Microsoft Word - 開発許可パンフレット

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 開発許可パンフレット"

Transcription

1 市 街 化 調 整 区 域 における 改 訂 版 開 発 許 可 等 の 立 地 基 準 について 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 許 可 等 に 関 する 新 たな 基 準 して 境 港 市 及 び 日 吉 津 村 の 市 街 化 調 整 区 域 のうち 市 街 化 区 域 一 体 的 な 地 域 等 において 行 うこができる 開 発 行 為 等 の 立 地 基 準 を 定 めた 条 例 が 平 成 21 年 に 制 定 され この 度 一 部 改 正 されました( 平 成 28 年 1 月 1 日 施 行 ) 本 パンフレットでは 条 例 で 定 められた 立 地 基 準 を 含 めて 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 許 可 等 の 立 地 基 準 を 紹 介 していますので ご 活 用 ください 平 成 28 年 1 月 鳥 取 県

2 Ⅰ.はじめに 開 発 許 可 制 度 の 概 要 都 市 計 画 法 ( 以 下 法 いう )に 基 づく 開 発 許 可 制 度 は 都 市 の 周 辺 部 における 無 秩 序 な 市 街 化 を 防 止 するこ 並 びに 公 共 施 設 や 排 水 設 備 等 必 要 な 施 設 の 整 備 を 義 務 付 けて 良 好 な 宅 地 水 準 を 確 保 するこの 二 つの 役 割 を 果 たす こを 目 的 する 制 度 です このため 法 で 適 用 除 外 されている 場 合 を 除 いて 開 発 行 為 ( 主 して 建 築 物 の 建 築 又 は 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 する 土 地 の 区 画 形 質 の 変 更 )を 行 う 際 には 許 可 を 受 けなければなりません そして 市 街 化 調 整 区 域 において 許 可 を 受 けるためには 他 の 区 域 の 場 合 同 様 に 開 発 行 為 の 内 容 が 法 第 33 条 に 定 める 技 術 基 準 に 適 合 しているこに 加 え 法 第 34 条 に 定 める 立 地 基 準 に 適 合 しているこが 必 要 なります また 開 発 許 可 制 度 を 補 完 して 都 市 計 画 の 実 効 性 を 高 めるため 市 街 化 調 整 区 域 においては 開 発 行 為 を 伴 わない 建 築 行 為 等 についても 規 制 の 対 象 されており 市 街 化 調 整 区 域 において 建 築 物 の 新 築 改 築 若 しくは 用 途 変 更 又 は 第 1 種 特 定 工 作 物 の 新 設 を 行 う 場 合 には 原 則 して 許 可 を 受 けなければならず その 許 可 の 基 準 は 開 発 許 可 の 基 準 に 準 じて 定 められています << 開 発 許 可 基 準 の 適 用 関 係 >> 都 市 計 画 区 域 線 引 き 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 法 第 33 条 ( 技 術 基 準 )が 適 用 都 市 計 画 区 域 以 外 の 区 域 非 線 引 き 都 市 計 画 区 域 市 街 化 調 整 区 域 法 第 34 条 ( 立 地 基 準 )が 適 用 << 立 地 基 準 の 概 要 >> 法 第 34 条 立 地 できる 施 設 等 掲 載 先 第 1 号 公 共 公 益 施 設 日 用 利 便 施 設 Ⅳ 章 第 2 号 鉱 物 資 源 観 光 資 源 等 の 利 用 施 設 第 4 号 農 産 物 加 工 施 設 等 第 5 号 農 林 業 等 活 性 化 基 盤 施 設 第 6 号 中 小 企 業 高 度 化 施 設 第 7 号 既 存 工 場 関 連 施 設 第 8 号 危 険 物 貯 蔵 施 設 等 第 9 号 沿 道 サービス 施 設 第 10 号 地 区 計 画 等 適 合 施 設 第 11 号 条 例 で 定 められた 区 域 内 の 自 己 用 住 宅 Ⅱ 章 (1) 第 12 号 条 例 で 定 められた 開 発 行 為 等 Ⅱ 章 (2) 第 13 号 既 存 権 利 者 の 施 設 Ⅳ 章 第 14 号 開 発 審 査 会 の 議 を 経 て 市 街 化 を 促 進 せ Ⅲ 章 ず 市 街 化 区 域 において 行 うこが 困 難 又 は 著 しく 不 適 当 認 められる 施 設 Ⅱ. 鳥 取 県 市 街 化 区 域 一 体 的 な 地 域 等 に 係 る 開 発 許 可 等 の 基 準 に 関 する 条 例 が 改 正 されました ( 平 成 27 年 12 月 24 日 公 布 平 成 28 年 1 月 1 日 施 行 ) 条 例 制 定 による 効 果 平 成 12 年 の 法 改 正 によって 設 けられた 制 度 ( 法 第 34 条 第 11 号 及 び 第 12 号 関 係 )を 活 用 して 市 街 化 調 整 区 域 のうち 市 街 化 区 域 一 体 的 な 地 域 等 において 行 うこができる 開 発 行 為 等 の 基 準 を 定 めた 条 例 が 平 成 21 年 に 制 定 されました これにより 従 来 許 可 権 者 が 開 発 行 為 等 を 許 可 するために 開 発 審 査 会 の 審 議 を 経 る 必 要 のあったもののうち 条 例 に 定 められた 基 準 を 満 たすものについては その 必 要 がなくなるため 申 請 から 許 可 までに 要 する 期 間 が 短 縮 する もに 許 可 基 準 が 条 例 で 明 確 に 定 められたこにより 開 発 許 可 制 度 の 透 明 性 公 平 性 が 一 層 高 まりました この 度 条 例 の 一 部 を 改 正 し 法 第 34 条 第 12 号 で 許 可 できる 用 途 を 追 加 しました << 申 請 から 許 可 までの 流 れ>> 申 請 審 査 諮 問 開 発 審 査 会 審 議 答 申 許 可 工 事 着 手 適 用 区 域 条 例 に 定 められた 基 準 を 満 たせば この 間 の 手 続 きが 不 要 特 例 市 及 び 事 務 処 理 市 町 村 以 外 の 市 町 村 の 区 域 注 意 : 県 内 には 鳥 取 市 米 子 市 境 港 市 及 び 日 吉 津 村 の 一 部 に 市 街 化 調 整 区 域 が 定 められていますが 県 が 制 定 した 条 例 の 適 用 区 域 は 境 港 市 及 び 日 吉 津 村 の 区 域 です 鳥 取 市 ( 特 例 市 ) 及 び 米 子 市 ( 事 務 処 理 市 )の 区 域 については 適 用 されません

