第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の"

Transcription

1 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1

2 第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators,JAPAN と 表 示 する 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 に よ る 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators, JAPAN と 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 機 関 の 事 務 所 は 東 京 都 千 代 田 区 に 置 く ( 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 機 関 の 事 務 所 は 東 京 都 江 東 区 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 機 関 は 電 気 事 業 者 が 営 む 電 気 事 業 に 係 る 電 気 の 需 給 の 状 況 の 監 視 及 び 電 気 事 業 者 に 対 する 電 気 の 需 給 の 状 況 が 悪 化 した 他 の 電 気 事 業 者 への 電 気 の 供 給 の 指 示 等 の 業 務 を 行 うことにより 電 気 事 業 の 遂 行 に 当 たっての 広 域 的 運 営 を 推 進 す ることを 目 的 とする ( 目 的 ) 第 3 条 本 機 関 は 電 気 事 業 者 が 営 む 電 気 事 業 に 係 る 電 気 の 需 給 の 状 況 の 監 視 及 び 電 気 事 業 者 に 対 する 電 気 の 需 給 の 状 況 が 悪 化 した 他 の 小 売 電 気 事 業 者 一 般 送 配 電 事 業 者 又 は 特 定 送 配 電 事 業 者 たる 会 員 への 電 気 の 供 給 の 指 示 等 の 業 務 を 行 うことに より 電 気 事 業 の 遂 行 に 当 たっての 広 域 的 運 営 を 推 進 することを 目 的 とする ( 設 立 の 根 拠 ) 第 4 条 本 機 関 は 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 以 下 法 という )に より 設 立 する ( 設 立 の 根 拠 ) 第 4 条 本 機 関 は 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 以 下 法 という )に より 設 立 する ( 業 務 内 容 ) 第 5 条 本 機 関 は 第 3 条 の 目 的 を 達 成 するため 次 の 各 号 の 業 務 を 行 う 一 会 員 が 営 む 電 気 事 業 に 係 る 電 気 の 需 給 の 状 況 の 監 視 を 行 うこと 二 法 第 28 条 の44 第 1 項 の 規 定 による 指 示 を 行 うこと 三 送 配 電 等 業 務 指 針 を 策 定 すること 四 法 第 29 条 第 2 項 ( 同 条 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 検 討 及 び 送 付 を 行 うこと ( 業 務 内 容 ) 第 5 条 本 機 関 は 第 3 条 の 目 的 を 達 成 するため 次 の 各 号 の 業 務 を 行 う 一 会 員 が 営 む 電 気 事 業 に 係 る 電 気 の 需 給 の 状 況 の 監 視 を 行 うこと 二 法 第 28 条 の44 第 1 項 の 規 定 による 指 示 を 行 うこと 三 送 配 電 等 業 務 指 針 を 策 定 すること 四 法 第 29 条 第 2 項 ( 同 条 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 検 討 及 び 送 付 を 行 うこと 2 五 入 札 の 実 施 その 他 の 方 法 により 発 電 用 の 電 気 工 作 物 を 維 持 し 及 び 運 用 する 者

3 を 募 集 する 業 務 その 他 の 発 電 用 の 電 気 工 作 物 の 設 置 を 促 進 するための 業 務 ( 以 下 電 源 入 札 等 という )を 行 うこと 五 送 配 電 等 業 務 の 円 滑 な 実 施 その 他 の 電 気 の 安 定 供 給 の 確 保 のため 必 要 な 電 気 供 給 事 業 者 に 対 する 指 導 勧 告 その 他 の 業 務 を 行 うこと 六 送 配 電 等 業 務 についての 電 気 供 給 事 業 者 からの 苦 情 の 処 理 及 び 紛 争 の 解 決 を 行 うこと 七 送 配 電 等 業 務 に 関 する 情 報 提 供 及 び 連 絡 調 整 を 行 うこと 八 前 各 号 に 掲 げるもののほか 第 3 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 業 務 を 行 う こと 六 送 配 電 等 業 務 の 円 滑 な 実 施 その 他 の 電 気 の 安 定 供 給 の 確 保 のため 必 要 な 電 気 供 給 事 業 者 に 対 する 指 導 勧 告 その 他 の 業 務 を 行 うこと 七 送 配 電 等 業 務 についての 電 気 供 給 事 業 者 からの 苦 情 の 処 理 及 び 紛 争 の 解 決 を 行 うこと 八 送 配 電 等 業 務 に 関 する 情 報 提 供 及 び 連 絡 調 整 を 行 うこと 九 前 各 号 に 掲 げるもののほか 第 3 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 業 務 を 行 う こと ( 業 務 規 程 ) 第 6 条 本 機 関 は 前 条 に 規 定 する 業 務 及 びその 執 行 に 関 する 事 項 を 業 務 規 程 で 定 め る 2 本 機 関 が 業 務 規 程 を 変 更 しようとするときは 総 会 の 議 決 を 経 て 経 済 産 業 大 臣 の 認 可 をもって 行 う ( 業 務 規 程 ) 第 6 条 本 機 関 は 前 条 に 規 定 する 業 務 及 びその 執 行 に 関 する 事 項 を 業 務 規 程 で 定 め る 2 本 機 関 が 業 務 規 程 を 変 更 しようとするときは 総 会 の 議 決 を 経 て 経 済 産 業 大 臣 の 認 可 をもって 行 う ( 用 語 ) 第 7 条 この 定 款 において 使 用 する 用 語 は この 定 款 において 定 めるものを 除 き 法 において 使 用 する 用 語 の 例 による ( 用 語 ) 第 7 条 この 定 款 において 使 用 する 用 語 は この 定 款 において 定 めるものを 除 き 法 において 使 用 する 用 語 の 例 による 2 この 定 款 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれに 定 めるところに よる 一 法 人 等 とは 法 人 組 合 その 他 これらに 準 じる 事 業 体 をいう 二 親 法 人 等 とは 他 の 法 人 等 の 出 資 割 合 の 過 半 数 を 有 する 法 人 等 をという 三 子 法 人 等 とは 一 の 事 業 者 が 法 人 等 の 出 資 割 合 の 過 半 数 を 有 する 場 合 にお ける 当 該 法 人 等 をいう なお 一 の 事 業 者 及 びその 子 法 人 等 又 は 一 の 事 業 者 の 子 法 人 等 が 法 人 等 の 出 資 割 合 の 過 半 数 を 有 する 場 合 当 該 法 人 等 は 当 該 一 の 事 業 者 の 子 法 人 等 とみなす 四 親 子 法 人 等 とは 親 法 人 等 又 は 親 法 人 等 の 子 法 人 等 をいう 3

4 五 流 通 設 備 とは 電 線 路 変 電 所 及 び 開 閉 所 をいう 六 送 電 系 統 とは 一 般 送 配 電 事 業 者 又 は 送 電 事 業 者 たる 会 員 が 維 持 し 及 び 運 用 する 流 通 設 備 をいう 七 地 内 基 幹 送 電 線 とは 最 上 位 電 圧 から2 階 級 ( 供 給 区 域 内 の 最 上 位 電 圧 が 250キロボルト 未 満 のときは 最 上 位 電 圧 )の 送 電 線 をいう 八 連 系 線 とは 一 般 送 配 電 事 業 者 たる 会 員 の 供 給 区 域 間 を 常 時 接 続 する25 0キロボルト 以 上 の 送 電 線 及 び 交 直 変 換 設 備 をいう 九 広 域 連 系 系 統 とは 次 のア~エに 掲 げる 流 通 設 備 をいう ア 連 系 線 イ 地 内 基 幹 送 電 線 ウ 最 上 位 電 圧 から2 階 級 ( 供 給 区 域 内 の 最 上 位 電 圧 が250キロボルト 未 満 の ときは 最 上 位 電 圧 )の 母 線 エ 最 上 位 電 圧 から2 階 級 を 連 系 する 変 圧 器 ( 供 給 区 域 内 の 最 上 位 電 圧 が250 キロボルト 未 満 のときは 対 象 外 ) 十 連 系 等 とは 発 電 設 備 等 若 しくは 需 要 設 備 を 新 設 又 は 増 設 し 新 たに 電 気 的 に 流 通 設 備 に 接 続 すること 及 び 既 に 接 続 済 みの 発 電 設 備 等 若 しくは 需 要 設 備 の 内 容 又 は 運 用 を 変 更 し 流 通 設 備 に 電 気 的 な 影 響 を 与 えることをいう 十 一 系 統 アクセス 業 務 とは 送 電 系 統 への 連 系 等 を 希 望 する 者 からの 事 前 相 談 接 続 検 討 及 び 契 約 申 込 み 等 に 関 する 申 込 みの 受 付 検 討 結 果 の 確 認 検 証 及 び 回 答 等 の 業 務 をいう 第 2 章 会 員 第 2 章 会 員 ( 資 格 ) 第 8 条 本 機 関 の 会 員 の 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 電 気 事 業 者 に 限 る 一 一 般 電 気 事 業 者 二 卸 電 気 事 業 者 4 ( 資 格 ) 第 8 条 本 機 関 の 会 員 の 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 電 気 事 業 者 に 限 る 一 一 般 送 配 電 事 業 者 二 送 電 事 業 者

5 三 特 定 電 気 事 業 者 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 三 特 定 送 配 電 事 業 者 四 特 定 規 模 電 気 事 業 者 四 小 売 電 気 事 業 者 五 発 電 事 業 者 ( 加 入 ) 第 9 条 本 機 関 に 会 員 として 加 入 しようとする 者 は 法 第 28 条 の11 第 2 項 の 規 定 により 理 事 長 に 対 し 書 面 で 加 入 する 手 続 をしなければならない 2 前 項 の 規 定 により 加 入 する 手 続 をとった 者 は 前 条 第 1 号 から 第 3 号 に 掲 げる 者 にあっては 経 済 産 業 大 臣 による 電 気 事 業 の 許 可 を 受 けた 日 同 条 第 4 号 に 掲 げる 者 にあっては 経 済 産 業 大 臣 への 電 気 事 業 の 届 出 が 受 理 された 日 をもって 会 員 たる 地 位 を 取 得 する ( 加 入 ) 第 9 条 本 機 関 に 会 員 として 加 入 しようとする 者 は 法 第 28 条 の11 第 2 項 の 規 定 により 本 機 関 に 対 し 書 面 で 加 入 する 手 続 をしなければならない 2 本 機 関 に 加 入 する 手 続 をとった 者 は 次 の 各 号 に 掲 げる 電 気 事 業 者 の 区 分 にした がって 同 号 に 掲 げる 日 をもって 会 員 たる 地 位 を 取 得 する 一 小 売 電 気 事 業 者 経 済 産 業 大 臣 による 電 気 事 業 の 登 録 を 受 けた 日 二 一 般 送 配 電 事 業 者 及 び 送 電 事 業 者 経 済 産 業 大 臣 による 電 気 事 業 の 許 可 を 受 けた 日 三 特 定 送 配 電 事 業 者 及 び 発 電 事 業 者 経 済 産 業 大 臣 への 電 気 事 業 の 届 出 が 受 理 された 日 3 前 項 により 経 済 産 業 大 臣 の 許 可 を 受 けた 者 又 は 経 済 産 業 大 臣 への 届 出 が 受 理 さ れた 者 は 直 ちにその 旨 を 理 事 長 に 通 知 しなければならない 3 本 機 関 に 加 入 する 手 続 をとった 者 のうち 経 済 産 業 大 臣 による 登 録 を 受 けた 者 経 済 産 業 大 臣 による 許 可 を 受 けた 者 又 は 経 済 産 業 大 臣 への 届 出 が 受 理 された 者 は 直 ちにその 旨 を 本 機 関 に 通 知 しなければならない 4 次 の 各 号 に 掲 げる 者 は 当 該 各 号 に 掲 げる 日 をもって 会 員 たる 地 位 を 取 得 する この 場 合 において 会 員 たる 地 位 を 取 得 した 者 は 直 ちにその 旨 及 びその 理 由 を 本 機 関 に 通 知 しなければならない 一 電 気 事 業 の 全 部 を 譲 り 受 けた 者 にあっては 当 該 譲 受 けの 効 力 が 生 じた 日 4 次 の 各 号 に 掲 げる 者 は 同 号 に 掲 げる 日 をもって 会 員 たる 地 位 を 取 得 する この 場 合 において 会 員 たる 地 位 を 取 得 した 者 は 直 ちにその 旨 及 びその 理 由 を 本 機 関 に 通 知 しなければならない 一 電 気 事 業 ( 複 数 の 電 気 事 業 を 営 む 法 人 の 分 割 にあっては 各 電 気 事 業 をいう 以 下 本 項 において 同 じ )の 全 部 を 譲 り 受 けた 者 当 該 事 業 の 譲 受 けの 効 力 が 生 じた 日 二 電 気 事 業 者 たる 法 人 の 合 併 により 合 併 後 存 続 する 法 人 合 併 により 設 立 した 法 人 又 は 分 割 により 当 該 電 気 事 業 の 全 部 を 承 継 した 法 人 にあっては 当 該 合 併 又 は 分 割 の 効 力 が 生 じた 日 三 電 気 事 業 者 の 地 位 を 承 継 した 相 続 人 にあっては 相 続 があった 日 二 電 気 事 業 者 たる 法 人 の 合 併 により 合 併 後 存 続 する 法 人 合 併 により 設 立 した 法 人 又 は 分 割 により 電 気 事 業 の 全 部 を 承 継 した 法 人 当 該 合 併 又 は 分 割 の 効 力 が 生 じた 日 三 電 気 事 業 者 の 地 位 を 承 継 した 相 続 人 相 続 があった 日 5

