Microsoft PowerPoint _各種取組事例(部長指摘版).pptx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx"

Transcription

1 (2) 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組

2 あ ま ち ょ う 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 事 例 島 根 県 海 士 町 平 成 23 年 から25 年 の 社 会 増 減 をみると 24 年 25 年 は 転 入 超 過 に 転 じてい る 平 成 20 年 と25 年 の 年 齢 階 層 別 の 人 口 を 比 較 すると 25 歳 から44 歳 の 年 齢 層 ( 平 成 25 年 時 点 )で 人 口 の 増 加 が 見 られる 位 置 図 海 士 町 取 組 の 概 要 島 まるごとブランド 化 海 潮 風 塩 を 三 本 柱 と して 位 置 付 け 島 が 持 つ 地 域 資 源 を 有 効 活 用 し 異 なるもの 同 士 をつなぎ その 中 から 島 ブランドを 生 み 出 し 新 しい 産 業 を 創 出 商 品 開 発 研 修 生 制 度 平 成 10 年 度 以 降 全 国 から 数 名 のI ターン 者 を 商 品 開 発 研 修 生 として 町 の 臨 時 職 員 の 身 分 で 受 入 れ よそ 者 の 発 想 と 視 点 で 特 産 品 開 発 やコミュニティづくりに 至 るまで 海 士 町 内 にある 全 ての 宝 の 山 ( 地 域 資 源 ) にスポットをあて 商 品 化 に 挑 戦 お き ど う ぜ ん 隠 岐 島 前 高 校 魅 力 化 プロジェクト 隠 岐 島 前 高 校 と 地 元 3 町 村 が 協 働 し た 魅 力 ある 学 校 づくりの 取 組 み 地 域 起 業 家 的 人 材 の 育 成 に 向 けた 教 育 カリキュラムの 導 入 や 全 国 から 意 欲 能 力 ある 生 徒 を 募 集 する 島 留 学 など 独 自 の 取 組 みを 実 施 ( 人 ) 2,650 2,600 2,550 2,500 2,450 2,400 2,350 2,300 2,250 2,200 2,150 2,495 5~9 ('04-'08) 35~39 ('74-'78) 2,581 2,517 年 齢 階 層 別 の 人 口 増 減 (H20 25) 10~14 ('99-'03) 15~19 ('94-'98) 20~24 ('89-'93) 25~29 ('84-'88) 単 位 : 人 30~34 ('79-'83) ~44 ('69-'73) 人 口 の 推 移 2,491 45~49 ('64-'68) 2,449 2,434 資 料 : 島 根 県 の 人 口 推 計 ( 島 根 県 ) 50~54 ('59-'63) 2,374 2,322 2,316 55~59 ('54-'58) 2,357 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 60~64 ('49-'53) 資 料 : 島 根 県 の 人 口 推 計 ( 島 根 県 ) 注 ) 誕 生 年 の 階 層 ごとに 差 し 引 いた 値 ( 年 齢 は 平 成 25 年 時 点 ) 例 : 平 成 25 年 の25~29 歳 - 平 成 20 年 の20~24 歳 転 入 人 口 :2,357 人 ( 平 成 25 年 ) 70 転 出 入 者 数 ( 人 ) 島 根 県 71 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 0~14 歳 15~64 歳 65 歳 以 上 資 料 : 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 ( 総 務 省 ) グラフ 外 枠 の 数 値 は 転 出 入 者 の 合 計 転 出 11

3 12 1. 町 の 概 要 海 士 町 は 島 根 半 島 沖 合 60kmほどの 隠 岐 諸 島 のうち 中 ノ 島 ( 面 積 33.5km 2 周 囲 89.1km) 全 体 を 町 域 としている(1 島 1 町 ) 本 土 との 交 通 手 段 は 高 速 船 とフェリーがあり 高 速 船 では1 時 間 40 分 程 度 フェリーでは2 時 間 半 ~3 時 間 程 度 を 要 する 冬 季 は 海 が 荒 れるため しばしば 欠 航 し 年 に1 回 程 度 は 島 に 物 資 がなくなる ことがあるなど 外 海 離 島 ならではのハンデキャップを 抱 えている 2. 取 組 の 概 要 島 に 息 づく 地 域 資 源 と 島 外 の 若 き 人 材 の 潜 在 能 力 を 巧 みに 掛 け 合 わせ 農 産 物 や 海 産 物 に 付 加 価 値 を 付 ける 新 商 品 で 販 売 力 を 強 化 し 新 たな 加 工 産 業 を 生 み 出 すことで 新 たな 雇 用 の 創 出 を 図 っている [ 新 商 品 の 例 ] キーワード 海 島 の 食 文 化 を 商 品 化 した 島 じゃ 常 識!サザエカレー 漁 師 の 食 卓 をそのまま 届 ける 通 販 ブランド 島 風 便 ( 細 胞 を 破 壊 しない 冷 凍 技 術 を 使 用 した 冷 凍 肉 海 産 物 ) 流 通 の 仕 組 みを 変 えた 隠 岐 海 士 のいわがき 春 香 キーワード 潮 風 独 自 ブランドを 確 立 した 島 生 まれ 島 育 ち 隠 岐 牛 キーワード 塩 海 士 のモノづくりの 原 点 を 呼 び 覚 ます 海 士 乃 塩 3. 定 住 者 の 状 況 (H16~H24 年 度 ) UIターン 者 の 雇 用 創 出 204 人 商 品 開 発 研 修 生 の 採 用 25 人 (うち 7 名 が 町 内 で 就 職 または 起 業 ) Iターン 定 住 者 361 人 (246 世 帯 ) 出 身 地 別 内 訳 ( 世 帯 数 ) 北 海 道 4 信 越 4 九 州 沖 縄 23 東 北 3 近 畿 56 外 国 1 関 東 71 中 国 74 東 海 9 四 国 1 海 士 町 提 供 資 料 4. 島 留 学 ( 隠 岐 島 前 高 校 ) 島 前 高 校 魅 力 化 プロジェクトの 一 環 として 平 成 22 年 度 に 創 設 広 く 全 国 から 来 た 意 欲 的 な 生 徒 たちと 島 の 子 どもが 高 校 生 活 を 共 にすることで 新 たな 人 間 関 係 の 構 築 多 様 な 価 値 観 やものの 見 方 の 発 見 またお 互 いに 刺 激 を 与 え 合 い 学 力 や 生 きる 力 を 相 互 に 伸 ばしあうことが 狙 い 入 学 者 数 の 推 移 ( 人 ) H22 H23 H24 総 数 うち 島 前 外 島 前 高 校 魅 力 化 プロジェクトHPより 島 前 海 士 町 西 ノ 島 町 知 夫 村 の3 町 村 写 真 は 海 士 町 HP

