Microsoft Word - 9

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 9"

Transcription

1 韓 国 の 著 名 漫 画 家 ホ ヨンマン 画 伯 神 奈 川 の 旅 ~ 未 病 を 治 す 癒 しの 旅 ~ ソウル 事 務 所 クレアソウル 事 務 所 では 韓 国 の 著 名 漫 画 家 ホ ヨンマン 画 伯 を 日 本 の 観 光 地 に 招 致 し 各 地 域 の 魅 力 を 韓 国 に 向 けて 発 信 する 事 業 を 行 っています 今 回 は 2015 年 3 月 2 日 ( 月 )~6 日 ( 金 )の 日 程 で 実 施 した 神 奈 川 県 での 取 材 の 様 子 を 紹 介 します 1 未 病 を 治 す 癒 しの 旅 今 回 の 取 材 テーマは 未 病 (みびょう)を 治 す 癒 しの 旅 です 神 奈 川 県 県 西 地 域 で は 県 西 地 域 活 性 化 プロジェクトと 題 して 地 域 の 食 材 や 自 然 温 泉 などの 魅 力 を 生 かし 未 病 を 治 す をキーワードに 住 む 人 や 訪 れる 人 の 食 生 活 や 運 動 などのライフスタイル を 見 直 して 未 病 を 治 し 健 康 長 寿 を 目 指 すとともに 地 域 の 魅 力 を 高 めて 新 たな 活 力 を 見 い 出 すための 取 組 みを 実 施 しています 神 奈 川 県 県 西 地 域 活 性 化 プロジェクトについて 未 病 とは 一 体 どういう 状 態 を 意 味 するのでしょうか? 人 の 健 康 状 態 はここまで が 健 康 で ここからは 病 気 と 明 確 に 分 けられるものではありません 常 に 健 康 と 病 気 の 間 を 行 ったり 来 たりしています この 変 化 の 状 態 が 未 病 です また 未 病 を 治 す とは 心 身 全 体 をより 健 康 な 状 態 に 近 づけることをいい 今 回 訪 問 した 県 西 地 域 には 多 彩 な 食 材 豊 かな 自 然 温 泉 などの 魅 力 があふれ 未 病 を 治 すには 絶 好 の 地 域 なのです 今 回 取 材 団 は この 県 西 地 域 にあふれる 健 康 のタネを 取 材 することとしました 参 考 URL 神 奈 川 県 県 西 地 域 活 性 化 プロジェクト 1

2 2 温 泉 旅 館 体 験 未 病 を 治 す ポイントの1つは 温 泉 です 県 西 地 域 はバラエティ 豊 かな 温 泉 が 多 数 あ る 有 数 の 温 泉 地 です 温 泉 のデパート とも 称 される 箱 根 温 泉 は 泉 質 が 豊 富 で 歴 史 は 古 く 特 に 湯 本 温 泉 は 奈 良 時 代 の 開 湯 と 伝 えられています 江 戸 時 代 の 初 期 には 七 つの 温 泉 場 が 確 認 され 箱 根 七 湯 (はこねななゆ)と 総 称 されていました 明 治 時 代 以 降 は 温 泉 技 術 の 発 達 とともに 開 発 が 進 み 現 在 では 箱 根 二 十 湯 となっています 明 治 11 年 開 業 の 富 士 屋 ホテルは 日 本 初 の 本 格 リゾートホテル 地 元 老 舗 旅 館 との 協 定 により 古 くから 外 国 人 専 用 ホテル( 大 正 元 年 まで)として 当 時 は 多 くの 外 国 人 で 賑 わったそうです ヘレン ケラーやチャップリンをはじめ 多 くの 海 外 著 名 人 からも 愛 されました 箱 根 温 泉 富 士 屋 ホテル 花 御 殿 ( 左 )ホテル 内 庭 園 ( 右 ) 箱 根 温 泉 露 天 風 呂 体 験 湯 河 原 温 泉 は 万 葉 集 にも 詠 まれた 名 湯 古 来 より 薬 師 の 湯 と 呼 ばれ 保 養 湯 治 場 として 栄 えてきました 川 沿 いに 100 本 ほどの 源 泉 があり 疲 れを 癒 し 傷 の 回 復 に 効 く 湯 として 知 られています ふきや 旅 館 は 全 20 室 が 数 寄 屋 造 りの 純 和 風 旅 館 館 内 の 至 る 所 に 現 代 アーティストや 建 築 家 のこだわりの 設 えが 施 され 落 ち 着 いた 時 間 が 流 れ ます 屋 上 にある 貸 切 展 望 露 天 風 呂 からは 周 りを 囲 む 山 々の 美 しい 稜 線 を 眺 めることが 出 来 ました 武 田 信 玄 が 負 傷 兵 を 湯 治 させたことから 信 玄 の 隠 し 湯 として 名 高 い 中 川 温 泉 清 閑 な 佇 まいの 信 玄 館 にある 景 観 豊 かな 大 浴 場 や 温 泉 情 緒 あふれる 露 天 風 呂 はいずれも 開 放 感 があります 泉 質 は ph が10と 高 く 肌 触 りが 滑 らかです 飲 泉 により 胃 腸 にも 良 い 2

3 効 果 があることから 体 の 内 と 外 から 美 しくなる 美 人 の 湯 と 言 われています 湯 河 原 温 泉 ふきや( 左 ) 中 川 温 泉 信 玄 館 ( 右 ) 参 考 URL 箱 根 温 泉 富 士 屋 ホテル 湯 河 原 温 泉 ふきや 旅 館 中 川 温 泉 信 玄 館 3 ダイナミックな 自 然 体 験 約 40 万 年 前 の 箱 根 火 山 の 最 後 に 噴 出 した 大 涌 谷 は 今 もなお 100 前 後 の 硫 気 と 水 蒸 気 を 噴 出 しています 噴 出 する 白 煙 を 背 景 に 見 事 な 富 士 の 雄 姿 が 眺 められる 日 本 を 代 表 す る 風 景 です 温 泉 池 で 茹 でた 黒 たまご が 人 気 で 一 個 食 べると7 年 寿 命 が 延 びるとも 言 われています 取 材 陣 は 箱 根 登 山 鉄 道 やケーブルカー ロープウェイを 乗 り 継 いで 大 涌 谷 の 風 景 を 上 空 からも 楽 しみました 芦 ノ 湖 は 約 3100 年 前 に 水 蒸 気 の 爆 発 でできた 周 囲 約 20km のカルデラ 湖 周 囲 を 箱 根 外 輪 山 に 囲 まれ 四 季 折 々の 自 然 の 美 しさが 訪 れた 人 々の 心 を 癒 します 南 岸 の 元 箱 根 から 眺 める 逆 さ 富 士 は 特 に 有 名 です 四 季 を 通 じ 雄 大 な 自 然 景 観 と 出 会 える 幕 山 (まくやま) 公 園 の 山 麓 斜 面 に 約 4 千 本 の 紅 梅 白 梅 が" 梅 のじゅうたん"のように 咲 き 乱 れ 園 内 は 梅 の 香 りに 包 まれます 取 材 時 には 梅 の 宴 が 開 催 中 で 多 くの 観 光 客 で 賑 わっていました 箱 根 ジオパーク 大 涌 谷 ( 左 ) 名 物 黒 たまご ( 右 ) 3

4 幕 山 公 園 梅 の 宴 ( 左 ) 梅 を 愛 でる 画 伯 ( 右 ) 参 考 URL 箱 根 町 観 光 情 報 ポータルサイト( 一 財 ) 箱 根 町 観 光 協 会 幕 山 公 園 ( 湯 河 原 町 HP) uyamakouen/makuyama-park.html 4 歴 史 文 化 体 験 箱 根 旧 街 道 は 江 戸 時 代 の 箱 根 越 えの 道 で 通 称 箱 根 八 里 で 知 られる 天 下 の 難 所 でし た この 急 坂 の 多 い 山 道 は 江 戸 時 代 初 期 幕 府 の 官 道 として 整 備 されましたが すねまで つかる 泥 道 のため 当 時 では 近 代 的 な 石 畳 道 を 完 成 させました そして 今 なお 残 る 石 畳 には 往 時 の 旅 人 の 苦 悩 が 偲 ばれます 箱 根 関 所 は 徳 川 幕 府 が 諸 大 名 の 謀 反 防 止 のため 元 和 5 年 (1619 年 )に 設 け 以 来 250 年 にわたり 厳 しく 東 海 道 の 往 来 を 厳 しく 取 り 締 ったところです 平 成 19 年 に 往 時 の 姿 に 完 全 復 元 されました 箱 根 で 受 け 継 がれる 伝 統 文 化 の1つ 箱 根 寄 木 細 工 は 数 多 い 天 然 有 色 材 が 持 つ 木 材 の 色 彩 と 木 目 を 充 分 発 揮 させながら 伝 承 された 技 術 により 寄 せ 合 わせて 精 緻 な 幾 何 学 模 様 を 作 り 出 し 一 定 の 厚 みを 持 つ 種 板 としてから これを 特 殊 な 大 鉋 (かんな)で 薄 く 削 り 小 箱 などに 貼 付 したり 寄 木 の 無 垢 の 素 材 をそのまま 加 工 して 製 品 にする 手 作 りの 工 芸 品 です この 技 術 技 法 は 江 戸 時 代 末 期 に 箱 根 町 畑 宿 に 始 まり 現 在 まで 技 術 継 承 され 小 田 原 箱 根 地 方 が 我 が 国 では 唯 一 の 産 地 となっています 箱 根 寄 木 細 工 は 昭 和 59 年 5 月 より 経 済 産 業 大 臣 により 伝 統 的 工 芸 品 として 指 定 されています 南 足 柄 市 にある 大 雄 山 最 乗 寺 は 福 井 の 永 平 寺 鶴 見 の 総 持 寺 に 次 ぐ 格 式 のある 曹 洞 宗 のお 寺 です 創 建 に 貢 献 した 道 了 という 僧 が 寺 の 完 成 と 同 時 に 天 狗 になり 身 を 山 中 に 隠 したと 伝 えられることから 道 了 尊 とも 呼 ばれています こちらでは 精 進 料 理 と 座 禅 を 体 験 し 身 も 心 も 清 められたような 気 分 になりました 4

