3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気"

Transcription

1 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については 同 条 各 号 に 認 可 の 基 準 が 規 定 されているところであり 同 条 第 4 号 のより 具 体 的 な 基 準 は 次 のとおり とする 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 については 次 に 掲 げる 事 項 が 広 域 的 運 営 推 進 機 関 設 立 認 可 申 請 書 又 はその 添 付 書 類 に 明 確 に 記 載 され かつ 次 に 掲 げる 全 ての 要 件 に 適 合 していると 認 められるときでなければ 認 可 しないものとする 1. 定 款 に 記 載 されている 内 容 について 業 務 の 運 営 が 公 正 かつ 適 正 に 行 われることが 確 実 であると 認 められることの 基 準 (1) 事 務 所 の 所 在 地 について 会 員 が 往 訪 しやすく かつ 国 の 機 関 と 密 接 な 連 絡 をと ることができる 場 所 が 記 載 されていること (2) 会 員 に 関 する 事 項 として 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 記 載 されていること 1 会 員 が 推 進 機 関 に 加 入 する 際 の 手 続 2 推 進 機 関 は 次 に 掲 げる 場 合 に 会 員 に 対 して 過 怠 金 その 他 の 制 裁 を 科 す 旨 イ 会 員 が 第 28 条 の40 第 6 号 の 指 導 勧 告 に 従 わない 場 合 ロ 会 員 が 第 28 条 の42 第 1 項 の 規 定 による 報 告 又 は 資 料 の 提 出 を 行 わない 場 合 ハ 会 員 が 第 28 条 の43の 規 定 による 情 報 提 供 を 行 わない 場 合 ニ 会 員 が 第 28 条 の44 第 1 項 の 規 定 による 指 示 に 従 わない 場 合 ホ 会 員 が 法 令 に 適 合 しない 行 為 を 行 っていると 認 められる 場 合 ヘ 会 員 の 行 為 が 推 進 機 関 の 業 務 の 運 営 に 重 大 な 支 障 を 及 ぼすおそれがあると 認 めら れる 場 合 3 会 員 は 送 配 電 事 業 者 ( 一 般 送 配 電 事 業 者 送 電 事 業 者 及 び 特 定 送 配 電 事 業 者 )に より 構 成 されるグループ 電 気 の 小 売 業 を 営 む 事 業 者 ( 小 売 電 気 事 業 者 及 び 登 録 特 定 送 配 電 事 業 者 )により 構 成 されるグループ 及 び 発 電 事 業 者 により 構 成 されるグループ の3つのグループにそれぞれ 分 類 される 旨 (3) 総 会 に 関 する 事 項 として 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 記 載 されていること 1 第 28 条 の33 第 1 号 から 第 4 号 までに 掲 げる 事 項 及 び 電 気 事 業 法 に 特 別 の 定 めが あるもののほか 少 なくとも 事 業 計 画 及 び 事 業 報 告 書 に 関 する 事 項 が 総 会 の 決 議 事 項 である 旨 2 送 配 電 等 業 務 指 針 の 策 定 又 は 変 更 が 総 会 への 報 告 事 項 である 旨 1

2 3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 の 小 売 業 を 営 む 事 業 を 兼 業 する 電 気 事 業 者 の 議 決 権 の 合 計 が 総 議 決 権 数 の3 分 の1を 超 えない 旨 5 一 の 事 業 者 及 びその 子 法 人 等 ( 一 の 事 業 者 が 法 人 等 ( 法 人 組 合 その 他 の 事 業 体 を いう 以 下 この5において 同 じ )の 議 決 権 の 過 半 数 を 有 する 場 合 における 当 該 法 人 等 をいい 一 の 事 業 者 及 びその 子 法 人 等 又 は 一 の 事 業 者 の 子 法 人 等 が 法 人 等 の 議 決 権 の 過 半 数 を 有 する 場 合 における 当 該 法 人 等 は 当 該 一 の 事 業 者 の 子 法 人 等 とみなす 以 下 この5において 同 じ )が 上 記 (2)3の 同 一 のグループに 属 する 場 合 であって 会 員 が 当 該 一 の 事 業 者 及 びその 子 法 人 等 の 集 団 に 属 するときは 当 該 集 団 に 属 する 会 員 のうち 一 の 会 員 が 議 決 権 を 有 する 旨 6 会 員 は 推 進 機 関 に 対 して 総 会 における 議 決 権 の 設 定 に 必 要 な 情 報 を 提 出 しなけ ればならない 旨 7 理 事 長 は 会 員 から 会 議 の 目 的 である 事 項 を 示 して 請 求 があった 場 合 であって 当 該 会 員 の 議 決 権 の 合 計 が 総 会 員 の 議 決 権 の 合 計 の5 分 の1 以 上 であるときは 臨 時 総 会 を 招 集 しなければならない 旨 8 発 電 用 の 電 気 工 作 物 を 設 置 する 者 等 であって 会 員 ではないものが 総 会 に 参 加 して 意 見 を 述 べることができる 旨 9 総 会 の 議 事 録 は 原 則 として 公 表 する 旨 (4) 役 員 に 関 する 事 項 として 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 記 載 されていること 1 役 員 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 イ 役 員 は 理 事 長 1 人 理 事 4 人 以 内 監 事 2 人 以 内 とする 旨 ロ 理 事 長 及 び 理 事 は 常 勤 とする 旨 ハ 電 気 事 業 者 との 間 で 雇 用 契 約 がある 者 は 役 員 となることができない 旨 及 び 役 員 は その 退 任 後 電 気 事 業 者 等 の 役 職 員 となることを 認 めないこととするなど そ の 退 任 後 も 推 進 機 関 の 中 立 性 を 確 保 するために 必 要 な 事 項 ニ 電 気 事 業 者 の 役 職 員 であった 者 が 役 員 となる 場 合 上 記 (2)3の 各 グループか ら1 人 ずつ 役 員 を 選 出 する 旨 及 び 当 該 役 員 は 各 グループの 利 害 にかかわらず 中 立 的 でなければならない 旨 ホ 理 事 長 は 特 定 の 電 気 事 業 者 若 しくは 特 定 の 電 気 事 業 者 と 密 接 な 関 係 を 有 する 事 業 者 又 は 電 気 事 業 に 関 する 特 定 の 団 体 の 利 益 を 代 表 する 立 場 の 者 でないものとする 旨 ヘ 役 員 及 び 役 員 であった 者 に 関 する 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 を 含 む 行 動 規 範 (ⅰ) 業 務 遂 行 上 の 法 令 の 遵 守 に 関 する 事 項 (ⅱ) 職 務 上 知 り 得 た 秘 密 の 漏 えい 及 び 当 該 秘 密 の 盗 用 の 禁 止 に 関 する 事 項 2

