分 の 人 生 を 変 えることができるという 自 信 が 増 し 仕 事 に 対 して 倫 理 感 を 持 つようになります: 夢 を 生 きる 賞 受 賞 者 の 98%は 受 賞 によって 自 尊 心 が 増 したと 報 告 しています 賞 を 受 けた 女 性 の 92%は 現 在 扶 養 者 のために 模 範 的 役 目 を 果 たしています ( 注 ⅳ)Eleine Unterhalter 著 Partnership, Participation and Power for Gender Equality in Education( 教 育 におけるジェンダー 平 等 のためのパートナーシップ 参 加 および 力 ) ( 注 ⅴ)Leah Witcher Jackson 著 Educate the Women and You Change the World: Investing in the Education of Women is the Best Investment in a Country s Growth and Development( 女 性 を 教 育 すれば 世 界 が 変 わる: 女 性 の 教 育 に 投 資 することは 国 家 の 成 長 と 開 発 への 最 良 の 投 資 である)(2009) Measuring the Economic Gain of Investing in Girls: The Girl Effect Dividend ( 女 児 への 投 資 の 経 済 的 得 失 を 測 定 する: 女 児 効 果 の 配 当 )(2011) 世 界 銀 行 政 策 研 究 論 文 5753,pp ( 注 ⅵ) ソロプチミストは 夢 を 生 きる 賞 の 受 賞 者 から 受 賞 後 3 年 間 アンケートをとっている この 結 果 報 告 は の 夢 を 生 きる 賞 受 賞 者 のアンケート 結 果 に 基 づいている 3

4 この 自 信 と 自 尊 心 は 女 性 の 生 活 に 非 常 に 具 体 的 な 影 響 を 及 ぼす 波 及 効 果 があります 女 性 が 自 信 を 持 つと 自 分 が 進 むべき 道 を 進 んでいく 動 機 づけとなり 自 分 と 子 どもたちのために 生 活 の 質 を 向 上 させ 続 けま す: 夢 を 生 きる 賞 を 受 賞 後 私 は 学 力 を 上 げることに 専 念 し やる 気 を 起 こしました 私 は 自 分 の 能 力 に 気 付 くようになった 時 私 自 身 のためにも 私 を 頼 る 3 人 の 子 どもたちのためにも 自 分 自 身 を 向 上 さ せる 努 力 をし 続 けました 夢 を 生 きる 賞 メキシコの 受 賞 者 何 かをやろうとしていることを 他 のだれか( 一 連 の 人 々)に 認 めてもらったり 勇 気 づけてもらったり することは 圧 倒 されるような 気 分 で 私 は 目 標 を 達 成 するために 状 況 を 見 失 わないように 必 要 なこ とに 専 心 し 決 意 を 固 め 続 けました 夢 を 生 きる 賞 米 国 の 受 賞 者 子 どもの 模 範 になれると 感 じ 自 信 をもった 女 性 は 次 世 代 の 子 どもたちが 教 育 を 受 け 経 済 的 な 自 立 を 求 め 変 化 は 可 能 だと 信 じるほどの 大 きな 影 響 力 をもつようになります: 教 育 は 他 人 に 伝 えることができる 真 の 宝 物 だということがわかりました 教 育 は 私 のエンパワーメ ントへの 第 一 歩 です 私 は 学 習 課 程 を 終 える 時 自 分 自 身 と 他 の 人 たちに 変 化 は 可 能 だと 立 証 するこ とができます 夢 を 生 きる 賞 フィリピンの 受 賞 者 自 己 決 定 力 夢 を 生 きる 賞 の 経 済 上 および 心 理 上 の 直 接 的 影 響 に 加 えて 受 賞 者 に 間 接 的 に 与 える 影 響 があります 受 賞 者 はその 賞 金 をどのように 使 うのかを 自 分 自 身 で 決 定 するというエンパワーメントを 助 成 金 によって 与 えられるからです 夢 を 生 きる 賞 が 卓 越 しているのは 奨 学 金 が 女 性 のための 教 育 機 関 に 提 供 されるのに 対 し この 賞 は 個 々の 女 性 に 直 接 与 えられる 助 成 金 であることです 夢 を 生 きる 賞 は 直 接 女 性 自 身 に 授 与 されるので 女 性 は 教 育 を 修 めるために 必 要 な 費 用 を 賄 うために 使 うことができます たとえば 育 児 費 コンピューター 購 入 費 授 業 料 などです 女 性 を 依 存 から 自 立 へと 変 化 させる 時 夢 を 生 きる 賞 の 自 由 裁 量 性 が 鍵 とな ります 世 界 銀 行 のエンパワーメント 研 究 は 次 のように 述 べています: エンパワーメントの 定 義 の 中 に 理 解 力 の 根 本 的 な 変 化 すなわち 内 的 変 化 が 選 択 決 定 にとっ て 絶 対 不 可 欠 であるという 考 え 方 があります すなわち 女 性 は 自 分 自 身 の 関 心 と 選 択 を 自 ら 決 定 し 自 分 自 身 が 有 能 なだけでなく 選 択 する 権 利 を 持 っていると 考 えることができなければなりません ( 注 ⅶ) もし 夢 を 生 きる 賞 がなければ 私 は 家 族 に 健 康 保 険 をかけ 家 族 に 住 む 家 を 確 保 しながら 先 生 になるための 最 後 の 教 育 実 習 を 終 える ということはできなかったでしょう 夢 を 生 きる 賞 米 国 の 受 賞 者 成 長 サイクルの 継 続 この 賞 の 自 由 裁 量 的 な 特 質 のおかげで 女 性 はどの 教 育 プログラムを 進 むべきかをも 選 択 します そし て 大 多 数 の 女 性 は 他 の 人 が 夢 を 生 きるのを 助 ける 分 野 の 研 究 や 仕 事 に 専 念 することを 選 択 します アンケートに 答 えた 夢 を 生 きる 賞 の 受 賞 者 の 79%は 他 の 人 の 生 活 向 上 を 支 援 したいと 考 えて 看 護 や 社 会 福 祉 事 業 のような 人 を 助 ける 職 業 に 就 くと 報 告 しています ( 注 ⅶ) 女 性 のエンパワーメントを 国 際 的 開 発 の 一 変 数 として 測 定 する 世 界 銀 行 のジェンダーと 開 発 グループp6 Anju Malhotra,Sidney Ruth Schuler, Carol Boender, 2002 年 6 月 28 日 4 ソロプチミストのデータによれば 受 賞 者 は 賞 金 を 第 1 に 授 業 料 (69%)に 使 っていますが 家 計 費 (45%) 交 通 費 (38%) コンピューター 購 入 費 (21%) 育 児 費 (17%)にも 使 っています

