開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究"

Transcription

1 第 3 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 利 用 行 為 の 基 準 ( 開 発 事 業 の 遵 守 基 準 ) 第 30 条 市 街 化 調 整 区 域 内 において 開 発 事 業 ( 区 域 の 面 積 が 3,000 平 方 メートル 以 上 の 建 築 物 系 の 開 発 事 業 又 は 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 に 限 る 以 下 この 条 において 同 じ )を 行 う 土 地 利 用 行 為 者 は 第 1 節 に 規 定 するも ののほか 次 に 掲 げる 基 準 を 遵 守 しなければならない (1) 建 築 物 系 の 開 発 事 業 は 次 に 掲 げる 内 容 に 該 当 するものであること ただし 既 存 建 築 物 の 建 替 えを 目 的 とする 建 築 物 系 の 開 発 事 業 の 場 合 で 市 長 が 特 にやむを 得 ないと 認 めるときは この 限 りでない この 場 合 において 市 長 は 土 地 利 用 調 整 審 議 会 の 意 見 を 聴 かなければならない ア 研 究 施 設 ( 自 然 科 学 社 会 科 学 又 は 人 文 科 学 に 関 する 研 究 試 験 又 は 検 査 を 行 う 施 設 をいう 以 下 同 じ ) 研 究 開 発 型 施 設 ( 研 究 開 発 部 門 を 有 する 物 品 の 製 造 加 工 又 は 処 理 を 行 う 施 設 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 研 修 施 設 ( 研 究 施 設 又 は 研 究 開 発 型 施 設 に 従 事 する 者 の 養 成 研 修 等 を 行 う 施 設 をいう 以 下 同 じ ) の 建 設 ( 増 設 を 含 む 以 下 同 じ ) イ 教 育 施 設 ( 学 校 教 育 法 に 規 定 する 学 校 専 修 学 校 及 び 各 種 学 校 並 びに 職 業 訓 練 校 等 の 施 設 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 文 化 施 設 の 建 設 ウ 社 会 福 祉 施 設 ( 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 ) 第 2 条 に 規 定 する 社 会 福 祉 事 業 の 用 に 供 する 施 設 をいう ) 介 護 老 人 保 健 施 設 又 は 医 療 施 設 ( 医 療 法 第 1 条 の5 及 び 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所 をいう )の 建 設 エ アからウまでに 掲 げるもののほか 市 街 化 を 促 進 するおそれのない 施 設 で 特 に 市 街 化 調 整 区 域 に 立 地 することがやむを 得 ないと 認 められる 規 則 で 定 めるものの 建 設 (2) 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 は 次 に 掲 げる 内 容 に 該 当 するものであること ア スポーツ レクリエーション 施 設 ( 土 地 そのものを 施 設 の 主 たる 構 成 要 素 とするスポーツ 又 はレクリ エーションの 用 に 供 する 施 設 (ゴルフ 場 を 除 く )をいう 以 下 同 じ )の 設 置 イ 墓 地 等 の 設 置 ウ 岩 石 等 採 取 場 ( 岩 石 砂 利 ( 砂 及 び 玉 石 を 含 む ) 又 は 土 の 採 取 の 用 に 供 する 場 所 をいう 以 下 同 じ ) の 設 置 エ 発 生 土 処 分 場 等 ( 工 事 等 に 伴 って 生 じた 土 砂 等 の 処 分 ( 規 則 で 定 めるものを 除 く )の 用 に 供 する 場 所 その 他 規 則 で 定 める 場 所 をいう )の 設 置 オ 廃 棄 物 処 理 施 設 ( 廃 棄 物 の 分 別 保 管 積 替 え 再 生 処 分 等 を 行 うための 施 設 をいう )の 設 置 カ アからオまでに 掲 げるもののほか 土 地 そのものを 主 たる 構 成 要 素 とする 施 設 で 規 則 で 定 めるもの の 設 置 (3) 当 該 開 発 事 業 を 行 うために 必 要 な 能 力 資 力 等 を 備 えていると 認 められる 者 であること (4) 開 発 事 業 ( 墓 地 等 の 設 置 を 除 く 以 下 この 号 において 同 じ )の 区 域 には 原 則 として 次 の 区 域 等 を 含 ま ないこと ただし 公 共 性 又 は 公 益 性 の 高 い 事 業 に 係 る 開 発 事 業 であって 当 該 区 域 等 の 指 定 理 由 と 当 該 開 発 事 業 の 公 共 及 び 公 益 上 の 必 要 性 を 比 較 して 特 にやむを 得 ないと 認 められる 事 情 が 存 する 場 合 又 は 当 該 開 発 事 業 に 着 手 するときまでに 当 該 区 域 等 の 指 定 が 解 除 されることが 確 実 と 認 められる 場 合 その 他 市 長 が 特 に 必 要 と 認 める 場 合 は この 限 りでない この 場 合 において 市 長 は 土 地 利 用 調 整 審 議 会 の 意 見 を 聴 かな ければならない ア 自 然 環 境 保 全 地 域 イ 近 郊 緑 地 保 全 区 域 ウ 特 別 緑 地 保 全 地 区 エ 保 安 林 及 び 保 安 施 設 地 区 オ 農 用 地 区 域 カ 史 跡 名 勝 天 然 記 念 物 の 保 全 に 影 響 を 及 ぼす 区 域 (5) 開 発 事 業 の 規 模 及 び 面 積 は 開 発 事 業 の 目 的 を 実 現 するために 必 要 かつ 最 小 限 のものとし 当 該 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 は 次 表 の 左 欄 に 掲 げる 開 発 事 業 の 内 容 に 応 じ それぞれ 同 表 の 右 欄 に 掲 げる 基 準 に 従 うもの とすること ただし 規 則 で 定 める 場 合 は この 限 りでない

2 開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究 施 設 又 は 研 究 開 発 型 施 設 との 複 合 施 設 については 20ヘクタール 以 上 とする ことができる 1 5ヘクタール 以 上 2 教 育 施 設 ( 大 学 を 除 く )は 20ヘクタール 未 満 スポーツ レクリエーション 施 設 の 設 置 1 5ヘクタール 未 満 ただし 複 数 の 種 類 の 施 設 ( 一 の 種 類 の 施 設 の 用 に 供 する 区 域 の 面 積 が5ヘクタール 未 満 であるものに 限 る )を 有 するスポーツ レクリエーション 施 設 であって か つ 当 該 区 域 の 状 況 開 発 事 業 全 体 の 内 容 地 域 の 事 情 等 を 勘 案 して 特 段 の 事 情 があると 認 められるものは 5ヘクタール 以 上 とすることができる 2 区 域 内 に 建 築 物 であるスポーツ 施 設 ( 規 則 で 定 めるものを 除 く )を 設 置 するものの 開 発 事 業 の 区 域 は 4ヘクタール 以 上 墓 地 等 の 設 置 20ヘクタール 未 満 (6) 規 則 で 定 める 基 準 に 従 い 開 発 事 業 の 区 域 における 施 設 の 整 備 及 び 土 地 の 造 成 を 行 うこと (7) 開 発 事 業 ( 岩 石 等 採 取 場 の 設 置 その 他 土 地 利 用 目 的 の 一 時 的 な 変 更 を 行 う 開 発 事 業 を 除 く 以 下 この 号 に おいて 同 じ )の 区 域 内 においては 次 表 の 左 欄 に 掲 げる 開 発 事 業 の 種 別 に 応 じ それぞれ 同 表 の 中 欄 又 は 右 欄 に 掲 げる 割 合 の 緑 地 を 規 則 で 定 める 方 法 により 確 保 すること ただし 規 則 で 定 める 場 合 は この 限 り でない 区 域 面 積 1ヘクタール 以 上 1ヘクタール 未 満 開 発 事 業 の 種 別 建 築 物 系 の 開 発 事 業 35パーセント 以 上 ( 開 発 事 業 の 区 域 の 2 分 の1 以 上 が 樹 林 地 であるときは 40パーセント 以 上 とする ) 20パーセント 以 上 ( 開 発 事 業 の 区 域 の 2 分 の1 以 上 が 樹 林 地 であるときは 25パーセント 以 上 とする ) 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 25パーセント 以 上 ( 開 発 事 業 の 区 域 の 2 分 の1 以 上 が 樹 林 地 であるときは 30パーセント 以 上 とし 墓 地 等 の 設 置 にあっては35 パーセント 以 上 とす る ) 15パーセント 以 上 ( 開 発 事 業 の 区 域 の 2 分 の1 以 上 が 樹 林 地 であるときは 20パーセント 以 上 とし 墓 地 等 の 設 置 に あ っ て は 35パ ー セ ン ト 以 上 と す る ) (8) 規 則 で 定 める 基 準 に 従 い 次 に 掲 げる 事 項 について 配 慮 すること ア 自 然 環 境 及 び 生 活 環 境 に 及 ぼす 影 響 イ 社 会 的 経 済 的 及 び 文 化 的 状 況 に 及 ぼす 影 響 (9) 前 各 号 に 定 めるもののほか 開 発 事 業 の 種 別 及 び 内 容 ごとに 規 則 で 定 める 個 別 基 準 に 適 合 すること 趣 旨 本 条 は 良 好 な 自 然 環 境 の 保 全 と 農 林 漁 業 の 振 興 を 図 り 市 街 化 を 抑 制 すべき 市 街 化 調 整 区 域 内 において 土 地 利 用 行 為 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 最 小 限 の 開 発 事 業 とするための 基 準 を 設 けている この 基 準 を 設 ける 趣 旨 は 市 街 化 調 整 区 域 内 においても 土 地 利 用 が 容 認 されることとなる 教 育 文 化 活 動 の 支 援 産 業 活 動 の 活 性 化 生 活 環 境 の 整 備 などについて 一 定 の 配 慮 をする 必 要 があるためであり 区 域 の 面 積 が 3,000 m2 以 上 となる 開 発 事 業 について 本 条 例 第 2 章 第 1 節 で 規 定 する 土 地 利 用 の 遵 守 基 準 に 加 えて 市 街 化 調 整 区 域 内

