1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号"

Transcription

1 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22 条 第 28 条 ) 第 2 節 持 出 手 続 ( 第 29 条 第 37 条 ) 第 3 節 交 換 所 の 処 理 ( 第 38 条 第 43 条 ) 第 4 節 持 帰 手 続 ( 第 44 条 第 47 条 ) 第 5 節 交 換 尻 決 済 ( 第 48 条 第 51 条 ) 第 6 節 手 形 の 返 還 ( 第 52 条 第 54 条 ) 第 7 節 代 理 交 換 ( 第 55 条 第 58 条 ) 第 8 節 雑 則 ( 第 59 条 第 61 条 ) 第 4 章 取 引 停 止 処 分 ( 第 62 条 第 71 条 ) 第 5 章 手 形 交 換 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 第 1 節 手 形 交 換 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 ( 第 71 条 の2 第 71 条 の4) 第 2 節 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 時 における 手 形 交 換 の 特 例 ( 第 71 条 の 5 第 71 条 の9) 第 3 節 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 時 における 取 引 停 止 処 分 の 特 例 ( 第 71 条 の 10 第 71 条 の 13) 第 6 章 預 金 保 険 法 に 定 める 営 業 譲 渡 等 に 係 る 措 置 ( 第 71 条 の 14 第 71 条 の 16) 第 7 章 罰 則 ( 第 72 条 第 75 条 ) 第 8 章 会 計 ( 第 76 条 第 76 条 の4) 第 9 章 雑 則 ( 第 77 条 第 78 条 ) 附 則

2 1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 東 京 手 形 交 換 所 ( 以 下 交 換 所 という )の 組 織 および 業 務 の 方 法 について 定 め もって 手 形 小 切 手 等 の 簡 易 円 滑 な 取 立 を 可 能 にし 併 せて 信 用 取 引 の 秩 序 維 持 を 図 ることを 目 的 とする ( 交 換 所 の 事 業 ) 第 2 条 交 換 所 は 前 条 の 目 的 を 達 成 するために 次 の 事 業 を 行 う 一 手 形 小 切 手 その 他 の 証 券 の 交 換 決 済 二 取 引 停 止 処 分 制 度 の 運 営 三 手 形 交 換 に 関 する 資 料 の 収 集 および 配 布 四 その 他 前 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 参 加 銀 行 ) 第 3 条 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する 者 ( 以 下 参 加 銀 行 という )は 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする 一 第 5 条 に 規 定 する 社 員 銀 行 二 第 6 条 に 規 定 する 準 社 員 銀 行 三 第 10 条 に 規 定 する 客 員 四 第 11 条 に 規 定 する 代 理 交 換 委 託 金 融 機 関 ( 参 加 銀 行 の 協 力 ) 第 4 条 参 加 銀 行 は この 規 則 および 規 則 にもとづく 交 換 所 の 決 定 事 項 を 遵 守 し 相 互 に 誠 意 と 信 頼 をもってこの 事 業 の 遂 行 に 協 力 するものとする 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 社 員 銀 行 としての 参 加 等 ) 第 5 条 協 会 の 正 会 員 ( 以 下 正 会 員 という )のうち 交 換 所 の 事 業 に 参 加 しようとする 者 ( 同 時 に 正 会 員 になろうとする 者 を 含 む )は 参 加 の 申 込 書 を 提 出 して 協 会 の 事 務 委 員 会 ( 以 下 事 務 委 員 会 という )の 承 認 を 得 なければならない 2 前 項 の 承 認 を 得 た 者 は 第 16 条 の 加 入 金 を 完 納 した 日 からこの 事 業 に 参 加 することができる 3 この 事 業 に 参 加 する 正 会 員 を 社 員 銀 行 という

3 4 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 または 準 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 ( 以 下 この 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 および 準 社 員 銀 行 を 受 託 銀 行 という )して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 することができる 5 前 項 により 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する 社 員 銀 行 ( 以 下 委 託 社 員 銀 行 と いう )の 参 加 手 続 等 は 東 京 手 形 交 換 所 規 則 施 行 細 則 ( 以 下 細 則 という )で 定 める 6 委 託 社 員 銀 行 については 第 11 条 で 規 定 する 代 理 交 換 委 託 金 融 機 関 に 係 る 第 18 条 第 3 項 および 第 55 条 から 第 58 条 までの 規 定 を 準 用 する ( 社 員 銀 行 の 脱 退 ) 第 5 条 の2 社 員 銀 行 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 したときは 交 換 所 の 事 業 から 脱 退 するものとす る 一 書 面 ( 委 託 社 員 銀 行 にあっては 受 託 銀 行 と 連 署 した 書 面 )により 脱 退 の 申 出 をしたとき 二 第 50 条 に 規 定 する 借 方 交 換 尻 の 払 込 みもしくは 第 55 条 に 規 定 する 決 済 資 金 の 不 足 金 の 払 込 みをしないとき または 第 52 条 第 53 条 もしくは 第 56 条 に 規 定 する 手 形 の 代 り 金 を 支 払 わなかったとき 三 整 理 のために 休 業 したとき 四 破 産 手 続 開 始 決 定 を 受 けたとき 五 解 散 したとき 六 第 5 条 の3にもとづく 他 の 銀 行 による 地 位 の 承 継 があったとき 七 第 5 条 の4に 規 定 する 除 名 の 決 議 があったとき 八 受 託 銀 行 が 交 換 所 の 事 業 から 脱 退 したとき( 脱 退 の 日 から 10 日 以 内 に 細 則 に 定 める 受 託 銀 行 変 更 の 手 続 をとったときを 除 く ) ( 社 員 銀 行 の 地 位 の 承 継 ) 第 5 条 の3 社 員 銀 行 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 各 号 に 定 める 銀 行 ( 正 会 員 に 限 る ) は すでに 社 員 銀 行 の 地 位 を 有 しているときを 除 き 社 員 銀 行 の 地 位 を 承 継 することができる この 場 合 承 継 元 が 委 託 社 員 銀 行 のときは 委 託 社 員 銀 行 の 地 位 を 承 継 するものとする 一 他 の 銀 行 等 と 合 併 して 新 銀 行 を 設 立 する 場 合 合 併 により 設 立 される 銀 行 二 他 の 銀 行 と 合 併 して 当 該 他 の 銀 行 が 存 続 する 場 合 合 併 後 存 続 する 銀 行 三 分 割 営 業 譲 渡 または 事 業 譲 渡 により 営 業 または 事 業 の 全 部 を 他 の 一 の 銀 行 に 譲 渡 し かつ 前 条 第 5 号 または 第 6 号 により 社 員 銀 行 の 資 格 を 喪 失 する 場 合 営 業 または 事 業 を 譲 り 受 ける 銀 行 四 分 割 営 業 譲 渡 または 事 業 譲 渡 により 交 換 に 参 加 している 全 店 舗 の 営 業 または 事 業 を 他 の 一 の 銀 行 に 譲 渡 し かつ 前 条 第 5 号 または 第 6 号 により 社 員 銀 行 の 資 格 を 喪 失 する 場 合 営 業 または 事 業 を 譲 り 受 ける 銀 行 五 分 割 または 営 業 譲 渡 により 営 業 の 全 部 または 一 部 を 当 該 社 員 銀 行 の 子 会 社 である 銀 行 親 会 社 である 銀 行 または 親 会 社 の 子 会 社 である 他 の 銀 行 に 譲 渡 し かつ 前 条 第 5 号 また は 第 6 号 により 社 員 銀 行 の 資 格 を 喪 失 する 場 合 営 業 の 全 部 または 一 部 を 他 の 一 の 銀 行 に 譲 渡 するときは その 銀 行 営 業 の 全 部 または 一 部 を 他 の 複 数 の 銀 行 に 譲 渡 するときは その 複 数 の 銀 行 のうち 当 該 社

4 員 銀 行 が 指 定 する 一 の 銀 行 六 その 他 協 会 の 理 事 会 ( 以 下 理 事 会 という )が 適 当 と 認 める 場 合 理 事 会 が 指 定 した 銀 行 ( 社 員 銀 行 の 除 名 ) 第 5 条 の4 交 換 所 は 社 員 銀 行 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 したときは 理 事 会 の 決 議 により これ を 交 換 所 の 事 業 から 除 名 することができる 一 交 換 所 および 参 加 銀 行 の 信 用 を 毀 損 する 行 為 があったとき 二 営 業 状 態 が 危 殆 に 瀕 したと 認 められる 事 実 があったとき 三 この 規 則 または 交 換 所 の 決 定 事 項 に 著 しく 違 反 したとき ( 準 社 員 銀 行 としての 参 加 ) 第 6 条 正 会 員 以 外 の 銀 行 または 法 令 によって 銀 行 と 同 視 される 金 融 機 関 で 細 則 で 定 める 基 準 に 適 合 し 交 換 所 の 事 業 に 参 加 しようとする 者 ( 同 時 に 正 会 員 になろうとする 者 を 除 く )は 参 加 の 申 込 書 を 提 出 して 事 務 委 員 会 の 承 認 を 得 なければならない 2 前 項 の 承 認 を 得 た 者 は 第 17 条 の 加 入 金 を 完 納 した 日 からこの 事 業 に 参 加 することができる 3 前 項 によりこの 事 業 に 参 加 する 者 を 準 社 員 銀 行 という ( 準 社 員 銀 行 の 脱 退 ) 第 7 条 第 5 条 の2の 規 定 は 準 社 員 銀 行 についてこれを 準 用 する この 場 合 において 同 条 中 第 5 条 の3 第 5 条 の4 とあるのは それぞれ 第 8 条 第 9 条 と 読 み 替 える ( 準 社 員 銀 行 の 地 位 の 承 継 ) 第 8 条 第 5 条 の3の 規 定 は 準 社 員 銀 行 についてこれを 準 用 する この 場 合 において 同 条 中 銀 行 ( 正 会 員 に 限 る ) および 銀 行 とあるのは 金 融 機 関 すでに 社 員 銀 行 の 地 位 を 有 しているときを 除 き とあるのは すでに 社 員 銀 行 または 準 社 員 銀 行 の 地 位 を 有 していると きを 除 き と 読 み 替 える ( 準 社 員 銀 行 の 除 名 ) 第 9 条 第 5 条 の4の 規 定 は 準 社 員 銀 行 についてこれを 準 用 する ( 客 員 としての 参 加 ) 第 10 条 日 本 銀 行 は 客 員 として 交 換 所 の 事 業 に 参 加 するものとする ( 代 理 交 換 委 託 金 融 機 関 としての 参 加 ) 第 11 条 正 会 員 以 外 の 銀 行 または 法 令 によって 銀 行 と 同 視 される 金 融 機 関 で 細 則 で 定 める 基 準 に 適 合 し 社 員 銀 行 または 準 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 しようとする 者 ( 同 時 に 正 会 員 になろうとする 者 を 除 く )は 受 託 銀 行 との 連 署 による 参 加 の 申 込 書 を 提 出 して 事 務 委 員 会 の 承 認 を 得 なければならない ただし 台 風 洪 水 大 火 地 震 等 の 災 害 およ