5 箱 根 旧 街 道 ( 左 ) 箱 根 関 所 ( 右 ) 箱 根 寄 木 細 工 体 験 ( 左 ) 座 禅 体 験 ( 右 ) 参 考 URL 箱 根 旧 街 道 箱 根 関 所 箱 根 寄 木 細 工 大 雄 山 最 乗 寺 5 観 光 客 誘 致 に 向 けて 取 材 の 様 子 は 現 地 新 聞 でも 報 道 され 地 元 での 注 目 の 高 さが 伺 われました また 今 回 は 箱 根 温 泉 などの 代 表 的 な 温 泉 地 を 中 心 に 史 跡 や 伝 統 文 化 さらには 豊 かな 食 材 や グルメなどの 魅 力 を 体 感 しながら 未 病 を 直 すタネを 満 喫 する 取 材 となりました 取 材 内 容 は 韓 国 でも 有 数 の 発 行 部 数 を 誇 る 雑 誌 にも 掲 載 され 日 本 に 関 心 が 高 い 一 般 消 費 者 を 中 心 に 広 く 発 信 されます また 取 材 に 参 加 した 作 家 やパワーブロガー モニタ ーらの 執 筆 活 動 やネット 上 でのブログ 等 により さらなる 情 報 発 信 が 行 われ 取 材 地 への 観 光 客 誘 致 が 促 進 されることが 期 待 されます 5

6 地 域 新 聞 での 報 道 ぶり 雑 誌 HEYDAY4 月 号 に 掲 載 ( 古 殿 元 所 長 補 佐 鹿 児 島 県 派 遣 ) 6

問 題 1 健 康 短 時 間 でカロリーを 消 費 させるのに 入 浴 が 一 番 有 効 だが 80 キロカロリーを 消 費 するため 要 する 時 間 は?(ただし 摂 氏 42 度 で 全 身 浴 ) A:5 分 B:10 分 C:20 分 D:30 分 問 題 2 健 康 温 泉 に 入

問 題 1 健 康 短 時 間 でカロリーを 消 費 させるのに 入 浴 が 一 番 有 効 だが 80 キロカロリーを 消 費 するため 要 する 時 間 は?(ただし 摂 氏 42 度 で 全 身 浴 ) A:5 分 B:10 分 C:20 分 D:30 分 問 題 2 健 康 温 泉 に 入 温 泉 検 定 3 級 目 指 せ! 温 泉 博 士 日 本 人 の 生 活 に 深 く 浸 透 している 温 泉 その 文 化 や 歴 史 環 境 科 学 などあらゆる 側 面 から 温 泉 に 関 する 知 識 や 理 解 度 を 試 験 形 式 で 検 定 します 全 国 の 人 が 温 泉 について 考 え 親 しみ 再 認 識 する 機 会 を 提 供 することで 温 泉 研 究 会 と

More information

『障屏画と狩野派〈辻惟雄集 第3巻〉』

『障屏画と狩野派〈辻惟雄集 第3巻〉』 v 次 1 研 究 史 回 顧 現 在 31 桃 57 禅 坊 方 丈 壁 様 び 筆 者 91 五 聚 楽 143 狩 派 誕 興 隆 信 信 永 徳 165 七 狩 永 徳 松 叭 叭 柳 白 鷺 195 八 狩 永 徳 季 211 九 長 谷 川 等 伯 松 林 217 長 谷 川 等 伯 老 松 猿 猴 捉 月 金 地 223 狩 探 幽 筆 類 写 帖 模 英 博 蔵 229 解 説 239

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

美 山 々 緑 湖 渡 心 地 豊 誰 思 軽 休 暇 楽 ん 海 賊 船 非 日 常 体 験 芦 ノ 湖 遊 覧 訪 様 提 供 続 観 光 船 経 営 特 別 休 暇 無 日 常 延 長 線 上 ん 創 業 フ ィ ソ フ ィ 受 継 ぐ 度 昨 年 実 施 癒 大 浴 ビ 続 7 48 既 済

美 山 々 緑 湖 渡 心 地 豊 誰 思 軽 休 暇 楽 ん 海 賊 船 非 日 常 体 験 芦 ノ 湖 遊 覧 訪 様 提 供 続 観 光 船 経 営 特 別 休 暇 無 日 常 延 長 線 上 ん 創 業 フ ィ ソ フ ィ 受 継 ぐ 度 昨 年 実 施 癒 大 浴 ビ 続 7 48 既 済 小 田 急 48 2014 年 3 月 28 日 ( 金 ) GRAND OPEN! 美 山 々 緑 湖 渡 心 地 豊 誰 思 軽 休 暇 楽 ん 海 賊 船 非 日 常 体 験 芦 ノ 湖 遊 覧 訪 様 提 供 続 観 光 船 経 営 特 別 休 暇 無 日 常 延 長 線 上 ん 創 業 フ ィ ソ フ ィ 受 継 ぐ 度 昨 年 実 施 癒 大 浴 ビ 続 7 48 既 済 部 分 合 せ

More information

Microsoft PowerPoint - 説明資料.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 説明資料.ppt [互換モード] 資 料 1 ( 仮 称 ) 奈 良 公 園 基 本 戦 略 の 策 定 について 説 明 資 料 平 成 23 年 11 月 奈 良 県 まちづくり 推 進 局 奈 良 公 園 室 0 目 次 1. ( 仮 称 ) 奈 良 公 園 基 本 戦 略 策 定 の 目 的 1 2.これまでの 検 討 経 緯 3 3. 奈 良 公 園 の 概 況 4 4. 奈 良 公 園 の 変 遷 8 5. 奈 良 公

More information

東 洋 大 学 PPP 研 究 センター 紀 要 No.3 2013 1-2 公 共 施 設 の 規 模 に 関 する 評 価 公 共 施 設 の 現 状 について 評 価 した まず 国 立 市 の 人 口 一 人 当 たりの 公 共 施 設 規 模 は 同 規 模 自 治 体 31 市 町 村

東 洋 大 学 PPP 研 究 センター 紀 要 No.3 2013 1-2 公 共 施 設 の 規 模 に 関 する 評 価 公 共 施 設 の 現 状 について 評 価 した まず 国 立 市 の 人 口 一 人 当 たりの 公 共 施 設 規 模 は 同 規 模 自 治 体 31 市 町 村 事 例 研 究 国 立 市 公 共 施 設 等 のあり 方 に 関 する 研 究 について 1 鶴 園 卓 也 東 洋 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 公 民 連 携 専 攻 国 立 市 公 共 施 設 等 のあり 方 研 究 チーム 序 章 研 究 の 経 緯 と 目 的 本 研 究 は 東 京 都 国 立 市 からの 依 頼 により 同 市 の 公 共 施 設 等 のあり 方 について

More information

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳 4 結 策 4 爆 乗 ホ 4 屋 栄 陸 彩 団 劇 毎 結 初 伸 び 悩 握 道 6 投 票 露 9 声 ヤ V ヒ 枚 e g i n n e r ミ 達 数 唱 鍛 努 側 幅 広 支 由 姉 妹 ユ 屋 栄 4 誕 珠 玲 ヒ 動 4 H 天 神 札 幌 H 函 館 三 宮 ざ 憶 測 飛 類 似 ネ❶ 北 区 赤 羽 赤 羽 資 ゼ 所 属 ゼ 専 劇 北 区 赤 羽 館 垢 抜 赤

