1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号"

Transcription

1 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22 条 第 28 条 ) 第 2 節 持 出 手 続 ( 第 29 条 第 37 条 ) 第 3 節 交 換 所 の 処 理 ( 第 38 条 第 43 条 ) 第 4 節 持 帰 手 続 ( 第 44 条 第 47 条 ) 第 5 節 交 換 尻 決 済 ( 第 48 条 第 51 条 ) 第 6 節 手 形 の 返 還 ( 第 52 条 第 54 条 ) 第 7 節 代 理 交 換 ( 第 55 条 第 58 条 ) 第 8 節 雑 則 ( 第 59 条 第 61 条 ) 第 4 章 取 引 停 止 処 分 ( 第 62 条 第 71 条 ) 第 5 章 手 形 交 換 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 第 1 節 手 形 交 換 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 ( 第 71 条 の2 第 71 条 の4) 第 2 節 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 時 における 手 形 交 換 の 特 例 ( 第 71 条 の 5 第 71 条 の9) 第 3 節 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 時 における 取 引 停 止 処 分 の 特 例 ( 第 71 条 の 10 第 71 条 の 13) 第 6 章 預 金 保 険 法 に 定 める 営 業 譲 渡 等 に 係 る 措 置 ( 第 71 条 の 14 第 71 条 の 16) 第 7 章 罰 則 ( 第 72 条 第 75 条 ) 第 8 章 会 計 ( 第 76 条 第 76 条 の4) 第 9 章 雑 則 ( 第 77 条 第 78 条 ) 附 則

2 1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 東 京 手 形 交 換 所 ( 以 下 交 換 所 という )の 組 織 および 業 務 の 方 法 について 定 め もって 手 形 小 切 手 等 の 簡 易 円 滑 な 取 立 を 可 能 にし 併 せて 信 用 取 引 の 秩 序 維 持 を 図 ることを 目 的 とする ( 交 換 所 の 事 業 ) 第 2 条 交 換 所 は 前 条 の 目 的 を 達 成 するために 次 の 事 業 を 行 う 一 手 形 小 切 手 その 他 の 証 券 の 交 換 決 済 二 取 引 停 止 処 分 制 度 の 運 営 三 手 形 交 換 に 関 する 資 料 の 収 集 および 配 布 四 その 他 前 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 参 加 銀 行 ) 第 3 条 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する 者 ( 以 下 参 加 銀 行 という )は 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする 一 第 5 条 に 規 定 する 社 員 銀 行 二 第 6 条 に 規 定 する 準 社 員 銀 行 三 第 10 条 に 規 定 する 客 員 四 第 11 条 に 規 定 する 代 理 交 換 委 託 金 融 機 関 ( 参 加 銀 行 の 協 力 ) 第 4 条 参 加 銀 行 は この 規 則 および 規 則 にもとづく 交 換 所 の 決 定 事 項 を 遵 守 し 相 互 に 誠 意 と 信 頼 をもってこの 事 業 の 遂 行 に 協 力 するものとする 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 社 員 銀 行 としての 参 加 等 ) 第 5 条 協 会 の 正 会 員 ( 以 下 正 会 員 という )のうち 交 換 所 の 事 業 に 参 加 しようとする 者 ( 同 時 に 正 会 員 になろうとする 者 を 含 む )は 参 加 の 申 込 書 を 提 出 して 協 会 の 事 務 委 員 会 ( 以 下 事 務 委 員 会 という )の 承 認 を 得 なければならない 2 前 項 の 承 認 を 得 た 者 は 第 16 条 の 加 入 金 を 完 納 した 日 からこの 事 業 に 参 加 することができる 3 この 事 業 に 参 加 する 正 会 員 を 社 員 銀 行 という

3 4 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 または 準 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 ( 以 下 この 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 および 準 社 員 銀 行 を 受 託 銀 行 という )して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 することができる 5 前 項 により 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する 社 員 銀 行 ( 以 下 委 託 社 員 銀 行 と いう )の 参 加 手 続 等 は 東 京 手 形 交 換 所 規 則 施 行 細 則 ( 以 下 細 則 という )で 定 める 6 委 託 社 員 銀 行 については 第 11 条 で 規 定 する 代 理 交 換 委 託 金 融 機 関 に 係 る 第 18 条 第 3 項 および 第 55 条 から 第 58 条 までの 規 定 を 準 用 する ( 社 員 銀 行 の 脱 退 ) 第 5 条 の2 社 員 銀 行 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 したときは 交 換 所 の 事 業 から 脱 退 するものとす る 一 書 面 ( 委 託 社 員 銀 行 にあっては 受 託 銀 行 と 連 署 した 書 面 )により 脱 退 の 申 出 をしたとき 二 第 50 条 に 規 定 する 借 方 交 換 尻 の 払 込 みもしくは 第 55 条 に 規 定 する 決 済 資 金 の 不 足 金 の 払 込 みをしないとき または 第 52 条 第 53 条 もしくは 第 56 条 に 規 定 する 手 形 の 代 り 金 を 支 払 わなかったとき 三 整 理 のために 休 業 したとき 四 破 産 手 続 開 始 決 定 を 受 けたとき 五 解 散 したとき 六 第 5 条 の3にもとづく 他 の 銀 行 による 地 位 の 承 継 があったとき 七 第 5 条 の4に 規 定 する 除 名 の 決 議 があったとき 八 受 託 銀 行 が 交 換 所 の 事 業 から 脱 退 したとき( 脱 退 の 日 から 10 日 以 内 に 細 則 に 定 める 受 託 銀 行 変 更 の 手 続 をとったときを 除 く ) ( 社 員 銀 行 の 地 位 の 承 継 ) 第 5 条 の3 社 員 銀 行 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 各 号 に 定 める 銀 行 ( 正 会 員 に 限 る ) は すでに 社 員 銀 行 の 地 位 を 有 しているときを 除 き 社 員 銀 行 の 地 位 を 承 継 することができる この 場 合 承 継 元 が 委 託 社 員 銀 行 のときは 委 託 社 員 銀 行 の 地 位 を 承 継 するものとする 一 他 の 銀 行 等 と 合 併 して 新 銀 行 を 設 立 する 場 合 合 併 により 設 立 される 銀 行 二 他 の 銀 行 と 合 併 して 当 該 他 の 銀 行 が 存 続 する 場 合 合 併 後 存 続 する 銀 行 三 分 割 営 業 譲 渡 または 事 業 譲 渡 により 営 業 または 事 業 の 全 部 を 他 の 一 の 銀 行 に 譲 渡 し かつ 前 条 第 5 号 または 第 6 号 により 社 員 銀 行 の 資 格 を 喪 失 する 場 合 営 業 または 事 業 を 譲 り 受 ける 銀 行 四 分 割 営 業 譲 渡 または 事 業 譲 渡 により 交 換 に 参 加 している 全 店 舗 の 営 業 または 事 業 を 他 の 一 の 銀 行 に 譲 渡 し かつ 前 条 第 5 号 または 第 6 号 により 社 員 銀 行 の 資 格 を 喪 失 する 場 合 営 業 または 事 業 を 譲 り 受 ける 銀 行 五 分 割 または 営 業 譲 渡 により 営 業 の 全 部 または 一 部 を 当 該 社 員 銀 行 の 子 会 社 である 銀 行 親 会 社 である 銀 行 または 親 会 社 の 子 会 社 である 他 の 銀 行 に 譲 渡 し かつ 前 条 第 5 号 また は 第 6 号 により 社 員 銀 行 の 資 格 を 喪 失 する 場 合 営 業 の 全 部 または 一 部 を 他 の 一 の 銀 行 に 譲 渡 するときは その 銀 行 営 業 の 全 部 または 一 部 を 他 の 複 数 の 銀 行 に 譲 渡 するときは その 複 数 の 銀 行 のうち 当 該 社

4 員 銀 行 が 指 定 する 一 の 銀 行 六 その 他 協 会 の 理 事 会 ( 以 下 理 事 会 という )が 適 当 と 認 める 場 合 理 事 会 が 指 定 した 銀 行 ( 社 員 銀 行 の 除 名 ) 第 5 条 の4 交 換 所 は 社 員 銀 行 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 したときは 理 事 会 の 決 議 により これ を 交 換 所 の 事 業 から 除 名 することができる 一 交 換 所 および 参 加 銀 行 の 信 用 を 毀 損 する 行 為 があったとき 二 営 業 状 態 が 危 殆 に 瀕 したと 認 められる 事 実 があったとき 三 この 規 則 または 交 換 所 の 決 定 事 項 に 著 しく 違 反 したとき ( 準 社 員 銀 行 としての 参 加 ) 第 6 条 正 会 員 以 外 の 銀 行 または 法 令 によって 銀 行 と 同 視 される 金 融 機 関 で 細 則 で 定 める 基 準 に 適 合 し 交 換 所 の 事 業 に 参 加 しようとする 者 ( 同 時 に 正 会 員 になろうとする 者 を 除 く )は 参 加 の 申 込 書 を 提 出 して 事 務 委 員 会 の 承 認 を 得 なければならない 2 前 項 の 承 認 を 得 た 者 は 第 17 条 の 加 入 金 を 完 納 した 日 からこの 事 業 に 参 加 することができる 3 前 項 によりこの 事 業 に 参 加 する 者 を 準 社 員 銀 行 という ( 準 社 員 銀 行 の 脱 退 ) 第 7 条 第 5 条 の2の 規 定 は 準 社 員 銀 行 についてこれを 準 用 する この 場 合 において 同 条 中 第 5 条 の3 第 5 条 の4 とあるのは それぞれ 第 8 条 第 9 条 と 読 み 替 える ( 準 社 員 銀 行 の 地 位 の 承 継 ) 第 8 条 第 5 条 の3の 規 定 は 準 社 員 銀 行 についてこれを 準 用 する この 場 合 において 同 条 中 銀 行 ( 正 会 員 に 限 る ) および 銀 行 とあるのは 金 融 機 関 すでに 社 員 銀 行 の 地 位 を 有 しているときを 除 き とあるのは すでに 社 員 銀 行 または 準 社 員 銀 行 の 地 位 を 有 していると きを 除 き と 読 み 替 える ( 準 社 員 銀 行 の 除 名 ) 第 9 条 第 5 条 の4の 規 定 は 準 社 員 銀 行 についてこれを 準 用 する ( 客 員 としての 参 加 ) 第 10 条 日 本 銀 行 は 客 員 として 交 換 所 の 事 業 に 参 加 するものとする ( 代 理 交 換 委 託 金 融 機 関 としての 参 加 ) 第 11 条 正 会 員 以 外 の 銀 行 または 法 令 によって 銀 行 と 同 視 される 金 融 機 関 で 細 則 で 定 める 基 準 に 適 合 し 社 員 銀 行 または 準 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 しようとする 者 ( 同 時 に 正 会 員 になろうとする 者 を 除 く )は 受 託 銀 行 との 連 署 による 参 加 の 申 込 書 を 提 出 して 事 務 委 員 会 の 承 認 を 得 なければならない ただし 台 風 洪 水 大 火 地 震 等 の 災 害 およ

5 び 新 型 インフルエンザ 等 対 策 特 別 措 置 法 にもとづく 新 型 インフルエンザ 等 の 発 生 時 その 他 参 加 の 承 認 を 緊 急 に 行 わなければならない 特 段 の 事 情 があるときはこの 限 りでない 2 前 項 の 承 認 を 得 た 者 は 第 17 条 の 加 入 金 を 完 納 した 日 からこの 事 業 に 参 加 することができる ただし 前 項 ただし 書 の 規 定 に 該 当 する 場 合 はこの 限 りでない 3 前 項 によりこの 事 業 に 参 加 する 者 を 代 理 交 換 委 託 金 融 機 関 ( 以 下 委 託 金 融 機 関 とい う )という ( 委 託 金 融 機 関 の 脱 退 ) 第 12 条 委 託 金 融 機 関 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 したときは 交 換 所 の 事 業 から 脱 退 するものと する 一 受 託 銀 行 と 連 署 した 書 面 により 脱 退 の 申 出 をしたとき 二 受 託 銀 行 が 交 換 所 の 事 業 から 脱 退 したとき( 脱 退 の 日 から 10 日 以 内 に 第 14 条 に 規 定 する 受 託 銀 行 変 更 の 手 続 をとったときを 除 く ) 三 第 55 条 に 規 定 する 決 済 資 金 の 不 足 金 または 第 56 条 に 規 定 する 手 形 の 代 り 金 の 払 込 みを 行 わなかったとき 四 整 理 のために 休 業 したとき 五 破 産 手 続 開 始 決 定 を 受 けたとき 六 解 散 したとき 七 第 13 条 にもとづく 他 の 金 融 機 関 による 地 位 の 承 継 があったとき 八 第 15 条 に 規 定 する 除 名 の 決 議 があったとき 九 第 11 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 に 該 当 する 場 合 については 参 加 する 事 由 がなくなったとき ( 委 託 金 融 機 関 の 地 位 の 承 継 ) 第 13 条 第 5 条 の3の 規 定 は 委 託 金 融 機 関 についてこれを 準 用 する この 場 合 において 同 条 中 銀 行 ( 正 会 員 に 限 る ) および 銀 行 とあるのは 金 融 機 関 すでに 社 員 銀 行 の 地 位 を 有 しているときを 除 き とあるのは すでに 社 員 銀 行 準 社 員 銀 行 または 委 託 金 融 機 関 の 地 位 を 有 しているときを 除 き と 読 み 替 える ( 受 託 銀 行 の 変 更 ) 第 14 条 委 託 金 融 機 関 は 受 託 銀 行 を 変 更 しようとするときは 新 旧 受 託 銀 行 との 連 署 による 受 託 銀 行 変 更 の 申 込 書 を 提 出 して 交 換 所 の 承 認 を 得 なければならない ( 委 託 金 融 機 関 の 除 名 ) 第 15 条 第 5 条 の4の 規 定 は 委 託 金 融 機 関 についてこれを 準 用 する 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 社 員 銀 行 の 加 入 金 の 納 付 ) 第 16 条 第 5 条 第 1 項 の 規 定 によって 事 務 委 員 会 の 承 認 を 得 た 者 は 加 入 金 として 次 の 基 準 に

