南十字星出力用.indd

Size: px
Start display at page:

Download "南十字星出力用.indd"

Transcription

1 Bintang Pari 2014 年 4 月 1 日 (1) 2014 年 春 第 18 号 発 行 南 十 字 星 会 連 絡 先 大 阪 府 池 田 市 五 月 丘 電 話 Fax アチェ 大 地 震 災 害 自 衛 隊 支 援 に 参 加 の 体 験 記 道 広 健 吾 (1961 卒 ) まず 初 めに 簡 単 に 自 己 紹 介 させていただきます 外 大 を 卒 業 した 1961 年 丸 紅 に 入 社 木 材 部 配 属 63 年 フィリピン マニラ 支 店 ( 深 田 祐 介 著 炎 熱 商 人 を 経 験 ) 65 年 マレーシア サバ 州 サンダカン 出 張 所 の 初 代 駐 在 員 ( 山 崎 朋 子 著 サンダカン 八 番 娼 館 で 名 が 知 ら れた)を 勤 め 70 年 ジャカルタ 支 店 勤 務 4 年 間 原 木 の 対 日 輸 入 と 鳥 も 通 わぬ 孤 島 での 森 林 開 発 業 務 に 83 年 東 マレーシア 支 店 長 (サバ 州 コタキナバル) 88 年 東 京 本 社 石 油 製 品 部 長 91 年 マレーシア クアラルンプー ル 支 店 長 を 経 て 94 年 丸 紅 保 険 センター( 株 ) 常 務 そし てエムアイシーサービス 取 締 役 社 長 となり 2002 年 退 社 従 って 海 外 駐 在 は 東 南 アジア 延 べ 18 年 間 でした さて 本 題 に 入 ります 2004 年 12 月 北 スマトラ 沖 で 発 生 した M9 に 及 ぶ 大 地 震 とそれに 伴 う 大 津 波 はア チェ 州 を 中 心 に 死 者 行 方 不 明 者 23 万 人 を 超 えたと 報 じられました 日 本 政 府 は 自 衛 隊 部 隊 900 人 とそれを 支 援 する JICA からなる 国 際 緊 急 援 助 隊 を 編 成 してア チェに 派 遣 復 旧 支 援 に 乗 り 出 しました 私 はこの 緊 急 援 助 隊 に 2005 年 2 月 15 日 から 3 月 1 日 まで 2 週 間 の 参 加 要 請 を 受 けました 時 が 経 っても 体 験 した 記 憶 は 鮮 明 に 残 っており この 機 会 に 実 情 をお 話 します 炎 天 下 で 派 遣 された 自 衛 隊 部 隊 の 活 動 内 容 は 医 療 防 疫 物 資 輸 送 に 分 かれ 国 際 緊 急 援 助 隊 の 我 々 通 訳 要 員 は 自 衛 隊 チームの 医 療 防 疫 活 動 が 円 滑 に 進 むようサポートすることだった 宿 舎 は 借 家 の 民 家 で ある 毎 朝 6 時 前 に 起 床 ( 土 曜 日 曜 の 休 みなし)すると 貯 めた 雨 水 でシャワーを 浴 びる 朝 食 後 7 時 30 分 JICA のジープで 出 発 外 科 専 門 の 診 療 所 (1 日 平 均 20 人 の 患 者 )を 経 て 内 科 診 療 所 に 向 かう 午 前 9 時 前 驚 いたこ とに すでに 40 人 ほどが 待 っている 時 間 とともに 患 者 数 は 増 え 続 け ピーク 時 の 10 時 頃 には 約 80 人 に 達 する 気 温 35 度 を 上 回 る 炎 天 下 テントの 中 で 辛 抱 強 く 待 っている 1 日 平 均 150 人 から 200 人 担 当 の 自 衛 隊 医 師 4 人 と 我 々 通 訳 5 人 は 毎 日 実 に 忙 しく 患 者 と 接 し トイレに 行 く 暇 もないほどだった 内 科 の 患 者 の 病 状 は 千 差 万 別 津 波 に 遭 った 恐 怖 感 による 精 神 的 症 状 ( 頭 痛 など) 津 波 に 飲 み 込 まれたこと による 腹 痛 呼 吸 困 難 咳 皮 膚 のかゆみや 爛 れ 背 中 や 腰 の 痛 み しかし 患 者 たちは 治 療 を 終 え 薬 を 受 け 取 り 次 々 満 足 げな 顔 をして ありがとう と 帰 っていく その 後 ろ 姿 を 見 ると 疲 れが 吹 っ 飛 び 心 が 和 らぐ 思 いがしたものだ 診 療 時 の 通 訳 には 医 学 専 門 用 語 が 多 く しばしば 辞 書 で 確 認 しました 皆 さん 方 インドネシア 語 をどの 程 度 思 い 出 さ れるでしょうか 単 語 の 一 部 をご 参 考 までに 挙 げてみます 鼻 水 ingus 目 まい pusig 下 痢 diare, menceret 痺 れ kebas, kesemutan こる pegal だるい lemas 胃 腸 炎 sakit maag 痒 い gatal 動 悸 berdebar-debar 不 安 感 rasa cemas, gelisah 結 膜 炎 radang selaput mata 捻 挫 terkirir 抗 生 物 質 antibiotik 副 作 用 efek samping.

2 (2) 第 18 号 Bintang Pari バンダアチェでの 貴 重 な 生 活 体 験 からかぶる 典 型 的 な 田 舎 のインドネシア 方 式 である 当 時 アチェ 州 ではインドネシア 政 府 軍 と アチェ 私 の 場 合 は 30 年 以 上 も 昔 のインドネシア 駐 在 時 代 に 独 立 運 動 との 紛 争 により 文 民 非 常 事 態 宣 言 が 発 令 さ 木 材 開 発 の 僻 地 で 何 度 も 経 験 している 寧 ろ 懐 かしい れていた 個 人 的 に 宿 舎 から 外 出 しなかったし 診 療 思 いをしたものだ ところが 今 回 同 じ 宿 舎 では 共 同 所 では 警 護 の 警 官 ( 写 真 上)が 配 置 され 途 中 の 車 にも 同 乗 生 活 している 数 人 の 30 歳 前 の 美 貌 の 女 性 海 外 協 力 隊 員 したが 幸 い 身 の 危 険 を 感 じたことは 1 度 もなかった がいた その 彼 女 らは 全 く 平 気 だった よく 訓 練 さ 我 々の 宿 舎 に 関 しては 当 初 安 全 のため 自 衛 隊 艦 船 れているなあと 感 服 した ただ 宿 舎 にはもちろんク での 宿 泊 が 検 討 されていた しかし 民 間 人 に 対 する ーラーもなく ハマダラ 蚊 (マラリヤ)の 侵 入 に 備 え 昼 機 密 保 持 もあり 結 局 JICA が 現 地 で 借 り 上 げた 民 家 で 夜 共 に 戸 も 窓 もしっかりと 閉 じられている 部 屋 の 中 の 宿 泊 に 決 まったのだ この 大 きな 民 家 は 築 20 年 以 上 のムンムン 蒸 し 暑 さに 寝 苦 しく 閉 口 した のかなり 古 い 木 造 2 階 建 て 1 階 に 寝 室 4 部 屋 そのう 通 信 関 係 では 当 時 アチェと 日 本 との 一 般 電 話 は 一 ち 家 主 の 家 族 が 3 部 屋 を 使 用 し 残 り 1 部 屋 が 私 に 割 切 通 じない 日 本 の 新 聞 雑 誌 も 手 に 入 らない 滞 在 り 当 てられた 2 階 は 共 同 トイレと 水 浴 場 付 き 部 屋 が 5 中 日 本 で 何 が 起 こっているか 分 からなかったが こ 部 屋 あり この 部 屋 に 我 々の 前 れも 仕 方 ないことだった に 活 動 していた JICA 第 1 陣 派 遣 員 40 人 の 男 女 が 床 を 含 めて 結 び アチェでの 生 活 自 体 ゴロ 寝 の 宿 泊 をしたと 聞 いた は 味 気 ないものであったが 大 以 前 にアチェに 滞 在 した 延 べ きな 救 いはこの 2 週 間 若 い 男 100 人 以 上 の JICA 派 遣 員 のう 女 の 青 年 海 外 協 力 隊 の 人 達 と ち 3 分 の 2 が 下 痢 熱 中 症 など 同 じ 釜 の 飯 を 食 って 共 同 生 活 を 訴 えたという それは 炎 天 下 をしたことで 彼 らの 生 き 生 き でのハードワークと 現 地 の 食 としたエネルギーを 吸 収 させ 事 水 なども 原 因 だろうが そ てもらった また 彼 らの 献 身 れに 加 えて 不 自 由 な 生 活 環 境 で 的 な 活 躍 を 目 の 当 たりにし 近 のストレスも 影 響 したのではな 頃 の 若 者 も 捨 てたものではな いか と 感 じた いと 感 心 させられたことであ アチェ 州 はジャカルタと 異 な った 今 後 他 地 域 でもさらな りイスラム 規 律 が 非 常 に 厳 しく る 活 躍 を 期 待 したい ビールなどアルコール 類 は 一 切 御 法 度 もちろん 町 にも 売 って 上 次 々と 訪 れた 患 者 達 は 辛 抱 強 く 待 つ 下 右 側 の 自 衛 隊 医 師 は 患 者 のカルテをパソコンで 作 成 最 後 に 述 べておきたいのは アチェまでずっと 行 動 を 共 に いない 宿 舎 の 主 人 も 敬 虔 なイス してくださった 看 護 師 の 存 在 だ 僻 地 で 何 でも 相 談 出 ラム 教 徒 なので ここは 我 慢 のし 来 るという 安 心 感 が 目 に 見 えないファクターとなっ どころだ お 陰 様 で 帰 国 後 の 身 体 て 我 々が 仕 事 に 熱 中 できたことは 確 かであった 宿 舎 検 査 では 肝 機 能 は 全 く 異 常 なし の 食 事 面 でも 何 かと 健 康 管 理 に 気 を 使 っていただき だった ありがたかった そして 私 自 身 灼 熱 の 厳 しい 環 境 の 宿 舎 でのお 風 呂 は 当 然 お 湯 が 出 中 で 微 力 を 尽 くせた 自 衛 隊 医 療 部 隊 の 支 援 に 少 しで ない 水 浴 である( 写 真 左) トイレ もお 役 に 立 てたと 自 己 満 足 しながら 帰 国 した 次 第 だ に 使 う その 横 に 貯 めてある 濁 っ 帰 国 後 当 時 の JICA 緒 方 貞 子 理 事 長 から 感 謝 状 授 与 た 雨 水 井 戸 水 を 柄 杓 で 汲 んで 頭 の 連 絡 があり 謹 んでお 受 けした