6 ( 脱 退 ) 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) ( 脱 退 ) 第 10 条 会 員 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 において 本 機 関 を 脱 退 する 第 10 条 会 員 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 において 電 気 事 業 者 でなくなったときは 本 機 関 の 会 員 たる 地 位 を 喪 失 する 一 法 第 15 条 第 1 項 から 第 4 項 までの 規 定 により 法 第 3 条 第 1 項 の 許 可 が 取 り 消 された 場 合 一 法 第 2 条 の9 第 1 項 の 規 定 により 法 第 2 条 の2の 登 録 が 取 り 消 された 場 合 二 法 第 15 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 により 法 第 3 条 の 許 可 が 取 り 消 された 場 合 三 法 第 27 条 の8 第 1 項 から 第 3 項 までの 規 定 により 法 第 27 条 の4の 許 可 が 取 り 消 された 場 合 四 法 第 2 条 の8 第 1 項 の 届 出 ( 小 売 電 気 事 業 の 廃 止 に 係 るものに 限 る )をした 場 合 二 法 第 14 条 第 1 項 の 許 可 ( 電 気 事 業 ( 特 定 規 模 電 気 事 業 を 除 く )の 全 部 の 廃 止 に 係 るものに 限 る )を 受 けた 場 合 五 法 第 14 条 第 1 項 の 許 可 ( 一 般 送 配 電 事 業 の 全 部 の 廃 止 に 係 るものに 限 る ) を 受 けた 場 合 六 法 第 27 条 の12により 準 用 する 法 第 14 条 第 1 項 の 許 可 ( 送 電 事 業 の 全 部 の 廃 止 に 係 るものに 限 る )を 受 けた 場 合 七 法 第 27 条 の25 第 1 項 の 届 出 ( 特 定 送 配 電 事 業 の 全 部 の 廃 止 に 係 るものに 限 る )をした 場 合 八 法 第 27 条 の29により 準 用 する 法 第 27 条 の25 第 1 項 の 届 出 ( 発 電 事 業 の 廃 止 に 係 るものに 限 る )をした 場 合 三 法 第 16 条 の2 第 3 項 の 届 出 をした 場 合 四 法 第 10 第 1 項 の 認 可 ( 電 気 事 業 ( 特 定 規 模 電 気 事 業 を 除 く )の 全 部 の 譲 渡 ( 削 除 ) ( 削 除 ) しに 係 るものに 限 る )を 受 けた 場 合 五 法 第 10 条 第 2 項 の 認 可 ( 電 気 事 業 者 たる 法 人 の 分 割 に 係 るものに 限 る )を ( 削 除 ) 受 けた 場 合 九 会 員 が 営 む 電 気 事 業 を 譲 渡 し 又 は 承 継 させた 場 合 2 会 員 は 前 項 に 掲 げる 場 合 を 除 き 本 機 関 を 脱 退 することができない 2 会 員 は 前 項 に 掲 げる 場 合 を 除 き 本 機 関 を 脱 退 することができない ( 会 員 の 責 務 ) ( 会 員 の 責 務 ) 第 11 条 会 員 は 付 与 された 議 決 権 その 他 の 権 利 を 誠 実 に 行 使 するよう 努 めなけれ 6 第 11 条 会 員 は 付 与 された 議 決 権 その 他 の 権 利 を 誠 実 に 行 使 するよう 努 めなけれ

7 ばならない 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) ばならない 2 会 員 は 本 機 関 の 目 的 を 達 成 するため 次 の 各 号 に 掲 げる 責 務 を 負 う 一 本 機 関 が 法 第 28 条 の40 第 5 号 に 基 づき 指 導 又 は 勧 告 を 行 ったときは これに 従 うこと 二 本 機 関 が 法 第 28 条 の42に 基 づき 報 告 又 は 資 料 の 提 出 を 求 めたときは 遅 滞 なくこれに 応 じること 三 法 第 28 条 の43に 基 づき 本 機 関 に 対 し 常 時 その 設 置 する 発 電 用 の 事 業 用 電 気 工 作 物 の 発 電 に 係 る 電 気 の 量 に 係 る 情 報 その 供 給 する 電 気 の 周 波 数 の 値 に 係 る 情 報 その 他 の 業 務 規 程 で 定 める 情 報 を 提 供 すること 四 法 第 28 条 の44に 基 づき 会 員 が 営 む 電 気 事 業 に 係 る 電 気 の 需 給 の 状 況 が 悪 化 し 又 は 悪 化 するおそれがある 場 合 において 本 機 関 が 当 該 電 気 の 需 給 の 状 況 を 改 善 する 必 要 があると 認 めるときに 業 務 規 程 で 定 めるところにより 行 う 指 示 に 従 うこと 2 会 員 は 本 機 関 の 目 的 を 達 成 するため 次 の 各 号 に 掲 げる 責 務 を 負 う 一 本 機 関 が 法 第 28 条 の40 第 6 号 に 基 づき 指 導 又 は 勧 告 を 行 ったときは これに 従 うこと 二 本 機 関 が 法 第 28 条 の42に 基 づき 報 告 又 は 資 料 の 提 出 を 求 めたときは 遅 滞 なくこれに 応 じること 三 法 第 28 条 の43に 基 づき 本 機 関 に 対 し 常 時 その 維 持 し 及 び 運 用 する 発 電 用 の 事 業 用 電 気 工 作 物 の 発 電 に 係 る 電 気 の 量 に 係 る 情 報 その 供 給 する 電 気 の 周 波 数 の 値 に 係 る 情 報 その 他 の 業 務 規 程 で 定 める 情 報 を 提 供 すること 四 法 第 28 条 の44に 基 づき 小 売 電 気 事 業 者 である 会 員 が 営 む 小 売 電 気 事 業 一 般 送 配 電 事 業 者 たる 会 員 が 営 む 一 般 送 配 電 事 業 又 は 特 定 送 配 電 事 業 者 である 会 員 が 営 む 特 定 送 配 電 事 業 に 係 る 電 気 の 需 給 の 状 況 が 悪 化 し 又 は 悪 化 するおそ れがある 場 合 において 本 機 関 が 当 該 電 気 の 需 給 の 状 況 を 改 善 する 必 要 がある と 認 めるときに 業 務 規 程 で 定 めるところにより 行 う 指 示 に 従 うこと 3 会 員 は 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかに 該 当 することとなった 場 合 は 直 ちに そ の 旨 を 理 事 長 に 対 し 書 面 で 通 知 しなければならない 一 前 条 第 1 項 各 号 のいずれかに 該 当 し 本 機 関 を 脱 退 したとき 二 商 号 ( 名 称 を 含 む ) 本 店 所 在 地 代 表 者 の 氏 名 又 は 第 8 条 に 規 定 する 電 気 事 業 者 の 区 分 に 変 更 があったとき 三 法 人 等 ( 法 人 組 合 その 他 これらに 準 じる 事 業 体 をいう 以 下 同 じ )の 子 法 人 等 又 は 親 法 人 等 となったときあるいは 子 法 人 等 又 は 親 法 人 等 でなくなったと 3 会 員 は 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかに 該 当 した 場 合 は 直 ちに その 旨 を 本 機 関 に 対 し 書 面 で 通 知 しなければならない 一 前 条 第 1 項 各 号 のいずれかに 該 当 したとき 二 商 号 ( 名 称 を 含 む ) 本 店 所 在 地 代 表 者 の 氏 名 又 は 第 8 条 に 規 定 する 電 気 事 業 者 の 区 分 に 変 更 があったとき 三 電 気 事 業 者 の 子 法 人 等 若 しくは 親 法 人 等 となったとき 又 は 電 気 事 業 者 の 子 法 人 等 若 しくは 親 法 人 等 でなくなったとき き 四 新 たに 第 9 条 第 2 項 各 号 に 掲 げる 電 気 事 業 の 登 録 若 しくは 許 可 を 受 けたとき 又 は 届 出 が 受 理 されたとき 4 子 法 人 等 とは 一 の 事 業 者 が 当 該 法 人 等 の 株 主 等 の 議 決 権 ( 株 主 又 は 出 資 者 の 議 ( 第 7 条 第 2 項 第 2 号 及 び 第 3 号 へ 移 設 ) 決 権 をいう 以 下 同 じ )の 総 数 の 過 半 数 を 保 有 する 法 人 等 をいい 一 の 事 業 者 及 び その 子 法 人 等 又 は 一 の 事 業 者 の 子 法 人 等 が 株 主 等 の 議 決 権 の 総 数 の 過 半 数 を 保 有 する 法 人 等 は 当 該 一 の 事 業 者 の 子 法 人 等 とみなす また 他 の 法 人 等 を 子 法 人 等 7

8 とする 法 人 等 又 は 自 然 人 を 親 法 人 等 という ( 会 員 への 制 裁 ) 第 12 条 本 機 関 は 会 員 が 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかに 該 当 すると 認 めるときは 理 事 会 の 議 決 を 経 て 制 裁 を 科 すことができる 一 前 条 第 2 項 第 1 号 の 指 導 又 は 勧 告 に 従 わないとき 二 前 条 第 2 項 第 2 号 の 報 告 又 は 資 料 の 提 出 を 行 わないとき 三 前 条 第 2 項 第 3 号 の 情 報 を 提 供 しないとき 四 前 条 第 2 項 第 4 号 の 指 示 に 従 わないとき 五 本 機 関 に 対 して 事 実 と 異 なる 報 告 を 行 ったとき 六 法 令 定 款 業 務 規 程 又 は 送 配 電 等 業 務 指 針 その 他 本 機 関 が 定 める 規 程 に 違 反 したとき 七 前 各 号 の 他 送 配 電 等 業 務 の 円 滑 な 実 施 を 著 しく 阻 害 すると 認 められる 行 為 を 行 ったとき 2 前 項 に 規 定 する 制 裁 は けん 責 過 怠 金 の 賦 課 及 び 議 決 権 その 他 の 会 員 の 権 利 の 停 止 又 は 制 限 とする 3 前 項 に 規 定 する 過 怠 金 の 額 は 300 万 円 以 下 とする 但 し 当 該 過 怠 金 を 課 す 場 合 であっても 本 機 関 による 当 該 会 員 に 対 する 損 害 賠 償 請 求 は 妨 げられない 4 第 1 項 の 規 定 による 制 裁 において 過 怠 金 の 賦 課 は 議 決 権 その 他 の 会 員 の 権 利 停 止 又 は 制 限 と 併 科 することができる 5 会 員 は 第 1 項 の 規 定 により 会 員 の 権 利 停 止 又 は 制 限 を 受 けた 場 合 においても その 期 間 中 前 条 第 1 項 から 第 3 項 に 規 定 する 会 員 としての 責 務 をすべて 履 行 しな ければならない ( 会 員 への 制 裁 ) 第 12 条 本 機 関 は 会 員 が 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかに 該 当 すると 認 めるときは 理 事 会 の 議 決 を 経 て 制 裁 を 科 すことができる 一 前 条 第 2 項 第 1 号 の 指 導 又 は 勧 告 に 従 わないとき 二 前 条 第 2 項 第 2 号 の 報 告 又 は 資 料 の 提 出 を 行 わないとき 三 前 条 第 2 項 第 3 号 の 情 報 を 提 供 しないとき 四 前 条 第 2 項 第 4 号 の 指 示 に 従 わないとき 五 本 機 関 に 対 して 事 実 と 異 なる 報 告 を 行 ったとき 六 法 令 定 款 業 務 規 程 又 は 送 配 電 等 業 務 指 針 その 他 本 機 関 が 定 める 規 程 に 違 反 したとき 七 前 各 号 の 他 送 配 電 等 業 務 の 円 滑 な 実 施 を 著 しく 阻 害 すると 認 められる 行 為 を 行 ったとき 2 前 項 に 規 定 する 制 裁 は けん 責 過 怠 金 の 賦 課 及 び 議 決 権 その 他 の 会 員 の 権 利 の 停 止 又 は 制 限 とする 3 前 項 に 規 定 する 過 怠 金 の 額 は 300 万 円 以 下 とする 但 し 過 怠 金 を 課 す 場 合 であっても 本 機 関 による 会 員 に 対 する 損 害 賠 償 請 求 は 妨 げられない 4 第 1 項 の 規 定 による 制 裁 において 過 怠 金 の 賦 課 は 議 決 権 その 他 の 会 員 の 権 利 停 止 又 は 制 限 と 併 科 することができる 5 会 員 は 第 1 項 の 規 定 により 会 員 の 権 利 停 止 又 は 制 限 を 受 けた 場 合 においても その 期 間 中 前 条 第 1 項 から 第 3 項 に 規 定 する 会 員 としての 責 務 をすべて 履 行 しな ければならない ( 制 裁 の 審 議 及 び 決 定 ) 第 13 条 本 機 関 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 会 員 に 制 裁 を 科 そうとするときは 第 59 条 に 規 定 する 規 律 調 査 会 において 制 裁 の 可 否 及 び 内 容 を 審 議 する ( 制 裁 の 審 議 及 び 決 定 ) 第 13 条 本 機 関 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 会 員 に 制 裁 を 科 そうとするときは 第 62 条 に 規 定 する 規 律 調 査 会 において 制 裁 の 可 否 及 びその 内 容 を 審 議 する 2 前 項 の 審 議 を 行 った 規 律 調 査 会 は 対 応 案 を 議 決 し 理 事 長 に 報 告 する 8 2 前 項 の 審 議 を 行 った 規 律 調 査 会 は 対 応 案 を 議 決 し 理 事 長 に 報 告 する

9 3 前 項 の 報 告 を 受 けた 理 事 長 は 遅 滞 なく 理 事 会 を 招 集 し 審 議 の 結 果 当 該 会 3 前 項 の 報 告 を 受 けた 理 事 長 は 遅 滞 なく 理 事 会 を 招 集 し 審 議 の 結 果 当 該 会 員 に 対 し 制 裁 を 科 すことを 議 決 したときは 直 ちにこれを 執 行 する 員 に 対 し 制 裁 を 科 すことを 議 決 したときは 直 ちにこれを 執 行 する ( 弁 明 の 機 会 ) 第 14 条 本 機 関 は 前 条 第 1 項 又 は 第 3 項 の 審 議 を 行 うときは 制 裁 の 審 議 の 対 象 となる 会 員 に 対 し 予 めその 旨 を 通 知 し 当 該 会 員 又 はその 代 理 人 が 当 該 制 裁 につ いて 審 議 する 規 律 調 査 会 又 は 理 事 会 に 出 席 して 弁 明 するための 機 会 を 与 えるもの とする 2 前 項 の 場 合 において 弁 明 の 機 会 を 与 えられた 会 員 又 はその 代 理 人 が 正 当 な 理 由 なく 規 律 調 査 会 又 は 理 事 会 に 出 席 しないときは 理 事 会 は 前 項 の 規 定 にかかわ らず 当 該 制 裁 を 決 することができるものとする ( 弁 明 の 機 会 ) 第 14 条 本 機 関 は 前 条 第 1 項 又 は 第 3 項 の 審 議 を 行 うときは 制 裁 の 審 議 の 対 象 となる 会 員 に 対 し 予 めその 旨 を 通 知 し 当 該 会 員 又 はその 代 理 人 が 当 該 制 裁 につ いて 審 議 する 規 律 調 査 会 又 は 理 事 会 に 出 席 して 弁 明 するための 機 会 を 与 えるもの とする 2 前 項 の 場 合 において 弁 明 の 機 会 を 与 えられた 会 員 又 はその 代 理 人 が 正 当 な 理 由 なく 規 律 調 査 会 又 は 理 事 会 に 出 席 しないときは 理 事 会 は 前 項 の 規 定 にかかわ らず 当 該 制 裁 を 決 することができるものとする ( 制 裁 の 通 知 及 び 公 表 ) 第 15 条 本 機 関 は 第 13 条 第 3 項 の 規 定 により 会 員 に 対 する 制 裁 を 議 決 したとき は 遅 滞 なく 当 該 会 員 に 対 し 理 由 を 付 してその 旨 を 書 面 により 通 知 する 2 本 機 関 は 第 13 条 第 3 項 の 規 定 により 会 員 に 対 する 制 裁 を 議 決 したときは 遅 滞 なく 当 該 会 員 の 氏 名 又 は 商 号 制 裁 の 種 類 及 びその 理 由 を 公 表 する 但 し 次 条 第 1 項 又 は 第 4 項 の 規 定 による 異 議 の 申 立 てがあった 場 合 には 制 裁 の 可 否 及 び 内 容 が 理 事 会 又 は 総 会 での 議 決 により 確 定 した 後 にこれを 行 う ( 制 裁 の 通 知 及 び 公 表 ) 第 15 条 本 機 関 は 第 13 条 第 3 項 の 規 定 により 会 員 に 対 する 制 裁 を 議 決 したとき は 遅 滞 なく 当 該 会 員 に 対 し 理 由 を 付 してその 旨 を 書 面 により 通 知 する 2 本 機 関 は 第 13 条 第 3 項 の 規 定 により 会 員 に 対 する 制 裁 を 議 決 したときは 遅 滞 なく 当 該 会 員 の 氏 名 又 は 商 号 並 びに 制 裁 の 種 類 及 びその 理 由 を 公 表 する 但 し 次 条 第 1 項 又 は 第 4 項 の 規 定 による 異 議 の 申 立 てがあった 場 合 には 制 裁 の 可 否 及 び 内 容 が 理 事 会 又 は 総 会 での 議 決 により 確 定 した 後 にこれを 行 う ( 異 議 の 申 立 て) 第 16 条 会 員 は 自 己 に 加 えられた 制 裁 について 不 服 があるときは 次 の 各 号 のい ずれかに 該 当 する 場 合 に 限 り 前 条 第 1 項 の 規 定 による 通 知 を 受 けた 日 から10 日 以 内 に 規 律 調 査 会 に 対 し 書 面 をもって 異 議 を 申 し 立 てることができる 一 制 裁 の 議 決 までに 明 らかとなっていなかった 事 実 又 は 証 拠 がその 後 に 明 らか となった 場 合 であって それが 制 裁 の 議 決 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであるとき 二 制 裁 の 議 決 のためにとられた 手 続 に 瑕 疵 があった 場 合 ( 異 議 の 申 立 て) 第 16 条 会 員 は 自 己 に 加 えられた 制 裁 について 不 服 があるときは 次 の 各 号 のい ずれかに 該 当 する 場 合 に 限 り 前 条 第 1 項 の 規 定 による 通 知 を 受 けた 日 から10 日 以 内 に 規 律 調 査 会 に 対 し 書 面 をもって 異 議 を 申 し 立 てることができる 一 制 裁 の 議 決 までに 明 らかとなっていなかった 事 実 又 は 証 拠 がその 後 に 明 らか となった 場 合 であって それが 制 裁 の 議 決 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであるとき 二 制 裁 の 議 決 のためにとられた 手 続 に 瑕 疵 があった 場 合 2 規 律 調 査 会 は 前 項 の 規 定 による 異 議 の 申 立 てを 受 理 したときは 改 めて 制 裁 の 9 2 規 律 調 査 会 は 前 項 の 規 定 による 異 議 の 申 立 てを 受 理 したときは 改 めて 制 裁 の

