<4D F736F F F696E74202D E30382E A4F959490E096BE A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>"

Transcription

1 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます

2 Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service 組 織 非 公 務 員 型 の 公 法 人 ( 特 殊 法 人 ) 日 本 年 金 機 構 のシンホ ルマーク ( 平 成 21 年 6 月 25 日 決 定 ) 日 本 国 民 の 公 的 年 金 を 運 営 する 組 織 であることを 日 の 丸 の 上 に 年 の 一 文 字 をシンボライズすることで 表 現 本 部 地 方 ブロック 本 部 (9か 所 ) 年 金 事 務 所 (312か 所 ) 設 立 年 月 日 平 成 22 年 1 月 1 日 * 同 時 に 社 会 保 険 庁 を 廃 止 理 事 長 ( 予 定 者 ) 職 員 数 業 務 内 容 紀 陸 孝 (きりく たかし) 人 (うち 有 期 雇 用 職 員 6950 人 ) * 平 成 22 年 1 月 1 日 時 点 国 ( 厚 生 労 働 大 臣 )から 委 任 委 託 を 受 け 公 的 年 金 に 係 る 一 連 の 運 営 業 務 ( 適 用 徴 収 記 録 管 理 相 談 裁 定 給 付 など) を 担 う * 日 本 年 金 機 構 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 109 号 )に 基 づく

3 2. 日 本 年 金 機 構 の 位 置 づけ 国 ( 厚 生 労 働 省 )が 財 政 責 任 管 理 運 営 責 任 を 負 いつつ 一 連 の 業 務 運 営 は 日 本 年 金 機 構 に 委 任 委 託 されます 国 ( 厚 生 労 働 大 臣 )の 権 限 を 委 任 された 業 務 ( 資 格 の 得 喪 の 確 認 届 出 申 請 の 受 付 など)につい ては 日 本 年 金 機 構 の 名 で 機 構 が 実 施 し 国 ( 厚 生 労 働 大 臣 )から 事 務 の 委 託 を 受 けた 業 務 ( 裁 定 給 付 など)については 国 ( 厚 生 労 働 大 臣 )の 名 で 機 構 が 実 施 することとなります 被 保 険 者 受 給 者 事 業 主 のみなさま * 保 険 料 の 徴 収 は 国 の 歳 入 徴 収 官 の 名 で 機 構 が 実 施 申 請 機 構 名 で 機 構 届 出 等 国 ( 厚 生 労 働 大 臣 ) が 行 う 名 で 機 構 が 行 う 資 格 の 得 喪 の 確 認 滞 納 処 分 届 出 申 請 の 受 付 厚 生 年 金 の 標 準 報 酬 額 の 決 定 国 民 年 金 手 帳 の 作 成 交 付 権 限 の 委 任 日 本 年 金 機 構 業 務 運 営 を 担 う 監 督 事 務 の 委 託 など 国 ( 厚 生 労 働 省 ) 財 政 責 任 管 理 運 営 責 任 を 担 う 裁 定 年 金 の 給 付 原 簿 への 記 録 ねんきん 定 期 便 の 通 知 納 入 の 告 知 督 促 など

4 3. 日 本 年 金 機 構 設 立 の 目 的 と 理 念 運 営 方 針 日 本 年 金 機 構 は 公 的 年 金 業 務 の 適 正 な 運 営 と 国 民 の 信 頼 の 確 保 を 図 るため 社 会 保 険 庁 を 廃 止 し 公 的 年 金 業 務 の 運 営 を 行 う 民 間 法 人 として 設 立 されます 日 本 年 金 機 構 では 機 構 法 の 基 本 理 念 に 基 づき 1お 客 様 の 立 場 に 立 った 親 切 迅 速 正 確 で 効 率 的 なサービスを 提 供 します [ 親 切 迅 速 正 確 で 効 率 的 なサービスの 提 供 運 営 方 針 (3)] 2お 客 様 のご 意 見 を 業 務 運 営 に 反 映 していくとともに 業 務 の 成 果 などについて 分 かりやす い 情 報 公 開 の 取 組 を 進 めます [ 国 民 の 意 見 の 反 映 等 運 営 方 針 (4)] 31,000 人 規 模 の 民 間 会 社 経 験 者 を 採 用 するとともに 能 力 実 績 本 位 の 新 たな 人 事 方 針 を 確 立 し 組 織 風 土 を 変 えます [ 新 たな 人 事 方 針 の 確 立 運 営 方 針 (2)] 4コンプライアンスの 徹 底 リスク 管 理 の 仕 組 みの 構 築 など 組 織 ガバナンスを 確 立 します [ 組 織 ガバナンスの 確 立 運 営 方 針 (1)]

5 参 考 日 本 年 金 機 構 の 基 本 理 念 運 営 方 針 ( 案 ) 人 事 方 針 ( 案 ) 基 本 理 念 日 本 年 金 機 構 は 日 本 年 金 機 構 法 第 2 条 第 1 項 に 示 された 基 本 理 念 に 基 づき 効 率 的 かつ 効 果 的 な 事 業 運 営 を 行 う 1 国 民 の 信 頼 2 国 民 の 意 見 の 反 映 3 サービスの 質 の 向 上 4 業 務 運 営 の 効 率 化 5 公 正 性 及 び 透 明 性 の 確 保 運 営 方 針 ( 案 ) (1) 組 織 ガバナンスの 確 立 1お 客 様 である 国 民 の 信 頼 を 得 られる 組 織 の 実 現 を 目 指 し 組 織 改 革 意 識 改 革 業 務 改 革 を 断 行 する 2 理 事 長 の 強 いリーダーシップの 下 職 員 一 人 ひとりが 意 欲 と 使 命 感 をもって 自 ら 変 わる 自 ら 機 構 をつくり 上 げていくという 意 識 で 改 革 に 取 り 組 み 組 織 改 革 を 断 行 する 3 組 織 内 の 対 話 とコミュニケーションを 通 じて 目 標 の 共 有 化 を 図 るとともに 働 きやすい 職 場 環 境 作 り 風 通 しの 良 い 組 織 作 りを 進 める 4リスクの 未 然 防 止 に 重 点 を 置 いた 厳 格 な 内 部 統 制 の 仕 組 みを 構 築 する 5 理 事 長 に 直 結 した 内 部 監 査 部 門 による 効 果 的 な 内 部 監 査 を 通 じて 機 構 自 らがPDCAサイクルの 中 で 不 断 の 改 善 努 力 を 行 うとと もに 外 部 監 査 の 活 用 を 図 ることにより 内 部 統 制 の 有 効 性 を 検 証 するための 体 制 を 整 備 する 6 職 員 に 対 しコンプライアンス 意 識 を 徹 底 するとともに コンプライアンス リスク 管 理 担 当 部 門 や 外 部 通 報 窓 口 の 設 置 などの 体 制 を 整 備 する 7システム 開 発 管 理 運 用 に 係 る 権 限 と 責 任 の 明 確 化 CIO(システム 担 当 理 事 )やPJMO( 本 部 のシステム 部 門 )の 設 置 システム 人 材 の 確 保 育 成 などにより ITガバナンスの 構 築 を 含 むIT 体 制 を 確 立 する 8 過 去 の 不 適 切 な 労 使 関 係 が 国 民 の 信 頼 を 大 きく 損 なってきたことへの 十 分 な 反 省 の 上 に 立 ち 国 民 本 位 の 立 場 に 立 った 健 全 な 労 使 関 係 を 確 立 する (2) 新 たな 人 事 方 針 の 確 立 三 層 構 造 問 題 を 一 掃 し 組 織 の 一 体 感 を 醸 成 するとともに 能 力 成 果 の 適 正 な 評 価 計 画 的 な 人 材 育 成 等 を 実 行 するための 人 事 方 針 を 確 立 し 別 途 定 める

6 (3) 親 切 迅 速 正 確 で 効 率 的 なサービスの 提 供 1 職 員 全 員 が 年 金 記 録 管 理 や 個 人 情 報 管 理 の 重 要 性 を 再 認 識 するとともに お 客 様 である 国 民 の 信 任 を 受 けて 年 金 記 録 を 正 確 に 管 理 し 正 しく 年 金 をお 支 払 いするという 使 命 感 と 責 任 感 をもって 業 務 にあたる 2お 客 様 に 対 する 十 分 な 説 明 信 頼 される 対 応 を 旨 とし お 客 様 の 立 場 に 立 った 懇 切 丁 寧 なサービスの 提 供 を 行 う 3 適 用 徴 収 給 付 等 の 各 業 務 について 法 令 や 業 務 処 理 マニュアルに 従 った 迅 速 適 正 な 処 理 を 推 進 する 4 現 行 業 務 についての 徹 底 した 見 直 しを 行 い 合 理 化 効 率 化 を 図 るとともに できる 限 りの 標 準 化 を 進 める 5 業 務 効 率 化 やコスト 削 減 国 民 サービスの 向 上 に 資 するため 積 極 的 に 業 務 の 外 部 委 託 を 進 めるとともに 委 託 業 務 の 品 質 の 維 持 向 上 のために 委 託 者 としての 管 理 責 任 を 果 たす 6 契 約 の 競 争 性 透 明 性 の 確 保 を 図 るとともに 公 正 な 契 約 を 担 保 するための 厳 格 なチェックを 実 行 する (4) 国 民 の 意 見 の 反 映 等 1 広 報 については 分 かりやすく 親 切 な 情 報 提 供 を 効 果 的 に 行 うとともに 機 構 の 業 務 目 標 や 成 果 などについて 年 次 報 告 書 等 によ り 情 報 公 開 に 向 けた 取 組 をより 一 層 充 実 する 2 国 民 のニーズを 的 確 に 把 握 し 業 務 運 営 に 反 映 する このための 仕 組 みとして 充 実 した 機 能 を 有 する 運 営 評 議 会 を 設 置 する 3 被 保 険 者 事 業 主 受 給 者 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 の 下 に 事 業 を 適 正 に 運 営 するとともに 年 金 事 業 に 対 する 国 民 一 般 の 理 解 を 高 めるよう 努 力 する