3 における 開 発 事 業 の 遵 守 基 準 を 設 けるものである 本 条 の 内 容 は 神 奈 川 県 土 地 利 用 調 整 条 例 第 6 条 に 基 づく 神 奈 川 県 土 地 利 用 調 整 条 例 審 査 指 針 等 に 定 められた 内 容 に 準 拠 し 明 確 化 を 図 ったものである 審 査 指 針 に 準 拠 した 理 由 は その 定 める 内 容 が 県 内 の 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 秩 序 ある 土 地 利 用 に 貢 献 してきた 実 績 を 踏 まえたものである なお 神 奈 川 県 土 地 利 用 調 整 条 例 は 市 街 化 調 整 区 域 内 で 規 制 誘 導 を 行 う 開 発 事 業 の 規 模 を1ha 以 上 としてい るが 本 条 例 では 対 象 となる 開 発 事 業 の 規 模 を 3,000m2 以 上 とし よりきめ 細 かな 規 制 誘 導 を 行 うものである 解 釈 運 用 1 第 1 号 は 本 条 の 趣 旨 に 即 した 建 築 物 系 の 開 発 事 業 について 認 められる 内 容 を 限 定 的 に 列 挙 している 本 号 により 認 められる 建 築 物 系 の 開 発 事 業 は 主 として 建 築 物 の 建 築 を 目 的 とする 次 の(1)から(4)までに 掲 げ る 内 容 に 該 当 するものでなければならない ただし 既 存 建 築 物 の 建 替 えを 目 的 とする 建 築 物 系 の 開 発 事 業 の 場 合 で 市 長 が 特 にやむを 得 ないと 認 めると きはこの 限 りではない 市 長 が 特 にやむを 得 ないと 認 めるとき とは 市 街 化 調 整 区 域 指 定 前 から 建 築 されて いる 建 築 物 や 都 市 計 画 法 上 の 許 可 を 得 て 建 築 された 建 築 物 の 建 替 えを 目 的 とする 開 発 事 業 に 該 当 する 場 合 であ る なお 適 用 除 外 の 判 断 に 当 たっては 市 長 は 公 正 な 判 断 を 確 保 するため 土 地 利 用 調 整 審 議 会 ( 土 地 利 用 基 本 条 例 第 13 条 第 1 項 第 1 号 )の 意 見 を 聴 くものとする (1)アの 研 究 施 設 とは 自 然 科 学 社 会 科 学 又 は 人 文 科 学 に 関 する 研 究 試 験 又 は 検 査 を 行 う 施 設 が 該 当 す る 研 究 開 発 型 施 設 とは 研 究 開 発 部 門 を 有 する 物 品 の 製 造 加 工 又 は 処 理 を 行 う 施 設 が 該 当 し その 機 能 は 研 究 が 主 たるものであることを 要 し 生 産 機 能 が 主 たるものは 当 然 のことながら 除 外 される つまり 研 究 目 的 を 名 目 に 実 質 的 には 工 場 と 変 わらないような 施 設 が 立 地 されることがないよう 研 究 開 発 型 施 設 を 研 究 施 設 とは 区 別 し 明 確 に 定 義 付 けるものである 研 究 開 発 型 施 設 において 行 われる 物 品 の 製 造 加 工 又 は 処 理 は 研 究 開 発 部 門 と 密 接 に 連 携 して 行 われる 試 作 品 の 製 造 等 に 限 り 認 められる 研 修 施 設 とは 研 究 施 設 又 は 研 究 開 発 型 施 設 に 従 事 する 者 の 養 成 研 修 等 を 行 うために 必 要 な 器 具 機 材 等 を 備 えた 施 設 が 該 当 し 単 なる 会 議 室 だけの 施 設 や 営 業 社 員 等 のための 研 修 施 設 は 含 まない (2)イの 教 育 施 設 とは 学 校 教 育 法 に 規 定 する 学 校 ( 大 学 短 期 大 学 高 等 学 校 中 学 校 小 学 校 幼 稚 園 養 護 学 校 等 ) 専 修 学 校 及 び 各 種 学 校 並 びに 職 業 訓 練 校 等 の 施 設 が 該 当 する 文 化 施 設 とは 図 書 館 博 物 館 美 術 館 資 料 館 劇 場 音 楽 堂 等 の 施 設 である (3)ウの 社 会 福 祉 施 設 とは 社 会 福 祉 法 第 2 条 に 規 定 する 社 会 福 祉 事 業 の 用 に 供 する 施 設 が 該 当 する 介 護 老 人 保 健 施 設 とは 介 護 保 険 法 第 8 条 第 25 項 に 規 定 する 要 介 護 者 に 対 し 看 護 医 学 的 管 理 の 下 に おける 介 護 及 び 機 能 訓 練 その 他 必 要 な 医 療 並 びに 日 常 生 活 上 の 世 話 を 行 うことを 目 的 とする 施 設 が 該 当 す る 医 療 施 設 とは 医 療 法 第 1 条 の5 及 び 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所 である (4)エの 規 則 で 定 めるもの( 施 設 ) とは 以 下 に 掲 げる 施 設 が 該 当 する( 本 条 例 施 行 規 則 第 15 条 ) 1 都 市 計 画 法 第 29 条 第 1 項 第 2 号 及 び 第 3 号 に 規 定 する 開 発 行 為 に 係 る 施 設 これらの 施 設 は いずれも 開 発 許 可 等 を 得 ることなく 建 築 できる 施 設 であることから 本 条 例 において も 整 合 を 図 り これらの 施 設 の 建 設 を 目 的 とする 開 発 事 業 を 認 める ア 都 市 計 画 法 第 29 条 第 1 項 第 2 号 の 施 設 農 林 漁 業 の 用 に 供 する 施 設 やこれらの 業 を 営 む 者 の 住 宅 などで 農 林 漁 業 との 適 正 な 調 整 を 図 るとい う 市 街 化 調 整 区 域 の 趣 旨 から 立 地 することがやむを 得 ないものであり 実 態 的 にも 市 街 化 を 促 進 する おそれがないこと イ 都 市 計 画 法 第 29 条 第 1 項 第 3 号 の 施 設 鉄 道 施 設 変 電 所 電 話 電 気 水 道 ガス 等 の 公 益 上 必 要 な 施 設 で これらは 都 市 生 活 に 必 要 不 可 欠 であり ほとんどが 国 や 地 方 公 共 団 体 若 しくはこれらに 準 ずる 法 人 が 設 置 主 体 であるとともに 設 置 に 関 する 管 理 法 があり 一 般 的 に 市 街 化 を 促 進 するおそれがないこと 2 都 市 計 画 法 第 34 条 各 号 に 規 定 する 開 発 行 為 に 係 る 施 設 これらの 施 設 は 農 林 水 産 物 の 処 理 貯 蔵 加 工 の 施 設 中 小 企 業 の 共 同 化 等 の 施 設 ガソリンスタン

4 ドなどの 沿 道 サービス 施 設 収 用 対 象 事 業 により 移 転 する 施 設 等 で 市 街 化 促 進 の 防 止 の 観 点 から 許 容 し 得 るものとして 開 発 許 可 等 により 立 地 が 認 められている したがって 本 条 例 においても 当 該 施 設 の 建 設 を 目 的 とする 開 発 事 業 を 認 めるものである 3 都 市 計 画 法 第 34 条 の2 第 1 項 に 規 定 する 開 発 行 為 に 係 る 施 設 国 県 本 市 などの 公 的 機 関 が 建 設 するもので これらは 都 市 計 画 法 上 の 要 請 と 調 和 したかたちで 設 置 されるものであり 市 街 化 を 促 進 するおそれがなく 市 街 化 調 整 区 域 に 立 地 することがやむを 得 ないもの であること 2 第 2 号 は 本 条 の 趣 旨 に 即 した 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 について 認 められる 内 容 を 限 定 的 に 列 挙 している 本 号 により 認 められる 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 は 土 地 そのものを 主 たる 構 成 要 素 とする 次 の(1)から(6)まで に 該 当 するものでなければならない (1)アの スポーツ レクリエーション 施 設 とは 市 民 の 健 康 保 持 増 進 等 に 資 するものであって 土 地 そ のものを 主 たる 構 成 要 素 とするスポーツ 又 はレクリエーションの 用 に 供 する 施 設 が 該 当 する したがって ここでは 体 育 館 等 の 建 設 を 主 たる 目 的 とする 開 発 事 業 は 該 当 しない なお 神 奈 川 県 は 県 内 の 土 地 利 用 のバランスや 緑 の 保 全 等 の 観 点 からゴルフ 場 の 建 設 を 凍 結 している( 昭 和 48 年 1 月 決 定 )ことも 踏 まえ 市 街 化 調 整 区 域 内 の 自 然 環 境 の 保 全 を 図 るため 本 条 例 においては ゴ ルフ 場 の 立 地 を 認 めない (2)イの 墓 地 等 には ペット 霊 園 が 含 まれる ペット 霊 園 には 墓 地 埋 葬 等 に 関 する 法 律 が 適 用 さ れないが 土 地 利 用 の 形 態 や 周 辺 環 境 に 及 ぼす 影 響 が 墓 地 と 類 似 していることから 墓 地 と 同 様 に 本 条 を 適 用 するものである (3)ウの 岩 石 等 採 取 場 とは 岩 石 砂 利 ( 砂 及 び 玉 石 を 含 む) 又 は 土 の 採 取 の 用 に 供 する 場 所 が 該 当 する (4)エの 発 生 土 処 分 場 等 とは 次 の1から3に 掲 げる 場 所 が 該 当 する 1 工 事 等 に 伴 って 生 じた 土 砂 等 の 処 分 の 用 に 供 する 場 所 2 駐 車 場 資 材 置 場 等 の 設 置 に 伴 う 場 合 で 実 質 的 に 発 生 土 処 分 場 と 同 様 と 認 められるもの( 本 条 例 施 行 規 則 第 16 条 第 2 項 第 1 号 ) 駐 車 場 資 材 置 場 等 を 設 置 するために 土 砂 等 を 搬 入 する 場 合 は 発 生 土 処 分 場 と 実 質 的 に 同 様 の 役 割 や 機 能 を 果 たす 場 合 が 尐 なくないことから これに 発 生 土 処 分 場 の 基 準 を 適 用 する 3 農 地 以 外 の 土 地 において 農 地 として 使 用 することを 目 的 に 造 成 するもの( 本 条 例 施 行 規 則 第 16 条 第 2 項 第 2 号 ) 現 況 農 地 において 農 地 造 成 を 行 う 場 合 は 本 条 例 の 適 用 除 外 となるが( 本 条 例 第 3 条 第 5 号 参 照 ) 農 地 以 外 の 土 地 を 農 地 とする 場 合 は 造 成 のためとはいえ 当 該 地 に 大 量 の 土 砂 等 を 処 分 することになるため 発 生 土 処 分 場 の 基 準 を 適 用 する ただし 土 砂 等 を 処 分 する 場 合 であっても 次 に 掲 げる 施 設 は 発 生 土 処 分 場 等 に 含 めない( 本 条 例 施 行 規 則 第 16 条 第 1 項 ) 1 岩 石 等 の 採 取 場 の 復 元 岩 石 等 の 採 取 場 の 復 元 は 採 取 場 の 設 置 段 階 で 本 条 例 を 適 用 し 適 正 な 土 地 利 用 を 確 保 していることや 復 元 という 趣 旨 から 発 生 土 処 分 場 等 に 含 めない( 当 該 行 為 ができないのではなく 条 例 の 対 象 外 とする ものである ) 2 条 例 第 30 条 第 1 号 及 び 第 2 号 に 規 定 する 開 発 事 業 ( 発 生 土 処 分 場 等 の 設 置 を 除 く )に 伴 う 土 地 の 造 成 のために 行 う 土 砂 等 の 処 分 開 発 事 業 ( 建 築 物 系 非 建 築 物 系 )に 伴 う 土 地 の 造 成 を 行 うための 土 砂 等 の 処 分 は 当 該 開 発 事 業 に 係 る 本 条 例 の 基 準 が 適 用 されるため 発 生 土 処 分 場 等 としては 取 り 扱 わない (6)オの 廃 棄 物 処 理 施 設 とは 廃 棄 物 の 分 別 保 管 積 替 え 再 生 処 分 等 を 行 うための 施 設 が 該 当 し 収 集 運 搬 に 伴 う 積 替 え 保 管 施 設 も 含 まれる なお 本 号 は 土 地 そのものを 主 たる 構 成 要 素 とする 施 設 を 対 象 としており 廃 棄 物 処 理 工 場 のような 建 築 物 に 該 当 するものは 含 まれない (7)カの 規 則 で 定 めるもの( 施 設 ) とは 駐 車 場 資 材 置 場 太 陽 光 発 電 設 備 及 びその 附 属 設 備 風 力 発 電 設 備 及 びその 附 属 設 備 送 電 施 設 その 他 これらに 類 する 施 設 が 該 当 し それらを 管 理 するための 施 設 も 含