5 自 分 自 身 の 教 育 をどのように 進 めるべきかについて 選 択 しながら 夢 を 生 きる 賞 の 受 賞 者 はこの 賞 によ ってエンパワーメントされます 他 の 人 を 援 助 するようなキャリアを 選 ぶことによって 女 性 は 自 分 と 家 族 そ して 地 域 のために 向 上 と 成 長 のサイクルを 増 幅 していくのです 夢 を 生 きる 賞 は 測 定 可 能 な 変 化 をもたらす 女 性 の 教 育 支 援 のプログラムは 女 性 の 生 活 の 質 を 高 めることを 目 的 としていますが 同 時 に 次 世 代 の 女 性 が 改 善 された 成 果 を 享 受 できるよう 地 固 めをします 夢 を 生 きる 賞 を 受 賞 した 女 性 たちに 関 するソロ プチミストの 年 次 調 査 結 果 が 示 すように このプログラムは3つの 分 野 で 明 確 な 影 響 力 をもたらします すな わち 女 性 の 生 活 の 質 を 向 上 させ 女 性 の 自 信 を 高 め 他 の 女 性 と 次 世 代 への 増 幅 効 果 を 産 み 出 します この 影 響 力 はあたりまえのことであるはずがありません 女 性 の 教 育 と 女 性 の 生 活 の 質 への 投 資 の 中 に は 他 の 投 資 よりも 高 利 回 りをもたらす 場 合 があります 夢 を 生 きる 賞 は 明 らかな 結 果 をもたらしてきたそ のようなプログラムであり 女 性 とその 家 族 地 域 そして 国 家 に 経 済 的 社 会 的 な 利 益 を 産 み 出 してきたプ ログラムなのです ( 注 ⅷ) 夢 を 生 きる 賞 に 関 するソロプチミストの 調 査 が 示 す 影 響 力 は 事 実 特 に 際 立 っています 女 性 の 経 済 状 態 と 満 足 度 に 対 する 測 定 可 能 な 影 響 力 のほかに 他 の 結 果 として 次 のようなものがあります: 受 賞 者 に 関 するソロプチミストの 年 次 調 査 による 女 性 と 女 児 の 生 活 向 上 に 関 する 一 連 の 知 識 に 加 え て 同 じサイズの 教 育 プログラムの 中 で 最 も 徹 底 的 な 調 査 である フィリピン 韓 国 メキシコのように 女 性 の 教 育 に 関 してアメリカやカナダよりも 支 援 が 少 ない 国 や 地 域 で 国 際 的 に 影 響 力 を 及 ぼしている 教 育 投 資 の 対 象 を 受 賞 者 の 女 性 に 恩 恵 をもたらすことによって 増 幅 効 果 を 生 む 地 域 に 絞 り 結 果 的 に 女 性 の 子 どもたち 家 族 地 域 にもプラスの 影 響 を 及 ぼしている ( 注 ⅷ) 夢 を 生 きる 賞 と 大 きさが 同 程 度 の7つの 奨 学 金 プログラムについて 調 査 が 行 われた すべて 北 アメリカに 限 られてお り そのうち 二 つの 奨 学 金 のみが 影 響 の 追 跡 調 査 を 実 施 している 多 くの 奨 学 金 は 賞 の 結 果 についてのデータが 皆 無 である 理 由 は 影 響 を 追 跡 する 資 金 がないか またはそのような 影 響 力 が 立 証 できるかどうか 疑 わしいからである 奨 学 金 プログラム は 以 下 のようなものである: Emerge Scholarship Foundation:アメリカの 教 育 機 関 の 授 業 料 のために 使 われる 年 間 5,000 ドルの 奨 学 金 Philanthropic Educational Organization International:アメリカ カナダの 女 性 に 最 高 12,000 ドルまでの 600 名 への 貸 付 金 Linda Lael Miller Scholarships for Women:アメリカとカナダの 女 性 に 2001 年 以 来 授 業 料 教 育 用 品 育 児 費 交 通 費 その 他 教 育 に 関 する 費 用 などのために 提 供 されてきた 75,000 ドル Executive Women International:1 名 10,000 ドルの 賞 2 名 5,000 ドルの 賞 10 名 1,000 ドル 女 性 が 授 業 料 本 義 務 的 な 学 校 の 費 用 に 使 う American Business Women s Association: 授 業 料 月 謝 本 だけのために 毎 年 女 性 に 提 供 される 10,000 ドル 5,000 ドル 3000 ドルの 奨 学 助 成 金 その 他 の 奨 学 金 プログラムは 結 果 が 夢 を 生 きる 賞 と 比 較 できるものの 広 範 囲 ではないことがわかった Jeanette Ranking Women s Scholarship Fund から 提 供 されたアンケート 回 答 者 の 96%は アンケート 調 査 時 に 入 学 したか 卒 業 したと 報 告 した 半 分 の 51%は 大 学 の 経 験 のおかげで 現 在 の 仕 事 に 就 くことができたと 報 告 した The Women s Independence Scholarship Program は 6 年 以 上 前 の 助 成 金 受 給 者 を 調 査 した 85%が 受 賞 後 学 校 を 卒 業 し 90%が 未 来 に 希 望 を 抱 いていると 報 告 している 5

6 投 資 が 多 ければ 多 いほど 影 響 力 は 大 きい 夢 を 生 きる 賞 の 影 響 力 に 関 するソロプチミストの 調 査 結 果 によれば この 賞 は 生 活 を 向 上 させ 家 族 地 域 国 家 に 影 響 をもたらしています しかし 国 連 やその 他 のデータが 示 すように その 必 要 性 はさらに 大 きくなっています 女 性 は 教 育 を 受 ける 機 会 が 少 ないために 今 も 男 性 よりも 貧 しい 状 況 に 直 面 しています ( 注 ⅸ) 女 性 の 教 育 の 機 会 に 投 資 することは 女 性 の 子 どもたちの 生 活 水 準 を 向 上 させ より 高 い 教 育 を 受 けさせることが できるので 結 果 的 に 家 族 と 地 域 に 大 きな 増 幅 効 果 をもたらします このことを 考 慮 すると 夢 を 生 きる 賞 は 他 の 慈 善 的 な 努 力 を 凌 ぐ 賢 い 戦 略 であると 言 っても 過 言 ではあ りません 毎 年 ソロプチミストは 160 万 ドルで 約 1,600 名 の 女 性 を 援 助 していて 次 のような 結 果 をもたらして います: 生 活 水 準 を 高 める より 高 い 給 料 の 職 業 に 就 くことを 可 能 にする 自 信 と 自 尊 心 を 増 やす 子 供 たち- 女 児 も 男 児 も-が 教 育 を 受 け 未 来 の 経 済 的 な 独 立 と 成 功 を 得 る 可 能 性 を 高 める これが 女 性 と 教 育 へ 年 間 160 万 ドルの 投 資 で 達 成 されるのであれば この 数 字 が 2 倍 3 倍 に 増 えると どんなことが 達 成 されるのかを 想 像 してみてください より 多 額 の 資 金 があれば ソロプチミストはより 多 くの 女 性 たちに 夢 を 生 きる 賞 を 拡 大 することができ 女 性 たちに 夢 を 取 り 戻 すことができるでしょう この 実 績 のあるプログラムを 拡 大 することは 女 性 女 性 の 家 族 地 域 国 家 世 界 に 影 響 力 を 増 すことになるので す ( 注 ⅸ)The global Gender Gap Report( 世 界 ジェンダー ギャップ 報 告 )2012 World Economic Forum( 世 界 経 済 報 告 ) Ricardo Hausmann, Laura Tyson, Saadia Zahidi. 6