5 び 新 型 インフルエンザ 等 対 策 特 別 措 置 法 にもとづく 新 型 インフルエンザ 等 の 発 生 時 その 他 参 加 の 承 認 を 緊 急 に 行 わなければならない 特 段 の 事 情 があるときはこの 限 りでない 2 前 項 の 承 認 を 得 た 者 は 第 17 条 の 加 入 金 を 完 納 した 日 からこの 事 業 に 参 加 することができる ただし 前 項 ただし 書 の 規 定 に 該 当 する 場 合 はこの 限 りでない 3 前 項 によりこの 事 業 に 参 加 する 者 を 代 理 交 換 委 託 金 融 機 関 ( 以 下 委 託 金 融 機 関 とい う )という ( 委 託 金 融 機 関 の 脱 退 ) 第 12 条 委 託 金 融 機 関 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 したときは 交 換 所 の 事 業 から 脱 退 するものと する 一 受 託 銀 行 と 連 署 した 書 面 により 脱 退 の 申 出 をしたとき 二 受 託 銀 行 が 交 換 所 の 事 業 から 脱 退 したとき( 脱 退 の 日 から 10 日 以 内 に 第 14 条 に 規 定 する 受 託 銀 行 変 更 の 手 続 をとったときを 除 く ) 三 第 55 条 に 規 定 する 決 済 資 金 の 不 足 金 または 第 56 条 に 規 定 する 手 形 の 代 り 金 の 払 込 みを 行 わなかったとき 四 整 理 のために 休 業 したとき 五 破 産 手 続 開 始 決 定 を 受 けたとき 六 解 散 したとき 七 第 13 条 にもとづく 他 の 金 融 機 関 による 地 位 の 承 継 があったとき 八 第 15 条 に 規 定 する 除 名 の 決 議 があったとき 九 第 11 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 に 該 当 する 場 合 については 参 加 する 事 由 がなくなったとき ( 委 託 金 融 機 関 の 地 位 の 承 継 ) 第 13 条 第 5 条 の3の 規 定 は 委 託 金 融 機 関 についてこれを 準 用 する この 場 合 において 同 条 中 銀 行 ( 正 会 員 に 限 る ) および 銀 行 とあるのは 金 融 機 関 すでに 社 員 銀 行 の 地 位 を 有 しているときを 除 き とあるのは すでに 社 員 銀 行 準 社 員 銀 行 または 委 託 金 融 機 関 の 地 位 を 有 しているときを 除 き と 読 み 替 える ( 受 託 銀 行 の 変 更 ) 第 14 条 委 託 金 融 機 関 は 受 託 銀 行 を 変 更 しようとするときは 新 旧 受 託 銀 行 との 連 署 による 受 託 銀 行 変 更 の 申 込 書 を 提 出 して 交 換 所 の 承 認 を 得 なければならない ( 委 託 金 融 機 関 の 除 名 ) 第 15 条 第 5 条 の4の 規 定 は 委 託 金 融 機 関 についてこれを 準 用 する 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 社 員 銀 行 の 加 入 金 の 納 付 ) 第 16 条 第 5 条 第 1 項 の 規 定 によって 事 務 委 員 会 の 承 認 を 得 た 者 は 加 入 金 として 次 の 基 準 に

6 より 計 算 した 金 額 を 交 換 所 に 納 付 しなければならない 一 資 本 金 資 本 剰 余 金 および 利 益 剰 余 金 の 合 計 額 が 10 億 円 以 下 の 場 合 105 万 円 二 資 本 金 資 本 剰 余 金 および 利 益 剰 余 金 の 合 計 額 が 10 億 円 超 1,000 億 円 以 下 の 場 合 105 万 円 に 10 億 円 を 超 える 金 額 について1 億 円 ごとに6 万 円 を 加 えた 金 額 ただし 5 千 万 円 未 満 の 端 数 は 切 り 捨 て 5 千 万 円 以 上 の 端 数 は1 億 円 とみなす 三 資 本 金 資 本 剰 余 金 および 利 益 剰 余 金 の 合 計 額 が 1,000 億 円 を 超 える 場 合 上 記 第 1 号 お よび 第 2 号 の 金 額 に 1,000 億 円 を 超 える 金 額 について1 億 円 ごとに4 千 5 百 円 を 加 えた 金 額 ただし 5 千 万 円 未 満 の 端 数 は 切 り 捨 て 5 千 万 円 以 上 の 端 数 は1 億 円 とみなす 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 委 託 社 員 銀 行 の 加 入 金 は 65 万 円 とする ( 地 位 変 更 時 の 加 入 金 の 追 納 ) 第 16 条 の2 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 各 号 に 定 める 加 入 金 とすでに 納 付 した 加 入 金 と の 差 額 を 新 たに 納 付 しなければならない 一 委 託 社 員 銀 行 が 代 理 交 換 を 取 りやめる 場 合 前 条 第 1 項 に 定 める 加 入 金 二 準 社 員 銀 行 または 委 託 金 融 機 関 が 社 員 銀 行 ( 委 託 社 員 銀 行 を 除 く )の 地 位 に 変 更 になる 場 合 前 条 第 1 項 に 定 める 加 入 金 三 委 託 金 融 機 関 が 準 社 員 銀 行 の 地 位 に 変 更 になる 場 合 細 則 に 定 める 準 社 員 銀 行 の 加 入 金 ( 社 員 銀 行 の 経 費 分 担 金 の 納 付 等 ) 第 16 条 の3 社 員 銀 行 は 経 費 分 担 金 として 以 下 で 計 算 される 金 額 を 交 換 所 に 納 付 しなければ ならない ( 東 京 手 形 交 換 所 特 別 会 計 の 経 費 分 担 金 総 額 - 委 託 金 融 機 関 の 経 費 分 担 金 総 額 ) 1 A 0.3 C 2 E 0.3 C A: 個 別 社 員 銀 行 の 手 形 交 換 枚 数 B: 個 別 社 員 銀 行 の 手 形 交 換 枚 数 から 夜 間 交 換 手 形 枚 数 を 差 し 引 いた 枚 数 C: 手 形 交 換 枚 数 の 社 員 銀 行 準 社 員 銀 行 合 計 D: 手 形 交 換 枚 数 から 夜 間 交 換 手 形 枚 数 を 差 し 引 いた 枚 数 の 社 員 銀 行 準 社 員 銀 行 合 計 E: 手 形 交 換 枚 数 の 社 員 銀 行 合 計 F: 手 形 交 換 枚 数 から 夜 間 交 換 手 形 枚 数 を 差 し 引 いた 枚 数 の 社 員 銀 行 合 計 0.7 B D 0.7 F D 2 社 員 銀 行 は 前 項 の 経 費 分 担 金 のほか 臨 時 経 費 について 協 会 の 総 会 ( 以 下 総 会 とい う )の 決 議 があったときは 臨 時 経 費 分 担 金 として その 決 議 にもとづき 計 算 した 金 額 を 交 換 所 に 納 付 しなければならない 3 第 1 項 にかかわらず 新 たに 参 加 した 年 度 の 経 費 分 担 金 は 当 該 年 度 の 参 加 月 数 に 応 じて 月 割 計 算 した 金 額 とする この 場 合 において 前 年 度 の 交 換 枚 数 は 参 加 後 3 月 間 の 実 績 を4 倍 したものとする 4 第 1 項 にかかわらず 新 たに 参 加 した 年 度 の 翌 年 度 の 経 費 分 担 金 は 参 加 年 度 の 交 換 枚 数 を その 年 度 末 までの 参 加 月 数 で 除 し これに 12 を 乗 じたもの( 参 加 月 数 が3 月 に 満 たない 場 合 に は 参 加 後 3 月 間 の 実 績 を4 倍 したもの)をもって 前 年 度 の 交 換 枚 数 とみなして 計 算 する ( 準 社 員 銀 行 および 委 託 金 融 機 関 の 加 入 金 の 納 付 )

7 第 17 条 第 6 条 第 1 項 または 第 11 条 第 1 項 の 規 定 によって 事 務 委 員 会 の 承 認 を 得 た 者 は 加 入 金 として 細 則 で 定 める 基 準 により 計 算 した 金 額 を 交 換 所 に 納 付 しなければならない ただし 第 11 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 に 該 当 する 場 合 はこの 限 りでない ( 準 社 員 銀 行 および 委 託 金 融 機 関 の 経 費 分 担 金 の 納 付 等 ) 第 18 条 準 社 員 銀 行 および 委 託 金 融 機 関 は 毎 年 経 費 分 担 金 として 細 則 で 定 める 基 準 により 計 算 した 金 額 を 交 換 所 に 納 付 しなければならない ただし 第 11 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 に 該 当 する 場 合 はこの 限 りでない 2 準 社 員 銀 行 および 委 託 金 融 機 関 は 前 項 の 経 費 分 担 金 のほか 臨 時 経 費 について 総 会 の 決 議 があったときは 臨 時 経 費 分 担 金 として その 決 議 にもとづき 計 算 した 金 額 を 交 換 所 に 納 付 し なければならない 3 委 託 金 融 機 関 は 受 託 銀 行 が 代 理 交 換 を 受 託 したことにより 生 ずる 費 用 および 相 当 の 手 数 料 を 受 託 銀 行 に 支 払 うものとする ( 加 入 金 等 の 返 還 請 求 ) 第 19 条 社 員 銀 行 準 社 員 銀 行 および 委 託 金 融 機 関 は いったん 交 換 所 に 納 付 した 加 入 金 および 経 費 分 担 金 の 返 還 を 請 求 することはできない 第 3 節 保 証 金 ( 保 証 金 の 差 入 れ) 第 20 条 社 員 銀 行 準 社 員 銀 行 および 委 託 金 融 機 関 は 保 証 金 として 細 則 で 定 める 金 額 を 交 換 所 に 差 入 れなければならない ただし 第 11 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 に 該 当 する 場 合 はこの 限 りでない ( 保 証 金 の 充 当 ) 第 21 条 交 換 所 は 第 51 条 第 54 条 または 第 57 条 の 規 定 により 保 証 金 を 充 当 するほか 保 証 金 を 差 入 れた 者 がいったん 交 換 に 持 出 した 手 形 小 切 手 等 に 起 因 する 義 務 を 履 行 しない 場 合 において 相 手 銀 行 から 請 求 があったときは 保 証 金 を 当 該 銀 行 に 対 する 支 払 に 充 当 すること ができる 2 交 換 所 は 保 証 金 を 差 入 れた 者 が 交 換 所 の 事 業 から 脱 退 した 場 合 において その 保 証 金 を 留 保 する 必 要 がないと 認 めたときは その 脱 退 の 日 以 降 に 返 還 するものとする 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 交 換 証 券 ) 第 22 条 社 員 銀 行 ( 委 託 社 員 銀 行 を 除 く ) 準 社 員 銀 行 および 客 員 ( 以 下 加 盟 銀 行 とい

8 う )は 参 加 銀 行 において 支 払 うべき 手 形 小 切 手 をこの 章 の 規 定 により 交 換 に 付 すものとす る ただし 第 51 条 第 1 項 第 53 条 または 第 57 条 第 1 項 の 規 定 により 手 形 小 切 手 が 返 還 された 場 合 ならびに 台 風 洪 水 大 火 地 震 等 の 災 害 および 新 型 インフルエンザ 等 対 策 特 別 措 置 法 にもとづく 新 型 インフルエンザ 等 の 発 生 時 その 他 手 形 小 切 手 の 持 出 持 帰 手 続 が 困 難 な 特 段 の 事 情 がある 場 合 はこの 限 りでない 2 加 盟 銀 行 は 利 札 配 当 金 領 収 証 その 他 金 額 の 確 定 した 証 券 で 当 該 銀 行 において 領 収 す べき 権 利 の 明 らかなものを 交 換 に 付 すことができる 3 前 2 項 により 交 換 に 付 すいっさいの 証 券 は この 章 において これを 手 形 という ( 交 換 参 加 店 ) 第 23 条 交 換 に 参 加 する 店 舗 ( 加 盟 銀 行 が 委 託 した 銀 行 法 第 七 章 の 四 に 規 定 する 銀 行 代 理 業 者 の 営 業 所 等 を 含 む 次 条 においても 同 じ )は 加 盟 銀 行 の 店 舗 のうち 東 京 都 内 に 所 在 する 店 舗 とする ただし 東 京 都 以 外 に 所 在 する 店 舗 でも 交 換 所 が 承 認 した 場 合 には この 交 換 に 参 加 することができる ( 交 換 母 店 不 渡 受 入 母 店 ) 第 24 条 加 盟 銀 行 は 交 換 に 関 する 事 務 を 統 轄 する 店 舗 または 事 務 所 を 交 換 母 店 として 定 める ものとする 2 加 盟 銀 行 は 前 項 の 交 換 母 店 とは 別 に 第 52 条 および 第 53 条 に 規 定 する 不 渡 手 形 および 混 入 手 形 の 受 入 れに 関 する 事 務 を 行 う 店 舗 を 不 渡 受 入 母 店 として 定 めることができる ( 交 換 印 ) 第 25 条 加 盟 銀 行 は 交 換 に 付 す 手 形 にはすべて 交 換 印 を 押 捺 しなければならない 2 加 盟 銀 行 は 交 換 印 が 押 捺 されている 手 形 に 対 しては 交 換 を 経 由 しないで 直 接 に 支 払 っては ならない ( 交 換 方 ) 第 26 条 加 盟 銀 行 は 交 換 方 を 定 め 当 該 銀 行 が 交 換 所 において 行 うべき 交 換 事 務 を 行 わせるも のとする 2 加 盟 銀 行 は 交 換 に 関 して 交 換 方 が 行 った 行 為 について いっさいの 責 任 を 負 うものとする ( 交 換 持 出 手 形 の 記 録 ) 第 27 条 加 盟 銀 行 は 交 換 に 付 す 手 形 を 細 則 で 定 めるところにより 記 録 しておかなければならな い ( 交 換 関 係 帳 票 の 保 存 ) 第 28 条 加 盟 銀 行 および 交 換 所 は 細 則 で 定 めるところにより 交 換 関 係 の 帳 票 を 保 存 しなければ ならない

