第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の"

Transcription

1 .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37 条 第 49 条 ) 第 7 章 総 代 会 ( 第 50 条 - 第 52 条 ) 第 8 章 理 事 会 ( 第 53 条 第 57 条 ) 第 9 章 会 計 ( 第 58 条 第 68 条 ) 第 10 章 雑 則 ( 第 69 条 第 70 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 し て 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条 この 組 合 は 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 という ( 地 区 ) 第 3 条 この 組 合 の 地 区 は 松 阪 市 のうち 平 成 16 年 12 月 31 日 現 在 における 一 志 郡 嬉 野 町 三 雲 町 の 区 域 及 び 津 市 香 良 洲 町 の 区 域 とする ( 事 務 所 ) 第 4 条 この 組 合 は 主 たる 事 務 所 を 松 阪 市 嬉 野 権 現 前 町 に 置 き 従 たる 事 務 所 を 次 の 各 地 に 置 く 松 阪 市 のうち 平 成 16 年 12 月 31 日 現 在 における 一 志 郡 嬉 野 町 三 雲 町 津 市 香 良 洲 町 ( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 組 合 の 公 告 は この 組 合 の 掲 示 場 に 掲 示 し かつ 伊 勢 新 聞 に 掲 載 する 方 法 によってこ れをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 組 合 員 に 通 知 するものとする ( 組 合 員 に 対 する 通 知 又 は 催 告 ) 第 6 条 この 組 合 の 組 合 員 に 対 してする 通 知 又 は 催 告 は 組 合 員 名 簿 に 記 載 し 又 は 記 録 したその 組 合 員 の 住 所 に その 組 合 員 が 別 に 通 知 又 は 催 告 を 受 ける 場 所 又 は 連 絡 先 をこの 組 合 に 通 知 したと きは その 場 所 又 は 連 絡 先 にあててこれをする 2 前 項 の 通 知 又 は 催 告 は 通 常 到 達 すべきであった 時 に 到 達 したものとみなす 第 2 章 事 業 ( 事 業 ) 1

2 第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の 貯 金 又 は 定 期 積 金 の 受 入 れ 4. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 物 資 の 供 給 5. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 共 同 利 用 施 設 ( 医 療 又 は 老 人 の 福 祉 に 関 するものを 除 く ) の 設 置 6. 農 作 業 の 共 同 化 その 他 農 業 労 働 の 効 率 の 増 進 に 関 する 施 設 7. 農 業 の 目 的 に 供 される 土 地 の 造 成 改 良 若 しくは 管 理 農 業 の 目 的 に 供 するための 土 地 の 売 渡 し 貸 付 け 若 しくは 交 換 又 は 農 業 水 利 施 設 の 設 置 若 しくは 管 理 8. 組 合 員 の 委 託 を 受 けて 行 う 農 地 等 の 貸 付 けの 方 法 による 運 用 又 は 売 渡 しを 目 的 とする 信 託 の 引 受 け 9. 組 合 員 の 委 託 を 受 けて 行 う 農 業 の 経 営 の 事 業 10.この 組 合 の 地 区 内 にある 農 地 又 は 採 草 放 牧 地 のうち 地 域 農 業 の 維 持 のために 担 い 手 が 不 足 し 又 は 担 い 手 が 不 足 すると 見 込 まれる 農 地 等 を 利 用 して 行 う 農 業 の 経 営 10 の 2. 農 地 利 用 集 積 円 滑 化 団 体 として 研 修 等 事 業 を 行 う 場 合 における 農 業 の 経 営 11.この 組 合 の 地 区 内 にある 農 業 用 施 設 のうち 地 域 農 業 の 維 持 のために 担 い 手 が 不 足 し 又 は 担 い 手 が 不 足 すると 見 込 まれる 農 業 用 施 設 を 利 用 して 行 う 農 業 の 経 営 11 の 2.この 組 合 の 地 区 内 にある 農 業 用 施 設 を 利 用 して 研 修 等 事 業 を 行 う 場 合 における 農 業 の 経 営 12. 組 合 員 の 生 産 する 物 資 の 運 搬 加 工 貯 蔵 又 は 販 売 13. 農 業 倉 庫 業 法 に 基 づく 農 業 倉 庫 事 業 14. 農 村 工 業 に 関 する 施 設 15. 共 済 に 関 する 施 設 15 の 2. 共 栄 火 災 海 上 保 険 株 式 会 社 の 業 務 の 代 理 又 は 事 務 の 代 行 16. 医 療 に 関 する 施 設 17. 老 人 の 福 祉 に 関 する 施 設 18. 農 村 の 生 活 及 び 文 化 の 改 善 に 関 する 施 設 ( 旅 行 に 関 するものを 除 く ) 19. 旅 行 に 関 する 施 設 20. 組 合 員 の 経 済 的 地 位 の 改 善 のためにする 団 体 協 約 の 締 結 21. 組 合 員 の 委 託 を 受 けて 行 うその 所 有 に 係 る 転 用 相 当 農 地 等 ( 農 地 その 他 の 土 地 で 農 業 以 外 の 目 的 に 供 されることが 相 当 と 認 められるものをいう 以 下 同 じ )の 売 渡 し 若 しくは 貸 付 け( 住 宅 その 他 の 施 設 を 建 設 してする 当 該 土 地 又 は 当 該 施 設 の 売 渡 し 又 は 貸 付 けを 含 む ) 又 は 区 画 形 質 の 変 更 の 事 業 22. 組 合 員 からのその 所 有 に 係 る 転 用 相 当 農 地 等 の 借 入 れ 及 びその 借 入 れに 係 る 土 地 の 貸 付 け (その 借 入 れに 係 る 土 地 の 区 画 形 質 を 変 更 して 又 は 住 宅 その 他 の 施 設 を 建 設 してする 当 該 土 地 の 貸 付 け 又 は 当 該 施 設 の 売 渡 し 又 は 貸 付 けを 含 む )の 事 業 23. 組 合 員 からのその 所 有 に 係 る 転 用 相 当 農 地 等 の 買 入 れ 及 びその 買 入 れに 係 る 土 地 の 売 渡 し 又 は 貸 付 け(その 買 入 れに 係 る 土 地 の 区 画 形 質 を 変 更 して 又 は 住 宅 その 他 の 施 設 を 建 設 して する 当 該 土 地 又 は 当 該 施 設 の 売 渡 し 又 は 貸 付 けを 含 む )の 事 業 24. 特 定 農 地 貸 付 けに 関 する 農 地 法 等 の 特 例 に 関 する 法 律 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 特 定 農 地 貸 付 け 25. 手 形 の 割 引 26. 内 国 為 替 取 引 27. 債 務 の 保 証 2

3 28. 有 価 証 券 の 貸 付 け 29. 国 債 地 方 債 若 しくは 政 府 保 証 債 ( 以 下 国 債 等 という )の 引 受 け( 売 出 しの 目 的 をも ってするものを 除 く ) 又 は 当 該 引 受 けに 係 る 国 債 等 の 募 集 の 取 扱 い 30. 金 銭 債 権 ( 農 業 協 同 組 合 及 び 農 業 協 同 組 合 連 合 会 の 信 用 事 業 に 関 する 命 令 第 1 条 に 規 定 する 証 書 をもって 表 示 されるものを 含 む )の 取 得 又 は 譲 渡 ( 金 銭 債 権 のうち 有 価 証 券 に 該 当 する ものについて 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 8 項 第 1 号 から 第 6 号 まで 及 び 第 8 号 から 第 10 号 までに 掲 げる 行 為 を 行 うことを 含 む ) 31. 農 林 中 央 金 庫 その 他 信 用 事 業 規 程 に 定 める 者 の 業 務 の 代 理 又 は 媒 介 ( 信 用 事 業 規 程 に 定 める ものに 限 る ) 32. 国 地 方 公 共 団 体 会 社 等 の 金 銭 の 収 納 その 他 金 銭 に 係 る 事 務 の 取 扱 い 33. 有 価 証 券 貴 金 属 その 他 の 物 品 の 保 護 預 り 34. 振 替 業 35. 両 替 36. 郵 便 窓 口 業 務 の 委 託 等 に 関 する 法 律 の 規 定 に 基 づく 郵 便 窓 口 業 務 37. 保 険 募 集 取 締 法 に 基 づく 損 害 保 険 代 理 業 38. 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 2 この 組 合 は 組 合 員 のためにする 事 業 の 遂 行 を 妨 げない 限 度 において 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 地 方 公 共 団 体 又 は 地 方 公 共 団 体 が 主 たる 構 成 員 若 しくは 出 資 者 となっているか 若 しくはそ の 基 本 財 産 の 額 の 過 半 を 拠 出 している 非 営 利 法 人 に 対 する 資 金 の 貸 付 け 2. 農 村 地 域 における 産 業 基 盤 又 は 生 活 環 境 の 整 備 のために 必 要 な 資 金 で 農 業 協 同 組 合 法 施 行 令 第 1 条 の4に 規 定 するものの 貸 付 け( 前 号 に 掲 げるものを 除 く ) 3. 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 に 対 する 資 金 の 貸 付 4. 国 債 等 の 売 買 その 他 の 金 融 商 品 取 引 法 第 33 条 第 2 項 各 号 に 掲 げる 有 価 証 券 又 は 取 引 につ いて 同 項 各 号 に 定 める 行 為 を 行 う 事 業 ( 前 項 の 規 定 により 行 う 事 業 を 除 く ) ( 専 属 利 用 契 約 ) 第 8 条 この 組 合 は 1 年 以 内 の 期 間 において 組 合 員 がこの 組 合 の 施 設 の 一 部 を 専 ら 利 用 しなけれ ばならない 旨 の 契 約 を 組 合 員 と 締 結 することができる 2 前 項 の 契 約 は 書 面 でこれをしなければならない ( 員 外 利 用 ) 第 9 条 この 組 合 は 組 合 員 の 利 用 に 差 し 支 えない 限 り 組 合 員 以 外 の 者 に 第 7 条 第 1 項 第 1 号 から 第 37 号 までの 事 業 ( 第 20 号 の 事 業 を 除 く ) 及 びこれらに 附 帯 する 事 業 並 びに 同 条 第 2 項 の 事 業 を 利 用 させることができる ただし 組 合 員 以 外 の 者 の 利 用 は 農 業 協 同 組 合 法 ( 以 下 法 という ) 第 10 条 第 17 項 第 18 項 第 20 項 及 び 第 22 項 に 規 定 する 範 囲 内 とし 第 7 条 第 1 項 第 2 号 第 25 号 第 27 号 及 び 第 28 号 の 事 業 の 利 用 については 信 用 事 業 規 程 に 定 める ものに 限 るものとする 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 第 7 条 第 1 項 第 15 号 の2の 事 業 の 組 合 員 以 外 の 者 の 利 用 について は 農 林 水 産 省 令 で 定 める 範 囲 内 とする 3 この 組 合 は 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 組 合 員 のためにする 事 業 の 遂 行 を 妨 げない 限 度 にお いて 組 合 員 の 生 産 する 物 資 と 併 せて 販 売 を 行 うことが 適 当 であると 認 められる 物 資 を 生 産 する 他 の 組 合 の 組 合 員 その 他 の 農 林 水 産 省 令 で 定 める 基 準 に 適 合 する 者 に 第 7 条 第 1 項 第 12 号 の 事 業 を 利 用 させることができる ( 事 業 規 程 等 ) 第 10 条 第 7 条 第 1 項 第 2 号 第 3 号 及 び 第 25 号 から 第 35 号 までの 事 業 並 びにこれらに 附 帯 す る 事 業 並 びに 第 2 項 の 事 業 の 実 施 に 当 たっては 信 用 事 業 規 程 の 定 めるところによるものとする 2 第 7 条 第 1 項 第 7 号 の 事 業 のうち 農 地 利 用 集 積 円 滑 化 事 業 ( 農 業 経 営 基 盤 強 化 促 進 法 第 4 条 第 3 3

4 項 に 規 定 する 農 地 利 用 集 積 円 滑 化 事 業 をいう )の 実 施 に 当 たっては 農 地 利 用 集 積 円 滑 化 事 業 規 程 の 定 めるところによるものとする 3 第 7 条 第 1 項 第 8 号 の 事 業 の 実 施 に 当 たっては 信 託 規 程 の 定 めるところによるものとする 4 第 7 条 第 1 項 第 9 号 の 事 業 の 実 施 に 当 たっては 農 業 経 営 受 託 規 程 の 定 めるところによるもの とする 5 第 7 条 第 1 項 第 10 号 から 第 11 号 の 2 までの 事 業 の 実 施 に 当 たっては 農 業 経 営 規 程 の 定 める ところによるものとする 6 第 7 条 第 1 項 第 13 号 の 事 業 の 実 施 に 当 たっては 農 業 倉 庫 業 務 規 程 の 定 めるところによるも のとする 7 第 7 条 第 1 項 第 15 号 の 事 業 の 実 施 に 当 たっては 共 済 規 程 の 定 めるところによるものとする 8 第 7 条 第 1 項 第 21 号 から 第 23 号 までの 事 業 の 実 施 に 当 たっては 宅 地 等 供 給 事 業 実 施 規 程 の 定 めるところによるものとする 9 第 7 条 第 1 項 第 24 号 の 事 業 の 実 施 に 当 たっては 特 定 農 地 貸 付 規 程 の 定 めるところによるも のとする ( 子 会 社 ) 第 11 条 この 組 合 の 事 業 を 行 う 上 で 必 要 な 場 合 には 子 会 社 ( 法 第 11 条 の2 第 2 項 に 規 定 する 子 会 社 をいう 以 下 同 じ )を 設 けることができる 2 前 項 の 場 合 において 組 合 は 子 会 社 管 理 規 程 の 定 めるところに 従 い その 適 切 な 運 営 管 理 に 努 めるものとする 3 前 項 の 子 会 社 管 理 規 程 は 理 事 会 の 議 決 を 経 てこれを 定 める 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 12 条 この 組 合 の 組 合 員 は 正 組 合 員 及 び 准 組 合 員 とする 2 次 に 掲 げる 者 は この 組 合 の 正 組 合 員 となることができる 1. 10アール 以 上 の 土 地 を 耕 作 する 農 業 を 営 む 個 人 であって その 住 所 又 はその 経 営 に 係 る 土 地 又 は 施 設 がこの 組 合 の 地 区 内 にあるもの 2. 1 年 のうち90 日 以 上 農 業 に 従 事 する 個 人 であって その 住 所 又 はその 従 事 する 農 業 に 係 る 土 地 又 は 施 設 がこの 組 合 の 地 区 内 にあるもの 3. 農 業 を 営 む 法 人 (その 常 時 使 用 する 従 業 員 の 数 が300 人 を 超 え かつ その 資 本 の 額 又 は 出 資 の 総 額 が3 億 円 を 超 える 法 人 を 除 く )であって その 事 務 所 又 はその 経 営 に 係 る 土 地 が この 組 合 の 地 区 内 にあるもの 3 次 に 掲 げる 者 は この 組 合 の 准 組 合 員 となることができる 1. この 組 合 の 地 区 内 に 住 所 を 有 する 個 人 で この 組 合 の 事 業 を 利 用 することが 適 当 と 認 められ るもの 2. この 組 合 から 第 7 条 第 1 項 第 2 号 から 第 4 号 まで 又 は 第 15 号 の 事 業 に 係 る 物 資 の 供 給 又 は 役 務 の 提 供 を1 年 以 上 継 続 して 受 けているこの 組 合 の 地 区 内 に 勤 務 地 を 有 する 個 人 であっ て 引 き 続 きこの 組 合 の 事 業 を 利 用 することが 適 当 であると 認 められるもの 3. この 組 合 から 第 7 条 第 1 項 第 4 号 第 12 号 又 は 第 24 号 の 事 業 に 係 る 物 資 の 供 給 又 は 役 務 の 提 供 を1 年 以 上 継 続 して 受 けているこの 組 合 の 地 区 外 に 住 所 を 有 する 個 人 であって 引 き 続 きこの 組 合 の 事 業 を 利 用 することが 適 当 であると 認 められるもの 4. この 組 合 の 地 区 の 全 部 又 は 一 部 を 地 区 とする 農 業 協 同 組 合 5. 農 業 経 営 基 盤 強 化 促 進 法 第 23 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 農 用 地 利 用 規 程 で 定 めるところに 従 い 農 用 地 利 用 改 善 事 業 を 行 う 団 体 (その 農 用 地 利 用 改 善 事 業 の 実 施 区 域 の 全 部 又 は 一 部 がこの 4

