Microsoft Word - 研究収録原稿 .doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 研究収録原稿 .doc"

Transcription

1 高 等 学 校 情 と 表 現 における 情 発 信 能 力 を 育 成 する 教 材 の 開 発 に 関 する 研 究 - 企 画 書 の 作 成 技 法 を 習 得 する 学 習 活 動 をとおして- 岩 手 県 立 紫 波 高 等 学 校 教 諭 工 藤 峰 生 Ⅰ 研 究 目 的 高 等 学 校 では これからの 情 化 社 会 を 支 える 人 材 育 成 のため 11 科 目 で 構 成 される 専 門 教 科 情 が 新 設 された この 中 の 科 目 情 と 表 現 では マルチメディアの 活 用 法 及 びコミュニケーシ ョンやプレゼンテーションの 基 本 的 活 用 を 身 に 付 けることで 表 現 力 を 伸 ばすとともに 情 を 適 切 に 表 現 できる 情 発 信 能 力 の 育 成 が 重 要 である 本 校 では 平 成 16 年 度 に 総 合 学 科 を 設 置 し マルチメディアの 社 会 的 役 割 について 理 解 させるためマ ルチメディア 系 列 を 開 設 する この 系 列 の 学 習 活 動 では 情 と 表 現 が 必 履 修 科 目 であり 情 を 積 極 的 に 活 用 するため 目 的 に 応 じた 新 しい 情 を 自 ら 加 工 し 創 造 することに 加 えて 情 を 適 切 に 表 現 し 効 果 的 に 発 信 することのできる 教 材 が 必 要 である そのためには 情 発 信 の 目 的 や 聞 き 手 によって 様 式 や 内 容 構 成 が 異 なる 企 画 書 の 作 成 技 法 を 習 得 させ 実 際 の 発 表 をとおして 表 現 力 を 伸 ばし 活 用 法 の 定 着 を 図 るテキストを 含 めた 一 連 の 流 れ を 学 習 する 教 材 を 開 発 することが 必 要 である このような 教 材 を 用 いることにより 情 発 信 能 力 を 育 成 することができると 考 える そこで 本 研 究 は 情 を 表 現 伝 達 できる 情 発 信 能 力 を 育 成 するために 企 画 書 の 作 成 技 法 を 習 得 する 教 材 を 開 発 し 授 業 実 践 をとおして その 有 効 性 を 明 らかにし 高 等 学 校 情 と 表 現 の 学 習 指 導 の 充 実 に 役 立 てようとするものである Ⅱ 研 究 仮 説 高 等 学 校 専 門 教 科 情 情 と 表 現 の 学 習 指 導 において 企 画 書 の 作 成 技 法 を 習 得 する 教 材 を 開 発 し 授 業 に 用 いれば 情 発 信 能 力 が 育 成 できるであろう Ⅲ 研 究 の 内 容 と 方 法 1 研 究 の 内 容 (1) 高 等 学 校 情 と 表 現 における 情 発 信 能 力 を 育 成 する 教 材 の 開 発 に 関 する 基 本 構 想 の 立 案 (2) 基 本 構 想 に 基 づく 手 だての 試 案 の 作 成 (3) 基 本 構 想 に 基 づく 教 材 の 開 発 (4) 授 業 実 践 及 び 実 践 結 果 の 分 析 と 考 察 (5) 高 等 学 校 情 と 表 現 における 情 発 信 能 力 を 育 成 する 教 材 の 開 発 に 関 するまとめ 2 研 究 の 方 法 (1) 文 献 法 (2) 質 問 紙 法 (3) テスト 法 (4) 授 業 実 践 3 授 業 実 践 の 対 象 岩 手 県 立 紫 波 高 等 学 校 第 1 学 年 1 学 級 ( 男 子 18 名 女 子 18 名 計 36 名 )

2 Ⅳ 研 究 結 果 の 分 析 と 考 察 1 高 等 学 校 情 と 表 現 における 情 発 信 能 力 を 育 成 する 教 材 の 開 発 に 関 する 基 本 構 想 (1) 高 等 学 校 情 と 表 現 における 情 発 信 能 力 を 育 成 することについての 基 本 的 な 考 え 方 これからの 情 化 社 会 で 職 業 人 社 会 人 として 求 められる 基 本 的 な 知 識 や 技 能 は あふれる 情 の 中 から 自 分 に 必 要 な 情 を 選 択 し 主 体 的 に 自 らの 考 えを 築 き 上 げていく 力 であり コンピュータ 等 の 情 機 器 やアプリケーションソフトウェア 等 の 情 手 段 を 適 切 に 活 用 する 方 法 を 理 解 していること である これは 課 題 や 目 的 に 応 じて 情 手 段 を 適 切 に 活 用 することを 含 めて 必 要 な 情 を 主 体 的 に 分 析 収 集 創 造 表 現 し 受 け 手 の 状 況 などを 踏 まえて 発 信 伝 達 できる 能 力 であり 情 活 用 の 基 礎 となる 情 手 表 1 本 研 究 で 育 成 する 情 発 信 能 力 の 構 成 要 素 構 成 要 素 部 分 要 素 段 の 特 性 の 理 解 と 情 の 創 造 力 分 析 自 分 の 目 的 に 適 した 情 を 分 析 する 情 分 析 した 情 を 基 に 情 を 収 集 収 集 目 的 に 応 じた 必 要 な 情 を 収 集 する 情 を 適 切 に 扱 い 自 し 新 しい 情 を 創 造 する 力 発 創 造 収 集 した 情 を 基 に 構 成 を 考 え 新 しい 情 を 創 造 する 信 情 の 表 現 力 整 理 伝 達 する 情 の 内 容 に 整 理 する らの 情 活 用 を 評 能 創 造 した 情 を 整 理 加 工 し 相 手 に 加 工 伝 達 する 情 の 内 容 に 加 工 する 力 適 切 に 表 現 できる 力 表 現 伝 達 する 情 の 内 容 を 相 手 に 分 かりやすく 表 現 する 価 改 善 するための 情 の 発 信 伝 達 力 発 信 創 造 した 情 を 発 信 伝 達 する 基 礎 的 な 理 論 や 方 法 創 造 した 情 を 受 け 手 の 状 況 を 踏 伝 達 まえながら 効 果 的 に 発 信 伝 達 する 力 比 較 伝 達 された 情 から 良 さや 違 いを 見 つけ 必 要 性 や 価 値 が 分 かる を 理 解 することである そこで 本 研 究 では 情 発 信 能 力 を 表 1 に 示 す1 情 の 創 造 力 2 情 の 表 現 力 3 情 の 発 信 伝 達 力 という 三 つの 能 力 としてとらえ コンピュータ 等 の 情 機 器 やアプリケーションソフトウ ェア 等 の 情 手 段 を 活 用 することにより 情 発 信 能 力 が 高 まり 表 現 力 を 伸 ばすとともに 情 を 適 切 に 表 現 できる 能 力 が 身 に 付 くと 考 える (2) 情 発 信 能 力 を 育 成 する 教 材 を 開 発 する 意 義 高 等 学 校 情 と 表 現 の 内 容 にある 情 発 信 の 基 礎 プレゼンテーションによる 情 発 信 では プレゼンテーションの 対 象 に 即 した 企 画 書 や 告 書 などの 作 成 技 法 を 扱 い 実 際 にプレゼンテーショ ンを 行 い 学 習 成 果 の 定 着 を 図 ることが 大 切 であると 述 べられている そこで 情 発 信 能 力 を 育 成 す るには 生 徒 にとって 身 近 な 学 習 課 題 を 題 材 として 情 の 分 析 収 集 創 造 や 効 果 的 な 表 現 加 工 伝 達 などを 体 験 できる 教 材 を 開 発 生 徒 の 実 態 情 化 社 会 の 中 で 求 められている 基 礎 的 な 情 を 活 用 する 能 力 や 態 度 を 指 導 の 実 態 身 に 付 ける 目 的 に 応 じて 新 しい 情 を 自 ら 加 工 し 創 造 することができる 能 力 や 態 度 を する 意 義 があると 考 える 企 画 書 告 書 などの 配 布 資 料 や 視 覚 資 料 を 作 成 することが 必 要 であるこ 身 に 付 けさせ 情 を 有 効 に 活 用 するために 適 切 に 表 現 し 効 果 的 に 発 信 とを 理 解 する できる 知 識 や 技 法 について 学 習 する 教 材 が 必 要 である その 成 果 を 今 後 の 学 習 や 仕 事 の 中 で 実 践 していくことが 必 要 である 情 の 創 造 では 自 分 の 目 的 に 適 した 情 を 分 析 収 集 し 新 し 情 を 表 現 伝 達 できる 情 発 信 能 力 を 育 成 する 指 導 学 習 活 動 構 成 要 素 指 導 の 手 だて い 情 を 創 りだす 力 を 身 に 付 ける 1 企 画 書 を 作 成 する 活 動 聞 き 手 の 調 査 と 分 析 を 行 う 企 画 書 の 作 成 技 法 を 習 得 させ 実 際 の 生 説 得 力 のある 情 を 収 集 する 発 表 をとおして 表 現 力 を 伸 ばし 活 用 法 1 情 ため プレゼンテーションの 対 象 ストーリーの 計 画 と 立 案 をする の 創 造 力 の 定 着 を 図 る 教 材 の 利 用 徒 ストーリーの 構 成 を 考 え 完 成 する 分 析 収 集 創 造 一 連 の 流 れを 学 習 する テキスト 教 材 に に 即 した 企 画 書 の 作 成 技 法 を 取 り 2 アプリケーションソフトウェアや 関 連 機 器 を 利 用 して 企 画 書 に 基 づいたスライドを 作 成 メディア 表 現 技 法 の 基 礎 と する 活 動 スライドの 組 み 立 てとレイアウトを 検 討 する を 学 習 するコンピュータ 上 げ 内 容 を 確 認 し 聞 き 手 を 分 文 字 の 入 力 や 編 集 を 行 う っ 教 材 写 真 イラスト グラフ 図 形 などを 加 工 して 挿 2 情 の 表 現 力 入 する て 配 布 資 料 発 表 用 資 料 を 作 成 する 整 理 加 工 表 現 1 プレゼンテーションの 対 象 に 即 した 企 析 し 必 要 な 情 を 収 集 し 内 容 画 書 の 作 成 技 法 を 身 に 付 ける 教 材 身 2 プレゼンテーションソフトを 利 用 して 3 プレゼンテーションスライドを 発 表 する 活 動 スライドの 組 み 立 てとレイアウトを 検 討 近 話 し 方 の 基 本 や 説 得 力 のある 話 術 態 度 を 学 し 文 字 の 入 力 や 編 集 を 行 い 写 真 の 構 成 を 考 える 教 材 を 開 発 する 意 習 する イラスト グラフ 図 形 などを 加 工 し 発 な リハーサルを 行 い 問 題 点 を 明 らかにし スライ 3 情 表 用 資 料 を 作 成 する 教 材 の 発 信 伝 達 力 ドや 資 料 の 修 正 を 行 う 3 プレゼンテーションツールを 利 用 して 義 がある 実 際 に 作 成 したプレゼンテーションを 発 表 する 話 し 方 の 基 本 や 態 度 を 学 習 して 実 際 学 発 プレゼンテーションの 改 善 ポイントをまとめ 評 信 伝 達 比 較 に 発 表 し 評 価 反 省 する 教 材 価 反 省 する 習 情 の 表 現 では 創 造 した 情 情 発 信 能 力 の 高 まり 主 体 的 に 自 らの 考 えを 築 き 上 げていくことができる 課 情 手 段 を 適 切 に 活 用 する 能 力 と 活 用 の 手 段 を 理 解 できる 題 を 整 理 加 工 し 相 手 に 適 切 に 表 情 発 信 能 力 が 高 まった 生 徒 像 を 表 現 力 を 伸 ばすとともに 情 を 適 切 に 表 現 でき 効 果 的 に 発 信 伝 達 することができる 生 徒 現 できる 力 を 身 に 付 けるため プ 題 図 1 情 発 信 能 力 を 育 成 する 教 材 の 開 発 に 関 する 基 本 構 想 図 材 と し た 教 材