7 人 事 方 針 ( 案 ) (1) 一 体 的 な 組 織 作 りを 行 うための 人 事 管 理 ルールの 構 築 1 地 方 組 織 も 含 め 正 規 職 員 の 採 用 や 幹 部 職 員 人 事 は 本 部 で 一 括 して 行 う 2 総 合 職 一 般 職 地 域 限 定 職 といった 区 分 は 設 けず すべての 正 規 職 員 について 全 国 異 動 を 行 い 管 理 業 務 と 現 場 業 務 の 経 験 を 通 じて 幹 部 育 成 を 行 うことを 基 本 的 なキャリアパターンとする ( 子 育 て 等 に 対 しては 転 居 を 伴 う 異 動 に 関 し 配 慮 を 行 う ) 3IT 関 係 の 専 門 人 材 については キャリアパターンや 資 格 手 当 等 での 十 分 な 配 慮 を 行 い 育 成 確 保 に 努 める 4 年 金 事 務 所 長 については 幹 部 候 補 が 早 い 時 期 に 経 験 するポストとして 位 置 づけ 若 手 中 堅 からの 選 抜 登 用 や 機 構 設 立 時 にお ける 外 部 からの 人 材 登 用 を 積 極 的 に 行 う 5 厚 生 労 働 省 から 役 員 や 上 級 幹 部 を 登 用 する 場 合 には 機 構 での 一 定 年 数 の 業 務 経 験 を 有 することや いわゆる ノーリターン ルール を 適 用 することを 基 本 とし 登 用 するポストも 指 定 席 としない また 厚 生 労 働 省 からの 若 手 職 員 受 け 入 れについては 年 金 事 務 所 への 出 向 を 中 心 とするなど 実 務 経 験 を 重 視 した 交 流 のあり 方 を 検 討 する (2) 能 力 成 果 の 適 正 な 評 価 と 人 材 育 成 1 年 功 序 列 を 排 した 能 力 実 績 本 位 の 人 材 登 用 や 給 与 体 系 の 確 立 人 事 評 価 制 度 に 基 づく 賞 与 制 度 や 昇 給 の 査 定 幅 の 拡 大 など 成 果 を 挙 げた 職 員 を 適 正 に 処 遇 し 職 員 のモチベーションを 向 上 させる 2 年 金 事 務 所 長 など 管 理 職 への 登 用 に 当 たっては 登 用 のための 資 格 試 験 あるいは 資 格 審 査 を 実 施 する 3 人 事 評 価 制 度 については 環 境 の 変 化 などを 踏 まえながら 不 断 に 必 要 な 見 直 しを 行 う また その 結 果 を 人 材 育 成 にも 活 用 す る 4 社 会 保 険 労 務 士 資 格 の 取 得 促 進 内 部 統 制 のノウハウやITスキルの 向 上 などの 研 修 体 制 の 充 実 を 図 るなど 職 員 の 専 門 性 を 高 めるための 積 極 的 かつ 継 続 的 な 取 り 組 みを 行 う (3) 厳 正 な 規 律 の 保 持 職 員 行 動 規 範 の 作 成 継 続 的 な 研 修 の 実 施 などを 通 じコンプライアンス 意 識 の 徹 底 を 図 るとともに 法 令 違 反 や 機 構 の 職 員 たる にふさわしくない 行 動 があった 場 合 には 制 裁 規 程 に 基 づいて 厳 正 な 処 分 を 行 う (4) 中 途 採 用 の 活 用 と 再 雇 用 制 度 の 導 入 1 新 規 学 卒 者 ( 大 学 卒 を 基 本 とする )の 定 期 採 用 を 毎 年 4 月 に 実 施 するほか 必 要 の 都 度 中 途 採 用 を 行 う 2 民 間 企 業 経 験 者 の 中 途 採 用 や 民 間 との 人 事 交 流 を 積 極 的 に 行 い 組 織 ガバナンスやITガバナンスの 強 化 内 部 監 査 業 務 の 強 化 企 業 会 計 への 対 応 などの 分 野 の 中 核 として 外 部 からの 人 材 を 活 用 する 3 定 年 は60 歳 とし 最 長 65 歳 までの 再 雇 用 制 度 を 導 入 する (5) 適 切 な 雇 用 形 態 の 組 み 合 わせ 1 機 構 をとりまく 様 々な 環 境 変 化 に 適 切 かつ 柔 軟 に 対 応 できるよう 様 々なタイプの 有 期 雇 用 職 員 を 活 用 するなど 適 切 な 雇 用 形 態 を 組 み 合 わせていく 2 有 期 雇 用 職 員 については 更 新 回 数 の 上 限 を 適 切 に 定 めるとともに 優 秀 な 職 員 についての 正 規 職 員 登 用 制 度 を 設 ける

8 4. 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 基 本 的 視 点 日 本 年 金 機 構 は 機 構 法 第 2 条 第 1 項 に 示 された 基 本 理 念 に 基 づき 国 民 の 意 見 を 反 映 しつつサービスの 質 の 向 上 を 図 るとともに 効 率 的 かつ 公 正 透 明 な 事 業 運 営 を 行 う 理 事 長 の 強 いリーダーシップの 下 組 織 内 の 対 話 とコミュ ニケーションを 通 じて 目 標 の 共 有 化 を 図 るとともに 職 員 一 人 ひとりが 意 欲 と 使 命 感 をもって 自 ら 変 わる 自 ら 機 構 をつくり 上 げていく という 意 識 を 持 った 組 織 を 実 現 する 内 部 統 制 システムの 構 築 に 当 たっては 業 務 の 有 効 性 効 率 性 と 法 令 等 の 遵 守 に 重 点 を 置 くとともに 業 務 上 のリ スクを 未 然 に 防 ぎ 仮 に 発 生 した 場 合 にも 迅 速 に 対 応 し 再 発 を 防 ぐことのできる 体 制 とする 国 民 や 機 構 の 第 一 線 の 職 員 の 声 に 率 直 に 耳 を 傾 け サービ スの 向 上 国 民 の 信 頼 確 保 に 繋 げていくという 姿 勢 を 重 視 する 内 部 統 制 システムが 組 織 の 末 端 まで 徹 底 され 有 効 に 機 能 しているかを 検 証 するため 内 部 監 査 機 能 を 充 実 する 業 務 の 適 正 を 確 保 す る 継 体 続 制 的 を に 整 改 備 善 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 1.コンプライアンス 確 保 2. 業 務 運 営 における 適 切 なリスク 管 理 3. 業 務 の 有 効 性 効 率 性 の 確 保 4. 適 切 な 外 部 委 託 管 理 5. 情 報 の 適 切 な 管 理 活 用 6. 業 務 運 営 及 び 内 部 統 制 の 実 効 的 な 監 視 及 び 改 善 7.ITへの 適 切 な 対 応

9 5. 日 本 年 金 機 構 設 立 委 員 会 について 日 本 年 金 機 構 法 附 則 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 機 構 の 設 立 に 関 する 事 務 を 処 理 するため 平 成 20 年 10 月 に 設 置 これまでに 計 11 回 開 催 (21 年 7 月 末 現 在 ) 設 立 委 員 会 においては これまで 1 機 構 の 職 員 の 労 働 条 件 及 び 採 用 条 件 2 機 構 の 職 員 の 採 否 ( 社 会 保 険 庁 から 移 行 する 職 員 民 間 から 採 用 する 職 員 ) 3 業 務 方 法 書 制 裁 規 程 その 他 厚 生 労 働 大 臣 の 認 可 を 受 けるべき 諸 規 程 類 などについて 決 定 されています 委 員 名 簿 磯 村 元 史 函 館 大 学 客 員 教 授 岩 瀬 達 哉 ジャーナリスト 大 熊 由 紀 子 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 教 授 大 山 永 昭 東 京 工 業 大 学 教 授 奥 田 碩 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 取 締 役 相 談 役 岸 井 成 格 毎 日 新 聞 社 特 別 編 集 委 員 紀 陸 孝 東 京 経 営 者 協 会 専 務 理 事 ( 日 本 年 金 機 構 の 理 事 長 となるべき 者 ) 古 賀 伸 明 日 本 労 働 組 合 総 連 合 会 事 務 局 長 小 嶌 典 明 大 阪 大 学 大 学 院 高 等 司 法 研 究 科 教 授 長 沼 明 埼 玉 県 志 木 市 長 野 村 修 也 中 央 大 学 法 科 大 学 院 教 授 弁 護 士 間 瀬 朝 久 株 式 会 社 ゆうちょ 銀 行 専 務 執 行 役 水 田 邦 雄 厚 生 労 働 事 務 次 官 山 崎 泰 彦 神 奈 川 県 立 保 健 福 祉 大 学 教 授 : 委 員 長 : 委 員 長 代 理 ( 五 十 音 順 敬 称 略 )