3 Bintang Pari 第 18 号 (3) 寄 稿 Apa & siapa インドネシア 語 が 教 えてくれたこと 野 村 知 代 (2012 卒 ) 野 村 さん いつインドネシアの 駐 在 員 になるの? インドネシアのローカルスタッフ 駐 在 員 はたまた 同 期 からも この 言 葉 をかけられるたび 私 はインド ネシア 語 を 専 攻 していて 本 当 に 良 かったと 感 じること ができます 2012 年 4 月 私 は 大 学 を 卒 業 後 日 野 自 動 車 ( 株 ) に 入 社 インドネシア 日 野 製 造 (PT. Hino Motors Manufacturing Indonesia [HMMI] )の 製 造 部 門 の 窓 口 として 仕 事 をしています 幼 い 頃 から 日 本 と 海 外 の 架 け 橋 に な り たい と い っ た 漠 然 と し た 夢 を 抱 いていましたが いま 着 実 にその 夢 の 実 現 に 向 け て 歩 いていることが 自 分 でも 少 し 信 じられません 高 校 時 代 はずっと 別 の 大 学 を 志 望 していた 私 でした が センター 試 験 で 思 うような 点 数 がとれず 志 望 校 の 変 更 を 余 儀 なくされました その 時 の マイナー 言 語 を 勉 強 した 方 が 希 少 価 値 があ るんちゃうの? という 担 任 の 言 葉 と 日 本 と 繋 がりの 強 い 国 の 言 語 を 専 攻 したい という 理 由 から 大 阪 大 学 外 国 語 学 部 インドネシ ア 語 専 攻 へ 入 学 を 決 めました そ して 今 この 決 断 が 本 当 に 正 しか ったと 実 感 しています 在 学 中 は 留 学 をすることもなく 3 年 生 以 降 は 授 業 への 出 席 率 もまずまずで 初 めてイ ンドネシアを 訪 れたのは 卒 業 まであと 半 年 に 迫 った 4 年 生 の 11 月 でした せっかくだから 専 攻 語 を 生 かしたい といって 就 職 活 動 をしていましたが 正 直 なところ 本 当 にインドネシア 関 係 の 仕 事 ができると は 思 っていませんでした 現 在 の 仕 事 では インドネシア 語 を 使 うことはあま りありません 現 地 とのメールは 英 語 会 議 は 通 訳 を 通 じて 日 本 語 で 行 われます しかしながら 日 本 人 が 私 だけしかいない 時 のメールや 電 話 通 訳 者 不 在 によ り 私 が 通 訳 の 代 わりをしなければいけない 時 休 日 の アテンドなどではインドネシア 語 を 使 います ローカ ルスタッフもやはり 母 国 語 であるインドネシア 語 の 方 が 話 しやすいようで( 英 語 だと インドネシア 語 なま りの 英 語 と 日 本 語 なまりの 英 語 ノンネイティブ 同 士 で 会 話 しづらいといった 側 面 もありますが) 英 語 では なくインドネシア 語 で 話 しかけてきてくれます 入 社 して 1 年 も 経 たないうちに 新 人 研 修 中 だった にもかかわらず ローカルスタッフの 間 で 私 がイン ドネシア 語 を 話 せるという 噂 が 独 り 歩 きしました ノ ムラさん はたちまち 有 名 人 になり プライベートの 誘 いも 増 えました 仕 事 内 容 のせいもありますが 最 近 ではローカルスタッフの 間 で 困 ったときはノムラ さん と 言 われるようになりました まだまだ 未 熟 な 私 ですが 本 当 に 有 難 いことです インドネシア 語 が ただのコミュニケーションツールとしてだけでなく 私 と 彼 らの 心 を 繋 いでくれています インドネシアの 言 葉 人 々をこんなに 好 きになれるとは 大 学 入 学 時 には 思 ってもみませんでした もうすぐ 入 社 3 年 目 にな ります 知 識 と 経 験 の 乏 しさ 故 に 任 されている 仕 事 の 量 内 容 とのギャップに 苦 しむこ とが 多 々あります 昔 を 振 り 返 っては (インドネシア 語 に 限 らず) もっと 勉 強 すれば 良 かった とか 学 生 しかでき ない いろんなことをしてみたかった と 思 うもので す でも 人 生 はまだまだこれからです 全 ては 自 分 次 第 で 様 々なことにチャレンジできると 信 じていま す 数 年 後 自 分 が 何 をしているかは 全 く 想 像 がつき ません 転 機 はいつ どのように 訪 れるかわかりませんが 今 までがそうであったように どんな 時 でも 自 分 がそ の 時 に 思 う ベスト を 尽 くしていこう と 考 えてい ます ( 写 真 は 全 て HMMI 関 連 上 出 張 中 の Kota Tua で= 中 央 が 筆 者 =2013 年 9 月 中 出 張 時 の 会 議 = 同 8 月 下HMMI の 飲 み 会 = 同 11 月 )

4 (4) 第 18 号 Bintang Pari 2013 年 秋 の 語 劇 祭 熱 演 舞 台 の 1 シーン 言 語 文 化 研 究 科 准 教 授 原 真 由 子 ( 外 国 語 学 部 インドネシア 語 専 攻 担 当 教 員 ) 語 劇 祭 例 年 は 豊 中 キャンパスの 学 園 祭 まちかね 祭 に 合 わせて 箕 面 キャンパスで 語 劇 祭 が 行 われますが 今 年 度 (2013 年 度 )は 施 設 工 事 の 関 係 で 豊 中 キャン パスの 大 学 会 館 で また 学 園 祭 の 時 期 とも 異 なる 11 月 16 日 ( 土 ) 17 日 ( 日 )に 行 われました インドネシ ア 語 専 攻 は 2 年 生 が 中 心 となり Bawang Merah Bawang Putih という シンデレラの 話 しによく 似 た インドネシアの 継 子 いじめの 物 語 を 上 演 しました Bawang Merah とは 意 地 悪 な 継 母 の 連 れ 子 である や はり 意 地 悪 な 姉 妹 のことで Bawang Putih は 彼 女 らに 虐 げられている 娘 のことです 彼 女 らの 間 のいじめの 場 面 が 多 いのですが 最 初 はどうしても 手 加 減 し てしまい 迫 真 さに 欠 けていました しかし 練 習 を 重 ね 声 色 や 身 振 りを 工 夫 して 大 胆 に 演 技 していました また 今 回 使 用 した 台 本 は 比 較 的 口 語 的 なインド ネシア 語 で 書 かれており それがむしろ 難 しく 感 じた ようです 留 学 生 との 会 話 やメールなどを 通 して 少 し 触 れることはできますが 普 段 の 授 業 では 基 本 的 にフ ォーマルなインドネシア 語 を 学 んでいるので 口 語 体 の 方 が 不 慣 れです この 機 会 を 通 して 状 況 や 聞 き 手 の 違 いによって 様 々なインドネシア 語 のスタイルがあ ることがわかったと 思 います インドネシア 語 スピーチコンテスト 阪 大 インドネシア 語 専 攻 からは 11 月 30 日 ( 土 )に 実 施 された 神 田 外 語 大 学 主 催 のスピーチコンテストに 1 人 参 加 グループ A(インドネシア 語 学 習 歴 2 年 以 内 の 大 学 生 )の 部 に 出 場 した 2 年 生 の 野 尻 優 子 さんです 彼 女 は 高 校 時 代 から 続 けている 少 林 寺 拳 法 について 話 し それを 通 したインドネシアとの 交 流 を 深 めたい と 主 張 しました グループ 2 位 を 獲 得 しました 講 演 会 1 月 21 日 ( 火 )に オランダ 王 立 言 語 地 理 文 化 研 究 所 上 級 研 究 員 の Willem van der Molen 先 生 ( 言 語 文 化 研 究 科 に 特 別 研 究 員 として 約 1 ヶ 月 滞 在 )をお 迎 え し 講 演 会 を 開 催 しました 講 演 は コサシのコミッ クに 描 かれたラーマとシンタの 物 語 と 題 し 70 年 代 頃 インドネシアで 販 売 され 人 気 があったコサシ 氏 作 の ラ ー マ ー ヤ ナ の コ ミ ッ ク を 分 析 し た 結 果 を 発 表 さ れ ま した 現 在 イ ス ラ ム 教 が 大 多 数 のジャワにおいても インドヒンドゥー 叙 事 詩 ラー マーヤナやマハーバーラタは 文 化 に 根 付 き 影 絵 芝 居 箕 面 市 と 連 携 講 座 インドネシアの 今 2 月 1 日 ( 土 ) 箕 面 キャンパスで 箕 面 市 と 外 国 語 学 部 との 共 催 で インドネシア 語 専 攻 の 学 生 が 市 民 を 対 象 にインドネシア での 体 験 や 学 んでいることを 紹 介 する 催 しが 行 われました 卒 業 論 文 の 内 容 や 現 地 インターンシップの 経 験 を 発 表 しましたが イ ンドネシアについて 学 生 よりもはるかにたくさんの 知 識 や 経 験 をもった 参 加 者 もおり するどい 質 問 やコメントに 学 生 はタジタ ジになっていました 学 生 にとって 大 学 での 勉 強 がどのように 社 会 で 役 に 立 つのか 考 える 良 い 機 会 となり 市 民 の 方 々にもイン ドネシアを 身 近 に 感 じて 頂 くことができました ワヤンをはじめとする 伝 統 芸 能 を 通 して 親 しまれてい ますが コサシ 氏 の 作 品 によって 物 語 の 理 解 を 深 めた という 人 たちも 多 いと 言 われています Molen 先 生 は コサシのラーマーヤナには 混 乱 表 裏 一 体 ( 善 悪 など) クジャウェン(ジャワ 神 秘 主 義 ) などの 主 要 なコンセプトがあり 特 定 の 宗 教 を 越 えた 普 遍 的 な 世 界 観 が 読 み 取 れるという 持 論 を 展 開 されました 同 じくコサシ 作 品 を 研 究 されている 福 岡 先 生 や 学 部 生 や 留 学 生 からも 質 問 やコメントがあり 活 発 な 議 論 が なされました