5 まれる( 本 条 例 施 行 規 則 第 17 条 ) 3 第 3 号 は 土 地 利 用 行 為 者 が 必 要 な 能 力 資 力 等 を 備 えていることを 開 発 事 業 を 実 施 するための 要 件 として 設 けている この 基 準 は 土 地 利 用 行 為 者 が 土 地 利 用 調 整 基 準 に 適 合 した 適 正 な 開 発 事 業 を 完 遂 させるため のものである 仮 に 土 地 利 用 行 為 者 に 能 力 等 が 欠 け 開 発 事 業 が 着 手 後 放 置 されるような 事 態 が 発 生 した 場 合 周 辺 環 境 に 及 ぼす 影 響 も 大 きいことから こうしたことを 未 然 に 防 止 しようとするものである なお 能 力 資 力 については 次 に 掲 げる 資 料 等 から 判 断 する 1 目 的 とする 開 発 事 業 の 施 設 の 建 設 設 置 及 び 施 設 の 運 営 維 持 管 理 についての 実 績 とノウハウを 有 するこ ととを 証 するもの 2 目 的 とする 開 発 事 業 を 遂 行 するための 資 金 調 達 に 関 する 書 類 融 資 に 係 る 証 明 書 類 事 業 運 営 に 当 って の 資 金 回 収 に 関 する 書 類 等 で 計 画 性 のあるもの 4 第 4 号 は 特 に 市 街 化 調 整 区 域 内 の 自 然 環 境 等 を 保 全 する 必 要 が 高 い 区 域 をアからカに 掲 げ 開 発 事 業 の 立 地 を 規 制 する 区 域 等 として 設 けるものである 墓 地 等 の 設 置 を 除 いているのは 本 条 例 第 9 条 ( 墓 地 等 の 制 限 ) において 別 途 同 様 の 立 地 規 制 が 規 定 されているためである ア 自 然 環 境 保 全 地 域 イ 近 郊 緑 地 保 全 区 域 ウ 特 別 緑 地 保 全 地 区 エ 保 安 林 及 び 保 安 施 設 地 区 オ 農 用 地 区 域 カ 史 跡 名 勝 天 然 記 念 物 の 保 全 に 影 響 を 及 ぼす 区 域 なお 立 地 規 制 区 域 等 において やむを 得 ないと 認 められる 次 に 掲 げる 開 発 事 業 の 場 合 は 本 号 を 適 用 除 外 す ることとし 適 用 除 外 の 判 断 に 当 たっては 市 長 は 公 正 な 判 断 を 確 保 するため 土 地 利 用 調 整 審 議 会 ( 土 地 利 用 基 本 条 例 第 13 条 第 1 項 第 1 号 )の 意 見 を 聴 くものとする 1 開 発 事 業 に 高 い 公 共 性 又 は 公 益 性 がある 場 合 は 立 地 規 制 区 域 等 の 指 定 理 由 と 当 該 開 発 事 業 の 公 共 及 び 公 益 上 の 必 要 性 を 比 較 衡 量 した 上 で 特 にやむを 得 ないと 認 められる 事 情 が 存 する 場 合 2 開 発 事 業 に 着 手 するときまでに 立 地 規 制 区 域 等 の 指 定 が 解 除 されることが 確 実 と 認 められる 場 合 3 その 他 市 長 が 特 に 必 要 と 認 める 場 合 5 第 5 号 は 開 発 事 業 の 規 模 及 び 面 積 を 開 発 事 業 の 目 的 を 実 現 するために 必 要 最 小 限 のものとするよう 開 発 事 業 の 内 容 に 応 じ 具 体 的 数 値 基 準 として 設 けるものである (1) 研 究 施 設 研 究 型 開 発 施 設 又 は 研 修 施 設 の 区 域 の 面 積 基 準 1 5ha 以 上 としているのは 市 街 地 を 構 成 する 単 位 としてまとまりをもった 面 積 であり 計 画 的 な 市 街 地 を 図 るうえに 最 小 限 必 要 な 単 位 として 考 えられるからである 2 研 修 施 設 を20ha 未 満 としているのは 神 奈 川 県 土 地 利 用 調 整 条 例 に 基 づく 審 査 指 針 と 整 合 を 図 り 開 発 事 業 の 目 的 を 実 現 するための 必 要 最 小 限 のものとする 観 点 から 設 定 したものである ただし 研 修 施 設 を 研 究 施 設 又 は 研 究 開 発 型 施 設 との 複 合 型 のものとするときは 大 規 模 施 設 の 立 地 も 想 定 されることから 区 域 の 面 積 を20ha 以 上 とすることを 容 認 する (2) 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 区 域 の 面 積 基 準 1(1)1と 同 様 2(1)2と 同 様 ただし 大 学 は 研 究 施 設 と 同 様 の 機 能 を 有 することから 区 域 の 面 積 を20ha 以 上 とすることを 容 認 する (3)スポーツ レクリエーション 施 設 の 区 域 の 面 積 基 準 1 5ha 未 満 としているのは 神 奈 川 県 土 地 利 用 調 整 条 例 に 基 づく 審 査 指 針 と 整 合 を 図 るとともに スポー ツ レクリエーション 施 設 が 市 民 の 健 康 保 持 と 増 進 を 目 的 としていることから 当 該 施 設 の 規 模 として 適 切 な 基 準 を 設 けるものである なお 特 段 の 事 情 により 認 められる 複 数 の 種 類 の 施 設 からなる 複 合 的 スポーツ レクリエーション 施 設 に ついては 5ha 以 上 とすることができるが この 場 合 にあっても 個 々の 施 設 の 面 積 基 準 は 原 則 どおり5

6 ha 未 満 に 限 られる 2 区 域 内 に 建 築 物 であるスポーツ 施 設 を 設 置 する 場 合 であるが この 建 築 物 であるスポーツ 施 設 とは 屋 外 の 野 球 場 であってもダッグアウト バックネット 裏 の 放 送 室 スタンド 下 のブルペンなど 屋 内 的 要 素 が 存 在 することから 建 築 物 となってしまう 部 分 を 有 するスポーツ 施 設 をいう また 建 築 物 でないスポー ツ 施 設 (テニスコート サッカー 場 等 )であっても 用 具 を 収 納 する 倉 庫 や 管 理 棟 更 衣 室 便 所 等 施 設 の 運 営 のためにも 最 小 限 の 建 築 物 は 必 要 となる このことから 土 地 の 主 要 目 的 が 土 地 そのものを 利 用 する 施 設 であり 野 球 場 のような 屋 内 を 有 する 建 築 物 であるスポーツ 施 設 を 設 置 することがあっても 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 としてとらえるものである 本 条 に 基 づき 定 める 規 則 では スポーツ レクリエーション 施 設 の 計 画 地 内 に 建 築 物 であるスポーツ 施 設 を 設 置 しようとする 際 の 建 築 面 積 延 べ 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 する 割 合 を 各 々3% 以 内 6% 以 内 とし て 最 高 限 度 を 定 めている( 本 条 例 施 行 規 則 第 24 条 第 4 号 オ(ア)(イ)) なお 区 域 内 に 建 築 物 であるスポーツ 施 設 を 設 置 する 場 合 区 域 の 面 積 が 一 定 規 模 以 下 であると 本 来 設 置 しようとするスポーツ 施 設 を 設 置 することができなくなることから 必 要 な 規 模 となる 数 値 としての 開 発 区 域 の 面 積 を4ha 以 上 とする ただし 打 ち 放 しのゴルフ 練 習 場 はこの 基 準 を 適 用 しない( 本 条 例 施 行 規 則 第 19 条 ) (4) 墓 地 等 の 区 域 の 面 積 基 準 について 20ha 未 満 としているのは 著 しく 規 模 の 大 きい 墓 地 等 の 立 地 が 周 辺 に 与 える 影 響 に 鑑 み 神 奈 川 県 土 地 利 用 調 整 条 例 に 基 づく 審 査 指 針 と 整 合 を 図 ったものである (5)その 他 の 基 準 上 記 のほか 開 発 事 業 について 規 則 で 以 下 のとおり 例 外 を 定 めている( 本 条 例 施 行 規 則 第 18 条 ) 1 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 と 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 との 複 合 施 設 を 建 設 する 場 合 ただし この 場 合 においても 当 該 複 合 施 設 の 用 に 供 する 開 発 事 業 の 区 域 全 体 の 面 積 は5ha 以 上 とするものとす る 本 条 例 上 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 と 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 はそれぞれその 開 発 事 業 の 区 域 面 積 を5ha 以 上 とすることとしている しかし 研 究 施 設 等 と 教 育 施 設 等 を 複 合 施 設 として 設 置 する 場 合 は 開 発 事 業 の 区 域 面 積 を10ha 以 上 とすることは 合 理 的 でないことから この 場 合 は 一 体 の 施 設 とみなし 全 体 面 積 を5ha 以 上 確 保 することとする 2 国 又 は 地 方 公 共 団 体 がスポーツ レクリエーション 施 設 を 設 置 する 場 合 国 や 地 方 公 共 団 体 がスポーツ レクリエーション 施 設 を 設 置 する 場 合 は 広 く 市 民 が 利 用 する 健 康 増 進 施 設 として 公 共 公 益 性 が 著 しく 高 いと 考 えられるため 区 域 面 積 の 規 定 を 適 用 しないことする 6 第 6 号 は 開 発 事 業 により 行 う 施 設 の 整 備 や 土 地 の 造 成 は 豊 かな 自 然 環 境 を 有 する 市 街 化 調 整 区 域 という 土 地 特 性 を 踏 まえ 安 全 上 防 災 上 の 措 置 周 辺 環 境 との 調 和 等 の 措 置 を 講 ずることとし 秩 序 ある 土 地 利 用 の 確 保 のための 基 準 を 具 体 的 に 規 則 で 定 めるものである ( 本 条 例 施 行 規 則 第 20 条 ) 条 例 第 30 条 第 6 号 に 規 定 する 規 則 で 定 める 基 準 は 次 に 掲 げるものとする (1) 土 砂 の 崩 壊 流 出 等 の 防 止 避 難 路 等 の 確 保 その 他 安 全 上 及 び 防 災 上 必 要 な 措 置 を 講 じていること (2) 雤 水 の 流 出 溢 水 等 により 周 辺 地 域 に 支 障 が 生 じないために 必 要 な 調 整 池 排 水 施 設 等 の 整 備 その 他 適 正 な 排 水 計 画 を 立 てていること (3) 建 築 物 等 の 施 設 の 高 さ 形 状 色 彩 等 について 周 辺 地 域 の 環 境 景 観 等 との 調 和 に 配 慮 していること (4) 地 形 の 改 変 は 必 要 最 小 限 にとどめるとともに 造 成 に 伴 う 土 砂 等 を 極 力 開 発 事 業 の 区 域 内 で 処 理 するよ う 計 画 していること やむを 得 ず 相 当 量 の 発 生 土 を 区 域 外 に 搬 出 する 必 要 がある 場 合 は その 処 分 先 の 確 保 の 見 込 みがあること (5) 道 路 水 路 公 園 等 の 必 要 施 設 を 確 保 していること (6) 進 入 路 を 確 保 していること (7) 施 設 の 運 営 に 必 要 な 駐 車 場 を 確 保 していること