3 (1) 法 第 34 条 第 11 号 関 係 制 度 の 概 要 この 条 例 を 活 用 して 市 町 村 長 は 市 街 化 区 域 一 体 的 な 地 域 の 指 定 を 知 事 に 申 し 出 るこができます 市 街 化 区 域 一 体 的 な 地 域 して 指 定 される その 区 域 内 においては 農 家 の 方 や 指 定 区 域 出 身 の 方 に 限 らず 同 一 市 町 村 内 に 他 に 自 己 用 住 宅 を 所 有 しておらず かつ 同 一 市 町 村 の 市 街 化 区 域 内 にその 建 設 が 可 能 な 土 地 を 所 有 していない 方 であれば 許 可 を 得 て 自 己 用 住 宅 を 建 てるこが 可 能 です 条 例 で 定 められている 内 容 < 市 街 化 区 域 一 体 的 な 地 域 して 指 定 する 区 域 の 基 準 > 次 に 掲 げる 基 準 を 全 て 満 たす 区 域 (1) 大 規 模 連 たん 区 域 ( 建 築 物 の 敷 地 相 互 間 の 距 離 が50メートル 以 内 で50 以 上 の 建 築 物 が 連 たんする 区 域 をいう 以 下 同 じ ) (2) 市 街 化 区 域 ( 地 区 計 画 及 び 特 別 用 途 地 区 により 住 宅 を 建 築 してはならないこされている 区 域 並 びに 工 業 専 用 地 域 を 除 く )からの 距 離 が1キロメートル 以 内 にある 土 地 を 含 む 町 等 の 区 域 (3) 適 法 に 建 築 物 を 建 築 するこができる 道 路 ( 建 築 基 準 法 第 42 条 に 規 定 する 道 路 )に 接 する 区 域 (4) 上 水 道 の 給 水 区 域 (5) 市 町 村 が 整 備 した 生 活 排 水 処 理 施 設 の 排 水 区 域 (6) 災 害 の 発 生 のおそれのある 土 地 優 良 な 集 団 農 地 などを 含 まない 区 域 < 立 地 できる 建 築 物 の 用 途 > 地 階 を 除 く 階 数 が3 以 下 の 専 用 住 宅 又 は 兼 用 住 宅 (いずれも 建 築 主 が 自 己 の 日 常 生 活 の 用 に 供 する 住 宅 に 限 る ) 指 定 区 域 境 港 市 日 吉 津 村 の 市 街 化 区 域 一 体 的 な 地 域 して 指 定 する 区 域 は 平 成 21 年 9 月 29 日 付 けで 指 定 され 告 示 されました 指 定 区 域 の 関 係 図 面 は 鳥 取 県 西 部 総 合 事 務 所 生 活 環 境 局 建 築 住 宅 課 境 港 市 建 設 部 都 市 整 備 課 日 吉 津 村 地 域 振 興 課 で 閲 覧 できます (2) 法 第 34 条 第 12 号 関 係 制 度 の 概 要 市 街 化 調 整 区 域 は 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 であり 原 則 して 開 発 行 為 等 を 行 うこはできませんが 条 例 に 定 め られた 市 街 化 を 促 進 しない 開 発 行 為 等 については 市 街 化 調 整 区 域 内 であっても 許 可 を 得 て 行 うこが 可 能 です 条 例 で 定 められている 内 容 < 市 街 化 を 促 進 しない 開 発 行 為 等 の 基 準 > 条 例 に 定 められた 市 街 化 を 促 進 しない 開 発 行 為 等 の 基 準 は 次 の 表 のおりです 分 家 住 宅 1 現 住 地 に 住 み 続 けられなくなった 次 のいずれかの 事 由 があるこ ア 婚 姻 出 産 等 による 同 居 者 の 増 加 イ 独 立 して 生 活 するのが 適 当 認 められる 世 帯 の 分 離 ウ 家 業 同 居 者 の 介 護 等 のためのより 広 い 居 住 空 間 の 確 保 エ 災 害 による 住 宅 の 損 壊 家 主 からの 退 去 要 請 その 他 やむを 得 ない 事 情 2 本 家 者 が 区 域 区 分 が 決 まる 前 から 市 街 化 調 整 区 域 ( 区 域 区 分 によって 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 に 分 断 された 集 落 の 市 街 化 区 域 内 の 部 分 を 含 む )に 住 んでいる 者 又 は 区 域 区 分 が 決 まった 後 に 市 街 化 調 整 区 域 に 適 法 に 自 己 用 住 宅 を 所 有 した 者 であるこ 3 申 請 者 が 本 家 者 同 居 している 又 は 同 居 していたこのある 2 親 等 以 内 の 親 族 であるこ 4 本 家 者 同 居 するこが 困 難 であるこ 5 申 請 者 同 居 者 本 家 者 が 同 一 市 町 村 内 に 他 に 自 己 用 住 宅 を 所 有 しておらず かつ 同 一 市 町 村 の 市 街 化 区 域 内 にその 建 設 が 可 能 な 土 地 を 所 有 していないこ 6 本 家 者 の 継 続 所 有 地 ( 区 域 区 分 が 決 まる 前 から 所 有 し 続 けている 土 地 又 は 区 域 区 分 が 決 まった 後 に 相 続 等 により 取 得 した 土 地 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 区 域 区 分 決 定 日 以 前 から 宅 地 であった 土 地 (いずれも 本 家 者 の 居 住 集 落 又 はその 隣 接 集 落 内 に 所 在 するものに 限 る )であるこ

4 7 自 己 居 住 用 の 専 用 住 宅 であるこ 公 共 事 業 による 移 転 大 規 模 連 たん 区 域 内 の 自 己 用 住 宅 大 規 模 連 たん 区 域 内 の 自 己 の 工 場 等 地 区 集 会 所 等 既 存 建 築 物 等 の 増 築 等 災 害 危 険 区 域 等 から の 移 転 建 築 物 等 1 土 地 収 用 法 上 の 収 用 対 象 事 業 のため 自 己 の 建 築 物 等 を 移 転 又 は 除 却 する 必 要 がある 者 が その 移 転 等 に 係 る 建 築 物 等 に 代 わる 建 築 物 等 を 建 設 する 目 的 であるこ 2 その 事 業 が 行 われる 市 町 村 内 に 他 にその 建 築 物 等 の 代 わりにできる 建 築 物 等 を 所 有 していないこ 3 その 市 町 村 の 市 街 化 区 域 内 に 代 替 建 築 物 等 の 建 設 が 可 能 な 土 地 を 所 有 していないこ 4 一 団 の 土 地 の 一 部 のみが 事 業 用 地 になった 場 合 にあっては その 残 地 に 代 わりの 建 築 物 等 を 建 設 するこ ができないこ 5 市 街 化 区 域 から 移 転 する 場 合 にあっては 土 地 収 用 法 による 事 業 認 定 の 前 から 所 有 していた 土 地 ( 相 続 等 により 取 得 したものを 含 む ) 又 は 起 業 者 が 代 替 地 してあっせんする 土 地 であるこ 6 収 用 対 象 事 業 が 行 われる 市 町 村 の 区 域 内 であるこ 7 移 転 等 に 係 る 建 築 物 等 同 じ 用 途 の 建 築 物 等 であるこ 8 敷 地 面 積 及 び 延 床 面 積 のいずれもが 従 前 の 1.5 倍 以 下 であるこ 1 現 住 地 に 住 み 続 けられなくなった 次 のいずれかの 事 由 があるこ ア 婚 姻 出 産 等 による 同 居 者 の 増 加 イ 独 立 して 生 活 するのが 適 当 認 められる 世 帯 の 分 離 ウ 家 業 同 居 者 の 介 護 等 のためのより 広 い 居 住 空 間 の 確 保 エ 災 害 による 住 宅 の 損 壊 家 主 からの 退 去 要 請 その 他 やむを 得 ない 事 由 2 申 請 者 が 次 のいずれかに 該 当 する 者 であるこ ア 当 該 大 規 模 連 たん 区 域 内 に 継 続 所 有 地 のある 者 イ 当 該 大 規 模 連 たん 区 域 内 に 10 年 以 上 継 続 して 居 住 している 者 ウ 区 域 分 決 定 日 以 後 に 当 該 大 規 模 連 たん 区 域 内 に 収 用 対 象 事 業 による 移 転 等 に 係 る 建 築 物 等 に 代 わるも のして 自 己 用 住 宅 を 建 設 し これに 居 住 している 者 エ 本 家 者 同 居 している 又 は 同 居 していたこのある2 親 等 以 内 の 親 族 3 大 規 模 連 たん 区 域 内 であるこ 4 2 項 アに 該 当 する 者 にあっては その 継 続 所 有 地 の 区 域 であるこ 5 自 己 居 住 用 の 専 用 住 宅 又 は 兼 用 住 宅 であるこ 1 申 請 者 が 次 のいずれかに 該 当 する 者 であるこ ア 区 域 区 分 決 定 日 以 前 から 当 該 大 規 模 連 たん 区 域 内 に 居 住 している 者 の 世 帯 に 属 する 者 イ 区 域 分 決 定 日 以 後 に 当 該 大 規 模 連 たん 区 域 内 に 収 用 対 象 事 業 による 移 転 等 に 係 る 建 築 物 等 に 代 わるも のして 自 己 用 住 宅 を 建 設 し これに 居 住 している 者 2 自 己 の 業 務 用 の 工 場 事 務 所 又 は 店 舗 を 建 設 する 目 的 であるこ 3 大 規 模 連 たん 区 域 内 であるこ 4 敷 地 面 積 が 1,000 m2 以 下 であるこ 5 店 舗 にあっては 延 床 面 積 が 500 m2 以 下 であるこ 1 周 辺 住 民 のための 集 会 所 公 民 館 等 の 準 公 益 的 な 施 設 であるこ 2 施 設 が レジャー 施 設 等 他 目 的 の 施 設 併 用 されるものでないこ 3 施 設 が 町 内 会 自 治 会 等 により 管 理 運 営 されるものであるこ 4 申 請 地 が その 集 会 所 等 を 主 して 利 用 するこになる 見 込 まれる 者 の 居 住 する 町 等 の 区 域 であるこ 1 既 存 の 建 築 物 等 を 増 築 し 又 は 改 築 する 目 的 であるこ 2 申 請 地 が 既 存 の 建 築 物 等 の 敷 地 なっている 土 地 又 はその 隣 接 地 であるこ 3 既 存 の 建 築 物 等 同 じ 用 途 の 建 築 物 等 であるこ 4 敷 地 面 積 が 従 前 の 1.5 倍 以 下 であるこ 5 延 床 面 積 が 従 前 の 2 倍 以 下 であるこ 1 次 のいずれかの 事 由 により 移 転 される 建 築 物 等 に 代 わる 建 築 物 等 を 建 設 する 目 的 であるこ ア 鳥 取 県 建 築 基 準 法 施 行 条 例 第 2 条 第 1 項 の 規 定 により 指 定 された 災 害 危 険 区 域 又 は 同 条 例 第 4 条 各 号 に 定 めるがけ 付 近 の 区 域 に 所 在 するこ イ 土 砂 災 害 警 戒 区 域 等 における 土 砂 災 害 防 止 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 8 条 第 1 項 の 規 定 により 指 定 さ れた 土 砂 災 害 特 別 警 戒 区 域 に 所 在 するこ ウ 地 すべり 等 防 止 法 第 24 条 第 4 項 の 規 定 により 公 表 された 関 連 事 業 計 画 に 基 づいて 行 うものであるこ エ 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 に 関 する 法 律 第 9 条 第 3 項 の 規 定 による 勧 告 を 受 けたこ オ 建 築 基 準 法 第 10 条 第 1 項 の 規 定 による 勧 告 を 受 けたこ 2 移 転 される 建 築 物 等 の 所 在 する 市 町 村 の 区 域 内 であるこ

