第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成"

Transcription

1 姫 監 公 表 第 1 号 平 成 2 5 年 1 月 2 5 日 姫 路 市 監 査 委 員 井 神 曉 同 小 林 茂 信 住 民 監 査 請 求 ( 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 につ い て ) に 係 る 監 査 の 結 果 に つ い て 平 成 24 年 11 月 30 日 に 受 付 し た 地 方 自 治 法 第 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ く 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 の 結 果 を 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づ き 次 の と お り 公 表 します

2 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成 2 4 年 1 1 月 3 0 日 に 提 出 さ れ ま し た 3 請 求 人 の 主 張 本 件 請 求 書 に 記 載 さ れ た 請 求 の 内 容 は 次 の と お り で す ( 原 文 の ま ま 掲 載 但 し 個 人 名 及 び 団 体 名 は 伏 字 に 変 え て い ま す ) 請 求 の 趣 旨 姫 路 市 議 会 議 長 が 政 務 調 査 費 を251,100 円 を 違 法 に 使 用 したとして 平 成 24 年 11 月 1 日 に 議 長 が 所 属 する 会 派 が 姫 路 市 に 全 額 返 還 し た が 法 定 金 利 の 未 納 が 1 7 円 あ り その 額 を 議 長 が 所 属 する 会 派 が 姫 路 市 に 返 還 さ せ る こ と を 求 め る 請 求 の 理 由 市 議 会 議 長 が 政 務 調 査 費 251,100 円 を 違 法 に 使 用 した としてその 額 を 姫 路 市 に 返 還 させることを 求 める 住 民 監 査 請 求 書 が 平 成 2 4 年 1 0 月 2 3 日 に 姫 路 市 監 査 委 員 に 提 出 し た 姫 路 市 監 査 委 員 はこの 住 民 監 査 請 求 書 を 収 受 したが 監 査 の 実 施 の 判 断 をする 前 に 議 長 が 所 属 する 会 派 が 平 成 24 年 11 月 1 日 に 姫 路 市 に 全 額 を 返 還 したが その 際 姫 路 市 は 法 定 金 利 の 徴 収 漏 れがあった その 法 定 金 利 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 書 が 平 成 2 4 年 11 月 6 日 に 姫 路 市 監 査 委 員 に 提 出 した これについても 姫 路 市 監 査 委 員 が 監 査 の 実 施 の 判 断 をする 前 に 議 長 が 所 属 する 会 派 が 平 成 24 年 11 月 9 日 に 法 定 金 利 として7,409 円 を 姫 路 市 に 返 還 し た 而 し て 法 定 金 利 の 利 息 計 算 に 間 違 い が あ る 利 率 等 の 表 示 の 年 利 建 て 移 行 に 関 する 法 律 第 25 条 前 各 条 の 規 定 に よ る 改 正 後 の 規 定 ( 他 の 法 令 の 規 定 に お い て 準 用 す る 場 合 も 含 む ) に 定 める 延 滞 税 利 子 税 還 付 加 算 金 延 滞 金 加 算 金 過 怠 金 違 約 1

3 金 割 増 金 納 付 金 及 び 延 滞 利 息 その 他 法 令 で 指 定 するこれらに 類 する ものの 額 の 計 算 につきこれらの 法 律 の 指 定 その 他 法 令 の 規 定 に 定 める 年 当 りの 割 合 は 閏 年 の 日 を 含 む 期 間 についても 三 百 六 十 五 日 当 りの 割 合 と す る と 規 定 さ れ て い る つまり が 返 還 した7,409 円 の 利 息 計 算 は 分 母 が366 日 としており 分 母 を 法 律 の 規 定 による365 日 で 計 算 すると 17 円 の 不 足 が 生 じる よって その 不 足 額 17 円 の 返 還 を 求 めるもの で あ る よ っ て 地 方 自 治 法 第 条 第 1 項 の 規 定 に よ り 別 紙 事 実 証 明 を 添 え 必 要 な 措 置 を 講 じ る こ と を 求 め る 4 事 実 を 証 す る 書 面 請 求 人 は 事 実 証 明 書 と し て 次 の 各 書 面 を 添 付 し て い ま す (1) 平 成 2 4 年 1 1 月 1 6 日 付 公 文 書 公 開 決 定 通 知 書 の 写 し (2) 上 記 (1)に よ り 監 査 委 員 か ら 公 開 さ れ た 政 務 調 査 費 返 還 に 係 る 公 文 書 の 写 し ア 政 務 調 査 費 返 還 金 の 納 入 通 知 書 兼 領 収 書 イ 政 務 調 査 費 返 還 金 に 対 す る 法 定 利 息 の 納 入 通 知 書 兼 領 収 書 5 監 査 執 行 上 の 除 斥 本 件 請 求 の 監 査 に つ い て は 議 員 の う ち か ら 選 任 さ れ た 長 谷 川 任 武 委 員 及 び 坂 本 学 委 員 を 地 方 自 治 法 ( 昭 和 2 2 年 法 律 第 6 7 号 以 下 自 治 法 と い う ) 第 条 の 2 の 規 定 に よ り 除 斥 と し ま し た 6 請 求 の 受 理 本 件 請 求 は 自 治 法 第 条 第 1 項 に 規 定 す る 要 件 を 具 備 し て い る も の と 認 め 平 成 2 4 年 1 2 月 5 日 に 受 理 し ま し た 第 2 監 査 の 実 施 1 監 査 の 対 象 事 項 本 件 請 求 に 係 る 政 務 調 査 費 251,100 円 ( 以 下 本 件 政 務 調 査 費 と いう )に 対 する 法 定 利 息 ( 以 下 本 件 法 定 利 息 という )として 納 入 さ れた 金 員 7,409 円 ( 以 下 本 件 納 入 済 利 息 という )に 不 足 額 が 生 じており 市 長 が そ の 返 還 請 求 権 の 行 使 ( 財 産 の 管 理 )を 怠 っ た こ と に よ り 市 に 損 害 を 与 え て い る か ど う か に つ い て 監 査 す る こ と と し ま し た 2

