目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章"

Transcription

1 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町

2 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来 人 口 推 計 分 析... 5 現 況 のまとめ 課 題 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ( 社 人 研 )による 人 口 推 計 影 響 度 アンケート 結 果 等 による 結 婚 出 産 子 育 てや 移 住 に 関 する 意 識 希 望 等 の 将 来 推 計 仮 定 値 による 将 来 人 口 推 計 (4パターン) 第 3 章 本 町 の 将 来 展 望 目 指 すべき 将 来 の 方 向 性 人 口 の 将 来 展 望... 23

3 第 章 人 口 の 現 状 分 析 人 口 ビジョンの 位 置 づけ わが 国 の 平 成 2 年 (28 年 )に 始 まった 人 口 減 少 は 今 後 加 速 度 的 に 進 み 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ( 以 下 社 人 研 という )の 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 ( 死 亡 中 位 ) 推 計 以 下 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 ) という )によると 平 成 32 年 (22 年 ) 代 初 めは 毎 年 6 万 人 程 度 の 減 少 が 平 成 52 年 (24 年 ) 頃 には 毎 年 万 人 程 度 の 減 少 スピードまで 加 速 するとされています 国 のまち ひと しごと 創 生 本 部 は わが 国 が 直 面 する 地 方 創 生 人 口 減 少 克 服 という 構 造 的 課 題 に 正 面 から 取 り 組 むために 設 置 されました この 目 的 のもと 国 と 地 方 が 全 力 を 挙 げて 取 り 組 むうえでの 指 針 となる まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン ( 以 下 長 期 ビジョン という )を 策 定 しました 長 期 ビジョンには 日 本 の 人 口 の 現 状 と 将 来 の 姿 を 示 し 人 口 減 少 をめぐる 問 題 に 関 する 国 民 の 認 識 を 共 有 することを 目 指 すとともに 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 を 提 示 することを 目 的 としています 九 度 山 町 人 口 ビジョンにおいても 本 町 における 人 口 の 現 状 を 分 析 し 人 口 減 少 に 関 する 地 域 住 民 の 認 識 を 共 有 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 人 口 の 将 来 展 望 を 示 し 九 度 山 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 において まち ひと しごと 創 生 の 実 現 に 向 けて 効 果 的 な 施 策 を 企 画 立 案 していくうえでの 重 要 な 基 礎 として 位 置 づけます 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 国 の 長 期 ビジョンの 期 間 を 基 本 とし 平 成 72 年 (26 年 )までとします 中 長 期 的 な 将 来 人 口 推 計 に 重 点 を 置 き 戦 略 を 展 開 する 必 要 があることから 社 人 研 の 推 計 期 間 である 平 成 52 年 (24 年 )を 中 間 見 直 し 期 間 とします 3 国 の 長 期 ビジョン 中 長 期 展 望 Ⅰ. 人 口 減 少 問 題 の 克 服 平 成 72 年 (26 年 )に 億 人 程 度 の 人 口 を 確 保 Ⅱ. 成 長 力 の 確 保 平 成 62 年 (25 年 ) 代 に 実 質 GDP 成 長 率.5~2.% 程 度 維 持 () 中 長 期 展 望 を 目 指 し 3つの 基 本 的 視 点 から 取 り 組 む 人 口 減 少 の 対 応 には 大 きく 二 つの 方 向 性 が 考 えられます 一 つは 出 生 率 を 向 上 させる ことにより 人 口 減 少 に 歯 止 めをかけ 将 来 的 に 人 口 構 造 そのものを 変 えていこうとすること であり 積 極 戦 略 と 言 えます もう 一 つは 仮 に 出 生 率 の 向 上 を 図 っても 今 後 数 十 年 間 の 人 口 減 少 は 避 けられないことから 今 後 の 人 口 減 少 に 対 応 し 効 率 的 かつ 効 果 的 な 社 会 シス テムを 構 築 することである 調 整 戦 略 です この 二 つの 対 応 を 同 時 並 行 的 に 進 めていくこ とが 必 要 となっています こうした 観 点 から 今 後 の 取 組 において 以 下 の 3 点 を 基 本 的 視 点 とします

