第1章 総則

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第1章 総則"

Transcription

1 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共 の 福 祉 の 増 進 に 資 することを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 商 店 街 振 興 組 合 と 称 する ( 地 区 ) 第 3 条 本 組 合 の 地 区 は 県 ( 都 道 府 ) 市 ( 区 ) 町 丁 目 の 区 域 とす る ( 注 1) 町 丁 目 の 一 部 が 区 域 に 含 まれる 場 合 は 町 丁 目 番 号 から 番 号 まで あるいは 町 丁 目 番 号 から 番 号 までを 除 く ) のように 詳 細 に 記 載 すること ( 注 2) 道 路 に 面 する 地 番 により 地 区 を 設 定 する 場 合 は 町 丁 目 番 号 から 番 号 までのうち 通 り( 県 道 号 線 )に 面 する 区 域 のように 記 載 する こと ( 注 3) 地 区 の 決 定 に 際 しては 重 複 禁 止 規 定 等 があるので 事 前 に 行 政 庁 と 協 議 する こと ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 4 条 本 組 合 は 事 務 所 を 市 に 置 く ( 注 1) 主 たる 事 務 所 は 組 合 の 地 区 内 に 置 くこと ( 注 2) 従 たる 事 務 所 を 置 く 場 合 は 本 条 を 次 のように 記 載 すること ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 4 条 本 組 合 は 主 たる 事 務 所 を 市 に 従 たる 事 務 所 を 市 に 置 く ( 公 告 方 法 ) 第 5 条 本 組 合 の 公 告 は 本 組 合 の 掲 示 場 に 掲 示 してする 1

2 ( 注 1) 電 子 公 告 を 公 告 方 法 とする 場 合 には 本 条 を 次 のように 記 載 すること ( 公 告 方 法 ) 第 5 条 本 組 合 の 公 告 は 電 子 公 告 とする ただし 事 故 その 他 やむを 得 ない 事 由 によ って 電 子 公 告 による 公 告 をすることができない 場 合 の 公 告 方 法 は 官 報 に 掲 載 する 方 法 とする ( 注 2) 掲 載 する 新 聞 の 発 行 地 を 特 定 する 場 合 は 本 条 を 次 のように 記 載 すること ( 公 告 方 法 ) 第 5 条 本 組 合 の 公 告 は 県 ( 都 道 府 )( 又 は 仙 台 市 内 )において 発 行 する 新 聞 に 掲 載 してする ( 規 約 等 ) 第 6 条 この 定 款 で 定 めるもののほか 必 要 な 事 項 は 規 約 等 で 定 める 2 規 約 及 び 共 済 規 程 の 設 定 変 更 又 は 廃 止 は 総 会 の 議 決 を 経 なければならない ( 注 ) 共 済 事 業 を 実 施 しない 場 合 は 見 出 し 及 び 第 1 項 中 の 規 約 等 を 規 約 に 変 更 するとともに 第 2 項 中 の 及 び 共 済 規 程 を 削 除 すること 第 2 章 事 業 ( 事 業 ) 第 7 条 本 組 合 は 第 1 条 の 目 的 を 達 成 するため 次 の 事 業 を 行 う (1) 組 合 員 の 取 扱 品 の 販 売 に 関 する 共 同 事 業 (2) 組 合 員 の 取 扱 品 の 購 買 に 関 する 共 同 事 業 (3) 組 合 員 の 取 扱 品 の 保 管 に 関 する 共 同 事 業 (4) 組 合 員 の 取 扱 品 の 運 送 に 関 する 共 同 事 業 (5) 組 合 員 の 取 扱 品 の 検 査 に 関 する 共 同 事 業 (6) 組 合 員 のためにする 前 払 式 証 票 ( )の 発 行 (7) 組 合 員 のためにする 割 賦 購 入 あっせんその 他 販 売 方 法 に 関 する 共 同 事 業 (8) 組 合 員 に 対 する 事 業 資 金 の 貸 付 け( 手 形 の 割 引 を 含 む ) 及 び 組 合 員 のためにす るその 借 入 れ (9) 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 第 4 章 の 規 定 による 労 働 保 険 事 務 組 合 と しての 業 務 (10) 組 合 員 のためにする 火 災 によりその 財 産 に 生 ずることのある 損 害 をうめるための 共 済 事 業 (11) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (12) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 に 関 する 事 業 (13) 組 合 員 の 事 業 に 係 る 休 日 開 店 又 は 閉 店 の 時 刻 等 に 関 する 指 導 2

3 (14) 組 合 員 の 従 業 員 の 集 団 的 雇 入 れに 関 する 事 業 (15) 組 合 員 の 従 業 員 の 賃 金 労 働 時 間 宿 舎 等 の 労 働 条 件 の 改 善 に 関 する 事 業 (16) 街 路 灯 アーケード 駐 車 場 物 品 預 り 所 休 憩 所 等 組 合 員 及 び 一 般 公 衆 の 利 便 を 図 るための 事 業 (17) 組 合 員 の 事 業 の 発 展 に 資 するためにする 組 合 の 地 区 内 の 土 地 の 合 理 的 利 用 に 関 す る 計 画 の 設 定 及 びその 実 施 についての 組 合 員 に 対 する 助 言 (18) 組 合 員 が 建 築 協 定 を 締 結 する 場 合 におけるあっせん (19) 組 合 員 のためにする 倉 荷 証 券 の 発 行 (20) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 2 第 1 項 第 10 号 に 掲 げる 火 災 等 の 損 害 をうめるための 共 済 事 業 の 内 容 及 び 実 施 に 関 する 事 項 は 共 済 規 程 で 定 めるものとする 3 第 1 項 第 10 号 の 規 定 により 火 災 共 済 契 約 を 実 施 する 場 合 は 共 済 契 約 者 1 人 の 共 済 金 額 の 総 額 が 万 円 を 超 えてはならないものとする 4 第 1 項 第 11 号 の 規 定 により 慶 弔 見 舞 金 を 給 付 する 場 合 の 給 付 金 額 は 万 円 を 超 えてはならないものとする ( 注 1) 実 施 を 予 定 していない 事 業 は 記 載 しないこと ( 注 2) 事 業 の 記 載 に 当 たっては 実 施 する 共 同 事 業 の 内 容 に 即 して 明 確 な 表 現 で 具 体 的 に 列 挙 すること ( 注 3) 第 1 項 第 6 号 の 事 業 を 実 施 する 場 合 は 次 の 様 に 実 施 を 予 定 している 前 払 式 証 票 を 具 体 的 に 記 載 すること (6) 組 合 員 のためにする 前 払 式 証 票 ( 商 品 券 )の 発 行 (6) 組 合 員 のためにする 前 払 式 証 票 (プリペードカード 等 )の 発 行 ( 注 4) 第 3 項 の 規 定 は 共 済 契 約 者 1 人 につき 共 済 金 額 が 30 万 円 第 4 項 の 規 定 は 給 付 事 由 毎 に 給 付 金 額 が 10 万 円 を 超 えない 範 囲 内 で 記 載 すること ( 注 5) 第 1 項 第 10 号 の 事 業 を 実 施 する 組 合 は 次 の 規 定 を 置 くこと ( 共 済 金 額 の 削 減 及 び 共 済 掛 金 の 追 徴 ) 第 7 条 の2 共 済 事 業 に 損 失 を 生 じた 場 合 であって 積 立 金 その 他 の 取 崩 しにより 補 て んすることができない 場 合 は 総 会 の 議 決 により 共 済 金 を 削 減 し 又 は 共 済 掛 金 を 追 徴 することができるものとする 2 共 済 金 の 削 減 は 損 失 金 をその 事 業 年 度 に 支 払 う 共 済 金 総 額 と 個 々の 共 済 契 約 者 等 に 支 払 う 共 済 金 との 割 合 により 個 々の 共 済 契 約 者 に 割 り 当 てて 行 うものとする 3 共 済 掛 金 の 追 徴 は 損 失 金 をその 事 業 年 度 の 各 共 済 契 約 者 より 徴 収 する 共 済 掛 金 の 総 額 と 各 共 済 契 約 者 より 徴 収 する 共 済 掛 金 との 割 合 により 各 共 済 契 約 者 に 割 り 当 て て 行 うものとする 第 3 章 組 合 員 3

4 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 一 に 掲 げる 者 とする (1) 組 合 の 地 区 内 において 小 売 商 業 を 営 む 者 (2) 組 合 の 地 区 内 においてサービス 業 を 営 む 者 (3) 組 合 の 地 区 内 において 前 2 号 以 外 の 事 業 を 営 む 者 (4) ( 注 1) 事 業 を 営 む とは 営 利 を 目 的 として 事 業 を 反 復 継 続 して 行 うことを 意 味 す る ( 注 2) 事 業 を 営 まない 事 業 者 を 含 める 場 合 には 第 3 号 中 事 業 を 営 む 者 とあるの は 事 業 を 行 う 者 と 書 き 替 えること ( 注 3) 第 4 号 は 第 1 号 から 第 3 号 まで 以 外 の 者 に 組 合 員 資 格 を 与 える 場 合 に 記 載 す る ( 加 入 及 び 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 9 条 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 本 組 合 の 承 諾 を 得 て 本 組 合 に 加 入 することが できる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する 3 前 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 引 受 出 資 口 数 に 応 ずる 出 資 金 の 払 込 みを 了 したとき( 持 分 の 全 部 又 は 一 部 を 承 継 することにより 加 入 する 場 合 は それを 承 継 したとき)に 組 合 員 となる ( 注 1) 本 条 は 持 分 の 計 算 について 改 算 方 式 をとる 組 合 で 脱 退 者 の 払 戻 しについて 各 組 合 員 の 出 資 額 を 限 度 とする 組 合 及 び 持 分 の 計 算 について 加 算 方 式 をとる 組 合 で 脱 退 者 の 持 分 の 払 戻 しについて 全 額 払 戻 し 又 は 各 組 合 員 の 出 資 額 以 上 を 払 い 戻 す 組 合 にあっては 本 条 を 次 のように 記 載 すること ( 加 入 及 び 加 入 者 の 出 資 払 込 み 並 びに 加 入 金 ) 第 9 条 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 本 組 合 の 承 諾 を 得 て 本 組 合 に 加 入 することが できる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する 3 本 組 合 は 第 1 項 の 加 入 者 から 加 入 金 を 徴 収 することができる 4 前 項 の 加 入 金 の 額 は 総 会 において 定 める 5 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 引 受 出 資 口 数 に 応 ずる 出 資 金 の 払 込 み 及 び 加 入 金 を 徴 収 する 場 合 はその 加 入 金 全 額 の 払 込 みを 了 したとき( 持 分 を 承 継 することにより 加 入 す る 場 合 は それを 承 継 したとき)に 組 合 員 となる ( 注 2) 加 入 者 に 加 入 に 係 る 事 務 手 続 き 費 用 を 負 担 させる 組 合 にあっては 本 条 を 次 の ように 記 載 すること ( 加 入 及 び 加 入 者 の 出 資 払 込 み 並 びに 加 入 手 数 料 ) 第 9 条 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 本 組 合 の 承 諾 を 得 て 本 組 合 に 加 入 することが できる 4

5 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する 3 本 組 合 は 第 1 項 の 加 入 者 から 加 入 手 数 料 を 徴 収 することができる 4 前 項 の 加 入 手 数 料 の 額 は 総 会 において 定 める 5 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 引 受 出 資 口 数 に 応 ずる 出 資 金 の 払 込 みを 了 したとき( 持 分 を 承 継 することにより 加 入 する 場 合 は それを 承 継 したとき)に 組 合 員 となる ( 相 続 加 入 ) 第 10 条 死 亡 した 組 合 員 の 相 続 人 で 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 の1 人 が 相 続 開 始 後 30 日 以 内 に 加 入 の 申 出 をしたときは 前 条 の 規 定 にかかわらず 相 続 開 始 のときに 組 合 員 となったものとみなす 2 前 項 の 規 定 により 加 入 の 申 出 をしようとする 者 は 他 の 相 続 人 の 同 意 書 を 提 出 しな ければならない ( 書 面 又 は 代 理 人 による 議 決 権 又 は 選 挙 権 の 行 使 ) 第 11 条 組 合 員 は 各 1 個 の 議 決 権 及 び 選 挙 権 を 有 する 2 組 合 員 は 第 35 条 第 1 項 の 規 定 によりあらかじめ 通 知 のあった 事 項 につき 書 面 又 は 代 理 人 をもって 議 決 権 又 は 選 挙 権 を 行 使 することができる この 場 合 は その 組 合 員 の 親 族 若 しくは 常 時 使 用 する 使 用 人 又 は 他 の 組 合 員 でなければ 代 理 人 となるこ とができない 3 前 項 の 規 定 により 議 決 権 又 は 選 挙 権 を 行 使 する 者 は 出 席 者 とみなす 4 代 理 人 が 代 理 することができる 組 合 員 の 数 は 人 以 内 とする 5 代 理 人 は 代 理 権 を 証 する 書 面 を 本 組 合 に 提 出 しなければならない ( 注 1) 役 員 の 選 出 について 選 任 の 方 法 をとる 組 合 にあっては 本 条 第 1 項 中 の 又 は 選 挙 権 を 削 除 すること ( 注 2) 本 条 第 4 項 の 人 数 は 組 合 の 実 情 に 応 じ 4 人 までの 範 囲 内 において 適 宜 定 め ること ( 注 3) 電 磁 的 方 法 を 用 いる 組 合 にあっては 上 記 第 5 項 を 削 除 し 下 記 条 文 を 追 加 す ること 5 組 合 員 は 第 2 項 の 規 定 による 書 面 をもってする 議 決 権 の 行 使 に 代 えて 議 決 権 を 電 磁 的 方 法 により 行 うことができる 6 代 理 人 は 代 理 権 を 証 する 書 面 を 本 組 合 に 提 出 しなければならない この 場 合 に おいて 電 磁 的 方 法 により 議 決 権 を 行 うときは 書 面 の 提 出 に 代 えて 代 理 権 を 電 磁 的 方 法 により 証 明 することができる ( 経 費 の 賦 課 ) 第 12 条 本 組 合 は その 行 う 事 業 の 費 用 ( 使 用 料 又 は 手 数 料 をもって 充 てるべきもの を 除 く )に 充 てるため 組 合 員 に 経 費 を 賦 課 することができる 2 前 項 の 経 費 の 額 その 徴 収 の 時 期 及 び 方 法 その 他 必 要 な 事 項 は 総 会 において 定 め 5