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

[O-net Marriage Report]株式会社オーネット

[O-net Marriage Report]株式会社オーネット オーネット 広 報 室 3 月 は 別 れの 季 節 - 離 婚 - 27.4.1 スタート 離 婚 時 の 年 金 分 割 制 度 は 離 婚 件 数 をどのように 変 えるのでしょうか 本 資 料 は 株 式 会 社 オーネットが 情 報 提 供 を 目 的 に 各 種 の 情 報 源 から 入 手 加 工 したものです 記 載 の 意 見 や 予 測 は 作 成 時 点 での 見 解 です Ⅰ.3

More information

Microsoft PowerPoint - 20090717ueno

Microsoft PowerPoint - 20090717ueno 児 童 虐 待 は 心 の 問 題 か? 徳 島 大 学 総 合 科 学 部 上 野 加 代 子 ueno@ias.tokushima-u.ac.jp u.ac.jp 1. 日 本 での 児 童 虐 待 問 題 の イメージ 児 童 虐 待 は 増 加 深 刻 化 している 子 育 てのできない 母 親 が 増 えている 現 代 家 族 の 孤 立 化 や 機 能 不 全 にその 原 因 がある 現

More information

2

2 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 2 Ⅱ 当 事 者 訴 訟 の 利 用 可 能 性 に 関 する 理 論 構 成 3 4 Ⅲ 道 路 台 帳 等 の 整 備 と 建 築 基 準 法 施 行 規 則 の 改 正 5 6 7 Ⅳ 2 項 道 路 と 信 義 則 に 関 する 2 つの 判 例 (1) 平 成 18 年 最 高 裁 判 所 判 決 X 8 Y Y X Y X 9 (2) 平 成 19 年 東

More information

Microsoft PowerPoint - 02【資料2】海外文献.pptx

Microsoft PowerPoint - 02【資料2】海外文献.pptx 資 料 2 保 育 をめぐる 現 状 1 保 育 所 等 定 員 数 及 び 利 用 児 童 数 の 推 移 ( 出 典 ) 22 年 以 前 26 年 - 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 福 祉 行 政 報 告 例 23 年 ~25 年 27 年 - 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 保 育 課 調 べ 2 保 育 所 等 待 機 児 童 数 及 び

More information

2

2 1 2 瀚 3 4 .はじめに: 本 報 告 の 問 題 意 識 5 . 愛 国 心 を 重 視 した 社 会 民 主 主 義 者 6 7 8 . 危 機 における 福 祉 国 家 の 改 革 の つの 例 9 4 4 4 4 4 4 10 11 .リベラル ナショナリズムという 考 え 方 12 13 .むすびにかえて 14 参 考 文 献 15 16 Ⅰ はじめに 17 Ⅱ 理 論 的 背 景

More information

参考資料2 女性の活躍による経済活性化を推進する関係閣僚会議について

参考資料2 女性の活躍による経済活性化を推進する関係閣僚会議について 女 性 の 活 躍 による 経 済 活 性 化 を 推 進 する 関 係 閣 僚 会 議 について 参 考 資 料 2 1. 女 性 の 活 躍 による 経 済 活 性 化 を 推 進 する 関 係 閣 僚 会 議 4 月 9 日 の 国 家 戦 略 会 議 において 民 間 議 員 より 女 性 の 活 躍 により 経 済 を 活 性 化 する 観 点 から 政 府 が 重 点 的 に 行 うべき

More information

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は,

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は, 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 学 則 第 1 章 総 則 ( 大 学 院 の 目 的 ) 第 1 条 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 ( 以 下 本 学 大 学 院 という )は, 広 島 文 化 学 園 の 建 学 の 精 神 である 究 理 実 践 に 基 づき 対 話 の 教 育 を 推 し 進 め, 高 度 の 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

別冊仮申込書記入要領130624(P1)

別冊仮申込書記入要領130624(P1) 気 仙 沼 市 災 害 公 営 住 宅 入 居 仮 申 込 みのご 案 内 別 冊 1. 仮 申 込 書 記 入 要 領 P1~P4 2. 家 の 目 安 P5~P7 3. 家 及 び 家 以 外 の 経 費 について P8~P9 4. 政 令 月 収 の 算 出 方 法 について P10~P14 5. 仮 申 込 書 提 出 チェックリスト P15 1. 仮 申 込 書 の 記 入 要 領 ( 表

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

2-2

2-2 資 料 2-2 男 女 平 等 に 向 けた 施 策 について 2016 年 4 月 12 日 大 石 亜 希 子 千 葉 大 学 法 政 経 学 部 ポイント 1. 働 き 方 の 見 直 し 長 時 間 労 働 の 削 減 労 働 時 間 の 上 限 規 制 勤 務 間 インターバル 2. ひとり 親 世 帯 の 生 活 困 難 と 子 どもの 貧 困 対 策 児 童 扶 養 手 当 の 毎 月

More information

研究ジャーナル-13.indd

研究ジャーナル-13.indd 海 外 の 女 性 /ジェンダー 情 報 論 文 要 旨 ネパールは 南 アジアの 中 でも 初 等 教 育 就 学 率 と 成 人 識 字 率 が 低 く 特 に 女 子 の 教 育 参 加 が 問 題 となってい る 奨 学 金 と 助 成 事 業 は 女 子 の 教 育 参 加 を 促 進 すると 言 われ ネパールでも 女 子 教 育 推 進 の 主 要 な 政 策 とし て 実 施 されている

More information

「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](平成26年)