3 (ⅲ) 系 統 利 用 者 に 関 する 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 事 項 (ⅳ) 業 務 上 創 造 された 知 的 財 産 の 保 護 に 関 する 事 項 (ⅴ) 特 定 の 利 害 関 係 者 に 利 益 又 は 不 利 益 となる 行 動 及 び 差 別 的 取 扱 いの 禁 止 に 関 する 事 項 (ⅵ) 倫 理 的 行 動 に 関 する 事 項 (ⅶ) 有 価 証 券 等 の 売 買 に 関 する 事 項 ト 役 員 等 の 処 分 に 関 する 事 項 2 理 事 会 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 イ 理 事 長 及 び 理 事 により 構 成 される 理 事 会 を 設 置 する 旨 及 び 監 事 は 理 事 会 その 他 の 重 要 な 会 議 に 出 席 して 意 見 を 述 べることができる 旨 ロ 理 事 会 において 理 事 は 各 1 個 の 議 決 権 を 有 する 旨 及 び 理 事 会 の 議 事 は 出 席 し た 理 事 の 過 半 数 で 決 し 可 否 同 数 のときは 理 事 長 が 決 する 旨 ハ 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 を 理 事 会 の 決 議 事 項 とする 旨 (ⅰ) 総 会 に 諮 ろうとする 事 項 ( 定 款 の 変 更 予 算 の 決 定 又 は 変 更 業 務 規 程 の 変 更 決 算 役 員 の 選 任 又 は 解 任 事 業 計 画 及 び 事 業 報 告 書 等 ) (ⅱ) 会 員 に 対 する 制 裁 (ⅲ) 役 職 員 の 処 分 (ⅳ) 職 員 の 任 免 (ⅴ) 組 織 及 び 職 位 の 改 廃 又 は 新 設 (ⅵ) 評 議 員 の 任 免 (ⅶ) 評 議 員 会 から 提 出 された 意 見 に 対 する 理 事 会 の 見 解 (ⅷ) 送 配 電 等 業 務 指 針 の 策 定 又 は 変 更 (ⅸ) 地 域 間 連 系 線 及 び 地 内 基 幹 送 電 線 ( )( 以 下 地 域 間 連 系 線 等 という ) に 関 する 長 期 の 整 備 計 画 及 び 個 別 の 地 域 間 連 系 線 等 の 整 備 計 画 ( 以 下 地 域 間 連 系 線 等 の 整 備 計 画 という )に 関 する 事 項 ( ) 使 用 電 圧 が250キロボルト 以 上 のもの 及 び 最 上 位 電 圧 から2 階 級 ま でのもの ただし 供 給 区 域 内 の 最 上 位 電 圧 が250キロボルト 未 満 の 場 合 は 最 上 位 電 圧 のみ (ⅹ) 供 給 計 画 の 取 りまとめに 関 する 事 項 (ⅺ) 系 統 アクセス 業 務 に 関 する 事 項 (ⅻ) 入 札 の 実 施 その 他 の 方 法 により 発 電 用 の 電 気 工 作 物 を 維 持 し 及 び 運 用 す る 者 を 募 集 する 業 務 その 他 の 発 電 用 の 電 気 工 作 物 の 設 置 を 促 進 するための 業 務 ( 以 下 電 源 入 札 等 という )に 関 する 事 項 (ⅹⅲ) その 他 重 要 な 意 思 決 定 事 項 ( 会 員 に 対 する 指 示 電 気 供 給 事 業 者 に 対 す る 指 導 勧 告 会 員 に 対 する 資 料 提 出 要 請 対 外 的 な 情 報 発 信 等 ) ニ 理 事 会 の 開 催 に 関 する 事 項 3

4 ホ 理 事 会 の 議 事 録 は 原 則 として 公 表 する 旨 ヘ 理 事 会 は 事 業 者 有 識 者 等 の 意 見 を 聴 取 するため 必 要 に 応 じ 委 員 会 等 を 設 置 することができる 旨 (5) 評 議 員 会 に 関 する 事 項 として 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 記 載 されていること 1 推 進 機 関 における 評 議 員 会 の 位 置 付 け 2 評 議 員 会 は 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 を 理 事 会 での 審 議 に 先 立 って 審 議 する 旨 イ 定 款 の 変 更 ロ 予 算 の 決 定 又 は 変 更 ハ 業 務 規 程 の 変 更 ニ 決 算 ホ 組 織 の 改 廃 又 は 新 設 ヘ 送 配 電 等 業 務 指 針 の 策 定 又 は 変 更 ト 地 域 間 連 系 線 等 の 整 備 計 画 に 関 する 事 項 チ 供 給 計 画 の 取 りまとめに 係 る 第 29 条 第 2 項 の 意 見 の 送 付 に 関 する 事 項 リ 電 源 入 札 等 に 関 する 事 項 ( 緊 急 の 場 合 を 除 く ) 3 評 議 員 会 は 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 を 定 期 に 審 議 する 旨 イ 苦 情 処 理 に 関 する 事 項 ロ 系 統 の 信 頼 度 評 価 に 関 する 事 項 ハ 指 示 指 導 勧 告 系 統 アクセス 業 務 その 他 の 理 事 会 の 活 動 状 況 ニ 需 要 家 が 自 らに 電 気 を 供 給 する 事 業 者 を 変 更 する 際 の 手 続 の 円 滑 化 を 図 ることを 目 的 とする 業 務 の 実 施 状 況 ホ 電 源 入 札 等 による 落 札 者 等 が 維 持 し 及 び 運 用 する 発 電 用 の 電 気 工 作 物 の 設 置 に 係 る 進 捗 状 況 や 稼 働 状 況 4 評 議 員 の 構 成 は 需 要 家 学 識 経 験 者 等 の 多 様 な 意 見 が 適 切 に 反 映 され 得 る 構 成 と する 旨 及 び 評 議 員 の 任 期 に 関 する 事 項 5 評 議 員 会 の 開 催 に 関 する 事 項 6 評 議 員 会 は その 審 議 結 果 を 理 事 長 に 提 出 することができる 旨 7 評 議 員 会 の 議 事 録 は 原 則 として 公 表 する 旨 (6) 会 費 に 関 する 事 項 として 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 記 載 されていること 1 推 進 機 関 の 運 営 費 のうち 総 会 開 催 費 等 に 係 る 費 用 については 理 事 会 が 会 員 の 数 を 勘 案 して 決 議 する 額 を 会 費 として 全 ての 会 員 に 課 す 旨 2 推 進 機 関 の 運 営 費 から 上 記 1により 得 られる 会 費 及 び 前 年 度 からの 繰 越 金 を 差 し 引 いた 額 については 理 事 会 が 一 般 送 配 電 事 業 者 が 自 ら 電 気 の 供 給 を 行 う 場 合 の 需 要 を 勘 案 して 決 議 する 額 を 特 別 会 費 として 一 般 送 配 電 事 業 者 である 会 員 に 課 す 旨 3 推 進 機 関 の 運 営 費 のうち 電 源 入 札 等 を 実 施 した 場 合 に 必 要 となる 補 てん 金 については 理 事 会 が 決 議 する 額 を 会 費 等 に 加 え 一 般 送 配 電 事 業 者 たる 会 員 に 課 す 旨 4