4 2 監 査 対 象 部 局 議 会 事 務 局 を 監 査 対 象 部 局 と し ま し た 3 請 求 人 の 証 拠 の 提 出 及 び 陳 述 請 求 人 に 対 し 自 治 法 第 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づ き 平 成 2 4 年 1 2 月 1 7 日 に 証 拠 の 提 出 及 び 陳 述 を 行 う 機 会 を 与 え ま し た そ れ に 基 づ き 追 加 の 証 拠 書 類 と し て 次 の 書 面 の 提 出 が あ り ま し た (1) 平 成 2 4 年 1 1 月 2 1 日 付 公 文 書 公 開 決 定 通 知 書 の 写 し (2) 上 記 (1)に よ り 議 会 事 務 局 か ら 公 開 さ れ た 政 務 調 査 費 返 還 に 係 る 公 文 書 の 写 し ア 平 成 2 3 年 度 政 務 調 査 費 返 還 に 係 る 決 裁 及 び 添 付 資 料 ( 当 該 政 務 調 査 費 に 係 る 政 務 調 査 費 支 出 書 領 収 証 書 成 果 物 ) イ 平 成 2 3 年 度 政 務 調 査 費 返 還 に 係 る 調 定 書 ウ 平 成 2 3 年 度 政 務 調 査 費 返 還 に 係 る 収 入 内 訳 書 ( 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 収 入 分 収 入 リ ス ト ) エ 政 務 調 査 費 返 還 金 の 納 入 通 知 書 兼 領 収 書 (3) 上 記 (1)によって 議 会 事 務 局 か ら 公 開 さ れ た 政 務 調 査 費 返 還 に 対 す る 法 定 利 息 に 係 る 公 文 書 の 写 し ア 平 成 2 3 年 度 法 定 利 息 に 係 る 決 裁 イ 平 成 2 3 年 度 法 定 利 息 に 係 る 調 定 書 ウ 平 成 23 年 度 法 定 利 息 に 係 る 収 入 内 訳 書 ( 平 成 2 4 年 1 1 月 9 日 収 入 分 収 入 リ ス ト ) エ 法 定 利 息 の 納 入 通 知 書 兼 領 収 書 (4) 姫 路 市 市 税 条 例 の 一 部 ( 利 率 等 の 表 示 の 年 利 建 て 移 行 に 関 す る 条 例 ( 抜 粋 ) ) (5) 例 規 一 覧 ( 姫 路 市 介 護 保 険 条 例 姫 路 市 後 期 高 齢 者 医 療 に 関 する 条 例 及 び 姫 路 市 臨 床 研 修 医 奨 励 金 の 貸 与 に 関 す る 条 例 施 行 規 則 ) ま た 請 求 人 が 陳 述 を 行 い 次 の と お り 本 件 請 求 の 補 足 説 明 を 行 い ま し た (6) 政 務 調 査 費 は 市 の 補 助 金 であるので その 返 還 請 求 権 は 私 法 上 の 債 権 で な く 行 政 上 の 債 権 ( 公 法 上 の 債 権 )で あ る (7) 姫 路 市 市 税 条 例 姫 路 市 介 護 保 険 条 例 や 姫 路 市 後 期 高 齢 者 医 療 に 関 す る 条 例 で は 閏 年 の 場 合 で あ っ て も 日 当 た り の 割 合 と す る と 3

5 規 定 さ れ て い る (8) 当 該 法 定 利 息 の 不 足 額 1 7 円 の 計 算 式 は 次 の と お り で あ る 2 5 1, 円 5 % 日 / 日 = 7, 円 7, 円 - 7, 円 ( 本 件 納 入 済 利 息 ) = 1 7 円 4 監 査 対 象 部 局 の 陳 述 平 成 2 4 年 1 2 月 1 7 日 に 議 会 事 務 局 長 ほ か 関 係 職 員 に よ る 陳 述 の 聴 取 を 行 い ま し た な お 陳 述 の 要 旨 は 次 の と お り で す (1) 利 息 の 金 利 は 民 法 第 条 の 規 定 に よ り 年 5 分 で 計 算 さ れ て い る (2) 利 息 の 日 割 計 算 は 民 法 第 条 第 1 項 の 規 定 に よ り 暦 に 従 っ て 年 日 当 た り の 割 合 で 計 算 さ れ て い る (3) 利 息 計 算 の 期 間 は 政 務 調 査 費 交 付 条 例 第 8 条 第 2 項 で 定 め る 政 務 調 査 費 支 出 書 に よ り 確 認 さ れ た 支 出 日 ( 平 成 2 4 年 3 月 3 0 日 )の 翌 日 ( 同 年 3 月 3 1 日 )か ら 納 入 の あ っ た 日 ( 同 年 1 1 月 1 日 )で あ る よ っ て 議 会 事 務 局 と し て は 適 正 な も の と 認 識 し て い る 5 監 査 の 実 施 監 査 対 象 部 局 に 対 し て 関 係 書 類 及 び そ の 他 の 記 録 等 の 提 出 を 求 め る と と も に 関 係 職 員 か ら の 事 情 聴 取 も 実 施 し ま し た 第 3 監 査 の 結 果 1 事 実 関 係 の 確 認 ⑴ 本 件 政 務 調 査 費 の 返 還 に つ い て ア 関 係 部 局 で あ る 議 会 事 務 局 総 務 課 の 説 明 に よ る と 本 件 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 経 緯 等 は 以 下 の と お り で す 平 成 2 4 年 3 月 3 0 日 に ( 以 下 同 会 派 と い う ) 所 属 の 議 員 が 政 務 調 査 の た め の 費 用 2 5 1,100 円 ( 市 政 報 告 資 料 作 成 費 1 4 9,1 0 0 円 郵 便 切 手 代 1 0 2,0 0 0 円 ) を 支 出 し 同 会 派 は 同 議 員 に 政 務 調 査 費 と し て 同 日 に 同 額 を 同 議 員 4

6 に 交 付 し た 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 に 同 会 派 か ら 会 派 と し て 当 該 費 用 に つ き 政 務 調 査 費 以 外 で の 支 出 と 決 定 し た の で 当 該 政 務 調 査 費 の 支 出 を 修 正 し 返 還 し た い と の 申 し 出 が あ り 議 会 事 務 局 総 務 課 が 同 日 に 同 額 の 納 入 通 知 書 を 発 行 し 同 日 中 に 同 会 派 が 金 融 機 関 に 納 入 し た 政 務 調 査 費 は 会 計 年 度 末 に お い て 一 括 し て 精 算 す る 方 式 を と っ て い る た め 会 計 年 度 終 了 後 に 政 務 調 査 費 収 支 報 告 書 等 の 修 正 変 更 等 の 届 出 規 定 が 設 け ら れ て お ら ず 同 会 派 か ら 文 書 の 提 出 や 報 告 は 受 けて い な い が 返 還 に か か る 書 類 は 当 該 年 度 の 最 終 的 な 収 支 が わ かるよ う に 収 支 報 告 書 等 に 添 付 し て い る イ 議 会 事 務 局 総 務 課 は 当 該 政 務 調 査 費 返 還 金 2 5 1,1 0 0 円 を 会 計 年 度 が 終 了 し て い た た め 平 成 23 年 度 ( 過 年 度 ) の 支 出 で あ る 本 件 政 務 調 査 費 の 歳 出 科 目 へ の 戻 入 ( 返 還 ) 手 続 き が で き ず 平 成 2 4 年 度 ( 翌 年 度 ) 歳 入 の 諸 収 入 雑 入 そ の 他 雑 収 入 と し て 平 成 24 年 1 1 月 1 日 に 収 入 していることを 調 定 書 収 入 関 係 決 裁 等 関 係 書 類 に よ り 確 認 し 同 収 入 関 係 決 裁 等 に 本 件 政 務 調 査 費 に 係 る 政 務 調 査 費 支 出 書 の 写 し 等 が 添 付 さ れ て い る こ と を 確 認 し ま し た ⑵ 本 件 納 入 済 利 息 に つ い て ア 関 係 部 局 で あ る 議 会 事 務 局 総 務 課 の 説 明 に よ る と 本 件 納 入 済 利 息 に 係 る 経 緯 等 は 以 下 の と お り で す 平 成 2 4 年 1 1 月 9 日 同 会 派 か ら の 申 し 出 に よ り 議 会 事 務 局 総 務 課 が 同 日 に 先 に 返 還 された251,100 円 の 利 息 相 当 額 7,409 円 の 納 入 通 知 書 を 発 行 し 同 日 中 に 同 会 派 が 金 融 機 関 に 納 入 した 当 該 法 定 利 息 相 当 額 は 私 法 ( 民 法 ) 上 の 債 権 に よ る 収 入 で あ る の で 民 法 の 諸 規 定 に 基 づ き 政 務 調 査 費 返 還 金 251,1 0 0 円 に 対 し て 利 息 計 算 し た も の で あ る (4 監 査 対 象 部 局 の 陳 述 参 照 ) 法 定 利 息 計 算 ( 日 割 り 計 算 )に お い て 利 息 計 算 期 間 が 閏 年 に あ た る た め 民 法 第 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ き 1 年 を 日 ( 閏 年 )と し て 計 算 さ れ て い る 利 息 計 算 期 間 の 起 算 日 は 政 務 調 査 費 支 出 書 の 写 し を 確 認 す る と 同 会 派 が 同 年 3 月 3 0 日 に 公 金 と し て 本 件 政 務 調 査 費 を 支 出 し て い た の で 民 法 第 条 の 規 定 に 基 づ き 同 日 の 翌 日 と な っ て い る イ 議 会 事 務 局 総 務 課 は 本 件 納 入 済 利 息 を 平 成 2 4 年 1 1 月 9 日 に 歳 5