5 組 合 の 地 区 内 にある 団 体 であって 前 項 第 1 号 又 は 第 2 号 に 該 当 する 正 組 合 員 ( 同 項 第 1 号 に 該 当 する 正 組 合 員 にあっては その 住 所 がこの 組 合 の 地 区 内 にある 者 に 限 る )が 主 たる 構 成 員 となっているものに 限 る 以 下 農 用 地 利 用 改 善 事 業 実 施 団 体 という )であって こ の 組 合 の 事 業 を 利 用 することが 適 当 であると 認 められるもの( 前 項 第 3 号 及 び 前 号 に 掲 げるも のを 除 く ) 6. 農 事 組 合 法 人 等 この 組 合 の 地 区 内 に 住 所 を 有 する 第 2 項 第 1 号 又 は 第 2 号 に 掲 げる 者 が 主 たる 構 成 員 となっている 団 体 で 協 同 組 織 のもとに 当 該 構 成 員 の 共 同 の 利 益 を 増 進 することを 目 的 とするものその 他 この 組 合 又 はこの 組 合 の 地 区 内 に 住 所 を 有 する 同 項 第 1 号 又 は 第 2 号 に 掲 げる 者 が 主 たる 構 成 員 又 は 出 資 者 となっている 団 体 であって この 組 合 の 事 業 を 利 用 する ことが 適 当 であると 認 められるもの( 前 項 第 3 号 及 び 前 2 号 に 掲 げる 者 を 除 く ) ( 農 用 地 利 用 改 善 事 業 実 施 団 体 の 構 成 員 に 係 る 組 合 員 資 格 の 特 例 ) 第 12 条 の2 農 業 経 営 基 盤 強 化 促 進 法 第 19 条 の 規 定 による 公 告 があった 農 用 地 利 用 集 積 計 画 の 定 めるところによって 利 用 権 を 設 定 したことにより 前 条 第 2 項 第 1 号 又 は 第 2 号 に 該 当 しなくな った 者 であって 同 項 第 3 号 又 は 同 条 第 3 項 第 4 号 若 しくは 第 5 号 に 該 当 する 組 合 員 である 農 用 地 利 用 改 善 事 業 実 施 団 体 の 構 成 員 であるもののうち 当 該 利 用 権 の 設 定 前 に 又 は 設 定 後 遅 滞 なく この 組 合 に 申 出 をし 理 事 会 において 次 の 各 号 に 掲 げる 要 件 に 該 当 する 者 である 旨 の 確 認 を 受 け たものは 引 き 続 きこの 組 合 の 正 組 合 員 とする 1. その 住 所 がこの 組 合 の 地 区 内 にある 者 であること 又 はその 住 所 が 別 に 定 める 地 区 内 にある 者 であって この 組 合 の 事 業 ( 農 業 に 必 要 な 事 業 に 限 る )を 利 用 することが 適 当 であると 認 められるものであること 2. 利 用 権 を 設 定 した 土 地 の 全 部 又 は 一 部 が その 者 が 構 成 員 となっている 農 用 地 利 用 改 善 事 業 実 施 団 体 の 農 用 地 利 用 規 程 において 定 める 農 用 地 利 用 改 善 事 業 の 実 施 区 域 (この 組 合 の 地 区 内 に 限 る )の 地 区 内 にあること 3. 第 12 条 第 2 項 各 号 に 該 当 する 正 組 合 員 と 協 同 してその 農 業 の 生 産 能 率 を 高 め 経 済 状 態 を 改 善 し 社 会 的 地 位 の 向 上 に 貢 献 すると 認 められる 者 であること ( 加 入 ) 第 13 条 この 組 合 の 組 合 員 となろうとする 者 は 引 き 受 けようとする 出 資 口 数 を 記 載 した 加 入 申 込 書 を 組 合 に 提 出 しなければならない この 場 合 において 第 12 条 第 2 項 第 3 号 及 び 同 条 第 3 項 第 4 号 から 第 6 号 までに 該 当 する 者 は 次 に 掲 げる 書 類 を 添 付 しなければならない 1. 定 款 又 はこれに 代 わるべき 書 類 2. 加 入 についての 総 会 の 議 事 録 の 抄 本 等 当 該 団 体 の 加 入 の 意 思 を 証 する 書 面 3. 代 表 者 の 氏 名 及 び 住 所 を 記 載 した 書 面 2 この 組 合 は 前 項 の 申 込 書 を 受 け 取 った 場 合 において その 加 入 を 承 諾 しようとするときは 書 面 をもってその 旨 を 加 入 申 込 みをした 者 に 通 知 し 出 資 の 払 込 みをさせるとともに 組 合 員 名 簿 に 記 載 し 又 は 記 録 するものとする 3 加 入 申 込 みをした 者 は 前 項 の 規 定 による 出 資 の 払 込 みをすることによって 組 合 員 となる 4 組 合 員 になろうとする 者 が 組 合 員 たる 資 格 を 有 するかどうか 明 らかでないときは 理 事 会 に おいてこれを 決 定 する 5 出 資 口 数 を 増 加 しようとする 組 合 員 については 前 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 を 準 用 する ただし 第 1 項 各 号 に 掲 げる 書 類 の 提 出 は これを 必 要 としない ( 資 格 変 動 の 申 出 ) 第 14 条 組 合 員 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 提 出 した 書 類 の 記 載 事 項 に 変 更 があったとき 又 は 組 合 員 たる 資 格 を 失 い 若 しくはその 資 格 に 変 動 があったときは 直 ちにその 旨 を 書 面 でこの 組 合 に 届 出 なければならない ( 持 分 の 譲 渡 ) 5

6 第 15 条 組 合 員 は この 組 合 の 承 認 を 得 なければ その 持 分 を 譲 り 渡 すことができない 2 組 合 員 でない 者 が 持 分 を 譲 り 受 けようとするときは 第 13 条 第 1 項 から 第 4 項 までの 規 定 を 準 用 する この 場 合 において 同 条 第 2 項 の 出 資 の 払 込 みをすることは 必 要 とせず 同 条 第 3 項 中 出 資 の 払 込 み とあるのは 通 知 と 読 み 替 えるものとする ( 相 続 による 加 入 ) 第 16 条 組 合 員 の 相 続 人 で その 組 合 員 の 死 亡 により 持 分 の 払 戻 請 求 権 の 全 部 を 取 得 した 者 が 相 続 開 始 後 60 日 以 内 にこの 組 合 に 加 入 の 申 込 みをし 組 合 がこれを 承 諾 したときは その 相 続 人 は 被 相 続 人 の 持 分 を 取 得 したものとみなす 2 前 項 の 規 定 により 加 入 の 申 込 みをしようとするときは 当 該 持 分 の 払 戻 請 求 権 の 全 部 を 取 得 し たことを 証 する 書 面 を 提 出 しなければならない ( 加 入 の 承 諾 及 び 持 分 譲 渡 の 承 認 の 停 止 ) 第 17 条 この 組 合 は 前 条 の 加 入 の 場 合 を 除 き 総 会 又 は 総 代 の 総 会 外 選 挙 の 日 の2 週 間 前 から 総 会 又 は 総 代 の 総 会 外 選 挙 の 終 了 する 時 までの 間 は 加 入 の 承 諾 及 び 持 分 譲 渡 の 承 認 をしないもの とする ( 脱 退 ) 第 18 条 組 合 員 は いつでも その 持 分 の 全 部 を 譲 渡 することによって 脱 退 することができる こ の 場 合 において その 持 分 を 譲 り 受 ける 者 がないときは 当 該 組 合 員 はこの 組 合 に 対 しその 持 分 を 譲 り 受 けるべきことを 請 求 することができる 2 前 項 の 規 定 に 基 づく 請 求 があったときは 組 合 はその 請 求 の 日 から60 日 を 経 過 した 日 以 後 に 到 来 する 事 業 年 度 末 においてその 持 分 を 譲 り 受 けるものとする この 場 合 その 譲 受 けの 価 格 は 第 20 条 第 1 項 の 規 定 に 従 って 算 定 した 払 い 戻 すべき 持 分 相 当 額 とする 3 この 組 合 が 前 項 の 規 定 により 組 合 員 の 持 分 を 譲 り 受 ける 場 合 には 第 15 条 の 規 定 は 適 用 しな い 4 この 組 合 は 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 組 合 員 の 持 分 を 取 得 したときは 速 やかに 当 該 持 分 を 他 の 組 合 員 又 は 新 たにこの 組 合 に 加 入 しようとする 者 に 譲 渡 するものとする この 場 合 において 当 該 持 分 の 譲 渡 を 受 ける 者 がないときは この 組 合 が 当 該 持 分 を 譲 り 受 けた 日 から 起 算 して2 年 を 経 過 する 日 の 属 する 事 業 年 度 末 において 当 該 持 分 に 係 る 出 資 額 を 減 ずることにより 当 該 持 分 を 消 却 するものとする 5 第 20 条 第 2 項 の 規 定 は 第 2 項 の 場 合 に 準 用 する 6 組 合 員 は 第 1 項 の 規 定 による 持 分 全 部 の 譲 渡 によるほか 次 の 事 由 によって 脱 退 する 1. 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 2. 死 亡 又 は 解 散 3. 除 名 ( 除 名 ) 第 19 条 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは 総 会 の 議 決 を 経 てこれを 除 名 すること ができる この 場 合 には 総 会 の 日 の10 日 前 までにその 組 合 員 に 対 してその 旨 を 通 知 し かつ 総 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 1. 1 年 間 この 組 合 の 事 業 を 全 く 利 用 しないとき 2. 第 22 条 及 び 第 23 条 の 規 定 による 出 資 ( 以 下 出 資 という)の 払 込 み 及 び 第 24 条 の 規 定 による 賦 課 金 の 納 入 その 他 この 組 合 に 対 する 義 務 の 履 行 を 怠 ったとき 3. この 組 合 の 事 業 を 妨 げる 行 為 をしたとき 4. 法 令 法 令 に 基 づいてする 行 政 庁 の 処 分 又 はこの 組 合 の 定 款 若 しくは 規 約 に 違 反 し その 他 故 意 又 は 重 大 な 過 失 によりこの 組 合 の 信 用 を 失 わせるような 行 為 をしたとき 2 除 名 を 議 決 したときは その 理 由 を 明 らかにした 書 面 をもって これをその 組 合 員 に 通 知 しな ければならない 6

7 ( 持 分 の 払 戻 し) 第 20 条 第 18 条 第 6 項 各 号 の 規 定 により 組 合 員 が 脱 退 した 場 合 には 組 合 員 のこの 組 合 に 対 する 出 資 額 (その 脱 退 した 事 業 年 度 末 時 点 の 貸 借 対 照 表 に 計 上 された 資 産 の 総 額 から 負 債 の 総 額 を 控 除 した 額 が 出 資 の 総 額 に 満 たないときは 当 該 出 資 額 から 当 該 満 たない 額 を 各 組 合 員 の 出 資 額 に 応 じて 減 算 した 額 )を 限 度 として 持 分 を 払 い 戻 すものとする 2 脱 退 した 組 合 員 が この 組 合 に 対 して 払 い 込 むべき 債 務 を 有 するときは 前 項 の 規 定 により 払 い 戻 すべき 額 と 相 殺 するものとする ( 出 資 口 数 の 減 少 ) 第 21 条 組 合 員 は 事 業 を 休 止 したとき 事 業 の 一 部 を 廃 止 したとき その 他 やむを 得 ない 理 由 が あるときは 理 事 会 の 承 認 を 得 てその 出 資 の 口 数 を 減 少 することができる 2 組 合 員 が その 出 資 の 口 数 を 減 少 したときは 減 少 した 口 数 に 係 る 払 込 済 出 資 金 に 対 する 持 分 額 として 前 条 第 1 項 の 例 により 算 定 した 額 を 払 い 戻 すものとする 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 出 資 義 務 ) 第 22 条 組 合 員 は 出 資 1 口 以 上 を 持 たなければならない ただし 2,000 口 を 超 えることが できない ( 出 資 1 口 の 金 額 及 び 払 込 方 法 ) 第 23 条 出 資 1 口 の 金 額 は 金 1,000 円 とし 全 額 一 時 払 込 みとする 2 組 合 員 は 前 項 の 規 定 による 出 資 の 払 込 みについて 相 殺 をもってこの 組 合 に 対 抗 することが できない ( 回 転 出 資 ) 第 23 条 の3 組 合 員 は 第 66 条 の 規 定 により その 事 業 の 利 用 分 量 の 割 合 に 応 じて 配 当 される 毎 事 業 年 度 の 剰 余 金 の 額 に 相 当 する 金 額 を 超 えない 範 囲 で 総 会 で 定 める 金 額 を 回 転 出 資 金 として 5 年 を 限 りこの 組 合 に 出 資 しなければならない 2 組 合 員 は 回 転 出 資 金 の 払 込 みについて 相 殺 をもってこの 組 合 に 対 抗 することができない ( 経 費 の 賦 課 ) 第 24 条 この 組 合 は 第 7 条 第 1 項 第 1 号 第 6 号 第 7 号 ( 農 業 の 目 的 に 供 するための 土 地 の 売 渡 し 貸 付 け 又 は 交 換 の 事 業 を 除 く ) 及 び 第 18 号 の 事 業 並 びにこれらの 事 業 に 附 帯 する 事 業 に 必 要 な 経 費 に 充 てるために 組 合 員 に 経 費 を 賦 課 することができる 2 組 合 員 は 前 項 の 経 費 の 支 払 について 相 殺 をもってこの 組 合 に 対 抗 することができない 3 第 1 項 の 賦 課 金 の 額 賦 課 方 法 徴 収 時 期 及 び 徴 収 方 法 は 総 会 でこれを 定 める ( 賦 課 金 の 不 変 更 ) 第 25 条 この 組 合 は 前 条 の 賦 課 金 について 組 合 員 につきその 賦 課 金 額 の 算 定 の 基 準 となった 事 項 に 変 更 があっても 既 に 賦 課 した 金 額 は これを 変 更 しない ( 過 怠 金 ) 第 26 条 この 組 合 は 組 合 員 が 出 資 払 込 み 及 び 賦 課 金 納 入 の 義 務 をその 期 限 までに 履 行 しないとき は 未 払 込 金 額 又 は 未 納 金 額 につき 年 36.5パーセントの 割 合 で その 期 限 の 翌 日 から 履 行 の 日 までの 日 数 によって 計 算 した 金 額 を 過 怠 金 として 徴 収 することができる 第 5 章 役 職 員 ( 役 員 の 定 数 ) 第 27 条 この 組 合 に 役 員 として 理 事 14 人 及 び 監 事 4 人 を 置 く 7