3 レゼンテーションソフトを 利 用 したスライドの 組 み 立 てとレイアウトを 検 討 文 字 の 入 力 や 編 集 を 行 い 写 真 イラスト グラフ 図 形 などを 加 工 し メディア 表 現 技 法 の 基 礎 を 学 習 する 教 材 を 開 発 す る 意 義 がある 情 の 発 信 伝 達 では 創 造 した 情 を 受 け 手 の 状 況 を 踏 まえながら 効 果 的 に 発 信 伝 達 する 力 を 身 に 付 けるため プレゼンテーションツールを 利 用 して 話 し 方 の 基 本 や 説 得 力 のある 話 術 態 度 を 学 習 して 実 際 に 発 表 し 改 善 ポイントをまとめ 評 価 反 省 する 教 材 を 開 発 する 意 義 がある (3) 情 発 信 能 力 を 育 成 するための 基 本 構 想 図 これまで 述 べてきたことをもとに 開 発 する 実 習 教 材 を 用 いた 情 発 信 能 力 を 育 成 する 教 材 の 開 発 に 関 する 基 本 構 想 図 を 前 頁 図 1 に 示 す 2 基 本 構 想 に 基 づく 手 だての 試 案 (1) 基 本 構 想 に 基 づく 情 発 信 能 力 を 育 成 する 実 習 教 材 の 開 発 に 関 する 手 だての 試 案 基 本 構 想 を 基 に 情 発 信 能 力 を 育 成 する 実 習 教 材 の 開 発 に 関 する 手 だての 試 案 を 表 2 に 示 す 表 2 情 発 信 能 力 を 育 成 するための 手 だての 試 案 情 の 創 造 情 の 表 現 情 の 発 信 伝 達 プレゼンテーションの 内 容 の 確 認 を 行 う 聞 き 手 の 調 査 と 分 析 を 行 う 説 得 力 のある 情 を 収 集 する ストーリーの 計 画 と 立 案 をす る ストーリーの 構 成 を 考 え 完 成 させる 学 習 活 動 企 画 書 を 作 成 する 活 動 プレゼンテーションの 意 味 と3つの 段 階 ( 伝 達 理 解 促 進 定 着 説 得 応 用 実 行 )を 理 解 する プレゼンテーション 全 体 の 流 れ( 内 容 の 決 定 発 表 準 備 リハ ーサル 本 番 フィードバック)を 理 解 する (2) 検 証 計 画 ア 検 証 の 概 要 検 証 の 概 要 は 表 3 のとおりである イ 情 発 信 能 力 の 育 成 状 表 3 検 証 の 概 要 検 証 項 目 検 証 内 容 処 理 解 釈 の 方 法 況 をみるための 検 証 1 情 発 信 能 力 の 育 (1) 情 を 創 造 する 力 1 事 前 と 事 後 にテストを 行 いその 変 化 成 状 況 (2) 情 を 表 現 する 力 についてt 検 定 と 有 効 度 指 数 を 用 い 情 発 信 能 力 の 構 成 要 素 であ (3) 情 を 発 信 伝 達 する 力 て 分 析 考 察 する 2 情 発 信 能 力 に 関 (1) 情 の 創 造 に 関 する 意 識 1 事 前 と 事 後 に 質 問 を 行 いその 変 化 につ る 情 を 創 造 する 力 情 を する 意 識 の 変 容 状 況 (2) 情 の 表 現 に 関 する 意 識 いてχ 2 検 定 を 用 いて 分 析 考 察 する (3) 情 の 発 信 伝 達 に 関 する 意 識 2 事 後 の 感 想 を 基 に 分 析 考 察 する 表 現 する 力 情 を 発 信 伝 達 3 企 画 書 作 成 技 法 の 習 (1) 企 画 書 作 成 技 法 の 習 得 1 事 後 の 質 問 と 感 想 を 基 に 分 析 考 察 する 得 と 教 材 授 業 に 関 す (2) 実 習 教 材 に 関 する 意 識 する 力 の 育 成 状 況 をみるため る 意 識 の 変 容 状 況 (3) 情 と 表 現 に 関 する 意 識 それぞれの 観 点 から 次 頁 表 4 に 示 すテストを 作 成 し 事 前 及 び 事 後 に 同 一 の 設 問 で 実 施 して 比 較 し 分 析 する 指 導 上 の 留 意 点 プレゼンテーションの 意 味 を 考 え プレゼ ンテーションの 目 的 によって3つの 段 階 が あることを 理 解 させる 本 番 までどのような 手 順 があるのか 理 解 さ せる 与 えられた 条 件 を 確 認 する( 会 場 機 器 の 使 用 など) 聞 き 手 を 調 査 し 分 析 を 的 確 に 行 う 聞 き 手 の 違 いにより 聞 き 手 が 興 味 のある 内 容 や 手 法 が 異 なることを 認 識 させる 説 得 力 を 高 める 情 ( 事 実 データ)を 収 集 する 目 的 に 適 した 情 収 集 の 手 段 を 理 解 する 情 収 集 を 行 い 内 容 を 決 定 する 情 が 内 容 に 合 っているか 確 認 する プランニングシート ストーリー 記 述 シート プログラムシー プランニングシート ストーリー 記 述 シー トを 作 成 し プレゼンテーションプログラムを 立 案 する トから 内 容 や 進 行 順 序 を 詳 細 に 決 定 する ここではストーリーシート 完 成 版 を 企 画 書 とする 項 目 の 作 成 と 絞 込 み 話 す 内 容 を3つ 程 度 にする 筋 の 通 った 内 容 になるように 順 番 を 考 える タイトルやまとめなどをつくる 完 成 したストーリーを 確 認 する 聞 き 手 と 話 し 手 の 満 足 が 得 られるか 留 意 する 与 えられた 条 件 に 合 っているか 留 意 する アプリケーションソフトウェアや 関 連 機 器 を 利 用 して 企 画 書 に 基 づいたスライドを 作 成 する 活 動 スライドの 組 み 立 てとレイア 話 の 組 み 立 てとレイアウトを 検 討 する 情 をどのように 表 現 するか 考 える ウトを 検 討 する プレゼンテーションソフトを 利 用 し テンプレートを 選 択 する 文 字 の 入 力 や 編 集 を 行 う 文 字 の 入 力 編 集 を 行 う 聞 き 手 に 合 わせたスライドを 作 成 していく 写 真 イラスト グラフ 図 形 などを 加 工 して 挿 入 する 写 真 イラスト グラフ 図 形 などを 加 工 して 挿 入 する また 特 殊 効 果 の 設 定 を 行 う スライドと 話 の 内 容 が 合 っているか 確 認 す る 配 布 資 料 発 表 用 資 料 を 作 成 する 配 布 資 料 発 表 用 資 料 を 作 成 する 話 しやすいスライドか 確 認 して 修 正 する プレゼンテーションのスライドを 発 表 する 活 動 話 し 方 の 基 本 や 説 得 力 のある 話 し 方 態 度 発 問 や 応 答 服 装 会 場 の 状 況 を 考 え プレゼ 信 頼 感 を 与 える 話 し 方 を 練 習 する 話 術 態 度 を 学 習 する ンテーションのポイントを 理 解 する リハーサルを 行 い 問 題 点 を 明 コンピュータとプロジェクタ 指 し 棒 やレーザポインタの 特 徴 必 ずリハーサルを 行 い チェックしてから らかにして スライドや 資 料 を 理 解 する 本 番 に 臨 む の 修 正 を 行 う リハーサルを 行 い 問 題 点 を 明 らかにしてスライドや 資 料 の 修 正 を 行 う 本 番 と 同 じか 近 い 条 件 で 実 施 してみる プレゼンテーションを 行 う 実 際 に 作 成 したプレゼンテーションを 発 表 する 問 題 があればストーリー スライドを 修 正 する プレゼンテーションの 改 善 ポイ プレゼンテーションの 準 備 から 実 施 成 果 までを 振 り 返 る 評 価 反 省 し 改 善 する ントをまとめ 評 価 反 省 する 次 のプレゼンテーションの 改 善 ポイントをまとめる

4 ウ 情 発 信 能 力 に 関 する 意 識 の 変 容 状 況 表 4 情 発 信 能 力 の 育 成 状 況 をみるためのテスト 能 力 情 発 信 能 力 の 育 成 状 況 をみるためのテスト をみるための 検 証 (1) プレゼンテーションとは 何 かの 意 味 情 (2) プレゼンテーションの 目 的 に 応 じた3つの 段 階 情 発 信 能 力 に 関 する 意 識 の 変 容 状 況 をみるた (3) プレゼンテーション 本 番 までの 全 体 の 流 れ を めに 情 の 創 造 に 関 する 意 識 情 の 表 現 に 創 (4) プレゼンテーションの 聞 き 手 調 査 項 目 造 (5) プレゼンテーションの 目 的 にあった 情 を 収 集 する 方 法 す (6) わかりやすい 文 書 を 記 述 するための 基 本 事 項 関 する 意 識 情 の 発 信 伝 達 に 関 する 意 識 の る 力 (7) 文 章 を 書 くときに 必 要 となる5W1H (8) プレゼンテーション 資 料 を 作 成 する 場 合 の 留 意 事 項 観 点 について 事 前 及 び 事 後 に 同 一 の 質 問 で 調 査 を (9) プレゼンテーション 資 料 を 作 成 する 場 合 の 数 値 処 理 方 法 実 施 して その 結 果 を 比 較 する (10) プレゼンテーション 資 料 を 作 成 する 場 合 の 企 画 書 (1) スライド 作 成 に 適 したフォント エ 企 画 書 作 成 技 法 の 習 得 と 教 材 授 業 に 関 (2) スライド 作 成 に 適 した 文 字 のスタイル (3) スライド 作 成 の 背 景 色 と 文 字 色 の 効 果 する 意 識 の 変 容 状 況 をみるための 検 証 (4) スライド 作 成 のイラストの 挿 入 情 (5) スライド 作 成 の 文 字 と 行 数 のまとめ 方 企 画 書 作 成 技 法 の 習 得 と 教 材 授 業 に 関 する 意 情 を (6) スライド 作 成 の 適 度 なアニメーション 効 果 表 (7) スライドに 挿 入 できるコンテンツ 発 現 識 の 変 容 状 況 をみるために 事 後 に 調 査 を 行 い 分 信 す (8) 理 解 しやすいスライド 文 章 のまとめかた 能 る (9) 色 相 と 色 調 析 し 考 察 する 力 力 (10) 配 布 資 料 の 印 刷 (11) スライドをカラー 化 する 色 数 3 基 本 構 想 に 基 づく 教 材 の 開 発 (12) グラフデザインの 表 現 の 仕 方 (13) スキャナーからの 取 り 込 み 画 像 の 解 像 度 基 本 構 想 に 基 づき 情 発 信 能 力 を 育 成 する 教 (14) チャートとは 何 かの 意 味 (15) コンピュータに 接 続 して 投 影 する 装 置 材 の 開 発 を 以 下 のように 行 った (1) 態 度 身 だしなみの 工 夫 の 具 体 的 項 目 と 効 果 情 (1) 教 材 開 発 の 目 標 (2) 話 し 方 表 現 の 工 夫 の 具 体 的 項 目 と 効 果 を (3) プレゼンテーションを 発 表 する 際 の 立 ち 方 の 注 意 点 発 ア プレゼンテーションの 基 本 的 活 用 を 学 習 (4) プレゼンテーションを 発 表 する 際 の 服 装 の 注 意 点 信 (5) プレゼンテーションを 発 表 する 際 の 声 の 強 弱 や 高 低 の 強 調 伝 すると 同 時 に 企 画 書 の 作 成 技 法 を 習 得 し (6) プレゼンテーションを 発 表 する 際 の 話 の 区 切 り 方 達 す (7) プレゼンテーションを 発 表 する 際 のマイクの 使 い 方 プレゼンテーションソフトウェアを 利 用 し る (8) プレゼンテーションを 発 表 する 際 の 視 線 力 (9) プレゼンテーションを 発 表 する 際 の 意 見 や 質 問 た 資 料 作 成 を 行 い 発 表 できる 一 連 の 流 れ (10) リハーサルの 流 れ (11) プレゼンテーションの 緊 張 をほぐす 方 法 を 学 習 するテキストを 作 成 する イ 情 機 器 やアプリケーションソフトウェアを 利 用 して 実 際 にスライドや 文 書 画 像 イラ スト グラフなどメディア 表 現 技 法 の 基 礎 を 学 習 するコンピュータ 教 材 を 開 発 する (2) 教 材 開 発 の 留 意 点 ア テキストの 内 容 はプレゼンテーション 全 般 を 扱 い 必 要 に 応 じて 情 の 創 造 表 現 発 信 伝 達 がフィードバックしながら 学 習 でき 情 発 信 の 場 面 において 適 切 な 手 段 を 選 択 できるものとする イ 実 習 をとおして 体 験 的 に 理 解 するコンピュータ 教 材 は 実 際 のプレゼンテーションソフトウ ェアなどを 利 用 し 効 果 的 な 表 現 を 学 習 しながら 自 分 の 目 的 に 応 じた 情 を 加 工 し 発 表 資 料 を 作 成 するものとする ウ 授 業 で 提 示 する 視 覚 資 料 (スライド) 教 材 は 実 際 のプレゼンテーションソフトウェアを 利 用 した 資 料 とし 準 備 からリハーサル 本 番 までのプレゼンテーションの 流 れを 学 習 するもの と プレゼンテーションの 対 象 に 沿 った 企 画 書 の 例 とする 表 5 テキストの 構 成 1プレゼンテー ションの 基 礎 2PowerPoint を 使 ったプレゼ ンテーション 資 料 の 作 成 3プレゼンテー ションの 実 施 と 反 省 1 プレゼンテーションの 意 義 と 必 要 性 2 プレゼンテーションの 準 備 1 プレゼンテーション 資 料 をつくっ てみよう 2 プレゼンテーション 資 料 を 保 存 す る 開 く 3 プレゼンテーション 資 料 を 印 刷 する 4 プレゼンテーション 本 番 での 操 作 1 わかりやすく 正 確 に 伝 える 工 夫 2 リハーサルのすすめ 方 3 リハーサルの 実 施 (1)プレゼンテーションとは 何 か (2)プレゼンテーションの 段 階 (1)プレゼンテーション 全 体 の 流 れ (2) 聞 き 手 の 調 査 と 分 析 (3)ストーリーの 計 画 と 立 案 (4) 文 章 作 成 時 の 基 本 技 法 (5) 企 画 書 の 作 成 (1)スライドに 文 字 を 入 力 する (2)スライドのデザインを 変 更 する (3) 新 しいスライドをつ くる (4)イラストを 挿 入 する (5) 写 真 とグラフを 挿 入 する (6)スライドショーを 実 行 する (1) 作 成 したプレゼンテーション 資 料 をファイルに 保 存 する (2)プレゼンテーション 資 料 を 開 く (1) 配 布 資 料 を 印 刷 する (1)プレゼンテーション 資 料 作 成 の 心 得 (2)スライドショーを 投 影 する (1) 態 度 身 だしなみの 工 夫 (2) 話 し 方 表 現 の 工 夫 (1)リハーサルの 流 れ (2) 会 場 でのリハーサルの 実 施 (3)プレゼンテーション 直 前 チェッ ク 項 目 (4)プレゼンテーションの 評 価 (5)プレゼンテーションのふりかえり

5 (3) 開 発 した 教 材 の 概 要 基 本 構 想 に 基 づき 教 材 開 発 の 目 標 と 留 意 点 に 従 って 作 成 したテキストの 構 成 を 前 頁 表 5 に コ ンピュータ 教 材 のメニューを 表 6 に 示 す 表 6 コンピュータ 教 材 のメニュー 1 スライド 全 体 のデザインとレイアウト (1)センスの 良 いスライドデザイン 2 文 字 表 現 のデザインとレイアウト (1)スライドタイトル (2)フォントとカラー (3)キーワード 3 文 章 の 表 現 (1)3つのポイント (2) 箇 条 書 き 4 カラー 表 現 (1)カラーの 基 礎 知 識 (2) 統 一 感 のある 配 色 (3)カラー 化 のコツ メ5 画 像 表 現 のデザインとレイアウト (1)リアルなイラスト (2) 写 真 を 使 った 表 現 イ6 グラフのデザインとレイアウト (1)グラフデザインの 基 本 ルール (2)センスの 良 いグラフ ン メ7 表 のデザインとレイアウト (1)チャートに 近 いデザイン 化 ニ8 チャートを 使 ったデザインとレイアウト (1)チャートとは (2)チャートデザイン ュ ー 9 画 像 情 の 表 現 (1) 画 像 のディジタル 化 (2)ディジタル 画 像 の 加 工 10 特 殊 効 果 の 表 現 (1)アニメーションの 多 用 (2) 適 度 なアニメーション (3) 小 学 生 用 のプレゼンテーション (4) 高 校 生 用 のプレゼンテーション (5) 会 社 用 のプレゼンテーション (6) 目 が 不 自 由 な 方 用 のプレゼンテーション 11 各 種 シート (1) 確 認 シート (2) 情 シート (3)ストーリーづくりシート (4)ストーリーシート 完 成 版 (5) 直 前 チェックシート (6)プレゼンテーション 評 価 シート 12 スライド 作 成 方 法 と 素 材 (1) 画 像 素 材 (2)チャート 素 材 (3)プレゼンテーション 資 料 の 作 成 方 法 13 授 業 用 スライド (1) 情 と 表 現 資 料 スライド (2) 携 帯 電 話 はさらに 高 性 能 な 世 界 へ (3) 情 と 表 現 実 習 (4) 実 習 教 材 の 内 容 ア テキスト 開 発 したテキスト 教 材 の 構 成 は 基 本 構 想 に 基 づき3 章 9 節 25 項 とした 章 ごとに 情 の 創 造 表 現 発 信 伝 達 を 段 階 的 に 学 習 する 内 容 となっており 企 画 書 の 作 成 技 法 を 習 得 させ コンピュー タを 利 用 した 資 料 作 成 や 実 際 の 発 表 方 法 と 活 用 法 の 定 着 を 図 る 一 連 の 流 れを 学 習 するものである (ア) 第 1 章 プレゼンテーションの 基 礎 聞 き 手 調 査 表 プランニングシート 第 1 章 ではプレゼンテーションの 基 本 的 活 用 を 学 習 し 1 タイトル 2 分 類 提 案 発 表 告 その 他 ( ) 企 画 書 の 作 成 技 法 を 身 に 付 ける 学 習 活 動 を 取 り 上 げる 3 日 時 平 成 年 月 日 ( ) プレゼンテーションの 準 備 では プレゼンテーショ 4 目 的 5 聞 き 手 ン 全 体 の 流 れを 理 解 し 図 2 に 示 すように 聞 き 手 の 調 査 と 分 析 を 行 い 相 手 の 関 心 やニーズをつかみ 相 手 が 関 心 を 示 す 内 容 や 手 法 を 考 え 情 を 収 集 していく そ の 後 ストーリーを 考 えシートにまとめるようにした (イ) 第 2 章 PowerPoint を 使 ったプレゼンテ ーション 資 料 の 作 成 第 2 章 では 情 機 器 やアプリケーションソフトウェ アを 利 用 してメディア 表 現 の 基 礎 を 学 習 する 活 動 を 取 り 上 げる シートにまとめた 企 画 書 を 視 覚 資 料 とし て 作 成 する 図 3 に 示 すようにプレゼンテーション 資 料 を 構 成 するスライドを 作 成 するために 必 要 な 操 作 について 習 得 することをねらいとした (ウ) 第 3 章 プレゼンテーションの 実 施 と 反 省 第 3 章 ではプレゼンテーションツールを 利 用 して 実 際 に 作 成 したプレゼンテーションを 発 表 し 評 価 反 省 する 学 習 活 動 を 取 り 上 げる リハーサルの 実 施 では 実 際 の 会 場 で 聞 き 手 の 心 を 引 きつける 最 も 効 果 的 な 方 法 を 理 解 する 評 価 シートを 利 用 し 問 題 点 改 善 点 は 何 かを 振 り 返 り 改 善 することをねらいとした 人 数 や 性 別 は? 名 人 位 ( 男 性 名 女 性 名 ) 年 齢 構 成 は 10 歳 代 ( ) 人 20 歳 代 ( ) 人 30 歳 代 ( ) 人 40 歳 以 上 ( ) 人 求 めているもの 目 的 関 心 は 配 慮 する 事 項 は キーパーソン*の 出 欠 出 席 (YES NO) 肩 書 きは * 意 思 決 定 権 をもつ 人 のこと 専 門 用 語 の 認 識 度 は 6 発 表 方 法 コンピュータ プロジェクタ その 他 ( ) 7 使 用 ツール 8 発 表 会 場 9 発 表 時 間 10 その 他 図 2 聞 き 手 の 調 査 と 分 析 図 3 プレゼンテーションを 構 成 するスライドの 作 成