6 より 計 算 した 金 額 を 交 換 所 に 納 付 しなければならない 一 資 本 金 資 本 剰 余 金 および 利 益 剰 余 金 の 合 計 額 が 10 億 円 以 下 の 場 合 105 万 円 二 資 本 金 資 本 剰 余 金 および 利 益 剰 余 金 の 合 計 額 が 10 億 円 超 1,000 億 円 以 下 の 場 合 105 万 円 に 10 億 円 を 超 える 金 額 について1 億 円 ごとに6 万 円 を 加 えた 金 額 ただし 5 千 万 円 未 満 の 端 数 は 切 り 捨 て 5 千 万 円 以 上 の 端 数 は1 億 円 とみなす 三 資 本 金 資 本 剰 余 金 および 利 益 剰 余 金 の 合 計 額 が 1,000 億 円 を 超 える 場 合 上 記 第 1 号 お よび 第 2 号 の 金 額 に 1,000 億 円 を 超 える 金 額 について1 億 円 ごとに4 千 5 百 円 を 加 えた 金 額 ただし 5 千 万 円 未 満 の 端 数 は 切 り 捨 て 5 千 万 円 以 上 の 端 数 は1 億 円 とみなす 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 委 託 社 員 銀 行 の 加 入 金 は 65 万 円 とする ( 地 位 変 更 時 の 加 入 金 の 追 納 ) 第 16 条 の2 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 各 号 に 定 める 加 入 金 とすでに 納 付 した 加 入 金 と の 差 額 を 新 たに 納 付 しなければならない 一 委 託 社 員 銀 行 が 代 理 交 換 を 取 りやめる 場 合 前 条 第 1 項 に 定 める 加 入 金 二 準 社 員 銀 行 または 委 託 金 融 機 関 が 社 員 銀 行 ( 委 託 社 員 銀 行 を 除 く )の 地 位 に 変 更 になる 場 合 前 条 第 1 項 に 定 める 加 入 金 三 委 託 金 融 機 関 が 準 社 員 銀 行 の 地 位 に 変 更 になる 場 合 細 則 に 定 める 準 社 員 銀 行 の 加 入 金 ( 社 員 銀 行 の 経 費 分 担 金 の 納 付 等 ) 第 16 条 の3 社 員 銀 行 は 経 費 分 担 金 として 以 下 で 計 算 される 金 額 を 交 換 所 に 納 付 しなければ ならない ( 東 京 手 形 交 換 所 特 別 会 計 の 経 費 分 担 金 総 額 - 委 託 金 融 機 関 の 経 費 分 担 金 総 額 ) 1 A 0.3 C 2 E 0.3 C A: 個 別 社 員 銀 行 の 手 形 交 換 枚 数 B: 個 別 社 員 銀 行 の 手 形 交 換 枚 数 から 夜 間 交 換 手 形 枚 数 を 差 し 引 いた 枚 数 C: 手 形 交 換 枚 数 の 社 員 銀 行 準 社 員 銀 行 合 計 D: 手 形 交 換 枚 数 から 夜 間 交 換 手 形 枚 数 を 差 し 引 いた 枚 数 の 社 員 銀 行 準 社 員 銀 行 合 計 E: 手 形 交 換 枚 数 の 社 員 銀 行 合 計 F: 手 形 交 換 枚 数 から 夜 間 交 換 手 形 枚 数 を 差 し 引 いた 枚 数 の 社 員 銀 行 合 計 0.7 B D 0.7 F D 2 社 員 銀 行 は 前 項 の 経 費 分 担 金 のほか 臨 時 経 費 について 協 会 の 総 会 ( 以 下 総 会 とい う )の 決 議 があったときは 臨 時 経 費 分 担 金 として その 決 議 にもとづき 計 算 した 金 額 を 交 換 所 に 納 付 しなければならない 3 第 1 項 にかかわらず 新 たに 参 加 した 年 度 の 経 費 分 担 金 は 当 該 年 度 の 参 加 月 数 に 応 じて 月 割 計 算 した 金 額 とする この 場 合 において 前 年 度 の 交 換 枚 数 は 参 加 後 3 月 間 の 実 績 を4 倍 したものとする 4 第 1 項 にかかわらず 新 たに 参 加 した 年 度 の 翌 年 度 の 経 費 分 担 金 は 参 加 年 度 の 交 換 枚 数 を その 年 度 末 までの 参 加 月 数 で 除 し これに 12 を 乗 じたもの( 参 加 月 数 が3 月 に 満 たない 場 合 に は 参 加 後 3 月 間 の 実 績 を4 倍 したもの)をもって 前 年 度 の 交 換 枚 数 とみなして 計 算 する ( 準 社 員 銀 行 および 委 託 金 融 機 関 の 加 入 金 の 納 付 )

7 第 17 条 第 6 条 第 1 項 または 第 11 条 第 1 項 の 規 定 によって 事 務 委 員 会 の 承 認 を 得 た 者 は 加 入 金 として 細 則 で 定 める 基 準 により 計 算 した 金 額 を 交 換 所 に 納 付 しなければならない ただし 第 11 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 に 該 当 する 場 合 はこの 限 りでない ( 準 社 員 銀 行 および 委 託 金 融 機 関 の 経 費 分 担 金 の 納 付 等 ) 第 18 条 準 社 員 銀 行 および 委 託 金 融 機 関 は 毎 年 経 費 分 担 金 として 細 則 で 定 める 基 準 により 計 算 した 金 額 を 交 換 所 に 納 付 しなければならない ただし 第 11 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 に 該 当 する 場 合 はこの 限 りでない 2 準 社 員 銀 行 および 委 託 金 融 機 関 は 前 項 の 経 費 分 担 金 のほか 臨 時 経 費 について 総 会 の 決 議 があったときは 臨 時 経 費 分 担 金 として その 決 議 にもとづき 計 算 した 金 額 を 交 換 所 に 納 付 し なければならない 3 委 託 金 融 機 関 は 受 託 銀 行 が 代 理 交 換 を 受 託 したことにより 生 ずる 費 用 および 相 当 の 手 数 料 を 受 託 銀 行 に 支 払 うものとする ( 加 入 金 等 の 返 還 請 求 ) 第 19 条 社 員 銀 行 準 社 員 銀 行 および 委 託 金 融 機 関 は いったん 交 換 所 に 納 付 した 加 入 金 および 経 費 分 担 金 の 返 還 を 請 求 することはできない 第 3 節 保 証 金 ( 保 証 金 の 差 入 れ) 第 20 条 社 員 銀 行 準 社 員 銀 行 および 委 託 金 融 機 関 は 保 証 金 として 細 則 で 定 める 金 額 を 交 換 所 に 差 入 れなければならない ただし 第 11 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 に 該 当 する 場 合 はこの 限 りでない ( 保 証 金 の 充 当 ) 第 21 条 交 換 所 は 第 51 条 第 54 条 または 第 57 条 の 規 定 により 保 証 金 を 充 当 するほか 保 証 金 を 差 入 れた 者 がいったん 交 換 に 持 出 した 手 形 小 切 手 等 に 起 因 する 義 務 を 履 行 しない 場 合 において 相 手 銀 行 から 請 求 があったときは 保 証 金 を 当 該 銀 行 に 対 する 支 払 に 充 当 すること ができる 2 交 換 所 は 保 証 金 を 差 入 れた 者 が 交 換 所 の 事 業 から 脱 退 した 場 合 において その 保 証 金 を 留 保 する 必 要 がないと 認 めたときは その 脱 退 の 日 以 降 に 返 還 するものとする 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 交 換 証 券 ) 第 22 条 社 員 銀 行 ( 委 託 社 員 銀 行 を 除 く ) 準 社 員 銀 行 および 客 員 ( 以 下 加 盟 銀 行 とい

8 う )は 参 加 銀 行 において 支 払 うべき 手 形 小 切 手 をこの 章 の 規 定 により 交 換 に 付 すものとす る ただし 第 51 条 第 1 項 第 53 条 または 第 57 条 第 1 項 の 規 定 により 手 形 小 切 手 が 返 還 された 場 合 ならびに 台 風 洪 水 大 火 地 震 等 の 災 害 および 新 型 インフルエンザ 等 対 策 特 別 措 置 法 にもとづく 新 型 インフルエンザ 等 の 発 生 時 その 他 手 形 小 切 手 の 持 出 持 帰 手 続 が 困 難 な 特 段 の 事 情 がある 場 合 はこの 限 りでない 2 加 盟 銀 行 は 利 札 配 当 金 領 収 証 その 他 金 額 の 確 定 した 証 券 で 当 該 銀 行 において 領 収 す べき 権 利 の 明 らかなものを 交 換 に 付 すことができる 3 前 2 項 により 交 換 に 付 すいっさいの 証 券 は この 章 において これを 手 形 という ( 交 換 参 加 店 ) 第 23 条 交 換 に 参 加 する 店 舗 ( 加 盟 銀 行 が 委 託 した 銀 行 法 第 七 章 の 四 に 規 定 する 銀 行 代 理 業 者 の 営 業 所 等 を 含 む 次 条 においても 同 じ )は 加 盟 銀 行 の 店 舗 のうち 東 京 都 内 に 所 在 する 店 舗 とする ただし 東 京 都 以 外 に 所 在 する 店 舗 でも 交 換 所 が 承 認 した 場 合 には この 交 換 に 参 加 することができる ( 交 換 母 店 不 渡 受 入 母 店 ) 第 24 条 加 盟 銀 行 は 交 換 に 関 する 事 務 を 統 轄 する 店 舗 または 事 務 所 を 交 換 母 店 として 定 める ものとする 2 加 盟 銀 行 は 前 項 の 交 換 母 店 とは 別 に 第 52 条 および 第 53 条 に 規 定 する 不 渡 手 形 および 混 入 手 形 の 受 入 れに 関 する 事 務 を 行 う 店 舗 を 不 渡 受 入 母 店 として 定 めることができる ( 交 換 印 ) 第 25 条 加 盟 銀 行 は 交 換 に 付 す 手 形 にはすべて 交 換 印 を 押 捺 しなければならない 2 加 盟 銀 行 は 交 換 印 が 押 捺 されている 手 形 に 対 しては 交 換 を 経 由 しないで 直 接 に 支 払 っては ならない ( 交 換 方 ) 第 26 条 加 盟 銀 行 は 交 換 方 を 定 め 当 該 銀 行 が 交 換 所 において 行 うべき 交 換 事 務 を 行 わせるも のとする 2 加 盟 銀 行 は 交 換 に 関 して 交 換 方 が 行 った 行 為 について いっさいの 責 任 を 負 うものとする ( 交 換 持 出 手 形 の 記 録 ) 第 27 条 加 盟 銀 行 は 交 換 に 付 す 手 形 を 細 則 で 定 めるところにより 記 録 しておかなければならな い ( 交 換 関 係 帳 票 の 保 存 ) 第 28 条 加 盟 銀 行 および 交 換 所 は 細 則 で 定 めるところにより 交 換 関 係 の 帳 票 を 保 存 しなければ ならない

