<895E97708AEE8F8082CC89F090E E332E A2E646F6378>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>"

Transcription

1 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課

2 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 に 区 分 する 線 引 き 制 度 が 導 入 された 法 施 行 から40 年 を 経 過 し 全 国 的 な 人 口 減 少 や 超 高 齢 社 会 の 進 展 また 中 心 市 街 地 の 空 洞 化 や 公 共 公 益 施 設 等 の 郊 外 立 地 など 都 市 を 取 り 巻 く 状 況 は 大 きく 変 化 している このような 状 況 を 背 景 として 都 市 機 能 の 無 秩 序 な 拡 散 に 歯 止 めをかけ コンパクトに 集 約 した 都 市 づくりを 実 現 するため 平 成 18 年 に 都 市 計 画 法 が 改 正 された この 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 でも 一 定 の 基 準 を 満 たしていれば 許 可 を 受 けて 実 施 が 可 能 であった 大 規 模 開 発 行 為 の 許 可 基 準 が 廃 止 され 市 街 化 調 整 区 域 内 での 面 的 な 開 発 行 為 は 地 区 計 画 に 適 合 する 場 合 に 許 可 されることとなった 本 市 では 市 街 化 調 整 区 域 は 市 街 化 を 抑 制 すべき 地 域 ( 法 第 7 条 第 3 項 )であるとの 認 識 のもと 開 発 許 可 立 地 基 準 によりスプロールの 防 止 を 図 り 計 画 的 な 市 街 地 整 備 に 努 めてき たが 市 街 化 区 域 内 には いまだ 都 市 的 な 土 地 利 用 がなされていない 低 未 利 用 地 が 多 く 存 在 し ている 世 帯 分 離 等 による 世 帯 の 増 加 や 転 入 人 口 は この 低 未 利 用 地 を 有 効 に 活 用 することで 市 街 化 区 域 内 に 誘 導 することができ これ 以 上 に 市 街 地 を 拡 大 する 必 要 性 はないといえる しかしながら 市 街 化 調 整 区 域 内 では 人 口 流 出 少 子 高 齢 化 の 進 行 による 地 域 活 力 の 低 下 や 工 場 等 の 跡 地 などの 未 利 用 地 の 増 加 も 見 られ 環 境 や 防 犯 面 からも 良 好 な 居 住 地 環 境 への 対 策 が 課 題 である 本 市 の 人 口 はすでに 減 少 基 調 にあり これまでのように 都 市 の 拡 大 を 前 提 とした 考 え 方 から 安 定 成 熟 した 持 続 可 能 なまちづくりを 進 める 必 要 がある このことから 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 については 単 に 市 街 地 を 拡 大 させるものではなく 都 市 計 画 マスタープランとの 整 合 を 図 り 地 域 のまちづくりに 寄 与 す るものでなければならない このため 市 街 化 調 整 区 域 において 地 区 計 画 を 運 用 する 指 針 となる 市 街 化 調 整 区 域 等 にお ける 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 以 下 運 用 基 準 という )を 策 定 し 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 等 における 良 好 なまちづくりを 誘 導 するものである 策 定 の 目 的 ( 第 1 条 ) この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 及 び 非 線 引 き 都 市 計 画 区 域 ( 以 下 市 街 化 調 整 区 域 等 という )における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 等 に おける 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 形 成 及 び 安 全 で 安 心 なまちづくりに 寄 与 し もって 地 域 の 特 性 に 応 じた 適 正 な 土 地 利 用 の 誘 導 を 図 ることを 目 的 とする 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 は 法 第 34 条 第 10 号 の 規 定 により 開 発 許 可 の 対 象 となり 運 用 如 何 によっては 線 引 き 制 度 を 形 骸 化 するおそれがあることから 運 用 の 統 一 性 の 確 保 秩 序 ある 土 地 利 用 の 形 成 を 図 る 観 点 から 運 用 基 準 の 策 定 が 義 務 付 けられている 用 語 の 定 義 ( 第 2 条 ) この 運 用 基 準 において 使 用 する 用 語 は 都 市 計 画 法 及 び 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 )において 使 用 する 用 語 の 例 による 1

3 適 用 範 囲 ( 第 3 条 ) この 運 用 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 定 める 地 区 計 画 について 適 用 する また 非 線 引 き 都 市 計 画 区 域 において 定 める 地 区 計 画 についても この 基 準 を 適 用 する 平 成 12 年 の 法 改 正 により 非 線 引 き 都 市 計 画 区 域 においても 地 区 計 画 の 策 定 が 可 能 となる 愛 知 川 流 域 に 広 がる 広 大 な 田 園 は 四 季 を 通 じて 身 近 に 自 然 を 実 感 でき 本 市 の 豊 かさを 象 徴 す る 風 景 である 用 途 地 域 未 指 定 の 非 線 引 き 都 市 計 画 区 域 においても 地 区 計 画 制 度 を 活 用 すること で 豊 かな 自 然 環 境 や 美 しい 景 観 を 活 かした 土 地 利 用 の 推 進 と 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 形 成 を 目 指 すものである 基 本 方 針 ( 第 4 条 ) 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 については 都 市 計 画 運 用 指 針 ( 平 成 18 年 国 都 計 発 第 105 号 ) 及 び 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 策 定 に 係 る 運 用 方 針 及 び 大 規 模 開 発 型 地 区 計 画 の 取 扱 い ( 平 成 19 年 滋 都 計 第 561 号 )に 基 づいて 行 うとともに 当 該 地 区 計 画 が 次 の 各 号 に 掲 げる 基 本 方 針 に 該 当 するものでなければならない 1 上 位 計 画 との 整 合 (1) 法 第 18 条 の2に 基 づく 東 近 江 市 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 ( 以 下 東 近 江 市 都 市 計 画 マスタープラン という 平 成 22 年 策 定 )との 整 合 が 図 られていること 参 考 土 地 利 用 の 基 本 方 針 ( 東 近 江 市 国 土 利 用 計 画 による) 土 地 利 用 の 質 的 向 上 を 図 るため 本 市 における 土 地 利 用 状 況 の 変 化 を 踏 まえ 1 安 全 で 安 心 でき る 土 地 利 用 2 自 然 と 共 生 する 持 続 可 能 な 土 地 利 用 3 美 しくゆとりのある 土 地 利 用 4 生 活 利 便 性 が 高 い 中 心 市 街 地 の 形 成 を 基 本 とする 東 近 江 市 都 市 計 画 マスタープランの 位 置 づけ 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 的 な 土 地 利 用 の 誘 導 方 針 として 農 業 振 興 地 域 整 備 計 画 に 合 わせ 優 良 農 地 を 保 全 するとともに 無 秩 序 な 開 発 は 抑 制 する ただし 主 要 な 幹 線 道 路 沿 道 市 街 化 区 域 の 外 縁 部 及 び 工 場 跡 地 等 の 低 未 利 用 地 において 新 たな 開 発 が 必 要 な 場 合 は 市 全 体 や 地 域 の 持 続 的 な 発 展 につながるような 質 の 高 い 開 発 に 限 定 し 地 区 計 画 を 導 入 するなど 計 画 的 な 土 地 利 用 の 誘 導 を 図 る と 位 置 づけている 2 市 街 化 抑 制 の 原 則 (2) 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 という 市 街 化 調 整 区 域 の 性 格 を 逸 脱 しない 範 囲 で 定 められ 当 該 都 市 計 画 区 域 における 計 画 的 な 市 街 化 に 支 障 がないこと (3) 無 秩 序 に 市 街 地 を 拡 大 しないよう その 必 要 性 周 辺 の 公 共 施 設 の 整 備 状 況 自 然 環 境 周 辺 の 景 観 や 農 林 業 との 調 和 等 の 観 点 から 総 合 的 に 検 討 を 加 え 妥 当 と 認 められる 場 合 に 限 ること 市 街 化 調 整 区 域 は 本 来 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 であり その 区 域 における 開 発 行 為 は 限 定 的 な ものに 制 限 されるべきである このような 基 本 理 念 を 踏 まえ 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 は 既 存 ストック( 駅 学 校 既 存 集 落 インターチェンジ 幹 線 道 路 等 )の 活 用 が 可 能 な 位 置 にあり スプロールの 防 止 周 辺 の 優 良 な 農 地 等 と 調 和 した 良 好 な 居 住 環 境 の 形 成 や 保 全 地 域 コミ ュニティの 維 持 改 善 都 市 活 力 の 維 持 増 進 に 寄 与 するなど 一 定 条 件 を 満 たす 場 合 を 対 象 とする さらに 自 然 環 境 周 辺 の 景 観 営 農 条 件 との 調 和 を 図 るとともに 良 好 な 地 域 環 境 の 形 成 や 地 域 の 活 性 化 等 が 図 られ 無 秩 序 な 市 街 化 を 促 進 することがない 場 合 に 運 用 する 2