4 ま に わ し 地 域 の 内 概 経 要 済 について 循 環 の 取 組 事 例 岡 山 県 真 庭 市 真 庭 市 の 現 状 岡 山 県 真 庭 市 は 平 成 17 年 に9 町 村 が 合 併 した 自 治 体 で 中 国 山 地 のほぼ 中 央 に 位 置 し 県 面 積 全 体 の11.6%と 県 下 最 大 の 面 積 を 有 している 当 市 の 面 積 のうち 8 割 は 林 野 であり 従 来 より 基 幹 産 業 である 林 業 木 材 産 業 関 係 の 事 業 者 が 多 い 近 年 では 木 材 価 格 の 低 迷 や 地 域 の 高 齢 化 人 口 減 少 に 進 行 によって 産 業 の 衰 退 が 進 んでおり 市 全 体 で も 少 子 高 齢 化 による 後 継 者 不 足 や 労 働 力 の 低 下 など 地 域 活 力 の 減 少 が 懸 念 されている 県 内 生 産 量 の1/3を 占 める 原 木 市 場 そこで 真 庭 市 では 地 域 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 みとして 市 内 に 豊 富 に 存 在 する 地 域 資 源 である 木 材 や 畜 産 業 から 生 じる 家 畜 排 泄 物 などのバイオマス 資 源 を 活 用 した 取 り 組 みに 着 目 平 成 18 年 のバイオマスタウン 認 定 や 平 成 25 年 度 の バイオマス 産 業 都 市 1 認 定 を 通 して バイオマスの 利 活 用 や 観 光 業 との 連 携 (バイオマスツアー)による 地 域 活 性 化 を 推 進 している 1: 経 済 性 が 確 保 された 一 貫 システムを 構 築 し 地 域 の 特 色 を 活 かしたバイオマス 産 業 を 軸 とした 環 境 にやさしく 災 害 に 強 いまち むらづくり 目 指 す 地 域 で 関 係 府 省 による 選 定 支 援 が 行 われる 市 内 生 産 額 基 本 情 報 ( 人 口 ) 48,741( 人 ) 17,878( 世 帯 ) ( 産 業 別 就 業 人 口 ) 第 1 次 産 業 : 14.5% 第 2 次 産 業 : 27.9% 第 3 次 産 業 : 57.7% 製 材 木 製 品 の 市 内 生 産 額 ( 平 成 26 年 7 月 末 時 点 ) ( 平 成 22 年 度 国 勢 調 査 より) 市 内 生 産 額 のうち 製 材 木 製 品 の 割 合 が 大 きい ( 平 成 16 年 度 産 業 連 関 表 より) 真 庭 バイオマス 産 業 都 市 のイメージ バイオマス 産 業 杜 市 真 庭 を 目 指 すべく 自 然 連 携 交 流 循 環 協 働 の5つのキーワードを 踏 まえ 下 記 プロジェクト を 重 点 的 に 展 開 1 真 庭 バイオマス 発 電 事 業 2 木 質 バイオマスリファイナリー 事 業 3 有 機 廃 棄 物 資 源 化 事 業 4 産 業 観 光 拡 大 事 業 木 質 バイオマスのペレット 加 工 森 林 観 察 会 (バイオマスツアー) バイオマスを 活 用 した 地 域 づくりを 軸 に 地 域 に 根 ざした 主 産 業 との 連 携 を 通 して 地 域 全 体 の 活 性 化 を 推 進 していく 木 質 バイオマスによる 発 電 施 設 集 積 施 設 の 見 学 (バイオマスツアー) 13

5 14 圏 域 内 ( 市 内 ) 従 来 廃 棄 物 処 分 費 8,550 ( 千 円 ) 廃 棄 物 処 分 費 2,850 ( 円 /t) 林 業 ( 関 連 産 業 含 む) 林 業 や 木 材 製 造 業 の 過 程 で 山 中 及 び 製 造 所 より 発 生 する 木 質 バイオマス 木 質 バイオマス 量 148,000 (t) 一 般 木 材 ( 製 材 残 材 ) うち 樹 皮 処 分 量 58,000 (t) 3,000 (t) 未 利 用 木 材 90,000 (t) (うち 20,000tは 市 外 調 達 ) 雇 用 創 出 効 果 180 ( 人 ) 木 質 バイオマスの 燃 料 への 加 工 製 造 及 び 運 搬 集 積 燃 料 用 木 材 資 材 購 入 費 用 1,300,000 ( 千 円 ) 燃 料 資 材 費 加 工 ( 製 造 ) 費 運 搬 集 積 費 人 件 費 バイオマス 産 業 ( 木 質 バイオマス 発 電 事 業 ) 事 業 概 要 真 庭 バイオマス 発 電 株 式 会 社 ( 真 庭 市 ほか 木 材 業 者 など9 団 体 )に よる 木 質 バイオマスを 活 用 した 発 電 事 業 ( 平 成 27 年 4 月 から 施 設 運 転 開 始 予 定 ) 発 電 量 79,200 (うち 自 家 消 費 分 ) (MWh) 7,900 (MWh) 新 規 雇 用 15 ( 人 ) 事 業 収 益 58,065 ( 千 円 ) 観 光 産 業 事 業 概 要 バイオマスを 活 用 した 取 組 に ついてツアーを 通 じて 学 んでも らう バイオマスツアー 真 庭 を 実 施 ( 観 光 関 連 産 業 ) 公 共 交 通 (バス 運 行 など) 飲 食 業 宿 泊 業 ( 温 泉 ) 交 流 人 口 3,000 ( 人 / 年 ) 外 部 獲 得 資 金 25,000 ( 千 円 / 年 ) 燃 料 収 益 費 売 電 量 71,300 (MWh) 480,000 ( 千 円 ) 収 益 額 2,058,065 ( 千 円 ) バイオマス 産 業 ( 発 電 事 業 ) 従 来 熱 源 供 給 電 力 会 社 化 石 燃 料 購 入 費 1,305,000 ( 千 円 ) 原 油 換 算 量 14,500 (kl) 木 質 チップやペレットなどを 熱 源 として 活 用 木 質 バイオマス 量 40,000 (t) ( 熱 源 供 給 用 ) 発 電 用 とは 別 枠 12,000 ( 円 /t) ( 活 用 例 ) 施 設 冷 暖 房 や 事 務 所 での 暖 房 ビニールハウスの 加 温 プールなど 公 共 施 設 での 加 温 再 生 可 能 エネルギーの 固 定 価 格 買 取 制 度 による 発 電 電 力 の 買 取 ( 域 内 への 資 金 の 流 入 ) 電 力 買 取 単 価 未 利 用 材 一 般 木 材 ( 製 材 残 材 ) 32 ( 円 /kwh) 24 ( 円 /kwh) 地 域 資 源 ( 木 質 バイオマス)を 活 用 することで 地 域 内 での 資 金 循 環 を 生 み 出 し 域 内 で 雇 用 所 得 の 場 を 確 保 圏 域 外 ( 他 市 町 村 ) ポイント 課 題 上 記 経 済 循 環 を 実 現 するためには 発 電 に 要 する 木 質 バイオマスの 安 定 的 な 供 給 体 制 が 不 可 欠 であり 山 中 に 放 置 されていた 未 利 用 木 材 の 回 収 による 利 益 ( 資 金 ) 還 元 によって 搬 出 意 欲 を 高 めるほか 安 定 供 給 を 確 保 するため 林 業 従 事 者 の 育 成 や 作 業 環 境 の 整 備 による 地 域 林 業 の 維 持 振 興 が 重 要

