様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個"

Transcription

1 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 4 編 源 泉 徴 収 第 4 編 源 泉 徴 収 ( 廃 止 ) 第 5 編 雑 則 ( 廃 止 ) 法 第 232 条 (( 財 産 債 務 明 細 書 の 提 出 )) 関 係 第 10 条 (( 障 害 者 等 の 少 額 預 金 の 利 子 所 得 の 非 課 税 )) 関 係 第 10 条 (( 障 害 者 等 の 少 額 預 金 の 利 子 所 得 の 非 課 税 )) 関 係 ( 非 課 税 貯 蓄 みなし 廃 止 通 知 書 等 の 書 式 ) 令 第 45 条 第 5 項 に 規 定 する 書 類 ( 以 下 この 項 において 非 課 税 貯 蓄 みなし 廃 止 通 知 書 という ) 及 び 非 課 税 貯 蓄 者 死 亡 通 知 書 の 標 準 的 な 様 式 は それぞれ 次 の 様 式 1 及 び 様 式 2とする ( 非 課 税 貯 蓄 みなし 廃 止 通 知 書 等 の 書 式 ) 令 第 45 条 第 5 項 に 規 定 する 書 類 ( 以 下 この 項 において 非 課 税 貯 蓄 みなし 廃 止 通 知 書 という ) 及 び 非 課 税 貯 蓄 者 死 亡 通 知 書 の 標 準 的 な 様 式 は それぞれ 次 の 様 式 1 及 び 様 式 2とする 1

2 様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 人 番 号 又 は 法 人 番 号 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 下 記 の 者 につき 所 得 税 法 施 行 令 第 45 条 第 4 項 の 規 定 により 非 課 税 貯 蓄 廃 止 申 告 書 の 提 出 があったものとみなされたの で 同 条 第 5 項 の 規 定 により この 旨 通 知 します 下 記 の 者 につき 所 得 税 法 施 行 令 第 45 条 第 4 項 の 規 定 により 非 課 税 貯 蓄 廃 止 申 告 書 の 提 出 があったものとみなされたの で 同 条 第 5 項 の 規 定 により この 旨 通 知 します 郵 便 番 号 - 個 人 番 号 フ リ ガ ナ 郵 便 番 号 フ リ ガ ナ - 住 所 住 所 フ リ ガ ナ 氏 名 生 年 月 日 平 成 昭 和 大 正 明 治 年 月 日 フ リ ガ ナ 氏 名 生 年 月 日 平 成 昭 和 大 正 明 治 年 月 日 最 高 限 度 額 万 円 非 課 税 貯 蓄 廃 止 申 告 書 の 提 出 があったものとみなされる 日 ( 摘 要 ) 種 別 1 預 貯 金 2 合 同 運 用 信 託 3 有 価 証 券 4 特 定 公 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 年 月 日 最 高 限 度 額 万 円 非 課 税 貯 蓄 廃 止 申 告 書 の 提 出 があったものとみなされる 日 ( 摘 要 ) 種 別 1 預 貯 金 2 合 同 運 用 信 託 3 有 価 証 券 4 特 定 公 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 年 月 日 ( 用 紙 日 本 工 業 規 格 A6) ( 用 紙 日 本 工 業 規 格 A6) 2

3 様 式 2 様 式 2 非 課 税 貯 蓄 者 死 亡 通 知 書 非 課 税 貯 蓄 者 死 亡 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 人 番 号 又 は 法 人 番 号 下 記 の 者 が 死 亡 しましたので 所 得 税 法 施 行 令 第 46 条 第 2 項 の 規 定 により この 旨 通 知 します 郵 便 番 号 - 個 人 番 号 フ リ ガ ナ 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 下 記 の 者 が 死 亡 しましたので 所 得 税 法 施 行 令 第 46 条 第 2 項 の 規 定 により この 旨 通 知 します 郵 便 番 号 - フ リ ガ ナ 住 所 住 所 フ リ ガ ナ 氏 名 生 年 月 日 平 成 昭 和 大 正 明 治 年 月 日 フ リ ガ ナ 氏 名 生 年 月 日 平 成 昭 和 大 正 明 治 年 月 日 種 別 1 預 貯 金 2 合 同 運 用 信 託 3 有 価 証 券 4 特 定 公 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 死 亡 年 月 日 平 成 年 月 日 最 高 限 度 額 1 預 貯 金 万 円 2 合 同 運 用 信 託 3 有 価 証 券 4 特 定 公 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 種 別 1 預 貯 金 2 合 同 運 用 信 託 3 有 価 証 券 4 特 定 公 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 死 亡 年 月 日 平 成 年 月 日 最 高 限 度 額 1 預 貯 金 万 円 2 合 同 運 用 信 託 3 有 価 証 券 4 特 定 公 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 死 亡 届 出 書 受 理 日 平 成 年 月 日 死 亡 届 出 書 受 理 日 平 成 年 月 日 ( 用 紙 日 本 工 業 規 格 A6) ( 用 紙 日 本 工 業 規 格 A6) 法 第 11 条 (( 公 共 法 人 等 及 び 公 益 信 託 等 に 係 る 非 課 税 )) 関 係 法 第 11 条 (( 公 共 法 人 等 及 び 公 益 信 託 等 に 係 る 非 課 税 )) 関 係 ( 非 課 税 申 告 書 の 包 括 的 記 載 及 び 継 続 的 効 力 ) ( 非 課 税 申 告 書 の 包 括 的 記 載 及 び 継 続 的 効 力 ) 11-1 法 第 11 条 第 3 項 に 規 定 する 申 告 書 ( 以 下 11-4までにおいて 非 課 税 申 告 書 と 11-1 法 第 11 条 第 3 項 に 規 定 する 申 告 書 ( 以 下 11-4までにおいて 非 課 税 申 告 書 と いう )は 同 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けようとする 利 子 収 益 の 分 配 又 いう )は 同 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けようとする 利 子 収 益 の 分 配 又 は 剰 余 金 の 配 当 ( 以 下 11-2までにおいて 利 子 等 という )につき 公 社 債 又 は 貸 は 剰 余 金 の 配 当 ( 以 下 11-3までにおいて 利 子 等 という )につき 公 社 債 又 は 貸 付 信 託 公 社 債 投 資 信 託 若 しくは 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 の 受 益 権 若 しくは 法 第 6 条 の3 付 信 託 公 社 債 投 資 信 託 若 しくは 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 の 受 益 権 若 しくは 法 第 6 条 の3 第 4 号 (( 受 託 法 人 等 に 関 するこの 法 律 の 適 用 ))に 規 定 する 社 債 的 受 益 権 ( 以 下 11-2ま 第 4 号 (( 受 託 法 人 等 に 関 するこの 法 律 の 適 用 ))に 規 定 する 社 債 的 受 益 権 ( 以 下 11-3ま でにおいてこれらを 公 社 債 等 という )の 債 券 又 は 受 益 権 の 異 なるごと( 振 替 公 社 でにおいてこれらを 公 社 債 等 という )の 債 券 又 は 受 益 権 の 異 なるごと( 振 替 公 社 債 の 場 合 には その 名 称 及 び 回 号 の 異 なるごと)に 提 出 するものとする 債 の 場 合 には その 名 称 及 び 回 号 の 異 なるごと)に 提 出 するものとする この 場 合 において 一 の 金 融 機 関 等 の 営 業 所 等 ( 令 第 51 条 の3 第 2 項 (( 公 社 債 等 に 係 この 場 合 において 一 の 金 融 機 関 等 の 営 業 所 等 ( 令 第 51 条 の2 第 2 項 (( 公 社 債 等 に 係 る 有 価 証 券 の 記 録 等 ))に 規 定 する 金 融 機 関 等 の 営 業 所 等 をいう 以 下 11-2までにおい る 有 価 証 券 の 記 録 等 ))に 規 定 する 金 融 機 関 等 の 営 業 所 等 をいう 以 下 11-2までにおい て 同 じ )を 経 由 して 支 払 を 受 ける 種 別 名 称 及 び 回 号 を 同 一 とする2 以 上 の 公 社 債 等 て 同 じ )を 経 由 して 支 払 を 受 ける 種 別 名 称 及 び 回 号 を 同 一 とする2 以 上 の 公 社 債 等 3