9 第 2 節 持 出 手 続 ( 交 換 所 分 類 手 形 の 持 出 ) 第 29 条 加 盟 銀 行 は 交 換 に 付 す 手 形 のうち 金 融 機 関 共 同 コードの 印 字 のある 手 形 ( 第 31 条 に 規 定 する 手 形 を 除 く )については MICR 方 式 による 金 額 の 印 字 を 行 い これを 一 定 のバッ チ( 束 )に 区 分 し 細 則 で 定 める 帳 票 を 添 付 して 交 換 所 に 持 出 すものとする 2 前 項 の 方 法 により 交 換 所 に 持 出 される 手 形 を 交 換 所 分 類 手 形 という ( 銀 行 分 類 手 形 の 持 出 ) 第 30 条 加 盟 銀 行 は 交 換 に 付 す 手 形 のうち 金 融 機 関 共 同 コードの 印 字 のない 手 形 については 相 手 銀 行 別 に 分 類 し 細 則 で 定 める 帳 票 を 添 付 し 交 換 袋 に 封 入 して 交 換 所 に 持 出 すものとす る この 場 合 において 加 盟 銀 行 は 交 換 袋 を 交 換 所 の 持 帰 銀 行 のロッカー( 銀 行 分 類 手 形 用 )に 投 入 するものとする 2 前 項 の 方 法 により 交 換 所 に 持 出 される 手 形 を 銀 行 分 類 手 形 という ( 金 融 機 関 共 同 コードの 印 字 のある 手 形 の 持 出 の 特 例 ) 第 31 条 加 盟 銀 行 は 金 融 機 関 共 同 コードの 印 字 のある 手 形 で 細 則 で 定 める 機 械 処 理 に 適 さな い 手 形 があるときは これを 前 条 第 1 項 に 規 定 する 方 法 により 持 出 すものとする 2 加 盟 銀 行 は 第 35 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 時 刻 までに 持 出 すことができなかった 手 形 があ るときは これを 前 条 第 1 項 に 規 定 する 方 法 により 持 出 すことができる 3 加 盟 銀 行 は 前 項 により 手 形 を 持 出 すときは 交 換 所 にその 理 由 書 を 提 出 しなければならな い ただし 細 則 で 定 める 隔 地 手 形 および 第 35 条 第 1 項 第 1 号 2の 時 限 までに 持 出 すことがで きなかった 手 形 については この 限 りでない ( 計 数 報 告 ) 第 32 条 加 盟 銀 行 は 交 換 に 持 出 した 手 形 の 枚 数 および 金 額 を 細 則 で 定 める 帳 票 により 交 換 所 に 報 告 ( 以 下 計 数 報 告 という )しなければならない ( 持 出 および 計 数 報 告 時 間 ) 第 33 条 手 形 の 持 出 およびその 計 数 報 告 の 時 間 は 当 該 手 形 を 交 換 に 付 す 日 ( 以 下 交 換 日 と いう )の 前 営 業 日 ( 以 下 持 出 日 という )を 基 準 として 午 後 4 時 30 分 から 次 に 掲 げる 時 刻 までとする ただし 交 換 所 の 閉 扉 時 間 を 除 く 一 交 換 所 分 類 手 形 の 持 出 午 後 9 時 二 銀 行 分 類 手 形 の 持 出 翌 営 業 日 午 前 8 時 三 計 数 報 告 午 後 10 時 2 前 項 にかかわらず 予 め 交 換 所 の 承 認 を 得 た 加 盟 銀 行 は 前 項 の 時 間 前 に 手 形 の 持 出 および

10 計 数 報 告 ができるものとし その 時 間 は 交 換 所 の 指 示 するところによる ( 特 殊 日 の 持 出 および 計 数 報 告 時 間 ) 第 34 条 前 条 にかかわらず 持 出 日 が 月 末 前 日 月 末 日 または 月 初 日 (これらの 日 が 銀 行 の 休 業 日 に 当 たる 場 合 には 細 則 で 定 める 日 とする 以 下 特 殊 日 という )の 交 換 所 分 類 手 形 の 持 出 時 間 および 計 数 報 告 時 間 は 持 出 日 を 基 準 として 午 後 4 時 30 分 から 次 に 掲 げる 時 刻 までと する 一 交 換 所 分 類 手 形 の 持 出 1 月 末 前 日 午 後 9 時 30 分 2 月 末 日 午 後 10 時 30 分 3 月 初 日 午 後 9 時 30 分 二 計 数 報 告 1 月 末 前 日 午 後 10 時 30 分 2 月 末 日 午 後 11 時 30 分 3 月 初 日 午 後 10 時 30 分 ( 持 出 および 計 数 報 告 時 間 の 変 更 ) 第 34 条 の2 交 換 所 は 交 換 事 務 の 繁 忙 が 予 想 される 日 について 前 2 条 に 規 定 する 時 刻 までに 交 換 所 分 類 手 形 の 持 出 または 計 数 報 告 を 行 うことが 困 難 であると 認 めたときは これらの 時 刻 を 30 分 を 限 度 として 繰 下 げることができる ( 持 出 および 計 数 報 告 時 間 の 特 例 ) 第 35 条 加 盟 銀 行 は 前 3 条 に 規 定 する 時 間 に 交 換 所 分 類 手 形 の 持 出 または 計 数 報 告 ができなか ったときは 特 例 として 持 出 日 を 基 準 として 次 に 掲 げる 時 刻 までに 行 うことができる 一 交 換 所 分 類 手 形 の 持 出 1 平 常 日 午 後 10 時 2 特 殊 日 月 末 前 日 午 後 11 時 月 末 日 午 後 12 時 月 初 日 午 後 11 時 二 計 数 報 告 1 平 常 日 午 後 12 時 2 特 殊 日 月 末 前 日 午 後 12 時 月 末 日 翌 日 午 前 1 時 月 初 日 午 後 12 時 2 加 盟 銀 行 は 前 項 により 手 形 の 持 出 または 計 数 報 告 を 行 うときは 交 換 所 にその 理 由 書 を 提 出 しなければならない

11 第 36 条 削 除 ( 当 日 計 数 外 手 形 ) 第 37 条 加 盟 銀 行 は 当 日 の 計 数 報 告 に 含 めることのできなかった 手 形 があるときは これを 第 30 条 第 1 項 に 規 定 する 方 法 により 交 換 所 に 持 出 すことができる この 場 合 において 交 換 袋 は 計 数 報 告 に 含 めた 手 形 と 別 にしなければならない 2 前 項 により 持 出 した 手 形 の 計 数 は 翌 営 業 日 の 持 出 の 計 数 に 含 めるものとする 第 3 節 交 換 所 の 処 理 ( 交 換 所 分 類 手 形 等 の 受 付 ) 第 38 条 交 換 所 は 加 盟 銀 行 から 交 換 所 分 類 手 形 を 受 けたときは バッチ 数 および 添 付 帳 票 を 点 検 し これを 受 領 するものとする 2 交 換 所 は 加 盟 銀 行 から 計 数 報 告 の 帳 票 を 受 けたときは その 記 載 内 容 および 枚 数 を 点 検 し これを 受 領 するものとする ( 交 換 所 分 類 手 形 の 分 類 および 計 数 処 理 ) 第 39 条 交 換 所 は 交 換 所 分 類 手 形 を 持 帰 銀 行 別 に 分 類 するほか 加 盟 銀 行 別 に 当 該 手 形 の 持 出 および 持 帰 の 計 数 を 算 出 するものとする 2 交 換 所 は 前 項 により 分 類 した 手 形 を 交 換 所 の 持 帰 銀 行 のロッカー( 交 換 所 分 類 手 形 用 )に 保 管 するものとする ( 銀 行 分 類 手 形 の 計 数 処 理 ) 第 40 条 交 換 所 は 銀 行 分 類 手 形 の 計 数 報 告 の 帳 票 により 加 盟 銀 行 別 に 銀 行 分 類 手 形 の 持 出 およ び 持 帰 の 計 数 を 算 出 するものとする ( 交 換 尻 の 算 出 ) 第 41 条 交 換 所 は 前 2 条 により 算 出 した 金 額 にもとづき 加 盟 銀 行 別 に 交 換 尻 の 算 出 を 行 うも のとする (MICR 方 式 による 取 扱 い) 第 42 条 交 換 所 は 第 39 条 および 第 40 条 に 規 定 する 手 形 の 分 類 および 計 数 の 処 理 に 当 たって は MICR 方 式 による 印 字 に 従 って 取 り 扱 うものとする ( 帳 票 の 作 成 交 付 ) 第 43 条 交 換 所 は 交 換 計 数 が 確 定 したときは 細 則 で 定 める 帳 票 を 加 盟 銀 行 別 に 作 成 し これ を 加 盟 銀 行 へ 交 付 するものとする 第 4 節 持 帰 手 続

12 ( 持 帰 時 間 および 持 帰 方 法 ) 第 44 条 加 盟 銀 行 は 交 換 日 の 午 前 8 時 から 午 前 9 時 30 分 までの 間 に 交 換 所 の 自 行 のロッカ ーから 手 形 を 持 帰 るものとする 2 予 め 交 換 所 の 承 認 を 得 た 加 盟 銀 行 は 前 項 に 規 定 する 時 間 前 であっても 交 換 所 が 前 条 に 規 定 する 帳 票 の 作 成 を 終 えたときまたは 交 換 所 が 処 理 に 支 障 ないと 判 断 したときは 手 形 を 持 帰 ることができる ただし 交 換 所 の 閉 扉 時 間 を 除 く 3 加 盟 銀 行 は 第 1 項 に 規 定 する 時 間 後 に 手 形 を 持 帰 るときは 交 換 所 にその 理 由 書 を 提 出 し なければならない ( 持 帰 時 の 点 検 義 務 ) 第 45 条 加 盟 銀 行 は 交 換 所 から 手 形 を 持 帰 るときは 交 換 所 分 類 手 形 についてはバッチの 数 を 銀 行 分 類 手 形 については 交 換 袋 の 数 を 交 換 所 の 作 成 帳 票 および 添 付 帳 票 により 点 検 するほか バッチおよび 袋 の 混 入 の 有 無 を 点 検 しなければならない 2 加 盟 銀 行 は 前 項 の 点 検 によりバッチの 数 もしくは 交 換 袋 の 数 の 相 違 または 混 入 を 発 見 した ときは 直 ちに 交 換 所 に 連 絡 し その 指 示 に 従 うものとする ( 持 帰 後 の 点 検 義 務 ) 第 46 条 加 盟 銀 行 は 手 形 を 持 帰 ったときは 直 ちに 手 形 の 枚 数 および 混 入 の 有 無 を 点 検 するほ か 細 則 で 定 める 計 数 の 確 認 を 行 うものとする 2 加 盟 銀 行 は 前 項 の 点 検 により 枚 数 の 相 違 を 発 見 したときは 必 要 により 金 額 を 確 認 し 交 換 所 分 類 手 形 については 交 換 所 に 銀 行 分 類 手 形 については 当 該 手 形 の 持 出 銀 行 にその 旨 を 通 知 し 必 要 な 措 置 をとるものとする 3 加 盟 銀 行 は 第 1 項 の 点 検 により 混 入 手 形 を 発 見 したときは 第 53 条 の 規 定 により 処 理 する ものとする ( 交 換 違 算 金 の 清 算 ) 第 47 条 加 盟 銀 行 は 交 換 違 算 金 が 発 生 した 場 合 には 速 やかにその 原 因 を 究 明 し 関 係 銀 行 間 において 清 算 するものとする 2 交 換 違 算 金 の 清 算 は 原 則 として 交 換 日 から6か 月 以 内 に 行 うものとする 第 5 節 交 換 尻 決 済 ( 決 済 方 法 ) 第 48 条 交 換 尻 の 決 済 は 交 換 日 において 日 本 銀 行 における 加 盟 銀 行 ( 客 員 を 除 く 以 下 この 節 において 同 じ )および 協 会 の 当 座 勘 定 の 振 替 により 行 うものとする 2 交 換 所 は 交 換 計 数 が 確 定 したときは 交 換 総 決 算 に 係 る 電 文 ( 様 式 第 1 号 )を 作 成 し こ れを 全 国 銀 行 データ 通 信 システム( 以 下 全 銀 システム という )を 通 じて 日 本 銀 行 に 送 信 す るものとする ただし 全 銀 システムによることができない 場 合 または 日 本 銀 行 および 交 換 所

