目 次 1 対 象 鳥 獣 の 種 類 被 害 防 止 計 画 の 期 間 及 び 対 象 地 域 1 2 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 に 係 る 被 害 の 防 止 に 関 する 基 本 的 な 方 針 1 (1) 被 害 の 現 状 ( 平 成 26 年 度 実 績 ) 1 (2) 被

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 1 対 象 鳥 獣 の 種 類 被 害 防 止 計 画 の 期 間 及 び 対 象 地 域 1 2 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 に 係 る 被 害 の 防 止 に 関 する 基 本 的 な 方 針 1 (1) 被 害 の 現 状 ( 平 成 26 年 度 実 績 ) 1 (2) 被"

Transcription

1 ( 別 記 様 式 第 1 号 ) 計 画 作 成 年 度 平 成 27 年 度 計 画 主 体 相 生 市 相 生 市 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 < 連 絡 先 > 担 当 部 署 名 相 生 市 建 設 農 林 部 農 林 水 産 課 所 在 地 相 生 市 旭 一 丁 目 1 番 3 号 電 話 番 号 0791(23)7156 F A X 番 号 0791(23)7160 メールアドレス

2 目 次 1 対 象 鳥 獣 の 種 類 被 害 防 止 計 画 の 期 間 及 び 対 象 地 域 1 2 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 に 係 る 被 害 の 防 止 に 関 する 基 本 的 な 方 針 1 (1) 被 害 の 現 状 ( 平 成 26 年 度 実 績 ) 1 (2) 被 害 の 傾 向 1 (3) 被 害 の 軽 減 目 標 3 (4) 従 来 講 じてきた 被 害 防 止 対 策 3 (5) 今 後 の 取 り 組 み 方 針 5 3 対 象 鳥 獣 の 捕 獲 等 に 関 する 事 項 5 (1) 対 象 鳥 獣 の 捕 獲 体 制 5 (2)その 他 捕 獲 に 関 する 取 り 組 み 5 (3) 対 象 鳥 獣 の 捕 獲 計 画 6 (4) 許 可 権 限 委 譲 事 項 7 4 防 護 柵 の 設 置 その 他 の 対 象 鳥 獣 の 捕 獲 以 外 の 被 害 防 止 施 策 に 関 する 事 項 7 (1) 侵 入 防 止 柵 の 整 備 計 画 7 (2)その 他 被 害 防 止 に 関 する 取 り 組 み 8 5 対 象 鳥 獣 による 市 民 の 生 命 身 体 又 は 財 産 に 係 る 被 害 が 生 じ 又 は 生 じるおそれがある 場 合 の 対 処 に 関 する 事 項 8 (1) 関 係 機 関 等 の 役 割 8 (2) 緊 急 時 の 連 絡 体 制 9 6 被 害 防 止 施 策 の 実 施 体 制 に 関 する 事 項 9 (1) 被 害 防 止 対 策 協 議 会 に 関 する 事 項 9 (2) 関 係 機 関 に 関 する 事 項 10 (3) 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 隊 に 関 する 事 項 10 (4)その 他 被 害 防 止 施 策 の 実 施 体 制 に 関 する 事 項 10 7 捕 獲 等 をした 対 象 鳥 獣 の 処 理 に 関 する 事 項 10 8 その 他 被 害 防 止 施 策 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 10

3 1 対 象 鳥 獣 の 種 類 被 害 防 止 計 画 の 期 間 及 び 対 象 地 域 対 象 鳥 獣 ヌートリア アライグマ アナグマ 計 画 期 間 平 成 28 年 度 ~ 平 成 30 年 度 対 象 地 域 相 生 市 全 域 2 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 に 係 る 被 害 の 防 止 に 関 する 基 本 的 な 方 針 (1) 被 害 の 現 状 ( 平 成 26 年 度 実 績 ) 鳥 獣 の 種 類 被 害 の 現 状 品 目 被 害 面 積 被 害 額 水 稲 0.06ha 71 千 円 麦 0.47ha 35 千 円 水 稲 3.39ha 4,048 千 円 大 豆 0.65ha 56 千 円 飼 料 作 物 0.27ha 125 千 円 ヌートリア 野 菜 等 0.02ha 94 千 円 アライグマ ha 千 円 合 計 4.86ha 4,429 千 円 (2) 被 害 の 傾 向 相 生 市 は 市 域 のほとんどが 西 播 丘 陵 を 中 心 とする200m~500mの 山 なみ に 囲 まれ 湾 岸 部 まで 山 が 迫 っている そのため 約 76%を 山 林 が 占 めており 以 前 から 山 中 には が 生 息 していたが 近 年 は 主 に による 農 作 物 への 被 害 が 深 刻 である また 人 里 周 辺 での 目 撃 情 報 も 多 数 寄 せられている 被 害 地 域 も 以 前 は 山 林 近 辺 の 特 定 地 域 の 水 田 や 畑 等 に 限 られていたが 現 在 では 市 内 全 域 にその 被 害 が 拡 大 してきている 有 害 鳥 獣 捕 獲 では 兵 庫 県 猟 友 会 相 生 支 部 ( 以 下 猟 友 会 という )が 中 心 と なり 年 間 に60~110 頭 70~100 頭 の 捕 獲 を 行 って いる 兵 庫 県 が シカ 管 理 計 画 ( 平 成 27 年 5 月 29 日 ~ 平 成 28 年 度 )におい て 県 下 で 年 間 35,000 頭 の 捕 獲 を 打 ち 出 したこともあり( 年 度 別 事 業 計 画 により 年 内 捕 獲 目 標 頭 数 は 変 更 されることがある) 捕 獲 数 はここ 最 近 では 増 加 の 傾 向 にあるが 被 害 の 減 少 には 至 っていないのが 現 状 である による 被 害 は 山 林 設 備 等 の 放 置 により 山 中 に 作 物 が 少 なくなった こと また 鳥 獣 の 個 体 数 が 増 加 したこと 等 の 理 由 により 四 季 を 問 わず 市 内 各 地 域 の 水 田 家 庭 菜 園 人 里 民 家 周 辺 に 出 没 しており 農 作 物 への 多 大 な 被 害 を 与 えている - 1 -

4 は 目 撃 効 率 に 大 きな 変 化 は 見 られないが 依 然 大 きな 被 害 をもた らしており 植 物 の 乏 しい 山 中 から 人 里 への 侵 入 が 増 加 していることも 窺 える 水 稲 果 樹 野 菜 類 など 農 作 物 被 害 のほか 里 道 石 垣 など 施 設 へも 大 きな 被 害 をもたらしている ヌートリア ヌートリアに 関 しては 被 害 は 野 菜 等 の 一 部 に 限 られている 定 期 的 に 捕 獲 は されているが 市 内 各 所 で 目 撃 情 報 があり 生 息 域 は 拡 大 している 今 後 個 体 数 が 増 加 した 場 合 農 作 物 被 害 の 増 加 が 考 えられる アライグマ アライグマについては 目 立 った 被 害 は 確 認 できていないが 生 息 域 は 拡 大 し てきており 今 後 個 体 数 が 増 加 した 場 合 農 作 物 の 被 害 が 考 えられる アナグマ アナグマは 目 立 った 被 害 は 確 認 できていないが 近 年 目 撃 情 報 が 増 加 してお り 生 息 域 は 拡 大 している 今 後 個 体 数 が 増 加 した 場 合 農 作 物 の 被 害 が 考 えら れる 目 撃 効 率 :1 人 の 狩 猟 者 が1 日 に 目 撃 した 頭 数 の 平 均 値 鳥 獣 による 農 業 被 害 の 推 移 ( 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 1 被 害 作 物 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度 面 積 (ha) 金 額 ( 千 円 ) 面 積 (ha) 金 額 ( 千 円 ) 面 積 (ha) 金 額 ( 千 円 ) 水 稲 , , 小 麦 大 豆 野 菜 等 合 計 , , 被 害 作 物 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度 面 積 (ha) 金 額 ( 千 円 ) 面 積 (ha) 金 額 ( 千 円 ) 面 積 (ha) 金 額 ( 千 円 ) 水 稲 , , ,048 小 麦 大 豆 飼 料 作 物 野 菜 等 , ,174 合 計 , ,