7 入 科 目 諸 収 入 雑 入 そ の 他 雑 収 入 で 収 入 し て い る こ と を 調 定 書 収 入 関 係 決 裁 等 関 係 書 類 に よ り 確 認 し ま し た ⑶ 政 務 調 査 費 返 還 に 係 る 根 拠 法 令 に つ い て ア 自 治 法 自 治 法 に 特 段 の 規 定 は あ り ま せ ん イ 条 例 本 市 条 例 の 規 定 は 次 の と お り で す 姫 路 市 議 会 政 務 調 査 費 交 付 条 例 ( 平 成 1 3 年 3 月 2 8 日 条 例 第 1 号 以 下 交 付 条 例 と い う ) ( 政 務 調 査 費 の 返 還 ) 第 9 条 政 務 調 査 費 の 交 付 を 受 け た 会 派 が そ の 年 度 に お い て 交 付 を 受 け た 政 務 調 査 費 の 総 額 か ら 当 該 会 派 が そ の 年 度 に お い て 市 政 の 調 査 研 究 に 資 す る た め 必 要 な 経 費 と し て 支 出 し た 総 額 を 控 除 し て 残 余 が あ る と き は 当 該 残 余 の 額 を 毎 年 4 月 30 日 ま で に 市 長 に 返 還 し な け れ ば な ら な い 2 前 項 の 規 定 に か か わ ら ず 議 員 の 任 期 が 満 了 し た 場 合 に お い て 交 付 を 受 け た 政 務 調 査 費 に 残 余 が あ る と き は 会 派 の 代 表 者 及 び 経 理 責 任 者 で あ っ た 者 は 当 該 残 余 の 額 を 任 期 満 了 の 日 か ら 30 日 以 内 に 市 長 に 返 還 し な け れ ば な ら な い 3 第 1 項 の 規 定 に か か わ ら ず 議 会 又 は 政 務 調 査 費 の 交 付 を 受 け た 会 派 が 解 散 し た 場 合 に お い て 交 付 を 受 け た 政 務 調 査 費 に 残 余 が あ る と き は 会 派 の 代 表 者 及 び 経 理 責 任 者 で あ っ た 者 は 当 該 残 余 の 額 を 解 散 し た 日 か ら 30 日 以 内 に 市 長 に 返 還 し な け れ ば な ら な い < 参 考 > ( 交 付 の 方 法 ) 第 4 条 政 務 調 査 費 は 各 四 半 期 の 最 初 の 月 に 当 該 四 半 期 に 属 す る 月 数 分 を 交 付 す る た だ し 四 半 期 の 途 中 に お い て 議 員 の 任 期 が 満 了 す る 場 合 は 任 期 満 了 の 日 の 属 す る 月 ま で の 月 数 分 を 交 付 す る ( 収 支 報 告 書 等 の 提 出 等 ) 第 8 条 政 務 調 査 費 の 交 付 を 受 け た 会 派 は 規 則 で 定 め る 政 務 調 査 費 収 支 報 告 書 を 作 成 し 議 長 に 提 出 し な け れ ば な ら な い 6

8 2 政 務 調 査 費 の 交 付 を 受 け た 会 派 は 政 務 調 査 費 の 支 出 に 係 る 領 収 証 書 等 の 証 拠 書 類 を 添 付 し た 規 則 で 定 め る 政 務 調 査 費 支 出 書 を 作 成 し 規 則 で 定 め る と こ ろ に よ り 保 管 す る と と も に そ の 写 し( 添 付 さ れ た 証 拠 書 類 の 写 し を 含 む 以 下 同 じ )を 議 長 に 提 出 し な け れ ば な ら な い 3 第 1 項 の 規 定 に よ る 政 務 調 査 費 収 支 報 告 書 の 提 出 及 び 前 項 の 規 定 に よ る 政 務 調 査 費 支 出 書 の 写 し の 提 出 ( 以 下 収 支 報 告 書 等 の 提 出 と い う )は 前 年 度 の 交 付 に 係 る 政 務 調 査 費 に つ い て 毎 年 4 月 30 日 ま で に 行 わ な け れ ば な ら な い 4 前 項 の 規 定 に か か わ ら ず 議 員 の 任 期 が 満 了 し た と き は 会 派 の 代 表 者 及 び 経 理 責 任 者 で あ っ た 者 は 任 期 満 了 の 日 か ら 30 日 以 内 に 収 支 報 告 書 等 の 提 出 を 行 わ な け れ ば な ら な い 5 第 3 項 の 規 定 に か か わ ら ず 議 会 又 は 政 務 調 査 費 の 交 付 を 受 け た 会 派 が 解 散 し た と き は 会 派 の 代 表 者 及 び 経 理 責 任 者 で あ っ た 者 は 解 散 の 日 か ら 30 日 以 内 に ( 議 会 が 解 散 し た と き は 速 や か に ) 収 支 報 告 書 等 の 提 出 を 行 わ な け れ ば な ら な い ウ 規 則 本 市 規 則 に 特 段 の 規 定 は あ り ま せん エ 民 法 ( 明 治 2 9 年 4 月 2 7 日 法 律 第 8 9 号 ) 政 務 調 査 費 返 還 に 関 連 する 民 法 の 主 な 規 定 は 次 の と お り で す 第 条 ( 履 行 期 と 履 行 遅 滞 ) 第 条 ( 不 当 利 得 の 返 還 義 務 ) ⑷ 政 務 調 査 費 返 還 金 に 対 す る 法 定 利 息 に 係 る 根 拠 法 令 に つ い て ア 自 治 法 自 治 法 に 特 段 の 規 定 は あ り ま せ ん が 請 求 人 が 例 に あ げ て い る 延 滞 金 に つ い て の 規 定 は 次 の と お り で す 第 条 の 3 ( 督 促 滞 納 処 分 等 ) イ 条 例 本 市 条 例 に 特 段 の 規 定 は あ り ま せ ん が 請 求 人 が 例 に あ げ て い る 姫 路 市 市 税 条 例 姫 路 市 介 護 保 険 条 例 及 び 姫 路 市 後 期 高 齢 者 医 療 に 関 す る 条 例 の 延 滞 金 に つ い て の 主 な 規 定 は 次 の と お り で す 姫 路 市 市 税 条 例 ( 昭 和 2 5 年 8 月 1 2 日 条 例 第 2 4 号 ) 参 考 利 率 等 の 表 示 の 年 利 建 て 移 行 に 関 す る 条 例 ( 昭 和 45 年 10 7