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303331388E918E5982CC8EE693BE82C98AD682B782E982A8926D82E782B95F66696E616C205F325F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303331388E918E5982CC8EE693BE82C98AD682B782E982A8926D82E782B95F66696E616C205F325F2E646F6378> 各 位 平 成 23 年 3 月 18 日 不 動 産 投 資 信 託 証 券 発 行 者 名 東 京 都 港 区 六 本 木 六 丁 目 10 番 1 号 六 本 木 ヒ ル ズ 森 タ ワ ー ジャパン ホテル アンド リゾート 投 資 法 人 代 表 者 名 執 行 役 員 増 田 要 (コード 番 号 :8981) 資 産 運 用 会 社 名 ジャパン ホテル アンド リゾート 株 式 会

More information

売 却 区 分 番 号 : 箱 9 執 行 機 関 / 箱 根 町 長 ( 土 地 の 表 示 ) 物 件 1 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 城 野 字 臼 井 下 地 番 819 番 1 地 目 山 林 地 積 363 平 方 メートル 物 件 2 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮

売 却 区 分 番 号 : 箱 9 執 行 機 関 / 箱 根 町 長 ( 土 地 の 表 示 ) 物 件 1 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 城 野 字 臼 井 下 地 番 819 番 1 地 目 山 林 地 積 363 平 方 メートル 物 件 2 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 執 行 機 関 / 小 田 原 市 長 売 却 区 分 番 号 : 小 3 不 動 産 の 表 示 ( 登 記 簿 の 表 示 による) ( 物 件 1) 所 在 小 田 原 市 千 代 字 吉 添 地 番 105 番 1 地 目 宅 地 地 積 456.19m2 ( 物 件 2) 所 在 小 田 原 市 千 代 字 吉 添 105 番 地 1 家 屋 番 号 105 番 1 種 類 居 宅 構 造

More information

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について 2013 年 9 月 13 日 日 本 銀 行 福 岡 支 店 Bank of Japan Fukuoka Branch 金 融 経 済 トピックス 福 岡 県 を 訪 れる 外 国 人 観 光 客 の 特 徴 について 当 資 料 は 当 店 ホームページに 掲 載 しています http://www3.boj.or.jp/fukuoka/ < 内 容 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > 日

More information

2 緑 の 保 全 大 阪 平 野 の 北 端 に 位 置 し 山 間 部 と 平 野 部 にまたがる 本 市 にとって 豊 かな 自 然 は 本 市 の 良 好 な 住 環 境 を 形 成 する 重 要 な 要 素 の 一 つである したがって これまでも 山 間 部 における 国 定 公 園 特

2 緑 の 保 全 大 阪 平 野 の 北 端 に 位 置 し 山 間 部 と 平 野 部 にまたがる 本 市 にとって 豊 かな 自 然 は 本 市 の 良 好 な 住 環 境 を 形 成 する 重 要 な 要 素 の 一 つである したがって これまでも 山 間 部 における 国 定 公 園 特 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 自 然 とふれあう 緑 豊 かな 健 康 まちづくり 地 域 再 生 計 画 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 箕 面 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 箕 面 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 (1) 地 域 の 現 状 と 課 題 1 本 市 の 概 要 箕 面 市 は 大

More information

火山活動ペーパー1colar.indd

火山活動ペーパー1colar.indd 大 涌 谷 周 辺 の 火 山 活 動 について 2015 年 5 月 20 日 2015 年 5 月 3 日 7 時 8 分 9 番 ホールにて 5 月 20 日 現 在 大 涌 谷 火 口 周 辺 の 入 山 規 制 (レ ベル2)が 続 いています 箱 根 山 の 火 山 活 動 に ついてご 理 解 を 得 ておくことも 大 切 かと 考 え このペーパーを 用 意 しました 大 涌 谷 周

More information

の の 鉄 に 係 る 都 1 平 方 メー の の の 周 辺 の 土 地 の 豊 野 町 蟹 沢 字 坂 下 852 番 11,100 農 家 住 宅 が 建 ち 並 ぶ 東 3m 信 濃 浅 野 調 区 442 住 宅 W2-31 2-4.3 1 : 1.2 郊 外 の 住 宅 篠 ノ 井 布

の の 鉄 に 係 る 都 1 平 方 メー の の の 周 辺 の 土 地 の 豊 野 町 蟹 沢 字 坂 下 852 番 11,100 農 家 住 宅 が 建 ち 並 ぶ 東 3m 信 濃 浅 野 調 区 442 住 宅 W2-31 2-4.3 1 : 1.2 郊 外 の 住 宅 篠 ノ 井 布 平 成 28 年 地 価 公 示 一 覧 表 ( 価 格 時 点 平 成 28 年 1 月 1 日 ) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) の の 鉄 に 係 る 都 1 平 方 メー の の の 周 辺 の 土 地 の 市 吉 田 2 丁 目 392 番 6 65,800 中 規 模 一 般 住 宅 が 建 南 4.7m 桐 原 1 住 居

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42 5-4 矢 島 都 市 計 画 区 域 旧 矢 島 町 の 矢 島 都 市 計 画 区 域 約 450ha を 対 象 として 地 区 別 の 検 討 を 行 います 1) 区 域 の 現 況 と 課 題 1 現 況 1. 概 況 由 利 高 原 鉄 道 の 矢 島 駅 を 中 心 に 西 部 の 丘 陵 地 と 北 東 部 の 国 道 108 号 や 子 吉 川 を 外 郭 としてコンパクトな 市

More information

1 企 画 設 計 等 イベントの 趣 旨 目 的 を 踏 まえた 企 画 設 計 業 務 を 行 うこと 実 施 計 画 書 を 作 成 すること 会 場 のレイアウトを 作 成 し 電 子 データ(パワーポイントファイル)で 提 出 す ること なお レイアウトの 詳 細 については 後 楽 園

1 企 画 設 計 等 イベントの 趣 旨 目 的 を 踏 まえた 企 画 設 計 業 務 を 行 うこと 実 施 計 画 書 を 作 成 すること 会 場 のレイアウトを 作 成 し 電 子 データ(パワーポイントファイル)で 提 出 す ること なお レイアウトの 詳 細 については 後 楽 園 平 成 28 年 度 岡 山 後 楽 園 夜 間 特 別 開 園 事 業 等 委 託 業 務 仕 様 書 Ⅰ 目 的 岡 山 後 楽 園 の 四 季 を 通 じた 魅 力 づくりのため 夜 間 特 別 開 園 事 業 ( 幻 想 庭 園 ) 和 のおもてなし 事 業 及 び 旬 彩 市 場 事 業 として 園 内 のライトアップや 各 種 イベント を 実 施 する Ⅱ 概 要 1. 平 成 28

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

(4) みんなの 家 の 具 体 的 な 提 案 みんなの 家 の 例 ( 伊 東 氏 の 昔 からの 考 え) 桜 が 咲 くと 自 然 に 人 々が 集 い 一 時 的 に 設 置 する 幔 幕 の 囲 いの 中 で 宴 を 開 き 元 の 自 然 に 戻 る これも 建 築 の 原 点 の 一

(4) みんなの 家 の 具 体 的 な 提 案 みんなの 家 の 例 ( 伊 東 氏 の 昔 からの 考 え) 桜 が 咲 くと 自 然 に 人 々が 集 い 一 時 的 に 設 置 する 幔 幕 の 囲 いの 中 で 宴 を 開 き 元 の 自 然 に 戻 る これも 建 築 の 原 点 の 一 参 考 資 料 2 復 興 まちづくり 懇 談 会 の 開 催 結 果 報 告 1. 講 演 明 るいまち 釜 石 をつくろう ( 講 演 者 : 建 築 家 伊 東 豊 雄 ) 開 催 日 時 平 成 23 年 8 月 6 日 ( 土 )12:00~13:00 開 催 場 所 沿 岸 広 域 振 興 局 4 階 大 会 議 室 参 加 者 数 59 名 1.1 講 演 の 位 置 づけ 海 岸 線

More information

参加各市配布資料(東村山市)

参加各市配布資料(東村山市) 1 東 村 山 市 の 紹 介 東 村 山 市 は 東 京 都 の 北 西 部 荒 川 から 多 摩 川 にかけて 広 がる 武 蔵 野 台 地 の ほぼ 中 央 にあります 行 政 区 画 で 言 うと 北 は 狭 山 丘 陵 柳 瀬 川 によって 所 沢 市 に 東 から 南 東 は 清 瀬 市 東 久 留 米 市 南 は 小 平 市 西 は 東 大 和 市 に 接 して います 当 市 は 東

More information

本 計 画 は 温 泉 地 づくりの 方 向 性 を 示 すものであり 芦 之 湯 温 泉 の 地 域 全 体 で 取 り 組 む 指 針 として 策 定 するものであ 3. 自 然 環 境 まちなみ 歴 史 風 土 文 化 等 の 維 持 保 全 等 に 関 する 方 策 (1) 自 然 環 境

