総務関係  4名

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "総務関係  4名"

Transcription

1 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 の 概 要 Ⅰ 社 会 福 祉 協 議 会 とは Ⅱ 設 置 目 的 役 職 員 構 成 重 点 目 標 等 Ⅲ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 要 事 業 Ⅳ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 予 算 概 要 Ⅴ 社 会 福 祉 協 議 会 の 組 織 体 制

2 Ⅰ 社 会 福 祉 協 議 会 とは 社 会 福 祉 協 議 会 は 略 して 社 協 (しゃきょう) といいます 全 国 都 道 府 県 市 町 村 に 設 置 されている 民 間 の 福 祉 団 体 です 誰 もが 安 心 して 暮 らすことのできる 福 祉 のまちにするために 地 域 にはどんな 課 題 があるのか その 課 題 を 解 決 するには どうしたらよいのか そんなことを 考 えながら 活 動 します 住 民 にとってもっとも 身 近 な 地 域 で 活 動 する 団 体 といえます 1 社 協 の 法 的 位 置 づけ 社 協 は 民 間 団 体 ですが 社 会 福 祉 法 に 位 置 づけられています ( 地 域 福 祉 の 推 進 ) 第 4 条 地 域 住 民 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 を 経 営 する 者 及 び 社 会 福 祉 に 関 する 活 動 を 行 う 者 は 相 互 に 協 力 し 福 祉 サービスを 必 要 とする 地 域 住 民 が 社 会 福 祉 を 構 成 する 一 員 として 日 常 生 活 を 営 み 社 会 経 済 文 化 その 他 あらゆる 分 野 の 活 動 に 参 加 する 機 会 が 与 えられるように 地 域 福 祉 の 推 進 に 努 めなければならない ( 市 町 村 社 会 福 祉 協 議 会 ) 第 109 条 市 町 村 社 会 福 祉 協 議 会 は ( 中 略 ) 次 に 掲 げる 事 業 を 行 うことにより 地 域 福 祉 の 推 進 を 図 ることを 目 的 とする 団 体 であって ( 以 下 省 略 ) 1 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 の 企 画 及 び 実 施 2 社 会 福 祉 に 関 する 活 動 への 住 民 の 参 加 のための 援 助 3 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 に 関 する 調 査 普 及 宣 伝 連 絡 調 整 及 び 助 成 4 前 3 号 に 掲 げる 事 業 のほか 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 の 健 全 な 発 達 を 図 るために 必 要 な 事 業 2 社 協 のめざすもの 全 国 社 会 福 祉 協 議 会 が 掲 げる 市 区 町 村 社 協 経 営 指 針 では 住 民 主 体 の 理 念 に 基 づ き 地 域 の 福 祉 課 題 の 解 決 に 取 り 組 み 誰 もが 安 心 して 暮 らすことのできる 地 域 福 祉 の 実 現 を 目 指 すとしています 社 会 福 祉 法 では 地 域 福 祉 の 推 進 をはかる ことを 目 的 としています 福 祉 とは 幸 福 とか 満 足 すべき 生 活 環 境 などの 意 味 があります 地 域 における 幸 福 あるいは 満 足 すべき 生 活 環 境 を 目 指 す 社 会 的 しくみといえます 地 域 福 祉 とは 地 域 福 祉 の 目 的 は 人 々が 手 を 携 えて 生 活 の 拠 点 である 地 域 に 根 ざして 助 け 合 い 生 活 する 者 として 誰 もが 自 分 らしく 誇 りを 持 って 住 み 慣 れた 地 域 で 安 心 して 充 実 した 生 活 を 送 ることができるようになることです 地 域 福 祉 の 実 現 には 公 的 サービスの 充 実 とともに ボランティア 活 動 やまち づくりに 取 り 組 む 市 民 の 方 々の 協 力 が 必 要 です ともに 生 き ともに 支 えあう 社 会 づくりを 目 指 します 3 地 域 福 祉 推 進 に 向 けた 社 協 の 役 割 ⑴ 住 民 参 加 の 機 会 の 創 出 ⑵ 日 常 生 活 における 生 活 問 題 の 発 見 と 住 民 間 の 合 意 形 成 ⑶ 生 活 問 題 の 解 決 に 向 けた 住 民 間 と 関 係 機 関 とのネットワークの 創 造 ⑷ 地 方 自 治 体 や 国 に 対 する 様 々な 施 策 や 制 度 改 革 の 提 言 1

3 Ⅱ 設 置 目 的 役 職 員 構 成 重 点 目 標 等 1 設 置 目 的 小 田 原 市 における 社 会 福 祉 事 業 その 他 の 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 の 健 全 な 発 達 及 び 社 会 福 祉 に 関 する 活 動 の 活 性 化 により 地 域 福 祉 の 推 進 を 図 ることを 目 的 とする 2 事 業 ⑴ 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 に 関 する 企 画 及 び 実 施 ⑵ 社 会 福 祉 に 関 する 活 動 への 住 民 の 参 加 のための 援 助 ⑶ 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 に 関 する 調 査 普 及 宣 伝 連 絡 調 整 及 び 助 成 ⑷ ⑴から⑶のほか 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 の 健 全 な 発 達 を 図 るために 必 要 な 事 業 ⑸ 保 健 医 療 教 育 その 他 の 社 会 福 祉 と 関 連 する 事 業 との 連 絡 ⑹ 共 同 募 金 事 業 への 協 力 ⑺ 各 種 法 外 援 護 事 業 ⑻ ボランティア 活 動 の 振 興 ⑼ 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 事 業 ⑽ 居 宅 介 護 等 事 業 の 経 営 ⑾ 居 宅 介 護 支 援 事 業 の 経 営 ⑿ 障 害 福 祉 サービス 事 業 の 経 営 ⒀ 移 動 支 援 事 業 の 経 営 ⒁ 福 祉 サービス 利 用 援 助 事 業 ⒂ 成 年 後 見 制 度 に 関 する 事 業 ⒃ 生 活 福 祉 資 金 貸 付 事 業 ⒄ 心 配 ごと 相 談 事 業 ⒅ 小 田 原 市 ファミリー サポート センターの 運 営 ⒆ その 他 法 人 の 目 的 達 成 のため 必 要 な 事 業 3 設 立 年 月 日 昭 和 27 年 12 月 24 日 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 昭 和 51 年 5 月 20 日 社 会 福 祉 法 人 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 設 立 認 可 昭 和 51 年 7 月 1 日 社 会 福 祉 法 人 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 設 立 ( 県 下 11 番 目 ) 4 役 員 構 成 (H27 年 度 ) 会 長 1 名 [ 学 識 経 験 ] 副 会 長 3 名 [ 自 治 会 民 生 委 員 地 区 社 協 ] 常 務 理 事 1 名 [ 事 務 局 長 事 務 取 扱 ] 理 事 15 名 [ 自 治 会 2 民 生 委 員 2 地 区 社 協 2 青 少 年 育 成 団 体 1 福 祉 団 体 1 福 祉 施 設 1 学 識 経 験 者 4 行 政 関 係 者 1 ボランティア1] 監 事 評 議 員 37 名 [ 自 治 会 2 民 生 委 員 2 地 区 社 協 24 青 少 年 育 成 団 体 1 福 祉 団 体 2 福 祉 施 設 2 学 識 経 験 者 1 行 政 関 係 者 1 ボランティア2] 5 事 務 局 構 成 (H 現 在 ) 常 務 理 事 ( 事 務 局 長 事 務 取 扱 ) 1 名 運 営 管 理 者 ( 介 護 サービスセンター) 1 名 事 務 局 長 代 理 ( 総 務 企 画 係 長 地 域 福 祉 係 長 兼 務 ) 専 任 職 員 8 名 ( 生 活 支 援 係 長 ボランティアコーディネーター 含 ) 嘱 託 職 員 ( 法 人 運 営 ファミリーサポートセンター) 5 名 介 護 サービスセンター 嘱 託 職 員 8 名 ( 介 護 支 援 専 門 員 3 名 サービス 提 供 責 任 者 5 名 ) 臨 時 職 員 ( 法 人 運 営 介 護 サービスセンター ファミリーサポートセンター) 11 名 合 計 36 名 2