10 Ⅱ 組 織 関 係 1. 日 本 年 金 機 構 の 組 織 の 全 体 像 本 部 1080 人 程 度 本 部 の 管 理 部 門 企 画 部 門 を 拡 充 し ガバナンス 機 能 の 強 化 を 図 り 内 部 統 制 のとれた 組 織 体 制 を 構 築 対 面 を 要 しない 届 書 処 理 業 務 等 の 事 務 センターへの 集 約 化 を 徹 底 事 務 センター(47) 3030 人 程 度 ブロック 本 部 (9) 720 人 程 度 ブロック 本 部 は 現 場 管 理 支 援 機 能 等 に 重 点 化 し 機 能 性 を 重 視 し たスリムな 組 織 体 制 とする 事 務 センターは 刷 新 システム 稼 働 後 にブロック 単 位 に 広 域 集 約 予 定 年 金 事 務 所 (312) 7450 人 程 度 年 金 事 務 所 は 事 業 所 の 調 査 強 制 徴 収 年 金 相 談 などの 地 域 に 密 着 した 対 人 業 務 に 集 中 ( 注 1) 人 員 数 には 正 規 職 員 に 加 えて 准 職 員 (1400 人 )を 含 む

11 2. 本 部 ブロック 本 部 年 金 事 務 所 の 役 割 分 担 年 金 事 務 所 事 業 所 の 調 査 職 権 適 用 強 制 徴 収 年 金 相 談 などの 地 域 に 密 着 した 対 人 業 務 に 集 中 コンフ ライアンス リスク 管 理 お 客 様 の 声 の 把 握 サーヒ ス 改 善 の 取 組 本 部 への 業 務 改 善 提 案 事 務 所 としての 目 標 設 定 目 標 達 成 への 取 組 マニュアルに 基 づく 業 務 執 行 12 ブ ロ ッ ク 本 部 事 務 所 への 機 能 ( 権 限 ) 委 譲 所 内 の 一 般 職 群 の 人 員 配 置 現 地 性 または 緊 急 性 を 伴 う 少 額 調 達 案 件 の 執 行 リスク 情 報 やお 客 様 の 声 は 本 部 へ 直 接 伝 達 コンフ ライアンス リスク 管 理 人 事 管 理 ( 一 般 職 群 ) 現 地 的 な 調 達 契 約 現 場 業 務 の 指 導 支 援 外 部 委 託 の 現 地 的 管 理 地 域 の 関 係 機 関 との 連 携 強 化 サーヒ ス 推 進 事 務 センターへの 機 能 集 約 対 面 を 要 しない 審 査 業 務 等 の 集 約 化 を 徹 底 事 務 センター ( 集 約 業 務 ) 本 部 への 機 能 集 約 (フ ロック 本 部 のスリム 化 ) 業 務 企 画 調 達 支 払 業 務 給 与 旅 費 業 務 内 部 監 査 本 部 の 管 理 部 門 企 画 部 門 を 拡 充 しガバナン スを 強 化 本 部 は 現 場 の 声 を 吸 収 した 上 で 現 場 に 対 し 的 確 な 指 示 ブロック 本 部 は 本 部 の 指 示 を 年 金 事 務 所 に 徹 底 させるとともに 事 務 所 業 務 を 後 方 支 援 本 部 コンフ ライアンス リスク 管 理 人 事 管 理 ( 本 部 地 方 管 理 職 ) 予 算 執 行 管 理 調 達 契 約 目 標 設 定 実 績 評 価 サーヒ ス 推 進 業 務 改 善 業 務 の 標 準 化 外 部 委 託 の 横 断 的 管 理 評 価 システム 開 発 管 理 運 用 全 国 一 括 業 務 コールセンター 業 務 監 査 会 計 監 査 システム 監 査 組 織 管 理 機 能 業 務 管 理 機 能 事 業 実 施 機 能 監 査 機 能

12 3. 日 本 年 金 機 構 の 組 織 の 骨 格 及 び 人 員 構 成 案 (1) 年 金 事 務 所 の 内 部 組 織 機 構 設 立 に 合 わせ 年 金 事 務 所 の 課 室 名 は 基 本 的 に 全 国 統 一 を 図 ります 厚 生 年 金 関 係 の 人 員 数 により 厚 生 年 金 適 用 調 査 課 厚 生 年 金 徴 収 課 を 厚 生 年 金 適 用 課 厚 生 年 金 調 査 課 厚 生 年 金 徴 収 第 1 課 厚 生 年 金 徴 収 第 2 課 へ 分 課 :5 事 務 所 厚 生 年 金 適 用 徴 収 課 へ 統 合 ( 課 長 は 副 所 長 が 併 任 ):38 事 務 所 国 民 年 金 関 係 の 人 員 数 により 国 民 年 金 課 を 国 民 年 金 第 1 課 国 民 年 金 第 2 課 へ 分 課 :12 事 務 所 標 準 的 な 年 金 事 務 所 の 組 織 所 長 副 所 長 厚 生 年 金 適 用 調 査 課 厚 生 年 金 徴 収 課 国 民 年 金 課 年 金 記 録 課 所 内 の 庶 務 ( 小 額 調 達 案 件 の 調 達 契 約 事 務 含 む) 本 部 ブロック 本 部 との 連 絡 調 整 事 業 所 指 導 事 業 所 調 査 未 適 用 事 業 所 の 職 権 適 用 厚 生 年 金 保 険 料 の 納 付 督 励 滞 納 保 険 料 に 対 する 滞 納 処 分 所 得 に 応 じた 収 納 対 策 未 納 保 険 料 の 強 制 徴 収 市 町 村 との 連 携 年 金 記 録 問 題 対 応 の 事 実 調 査 確 認 等 お 客 様 相 談 室 来 訪 相 談 出 張 相 談 電 話 相 談 ( 参 考 : 年 金 事 務 所 規 模 別 分 布 数 ) 規 模 小 規 模 中 規 模 大 規 模 職 員 数 10 人 未 満 10 人 ~19 人 20 人 ~29 人 30 人 ~39 人 40 人 ~49 人 50 人 以 上 年 金 事 務 所 数 県 庁 所 在 地 の 一 の 事 務 所 に 副 所 長 を2 名 配 置 し ブロック 本 部 併 任 として ブロック 本 部 の 指 揮 の 下 以 下 の 業 務 を 担 当 年 金 委 員 の 活 動 支 援 研 修 会 議 への 参 加 案 内 その 他 連 絡 調 整 等 ( 県 域 での 連 携 連 絡 調 整 等 が 必 要 なもの) 労 働 保 険 との 共 同 事 務 に 関 する 県 労 働 局 との 調 整 事 務 社 会 保 険 労 務 士 会 その 他 県 単 位 に 組 織 されている 関 係 協 力 機 関 との 連 絡 調 整 県 単 位 で 行 う 必 要 のある 業 務 に 関 する 伝 達 等 に 係 る 所 長 会 議 担 当 課 長 会 議 等 の 事 務 局 その 他 年 金 教 育 年 金 広 報 等 に 係 る 県 庁 教 育 委 員 会 等 関 係 機 関 との 具 体 的 な 調 整 事 務

13 (2) 地 方 ブロック 本 部 ( 標 準 的 なブロック 本 部 )の 内 部 組 織 理 事 長 ブロック 本 部 長 管 理 部 ブロック 内 の 組 織 業 務 の 総 合 的 管 理 年 金 記 録 問 題 の 総 合 的 進 捗 管 理 調 整 コンプライアンス リスク 対 策 の 徹 底 地 域 的 会 計 事 務 相 談 給 付 支 援 部 相 談 給 付 業 務 の 事 務 所 指 導 支 援 年 金 教 育 の 実 施 地 域 の 関 係 機 関 等 との 協 力 連 携 ブロック 本 部 合 計 80 人 程 度 適 用 徴 収 支 援 部 各 業 務 の 目 標 設 定 進 捗 管 理 適 用 徴 収 の 困 難 事 案 に 対 する 事 務 所 支 援 業 務 マニュアルに 基 づく 業 務 の 指 導 徹 底 9ブロック 合 計 :720 人 程 度 事 務 センター ( 都 道 府 県 単 位 ) 副 センター 長 対 面 を 要 しない 業 務 の 効 率 的 な 実 施 届 書 等 の 審 査 入 力 決 定 等 の 事 務 通 知 等 の 交 付 事 務 委 託 業 務 の 業 務 内 容 の 現 地 的 管 理 監 視 コンピュータ 記 録 と 紙 台 帳 との 記 録 の 突 合 せ ( 注 ) 各 部 及 び 事 務 センターの 下 に 業 務 機 能 に 応 じて 複 数 のグループを 設 置 事 務 センター 平 均 65 人 程 度 47 事 務 センター 合 計 :3030 人 程 度 本 部 監 査 部 監 査 スタッフ 地 方 ブロック 本 部 に 駐 在