10 可 否 及 び 内 容 を 審 議 し 対 応 案 を 議 決 のうえ 理 事 長 に 報 告 する その 報 告 を 受 けた 可 否 及 び 内 容 を 審 議 し 対 応 案 を 議 決 のうえ 理 事 長 に 報 告 する その 報 告 を 受 けた 理 事 長 は 遅 滞 なく 理 事 会 を 招 集 し 制 裁 の 可 否 及 び 内 容 を 議 決 する 3 前 条 第 1 項 の 規 定 は 本 機 関 が 前 項 の 規 定 に 基 づき 会 員 に 対 する 制 裁 を 議 決 した ときに 準 用 する 4 第 1 項 第 2 項 及 び 前 条 第 1 項 の 規 定 は 会 員 が 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 理 事 会 で 議 決 された 制 裁 について 不 服 があるときに 準 用 する この 場 合 において 前 条 第 1 項 の 規 定 による 通 知 を 受 けた 日 は 前 項 の 規 定 により 準 用 される 前 条 第 1 項 の 規 定 による 通 知 を 受 けた 日 と 規 律 調 査 会 は 理 事 会 と 理 事 会 は 総 会 と 読 み 替 えるものとする 理 事 長 は 遅 滞 なく 理 事 会 を 招 集 し 制 裁 の 可 否 及 びその 内 容 を 議 決 する 3 前 条 第 1 項 の 規 定 は 本 機 関 が 前 項 の 規 定 に 基 づき 会 員 に 対 する 制 裁 を 議 決 した ときに 準 用 する 4 第 1 項 第 2 項 及 び 前 条 第 1 項 の 規 定 は 会 員 が 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 理 事 会 で 議 決 された 制 裁 について 不 服 があるときに 準 用 する この 場 合 において 前 条 第 1 項 の 規 定 による 通 知 を 受 けた 日 は 前 項 の 規 定 により 準 用 される 前 条 第 1 項 の 規 定 による 通 知 を 受 けた 日 と 規 律 調 査 会 は 理 事 会 と 理 事 会 は 総 会 と 読 み 替 えるものとする 第 3 章 総 会 第 3 章 総 会 ( 総 会 ) 第 17 条 本 機 関 の 総 会 は 通 常 総 会 及 び 臨 時 総 会 とする 2 通 常 総 会 は 毎 事 業 年 度 終 了 後 3 月 以 内 に 開 催 する ( 総 会 ) 第 17 条 本 機 関 の 総 会 は 通 常 総 会 及 び 臨 時 総 会 とする 2 通 常 総 会 は 毎 事 業 年 度 終 了 前 1か 月 以 内 及 び 毎 事 業 年 度 終 了 後 3か 月 以 内 に 開 催 する 3 臨 時 総 会 は 次 の 各 号 に 掲 げるときに 開 催 する 一 毎 事 業 年 度 終 了 前 1 月 以 内 二 第 19 条 第 1 項 に 該 当 するとき 三 その 他 理 事 長 が 必 要 があると 認 めるとき 4 第 23 条 第 3 項 但 し 書 きにより 議 決 権 を 有 しなくなった 者 を 含 め 全 ての 会 員 は 総 会 に 出 席 し 意 見 を 述 べることができる 3 臨 時 総 会 は 次 の 各 号 に 掲 げるときに 開 催 する ( 削 除 ) 一 第 19 条 第 1 項 に 該 当 するとき 二 その 他 理 事 長 が 必 要 があると 認 めるとき 4 第 24 条 第 4 項 により 議 決 権 を 有 しなくなった 者 を 含 め 全 ての 会 員 は 総 会 に 出 席 し 意 見 を 述 べることができる ( 審 議 事 項 ) 第 18 条 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 は 総 会 において 議 決 する 一 定 款 の 変 更 ( 審 議 事 項 ) 第 18 条 総 会 は 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 議 決 する 一 定 款 の 変 更 二 予 算 の 決 定 又 は 変 更 10 二 予 算 の 決 定 又 は 変 更

11 三 業 務 規 程 の 変 更 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 三 業 務 規 程 の 変 更 四 決 算 五 役 員 の 選 任 及 び 解 任 六 事 業 計 画 及 び 事 業 報 告 書 ( 第 16 条 を 踏 まえ 新 設 ) 四 決 算 五 役 員 の 選 任 及 び 解 任 六 事 業 計 画 及 び 事 業 報 告 書 七 第 16 条 第 4 項 により 準 用 される 同 条 第 1 項 に 基 づく 異 議 の 申 立 てをした 会 員 に 対 する 制 裁 の 可 否 及 び 内 容 の 決 定 七 前 各 号 およびこの 定 款 において 別 途 規 定 するものを 除 く 他 理 事 会 が 必 要 と 認 八 前 各 号 に 掲 げるもののほか 理 事 会 が 必 要 と 認 める 事 項 める 事 項 2 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 は 総 会 に 報 告 する 一 送 配 電 等 業 務 指 針 の 策 定 及 び 変 更 二 前 号 の 他 理 事 会 が 必 要 と 認 める 事 項 3 総 会 においては 第 20 条 第 2 項 又 は 第 3 項 の 規 定 により 予 め 通 知 した 事 項 につ いてのみ 議 決 することができる 2 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 は 総 会 に 報 告 する 一 送 配 電 等 業 務 指 針 の 策 定 及 び 変 更 二 前 号 の 他 理 事 会 が 必 要 と 認 める 事 項 3 総 会 においては 第 20 条 第 2 項 又 は 第 3 項 の 規 定 により 予 め 通 知 した 事 項 につ いてのみ 議 決 することができる ( 臨 時 総 会 開 催 の 請 求 ) 第 19 条 総 会 員 の5 分 の1 以 上 又 は 会 員 の 総 議 決 権 の5 分 の1 以 上 を 有 する 会 員 から 会 議 の 目 的 である 事 項 を 示 して 請 求 があったときは 理 事 長 は 臨 時 総 会 を 招 集 しなければならない 2 理 事 長 は 前 項 の 請 求 のあった 日 から30 日 以 内 に 臨 時 総 会 を 招 集 する ( 臨 時 総 会 開 催 の 請 求 ) 第 19 条 総 会 員 の5 分 の1 以 上 又 は 会 員 の 総 議 決 権 の5 分 の1 以 上 を 有 する 会 員 から 会 議 の 目 的 である 事 項 を 示 して 請 求 があったときは 理 事 長 は 臨 時 総 会 を 招 集 しなければならない 2 理 事 長 は 前 項 の 請 求 のあった 日 から30 日 以 内 に 臨 時 総 会 を 招 集 する ( 招 集 ) 第 20 条 総 会 は 理 事 長 がこれを 招 集 する 2 総 会 を 招 集 するため 理 事 長 は 総 会 の 日 の1 週 間 前 までに その 会 議 の 目 的 で ある 事 項 日 時 及 び 場 所 を 記 載 した 書 面 をもって 会 員 に 対 してその 通 知 を 発 するも のとする 3 理 事 長 は 前 項 の 書 面 による 方 法 に 代 えて 会 員 の 承 諾 を 得 て 電 磁 的 方 法 によ り 通 知 を 発 することができる ( 招 集 ) 第 20 条 総 会 は 理 事 長 がこれを 招 集 する 2 総 会 を 招 集 するため 理 事 長 は 総 会 の 日 の1 週 間 前 までに その 会 議 の 目 的 で ある 事 項 日 時 及 び 場 所 を 記 載 した 書 面 をもって 会 員 に 対 してその 通 知 を 発 するも のとする 3 理 事 長 は 前 項 の 書 面 による 方 法 に 代 えて 会 員 の 承 諾 を 得 て 電 磁 的 方 法 によ り 通 知 を 発 することができる 11

12 ( 定 足 数 及 び 議 決 権 の 行 使 ) 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) ( 定 足 数 及 び 議 決 権 の 行 使 ) 第 21 条 総 会 は 総 会 員 の 半 数 以 上 の 出 席 がなければ 議 事 を 開 き 議 決 を 行 うこ とができない 2 総 会 の 議 事 は 出 席 した 会 員 の 議 決 権 の 過 半 数 をもって 決 し 可 否 同 数 のときは 議 長 が 決 するところによる 但 し 第 18 条 第 1 項 第 1 号 及 び 第 3 号 の 議 事 は 出 席 した 会 員 の 議 決 権 の3 分 の2 以 上 の 多 数 で 決 する 第 21 条 総 会 は 総 会 員 の 半 数 以 上 の 出 席 がなければ 議 事 を 開 き 議 決 を 行 うこ とができない 2 総 会 の 議 事 は 出 席 した 会 員 の 議 決 権 の 過 半 数 をもって 決 し 可 否 同 数 のときは 議 長 が 決 するところによる 但 し 第 18 条 第 1 項 第 1 号 及 び 第 3 号 の 議 事 は 出 席 した 会 員 の 議 決 権 の3 分 の2 以 上 の 多 数 で 決 する ( 議 長 ) 第 22 条 総 会 の 議 長 は 理 事 長 がこれに 当 たり 議 事 を 掌 る 但 し 理 事 長 が 欠 け 又 は 事 故 があるときは 理 事 会 が 予 め 定 める 順 序 により 他 の 理 事 がこれに 当 たる 2 総 会 の 議 長 は その 命 令 に 従 わない 者 その 他 当 該 総 会 の 秩 序 を 乱 す 者 を 退 場 させ ることができる ( 議 長 ) 第 22 条 総 会 の 議 長 は 理 事 長 がこれに 当 たり 議 事 を 掌 る 但 し 理 事 長 が 欠 け 又 は 事 故 があるときは 理 事 会 が 予 め 定 める 順 序 により 他 の 理 事 がこれに 当 たる 2 総 会 の 議 長 は その 命 令 に 従 わない 者 その 他 当 該 総 会 の 秩 序 を 乱 す 者 を 退 場 させ ることができる ( 議 決 権 ) 第 23 条 総 会 開 催 の30 日 前 の 時 点 における 会 員 を 議 決 権 を 有 する 会 員 とする 但 し 当 該 会 員 が 第 3 項 但 し 書 き 又 は 第 9 項 により 議 決 権 を 有 しない 会 員 となる 場 合 はこの 限 りではない ( 議 決 権 ) 第 23 条 総 会 開 催 の30 日 前 の 時 点 における 会 員 を 議 決 権 を 有 する 会 員 とする 但 し 当 該 会 員 が 第 3 項 若 しくは 次 条 第 4 項 に 基 づき 議 決 権 を 有 しない 会 員 となる 場 合 又 は 第 12 条 第 4 項 に 基 づき 議 決 権 を 制 限 若 しくは 停 止 された 場 合 はこの 限 りではない 2 前 項 にかかわらず 本 機 関 は 必 要 と 認 める 場 合 は 前 項 の 期 日 後 に 会 員 となっ た 者 の 全 部 又 は 一 部 について 議 決 権 を 有 する 者 と 定 めることができる ( 第 23 条 第 9 項 から 移 設 ) 3 本 機 関 と 特 定 の 会 員 との 関 係 について 議 決 するときは 当 該 会 員 は 議 決 権 を 有 しない ( 議 決 権 の 配 分 ) 2 会 員 の 議 決 権 は 総 会 開 催 の30 日 前 の 時 点 における 全 ての 会 員 を 次 の 各 号 に 掲 げるグループに 分 類 した 上 で 各 グループの 議 決 権 の 総 数 が 等 しくなるよう 配 分 す る 第 24 条 会 員 の 議 決 権 は 議 決 権 を 有 する 会 員 を 次 の 各 号 に 掲 げるグループに 分 類 した 上 で 各 グループの 議 決 権 の 総 数 が 等 しくなるよう 配 分 する 一 送 配 電 事 業 者 グループ( 一 般 送 配 電 事 業 者 送 電 事 業 者 又 は 特 定 送 配 電 事 業 者 である 者 ) 12