9 第 2 節 持 出 手 続 ( 交 換 所 分 類 手 形 の 持 出 ) 第 29 条 加 盟 銀 行 は 交 換 に 付 す 手 形 のうち 金 融 機 関 共 同 コードの 印 字 のある 手 形 ( 第 31 条 に 規 定 する 手 形 を 除 く )については MICR 方 式 による 金 額 の 印 字 を 行 い これを 一 定 のバッ チ( 束 )に 区 分 し 細 則 で 定 める 帳 票 を 添 付 して 交 換 所 に 持 出 すものとする 2 前 項 の 方 法 により 交 換 所 に 持 出 される 手 形 を 交 換 所 分 類 手 形 という ( 銀 行 分 類 手 形 の 持 出 ) 第 30 条 加 盟 銀 行 は 交 換 に 付 す 手 形 のうち 金 融 機 関 共 同 コードの 印 字 のない 手 形 については 相 手 銀 行 別 に 分 類 し 細 則 で 定 める 帳 票 を 添 付 し 交 換 袋 に 封 入 して 交 換 所 に 持 出 すものとす る この 場 合 において 加 盟 銀 行 は 交 換 袋 を 交 換 所 の 持 帰 銀 行 のロッカー( 銀 行 分 類 手 形 用 )に 投 入 するものとする 2 前 項 の 方 法 により 交 換 所 に 持 出 される 手 形 を 銀 行 分 類 手 形 という ( 金 融 機 関 共 同 コードの 印 字 のある 手 形 の 持 出 の 特 例 ) 第 31 条 加 盟 銀 行 は 金 融 機 関 共 同 コードの 印 字 のある 手 形 で 細 則 で 定 める 機 械 処 理 に 適 さな い 手 形 があるときは これを 前 条 第 1 項 に 規 定 する 方 法 により 持 出 すものとする 2 加 盟 銀 行 は 第 35 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 時 刻 までに 持 出 すことができなかった 手 形 があ るときは これを 前 条 第 1 項 に 規 定 する 方 法 により 持 出 すことができる 3 加 盟 銀 行 は 前 項 により 手 形 を 持 出 すときは 交 換 所 にその 理 由 書 を 提 出 しなければならな い ただし 細 則 で 定 める 隔 地 手 形 および 第 35 条 第 1 項 第 1 号 2の 時 限 までに 持 出 すことがで きなかった 手 形 については この 限 りでない ( 計 数 報 告 ) 第 32 条 加 盟 銀 行 は 交 換 に 持 出 した 手 形 の 枚 数 および 金 額 を 細 則 で 定 める 帳 票 により 交 換 所 に 報 告 ( 以 下 計 数 報 告 という )しなければならない ( 持 出 および 計 数 報 告 時 間 ) 第 33 条 手 形 の 持 出 およびその 計 数 報 告 の 時 間 は 当 該 手 形 を 交 換 に 付 す 日 ( 以 下 交 換 日 と いう )の 前 営 業 日 ( 以 下 持 出 日 という )を 基 準 として 午 後 4 時 30 分 から 次 に 掲 げる 時 刻 までとする ただし 交 換 所 の 閉 扉 時 間 を 除 く 一 交 換 所 分 類 手 形 の 持 出 午 後 9 時 二 銀 行 分 類 手 形 の 持 出 翌 営 業 日 午 前 8 時 三 計 数 報 告 午 後 10 時 2 前 項 にかかわらず 予 め 交 換 所 の 承 認 を 得 た 加 盟 銀 行 は 前 項 の 時 間 前 に 手 形 の 持 出 および

10 計 数 報 告 ができるものとし その 時 間 は 交 換 所 の 指 示 するところによる ( 特 殊 日 の 持 出 および 計 数 報 告 時 間 ) 第 34 条 前 条 にかかわらず 持 出 日 が 月 末 前 日 月 末 日 または 月 初 日 (これらの 日 が 銀 行 の 休 業 日 に 当 たる 場 合 には 細 則 で 定 める 日 とする 以 下 特 殊 日 という )の 交 換 所 分 類 手 形 の 持 出 時 間 および 計 数 報 告 時 間 は 持 出 日 を 基 準 として 午 後 4 時 30 分 から 次 に 掲 げる 時 刻 までと する 一 交 換 所 分 類 手 形 の 持 出 1 月 末 前 日 午 後 9 時 30 分 2 月 末 日 午 後 10 時 30 分 3 月 初 日 午 後 9 時 30 分 二 計 数 報 告 1 月 末 前 日 午 後 10 時 30 分 2 月 末 日 午 後 11 時 30 分 3 月 初 日 午 後 10 時 30 分 ( 持 出 および 計 数 報 告 時 間 の 変 更 ) 第 34 条 の2 交 換 所 は 交 換 事 務 の 繁 忙 が 予 想 される 日 について 前 2 条 に 規 定 する 時 刻 までに 交 換 所 分 類 手 形 の 持 出 または 計 数 報 告 を 行 うことが 困 難 であると 認 めたときは これらの 時 刻 を 30 分 を 限 度 として 繰 下 げることができる ( 持 出 および 計 数 報 告 時 間 の 特 例 ) 第 35 条 加 盟 銀 行 は 前 3 条 に 規 定 する 時 間 に 交 換 所 分 類 手 形 の 持 出 または 計 数 報 告 ができなか ったときは 特 例 として 持 出 日 を 基 準 として 次 に 掲 げる 時 刻 までに 行 うことができる 一 交 換 所 分 類 手 形 の 持 出 1 平 常 日 午 後 10 時 2 特 殊 日 月 末 前 日 午 後 11 時 月 末 日 午 後 12 時 月 初 日 午 後 11 時 二 計 数 報 告 1 平 常 日 午 後 12 時 2 特 殊 日 月 末 前 日 午 後 12 時 月 末 日 翌 日 午 前 1 時 月 初 日 午 後 12 時 2 加 盟 銀 行 は 前 項 により 手 形 の 持 出 または 計 数 報 告 を 行 うときは 交 換 所 にその 理 由 書 を 提 出 しなければならない

11 第 36 条 削 除 ( 当 日 計 数 外 手 形 ) 第 37 条 加 盟 銀 行 は 当 日 の 計 数 報 告 に 含 めることのできなかった 手 形 があるときは これを 第 30 条 第 1 項 に 規 定 する 方 法 により 交 換 所 に 持 出 すことができる この 場 合 において 交 換 袋 は 計 数 報 告 に 含 めた 手 形 と 別 にしなければならない 2 前 項 により 持 出 した 手 形 の 計 数 は 翌 営 業 日 の 持 出 の 計 数 に 含 めるものとする 第 3 節 交 換 所 の 処 理 ( 交 換 所 分 類 手 形 等 の 受 付 ) 第 38 条 交 換 所 は 加 盟 銀 行 から 交 換 所 分 類 手 形 を 受 けたときは バッチ 数 および 添 付 帳 票 を 点 検 し これを 受 領 するものとする 2 交 換 所 は 加 盟 銀 行 から 計 数 報 告 の 帳 票 を 受 けたときは その 記 載 内 容 および 枚 数 を 点 検 し これを 受 領 するものとする ( 交 換 所 分 類 手 形 の 分 類 および 計 数 処 理 ) 第 39 条 交 換 所 は 交 換 所 分 類 手 形 を 持 帰 銀 行 別 に 分 類 するほか 加 盟 銀 行 別 に 当 該 手 形 の 持 出 および 持 帰 の 計 数 を 算 出 するものとする 2 交 換 所 は 前 項 により 分 類 した 手 形 を 交 換 所 の 持 帰 銀 行 のロッカー( 交 換 所 分 類 手 形 用 )に 保 管 するものとする ( 銀 行 分 類 手 形 の 計 数 処 理 ) 第 40 条 交 換 所 は 銀 行 分 類 手 形 の 計 数 報 告 の 帳 票 により 加 盟 銀 行 別 に 銀 行 分 類 手 形 の 持 出 およ び 持 帰 の 計 数 を 算 出 するものとする ( 交 換 尻 の 算 出 ) 第 41 条 交 換 所 は 前 2 条 により 算 出 した 金 額 にもとづき 加 盟 銀 行 別 に 交 換 尻 の 算 出 を 行 うも のとする (MICR 方 式 による 取 扱 い) 第 42 条 交 換 所 は 第 39 条 および 第 40 条 に 規 定 する 手 形 の 分 類 および 計 数 の 処 理 に 当 たって は MICR 方 式 による 印 字 に 従 って 取 り 扱 うものとする ( 帳 票 の 作 成 交 付 ) 第 43 条 交 換 所 は 交 換 計 数 が 確 定 したときは 細 則 で 定 める 帳 票 を 加 盟 銀 行 別 に 作 成 し これ を 加 盟 銀 行 へ 交 付 するものとする 第 4 節 持 帰 手 続

12 ( 持 帰 時 間 および 持 帰 方 法 ) 第 44 条 加 盟 銀 行 は 交 換 日 の 午 前 8 時 から 午 前 9 時 30 分 までの 間 に 交 換 所 の 自 行 のロッカ ーから 手 形 を 持 帰 るものとする 2 予 め 交 換 所 の 承 認 を 得 た 加 盟 銀 行 は 前 項 に 規 定 する 時 間 前 であっても 交 換 所 が 前 条 に 規 定 する 帳 票 の 作 成 を 終 えたときまたは 交 換 所 が 処 理 に 支 障 ないと 判 断 したときは 手 形 を 持 帰 ることができる ただし 交 換 所 の 閉 扉 時 間 を 除 く 3 加 盟 銀 行 は 第 1 項 に 規 定 する 時 間 後 に 手 形 を 持 帰 るときは 交 換 所 にその 理 由 書 を 提 出 し なければならない ( 持 帰 時 の 点 検 義 務 ) 第 45 条 加 盟 銀 行 は 交 換 所 から 手 形 を 持 帰 るときは 交 換 所 分 類 手 形 についてはバッチの 数 を 銀 行 分 類 手 形 については 交 換 袋 の 数 を 交 換 所 の 作 成 帳 票 および 添 付 帳 票 により 点 検 するほか バッチおよび 袋 の 混 入 の 有 無 を 点 検 しなければならない 2 加 盟 銀 行 は 前 項 の 点 検 によりバッチの 数 もしくは 交 換 袋 の 数 の 相 違 または 混 入 を 発 見 した ときは 直 ちに 交 換 所 に 連 絡 し その 指 示 に 従 うものとする ( 持 帰 後 の 点 検 義 務 ) 第 46 条 加 盟 銀 行 は 手 形 を 持 帰 ったときは 直 ちに 手 形 の 枚 数 および 混 入 の 有 無 を 点 検 するほ か 細 則 で 定 める 計 数 の 確 認 を 行 うものとする 2 加 盟 銀 行 は 前 項 の 点 検 により 枚 数 の 相 違 を 発 見 したときは 必 要 により 金 額 を 確 認 し 交 換 所 分 類 手 形 については 交 換 所 に 銀 行 分 類 手 形 については 当 該 手 形 の 持 出 銀 行 にその 旨 を 通 知 し 必 要 な 措 置 をとるものとする 3 加 盟 銀 行 は 第 1 項 の 点 検 により 混 入 手 形 を 発 見 したときは 第 53 条 の 規 定 により 処 理 する ものとする ( 交 換 違 算 金 の 清 算 ) 第 47 条 加 盟 銀 行 は 交 換 違 算 金 が 発 生 した 場 合 には 速 やかにその 原 因 を 究 明 し 関 係 銀 行 間 において 清 算 するものとする 2 交 換 違 算 金 の 清 算 は 原 則 として 交 換 日 から6か 月 以 内 に 行 うものとする 第 5 節 交 換 尻 決 済 ( 決 済 方 法 ) 第 48 条 交 換 尻 の 決 済 は 交 換 日 において 日 本 銀 行 における 加 盟 銀 行 ( 客 員 を 除 く 以 下 この 節 において 同 じ )および 協 会 の 当 座 勘 定 の 振 替 により 行 うものとする 2 交 換 所 は 交 換 計 数 が 確 定 したときは 交 換 総 決 算 に 係 る 電 文 ( 様 式 第 1 号 )を 作 成 し こ れを 全 国 銀 行 データ 通 信 システム( 以 下 全 銀 システム という )を 通 じて 日 本 銀 行 に 送 信 す るものとする ただし 全 銀 システムによることができない 場 合 または 日 本 銀 行 および 交 換 所