6 く ろ べ し 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 事 例 富 山 県 黒 部 市 くろべ 漁 業 協 同 組 合 1. 地 域 漁 業 の 状 況 2. 地 域 漁 業 活 性 化 の 取 組 くろべ 漁 業 協 同 組 合 がある 黒 部 位 置 図 (1) 生 地 (いくじ)の 塩 物 (しおもん)の (3) 魚 の 駅 生 地 を 契 機 とした 地 域 の 活 性 化 市 生 地 (いくじ)は 富 山 湾 の 東 に 黒 部 市 ブランド 化 漁 協 では 魚 の 消 費 拡 大 を 目 的 にした 位 置 し 扇 状 地 を 通 り 抜 けた 伏 流 水 が 地 区 の 各 所 に 湧 き 出 ている 名 くろべ 漁 協 組 合 女 性 部 では 以 前 から 料 理 教 室 や 一 夜 干 し 教 室 の 開 催 を 契 水 の 里 として 知 られた 地 域 地 域 の 伝 統 保 存 食 である 糠 鰯 (ぬかいわ 機 に まちおこしのための 取 組 が 検 討 され し) を 製 造 し イベントなどで 販 売 地 域 の 企 業 とともに 黒 部 まちづくり 協 議 地 域 では 肥 沃 な 土 壌 と 豊 かな 会 を 設 立 し 桜 を 植 える 会 などの 取 り 組 み 水 資 源 により 黒 部 米 をはじめとす 更 に 水 揚 げされ 魚 に 付 加 価 値 を 付 ける を 開 始 富 山 県 る 農 産 物 が 栽 培 ため 漁 協 で 簡 易 加 工 場 を 整 備 し スルメ また 豊 かな 漁 場 である 富 山 湾 を イカ 等 の 未 利 用 魚 の 加 工 及 び 販 売 を 実 施 協 議 会 での 取 組 をきっかけに 地 元 自 治 会 では 伏 流 水 を 利 用 した 共 同 洗 い 場 や 船 の 背 景 に 周 年 ホタルイカ 白 エビ 回 遊 魚 など 多 種 多 様 な 地 元 はもとより 遠 方 から 買 いに 来 る 人 入 出 港 のたびに 旋 回 する 生 地 中 橋 などの 地 域 魚 が 水 揚 げ も 増 え 生 地 の 塩 物 と 名 付 けた 一 夜 干 資 源 を 利 用 し 交 流 人 口 を 増 加 させようと しのブランド 化 が 確 立 まち 歩 き 実 行 委 員 会 を 組 織 しかし 豊 富 な 水 資 源 を 利 用 した 製 造 業 ( 工 場 )の 増 加 や200 海 里 問 題 により 漁 業 就 業 者 数 が 減 少 就 業 者 数 の 減 少 とともに 少 量 品 種 の 魚 を 水 揚 げする 地 区 の 漁 業 は 量 販 店 への 流 通 には 適 して いないことや 漁 獲 物 の 価 格 の 低 迷 によ り 漁 協 では 将 来 に 対 し 危 機 感 を 抱 いた ため 地 域 漁 業 の 活 性 化 に 向 けた 取 組 を 開 始 ( 経 営 体 人 ) 漁 業 経 営 体 数 206 ホタルイカ 白 エビ 漁 業 経 営 体 数 及 び 就 業 者 数 の 推 移 ( 黒 部 市 ) 漁 業 就 業 者 数 H5 H10 H15 H20 資 料 : 漁 業 センサス( 農 林 水 産 省 ) 66 生 地 の 塩 物 魚 の 駅 生 地 (2) 魚 の 駅 生 地 のオープン 鮮 魚 や 水 産 加 工 品 等 を 販 売 する とれ たて 館 と 漁 師 料 理 を 提 供 する できた て 館 からなる 魚 の 駅 生 地 をオープ ン 対 面 でお 客 に 魚 の 食 べ 方 や 漁 業 のこ と 資 源 管 理 までも 含 めた 浜 の 情 報 を 伝 え ることで 魚 の 駅 生 地 のファンが 増 加 2006 年 には 来 場 者 が 年 間 25 万 人 に 達 し 地 域 の 観 光 拠 点 として 位 置 づけ 委 員 会 では 年 1 回 自 治 会 をはじめ 地 域 の 団 体 と 共 同 で まち 歩 きフェスティバ ル を 開 催 しており 町 への 来 訪 者 が 増 加 また フェスティバルの 開 催 にあたり 各 町 内 で 来 場 者 へのおもてなし 活 動 が 議 論 さ れることで 地 域 の 協 力 体 制 が 整 備 魚 の 駅 生 地 の 食 文 化 を 発 信 する 取 組 により 地 域 漁 業 の 活 性 化 が 図 られ まだ 僅 かではあるが 若 い 漁 業 者 も 増 加 更 に 地 域 漁 業 の 活 性 化 への 取 組 が 地 域 の 活 性 化 に 向 けた 議 論 を 誘 発 し 地 域 資 源 を 活 用 した 交 流 人 口 の 増 加 に 発 展 生 地 中 橋 15

untitled

untitled - 1 - - 2 - -3- - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - 2008 年 アクションプラン 事 業 一 覧 ( 千 円 ) 12,108 新 規 50,000 32,000 12,000 再 掲 248,000 20,000 2,000 10,000 11,900 9,500 新 規 1,000 16,465 1,500 18,035 新 規 7,500 新 規 7,500