13 一 小 売 電 気 事 業 者 グループ( 特 定 規 模 電 気 事 業 者 である 者 ) 二 小 売 電 気 事 業 者 グループ( 小 売 電 気 事 業 者 又 は 登 録 特 定 送 配 電 事 業 者 である 二 一 般 電 気 事 業 者 グループ( 一 般 電 気 事 業 者 である 者 ) 三 発 電 事 業 者 グループ( 卸 電 気 事 業 者 又 は 特 定 電 気 事 業 者 である 者 ) 者 ) 三 発 電 事 業 者 グループ( 発 電 事 業 者 である 者 ) 2 会 員 を 前 項 各 号 のグループに 分 類 する 場 合 において 複 数 の 事 業 を 営 む 会 員 につ いては その 事 業 の 内 容 に 応 じ 複 数 のグループに 所 属 させるものとする 但 し 会 員 から 第 11 条 第 3 項 第 4 号 の 通 知 がなされなかった 場 合 には 新 たに 登 録 若 し くは 許 可 を 受 けた 電 気 事 業 又 は 新 たに 届 出 が 受 理 された 電 気 事 業 のグループに 分 類 することを 要 しないものとする 3 前 項 各 号 のグループにおける 議 決 権 の 配 分 割 合 は 各 会 員 平 等 とする 但 し 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 においては 当 該 会 員 の 総 体 を 一 の 会 員 とみなすこととし 次 項 により 当 該 会 員 のうちの 一 の 会 員 がその 議 決 権 を 有 し 他 の 会 員 はこれを 有 し ないものとする 一 一 のグループに 親 法 人 等 及 びその 子 法 人 等 が 会 員 として 存 在 するとき 二 一 のグループに 親 法 人 等 を 同 じくする 子 法 人 等 が 会 員 として 複 数 存 在 し 親 法 人 等 が 存 在 しないとき 3 前 項 各 号 のグループにおける 議 決 権 の 配 分 割 合 は 次 の 各 号 に 掲 げるとおりとす る 一 小 売 電 気 事 業 者 グループ 及 び 発 電 事 業 者 グループ 各 グループの 総 議 決 権 を 各 会 員 平 等 に 配 分 する 二 送 配 電 事 業 者 グループ ア 送 電 事 業 者 及 び 特 定 送 配 電 事 業 者 小 売 電 気 事 業 者 グループ 及 び 発 電 事 業 者 グループの 双 方 を 兼 業 する 一 般 送 配 電 事 業 者 ( 小 売 電 気 事 業 者 グループ 及 び 発 電 事 業 者 グループの 双 方 において 自 己 又 は 親 子 法 人 等 が 議 決 権 を 有 する 一 般 送 配 電 事 業 者 をいう 以 下 当 該 一 般 送 配 電 事 業 者 並 びに 小 売 電 気 事 業 者 グループ 及 び 発 電 事 業 者 グループに 属 する 当 該 一 般 送 配 電 事 業 者 の 親 子 法 人 等 を 総 称 して 兼 業 者 という )の 小 売 電 気 事 業 者 グループ 及 び 発 電 事 業 者 グループにおける 議 決 権 の 合 計 と 同 数 の 議 決 権 を 各 会 員 平 等 に 配 分 する イ 一 般 送 配 電 事 業 者 送 配 電 事 業 者 グループの 総 議 決 権 から 送 電 事 業 者 及 び 特 定 送 配 電 事 業 者 に 配 分 した 議 決 権 の 合 計 を 控 除 した 数 の 議 決 権 を 各 会 員 平 等 に 配 分 する 4 前 項 にかかわらず 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 においては 当 該 会 員 の 総 体 を 一 の 会 員 とみなすこととし 次 項 により 当 該 会 員 のうちの 一 の 会 員 がその 議 決 権 を 有 し 他 の 会 員 はこれを 有 しないものとする 一 一 のグループに 親 法 人 等 及 びその 子 法 人 等 が 会 員 として 存 在 するとき 13

14 二 一 のグループに 親 法 人 等 を 同 じくする 子 法 人 等 が 会 員 として 複 数 存 在 し 親 法 人 等 が 存 在 しないとき 4 前 項 但 し 書 きの 場 合 において 総 会 の 前 日 までに 前 項 各 号 に 掲 げる 会 員 が 連 名 により 理 事 長 に 対 して 当 該 会 員 のうちの 一 の 会 員 の 名 称 を 記 載 した 任 意 様 式 の 届 出 を 提 出 したときは 当 該 一 の 会 員 が 議 決 権 を 有 することとし 総 会 の 前 日 まで にその 届 出 が 提 出 されなかったときは 前 項 第 1 号 の 場 合 は 親 法 人 等 が 前 項 第 2 号 の 場 合 は 資 本 金 又 は 出 資 の 額 が 最 大 である 子 法 人 等 ( 複 数 存 在 する 場 合 は 会 員 名 簿 の 順 番 が 最 も 早 い 子 法 人 等 )が 議 決 権 を 有 するものとする 5 前 項 に 掲 げる 場 合 において 総 会 の 前 日 までに 前 項 各 号 に 掲 げる 会 員 が 連 名 に より 本 機 関 に 対 して 当 該 会 員 のうちの 一 の 会 員 の 名 称 を 記 載 した 任 意 様 式 の 届 出 を 提 出 したときは 当 該 一 の 会 員 が 議 決 権 を 有 することとし 総 会 の 前 日 までに その 届 出 が 提 出 されなかったときは 前 項 第 1 号 の 場 合 は 親 法 人 等 が 前 項 第 2 号 の 場 合 は 資 本 金 又 は 出 資 の 額 が 最 大 である 子 法 人 等 ( 複 数 存 在 する 場 合 は 会 員 名 簿 の 順 番 が 最 も 早 い 子 法 人 等 )が 議 決 権 を 有 するものとする ( 書 面 等 による 議 決 権 の 行 使 の 方 法 ) 5 議 決 権 を 有 する 会 員 で 総 会 に 出 席 しない 者 は 書 面 をもって 議 決 権 を 行 使 する ことができる 6 前 項 の 規 定 により 議 決 権 を 行 使 する 者 は 総 会 に 出 席 したものとみなす 7 議 決 権 を 有 する 会 員 は 総 会 に 出 席 した 会 員 を 代 理 人 とし その 議 決 権 を 行 使 す ることができる この 場 合 議 決 権 行 使 を 委 任 する 会 員 又 は 代 理 人 は 会 議 の 目 的 となる 事 項 について 賛 否 を 表 明 した 委 任 状 を 議 事 に 先 立 ち 議 長 に 提 出 しなければ ならない 8 前 項 の 規 定 にかかわらず 議 長 に 提 出 した 委 任 状 に 代 理 人 の 指 定 のないものは その 人 選 を 議 長 に 委 ねたものとみなし 議 案 に 対 して 賛 否 の 表 明 がないものは 原 案 に 対 して 賛 成 したものとみなす 9 本 機 関 と 特 定 の 会 員 との 関 係 について 議 決 するときは 当 該 会 員 は 議 決 権 を 有 第 25 条 議 決 権 を 有 する 会 員 で 総 会 に 出 席 しない 者 は 書 面 をもって 議 決 権 を 行 使 することができる この 場 合 書 面 により 議 決 権 を 行 使 した 者 は 総 会 に 出 席 し たものとみなす 2 議 決 権 を 有 する 会 員 は 総 会 に 出 席 した 会 員 を 代 理 人 とし その 議 決 権 を 行 使 す ることができる この 場 合 議 決 権 行 使 を 委 任 する 会 員 又 は 代 理 人 は 会 議 の 目 的 となる 事 項 について 賛 否 を 表 明 した 委 任 状 を 議 事 に 先 立 ち 議 長 に 提 出 しなければ ならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 議 長 に 提 出 した 委 任 状 に 代 理 人 の 指 定 のないものは その 人 選 を 議 長 に 委 ねたものとみなし 議 案 に 対 して 賛 否 の 表 明 がないものは 原 案 に 対 して 賛 成 したものとみなす ( 第 23 条 第 3 項 へ 移 設 ) しない ( 議 事 録 ) 第 24 条 総 会 の 議 事 については その 経 過 の 要 領 及 び 結 果 を 記 録 した 議 事 録 を 作 成 し 議 長 及 び 総 会 において 選 任 された 議 事 録 署 名 人 3 名 がこれに 署 名 押 印 し 公 表 す るものとする ( 議 事 録 ) 第 26 条 総 会 の 議 事 については その 経 過 の 要 領 及 び 結 果 を 記 録 した 議 事 録 を 作 成 し 議 長 及 び 総 会 において 選 任 された 議 事 録 署 名 人 3 名 がこれに 署 名 押 印 し 公 表 す るものとする 14

15 ( 指 名 職 員 及 び 会 員 以 外 の 事 業 者 の 出 席 ) 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) ( 指 名 職 員 及 び 会 員 以 外 の 事 業 者 の 出 席 ) 第 25 条 経 済 産 業 大 臣 が 指 名 するその 職 員 は 総 会 に 出 席 し 意 見 を 述 べることが できる 2 会 員 以 外 で 一 般 電 気 事 業 者 又 は 卸 電 気 事 業 者 が 維 持 し 及 び 運 用 する 電 線 路 を 第 27 条 本 機 関 の 会 員 のほか 経 済 産 業 大 臣 が 指 名 するその 職 員 及 び 会 員 以 外 で 送 電 系 統 を 利 用 する 事 業 者 は 総 会 に 出 席 し 意 見 を 述 べることができる ( 削 除 ) 利 用 する 事 業 者 は 総 会 に 出 席 し 意 見 を 述 べることができる 第 4 章 役 員 第 4 章 役 員 ( 役 員 の 定 数 等 ) 第 26 条 本 機 関 には 役 員 として 理 事 長 1 人 理 事 4 人 以 内 及 び 監 事 2 人 以 内 を 置 く 2 理 事 長 及 び 理 事 は 常 勤 とする ( 役 員 の 定 数 等 ) 第 28 条 本 機 関 には 役 員 として 理 事 長 1 人 理 事 4 人 以 内 及 び 監 事 2 人 以 内 を 置 く 2 理 事 長 及 び 理 事 は 常 勤 とする ( 役 員 の 職 務 及 び 権 限 等 ) 第 27 条 理 事 長 は 特 定 の 会 員 又 は 会 員 と 密 接 な 関 係 を 有 する 事 業 者 又 は 会 員 に 関 する 特 定 の 団 体 の 利 益 を 代 表 する 立 場 でない 者 が 就 任 し 本 機 関 を 代 表 するととも にその 業 務 を 総 理 する 2 理 事 は 理 事 長 を 補 佐 して 業 務 を 掌 握 し 理 事 会 で 予 め 定 める 順 序 により 理 事 長 に 事 故 があるときはその 職 務 を 代 理 し 理 事 長 が 欠 員 のときは その 職 務 を 行 う 3 第 23 条 第 2 項 各 号 に 掲 げるグループ 出 身 者 が 理 事 となるときは 各 グループ1 名 ずつ 理 事 に 就 任 しなければならない ( 役 員 の 職 務 及 び 権 限 等 ) 第 29 条 理 事 長 は 特 定 の 会 員 又 は 会 員 と 密 接 な 関 係 を 有 する 事 業 者 又 は 会 員 に 関 する 特 定 の 団 体 の 利 益 を 代 表 する 立 場 でない 者 が 就 任 し 本 機 関 を 代 表 するととも にその 業 務 を 総 理 する 2 理 事 は 理 事 長 を 補 佐 して 業 務 を 管 掌 し 理 事 会 で 予 め 定 める 順 序 により 理 事 長 に 事 故 があるときはその 職 務 を 代 理 し 理 事 長 が 欠 員 のときはその 職 務 を 行 う 3 第 24 条 第 1 項 各 号 に 掲 げるグループに 属 する 事 業 者 の 役 職 員 であった 者 が 理 事 となるときは 各 グループに 属 する 事 業 者 の 役 職 員 であった 者 から1 名 ずつ 理 事 を 選 任 しなければならず 同 一 の 事 業 者 又 は 兼 業 者 の 役 職 員 であった 者 から2 名 以 上 本 機 関 の 理 事 を 選 任 してはならない 4 本 機 関 は 必 要 があると 認 めるときは 理 事 会 の 議 決 により 理 事 に 本 機 関 を 代 表 する 権 限 を 与 えることができる 5 監 事 は 本 機 関 の 業 務 を 監 査 する 4 本 機 関 は 必 要 があると 認 めるときは 理 事 会 の 議 決 により 理 事 に 本 機 関 を 代 表 する 権 限 を 与 えることができる 5 監 事 は 本 機 関 の 業 務 を 監 査 する 6 監 事 は 監 査 の 必 要 に 応 じて 次 の 各 号 を 行 うことができる 15 6 監 事 は 監 査 の 必 要 に 応 じて 次 の 各 号 を 行 うことができる

16 一 理 事 会 評 議 員 会 その 他 本 機 関 の 全 ての 会 議 に 出 席 し 意 見 を 述 べること 一 理 事 会 評 議 員 会 その 他 本 機 関 の 全 ての 会 議 に 出 席 し 意 見 を 述 べること 二 役 員 ( 監 事 を 除 く ) 及 び 職 員 に 質 問 をし 又 は 説 明 若 しくは 資 料 の 提 出 を 求 めること 7 監 事 は 監 査 の 結 果 に 基 づき 必 要 があると 認 めるときは 理 事 長 又 は 経 済 産 業 大 臣 に 意 見 を 提 出 することができる 二 役 員 ( 監 事 を 除 く ) 及 び 職 員 に 質 問 をし 又 は 説 明 若 しくは 資 料 の 提 出 を 求 めること 7 監 事 は 監 査 の 結 果 に 基 づき 必 要 があると 認 めるときは 理 事 長 又 は 経 済 産 業 大 臣 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 行 動 規 範 等 ) 第 28 条 役 員 及 び 役 員 であった 者 は 別 紙 に 定 める 役 員 行 動 規 範 を 遵 守 しなければ ならない 2 役 員 は 就 任 及 び 退 任 の 際 に 前 項 の 行 動 規 範 の 遵 守 を 誓 約 する 旨 の 誓 約 書 に 署 名 しなければならない 3 本 機 関 は 役 員 又 は 役 員 であった 者 が 第 1 項 の 行 動 規 範 に 違 反 したときその 他 必 要 があると 認 めるときは 第 13 条 から 第 16 条 の 規 定 を 準 用 し 当 該 役 員 又 は 役 員 であった 者 に 対 し 必 要 な 処 分 等 の 措 置 を 講 ずるものとする この 場 合 第 1 3 条 から 第 16 条 における 会 員 は 役 員 又 は 役 員 であった 者 と 読 み 替 えるも のとする ( 役 員 の 行 動 規 範 等 ) 第 30 条 役 員 及 び 役 員 であった 者 は 別 紙 に 定 める 役 員 行 動 規 範 を 遵 守 しなければ ならない 2 役 員 は 就 任 及 び 退 任 の 際 に 前 項 の 行 動 規 範 の 遵 守 を 誓 約 する 旨 の 誓 約 書 に 署 名 しなければならない 3 本 機 関 は 役 員 又 は 役 員 であった 者 が 第 1 項 の 行 動 規 範 に 違 反 したときその 他 必 要 があると 認 めるときは 第 13 条 から 第 16 条 の 規 定 を 準 用 し 当 該 役 員 又 は 役 員 であった 者 に 対 し 必 要 な 処 分 等 の 措 置 を 講 ずるものとする この 場 合 第 1 3 条 から 第 16 条 における 会 員 は 役 員 又 は 役 員 であった 者 と 読 み 替 えるも のとする ( 役 員 の 欠 格 事 由 ) 第 29 条 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかに 該 当 するものは 役 員 となることができな い 一 政 府 又 は 地 方 公 共 団 体 の 職 員 ( 非 常 勤 の 者 を 除 く ) 二 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられ その 刑 の 執 行 を 終 わり 又 は 執 行 を 受 けることがな くなった 日 から2 年 を 経 過 しない 者 三 法 又 は 法 に 基 づく 命 令 の 規 定 に 違 反 したことにより 罰 金 の 刑 に 処 せられ その 刑 の 執 行 を 終 わり 又 は 執 行 を 受 けることがなくなった 日 から2 年 を 経 過 しない 者 ( 役 員 の 欠 格 事 由 ) 第 31 条 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかに 該 当 するものは 役 員 となることができな い 一 政 府 又 は 地 方 公 共 団 体 の 職 員 ( 非 常 勤 の 者 を 除 く ) 二 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられ その 刑 の 執 行 を 終 わり 又 は 執 行 を 受 けることがな くなった 日 から2 年 を 経 過 しない 者 三 法 又 は 法 に 基 づく 命 令 の 規 定 に 違 反 したことにより 罰 金 の 刑 に 処 せられ その 刑 の 執 行 を 終 わり 又 は 執 行 を 受 けることがなくなった 日 から2 年 を 経 過 しない 者 ( 役 員 の 選 任 及 び 解 任 ) 16 ( 役 員 の 選 任 及 び 解 任 )