7 7 第 7 号 は 開 発 事 業 ( 岩 石 等 採 取 場 の 設 置 その 他 土 地 利 用 目 的 の 一 時 的 な 変 更 を 行 う 開 発 事 業 を 除 く )の 種 別 に 応 じて 区 域 内 における 緑 地 を 確 保 する 基 準 を 定 めるものである 緑 地 確 保 率 は 次 のとおりである 1 建 築 物 系 の 開 発 事 業 にあっては 一 般 的 に 建 築 物 の 建 築 により 自 然 環 境 が 損 なわれる 可 能 性 が 高 いことか ら 緑 地 の 割 合 を 高 く 設 定 しており 区 域 面 積 が1ha 以 上 の 場 合 35% 以 上 1ha 未 満 の 場 合 20% 以 上 とする 2 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 は 土 地 そのものの 利 用 が 主 たる 構 成 要 素 となることから 建 築 物 系 より 緑 地 の 割 合 を 下 げ 区 域 面 積 が1ha 以 上 の 場 合 25% 以 上 1ha 未 満 の 場 合 15% 以 上 とする 3 建 築 物 系 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 とも 開 発 事 業 の 区 域 の2 分 の1 以 上 が 樹 林 地 である 場 合 は それぞれ の 緑 地 確 保 率 に5%を 加 えた 率 とする 4 墓 地 の 設 置 ( 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 )については 1~3にかかわらず 一 律 区 域 面 積 の35% 以 上 とする 5 区 域 面 積 が1ha 以 上 の 学 校 ( 大 学 を 除 く )の 施 設 図 書 館 博 物 館 社 会 福 祉 施 設 介 護 老 人 保 健 施 設 医 療 施 設 等 の 特 に 公 共 公 益 性 が 高 い 施 設 や 市 街 化 調 整 区 域 内 に 立 地 することがやむを 得 ない 施 設 に 係 る 開 発 事 業 は 必 要 な 施 設 の 立 地 を 確 保 するため 1から4の 緑 地 率 確 保 の 例 外 として 25% 以 上 とする ( 本 条 例 施 行 規 則 第 22 条 ) 以 上 の 緑 地 確 保 率 を 満 たすための 具 体 的 緑 地 確 保 方 法 は 次 のとおりとする( 本 条 例 施 行 規 則 第 21 条 ) 1 現 存 する 緑 地 の 面 積 の 算 定 方 法 ア 独 立 している 樹 木 の 場 合 は その 樹 冠 投 影 部 分 の 面 積 とする イ 複 数 の 樹 木 が 接 している 場 合 又 は 一 団 の 樹 林 地 を 形 成 している 場 合 は 外 側 にある 各 樹 木 の 樹 冠 の 投 影 部 分 を 直 線 で 結 んだ 線 及 び 当 該 投 影 部 分 の 外 周 によって 囲 まれた 土 地 ( 形 状 は 別 図 のとおり)の 面 積 とする 2 植 栽 による 緑 地 の 算 定 方 法 ア 次 の 表 の 区 分 に 応 じ それぞれ 同 表 の 右 欄 に 掲 げる 面 積 とする ただし 植 栽 される 樹 木 の 樹 冠 投 影 部 分 の 面 積 が10 平 方 メートルを 超 える 場 合 は 当 該 部 分 の 面 積 とする 区 分 植 栽 時 の 樹 高 算 定 面 積 高 木 3メートル 以 上 10 平 方 メートル 中 木 1.5メートル 以 上 3メートル 未 満 5 平 方 メートル 低 木 0.3メートル 以 上 1.5メートル 未 満 0.25 平 方 メートル イ 樹 冠 を 接 して 植 栽 する 場 合 は 前 号 イの 規 定 による 面 積 とする なお 同 基 準 の 設 定 に 当 たっては 本 号 が 市 街 化 調 整 区 域 内 の 緑 地 の 保 全 形 成 を 目 的 としていることから 神 奈 川 県 の 風 致 地 区 条 例 の 基 準 を 参 考 に 同 等 の 基 準 を 設 けたものである また この 基 準 は 条 例 第 7 条 第 2 項 に 基 づく 基 準 とほぼ 同 じであるが 良 好 な 自 然 環 境 が 残 る 市 街 化 調 整 区 域 内 の 環 境 確 保 の 観 点 から 芝 地 被 植 物 は 緑 地 として 認 めていない

8 [ 緑 地 確 保 の 算 定 方 法 ] 1 現 存 する 緑 地 の 基 準 独 立 している 樹 木 の 場 合 複 数 の 樹 木 が 接 している 一 団 の 樹 林 地 を 形 成 している 場 合 樹 冠 による 投 影 面 積 樹 冠 に よ り 被 覆 さ れ る 投 影 面 積 を 緑 地 面 積 として 換 算 外 側 にある 各 樹 木 の 樹 冠 を 直 線 で 結 んだ 線 によ って 囲 まれた 土 地 の 面 積 を 緑 地 面 積 として 換 算 2 植 栽 による 緑 地 の 基 準 高 木 中 木 低 木 樹 高 3m 以 上 樹 高 1.5m 以 上 3m 未 満 樹 高 0.3m 以 上 1.5m 未 満 半 径 1.8mの 円 10m2に 換 算 半 径 1.25mの 円 5m2に 換 算 表 面 を 覆 った 面 積 0.25m2に 換 算 樹 冠 を 接 して 植 栽 する 場 合 樹 冠 による 投 影 面 積 10m2 を 超 え る 樹 冠 に よ り 被 覆 される 場 合 はその 投 影 面 積 外 側 にある 各 樹 木 の 樹 冠 を 直 線 で 結 んだ 線 によって 囲 まれた 土 地 の 面 積

9 8 第 8 号 は 次 に 掲 げる 事 項 について 規 則 で 基 準 を 定 めるものである 1 自 然 環 境 及 び 生 活 環 境 に 及 ぼす 影 響 2 社 会 的 経 済 的 及 び 文 化 的 状 況 に 及 ぼす 影 響 市 街 化 調 整 区 域 内 における 開 発 事 業 は 自 然 環 境 が 形 成 されている 土 地 特 性 に 鑑 み 自 然 環 境 や 生 活 環 境 に 最 大 限 配 慮 することが 求 められる また 本 条 例 の 対 象 となる 開 発 事 業 は 区 域 面 積 が 3,000m2 以 上 となり 各 方 面 に 尐 なからず 影 響 を 与 えることから 地 域 の 社 会 的 経 済 的 文 化 的 状 況 へも 十 分 な 対 応 が 不 可 欠 となる 以 上 のことから 最 低 限 措 置 すべき 基 準 を 設 け 秩 序 ある 土 地 利 用 の 確 保 を 図 ることとする ( 本 条 例 施 行 規 則 第 23 条 ) 条 例 第 30 条 第 8 号 に 規 定 する 規 則 で 定 める 基 準 は 次 に 掲 げるものとする (1) 同 号 アに 規 定 する 自 然 環 境 及 び 生 活 環 境 に 及 ぼす 影 響 に 関 する 事 項 ア 集 団 的 な 樹 林 地 連 続 性 のある 斜 面 緑 地 良 好 な 水 辺 地 貴 重 な 生 物 種 の 生 存 が 確 認 されている 地 域 等 の 多 様 な 生 態 系 や 良 好 な 自 然 環 境 の 存 する 場 所 は 極 力 開 発 事 業 の 区 域 に 含 まないよう 配 慮 するととも に これらを 含 む 場 合 にあっては 開 発 事 業 の 区 域 内 で 極 力 保 全 すること イ 地 形 の 改 変 及 び 施 設 の 配 置 に 当 たっては 周 囲 の 自 然 環 境 に 配 慮 するとともに 緑 地 の 復 元 及 び 整 備 に 際 しては ビオトープ( 小 動 物 を 中 心 とする 生 物 が 生 存 できる 環 境 条 件 を 再 現 した 場 所 をいう 以 下 同 じ ) の 手 法 等 積 極 的 に 環 境 創 造 に 配 慮 した 計 画 であること ウ 水 循 環 への 配 慮 資 源 の 再 利 用 及 びクリーンエネルギーの 活 用 を 検 討 していること エ 大 気 汚 染 水 質 汚 濁 ( 地 下 水 汚 染 を 含 む ) 土 壌 汚 染 騒 音 振 動 等 により 地 域 の 生 活 環 境 に 著 しい 影 響 を 及 ぼさないために 必 要 な 措 置 を 講 じていること (2) 同 号 イに 規 定 する 社 会 的 経 済 的 及 び 文 化 的 状 況 に 及 ぼす 影 響 に 関 する 事 項 ア 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 に 近 接 する 場 所 においては それらに 支 障 を 来 さないこと イ 交 通 又 は 公 共 施 設 の 整 備 に 支 障 を 来 さないこと ウ 農 林 漁 業 に 支 障 を 来 さないこと エ 住 民 の 利 用 に 供 し 得 る 施 設 については 地 域 開 放 等 により 地 域 に 親 しまれる 施 設 運 営 に 配 慮 している 計 画 であること 9 第 9 号 は 開 発 事 業 の 種 別 及 び 内 容 ごとの 個 別 基 準 を 条 例 に 定 められた 事 項 のほか 適 正 な 開 発 事 業 ( 建 築 物 系 非 建 築 物 系 )の 実 施 を 確 保 するために 必 要 な 基 準 を 次 のとおり 規 則 で 定 めるものである なお 基 準 の 内 容 は 基 本 的 に 神 奈 川 県 土 地 利 用 調 整 条 例 に 基 づく 審 査 指 針 と 整 合 を 図 っている ( 本 条 例 施 行 規 則 第 24 条 ) 条 例 第 30 条 第 9 号 に 規 定 する 開 発 事 業 の 種 別 及 び 内 容 ごとに 規 則 で 定 める 個 別 基 準 は 次 に 掲 げるものとす る (1) 条 例 第 30 条 第 1 号 アに 規 定 する 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 (これらに 付 随 してその 機 能 を 確 保 し 又 は 増 強 するために 設 置 される 管 理 施 設 福 利 厚 生 施 設 社 員 寮 等 を 含 む )の 建 設 は 次 の 基 準 に よること ア 当 該 施 設 を 建 設 しようとする 者 の 事 業 内 容 事 業 規 模 社 員 数 等 に 照 らして 当 該 施 設 が 必 要 であり かつ 有 効 な 利 用 が 見 込 まれること イ 研 究 開 発 型 施 設 にあっては 研 究 開 発 機 能 に 直 接 関 連 する 必 要 最 小 限 の 製 造 加 工 又 は 処 理 機 能 を 有 す るものであること (2) 条 例 第 30 条 第 1 号 イに 規 定 する 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 (これらに 付 随 してその 機 能 を 確 保 するために 設 置 される 管 理 施 設 福 利 厚 生 施 設 学 生 寮 職 員 寮 等 を 含 む )の 建 設 は 次 の 基 準 によること ア 生 徒 学 生 教 職 員 の 通 学 通 勤 等 による 地 域 の 交 通 事 情 に 支 障 を 生 じさせないよう 通 学 路 駐 車 場 の 確 保 等 の 必 要 な 措 置 を 講 じていること イ 周 辺 の 市 街 化 又 は 無 秩 序 な 土 地 利 用 を 招 くことのないよう 学 生 寮 福 利 厚 生 施 設 等 の 必 要 な 施 設 を 開 発 事 業 の 区 域 内 に 適 正 に 配 置 していること ウ 大 学 にあっては その 設 置 及 び 運 営 が 施 設 講 座 の 開 放 等 により 地 域 文 化 の 向 上 等 に 寄 与 するもので