本 計 画 は 温 泉 地 づくりの 方 向 性 を 示 すものであり 芦 之 湯 温 泉 の 地 域 全 体 で 取 り 組 む 指 針 として 策 定 するものであ 3. 自 然 環 境 まちなみ 歴 史 風 土 文 化 等 の 維 持 保 全 等 に 関 する 方 策 (1) 自 然 環 境 芦 之 湯 国 民 保 養 温 泉 地 計 画 1. 温 泉 地 の 概 要 本 温 泉 地 計 画 の 地 域 は 神 奈 川 県 足 柄 下 郡 箱 根 町 の 芦 之 湯 温 泉 の 周 辺 を 含 め た 別 添 図 面 に 表 示 する 地 域 とし その 面 積 は27.22ha( 図 上 測 定 )であ 芦 之 湯 温 泉 は 江 戸 時 代 には 箱 根 七 湯 と 称 された 湯

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

松 任 図 書 館 業 称 期 日 容 展 示 西 中 日 記 能 / ~ 傘 /1 西 氏 中 日 記 俳 風 港 原 展 示 火 坂 志 氏 交 流 品 物 展 示 図 書 館 職 員 展 / 里 ~ /10 図 書 館 職 員 面 感 動 図 書 館 職 員 選 展 示 生 物 多 様 性 展

松 任 図 書 館 業 称 期 日 容 展 示 西 中 日 記 能 / ~ 傘 /1 西 氏 中 日 記 俳 風 港 原 展 示 火 坂 志 氏 交 流 品 物 展 示 図 書 館 職 員 展 / 里 ~ /10 図 書 館 職 員 面 感 動 図 書 館 職 員 選 展 示 生 物 多 様 性 展 成 度 主 な 事 業 行 事 市 立 図 書 館 同 事 業 業 称 期 日 容 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 書 間 行 特 別 展 示 優 秀 作 品 展 調 学 習 ン 第 回 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 作 品 募 第 回 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 表 彰 式 図 書 館 芥 川 龍 之 介 賞 賞 谷 希 子 特 別 展 傘 ~ 里 10~11 傘 /1 里 /1~

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

事 名 事 型 事 箇 所 名 経 営 体 育 成 型 第 一 湯 前 事 実 施 主 体 関 係 市 村 球 磨 郡 湯 前 の 事 内 容 用 水 路 工 L=5,400m 暗 渠 排 水 工 L=0.ha 工 期 の 総 事 費 H7 ~ H9 50,000 経 営 体 育 成 型 川 登 荒

事 名 事 型 事 箇 所 名 経 営 体 育 成 型 第 一 湯 前 事 実 施 主 体 関 係 市 村 球 磨 郡 湯 前 の 事 内 容 用 水 路 工 L=5,400m 暗 渠 排 水 工 L=0.ha 工 期 の 総 事 費 H7 ~ H9 50,000 経 営 体 育 成 型 川 登 荒 別 記 参 考 様 式 第 号 計 画 の 名 称 農 山 漁 村 地 域 整 備 計 画 ( 期 ) 計 画 策 定 主 体 対 象 市 村 計 画 の 期 間 計 画 の 目 標 農 山 漁 村 地 域 整 備 計 画 八 代 市 人 吉 市 荒 尾 市 水 俣 市 玉 名 市 天 草 市 山 鹿 市 菊 池 市 宇 土 市 上 天 草 市 宇 城 市 阿 蘇 市 合 志 市 美 里 玉 東 南

More information

掲 将 像 然 笑 寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君 戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 --

掲 将 像 然 笑  寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君  戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 -- 標 準 減 村 免 許 盆 環 境 算 己 直 滞 納 康 孫 標 常 欠 努 己 診 越 康 振 存 敬 老 祝 敬 老 祝,,,,, 敬 老 祝 歳 昭 和 米 寿 昭 和 歳 白 寿 歳 密 ュ ニ 拠 点 増 注 緊 率 著 影 響 緊 則 頃 維 持 努 況 オ cc 白 乙 cc 黄 色 甲 cc 従 型 希 望 諸 線 告 皆 移 末 屋 般 執 候 候 案 田 井 砂 宮 馬 己 食

More information

MAJOR7 第9回リリース資料

MAJOR7 第9回リリース資料 2015 年 9 月 28 日 発 表 マンション 購 入 意 向 者 に 聞 く 住 んでみたい 街 アンケート( 首 都 圏 / 関 西 圏 )2015 年 度 [ 首 都 圏 ] 1 位 恵 比 寿 駅 2 位 吉 祥 寺 駅 3 位 麻 布 十 番 駅 恵 比 寿 駅 は2005 年 の 調 査 開 始 以 来 初 めてのトップ [ 関 西 圏 ] 1 位 芦 屋 駅 2 位 梅 田 駅 3

More information

青 森 県 尾 崎 酒 造 秋 田 県 飛 良 泉 本 舗 1487500 阪 神 木

青 森 県 尾 崎 酒 造 秋 田 県 飛 良 泉 本 舗 1487500 阪 神 木 青 森 県 尾 崎 酒 造 秋 田 県 飛 良 泉 本 舗 1487500 阪 神 木 岩 手 県 あさ 開 4 (1871 ) 2218 ()2005 2008 山 形 県 後 藤 酒 造 店 81788 8 阪 神 木 宮 城 県 一 ノ 蔵 441 16 阪 神 木 福 島 県 大 七 酒 造 1752 (2 ) ( ) ( ) ( ) () () ( ) ( ) ( ) 阪 神 木 千 葉

More information

に 階 層 や 職 種 によって 異 なる 特 有 の 建 造 物 や 町 並 みが 今 も 遺 存 してい る これらの 城 下 町 関 連 資 産 については 構 成 資 産 (コア ゾーン)とは しないが 彦 根 城 の 資 産 価 値 を 高 めるためには 有 効 な 資 産 であり 緩 衝

に 階 層 や 職 種 によって 異 なる 特 有 の 建 造 物 や 町 並 みが 今 も 遺 存 してい る これらの 城 下 町 関 連 資 産 については 構 成 資 産 (コア ゾーン)とは しないが 彦 根 城 の 資 産 価 値 を 高 めるためには 有 効 な 資 産 であり 緩 衝 世 界 遺 産 暫 定 一 覧 表 記 載 資 産 準 備 状 況 報 告 書 1. 資 産 名 称 ひこ 彦 ね 根 じょう 城 2. 所 在 地 ( 都 道 府 県 及 び 市 町 村 名 ) し 滋 が 賀 けんひこ ね 県 彦 根 し 市 3. 資 産 の 適 用 種 別 ( 記 念 工 作 物 遺 跡 建 造 物 群 の 別 文 化 的 景 観 の 適 用 の 有 無 ) 記 念 工 作

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

Microsoft Word - 130306_●甲州市甘草活用ビジョン.docx

Microsoft Word - 130306_●甲州市甘草活用ビジョン.docx 地 域 の 歴 史 文 化 資 源 を 活 用 した ~ 甘 草 の 里 づくりビジョン~ 日 本 甘 草 のふるさと 重 要 文 化 財 旧 高 野 家 住 宅 甘 草 屋 敷 と 付 属 の 薬 草 園 で 栽 培 され る 江 戸 時 代 から 伝 わるウラルカンゾウ 平 成 25 年 2 月 甲 州 市 甲 州 市 甘 草 の 里 づくり 研 究 会 1 目 次 第 1 章 計 画 策 定

More information

表 14-3-1 農 業 農 村 整 備 事 業 等 に 係 る 事 前 評 価 の 結 果 一 覧 事 業 名 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 予 算 科 目 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 費 補 助 事 業 の 主 な 目 的 将 来 の 地 域 農 業 を 担 う 経 営 体 を 育 成 しながら 地 域 農 業 の 展 開 方 向 等 を 勘 案 して 必 要 となる

More information

3. 旧 奥 州 街 道 貝 田 宿 にみる 歴 史 的 風 致 1. 阿 津 賀 志 山 の 合 戦 と 顕 彰 教 育 活 動 にみる 歴 史 的 風 致 7. 鳥 取 福 源 寺 観 音 講 にみる 歴 史 的 風 致 5. 光 明 寺 集 落 の 水 利 用 にかかわる 歴 史 的 風 致

3. 旧 奥 州 街 道 貝 田 宿 にみる 歴 史 的 風 致 1. 阿 津 賀 志 山 の 合 戦 と 顕 彰 教 育 活 動 にみる 歴 史 的 風 致 7. 鳥 取 福 源 寺 観 音 講 にみる 歴 史 的 風 致 5. 光 明 寺 集 落 の 水 利 用 にかかわる 歴 史 的 風 致 第 4 章 重 点 区 域 の 位 置 及 び 範 囲 1. 重 点 区 域 設 定 の 考 え 方 本 計 画 における 重 点 区 域 は 歴 史 上 価 値 の 高 い 建 造 物 が 集 まり 国 見 町 固 有 の 歴 史 及 び 伝 統 を 反 映 した 活 動 が 現 在 も 行 われ かつ 良 好 な 市 街 地 環 境 を 形 成 している 地 区 に 設 定 する また 本 計