More information

補 助 金 等 見 直 し 結 果 2 23 全 国 中 山 間 地 域 振 興 対 策 協 議 会 負 担 金 6 1 3 負 担 金 10,000 農 業 課 支 出 の 必 要 性 について 検 討 を 要 する 24 岩 手 県 緑 化 推 進 委 員 会 会 費 6 2 1 会 費 36,

補 助 金 等 見 直 し 結 果 2 23 全 国 中 山 間 地 域 振 興 対 策 協 議 会 負 担 金 6 1 3 負 担 金 10,000 農 業 課 支 出 の 必 要 性 について 検 討 を 要 する 24 岩 手 県 緑 化 推 進 委 員 会 会 費 6 2 1 会 費 36, 補 助 金 等 見 直 し 結 果 1 1 沿 岸 都 市 議 会 連 絡 会 議 負 担 金 1 1 1 負 担 金 20,000 議 会 事 務 局 2 岩 手 県 市 議 会 議 長 会 負 担 金 1 1 1 負 担 金 201,800 議 会 事 務 局 3 広 域 行 政 圏 市 議 会 連 絡 会 議 負 担 金 1 1 1 負 担 金 15,000 議 会 事 務 局 支 出 の 必

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~ 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 3 回 変 更 ) け せ ん ぬ ま し 気 仙 沼 市 ち ゅ う お う ぶ 中 央 部 ち く 地 区 み や ぎ け せ ん ぬ ま し 宮 城 県 気 仙 沼 市 平 成 24 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け

More information

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 郡 山 市 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 郡 山 市 湖 南 どぶろく 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 郡 山 市 の 区 域 の 一 部 ( 湖 南 町 ) 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 本 市 は 福 島 県 のほぼ 中

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63> 地 域 再 生 計 画 1. 地 域 再 生 計 画 の 名 称 地 場 産 業 の 活 性 化 と 民 生 安 定 と 都 会 との 交 流 を 推 進 する 地 域 づくり 計 画 2. 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 大 分 県 佐 伯 市 3. 地 域 再 生 計 画 の 区 域 浦 代 港 ( 佐 伯 市 ) 臼 杵 港 ( 臼 杵 市 ) 下 浦 漁 港 ( 大

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4>

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4> 事 業 計 画 5. 港 湾 八 戸 港 1 応 急 復 旧 により 11 月 24 日 現 在 で 公 共 岸 壁 44バース( 水 深 4.5m 以 深 ) のうち 41バースが 喫 水 制 限 や 上 載 荷 重 制 限 があるものの 利 用 可 能 2 八 太 郎 地 区 コンテナターミナル 等 基 幹 的 輸 送 を 担 う 施 設 製 紙 製 鉄 飼 料 等 の 産 業 復 興 に 必

More information

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会 策 定 年 度 策 定 地 域 平 成 21 年 度 琴 平 町 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 ビジョン 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 推 進 協 議 会 目 次 1. 地 域 水 田 農 業 の 改 革 の 基 本 的 な 方 向 について 1) 地 域 水 田 農 業 の 特 性 について 1 2) 作 物 振 興 及 び 水 田 利 用 の 将 来 方 向 1 1 地 域 の 水

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産 第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 取 組 状 況 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 数 地 域 の 魅 力 を 生 かした 産 業 の 強 化 4 9 4 32 72,644 地 域 の 未 来 を 切 り 拓 く 新 産 業 の 創 出 3 6 14 14 39,58 地 域 を 支 える 強 い

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

<4D F736F F D E9197BF A8F5A91EE8E968FEE8AD68C578E9197BF5F DC58F495F2E646F63>

<4D F736F F D E9197BF A8F5A91EE8E968FEE8AD68C578E9197BF5F DC58F495F2E646F63> 第 81 回 住 宅 審 議 会 資 料 7 参 考 資 料 住 宅 事 情 関 係 資 料 ( 案 ) - - 目 次 1. 人 口 世 帯 状 況 1 図 1-1 人 口 動 向 ( 大 阪 ) 図 1-2 一 般 世 帯 数 及 び 世 帯 人 員 推 移 ( 大 阪 ) 図 1-3 外 国 人 登 録 者 数 推 移 ( 大 阪 ) 図 1-4 出 生 数 及 び 合 計 特 殊 出 生 率

More information

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73>

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73> 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 の 概 要 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 ( ) 会 計 名 補 正 前 の 額 通 常 分 補 正 額 き め 細 か な 計 補 正 後 の 額 前 年 度 同 期 比 一 般 会 計 ( 第 8 号 ) 54,617,600 1,446,638 621,062 2,067,700 56,685,300 2.0% 特 別 会 計 37,519,857

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874193C18BE68C7689E681698E528C608CA791E591A091BA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874193C18BE68C7689E681698E528C608CA791E591A091BA816A2E646F6378> 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 大 蔵 トマト リキュール 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1) 地 勢 及 び

More information

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 平 成 28 年 度 当 初 予 算 日 向 市 目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 債 残 高 の 状 況 9 10. 基 金 の 状

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

平 成 25 年 度 沖 縄 農 林 水 産 業 の 情 勢 報 告 のポイント 1. 特 集 : 沖 縄 の 食 文 化 と 健 康 ~ 長 寿 県 沖 縄 の 復 活 に 向 けて~ (1) 沖 縄 の 食 生 活 と 長 寿 県 沖 縄 の 現 状 平 成 2 6 年 7 月 沖 縄 県 はか