4 特 記 事 項 市 街 化 調 整 区 域 の 地 区 計 画 は 都 市 計 画 法 第 12 条 の 5 第 1 項 第 2 号 イ ロ 又 はハに 規 定 する 土 地 の 区 域 に 適 合 する 必 要 があり 法 の 趣 旨 及 び 都 市 計 画 運 用 指 針 から 総 合 的 に 判 断 し 地 区 を 決 定 す ることとなる 法 第 12 条 の5 第 1 項 第 2 号 地 区 計 画 は 建 築 物 の 建 築 形 態 公 共 施 設 その 他 の 施 設 の 配 置 等 からみて 一 体 としてそれぞれ の 区 域 の 特 性 にふさわしい 態 様 を 備 えた 良 好 な 環 境 の 各 街 区 を 整 備 し 開 発 し 及 び 保 全 するため の 計 画 とし 次 のいずれかに 該 当 する 土 地 の 区 域 とする イ 住 宅 市 街 地 の 開 発 その 他 建 築 物 若 しくはその 敷 地 の 整 備 に 関 する 事 業 が 行 われる 又 は 行 わ れた 土 地 の 区 域 ロ 建 築 物 の 建 築 又 はその 敷 地 の 造 成 が 無 秩 序 に 行 われ 又 は 行 われると 見 込 まれる 一 定 の 土 地 の 区 域 で 公 共 施 設 の 整 備 の 状 況 土 地 利 用 の 動 向 等 からみて 不 良 な 街 区 の 環 境 が 形 成 される おそれがある 区 域 ハ 健 全 な 住 宅 市 街 地 における 良 好 な 居 住 環 境 その 他 優 れた 街 区 の 環 境 が 形 成 されている 土 地 の 区 域 その 目 的 は 市 街 化 調 整 区 域 における 無 秩 序 な 市 街 化 を 防 止 し 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 である ことを 踏 まえながら すでに 住 宅 開 発 された 区 域 における 良 好 な 環 境 の 維 持 保 全 を 図 ること 又 は 既 存 集 落 のコミュニティの 維 持 増 進 のため 若 しくは 無 秩 序 な 開 発 によるスプロールを 防 止 するため 個 別 の 小 規 模 な 開 発 行 為 を 計 画 的 に 誘 導 し 土 地 利 用 の 整 序 を 図 ることである 3 社 会 基 盤 の 整 備 状 況 (4) 地 区 計 画 の 対 象 となる 区 域 は 対 象 区 域 の 周 辺 において 円 滑 な 交 通 を 維 持 できる 道 路 十 分 な 流 下 能 力 を 有 する 水 路 又 は 河 川 及 び 上 下 水 道 施 設 等 の 公 共 公 益 施 設 が 良 好 な 生 活 を 営 むに 足 りる 水 準 で 整 備 されており 新 たな 行 政 投 資 を 行 う 必 要 がないこと 持 続 可 能 な 財 政 運 営 に 配 慮 し 主 要 な 社 会 基 盤 が 既 に 整 備 されているか 又 は 確 実 に 整 備 がなされ る 必 要 がある また 特 に 対 象 区 域 が6.0m 以 上 の 道 路 に 面 するなど 交 通 量 増 加 への 対 応 が 適 切 に 行 われる 必 要 がある 4 その 他 (5) 開 発 行 為 が 完 了 した 地 区 計 画 の 区 域 は 飛 び 地 等 による 市 街 化 区 域 編 入 が 困 難 な 場 合 を 除 き 市 街 化 区 域 に 編 入 することを 前 提 として 定 めるものとする 適 用 区 域 の 制 限 ( 第 5 条 ) 1 関 係 法 令 との 適 合 性 地 区 計 画 の 区 域 には 次 の 各 号 に 掲 げる 区 域 又 は 地 域 を 含 まないものとする ただし 地 区 計 画 の 決 定 の 時 期 までに 当 該 区 域 又 は 地 域 の 指 定 が 解 除 されることが 確 実 と 認 められる 場 合 は この 限 りでない (1) 都 市 計 画 法 施 行 令 第 8 条 第 1 項 第 2 号 ロからニまでに 規 定 する 土 地 の 区 域 (2) 自 然 公 園 法 第 20 条 第 1 項 に 規 定 する 特 別 地 域 (3) 滋 賀 県 立 自 然 公 園 条 例 第 5 条 第 1 項 に 規 定 する 滋 賀 県 立 自 然 公 園 (4) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 第 8 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (5) 農 地 法 による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 まれる 農 用 地 (6) 森 林 法 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の 2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 1 項 に 規 定 する 保 安 林 又 は 保 安 施 設 地 区 (7) 文 化 財 保 護 法 第 109 条 第 1 項 及 び 第 110 条 第 1 項 に 規 定 する 史 跡 名 勝 天 然 記 念 物 に 指 定 又 は 仮 指 定 された 区 域 (8) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 第 28 条 第 1 項 に 規 定 する 鳥 獣 保 護 区 3