6 イ コンピュータ 教 材 本 研 究 で 開 発 した 教 材 のメニュー 画 面 を 図 4 に 示 す 基 本 構 想 を 基 に 13 のメニュー 36 項 の 構 成 とした 各 項 目 をクリックすることで 関 連 する 次 の 画 面 が 表 示 される 例 に 示 してあるスライドや 素 材 は 画 面 下 のボタ ンを 直 接 クリックすることで 編 集 加 工 ができるよう にした (ア) 文 章 の 表 現 1 スライド 全 体 のデザインとレイアウト 2 文 字 表 現 のデザインとレイアウト 3 文 章 の 表 現 は 文 章 図 4 メニュー 画 面 表 現 をねらいとしたもので 文 章 のポイントを 箇 条 書 き にまとめることによって 聞 き 手 が 理 解 しやすい 方 法 等 を 図 5 のように 例 を 示 し 理 解 が 図 られるようにした (イ) カラー 表 現 4 カラー 表 現 5 画 像 表 現 のデザインとレイア ウト はカラーと 画 像 表 現 をねらいとしたもので 色 相 の 違 いによって 与 える 印 象 の 違 いや 色 調 がどのような 印 象 を 与 えるか 等 を 図 6 のように 例 を 示 し 色 相 と 図 5 文 章 の 表 現 色 調 の 適 度 なバランスの 統 一 感 が 図 られるようにした (ウ) グラフ 表 チャート 画 像 のデザイン 6 グラフのデザインとレイアウト 7 表 のデザ インとレイアウト 8 チャートを 使 ったデザインと レイアウト 9 画 像 情 の 表 現 は 図 解 表 現 をねら いとしたもので 円 グラフ 棒 グラフ 線 グラフの 基 本 ルールを 理 解 し 3Dやグラデーション オートシ ェイプを 使 った 表 現 等 について 図 7 のように 例 を 示 し 理 解 が 図 られるようにした 図 6 カラー 表 現 (エ) スライドの 表 現 とシート 素 材 の 利 用 10 特 殊 効 果 の 表 現 13 授 業 用 スライド はスラ イドの 特 殊 効 果 の 表 現 をねらいとしたものである 聞 き 手 に 合 わせたスライドの 例 を 示 し スライドやスラ イドの 中 に 含 まれる 素 材 も 編 集 加 工 して 利 用 できる ものとした 11 各 種 シート は 企 画 書 の 文 書 を 作 成 するシートと 企 画 書 を 発 表 する 際 に 使 うシートであ る 12 スライド 作 成 方 法 と 素 材 はスライド 作 成 の 方 法 を 学 習 し 目 的 にあった 素 材 を 利 用 できるものである 図 7 グラフ 表 チャート 画 像 のデザイン 4 授 業 実 践 及 び 実 践 結 果 の 分 析 と 考 察 (1) 情 発 信 能 力 を 育 成 する 授 業 実 践 の 概 要 ア 実 施 期 間 平 成 15 年 8 月 20 日 ( 水 )~10 月 8 日 ( 水 ) 14 回 10 時 間 イ 授 業 実 践 の 対 象 岩 手 県 立 紫 波 高 等 学 校 1 学 年 1 学 級 ( 男 子 18 名 女 子 18 名 計 36 名 )

7 回 実 施 日 / 学 習 活 動 実 践 の 様 子 回 実 施 日 / 学 習 活 動 実 践 の 様 子 1 8 月 20 日 ( 水 )4 校 時 事 前 テスト( 単 元 テスト) 情 発 信 能 力 の 育 成 状 況 をみ るためのテストを 19 項 目 につい て 解 答 した 8 第 6 時 9 月 17 日 ( 水 )4 校 時 写 真 イラスト グラフ 図 形 を 加 工 挿 入 テキストに 従 って 進 めること で 効 果 的 な 表 現 技 法 を 習 得 し た 2 8 月 22 日 ( 金 )4 校 時 事 前 調 査 ( 質 問 紙 ) 情 発 信 能 力 に 関 する 意 識 の 状 況 をみる 質 問 紙 を 14 項 目 に ついて 回 答 した 9 第 7 時 9 月 19 日 ( 金 )4 校 時 配 布 資 料 発 表 用 資 料 を 作 成 コンピュータ 教 材 を 利 用 しな がら 主 体 的 に 編 集 加 工 を 進 め た はじめに 携 帯 電 話 が 登 場 し コン ピューターで 打 っていた 電 子 メールが 携 帯 電 話 で もできるようになった しかし 現 在 の 携 帯 電 話 では 電 子 メールが 打 ち にくい さらに 発 達 させると ど のようになるか 3 第 1 時 8 月 27 日 ( 水 )4 校 時 プレゼンテーション 内 容 確 認 聞 き 手 の 調 査 と 分 析 プレゼンテーション 全 体 の 流 れを 理 解 して 分 析 を 的 確 に 行 う 活 動 を 行 った 10 第 8 時 9 月 24 日 ( 水 )4 校 時 配 布 資 料 発 表 用 資 料 を 作 成 自 分 のアイデアや 表 現 を 工 夫 しながら 作 成 し 配 布 資 料 とし て 印 刷 を 行 った 第 2 時 8 月 29 日 ( 金 )4 校 時 情 の 収 集 4 目 的 に 適 した 情 を 文 献 や 雑 誌 インターネットから 収 集 し シートにまとめた 第 3 時 9 月 3 日 ( 水 )4 校 時 ストーリーの 計 画 と 立 案 5 企 画 書 とはどのようなものか 学 習 しながらストーリーの 進 行 と 話 の 構 成 を 検 討 した 検 索 画 面 の 例 第 9 時 9 月 26 日 ( 金 )4 校 時 話 し 方 の 基 本 や 表 現 の 仕 方 や 態 度 リハーサルの 実 施 わかりやすく 正 確 に 伝 える 工 夫 を 学 習 した 後 修 正 を 行 った 第 10 時 10 月 1 日 ( 水 )4 校 時 プレゼンテーションの 発 表 改 善 ポイントをまとめ 評 価 反 省 作 成 した 作 品 を 発 表 すること で 改 善 点 を 発 見 して 修 正 した 第 4 時 9 月 5 日 ( 金 )4 校 時 ストーリーの 構 成 と 完 成 6 ストーリーに 従 って 内 容 や 進 行 順 序 をグループ 討 議 しながら 詳 細 に 検 討 して 作 成 した 月 3 日 ( 金 )4 校 時 事 後 テスト( 単 元 テスト) 情 と 表 現 の 授 業 で 習 得 した 情 発 信 能 力 の 育 成 状 況 をみ るためのテストを 同 一 の 質 問 で 19 項 目 にわたり 解 答 した 第 5 時 9 月 12 日 ( 金 )4 校 時 スライドの 組 み 立 てとレイア 7 ウトを 検 討 文 字 の 入 力 編 集 はじめて 体 験 するソフトを 活 用 し 真 剣 に 取 り 組 んだ 図 8 情 発 信 能 力 を 育 成 する 授 業 実 践 の 概 要 月 8 日 ( 水 )4 校 時 事 後 調 査 ( 質 問 紙 ) 情 と 表 現 の 授 業 で 実 践 した 情 発 信 能 力 に 関 する 意 識 の 状 況 をみる 質 問 紙 を 同 一 の 質 問 で 14 項 目 について 回 答 した (2) 高 等 学 校 情 と 表 現 における 情 発 信 能 力 を 育 成 する 教 材 の 開 発 に 関 する 実 践 結 果 の 分 析 と 考 察 ア 情 発 信 能 力 の 育 成 状 況 についての 分 析 結 果 (ア) 情 発 信 能 力 の 育 成 状 況 次 頁 表 7 からt 検 定 ( 平 均 の 差 の 検 定 )の 結 果 テスト 全 体 及 び 三 つの 観 点 のすべてにおいて 有 意 差 が 認 められた 創 造 する 力 ではテストの 平 均 点 が 事 前 22.9 点 から 事 後 78.8 点 に 上 昇 してい る 生 徒 たちの 授 業 に 対 する 主 体 的 な 取 り 組 みの 状 況 がテスト 結 果 にも 表 れたと 考 えられる また 表 現 する 力 では 創 造 した 情 を 整 理 加 工 し 相 手 に 適 切 に 表 現 する 能 力 発 信 伝 達 する 力 では 受 け 手 の 状 況 を 踏 まえながら 効 果 的 に 発 信 伝 達 する 能 力 が 生 徒 に 備 わってきたものと 考 える 以 上 のことから 指 導 の 効 果 があったものと 考 えられる 次 に 同 じテストを 正 答 率 及 び 有 効 度 指 数 で 分 析 した 結 果 を 次 頁 表 8 に 示 す この 結 果 学 級 全 体

8 の 平 均 正 答 率 が 事 後 におい 表 7 情 発 信 能 力 の 育 成 状 況 n=36 ては 42.0% 上 がり 有 効 度 学 級 事 前 テ (36 名 ) 事 後 指 数 68 を 示 し この 手 だて ス 19.9 ト 上 位 群 事 前 全 (18 名 ) 事 後 の 試 案 による 指 導 の 妥 当 性 体 下 位 群 事 前 が 認 められた (18 名 ) 事 後 各 能 力 群 別 にみると 上 位 群 89 下 位 群 53 の 有 効 度 指 数 が 示 すように 企 画 書 の 作 事 前 創 造 する 力 事 後 観 25.6 点 事 前 別 表 現 する 力 事 後 発 信 伝 達 事 前 する 力 事 後 成 技 法 を 習 得 する 学 習 活 動 は 上 位 群 の 生 徒 ほど 効 果 が 上 がったものと 考 えられる t= X 2- X 1 X 1 X 2 は 事 前 と 事 後 の 平 均 点 2 2 S 1 + S 2-2 rs 1 S 2 s 1 s 2 は 事 前 と 事 後 の 標 準 偏 差 学 級 群 テスト 平 均 点 標 準 偏 差 相 関 係 数 t 検 定 有 意 差 イ 情 発 信 能 力 に 表 8 有 効 度 指 数 による 分 析 結 果 n=36 項 目 観 点 別 関 する 意 識 の 状 況 に テスト 全 体 創 造 する 力 表 現 する 力 発 信 伝 達 する 力 ついての 分 析 結 果 群 正 答 率 有 効 度 指 数 正 答 率 有 効 度 指 数 正 答 率 有 効 度 指 数 正 答 率 有 効 度 指 数 情 発 信 能 力 に 関 する 意 識 の 状 況 について 質 問 紙 を 作 成 し 事 前 事 後 に 調 査 し 学 級 事 前 (36 名 ) 事 後 上 位 群 事 前 (18 名 ) 事 後 下 位 群 事 前 (18 名 ) 事 後 有 た 結 果 を 表 9 に 示 した 観 創 造 する 力 指 点 私 は 学 校 や 会 社 で 発 表 数 表 現 する 力 別 発 信 伝 達 する 力 効 度 テスト 全 体 68 する 理 解 してもらう 説 注 1 正 答 率 は テストの 解 答 項 目 数 とその 正 答 数 から 算 出 している 2 有 効 度 指 数 の 算 出 に 用 いた 公 式 は 次 のとおりである 得 する というプレゼンテ ( 事 後 テストの 正 答 率 )- ( 事 前 テストの 正 答 率 ) 有 効 度 指 数 = ( 事 前 テストの 正 答 率 ) ーションをしたいという 設 表 9 情 発 信 能 力 に 関 する 意 識 の 変 容 状 況 n=36 問 では プラス 傾 向 を 示 す 設 問 内 容 事 前 \ 事 後 + - 合 計 χ 2 検 定 有 意 差 生 徒 が3 人 (8%)から 22 私 は 学 校 や 会 社 で 発 表 する 理 解 してもらう 説 得 する というプレゼンテーションをしたい * 人 (61%)となり χ 2 情 合 計 検 の 自 らすすんで 企 画 書 告 書 などの 配 布 資 料 や 視 聴 覚 創 資 料 を 作 成 したい * 定 ( 変 化 の 検 定 )において 造 合 計 も 有 意 差 が 認 められた 企 画 書 などの 資 料 を 作 るとき 自 分 の 考 えを 入 れて 作 成 したい * 合 計 情 発 信 の 授 業 に 関 する 情 作 成 した 資 料 を 発 表 するときに プレゼンテーション ソフトを 使 い 効 果 的 に 伝 わるように 工 夫 したい * の 合 計 意 識 の 記 述 のうち 事 前 の 表 現 プレゼンテーションソフトを 使 い 自 分 の 言 いたいこと が 伝 わるように 表 現 の 仕 方 を 考 えたい マイナス 反 応 が 事 後 にプ 合 計 発 表 を 行 うとき より 良 い 発 表 になるようにリハーサ ラス 反 応 に 変 化 した 内 容 9 ルを 実 施 したい * 情 合 計 例 を 次 頁 表 10 に 示 す の 発 表 がより 良 いものになるように 話 し 方 や 表 現 の 工 発 夫 をしたい * これらの 生 徒 たちは 一 様 に 信 合 計 発 表 を 終 了 した 後 に 評 価 することは 必 要 だ 伝 実 際 に 実 習 に 取 り 組 むこと 達 * 合 計 発 表 を 終 了 した 後 に 振 り 返 り 反 省 したい で テキストやコンピュー 合 計 タ 教 材 で 学 んだ 内 容 を 実 感 8.33 * 注 1 事 前 調 査 は8 月 22 日 ( 金 ) 事 後 調 査 は 10 月 8 日 ( 水 )に 実 施 した 2 +としてとらえたのは 質 することができ 印 象 深 く 問 紙 でア イと 回 答 したもの -としてとらえたのは 質 問 紙 でウ エと 回 答 したものである 3 * は 有 意 水 準 5%で 有 意 差 があることを 示 す 4 χ 2 検 定 で 用 いた 公 式 は 下 記 に 示 すとおりである 覚 えることができることを なお bは- 反 応 から+へ cは+ 反 応 から-へ 変 わった 数 を 示 す ( b c) 2 ( b-c-1) x = ただし b+c 10のとき x = 述 べている b+ c b+c * * * * * * 注 1 事 前 テストは8 月 20 日 ( 水 ) 事 後 テストは 10 月 3 日 ( 金 )に 実 施 した 2 平 均 点 は 19 項 目 を 100 点 満 点 に 換 算 した 3 * 印 は t 検 定 において 有 意 水 準 5%で 有 意 差 があることを 示 している 4 有 意 水 準 5%のt 値 は 2.04 である 5 t 検 定 に 用 いた 公 式 は 次 のとおりである n-1 rは 相 関 係 数,nは 人 数