5 3ヌートリア 被 害 作 物 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度 面 積 (ha) 金 額 ( 千 円 ) 面 積 (ha) 金 額 ( 千 円 ) 面 積 (ha) 金 額 ( 千 円 ) 水 稲 野 菜 等 合 計 (3) 被 害 の 軽 減 目 標 現 状 値 ( 平 成 26 年 度 ) 目 標 値 ( 平 成 30 年 度 ) 鳥 獣 の 種 類 被 害 面 積 被 害 金 額 被 害 面 積 被 害 金 額 備 考 品 目 品 目 (ha) ( 千 円 ) (ha) ( 千 円 ) 水 稲 水 稲 目 標 小 麦 小 麦 約 30% 減 水 稲 ,048 水 稲 ,834 目 標 大 豆 大 豆 約 30% 減 飼 料 作 飼 料 作 物 物 ヌートリア 野 菜 等 野 菜 等 目 標 約 30% 減 アライグマ アナグマ (4) 従 来 講 じてきた 被 害 防 止 対 策 従 来 講 じてきた 被 害 防 止 対 策 課 題 捕 獲 等 に 関 する 取 り 組 み 猟 友 会 に 委 託 し 農 作 物 被 害 の 大 き い 地 域 を 重 点 に 銃 及 びわなによる 駆 除 活 動 を 実 施 している ヌートリアに 関 しては 被 害 状 況 に 応 じて わな 等 による 捕 獲 を 実 施 して いる 猟 期 を 中 心 に 各 捕 獲 員 の 熱 心 な 活 動 取 り 組 みにより 捕 獲 を 行 っている が 野 生 鳥 獣 の 生 息 個 体 数 の 増 加 に 加 え 猟 友 会 会 員 の 高 齢 化 が 進 み なか なか 農 作 物 の 被 害 減 少 まで 至 っていな いのが 現 状 である 近 年 全 国 的 に 狩 猟 中 の 人 身 事 故 が 相 次 ぎ 猟 銃 の 規 制 が 厳 しくなったこ とにより 猟 友 会 会 員 の 負 担 増 と 会 員 数 の 減 少 が 進 んでおり 捕 獲 業 務 の 担 い 手 の 確 保 が 課 題 となっている 防 護 柵 の 設 置 等 に 関 する 取 り 組 み 矢 野 若 狭 野 を 中 心 に 平 成 14 年 よ り 平 成 24 年 に 亘 り 国 県 の 事 業 を 活 用 しながら 各 集 落 単 位 で 金 網 防 護 柵 の 設 置 や 破 損 した 金 網 防 護 柵 の 修 繕 野 生 鳥 獣 の 生 息 域 が 拡 大 しており 以 前 よりも 防 護 柵 が 必 要 な 地 域 が 増 加 している また 当 初 に 設 置 した 防 護 柵 も 老 朽 化 や 災 害 等 に 伴 う 破 損 によ - 3 -

6 を 行 ってきた 平 成 27 年 度 に 矢 野 り 十 分 な 役 割 を 果 たせていない 箇 所 町 二 木 地 区 及 び 若 狭 野 町 若 狭 野 地 区 に も 生 じており 修 理 更 新 等 も 今 後 の おいて 既 設 防 護 柵 の 機 能 向 上 を 図 っ 課 題 である ており 結 果 を 検 証 し 今 後 に 繋 げる 人 と 野 生 動 物 の 棲 み 分 けを 図 るた 農 作 物 被 害 の 抑 制 効 果 を 維 持 するた め 県 の 野 生 動 物 共 生 林 整 備 事 業 等 に め 地 域 住 民 により 整 備 後 のバッファ より バッファーゾーン( 緩 衝 帯 )の 整 ーゾーンを 継 続 的 に 維 持 していくこと 生 息 環 境 備 を 小 河 地 区 ( 平 成 2 0 年 が 今 後 の 課 題 である に 関 する A=10ha) 福 井 地 区 ( 平 成 23 年 取 り 組 み A=5ha) 上 土 井 地 区 ( 平 成 24 年 A=4.7ha) 下 土 井 地 区 ( 平 成 25 年 A=13.6ha)で 実 施 している バッファーゾーン: 人 と 野 生 動 物 の 棲 み 分 けを 図 る 見 通 しの 良 い 緩 衝 帯 1 有 害 捕 獲 実 績 ヌートリア アライグマ 計 平 成 24 年 度 61 頭 111 頭 4 頭 0 頭 176 頭 平 成 25 年 度 101 頭 76 頭 0 頭 3 頭 180 頭 平 成 26 年 度 111 頭 95 頭 1 頭 2 頭 209 頭 狩 猟 期 間 中 の 捕 獲 は 除 く 2 狩 猟 捕 獲 実 績 ヌートリア アライグマ 計 平 成 24 年 度 336 頭 134 頭 0 頭 0 頭 470 頭 平 成 25 年 度 352 頭 181 頭 0 頭 0 頭 533 頭 平 成 26 年 度 305 頭 100 頭 0 頭 0 頭 405 頭 狩 猟 期 間 中 の 捕 獲 頭 数 ( 兵 庫 県 森 林 動 物 研 究 センター 調 べによる) 3 防 護 柵 の 設 置 及 び 補 完 機 能 向 上 状 況 市 等 補 助 事 業 県 補 助 事 業 国 補 助 事 業 計 平 成 14 年 ~ 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 計 平 成 23 年 度 設 置 1,396m 1,396m - 補 完 機 能 向 上 2,810m 2,810m 設 置 67,223m 67,223m - 補 完 機 能 向 上 1,700m 1,700m 設 置 3,368m 4,520m 7,888m 補 完 機 能 向 上 設 置 71,987m 4,520m 76,507m 補 完 機 能 向 上 1,700m 2,810m 4,510m 地 元 単 独 による 設 置 及 び 個 人 による 設 置 は 含 まない - 4 -