10 あること (3) 条 例 第 30 条 第 1 号 ウに 規 定 する 社 会 福 祉 施 設 介 護 老 人 保 健 施 設 又 は 医 療 施 設 の 建 設 は 次 の 基 準 による こと ア 当 該 施 設 の 整 備 に 関 する 本 市 の 計 画 に 適 合 していること イ 社 会 福 祉 施 設 又 は 介 護 老 人 保 健 施 設 にあっては 機 能 訓 練 室 食 堂 等 の 必 要 な 施 設 について 他 の 施 設 と 共 用 することなく 独 自 の 施 設 を 備 えていること ウ 介 護 老 人 保 健 施 設 にあっては 在 宅 型 の 中 間 的 な 施 設 としても 機 能 するよう デイケア( 社 会 復 帰 に 必 要 な 生 活 指 導 作 業 指 導 等 の 診 療 をいう ) 老 人 福 祉 法 ( 昭 和 38 年 法 律 第 133 号 ) 第 5 条 の2 第 4 項 に 規 定 する 短 期 入 所 事 業 等 に 必 要 な 施 設 を 備 えていること (4) 条 例 第 30 条 第 2 号 アに 規 定 するスポーツ レクリエーション 施 設 の 設 置 は 次 の 基 準 によること ただし 国 又 は 地 方 公 共 団 体 が 設 置 する 場 合 は この 限 りでない(エを 除 く ) ア 管 理 棟 クラブハウス 駐 車 場 等 の 付 帯 施 設 は 必 要 最 小 限 のものであり 宿 泊 施 設 を 有 しないこと イ アに 規 定 する 付 帯 施 設 のうち 建 築 物 である 付 帯 施 設 の 建 築 面 積 の 総 計 は 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の2 パーセント 以 内 であること ウ イの 建 築 物 である 付 帯 施 設 の 延 べ 面 積 の 総 計 は 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の4パーセント 以 内 であるこ と エ ゴルフ 練 習 場 のうちミニゴルフ 場 (ゴルフ 場 に 類 する 施 設 で 小 規 模 なコースを 有 するものをいう )に あっては 9ホールの 範 囲 内 で コースの 総 延 長 をホールの 数 で 除 して 得 た 数 値 が90メートル 以 内 であり かつ 一 のホールの 距 離 が 120メートル 以 内 であること オ スポーツ レクリエーション 施 設 の 計 画 地 内 に 建 築 物 であるスポーツ 施 設 ( 以 下 屋 内 スポーツ 施 設 という )を 設 置 しようとする 場 合 は 次 に 掲 げる 要 件 に 適 合 するものであること (ア) 屋 内 スポーツ 施 設 の 建 築 面 積 の 総 計 は 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の3パーセント 以 内 であること (イ) 屋 内 スポーツ 施 設 の 延 べ 面 積 の 総 計 は 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の6パーセント 以 内 であること (ウ) 屋 内 スポーツ 施 設 の 種 類 は 屋 外 施 設 であるスポーツ レクリエーション 施 設 の 主 たる 施 設 と 同 じ 種 類 のものであること (5) 条 例 第 30 条 第 2 号 イに 規 定 する 墓 地 等 の 設 置 は 次 の 基 準 によること ア 墳 墓 の 合 計 面 積 が 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の30パーセント 未 満 であること イ 墳 墓 が 周 辺 の 道 路 等 から 直 接 見 えないよう 開 発 事 業 の 区 域 の 外 縁 部 を 樹 林 帯 等 で 覆 うこと ウ 墓 地 の 諸 施 設 は 周 囲 に 及 ぼす 影 響 を 考 慮 し 風 致 及 び 景 観 に 留 意 して 計 画 していること エ 管 理 棟 駐 車 場 その 他 の 付 帯 施 設 は 必 要 最 小 限 のものであること (6) 条 例 第 30 条 第 2 号 ウに 規 定 する 岩 石 等 採 取 場 の 設 置 は 次 の 基 準 によること ア 当 該 開 発 事 業 の 目 的 に 供 した 後 確 実 に 原 状 の 土 地 利 用 目 的 に 復 元 し 又 は 緑 化 等 により 自 然 環 境 の 復 元 を 図 る 計 画 であること ただし 次 の 基 準 のすべてに 該 当 する 場 合 は 当 該 事 業 の 目 的 に 供 した 後 そ の 他 の 土 地 利 用 の 目 的 に 供 すること( 以 下 跡 地 利 用 という )を 妨 げない (ア) 跡 地 利 用 の 計 画 が 条 例 第 2 章 に 規 定 する 土 地 利 用 調 整 基 準 に 適 合 するものであること (イ) 跡 地 利 用 の 計 画 が 本 市 における 土 地 利 用 等 に 関 する 計 画 に 位 置 づけられ かつ 地 域 振 興 等 に 著 しく 寄 与 すると 認 められる 開 発 事 業 又 は 公 共 性 若 しくは 公 益 性 の 高 い 開 発 事 業 又 は 発 生 土 処 分 場 等 の 建 設 を 目 的 とする 開 発 事 業 であること イ 開 発 事 業 の 区 域 には 風 致 地 区 ( 都 市 計 画 法 第 8 条 に 規 定 する 風 致 地 区 をいう )を 含 まないこと ウ 管 理 棟 その 他 の 付 帯 施 設 は 必 要 最 小 限 のものであること エ 当 該 施 設 の 設 置 場 所 の 選 定 に 当 たっては 可 能 な 限 り 人 家 等 に 近 接 する 場 所 を 避 けるものとし 近 接 す る 場 所 に 設 置 する 場 合 には 生 活 環 境 に 影 響 を 及 ぼさないよう 必 要 な 措 置 を 講 じていること オ 当 該 開 発 事 業 に 伴 う 車 両 の 通 行 は 農 道 を 使 用 しないものであること ただし 農 道 の 管 理 者 の 了 解 が 得 られる 場 合 は この 限 りでない カ 岩 石 等 の 搬 出 路 の 新 設 に 当 たっては 車 両 の 通 行 による 自 然 環 境 や 生 活 環 境 への 影 響 に 配 慮 して 位 置 を 選 定 するとともに 必 要 な 措 置 を 講 じていること (7) 条 例 第 30 条 第 2 号 エに 規 定 する 発 生 土 処 分 場 等 の 設 置 は 次 の 基 準 によること ア 当 該 開 発 事 業 ( 駐 車 場 資 材 置 場 等 の 設 置 に 伴 う 場 合 を 除 く )の 目 的 に 供 した 後 確 実 に 原 状 の 土 地

11 利 用 目 的 に 復 元 し 又 は 緑 化 等 により 自 然 環 境 の 復 元 を 図 る 計 画 であること ただし 次 の 基 準 のすべて に 該 当 する 場 合 は 跡 地 利 用 を 妨 げない (ア) 跡 地 利 用 の 計 画 が 条 例 第 2 章 に 規 定 する 土 地 利 用 調 整 基 準 に 適 合 するものであること (イ) 跡 地 利 用 の 計 画 が 本 市 における 土 地 利 用 等 に 関 する 計 画 に 位 置 づけられ かつ 地 域 振 興 等 に 著 し く 寄 与 すると 認 められる 開 発 事 業 又 は 公 共 性 若 しくは 公 益 性 の 高 い 開 発 事 業 であること イ 管 理 棟 その 他 の 付 帯 施 設 は 必 要 最 小 限 のものであること ウ 当 該 施 設 の 設 置 場 所 の 選 定 に 当 たっては 可 能 な 限 り 人 家 等 に 近 接 する 場 所 を 避 けるものとし 近 接 す る 場 所 に 設 置 する 場 合 には 生 活 環 境 に 影 響 を 及 ぼさないよう 必 要 な 措 置 を 講 じていること エ 当 該 開 発 事 業 に 伴 う 車 両 の 通 行 は 農 道 を 使 用 しないものであること ただし 農 道 の 管 理 者 の 了 解 が 得 られる 場 合 は この 限 りでない オ 土 砂 等 の 搬 入 路 の 新 設 に 当 たっては 車 両 の 通 行 による 自 然 環 境 や 生 活 環 境 への 影 響 に 配 慮 して 位 置 を 選 定 するとともに 必 要 な 措 置 を 講 じていること カ 発 生 土 の 発 生 元 の 見 込 みがあること キ 搬 入 する 土 砂 の 確 認 を 行 うため 現 場 責 任 者 を 配 置 する 計 画 があること ク 搬 入 する 発 生 土 は 汚 染 された 土 壌 を 含 まないこと ケ 搬 入 する 発 生 土 は 市 内 で 発 生 する 発 生 土 を 優 先 的 に 受 け 入 れるよう 努 めること (8) 条 例 第 30 条 第 2 号 オに 規 定 する 廃 棄 物 処 理 施 設 の 設 置 は 次 の 基 準 によること ア 当 該 開 発 事 業 ( 廃 棄 物 最 終 処 分 場 の 設 置 に 限 る )の 目 的 に 供 した 後 確 実 に 原 状 の 土 地 利 用 目 的 に 復 元 し 又 は 緑 化 等 により 自 然 環 境 の 復 元 を 図 る 計 画 であること ただし 次 の 基 準 のすべてに 該 当 する 場 合 は 跡 地 利 用 を 妨 げない (ア) 跡 地 利 用 の 計 画 が 条 例 第 2 章 に 規 定 する 土 地 利 用 調 整 基 準 に 適 合 するものであること (イ) 跡 地 利 用 の 計 画 が 本 市 における 土 地 利 用 等 に 関 する 計 画 に 位 置 づけられ かつ 地 域 振 興 等 に 著 し く 寄 与 すると 認 められる 開 発 事 業 又 は 公 共 性 若 しくは 公 益 性 の 高 い 開 発 事 業 であること イ 管 理 棟 駐 車 場 その 他 の 付 帯 施 設 は 必 要 最 小 限 のものであること ウ 当 該 施 設 の 設 置 場 所 の 選 定 に 当 たっては 可 能 な 限 り 人 家 等 に 近 接 する 場 所 を 避 けるものとし 近 接 す る 場 所 に 設 置 する 場 合 には 生 活 環 境 に 影 響 を 及 ぼさないよう 必 要 な 措 置 を 講 じていること エ 当 該 開 発 事 業 に 伴 う 車 両 の 通 行 は 農 道 を 使 用 しないものであること ただし 農 道 の 管 理 者 の 了 解 が 得 られる 場 合 は この 限 りでない オ 廃 棄 物 の 搬 入 路 の 新 設 に 当 たっては 車 両 の 通 行 による 自 然 環 境 や 生 活 環 境 への 影 響 に 配 慮 して 位 置 を 選 定 するとともに 必 要 な 措 置 を 講 じていること カ 廃 棄 物 最 終 処 分 場 にあっては 市 内 で 発 生 する 廃 棄 物 を 優 先 的 に 受 け 入 れるよう 努 めること