5 (9) 砂 防 法 第 2 条 に 規 定 する 砂 防 指 定 地 (10) 地 すべり 等 防 止 法 第 3 条 第 1 項 に 規 定 する 地 すべり 防 止 区 域 (11) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 に 関 する 法 律 第 3 条 第 1 項 に 規 定 する 急 傾 斜 崩 壊 危 険 区 域 (12) 土 砂 災 害 警 戒 区 域 等 における 土 砂 災 害 防 止 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 第 1 項 に 規 定 する 土 砂 災 害 特 別 警 戒 区 域 警 戒 区 域 (13) 土 砂 災 害 警 戒 区 域 等 における 土 砂 災 害 防 止 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 7 条 第 1 項 に 規 定 する 土 砂 災 害 警 戒 区 域 (14) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 第 5 条 第 3 項 第 1 号 に 規 定 する 工 業 等 導 入 地 区 (15) 法 第 8 条 第 1 項 第 7 号 に 規 定 する 風 致 地 区 (16) 法 第 8 条 第 1 項 第 15 号 に 規 定 する 伝 統 的 建 造 物 群 保 存 地 区 市 街 化 調 整 区 域 等 における 良 好 な 環 境 を 保 全 するため 災 害 の 発 生 のおそれのある 区 域 優 良 な 農 地 その 他 長 期 にわたり 農 用 地 として 保 全 すべき 区 域 優 れた 自 然 環 境 の 維 持 のため 保 全 すべき 区 域 を 含 まないものとする 農 地 が 含 まれる 場 合 農 振 法 に 基 づく 農 用 地 区 域 農 地 法 による 農 地 転 用 許 可 の 見 込 みがない 農 地 を 含 まないものとする 農 地 を 含 む 場 合 は 事 前 に 農 林 調 整 を 行 うものとする 地 区 計 画 の 類 型 ( 第 6 条 ) 地 区 計 画 の 対 象 となる 地 区 は 第 4 条 第 1 項 に 掲 げる 基 本 方 針 の 要 件 を 満 たし かつ 次 の 各 号 に 掲 げる 類 型 のいずれかに 適 合 するものでなければならない (1) 既 存 集 落 型 一 団 の 街 区 を 形 成 する 既 存 の 集 落 及 びその 周 辺 ( 概 ね50 以 上 の 建 築 物 が 連 たんしてい る 土 地 の 区 域 )の 区 域 において 必 要 な 公 共 施 設 等 の 整 備 が 担 保 されており 良 好 な 居 住 環 境 を 形 成 することが 可 能 な 地 区 で 集 落 のコミュニティの 維 持 改 善 を 目 的 とする 地 区 計 画 (2) 宅 地 活 用 継 続 型 ア 既 存 集 落 を 除 いて 既 に 造 成 されている 住 宅 団 地 等 における 地 区 計 画 イ 工 場 事 業 所 等 の 立 地 により 既 に 宅 地 化 されている 地 区 又 は 都 市 計 画 法 その 他 の 法 律 により 整 備 された 地 区 において 周 辺 環 境 との 調 和 を 図 りながら 持 続 的 な 土 地 利 用 を 目 的 とする 地 区 計 画 (3) 市 街 化 区 域 隣 接 型 市 街 化 区 域 に 隣 接 ( 地 区 全 域 が 概 ね200m 以 内 で 区 域 の 周 囲 延 長 の 概 ね5 分 の1 以 上 が 市 街 化 区 域 に 接 している 区 域 )し 既 に 無 秩 序 な 市 街 化 が 進 んでいる 又 は 進 むおそれが ある 区 域 で それらを 良 好 な 土 地 利 用 環 境 に 誘 導 することを 目 的 とする 地 区 計 画 (4) 沿 道 型 ( 非 住 居 系 ) 2 車 線 以 上 の 国 道 主 要 地 方 道 都 市 計 画 道 路 などの 幹 線 道 路 沿 道 において 無 秩 序 な 開 発 の 進 行 又 はおそれがある 場 合 適 正 な 土 地 利 用 の 整 序 を 図 るため 許 容 する 用 途 や 土 地 利 用 の 範 囲 を 限 定 し 用 途 の 混 在 を 防 止 するとともに 沿 道 の 機 能 を 活 かし 地 域 経 済 の 活 性 化 を 目 的 とする 地 区 計 画 (5) 地 域 振 興 型 ( 非 住 居 系 ) 東 近 江 市 都 市 計 画 マスタープラン 等 の 上 位 計 画 に 土 地 利 用 の 方 針 が 定 められている 区 域 において この 方 針 に 基 づく 土 地 利 用 を 適 切 に 誘 導 し 産 業 の 振 興 その 他 都 市 機 能 の 維 持 増 進 を 目 的 とする 地 区 計 画 ( 市 長 が 法 第 12 条 の5 第 1 項 第 2 号 に 規 定 する 地 区 計 画 4

6 の 適 用 区 域 のいずれかに 該 当 すると 認 め かつ 地 区 計 画 制 度 の 活 用 を 図 ることが 適 当 で あると 認 める 場 合 に 限 る ) 住 居 系 の 地 区 計 画 は 既 存 集 落 のコミュニティの 維 持 増 進 のため 若 しくは 無 秩 序 な 開 発 によるス プロールを 防 止 するため 個 別 の 小 規 模 な 開 発 行 為 を 計 画 的 に 誘 導 し 良 好 な 住 宅 地 を 形 成 するもので ある この 場 合 駅 や 学 校 などの 活 用 が 可 能 な 位 置 にあることが 望 ましい 地 域 振 興 型 は 自 然 環 境 等 と 調 和 し 産 業 振 興 や 雇 用 の 場 を 創 出 するため 工 業 系 の 土 地 利 用 の 誘 導 を 図 るものであり 市 街 化 区 域 内 での 計 画 的 な 市 街 地 形 成 や 都 市 構 造 への 影 響 に 鑑 み 大 規 模 集 客 施 設 等 の 立 地 又 は 商 業 系 の 開 発 を 目 的 とするものではない いずれの 類 型 においても 当 該 地 区 の 課 題 解 決 を 前 提 とする 計 画 でなければならない 区 域 の 設 定 ( 第 7 条 ) 1 地 区 計 画 の 区 域 の 設 定 は 原 則 として 公 共 用 地 の 地 形 地 物 等 ( 道 路 鉄 道 の 線 路 その 他 の 恒 久 的 な 施 設 又 は 河 川 水 路 等 をいう )により 明 確 かつ 恒 久 的 に 区 別 するものとする これにより 難 い 場 合 には 土 地 所 有 の 状 況 土 地 利 用 の 現 状 及 び 将 来 の 見 通 し 地 区 計 画 に おいて 定 めるものとなる 道 路 等 の 施 設 の 配 置 等 を 勘 案 して 敷 地 境 界 線 等 によりできる 限 り 整 形 となるように 定 めるものとする 2 地 区 計 画 区 域 の 周 辺 において 無 秩 序 に 集 落 が 拡 大 しないよう 必 要 最 低 限 の 規 模 とする 3 住 居 系 の 地 区 計 画 の 区 域 は 近 隣 の 地 域 社 会 を 形 成 するため 区 域 の 面 積 に 応 じて 適 切 な 住 宅 戸 数 規 模 を 有 するものとする この 場 合 概 ね10 区 画 を 最 低 戸 数 規 模 の 基 準 とする 4 地 区 計 画 の 区 域 の 面 積 は 次 の 各 号 に 掲 げるものとする (1) 既 存 集 落 型 0.5ha 以 上 5.0ha 未 満 とする ただし 周 辺 の 土 地 利 用 状 況 等 により 止 むを 得 ないと 認 められる 場 合 は 最 小 面 積 を0.3haとすることができる (2) 宅 地 活 用 継 続 型 0.5ha 以 上 5.0ha 未 満 とする ただし 工 場 跡 地 等 の 既 存 宅 地 活 用 を 行 うもの は 周 辺 の 土 地 利 用 の 状 況 により 止 むを 得 ない 場 合 は 最 小 面 積 を0.3haとすること ができる (3) 市 街 化 区 域 隣 接 型 0.5ha 以 上 5.0ha 未 満 とする (4) 沿 道 型 ( 非 住 居 系 ) 1.0ha 以 上 5.0ha 未 満 とする (5) 地 域 振 興 型 ( 非 住 居 系 ) 5.0ha 以 上 とする 地 区 計 画 は 良 好 な 環 境 の 街 区 整 備 を 行 うための 計 画 であるため 適 正 な 街 区 形 成 に 足 る 一 定 の 広 がりを 持 った 土 地 の 区 域 とすることが 望 ましく 一 建 築 物 の 建 築 あるいは 一 敷 地 の 開 発 を 可 能 とする ための 便 宜 的 手 法 として 活 用 されるものでなない 地 区 計 画 の 内 容 ( 第 8 条 ) 地 区 計 画 は 法 第 12 条 の5 第 2 項 の 規 定 により 地 区 計 画 の 名 称 位 置 区 域 及 び 区 域 の 面 積 当 該 地 区 計 画 の 目 標 当 該 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 以 下 地 区 計 画 の 方 針 と いう ) 並 びに 地 区 整 備 計 画 を 都 市 計 画 に 定 めるものとする 別 表 1 地 区 計 画 策 定 の 基 準 5