9 表 10 情 の 授 業 に 対 する 意 識 が- 反 応 から+ 反 応 へ 変 わった 理 由 n=36 事 前 (-) 事 後 (+) 今 までは 教 科 書 だけでは 意 味 がよくわからない 点 があった 授 業 を 通 して 実 習 が 楽 しくできた(22 人 ) 今 まではコンピュータを 体 験 することが 少 なかった 授 業 を 通 して 実 習 でわからなかったことがわかった(15 人 ) 今 まではコンピュータは 難 しい 面 があると 思 っていた 授 業 を 通 してコンピュータは 難 しくないと 思 った(10 人 ) 今 まではコンピュータはよくわからない 面 があり つまらないものだ と 思 っていた 授 業 を 通 してプレゼンテーションの 作 成 を 体 験 してよかった(15 人 ) 今 までは 説 明 だけで 理 解 しにくいと 思 っていた 授 業 を 通 してコンピュータのことがよくわかってきた(23 人 ) 今 までは 自 分 にはコンピュータはどうも 合 わないと 思 っていた 面 があ 授 業 を 通 して 自 分 で 制 作 できるから 好 きになってきた(7 人 ) った 今 までは 自 分 で 情 を 表 現 したり 発 信 することは 必 要 ないと 思 っていた 授 業 を 通 して 情 を 表 現 して 発 信 する 内 容 を 確 かめて 進 めること ができた(7 人 ) 今 まではコンピュータは 必 要 ないと 思 っていた 授 業 を 通 してコンピュータは 必 要 だと 思 うようになってきた(6 人 ) 今 までは 授 業 は 話 だけで 体 験 が 少 ないと 思 っていた 授 業 を 通 して 実 習 で 印 象 深 く 覚 えることができるようになった(20 人 ) ウ 企 画 書 作 成 技 法 の 習 得 と 教 材 授 業 に 関 する 意 識 の 変 容 状 況 についての 分 析 結 果 (ア) 企 画 書 作 成 技 法 の 習 得 状 況 企 画 書 作 成 技 法 の 習 表 11 企 画 書 作 成 技 法 の 習 得 状 況 n=36 (1) プレゼンテーションの 対 象 に 即 した 企 画 書 の 作 成 ア 26 人 72% 得 状 況 の 状 況 について ア 企 画 書 の 目 的 にあった 情 を 収 集 することができた(26 人 ) イ 26 人 72% イ 企 画 書 の 作 成 に 積 極 的 に 取 り 組 むことができた(26 人 ) 質 問 紙 を 作 成 し 事 後 に ウ テキスト 教 材 を 使 い 企 画 書 の 作 成 方 法 が 理 解 できた(34 人 ) ウ 34 人 94% (2) プレゼンテーションソフトを 利 用 した 発 表 資 料 の 作 成 エ 33 人 92% 調 査 した 結 果 を 表 11 エ スライドの 組 み 立 てや 文 字 の 編 集 ができた(33 人 ) オ 32 人 89% オ 写 真 イラストなどを 加 工 して 挿 入 することができた(32 人 ) に 示 した 企 画 書 の 作 カ スライドや 印 刷 資 料 の 作 成 ができた(32 人 ) カ 32 人 89% (3) プレゼンテーションツールを 利 用 した 発 表 キ 21 人 58% 成 に 積 極 的 に 取 り 組 む キ 話 し 方 の 基 本 や 伝 え 方 の 工 夫 について 理 解 できた(21 人 ) ク 23 人 64% ク プレゼンテーションの 評 価 と 振 り 返 りができた(23 人 ) ことができた 26 人 ケ テキスト 教 材 を 使 った 発 表 方 法 が 理 解 できた(22 人 ) ケ 22 人 61% (72%) テキスト 教 材 表 12 授 業 で 興 味 や 関 心 を 持 った 実 習 内 容 n=36 ア プレゼンテーションの 目 的 や 流 れを 最 初 に 確 認 する(22 人 ) を 使 い 企 画 書 の 作 成 方 ア 22 人 61% イ スライドの 組 み 立 てとレイアウトを 検 討 する(26 人 ) イ 26 人 72% ウ 文 字 の 入 力 や 編 集 を 行 う(31 人 ) 法 が 理 解 できた 34 人 エ 写 真 イラスト グラフ 図 形 を 加 工 して 挿 入 する(28 人 ) ウ 31 人 86% (94%)と 答 えており エ 28 人 77% 企 画 書 を 作 成 する 学 習 表 13 実 習 教 材 に 関 する 意 識 の 状 況 n=36 活 動 をとおしてその 技 ア テキストとコンピュータ 教 材 はわかりやすい(33 人 ) ア 33 人 イ テキストとコンピュータ 教 材 は 情 を 表 現 し 発 信 する 学 習 に 役 92% 法 を 習 得 し 情 発 信 立 つ(35 人 ) イ 35 人 ウ テキストとコンピュータ 教 材 で 情 を 表 現 し 発 信 することがで 97% 能 力 が 高 められたと 考 きた(30 人 ) ウ 30 人 83% エ テキストとコンピュータ 教 材 を 使 い 企 画 書 の 作 成 方 法 やプレ える さらに 興 味 や 関 オ テキストとコンピュータ 教 材 を 使 うことで 情 を 表 現 し 発 信 する 方 法 が 理 解 できた(33 人 ) オ 33 人 92% 心 を 持 った 実 習 内 容 ゼンテーションの 活 用 方 法 が 理 解 できた(34 人 ) エ 34 人 94% 表 12 を 回 答 させたところ 文 字 の 入 力 や 編 集 を 行 う を 挙 げた 生 徒 が 31 人 (86%)であった (イ) 実 習 教 材 に 関 する 意 識 の 状 況 開 発 した 実 習 教 材 がどのように 受 け 止 められたかを 表 13 の 内 容 で 調 査 した その 結 果 どの 項 目 においても8 割 以 上 の 生 徒 が 役 立 った 理 解 できた と 回 答 している このことから 開 発 した 実 習 教 材 は 肯 定 的 に 受 け 止 められ 情 発 信 能 力 を 育 成 する 上 で 効 果 があったと 考 える (ウ) 情 と 表 現 に 関 する 意 識 の 状 況 生 徒 自 身 が 興 味 を 持 つ 情 と 表 現 の 教 科 書 情 活 用 の 基 礎 項 目 を 表 14 に 示 す ほとん 表 14 興 味 を 持 っている 情 と 表 現 の 情 活 用 の 基 礎 項 目 n=36 文 書 による 表 現 技 法 わかりやすい 文 書 の 作 成 (25 人 )/ 文 章 の 作 成 方 法 (21 人 )/ワープロの 利 用 の 仕 方 (23 人 )/ 定 型 文 書 の 作 成 の 仕 方 (20 人 )/ 告 書 の 作 成 の 仕 方 (22 人 ) 図 解 による 表 現 技 法 文 字 で 構 成 される 表 の 作 成 の 仕 方 (21 人 )/ 論 理 図 解 (22 人 )/ 表 計 算 ソフトの 利 用 (20 人 )/ 分 類 表 順 位 表 などの 表 の 作 成 (24 人 )/グラフの 作 成 (23 人 ) 画 像 映 像 による 表 現 技 法 デジタルカメラによる 撮 影 と 画 像 の 取 り 込 み(28 人 )/イメージスキャナによる 画 像 の 取 り 込 みと 修 正 加 工 (23 人 )/3Dコンピュータグラフィック(23 人 )/ペイントソフトウェアによる 画 像 の 作 成 と 加 工 (22 人 )/アニメーション GIF の 作 成 (25 人 )/ビデオカメラによる 動 画 像 の 取 り 込 みと 編 集 (23 人 ) 音 声 音 楽 による 表 現 技 法 音 声 ファイルの 圧 縮 (20 人 )/ 音 声 の 作 成 (25 人 )/MIDI による 音 楽 作 成 (23 人 )/ 取 り 込 んだ 音 楽 の 編 集 (25 人 )/MIDI データの 編 集 (27 人 )

10 どの 生 徒 が 今 後 も 様 々な 学 習 に 取 り 組 んで 行 きたいと 考 えている 企 画 書 の 作 成 技 法 を 用 いた 授 業 が きっかけとなり 情 を 表 現 して 発 信 する 意 識 が 表 されたものと 考 える 5 高 等 学 校 情 と 表 現 における 情 発 信 能 力 を 育 成 する 教 材 の 開 発 に 関 するまとめ (1) 成 果 として 考 えられること ア 分 析 した 情 をもとに 構 成 を 考 え 自 分 の 意 見 を 加 えて 新 しい 情 を 創 造 して 表 現 し その 情 を 受 け 手 の 状 況 を 踏 まえながら 効 果 的 に 発 信 伝 達 する 情 発 信 能 力 が 育 成 された イ 情 発 信 の 知 識 や 技 法 を 体 験 をとおして 身 に 付 けることができ 活 用 の 手 段 を 習 得 し 情 手 段 を 適 切 に 活 用 する 能 力 が 育 成 された ウ 企 画 書 の 作 成 技 法 を 習 得 する 活 動 において 身 近 な 学 習 課 題 を 題 材 として 教 材 を 活 用 しながら 視 覚 資 料 を 作 成 する 授 業 を 進 めたことにより 企 画 書 の 作 成 技 法 を 習 得 する 活 動 の 重 要 性 を 理 解 した エ 授 業 をとおして 企 画 書 の 作 成 技 法 を 習 得 することができ 情 発 信 の 基 礎 能 力 が 身 に 付 いた オ 情 を 表 現 して 伝 達 する 際 の 効 果 的 な 教 材 の 活 用 方 法 を 認 識 し 情 と 表 現 の 授 業 に 主 体 的 に 取 り 組 むことができた (2) 課 題 として 考 えられること ア 情 を 積 極 的 に 活 用 するため 情 と 表 現 の 情 活 用 の 基 礎 項 目 や 他 の 情 科 目 においても 本 研 究 で 開 発 した 教 材 の 手 法 を 生 かし 有 効 に 活 用 できる 教 材 の 開 発 をさらに 進 めていく 必 要 がある イ 本 研 究 の 実 践 を 継 続 するとともに 実 践 を 積 み 重 ねながら 情 発 信 能 力 をさらに 高 め 意 識 の 状 況 についても 向 上 するような 指 導 の 在 り 方 を 検 討 していく 必 要 がある 以 上 のことから 情 発 信 能 力 を 育 成 する 指 導 において 企 画 書 の 作 成 技 法 を 習 得 させ 実 際 の 発 表 をと おして 表 現 力 を 伸 ばし 活 用 法 の 定 着 を 図 るテキスト 及 びコンピュータ 教 材 は 有 効 であったと 考 える Ⅴ 研 究 のまとめと 今 後 の 課 題 1 研 究 のまとめ 本 研 究 は 情 を 表 現 伝 達 できる 情 発 信 能 力 を 育 成 するために 企 画 書 の 作 成 技 法 を 習 得 する 教 材 を 開 発 し 授 業 実 践 をとおして その 有 効 性 を 明 らかにし 高 等 学 校 情 と 表 現 の 学 習 指 導 の 充 実 に 役 立 てようとするものである そのため 企 画 書 の 作 成 技 法 を 身 に 付 けソフトウェアを 利 用 して 資 料 作 成 し 発 表 できる 一 連 の 流 れを 学 習 する テキストと 情 機 器 やアプリケーションソフトウ ェアを 利 用 して 実 際 にメディア 表 現 技 法 の 基 礎 を 学 習 する コンピュータ 教 材 を 開 発 した そして 授 業 実 践 及 び 実 践 結 果 を 分 析 し 考 察 することによって 仮 説 の 有 効 性 を 検 討 してきた その 結 果 情 発 信 能 力 を 育 成 する 上 で 開 発 した 企 画 書 の 作 成 技 法 を 習 得 する 教 材 は 有 効 であったことが 確 かめられた 2 今 後 の 課 題 今 後 教 科 情 情 と 表 現 の 学 習 指 導 に 向 け 生 徒 にとってわかりやすく 興 味 関 心 が 高 められるよ うな 教 材 を 目 指 し 工 夫 していく 必 要 がある また この 研 究 を 基 にした 教 材 を 学 校 に 提 供 することで 先 生 方 とのネットワークを 通 じて 教 科 情 に 関 する 効 果 的 な 活 用 の 仕 方 を 検 討 し 充 実 させていきたいと 考 える 参 考 文 献 山 崎 紅 説 得 できるプレゼンの 鉄 則 日 経 BP 社 2002 年 齋 藤 誠 企 画 書 提 案 書 の 書 き 方 日 本 実 業 出 版 社 2002 年 池 内 健 治 ほか プレゼンテーション+PowerPoint2002 実 教 出 版 2003 年

Microsoft PowerPoint - ppt20071210

Microsoft PowerPoint - ppt20071210 情 報 リテラシーB プレゼンテーション 入 門 2007/12/9 情 報 リテラシーB 第 9 回 1 プレゼンテーションとは プレゼンテーションとは 自 分 の 持 つ 知 識 や 考 え 方 を 相 手 に 正 しく 分 かり やすく 伝 えることを 目 的 とした 行 動 である 目 的 を 達 成 するためには まず 聞 き 手 の 立 場 にた ち 話 す 内 容 を 組 み 立 て

More information

 目次

 目次 プレゼンテーション MS-PowerPoint 2003 2007 年 11 月 初 版 東 海 大 学 総 合 情 報 センター 清 水 計 算 機 室 発 行 Microsoft PowerPoint 2003 Microsoft PowerPoint 2003( 以 下 PowerPoint と 表 記 )は プレゼンテーション グラフィック ソフトウェア のひとつで 親 しみやすい 操 作

More information

(2) スライド 作 成 ウインドウ ノート PC のような 小 型 液 晶 画 面 の PC において パワーポイントを 立 ち 上 げると 図 5-4 に 示 すように スライド 作 成 の 標 準 のウインドウが 表 示 される スライドを 作 成 編 集 するためのウインドウである 大 型

(2) スライド 作 成 ウインドウ ノート PC のような 小 型 液 晶 画 面 の PC において パワーポイントを 立 ち 上 げると 図 5-4 に 示 すように スライド 作 成 の 標 準 のウインドウが 表 示 される スライドを 作 成 編 集 するためのウインドウである 大 型 第 5 章 オフィスソフトの 利 用 Power Point 5-1 操 作 画 面 (1) 操 作 の 概 念 パワーポイントは スライドを 作 成 し スライドショーとして 利 用 する ワード エクセルと 異 なり スライドショーのプレゼンテーションのための 道 具 である 1 スライド 作 成 ウインドウ( 標 準 ) 図 5-1 に 示 すように ス ライド 作 成 の 標 準 のウイン

More information

プレゼンテーション入門

プレゼンテーション入門 パワーポイントで 学 ぶ プレゼンテーションの 基 礎 パワーポイントで 学 ぶプレゼンテーションの 基 礎 1 要 旨 効 果 的 なプレゼンテーションの 為 のポイント パワーポイントを 使 ったスライドの 作 成 スライドにエクセルの 表 やグラフを 挿 入 アニメーションで 動 的 なスライドを 作 成 パワーポイントで 学 ぶプレゼンテーションの 基 礎 2 目 次 1 章 プレゼンテーションの

More information

Microsoft Word - P13-0004.doc

Microsoft Word - P13-0004.doc PowerPoint 2013 はじめに 1 PowerPoint の 概 要 2 1 PowerPoint とは 2 2 プレゼンテーションとは 2 3 PowerPoint でできること 3 4 プレゼンテーション 作 成 の 流 れ 4 5 PowerPoint の 起 動 5 6 PowerPoint の 画 面 6 第 1 章 新 しいプレゼンテーションを 作 ろう 1 レッスン1 文 字

More information

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探 クイック スタート ガイド Microsoft PowerPoint 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです 必 要 な 機 能 を 見 つける リボンのタブをクリックすると そのタブのボタンと コマンドが 表 示 されます コンテキスト タブを 使 う リボンのタブには 必

More information

プレゼンテーション入門

プレゼンテーション入門 パワーポイントで 学 ぶ プレゼンテーションの 基 礎 2010 年 12 月 10 日 マルチメディアセンター 重 歳 憲 治 2010/12/10 パワーポイントで 学 ぶプレゼンテーションの 基 礎 1 要 旨 効 果 的 なプレゼンテーションの 為 のポイント パワーポイントを 使 ったスライドの 作 成 スライドにエクセルの 表 やグラフを 挿 入 アニメーションで 動 的 なスライドを

More information

第14回

第14回 第 1 章 プレゼンテーション 学 習 目 標 (1) プレゼンテーションを 理 解 する. (2) スライドの 作 成 方 法 を 習 得 する. (3) アニメーション 効 果 の 設 定 方 法 の 習 得 する. (4) 表,SmartArt,グラフの 挿 入 方 法 を 習 得 する. (5) リハーサル 機 能 を 習 得 する. 本 章 は, 専 修 大 学 経 営 学 部 の 大 曽

More information

■新聞記事

■新聞記事 PowerPoint2013 基 本 操 作 P.1 PowerPoint2013 基 本 操 作 1.PowerPoint2013 の 起 動... 2 2.スライドのサンプル... 3 3.スライドの 作 成... 4 4. 文 字 の 入 力 とテキストボックス... 5 5. 図 の 作 成 と 書 式 設 定... 5 6.グラフの 作 成... 6 7. 背 景 デザインと 配 色...