12 ( 埋 立 行 為 の 遵 守 基 準 ) 第 31 条 埋 立 行 為 を 行 う 土 地 利 用 行 為 者 は 次 に 掲 げる 基 準 を 遵 守 しなければならない (1) 埋 立 行 為 は 公 共 的 又 は 公 益 的 目 的 による 場 合 であって 当 該 埋 立 行 為 の 計 画 の 目 的 や 当 該 埋 立 行 為 の 区 域 の 存 する 地 域 の 自 然 的 社 会 的 条 件 等 により 客 観 的 にみて 埋 立 行 為 によらなければならない 事 情 が 存 す ると 認 められるものであること (2) 埋 立 行 為 を 行 う 土 地 利 用 行 為 者 は 原 則 として 国 又 は 地 方 公 共 団 体 であること ただし 公 共 的 又 は 公 益 的 目 的 のために 埋 立 行 為 が 必 要 となる 場 合 であって 国 又 は 地 方 公 共 団 体 が 特 に 必 要 があると 認 めるとき は この 限 りでない (3) 規 則 で 定 める 基 準 に 従 い 埋 立 行 為 の 目 的 を 実 現 するために 必 要 かつ 最 小 限 の 規 模 及 び 面 積 とすること (4) 規 則 で 定 める 基 準 に 従 い 埋 立 行 為 の 区 域 における 施 設 の 整 備 を 行 うこと (5) 規 則 で 定 める 基 準 に 従 い 次 に 掲 げる 事 項 について 配 慮 すること ア 自 然 環 境 及 び 生 活 環 境 に 及 ぼす 影 響 イ 社 会 的 経 済 的 及 び 文 化 的 状 況 に 及 ぼす 影 響 (6) 前 各 号 に 定 めるもののほか 規 則 で 定 める 基 準 に 適 合 すること 趣 旨 本 条 は 神 奈 川 県 土 地 利 用 調 整 条 例 と 趣 旨 を 同 じくし 自 然 海 岸 等 の 保 全 を 基 調 とするものであり 本 条 例 第 2 条 第 7 号 で 対 象 としている 埋 立 行 為 が 認 められる 場 合 の 遵 守 基 準 を 設 けている 解 釈 運 用 1 第 1 号 は 埋 立 行 為 の 目 的 及 び 用 途 が 客 観 的 にみて 埋 立 行 為 によらなければならない 事 情 があると 認 められ ない 限 り これを 行 うことができないこととするものである 埋 立 行 為 には 公 共 的 又 は 公 益 的 目 的 が 必 要 であり 客 観 的 にみて 埋 立 行 為 によらなければならない 事 情 が 存 すると 認 められる 場 合 の 判 断 は 当 該 埋 立 行 為 の 計 画 の 目 的 や 当 該 埋 立 行 為 の 区 域 の 存 する 地 域 の 自 然 的 社 会 的 条 件 等 により 行 うものとする 2 第 2 号 は 第 1 号 で 埋 立 行 為 には 公 共 的 又 は 公 益 的 目 的 が 必 要 であるとしたことから 埋 立 行 為 を 行 う 土 地 利 用 行 為 者 を 原 則 として 国 又 は 地 方 公 共 団 体 とするものである 加 えて 公 共 的 又 は 公 益 的 目 的 のために 埋 立 行 為 が 必 要 な 場 合 は 国 等 が 特 に 認 めた 場 合 に 国 等 以 外 の 者 が 埋 立 行 為 を 行 うことができる 3 第 3 号 は 埋 立 行 為 の 規 模 及 び 面 積 は その 目 的 を 実 現 するために 必 要 かつ 最 小 限 のものとする 基 準 である 埋 立 行 為 は 開 発 事 業 と 異 なり 定 型 化 することが 困 難 で その 目 的 によっても 相 当 程 度 規 模 が 異 なることか ら 明 確 な 数 値 基 準 を 示 すことが 必 ずしも 妥 当 ではない しかし 無 秩 序 な 埋 立 行 為 とせず 適 正 な 土 地 利 用 を 図 るために 規 則 にその 趣 旨 を 明 記 するものである ( 本 条 例 施 行 規 則 第 25 条 ) 条 例 第 31 条 第 3 号 に 規 定 する 規 則 で 定 める 基 準 は 次 に 掲 げるものとする (1) 埋 立 行 為 の 目 的 を 実 現 する 上 で 真 に 必 要 な 施 設 であること (2) 既 存 施 設 の 改 良 高 度 利 用 等 により 目 的 の 達 成 に 向 け 検 討 を 行 っていること 4 第 4 号 は 埋 立 行 為 の 区 域 の 施 設 の 整 備 に 関 する 基 準 である 本 条 例 の 対 象 が 自 然 海 岸 における 埋 立 行 為 であることに 鑑 み 極 力 周 辺 の 環 境 に 配 慮 した 上 で 必 要 な 施 設 整 備 を 行 う 等 の 措 置 を 講 ずることとし 秩 序 ある 土 地 利 用 の 確 保 のための 基 準 を 規 則 により 設 けるものであ る

13 ( 本 条 例 施 行 規 則 第 26 条 ) 条 例 第 31 条 第 4 号 に 規 定 する 規 則 で 定 める 基 準 は 次 に 掲 げるものとする (1) 埋 立 行 為 の 区 域 内 に 可 能 な 限 り 緑 地 を 確 保 していること ただし 緑 地 を 確 保 するために 必 要 以 上 に 埋 立 面 積 を 拡 大 しないこと (2) 車 路 駐 車 場 等 の 必 要 な 施 設 を 確 保 していること (3) 地 域 住 民 又 は 外 来 者 が 海 岸 を 利 用 し 又 は 水 に 親 しめるよう 配 慮 した 施 設 整 備 を 行 うものであること 5 第 5 号 は 次 に 掲 げる 事 項 について 規 則 で 基 準 を 定 めるものである 1 自 然 環 境 及 び 生 活 環 境 に 及 ぼす 影 響 2 社 会 的 経 済 的 及 び 文 化 的 状 況 に 及 ぼす 影 響 本 条 例 の 対 象 となる 埋 立 行 為 は 自 然 海 岸 における 土 地 利 用 行 為 であることに 鑑 み 自 然 環 境 や 生 活 環 境 に 最 大 限 配 慮 する 必 要 がある また 1,000m2 以 上 の 埋 立 行 為 となると 各 方 面 に 尐 なからず 影 響 を 与 えること から 地 域 の 社 会 的 経 済 的 文 化 的 状 況 へも 十 分 な 対 応 が 不 可 欠 となることから 最 低 限 措 置 すべき 基 準 を 設 け 秩 序 ある 埋 立 行 為 及 び 土 地 利 用 の 確 保 を 図 るものである ( 本 条 例 施 行 規 則 第 27 条 ) 条 例 第 31 条 第 5 号 に 規 定 する 規 則 で 定 める 基 準 は 次 に 掲 げるものとする (1) 同 号 アに 規 定 する 自 然 環 境 及 び 生 活 環 境 に 及 ぼす 影 響 に 関 する 事 項 ア 集 団 的 な 岩 礁 干 潟 連 続 する 砂 浜 等 の 多 様 な 生 態 系 や 良 好 な 自 然 環 境 が 存 する 場 所 は 極 力 埋 立 行 為 の 区 域 に 含 まないよう 配 慮 するとともに これらを 含 む 場 合 はその 改 変 が 必 要 最 小 限 となるよう 配 慮 してい ること イ 水 面 の 改 変 又 は 施 設 の 配 置 に 当 たっては 周 囲 の 自 然 環 境 に 配 慮 するとともに 施 設 又 は 緑 地 の 整 備 に 関 しては ビオトープの 手 法 を 用 いる 等 の 積 極 的 に 環 境 創 造 に 配 慮 した 計 画 であること ウ 場 所 の 選 定 施 設 の 配 置 及 び 施 設 の 高 さ 形 状 色 彩 等 については 周 辺 の 風 致 及 び 景 観 等 との 調 和 に 配 慮 していること エ 大 気 汚 染 水 質 汚 濁 騒 音 振 動 等 により 地 域 の 生 活 環 境 に 著 しい 影 響 を 及 ぼさないよう 必 要 な 措 置 を 講 じていること (2) 同 号 イに 規 定 する 社 会 的 経 済 的 及 び 文 化 的 状 況 に 及 ぼす 影 響 に 関 する 事 項 ア 埋 立 行 為 の 目 的 が 地 域 の 振 興 及 び 活 性 化 に 寄 与 するものであること イ 交 通 又 は 公 共 施 設 の 整 備 に 支 障 を 来 さないこと ウ 農 林 漁 業 に 支 障 を 来 さないこと 6 第 6 号 は 条 例 に 定 められた 事 項 のほか 適 正 な 埋 立 行 為 の 実 施 を 確 保 するために 必 要 な 基 準 を 次 のとお り 規 則 で 定 めるものである なお 基 準 の 内 容 は 基 本 的 に 神 奈 川 県 土 地 利 用 調 整 条 例 に 基 づく 審 査 指 針 と 整 合 を 図 っている ( 本 条 例 施 行 規 則 第 28 条 ) 条 例 第 31 条 第 6 号 に 規 定 する 規 則 で 定 める 基 準 は 次 に 掲 げるものとする (1) 埋 立 行 為 の 後 長 期 間 継 続 して 当 該 計 画 に 従 った 土 地 利 用 が 行 われる 見 込 みがあること (2) 埋 立 行 為 について 法 令 に 基 づく 許 可 等 を 要 するときは すべての 許 可 等 の 審 査 基 準 に 適 合 し 許 可 等 の 見 込 みがあること