7 (5) 今 後 の 取 り 組 み 方 針 相 生 市 域 の 山 中 に 生 息 する の 個 体 数 が 非 常 に 多 く 被 害 も 深 刻 であることから 年 間 を 通 じて 猟 友 会 による 捕 獲 班 を 中 心 に 捕 獲 を 実 施 するこ とにより 個 体 数 の 調 整 を 強 化 する ヌートリアについては 現 在 の 被 害 は 少 ないが 池 や 河 川 周 辺 を 中 心 に 目 撃 情 報 も あり 農 作 物 被 害 等 の 増 加 も 考 えられる また アライグマについては 全 県 的 に 頭 数 を 増 やしており 農 作 物 被 害 等 の 増 加 も 考 えられる このため 平 成 23 年 度 に 作 成 した 相 生 市 アライグマ ヌートリア 防 除 実 施 計 画 ( 特 定 外 来 生 物 による 生 態 系 等 に 係 る 被 害 の 防 止 に 関 する 法 律 第 18 条 第 1 項 )に 基 づき 迅 速 な 捕 獲 を 実 施 し 市 内 での 撲 滅 を 目 指 す アナグマについては 近 年 目 撃 情 報 が 増 加 しており 野 菜 や 果 樹 等 を 中 心 に 被 害 の 増 加 が 考 えられる 捕 獲 許 可 権 限 を 県 から 市 へ 委 譲 し 有 害 捕 獲 を 実 施 する 猟 友 会 においては 狩 猟 者 人 口 の 減 少 や 高 齢 化 が 進 行 しており 新 たな 担 い 手 を 育 成 して 捕 獲 体 制 の 継 続 と 強 化 を 図 る また 農 作 物 への 被 害 軽 減 を 図 るため 農 家 への 有 害 鳥 獣 の 情 報 提 供 や 知 識 の 普 及 啓 発 を 行 う 農 会 や 集 落 単 位 においては 既 設 の 金 網 防 護 柵 の 管 理 及 び 機 能 向 上 を 図 るととも に 老 朽 化 や 災 害 等 で 破 損 した 防 護 柵 の 修 繕 等 防 護 柵 の 機 能 維 持 を 図 る また 人 間 と 野 生 動 物 が 共 存 できる 環 境 づくりが 重 要 であるため 野 生 動 物 共 生 林 整 備 事 業 により 整 備 した 箇 所 については 整 備 効 果 を 持 続 するためにバッファー ゾーンへの 侵 入 竹 木 等 の 伐 採 を 実 施 するとともに 野 生 動 物 の 餌 資 源 が 豊 富 な 生 息 地 としての 広 葉 樹 林 の 適 正 な 施 業 や 広 葉 樹 の 植 栽 の 維 持 管 理 を 実 施 し 集 落 と 連 携 しバッファーゾーンの 拡 大 の 推 進 を 継 続 して 行 い 生 き 物 の 住 みやすい 森 づくり を 推 進 する 3 対 象 鳥 獣 の 捕 獲 等 に 関 する 事 項 (1) 対 象 鳥 獣 の 捕 獲 体 制 猟 友 会 を 主 体 とした 捕 獲 活 動 を 今 後 も 継 続 して 実 施 する 有 害 鳥 獣 の 捕 獲 や 被 害 防 止 技 術 等 の 向 上 及 び 普 及 指 導 等 の 業 務 を 行 うため 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 隊 ( 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 第 9 条 )による 被 害 防 止 施 策 の 適 切 な 実 施 を 図 る (2)その 他 捕 獲 に 関 する 取 り 組 み 年 度 対 象 鳥 獣 取 組 内 容 平 成 28 年 度 ~ 平 成 30 年 度 狩 猟 免 許 の 取 得 促 進 新 規 担 い 手 の 育 成 捕 獲 機 材 わなの 導 入 促 進 - 5 -

8 平 成 28 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ヌートリア アライグマ アナグマ 捕 獲 檻 の 設 置 促 進 捕 獲 従 事 者 の 確 保 育 成 支 援 (3) 対 象 鳥 獣 の 捕 獲 計 画 捕 獲 計 画 数 等 の 設 定 の 考 え 方 近 年 は 捕 獲 数 は 増 加 しているものの 適 正 な 個 体 数 を 調 整 していくために 今 後 も 捕 獲 については 強 化 継 続 していく 必 要 がある 猟 期 中 に 行 う 捕 獲 と 猟 期 外 に 行 う 有 害 鳥 獣 捕 獲 により 達 成 可 能 な 捕 獲 頭 数 を 検 討 したうえで 捕 獲 計 画 数 を 設 定 する については 平 成 23 年 度 をピークに 捕 獲 数 は 減 少 しており 被 害 額 についても 同 様 の 傾 向 となっているが 人 里 への 出 没 や 夜 間 には 群 れを 目 撃 す るなど 生 息 数 の 減 少 には 至 っていないと 推 測 される 兵 庫 県 シカ 管 理 計 画 を 参 考 にして メスの 個 体 を 重 点 的 に 捕 獲 することで 被 害 に 対 応 していく については 程 の 個 体 数 には 至 っていないと 推 測 されるが 近 年 は 人 里 への 出 没 が 頻 繁 に 報 告 されており 個 体 数 は 増 加 していると 考 えられ る また その 強 い 繁 殖 力 を 考 えると 今 後 も 個 体 数 が 増 加 する 可 能 性 は 十 分 に 考 えられるため 兵 庫 県 管 理 計 画 を 参 考 に 適 正 個 体 数 まで 調 整 する 必 要 が ある ヌートリア ヌートリアについては 多 大 な 被 害 は 確 認 されていないが 目 撃 情 報 が 寄 せら れており 生 息 域 の 広 がりを 見 せつつある 高 い 繁 殖 力 から 今 後 急 激 に 増 加 し 農 作 物 等 に 被 害 を 与 える 危 険 性 もあるため 被 害 を 軽 減 するために 継 続 して 駆 除 を 実 施 する アライグマ アライグマについては 目 撃 情 報 もほとんど 無 く 被 害 も 確 認 できていないの が 現 状 である ただ アライグマも 高 い 繁 殖 力 を 持 ち ヌートリア 同 様 の 危 険 性 も あるため 継 続 して 駆 除 を 実 施 する アナグマ アナグマについては 近 年 市 内 各 所 で 目 撃 情 報 があり 生 息 域 を 拡 大 している 今 後 農 作 物 等 に 大 きな 被 害 及 ぼすおそれがあるため 有 害 捕 獲 の 許 可 権 限 を 県 か ら 市 へ 委 譲 し 個 体 数 削 減 のため 駆 除 を 実 施 する - 6 -

9 対 象 鳥 獣 ヌートリア アライグマ 種 別 捕 獲 計 画 数 等 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 平 成 30 年 度 有 害 190 頭 200 頭 210 頭 狩 猟 390 頭 400 頭 410 頭 有 害 90 頭 100 頭 110 頭 狩 猟 140 頭 150 頭 160 頭 各 年 度 : 特 定 外 来 生 物 に 指 定 されていることから 可 能 な 限 り 有 害 駆 除 により 捕 獲 アナグマ 有 害 10 頭 10 頭 10 頭 対 象 鳥 獣 捕 獲 等 の 取 り 組 み 内 容 捕 獲 手 段 捕 獲 期 間 捕 獲 場 所 専 用 捕 獲 檻 猟 期 中 及 び 有 害 駆 除 捕 銃 器 を 用 いた 追 い 込 獲 については4 月 1 日 みによる 捕 獲 ( 山 林 の から10 月 31 日 里 山 や 周 辺 山 間 地 み) 専 用 捕 獲 檻 猟 期 中 及 び 有 害 駆 除 捕 銃 器 を 用 いた 追 い 込 獲 については4 月 1 日 みによる 捕 獲 ( 山 林 の から10 月 31 日 里 山 や 周 辺 山 間 地 み) ヌートリア 中 型 動 物 用 箱 わな 被 害 発 生 時 被 害 発 生 場 所 アライグマ 中 型 動 物 用 箱 わな 被 害 発 生 目 撃 時 被 害 発 生 目 撃 場 所 アナグマ 中 型 動 物 用 箱 わな 被 害 発 生 目 撃 時 被 害 発 生 目 撃 場 所 (4) 許 可 権 限 委 譲 事 項 対 象 地 区 相 生 市 全 域 対 象 鳥 獣 アナグマ 4 防 護 柵 の 設 置 その 他 の 対 象 鳥 獣 の 捕 獲 以 外 の 被 害 防 止 施 策 に 関 する 事 項 (1) 侵 入 防 止 柵 ( 機 能 向 上 )の 整 備 計 画 侵 入 防 止 柵 については 矢 野 町 若 狭 野 町 を 中 心 に 平 成 14 年 ~ 平 成 24 年 に 国 県 の 事 業 を 活 用 しながら 各 集 落 単 位 で 金 網 防 護 柵 を 設 置 しており 近 年 におい ては による 防 護 柵 の 下 部 を 破 って 潜 り 込 みによる 侵 入 被 害 が 多 発 してい ることから 防 護 柵 の 機 能 向 上 のため 下 記 の 計 画 により 整 備 を 行 う - 7 -