平 成 25 年 度 沖 縄 農 林 水 産 業 の 情 勢 報 告 のポイント 1. 特 集 : 沖 縄 の 食 文 化 と 健 康 ~ 長 寿 県 沖 縄 の 復 活 に 向 けて~ (1) 沖 縄 の 食 生 活 と 長 寿 県 沖 縄 の 現 状 平 成 2 6 年 7 月 沖 縄 県 はか 平 成 26 年 7 月 17 日 平 成 25 年 度 沖 縄 農 林 水 産 業 の 情 勢 報 告 のポイント 問 い 合 わせ 先 農 林 水 産 部 農 政 課 担 当 : 原 石 丸 福 嶋 TEL:98-866-1627( 直 通 ) FAX:98-86-1395 平 成 25 年 度 沖 縄 農 林 水 産 業 の 情 勢 報 告 のポイント 1. 特 集 : 沖 縄 の 食 文 化

More information

−yfiÅflI−zfi−ŁìŒ§—£“‡ŁU–¬??−i25_12ŒŽ•ÏfiX−j−iH25−`34−j

−yfiÅflI−zfi−ŁìŒ§—£“‡ŁU–¬??−i25_12ŒŽ•ÏfiX−j−iH25−`34−j 小 豆 島 地 域 振 興 計 画 1 第 1 章 離 島 の 現 状 と 課 題 1-1 概 要 本 地 域 の 有 人 島 は 平 成 22 年 現 在 小 豆 島 ( 土 庄 町 小 豆 島 町 30,167 人 153.29km2) 沖 之 島 ( 土 庄 町 75 人 0.18km2) 豊 島 ( 土 庄 町 1,018 人 14.50km2) 小 豊 島 ( 土 庄 町 15 人 1.09km2)の

More information

第 3 章 住 生 活 基 本 計 画 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 2. 住 まい 住 環 境 に 関 する 現 況 と 課 題 展 開 方 向 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 (1) 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 住 まい 住 環 境 に

More information

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅 第 1 章 TPP 協 定 と 関 連 対 策 ~ 努 力 が 報 われる 農 林 水 産 業 の 実 現 に 向 けて~ - 41 - 左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復 資 料 2 平 成 25 年 2 月 17 日 復 興 庁 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 主 な 予 算 について ( 平 成 24 年 度 補 正 予 算 平 成 25 年 度 予 算 案 ) 復 興 庁 が 司 令 塔 となって 原 子 力 災 害 からの 福 島 の 復 興 及 び 再 生 を 加 速 的 に 推 進 する さらに 福 島 の 深 刻 な 諸 問 題 に 対 応 できるよう

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

H27年報

H27年報 沖 縄 県 家 計 調 査 結 果 の 概 況 ( 平 成 27 年 平 均 ) 沖 縄 県 企 画 部 統 計 課 消 費 農 林 統 計 班 (Mail :aa014001@pref.okinawa.lg.jp) TEL:098-866-2050 沖 縄 県 統 計 資 料 Webサイト (http://www.pref.okinawa.jp/toukeika/) 統 計 データ 項 目 一 覧

More information

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度 2008 年 10 月 民 主 党 北 海 道 総 支 部 連 合 会 政 策 調 査 委 員 会 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 はじめに 第 45 回 衆 議 院 選 挙 の 政 権 公 約 (マニフェスト)は 民 主 党 本 部 が 近 く 発 表 することにな ってい この 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 は 11 月 にも 想 定

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

特別企画コンファレンス

特別企画コンファレンス 地 域 資 源 としての 空 き 家 の 利 活 用 と これからのまちづくり 2014 年 10 月 6 日 富 士 通 総 研 経 済 研 究 所 上 席 主 任 研 究 員 米 山 秀 隆 yoneyama.hide@jp.fujitsu.com 本 日 の 内 容 1. 空 き 家 の 現 状 2. 空 き 家 の 利 活 用 促 進 策 3. コンパクトシティ 化 と 空 き 家 の 利

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63> 鷹 栖 町 農 業 ビジョン 平 成 28 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ( 第 1 期 ) 平 成 28 年 3 月 北 海 道 鷹 栖 町 目 次 第 1 章 ビジョンの 策 定 にあたって 1 ビジョン 策 定 の 目 的 1 2 ビジョンの 性 格 1 3 ビジョンの 計 画 期 間 2 4 鷹 栖 町 未 来 づくり 構 想 ( 一 部 抜 粋 ) 3 第 2 章 鷹 栖 町 の 現

More information

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 函 館 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 函 館 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 函 館 市 は 津 軽 海 峡 に 面 した 北 海 道 の

More information

平成14年度

平成14年度 村 上 農 業 振 興 地 域 整 備 計 画 書 平 成 23 年 9 月 新 潟 県 村 上 市 目 第 1 農 用 地 利 用 計 画 1 1 土 地 利 用 区 分 の 方 向 1 (1) 土 地 利 用 の 方 向 1 ア. 土 地 利 用 の 構 想 1 イ. 農 用 地 区 域 の 設 定 方 針 2 (2) 農 業 上 の 土 地 利 用 の 方 向 5 ア. 農 用 地 等 利 用

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

図 1 人 口 推 移 ( 人 ) 75,000 1954 年 ( 昭 和 29 年 ) 現 市 制 70,000 65,000 60,000 55,000 第 1 次 ベビーブーム 1980 年 ( 昭 和 55 年 ) 62,413 人 第 2 次 ベビーブーム 62,112 60,766 58

図 1 人 口 推 移 ( 人 ) 75,000 1954 年 ( 昭 和 29 年 ) 現 市 制 70,000 65,000 60,000 55,000 第 1 次 ベビーブーム 1980 年 ( 昭 和 55 年 ) 62,413 人 第 2 次 ベビーブーム 62,112 60,766 58 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 定 住 誘 発 型 プラットフォーム 構 築 による 移 住 定 住 促 進 計 画 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 氷 見 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 氷 見 市 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 (1) 氷 見 市 概 要 氷 見 市 は 富 山

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63> 24 年 度 の 北 見 市 の 主 な 出 来 事 節 電 実 施 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 を 機 にエネルギー 問 題 が 国 民 的 議 論 を 呼 び 政 府 は 改 めて 原 子 力 発 電 のあり 方 や 今 後 のエネルギー 政 策 について 協 議 を 始 めま した また 国 内 全 ての 原 子 力 発 電 所 の 稼 動 停 止 に