5 優 良 田 園 住 宅 届 出 団 地 土 地 区 画 整 理 事 業 社 会 福 祉 施 設 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 内 での 用 途 変 更 3 移 転 される 建 築 物 等 同 じ 用 途 の 建 築 物 等 であるこ 4 敷 地 面 積 及 び 延 床 面 積 のいずれもが 従 前 の 1.5 倍 以 下 であるこ 1 優 良 田 園 住 宅 の 建 設 の 促 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 優 良 田 園 住 宅 を 建 設 する 目 的 であるこ 2 同 法 に 基 づく 優 良 田 園 住 宅 建 設 計 画 に 定 められた 土 地 の 区 域 であるこ 3 自 己 居 住 用 の 専 用 住 宅 又 は 兼 用 住 宅 であるこ 1 申 請 者 が その 市 町 村 の 区 域 内 に 自 己 用 住 宅 を 所 有 しておらず かつ その 市 町 村 の 市 街 化 区 域 内 に 適 切 な 土 地 を 所 有 していないこ 2 申 請 地 が 区 域 区 分 が 決 まったきには 造 成 が 完 了 し 又 は 施 工 中 だった 住 宅 団 地 して 認 定 されてい る 区 域 内 であるこ 3 自 己 居 住 用 の 専 用 住 宅 又 は 兼 用 住 宅 であるこ 1 申 請 者 が その 市 町 村 の 区 域 内 に 自 己 用 住 宅 を 所 有 しておらず かつ その 市 町 村 の 市 街 化 区 域 内 に 適 切 な 土 地 を 所 有 していないこ 2 土 地 区 画 整 理 法 に 基 づく 土 地 区 画 整 理 事 業 の 施 行 された 区 域 であるこ 3 自 己 居 住 用 の 専 用 住 宅 又 は 兼 用 住 宅 であるこ 1 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 第 5 条 第 7 項 に 規 定 する 生 活 介 護 同 条 第 8 項 に 規 定 する 短 期 入 所 同 条 第 13 項 に 規 定 する 就 労 移 行 支 援 同 条 第 14 項 に 規 定 する 就 労 継 続 支 援 若 しくは 同 条 第 15 項 に 規 定 する 共 同 生 活 援 助 又 は 老 人 福 祉 法 第 5 条 の2 第 5 項 に 規 定 する 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 事 業 若 しくは 同 条 第 6 項 に 規 定 する 認 知 症 対 応 型 老 人 共 同 生 活 援 助 事 業 を 行 う 施 設 であるこ 2 公 的 補 助 金 を 交 付 されているこ 又 は 当 該 市 町 村 長 が 社 会 福 祉 施 策 の 観 点 から 必 要 性 を 認 めた 施 設 であ るこ 3 設 置 運 営 が 国 の 定 める 基 準 に 適 合 する 認 められるものであるこ 4 次 のいずれかに 該 当 する 事 情 が 認 められるこ ア 近 隣 の 医 療 施 設 社 会 福 祉 施 設 等 密 接 に 連 携 する 必 要 があるこ イ 利 用 する 者 の 安 全 等 を 確 保 するため 立 地 場 所 に 配 慮 する 必 要 があるこ ウ 当 該 施 設 のサービスの 特 性 から 周 辺 の 環 境 等 の 活 用 が 必 要 であるこ 5 敷 地 面 積 が 3,000 m2 以 下 延 床 面 積 が 1,500 m2 以 下 であるこ 1 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 ( 幹 線 道 路 ( 国 道 県 道 又 は 平 日 12 時 間 交 通 量 1 万 台 以 上 の 道 路 )のうち 区 域 指 定 を 受 けようする 市 町 村 の 長 の 申 出 により 知 事 が 鳥 取 県 開 発 審 査 会 の 意 見 を 聴 いて 定 め 告 示 する 区 域 ) 内 にある 空 き 家 空 き 店 舗 のうち 建 築 後 5 年 かつ 利 用 されなくなり1 年 が 経 過 するものであるこ 2 自 己 の 業 務 の 用 に 供 する 事 務 所 又 は 店 舗 に 用 途 変 更 する 目 的 であるこ Ⅲ. 鳥 取 県 開 発 審 査 会 付 議 基 準 ( 法 第 34 条 第 14 号 関 係 ) 鳥 取 県 開 発 審 査 会 付 議 基 準 は 周 辺 の 市 街 化 を 促 進 するおそれがなく かつ 市 街 化 区 域 内 において 行 うこが 困 難 又 は 著 しく 不 適 当 な 開 発 行 為 等 の 基 準 を 定 めたものであり 鳥 取 県 開 発 審 査 会 付 議 基 準 を 満 たす 開 発 行 為 等 については 開 発 審 査 会 の 議 を 経 て 許 可 す るこなります 同 基 準 は 次 の 表 のおりです 社 寺 仏 閣 及 び 納 骨 堂 研 究 施 設 従 業 員 宿 舎 大 規 模 連 たん 区 域 内 の 公 営 住 宅 1 申 請 者 が 宗 教 法 人 法 の 認 証 を 受 けた 宗 教 法 人 又 は 地 元 代 表 者 であるこ 2 地 域 的 性 格 の 強 い 鎮 守 社 等 の 建 築 物 又 は 宗 教 法 人 の 行 う 儀 式 教 化 育 成 施 設 又 はこれらに 付 属 する 社 務 所 等 で 宿 泊 施 設 及 び 休 憩 施 設 を 含 まないこ 3 施 設 利 用 者 のうち 市 街 化 調 整 区 域 内 居 住 者 が 50%を 超 えるこ 研 究 対 象 が 市 街 化 調 整 区 域 に 存 するこ 1 入 居 者 の 勤 務 先 の 事 業 所 が 適 法 に 建 築 されているこ 2 当 該 事 業 所 同 一 敷 地 内 又 は 隣 接 地 に 建 築 される 3 階 以 下 のものであるこ 3 入 居 者 が 当 該 事 業 所 の 従 業 員 及 びその 家 族 に 限 定 されているこ 4 隣 接 土 地 所 有 者 の 同 意 を 得 ているこ 1 大 規 模 連 たん 区 域 内 に 建 設 されるこ 2 主 してその 大 規 模 連 たん 区 域 及 びその 周 辺 地 域 に 居 住 している 者 を 入 居 対 象 するこ