10 対 象 鳥 獣 整 備 内 容 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 平 成 30 年 度 左 記 の 検 証 結 果 により 矢 左 記 の 検 証 結 果 により 矢 平 成 27 年 度 モデル 実 野 町 若 狭 野 町 で 施 行 野 町 若 狭 野 町 で 施 行 施 地 区 の 検 証 を 行 う 国 県 市 補 助 事 業 国 県 市 補 助 事 業 (2)その 他 被 害 防 止 に 関 する 取 り 組 み 年 度 対 象 鳥 獣 取 組 内 容 平 成 28 年 度 ~ 平 成 30 年 度 平 成 28 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ヌートリア アライグマ アナグマ 防 護 柵 の 点 検 管 理 修 繕 を 継 続 して 実 施 する 放 任 果 樹 の 除 去 や 耕 作 放 棄 地 の 改 善 ひこばえを 生 やさない 等 地 域 住 民 による 集 落 環 境 の 整 備 誘 引 要 素 の 排 除 を 行 う 地 域 住 民 への 情 報 提 供 知 識 の 普 及 啓 発 を 行 う 野 生 動 物 共 生 林 整 備 事 業 の 促 進 及 び 整 備 後 のバ ッファーゾーンの 維 持 管 理 等 集 落 ぐるみで 行 う 獣 害 対 策 の 普 及 啓 発 を 行 う 地 域 住 民 による 集 落 環 境 の 整 備 誘 引 要 素 の 排 除 を 行 う 地 域 住 民 への 情 報 提 供 知 識 の 普 及 啓 発 を 実 施 す る 5 対 象 鳥 獣 による 市 民 の 生 命 身 体 又 は 財 産 に 係 る 被 害 が 生 じ 又 は 生 じるおそれ がある 場 合 の 対 処 に 関 する 事 項 (1) 関 係 機 関 等 の 役 割 関 係 機 関 の 名 称 役 割 相 生 市 ( 教 育 委 員 会 を 含 む) 各 小 中 学 校 幼 稚 園 保 育 所 兵 庫 県 ( 森 林 動 物 研 究 センター 含 む) 相 生 警 察 署 情 報 の 収 集 関 係 機 関 との 連 絡 調 整 住 民 の 安 全 確 保 ( 広 報 防 災 メール 等 ) 猟 友 会 と 協 力 して 捕 獲 又 は 追 い 払 い 市 民 への 注 意 喚 起 学 校 園 所 との 連 絡 調 整 生 徒 児 童 保 護 者 等 への 注 意 喚 起 関 係 機 関 との 連 絡 調 整 追 い 払 い 等 の 助 言 指 導 鳥 獣 被 害 防 止 対 策 への 支 援 及 び 技 術 的 助 言 住 民 の 安 全 確 保 交 通 整 理 雑 踏 整 理 捕 獲 又 は 追 い 払 い 活 動 の 支 援 - 8 -

11 兵 庫 県 猟 友 会 相 生 支 部 捕 獲 処 分 又 は 追 い 払 い 兵 庫 西 農 協 有 年 支 店 有 線 放 送 による 広 報 活 動 ( 矢 野 町 及 び 若 狭 野 町 限 定 ) 自 治 会 目 撃 情 報 の 提 供 通 報 自 治 会 員 への 周 知 注 意 喚 起 (2) 緊 急 時 の 連 絡 体 制 1 通 報 受 信 発 生 場 所 加 害 鳥 獣 の 種 類 数 負 傷 者 の 有 無 通 報 者 の 連 絡 先 ( 住 所 氏 名 電 話 番 号 ) 2 関 係 機 関 への 連 絡 と 出 動 要 請 相 生 警 察 署 兵 庫 県 ( 農 林 振 興 事 務 所 ) 兵 庫 西 農 協 有 年 支 店 相 生 市 ( 教 育 委 員 会 含 む) 猟 友 会 3 現 場 での 対 応 ( 主 な 役 割 ) 相 生 警 察 署 : 交 通 整 理 雑 踏 整 理 相 生 市 捕 獲 又 は 追 い 払 い 猟 友 会 6 被 害 防 止 施 策 の 実 施 体 制 に 関 する 事 項 (1) 被 害 防 止 対 策 協 議 会 に 関 する 事 項 被 害 防 止 対 策 協 議 会 の 名 称 相 生 市 鳥 獣 被 害 防 止 対 策 協 議 会 構 成 機 関 の 名 称 役 割 相 生 市 鳥 獣 の 被 害 に 関 する 情 報 提 供 及 び 関 係 機 関 との 連 絡 調 整 被 害 防 止 対 策 協 議 会 の 事 務 局 として 会 議 を 開 催 し 構 成 団 体 間 の 連 携 情 報 の 共 有 化 を 図 る 赤 相 農 業 共 済 事 務 組 合 鳥 獣 の 被 害 に 関 する 情 報 の 収 集 整 理 及 び 提 供 相 生 市 農 業 委 員 会 自 治 会 兵 庫 県 猟 友 会 相 生 支 部 鳥 獣 保 護 管 理 員 兵 庫 西 農 協 鳥 獣 の 被 害 に 関 する 情 報 の 収 集 整 理 及 び 提 供 地 元 住 民 との 調 整 周 知 及 び 被 害 防 止 対 策 の 推 進 鳥 獣 に 関 する 情 報 提 供 捕 獲 処 分 等 の 実 施 猟 友 会 と 連 携 し 適 正 な 捕 獲 等 の 推 進 鳥 獣 の 被 害 に 関 する 情 報 の 収 集 整 理 及 び 提 供 - 9 -

12 相 生 市 農 協 相 生 警 察 署 兵 庫 県 ( 農 林 振 興 事 務 所 ) 兵 庫 県 森 林 動 物 研 究 センター 農 業 者 への 被 害 防 止 対 策 等 の 技 術 指 導 住 民 の 安 全 確 保 鳥 獣 の 被 害 に 関 する 情 報 提 供 及 び 関 係 機 関 との 連 絡 調 整 鳥 獣 被 害 防 止 対 策 に 関 する 助 言 指 導 野 生 動 物 共 生 林 整 備 等 の 森 林 整 備 指 導 生 息 地 管 理 手 法 の 検 討 及 び 支 援 鳥 獣 の 生 息 状 況 及 び 生 息 環 境 に 関 する 情 報 提 供 鳥 獣 被 害 防 止 対 策 に 関 する 助 言 指 導 (2) 関 係 機 関 に 関 する 事 項 関 係 機 関 の 名 称 役 割 兵 庫 県 光 都 農 業 改 良 普 及 センター 農 家 等 への 鳥 獣 被 害 防 止 対 策 に 関 する 助 言 及 び 指 導 (3) 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 隊 に 関 する 事 項 本 計 画 に 沿 った 捕 獲 や 防 護 柵 の 設 置 等 の 鳥 獣 被 害 対 策 の 実 践 的 活 動 を 担 うため 平 成 27 年 4 月 1 日 猟 友 会 会 員 及 び 市 職 員 で 構 成 する 相 生 市 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 隊 ( 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 第 9 条 )を 発 足 し 有 害 鳥 獣 の 捕 獲 に 努 めている (4)その 他 被 害 防 止 施 策 の 実 施 体 制 に 関 する 事 項 金 網 防 護 柵 による 有 害 鳥 獣 被 害 防 止 対 策 については 矢 野 町 と 若 狭 野 町 を 中 心 に 国 県 及 び 市 補 助 事 業 を 活 用 しながら 各 集 落 単 位 で 設 置 しているが 近 年 は イノ シシの 潜 り 込 みによる 侵 入 被 害 が 多 発 していることから 防 護 柵 の 機 能 向 上 による 被 害 防 止 を 促 し 各 農 会 集 落 全 体 での 取 り 組 みを 進 めていく 7 捕 獲 等 をした 対 象 鳥 獣 の 処 理 に 関 する 事 項 捕 獲 した 鳥 獣 の 処 理 については 猟 友 会 において 焼 却 埋 設 又 は 自 家 消 費 を 基 本 としているが 兵 庫 県 西 播 磨 シカ 被 害 対 策 連 絡 会 議 が 推 進 するシカ 肉 の 活 用 に ついて 普 及 啓 発 を 進 める 8 その 他 被 害 防 止 施 策 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 確 実 な 被 害 軽 減 が 必 要 であり 防 護 捕 獲 及 び 環 境 整 備 を 基 本 とした 対 策 が 重 要 であるが 効 果 的 な 対 策 がないのが 現 状 である 今 後 は 相 生 市 兵 庫 県 及 びその 他 の 関 係 機 関 と 地 元 集 落 各 自 治 会 及 び 農 会 が 密 接 に 連 携 し 地 域 の 農 地 は 地 域 で 守 る 自 分 の 農 地 は 自 分 で 守 る ことをキー ワードとして 地 元 有 志 による 狩 猟 免 許 の 取 得 を 促 進 するとともに 多 面 的 機 能 支 払 交 付 金 等 による 地 域 活 動 を 活 用 しつつ 被 害 防 止 策 に 取 り 組 めるように 推 進 して いく