6 る ( 使 用 料 又 は 手 数 料 ) 第 13 条 本 組 合 は その 行 う 事 業 について 使 用 料 又 は 手 数 料 を 徴 収 することができる 2 前 項 の 使 用 料 又 は 手 数 料 は 規 約 で 定 める 額 又 は 率 を 限 度 として 理 事 会 で 定 める ( 自 由 脱 退 ) 第 14 条 組 合 員 は あらかじめ 本 組 合 に 通 知 したうえで 事 業 年 度 の 終 わりにおいて 脱 退 することができる 2 前 項 の 通 知 は 事 業 年 度 の 末 日 の 90 日 前 までに その 旨 を 記 載 した 書 面 でしなけ ればならない ( 注 ) 本 条 の 日 数 は 90 日 以 上 1 年 以 内 の 範 囲 内 で 適 宜 記 載 すること ( 除 名 ) 第 15 条 本 組 合 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 組 合 員 を 総 会 の 議 決 によって 除 名 するこ とができる この 場 合 において 本 組 合 は その 総 会 の 会 日 の 10 日 前 までに その 組 合 員 に 対 しその 旨 を 通 知 し かつ 総 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えるものとす る (1) 出 資 の 払 込 み 経 費 の 支 払 いその 他 本 組 合 に 対 する 義 務 を 怠 った 組 合 員 (2) 本 組 合 の 事 業 を 妨 げ 又 は 妨 げようとした 組 合 員 (3) 本 組 合 の 事 業 の 利 用 について 不 正 の 行 為 をした 組 合 員 (4) 犯 罪 その 他 本 組 合 の 信 用 を 失 う 行 為 をした 組 合 員 ( 脱 退 者 の 持 分 の 払 戻 し) 第 16 条 組 合 員 が 脱 退 したときは 組 合 員 の 本 組 合 に 対 する 出 資 額 ( 本 組 合 の 財 産 が 出 資 の 総 額 より 減 尐 したときは 当 該 出 資 額 から 当 該 減 尐 額 を 各 組 合 員 の 出 資 額 に 応 じて 減 額 した 額 )を 限 度 として 持 分 を 払 い 戻 すものとする ただし 除 名 による 場 合 は その 半 額 とする ( 注 1) 本 条 は 持 分 の 計 算 について 改 算 方 式 をとる 組 合 で 脱 退 者 の 持 分 の 払 戻 しにつ いて 各 組 合 員 の 出 資 額 を 限 度 とする 組 合 の 規 定 である ( 注 2) 持 分 の 計 算 について 全 額 払 戻 しを 行 う 組 合 にあっては 本 条 を 次 のように 記 載 すること ( 脱 退 者 の 持 分 の 払 戻 し) 第 16 条 組 合 員 が 脱 退 したときは その 持 分 の 全 額 を 払 い 戻 すものとする ただし 除 名 による 場 合 は その 半 額 とする ( 注 3) 持 分 の 計 算 について 帳 簿 価 額 を 限 度 とする 組 合 にあっては 本 条 を 次 のように 記 載 すること 6

7 ( 脱 退 者 の 持 分 の 払 戻 し) 第 16 条 組 合 員 が 脱 退 したときは 当 該 事 業 年 度 末 の 決 算 貸 借 対 照 表 における 出 資 金 利 益 準 備 金 資 本 剰 余 金 特 別 積 立 金 繰 越 損 益 金 の 合 計 額 に 当 期 純 利 益 金 額 のうち 本 組 合 に 留 保 した 金 額 ( 教 育 情 報 費 用 繰 越 金 を 除 く ) 又 は 当 期 純 損 失 金 額 を 加 減 した 金 額 ( 以 下 本 条 において 払 戻 対 象 金 額 という )( 本 組 合 の 財 産 が 払 戻 対 象 金 額 より 減 尐 したときは 払 戻 対 象 金 額 から 当 該 減 尐 額 を 減 額 した 金 額 )につき その 出 資 口 数 に 応 じて 算 定 した 金 額 を 限 度 として 持 分 を 払 い 戻 すものとする ただし 除 名 による 場 合 は その 半 額 とする ( 注 4) 各 組 合 員 の 出 資 額 を 限 度 とする 方 法 以 外 の 方 法 により 持 分 の 一 部 の 払 戻 しを 行 う 組 合 にあっては 払 戻 額 の 内 容 に 応 じて 適 宜 記 載 すること ただし これらの 組 合 にあっては 各 組 合 員 の 出 資 額 ( 組 合 の 財 産 が 出 資 の 総 額 より 減 尐 したとき は 当 該 出 資 額 から 当 該 減 尐 額 を 各 組 合 員 の 出 資 額 に 応 じて 減 額 した 額 )を 払 戻 額 の 下 限 とすること ( 出 資 口 数 の 減 少 ) 第 17 条 組 合 員 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 するときは 事 業 年 度 の 終 わりにおいて そ の 出 資 口 数 の 減 尐 を 請 求 することができる (1) 事 業 を 休 止 したとき (2) 事 業 の 一 部 を 廃 止 したとき (3)その 他 特 にやむを 得 ない 理 由 があるとき 2 前 項 の 請 求 は 事 業 年 度 の 末 日 の 90 日 前 までにその 旨 を 記 載 した 書 面 でしなけれ ばならない 3 本 組 合 は 第 1 項 の 請 求 があったときは 理 事 会 において その 諾 否 を 決 する 4 出 資 口 数 の 減 尐 については 第 16 条 ( 脱 退 者 の 持 分 の 払 戻 し)の 規 定 を 準 用 する ( 注 ) 本 条 第 2 項 の 日 数 は 第 14 条 第 2 項 で 定 めた 日 数 とすること ( 組 合 員 名 簿 の 作 成 備 置 き 及 び 閲 覧 等 ) 第 18 条 本 組 合 は 組 合 員 名 簿 を 作 成 し 各 組 合 員 について 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 す るものとする (1) 氏 名 又 は 名 称 ( 法 人 組 合 員 にあっては 名 称 及 びその 代 表 者 名 並 びに 資 本 金 の 額 又 は 出 資 の 総 額 及 び 常 時 使 用 する 従 業 員 の 数 ) 及 び 住 所 又 は 居 所 (2) 加 入 の 年 月 日 (3) 出 資 口 数 及 び 金 額 並 びにその 払 込 みの 年 月 日 2 本 組 合 は 組 合 員 名 簿 を 事 務 所 に 備 え 置 くものとする 3 組 合 員 及 び 本 組 合 の 債 権 者 は 本 組 合 に 対 して その 業 務 取 扱 時 間 内 は いつでも 組 合 員 名 簿 の 閲 覧 又 は 謄 写 の 請 求 をすることができる この 場 合 においては 本 組 合 は 正 当 な 理 由 がないのにこれを 拒 むことができない 4 組 合 員 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 するときは 7 日 以 内 に 本 組 合 に 届 け 出 なければな 7

8 らない (1) 氏 名 又 は 名 称 ( 法 人 組 合 員 にあっては 名 称 及 びその 代 表 者 名 ) 又 は 事 業 を 行 う 場 所 を 変 更 したとき (2) 事 業 の 全 部 又 は 一 部 を 休 止 し 若 しくは 廃 止 したとき ( 注 1) 組 合 員 名 簿 を 電 磁 的 記 録 ( 電 子 的 方 式 磁 気 的 方 式 その 他 人 の 知 覚 によって は 認 識 することができない 方 式 で 作 られる 記 録 であって 電 子 計 算 機 による 情 報 処 理 の 用 に 供 されるもので 磁 気 ディスクその 他 これに 準 ずる 方 法 により 一 定 の 情 報 を 確 実 に 記 録 しておくことができる 物 をもって 調 製 するファイルに 情 報 を 記 録 し たもの 以 下 同 じ )をもって 作 成 するときは 本 条 を 次 のように 記 載 すること ( 組 合 員 名 簿 の 作 成 備 置 き 及 び 閲 覧 等 ) 第 18 条 本 組 合 は 組 合 員 名 簿 を 作 成 し 各 組 合 員 について 次 に 掲 げる 事 項 を 記 録 す るものとする (1) 氏 名 又 は 名 称 ( 法 人 組 合 員 にあっては 名 称 及 びその 代 表 者 名 並 びに 資 本 金 の 額 又 は 出 資 の 総 額 及 び 常 時 使 用 する 従 業 員 の 数 ) 及 び 住 所 又 は 居 所 (2) 加 入 の 年 月 日 (3) 出 資 口 数 及 び 金 額 並 びにその 払 込 みの 年 月 日 2 本 組 合 は 組 合 員 名 簿 を 事 務 所 に 備 え 置 くものとする 3 組 合 員 及 び 本 組 合 の 債 権 者 は 本 組 合 に 対 して その 業 務 取 扱 時 間 内 は いつでも 組 合 員 名 簿 の 閲 覧 又 は 謄 写 の 請 求 をすることができる この 場 合 においては 本 組 合 は 正 当 な 理 由 がないのにこれを 拒 むことができない 4 組 合 員 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 するときは 7 日 以 内 に 本 組 合 に 届 け 出 なければな らない (1) 氏 名 及 び 名 称 ( 法 人 組 合 員 にあっては 名 称 及 びその 代 表 者 名 ) 又 は 事 業 を 行 う 場 所 を 変 更 したとき (2) 事 業 の 全 部 又 は 一 部 を 休 止 し 若 しくは 廃 止 したとき (3) 資 本 金 の 額 又 は 出 資 の 総 額 が 円 を 超 え かつ 常 時 使 用 する 従 業 員 の 数 が 人 を 超 えたとき ( 注 2) 従 たる 事 務 所 がある 場 合 には 本 条 第 2 項 を 次 のように 記 載 すること 2 本 組 合 は 組 合 員 名 簿 を 主 たる 事 務 所 に 備 え 置 くものとする ( 過 怠 金 ) 第 19 条 本 組 合 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 組 合 員 に 対 し 総 会 の 議 決 により 円 以 下 の 過 怠 金 を 課 すことができる この 場 合 において 本 組 合 は その 総 会 の 会 日 の 10 日 前 までにその 組 合 員 に 対 して その 旨 を 通 知 し かつ 総 会 において 弁 明 す る 機 会 を 与 えるものとする (1) 第 15 条 第 1 号 から 第 3 号 までに 掲 げる 行 為 のあった 組 合 員 (2) 前 条 第 4 項 の 規 定 による 届 出 をせずに 又 は 虚 偽 の 届 出 をした 組 合 員 8

9 ( 延 滞 金 ) 第 20 条 本 組 合 は 組 合 員 が 使 用 料 手 数 料 経 費 過 怠 金 その 他 本 組 合 に 対 する 債 務 を 履 行 しない 場 合 は 履 行 の 期 限 の 到 来 した 日 の 翌 日 から 履 行 の 日 まで 年 利 %の 割 合 で 延 滞 金 を 徴 収 することができる 第 4 章 出 資 及 び 持 分 ( 出 資 1 口 の 金 額 ) 第 21 条 出 資 1 口 の 金 額 は 円 とする ( 注 1) 出 資 1 口 の 金 額 は 組 合 の 事 業 規 模 等 を 考 慮 して 適 宜 定 めること ( 注 2) 出 資 最 低 口 数 を 設 ける 組 合 にあっては 本 条 を 次 のように 記 載 すること ( 出 資 1 口 の 金 額 ) 第 21 条 出 資 1 口 の 金 額 は 円 とする 2 組 合 員 は 口 以 上 を 持 たなければならない ( 出 資 の 払 込 み) 第 22 条 出 資 は 一 時 に 全 額 を 払 い 込 まなければならない ( 持 分 ) 第 23 条 組 合 員 の 持 分 は 本 組 合 の 正 味 資 産 につき その 出 資 口 数 に 応 じて 算 定 する 2 持 分 の 算 定 に 当 たっては 円 未 満 の 端 数 は 切 り 捨 てるものとする ( 注 1)これは 持 分 の 計 算 について 改 算 方 式 をとる 場 合 の 規 定 であるが 加 算 方 式 を 採 用 する 場 合 は 次 のように 記 載 すること ( 持 分 ) 第 23 条 組 合 員 の 持 分 は 次 の 基 準 により 算 定 する (1) 出 資 金 については 各 組 合 員 の 出 資 額 により 算 定 する (2) 資 本 剰 余 金 については 各 組 合 員 の 出 資 額 により 事 業 年 度 末 ごとに 算 定 加 算 す る (3) 利 益 準 備 金 特 別 積 立 金 及 びその 他 の 積 立 金 については 各 組 合 員 が 本 組 合 の 事 業 を 利 用 した 分 量 に 応 じて 事 業 年 度 末 ごとに 算 定 加 算 する (4) 繰 越 剰 余 金 又 は 繰 越 損 失 金 については 各 組 合 員 の 出 資 額 により 算 定 する (5) 土 地 等 の 評 価 損 益 については 各 組 合 員 の 出 資 額 により 事 業 年 度 末 ごとに 算 定 し 加 算 又 は 減 算 する 2 準 備 金 又 は 積 立 金 により 損 失 のてん 補 をしたときは その 損 失 をてん 補 した 科 目 の 金 額 において 有 する 各 組 合 員 の 持 分 の 割 合 に 応 じてそのてん 補 分 を 算 定 し その 持 分 を 減 算 する 第 52 条 第 2 項 ただし 書 の 規 定 又 は 総 会 の 議 決 により 特 別 積 立 金 又 は その 他 の 積 立 金 を 損 失 のてん 補 以 外 の 支 出 に 充 てた 場 合 も 同 様 である 9