4 3つの 基 本 的 視 点 東 京 一 極 集 中 の 是 正 地 方 から 東 京 圏 への 人 口 流 出 ( 特 に 若 い 世 代 )に 歯 止 めをかけ 東 京 一 極 集 中 を 是 正 し 地 方 に 住 み 働 き 豊 かな 生 活 を 実 現 したい 人 々の 希 望 を 実 現 するとともに 東 京 圏 の 活 力 の 維 持 向 上 を 図 りつつ 過 密 化 人 口 集 中 を 軽 減 し 快 適 かつ 安 全 安 心 な 環 境 を 実 現 する 2 若 い 世 代 の 就 労 結 婚 子 育 ての 希 望 の 実 現 人 口 減 少 を 克 服 するため 若 い 世 代 が 安 心 して 働 き 希 望 どおり 結 婚 出 産 子 育 てを することができる 社 会 環 境 を 実 現 する 3 地 域 の 特 性 に 則 した 地 域 課 題 の 解 決 中 山 間 地 域 等 地 方 都 市 とその 隣 接 及 び 大 都 市 圏 において 人 口 減 少 に 伴 う 地 域 変 化 に 柔 軟 に 対 応 し 地 域 の 特 性 に 即 して 地 域 が 抱 える 課 題 の 解 決 に 取 り 組 む (2) 目 指 すべき 将 来 の 方 向 将 来 にわたって 活 力 ある 日 本 社 会 を 維 持 する 若 い 世 代 の 希 望 が 実 現 すると 出 生 率 は.8 程 度 に 向 上 する 人 口 減 少 に 歯 止 めがかかると 平 成 72 年 (26 年 )に 億 人 程 度 の 人 口 が 確 保 される ( 図 ) 人 口 構 造 が 若 返 る 時 期 を 迎 える 人 口 の 安 定 化 とともに 生 産 性 の 向 上 が 図 られると 平 成 62 年 (25 年 ) 代 に 実 質 GDP 成 長 率 は.5~2.% 程 度 に 維 持 される 2

5 (3) 地 方 創 生 がもたらす 日 本 社 会 の 姿 地 方 創 生 が 目 指 す 方 向 自 ら 地 域 資 源 を 活 用 した 多 様 な 地 域 社 会 の 形 成 を 目 指 す 外 部 との 積 極 的 なつながりにより 新 たな 視 点 から 活 性 化 を 図 る 地 方 創 生 が 実 現 すれば 地 方 が 先 行 して 若 返 る 東 京 圏 は 世 界 に 開 かれた 国 際 都 市 への 発 展 を 目 指 す 地 方 創 生 は 日 本 の 創 生 であり 地 方 と 東 京 圏 がそれぞれの 強 みを 活 かし 日 本 全 体 を 引 っ 張 っていく 3

6 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン 和 歌 山 県 の 社 人 研 の 将 来 人 口 推 計 ( 平 成 24 年 )は 平 成 52 年 (24 年 )に 7 万 人 程 度 まで 減 少 することが 示 されています 和 歌 山 県 においても 人 口 の 現 状 と 人 口 減 少 がもたらす 影 響 に 関 する 認 識 を 県 民 と 共 有 する とともに 目 指 すべき 将 来 の 方 向 を 提 示 し 県 民 あげて 全 力 で 取 り 組 む 決 意 を 示 すために 和 歌 山 県 長 期 人 口 ビジョン を 策 定 しました 和 歌 山 県 のあるべき 将 来 人 口 を 持 続 可 能 な 和 歌 山 県 を 実 現 するためには 高 齢 者 人 を 現 役 世 代 2 人 で 支 える 人 口 形 態 をつくらなければならなく そのためには 平 成 72 年 ( 26 年 )の 人 口 を 概 ね 7 万 人 確 保 することが 必 要 となっています 目 指 すべき 将 来 の 方 向 和 歌 山 県 のあるべき 将 来 人 口 を 達 成 するための3つの 方 向 人 口 流 出 に 歯 止 めをかける 安 定 した 社 会 を 構 築 するためには それを 支 える 担 い 手 を 将 来 にわたって 確 保 するこ とが 重 要 であり 人 口 の 流 出 を 抑 制 する 対 策 が 求 められています そこで 転 出 を 減 少 させることと 転 入 を 増 加 させることの 両 面 からの 対 策 を 協 力 に 推 進 します 2 出 生 率 の 向 上 を 図 る 高 齢 者 を 支 える 人 口 形 態 を 実 現 するためには 出 生 率 を 向 上 させ 新 たな 世 代 を 確 保 し ていくことが 求 められています そこで 出 会 い 結 婚 妊 娠 出 産 子 育 てのそれぞれのステージにおいてさまざまな 希 望 をかなえるための 取 組 を 推 進 します 3 暮 らしやすい 社 会 を 創 る 人 を 呼 び 込 み いつまでも 暮 らし 続 けたいと 誰 もが 思 う 和 歌 山 を 実 現 するため 時 代 と ともに 移 り 変 わるニーズに 対 応 した 地 域 社 会 を 構 築 します 4