(別記様式第1号)

(別記様式第1号) ( 別 記 様 式 第 1 号 ) 計 画 作 成 年 度 平 成 26 年 度 計 画 主 体 北 九 州 市 水 巻 町 北 九 州 市 水 巻 町 広 域 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 < 代 表 連 絡 先 ( 事 務 局 )> 担 当 部 署 名 北 九 州 市 産 業 経 済 局 農 林 水 産 部 鳥 獣 被 害 対 策 課 所 在 地 北 九 州 市 小 倉 北 区 城 内 1 番

More information

28)_

28)_ 計 画 策 定 年 度 計 画 主 体 平 成 26 年 度 八 幡 蒲 生 郡 日 野 蒲 生 郡 竜 王 地 域 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 連 絡 先 担 当 部 署 名 所 在 地 電 話 番 号 FAX 番 号 メールアドレス 八 幡 都 産 業 部 農 業 振 興 課 滋 賀 県 八 幡 桜 宮 236 番 地 0748-36-5514 0748-32-5032 0011002@city.omihachiman.lg.jp

More information

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 鳥 獣 被 害 の 現 状 と 対 策 平 成 2 8 年 3 月 目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 隊 8 6 鳥 獣 被 害 防 止

More information

(別記様式第1号)

(別記様式第1号) ( 別 記 様 式 第 1 号 ) 計 画 作 成 年 度 平 成 23 年 度 計 画 変 更 年 度 平 成 25 年 度 計 画 主 体 熊 本 県 南 阿 蘇 村 南 阿 蘇 村 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 < 連 絡 先 > 担 当 部 署 名 南 阿 蘇 村 農 政 課 林 務 整 備 係 所 在 地 熊 本 県 阿 蘇 郡 南 阿 蘇 村 大 字 河 陰 145-3 電 話 番 号

More information

再 生 可 能 エネルギーの 導 入 促 進 新 再 生 可 能 エネルギー 推 進 指 針 策 定 事 業 環 境 政 策 課 4,800 千 円 自 立 分 散 型 で 災 害 に 強 く CO 2 排 出 量 の 少 ない 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 を 促 進 するため 山 口 県

再 生 可 能 エネルギーの 導 入 促 進 新 再 生 可 能 エネルギー 推 進 指 針 策 定 事 業 環 境 政 策 課 4,800 千 円 自 立 分 散 型 で 災 害 に 強 く CO 2 排 出 量 の 少 ない 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 を 促 進 するため 山 口 県 Ⅱ 緊 急 課 題 等 への 対 応 1 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 促 進 東 日 本 大 震 災 後 国 民 の 間 に 拡 がった 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 に 対 する 機 運 の 高 まりを 契 機 とし 国 は 今 夏 に 新 しい エネルギー 基 本 計 画 を 策 定 するとともに 固 定 価 格 買 取 制 度 の 開 始 などにより その 導 入 を 進 めることとしています

More information

<4D F736F F F696E74202D AC28BAB8AD CE8DF482C982C282A282C42E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D AC28BAB8AD CE8DF482C982C282A282C42E B8CDD8AB B83685D> 環 境 関 連 対 策 について 平 成 27 年 3 月 6 日 総 務 省 自 治 財 政 局 調 整 課 課 長 補 佐 鈴 木 健 介 本 日 の 内 容 1 鳥 獣 の 保 護 管 理 及 び 狩 猟 における 現 状 と 課 題 2 海 岸 漂 着 物 等 対 策 について 3 自 然 公 園 の 現 状 と 課 題 4 1~3に 係 る 新 たな 地 方 財 政 措 置 1 1 鳥 獣

More information

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 施 策 を 実 施 するための 基 本 的 な 指 針 最 終 改 正 平 成 20 年 2 月 21 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 254 号 平 成 27 年 5 月 29 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 1396 号 ( 平 成 27 年 5 月 29 日 施 行 ) 一 被 害 防 止

More information

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育 作 成 年 月 日 平 成 22 年 6 月 28 日 作 成 部 局 企 画 県 民 部 政 策 室 課 室 名 地 域 振 興 課 [ 兵 庫 県 地 域 再 生 構 造 改 革 特 区 推 進 会 議 ( 平 成 22 年 度 第 1 回 )] 構 造 改 革 特 区 ( 第 18 次 ) 及 び 地 域 再 生 ( 第 8 次 )の 提 案 標 記 の 提 案 については 6 月 7 日 から

More information

Microsoft Word - 発表資料(環境先導社会)15.02.04【提出版】EVアイランド修正後

Microsoft Word - 発表資料(環境先導社会)15.02.04【提出版】EVアイランド修正後 作 成 年 月 日 作 成 課 室 名 平 成 27 年 2 月 9 日 農 政 環 境 部 環 境 創 造 局 環 境 政 策 課 環 境 先 導 社 会 の 推 進 第 4 次 兵 庫 県 環 境 基 本 計 画 に 掲 げる 環 境 先 導 社 会 豊 かで 美 しいひょうご の 実 現 を 目 指 すため 低 炭 素 自 然 共 生 循 環 安 全 快 適 地 域 力 の 各 分 野 において

More information

佐 賀 県 における 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 金 額 の 推 移 百 万 円 800 700 600 7.0 億 円 鳥 獣 全 体 H25 鳥 獣 全 体 2.0 億 円 (100) うち イノシシ 1.1 億 円 ( 54) カラス 0.5 億 円 ( 22) 500 400 4.2

佐 賀 県 における 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 金 額 の 推 移 百 万 円 800 700 600 7.0 億 円 鳥 獣 全 体 H25 鳥 獣 全 体 2.0 億 円 (100) うち イノシシ 1.1 億 円 ( 54) カラス 0.5 億 円 ( 22) 500 400 4.2 耕 作 放 棄 地 再 生 利 用 緊 急 対 策 担 当 者 会 資 料 平 成 26 年 6 月 30 日 生 産 者 支 援 課 中 山 間 地 域 鳥 獣 対 策 担 当 1 1. 有 害 鳥 獣 対 策 1 佐 賀 県 における 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 金 額 の 推 移 百 万 円 800 700 600 7.0 億 円 鳥 獣 全 体 H25 鳥 獣 全 体 2.0 億 円

More information

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者 三 重 県 産 品 営 業 拡 大 支 援 事 業 費 フ ー ド イ ノ ベ ー シ ョ ン 課 ( 事 業 費 : 4 5, 5 0 4 千 円 県 費 1 0 / 1 0 ) 1 事 業 目 的 三 重 県 の 農 林 水 産 業 が 持 続 的 に 発 展 していくためには 食 の 魅 力 を 生 かした も うかる 農 林 水 産 業 の 実 現 をめざすことが 不 可 欠 です このため

More information

<4D F736F F D20322D335F91E693F18EED93C192E892B98F D A8AC7979D8C7689E62E646F63>

<4D F736F F D20322D335F91E693F18EED93C192E892B98F D A8AC7979D8C7689E62E646F63> 第 二 種 特 定 鳥 獣 (イノシシ) 管 理 計 画 平 成 27 年 5 月 広 島 県 目 次 12 策 定 の 目 的 及 び 背 3 管 理 すべき 種 類 景 4 計 画 の 期 5 間 第 二 種 特 定 鳥 獣 の 管 理 が の 行 目 われるべき 標 区 域 (1) 1 2 生 分 現 3 4 捕 布 獲 と 状 生 息 環 境 の 状 (2) (3) 5 被 管 目 害 理