4 の 利 子 等 につき 非 課 税 申 告 書 を 同 時 に 提 出 するときは これらの 非 課 税 申 告 書 は 一 の 非 課 税 申 告 書 によることができる なお 非 課 税 申 告 書 の 提 出 は 当 初 の1 回 で 足 り 当 該 非 課 税 申 告 書 に 係 る 公 社 債 等 に つきその 提 出 の 時 以 後 にその 収 入 すべき 日 が 到 来 する 利 子 等 の 全 てについて 法 第 11 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 の 適 用 があることに 留 意 する ( 注 ) 金 融 機 関 等 の 営 業 所 等 の 長 は 非 課 税 申 告 書 の 提 出 を 受 けて 法 第 11 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 を 適 用 する 場 合 には 当 該 非 課 税 申 告 書 の 異 なるごとの 各 別 に 当 該 非 課 税 申 告 書 に 係 る 公 社 債 等 の 異 動 状 況 及 び 利 子 等 の 支 払 状 況 等 について 帳 簿 を 備 え 常 時 管 理 するものとし 当 該 非 課 税 申 告 書 の 写 しとともに その 帳 簿 の 閉 鎖 の 日 の 属 する 年 の 翌 年 から5 年 間 保 存 しておくものとする の 利 子 等 につき 非 課 税 申 告 書 を 同 時 に 提 出 するときは これらの 非 課 税 申 告 書 は 一 の 非 課 税 申 告 書 によることができる なお 非 課 税 申 告 書 の 提 出 は 当 初 の1 回 で 足 り 当 該 非 課 税 申 告 書 に 係 る 公 社 債 等 に つきその 提 出 の 時 以 後 にその 収 入 すべき 日 が 到 来 する 利 子 等 の 全 てについて 法 第 11 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 の 適 用 があることに 留 意 する ( 注 ) 金 融 機 関 等 の 営 業 所 等 の 長 は 非 課 税 申 告 書 の 提 出 を 受 けて 法 第 11 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 を 適 用 する 場 合 には 当 該 非 課 税 申 告 書 の 異 なるごとの 各 別 に 当 該 非 課 税 申 告 書 に 係 る 公 社 債 等 の 異 動 状 況 及 び 利 子 等 の 支 払 状 況 等 について 帳 簿 を 備 え 常 時 管 理 するものとし 当 該 非 課 税 申 告 書 の 写 しとともに その 帳 簿 の 閉 鎖 の 日 の 属 する 年 の 翌 年 から5 年 間 保 存 しておくものとする ( 非 課 税 申 告 書 の 効 力 ) ( 非 課 税 申 告 書 の 効 力 ) 11-2 令 第 51 条 の4 第 1 項 (( 公 社 債 等 の 利 子 等 に 係 る 非 課 税 申 告 書 の 提 出 ))に 規 定 す 11-2 令 第 51 条 の3 第 1 項 (( 公 社 債 等 の 利 子 等 に 係 る 非 課 税 申 告 書 の 提 出 ))に 規 定 す る 公 共 法 人 等 又 は 公 益 信 託 等 の 受 託 者 ( 以 下 11-3までにおいて 公 共 法 人 等 又 は 公 益 る 公 共 法 人 等 又 は 公 益 信 託 等 の 受 託 者 ( 以 下 11-3までにおいて 公 共 法 人 等 又 は 公 益 信 託 等 の 受 託 者 という )が 11-1の 取 扱 いによる 非 課 税 申 告 書 を 提 出 した 後 に 金 信 託 等 の 受 託 者 という )が 11-1の 取 扱 いによる 非 課 税 申 告 書 を 提 出 した 後 に 金 融 機 関 等 の 営 業 所 等 に 当 該 非 課 税 申 告 書 に 係 る 利 子 等 につき 法 第 11 条 第 1 項 及 び 第 2 融 機 関 等 の 営 業 所 等 に 当 該 非 課 税 申 告 書 に 係 る 利 子 等 につき 法 第 11 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けることを 取 りやめる 旨 の 申 出 を 行 った 場 合 又 は 公 共 法 人 等 若 し 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けることを 取 りやめる 旨 の 申 出 を 行 った 場 合 又 は 公 共 法 人 等 若 し くは 公 益 信 託 等 の 受 託 者 が 非 課 税 申 告 書 を 提 出 した 後 に 当 該 非 課 税 申 告 書 に 係 る 公 社 くは 公 益 信 託 等 の 受 託 者 が 非 課 税 申 告 書 を 提 出 した 後 に 当 該 非 課 税 申 告 書 に 係 る 公 社 債 等 につき 振 替 口 座 簿 への 記 載 若 しくは 記 録 ( 以 下 11-3までにおいて 振 替 記 載 等 債 等 につき 振 替 口 座 簿 への 記 載 若 しくは 記 録 ( 以 下 11-3までにおいて 振 替 記 載 等 という )の 抹 消 又 は 保 管 の 委 託 の 取 りやめを 行 った 場 合 には これらの 非 課 税 申 告 書 という )の 抹 消 又 は 保 管 の 委 託 の 取 りやめを 行 った 場 合 には これらの 非 課 税 申 告 書 は その 申 出 又 は 振 替 記 載 等 の 抹 消 若 しくは 保 管 の 委 託 の 取 りやめがあった 日 以 後 に 収 は その 申 出 又 は 振 替 記 載 等 の 抹 消 若 しくは 保 管 の 委 託 の 取 りやめがあった 日 以 後 に 収 入 すべき 日 の 到 来 する 利 子 等 につき 効 力 を 失 う 入 すべき 日 の 到 来 する 利 子 等 につき 効 力 を 失 う ( 振 替 記 載 等 の 期 間 の 通 算 ) ( 振 替 記 載 等 の 期 間 の 通 算 ) 11-3 公 共 法 人 等 又 は 公 益 信 託 等 の 受 託 者 が 自 ら 所 有 する 貸 付 信 託 の 受 益 権 につき 支 11-3 公 共 法 人 等 又 は 公 益 信 託 等 の 受 託 者 が 自 ら 所 有 する 公 社 債 等 につき 支 払 を 受 け 払 を 受 ける 収 益 の 分 配 で 当 該 支 払 を 受 ける 収 益 の 分 配 の 計 算 期 間 のうちに その 収 益 る 利 子 等 で 当 該 支 払 を 受 ける 利 子 等 の 計 算 期 間 のうちに その 利 子 等 の 支 払 を 受 ける の 分 配 の 支 払 を 受 ける 公 共 法 人 等 又 は 公 益 信 託 等 の 受 託 者 以 外 の 者 が 振 替 記 載 等 を 受 公 共 法 人 等 又 は 公 益 信 託 等 の 受 託 者 以 外 の 者 が 振 替 記 載 等 を 受 け 又 は 保 管 の 委 託 をし け 又 は 保 管 の 委 託 をした 期 間 がある 場 合 には その 者 が 次 に 掲 げる 者 であり 当 該 期 た 期 間 がある 場 合 には その 者 が 次 に 掲 げる 者 であり 当 該 期 間 (⑷に 掲 げる 者 が 保 管 間 (⑶に 掲 げる 者 が 保 管 の 委 託 をしていた 期 間 を 除 く )がその 収 益 の 分 配 の 支 払 を 受 の 委 託 をしていた 期 間 を 除 くものとし 措 置 法 第 8 条 第 3 項 に 規 定 する 内 国 法 人 に 係 る ける 公 共 法 人 等 又 は 公 益 信 託 等 の 受 託 者 が 振 替 記 載 等 を 受 け 又 は 保 管 の 委 託 をした 期 期 間 にあっては 措 置 法 令 第 3 条 の3 第 9 項 に 規 定 する 公 社 債 の 利 子 等 の 計 算 期 間 内 の 間 と 引 き 続 いているときに 限 り 当 該 期 間 も 令 第 51 条 第 2 号 (( 貸 付 信 託 の 受 益 権 の 収 益 期 間 に 限 る )がその 利 子 等 の 支 払 を 受 ける 公 共 法 人 等 又 は 公 益 信 託 等 の 受 託 者 が 振 替 の 分 配 のうち 公 共 法 人 等 が 引 き 続 き 所 有 していた 期 間 の 金 額 ))に 規 定 する 振 替 口 座 簿 記 載 等 を 受 け 又 は 保 管 の 委 託 をした 期 間 と 引 き 続 いているときに 限 り 当 該 期 間 も 令 に 記 載 若 しくは 記 録 を 受 け 又 は 保 管 の 委 託 をしている 期 間 に 含 まれるものとする 第 51 条 第 2 号 (( 公 社 債 等 の 利 子 等 のうち 公 共 法 人 等 が 引 き 続 き 所 有 していた 期 間 の 金 額 ))に 規 定 する 振 替 口 座 簿 に 記 載 若 しくは 記 録 を 受 け 又 は 保 管 の 委 託 をしている 期 間 に 含 まれるものとする 4

5 ⑴ 公 共 法 人 等 又 は 公 益 信 託 等 の 受 託 者 ⑵ 国 ⑶ 措 置 法 第 8 条 第 1 項 (( 金 融 機 関 等 の 受 ける 利 子 所 得 等 に 対 する 源 泉 徴 収 の 不 適 用 ))に 規 定 する 金 融 機 関 ⑷ 法 第 2 条 第 1 項 第 5 号 に 規 定 する 非 居 住 者 又 は 同 項 第 7 号 に 規 定 する 外 国 法 人 で 租 税 条 約 の 規 定 により 所 得 税 が 免 除 されるその 租 税 条 約 のわが 国 以 外 の 締 約 国 の 居 住 者 又 は 法 人 とされるもの( 外 国 政 府 外 国 中 央 銀 行 外 国 の 地 方 公 共 団 体 又 は 外 国 政 府 若 しくは 外 国 の 地 方 公 共 団 体 の 所 有 する 機 関 を 含 み 貸 付 信 託 の 受 益 権 の 収 益 の 分 配 に 係 る 所 得 税 が 免 除 されるものに 限 る ) ⑸ アジア 開 発 銀 行 又 は 国 際 復 興 開 発 銀 行 などその 設 立 に 関 する 協 定 によりわが 国 の 租 税 が 免 除 されている 国 際 機 関 等 ⑴ 公 共 法 人 等 又 は 公 益 信 託 等 の 受 託 者 ⑵ 国 ⑶ 措 置 法 第 5 条 の2 第 1 項 又 は 第 5 条 の3 第 1 項 の 規 定 により 振 替 国 債 振 替 地 方 債 又 は 特 定 振 替 社 債 等 の 利 子 等 に 係 る 所 得 税 が 非 課 税 とされている 非 居 住 者 又 は 外 国 法 人 ( 措 置 法 第 5 条 の2 第 1 項 又 は 第 5 条 の3 第 1 項 の 適 用 を 受 ける 振 替 国 債 振 替 地 方 債 又 は 特 定 振 替 社 債 等 の 振 替 記 載 等 を 受 けていた 所 有 期 間 を 通 算 する 場 合 に 限 る ) ⑷ 措 置 法 第 8 条 第 1 項 (( 金 融 機 関 等 の 受 ける 利 子 所 得 に 対 する 源 泉 徴 収 の 不 適 用 )) に 規 定 する 金 融 機 関 同 条 第 2 項 に 規 定 する 金 融 商 品 取 引 業 者 等 又 は 同 条 第 3 項 に 規 定 する 内 国 法 人 ⑸ 法 第 2 条 第 1 項 第 5 号 に 規 定 する 非 居 住 者 又 は 同 項 第 7 号 に 規 定 する 外 国 法 人 で 租 税 条 約 の 規 定 により 所 得 税 が 免 除 されるその 租 税 条 約 のわが 国 以 外 の 締 約 国 の 居 住 者 又 は 法 人 とされるもの( 外 国 政 府 外 国 中 央 銀 行 外 国 の 地 方 公 共 団 体 又 は 外 国 政 府 若 しくは 外 国 の 地 方 公 共 団 体 の 所 有 する 機 関 を 含 み 公 社 債 の 利 子 に 係 る 所 得 税 が 免 除 されるものに 限 る ) ⑹ アジア 開 発 銀 行 又 は 国 際 復 興 開 発 銀 行 などその 設 立 に 関 する 協 定 によりわが 国 の 租 税 が 免 除 されている 国 際 機 関 等 ( 非 課 税 申 告 書 等 の 税 務 署 長 への 送 付 等 ) ( 非 課 税 申 告 書 等 の 税 務 署 長 への 送 付 等 ) 11-4 令 第 51 条 の4 第 1 項 に 規 定 する 公 社 債 等 の 利 子 等 の 支 払 をする 者 が 非 課 税 申 告 11-4 令 第 51 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 公 社 債 等 の 利 子 等 の 支 払 をする 者 が 非 課 税 申 書 を 受 理 した 場 合 には その 受 理 した 日 の 属 する 月 の 翌 月 10 日 までに 当 該 申 告 書 を 同 告 書 を 受 理 した 場 合 には その 受 理 した 日 の 属 する 月 の 翌 月 10 日 までに 当 該 申 告 書 を 項 に 規 定 する 所 轄 税 務 署 長 に 送 付 するものとする 同 項 に 規 定 する 所 轄 税 務 署 長 に 送 付 するものとする 法 第 24 条 (( 配 当 所 得 )) 関 係 法 第 24 条 (( 配 当 所 得 )) 関 係 ( 株 式 等 の 譲 渡 による 所 得 がある 場 合 の 負 債 の 利 子 ) ( 株 式 等 の 譲 渡 による 所 得 がある 場 合 の 負 債 の 利 子 ) 24-6 その 年 において 措 置 法 第 37 条 の10 第 1 項 又 は 第 37 条 の11 第 1 項 の 規 定 の 適 用 を 24-6 その 年 において 措 置 法 第 37 条 の10 第 1 項 の 規 定 の 適 用 を 受 ける 所 得 ( 以 下 24 6 受 ける 所 得 ( 以 下 24 6の2までにおいて 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 という ) 又 は の2までにおいて 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 という ) 又 は 法 第 22 条 (( 課 税 標 準 )) 若 法 第 22 条 (( 課 税 標 準 )) 若 しくは 第 165 条 (( 総 合 課 税 に 係 る 所 得 税 の 課 税 標 準 税 額 等 の しくは 第 165 条 (( 総 合 課 税 に 係 る 所 得 税 の 課 税 標 準 税 額 等 の 計 算 ))の 規 定 の 適 用 を 受 計 算 ))の 規 定 の 適 用 を 受 ける 株 式 等 の 譲 渡 による 所 得 で 事 業 所 得 又 は 雑 所 得 に 該 当 す ける 株 式 等 の 譲 渡 による 所 得 で 事 業 所 得 又 は 雑 所 得 に 該 当 するもの( 以 下 24 6の2ま るもの( 以 下 24 6の2までにおいて 総 合 課 税 の 株 式 等 に 係 る 事 業 所 得 等 という ) でにおいて 総 合 課 税 の 株 式 等 に 係 る 事 業 所 得 等 という )を 有 する 者 が 負 債 により を 有 する 者 が 負 債 により 取 得 した 株 式 等 を 有 する 場 合 において 当 該 負 債 をこれらの 所 取 得 した 株 式 等 を 有 する 場 合 において 当 該 負 債 をこれらの 所 得 の 基 因 となった 株 式 等 得 の 基 因 となった 株 式 等 を 取 得 するために 要 したものとその 他 のものとに 明 確 に 区 分 を 取 得 するために 要 したものとその 他 のものとに 明 確 に 区 分 することが 困 難 なときは することが 困 難 なときは 次 の 算 式 により 計 算 した 金 額 を 配 当 所 得 の 金 額 の 計 算 上 控 除 次 の 算 式 により 計 算 した 金 額 を 配 当 所 得 の 金 額 の 計 算 上 控 除 すべき 負 債 の 利 子 の 額 と すべき 負 債 の 利 子 の 額 とすることができるものとする することができるものとする 5