7 地 区 計 画 の 目 標 ( 第 9 条 ) 地 区 計 画 の 目 標 は 当 該 地 区 の 周 辺 において 市 街 化 を 促 進 することがない 等 市 街 化 調 整 区 域 の 性 格 及 び 当 該 地 区 の 特 性 を 踏 まえ 自 然 環 境 の 保 全 ゆとりある 良 好 な 市 街 地 環 境 の 維 持 及 び 形 成 周 辺 の 環 境 営 農 条 件 との 調 和 地 域 の 活 性 化 等 について 必 要 な 事 項 を 明 らかに するものとする 別 表 1 地 区 計 画 策 定 の 基 準 地 区 計 画 の 方 針 ( 第 10 条 ) 1 地 区 計 画 の 方 針 は 当 該 地 区 のまちづくりの 基 本 的 な 方 向 を 示 す 総 合 的 な 指 針 として 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 定 めるものとする (1) 土 地 利 用 の 方 針 (2) 地 区 施 設 の 整 備 の 方 針 (3) 建 築 物 等 の 整 備 の 方 針 (4)その 他 当 該 地 区 の 整 備 開 発 及 び 保 全 に 関 する 方 針 別 表 1 地 区 計 画 策 定 の 基 準 地 区 整 備 計 画 ( 第 11 条 ) 地 区 整 備 計 画 は 地 区 計 画 の 方 針 に 基 づき 地 区 計 画 の 目 標 を 達 成 するため 地 区 施 設 建 築 物 土 地 利 用 等 について 当 該 地 区 の 特 性 に 応 じて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 別 表 1 地 区 計 画 策 定 の 基 準 地 区 施 設 等 に 関 する 事 項 ( 第 12 条 ) 1 当 該 地 区 計 画 の 策 定 区 域 は 住 居 系 は6.0m 以 上 非 住 居 系 は 車 道 2 車 線 で 原 則 として 9.0m 以 上 の 幅 員 の 道 路 に 接 しているもの 又 は 接 することが 確 実 であるものとする ただ し 非 住 居 系 の 幅 員 については 地 区 計 画 の 内 容 及 び 周 辺 の 状 況 により 交 通 安 全 上 支 障 が ないと 認 められる 場 合 はこの 限 りでない 2 地 区 施 設 は 当 該 地 区 の 周 辺 の 道 路 状 況 等 を 勘 案 の 上 区 画 道 路 及 び 公 園 緑 地 広 場 そ の 他 公 共 空 地 を 配 置 するとともに 必 要 に 応 じて 雨 水 調 整 施 設 を 配 置 するものとし 当 該 地 区 施 設 に 係 る 基 準 は 法 第 33 条 及 び 東 近 江 市 開 発 許 可 の 基 準 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 東 近 江 市 条 例 第 57 号 )と 同 等 以 上 の 基 準 に 適 合 するものとする 別 表 2 地 区 計 画 の 類 型 別 運 用 基 準 建 築 物 等 に 関 する 事 項 ( 第 13 条 ) 建 築 物 等 に 関 する 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 等 におけるゆとりある 良 好 な 都 市 環 境 の 維 持 及 び 増 進 を 図 るため 別 表 2の 類 型 別 運 用 基 準 に 応 じ 当 該 対 象 地 区 の 特 性 に 応 じた 必 要 な 事 項 に ついて 定 めるものとする 別 表 2 地 区 計 画 の 類 型 別 運 用 基 準 ただし 区 域 内 の 既 存 の 建 築 物 についてはこれらの 全 てを 区 域 内 の 既 存 の 建 築 物 が 建 って いる 敷 地 については 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 を 適 用 除 外 とすることができる 6

8 地 区 計 画 の 案 の 申 出 ( 第 14 条 ) 1 法 第 16 条 第 3 項 に 規 定 する 住 民 又 は 利 害 関 係 人 は 東 近 江 市 地 区 計 画 の 案 の 作 成 に 関 す る 条 例 ( 平 成 17 年 東 近 江 市 条 例 第 204 号 以 下 条 例 という )の 定 めるところにより 地 区 計 画 の 原 案 を 申 し 出 ることができる 2 前 項 の 申 出 を 行 う 者 は あらかじめ 地 区 計 画 の 素 案 ( 様 式 第 1 号 )を 作 成 し 申 し 出 なけ ればならない 地 区 計 画 は その 内 容 からも 住 民 や 区 域 内 の 土 地 に 権 利 を 有 するもの 及 びその 代 理 人 ( 民 間 事 業 者 を 含 む)が 主 体 的 に 関 与 することが 望 ましく このような 地 域 住 民 の 参 加 を 促 す 観 点 から 地 区 計 画 の 申 出 制 度 が 十 分 活 用 されるよう 手 続 き 条 例 を 定 めている 条 例 第 5 条 法 第 16 条 第 3 項 に 規 定 する 者 は 個 人 又 は 共 同 で 地 区 計 画 に 関 する 都 市 計 画 の 決 定 若 しくは 変 更 又 は 地 区 計 画 の 原 案 について 規 則 で 定 めるところにより 市 長 に 申 し 出 ることができ る ただし 第 2 条 に 規 定 する 公 告 後 は 同 条 に 規 定 する 縦 覧 に 供 された 地 区 計 画 の 原 案 に 係 る 区 域 が 含 まれる 計 画 を 申 し 出 ることはできない 参 考 法 第 16 条 第 3 項 に 規 定 する 利 害 関 係 を 有 する 者 地 区 計 画 等 の 案 に 係 る 区 域 内 の 土 地 について 対 抗 要 件 を 備 えた 地 上 権 若 しくは 賃 借 権 又 は 登 記 した 先 取 得 権 質 権 若 しくは 抵 当 権 を 有 する 者 及 びその 土 地 若 しくはこれらの 権 利 に 関 する 仮 登 記 その 土 地 若 しくはこれらの 権 利 に 関 する 差 押 さえの 登 記 又 はその 土 地 に 関 する 買 戻 しの 特 約 の 登 記 の 登 記 名 義 人 とする 住 民 の 合 意 形 成 ( 第 15 条 ) 1 地 区 計 画 の 素 案 を 申 し 出 る 者 ( 以 下 申 出 人 という )は 素 案 作 成 にあたって 検 討 の 段 階 から 当 該 地 区 及 び 周 辺 住 民 の 意 見 を 地 区 計 画 に 反 映 させるよう 努 め 説 明 会 等 を 実 施 した 後 報 告 書 ( 様 式 2 号 )により 報 告 しなければならない 2 地 区 計 画 の 素 案 の 内 容 に 関 する 住 民 の 合 意 形 成 については 当 該 地 区 計 画 区 域 の 利 害 関 係 人 全 員 の 同 意 を 得 なければならない 法 第 21 条 の 2 に 定 める 都 市 計 画 の 提 案 制 度 における 提 案 要 件 は 土 地 所 有 者 等 の 3 分 の 2 以 上 の 同 意 が 必 要 であるとされている また 法 第 16 条 第 3 項 に 定 める 地 区 計 画 等 の 申 出 制 度 では 提 案 要 件 は 条 例 に 委 ねられている ただし 地 区 計 画 は 住 民 の 生 活 に 最 も 身 近 な 地 区 を 単 位 として 地 区 の 特 性 に 応 じたきめ 細 かなル ールを 定 めるまちづくり 計 画 であることを 考 えると 利 害 関 係 人 全 員 の 同 意 が 望 ましく かつ 関 係 自 治 会 の 同 意 を 得 ていることが 望 ましい 申 出 に 対 する 措 置 ( 第 16 条 ) 1 市 長 は 地 区 計 画 の 素 案 の 申 出 があったときは 遅 滞 なく 地 区 計 画 の 素 案 の 全 部 又 は 一 部 を 地 区 計 画 の 案 として 決 定 する 必 要 があるかどうかを 判 断 しなければならない 2 市 長 は 当 該 地 区 計 画 の 案 として 決 定 する 必 要 があると 判 断 したときは その 旨 を 申 出 人 に 通 知 しなければならない 3 市 長 は 当 該 地 区 計 画 の 案 として 決 定 する 必 要 がないと 判 断 したときは 遅 滞 なく その 旨 及 びその 理 由 を 申 出 人 に 通 知 しなければならない この 場 合 において 市 長 は あらかじ め 東 近 江 市 都 市 計 画 審 議 会 の 意 見 を 聴 くものとする 事 前 審 査 ( 第 17 条 ) 7