More information

管 内 情 勢 1. 位 置 気 候 本 市 は 東 京 から 約 100km 関 東 平 野 の 最 東 端 東 経 140 度 50 分 北 緯 35 度 44 分 に 位 置 している 西 は 市 内 宮 原 諸 持 笹 本 の 各 町 をもって 県 内 香 取 郡 東 庄 町 と 接 し 同

管 内 情 勢 1. 位 置 気 候 本 市 は 東 京 から 約 100km 関 東 平 野 の 最 東 端 東 経 140 度 50 分 北 緯 35 度 44 分 に 位 置 している 西 は 市 内 宮 原 諸 持 笹 本 の 各 町 をもって 県 内 香 取 郡 東 庄 町 と 接 し 同 概 要 管 内 情 勢 1. 位 置 気 候 本 市 は 東 京 から 約 100km 関 東 平 野 の 最 東 端 東 経 140 度 50 分 北 緯 35 度 44 分 に 位 置 している 西 は 市 内 宮 原 諸 持 笹 本 の 各 町 をもって 県 内 香 取 郡 東 庄 町 と 接 し 同 じく 市 内 森 戸 小 長 猿 田 茶 畑 白 石 新 八 木 親 田 小 浜 の 各 町

More information

Microsoft Word - 景観計画.doc

Microsoft Word - 景観計画.doc 裾 野 市 景 観 計 画 平 成 25 年 3 月 裾 野 市 2 目 次 はじめに 1 1 景 観 計 画 区 域 2 2 良 好 な 景 観 形 成 のための 方 針 3 1) 景 観 形 成 の 基 本 的 考 え 方 3 2) 景 観 形 成 の 基 本 目 標 4 3) 要 素 別 景 観 形 成 方 針 5 4) 地 区 別 景 観 形 成 方 針 9 5) 土 地 利 用 別 景 観

More information

7 第 種 郵 便 物 認 可 没 周 河 物 係 謳 促 進 王 効 案 絞 子 素 音 喜 劇 ね 放 送 雑 誌 様 層 味 源 接 共 感 与 爆 爆 望 忘 概 べ 直 8 首 圏 覧 称 区 弾 述 途 切 常 恵 段 階 エ 程 六 独 仕 次 六 葉 頭 nverse 逆 説 二 逆

7 第 種 郵 便 物 認 可 没 周 河 物 係 謳 促 進 王 効 案 絞 子 素 音 喜 劇 ね 放 送 雑 誌 様 層 味 源 接 共 感 与 爆 爆 望 忘 概 べ 直 8 首 圏 覧 称 区 弾 述 途 切 常 恵 段 階 エ 程 六 独 仕 次 六 葉 頭 nverse 逆 説 二 逆 7 第 種 郵 便 物 認 可 第 回 支 舞 台 繰 両 位 置 培 臨 背 景 憧 ノ 投 呼 強 総 管 理 基 柔 軟 優 導 ビ 提 供 図 導 ぎ 経 済 鉄 種 有 源 核 集 促 他 博 周 井 友 也 振 返 曜 7 第 種 郵 便 物 認 可 没 周 河 物 係 謳 促 進 王 効 案 絞 子 素 音 喜 劇 ね 放 送 雑 誌 様 層 味 源 接 共 感 与 爆 爆 望 忘 概

More information

平成17年6月2日(木)

平成17年6月2日(木) 平 成 28 年 4 月 15 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 ~ 会 場 第 6 委 員 会 室 市 長 記 者 会 見 資 料 市 長 発 表 資 料 1 市 制 100 周 年 記 念 事 業 2 宗 教 法 人 薬 王 院 との 災 害 時 における 協 力 協 定 の 締 結 3 ひとり 親 家 庭 への 家 庭 教 師 派 遣 をスタート 4 中 心 市 街 地 まちづくり 方

More information

山 口 市 は 1929 年 に 市 制 が 施 行 されて 行 政 経 済 教 育 文 化 情 報 等 の 都 市 機 能 が 集 積 して きた 人 口 増 加 は 最 近 は 鈍 化 してはいるものの 現 在 も 続 いており(1990~2000 年 の 人 口 増 加 率 6.1%) 第 3

山 口 市 は 1929 年 に 市 制 が 施 行 されて 行 政 経 済 教 育 文 化 情 報 等 の 都 市 機 能 が 集 積 して きた 人 口 増 加 は 最 近 は 鈍 化 してはいるものの 現 在 も 続 いており(1990~2000 年 の 人 口 増 加 率 6.1%) 第 3 事 例 番 号 121 まちと 川 を 結 ぶまちづくり( 山 口 県 山 口 市 ) 1. 背 景 山 口 市 は 山 口 県 の 中 央 に 位 置 する 県 庁 所 在 地 である 市 の 中 心 部 は 北 部 の 山 地 に 発 し 南 の 瀬 戸 内 海 ( 周 防 灘 )に 至 る 椹 野 (ふしの) 川 と 佐 波 川 とが 流 れる 山 口 盆 地 及 びその 下 流 の 臨 海

More information

坂 越 大 泊 鉱 山 赤 穂 市 黄 鉄 鉱 1974 年 ( 昭 和 49) 発 見 1984 年 11 月 坂 越 大 泊 鉱 山 富 栖 鉱 山 宍 粟 市 安 富 町 休 山 富 栖 金 山 大 身 谷 鉱 山 宍 粟 市 一 宮 町 銅 鉛 亜 鉛 1985 年 7 月 同 和 鉱 業

坂 越 大 泊 鉱 山 赤 穂 市 黄 鉄 鉱 1974 年 ( 昭 和 49) 発 見 1984 年 11 月 坂 越 大 泊 鉱 山 富 栖 鉱 山 宍 粟 市 安 富 町 休 山 富 栖 金 山 大 身 谷 鉱 山 宍 粟 市 一 宮 町 銅 鉛 亜 鉛 1985 年 7 月 同 和 鉱 業 ひょうごの 主 な 鉱 山 鉱 山 跡 郷 土 史 探 訪 ツーリズム 研 究 所 資 料 dt21koz.pdf 帝 釈 鉱 山 ( 長 谷 銅 山 ) 神 戸 市 北 区 金 銅 1955 年 神 出 鉱 山 ( 神 戸 市 西 区 神 出 町 古 神 金 ) 堅 田 ( 神 戸 市 西 区 平 野 堅 田 金 座 ロックブリッジ 石 ) 瑞 宝 寺 鉱 山 ( 神 戸 市 北 区 有 馬 町

More information

目 次 校 区 の 概 要 特 徴 等 健 康 福 祉 Data 1 校 区 の 概 要 1 Data 14 出 生 数 出 生 率 の 推 移 9 Data 2 史 跡 民 俗 行 事 指 定 文 化 財 等 1 Data 15 死 亡 数 死 亡 率 の 推 移 9 人 口 世 帯 類 型 Da

目 次 校 区 の 概 要 特 徴 等 健 康 福 祉 Data 1 校 区 の 概 要 1 Data 14 出 生 数 出 生 率 の 推 移 9 Data 2 史 跡 民 俗 行 事 指 定 文 化 財 等 1 Data 15 死 亡 数 死 亡 率 の 推 移 9 人 口 世 帯 類 型 Da 25 年 度 校 区 カルテ 志 賀 島 勝 馬 西 戸 崎 奈 多 三 苫 和 白 美 和 台 和 白 東 香 椎 下 原 香 住 丘 照 葉 香 椎 香 陵 香 椎 東 香 椎 浜 舞 松 原 青 葉 千 早 八 田 城 浜 千 早 西 多 々 良 名 島 若 宮 東 箱 崎 松 島 箱 崎 筥 松 馬 出 目 次 校 区 の 概 要 特 徴 等 健 康 福 祉 Data 1 校 区 の 概 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 速 報 (Ver.2) 平 成 28 年 4 月 25 日 基 礎 地 盤 コンサルタンツ 株 式 会 社 はじめに 平 成 28 年 4 月 14 日 21 時 26 分 頃 熊 本 地 方 を 震 源 とするM6.5の 地 震 が 発 生 しました この 地 震 で 熊 本 市 に 隣 接 する 益 城 町 で 震 度 7を 観 測 し 多

More information

Microsoft Word - ニュースレター148①.doc

Microsoft Word - ニュースレター148①.doc Vol.148 平 成 22 年 11 月 26 日 発 行 テーマⅠ 小 江 戸 文 化 の 再 興 による 甲 府 城 下 町 の 活 性 化 に 向 けて 新 世 紀 甲 府 城 下 町 研 究 会 丸 茂 紀 彦 1 現 状 と 課 題 甲 府 市 はまちづくりのラストチャンスを 迎 えている 甲 府 駅 北 口 再 開 発 事 業 が 進 展 する 中 で コンパクト シティ 構 想 が