6 株 式 等 を 取 得 する ために 要 した 負 債 の 利 子 の 総 額 配 当 所 得 の 収 入 金 額 + 配 当 所 得 の 収 入 金 額 その 利 子 の 額 を 差 し 引 く 前 の 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 金 額 及 び 総 合 課 税 の 株 式 等 に 係 る 事 業 所 得 等 の 金 額 株 式 等 を 取 得 する ために 要 した 負 債 の 利 子 の 総 額 配 当 所 得 の 収 入 金 額 + 配 当 所 得 の 収 入 金 額 その 利 子 の 額 を 差 し 引 く 前 の 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 金 額 及 び 総 合 課 税 の 株 式 等 に 係 る 事 業 所 得 等 の 金 額 ( 負 債 の 利 子 につき 月 数 あん 分 を 行 う 場 合 ) ( 負 債 の 利 子 につき 月 数 あん 分 を 行 う 場 合 ) 令 第 59 条 第 1 項 (( 配 当 所 得 の 金 額 の 計 算 上 控 除 する 負 債 の 利 子 ))の 規 定 による 令 第 58 条 第 1 項 (( 配 当 所 得 の 金 額 の 計 算 上 控 除 する 負 債 の 利 子 ))の 規 定 による 負 債 の 利 子 の 月 数 あん 分 は 株 式 等 を 年 の 中 途 において 取 得 し 又 は 譲 渡 した 場 合 で 当 負 債 の 利 子 の 月 数 あん 分 は 株 式 等 を 年 の 中 途 において 取 得 し 又 は 譲 渡 した 場 合 で 当 該 株 式 等 に 係 る 負 債 の 利 子 がその 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までの 期 間 について 計 算 さ 該 株 式 等 に 係 る 負 債 の 利 子 がその 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までの 期 間 について 計 算 さ れたものであるときに 限 り 行 うことに 留 意 する れたものであるときに 限 り 行 うことに 留 意 する 法 第 35 条 (( 雑 所 得 )) 関 係 法 第 35 条 (( 雑 所 得 )) 関 係 ( 雑 所 得 の 例 示 ) ( 雑 所 得 の 例 示 ) 35-1 次 に 掲 げるようなものに 係 る 所 得 は 雑 所 得 に 該 当 する 35-1 次 に 掲 げるようなものに 係 る 所 得 は 雑 所 得 に 該 当 する ⑴ 法 人 の 役 員 等 の 勤 務 先 預 け 金 の 利 子 で 利 子 所 得 とされないもの ⑴ 法 人 の 役 員 等 の 勤 務 先 預 け 金 の 利 子 で 利 子 所 得 とされないもの ⑵ いわゆる 学 校 債 組 合 債 等 の 利 子 ⑵ いわゆる 学 校 債 組 合 債 等 の 利 子 ⑶ 公 社 債 の 償 還 差 益 又 は 発 行 差 益 ⑶ 定 期 積 金 に 係 る 契 約 又 は 銀 行 法 第 2 条 第 4 項 (( 定 義 等 ))の 契 約 に 基 づくいわゆる ⑷ 定 期 積 金 に 係 る 契 約 又 は 銀 行 法 第 2 条 第 4 項 (( 定 義 等 ))の 契 約 に 基 づくいわゆる 給 付 補 塡 金 給 付 補 塡 金 ⑷ 通 則 法 第 58 条 第 1 項 (( 還 付 加 算 金 )) 又 は 地 方 税 法 第 17 条 の4 第 1 項 (( 還 付 加 算 ⑸ 通 則 法 第 58 条 第 1 項 (( 還 付 加 算 金 )) 又 は 地 方 税 法 第 17 条 の4 第 1 項 (( 還 付 加 算 金 ))に 規 定 する 還 付 加 算 金 金 ))に 規 定 する 還 付 加 算 金 ⑸ 土 地 収 用 法 第 90 条 の3 第 1 項 第 3 号 (( 加 算 金 の 裁 決 ))に 規 定 する 加 算 金 及 び 同 法 ⑹ 土 地 収 用 法 第 90 条 の3 第 1 項 第 3 号 (( 加 算 金 の 裁 決 ))に 規 定 する 加 算 金 及 び 同 法 第 90 条 の4(( 過 怠 金 の 裁 決 ))に 規 定 する 過 怠 金 第 90 条 の4(( 過 怠 金 の 裁 決 ))に 規 定 する 過 怠 金 ⑹ 人 格 のない 社 団 等 の 構 成 員 がその 構 成 員 たる 資 格 において 当 該 人 格 のない 社 団 等 ⑺ 人 格 のない 社 団 等 の 構 成 員 がその 構 成 員 たる 資 格 において 当 該 人 格 のない 社 団 等 から 受 ける 収 益 の 分 配 金 (いわゆる 清 算 分 配 金 及 び 脱 退 により 受 ける 持 分 の 払 戻 金 から 受 ける 収 益 の 分 配 金 (いわゆる 清 算 分 配 金 及 び 脱 退 により 受 ける 持 分 の 払 戻 金 を を 除 く ) 除 く ) ⑺ 法 人 の 株 主 等 がその 株 主 等 である 地 位 に 基 づき 当 該 法 人 から 受 ける 経 済 的 な 利 益 ⑻ 法 人 の 株 主 等 がその 株 主 等 である 地 位 に 基 づき 当 該 法 人 から 受 ける 経 済 的 な 利 益 で 24-2により 配 当 所 得 とされないもの で 24-2により 配 当 所 得 とされないもの ⑻ 令 第 183 条 第 1 項 (( 生 命 保 険 契 約 等 に 基 づく 年 金 に 係 る 雑 所 得 の 金 額 の 計 算 上 控 除 ⑼ 令 第 183 条 第 1 項 (( 生 命 保 険 契 約 等 に 基 づく 年 金 に 係 る 雑 所 得 の 金 額 の 計 算 上 控 除 する 保 険 料 等 )) 令 第 184 条 第 1 項 (( 損 害 保 険 契 約 等 に 基 づく 年 金 に 係 る 雑 所 得 の 金 する 保 険 料 等 )) 令 第 184 条 第 1 項 (( 損 害 保 険 契 約 等 に 基 づく 年 金 に 係 る 雑 所 得 の 金 額 の 計 算 上 控 除 する 保 険 料 等 )) 令 第 185 条 (( 相 続 等 に 係 る 生 命 保 険 契 約 等 に 基 づく 額 の 計 算 上 控 除 する 保 険 料 等 )) 令 第 185 条 (( 相 続 等 に 係 る 生 命 保 険 契 約 等 に 基 づく 年 金 に 係 る 雑 所 得 の 金 額 の 計 算 )) 及 び 令 第 186 条 (( 相 続 等 に 係 る 損 害 保 険 契 約 等 に 年 金 に 係 る 雑 所 得 の 金 額 の 計 算 )) 及 び 令 第 186 条 (( 相 続 等 に 係 る 損 害 保 険 契 約 等 に 基 6

7 基 づく 年 金 に 係 る 雑 所 得 の 金 額 の 計 算 ))の 規 定 の 適 用 を 受 ける 年 金 ⑼ 役 務 の 提 供 の 対 価 が 給 与 等 とされる 者 が 支 払 を 受 ける 法 第 204 条 第 1 項 第 7 号 (( 源 泉 徴 収 義 務 ))に 掲 げる 契 約 金 ⑽ 就 職 に 伴 う 転 居 のための 旅 行 の 費 用 として 支 払 を 受 ける 金 銭 等 のうち その 旅 行 に 通 常 必 要 であると 認 められる 範 囲 を 超 えるもの ⑾ 役 員 又 は 使 用 人 が 自 己 の 職 務 に 関 連 して 使 用 者 の 取 引 先 等 からの 贈 与 等 により 取 得 する 金 品 づく 年 金 に 係 る 雑 所 得 の 金 額 の 計 算 ))の 規 定 の 適 用 を 受 ける 年 金 ⑽ 役 務 の 提 供 の 対 価 が 給 与 等 とされる 者 が 支 払 を 受 ける 法 第 204 条 第 1 項 第 7 号 (( 源 泉 徴 収 義 務 ))に 掲 げる 契 約 金 ⑾ 就 職 に 伴 う 転 居 のための 旅 行 の 費 用 として 支 払 を 受 ける 金 銭 等 のうち その 旅 行 に 通 常 必 要 であると 認 められる 範 囲 を 超 えるもの ⑿ 役 員 又 は 使 用 人 が 自 己 の 職 務 に 関 連 して 使 用 者 の 取 引 先 等 からの 贈 与 等 により 取 得 する 金 品 法 第 36 条 (( 収 入 金 額 )) 関 係 法 第 36 条 (( 収 入 金 額 )) 関 係 ( 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 ) ( 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 ) 36-4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するものを 除 36-4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するものを 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする (1) 法 第 24 条 第 1 項 (( 配 当 所 得 ))に 規 定 する 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 (1) 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 において 剰 配 金 銭 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 において 剰 余 金 の 配 当 等 という ) 余 金 の 配 当 等 という )については 当 該 剰 余 金 の 配 当 等 について 定 めたその 効 については 当 該 剰 余 金 の 配 当 等 について 定 めたその 効 力 を 生 ずる 日 ただし そ 力 を 生 ずる 日 ただし その 効 力 を 生 ずる 日 を 定 めていない 場 合 には 当 該 剰 余 金 の 効 力 を 生 ずる 日 を 定 めていない 場 合 には 当 該 剰 余 金 の 配 当 等 を 行 う 法 人 の 社 員 の 配 当 等 を 行 う 法 人 の 社 員 総 会 その 他 正 当 な 権 限 を 有 する 機 関 の 決 議 があった 日 総 会 その 他 正 当 な 権 限 を 有 する 機 関 の 決 議 があった 日 また 資 産 の 流 動 化 に 関 す また 資 産 の 流 動 化 に 関 する 法 律 第 115 条 第 1 項 (( 中 間 配 当 ))の 規 定 による 金 銭 の 分 る 法 律 第 115 条 第 1 項 (( 中 間 配 当 ))の 規 定 による 金 銭 の 分 配 に 係 る 取 締 役 の 決 定 に 配 に 係 る 取 締 役 の 決 定 において 特 にその 決 定 の 効 力 発 生 日 ( 同 項 に 規 定 する 一 定 おいて 特 にその 決 定 の 効 力 発 生 日 ( 同 項 に 規 定 する 一 定 の 日 から3か 月 内 に 到 来 の 日 から3か 月 内 に 到 来 する 日 に 限 る )を 定 めた 場 合 には 当 該 効 力 発 生 日 する 日 に 限 る )を 定 めた 場 合 には 当 該 効 力 発 生 日 (2) 法 第 13 条 第 3 項 に 規 定 する 投 資 信 託 ( 公 社 債 投 資 信 託 及 び 公 募 公 社 債 等 運 用 投 資 (2) 法 第 13 条 第 3 項 に 規 定 する 投 資 信 託 ( 公 社 債 投 資 信 託 及 び 公 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 を 除 く )の 収 益 の 分 配 のうち 信 託 期 間 中 のものについては 収 益 計 算 期 間 の 信 託 を 除 く )の 収 益 の 分 配 のうち 信 託 期 間 中 のものについては 収 益 計 算 期 間 の 満 了 の 日 信 託 の 終 了 又 は 解 約 ( 一 部 の 解 約 を 含 む )によるものについてはその 満 了 の 日 信 託 の 終 了 又 は 解 約 ( 一 部 の 解 約 を 含 む )によるものについてはその 終 了 又 は 解 約 の 日 終 了 又 は 解 約 の 日 (3) 法 第 25 条 (( 配 当 等 とみなす 金 額 ))の 規 定 により 配 当 等 とみなされる 金 額 について (3) 法 第 25 条 (( 配 当 等 とみなす 金 額 ))の 規 定 により 配 当 等 とみなされる 金 額 について は それぞれ 次 に 掲 げる 日 は それぞれ 次 に 掲 げる 日 イ 同 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 合 併 によるものについては その 契 約 において 定 め イ 同 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 合 併 によるものについては その 契 約 において 定 め たその 効 力 を 生 ずる 日 ただし 新 設 合 併 の 場 合 は 新 設 合 併 設 立 会 社 の 設 立 登 たその 効 力 を 生 ずる 日 ただし 新 設 合 併 の 場 合 は 新 設 合 併 設 立 会 社 の 設 立 登 記 の 日 記 の 日 なお これらの 日 前 に 金 銭 等 が 交 付 される 場 合 には その 交 付 の 日 なお これらの 日 前 に 金 銭 等 が 交 付 される 場 合 には その 交 付 の 日 ロ 同 条 第 1 項 第 2 号 に 掲 げる 分 割 型 分 割 によるものについては その 契 約 におい ロ 同 条 第 1 項 第 2 号 に 掲 げる 分 割 型 分 割 によるものについては その 契 約 におい て 定 めたその 効 力 を 生 ずる 日 ただし 新 設 分 割 の 場 合 は 新 設 分 割 設 立 会 社 の て 定 めたその 効 力 を 生 ずる 日 ただし 新 設 分 割 の 場 合 は 新 設 分 割 設 立 会 社 の 設 立 登 記 の 日 設 立 登 記 の 日 なお これらの 日 前 に 金 銭 等 が 交 付 される 場 合 には その 交 付 の 日 なお これらの 日 前 に 金 銭 等 が 交 付 される 場 合 には その 交 付 の 日 7