More information

<5461726F2D92B98F628A5191CE8DF48E9197BF288354838B95D28250292E6A>

<5461726F2D92B98F628A5191CE8DF48E9197BF288354838B95D28250292E6A> 平 成 20 年 3 月 福 岡 県 はじめに 本 県 の 野 生 鳥 獣 による 農 林 水 産 被 害 金 額 を 加 害 鳥 獣 別 割 合 でみると イノシシが34% カ ラス 類 が24% シカが14%となっており この3 大 鳥 獣 で70%を 越 えています しかし 3 鳥 獣 とも 前 年 比 では 減 少 し 被 害 対 策 等 が 各 地 の 研 修 会 などで 伝 えられ 地

More information

第 1 本 報 告 の 位 置 付 け 平 成 20 年 4 月 下 旬 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 ( 以 下 本 地 という )で 絶 滅 のおそれのあ る 野 生 動 植 物 の 種 の 保 存 に 関 する 法 律 の 国 内 希 少 野 生 動 植 物 種 に 指 定 されてい

第 1 本 報 告 の 位 置 付 け 平 成 20 年 4 月 下 旬 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 ( 以 下 本 地 という )で 絶 滅 のおそれのあ る 野 生 動 植 物 の 種 の 保 存 に 関 する 法 律 の 国 内 希 少 野 生 動 植 物 種 に 指 定 されてい 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 に 係 る 猛 禽 類 保 護 方 策 について 報 告 書 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 に 係 る 猛 禽 類 保 護 方 策 検 討 委 員 会 平 成 22 年 10 月 18 日 第 1 本 報 告 の 位 置 付 け 平 成 20 年 4 月 下 旬 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 ( 以 下 本 地 という )で 絶 滅 のおそれのあ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6338E9F8363834C836D838F834F837D8AC7979D8C7689E681698F4390B38CE3816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6338E9F8363834C836D838F834F837D8AC7979D8C7689E681698F4390B38CE3816A> 第 3 次 ツキノワグマ 管 理 計 画 ( 平 成 27 年 5 月 29 日 変 更 ) 平 成 25 年 3 月 岩 手 県 目 次 1 計 画 作 成 の 目 的 及 び 背 景 趣 旨 1 (1) 計 画 作 成 の 目 的 1 (2) 計 画 作 成 の 背 景 趣 旨 1 2 対 象 鳥 獣 2 3 計 画 期 間 等 2 (1) 計 画 期 間 2 (2) 計 画 の 見 直 し 2

More information

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B>

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B> 農 業 者 用 中 山 間 地 域 等 直 接 支 払 交 付 金 集 落 協 定 書 等 の 書 き 方 記 入 マニュアル 平 成 25 年 5 月 16 日 < 集 落 協 定 を 申 請 する 場 合 > 参 考 様 式 第 6 号 共 通 の 申 請 書 ( 記 入 例 ) 番 号 年 月 日 市 町 村 長 殿 集 落 協 定 代 表 者 氏 名 印 中 山 間 地 域 等 直 接 支

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に 被 災 したJR 各 線 の 復 旧 について 被 災 したJR 山 田 線 大 船 渡 線 の 復 旧 については あくまでも 鉄 路 での 復 旧 が 果 たされるよう 関 係 自 治 体 と 共 に 国 やJR 東 日 本 に 対 して 強 く 働 き 掛 けること 復 興 計 画 が 完 了 するまでの 復 興 予 算 の 確 保 について 被 災 自 治 体 が 安 心 して 復 興 に

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後)

Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 27 年 3 月 13 日 規 則 第 4 号 ) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 改 正 平 成 二 七 年 一 二 月 四 日 規 則 第 七 一 号 平 成 二 十 七 年 三 月 十 三 日 規 則 第 四 号 千 葉 県 動 物 の 愛 護

More information

1-(1)-ア①-1 生物多様性地域戦略の普及啓発(修正)

1-(1)-ア①-1 生物多様性地域戦略の普及啓発(修正) 施 策 展 開 1-(1)-ア 主 な 取 組 検 証 票 生 物 多 様 性 の 保 全 施 策 1 自 然 環 境 の 保 全 に 向 けた 調 査 研 究 及 び 推 進 体 制 の 構 築 ( 施 策 の 小 項 目 ) 生 物 多 様 性 地 域 戦 略 の 策 定 情 報 発 信 等 主 な 取 組 対 応 する 主 な 課 題 1 取 組 の 概 要 (Plan) 取 組 内 容 実

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

市 制 発 足 当 時 の 社 会 情 勢 と 不 安 定 な 経 済 事 情 の 中 で 市 政 の 安 定 的 な 事 業 の 遂 行 を 図 るために 税 収 の 早 期 確 保 と 自 主 納 税 意 欲 の 向 上 を 図 ることを 目 的 に 創 設 されました 現 在 市 民 税 (

市 制 発 足 当 時 の 社 会 情 勢 と 不 安 定 な 経 済 事 情 の 中 で 市 政 の 安 定 的 な 事 業 の 遂 行 を 図 るために 税 収 の 早 期 確 保 と 自 主 納 税 意 欲 の 向 上 を 図 ることを 目 的 に 創 設 されました 現 在 市 民 税 ( 仕 分 け 作 業 1 班 1 番 目 の 市 役 所 の 仕 事 の 説 明 です 防 犯 灯 整 備 事 業 補 助 金 自 治 会 で 実 施 する 防 犯 灯 の 設 置 及 び 器 具 の 取 替 等 にかかる 経 費 の 一 部 を 負 担 することにより 住 民 自 らが 考 える 地 域 の 安 全 対 策 を 効 率 的 かつ 効 果 的 に 対 応 するため 助 成 しています

More information

<8179825282538D4C93878CA7817A3231333430318146926E88E68F5A91EE8C7689E681698E968CE3955D89BF816A2E786C73>

<8179825282538D4C93878CA7817A3231333430318146926E88E68F5A91EE8C7689E681698E968CE3955D89BF816A2E786C73> ひろしま けんない ちいき 地 域 住 宅 計 画 ( 事 後 評 価 ) ひろしま 広 島 県 内 地 域 あき はつかいち きた おおさき あき たかた えたじま じんせき こうげん ちょう かいた くまの けん ひろしまし くれし たけはらし みはらし おのみちし ふくやまし ふちゅうし みよしし しょうばらし 広 島 県 広 島 市 呉 市 竹 原 市 三 原 市 尾 道 市 福 山 市 府

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要 熊 本 森 林 管 理 署 の 国 有 林 のあらまし 平 成 27 年 度 版 九 州 森 林 管 理 局 熊 本 森 林 管 理 署 私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの

More information

1 英 国 のエステートとマネージャー ピーター ナイト 氏 は 24 年 にわたり 約 2,000 ヘクタールに 及 ぶノーフォーク エステートの 農 地 の 経 営 を 担 当 している 英 国 内 には このような 中 世 の 時 代 にまで 遡 るような 歴 史 的 経 緯 に 基 づいて

1 英 国 のエステートとマネージャー ピーター ナイト 氏 は 24 年 にわたり 約 2,000 ヘクタールに 及 ぶノーフォーク エステートの 農 地 の 経 営 を 担 当 している 英 国 内 には このような 中 世 の 時 代 にまで 遡 るような 歴 史 的 経 緯 に 基 づいて 2013 年 2 月 6 日 研 究 員 レポート:EU の 農 業 農 村 環 境 シリーズ 第 24 回 ( 社 )JC 総 研 基 礎 研 究 部 客 員 研 究 員 和 泉 真 理 第 24 回 次 世 代 に 美 しい 国 土 を 引 き 継 ぐ: 英 国 ノーフォーク エステートのマネージャー 英 国 南 部 のサウス ダウンズ 国 立 公 園 中 央 部 国 立 公 園 とその 南 側