9 月 8 日 条 例 第 37 号 ) ( 年 当 り の 割 合 の 基 礎 と な る 日 数 ) 第 9 条 第 1 条 第 3 条 から 第 5 条 ま で 第 7 条 及 び 前 条 の 規 定 に よ る 改 正 後 の 条 例 の 規 定 に 定 め る 延 滞 金 の 額 の 計 算 に つ き こ れ ら の 条 例 の 規 定 に 定 め る 年 当 り の 割 合 は 閏 年 の 日 を 含 む 期 間 に つ い て も 365 日 当 り の 割 合 と す る 姫 路 市 介 護 保 険 条 例 ( 平 成 1 2 年 3 月 2 9 日 条 例 第 4 7 号 ) ( 延 滞 金 ) 第 7 条 第 4 項 第 1 項 に 規 定 す る 年 当 た り の 割 合 は う る う 年 の 日 を 含 む 期 間 に つ い て も 日 当 た り の 割 合 と す る 姫 路 市 後 期 高 齢 者 医 療 に 関 す る 条 例 ( 平 成 2 0 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 ) ( 延 滞 金 ) 第 5 条 第 4 項 第 1 項 に 規 定 す る 年 当 た り の 割 合 は う る う 年 の 日 を 含 む 期 間 に つ い て も 日 当 た り の 割 合 と す る ウ 規 則 本 市 規 則 に 特 段 の 規 定 は あ り ま せ ん エ 民 法 政 務 調 査 費 返 還 金 に 対 す る 法 定 利 息 に 関 連 す る 民 法 の 主 な 規 定 は 次 の と お り で す 第 8 9 条 ( 果 実 の 帰 属 ) 第 条 ( 期 間 の 起 算 ) 第 条 ( 暦 に よ る 期 間 の 計 算 ) 第 条 ( 法 定 利 率 ) 第 条 ( 債 務 不 履 行 に よ る 損 害 賠 償 ) 第 条 ( 悪 意 の 受 益 者 の 返 還 義 務 等 ) 第 条 ( 不 法 行 為 に よ る 損 害 賠 償 ) ⑸ 利 率 等 の 表 示 の 年 利 建 て 移 行 に 関 す る 法 律 等 に つ い て 請 求 人 が 摘 示 し て い る 閏 年 に お け る 利 息 計 算 関 係 法 令 で あ る 利 率 等 の 表 示 の 年 利 建 て 移 行 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 4 5 年 4 月 1 日 法 律 第 1 3 号 以 下 年 利 移 行 法 と い う ) 第 2 5 条 で は 前 各 条 の 規 定 に よ る 改 正 後 の 法 律 の 規 定 ( 他 の 法 令 の 規 定 において 準 用 する 場 合 を 含 む )に 定 8

10 める 延 滞 税 利 子 税 還 付 加 算 金 延 滞 金 加 算 金 過 怠 金 違 約 金 割 増 金 納 付 金 及 び 延 滞 利 息 そ の 他 政 令 で 指 定 す る こ れ ら に 類 す る も の の 額 の 計 算 に つ き こ れ ら の 法 律 の 規 定 そ の 他 法 令 の 規 定 に 定 め る 年 当 た り の 割 合 は 閏 年 の 日 を 含 む 期 間 に つ い て も 日 当 た り の 割 合 と す る と 規 定 さ れ て い ま す 同 法 の 立 法 趣 旨 は 利 率 等 を 日 歩 建 てで 表 示 している 法 律 の 規 定 を 一 括 して 年 利 建 ての 表 示 に 改 めるものであり( 昭 和 45 年 3 月 3 日 第 63 回 国 会 大 蔵 委 員 会 同 法 提 案 理 由 説 明 ) 対 象 と し て い る 法 律 は 国 税 通 則 法 地 方 税 法 土 地 収 用 法 道 路 法 農 地 法 等 の 5 8 の 法 律 で す また 同 法 の 施 行 に 伴 い 同 法 第 25 条 及 び 関 係 法 の 規 定 に 基 づき 利 率 等 の 表 示 の 年 利 建 て 移 行 に 関 す る 政 令 ( 以 下 年 利 移 行 令 と い う ) が 制 定 され 対 象 政 令 として 所 得 税 法 施 行 令 法 人 税 法 施 行 令 地 方 税 法 施 行 令 等 が 列 挙 さ れ て い ま す ⑹ 閏 年 に お け る 利 息 の 計 算 に つ い て 本 件 納 入 済 利 息 の 利 息 計 算 に お い て 利 率 は 法 令 に 特 段 の 規 定 が な い た め 民 法 第 条 規 定 の 年 利 ( 5 % )で 定 め ら れ る こ と と な り 民 法 第 8 9 条 第 2 項 の 規 定 に よ り 日 割 り で 計 算 さ れ ていま す 利 率 が 年 利 で 定 め ら れ る 場 合 民 法 第 条 第 1 項 で 週 月 又 は 年 に よ っ て 期 間 を 定 め た と き は そ の 期 間 は 暦 に よ っ て 計 算 す る と 規 定 さ れ て い ま す 1 年 の 日 数 は 平 年 ( 日 ) と 閏 年 ( 日 ) で 違 う の で 利 息 計 算 の 起 算 日 か ら 数 え て 年 の 途 中 で 計 算 を し な け れ ば な ら な い 場 合 閏 年 を 日 と し て 扱 う こ と と す る な ど 当 事 者 間 で の 合 意 が あ る と き や 法 令 に 特 段 の 規 定 が あ る と き を 除 き そ の 計 算 方 法 が 問 題 と な り ま す 暦 に し た が っ て 利 息 計 算 を す る 場 合 そ の 期 間 が 平 年 の 中 に あ る 場 合 に は 日 閏 年 の 中 に あ る 場 合 は 日 で 計 算 す る 考 え 方 ( 以 下 暦 年 閏 年 説 と い う )や 利 息 計 算 期 間 の 起 算 日 を 基 準 と し て 向 こう 1 年 間 の 中 に 2 月 2 9 日 を 含 む 場 合 に は 日 含 ま な い 場 合 に は 日 で 計 算 す る 考 え 方 ( 以 下 2 月 2 9 日 基 準 説 と い う ) が あ り ま す ⑺ 裁 判 判 決 ( 裁 判 所 判 断 ) に つ い て 本 件 請 求 に 関 連 す る と 考 え ら れ る 政 務 調 査 費 の 返 還 や 遅 延 損 害 金 に 係 る 裁 判 判 決 ( 裁 判 所 判 断 の 抜 粋 ) は 次 の と お り で す 9