8 ハ 同 条 第 1 項 第 3 号 に 掲 げる 資 本 の 払 戻 しによるものについては 資 本 の 払 戻 し に 係 る 剰 余 金 の 配 当 又 は 法 第 24 条 第 1 項 に 規 定 する 出 資 等 減 少 分 配 がその 効 力 を 生 ずる 日 ニ 法 第 25 条 第 1 項 第 3 号 に 掲 げる 解 散 による 残 余 財 産 の 分 配 によるものについて は その 分 配 開 始 の 日 ただし その 分 配 が 数 回 に 分 割 して 行 われる 場 合 には それぞれの 分 配 開 始 の 日 ホ 同 条 第 1 項 第 4 号 に 掲 げる 自 己 の 株 式 又 は 出 資 の 取 得 によるものについては その 法 人 の 取 得 の 日 ヘ 同 条 第 1 項 第 5 号 に 掲 げる 出 資 の 消 却 出 資 の 払 戻 し 社 員 その 他 の 出 資 者 の 退 社 若 しくは 脱 退 による 持 分 の 払 戻 し 又 は 株 式 若 しくは 出 資 を 法 人 が 取 得 する ことなく 消 滅 させることによるものについては これらの 事 実 があった 日 ト 同 条 第 1 項 第 6 号 に 掲 げる 組 織 変 更 によるものについては 組 織 変 更 計 画 にお いて 定 めたその 効 力 を 生 ずる 日 ただし 効 力 を 生 ずる 日 前 に 金 銭 等 が 交 付 され る 場 合 には その 交 付 の 日 (4) いわゆる 認 定 配 当 とされるもので その 支 払 をすべき 日 があらかじめ 定 められて いるものについてはその 定 められた 日 その 日 が 定 められていないものについては 現 実 にその 交 付 を 受 けた 日 (その 日 が 明 らかでない 場 合 には その 交 付 が 行 われた と 認 められる 事 業 年 度 の 終 了 の 日 ) ハ 同 条 第 1 項 第 3 号 に 掲 げる 資 本 の 払 戻 しによるものについては 資 本 の 払 戻 し に 係 る 剰 余 金 の 配 当 がその 効 力 を 生 ずる 日 ニ 同 条 第 1 項 第 3 号 に 掲 げる 解 散 による 残 余 財 産 の 分 配 によるものについては その 分 配 開 始 の 日 ただし その 分 配 が 数 回 に 分 割 して 行 われる 場 合 には それ ぞれの 分 配 開 始 の 日 ホ 同 条 第 1 項 第 4 号 に 掲 げる 自 己 の 株 式 又 は 出 資 の 取 得 によるものについては その 法 人 の 取 得 の 日 ヘ 同 条 第 1 項 第 5 号 に 掲 げる 出 資 の 消 却 出 資 の 払 戻 し 社 員 その 他 の 出 資 者 の 退 社 若 しくは 脱 退 による 持 分 の 払 戻 し 又 は 株 式 若 しくは 出 資 を 法 人 が 取 得 する ことなく 消 滅 させることによるものについては これらの 事 実 があった 日 ト 同 条 第 1 項 第 6 号 に 掲 げる 組 織 変 更 によるものについては 組 織 変 更 計 画 にお いて 定 めたその 効 力 を 生 ずる 日 ただし 効 力 を 生 ずる 日 前 に 金 銭 等 が 交 付 され る 場 合 には その 交 付 の 日 (4) いわゆる 認 定 配 当 とされるもので その 支 払 をすべき 日 があらかじめ 定 められて いるものについてはその 定 められた 日 その 日 が 定 められていないものについては 現 実 にその 交 付 を 受 けた 日 (その 日 が 明 らかでない 場 合 には その 交 付 が 行 われた と 認 められる 事 業 年 度 の 終 了 の 日 ) 法 第 36 条 及 び 第 37 条 ( 収 入 金 額 及 び 必 要 経 費 ) 共 通 関 係 法 第 36 条 及 び 第 37 条 ( 収 入 金 額 及 び 必 要 経 費 ) 共 通 関 係 信 用 取 引 に 係 る 所 得 計 算 信 用 取 引 に 係 る 所 得 計 算 ( 信 用 取 引 に 係 る 配 当 落 調 整 額 等 ) ( 信 用 取 引 に 係 る 配 当 落 調 整 額 等 ) 共 -23 信 用 取 引 に 関 し 株 式 の 買 付 けを 行 った 者 が 証 券 会 社 から 支 払 を 受 けるべ 共 -23 信 用 取 引 に 関 し 株 式 の 買 付 けを 行 った 者 が 証 券 会 社 から 支 払 を 受 けるべ き 次 に 掲 げる 金 額 は 当 該 買 付 けに 係 る 株 式 の 取 得 価 額 から 控 除 するものとし 株 式 の き 次 に 掲 げる 金 額 は 当 該 買 付 けに 係 る 株 式 の 取 得 価 額 から 控 除 するものとし 株 式 の 売 付 けを 行 った 者 が 証 券 会 社 に 対 し 支 払 うべき 次 に 掲 げる 金 額 は 当 該 売 付 けに 係 る 株 売 付 けを 行 った 者 が 証 券 会 社 に 対 し 支 払 うべき 次 に 掲 げる 金 額 は 当 該 売 付 けに 係 る 株 式 の 譲 渡 による 収 入 金 額 から 控 除 するものとする 式 の 譲 渡 による 収 入 金 額 から 控 除 するものとする (1) 配 当 落 調 整 額 ( 信 用 取 引 に 係 る 株 式 につき 配 当 が 付 与 された 場 合 において 証 券 (1) 配 当 落 調 整 額 ( 信 用 取 引 に 係 る 株 式 につき 配 当 が 付 与 された 場 合 において 証 券 会 社 が 売 付 けを 行 った 者 から 徴 収 し 又 は 買 付 けを 行 った 者 に 支 払 う 当 該 配 当 に 相 当 会 社 が 売 付 けを 行 った 者 から 徴 収 し 又 は 買 付 けを 行 った 者 に 支 払 う 当 該 配 当 に 相 当 する 金 銭 の 額 をいう )に 相 当 する 金 額 する 金 銭 の 額 をいう )に 相 当 する 金 額 (2) 権 利 処 理 価 額 ( 信 用 取 引 に 係 る 株 式 につき 株 式 分 割 株 式 無 償 割 当 て 及 び 会 社 分 (2) 権 利 処 理 価 額 ( 信 用 取 引 に 係 る 株 式 につき 株 式 分 割 株 式 無 償 割 当 て 及 び 会 社 分 割 による 株 式 を 受 ける 権 利 新 株 予 約 権 ( 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 第 2 割 による 株 式 を 受 ける 権 利 新 株 予 約 権 又 は 新 株 予 約 権 の 割 当 てを 受 ける 権 利 が 付 条 第 17 項 (( 定 義 ))に 規 定 する 新 投 資 口 予 約 権 を 含 む 以 下 この 項 において 同 じ ) 与 された 場 合 において 証 券 会 社 が 売 付 けを 行 った 者 から 徴 収 し 又 は 買 付 けを 行 っ 8