9 前 条 第 2 項 の 規 定 により 通 知 を 受 けた 申 出 人 は 地 区 計 画 の 原 案 の 申 出 にかかる 開 発 計 画 事 前 審 査 願 ( 様 式 第 3 号 )を 提 出 し 地 区 計 画 の 原 案 を 申 し 出 る 前 までに 関 係 機 関 との 協 議 調 整 を 行 い 事 前 審 査 を 完 了 しておかなければならない 地 区 計 画 に 適 合 した 開 発 行 為 は 開 発 許 可 の 対 象 となるものであり 別 に 開 発 許 可 の 要 件 を 満 た すことが 必 要 であるため 当 該 地 区 計 画 の 原 案 の 作 成 までに 道 路 公 園 排 水 先 河 川 その 他 の 公 共 施 設 の 管 理 者 と 事 前 協 議 を 行 い 当 該 管 理 者 の 同 意 を 得 ておくものとする 条 例 による 制 限 の 適 用 ( 第 18 条 ) 市 長 は 地 区 計 画 の 区 域 内 において 建 築 物 の 用 途 敷 地 及 び 構 造 に 関 する 事 項 で 当 該 地 区 計 画 の 内 容 として 定 めたものについて 建 築 基 準 法 第 68 条 の2 第 1 項 に 基 づき 条 例 を 制 定 し 制 限 するものとする 地 区 計 画 制 度 では 建 築 物 等 に 関 する 制 限 として 定 められた 事 項 のうち 特 に 重 要 なものについて は 建 築 基 準 法 第 68 条 の 2 第 1 項 により 市 条 例 を 定 めることによって 建 築 制 限 を 行 うことができる つまり これらの 事 項 が 建 築 確 認 申 請 の 審 査 対 象 となるため 地 区 計 画 の 内 容 が 確 実 に 担 保 させるこ とになる 県 の 運 用 基 準 も 建 築 制 限 条 例 を 制 定 することを 要 件 としており 本 市 においても 地 区 計 画 を 策 定 する 区 域 は 地 区 計 画 を 都 市 計 画 決 定 した 後 速 やかに 建 築 制 限 条 例 を 定 めることとする 事 業 の 実 施 ( 第 19 条 ) 1 事 業 者 は 地 区 計 画 が 定 められた 日 から 原 則 として1 年 以 内 に 当 該 地 区 計 画 に 適 合 する 面 的 開 発 行 為 の 事 業 に 着 手 するものとする 2 止 むを 得 ない 事 由 により 一 体 的 開 発 が 困 難 な 場 合 事 業 者 は 当 該 地 区 内 の 公 共 施 設 の 整 備 順 位 整 備 時 期 施 行 主 体 その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 事 項 を 記 載 した 整 備 計 画 を 策 定 し 市 長 の 承 認 を 得 なければならない 地 区 計 画 は 都 市 計 画 の 決 定 により 当 該 地 区 計 画 を 担 保 するものであることから 所 期 の 運 用 目 的 を 実 現 させるため 開 発 許 可 が 確 実 に 実 施 される 必 要 がある 委 任 ( 第 20 条 ) この 運 用 基 準 に 定 めるもののほか 必 要 な 事 項 は 市 長 が 別 に 定 める 附 則 この 運 用 基 準 は 平 成 24 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 運 用 基 準 は 平 成 26 年 11 月 4 日 から 施 行 する この 運 用 基 準 は 平 成 27 年 4 月 1 日 から 施 行 する 8

10 別 表 1 地 区 計 画 策 定 の 基 準 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 地 区 整 備 計 画 地 区 施 設 等 に 関 する 事 項 建 築 物 等 に 関 す る 事 項 名 称 位 置 面 積 地 区 計 画 の 目 標 運 用 基 準 第 9 条 により 定 める 土 地 利 用 の 方 針 地 区 施 設 の 整 備 の 方 針 建 築 物 等 の 整 備 の 方 針 その 他 当 該 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 に 関 する 方 針 道 路 公 園 緑 地 広 場 その 他 公 共 空 地 建 築 物 等 の 用 途 の 制 限 容 積 率 の 最 高 限 度 容 積 率 の 最 低 限 度 建 築 面 積 の 最 低 限 度 建 築 物 等 の 高 さの 最 低 限 度 当 該 地 区 整 備 等 の 総 合 的 な 指 針 であり 関 係 権 利 者 住 民 等 が 容 易 に 理 解 できる よう 定 める 主 として 街 区 内 の 居 住 者 の 用 に 供 する 道 路 公 園 等 の 公 共 施 設 の 配 置 規 模 を 決 めるために 定 める 良 好 な 居 住 環 境 の 保 持 等 を 目 的 として 適 正 に 用 途 配 置 を 行 うために 定 める 周 辺 の 環 境 と 調 和 するよう 建 物 のボリュ ームを 抑 えるために 定 める 市 街 化 調 整 区 域 の 趣 旨 とは 異 なるため 定 められない 建 ぺい 率 の 最 高 限 度 敷 地 内 空 地 を 確 保 し 密 集 化 を 防 止 するた めに 定 める 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 狭 小 敷 地 による 居 住 環 境 の 悪 化 防 止 のた めに 定 める 壁 面 の 位 置 の 制 限 敷 地 内 空 地 の 確 保 良 好 な 街 区 景 観 の 形 成 のため 道 路 隣 地 境 界 からの 後 退 距 離 を 確 保 するために 定 める 建 築 物 等 の 高 さの 最 高 限 度 日 影 規 制 北 側 斜 線 良 好 な 居 住 環 境 の 確 保 や 街 並 みのそろっ た 景 観 の 形 成 等 を 促 進 するために 定 め る 建 築 物 の 形 態 意 匠 の 制 限 垣 柵 の 構 造 の 制 限 緑 化 率 の 最 低 限 度 良 好 な 街 区 景 観 を 保 全 あるいは 形 成 す るために 定 める 土 地 の 利 用 に 関 する 事 項 樹 林 地 草 地 等 の 保 全 農 用 地 森 林 に 関 する 事 項 は 定 めない 上 表 の 表 現 について 印 は 必 ず 定 めるもの 印 は 定 めることが 望 ましいもの 印 は 定 めることができるもの 印 は 定 めることができないもの 9