11 ア 東 京 都 品 川 区 政 務 調 査 費 等 事 件 ( 平 成 2 1 年 1 0 月 1 6 日 東 京 地 方 裁 判 所 判 決 以 下 東 京 地 裁 判 決 と い う ) 政 務 調 査 費 は 地 方 自 治 法 及 び 条 例 に お い て 特 に 定 め ら れ た 交 付 金 で あ り そ の 目 的 内 容 等 に 照 ら す と 政 務 調 査 費 の 交 付 は 公 法 上 の 原 因 に 基 づ く も の と い う こ と が で き こ の よ う な 公 法 上 の 原 因 に 基 づ い て 交 付 さ れ た 金 員 の 返 還 を 内 容 と す る 不 当 利 得 返 還 請 求 権 は 公 法 上 の 債 権 で あ る と い う べ き で あ る イ 弘 前 市 政 務 調 査 費 返 還 履 行 請 求 控 訴 事 件 ( 平 成 2 3 年 5 月 2 0 日 仙 台 高 等 裁 判 所 判 決 以 下 仙 台 高 裁 判 決 と い う ) 本 件 条 例 ( 弘 前 市 議 会 政 務 調 査 費 交 付 条 例 ) に は 交 付 を 受 け た 政 務 調 査 費 に 残 余 が あ る 場 合 の 返 還 義 務 を 定 め た 規 定 は あ る も の の そ の 返 還 時 期 に つ い て 明 確 に 定 め た 規 定 は な い し か し 収 支 報 告 書 の 提 出 期 限 を 定 め る 本 件 条 例 の 規 定 及 び そ の 趣 旨 に 照 ら せ ば 本 件 条 例 は 残 余 金 の 返 還 時 期 に つ い て は 確 定 期 限 ( 政 務 調 査 費 の 交 付 に 係 る 年 度 の 翌 年 度 の 4 月 3 0 日 ) 又 は 不 確 定 期 限 ( 議 員 で な く な っ た 日 か ら 3 0 日 以 内 ) を 定 め て い る も の と い う べ き で あ る 不 当 利 得 返 還 請 求 に お け る 附 帯 請 求 ( 遅 延 損 害 金 ) の 起 算 日 は 政 務 調 査 費 の 交 付 を 受 け た 年 度 の 翌 年 度 の 5 月 1 日 と 認 め る の が 相 当 で あ る 以 上 仙 台 高 裁 判 決 では 弘 前 市 に 対 し て 違 法 な 政 務 調 査 費 を 支 出 し た 議 員 に 不 当 利 得 の 返 還 及 び 遅 延 損 害 金 ( 法 定 利 息 ) を 請 求 す る こ と を 命 じ る と と も に 既 に 政 務 調 査 費 を 自 主 的 に 返 還 した 議 員 に 対 し て も 5 月 1 日 か ら 自 主 返 還 日 ま で の 遅 延 損 害 金 を 請 求 す る こ と を 命 じ て い ます なお 平 成 1 9 年 4 月 の 弘 前 市 政 務 調 査 費 返 還 請 求 住 民 訴 訟 控 訴 審 判 決 に お い て も 仙 台 高 裁 判 決 と 同 様 の 判 断 が な さ れ て お り 同 控 訴 審 判 決 は 最 高 裁 判 所 が 平 成 1 9 年 1 0 月 2 6 日 原 告 の 上 告 を 棄 却 し 上 告 審 と し て 受 理 し な い こ と を 決 定 し た こ と に よ り 確 定 し て い ま す エ 神 戸 市 焼 却 炉 談 合 損 害 賠 償 控 訴 事 件 及 び 同 附 帯 請 求 事 件 に 係 る 請 求 異 議 事 件 ( 平 成 2 2 年 1 0 月 1 3 日 神 戸 地 方 裁 判 所 判 決 以 下 神 戸 地 裁 判 決 と い う ) 遅 延 損 害 金 の 計 算 方 法 に 関 し て 民 法 第 条 等 の 関 係 法 令 の 文 言 から2 月 2 9 日 基 準 説 と 暦 年 閏 年 説 のいず れ の 見 解 を 採 用 す べ き か ど う か を 決 す る こ と は 困 難 で あ り 両 説 と も そ れ ぞ れ 合 理 的 な 理 由 が な い と は い え ず い ず れ の 見 解 に 従 っ て 遅 延 損 害 金 の 計 算 法 を 行 う 10

12 べ き か ど う か を 直 ち に 決 す る こ と は で き な い 2 判 断 ⑴ 年 利 移 行 法 及 び 年 利 移 行 令 の 適 用 に つ い て ア 年 利 移 行 法 及 び 年 利 移 行 令 の 適 用 を 受 け る 利 息 債 権 に つ い て 請 求 人 が 主 張 す る 本 件 法 定 利 息 の 計 算 の 年 当 た り の 割 合 ( 日 ) に つ い ての 根 拠 法 令 で あ る 年 利 移 行 法 に お い て は そ の 適 用 を 受 け る 法 律 が 限 定 列 挙 さ れ て お り 同 法 の 施 行 に 伴 い 制 定 さ れ た 年 利 移 行 令 に お い て も その 適 用 を 受 け る 関 係 政 令 が 列 挙 さ れ て い ま す こ の よ う な 規 定 の 仕 方 か ら す れ ば 同 法 及 び 同 政 令 の 適 用 を 受 け 年 当 た り の 割 合 が 閏 年 の 日 を 含 む 期 間 に つ い て も 日 当 た り の 割 合 と な る 利 息 債 権 は 同 法 及 び 同 政 令 や 条 例 規 則 を 含 む 関 係 法 令 に 利 率 等 の 定 め の あ る 公 法 上 の 利 息 債 権 に 限 ら れ ると 解 す る の が 相 当 で す ま た 利 率 等 を 日 歩 建 て で 表 示 し て い る 法 律 の 規 定 を 一 括 し て 年 利 建 て の 表 示 に 改 め る も の と す る 同 法 の 立 法 趣 旨 か ら み る と 現 行 の 公 法 上 の 利 息 債 権 全 て に つ い て 同 法 が 適 用 ま た は 準 用 さ れ る も の で は な く 同 法 施 行 ( 昭 和 4 5 年 4 月 ) 後 に 設 け ら れ た 新 た な 制 度 に よ り 発 生 し た 公 法 上 の 利 息 債 権 に 係 る 閏 年 の 日 を 含 む 期 間 の 定 め に つ い て は 同 法 以 外 の 当 該 制 度 に 係 る 個 別 の 法 令 に 委 ね ら れ て い る と 考 え ま す イ 本 件 法 定 利 息 の 返 還 請 求 権 は 年 利 移 行 法 及 び 年 利 移 行 令 が 適 用 又 は 準 用 さ れ る 利 息 債 権 か ど う か に つ い て 本 件 法 定 利 息 の 元 本 で あ る 本 件 政 務 調 査 費 の 返 還 請 求 権 は 東 京 地 裁 判 決 で 判 示 さ れ ているよ う に 公 法 上 の 原 因 に 基 づ い て 交 付 さ れ た 金 員 の 返 還 を 内 容 と す る 公 法 上 の 債 権 で あ る と い え ま す そ し て 本 件 法 定 利 息 の 返 還 請 求 権 は 仙 台 高 裁 判 決 で 判 示 さ れ て い る よ う に 交 付 条 例 で 定 め ら れ た 期 限 ま で に 返 還 さ れ な か っ た 本 件 政 務 調 査 費 に 対 す る 遅 延 損 害 金 請 求 権 であり 公 法 上 の 債 権 である 本 件 政 務 調 査 費 の 返 還 請 求 権 に 附 帯 す る 公 法 上 の 利 息 債 権 で あ る と いえます しかしながら 本 件 法 定 利 息 の 利 率 や 利 息 計 算 等 に ついては 法 律 政 令 や 条 例 規 則 等 法 令 に 特 段 の 定 めがな く ま た 政 務 調 査 費 は 年 利 移 行 法 施 行 ( 昭 和 4 5 年 4 月 ) 後 の 平 成 1 2 年 の 自 治 法 改 正 に よ り 新 た に 制 度 化 さ れ た も の で あ る こ と か ら 政 務 調 査 費 返 還 に よ り 発 生 す る 本 件 法 定 利 息 の 返 還 請 求 権 に つ い て は 同 法 が 適 用 ま た は 準 用 される 余 地 は あ り ま せ ん 11