5 (7) 財 務 及 び 会 計 に 関 する 事 項 として 事 業 年 度 終 了 時 において 剰 余 金 が 生 じたときは 前 事 業 年 度 から 繰 り 越 した 損 失 を 埋 め なお 残 余 があるときは その 残 余 額 を 翌 年 度 に 繰 り 越 す 旨 が 記 載 されていること (8) 公 告 の 方 法 として 推 進 機 関 の 公 告 は 法 令 に 特 別 の 定 めがあるものを 除 き 官 報 への 掲 載 又 は 電 子 公 告 によって 行 う 旨 が 記 載 されていること 2. 業 務 規 程 に 記 載 されている 内 容 について 業 務 の 運 営 が 公 正 かつ 適 正 に 行 われること が 確 実 であると 認 められることの 基 準 (1) 第 28 条 の40 第 1 号 に 掲 げる 業 務 に 関 する 事 項 として 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 記 載 されていること 1 推 進 機 関 は 第 28 条 の40 第 1 号 の 監 視 を 行 うため 会 員 から 翌 日 翌 週 翌 月 等 の 各 段 階 における 電 気 の 需 給 に 関 する 計 画 ( 以 下 需 給 計 画 という )の 提 出 を 受 けるとともに 中 央 給 電 指 令 所 基 幹 給 電 指 令 所 等 を 有 する 者 から 当 該 者 が 常 時 監 視 している 情 報 の 提 供 を 受 ける 旨 2 推 進 機 関 は 会 員 の 需 給 計 画 一 般 送 配 電 事 業 者 である 会 員 の 供 給 区 域 における 電 気 の 需 給 の 見 通 し 及 び 我 が 国 全 体 における 電 気 の 需 給 の 見 通 しを 監 視 するとともに 常 時 一 般 送 配 電 事 業 者 である 会 員 の 供 給 区 域 における 電 気 の 需 給 の 状 況 調 整 力 の 確 保 の 状 況 及 び 我 が 国 全 体 における 電 気 の 需 給 の 状 況 を 監 視 する 旨 3 推 進 機 関 は 小 売 電 気 事 業 者 である 会 員 の 供 給 力 の 確 保 の 状 況 を 監 視 する 旨 (2) 第 28 条 の40 第 2 号 に 掲 げる 業 務 に 関 する 事 項 として 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 記 載 されていること 1 第 28 条 の40 第 1 号 の 監 視 により 会 員 の 需 要 想 定 が 過 去 の 実 績 契 約 電 力 等 に 照 らして 適 切 でない 場 合 会 員 の 需 要 想 定 に 比 して 当 該 会 員 の 供 給 力 が 不 足 すると 見 込 まれる 場 合 その 他 会 員 が 営 む 電 気 事 業 に 係 る 電 気 の 需 給 の 状 況 を 改 善 する 必 要 が あると 認 められる 場 合 当 該 会 員 に 対 して 必 要 な 指 示 を 行 う 旨 2 一 般 送 配 電 事 業 者 である 会 員 の 供 給 区 域 における 電 気 の 需 給 の 状 況 を 改 善 する 必 要 があると 認 められる 場 合 広 く 会 員 に 対 して 必 要 な 指 示 を 行 う 旨 3 推 進 機 関 は 会 員 に 対 し 指 示 を 行 った 場 合 これを 速 やかに 公 表 する 旨 (3) 第 28 条 の40 第 3 号 に 掲 げる 業 務 に 関 する 事 項 として 少 なくとも 送 配 電 等 業 務 指 針 の 策 定 又 は 変 更 を 行 う 場 合 には 理 事 会 における 審 議 に 先 立 って 会 員 からの 意 見 を 十 分 に 聴 取 する 旨 その 他 の 送 配 電 等 業 務 指 針 の 策 定 又 は 変 更 に 関 する 手 続 が 記 載 されていること (4) 第 28 条 の40 第 4 号 に 掲 げる 業 務 に 関 する 事 項 として 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 記 載 されていること 1 推 進 機 関 が 長 期 (10 年 間 )の 需 要 想 定 を 策 定 する 旨 及 び 推 進 機 関 は 必 要 に 応 じ 会 員 に 対 して 当 該 会 員 が 需 要 想 定 を 策 定 するために 参 考 となる 情 報 を 提 供 する 旨 5