「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](平成26年) 11 月 5 日 家 計 の 金 融 行 動 に 関 する 世 論 調 査 [ 二 人 以 上 世 帯 調 査 ] ( ) 1. 調 査 時 期 6 月 13 日 ( 金 )~7 月 22 日 ( 火 ) 2. 調 査 対 象 全 国 8, 世 帯 ( 世 帯 主 が2 歳 以 上 でかつ 世 帯 員 が2 名 以 上 の 世 帯 ) 3. 回 収 率 49.4% 4. 調 査 対 象 世 帯 の

More information

21 経 歴 断 絶 女 性 の 進 出 が 有 望 な 職 種 の 選 定 及 びその 職 種 への 支 援 職 業 教 育 訓 練 インターンの 就 職 支 援 経 歴 断 絶 の 予 防 経 歴 断 絶 女 性 支 援 センターの 指 定 3 女 性 政 策 基 本 計 画 健 全 な 家 庭

21 経 歴 断 絶 女 性 の 進 出 が 有 望 な 職 種 の 選 定 及 びその 職 種 への 支 援 職 業 教 育 訓 練 インターンの 就 職 支 援 経 歴 断 絶 の 予 防 経 歴 断 絶 女 性 支 援 センターの 指 定 3 女 性 政 策 基 本 計 画 健 全 な 家 庭 第 3 章 韓 国 I. 調 査 編 1. 男 女 共 同 参 画 社 会 を 形 成 するための 取 組 (1) 男 女 共 同 参 画 に 関 する 基 本 法 制 1 1995 年 女 性 発 展 基 本 法 憲 法 における 男 女 平 等 理 念 を 実 現 するため 国 家 と 自 治 体 の 責 務 に 関 する 基 本 的 な 事 項 を 規 定 することで 政 治 経 済 社 会

More information

もはや 大 阪 市 を 含 めた 大 阪 全 域 において 将 来 的 に 発 展 持 続 可 能 な 統 治 機 構 の 改 革 を 実 現 することが 不 可 欠 である つまり 経 済 発 展 や 産 業 インフラ 等 の 広 域 業 務 については 大 阪 都 に 住 民 に 優 しい サー

もはや 大 阪 市 を 含 めた 大 阪 全 域 において 将 来 的 に 発 展 持 続 可 能 な 統 治 機 構 の 改 革 を 実 現 することが 不 可 欠 である つまり 経 済 発 展 や 産 業 インフラ 等 の 広 域 業 務 については 大 阪 都 に 住 民 に 優 しい サー 大 阪 市 長 選 マニフェスト 素 案 1. 大 阪 市 の 現 状 大 阪 市 は 市 民 の 最 貧 困 化 が 進 んでいる 大 阪 市 における 年 収 200 万 円 以 下 の 世 帯 は 約 4 分 の1を 占 め(32 万 8 千 世 帯 : 全 世 帯 数 126 万 世 帯 ) 名 古 屋 市 :14 万 5 千 世 帯 ( 全 世 帯 数 96 万 5000 世 帯 ) 横

More information

< E93788EA98CC8935F8C9F2892F18F6F816A2E786477>

< E93788EA98CC8935F8C9F2892F18F6F816A2E786477> . した B. 検 討 したが に 至 らなかった C. 検 討 も もしなかった D. 廃 止 した 計 画 の. 計 画 通 りに できた b.ほぼ 計 画 通 りに できた c. 計 画 には 及 ばなかった NO.1 平 成 27 年 度 自 己 点 検 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 長 坂 保 育 園 評 価 項 目 Ⅰ 福 祉 サービスの 基 本 方 針 と 組 織 1 理 念

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E688EA89F1837283668349838F815B834E835683878362837695F18D902E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E688EA89F1837283668349838F815B834E835683878362837695F18D902E646F63> 国 境 なき 子 どもたち(KnK)カンボジア ビデオワークショップ 2004 実 施 報 告 書 主 催 : 特 定 非 営 利 活 動 法 人 国 境 なき 子 どもたち(KnK) 協 賛 : 松 下 電 器 産 業 株 式 会 社 報 告 者 ビデオワークショップ 講 師 清 水 匡 作 成 日 2004 年 11 月 30 日 Ⅰ. 開 催 にあたって デジタルビデオカメラは その 性 能

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率 まち ひと しごと 創 生 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン 平 成 27 年 10 月 三 戸 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少

More information

2007 年 ( 平 成 19 年 )7 月 四 万 十 市 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 策 定 の 趣 旨 1 Ⅱ 基 本 理 念 2 Ⅲ 推 進 方 針 3 1 共 通 事 項 3 2 個 別 事 項 4 (1) 子 ども 4 (2) 女 性 4 (3) 高 齢 者 5 (4) 同 和 問 題 6 (5) 障 害 者 6 (6) ハンセン 病 HIV 感 染 者 等 7 (7) 外 国 人 7

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

Microsoft Word - 博士論文(要約).docx

Microsoft Word - 博士論文(要約).docx 博 士 論 文 幼 稚 園 の 保 育 者 の 動 物 飼 育 に 対 する 知 識 と 態 度 の 向 上 を 図 る 試 み - 幼 児 と 飼 育 動 物 に 配 慮 した 動 物 介 在 教 育 の 実 現 を 目 指 して ( 要 約 ) 平 成 26 年 3 月 広 島 大 学 大 学 院 生 物 圏 科 学 研 究 科 森 元 真 理 第 Ⅰ 章 緒 論 動 物 との 関 わりが 子

More information

個 人 情 報 の 取 り 扱 いについて 出 願 および 入 学 手 続 にあたってお 知 らせいただいた 氏 名 住 所 その 他 の 個 人 情 報 は 1 入 学 試 験 実 施 ( 出 願 処 理 試 験 実 施 )2 合 格 発 表 3 入 学 手 続 と これらに 付 随 する 事 項

個 人 情 報 の 取 り 扱 いについて 出 願 および 入 学 手 続 にあたってお 知 らせいただいた 氏 名 住 所 その 他 の 個 人 情 報 は 1 入 学 試 験 実 施 ( 出 願 処 理 試 験 実 施 )2 合 格 発 表 3 入 学 手 続 と これらに 付 随 する 事 項 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 上 智 大 学 大 学 院 入 試 要 項 ( 共 通 ) 文 学 研 究 科 ( 哲 学 専 攻 ) 実 践 宗 教 学 研 究 科 ( 死 生 学 専 攻 ) 含 む この 入 試 要 項 ( 共 通 )には 上 智 大 学 大 学 院 入 学 試 験 における 全 専 攻 共 通 事 項 ( 出 願 資 格 出 願 手 続 入 試 日 程 奨 学