13 ⑵ 本 件 法 定 利 息 は 公 法 上 の 延 滞 金 と 同 様 に 扱 う も の で あ る か ど う か に つ いて 請 求 人 は 姫 路 市 市 税 条 例 姫 路 市 介 護 保 険 条 例 及 び 姫 路 市 後 期 高 齢 者 医 療 に 関 す る 条 例 を 例 に 挙 げ 本 件 法 定 利 息 は 行 政 上 ( 公 法 上 )の 延 滞 金 と 同 様 に 扱 う べきであ る と 主 張 しているも の と 推 察 し ますが 市 長 が 歳 入 ( 延 滞 金 元 本 )を 納 期 限 ま で に 納 付 し な い 者 に 対 し て 延 滞 金 を 徴 収 す る と き に は 期 限 を 指 定 し て こ れ を 督 促 し 条 例 の 定 め る と こ ろ に よ り 徴 収 しなけ れ ば な り ま せ ん ( 自 治 法 第 条 の 3 ) 先 に 述 べ た よ う に 本 件 法 定 利 息 に つ い て は 本 市 条 例 に 特 段 の 定 め は な く ま た そ の 元 本 で あ る 本 件 政 務 調 査 費 は 同 会 派 か ら 自 主 返 納 さ れ た も の で あ り 督 促 を 要 し な い も の で あ る こ と か ら 公 法 上 の 延 滞 金 と 同 様 に 扱 う こ と は で き ま せ ん (3) 本 件 法 定 利 息 の 計 算 に お け る 閏 年 の 取 り 扱 い に つ い て 本 件 法 定 利 息 は 利 率 や 利 息 計 算 等 について 法 律 や 条 例 等 法 令 に 特 段 の 定 めがないため 民 法 の 規 定 が 準 用 され 不 当 利 得 若 しくは 債 務 不 履 行 ( 履 行 遅 滞 ) に 対 す る 遅 延 損 害 金 請 求 権 に 基 づ き 民 法 所 定 の 年 5 分 の 利 率 に よ り 利 息 計 算 さ れ る も の で あ る と 考 え ま す また 利 息 計 算 における 閏 年 の 取 り 扱 い に つ い て も 法 令 に 特 段 の 定 め が な く 本 市 と 同 会 派 と の 間 に 合 意 もないため 民 法 第 条 の 規 定 に よ り 暦 に 従 って 計 算 さ れ る こ と と な り ま す 暦 に 従 って 利 息 計 算 す る 場 合 暦 年 閏 年 説 で 計 算 すると1 年 は366 日 2 月 2 9 日 基 準 説 で 計 算 す る と 本 件 法 定 利 息 の 計 算 期 間 は 2 月 2 9 日 を 含 んでおらず3 6 5 日 と な る の で 本 件 納 入 済 利 息 は 暦 年 閏 年 説 で 利 息 計 算 さ れ た も の と 考 え ら れ ま す 遅 延 損 害 金 が 年 利 の 場 合 の 利 息 計 算 にお け る 閏 年 の 取 り 扱 い に つ い て は 神 戸 地 裁 判 決 において 判 示 さ れ て い る と お り 両 説 と も そ れ ぞ れ 合 理 的 な 理 由 が な い と は い え ず また 裁 判 所 ( 民 事 執 行 部 ) な ど の 公 的 機 関 が 暦 年 閏 年 説 を 採 用 し て い る 事 例 が あ る こ と か ら 本 市 が 年 日 当 た り の 割 合 で 利 息 計 算 さ れ た 本 件 納 入 済 利 息 を 適 正 な も の と し て 収 入 し た こ と に つ い て は 理 由 が あ り 違 法 不 当 であるとはいえません (4) 本 件 法 定 利 息 の 起 算 日 に つ い て 本 件 納 入 済 利 息 は 交 付 条 例 第 8 条 第 2 項 で 定 め る 政 務 調 査 費 支 出 書 により 本 件 政 務 調 査 費 の 支 出 が 確 認 された 平 成 24 年 3 月 30 日 12

14 の 翌 日 ( 3 月 3 1 日 ) から 返 還 された 同 年 11 月 1 日 までの 期 間 に つ い て 計 算 さ れ て い ま す が 交 付 条 例 第 9 条 で は 交 付 を 受 け た 政 務 調 査 費 に 残 余 が あ る と き は 当 該 残 余 の 額 を 毎 年 4 月 3 0 日 ま で に 市 長 に 返 還 し な け れ ば な ら な い と そ の 返 還 期 限 が 規 定 さ れ て い ま す 本 件 法 定 利 息 に 係 る 返 還 請 求 権 は 仙 台 高 裁 判 決 で 判 示 さ れ て い る よ う に 交 付 条 例 で 定 め ら れ た 期 限 ま で に 返 還 さ れ な か っ た 政 務 調 査 費 に 対 す る 遅 延 損 害 金 請 求 権 で あ り その 起 算 日 は 条 例 で 定 める 政 務 調 査 費 残 余 金 返 還 期 限 ( 以 下 返 還 期 限 と い う ) の 翌 日 で あ る 5 月 1 日 と 認 め る の が 相 当 です さらに 同 判 決 では 弘 前 市 に 対 して 既 に 政 務 調 査 費 を 自 主 的 に 返 還 し た 議 員 に 対 し て 5 月 1 日 か ら 自 主 返 還 日 ま で の 遅 延 損 害 金 を 請 求 す る こ と を 命 じ て い る こ と か ら み て も 本 件 法 定 利 息 の 起 算 日 は 条 例 で 定 め る 返 還 期 限 の 翌 日 で あ る 5 月 1 日 で あ る と いえます (5) 本 件 納 入 済 利 息 に 不 足 額 が 生 じ て い る か に つ い て 本 件 納 入 済 利 息 は 議 会 事 務 局 の 説 明 に よ る と 本 件 政 務 調 査 費 に 対 し て そ の 支 出 日 で あ る 平 成 2 4 年 3 月 30 日 の 翌 日 か ら 起 算 し て そ の 返 還 日 ( 同 年 1 1 月 1 日 ) ま で の 日 に つ い て 民 法 所 定 の 法 定 利 率 ( 年 5 分 ) 年 日 当 た り の 割 合 で 計 算 さ れ て い ま す 先 に 述 べ た と お り 本 件 法 定 利 息 の 起 算 日 は 交 付 条 例 で 定 める 返 還 期 限 の 翌 日 で あ る 同 年 5 月 1 日 で あ る と いえることか ら 本 件 政 務 調 査 費 の 返 還 日 ( 同 年 11 月 1 日 ) までの185 日 について 民 法 所 定 の 法 定 利 率 ( 年 5 分 )により 仮 に 年 日 当 た り の 割 合 で 計 算 す る と 6,3 4 6 円 請 求 人 が 主 張 す る 日 当 た り の 割 合 で 計 算 す る と 6, 円 と な り い ず れ の 場 合 も 納 入 さ れ た 本 件 法 定 利 息 7,4 0 9 円 を 下 回 り 不 足 額 は 生 じ て い ま せ ん 第 4 結 論 以 上 のとおり 本 件 法 定 利 息 は 公 法 上 の 債 権 で あ る 本 件 政 務 調 査 費 返 還 請 求 権 に 付 帯 す る 遅 延 損 害 金 請 求 権 ( 公 法 上 の 債 権 )に 基 づ く も の で あ る と 解 さ れ ま す が 年 利 移 行 法 及 び 年 利 移 行 令 の 適 用 を 受 け る も の で は な く 公 法 上 の 延 滞 金 と 同 様 に 取 り 扱 う も の で も な い こ と か ら 本 市 が 年 日 当 た り の 割 合 で 計 算 さ れ た 本 件 納 入 済 利 息 を 適 正 な も の と し て 収 入 し た こ と は 違 法 不 当 で あ る と は い え ま せ ん また 本 件 法 定 利 息 の 起 算 日 を 交 付 条 例 が 定 め た 返 還 期 限 の 翌 日 で あ 13