More information

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷 平 成 24 年 (1 月 ~12 月 ) における 火 災 の 概 要 ( 概 数 ) 消 防 庁 防 災 情 報 室 目 次 1 全 国 の 概 況 ------------------------------------------------------ 1 (1) 火 災 件 数 ------------------------------------------------------

More information

群馬県観光振興計画原案に関する意見募集について

群馬県観光振興計画原案に関する意見募集について 3 群 馬 の 観 光 状 況 (1) 観 光 入 込 客 数 本 の 観 光 入 込 客 数 は 平 成 13 年 度 ( 1991 年 度 )をピークとして 減 少 傾 向 にあります とくに 宿 泊 客 数 は 減 少 し 続 けており 平 成 8 年 ( 1996 年 )には 1 千 万 人 を 割 り 込 み 平 成 23 年 度 ( 211 年 度 )は 過 去 2 年 間 で 最 低

More information

2 期 間 2015 年 3 月 14 日 ( 土 )~ (2) 相 互 の 観 光 PR 実 現 台 湾 鉄 路 と 西 武 グループとで 相 互 に 誘 客 をはかるため 両 者 の 代 表 的 な 観 光 地 をPRする 場 の 提 供 として 駅 における 広 告 スペースを 活 用 するな

2 期 間 2015 年 3 月 14 日 ( 土 )~ (2) 相 互 の 観 光 PR 実 現 台 湾 鉄 路 と 西 武 グループとで 相 互 に 誘 客 をはかるため 両 者 の 代 表 的 な 観 光 地 をPRする 場 の 提 供 として 駅 における 広 告 スペースを 活 用 するな 各 位 平 成 27 年 3 月 14 日 会 社 名 株 式 会 社 西 武 ホ ー ル デ ィ ン グ ス 代 表 者 取 締 役 社 長 後 藤 高 志 (コード 番 号 : 9024 東 証 一 部 ) 問 合 せ 先 取 締 役 広 報 部 長 西 山 隆 一 郎 (TEL.04-2926-2645) 台 湾 鉄 路 管 理 局 との 包 括 的 事 業 連 携 に 関 する 友 好 協

More information

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機 告 収 算 評 理 致 承 認 施 域 緊 密 携 係 機 得 着 執 努 初 針 効 果 げ 基 基 差 別 禁 止 仮 称 ざ 向 態 求 反 映 べ 携 革 望 受 託 精 代 表 資 拡 充 展 浜 崎 情 交 換 売 店 財 貴 重 財 源 確 保 引 続 効 率 発 財 人 戸 井 田 愛 2210844 浜 区 沢 渡 42 電 話 0453118736 FAX 0453166860

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

<5461726F2D8E9197BF8254817C82508740814091E592C38E7393C195CA95DB>

<5461726F2D8E9197BF8254817C82508740814091E592C38E7393C195CA95DB> 資 料 5-1 大 津 市 における 歴 史 的 風 土 特 別 保 存 地 区 の 都 市 計 画 決 定 について 目 次 1. 大 津 市 の 古 都 指 定 に 関 する 歴 史 的 風 土 部 会 での 審 議 経 緯 1 2. 大 津 市 の 古 都 指 定 についての 理 由 等 2 3. 大 津 市 の 歴 史 的 風 土 特 別 保 存 地 区 の 都 市 計 画 決 定 の 考

More information

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 郡 山 市 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 郡 山 市 湖 南 どぶろく 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 郡 山 市 の 区 域 の 一 部 ( 湖 南 町 ) 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 本 市 は 福 島 県 のほぼ 中

More information

恵泉女学園大学 園芸文化研究所報告

恵泉女学園大学 園芸文化研究所報告 恵 泉 樹 の 文 化 史 (1) アジサイ 宮 内 泰 之 ( 園 芸 短 期 大 学 ) アジサイといえば 梅 雨 の 時 期 に 花 を 咲 かせる 代 表 的 な 樹 木 である 梅 雨 の 時 期 には 伊 勢 原 キャンパスでもあちこちで 花 を 咲 かせている ところで このアジサイの 種 子 を 見 たことがある 方 はどれほどいるだろうか おそらく ほとんどの 方 は 見 たことがないと

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

H27県報別冊表紙

H27県報別冊表紙 平 成 2 7 年 9 月 1 7 日 千 葉 県 報 号 外 特 第 1 号 別 冊 平 成 27 年 基 準 地 の 単 位 面 積 当 たりの 価 格 等 千 葉 県 目 次 千 葉 市 中 央 区 1 酒 々 井 町 62 千 葉 市 花 見 川 区 4 栄 町 63 千 葉 市 稲 毛 区 5 神 崎 町 63 千 葉 市 若 葉 区 7 多 古 町 63 千 葉 市 緑 区 8 東 庄

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

行政機関ガイド北海道(防衛省)

行政機関ガイド北海道(防衛省) 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者 太 陽 + ハ ロ ー ハ ロ ー ご ざ テ ョ 乱 舞 未 プ 民 前 別 別 意 地 根 性 喋 色 々 考 結 果 素 直 悩 過 ぎ 欝 病 発 症 系 苦 解 決 策 与 改 め 直 メ ー ジ 遠 知 ぁ 国 ゴ メ ナ サ 国 育 卉 農 家 皆 ゴ メ ナ サ 咲 ホ 季 節 表 ホ 万 歳 太 陽 + 茎 訊 名 前 輪 草 ゅ 名 知 度 私 漢 判 易 輪 草 草 紛 意 味

More information

早川石丁場群 関白沢支群

早川石丁場群 関白沢支群 江 戸 城 石 垣 のふるさと はや かわ いし ちょう ば ぐん 早 川 石 丁 場 群 かん ぱく ざわ し ぐん 関 白 沢 支 群 はじめに 早 川 石 丁 場 群 関 白 沢 支 群 は 神 奈 川 県 小 田 原 市 にあり 市 域 の 中 でもさらに 西 端 の 箱 根 町 との 境 に 所 在 しています 地 形 的 には 箱 根 外 輪 山 の 東 側 にあり 箱 根 山 中 より

More information

Microsoft Word - 白糖06.doc

Microsoft Word - 白糖06.doc 1 続 づ 役 職 差 障 明 気 悪 名 名 乗 訛 隠 我 咎 追 鹿 児 聞 身 構 持 脱 身 妻 伴 追 手 怖 急 甦 随 過 去 警 戒 少 戻 身 緊 張 走 誤 解 膝 進 奴 捕 帰 手 助 体 罪 犯 持 出 固 物 持 出 物 尋 事 関 見 濁 相 手 探 笑 顔 凍 見 逃 目 鋭 注 視 何 食 顔 装 話 続 づ 隈 奄 美 豪 族 男 当 盛 喜 名 改 関 良 助

More information

たたら製鉄についてのまとめ

たたら製鉄についてのまとめ 65 1229 1570 5 3 5 2769 1876 1889 9 1892 1927-73 - - 1619 131 2 5500 43 194 1889 1955-1617 3 2 3 1186 2 9 15 1165-74 - 596 300 200 4 888 4 888 11 3 8892 10 2 969 708781782888 729 749 859 877 3 947 3 1523

More information

2 10 据 社 伸 慮 普 通 税 影 響 源 捻 3 社 多 負 担 税 反 映 込 普 通 税 厳 影 響 額 収 善 同 庫 金 源 振 興 軍 艦 島 針 夜 景 維 軍 艦 島 島 守 護 岸 坑 失 物 復 元 5 28 3 月 緊 急 味 具 夜 景 維 斜 面 街 灯 専 門 家

2 10 据 社 伸 慮 普 通 税 影 響 源 捻 3 社 多 負 担 税 反 映 込 普 通 税 厳 影 響 額 収 善 同 庫 金 源 振 興 軍 艦 島 針 夜 景 維 軍 艦 島 島 守 護 岸 坑 失 物 復 元 5 28 3 月 緊 急 味 具 夜 景 維 斜 面 街 灯 専 門 家 No.149 2015.9.1 掲 載 容 P 2 容 6 7 願 8 2 10 据 社 伸 慮 普 通 税 影 響 源 捻 3 社 多 負 担 税 反 映 込 普 通 税 厳 影 響 額 収 善 同 庫 金 源 振 興 軍 艦 島 針 夜 景 維 軍 艦 島 島 守 護 岸 坑 失 物 復 元 5 28 3 月 緊 急 味 具 夜 景 維 斜 面 街 灯 専 門 家 プ む 視 環 境 節 験 善

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

不 動 明 王 像 降 三 世 明 王 像 軍 荼 利 明 王 像 江 戸 時 代 慶 長 13 年 (1608)/ 34 重 文 五 大 明 王 像 ( 五 大 堂 安 置 ) 5 軀 木 造 彩 色 金 剛 夜 叉 明 王 像 頭 部 鎌 倉 時 代 (14 世 紀 ) 体 部 江 戸 時 代