8 2 理 事 のうち3 人 以 上 及 び 監 事 のうち1 人 以 上 は 常 勤 とする 3 前 項 の 理 事 及 び 監 事 は この 組 合 の 業 務 を 的 確 公 正 かつ 効 率 的 に 遂 行 できる 知 識 及 び 経 験 を 有 し かつ 十 分 な 社 会 的 信 用 を 有 する 者 でなければならない 4 監 事 のうち1 人 は 法 第 30 条 第 12 項 に 規 定 する 者 をもって 充 てるものとする 5 理 事 の 定 数 の 過 半 数 は この 組 合 の 第 12 条 第 2 項 第 1 号 又 は 第 2 号 に 該 当 する 正 組 合 員 でな ければならない 6 前 項 の 規 定 の 適 用 については 第 12 条 の2の 規 定 による 正 組 合 員 である 理 事 で 任 期 中 に 第 12 条 第 2 項 第 1 号 又 は 第 2 号 に 該 当 しなくなった 者 は その 任 期 中 は 第 12 条 第 2 項 第 1 号 又 は 第 2 号 に 該 当 する 正 組 合 員 である 理 事 とみなす ( 役 員 の 欠 格 事 由 ) 第 28 条 次 に 掲 げる 者 は 役 員 となることができない 1. 未 成 年 者 2. 法 人 3. 成 年 被 後 見 人 若 しくは 被 保 佐 人 又 は 外 国 の 法 令 上 これらと 同 様 に 取 り 扱 われている 者 4. 破 産 手 続 開 始 の 決 定 を 受 け 復 権 していない 者 5. 法 第 30 条 の4 第 1 項 第 3 号 に 定 める 罪 により 刑 に 処 せられ その 執 行 を 終 わった 日 又 は 執 行 を 受 けることがなくなった 日 から5 年 を 経 過 していない 者 6. 法 第 30 条 の4 第 2 項 第 2 号 に 定 める 罪 により 刑 に 処 せられ その 執 行 を 終 った 日 又 はその 執 行 を 受 けることがなくなった 日 から5 年 を 経 過 していない 者 7. 宅 地 建 物 取 引 業 法 の 免 許 の 取 消 し 事 由 に 該 当 する 者 8. 前 3 号 に 掲 げる 者 以 外 の 者 であって 禁 固 以 上 の 刑 に 処 せられ その 執 行 を 終 わった 日 又 は その 執 行 を 受 けることがなくなった 日 から5 年 を 経 過 していない 者 ( 役 員 の 選 任 ) 第 29 条 役 員 は 附 属 書 役 員 選 任 規 程 の 定 めるところにより 選 任 する ( 役 員 の 改 選 請 求 ) 第 30 条 正 組 合 員 は 正 組 合 員 の5 分 の1 以 上 の 連 署 をもって その 代 表 者 から 役 員 の 改 選 を 請 求 することができる 2 前 項 の 規 定 による 請 求 は 理 事 の 全 員 又 は 監 事 の 全 員 について 同 時 にしなければならない た だし 法 令 法 令 に 基 づいてする 行 政 庁 の 処 分 又 は 定 款 規 約 信 用 事 業 規 程 共 済 規 程 信 託 規 程 宅 地 等 供 給 事 業 実 施 規 程 若 しくは 農 業 経 営 規 程 の 違 反 を 理 由 とする 改 選 の 請 求 は この 限 りでない 3 第 1 項 の 規 定 による 請 求 は 改 選 の 理 由 を 記 載 した 書 面 を 理 事 に 提 出 してしなければならない 4 第 1 項 の 規 定 による 請 求 があったときは 理 事 は これを 総 会 の 議 に 付 さなければならない 5 第 3 項 の 規 定 による 書 面 の 提 出 があったときは 理 事 は 総 会 の 日 の7 日 前 までに その 請 求 に 係 る 役 員 にその 書 面 又 はその 写 しを 送 付 し かつ 総 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければ ならない 6 第 1 項 の 規 定 による 請 求 につき 第 4 項 の 総 会 において 出 席 者 の 過 半 数 の 同 意 があったときは その 請 求 に 係 る 役 員 は その 時 にその 職 を 失 う ( 代 表 理 事 ) 第 31 条 組 合 を 代 表 すべき 理 事 は 理 事 会 の 議 決 により 理 事 のうちから 選 任 する ( 組 合 長 専 務 理 事 及 び 常 務 理 事 ) 第 32 条 理 事 のうち1 人 を 組 合 長 とし 理 事 会 の 議 決 により 理 事 のうちから 選 任 する 2 専 務 理 事 及 び 常 務 理 事 は 必 要 に 応 じ 理 事 会 の 議 決 により 理 事 のうちから 選 任 することが できる 3 組 合 長 は 組 合 の 業 務 を 統 括 する 8

9 4 専 務 理 事 は 組 合 長 を 補 佐 してこの 組 合 の 業 務 を 処 理 し あらかじめ 理 事 会 の 議 決 により 定 め た 順 位 に 従 い 組 合 長 に 事 故 あるときはその 職 務 を 代 理 する 5 常 務 理 事 は 組 合 長 及 び 専 務 理 事 を 補 佐 してこの 組 合 の 業 務 を 処 理 し あらかじめ 理 事 会 の 議 決 により 定 めた 順 位 に 従 い 組 合 長 及 び 専 務 理 事 に 事 故 あるときはその 職 務 を 代 理 する ( 監 事 の 職 務 ) 第 33 条 監 事 は 理 事 の 職 務 の 執 行 を 監 査 する 2 監 事 は いつでも 理 事 及 び 参 事 その 他 の 使 用 人 に 対 し 事 業 の 報 告 を 求 め 又 は 組 合 の 業 務 及 び 財 産 の 状 況 を 調 査 することができる 3 理 事 は 組 合 に 著 しい 損 害 を 及 ぼすおそれがある 事 実 を 発 見 したときは 直 ちに その 事 実 を 監 事 に 報 告 しなければならない 4 監 事 は その 職 務 を 行 うために 必 要 があるときは 子 会 社 等 ( 法 第 93 条 第 2 項 に 規 定 する 子 会 社 等 をいう 以 下 同 じ )に 対 して 事 業 の 報 告 を 求 め 又 は 子 会 社 等 の 業 務 及 び 財 産 の 状 況 を 調 査 することができる 5 監 事 は 理 事 が 不 正 の 行 為 をし 若 しくはその 行 為 をするおそれがあると 認 めるとき 又 は 法 令 若 しくは 定 款 に 違 反 する 事 実 若 しくは 著 しく 不 当 な 事 実 があると 認 めるときは 延 滞 なく そ の 旨 を 理 事 会 に 報 告 しなければならない 6 監 事 は 前 項 の 場 合 において 必 要 があると 認 めるときは 理 事 に 対 し 理 事 会 の 招 集 を 請 求 することができる 7 第 53 条 第 4 項 の 規 定 は 前 項 の 請 求 した 監 事 についてこれを 準 用 する 8 監 事 は 理 事 会 に 出 席 し 必 要 があると 認 めるときは 意 見 を 述 べなければならない 9 理 事 は 監 事 の 選 任 に 関 する 議 案 を 総 会 に 提 出 するには 監 事 の 過 半 数 の 同 意 を 得 なければな らない 10 監 事 は 理 事 に 対 し 監 事 の 選 任 を 総 会 の 目 的 とすること 又 は 監 事 の 選 任 に 関 する 議 案 を 総 会 に 提 出 することを 請 求 することができる 11 監 事 は 理 事 が 総 会 に 提 出 しようとする 議 案 及 び 書 類 又 は 電 磁 的 記 録 その 他 の 資 料 を 調 査 しな ければならない この 場 合 において 法 令 若 しくは 定 款 に 違 反 し 又 は 著 しく 不 当 な 事 項 がある と 認 められるときは その 調 査 の 結 果 を 総 会 に 報 告 しなければならない 12 監 事 は 理 事 が 組 合 の 目 的 の 範 囲 外 の 行 為 その 他 法 令 若 しくは 定 款 に 違 反 する 行 為 をし 又 は これらの 行 為 をするおそれがある 場 合 において その 行 為 によって 組 合 に 著 しい 損 害 が 生 ずるお それがあるときは その 理 事 に 対 し その 行 為 をやめることを 請 求 することができる 13 監 査 の 実 施 その 他 監 事 に 関 する 事 項 は 監 事 監 査 規 程 として 監 事 がこれを 作 成 し 総 会 の 承 認 を 受 けるものとする ( 役 員 の 責 任 ) 第 34 条 役 員 は 法 令 法 令 に 基 づいてする 行 政 庁 の 処 分 定 款 規 約 信 用 事 業 規 程 共 済 規 程 信 託 規 程 宅 地 等 供 給 事 業 実 施 規 程 農 業 経 営 規 程 農 地 利 用 集 積 円 滑 化 事 業 規 程 農 業 経 営 受 託 規 程 農 業 倉 庫 業 務 規 程 特 定 農 地 貸 付 規 程 及 び 総 会 の 決 議 を 遵 守 し この 組 合 のため 忠 実 に その 職 務 を 遂 行 しなければならない 2 役 員 は その 職 務 上 知 り 得 た 秘 密 を 正 当 な 理 由 なく 他 人 に 漏 らしてはならない 3 役 員 がその 任 務 を 怠 ったときは この 組 合 に 対 し これによって 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 う 4 役 員 がその 職 務 を 行 うについて 悪 意 又 は 重 大 な 過 失 があったときは その 役 員 は これによっ て 第 三 者 に 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 う 5 次 の 各 号 に 掲 げる 者 が その 各 号 に 定 める 行 為 をしたときも 前 項 と 同 様 とする ただし そ の 者 がその 行 為 をすることについて 注 意 を 怠 らなかったことを 証 明 したときは この 限 りでない 1. 理 事 次 に 掲 げる 行 為 9

10 イ 法 第 36 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 により 作 成 すべきものに 記 載 し 又 は 記 録 す べき 重 要 な 事 項 についての 虚 偽 の 記 載 又 は 記 録 ロ 虚 偽 の 登 記 ハ 虚 偽 の 公 告 2. 監 事 監 査 報 告 に 記 載 し 又 は 記 録 すべき 重 要 な 事 項 についての 虚 偽 の 記 載 又 は 記 録 6 役 員 が 第 3 項 の 規 定 により この 組 合 又 は 第 三 者 に 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 う 場 合 に おいて 他 の 役 員 もその 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 うときは これらの 者 は 連 帯 債 務 者 とする ( 役 員 の 任 期 ) 第 35 条 役 員 の 任 期 は 就 任 後 3 年 以 内 に 終 了 する 最 終 の 事 業 年 度 に 関 する 通 常 総 会 の 終 結 の 時 ま でとする ただし 補 欠 選 任 並 びに 第 30 条 及 び 法 第 95 条 第 2 項 の 規 定 による 改 選 並 びに 法 第 96 条 の 規 定 による 決 議 の 取 消 しによる 選 任 によって 選 任 される 役 員 の 任 期 は 退 任 した 役 員 の 残 任 期 間 とする 2 前 項 ただし 書 の 規 定 による 選 任 が 役 員 の 全 員 にかかるときは その 任 期 は 同 項 ただし 書 の 規 定 にかかわらず 就 任 後 3 年 以 内 に 終 了 する 最 終 の 事 業 年 度 に 関 する 通 常 総 会 の 終 結 の 時 まで とする 3 役 員 の 数 が その 定 数 を 欠 くこととなった 場 合 においては 任 期 の 満 了 又 は 辞 任 によって 退 任 した 役 員 は 新 たに 選 任 された 役 員 が 就 任 するまで なお 役 員 としての 権 利 義 務 を 有 する 代 表 理 事 が 欠 けた 場 合 についても 同 様 とする ( 参 事 ) 第 36 条 この 組 合 に 参 事 若 干 人 を 置 くことができる 2 参 事 は 理 事 会 の 決 定 により 組 合 の 名 において 行 う 権 限 を 有 する 一 切 の 業 務 を 誠 実 に 善 良 なる 管 理 者 の 注 意 をもって 行 わなければならない 第 6 章 総 会 ( 総 会 の 招 集 ) 第 37 条 組 合 長 は 理 事 会 の 議 決 を 経 て 毎 事 業 年 度 1 回 6 月 に 通 常 総 会 を 招 集 する 2 組 合 長 は 次 の 場 合 に 理 事 会 の 議 決 を 経 て 臨 時 総 会 を 招 集 する 1. 理 事 会 が 必 要 と 認 めたとき 2. 正 組 合 員 が その5 分 の1 以 上 の 同 意 を 得 て 会 議 の 目 的 である 事 項 及 び 招 集 の 理 由 を 記 載 した 書 面 を 理 事 会 に 提 出 して 招 集 を 請 求 したとき 3. 正 組 合 員 が 第 30 条 の 規 定 により 役 員 の 改 選 を 請 求 したとき 3 理 事 会 は 前 項 第 2 号 又 は 第 3 号 の 請 求 があったときは その 請 求 のあった 日 から20 日 以 内 の 日 を 会 日 として 総 会 を 招 集 すべきことを 決 しなければならない 4 監 事 は 組 合 長 若 しくは 組 合 長 の 職 務 を 代 理 する 者 がいないとき 又 は 第 2 項 第 2 号 若 しくは 第 3 号 の 請 求 があった 場 合 において 組 合 長 若 しくは 組 合 長 の 職 務 を 代 理 する 者 が 正 当 な 理 由 が ないのに 総 会 招 集 の 手 続 をしないときは 総 会 を 招 集 する ( 総 会 の 招 集 手 続 ) 第 38 条 総 会 を 招 集 する 場 合 には 理 事 会 の 議 決 により 次 に 掲 げる 事 項 を 定 めなければならない 1. 総 会 の 日 時 及 び 場 所 2. 総 会 の 目 的 である 事 項 があるときは その 事 項 3. 前 2 号 に 掲 げるもののほか 農 林 水 産 省 令 で 定 める 事 項 2 総 会 を 招 集 するには 組 合 長 は その 総 会 の 日 の10 日 前 までに 正 組 合 員 に 対 して 書 面 をも ってその 通 知 を 発 しなければならない 10