5 Bintang Pari 第 18 号 (5) 海 外 研 修 1 カップリングインターンシップ プログラム(CIS) ( 原 真 由 子 ) 平 成 25 年 度 から 阪 大 接 合 科 学 研 究 所 ( 接 合 研 )と 言 語 文 化 研 究 科 ( 外 国 語 学 部 )が 主 体 となり 文 部 科 学 省 の 特 別 経 費 プロジェクト 事 業 に 採 択 された 広 域 アジアものづくり 技 術 人 材 高 度 化 拠 点 形 成 事 業 の 実 施 を 開 始 しました その 事 業 の 柱 の 1 つが カ ップリングインターンシッププログラム であり 本 学 の 理 系 文 系 学 生 各 2 名 現 地 大 学 の 理 系 文 系 学 生 各 2 名 の 合 計 8 名 をカップリングさせ アジア 地 域 の 現 地 日 系 企 業 で 研 修 を 行 うことで グローバルな 人 材 育 成 を 目 指 すというものです 平 成 25 年 度 はタイ ベトナム インドネシアで 実 施 しました インドネシアの 場 合 は インドネ シア 大 学 と 共 同 し 研 修 先 としてコマツ インド ネシア( 写 真 下)にご 協 力 頂 きました 時 期 は8 月 18 日 31 日 の2 週 間 最 初 はインドネシア 大 学 で 事 前 研 修 を 行 い 残 りは 文 化 体 験 も 挟 みながら 同 企 業 で 工 場 見 学 や 事 業 説 明 などを 踏 まえ 前 もって 与 えられた 課 題 に 取 り 組 み 最 終 的 に 経 営 陣 に 成 果 報 告 をするという のが 大 まかな 内 容 です 参 加 者 は インドネシア 大 工 学 部 の 男 子 学 生 2 人 日 本 語 専 攻 の 女 子 学 生 2 人 阪 大 工 学 研 究 科 の 男 子 学 生 2 人 インドネシア 語 専 攻 の 女 子 学 生 2 人 という 専 門 分 野 と 言 語 文 化 が 異 なる2つの 意 味 での カップリング であ り これが 一 般 のインターンシップにはない 特 徴 です 2つのチームに 分 かれましたが 案 の 定 ど ちらも 言 葉 は 勿 論 のこと 考 え 方 や 知 識 の 上 でメ ンバー 間 でギャップがあり コミュニケーション に 苦 労 していました しかし 2 週 間 ずっと 行 動 を 共 に し 根 気 強 く 意 思 疎 通 をはかることによって 仲 間 意 識 が 芽 生 え 少 しずつ 困 難 を 克 服 していきました 現 在 も 両 大 学 の 学 生 は 製 造 業 をはじめとするグロー バル 企 業 に 就 職 する 割 合 は 高 く このプログラムを 通 じ 就 職 後 それぞれが 直 面 するであろう 問 題 を 実 感 し 将 来 の 進 路 に 役 立 つ 体 験 ができたと 思 います また 有 り 難 いことに お 忙 しい 合 間 をぬって 同 窓 会 ジャ カルタ 支 部 の 方 々に 夕 食 会 を 開 いて 頂 き 学 生 たちに インドネシアで 働 く 経 験 をお 話 し 下 さったことで 彼 らの 視 野 をさらに 広 げることができました 海 外 研 修 2 ジャカルタ ジョグジャ 海 外 実 習 ( 菅 原 由 美 ) 2013 年 9 月 19 日 ( 木 ) 28 日 ( 土 )にジャカルタ 及 びジョグジャカルタにおいて 海 外 実 習 を 行 いました 19 日 の 夜 にジャカルタのチュマラ ホテルに 集 合 し 20 日 に OB の 内 原 正 司 さん 辻 和 克 さんのご 案 内 により タンゲランの 東 レ 工 場 を 見 学 夜 にはスディルマンで OB の 皆 さんと 懇 親 会 を 行 いました 21 日 は コタの 旧 市 街 を 見 学 22 日 朝 にガンビルからジョグジャカルタ へ 向 けて 列 車 で 出 発 しました ジョグジャカルタでは UGM 内 の 2 軒 のゲストハウス に 別 れて 宿 泊 し 23 日 は 開 会 式 24 日 は UGM の 歴 史 学 科 の 学 生 と 各 国 の 第 二 次 世 界 大 戦 についての 小 中 高 での 教 育 方 法 についてディスカッションをしまし た 夜 には ゲストハウスで UGM の 学 生 とともに サ ユール アサムなどのインドネシア 料 理 を 作 って 食 べ ました 25 日 はディスカッションの 班 ごとに 別 れてジ ョグジャの 街 中 を 散 策 し 26 日 はバスでイモギリ コ タ グデ ボロブドゥール を 見 学 し 最 後 にプランバ ナンでラーマヤナ バレー を 鑑 賞 しました 27 日 は UGM でお 別 れ 会 28 日 にジ ョグジャカルタを 出 発 そ の 日 の 夜 にジャカルタを 出 て 帰 国 しました 今 回 全 行 程 参 加 した 学 生 は 1 年 生 13 人 全 員 と 2 年 生 3 人 ですが 途 中 参 加 や 留 学 中 合 流 してくれた 参 加 者 を 合 わせると 参 加 者 はジャカルタで 25 人 ジョグ ジャで 20 人 となりました 日 程 が 詰 まっていて 途 中 体 調 を 崩 す 学 生 も 出 ましたが なんとか 無 事 に 皆 帰 国 することができました ご 協 力 いただきました OB や 留 学 生 の 方 々 本 当 にありがとうございました

6 (6) 第 18 号 Bintang Pari 変 貌 続 ける 巨 大 な 街 お と め 乙 咩 宏 (1993 卒 ) 1993 年 に 大 学 を 卒 業 し 倉 庫 会 社 へ 入 社 国 際 物 流 の 仕 事 に 就 いて 20 年 間 一 貫 してサラリーマン 生 活 波 乱 万 丈 とは 無 縁 結 婚 し 2 子 を 設 け ここまで 呆 れる ほど 平 凡 な 人 生 を 歩 んできました 果 たして 人 様 に 読 んで 頂 けるようなものになるかどうか 心 配 なのですが どうぞ 宜 しくお 付 き 合 いください さて 小 生 とインドネシアの 関 わりですが 入 社 後 5 年 目 1998 年 から 2004 年 までの 6 年 間 駐 在 員 として ジャカルタに 赴 任 していました そして 今 回 2 度 目 で 9 年 のブランクを 経 て 2013 年 5 月 に 再 度 赴 任 今 に 至 っています 最 初 の 駐 在 を 始 めた 1998 年 は ちょうどスハルト 大 統 領 が 退 陣 した 年 でした その 後 ハビビ ワヒッド メガワティと 大 統 領 がコロコロと 変 わって 行 った 時 代 そして 今 回 の 駐 在 はユドヨノ 大 統 領 の 長 期 政 権 が 終 焉 を 迎 えようとしている 時 期 にあたります 9 年 間 の 時 を 経 て 久 しぶりに 見 たインドネシア こちらでお 会 いする 方 々にも 昔 と 変 わったでしょう どんなところが 変 わったと 思 いますか? と 度 々 聞 か れることがありまして この 問 いについては 常 々 気 に かけて 考 えてみる のですが 変 わった ような 変 わってい ないよう な 確 かにジャカルタの 街 の 様 相 はとても 変 わったの ですが まず 久 しぶりにジャカルタに 来 て 感 じた 変 化 は 新 しいビルやショッピングモールの 数 が 劇 的 に 増 え 大 都 会 ぶりに 拍 車 がかかっていたこと もっと 昔 のジ ャカルタを 知 る 方 に 伺 いますと スディルマン 通 りあ たりはもともと 何 もないところだったと 言 うことです だが 小 生 が 1 回 目 に 駐 在 していた 時 代 にはもう 十 分 な 都 会 になっておりまして その 時 代 から 比 べたとし ても 更 に 開 発 が 進 んだと 目 に 映 りました 9 年 前 にも 高 級 店 舗 が 入 るショッピングモールはも ういくつか 存 在 しておりました ホテルインドネシ ア ロータリーにあったプラザインドネシアのほか ちょうどプラザスナヤンが 最 新 スポットだったような 時 でしたでしょうか 当 時 家 族 でよく 買 い 物 に 訪 れていたのですが 来 て いるお 客 さんは 一 見 お 金 持 ちそうな 人 達 ばかりだった ように 記 憶 しています 派 手 な 色 使 いのぴちぴちパン ツを 無 理 に 履 きこなした 太 めの 中 華 系 のおばちゃん 白 衣 を 着 たベビーシッターを 引 き 連 れて 闊 歩 するお 金 持 ちそうなインドネシアのおばちゃん おばちゃんば っかりではなかった 筈 なのですが どうもそんなイメ ージが 残 っているのです 偏 見 かもしれませんが そして この 度 久 々にジャカルタに 来 ましたら そ んなショッピングモールが 更 に 増 えており 当 時 あっ たものより 格 段 に 規 模 が 大 き いグランドインドネシアやパ シフィックプレイス( 写 真 左 内 部 と 外 観 ) 挙 げたらきりがあり ませんが あちこちに 乱 立 して いました そんなに 似 たような モールばかりがんがん 作 って どうするのかと 思 ったほど