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A>

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A> 浦 河 町 津 波 避 難 計 画 平 成 26 年 2 月 第 1 章 総 則 1 目 的 この 計 画 は 津 波 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 恐 れがある 場 合 の 津 波 災 害 に 対 し 住 民 の 命 を 守 る ことを 最 優 先 した ソフト 面 の 対 策 を 充 実 させるため 地 震 津 波 発 生 直 後 か ら 津 波 が 終 息 するまでの 概 ね

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 目 的 と 背 景 -------------- 1 2 管 理 すべき 鳥 獣 の 種 類 ------------- 2 3 計 画 の 期 間 ------------------ 2 4 管 理 が 行 われるべき 区 域 ------------ 2 5 管

目 次 1 計 画 策 定 の 目 的 と 背 景 -------------- 1 2 管 理 すべき 鳥 獣 の 種 類 ------------- 2 3 計 画 の 期 間 ------------------ 2 4 管 理 が 行 われるべき 区 域 ------------ 2 5 管 第 1 期 石 川 県 ニホンザル 管 理 計 画 平 成 27 年 5 月 石 川 県 目 次 1 計 画 策 定 の 目 的 と 背 景 -------------- 1 2 管 理 すべき 鳥 獣 の 種 類 ------------- 2 3 計 画 の 期 間 ------------------ 2 4 管 理 が 行 われるべき 区 域 ------------ 2 5 管 理 の 目

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

は じ め に

は じ め に 第 9 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 庄 内 町 ま え が き 交 通 安 全 対 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 交 通 安 全 対 策 基 本 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 110 号 )に 基 づき 国 においては 交 通 安 全 基 本 計 画 を また 山 形 県 および 本 町 においては

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

各種会計予算総括表

各種会計予算総括表 平 成 28 年 度 角 田 市 当 初 予 算 の 概 要 角 田 市 総 務 部 財 政 課 - 1 - 予 算 規 模 一 般 会 計 132 億 6,000 万 円 ( 前 年 度 比 6 億 1,648 万 円 4.4%) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 は 前 年 度 比 較 で 約 6 億 2 千 万 円 減 の 総 額 132 億 6,000 万 円 となりました 平 成 28

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 級 の 給 料 月 額 135,60 185,80 22,90 261,90 289,20 320,60 36,20 最 高 号 給 の 給 料 月

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 級 の 給 料 月 額 135,60 185,80 22,90 261,90 289,20 320,60 36,20 最 高 号 給 の 給 料 月 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 94,106 39,048,807 1,082,979 6,079,197 15.6 16.0 (2) 職 員

More information

(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気

(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気 災 情 報 通 信 計 画 災 に 関 する 情 報 通 信 及 び 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 に 関 する 事 項 は この 計 画 の 定 めるところによる 第 1 節 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 計 画 1 気 象 情 報 の 種 類 及 び 伝 達 系 等 (1) 気 象 注 意 報 及

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

(3) 成 果 報 告 会 プログラム 開 会 13:00 1. 挨 拶 13:00-13:05 沖 修 司 ( 林 野 庁 次 長 ) 2. 本 事 業 の 目 的 13:05-13:10 事 務 局 ( 野 生 動 物 保 護 管 理 事 務 所 (WMO)) 3. 各 地 での 高 度 化 実

(3) 成 果 報 告 会 プログラム 開 会 13:00 1. 挨 拶 13:00-13:05 沖 修 司 ( 林 野 庁 次 長 ) 2. 本 事 業 の 目 的 13:05-13:10 事 務 局 ( 野 生 動 物 保 護 管 理 事 務 所 (WMO)) 3. 各 地 での 高 度 化 実 第 5 章 成 果 報 告 会 の 開 催 1. 実 施 概 要 (1) 開 催 日 時 と 場 所 日 時 : 平 成 27 年 3 月 10 日 ( 火 曜 日 ) 13:00~17:00 場 所 :ワテラスコモンホール( 御 茶 ノ 水 ) (2) 成 果 報 告 会 の 参 加 者 パネリスト 明 石 信 廣 氏 小 泉 透 氏 高 田 研 一 氏 竹 田 謙 一 氏 吉 田 剛 司 氏 行

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00 熊 本 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 H24 年 度 731,815 277,665,883 2,881,104 47,758,592

More information

第 号 希 望 練 圃 ず レ 塾 昨 ズ 圃 引 具 充 希 望 乗 購 共 万 点 努 盤 永 承 ワ 相 談 窓 口 捉 極 二 盤 幅 路 特 病 溝 渠 路 老 朽 損 傷 著 否 緊 急 性 慮 改 三 城 kg 能 含 む 童 意 向 JA 店 舗 数 街 格 街 JA JA 四 棄

第 号 希 望 練 圃 ず レ 塾 昨 ズ 圃 引 具 充 希 望 乗 購 共 万 点 努 盤 永 承 ワ 相 談 窓 口 捉 極 二 盤 幅 路 特 病 溝 渠 路 老 朽 損 傷 著 否 緊 急 性 慮 改 三 城 kg 能 含 む 童 意 向 JA 店 舗 数 街 格 街 JA JA 四 棄 第 号 住 電 - 相 二 丁 番 号 役 相 仮 庁 舎 線 通 斐 容 ペジ 書 回 答 旬 ほ 政 情 報 版 知 第 号 天 王 神 祭 : 桜 井 第 号 希 望 練 圃 ず レ 塾 昨 ズ 圃 引 具 充 希 望 乗 購 共 万 点 努 盤 永 承 ワ 相 談 窓 口 捉 極 二 盤 幅 路 特 病 溝 渠 路 老 朽 損 傷 著 否 緊 急 性 慮 改 三 城 kg 能 含 む 童 意

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63>

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63> 鳥 取 市 ( 平 成 18 年 6 月 ) 第 1 章 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1. 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 2. 基 本 計 画 の 施 策 対 象 の 範 囲 3. 計 画 期 間 第 2 章 現 状 と 課 題 2 1. 犯 罪 の 現 状 2. 生 活 環 境 の 変 化 3. 課 題 第 3 章 基 本 計 画 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 4 1.

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農 第 6 次 総 合 計 実 施 計 施 策 シト(~) ( 様 式 ) 政 策 名 第 7 章 地 域 の 活 力 をつくりだす 産 業 経 済 の 振 興 施 策 名 第 節 農 水 産 業 の 振 興 施 策 の 目 標 良 質 な 農 水 産 物 の 提 供 と 農 水 産 業 の 持 続 的 発 展 を 図 る 事 業 費 ( : 千 円 ) 事 業 数 細 事 業 数 予 算 額 合 計

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果)

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果) 学 校 安 全 に 関 する 規 制 ( 学 校 保 健 安 全 法 案 第 27 条 第 28 条 第 29 条 ) 主 管 課 ( 課 長 名 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 学 校 健 康 教 育 課 ( 課 長 : 作 花 文 雄 ) 関 係 課 ( 課 長 名 ) 施 策 目 標 及 び 達 成 目 標 施 策 目 標 2-5 健 やかな 体 の 育 成 児 童 生 徒

More information

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条 平 成 25 年 6 月 定 例 市 議 会 提 出 議 案 概 要 書 総 務 部 法 務 課 総 務 部 総 務 課 財 務 部 財 政 課 議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

(2) 緑 化 推 進 公 園 緑 地 道 路 学 校 などの 公 的 空 間 の 緑 化 と 家 庭 の 生 垣 推 進 緑 化 協 定 により 緑 化 を 義 務 付 け 指 導 しています (3) 意 識 の 向 上 花 と 緑 のまちづくりとして 佐 倉 市 花 の 銀 行 や 公 益 財