4 6 平 成 27 年 度 重 点 目 標 ⑴ 第 二 期 地 域 福 祉 活 動 計 画 の 施 行 と 推 進 第 二 期 地 域 福 祉 活 動 計 画 の 市 民 への 周 知 及 び 本 計 画 が 効 率 的 に 推 進 できるよう 小 田 原 市 や 地 区 社 協 会 長 自 治 会 長 民 生 委 員 児 童 委 員 福 祉 施 設 及 び 各 種 市 民 活 動 グループ 等 と 引 き 続 き 連 携 を 強 化 し 適 切 な 進 行 管 理 に 努 めます また 進 捗 状 況 については 進 行 管 理 委 員 会 か らの 点 検 評 価 を 受 けるとともに 計 画 の 達 成 に 必 要 な 活 動 を 推 進 します ⑵ 会 員 の 加 入 促 進 に 向 けた 取 組 みの 推 進 自 主 性 のある 運 営 と 事 業 推 進 を 図 るため 住 民 に 対 して 会 員 の 意 義 や 目 的 使 途 等 を 社 協 おだわら 等 により 積 極 的 に 周 知 し 財 政 基 盤 の 安 定 化 に 向 けた 取 り 組 みを 強 化 していきます また 市 社 協 及 び 地 区 社 協 の 有 用 な 活 動 財 源 であることから より 理 解 を 得 られるよう 市 民 及 び 企 業 等 に 向 けた 情 報 発 信 を 行 います ⑶ 市 内 26 地 区 社 会 福 祉 協 議 会 の 支 援 及 び 連 携 強 化 地 域 福 祉 を 進 めるためのネットワーク 形 成 の 核 である 地 区 社 協 に 対 して 各 種 活 動 等 で 把 握 した 各 地 域 の 特 性 や 課 題 を 的 確 に 踏 まえたうえで さまざまな 場 面 での 支 援 や 連 携 を 強 化 します ⑷ 支 え 合 いの 体 制 づくりの 推 進 主 に 高 齢 者 等 の 見 守 り 活 動 を 実 施 する 組 織 である きずなチーム ( 旧 在 宅 福 祉 サービスチ ーム)の 構 成 員 や 活 動 内 容 等 について 地 域 の 実 情 に 応 じて 見 直 し 地 域 住 民 同 士 の 支 え 合 いの 体 制 づくりに 努 めます ⑸ ボランティア 活 動 の 充 実 強 化 地 域 の 諸 団 体 や 行 政 と 連 携 のうえ 相 談 広 報 啓 発 学 習 ( 育 成 ) 及 び 寄 付 ( 助 成 )といっ たボランティアセンター 機 能 の 充 実 強 化 を 図 るとともに 災 害 ボランティアセンター 運 営 研 修 市 民 福 祉 大 学 の 開 催 など 地 域 福 祉 活 動 計 画 に 沿 った 事 業 を 展 開 します ⑹ 介 護 保 険 制 度 等 に 基 づく 事 業 の 適 正 な 運 営 介 護 保 険 法 及 び 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 ( 障 害 者 総 合 支 援 法 )に 基 づき 適 正 なサービス 提 供 及 び 質 の 向 上 に 努 めます ⑺ 生 活 応 援 隊 ( 生 活 支 援 ボランティア)の 推 進 (ケアタウン 構 想 推 進 事 業 ) 既 存 の 制 度 等 では 対 応 できないような 生 活 課 題 を 抱 え 支 援 を 必 要 とする 方 々に 対 して 市 社 協 及 び 地 域 が 持 つさまざまな 資 源 を 活 用 し 日 常 生 活 支 援 活 動 の 展 開 に 取 り 組 みます ⑻ 法 人 後 見 事 業 の 開 始 法 人 後 見 事 業 受 任 に 向 けて 体 制 を 整 えるとともに 地 域 における 成 年 後 見 制 度 の 利 用 促 進 と 権 利 擁 護 相 談 支 援 体 制 の 推 進 に 努 めます 新 ⑼ 総 合 相 談 体 制 の 整 備 制 度 やサービスの 有 無 にかかわらず 生 活 問 題 などのニーズを 受 け 止 め 多 様 な 担 い 手 との 協 働 で 対 応 していく 体 制 づくりに 努 め 社 協 が 培 ってきた 特 性 やネットワークを 活 かしながら 生 活 支 援 の 充 実 を 図 っていきます 7 主 な 事 業 ⑴ 社 協 組 織 体 制 及 び 活 動 の 強 化 [ 法 人 運 営 関 係 会 議 地 区 社 協 関 係 会 議 専 門 委 員 会 等 運 営 会 議 研 修 研 究 事 業 第 二 期 地 域 福 祉 活 動 計 画 の 進 行 管 理 財 政 基 盤 の 安 定 化 に 向 けた 取 組 みの 推 進 情 報 公 開 の 総 合 的 な 推 進 ] ⑵ 広 報 活 動 啓 発 活 動 [ 社 協 会 員 PR 紙 の 発 行 社 協 おだわら 発 行 (4 回 ) 及 びリニューアルしたホームページの 充 実 啓 発 用 DVDの 活 用 各 種 イベント 行 事 等 の 企 画 及 び 参 加 協 力 ] 3

5 ⑶ 地 区 社 協 の 育 成 援 助 [ 活 動 交 付 金 ブロック 別 運 営 費 情 報 紙 作 成 世 代 間 交 流 昼 食 会 きずなチーム 活 動 費 の 助 成 いきいき 健 康 事 業 サロン 活 動 の 推 進 地 域 を 耕 す 会 地 域 福 祉 コーディネーター 養 成 研 修 会 地 区 社 協 活 動 拠 点 の 研 究 新 任 地 区 社 協 会 長 研 修 会 安 心 まちづくり 連 絡 会 き ずなチーム 員 研 修 会 の 開 催 地 区 社 協 活 動 実 践 研 修 会 きずなチーム 代 表 者 連 絡 会 の 開 催 きずなチーム 地 区 別 研 修 会 の 開 催 支 援 地 域 福 祉 コーディネーター 設 置 経 費 助 成 等 ] ⑷ 高 齢 者 対 策 事 業 の 推 進 [ 小 田 原 市 老 人 クラブ 連 合 会 事 業 に 助 成 協 力 要 支 援 者 の 見 守 り 活 動 の 充 実 地 域 包 括 支 援 センター 福 祉 施 設 等 との 連 携 推 進 ( 安 心 まちづくり 連 絡 会 の 開 催 ) アクティブシニア 応 援 ポイント 事 業 等 ] ⑸ 児 童 福 祉 対 策 事 業 の 推 進 [ 各 種 団 体 事 業 に 助 成 協 力 父 子 世 帯 交 通 遺 児 世 帯 の 支 援 学 校 との 連 携 推 進 ( 安 心 まち づくり 連 絡 会 の 開 催 ) おだわら21 世 紀 少 年 の 開 催 小 田 原 市 ファミリー サポート セン ター 事 業 の 推 進 等 ] ⑹ 心 身 障 害 者 対 策 事 業 の 推 進 [ 各 種 団 体 事 業 に 助 成 協 力 福 祉 施 設 等 との 連 携 推 進 ( 安 心 まちづくり 連 絡 会 の 開 催 ) 等 ] ⑺ ボランティア 活 動 の 充 実 強 化 [ 登 録 ボランティアの 支 援 福 祉 施 設 体 験 学 習 福 祉 ボランティアスクール 障 がい 児 者 余 暇 活 動 支 援 市 民 福 祉 大 学 災 害 ボランティアセンターマニュアルに 基 づく 訓 練 の 実 施 各 種 講 座 修 了 者 のフォローアップ 新 障 がい 福 祉 施 設 &マップの 作 成 等 ] ⑻ 在 宅 福 祉 推 進 事 業 の 推 進 [ 生 活 応 援 隊 ( 生 活 支 援 ボランティア) ケアタウンミーティング 等 ケアタウン 事 業 の 協 働 推 進 ] ⑼ 食 の 自 立 支 援 事 業 の 推 進 [ 一 人 暮 らし 高 齢 者 等 への 食 事 の 配 食 及 び 安 否 確 認 の 実 施 ] ⑽ 日 常 生 活 自 立 支 援 事 業 [ 小 田 原 市 あんしんセンターの 運 営 ] ⑾ 介 護 サービスセンター 事 業 [ 介 護 保 険 法 に 基 づく 居 宅 介 護 支 援 訪 問 介 護 介 護 予 防 訪 問 介 護 障 害 者 総 合 支 援 法 に 基 づ く 居 宅 介 護 移 動 支 援 自 主 契 約 ホームヘルパー 派 遣 事 業 ] ⑿ 福 祉 機 器 等 貸 出 事 業 [ 福 祉 機 器 : 車 イス 行 事 用 機 器 : 着 ぐるみ かき 氷 機 綿 菓 子 機 ポップコーン 機 (かき 氷 機 綿 菓 子 機 ポップコーン 機 は 有 料 :1 回 1 台 につき 500 円 )] 8 各 種 団 体 事 務 局 事 務 ⑴ 共 同 募 金 会 小 田 原 市 支 会 ⑵ 小 田 原 市 老 人 クラブ 連 合 会 ⑶ 小 田 原 市 遺 族 会 9 小 田 原 市 からの 受 託 事 業 ⑴ 小 田 原 市 食 の 自 立 支 援 事 業 ⑵ いきいき 健 康 事 業 ⑶ 小 田 原 市 ファミリー サポート センター 事 業 ⑷ アクティブシニア 応 援 ポイント 事 業 ⑸ ふらっと 城 山 管 理 業 務 4