不 動 明 王 像 降 三 世 明 王 像 軍 荼 利 明 王 像 江 戸 時 代 慶 長 13 年 (1608)/ 34 重 文 五 大 明 王 像 ( 五 大 堂 安 置 ) 5 軀 木 造 彩 色 金 剛 夜 叉 明 王 像 頭 部 鎌 倉 時 代 (14 世 紀 ) 体 部 江 戸 時 代 第 1 章 醍 醐 寺 のなりたち - 理 源 大 師 聖 宝 - 1 重 文 理 源 大 師 坐 像 1 軀 木 造 彩 色 鎌 倉 時 代 13 世 紀 京 都 醍 醐 寺 2 理 源 大 師 像 1 幅 絹 本 著 色 室 町 時 代 14~15 世 紀 京 都 醍 醐 寺 3 重 文 醍 醐 根 本 僧 正 略 伝 1 巻 紙 本 墨 書 平 安 時 代 10 世 紀 京 都 醍 醐 寺 4

More information

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73>

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73> 1 長 徳 寺 跡 長 徳 寺 は 久 安 5 年 (1149) 吾 橋 庄 に 創 建 と 伝 えられる 吾 橋 庄 は を 中 心 に 汗 見 川 の 流 域 に 広 がる 領 主 頼 則 盛 政 らが 開 発 した 荘 園 で 長 徳 寺 はその 菩 提 寺 長 徳 寺 跡 は 河 岸 段 丘 状 の 緩 傾 斜 地 であり 北 に 山 を 背 負 い 日 当 たりも 良 く 南 西 方 は

More information

OD 研 究 会 報 No.74 号 -- 内 視 鏡 達 負 担 精 密 可 能 除 頃 バ 条 件 ぜ 条 件 細 胞 傷 爆 四 八 散 例 胃 肝 へ ぜ 肝 器 血 量 至 ぐ 閉 肝 限 学 界 識 率 語 婦 産 卵 巣 爆 婦 系 引 張 上 げ 破 細 胞 び 散 播 腫 ゅ 識

OD 研 究 会 報 No.74 号 -- 内 視 鏡 達 負 担 精 密 可 能 除 頃 バ 条 件 ぜ 条 件 細 胞 傷 爆 四 八 散 例 胃 肝 へ ぜ 肝 器 血 量 至 ぐ 閉 肝 限 学 界 識 率 語 婦 産 卵 巣 爆 婦 系 引 張 上 げ 破 細 胞 び 散 播 腫 ゅ 識 OD 研 究 会 報 No.74 号 -- 統 計 書 予 測 順 胃 3 ' 比 倍 総 7 万 8 千 ぼ 予 測 精 液 器 代 表 高 齢 社 会 到 来 時 加 然 然 回 排 夜 迫 ( イ 行 我 慢 ) 下 快 結 肥 比 較 類 早 期 過 剰 放 寿 命 係 摘 放 射 線 照 射 消 滅 副 用 失 禁 機 能 障 害 回 高 齢 社 会 到 来 加 丹 羽 話 伺 4 月 行

More information

スライド 1

スライド 1 2016 年 10 月 6 日 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 参 考 資 料 1 DBJ JTBF アジア 欧 米 豪 訪 日 外 国 人 旅 行 者 の 意 向 調 査 ( 平 成 28 年 版 ) 地 域 別 の 特 徴 1. 韓 国 2 温 泉 への 入 浴 3 自 然 や 風 景 の 見 物 4 現 地 の 人 の 普 段 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8251814093EC88C993A4814590BC88C993A4926E88E682CC8A548BB5>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8251814093EC88C993A4814590BC88C993A4926E88E682CC8A548BB5> 資 料 2 南 伊 豆 西 伊 豆 地 域 における 地 域 公 共 交 通 の 概 況 南 伊 豆 西 伊 豆 地 域 公 共 交 通 活 性 化 協 議 会 事 務 局 ( 静 岡 県 地 域 交 通 課 ) 1 人 口 の 動 向 1( 県 内 全 域 ) H17 年 (379 万 人 )をピークに 減 少 に 転 じ H42 年 には319 万 人 にまで 減 少 と 予 測 特 に 伊 豆

More information

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information

最 後 に 本 展 示 を 開 催 するにあたり 貴 重 な 資 料 を 提 供 してくださいました 寄 贈 者 寄 託 者 の 方 々に 深 く 感 謝 申 し 上 げます 平 成 年 9 月 埼 玉 県 立 文 書 館 長. 県 内 の 風 景 重 要 文 化 財 の 川 越 の 喜 多 院 や

最 後 に 本 展 示 を 開 催 するにあたり 貴 重 な 資 料 を 提 供 してくださいました 寄 贈 者 寄 託 者 の 方 々に 深 く 感 謝 申 し 上 げます 平 成 年 9 月 埼 玉 県 立 文 書 館 長. 県 内 の 風 景 重 要 文 化 財 の 川 越 の 喜 多 院 や 画 にみる 近 代 日 本 の 風 景 武 蔵 国 秩 父 郡 県 社 三 峰 神 社 全 図 ( 田 中 家 文 書 0) 開 催 にあたって 幕 末 に 西 洋 から 伝 えられた 技 術 は 司 馬 江 漢 亜 欧 堂 田 善 安 田 雷 洲 などが 習 得 して 作 品 化 する 一 方 京 都 の 玄 々 堂 が 小 型 の 風 景 画 などを 量 産 して 一 般 に 流 通 させました

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4 月 相 模 区 大 ひらたい 3 定 ( 片 桐 直 倫 掟

1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4 月 相 模 区 大 ひらたい 3 定 ( 片 桐 直 倫 掟 収 蔵 資 料 ( 古 文 書 ) 目 録 大 平 台 藤 曲 家 文 書 ( 平 成 28 年 7 月 22 日 現 在 ) 箱 根 町 立 郷 土 資 料 館 1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4

More information

2015冬号1P表紙

2015冬号1P表紙 BOOK P2 一 の 湯 BOOK 一 の 湯 BOOK P3 P4 一 の 湯 BOOK ? 一 の 湯 BOOK P5 14,000 15,000 17,000 7,500 8,000 8,500 2,000 13,000 14,000 16,000 7,500 8,000 8,500 20,000 23,000 4,000 5,000 P8 一 の 湯 Book 適 用 期 間 2015 年

More information

広報いさH23.06.01

広報いさH23.06.01 平 成 24 年 度 から 固 定 資 産 税 の 土 地 評 価 基 準 が 変 わります ~ 公 平 公 正 な 課 税 になるよう 市 内 の 土 地 評 価 基 準 を 統 一 します~ 今 回 の 評 価 替 えは 平 成 20 年 11 月 に 旧 大 口 市 と 旧 菱 刈 町 が 合 併 して 初 めての 本 格 的 な 評 価 替 えです( 1) 今 回 の 評 価 替 えでは 税

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

菅 江 真 澄 の 見 た 北 東 北 (3/3) 資 料 ; 菅 江 真 澄 遊 覧 記 182

菅 江 真 澄 の 見 た 北 東 北 (3/3) 資 料 ; 菅 江 真 澄 遊 覧 記 182 菅 江 真 澄 の 見 た 北 東 北 (2/3) 菅 江 真 澄 の 業 績 (HP 思 い 立 ったら 北 東 北 - 北 東 北 こだわり 百 科 より) - 歩 く 見 る 記 録 する 漂 泊 の 旅 人 菅 江 真 澄 (すがえ ますみ 1754~1829 三 河 ( 現 愛 知 県 ) 生 まれ)- 菅 江 真 澄 は 三 河 ( 豊 橋 市 岡 崎 市 両 説 ) 生 まれです 30

More information

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 土 砂 災 害 とその 対 策 平 成 17 年 8 月 26 日 国 土 交 通 省 河 川 局 砂 防 部 砂 防 計 画 課 課 長 補 佐 草 野 慎 一 1 日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 日 本 は 土 砂 災 害 との 共 存 を 運 命 づけられた 唯 一 の 先 進 国 ヨーロッパの 先 進 諸 国 の 多 くは 安 定 した 地 質 の 上 にあり 火 山 噴 火 や 地

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

報道資料

報道資料 平 成 24 7 月 5 日 消 防 庁 平 成 23 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 総 火 災 件 数 は 50,006 件 で おおよそ 1 日 あたり 137 件 11 分 に 1 件 の 火 災 が 発 生 したことになります また 東 日 本 大 震 災 による 火 災 は 330 件 でした 1 総 出 火 件 数 は 50,006 件 でした

More information

予 防 防 火 救 急 救 命 弁 論 大 会 一 目 統 計 H26.4.1 管 内 防 火 対 象 物 総 数 1,465 棟 男 鹿 市 889 棟 潟 上 市 ( 旧 天 王 町 区 域 )427 棟 大 潟 村 149 棟 4 階 以 上 防 火 対 象 物 数 最 高 階 数 防 火 管 理 者 選 任 義 務 対 象 物 26 棟 8 階 417 施 設 平 成 2 5 年 度 消