14 ブロック 本 部 別 組 織 構 成 ( 南 関 東 ブロック 本 部 中 部 ブロック 本 部 近 畿 ブロック 本 部 ) ブロック 本 部 長 管 理 部 相 談 給 付 支 援 部 適 用 徴 収 支 援 部 総 合 調 整 グループ 経 理 グループ 人 事 グループ 労 務 グループ 相 談 給 付 支 援 グループ サービス 推 進 お 客 様 相 談 グループ 国 民 年 金 支 援 グループ 厚 生 年 金 適 用 支 援 グループ 厚 生 年 金 徴 収 支 援 グループ ( 東 北 ブロック 本 部 北 関 東 信 越 ブロック 本 部 中 国 ブロック 本 部 九 州 ブロック 本 部 ) ブロック 本 部 長 管 理 部 総 合 調 整 経 理 グループ 人 事 労 務 グループ 相 談 給 付 支 援 部 適 用 徴 収 支 援 部 相 談 給 付 支 援 グループ サービス 推 進 お 客 様 相 談 グループ 国 民 年 金 支 援 グループ 厚 生 年 金 適 用 支 援 グループ 厚 生 年 金 徴 収 支 援 グループ ( 北 海 道 ブロック 本 部 四 国 ブロック 本 部 ) ブロック 本 部 長 管 理 部 総 合 調 整 経 理 グループ 人 事 労 務 グループ 業 務 支 援 部 相 談 給 付 支 援 グループ 国 民 年 金 支 援 グループ 厚 生 年 金 支 援 グループ

15 (3) 事 務 センターの 内 部 組 織 組 織 上 の 位 置 づけ 地 方 ブロック 本 部 の 一 部 署 として47 都 道 府 県 に 設 置 (スペースの 関 係 上 都 道 府 県 内 に 複 数 個 所 設 置 する 場 合 あり ) 設 置 の 目 的 対 面 を 要 しない 届 書 等 の 審 査 入 力 決 裁 業 務 等 を 集 約 することにより 年 金 事 務 所 の 機 能 を 適 用 事 業 所 等 の 調 査 や 強 制 徴 収 年 金 相 談 などの 対 人 業 務 に 集 中 させ 効 率 的 効 果 的 な 業 務 運 営 が 可 能 となる 標 準 的 な 事 務 センターの 組 織 :65 名 程 度 センター 長 管 理 厚 生 年 金 適 用 グループ 各 種 届 書 申 請 書 請 求 書 等 に 係 る 受 付 審 査 入 力 決 定 ( 年 金 事 務 所 での 即 時 処 理 が 必 要 なものを 除 く) 各 種 通 知 書 告 知 書 等 の 作 成 送 付 ( 交 付 ) 国 民 年 金 グループ 各 種 届 書 申 請 書 請 求 書 等 の 編 綴 保 管 特 別 障 害 給 付 金 老 齢 福 祉 年 金 に 関 する 処 理 年 金 給 付 グループ 死 亡 特 別 脱 退 一 時 金 に 関 する 処 理 年 金 記 録 確 認 地 方 第 三 者 委 員 会 への 進 達 ( 進 達 前 審 査 含 む) 記 録 審 査 グループ 委 託 業 務 の 業 務 内 容 の 現 地 的 管 理 監 視 コンピュータ 記 録 と 紙 台 帳 との 記 録 の 突 合 せ 事 務 センター 規 模 により 副 センター 長 を 配 置 する 事 務 センターがある 事 業 規 模 により 各 グループを 複 数 に 分 割 する 事 務 センターがある

16 (4) 機 構 本 部 の 内 部 組 織 ( ) 内 G はグループ 理 事 長 副 理 事 長 ( 統 括 管 理 部 門 担 当 ) 理 事 ( 人 事 会 計 部 門 担 当 ) 理 事 ( 事 業 企 画 部 門 担 当 ) 理 事 ( 事 業 管 理 部 門 担 当 ) 経 営 企 画 部 ( 経 営 企 画 G 総 合 調 整 G 広 報 G) リスク コンプライアンス 部 (コンプライアンスG 法 務 G リスク 管 理 G) 総 務 部 ( 総 務 G 情 報 管 理 G) 人 事 管 理 部 ( 人 事 G 人 事 評 価 G 採 用 G) 研 修 部 ( 管 理 G 人 材 育 成 G) 労 務 管 理 部 ( 労 務 管 理 G 厚 生 G 給 与 G) 予 算 管 理 部 ( 予 算 管 理 1~2G) 調 達 部 ( 調 達 1~2G) 会 計 部 ( 出 納 G 管 財 G) 事 業 企 画 部 ( 事 業 企 画 G 事 業 統 計 G 国 際 事 業 G) サービス 推 進 部 (サービス 推 進 G 業 務 改 善 G お 客 様 相 談 G) 品 質 管 理 部 ( 品 質 管 理 G 外 部 委 託 管 理 G) 年 金 相 談 部 ( 相 談 企 画 G 相 談 指 導 G 第 1コールセンターG 第 2コールセンターG 第 3コールセンターG) 記 録 問 題 対 策 部 ( 記 録 問 題 対 策 G 記 録 整 備 事 業 G) 国 民 年 金 部 ( 適 用 収 納 企 画 指 導 G 強 制 徴 収 企 画 指 導 G) 厚 生 年 金 保 険 部 ( 適 用 企 画 指 導 G 徴 収 企 画 指 導 G) 年 金 給 付 部 ( 給 付 企 画 G 給 付 指 導 G) 理 事 システム 統 括 部 (IT システム 統 括 G システム 刷 新 企 画 G システム 刷 新 開 発 G) (システム 部 門 担 当 ) システム 企 画 部 ( 制 度 改 正 システム 企 画 G 業 務 改 善 システム 企 画 G 業 務 支 援 システム 企 画 G) システム 開 発 部 ( 年 金 給 付 システム 開 発 1~3G 記 録 管 理 システム 開 発 1~3G 業 務 支 援 システム 開 発 G) システム 運 用 部 (システム 設 備 運 用 G 年 金 給 付 システム 運 用 G 記 録 管 理 システム 運 用 G) 理 事 業 務 管 理 部 ( 業 務 管 理 G 業 務 調 整 G) ( 全 国 一 括 業 務 部 門 担 当 ) 記 録 管 理 部 ( 記 録 管 理 G 記 録 業 務 G 記 録 提 供 G) 障 害 年 金 業 務 部 ( 障 害 年 金 1~2G) 理 事 支 払 部 ( 支 払 1~9G 再 裁 定 1~3G) ( 南 関 東 ブロック 本 部 長 ) 業 務 渉 外 部 ( 債 権 調 査 G 渉 外 G) 理 事 ( 近 畿 ブロック 本 部 長 ) 監 事 (2) 非 常 勤 理 事 (4) ( 注 ) 人 員 数 は 正 規 職 員 ( 准 職 員 を 含 む )のみの 人 数 である 監 事 室 監 査 部 ( 監 査 企 画 G 本 部 監 査 G 北 海 道 監 査 G 東 北 監 査 G 北 関 東 信 越 監 査 G 南 関 東 監 査 G 中 部 監 査 G 近 畿 監 査 G 中 国 監 査 G 四 国 監 査 G 九 州 監 査 G) 理 事 長 副 理 事 長 常 勤 理 事 (7) 監 事 (2) 28 部 室 91グループ 合 計 :1080 人 程 度

17 4. 本 部 ブロック 本 部 年 金 事 務 所 の 所 在 地 について 本 部 は 現 社 会 保 険 業 務 センター 高 井 戸 庁 舎 に 設 置 ( 一 部 をテナントビルに 設 置 ) ブロック 本 部 については 1 移 転 して 設 置 : 北 海 道 愛 知 広 島 福 岡 2 現 社 会 保 険 事 務 局 庁 舎 に 設 置 : 宮 城 埼 玉 東 京 大 阪 香 川 年 金 事 務 所 については 現 社 会 保 険 事 務 所 庁 舎 をそのまま 使 用 本 部 東 京 都 杉 並 区 高 井 戸 西 ( 現 社 会 保 険 業 務 センター 高 井 戸 庁 舎 ) ブロック 本 部 :9か 所 ブロック 本 部 の 名 称 所 在 地 担 当 地 域 北 海 道 ブロック 本 部 北 海 道 札 幌 市 白 石 区 北 海 道 東 北 ブロック 本 部 宮 城 県 仙 台 市 青 葉 区 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 北 関 東 信 越 ブロック 本 部 埼 玉 県 さいたま 市 浦 和 区 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 新 潟 県 長 野 県 南 関 東 ブロック 本 部 東 京 都 新 宿 区 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 山 梨 県 中 部 ブロック 本 部 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 富 山 県 石 川 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 三 重 県 近 畿 ブロック 本 部 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 福 井 県 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 奈 良 県 和 歌 山 県 中 国 ブロック 本 部 広 島 県 広 島 市 中 区 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 四 国 ブロック 本 部 香 川 県 高 松 市 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 九 州 ブロック 本 部 福 岡 県 福 岡 市 博 多 区 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県 年 金 事 務 所 :312か 所 現 在 の 社 会 保 険 事 務 所 庁 舎 をそのまま 使 用 ( 所 在 地 に 変 更 なし)