10 3 本 組 合 の 財 産 が 出 資 額 より 減 尐 したときの 持 分 は 各 組 合 員 の 出 資 額 により 算 定 する 4 持 分 の 算 定 に 当 たっては 円 未 満 の 端 数 は 切 り 捨 てるものとする ( 注 2) 土 地 等 の 評 価 は 時 価 評 価 とし その 評 価 方 法 については あらかじめ 規 約 等 で 定 めておくこと 第 5 章 役 員 顧 問 及 び 職 員 ( 役 員 ) 第 24 条 本 組 合 に 次 の 役 員 を 置 く (1) 理 事 人 以 上 人 以 内 (2) 監 事 人 以 上 人 以 内 2 理 事 のうち1 人 を 理 事 長 1 人 を 副 理 事 長 1 人 を 専 務 理 事 とし 理 事 会 において 選 出 する 3 理 事 のうち 組 合 員 又 は 組 合 員 たる 法 人 の 役 員 でない 者 は 〇 人 を 超 えることができ ない 4 監 事 のうち1 名 以 上 は 組 合 員 又 は 組 合 員 たる 法 人 の 役 員 若 しくは 使 用 人 以 外 の 者 であって その 就 任 の 前 5 年 間 本 組 合 理 事 若 しくは 使 用 人 又 はその 子 会 社 の 取 締 役 会 計 参 与 ( 会 計 参 与 が 法 人 であるときは その 職 務 を 行 うべき 社 員 ) 執 行 役 員 若 し くは 使 用 人 でなかった 者 でなければならない ( 注 1) 理 事 の 定 数 は3 人 以 上 監 事 の 定 数 は1 人 以 上 であるが 単 に 人 以 上 又 は 人 以 内 と 記 載 しないこと ( 注 2) 定 数 の 上 限 と 下 限 の 幅 は できるだけ 尐 なく( 目 安 : 下 限 の2 割 程 度 )するこ と ( 注 3) 定 数 の 上 限 と 下 限 の 差 が1 名 のときは 人 又 は 人 と 記 載 すること ( 注 4) 定 数 に 幅 を 設 けない 場 合 は 人 と 記 載 すること ( 注 5) 副 理 事 長 制 や 専 務 理 事 制 をとらない 組 合 にあっては 適 宜 該 当 箇 所 を 削 除 す ること ( 注 6) 副 理 事 長 を2 人 以 上 置 く 組 合 にあっては 第 2 項 中 1 人 を 副 理 事 長 とある のは 人 を 副 理 事 長 と 改 めて 書 き 替 えること ( 注 7) 員 外 理 事 の 員 数 は 第 1 項 に 定 める 理 事 の 定 数 の 下 限 の3 分 の1 以 内 において 適 宜 確 定 数 を 記 載 すること ( 注 8) 第 4 項 の 規 定 は 組 合 員 数 が 事 業 年 度 開 始 の 時 点 で1,000 人 ( 共 済 事 業 を 実 施 する 組 合 の 組 合 員 に 組 合 が 加 入 している 場 合 には 組 合 員 である 組 合 の 組 合 員 数 を 加 味 した 数 )を 超 える 組 合 では 監 事 のうち 1 人 以 上 は 員 外 監 事 を 選 任 することを 義 務 付 けられていること 及 びこの 場 合 の 員 外 監 事 の 内 容 が 法 で 限 定 されていることを 前 提 とした 規 定 である したがって 組 合 員 数 が1,000 人 10

11 を 超 える 可 能 性 が 低 い 場 合 は 規 定 する 必 要 がない ( 注 9) 員 外 役 員 を 認 めない 組 合 にあっては 第 3 項 を 次 のように 記 載 し 第 4 項 を 削 除 すること 3 本 組 合 の 役 員 は 組 合 員 又 は 組 合 員 たる 法 人 の 役 員 でなければならない ( 役 員 の 選 挙 ) 第 25 条 役 員 は 総 会 において 選 挙 する 2 役 員 の 選 挙 は 連 記 式 無 記 名 投 票 によって 行 う 3 有 効 投 票 の 多 数 を 得 た 者 を 当 選 人 とする ただし 得 票 数 が 同 じであるときは く じで 当 選 人 を 定 める また 当 選 人 が 辞 退 したときは 次 点 者 をもって 当 選 人 とする 4 第 2 項 の 規 定 にかかわらず 役 員 の 選 挙 は 出 席 者 全 員 の 同 意 があるときは 指 名 推 選 の 方 法 によって 行 うことができる 5 指 名 推 選 の 方 法 により 役 員 の 選 挙 を 行 う 場 合 における 被 指 名 人 の 選 定 は その 総 会 において 選 任 された 選 考 委 員 が 行 う 6 選 考 委 員 が 被 指 名 人 を 決 定 したときは その 被 指 名 人 をもって 当 選 とするかどうか を 総 会 にはかり 出 席 者 の 全 員 の 同 意 があった 者 をもって 当 選 人 とする ( 備 考 1) 役 員 の 選 挙 について 指 名 推 選 の 方 法 をとらない 組 合 であって 候 補 者 制 をと るものは 本 条 を 次 のように 記 載 すること ただし 員 外 役 員 を 認 めない 場 合 にあっては 第 1 項 第 2 号 の 規 定 を 削 除 する また 指 名 推 選 の 方 法 をとらない 組 合 であって 候 補 者 制 をとらないものは 第 1 項 を 役 員 は 総 会 において 選 挙 する と 書 き 替 えるとともに 第 4 項 第 5 項 及 び 第 6 項 の 規 定 を 記 載 しないこと ( 役 員 の 選 挙 ) 第 25 条 役 員 は 次 に 掲 げる 者 のうちから 総 会 において 選 挙 する (1) 組 合 員 又 は 組 合 員 たる 法 人 の 役 員 であって 立 候 補 し 又 は 理 事 会 若 しくは 人 以 上 の 組 合 員 から 推 薦 を 受 けた 者 (2) 組 合 員 又 は 組 合 員 たる 法 人 の 役 員 でない 者 であって 理 事 会 若 しくは 人 以 上 の 組 合 員 から 推 薦 を 受 けた 者 ( 注 ) 推 薦 制 をとる 場 合 にも 立 候 補 制 を 併 用 すること 2 役 員 の 選 挙 は 連 記 式 無 記 名 投 票 によって 行 う 3 有 効 投 票 の 多 数 を 得 た 者 を 当 選 人 とする ただし 得 票 数 が 同 じであるときは く じで 当 選 人 を 定 める また 当 選 人 が 辞 退 したときは 次 点 者 をもって 当 選 人 とする 4 第 1 項 の 規 定 による 立 候 補 者 又 は 推 薦 を 受 けた 者 の 数 が 選 挙 すべき 役 員 の 数 を 超 えないときは 投 票 を 行 わず その 者 を 当 選 人 とする ( 備 考 2) 投 票 を 単 記 式 によって 行 う 組 合 にあっては 第 2 項 中 連 記 式 無 記 名 投 票 とあるのは 単 記 式 無 記 名 投 票 と 書 き 替 えること ( 備 考 3) 役 員 の 選 出 につき 選 任 の 方 法 をとる 組 合 にあっては 本 条 を 次 のように 記 載 11

12 すること ( 役 員 の 選 任 ) 第 25 条 役 員 の 選 任 は 総 会 の 議 決 による 2 前 項 の 議 決 は 推 薦 会 議 において 推 薦 された 者 ( 以 下 候 補 者 という )につい て 行 う 3 推 薦 会 議 は 別 表 に 掲 げる 地 域 毎 に 同 表 に 掲 げる 人 数 の 推 薦 委 員 をもって 構 成 する 4 推 薦 委 員 は 前 項 の 地 域 に 属 する 組 合 員 を 代 表 するものとして 当 該 地 域 に 属 する 組 合 員 の 過 半 数 の 承 認 を 得 て 選 出 する 5 推 薦 会 議 が 役 員 の 候 補 者 を 決 定 する 場 合 は その 構 成 員 の 過 半 数 が 出 席 し その3 分 の2 以 上 の 多 数 の 賛 成 がなければならない 6 第 1 項 の 議 決 は 無 記 名 投 票 によって 行 う ただし 総 会 において 出 席 者 の 議 決 権 の3 分 の2 以 上 の 多 数 による 議 決 により 投 票 以 外 の 方 法 を 定 めた 場 合 はその 方 法 による 7 2 人 以 上 の 理 事 又 は 監 事 を 選 任 する 場 合 にあっては 第 1 項 の 議 決 は 候 補 者 を 区 分 して 行 ってはならない 8 役 員 の 選 任 に 関 する 事 項 は 本 条 で 定 めるもののほか 規 約 で 定 める ( 注 1) 推 薦 会 議 の 構 成 員 は 地 域 によるほか 業 種 規 模 等 組 合 員 を 適 切 に 代 表 しうる 妥 当 な 基 準 に 基 づき 定 款 で 定 める 区 分 毎 に 選 出 してよい ( 注 2) 総 代 会 を 置 く 組 合 にあっては 総 会 とあるのは 総 代 会 と 組 合 員 とあるのは 総 代 と 書 き 替 えるものとし 総 代 の 選 挙 の 際 に 基 礎 となる 別 表 に 掲 げる 地 域 等 の 区 分 又 はそのいくつかを 統 合 した 区 分 毎 に 選 出 してもよい ( 注 3) 推 薦 会 議 の 構 成 員 を 選 挙 により 選 出 する 組 合 にあっては 当 該 地 域 に 属 する 組 合 員 の 過 半 数 の 承 認 を 得 て 選 出 する を 当 該 地 域 に 属 する 組 合 員 による 選 挙 に より 選 出 する と 書 き 替 えるものとする ( 役 員 の 任 期 ) 第 26 条 役 員 の 任 期 は 次 のとおりとする (1) 理 事 年 又 は 任 期 中 の 第 回 目 の 通 常 総 会 の 終 結 時 までのいずれか 短 い 期 間 ただし 就 任 後 第 回 目 の 通 常 総 会 が 年 を 過 ぎて 開 催 される 場 合 にはその 総 会 の 終 結 時 まで 任 期 を 伸 長 する (2) 監 事 年 又 は 任 期 中 の 第 回 目 の 通 常 総 会 の 終 結 時 までのいずれか 短 い 期 間 ただし 就 任 後 第 回 目 の 通 常 総 会 が 年 を 過 ぎて 開 催 される 場 合 にはその 総 会 の 終 結 時 まで 任 期 を 伸 長 する 2 補 欠 ( 定 数 の 増 加 に 伴 う 場 合 の 補 充 を 含 む )のため 選 出 された 役 員 の 任 期 は 現 任 者 の 残 任 期 間 とする 3 理 事 又 は 監 事 の 全 員 が 任 期 満 了 前 に 退 任 した 場 合 において 新 たに 選 出 された 役 員 の 任 期 は 第 1 項 に 規 定 する 任 期 とする 4 任 期 の 満 了 又 は 辞 任 によって 退 任 した 役 員 は その 退 任 により 前 条 に 定 めた 理 事 又 は 監 事 の 定 数 の 下 限 の 員 数 を 欠 くこととなった 場 合 には 新 たに 選 出 された 役 員 が 12

13 就 任 するまでなお 役 員 としての 職 務 を 行 う ( 注 1) 役 員 の 任 期 は 理 事 については2 年 監 事 については4 年 を 超 えることができ ないので それぞれの 範 囲 で 適 宜 定 めること ( 注 2) 監 事 の 職 務 ( 第 28 条 )について 会 計 監 査 に 関 するものに 限 定 する 旨 の 規 定 から 業 務 監 査 権 限 を 与 える 旨 の 規 定 に 変 更 した 場 合 監 事 の 任 期 は 定 款 変 更 の 効 力 が 生 じたときに 満 了 するので 注 意 すること ( 注 3) 定 数 に 幅 を 設 けない 場 合 は 下 線 部 を 削 除 すること ( 代 表 理 事 の 職 務 等 ) 第 27 条 理 事 長 を 代 表 理 事 とする 2 理 事 長 は 本 組 合 の 業 務 に 関 する 一 切 の 裁 判 上 又 は 裁 判 外 の 行 為 をする 権 限 を 有 し 本 組 合 を 代 表 し 本 組 合 の 業 務 を 執 行 する 3 任 期 の 満 了 又 は 辞 任 により 退 任 した 理 事 長 は 新 たに 選 任 された 理 事 長 が 就 任 する まで なお 理 事 長 としての 権 利 義 務 を 有 する 4 本 組 合 は 理 事 長 その 他 の 代 理 人 が その 職 務 を 行 う 際 他 人 に 加 えた 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 有 する 5 理 事 長 の 代 表 権 に 加 えた 制 限 は 善 意 の 第 三 者 に 対 抗 できない 6 理 事 長 は 総 会 の 議 決 によって 禁 止 されないときに 限 り 特 定 の 行 為 の 代 理 を 他 人 に 委 任 することができる 7 本 組 合 は 代 表 理 事 以 外 の 理 事 に 副 理 事 長 及 び 専 務 理 事 その 他 組 合 を 代 表 する 権 限 を 有 するものと 認 められる 名 称 を 付 した 場 合 には 当 該 理 事 がした 行 為 について 善 意 の 第 三 者 に 対 してその 責 任 を 負 う ( 監 事 の 職 務 ) 第 28 条 監 事 は いつでも 会 計 の 帳 簿 及 び 書 類 の 閲 覧 若 しくは 謄 写 をし 又 は 理 事 及 び 職 員 に 対 して 会 計 に 関 する 報 告 を 求 めることができる 2 監 事 は その 職 務 を 行 うため 特 に 必 要 があるときは 本 組 合 の 業 務 及 び 財 産 の 状 況 を 調 査 することができる ( 注 ) 監 事 に 理 事 の 業 務 監 査 権 限 を 与 える 組 合 にあっては P24 のように 記 載 するこ と ( 理 事 の 忠 実 義 務 ) 第 29 条 理 事 は 法 令 定 款 及 び 規 約 の 定 め 並 びに 総 会 の 議 決 を 遵 守 し 本 組 合 のた め 忠 実 にその 職 務 を 遂 行 しなければならない ( 理 事 及 び 監 事 の 報 酬 ) 13