More information

4.プレゼンテーション 用 ソフトウェア(PowerPoint) プレゼンテーション 用 の 資 料 を 作 成 するには Microsoft 社 の PowerPoint をはじめとするいわゆる プ レゼンテーションソフト を 利 用 するのが 一 般 的 です 最 近 ではフリーのソフトも 利

4.プレゼンテーション 用 ソフトウェア(PowerPoint) プレゼンテーション 用 の 資 料 を 作 成 するには Microsoft 社 の PowerPoint をはじめとするいわゆる プ レゼンテーションソフト を 利 用 するのが 一 般 的 です 最 近 ではフリーのソフトも 利 プレゼンテーションの 基 礎 1.プレゼンテーションとは プレゼンテーションとは あるテーマについての 自 分 の 考 えや 調 査 した 内 容 プロジェクトや 製 品 に 関 す る 概 要 などを 他 の 人 に 発 表 したり 説 明 したりすることです 大 学 生 には 研 究 を 行 った 結 果 を 発 表 したり 自 分 の 考 えをまとめて 説 明 したりする 能 力 が 求 められます

More information

Microsoft Word - 2007.10.doc

Microsoft Word - 2007.10.doc 情 報 基 礎 実 習 第 10 回 プレゼンテーション 2007 年 6 月 21 日 長 谷 川 秀 彦 逸 村 裕 本 日 のメニュー プレゼンテーション とは 自 分 のアイデアや 商 品 等 を 他 人 に 紹 介 発 表 すること である 今 日 は プレゼンテーション 用 のスライドを 作 るツールである PowerPoint をマ スターしてもらう 実 際 のプレゼンテーションでは(

More information

Microsoft Word - P07-0003.doc

Microsoft Word - P07-0003.doc はじめに 1 PowerPoint の 概 要 2 1 PowerPoint とは 2 2 プレゼンテーションとは 2 3 PowerPoint でできること 3 4 プレゼンテーション 作 成 の 流 れ 4 5 PowerPoint の 起 動 (PowerPoint 2007 の 場 合 ) 4 6 PowerPoint の 起 動 (PowerPoint 2010 の 場 合 ) 5 7 PowerPoint

More information

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え 数 学 的 な 見 方 や 考 え 方 を 育 む 数 学 的 活 動 の 工 夫 ~ 資 料 の 活 用 領 域 におけるICT 活 用 を 通 して~ 研 究 のキーワード 統 計 的 な 見 方 や 考 え 方 統 計 ソフト stathist 表 計 算 ソ フト Excel 学 び 合 い 那 覇 市 立 首 里 中 学 校 教 諭 山 里 毅 目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理

More information

Microsoft Word - No8_ppt.doc

Microsoft Word - No8_ppt.doc 2006 年 度 コンピュータ リテラシー (S) 第 8 回 授 業 (2006.06.16) 0. 本 日 の 内 容 PowerPoint を 使 ったデスクトップ プレゼンテーション 担 当 : 千 葉 庄 寿 (ちば しょうじゅ, e-mail: schiba@reitaku-u.ac.jp) プレゼンテーションの 基 本 プレゼンテーションソフトの 機 能 と 役 割 スライド 作 成

More information

ワープロソフトウェア

ワープロソフトウェア プレゼンテーションソフト (PowerPoint) プレゼンテーションソフト プレゼンテーションソフト 発 表 会 や 会 議 などで 使 用 する 資 料 を 作 成 表 示 するため のアプリケーションソフト PowerPoint Microsoftによって 提 供 されているプレゼンテーションソフト 比 較 的 簡 単 に 見 映 えのするスライドが 作 れる 2 PowerPointの 起

More information

情報基礎実習2013第5回テキスト

情報基礎実習2013第5回テキスト 情 報 基 礎 実 習 第 5 回 2015 年 5 月 21 日 ( 木 ) 5 月 22 日 ( 金 ) 担 当 教 員 : 逸 村 裕 小 泉 公 乃 TF: 池 田 光 雪 1. 本 日 の 主 な 作 業 プレゼンテーション とは 自 分 のアイデアや 商 品 計 画 等 を 他 人 に 紹 介 発 表 し 伝 えることである 現 代 社 会 においては 何 かをするためにはまずプレゼンテーションを

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

Microsoft Word - P10-0001.doc

Microsoft Word - P10-0001.doc はじめに 1 PowerPoint の 概 要 2 1 PowerPoint とは 2 2 プレゼンテーションとは 2 3 PowerPoint でできること 3 4 プレゼンテーション 作 成 の 流 れ 4 5 PowerPoint の 起 動 5 6 PowerPoint の 画 面 6 第 1 章 新 しいプレゼンテーションを 作 ろう 1 レッスン1 文 字 を 入 力 しよう 3 1 文

More information

Microsoft Word - 09isA02.doc

Microsoft Word - 09isA02.doc 90 80 70 60 50 40 30 20 10 0 1 月 2 月 3 月 4 月 東 京 名 古 屋 大 阪 授 業 ホームページ URL: http://www.fl.reitaku-u.ac.jp/~schiba/is/ 2009.10 情 報 科 学 A 資 料 プレゼンテーションソフト 利 用 の 基 本 担 当 笹 原 千 葉 野 瀬 ポイント: プレゼンテーションソフト (Microsoft

More information

Microsoft Word - chapter06_080328-1.docx

Microsoft Word - chapter06_080328-1.docx Chapter 6 箇 条 書 きのポイント~PowerPoint の 基 本 操 作 ~ この Chapter では 箇 条 書 き(アウトライン) 形 式 の 記 述 に 慣 れること 階 層 構 造 について 理 解 すること そして 他 人 に 伝 わりやすいように 話 を 構 成 することを 学 びます この Chapter は Chapter7 から 始 まる レポート 作 成 の 基

More information

立ち読みページ

立ち読みページ PowerPoint リボンやステータスバーを 使 った 表 示 の 切 り 替 えやクイックアクセス ツールバーの 設 定 など PowerPointを 操 作 する 環 境 について 解 説 しま す - 表 示 を 調 節 する 29-2 PowerPointの 画 面 を 操 作 する 33-3 クイックアクセスツールバーを 設 定 する 35-4 PowerPointのファイルオプションを

More information

目 次 プレゼンテーションソフトについて 2 学 習 の 進 め 方 3 各 部 分 の 名 称 と 役 割 4 1 PowerPoint を 起 動 しよう 5 PowerPoint の 起 動 2 テンプレートを 選 ぼう 5 テンプレートの 選 択 3 レイアウトを 選 ぼう 6 レイアウトの

目 次 プレゼンテーションソフトについて 2 学 習 の 進 め 方 3 各 部 分 の 名 称 と 役 割 4 1 PowerPoint を 起 動 しよう 5 PowerPoint の 起 動 2 テンプレートを 選 ぼう 5 テンプレートの 選 択 3 レイアウトを 選 ぼう 6 レイアウトの 平 成 20 年 7 月 目 次 プレゼンテーションソフトについて 2 学 習 の 進 め 方 3 各 部 分 の 名 称 と 役 割 4 1 PowerPoint を 起 動 しよう 5 PowerPoint の 起 動 2 テンプレートを 選 ぼう 5 テンプレートの 選 択 3 レイアウトを 選 ぼう 6 レイアウトの 選 択 4 文 字 を 入 力 しよう 7 文 字 の 入 力 5 新 しいスライドを

More information

ページ 切 り 替 えに 特 殊 効 果 を 加 える... 28 図 形 にアニメーション 効 果 を 加 える... 29 Imprressss で 発 表 する... 30 スライドショーを 実 行 する... 30 スライドショーを 設 定 する... 31 スライドショーを 自 動 実 行

ページ 切 り 替 えに 特 殊 効 果 を 加 える... 28 図 形 にアニメーション 効 果 を 加 える... 29 Imprressss で 発 表 する... 30 スライドショーを 実 行 する... 30 スライドショーを 設 定 する... 31 スライドショーを 自 動 実 行 OpenOffice.org オープンマニュアル は じ め に OpenOffice.org は オープンソース ライセンスで 提 供 されている 統 合 オフィスソフトです 正 式 名 称 は OpenOffice.org(オープンオフィス ドット オルグ) 名 前 のお 尻 に.org と 付 いて いますが これはホームページのアドレスでもあり このソフトを 開 発 しているコミュニティの

More information

目 次 1.パワーポイント( パワーポイント(Power Point)で 何 ができるのか P2 2.Power Point の 基 本 2-1 新 しい Power Point の 起 動 新 規 作 成 P3 P3 2-2 保 存 済 みの Power Point ファイルを 起 動 既 存 修

目 次 1.パワーポイント( パワーポイント(Power Point)で 何 ができるのか P2 2.Power Point の 基 本 2-1 新 しい Power Point の 起 動 新 規 作 成 P3 P3 2-2 保 存 済 みの Power Point ファイルを 起 動 既 存 修 パワーポイント POWER POINT テキスト 発 行 0 目 次 1.パワーポイント( パワーポイント(Power Point)で 何 ができるのか P2 2.Power Point の 基 本 2-1 新 しい Power Point の 起 動 新 規 作 成 P3 P3 2-2 保 存 済 みの Power Point ファイルを 起 動 既 存 修 正 P3 2-3 Power Point

More information

Taro-研究構想.jtd

Taro-研究構想.jtd 読 解 力 を 高 める 国 語 科 学 習 指 導 法 の 研 究 ~ 言 語 活 動 Ⅰ,Ⅱを 関 連 づけた 授 業 づくりを 通 して~ 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 社 会 の 要 請 や 教 育 の 動 向 から 平 成 15 年 に 実 施 された 国 際 学 力 調 査 (PISA)では, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 問 う 読 解 力 や 記 述 式 問

More information

eラーニング「Microsoft Word 2010シリーズ」および「Microsoft PowerPoint 2010シリーズ」をリリース

eラーニング「Microsoft Word 2010シリーズ」および「Microsoft PowerPoint 2010シリーズ」をリリース 2015 年 12 月 16 日 リスクモンスター 株 式 会 社 e ラーニング Word 2010 シリーズ および PowerPoint 2010 シリーズ をリリース Office 2010 シリーズの 技 能 取 得 はこれで 万 全! 与 信 管 理 ASPクラウドサービスを 提 供 するリスクモンスター 株 式 会 社 ( 以 下 リスモン 本 社 : 東 京 都 中 央 区 http://www.riskmonster.co.jp/)は

More information

Microsoft Word - ppt_1.docx

Microsoft Word - ppt_1.docx パワポ 講 習 会 ~ひとつ 上 の 発 表 を 目 指 して~ PowerPoint は 研 究 発 表 会 会 社 でのプレゼンなどでよく 使 われているプレゼンテーションソフトの 定 番 中 の 定 番 で す! 一 つ 上 の 発 表 を 目 指 して 使 いこなせるようになろう 今 回 は 2 部 構 成 の 講 習 会 うちの 1 つです 入 門 編 として Power Point の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F18F88979D826081408EF68BC697708376838A839383678169506F776572506F696E7491808DEC816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F18F88979D826081408EF68BC697708376838A839383678169506F776572506F696E7491808DEC816A2E646F63> PowerPoint 基 本 操 作 P.1 PowerPoint 基 本 操 作 - 目 次 - 1.PowerPoint の 起 動... 2 2.スライドのサンプル... 3 3.スライドの 作 成... 4 4. 文 字 の 入 力... 5 5. 図 の 作 成 (クリップアート)... 6 6.グラフの 作 成... 6 7. 背 景 デザインと 配 色... 7 8.アニメーション 効

More information

資 料 について 本 資 料 は プレゼンテーションソフト Power Point(パワーポイント)の 基 本 的 な 使 い 方 をまとめたものです はじめの 準 備 1 起 動 すると 右 のような 画 面 が 表 示 されます [ 新 しいプレゼンテーション]をクリックします 2 画 面 上

資 料 について 本 資 料 は プレゼンテーションソフト Power Point(パワーポイント)の 基 本 的 な 使 い 方 をまとめたものです はじめの 準 備 1 起 動 すると 右 のような 画 面 が 表 示 されます [ 新 しいプレゼンテーション]をクリックします 2 画 面 上 平 成 28 年 8 月 25 日 名 古 屋 市 立 桜 丘 中 学 校 名 古 屋 市 情 報 教 育 研 究 会 全 体 研 修 会 資 料 - 0 - 資 料 について 本 資 料 は プレゼンテーションソフト Power Point(パワーポイント)の 基 本 的 な 使 い 方 をまとめたものです はじめの 準 備 1 起 動 すると 右 のような 画 面 が 表 示 されます [ 新

More information

第 10 講 プレゼンテーション 2 / 17 ページ 10-1 プレゼンテーションとは プレゼンテーションとは 限 られた 時 間 空 間 で 第 三 者 に 対 して 何 らかの 情 報 を 伝 達 説 明 し 理 解 を 深 めて もらうこと です 教 育 研 究 活 動 では 研 究 レポー

第 10 講 プレゼンテーション 2 / 17 ページ 10-1 プレゼンテーションとは プレゼンテーションとは 限 られた 時 間 空 間 で 第 三 者 に 対 して 何 らかの 情 報 を 伝 達 説 明 し 理 解 を 深 めて もらうこと です 教 育 研 究 活 動 では 研 究 レポー Bコース 1 / 17 ページ コンピュータリテラシー B コース 第 10 講 [ 全 15 講 ] 2011 年 度 春 学 期 基 礎 ゼミナール(コンピューティングクラス) 第 10 講 プレゼンテーション 2 / 17 ページ 10-1 プレゼンテーションとは プレゼンテーションとは 限 られた 時 間 空 間 で 第 三 者 に 対 して 何 らかの 情 報 を 伝 達 説 明 し 理