18 Ⅲ 業 務 関 係 1. 基 本 的 な 業 務 の 流 れについて 機 構 設 立 に 伴 う 年 金 事 務 所 等 における 運 営 業 務 ( 適 用 徴 収 給 付 )については 基 本 的 な 流 れが 現 行 と 大 きく 変 更 することはありません ただし 機 構 の 業 務 は 国 ( 厚 生 労 働 大 臣 )からの 委 任 委 託 により 実 施 するものであることから 一 部 の 事 務 については 国 ( 年 金 局 又 は 地 方 厚 生 局 )の 決 裁 や 事 前 認 可 を 得 て 行 うことになります < 基 本 的 な 業 務 の 流 れ> 被 保 険 者 受 給 者 事 業 主 申 請 届 出 適 用 徴 収 一 部 帳 票 の 変 更 給 付 事 務 集 約 化 国 の 決 裁 事 前 認 可 が 必 要 な 事 務 ( 代 表 的 なもの) 1 適 用 2 徴 収 3 給 付 決 裁 適 用 届 資 格 取 得 届 等 の 年 金 原 簿 への 記 録 納 入 告 知 書 督 促 状 の 発 行 年 金 給 付 の 裁 定 年 金 支 給 額 の 決 定 事 前 認 可 事 業 所 調 査 未 適 用 事 業 所 への 立 入 検 査 滞 納 処 分 財 産 調 査 年 金 事 務 所 等 厚 生 労 働 省 ( 日 本 年 金 機 構 ) 決 裁 事 前 認 可 ( 年 金 局 地 方 厚 生 局 )

19 2. 歳 入 徴 収 官 等 会 計 機 関 の 取 扱 現 在 各 社 会 保 険 事 務 所 に 設 置 されている 歳 入 徴 収 官 等 の 会 計 機 関 は すべて 国 に 引 き 継 がれることに なります 歳 入 徴 収 官 については 現 在 各 社 会 保 険 事 務 所 長 ですが 厚 生 労 働 省 の 年 金 局 事 業 管 理 課 長 ( 仮 称 ) に 変 更 ( 一 本 化 )されます なお 現 在 社 会 保 険 事 務 所 で 実 施 している 保 険 料 の 徴 収 に 関 する 一 連 の 事 務 ( 納 入 告 知 書 の 発 送 業 務 領 収 済 通 知 書 によるオンラインシステムへの 領 収 記 録 の 収 録 日 本 銀 行 との 歳 入 金 月 計 突 合 など)は 国 からの 委 託 事 務 として 引 き 続 き 年 金 事 務 所 や 事 務 センターで 実 施 します < 歳 入 徴 収 官 の 名 義 の 変 更 ( 納 入 告 知 書 領 収 済 通 知 書 等 )> 厚 生 年 金 保 険 料 健 康 保 険 料 児 童 手 当 拠 出 金 等 歳 入 徴 収 官 社 会 保 険 事 務 所 長 国 民 年 金 保 険 料 歳 入 徴 収 官 社 会 保 険 庁 総 務 部 経 理 課 長 一 本 化 厚 生 年 金 保 険 料 健 康 保 険 料 児 童 手 当 拠 出 金 等 国 民 年 金 保 険 料 歳 入 徴 収 官 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 ( 仮 称 )

20 3. 市 町 村 との 関 係 市 町 村 が 実 施 している 国 民 年 金 などの 法 定 受 託 事 務 の 内 容 については 社 会 保 険 庁 廃 止 後 も 現 行 と 変 更 はありません また 市 町 村 の 協 力 連 携 事 務 についても 引 き 続 き 実 施 を 依 頼 することとしており 市 町 村 との 間 での 具 体 的 な 調 整 につ いては 年 金 事 務 所 等 が 中 心 となって 行 うことになります ( 注 ) 国 民 年 金 法 等 において 市 町 村 長 は 国 から 委 任 を 受 けた 機 構 に 対 して 被 保 険 者 等 の 戸 籍 について 無 料 で 証 明 を 行 う 機 構 は 官 公 署 に 対 し 被 保 険 者 等 の 氏 名 住 所 資 産 収 入 の 状 況 等 について 資 料 の 提 供 等 を 求 める ことができることとされており 戸 籍 情 報 や 所 得 情 報 については 機 構 が 直 接 市 町 村 への 提 供 依 頼 を 行 うこととなります なお 市 町 村 への 事 務 費 交 付 金 については 今 後 は 厚 生 労 働 省 ( 年 金 局 地 方 厚 生 局 )から 交 付 されることとなりますが 市 町 村 の 協 力 連 携 計 画 書 の 作 成 等 において 年 金 事 務 所 等 が 主 体 的 に 関 わる 仕 組 みを 構 築 する 方 針 としています * 地 方 厚 生 局 は 交 付 金 の 申 請 窓 口 協 力 連 携 計 画 書 の 受 領 審 査 年 金 局 は 交 付 金 の 支 払 いを 行 います 年 金 事 務 所 等 と 市 町 村 と の 関 わ り 適 用 徴 収 給 付 年 金 事 務 所 等 ( 日 本 年 金 機 構 ) 被 保 険 者 受 給 者 事 業 主 協 力 連 携 事 務 納 付 督 励 口 座 振 替 等 の 促 進 広 報 年 金 相 談 戸 籍 所 得 情 報 の 提 供 < 協 力 連 携 の 依 頼 調 整 > 厚 生 労 働 省 ( 年 金 局 地 方 厚 生 局 ) 法 定 受 託 事 務 市 町 村 困 難 事 例 や 資 金 面 ( 事 務 費 交 付 金 )のサポート

21 4. 社 会 保 険 庁 廃 止 に 伴 う 社 会 保 険 審 査 官 制 度 の 改 正 厚 生 年 金 保 険 法 国 民 年 金 法 等 に 基 づく 審 査 請 求 については 社 会 保 険 庁 廃 止 後 においては 1 厚 生 労 働 大 臣 がした 処 分 に 対 する 審 査 請 求 2 日 本 年 金 機 構 がした 処 分 に 対 する 審 査 請 求 となります 上 記 1 及 び2のいずれも 審 査 請 求 先 は 社 会 保 険 審 査 官 ( 現 行 どおり)ですが 社 会 保 険 庁 廃 止 に 伴 い 審 査 官 が 配 置 さ れる 機 関 については 社 会 保 険 事 務 局 (47か 所 )から 地 方 厚 生 局 (8か 所 )に 変 更 となります 審 査 請 求 の 窓 口 業 務 は 地 方 厚 生 局 のほか 機 構 のブロック 本 部 (9か 所 )や 年 金 事 務 所 (312か 所 )が 行 います 処 分 者 審 査 請 求 先 審 査 請 求 の 窓 口 従 前 (~H21.12) 社 会 保 険 庁 長 官 社 会 保 険 事 務 局 長 社 会 保 険 事 務 所 長 社 会 保 険 審 査 官 社 会 保 険 事 務 局 (47か 所 ) ( 社 会 保 険 事 務 局 に 配 置 ) 社 会 保 険 事 務 所 (312か 所 ) 社 会 保 険 庁 廃 止 後 (H22.1~) 厚 生 労 働 大 臣 日 本 年 金 機 構 社 会 保 険 審 査 官 ( 地 方 厚 生 局 に 配 置 ) 地 方 厚 生 局 (8か 所 ) 機 構 のブロック 本 部 (9か 所 ) 機 構 の 年 金 事 務 所 (312か 所 ) ( 注 ) 社 会 保 険 審 査 官 を 廃 止 し 社 会 保 険 審 査 会 に 一 元 化 する 内 容 を 盛 り 込 んだ 行 政 不 服 審 査 法 案 が 第 169 回 国 会 に 提 出 され 継 続 審 議 となって いたが 審 議 未 了 により 廃 案 となった