More information

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水 おおさと 事 業 名 国 営 総 合 農 地 防 災 事 業 地 区 名 大 里 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 く ま が や し おおさとまち こうなんまち ぎ よ う だ し みなみかわらむら こ う の す し 熊 谷 市 ( 旧 熊 谷 市 旧 大 里 町 旧 江 南 町 ) 行 田 市 ( 旧 行 田 市 旧 南 河 原 村 ) 鴻 巣 市 ふきあげまち ふ か や し かわもとまち

More information

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 都 市 間 交 流 を 軸 とした Local o Localの t 観 光 誘 客 九 州 戦 略 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 松 本 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 松 本 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 松 本 市 は 400

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

自 然 と 生 活 の 再 生 に 集 う ふくしま 再 生 の 会 活 動 報 告 ふくしま 再 生 の 会 は 2011 年 3 月 11 日 の 東 京 電 力 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 に 危 機 感 を 抱 いた 発 起 人 の 呼 びかけに 応 じて 集 まり

自 然 と 生 活 の 再 生 に 集 う ふくしま 再 生 の 会 活 動 報 告 ふくしま 再 生 の 会 は 2011 年 3 月 11 日 の 東 京 電 力 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 に 危 機 感 を 抱 いた 発 起 人 の 呼 びかけに 応 じて 集 まり 東 日 本 大 震 災 の 復 興 に 向 けて 福 島 県 飯 舘 村 での 地 域 再 生 の 試 み 2012 年 6 月 29 日 ふくしま 再 生 の 会 田 尾 陽 一 2012/5/31 ふくしま 再 生 の 会 1 自 然 と 生 活 の 再 生 に 集 う ふくしま 再 生 の 会 活 動 報 告 ふくしま 再 生 の 会 は 2011 年 3 月 11 日 の 東 京 電 力 福

More information

別紙1

別紙1 Ⅳ. 特 記 事 項 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 重 視 した 教 育 研 究 - 地 域 に 愛 される 大 学 として - 基 準 10で 述 べたように 本 学 は 地 域 社 会 との 協 力 を 極 めて 重 視 し 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 通 し 地 域 に 愛 される 大 学 として 教 育 研 究 活 動 を 活 発 に 展 開 している その 中 で も 特 に

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

Microsoft Word - 00表紙・目次.doc

Microsoft Word - 00表紙・目次.doc 7-4 九 鬼 早 田 地 域 : 九 鬼 地 区 (1) 地 域 の 概 況 1 位 置 環 境 九 鬼 地 区 は 熊 野 灘 のリアス 式 海 岸 の 入 り 組 んだ 入 江 に 位 置 しており 江 戸 時 代 から 回 船 な どの 寄 港 地 として 利 用 されてきたところです 集 落 の 西 端 にJR 九 鬼 駅 があり その 西 側 を 国 道 311 号 が 位 置 しています

More information

<3135303930385F2833298370838F837C8E9197BF5F91E6825189F15F328341836283762E786477>

<3135303930385F2833298370838F837C8E9197BF5F91E6825189F15F328341836283762E786477> 明 日 香 村 総 合 戦 略 検 討 会 議 第 2 回 平 成 27 年 9 月 14 日 ( 月 ) 19:00~ 本 日 のスケジュール 1.はじめに 2.グループディスカッション 3.おわりに 2 1.はじめに 3 本 会 議 のグラウンドルール 全 員 が 思 いついたことを 付 箋 に 書 き メンバーに 話 す 他 人 の 意 見 を 否 定 しない グループとしての 意 見 をまとめ

More information

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73>

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73> 事 前 評 価 書 整 理 番 号 都 道 府 県 名 長 崎 県 関 係 市 町 村 松 浦 市 事 業 名 地 区 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 アオウウラ 阿 翁 浦 地 区 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) 事 業 主 体 長 崎 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 漁 港 名 ( 種 別 ) 阿 翁 浦 漁 港 ( 種 ) 漁 場 名 陸 揚 金 額,09

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

スライド 1

スライド 1 福 島 に 森 のエコシティを 創 出 する CLTにかかわる 現 状 と 課 題 協 力 委 員 パナソニック 株 式 会 社 エコソリューションズ 社 エネマネ 推 進 センター 西 川 弘 記 東 北 には 豊 富 な 森 林 資 源 がある 2 充 実 する 森 林 資 源 ~ 我 が 国 の 森 林 資 源 は 戦 後 植 林 した 人 工 林 を 中 心 に 年 々 増 加 ~ 森 林

More information

1. 市 の 概 要 面 積 342.39km2 人 口 85,793 人 ( 平 成 26 年 3 月 1 日 現 在 ) 世 帯 数 35,203 世 帯 ( ) 市 制 施 行 昭 和 18 年 5 月 27 日 舞 鶴 市 は 京 都 府 の 北 東 に 位 置 し 日 本 海 の 若 狭

1. 市 の 概 要 面 積 342.39km2 人 口 85,793 人 ( 平 成 26 年 3 月 1 日 現 在 ) 世 帯 数 35,203 世 帯 ( ) 市 制 施 行 昭 和 18 年 5 月 27 日 舞 鶴 市 は 京 都 府 の 北 東 に 位 置 し 日 本 海 の 若 狭 福 生 市 議 会 議 長 乙 津 豊 彦 様 横 田 基 地 対 策 特 別 委 員 会 委 員 長 末 次 和 夫 平 成 26 年 度 福 生 市 議 会 横 田 基 地 対 策 特 別 委 員 会 行 政 視 察 報 告 本 委 員 会 は 平 成 26 年 度 行 政 視 察 を 次 の 通 り 実 施 しましたので 報 告 いたします 1. 視 察 日 程 平 成 26 年 6 月 25

More information

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2 JAいわき 市 の 地 域 農 業 への 支 援 対 応 その 2 福 島 県 JA 系 統 機 関 の 原 発 被 害 への 取 組 みレポート 2012.10.05 農 林 中 金 総 合 研 究 所 理 事 研 究 員 渡 部 喜 智 福 島 県 いわき 市 ( 以 下 同 市 )を 管 内 とするJAいわき 市 ( 以 下 同 JA )が 東 日 本 震 災 と 福 島 第 一 原 子 力