14 第 30 条 役 員 に 対 する 報 酬 は 理 事 と 監 事 を 区 分 して 総 会 において 定 める ( 注 1) 理 事 と 監 事 の 報 酬 は 総 会 において 一 括 して 定 めず 理 事 と 監 事 を 区 分 して 定 め ること ( 注 2) 理 事 監 事 の 報 酬 を 定 款 で 以 下 の 様 に 定 めることもできる ( 理 事 及 び 監 事 の 報 酬 ) 第 30 条 理 事 及 び 監 事 の 報 酬 は 理 事 については 総 額 円 以 内 監 事 については 総 額 円 以 内 とする ( 注 3) 監 事 に 理 事 の 業 務 監 査 権 限 を 与 える 組 合 にあっては 第 30 条 ( 理 事 及 び 監 事 の 報 酬 )の 次 に( 役 員 の 責 任 免 除 )を 追 加 し 第 31 条 ( 員 外 理 事 及 び 員 外 監 事 との 責 任 限 定 契 約 ) 以 下 を 繰 り 下 げる なお ( 役 員 の 責 任 免 除 )の 条 文 は P 24 のように 記 載 すること ( 員 外 理 事 及 び 員 外 監 事 との 責 任 限 定 契 約 ) 第 31 条 本 組 合 は 員 外 理 事 及 び 員 外 監 事 と 商 店 街 振 興 組 合 法 ( 以 下 法 という ) 第 51 条 第 9 項 において 準 用 する 会 社 法 第 427 条 の 規 定 に 基 づく 責 任 限 定 契 約 を 締 結 することができる 2 前 項 に 基 づき 締 結 される 責 任 限 定 契 約 に 記 載 することができる 額 は 円 以 内 と する ( 注 ) 責 任 限 定 契 約 を 締 結 する 必 要 がない 場 合 や 員 外 役 員 に 報 酬 を 支 払 わない 場 合 は 規 定 する 必 要 はない ( 顧 問 及 び 相 談 役 ) 第 32 条 本 組 合 に 顧 問 及 び 相 談 役 を 置 くことができる 2 顧 問 は 学 識 経 験 のある 者 のうちから 又 相 談 役 は 本 組 合 に 多 年 の 功 労 のあった 者 の うちから それぞれ 理 事 会 の 議 決 を 経 て 理 事 長 が 委 嘱 する ( 職 員 ) 第 33 条 本 組 合 に 職 員 を 置 くことができる 2 職 員 に 関 して 必 要 な 事 項 は 理 事 会 において 定 める 第 6 章 総 会 理 事 会 及 び 委 員 会 ( 総 会 の 招 集 ) 第 34 条 総 会 は 通 常 総 会 及 び 臨 時 総 会 とする 2 通 常 総 会 は 毎 事 業 年 度 終 了 後 月 以 内 に 臨 時 総 会 は 必 要 があるときはいつでも 14

15 理 事 会 の 議 決 を 経 て 理 事 長 が 招 集 する ( 注 ) 通 常 総 会 の 開 催 時 期 に 関 する 商 店 街 振 興 組 合 法 上 の 規 定 は 存 在 しない 多 くの 組 合 では 毎 事 業 年 度 終 了 後 2 月 以 内 に 通 常 総 会 を 開 催 する 旨 規 定 しているが こ れは 法 人 税 法 上 の 確 定 申 告 期 限 との 整 合 性 から 規 定 しているものと 考 えられる し たがって 法 人 税 法 第 75 条 の2( 確 定 申 告 書 の 提 出 期 限 の 延 長 の 特 例 ) 及 び 法 人 税 基 本 通 達 ( 申 告 書 の 提 出 期 限 の 延 長 の 特 例 の 適 用 がある 法 人 )に 該 当 する 場 合 であって 確 定 申 告 の 提 出 期 限 の 延 長 が 可 能 な 場 合 には 毎 事 業 年 度 終 了 後 3 月 以 内 に 招 集 する 旨 の 規 定 を 置 くことが 可 能 である ( 総 会 招 集 の 手 続 ) 第 35 条 総 会 の 招 集 は 会 日 の 10 日 前 までに 到 達 するように 会 議 の 目 的 たる 事 項 及 びその 内 容 並 びに 日 時 及 び 場 所 を 記 載 した 書 面 を 各 組 合 員 に 発 してするものとする また 通 常 総 会 の 招 集 に 際 しては 決 算 関 係 書 類 事 業 報 告 書 及 び 監 査 報 告 書 を 併 せて 提 供 するものとする 2 前 項 の 書 面 をもってする 総 会 招 集 通 知 の 発 出 は 組 合 員 名 簿 に 記 載 したその 者 の 住 所 (その 者 が 別 の 通 知 を 受 ける 場 所 を 本 組 合 に 通 知 したときはその 場 所 )に 宛 てて 行 う 3 第 1 項 の 規 定 による 書 面 をもってする 総 会 招 集 通 知 は 通 常 到 達 すべきであったと きに 到 達 したものとみなす ( 注 1) 電 磁 的 方 法 を 用 いる 組 合 にあっては 第 3 項 以 下 に 下 記 条 文 を 追 加 すること 4 本 組 合 は 希 望 する 組 合 員 に 対 しては 第 1 項 の 規 定 による 総 会 招 集 通 知 並 びに 決 算 関 係 書 類 事 業 報 告 書 及 び 監 査 報 告 の 提 供 を 電 磁 的 方 法 により 行 うことができる 5 前 項 の 通 知 については 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 を 準 用 する この 場 合 において 第 2 項 中 総 会 招 集 通 知 の 発 出 は とあるのは 総 会 招 集 通 知 の 電 子 メールによる 発 出 は と 同 項 中 住 所 とあるのは 住 所 ( 電 子 メールアドレスを 含 む ) と 読 み 替 えるものとする 6 電 磁 的 方 法 について 必 要 な 事 項 は 規 約 で 定 める( 以 下 同 じ ) ( 注 2) 電 磁 的 方 法 に 関 する 規 約 設 定 にあっては P28 の 電 磁 的 方 法 (ウェブサイ ト 電 子 メール)による 組 合 運 営 に 関 する 規 約 ( 例 ) を 参 照 のうえ 作 成 し 総 会 の 決 議 を 得 ること ( 注 3) 役 員 の 選 挙 について 候 補 者 制 をとる 組 合 にあっては 第 6 項 を 第 7 項 とし 第 5 項 の 次 に 次 の1 項 を 追 加 すること 6 総 会 において 役 員 の 選 挙 を 行 う 場 合 には 第 1 項 の 通 知 書 に 立 候 補 者 及 び 被 推 薦 者 の 氏 名 を 記 載 しなければならない ( 注 4) 役 員 の 選 出 について 選 任 の 方 法 をとる 組 合 にあっては 第 6 項 を 第 7 項 とし 第 5 項 の 次 に 次 の1 項 を 追 加 すること 6 総 会 において 役 員 の 選 任 を 行 う 場 合 には 第 1 項 の 通 知 書 に 第 25 条 第 2 項 の 15

16 規 定 により 推 薦 された 候 補 者 の 氏 名 を 記 載 しなければならない ( 臨 時 総 会 の 招 集 請 求 ) 第 36 条 総 組 合 員 の5 分 の1 以 上 の 同 意 を 得 て 臨 時 総 会 の 招 集 を 請 求 しようとする 組 合 員 は 会 議 の 目 的 たる 事 項 及 び 招 集 の 理 由 を 記 載 した 書 面 を 理 事 会 に 提 出 するもの とする ( 注 ) 電 磁 的 方 法 を 用 いる 組 合 にあっては 下 記 条 文 を 追 加 すること 2 組 合 員 は 前 項 の 規 定 による 書 面 の 提 出 に 代 えて 電 磁 的 方 法 によりこれを 提 出 す ることができる ( 総 会 の 議 決 事 項 ) 第 37 条 総 会 においては 法 又 はこの 定 款 で 定 めるもののほか 次 の 事 項 を 議 決 する (1) 借 入 金 残 高 の 最 高 限 度 (2)1 組 合 員 に 対 する 貸 付 ( 手 形 の 割 引 を 含 む ) 残 高 の 最 高 限 度 (3)その 他 理 事 会 において 必 要 と 認 める 事 項 ( 注 ) 第 7 条 第 1 項 第 8 号 の 事 業 ( 金 融 事 業 )を 実 施 しない 組 合 にあっては 本 条 第 2 号 を 削 除 する ( 総 会 の 議 事 ) 第 38 条 総 会 の 議 事 は 総 組 合 員 の 半 数 以 上 が 出 席 し 第 3 項 ただし 書 及 び 次 条 に 規 定 する 場 合 を 除 き 出 席 者 の 過 半 数 で 決 し 可 否 同 数 のときは 議 長 の 決 するところ による 2 総 会 の 議 長 は 総 会 ごとに 出 席 した 組 合 員 又 は 組 合 員 たる 法 人 の 代 表 者 のうちか ら 選 任 する 3 議 長 は 組 合 員 として 総 会 の 議 決 に 加 わる 権 利 を 有 しない 4 総 会 においては 第 36 条 第 1 項 の 規 定 によりあらかじめ 通 知 した 事 項 についての み 議 決 することができる ただし 出 席 者 ( 書 面 又 は 代 理 人 により 議 決 権 又 は 選 挙 権 を 行 使 する 者 を 除 く )の3 分 の2 以 上 の 同 意 があった 場 合 は この 限 りでない 5 総 会 においては 延 期 又 は 続 行 の 議 決 をすることができる この 場 合 においては 第 36 条 第 1 項 の 規 定 は 適 用 しない ( 特 別 の 議 決 ) 第 39 条 次 の 事 項 は 総 組 合 員 の 半 数 以 上 が 出 席 し その 議 決 権 の3 分 の2 以 上 の 多 数 による 議 決 を 必 要 とする (1) 定 款 の 変 更 16

17 (2) 組 合 の 解 散 又 は 合 併 (3) 組 合 員 の 除 名 ( 総 会 の 議 事 録 ) 第 40 条 総 会 の 議 事 録 は 書 面 又 は 電 磁 的 記 録 をもって 作 成 するものとする 2 前 項 の 議 事 録 には 尐 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 しなければならない (1) 招 集 年 月 日 (2) 開 催 の 日 時 及 び 場 所 (3) 理 事 監 事 の 数 及 び 出 席 理 事 監 事 の 数 並 びにその 出 席 方 法 (4) 組 合 員 数 及 び 出 席 者 数 並 びにその 出 席 方 法 (5) 出 席 理 事 の 氏 名 (6) 出 席 監 事 の 氏 名 (7) 議 長 の 氏 名 (8) 議 事 録 の 作 成 に 係 る 職 務 を 行 った 理 事 の 氏 名 (9) 議 事 の 経 過 の 要 領 及 びその 結 果 ( 議 案 別 の 議 決 の 結 果 可 決 否 決 の 別 及 び 賛 否 の 議 決 権 数 ) (10) 監 事 が 総 会 において 監 事 の 選 任 解 任 若 しくは 辞 任 について 述 べた 意 見 又 は 総 会 において 述 べた 監 事 の 報 酬 等 についての 意 見 の 内 容 と 概 要 (11) 監 事 が 報 告 した 会 計 に 関 する 議 案 又 は 決 算 関 係 書 類 に 関 する 調 査 結 果 の 内 容 の 概 要 ( 注 1) 総 会 の 議 事 録 を 電 磁 的 記 録 をもって 作 成 しない 組 合 にあっては 部 を 削 除 すること ( 注 2) 監 事 に 理 事 の 業 務 監 査 権 限 を 与 える 組 合 にあっては P24 のように 記 載 する こと ( 理 事 会 ) 第 41 条 本 組 合 に 理 事 会 を 置 く 2 理 事 会 は 理 事 長 が 招 集 する 3 理 事 会 の 招 集 は 各 理 事 に 対 し 会 日 の1 週 間 前 までに 会 議 の 目 的 たる 事 項 日 時 及 び 場 所 につき 通 知 して 行 うものとする ただし 理 事 全 員 の 同 意 がある 場 合 は 招 集 の 手 続 を 経 ることなく 開 催 することができる 4 理 事 長 が 事 故 又 は 欠 員 のときは 副 理 事 長 が 理 事 長 及 び 副 理 事 長 がともに 事 故 又 は 欠 員 のときは 専 務 理 事 が 理 事 長 副 理 事 長 及 び 専 務 理 事 がともに 事 故 又 は 欠 員 のときは あらかじめ 理 事 会 において 定 めた 順 位 に 従 い 他 の 理 事 が 招 集 する 5 前 3 項 の 規 定 にかかわらず 理 事 は 必 要 があると 認 めるときはいつでも 理 事 長 に 対 し 会 議 の 目 的 たる 事 項 を 記 載 した 書 面 を 提 出 して 理 事 会 を 招 集 すべきことを 請 求 することができる 6 前 項 の 請 求 をした 理 事 は 同 項 の 請 求 をした 日 から5 日 以 内 に その 請 求 の 日 より 2 週 間 以 内 の 日 を 会 日 とする 理 事 会 の 招 集 通 知 が 発 せられないときは みずから 理 事 17

18 会 を 招 集 することができる ( 注 1) 副 理 事 長 制 や 専 務 理 事 制 をとらない 組 合 にあっては 適 宜 該 当 箇 所 を 削 除 す ること ( 注 2) 副 理 事 長 を2 人 以 上 置 く 組 合 にあっては 第 4 項 中 副 理 事 長 が とあるのは あらかじめ 理 事 会 において 定 めた 順 位 に 従 い 副 理 事 長 が と 書 き 替 えること ( 注 3) 理 事 会 の 招 集 手 続 については 1 週 間 を 下 回 る 期 間 を 定 款 で 定 めることができ る ( 注 4) 監 事 に 理 事 の 業 務 監 査 権 限 を 与 える 組 合 にあっては P25 のように 記 載 する こと ( 注 5) 電 磁 的 方 法 をとる 組 合 にあっては 下 記 条 文 を 追 加 すること 7 本 組 合 は 希 望 する 理 事 に 対 しては 第 1 項 の 規 定 による 理 事 会 招 集 通 知 を 電 磁 的 方 法 により 行 うことができる ( 理 事 会 の 議 決 事 項 ) 第 42 条 法 又 はこの 定 款 で 定 めるもののほか 次 の 事 項 は 理 事 会 の 議 決 を 経 なけれ ばならない (1) 総 会 に 提 出 する 議 案 (2)その 他 業 務 の 執 行 に 関 する 事 項 で 理 事 会 が 必 要 と 認 める 事 項 ( 理 事 会 の 議 事 等 ) 第 43 条 理 事 会 においては 理 事 長 がその 議 長 となる 2 理 事 会 における 各 理 事 の 議 決 権 は 各 1 個 とする 3 理 事 会 の 決 議 は 議 決 に 加 わることができる 理 事 の 過 半 数 が 出 席 し その 過 半 数 で 決 する 4 理 事 は 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 理 事 会 の 議 決 に 加 わることができる 5 第 3 項 の 決 議 について 特 別 の 利 害 関 係 を 有 する 理 事 は 議 決 に 加 わることができな い 6 前 項 の 規 定 により 議 決 に 加 わることができない 理 事 の 数 は 第 3 項 の 理 事 の 数 に 算 入 しない ( 注 ) 電 磁 的 方 法 をとらない 組 合 にあっては 部 を 削 除 する ( 理 事 会 の 議 事 録 ) 第 44 条 理 事 会 の 議 事 録 は 書 面 又 は 電 磁 的 記 録 をもって 作 成 し 出 席 した 理 事 及 び 監 事 は これに 署 名 し 又 は 記 名 押 印 するものとし 電 磁 的 記 録 をもって 作 成 した 場 合 には 出 席 した 理 事 及 び 監 事 は これに 電 子 署 名 を 付 するものとする 2 前 項 の 議 事 録 には 尐 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 するものとする 18