22 5. 徴 収 困 難 案 件 についての 国 税 庁 への 委 任 の 仕 組 み 概 要 悪 質 かつ 困 難 な 滞 納 処 分 案 件 については 機 構 が 相 当 の 徴 収 努 力 を 行 った 上 で 厚 生 労 働 大 臣 を 経 由 して 滞 納 処 分 権 限 の 全 部 又 は 一 部 を 財 務 大 臣 ( 国 税 局 長 等 )に 委 任 できる 仕 組 みが 創 設 されます 委 任 の 具 体 的 な 流 れ 2 年 金 事 務 所 3 1 機 構 は 要 件 該 当 事 案 がある 場 合 は 年 金 局 に 対 して 権 限 委 任 の 申 入 れ 年 金 局 は 要 件 に 適 合 する 事 案 について 機 構 本 部 経 由 で 地 方 ブロック 本 部 に 委 任 手 続 の 指 示 2 地 方 ブロック 本 部 と 年 金 事 務 所 は 権 限 委 任 に 係 る 実 施 時 期 等 を 国 税 局 と 調 整 3 年 金 事 務 所 は 権 限 委 任 が 決 定 した 事 案 の 引 継 書 類 を 整 理 し 地 方 ブロック 本 部 経 由 で 国 税 局 に 引 継 地 方 ブロック 本 部 国 税 局 年 金 局 委 任 要 件 権 限 委 任 の 判 断 は 滞 納 者 の 悪 質 性 や 滞 納 処 分 等 の 困 難 性 によることが 適 当 と 考 えられることから その 判 断 の 基 準 となるものを 政 令 省 令 及 び 通 達 で 規 定 する 予 定 ですが 現 時 点 の 委 任 基 準 ( 案 )は 以 下 のとおりです (1) 厚 生 年 金 保 険 等 ( 以 下 の 要 件 を 全 て 満 たしていること) 財 産 を 隠 ぺいする 恐 れ( 財 産 調 査 を 行 っても 財 産 が 特 定 できない 等 )があること 滞 納 期 間 が 長 期 間 (24か 月 以 上 )であること 滞 納 保 険 料 等 の 合 計 額 が 高 額 (1 億 円 以 上 )であること 機 構 が 相 当 の 徴 収 対 策 をしたものであること(ブロック 本 部 との 共 同 実 施 等 ) (2) 国 民 年 金 ( 以 下 の 要 件 を 全 て 満 たしていること) 財 産 を 隠 ぺいする 恐 れ( 財 産 調 査 を 行 っても 財 産 が 特 定 できない 等 )があること 滞 納 期 間 が 長 期 間 (24か 月 以 上 )であること 滞 納 者 又 は 連 帯 納 付 義 務 者 の 所 得 金 額 が 高 額 (1 千 万 円 以 上 )であること 機 構 が 相 当 の 徴 収 対 策 をしたものであること(ブロック 本 部 との 共 同 実 施 等 )

23 6. 日 本 年 金 機 構 設 立 後 に 新 たに 外 部 委 託 を 行 う 業 務 ( 概 要 ) 機 構 の 業 務 の 外 部 委 託 については 外 部 委 託 を 行 うことによって 機 構 全 体 としての 業 務 の 効 率 化 やコスト 削 減 国 民 サービスの 向 上 に 資 する 業 務 については 積 極 的 に 外 部 委 託 を 行 うこととされています 現 在 社 会 保 険 庁 において 実 施 している 外 部 委 託 業 務 に 加 え 機 構 設 立 後 においては 新 たに 以 下 の 業 務 について 外 部 委 託 を 実 施 することとしています 1 国 民 年 金 保 険 料 免 除 等 勧 奨 業 務 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 等 手 続 の 勧 奨 業 務 について 納 付 督 励 業 務 と 併 せて 段 階 的 に 外 部 委 託 を 実 施 します 実 施 時 期 : 平 成 21 年 10 月 ~ 機 構 設 立 前 から 先 行 実 施 平 成 21 年 10 月 から 市 場 化 テストの 対 象 事 業 所 を 現 在 の185カ 所 から 全 事 務 所 に 拡 大 することに 伴 い 新 規 対 象 事 務 所 127カ 所 について 納 付 督 励 業 務 に 併 せ 免 除 等 勧 奨 業 務 についても 一 体 的 に 外 部 委 託 を 実 施 します また 現 在 市 場 化 テストを 実 施 している185カ 所 については 次 期 契 約 時 ( 平 成 22 年 10 月 )から 免 除 等 勧 奨 業 務 を 含 めた 外 部 委 託 を 実 施 します なお 市 町 村 から 提 供 を 受 けた 所 得 情 報 については 委 託 業 者 にそのまま 伝 えるのではなく 免 除 等 勧 奨 の 該 当 者 リストのみを 引 き 渡 します 2 厚 生 年 金 保 険 料 の 納 付 督 励 業 務 等 厚 生 年 金 保 険 料 の 納 付 督 励 業 務 及 び 督 促 状 発 行 業 務 のうち 現 在 各 社 会 保 険 事 務 所 ごとに 行 っている 1 滞 納 保 険 料 に 係 る 督 促 状 発 行 業 務 2 新 規 滞 納 事 業 所 に 対 する 電 話 納 付 督 励 業 務 について 事 務 センターに 集 約 し 外 部 委 託 を 実 施 します また 電 話 督 励 を 行 った 事 業 所 の 中 で 速 やかに 滞 納 整 理 に 着 手 する 必 要 がある 事 案 について 必 要 な 情 報 ( 会 社 閉 鎖 倒 産 等 )の 速 やかな 報 告 を 求 める 等 事 務 センター 及 び 年 金 事 務 所 担 当 職 員 との 緊 密 な 連 携 を 確 保 します 実 施 時 期 ( 予 定 ) 1 督 促 状 発 送 業 務 : 平 成 22 年 6 月 ~ 2 電 話 納 付 督 励 業 務 : 平 成 22 年 10 月 ~ 実 施 方 法 当 面 数 カ 所 の 事 務 センター 単 位 でモデル 実 施 する 方 針 です

24 3 年 金 相 談 業 務 ア. 年 金 相 談 センターの 運 営 の 外 部 委 託 全 国 51カ 所 の 年 金 相 談 センターを 全 国 社 会 保 険 労 務 士 会 連 合 会 に 一 括 して 運 営 委 託 します 年 金 相 談 センターでは 窓 口 装 置 を 利 用 して 来 訪 者 の 照 会 や 相 談 に 応 じるとともに 機 構 へ 提 出 される 年 金 裁 定 請 求 書 等 を 受 け 付 けます ( 審 査 決 定 は 機 構 の 事 務 センターで 行 う) 実 施 時 期 平 成 22 年 1 月 ~ 機 構 設 立 時 イ. 社 会 保 険 労 務 士 への 年 金 相 談 の 委 託 年 金 事 務 所 の 相 談 窓 口 業 務 の 一 部 を 社 会 保 険 労 務 士 会 に 委 託 します これにより 年 金 事 務 所 における 年 金 相 談 窓 口 の 体 制 は 1 正 規 職 員 2 社 会 保 険 労 務 士 3 有 期 雇 用 職 員 という 構 成 となります 実 施 時 期 実 施 時 期 平 成 21 年 4 月 ~ 機 構 設 立 前 から 先 行 実 施

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

27.2 確定版.xlsx

27.2 確定版.xlsx Press Release 平 成 27 年 4 月 17 日 ( 照 会 先 ) 品 質 管 理 部 長 田 中 章 夫 ( 電 話 直 通 03-6892-0752) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 報 道 関 係 者 各 位 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理

More information

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

ハローワーク特区(*)について、埼玉県及び佐賀県からの提案(別添資料)があり、平成24年5月7日、地域主権戦略会議の下のハローワークチーム(厚生労働省では津田厚生労働大臣政務官がメンバー)において提案のとおりハローワーク特区の枠組みが合意された。  また、同日のハローワークチームでは、次の合意がなされた。   ・ この特区の枠組みに沿って厚生労働省は所要の措置を講じること。    ・ 特区の対象となるハローワークは、ハローワーク浦和とハローワーク佐賀であること。   ・ それぞれの特区における具体的な取組みの内容について、厚生労働省は埼玉県及び佐賀県     とよく詰めること。   ・ ハローワーク特区の事業開始は、平成24年10月を目途とすること。   * 平成23年12月26日の地域主権戦略会議(議長・内閣総理大臣)で了承された「出先機関の原則廃止に向けた今後の  取組方針《で「特区制度を活用して、試行的に、東西1か所ずつハローワークが移管されているのと実質的に同じ状況を作  り、移管可能性の検証を行う(仮称 ハローワーク特区)《とされていた。

ハローワーク特区(*)について、埼玉県及び佐賀県からの提案(別添資料)があり、平成24年5月7日、地域主権戦略会議の下のハローワークチーム(厚生労働省では津田厚生労働大臣政務官がメンバー)において提案のとおりハローワーク特区の枠組みが合意された。  また、同日のハローワークチームでは、次の合意がなされた。    ・ この特区の枠組みに沿って厚生労働省は所要の措置を講じること。    ・ 特区の対象となるハローワークは、ハローワーク浦和とハローワーク佐賀であること。   ・ それぞれの特区における具体的な取組みの内容について、厚生労働省は埼玉県及び佐賀県     とよく詰めること。   ・ ハローワーク特区の事業開始は、平成24年10月を目途とすること。   * 平成23年12月26日の地域主権戦略会議(議長・内閣総理大臣)で了承された「出先機関の原則廃止に向けた今後の  取組方針《で「特区制度を活用して、試行的に、東西1か所ずつハローワークが移管されているのと実質的に同じ状況を作  り、移管可能性の検証を行う(仮称 ハローワーク特区)《とされていた。 参 考 資 料 1 アクション プラン~ 出 先 機 関 の 原 則 廃 止 に 向 けて~ ( 平 成 22 年 12 月 28 日 閣 議 決 定 ) 国 のかたちを 変 えて 住 民 に 身 近 な 行 政 はできる 限 り 地 方 自 治 体 に 委 ね 地 域 における 行 政 を 地 方 自 治 体 が 自 主 的 かつより 総 合 的 に 実 施 できるよう 出 先 機 関 の 事 務