17 第 30 条 役 員 は 総 会 の 議 決 により 選 任 する 第 32 条 役 員 は 総 会 の 議 決 により 選 任 する 2 本 機 関 は 役 員 が 前 条 各 号 の 欠 格 事 由 に 該 当 することとなったときは 総 会 の 議 決 により 役 員 を 解 任 しなければならない 3 前 項 に 掲 げる 場 合 を 除 き 本 機 関 は 正 当 な 理 由 があるときは 総 会 の 議 決 によ り 役 員 を 解 任 することができる 4 前 3 項 の 規 定 による 役 員 の 選 任 及 び 解 任 は 経 済 産 業 大 臣 の 認 可 を 受 けなけれ ば その 効 力 を 生 じない 2 本 機 関 は 役 員 が 前 条 各 号 の 欠 格 事 由 に 該 当 することとなったときは 総 会 の 議 決 により 役 員 を 解 任 しなければならない 3 前 項 に 掲 げる 場 合 のほか 本 機 関 は 正 当 な 理 由 があるときは 総 会 の 議 決 によ り 役 員 を 解 任 することができる 4 前 3 項 の 規 定 による 役 員 の 選 任 及 び 解 任 は 経 済 産 業 大 臣 の 認 可 を 受 けなけれ ば その 効 力 を 生 じない ( 役 員 の 任 期 ) 第 31 条 役 員 の 任 期 は 2 年 とする 2 役 員 の 再 任 は 2 回 までとする ( 役 員 の 任 期 ) 第 33 条 役 員 の 任 期 は 2 年 とする 2 役 員 の 再 任 は 2 回 までとする ( 役 員 の 兼 職 禁 止 等 ) 第 32 条 役 員 は 営 利 を 目 的 とする 団 体 の 役 員 となり 又 は 自 ら 営 利 事 業 に 従 事 し てはならない 但 し 経 済 産 業 大 臣 の 承 認 を 受 けた 時 は この 限 りでない 2 役 員 は 会 員 との 間 で 雇 用 契 約 を 有 してはならない 3 監 事 は 理 事 長 理 事 評 議 員 又 は 本 機 関 の 職 員 を 兼 ねてはならない 4 役 員 は その 退 任 後 役 員 若 しくはこれに 準 ずる 者 又 は 重 要 な 使 用 人 ( 以 下 役 員 等 という )となろうとする 法 人 等 が 電 気 事 業 を 行 っていないこと 又 は 当 該 法 人 等 が 営 む 電 気 事 業 及 び 電 気 事 業 と 密 接 に 関 連 する 事 業 の 意 思 決 定 に 関 与 しない ことの 担 保 措 置 その 他 の 措 置 により 本 機 関 の 中 立 性 が 確 保 されることについて 総 会 の 議 決 を 経 た 後 でなければ その 退 任 後 法 人 等 の 役 員 等 となってはならない 5 前 項 に 掲 げる 事 項 は 総 会 の 議 決 に 先 立 ち 理 事 会 の 議 決 並 びに 評 議 員 会 の 審 議 及 び 議 決 を 経 なければならない 6 第 4 項 の 規 定 にかかわらず 役 員 は その 退 任 後 電 気 事 業 を 営 む 法 人 等 におい て 電 気 事 業 及 び 電 気 事 業 と 密 接 に 関 連 する 事 業 の 意 思 決 定 に 関 与 する 役 員 等 とな ってはならない また 役 員 が 本 機 関 への 就 任 前 に 電 気 事 業 を 営 む 法 人 等 の 役 ( 役 員 の 兼 職 禁 止 等 ) 第 34 条 役 員 は 営 利 を 目 的 とする 団 体 の 役 員 となり 又 は 自 ら 営 利 事 業 に 従 事 し てはならない 但 し 経 済 産 業 大 臣 の 承 認 を 受 けた 時 は この 限 りでない 2 役 員 は 会 員 との 間 で 雇 用 契 約 を 有 してはならない 3 監 事 は 理 事 長 理 事 評 議 員 又 は 本 機 関 の 職 員 を 兼 ねてはならない 4 役 員 は その 退 任 後 役 員 若 しくはこれに 準 ずる 者 又 は 重 要 な 使 用 人 ( 以 下 役 員 等 という )となろうとする 法 人 等 が 電 気 事 業 を 行 っていないこと 又 は 当 該 法 人 等 が 営 む 電 気 事 業 及 び 電 気 事 業 と 密 接 に 関 連 する 事 業 の 意 思 決 定 に 関 与 しない ことの 担 保 措 置 その 他 の 措 置 により 本 機 関 の 中 立 性 が 確 保 されることについて 総 会 の 議 決 を 経 た 後 でなければ その 退 任 後 法 人 等 の 役 員 等 となってはならない 5 前 項 に 掲 げる 事 項 は 総 会 の 議 決 に 先 立 ち 理 事 会 の 議 決 並 びに 評 議 員 会 の 審 議 及 び 議 決 を 経 なければならない 6 役 員 は その 退 任 後 電 気 事 業 を 営 む 法 人 等 において 電 気 事 業 及 び 電 気 事 業 と 密 接 に 関 連 する 事 業 の 意 思 決 定 に 関 与 する 役 員 等 となってはならない また 役 員 が 本 機 関 への 就 任 前 に 電 気 事 業 を 営 む 法 人 等 の 役 員 等 であった 場 合 には その 員 等 であった 場 合 には その 退 任 後 当 該 電 気 事 業 を 営 む 法 人 等 又 はその 子 法 人 等 17 退 任 後 当 該 電 気 事 業 を 営 む 法 人 等 又 はその 子 法 人 等 若 しくは 親 法 人 等 の 役 員 等 と

18 若 しくは 親 法 人 等 の 役 員 等 となってはならない なってはならない ( 代 表 権 の 制 限 ) 第 33 条 本 機 関 と 理 事 長 又 は 理 事 との 利 益 が 相 反 する 事 項 については これらの 者 は 代 表 権 を 有 しない 理 事 長 及 び 全 ての 理 事 が 代 表 権 を 有 しないときは 監 事 が 本 機 関 を 代 表 する ( 代 表 権 の 制 限 ) 第 35 条 本 機 関 と 理 事 長 又 は 理 事 との 利 益 が 相 反 する 事 項 については これらの 者 は 代 表 権 を 有 しない 理 事 長 及 び 全 ての 理 事 が 代 表 権 を 有 しないときは 監 事 が 本 機 関 を 代 表 する 第 5 章 理 事 会 第 5 章 理 事 会 ( 理 事 会 の 構 成 役 割 ) 第 34 条 本 機 関 に 理 事 会 を 設 置 する 2 理 事 会 は 理 事 長 及 び 理 事 をもって 構 成 する 3 監 事 は 理 事 会 に 出 席 して 意 見 を 述 べることができる 4 理 事 会 の 議 長 は 理 事 長 がこれに 当 たる 但 し やむを 得 ない 事 情 があるときは 理 事 会 が 予 め 定 める 順 序 により 理 事 がこれに 当 たる 5 理 事 会 は 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 議 決 する 一 総 会 に 付 議 しようとする 事 項 及 び 総 会 の 招 集 に 関 する 事 項 二 組 織 及 び 職 制 に 関 する 事 項 三 広 域 連 系 系 統 ( 地 域 間 連 系 線 ( 一 般 電 気 事 業 者 の 供 給 区 域 間 を 常 時 接 続 する2 ( 理 事 会 の 構 成 役 割 ) 第 36 条 本 機 関 に 理 事 会 を 設 置 する 2 理 事 会 は 理 事 長 及 び 理 事 をもって 構 成 する 3 監 事 は 理 事 会 に 出 席 して 意 見 を 述 べることができる 4 理 事 会 の 議 長 は 理 事 長 がこれに 当 たる 但 し やむを 得 ない 事 情 があるときは 理 事 会 が 予 め 定 める 順 序 により 理 事 がこれに 当 たる 5 理 事 会 は 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 議 決 する 一 総 会 に 付 議 しようとする 事 項 及 び 総 会 の 招 集 に 関 する 事 項 二 組 織 及 び 職 制 に 関 する 事 項 三 広 域 連 系 系 統 の 整 備 計 画 に 関 する 事 項 50kV 以 上 の 送 電 線 及 び 交 直 変 換 設 備 をいう ) 及 び 地 内 基 幹 送 電 線 ( 使 用 電 圧 が250kV 以 上 のもの 又 は 最 上 位 電 圧 から2 階 級 ( 供 給 区 域 内 の 最 上 位 電 圧 が250kV 未 満 のときは 最 上 位 電 圧 のみ)のものをいう )をいう 以 下 同 じ )の 整 備 計 画 に 関 する 事 項 ( 業 務 規 程 第 19 条 第 4 項 から 移 設 して 修 正 ) 四 供 給 計 画 のとりまとめ 及 び 経 済 産 業 大 臣 への 意 見 具 申 に 関 する 事 項 五 送 配 電 等 業 務 指 針 の 策 定 及 び 変 更 に 関 する 事 項 18 四 需 要 想 定 要 領 の 変 更 に 関 する 事 項 五 供 給 計 画 の 取 りまとめ 及 び 経 済 産 業 大 臣 への 意 見 具 申 に 関 する 事 項 六 送 配 電 等 業 務 指 針 の 策 定 及 び 変 更 に 関 する 事 項 七 電 源 入 札 等 に 関 する 事 項

19 六 各 種 規 程 の 策 定 及 び 変 更 に 関 する 事 項 八 各 種 規 程 の 策 定 及 び 変 更 に 関 する 事 項 七 系 統 アクセス 業 務 ( 一 般 電 気 事 業 者 又 は 卸 電 気 事 業 者 が 維 持 し 及 び 運 用 する 九 系 統 アクセス 業 務 に 関 する 事 項 電 線 路 への 発 電 設 備 等 の 連 系 等 を 希 望 する 者 からの 事 前 相 談 及 び 接 続 検 討 に 関 する 申 込 みの 受 付 検 討 結 果 の 確 認 検 証 及 び 回 答 等 の 業 務 をいう 以 下 同 じ ) に 関 する 事 項 八 職 員 の 任 免 労 働 条 件 役 職 員 の 処 分 その 他 人 事 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 九 会 員 の 制 裁 指 導 及 び 勧 告 に 関 する 事 項 十 評 議 員 の 任 免 に 関 する 事 項 十 一 評 議 員 会 から 提 出 された 意 見 に 対 する 考 え 方 に 関 する 事 項 十 二 会 費 及 び 特 別 会 費 に 関 する 事 項 十 三 前 各 号 に 掲 げるもののほか この 定 款 で 別 に 定 める 事 項 又 は 日 常 的 な 業 務 運 十 職 員 の 任 免 労 働 条 件 役 職 員 の 処 分 その 他 人 事 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 十 一 会 員 の 制 裁 指 導 及 び 勧 告 に 関 する 事 項 十 二 評 議 員 の 任 免 に 関 する 事 項 十 三 評 議 員 会 から 提 出 された 意 見 に 対 する 考 え 方 に 関 する 事 項 十 四 会 費 及 び 特 別 会 費 に 関 する 事 項 十 五 前 各 号 に 掲 げるもののほか 重 要 な 意 思 決 定 事 項 営 の 基 本 的 事 項 ( 理 事 会 の 招 集 ) 第 35 条 理 事 会 は 原 則 として 月 に1 回 以 上 必 要 に 応 じ 理 事 長 がこれを 招 集 する 但 し やむを 得 ない 事 情 があるときは 理 事 会 が 予 め 定 める 順 序 により 理 事 がこ れを 招 集 する 2 理 事 会 は 役 員 全 員 の 同 意 があるときは 招 集 の 手 続 を 経 ないで 開 催 することが できる ( 理 事 会 の 招 集 ) 第 37 条 理 事 会 は 原 則 として 月 に1 回 以 上 必 要 に 応 じ 理 事 長 がこれを 招 集 する 但 し やむを 得 ない 事 情 があるときは 理 事 会 が 予 め 定 める 順 序 により 理 事 がこ れを 招 集 する 2 理 事 会 は 役 員 全 員 の 同 意 があるときは 招 集 の 手 続 を 経 ないで 開 催 することが できる ( 理 事 会 開 催 の 請 求 ) 第 36 条 理 事 及 び 監 事 のうち2 人 以 上 から 議 題 及 び 理 由 を 付 して 請 求 があったと きは 理 事 長 は 速 やかに 理 事 会 を 招 集 する ( 理 事 会 開 催 の 請 求 ) 第 38 条 理 事 及 び 監 事 のうち2 人 以 上 から 議 題 及 び 理 由 を 付 して 請 求 があったと きは 理 事 長 は 速 やかに 理 事 会 を 招 集 する ( 理 事 会 の 議 事 ) 第 37 条 理 事 会 は 理 事 長 及 び 理 事 の 過 半 数 の 出 席 がなければ 会 議 を 開 き 議 決 を 行 うことができない ( 理 事 会 の 議 事 ) 第 39 条 理 事 会 は 理 事 長 及 び 理 事 の 過 半 数 の 出 席 がなければ 会 議 を 開 き 議 決 を 行 うことができない 2 理 事 長 及 び 理 事 は 理 事 会 において 各 1 個 の 議 決 権 を 有 する 19 2 理 事 長 及 び 理 事 は 理 事 会 において 各 1 個 の 議 決 権 を 有 する