13 の 双 方 が 適 当 と 認 めた 場 合 は 交 換 所 は 交 換 総 決 算 に 係 る 電 磁 的 記 録 媒 体 および 交 換 総 決 算 表 ( 様 式 第 1 号 の2)を 作 成 し 同 交 換 総 決 算 表 に 調 印 して 日 本 銀 行 に 提 出 するものとする なお 交 換 所 において 電 磁 的 記 録 媒 体 が 作 成 できない 場 合 には 交 換 総 決 算 表 のみを 提 出 する ( 交 換 尻 の 振 替 請 求 ) 第 49 条 交 換 所 は 確 定 した 交 換 計 数 にもとづき 交 換 尻 振 替 請 求 に 係 る 電 文 ( 様 式 第 2 号 )を 作 成 し これを 全 銀 システムを 通 じ 日 本 銀 行 に 送 信 して 加 盟 銀 行 に 代 って 交 換 尻 の 振 替 請 求 を 行 うものとする ただし 全 銀 システムによることができない 場 合 または 日 本 銀 行 および 交 換 所 の 双 方 が 適 当 と 認 めた 場 合 は 交 換 所 は 交 換 尻 振 替 請 求 に 係 る 電 磁 的 記 録 媒 体 および 交 換 尻 振 替 請 求 書 ( 様 式 第 2 号 の2)を 作 成 し 当 該 交 換 尻 振 替 請 求 書 に 調 印 して 日 本 銀 行 に 提 出 するものとする なお 交 換 所 において 電 磁 的 記 録 媒 体 が 作 成 できない 場 合 には 交 換 尻 振 替 請 求 書 のみを 提 出 する 2 日 本 銀 行 は 交 換 所 から 受 信 した 前 項 の 振 替 請 求 電 文 または 交 換 所 から 受 領 した 前 項 の 電 磁 的 記 録 媒 体 または 振 替 請 求 書 にもとづき 交 換 日 の 午 後 0 時 30 分 ( 日 本 銀 行 が 別 の 時 刻 を 指 定 した 場 合 には 当 該 時 刻 とする )から 加 盟 銀 行 のうち 交 換 尻 が 借 方 となった 者 ( 以 下 借 方 銀 行 という )の 日 本 銀 行 における 当 座 勘 定 から 順 次 交 換 尻 相 当 額 を 引 き 落 してこれを 協 会 の 日 本 銀 行 における 当 座 勘 定 ( 以 下 決 済 勘 定 という )に 入 金 し 決 済 勘 定 へのすべての 入 金 が 完 了 した 後 加 盟 銀 行 のうち 交 換 尻 が 貸 方 となった 者 ( 以 下 貸 方 銀 行 という )の 交 換 尻 相 当 額 を 決 済 勘 定 から 引 き 落 してこれを 貸 方 銀 行 の 日 本 銀 行 における 当 座 勘 定 に 順 次 入 金 する ことにより 加 盟 銀 行 の 交 換 尻 の 振 替 決 済 を 行 う ( 交 換 尻 不 足 金 の 払 込 ) 第 50 条 加 盟 銀 行 は 交 換 尻 が 借 方 となった 場 合 において 日 本 銀 行 における 当 座 勘 定 の 資 金 が 前 条 の 交 換 尻 振 替 請 求 の 金 額 に 満 たないときは その 不 足 金 額 を 当 日 の 午 後 0 時 30 分 までに 日 本 銀 行 に 払 込 まなければならない ( 交 換 尻 不 足 金 の 不 払 ) 第 51 条 交 換 所 は 借 方 銀 行 が 前 条 に 規 定 する 時 限 までにその 払 込 みを 行 わなかったときは 直 ちにその 旨 を 加 盟 銀 行 に 通 知 し 当 日 その 借 方 銀 行 と 交 換 上 貸 借 関 係 にある 加 盟 銀 行 を 招 集 して その 借 方 銀 行 が 持 出 した 手 形 および 持 帰 った 手 形 を 繰 戻 し 新 たに 交 換 尻 決 済 の 手 続 を 行 う ただし その 借 方 銀 行 の 不 足 金 が 第 20 条 の 規 定 により 差 入 れた 保 証 金 の 金 額 以 内 である ときは 当 該 保 証 金 をその 不 足 金 額 に 充 当 して 交 換 を 結 了 させることができる 2 交 換 所 は 前 項 により 手 形 を 繰 戻 す 場 合 において 繰 戻 す 手 形 のうちに 交 換 済 または 支 払 済 の 印 を 押 捺 した 手 形 があるときは 付 箋 により 支 払 未 済 の 旨 を 証 明 するものとする 第 6 節 手 形 の 返 還 ( 不 渡 手 形 の 返 還 ) 第 52 条 加 盟 銀 行 は 持 帰 手 形 のうちに 自 行 宛 の 手 形 で 支 払 に 応 じがたい 手 形 ( 以 下 不 渡 手

14 形 という )があるときは 当 該 手 形 に 不 渡 の 事 由 を 記 載 し 交 換 日 の 翌 営 業 日 の 持 出 銀 行 宛 の 持 出 手 形 に 組 入 れるものとする ただし やむを 得 ない 理 由 によりこの 取 扱 いができなかっ た 場 合 は 交 換 日 の 翌 営 業 日 午 前 11 時 までに 持 出 銀 行 の 細 則 で 定 める 店 舗 の 店 頭 ( 以 下 持 出 銀 行 の 店 頭 という )に 返 還 することができるものとし その 代 り 金 を 受 取 るものとする 2 前 項 にかかわらず 細 則 で 定 める 不 渡 手 形 については その 定 める 時 限 までに 持 出 銀 行 の 店 頭 に 返 還 し その 代 り 金 を 受 取 るか またはその 定 める 日 の 持 出 手 形 に 組 入 れることができる ( 混 入 手 形 の 返 還 等 ) 第 53 条 加 盟 銀 行 は 持 帰 手 形 のうちに 他 の 加 盟 銀 行 宛 の 手 形 ( 以 下 混 入 手 形 という )が あるときは 交 換 日 の 午 前 11 時 50 分 までに 持 出 銀 行 に 通 知 し 当 該 手 形 に 混 入 の 旨 を 記 載 し て 次 のいずれかによって 処 理 するものとする ただし 第 3 号 によって 処 理 する 場 合 には 持 出 銀 行 への 通 知 を 省 略 することができる 一 交 換 日 の 午 後 3 時 までに 自 行 の 店 頭 において 持 出 銀 行 に 返 還 し その 代 り 金 を 受 取 る 二 持 出 銀 行 と 協 議 し 翌 営 業 日 の 持 出 銀 行 宛 の 持 出 手 形 に 組 入 れる ただし 不 渡 手 形 を 除 く 三 当 該 手 形 の 宛 先 銀 行 と 協 議 し 交 換 日 の 午 後 3 時 までに 直 接 当 該 銀 行 に 手 交 し その 代 り 金 を 受 取 る 四 前 3 号 のほか 関 係 銀 行 間 で 合 意 あるときは その 合 意 した 方 法 により 受 け 渡 しを 行 い そ の 代 り 金 を 受 取 る 2 加 盟 銀 行 は 前 項 の 通 知 を 遅 延 したときは 当 該 手 形 を 持 出 銀 行 の 希 望 する 方 法 により 返 還 するものとする 3 加 盟 銀 行 は 第 1 項 第 1 号 の 規 定 により 混 入 手 形 を 返 還 する 場 合 において 持 出 銀 行 が 当 該 時 限 までに 買 い 戻 しを 行 わなかったときは 第 52 条 第 1 項 に 規 定 する 方 法 により 返 還 すること ができる ( 手 形 代 り 金 不 払 時 の 措 置 ) 第 54 条 加 盟 銀 行 は 第 52 条 に 規 定 する 方 法 により 手 形 を 店 頭 に 返 還 する 場 合 において 持 出 銀 行 がその 代 り 金 を 支 払 わないときは 直 ちに その 旨 を 交 換 所 に 届 け 出 るものとする 2 交 換 所 は 前 項 の 届 出 を 受 けた 場 合 には その 事 実 を 審 査 し 必 要 と 認 めたときは 第 51 条 の 規 定 に 準 じて 処 理 するものとする 第 7 節 代 理 交 換 ( 委 託 金 融 機 関 と 受 託 銀 行 間 の 資 金 決 済 ) 第 55 条 代 理 交 換 によって 生 ずる 委 託 金 融 機 関 と 受 託 銀 行 との 資 金 決 済 は 交 換 日 において 受 託 銀 行 における 委 託 金 融 機 関 の 当 座 勘 定 により 行 うものとする 2 委 託 金 融 機 関 は 前 項 の 当 座 勘 定 の 資 金 が 代 理 交 換 によって 生 ずる 債 務 の 支 払 に 不 足 すると きは その 不 足 金 額 を 当 日 の 午 後 0 時 30 分 までに 受 託 銀 行 に 払 込 まなければならない

15 ( 不 渡 手 形 の 代 り 金 の 払 込 ) 第 56 条 受 託 銀 行 は 委 託 金 融 機 関 の 持 出 に 係 る 手 形 の 返 還 を 受 けたときは その 代 り 金 を 支 払 うものとする この 場 合 において 委 託 金 融 機 関 は 当 該 代 り 金 の 支 払 資 金 を 直 ちに 受 託 銀 行 に 払 込 まなければならない ( 委 託 金 融 機 関 の 不 足 金 の 不 払 ) 第 57 条 受 託 銀 行 は 委 託 金 融 機 関 が 前 2 条 に 規 定 する 払 込 みを 行 わなかったときは 直 ちに 交 換 所 に 届 け 出 るものとする 2 交 換 所 は 前 項 の 届 出 があった 場 合 には 直 ちにその 旨 を 加 盟 銀 行 に 通 知 し 当 日 当 該 受 託 銀 行 と 交 換 上 貸 借 関 係 にある 加 盟 銀 行 を 招 集 して その 受 託 銀 行 が 持 出 した 当 該 委 託 金 融 機 関 に 係 る 手 形 および 持 帰 った 当 該 委 託 金 融 機 関 に 係 る 手 形 (いずれも 不 渡 手 形 を 除 く )を 繰 戻 し 新 たに 交 換 尻 決 済 の 手 続 を 行 う ただし 受 託 銀 行 の 立 替 金 額 が 第 20 条 の 規 定 により 差 入 れた 保 証 金 の 金 額 以 内 である 場 合 に 受 託 銀 行 が 当 該 保 証 金 の 充 当 を 交 換 所 に 請 求 したときは 交 換 所 は その 請 求 により 当 該 保 証 金 を 受 託 銀 行 の 立 替 金 額 に 充 当 して 交 換 を 結 了 させるもの とする 3 交 換 所 は 前 項 の 規 定 により 繰 戻 しを 行 う 場 合 に 新 たな 交 換 尻 決 済 の 時 刻 が 午 後 0 時 30 分 よ り 大 幅 に 遅 れると 判 断 したときは 前 項 本 文 の 規 定 による 繰 戻 しを 行 わずに 交 換 尻 の 決 済 を 行 うことができるものとする 4 前 項 の 規 定 により 交 換 所 が 交 換 尻 の 決 済 を 行 ったときは 加 盟 銀 行 は 受 託 銀 行 が 持 出 した 当 該 委 託 金 融 機 関 に 係 る 手 形 および 持 帰 った 当 該 委 託 金 融 機 関 に 係 る 手 形 (いずれも 不 渡 手 形 を 除 く )を 交 換 日 の 翌 営 業 日 の 持 出 銀 行 宛 の 持 出 手 形 に 組 入 れるか または 交 換 日 の 翌 営 業 日 午 前 11 時 までに 持 出 銀 行 の 店 頭 に 返 還 することにより 繰 戻 すものとする 5 交 換 所 は 第 1 項 の 届 出 を 受 けたときおよび 第 3 項 の 規 定 により 交 換 尻 の 決 済 を 行 ったとき は 直 ちに これを 参 加 銀 行 に 通 知 するものとする 6 交 換 所 は 第 2 項 または 第 4 項 の 規 定 により 手 形 を 繰 戻 す 場 合 において 繰 戻 す 手 形 のうち に 交 換 済 または 支 払 済 の 印 を 押 捺 した 手 形 があるときは 付 箋 により 支 払 未 済 の 旨 を 証 明 する ものとする ( 委 託 金 融 機 関 の 準 用 規 定 ) 第 58 条 第 22 条 から 第 25 条 まで 第 27 条 および 第 52 条 から 第 54 条 までの 規 定 は 委 託 金 融 機 関 にこれを 準 用 する 第 8 節 雑 則 ( 交 換 所 の 障 害 発 生 時 の 措 置 ) 第 59 条 交 換 所 は 交 換 所 の 主 要 機 器 に 障 害 が 発 生 し 第 39 条 から 第 41 条 に 規 定 する 計 数 の 算 出 等 が 困 難 な 場 合 には 直 ちに 必 要 な 措 置 をとらなければならない 2 交 換 所 は 前 項 の 措 置 をとる 場 合 において 必 要 あるときは 日 本 銀 行 と 協 議 するものとす る