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン 総 務 省 行 政 管 理 局 行 政 手 続 室 御 中 平 成 25 年 3 月 22 日 行 政 不 服 審 査 制 度 の 見 直 しに 係 るヒアリング 行 政 救 済 制 度 の 改 革 について( 資 料 ) 日 本 司 法 書 士 会 連 合 会 第 1 第 2 第 3 第 4 司 法 書 士 の 活 動 領 域 について 現 在 の 司 法 書 士 制 度 の 概 要 行 政 救

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229>

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229> 建 設 業 許 可 ( 建 設 業 法 第 3 条 ) (1) 建 設 業 の 許 可 ア 建 設 業 を 営 もうとする 者 は 軽 微 な 建 設 工 事 のみを 請 け 負 う 場 合 を 除 き 建 設 業 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 建 設 業 の 許 可 を 受 けなければなりません イ 軽 微 な 建 設 工 事 とは 工 事 1 件 の 請 負 代 金 の 額 が 建

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

??????

?????? 資 料 編 全 日 本 病 院 協 会 定 款 /314 補 助 金 事 業 /324 全 日 病 の 出 版 物 /326 事 務 局 関 係 /326 会 員 数 の 推 移 /327 委 員 会 の 変 遷 /328 全 日 病 学 会 開 催 地 一 覧 / 336 叙 勲 および 褒 章 受 章 者 /339 歴 代 役 員 一 覧 /340 支 部 長 一 覧 /346 全 日 本 病

More information

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 作 成 要 領 申 請 の 手 引 1 申 請 の 時 期 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 は 次 の 表 の 左 欄 の 区 分 に 従 い 参 加 しようとする 地 区 のいずれか1つ の 部 局 長 あてに 次 号 に 掲 げる 申 請 書 等 の 関 係 書 類 を 原 則 として 定 期 審 査 を

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

平 成 25 年 4 月 1 日 付 け 組 織 見 直 し 等 について 平 成 25 年 度 は 六 次 産 業 化 の 推 進 総 合 支 所 の 税 務 機 能 の 再 編 等 を 中 心 に 見 直 しを 行 いました 具 体 的 な 見 直 し 内 容 については 次 のとおりです 1

平 成 25 年 4 月 1 日 付 け 組 織 見 直 し 等 について 平 成 25 年 度 は 六 次 産 業 化 の 推 進 総 合 支 所 の 税 務 機 能 の 再 編 等 を 中 心 に 見 直 しを 行 いました 具 体 的 な 見 直 し 内 容 については 次 のとおりです 1 平 成 25 年 4 月 1 日 付 け 定 期 人 事 異 動 記 者 会 見 資 料 目 次 1 組 織 見 直 し 等 について 1 2 人 事 異 動 基 本 方 針 及 び 概 要 5 平 成 25 年 4 月 1 日 付 け 組 織 見 直 し 等 について 平 成 25 年 度 は 六 次 産 業 化 の 推 進 総 合 支 所 の 税 務 機 能 の 再 編 等 を 中 心 に 見

More information

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc 第 20 回 本 宮 町 白 沢 村 合 併 協 議 会 別 冊 目 次 1. 経 過 報 告 別 紙 資 料 1 2. 合 併 協 定 項 目 具 体 的 調 整 内 容 一 覧 表 ( 要 協 議 会 報 告 ) 4 3. 報 告 第 73 号 関 係 本 宮 市 市 章 デザイン 応 募 結 果 7 4. 報 告 第 80 号 別 紙 指 定 金 融 機 関 等 一 覧 14 本 宮 町 白

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 詳 細 は 別 紙 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 事 後 審 査 ) 東 日 本 本 部 一 般 土 木 工 事 建 築 工 事 共 通 を 参 照 すること 1 公 告 日 平 成 28 年 09 月 26 日 ( 月 ) 2 契 約 職 東 日 本 本 部 長 松 浦 將 行 3 工 事 概 要

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

年金業務・組織再生会議最終整理(骨子)<案>

年金業務・組織再生会議最終整理(骨子)<案> 日 本 年 金 機 構 の 当 面 の 業 務 運 営 に 関 する 基 本 的 方 針 について( 最 終 整 理 ) 2008 年 ( 平 成 20 年 )6 月 30 日 年 金 業 務 組 織 再 生 会 議 Ⅰ はじめに 当 会 議 は 日 本 年 金 機 構 法 ( 以 下 機 構 法 という )に 基 づき 日 本 年 金 機 構 ( 以 下 機 構 という )の1 外 部 委 託 の

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会 日 本 小 児 アレルギー 学 会 会 則 第 一 章 総 則 本 会 は 日 本 小 児 アレルギー 学 会 (Japanese Society of Pediatric Allergy and Clinical Immunology )と 称 す る 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 台 東 区 上 野 1-13-3MYビル4 階 におく 第 二 章 目 的 および 事 業 本

More information

スライド 1

スライド 1 835.0 840.0 810.0 900.0 800.0 700.0 706.4 751.5 722.2 739.8 771.2 766.8 784.3 774.3 754.8 739.5 731.3 732.8 736.3 653.7 600.0 556.0 602.2 500.0 400.0 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15

More information

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子 9 体 操 競 技 1 期 日 競 技 平 成 28 年 10 月 2 日 ( 日 )から 10 月 5 日 ( 水 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 日 ) 10 月 3 日 ( 月 ) 10 月 4 日 ( 火 ) 10 月 5 日 ( 水 ) 成 年 男 子 自 由 ( 決 勝 ) 成 年 女 子 自 由 ( 決 勝 ) 少 年 男 子 自 由 ( 予 選 ) 自 由 (

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 細 則 (2011 年 9 月 ) 目 次 1. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 2. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 3. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 会 費 規 則 ( 定

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 防 府 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 資 料 総 務 部 職 員 課 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 給 第 104 号

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937891E6328E9F8EAD89AE8E738F57928689FC8A76837683898393906992BB8FF38BB592B28DB88C8B89CA81698A6D92E894C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937891E6328E9F8EAD89AE8E738F57928689FC8A76837683898393906992BB8FF38BB592B28DB88C8B89CA81698A6D92E894C5816A2E646F63> 平 成 22 年 度 第 2 次 鹿 屋 市 集 中 改 革 プ ラ ン 調 査 結 果 ( 確 定 版 ) 平 成 23 年 6 月 30 日 鹿 屋 市 企 画 財 政 部 行 財 政 改 革 推 進 課 1 持 続 可 能 な 財 政 基 盤 の 堅 持 (1) 財 政 改 革 の 計 画 策 定 No. 1 項 目 名 財 政 改 革 プログラムの 策 定 担 当 課 名 財 政 課 中 長

More information

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中 法 人 番 号 の 通 知 公 表 開 始 スケジュ-ルについて 国 税 庁 は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 上 法 人 番 号 の 付 番 機 関 とされており 平 成 27 年 10 月 5 日 ( 月 )の 同 法 施 行 を 迎 え 法 人 番 号 の 通 知 公 表 等 について 具 体 的 なスケジュ-ルを

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退 資 料 3の 参 考 2 平 成 27 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 平 成 27 年 度 国 有 財 産 監 査 の 結 果 について の 2 ページに 記 載 した の 主 な 内 容 を 別 に 表 しています 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理

More information

要 望 事 項

要 望 事 項 平 成 28 年 度 自 動 車 関 係 諸 税 に 関 する 要 望 書 平 成 2 7 年 7 月 自 動 車 総 連 ( 全 日 本 自 動 車 産 業 労 働 組 合 総 連 合 会 ) 会 長 相 原 康 伸 目 次 < 要 望 事 項 > 1. 車 体 課 税 を 抜 本 的 に 見 直 し 簡 素 化 負 担 の 軽 減 を 図 る 1) 自 動 車 取 得 税 を 廃 止 する 2)

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3 平 成 13 年 12 月 19 日 衆 議 院 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 についての 勧 告 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 区 割 りの 改 定 案 により 変 更 される 選 挙 区 の 数 都 道 府 県 別 区 割

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82508140904588F582CC94858F9E90D3944382C98C5782E98B4B91A582CC90A792E8646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82508140904588F582CC94858F9E90D3944382C98C5782E98B4B91A582CC90A792E8646F632E646F63> 第 5 回 神 戸 市 経 理 適 正 化 推 進 本 部 会 議 資 料 1 違 法 な 予 算 執 行 行 為 等 に 係 る 職 員 の 賠 償 責 任 に 関 する 規 則 ( 地 方 自 治 法 第 243 条 の 2 第 1 項 後 段 の 規 則 ) 目 次 1 規 則 制 定 の 経 緯 1 2 規 則 の 意 義 4 3 具 体 的 に 指 定 する 職 員 5 4 留 意 すべき