13 の 双 方 が 適 当 と 認 めた 場 合 は 交 換 所 は 交 換 総 決 算 に 係 る 電 磁 的 記 録 媒 体 および 交 換 総 決 算 表 ( 様 式 第 1 号 の2)を 作 成 し 同 交 換 総 決 算 表 に 調 印 して 日 本 銀 行 に 提 出 するものとする なお 交 換 所 において 電 磁 的 記 録 媒 体 が 作 成 できない 場 合 には 交 換 総 決 算 表 のみを 提 出 する ( 交 換 尻 の 振 替 請 求 ) 第 49 条 交 換 所 は 確 定 した 交 換 計 数 にもとづき 交 換 尻 振 替 請 求 に 係 る 電 文 ( 様 式 第 2 号 )を 作 成 し これを 全 銀 システムを 通 じ 日 本 銀 行 に 送 信 して 加 盟 銀 行 に 代 って 交 換 尻 の 振 替 請 求 を 行 うものとする ただし 全 銀 システムによることができない 場 合 または 日 本 銀 行 および 交 換 所 の 双 方 が 適 当 と 認 めた 場 合 は 交 換 所 は 交 換 尻 振 替 請 求 に 係 る 電 磁 的 記 録 媒 体 および 交 換 尻 振 替 請 求 書 ( 様 式 第 2 号 の2)を 作 成 し 当 該 交 換 尻 振 替 請 求 書 に 調 印 して 日 本 銀 行 に 提 出 するものとする なお 交 換 所 において 電 磁 的 記 録 媒 体 が 作 成 できない 場 合 には 交 換 尻 振 替 請 求 書 のみを 提 出 する 2 日 本 銀 行 は 交 換 所 から 受 信 した 前 項 の 振 替 請 求 電 文 または 交 換 所 から 受 領 した 前 項 の 電 磁 的 記 録 媒 体 または 振 替 請 求 書 にもとづき 交 換 日 の 午 後 0 時 30 分 ( 日 本 銀 行 が 別 の 時 刻 を 指 定 した 場 合 には 当 該 時 刻 とする )から 加 盟 銀 行 のうち 交 換 尻 が 借 方 となった 者 ( 以 下 借 方 銀 行 という )の 日 本 銀 行 における 当 座 勘 定 から 順 次 交 換 尻 相 当 額 を 引 き 落 してこれを 協 会 の 日 本 銀 行 における 当 座 勘 定 ( 以 下 決 済 勘 定 という )に 入 金 し 決 済 勘 定 へのすべての 入 金 が 完 了 した 後 加 盟 銀 行 のうち 交 換 尻 が 貸 方 となった 者 ( 以 下 貸 方 銀 行 という )の 交 換 尻 相 当 額 を 決 済 勘 定 から 引 き 落 してこれを 貸 方 銀 行 の 日 本 銀 行 における 当 座 勘 定 に 順 次 入 金 する ことにより 加 盟 銀 行 の 交 換 尻 の 振 替 決 済 を 行 う ( 交 換 尻 不 足 金 の 払 込 ) 第 50 条 加 盟 銀 行 は 交 換 尻 が 借 方 となった 場 合 において 日 本 銀 行 における 当 座 勘 定 の 資 金 が 前 条 の 交 換 尻 振 替 請 求 の 金 額 に 満 たないときは その 不 足 金 額 を 当 日 の 午 後 0 時 30 分 までに 日 本 銀 行 に 払 込 まなければならない ( 交 換 尻 不 足 金 の 不 払 ) 第 51 条 交 換 所 は 借 方 銀 行 が 前 条 に 規 定 する 時 限 までにその 払 込 みを 行 わなかったときは 直 ちにその 旨 を 加 盟 銀 行 に 通 知 し 当 日 その 借 方 銀 行 と 交 換 上 貸 借 関 係 にある 加 盟 銀 行 を 招 集 して その 借 方 銀 行 が 持 出 した 手 形 および 持 帰 った 手 形 を 繰 戻 し 新 たに 交 換 尻 決 済 の 手 続 を 行 う ただし その 借 方 銀 行 の 不 足 金 が 第 20 条 の 規 定 により 差 入 れた 保 証 金 の 金 額 以 内 である ときは 当 該 保 証 金 をその 不 足 金 額 に 充 当 して 交 換 を 結 了 させることができる 2 交 換 所 は 前 項 により 手 形 を 繰 戻 す 場 合 において 繰 戻 す 手 形 のうちに 交 換 済 または 支 払 済 の 印 を 押 捺 した 手 形 があるときは 付 箋 により 支 払 未 済 の 旨 を 証 明 するものとする 第 6 節 手 形 の 返 還 ( 不 渡 手 形 の 返 還 ) 第 52 条 加 盟 銀 行 は 持 帰 手 形 のうちに 自 行 宛 の 手 形 で 支 払 に 応 じがたい 手 形 ( 以 下 不 渡 手

14 形 という )があるときは 当 該 手 形 に 不 渡 の 事 由 を 記 載 し 交 換 日 の 翌 営 業 日 の 持 出 銀 行 宛 の 持 出 手 形 に 組 入 れるものとする ただし やむを 得 ない 理 由 によりこの 取 扱 いができなかっ た 場 合 は 交 換 日 の 翌 営 業 日 午 前 11 時 までに 持 出 銀 行 の 細 則 で 定 める 店 舗 の 店 頭 ( 以 下 持 出 銀 行 の 店 頭 という )に 返 還 することができるものとし その 代 り 金 を 受 取 るものとする 2 前 項 にかかわらず 細 則 で 定 める 不 渡 手 形 については その 定 める 時 限 までに 持 出 銀 行 の 店 頭 に 返 還 し その 代 り 金 を 受 取 るか またはその 定 める 日 の 持 出 手 形 に 組 入 れることができる ( 混 入 手 形 の 返 還 等 ) 第 53 条 加 盟 銀 行 は 持 帰 手 形 のうちに 他 の 加 盟 銀 行 宛 の 手 形 ( 以 下 混 入 手 形 という )が あるときは 交 換 日 の 午 前 11 時 50 分 までに 持 出 銀 行 に 通 知 し 当 該 手 形 に 混 入 の 旨 を 記 載 し て 次 のいずれかによって 処 理 するものとする ただし 第 3 号 によって 処 理 する 場 合 には 持 出 銀 行 への 通 知 を 省 略 することができる 一 交 換 日 の 午 後 3 時 までに 自 行 の 店 頭 において 持 出 銀 行 に 返 還 し その 代 り 金 を 受 取 る 二 持 出 銀 行 と 協 議 し 翌 営 業 日 の 持 出 銀 行 宛 の 持 出 手 形 に 組 入 れる ただし 不 渡 手 形 を 除 く 三 当 該 手 形 の 宛 先 銀 行 と 協 議 し 交 換 日 の 午 後 3 時 までに 直 接 当 該 銀 行 に 手 交 し その 代 り 金 を 受 取 る 四 前 3 号 のほか 関 係 銀 行 間 で 合 意 あるときは その 合 意 した 方 法 により 受 け 渡 しを 行 い そ の 代 り 金 を 受 取 る 2 加 盟 銀 行 は 前 項 の 通 知 を 遅 延 したときは 当 該 手 形 を 持 出 銀 行 の 希 望 する 方 法 により 返 還 するものとする 3 加 盟 銀 行 は 第 1 項 第 1 号 の 規 定 により 混 入 手 形 を 返 還 する 場 合 において 持 出 銀 行 が 当 該 時 限 までに 買 い 戻 しを 行 わなかったときは 第 52 条 第 1 項 に 規 定 する 方 法 により 返 還 すること ができる ( 手 形 代 り 金 不 払 時 の 措 置 ) 第 54 条 加 盟 銀 行 は 第 52 条 に 規 定 する 方 法 により 手 形 を 店 頭 に 返 還 する 場 合 において 持 出 銀 行 がその 代 り 金 を 支 払 わないときは 直 ちに その 旨 を 交 換 所 に 届 け 出 るものとする 2 交 換 所 は 前 項 の 届 出 を 受 けた 場 合 には その 事 実 を 審 査 し 必 要 と 認 めたときは 第 51 条 の 規 定 に 準 じて 処 理 するものとする 第 7 節 代 理 交 換 ( 委 託 金 融 機 関 と 受 託 銀 行 間 の 資 金 決 済 ) 第 55 条 代 理 交 換 によって 生 ずる 委 託 金 融 機 関 と 受 託 銀 行 との 資 金 決 済 は 交 換 日 において 受 託 銀 行 における 委 託 金 融 機 関 の 当 座 勘 定 により 行 うものとする 2 委 託 金 融 機 関 は 前 項 の 当 座 勘 定 の 資 金 が 代 理 交 換 によって 生 ずる 債 務 の 支 払 に 不 足 すると きは その 不 足 金 額 を 当 日 の 午 後 0 時 30 分 までに 受 託 銀 行 に 払 込 まなければならない

15 ( 不 渡 手 形 の 代 り 金 の 払 込 ) 第 56 条 受 託 銀 行 は 委 託 金 融 機 関 の 持 出 に 係 る 手 形 の 返 還 を 受 けたときは その 代 り 金 を 支 払 うものとする この 場 合 において 委 託 金 融 機 関 は 当 該 代 り 金 の 支 払 資 金 を 直 ちに 受 託 銀 行 に 払 込 まなければならない ( 委 託 金 融 機 関 の 不 足 金 の 不 払 ) 第 57 条 受 託 銀 行 は 委 託 金 融 機 関 が 前 2 条 に 規 定 する 払 込 みを 行 わなかったときは 直 ちに 交 換 所 に 届 け 出 るものとする 2 交 換 所 は 前 項 の 届 出 があった 場 合 には 直 ちにその 旨 を 加 盟 銀 行 に 通 知 し 当 日 当 該 受 託 銀 行 と 交 換 上 貸 借 関 係 にある 加 盟 銀 行 を 招 集 して その 受 託 銀 行 が 持 出 した 当 該 委 託 金 融 機 関 に 係 る 手 形 および 持 帰 った 当 該 委 託 金 融 機 関 に 係 る 手 形 (いずれも 不 渡 手 形 を 除 く )を 繰 戻 し 新 たに 交 換 尻 決 済 の 手 続 を 行 う ただし 受 託 銀 行 の 立 替 金 額 が 第 20 条 の 規 定 により 差 入 れた 保 証 金 の 金 額 以 内 である 場 合 に 受 託 銀 行 が 当 該 保 証 金 の 充 当 を 交 換 所 に 請 求 したときは 交 換 所 は その 請 求 により 当 該 保 証 金 を 受 託 銀 行 の 立 替 金 額 に 充 当 して 交 換 を 結 了 させるもの とする 3 交 換 所 は 前 項 の 規 定 により 繰 戻 しを 行 う 場 合 に 新 たな 交 換 尻 決 済 の 時 刻 が 午 後 0 時 30 分 よ り 大 幅 に 遅 れると 判 断 したときは 前 項 本 文 の 規 定 による 繰 戻 しを 行 わずに 交 換 尻 の 決 済 を 行 うことができるものとする 4 前 項 の 規 定 により 交 換 所 が 交 換 尻 の 決 済 を 行 ったときは 加 盟 銀 行 は 受 託 銀 行 が 持 出 した 当 該 委 託 金 融 機 関 に 係 る 手 形 および 持 帰 った 当 該 委 託 金 融 機 関 に 係 る 手 形 (いずれも 不 渡 手 形 を 除 く )を 交 換 日 の 翌 営 業 日 の 持 出 銀 行 宛 の 持 出 手 形 に 組 入 れるか または 交 換 日 の 翌 営 業 日 午 前 11 時 までに 持 出 銀 行 の 店 頭 に 返 還 することにより 繰 戻 すものとする 5 交 換 所 は 第 1 項 の 届 出 を 受 けたときおよび 第 3 項 の 規 定 により 交 換 尻 の 決 済 を 行 ったとき は 直 ちに これを 参 加 銀 行 に 通 知 するものとする 6 交 換 所 は 第 2 項 または 第 4 項 の 規 定 により 手 形 を 繰 戻 す 場 合 において 繰 戻 す 手 形 のうち に 交 換 済 または 支 払 済 の 印 を 押 捺 した 手 形 があるときは 付 箋 により 支 払 未 済 の 旨 を 証 明 する ものとする ( 委 託 金 融 機 関 の 準 用 規 定 ) 第 58 条 第 22 条 から 第 25 条 まで 第 27 条 および 第 52 条 から 第 54 条 までの 規 定 は 委 託 金 融 機 関 にこれを 準 用 する 第 8 節 雑 則 ( 交 換 所 の 障 害 発 生 時 の 措 置 ) 第 59 条 交 換 所 は 交 換 所 の 主 要 機 器 に 障 害 が 発 生 し 第 39 条 から 第 41 条 に 規 定 する 計 数 の 算 出 等 が 困 難 な 場 合 には 直 ちに 必 要 な 措 置 をとらなければならない 2 交 換 所 は 前 項 の 措 置 をとる 場 合 において 必 要 あるときは 日 本 銀 行 と 協 議 するものとす る