9 又 は 新 株 予 約 権 の 割 当 てを 受 ける 権 利 が 付 与 された 場 合 において 証 券 会 社 が 売 付 けを 行 った 者 から 徴 収 し 又 は 買 付 けを 行 った 者 に 支 払 う 当 該 引 受 権 に 相 当 する 金 銭 の 額 をいう )に 相 当 する 金 額 た 者 に 支 払 う 当 該 引 受 権 に 相 当 する 金 銭 の 額 をいう )に 相 当 する 金 額 法 第 45 条 (( 家 事 関 連 費 等 の 必 要 経 費 不 算 入 等 )) 関 係 法 第 45 条 (( 家 事 関 連 費 等 の 必 要 経 費 不 算 入 等 )) 関 係 附 帯 税 ( 第 2 号 関 係 ) 附 帯 税 ( 第 3 号 関 係 ) ( 必 要 経 費 に 算 入 される 利 子 税 の 計 算 の 基 礎 となる 各 種 所 得 の 金 額 ) ( 必 要 経 費 に 算 入 される 利 子 税 の 計 算 の 基 礎 となる 各 種 所 得 の 金 額 ) 45-4 令 第 97 条 第 1 項 第 1 号 (( 必 要 経 費 に 算 入 される 利 子 税 の 計 算 ))に 規 定 する 各 種 45-4 令 第 97 条 第 1 項 第 1 号 (( 必 要 経 費 に 算 入 される 利 子 税 の 計 算 ))に 規 定 する 各 種 所 得 の 金 額 並 びに 同 項 第 3 号 及 び 第 4 号 に 規 定 する 事 業 所 得 の 金 額 譲 渡 所 得 の 金 額 又 所 得 の 金 額 とは いわゆる 黒 字 の 金 額 をいい また 長 期 保 有 資 産 ( 法 第 33 条 第 3 項 第 は 雑 所 得 の 金 額 とは いわゆる 黒 字 の 金 額 をいい また 当 該 各 種 所 得 の 金 額 のうち 長 2 号 (( 譲 渡 所 得 ))に 掲 げる 所 得 の 基 因 となる 資 産 をいう )に 係 る 譲 渡 所 得 の 金 額 又 は 期 保 有 資 産 ( 法 第 33 条 第 3 項 第 2 号 (( 譲 渡 所 得 ))に 掲 げる 所 得 の 基 因 となる 資 産 をい 一 時 所 得 の 金 額 については それぞれ 同 項 又 は 第 34 条 第 2 項 (( 一 時 所 得 ))に 規 定 する う )に 係 る 譲 渡 所 得 の 金 額 又 は 一 時 所 得 の 金 額 については それぞれ 法 第 33 条 第 3 項 特 別 控 除 額 を 控 除 した 金 額 の2 分 の1に 相 当 する 金 額 をいうものとする 又 は 第 34 条 第 2 項 (( 一 時 所 得 ))に 規 定 する 特 別 控 除 額 を 控 除 した 金 額 の2 分 の1に 相 当 する 金 額 をいうものとする 損 害 賠 償 金 等 ( 第 7 号 関 係 ) 損 害 賠 償 金 等 ( 第 7 号 関 係 ) ( 重 大 な 過 失 があったかどうかの 判 定 ) ( 重 大 な 過 失 があったかどうかの 判 定 ) 45-8 令 第 98 条 (( 必 要 経 費 に 算 入 されない 損 害 賠 償 金 の 範 囲 ))に 規 定 する 重 大 な 過 失 45-8 令 第 98 条 の2(( 必 要 経 費 に 算 入 されない 損 害 賠 償 金 の 範 囲 ))に 規 定 する 重 大 な があったかどうかは その 者 の 職 業 地 位 加 害 当 時 の 周 囲 の 状 況 侵 害 した 権 利 の 内 過 失 があったかどうかは その 者 の 職 業 地 位 加 害 当 時 の 周 囲 の 状 況 侵 害 した 権 利 容 及 び 取 締 法 規 の 有 無 等 の 具 体 的 な 事 情 を 考 慮 して その 者 が 払 うべきであった 注 意 義 の 内 容 及 び 取 締 法 規 の 有 無 等 の 具 体 的 な 事 情 を 考 慮 して その 者 が 払 うべきであった 注 務 の 程 度 を 判 定 し 不 注 意 の 程 度 が 著 しいかどうかにより 判 定 するものとし 次 に 掲 げ 意 義 務 の 程 度 を 判 定 し 不 注 意 の 程 度 が 著 しいかどうかにより 判 定 するものとし 次 に るような 場 合 には 特 別 な 事 情 がない 限 り それぞれの 行 為 者 に 重 大 な 過 失 があったも 掲 げるような 場 合 には 特 別 な 事 情 がない 限 り それぞれの 行 為 者 に 重 大 な 過 失 があっ のとする たものとする (1) 自 動 車 等 の 運 転 者 が 無 免 許 運 転 高 速 度 運 転 酔 払 運 転 信 号 無 視 その 他 道 路 交 (1) 自 動 車 等 の 運 転 者 が 無 免 許 運 転 高 速 度 運 転 酔 払 運 転 信 号 無 視 その 他 道 路 交 通 法 第 4 章 第 1 節 (( 運 転 者 の 義 務 ))に 定 める 義 務 に 著 しく 違 反 すること 又 は 雇 用 者 通 法 第 4 章 第 1 節 (( 運 転 者 の 義 務 ))に 定 める 義 務 に 著 しく 違 反 すること 又 は 雇 用 者 が 超 過 積 載 の 指 示 整 備 不 良 車 両 の 運 転 の 指 示 その 他 同 章 第 3 節 (( 使 用 者 の 義 務 )) が 超 過 積 載 の 指 示 整 備 不 良 車 両 の 運 転 の 指 示 その 他 同 章 第 3 節 (( 使 用 者 の 義 務 )) に 定 める 義 務 に 著 しく 違 反 することにより 他 人 の 権 利 を 侵 害 した 場 合 に 定 める 義 務 に 著 しく 違 反 することにより 他 人 の 権 利 を 侵 害 した 場 合 (2) 劇 薬 又 は 爆 発 物 等 を 他 の 薬 品 又 は 物 品 と 誤 認 して 販 売 したことにより 他 人 の 権 利 (2) 劇 薬 又 は 爆 発 物 等 を 他 の 薬 品 又 は 物 品 と 誤 認 して 販 売 したことにより 他 人 の 権 利 を 侵 害 した 場 合 を 侵 害 した 場 合 法 第 52 条 (( 貸 倒 引 当 金 )) 関 係 法 第 52 条 (( 貸 倒 引 当 金 )) 関 係 9

10 一 括 評 価 による 繰 入 れ( 第 2 項 関 係 ) 一 括 評 価 による 繰 入 れ( 第 2 項 関 係 ) ( 実 質 的 に 債 権 とみられないものの 簡 便 計 算 を 適 用 できる 場 合 ) ( 実 質 的 に 債 権 とみられないものの 簡 便 計 算 を 適 用 できる 場 合 ) 52-18の2 令 第 145 条 第 2 項 の 規 定 は 平 成 27 年 及 び 平 成 28 年 の 各 年 分 の 所 得 税 につき 52-18の2 令 第 145 条 第 2 項 の 規 定 は 平 成 10 年 及 び 平 成 11 年 の 各 年 分 の 所 得 税 につき 青 色 申 告 書 の 提 出 の 承 認 を 受 けていたかどうか 又 は 貸 倒 引 当 金 勘 定 を 設 けていたかど 青 色 申 告 書 の 提 出 の 承 認 を 受 けていたかどうか 又 は 貸 倒 引 当 金 勘 定 を 設 けていたかど うかに 関 係 なく 適 用 があることに 留 意 する うかに 関 係 なく 適 用 があることに 留 意 する 法 第 72 条 (( 雑 損 控 除 )) 関 係 法 第 72 条 (( 雑 損 控 除 )) 関 係 ( 大 規 模 な 災 害 の 意 義 ) ( 新 設 ) 72-6 令 第 206 条 第 1 項 第 2 号 に 規 定 する 大 規 模 な 災 害 とは 同 号 イからハまでに 掲 げる 支 出 その 他 これらに 類 する 支 出 が1 年 を 超 えて 支 出 されると 認 められる 災 害 を いうのであるが 大 規 模 災 害 からの 復 興 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 55 号 ) 第 2 条 第 1 号 (( 定 義 ))に 規 定 する 特 定 大 規 模 災 害 は 同 項 第 2 号 に 規 定 する 大 規 模 な 災 害 に 該 当 することに 留 意 する ( 注 ) この 取 扱 いは 令 第 203 条 第 2 号 (( 被 災 事 業 用 資 産 の 損 失 に 含 まれる 支 出 ))に 規 定 する 大 規 模 な 災 害 についても 同 様 であることに 留 意 する ( 保 険 金 等 及 び 災 害 等 関 連 支 出 の 範 囲 等 ) ( 保 険 金 等 及 び 災 害 等 関 連 支 出 の 範 囲 等 ) ( 損 失 の 生 じた 資 産 の 取 得 費 ) ( 損 失 の 生 じた 資 産 の 取 得 費 ) 法 第 120 条 (( 確 定 所 得 申 告 )) 関 係 法 第 120 条 (( 確 定 所 得 申 告 )) 関 係 ( 学 術 技 芸 の 習 得 のため 国 外 に 居 住 することとなった 親 族 が 国 外 居 住 親 族 に 該 当 するか どうかの 判 定 ) 学 術 技 芸 の 習 得 のため 国 外 に 居 住 することとなった 親 族 が 法 第 120 条 第 3 項 第 2 号 (( 確 定 所 得 申 告 ))に 規 定 する 非 居 住 者 である 親 族 に 該 当 するかどうかについ ては 3-2(( 学 術 技 芸 を 習 得 する 者 の 住 所 の 判 定 ))により 判 定 することに 留 意 する ( 新 設 ) (2 以 上 の 書 類 により 居 住 者 の 親 族 に 該 当 する 旨 が 証 明 される 場 合 の 親 族 関 係 書 類 ) ( 新 設 ) 規 則 第 47 条 の2 第 4 項 (( 確 定 所 得 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 等 ))に 規 定 する 書 類 10

11 ( 以 下 この 項 において 親 族 関 係 書 類 という )について 国 若 しくは 地 方 公 共 団 体 又 は 外 国 政 府 若 しくは 外 国 の 地 方 公 共 団 体 が 発 行 した2 以 上 の 書 類 により 令 第 262 条 第 2 項 第 1 号 イからハまで(( 確 定 申 告 書 に 関 する 書 類 の 提 出 又 は 提 示 ))に 掲 げる 者 ( 以 下 120-9までにおいて 国 外 居 住 親 族 という )が 確 定 申 告 書 を 提 出 する 居 住 者 の 親 族 に 該 当 する 旨 が 証 明 される 場 合 における 当 該 2 以 上 の 書 類 は 親 族 関 係 書 類 に 該 当 す ることに 留 意 する ( 注 ) 規 則 第 47 条 の2 第 4 項 第 2 号 に 掲 げる 書 類 について 外 国 政 府 又 は 外 国 の 地 方 公 共 団 体 が 発 行 した2 以 上 の 書 類 により 国 外 居 住 親 族 の 氏 名 生 年 月 日 及 び 住 所 又 は 居 所 が 明 らかとなる 場 合 における 当 該 2 以 上 の 書 類 は 同 号 に 掲 げる 書 類 に 該 当 することに 留 意 する ( 送 金 関 係 書 類 の 範 囲 ) ( 新 設 ) 規 則 第 47 条 の2 第 5 項 各 号 に 掲 げる 書 類 ( 以 下 120-9までにおいて 送 金 関 係 書 類 という )は 同 項 の 居 住 者 がその 年 において 国 外 居 住 親 族 の 生 活 費 又 は 教 育 費 に 充 てるための 支 払 を 必 要 の 都 度 各 人 別 に 行 ったことを 明 らかにするものをいう のであるから 居 住 者 が 一 の 国 外 居 住 親 族 に 対 して 他 の 国 外 居 住 親 族 の 生 活 費 又 は 教 育 費 に 充 てるための 支 払 を 行 った 場 合 における 当 該 支 払 に 係 る 送 金 関 係 書 類 については 他 の 国 外 居 住 親 族 に 係 る 送 金 関 係 書 類 には 該 当 しないことに 留 意 する (その 年 に3 回 以 上 の 支 払 を 行 った 居 住 者 の 送 金 関 係 書 類 の 提 出 又 は 提 示 ) ( 新 設 ) 居 住 者 が 国 外 居 住 親 族 の 生 活 費 又 は 教 育 費 に 充 てるための 支 払 を その 年 に 同 一 の 国 外 居 住 親 族 に3 回 以 上 行 った 場 合 の 送 金 関 係 書 類 の 提 出 又 は 提 示 については そ の 年 の 全 ての 送 金 関 係 書 類 の 提 出 又 は 提 示 に 代 えて 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 した 明 細 書 の 提 出 及 び 各 国 外 居 住 親 族 のその 年 の 最 初 と 最 後 の 支 払 に 係 る 送 金 関 係 書 類 の 提 出 又 は 提 示 として 差 し 支 えない この 場 合 において 居 住 者 は 提 出 又 は 提 示 しなかった 送 金 関 係 書 類 を 保 管 するものと し 税 務 署 長 は 必 要 があると 認 める 場 合 には 当 該 送 金 関 係 書 類 を 提 出 又 は 提 示 させるこ とができるものとする (1) 居 住 者 の 氏 名 及 び 住 所 (2) 支 払 を 受 けた 国 外 居 住 親 族 の 氏 名 (3) 支 払 日 (4) 支 払 方 法 ( 規 則 第 47 条 の2 第 5 項 第 1 号 又 は 第 2 号 の 支 払 方 法 の 別 ) (5) 支 払 額 ( 注 ) 支 払 日 とは 次 に 掲 げる 書 類 の 区 分 に 応 じ それぞれ 次 に 定 める 日 をいう (1) 規 則 第 47 条 の2 第 5 項 第 1 号 に 掲 げる 書 類 居 住 者 が 国 外 居 住 親 族 に 生 活 費 11