11 3 総 会 招 集 の 通 知 に 際 しては 農 林 水 産 省 令 で 定 めるところにより 正 組 合 員 に 対 し 書 面 によ る 議 決 権 の 行 使 について 参 考 となるべき 事 項 を 記 載 した 書 類 ( 以 下 総 会 参 考 書 類 という ) 及 び 正 組 合 員 が 議 決 権 を 行 使 するための 書 面 ( 以 下 議 決 権 行 使 書 面 という )を 交 付 しなけ ればならない 4 通 常 総 会 の 招 集 の 通 知 に 際 しては 正 組 合 員 に 対 し 法 第 36 条 第 7 項 に 規 定 する 決 算 関 係 書 類 を 提 供 しなければならない ( 総 会 の 議 決 事 項 ) 第 39 条 次 に 掲 げる 事 項 は 総 会 の 議 決 を 経 なければならない 1. 定 款 の 変 更 2. 規 約 信 用 事 業 規 程 共 済 規 程 信 託 規 程 宅 地 等 供 給 事 業 実 施 規 程 農 業 経 営 規 程 農 地 利 用 集 積 円 滑 化 事 業 規 程 農 業 経 営 受 託 規 程 農 業 倉 庫 業 務 規 程 及 び 特 定 農 地 貸 付 規 程 の 設 定 変 更 及 び 廃 止 3. 第 7 条 第 1 項 第 20 号 の 団 体 協 約 の 締 結 4. この 組 合 の 事 業 の 運 営 に 関 する 中 長 期 計 画 の 設 定 及 び 変 更 5. 毎 事 業 年 度 の 事 業 計 画 の 設 定 及 び 変 更 6. 理 事 及 び 監 事 の 報 酬 7. 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 剰 余 金 処 分 案 又 は 損 失 処 理 案 注 記 表 及 び 事 業 報 告 8. 解 散 及 び 合 併 9. 事 業 の 全 部 又 は 重 要 な 一 部 の 譲 渡 信 用 事 業 ( 第 7 条 第 1 項 第 2 号 及 び 第 3 号 の 事 業 (これ らに 附 帯 する 事 業 を 含 む ) 並 びに 同 条 第 2 項 各 号 の 事 業 をいう 以 下 同 じ )の 全 部 又 は 一 部 の 譲 渡 共 済 事 業 ( 第 7 条 第 1 項 第 15 号 の 事 業 (これに 附 帯 する 事 業 を 含 む )をいう 以 下 同 じ )の 全 部 又 は 一 部 の 譲 渡 及 び 共 済 契 約 の 包 括 移 転 10. 事 業 の 全 部 又 は 重 要 な 一 部 の 譲 受 け 信 用 事 業 の 全 部 又 は 一 部 の 譲 受 け 共 済 事 業 の 全 部 又 は 一 部 の 譲 受 け 及 び 共 済 契 約 の 包 括 移 転 につき 移 転 先 となること 11. 共 済 契 約 に 係 る 法 第 11 条 の33に 規 定 する 契 約 条 件 の 変 更 12. 農 業 協 同 組 合 連 合 会 その 他 の 団 体 の 設 立 の 発 起 人 となり 又 は 設 立 準 備 会 の 議 事 に 同 意 する こと 13. 農 業 協 同 組 合 農 業 協 同 組 合 連 合 会 農 業 協 同 組 合 中 央 会 ( 以 下 中 央 会 という ) 又 は 農 林 中 央 金 庫 その 他 の 団 体 への 加 入 及 びこれらの 団 体 からの 脱 退 14. この 組 合 の 事 業 を 行 うため 必 要 がある 場 合 において 会 社 の 株 式 を 取 得 し 又 は 法 人 若 しく は 団 体 ( 農 業 協 同 組 合 農 業 協 同 組 合 連 合 会 農 林 中 央 金 庫 農 業 信 用 基 金 協 会 及 び 農 協 信 用 保 証 センターを 除 く )に 対 して 出 資 若 しくは 出 えんをすること 15. 法 第 35 条 の6 第 4 項 の 規 定 による 責 任 の 免 除 16. この 組 合 の 行 う 農 業 経 営 の 内 容 に 関 すること 16 の 2. 農 業 協 同 組 合 連 合 会 が 行 う 農 業 の 経 営 に 対 して 同 意 すること 17. 組 合 員 の 除 名 18. 前 各 号 に 定 めるもののほか 総 会 において 必 要 と 認 めた 事 項 2 共 済 規 程 の 変 更 のうち 農 林 水 産 省 令 で 定 める 軽 微 な 事 項 等 に 係 るものについては 前 項 の 規 定 にかかわらず 理 事 会 においてこれを 決 する 3 法 第 37 条 の 2 第 7 項 で 準 用 する 会 社 法 第 439 条 に 定 める 要 件 に 該 当 する 場 合 は 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 及 び 注 記 表 については 総 会 の 議 決 を 経 ること を 要 しない この 場 合 においては 組 合 長 は 総 会 にこれらの 書 類 を 提 出 し その 内 容 につい て 報 告 しなければならない 4 第 1 項 第 8 号 の 合 併 のうち 合 併 によって 消 滅 する 組 合 ( 以 下 消 滅 組 合 という )の 正 組 合 員 の 数 が 合 併 後 存 続 する 組 合 ( 以 下 存 続 組 合 という )の 正 組 合 員 の5 分 の1を 超 えない 場 合 11

12 であって かつ 消 滅 組 合 の 最 終 の 貸 借 対 照 表 の 資 産 の 額 が 存 続 組 合 の 最 終 の 貸 借 対 照 表 の 資 産 の 額 の5 分 の1を 超 えない 場 合 における 存 続 組 合 の 合 併 は 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 理 事 会 においてこれを 決 する 5 第 1 項 第 10 号 の 信 用 事 業 の 全 部 又 は 一 部 の 譲 受 けのうち その 対 価 の 額 が 最 終 の 貸 借 対 照 表 における 純 資 産 の 額 の5 分 の1を 超 えないときは 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 理 事 会 において これを 決 する 6 前 項 の 信 用 事 業 の 全 部 又 は 一 部 の 譲 受 けに 伴 って 第 1 項 第 10 号 の 共 済 事 業 の 全 部 又 は 一 部 の 譲 受 け 及 び 共 済 契 約 の 包 括 移 転 を 行 う 場 合 は 第 1 項 の 規 定 に 関 わらず 理 事 会 においてこれを 決 する 7 第 1 項 第 14 号 の 株 式 の 取 得 出 資 又 は 出 えんのうち 当 該 株 式 の 取 得 出 資 又 は 出 えんの 額 が1,000 万 円 以 下 である 場 合 には 同 項 の 規 定 にかかわらず 理 事 会 においてこれを 決 する ( 総 会 の 報 告 事 項 ) 第 40 条 次 に 掲 げる 事 項 は 総 会 にこれを 報 告 しなければならない 1. 法 第 73 条 の22 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づく 中 央 会 の 指 導 を 受 けた 場 合 における 当 該 指 導 の 内 容 及 び 当 該 指 導 に 対 する 改 善 措 置 の 内 容 2. 農 林 中 央 金 庫 及 び 特 定 農 水 産 業 協 同 組 合 等 による 信 用 事 業 の 再 編 及 び 強 化 に 関 する 法 律 ( 以 下 信 用 事 業 再 編 強 化 法 という ) 第 3 条 の 規 定 に 基 づく 指 導 を 受 けた 場 合 における 当 該 指 導 の 内 容 及 び 当 該 指 導 に 対 する 改 善 措 置 の 内 容 3. 信 用 事 業 再 編 強 化 法 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 農 林 中 央 金 庫 が 定 める 基 本 方 針 の 内 容 4. 総 会 で 議 決 した 事 項 の 処 理 状 況 5. 前 各 号 に 定 めるもののほか 総 会 において 必 要 と 認 めた 事 項 ( 総 会 の 定 足 数 ) 第 41 条 総 会 は 正 組 合 員 の 半 数 以 上 が 出 席 し その 出 席 者 の 半 数 以 上 が 第 12 条 第 2 項 の 規 定 に よる 正 組 合 員 である 場 合 でなければ 議 事 を 開 き 議 決 することができない この 場 合 において 第 47 条 の 規 定 により 書 面 又 は 代 理 人 をもって 議 決 権 を 行 う 者 は これを 出 席 者 とみなす 2 前 項 に 規 定 する 正 組 合 員 の 出 席 がないときは 当 該 総 会 の 日 から20 日 以 内 の 日 を 会 日 とする 総 会 を 再 度 招 集 しなければならない この 場 合 には 前 項 の 規 定 にかかわらず 出 席 者 の 半 数 以 上 が 第 12 条 第 2 項 の 規 定 による 正 組 合 員 である 場 合 には 議 事 を 開 き 議 決 することができる ( 緊 急 議 案 ) 第 42 条 総 会 では 第 38 条 の 規 定 によりあらかじめ 通 知 した 事 項 に 限 って 議 決 するものとする ただし 第 39 条 第 1 項 第 9 号 から 第 14 号 まで 及 び 第 45 条 に 規 定 する 事 項 並 びに 役 員 の 選 任 ( 第 30 条 及 び 法 第 95 条 第 2 項 の 規 定 による 改 選 を 除 く )を 除 き 緊 急 を 要 する 事 項 について はこの 限 りでない ( 総 会 における 役 員 の 説 明 義 務 ) 第 43 条 役 員 は 総 会 において 正 組 合 員 から 特 定 の 事 項 について 説 明 を 求 められた 場 合 には そ の 事 項 について 必 要 な 説 明 をしなければならない ただし 次 の 各 号 に 定 める 場 合 にあっては この 限 りでない 1. 正 組 合 員 が 説 明 を 求 めた 事 項 が 総 会 の 目 的 である 事 項 に 関 しないものである 場 合 2.その 説 明 をすることにより 組 合 員 の 共 同 の 利 益 を 著 しく 害 する 場 合 3. 正 組 合 員 が 説 明 を 求 めた 事 項 について 説 明 をするために 調 査 をすることが 必 要 である 場 合 (その 組 合 員 が 総 会 の 日 より 相 当 の 期 間 前 に 説 明 を 求 める 事 項 をこの 組 合 に 対 して 通 知 した 場 合 及 びその 事 項 について 役 員 が 説 明 をするために 必 要 な 調 査 が 著 しく 容 易 である 場 合 を 除 く ) 4. 正 組 合 員 が 説 明 を 求 めた 事 項 について 説 明 することによりこの 組 合 及 びその 他 の 者 (その 正 組 合 員 を 除 く )の 権 利 を 侵 害 することとなる 場 合 12

13 5. 正 組 合 員 がその 総 会 において 実 質 的 に 同 一 の 事 項 について 繰 り 返 し 説 明 を 求 めた 場 合 6. 前 各 号 に 掲 げる 場 合 のほか 正 組 合 員 が 説 明 を 求 めた 事 項 について 説 明 をすることができな いことにつき 正 当 な 事 由 がある 場 合 ( 総 会 の 議 決 方 法 及 び 議 長 ) 第 44 条 総 会 の 議 事 は 出 席 した 正 組 合 員 の 議 決 権 の 過 半 数 でこれを 決 し 可 否 同 数 のときは 議 長 の 決 するところによる 2 議 長 は 総 会 において 総 会 に 出 席 した 正 組 合 員 の 中 から 正 組 合 員 がこれを 選 任 する 3 議 長 は 組 合 員 として 総 会 の 議 決 に 加 わる 権 利 を 有 しない ( 総 会 の 特 別 議 決 事 項 ) 第 45 条 次 の 事 項 は 正 組 合 員 の 半 数 以 上 が 出 席 し その 出 席 者 の 半 数 以 上 が 第 12 条 第 2 項 の 規 定 による 正 組 合 員 である 場 合 において その 出 席 者 の 議 決 権 の3 分 の2 以 上 の 多 数 による 議 決 を 必 要 とする 1. 定 款 の 変 更 2. 解 散 及 び 合 併 3. 組 合 員 の 除 名 4. 事 業 の 全 部 の 譲 渡 信 用 事 業 の 全 部 の 譲 渡 共 済 事 業 の 全 部 の 譲 渡 及 び 共 済 契 約 の 包 括 移 転 であって 全 部 を 移 転 するもの 5. 法 第 35 条 の6 第 4 項 の 規 定 による 責 任 の 免 除 6. この 組 合 の 行 う 農 業 経 営 の 内 容 に 関 すること 6の2. 農 業 協 同 組 合 連 合 会 が 行 う 農 業 の 経 営 に 対 して 同 意 すること 7. 農 業 の 経 営 を 行 う 法 人 に 係 る 株 式 の 取 得 出 資 又 は 出 えんであって 当 該 法 人 の 議 決 権 の 過 半 を 占 めることとなるもの 8. 共 済 契 約 に 係 る 法 第 11 条 の33に 規 定 する 契 約 条 件 の 変 更 ( 特 別 議 決 に 関 する 特 例 ) 第 45 条 の2 次 に 掲 げる 議 決 は 第 41 条 及 び 第 45 条 の 規 定 にかかわらず 出 席 した 組 合 員 の 議 決 権 の3 分 の2 以 上 に 当 たる 多 数 をもって 仮 にすることができる 1. 第 39 条 第 1 項 第 11 号 の 議 決 又 はこれとともに 行 う 第 45 条 第 1 号 第 2 号 若 しくは 第 4 号 に 掲 げる 事 項 に 係 る 議 決 2. 農 水 産 業 協 同 組 合 貯 金 保 険 法 第 83 条 第 1 項 の 管 理 を 命 ずる 処 分 があった 場 合 における 第 45 条 第 1 号 から 第 4 号 までに 掲 げる 事 項 に 係 る 議 決 2 前 項 の 規 定 により 仮 にした 議 決 ( 以 下 この 条 において 仮 議 決 という )があった 場 合 には 組 合 員 に 対 し 当 該 仮 議 決 の 趣 旨 を 通 知 し 当 該 仮 議 決 の 日 から1 月 以 内 に 再 度 の 総 会 を 招 集 し なければならない 3 前 項 の 総 会 において 第 1 項 に 規 定 する 多 数 をもって 仮 議 決 を 承 認 した 場 合 には 当 該 承 認 のあ った 時 に 当 該 仮 議 決 をした 事 項 に 係 る 議 決 があったものとみなす ( 総 会 の 続 行 又 は 延 期 ) 第 46 条 総 会 は その 議 決 によりこれを 続 行 し 又 は 延 期 することができる 2 前 項 の 規 定 により 続 行 され 又 は 延 期 された 総 会 には 第 38 条 の 規 定 を 適 用 しない ( 書 面 又 は 代 理 人 による 議 決 ) 第 47 条 正 組 合 員 は 第 38 条 の 規 定 によりあらかじめ 通 知 のあった 事 項 について 書 面 又 は 代 理 人 をもって 議 決 権 を 行 うことができる 2 前 項 の 規 定 により 書 面 をもって 議 決 権 を 行 おうとする 正 組 合 員 は あらかじめ 通 知 のあった 事 項 について 議 決 権 行 使 書 面 にそれぞれ 賛 否 を 記 載 し これに 署 名 又 は 記 名 押 印 の 上 総 会 の 日 時 の 直 前 の 業 務 時 間 の 終 了 時 ( 理 事 会 が 別 に 定 めたときはその 日 時 )までにこの 組 合 に 提 出 しなけ ればならない 13