16 ( 被 災 発 生 時 の 緊 急 措 置 ) 第 59 条 の2 交 換 所 は 台 風 洪 水 大 火 地 震 等 の 災 害 事 変 または 交 換 所 もしくは 交 換 参 加 店 ( 交 換 母 店 を 含 む )における 爆 破 不 法 占 拠 等 により この 規 則 によって 交 換 を 実 施 するこ とが 困 難 または 不 適 当 であると 認 められる 緊 急 事 態 が 発 生 した 場 合 には 直 ちに 必 要 な 措 置 を とり 理 事 会 に 報 告 しなければならない 2 交 換 所 は 前 項 の 事 態 が 長 期 間 にわたることが 予 想 される 場 合 には 理 事 会 の 決 定 により 必 要 な 措 置 をとるものとする 3 交 換 所 は 第 1 項 または 第 2 項 の 措 置 をとる 場 合 において 必 要 あるときは 日 本 銀 行 と 協 議 するものとする ( 事 故 処 理 ) 第 60 条 交 換 所 において 交 換 した 手 形 の 不 渡 または 交 換 の 錯 誤 等 により 生 じた 紛 議 は その 関 係 銀 行 間 において 処 理 するものとする 2 MICR 方 式 による 金 額 の 印 字 に 誤 印 字 があったために 支 払 銀 行 とその 取 引 先 との 間 に 紛 議 を 生 じたときは 支 払 銀 行 の 責 任 においてこれを 処 理 するものとする 3 交 換 所 は 交 換 所 の 責 めに 帰 すべき 事 由 により 参 加 銀 行 に 損 害 を 与 えたときは その 賠 償 の 責 めに 任 ずるものとし 損 害 金 は 理 事 会 の 決 議 により 参 加 銀 行 ( 客 員 を 除 く )がこれを 負 担 するものとする ( 関 連 規 定 ) 第 61 条 手 形 交 換 に 関 する 手 続 は この 章 の 規 定 によるほか 事 務 委 員 会 で 定 める 期 日 手 形 準 備 交 換 規 定 および 夜 間 交 換 規 定 による 第 4 章 取 引 停 止 処 分 ( 取 引 停 止 処 分 ) 第 62 条 手 形 または 小 切 手 (この 章 において 手 形 という )の 不 渡 があったときは 約 束 手 形 もしくは 小 切 手 の 振 出 人 または 為 替 手 形 の 引 受 人 ( 以 下 振 出 人 等 という )に 対 して こ の 章 の 定 めるところにより 取 引 停 止 処 分 をするものとする 2 参 加 銀 行 は 取 引 停 止 処 分 を 受 けた 者 に 対 し 取 引 停 止 処 分 日 から 起 算 して2 年 間 当 座 勘 定 および 貸 出 の 取 引 をすることはできない ただし 債 権 保 全 のための 貸 出 はこの 限 りでない ( 不 渡 届 ) 第 63 条 手 形 の 不 渡 があったときは 当 該 手 形 の 支 払 銀 行 および 持 出 銀 行 は 次 の 各 号 の 不 渡 届 を 交 換 所 に 提 出 しなければならない ただし 取 引 停 止 処 分 中 の 者 に 係 る 不 渡 および 細 則 で 定 める 適 法 な 呈 示 でないこと 等 を 事 由 とする 不 渡 については 不 渡 届 を 提 出 しないものとする 一 不 渡 事 由 が 資 金 不 足 または 取 引 なし の 場 合 第 1 号 不 渡 届 二 不 渡 事 由 が 前 号 以 外 の 場 合 第 2 号 不 渡 届

17 2 不 渡 届 の 提 出 は 支 払 銀 行 は 交 換 日 の 翌 営 業 日 の 午 前 9 時 30 分 までとし 持 出 銀 行 は 交 換 日 の 翌 々 営 業 日 の 午 前 9 時 30 分 までとする ただし 交 換 日 の 翌 営 業 日 に 店 頭 返 還 した 場 合 には 支 払 銀 行 は 不 渡 届 を 交 換 日 の 翌 々 営 業 日 の 午 前 9 時 30 分 までに 提 出 するものとし その 不 渡 届 には 店 頭 返 還 の 旨 を 表 示 する ( 不 渡 報 告 ) 第 64 条 交 換 所 は 不 渡 届 の 提 出 があったときは 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 を 除 き 交 換 日 から 起 算 して 営 業 日 4 日 目 に 当 該 振 出 人 等 を 不 渡 報 告 に 掲 載 して 参 加 銀 行 へ 通 知 する 一 不 渡 届 に 対 して 異 議 申 立 が 行 われた 場 合 二 不 渡 届 が 取 引 停 止 処 分 を 受 けている 者 に 係 る 場 合 三 交 換 日 の 翌 々 営 業 日 の 営 業 時 限 ( 午 後 3 時 )までに 第 68 条 第 1 項 または 第 2 項 に 規 定 する 取 消 の 請 求 があった 場 合 ( 取 引 停 止 報 告 ) 第 65 条 不 渡 報 告 に 掲 載 された 者 について その 不 渡 届 に 係 る 手 形 の 交 換 日 から 起 算 して6か 月 以 内 の 日 を 交 換 日 とする 手 形 に 係 る2 回 目 の 不 渡 届 が 提 出 されたときは 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 を 除 き 取 引 停 止 処 分 に 付 するものとし 交 換 日 から 起 算 して 営 業 日 4 日 目 にこれを 取 引 停 止 報 告 に 掲 載 して 参 加 銀 行 へ 通 知 する 一 不 渡 届 に 対 して 異 議 申 立 が 行 われた 場 合 二 交 換 日 の 翌 々 営 業 日 の 営 業 時 限 ( 午 後 3 時 )までに 第 68 条 第 1 項 または 第 2 項 に 規 定 する 取 消 の 請 求 があった 場 合 2 第 62 条 第 2 項 の 取 引 停 止 処 分 日 は 前 項 による 通 知 を 発 した 日 とする ( 不 渡 情 報 の 適 正 な 管 理 ) 第 65 条 の2 交 換 所 および 参 加 銀 行 は 第 63 条 に 規 定 する 不 渡 届 第 64 条 に 規 定 する 不 渡 報 告 および 第 65 条 に 規 定 する 取 引 停 止 報 告 に 係 る 情 報 ( 以 下 これらの 情 報 を 不 渡 情 報 とい う )について 漏 えい 等 が 生 じないよう 適 正 に 管 理 しなければならない 2 交 換 所 は 細 則 で 定 める 場 合 を 除 き 参 加 銀 行 以 外 の 者 に 不 渡 情 報 を 提 供 してはならない 3 参 加 銀 行 は 不 渡 情 報 を 手 形 取 引 の 円 滑 化 の 確 保 および 当 該 参 加 銀 行 の 与 信 取 引 上 の 判 断 の ためにのみ 利 用 するものとし 当 該 参 加 銀 行 以 外 の 者 に 不 渡 情 報 を 提 供 してはならない 4 交 換 所 および 参 加 銀 行 は 細 則 で 定 める 安 全 管 理 に 沿 った 措 置 を 講 じるものとする ( 不 渡 情 報 の 共 同 利 用 ) 第 65 条 の3 不 渡 情 報 については 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 ) 第 23 条 第 4 項 第 3 号 の 規 定 を 適 用 し 交 換 所 および 参 加 銀 行 のほか 細 則 で 定 める 者 ( 以 下 共 同 利 用 者 という )との 間 で 共 同 して 利 用 するものとする 2 前 項 により 不 渡 情 報 を 共 同 して 利 用 する 場 合 には 共 同 利 用 者 は 細 則 で 定 める 方 法 により その 目 的 等 を 継 続 的 に 公 表 するものとする

18 ( 交 換 所 の 障 害 発 生 時 の 取 引 停 止 処 分 等 に 係 る 措 置 ) 第 65 条 の4 交 換 所 は 交 換 所 の 主 要 機 器 に 障 害 が 発 生 し 第 4 章 に 規 定 する 取 引 停 止 処 分 等 の 実 施 が 困 難 な 場 合 には 直 ちに 必 要 な 措 置 をとらなければならない ( 取 引 停 止 処 分 等 に 係 る 緊 急 措 置 ) 第 65 条 の5 交 換 所 は 台 風 洪 水 大 火 地 震 等 の 災 害 事 変 または 交 換 所 もしくは 交 換 参 加 店 ( 交 換 母 店 を 含 む )における 爆 破 不 法 占 拠 等 により 第 64 条 および 第 65 条 規 定 にもとづ く 不 渡 報 告 への 掲 載 または 取 引 停 止 処 分 を 行 うことが 不 適 当 であると 認 められる 緊 急 事 態 が 発 生 した 場 合 には 直 ちに 必 要 な 措 置 をとり 理 事 会 に 報 告 しなければならない 2 交 換 所 は 前 項 の 事 態 が 長 期 間 にわたることが 予 想 される 場 合 には 理 事 会 の 決 定 により 必 要 な 措 置 をとるものとする ( 異 議 申 立 ) 第 66 条 支 払 銀 行 は 第 63 条 第 1 項 の 第 2 号 不 渡 届 に 対 し 交 換 日 の 翌 々 営 業 日 の 営 業 時 限 ( 午 後 3 時 )までに 交 換 所 に 不 渡 手 形 金 額 相 当 額 ( 以 下 異 議 申 立 提 供 金 という )を 提 供 して 異 議 申 立 をすることができる ただし 不 渡 の 事 由 が 偽 造 または 変 造 である 場 合 は 交 換 所 に 対 し 異 議 申 立 提 供 金 の 提 供 の 免 除 を 請 求 することができる この 請 求 に 当 たっては 異 議 申 立 書 に 細 則 で 定 める 証 明 資 料 を 添 付 しなければならない 2 交 換 所 は 前 項 ただし 書 による 請 求 を 受 けた 場 合 には 不 渡 手 形 審 査 専 門 委 員 会 の 審 議 に 付 し その 請 求 を 理 由 があるものと 認 めるときは 異 議 申 立 提 供 金 の 提 供 を 免 除 するものとする ( 異 議 申 立 提 供 金 の 返 還 ) 第 67 条 交 換 所 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 において 支 払 銀 行 から 請 求 があったときは 異 議 申 立 提 供 金 を 返 還 するものとする 一 不 渡 事 故 が 解 消 し 持 出 銀 行 から 交 換 所 に 不 渡 事 故 解 消 届 が 提 出 された 場 合 二 別 口 の 不 渡 により 取 引 停 止 処 分 が 行 われた 場 合 三 支 払 銀 行 から 不 渡 報 告 への 掲 載 または 取 引 停 止 処 分 を 受 けることもやむを 得 ないものとし て 異 議 申 立 の 取 下 げの 請 求 があった 場 合 四 異 議 申 立 をした 日 から 起 算 して2 年 を 経 過 した 場 合 五 当 該 振 出 人 等 が 死 亡 した 場 合 六 当 該 手 形 の 支 払 義 務 のないことが 裁 判 ( 調 停 裁 判 上 の 和 解 等 確 定 判 決 と 同 一 の 効 力 を 有 するものを 含 む )により 確 定 した 場 合 七 持 出 銀 行 から 交 換 所 に 支 払 義 務 確 定 届 または 差 押 命 令 送 達 届 が 提 出 された 場 合 2 前 項 第 5 号 または 第 6 号 の 規 定 により 異 議 申 立 提 供 金 の 返 還 を 請 求 する 場 合 には その 請 求 書 に 当 該 事 実 を 証 する 資 料 を 添 付 しなければならない 3 第 1 項 第 3 号 により 異 議 申 立 提 供 金 を 返 還 した 場 合 には その 返 還 した 日 を 交 換 日 とする 不 渡 届 が 提 出 されたものとみなして 第 64 条 または 第 65 条 の 規 定 を 適 用 する 第 1 項 第 1 号 第 2 号 および 第 4 号 から 第 6 号 までの 事 由 により 異 議 申 立 提 供 金 を 返 還 した 場 合 には 不 渡 報 告

19 への 掲 載 または 取 引 停 止 処 分 に 付 さないものとし 第 7 号 の 事 由 により 異 議 申 立 提 供 金 を 返 還 した 場 合 には 次 条 によるほかは 不 渡 報 告 への 掲 載 または 取 引 停 止 処 分 に 付 さないものとする 4 支 払 銀 行 は 手 形 の 不 渡 が 偽 造 変 造 詐 取 紛 失 盗 難 取 締 役 会 承 認 等 不 存 在 その 他 こ れらに 相 当 する 事 由 によるものと 認 められる 場 合 には 交 換 所 に 対 し 異 議 申 立 提 供 金 の 返 還 を 請 求 することができる この 場 合 においては その 請 求 書 に 細 則 で 定 める 証 明 資 料 を 添 付 し なければならない 5 交 換 所 は 前 項 の 請 求 を 受 けた 場 合 には 不 渡 手 形 審 査 専 門 委 員 会 の 審 議 に 付 し その 請 求 を 理 由 があるものと 認 めるときは 異 議 申 立 提 供 金 を 返 還 する ( 支 払 義 務 の 確 定 後 における 取 引 停 止 処 分 等 ) 第 67 条 の2 持 出 銀 行 は 異 議 申 立 に 係 る 不 渡 手 形 について 振 出 人 等 に 当 該 不 渡 手 形 金 額 全 額 の 支 払 義 務 のあることが 裁 判 により 確 定 した 後 においても 当 該 手 形 の 支 払 がなされていない 場 合 には 細 則 で 定 めるところにより 交 換 所 に 対 し 当 該 不 渡 手 形 の 振 出 人 等 の 不 渡 報 告 への 掲 載 または 取 引 停 止 処 分 の 審 査 を 請 求 することができる 2 交 換 所 は 前 項 の 請 求 を 受 けた 場 合 には 不 渡 手 形 審 査 専 門 委 員 会 の 審 議 に 付 し その 請 求 を 理 由 があるものと 認 めるときは 同 委 員 会 の 最 終 審 査 日 を 交 換 日 とする 不 渡 届 が 提 出 された ものとみなして 第 64 条 または 第 65 条 規 定 を 適 用 するものとする ( 保 険 事 故 発 生 時 における 異 議 申 立 提 供 金 の 返 還 ) 第 67 条 の3 交 換 所 は 第 66 条 第 1 項 の 規 定 により 異 議 申 立 提 供 金 を 提 供 した 支 払 銀 行 に 預 金 保 険 法 で 定 める 保 険 事 故 が 生 じた 場 合 には 細 則 で 定 める 手 続 により 当 該 支 払 銀 行 に 異 議 申 立 提 供 金 を 返 還 する この 場 合 当 該 異 議 申 立 に 係 る 振 出 人 等 は 不 渡 報 告 への 掲 載 または 取 引 停 止 処 分 に 付 さな いものとする ( 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 の 取 消 ) 第 68 条 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 が 参 加 銀 行 の 取 扱 錯 誤 による 場 合 には 当 該 銀 行 は 交 換 所 に 対 し 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 の 取 消 を 請 求 しなければならない 2 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 が 参 加 銀 行 以 外 の 金 融 機 関 の 取 扱 錯 誤 による 場 合 には 参 加 銀 行 は 当 該 金 融 機 関 の 依 頼 にもとづき 交 換 所 に 対 し 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 の 取 消 を 請 求 することができる 3 交 換 所 は 前 2 項 の 請 求 を 受 けたときは 直 ちに 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 を 取 消 すも のとする ( 偽 造 変 造 等 の 場 合 の 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 の 取 消 ) 第 69 条 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 が 偽 造 変 造 詐 取 紛 失 盗 難 取 締 役 会 承 認 等 不 存 在 その 他 これらに 相 当 する 事 由 の 手 形 について 行 われたものと 認 められる 場 合 には 当 該 手 形 の 振 出 人 等 と 関 係 のある 参 加 銀 行 は 交 換 所 に 対 し 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 の 取 消 を 請 求 することができる この 場 合 においては 取 消 請 求 書 に 細 則 で 定 める 証 明 資 料 を 添 付 しなけれ