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション しまっちんぐ 中 間 報 告 資 料 2-2 〇 平 成 28 年 2 月 13 日 ( 土 )に しまっちんぐワークショップ を 開 催 ( 参 加 者 : 約 40 名 ) 〇 ワークショップでは 民 間 企 業 の 目 線 により 離 島 のビジョンや 活 性 化 プロジェクトを 議 論 自 己 紹 介 ワークショップ 討 議 結 果 の 発 表 意 見 交 換 1 しまっちんぐワークショップ

More information

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 心 のふるさと おおくら 観 光 交 流 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1)

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

SEPTEMBE 過 酷 状 況 互 助 消 防 職 員 懸 命 救 救 助 誰 協 姿 底 感 感 謝 耐 ご 負 挑 参 計 計 住 宅 旧 害 盤 盤 直 容 計 割 完 了 初 達 残 割 共 需 況 呈 需 束 据 維 主 導 円 滑 移 不 可 欠 官 街 周 辺 セ 官 雇 確 起 起

SEPTEMBE 過 酷 状 況 互 助 消 防 職 員 懸 命 救 救 助 誰 協 姿 底 感 感 謝 耐 ご 負 挑 参 計 計 住 宅 旧 害 盤 盤 直 容 計 割 完 了 初 達 残 割 共 需 況 呈 需 束 据 維 主 導 円 滑 移 不 可 欠 官 街 周 辺 セ 官 雇 確 起 起 SEPTEMBE V 字 U 字 奥 深 綾 ょ 里 越 喜 浜 急 峻 迫 典 変 富 景 源 恵 農 漁 治 艦 雷 電 注 昭 臨 形 極 導 セ 水 営 水 第 次 黒 潮 親 潮 漁 水 揚 誇 ケ 魚 介 類 水 揚 沿 静 穏 養 殖 漁 営 美 注 例 鳥 Ⅱ 乗 歓 触 変 評 毎 唯 浜 ダ コ 航 私 第 協 働 始 矢 先 弱 m 超 津 波 死 不 害 8 未 曾 害 受

More information

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循 能 代 山 本 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 平 成 22 年 11 月 9 日 平 成 24 年 1 月 1 日 変 更 報 告 平 成 25 年 1 月 7 日 変 更 報 告 平 成 26 年 1 月 8 日 変 更 報 告 能 代 山 本 広 域 市 町 村 圏 組 合 能 代 市 藤 里 町 三 種 町 八 峰 町 目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会

More information

大塚上2009年度報告書

大塚上2009年度報告書 < 市 街 化 調 整 区 域 ( 平 地 部 )における 開 発 の 事 例 > 広 島 市 における 取 組 状 況 : 市 街 化 調 整 区 域 ( 平 地 部 )における 地 区 計 画 ~ 石 内 地 区 石 内 まちづくり 構 想 で 石 内 南 ( 湯 戸 下 沖 ) 生 活 拠 点 としたゾーンは ひろしま 西 風 新 都 都 市 づくり 推 進 プラン では 地 区 拠 点 (

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油 林 業 木 材 産 業 関 係 税 制 の 概 要 H28.4 税 目 山 林 の 伐 所 得 税 < 山 林 所 得 に 係 る 所 得 税 の 計 算 > 所 得 税 額 速 算 表 採 譲 ( 山 林 所 1 山 林 所 得 の 計 算 課 税 所 得 の 金 額 (A) 算 式 渡 林 業 得 ) 概 算 経 費 控 除 ( 必 要 経 費 計 算 の 簡 便 化 ) 195 万 円 以 下

More information

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮 資 料 5 防 府 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 骨 子 ( 案 ) 1. 目 的 人 口 減 少 少 子 高 齢 化 という 課 題 に 正 面 から 向 き 合 い 将 来 にわたり 持 続 的 に 発 展 して いく 人 まち 元 気 誇 り 高 き 文 化 産 業 都 市 防 府 の 実 現 を 確 かなものにするため 多 様 な 英 知 を 結 集 して 本 市 のまち

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031332D312D31352D8A8B8AAA90AD96B192B28DB88E8B8E4095F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031332D312D31352D8A8B8AAA90AD96B192B28DB88E8B8E4095F18D908F912E646F63> 自 民 清 風 会 会 長 : 山 崎 憲 伸 印 政 務 調 査 視 察 報 告 書 報 告 者 : 杉 浦 久 直 視 察 日 平 成 25 年 1 月 15 日 ( 火 ) 視 察 内 容 クリーンエネルギーの 取 り 組 みについて 視 察 者 小 野 政 明 野 村 康 治 蜂 須 賀 喜 久 好 田 口 正 夫 内 田 実 川 上 守 杉 浦 久 直 < 葛 巻 町 の 概 要 > 葛

More information

土 佐 町 青 少 年 等 の 家 さめうら 荘 の 新 築 について 答 申 書 平 成 26 年 6 月 5 日 さめうら 荘 ( 仮 称 ) 建 設 検 討 委 員 会

土 佐 町 青 少 年 等 の 家 さめうら 荘 の 新 築 について 答 申 書 平 成 26 年 6 月 5 日 さめうら 荘 ( 仮 称 ) 建 設 検 討 委 員 会 平 成 26 年 6 月 5 日 土 佐 町 長 西 村 卓 士 様 さめうら 荘 ( 仮 称 ) 建 設 検 討 委 員 会 委 員 長 筒 井 良 一 郎 土 佐 町 青 少 年 等 の 家 さめうら 荘 の 新 築 について( 答 申 ) 平 成 25 年 10 月 23 日 付 けで 諮 問 のあった 土 佐 町 青 少 年 等 の 家 さめうら 荘 の 新 築 については 別 添 答 申

More information

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運 ( 別 添 ) 公 社 等 外 郭 団 体 の 見 直 し 実 施 計 画 ( 特 ) 宮 城 県 土 地 開 発 公 社 団 体 名 多 額 の 借 入 金 と 保 有 土 地 があることから, 経 営 安 定 化 に 向 けて の 経 営 健 全 化 計 画 を 策 定 するとともに, 将 来 的 な 視 点 としては, 類 似 の 団 体 との 統 合 を 検 討 する 必 県 としては, 業

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874C95FA9275927C97D18E918CB989BB83828366838B81698376838C835B839332816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874C95FA9275927C97D18E918CB989BB83828366838B81698376838C835B839332816A> 何 処 でも 誰 でも 出 来 る! シンプル 小 規 模 低 投 資! 放 置 竹 林 の 持 続 可 能 な 資 源 化 ループの 構 築 シンプル 小 規 模 低 投 資! 放 置 竹 林 の 持 続 可 能 な 資 源 化 ループの 構 築 株 式 会 社 モキ 製 作 所 深 澤 義 則 株 式 会 社 モキ 製 作 所 深 澤 義 則 1 2 プロローグ( 宝 が 放 置 されている)