16 ( 被 災 発 生 時 の 緊 急 措 置 ) 第 59 条 の2 交 換 所 は 台 風 洪 水 大 火 地 震 等 の 災 害 事 変 または 交 換 所 もしくは 交 換 参 加 店 ( 交 換 母 店 を 含 む )における 爆 破 不 法 占 拠 等 により この 規 則 によって 交 換 を 実 施 するこ とが 困 難 または 不 適 当 であると 認 められる 緊 急 事 態 が 発 生 した 場 合 には 直 ちに 必 要 な 措 置 を とり 理 事 会 に 報 告 しなければならない 2 交 換 所 は 前 項 の 事 態 が 長 期 間 にわたることが 予 想 される 場 合 には 理 事 会 の 決 定 により 必 要 な 措 置 をとるものとする 3 交 換 所 は 第 1 項 または 第 2 項 の 措 置 をとる 場 合 において 必 要 あるときは 日 本 銀 行 と 協 議 するものとする ( 事 故 処 理 ) 第 60 条 交 換 所 において 交 換 した 手 形 の 不 渡 または 交 換 の 錯 誤 等 により 生 じた 紛 議 は その 関 係 銀 行 間 において 処 理 するものとする 2 MICR 方 式 による 金 額 の 印 字 に 誤 印 字 があったために 支 払 銀 行 とその 取 引 先 との 間 に 紛 議 を 生 じたときは 支 払 銀 行 の 責 任 においてこれを 処 理 するものとする 3 交 換 所 は 交 換 所 の 責 めに 帰 すべき 事 由 により 参 加 銀 行 に 損 害 を 与 えたときは その 賠 償 の 責 めに 任 ずるものとし 損 害 金 は 理 事 会 の 決 議 により 参 加 銀 行 ( 客 員 を 除 く )がこれを 負 担 するものとする ( 関 連 規 定 ) 第 61 条 手 形 交 換 に 関 する 手 続 は この 章 の 規 定 によるほか 事 務 委 員 会 で 定 める 期 日 手 形 準 備 交 換 規 定 および 夜 間 交 換 規 定 による 第 4 章 取 引 停 止 処 分 ( 取 引 停 止 処 分 ) 第 62 条 手 形 または 小 切 手 (この 章 において 手 形 という )の 不 渡 があったときは 約 束 手 形 もしくは 小 切 手 の 振 出 人 または 為 替 手 形 の 引 受 人 ( 以 下 振 出 人 等 という )に 対 して こ の 章 の 定 めるところにより 取 引 停 止 処 分 をするものとする 2 参 加 銀 行 は 取 引 停 止 処 分 を 受 けた 者 に 対 し 取 引 停 止 処 分 日 から 起 算 して2 年 間 当 座 勘 定 および 貸 出 の 取 引 をすることはできない ただし 債 権 保 全 のための 貸 出 はこの 限 りでない ( 不 渡 届 ) 第 63 条 手 形 の 不 渡 があったときは 当 該 手 形 の 支 払 銀 行 および 持 出 銀 行 は 次 の 各 号 の 不 渡 届 を 交 換 所 に 提 出 しなければならない ただし 取 引 停 止 処 分 中 の 者 に 係 る 不 渡 および 細 則 で 定 める 適 法 な 呈 示 でないこと 等 を 事 由 とする 不 渡 については 不 渡 届 を 提 出 しないものとする 一 不 渡 事 由 が 資 金 不 足 または 取 引 なし の 場 合 第 1 号 不 渡 届 二 不 渡 事 由 が 前 号 以 外 の 場 合 第 2 号 不 渡 届

17 2 不 渡 届 の 提 出 は 支 払 銀 行 は 交 換 日 の 翌 営 業 日 の 午 前 9 時 30 分 までとし 持 出 銀 行 は 交 換 日 の 翌 々 営 業 日 の 午 前 9 時 30 分 までとする ただし 交 換 日 の 翌 営 業 日 に 店 頭 返 還 した 場 合 には 支 払 銀 行 は 不 渡 届 を 交 換 日 の 翌 々 営 業 日 の 午 前 9 時 30 分 までに 提 出 するものとし その 不 渡 届 には 店 頭 返 還 の 旨 を 表 示 する ( 不 渡 報 告 ) 第 64 条 交 換 所 は 不 渡 届 の 提 出 があったときは 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 を 除 き 交 換 日 から 起 算 して 営 業 日 4 日 目 に 当 該 振 出 人 等 を 不 渡 報 告 に 掲 載 して 参 加 銀 行 へ 通 知 する 一 不 渡 届 に 対 して 異 議 申 立 が 行 われた 場 合 二 不 渡 届 が 取 引 停 止 処 分 を 受 けている 者 に 係 る 場 合 三 交 換 日 の 翌 々 営 業 日 の 営 業 時 限 ( 午 後 3 時 )までに 第 68 条 第 1 項 または 第 2 項 に 規 定 する 取 消 の 請 求 があった 場 合 ( 取 引 停 止 報 告 ) 第 65 条 不 渡 報 告 に 掲 載 された 者 について その 不 渡 届 に 係 る 手 形 の 交 換 日 から 起 算 して6か 月 以 内 の 日 を 交 換 日 とする 手 形 に 係 る2 回 目 の 不 渡 届 が 提 出 されたときは 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 を 除 き 取 引 停 止 処 分 に 付 するものとし 交 換 日 から 起 算 して 営 業 日 4 日 目 にこれを 取 引 停 止 報 告 に 掲 載 して 参 加 銀 行 へ 通 知 する 一 不 渡 届 に 対 して 異 議 申 立 が 行 われた 場 合 二 交 換 日 の 翌 々 営 業 日 の 営 業 時 限 ( 午 後 3 時 )までに 第 68 条 第 1 項 または 第 2 項 に 規 定 する 取 消 の 請 求 があった 場 合 2 第 62 条 第 2 項 の 取 引 停 止 処 分 日 は 前 項 による 通 知 を 発 した 日 とする ( 不 渡 情 報 の 適 正 な 管 理 ) 第 65 条 の2 交 換 所 および 参 加 銀 行 は 第 63 条 に 規 定 する 不 渡 届 第 64 条 に 規 定 する 不 渡 報 告 および 第 65 条 に 規 定 する 取 引 停 止 報 告 に 係 る 情 報 ( 以 下 これらの 情 報 を 不 渡 情 報 とい う )について 漏 えい 等 が 生 じないよう 適 正 に 管 理 しなければならない 2 交 換 所 は 細 則 で 定 める 場 合 を 除 き 参 加 銀 行 以 外 の 者 に 不 渡 情 報 を 提 供 してはならない 3 参 加 銀 行 は 不 渡 情 報 を 手 形 取 引 の 円 滑 化 の 確 保 および 当 該 参 加 銀 行 の 与 信 取 引 上 の 判 断 の ためにのみ 利 用 するものとし 当 該 参 加 銀 行 以 外 の 者 に 不 渡 情 報 を 提 供 してはならない 4 交 換 所 および 参 加 銀 行 は 細 則 で 定 める 安 全 管 理 に 沿 った 措 置 を 講 じるものとする ( 不 渡 情 報 の 共 同 利 用 ) 第 65 条 の3 不 渡 情 報 については 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 ) 第 23 条 第 4 項 第 3 号 の 規 定 を 適 用 し 交 換 所 および 参 加 銀 行 のほか 細 則 で 定 める 者 ( 以 下 共 同 利 用 者 という )との 間 で 共 同 して 利 用 するものとする 2 前 項 により 不 渡 情 報 を 共 同 して 利 用 する 場 合 には 共 同 利 用 者 は 細 則 で 定 める 方 法 により その 目 的 等 を 継 続 的 に 公 表 するものとする

18 ( 交 換 所 の 障 害 発 生 時 の 取 引 停 止 処 分 等 に 係 る 措 置 ) 第 65 条 の4 交 換 所 は 交 換 所 の 主 要 機 器 に 障 害 が 発 生 し 第 4 章 に 規 定 する 取 引 停 止 処 分 等 の 実 施 が 困 難 な 場 合 には 直 ちに 必 要 な 措 置 をとらなければならない ( 取 引 停 止 処 分 等 に 係 る 緊 急 措 置 ) 第 65 条 の5 交 換 所 は 台 風 洪 水 大 火 地 震 等 の 災 害 事 変 または 交 換 所 もしくは 交 換 参 加 店 ( 交 換 母 店 を 含 む )における 爆 破 不 法 占 拠 等 により 第 64 条 および 第 65 条 規 定 にもとづ く 不 渡 報 告 への 掲 載 または 取 引 停 止 処 分 を 行 うことが 不 適 当 であると 認 められる 緊 急 事 態 が 発 生 した 場 合 には 直 ちに 必 要 な 措 置 をとり 理 事 会 に 報 告 しなければならない 2 交 換 所 は 前 項 の 事 態 が 長 期 間 にわたることが 予 想 される 場 合 には 理 事 会 の 決 定 により 必 要 な 措 置 をとるものとする ( 異 議 申 立 ) 第 66 条 支 払 銀 行 は 第 63 条 第 1 項 の 第 2 号 不 渡 届 に 対 し 交 換 日 の 翌 々 営 業 日 の 営 業 時 限 ( 午 後 3 時 )までに 交 換 所 に 不 渡 手 形 金 額 相 当 額 ( 以 下 異 議 申 立 提 供 金 という )を 提 供 して 異 議 申 立 をすることができる ただし 不 渡 の 事 由 が 偽 造 または 変 造 である 場 合 は 交 換 所 に 対 し 異 議 申 立 提 供 金 の 提 供 の 免 除 を 請 求 することができる この 請 求 に 当 たっては 異 議 申 立 書 に 細 則 で 定 める 証 明 資 料 を 添 付 しなければならない 2 交 換 所 は 前 項 ただし 書 による 請 求 を 受 けた 場 合 には 不 渡 手 形 審 査 専 門 委 員 会 の 審 議 に 付 し その 請 求 を 理 由 があるものと 認 めるときは 異 議 申 立 提 供 金 の 提 供 を 免 除 するものとする ( 異 議 申 立 提 供 金 の 返 還 ) 第 67 条 交 換 所 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 において 支 払 銀 行 から 請 求 があったときは 異 議 申 立 提 供 金 を 返 還 するものとする 一 不 渡 事 故 が 解 消 し 持 出 銀 行 から 交 換 所 に 不 渡 事 故 解 消 届 が 提 出 された 場 合 二 別 口 の 不 渡 により 取 引 停 止 処 分 が 行 われた 場 合 三 支 払 銀 行 から 不 渡 報 告 への 掲 載 または 取 引 停 止 処 分 を 受 けることもやむを 得 ないものとし て 異 議 申 立 の 取 下 げの 請 求 があった 場 合 四 異 議 申 立 をした 日 から 起 算 して2 年 を 経 過 した 場 合 五 当 該 振 出 人 等 が 死 亡 した 場 合 六 当 該 手 形 の 支 払 義 務 のないことが 裁 判 ( 調 停 裁 判 上 の 和 解 等 確 定 判 決 と 同 一 の 効 力 を 有 するものを 含 む )により 確 定 した 場 合 七 持 出 銀 行 から 交 換 所 に 支 払 義 務 確 定 届 または 差 押 命 令 送 達 届 が 提 出 された 場 合 2 前 項 第 5 号 または 第 6 号 の 規 定 により 異 議 申 立 提 供 金 の 返 還 を 請 求 する 場 合 には その 請 求 書 に 当 該 事 実 を 証 する 資 料 を 添 付 しなければならない 3 第 1 項 第 3 号 により 異 議 申 立 提 供 金 を 返 還 した 場 合 には その 返 還 した 日 を 交 換 日 とする 不 渡 届 が 提 出 されたものとみなして 第 64 条 または 第 65 条 の 規 定 を 適 用 する 第 1 項 第 1 号 第 2 号 および 第 4 号 から 第 6 号 までの 事 由 により 異 議 申 立 提 供 金 を 返 還 した 場 合 には 不 渡 報 告