20 ばならない 2 交 換 所 は 前 項 の 請 求 を 受 けた 場 合 には 不 渡 手 形 審 査 専 門 委 員 会 の 審 議 に 付 し その 請 求 を 理 由 があるものと 認 めるときは 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 を 取 消 すものとする ( 取 引 停 止 処 分 等 の 解 除 ) 第 70 条 参 加 銀 行 は 取 引 停 止 処 分 を 受 けた 者 について 著 しく 信 用 を 回 復 したとき その 他 相 当 と 認 められる 理 由 があるとき または 不 渡 報 告 に 掲 載 された 者 について 相 当 と 認 められる 理 由 があるときは 交 換 所 に 対 し その 解 除 を 請 求 することができる この 場 合 においては 請 求 書 に 細 則 で 定 める 証 明 資 料 を 添 付 しなければならない 2 交 換 所 は 前 項 の 請 求 を 受 けた 場 合 には 不 渡 手 形 審 査 専 門 委 員 会 の 審 議 に 付 し その 請 求 を 理 由 があると 認 めるときは 取 引 停 止 処 分 等 を 解 除 するものとする ( 不 渡 手 形 審 査 専 門 委 員 会 ) 第 71 条 交 換 所 は 不 渡 手 形 審 査 専 門 委 員 会 を 設 置 し この 章 で 定 める 事 項 その 他 必 要 な 事 項 を 審 議 させるものとする 第 5 章 手 形 交 換 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 第 1 節 手 形 交 換 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 ( 手 形 交 換 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 等 ) 第 71 条 の2 参 加 銀 行 は 銀 行 法 等 法 令 の 定 めに 従 って 臨 時 にその 業 務 を 休 止 停 止 することに 伴 い 手 形 交 換 に 係 る 交 換 尻 等 の 決 済 を 停 止 する 場 合 には 直 ちに 手 形 交 換 を 一 時 停 止 する 旨 の 届 ( 以 下 一 時 停 止 届 という )を 交 換 所 に 提 出 しなければならない この 場 合 において 当 該 参 加 銀 行 ( 以 下 一 時 停 止 銀 行 という )が 一 時 停 止 届 を 提 出 できないときは 交 換 所 は その 業 務 の 休 止 停 止 に 係 る 届 出 命 令 等 を 確 認 することにより 一 時 停 止 届 が 提 出 されたも のとして 取 り 扱 う 2 委 託 社 員 銀 行 または 委 託 金 融 機 関 は 前 項 に 規 定 する 一 時 停 止 届 を 提 出 するときは 委 託 社 員 銀 行 から 代 理 交 換 の 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 ( 以 下 受 託 社 員 銀 行 という )または 受 託 銀 行 と 連 署 のうえ 提 出 するものとする 3 交 換 所 は 前 2 項 の 規 定 により 一 時 停 止 届 が 提 出 された 場 合 ( 第 1 項 後 段 の 規 定 により 一 時 停 止 届 が 提 出 されたものとして 取 扱 われる 場 合 を 含 む )において 手 形 小 切 手 所 持 人 の 権 利 保 全 を 図 る 等 の 必 要 があると 認 めたときは 一 時 停 止 銀 行 についてその 銀 行 を 支 払 場 所 とする 手 形 または 支 払 人 とする 小 切 手 の 交 換 所 における 呈 示 およびこれに 付 随 する 措 置 を 緊 急 に 行 う 必 要 がある 旨 の 認 定 ( 以 下 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 という )を 行 うものとする ( 手 形 交 換 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 に 伴 う 措 置 の 終 了 ) 第 71 条 の3 一 時 停 止 銀 行 は 銀 行 法 等 法 令 の 定 めに 従 ってその 業 務 を 再 開 することに 伴 い 手 形 交 換 に 係 る 交 換 尻 等 の 決 済 を 再 開 するときは 手 形 交 換 を 再 開 する 旨 の 届 ( 以 下 再 開 届

21 という )を 交 換 所 に 提 出 するものとする 2 委 託 社 員 銀 行 または 委 託 金 融 機 関 は 前 項 に 規 定 する 再 開 届 を 提 出 するときは 受 託 社 員 銀 行 または 受 託 銀 行 と 連 署 のうえ 提 出 するものとする 3 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 に 伴 う 措 置 は 手 形 交 換 の 再 開 または 交 換 所 の 事 業 からの 脱 退 に より 終 了 するものとする ( 手 形 交 換 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 等 ) 第 71 条 の4 交 換 所 は 参 加 銀 行 について 第 5 条 の2 第 7 条 または 第 12 条 に 規 定 する 脱 退 事 由 が 発 生 した 場 合 において 手 形 小 切 手 所 持 人 の 権 利 保 全 を 図 る 等 の 必 要 があると 認 めた ときは 当 該 参 加 銀 行 ( 以 下 脱 退 事 由 発 生 銀 行 という )についてその 銀 行 を 支 払 場 所 とす る 手 形 または 支 払 人 とする 小 切 手 の 交 換 所 における 呈 示 およびこれに 付 随 する 措 置 を 緊 急 に 行 う 必 要 がある 旨 の 認 定 ( 以 下 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 という )を 行 うものとする 2 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 があった 場 合 には 脱 退 事 由 発 生 銀 行 は 第 71 条 の5に 規 定 する 措 置 を 行 うために 必 要 な 範 囲 内 においてなお 交 換 所 の 事 業 に 参 加 しているものとして 取 り 扱 う 3 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 に 伴 う 措 置 は 交 換 所 がその 必 要 がないと 認 めて 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 を 取 り 止 めた 場 合 に 終 了 するものとし この 場 合 に 脱 退 事 由 発 生 銀 行 は 交 換 所 の 事 業 から 脱 退 するものとする 第 2 節 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 時 における 手 形 交 換 の 特 例 ( 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 ) 第 71 条 の5 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 を 受 けた 一 時 停 止 銀 行 ( 以 下 緊 急 措 置 認 定 銀 行 とい う )を 除 く 加 盟 銀 行 は 緊 急 措 置 認 定 銀 行 宛 の 手 形 小 切 手 ( 以 下 この 章 において 手 形 と いう )を 緊 急 措 置 対 象 手 形 として 交 換 所 に 持 出 すものとする 緊 急 措 置 認 定 銀 行 は 自 行 宛 の 手 形 が 他 の 加 盟 銀 行 により 交 換 所 において 呈 示 された 場 合 に は 当 該 手 形 に 細 則 で 定 める 不 渡 の 事 由 を 記 載 した 付 箋 を 貼 付 して 持 出 銀 行 に 返 還 するものと する 2 緊 急 措 置 認 定 銀 行 は 他 の 参 加 銀 行 宛 の 手 形 を 交 換 所 に 持 出 すことができないものとする 3 第 1 項 の 規 定 により 交 換 所 に 持 出 された 手 形 の 計 数 は 第 41 条 に 規 定 する 交 換 尻 の 算 出 に 当 たり これを 含 めないものとする 4 交 換 所 は やむを 得 ない 理 由 があるときは 第 1 項 に 規 定 する 付 箋 の 貼 付 および 返 還 手 続 を 緊 急 措 置 認 定 銀 行 に 代 って 行 うことができるものとする 5 前 4 項 の 規 定 は 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 があった 場 合 にこれを 準 用 する ( 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 時 における 繰 戻 し 手 続 ) 第 71 条 の6 交 換 所 は 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 をした 場 合 において 前 条 に 規 定 する 措 置 が 適 用 される 日 ( 以 下 業 務 停 止 日 という )に 緊 急 措 置 認 定 銀 行 に 係 る 手 形 ( 第 22 条 第 2 項 に 規 定 する 証 券 を 含 む )が 第 29 条 第 30 条 および 第 61 条 の 規 定 により 交 換 所 に 持 出 されて いるときは 第 51 条 および 第 57 条 の 規 定 に 準 じて 繰 戻 しの 手 続 を 行 ったうえ 前 条 の 規 定 に

22 より 取 り 扱 うものとする ( 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 時 における 不 渡 手 形 の 返 還 ) 第 71 条 の7 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 があった 場 合 において 緊 急 措 置 認 定 銀 行 を 除 く 参 加 銀 行 は 業 務 停 止 日 の 前 営 業 日 までの 持 帰 手 形 のうちに 緊 急 措 置 認 定 銀 行 持 出 に 係 る 不 渡 手 形 が あるときは 当 該 手 形 に 不 渡 の 事 由 を 記 載 し 業 務 停 止 日 に 交 換 所 において 緊 急 措 置 認 定 銀 行 に 返 還 するものとする この 場 合 には 緊 急 措 置 認 定 銀 行 を 除 く 参 加 銀 行 の 緊 急 措 置 認 定 銀 行 に 対 する 不 渡 手 形 の 代 り 金 の 請 求 を 当 該 代 り 金 を 交 換 尻 の 算 出 に 含 める 方 法 により 行 うことは 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 に 伴 う 措 置 の 終 了 まで 留 保 するものとする ただし 緊 急 措 置 認 定 銀 行 が 委 託 社 員 銀 行 または 委 託 金 融 機 関 であるときは 緊 急 措 置 認 定 銀 行 の 受 託 社 員 銀 行 また は 受 託 銀 行 に 第 52 条 に 規 定 する 方 法 により 当 該 不 渡 手 形 を 返 還 し その 代 り 金 を 受 取 るものと する 2 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 があった 場 合 において 緊 急 措 置 認 定 銀 行 は 業 務 停 止 日 の 前 営 業 日 までの 持 帰 手 形 のうちに 緊 急 措 置 認 定 銀 行 を 除 く 参 加 銀 行 持 出 に 係 る 不 渡 手 形 があるとき は 当 該 手 形 に 不 渡 の 事 由 を 記 載 し 業 務 停 止 日 に 交 換 所 において 持 出 銀 行 に 返 還 するものと する ただし 緊 急 措 置 認 定 銀 行 が 加 盟 銀 行 である 場 合 には 緊 急 措 置 認 定 銀 行 の 持 出 銀 行 に 対 する 不 渡 手 形 の 代 り 金 の 請 求 を 当 該 代 り 金 を 交 換 尻 の 算 出 に 含 める 方 法 により 行 うことは 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 に 伴 う 措 置 の 終 了 まで 留 保 するものとする ( 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 時 における 混 入 手 形 の 返 還 等 ) 第 71 条 の8 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 があった 場 合 における 第 53 条 の 規 定 による 混 入 手 形 の 返 還 等 に 当 たっては 緊 急 措 置 認 定 銀 行 を 除 く 加 盟 銀 行 は 混 入 手 形 を 緊 急 措 置 認 定 銀 行 に 返 還 等 を 行 うことができないものとする 2 緊 急 措 置 認 定 銀 行 を 除 く 加 盟 銀 行 が 前 項 の 規 定 による 混 入 手 形 の 返 還 等 を 行 うことができな いときは 緊 急 措 置 認 定 銀 行 を 除 く 関 係 銀 行 間 で 協 議 のうえ 取 り 扱 うものとする ( 委 託 金 融 機 関 等 の 手 形 交 換 ) 第 71 条 の9 受 託 社 員 銀 行 または 受 託 銀 行 が 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 または 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 を 受 けた 場 合 には 当 該 受 託 社 員 銀 行 に 係 る 委 託 社 員 銀 行 または 当 該 受 託 銀 行 に 係 る 委 託 金 融 機 関 は 加 盟 銀 行 と 協 議 のうえ 交 換 所 において 直 接 手 形 の 交 換 を 行 うことができるもの とする 第 3 節 一 時 停 止 時 脱 退 時 緊 急 措 置 時 における 取 引 停 止 処 分 の 特 例 ( 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 時 等 における 不 渡 届 ) 第 71 条 の10 第 71 条 の5の 規 定 により 不 渡 返 還 する 手 形 については 第 63 条 に 規 定 する 不 渡 届 を 提 出 しないものとする ( 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 時 等 における 異 議 申 立 )