6 2 推 進 機 関 が 策 定 する 需 要 想 定 要 領 には 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 しなければな らない 旨 イ 需 要 想 定 に 関 する 基 本 事 項 ( 想 定 期 間 想 定 対 象 及 び 想 定 需 要 区 分 等 ) ロ 供 給 区 域 の 需 要 の 想 定 方 法 ハ 小 売 需 要 の 想 定 方 法 3 第 29 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 供 給 計 画 の 取 りまとめ 及 び 経 済 産 業 大 臣 への 意 見 具 申 の 手 順 及 び 方 法 また 推 進 機 関 は 当 該 取 りまとめに 当 たっては 必 要 に 応 じて 会 員 から 事 情 を 聴 取 し 当 該 供 給 計 画 の 送 配 電 等 業 務 指 針 地 域 間 連 系 線 等 の 整 備 計 画 等 への 適 合 性 を 確 認 する 旨 4 推 進 機 関 は 必 要 に 応 じて 会 員 と 供 給 計 画 について 必 要 な 調 整 を 行 う 旨 5 長 期 の 電 気 の 需 給 の 見 通 し 等 を 広 く 公 表 する 旨 6 推 進 機 関 は 我 が 国 全 体 における 地 域 間 連 系 線 等 の 整 備 及 び 更 新 に 関 する 方 向 性 を 整 理 した 長 期 方 針 ( 以 下 単 に 長 期 方 針 という )を 策 定 する 旨 7 長 期 方 針 の 策 定 及 び 改 定 に 関 する 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 を 定 める 旨 イ 長 期 方 針 は 透 明 性 を 確 保 した 手 続 で 作 成 し 策 定 後 直 ちに 公 表 されるべきものであ ること ロ 長 期 方 針 は 少 なくとも 数 年 ごとに 改 定 され かつ 必 要 に 応 じて 不 定 期 に 改 定 され るものであること ハ 長 期 方 針 の 不 定 期 な 改 定 に 係 る 具 体 的 な 方 法 ニ 長 期 方 針 は 総 合 資 源 エネルギー 調 査 会 令 ( 平 成 12 年 政 令 第 293 号 )に 基 づく 審 議 会 等 における 審 議 及 び 推 進 機 関 の 調 査 分 析 の 結 果 を 踏 まえて 策 定 するものであるこ と ホ 長 期 方 針 は 10 年 を 超 える 長 期 を 見 通 して 我 が 国 全 体 のあるべき 電 力 系 統 の 姿 を 示 すとともに その 実 現 に 向 けた 考 え 方 を 示 すものであること ヘ 長 期 方 針 は 電 気 事 業 者 や 海 外 諸 国 の 関 係 機 関 等 との 意 見 等 を 踏 まえた 検 討 を 経 て 策 定 されるものであること 8 推 進 機 関 は 地 域 間 連 系 線 等 の 整 備 計 画 を 策 定 する 旨 及 び 地 域 間 連 系 線 等 の 整 備 計 画 の 策 定 に 当 たっては 委 員 会 等 を 設 け 既 設 の 設 備 の 状 況 その 更 新 計 画 等 の 実 態 も 踏 まえた 検 討 を 行 う 旨 9 推 進 機 関 は 発 電 事 業 者 から 提 出 される 発 電 所 の 建 設 計 画 に 係 る 情 報 のうち 一 般 送 配 電 事 業 者 による 適 切 な 流 通 設 備 の 整 備 計 画 の 立 案 のために 必 要 な 情 報 を 一 般 送 配 電 事 業 者 に 対 して 共 有 しなければならない 旨 10 推 進 機 関 は 流 通 設 備 の 建 設 計 画 に 係 る 情 報 のうち 発 電 所 の 建 設 計 画 の 立 案 に 資 する 情 報 を 電 気 事 業 者 に 対 して 共 有 しなければならない 旨 11 推 進 機 関 は 経 済 産 業 大 臣 から 地 域 間 連 系 線 等 の 整 備 に 関 する 検 討 の 要 請 を 受 けた 場 合 には 当 該 要 請 に 従 って 個 別 の 地 域 間 連 系 線 等 に 係 る 計 画 策 定 手 続 ( 以 下 計 画 6

7 策 定 プロセス という )を 開 始 する 旨 及 び 当 該 地 域 間 連 系 線 等 の 整 備 計 画 の 取 りまと めまでに 要 する 期 間 を 経 済 産 業 大 臣 に 報 告 し 公 表 する 旨 12 第 28 条 の40 第 4 号 の 検 討 を 行 うため 電 力 系 統 の 安 定 度 に 関 するシミュレーシ ョンを 行 うための 分 析 ツールを 具 備 する 旨 (5) 第 28 条 の40 第 5 号 に 掲 げる 業 務 に 関 する 事 項 として 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 記 載 されていること 1 推 進 機 関 は 供 給 力 の 確 保 を 最 終 的 に 担 保 するための 手 段 として 推 進 機 関 による 電 源 入 札 等 を 行 う 旨 2 電 源 入 札 等 の 対 象 は 発 電 用 の 電 気 工 作 物 の 設 置 維 持 及 び 運 用 する 者 とする 旨 3 推 進 機 関 は 次 に 掲 げる 場 合 には 電 源 入 札 等 の 検 討 を 開 始 しなければならない 旨 イ 推 進 機 関 が 以 下 の 場 合 であって 電 源 入 札 等 の 検 討 の 開 始 が 必 要 であると 認 めた 場 合 (ⅰ) 第 29 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 供 給 計 画 の 取 りまとめ 業 務 や 年 次 報 告 の 中 で 行 う 供 給 信 頼 度 評 価 業 務 等 を 通 じて 電 源 入 札 等 の 検 討 の 必 要 性 が 認 められる 場 合 (ⅱ)10 年 を 超 えて 長 期 的 計 画 的 に 整 備 を 要 する 発 電 用 の 電 気 工 作 物 や 大 規 模 自 然 災 害 への 対 応 など 政 策 方 針 に 基 づき 検 討 を 開 始 する 必 要 性 が 認 められる 場 合 ロ 一 般 送 配 電 事 業 者 より 検 討 の 必 要 性 の 提 起 があった 場 合 ハ 経 済 産 業 大 臣 からの 検 討 の 要 請 があった 場 合 4 推 進 機 関 は 電 源 入 札 等 の 必 要 性 実 施 要 領 や 落 札 者 の 決 定 等 に 当 たっては 有 識 者 を 含 めた 検 討 会 を 設 置 し 検 討 を 行 う 旨 5 推 進 機 関 は 定 期 的 に 入 札 した 発 電 用 の 電 気 工 作 物 の 設 置 に 係 る 進 捗 状 況 や 稼 働 状 況 を 検 討 会 に 報 告 する 旨 6 電 源 入 札 等 に 関 する 事 項 を 送 配 電 等 業 務 指 針 に 定 める 旨 (6) 第 28 条 の40 第 6 号 に 掲 げる 業 務 に 関 する 事 項 として 少 なくとも 次 に 掲 げる 場 合 に 同 号 の 指 導 勧 告 を 行 うなど 同 号 の 指 導 勧 告 を 行 う 具 体 的 な 要 件 及 び 手 順 が 明 確 に 記 載 されていること 1 第 28 条 の40 第 1 号 の 監 視 を 通 じて 会 員 が 需 給 バランスを 確 保 する 見 込 みがな いと 認 められる 場 合 2 第 28 条 の40 第 7 号 の 苦 情 の 処 理 及 び 紛 争 の 解 決 を 行 うに 当 たり 必 要 があると 認 められる 場 合 3 第 28 条 の40 第 8 号 の 連 絡 調 整 を 行 うに 当 たり 地 域 間 連 系 線 の 運 用 容 量 若 しく はマージンの 算 定 又 は 系 統 アクセス 業 務 において 会 員 が 正 当 な 理 由 なく 必 要 な 調 整 に 応 じない 場 合 4 第 29 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 供 給 計 画 の 取 りまとめの 結 果 当 該 供 給 計 画 が 送 配 電 等 業 務 指 針 地 域 間 連 系 線 等 の 整 備 計 画 等 に 照 らして 不 適 切 であると 認 められる 場 合 5 1から4までのほか 電 気 供 給 事 業 者 が 法 令 定 款 業 務 規 程 又 は 送 配 電 等 業 務 7