6 自 然 的 土 地 利 用 レクリエ ーション 施 設 産 業 振 興 地 域 の 工 場 等 特 定 流 通 業 務 施 設 有 料 老 人 ホーム ( 有 料 老 人 ホーム の 続 き) 適 合 高 齢 者 専 用 賃 貸 住 宅 介 護 老 人 保 健 施 設 社 会 福 祉 施 設 医 療 施 設 関 係 1 運 動 レジャー 施 設 にあっては 次 の 要 件 を 満 たすこ ア 第 二 種 特 定 工 作 物 に 該 当 しないこ イ 周 辺 の 環 境 等 に 適 合 し 地 域 の 土 地 利 用 計 画 に 整 合 しているこ ウ 必 要 最 小 限 の 建 築 物 であって 周 辺 の 自 然 環 境 に 調 和 した 簡 素 なものであるこ エ 用 途 の 変 更 が 容 易 でないこ オ 自 然 公 園 法 その 他 の 法 令 に 適 合 しているこ 2 宿 泊 施 設 にあっては 次 の 要 件 を 満 たすこ ア 利 用 目 的 及 び 利 用 者 の 属 性 から 見 て 宿 泊 機 能 が 必 要 であるこ イ 周 辺 の 宿 泊 施 設 によっては 円 滑 な 対 応 が 困 難 であるこ 1 鳥 取 県 地 域 産 業 活 性 化 基 本 計 画 に 基 づく 産 業 集 積 区 域 内 に 立 地 する その 対 象 業 種 の 工 場 等 であるこ 2 周 辺 地 域 の 労 働 力 を 必 要 するこ 優 れた 自 然 環 境 を 必 要 するこ 等 により 市 街 化 区 域 内 に 適 地 がない 認 められる 場 合 又 は 自 然 条 件 社 会 経 済 条 件 等 を 総 合 的 に 勘 案 して やむを 得 ない 認 められ る 場 合 であるこ 1 物 流 総 合 効 率 化 法 に 規 定 する 特 定 流 通 業 務 施 設 ( 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 に 規 定 する 特 別 積 合 せ 貨 物 運 送 に 係 るものを 除 く) 又 は 倉 庫 業 法 に 規 定 する 倉 庫 業 の 倉 庫 であるこ 2 物 流 総 合 効 率 化 法 に 基 づき 周 辺 の 市 街 化 を 促 進 するおそれがなく かつ 市 街 化 区 域 内 において 行 う こが 困 難 又 は 著 しく 不 適 当 認 められる 旨 の 意 見 が 知 事 からあった 施 設 であるこ 1 老 人 福 祉 法 に 規 定 する 有 料 老 人 ホームであるこ 2 当 該 老 人 ホームの 設 置 及 び 運 営 が 国 の 策 定 する 有 料 老 人 ホーム 設 置 運 営 標 準 指 導 指 針 又 は 県 が 策 定 する 指 導 指 針 の 基 準 に 適 合 し 有 料 老 人 ホーム 担 当 部 局 十 分 な 連 絡 調 整 の 上 安 定 的 な 経 営 確 保 が 図 られて いるこが 確 実 判 断 されるものであるこ 3 利 用 権 方 式 又 は 賃 貸 方 式 であるこ( 分 譲 方 式 のものは 対 象 外 ) 4 市 街 化 調 整 区 域 に 立 地 する 医 療 介 護 機 能 密 接 に 連 携 する 必 要 があるこ 等 により 市 街 化 区 域 に 立 地 するこが 困 難 又 は 不 適 当 であるこ 5 福 祉 施 策 及 び 都 市 計 画 の 観 点 から 立 地 場 所 の 市 町 村 長 が 同 意 しているこ 6 敷 地 面 積 が 3,000 m2 以 下 延 床 面 積 が 1,500 m2 以 下 であるこ(ただし 立 地 場 所 の 隣 接 市 町 村 長 の 同 意 が 得 られ かつ 法 令 に 抵 触 するこなく 立 地 できるものについては この 限 りでない ) 1 介 護 保 険 法 施 行 規 則 に 規 定 する 適 合 高 齢 者 専 用 賃 貸 住 宅 であるこ 2 指 定 居 宅 サービス 事 業 者 又 は 指 定 地 域 密 着 型 サービス 事 業 者 により 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 又 は 地 域 密 着 型 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 が 行 われるものであり かつ 県 及 び 市 町 村 の 介 護 保 険 担 当 部 局 の 十 分 な 連 絡 調 整 の 上 安 定 的 な 経 営 確 保 が 図 られているこが 確 実 判 断 されるものであるこ 3 市 街 化 調 整 区 域 に 立 地 する 病 院 が 有 する 医 療 機 能 密 接 に 連 携 する 必 要 があるこ 等 により 市 街 化 区 域 に 立 地 するこが 困 難 又 は 不 適 当 であるこ 4 福 祉 施 策 及 び 都 市 計 画 の 観 点 から 立 地 場 所 の 市 町 村 長 が 同 意 しているこ 5 敷 地 面 積 が 3,000 m2 以 下 延 床 面 積 が 1,500 m2 以 下 であるこ(ただし 立 地 場 所 の 隣 接 市 町 村 長 の 同 意 が 得 られ かつ 法 令 に 抵 触 するこなく 立 地 できるものについては この 限 りでない ) 1 介 護 保 険 法 に 規 定 する 介 護 老 人 保 健 施 設 であるこ 2 協 力 病 院 が 近 隣 に 所 在 するこ 等 により 市 街 化 調 整 区 域 に 立 地 するこもやむを 得 ない 認 められる こ 3 介 護 老 人 保 健 施 設 の 開 設 が 確 実 に 許 可 される 見 込 みであるこ 4 敷 地 面 積 が 3,000 m2 以 下 延 床 面 積 が 1,500 m2 以 下 であるこ(ただし 立 地 場 所 の 市 町 村 長 及 び 隣 接 市 町 村 長 の 同 意 が 得 られ かつ 法 令 に 抵 触 するこなく 立 地 できるものについては この 限 りでない ) 1 社 会 福 祉 法 に 規 定 する 社 会 福 祉 事 業 の 用 に 供 する 施 設 又 は 更 生 保 護 事 業 法 に 規 定 する 更 生 保 護 事 業 の 用 に 供 する 施 設 であるこ 2 設 置 運 営 が 国 の 定 める 基 準 に 適 合 する 認 められるものであるこ 3 次 のいずれかに 該 当 する 事 情 が 認 められるこ ア 近 隣 の 医 療 施 設 社 会 福 祉 施 設 等 密 接 に 連 携 する 必 要 があるこ イ 利 用 する 者 の 安 全 等 を 確 保 するため 立 地 場 所 に 配 慮 する 必 要 があるこ ウ 当 該 施 設 のサービスの 特 性 から 周 辺 の 環 境 等 の 活 用 が 必 要 であるこ 4 敷 地 面 積 が 3,000 m2 以 下 延 床 面 積 が 1,500 m2 以 下 であるこ(ただし 立 地 場 所 の 市 町 村 長 及 び 隣 接 市 町 村 長 の 同 意 が 得 られ かつ 法 令 に 抵 触 するこなく 立 地 できるものについては この 限 りでない ) 1 医 療 法 に 規 定 する 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所 であるこ 2 設 置 運 営 が 国 の 定 める 基 準 に 適 合 する 認 められるものであるこ 3 次 のいずれかに 該 当 する 事 情 が 認 められるこ ア 救 急 医 療 の 充 実 が 求 められる 地 域 で 患 者 等 の 搬 送 手 段 の 確 保 のために 周 辺 の 交 通 基 盤 等 の 活 用 が 必

7 学 校 関 係 居 住 者 の 変 更 既 存 不 適 格 建 築 物 の 移 転 葬 祭 場 施 設 その 他 要 であるこ イ 当 該 医 療 施 設 の 入 院 患 者 等 にって 周 辺 の 療 養 環 境 が 必 要 であるこ ウ 病 床 過 剰 地 域 に 設 置 された 病 院 が 病 床 不 足 地 域 に 移 転 する 場 合 であるこ 1 学 校 教 育 法 に 規 定 する 学 校 専 修 学 校 又 は 各 種 学 校 であるこ 2 教 育 環 境 の 確 保 のため 周 辺 の 資 源 環 境 等 が 必 要 であるこ 3 文 教 政 策 上 適 切 である 認 められるものであるこ 1 居 住 者 の 変 更 が 悪 質 計 画 的 に 行 われていない 認 められるこ 2 変 更 後 の 用 途 が 従 前 の 用 途 同 一 であるこ 3 変 更 後 の 居 住 者 が 同 一 市 町 村 内 に 自 己 用 住 宅 を 所 有 しておらず かつ 同 一 市 町 村 の 市 街 化 区 域 内 に 適 切 な 土 地 を 確 保 するこが 困 難 なこ 4 次 のいずれかの 場 合 に 該 当 し やむを 得 ない 認 められるこ ア 現 在 居 住 している 住 居 について 被 災 立 退 き 借 家 等 の 事 情 がある 場 合 イ 現 在 居 住 している 住 居 が 市 街 化 調 整 区 域 内 で 過 密 狭 小 等 の 事 情 がある 場 合 ウ 農 林 水 産 業 に 従 事 する 目 的 で 帰 郷 し 地 域 に 定 住 する 場 合 1 既 存 の 建 築 物 及 び 設 備 が 住 環 境 保 全 上 著 しく 有 害 であり 地 域 住 民 関 係 行 政 機 関 等 から 移 転 の 要 請 が あったこ 2 市 街 化 区 域 に 適 切 な 土 地 を 確 保 するのが 困 難 なこ 3 移 転 先 の 敷 地 が 従 前 ほぼ 同 程 度 の 規 模 であるこ 4 周 辺 の 土 地 利 用 及 び 環 境 調 和 がれたものであるこ 5 移 転 先 の 隣 接 土 地 所 有 者 及 び 地 元 町 内 会 長 等 の 同 意 が 得 られているこ 6 移 転 完 了 後 既 存 の 建 築 物 を 速 やかに 撤 去 するこ 1 隣 接 土 地 所 有 者 及 び 地 元 町 内 会 長 等 の 同 意 が 得 られているこ 2 敷 地 が 集 落 の 境 界 付 近 にある 場 合 は 隣 接 集 落 の 町 内 会 長 等 の 同 意 が 得 られているこ 真 にやむを 得 ない 事 情 が 認 められ 周 辺 における 市 街 化 を 促 進 するおそれがなく かつ 市 街 化 区 域 内 に おいて 行 うこが 困 難 又 は 著 しく 不 適 当 認 められるこ 注 意 : 既 存 宅 地 での 建 築 物 の 取 り 扱 いについては 平 成 12 年 の 法 改 正 による 制 度 廃 止 後 も 法 第 34 条 第 11 号 の 規 定 に 基 づ く 条 例 が 制 定 されるまでの 経 過 措 置 して 一 定 の 条 件 を 満 たす 場 合 に 限 り 開 発 審 査 会 の 議 を 経 て 許 可 を 行 ってきましたが 同 条 例 が 制 定 されたこに 伴 い 平 成 21 年 9 月 30 日 を 以 て 廃 止 されましたのでご 注 意 ください Ⅳ.Ⅱ Ⅲ 以 外 の 許 可 基 準 ( 法 第 34 条 第 1 号 ~ 第 2 号 第 4 号 ~ 第 10 号 第 13 号 関 係 ) Ⅱ Ⅲに 掲 げる 基 準 の 他 法 律 上 市 街 化 調 整 区 域 において 認 められる 開 発 行 為 等 に 関 する 具 体 的 な 運 用 基 準 は 次 の 表 のおりです 公 共 公 益 施 設 ( 法 第 34 条 第 1 号 ) 日 用 利 便 施 設 ( 法 第 34 条 第 1 号 ) 1 次 に 掲 げる 対 象 施 設 の 用 に 供 するものであるこ 区 分 対 象 施 設 学 校 幼 稚 園 小 学 校 中 学 校 保 育 所 児 童 厚 生 施 設 老 人 デイサービスセンター 老 人 福 祉 センター 老 人 介 護 社 会 福 祉 施 設 支 援 センター 隣 保 館 医 療 施 設 診 療 所 助 産 所 2 大 規 模 連 たん 区 域 に 建 設 されるこ 3 小 学 校 又 は 中 学 校 にあっては 校 区 等 の 世 帯 のうち 市 街 化 調 整 区 域 内 の 世 帯 が 50%を 超 えるこ 4 幼 稚 園 又 は 保 育 所 にあっては 主 して 周 辺 の 居 住 者 が 利 用 する 施 設 であるこ 5 社 会 福 祉 施 設 ( 保 育 所 を 除 く) 又 は 医 療 施 設 にあっては 敷 地 面 積 が 1,000 m2 以 下 延 床 面 積 が 400 m2 以 下 であるこ 1 当 該 申 請 地 の 周 辺 の 市 街 化 調 整 区 域 に 居 住 する 者 の 日 常 生 活 に 必 要 な 施 設 であって 別 表 に 定 める 業 種 の 事 業 の 用 に 供 するものであるこ 2 飲 食 店 コンビニエンスストア 又 は 燃 料 小 売 業 の 用 に 供 する 施 設 にあっては 敷 地 が 平 日 12 時 間 自 動 車 交 通 量 1 万 台 以 上 の 道 路 に 接 していないこ 3 敷 地 が 路 地 状 部 分 のみによって 道 路 に 接 するものでないこ 4 敷 地 面 積 が 店 舗 にあっては 3,000 m2 以 下 その 他 の 施 設 にあっては 1,000 m2 以 下 で 延 床 面 積 が 店 舗 にあっては 500 m2 以 下 その 他 の 施 設 にあっては 300 m2 以 下 であるこ 5 敷 地 から 500m 以 内 に 市 街 化 区 域 がある 場 合 は 顧 客 のうち 市 街 化 調 整 区 域 内 居 住 者 が 50%を 超 え るこ