More information

Microsoft PowerPoint - no13_20130321_akiyama

Microsoft PowerPoint - no13_20130321_akiyama 高 等 教 育 政 策 における 内 部 質 保 証 について 2013 年 3 月 21 日 ( 木 ) 教 育 の 内 部 質 保 証 システム 構 築 に 関 するセミナー 文 部 科 学 省 高 等 教 育 局 高 等 教 育 政 策 室 室 長 補 佐 / 大 学 評 価 専 門 官 秋 山 卓 也 65% of today s grade school children may end

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

米国の歴史的医療保険制度改革、オバマケア

米国の歴史的医療保険制度改革、オバマケア 米 国 経 済 2015 年 5 月 14 日 全 8 頁 米 国 の 歴 史 的 医 療 保 険 制 度 改 革 オバマケア 成 果 が 出 始 めているものの 撤 廃 を 求 める 声 は 消 えていない ニューヨークリサーチセンター 上 野 まな 美 [ 要 約 ] 医 療 保 険 に 関 し 米 国 は 先 進 国 の 中 で 唯 一 公 的 な 国 民 皆 保 険 制 度 がなかった 国

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 改 正 概 要 について < 趣 旨 > 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 改 正 については 総 務 省 資 料 では4つの 背 景 を 掲 げ ているが その 趣 旨 は 公 営 企 業 が 経 営 の 実 態 をより 正 確 に 把 握 し それに 基 づいた 経 営 戦 略 を 立 てることができるようにするとともに その 戦 略 を 主 体

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

目 次 Ⅰ.こんな 時 は 1 1. 相 談 窓 口 のご 案 内 2 2. 勉 学 研 究 の 悩 み 相 談 学 習 サポート 3 Ⅱ. 学 生 生 活 - 入 学 から 卒 業 まで- 1. 合 宿 研 修 4 2. 課 程 配 属 4 3. 研 究 室 配 属 4 4. 実 務 訓 練 又

目 次 Ⅰ.こんな 時 は 1 1. 相 談 窓 口 のご 案 内 2 2. 勉 学 研 究 の 悩 み 相 談 学 習 サポート 3 Ⅱ. 学 生 生 活 - 入 学 から 卒 業 まで- 1. 合 宿 研 修 4 2. 課 程 配 属 4 3. 研 究 室 配 属 4 4. 実 務 訓 練 又 保 護 者 の 皆 様 へ 長 岡 技 術 科 学 大 学 ガイドブック 2016 目 次 Ⅰ.こんな 時 は 1 1. 相 談 窓 口 のご 案 内 2 2. 勉 学 研 究 の 悩 み 相 談 学 習 サポート 3 Ⅱ. 学 生 生 活 - 入 学 から 卒 業 まで- 1. 合 宿 研 修 4 2. 課 程 配 属 4 3. 研 究 室 配 属 4 4. 実 務 訓 練 又 は 課 題 研 究

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション JICAの 教 育 協 力 とSDGs SDGsを 考 えるサロン 2016 年 9 月 7 日 国 際 協 力 機 構 国 際 協 力 専 門 員 水 野 敬 子 本 日 のお 話 し 1. 教 育 に 関 する 国 際 的 イニシアチブ~2015: 成 果 と 課 題 2. JICAの 教 育 協 力 3. 具 体 的 な 協 力 事 例 :ラオス 4. 未 来 に 向 けて 1. 教 育 に

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最 低 賃 金 の 額 は 物 価 に 合 わせて 都 道 府 県 によって 異 な るのに 多 くのパートタイマーが 働 く 時 間 の 基 準 とする 103 万 円 /130 万 円 の 壁

103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最 低 賃 金 の 額 は 物 価 に 合 わせて 都 道 府 県 によって 異 な るのに 多 くのパートタイマーが 働 く 時 間 の 基 準 とする 103 万 円 /130 万 円 の 壁 103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? 曽 根 涼 平 目 次 はじめに 2 Ⅰ 配 偶 者 控 除 について 2 Ⅱ 最 低 賃 金 制 度 4 Ⅲ 計 算 6 1 先 行 文 献 6 2 検 証 7 3 GDPの 計 算 11 おわりに 15-1 - 103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最

More information

収 入 基 準 となる 収 入 月 額 については Ⅱ 収 入 基 準 の 説 明 をご 覧 ください 参 考 収 入 基 準 早 見 表 ( 家 族 数 は 申 込 者 本 人 と 同 居 予 定 親 族 または 扶 養 親 族 の 合 計 ) 世 帯 区 分 表 区 分 / 家 族 数 2 人

収 入 基 準 となる 収 入 月 額 については Ⅱ 収 入 基 準 の 説 明 をご 覧 ください 参 考 収 入 基 準 早 見 表 ( 家 族 数 は 申 込 者 本 人 と 同 居 予 定 親 族 または 扶 養 親 族 の 合 計 ) 世 帯 区 分 表 区 分 / 家 族 数 2 人 浦 臼 町 公 営 住 宅 入 居 のご 案 内 Ⅰ. 入 居 申 込 者 の 資 格 ( 次 の~6のすべての 資 格 がある 方 ). 現 在 住 宅 に 困 っている 方 原 則 として 申 込 者 本 人 及 び 同 居 しようとしている 親 族 に 持 家 の 方 ( 共 有 名 義 の 場 合 も 含 む)がいる 場 合 は 申 し 込 みできません 日 本 国 籍 の 方 または 既

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ 全 日 本 手 をつなぐ 育 成 会 国 際 育 成 会 連 盟 意 思 決 定 の 権 利 国 際 育 成 会 連 盟 グローバル キャンペーン ディスカッション グループ ファシリテーター ガイド 国 際 育 成 会 連 盟 2013 年 4 月 序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と

More information

Ⅱ 先 行 研 究 移 民 は, 通 常, 貧 しい 国 から 経 済 的 に 発 展 した 国 へ 向 かうことから, 受 入 れ 国 における 財 政 影 響 がしばしば 問 題 とされる 移 入 者 は 公 的 援 助 を 必 要 としたり, 子 どもへの 教 育 費 用 がかかることか ら,

Ⅱ 先 行 研 究 移 民 は, 通 常, 貧 しい 国 から 経 済 的 に 発 展 した 国 へ 向 かうことから, 受 入 れ 国 における 財 政 影 響 がしばしば 問 題 とされる 移 入 者 は 公 的 援 助 を 必 要 としたり, 子 どもへの 教 育 費 用 がかかることか ら, 特 集 外 国 人 労 働 の 現 状 と 課 題 国 際 人 口 移 動 の 選 択 肢 とそれらが 将 来 人 口 を 通 じて 公 的 年 金 財 政 に 与 える 影 響 石 井 太 ( 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 部 長 ) 是 川 夕 ( 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 主 任 研 究 官 ) 本 研 究 では, 外 国 人 受 入 れ 及 びその

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

資料5-1 博士後期課程 基本計画

資料5-1 博士後期課程 基本計画 資 料 5-1 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 平 成 22 年 10 月 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 立 大 学 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 2. 教 育 研 究 理 念 3. 育 成 する 人 材 像 4.