7 Bintang Pari 第 18 号 (7) そして そんなに 乱 立 しているのにもかかわらず 大 体 どこのモールにも 大 勢 のお 客 さんがいて しかも 来 てい るお 客 さんは 以 前 と 変 って 普 通 の 人 達 が 多 くなってい るように 感 じます 人 口 1,000 万 のジャカルタには 様 々 な 暮 らしをしている 人 達 がいますから 普 通 と 言 うのは 少 々 語 弊 がありますね 中 間 所 得 者 層 と 呼 べばよいので しょうか 小 生 がこちらに 来 る 前 からインドネシアの 経 済 発 展 に 関 しては 聞 いていましたので ああなるほど 確 かに 発 展 している と 確 認 したとも 言 えます こういうものを 間 近 に 見 ることが 発 展 を 肌 で 感 じるというのかもしれ ません やはり 新 鮮 な 驚 きがあります 他 に 親 しみやすい 事 例 では 日 本 食 レストランの 数 が 増 えているということでしょうか 丸 亀 製 麺 ( 写 真 上) 富 士 そば 大 戸 屋 CoCo 壱 番 屋 などの 日 本 の 外 食 チェーン のお 店 もどんどん 出 来 ています 駐 在 員 としても ありがたい 話 なのですが これらの 店 の 対 象 顧 客 は 必 ずしも 日 本 人 駐 在 員 ではないようなのです 丸 亀 製 麺 などは 日 本 より 少 し 高 い 単 価 で 売 られ ているのにもかかわらず インドネシア 人 のお 客 さんで 一 杯 です 当 地 の 生 活 物 価 からしたら 少 々お 高 い 筈 なのですが また 街 を 走 る 自 動 車 9 年 前 はボロ 車 もまだけっこ う 走 っていて 懐 かしく 思 う 方 もいらっしゃるかもしれ ませんが サスペンションが 生 きているのかどうか 疑 わ しい 真 四 角 の Kijang 黒 煙 を 巻 き 上 げながら 走 る 古 いバ ス それに 交 じって 時 々 高 級 車 が 走 っている そんな 風 景 だったと 記 憶 しています 今 では 日 本 の 自 動 車 メーカ ーが 頑 張 っているお 蔭 もあってか きれいな 車 ばかりで す Kijang もすっかりかっこよくなりました 車 の 販 売 台 数 も 年 々 増 え 2012 年 に 年 間 100 万 台 を 突 破 し さらに 増 え 続 けているのだとか このように 随 分 と 変 貌 を 遂 げたイ ンドネシア と 申 しますか 変 貌 し たジャカルタです が 車 やバスなど (バイクを 利 用 し たオジェック 少 なくなりましたが 三 輪 自 動 車 のバジャ イ)が 市 民 の 足 の 中 心 なっているのは 相 変 わらずで 渋 滞 が 問 題 になっています 車 の 数 が 激 増 ショッピング モールなどの 施 設 も 増 えて 渋 滞 具 合 は 益 々ひどくなっ ているのではないでしょうか でも 実 は ジャカルタの 渋 滞 問 題 は 今 に 始 まったこと ではなく 私 の 1 回 目 の 駐 在 の 時 に 渋 滞 緩 和 策 として 道 路 にバスレーンという 特 別 な 車 線 を 設 けて 走 らせるバ ス ジャカルタトランスや 目 抜 き 通 りの スリーイン ワン ( 車 に 3 人 以 上 乗 っていないと 通 行 できない 制 度 ) ができたのですから ずっと 言 われ 続 けていることです 勢 いよく 発 展 し 車 の 数 もショッピングセンターも 増 えました 最 低 賃 金 も 毎 年 がんがん 上 がって 中 間 所 得 者 層 も 増 えました でも 根 本 的 な 生 活 スタイルはそのま まで 相 変 わらず 渋 滞 渋 滞 とぼやいている これ 政 府 だけのせいなのでしょうかね 確 かに 渋 滞 には 困 っているようですが もともと 時 間 感 覚 がおおらかなインドネシアの 人 達 が 私 たち 日 本 人 と 同 じレベルでこれをストレスに 感 じているのだろ うかと 考 えますと どうやら そうでもない そのあたりの 感 覚 は 相 変 わらずのように 感 じるのです 街 の 発 展 具 合 に 対 して 交 通 などのインフラ の 整 備 が 追 い 付 いていない 理 由 の 根 本 は こんなところに あるのではないかと 思 ったりもします 長 々とここまで 書 いてきましたが 9 年 の 時 を 経 て 何 が 変 わったと 思 いますか? という 問 いの 答 えです 見 た 目 から 個 人 的 な 印 象 を 述 べてみました また しばらく 駐 在 を 続 けましたら あるいは 違 った 答 えが 見 えてくるかもしれません これから どう 変 わっていくのか それとも 相 変 わら ずなのか とても 楽 しみです ( 最 終 段 落 のカット 写 真 上は SEIBU の 社 屋 前 下は 街 の 夜 景 )

8 (8) 第 18 号 Bintang Pari 寄 稿 Apa & siapa 私 のフォーチュンクッキー 澤 田 宏 次 (1984 卒 ) この 手 記 が 皆 様 の 目 に 触 れる 頃 は 我 らが 学 び 舎 の 山 沿 いにあった 勝 尾 寺 にも 春 遠 からじ といった 時 期 でしょうか? 恐 らくそんな 季 節 感 を 味 わうことも 無 く 私 は 熱 帯 の 国 シンガポールで 好 物 のチキンライス を 食 べているのかも 知 れません この 4 月 で 海 外 生 活 め 多 くの 駐 在 員 の 多 くの 子 女 が 当 時 通 っていたジャカ 18 年 目 を 迎 えますが 振 り 返 って 見 た 自 分 の 人 生 は ルタ 日 本 人 学 校 の 周 りで 暴 徒 の 騒 ぎが 起 きました 帰 何 かがいつも 少 し 違 った ものでした 宅 できずに 学 校 に 泊 まらされることになった 生 徒 の 親 私 は 1984 年 に 卒 業 し 某 都 銀 に 入 社 しました ス 御 さんたちと 眠 れぬ 一 晩 を 過 ごしたのが 緊 張 のピー タートとしては 異 例 の 外 国 為 替 課 配 属 卒 業 後 本 クで 当 時 あまり 意 識 していなかった 異 国 での 生 活 の 格 的 に 海 外 との 関 わりを 持 ち 始 めた 原 点 です その 後 怖 さを 改 めて 知 らされたものでした 本 部 センターを 経 験 後 91 年 には 念 願 の 海 外 勤 務 にな その 後 国 内 の 支 店 に 戻 り 国 際 業 務 部 というお 客 りましたが やった!と 思 いきや 辞 令 は 私 が 恐 れ 多 様 の 海 外 展 開 をサポートする 部 隊 に 所 属 していた 自 分 くも 希 望 していた NY ウオールストリートではなく を 今 度 はインド 拠 点 の 総 支 配 人 が 私 を 一 本 釣 り 合 JKT スデイルマン 通 り しかも 時 は 湾 岸 戦 争 が 勃 発 後 併 があったゆえに 苦 もなく 拠 点 の 1 つとなったニュ 間 もない 時 期 多 国 籍 軍 が 開 始 した 砂 の 嵐 作 戦 から1 ーデリー 支 店 に 勤 務 となったのも 想 定 外 でした 生 活 ヵ 月 も 経 過 していない 中 で 他 の 人 の 出 張 は 回 避 なれ が 厳 しいインドの 拠 点 では 静 かなはずの 本 部 でべら ど 私 の 赴 任 は 決 行 日 本 のナショナルフラッグキャ べら 関 西 系 標 準 語 をあやつる 私 のようなストレス 耐 性 リアーでは 追 撃 の 危 険 性 があるという 理 由 で 成 田 か がこれからは 必 要 という 理 由 だったと あとで 聞 いて ら 私 が 搭 乗 したのは かのガルーダ 航 空 で しかも 通 笑 いました かくして 合 併 前 の 銀 行 の 出 身 としてはじ 常 時 より 高 い 保 険 金 を 会 社 にかけてもらうというなん めてインド 拠 点 の 営 業 として 送 り 込 まれたわけです とも 微 妙 な 船 出 (?)となりました 流 石 にここのキックオフはハードル 高 く 赴 任 後 間 も 勤 務 そのものはともかく 若 かったこともありイン なく 体 調 を 崩 したときに 本 部 の 人 間 が 異 口 同 音 に あ ドネシアの 方 々と 議 論 を 熱 くしすぎた いつが 病 気 になるくらいだから ようでした 一 時 帰 国 など 長 期 不 在 の やっぱりインドは 手 強 い! と 別 タイミングを 狙 って よく アイツを の 意 味 でインドの 評 価 をあげて 早 く 帰 国 させろ といった 直 訴 がスタ しまいました 今 までの 駐 在 と 少 ッフからあり 上 司 から 休 み 明 け 早 々 し 違 ったのは 本 当 にインド 駐 在 呼 び 出 しを 受 け おまえはインドネシ の 方 全 員 の 結 束 が 固 かったこと ア 人 が 好 きか? とよく 問 われて 回 答 年 代 を 超 えての 友 人 が 多 数 出 来 に 窮 した 事 を 思 い 出 します 自 分 では たことでしょうか 我 ら 日 本 から よかれと 思 ってやっていたことが 当 の 駐 在 員 は 一 致 団 結 官 民 一 体 と 時 は 若 かったゆえにボタンの 掛 け 違 い なってインドにラブコールを 送 があったようです りつづけました まさしく 民 間 外 そして 忘 れもしないスハルト 政 権 崩 交 です 壊 に 繋 がる 98 年 自 分 の 息 子 をはじ ソロに 旅 行 した 際 の 家 族 写 真 =1994 年 夏