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

Microsoft Word  地旅 HP用 曳山行程表.doc

Microsoft Word  地旅 HP用 曳山行程表.doc 地 旅 お 旅 まつりと 粟 津 温 泉 コース 見 学 2 日 + 旅 館 1 泊 月 日 行 程 * マイカーの 方 は 当 日 指 定 の 駐 車 場 にお 停 め 下 さい 小 松 駅 ( 徒 歩 ) 露 天 商 ( 散 策 )と 菟 橋 神 社 ( 参 拝 )と 曳 山 の 展 示 町 内 八 つの 町 より 曳 山 巡 行 龍 助 町 < 曳 山 子 供 歌 舞 伎 >( 鑑 賞 ) 14:30

More information

平 成 27 年 1 月 8 日 ( 株 ) 大 林 組 大 阪 本 店 大 阪 市 北 区 中 之 島 3632 新 名 神 高 速 道 路 高 槻 ジャンクション 工 事 大 阪 府 高 槻 市 大 字 成 合 ~ 大 阪 府 高 槻 市 大 字 下 他 土 木 工 事 本 工 事 は 名 神

平 成 27 年 1 月 8 日 ( 株 ) 大 林 組 大 阪 本 店 大 阪 市 北 区 中 之 島 3632 新 名 神 高 速 道 路 高 槻 ジャンクション 工 事 大 阪 府 高 槻 市 大 字 成 合 ~ 大 阪 府 高 槻 市 大 字 下 他 土 木 工 事 本 工 事 は 名 神 平 成 27 年 1 月 5 日 ( 株 ) 昭 建 滋 賀 県 大 津 市 浜 大 津 259 名 神 高 速 道 路 滋 賀 高 速 道 路 事 務 所 管 内 舗 装 補 修 工 事 滋 賀 県 東 近 江 市 尻 無 町 ~ 滋 賀 県 大 津 市 追 分 町 他 舗 装 工 事 本 工 事 は 車 線 規 制 内 で 行 う 切 削 オーバーレイ 工 による 舗 装 補 修 工 事 を 行

More information

地 区 別 のまちづくり 方 針 12 地 区 の 区 域 図 2

地 区 別 のまちづくり 方 針 12 地 区 の 区 域 図 2 第 4 回 横 須 賀 市 都 市 計 画 マスタープラン 検 討 会 議 資 料 資 料 1 第 4 回 横 須 賀 市 都 市 計 画 マスタープラン 検 討 会 議 資 料 1. 追 浜 地 区 のまちづくり 方 針 ---------------------- 3 2. 田 浦 地 区 のまちづくり 方 針 ---------------------- 9 3. 逸 見 地 区 のまちづくり

More information

報道資料

報道資料 平 成 27 7 月 16 日 消 防 庁 平 成 26 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 は 減 少 していますが 火 災 による 死 者 数 は 増 加 しています 1 総 出 火 件 数 は 43,741 件 前 より 4,354 件 の 減 少 総 出 火 件 数 は 43,741 件 で 前 より 4,354

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

国 宝 重 要 文 化 財 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 東 京 , ,329 神 奈 川 千 葉 埼 玉 京 都 20

国 宝 重 要 文 化 財 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 東 京 , ,329 神 奈 川 千 葉 埼 玉 京 都 20 1 国 宝 重 要 文 化 財 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 東 京 235 1 236 2,262 67 2,329 神 奈 川 17 1 18 289 54 343 千 葉 8 0 8 116 28 144 埼 玉 3 0 3 54 24 78 京 都 205 48 235 1,951 287 2,238 大 阪 56 5 61 592 97 689 兵

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

統 合 ( 予 定 ) 日 店 番 号 統 合 店 店 番 号 継 承 店 電 話 番 号 H17.8.8 ( 月 ) 917 下 馬 支 店 78 世 田 谷 支 店 (03)5430-5311 H17.7.11 ( 月 ) 19 世 田 谷 通 支 店 597 経 堂 支 店 (03)3425-

統 合 ( 予 定 ) 日 店 番 号 統 合 店 店 番 号 継 承 店 電 話 番 号 H17.8.8 ( 月 ) 917 下 馬 支 店 78 世 田 谷 支 店 (03)5430-5311 H17.7.11 ( 月 ) 19 世 田 谷 通 支 店 597 経 堂 支 店 (03)3425- 店 舗 統 合 のお 知 らせ( 統 合 日 順 ) 店 舗 統 合 にともない 以 下 の 通 り 店 番 号 店 名 を 変 更 させていただきます お 客 さまにはご 不 便 をおかけいたしますが ご 了 承 いただきますようお 願 いいたします 統 合 ( 予 定 ) 日 店 番 号 統 合 店 店 番 号 継 承 店 電 話 番 号 H28.3.14 ( 月 ) 456 姫 路 南 支 店

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅 平 成 26 7 月 23 日 消 防 庁 平 成 25 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 が 増 加 する 一 方 で 火 災 による 死 者 数 は 減 少 しています 1 総 出 火 件 数 は 48,095 件 前 より 3,906 件 の 増 加 総 出 火 件 数 は 48,095 件 で 前 より 3,906

More information

4. 策 定 の 手 順 基 本 構 想 においては 五 合 目 周 辺 にあり 富 士 信 仰 と 深 く 結 びついた 御 中 道 及 び 小 富 士 散 策 路 ( 以 下 御 中 道 等 とする)の 現 状 ( 利 用 状 況 自 然 文 化 資 源 危 険 箇 所 既 存 施 設 等 )を

4. 策 定 の 手 順 基 本 構 想 においては 五 合 目 周 辺 にあり 富 士 信 仰 と 深 く 結 びついた 御 中 道 及 び 小 富 士 散 策 路 ( 以 下 御 中 道 等 とする)の 現 状 ( 利 用 状 況 自 然 文 化 資 源 危 険 箇 所 既 存 施 設 等 )を 富 士 山 散 策 路 ( 御 中 道 ) 基 本 構 想 のポイント 1. 構 想 策 定 の 目 的 平 成 25 年 6 月 に 富 士 山 が 世 界 文 化 遺 産 に 登 録 されたことを 踏 まえ 世 界 遺 産 である 国 立 公 園 にふさわしい 質 の 高 い 利 用 を 提 供 する 必 要 があ 富 士 山 の 利 用 においては 五 合 目 付 近 を 利 用 する 登 山

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825589F1959489EF90E096BE95E291AB8E9197BF81698255816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825589F1959489EF90E096BE95E291AB8E9197BF81698255816A> 6. 市 街 地 整 備 の 動 向 都 市 の 中 心 部 の 人 口 密 度 と 小 売 業 販 売 額 の 関 係 市 中 心 部 の 人 口 密 度 が 低 いほど 販 売 額 が 小 さい また 都 市 人 口 が 大 きい 都 市 都 市 圏 人 口 の 大 きい 都 市 圏 の 核 都 市 では 人 口 密 度 が 高 く 販 売 額 も 大 きい 傾 向 三 大 都 市 圏 以 外

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 東 京 大 改 造 2020 駅 力 から 見 た 注 目 エリア 日 経 BPインフラ 総 合 研 究 所 徳 永 太 郎 注 目 エリア5 品 川 田 町 エリア 虎 ノ 門 エリア 渋 谷 エリア 新 宿 エリア 東 京 湾 岸 エリア 多 様 な 機 能 を 揃 えた 日 本 の 玄 関 めざす 品 川 田 町 エリア 品 川 田 町 エリア 駅 力 の 将 来 イメージ 2015 年 交

More information

大塚上2009年度報告書

大塚上2009年度報告書 < 市 街 化 調 整 区 域 ( 平 地 部 )における 開 発 の 事 例 > 広 島 市 における 取 組 状 況 : 市 街 化 調 整 区 域 ( 平 地 部 )における 地 区 計 画 ~ 石 内 地 区 石 内 まちづくり 構 想 で 石 内 南 ( 湯 戸 下 沖 ) 生 活 拠 点 としたゾーンは ひろしま 西 風 新 都 都 市 づくり 推 進 プラン では 地 区 拠 点 (

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

Microsoft Word - 20130411開示最終案.doc

Microsoft Word - 20130411開示最終案.doc 各 位 2013 年 4 月 11 日 会 社 名 リゾートトラスト 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 伊 藤 勝 康 コード 番 号 4 6 8 1 東 証 名 証 第 一 部 問 い 合 わせ 先 取 締 役 業 務 部 門 業 務 担 当 宮 田 修 造 電 話 052-933-6526 リゾートトラストグループ シニアライフ 事 業 施 設 の 展 開 拡 大 について

More information

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 案 記 福 復 興 立 直 訪 旅 案 : 奈 川 在 住 1 倭 へ 福 復 興 立 直 訪 2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 雄 題

More information