7 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析 () 人 口 の 推 移 総 人 口 及 び 世 帯 数 の 推 移 本 町 の 総 人 口 は 昭 和 6 年 (985 年 )から 平 成 7 年 (995 年 )までは 約 5% 程 度 の 減 少 が 平 成 2 年 (2 年 ) 以 降 は 約 % 程 度 の 減 少 傾 向 となっています 世 帯 数 をみると 平 成 2 年 (99 年 ) 以 降 は 減 少 傾 向 となり 平 成 22 年 (2 年 ) と 比 較 すると 約 %の 減 少 となっています 世 帯 当 たりの 人 員 は 昭 和 6 年 (985 年 )は 3.74 人 が 平 成 22 年 (2 年 )に は 3 人 を 割 り 2.85 人 となっています 8, 7, 6, , 2.5 4, 3, 2, 7,395 7,76 6,66 6,73 5,56 4, ,,975,976,938,895,823, 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 総 人 口 ( 人 ) 世 帯 数 ( 世 帯 ) 世 帯 当 たりの 人 員 ( 人 ) 資 料 : 国 勢 調 査 年 齢 3 区 分 別 人 口 でみると 昭 和 6 年 (985 年 )の 老 齢 人 口 (65 歳 以 上 )の 割 合 は 6.5%だったのが 平 成 7 年 (995 年 )には 23.4%と 急 速 に 増 加 し 超 高 齢 社 会 とな り 平 成 22 年 (2 年 )では 35.9%と 人 口 の/3を 超 えています さらに 生 産 年 齢 人 口 (5~64 歳 )の 割 合 は 昭 和 6 年 (985 年 )は 64.6%だった のが 平 成 22 年 (2 年 )では 54.3%と 比 率 で 約 % 減 少 し 年 少 人 口 (~4 歳 ) の 割 合 は 昭 和 6 年 (985 年 )で 8.8%が 平 成 22 年 (2 年 )では 9.4%と 割 をきっています 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2,, 昭 和 6 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 22 年,226 4,778,334 4,592,564 4,84,39, ,639 3,7,75 3,8 単 位 : 人,783 2,698 昭 和 6 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 22 年 ~4 歳 5~64 歳 65 歳 以 上. 資 料 : 国 勢 調 査

8 3 人 口 ピラミッド 本 町 の 人 口 ピラミッドを 平 成 7 年 (25 年 )7 月 3 日 と 平 成 27 年 (25 年 )7 月 3 日 の 住 民 基 本 台 帳 から 比 較 すると 第 次 ベビーブームの 団 塊 の 世 代 ( 昭 和 22 年 ~ 24 年 生 まれ) 前 後 の 65~68 歳 と 8 歳 以 上 の 年 齢 層 が 増 加 しています 65 歳 未 満 の 年 齢 層 から 減 少 傾 向 となっています また 子 育 て 世 代 である 2~4 歳 代 前 半 5 歳 以 下 の 年 齢 層 も 減 少 しています 男 性 以 上 95 単 位 : 人 歳 女 性 歳 未 満 (H27.7.3) 5~64 歳 未 満 (H27.7.3) 65~74 歳 未 満 (H27.7.3) 75 歳 以 上 (H27.7.3) H7.7.3 人 口 資 料 : 住 民 基 本 台 帳 6

9 (2) 人 口 動 態 自 然 増 減 の 状 況 出 生 死 亡 数 の 推 移 平 成 26 年 度 (24 年 度 )より 出 生 死 亡 数 の 過 去 年 間 をみると いずれの 年 も 出 生 数 より 死 亡 数 が 上 回 り 平 均 すると 出 生 数 が 22.7 人 死 亡 数 が 78.8 人 となり 年 間 で 約 56 人 減 少 しています 出 生 数 死 亡 数 増 減 数 資 料 : 和 歌 山 県 人 口 動 態 統 計 2 社 会 増 減 の 推 移 転 入 転 出 の 推 移 平 成 26 年 度 (24 年 度 )より 転 入 転 出 者 数 の 過 去 年 間 をみると いずれの 年 も 転 出 が 転 入 を 上 回 る 転 出 超 過 となり 平 均 すると 転 入 者 が 96.2 人 転 出 者 が 54.5 人 と なり 年 間 で 約 58 人 の 減 少 となっています 転 入 者 数 転 出 者 数 増 減 数 資 料 : 和 歌 山 県 統 計 年 鑑 7