14 3 第 1 項 の 規 定 により 正 組 合 員 が 議 決 権 を 行 わせようとする 代 理 人 は その 組 合 員 と 同 一 世 帯 に 属 する 成 年 者 又 はその 他 の 正 組 合 員 でなければならない 4 代 理 人 は 5 人 以 上 の 組 合 員 を 代 理 することができない 5 代 理 人 は 代 理 権 を 証 する 書 面 をこの 組 合 に 提 出 しなければならない ( 准 組 合 員 の 意 見 の 陳 述 ) 第 48 条 准 組 合 員 は 総 会 において 議 長 の 許 可 を 得 て 意 見 を 述 べることができる ( 総 会 の 議 事 録 ) 第 49 条 総 会 の 議 事 については 議 事 録 を 作 成 し 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 し 又 は 記 録 しなければ ならない 1. 開 催 の 日 時 及 び 場 所 2. 議 事 の 経 過 の 要 領 及 びその 結 果 3. 出 席 した 理 事 及 び 監 事 の 氏 名 4. 議 長 の 氏 名 5. 議 事 録 を 作 成 した 理 事 の 氏 名 6. 前 各 号 に 掲 げるもののほか 農 林 水 産 省 令 で 定 める 事 項 第 7 章 総 代 会 ( 総 代 会 ) 第 50 条 この 組 合 は 総 会 に 代 わるべき 総 代 会 を 設 けるものとする 2 総 代 は 正 組 合 員 でなければならず かつ その 半 数 以 上 は 第 12 条 第 2 項 第 1 号 又 は 第 2 号 に 該 当 する 正 組 合 員 でなければならない 3 前 項 の 規 定 の 適 用 については 第 12 条 の2の 規 定 による 正 組 合 員 である 総 代 で 任 期 中 に 第 12 条 第 2 項 第 1 号 又 は 第 2 号 に 該 当 しなくなった 者 は その 任 期 中 は 第 12 条 第 2 項 第 1 号 又 は 第 2 号 に 該 当 する 者 とみなす 4 総 代 の 定 数 は 527 人 とする 5 総 代 は 附 属 書 総 代 選 挙 規 程 の 定 めるところにより 正 組 合 員 がこれを 選 挙 する ( 総 代 の 任 期 ) 第 51 条 総 代 の 任 期 は 3 年 とし 前 任 者 の 任 期 満 了 の 日 の 翌 日 から 起 算 する ただし 補 欠 選 挙 及 び 法 第 96 条 の 規 定 による 選 挙 又 は 当 選 の 取 消 しによる 選 挙 によって 選 挙 される 総 代 の 任 期 は 退 任 した 総 代 の 残 任 期 間 とする 2 前 項 ただし 書 の 規 定 による 選 挙 が 総 代 の 全 員 に 係 るときは その 任 期 は 前 項 ただし 書 の 規 定 にかかわらず3 年 とし 就 任 の 日 から 起 算 する ( 議 決 権 等 ) 第 52 条 総 代 は 各 々1 個 の 議 決 権 及 び 役 員 の 選 挙 権 を 有 する 2 総 代 会 には 総 会 に 関 する 規 定 を 準 用 する この 場 合 において 第 47 条 第 3 項 中 その 組 合 員 と 同 一 世 帯 に 属 する 成 年 者 又 はその 他 の 正 組 合 員 とあるのは 他 の 正 組 合 員 と 同 条 第 4 項 中 5 人 とあるのは 2 人 と 読 み 替 えるものとする 3 総 代 会 においては 前 項 の 規 定 にかかわらず 総 代 の 選 挙 をすることができない 4 総 代 会 において 組 合 の 解 散 又 は 合 併 の 議 決 があったときは 理 事 は 当 該 議 決 の 日 から10 日 以 内 に 正 組 合 員 に 当 該 議 決 の 内 容 を 通 知 しなければならない 5 総 代 でない 正 組 合 員 及 び 准 組 合 員 は 総 代 会 において 議 長 の 許 可 を 得 て 意 見 を 述 べることがで きる 14

15 第 8 章 理 事 会 ( 理 事 会 の 招 集 者 ) 第 53 条 理 事 会 は 組 合 長 が 招 集 する 2 組 合 長 が 事 故 又 は 欠 員 のときは あらかじめ 理 事 会 の 議 決 により 定 めた 順 位 に 従 い 他 の 理 事 が 招 集 する 3 理 事 は 必 要 があると 認 めるときはいつでも 組 合 長 に 対 し 会 議 の 目 的 である 事 項 を 記 載 し た 書 面 を 提 出 して 理 事 会 の 招 集 を 請 求 することができる 4 前 項 の 請 求 をした 理 事 は 同 項 の 請 求 をした 日 から5 日 以 内 に その 請 求 の 日 より2 週 間 以 内 の 日 を 理 事 会 の 日 とする 理 事 会 の 招 集 の 通 知 が 発 せられないときは 自 ら 理 事 会 を 招 集 すること ができる ( 理 事 会 の 招 集 手 続 ) 第 54 条 理 事 会 の 招 集 は その 理 事 会 の 日 の3 日 前 までに 各 理 事 及 び 監 事 に 対 してその 通 知 を 発 してしなければならない ただし 緊 急 の 必 要 がある 場 合 には この 期 間 を 短 縮 することができ る 2 理 事 会 は 理 事 及 び 監 事 の 全 員 の 同 意 があるときは 招 集 の 手 続 を 経 ないで 開 くことができる ( 理 事 会 の 議 決 事 項 ) 第 55 条 次 に 掲 げる 事 項 は 理 事 会 においてこれを 決 する 1. 業 務 を 執 行 するための 方 針 に 関 する 事 項 2. 総 会 の 招 集 及 び 総 会 に 付 議 すべき 事 項 3. 役 員 の 選 任 及 び 総 代 の 選 挙 に 関 する 事 項 4. 参 事 の 任 免 に 関 する 事 項 5. 1 件 当 たり450 万 円 以 上 の 固 定 資 産 の 取 得 又 は 処 分 に 関 する 事 項 6. 1 件 当 たり450 万 円 以 上 のリース 取 引 による 固 定 資 産 の 賃 借 に 関 する 事 項 7. 借 入 金 の 最 高 限 度 8. 余 裕 金 の 運 用 の 方 針 及 び 運 用 方 法 並 びに 余 裕 金 運 用 規 程 の 設 定 変 更 及 び 廃 止 に 関 する 事 項 9. 第 60 条 第 1 項 第 7 号 に 掲 げる 方 法 に 運 用 する 余 裕 金 の 額 の 最 高 限 度 に 関 する 事 項 10.2 億 円 超 の 信 用 の 供 与 等 ( 法 第 11 条 の4 第 1 項 に 規 定 する 信 用 の 供 与 等 ( 第 15 号 に 掲 げ るものを 除 く )をいう 以 下 同 じ )の 決 定 に 関 する 事 項 11.1 組 合 員 に 対 する 信 用 の 供 与 等 の 最 高 限 度 額 及 び 組 合 員 に 対 する 貸 付 金 の 利 率 の 最 高 限 度 12. 組 合 員 以 外 の 者 1 人 に 対 する 信 用 の 供 与 等 の 最 高 限 度 額 及 び 組 合 員 以 外 の 者 に 対 する 貸 付 金 の 利 率 の 最 高 限 度 13. 同 一 人 ( 当 該 同 一 人 と 特 殊 の 関 係 のある 者 ( 法 第 11 条 の4 第 1 項 に 規 定 する 者 をいう ) を 含 む )に 対 する 信 用 の 供 与 等 の 最 高 限 度 額 14. 不 良 債 権 ( 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 第 204 条 第 1 項 第 1 号 ホ(2)に 定 める 破 綻 先 債 権 延 滞 債 権 3か 月 以 上 延 滞 債 権 及 び 貸 出 条 件 緩 和 債 権 並 びにこれらに 類 する 貸 出 金 以 外 の 債 権 をいう )の 処 理 の 方 針 に 関 する 事 項 15.この 組 合 の 事 業 を 行 うために 必 要 な 株 式 の 取 得 出 資 又 は 出 えん( 総 会 が 決 定 する 事 項 を 除 く ) 16. 子 会 社 管 理 規 程 の 設 定 変 更 及 び 廃 止 17. 第 39 条 第 2 項 に 規 定 する 共 済 規 程 の 変 更 18. 行 政 庁 に 提 出 する 業 務 報 告 書 及 び 連 結 業 務 報 告 書 19. 法 第 54 条 の3の 規 定 に 基 づくこの 組 合 の 業 務 及 び 財 産 の 状 況 に 関 する 説 明 書 類 並 びにこの 組 合 及 び 子 会 社 等 につき 連 結 して 記 載 した 業 務 及 び 財 産 の 状 況 に 関 する 説 明 書 類 20. 行 政 庁 による 検 査 中 央 会 による 監 査 及 び 監 事 による 監 査 の 結 果 に 関 する 事 項 15

16 21. 法 第 73 条 の22 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づく 中 央 会 の 指 導 を 受 けた 場 合 における 当 該 指 導 に 対 する 改 善 措 置 22. 信 用 事 業 再 編 強 化 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づく 指 導 を 受 けた 場 合 における 当 該 指 導 に 対 する 改 善 措 置 23. 第 39 条 第 4 項 の 規 定 に 該 当 する 合 併 24. 第 39 条 第 5 項 の 規 定 に 該 当 する 信 用 事 業 の 全 部 又 は 一 部 の 譲 受 け 25. 第 39 条 第 6 項 の 規 定 に 該 当 する 共 済 事 業 の 全 部 又 は 一 部 の 譲 受 け 及 び 共 済 契 約 の 包 括 移 転 につき 移 転 先 となること 26. 前 各 号 に 定 めるもののほか 理 事 会 において 必 要 と 認 めた 事 項 2 理 事 は 前 項 第 17 号 に 共 済 規 程 の 変 更 を 議 決 したときは その 内 容 を 掲 示 場 に 掲 示 するほか 組 合 員 に 対 する 通 知 その 他 の 方 法 により 組 合 員 に 周 知 徹 底 するものとする 3 理 事 は 理 事 会 の 承 認 を 受 けた 場 合 に 限 り この 組 合 と 契 約 することができる ( 理 事 会 の 報 告 事 項 ) 第 56 条 組 合 長 は 次 に 掲 げる 事 項 を 定 期 的 に 理 事 会 に 報 告 しなければならない 1. 組 合 員 の 加 入 及 び 脱 退 の 状 況 2. 取 扱 高 その 他 この 組 合 の 事 業 の 実 施 状 況 3. 余 裕 金 の 運 用 状 況 4. 内 部 統 制 (コンプライアンス プログラムを 含 む ) 及 びリスク 管 理 に 係 る 取 組 状 況 5. 子 会 社 の 経 営 状 況 6. 理 事 会 の 決 議 事 項 の 処 理 状 況 7. 内 部 監 査 の 結 果 8. 信 用 事 業 再 編 強 化 法 第 5 条 の 規 定 に 基 づく 報 告 又 は 資 料 の 提 出 に 関 する 事 項 9. 前 各 号 に 定 めるもののほか 理 事 会 において 必 要 と 認 めた 事 項 ( 理 事 会 の 議 決 方 法 及 び 議 長 ) 第 57 条 理 事 会 の 議 事 は 理 事 の 過 半 数 が 出 席 し 出 席 した 理 事 の 過 半 数 でこれを 決 する 2 前 項 の 議 事 に 特 別 の 利 害 関 係 を 有 する 理 事 は その 議 決 に 加 わることができない 3 前 項 の 規 定 により 議 決 に 加 わることができない 理 事 の 数 は 第 1 項 の 理 事 の 数 にこれを 算 入 し ない 4 組 合 長 は 理 事 会 の 議 長 となる 5 理 事 会 の 議 事 については 議 事 録 を 作 成 し 出 席 した 理 事 及 び 監 事 は これに 署 名 又 は 記 名 押 印 するものとする 6 前 項 の 議 事 録 を 電 磁 的 記 録 により 作 成 する 場 合 には 署 名 又 は 記 名 押 印 に 代 わる 措 置 として 電 子 署 名 を 行 うものとする 7 理 事 会 の 議 事 録 には 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 し 又 は 記 録 しなければならない 1. 開 催 の 日 時 及 び 場 所 2. 議 事 の 経 過 の 要 領 及 び 結 果 ( 議 案 別 の 議 事 の 結 果 については 可 決 否 決 の 別 及 び 賛 否 の 議 決 権 並 びに 賛 成 した 理 事 の 氏 名 及 び 反 対 した 理 事 の 氏 名 を 含 む ) 3. 理 事 会 に 出 席 した 理 事 及 び 監 事 の 氏 名 4. 理 事 会 の 議 長 の 氏 名 5. 前 各 号 に 掲 げるもののほか 農 林 水 産 省 令 で 定 める 事 項 第 9 章 会 計 ( 事 業 年 度 ) 16