15 る 5 月 1 日 と し て 計 算 し た ときの 利 息 は 年 日 当 た り の 割 合 で 計 算 しても 請 求 人 が 主 張 す る 日 当 た り の 割 合 で 計 算 しても い ず れの 場 合 も 本 件 納 入 済 利 息 に 不 足 額 は 生 じ ず 本 市 に 財 産 的 損 害 は 発 生 し て いません したがって 本 件 納 入 済 利 息 に 不 足 額 が 生 じ て お り 市 長 はその 返 還 請 求 権 行 使 を 怠 っ て い る と す る 請 求 人 の 主 張 に は 理 由 が な く 当 該 不 足 額 を 返 還 請 求 す る 措 置 の 必 要 性 は 認 め ら れ な い も の と 判 断 し ま す 第 5 意 見 昨 年 9 月 の 自 治 法 改 正 を 受 け て 本 市 に お い て は 姫 路 市 議 会 政 務 活 動 費 交 付 条 例 ( 現 行 姫 路 市 議 会 政 務 調 査 費 交 付 条 例 ) が 同 法 の 施 行 日 と 同 日 に 施 行 さ れ ま す が 当 該 条 例 では 議 長 は 政 務 活 動 費 収 支 報 告 書 に つ い て 必 要 に 応 じ て 調 査 を 行 う 等 政 務 活 動 費 の 適 正 な 運 用 を 期 す と と も に 使 途 の 透 明 性 の 確 保 に 努 め る も の と す る と 使 途 の 透 明 性 の 確 保 に つ い て の 規 定 が 新 た に 追 加 さ れ て い ま す 今 後 は 議 長 の 調 査 の 結 果 使 途 基 準 に 適 合 し な い 政 務 活 動 費 ( 現 行 政 務 調 査 費 )が 会 計 年 度 終 了 後 に 返 還 さ れ る 場 合 も 考 え ら れ る こ と か ら 法 定 利 息 を 含 む 返 還 金 に つ い て 市 民 に 対 し て 明 確 な 説 明 責 任 を 果 た せ る よ う 政 務 活 動 費 ( 現 行 政 務 調 査 費 ) 収 支 報 告 書 等 の 修 正 変 更 な ど の 事 務 手 続 きを 含 めて 適 正 に 処 理 するた め の 仕 組 み を 確 立 す る こ と が 必 要 で あ る と 考 え ま す なお 本 件 納 入 済 利 息 は 過 納 の 状 態 と な っ て いるため 適 正 に 事 務 処 理 を 行 う 必 要 が あ る と 考 え ま す 14

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

平成12年度重点事項実施要領

平成12年度重点事項実施要領 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 実 施 結 果 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 について 実 施 した 結 果 は 次 のとおりであった 第 1 監 査 の 概 要 1 平 成 25 年 度 重 点 事 項 税 外 収 入 未 済 に 対 する 債 権 管 理 は 適 切 か 2 選 定 理 由 平 成 24 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 として

More information

個人会員規約

個人会員規約 九 州 しんきんカード 会 員 規 約 第 1 部 一 般 条 項 第 1 章 会 員 の 資 格 第 1 条 ( 本 会 員 ) 株 式 会 社 九 州 し ん き ん カ ー ド ( 以 下 当 社 と い う ) に 対 し 本 規 約 を 承 認 の う え 入 会 申 込 み を し た 個 人 の う ち 当 社 が 適 格 と 認 め た 方 を 本 会 員 と し ま す 第 2 条

More information

3 参 加 資 格 つぎの 条 件 をすべて 満 たすこと ⑴ 提 案 書 提 出 時 において 練 馬 区 での 入 札 参 加 資 格 を 有 していること ⑵ 他 自 治 体 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 収 納 事 務 入 力 お

3 参 加 資 格 つぎの 条 件 をすべて 満 たすこと ⑴ 提 案 書 提 出 時 において 練 馬 区 での 入 札 参 加 資 格 を 有 していること ⑵ 他 自 治 体 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 収 納 事 務 入 力 お 平 成 2 8 年 9 月 2 0 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 練 馬 区 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 窓 口 受 付 事 務 等 業 務 委 託 に 係 るプロポーザル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は 練 馬 区 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 内 部 事 務 等 を 総 合 的 に 委 託 する 練

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378> 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 本 要 領 は 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 に 係 る 契 約 の 相 手 方 となる 事 業 者 の 選 定 にあたり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 める 2 業 務 名 高 島 市 民 病

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

5 業 務 の 内 容 ⑴ 受 付 業 務 ア 火 葬 許 可 証 等 の 受 理 及 び 確 認 イ 斎 場 使 用 許 可 申 請 書 兼 使 用 許 可 証 の 受 理 及 び 確 認 ウ 斎 場 使 用 料 の 徴 収 及 び 収 納 (ア) 乙 は 甲 に 代 わって 条 例 により 定

5 業 務 の 内 容 ⑴ 受 付 業 務 ア 火 葬 許 可 証 等 の 受 理 及 び 確 認 イ 斎 場 使 用 許 可 申 請 書 兼 使 用 許 可 証 の 受 理 及 び 確 認 ウ 斎 場 使 用 料 の 徴 収 及 び 収 納 (ア) 乙 は 甲 に 代 わって 条 例 により 定 南 那 須 地 区 斎 場 火 葬 業 務 委 託 仕 様 書 本 仕 様 書 は 南 那 須 地 区 広 域 行 政 事 務 組 合 ( 以 下 甲 という )が 発 注 する 南 那 須 地 区 斎 場 火 葬 業 務 ( 以 下 業 務 という )を 受 託 する 者 ( 以 下 乙 という )の 業 務 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 1 施 設 の 概 要 ⑴ 施 設

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定 348 第 Ⅱ 部 医 療 法 人 の 税 務 第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 第 1 節 法 人 税 法 上 の 法 人 の 種 類 1 法 人 税 法 上 の 種 類 法 人 税 法 上 の 法 人 は 普 通 法 人 公 共 法 人 公 益 法 人 等 及 び 協 同 組 合 等 に 区 分 され( 法 法 2 五 六 七 九 ) それぞれにおいて 異 なる 課 税 関 係 が 定

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

123 ( 17 120 18 ) ( - 1 - - 2 - ⑴ ⑵ - 3 - - 4 - ⑴ - 5 - ⑵ - 6 - ⑶ - 7 - ⑴ ⑵ ⑶ - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - ⑴ ⑵ ⑶ - 12 - ⑴ - 13 - ⑵ 12-14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - ⑴ ⑵ - 19 - ⑴ ⑵ ⑶ - 20 - ⑷ ⑸ ⑹ - 21 -

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ - 110 - ⑴ ⑵ ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - - 119 - - 120 - ⑴ - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ - 124 - ⑷ - 125 -

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑶ ⑵ ⑷ ⑴ ⑵ - 110 - ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - ⑴ - 119 - - 120 - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ - 121 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 124 - ⑶ - 125

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

所沢市告示第   号

所沢市告示第   号 所 沢 市 告 示 第 282 号 一 般 競 争 入 札 を 執 行 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 5 月 13 日 所 沢 市 長 藤 本 正 人 1 入 札 対 象 工 事 ⑴ 工 事 名 所 沢 市 立 美 原 中 学 校 トイレ 改 修 工

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 請 求 の 受 付 1 請 求 の 受 付 日 平 成 25 年 10 月 15 日 2 請 求 人 ( 省 略 ) 3 請 求 の 趣 旨 ( 原 文 のまま 掲 載 ) 請 求 の 要 旨 阿 波 町 大 道 北 54 番 地 1 と

住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 請 求 の 受 付 1 請 求 の 受 付 日 平 成 25 年 10 月 15 日 2 請 求 人 ( 省 略 ) 3 請 求 の 趣 旨 ( 原 文 のまま 掲 載 ) 請 求 の 要 旨 阿 波 町 大 道 北 54 番 地 1 と 阿 波 市 監 査 委 員 公 告 第 4 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 の 結 果 を 公 表 します 平 成 25 年 12 月 12 日 阿 波 市 監 査 委 員 上 原 正 一 阿 波 市 監 査 委 員 中 野 修 一 阿 波 市 監 査 委 員 原