10 ~4 歳 5~9 歳 ~4 歳 5~9 歳 2~24 歳 25~29 歳 3~34 歳 35~39 歳 4~44 歳 45~49 歳 5~54 歳 55~59 歳 6~64 歳 65~69 歳 7~74 歳 75~79 歳 8 歳 以 上 ~4 歳 5~9 歳 ~4 歳 5~9 歳 2~24 歳 25~29 歳 3~34 歳 35~39 歳 4~44 歳 45~49 歳 5~54 歳 55~59 歳 6~64 歳 65~69 歳 7~74 歳 75~79 歳 8 歳 以 上 ~4 歳 5~9 歳 5~9 歳 ~4 歳 ~4 歳 5~9 歳 5~9 歳 2~24 歳 2~24 歳 25~29 歳 25~29 歳 3~34 歳 3~34 歳 35~39 歳 35~39 歳 4~44 歳 4~44 歳 45~49 歳 45~49 歳 5~54 歳 5~54 歳 55~59 歳 55~59 歳 6~64 歳 6~64 歳 65~69 歳 65~69 歳 7~74 歳 7~74 歳 75~79 歳 75~79 歳 8~84 歳 8~84 歳 85~89 歳 85~89 歳 9 歳 ~ 性 別 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 の 状 況 平 成 7 年 (25 年 )から 平 成 22 年 (2 年 )までの 5 年 間 の 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 状 況 をみると 男 女 ともに ~4 歳 から 3~34 歳 までの 間 に 大 きな 転 出 超 過 があ り 高 校 大 学 卒 後 の 進 学 や 就 職 等 の 影 響 があると 考 えられます また 女 性 は 25~29 歳 から 3~34 歳 で 3 人 を 超 える 転 出 超 過 がみられ 結 婚 等 の 影 響 もあると 考 えられま す 一 方 65~7 歳 以 上 をみると 男 女 ともに 大 きな 転 出 超 過 がみられ 高 齢 による 病 院 へ の 入 院 や 施 設 入 所 等 が 考 えられます 人 口 移 動 の 最 近 の 状 況 男 性 資 料 : 国 勢 調 査 ( 平 成 7 年 平 成 22 年 ) 平 成 24 年 (22 年 )の 転 入 転 出 数 をみると いずれも 2 3 歳 代 及 び ~4 歳 が 多 く 就 職 や 結 婚 住 宅 の 購 入 等 が 考 えられます 県 内 県 外 でみると 転 出 数 の 5~24 歳 は 県 内 より 県 外 が 上 回 っています 女 性 3 25 [ 転 入 数 ] 3 25 [ 転 出 数 ] 県 外 県 内 県 外 県 内 資 料 : 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 ( 平 成 24 年 ) 8

11 ~4 歳 5~9 歳 ~4 歳 5~9 歳 2~24 歳 25~29 歳 3~34 歳 35~39 歳 4~44 歳 45~49 歳 5~54 歳 55~59 歳 6~64 歳 65~69 歳 7~74 歳 75~79 歳 8 歳 以 上 ~4 歳 5~9 歳 ~4 歳 5~9 歳 2~24 歳 25~29 歳 3~34 歳 35~39 歳 4~44 歳 45~49 歳 5~54 歳 55~59 歳 6~64 歳 65~69 歳 7~74 歳 75~79 歳 8 歳 以 上 ~4 歳 5~9 歳 ~4 歳 5~9 歳 2~24 歳 25~29 歳 3~34 歳 35~39 歳 4~44 歳 45~49 歳 5~54 歳 55~59 歳 6~64 歳 65~69 歳 7~74 歳 75~79 歳 8 歳 以 上 ~4 歳 5~9 歳 ~4 歳 5~9 歳 2~24 歳 25~29 歳 3~34 歳 35~39 歳 4~44 歳 45~49 歳 5~54 歳 55~59 歳 6~64 歳 65~69 歳 7~74 歳 75~79 歳 8 歳 以 上 男 女 ともに 2 歳 3 歳 代 の 転 入 出 が 多 く いずれも 転 出 超 過 となり 本 町 の 人 口 減 少 の 大 きな 要 因 となっています 女 性 の 転 出 数 は 2 3 歳 代 で 多 く 結 婚 による 影 響 が 考 え られ 男 性 は 3 歳 前 半 で 多 くみられます [ 転 入 数 : 男 性 ] [ 転 入 数 : 女 性 ] 県 外 県 内 県 外 県 内 [ 転 出 数 : 男 性 ] [ 転 出 数 : 女 性 ] 県 外 県 内 県 外 県 内 資 料 : 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 ( 平 成 24 年 ) 人 口 移 動 先 の 最 近 の 状 況 平 成 24 年 (22 年 )の 転 入 転 出 先 の 状 況 をみると いずれも 橋 本 市 と 大 阪 府 が 多 く 橋 本 市 の 転 出 超 過 は 42 人 大 阪 府 は 35 人 となっています 転 入 転 出 社 会 増 減 資 料 : 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 ( 平 成 24 年 ) 9