17 第 58 条 この 組 合 の 事 業 年 度 は 毎 年 4 月 1 日 から 翌 年 3 月 31 日 までとする ( 会 計 区 分 ) 第 59 条 この 組 合 は 信 用 事 業 に 係 る 会 計 及 び 共 済 事 業 に 係 る 会 計 をそれぞれ 他 の 事 業 に 係 る 会 計 と 区 分 して 経 理 するものとする 2 第 7 条 第 1 項 第 8 号 の 事 業 第 9 号 の 事 業 第 10 号 から 第 11 号 の 2 までの 事 業 第 13 号 の 事 業 及 び 第 21 号 から 第 23 号 までの 事 業 については それぞれ 他 の 事 業 と 区 分 して 経 理 するものと する ( 余 裕 金 の 運 用 ) 第 60 条 この 組 合 の 余 裕 金 は 次 に 掲 げる 方 法 によるほか これを 運 用 することができない 1. 三 重 県 信 用 農 業 協 同 組 合 連 合 会 農 林 中 央 金 庫 銀 行 信 用 金 庫 労 働 金 庫 又 は 信 用 協 同 組 合 への 預 け 金 2. 国 債 証 券 地 方 債 証 券 政 府 保 証 債 券 又 は 農 林 中 央 金 庫 その 他 の 金 融 機 関 の 発 行 する 債 券 の 取 得 3. 特 別 の 法 律 により 設 立 された 法 人 の 発 行 する 債 券 ( 前 号 に 掲 げる 債 券 を 除 く )の 取 得 4. 信 託 会 社 又 は 信 託 業 務 を 営 む 金 融 機 関 への 金 銭 信 託 ( 金 銭 の 信 託 で 金 銭 信 託 以 外 のものにあ っては 主 務 大 臣 の 指 定 するものに 限 る ) 5. 証 券 投 資 信 託 若 しくは 貸 付 信 託 の 受 益 証 券 又 は 投 資 証 券 ( 農 業 協 同 組 合 及 び 農 業 協 同 組 合 連 合 会 の 信 用 事 業 に 関 する 命 令 第 52 条 第 1 項 に 規 定 する 投 資 証 券 に 限 る )の 取 得 6. 金 銭 債 権 ( 主 務 大 臣 の 指 定 するものに 限 る )の 取 得 7. 株 式 ( 主 務 大 臣 の 指 定 するものに 限 る )の 取 得 8. 短 期 社 債 等 の 取 得 9. 第 2 号 及 び 第 3 号 に 規 定 する 債 券 以 外 の 債 券 で 主 務 大 臣 の 指 定 するものの 取 得 2 この 組 合 は 前 項 第 2 号 第 3 号 若 しくは 第 9 号 に 規 定 する 債 券 又 は 同 項 第 5 号 に 規 定 する 受 益 証 券 の 信 託 会 社 又 は 信 託 業 務 を 営 む 金 融 機 関 への 信 託 をすることができる 3 この 組 合 が 第 1 項 第 3 号 から 第 9 号 までに 掲 げる 方 法 により 運 用 する 余 裕 金 の 総 額 は この 組 合 の 受 入 れに 係 る 貯 金 及 び 定 期 積 金 の 合 計 額 の100 分 の15に 相 当 する 金 額 を 超 えてはな らない 4 この 組 合 が 第 1 項 第 1 号 の 規 定 により 三 重 県 信 用 農 業 協 同 組 合 連 合 会 又 は 農 林 中 央 金 庫 への 預 け 金 に 運 用 する 余 裕 金 の 総 額 は この 組 合 の 余 裕 金 総 額 の3 分 の2を 下 ってはならない 5 前 各 項 に 定 めるもののほか この 組 合 の 余 裕 金 の 運 用 は 余 裕 金 運 用 規 程 の 定 めるところによ るものとする ( 剰 余 金 の 処 分 ) 第 61 条 剰 余 金 は 利 益 準 備 金 資 本 準 備 金 第 64 条 の 規 定 による 繰 越 金 任 意 積 立 金 配 当 金 及 び 次 期 繰 越 金 としてこれを 処 分 する ( 利 益 準 備 金 ) 第 62 条 この 組 合 は 出 資 総 額 の2 倍 に 相 当 する 金 額 に 達 するまで 毎 事 業 年 度 の 剰 余 金 ( 繰 越 損 失 金 のある 場 合 には これをてん 補 した 後 の 残 額 第 64 条 第 65 条 及 び 第 66 条 第 2 項 にお いて 同 じ )の5 分 の1に 相 当 する 金 額 以 上 の 金 額 を 利 益 準 備 金 として 積 み 立 てるものとする ( 資 本 準 備 金 ) 第 63 条 減 資 差 益 及 び 合 併 差 益 は 資 本 準 備 金 として 積 み 立 てなければならない ただし 合 併 差 益 のうち 合 併 により 消 滅 した 組 合 の 利 益 準 備 金 その 他 当 該 組 合 が 合 併 直 前 において 留 保 していた 利 益 の 額 については 資 本 準 備 金 に 繰 入 れないことができる ( 教 育 情 報 繰 越 金 ) 第 64 条 この 組 合 は 第 7 条 第 1 項 第 1 号 及 び 第 18 号 の 事 業 の 費 用 に 充 てるため 毎 事 業 年 度 の 剰 余 金 の20 分 の1に 相 当 する 金 額 以 上 の 金 額 を 翌 事 業 年 度 に 繰 り 越 すものとする 17

18 ( 任 意 積 立 金 ) 第 65 条 この 組 合 は 毎 事 業 年 度 の 剰 余 金 から 第 62 条 の 規 定 により 利 益 準 備 金 として 積 み 立 てる 金 額 及 び 前 条 の 規 定 により 繰 り 越 す 金 額 を 控 除 し なお 残 余 があるときは 任 意 積 立 金 として 積 み 立 てることができる 2 任 意 積 立 金 は 損 失 金 のてん 補 又 はこの 組 合 の 事 業 の 改 善 発 達 のための 支 出 その 他 の 総 会 の 議 決 により 定 めた 支 出 に 充 てるものとする ( 配 当 ) 第 66 条 この 組 合 の 剰 余 金 の 処 分 に 当 たっては 内 部 留 保 を 優 先 するものとし 組 合 員 に 対 して 剰 余 金 の 配 当 を 行 う 場 合 には 次 項 から 第 5 項 までに 定 めるところによる 2 組 合 員 のこの 組 合 の 事 業 の 利 用 分 量 に 応 じてする 配 当 は 毎 事 業 年 度 の 剰 余 金 の 範 囲 内 におい て 当 該 事 業 年 度 において 取 り 扱 った 物 の 数 量 価 額 その 他 事 業 の 分 量 を 参 酌 して 組 合 員 の 事 業 の 利 用 分 量 に 応 じてこれを 行 う 3 この 組 合 の 出 資 額 に 応 じてする 配 当 は 毎 事 業 年 度 の 終 わりにおける 組 合 員 の 払 込 済 出 資 額 ( 回 転 出 資 金 の 額 を 除 く 次 条 において 同 じ )に 応 じてこれを 行 う 4 前 2 項 の 配 当 は その 事 業 年 度 の 剰 余 金 処 分 案 の 議 決 をする 総 会 の 日 において 組 合 員 である 者 について 計 算 するものとする 5 配 当 金 の 計 算 上 生 じた1 円 未 満 の 端 数 は これを 切 り 捨 てるものとする ( 配 当 金 等 の 出 資 払 込 みへの 充 当 ) 第 67 条 出 資 の 払 込 みを 終 わらない 組 合 員 に 対 する 払 込 済 出 資 額 に 応 じて 配 当 する 剰 余 金 はその 払 込 みに 充 てることができる ( 損 失 金 の 処 理 ) 第 68 条 この 組 合 は 事 業 年 度 末 に 損 失 金 がある 場 合 には 任 意 積 立 金 利 益 準 備 金 及 び 資 本 準 備 金 及 び 回 転 出 資 金 の 順 に 取 り 崩 して そのてん 補 に 充 てるものとする 2 前 項 の 損 失 金 のてん 補 に 充 てるべき 回 転 出 資 金 の 額 は 当 該 事 業 年 度 末 における 各 事 業 年 度 の 回 転 出 資 金 の 額 の 割 合 に 応 じてそれぞれこれを 算 定 する 第 10 章 雑 則 ( 残 余 財 産 の 分 配 ) 第 69 条 この 組 合 の 解 散 のときにおける 残 余 財 産 の 分 配 の 方 法 は 総 会 においてこれを 定 める 2 持 分 を 算 定 するに 当 たり 計 算 の 基 礎 となる 金 額 で1 円 未 満 のものは これを 切 り 捨 てるもの とする ( 規 約 ) 第 70 条 次 の 事 項 は 定 款 で 定 めるものを 除 いて 規 約 でこれを 定 める 1. 総 会 及 び 理 事 会 に 関 する 規 定 2. 業 務 の 執 行 及 び 会 計 に 関 する 規 定 3. 組 合 員 に 関 する 規 定 4. 役 員 に 関 する 規 定 5. 職 員 に 関 する 規 定 6. 前 各 号 に 定 めるもののほか 定 款 の 実 施 に 関 して 必 要 な 規 定 附 則 1. この 定 款 は 平 成 元 年 4 月 1 日 から 効 力 を 生 ずる 2. 設 立 当 初 の 役 員 の 定 数 および 任 期 は 第 37 条 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 理 事 36 人 監 事 8 18

19 人 任 期 は 1 年 とする 3. この 定 款 の 変 更 は 平 成 2 年 6 月 14 日 から 効 力 を 生 ずる 4. この 定 款 の 変 更 は 平 成 2 年 11 月 1 日 から 効 力 を 生 ずる 5. 定 款 の 変 更 により 増 員 された 役 員 ならびに 総 代 は 平 成 2 年 11 月 1 日 に 就 任 し その 任 期 は 現 役 員 ならびに 総 代 の 残 任 期 間 とする 6. この 定 款 の 変 更 は 平 成 3 年 6 月 17 日 から 効 力 を 生 ずる 7. この 定 款 の 変 更 は 平 成 4 年 10 月 1 日 から 効 力 を 生 ずる 8. この 定 款 の 変 更 は 平 成 5 年 5 月 28 日 から 効 力 を 生 ずる 9. この 定 款 変 更 に 伴 う 変 更 後 の 定 款 第 35 条 の 規 定 は 定 款 変 更 の 決 議 に 係 る 総 代 会 終 了 後 に 就 任 する 役 員 から 適 用 する 10.この 定 款 の 変 更 は 平 成 6 年 5 月 27 日 から 効 力 を 生 ずる ただし 第 2 条 第 1 項 第 18 号 及 び 同 条 第 2 項 の 規 定 は 平 成 6 年 9 月 14 日 から 第 2 条 第 1 項 第 23 号 の 規 定 は 平 成 6 年 9 月 28 日 から 効 力 を 生 ずる 11.この 定 款 の 変 更 は 平 成 9 年 6 月 25 日 から 効 力 を 生 ずる 12.この 定 款 の 変 更 は 平 成 10 年 7 月 23 日 から 効 力 を 生 ずる 13.この 定 款 の 変 更 は 平 成 11 年 6 月 24 日 から 効 力 を 生 ずる 14.この 定 款 の 変 更 は 平 成 12 年 7 月 12 日 から 効 力 を 生 ずる 15.この 定 款 の 変 更 は 平 成 13 年 7 月 17 日 から 効 力 を 生 ずる 16.この 定 款 の 変 更 による 役 員 定 数 は 次 期 役 員 改 選 から 適 用 する 17.この 定 款 ( 以 下 新 定 款 という )の 変 更 は 平 成 14 年 7 月 2 日 から 効 力 を 生 ずる 18. 変 更 前 の 定 款 第 26 条 ( 資 本 積 立 金 )の 規 定 に 基 づき 積 み 立 てられた 資 本 積 立 金 については その 金 額 を 取 り 崩 して 新 定 款 第 63 条 ( 資 本 準 備 金 )の 資 本 準 備 金 として 積 み 立 てることがで きるものとする 19. 新 定 款 中 法 第 30 条 第 12 項 とあるのは 平 成 15 年 3 月 31 日 までは 法 第 30 条 第 11 項 と 読 み 替 えるものとする 20. 新 定 款 第 32 条 ( 組 合 長 専 務 理 事 及 び 常 務 理 事 ) 第 1 項 及 び 第 3 項 の 規 定 は 平 成 15 年 4 月 1 日 以 後 最 初 に 招 集 される 通 常 総 会 終 了 の 時 から 適 用 し 当 該 通 常 総 会 の 終 了 前 は 従 前 の 例 による 21.この 定 款 の 変 更 は 平 成 15 年 1 月 6 日 から 効 力 を 生 ずる 22.この 定 款 の 変 更 は 平 成 15 年 7 月 10 日 から 効 力 を 生 ずる 23.この 定 款 の 変 更 は 平 成 16 年 6 月 19 日 から 効 力 を 生 ずる 24.この 定 款 の 変 更 は 平 成 17 年 2 月 1 日 から 効 力 を 生 ずる 25.この 定 款 の 変 更 は 平 成 17 年 7 月 20 日 から 効 力 を 生 ずる 26. 前 項 の 規 定 にかかわらず 変 更 後 の 第 18 条 及 び 第 20 条 第 1 項 の 規 定 は 平 成 17 年 4 月 1 日 の 属 する 事 業 年 度 の 次 の 事 業 年 度 以 後 における 組 合 員 の 脱 退 について 適 用 し 同 日 の 属 す る 事 業 年 度 以 前 における 組 合 員 の 脱 退 については 変 更 前 の 規 定 による 27.この 定 款 の 変 更 は 平 成 18 年 7 月 11 日 から 効 力 を 生 ずる 28.この 定 款 の 変 更 は 平 成 19 年 7 月 17 日 から 効 力 を 生 じる 29. 前 項 の 規 定 にかかわらず 変 更 後 の 第 28 条 第 1 項 第 5 号 及 び 第 6 号 の 規 定 は 平 成 18 年 5 月 1 日 に 現 に 役 員 である 者 が 平 成 18 年 5 月 1 日 前 に 犯 した 法 第 30 条 の4に 規 定 する 民 事 再 生 法 又 は 破 産 法 若 しくは 証 券 取 引 法 の 罪 により 刑 に 処 せられた 場 合 におけるその 者 の 平 成 18 年 5 月 1 日 以 後 の 役 員 としての 継 続 する 在 任 については 適 用 しない 30. 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 変 更 後 の 第 38 条 第 1 項 第 3 号 及 び 第 3 項 並 びに 第 47 条 第 2 項 及 び 第 49 条 の 規 定 は 平 成 19 年 4 月 1 日 以 降 に 招 集 の 手 続 が 開 始 された 総 会 から 適 用 する 31. 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 変 更 後 の 第 57 条 第 5 項 から 第 7 項 までの 規 定 は 平 成 19 年 4 19