8 指 針 に 照 らして 不 適 切 な 行 為 を 行 っていると 認 められる 場 合 (7) 第 28 条 の40 第 7 号 に 掲 げる 業 務 に 関 する 事 項 として 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 記 載 されていること 1 苦 情 受 付 相 談 あっせん 及 び 調 停 を 行 うために 必 要 な 体 制 を 整 える 旨 2 紛 争 の 解 決 については 裁 判 外 紛 争 解 決 手 続 の 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 16 年 法 律 第 151 号 )の 規 定 に 準 じて 行 う 旨 (8) 第 28 条 の40 第 8 号 に 掲 げる 業 務 に 関 する 事 項 として 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 記 載 されていること 1 送 配 電 等 業 務 に 関 する 情 報 提 供 については 系 統 情 報 の 公 表 の 考 え 方 (2015 資 電 部 第 17 号 以 下 系 統 情 報 ガイドライン という )に 基 づいて 行 う 旨 2 推 進 機 関 は 需 要 者 が 自 らに 電 気 を 供 給 する 事 業 者 を 変 更 する 際 の 手 続 の 円 滑 化 を 図 ることを 目 的 とする 情 報 処 理 システム( 以 下 スイッチング 支 援 システム という ) により 法 令 に 基 づき 必 要 となる 需 要 者 の 承 諾 を 得 た 小 売 電 気 事 業 者 が 当 該 需 要 者 に 関 する 必 要 な 情 報 を 入 手 できる 環 境 を 提 供 する 旨 3 推 進 機 関 は スイッチング 件 数 の 推 移 等 を 監 視 し その 利 用 状 況 を 公 表 する 旨 4 スイッチング 支 援 システムの 利 用 に 関 する 事 項 を 送 配 電 等 業 務 指 針 に 定 める 旨 5 推 進 機 関 は 会 員 から 提 出 を 受 けた 地 域 間 連 系 線 等 の 作 業 停 止 に 関 する 計 画 につい て 必 要 な 調 整 を 行 い 当 該 調 整 後 の 計 画 を 会 員 に 通 知 する 旨 6 地 域 間 連 系 線 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 イ 地 域 間 連 系 線 の 監 視 広 域 的 な 電 力 取 引 に 係 る 情 報 の 把 握 長 期 的 な 容 量 確 保 混 雑 時 の 処 理 の 手 続 等 地 域 間 連 系 線 に 係 る 業 務 の 手 順 ロ 地 域 間 連 系 線 の 運 用 容 量 及 びマージンの 妥 当 性 を 検 討 する 旨 並 びに 当 該 検 討 の 手 順 並 びに 当 該 検 討 を 行 うために 必 要 な 電 力 系 統 の 安 定 度 に 関 するシミュレーション を 行 うための 分 析 ツールを 具 備 する 旨 また 会 員 は 推 進 機 関 の 要 請 に 基 づき 当 該 検 討 に 必 要 な 情 報 を 提 出 しなければならない 旨 ハ マージンは 実 需 給 に 近 づくにつれて 需 給 の 予 測 精 度 が 高 まることを 踏 まえ 確 保 量 を 減 少 しなければならないものとする 旨 及 び 当 該 減 少 の 予 定 を 定 める 旨 ニ 実 需 給 断 面 におけるマージンは 各 供 給 区 域 における 供 給 予 備 力 が 必 要 量 確 保 されて いる 場 合 には0とするものとする 旨 及 び0とならない 場 合 には あらかじめ その 理 由 が 明 らかにされなければならない 旨 ホ 需 要 側 の 供 給 区 域 に 出 力 指 令 が 可 能 な 予 備 電 源 がある 場 合 には 系 統 利 用 者 が 緊 急 時 には 抑 制 又 は 送 電 制 限 等 の 指 令 を 受 け 入 れることを 前 提 に 一 部 のマージンの 利 用 を 認 めることとする 旨 ヘ 特 定 の 供 給 区 域 において 再 生 可 能 エネルギー 電 気 等 を 発 電 する 発 電 設 備 の 増 加 等 により 調 整 力 が 不 足 し 当 該 特 定 の 供 給 区 域 において 周 波 数 調 整 ができない 又 はできないおそれがあると 認 められる 場 合 の 広 域 的 な 周 波 数 調 整 を 行 うための 要 8

9 件 及 び 実 施 手 順 を 定 める 旨 7 系 統 アクセス 業 務 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 イ 電 力 系 統 への 連 系 を 希 望 する 者 ( 以 下 系 統 連 系 希 望 者 という )から1 万 キロ ワット 以 上 の 発 電 用 の 電 気 工 作 物 の 系 統 アクセスに 係 る 申 込 みがあった 場 合 一 般 送 配 電 事 業 者 との 間 で 上 記 6ヘの 広 域 的 な 周 波 数 調 整 による 接 続 の 可 能 性 も 含 めた 検 討 の 上 系 統 情 報 の 公 表 の 考 え 方 及 び 発 電 設 備 の 設 置 に 伴 う 電 力 系 統 の 増 強 及 び 事 業 者 の 費 用 負 担 等 の 在 り 方 に 関 する 指 針 (2015 資 電 部 第 16 号 以 下 費 用 負 担 ガイドライン という )も 踏 まえた 必 要 な 検 討 を 行 い 当 該 系 統 連 系 希 望 者 に 対 して 原 則 3ヶ 月 以 内 に 回 答 を 行 う 旨 ロ 推 進 機 関 が 系 統 アクセスの 受 付 を 行 う 場 合 は 別 添 3の2.(1)から(5)まで の 内 容 を 準 用 し 申 請 回 答 様 式 及 び 標 準 処 理 期 間 は 一 般 送 配 電 事 業 者 が 受 付 を 行 う 場 合 と 同 一 とする 旨 ハ 推 進 機 関 は 当 該 検 討 を 行 うために 必 要 な 電 力 系 統 の 安 定 度 に 関 するシミュレー ションを 行 うための 分 析 ツールを 具 備 する 旨 ニ 推 進 機 関 は 一 般 送 配 電 事 業 者 に 対 して 申 込 みがあったものを 含 め 定 期 に 系 統 アクセスに 係 る 受 付 及 び 回 答 の 状 況 を 取 りまとめ 公 表 する 旨 ホ 推 進 機 関 は 推 進 機 関 が 系 統 アクセスを 受 け 付 けた 案 件 別 添 3の2.(4)2 及 び5 (5)2 及 び6 並 びに(6)2 及 び6の 案 件 並 びに(10)により 提 出 を 受 け た 情 報 を 分 析 し その 分 析 結 果 を 定 期 的 に 公 表 しなければならない 旨 ヘ 推 進 機 関 は 系 統 連 系 希 望 者 がその 発 電 用 電 気 工 作 物 を 電 力 系 統 に 接 続 する 際 当 該 系 統 連 系 希 望 者 の 特 定 負 担 となる 送 変 電 設 備 の 増 強 が 一 定 規 模 以 上 必 要 になる ことが 見 込 まれる 場 合 当 該 系 統 連 系 希 望 者 に 対 して 1 推 進 機 関 が 近 隣 の 電 源 接 続 案 件 を 募 り 複 数 の 系 統 連 系 希 望 者 による 設 備 増 強 を 行 うことができる 可 能 性 が あること 又 は2 推 進 機 関 における 計 画 策 定 プロセスを 提 起 できる 可 能 性 があること を 説 明 しなければならない 旨 ト 推 進 機 関 は 近 隣 の 電 源 接 続 案 件 を 募 る 場 合 は 以 下 の 方 法 により 近 隣 の 電 源 接 続 案 件 の 募 集 手 続 を 行 わなければならない 旨 当 該 手 続 の 実 施 に 当 たっては 情 報 管 理 を 徹 底 しなければならない 旨 及 びその 標 準 処 理 期 間 (ⅰ) 募 集 の 対 象 となる 送 電 系 統 の 周 辺 地 域 における 他 の 系 統 連 系 の 案 件 を 入 札 その 他 の 公 平 性 及 び 透 明 性 が 確 保 された 方 式 により 募 集 する 方 法 (ⅱ) 応 募 のあった 系 統 アクセス 希 望 案 件 を 考 慮 に 入 れた 送 変 電 設 備 の 設 備 増 強 計 画 について 一 般 送 配 電 事 業 者 に 検 討 を 要 請 し 別 添 3の2.(5)に 準 じて 回 答 を 行 う 方 法 チ 推 進 機 関 は 費 用 負 担 ガイドラインに 基 づき 既 存 の 発 電 用 の 電 気 工 作 物 の 建 て 替 え に 伴 う 連 系 希 望 者 を 募 るに 当 たり 既 存 の 発 電 用 の 電 気 工 作 物 の 建 て 替 えは 新 規 の 発 電 用 の 電 気 工 作 物 の 連 系 の 場 合 と 同 様 に 取 り 扱 うことが 公 平 であるとの 考 えに 基 づき 連 9