12 又 は 教 育 費 に 充 てるための 金 銭 を 送 金 した 日 (2) 規 則 第 47 条 の2 第 5 項 第 2 号 に 掲 げる 書 類 国 外 居 住 親 族 が 同 号 に 規 定 する 特 定 の 販 売 業 者 又 は 特 定 の 役 務 提 供 事 業 者 に 同 号 に 規 定 するクレジットカ-ド 等 を 提 示 又 は 通 知 をした 日 法 第 164 条 (( 非 居 住 者 に 対 する 課 税 の 方 法 )) 関 係 法 第 164 条 (( 非 居 住 者 に 対 する 課 税 の 方 法 )) 関 係 ( 非 居 住 者 に 対 する 課 税 関 係 の 概 要 ) ( 非 居 住 者 に 対 する 課 税 関 係 の 概 要 ) 非 居 住 者 に 対 する 課 税 関 係 の 概 要 は 表 5のとおりである 非 居 住 者 に 対 する 課 税 関 係 の 概 要 は 表 5のとおりである なお この 表 は 法 に 規 定 する 課 税 関 係 の 概 要 であるから 租 税 条 約 にはこれと 異 なる 定 めのあるものがあることに 留 意 する なお この 表 は 法 に 規 定 する 課 税 関 係 の 概 要 であるから 租 税 条 約 にはこれと 異 なる 定 めのあるものがあることに 留 意 する 12

13 表 5 非 居 住 者 に 対 する 課 税 関 係 の 概 要 表 5 非 居 住 者 に 対 する 課 税 関 係 の 概 要 所 得 の 種 類 ( 法 161) 非 居 住 者 の 区 分 ( 法 1641) 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 する 者 支 店 その 他 事 業 を 行 う 一 定 の 場 所 を 有 す る 者 ( 法 1641 一 ) 1 年 を 超 える 建 設 作 業 等 を 行 い 又 は 一 定 の 要 件 を 備 える 代 理 人 等 を 有 する 者 ( 法 1641 二 三 ) 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 しない 者 ( 法 1641 四 ) 源 泉 徴 収 ( 法 ) 所 得 の 種 類 ( 法 161) 非 居 住 者 の 区 分 ( 法 1641) 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 する 者 支 店 その 他 事 業 を 行 う 一 定 の 場 所 を 有 す る 者 ( 法 1641 一 ) 1 年 を 超 える 建 設 作 業 等 を 行 い 又 は 一 定 の 要 件 を 備 える 代 理 人 等 を 有 する 者 ( 法 1641 二 三 ) 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 しない 者 ( 法 1641 四 ) 源 泉 徴 収 ( 法 ) 事 業 の 所 得 ( 法 161 一 ) 資 産 の 所 得 ( 一 ) 総 合 課 税 ( 注 1 2 3) 非 課 税 無 総 合 課 税 無 ( 注 1 2 ( 注 ) 3 4) 事 業 の 所 得 ( 法 161 一 ) 資 産 の 所 得 ( 一 ) 総 合 課 税 ( 注 1 2 3) 非 課 税 無 総 合 課 税 無 ( 注 1 2 ( 注 ) 3 4) その 他 の 国 内 源 泉 所 得 ( 一 ) ( 法 1641 一 ) ( 法 1641 二 三 ) ( 法 1641 四 ) 無 組 合 契 約 事 業 利 益 の 配 分 ( 一 の 二 ) 土 地 等 の 譲 渡 対 価 ( 一 の 三 ) 人 的 役 務 の 提 供 事 業 の 対 価 ( 二 ) 非 課 税 20% 10% 20% ( 注 6) 不 動 産 の 賃 貸 料 等 ( 三 ) ( 法 1641 一 ) ( 法 1641 二 三 ) ( 法 1641 四 ) 20% 利 子 等 ( 四 ) 配 当 等 ( 五 ) 20% 源 泉 徴 収 の 上 総 合 課 税 源 泉 分 離 課 税 ( 注 ) ( 注 ) ( 注 12) 貸 付 金 利 子 ( 六 ) 20% 使 用 料 等 ( 七 ) 20% 国 内 事 国 内 事 給 与 その 他 人 的 役 務 の 提 供 に 対 する 報 業 に 帰 業 に 帰 酬 公 的 年 金 等 退 職 手 当 等 ( 八 ) 20% せ ら れ せ ら れ 事 業 の 広 告 宣 伝 のための 賞 金 ( 九 ) 20% る も の な い も 生 命 保 険 契 約 に 基 づく 年 金 等 ( 十 ) の 20% 定 期 積 金 の 給 付 補 塡 金 等 ( 十 一 ) 15% 匿 名 組 合 契 約 等 に 基 づく 利 益 の 分 配 ( 十 二 ) 源 泉 徴 収 の 上 総 合 課 税 ( 法 1641 一 ) ( 法 1641 二 三 ) ( 法 1642 一 ) ( 法 1642 二 ) ( 注 )1 措 置 法 第 37 条 の10 又 は 第 37 条 の11の 規 定 により 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 する 者 が 15% 20% 行 う 一 般 株 式 等 の 譲 渡 による 所 得 又 は 上 場 株 式 等 の 譲 渡 による 所 得 については 15%の 税 率 で 申 告 分 離 課 税 が 適 用 される なお 平 成 20 年 改 正 前 の 旧 措 置 法 第 37 条 の11の 規 定 により 平 成 15 年 1 月 1 日 か ら 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 の 上 場 株 式 等 の 譲 渡 による 所 得 については7%の 軽 減 税 率 が 適 用 される また 平 成 21 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月 31 日 までの 間 の 上 その 他 の 国 内 源 泉 所 得 ( 一 ) ( 法 1641 一 ) ( 法 1641 二 三 ) ( 法 1641 四 ) 無 組 合 契 約 事 業 利 益 の 配 分 ( 一 の 二 ) 土 地 等 の 譲 渡 対 価 ( 一 の 三 ) 人 的 役 務 の 提 供 事 業 の 対 価 ( 二 ) 非 課 税 20% 10% 20% ( 注 6) 不 動 産 の 賃 貸 料 等 ( 三 ) ( 法 1641 一 ) ( 法 1641 二 三 ) ( 法 1641 四 ) 20% 利 子 等 ( 四 ) 配 当 等 ( 五 ) 20% 源 泉 徴 収 の 上 総 合 課 税 源 泉 分 離 課 税 ( 注 ) ( 注 ) ( 注 11) 貸 付 金 利 子 ( 六 ) 20% 使 用 料 等 ( 七 ) 20% 国 内 事 国 内 事 給 与 その 他 人 的 役 務 の 提 供 に 対 する 報 業 に 帰 業 に 帰 酬 公 的 年 金 等 退 職 手 当 等 ( 八 ) 20% せ ら れ せ ら れ 事 業 の 広 告 宣 伝 のための 賞 金 ( 九 ) 20% る も の な い も 生 命 保 険 契 約 に 基 づく 年 金 等 ( 十 ) の 20% 定 期 積 金 の 給 付 補 てん 金 等 ( 十 一 ) 15% 匿 名 組 合 契 約 等 に 基 づく 利 益 の 分 配 ( 十 二 ) 源 泉 徴 収 の 上 総 合 課 税 ( 法 1641 一 ) ( 法 1641 二 三 ) ( 法 1642 一 ) ( 法 1642 二 ) ( 注 )1 措 置 法 第 37 条 の10の 規 定 により 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 する 者 が 行 う 株 式 等 の 譲 渡 による 所 得 については 15%の 税 率 で 申 告 分 離 課 税 が 適 用 される 15% 20% なお 平 成 20 年 改 正 前 の 旧 措 置 法 第 37 条 の11の 規 定 により 平 成 15 年 1 月 1 日 か ら 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 の 上 場 株 式 等 の 譲 渡 による 所 得 については7%の 軽 減 税 率 が 適 用 される また 平 成 21 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月 31 日 までの 間 の 上 場 株 式 等 の 譲 渡 による 所 得 については 平 成 20 年 改 正 法 附 則 第 43 条 の 規 定 により 13

14 場 株 式 等 の 譲 渡 による 所 得 については 平 成 20 年 改 正 法 附 則 第 43 条 の 規 定 により 7%の 軽 減 税 率 が 適 用 される 2 措 置 法 第 41 条 の9の 規 定 により 懸 賞 金 付 預 貯 金 等 の 懸 賞 金 等 については 15%の 税 率 で 源 泉 分 離 課 税 が 適 用 される 3 措 置 法 第 41 条 の12の 規 定 により 同 条 に 規 定 する 一 定 の 割 引 債 の 償 還 差 益 につい ては 18%( 一 部 のものは16%)の 税 率 で 源 泉 分 離 課 税 が 適 用 される また 措 置 法 第 41 条 の12の2の 規 定 により 同 条 に 規 定 する 一 定 の 割 引 債 の 償 還 金 に 係 る 差 益 金 額 については 15%の 税 率 で 申 告 分 離 課 税 が 適 用 される 4 資 産 の 所 得 のうち 資 産 の 譲 渡 による 所 得 については 不 動 産 の 譲 渡 による 所 得 及 び 令 第 291 条 第 1 項 第 1 号 から 第 6 号 までに 掲 げるもののみ 課 税 される 5 措 置 法 第 37 条 の12の 規 定 により 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 しない 者 が 行 う 一 般 株 式 等 の 譲 渡 による 所 得 又 は 上 場 株 式 等 の 譲 渡 による 所 得 については 15%の 税 率 で 申 告 分 離 課 税 が 適 用 される 6 措 置 法 第 41 条 の22の 規 定 により 特 定 の 免 税 芸 能 法 人 等 が 得 る 対 価 については 15%の 税 率 が 適 用 される 7 措 置 法 第 3 条 及 び 第 41 条 の10の 規 定 により 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 する 者 が 得 る 利 子 等 ( 四 号 所 得 )( 措 置 法 第 3 条 第 1 項 に 規 定 する 一 般 利 子 等 に 該 当 するものに 限 る ) 及 び 定 期 積 立 の 給 付 補 塡 金 等 ( 十 一 号 所 得 )については 15%の 税 率 で 源 泉 分 離 課 税 が 適 用 される 8 措 置 法 第 8 条 の4の 規 定 により 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 する 者 が 得 る 同 条 第 1 項 に 規 定 する 利 子 等 で 同 項 各 号 に 掲 げるものについては 15%の 税 率 で 申 告 分 離 課 税 が 適 用 される また 措 置 法 第 8 条 の5の 規 定 により 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 する 者 が 得 る 同 条 第 1 項 に 規 定 する 利 子 等 で 同 項 各 号 に 掲 げるものについては いわゆる 確 定 申 告 不 要 制 度 の 適 用 が 認 められる 9 措 置 法 第 8 条 の2の 規 定 により 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 する 者 が 得 る 配 当 等 ( 五 号 所 得 )のうち 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 の 収 益 の 分 配 に 係 る 配 当 等 については 15%の 税 率 による 源 泉 分 離 課 税 が 適 用 される 10 平 成 20 年 改 正 前 の 旧 措 置 法 第 9 条 の3の 規 定 により 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 等 ( 当 該 配 当 等 の 支 払 に 係 る 基 準 日 において 当 該 配 当 を 支 払 う 内 国 法 人 の 発 行 済 株 式 又 は 出 資 の 総 数 又 は 総 額 の3% 以 上 ( 平 成 23 年 10 月 1 日 前 に 支 払 を 受 けるべき 配 当 等 については5% 以 上 )に 相 当 する 数 又 は 金 額 の 株 式 又 は 出 資 を 有 する 個 人 がそ の 内 国 法 人 から 支 払 を 受 けるものを 除 く ) 公 募 証 券 投 資 信 託 ( 公 社 債 投 資 信 託 及 び 特 定 株 式 投 資 信 託 を 除 く )の 収 益 の 分 配 に 係 る 配 当 等 及 び 特 定 投 資 法 人 の 投 資 口 の 配 当 等 については 平 成 15 年 4 月 1 日 から 同 年 12 月 31 日 までの 間 は10% 14 7%の 軽 減 税 率 が 適 用 される 2 措 置 法 第 41 条 の9の 規 定 により 懸 賞 金 付 預 貯 金 等 の 懸 賞 金 等 については 15%の 税 率 で 源 泉 分 離 課 税 が 適 用 される 3 措 置 法 第 41 条 の12の 規 定 により 割 引 債 ( 特 定 短 期 公 社 債 等 一 定 のものを 除 く ) の 償 還 差 益 については 18%( 一 部 のものは16%)の 税 率 で 源 泉 分 離 課 税 が 適 用 される 4 資 産 の 所 得 のうち 資 産 の 譲 渡 による 所 得 については 不 動 産 の 譲 渡 による 所 得 及 び 令 第 291 条 第 1 項 第 1 号 から 第 6 号 までに 掲 げるもののみ 課 税 される 5 措 置 法 第 37 条 の12の 規 定 により 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 しない 者 が 行 う 株 式 等 の 譲 渡 による 所 得 については 15%の 税 率 で 申 告 分 離 課 税 が 適 用 される 6 措 置 法 第 42 条 の 規 定 により 特 定 の 免 税 芸 能 法 人 等 が 得 る 対 価 については 15%の 税 率 が 適 用 される 7 措 置 法 第 3 条 及 び 第 41 条 の10の 規 定 により 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 する 者 が 得 る 利 子 等 ( 四 号 所 得 ) 及 び 定 期 積 立 の 給 付 補 てん 金 等 ( 十 一 号 所 得 )については 15%の 税 率 で 源 泉 分 離 課 税 が 適 用 される 8 措 置 法 第 8 条 の2の 規 定 により 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 する 者 が 得 る 配 当 等 ( 五 号 所 得 )のうち 私 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 等 の 収 益 の 分 配 に 係 る 配 当 等 については 15%の 税 率 による 源 泉 分 離 課 税 が 適 用 される 9 平 成 20 年 改 正 前 の 旧 措 置 法 第 9 条 の3の 規 定 により 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 等 ( 当 該 配 当 等 の 支 払 に 係 る 基 準 日 において 当 該 配 当 を 支 払 う 内 国 法 人 の 発 行 済 株 式 又 は 出 資 の 総 数 又 は 総 額 の3% 以 上 ( 平 成 23 年 10 月 1 日 前 に 支 払 を 受 けるべき 配 当 等 については5% 以 上 )に 相 当 する 数 又 は 金 額 の 株 式 又 は 出 資 を 有 する 個 人 がそ の 内 国 法 人 から 支 払 を 受 けるものを 除 く ) 公 募 証 券 投 資 信 託 ( 公 社 債 投 資 信 託 及 び 特 定 株 式 投 資 信 託 を 除 く )の 収 益 の 分 配 に 係 る 配 当 等 及 び 特 定 投 資 法 人 の 投 資 口 の 配 当 等 については 平 成 15 年 4 月 1 日 から 同 年 12 月 31 日 までの 間 は10%