More information

沖縄キリスト教短期大学学則(新)

沖縄キリスト教短期大学学則(新) 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 学 則 第 1 章 総 則 ( 的 ) 第 1 条 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 ( 以 下 本 短 大 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 に 従 い キリスト 教 精 神 に 基 づいた 学 校 教 育 を 施 し 人 格 の 完 成 をめざし 社 会 に 有 用 なる 人 材 を 育 成 することを 的 とする ( 自 己

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

スライド 1

スライド 1 買 い 物 困 難 対 策 の 方 向 性 と 進 め 方 ( 農 林 水 産 省 平 成 26 年 度 食 料 品 アクセス 改 善 対 策 事 業 実 施 報 告 書 ) 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 流 通 経 済 研 究 所 102-0074 東 京 都 千 代 田 区 九 段 南 4-8-21 山 脇 ビル10 階 :03-5213-4532 Fax:03-5276-5457

More information

住 民 基 本 台 帳 カード 住 民 基 本 台 帳 カード( 住 基 カード)は 住 民 基 本 台 帳 に 基 づき 各 市 区 町 村 において 交 付 希 望 者 に 住 民 基 本 台 帳 カード(ICカード)を 交 付 住 民 基 本 台 帳 カード 市 20 年 月 日 まで 有 効

住 民 基 本 台 帳 カード 住 民 基 本 台 帳 カード( 住 基 カード)は 住 民 基 本 台 帳 に 基 づき 各 市 区 町 村 において 交 付 希 望 者 に 住 民 基 本 台 帳 カード(ICカード)を 交 付 住 民 基 本 台 帳 カード 市 20 年 月 日 まで 有 効 マイナンバー 制 度 の 動 向 と 個 人 番 号 カードについて 総 務 省 住 民 制 度 課 住 民 基 本 台 帳 カード 住 民 基 本 台 帳 カード( 住 基 カード)は 住 民 基 本 台 帳 に 基 づき 各 市 区 町 村 において 交 付 希 望 者 に 住 民 基 本 台 帳 カード(ICカード)を 交 付 住 民 基 本 台 帳 カード 市 20 年 月 日 まで 有 効

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

2016 年 2 月 29 日 発 行 第 609 号 CONTENTS 高 齢 化 大 国 中 国 < 福 喜 多 俊 夫 >... 2 中 国 経 済 最 新 統 計... 7 1

2016 年 2 月 29 日 発 行 第 609 号 CONTENTS 高 齢 化 大 国 中 国 < 福 喜 多 俊 夫 >... 2 中 国 経 済 最 新 統 計... 7 1 Title 京 大 東 アジアセンターニュースレター 第 609 号 Author(s) Citation 京 大 東 アジアセンターニュースレター (2016), 609 Issue Date 2016-02-29 URL http://hdl.handle.net/2433/208993 Right Type Others Textversion publisher Kyoto University

More information

平 成 27 年 度 市 民 の 社 会 貢 献 に 関 する 実 態 調 査 調 査 票 お 答 えいただく 項 目 ( 内 容 )は 以 下 のとおりです お 答 えいただく 問 数 は 選 択 される 回 答 により 異 なりますが 属 性 を 除 き 最 大 で 17 問 になります 市 民 の 社 会 貢 献 に 関 する 実 態 調 査 設 問 項 目 一 覧 項 目 対 象 Ⅰ 属

More information

総 務 省 事 業 所 企 業 統 計 調 査 ( 平 成 18 年 ) によると 全 従 業 者 ( 非 正 社 員 も 含 む)に 占 める 女 性 比 率 は 新 聞 と NHK が 約 2 割 民 間 放 送 が 約 3 割 出 版 が 約 4 割 である 新 聞 放 送 分 野 では 全

総 務 省 事 業 所 企 業 統 計 調 査 ( 平 成 18 年 ) によると 全 従 業 者 ( 非 正 社 員 も 含 む)に 占 める 女 性 比 率 は 新 聞 と NHK が 約 2 割 民 間 放 送 が 約 3 割 出 版 が 約 4 割 である 新 聞 放 送 分 野 では 全 (3) メディア 分 野 への 女 性 参 画 促 進 について 共 立 女 子 大 学 文 芸 学 部 非 常 勤 講 師 富 川 淳 子 わが 国 におけるメディア 分 野 の 女 性 の 参 画 の 現 状 マスメディアとは 新 聞 出 版 放 送 映 画 などの 大 衆 媒 体 を 指 すが 我 々が 普 段 生 活 す る 中 でこれらのマスメディアが 発 信 する 情 報 から 受 け

More information

れ 現 在 まで 続 いている この 方 式 は 政 府 経 済 見 通 しによる 個 人 消 費 の 伸 び( 民 間 最 終 消 費 支 出 )のみによって 改 定 するもので これは 一 般 世 帯 の 約 7 割 の 消 費 水 準 と 言 われている この 貧 困 線 は 相 対 的 貧

れ 現 在 まで 続 いている この 方 式 は 政 府 経 済 見 通 しによる 個 人 消 費 の 伸 び( 民 間 最 終 消 費 支 出 )のみによって 改 定 するもので これは 一 般 世 帯 の 約 7 割 の 消 費 水 準 と 言 われている この 貧 困 線 は 相 対 的 貧 貧 困 概 念 の 展 開 貧 困 へのアプローチのさまざま 5. 貧 困 へのアプローチのさまざま 1 日 本 の 貧 困 線 生 活 保 護 基 準 の 算 定 方 式 日 本 における 貧 困 線 である 生 活 保 護 基 準 は 日 本 における 貧 困 者 の 範 囲 を 確 定 するライン( 線 )であり 一 定 の 所 得 額 を 示 す これ 以 下 の 所 得 の 場 合 が 貧

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割 は 資 源 配 分 ( 公 共 財 の 安 定 供 給 )とされる ( 所 得 再 分 配 や 経 済 安 定 化 は 国 の

1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割 は 資 源 配 分 ( 公 共 財 の 安 定 供 給 )とされる ( 所 得 再 分 配 や 経 済 安 定 化 は 国 の 企 業 活 力 研 究 所 地 方 税 研 究 会 報 告 レジュメ < 資 料 1> 個 人 住 民 税 の 課 税 ベース 拡 大 による 地 方 税 制 改 革 京 都 産 業 大 学 経 済 学 部 八 塩 裕 之 1 1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割