11 別 表 2 地 区 計 画 の 類 型 別 運 用 基 準 表 制 限 等 型 類 既 存 集 落 型 宅 地 活 用 継 続 型 市 街 化 区 域 隣 接 型 沿 道 型 ( 非 住 居 系 ) 区 域 の 面 積 0.5ha 以 上 5.0ha 未 満 ( 1) 区 域 の 要 件 区 域 が 接 する 道 路 の 幅 員 建 築 物 等 の 用 途 の 制 限 容 積 率 の 最 高 限 度 建 ぺい 率 の 最 高 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 の 制 限 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 6.0m 以 上 の 道 路 に 接 道 している 又 は 接 道 するこ とが 確 実 であり 5.0ha 未 満 の 街 区 を 形 成 する 概 ね 50 以 上 の 建 築 物 が 連 た んしている 既 存 の 集 落 及 びその 周 辺 の 区 域 6.0m 以 上 の 道 路 に 接 道 している 又 は 接 道 する ことが 確 実 であり 5.0ha 未 満 の 街 区 を 形 成 する 区 域 6.0m 以 上 の 道 路 に 接 道 している 又 は 接 道 する ことが 確 実 であり 5ha 未 満 の 街 区 を 形 成 する 区 域 ( 2) 1.0ha 以 上 5.0ha 未 満 2 車 線 以 上 の 幹 線 道 路 ( 3)の 沿 道 で1ha 以 上 5ha 未 満 の 街 区 を 形 成 する 区 域 6.0m 以 上 9.0m 以 上 ( 5) 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 の 範 囲 内 (ただし 共 同 住 宅 寄 宿 舎 又 は 下 宿 を 除 く) 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 の 範 囲 内 (ただし 住 宅 を 除 く) 地 域 振 興 型 ( 非 住 居 系 ) 5.0ha 以 上 都 市 計 画 マスタープラン 等 の 上 位 計 画 に 土 地 利 用 の 方 針 が 定 められている 区 域 製 造 業 の 工 場 ( 危 険 物 の 処 理 及 び 環 境 の 悪 化 を 招 く ものを 除 く) 若 しくは 物 流 施 設 又 は 研 究 施 設 ( 6) 100% 200% 200% 60% 60% 60% 200m2( 隅 切 り 部 は180m2) 500m2 500m2 道 路 敷 地 境 界 線 から1.0m 以 上 ( 4) 10m 道 路 敷 地 境 界 線 から1.0m 以 上 周 囲 の 景 観 と 調 和 した 高 さを 必 要 に 応 じて 定 めることとする 北 側 斜 線 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 の 基 準 ( 建 築 基 準 法 第 56 条 第 1 項 第 3 号 による) 必 要 に 応 じて 定 めることとする 日 影 規 制 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 の 基 準 ( 建 築 基 準 表 第 56 条 の 2 別 表 第 4 による) 必 要 に 応 じて 定 めることとする 建 築 物 の 形 態 又 は 意 匠 の 制 限 垣 又 は 柵 の 構 造 制 限 緑 化 率 の 最 低 限 度 東 近 江 市 景 観 計 画 の 規 定 に 基 づき 周 辺 の 環 境 及 び 景 観 との 調 和 が 図 れるよう 定 めることとする 緑 地 の 現 況 地 区 の 特 性 を 考 慮 し 原 則 として 生 垣 とする 等 周 辺 の 環 境 及 び 景 観 と 調 和 が 図 れるよう 定 めることとする - 必 要 に 応 じて 定 めることとする 1 周 辺 の 土 地 利 用 の 状 況 等 により 止 むを 得 ないと 認 められる 場 合 は 区 域 の 面 積 の 最 小 を0.3haとすることができる 2 地 区 全 域 が 概 ね200m 以 内 で 区 域 の 周 囲 延 長 の 概 ね5 分 の1 以 上 が 市 街 化 区 域 に 接 している 区 域 とする 3 国 道 主 要 地 方 道 都 市 計 画 道 路 を 幹 線 道 路 とする 4 建 築 基 準 法 第 54 条 の 規 定 による 5 地 区 計 画 の 内 容 及 び 周 辺 の 状 況 により 交 通 安 全 上 支 障 がないと 認 められる 道 路 に 接 続 している 場 合 はこの 限 りでない 6 インターチェンジ 周 辺 等 においては 市 長 が 地 域 振 興 に 資 すると 認 めた 場 合 は 商 業 施 設 も 可 能 とする 類 型 対 象 区 域 ( 運 用 基 準 第 6 条 ) 一 団 の 街 区 を 形 成 する 既 存 の 集 落 及 びその 周 辺 ( 概 ね 50 以 上 の 建 築 物 が 連 たんしている 土 地 の 区 域 )の 区 域 において 必 要 な 公 共 施 既 存 集 落 型 宅 地 活 用 継 続 型 市 街 化 区 域 隣 接 型 沿 道 型 ( 非 住 居 系 ) 地 域 振 興 型 ( 非 住 居 系 ) 設 等 の 整 備 が 担 保 されており 良 好 な 居 住 環 境 を 形 成 することが 可 能 な 地 区 で 集 落 のコミュニティの 維 持 改 善 を 目 的 とする 地 区 計 画 ア 既 存 集 落 を 除 いて 既 に 造 成 されている 住 宅 団 地 等 における 地 区 計 画 イ 工 場 事 業 所 等 の 立 地 により 既 に 宅 地 化 されている 地 区 又 は 都 市 計 画 法 その 他 の 法 律 により 整 備 された 地 区 において 周 辺 環 境 との 調 和 を 図 りながら 持 続 的 な 土 地 利 用 を 目 的 とする 地 区 計 画 市 街 化 区 域 に 隣 接 し 既 に 無 秩 序 な 市 街 化 が 進 んでいる 又 は 進 むおそれがある 区 域 で それらを 良 好 な 土 地 利 用 環 境 に 誘 導 するこ とを 目 的 とする 地 区 計 画 2 車 線 以 上 の 国 道 主 要 地 方 道 都 市 計 画 道 路 などの 幹 線 道 路 沿 道 において 無 秩 序 な 開 発 の 進 行 又 はおそれがある 場 合 適 正 な 土 地 利 用 の 整 序 を 図 るため 許 容 する 用 途 や 土 地 利 用 の 範 囲 を 限 定 し 用 途 の 混 在 を 防 止 するとともに 沿 道 の 機 能 を 活 かし 地 域 経 済 の 活 性 化 を 目 的 とする 地 区 計 画 東 近 江 市 都 市 計 画 マスタープラン 等 の 上 位 計 画 に 土 地 利 用 の 方 針 が 定 められている 区 域 において この 方 針 に 基 づく 土 地 利 用 を 適 切 に 誘 導 し 産 業 の 振 興 その 他 都 市 機 能 の 維 持 増 進 を 目 的 とする 地 区 計 画 ( 市 長 が 法 第 12 条 の5 第 1 項 第 2 号 に 規 定 する 地 区 計 画 の 適 用 区 域 のいずれかに 該 当 すると 認 め かつ 地 区 計 画 制 度 の 活 用 を 図 ることが 適 当 であると 認 める 場 合 に 限 る ) 10