8 鉱 物 資 源 観 光 資 源 等 の 利 用 施 設 ( 法 第 34 条 第 2 号 ) 農 産 物 加 工 施 設 等 ( 法 第 34 条 第 4 号 ) 農 林 業 等 活 性 化 基 盤 施 設 ( 法 第 34 条 第 5 号 ) 中 小 企 業 高 度 化 施 設 ( 法 第 34 条 第 6 号 ) 1 利 用 する 資 源 が 当 該 申 請 地 の 周 辺 の 市 街 化 調 整 区 域 に 現 存 するこ 2 鉱 物 資 源 利 用 施 設 にあっては 資 源 が 産 出 される 場 所 近 接 して 設 置 される 次 のいずれかの 事 業 の 用 に 供 する 施 設 であるこ 日 本 標 準 産 業 分 類 C 鉱 業 採 石 業 砂 利 採 取 業 に 属 する 事 業 E 製 造 業 のうち [2121]セメント 製 造 業 [2122] 生 コンクリート 製 造 業 [2131] 粘 土 かわ ら 製 造 業 [2181] 採 石 製 造 業 3 観 光 資 源 利 用 施 設 にあっては 当 該 申 請 地 の 周 辺 の 市 街 化 調 整 区 域 内 に 存 する 史 跡 名 勝 温 泉 等 の 観 光 資 源 の 有 効 な 利 用 上 必 要 な 施 設 又 は 観 光 資 源 の 価 値 を 維 持 向 上 させるため 必 要 な 施 設 で 当 該 施 設 の 所 在 する 市 町 村 の 長 が 観 光 振 興 上 有 益 認 めるものであるこ 4 その 他 の 資 源 利 用 施 設 にあっては 当 該 申 請 地 の 周 辺 の 市 街 化 調 整 区 域 内 に 存 する 水 資 源 の 取 水 導 水 利 水 又 は 浄 化 のため 必 要 な 施 設 であるこ 農 業 林 業 漁 業 又 は 次 のいずれかの 事 業 の 用 に 供 する 施 設 (その 立 地 する 市 街 化 調 整 区 域 内 の 生 産 物 に 係 るものに 限 る )であるこ 日 本 標 準 産 業 分 類 E 製 造 業 のうち [091] 畜 産 食 料 品 製 造 業 [092] 水 産 食 料 品 製 造 業 [093] 野 菜 缶 詰 果 実 缶 詰 農 産 保 存 食 料 品 製 造 業 [095] 糖 類 製 造 業 [096] 精 穀 製 粉 業 [098] 動 植 物 油 脂 製 造 業 [0991]でんぷん 製 造 業 [1031] 製 茶 業 [1061] 配 合 飼 料 製 造 業 [1211] 一 般 製 材 業 I 運 輸 業 郵 便 業 のうち [47] 倉 庫 業 特 定 農 山 村 地 域 における 農 林 業 等 の 活 性 化 のための 基 盤 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 所 有 権 移 転 等 促 進 計 画 に 適 合 した 農 林 業 等 活 性 化 基 盤 施 設 であるこ 県 が 国 又 は 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 一 体 なって 助 成 する 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 法 施 行 令 に 掲 げられている 事 業 の 用 に 供 する 施 設 であるこ 既 存 工 場 関 連 施 設 1 市 街 化 調 整 区 域 内 に 立 地 する 既 存 工 場 に 対 して 自 己 の 生 産 物 の 原 料 又 は 部 品 の 取 引 価 格 の 50% 以 上 ( 法 第 34 条 第 7 号 ) を 依 存 し 又 は 自 己 の 生 産 物 の 取 引 価 格 の 50% 以 上 を 原 料 又 は 部 品 して 納 入 する 等 の 密 接 な 関 連 を 有 する 事 業 の 用 に 供 する 施 設 であるこ 2 上 記 の 既 存 工 場 隣 接 又 は 近 接 しているこ 危 険 物 貯 蔵 施 設 等 火 薬 類 取 締 法 に 基 づく 許 可 を 受 けた 者 の 設 置 する 火 薬 庫 又 は 火 薬 類 製 造 所 であるこ ( 法 第 34 条 第 8 号 第 9 号 ) 沿 道 サービス 施 設 1 道 路 管 理 施 設 にあっては 高 速 自 動 車 国 道 等 の 維 持 修 繕 その 他 の 管 理 を 行 うために 道 路 管 理 者 が 設 置 ( 法 第 34 条 第 9 号 ) するものであるこ 2 休 憩 所 にあっては 次 の 基 準 を 全 て 満 たすこ ア 自 動 車 運 転 者 又 は 同 乗 者 に 飲 食 物 を 提 供 して 休 憩 させる 飲 食 店 又 はコンビニエンスストアであって 宿 泊 施 設 を 併 設 していないこ イ 運 転 者 等 が 飲 食 可 能 な 休 憩 スペースが 設 けられているこ ウ 敷 地 が 平 日 12 時 間 自 動 車 交 通 量 1 万 台 以 上 の 道 路 に 接 しているこ エ 敷 地 が 路 地 状 部 分 のみによって 道 路 に 接 するものでないこ オ 敷 地 面 積 が 1,000 m2 以 上 3,000 m2 以 下 であるこ カ 自 動 車 の 駐 車 スペースが 敷 地 面 積 の 50% 以 上 であるこ キ 延 床 面 積 が 飲 食 店 にあっては 1,000 m2 以 下 コンビニエンスストアにあっては 300 m2 以 下 である こ 3 燃 料 小 売 業 の 用 に 供 する 施 設 にあっては ガソリンスタンド 自 動 車 用 液 化 石 油 ガススタンド 又 はこれ らに 類 する 施 設 であって 事 務 所 洗 車 場 簡 易 な 自 動 車 整 備 のための 施 設 の 規 模 は 必 要 最 小 限 であるこ 地 区 計 画 等 適 合 施 設 1 地 区 計 画 の 区 域 又 は 集 落 地 域 整 備 法 に 基 づく 集 落 地 区 計 画 の 区 域 ( 地 区 整 備 計 画 又 は 集 落 地 区 整 備 計 画 ( 法 第 34 条 第 10 号 ) が 定 められている 区 域 に 限 る )に 設 置 されるものであるこ 2 地 区 計 画 又 は 集 落 地 区 計 画 に 定 められた 内 容 に 適 合 するこ 既 存 権 利 者 の 施 設 1 自 己 の 居 住 若 しくは 業 務 の 用 に 供 する 建 築 物 又 は 自 己 の 業 務 の 用 に 供 する 第 一 種 特 定 工 作 物 であるこ ( 法 第 34 条 第 13 号 ) 2 市 街 化 調 整 区 域 に 指 定 された 際 土 地 の 所 有 権 等 を 有 していた 者 ( 当 該 指 定 後 6 月 以 内 に 必 要 事 項 の 届 出 をした 者 に 限 る)が 設 置 するものであるこ 3 市 街 化 調 整 区 域 に 指 定 後 5 年 以 内 に 開 発 行 為 が 完 了 するものであるこ 注 意 : 法 題 34 条 第 3 号 については 同 号 に 基 づく 政 令 が 未 制 定 のため 同 号 により 許 可 されるものは 存 しません