20 3 理 事 会 の 議 事 は 出 席 理 事 長 及 び 理 事 の 議 決 権 の 過 半 数 をもって 決 し 可 否 同 数 3 理 事 会 の 議 事 は 出 席 理 事 長 及 び 理 事 の 議 決 権 の 過 半 数 をもって 決 し 可 否 同 数 の 場 合 は 理 事 長 がこれを 決 する 4 理 事 長 及 び 理 事 は 理 事 会 の 議 決 について 特 別 の 利 害 関 係 を 有 するときは 議 決 権 を 有 しない の 場 合 は 理 事 長 がこれを 決 する 4 理 事 長 及 び 理 事 は 理 事 会 の 議 決 について 特 別 の 利 害 関 係 を 有 するときは 議 決 権 を 有 しない ( 評 議 員 会 の 尊 重 義 務 ) 第 38 条 理 事 会 は 議 決 にあたり 評 議 員 会 の 審 議 内 容 を 尊 重 する 2 第 34 条 第 5 項 第 1 号 のうち 定 款 予 算 業 務 規 程 決 算 事 業 計 画 及 び 事 業 報 告 書 に 関 する 事 項 並 びに 同 項 第 2 号 から 第 5 号 の 事 項 は 理 事 会 の 議 決 に 先 だっ て 評 議 員 会 の 議 決 を 経 なければならない ( 評 議 員 会 の 尊 重 義 務 ) 第 40 条 理 事 会 は 議 決 にあたり 評 議 員 会 の 審 議 内 容 を 尊 重 する 2 第 36 条 第 5 項 第 1 号 のうち 定 款 予 算 業 務 規 程 決 算 事 業 計 画 及 び 事 業 報 告 書 に 関 する 事 項 並 びに 同 項 第 2 号 から 第 7 号 の 事 項 は 理 事 会 の 議 決 に 先 だっ て 評 議 員 会 の 議 決 を 経 なければならない ( 委 員 会 ) 第 39 条 本 機 関 に 理 事 会 の 議 決 を 経 て 委 員 会 を 置 くことができる ( 委 員 会 ) 第 41 条 本 機 関 は 理 事 会 の 議 決 を 経 て 理 事 会 の 諮 問 機 関 として 委 員 会 を 置 く ことができる 2 委 員 会 は 業 務 運 営 に 関 する 重 要 事 項 又 は 専 門 的 知 見 を 必 要 とする 事 項 につい て 理 事 会 の 諮 問 に 応 じ 又 は 理 事 会 に 意 見 を 述 べることができる 2 委 員 会 は 理 事 会 の 諮 問 に 応 じて 業 務 運 営 に 関 する 重 要 事 項 又 は 専 門 的 知 見 を 必 要 とする 事 項 を 調 査 審 議 し 理 事 会 に 対 し 意 見 を 述 べることができる 3 委 員 会 は 複 数 名 の 委 員 で 構 成 するものとし 委 員 数 委 員 の 資 格 委 員 の 任 期 委 員 の 選 解 任 の 手 続 その 他 委 員 会 を 運 営 する 上 で 必 要 な 事 項 は 委 員 会 ごとに 理 事 会 が 定 める ( 理 事 会 の 議 事 録 ) 第 40 条 理 事 会 の 議 事 については その 経 過 の 要 領 及 びその 結 果 ( 評 議 員 会 の 審 議 結 果 及 び 評 議 員 会 より 提 出 された 意 見 の 理 事 会 の 議 決 への 反 映 の 在 り 方 を 含 む ) を 記 載 した 議 事 録 を 作 成 し 議 長 出 席 した 理 事 及 び 監 事 がこれに 記 名 押 印 し 公 表 する ( 理 事 会 の 議 事 録 ) 第 42 条 理 事 会 の 議 事 については その 経 過 の 要 領 及 びその 結 果 ( 評 議 員 会 の 審 議 結 果 及 び 評 議 員 会 より 提 出 された 意 見 の 理 事 会 の 議 決 への 反 映 の 在 り 方 を 含 む ) を 記 載 した 議 事 録 を 作 成 し 議 長 出 席 した 理 事 及 び 監 事 がこれに 記 名 押 印 し 公 表 する 20

21 第 6 章 評 議 員 会 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 6 章 評 議 員 会 ( 評 議 員 会 の 設 置 ) ( 評 議 員 会 の 設 置 ) 第 41 条 本 機 関 に 会 員 から 独 立 した 客 観 的 な 視 点 からその 運 営 に 関 する 重 要 事 項 を 審 議 するため 評 議 員 会 を 設 置 する 2 評 議 員 会 は 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 審 議 し 議 決 する 一 定 款 の 変 更 二 予 算 の 決 定 又 は 変 更 三 業 務 規 程 の 変 更 四 決 算 五 組 織 及 び 職 制 に 関 する 事 項 六 広 域 連 系 系 統 の 整 備 計 画 に 関 する 事 項 ( 業 務 規 程 第 19 条 第 4 項 から 移 設 して 修 正 ) 七 供 給 計 画 の 取 りまとめ 及 び 経 済 産 業 大 臣 への 意 見 具 申 に 関 する 事 項 第 43 条 本 機 関 に 会 員 から 独 立 した 客 観 的 な 視 点 からその 運 営 に 関 する 重 要 事 項 を 審 議 するため 評 議 員 会 を 設 置 する 2 評 議 員 会 は 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 審 議 し 議 決 する 一 定 款 の 変 更 二 予 算 の 決 定 又 は 変 更 三 業 務 規 程 の 変 更 四 決 算 五 組 織 及 び 職 制 に 関 する 事 項 六 広 域 連 系 系 統 の 整 備 計 画 に 関 する 事 項 七 需 要 想 定 要 領 の 変 更 に 関 する 事 項 八 供 給 計 画 の 取 りまとめに 係 る 法 第 29 条 第 2 項 の 規 定 に 定 める 意 見 送 付 に 関 する 事 項 八 送 配 電 等 業 務 指 針 の 策 定 及 び 変 更 ( 経 済 産 業 省 令 に 定 める 軽 微 な 変 更 を 除 く ) 九 事 業 計 画 及 び 事 業 報 告 書 に 関 する 事 項 十 前 各 号 に 掲 げるものの 他 この 定 款 で 別 に 定 める 事 項 業 務 規 程 で 定 める 事 項 九 電 源 入 札 等 に 関 する 事 項 ( 但 し 緊 急 の 場 合 は 除 く ) 十 送 配 電 等 業 務 指 針 の 策 定 及 び 変 更 ( 経 済 産 業 省 令 に 定 める 軽 微 な 変 更 を 除 く ) 十 一 事 業 計 画 及 び 事 業 報 告 書 に 関 する 事 項 十 二 前 各 号 に 掲 げるものの 他 理 事 会 が 必 要 と 認 める 事 項 又 は 理 事 会 が 必 要 と 認 める 事 項 3 評 議 員 会 は 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 一 定 の 期 間 ごとに 確 認 し 必 要 に 応 じ 第 45 条 に 基 づき 理 事 長 に 対 し 意 見 を 述 べる 一 会 員 への 指 示 電 気 供 給 事 業 者 への 指 導 及 び 勧 告 等 並 びに 系 統 アクセス 業 務 に 関 する 事 項 その 他 の 理 事 会 の 活 動 状 況 二 電 気 供 給 事 業 者 からの 苦 情 の 処 理 及 び 紛 争 の 解 決 の 業 務 の 状 況 に 関 する 事 項 三 全 国 及 び 供 給 区 域 ごとの 需 要 に 対 する 適 正 な 供 給 力 の 確 保 状 況 の 評 価 に 関 す る 事 項 四 需 要 家 が 自 らに 電 気 を 供 給 する 事 業 者 を 変 更 する 際 の 手 続 の 円 滑 化 を 図 るこ 21 3 評 議 員 会 は 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 一 定 の 期 間 ごとに 確 認 し 必 要 に 応 じ 第 47 条 に 基 づき 理 事 長 に 対 し 意 見 を 述 べる 一 会 員 への 指 示 電 気 供 給 事 業 者 への 指 導 及 び 勧 告 等 並 びに 系 統 アクセス 業 務 に 関 する 事 項 その 他 の 理 事 会 の 活 動 状 況 二 電 気 供 給 事 業 者 からの 苦 情 の 処 理 及 び 紛 争 の 解 決 の 業 務 の 状 況 に 関 する 事 項 三 全 国 及 び 供 給 区 域 ごとの 需 要 に 対 する 適 正 な 供 給 力 の 確 保 状 況 の 評 価 に 関 す る 事 項 四 需 要 者 が 自 らに 電 気 を 供 給 する 事 業 者 を 変 更 する 際 の 手 続 の 円 滑 化 を 図 るこ

22 とを 目 的 とする 業 務 の 実 施 状 況 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) とを 目 的 とする 業 務 の 実 施 状 況 五 電 源 入 札 等 による 落 札 者 等 が 維 持 し 及 び 運 用 する 電 源 の 建 設 の 進 捗 状 況 や 稼 働 状 況 五 前 各 号 に 掲 げるものの 他 業 務 規 程 で 定 める 事 項 又 は 理 事 会 が 必 要 と 認 める 事 六 前 各 号 に 掲 げるものの 他 理 事 会 が 必 要 と 認 める 事 項 項 ( 評 議 員 会 の 構 成 ) 第 42 条 評 議 員 会 に 評 議 員 の 互 選 による 議 長 を 置 く 2 議 長 は 会 務 を 総 理 する ( 評 議 員 会 の 構 成 ) 第 44 条 評 議 員 会 に 評 議 員 の 互 選 による 議 長 を 置 く 2 議 長 は 会 務 を 総 理 する ( 評 議 員 会 の 議 事 ) 第 43 条 評 議 員 会 は 全 評 議 員 の 過 半 数 の 出 席 がなければ 審 議 を 行 い 議 決 するこ とができない 2 評 議 員 は 評 議 員 会 において 各 1 個 の 議 決 権 を 有 する 3 評 議 員 会 の 議 事 は 出 席 評 議 員 の 過 半 数 をもって 決 し 可 否 同 数 の 場 合 は 議 長 が これを 決 する 但 し 必 要 に 応 じて 少 数 意 見 を 付 記 することができるものとする 4 前 項 にかかわらず 第 49 条 に 規 定 する 評 議 員 の 辞 任 勧 告 に 関 する 議 事 は 全 評 議 員 の4 分 の3 以 上 の 賛 成 により 決 する ( 評 議 員 会 の 議 事 ) 第 45 条 評 議 員 会 は 全 評 議 員 の 過 半 数 の 出 席 がなければ 審 議 を 行 い 議 決 するこ とができない 2 評 議 員 は 評 議 員 会 において 各 1 個 の 議 決 権 を 有 する 3 評 議 員 会 の 議 事 は 出 席 評 議 員 の 過 半 数 をもって 決 し 可 否 同 数 の 場 合 は 議 長 が これを 決 する 但 し 必 要 に 応 じて 少 数 意 見 を 付 記 することができるものとする 4 前 項 にかかわらず 第 51 条 に 規 定 する 評 議 員 の 辞 任 勧 告 に 関 する 議 事 は 全 評 議 員 の4 分 の3 以 上 の 賛 成 により 決 する ( 評 議 員 会 の 招 集 ) 第 44 条 議 長 は 事 業 年 度 において3 月 ごとの 期 間 内 に1 回 評 議 員 会 を 招 集 する 他 必 要 の 都 度 評 議 員 会 を 招 集 する 2 評 議 員 の4 分 の1 以 上 から 評 議 員 会 開 催 の 要 請 があった 場 合 議 長 はその 適 否 を 判 断 し 必 要 と 認 めるときは 評 議 員 会 を 招 集 する ( 評 議 員 会 の 招 集 ) 第 46 条 議 長 は 事 業 年 度 において 四 半 期 ごとに1 回 評 議 員 会 を 招 集 する 他 必 要 の 都 度 評 議 員 会 を 招 集 する 2 評 議 員 の4 分 の1 以 上 から 評 議 員 会 開 催 の 要 請 があった 場 合 議 長 はその 適 否 を 判 断 し 必 要 と 認 めるときは 評 議 員 会 を 招 集 する ( 理 事 長 に 対 する 意 見 ) 第 45 条 評 議 員 会 は その 議 決 により 理 事 長 に 対 し 意 見 を 述 べることができる ( 理 事 長 に 対 する 意 見 ) 第 47 条 評 議 員 会 は その 議 決 により 理 事 長 に 対 し 意 見 を 述 べることができる 2 前 項 の 意 見 は 公 開 する 但 し 個 人 情 報 個 別 企 業 の 情 報 契 約 に 関 する 情 報 22 2 前 項 の 意 見 は 公 開 する 但 し 個 人 情 報 個 別 企 業 の 情 報 契 約 に 関 する 情 報

23 等 が 含 まれる 場 合 当 該 部 分 は 公 開 しないことができる 等 が 含 まれる 場 合 当 該 部 分 は 公 開 しないことができる 3 評 議 員 会 の 議 長 は 必 要 に 応 じ 理 事 会 において 理 事 長 に 対 する 意 見 の 内 容 を 説 明 することができる 3 評 議 員 会 の 議 長 は 必 要 に 応 じ 理 事 会 において 理 事 長 に 対 する 意 見 の 内 容 を 説 明 することができる ( 評 議 員 の 任 命 ) 第 46 条 評 議 員 は 会 員 以 外 の 者 であって 電 気 事 業 について 学 識 経 験 を 有 する 者 ( 電 気 の 需 要 家 等 を 含 む )のうちから 理 事 会 が 選 任 し 経 済 産 業 大 臣 の 認 可 を 受 けて 理 事 長 が 任 命 する 2 評 議 員 の 数 は20 人 以 内 とする ( 評 議 員 の 任 命 ) 第 48 条 評 議 員 は 会 員 以 外 の 者 であって 電 気 事 業 について 学 識 経 験 を 有 する 者 ( 電 気 の 需 要 者 等 を 含 む )のうちから 理 事 会 が 選 任 し 経 済 産 業 大 臣 の 認 可 を 受 けて 理 事 長 が 任 命 する 2 評 議 員 の 数 は20 人 以 内 とする ( 評 議 員 の 任 期 ) 第 47 条 評 議 員 の 任 期 は 2 年 とする 2 評 議 員 の 再 任 は 原 則 として2 回 までとする ( 評 議 員 の 任 期 ) 第 49 条 評 議 員 の 任 期 は 2 年 とする 2 評 議 員 の 再 任 は 原 則 として2 回 までとする ( 評 議 員 の 辞 任 ) 第 48 条 評 議 員 が 辞 任 しようとするときは 3 月 前 までに 理 事 長 に 届 け 出 る 但 し やむを 得 ない 理 由 があるときはこの 限 りでない 2 理 事 長 は 前 項 の 届 出 を 受 け 経 済 産 業 大 臣 に 報 告 を 行 う ( 評 議 員 の 辞 任 ) 第 50 条 評 議 員 が 辞 任 しようとするときは 1か 月 前 までに 理 事 長 に 届 け 出 る 但 し やむを 得 ない 理 由 があるときはこの 限 りでない 2 理 事 長 は 前 項 の 届 出 を 受 け 経 済 産 業 大 臣 に 報 告 を 行 う ( 評 議 員 の 辞 任 勧 告 ) 第 49 条 評 議 員 会 は 評 議 員 に 不 正 と 認 められる 行 為 があったときは 当 該 評 議 員 に 対 し 辞 任 を 勧 告 することができる ( 評 議 員 の 辞 任 勧 告 ) 第 51 条 評 議 員 会 は 評 議 員 に 不 正 と 認 められる 行 為 があったときは 当 該 評 議 員 に 対 し 辞 任 を 勧 告 することができる ( 評 議 員 会 の 議 事 録 ) 第 50 条 評 議 員 会 の 議 事 については その 経 過 の 要 領 及 びその 結 果 を 記 載 した 議 事 録 を 作 成 し 議 長 及 び 出 席 した 評 議 員 2 名 がこれに 記 名 押 印 し 公 表 する ( 評 議 員 会 の 議 事 録 ) 第 52 条 評 議 員 会 の 議 事 については その 経 過 の 要 領 及 びその 結 果 を 記 載 した 議 事 録 を 作 成 し 議 長 及 び 出 席 した 評 議 員 2 名 がこれに 記 名 押 印 し 公 表 する 23