12 11

13 市 街 化 調 整 区 域 等 の 申 出 制 度 による 地 区 計 画 策 定 フロー 申 請 図 書 等 様 式 申 出 人 ( 住 民 利 害 関 係 者 ) 東 近 江 市 滋 賀 県 国 農 業 委 員 会 再 計 検 画 討 の 修 正 事 前 相 談 不 適 合 の 告 知 適 合 の 告 知 適 合 の 告 知 都 市 計 画 課 内 容 確 認 指 導 助 言 条 件 付 計 画 の 審 査 対 応 報 告 書 事 前 相 談 書 関 係 課 意 見 照 会 県 事 前 相 談 農 業 委 員 会 事 務 局 による 転 用 許 可 見 込 みの 意 見 回 答 ( 都 市 計 画 が 素 案 の 申 出 の 受 理 判 断 のひとつとして 求 められるもの) 運 用 基 準 による 手 続 様 式 第 1 号 地 区 計 画 素 案 申 出 書 素 案 申 出 ( 運 142) 審 査 結 果 意 見 通 知 審 査 結 果 意 見 通 知 否 決 運 162 都 市 計 画 課 計 画 の 審 査 運 163 関 係 課 意 見 照 会 都 市 計 画 審 議 会 県 事 前 相 談 農 業 委 員 会 農 地 部 会 による 転 用 許 可 見 込 みの 意 見 回 答 ( 地 区 計 画 素 案 の 審 査 に 係 るも の) 様 式 第 3 号 開 発 計 画 事 前 審 査 願 開 発 計 画 事 前 審 査 願 ( 運 17) 開 発 調 整 課 計 画 の 審 査 指 導 関 係 課 官 署 意 見 照 会 要 件 通 知 要 件 処 理 周 辺 住 民 への 説 明 会 利 害 関 係 人 の 同 意 区 域 の 決 定 各 公 共 施 設 の 管 理 者 協 議 同 意 個 別 法 の 手 続 き 条 例 による 手 続 き 様 式 第 2 号 地 区 計 画 原 案 申 出 書 地 区 計 画 原 案 申 出 ( 条 5) 地 区 計 画 の 原 案 の 作 成 利 害 関 係 人 全 員 の 同 意 ( 運 152) 様 式 第 1 号 原 案 に 関 する 意 見 書 利 害 関 係 人 の 意 見 書 の 提 出 ( 条 4) 原 案 の 告 示 縦 覧 ( 条 2) 無 有 意 見 通 知 都 市 計 画 審 議 会 小 委 員 会 ( 条 6) 県 事 前 協 議 法 による 手 続 き 地 区 計 画 の 案 の 作 成 ( 法 162) 住 民 利 害 関 係 人 等 意 見 書 の 提 出 ( 法 172) 案 の 公 告 縦 覧 ( 法 171) 都 市 計 画 審 議 会 ( 法 191) 県 知 事 協 議 ( 法 193) 都 市 計 画 の 決 定 告 示 ( 法 201) 建 築 制 限 条 例 制 定 ( 建 基 法 68の2) 写 しの 送 付 ( 法 201) ( 告 示 後 ) 開 発 計 画 本 申 請 ( 法 291) 公 衆 に 縦 覧 ( 法 202) 建 築 制 限 条 例 議 会 承 認 公 衆 に 縦 覧 ( 法 202) ( 告 示 後 ) 農 地 転 用 申 請 許 可 建 築 制 限 条 例 施 行 建 築 制 限 条 例 告 示 ( 同 時 ) 開 発 計 画 本 申 請 の 鑑 の 写 し 添 付 ( 受 理 印 影 のあるもの) 許 可 12

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

Microsoft Word - 20150512ガイドライン構成11(最終).docx

Microsoft Word - 20150512ガイドライン構成11(最終).docx はじめに 1 Ⅰ. 地 区 計 画 の 概 要 2 Ⅱ. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 概 要 3 Ⅲ. 地 区 計 画 案 申 し 出 までの 流 れ( 地 元 の 取 り 組 み) 8 Ⅳ. 地 区 計 画 案 申 し 出 後 の 流 れ( 地 元 市 の 続 き) 29 Ⅴ. 地 区 計 画 原 案 の 作 成 法 と 留 意 点 ( 市 の 続 き) 31 参 考

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参 考 資 料 > 79

序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参 考 資 料 > 79 静 岡 市 中 山 間 地 域 ( 市 街 化 調 整 区 域 等 ) 土 地 利 用 ガイドライン 平 成 21 年 10 月 静 岡 市 序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

市街化調整区域の保全と活用の方針

市街化調整区域の保全と活用の方針 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 活 用 の 方 針 ( 平 成 18 年 3 月 29 日 市 長 決 裁 ) ( 平 成 22 年 11 月 22 日 最 終 改 正 ) Ⅰ 方 針 策 定 にあたって 2 1 方 針 策 定 の 背 景 2 2 目 的 と 位 置 づけ 4 Ⅱ 札 幌 市 都 市 計 画 マスタープランにおける 基 本 方 針 5 1 市 街 地 の 範 囲 5 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 方 針 平 成 23 年 8 月 日 野 市 1. 背 景 及 び 目 的 平 成 18 年 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 については 大 規 模 な 開 発 計 画 などを 開 発 許 可 制 度 により 認 める 制 度 が 廃 止 され 改 正 後 地 区 計

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節 建 築 行 為 建 設 行 為 の 許 可 法 第 43 条 第 2 節 許 可 の 条 件 令 第 36 条 第 3 節 既 存 宅 地 における 建 築 物 に 係 る 暫 定 措 置 法 第 43 条 - 201 - 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土 地 利 用 方 針 3. 市 街 化 調 整

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土 地 利 用 方 針 3. 市 街 化 調 整 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 ガイドライン 酒 々 井 町 平 成 28 年 4 月 策 定 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc Ⅳ. 実 現 方 策 ここでは まちづくり 基 本 方 針 に 基 づき 地 区 計 画 の 導 入 を 前 提 に 分 野 別 方 針 を 実 現 し ていくための 方 策 を 明 らかにするとともに 住 民 と 行 政 の 協 働 で 取 り 組 むまちづくりの 進 め 方 と 都 市 計 画 の 見 直 しの 考 え 方 を 示 して います Ⅳ-1 分 野 別 の 実 現 方 策 ここでは

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

○道路位置指定申請と関係手続きの流れ

○道路位置指定申請と関係手続きの流れ 豊 中 市 道 路 位 置 指 定 申 請 のしおり 平 成 20 年 4 月 都 市 計 画 推 進 部 開 発 審 査 課 はじめに 建 築 物 の 敷 地 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 43 条 の 規 定 により 同 法 第 42 条 に 定 められる 道 路 に 接 しなければなりません その 道 路 として 認 められるものの 一 つとして

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

1 道 路 位 置 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 4 月 横 須 賀 市 都 市 部 目 次 位 置 指 定 編 道 路 の 位 置 の 指 定 とは 1 目 的 1 道 路 位 置 指 定 申 請 と 関 係 手 続 きの 流 れ 2 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 事 前 審 査 3 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 本 申 請 5 道 路 の 位 置 の 表 示