More information

Microsoft Word - 貼り付け2010pdf用.docx

Microsoft Word - 貼り付け2010pdf用.docx Word への 貼 り 付 け (2010) 図 写 真 の 貼 り 付 け ディジタルカメラなどで 撮 った 写 真 自 分 で 作 成 した 図 などを Word の 文 書 中 に 貼 り 付 けること ができる それがファイルの 形 で 存 在 する 場 合 には 挿 入 図 にある 図 ( 右 図 ) をクリックし 開 いたダイアログボックスで 文 書 ファイルと 同 じように 読 み 込

More information

5 保 存 するフォルダーを 指 定 (または 作 成 )し ファイル 名 にファイル 名 を 入 力 し 保 存 を 左 クリックす 3) レイアウト 1 枠 線 を 削 除 する カーソルで クリックしてタイト ルを 入 力 クリックしてサブタ イ ト ル を 入 力 を 取 り 囲 み Bac

5 保 存 するフォルダーを 指 定 (または 作 成 )し ファイル 名 にファイル 名 を 入 力 し 保 存 を 左 クリックす 3) レイアウト 1 枠 線 を 削 除 する カーソルで クリックしてタイト ルを 入 力 クリックしてサブタ イ ト ル を 入 力 を 取 り 囲 み Bac パワーポイント 2003 による 資 料 作 成 1) パワーポイント 2003 を 起 動 す 1 スタート を 左 クリックし すべてのプログラム から Microsoft Power Point を 選 び 左 クリックす 3 x をクリックすると 画 面 が 見 やすくな 2パワーポイントが 立 ち 上 が り 上 の 画 面 が 表 示 され x を 左 クリックし 画 面 を 見 や すくす

More information

(Microsoft Word - \215u\213`\203m\201[\203g20090703.doc)

(Microsoft Word - \215u\213`\203m\201[\203g20090703.doc) 2009/07/03 前 回 のおさらい 関 数 確 認 問 題 水 尾 作 成 の Excel 基 本 動 作 練 習 用 ファイルの 表 タイトルなし を 用 いて 次 の 指 示 を 実 際 に 完 成 させよ 1 セル M50 に セル L50:L54 の 合 計 数 値 をセル K50 の 数 値 で 割 った 結 果 を 表 示 できるよう に 関 数 を 設 定 せよ 2 M50 に

More information

1 総 則 (1) 目 的 このガイドラインは 南 相 馬 市 のホームページを 利 用 する 人 利 用 する 場 所 利 用 する 機 器 利 用 する 目 的 に 関 わらず 全 ての 人 が 平 等 に 情 報 にアクセスでき 誰 もが 使 いやすいアクセシビリテ ィの 高 いホームページを

1 総 則 (1) 目 的 このガイドラインは 南 相 馬 市 のホームページを 利 用 する 人 利 用 する 場 所 利 用 する 機 器 利 用 する 目 的 に 関 わらず 全 ての 人 が 平 等 に 情 報 にアクセスでき 誰 もが 使 いやすいアクセシビリテ ィの 高 いホームページを 南 相 馬 市 ホームページ 作 成 ガイドライン 平 成 19 年 12 月 13 日 策 定 平 成 20 年 10 月 10 日 改 定 平 成 25 年 11 月 26 日 改 定 総 務 部 情 報 政 策 課 1 総 則 (1) 目 的 このガイドラインは 南 相 馬 市 のホームページを 利 用 する 人 利 用 する 場 所 利 用 する 機 器 利 用 する 目 的 に 関 わらず

More information

ウェブアクセシビリティガイドライン

ウェブアクセシビリティガイドライン 兵 庫 県 小 野 市 ウェブアクセシビリティガイドライン 第 1 版 平 成 24 年 12 月 情 報 管 理 課 目 次 1 ガイドライン 策 定 の 目 的... 1 2 ガイドラインの 適 用 範 囲... 1 3 ウェブアクセシビリティの 必 要 性... 1 4 根 拠 となる 規 格... 1 5 配 慮 の 対 象 となる 利 用 者... 2 6 達 成 等 級 と 達 成 基

More information

無人で繰り返すオートデモンストレーション機能

無人で繰り返すオートデモンストレーション機能 パワーポイントも 基 本 操 作 は ワードやエクセルと 変 わりありません 大 きな 違 いは プレゼンテーションにおいて 効 果 的 となる 五 感 に 働 きか けることのできる 様 々な 機 能 が 提 供 されているだけです 1 プレゼンテーションとは 与 えられた 条 件 の 元 ( 相 手 時 間 環 境 手 段 など)で 自 分 の 持 っている 情 報 事 実 考 え 方 などを

More information

<5461726F2D93648E718E868EC58B8F30332E6A7464>

<5461726F2D93648E718E868EC58B8F30332E6A7464> PowerPointで 電 子 紙 芝 居 を 作 ろう! Microsoft Office Power Point 2003 を 用 いて 電 子 紙 芝 居 を 作 成 します 主 に, 画 像 の 挿 入 や オートシェイプ, クリップアート, アニメーションの 設 定, 画 面 の 切 り 替 え 効 果 機 能 を 用 います また,プロジェクタで 投 影 して 電 子 紙 芝 居 として

More information

情報基礎実習2013第5回テキスト

情報基礎実習2013第5回テキスト 情 報 基 礎 実 習 第 5 回 2014 年 5 月 22 日 ( 木 ) 5 月 23 日 ( 金 ) 担 当 教 員 : 逸 村 裕 高 久 雅 生 TF: 池 田 光 雪 プレゼンテーション とは 自 分 のアイデアや 商 品 計 画 等 を 他 人 に 紹 介 発 表 し 伝 えることである 現 代 社 会 においては 何 かをするためにはまずプレゼンテーションを 行 い 聴 衆 の 理

More information

目 的 予 算 の 状 況 資 金 の 流 使 れ 途 費 目 活 動 実 績 成 果 実 績 事 業 所 管 部 局 による 点 検 評 価 項 目 評 価 に 関 する 説 明 支 出 先 の 選 定 は 妥 当 か 競 争 性 が 確 保 されているか 単 位 あたりコストの 削 減 に 努

目 的 予 算 の 状 況 資 金 の 流 使 れ 途 費 目 活 動 実 績 成 果 実 績 事 業 所 管 部 局 による 点 検 評 価 項 目 評 価 に 関 する 説 明 支 出 先 の 選 定 は 妥 当 か 競 争 性 が 確 保 されているか 単 位 あたりコストの 削 減 に 努 事 業 番 号 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 総 務 省 ) 事 業 名 電 子 政 府 関 連 事 業 ( 行 政 効 率 化 支 援 ) 担 当 部 局 庁 行 政 管 理 局 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 昭 和 35 年 度 開 始 担 当 課 室 行 政 情 報 システム 企 画 課 課 長 吉 牟 田 剛 会 計 区 分 一

More information

<32303130208376838C835B8393332D348B89838F8393837C8343839383672E786477>

<32303130208376838C835B8393332D348B89838F8393837C8343839383672E786477> 日 本 情 報 処 理 検 定 協 会 主 催 ワンポイント 3 4 級 (Microsoft PowerPoint 2010 対 応 ) 2012 年 4 月 日 本 情 報 処 理 検 定 協 会 0 試 験 前 にすること... 2 ファイルの 保 存... 2 試 験 本 番... 3 標 準 フォント 文 字 色... 3 色 について... 3 配 置 について... 3 図 形 描 画

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

Taro-内藤教諭0213

Taro-内藤教諭0213 平 成 24 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 意 思 決 定 のプロセスから 思 考 力 を 育 てる 2 年 生 家 庭 基 礎 家 庭 の 経 済 と 消 費 の 授 業 を 通 して 県 立 新 潟 北 高 等 学 校 内 藤 香 織 Ⅰ 指 導 構 想 生 徒 との 普 段 の 会 話 から 消 費 生 活 が 意 思 決 定 を 意 識 的

More information

第 1 章 PowerPoint を 始 める 前 に 第 1 章 PowerPoint を 始 める 前 に 1. 最 初 に 考 えること 2. PowerPoint の 画 面 -1- IBR2012-V1.0

第 1 章 PowerPoint を 始 める 前 に 第 1 章 PowerPoint を 始 める 前 に 1. 最 初 に 考 えること 2. PowerPoint の 画 面 -1- IBR2012-V1.0 パワーポイント 基 礎 講 習 PowerPoint を 始 める 前 に PowerPoint を 始 めよう アニメーションを 活 用 する PowerPoint 2010 対 応 NPO インターネットビジネス 研 究 所 Copyright IBR 2012 第 1 章 PowerPoint を 始 める 前 に 第 1 章 PowerPoint を 始 める 前 に 1. 最 初 に 考

More information

講義について

講義について Step14 スライドショー 前 のStep13に 続 き,プレゼンテーションソフト パワーポイント の 基 本 操 作 を 説 明 しますが,サンプルを 参 考 にして 皆 さんもスライドショーを 作 って 見 ましょう [1] スライド 作 成 の 基 本 操 作 (2) 前 の Step 13では デザインプレート を 最 初 に 決 めてから 新 しいスライドを 作 成 していく 操 作 を

More information

第 1 部 コンピューターの 仕 組 みを 体 験 的 に 理 解 する 2. 次 のスライドを 作 る [ 新 しいスライド] をクリックすると 2 枚 目 のスライドが 提 示 される [ 新 しいスライド] をクリックすると [タ イトルとコンテンツ]を 表 示 するスライドが 選 ばれる [

第 1 部 コンピューターの 仕 組 みを 体 験 的 に 理 解 する 2. 次 のスライドを 作 る [ 新 しいスライド] をクリックすると 2 枚 目 のスライドが 提 示 される [ 新 しいスライド] をクリックすると [タ イトルとコンテンツ]を 表 示 するスライドが 選 ばれる [ 第 5 章 PowerPoint PowerPointの 使 い 方 スライドの 作 り 方 スライドの 映 し 方 配 布 資 料 の 作 り 方 ミーティングにおいて 提 示 説 明 や 説 得 のために 聞 き 手 にわかりやすいよ うに 目 に 見 える 形 で 示 しながら 報 告 することを プレゼンテーションという 最 近 は 授 業 においても 演 習 や 学 会 の 発 表 においても

More information

マクロ/VBA 入 門 10HR マクロの 基 礎 知 識 やマクロの 自 動 記 録 で 生 成 されるVBAコードの マクロの 基 本 的 な 考 え 方 簡 単 なマクロの 作 初 歩 を 簡 単 なマクロ 作 成 を 通 してマクロ 作 成 方 法 マクロ 成 方 法 だけではなく より 実

マクロ/VBA 入 門 10HR マクロの 基 礎 知 識 やマクロの 自 動 記 録 で 生 成 されるVBAコードの マクロの 基 本 的 な 考 え 方 簡 単 なマクロの 作 初 歩 を 簡 単 なマクロ 作 成 を 通 してマクロ 作 成 方 法 マクロ 成 方 法 だけではなく より 実 一 般 新 機 能 習 得 アップグレード 研 修 (6HRコース) 新 機 能 習 得 アップグレード 研 修 (3HRコース) 初 6HR 初 3HR リボンインターフェースを 中 心 に 2003との 違 いを 確 認 するとともにの 操 作 を 効 率 よく 習 得 したい 方 あわせて 新 しく 追 加 された 機 能 を リボンインターフェースを 中 心 にの 新 機 能 2003との

More information

Taro-P86~91 (平成28年度)情

Taro-P86~91  (平成28年度)情 (4) 情 報 教 育 に 関 する 研 修 研 修 会 番 号 102 プレゼンテーションソフト 活 用 基 礎 研 修 会 目 的 プレゼンテーションソフトの 操 作 演 習 により,プレゼンテーション 作 成 の 基 本 的 スキルを 習 得 す る 対 象 者 小 学 校 ( 小 学 部 ), 中 学 校 ( 中 学 部 ), 高 等 学 校 ( 高 等 部 ) 主 幹 教 諭 教 諭 養

More information

Microsoft Word - H25開催通知(パソコン).doc

Microsoft Word - H25開催通知(パソコン).doc 平 成 25 年 度 パソコン 研 修 実 施 要 綱 1 目 的 事 務 処 理 の 迅 速 化 能 率 化 を 図 るため 自 治 体 職 員 のパソコン 操 作 技 術 を 養 成 する 2 主 催 奈 良 県 市 町 村 職 員 研 修 センター( 公 益 財 団 法 人 奈 良 県 市 町 村 振 興 協 会 内 ) 3 日 程 講 座 番 号 実 施 日 講 座 名 第 1 回 平 成

More information

 目次

 目次 プレゼンテーション MS-PowerPoint 2010 2012 年 6 月 第 2 版 東 海 大 学 総 合 情 報 センター 清 水 情 報 システム 課 発 行 PowerPoint 2010[ 目 次 ] 1. PowerPoint の 起 動 と 終 了... 1 1-1 起 動... 1 1-2 終 了... 1 2. PowerPoint の 画 面 構 成... 2 2-1 画

More information

5. 投 稿 期 限 査 読 を 伴 う 論 文 については 毎 年 3 月 末 日 を 提 出 最 終 日 とし 4 月 1 日 以 降 に 提 出 され 受 理 された 原 稿 は 翌 年 出 版 分 の 原 稿 として 取 り 扱 う 提 出 は 原 則 として 電 子 メー ルの 送 信 日

5. 投 稿 期 限 査 読 を 伴 う 論 文 については 毎 年 3 月 末 日 を 提 出 最 終 日 とし 4 月 1 日 以 降 に 提 出 され 受 理 された 原 稿 は 翌 年 出 版 分 の 原 稿 として 取 り 扱 う 提 出 は 原 則 として 電 子 メー ルの 送 信 日 2015/09/17 テクニカルアナリストジャーナル 投 稿 の 手 引 き NTAA 事 務 局 1. まえがき 日 本 テクニカルアナリスト 協 会 ( NTAA)は 定 款 第 3 条 に 定 める 通 り 証 券 投 資 等 におけるテクニカル 分 析 理 論 の 教 育 普 及 活 動 を 行 い テクニカル 分 析 理 論 の 向 上 およ びテクニカル 分 析 業 務 に 従 事 する

More information

Microsoft Word - 2015入試総括

Microsoft Word - 2015入試総括 2015 年 神 奈 川 県 公 立 高 校 共 通 選 抜 試 験 総 括 名 学 館 EXCEL 教 務 部 2015 年 2 月 16 日 ( 月 )に 行 われました 神 奈 川 県 公 立 高 校 共 通 選 抜 試 験 の 問 題 につ いて 簡 単 ではありますが 文 章 にさせていただきました 特 に 今 後 受 験 をされる 皆 さん にはどのように 入 試 が 変 化 しどのように

More information

<32303033208376838C835B8393312D328B89838F8393837C8343839383672E786477>

<32303033208376838C835B8393312D328B89838F8393837C8343839383672E786477> 日 本 情 報 処 理 検 定 協 会 主 催 プレゼンテーション 作 成 検 定 試 験 ワンポイント 1 2 級 (Microsoft PowerPoint 2003 対 応 ) 2012 年 4 月 日 本 情 報 処 理 検 定 協 会 0 試 験 前 にすること... 2 ファイルの 保 存... 2 試 験 本 番... 3 標 準 フォント 文 字 色... 3 色 について... 3

More information

Power Point ( 前 半 ) 9 枚 目 :( 承 ) タイトルとコンテンツ 少 し 経 歴 を 話 そう (MSPゴシック pt) 本 文 に( 具 体 的 な 自 分 を 紹 介 ) 1 出 身 地 身 長 体 重 血 液 型 家 族 構 成 職 種 や してきた 仕 事 経 歴 は