More information

発 表 者 の 修 士 論 文 タイトル 一 覧 文 字 弁 別 課 題 と 運 動 方 向 判 断 課 題 における 段 階 的 な 時 間 的 注 意 の 生 起 佐 藤 史 織 (B11401M) 大 学 生 を 対 象 とした 心 拍 変 動 バイオフィードバックによる 入 眠 改 善 の

発 表 者 の 修 士 論 文 タイトル 一 覧 文 字 弁 別 課 題 と 運 動 方 向 判 断 課 題 における 段 階 的 な 時 間 的 注 意 の 生 起 佐 藤 史 織 (B11401M) 大 学 生 を 対 象 とした 心 拍 変 動 バイオフィードバックによる 入 眠 改 善 の 中 京 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 平 成 27 年 度 修 士 論 文 中 間 報 告 会 抄 録 集 平 成 27 年 7 月 14 日 7 月 16 日 場 所 中 京 大 学 八 事 キャンパス 3 号 館 2 階 廊 下 発 表 者 の 修 士 論 文 タイトル 一 覧 文 字 弁 別 課 題 と 運 動 方 向 判 断 課 題 における 段 階 的 な 時 間 的 注 意

More information

す たとえば 54 歳 で 加 入 し 5 年 間 積 み 立 てをして 増 やすこともできます 最 近 でこそ 低 金 利 であるため 魅 力 が 低 下 していますが 給 与 から 直 接 天 引 きされ 確 実 に 積 み 立 てられます と 城 山 さん なかなか 老 後 のための 貯 金

す たとえば 54 歳 で 加 入 し 5 年 間 積 み 立 てをして 増 やすこともできます 最 近 でこそ 低 金 利 であるため 魅 力 が 低 下 していますが 給 与 から 直 接 天 引 きされ 確 実 に 積 み 立 てられます と 城 山 さん なかなか 老 後 のための 貯 金 わずかでも 年 金 を 増 やす 方 法 会 社 員 だからできる 老 後 資 金 作 り!60 歳 以 降 の 年 金 を 増 やす 方 法 まだまだ 先 のように 思 える 老 後 のこと しかし 高 齢 者 の 貧 困 問 題 が 話 題 になっているいま 老 後 に 対 して 経 済 的 な 不 安 を 感 じる 人 は 少 なくありません そこで 考 えたいのが 老 後 の 生 活 の 支

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

- 目 次 - Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1 調 査 の 背 景 1 2 調 査 の 目 的 1 3 調 査 の 対 象 方 法 1 4 調 査 の 内 容 1 5 回 収 の 結 果 2 6 調 査 結 果 の 見 方 2 Ⅱ 調 査 結 果 の 概 要 3 Ⅲ 回 答 者 の 属 性 8 1 性 別 と 年 齢 8 2 配 偶 関 係 11 3 家 族 構 成 14 4 育 児 の 必 要 な

More information

自 己 評 価 シ ー ト(福祉用具貸与用)

自 己 評 価 シ ー ト(福祉用具貸与用) 自 己 評 価 シ ー ト( 福 祉 用 具 貸 与 用 ) Ⅰ 組 織 体 制 平 成 26 年 3 月 1 日 1 運 営 方 針 等 判 断 した 理 由 や 根 拠 1 事 業 の 目 的 や 運 営 の 方 針 を 職 員 に 周 知 し 2サービスの 質 の 向 上 に 向 けた 業 務 改 善 に 取 り 組 んでいる A 会 議 や 研 修 などを 通 じて 事 業 の 目 的 や

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

女性の年金

女性の年金 日 本 年 金 学 会 シンポジウム 2013 年 11 月 9 日 ( 土 ) 働 く 女 性 のライフコースと 年 金 支 給 開 始 年 齢 ~ 働 く 女 性 のライフコースから 考 える 年 金 支 給 開 始 年 齢 ( 株 )TIMコンサルティング 取 締 役 原 佳 奈 子 論 点 提 示 2 働 く 女 性 に 関 する 制 度 関 連 とライフコースへの 影 響 等 ( 沿 革

More information

政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 参 集 者 名 簿 渥 美 由 喜 東 レ 経 営 研 究 所 ダイバーシティ&ワークライフバランス 研 究 部 長 阿 部 正 浩 中 央 大 学 経 済 学 部 教 授 井 部 俊 子 聖 路 加 看 護 大 学 学 長 梅 田 次 郎 行 政 経 営 株 式 会 社 まちづくり 行 政 経 営 プロデューサー 河 北 博 文 社 会 医 療 法

More information

Ⅰはじめに

Ⅰはじめに 日 本 人 は 幸 福 か ~ 幸 福 度 先 進 国 との 比 較 と 日 本 人 の 幸 福 感 について~ 群 馬 県 立 前 橋 女 子 高 等 学 校 2 年 吉 川 綾 乃 Ⅰ はじめに 日 本 人 は 幸 福 か 高 校 生 の 私 にとって 非 常 に 大 きなテーマである 幸 福 かどうか というのは 非 常 に 個 人 的 な 感 覚 であり 年 齢 も 性 別 も 環 境 も

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

Microsoft Word - 2013UJASurvey-digest.docx

Microsoft Word - 2013UJASurvey-digest.docx - - 海 外 には 自 由 な 雰 囲 気 共 同 研 究 や 人 的 交 流 の 機 会 があり 雑 用 が 少 なく そして 有 能 なボ スがいる 留 学 先 から 給 料 を 貰 うのはもはや 主 流 語 学 力 向 上 留 学 先 ラボの 情 報 収 集 に 力 を 入 れるべきだったと 反 省 3 年 程 度 を 見 込 んだ 留 学 は 更 に 長 くずれ 込 みがちであるが 留 学

More information

Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市 営 県

Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市 営 県 松 阪 市 における 市 営 住 宅 の 現 状 と 課 題 26 年 10 月 18 日 構 想 日 本 Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市

More information

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25 目 マンションの 滞 納 管 理 費 等 回 収 実 務 ハンドブック 目 第 1 章 総 論 管 理 費 修 繕 積 立 金 の 重 要 性 と 徴 収 の 論 理 Ⅰ マンション 管 理 組 合 管 理 費 等 2 1 マンションとは 2 2 管 理 組 合 とは 2 3 管 理 費 等 とは 3 Ⅱ 管 理 費 修 繕 積 立 金 徴 収 の 論 理 とその 重 要 性 4 図 表 1 管 理

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63> Ⅰ 人 事 制 度 の 整 備 は 現 状 把 握 から 1. 人 事 制 度 の 類 型 を 理 解 する 2. 人 事 制 度 は5つの 項 目 で 分 析 3. 人 件 費 が 経 営 に 与 える 影 響 4. 個 別 賃 金 の 分 析 を 行 う Ⅲ 基 準 定 義 の 明 確 化 で 社 員 のモチベーションが 向 上 1. 職 能 資 格 職 務 役 割 等 級 フレーム 例 2.