12 3 出 生 数 及 び 出 生 率 の 推 移 出 生 数 をみると 平 成 2 年 (28 年 ) 以 降 減 少 し 平 成 23 年 (2 年 )から 平 成 24 年 (22 年 )で 人 減 少 しているものの 翌 年 は 5 人 増 加 しています 出 生 率 ( 人 口 千 対 )を 国 と 県 と 比 較 すると 平 成 22 年 (2 年 ) 以 降 は 5. を 下 回 っ ています 出 生 数 の 推 移 単 位 : 人 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) 単 位 : 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 九 度 山 町 和 歌 山 県 全 国 合 計 特 殊 出 生 率 の 平 成 4 年 (22 年 )から 平 成 24 年 (22 年 )の 5 年 毎 の 推 移 をみると 本 町 は 平 成 5 年 (23 年 )~9 年 (27 年 )で.8 低 下 しましたが 平 成 2 年 (28 年 )~24 年 (22 年 )で.3 上 昇 しています 合 計 特 殊 出 生 率 を 国 県 橋 本 伊 都 圏 域 で 比 較 すると かつらぎ 町 と 高 野 町 は 平 成 年 (998 年 )から 平 成 24 年 (22 年 )の 間 で 上 昇 していますが 国 と 県 とその 他 の 周 辺 都 市 は 平 成 5~9 年 (23~27 年 )で 低 下 し 平 成 2~24 年 (28~22 年 )でやや 上 昇 してきています 合 計 特 殊 出 生 率 (ベイズ 推 計 値 )の 推 移 < 周 辺 都 市 比 較 > H~H4 H5~H9 H2~H24 全 国 和 歌 山 県 九 度 山 町 橋 本 市 かつらぎ 町 高 野 町 資 料 : 人 口 動 態 保 健 所 市 町 村 別 統 計

13 4 婚 姻 離 婚 等 の 動 向 未 婚 率 の 推 移 未 婚 率 の 推 移 をみると 男 女 ともに 平 成 2 年 (99 年 )から 比 較 すると 各 年 代 とも 上 昇 傾 向 となっています なかでも 平 成 22 年 (2 年 )では 男 女 ともに 3~34 歳 の 半 数 以 上 が 未 婚 となっています < 男 性 > < 女 性 > % % 8% 6% 4% 2% % 94.% 94.2% 96.% 96.5% 94.% 79.8% 64.3% 66.9% 69.3% 72.6% 57.% 57.7% 45.3% 42.9% 46.% 34.9% 3.6% 33.% 22.% 23.2% 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 22 年 8% 6% 4% 2% % 94.5% 92.6% 88.2% 89.7% 9.2% 77.% 7.3% 62.6% 64.4% 38.% 56.5% 3.9% 46.3% 9.7%.% 2.9% 24.8% 6.9%.9% 3.8% 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 22 年 2~24 歳 25~29 歳 2~24 歳 25~29 歳 3~34 歳 35~39 歳 3~34 歳 35~39 歳 男 女 総 数 未 婚 有 配 偶 死 別 離 別 総 数 未 婚 有 配 偶 死 別 離 別 昭 和 6 年 2, , ,7 599, 平 成 2 年 2, , ,39 62, 平 成 7 年 2, , ,59 644, 平 成 2 年 2, , , , 平 成 7 年 2, , ,677 53, 平 成 22 年 2,36 546, ,445 52, 配 偶 関 係 不 詳 含 む 婚 姻 離 婚 等 の 推 移 資 料 : 国 勢 調 査 婚 姻 数 をみると 平 成 2 年 (29 年 )から 平 成 24 年 (22 年 )は 減 少 しています が 平 成 25 年 (25 年 )で 増 加 しています 一 方 離 婚 数 をみると 平 成 2 年 (29 年 )から 減 少 していますが 平 成 24 年 (22 年 )から 増 加 しています 平 成 2 年 平 成 2 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 婚 姻 数 離 婚 数 婚 姻 率 ( 人 口 千 対 ) 離 婚 率 ( 人 口 千 対 ) 資 料 : 和 歌 山 県 人 口 動 態 統 計