19 (1) 招 集 年 月 日 (2) 開 催 日 時 及 び 場 所 (3) 理 事 監 事 の 数 及 び 出 席 理 事 監 事 の 数 並 びにその 出 席 方 法 (4) 出 席 理 事 の 氏 名 (5) 出 席 監 事 の 氏 名 (6) 出 席 組 合 員 の 氏 名 (7) 議 長 の 氏 名 (8) 決 議 事 項 に 特 別 の 利 害 関 係 を 有 する 理 事 の 氏 名 (9) 議 事 経 過 の 要 領 及 びその 結 果 ( 議 案 別 の 議 決 の 結 果 可 決 否 決 の 別 及 び 賛 否 の 議 決 権 数 並 びに 賛 成 した 理 事 の 氏 名 及 び 反 対 した 理 事 の 氏 名 ) (10) 理 事 会 の 招 集 を 請 求 し 出 席 した 組 合 員 の 意 見 の 内 容 の 概 要 (11) 本 組 合 と 取 引 をした 理 事 の 報 告 の 内 容 の 概 要 (12)その 他 ( 理 事 会 が 次 に 掲 げるいずれかのものに 該 当 するときは その 旨 ) 1 招 集 権 者 以 外 の 理 事 による 招 集 権 者 に 対 する 理 事 会 の 招 集 請 求 による 理 事 の 請 求 を 受 けて 招 集 されたものである 場 合 2 1の 請 求 があった 日 から5 日 以 内 に その 請 求 があった 日 から2 週 間 以 内 の 日 を 理 事 会 の 日 とする 理 事 会 の 招 集 の 通 知 が 発 せられない 場 合 に その 請 求 をした 理 事 が 招 集 したものである 場 合 3 組 合 員 の 請 求 を 受 けて 招 集 されたものである 場 合 4 3の 請 求 があった 日 から5 日 以 内 に その 請 求 があった 日 から2 週 間 以 内 の 日 を 理 事 会 の 日 とする 理 事 会 の 招 集 の 通 知 が 発 せられない 場 合 に その 請 求 をした 組 合 員 が 招 集 したものである 場 合 3 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 の 理 事 会 の 議 事 録 は 当 該 各 号 に 定 める 事 項 を 内 容 とするも のとする (1) 理 事 が 理 事 会 の 決 議 の 目 的 である 事 項 について 提 案 をした 場 合 において 当 該 提 案 につき 理 事 ( 当 該 事 項 について 議 決 に 加 わることができるものに 限 る )の 全 員 が 書 面 又 は 電 磁 的 記 録 により 同 意 の 意 思 表 示 をし 当 該 提 案 を 可 決 する 旨 の 理 事 会 の 決 議 があったものとみなした 場 合 には 次 に 掲 げる 事 項 1 理 事 会 の 決 議 があったものとみなされた 事 項 の 内 容 2 1の 事 項 の 提 案 をした 理 事 の 氏 名 3 理 事 会 の 決 議 があったものとみなされた 日 4 議 事 録 の 作 成 に 係 る 職 務 を 行 った 理 事 の 氏 名 (2) 理 事 が 理 事 の 全 員 に 対 して 理 事 会 に 報 告 すべき 事 項 を 通 知 し 当 該 事 項 を 理 事 会 へ 報 告 することを 要 しないものとした 場 合 には 次 に 掲 げる 事 項 1 理 事 会 への 報 告 を 要 しないものとされた 事 項 の 内 容 2 理 事 会 への 報 告 を 要 しないものとされた 日 3 議 事 録 の 作 成 に 係 る 職 務 を 行 った 理 事 の 氏 名 ( 注 1) 監 事 に 理 事 の 業 務 監 査 権 限 を 与 える 組 合 にあっては P26 のように 記 載 する こと 19

20 ( 注 2) 電 磁 的 記 録 をとらない 組 合 にあっては 部 を 削 除 すること ( 委 員 会 ) 第 45 条 本 組 合 は その 事 業 の 執 行 に 関 し 理 事 会 の 諮 問 機 関 として 委 員 会 を 置 く ことができる 2 委 員 会 の 種 類 組 織 及 び 運 営 に 関 する 事 項 は 規 約 で 定 める 第 7 章 管 理 ( 定 款 その 他 の 書 類 の 備 置 き 及 び 閲 覧 ) 第 46 条 理 事 長 は 定 款 及 び 規 約 並 びに 組 合 員 名 簿 を 本 組 合 の 主 たる 事 務 所 に 備 えて 置 かなければならない 2 理 事 長 は 総 会 及 び 理 事 会 の 議 事 録 を 10 年 間 主 たる 事 務 所 に 備 えて 置 かなければ ならない 3 組 合 員 及 び 組 合 の 債 権 者 は 業 務 取 扱 時 間 内 はいつでも 組 合 に 対 し 第 1 項 及 び 第 2 項 の 書 類 の 閲 覧 又 は 謄 写 を 求 めることができる この 場 合 は 組 合 は 正 当 な 理 由 がないのにこれを 拒 んではならない ( 注 ) 従 たる 事 務 所 を 置 く 場 合 には 本 条 を 次 のように 記 載 すること ( 定 款 その 他 の 書 類 の 備 置 き 及 び 閲 覧 ) 第 46 条 理 事 長 は 定 款 及 び 規 約 を 各 事 務 所 に 組 合 員 名 簿 を 本 組 合 の 主 たる 事 務 所 に 備 えて 置 かなければならない 2 理 事 長 は 総 会 及 び 理 事 会 の 議 事 録 を 10 年 間 主 たる 事 務 所 に その 写 しを5 年 間 従 たる 事 務 所 に 備 えて 置 かなければならない 3 組 合 員 及 び 組 合 の 債 権 者 は 業 務 取 扱 時 間 内 はいつでも 組 合 に 対 し 第 1 項 及 び 第 2 項 並 びに 第 3 項 の 書 類 の 閲 覧 又 は 謄 写 を 求 めることができる この 場 合 は 組 合 は 正 当 な 理 由 がないのにこれを 拒 んではならない ( 決 算 関 係 書 類 の 提 出 備 置 き 及 び 閲 覧 等 ) 第 47 条 本 組 合 は 各 事 業 年 度 に 係 る 財 産 目 録 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 及 び 剰 余 金 処 分 案 又 は 損 失 処 理 案 ( 以 下 決 算 関 係 書 類 という ) 及 び 事 業 報 告 書 を 作 成 しな ければならない 2 決 算 関 係 書 類 及 び 事 業 報 告 書 は 電 磁 的 記 録 をもって 作 成 することができる 3 本 組 合 は 決 算 関 係 書 類 を 作 成 した 日 から 10 年 間 当 該 決 算 関 係 書 類 を 保 存 しな ければならない 4 第 1 項 の 決 算 関 係 書 類 及 び 事 業 報 告 書 は 監 事 の 監 査 を 受 けなければならない 5 前 項 の 規 定 により 監 事 の 監 査 を 受 けた 決 算 関 係 書 類 及 び 事 業 報 告 書 は 理 事 会 の 承 認 を 受 けなければならない 6 理 事 長 は 通 常 総 会 の 通 知 に 際 して 組 合 員 に 対 して 前 項 の 承 認 を 受 けた 決 算 関 係 20

21 書 類 及 び 事 業 報 告 書 ( 監 査 報 告 を 含 む )を 提 供 しなければならない 7 理 事 長 は 監 事 の 意 見 を 記 載 した 書 面 又 はこれに 記 載 すべき 事 項 を 記 録 した 電 磁 的 記 録 を 添 付 して 決 算 関 係 書 類 及 び 事 業 報 告 書 を 通 常 総 会 に 提 出 し 又 は 提 供 し その 承 認 を 求 めなければならない 8 理 事 長 は 前 項 の 規 定 により 提 出 され 又 は 提 供 された 事 業 報 告 書 の 内 容 を 通 常 総 会 に 報 告 しなければならない 9 本 組 合 は 各 事 業 年 度 に 係 る 決 算 関 係 書 類 及 び 事 業 報 告 書 を 通 常 総 会 の 日 の2 週 間 前 の 日 から5 年 間 主 たる 事 務 所 に 備 え 置 かなければならない 10 組 合 員 及 び 組 合 の 債 権 者 は いつでも 組 合 に 対 して 第 1 項 の 書 類 の 閲 覧 又 は 謄 写 を 求 めることができる ( 注 1) 従 たる 事 務 所 を 置 く 場 合 は 第 9 項 を 次 のように 記 載 すること 9 本 組 合 は 各 事 業 年 度 に 係 る 決 算 関 係 書 類 及 び 事 業 報 告 書 を 通 常 総 会 の 日 の2 週 間 前 の 日 から5 年 間 主 たる 事 務 所 に 通 常 総 会 の 日 の2 週 間 前 の 日 から3 年 間 従 た る 事 務 所 に 備 え 置 かなければならない ( 注 2) 電 磁 的 記 録 をとらない 組 合 にあっては 部 を 削 除 するとともに 項 目 を 繰 り 上 げること ( 会 計 帳 簿 の 閲 覧 等 ) 第 48 条 組 合 員 は 総 組 合 員 の 100 分 の3 以 上 の 同 意 を 得 て 本 組 合 に 対 して その 業 務 取 扱 時 間 内 はいつでも 会 計 帳 簿 又 はこれに 関 する 資 料 ( 電 磁 的 記 録 に 記 録 され た 事 項 を 表 示 したものを 含 む )の 閲 覧 又 は 謄 写 の 請 求 をすることができる この 場 合 においては 本 組 合 は 正 当 な 理 由 がないのにこれを 拒 むことができない ( 注 1) 総 組 合 員 の 同 意 の 割 合 については 100 分 の3( 共 済 事 業 を 実 施 する 組 合 にお いては 10 分 の1)を 下 回 る 割 合 を 定 めることができるので 100 分 の3( 共 済 事 業 を 実 施 する 組 合 においては 10 分 の1)を 下 回 る 割 合 とする 場 合 には 当 該 割 合 を 記 載 すること ( 注 2) 電 磁 的 記 録 をとらない 組 合 にあっては 部 を 削 除 するとともに 項 目 を 繰 り 上 げること 第 8 章 会 計 ( 事 業 年 度 ) 第 49 条 本 組 合 の 事 業 年 度 は 毎 年 月 日 に 始 まり 翌 年 月 日 に 終 わるものと する ( 利 益 準 備 金 ) 第 50 条 本 組 合 は 出 資 総 額 の2 分 の1に 相 当 する 金 額 に 達 するまでは 毎 事 業 年 度 21

22 の 当 期 純 利 益 金 額 (ただし 前 期 繰 越 損 失 金 がある 場 合 には これをてん 補 した 後 の 金 額 以 下 第 52 条 及 び 第 53 条 において 同 じ )の 10 分 の1 以 上 を 利 益 準 備 金 として 積 み 立 てるものとする 2 前 項 の 準 備 金 は 損 失 のてん 補 に 充 てる 場 合 を 除 いては 取 り 崩 さない ( 資 本 剰 余 金 ) 第 51 条 本 組 合 は 出 資 金 減 尐 差 益 ( 第 16 条 ただし 書 の 規 定 によって 払 戻 しをしない 金 額 を 含 む )をその 他 資 本 剰 余 金 として 積 み 立 てるものとする ( 注 ) 本 条 は 持 分 の 計 算 について 改 算 方 式 を 選 択 し 脱 退 者 の 持 分 払 戻 しについて 各 組 合 員 の 出 資 額 を 限 度 とする 組 合 の 規 定 である 各 組 合 員 の 出 資 額 を 限 度 とする 方 法 以 外 の 方 法 により 持 分 の 一 部 の 払 戻 しを 行 う 組 合 にあたっては 次 のように 記 載 するこ と ( 資 本 剰 余 金 ) 第 51 条 本 組 合 は 加 入 金 及 び 増 口 金 を 資 本 準 備 金 として 積 み 立 てるものとする 2 出 資 金 減 尐 差 益 ( 第 16 条 ただし 書 きの 規 定 によって 払 戻 しをしない 金 額 を 含 む ) をその 他 資 本 剰 余 金 として 積 み 立 てるものとする ( 特 別 積 立 金 ) 第 52 条 本 組 合 は 毎 事 業 年 度 の 当 期 純 利 益 金 額 のうち 10 分 の1 以 上 を 特 別 積 立 金 と して 積 み 立 てるものとする 2 前 項 の 積 立 金 は 損 失 のてん 補 に 充 てるものとする ただし 出 資 総 額 に 相 当 する 金 額 を 超 える 部 分 については 損 失 がない 場 合 に 限 り 総 会 の 議 決 により 損 失 のてん 補 以 外 の 支 出 に 充 てることができる ( 教 育 情 報 費 用 繰 越 金 ) 第 53 条 本 組 合 は 第 7 条 第 12 号 の 事 業 ( 教 育 及 び 情 報 の 提 供 事 業 )の 費 用 に 充 てる ため 毎 事 業 年 度 の 当 期 純 利 益 金 額 の 20 分 の1 以 上 を 翌 事 業 年 度 に 繰 り 越 すものと する ( 注 ) 第 7 条 第 12 号 の 事 業 ( 教 育 及 び 情 報 の 提 供 事 業 )を 行 わない 組 合 にあっては 本 条 は 設 けないこと ( 配 当 又 は 繰 越 し) 第 54 条 毎 事 業 年 度 の 当 期 純 利 益 金 額 ( 毎 事 業 年 度 末 決 算 において 総 益 金 から 総 損 金 を 控 除 した 金 額 )に 前 期 の 繰 越 剰 余 金 又 は 繰 越 損 失 金 を 加 減 したものから 第 50 条 の 規 定 による 利 益 準 備 金 第 52 条 の 規 定 による 特 別 積 立 金 及 び 前 条 の 規 定 による 教 育 情 報 費 用 繰 越 金 を 控 除 してなお 剰 余 があるときは 総 会 の 議 決 によりこれを 組 合 員 22