10 系 希 望 の 募 集 手 続 を 行 わなければならない 旨 当 該 手 続 の 実 施 に 当 たっては 情 報 管 理 を 徹 底 しなければならない 旨 及 び 標 準 処 理 期 間 を 定 める 旨 リ 推 進 機 関 は 費 用 負 担 ガイドラインに 基 づき 一 般 負 担 の 基 準 額 を 検 討 し 指 定 する 旨 8 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 において 成 約 した 取 引 に 関 する 情 報 の 把 握 の 方 法 9 推 進 機 関 は 一 般 送 配 電 事 業 者 が 別 添 3の6.(6)1ロ 以 降 の 抑 制 指 令 を 行 った 場 合 は その 運 用 が 法 令 及 び 送 配 電 等 業 務 指 針 に 照 らして 適 切 に 行 われていることの 確 認 検 証 及 び 公 表 を 行 わなければならない 旨 (9) 第 28 条 の40 第 9 号 に 掲 げる 業 務 に 関 する 事 項 として 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 記 載 されていること 1 推 進 機 関 は 毎 年 度 次 に 掲 げる 事 項 を 含 んだ 報 告 書 を 作 成 し これを 公 表 する 旨 イ 前 年 度 までの 電 気 の 需 給 ( 一 般 送 配 電 事 業 者 である 会 員 の 供 給 区 域 における 周 波 数 や 電 圧 の 変 動 停 電 の 情 報 を 基 礎 とする 供 給 区 域 ごとの 状 況 リスク 要 因 の 評 価 分 析 を 含 む ) 並 びに 地 域 間 連 系 線 等 及 び 系 統 アクセスの 状 況 ロ 将 来 の 電 気 の 需 給 地 域 間 連 系 線 等 及 び 系 統 アクセスの 状 況 の 見 通 し ハ 発 生 し 得 る 大 規 模 事 故 災 害 等 の 影 響 分 析 及 び 当 該 分 析 を 踏 まえた 対 策 案 2 推 進 機 関 は 地 域 間 連 系 線 の 利 用 状 況 に 応 じた 各 供 給 区 域 の 適 切 な 供 給 予 備 力 の 水 準 について 検 討 を 行 い 毎 年 度 その 評 価 検 証 を 行 わなければならない 旨 及 びその 評 価 検 証 結 果 に 応 じて 適 切 な 供 給 予 備 力 の 水 準 について 不 断 に 見 直 さなければな らない 旨 3 推 進 機 関 は 一 般 送 配 電 事 業 者 がその 供 給 区 域 における 電 圧 及 び 周 波 数 を 維 持 する ために 必 要 となる 調 整 力 のスペック 及 び 量 の 水 準 について 検 討 を 行 い 毎 年 度 その 評 価 検 証 を 行 わなければならない 旨 及 びその 評 価 検 証 結 果 に 応 じて 適 切 な 調 整 力 の 水 準 について 不 断 に 見 直 さなければならない 旨 4 推 進 機 関 の 業 務 に 関 する 情 報 の 収 集 及 び 調 査 分 析 を 行 う 旨 並 びに 当 該 情 報 及 び 調 査 分 析 結 果 を 国 内 外 に 積 極 的 に 発 信 するために 必 要 な 体 制 5 災 害 等 が 発 生 した 場 合 には 推 進 機 関 が 緊 急 対 策 本 部 等 を 設 置 する 旨 及 び 災 害 等 が 発 生 した 場 合 における 参 集 基 準 その 他 の 会 員 が 協 調 して 災 害 復 旧 等 に 取 り 組 むために 必 要 な 事 項 また 災 害 等 が 発 生 した 場 合 には 経 済 産 業 大 臣 に 対 して 一 般 送 配 電 事 業 者 である 会 員 の 供 給 区 域 の 総 需 要 周 波 数 の 値 その 他 の 経 済 産 業 大 臣 が 要 請 する 情 報 を 報 告 する 旨 6 推 進 機 関 と 会 員 の 連 携 体 制 を 確 認 する 観 点 から 少 なくとも 年 に1 度 災 害 等 対 策 訓 練 を 実 施 する 旨 及 び 推 進 機 関 が 被 災 した 場 合 等 においても 他 の 代 替 拠 点 等 においてそ の 業 務 を 継 続 し 又 は 速 やかに 再 開 するための 業 務 継 続 計 画 (BCP)を 策 定 する 旨 また 少 なくとも 次 の 情 報 を 会 員 から 定 期 に 受 け 取 る 旨 イ 電 気 工 作 物 の 所 在 地 及 びその 性 能 10