9 ( 別 表 ) 日 用 利 便 施 設 該 当 業 種 ( 総 務 省 統 計 局 日 本 標 準 産 業 分 類 ( 平 成 21 年 総 務 省 告 示 第 175 号 )による ) I 卸 売 小 売 業 のうち [569]その 他 の 各 種 商 品 小 売 業 ( 従 業 者 が 常 時 50 人 未 満 のもの) [571] 呉 服 服 地 寝 具 小 売 業 [572] 男 子 服 小 売 業 [573] 婦 人 子 供 服 小 売 業 [574] 靴 履 物 小 売 業 [579] その 他 の 織 物 衣 服 身 の 回 り 品 小 売 業 [581] 各 種 食 料 品 小 売 業 [582] 野 菜 果 実 小 売 業 [583] 食 肉 小 売 業 [584] 鮮 魚 小 売 業 [585] 酒 小 売 業 [586] 菓 子 パン 小 売 業 [589] その 他 の 飲 食 料 品 小 売 業 [592] 自 転 車 小 売 業 [5931] 電 気 機 械 器 具 小 売 業 ( 中 古 品 を 除 く) [5933] 中 古 電 気 製 品 小 売 業 [5939] その 他 の 機 械 器 具 小 売 業 [601] 家 具 建 具 畳 小 売 業 [602] じゅう 器 小 売 業 [6032] 医 薬 品 小 売 業 ( 調 剤 薬 局 を 除 く) [6033] 調 剤 薬 局 [6034] 化 粧 品 小 売 業 [604] 農 耕 用 品 小 売 業 [605] 燃 料 小 売 業 [606] 書 籍 文 房 具 小 売 業 [607] スポーツ 用 品 がん 具 娯 楽 用 品 楽 器 小 売 業 [608] 写 真 機 時 計 眼 鏡 小 売 業 [6092] たばこ 喫 煙 具 専 門 小 売 業 [6093] 花 植 木 小 売 業 J 金 融 保 険 業 のうち [6221] 普 通 銀 行 [6222] 郵 便 貯 金 銀 行 [6223] 信 託 銀 行 [631] 中 小 企 業 等 金 融 業 [632] 農 林 水 産 金 融 業 L 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 のうち [7461] 写 真 業 ( 商 業 写 真 業 を 除 く) M 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 のうち [761] 食 堂,レストラン( 専 門 料 理 店 を 除 く) [762] 専 門 料 理 店 [763] そば うどん 店 [764]すし 店 [767] 喫 茶 店 [769] その 他 の 飲 食 店 N 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 のうち [7811] 普 通 洗 濯 業 [7812] 洗 濯 物 取 次 業 [782] 理 容 業 [783] 美 容 業 [784] 一 般 公 衆 浴 場 業 [7891] 洗 張 染 物 業 [7899] その 他 に 分 類 されない 洗 濯 理 容 美 容 浴 場 業 [793] 衣 服 裁 縫 修 理 業 [794] 物 品 預 り 業 [7991] 食 品 賃 加 工 業 [7993] 写 真 現 像 焼 付 業 [7999] 他 に 分 類 されないその 他 の 生 活 関 連 サービス 業 O 教 育 学 習 支 援 業 のうち [821] 学 習 塾 [8241] 音 楽 教 授 業 [8242] 書 道 教 授 業 [8243] 生 花 茶 道 教 授 業 [8244] そろばん 教 授 業 [8245] 外 国 語 会 話 教 授 業 [8249] その 他 の 教 養 技 能 教 授 業 P 医 療 福 祉 のうち [8351] あん 摩 マッサージ 指 圧 師 はり 師 きゅう 師 柔 道 整 復 師 の 施 術 所 Q 複 合 サービス 事 業 のうち [861] 郵 便 局 [862] 郵 便 局 受 託 業 [871] 農 林 水 産 業 協 同 組 合 ( 他 に 分 類 されないもの) R サービス 業 のうち [891] 自 動 車 整 備 業 [9011] 一 般 機 械 修 理 業 ( 建 設 鉱 山 機 械 を 除 く) [902] 電 気 機 械 器 具 修 理 業 [9091] 家 具 修 理 業 [9092] 時 計 修 理 業 [9093] 履 物 修 理 業 [9094] かじ 業 鳥 取 県 生 活 環 境 部 くらしの 安 心 局 住 まいまちづくり 課 鳥 取 市 東 町 一 丁 目 220 TEL: FAX:

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

ランキング(2月数値訂正済み)

ランキング(2月数値訂正済み) [ 参 考 資 料 ] 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 ( 確 報 ) 結 果 産 業 小 分 類 都 道 府 県 市 町 村 のランキング 産 業 小 分 類 1 事 業 所 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 2 2 従 業 者 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 4 都 道 府 県 3 事 業 所 数 産 業 大 分 類 都 道 府

More information

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分)

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分) ( 別 表 ) 日 本 標 準 産 分 類 の 分 類 項 目 と 類 似 種 比 準 価 額 計 算 上 の 種 目 との 対 比 表 ( 平 成 21 年 分 ) A B C 農, 林 01 農 011 耕 種 農 012 畜 産 農 013 農 ( 園 芸 を 除 く) 014 園 芸 02 林 021 育 林 022 素 材 生 産 023 特 用 林 産 物 生 産 (きのこ 類 の 栽

More information

Taro11-第5章.jtd

Taro11-第5章.jtd 第 5 章 法 第 43 条 令 第 34 条 令 第 35 条 令 第 36 条 規 則 第 34 条 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 以 外 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 法 第 四 十 三 条 何 人 も 市 街 化 調 整 区 域 のうち 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 以 外 の 区 域 内 においては 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

土地の利用状況、形状等客観的に判断して一団の区画とみなされる土地を建築物の建築又は特定工作物の建設のために変更する場合は開発行為となります

土地の利用状況、形状等客観的に判断して一団の区画とみなされる土地を建築物の建築又は特定工作物の建設のために変更する場合は開発行為となります 第 4 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 許 可 基 準 法 第 34 条 令 第 29 条 の5 第 29 条 の6 第 29 条 の7 第 30 条 規 則 第 28 条 本 条 は 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 立 地 性 についての 規 制 を 定 めたものです 1 公 益 上 必 要 な 建 築 物 又 は 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 等 の

More information

Taro-t5-7第4章(1~14)(P71

Taro-t5-7第4章(1~14)(P71 第 4 章 法 第 34 条 令 第 29 条 の 5 第 29 条 の 6 第 29 条 の 7 第 30 条 規 則 第 28 条 本 条 は 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 立 地 性 についての 基 準 を 定 めたものです 1 公 益 上 必 要 な 建 築 物 又 は 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 等 の 販 売 店 等 ( 法 第 34 条 第 1

More information

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 等 の 審 査 基 準 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 14 号 編 ) 平 成 26 年 11 月 1 日 沼 津 市 都 市 計 画 部 まちづくり 指 導 課 目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札 都 市 計 画 法 施 行 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 物 の 用 途 変 更 について)に 関 する 判 断 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 都 市 計 画 法 ( 以 下 法 という ) 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 建 築 物 の 用 途 変 更 )の 判 断

More information

福山市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例に係る許可基準について必要な事項を定めるものとする

福山市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例に係る許可基準について必要な事項を定めるものとする 市 街 化 調 整 区 域 における 立 地 に 関 する 許 可 基 準 2015 年 ( 平 成 27 年 )3 月 福 山 市 1 福 山 市 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 行 為 等 の 許 可 の 基 準 に 関 する 条 例 に 係 る 許 可 基 準 第 1 条 この 許 可 基 準 は, 福 山 市 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 行 為 等 の 許 可 の 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20818332382E3489FC90B381848A4A94AD8D7388D79399895E9770814590528DB88AEE8F808169915395D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20818332382E3489FC90B381848A4A94AD8D7388D79399895E9770814590528DB88AEE8F808169915395D2816A2E646F63> 第 8 章 市 街 化 調 整 区 域 の 開 発 許 可 の 基 準 法 第 34 条 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 2 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当 該 申 請 に 係 る 開 発 行 為 及 びその 申 請 の 手 続 が