(2) 緑 化 推 進 公 園 緑 地 道 路 学 校 などの 公 的 空 間 の 緑 化 と 家 庭 の 生 垣 推 進 緑 化 協 定 により 緑 化 を 義 務 付 け 指 導 しています (3) 意 識 の 向 上 花 と 緑 のまちづくりとして 佐 倉 市 花 の 銀 行 や 公 益 財 第 7 章 自 然 環 境 保 全 第 1 節 公 園 緑 地 1. 緑 地 の 現 状 本 市 は 豊 かな 緑 に 恵 まれ また 歴 史 のまちとして 歴 史 遺 産 も 多 く 残 されています しかしながら 都 市 化 の 発 展 により 豊 かな 緑 も 減 少 傾 向 にあり 次 代 に 向 かった 恒 久 的 な 緑 の 保 全 再 生 を 図 ることが 課 題 となっています このため

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び 平 成 27 年 度 業 務 概 要 県 北 広 域 振 興 局 土 木 部 二 戸 土 木 センター 二 戸 市 浄 法 寺 町 天 台 寺 軽 米 町 フォリストパーク 二 戸 市 馬 仙 峡 九 戸 村 折 爪 五 滝 一 戸 町 御 所 野 縄 文 公 園 管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

目 次 1 対 象 地 域 計 画 期 間 及 び 対 象 鳥 獣 (1) 対 象 地 域 (2) 計 画 期 間 (3) 対 象 鳥 獣 2 現 状 (1) 農 家 の 状 況 (2) 生 息 環 境 の 状 況 (3) 被 害 の 状 況 (4) 対 策 状 況 (5) 課 題 3 目 標 (1

目 次 1 対 象 地 域 計 画 期 間 及 び 対 象 鳥 獣 (1) 対 象 地 域 (2) 計 画 期 間 (3) 対 象 鳥 獣 2 現 状 (1) 農 家 の 状 況 (2) 生 息 環 境 の 状 況 (3) 被 害 の 状 況 (4) 対 策 状 況 (5) 課 題 3 目 標 (1 計 画 策 定 年 度 計 画 主 体 平 成 20 年 度 香 美 町 有 害 鳥 獣 対 策 協 議 会 香 美 町 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 < 連 絡 先 > 担 当 部 署 香 美 町 産 業 部 農 林 水 産 課 所 在 地 兵 庫 県 美 方 郡 香 美 町 香 住 区 香 住 870-1 電 話 番 号 (0796)36-0846 F A X 番 号 (0796)36-3809

More information

第 1 請 求 の 受 理 1 請 求 人 ( 省 略 ) 2 請 求 の 要 旨 ( 以 下 原 文 のまま 掲 載 ) 野 田 市 長 に 関 する 措 置 請 求 の 要 旨 請 求 の 要 旨 1 大 本 の 違 法 不 当 の 事 実 ( 対 象 者 ) 1 ********* 番 地 の

第 1 請 求 の 受 理 1 請 求 人 ( 省 略 ) 2 請 求 の 要 旨 ( 以 下 原 文 のまま 掲 載 ) 野 田 市 長 に 関 する 措 置 請 求 の 要 旨 請 求 の 要 旨 1 大 本 の 違 法 不 当 の 事 実 ( 対 象 者 ) 1 ********* 番 地 の 野 田 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 住 民 監 査 請 求 ( 地 方 自 治 法 第 242 条 ) 平 成 27 年 2 月 3 日 野 田 市 監 査 委 員 第 1 請 求 の 受 理 1 請 求 人 ( 省 略 ) 2 請 求 の 要 旨 ( 以 下 原 文 のまま 掲 載 ) 野 田 市 長 に 関 する 措 置 請 求 の 要 旨 請 求 の 要 旨 1 大

More information

市街化調整区域の保全と活用の方針

市街化調整区域の保全と活用の方針 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 活 用 の 方 針 ( 平 成 18 年 3 月 29 日 市 長 決 裁 ) ( 平 成 22 年 11 月 22 日 最 終 改 正 ) Ⅰ 方 針 策 定 にあたって 2 1 方 針 策 定 の 背 景 2 2 目 的 と 位 置 づけ 4 Ⅱ 札 幌 市 都 市 計 画 マスタープランにおける 基 本 方 針 5 1 市 街 地 の 範 囲 5 2

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

Microsoft Word - 【掲載用】認定鳥獣捕獲等事業者制度に関するFAQ【事業者向け公表用】(平成28年3月版)

Microsoft Word - 【掲載用】認定鳥獣捕獲等事業者制度に関するFAQ【事業者向け公表用】(平成28年3月版) 認 定 鳥 獣 捕 獲 等 事 業 者 制 度 に 関 する FAQ(よくある 質 問 ) 事 業 者 向 け( 平 成 28 年 3 月 版 ) 環 境 省 自 然 環 境 局 野 生 生 物 課 鳥 獣 保 護 管 理 室 目 次 Ⅰ 制 度 の 趣 旨 について... 2 Ⅱ 認 定 の 基 準 について... 2 法 人 格 を 有 すること について... 2 事 業 管 理 責 任 者

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16 平 成 24 年 度 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 警 察 庁 平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16,541 百 万 円 21,026

More information

も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 の 現 況 1 犬 の 飼 養 数

も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 の 現 況 1 犬 の 飼 養 数 山 梨 県 動 物 愛 護 管 理 推 進 計 画 ( 素 案 ) 平 成 26 年 月 山 梨 県 平 成 20 年 3 月 策 定 平 成 26 年 月 改 正 も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物

More information

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt 真 間 総 合 治 水 対 策 特 定 河 事 業 ( 千 葉 県 ) 大 柏 都 市 基 盤 整 備 事 業 ( 市 市 ) 事 業 再 評 価 社 会 情 勢 と 公 共 事 業 のこれまで 我 が 国 の 経 済 状 況 S30~48 高 度 成 長 期 S48~H1 安 定 成 長 期 円 高 不 況 S58~60 バブル 景 気 S61~H3 真 間 の 治 水 事 業 31 年 経 過

More information

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 心 のふるさと おおくら 観 光 交 流 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1)

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

5 桜 井 谷 小 学 校 1 二 中 南 側 桜 の 町 線 小 学 校 プール 南 側 道 路 急 なカーブがあり 歩 道 が 無 い 路 側 線 設 置 ( 済 ) 2 二 中 南 側 桜 の 町 線 小 学 校 北 側 のスクールゾーン 坂 道 で 歩 道 が 無 く 児 童 の 横 を 車

5 桜 井 谷 小 学 校 1 二 中 南 側 桜 の 町 線 小 学 校 プール 南 側 道 路 急 なカーブがあり 歩 道 が 無 い 路 側 線 設 置 ( 済 ) 2 二 中 南 側 桜 の 町 線 小 学 校 北 側 のスクールゾーン 坂 道 で 歩 道 が 無 く 児 童 の 横 を 車 1 克 明 小 学 校 1 末 広 町 第 2 号 線 2 玉 井 町 第 11 号 線 末 広 町 1 丁 目 7 番 付 近 T 形 道 路 交 差 点 玉 井 町 2 丁 目 3 番 と12 番 の 間 の 交 差 点 スクールゾーンの 標 示 が 消 えて 分 かりにくい 路 面 標 示 スクールゾーン 更 改 交 通 量 が 多 いにも 関 わらず 信 号 が 設 置 されておらず 大 変

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

市 章 ( 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 ) 石 岡 (いしおか)の 頭 文 字 い を 図 案 化 したもので, 外 郭 の 円 に 囲 まれた い の 字 で 円 く 治 まるという 円 満 な 市 政 とその 発 展 を 表 象 したものです 市 の 木 市 の 花 市 の 鳥 市 の 木 し い ( 平 成 17 年 10 月 制 定 ) 市 の 花 ゆ り ( 平 成 17

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書 5-2 地 域 交 通 ( 交 通 混 雑 交 通 安 全 ) 工 事 中 ( 工 事 用 車 両 の 走 行 )により 地 域 交 通 ( 交 通 混 雑 交 通 安 全 )への 影 響 のおそれ があることから 環 境 影 響 評 価 を 行 った (1) 現 況 調 査 1) 調 査 項 目 ア. 地 域 社 会 の 状 況 調 査 項 目 は 日 常 生 活 圏 等 の 状 況 の 状 況

More information