6 Ⅲ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 要 事 業 1 地 区 社 協 等 育 成 事 業 市 内 26 地 区 社 協 の 育 成 支 援 及 び 連 携 強 化 を 図 ります ⑴ 地 区 社 協 活 動 財 源 交 付 金 11,721,000 円 各 地 区 会 費 納 入 実 績 に 応 じ 約 45%を 交 付 します ⑵きずなチーム 活 動 費 5,583,000 円 在 宅 福 祉 情 報 システム 事 業 の 一 環 として サービスチームによる 活 動 推 進 を 図 ります [75 歳 以 上 人 口 見 守 り 対 象 者 数 等 により 一 地 区 184,000 円 ~298,000 円 ] ⑶ 地 区 情 報 紙 作 成 援 助 費 2,110,000 円 地 区 社 協 活 動 の 取 組 み 等 について 紙 面 を 通 じ 紹 介 するとともに 地 区 社 協 に 対 する 住 民 の 理 解 協 力 を 得 ることに 努 めます [ 世 帯 数 により 一 地 区 70,000 円 ~90,000 円 ] ⑷ 一 人 暮 らし 高 齢 者 等 昼 食 会 事 業 援 助 費 3,110,000 円 高 齢 虚 弱 なため 料 理 を 作 ることが 困 難 な 老 人 及 び 孤 独 で 社 会 的 接 触 の 少 ない 老 人 を 対 象 に ふれあいを 目 的 とした 昼 食 会 を 実 施 します [75 歳 以 上 人 口 前 年 度 提 供 食 数 実 績 により 一 地 区 62,000 円 ~169,000 円 ( 原 材 料 費 )] ⑸ 世 代 間 交 流 事 業 費 1,040,000 円 高 齢 者 と 若 い 世 代 の 人 達 が 相 互 にふれあいを 持 ち 生 活 体 験 を 伝 えることにより 地 域 社 会 に 対 する 理 解 と ふれあいのある 地 域 社 会 形 成 を 図 ります 円 26 地 区 ] ⑹ 地 区 社 協 ブロック 別 運 営 費 300,000 円 近 隣 地 区 社 協 との 情 報 交 換 等 を 通 じ 地 区 社 協 相 互 の 連 携 を 図 ります [ 上 円 6 ブロック] ⑺ 地 区 ボランティアクラブブロック 別 運 営 費 180,000 円 近 隣 地 区 ボランティアクラブの 情 報 交 換 を 通 じ 地 区 ボランティアクラブの 連 携 を 図 ります [ 上 円 6ブロック] 2 ボランティア 活 動 事 業 ⑴ 福 祉 施 設 体 験 学 習 267,000 円 次 世 代 を 担 う 児 童 から 社 会 人 を 対 象 に 地 域 福 祉 とボランティア 活 動 の 意 義 かかわり 方 な どを 福 祉 施 設 利 用 者 とのコミュニケーションを 通 して 理 解 できるよう 努 めます ⑵ 福 祉 ボランティアスクール 1,002,000 円 ボランティア 活 動 に 参 加 したいと 考 えている 市 民 を 対 象 に 年 間 を 通 じてボランティアとし ての 基 礎 知 識 や 技 術 的 な 養 成 育 成 に 努 めます [ 地 区 ボランティア 視 覚 聴 力 介 護 障 害 児 精 神 保 健 病 院 ボランティア 講 座 等 ] ⑶ 障 がい 児 者 余 暇 活 動 支 援 事 業 ( 障 がい 児 遊 びのひろば) 197,000 円 障 がいのあるかた 達 がその 家 族 やボランティアと 共 に 自 由 に 遊 ぶことの 出 来 る 場 を 提 供 する ことで 子 ども 達 をはじめ 誰 もが 健 やかに 成 長 できる 地 域 づくりに 努 めます ⑷ボランティアグループ 等 活 動 助 成 費 2,207,000 円 ボランティアセンター 登 録 グループに 対 し ボランティア 活 動 の 振 興 を 図 るため ボランテ ィアセンターに 寄 せられた 寄 託 金 を 配 分 します 5

7 3 いきいき 健 康 事 業 ( 市 受 託 事 業 ) 1,775,000 円 高 齢 者 のための 健 康 づくり 介 護 予 防 を 目 的 として 転 倒 予 防 教 室 認 知 症 予 防 教 室 体 操 教 室 等 の 講 座 を 地 区 社 協 と 共 同 で 実 施 します 4 食 の 自 立 支 援 事 業 ( 市 受 託 事 業 ) 47,266,000 円 栄 養 バランスが 良 く 症 状 にあわせた 食 事 を 提 供 することで 高 齢 者 等 の 栄 養 状 態 の 改 善 を 図 るとともに 宅 配 時 に 健 康 状 態 の 確 認 をすることで 地 域 における 見 守 りネットワークを 構 築 する ことを 目 的 とします 5 ファミリー サポート センター 事 業 ( 市 受 託 事 業 ) 8,070,000 円 育 児 の 援 助 を 受 けたい 人 と 育 児 の 援 助 を 行 いたい 人 が 会 員 となり お 互 いを 助 け 合 うこ とで 安 心 して 子 育 てができる 環 境 づくりを 目 指 します 6 介 護 サービスセンター 事 業 の 運 営 112,078,000 円 介 護 保 険 法 に 基 づき 要 介 護 要 支 援 状 態 にある 方 に 対 し 利 用 者 の 心 身 の 状 況 に 応 じ 自 立 した 日 常 生 活 が 営 まれるよう 適 切 な 居 宅 介 護 支 援 と 訪 問 介 護 を 提 供 するとともに 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づき 身 体 知 的 精 神 障 害 者 及 び 障 害 児 に 対 しての 障 害 福 祉 サービスや 市 からの 受 託 等 によるホームヘルパーの 派 遣 を 行 います ⑴ 介 護 保 険 法 に 基 づく 事 業 1 居 宅 介 護 支 援 事 業 (ケアプランの 作 成 要 介 護 認 定 等 の 代 行 申 請 等 ) 2 訪 問 介 護 事 業 ( 要 介 護 者 への 身 体 介 護 生 活 援 助 のホームヘルパー 派 遣 ) 3 介 護 予 防 訪 問 介 護 事 業 ( 要 支 援 者 への 身 体 介 護 生 活 援 助 のホームヘルパー 派 遣 ) ⑵ 障 害 者 総 合 支 援 法 に 基 づく 事 業 1 障 害 福 祉 サービス( 身 体 知 的 精 神 障 害 者 及 び 障 害 児 難 病 等 対 象 者 への 身 体 介 護 家 事 援 助 及 び 通 院 介 助 のホームヘルパー 派 遣 ) ( 重 度 視 覚 障 害 者 への 同 行 援 護 のホームヘルパー 派 遣 ) 2 地 域 生 活 支 援 事 業 ( 障 害 者 等 が 円 滑 に 外 出 することができるように 移 動 を 支 援 するためのホームヘルパー 派 遣 ) ⑶ 自 主 契 約 ホームヘルパー 派 遣 事 業 7 日 常 生 活 自 立 支 援 護 事 業 ( 小 田 原 市 あんしんセンター) 3,089,000 円 日 常 生 活 を 営 むうえで 十 分 な 判 断 能 力 が 無 い 認 知 症 高 齢 者 知 的 障 がい 者 精 神 障 がい 者 等 の 権 利 擁 護 を 図 り 地 域 での 自 立 した 生 活 を 送 れるよう 福 祉 サービスの 適 切 な 利 用 のための 一 連 の 援 助 を 一 体 的 に 行 なうことを 目 的 とし 次 のサービスを 提 供 します ⑴ 福 祉 サービス 利 用 援 助 ( 情 報 提 供 契 約 手 続 利 用 手 続 等 ) ⑵ 日 常 的 金 銭 管 理 サービス( 日 常 生 活 に 必 要 な 預 金 の 払 戻 し 預 け 入 れ 医 療 費 や 福 祉 サービス 利 用 料 等 の 支 払 いの 代 行 ) ⑶ 書 類 等 預 かりサービス( 金 融 機 関 の 貸 金 庫 に 保 管 ) 8 資 金 貸 付 事 業 6,653,000 円 ⑴ 生 活 福 祉 資 金 貸 付 事 業 低 所 得 世 帯 身 体 障 害 者 世 帯 知 的 障 害 者 世 帯 精 神 障 害 者 世 帯 及 び 高 齢 者 世 帯 への 自 立 支 援 のための 各 種 資 金 貸 付 のほか 失 業 者 に 対 する 総 合 支 援 資 金 の 貸 付 及 び 高 齢 者 世 帯 に 対 して 不 動 産 を 担 保 に 資 金 の 貸 付 を 行 う 不 動 産 担 保 型 生 活 資 金 等 の 貸 付 一 時 的 に 生 計 の 維 持 が 困 難 となった 場 合 に 貸 付 けを 行 う 緊 急 小 口 資 金 の 貸 付 業 務 を 行 います ⑵ 生 活 つなぎ 資 金 貸 付 事 業 生 活 保 護 の 申 請 書 受 理 から 保 護 決 定 までの 間 で 生 活 を 維 持 するために 緊 急 に 生 活 費 が 必 要 という 者 に 対 し 小 額 の 貸 付 を 行 います 6