23 第 71 条 の 11 支 払 銀 行 が 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 を 受 けた 場 合 において 交 換 所 に 提 出 して いる 第 2 号 不 渡 届 に 対 して 異 議 申 立 をするに 当 たり 第 66 条 規 定 による 異 議 申 立 書 および 証 明 資 料 の 提 出 ならびに 異 議 申 立 提 供 金 の 提 供 をできないときは 交 換 所 は 第 2 号 不 渡 届 に 記 載 された 異 議 申 立 を 行 う 旨 の 記 載 をもって 異 議 申 立 があったものとして 取 り 扱 い 異 議 申 立 書 お よび 証 明 資 料 の 提 出 ならびに 異 議 申 立 提 供 金 の 提 供 を 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 に 伴 う 措 置 の 終 了 まで 猶 予 するものとする 2 支 払 銀 行 が 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 を 受 けた 場 合 には 交 換 所 に 提 出 している 第 2 号 不 渡 届 に 対 して 異 議 申 立 をするに 当 たり 第 66 条 の 規 定 による 異 議 申 立 提 供 金 の 提 供 は 要 しないものと し また 異 議 申 立 書 および 証 明 資 料 を 提 出 できないときは 交 換 所 は 第 2 号 不 渡 届 に 記 載 された 異 議 申 立 を 行 う 旨 の 記 載 をもって 異 議 申 立 があったものとして 取 り 扱 い 異 議 申 立 書 お よび 証 明 資 料 の 提 出 を 免 除 するものとする ( 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 時 等 における 異 議 申 立 提 供 金 の 返 還 等 ) 第 71 条 の 12 持 出 銀 行 が 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 または 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 を 受 けた 場 合 において 第 67 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 不 渡 事 故 解 消 届 または 第 7 号 に 規 定 する 支 払 義 務 確 定 届 もしくは 差 押 命 令 送 達 届 を 交 換 所 に 提 出 することができないときは 支 払 銀 行 等 関 係 銀 行 は これらの 届 を 交 換 所 に 提 出 することができる 2 交 換 所 は 前 項 の 規 定 により 支 払 銀 行 等 関 係 銀 行 から 交 換 所 に 不 渡 事 故 解 消 届 支 払 義 務 確 定 届 または 差 押 命 令 送 達 届 が 提 出 された 場 合 において 支 払 銀 行 から 異 議 申 立 提 供 金 の 返 還 請 求 があったときは 異 議 申 立 提 供 金 を 返 還 するものとする ( 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 時 等 における 支 払 義 務 確 定 後 の 取 引 停 止 処 分 等 ) 第 71 条 の 13 持 出 銀 行 が 一 時 停 止 時 緊 急 措 置 の 認 定 または 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 を 受 けた 場 合 において 第 67 条 の2に 規 定 する 不 渡 手 形 の 振 出 人 等 の 不 渡 報 告 への 掲 載 または 取 引 停 止 処 分 の 審 査 の 請 求 ができないときは 支 払 銀 行 等 関 係 銀 行 は 交 換 所 に 対 し これらの 請 求 をする ことができる 第 6 章 預 金 保 険 法 に 定 める 営 業 譲 渡 等 に 係 る 措 置 ( 承 継 金 融 機 関 ) 第 71 条 の 14 参 加 銀 行 から 預 金 保 険 法 に 定 める 営 業 譲 渡 等 を 受 けた 金 融 機 関 ( 預 金 保 険 法 の 定 めにより 設 立 された 承 継 銀 行 を 含 む )および 当 該 営 業 譲 渡 等 が 行 われるのと 同 日 付 で 承 継 銀 行 から 預 金 保 険 法 に 定 める 営 業 譲 渡 等 を 受 けた 金 融 機 関 は 第 3 条 の 定 めにかかわらず 承 継 金 融 機 関 として 参 加 銀 行 に 準 じ 一 時 的 に 交 換 所 の 事 業 に 参 加 することができるものとする 2 承 継 金 融 機 関 として 参 加 しようとする 金 融 機 関 は 届 出 書 を 提 出 して 交 換 所 の 承 認 を 得 なけ ればならない 3 承 継 金 融 機 関 は 参 加 銀 行 であったか 否 かにかかわらず 預 金 保 険 法 の 定 めにより 営 業 を 他 の 金 融 機 関 に 譲 渡 するもの( 以 下 譲 渡 金 融 機 関 という )が 行 っていた 従 前 の 手 形 交 換 の 取 扱 いに 準 じて 交 換 証 券 を 交 換 に 付 すことができるものとする

24 4 承 継 金 融 機 関 は 交 換 所 の 事 業 に 参 加 した 後 できる 限 り 速 やかに 承 継 金 融 機 関 としての 参 加 を 取 り 止 め 必 要 に 応 じて 第 5 条 第 5 条 の2 第 6 条 第 7 条 第 11 条 もしくは 第 12 条 に 規 定 する 参 加 脱 退 の 申 込 または 第 14 条 に 定 める 委 託 先 の 変 更 の 届 出 等 を 行 わなければな らない 5 承 継 金 融 機 関 から 営 業 譲 渡 等 を 受 けて 交 換 所 の 事 業 に 参 加 しようとする 金 融 機 関 は 前 項 に 準 じて 必 要 に 応 じて 参 加 もしくは 脱 退 の 申 込 または 委 託 先 の 変 更 の 届 出 等 を 行 わなければな らない 6 承 継 金 融 機 関 は 別 途 定 める 経 費 分 担 金 を 負 担 するものとする ( 譲 渡 金 融 機 関 の 手 形 交 換 脱 退 時 緊 急 措 置 の 認 定 等 ) 第 71 条 の 15 交 換 所 は 参 加 銀 行 について 預 金 保 険 法 に 定 める 営 業 譲 渡 等 があった 場 合 にお いて 手 形 小 切 手 所 持 人 の 権 利 保 全 を 図 る 等 の 必 要 があると 認 めたときは 当 該 参 加 銀 行 に ついてその 銀 行 を 支 払 場 所 とする 手 形 または 支 払 人 とする 小 切 手 の 交 換 所 における 呈 示 および これに 付 随 する 措 置 を 緊 急 に 行 う 必 要 がある 旨 の 認 定 ( 以 下 預 金 保 険 法 に 係 る 緊 急 措 置 の 認 定 という )を 行 うことができるものとする 2 預 金 保 険 法 に 係 る 緊 急 措 置 の 認 定 があった 場 合 には 当 該 参 加 銀 行 は 別 途 定 める 預 金 保 険 法 に 係 る 緊 急 措 置 を 行 うために 必 要 な 範 囲 内 においてなお 交 換 所 の 事 業 に 参 加 しているものと して 取 り 扱 う 3 預 金 保 険 法 に 係 る 緊 急 措 置 の 認 定 は 交 換 所 がその 必 要 がないと 認 めて 取 り 止 めた 場 合 に 終 了 するものとし この 場 合 に 当 該 参 加 銀 行 は 交 換 所 の 事 業 から 脱 退 するものとする ( 交 換 手 続 等 ) 第 71 条 の 16 預 金 保 険 法 に 定 める 営 業 譲 渡 等 に 係 る 手 形 交 換 に 関 する 手 続 等 については 別 途 定 める 取 扱 手 続 によるものとする 第 7 章 罰 則 ( 遅 刻 ) 第 72 条 加 盟 銀 行 は 第 35 条 の 規 定 により 手 形 の 持 出 または 計 数 報 告 を 行 ったとき または 第 44 条 第 1 項 に 定 める 時 間 後 に 手 形 の 持 帰 りを 行 ったときは 交 換 所 に 対 し 過 怠 金 3 千 円 を 支 払 わなければならない ただし 交 換 所 が 真 にやむを 得 ない 理 由 によるものと 認 めた 場 合 には この 限 りでない ( 計 数 報 告 の 不 履 行 ) 第 73 条 加 盟 銀 行 は 第 35 条 第 1 項 第 2 号 に 定 める 時 限 までに 計 数 報 告 を 行 わなかったときは 交 換 所 に 対 し 過 怠 金 5 千 円 を 支 払 わなければならない ( 取 引 停 止 処 分 関 係 ) 第 74 条 参 加 銀 行 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 したときは 交 換 所 に 対 し 過 怠 金 1 万 円 を 支

25 払 わなければならない 一 取 引 停 止 処 分 を 受 けた 者 と 取 引 をしたとき 二 第 68 条 第 1 項 または 第 2 項 の 規 定 により 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 処 分 を 取 消 したとき( 不 渡 報 告 または 取 引 停 止 報 告 の 掲 載 前 に 取 消 したときを 含 む ) 2 参 加 銀 行 は 第 63 条 第 2 項 に 規 定 する 時 限 までに 不 渡 届 を 提 出 しなかったときは 交 換 所 に 対 し 過 怠 金 1 百 円 を 支 払 わなければならない ( 不 渡 情 報 の 管 理 違 反 ) 第 74 条 の2 交 換 所 は 参 加 銀 行 が 第 65 条 の2または 第 65 条 の3 第 2 項 の 規 定 に 違 反 したと きは 細 則 で 規 定 する 査 定 委 員 会 の 審 議 を 経 たうえ 理 事 会 の 決 議 により 当 該 参 加 銀 行 に 対 して 次 の 処 分 を 決 定 し 処 分 内 容 の 公 表 を 行 うことができるものとする 一 勧 告 二 1 百 万 円 以 下 の 過 怠 金 の 賦 課 三 協 会 が 設 置 運 営 する 取 引 停 止 処 分 者 照 会 センターの 利 用 停 止 四 除 名 2 前 項 各 号 の 処 分 については 併 科 することができるものとする ( 手 続 違 反 ) 第 75 条 加 盟 銀 行 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 したときは 交 換 所 に 対 し 過 怠 金 1 百 円 を 支 払 わなければならない ただし 第 3 号 の 場 合 において 交 換 所 がその 理 由 をやむを 得 ないも のと 認 めたときはこの 限 りでない 一 この 規 則 の 定 めにより 作 成 すべき 帳 票 を 作 成 しなかったときまたは 重 大 な 誤 謬 記 載 を 行 っ たとき 二 第 72 条 から 第 74 条 に 規 定 する 事 例 以 外 の 重 大 な 手 続 違 反 を 行 ったとき 三 この 規 則 の 定 めにより 理 由 書 を 提 出 したとき( 第 35 条 第 2 項 または 第 44 条 第 3 項 の 規 定 により 理 由 書 を 提 出 した 場 合 を 除 く ) 第 8 章 会 計 ( 特 別 会 計 ) 第 76 条 交 換 所 の 運 営 に 係 る 諸 経 費 は 協 会 の 特 別 会 計 として 処 理 する ( 計 算 期 間 ) 第 76 条 の2 前 条 に 定 める 特 別 会 計 の 計 算 期 間 は 毎 年 4 月 1 日 から 翌 年 の3 月 31 日 までとす る ( 計 算 の 承 認 ) 第 76 条 の3 前 2 条 に 定 める 特 別 会 計 の 事 業 計 画 および 収 支 予 算 については 毎 事 業 年 度 の 開 始 の 日 の 前 日 までに 協 会 の 代 表 理 事 ( 以 下 代 表 理 事 という )が 作 成 し 理 事 会 の 承 認 を 受

26 けなければならない これを 変 更 する 場 合 も 同 様 とする 2 前 項 の 書 類 については 主 たる 事 務 所 に 当 該 事 業 年 度 が 終 了 するまでの 間 備 え 置 くものとす る ( 事 業 報 告 および 決 算 ) 第 76 条 の4 前 3 条 に 定 める 特 別 会 計 の 事 業 報 告 および 決 算 については 毎 事 業 年 度 終 了 後 代 表 理 事 が 次 の 書 類 を 作 成 し 監 事 の 監 査 を 受 け 理 事 会 の 承 認 を 経 て 総 会 に 提 出 し 第 1 号 の 書 類 についてはその 内 容 を 報 告 し 第 3 号 および 第 4 号 の 書 類 については 承 認 を 受 けなけれ ばならない 一 事 業 報 告 二 事 業 報 告 の 附 属 明 細 書 三 貸 借 対 照 表 四 損 益 計 算 書 五 貸 借 対 照 表 および 損 益 計 算 書 の 附 属 明 細 書 第 9 章 雑 則 ( 付 属 規 定 ) 第 77 条 細 則 その 他 この 規 則 の 運 営 上 必 要 な 事 項 は 事 務 委 員 会 の 決 議 をもってこれを 定 めるこ とができる 2 日 本 銀 行 において この 規 則 と 異 なる 定 めをしている 場 合 には その 定 めによるものとする ( 規 則 改 正 ) 第 78 条 この 規 則 の 改 正 は 理 事 会 の 決 議 によるものとする ただし 様 式 第 1 号 から 第 2 号 の 2の 改 正 については 事 務 委 員 会 の 決 議 によるものとする 2 第 1 条 から 第 15 条 第 20 条 第 21 条 第 39 条 から 第 41 条 第 48 条 から 第 51 条 第 54 条 第 55 条 から 第 58 条 第 59 条 第 59 条 の 2 第 60 条 第 62 条 第 63 条 第 65 条 の5 第 70 条 第 71 条 の2 から 第 71 条 の 16 前 条 第 2 項 本 条 および 様 式 第 1 号 から 第 2 号 の2の 改 正 は 日 本 銀 行 の 承 認 を 得 て 実 施 するものとする 附 則 ( 実 施 期 日 ) 第 1 条 この 規 則 は 昭 和 46 年 7 月 7 日 から 実 施 する ただし 第 4 章 の 規 定 は 昭 和 46 年 10 月 18 日 から 実 施 する 附 則 ( 平 ) ( 旧 規 則 にもとづく 手 続 等 の 変 更 手 続 )