19 への 掲 載 または 取 引 停 止 処 分 に 付 さないものとし 第 7 号 の 事 由 により 異 議 申 立 提 供 金 を 返 還 した 場 合 には 次 条 によるほかは 不 渡 報 告 への 掲 載 または 取 引 停 止 処 分 に 付 さないものとする 4 支 払 銀 行 は 手 形 の 不 渡 が 偽 造 変 造 詐 取 紛 失 盗 難 取 締 役 会 承 認 等 不 存 在 その 他 こ れらに 相 当 する 事 由 によるものと 認 められる 場 合 には 交 換 所 に 対 し 異 議 申 立 提 供 金 の 返 還 を 請 求 することができる この 場 合 においては その 請 求 書 に 細 則 で 定 める 証 明 資 料 を 添 付 し なければならない 5 交 換 所 は 前 項 の 請 求 を 受 けた 場 合 には 不 渡 手 形 審 査 専 門 委 員 会 の 審 議 に 付 し その 請 求 を 理 由 があるものと 認 めるときは 異 議 申 立 提 供 金 を 返 還 する ( 支 払 義 務 の 確 定 後 における 取 引 停 止 処 分 等 ) 第 67 条 の2 持 出 銀 行 は 異 議 申 立 に 係 る 不 渡 手 形 について 振 出 人 等 に 当 該 不 渡 手 形 金 額 全 額 の 支 払 義 務 のあることが 裁 判 により 確 定 した 後 においても 当 該 手 形 の 支 払 がなされていない 場 合 には 細 則 で 定 めるところにより 交 換 所 に 対 し 当 該 不 渡 手 形 の 振 出 人 等 の 不 渡 報 告 への 掲 載 または 取 引 停 止 処 分 の 審 査 を 請 求 することができる 2 交 換 所 は 前 項 の 請 求 を 受 けた 場 合 には 不 渡 手 形 審 査 専 門 委 員 会 の 審 議 に 付 し その 請 求 を 理 由 があるものと 認 めるときは 同 委 員 会 の 最 終 審 査 日 を 交 換 日 とする 不 渡 届 が 提 出 された ものとみなして 第 64 条 または 第 65 条 規 定 を 適 用 するものとする ( 保 険 事 故 発 生 時 における 異 議 申 立 提 供 金 の 返 還 ) 第 67 条 の3 交 換 所 は 第 66 条 第 1 項 の 規 定 により 異 議 申 立 提 供 金 を 提 供 した 支 払 銀 行 に 預 金 保 険 法 で 定 める 保 険 事 故 が 生 じた 場 合 には 細 則 で 定 める 手 続 により 当 該 支 払 銀 行 に 異 議 申 立 提 供 金 を 返 還 する この 場 合 当 該 異 議 申 立 に 係 る 振 出 人 等 は 不 渡 報 告 への 掲 載 または 取 引 停 止 処 分 に 付 さな いものとする ( 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 の 取 消 ) 第 68 条 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 が 参 加 銀 行 の 取 扱 錯 誤 による 場 合 には 当 該 銀 行 は 交 換 所 に 対 し 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 の 取 消 を 請 求 しなければならない 2 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 が 参 加 銀 行 以 外 の 金 融 機 関 の 取 扱 錯 誤 による 場 合 には 参 加 銀 行 は 当 該 金 融 機 関 の 依 頼 にもとづき 交 換 所 に 対 し 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 の 取 消 を 請 求 することができる 3 交 換 所 は 前 2 項 の 請 求 を 受 けたときは 直 ちに 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 を 取 消 すも のとする ( 偽 造 変 造 等 の 場 合 の 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 の 取 消 ) 第 69 条 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 が 偽 造 変 造 詐 取 紛 失 盗 難 取 締 役 会 承 認 等 不 存 在 その 他 これらに 相 当 する 事 由 の 手 形 について 行 われたものと 認 められる 場 合 には 当 該 手 形 の 振 出 人 等 と 関 係 のある 参 加 銀 行 は 交 換 所 に 対 し 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 の 取 消 を 請 求 することができる この 場 合 においては 取 消 請 求 書 に 細 則 で 定 める 証 明 資 料 を 添 付 しなけれ

20 ばならない 2 交 換 所 は 前 項 の 請 求 を 受 けた 場 合 には 不 渡 手 形 審 査 専 門 委 員 会 の 審 議 に 付 し その 請 求 を 理 由 があるものと 認 めるときは 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 を 取 消 すものとする ( 取 引 停 止 処 分 等 の 解 除 ) 第 70 条 参 加 銀 行 は 取 引 停 止 処 分 を 受 けた 者 について 著 しく 信 用 を 回 復 したとき その 他 相 当 と 認 められる 理 由 があるとき または 不 渡 報 告 に 掲 載 された 者 について 相 当 と 認 められる 理 由 があるときは 交 換 所 に 対 し その 解 除 を 請 求 することができる この 場 合 においては 請 求 書 に 細 則 で 定 める 証 明 資 料 を 添 付 しなければならない 2 交 換 所 は 前 項 の 請 求 を 受 けた 場 合 には 不 渡 手 形 審 査 専 門 委 員 会 の 審 議 に 付 し その 請 求 を 理 由 があると 認 めるときは 取 引 停 止 処 分 等 を 解 除 するものとする ( 不 渡 手 形 審 査 専 門 委 員 会 ) 第 71 条 交 換 所 は 不 渡 手 形 審 査 専 門 委 員 会 を 設 置 し この 章 で 定 める 事 項 その 他 必 要 な 事 項 を 審 議 させるものとする 第 5 章 手 形 交 換 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 第 1 節 手 形 交 換 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 ( 手 形 交 換 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 等 ) 第 71 条 の2 参 加 銀 行 は 銀 行 法 等 法 令 の 定 めに 従 って 臨 時 にその 業 務 を 休 止 停 止 することに 伴 い 手 形 交 換 に 係 る 交 換 尻 等 の 決 済 を 停 止 する 場 合 には 直 ちに 手 形 交 換 を 一 時 停 止 する 旨 の 届 ( 以 下 一 時 停 止 届 という )を 交 換 所 に 提 出 しなければならない この 場 合 において 当 該 参 加 銀 行 ( 以 下 一 時 停 止 銀 行 という )が 一 時 停 止 届 を 提 出 できないときは 交 換 所 は その 業 務 の 休 止 停 止 に 係 る 届 出 命 令 等 を 確 認 することにより 一 時 停 止 届 が 提 出 されたも のとして 取 り 扱 う 2 委 託 社 員 銀 行 または 委 託 金 融 機 関 は 前 項 に 規 定 する 一 時 停 止 届 を 提 出 するときは 委 託 社 員 銀 行 から 代 理 交 換 の 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 ( 以 下 受 託 社 員 銀 行 という )または 受 託 銀 行 と 連 署 のうえ 提 出 するものとする 3 交 換 所 は 前 2 項 の 規 定 により 一 時 停 止 届 が 提 出 された 場 合 ( 第 1 項 後 段 の 規 定 により 一 時 停 止 届 が 提 出 されたものとして 取 扱 われる 場 合 を 含 む )において 手 形 小 切 手 所 持 人 の 権 利 保 全 を 図 る 等 の 必 要 があると 認 めたときは 一 時 停 止 銀 行 についてその 銀 行 を 支 払 場 所 とする 手 形 または 支 払 人 とする 小 切 手 の 交 換 所 における 呈 示 およびこれに 付 随 する 措 置 を 緊 急 に 行 う 必 要 がある 旨 の 認 定 ( 以 下 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 という )を 行 うものとする ( 手 形 交 換 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 に 伴 う 措 置 の 終 了 ) 第 71 条 の3 一 時 停 止 銀 行 は 銀 行 法 等 法 令 の 定 めに 従 ってその 業 務 を 再 開 することに 伴 い 手 形 交 換 に 係 る 交 換 尻 等 の 決 済 を 再 開 するときは 手 形 交 換 を 再 開 する 旨 の 届 ( 以 下 再 開 届

21 という )を 交 換 所 に 提 出 するものとする 2 委 託 社 員 銀 行 または 委 託 金 融 機 関 は 前 項 に 規 定 する 再 開 届 を 提 出 するときは 受 託 社 員 銀 行 または 受 託 銀 行 と 連 署 のうえ 提 出 するものとする 3 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 に 伴 う 措 置 は 手 形 交 換 の 再 開 または 交 換 所 の 事 業 からの 脱 退 に より 終 了 するものとする ( 手 形 交 換 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 等 ) 第 71 条 の4 交 換 所 は 参 加 銀 行 について 第 5 条 の2 第 7 条 または 第 12 条 に 規 定 する 脱 退 事 由 が 発 生 した 場 合 において 手 形 小 切 手 所 持 人 の 権 利 保 全 を 図 る 等 の 必 要 があると 認 めた ときは 当 該 参 加 銀 行 ( 以 下 脱 退 事 由 発 生 銀 行 という )についてその 銀 行 を 支 払 場 所 とす る 手 形 または 支 払 人 とする 小 切 手 の 交 換 所 における 呈 示 およびこれに 付 随 する 措 置 を 緊 急 に 行 う 必 要 がある 旨 の 認 定 ( 以 下 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 という )を 行 うものとする 2 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 があった 場 合 には 脱 退 事 由 発 生 銀 行 は 第 71 条 の5に 規 定 する 措 置 を 行 うために 必 要 な 範 囲 内 においてなお 交 換 所 の 事 業 に 参 加 しているものとして 取 り 扱 う 3 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 に 伴 う 措 置 は 交 換 所 がその 必 要 がないと 認 めて 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 を 取 り 止 めた 場 合 に 終 了 するものとし この 場 合 に 脱 退 事 由 発 生 銀 行 は 交 換 所 の 事 業 から 脱 退 するものとする 第 2 節 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 時 における 手 形 交 換 の 特 例 ( 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 ) 第 71 条 の5 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 を 受 けた 一 時 停 止 銀 行 ( 以 下 緊 急 措 置 認 定 銀 行 とい う )を 除 く 加 盟 銀 行 は 緊 急 措 置 認 定 銀 行 宛 の 手 形 小 切 手 ( 以 下 この 章 において 手 形 と いう )を 緊 急 措 置 対 象 手 形 として 交 換 所 に 持 出 すものとする 緊 急 措 置 認 定 銀 行 は 自 行 宛 の 手 形 が 他 の 加 盟 銀 行 により 交 換 所 において 呈 示 された 場 合 に は 当 該 手 形 に 細 則 で 定 める 不 渡 の 事 由 を 記 載 した 付 箋 を 貼 付 して 持 出 銀 行 に 返 還 するものと する 2 緊 急 措 置 認 定 銀 行 は 他 の 参 加 銀 行 宛 の 手 形 を 交 換 所 に 持 出 すことができないものとする 3 第 1 項 の 規 定 により 交 換 所 に 持 出 された 手 形 の 計 数 は 第 41 条 に 規 定 する 交 換 尻 の 算 出 に 当 たり これを 含 めないものとする 4 交 換 所 は やむを 得 ない 理 由 があるときは 第 1 項 に 規 定 する 付 箋 の 貼 付 および 返 還 手 続 を 緊 急 措 置 認 定 銀 行 に 代 って 行 うことができるものとする 5 前 4 項 の 規 定 は 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 があった 場 合 にこれを 準 用 する ( 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 時 における 繰 戻 し 手 続 ) 第 71 条 の6 交 換 所 は 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 をした 場 合 において 前 条 に 規 定 する 措 置 が 適 用 される 日 ( 以 下 業 務 停 止 日 という )に 緊 急 措 置 認 定 銀 行 に 係 る 手 形 ( 第 22 条 第 2 項 に 規 定 する 証 券 を 含 む )が 第 29 条 第 30 条 および 第 61 条 の 規 定 により 交 換 所 に 持 出 されて いるときは 第 51 条 および 第 57 条 の 規 定 に 準 じて 繰 戻 しの 手 続 を 行 ったうえ 前 条 の 規 定 に