20 月 1 日 以 降 に 招 集 の 手 続 が 開 始 された 理 事 会 から 適 用 する 32. 第 1 項 の 規 程 にかかわらず 変 更 後 の 第 7 条 37の 規 程 は 平 成 19 年 10 月 1 日 から 効 力 を 生 じる 33.この 定 款 の 変 更 による 役 員 定 数 は 次 期 役 員 改 選 から 適 用 する 34.この 定 款 の 変 更 は 平 成 20 年 7 月 10 日 から 効 力 を 生 じる 35.この 定 款 の 変 更 は 平 成 21 年 7 月 10 日 から 効 力 を 生 じる 36.この 定 款 の 変 更 は 平 成 22 年 7 月 09 日 から 効 力 を 生 じる 37.この 定 款 の 変 更 は 平 成 23 年 7 月 1 日 から 効 力 を 生 じる 38.この 定 款 の 変 更 は 平 成 24 年 7 月 4 日 から 効 力 を 生 じる 39. 前 項 の 規 定 にかかわらず 変 更 後 の 第 27 条 の 規 定 は 平 成 26 年 6 月 の 改 選 役 員 から 適 用 す る 40.この 定 款 の 変 更 は 平 成 25 年 6 月 22 日 から 効 力 を 生 じる 20

21 定 款 附 属 書 役 員 選 任 規 程 ( 選 任 期 日 ) 第 1 条 役 員 の 任 期 の 満 了 による 選 任 は 役 員 の 任 期 が 終 る 日 の 通 常 総 会 において 行 う 2 第 10 条 の 規 定 による 再 選 任 又 は 第 11 条 の 規 定 による 補 欠 選 任 は これを 行 うべき 事 由 が 生 じた 日 から30 日 以 内 にこれを 行 う ( 選 任 の 方 法 ) 第 2 条 役 員 は 総 会 の 議 決 によって 選 任 する 2 定 款 第 41 条 第 2 項 後 段 の 規 定 は 前 項 の 規 定 による 役 員 の 選 任 については これを 適 用 しな い ( 通 知 ) 第 3 条 役 員 の 選 任 に 係 る 総 会 の 招 集 通 知 には 各 候 補 者 の 氏 名 生 年 月 日 略 歴 及 び 所 信 その 他 農 林 水 産 省 令 で 定 める 事 項 を 記 載 し 又 はこれらの 事 項 を 記 載 した 書 類 を 交 付 しなければならない ( 選 任 議 案 ) 第 4 条 役 員 の 選 任 に 関 する 議 案 は 組 合 長 がこれを 総 会 に 提 出 する 2 組 合 長 は 役 員 の 選 任 に 関 する 議 案 を 総 会 に 提 出 するには 推 薦 会 議 において 推 薦 された 者 を 候 補 者 として 議 案 を 作 成 してしなければならない 3 前 項 の 推 薦 会 議 は 別 表 に 掲 げる 区 域 ごとに その 区 域 に 属 する 正 組 合 員 を 代 表 する 者 として 選 ばれた 同 表 に 掲 げる 人 数 の 正 組 合 員 をもって 構 成 する 4 推 薦 会 議 が 役 員 の 候 補 者 を 決 定 するには その 構 成 員 の 過 半 数 が 出 席 し その3 分 の2 以 上 の 多 数 の 賛 成 がなければならない ( 候 補 者 の 承 諾 ) 第 5 条 推 薦 会 議 は 前 条 第 2 項 の 規 定 により 役 員 の 候 補 者 を 推 薦 しようとするときは あらかじめ その 者 の 承 諾 を 得 ておかなければならない ( 投 票 ) 第 6 条 第 2 条 第 1 項 の 議 決 は 無 記 名 投 票 で 表 決 をとる 2 前 項 の 投 票 は 所 定 の 投 票 用 紙 に 賛 否 を 表 示 し 議 長 の 指 示 した 時 間 内 にこれを 投 票 箱 に 投 入 して 行 わなければならない 3 正 組 合 員 は 投 票 しようとするときは 組 合 員 名 簿 の 記 載 又 は 記 録 その 他 により その 資 格 を 明 らかにしなければならない 4 前 項 の 規 定 は 定 款 第 47 条 の 規 定 により 代 理 人 をもって 議 決 権 を 行 う 場 合 に 準 用 する この 場 合 において 同 項 中 正 組 合 員 とあるのは 正 組 合 員 の 代 理 人 と その 資 格 とあるのは 当 該 代 理 に 係 る 正 組 合 員 の 資 格 と 読 み 替 えるものとする ( 書 面 による 議 決 権 の 行 使 ) 第 7 条 正 組 合 員 は 役 員 の 選 任 について 書 面 をもって 議 決 権 を 行 うときは 第 6 条 第 2 項 の 規 定 に かかわらず 定 款 第 47 条 第 2 項 の 規 定 により 役 員 の 選 任 に 関 する 議 案 について 議 決 権 行 使 書 面 に 賛 否 を 記 載 し これに 署 名 又 は 記 名 押 印 の 上 総 会 の 日 時 の 直 前 の 業 務 時 間 の 終 了 時 ( 理 事 会 が 別 に 定 めたときはその 日 時 )までにこの 組 合 提 出 しなければならない ( 開 票 ) 第 8 条 議 長 は 投 票 が 終 ったときは あらかじめ 総 会 において 選 任 した 立 会 人 3 人 以 上 立 会 いの 上 投 票 箱 を 開 き 投 票 を 点 検 し 直 ちにその 結 果 を 宣 言 しなければならない 2 役 員 の 候 補 者 となっている 者 は 前 項 の 立 会 人 となることができない ( 無 効 投 票 ) 第 9 条 次 の 各 号 に 掲 げる 投 票 は 無 効 とする 1. 所 定 の 用 紙 を 用 いないもの 21

22 2. 賛 否 の 確 認 し 難 いもの ( 再 選 任 ) 第 10 条 役 員 に 選 任 された 者 ( 以 下 被 選 任 者 という )が 定 款 第 28 条 各 号 のいずれかに 該 当 することとなったこと 若 しくは 死 亡 したことによって 選 任 すべき 役 員 の 数 に 達 しなくなった 場 合 又 は 農 業 協 同 組 合 法 ( 以 下 法 という ) 第 96 条 の 規 定 による 決 議 の 取 消 しの 結 果 被 選 任 者 がなくなり 若 しくは 被 選 任 者 が 選 任 すべき 役 員 の 数 に 達 しなくなった 場 合 は その 不 足 の 員 数 に つき 再 選 任 を 行 わなければならない ( 補 欠 選 任 ) 第 11 条 役 員 の 全 部 又 は 一 部 が 欠 けた 場 合 は その 不 足 の 員 数 につき 補 欠 選 任 を 行 わなければな らない ただし 欠 員 数 が 理 事 の 定 数 の3 分 の1 未 満 であるとき 若 しくは 監 事 の 定 数 の3 分 の2 未 満 であるとき( 員 外 監 事 ( 法 第 30 条 第 12 項 に 規 定 する 監 事 をいう 以 下 同 じ )の 全 部 が 欠 ける 場 合 を 除 く ) 又 は 役 員 に 欠 員 を 生 じた 時 が 役 員 の 任 期 満 了 前 3 月 以 内 であるとき( 員 外 監 事 の 全 部 が 欠 ける 場 合 を 除 く )は 次 の 総 会 まで 補 欠 選 任 を 行 わないことができる 附 則 1. この 規 程 は 平 成 元 年 4 月 1 日 から 効 力 を 生 ずる 2. この 規 程 の 変 更 は 平 成 2 年 6 月 14 日 から 効 力 を 生 ずる 3. この 規 程 の 変 更 は 平 成 2 年 11 月 1 日 から 効 力 を 生 ずる 4. この 規 程 の 変 更 は 平 成 5 年 5 月 28 日 から 効 力 を 生 ずる 5. この 規 程 の 変 更 は 平 成 10 年 7 月 23 日 から 効 力 を 生 ずる 6. この 規 程 の 変 更 は 平 成 13 年 7 月 17 日 から 効 力 を 生 ずる 7. この 規 程 の 変 更 は 平 成 14 年 7 月 2 日 から 効 力 を 生 ずる 8. 第 12 条 中 法 第 30 条 第 12 項 とあるのは 平 成 15 年 3 月 31 日 までは 法 第 30 条 第 11 項 と 読 み 替 えるものとする 9. この 規 程 の 変 更 は 平 成 19 年 7 月 17 日 から 効 力 を 生 ずる ただし 変 更 後 の 第 3 条 及 び 第 7 条 の 規 定 は 平 成 19 年 4 月 1 日 以 降 に 招 集 の 手 続 が 開 始 された 総 会 から 適 用 する 22

23 別 表 役 員 選 任 規 程 第 4 条 第 3 項 の 規 定 による 推 薦 委 員 の 区 域 及 び 定 数 を 次 のように 定 める 地 区 区 域 定 数 1 豊 田 地 区 2 人 2 中 原 地 区 2 人 3 中 川 地 区 2 人 4 豊 地 地 区 2 人 5 中 郷 地 区 2 人 6 宇 気 郷 地 区 2 人 7 米 ノ 庄 地 区 2 人 8 天 白 地 区 2 人 9 鵲 地 区 2 人 10 小 野 江 地 区 2 人 11 香 良 洲 地 区 2 人 12 この 組 合 の 区 域 全 域 2 人 計 24 人 23

24 定 款 附 属 書 総 代 選 挙 規 程 ( 被 選 挙 権 を 有 しない 者 ) 第 1 条 次 の 各 号 に 掲 げる 者 は 被 選 挙 権 を 有 しない 1. 未 成 年 者 2. 成 年 被 後 見 人 若 しくは 被 保 佐 人 又 は 外 国 の 法 令 上 これらと 同 様 に 取 り 扱 われている 者 3. 農 業 協 同 組 合 法 ( 以 下 法 という ) 第 30 条 の4 第 1 項 第 3 号 に 定 める 者 4. 前 号 に 掲 げる 者 以 外 の 者 であって 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられ その 執 行 を 終 わるまで 又 はそ の 執 行 を 受 けることがなくなるまでの 者 ただし 刑 の 執 行 猶 予 中 の 者 はこの 限 りでない ( 選 挙 期 日 ) 第 2 条 総 代 の 任 期 満 了 による 選 挙 は 総 代 の 任 期 が 終 わる 日 の60 日 前 から7 日 前 までの 間 に 行 う 2 第 22 条 の 規 定 による 再 選 挙 又 は 第 23 条 の 規 定 による 補 欠 選 挙 は これを 行 うべき 事 由 が 生 じ た 日 から30 日 以 内 に 行 う ( 選 挙 区 等 ) 第 3 条 総 代 の 選 挙 は 選 挙 区 ごとに 行 う 2 総 代 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 の 総 代 の 定 数 は 別 表 のとおりとする 3 各 選 挙 区 の 総 代 の 半 数 以 上 は この 組 合 の 定 款 第 12 条 第 2 項 第 1 号 又 は 第 2 号 に 該 当 する 正 組 合 員 でなければならない 4 正 組 合 員 は その 住 所 を 有 する 選 挙 区 において 投 票 権 を 有 する ただし この 組 合 の 地 区 外 に 住 所 を 有 する 正 組 合 員 は その 者 が 最 も 多 くの 耕 作 地 ( 農 用 地 利 用 集 積 計 画 の 定 めるところによ り 利 用 権 の 設 定 を 行 った 土 地 を 含 む )を 有 する 選 挙 区 において 投 票 権 を 有 する ( 選 挙 の 通 知 及 び 掲 示 ) 第 4 条 選 挙 期 日 は その 期 日 から 10 日 前 までに 書 面 をもって 正 組 合 員 に 通 知 し かつ 組 合 の 掲 示 場 に 掲 示 するものとする 2 前 項 の 通 知 及 び 公 告 には 投 票 開 始 の 時 刻 投 票 終 了 の 時 刻 投 票 所 開 票 所 各 選 挙 区 ごと に 選 挙 する 総 代 の 数 及 び 投 票 用 紙 に 記 載 すべき 選 挙 する 総 代 の 数 を 記 載 し かつ これらの 事 項 を 記 載 した 書 面 を 掲 示 するものとする ( 候 補 者 ) 第 5 条 正 組 合 員 でなければ 総 代 に 立 候 補 し 又 は 総 代 の 候 補 者 を 推 薦 することができない 2 総 代 に 立 候 補 しようとする 者 は 選 挙 期 日 の 掲 示 のあった 日 から 選 挙 期 日 の 3 日 前 までの 間 に その 旨 を 書 面 をもってこの 組 合 に 届 け 出 て 立 候 補 しなければならない 3 総 代 の 候 補 者 を 推 薦 しようとする 者 は 本 人 の 承 諾 を 得 て 前 項 の 期 間 内 に その 旨 を 書 面 を もってこの 組 合 に 届 け 出 なければならない 4 この 組 合 は 前 2 項 の 規 定 により この 組 合 に 届 け 出 て 総 代 の 候 補 者 となった 者 ( 以 下 総 代 の 候 補 者 という )の 住 所 氏 名 及 び 立 候 補 又 は 被 推 薦 の 別 を 選 挙 期 日 の 前 日 までに 組 合 の 掲 示 場 に 掲 示 し かつ 選 挙 の 当 日 投 票 所 に 掲 示 するものとする 5 総 代 の 候 補 者 が 立 候 補 を 辞 退 し 又 は 推 薦 による 候 補 者 でなくなった 場 合 には 立 候 補 した 者 又 は 推 薦 をし 若 しくは 推 薦 をされた 者 は 直 ちにその 旨 を 書 面 をもってこの 組 合 に 届 け 出 なけ ればならない 6 第 4 項 の 掲 示 のあった 日 以 後 において 前 項 の 届 出 があった 場 合 には この 組 合 は 直 ちにその 旨 を 組 合 の 掲 示 場 に 掲 示 するものとする ( 選 挙 管 理 者 等 ) 第 6 条 選 挙 管 理 者, 投 票 管 理 者 及 び 開 票 管 理 者 は 選 挙 ごとに 組 合 長 が 理 事 会 の 決 議 により 本 人 の 承 諾 を 得 て 正 組 合 員 のうちからそれぞれ 指 名 するものとする 2 前 項 の 投 票 管 理 者 及 び 開 票 管 理 者 は 選 挙 区 ごとに 指 名 するものとする 24