8 9 援 護 事 業 ⑴ 交 通 遺 児 世 帯 援 護 事 業 360,000 円 交 通 遺 児 世 帯 に 激 励 金 見 舞 金 を 県 協 事 業 と 併 せ 支 給 します ⑵ 災 害 見 舞 金 支 給 事 業 300,000 円 火 災 等 による 罹 災 世 帯 へ 見 舞 金 を 県 共 同 募 金 会 事 業 と 併 せ 支 給 します 10 年 末 たすけあい 義 援 金 配 分 事 業 8,247,000 円 市 民 から 寄 せられた 募 金 を 有 効 に 活 用 できるよう 配 分 し 共 に 支 えあう 心 の 醸 成 に 努 めます 11 第 二 期 地 域 福 祉 活 動 計 画 の 進 行 管 理 59,000 円 進 行 管 理 委 員 会 を 設 置 し 点 検 評 価 を 受 けるとともに 計 画 の 達 成 に 必 要 な 活 動 を 推 進 し ます 12 法 人 後 見 事 業 立 上 げ 520,000 円 認 知 症 や 知 的 精 神 障 がいなどにより 判 断 能 力 が 十 分 でないご 本 人 に 代 わって 市 社 協 が 財 産 管 理 などをおこない 安 心 してその 人 らしい 生 活 が 送 れるようにする 法 人 後 見 事 業 の 準 備 を 進 めます 13 アクティブシニア 応 援 ポイント 事 業 ( 市 受 託 事 業 ) 695,000 円 高 齢 者 が 市 指 定 の 介 護 保 険 施 設 等 でボランティア 活 動 をした 際 に その 活 動 に 対 してポイント がつき ポイントに 応 じた 商 品 に 交 換 することにより 高 齢 者 の 社 会 参 加 や 生 きがいづくりを 奨 励 支 援 することを 目 的 とします 14 ふらっと 城 山 管 理 運 営 業 務 ( 市 受 託 事 業 ) 1,371,000 円 住 民 の 交 流 拠 点 である ふらっと 城 山 の 管 理 運 営 をします 7

9 Ⅳ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 予 算 概 要 1 平 成 27 年 度 予 算 予 算 総 額 : 395,021,000 円 収 入 支 出 項 目 予 算 額 ( 千 円 ) 割 合 経 理 区 分 予 算 額 ( 千 円 ) 割 合 会 費 収 入 25, % 法 人 運 営 事 業 163, % 寄 付 金 収 入 2, % 地 域 福 祉 推 進 事 業 22, % 市 補 助 金 収 入 75, % ボランティア 活 動 推 進 事 業 7, % 県 社 協 補 助 金 収 入 % 地 域 援 護 事 業 10, % 市 受 託 金 収 入 34, % 市 受 託 事 業 59, % 県 社 協 受 託 金 収 入 7, % 共 同 募 金 配 分 金 事 業 20, % 共 同 募 金 配 分 金 収 入 19, % 介 護 サービスセンター 事 業 112, % 介 護 保 険 事 業 収 入 49, % 障 害 福 祉 サービス 事 業 収 入 36, % 利 用 料 収 入 8, % 財 産 収 入 % 諸 収 入 26, % 繰 入 金 76, % 繰 越 金 31, % 未 償 還 金 % 合 計 395, % 合 計 395, % 2 地 区 社 協 への 支 援 と 会 費 の 使 途 市 民 26 の 地 区 社 協 会 費 : 一 般 会 費 400 円 特 別 会 費 1,000 円 賛 助 会 費 3,000 円 市 社 協 地 区 社 協 へ 交 付 補 助 金 総 額 24,931,000 円 1 地 区 社 協 活 動 財 源 交 付 金 ( 会 費 納 入 実 績 に 応 じて) 11,721,000 円 2 地 区 情 報 紙 作 成 援 助 費 2,110,000 円 3 一 人 暮 らし 高 齢 者 等 昼 食 会 援 助 費 3,110,000 円 4 世 代 間 交 流 事 業 援 助 費 1,040,000 円 5 きずなチーム 活 動 援 助 費 5,583,000 円 6 共 同 募 金 協 力 事 務 費 887,000 円 7 地 区 社 協 ブロック 別 運 営 事 務 費 300,000 円 8 地 区 ボランティアブロック 別 運 営 事 務 費 180,000 円 参 考 社 協 会 費 の 実 績 (H 現 在 ) 会 員 区 分 年 会 費 ( 一 口 ) 8 平 成 26 年 度 実 績 会 員 数 ( 口 数 ) 会 費 額 ( 円 ) 一 般 会 員 一 般 世 帯 400 円 51,938 20,774,700 特 別 会 員 個 人 1,000 円 2,068 2,068,000 福 祉 施 設 団 体 等 3,000 円 ,000 賛 助 会 員 事 業 所 等 3,000 円 884 2,652,000 合 計 54,967 25,725,700 会 員 加 入 率 67.1% 小 田 原 市 の 世 帯 数 (H 現 在 ) =80,495 一 般 会 員 と 特 別 会 員 個 人 の 口 数 の 合 計 =54,006