22 より 取 り 扱 うものとする ( 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 時 における 不 渡 手 形 の 返 還 ) 第 71 条 の7 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 があった 場 合 において 緊 急 措 置 認 定 銀 行 を 除 く 参 加 銀 行 は 業 務 停 止 日 の 前 営 業 日 までの 持 帰 手 形 のうちに 緊 急 措 置 認 定 銀 行 持 出 に 係 る 不 渡 手 形 が あるときは 当 該 手 形 に 不 渡 の 事 由 を 記 載 し 業 務 停 止 日 に 交 換 所 において 緊 急 措 置 認 定 銀 行 に 返 還 するものとする この 場 合 には 緊 急 措 置 認 定 銀 行 を 除 く 参 加 銀 行 の 緊 急 措 置 認 定 銀 行 に 対 する 不 渡 手 形 の 代 り 金 の 請 求 を 当 該 代 り 金 を 交 換 尻 の 算 出 に 含 める 方 法 により 行 うことは 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 に 伴 う 措 置 の 終 了 まで 留 保 するものとする ただし 緊 急 措 置 認 定 銀 行 が 委 託 社 員 銀 行 または 委 託 金 融 機 関 であるときは 緊 急 措 置 認 定 銀 行 の 受 託 社 員 銀 行 また は 受 託 銀 行 に 第 52 条 に 規 定 する 方 法 により 当 該 不 渡 手 形 を 返 還 し その 代 り 金 を 受 取 るものと する 2 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 があった 場 合 において 緊 急 措 置 認 定 銀 行 は 業 務 停 止 日 の 前 営 業 日 までの 持 帰 手 形 のうちに 緊 急 措 置 認 定 銀 行 を 除 く 参 加 銀 行 持 出 に 係 る 不 渡 手 形 があるとき は 当 該 手 形 に 不 渡 の 事 由 を 記 載 し 業 務 停 止 日 に 交 換 所 において 持 出 銀 行 に 返 還 するものと する ただし 緊 急 措 置 認 定 銀 行 が 加 盟 銀 行 である 場 合 には 緊 急 措 置 認 定 銀 行 の 持 出 銀 行 に 対 する 不 渡 手 形 の 代 り 金 の 請 求 を 当 該 代 り 金 を 交 換 尻 の 算 出 に 含 める 方 法 により 行 うことは 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 に 伴 う 措 置 の 終 了 まで 留 保 するものとする ( 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 時 における 混 入 手 形 の 返 還 等 ) 第 71 条 の8 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 があった 場 合 における 第 53 条 の 規 定 による 混 入 手 形 の 返 還 等 に 当 たっては 緊 急 措 置 認 定 銀 行 を 除 く 加 盟 銀 行 は 混 入 手 形 を 緊 急 措 置 認 定 銀 行 に 返 還 等 を 行 うことができないものとする 2 緊 急 措 置 認 定 銀 行 を 除 く 加 盟 銀 行 が 前 項 の 規 定 による 混 入 手 形 の 返 還 等 を 行 うことができな いときは 緊 急 措 置 認 定 銀 行 を 除 く 関 係 銀 行 間 で 協 議 のうえ 取 り 扱 うものとする ( 委 託 金 融 機 関 等 の 手 形 交 換 ) 第 71 条 の9 受 託 社 員 銀 行 または 受 託 銀 行 が 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 または 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 を 受 けた 場 合 には 当 該 受 託 社 員 銀 行 に 係 る 委 託 社 員 銀 行 または 当 該 受 託 銀 行 に 係 る 委 託 金 融 機 関 は 加 盟 銀 行 と 協 議 のうえ 交 換 所 において 直 接 手 形 の 交 換 を 行 うことができるもの とする 第 3 節 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 時 における 取 引 停 止 処 分 の 特 例 ( 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 時 等 における 不 渡 届 ) 第 71 条 の10 第 71 条 の5の 規 定 により 不 渡 返 還 する 手 形 については 第 63 条 に 規 定 する 不 渡 届 を 提 出 しないものとする ( 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 時 等 における 異 議 申 立 )

23 第 71 条 の 11 支 払 銀 行 が 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 を 受 けた 場 合 において 交 換 所 に 提 出 して いる 第 2 号 不 渡 届 に 対 して 異 議 申 立 をするに 当 たり 第 66 条 規 定 による 異 議 申 立 書 および 証 明 資 料 の 提 出 ならびに 異 議 申 立 提 供 金 の 提 供 をできないときは 交 換 所 は 第 2 号 不 渡 届 に 記 載 された 異 議 申 立 を 行 う 旨 の 記 載 をもって 異 議 申 立 があったものとして 取 り 扱 い 異 議 申 立 書 お よび 証 明 資 料 の 提 出 ならびに 異 議 申 立 提 供 金 の 提 供 を 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 に 伴 う 措 置 の 終 了 まで 猶 予 するものとする 2 支 払 銀 行 が 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 を 受 けた 場 合 には 交 換 所 に 提 出 している 第 2 号 不 渡 届 に 対 して 異 議 申 立 をするに 当 たり 第 66 条 の 規 定 による 異 議 申 立 提 供 金 の 提 供 は 要 しないものと し また 異 議 申 立 書 および 証 明 資 料 を 提 出 できないときは 交 換 所 は 第 2 号 不 渡 届 に 記 載 された 異 議 申 立 を 行 う 旨 の 記 載 をもって 異 議 申 立 があったものとして 取 り 扱 い 異 議 申 立 書 お よび 証 明 資 料 の 提 出 を 免 除 するものとする ( 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 時 等 における 異 議 申 立 提 供 金 の 返 還 等 ) 第 71 条 の 12 持 出 銀 行 が 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 または 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 を 受 けた 場 合 において 第 67 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 不 渡 事 故 解 消 届 または 第 7 号 に 規 定 する 支 払 義 務 確 定 届 もしくは 差 押 命 令 送 達 届 を 交 換 所 に 提 出 することができないときは 支 払 銀 行 等 関 係 銀 行 は これらの 届 を 交 換 所 に 提 出 することができる 2 交 換 所 は 前 項 の 規 定 により 支 払 銀 行 等 関 係 銀 行 から 交 換 所 に 不 渡 事 故 解 消 届 支 払 義 務 確 定 届 または 差 押 命 令 送 達 届 が 提 出 された 場 合 において 支 払 銀 行 から 異 議 申 立 提 供 金 の 返 還 請 求 があったときは 異 議 申 立 提 供 金 を 返 還 するものとする ( 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 時 等 における 支 払 義 務 確 定 後 の 取 引 停 止 処 分 等 ) 第 71 条 の 13 持 出 銀 行 が 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 または 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 を 受 けた 場 合 において 第 67 条 の2に 規 定 する 不 渡 手 形 の 振 出 人 等 の 不 渡 報 告 への 掲 載 または 取 引 停 止 処 分 の 審 査 の 請 求 ができないときは 支 払 銀 行 等 関 係 銀 行 は 交 換 所 に 対 し これらの 請 求 をする ことができる 第 6 章 預 金 保 険 法 に 定 める 営 業 譲 渡 等 に 係 る 措 置 ( 承 継 金 融 機 関 ) 第 71 条 の 14 参 加 銀 行 から 預 金 保 険 法 に 定 める 営 業 譲 渡 等 を 受 けた 金 融 機 関 ( 預 金 保 険 法 の 定 めにより 設 立 された 承 継 銀 行 を 含 む )および 当 該 営 業 譲 渡 等 が 行 われるのと 同 日 付 で 承 継 銀 行 から 預 金 保 険 法 に 定 める 営 業 譲 渡 等 を 受 けた 金 融 機 関 は 第 3 条 の 定 めにかかわらず 承 継 金 融 機 関 として 参 加 銀 行 に 準 じ 一 時 的 に 交 換 所 の 事 業 に 参 加 することができるものとする 2 承 継 金 融 機 関 として 参 加 しようとする 金 融 機 関 は 届 出 書 を 提 出 して 交 換 所 の 承 認 を 得 なけ ればならない 3 承 継 金 融 機 関 は 参 加 銀 行 であったか 否 かにかかわらず 預 金 保 険 法 の 定 めにより 営 業 を 他 の 金 融 機 関 に 譲 渡 するもの( 以 下 譲 渡 金 融 機 関 という )が 行 っていた 従 前 の 手 形 交 換 の 取 扱 いに 準 じて 交 換 証 券 を 交 換 に 付 すことができるものとする

24 4 承 継 金 融 機 関 は 交 換 所 の 事 業 に 参 加 した 後 できる 限 り 速 やかに 承 継 金 融 機 関 としての 参 加 を 取 り 止 め 必 要 に 応 じて 第 5 条 第 5 条 の2 第 6 条 第 7 条 第 11 条 もしくは 第 12 条 に 規 定 する 参 加 脱 退 の 申 込 または 第 14 条 に 定 める 委 託 先 の 変 更 の 届 出 等 を 行 わなければな らない 5 承 継 金 融 機 関 から 営 業 譲 渡 等 を 受 けて 交 換 所 の 事 業 に 参 加 しようとする 金 融 機 関 は 前 項 に 準 じて 必 要 に 応 じて 参 加 もしくは 脱 退 の 申 込 または 委 託 先 の 変 更 の 届 出 等 を 行 わなければな らない 6 承 継 金 融 機 関 は 別 途 定 める 経 費 分 担 金 を 負 担 するものとする ( 譲 渡 金 融 機 関 の 手 形 交 換 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 等 ) 第 71 条 の 15 交 換 所 は 参 加 銀 行 について 預 金 保 険 法 に 定 める 営 業 譲 渡 等 があった 場 合 にお いて 手 形 小 切 手 所 持 人 の 権 利 保 全 を 図 る 等 の 必 要 があると 認 めたときは 当 該 参 加 銀 行 に ついてその 銀 行 を 支 払 場 所 とする 手 形 または 支 払 人 とする 小 切 手 の 交 換 所 における 呈 示 および これに 付 随 する 措 置 を 緊 急 に 行 う 必 要 がある 旨 の 認 定 ( 以 下 預 金 保 険 法 に 係 る 緊 急 措 置 の 認 定 という )を 行 うことができるものとする 2 預 金 保 険 法 に 係 る 緊 急 措 置 の 認 定 があった 場 合 には 当 該 参 加 銀 行 は 別 途 定 める 預 金 保 険 法 に 係 る 緊 急 措 置 を 行 うために 必 要 な 範 囲 内 においてなお 交 換 所 の 事 業 に 参 加 しているものと して 取 り 扱 う 3 預 金 保 険 法 に 係 る 緊 急 措 置 の 認 定 は 交 換 所 がその 必 要 がないと 認 めて 取 り 止 めた 場 合 に 終 了 するものとし この 場 合 に 当 該 参 加 銀 行 は 交 換 所 の 事 業 から 脱 退 するものとする ( 交 換 手 続 等 ) 第 71 条 の 16 預 金 保 険 法 に 定 める 営 業 譲 渡 等 に 係 る 手 形 交 換 に 関 する 手 続 等 については 別 途 定 める 取 扱 手 続 によるものとする 第 7 章 罰 則 ( 遅 刻 ) 第 72 条 加 盟 銀 行 は 第 35 条 の 規 定 により 手 形 の 持 出 または 計 数 報 告 を 行 ったとき または 第 44 条 第 1 項 に 定 める 時 間 後 に 手 形 の 持 帰 りを 行 ったときは 交 換 所 に 対 し 過 怠 金 3 千 円 を 支 払 わなければならない ただし 交 換 所 が 真 にやむを 得 ない 理 由 によるものと 認 めた 場 合 には この 限 りでない ( 計 数 報 告 の 不 履 行 ) 第 73 条 加 盟 銀 行 は 第 35 条 第 1 項 第 2 号 に 定 める 時 限 までに 計 数 報 告 を 行 わなかったときは 交 換 所 に 対 し 過 怠 金 5 千 円 を 支 払 わなければならない ( 取 引 停 止 処 分 関 係 ) 第 74 条 参 加 銀 行 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 したときは 交 換 所 に 対 し 過 怠 金 1 万 円 を 支