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 書 (たたき 台 ) 平 成 28 年 7 月 熊 本 連 携 中 枢 都 市 圏 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 この 度 の 熊 本 地 震 の 発 生 以 降 被 災 者 の 救 助 活 動 避 難 者 への 生 活 支 援 激 甚 災 害 の 指 定 補 正 予 算 編 成 など 国 の 機 動 的 かつ 迅

More information

[1]熊本県の水産概要

[1]熊本県の水産概要 熊 本 県 の 水 産 平 成 27 年 熊 本 県 農 林 水 産 部 目 次 [ 1 ] 熊 本 県 の 水 産 概 要 1 1 漁 場 の 性 状 1 2 漁 業 の 概 要 2 3 漁 業 経 営 体 及 び 就 業 者 数 2 4 漁 船 3 5 漁 業 生 産 4 6 内 水 面 漁 業 6 7 熊 本 県 の 地 位 7 8 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 9 [ 2 ] 漁

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

: 1 () () () () 5013,000 () 55 14,300 () 95 152,000 70 () 35 () 17,965 () () () 75 72,100 30 () 55,558 2 () () 33,630 35,780 () 1/240,253 ()75% 85,200 50 () 75% 7,000 ()1,531 () 21,340 () 3 () () 100%190,000

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204C454483568393837C8376838C835B839381698A43976D90858E598B5A8F7081408EF088E4816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204C454483568393837C8376838C835B839381698A43976D90858E598B5A8F7081408EF088E4816A2E707074> 1.LED 漁 技 術 開 発 の 推 移 2.20 年 度 終 了 時 における 課 題 と 21 年 度 実 証 事 業 結 果 1サンマ 棒 受 網 漁 業 への 導 入 事 例 2イカ 釣 り 漁 業 への 導 入 事 例 平 成 22 年 4 月 22 日 ( 木 ) ( 株 ) 海 洋 水 産 技 術 酒 井 拓 宏 3.LED 漁 実 証 試 験 に 係 る 現 状 の 到 達 点 1.LED

More information

農 業 新 規 就 農 研 修 制 度 ( 四 万 十 農 園 あぐりっこ) 四 万 十 市 産 材 利 用 促 進 事 業 センター ぽっぽ 市 内 に 住 所 を 有 し 4 月 1 日 現 在 において15 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 自 立 して 就 農 する 新 規 就 農 希

農 業 新 規 就 農 研 修 制 度 ( 四 万 十 農 園 あぐりっこ) 四 万 十 市 産 材 利 用 促 進 事 業 センター ぽっぽ 市 内 に 住 所 を 有 し 4 月 1 日 現 在 において15 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 自 立 して 就 農 する 新 規 就 農 希 市 町 村 項 目 事 業 名 対 象 者 内 容 黒 潮 町 医 療 乳 幼 児 医 療 費 助 成 制 度 乳 幼 児 の 健 康 を 守 るため 医 療 費 の 助 成 を 行 っています 中 学 校 卒 業 まで: 入 院 通 院 とも 自 己 負 担 なし 健 康 福 祉 課 保 健 衛 生 係 : 0880-43-2836 H25 年 9 月 作 成 多 子 世 帯 保 育 料 助 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63> 付 属 入 出 金 取 引 の 一 覧 表 (Version Version4.1 以 降 ) 第 1 章 出 金 取 引 の 一 覧 表 税 に 記 載 されているものは 消 費 税 の 課 税 情 報 です 課 課 税 仕 入 不 不 課 税 仕 入 非 非 課 税 仕 入 [ 資 金 移 動 ]--- 取 引 内 容 区 分 借 方 勘 定 科 目 税 青 色 決 算 科 目 預 金 の 場

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7

1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7 青 果 物 の 流 通 をめぐる 状 況 平 成 26 年 11 月 1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7 割 を 占 める 首 都 圏 への

More information

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者 三 重 県 産 品 営 業 拡 大 支 援 事 業 費 フ ー ド イ ノ ベ ー シ ョ ン 課 ( 事 業 費 : 4 5, 5 0 4 千 円 県 費 1 0 / 1 0 ) 1 事 業 目 的 三 重 県 の 農 林 水 産 業 が 持 続 的 に 発 展 していくためには 食 の 魅 力 を 生 かした も うかる 農 林 水 産 業 の 実 現 をめざすことが 不 可 欠 です このため

More information

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加 北 海 道 の 景 気 動 向 ( 平 成 28 年 7 月 の 経 済 指 標 を 中 心 として) 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 ) P 個 人 消 費 ( 百 貨 店 スーハ ー 販 売 額 コンヒ ニエンスストア 販 売 額 新 車 登 録 台 数 ) 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる P 2 住 宅 建 設 ( 新 設 住 宅 着 工 戸

More information

<95CA8DFB825795C52E656337>

<95CA8DFB825795C52E656337> 1 各 会 当 初 予 算 の 概 要 町 には 一 般 会 のほか 3つの 特 別 会 2つの 企 業 会 があり 平 成 26 年 度 において は 3 月 6 日 開 会 の 第 1 回 定 例 町 議 会 に 提 案 され 3 月 13 日 に 可 決 成 立 しましたので そ の 内 容 をお 知 らせします はじめに 一 般 会 やそれぞれの 会 の 内 容 について 説 明 します 会

More information

平成10年6月定例市議会

平成10年6月定例市議会 平 成 28 年 3 月 市 議 会 定 例 会 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 月 ) 午 前 10 時 から 市 長 記 者 会 見 資 料 ( 要 旨 ) 1 あいさつ 議 案 は 合 計 56 件 条 例 案 23 件 ( 新 設 6 件 一 部 改 正 16 件 廃 止 1 件 ) 予 算 案 28 件 [ 内 訳 ] 補 正 14 件 ( 一 般 会 計 特 別 会 計 8 件

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378> 資 料 3 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム - 最 終 取 りまとめ - 平 成 24 年 1 月 目 次 1. 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム の 設 置 趣 旨 1 2. 検 討 に 当 たっての 前 提 条 件 2

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information