10 Ⅴ 社 会 福 祉 協 議 会 の 組 織 体 制 1 全 国 全 国 社 会 福 祉 協 議 会 都 道 府 県 社 会 福 祉 協 議 会 市 町 村 社 会 福 祉 協 議 会 [ 共 通 原 則 ] 1 福 祉 課 題 の 把 握 提 言 改 善 運 動 の 実 施 2 住 民 の 主 体 的 な 福 祉 活 動 の 推 進 3 ボランティア 活 動 の 振 興 4 社 会 福 祉 その 他 の 関 連 分 野 の 連 携 調 整 支 援 と 組 織 化 5 福 祉 サービス 等 の 企 画 実 施 6 総 合 的 な 相 談 生 活 支 援 活 動 及 び 情 報 提 供 7 福 祉 教 育 啓 発 活 動 の 実 施 8 研 修 人 材 育 成 事 業 の 実 施 9 地 域 福 祉 の 財 源 の 確 保 造 成 及 び 助 成 の 実 施 10 共 同 募 金 への 協 力 活 動 の 実 施 [16 市 ( 政 令 市 除 く) 13 町 1 村 ] 2 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 の 組 織 構 成 と 定 数 理 事 ( 総 数 15 名 正 副 会 長 常 務 理 事 含 ) : 評 議 員 ( 総 数 37 名 ) 顧 問 ( 若 干 名 ) 理 事 (15) 会 長 (1) (1) 副 会 長 (3) (3) 常 務 理 事 (1) (1) 選 出 分 野 人 数 自 治 会 民 生 委 員 地 区 社 協 青 少 年 育 成 団 体 1 名 福 祉 団 体 1 名 福 祉 施 設 1 名 学 識 経 験 4 名 行 政 関 係 1 名 ボランティア 1 名 監 事 (2) 役 員 等 評 議 員 (37) 選 出 分 野 人 数 自 治 会 民 生 委 員 地 区 社 協 2 4 名 青 少 年 育 成 団 体 1 名 福 祉 団 体 福 祉 施 設 学 識 経 験 1 名 行 政 関 係 1 名 ボランティア 事 務 局 ( 理 事 会 ) 業 務 執 行 意 思 決 定 機 関 ( 評 議 員 会 ) 議 決 機 関 事 務 局 長 運 営 管 理 者 総 務 企 画 係 地 域 福 祉 係 法 人 運 営 部 門 地 域 福 祉 活 動 推 進 部 門 ボランティアセンター 生 活 支 援 係 福 祉 サービス 利 用 支 援 部 門 介 護 サービスセンター 在 宅 福 祉 サービス 部 門 各 種 委 員 会 1 ボランティアセンター 運 営 委 員 会 5 第 二 期 地 域 福 祉 活 動 計 画 進 行 管 理 委 員 会 2 交 通 遺 児 援 護 基 金 運 営 委 員 会 6 経 営 管 理 部 会 3 あんしんセンター 契 約 締 結 審 査 会 4 広 報 編 集 委 員 会 苦 情 解 決 第 三 者 委 員 (3 名 ) 9

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 浜 松 市 社 会 福 祉 協 議 会 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業

More information

⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ ⑹ ⑺ ⑻ ⑼ ⑽ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ ⑹ ⑺ ⑻ ⑼ ⑽ ⑾ ⑿ ⒀ ⒁ ⒂ ( ), (53.1%) (61.8%) (30.9%) 84.1% 95.7% 13.7% 11.3% 3.3% 4.7% 4.0% 74.6% 6.7 ( ) 64.5% 752 57.1% 565 42.9% 1317 100.0% 90.3% 47.4%52.6% 63.4%36.6%

More information

⑴ ⑵ ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) m3 m3 (1)

More information

1 平 成 26 年 度 社 会 福 祉 法 人 綾 瀬 市 社 会 福 祉 協 議 会 事 業 報 告 社 会 福 祉 法 人 綾 瀬 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 基 本 理 念 である と もに 支 えあうまちづくりを 実 現 のため 平 成 26 年 度 に 実 施 した 主 な 事 業 は 次 の とおりです 金 額 等 の 表 示 について 決 算 額 は

More information

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令 防 衛 省 訓 令 第 2 9 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 2 9 年 法 律 第 1 6 5 号 ) 第 3 0 条 の 2 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づ き 自 衛 官 以 外 の 隊 員 の 標 準 職 務 遂 行 能 力 を 定 め る 訓 令 を 次 の よ う に 定 め る 平 成 2 6 年 5 月 3 0 日 防 衛 大 臣 小 野 寺 五 典 自 衛 官 以

More information

平成14年度社会福祉法人須賀川市社会福祉協議会事業実施報告書

平成14年度社会福祉法人須賀川市社会福祉協議会事業実施報告書 平 成 26 年 度 社 会 福 祉 法 人 須 賀 川 市 社 会 福 祉 協 議 会 事 業 実 施 報 告 書 平 成 26 年 度 事 業 計 画 に 基 づき 関 係 機 関 及 び 団 体 と 協 調 し 次 の 事 業 を 実 施 した 事 業 内 容 Ⅰ 組 織 体 制 の 充 実 1 会 議 等 の 開 催 (1) 理 事 会 平 成 26 年 5 月 26 日 ( 月 ) 於 須

More information

財団法人日本相撲連盟寄附行為

財団法人日本相撲連盟寄附行為 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 新 宿 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 我 が 国 におけるアマチュア

More information

屋外広告物のしおり

屋外広告物のしおり 2 1 ⑴ 2 ⑵ 3 ⑴ ⑵ 4 5 ⑴ ⑵ 6 ⑶ 7 ⑴ ⑵ ⑶ 8 ⑷ ⑸ ⑴ ⑵ 9 10 11 ⑴ ⑵ 12 13 14 15 16 17 ⑶ 18 ⑴ ⑵ ⑶ 19 20 21 22 23 24 25 26 27 ⑴ 10 ⑵ ⑴ 28 ⑶ ⑴ ⑴ ⑴ ⑵ 29 ⑶ ⑷ ⑸ 30 ⑹ ⑺ ⑻ ⑼ ⑽ ⑾ 31 ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ 32 ⑴ ⑵ 33 34 35 36 37 38 39 40

More information

組 織 運 営 の 充 実 強 化 安 定 した 経 営 組 織 体 制 の 見 直 しに 向 けての 現 状 分 析 組 織 財 政 の 見 直 し 事 務 事 業 の 効 率 化 2 理 事 会 評 議 員 会 の 開 催 定 期 監 査 の 実 施 ( 年 2 回 ) 4 役 職 員 の 資

組 織 運 営 の 充 実 強 化 安 定 した 経 営 組 織 体 制 の 見 直 しに 向 けての 現 状 分 析 組 織 財 政 の 見 直 し 事 務 事 業 の 効 率 化 2 理 事 会 評 議 員 会 の 開 催 定 期 監 査 の 実 施 ( 年 2 回 ) 4 役 職 員 の 資 平 成 28 年 度 社 会 福 祉 法 人 伊 達 市 社 会 福 祉 協 議 会 事 業 計 画 基 本 方 針 合 併 0 年 が 経 過 し この 間 7,000 人 を 超 える 大 きな 人 口 減 少 とあいまって 高 齢 単 身 世 帯 高 齢 夫 婦 のみ 世 帯 の 増 加 や 日 中 一 人 暮 らしの 世 帯 といった 家 族 形 態 の 変 容 など 地 域 社 会 に 大

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

長 は10 年 ) にすべきことを 求 める ⑸ 改 善 意 見 として 事 務 引 継 書 にかかる 個 別 フォルダーの 表 示 について 例 えば 服 務 休 暇 全 般 ( 事 務 引 継 書 を 含 む) といったように 又 は 独 立 した 個 別 フォルダーとして 説 明 を 加 え

長 は10 年 ) にすべきことを 求 める ⑸ 改 善 意 見 として 事 務 引 継 書 にかかる 個 別 フォルダーの 表 示 について 例 えば 服 務 休 暇 全 般 ( 事 務 引 継 書 を 含 む) といったように 又 は 独 立 した 個 別 フォルダーとして 説 明 を 加 え さ 情 審 査 答 申 第 56 号 平 成 20 年 7 月 11 日 さいたま 市 長 相 川 宗 一 様 さいたま 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 会 長 小 池 保 夫 答 申 書 平 成 19 年 11 月 14 日 付 けで 貴 職 から 受 けた 課 長 以 上 の 職 にある 者 ( 服 務 規 程 12 条 )で6~ 本 ( 2005 年 度 人 事 異 動

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

88

88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 87 88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 1 自 立 支 援 と 生 活 の 質 の 向 上 (1) 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活 用 生 活 に 関 する 不 安 の 解 消 や 寝 たきりにならないための 予 防 事 業 を 推 進 する 場 として 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

〔平成27年6月1日〕商品先物取引業務に関する規則第18条第1項に基づく留意事項 一部改正

〔平成27年6月1日〕商品先物取引業務に関する規則第18条第1項に基づく留意事項 一部改正 平 成 27 年 6 月 1 日 商 品 先 物 取 引 業 務 に 関 する 規 則 第 18 条 第 1 項 に 基 づく 留 意 事 項 一 部 改 正 12~17 ページ 新 Ⅲ. 不 招 請 勧 誘 禁 止 の 例 外 の 遵 守 に 関 する 事 項 Ⅳ. 適 合 性 原 則 の 遵 守 に 関 する 事 項 ( 新 設 ) Ⅲ. 適 合 性 原 則 の 遵 守 に 関 する 事 項 5.