24 ( 報 酬 ) 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) ( 報 酬 ) 第 51 条 評 議 員 の 報 酬 は 理 事 会 の 議 決 により 定 める 第 53 条 評 議 員 の 報 酬 は 理 事 会 の 議 決 により 定 める 第 7 章 会 費 第 7 章 会 費 ( 会 費 ) 第 52 条 会 員 は 毎 年 度 会 費 を 納 入 しなければならない ( 会 費 ) 第 54 条 会 員 は 毎 年 度 会 費 の 請 求 の 通 知 を 受 けてから1か 月 以 内 に 会 費 を 納 入 しなければならない 2 会 費 の 額 は 会 員 ごとに 平 等 とし 総 会 の 開 催 及 び 会 員 への 事 務 連 絡 に 係 る 費 用 並 びに 会 員 数 等 を 基 礎 として 理 事 会 の 議 決 により 定 める 3 本 機 関 は 既 納 の 会 費 は 返 還 しない 2 会 費 の 額 は 会 員 ごとに 平 等 とし 総 会 の 開 催 及 び 会 員 への 事 務 連 絡 に 係 る 費 用 並 びに 会 員 数 等 を 基 礎 として 理 事 会 の 議 決 により 定 める 3 本 機 関 は 既 納 の 会 費 は 返 還 しない ( 特 別 会 費 ) 第 53 条 一 般 電 気 事 業 者 たる 会 員 は 前 条 の 会 費 とは 別 に 毎 年 度 特 別 会 費 を 納 入 しなければならない 2 特 別 会 費 の 額 は 本 機 関 の 運 営 に 必 要 な 資 金 の 総 額 から 前 条 の 会 費 による 収 入 及 び 第 56 条 に 規 定 する 剰 余 金 を 差 し 引 いた 額 並 びに 一 般 電 気 事 業 者 たる 会 員 の 供 給 区 域 の 需 要 電 力 量 等 を 基 礎 として 理 事 会 の 議 決 により 定 める 3 本 機 関 は 既 納 の 特 別 会 費 は 返 還 しない ( 特 別 会 費 ) 第 55 条 一 般 送 配 電 事 業 者 たる 会 員 は 前 条 の 会 費 とは 別 に 毎 年 度 特 別 会 費 を 納 入 しなければならない 2 特 別 会 費 の 額 は 本 機 関 の 運 営 に 必 要 な 資 金 の 総 額 から 前 条 の 会 費 による 収 入 及 び 第 59 条 に 規 定 する 剰 余 金 を 差 し 引 いた 額 並 びに 一 般 送 配 電 事 業 者 たる 会 員 の 供 給 区 域 の 需 要 電 力 量 等 を 基 礎 として 理 事 会 の 議 決 により 定 める 3 本 機 関 は 既 納 の 特 別 会 費 は 返 還 しない ( 電 源 入 札 拠 出 金 ) 第 56 条 本 機 関 は 一 般 送 配 電 事 業 者 たる 会 員 に 対 し 電 源 入 札 等 に 係 る 拠 出 金 ( 以 下 電 源 入 札 拠 出 金 という )を 求 めることができる 2 電 源 入 札 拠 出 金 の 額 納 入 期 限 その 他 の 電 源 入 札 拠 出 金 の 納 入 の 方 法 に 関 する 事 項 は 電 源 入 札 等 の 案 件 ごとに 理 事 会 の 議 決 により 定 める 3 一 般 送 配 電 事 業 者 たる 会 員 は 前 各 項 に 基 づく 本 機 関 の 求 めに 応 じ 指 定 された 期 限 までに 電 源 入 札 拠 出 金 を 納 入 しなければならない 24

25 ( 滞 納 者 への 対 応 ) 第 54 条 本 機 関 は 会 費 及 び 特 別 会 費 の 滞 納 又 はその 不 当 な 減 額 を 行 った 場 合 理 事 会 の 議 決 を 経 て 当 該 会 員 の 名 称 を 公 表 することができる ( 滞 納 者 への 対 応 ) 第 57 条 本 機 関 は 会 費 特 別 会 費 若 しくは 電 源 入 札 拠 出 金 の 滞 納 又 はその 不 当 な 減 額 を 行 った 場 合 理 事 会 の 議 決 を 経 て 当 該 会 員 の 名 称 を 公 表 することができる 第 8 章 財 務 及 び 会 計 第 8 章 財 務 及 び 会 計 ( 事 業 年 度 ) 第 55 条 本 機 関 の 事 業 年 度 は 4 月 1 日 から 翌 年 3 月 31 日 までとする ( 事 業 年 度 ) 第 58 条 本 機 関 の 事 業 年 度 は 4 月 1 日 から 翌 年 3 月 31 日 までとする ( 剰 余 金 ) 第 56 条 事 業 年 度 終 了 時 において 剰 余 金 が 生 じたときは 前 事 業 年 度 から 繰 り 越 し た 損 失 を 埋 め なお 残 余 あるときはその 残 額 を 翌 事 業 年 度 に 繰 り 越 すこととする ( 剰 余 金 ) 第 59 条 事 業 年 度 終 了 時 において 剰 余 金 が 生 じたときは 前 事 業 年 度 から 繰 り 越 し た 損 失 を 埋 め なお 残 余 あるときはその 残 額 を 翌 事 業 年 度 に 繰 り 越 すこととする ( 予 算 等 ) 第 57 条 本 機 関 は 毎 事 業 年 度 予 算 及 び 事 業 計 画 を 作 成 し 当 該 事 業 年 度 の 開 始 前 に( 本 機 関 の 成 立 の 日 を 含 む 事 業 年 度 にあっては 成 立 後 遅 滞 なく) 経 済 産 業 大 臣 の 認 可 を 受 ける また これを 変 更 する 場 合 も 同 様 とする ( 予 算 等 ) 第 60 条 本 機 関 は 毎 事 業 年 度 予 算 及 び 事 業 計 画 を 作 成 し 当 該 事 業 年 度 の 開 始 前 に( 本 機 関 の 成 立 の 日 を 含 む 事 業 年 度 にあっては 成 立 後 遅 滞 なく) 経 済 産 業 大 臣 の 認 可 を 受 ける また これを 変 更 する 場 合 も 同 様 とする ( 財 務 諸 表 等 の 提 出 ) 第 58 条 本 機 関 は 毎 事 業 年 度 ( 本 機 関 の 成 立 の 日 を 含 む 事 業 年 度 を 除 く )の 開 始 の 日 から3 月 以 内 に 前 事 業 年 度 の 財 産 目 録 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 事 業 報 告 書 及 び 決 算 報 告 書 ( 以 下 財 務 諸 表 等 という )を 作 成 し 監 事 の 意 見 書 を 添 付 の うえ 経 済 産 業 大 臣 に 提 出 し 承 認 を 受 ける 2 前 項 により 承 認 を 受 けた 財 務 諸 表 等 は 本 機 関 の 事 務 所 における 備 え 置 きその 他 の 方 法 により 公 表 する ( 財 務 諸 表 等 の 提 出 ) 第 61 条 本 機 関 は 毎 事 業 年 度 の 開 始 の 日 から3か 月 以 内 に 前 事 業 年 度 の 財 産 目 録 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 事 業 報 告 書 及 び 決 算 報 告 書 ( 以 下 財 務 諸 表 等 と いう )を 作 成 し 監 事 の 意 見 書 を 添 付 のうえ 経 済 産 業 大 臣 に 提 出 し 承 認 を 受 け る 2 前 項 により 承 認 を 受 けた 財 務 諸 表 等 は 本 機 関 の 事 務 所 における 備 え 置 きその 他 の 方 法 により 公 表 する 25

26 第 9 章 雑 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 9 章 雑 則 ( 規 律 調 査 会 ) ( 規 律 調 査 会 ) 第 59 条 本 機 関 が 第 12 条 第 1 項 に 規 定 する 会 員 への 制 裁 の 要 否 を 検 討 するとき は 本 機 関 に 役 職 員 以 外 の 学 識 経 験 者 及 び 弁 護 士 等 で 構 成 する 規 律 調 査 会 を 置 く 第 62 条 本 機 関 が 第 12 条 第 1 項 に 規 定 する 制 裁 の 可 否 及 び 内 容 を 検 討 するとき は 本 機 関 に 役 職 員 以 外 の 学 識 経 験 者 及 び 弁 護 士 等 で 構 成 する 規 律 調 査 会 を 置 く ( 紛 争 解 決 パネル) 第 60 条 本 機 関 が 法 第 28 条 の40 第 6 号 に 規 定 する 送 配 電 等 業 務 についての 電 気 供 給 事 業 者 の 紛 争 の 解 決 を 行 う 場 合 において 裁 判 外 紛 争 解 決 手 続 の 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 16 年 法 律 第 151 号 )に 定 める 民 間 紛 争 解 決 手 続 を 行 うとき は 同 法 第 2 条 第 2 項 に 定 める 手 続 実 施 者 として 本 機 関 に 役 職 員 以 外 の 学 識 経 験 者 及 び 弁 護 士 等 で 構 成 する 紛 争 解 決 パネルを 置 く ( 紛 争 解 決 パネル) 第 63 条 本 機 関 が 法 第 28 条 の40 第 7 号 に 規 定 する 送 配 電 等 業 務 についての 電 気 供 給 事 業 者 の 紛 争 の 解 決 を 行 う 場 合 において 裁 判 外 紛 争 解 決 手 続 の 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 16 年 法 律 第 151 号 )に 定 める 民 間 紛 争 解 決 手 続 を 行 うとき は 同 法 第 2 条 第 2 号 に 定 める 手 続 実 施 者 として 本 機 関 に 役 職 員 以 外 の 学 識 経 験 者 及 び 弁 護 士 等 で 構 成 する 紛 争 解 決 パネルを 置 く ( 規 程 等 ) 第 61 条 この 定 款 及 び 業 務 規 程 において 定 めるもののほか 本 機 関 の 運 営 に 関 し 必 要 な 規 程 等 は 理 事 会 の 議 決 を 経 て 別 に 定 める ( 規 程 等 ) 第 64 条 この 定 款 及 び 業 務 規 程 において 定 めるもののほか 本 機 関 の 運 営 に 関 し 必 要 な 規 程 等 は 理 事 会 の 議 決 を 経 て 別 に 定 める ( 定 款 の 変 更 ) 第 62 条 この 定 款 の 変 更 は 経 済 産 業 大 臣 の 認 可 をもって 効 力 が 生 じる ( 定 款 の 変 更 ) 第 65 条 この 定 款 の 変 更 は 経 済 産 業 大 臣 の 認 可 をもって 効 力 が 生 じる ( 公 告 の 方 法 ) 第 63 条 本 機 関 の 公 告 は 法 令 に 別 の 定 めがあるものを 除 き 官 報 への 掲 載 又 は 電 子 公 告 によって 行 う ( 公 告 の 方 法 ) 第 66 条 本 機 関 の 公 告 は 法 令 に 別 の 定 めがあるものを 除 き 官 報 への 掲 載 又 は 電 子 公 告 によって 行 う 附 則 附 則 第 1 条 この 定 款 は 本 機 関 の 成 立 の 日 から 施 行 する 26 第 1 条 この 定 款 は 本 機 関 の 成 立 の 日 から 施 行 する

27 第 2 条 本 機 関 の 最 初 の 事 業 年 度 は 第 55 条 の 規 定 にかかわらず その 成 立 の 日 に 始 まり 平 成 28 年 3 月 31 日 に 終 わるものとする 第 2 条 本 機 関 の 最 初 の 事 業 年 度 は 第 58 条 の 規 定 にかかわらず その 成 立 の 日 に 始 まり 平 成 28 年 3 月 31 日 に 終 わるものとする 第 3 条 本 機 関 の 成 立 の 日 までに 電 気 事 業 者 となった 者 は 第 9 条 第 2 項 の 規 定 にか かわらず 発 起 人 に 対 し 会 員 となる 旨 を 申 し 出 るとともに 次 の 各 号 を 記 載 した 書 面 を 提 出 することにより 本 機 関 の 成 立 の 日 に 会 員 たる 地 位 を 取 得 するものとす る 一 名 称 又 は 氏 名 二 代 表 者 の 氏 名 三 住 所 四 代 表 電 話 番 号 五 事 業 者 種 別 ( 第 8 条 各 号 の 電 気 事 業 者 の 種 別 をいう ) 第 3 条 本 機 関 の 成 立 の 日 までに 電 気 事 業 者 となった 者 は 第 9 条 第 2 項 の 規 定 にか かわらず 発 起 人 に 対 し 会 員 となる 旨 を 申 し 出 るとともに 次 の 各 号 を 記 載 した 書 面 を 提 出 することにより 本 機 関 の 成 立 の 日 に 会 員 たる 地 位 を 取 得 するものとす る 一 名 称 又 は 氏 名 二 代 表 者 の 氏 名 三 住 所 四 代 表 電 話 番 号 五 事 業 者 種 別 ( 第 8 条 各 号 の 電 気 事 業 者 の 種 別 をいう ) 第 4 条 本 機 関 の 負 担 に 帰 すべき 設 立 費 用 は 金 4 億 円 以 内 とする 第 4 条 本 機 関 の 負 担 に 帰 すべき 設 立 費 用 は 金 4 億 円 以 内 とする 附 則 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) ( 施 行 期 日 ) 第 1 条 この 定 款 は 平 成 28 年 4 月 1 日 又 は 経 済 産 業 大 臣 の 認 可 を 受 けた 日 のいず れか 遅 い 日 から 施 行 する 第 2 条 電 気 事 業 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 72 号 )の 施 行 に 伴 い 電 気 事 業 者 の 地 位 を 喪 失 した 者 は 定 款 第 10 条 の 規 定 に 拠 らず 会 員 の 資 格 を 喪 失 する 27 第 3 条 電 気 事 業 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 72 号 )の 施 行 日 ( 以 下 本 条 において 施 行 日 という ) 時 点 における 本 機 関 の 会 員 については 施 行