25 3 選 挙 管 理 者 は 開 票 管 理 者 を 兼 ねることができる 4 総 代 の 候 補 者 は 選 挙 管 理 者 投 票 管 理 者 又 は 開 票 管 理 者 となることができない ( 選 挙 管 理 者 の 職 務 ) 第 7 条 選 挙 管 理 者 は 選 挙 に 関 する 事 務 を 担 任 し 開 票 管 理 者 から 第 9 条 の 規 定 による 報 告 を 受 け たときは 選 挙 立 会 人 立 会 いの 上 その 報 告 を 調 査 し 各 人 の 得 票 総 数 を 計 算 し 選 挙 録 を 作 っ て 選 挙 に 関 する 次 第 を 記 載 し 選 挙 立 会 人 とともに これに 署 名 又 は 記 名 押 印 をしなければなら ない ( 投 票 管 理 者 の 職 務 ) 第 8 条 投 票 管 理 者 は 投 票 に 関 する 事 務 を 担 任 し 投 票 録 を 作 って 投 票 に 関 する 次 第 を 記 載 し 投 票 立 会 人 とともに これに 署 名 又 は 記 名 押 印 をしなければならない 2 投 票 管 理 者 は 投 票 立 会 人 立 会 いの 上 投 票 録 及 び 投 票 箱 を 開 票 管 理 者 に 引 き 渡 さなければな らない ( 開 票 管 理 者 の 職 務 ) 第 9 条 開 票 管 理 者 は 開 票 に 関 する 事 務 を 担 任 し 開 票 立 会 人 立 会 いの 上 投 票 箱 を 開 き 投 票 を 点 検 し 開 票 立 会 人 の 意 見 を 聴 いて 投 票 の 効 力 を 決 定 し 直 ちにその 結 果 を 選 挙 管 理 者 に 報 告 す るとともに 開 票 録 を 作 って 開 票 に 関 する 次 第 を 記 載 し 開 票 立 会 人 とともに これに 署 名 又 は 記 名 押 印 をしなければならない 2 第 6 条 第 3 項 の 規 定 により 選 挙 管 理 者 が 開 票 管 理 者 を 兼 ねた 場 合 には 開 票 に 関 する 次 第 は 選 挙 録 中 に 併 せて 記 載 することができる ( 選 挙 録 等 の 保 存 ) 第 10 条 選 挙 録 投 票 録 及 び 開 票 録 は 投 票 と 併 せて 当 該 選 挙 に 係 る 総 代 の 在 任 期 間 中 この 組 合 において 保 存 するものとする ( 選 挙 立 会 人 等 ) 第 11 条 選 挙 立 会 人 投 票 立 会 人 及 び 開 票 立 会 人 は 選 挙 ごとに 組 合 長 が 理 事 会 の 決 議 により 本 人 の 承 諾 を 得 て 正 組 合 員 のうちからそれぞれ 3 人 ( 投 票 立 会 人 及 び 開 票 立 会 人 にあっては 選 挙 区 ごとにそれぞれ3 人 )を 指 名 するものとする 2 選 挙 立 会 人 は 開 票 立 会 人 を 兼 ねることができる 3 総 代 の 候 補 者 は 選 挙 立 会 人 投 票 立 会 人 及 び 開 票 立 会 人 となることができない ( 選 挙 の 方 法 ) 第 12 条 選 挙 は 無 記 名 投 票 によって 行 う 2 投 票 は 正 組 合 員 1 人 につき 1 票 とする ( 投 票 所 ) 第 13 条 投 票 所 は 各 選 挙 区 ごとにそれぞれ 投 票 管 理 者 の 指 定 する 場 所 に 設 ける ( 投 票 ) 第 14 条 正 組 合 員 は 投 票 しようとするときは 組 合 員 名 簿 の 記 載 又 は 記 録 その 他 によりその 資 格 を 明 らかにしなければならない 2 投 票 用 紙 は 選 挙 の 当 日 投 票 所 において 正 組 合 員 に 交 付 するものとする 3 正 組 合 員 は 前 項 の 投 票 用 紙 に 総 代 の 候 補 者 の 氏 名 を 自 書 して これを 投 票 箱 に 入 れなければ ならない 4 投 票 用 紙 に 記 載 すべき 選 挙 する 総 代 の 数 は 1 人 とする 5 投 票 開 始 時 刻 は 午 前 7 時 とし 投 票 終 了 の 時 刻 は 午 後 6 時 とする ( 投 票 の 拒 否 ) 第 15 条 投 票 の 拒 否 は 投 票 立 会 人 の 意 見 を 聴 いて 投 票 管 理 者 が 決 定 するものとする ( 開 票 ) 第 16 条 開 票 所 は 各 選 挙 区 ごとにそれぞれ 開 票 管 理 者 の 指 定 する 場 所 に 設 ける 25

26 2 開 票 は 投 票 の 当 日 又 はその 翌 日 に 行 う ( 無 効 投 票 ) 第 17 条 次 の 各 号 に 掲 げる 投 票 は 無 効 とする 1. 所 定 の 用 紙 を 用 いないもの 2. 総 代 の 候 補 者 の 氏 名 のほか 他 事 を 記 載 したもの( 職 業 社 会 的 地 位 住 所 又 は 敬 称 の 類 を 記 入 したものを 除 く ) 3. 総 代 の 候 補 者 の 何 人 であるか 確 認 し 難 い 氏 名 を 記 載 したもの 4. 総 代 の 候 補 者 の 氏 名 を 自 書 していないもの 5. 第 22 条 の 規 定 による 再 選 挙 又 は 第 23 条 の 規 定 による 補 欠 選 挙 の 場 合 にあっては それぞれ 既 に 当 選 人 となっている 者 の 氏 名 又 は 現 に 総 代 である 者 の 氏 名 を 記 載 したもの 6. 1 票 中 に 2 人 以 上 の 総 代 の 候 補 者 の 氏 名 を 記 載 したもの ( 当 選 人 ) 第 18 条 選 挙 区 ごとに 有 効 投 票 の 最 多 数 を 得 た 者 をもって 当 選 人 とする ただし 選 挙 区 ごとに 選 挙 すべき 総 代 の 数 で 有 効 投 票 総 数 を 除 して 得 た 数 の4 分 の1 以 上 の 得 票 数 がなければならない 2 当 選 人 を 定 めるに 当 たり 得 票 数 が 同 じであるときは 選 挙 管 理 者 が 選 挙 立 会 人 立 会 いの 上 くじで 定 めるものとする 第 18 条 の2 それぞれの 選 挙 区 において 総 代 の 候 補 者 がその 選 挙 において 選 挙 する 総 代 の 数 を 超 えないとき 若 しくは 超 えなくなったときは その 選 挙 区 の 投 票 は 行 わない 2 前 項 の 規 定 により 投 票 を 行 わなくなったときは 選 挙 管 理 者 は 直 ちにその 旨 を 投 票 管 理 者 に 通 知 し 併 せてこれを 組 合 の 掲 示 場 に 掲 示 しなければならない 3 第 1 項 の 場 合 においては 当 該 総 代 の 候 補 者 を 当 選 人 とする ( 当 選 の 通 知 等 ) 第 19 条 当 選 人 が 定 まったときは 選 挙 管 理 者 は 直 ちに 当 選 人 に 当 選 の 旨 を 通 知 し 同 時 に 当 選 人 の 住 所 及 び 氏 名 を 組 合 の 掲 示 場 に 掲 示 しなければならない 2 前 項 の 通 知 を 発 した 日 から 5 日 以 内 に 当 選 を 承 諾 する 旨 の 届 出 がないときは 当 選 人 はその 当 選 を 辞 したものと 見 なす ( 就 任 ) 第 20 条 当 選 人 は 第 19 条 の 掲 示 があった 日 に 総 代 に 就 任 するものとする 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 当 選 人 は 現 任 総 代 の 任 期 満 了 後 における 次 条 の 規 定 による 当 選 及 び 第 23 条 の 規 定 による 補 欠 選 挙 の 場 合 を 除 き 前 項 の 掲 示 があった 日 が 現 任 総 代 の 任 期 満 了 の 日 以 前 であるときは その 任 期 満 了 の 翌 日 に 就 任 するものとする ( 当 選 の 取 消 し) 第 21 条 法 第 96 条 の 規 定 により 当 選 の 取 消 しがあったときは 組 合 長 は 直 ちに 第 18 条 の 例 によ り 当 選 人 を 定 めなければならない 2 第 19 条 から 前 条 までの 規 定 は 前 項 の 規 定 により 当 選 人 が 定 まった 場 合 に 準 用 する ( 再 選 挙 ) 第 22 条 第 18 条 及 び 第 18 条 の2の 規 定 による 当 選 人 がない 場 合 選 挙 すべき 総 代 の 数 に 足 る 当 選 人 を 得 ることができない 場 合 又 は 法 第 96 条 の 規 定 による 選 挙 若 しくは 当 選 の 取 消 しの 結 果 前 条 の 規 定 により 当 選 人 を 定 めることができない 場 合 は 当 該 選 挙 区 ごとに その 不 足 の 員 数 につき 再 選 挙 を 行 わなければならない ( 補 欠 選 挙 ) 第 23 条 選 挙 区 ごとに 定 める 総 代 の 全 部 又 は 一 部 が 欠 けた 場 合 には 前 条 の 規 定 により 当 選 人 を 定 めることができるときを 除 き 当 該 選 挙 区 ごとに その 不 足 の 員 数 につき 補 欠 選 挙 を 行 わなけ ればならない ただし 欠 員 数 が 当 該 選 挙 区 の 総 代 の 定 数 の3 分 の1 未 満 であるとき 又 は 総 代 に 欠 員 を 生 じた 時 が 総 代 の 任 期 満 了 前 3 月 以 内 であるときは 補 欠 選 挙 を 行 わないことができる 26

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63> 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 府 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 上 方 落 語 を 中

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73>

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73> 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 定 款 平 成 21 年 6 月 11 日 認 可 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 103-0024 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 舟 町 15 番 17 号 日 本 橋 協 栄 ビル6 階 TEL FAX 03-3661-3834 03-3661-3849 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は フラットヤーン(ポリプロピレン

More information

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案)

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案) 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 事 務 所 を 福 岡 市 東 区 松 香 台 1 丁 目 10 番 1 号 におく 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

特定非営利活動法人 定款例

特定非営利活動法人 定款例 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys 定 款 平 成 26 年 3 月 13 日 変 更 平 成 25 年 5 月 15 日 変 更 平 成 23 年 6 月 29 日 変 更 平 成 22 年 12 月 12 日 作 成 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人

More information

第 2 章 費 用 の 分 担 ( 収 入 金 ) 第 6 条 この 組 合 の 事 業 に 要 する 費 用 は 次 の 各 号 に 掲 げる 収 入 金 をもってこれに 充 てる 一 補 助 金 及 び 助 成 金 二 賦 課 金 三 保 留 地 の 処 分 金 四 法 120 条 第 1 項

第 2 章 費 用 の 分 担 ( 収 入 金 ) 第 6 条 この 組 合 の 事 業 に 要 する 費 用 は 次 の 各 号 に 掲 げる 収 入 金 をもってこれに 充 てる 一 補 助 金 及 び 助 成 金 二 賦 課 金 三 保 留 地 の 処 分 金 四 法 120 条 第 1 項 富 士 見 市 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 第 2 章 費 用 の 分 担 第 3 章 役 員 第 4 章 総 会 の 会 議 及 び 議 事 第 5 章 総 代 及 び 総 代 会 第 6 章 会 計 第 7 章 評 価 第 8 章 従 前 の 宅 地 の 地 積 の 決 定 第 8 章 の2 共 同 住 宅 区 集 合 農 地 区 第 9 章 換

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc) 福 岡 県 運 輸 事 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 会 は 地 区 内 において 主 として 貨 物 自 動 車 運 送 業 を 営 むものの 中 小 企 業 等 組 合 法 に 依 る 協 同 組 合 の 事 業 および 経 営 の 指 導 を 為 し そ の 健 全 な 発 達 をはかるために 必 要 な 事 業 を 行 うことを

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 ( 英 語 名 :The Japan Association of College English Teachers 略 称 JACET )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

飯塚毅育英会第2号

飯塚毅育英会第2号 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 栃 木 県 宇 都 宮 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 学 業 が 優 れ

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総 郵 便 局 において 提 供 されるユニバーサルサービスについて 日 本 郵 政 株 式 会 社 及 び 日 本 郵 便 株 式 会 社 は その 業 務 の 運 営 に 当 たっては 郵 便 の 役 務 簡 易 な 貯 蓄 送 金 及 び 債 権 債 務 の 決 済 の 役 務 並 びに 簡 易 に 利 用 できる 生 命 保 険 の 役 務 を 利 用 者 本 位 の 簡 便 な 方 法 により

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

二 川 幹 線 水 路 の 改 修 及 び 川 支 線 水 路 の 新 設 三 地 区 の 区 画 整 理 四 地 区 全 域 にわたる 農 道 の 維 持 管 理 五 地 区 において 一 体 事 業 として 施 行 するかんがい 施 設 の 新 設 並 びに 区 画 整 理 及 び 農 用 地

二 川 幹 線 水 路 の 改 修 及 び 川 支 線 水 路 の 新 設 三 地 区 の 区 画 整 理 四 地 区 全 域 にわたる 農 道 の 維 持 管 理 五 地 区 において 一 体 事 業 として 施 行 するかんがい 施 設 の 新 設 並 びに 区 画 整 理 及 び 農 用 地 土 地 改 良 区 定 款 例 昭 和 40 年 3 月 22 日 40 農 地 B 第 881 号 改 正 - 昭 和 48 年 6 月 4 日 48 構 改 B 第 1845 号 昭 和 60 年 2 月 28 日 60 構 改 B 第 199 号 平 成 26 年 4 月 1 日 25 農 振 第 2467 号 平 成 28 年 4 月 1 日 27 農 振 第 2205 号 農 地 局 長

More information

8月9月幹事会検討内容

8月9月幹事会検討内容 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 法 人 は 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 ( 略 称 社 団 法 人 電 管 協 )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 法 人 は 事 務 所 を 東 京 都 千 代 田 区 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 法

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

社会福祉法人 吉寿会定款

社会福祉法人 吉寿会定款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスがその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 し つつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会 において 営 むことができるよう 支 援 することを

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

<92E88ABC2E786477>

<92E88ABC2E786477> 定 款 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 江 戸 川 区 に 置 く 2.この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる 事 務 所 を 必 要 な 地 に 置 くことができる

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込 広 島 魚 商 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果 平 成 7 年 度 検 査 結 果 について () 検 査 体 制 等 農 政 部 農 地 整 備 課 の 検 査 員 名 以 上 により 土 地 改 良 区 等 あたり 日 間 から 日 間 実 施 しました 農 業 振 興 事 務 所 の 土 地 改 良 区 指 導 担 当 職 員 及 び 関 係 市 町 職 員 が 立 会 いました () 検 査 件 数 定 期 検 査 8( 土 地 改 良

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

財団法人市川市清掃公社寄附行為

財団法人市川市清掃公社寄附行為 公 益 財 団 法 人 市 川 市 清 掃 公 社 定 款 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 6 月 20 日 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 市 川 市 清 掃 公 社 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 千 葉 県 市

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

Microsoft Word - 定款一般財団法人青梅マラソン財団最終

Microsoft Word - 定款一般財団法人青梅マラソン財団最終 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 定 款 平 成 23 年 3 月 18 日 作 成 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 ( 英 文 名 ;Ohme Marathon Foundation)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274.docx)

(Microsoft Word - \222\350\212\274.docx) 公 益 財 団 法 人 風 戸 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 風 戸 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 昭 島 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 電 子 顕 微

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information