More information

ほほえみ(39)0515.indd

ほほえみ(39)0515.indd ほ み ほ え 平成26年5月発行 No. 39 社会福祉法人 壱岐市社会福祉協議会 811-5142 長崎県壱岐市郷ノ浦町坪触3099番地 0920-47-5005 FAX 0920-47-5006 ホームペ ージ h t t p : / / i k i f u k u. n e t / フェイスブックページ https://www.facebook.com/ikifuku 郷ノ浦事業所 47-0132

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

山 口 県 ソフトテニス 連 盟 規 約 ( 平 成 27 年 2 月 14 日 施 行 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 連 盟 は 山 口 県 ソフトテニス 連 盟 ( 以 下 連 盟 という )と 称 し 英 文 名 では Yamaguchi Soft-Tennis As

山 口 県 ソフトテニス 連 盟 規 約 ( 平 成 27 年 2 月 14 日 施 行 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 連 盟 は 山 口 県 ソフトテニス 連 盟 ( 以 下 連 盟 という )と 称 し 英 文 名 では Yamaguchi Soft-Tennis As 会 規 集 目 次 規 約 1~ 7 会 計 規 程 8~10 専 門 委 員 会 規 程 11~13 申 し 合 わせ 事 項 14~18 山 口 県 ソフトテニス 連 盟 山 口 県 ソフトテニス 連 盟 規 約 ( 平 成 27 年 2 月 14 日 施 行 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 連 盟 は 山 口 県 ソフトテニス 連 盟 ( 以 下 連 盟 という )と

More information

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 建 設 工 事 一 般 競 争 入 札 公 告 第 11 号 袖 ケ 浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 建 築 )の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する 平 成 25 年 10 月 2 日 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 理 事

More information

特別区人事委員会の業務状況の報告

特別区人事委員会の業務状況の報告 平 成 19 年 度 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 状 況 等 の 公 表 平 成 19 年 12 月 文 京 区 総 務 部 職 員 課 目 次 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 2 2 職 員 の 給 与 の 状 況 4 3 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の

More information

公 益 事 業 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 業 者 等 との 連 絡 調 整 を

公 益 事 業 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 業 者 等 との 連 絡 調 整 を Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 市 社 会 福 祉 法 人 美 照 福 祉 会 氏 名 伊 東 勉 年 齢 / 非 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 66 77-871 徳 島 市 金 沢 一 丁 目 5 番 79-7 号 電 話 番 号 88-664 - 281 FAX 番 号 88-664 - / 非 社 会 福 祉 法 人

More information

123 ( 17 120 18 ) ( - 1 - - 2 - ⑴ ⑵ - 3 - - 4 - ⑴ - 5 - ⑵ - 6 - ⑶ - 7 - ⑴ ⑵ ⑶ - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - ⑴ ⑵ ⑶ - 12 - ⑴ - 13 - ⑵ 12-14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - ⑴ ⑵ - 19 - ⑴ ⑵ ⑶ - 20 - ⑷ ⑸ ⑹ - 21 -

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑶ ⑵ ⑷ ⑴ ⑵ - 110 - ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - ⑴ - 119 - - 120 - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ - 121 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 124 - ⑶ - 125

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ - 110 - ⑴ ⑵ ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - - 119 - - 120 - ⑴ - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ - 124 - ⑷ - 125 -

More information

(6) 苦 情 解 決 安 全 管 理 について 1 福 祉 サ-ビス 苦 情 解 決 のための 第 三 者 委 員 研 修 2 賠 償 責 任 保 険 等 への 加 入 3 防 火 管 理 の 充 実 4 車 両 の 安 全 管 理 (7) 事 務 事 業 の 効 率 的 推 進 1 事 務 分

(6) 苦 情 解 決 安 全 管 理 について 1 福 祉 サ-ビス 苦 情 解 決 のための 第 三 者 委 員 研 修 2 賠 償 責 任 保 険 等 への 加 入 3 防 火 管 理 の 充 実 4 車 両 の 安 全 管 理 (7) 事 務 事 業 の 効 率 的 推 進 1 事 務 分 平 成 26 年 度 社 会 福 祉 法 人 安 芸 太 田 町 社 会 福 祉 協 議 会 事 業 計 画 書 基 本 方 針 第 3 次 地 域 福 祉 活 動 計 画 3 年 目 に 突 入 し 事 業 の 推 進 に 向 かって 実 施 してまいります 併 せて 中 間 点 での 再 点 検 と 反 省 及 び 評 価 並 びに 残 りの2 年 間 の 事 業 計 画 を 見 直 します 少

More information

社 会 福 祉 法 人 広 島 県 社 会 福 祉 協 議 会 事 務 局 事 務 局 長 衣 笠 正 純 1 事 務 局 の 総 括 に 関 すること 会 計 の 総 括 ( 会 計 責 任 者 )に 関 すること 2 福 祉 サービス 運 営 適 正 化 委 員 会 の 所 管 に 関 すること

社 会 福 祉 法 人 広 島 県 社 会 福 祉 協 議 会 事 務 局 事 務 局 長 衣 笠 正 純 1 事 務 局 の 総 括 に 関 すること 会 計 の 総 括 ( 会 計 責 任 者 )に 関 すること 2 福 祉 サービス 運 営 適 正 化 委 員 会 の 所 管 に 関 すること 事 務 分 掌 平 成 28 年 度 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 社 会 福 祉 法 人 広 島 県 社 会 福 祉 協 議 会 社 会 福 祉 法 人 広 島 県 社 会 福 祉 協 議 会 事 務 局 事 務 局 長 衣 笠 正 純 1 事 務 局 の 総 括 に 関 すること 会 計 の 総 括 ( 会 計 責 任 者 )に 関 すること 2 福 祉 サービス 運 営 適 正 化

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 異 動 事 手 続 ( 市 町 村 立 学 校 以 外 ) 島 大 学 小 学 校 への 転 出 事 処 理 手 続 事 項 時 期 先 手 続 内 容 採 3 ⑴ 履 歴 書 1 部 月 で き る 小 又 は 1 学 校 保 管 の 写 しで 長 の 奥 書 証 明 必 要 ⑵ 卒 業 証 明 書 1 高 校 大 学 卒 業 者 高 校 及 び 大 学 の 卒 業 証 明 書 2 大 学 院 修

More information

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8>

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8> 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 実 施 要 領 24 農 会 第 1027 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 農 林 水 産 技 術 会 議 事 務 局 長 第 1 趣 旨 我 が 国 の 農 林 漁 業 は 担 い 手 不 足 の 深 刻 化 や 高 齢 化 といった 厳 しい 状 況 にあり 活 力 も 低 下 している このため 食 と 農 林

More information

所沢市告示第   号

所沢市告示第   号 所 沢 市 告 示 第 282 号 一 般 競 争 入 札 を 執 行 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 5 月 13 日 所 沢 市 長 藤 本 正 人 1 入 札 対 象 工 事 ⑴ 工 事 名 所 沢 市 立 美 原 中 学 校 トイレ 改 修 工

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378> 府 中 市 の 財 務 諸 表 ( 平 成 2 年 度 決 算 ) 広 島 県 府 中 市 平 成 22 年 3 月 は じ め に 今 日 わが 国 全 体 の 財 政 状 況 は 危 機 的 状 況 にあるといわれる 中 で 公 会 計 について 現 在 の 現 金 主 義 による 財 務 情 報 に 加 え 資 産 債 務 の 現 状 とその 推 移 などの 情 報 を 国 が 示 した 統

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

1_扉-配布用.indd

1_扉-配布用.indd 私 立 高 校 の 学 費 負 担 を 軽 減 する 制 度 のご 案 内 平 成 26 年 度 の 内 容 です 私 立 高 等 学 校 等 に 通 学 する 生 徒 の 学 費 負 担 を 軽 くする 制 度 をご 紹 介 します 下 記 の3つの 制 度 はあわ せて 受 けることができます また いずれも 保 護 者 の 所 得 による 制 限 があります ⑴ 就 学 支 援 金 : 私 立