Power Point ( 前 半 ) 9 枚 目 :( 承 ) タイトルとコンテンツ 少 し 経 歴 を 話 そう (MSPゴシック pt) 本 文 に( 具 体 的 な 自 分 を 紹 介 ) 1 出 身 地 身 長 体 重 血 液 型 家 族 構 成 職 種 や してきた 仕 事 経 歴 は Power Point ( 前 半 ) レイ 大 サポート 隊 事 業 部 会 Power Point 編 テキスト 1 1 POWER POINT パワーポイント パワーポイントを 使 って ~ 自 己 紹 介 ~ のスライドを 作 る 前 半 プレゼンテーションの 作 成 の 流 れ1 テーマに 基 づく 具 体 的 な 構 成 を 組 み 立 てる 実 際 に 作 成 していただくため 作 成

More information

083 福崎 H28掲載用一覧表

083 福崎 H28掲載用一覧表 平 成 28 年 度 使 用 教 科 書 一 覧 表 県 立 福 崎 高 等 学 校 ( 全 日 制 課 程 ) No 教 科 名 学 種 目 名 発 行 教 科 書 番 教 科 書 名 使 用 学 年 範 囲 選 定 理 由 1 国 語 1 国 語 総 合 東 書 国 総 302 精 選 国 語 総 合 1 年 全 2 地 理 歴 史 1 地 図 東 書 地 図 301 新 高 等 地 図 1~3

More information

ことばを覚える

ことばを覚える 業 務 部 門 の 担 当 者 による 担 当 者 のための 業 務 アプリケーションの 作 り 方 (その2) 過 去 データの 活 用 が 可 能 な 見 積 り 作 成 ツールの 構 築 コンテキサー 操 作 演 習 コンテキサー チュートリアル(バージョン2.2 用 ) 20121113 コンテキサーのバージョンは 2.2.09 以 降 で 行 ってください 目 次 ステップ1 Excel

More information

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc Ⅰ Ⅱ 研 究 主 題 主 題 設 定 理 由 1 社 会 要 請 教 育 的 課 題 から 表 現 力 向 上 を 目 指 した 学 習 指 導 研 究 ~ 言 語 力 を 高 める 指 導 実 践 を 通 して~ 21 世 紀 は 新 しい 知 識 情 報 技 術 が 政 治 経 済 文 化 をはじめ 社 会 あらゆる 領 域 で 活 動 基 盤 として 飛 躍 的 に 重 要 性 を 増 す

More information

情報活用の基礎 2015年度版 目次

情報活用の基礎 2015年度版 目次 情 報 活 用 の 基 礎 -これだけは 知 っておきたいコンピューターの 使 い 方 - 2015 年 度 版 神 戸 学 院 大 学 情 報 支 援 事 務 室 編 商 標 について Windows Windows 1.0 Windows 95 Windows 98 Windows Me Windows XP Windows Vista Windows 7 Windows 8 Windows 8.1

More information

Taro-22jyohou2.jtd

Taro-22jyohou2.jtd 生 徒 の 工 夫 が 発 揮 される 表 計 算 ソフトの 教 材 づくり ~ 個 々の 対 応 を 目 指 す 自 作 テキスト~ 千 葉 県 立 〇 〇 〇 高 等 学 校 〇 〇 〇 〇 ( 情 報 ) 研 究 の 概 要 この 研 究 は, 生 徒 個 々の 工 夫 や 個 性 を 発 揮 できる 要 素 を 取 り 入 れ, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 を 育 成 させる 教 材

More information

H23_PR_12_2003.xdw

H23_PR_12_2003.xdw 日 本 情 報 処 理 検 定 協 会 主 催 プレゼンテーション 作 成 検 定 試 験 手 順 書 1 2 級 (Microsoft PowerPoint 2003 対 応 ) 2011 年 4 月 日 本 情 報 処 理 検 定 協 会 プレゼンテーション 作 成 検 定 試 験 1 2 級 ワンポイント プレゼンテーション 作 成 検 定 試 験 についての 注 意 事 項 や 作 成 手

More information

事 例 研 究 論 文 プレゼンテーションソフトを 用 いた 動 画 の 簡 易 編 集 法 金 洋 太 1, 荒 川 美 緒 1, 出 口 竜 作 1 宮 城 教 育 大 学 大 学 院 理 科 教 育 専 修, 2 宮 城 教 育 大 学 理 科 教 育 講 座 2 授 業 や 研 究 発 表

事 例 研 究 論 文 プレゼンテーションソフトを 用 いた 動 画 の 簡 易 編 集 法 金 洋 太 1, 荒 川 美 緒 1, 出 口 竜 作 1 宮 城 教 育 大 学 大 学 院 理 科 教 育 専 修, 2 宮 城 教 育 大 学 理 科 教 育 講 座 2 授 業 や 研 究 発 表 事 例 研 究 論 文 プレゼンテーションソフトを 用 いた 動 画 の 簡 易 編 集 法 金 洋 太 1, 荒 川 美 緒 1, 出 口 竜 作 1 宮 城 教 育 大 学 大 学 院 理 科 教 育 専 修, 2 宮 城 教 育 大 学 理 科 教 育 講 座 2 授 業 や 研 究 発 表 などの 場 では 動 画 を 活 用 する 機 会 が 増 えている 動 画 には 内 容 を 視 覚

More information

は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ

は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ 三 次 市 立 三 和 小 学 校 平 成 22 年 2 月 Web 版 1 は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 7 2 校 内

More information

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49 生 きる 力 をはぐくむ 家 庭 科 教 育 - 生 活 の 自 立 を 目 指 した 指 導 と 評 価 の 工 夫 - 指 導 主 事 竹 川 春 美 Takegawa Harumi 要 旨 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 高 齢 社 会 の 到 来 など 社 会 の 変 化 が 著 しい このような 社 会 状 況 の 中 で 男 女 を 問 わず 生 活 の 自 立 に 必 要

More information

Taro-第1学年 数学科学習指導案.

Taro-第1学年 数学科学習指導案. 第 1 学 年 1 単 元 名 資 料 の 散 らばりと 代 表 値 数 学 科 学 習 指 導 案 平 成 24 年 9 月 25 日 ( 火 )2 校 時 指 導 者 教 諭 佐 々 木 一 夫 場 所 コンピュータ 室 2 単 元 の 目 標 資 料 を 目 的 に 応 じて 収 集 し,それを 表 やグラフに 整 理 し, 資 料 の 散 らばりや 代 表 値 に 着 目 して 資 料 の

More information

PowerPoint2007 によるプレゼンテーション 資 料 の 作 成 日 時 会 場 平 成 22 年 8 月 4 日 ( 水 )9 時 10 分 ~ 15 時 30 分 奈 良 産 業 大 学 10 号 館 1 階 1011 教 室 日 程 時 間 内 容 場 所 9:10 ~ 10:30

PowerPoint2007 によるプレゼンテーション 資 料 の 作 成 日 時 会 場 平 成 22 年 8 月 4 日 ( 水 )9 時 10 分 ~ 15 時 30 分 奈 良 産 業 大 学 10 号 館 1 階 1011 教 室 日 程 時 間 内 容 場 所 9:10 ~ 10:30 PowerPoint2007 による プレゼンテーション 資 料 の 作 成 教 職 員 のための 公 開 講 座 ( 平 成 22 年 8 月 4 日 ) 1 PowerPoint2007 によるプレゼンテーション 資 料 の 作 成 日 時 会 場 平 成 22 年 8 月 4 日 ( 水 )9 時 10 分 ~ 15 時 30 分 奈 良 産 業 大 学 10 号 館 1 階 1011 教 室

More information

コンピュータ 基 礎 Ⅰ 水 越 綾 1 年 前 期 選 択 ( 要 履 修 ) ( 1 単 位 演 習 ) 初 心 者 を 対 象 に 具 体 的 なビジネスの 場 面 において 使 われる 書 類 が 作 成 できること また インターネッ ト 社 会 において 守 らなければいけない 情 報

コンピュータ 基 礎 Ⅰ 水 越 綾 1 年 前 期 選 択 ( 要 履 修 ) ( 1 単 位 演 習 ) 初 心 者 を 対 象 に 具 体 的 なビジネスの 場 面 において 使 われる 書 類 が 作 成 できること また インターネッ ト 社 会 において 守 らなければいけない 情 報 ソーシャルスキル 宮 田 佳 子 1 年 前 期 必 修 ( 1 単 位 演 習 ) ファッションビジネスにおける 基 本 のマナーや 社 会 人 としての 基 礎 を 学 び ファッションビジネスにおけ 2 年 るコミュニケーション 礼 儀 ビジネスマナーを 習 得 する ファッションビジネスの 基 本 をマスターし 対 人 関 係 における 挨 拶 依 頼 交 渉 自 己 主 張 などの 社 会

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1 山 都 町 移 住 定 住 サイト マイホームページ 操 作 説 明 書 平 成 26 年 3 月 10 日 2 会 員 登 録 からホームページ 公 開 まで 会 員 仮 登 録 本 登 録 申 請 ログイン センター 承 認 ホームページ 公 開 センター 承 認 公 開 申 請 ホームページ 作 成 ホームページ 作 成 の4つのステップ 1 ホームページの 設 定 (p4) 2 レイアウト

More information

レポート作成FD

レポート作成FD NAOSITE: Nagasaki University's Ac Title Author(s) Citation レポート 課 題 の 作 成 支 援 を 意 識 した 情 報 教 育 コンテンツの 開 発 [スラ イド] 西 田, 孝 洋 日 本 薬 学 会 第 127 年 会, 一 般 ポスター 発 表 30P1-am049 富 山 3 月 30 日 ) Issue Date 2007-03-30

More information

挿 入 した 写 真 は トリミング 拡 大 縮 小 明 るさ コントラストの 調 整 グレースケー ル 化 などの 加 工 を 行 うことができる トリミングとは 画 像 の 不 要 な 部 分 を 切 り 取 ってしまうことです 切 り 取 るといっても 実 際 には 見 えなくするだけなので

挿 入 した 写 真 は トリミング 拡 大 縮 小 明 るさ コントラストの 調 整 グレースケー ル 化 などの 加 工 を 行 うことができる トリミングとは 画 像 の 不 要 な 部 分 を 切 り 取 ってしまうことです 切 り 取 るといっても 実 際 には 見 えなくするだけなので 写 真 の 挿 入 デジタルカメラなどで 撮 影 した 写 真 ( 画 像 ファイル)があればスライドに 簡 単 に 挿 入 でき る 対 応 するファイル 形 式 は よく 使 われる bmp や jpg など 全 部 で 11 種 類 写 真 を 挿 入 できるスライド:タイトルとコンテンツ 2 つのコンテンツ 比 較 タイトル 付 きのコンテンツ タイトル 付 きの 図 1. ホームタブの 新

More information

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464>

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464> 問 題 解 決 学 習 を 通 して 科 学 的 思 考 力 と 表 現 力 の 育 成 を 図 る 理 科 授 業 ~ 言 語 活 動 を 充 実 させる 授 業 ~ 新 発 田 市 立 第 一 中 学 校 教 諭 星 野 勝 紀 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 今 までの 実 践 から 私 自 身 のこれまでの 授 業 を 振 り 返 ると 教 師 側 である 程 度 筋 道 を 立 て 発 達

More information

Microsoft Word - H26開催通知(パソコン).doc

Microsoft Word - H26開催通知(パソコン).doc 平 成 26 年 度 パソコン 研 修 実 施 要 綱 1 目 的 事 務 処 理 の 迅 速 化 能 率 化 を 図 るため 自 治 体 職 員 のパソコン 操 作 技 術 を 養 成 する 2 主 催 奈 良 県 市 町 村 職 員 研 修 センター( 公 益 財 団 法 人 奈 良 県 市 町 村 振 興 協 会 内 ) 3 日 程 講 座 番 号 実 施 日 講 座 名 第 1 回 平 成

More information

1 プレゼンテーションソフトのつかいかた 講 習 会 テキスト 2008 年 5 月 更 新 明 治 大 学 - 目 次 1.プレゼンテーションソフトとは...3 2.PowerPointの 起 動 と 終 了...3 (2.1) 起 動 方 法...3 (2.2) 画 面 構 成 および 各 部 の 名 称 など...4 (2.3) 終 了 方 法...5 3. 簡 単 なプレゼンテーションの 作 成

More information

カ) SNS 機 能 の 導 入 連 携 キ) 日 本 語 英 語 の 二 カ 国 表 記 ク) 簡 易 版 のトップページの 作 成 ⅰ) 本 業 務 の 目 的 に 沿 ったWEBサイトの 全 体 構 成 を 検 討 提 案 し 作 成 すること ⅱ) Facebook や Instagram

カ) SNS 機 能 の 導 入 連 携 キ) 日 本 語 英 語 の 二 カ 国 表 記 ク) 簡 易 版 のトップページの 作 成 ⅰ) 本 業 務 の 目 的 に 沿 ったWEBサイトの 全 体 構 成 を 検 討 提 案 し 作 成 すること ⅱ) Facebook や Instagram 神 戸 国 際 フルート 音 楽 祭 WEBサイト 作 成 運 営 委 託 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 神 戸 国 際 フルート 音 楽 祭 WEBサイト 作 成 運 営 委 託 業 務 2. 業 務 目 的 平 成 29(2017) 年 5 月 25 日 から6 月 4 日 にかけて 神 戸 文 化 ホールにおいて 開 催 される 第 9 回 神 戸 国 際 フルートコンクール を 核

More information

食生活

食生活 の 基 礎 ( 入 門 講 座 ) 具 体 的 操 作 活 用 方 法 は 実 習 OJTにて 平 成 26 年 5 月 作 成 編 集 : 守 野 練 習 問 題 練 習 問 題 練 習 問 題 練 習 問 題 1.スライドの 挿 入 に 関 する 問 題 8. 図 形 の 整 列 についての 問 題 2. 箇 条 書 きに 関 する 問 題 9.コネクタについて

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370838F815B837C8343839383678E6782A282B182C882B52D2330328AEE91622E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370838F815B837C8343839383678E6782A282B182C882B52D2330328AEE91622E646F63> 1 PowerPointによるプレゼンテーションの 基 礎 基 本 からスライド 作 りのABCまで 1. パワーポイントの 基 本 概 念 複 数 のスライドを 講 演 者 が 意 図 した 順 番 に 提 示 することによってプレゼンテーションをおこな うソフト ふつう1 枚 のスライドには 1つ 以 上 のオブジェクトが 貼 り 付 けられている オブジェクトとは スライドに 貼 り 付 けられたテキストもしくは

More information

Microsoft Word - WBT(PP応用編).docx

Microsoft Word - WBT(PP応用編).docx PowerPoint2007の 利 用 応 用 編 広 島 県 立 教 育 センター PowerPoint2007 の 利 用 ( 基 本 編 )で 作 成 したスライドを 基 に,さらに 工 夫 する 演 習 です Ⅰ リンク 機 能 の 設 定 をしてみましょう 画 像 は IPA 教 育 用 画 像 素 材 集 より 演 習 1 動 作 設 定 ボタンをクリックすると 該 当 のスライドが 表

More information

受 注 者 は 本 仕 様 書 に 示 した 事 項 に 基 づき 成 果 品 が 作 成 されているか 工 程 ごとに 検 査 を 行 い 記 録 しなければならない 業 務 完 了 時 には 検 査 に 必 要 な 成 果 品 及 び 関 係 書 類 を 町 へ 提 出 し 完 了 検 査 を