28 日 時 点 において 次 の 各 号 に 掲 げるとおり 第 24 条 第 1 項 に 掲 げる 小 売 電 気 事 業 者 グループ 発 電 事 業 者 グループ 又 は 送 配 電 事 業 者 グループに 分 類 する 一 施 行 日 時 点 において 一 般 電 気 事 業 者 であった 会 員 ア 小 売 電 気 事 業 者 グループ イ 発 電 事 業 者 グループ ウ 送 配 電 事 業 者 グループ 二 施 行 日 時 点 において 卸 電 気 事 業 者 であった 会 員 ア 発 電 事 業 者 グループ イ 送 配 電 事 業 者 グループ( 但 し 電 気 事 業 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 2 6 年 法 律 第 72 号 )による 改 正 後 の 電 気 事 業 法 ( 以 下 本 条 において 新 電 気 事 業 法 という )) 第 27 条 の4の 許 可 を 受 けるべき 者 に 該 当 する 者 に 限 る ) 三 施 行 日 時 点 において 特 定 電 気 事 業 者 であった 会 員 ア 小 売 電 気 事 業 者 グループ イ 発 電 事 業 者 グループ ウ 送 配 電 事 業 者 グループ 四 施 行 日 時 点 において 特 定 規 模 電 気 事 業 者 であった 会 員 ア 小 売 電 気 事 業 者 グループ イ 送 配 電 事 業 者 グループ( 但 し 施 行 日 時 点 において 新 電 気 事 業 法 附 則 第 7 条 第 2 項 に 基 づき 同 法 第 27 条 の15の 登 録 を 受 けたものとみなされる 者 に 限 る ) 別 紙 : 役 員 行 動 規 範 第 1 条 本 機 関 の 役 員 は 本 機 関 の 目 的 を 十 分 理 解 のうえ 関 係 法 令 定 款 及 び 業 務 規 程 等 を 遵 守 し 本 機 関 の 社 会 的 信 頼 の 確 保 維 持 及 び 高 揚 に 精 励 努 力 すると ともに 常 に 高 い 倫 理 観 と 社 会 的 な 良 識 をもって 行 動 するものとする 別 紙 : 役 員 行 動 規 範 第 1 条 本 機 関 の 役 員 は 本 機 関 の 目 的 を 十 分 理 解 のうえ 関 係 法 令 定 款 及 び 業 務 規 程 等 を 遵 守 し 本 機 関 の 社 会 的 信 頼 の 確 保 維 持 及 び 高 揚 に 精 励 努 力 すると ともに 常 に 高 い 倫 理 観 と 社 会 的 な 良 識 をもって 行 動 するものとする 第 2 条 役 員 は 業 務 執 行 上 知 り 得 た 秘 密 情 報 を 漏 洩 又 は 盗 用 してはならない 役 28 第 2 条 役 員 は 業 務 執 行 上 知 り 得 た 秘 密 情 報 を 漏 洩 又 は 盗 用 してはならない 役

29 員 退 任 後 においても 同 様 とする 員 退 任 後 においても 同 様 とする 第 3 条 役 員 は 系 統 利 用 者 に 関 する 個 人 情 報 を 適 切 に 取 得 し 利 用 目 的 の 範 囲 内 で 利 用 するとともに 漏 洩 滅 失 又 は 毀 損 の 防 止 その 他 の 個 人 データの 安 全 管 理 のために 必 要 かつ 適 切 な 措 置 を 講 じなければならない 第 3 条 役 員 は 系 統 利 用 者 に 関 する 個 人 情 報 を 適 切 に 取 得 し 利 用 目 的 の 範 囲 内 で 利 用 するとともに 漏 洩 滅 失 又 は 毀 損 の 防 止 その 他 の 個 人 データの 安 全 管 理 のために 必 要 かつ 適 切 な 措 置 を 講 じなければならない 第 4 条 役 員 は 本 機 関 の 業 務 上 創 造 された 知 的 財 産 について その 権 利 を 的 確 に 保 護 しなければならない 第 4 条 役 員 は 本 機 関 の 業 務 上 創 造 された 知 的 財 産 について その 権 利 を 的 確 に 保 護 しなければならない 第 5 条 役 員 は 業 務 遂 行 上 特 定 の 利 害 関 係 者 に 利 益 又 は 不 利 益 となる 行 動 その 他 の 差 別 的 な 取 扱 いをしてはならない 第 5 条 役 員 は 業 務 遂 行 上 特 定 の 利 害 関 係 者 に 利 益 又 は 不 利 益 となる 行 動 その 他 の 差 別 的 な 取 扱 いをしてはならない 第 6 条 役 員 は 在 任 期 間 中 において 会 員 の 発 行 する 有 価 証 券 の 新 規 取 得 あるい は 処 分 を 行 ってはならない 2 役 員 は 業 務 遂 行 上 有 価 証 券 への 投 資 判 断 に 著 しい 影 響 を 与 えると 想 定 され る 会 社 の 運 営 業 務 又 は 財 産 に 関 する 情 報 等 の 重 要 事 実 を 知 りうる 場 合 在 任 期 間 中 において 当 該 有 価 証 券 の 新 規 取 得 あるいは 処 分 を 行 ってはならない 3 前 2 項 の 規 定 は 相 続 により 取 得 することを 妨 げない 第 6 条 役 員 は 在 任 期 間 中 において 会 員 の 発 行 する 有 価 証 券 の 新 規 取 得 あるい は 処 分 を 行 ってはならない 2 役 員 は 業 務 遂 行 上 有 価 証 券 への 投 資 判 断 に 著 しい 影 響 を 与 えると 想 定 され る 会 社 の 運 営 業 務 又 は 財 産 に 関 する 情 報 等 の 重 要 事 実 を 知 りうる 場 合 在 任 期 間 中 において 当 該 有 価 証 券 の 新 規 取 得 あるいは 処 分 を 行 ってはならない 3 前 2 項 の 規 定 は 相 続 により 取 得 することを 妨 げない 第 7 条 役 員 は 法 第 28 条 の30に 基 づき 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 )そ の 他 の 罰 則 の 適 用 については 法 令 により 公 務 に 従 事 する 者 とみなされることを 踏 まえ 国 家 公 務 員 倫 理 規 程 ( 平 成 12 年 政 令 第 101 号 )その 他 の 法 令 を 踏 まえ 業 務 上 業 務 外 を 問 わず 適 切 に 行 動 しなければならない 第 7 条 役 員 は 法 第 28 条 の30に 基 づき 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 )そ の 他 の 罰 則 の 適 用 については 法 令 により 公 務 に 従 事 する 者 とみなされることを 踏 まえ 国 家 公 務 員 倫 理 規 程 ( 平 成 12 年 政 令 第 101 号 )その 他 の 法 令 を 踏 まえ 業 務 上 業 務 外 を 問 わず 適 切 に 行 動 しなければならない 29

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

特定非営利活動法人 定款例

特定非営利活動法人 定款例 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys 定 款 平 成 26 年 3 月 13 日 変 更 平 成 25 年 5 月 15 日 変 更 平 成 23 年 6 月 29 日 変 更 平 成 22 年 12 月 12 日 作 成 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63> 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 府 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 上 方 落 語 を 中

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案)

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案) 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 事 務 所 を 福 岡 市 東 区 松 香 台 1 丁 目 10 番 1 号 におく 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 ( 英 語 名 :The Japan Association of College English Teachers 略 称 JACET )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

目     次

目     次 制 裁 規 程 第 1 章 総 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 定 款 第 57 条 に 基 づき 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 という )の 商 品 先 物 取 引 業 務 ( 定 款 第 3 条 第 1 項 第 5 号 に 定 める 業 務 をいう 以 下 この 規 程 において

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

8月9月幹事会検討内容

8月9月幹事会検討内容 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 法 人 は 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 ( 略 称 社 団 法 人 電 管 協 )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 法 人 は 事 務 所 を 東 京 都 千 代 田 区 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 法

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

飯塚毅育英会第2号

飯塚毅育英会第2号 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 栃 木 県 宇 都 宮 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 学 業 が 優 れ

More information

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果 平 成 7 年 度 検 査 結 果 について () 検 査 体 制 等 農 政 部 農 地 整 備 課 の 検 査 員 名 以 上 により 土 地 改 良 区 等 あたり 日 間 から 日 間 実 施 しました 農 業 振 興 事 務 所 の 土 地 改 良 区 指 導 担 当 職 員 及 び 関 係 市 町 職 員 が 立 会 いました () 検 査 件 数 定 期 検 査 8( 土 地 改 良

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73>

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73> 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 定 款 平 成 21 年 6 月 11 日 認 可 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 103-0024 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 舟 町 15 番 17 号 日 本 橋 協 栄 ビル6 階 TEL FAX 03-3661-3834 03-3661-3849 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は フラットヤーン(ポリプロピレン

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

第 2 章 費 用 の 分 担 ( 収 入 金 ) 第 6 条 この 組 合 の 事 業 に 要 する 費 用 は 次 の 各 号 に 掲 げる 収 入 金 をもってこれに 充 てる 一 補 助 金 及 び 助 成 金 二 賦 課 金 三 保 留 地 の 処 分 金 四 法 120 条 第 1 項

第 2 章 費 用 の 分 担 ( 収 入 金 ) 第 6 条 この 組 合 の 事 業 に 要 する 費 用 は 次 の 各 号 に 掲 げる 収 入 金 をもってこれに 充 てる 一 補 助 金 及 び 助 成 金 二 賦 課 金 三 保 留 地 の 処 分 金 四 法 120 条 第 1 項 富 士 見 市 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 第 2 章 費 用 の 分 担 第 3 章 役 員 第 4 章 総 会 の 会 議 及 び 議 事 第 5 章 総 代 及 び 総 代 会 第 6 章 会 計 第 7 章 評 価 第 8 章 従 前 の 宅 地 の 地 積 の 決 定 第 8 章 の2 共 同 住 宅 区 集 合 農 地 区 第 9 章 換

More information

社会福祉法人 吉寿会定款

社会福祉法人 吉寿会定款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスがその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 し つつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会 において 営 むことができるよう 支 援 することを

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

ずれかに 属 しなければならないものとする 但 し パートは 同 一 種 類 の 楽 器 に 1 パート 以 上 形 成 できないものとし 運 営 委 員 会 の 承 認 を 経 たものであ ることを 要 する ( 団 員 の 義 務 ) 第 8 条 団 員 は 次 の 義 務 を 負 う (1)こ

ずれかに 属 しなければならないものとする 但 し パートは 同 一 種 類 の 楽 器 に 1 パート 以 上 形 成 できないものとし 運 営 委 員 会 の 承 認 を 経 たものであ ることを 要 する ( 団 員 の 義 務 ) 第 8 条 団 員 は 次 の 義 務 を 負 う (1)こ 東 村 山 交 響 楽 団 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 団 は 東 村 山 交 響 楽 団 と 称 する ( 所 在 地 ) 第 2 条 本 団 の 所 在 地 を 次 のとおりとする 東 京 都 東 村 山 市 秋 津 町 4 丁 目 41 番 地 4 ( 目 的 ) 第 3 条 本 団 は 音 楽 愛 好 家 による 演 奏 活 動 を 行 うこと 並 びにその

More information

プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 改 廃 履 歴 版 数 制 定 改 定 日 改 訂 箇 所 改 訂 理 由 備 考 1.0 2009 年 8 月 26 日 初 版 制 定 2.0 2011 年 7 月 1 日 JIPDEC プライバシーマーク 制 度 基 本

プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 改 廃 履 歴 版 数 制 定 改 定 日 改 訂 箇 所 改 訂 理 由 備 考 1.0 2009 年 8 月 26 日 初 版 制 定 2.0 2011 年 7 月 1 日 JIPDEC プライバシーマーク 制 度 基 本 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 (V2.0) 制 定 日 :2009 年 8 月 26 日 改 訂 日 :2013 年 4 月 1 日 一 般 社 団 法 人 日 本 印 刷 産 業 連 合 会 プライバシーマーク 審 査 センター プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 改 廃 履 歴 版 数 制 定 改 定 日 改 訂 箇

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

(2/10) 第 2 章 会 員 ( 種 別 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 は 次 の2 種 類 とする 一 正 会 員 1 本 会 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 以 下 の 漕 艇 グループの 代 表 者 イ 東 京 都 内 に 所 在 する 大 学 専 門 学 校 高 等 学

(2/10) 第 2 章 会 員 ( 種 別 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 は 次 の2 種 類 とする 一 正 会 員 1 本 会 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 以 下 の 漕 艇 グループの 代 表 者 イ 東 京 都 内 に 所 在 する 大 学 専 門 学 校 高 等 学 (1/10) 平 成 6 年 2 月 2 6 日 制 定 平 成 27 年 2 月 25 日 一 部 改 正 一 般 社 団 法 人 東 京 都 ボート 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 東 京 都 ボート 協 会 と 称 し( 以 下 本 会 という ) 英 文 では Tokyo Amateur Rowing Association(

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

2 基 本 財 産 は 評 議 員 会 において 別 に 定 めるところにより この 法 人 の 目 的 を 達 成 するために 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 しなければならず 基 本 財 産 の 一 部 を 処 分 しようとするとき 及 び 基 本 財 産 から 除 外 し

2 基 本 財 産 は 評 議 員 会 において 別 に 定 めるところにより この 法 人 の 目 的 を 達 成 するために 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 しなければならず 基 本 財 産 の 一 部 を 処 分 しようとするとき 及 び 基 本 財 産 から 除 外 し 一 般 財 団 法 人 東 京 六 大 学 野 球 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 東 京 六 大 学 野 球 連 盟 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906692668E6D94688CAD8E968BC68EC08E7B977697CC814095BD90AC82518255944E9378348C8E89FC90B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906692668E6D94688CAD8E968BC68EC08E7B977697CC814095BD90AC82518255944E9378348C8E89FC90B32E646F63> 川 崎 市 木 造 住 宅 耐 震 診 断 士 派 遣 事 業 実 施 要 領 平 成 25 年 4 月 30 日 25 川 ま 情 第 282 号 局 長 決 裁 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 木 造 住 宅 耐 震 診 断 士 派 遣 事 業 実 施 要 綱 (22 川 ま 情 第 119 号 ) 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 診 断 士 の 登 録 に 必

More information

<92E88ABC2E786477>

<92E88ABC2E786477> 定 款 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 江 戸 川 区 に 置 く 2.この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる 事 務 所 を 必 要 な 地 に 置 くことができる

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次 幼 稚 園 等 施 設 遮 熱 紫 外 線 対 策 業 務 委 託 に 係 る 制 限 付 一 般 競 争 入 札 実 施 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 那 覇 市 立 幼 稚 園 等 施 設 において 窓 ガラスに 遮 熱 紫 外 線 対 策 のため のフィルムを 貼 付 施 工 するための 業 務 を 委 託 するにあたり 地 方 自 治 法 施 令 ( 昭 和 22 年

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information