23 に 配 当 し 又 は 翌 事 業 年 度 に 繰 り 越 すものとする ( 配 当 の 方 法 ) 第 55 条 前 条 の 配 当 は 総 会 の 議 決 を 経 て 事 業 年 度 末 における 組 合 員 の 出 資 額 若 しくは 組 合 員 がその 事 業 年 度 において 組 合 の 事 業 を 利 用 した 分 量 に 応 じてし 又 は 事 業 年 度 末 における 組 合 員 の 出 資 額 及 び 組 合 員 がその 事 業 年 度 において 組 合 の 事 業 を 利 用 した 分 量 に 応 じてするものとする 2 事 業 年 度 末 における 組 合 員 の 出 資 額 に 応 じてする 配 当 は 年 1 割 を 超 えないものと する 3 配 当 金 の 計 算 については 第 23 条 ( 持 分 )の 規 定 を 準 用 する ( 損 失 金 の 処 理 ) 第 56 条 損 失 金 のてん 補 は 特 別 積 立 金 利 益 準 備 金 その 他 資 本 剰 余 金 の 順 序 に 従 ってするものとする ( 注 ) 脱 退 者 に 対 する 持 分 の 払 戻 しを 出 資 額 限 度 以 外 としている 組 合 にあっては 本 文 の その 他 資 本 剰 余 金 の 次 に 資 本 準 備 金 を 加 えること ( 職 員 退 職 給 与 の 引 当 ) 第 57 条 本 組 合 は 事 業 年 度 ごとに 職 員 退 職 給 与 に 充 てるため 退 職 給 与 規 程 に 基 づき 退 職 給 与 を 引 き 当 てるものとする ( 注 ) 退 職 給 与 規 程 に 基 づく 退 職 給 与 の 引 当 てに 加 え 退 職 金 共 済 契 約 による 方 法 をと る 場 合 は 本 条 を 次 のように 記 載 すること ( 職 員 退 職 給 与 の 引 当 ) 第 57 条 本 組 合 は 職 員 の 退 職 給 与 に 充 てるため 次 の 各 号 のいずれかの 方 法 により 計 上 し 又 は 払 い 込 む (1) 退 職 給 与 引 当 金 による 方 法 (2) 中 小 企 業 退 職 金 共 済 契 約 による 方 法 (3) 前 各 号 併 用 による 方 法 附 則 1 設 立 当 時 の 役 員 の 任 期 は 第 26 条 の 規 定 にかかわらず 最 初 の 通 常 総 会 の 終 結 時 までとする 2 最 初 の 事 業 年 度 は 第 49 条 の 規 定 にかかわらず 本 組 合 の 成 立 の 日 から 年 月 日 までとする 23

24 監 事 に 業 務 監 査 権 限 を 与 える 定 款 参 考 例 ( 監 事 の 職 務 ) 第 28 条 監 事 は 理 事 の 職 務 の 執 行 を 監 査 する 2 監 事 は いつでも 理 事 及 び 職 員 に 対 して 事 業 に 関 する 報 告 を 求 め 又 は 本 組 合 の 業 務 及 び 財 産 の 状 況 を 調 査 することができる ( 役 員 の 責 任 免 除 ) 第 31 条 本 組 合 は 総 会 の 決 議 により 法 第 51 条 第 9 項 の 規 定 により 法 及 び 主 務 省 令 に 定 める 限 度 において 役 員 の 責 任 を 免 除 することができる ( 総 会 の 議 事 録 ) 第 41 条 総 会 の 議 事 録 は 書 面 又 は 電 磁 的 記 録 をもって 作 成 するものとする 2 前 項 の 議 事 録 には 尐 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 しなければならない (1) 招 集 年 月 日 (2) 開 催 日 時 及 び 場 所 (3) 理 事 監 事 の 数 及 び 出 席 理 事 監 事 の 数 並 びにその 出 席 方 法 (4) 組 合 員 数 及 び 出 席 者 数 並 びにその 出 席 方 法 (5) 出 席 理 事 の 氏 名 (6) 出 席 監 事 の 氏 名 (7) 議 長 の 氏 名 (8) 議 事 録 の 作 成 に 係 る 職 務 を 行 った 理 事 の 氏 名 (9) 議 事 の 経 過 の 要 領 及 びその 結 果 ( 議 案 別 の 議 決 の 結 果 可 決 否 決 の 別 及 び 賛 否 の 議 決 権 数 ) (10) 監 事 が 総 会 において 監 事 の 選 任 解 任 若 しくは 辞 任 について 述 べた 意 見 総 会 提 出 資 料 に 法 令 定 款 違 反 若 しくは 著 しく 不 当 な 事 項 があるとして 総 会 に 報 告 した 調 査 の 結 果 又 は 総 会 において 述 べた 監 事 の 報 酬 等 についての 意 見 の 内 容 の 概 要 ( 注 1) 総 会 の 議 事 録 を 電 磁 的 記 録 をもって 作 成 しない 組 合 にあっては 部 を 削 除 すること ( 理 事 会 ) 第 42 条 本 組 合 に 理 事 会 を 置 く 2 理 事 会 は 理 事 長 が 招 集 する 3 理 事 長 が 事 故 又 は 欠 員 のときは 副 理 事 長 が 理 事 長 及 び 副 理 事 長 がともに 事 故 又 は 欠 員 のときは 専 務 理 事 が 理 事 長 副 理 事 長 及 び 専 務 理 事 がともに 事 故 又 は 欠 員 のときは あらかじめ 理 事 会 において 定 めた 順 位 に 従 い 他 の 理 事 が 招 集 する 24

25 4 前 2 項 の 規 定 にかかわらず 理 事 は 必 要 があると 認 めるときはいつでも 理 事 長 に 対 し 会 議 の 目 的 たる 事 項 を 記 載 した 書 面 を 提 出 して 理 事 会 を 招 集 すべきことを 請 求 することができる 5 前 項 の 請 求 をした 理 事 は 同 項 の 請 求 をした 日 から5 日 以 内 に その 請 求 の 日 より 2 週 間 以 内 の 日 を 会 日 とする 理 事 会 の 招 集 通 知 が 発 せられないときは みずから 理 事 会 を 招 集 することができる 6 理 事 会 の 招 集 は 各 理 事 及 び 各 監 事 に 対 し 会 日 の1 週 間 前 までに 会 議 の 目 的 た る 事 項 日 時 及 び 場 所 につき 通 知 して 行 うものとする ただし 理 事 及 び 監 事 全 員 の 同 意 がある 場 合 は 招 集 の 手 続 を 経 ることなく 開 催 することができる ( 注 1) 副 理 事 長 制 や 専 務 理 事 制 をとらない 組 合 にあっては 適 宜 該 当 箇 所 を 削 除 す ること ( 注 2) 副 理 事 長 を2 人 以 上 置 く 組 合 にあっては 第 1 項 中 1 人 を 副 理 事 長 とある のは 人 を 副 理 事 長 と 改 めて 書 き 替 えること ( 注 3) 理 事 会 の 招 集 手 続 については 1 週 間 を 下 回 る 期 間 を 定 款 で 定 めることができ る ( 注 4) 電 磁 的 方 法 をとる 組 合 にあっては 下 記 条 文 を 追 加 すること 7 本 組 合 は 希 望 する 理 事 及 び 監 事 に 対 しては 第 1 項 の 規 定 による 理 事 会 招 集 通 知 を 電 磁 的 方 法 により 行 うことができる ( 注 5) 理 事 会 の 招 集 権 者 については 各 理 事 が 招 集 することとする 旨 を 定 めることも 可 能 である ( 理 事 会 の 議 事 録 ) 第 45 条 理 事 会 の 議 事 録 は 書 面 又 は 電 磁 的 記 録 をもって 作 成 し 出 席 した 理 事 及 び 監 事 は これに 署 名 し 又 は 記 名 押 印 するものとし 電 磁 的 記 録 をもって 作 成 した 場 合 には 出 席 した 理 事 及 び 監 事 は これに 電 子 署 名 を 付 するものとする 2 前 項 の 議 事 録 には 尐 なくとも 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 するものとする (1) 招 集 年 月 日 (2) 開 催 日 時 及 び 場 所 (3) 理 事 監 事 の 数 及 び 出 席 理 事 監 事 の 数 並 びにその 出 席 方 法 (4) 出 席 理 事 の 氏 名 (5) 出 席 監 事 の 氏 名 (6) 議 長 の 氏 名 (7) 決 議 事 項 に 特 別 の 利 害 関 係 を 有 する 理 事 の 氏 名 (8) 議 事 経 過 の 要 領 及 びその 結 果 ( 議 案 別 の 議 決 の 結 果 可 決 否 決 の 別 及 び 賛 否 の 議 決 権 数 並 びに 賛 成 した 理 事 の 氏 名 及 び 反 対 した 理 事 の 氏 名 ) (9) 監 事 が 理 事 が 不 正 の 行 為 をし 若 しくは 当 該 行 為 をするおそれがあると 認 めら れるとき 又 は 法 令 若 しくは 定 款 に 違 反 する 事 実 若 しくは 著 しく 不 当 な 事 実 がある と 認 めるときに 理 事 会 に 報 告 した 内 容 及 び 理 事 会 に 出 席 して 述 べた 意 見 の 内 容 の 概 要 25

26 (10) 本 組 合 と 取 引 をした 理 事 の 報 告 の 内 容 の 概 要 (11)その 他 ( 理 事 会 が 次 に 掲 げるいずれかのものに 該 当 するときは その 旨 ) 1 招 集 権 者 以 外 の 理 事 による 招 集 権 者 に 対 する 理 事 会 の 招 集 請 求 による 理 事 の 請 求 を 受 けて 招 集 されたものである 場 合 2 1の 請 求 があった 日 から5 日 以 内 に その 請 求 があった 日 から2 週 間 以 内 の 日 を 理 事 会 の 日 とする 理 事 会 の 招 集 の 通 知 が 発 せられない 場 合 に その 請 求 をした 理 事 が 招 集 したものである 場 合 3 監 事 の 請 求 を 受 けて 招 集 されたものである 場 合 4 3の 請 求 があった 日 から5 日 以 内 に その 請 求 があった 日 から2 週 間 以 内 の 日 を 理 事 会 の 日 とする 理 事 会 の 招 集 の 通 知 が 発 せられない 場 合 に その 請 求 をした 監 事 が 招 集 したものである 場 合 3 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 の 理 事 会 の 議 事 録 は 当 該 各 号 に 定 める 事 項 を 内 容 とするも のとする (1) 理 事 が 理 事 会 の 決 議 の 目 的 である 事 項 について 提 案 をした 場 合 において 当 該 提 案 につき 理 事 ( 当 該 事 項 について 議 決 に 加 わることができるものに 限 る )の 全 員 が 書 面 又 は 電 磁 的 記 録 により 同 意 の 意 思 表 示 をし 当 該 提 案 を 可 決 する 旨 の 理 事 会 の 決 議 があったものとみなした 場 合 には 次 に 掲 げる 事 項 1 理 事 会 の 決 議 があったものとみなされた 事 項 の 内 容 2 1の 事 項 の 提 案 をした 理 事 の 氏 名 3 理 事 会 の 決 議 があったものとみなされた 日 4 議 事 録 の 作 成 に 係 る 職 務 を 行 った 理 事 の 氏 名 (2) 理 事 が 理 事 の 全 員 に 対 して 理 事 会 に 報 告 すべき 事 項 を 通 知 し 当 該 事 項 を 理 事 会 へ 報 告 することを 要 しないものとした 場 合 には 次 に 掲 げる 事 項 1 理 事 会 への 報 告 を 要 しないものとされた 事 項 の 内 容 2 理 事 会 への 報 告 を 要 しないものとされた 日 3 議 事 録 の 作 成 に 係 る 職 務 を 行 った 理 事 の 氏 名 ( 注 ) 電 磁 的 記 録 をとらない 組 合 にあっては 部 を 削 除 すること 26

27 部 会 支 部 青 年 部 又 は 女 性 部 を 置 く 組 合 にあっては 第 6 章 見 出 しに 該 当 する 機 関 名 ( 部 会 支 部 青 年 部 又 は 女 性 部 )を 追 加 し 次 の 規 定 のうち 該 当 するものを 加 えるこ と ( 部 会 ) 第 46 条 本 組 合 は 業 種 ごとの 組 合 員 をもって 構 成 する 部 会 を 置 く 2 部 会 について 必 要 な 事 項 は 規 約 で 定 める ( 支 部 ) 第 47 条 本 組 合 は 地 域 ごとの 組 合 員 をもって 構 成 する 支 部 を 置 く 2 支 部 について 必 要 な 事 項 は 規 約 で 定 める ( 青 年 部 ) 第 48 条 本 組 合 に 青 年 部 を 置 く 2 青 年 部 について 必 要 な 事 項 は 規 約 で 定 める ( 女 性 部 ) 第 49 条 本 組 合 に 女 性 部 を 置 く 2 女 性 部 について 必 要 な 事 項 は 規 約 で 定 める 賛 助 会 員 制 をとる 組 合 にあっては 第 8 章 会 計 を 第 9 章 会 計 とし 第 8 章 見 出 しを 第 8 章 賛 助 会 員 として 次 のように 記 載 すること 第 8 章 賛 助 会 員 ( 賛 助 会 員 ) 第 46 条 本 組 合 は 本 組 合 の 趣 旨 に 賛 同 し 本 組 合 の 事 業 の 円 滑 な 実 施 に 協 力 しよう とする 者 を 賛 助 会 員 とすることができる ただし 賛 助 会 員 は 本 組 合 において 法 に 定 める 組 合 員 には 該 当 しないものとする 2 賛 助 会 員 について 必 要 な 事 項 は 規 約 で 定 める 27