11 ロ 電 源 車 携 帯 用 発 電 機 等 の 保 有 の 状 況 ( 燃 料 の 保 有 の 状 況 を 含 む ) ハ 災 害 対 策 のための 資 機 材 の 保 有 の 状 況 ニ 災 害 対 策 のための 人 員 ( 協 力 会 社 等 の 人 員 を 含 む )の 状 況 ホ 非 常 時 に 活 用 することができる 需 給 調 整 契 約 等 の 締 結 の 状 況 7 推 進 機 関 は 会 員 に 対 するサイバーセキュリティ 対 策 に 関 する 情 報 提 供 を 行 う 旨 (10) 上 記 1.(2)3のそれぞれのグループに 対 する 公 平 性 を 確 保 すること 需 要 家 利 益 に 配 慮 すること 透 明 性 を 確 保 することその 他 の 推 進 機 関 の 業 務 運 営 の 基 本 方 針 及 び 上 記 (9)の 業 務 等 により 得 られた 知 見 を 各 業 務 に 反 映 させる 仕 組 みが 記 載 され ていること (11) 理 事 会 評 議 員 会 及 び 個 別 課 題 に 対 応 して 設 置 される 委 員 会 等 の 議 事 録 は 原 則 として 公 表 する 旨 及 びその 具 体 的 な 方 法 並 びに 外 部 からの 情 報 公 開 の 請 求 があった 場 合 における 具 体 的 な 対 応 方 法 が 記 載 されていること (12) 組 織 及 びその 運 営 方 法 に 関 する 事 項 として 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 記 載 さ れていること 1 推 進 機 関 が 業 務 を 行 う 時 間 及 び 場 所 並 びに 第 28 条 の40 第 1 号 の 監 視 等 の 業 務 に ついては 24 時 間 これを 行 う 旨 2 理 事 会 の 決 議 事 項 のうち 送 配 電 等 業 務 指 針 の 策 定 又 は 変 更 その 他 の 会 員 その 他 の 事 業 者 の 事 業 活 動 に 重 大 な 影 響 を 及 ぼす 決 議 を 行 う 場 合 には 当 該 決 議 に 先 立 って 会 員 その 他 の 事 業 者 の 意 見 を 聴 取 し 原 則 としてその 結 果 を 公 表 する 旨 3 理 事 会 の 決 議 事 項 のうち 地 域 間 連 系 線 等 の 整 備 計 画 の 策 定 又 は 変 更 その 他 の 電 力 系 統 の 運 用 に 重 大 な 影 響 を 及 ぼす 決 議 を 行 う 場 合 には 当 該 決 議 に 先 立 って 専 門 的 な 知 見 を 有 する 有 識 者 の 意 見 を 聴 取 し 原 則 としてその 結 果 を 公 表 する 旨 4 業 務 の 内 容 に 応 じて 弁 護 士 公 認 会 計 士 電 力 系 統 の 運 用 に 専 門 的 な 知 見 を 有 す る 者 等 を 役 員 又 は 職 員 として 確 保 する 旨 が 定 められていること 5 推 進 機 関 の 業 務 を 遂 行 するために 必 要 な 事 務 局 を 置 く 旨 6 事 務 局 の 長 として 事 務 局 業 務 を 総 括 する 業 務 を 行 う 事 務 局 長 を 置 く 旨 及 び 事 務 局 に 例 えば 総 務 企 画 計 画 運 用 紛 争 処 理 等 の 機 能 を 有 する 部 署 を 置 き これ らの 部 署 の 事 務 分 掌 を 定 める 旨 7 事 務 局 の 各 部 署 の 総 合 調 整 に 関 する 事 項 並 びに 電 気 の 需 給 及 び 送 配 電 等 業 務 に 係 る 統 計 調 査 及 び 研 究 業 務 を 行 うために 必 要 な 体 制 を 構 築 する 旨 8 監 事 が 行 う 業 務 監 査 が 有 効 に 機 能 するよう 必 要 な 体 制 を 構 築 する 旨 9 職 員 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 イ 多 様 な 専 門 性 を 有 した 十 分 な 数 の 職 員 を 事 務 局 の 職 員 として 確 保 する 旨 ロ 電 気 事 業 者 からの 出 向 者 が 職 員 となる 場 合 には 当 該 出 向 者 が 業 務 を 行 う 部 署 が 上 記 1.(2)3の 特 定 のグループの 出 身 者 によって 著 しく 多 数 を 占 められることが ないよう 留 意 する 旨 11

12 ハ 出 向 者 の 専 門 性 に 偏 りがないよう 留 意 する 旨 ニ 推 進 機 関 のプロパーを 偏 ることなく 配 置 するよう 留 意 する 旨 10 任 期 付 き 任 用 等 の 柔 軟 な 雇 用 形 態 による 体 制 確 保 を 含 め 柔 軟 かつ 機 動 的 な 事 務 局 体 制 を 構 築 する 旨 11 女 性 を 積 極 的 に 登 用 する 旨 (13) 職 員 及 び 職 員 であった 者 に 関 する 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 を 含 む 行 動 規 範 が 記 載 されていること 1 業 務 遂 行 上 の 法 令 の 遵 守 に 関 する 事 項 2 職 務 上 知 り 得 た 秘 密 の 漏 えい 及 び 当 該 秘 密 の 盗 用 の 禁 止 に 関 する 事 項 3 系 統 利 用 者 に 関 する 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 事 項 4 業 務 上 創 造 された 知 的 財 産 の 保 護 に 関 する 事 項 5 特 定 の 利 害 関 係 者 に 利 益 又 は 不 利 益 となる 行 動 及 び 差 別 的 取 扱 いの 禁 止 に 関 する 事 項 6 倫 理 的 行 動 に 関 する 事 項 7 有 価 証 券 等 の 売 買 に 関 する 事 項 8 他 の 組 織 から 出 向 している 職 員 が 出 向 元 と 利 害 関 係 を 有 する 業 務 に 主 担 当 として 携 わることを 禁 止 するなど 適 切 な 業 務 執 行 に 関 する 事 項 (14) 十 分 な 拡 張 性 のある 情 報 処 理 システムを 具 備 する 旨 法 制 度 等 の 見 直 し システ ム 利 用 者 からの 改 善 要 請 等 に 応 じて 柔 軟 に 当 該 情 報 処 理 システムを 更 新 する 旨 並 び に 当 該 情 報 処 理 システムに 係 る 役 務 又 は 物 品 の 調 達 に 当 たっては 公 募 を 行 うなど 透 明 性 及 び 公 平 性 を 確 保 した 調 達 を 行 う 旨 が 記 載 されていること (15) 業 務 に 関 する 帳 簿 書 類 その 他 の 情 報 の 管 理 に 関 し 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 記 載 されていること 1 情 報 漏 えい 盗 用 等 を 防 ぐための 具 体 的 な 方 法 を 就 業 規 則 出 向 協 定 書 等 において 定 める 旨 2 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 法 律 ( 平 成 21 年 法 律 第 66 号 )の 規 定 に 基 づき 独 立 行 政 法 人 等 が 行 う 文 書 の 管 理 に 準 じた 管 理 を 行 う 旨 3 適 切 なサイバーセキュリティ 対 策 を 講 じる 旨 3.その 他 業 務 の 運 営 が 公 正 かつ 適 正 に 行 われることが 確 実 であると 認 められることの 基 準 (1) 経 理 的 基 礎 について 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 認 められること 1 業 務 の 運 営 に 必 要 な 情 報 処 理 システムの 開 発 維 持 運 用 等 に 要 する 資 金 を 含 め 推 進 機 関 がその 業 務 を 遂 行 するために 必 要 な 水 準 の 財 産 及 び 運 転 資 金 を 確 保 する 見 込 みがあること 2 会 費 を 確 実 に 徴 収 することができる 仕 組 み 及 び 体 制 が 整 備 される 見 込 みがあること 12