15 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 は7%の 軽 減 税 率 が 適 用 され 平 成 21 年 1 月 1 日 以 後 は 措 置 法 第 9 条 の3の 規 定 により15%の 税 率 が 適 用 され る なお 上 記 の 配 当 等 のうち 平 成 21 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月 31 日 までの 間 に 受 けるものについては 平 成 20 年 改 正 法 附 則 第 33 条 の 規 定 により7%の 軽 減 税 率 が 適 用 される 11 措 置 法 第 8 条 の4の 規 定 により 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 する 者 が 得 る 同 条 第 1 項 に 規 定 する 配 当 等 で 同 項 各 号 に 掲 げるものについては 15%の 税 率 で 申 告 分 離 課 税 を 適 用 することができる また 措 置 法 第 8 条 の5の 規 定 により 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 する 者 が 得 る 同 条 第 1 項 に 規 定 する 配 当 等 で 同 項 各 号 に 掲 げるものについては いわゆる 確 定 申 告 不 要 制 度 の 適 用 が 認 められる 12 措 置 法 第 9 条 の6の 規 定 により 外 国 特 定 目 的 信 託 の 利 益 の 分 配 及 び 外 国 特 定 投 資 信 託 の 収 益 の 分 配 については 内 国 法 人 から 受 ける 剰 余 金 の 配 当 とみなされる 13 法 第 5 条 第 6 条 の2 第 6 条 の3 及 び 第 7 条 の 規 定 により 法 人 課 税 信 託 の 受 託 者 は その 信 託 財 産 に 帰 せられる 所 得 についてその 信 託 された 営 業 所 ( 国 内 又 は 国 外 の 別 )に 応 じ 内 国 法 人 又 は 外 国 法 人 として 所 得 税 が 課 される 14 措 置 法 第 41 条 の21の 規 定 により 投 資 組 合 契 約 を 締 結 している 外 国 組 合 員 で 当 該 投 資 組 合 契 約 に 基 づいて 行 う 事 業 につき 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 する 者 のうち 一 定 の 要 件 を 満 たすものについては 特 例 適 用 申 告 書 を 提 出 することにより 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 しないものとみなされる 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 は7%の 軽 減 税 率 が 適 用 され 平 成 21 年 1 月 1 日 以 後 は 措 置 法 第 9 条 の3の 規 定 により15%の 税 率 が 適 用 され る なお 上 記 の 配 当 等 のうち 平 成 21 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月 31 日 までの 間 に 受 けるものについては 平 成 20 年 改 正 法 附 則 第 33 条 の 規 定 により7%の 軽 減 税 率 が 適 用 される 10 措 置 法 第 8 条 の5の 規 定 により 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 する 者 が 得 る 配 当 等 ( 源 泉 分 離 課 税 が 適 用 されるものを 除 く )については 確 定 申 告 による 総 合 課 税 又 は 申 告 分 離 課 税 ( 平 成 21 年 分 以 後 )を 受 ける 必 要 のないいわゆる 配 当 所 得 の 確 定 申 告 不 要 制 度 の 適 用 が 認 められる 11 措 置 法 第 9 条 の6の 規 定 により 外 国 特 定 目 的 信 託 の 利 益 の 分 配 及 び 外 国 特 定 投 資 信 託 の 収 益 の 分 配 については 内 国 法 人 から 受 ける 剰 余 金 の 配 当 とみなされる 12 法 第 5 条 第 6 条 の2 第 6 条 の3 及 び 第 7 条 の 規 定 により 法 人 課 税 信 託 の 受 託 者 は その 信 託 財 産 に 帰 せられる 所 得 についてその 信 託 された 営 業 所 ( 国 内 又 は 国 外 の 別 )に 応 じ 内 国 法 人 又 は 外 国 法 人 として 所 得 税 が 課 される 13 措 置 法 第 41 条 の21の 規 定 により 投 資 組 合 契 約 を 締 結 している 外 国 組 合 員 で 当 該 投 資 組 合 契 約 に 基 づいて 行 う 事 業 につき 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 する 者 のうち 一 定 の 要 件 を 満 たすものについては 特 例 適 用 申 告 書 を 提 出 することにより 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 有 しないものとみなされる 法 第 190 条 (( 年 末 調 整 )) 関 係 法 第 190 条 (( 年 末 調 整 )) 関 係 ( 送 金 関 係 書 類 の 提 出 又 は 提 示 が 年 末 調 整 後 にあった 場 合 の 再 調 整 ) ( 新 設 ) 法 第 190 条 第 2 号 の 規 定 により 同 号 に 規 定 する 税 額 の 計 算 をする 場 合 において 法 第 194 条 第 6 項 (( 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 申 告 書 ))に 規 定 する 書 類 又 は 法 第 195 条 の 2 第 2 項 (( 給 与 所 得 者 の 配 偶 者 特 別 控 除 申 告 書 ))に 規 定 する 書 類 が その 年 最 後 に 給 与 等 を 支 払 った 時 後 その 年 分 の 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 が 作 成 される 時 までに 提 出 又 は 提 示 がされたときは 190-5に 準 じた 再 計 算 を 行 って 差 し 支 えない 法 第 194 条 から 第 198 条 まで(( 給 与 所 得 者 の 源 泉 徴 収 に 関 する 申 告 )) 共 通 関 係 法 第 194 条 から 第 198 条 まで(( 給 与 所 得 者 の 源 泉 徴 収 に 関 する 申 告 )) 共 通 関 係 ( 確 定 所 得 申 告 に 係 る 取 扱 いの 準 用 ) ( 新 設 ) 194~198 共 -3 学 術 技 芸 の 習 得 のため 国 外 に 居 住 することとなった 親 族 が 給 与 所 得 15

16 者 の 扶 養 控 除 等 申 告 書 従 たる 給 与 についての 扶 養 控 除 等 申 告 書 又 は 給 与 所 得 者 の 配 偶 者 特 別 控 除 申 告 書 に 非 居 住 者 である 旨 を 記 載 すべき 親 族 ( 給 与 所 得 者 の 配 偶 者 特 別 控 除 申 告 書 にあっては 非 居 住 者 である 配 偶 者 )に 該 当 するかどうかの 判 定 については 120-6の 取 扱 いに 準 じ 法 第 194 条 第 4 項 同 条 第 6 項 第 195 条 第 4 項 又 は 第 195 条 の 2 第 2 項 の 規 定 により 提 出 又 は 提 示 しなければならない 書 類 の 取 扱 いについては 120-7から 120-9までの 取 扱 いに 準 ずる 法 第 194 条 (( 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 申 告 書 )) 及 び 第 195 条 (( 従 たる 給 与 についての 扶 養 控 除 等 申 告 書 )) 関 係 法 第 194 条 (( 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 申 告 書 )) 及 び 第 195 条 (( 従 たる 給 与 についての 扶 養 控 除 等 申 告 書 )) 関 係 ( 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 申 告 書 等 の 期 限 後 提 出 ) ( 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 申 告 書 等 の 期 限 後 提 出 ) 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 申 告 書 又 は 従 たる 給 与 についての 扶 養 控 除 等 申 告 給 与 所 得 差 の 扶 養 控 除 等 申 告 書 又 は 従 たる 給 与 についての 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 所 定 の 期 日 後 に 提 出 された 場 合 には その 提 出 後 最 初 に 支 払 う 給 与 等 から これら 書 が 所 定 の 期 日 後 に 提 出 された 場 合 には その 提 出 後 最 初 に 支 払 う 給 与 等 から これら の 申 告 書 に 記 載 されたところにより 徴 収 税 額 を 計 算 する の 申 告 書 に 記 載 されたところにより 徴 収 税 額 を 計 算 する ( 注 ) これらの 申 告 書 に 法 第 194 条 第 1 項 第 7 号 又 は 第 195 条 第 1 項 第 4 号 に 規 定 する 非 居 住 者 である 親 族 の 記 載 がある 場 合 において 法 第 194 条 第 4 項 又 は 第 195 条 第 4 項 に 規 定 する 書 類 の 提 出 又 は 提 示 が 所 定 の 期 日 後 にされたときは 上 記 に 準 じて 徴 収 税 額 を 計 算 する 法 第 203 条 の5(( 公 的 年 金 等 の 受 給 者 の 扶 養 親 族 等 申 告 書 )) 関 係 法 第 203 条 の5(( 公 的 年 金 等 の 受 給 者 の 扶 養 親 族 等 申 告 書 )) 関 係 ( 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 申 告 書 に 係 る 取 扱 いの 準 用 ) ( 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 申 告 書 に 係 る 取 扱 いの 準 用 ) 203 の5-1 公 的 年 金 等 の 受 給 者 の 扶 養 親 族 等 申 告 書 ( 以 下 この 項 において 申 告 書 203 の5-1 公 的 年 金 等 の 受 給 者 の 扶 養 親 族 等 申 告 書 ( 以 下 この 項 において 申 告 書 という )の 記 載 事 項 に 誤 りがあったため 徴 収 不 足 税 額 を 生 じた 場 合 の 支 払 者 の 措 置 という )の 記 載 事 項 に 誤 りがあったため 徴 収 不 足 税 額 を 生 じた 場 合 の 支 払 者 の 措 置 申 告 書 の 記 載 事 項 に 誤 りがあったことによる 徴 収 不 足 税 額 の 強 制 徴 収 確 定 所 得 申 告 に 申 告 書 の 記 載 事 項 に 誤 りがあったことによる 徴 収 不 足 税 額 の 強 制 徴 収 申 告 書 の 期 限 後 係 る 取 扱 いの 準 用 申 告 書 の 期 限 後 提 出 申 告 書 に 記 載 する 扶 養 親 族 等 の 判 定 について 提 出 申 告 書 に 記 載 する 扶 養 親 族 等 の 判 定 については 194~198 共 ~198 共 は 194~198 共 -1から 194~198 共 -3まで 及 び の 取 扱 及 び の 取 扱 いに 準 ずる いに 準 ずる 法 第 204 条 (( 源 泉 徴 収 義 務 )) 関 係 法 第 204 条 (( 源 泉 徴 収 義 務 )) 関 係 ( 役 務 の 提 供 の 対 価 が 給 与 等 とされる 者 の 受 ける 契 約 金 ) ( 役 務 の 提 供 の 対 価 が 給 与 等 とされる 者 の 受 ける 契 約 金 ) 法 第 204 条 第 1 項 第 7 号 に 掲 げる 契 約 金 には 役 務 の 提 供 の 対 価 が 給 与 等 とされ 法 第 204 条 第 1 項 第 7 号 に 掲 げる 契 約 金 には 役 務 の 提 供 の 対 価 が 給 与 等 とされ る 者 が 当 該 役 務 の 提 供 契 約 を 締 結 するに 際 して 支 払 を 受 ける 契 約 金 も 含 まれる る 者 が 当 該 役 務 の 提 供 契 約 を 締 結 するに 際 して 支 払 を 受 ける 契 約 金 も 含 まれる 16