9 全 権 大 使 と 一 緒 になって 官 民 一 丸 で 投 資 を 整 備 を いかにすすめるかを 念 頭 に 入 れて 行 動 していたのですが 今 年 1 月 に 訪 印 された 現 首 相 の 安 倍 氏 が 第 1 次 政 権 時 の 2007 年 に 初 めて 来 印 されたのがちょうどそんな 頃 当 時 のことが 昨 日 のように 思 い 出 されます 永 田 町 は 全 部 終 わったので あとは 二 重 橋 だけだと 大 使 と 共 に 東 奔 西 走 した 戦 友 との 毎 日 も 懐 かしいものです それからは 大 阪 の 門 真 に 戻 り 銀 行 員 としての 夢 であ った 職 を 海 外 組 として 帰 国 後 直 接 就 かせて 頂 けたこと は 予 想 外 に 有 り 難 い 限 りでありました そして 現 役 最 後 のお 勤 めは 再 びインドネシア さあ 国 内 で 就 いた 職 を Bintang Pari 第 18 号 (9) 話 題 のインドネシア 映 画 Laskar Pelangi の 撮 影 現 場 (ブリトン 島 )に 行 ったときのショット=2012 年 12 月 ジャカルタで?と sombong にも 思 って 大 きく 勘 違 いし ていた 私 が 手 にした 辞 令 は グループとして 買 収 した 華 僑 系 銀 行 の 経 営 立 直 しで 銀 行 代 表 としての 赴 任 でした インドネシアといってもジャカルタから 3 時 間 程 度 車 で 行 ったインドネシア 第 3 の 都 市 バンドンでの 勤 務 そこ での 経 験 は 公 には 書 けない 事 も 含 めて 本 当 に 勉 強 になり らう ある 意 味 重 要 なプロジェクトにも 参 画 しています 彼 等 には 想 定 外 のことを 今 度 は 私 が 求 めている 場 面 が 多 数 あります 彼 等 は 私 にとって 実 の 息 子 と 同 じくら いの 年 齢 で 夢 と 希 望 に 溢 れています インドネシアでは GPP(nggak apa-apa) インドでは Non problem と 日 本 人 である 私 たちがなかなか 容 易 に 口 にしないこの 言 葉 を 笑 顔 で 話 すのを 聞 いて 当 時 は 腹 立 たしさを 覚 えすらしましたが 別 の 見 方 をすればこの 言 葉 を 発 することで 出 来 る 計 り 知 れない 力 もあるので はないかと 感 じるようになりました 最 近 ジャカルタでは 日 本 の AKB48 の 姉 妹 グループ JKT48 が 流 行 っています 彼 女 達 も 最 新 ヒット 曲 で 次 のように 歌 っています ました 日 本 のそれとはレベルの 違 うコンプライアンス に 東 京 との 板 挟 みになりながら 苦 悩 した 毎 日 合 弁 会 社 ゆえに 同 じ 日 本 勢 でも 利 害 関 係 が 違 うグループ 会 社 との 意 見 調 整 に 疲 れきったこと 一 方 で 魑 魅 魍 魎 とした 世 界 で 戦 い タフな 責 務 ではありましたが そこでの 1,300 名 を 超 える 従 業 員 その 家 族 の 皆 さんの 幸 せも 自 分 の 双 肩 にかかっていると 常 に 意 識 し 踏 ん 張 ったのが 昨 年 5 月 までの 3 年 間 でした 前 回 のジャカルタ 駐 在 では 若 さ 故 の 小 さなトラブルもありましたが それも 経 験 で した インドネシアの 方 々とより 深 く 理 解 し 合 い 大 変 心 温 まる 交 友 が 出 来 誠 にありがたいことだったと 今 で も 感 謝 しています ( 写 真 は 初 赴 任 した 合 弁 銀 行 の 元 仲 間 との 懐 かしい 17 年 ぶりの 同 窓 会 =2013 年 2 月 ) そんな 私 もその 後 は 銀 行 を 一 旦 退 職 し 専 任 銀 行 職 員 として 日 本 の 中 小 企 業 の 皆 様 の 事 業 ご 展 開 のお 手 伝 いを させて 頂 くチームに 所 属 して シンガポールにいる 訳 で す でも ここではインドネシアの 若 いバンカーを 日 本 企 業 の 皆 様 にご 満 足 頂 くレベルまでに 共 に 成 長 しても Yang mencinta Fortune Cookie, masa depan tidak akan seburuk itu, hey hey hey hey hey hey mengembangkan senyumankan membawa keberuntungan 箕 面 の 山 であまり 真 面 目 に 勉 強 しなかったにもかかわ らず 結 果 としてその 後 の 人 生 の 半 分 をインドネシアに 関 わり またそのおかげでインドにも 関 わるなど 少 し ずつ 私 の 想 定 していた ものとは 違 った 人 生 で はありまし たが これ から 続 く 未 来 もそんなに 悪 くないようです フォーチュ ンクッキーとは おみくじクッキー のこと 笑 顔 でい ればツキがまわってくると 信 じて もう 暫 く 美 味 しいチ キンライスを 求 めてホーカーを 探 してみたいと 思 います (上はシンガポールでの 再 会 前 職 銀 行 の 社 員 旅 行 一 行 と=2014 年 1 月 )

10 (10) 第 18 号 Bintang Pari 特 別 寄 稿 Apa & siapa HIDUP MANDIRI DI JEPANG Feranisa Prawita Raras (2013 修 士 課 程 終 了 ) Jepang sangat terkenal dengan biaya hidup yang tinggi, termasuk juga upah tenaga kerja yang relatif mahal. Sebagai contoh, jika Anda bekerja paruh waktu sebagai pelayan toko di convenience store, Anda bisa mendapat yen per jam tergantung lokasi toko dan waktu kerja. Saya pernah bekerja paruh waktu selama dua minggu pada saat liburan musim dingin di kantor pos selama dua tahun berturut-turut. Tahun pertama, saya ambil shift waktu bekerja mulai jam 10 malam sampai 6 pagi, dengan imbalan di atas 1000 yen per jam. Tahun berikutnya, saya tidak ingin memaksakan diri. Demi menjaga kondisi tubuh dan jam biologis, saya ambil shift jam 5 sore sampai 10 malam. Tentu saja imbalannya tidak sebesar saat bekerja tengah malam. Begitulah, di Jepang, semua serba mahal termasuk upah tenaga kerja. Dari sisi perusahaan, tentu saja perusahaan ingin menekan biaya operasional dan biaya tenaga kerja seminimal mungkin. Saya bekerja di kantor pos dengan tugas memilah kartu pos tahun baru untuk dikirimkan ke setiap rumah tepat tanggal 1 Januari pagi. Sebenarnya, ada mesin sangat besar dengan kemampuan memilah ribuan kartu pos per menit, mesin itulah yang mengerjakan pemilahan kartu pos. Pekerjaan kami waktu itu hanya memilah kartu pos yang tidak bisa terbaca oleh mesin, yang jumlahnya mungkin tidak sampai 10% dari total keseluruhan kartu pos yang harus dikirim. Dalam keseharian, banyak pekerjaan sederhana yang digantikan oleh mesin secara otomatis, atau dikerjakan oleh orang yang membutuhkan tersebut tanpa pelayan. Vending machine yang sangat banyak tersebar di setiap sudut adalah satu contohnya. Tidak ada warung kaki lima atau pedagang kelontong untuk minuman dan rokok. Demikian juga dengan restoran fast food dan kantin, tidak ada pelayan yang akan membereskan meja setelah Anda makan. Anda harus membersihkan meja sendiri dan mengantarkan piring, gelas dan baki kosong ke tray return. Di Jepang Anda tidak akan pernah menemui petugas loket parkir dan tukang parkir. Anda memarkir mobil tanpa panduan. Untuk mobil terbaru dan canggih, ada kamera untuk memudahkan pengemudi memarkir mobil. Sama halnya dengan petugas pom bensin yang hanya bekerja di jam kerja normal, karena setelahnya Andalah sebagai pembeli yang melayani diri sendiri. Petugas jalan tol pun hanya tersedia di satu gerbang karena hampir semua gerbang menggunakan automatic gate yang disebut ETC. Saat menggunakan transportasi umum seperti bus kota, tidak ada kondektur yang menarik ongkos transportasi. Untuk bus antarkota, Anda membeli tiketnya terlebih dahulu dengan memesan via internet, sementara untuk bus dalam kota, Anda membayar ongkos dengan memasukkan uang ke kotak ongkos yang ditempatkan di sebelah supir bus. Di stasiun kereta, tidak ada petugas loket karcis, begitu juga dengan petugas yang mengecek karcis. Anda membeli karcis melalui mesin, lalu memasukkan karcis ke pintu otomatis di stasiun. Kembali ke rumah setelah lelah seharian beraktivitas di luar, baik bekerja atau belajar di kampus, Anda masih harus dihadapkan dengan setumpuk pekerjaan rumah tangga. Tidak ada pembantu rumah tangga yang akan membersihkan rumah, menyapu, beres-beres, memasak, mencuci dan menyeterika baju. Jika Anda sudah berkeluarga dan memiliki momongan, tidak ada bantuan baby sitter yang membantu Anda menjaga dan merawat anak. Para orangtua yang bekerja biasanya menitipkan anak-anak mereka di daycare dengan biaya yang tidak murah. Kebetulan saya bekerja di perusahaan yang menjual perabot rumah tangga dan furnitur. Beberapa furnitur yang simpel didesain khusus agar bisa dirakit sendiri dengan mudah oleh customer. Sebagai contoh, jika Anda membeli rak TV sederhana dengan harga 3,990 yen, Anda butuh 4,000 yen untuk biaya perakitan. Tentu hampir 100% customer saya memilih merakit sendiri daripada membuang-buang uang dengan percuma. Untuk furnitur besar, ada sistem peminjaman truk mini (semacam mobil pick up di Indonesia) bagi customer yang bisa mengangkut barang belanjaan sendiri. Membeli sofa besar atau tempat tidur dan spring bed tanpa punya mobil pick up bukan halangan untuk membawa pulang sendiri. Sebagai insentif, selain peminjaman truk mini gratis, ada potongan diskon 5% bagi customer mandiri yang membawa barang belanjaan sendiri. Saya kembali belajar: belajar menjadi mandiri sejak tiba di Jepang. Bukan hanya mandiri mengurus diri sendiri, tapi juga mandiri melakukan apa saja sendiri. Saya tidak pernah membayangkan mengerjakan semuanya sendiri saat berada di Indonesia. Pengalaman hidup di Jepang adalah pengalaman hidup mandiri yang sangat berharga seumur hidup. Hanya di Jepang lah saya bisa merasakan bagaimana menjadi pelayan bagi diri sendiri, bahkan bagi orang lain. Tentu saja, di Indonesia saya juga bisa lebih menghargai keberadaan orang-orang yang membantu memudahkan berbagai pekerjaan: pelayan toko, pedangan kelontong, pembantu, baby sitter, tukang parkir, kondektur, penjaga loket, petugas jalan tol, petugas pom bensin. Dengan keberadaan mereka, hidup terasa jauh lebih mudah. Namun, tanpa keberadaan mereka, kemandirian terasah tajam. Ya, saya harus berterima kasih dan bersyukur karena segalanya adalah pembelajaran hidup. Hidup terlalu singkat untuk dilewatkan tanpa mencoba berbagai hal sederhana yang mungkin tidak akan pernah dicoba jika lingkungan terlalu memanjakan diri.