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ よくある 質 問 管 理 組 合 会 計 一 覧 表 01 発 生 主 義 31 修 繕 積 立 金 が 不 足 02 区 分 経 理 32 予 算 の 作 成 03 修 繕 積 立 基 金 と は 33 管 理 費 の 使 い 道 04 自 治 会 費 の 徴 収 34 滞 納 管 理 費 等 の 督 促 方 法 05 決 算 報 告 書 35 内 容 証 明 郵 便 06 管 理 費 の 余 剰

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51,

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51, 平 成 2 3 年 度 収 支 決 算 書 1. 収 支 計 算 書 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅰ 事 業 活 動 収 支 の 部 1. 事 業 活 動 収 入 特 定 資 産 運 用 収 入 174,685 120,519 54,166 特 定 資 産 受 取 利 息 収 入 174,685 120,519

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378>

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378> 2013 年 7 月 3 日 新 潟 大 学 職 員 組 合 委 員 長 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 原 告 団 長 世 取 山 洋 介 (よとりやま ようすけ) 本 日 新 潟 地 裁 に 提 訴 した 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 について 1. 給 与

More information

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 建 設 工 事 一 般 競 争 入 札 公 告 第 11 号 袖 ケ 浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 建 築 )の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する 平 成 25 年 10 月 2 日 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 理 事

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc)

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc) 宝 監 第 104 号 平 成 22 年 2 月 17 日 請 求 人 様 宝 塚 市 監 査 委 員 同 同 村 野 一 郎 井 上 芳 治 伊 福 義 治 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について 平 成 21 年 12 月 25 日 付 けで 提 出 のありました 住 民 監 査 請 求 について 地 方 自 治 法 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 監 査 結 果 報 告 書 ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 給 付 金 返 還 差 止 に 係 る 住 民 監 査 請 求 ) 枚 方 市 監 査 委 員 枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 京 都 市 防 犯 カメラ 設 置 促 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 地 域 団 体 又 は 事 業 者 等 が 犯 罪 の 抑 止 を 目 的 として 防 犯 カメ ラを 設 置 する 事 業 に 対 する 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 し, 京 都 市 補 助 金 等 の 交 付 等 に 関 する 条

More information

-2 -

-2 - -1 - -2 - ⑴ ⑵ -3 - ⑶ -4 - ⑴ ⑵ ⑶ -5 - ⑷ 6,268 16 23,256,247.299 39.48 8,385. 34 35 2 2,117. 34 4 3,936 8 16,544,761.1 28.8 5,625. 927 35 14 1,689. 927 6 872 6 7,765,329.122 13.18 3,83. 554 17 7 2,211. 554

More information

0 001212 112468 1 10 2 11 12 13 3 14 15 ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ 4 ⑵ 5 6 ⑴ ⑴ ⑴ ⑵ 7 ⑶ ⑷ ⑵ ⑴ 8 ⑵ ⑴ 9 ⑴ ⑵ ⑴ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ 10 11 ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑵ ⑷ ⑸ ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ 12 ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ 13 ⑶ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ 14 ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ 15

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

兵庫県公報(平成25年3月5日 第2号外)

兵庫県公報(平成25年3月5日 第2号外) 発 兵 庫 県 公 報 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 平 成 25 年 3 月 5 日 火 曜 日 第 2 号 外 目 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 規 則 ヘ ーシ 本 人 確 認 情 報 の 提 供 利 用 及 び 保 護 に

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc)

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc) 市 県 民 税 に 係 る 業 務 上 横 領 事 件 の 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 9 日 ( 金 ) 大 津 市 目 次 1 はじめに 1P 2 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 納 入 の 仕 組 み 1P 3 事 件 の 主 な 経 過 2P 4 元 職 員 の 経 歴 3P 5 被 害 額 4P 6 事 件 を 防 止 できなかった 組 織 的 な 問 題

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

Ⅲ 自 動 車 の 諸 税 早 わかり 1 自 動 車 重 量 税 ( 重 量 税 法 昭 和 46 年 法 律 第 89 号 ) 自 動 車 重 量 税 は 道 路 整 備 をはじめとする 交 通 政 策 上 の 所 要 の 施 策 のための 財 源 を 求 めるため 設 けられた 目 的 税 で 国 税 である 自 動 車 の 使 用 者 はその 重 量 に 応 じて 課 税 される 1 納

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

択一式総合①

択一式総合① MEMO - 1 - ガイダンス 第 1 問 発 起 設 立 アレンジ 度 会 社 法 1 素 材 とした 過 去 問 平 成 21 年 第 27 問 A,B 及 びCが 発 起 設 立 の 方 法 によってD 株 式 会 社 ( 以 下 D 社 という )の 設 立 を 企 図 している 場 合 に 関 する 次 のアからオまでの 記 述 のうち, 誤 っているものの 組 合 せは, 後 記 1

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書 ( 別 紙 1) 京 都 市 クレジットカード 納 税 業 務 委 託 仕 様 書 1 本 仕 様 書 について 本 仕 様 書 は, 京 都 市 ( 以 下 市 という )の 個 人 市 府 民 税 ( 普 通 徴 収 ), 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 含 む) 都 市 計 画 税, 軽 自 動 車 税 のクレジットカード 納 税 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )について,その

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A6D92E894C54832312E31322E31318E968BC68F8A90C58270819582602E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A6D92E894C54832312E31322E31318E968BC68F8A90C58270819582602E646F63> 5 納 税 義 務 者 等 ⑴ 課 税 標 準 となる 床 面 積 は 1,500 m2 12 6=750 m2 本 社 (10 月 ~3 月 ) 1,500 m2 よって 資 産 割 額 は 法 人 の 算 定 期 間 ( 事 業 年 度 ) の 末 日 現 在 免 税 点 (1,000 750 m2 600( 円 /m2)=450,000 円 m2)を 超 えているため A 社 は 課 税

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性 革 命 投 資 促 進 事 業 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 2 月 16 日 SII-2 7X- 規 程 -001 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 規 程 は 一 般 社 団 法 人 環 境 共 創 イニシアチ ブ( 以 下 S II という )が 行 う 経 済 産 業 省 からの 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算

健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算 算 定 基 礎 届 の 記 入 提 出 ガイドブック 平 成 25 年 度 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算 定 基 礎 届 によって

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 異 動 事 手 続 ( 市 町 村 立 学 校 以 外 ) 島 大 学 小 学 校 への 転 出 事 処 理 手 続 事 項 時 期 先 手 続 内 容 採 3 ⑴ 履 歴 書 1 部 月 で き る 小 又 は 1 学 校 保 管 の 写 しで 長 の 奥 書 証 明 必 要 ⑵ 卒 業 証 明 書 1 高 校 大 学 卒 業 者 高 校 及 び 大 学 の 卒 業 証 明 書 2 大 学 院 修

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主 平 成 11 年 11 月 24 日 判 例 集 未 掲 載 大 阪 地 判 管 理 費 等 の 徴 収 中 間 取 得 者 の 支 払 義 務 1 特 別 修 繕 費 の 未 納 者 から 区 分 所 有 建 物 を 競 売 により 取 得 し さらに 第 三 者 にこれを 売 却 した 中 間 取 得 者 も 特 定 承 継 人 として 特 別 修 繕 費 等 の 支 払 義 務 を 負 うとした

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

CHÍNH PHỦ

CHÍNH PHỦ 政 府 番 号 :16/2010/NĐ-CP ヴェトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 - 自 由 - 幸 福 2010 年 3 月 3 日,ハノイ 国 家 賠 償 責 任 法 のいくつかの 条 項 の 詳 細 を 規 定 し, 施 行 を 案 内 する 議 定 政 府 は, 2001 年 12 月 25 日 付 け 政 府 組 織 法 に 基 づき, 2009 年 6 月 18 日 付 け

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information