More information

Ⅰ Ⅰ. 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 この 基 準 は 開 発 審 査 会 へ 附 議 する 基 準 であり 許 可 基 準 ではありません 平 成 26 年 8 月 1 日 石 川 県 土 木 部 建 築 住 宅 課 目 次 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 1 法 第 34 条 第 14 号 の 規 定 により 附 議 することが 妥 当 と 考 える 開 発 行

More information

第1節 概 要

第1節  概  要 小 山 町 開 発 行 為 等 に 関 する 運 用 基 準 ( 立 地 基 準 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 小 山 町 経 済 建 設 部 都 市 整 備 課 第 1 節 概 要 1 第 2 節 市 街 化 調 整 区 域 内 における 立 地 基 準 の 概 要 2 第 1 開 発 行 為 の 立 地 基 準 2 第 2 建 築 行 為 の 立 地 基 準 3 第 3 例 外 的 に

More information

第 1 節 立 地 基 準 の 概 要 1 目 的 市 街 化 調 整 区 域 は, 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 という 法 の 趣 旨 から, 建 築 物 又 は 特 定 工 作 物 ( 以 下, 建 築 物 等 という )の 立 地 を 厳 しく 制 限 しています 本 基 準 は,

第 1 節 立 地 基 準 の 概 要 1 目 的 市 街 化 調 整 区 域 は, 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 という 法 の 趣 旨 から, 建 築 物 又 は 特 定 工 作 物 ( 以 下, 建 築 物 等 という )の 立 地 を 厳 しく 制 限 しています 本 基 準 は, 第 2 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 第 1 節 立 地 基 準 の 概 要 1 目 的 市 街 化 調 整 区 域 は, 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 という 法 の 趣 旨 から, 建 築 物 又 は 特 定 工 作 物 ( 以 下, 建 築 物 等 という )の 立 地 を 厳 しく 制 限 しています 本 基 準 は, 法 第 29 条 及 び 第 34 条

More information

<8A54977693992E786C73>

<8A54977693992E786C73> 事 業 所 企 業 統 計 調 査 1 調 査 の 概 要 事 業 所 企 業 統 計 調 査 ( 総 務 省 所 管 指 定 統 計 第 2 号 )は すべての 事 業 所 及 び 企 業 を 対 象 として 事 業 の 種 類 や 従 業 者 数 等 事 業 所 及 び 企 業 の 基 本 的 事 項 を 調 査 し 行 政 施 策 のための 基 礎 資 料 並 びに 各 種 統 計 調 査 実

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

上尾市開発事業指導要綱の見直しについて

上尾市開発事業指導要綱の見直しについて 開 発 許 可 申 請 の 手 引 き 平 成 22 年 6 月 版 上 尾 市 都 市 整 備 部 開 発 指 導 課 はじめに 平 成 12 年 5 月 に 都 市 計 画 法 と 建 築 基 準 法 の 一 部 が 改 正 されたことにより 開 発 許 可 制 度 につ いても 大 きな 改 正 が 行 われました 当 市 においては 平 成 15 年 6 月 1 日 付 けで 都 市 計 画

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825295D2814597A7926E8AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825295D2814597A7926E8AEE8F802E646F63> 第 3 編 立 地 基 準 静 岡 県 開 発 行 為 等 の 手 引 き 第 1 節 概 要 3-1 第 2 節 市 街 化 調 整 区 域 内 における 立 地 基 準 の 概 要 2 第 1 開 発 行 為 の 立 地 基 準 2 第 2 建 築 行 為 の 立 地 基 準 3 第 3 例 外 的 に 認 められる 建 築 物 等 5 第 3 節 市 街 化 調 整 区 域 における 立 地

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

Taro-04 別記10 営業調査算定要領

Taro-04 別記10 営業調査算定要領 別 記 10 Ⅰ 営 業 調 査 営 業 調 査 算 定 要 領 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 集 を 行 うものとする ( 法 人 の 場 合 ) イ) 営 業 所 の 所 在 営 業 所 の 所 在 地 社 名 代 表 者 名 業 種 及 び 開 地 等 設 年 月 日 ロ) 事 業 概 況

More information

1

1 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可 基 準 法 第 34 条 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当 該 申 請 に 係 る 開 発 行 為 及 びその 申 請 の 手 続 が 同

More information

生 計 支 出 は 用 途 分 類 と 品 目 分 類 の2 体 系 に 分 類 される (2) その 他 の 実 支 出 は 税 金 社 会 保 険 料 などの 支 出 項 目 からなる (3) 実 支 出 以 外 の 支 出 は 資 産 の 増 加 又 は 負 債 の 減 少 を 意 味 する

生 計 支 出 は 用 途 分 類 と 品 目 分 類 の2 体 系 に 分 類 される (2) その 他 の 実 支 出 は 税 金 社 会 保 険 料 などの 支 出 項 目 からなる (3) 実 支 出 以 外 の 支 出 は 資 産 の 増 加 又 は 負 債 の 減 少 を 意 味 する Ⅴ 収 支 項 目 分 類 の 基 本 原 則 1 収 入 収 入 総 額 は 実 収 入 実 収 入 以 外 の 収 入 繰 入 金 に 分 類 される (1) 実 収 入 は 世 帯 員 全 員 の 現 金 収 入 ( 税 込 み)を 合 計 したもので 主 として 勤 労 や 事 業 の 対 価 として 新 たに 家 計 に 入 る 収 入 である 中 間 項 目 として 経 常 収 入 と

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63> 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 平 成 27 年 4 月 静 岡 県 経 営 管 理 部 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 1 総 則 この 基 準 は 県 が 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業 務 ( 以 下 設 計 等 の 業 務 という )を 委 託 に 付

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

第1章 開発許可の立地基準(法第34条)

第1章 開発許可の立地基準(法第34条) 第 8 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 法 第 34 条 ) 法 第 34 条 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当 該 申 請 に 係 る 開 発 行 為 及 びその 申 請

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

<816995CA8E868251816A8E7792E88BC68EED838A8358836781693235348BC68EED816A2E786C7378>

<816995CA8E868251816A8E7792E88BC68EED838A8358836781693235348BC68EED816A2E786C7378> セーフティネット 保 証 5 号 の 指 定 業 種 ( 中 小 企 業 信 用 保 険 法 第 2 条 第 5 項 第 5 号 ) 指 定 期 間 : 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 27 年 6 月 30 日 ( 別 紙 2) 1:この 表 に 掲 げる 業 種 は 日 本 標 準 産 業 分 類 ( 平 成 25 年 10 月 改 定 )において 分 類 された 業 種 区 分

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

県 民 局 次 世 代 育 成 部 次 世 代 育 成 課 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き ~ 新 設 編 ~ 平 成 27 年 10 月 目 次 はじめに 2 第 1 章 保 育 所 設 置 認 可 の 手 続 き 4 第 2 章 保 育 所 設 置 届 出 の 手 続 き 26 1 はじめに 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き~ 新 設 編 ~ は 児 童 福 祉 法 に 基 づく

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

Ⅰ 所 得 金 額 1 営 業 等 所 得 2 農 業 所 得 3 不 動 産 所 得 営 業 等 所 得 農 業 所 得 不 動 産 所 得 必 要 経 費 平 成 27 年 中 に 収 入 を 得 るために 直 接 要 した 費 用 です これには 販 売 した 商 品 など の 原 価 雇 人

Ⅰ 所 得 金 額 1 営 業 等 所 得 2 農 業 所 得 3 不 動 産 所 得 営 業 等 所 得 農 業 所 得 不 動 産 所 得 必 要 経 費 平 成 27 年 中 に 収 入 を 得 るために 直 接 要 した 費 用 です これには 販 売 した 商 品 など の 原 価 雇 人 平 成 28 年 度 分 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 見 附 市 この 申 告 書 は 平 成 27 年 中 のあなたの 収 入 状 況 を 証 明 する 大 切 な 資 料 となりますので 収 入 控 除 など 該 当 する 項 目 を もれなく 記 載 し 申 告 期 間 内 ( 平 成 28 年 2 月 16 日 ~3 月 1 日 )に 必 ず 提 出 してください 提 出

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097A7926E8AEE8F80284832382E322E32368FB3944681468F9C8E9197BF8DC59056816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097A7926E8AEE8F80284832382E322E32368FB3944681468F9C8E9197BF8DC59056816A2E646F6378> 平 成 28 年 4 月 0 総 目 次 第 1 章 総 則 定 義 1 第 2 章 許 可 を 要 しない 開 発 行 為 及 び 建 築 行 為 6 ( 法 第 29 条 第 1 項 ) 第 3 章 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可 基 準 19 ( 法 第 34 条 及 び 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ) 第 4 章 富 士 市 開 発 審 査 会 付 議 基 準 33 (

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E98EA98CC897708F5A91EE82CC8C9A90DD8EE888F882AB81698276826482619770204832362E30382E3138816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E98EA98CC897708F5A91EE82CC8C9A90DD8EE888F882AB81698276826482619770204832362E30382E3138816A2E646F63> 市 街 化 調 整 区 域 における 自 己 用 住 宅 の 建 設 手 引 き 市 街 化 調 整 区 域 の 空 き 地 等 に 自 分 の 住 宅 を 建 てるためには 人 ( 分 家 又 は 地 縁 の 要 件 を 持 つ 人 等 )と 土 地 ( 線 引 き 前 から 所 有 又 は 相 続 等 )の 要 件 を 満 足 する 必 要 があります 自 己 用 住 宅 を 建 設 するために