25 払 わなければならない 一 取 引 停 止 処 分 を 受 けた 者 と 取 引 をしたとき 二 第 68 条 第 1 項 または 第 2 項 の 規 定 により 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 を 取 消 したとき( 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 報 告 の 掲 載 前 に 取 消 したときを 含 む ) 2 参 加 銀 行 は 第 63 条 第 2 項 に 規 定 する 時 限 までに 不 渡 届 を 提 出 しなかったときは 交 換 所 に 対 し 過 怠 金 1 百 円 を 支 払 わなければならない ( 不 渡 情 報 の 管 理 違 反 ) 第 74 条 の2 交 換 所 は 参 加 銀 行 が 第 65 条 の2または 第 65 条 の3 第 2 項 の 規 定 に 違 反 したと きは 細 則 で 規 定 する 査 定 委 員 会 の 審 議 を 経 たうえ 理 事 会 の 決 議 により 当 該 参 加 銀 行 に 対 して 次 の 処 分 を 決 定 し 処 分 内 容 の 公 表 を 行 うことができるものとする 一 勧 告 二 1 百 万 円 以 下 の 過 怠 金 の 賦 課 三 協 会 が 設 置 運 営 する 取 引 停 止 処 分 者 照 会 センターの 利 用 停 止 四 除 名 2 前 項 各 号 の 処 分 については 併 科 することができるものとする ( 手 続 違 反 ) 第 75 条 加 盟 銀 行 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 したときは 交 換 所 に 対 し 過 怠 金 1 百 円 を 支 払 わなければならない ただし 第 3 号 の 場 合 において 交 換 所 がその 理 由 をやむを 得 ないも のと 認 めたときはこの 限 りでない 一 この 規 則 の 定 めにより 作 成 すべき 帳 票 を 作 成 しなかったときまたは 重 大 な 誤 謬 記 載 を 行 っ たとき 二 第 72 条 から 第 74 条 に 規 定 する 事 例 以 外 の 重 大 な 手 続 違 反 を 行 ったとき 三 この 規 則 の 定 めにより 理 由 書 を 提 出 したとき( 第 35 条 第 2 項 または 第 44 条 第 3 項 の 規 定 により 理 由 書 を 提 出 した 場 合 を 除 く ) 第 8 章 会 計 ( 特 別 会 計 ) 第 76 条 交 換 所 の 運 営 に 係 る 諸 経 費 は 協 会 の 特 別 会 計 として 処 理 する ( 計 算 期 間 ) 第 76 条 の2 前 条 に 定 める 特 別 会 計 の 計 算 期 間 は 毎 年 4 月 1 日 から 翌 年 の3 月 31 日 までとす る ( 計 算 の 承 認 ) 第 76 条 の3 前 2 条 に 定 める 特 別 会 計 の 事 業 計 画 および 収 支 予 算 については 毎 事 業 年 度 の 開 始 の 日 の 前 日 までに 協 会 の 代 表 理 事 ( 以 下 代 表 理 事 という )が 作 成 し 理 事 会 の 承 認 を 受

26 けなければならない これを 変 更 する 場 合 も 同 様 とする 2 前 項 の 書 類 については 主 たる 事 務 所 に 当 該 事 業 年 度 が 終 了 するまでの 間 備 え 置 くものとす る ( 事 業 報 告 および 決 算 ) 第 76 条 の4 前 3 条 に 定 める 特 別 会 計 の 事 業 報 告 および 決 算 については 毎 事 業 年 度 終 了 後 代 表 理 事 が 次 の 書 類 を 作 成 し 監 事 の 監 査 を 受 け 理 事 会 の 承 認 を 経 て 総 会 に 提 出 し 第 1 号 の 書 類 についてはその 内 容 を 報 告 し 第 3 号 および 第 4 号 の 書 類 については 承 認 を 受 けなけれ ばならない 一 事 業 報 告 二 事 業 報 告 の 附 属 明 細 書 三 貸 借 対 照 表 四 損 益 計 算 書 五 貸 借 対 照 表 および 損 益 計 算 書 の 附 属 明 細 書 第 9 章 雑 則 ( 付 属 規 定 ) 第 77 条 細 則 その 他 この 規 則 の 運 営 上 必 要 な 事 項 は 事 務 委 員 会 の 決 議 をもってこれを 定 めるこ とができる 2 日 本 銀 行 において この 規 則 と 異 なる 定 めをしている 場 合 には その 定 めによるものとする ( 規 則 改 正 ) 第 78 条 この 規 則 の 改 正 は 理 事 会 の 決 議 によるものとする ただし 様 式 第 1 号 から 第 2 号 の 2の 改 正 については 事 務 委 員 会 の 決 議 によるものとする 2 第 1 条 から 第 15 条 第 20 条 第 21 条 第 39 条 から 第 41 条 第 48 条 から 第 51 条 第 54 条 第 55 条 から 第 58 条 第 59 条 第 59 条 の 2 第 60 条 第 62 条 第 63 条 第 65 条 の5 第 70 条 第 71 条 の2 から 第 71 条 の 16 前 条 第 2 項 本 条 および 様 式 第 1 号 から 第 2 号 の2の 改 正 は 日 本 銀 行 の 承 認 を 得 て 実 施 するものとする 附 則 ( 実 施 期 日 ) 第 1 条 この 規 則 は 昭 和 46 年 7 月 7 日 から 実 施 する ただし 第 4 章 の 規 定 は 昭 和 46 年 10 月 18 日 から 実 施 する 附 則 ( 平 ) ( 旧 規 則 にもとづく 手 続 等 の 変 更 手 続 )

27 第 1 条 この 規 則 の 改 正 実 施 前 に 理 事 会 決 議 をもって 定 めたこの 規 則 の 運 営 上 必 要 な 事 項 の 変 更 は この 規 則 の 改 正 実 施 後 は 事 務 委 員 会 における 決 議 をもって 行 うものとする 附 則 ( 平 ) ( 実 施 期 日 ) 第 1 条 この 規 則 は 平 成 23 年 4 月 1 日 から 実 施 する ( 旧 規 則 にもとづく 参 加 銀 行 の 地 位 ) 第 2 条 この 規 則 の 改 正 実 施 前 の 社 員 銀 行 準 社 員 銀 行 客 員 および 委 託 金 融 機 関 の 地 位 につい ては この 規 則 の 改 正 実 施 後 も 従 前 の 地 位 から 変 更 はない 附 則 ( 平 ) ( 実 施 期 日 ) 第 1 条 この 規 則 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 実 施 する 第 2 条 この 規 則 の 改 正 実 施 日 の 前 日 に 準 社 員 銀 行 または 委 託 金 融 機 関 である 正 会 員 については この 規 則 の 改 正 実 施 日 に 社 員 銀 行 ( 委 託 金 融 機 関 にあっては 委 託 社 員 銀 行 )となる この 場 合 規 則 第 16 条 の2は 適 用 しない

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

第1章 総則

第1章 総則 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 取 引 会 員 規 程 本 規 程 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 の 運 営 する 日 本 卸 電 力 取 引 所 ( 以 下 本 取 引 所 という ) の 取 引 会 員 に 関 する 手 続 きを 定 めることを 目 的 とする 2. 本 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 の

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc) 福 岡 県 運 輸 事 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 会 は 地 区 内 において 主 として 貨 物 自 動 車 運 送 業 を 営 むものの 中 小 企 業 等 組 合 法 に 依 る 協 同 組 合 の 事 業 および 経 営 の 指 導 を 為 し そ の 健 全 な 発 達 をはかるために 必 要 な 事 業 を 行 うことを

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 ( 以 下 協 会 という ) 定 款 第 3 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 協 会 職 員 ( 以 下 職 員 という ) の 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

キャッシュワン会員規約

キャッシュワン会員規約 キャッシュワン 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 会 員 とは 本 規 約 を 承 認 のうえ 株 式 会 社 じぶん 銀 行 ( 以 下 当 行 という )に 当 行 所 定 の 申 込 書 によりキャッ シュワンカードの 入 会 申 込 をされ 当 行 が 審 査 のうえ 入 会 を 認 めた 方 をいいます 第 2 条 (カードの 貸 与 有 効 期 限 等 ) 1. 本 規 約 に

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定 ANAマイレージクラブ Financial Pass 会 員 特 約 第 1 条 定 義 ANAマイレージクラブフィナンシャルパスカード( 以 下 カード という )は 全 日 本 空 輸 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 と いう )とスルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 スルガ 銀 行 という )が 提 携 して 発 行 するものです 第 2 条 カード 機 能 (1) カードには 原

More information

取引規定(ANA_.doc

取引規定(ANA_.doc スルガ Visa デビットカード 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 1.スルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )に 普 通 預 金 ( 総 合 口 座 取 引 の 普 通 預 金 を 含 む ) 口 座 を 開 設 し 本 規 約 を 承 認 のうえ 当 社 が 運 営 するデビットカード 取 引 システム( 以 下 カードシステム という )への 入 会 を 申 し

More information

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の 定 款 中 の 変 更 しようとする 箇 所 を 記 載 した 書 面 ( 定 款 変 更 条 文 新 旧 対 照 表 ) 第 1 章 総 変 更 後 の 新 条 文 則 第 1 章 総 変 更 前 の 旧 条 文 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員

More information

8月9月幹事会検討内容

8月9月幹事会検討内容 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 法 人 は 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 ( 略 称 社 団 法 人 電 管 協 )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 法 人 は 事 務 所 を 東 京 都 千 代 田 区 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 法

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 コード No615 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 共 通

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63> 当 金 庫 でお 預 りいたしますご 預 金 は 本 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます ひがしん 総 合 口 座 取 引 規 定 1. ( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は ひがしん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます ) ができます 1 普 通 預 金 ( 無 利 息 型 普 通 預 金 を 含 みます 以 下 同

More information

ヤマダカード規約 2008年4月版

ヤマダカード規約 2008年4月版 第 1 章 前 提 事 項 第 1 条 ( 各 条 項 の 適 用 ) 次 条 以 下 の 規 定 は 契 約 者 が 本 件 融 資 申 込 書 ( 以 下 本 件 融 資 申 込 書 という ) 所 定 の 事 項 を 記 入 のうえ 株 式 会 社 セディナ( 以 下 当 社 という )に 対 して 融 資 を 申 し 込 み 当 社 が 所 定 の 審 査 手 続 を 経 てこの 申 込 を

More information

し 入 会 したものをもって 会 員 とし 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 法 人 法 という ) 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 必 要 な 書 類

し 入 会 したものをもって 会 員 とし 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 法 人 法 という ) 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 必 要 な 書 類 一 般 社 団 法 人 東 広 島 薬 剤 師 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 会 は 一 般 社 団 法 人 東 広 島 薬 剤 師 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 広 島 県 東 広 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 薬 剤 師 の 倫 理 の 向 上 及 び 学 術 の 振 興 を

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

定 款

定 款 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は, 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき, 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い, もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を

More information

特定非営利活動法人 定款例

特定非営利活動法人 定款例 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys 定 款 平 成 26 年 3 月 13 日 変 更 平 成 25 年 5 月 15 日 変 更 平 成 23 年 6 月 29 日 変 更 平 成 22 年 12 月 12 日 作 成 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人

More information

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 平 成 28 年 8 月 1 日 現 在 第 一 章 総 則 ( 名 称 及 び 目 的 ) 第 一 条 この 組 合 は 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )と 称 し 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 三 十 三 年 法 律 第 百 九 十 二 号 以 下 法 という )に 基

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

総合口座取引規定

総合口座取引規定 総 合 口 座 取 引 規 定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は おきぎん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 という ) ができます 1 普 通 預 金 2 新 型 期 日 指 定 定 期 預 金 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 )(スーパー 定 期 ) および 自 由 金 利 型 定 期 定 期 預 金 ( 大 口 定

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

契約社員・アルバイト規程

契約社員・アルバイト規程 契 約 職 員 アルバイト 規 程 一 般 財 団 法 人 Rubyアソシエーション 平 成 23 年 7 月 27 日 作 成 施 行 平 成 26 年 6 月 12 日 第 2 条 及 び 第 8 条 改 正 第 1 条 ( 目 的 ) 第 1 章 : 総 則 1.この 規 程 は 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 契 約 職 員 およびアルバイトの 服 務 と 就 業 条 件 に

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

三重県美容業生活衛生同業組合定款

三重県美容業生活衛生同業組合定款 定 款 規 約 2016.5.16 三 重 県 美 容 業 生 活 衛 生 同 業 組 合 >>>>> 目 次

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込 広 島 魚 商 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d 財 産 形 成 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 基 本 規

More information

目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金 2 2.4 入 札 等 3 2.5 落 札 者 決 定 の

目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金 2 2.4 入 札 等 3 2.5 落 札 者 決 定 の 入 札 及 び 契 約 心 得 ( 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 ) 航 空 自 衛 隊 市 ヶ 谷 基 地 航 空 中 央 業 務 隊 会 計 科 目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金

More information