More information

Microsoft PowerPoint - 差し換え用

Microsoft PowerPoint - 差し換え用 資 料 2 平 成 2 5 年 6 月 2 4 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 日 本 年 金 機 構 平 成 24 年 度 の 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況 と 今 後 の 取 組 等 について 目 次 1. 平 成 24 年 度 の 納 付 状 況 等 について (1) 公 的 年 金 制 度 全 体 の 状 況 1 (2) 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

機 11. 心 神 喪 失 者 等 医 療 観 察 法 指 定 医 療 機 関 の 整 備 等 について 医 療 観 察 法 ( 以 下 法 という ) は 平 成 15 年 7 月 に 公 布 平 成 17 年 7 月 に 施 行 され 心 神 喪 失 者 等 の 状 態 で 重 大 な 他 害 行 為 を 行 った 法 対 象 者 に 対 して 適 切 な 医 療 を 提 供 し 社 会 復 帰 の

More information

早 期 に 発 送 するとともに 株 主 総 会 招 集 通 知 発 送 前 に 電 子 的 方 法 により 開 示 3 株 主 総 会 の 開 催 日 をいわゆる 集 中 日 を 避 けて 設 定 4 機 関 投 資 家 や 外 国 人 株 主 の 権 利 行 使 を 容 易 にするため 電 子

早 期 に 発 送 するとともに 株 主 総 会 招 集 通 知 発 送 前 に 電 子 的 方 法 により 開 示 3 株 主 総 会 の 開 催 日 をいわゆる 集 中 日 を 避 けて 設 定 4 機 関 投 資 家 や 外 国 人 株 主 の 権 利 行 使 を 容 易 にするため 電 子 NTTドコモ コーポレート ガバナンス 基 本 方 針 平 成 27 年 10 月 30 日 制 定 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 社 は 株 主 やお 客 さまをはじめとするステークホルダーから 高 い 信 頼 と 評 価 を 得 られるよう 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の 向 上 を 目 的 として 本 基 本 方 針

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて に 係 るフォローアップ 調 査 様 式 ( 様 式 1) 所 管 府 省 名 厚 生 労 働 省 法 人 名 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 基 本 方 針 の 記 載 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて 1. 不 要 資 産 の 国 庫 返 納 国 の 資 産 を 有

More information

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件 育 児 休 業 や 介 護 休 業 経 済 的 に 支 援 をする 方 を します このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 までお 尋 ねください ご 存

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

H25修正加入者・運用指図者の手引き.indd

H25修正加入者・運用指図者の手引き.indd 個 人 型 確 定 拠 出 年 金 加 入 者 運 用 指 図 者 の 手 引 き 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 4 月 加 入 者 運 用 指 図 者 の 方 へ この 手 引 きは 個 人 型 確 定 拠 出 年 金 ( 個 人 型 年 金 と 称 しま す )の 加 入 者 運 用 指

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

支 配 株 主 名 該 当 なし 親 会 社 名 親 会 社 の 上 場 取 引 所 該 当 なし 該 当 なし 補 足 説 明 - 3. 企 業 属 性 上 場 予 定 市 場 区 分 決 算 期 業 種 直 前 事 業 年 度 末 における( 連 結 ) 従 業 員 数 直 前 事 業 年 度

支 配 株 主 名 該 当 なし 親 会 社 名 親 会 社 の 上 場 取 引 所 該 当 なし 該 当 なし 補 足 説 明 - 3. 企 業 属 性 上 場 予 定 市 場 区 分 決 算 期 業 種 直 前 事 業 年 度 末 における( 連 結 ) 従 業 員 数 直 前 事 業 年 度 平 成 27 年 7 月 29 日 ベステラ 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 吉 野 佳 秀 問 合 せ 先 : 03-3630-5555 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Ⅰ.コーポレート ガバナンスに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 及 び 資 本 構 成 企 業 属 性 その 他 の 基 本 情 報 1. 基 本 的 な 考 え 方 当

More information

諸規則集

諸規則集 一 般 社 団 法 人 日 本 疫 学 会 定 款 施 行 細 則 一 般 社 団 法 人 日 本 疫 学 会 ( 以 下 当 法 人 という) 定 款 に 基 づき 次 の 通 り 施 行 細 則 を 定 める 定 款 第 5 条 に 基 づき 入 会 について 定 める 入 会 に 関 する 細 則 第 1 条 当 法 人 に 入 会 を 希 望 する 者 は 次 の 手 続 きをしなければならない

More information

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CDG CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 4 日 株 式 会 社 CDG 代 表 取 締 役 社 長 大 平 孝 問 合 せ 先 :06-6133-5200 証 券 コード:2487 http://www.cdg.co.jp Ⅰコーポレート

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63> ドライクリーニング 工 場 に 係 る 調 査 状 況 並 びに 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング 工 場 に 係 る 建 築 基 準 法 用 途 規 制 違 反 への 対 応 及 び 同 法 第 48 条 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 に 関 する 技 術 的 助 言 について 平 成 22 年 9 月 10 日 国 土 交 通 省 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73>

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73> 平 成 19 年 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 結 果 の 概 要 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 ) 平 成 19 年 12 月 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 担 当 : 岡 田 山 家 (やまが) 電 話 : 03-5253-5551( 直 ) 03-5253-5111( 代 ) ( 内 線 3245

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 11 評 価 書 名 地 方 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 福 山 市 は, 地 方 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイ ルの 取 扱 いにあたり,

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASKA Pharmaceutical Co., Ltd. 最 終 更 新 日 :2015 年 7 月 6 日 あすか 製 薬 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 山 口 隆 問 合 せ 先 : 総 務 部 TEL(03)5484-8323 証 券 コード:4514

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月)

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月) 第 11 章 税 務 協 力 体 制 第 1 節 関 係 民 間 団 体 1 日 本 税 理 士 会 連 合 会 (1) 組 織 等 の 状 況 日 本 税 理 士 会 連 合 会 ( 以 下 この 節 において 日 税 連 という )は 原 則 として 国 税 局 ( 沖 縄 国 税 事 務 所 を 含 む 以 下 この 章 において 国 税 局 ( 所 ) という )の 管 轄 区 域 ごとに

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分)

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分) 具 体 的 な 報 告 項 目 報 告 方 法 時 期 等 について 今 年 度 一 般 病 床 療 養 病 床 を 有 する 病 院 診 療 所 は 以 下 の 項 目 を 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 )までに 報 告 することとする(10 月 1 日 ( 水 ) 受 付 開 始 ) 報 告 項 目 1 平 成 26 年 7 月 1 日 時 点 における 医 療 機 能 ( 病

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

平成25年度の業務実績の評価結果

平成25年度の業務実績の評価結果 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 の 平 成 25 年 度 の 業 務 実 績 の 評 価 結 果 平 成 26 年 8 月 19 日 独 立 行 政 法 人 評 価 委 員 会 1 1 平 成 25 年 度 業 務 実 績 評 価 について (1) 評 価 の 視 点 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 以 下 機 構 という )は 特

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

行動計画シート(下半期)

行動計画シート(下半期) シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 まえ た 下 半 期 の 進 め 方

More information

Microsoft Word 運用ガイドライン.doc

Microsoft Word 運用ガイドライン.doc 各 位 平 成 24 年 7 月 13 日 不 動 産 投 資 信 託 証 券 発 行 者 名 東 京 都 中 央 区 銀 座 六 丁 目 2 番 1 号 大 和 証 券 オフィス 投 資 法 人 代 表 者 名 執 行 役 員 大 高 和 夫 (コード 番 号 :8976) 資 産 運 用 会 社 名 大 和 リアル エステート アセット マネジメント 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

目 次 第 1 平 成 27 28 年 度 競 争 参 加 資 格 審 査 について 1 資 格 審 査 について 2 (1) 申 請 から 登 録 までの 流 れ 2 (2) 有 資 格 者 名 簿 の 公 表 3 2 情 報 公 開 法 の 施 行 3 第 2 申 請 の 手 順 1 登 録 申

目 次 第 1 平 成 27 28 年 度 競 争 参 加 資 格 審 査 について 1 資 格 審 査 について 2 (1) 申 請 から 登 録 までの 流 れ 2 (2) 有 資 格 者 名 簿 の 公 表 3 2 情 報 公 開 法 の 施 行 3 第 2 申 請 の 手 順 1 登 録 申 平 成 27 28 年 度 防 衛 省 所 管 における 測 量 建 設 コンサルタント 等 業 務 競 争 参 加 資 格 審 査 申 請 書 提 出 要 領 目 次 第 1 平 成 27 28 年 度 競 争 参 加 資 格 審 査 について 1 資 格 審 査 について 2 (1) 申 請 から 登 録 までの 流 れ 2 (2) 有 資 格 者 名 簿 の 公 表 3 2 情 報 公 開 法

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information