11 Bintang Pari 第 18 号 (11) FACEBOOKで 繋 がる 30 年 ぶりの 繋 がりが 増 殖 しています 2 年 前 に 始 まった 1984 年 卒 業 の 先 輩 方 の 集 まりが FACEBOOK で 1 人 繋 がり 2 人 つながりと 84 年 から 上 に 下 に 繋 が りが 増 えているのです 最 近 は FACEBOOK のグルー プページも 作 っています 現 在 グループメンバーは 32 人 になって( 海 外 関 西 の 方 も 含 む) 海 外 から 一 時 帰 国 の 方 関 西 から 出 張 の 方 が 東 京 に 来 ら れる 時 季 節 の 節 目 など 気 軽 に 集 まってい ます 2013 年 11 月 の 集 まり( 写 真 左)では 70 年 代 卒 業 の 先 輩 方 も 参 加 され 年 代 も 少 しずつが 広 がっていま す 2014 年 2 月 ( 写 真 上)の 新 年 会 も 初 参 加 者 が 2 名 卒 業 以 来 の 再 会 に サテをつまみにビンタンビールと アラックを 飲 みながら 遅 くまで 盛 り 上 がりました 都 合 のつく 方 々が 気 楽 に 集 まっていますので 関 東 在 住 の 方 関 東 に 出 張 一 時 帰 国 される 方 々 私 に FACEBOOK で 友 達 申 請 していただければ グループに 登 録 させていただきます FACEBOOK されてない 方 も 下 記 にメールをいただければ 情 報 発 信 させていただ きます 大 島 庄 次 =86 卒 佐 藤 義 章 (44 卒 )= 東 京 都 狛 江 市 馬 齢 を 徒 らに 重 ねて 95 歳 振 り 返 ると 実 に 長 く 生 きてきたものだ 東 郷 芳 温 (44 卒 )= 東 京 都 千 代 田 区 満 89 歳 外 事 専 門 学 校 2 年 半 で 陸 軍 特 別 操 縦 見 習 士 官 を 志 願 100 時 間 しか 飛 べなかった 特 攻 速 成 教 育 を 受 け 台 湾 で 終 戦 第 17 号 にあるインドネシア 語 の 意 味 も 分 からず 音 読 だけを 楽 しみまし た インドネシアの 将 来 は 急 成 長 我 ら のクラスは 25 名 でした 今 定 員 がた った 10 名 とは 奥 田 忠 志 (50 卒 )= 兵 庫 県 西 宮 市 前 号 の 会 報 でお 知 らせした 胃 がんは 抗 がん 剤 の 点 滴 で 小 さくなりましたが 13 年 7 月 に C 型 肝 炎 による 肝 腫 瘍 2 つ が 見 つかり 手 術 を 受 けました 経 過 は 良 好 です 余 生 を 明 るく 頑 張 ります 大 谷 昭 三 (50 卒 )= 北 海 道 小 樽 市 定 員 問 題 の 進 展 について 北 の 空 か ら 祈 っています 長 谷 泰 行 (50 卒 )= 大 阪 府 箕 面 市 カラチ(パキスタン)に 1 年 バンコック に 3 年 とインドネシアとは 関 係 なく 専 ら 英 語 で 切 り 抜 けた 原 勝 利 (50 卒 )= 千 葉 県 佐 倉 市 妻 の 介 護 の 毎 日 ですが 元 気 です 服 部 英 樹 (56 卒 )= 三 重 県 四 日 市 市 13 年 11 月 にオーストラリアのシドニー 南 西 130 キロの 田 舎 町 の 日 曜 ミサで イ ン ド ネ シ ア 出 身 の 信 者 の 皆 さ ま に Anugerah Cinta Bali を 歌 唱 指 導 する 機 会 がありました 中 村 英 男 (58 卒 )= 大 阪 府 吹 田 市 いつもお 世 話 様 皆 様 方 のご 健 康 を 祈 念 しております 山 口 寛 (58 卒 )= 大 阪 府 枚 方 市 アチェ 募 金 活 動 が 契 機 となって 2005 年 に 創 刊 されたこの 会 報 が 早 いもの で 今 回 が 18 号 に 毎 号 素 晴 らしい 誌 面 づくりに 腐 心 いただいている 編 集 長 はじめ 関 係 者 の 皆 さんに 厚 くお 礼 を 申 し 上 げます 前 田 正 一 (59 卒 )= 神 奈 川 県 鎌 倉 市 相 変 わらず 環 境 関 係 の 仕 事 と 横 浜 で のボランティア 活 動 をしています 西 田 達 雄 (60 卒 )= 東 京 都 調 布 市 インドネシア 語 専 攻 定 員 増 に 向 けて 大 学 側 英 断 を 心 から 願 っています 同 時 にインドネシア 語 専 攻 生 や 若 き 後 輩 にはインドネシアを 結 ぶ 大 きな 夢 に 向 けて 大 きく 前 進 あれ!! 小 原 一 浩 (63 卒 )= 大 阪 狭 山 市 14 年 ぶりに 米 国 に 行 きました 今 回 は 市 の 姉 妹 都 市 提 携 40 周 年 記 念 式 に 参 列 帰 途 ハワイに 写 真 はワイキキ のサンセットです 人 生 健 康 で 生 き ているだけでめっけもん 渡 辺 重 視 (64 卒 )= 大 阪 府 豊 能 郡 当 方 は リハビリを 継 続 中 です 沖 政 夫 (66 卒 )= 兵 庫 県 神 戸 市 会 報 を 読 んで 皆 さんの 活 躍 を 知 り 元 気 をもらっております 加 納 建 子 (70 卒 )= 富 士 山 麓 にて 13 年 9 月 東 京 から 転 居 仕 事 を リタイアした 主 人 のかねてからの 希 望 でもあった 田 舎 に 引 っ 込 み 隠 棲 生 活 をしております 翌 月 19 日 富 士 山 の 初 冠 雪 をベランダから 見 て ipadmini で 撮 りました 廣 澤 義 幸 (76 卒 )= 大 阪 市 前 号 の 坂 口 氏 の 言 う インドネシア 社 会 の ひずみ に 注 目 しました 平 岡 毅 (94 卒 )= 滋 賀 県 大 津 市 陸 上 マスターズで 短 距 離 を 続 けてい ます 今 年 も 110mH で 近 畿 大 会 の 大 会 記 録 更 新 を 狙 っています 里 真 吾 (02 卒 )= 大 阪 市 現 在 スマトラ 島 で 日 本 語 教 室 を 開 い ています おくやみ 申 し 上 げます 佐 伯 勝 (47 卒 )= 東 大 阪 市 13 年 1 月 19 日 逝 去

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ 1 7 号 2014.10 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 会 報 誌 1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 2. 学 会 参 加 報 告 第 49 回 日 本 理 学 療 法 学 術 大 会 in 横 浜 の 学 会 発 表

More information

コムム 北 宮 頃 計 短 針 広 ナ 洒 落 宮 込 倉 賀 六 県 制 覇 西 傾 眺 八 八 突 季 節 隠 茅 辻 堂 夜 ゴ 迎 遠 ぁ + 辻 堂 8 公 共 首 圏 網 広 張 巡 ダ イ ヤ 数 過 疎 頭 階 長 頭 抱 戦 文 読 確 認 各 停 刻 メ モ 並 べ 停 距 離

コムム 北 宮 頃 計 短 針 広 ナ 洒 落 宮 込 倉 賀 六 県 制 覇 西 傾 眺 八 八 突 季 節 隠 茅 辻 堂 夜 ゴ 迎 遠 ぁ + 辻 堂 8 公 共 首 圏 網 広 張 巡 ダ イ ヤ 数 過 疎 頭 階 長 頭 抱 戦 文 読 確 認 各 停 刻 メ モ 並 べ 停 距 離 保 養 施 設 菅 平 波 測 夏 宇 宙 信 講 義 波 測 学 定 認 湘 鎌 倉 光 ょ 良 直 距 離 ほ 遠 挟 直 実 際 ア プ ロ 達 首 圏 網 縦 尽 張 巡 実 際 汎 性 早 頃 走 鶴 鶴 忘 全 崩 壊 勤 忙 ビ ジ ネ マ 鶴 情 武 継 ぎ 勤 圧 力 屈 首 郊 窓 府 武 蔵 浦 和 北 頃 勤 帯 終 迎 盤 戦 差 掛 息 次 常 磐 友 打 違 友 水 園

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 フ ォ ガ プ 期 会 開 み ョ コ 箱 秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 多 ビ ネ ソ ふ ざ ハ グ ぶ 多 簡 単 ふ 書 籍 時 代 多 哲

More information

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年 自 衛 官 募 集 の 変 遷 と 世 相 の 変 化 について( 昭 和 26 年 ~ 昭 和 49 年 ) 長 門 市 の 古 い 広 報 誌 がホームページで 紹 介 されています その 中 に 自 衛 官 募 集 の 案 内 があるのを 見 つけました また 旧 軍 に 関 係 する 事 柄 も 掲 載 されていたので これらを 紹 介 します はじめに 長 門 市 について 平 成 17

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

海外技術協力を経験して思うこと

海外技術協力を経験して思うこと 海 外 技 術 協 力 を 経 験 して 思 うこと あなたは どんな 技 術 を 用 いて 社 会 に 貢 献 できますか? 1.はじめに 福 岡 支 部 福 岡 県 土 整 備 事 務 所 田 尻 英 樹 私 は 1995 年 ( 平 成 7 年 )レバノン 共 和 国 への 技 術 協 力 をはじめとして 今 まで4 回 海 外 への 技 術 協 力 に 参 加 しました インフラ 整 備 に

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464>

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464> 主 澁 信 郎 藤 惠 想 像 質 恋 駆 引 答 垢 抜 色 分 世 実 近 仲 軽 横 囲 新 道 ぼ 横 丁 細 石 畳 路 歩 野 暮 限 対 極 憧 世 邪 魔 居 ド キ ド キ 正 攻 法 道 ロ 主 渋 信 郎 氏 伺 感 発 祥 げ 創 暮 丁 肴 丁 ア 層 マ 近 残 願 茶 茶 済 女 発 祥 周 先 親 父 法 学 朝 鮮 台 湾 持 坊 留 学 植 民 勢 エ 学 正 関