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F964C96BE8E73816991E682548AFA89EE8CEC816A8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F964C96BE8E73816991E682548AFA89EE8CEC816A8A54977694C52E646F63> 計 画 策 定 の 趣 旨 わが 国 は 世 界 に 例 のないスピードで 高 齢 化 が 進 んでおり 世 界 でも 最 高 水 準 の 前 例 のない 高 齢 社 会 を 迎 えました 今 後 も 一 層 の 高 齢 化 が 進 行 し ねたきりや 認 知 症 高 齢 者 の 増 加 介 護 期 間 の 長 期 化 など 介 護 に 対 するニーズがますます 増 大 することが 見 込 まれます

More information

ろによる ⑴ 子 世 帯 満 12 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 末 日 までの 間 にある 者 及 びそ の 親 を 世 帯 構 成 員 ( 当 該 世 帯 を 構 成 する 世 帯 員 ( 世 帯 主 を 含 む )をいう 以 下 同 じ )に 含 む 世 帯 又 は 出

ろによる ⑴ 子 世 帯 満 12 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 末 日 までの 間 にある 者 及 びそ の 親 を 世 帯 構 成 員 ( 当 該 世 帯 を 構 成 する 世 帯 員 ( 世 帯 主 を 含 む )をいう 以 下 同 じ )に 含 む 世 帯 又 は 出 大 分 市 三 世 代 近 居 同 居 ハッピーライフ 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 め る 平 成 28 年 5 月 11 日 大 分 市 長 佐 藤 樹 一 郎 大 分 市 三 世 代 近 居 同 居 ハッピーライフ 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 新 築 等 住 宅 事

More information

南 相 馬 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 案 ) ( 概 要 版 ) 平 成 26 年 11 月 南 相 馬 市 1 計 画 の 概 要 (1) 計 画 の 位 置 づけ 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 61 条 第 7 項 に 定 める 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 あるとともに 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 第 8 条

More information

Microsoft Word - 資4_計画案 基本構想

Microsoft Word - 資4_計画案 基本構想 資 料 4 陸 前 高 田 市 震 災 復 興 計 画 ( 素 案 )について はじめに 震 災 復 興 計 画 策 定 にあたって 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 11 日 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 地 震 と 想 定 外 の 大 津 波 により かけが えのない 尊 い 生 命 と 財 産 これまで 築 き 上 げてきた 歴 史 的 文 化 的 財

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199906C8E968D7390AD82CC8FF38BB58CF6955C816995BD90AC3233944E9378816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199906C8E968D7390AD82CC8FF38BB58CF6955C816995BD90AC3233944E9378816A2E646F63> 南 丹 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 南 丹 市 条 例 第 59 号 )の 規 定 に 基 づき 平 成 23 年 度 における 南 丹 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 公 表 する 南 丹 市 長 佐 々 木 稔 納 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 ⑴ 職 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

3. 太 田 福 祉 記 念 会 地 域 貢 献 事 業 継 続 地 域 密 着 支 援 事 業 法 人 理 念 の 一 つ 地 域 福 祉 の 向 上 に 貢 献 するため 特 に 法 人 施 設 が 立 地 する 地 域 ( 熱 海 町 湖 南 町 深 沢 )の 求 めるニーズを 洗 い 出 し

3. 太 田 福 祉 記 念 会 地 域 貢 献 事 業 継 続 地 域 密 着 支 援 事 業 法 人 理 念 の 一 つ 地 域 福 祉 の 向 上 に 貢 献 するため 特 に 法 人 施 設 が 立 地 する 地 域 ( 熱 海 町 湖 南 町 深 沢 )の 求 めるニーズを 洗 い 出 し 社 会 福 祉 法 人 太 田 福 祉 記 念 会 平 成 25 年 度 事 業 計 画 理 念 一 私 たちは 利 用 者 の 人 権 を 尊 び 安 らぎと 生 きがいづくりに 努 めます 一 私 たちは 地 域 福 祉 の 向 上 を 目 指 し 保 健 医 療 福 祉 の 連 携 をすすめます 一 私 たちは 常 に 専 門 職 として 愛 の 心 と 技 術 の 向 上 に 努 めます 平

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

議 案 第 7 号 社 会 福 祉 法 人 さいたま 市 社 会 福 祉 協 議 会 職 員 退 職 手 当 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について 議 案 第 8 号 社 会 福 祉 法 人 さいたま 市 社 会 福 祉 協 議 会 経 理 規 則 の 一 部 を 改

議 案 第 7 号 社 会 福 祉 法 人 さいたま 市 社 会 福 祉 協 議 会 職 員 退 職 手 当 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について 議 案 第 8 号 社 会 福 祉 法 人 さいたま 市 社 会 福 祉 協 議 会 経 理 規 則 の 一 部 を 改 平 成 27 年 度 社 会 福 祉 法 人 さいたま 市 社 会 福 祉 協 議 会 事 業 報 告 会 務 の 運 営 1. 理 事 会 の 開 催 第 53 回 理 事 会 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 平 成 27 年 5 月 22 日 ( 金 ) 出 席 理 事 16 名 議 案 第 1 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 を 求

More information

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象 平 成 27 年 度 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 委 託 仕 様 書 1. 事 業 名 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 2. 事 業 の 目 的 本 事 業 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 )に 基 づき 生 活 困 窮 者 が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援

More information

第 28 節 学 校 等 における 応 急 対 策 -------------------------------------------- 349 第 29 節 文 化 財 応 急 対 策 ---------------------------------------------------- 3

第 28 節 学 校 等 における 応 急 対 策 -------------------------------------------- 349 第 29 節 文 化 財 応 急 対 策 ---------------------------------------------------- 3 第 1 編 震 災 等 共 通 対 策 第 3 章 災 害 応 急 対 策 災 害 応 急 対 策 タイムスケジュール ------------------------------------------------- 156 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 計 画 -------------------------------------- 163 第 2 節 地 震 津

More information

1. 事 業 方 針 平 成 26 年 度 の 市 川 市 の 高 齢 化 率 は 19.7%と 予 測 されており 人 口 の5 人 にひとり が65 歳 以 上 という 時 代 を 迎 えました 住 み 慣 れた 場 所 で 健 康 で 心 豊 かに 暮 らすこと ができる 地 域 社 会 の

1. 事 業 方 針 平 成 26 年 度 の 市 川 市 の 高 齢 化 率 は 19.7%と 予 測 されており 人 口 の5 人 にひとり が65 歳 以 上 という 時 代 を 迎 えました 住 み 慣 れた 場 所 で 健 康 で 心 豊 かに 暮 らすこと ができる 地 域 社 会 の 平 成 26 年 度 事 業 計 画 社 会 福 祉 法 人 市 川 市 社 会 福 祉 協 議 会 1. 事 業 方 針 平 成 26 年 度 の 市 川 市 の 高 齢 化 率 は 19.7%と 予 測 されており 人 口 の5 人 にひとり が65 歳 以 上 という 時 代 を 迎 えました 住 み 慣 れた 場 所 で 健 康 で 心 豊 かに 暮 らすこと ができる 地 域 社 会 の

More information

公 益 事 業 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 業 者 等 との 連 絡 調 整 を

公 益 事 業 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 業 者 等 との 連 絡 調 整 を Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 鮫 川 福 祉 会 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 7 年 4 月 1 日 現 在 96-8407 福 島 県 東 白 川 郡 鮫 川 村 大 字 赤 坂 西 野 字 岡 田 59 番 地 1 電 話 番 号 047-49 - 0 FAX 番

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

genkyo

genkyo Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 氏 名 藤 井 信 吾 市 取 手 市 社 会 福 祉 事 業 団 年 齢 / 非 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 56 歳 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 8 年 月 1 日 現 在 3-39 茨 城 県 取 手 市 ゆめみ 野 3 丁 目 3 番 地 1 電 話 番 号

More information

住 民 参 加 型 事 業 訪 問 介 護 事 業 出 口 配 食 サービス 事 業 地 域 福 祉 担 当 事 業 すずかけ 社 協 の 原 点 は できる 限 り 住 み 慣 れた 地 域 で ボランティア センター 事 業 成 年 後 見 支 援 事 業 暮 らし 続 けることを 支 える と