受 注 者 は 本 仕 様 書 に 示 した 事 項 に 基 づき 成 果 品 が 作 成 されているか 工 程 ごとに 検 査 を 行 い 記 録 しなければならない 業 務 完 了 時 には 検 査 に 必 要 な 成 果 品 及 び 関 係 書 類 を 町 へ 提 出 し 完 了 検 査 を 下 仁 田 町 移 住 定 住 ホームページ 作 成 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 6 月 27 日 Ⅰ 業 務 概 要 1. 業 務 名 下 仁 田 町 移 住 定 住 ホームページ 作 成 業 務 2. 目 的 下 仁 田 町 は 人 口 減 少 や 少 子 高 齢 化 に 歯 止 めをかけるため 下 仁 田 町 まち ひと し ごと 総 合 戦 略 では 定 住 移 住 対 策

More information

Taro-shakai.jtd

Taro-shakai.jtd 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 21 年 11 月 11 日 5 校 時 場 所 : 第 3 学 年 3 組 教 室 授 業 者 : 教 諭 梅 津 卯 1 単 元 名 わたしたちの 生 活 と 経 済 2 単 元 の 目 標 (1) 経 済 活 動 の 意 義 や 生 産 流 通 消 費 といった 経 済 のおおまかなしくみを, 身

More information

Taro-2回目訂正_Taro-研究紀要(

Taro-2回目訂正_Taro-研究紀要( 青 森 県 総 合 学 校 教 育 センター 研 究 紀 要 [2013.3] F9-01 中 学 校 教 育 相 談 中 学 校 における 不 登 校 生 徒 の 学 校 への 適 応 感 を 高 めるための 研 究 - 不 登 校 対 応 チャートを 用 いたコンサルテーションを 通 して- 教 育 相 談 課 研 究 員 佐 藤 奈 央 子 要 旨 本 研 究 では, 中 学 校 における 不

More information

はじめに

はじめに 主 題 移 行 期 の 連 携 に おける 教 育 的 ニーズに 応 じた 支 援 の 充 実 ~ 小 学 校 から 中 学 校 に 効 果 的 な 支 援 を 引 き 継 ぐ た めに ~ 熊 本 市 立 山 ノ 内 小 学 校 教 諭 森 川 義 幸 要 約 小 学 校 から 中 学 校 へと 児 童 のライフステージが 変 化 する 際 それぞれの 機 関 が 一 貫 性 のない 支 援 をしてしまえば

More information

国立大学法人上越教育大学における授業料その他の費用に関する規程

国立大学法人上越教育大学における授業料その他の費用に関する規程 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 における 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 す る 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 65 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 22 日 規 程 第 18 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 ( 以 下 本 法 人 という

More information

Microsoft Word - 01 募集要項.docx

Microsoft Word - 01 募集要項.docx 愛 知 の 食 文 化 継 承 事 業 ( 郷 土 料 理 レシピ 集 ) 業 務 委 託 先 募 集 要 項 1 事 業 の 目 的 平 成 25 年 12 月 に 和 食 : 日 本 の 伝 統 的 な 食 文 化 がユネスコの 無 形 文 化 遺 産 に 登 録 された しかし 和 食 の 基 礎 となる 各 地 域 で 継 承 されてきた 伝 統 的 な 食 文 化 は 担 い 手 の 高

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE989E68BA3918882C98AD682B782E98CF68D905F894693738B7B91E58A775F30322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE989E68BA3918882C98AD682B782E98CF68D905F894693738B7B91E58A775F30322E646F63> 平 成 23 年 11 月 1 日 宇 都 宮 大 学 公 式 ホームページリニューアル 業 務 委 託 受 託 業 者 の 募 集 について( 公 募 ) 標 記 の 件 について 受 託 希 望 者 から 企 画 提 案 を 募 集 しますので, 別 紙 公 募 要 項 を 参 照 の 上, 企 画 提 案 書 等 を 来 る11 月 30 日 ( 水 )12 時 までにご 提 出 いただきますようお

More information

レポートや論文の作成に役立つWord機能

レポートや論文の作成に役立つWord機能 PowerPoint 印 刷 術 PowerPoint で 作 成 したスライドを 印 刷 しようとすると うまくいかないことが 多 々あります ここではみなさんからの 質 問 要 望 の 多 い 印 刷 方 法 を Office2010PowerPoint で 紹 介 します ページ 設 定 をする PowerPoint でスライドを 作 成 するとき 初 期 設 定 ではスライドのサイズ 指 定

More information

ン 審 査 )により 最 優 秀 者 を 選 定 します 2 企 画 提 案 に 関 する 質 問 はメールで 行 うこととします ただし 軽 易 なものについては 電 話 でも 可 とします 3 審 査 は 総 合 販 売 戦 略 課 長 を 審 査 員 長 とした 審 査 員 により 行 うこと

ン 審 査 )により 最 優 秀 者 を 選 定 します 2 企 画 提 案 に 関 する 質 問 はメールで 行 うこととします ただし 軽 易 なものについては 電 話 でも 可 とします 3 審 査 は 総 合 販 売 戦 略 課 長 を 審 査 員 長 とした 審 査 員 により 行 うこと 本 業 務 を 委 託 するにあたり 次 のとおり 企 画 提 案 を 募 集 し 総 合 的 な 審 査 により 事 業 者 を 決 定 します 近 年 インターネットの 普 及 による 情 報 量 の 増 加 や 個 人 の 趣 味 嗜 好 の 多 様 化 などから 消 費 者 の 心 を 捉 える 情 報 の 質 や 手 法 が 変 化 してきており 青 森 県 産 品 のイメージアップや 顧

More information

第1学年1組 理科学習指導案

第1学年1組 理科学習指導案 検 印 第 3 学 年 1 組 理 科 学 習 指 導 案 平 成 23 年 12 月 9 日 ( 月 )5 校 時 活 動 場 所 第 2 理 科 室 (3 階 ) 指 導 者 教 諭 1 単 元 名 地 球 から 見 た 天 体 の 動 き 2 単 元 設 定 について この 単 元 では 天 体 の 日 周 運 動 の 観 察 を 行 い その 観 察 記 録 を 地 球 の 自 転 と 関

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323030372082678251824F944E93788376838C835B83938E7793B18EE888F88F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323030372082678251824F944E93788376838C835B83938E7793B18EE888F88F912E646F63> 日 本 情 報 処 理 検 定 協 会 主 催 プレゼンテーション 作 成 検 定 試 験 20 年 度 指 導 手 引 書 (Microsoft PowerPoint 2007 対 応 ) 2008 年 5 月 日 本 情 報 処 理 検 定 協 会 目 次 はじめに... 3 Ⅰ.ファイルの 保 存 について... 3 Ⅱ. 色 指 定 について... 3 Ⅲ.アニメーションの 設 定 について...

More information

事 業 規 模 金 11,000 千 円 ( 消 費 税, 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む 金 額 ) 構 築 時 から 本 稼 働 までに 必 要 な 費 用 この 金 額 は, 本 業 務 に 係 る 契 約 時 の 予 定 価 格 を 示 すものでは 無 く, 事 業 規 模 を 示

事 業 規 模 金 11,000 千 円 ( 消 費 税, 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む 金 額 ) 構 築 時 から 本 稼 働 までに 必 要 な 費 用 この 金 額 は, 本 業 務 に 係 る 契 約 時 の 予 定 価 格 を 示 すものでは 無 く, 事 業 規 模 を 示 気 仙 沼 市 ホームページ 作 成 システム 構 築 業 務 プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 要 領 は, 気 仙 沼 市 ホームページ 作 成 システム 構 築 業 務 に 係 る 委 託 事 業 者 を 選 定 するにあたり, 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 2 プロポーザル 方 式 を 採 用 する 理 由 本 市 では, 現 在 運 用 しているホームページ 作

More information

https://nuweb.jimu.nagasaki-u.ac.jp/syllabus2/syllabusReference

https://nuweb.jimu.nagasaki-u.ac.jp/syllabus2/syllabusReference 1/2 ページ シラバス 関 連 > シラバス 参 照 > シラバス 検 索 > シラバス 一 覧 > シラバス 参 照 松 尾 成 則 全 学 教 育 タイムアウトまでおよそ1795 秒 です 印 刷 タイトル 2012 年 度 シラバス 開 講 所 属 教 養 教 育 ( 全 学 教 育 )- 教 養 教 育 _ 情 報 科 学 科 目 シラバスの 詳 細 は 以 下 となります 学 期 前 期

More information

以下は、愛媛大学教育・学生支援機構教育開発センター教育開発部編、

以下は、愛媛大学教育・学生支援機構教育開発センター教育開発部編、 授 業 科 目 プログラミングの 基 礎 開 講 時 期 前 期 担 当 教 員 一 ノ 瀬 元 史 単 位 1 社 会 になくてはならないコンピュータの 仕 組 みを 知 るためにプログラミングについて 学 習 をする 論 理 的 思 考 のトレー ニングとしたい アルゴリズムが 理 解 できる コンパイラが 理 解 できる C 言 語 の 取 りかかりをつかむ プログラムの 動 作 イメージが

More information

平成18年度 教職員12年経験者研修

平成18年度 教職員12年経験者研修 中 学 校 美 術 科 2( 平 成 23 年 度 ) 第 2 学 年 美 術 科 学 習 指 導 案 本 時 の 主 張 生 徒 一 人 一 人 が 表 現 力 を 高 めるためには, 自 分 の 作 品 に 自 信 をもち,そのよさを 相 手 に 伝 えたり, 他 者 の 発 想 や 表 現 から 学 んだりすることが 大 切 である 本 時 では, 共 同 で 行 う 創 造 活 動 において,

More information

図 1 図 1 に 白 紙 のテンプレートを 示 しています. 背 景 は 白 ですが, 文 字 の 入 力 位 置 が 示 されています.テン プレートへの 入 力 方 法 は, クリックしてタイトルを 入 力 クリックしてサブタイトルを 入 力 という 枠 内 に 文 字 を 入 力 していくこ

図 1 図 1 に 白 紙 のテンプレートを 示 しています. 背 景 は 白 ですが, 文 字 の 入 力 位 置 が 示 されています.テン プレートへの 入 力 方 法 は, クリックしてタイトルを 入 力 クリックしてサブタイトルを 入 力 という 枠 内 に 文 字 を 入 力 していくこ PowerPoint でオリジナルテンプレートを 作 る 県 立 広 島 病 院 麻 酔 集 中 治 療 科 讃 岐 美 智 義 PowerPoint を 使 って PC プレゼンテーションをするのが 当 たり 前 の 時 代 になりました. 学 会 では PC プレゼ ンテーションのソフトウェアを PowerPoint と 指 定 してくることも 多 く,PowerPoint はプレゼンテーションソ

More information

訪問介護勤務スケジュール作成

訪問介護勤務スケジュール作成 訪 問 介 護 勤 務 スケジュール 作 成 勤 務 表 作 成 編 (Ver. 6.0.0) Microsoft Excel 2003 対 応 Microsoft Excel 2007 対 応 Microsoft Excel 2010 対 応 こんなことができます!! 登 録 者 情 報 のチェック ( 基 本 登 録 情 報 のチェック) 対 象 月 の 情 報 チェック 勤 務 表 作 成 勤

More information

自 己 紹 介 (インターネットビジネスに 関 して) ビジネス 起 業 塾 JIS の 第 1 期 生 として 還 暦 にて 昨 年 2 月 からインターネットビジネスを 学 び 始 め 現 在 JIS4 期 生 の 中 で 大 番 頭 後 見 役 = 貢 献 役 として 活 躍 中 情 報 商

自 己 紹 介 (インターネットビジネスに 関 して) ビジネス 起 業 塾 JIS の 第 1 期 生 として 還 暦 にて 昨 年 2 月 からインターネットビジネスを 学 び 始 め 現 在 JIS4 期 生 の 中 で 大 番 頭 後 見 役 = 貢 献 役 として 活 躍 中 情 報 商 セグパパ PCお 助 け 塾 インターネットビジネスで 稼 ぎたい 人 向 け 講 座 パワーポイントの 使 い 方 団 塊 の 星 (シルバースター) お 助 け 塾 塾 長 セグパパ 自 己 紹 介 (インターネットビジネスに 関 して) ビジネス 起 業 塾 JIS の 第 1 期 生 として 還 暦 にて 昨 年 2 月 からインターネットビジネスを 学 び 始 め 現 在 JIS4 期 生

More information

や YouTube を 活 用 した 動 画 配 信 コンテンツ インターネット 放 送 局 の 運 営 について Adobe Premiere 等 の 使 用 方 法 に 関 する 助 言 等 の 技 術 的 支 援 の 他 ページ 作 成 等 の 技 術 的 作 業 を また 随 時 必 要 に

や YouTube を 活 用 した 動 画 配 信 コンテンツ インターネット 放 送 局 の 運 営 について Adobe Premiere 等 の 使 用 方 法 に 関 する 助 言 等 の 技 術 的 支 援 の 他 ページ 作 成 等 の 技 術 的 作 業 を また 随 時 必 要 に 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 ホームページ 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 1. 業 務 名 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 ホームページ 管 理 業 務 2. 目 的 和 歌 山 県 ホームページに 関 する 技 術 的 専 門 的 な 支 援 助 言 等 の 業 務 を 委 託 し 新 規 情 報 の 掲 載 や 既 存 情 報 の 修 正 等 ホームページの 日 常 的 な

More information

<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378>

<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378> 経 済 産 業 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 す る 対 応 指 針 ( 案 ) 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 権 利 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 の 改 正 を

More information

PowerPoint によるプレゼンテーション 資 料 の 作 成 日 時 会 場 平 成 18 年 1 月 5 日 ( 月 )9 時 10 分 ~ 15 時 0 分 奈 良 産 業 大 学 10 号 館 1 階 1011 教 室 日 程 時 間 内 容 場 所 9:10 ~ 9:0 日 程 説 明

PowerPoint によるプレゼンテーション 資 料 の 作 成 日 時 会 場 平 成 18 年 1 月 5 日 ( 月 )9 時 10 分 ~ 15 時 0 分 奈 良 産 業 大 学 10 号 館 1 階 1011 教 室 日 程 時 間 内 容 場 所 9:10 ~ 9:0 日 程 説 明 PowerPoint による プレゼンテーション 資 料 の 作 成 教 職 員 のための 公 開 講 座 ( 平 成 18 年 1 月 5 日 ) PowerPoint によるプレゼンテーション 資 料 の 作 成 日 時 会 場 平 成 18 年 1 月 5 日 ( 月 )9 時 10 分 ~ 15 時 0 分 奈 良 産 業 大 学 10 号 館 1 階 1011 教 室 日 程 時 間 内

More information

Microsoft Word - Excel2.docx

Microsoft Word - Excel2.docx 2014/6-7 2014 年 度 外 国 語 学 部 コンピュータ リテラシー 8.グラフの 作 成 Microsoft Excel の 基 礎 (2) 数 字 だけ 眺 めていても 分 からなかったことが グラフにしたとたん 見 えてくるといったことは 頻 繁 にある また 人 にデータを 説 明 する 際 にも グラフは 強 力 な 方 法 である Excel に 入 力 されたデータは 容

More information

H27パワーポイント活用講座

H27パワーポイント活用講座 パワーポイント00 活 用 講 座 練 習 作 品 ) 柏 クイズ 答 えの 部 分 をふせんで 隠 して クリックしてめくる 様 にする( 終 了 のアニメーション:ワイプ) 練 習 作 品 ) 算 数 教 材 ( 分 数 ) りんごの 画 像 を 半 分 にトリミングし アニメーションでお 皿 に 移 動 させる 数 式 機 能 で 分 数 を 表 示 する ( 軌 跡 のアニメーション) 練

More information

地域ポータルサイト「こむねっと ひろしま」

地域ポータルサイト「こむねっと ひろしま」 5. エディタの 使 い 方 5.1. エディタとは? NetCommons の 全 モジュールで 共 通 する 編 集 画 面 です 5.2. 通 常 のエディタの 使 い 方 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17)(18) (19)(20)(21) (22) (23) (24) (25)

More information