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

福山市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例に係る許可基準について必要な事項を定めるものとする

福山市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例に係る許可基準について必要な事項を定めるものとする 市 街 化 調 整 区 域 における 立 地 に 関 する 許 可 基 準 2015 年 ( 平 成 27 年 )3 月 福 山 市 1 福 山 市 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 行 為 等 の 許 可 の 基 準 に 関 する 条 例 に 係 る 許 可 基 準 第 1 条 この 許 可 基 準 は, 福 山 市 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 行 為 等 の 許 可 の 基

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378>

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 8 年 9 月 6 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 地 方 整 備 局 長 崎 河 川 国 道 事 務 所 長 垣 原 清 次 工 事 概 要 () () 工 事 名 工 事 場 所 長 崎 497 号 橋 梁 補 修 工 事 長 崎 県 佐 世 保 市 塩 浜 町 地 先

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

Ⅰ Ⅰ. 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 この 基 準 は 開 発 審 査 会 へ 附 議 する 基 準 であり 許 可 基 準 ではありません 平 成 26 年 8 月 1 日 石 川 県 土 木 部 建 築 住 宅 課 目 次 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 1 法 第 34 条 第 14 号 の 規 定 により 附 議 することが 妥 当 と 考 える 開 発 行

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

目  次

目  次 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 1 月 台 東 区 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 目 次 1 開 発 許 可 制 度 の 概 要 について 1 開 発 許 可 制 度 とは? 3 2 開 発 行 為 とは? 3 3 開 発 許 可 申 請 に 係 わる 手 続

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

越谷の都市計画2012.indd

越谷の都市計画2012.indd LAND USE それぞれの 地 域 に 見 合 った 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 な どのルールを 定 めていくことが 都 市 で 生 活 する 私 たちに は 必 要 なのです 都 市 計 画 区 域 City Planning Areas 区 域 区 分 ( 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ) Urbanization Promotion

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63> 横 浜 市 位 置 指 定 申 請 のしおり 平 成 25 年 5 月 横 浜 市 建 築 局 本 しおりで 引 用 した 主 な 法 令 名 は 次 のような 略 称 名 を 用 いました 法 : 建 築 基 準 法 令 : 建 築 基 準 法 施 行 令 条 例 : 横 浜 市 建 築 基 準 条 例 細 則 : 横 浜 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 目 次 第 1 章 位 置 指 定

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

土地の利用状況、形状等客観的に判断して一団の区画とみなされる土地を建築物の建築又は特定工作物の建設のために変更する場合は開発行為となります

土地の利用状況、形状等客観的に判断して一団の区画とみなされる土地を建築物の建築又は特定工作物の建設のために変更する場合は開発行為となります 第 4 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 許 可 基 準 法 第 34 条 令 第 29 条 の5 第 29 条 の6 第 29 条 の7 第 30 条 規 則 第 28 条 本 条 は 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 立 地 性 についての 規 制 を 定 めたものです 1 公 益 上 必 要 な 建 築 物 又 は 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 等 の

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477>

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477> 豊 島 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 豊 島 区 都 市 整 備 部 平 成 25 年 10 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹 線

More information

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究 第 3 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 利 用 行 為 の 基 準 ( 開 発 事 業 の 遵 守 基 準 ) 第 30 条 市 街 化 調 整 区 域 内 において 開 発 事 業 ( 区 域 の 面 積 が 3,000 平 方 メートル 以 上 の 建 築 物 系 の 開 発 事 業 又 は 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 に 限 る 以 下 この 条 において 同 じ

More information

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準 東 京 都 再 開 発 等 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 運 用 基 準 東 京 都 都 市 整 備 局 平 成 2 5 年 4 月 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 基 本 目 標 1 3 本 運 用 基 準 の 位 置 付 け 1 4 用 語 の 定 義 2 第 2 策 定 基 準 5 1 区 域 の 要 件 5 (1) 基 本 計 画 等 との 適 合 5 (2) 基

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

柏 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 基 準 柏 市 平 成 10 年 10 月 制 定 平 成 24 年 4 月 改 正 目 次 第 1 総 則.........1 1 趣 旨...1 2 運 用 方 針...1 3 用 語 の 定 義...2 第 2 基 本 要 件.........3 1 一 般 総 合 設 計...3 2 市 街 地 住 宅 総 合 設 計...7 3 環 境 配

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

建築基準法第43条第1項ただし書き許可

建築基準法第43条第1項ただし書き許可 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 許 可 申 請 マニュアル 平 成 17 年 4 月 作 成 ( 平 成 23 年 8 月 改 正 ) 特 定 行 政 庁 桑 名 市 目 次 許 可 制 度 と 手 続 き P. 1 許 可 手 続 きフロー P. 3 道 路 判 断 の 流 れ P. 4 建 築 審 査 会 における 取 り 扱 い P. 5 建 築 審 査 会 包 括

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 等 の 審 査 基 準 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 14 号 編 ) 平 成 26 年 11 月 1 日 沼 津 市 都 市 計 画 部 まちづくり 指 導 課 目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物

More information

あきる野市土地利用方針(案)

あきる野市土地利用方針(案) あきる 野 土 利 用 方 針 平 成 24 年 11 月 あきる 野 あ き る 野 土 利 用 方 針 1 策 定 の 趣 旨 目 的 P2 2 土 利 用 の 現 状 と 課 題 P2 (1) 域 の 特 性 P2 (2) 化 区 域 及 び 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 P7 (3) 域 の 土 利 用 の 課 題 P10 3 域 における 適 正 な 土 利 用 の 形 成

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20818332382E3489FC90B381848A4A94AD8D7388D79399895E9770814590528DB88AEE8F808169915395D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20818332382E3489FC90B381848A4A94AD8D7388D79399895E9770814590528DB88AEE8F808169915395D2816A2E646F63> 第 8 章 市 街 化 調 整 区 域 の 開 発 許 可 の 基 準 法 第 34 条 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 2 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当 該 申 請 に 係 る 開 発 行 為 及 びその 申 請 の 手 続 が

More information

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 1 年 3 月 制 定 平 成 年 3 月 改 正 平 成 6 年 3 月 改 正 岡 山 県 土 木 部 都 市 局 建 築 指 導 課 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1

More information

<3120955C8E86>

<3120955C8E86> けやき 台 二 丁 目 地 区 地 区 計 画 の 手 引 き 白 井 市 目 次 1. 地 区 計 画 制 度 について 1 2. 地 区 計 画 の 内 容 1 けやき 台 二 丁 目 地 区 地 区 計 画 の 内 容 2 2 地 区 計 画 の 区 域 4 3 壁 面 の 位 置 の 制 限 5 3. 地 区 計 画 の 運 用 基 準 1 建 築 物 等 の 用 途 制 限 6 2 敷 地

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を 佐 久 都 市 計 画 ( 佐 久 市 御 代 田 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 長 野 県 変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80> 市 川 市 風 致 地 区 条 例 に 基 づく 許 可 の 審 査 基 準 第 1 章 総 則 第 1 通 則 1 本 基 準 は 市 川 市 風 致 地 区 条 例 ( 以 下 条 例 という )に 基 づく 建 築 物 等 の 行 為 許 可 の 統 一 的 運 用 を 定 め 事 務 の 円 滑 な 処 理 を 図 ることを 目 的 とする 2 条 例 第 4 条 ただし 書 の 適 用 は

More information