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D209379926E8BE689E690AE979D8E968BC691B98EB895E28F9E8AEE8F808DD791A52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D209379926E8BE689E690AE979D8E968BC691B98EB895E28F9E8AEE8F808DD791A52E646F63> 土 地 区 画 整 理 事 業 損 失 補 償 基 準 細 則 細 則 第 1 基 準 第 6 条 関 係 ( 損 失 補 償 金 の 支 払 い 時 期 等 ) 損 失 補 償 金 の 前 払 いは 移 転 等 の 工 事 着 手 時 に 補 償 金 の70%を 限 度 に 支 払 うものとし 残 額 については 移 転 等 の 工 事 完 了 後 に 支 払 うものとする 細 則 第 2 基 準

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

Taro-26都市計画パンフレット4

Taro-26都市計画パンフレット4 伊 勢 原 都 市 計 画 の 概 要 平 成 26 年 4 月 伊 勢 原 市 目 次 1 人 口 推 移 と 土 地 利 用 (1) 人 口 推 移 2 (2) 人 口 推 移 図 2 (3) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 3 (4) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 の 推 移 3 2 都 市 計 画 の 体 系 4 3 都 市 計 画 決 定 の 手 続 (1) 都 市 計 画 決

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考 H25.4.1 版 認 証 保 育 所 施 設 基 準 解 説 平 成 22 年 10 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 少 子 社 会 対 策 部 保 育 支 援 課 0/15 本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

目 次 は じ め に 1 地 計 画 について 2 地 計 画 の 運 用 基 準 5 1 建 築 物 に 関 する 制 限 について 5 (1) 建 築 物 等 の 用 途 の 制 限 5 (2) 壁 面 の 位 置 の 制 限 9 (3) 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 10 (4)

目 次 は じ め に 1 地 計 画 について 2 地 計 画 の 運 用 基 準 5 1 建 築 物 に 関 する 制 限 について 5 (1) 建 築 物 等 の 用 途 の 制 限 5 (2) 壁 面 の 位 置 の 制 限 9 (3) 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 10 (4) 千 葉 大 学 西 千 葉 キャンパス 地 地 計 画 の 手 引 き 千 葉 市 目 次 は じ め に 1 地 計 画 について 2 地 計 画 の 運 用 基 準 5 1 建 築 物 に 関 する 制 限 について 5 (1) 建 築 物 等 の 用 途 の 制 限 5 (2) 壁 面 の 位 置 の 制 限 9 (3) 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 10 (4) 建 築 物 等

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

物 の 形 態 制 限 等 の 例 規 が 適 用 される 2 開 発 許 可 等 を 受 けようとする 土 地 が 農 地 であるときは 開 発 許 可 等 権 者 と 農 地 転 用 許 可 権 者 があ らかじめ 相 互 に 連 絡 調 整 を 行 い 開 発 許 可 等 及 び 農 地 転

物 の 形 態 制 限 等 の 例 規 が 適 用 される 2 開 発 許 可 等 を 受 けようとする 土 地 が 農 地 であるときは 開 発 許 可 等 権 者 と 農 地 転 用 許 可 権 者 があ らかじめ 相 互 に 連 絡 調 整 を 行 い 開 発 許 可 等 及 び 農 地 転 大 和 市 都 市 計 画 法 に 基 づく 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 許 可 等 の 基 準 に 関 する 条 例 逐 条 解 説 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という ) 第 34 条 第 1 2 号 の 規 定 による 開 発 許 可 の 基 準 及 び 都 市 計 画 法 施 行

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所,

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所, 大 分 類 S- 公 務 ( 他 に 分 類 されるものを 除 く) 総 説 この 大 分 類 には, 国 又 は 地 方 公 共 団 体 の 機 関 のうち, 国 会, 裁 判 所, 中 央 官 庁 及 びその 地 方 支 分 部 局, 都 道 府 県 庁, 市 区 役 所, 町 村 役 場 など 本 来 の 立 法 事 務, 司 法 事 務 及 び 行 政 事 務 を 行 う 官 公 署 が 分

More information

( 1. 事 業 主 体 概 要 ) (マリヤ 館 ) 軽 費 老 人 ホームA 型 榛 名 春 光 園 群 馬 県 高 崎 市 中 室 田 町 2110 <その 他 の 事 業 > 軽 費 老 人 ホーム バルナバ 館 群 馬 県 高 崎 市 中 室 田 町 5913 生 活 支 援 ハウス 清

( 1. 事 業 主 体 概 要 ) (マリヤ 館 ) 軽 費 老 人 ホームA 型 榛 名 春 光 園 群 馬 県 高 崎 市 中 室 田 町 2110 <その 他 の 事 業 > 軽 費 老 人 ホーム バルナバ 館 群 馬 県 高 崎 市 中 室 田 町 5913 生 活 支 援 ハウス 清 梅 香 ハイツマリヤ 館 重 要 事 項 説 明 書 ( 東 京 都 消 費 生 活 条 例 による 表 示 項 目 を 含 む) 記 入 年 月 日 平 成 26 年 7 月 1 日 記 入 者 名 八 木 登 美 江 所 属 職 種 マリヤ 館 館 長 1. 事 業 主 体 概 要 事 業 主 体 の 名 称 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 及 び 電 話 番 号 その 他 の 連 絡 先

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条 平 成 25 年 6 月 定 例 市 議 会 提 出 議 案 概 要 書 総 務 部 法 務 課 総 務 部 総 務 課 財 務 部 財 政 課 議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

【資料2】生業扶助及び一時扶助について

【資料2】生業扶助及び一時扶助について 第 15 回 社 会 保 障 審 議 会 生 活 保 護 基 準 部 会 平 成 25 年 11 月 22 日 資 料 2 生 業 扶 助 及 び 一 時 扶 助 について 平 成 25 年 11 月 22 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 保 護 課 目 次 生 業 扶 助 生 業 扶 助 の 概 要 3p 就 労 支 援 の 概 要 4p 生 業 費 6p 技 能 修 得 費 9p 就

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

平成19年度版

平成19年度版 平 成 27 年 度 版 市 税 概 要 松 江 市 目 次 松 江 市 の 概 況 ページ 1 市 域 1 2 町 別 人 口 世 帯 数 2 財 政 1 一 般 会 計 歳 入 決 算 の 推 移 3 2 一 般 会 計 予 算 の 構 成 比 ( 平 成 27 年 度 当 初 ) 3 3 平 成 27 年 度 当 初 予 算 構 成 調 4 4 平 成 26 年 度 決 算 額 調 ( 一 般

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C966B92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C966B92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E6> 東 北 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 27 年 3 月 東 北 町 東 北 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに 計 画 の 概 要... 1 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標... 3 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 人 的 被 害 及 び 建 物 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の

More information

< 居 宅 介 護 予 防 サービス> 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 訪 問 入 浴 介 護 介 護 予 防 訪 問 看 護 介 護 予 防 訪 問 リハビリテーション 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリ

< 居 宅 介 護 予 防 サービス> 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 訪 問 入 浴 介 護 介 護 予 防 訪 問 看 護 介 護 予 防 訪 問 リハビリテーション 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリ 別 紙 様 式 基 準 日 平 成 8 年 9 月 日 現 在 有 料 老 人 ホーム 重 要 事 項 説 明 書 施 設 名 チャームスイート 新 井 薬 師 さくらの 森 定 員 室 数 87 人 87 室 有 料 老 人 ホームの 類 型 表 示 事 項 類 型 居 住 の 権 利 形 態 利 用 料 の 支 払 方 式 入 居 時 の 要 件 介 護 保 険 の 利 用 居 室 区 分 介

More information

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する 第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 118 号 )の 適 用 申 請 及 び 救 助 等 の 実 施 を 適 切 に 行 うことを 目 的 とする 第 2 節 災 害 救 助 法 の 適 用 県 は

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt 県 営 住 宅 耐 震 性 確 保 策 等 検 討 委 員 会 ( 第 3 回 ) 1 前 回 宿 題 事 項 ( 土 地 の 利 用 状 況 の 追 加 説 明 等 ) 及 び 事 業 シミュレーションについて 2 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 策 定 について 3 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 の 策 定 について 平 成 21 年 9 月 徳 島 県 県 土 整

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

<96DA8E9F2E786477>

<96DA8E9F2E786477> 総 目 次 Ⅰ 統 計 図 表 編 Ⅱ 統 計 表 編 1 27 土 地 気 象 28 人 口 35 行 政 財 政 産 業 経 済 60 72 建 設 106 民 生 労 働 保 健 衛 生 教 育 文 化 電 気 ガス 上 下 水 道 運 輸 通 信 公 安 司 法 116 138 150 174 183 197 公 害 214 市 民 生 活 220 目 次 Ⅰ 統 計 図 表 編 富 士 市

More information