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く 調 べて GO! 志 筑 た ん け ん 隊 志 筑 小 4 年 秋 山 遥 浅 野 琴 美 安 達 未 来 石 井 敬 太 市 ノ 澤 翔 一 梅 沢 幸 斗 大 山 陽 人 釜 津 田 優 花 久 保 田 健 太 小 松 崎 永 遠 杉 本 梨 奈 鈴 木 花 佳 冨 田 明 日 香 友 常 瑞 稀 長 澤 龍 人 中 島 綾 香 中 島 唯 沼 田 博 樹 長 谷 川 晴 香 長 谷 川 莉

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

会議開催のお知らせ

会議開催のお知らせ 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 録 1 会 議 の 名 称 平 成 27 年 度 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 2 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 15 日 午 後 3 時 0 0 分 ~ 午 後 4 時 45 分 3 開 催 場 所 第 2 委 員 会 室 4 審 議 等 事 項 5 出 席 者 名 6 公 開 又 は 非 公 開 の 別 ( 1

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090568A838CA79286897A926E906B8DD08A518FF38BB595FA91978C8083568369838A83498A818BE0874020323031303231322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090568A838CA79286897A926E906B8DD08A518FF38BB595FA91978C8083568369838A83498A818BE0874020323031303231322E646F63> 越 放 送 劇 編 1 二 〇 〇 九 年 〇 月 八 曜 午 七 源 越 規 模 グ ニ ュ 八 度 強 最 セ 温 約 度 課 直 内 可 秋 休 午 八 ご 岡 市 直 下 型 度 強 宅 奥 居 娘 ベ 担 達 協 力 乗 切 第 1 登 物 メ 立 父 娘 妻 炊 ツ 足 不 由 寝 主 最 高 責 任 A 第 B C 暮 老 斎 藤 解 説 毎 共 独 立 政 法 科 技 術 研 究 主

More information

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用)

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用) 桐 生 市 消 防 本 部 先 輩 インタビュー 星 野 消 防 士 ( 平 成 27 年 度 採 用 ) 高 島 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 樽 川 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 清 水 消 防 士 ( 平 成 25 年 度 採 用 ) 石 原 副 士 長 ( 平 成 22 年 度 採 用 ) 消 防 士 としてやりがいを 感 じることは 現 場 で 活

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

Kehidupan Bersekolah di Jepang - Pedoman 京 都 府 には 仕 事 や 結 婚 留 学 で 来 日 した 方 など 多 様 な 国 地 域 につながる 人 々が 暮 らしています 近 年 永 住 者 の 数 が 毎 年 増 加 しており 外 国 人 住 民 は 定 住 化 の 傾 向 にあります それは 外 国 人 住 民 が 一 時 的 なゲストではなく

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 大 阪 市 西 区 住 大 阪 含 都 心 部 単 身 世 帯 急 増 向 住 宅 件 男 女 選

家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 大 阪 市 西 区 住 大 阪 含 都 心 部 単 身 世 帯 急 増 向 住 宅 件 男 女 選 www.a-crafts.co.jp 家 庭 訪 問 住 大 阪 R 不 動 産 業 務 日 誌 / 物 件 連 載 住 輪 街! O S A K A W O W!! 1 6 家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 家 @ 大 阪 市 西 区 住

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

寄生獣 ID:47455

寄生獣 ID:47455 寄 獣 daisy 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 え 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 榊 原 寄 記 憶 受 継 彼 同 種 守 為 知 ず 戦 時 彼 泉 会 目 次 1. 記 憶 1 2. 協 力 5 3.

More information

第 38 回 定 期 総 会 報 告 20131 年 6 月 15 日 ( 土 )9:00~11:00 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 3 階 N320 教 室 事 務 局 担 当 ( 石 狩 翔 陽 高 校 ) 早 津 茂 行 今 回 は 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 を 会 場

第 38 回 定 期 総 会 報 告 20131 年 6 月 15 日 ( 土 )9:00~11:00 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 3 階 N320 教 室 事 務 局 担 当 ( 石 狩 翔 陽 高 校 ) 早 津 茂 行 今 回 は 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 を 会 場 新 任 のご 挨 拶 第 17 号 2013.7.25 北 海 道 生 物 教 育 会 編 集 部 061-3248 北 海 道 石 狩 市 花 川 東 128 番 地 31 北 海 道 石 狩 翔 陽 高 等 学 校 内 Tel 0133-74-5771 Fax 0133-74-8741 北 海 道 生 物 教 育 会 会 長 高 桑 純 ( 北 海 道 室 蘭 栄 高 等 学 校 長 ) このたび6

More information

13.pub

13.pub -- 008 9 0 NO.3 発 : 身 障 害 定 期 刊 協 細 川 久 市 西 区 八 軒 八 条 東 5 丁 目 4-8 TEL0736-74 編 : 特 定 非 営 利 活 法 060-003 市 央 区 条 東 6 丁 目 0 番 TEL0-099 FX0-090 Email:darc@taupe.plala.or.jp HP: http://h-darc.com P ィ P3 福 祉

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information

ぜ ば? 根 口 万 4 万 程 度 差 成 以 上 悩 現 実 書 感 会 社 勤 家 事 つ つ 常 活 送 向 ず つ 質 問 答 浮 べ 問 感? ほ 分 ひ ね 家 族 近 頼 叩 ず 市 販 シ ッ プ 貼 4 感 対 応 急 処 置 試 完 幸 運 恵 ほ ゃ ょ へ ル ニ ア 坐 骨 神 経 急 性 症 4 ぎ 5 脊 ち ゅ ょ 柱 管 狭 窄 症 6 便 秘 7 子 宮 筋 腫

More information

1

1 1 2 3 4 2 0 0 6 O c t o b e r 18101 1 2 3 4 4 5 5 6 7 1 1 0 0 0 年 の 時 を 超 え て 藤 原 道 長 か ら の メ ッ セ ー ジ 66 代 天 皇 一 条 (32) 67 代 天 皇 三 条 (42)= 研 子 (34) 風 疹 ( 脳 卒 中 ) 68 代 天 皇 一 条 (29) 69 代 天 皇 禎 子 朱 雀 (37)

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

艦これ世界にやってきた ID:90520

艦これ世界にやってきた ID:90520 零 注 意 項 P D F フ ァ ハ 掲 品 自 動 的 P D F 化 小 説 ハ 運 営 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 改 変 再 配 布 販 売 禁 怪 エ 手 引 般 話 不 定 期 更 新 ネ タ 浮 投 稿 次 第 話 第 話 8 第 話 ω ` ) へ テ キ ビ ス 飲 落 着 欲 済 仏 顔 謝 許 私 怪 エ 君 葉 表 み 感 殺 伐 気 持 忘 欲

More information

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 恵 元 昭 足 至 主 勿 論 聴 障 害 共 週 例 聴 障 害 ぐ 毛 呂 老 ホ 建 営 建 資

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空 第 116 号 平 26 4 20 発 発 保 広 報 委 939-0633 富 県 下 郡 町 浦 2208 TEL076578 1131 http://www.mutsumien.com/ 浦 区 桜 並 木 散 歩 写 真 富 県 央 植 物 外 写 真 右 桜 げ 春 訪 2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

ほ ほ 離 待 ムダ

ほ ほ 離 待 ムダ 知 知 引 寄 ツ ほ ほ 離 待 ムダ 法 紹 介 5 週 費 ニ 消 安 パ 麺 パ 週 月 米 手 米 活 少 月 小 麦 粉 水 練 茹 ゆ 味 付 塩 意 外 ニ ニ 覚 小 麦 粉 毎 仕 5 歳 笑 貧 乏 笑 週 費 水 道 代 ガ 代 払 ょ ゅ 止 7 6 結 果 目 的 目 的 能 力 試 ャ バ ボ ぽ ょ 照 真 面 目 ぶ 儲 儲 版 儲 力 版 面 白 書 軽 暖 房

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

毎 刊 号 号 表 樽 富 髙 伊 坂 井 太 撰 髙 取 廣 坂 濵 ぞ ろ 千 塩 白 石 稲 澤 富 監 表 級 詞 遂 表 級 詞 遂 遠 治 梁 敏 改 勇 操 縦 故 森 柴 祐 級 詞 遂 濵 仁 文 洋 雄 林 慧 改 林 優 表 転 熊 仁 普 三 警 央 都 城 古 九 州 給

毎 刊 号 号 表 樽 富 髙 伊 坂 井 太 撰 髙 取 廣 坂 濵 ぞ ろ 千 塩 白 石 稲 澤 富 監 表 級 詞 遂 表 級 詞 遂 遠 治 梁 敏 改 勇 操 縦 故 森 柴 祐 級 詞 遂 濵 仁 文 洋 雄 林 慧 改 林 優 表 転 熊 仁 普 三 警 央 都 城 古 九 州 給 OB 絡 8-8 番 号 -8-88 賛 -8- 増 手 デ 道 産 四 産 駅 弁 弁 即 売 宇 都 ぎ ょ 店 舗 ゃ ぽ ガ 横 舞 鶴 肉 ゃ 肉 ゃ 仲 競 横 横 ュ 写 真 掲 速 む 私 趣 毎 週 金 曜 昼 宅 ケ 販 売 ナ 折 買 求 製 販 売 商 品 輸 送 為 値 段 道 飛 騨 牛 製 雰 囲 材 to to 号 号 察 材 青 兒 玉 枇 杷 ぞ 運 営 得 監

More information

大 分 県 の 公 務 員 薬 剤 師 の 業 務 紹 介 2 生 活 環 境 部 環 境 保 全 課 山 瀬 敬 治 薬 剤 師 の 職 能 を 出 身 県 の 大 分 でフル 活 用 して 働 きたい!! そのような 気 持 ちで 学 生 時 代 から 大 分 県 職 員 を 志 望 しました