住 民 参 加 型 事 業 訪 問 介 護 事 業 出 口 配 食 サービス 事 業 地 域 福 祉 担 当 事 業 すずかけ 社 協 の 原 点 は できる 限 り 住 み 慣 れた 地 域 で ボランティア センター 事 業 成 年 後 見 支 援 事 業 暮 らし 続 けることを 支 える と 第 5 期 地 域 福 祉 活 動 計 画 体 系 基 本 理 念 ノーマライゼーション の 具 現 化 (ソーシャル インクルージョンのコ ミュニティ)を 目 指 し ます 基 本 目 標 みんなが 認 めあい つ ながりあい 支 えあう 心 を 育 むまちづくりを 目 指 します 領 域 1 人 づくり みんなが 主 人 公 になる 地 域 づくり 領 域 2 情 報 発 信 領 域 3 場 づくり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63> 公 立 幼 稚 園 のあり 方 について( 方 針 ) 平 成 19 年 7 月 いわき 市 教 育 委 員 会 目 次 1 これまでの 公 立 幼 稚 園 P.1 2 今 後 の 公 立 幼 稚 園 の 役 割 について P.1 ⑴ 公 立 幼 稚 園 と 私 立 幼 稚 園 の 役 割 ⑵ 障 がい 児 統 合 保 育 ⑶ 幼 保 連 携 への 対 応 ⑷ 子 育 て 支 援 の 推 進 3 公

More information

0 001212 112468 1 10 2 11 12 13 3 14 15 ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ 4 ⑵ 5 6 ⑴ ⑴ ⑴ ⑵ 7 ⑶ ⑷ ⑵ ⑴ 8 ⑵ ⑴ 9 ⑴ ⑵ ⑴ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ 10 11 ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑵ ⑷ ⑸ ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ 12 ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ 13 ⑶ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ 14 ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ 15

More information

-2 -

-2 - -1 - -2 - ⑴ ⑵ -3 - ⑶ -4 - ⑴ ⑵ ⑶ -5 - ⑷ 6,268 16 23,256,247.299 39.48 8,385. 34 35 2 2,117. 34 4 3,936 8 16,544,761.1 28.8 5,625. 927 35 14 1,689. 927 6 872 6 7,765,329.122 13.18 3,83. 554 17 7 2,211. 554

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

(3) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) (4) 図 書 館 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 118 号 ) (5) 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 ) (6) 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平

(3) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) (4) 図 書 館 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 118 号 ) (5) 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 ) (6) 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 寒 川 総 合 図 書 館 寒 川 文 書 館 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 本 仕 様 書 は 寒 川 総 合 図 書 館 寒 川 文 書 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 に 基 づき 寒 川 町 ( 以 下 町 という )が 指 定 管 理 者 に 要 求 する 管 理 運 営 業 務 の 基 準 を 示 すものです 寒 川 総 合 図 書 館 ( 以 下 図 書 館 という

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

1 本 市 基 準 の 基 本 的 な 考 え 方 ⑴ 国 基 準 を 下 回 る 基 準 は 定 めない 国 基 準 ( 対 応 方 針 案 )については, 基 本 的 に 現 行 施 設 事 業 の 基 準 を 引 き 継 いでおり, 現 行 の 水 準 が 確 保 されていると 判 断 でき

1 本 市 基 準 の 基 本 的 な 考 え 方 ⑴ 国 基 準 を 下 回 る 基 準 は 定 めない 国 基 準 ( 対 応 方 針 案 )については, 基 本 的 に 現 行 施 設 事 業 の 基 準 を 引 き 継 いでおり, 現 行 の 水 準 が 確 保 されていると 判 断 でき 京 都 市 において 定 める 施 設 事 業 の 認 可 基 準 等 について 資 料 3 京 都 市 において 定 める 施 設 事 業 ( 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 事 業 )の 認 可 基 準 等 に 関 して,1 基 本 的 な 考 え 方,2 個 別 の 施 設 事 業 の 基 準 について, 幼 児 教 育 保 育 部 会 に 意 見 を 求 めるものです

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

吉 野 町 第 4 期 障 害 福 祉 計 画 平 成 27 年 3 月 吉 野 町 目 次 第 1 章 計 画 策 定 にあたって 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 (1) 制 度 改 正 の 流 れ 3 (2) 第 4 期 障 害 福 祉 計 画 について 4 2 計 画 の 性 格 及 び 位 置 づけ 5 (1) 計 画 の 性 格 5 (2) 計 画 の 位 置 づけ 5 3 計

More information

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成 姫 監 公 表 第 1 号 平 成 2 5 年 1 月 2 5 日 姫 路 市 監 査 委 員 井 神 曉 同 小 林 茂 信 住 民 監 査 請 求 ( 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 につ い て ) に 係 る 監 査 の 結 果 に つ い て 平 成 24 年 11 月 30 日 に 受 付 し た 地 方 自 治 法 第 2 4 2 条 第 1 項

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

職員研修業務委託仕様書

職員研修業務委託仕様書 Ⅰ 基 本 的 事 項 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 仕 様 書 1 事 業 名 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 2 委 託 期 間 契 約 の 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 3 履 行 場 所 流 山 市 平 和 台 1 丁 目 1 番 地 の1ほか 流 山 市 指 定 場 所 4 業 務 の 目 的 本 業 務 委 託 は 民 間 事 業 者 (

More information

会 務 運 営 と 連 絡 調 整 H26.5.29 (9) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 に 基 づく 本 会 ( 居 宅 介 重 度 訪 問 介 ) 運 営 規 程 ( 同 行 援 ) 運 営 規 程 の 一 (10) 本

会 務 運 営 と 連 絡 調 整 H26.5.29 (9) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 に 基 づく 本 会 ( 居 宅 介 重 度 訪 問 介 ) 運 営 規 程 ( 同 行 援 ) 運 営 規 程 の 一 (10) 本 平 成 26 年 度 社 会 法 人 嬬 恋 村 社 会 協 議 会 事 業 報 告 1 総 括 急 速 な 少 子 高 齢 化 や 将 来 的 な 人 口 減 少 単 身 世 帯 の 増 加 に 伴 い 地 域 社 会 や 家 庭 の 様 相 は 大 きく 変 容 し 地 域 に 根 付 いていた 互 助 の 精 神 の 希 薄 化 が 進 む 中 地 域 社 会 のあり 方 が 様 変 わりしています

More information

申 告 書 の 作 成 手 順 ( 特 定 課 税 仕 入 れがない 場 合 ) 申 告 書 の 作 成 は 次 の 手 順 で 行 います 課 税 標 準 額 及 び 消 費 税 額 の 計 算 控 除 対 象 仕 入 税 額 等 の 計 算 付 表 2 の 作 成 納 付 ( 還 付 ) 税 額

申 告 書 の 作 成 手 順 ( 特 定 課 税 仕 入 れがない 場 合 ) 申 告 書 の 作 成 は 次 の 手 順 で 行 います 課 税 標 準 額 及 び 消 費 税 額 の 計 算 控 除 対 象 仕 入 税 額 等 の 計 算 付 表 2 の 作 成 納 付 ( 還 付 ) 税 額 法 人 用 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 書 ( 一 般 用 )の 書 き 方 税 務 署 この 書 き 方 では 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 書 ( 一 般 用 ) 及 び 別 表 特 定 課 税 仕 入 れがある 場 合 の 課 税 標 準 額 等 の 内 訳 書 と こ れ に 添 付 す る 付 表 2 課 税 売 上 割 合 控 除 対 象 仕

More information

目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推 計 1 5 作 手 地 域 の 課 題 2 6 まちづくり 計 画 3 まちづくりの 目 標 3 まちづくりのスローガン 3 まちづくりの

目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推 計 1 5 作 手 地 域 の 課 題 2 6 まちづくり 計 画 3 まちづくりの 目 標 3 まちづくりのスローガン 3 まちづくりの 作 手 地 域 まちづくり 計 画 ~ 手 をつなぎ 作 ろう 未 来 の ふるさと 作 手 ~ 手 前 鬼 久 保 ふれあい 広 場 から 北 に 広 がる 作 手 高 原 平 成 27 年 10 月 新 城 市 作 手 地 域 自 治 区 目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378> 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 本 要 領 は 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 に 係 る 契 約 の 相 手 方 となる 事 業 者 の 選 定 にあたり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 める 2 業 務 名 高 島 市 民 病

More information