28 電 磁 的 方 法 (ウェブサイト 電 子 メール)による 組 合 運 営 に 関 する 規 約 ( 例 ) ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 における 電 磁 的 方 法 による 組 合 運 営 については 商 店 街 振 興 組 合 法 ( 以 下 法 という ) 及 び 定 款 で 定 めるもののほか この 規 約 によるところにより 行 う ( 電 磁 的 方 法 ) 第 2 条 本 規 約 において 電 磁 的 方 法 とは 本 組 合 のウェブサイトを 利 用 する 方 法 及 び 電 子 メールによる 方 法 をいう ( 電 磁 的 方 法 による 運 営 に 関 する 規 程 ) 第 3 条 本 規 約 に 定 めるもののほか 必 要 な 事 項 は 別 途 規 程 で 定 める ( 組 合 員 に 対 するID 又 はパスワードの 設 定 及 び 変 更 ) 第 4 条 本 組 合 は 電 磁 的 方 法 によって 総 会 の 開 催 通 知 を 受 けること 総 会 における 議 決 権 を 電 磁 的 方 法 によって 行 使 すること 総 会 における 電 磁 的 方 法 による 議 決 権 の 行 使 の 委 任 を 希 望 する 組 合 員 に 対 し ID 又 はパスワードを 設 定 する 2 組 合 員 は 組 合 員 本 人 又 は 法 人 たる 組 合 員 の 代 表 者 以 外 の 者 がID 又 はパスワード を 使 用 することのないよう 自 己 の 責 任 において 厳 重 に 管 理 するものとする 3 組 合 員 が 本 組 合 を 脱 退 する 場 合 には 本 組 合 は 当 該 設 定 を 解 除 するものとする 4 法 人 たる 組 合 員 の 代 表 者 に 変 更 があった 場 合 には 当 該 設 定 を 解 除 し 改 めて 設 定 を 行 うものとする ( 注 1)ID( 利 用 者 識 別 番 号 =ユーザーネーム)は これを 使 わないとアクセスでき ない 識 別 番 号 であり パスワード( 暗 証 番 号 )は 組 合 員 の 本 人 確 認 をするための 番 号 である これは 組 合 員 が 権 利 を 行 使 する 際 に 真 の 組 合 員 が 権 利 を 行 使 していること を 組 合 が 確 認 するための 手 段 であると 同 時 に 組 合 員 としての 権 利 を 行 使 することを 保 証 するために 用 いるものである ( 注 2) 本 人 確 認 の 手 段 としてさらに 精 度 の 高 い 安 全 性 を 備 えた 方 法 として 電 子 署 名 ( 認 証 機 関 が 認 証 する 電 子 署 名 )もあるので その 導 入 を 検 討 することが 望 まれる 電 子 署 名 を 利 用 する 場 合 には ID 又 はパスワードは 不 要 となる ( 組 合 員 の 電 子 メールアドレスの 届 出 ) 第 5 条 組 合 員 は 自 己 の 電 子 メールアドレスを 本 組 合 に 届 け 出 るものとする ( 電 磁 的 方 法 による 総 会 招 集 通 知 ) 第 6 条 本 組 合 から 組 合 員 に 対 して 発 する 電 磁 的 方 法 による 総 会 招 集 通 知 は 本 組 合 の ウェブサイトに 掲 載 した 後 組 合 員 が 申 し 出 た 電 子 メールアドレス( 以 下 組 合 員 電 子 メールアドレス という )に 宛 てて 電 子 メールを 別 途 発 してするものとする 2 本 組 合 から 組 合 員 に 宛 てて 発 する 電 子 メールによる 総 会 招 集 通 知 は 組 合 員 電 子 メ ールアドレスに 向 けて 発 すればよく 当 該 電 子 メールは 通 常 到 達 すべきであった 時 に 到 達 したものとする 3 組 合 員 から 電 子 メールによる 総 会 招 集 通 知 を 受 けない 旨 の 書 面 又 は 電 子 メールに よる 申 し 出 があった 場 合 には 当 該 組 合 員 に 対 する 総 会 招 集 通 知 は 書 面 を 発 してする 28

29 ものとする ( 注 1) 総 会 招 集 通 知 を 文 書 で 受 け 取 ることを 望 む 組 合 員 の 意 思 は 尊 重 されなけれれば ならず 同 通 知 を 電 磁 的 方 法 で 受 け 取 ることについては 各 組 合 員 の 同 意 が 前 提 と なっている このため 組 合 から 組 合 員 電 子 メールアドレスに 向 けて 総 会 招 集 通 知 を 発 しても 2 回 連 続 して 着 信 しない 場 合 には 当 該 組 合 員 は 電 磁 的 方 法 で 通 知 を 受 けることの 同 意 を 撤 回 したものとして 取 り 扱 うことが 適 当 である したがって このような 取 扱 いをする 組 合 にあっては 第 4 項 として 次 の 規 定 を 加 えること 4 本 組 合 から 組 合 員 電 子 メールアドレスに 宛 てて 発 した 電 子 メールによる 総 会 招 集 通 知 が2 回 連 続 して 組 合 員 に 着 信 しない 場 合 には その 組 合 員 の 同 意 は 撤 回 されたも のとする ただし 組 合 の 不 注 意 により 着 信 不 能 を 同 意 の 撤 回 と 扱 わなかったこと をもって 直 ちに 総 会 その 他 の 行 為 が 無 効 となるものではない ( 注 2) 通 常 総 会 の 招 集 について 法 は 定 款 で 定 めるところにより 毎 事 業 年 度 1 回 招 集 しなければならない と 定 め( 法 第 57 条 ) 定 款 参 考 例 では 総 会 の 招 集 は 会 日 の10 日 前 までに 到 達 するように 会 議 の 目 的 たる 事 項 及 びその 内 容 並 び に 日 時 及 び 場 所 を 記 載 した 書 面 を 各 組 合 員 に 発 してするものとする と 規 定 ( 定 款 第 35 条 )している 会 議 の 目 的 たる 事 項 及 びその 内 容 については 総 会 において 組 合 員 が 議 決 権 を 行 使 するために 十 分 な 準 備 をしてもらうため 総 会 の 議 事 日 程 が 何 かを 了 解 する ことができるに 足 る 資 料 であれば 足 り 現 実 に 総 会 に 提 出 する 資 料 の 全 部 を 添 付 す ることは 要 しない しかし 組 合 員 に 正 確 な 情 報 に 基 づいて 議 決 権 を 行 使 してもらう 観 点 からは こ れらの 書 類 あるいはその 要 旨 を 添 付 することが 望 ましい したがって これらの 書 類 を 総 会 招 集 通 知 に 添 付 する 組 合 にあっては 第 4 項 として 次 の 規 定 を 加 えること 4 本 組 合 は 事 業 報 告 書 財 産 目 録 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 剰 余 金 処 分 案 又 は 損 失 処 理 案 事 業 計 画 書 収 支 予 算 書 又 はその 要 旨 を 本 組 合 のウェブサイトに 掲 載 し 組 合 員 がこれをダウンロードして 入 手 する 方 法 によることができるものとし 本 組 合 からは 組 合 員 に 対 して 総 会 の 目 的 たる 事 項 日 時 場 所 とともに これらの 書 類 を ウェブサイトに 掲 載 したことを 通 知 するものとする ( 総 会 における 電 磁 的 方 法 による 議 決 権 の 行 使 及 び 代 理 人 による 議 決 権 及 び 選 挙 権 の 行 使 ) 第 7 条 組 合 員 は 総 会 において あらかじめ 通 知 のあった 事 項 について 電 磁 的 方 法 により 議 決 権 を 行 使 しようとする 場 合 には 本 組 合 に 備 え 付 けられた 電 子 計 算 機 の 電 子 メールアドレス( 以 下 組 合 電 子 メールアドレス という )に 宛 てて 自 己 の ID 又 はパスワードを 入 力 した 電 子 メールを 総 会 の 開 会 までに 発 してするものとす る 2 組 合 員 が 組 合 電 子 メールアドレスに 宛 てて 発 した 電 子 メールは 本 組 合 に 備 え 付 け られた 電 子 計 算 機 のファイルへの 記 録 がなされたときに 到 達 したものとする 29

30 3 組 合 員 が 代 理 人 をもって 議 決 権 及 び 選 挙 権 を 行 使 しようとする 場 合 には ID 又 はパスワードを 入 力 した 委 任 状 を 組 合 電 子 メールアドレスに 向 けて 発 してするもの とする この 場 合 本 組 合 に 宛 てて 委 任 状 を 発 しない 組 合 員 は 代 理 人 に 宛 てて 委 任 状 を 発 するものとする ( 注 1) 役 員 の 選 挙 は 無 記 名 投 票 によって 行 うこととされており( 法 第 44 条 第 7 項 ) 電 磁 的 方 法 では 送 信 者 が 特 定 されてしまうことから 電 磁 的 方 法 による 選 挙 権 の 行 使 はできない ただし 役 員 選 出 方 法 として 選 任 制 を 採 用 する 組 合 にあっては 選 任 制 が 議 決 権 の 行 使 となることから 電 磁 的 方 法 によることができる ( 注 2) 議 決 権 の 行 使 期 限 について 法 は 何 ら 定 めを 置 いていない したがって 定 款 で 電 磁 的 方 法 による 議 決 権 行 使 を 認 めた 場 合 には 議 決 の 直 前 まで 議 決 権 行 使 を 認 めるべきであり 総 会 会 場 に 電 子 計 算 機 を 備 え 付 けてこれに 対 応 することが 望 まし い このような 対 応 をすることが 困 難 な 組 合 にあっては 本 規 約 をもって 総 会 の 開 会 までに あるいは 総 会 の 前 日 までに など 議 決 権 の 行 使 期 限 を 定 めるこ とができる 議 決 権 行 使 の 期 限 を 定 めない 組 合 にあっては 第 1 項 を 次 のように 記 載 すること ( 総 会 における 電 磁 的 方 法 による 議 決 権 の 行 使 及 び 代 理 人 による 議 決 権 及 び 選 挙 権 の 行 使 ) 第 7 条 組 合 員 は 総 会 において あらかじめ 通 知 のあった 事 項 について 電 子 メール により 議 決 権 を 行 使 しようとする 場 合 には 本 組 合 に 備 え 付 けられた 電 子 計 算 機 の 電 子 メールアドレス( 以 下 組 合 電 子 メールアドレス という )に 宛 てて 自 己 のID 又 はパスワードを 入 力 した 電 子 メールを 発 してするものとする ( 注 3) 電 子 メールに 代 えて ウェブサイトを 利 用 する 方 法 により 議 決 権 を 行 使 するこ とを 認 める 組 合 にあっては 本 条 を 次 のように 記 載 すること ( 総 会 における 電 磁 的 方 法 による 議 決 権 の 行 使 及 び 代 理 人 による 議 決 権 及 び 選 挙 権 の 行 使 ) 第 7 条 組 合 員 は 総 会 において あらかじめ 通 知 のあった 事 項 について 電 磁 的 方 法 により 議 決 権 を 行 使 しようとする 場 合 には 本 組 合 に 備 え 付 けられた 電 子 計 算 機 のウ ェブサイトを 利 用 する 方 法 により 総 会 の 開 会 までに 発 してするものとする 2 組 合 員 がした 組 合 のウェブサイトを 利 用 する 方 法 によって 発 した 電 磁 的 方 法 によ る 議 決 権 行 使 は 本 組 合 に 備 え 付 けられた 電 子 計 算 機 のファイルへの 記 録 がなされた ときに 到 達 したものとする 3 組 合 員 が 代 理 人 をもって 議 決 権 及 び 選 挙 権 を 行 使 しようとする 場 合 には 電 子 署 名 を 付 した 委 任 状 を 組 合 に 備 え 付 けられた 電 子 計 算 機 の 電 子 メールアドレス( 以 下 組 合 電 子 メールアドレス という )に 向 けて 発 してするものとする この 場 合 本 組 合 に 宛 てて 委 任 状 を 発 しない 組 合 員 は 代 理 人 に 宛 てて 委 任 状 を 発 するものとする ( 注 4) 電 子 メールによる 議 決 権 の 行 使 は ID 又 はパスワードの 入 力 に 代 えて 電 子 署 名 を 付 することにより 行 うことができる 電 子 メールによる 議 決 権 の 行 使 をID 又 はパスワードの 入 力 に 代 えて 電 子 署 名 を 付 することにより 行 う 組 合 にあっては 第 1 項 を 次 のように 記 載 すること 30

31 ( 総 会 における 電 磁 的 方 法 による 議 決 権 の 行 使 及 び 代 理 人 による 議 決 権 及 び 選 挙 権 の 行 使 ) 第 7 条 組 合 員 は 総 会 において あらかじめ 通 知 のあった 事 項 について 電 子 メー ルにより 議 決 権 を 行 使 しようとする 場 合 には 本 組 合 に 備 え 付 けられた 電 子 計 算 機 の 電 子 メールアドレス( 以 下 組 合 電 子 メールアドレス という )に 宛 てて 自 己 の 電 子 署 名 を 付 した 電 子 メールを 総 会 の 開 会 までに 発 してするものとする ( 注 5) 代 理 人 の 代 理 権 を 証 する 書 面 の 提 出 に 代 えて 電 磁 的 方 法 により 証 明 する 場 合 に は 第 3 項 の 方 法 によるほか 電 子 署 名 を 付 した 委 任 状 を 用 いることができる こ の 場 合 には 第 3 項 を 次 のように 記 載 すること 3 組 合 員 が 代 理 人 をもって 議 決 権 及 び 選 挙 権 を 行 使 しようとする 場 合 には 電 子 署 名 を 付 した 委 任 状 を 組 合 電 子 メールアドレスに 向 けて 発 してするものとする この 場 合 本 組 合 に 宛 てて 委 任 状 を 発 しない 組 合 員 は 代 理 人 に 宛 てて 委 任 状 を 発 するものとす る ( 電 子 メールによる 臨 時 総 会 招 集 請 求 ) 第 8 条 組 合 員 が 臨 時 総 会 の 招 集 を 電 磁 的 方 法 により 請 求 しようとするときは 会 議 の 目 的 たる 事 項 及 び 招 集 の 理 由 を 記 載 した 臨 時 総 会 招 集 請 求 書 に 総 組 合 員 の5 分 の 1 以 上 の 組 合 員 の 電 子 署 名 が 付 された 同 意 ファイルを 添 付 し 組 合 電 子 メールアドレ スに 宛 てて 電 子 メールを 発 して 行 うものとする ( 注 1) 臨 時 総 会 の 招 集 を 請 求 するに 当 たって 組 合 員 が 臨 時 総 会 の 招 集 を 請 求 すべ きこと 及 びこれに 同 意 する 組 合 員 を 募 ることのメッセージを 本 組 合 のウェブサイ トに 掲 載 し これに 同 意 する 組 合 員 が 当 該 メッセージに 書 き 込 みをし これを 取 り まとめて 本 組 合 に 宛 てて 発 することは 本 請 求 の 性 質 上 なじまないため 認 めない ( 注 2) 他 人 による 本 人 のなりすましや 改 ざんを 防 止 し 本 人 が 作 成 した 真 正 なファイ ルであることを 担 保 するため 臨 時 総 会 の 招 集 請 求 書 に 添 付 する 総 組 合 員 の5 分 の 1 以 上 の 組 合 員 の 同 意 ファイルは 各 組 合 員 の 電 子 署 名 が 付 されたものとすること を 要 するものとする ( 電 磁 的 方 法 による 理 事 会 の 招 集 通 知 ) 第 9 条 本 組 合 から 理 事 に 対 して 発 する 電 子 メールによる 理 事 会 招 集 通 知 は 理 事 が 申 し 出 た 電 子 メールアドレスに 宛 てて 発 してするものとする ( 理 事 会 における 電 磁 的 方 法 による 議 決 権 の 行 使 ) 第 10 条 理 事 は 理 事 会 において あらかじめ 通 知 のあった 事 項 について 電 磁 的 方 法 により 議 決 権 を 行 使 しようとする 場 合 には 組 合 電 子 メールアドレスに 宛 てて 自 己 のID 又 はパスワードを 入 力 した 電 子 メールを 理 事 会 の 開 会 までに 発 してする ものとする ( 注 1) 議 決 権 の 行 使 期 限 について 法 は 何 ら 定 めを 置 いていない したがって 定 款 で 電 磁 的 方 法 による 議 決 権 行 使 を 認 めた 場 合 には 議 決 の 直 前 まで 議 決 権 行 使 を 31