14 ( 資 材 置 場 の 設 置 基 準 ) 第 32 条 資 材 置 場 の 設 置 を 行 う 土 地 利 用 行 為 者 は 第 30 条 に 規 定 するもののほか 自 然 環 境 農 林 漁 業 に 係 る 環 境 その 他 の 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 環 境 を 確 保 するため 次 に 掲 げる 基 準 を 遵 守 しなければならない (1) 規 則 で 定 める 基 準 に 従 い 透 過 性 のある 塀 フェンス 等 又 は 樹 林 帯 で 覆 うこと (2) 資 材 置 場 ( 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 によって 設 置 された 資 材 置 場 ( 区 域 面 積 が3,000 平 方 メートル 以 上 のもの に 限 る )を 除 く )の 用 に 供 する 区 域 内 に 規 則 で 定 める 方 法 により 当 該 区 域 面 積 の10パーセント 以 上 の 緑 地 を 確 保 すること (3) 規 則 で 定 める 設 置 者 及 び 使 用 者 を 記 載 した 耐 久 性 のある 表 示 板 を 設 置 すること (4) 資 材 の 堆 積 の 際 の 安 全 確 保 措 置 を 講 ずること (5) 騒 音 振 動 粉 じん 等 の 発 生 により 周 辺 環 境 を 悪 化 させないよう 資 材 置 場 を 適 正 に 維 持 管 理 すること 趣 旨 本 条 は 市 街 化 調 整 区 域 内 の 資 材 置 場 が 不 適 切 な 土 地 利 用 の 誘 因 となる 場 合 や 周 辺 の 生 活 環 境 農 林 漁 業 環 境 に 悪 影 響 を 及 ぼす 場 合 もあることから 幹 線 道 路 周 辺 の 景 観 配 慮 を 含 め 適 正 な 立 地 及 び 管 理 を 目 指 し 設 置 す る 際 の 技 術 的 基 準 を 定 めている 解 釈 運 用 土 地 利 用 行 為 者 は 市 街 化 調 整 区 域 内 において 500m2 以 上 の 資 材 置 場 の 設 置 を 行 う 場 合 第 1 号 から 第 5 号 に 規 定 する 措 置 を 講 じなければならない 1 第 1 号 は 周 辺 の 生 活 環 境 や 農 林 漁 業 環 境 との 調 和 を 目 的 として 資 材 置 場 の 用 に 供 する 土 地 の 敷 地 境 界 線 沿 いに 透 過 性 のある 塀 フェンス 等 又 は 樹 林 帯 の 設 置 を 求 めている (1) 透 過 性 のある 塀 等 ( 地 面 からの 高 さ1.8メートル 以 上 ) の 基 準 は 周 辺 の 環 境 確 保 と 資 材 置 場 の 適 正 管 理 の 双 方 の 観 点 から 以 下 のいずれかに 該 当 するものであること( 本 条 例 施 行 規 則 第 29 条 ) 1 一 定 間 隔 ごとにスリット 等 が 入 った 内 部 が 確 認 できる 鉄 板 塀 2 網 状 格 子 状 等 のフェンス 3 樹 高 1.8m 幅 0.8m 以 上 の 生 垣 (2)(1)で 塀 又 はフェンスを 設 置 する 場 合 は 塀 又 はフェンスは 面 積 が 大 きく 周 辺 に 及 ぼす 影 響 が 大 きい ため 色 彩 を 周 辺 の 環 境 と 調 和 させること なお フェンス 等 の 色 彩 は 形 状 や 設 置 する 周 辺 の 環 境 に 応 じて その 色 彩 印 象 が 異 なってくるため 次 の 色 彩 を 目 安 に 選 定 するものとする 一 定 間 隔 ご とにスリ ット 等 が 入 った 内 部 が 確 認 できる 鉄 板 塀 グレーベージュ(マンセル 値 :10YR 6.0/ 1.5)の 色 彩 海 辺 の 地 域 網 状 格 子 状 等 のフェンス 自 然 の 緑 が 多 い 地 域 ダークブラウン(マンセル 値 :10YR 2.0/ 1.0)の 色 彩 (3) 資 材 置 場 において 騒 音 粉 塵 等 を 出 すおそれがある 場 合 は 極 力 鉄 板 塀 ((1)1) 又 は 生 垣 ((1) 3)とすること ただし 資 材 置 場 の 周 囲 の 一 部 ががけ 地 や 山 林 等 に 接 しているなどの 場 合 は 塀 等 の 設 置 が 困 難 な 場 合 も 尐 なくないことから こうした 自 然 的 地 形 に 接 している 場 所 で 本 条 第 2 号 から 第 5 号 の 基 準 を 満 たすこと により 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 を 確 保 することが 可 能 な 場 合 は 例 外 的 に 塀 等 を 設 置 しないことができる 2 第 2 号 は 緑 豊 かな 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 と 調 和 するよう 資 材 置 場 の 用 に 供 する 区 域 内 に 本 条 例 施 行 規 則 第 30 条 で 定 める 方 法 により 区 域 面 積 の10% 以 上 の 緑 地 を 確 保 することを 求 めている

15 ただし 1で 樹 林 帯 として 生 垣 を 設 けた 場 合 は 一 定 の 緑 地 と 捉 えられることから これを 緑 地 面 積 に 加 え ることができる 1 現 存 する 緑 地 の 面 積 の 算 定 方 法 ア 独 立 している 樹 木 の 場 合 は その 樹 冠 投 影 部 分 の 面 積 とする イ 複 数 の 樹 木 が 接 している 場 合 又 は 一 団 の 樹 林 地 を 形 成 している 場 合 は 外 側 にある 各 樹 木 の 樹 冠 の 投 影 部 分 を 直 線 で 結 んだ 線 及 び 当 該 投 影 部 分 の 外 周 によって 囲 まれた 土 地 ( 形 状 は 別 図 のとおり)の 面 積 とする 2 植 栽 による 緑 地 の 算 定 方 法 ア 次 の 表 の 区 分 に 応 じ それぞれ 同 表 の 右 欄 に 掲 げる 面 積 とする ただし 植 栽 される 樹 木 の 樹 冠 投 影 部 分 の 面 積 が10 平 方 メートルを 超 える 場 合 は 当 該 部 分 の 面 積 とする 区 分 植 栽 時 の 樹 高 算 定 面 積 高 木 3メートル 以 上 10 平 方 メートル 中 木 1.5メートル 以 上 3メートル 未 満 5 平 方 メートル 低 木 0.3メートル 以 上 1.5メートル 未 満 0.25 平 方 メートル イ 樹 冠 を 接 して 植 栽 する 場 合 は 前 号 イの 規 定 による 面 積 とする [ 緑 地 確 保 の 算 定 方 法 ] 1 現 存 する 緑 地 の 基 準 独 立 している 樹 木 の 場 合 複 数 の 樹 木 が 接 している 一 団 の 樹 林 地 を 形 成 している 場 合 樹 冠 による 投 影 面 積 樹 冠 に よ り 被 覆 さ れ る 投 影 面 積 を 緑 地 面 積 として 換 算 外 側 にある 各 樹 木 の 樹 冠 を 直 線 で 結 んだ 線 によ って 囲 まれた 土 地 の 面 積 を 緑 地 面 積 として 換 算

16 2 植 栽 による 緑 地 の 基 準 高 木 中 木 低 木 樹 高 3m 以 上 樹 高 1.5m 以 上 3m 未 満 樹 高 0.3m 以 上 1.5m 未 満 半 径 1.8mの 円 10m2に 換 算 半 径 1.25mの 円 5m2に 換 算 表 面 を 覆 った 面 積 0.25m2に 換 算 樹 冠 を 接 して 植 栽 する 場 合 樹 冠 による 投 影 面 積 10m2 を 超 え る 樹 冠 に よ り 被 覆 される 場 合 はその 投 影 面 積 外 側 にある 各 樹 木 の 樹 冠 を 直 線 で 結 んだ 線 によって 囲 まれた 土 地 の 面 積 条 例 第 32 条 第 1 号 に 基 づき 樹 林 帯 を 設 置 した 場 合 は 緑 地 面 積 に 加 えることができる なお 本 条 例 第 30 条 第 7 号 の 基 準 により 市 街 化 調 整 区 域 内 に 設 置 する 資 材 置 場 のうち 同 条 に 該 当 する 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 は 区 域 の 面 積 が1ha 以 上 のものは25% 以 上 区 域 の 面 積 が 3,000m2 以 上 1ha 未 満 のもの は15% 以 上 の 緑 地 の 確 保 が 義 務 付 けられている( 区 域 の 面 積 の2 分 の1 以 上 が 樹 林 地 であるときは それぞれ 30% 20%の 緑 地 の 確 保 が 求 められる) このことを 整 理 すると 以 下 の 表 のようになる 資 材 置 場 の 区 域 面 積 確 保 する 緑 地 の 面 積 500m2 以 上 10% 以 上 3,000m2 以 上 1ha 未 満 で 本 条 例 第 30 条 に 該 当 15% 以 上 ( 区 域 の 面 積 の2 分 の1 以 上 が する 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 となる 資 材 置 場 樹 林 地 であるときは20% 以 上 ) 1ha 以 上 で 本 条 例 第 30 条 に 該 当 する 非 建 築 物 25% 以 上 ( 区 域 の 面 積 の2 分 の1 以 上 が 系 の 開 発 事 業 となる 資 材 置 場 樹 林 地 であるときは30% 以 上 )

17 3 第 3 号 は 資 材 置 場 の 設 置 者 及 び 使 用 者 が 明 確 にわかるよう これらを 記 載 した 耐 久 性 のある 表 示 板 ( 第 1 号 様 式 本 条 例 施 行 規 則 第 31 条 )を 設 置 することを 求 めている 4 第 4 号 は 近 隣 居 住 者 通 行 人 作 業 員 等 に 事 故 が 生 じないよう 堆 積 した 資 材 の 崩 落 等 を 防 止 するなど 資 材 堆 積 の 際 の 安 全 確 保 措 置 を 講 ずることを 求 めている 5 第 5 号 は 騒 音 振 動 粉 塵 等 の 発 生 により 周 辺 の 居 住 環 境 農 林 漁 業 環 境 に 支 障 を 及 ぼさないよう 資 材 置 場 を 適 正 に 維 持 管 理 することを 求 めている [ 本 条 による 基 準 の 適 用 例 ] 緑 地 を 確 保 11ha 以 上 の 場 合 ( 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 )25% 以 上 2 3,000m2 以 上 1ha 未 満 の 場 合 ( ) 15% 以 上 3 500m2 以 上 の 場 合 10% 以 上 騒 音 振 動 粉 じん 等 の 発 生 により 周 辺 環 境 を 悪 化 させない 適 正 な 維 持 管 理 透 過 性 のある 塀 フェンス 等 樹 林 帯 安 全 + 第 一 資 材 置 場 建 設 資 材 堆 積 の 際 の 安 全 確 保 措 置 表 示 板 の 設 置 ( 名 称 ) 資 材 置 場 住 所 設 置 者 氏 名 連 絡 先 住 所 使 用 者 氏 名 連 絡 先 堆 積 する 資 材 の 種 類 承 認 年 月 日 及 び 承 認 番 号 又 は 届 出 年 月 日 この 表 示 板 は 適 正 な 土 地 利 用 の 調 整 に 関 する 条 例 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 設 置 しています 備 考 縦 60センチメートル 以 上 横 90センチメートル 以 上 とする