大 分 県 の 公 務 員 薬 剤 師 の 業 務 紹 介 2 生 活 環 境 部 環 境 保 全 課 山 瀬 敬 治 薬 剤 師 の 職 能 を 出 身 県 の 大 分 でフル 活 用 して 働 きたい!! そのような 気 持 ちで 学 生 時 代 から 大 分 県 職 員 を 志 望 しました 大 分 県 の 公 務 員 薬 剤 師 の 業 務 紹 介 ➀ 生 活 環 境 部 食 品 安 全 衛 生 課 白 石 伸 一 私 は 県 に 入 る 前 は 薬 局 で 働 いていました 大 分 県 が 薬 剤 師 を 募 集 していることを 知 人 から 紹 介 され 行 政 薬 剤 師 という 道 もあることを 知 ったのがきっかけでした 大 分 県 の 食 の 安 全 と 安 心 を 守 っています

More information

Diet00a.indd

Diet00a.indd じ 今 本 手 過 去 何 度 ろ ろ 挑 戦 経 験 ょ 今 経 験 ふ 感 じ タ 時 チ ベ シ ョ 続 思 結 果 出 途 中 挫 折 次 第 ラ ラ 自 ヤ 原 因 過 去 途 中 2 ぜ! 意 気 込 選 択 時 点 失 敗 ぜ 今 挑 戦 努 力 足 努 力 向 違 思 出 ブ ム ざ 種 類 単 品 品 タ プ 朝 バ ナ ナ ャ ベ ツ 運 動 呼 吸 骨 盤 矯 グ ブ 手 軽

More information

< F31332D ED8A5195F18D908F C8362>

< F31332D ED8A5195F18D908F C8362> T-11 番 要 約 1 被 害 者 伊 藤 維 平 成 8 年 1 月 11 日 生 2 接 種 前 健 康 中 学 校 通 学 バイオリン 剣 道 3 接 種 サーバリックス(2010 年 7 月 31 日 9 月 4 日 2011 年 4 月 16 日 ) 4 経 過 概 要 2010 年 7 月 31 日 9 月 4 日 サーバリックス 接 種 2011 年 4 月 16 日 サーバリックス3

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

r0036.PAG (更新)

r0036.PAG (更新) 号 円 職 委会 URL http:// www.rise-rou-hei.info/wp/ - 京都港区新橋2 8 16 mail:rou_hei_rise@yahoo.co.jp -- 石田ビ4 会費 円 会期購読料 円 服 含雪洗流従 散 G 芝 社 相 昨 整 備 骨 膜 白 妊 娠 幼 児 遺 伝 診 闇 閉 勝 倍 権 統 処 投 万 群 港 ォ 州 デ ゴ 隻 車 両 百 台 投 震

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837A815B838082D8815B8357814591B28BC690B682A982E782CC83818362835A815B83572E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837A815B838082D8815B8357814591B28BC690B682A982E782CC83818362835A815B83572E646F6378> 平 成 27 年 度 新 入 職 員 募 集 受 付 中 卒 業 生 からのメッセージ 専 修 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 卒 業 勤 続 32 年 支 店 長 : 大 学 を 卒 業 と 同 時 に 都 内 の 信 用 金 庫 へ 就 職 し 1 年 半 お 世 話 になりました 当 時 も 就 職 難 で やっとの 思 いで 就 職 した 信 用 金 庫 でありましたが 親 が 高

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 2 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 渡 仏 90 周 年 記 念 蕗 谷 虹 児 の 描 く ド ラ マ チ ッ ク 絵 本 原 画 展 婚 活 イ ベ ン ト 和 ス イ ー ツ を 囲 ん で 楽 し い ひ と 時 を 新 庁 舎 駅 前

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

古座川議会.indd

古座川議会.indd 号 平 平 質 疑 応 平 ペジ ペジ 般 質 ペジ 誌 ペジ 評 試 経 終 処 遇 反 映 係 般 試 評 再 コ 縮 図 舗 装 単 契 約 舗 装 舗 装 亀 裂 模 修 繕 守 社 デ 更 調 査 登 録 同 護 各 力 デ 都 修 社 ヘ パ 不 足 ヘ パ 名 U I 相 談 窓 近 隣 べ 起 音 相 談 窓 ふ 相 談 政 針 質 疑 平 初 鳥 獣 食 肉 処 加 催 執 部 初

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796 -5833 FAX.03-5796 -5848 http://jtb 2013 年 第 109 号 (2013.12. 4) 年 末 年 始 (2013 年 12 月 23 日 ~2014 年 1 月 3 日 )の 旅 行 動 向 国 内 旅 行 海 外 旅 行 共 に 過 去 最 高 国

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

Microsoft Word - 06_仙台塩釜港.docx

Microsoft Word - 06_仙台塩釜港.docx 被 害 状 況 写 真 塩 釜 港 湾 空 港 事 務 所 周 辺 の 被 災 と 復 旧 塩 釜 港 湾 空 港 整 備 事 務 所 は 3 月 11 日 の 被 災 時 は 1.5m 以 上 泥 水 で 冠 水 し 事 務 所 の 近 くにいた 一 般 市 民 もこの 建 物 に 避 難 し 一 夜 を 過 ごしました 海 水 が 引 いた 後 も 汚 泥 が 堆 積 しています 現 在 は 事

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

untitled

untitled H. 報 例 期 専 処 承 認 及 び 条 例 等 程 べ 原 可 主 次 専 処 承 認 専 処 治 基 づ 本 来 必 要 項 緊 急 招 集 限 充 段 治 規 次 専 処 報 告 承 認 可 税 条 例 康 険 税 条 例 税 等 伴 後 期 高 齢 医 療 付 税 付 税 池 公 園 管 営 増 減 ゴ フ 材 料 費 払 項 ポ ツ 公 園 管 営 増 減 器 替 払 項 異 道 池

More information

4 すみれが 丘 夏 休 みラジオ 体 操 の 会 すみれが 丘 だより 平 成 26 年 夏 号 (No.9) 発 行 :すみれが 丘 町 内 会 取 材 編 集 : 広 報 部 会 /ホームページ 広 報 誌 編 集 委 員 会 ~ 夏 号 の 内 容 ~ 1. 平 成 26 年 度 総 会 が 開 催 されました 2. 平 成 26 年 度 の 行 事 予 定 3. 専 門 部 会 長 から 4.

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向 市 民 懇 談 会 市 民 との 懇 談 概 要 開 催 場 所 久 喜 総 合 文 化 会 館 平 成 23 年 7 月 3 日 ( 日 ) 開 催 日 時 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 12 分 まで 参 加 者 数 42 人 発 言 者 数 9 人 質 問 書 受 理 件 数 7 件 出 席 者 田 中 市 長 牧 副 市 長 吉 田 教 育 長 早 野 総 務 部 長 井

More information

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信 災 害 時 透 析 業 務 支 援 ボランティア 活 動 マニュアル ver.1.10 2014 年 6 月 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 災 害 対 策 委 員 会 < 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

Microsoft Word - 鷹山.doc

Microsoft Word - 鷹山.doc 平 成 24 年 度 まちづくりミーティングの 質 問 と 回 答 の 要 旨 鷹 山 地 区 :7 月 2 日 ( 月 ) 午 後 7 時 30 分 ~9 時 参 加 者 数 62 人 < 質 問 > Q 文 書 配 布 の 量 をなるべく 減 らそうという 傾 向 があるが 町 報 だけでは 紙 面 が 少 なすぎるのではない か 学 校 だより 等 が 配 布 になるため 情 報 が 得 られる

More information

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ボ ヴ ォ ワ ( 思 想 家 ) 人 2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ハ 肌 ツ ヤ ツ ヤ 3 じ 髪 瞳 特 有 美 手 入 ケ

More information

そこに在るから

そこに在るから 在 澤 日 菜 子 登 場 物 男 性 3 0 代 半 男 性 2 0 代 半 男 性 4 0 代 初 2 暗 転 虫 木 々 ざ 聞 九 月 旬 東 京 近 郊 腹 午 後 四 過 ぎ 明 転 ふ 姿 男 二 太 木 枝 杖 代 抱 煙 草 持 無 ふ 煙 草 箱 湿 持 来 掴 同 役 立 掴 悪 火 掴 吐 息 悪 風 虫 空 風 3 強 少 何 四 四 半 3 歩 腹 減 足 痛 煙 草 吸

More information

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在 市 民 活 動 のはじめ 方 ~ 地 域 のためになにから 始 める? ~ 開 催 日 時 1 平 成 24 年 9 月 2 日 ( 日 ) 10:00~ 12:00 2 平 成 24 年 9 月 16 日 ( 日 ) 13:30~16:30 3 平 成 24 年 10 月 14 日 ( 日 ) 10:00~11:30 開 催 場 所 1 3 東 村 山 市 役 所 北 庁 舎 第 2 会 議 室

More information

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照 丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 物 各 5 ズ 7 短 投 票 発 表 8 ダ 9 丸 彦 渡 辺 建 設 職 市 豊 平 区 豊 平 条 丁 5 8 T E L F A X8 URL:http://homepage.nifty. com/mwcsu 編 集 発 教 宣 度 全 9 サ 色 美 酒 酔 酒 酔 相 非 常 交 流 深 模 管 理 職 連 結 若 模 9 数 去 減 km / h

More information

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会 平 成 23 年 度 第 4 回 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 保 健 医 療 連 絡 協 議 専 門 分 科 会 ( 議 事 録 ) 日 時 : 平 成 23 年 10 月 17 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~2 時 32 分 場 所 : 神 戸 市 役 所 1 号 館 14 階 大 会 議 室 議 題 : 病 院 開 設 許 可 事 務 に 係 る 意 見 について 神

More information

Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり-ⅰあなたの 健 康 づくり- 0% 20% 40% 60% 80% 100% 非 常 に 健 康 である まあまあ 健 康 である あまり 健 康 ではない 健 康 ではない 全 体 (N=1372) 性 男 性 (N=6

Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり-ⅰあなたの 健 康 づくり- 0% 20% 40% 60% 80% 100% 非 常 に 健 康 である まあまあ 健 康 である あまり 健 康 ではない 健 康 ではない 全 体 (N=1372) 性 男 性 (N=6 Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり -ⅰあなたの 健 康 づくり- 自 分 の 健 康 状 態 に 関 する 認 識 問 1 あなたは 現 在 のご 自 分 の 健 康 状 態 をどのように 感 じていますか 次 の 中 か ら あてはまるものに1つ をつけてください 全 体 (N=1372) 健 康 ではない 3.4% 0.5% 非 常 に 健 康 である 15.3% あまり 健 康 ではない 12.9%

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information