17 ( 注 ) 上 記 の 契 約 金 は 雑 所 得 (35-1の⑼ 参 照 )となり 法 第 2 条 第 1 項 第 24 号 (( 定 義 ))に 規 定 する 臨 時 所 得 に 該 当 する 場 合 があることに 留 意 する ( 注 ) 上 記 の 契 約 金 は 雑 所 得 (35-1の⑽ 参 照 )となり 法 第 2 条 第 1 項 第 24 号 (( 定 義 ))に 規 定 する 臨 時 所 得 に 該 当 する 場 合 があることに 留 意 する ( 廃 止 ) 第 5 編 雑 則 ( 廃 止 ) 法 第 232 条 (( 財 産 債 務 明 細 書 の 提 出 )) 関 係 ( 廃 止 ) ( 前 年 に 引 き 続 き 有 する 財 産 又 は 債 務 で 一 部 異 動 があったものの 価 額 ) 規 則 第 105 条 第 3 項 第 2 号 (( 財 産 債 務 明 細 書 の 記 載 事 項 ))の 規 定 により 前 年 分 の 明 細 書 に 記 載 されたその 財 産 又 は 債 務 の 価 額 をもってその 年 のその 財 産 又 は 債 務 の 価 額 とする 場 合 であっても 次 に 掲 げる 財 産 及 び 債 務 については それぞれ 次 によるも のとする (1) その 年 中 に 一 部 異 動 があった 財 産 次 の 区 分 に 応 じ それぞれ 次 による イ 災 害 取 壊 し 等 のために 一 部 滅 失 した 財 産 前 年 分 の 明 細 書 に 記 載 された 価 額 か らその 滅 失 した 部 分 に 対 応 する 価 額 を 控 除 した 価 額 とする ロ 増 改 築 その 他 の 手 入 れにより 改 良 が 行 われた 財 産 その 改 良 に 要 した 金 額 を 加 算 した 価 額 とする (2) その 年 中 に 一 部 弁 済 があった 債 務 前 年 分 の 明 細 書 に 記 載 された 金 額 からその 弁 済 額 を 控 除 した 現 存 債 務 額 とする 附 則 ( 新 設 ) ( 経 過 的 取 扱 い(1)) この 法 令 解 釈 通 達 による 改 正 後 の 共 の2 及 び72-6の 取 扱 いは 平 成 27 年 分 以 後 の 所 得 税 について 適 用 し 平 成 26 年 分 以 前 の 所 得 税 につい ては なお 従 前 の 例 による ( 経 過 的 取 扱 い(2)) この 法 令 解 釈 通 達 による 改 正 後 の から120-9まで ~198 共 及 び203の5-1の 取 扱 いは 平 成 28 年 分 以 後 の 所 得 税 について 適 用 し 平 成 27 年 分 以 前 の 所 得 税 については なお 従 前 の 例 による ( 経 過 的 取 扱 い(3)) 平 成 28 年 1 月 1 日 前 に 提 出 すべき 財 産 債 務 明 細 書 についてのこの 法 令 解 釈 通 達 による 改 正 前 の232-1の 取 扱 いは なお 従 前 の 例 による 17

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な 復 興 特 別 法 人 あらまし 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 する ために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 関 係 平 成 24 3 月 国 庁 平 成 23 12 月 2 日 に 公 布 された 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引 第 1 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 給 与 支 払 報 告 書 ) 1 提 出 する 必 要 がある 者 平 成 22 年 中 に 俸 給 給 料 賃 金 歳 費 賞 与 その 他 これらの 性 質 を 有 する 給 与 ( 以 下 給 与 等 といいます ) を 支 払 った 者 です 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 提 出 範 囲 年 末 調 整 を し た も の 年 末

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得 政 令 第 十 六 号 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する 政 令 内 閣 は 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 二 十 三 年 法 律 第 百 十 七 号 ) 第 四 章 の 規 定 に 基 づき この 政 令 を 制 定 する ( 定 義 ) 第 一 条 この 政

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

税金読本(8-5)特定口座と確定申告

税金読本(8-5)特定口座と確定申告 と 確 申 告 8-5 複 数 の 証 券 会 社 で 源 泉 徴 収 を 開 設 している 場 合 の 損 益 通 算 の 方 法 における 株 式 債 券 投 資 信 託 と 税 金 源 泉 徴 収 と 確 申 告 源 泉 徴 収 の 場 合 内 の 譲 するか 否 かは 1つの ごとに 選 渡 益 については 確 申 告 は 不 要 です 択 することができます つまり 投 資 家 が 内 の

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A>

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A> 1-1 相 続 税 又 は 贈 与 税 の 納 税 義 務 者 及 び 課 税 財 産 の 範 囲 1 3の 下 線 部 分 を 修 正 する 1. 相 続 税 の 納 税 義 務 者 次 の 者 は 相 続 税 を 納 める 義 務 がある 居 住 無 制 限 納 税 義 務 者 ( 法 1の3 一 ) 相 続 又 は 遺 贈 により 財 産 を 取 得 した 個 人 でその 財 産 を 取 得

More information

 

  第 4 経 理 の 状 況 1. 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 方 法 について 当 社 の 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 は 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 平 成 19 年 内 閣 府 令 第 64 号 )に 基 づいて 作 成 しております 2. 監 査 証 明 について 当 社 は 金 融 商

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総 郵 便 局 において 提 供 されるユニバーサルサービスについて 日 本 郵 政 株 式 会 社 及 び 日 本 郵 便 株 式 会 社 は その 業 務 の 運 営 に 当 たっては 郵 便 の 役 務 簡 易 な 貯 蓄 送 金 及 び 債 権 債 務 の 決 済 の 役 務 並 びに 簡 易 に 利 用 できる 生 命 保 険 の 役 務 を 利 用 者 本 位 の 簡 便 な 方 法 により

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 122-3 日 本 郵 政 グループにおける 資 本 の 再 構 成 について 2014 年 11 月 10 日 日 本 郵 政 株 式 会 社 日 本 郵 便 株 式 会 社 株 式 会 社 ゆうちょ 銀 行 1. 概 要 日 本 郵 政 が 抱 える7,000 億 円 弱 の 整 理 資 源 (1958 年 ( 昭 和 33 年 ) 以 前 から 郵 政 事 業 に 携 わっていた 者

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 異 動 事 手 続 ( 市 町 村 立 学 校 以 外 ) 島 大 学 小 学 校 への 転 出 事 処 理 手 続 事 項 時 期 先 手 続 内 容 採 3 ⑴ 履 歴 書 1 部 月 で き る 小 又 は 1 学 校 保 管 の 写 しで 長 の 奥 書 証 明 必 要 ⑵ 卒 業 証 明 書 1 高 校 大 学 卒 業 者 高 校 及 び 大 学 の 卒 業 証 明 書 2 大 学 院 修

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378> ( 別 様 式 第 4の1-1/3-) 復 興 産 業 集 積 区 域 における 研 究 開 発 税 制 の 特 例 等 ( 法 第 39 条 ) 指 定 を 行 った 認 定 地 方 公 共 法 人 の 場 合 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 終 了 後 団 体 の 長 の 氏 名 を 載 してく 1か 月 以 内 に 提 出 し ださい 個 人 の 場 合 事 業 年 度 ( 暦

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当 平 成 20 年 度 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 報 告 書 金 融 資 産 負 債 台 帳 の 作 成 手 引 き 平 成 20 年 6 月 30 日 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

資    料 (法人課税)

資    料 (法人課税) 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 際 課 税 関 係 ) 1 外 国 税 額 控 除 制 度 の 適 正 化 外 国 税 額 控 除 制 度 は 国 際 的 二 重 課 税 を 排 除 するために 外 国 で 納 付 した 外 国 税 額 を 国 外 所 得 に 対 しわが 国 で 納 付 すべき 法 人 の 税 額 ( 控 除 限 度 額 )の 範 囲 内 で 控 除

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

 

  (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控 除 等 Q&A( 源 泉 所 得 税 関 係 ) 平 成 27 年 9 月 国 税 庁 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 9 号 )により 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 支 払 うべき 給 与 等 及 び 公 的 年 金 等 から 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控

More information

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります なお 利 子 の 支 払 いを 受 ける 際 に 源

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

002363-016第6号様式記載の手引.indd

002363-016第6号様式記載の手引.indd 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1)この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方 法

More information

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73>

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73> 山 形 県 公 営 企 業 資 産 運 用 事 業 会 決 算 書 目 次 1 決 算 書 1 決 算 報 告 書 1 2 損 益 算 書 5 3 剰 余 金 算 書 8 4 剰 余 金 処 分 算 書 ( 案 ) 9 5 貸 借 対 照 表 11 2 事 業 報 告 書 1 概 況 13 2 業 務 13 3 会 14 3 決 算 附 属 書 1 収 益 費 用 明 細 書 15 2 固 定 資

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 要 項 事 務 部 長 裁 定 平 成 4 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 6 年 1 月 1 日 一 部 改 正 平 成 16 年 9 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超 5 神 奈 川 県 の 県 税 県 税 相 談 神 奈 川 県 の 県 税 県 民 の 声 相 談 室 (かながわ 県 民 センター2 階 神 奈 川 区 鶴 屋 町 2-24-2) 土 日 祝 日 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 日 ) を 除 く 毎 日 ( 午 前 9 時 ~12 時 午 後 1 時 ~4 時 ) 平 成 24 年 度 地 方 財 政 計 画 によると 都 道

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information