18 ( 開 発 事 業 の 指 導 基 準 ) 第 33 条 市 街 化 調 整 区 域 内 において 建 築 物 系 の 開 発 事 業 を 行 う 土 地 利 用 行 為 者 は 次 に 掲 げる 基 準 により 建 築 物 を 整 備 するよう 努 めるものとする (1) 建 築 物 ( 農 林 漁 業 施 設 を 除 く )の 敷 地 面 積 を 150 平 方 メートル 以 上 とすること (2) 高 さを10メートルを 超 えない 範 囲 内 とすること (3) 周 囲 の 地 面 と 接 する 位 置 の 高 低 差 が3メートルを 超 える 建 築 物 にあっては 建 築 物 が 地 面 と 接 する 最 下 位 から 上 部 の 階 数 ( 階 の 一 部 が 地 面 下 にあるものを 含 む )を4を 超 えない 範 囲 内 とすること 趣 旨 本 条 は 市 街 化 調 整 区 域 内 で 建 築 物 系 の 開 発 事 業 を 行 う 場 合 において 遵 守 基 準 とすることができない 事 項 につ いて 市 街 化 調 整 区 域 の 良 好 な 環 境 の 形 成 維 持 及 び 農 林 漁 業 と 調 和 した 土 地 利 用 を 目 指 し 最 低 敷 地 面 積 最 高 高 さ 階 数 の 努 力 規 定 を 定 めている 解 釈 運 用 1 第 1 号 は 建 築 物 の 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 を 定 めている 開 発 許 可 等 の 基 準 及 び 手 続 きに 関 する 条 例 では 都 市 計 画 法 を 根 拠 にする 開 発 許 可 基 準 として 市 街 化 調 整 区 域 では 開 発 行 為 で 整 備 する 一 戸 建 て 住 宅 の 敷 地 面 積 を 150m2 以 上 確 保 するものとしている 潤 いやゆとりのある 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 の 形 成 維 持 を 目 的 に また 開 発 行 為 により 建 築 する 建 築 物 と の 公 平 性 をも 考 慮 し 開 発 許 可 等 を 得 ることなく 建 築 できる 建 築 物 ( 農 林 漁 業 施 設 を 除 く )であっても こ れと 同 数 値 とするものである 2 第 2 号 は 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 を 定 めている この 数 値 は 従 前 より 市 が 都 市 計 画 法 による 開 発 許 可 又 は 建 築 許 可 をする 際 同 法 ( 第 41 条 第 79 条 )を 根 拠 に 条 件 を 課 している 内 容 と 同 じである 許 可 を 得 て 建 築 する 建 築 物 との 公 平 性 を 考 慮 し 開 発 許 可 等 を 得 ることなく 建 築 できる 建 築 物 であっても これと 同 数 値 とするものである なお この 数 値 は 市 街 化 区 域 で 最 も 高 さが 厳 しい 第 1 種 低 層 住 居 専 用 地 域 の 数 値 と 同 じであり 市 街 化 調 整 区 域 にふさわしい 環 境 の 形 成 維 持 に 寄 与 しようとするものである 3 第 3 号 は 建 築 物 が 周 囲 の 地 面 と 接 する 位 置 の 高 低 差 を 定 めている この 数 値 は 斜 面 地 建 築 物 の 構 造 の 制 限 に 関 する 条 例 に 規 定 している 第 1 種 低 層 住 居 専 用 地 域 における 階 数 制 限 と 同 じである 第 1 種 低 層 住 居 専 用 地 域 と 同 数 値 とすることにより 第 2 号 による 指 導 基 準 とあいまって 市 街 化 調 整 区 域 に ふさわしい 環 境 の 形 成 維 持 に 寄 与 しようとするものである なお 建 築 基 準 法 により 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 物 の 容 積 率 建 ぺい 率 各 部 分 の 高 さ 及 び 中 高 層 建 築 物 の 日 影 に 係 る 高 さが 制 限 されている( 平 成 16 年 4 月 1 日 施 行 )

19

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

京成成田駅東口地区地区計画運用基準

京成成田駅東口地区地区計画運用基準 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 目 的 この 運 用 基 準 は 成 田 市 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 ( 以 下 地 区 計 画 という ) の 都 市 計 画 決 定 に 伴 い 地 区 整 備 計 画 に 規 定 する 事 項 に 関 する 運 用 の 基 準 を 定 める ことにより 適 正 な 都 市 機 能 と 健 全

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80> 市 川 市 風 致 地 区 条 例 に 基 づく 許 可 の 審 査 基 準 第 1 章 総 則 第 1 通 則 1 本 基 準 は 市 川 市 風 致 地 区 条 例 ( 以 下 条 例 という )に 基 づく 建 築 物 等 の 行 為 許 可 の 統 一 的 運 用 を 定 め 事 務 の 円 滑 な 処 理 を 図 ることを 目 的 とする 2 条 例 第 4 条 ただし 書 の 適 用 は

More information

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 方 針 平 成 23 年 8 月 日 野 市 1. 背 景 及 び 目 的 平 成 18 年 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 については 大 規 模 な 開 発 計 画 などを 開 発 許 可 制 度 により 認 める 制 度 が 廃 止 され 改 正 後 地 区 計

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464>

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464> 第 2 開 発 行 為 の 許 可 第 1 節 許 可 を 要 する 開 発 行 為 1 面 積 要 件 ( 法 第 29 条 第 1 項 第 1 号 第 2 項 本 文 ) 下 表 のそれぞれの 区 域 ごとに 定 めた 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 法 令 により 許 可 不 要 及 び 協 議 が 必 要 とされるものを 除 く )を 行 おうとする 者 は あらかじめ 知 事 の

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 の 一 部 改 正 について 1. 改 正 の 背 景 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 ( 以 下 条 例 という )では 日 照 障 害 により 近 隣 の 生 活 環 境 に 支 障 を 及 ぼさないことを 目 的 に 建 物 高 さに 対 して 規 制 を 定 めております この 規 制 は 建 築 基 準 法 に 定 める 日 影 規 制 より

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節 建 築 行 為 建 設 行 為 の 許 可 法 第 43 条 第 2 節 許 可 の 条 件 令 第 36 条 第 3 節 既 存 宅 地 における 建 築 物 に 係 る 暫 定 措 置 法 第 43 条 - 201 - 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 目 黒 区 決 定 ) 都 市 計 画 を 次 のように 変 更 する す 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 高 又 は 低 備 考 高 第 1 種 17m 第 1 種 第 2 種 17m 第 2 種 20m 第 2 種 30m 第 2 種 587.2 64.4 (66.6) 4.7 480.6 (478.4)

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評 別 紙 広 大 地 の 判 定 に 当 たり 留 意 すべき 事 項 広 大 地 については 平 成 16 年 6 月 4 日 付 課 評 2-7 ほか2 課 共 同 財 産 評 価 基 本 通 達 の 一 部 改 正 に ついて( 法 令 解 釈 通 達 ) により その 評 価 方 法 を 改 正 し その 改 正 の 趣 旨 等 については 平 成 16 年 6 月 29 日 付 資 産 評

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) B 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の 保 存 に 関 する 法 律 により 指 定 された 保 存 樹 木 または これに 準 ずる 樹 木 の 保 全 のために これらの

区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) B 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の 保 存 に 関 する 法 律 により 指 定 された 保 存 樹 木 または これに 準 ずる 樹 木 の 保 全 のために これらの 別 表 第 1( 第 4 条 関 係 ) 2つの 要 件 に 該 当 する 場 合 または のうち の 緩 い 方 との 組 合 せが 適 用 できる : 緩 和 措 置 あり : 限 定 緩 和 措 置 あり : 緩 和 措 置 なし 区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) A 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx 様 式 (7)~1 建 売 住 宅 共 同 住 宅 宅 地 分 譲 公 営 住 宅 公 共 施 設 関 係 1. 転 用 目 的 とその 内 容 イ. 建 売 住 宅 ロ. 共 同 住 宅 ハ. 宅 地 分 譲 ニ. 公 営 住 宅 ホ. 公 共 施 設 ( ) 転 用 敷 地 総 面 積 ( 内 農 地 面 積 その 他 ) 土 地 利 用 計 画 住 宅 用 地 店 舗 集 会 所 等 施 設

More information

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率 (1) 区 区 分 市 街 化 区 及 び 市 街 化 調 整 区 都 市 計 画 区 のうち すでに 市 街 化 を 形 成 している 区 及 びおおむね10 年 以 内 に 優 先 的 かつ 計 画 的 に 市 街 化 を 図 るべき 区 として 市 街 化 区 を また 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 として 市 街 化 調 整 区 をそれぞれ 決 定 しています 計 画 書 ( 平 成

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

島根大学における学生等の授業料その他の費用に関する規則

島根大学における学生等の授業料その他の費用に関する規則 島 根 大 学 における 学 生 等 の 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 則 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 164 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 17 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 17 年 9 月 26 日 一 部 改 正 平 成 1 8 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 18 年 9 月 19 日 一

More information

は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 す

は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 す 区 計 画 ガイド 新 蛇 田 区 平 成 27 年 2 月 石 巻 市 改 訂 版 は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 することにより 低

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について 1 趣 旨 奥 州 市 二 戸 市 滝 沢 村 及 び 矢 巾 町 において 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 用 途 が 変

騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について 1 趣 旨 奥 州 市 二 戸 市 滝 沢 村 及 び 矢 巾 町 において 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 用 途 が 変 資 料 -1 審 議 事 項 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について ( 案 ) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について 1 趣 旨 奥 州 市 二 戸 市 滝 沢 村 及 び 矢 巾 町 において 都 市 計 画

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

1号店舗運用基準

1号店舗運用基準 市 街 化 調 整 区 域 における 都 市 計 画 法 第 3 4 条 第 1 2 号 の 規 定 に よ る 開 発 許 可 等 の 基 準 を 定 める について 法 第 34 条 第 12 号 及 び 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ハ でいう 開 発 区 域 の 周 辺 にお ける 市 街 化 区 域 を 促 進 するおそれがないと 認 められ かつ 市 街 化 区 域 内 にお

More information

和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保

和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 地 区 計 画 の 目 標 土 地 利 用 の 方 針 地 区 施 設 の 整 備 方

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information