13 3 その 他 運 転 資 金 の 調 達 方 法 の 適 切 性 借 入 金 の 返 済 の 確 実 性 等 その 業 務 を 健 全 な 状 態 で 持 続 的 に 遂 行 し 得 る 財 政 面 での 確 実 性 が 認 められること 4 経 理 を 公 正 かつ 適 正 に 行 うための 十 分 な 人 員 及 び 体 制 を 確 保 する 見 込 みがあること (2) 技 術 的 能 力 について 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 認 められること 1 緊 急 時 も 含 めて 適 確 に 業 務 を 遂 行 するために 必 要 な 情 報 を 収 集 集 約 することがで きる 仕 組 みが 整 えられる 見 込 みがあること また 情 報 処 理 システムを 含 め 必 要 か つ 十 分 な 能 力 を 備 えた 施 設 設 備 等 が 保 有 貸 借 等 により 確 保 される 見 込 みがある こと さらに これらの 施 設 設 備 等 を 操 るために 十 分 な 人 員 及 び 体 制 を 確 保 する 見 込 みがあること 2 役 員 が 十 分 な 技 術 的 能 力 経 験 等 を 有 していること 3 技 術 的 能 力 経 験 等 を 有 する 職 員 が 十 分 に 確 保 される 見 込 みがあること また 当 該 職 員 が 適 切 に 配 置 される 見 込 みがあること 4 施 設 設 備 等 の 管 理 責 任 者 が 確 実 に 選 任 される 見 込 みがあること (3) 業 務 の 継 続 性 について 少 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 が 認 められること 1 事 務 所 情 報 処 理 システム 情 報 の 伝 送 手 段 等 に 関 して 多 重 化 が 図 られている 又 は 図 られる 確 実 性 が 高 い 具 体 的 な 計 画 を 有 していること 2 業 務 継 続 計 画 (BCP)が 推 進 機 関 が 被 災 した 場 合 等 においてもその 業 務 を 継 続 し 又 は 速 やかに 再 開 するために 十 分 なものであること (4) 業 務 を 開 始 するまでに 行 う 準 備 に 関 する 計 画 に 業 務 を 開 始 するまでに 行 う 事 項 及 びその 予 定 が 記 載 されていること 13

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

定款

定款 定 款 豊 田 商 工 会 議 所 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

目     次

目     次 制 裁 規 程 第 1 章 総 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 定 款 第 57 条 に 基 づき 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 という )の 商 品 先 物 取 引 業 務 ( 定 款 第 3 条 第 1 項 第 5 号 に 定 める 業 務 をいう 以 下 この 規 程 において

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 等 の 支 援 による 経 営 者 保 証 に 関 する ガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 手 順 本 手 順 は 産 業 競 争 力 強 化 法 第 127 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 中 小 企 業 再 生 支 援 業 務 を 行 う 者 として 認 定 を 受 けた 者 ( 以 下 認 定 支 援 機 関 という )

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する 資 料 4-4 ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 定 める 際 の 留 意 点 1. 総 論 平 成 28 年 5 月 経 済 産 業 省 ガス 安 全 室 モデル 保 安 業 務 規 程 は ガス 事 業 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 51 号 ) 第 160 条 第 1 項 の 規 定 により ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 作 成 するに

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

附 属 資 料 附 属 資 料 1 証 券 監 視 委 の 組 織 事 務 概 要 133 1-1 組 織 及 び 事 務 概 要 133 1-2 証 券 取 引 等 の 監 視 体 制 の 概 念 図 136 1-3 証 券 監 視 委 の 機 能 強 化 137 1-4 証 券 監 視 委 と 内 閣 総 理 大 臣 金 融 庁 長 官 及 び 財 務 局 長 等 の 関 係 の 概 念 図

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1 資 料 4 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 活 動 状 況 について 平 成 27 年 6 月 25 日 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 理 事 長 金 本 良 嗣 目 次 2 1. 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 広 域 機 関 ) 発 足 までの 経 緯 2. 広 域 機 関 の 概 要 3. 発 足 後 の 活 動 概 要 4. 発 足 後 の

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 平 成 28 年 8 月 1 日 現 在 第 一 章 総 則 ( 名 称 及 び 目 的 ) 第 一 条 この 組 合 は 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )と 称 し 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 三 十 三 年 法 律 第 百 九 十 二 号 以 下 法 という )に 基

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 規 程 規 則 平 成 25 年 5 月 目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

マイナンバーガイドライン入門

マイナンバーガイドライン入門 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 事 務 局 長 其 田 真 理 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63> 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 1 契 約 方 法 ( 調 達 先 選 定 方 法 ) 決 定 の 概 略 フロー 検 討 開 始 判 断 1 政 府 調 達 に 関 する 協 定 の 対 象 か? 判 断 2 特 例 政 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? 判 断 3 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? ( 少 額 随

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

Microsoft Word - 00定款.doc

Microsoft Word - 00定款.doc 定 款 公 益 財 団 法 人 内 視 鏡 医 学 研 究 振 興 財 団 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 内 視 鏡 医 学 研 究 振 興 財 団 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

<89EF88F5954B8C C8E86>

<89EF88F5954B8C C8E86> 会 員 必 携 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 ) 関 東 信 越 税 理 士 会 朝 霞 支 部 351-0015 朝 霞 市 幸 町 1 丁 目 3 番 6 号 石 川 ビル2F TEL 048-465-0025 FAX 048-468-1043 http://www.asaka-zeirishikai.gr.jp/ 目 次 ( 関 連 規 則 等 対 応 表 示 ) 関 東 信

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

Taro-△H28仕様書(案)

Taro-△H28仕様書(案) 仕 様 書 ( 案 ) 1 業 務 の 名 称 岡 山 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 ( 自 立 相 談 支 援 等 業 務 ) 委 託 2 業 務 の 目 的 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )に 基 づき 生 活 困 窮 者 を 早 期 に 把 握 し 多 様 で 複 合 的 な 課 題 を 解 きほぐしながら

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版) 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 規 則 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 2010 年 12 月 17 日 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 法 規 委 員 会 企 画 部 会 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 目 次

More information