32 認 めるべきであり 理 事 会 会 場 に 電 子 計 算 機 を 備 え 付 けてこれに 対 応 することが 望 ましい このような 対 応 をすることが 困 難 な 組 合 にあっては 本 規 約 をもって 理 事 会 の 開 会 までに あるいは 理 事 会 の 前 日 までに など 議 決 権 の 行 使 期 限 を 定 めることができる 議 決 権 行 使 の 期 限 を 定 めない 組 合 にあっては 第 1 項 を 次 のように 記 載 すること ( 理 事 会 における 電 磁 的 方 法 による 議 決 権 の 行 使 ) 第 10 条 理 事 は 理 事 会 において あらかじめ 通 知 のあった 事 項 について 電 子 メー ルにより 議 決 権 を 行 使 しようとする 場 合 には 組 合 電 子 メールアドレスに 宛 てて 自 己 のID 又 はパスワードを 入 力 した 電 子 メールを 発 してするものとする ( 注 2) 電 子 メールに 代 えて ウェブサイトを 利 用 する 方 法 により 議 決 権 を 行 使 するこ とを 認 める 組 合 にあっては 本 条 を 次 のように 記 載 すること ( 理 事 会 における 電 磁 的 方 法 による 議 決 権 の 行 使 ) 第 10 条 理 事 は 理 事 会 において あらかじめ 通 知 のあった 事 項 について 電 磁 的 方 法 により 議 決 権 を 行 使 しようとする 場 合 には 本 組 合 に 備 え 付 けられた 電 子 計 算 機 の ウェブサイトを 利 用 する 方 法 により 理 事 会 の 開 会 までに 発 してするものとする 2 理 事 がした 本 組 合 のウェブサイトを 利 用 する 方 法 によって 発 した 電 磁 的 方 法 によ る 議 決 権 の 行 使 は 本 組 合 に 備 え 付 けられた 電 子 計 算 機 のファイルへの 記 録 がなされ たときに 到 達 したものとする ( 注 3) 電 子 メールによる 議 決 権 の 行 使 は ID 又 はパスワードの 入 力 に 代 えて 電 子 署 名 を 付 することにより 行 うことができる ( 注 4) 電 子 メールによる 議 決 権 の 行 使 をID 又 はパスワードの 入 力 に 代 えて 電 子 署 名 を 付 することにより 行 う 組 合 にあっては 第 1 項 を 次 のように 記 載 すること ( 理 事 会 における 電 磁 的 方 法 による 議 決 権 の 行 使 ) 第 10 条 理 事 は 理 事 会 において あらかじめ 通 知 のあった 事 項 について 電 子 メー ルにより 議 決 権 を 行 使 しようとする 場 合 には 組 合 電 子 メールアドレスに 宛 てて 自 己 の 電 子 署 名 を 付 した 電 子 メールを 理 事 会 の 開 会 までに 発 してするものとする (その 他 ) 第 11 条 この 規 約 に 定 めのない 事 項 であって 緊 急 かつ 必 要 な 事 項 は 理 事 会 で 決 定 す る 附 則 この 規 約 は 平 成 年 月 日 から 施 行 する 32

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の 定 款 中 の 変 更 しようとする 箇 所 を 記 載 した 書 面 ( 定 款 変 更 条 文 新 旧 対 照 表 ) 第 1 章 総 変 更 後 の 新 条 文 則 第 1 章 総 変 更 前 の 旧 条 文 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込 広 島 魚 商 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73>

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73> 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 定 款 平 成 21 年 6 月 11 日 認 可 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 103-0024 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 舟 町 15 番 17 号 日 本 橋 協 栄 ビル6 階 TEL FAX 03-3661-3834 03-3661-3849 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は フラットヤーン(ポリプロピレン

More information

定 款

定 款 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は, 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき, 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い, もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc) 福 岡 県 運 輸 事 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 会 は 地 区 内 において 主 として 貨 物 自 動 車 運 送 業 を 営 むものの 中 小 企 業 等 組 合 法 に 依 る 協 同 組 合 の 事 業 および 経 営 の 指 導 を 為 し そ の 健 全 な 発 達 をはかるために 必 要 な 事 業 を 行 うことを

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

○○○○技術研究組合定款

○○○○技術研究組合定款 ミニマルファブ 技 術 研 究 組 合 定 款 MFAD2-3-1-Rev120426-1300 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 協 同 によるミニマルファブ(ハーフインチウェハを 製 造 単 位 とする 局 所 クリ ーン 化 超 小 規 模 半 導 体 生 産 システム)に 関 する 試 験 研 究 その 他 組 合 員 の 技 術 水 準 の 向

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 平 成 28 年 8 月 1 日 現 在 第 一 章 総 則 ( 名 称 及 び 目 的 ) 第 一 条 この 組 合 は 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )と 称 し 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 三 十 三 年 法 律 第 百 九 十 二 号 以 下 法 という )に 基

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

し 入 会 したものをもって 会 員 とし 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 法 人 法 という ) 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 必 要 な 書 類

し 入 会 したものをもって 会 員 とし 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 法 人 法 という ) 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 必 要 な 書 類 一 般 社 団 法 人 東 広 島 薬 剤 師 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 会 は 一 般 社 団 法 人 東 広 島 薬 剤 師 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 広 島 県 東 広 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 薬 剤 師 の 倫 理 の 向 上 及 び 学 術 の 振 興 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8DDE8E7889878E968BC68BA693AF91678D8792E88ABC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8DDE8E7889878E968BC68BA693AF91678D8792E88ABC> 全 国 人 材 支 援 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 ( 英 語 名 :The Japan Association of College English Teachers 略 称 JACET )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

定款

定款 定 款 豊 田 商 工 会 議 所 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 こ の 法 人 は 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 (Izumo Junior Chamber Inc. 以 下 本 会 議 所 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 議 所 は 主 たる 事 務 所 を 島 根 県 出 雲 市 に 置 く ( 目

More information

社会福祉法人 吉寿会定款

社会福祉法人 吉寿会定款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスがその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 し つつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会 において 営 むことができるよう 支 援 することを

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

2. 第 1 項 の 会 員 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 6 条 この 法 人 に 入 会 しようとする 者 は 加 入 金 を 支 払 い 理 事 会 の 定 めるところに より 書 面 をもってその

2. 第 1 項 の 会 員 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 6 条 この 法 人 に 入 会 しようとする 者 は 加 入 金 を 支 払 い 理 事 会 の 定 めるところに より 書 面 をもってその 公 益 社 団 法 人 和 歌 山 県 トラック 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 和 歌 山 県 トラック 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 和 歌 山 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 貨 物 自

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

飯塚毅育英会第2号

飯塚毅育英会第2号 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 栃 木 県 宇 都 宮 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 学 業 が 優 れ

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

社会福祉法人 慶寿会 定款

社会福祉法人 慶寿会 定款 社 会 福 祉 法 人 慶 寿 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスが その 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 するこ とにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

三重県美容業生活衛生同業組合定款

三重県美容業生活衛生同業組合定款 定 款 規 約 2016.5.16 三 重 県 美 容 業 生 活 衛 生 同 業 組 合 >>>>> 目 次

More information

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 緑 会 定 款 ( 以 下 定 款 という) 第 59 条 の 規 定 に 基 づき この 法 人 の 運 営 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 第 2 章 役 員 選 挙 ( 役 員 選 挙 の 方 法 ) 第 2 条 この 法 人 の 役 員 の 選 挙 は 定 款

More information

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案)

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案) 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 事 務 所 を 福 岡 市 東 区 松 香 台 1 丁 目 10 番 1 号 におく 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

Microsoft Word - 定款一般財団法人青梅マラソン財団最終

Microsoft Word - 定款一般財団法人青梅マラソン財団最終 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 定 款 平 成 23 年 3 月 18 日 作 成 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 ( 英 文 名 ;Ohme Marathon Foundation)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は

More information

第 6 条 この 法 人 の 会 員 は 次 の2 種 とし 正 会 員 を 持 って 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 以 下 法 と 言 う) 上 の 社 員 とする (1) 正 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 個 人 及 び 団 体 (2) 賛 助 会

第 6 条 この 法 人 の 会 員 は 次 の2 種 とし 正 会 員 を 持 って 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 以 下 法 と 言 う) 上 の 社 員 とする (1) 正 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 個 人 及 び 団 体 (2) 賛 助 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 セラピュ-ティック ティック ケア 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 セラピュ-ティック ケア 協 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 太 宰 府 市 五 条 2 丁 目 6 番 1 号 におく 第 2

More information

<89EF88F5954B8C C8E86>

<89EF88F5954B8C C8E86> 会 員 必 携 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 ) 関 東 信 越 税 理 士 会 朝 霞 支 部 351-0015 朝 霞 市 幸 町 1 丁 目 3 番 6 号 石 川 ビル2F TEL 048-465-0025 FAX 048-468-1043 http://www.asaka-zeirishikai.gr.jp/ 目 次 ( 関 連 規 則 等 対 応 表 示 ) 関 東 信

More information

公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 た

公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 た 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 たる 事 務 所 を

More information

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 規 程 規 則 平 成 25 年 5 月 目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

More information

公益財団法人日本体育施設協会定款の変更の案

公益財団法人日本体育施設協会定款の変更の案 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 施 設 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 施 設 協 会 と 称 する 2 この 法 人 の 英 語 名 表 記 を JAPAN SPORTS FACILITIES A SSOCIATION(JSFA)とする ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

(Microsoft Word - \201\232\201y\222\350\212\274\201z)

(Microsoft Word - \201\232\201y\222\350\212\274\201z) 大 曲 通 町 地 区 市 街 地 再 開 発 組 合 定 款 大 曲 通 町 地 区 市 街 地 再 開 発 組 合 1 総 則 1 2 参 加 組 合 員 3 費 用 の 分 担 2 4 役 員 4 5 総 会 及 び 理 事 会 の 会 議 及 び 議 事 9 6 事 務 局 及 び 職 員 12 7 会 計 12 8 審 査 委 員 13 9 章 価 額 の 確 定 及 び 清 算 14 10

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

Microsoft Word - 02.定款(最終①)

Microsoft Word - 02.定款(最終①) 公 益 財 団 法 人 日 本 スケート 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 スケート 連 盟 といい 外 国 に 対 しては JAPAN SKATING FEDERATION( 略 称 JSF)という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 第 2

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information

(2/10) 第 2 章 会 員 ( 種 別 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 は 次 の2 種 類 とする 一 正 会 員 1 本 会 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 以 下 の 漕 艇 グループの 代 表 者 イ 東 京 都 内 に 所 在 する 大 学 専 門 学 校 高 等 学

(2/10) 第 2 章 会 員 ( 種 別 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 は 次 の2 種 類 とする 一 正 会 員 1 本 会 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 以 下 の 漕 艇 グループの 代 表 者 イ 東 京 都 内 に 所 在 する 大 学 専 門 学 校 高 等 学 (1/10) 平 成 6 年 2 月 2 6 日 制 定 平 成 27 年 2 月 25 日 一 部 改 正 一 般 社 団 法 人 東 京 都 ボート 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 東 京 都 ボート 協 会 と 称 し( 以 下 本 会 という ) 英 文 では Tokyo Amateur Rowing Association(

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

8月9月幹事会検討内容

8月9月幹事会検討内容 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 法 人 は 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 ( 略 称 社 団 法 人 電 管 協 )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 法 人 は 事 務 所 を 東 京 都 千 代 田 区 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 法

More information

公益財団法人プラン・ジャパン定款

公益財団法人プラン・ジャパン定款 定 款 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン( 以 下 本 財 団 という ) と 称 し その 英 文 名 を Plan International Japan と 称 する (

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

Microsoft Word - 定款06.19.2014.doc

Microsoft Word - 定款06.19.2014.doc 一 般 社 団 法 人 京 都 府 計 量 協 会 定 款 名 称 第 1 条 第 1 章 総 則 当 法 人 は 一 般 社 団 法 人 京 都 府 計 量 協 会 ( 以 下 協 会 という)と 称 する 主 たる 事 務 所 等 第 2 条 当 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 京 都 府 京 都 市 伏 見 区 深 草 下 川 原 町 1 番 地 の1コトーハイ ツ 伏 見 稲 荷 C

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

特定非営利活動法人 定款例

特定非営利活動法人 定款例 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys 定 款 平 成 26 年 3 月 13 日 変 更 平 成 25 年 5 月 15 日 変 更 平 成 23 年 6 月 29 日 変 更 平 成 22 年 12 月 12 日 作 成 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information