More information

本文001-029.indd

本文001-029.indd 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 基 本 的 な 考 え 方 全 体 像 安 倍 内 閣 はこの3 年 間 デフレ 脱 却 と 経 済 再 生 を 最 重 要 課 題 とし 大 胆 な 金 融 政 策 機 動 的 な 財 政 政 策 民 間 投 資 を 喚 起 する 成 長 戦 略 の 三 本 の 矢 からなる 経 済 政 策 を 一 体 的 に 推 進 結 果 企 業 の 経 常 利 益

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

資料3-2

資料3-2 資 料 3-2 改 訂 案 ( 昨 年 からの 変 更 点 は 赤 字 ) 男 女 共 同 参 画 社 会 の 実 現 を 目 指 して 平 成 28 年 版 データ 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 社 会 のあらゆる 分 野 において 2020 年 までに 指 導 的 地 位 ( )に 女 性 が 占 める 割 合 を 少 なくとも 30% 程 度 とする 目 標 を 設

More information

1 < 目 次 > 第 1 部 中 国 進 出 ( 進 出 方 式 の 選 定 現 地 法 人 駐 在 員 事 務 所 の 開 設 ) 4 Ⅰ. 中 国 進 出 に 際 しての 組 織 選 定 4 1. 進 出 形 態 ( 駐 在 員 事 務 所 現 地 法 人 支 店 ) 2. 各 種 形 態 の

1 < 目 次 > 第 1 部 中 国 進 出 ( 進 出 方 式 の 選 定 現 地 法 人 駐 在 員 事 務 所 の 開 設 ) 4 Ⅰ. 中 国 進 出 に 際 しての 組 織 選 定 4 1. 進 出 形 態 ( 駐 在 員 事 務 所 現 地 法 人 支 店 ) 2. 各 種 形 態 の 中 国 進 出 撤 退 組 織 変 更 完 全 マニュアル (2013 年 改 訂 版 ) ~ 組 織 再 編 から 見 えてくる もうひとつの 中 国 市 場 攻 略 法 ~ Mizuno Consultancy Holdings Ltd. 代 表 取 締 役 社 長 水 野 真 澄 1 < 目 次 > 第 1 部 中 国 進 出 ( 進 出 方 式 の 選 定 現 地 法 人 駐 在 員 事 務

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

B-表4.1.ai

B-表4.1.ai 大 項 目 考 え 方 中 項 目 考 え 方 や る べ き 最 低 限 の こ と Ⅰ Ⅱ 自 主 規 律 品 質 の 向 上 自 主 規 律 品 質 の 向 上 は 喫 緊 の 課 題 であり 意 識 認 識 や 覚 悟 のレベルの 話 である ルールや 規 則 への 遵 守 意 識 を 高 め 違 反 には 断 固 と した 姿 勢 で 臨 む 規 則 の 制 定 と 実 行 が 必 要 である

More information

Microsoft Word - kanri-text.doc

Microsoft Word - kanri-text.doc 第 2 節 事 業 部 の 業 績 評 価 1. 業 績 評 価 の 対 象 (A) 事 業 部 の 業 績 評 価 には, 事 業 部 長 の 業 績 評 価 と 事 業 部 自 体 の 業 績 評 価 があり, 両 者 を 区 別 する 点 に 注 意 す ること 評 価 対 象 業 績 比 較 方 法 業 績 評 価 の 概 念 事 業 部 長 事 業 部 長 が, 事 業 部 ごとに 設 定

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

はじめに 21 IT UNDP 2010 Gender Inequality Index GII 138 122 12 1 3 2 6 1,000 914 3 2 4 5 6 JICA Ⅰ インド 北 部 における 思 春 期 女 性 自 立 支 援 プロジェクトの 概 要 2 JICA MAMTA

はじめに 21 IT UNDP 2010 Gender Inequality Index GII 138 122 12 1 3 2 6 1,000 914 3 2 4 5 6 JICA Ⅰ インド 北 部 における 思 春 期 女 性 自 立 支 援 プロジェクトの 概 要 2 JICA MAMTA 43 2012 インド 北 部 思 春 期 女 性 の 自 立 支 援 プロジェクト における ナラティヴ アプローチの 有 効 性 奥 川 ゆかり* Effectiveness of the Narrative Approach in the Self-support Project for Adolescent Girls in North India Yukari OKUGAWA 抄 JICA

More information

表紙PDF用_レイアウト 1

表紙PDF用_レイアウト 1 i ii iii Memo iv v 目 次 Index 学 生 の 皆 さんへ アカデミック カレンダー 大 学 窓 口 一 覧 Ⅰ 大 学 の 概 要 1. 国 際 教 養 大 学 (AIU)の 理 念 2. AIUにおける 教 育 制 度 の 特 色 3. 学 部 課 程 の 概 要 4. 大 学 の 組 織 5. 大 学 の 沿 革 表 (Appendix)1 公 立 大 学 法 人 国 際

More information

Int'lecowk_2014_11_12_校了.indd

Int'lecowk_2014_11_12_校了.indd 特 集 2 児 童 養 護 施 設 に 入 所 している 障 害 のある 子 どもに 対 する 就 労 支 援 の 実 態 施 設 職 員 へのインタビュー 調 査 から 武 庫 川 女 子 大 学 文 学 部 教 務 助 手 新 谷 知 春 1.はじめに 児 童 養 護 施 設 とは 親 の 行 方 不 明 や 死 亡 病 気 親 から 虐 待 をうけている 等 の 理 由 から 不 適 切 な

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3> Shinsong Bldg. Rm.902,9Fl. 25-4Yeouido-dong,Yeongdeungpo-gu Seoul,150-010, Korea TEL : +82-2-3215-1300 FAX : +82-2-761-6640 退 職 給 付 制 度 (1) 勤 労 者 退 職 給 付 保 障 法 の 制 定 施 行 韓 国 政 府 は 2005 年 1 月 27 日 付 で 従

More information

2014 14 12

2014 14 12 2014 26 2014 14 12 Ⅰ. 医 療 保 健 学 部 授 業 一 覧 (カリキュラム 表 ) (1)-1 看 護 学 授 業 (2009 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 2 (1)-2 看 護 学 授 業 (2012 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 4 (1)-3 看 護 学 ( 編 入 学 生 ) 授 業 (2014 度 以 降 に 入 学 した 学 生

More information

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題...

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 資 料 2 木 更 津 市 人 口 ビジョン 素 案 木 更 津 市 目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 9 1 就 職 段 階 における

More information