27 第 1 条 この 規 則 の 改 正 実 施 前 に 理 事 会 決 議 をもって 定 めたこの 規 則 の 運 営 上 必 要 な 事 項 の 変 更 は この 規 則 の 改 正 実 施 後 は 事 務 委 員 会 における 決 議 をもって 行 うものとする 附 則 ( 平 ) ( 実 施 期 日 ) 第 1 条 この 規 則 は 平 成 23 年 4 月 1 日 から 実 施 する ( 旧 規 則 にもとづく 参 加 銀 行 の 地 位 ) 第 2 条 この 規 則 の 改 正 実 施 前 の 社 員 銀 行 準 社 員 銀 行 客 員 および 委 託 金 融 機 関 の 地 位 につい ては この 規 則 の 改 正 実 施 後 も 従 前 の 地 位 から 変 更 はない 附 則 ( 平 ) ( 実 施 期 日 ) 第 1 条 この 規 則 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 実 施 する 第 2 条 この 規 則 の 改 正 実 施 日 の 前 日 に 準 社 員 銀 行 または 委 託 金 融 機 関 である 正 会 員 については この 規 則 の 改 正 実 施 日 に 社 員 銀 行 ( 委 託 金 融 機 関 にあっては 委 託 社 員 銀 行 )となる この 場 合 規 則 第 16 条 の2は 適 用 しない

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

個人向け国債の事務取扱いに関する細則

個人向け国債の事務取扱いに関する細則 個 人 向 け 国 債 の 事 務 取 扱 いに 関 する 細 則 目 次 1.この 細 則 の 適 用 2. 用 語 の 定 義 3. 募 集 に 関 する 事 務 4. 払 込 等 に 関 する 事 務 5. 中 途 換 金 に 関 する 事 務 6. 手 数 料 に 関 する 事 務 7. 振 替 先 口 座 の 確 認 8. 所 要 事 項 の 決 定 等 9. 雑 則 [ 参 考 1] 計

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Suica付学生証等利用特約(案)

Suica付学生証等利用特約(案) PASMO 付 身 分 証 等 利 用 特 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 特 約 は PASMO 付 身 分 証 等 の 発 行 者 である 身 分 証 等 の 発 行 者 ( 以 下 身 分 証 等 発 行 者 といいます ) 東 京 急 行 電 鉄 株 式 会 社 ( 以 下 事 業 者 といいます ) 及 び 株 式 会 社 パスモ( 以 下 パスモ といいます )が PASMO 付 身

More information

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 自 由 金 利 型 定 期 預 金 M 型 (スーパー 定 期 ) 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 個 人 のお 客 さま この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 および 当 金 庫 が 提 携 した 他 の 労 働 金 庫 ( 以 下 提 携 金 庫 といいます )のどこの 店 舗 でも 預 入 れができます (2) 団 体 のお 客 さま この 預 金 は

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

   新潟市市税口座振替事務取扱要領

   新潟市市税口座振替事務取扱要領 昭 和 63 年 4 月 1 日 制 定 平 成 13 年 5 月 1 日 全 部 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 12 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 7 月 17 日 一 部 改 正 平 成

More information

一部解約可能型定期預金(複利型)規定

一部解約可能型定期預金(複利型)規定 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 ) 規 定 この 規 定 は 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 )についての 当 行 の 取 扱 いを 記 載 したものです な お この 預 金 には 満 期 時 に 自 動 継 続 の 取 扱 いをするもの( 以 下 自 動 継 続 型 といいます )と 自 動 解 約 の 取 扱 いをするもの( 以 下 満

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

ずれかに 属 しなければならないものとする 但 し パートは 同 一 種 類 の 楽 器 に 1 パート 以 上 形 成 できないものとし 運 営 委 員 会 の 承 認 を 経 たものであ ることを 要 する ( 団 員 の 義 務 ) 第 8 条 団 員 は 次 の 義 務 を 負 う (1)こ

ずれかに 属 しなければならないものとする 但 し パートは 同 一 種 類 の 楽 器 に 1 パート 以 上 形 成 できないものとし 運 営 委 員 会 の 承 認 を 経 たものであ ることを 要 する ( 団 員 の 義 務 ) 第 8 条 団 員 は 次 の 義 務 を 負 う (1)こ 東 村 山 交 響 楽 団 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 団 は 東 村 山 交 響 楽 団 と 称 する ( 所 在 地 ) 第 2 条 本 団 の 所 在 地 を 次 のとおりとする 東 京 都 東 村 山 市 秋 津 町 4 丁 目 41 番 地 4 ( 目 的 ) 第 3 条 本 団 は 音 楽 愛 好 家 による 演 奏 活 動 を 行 うこと 並 びにその

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総 郵 便 局 において 提 供 されるユニバーサルサービスについて 日 本 郵 政 株 式 会 社 及 び 日 本 郵 便 株 式 会 社 は その 業 務 の 運 営 に 当 たっては 郵 便 の 役 務 簡 易 な 貯 蓄 送 金 及 び 債 権 債 務 の 決 済 の 役 務 並 びに 簡 易 に 利 用 できる 生 命 保 険 の 役 務 を 利 用 者 本 位 の 簡 便 な 方 法 により

More information

特定非営利活動法人 定款例

特定非営利活動法人 定款例 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys 定 款 平 成 26 年 3 月 13 日 変 更 平 成 25 年 5 月 15 日 変 更 平 成 23 年 6 月 29 日 変 更 平 成 22 年 12 月 12 日 作 成 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

東京大学生協ICカード利用規約

東京大学生協ICカード利用規約 西 南 学 院 大 学 生 活 協 同 組 合 IC カード 規 則 西 南 学 院 大 学 生 活 協 同 組 合 第 1 条 (IC カードの 定 義 ) この 規 則 でいう 大 学 生 協 のIC カードとは Tuo カ-ド と 呼 称 する 大 学 生 協 がクレジット 会 社 との 提 携 により 発 行 す るクレジット 機 能 付 きのカードに IC チップを 搭 載 したカ-ド(

More information

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者 労 災 レセプト 電 算 処 理 システム 利 用 規 約 ( 目 的 及 び 定 義 ) 第 1 条 本 規 約 は 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 ( 以 下 労 働 基 準 局 という )が 運 営 する 労 災 レセプト 電 算 処 理 システムを 利 用 する 場 合 に 必 要 な 事 項 を 定 めるものです 2 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 意 義 は 次

More information

総合口座取引規定

総合口座取引規定 総 合 口 座 取 引 規 定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は おきぎん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 という ) ができます 1 普 通 預 金 2 新 型 期 日 指 定 定 期 預 金 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 )(スーパー 定 期 ) および 自 由 金 利 型 定 期 定 期 預 金 ( 大 口 定

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63> 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 府 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 上 方 落 語 を 中

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補 dカードケータイ 補 償 規 約 dカードケータイ 補 償 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます)は 当 社 がdカードの 会 員 に 対 し 提 供 する dカードケータイ 補 償 ( 以 下 本 特 典 といいます)の 内 容 および 提 供 条 件 等 の 基 本 的 事 項 を 定 めるものです 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 定 義 は 以

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

者 が 在 学 した 期 間 の 年 数 を 乗 じて 得 た 額 から 当 該 者 が 在 学 した 期 間 に 納 付 すべき 授 業 料 の 総 額 を 控 除 した 額 を 徴 収 するものとする 3 在 学 生 が 長 期 履 修 学 生 として 認 められた 場 合 の 授 業 料 の

者 が 在 学 した 期 間 の 年 数 を 乗 じて 得 た 額 から 当 該 者 が 在 学 した 期 間 に 納 付 すべき 授 業 料 の 総 額 を 控 除 した 額 を 徴 収 するものとする 3 在 学 生 が 長 期 履 修 学 生 として 認 められた 場 合 の 授 業 料 の 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 の 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 43 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 ( 以 下 法 人 という )が 徴 収 する 授 業 料 その 他 の 料 金 について 定 めることを 目 的 とする ( 料 金 ) 第 2 条 法 人 の

More information

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保 日 立 工 機 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 則 ( 制 定 1951 年 12 月 4 日 ) 改 正 2016 年 1 月 12 日 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 当 会 社 の 株 主 の 権 利 の 行 使 等 に 関 する 取 扱 いその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 については 振 替 機 関 である 株 式 会 社 証 券 保 管

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領 平 成 7 年 度 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 交 付 申 請 書 等 作 成 提 出 要 領 交 付 申 請 等 に 当 たっては 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 取 扱 要 領 ( 以 下 取 扱 要 領 という ) も 参 照 の 上 以 下 の 関 係 書 類 を 作 成 し 各 大 学 短

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

(4) 会 員 が 加 盟 店 で miyoca サービスを 利 用 して 商 品 等 の 購 入 または 提 供 を 受 ける 場 合 に 利 用 できるカードの 枚 数 は 加 盟 店 により 異 なり (5) 会 員 は miyoca サービスを 利 用 した 場 合 は 交 付 するレシート

(4) 会 員 が 加 盟 店 で miyoca サービスを 利 用 して 商 品 等 の 購 入 または 提 供 を 受 ける 場 合 に 利 用 できるカードの 枚 数 は 加 盟 店 により 異 なり (5) 会 員 は miyoca サービスを 利 用 した 場 合 は 交 付 するレシート miyoca 利 用 規 約 (クラブカード 一 体 型 ) 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は イズミヤ 株 式 会 社 が 発 行 する イズミヤクラブカード ( 以 下 クラブカード といい)の 会 員 に 対 す る 付 帯 サービスとして 提 供 される イズミヤカード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といい)が 発 行 する 電 子 マネーである miyoca を 利 用 することができるサービス(

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

( 第 2 項 ) 会 員 がサービスを 利 用 するためにカードを 提 示 した 場 合 当 社 及 び 関 連 会 社 は 会 員 本 人 であることを 確 認 するために 身 分 証 明 書 の 提 示 を 要 求 することがあります この 場 合 会 員 は 当 社 及 び 関 連 会 社

( 第 2 項 ) 会 員 がサービスを 利 用 するためにカードを 提 示 した 場 合 当 社 及 び 関 連 会 社 は 会 員 本 人 であることを 確 認 するために 身 分 証 明 書 の 提 示 を 要 求 することがあります この 場 合 会 員 は 当 社 及 び 関 連 会 社 ロッテ 免 税 店 VIP 会 員 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は ロッテ 免 税 店 の 会 員 がロッテ 免 税 店 ( 以 下 当 社 という )が 提 供 する 会 員 サービスを 利 用 するにあたり ロッテ 免 税 店 の 会 員 と 当 社 内 における 諸 権 利 義 務 及 び 関 連 諸 手 続 きなどを 規 定 することにその 目 的 があります 第

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

Taro-入札説明書(真空巻締め)

Taro-入札説明書(真空巻締め) 入 札 説 明 書 宮 崎 県 水 産 試 験 場 が 行 う 真 空 巻 締 め 機 の 賃 貸 借 に 係 る 入 札 公 告 に 基 づく 一 般 競 争 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 入 札 に 参 加 する 者 は 下 記 事 項 を 熟 知 の 上 で 入 札 しなけれこの 場 合 におい て 当 該 説 明 書

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 本 規 約 の 目 的 ) 第 1 条 エヌ ティ ティ コミュニケーションズ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は この おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 ( 料 金 表 を 含 みます 以 下 本 規 約 といいます )を 定 め おまかせ!ホームページ 制 作

More information

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案)

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案) 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 事 務 所 を 福 岡 市 東 区 松 香 台 1 丁 目 10 番 1 号 におく 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること 大 好 きポイント コンサドーレ 札 幌 サービス 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は フェリカポケットマーケティング 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )が 発 行 する 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カ ード 及 びポイントサービスの 利 用 条 件 について 定 めます 2. 利 用 者 が 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カードの 利 用

More information

002363-016第6号様式記載の手引.indd

002363-016第6号様式記載の手引.indd 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1)この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方 法

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information