14 (3) 雇 用 就 労 の 状 況 労 働 人 口 の 推 移 労 働 人 口 の 推 移 をみると 昭 和 6 年 (985 年 )より 年 々 減 少 傾 向 となり 平 成 22 年 (2 年 )の 労 働 力 率 は 5.9%と 昭 和 6 年 (985 年 )から 8.% 低 下 しています 男 女 別 の 労 働 力 をみると 女 性 は 特 に 大 きな 変 化 はみられませんが 男 性 は 昭 和 6 年 (985 年 )には 7 割 を 超 えていたのが 平 成 22 年 (2 年 )には 6 割 程 度 低 下 して います 7, 6, 5, 4, 3, 2,, 6,4 5,926 5, % 5,339 3, % 55.% 54.4% 3,33 3,63 2,93 4,93 4, % 65% 6% 55% 5.9% 2,636 2,326 5% 45% 昭 和 6 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 22 年 5 歳 以 上 人 口 労 働 人 口 労 働 力 率 4% 労 働 力 率 ( 男 性 ) 労 働 力 率 ( 女 性 ) 9% 9% 8% 7% 74.9% 72.% 7.4% 68.7% 65.4% 63.3% 8% 7% 6% 6% 5% 5% 43.4% 4.3% 4.6% 4.8% 43.4% 42.4% 4% 4% 3% 3% 昭 和 6 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 22 年 昭 和 6 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 22 年 資 料 : 国 勢 調 査 2

15 2 産 (3 部 門 ) 別 就 者 数 の 推 移 産 別 就 者 数 の 推 移 をみると いずれの 産 も 減 少 傾 向 となっていますが 第 2 次 産 が 5 割 を 超 える 減 少 となり 次 いで 第 次 産 が 約 3 割 第 2 次 産 が 約 2 割 の 減 少 とな っています 産 別 就 者 数 の 割 合 を 国 と 県 と 比 較 すると 第 次 産 の 占 める 割 合 が 多 く 第 3 次 産 の 割 合 が 少 ないのが 特 徴 となっています 昭 和 6 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 22 年 第 次 産 第 2 次 産 第 3 次 産 3 産 分 類 別 就 人 口 の 状 況 % 2% 4% 6% 8% % 九 度 山 町 23.2% 2.5% 56.3% 和 歌 山 県 9.6% 22.4% 68.% 国 4.2% 25.2% 7.6% 第 次 産 第 2 次 産 第 3 次 産 資 料 : 国 勢 調 査 ( 右 は 平 成 22 年 ) 産 分 類 別 就 人 口 をみると 男 女 ともに 農 が 多 く 次 いで 男 性 は 製 造 女 性 は 医 療 福 祉 の 順 となっています 特 化 係 数 をみると 農 が 特 化 して 高 くなっています 農, 林 う ち 農 鉱, 採 石, 砂 利 採 取 建 設 製 造 電 気 ガ ス 熱 供 給 水 道 情 報 通 信 運 輸, 郵 便 卸 売, 小 売 金 融, 保 険 不 動 産, 物 品 賃 貸 学 術 研 究, 専 門 技 術 サ ー ビ ス 宿 泊, 飲 食 サ ー ビ ス 生 活 関 連 サ ー ビ ス, 娯 楽 教 育, 学 習 支 援 医 療, 福 祉 複 合 サ ー ビ ス 事 サ ー ビ ス ( 他 に 分 類 さ れ な い も の ) 公 務 ( 他 に 分 類 さ れ る も の を 除 く ) 分 類 不 能 の 産. 男 性 女 性 特 化 係 数 ( 男 性 ) 特 化 係 数 ( 女 性 ) 資 料 : 平 成 22 年 国 勢 調 査 3

16 4 年 齢 別 産 人 口 割 合 の 状 況 年 齢 別 産 人 口 の 割 合 をみると 農 林 は 6 歳 代 以 上 が 7 割 を 占 め 高 齢 化 が 進 んでいます 情 報 通 信 宿 泊 飲 食 サービス 生 活 関 連 サービス 娯 楽 医 療 福 祉 は 5~29 歳 の 割 合 が 多 くみられます % 2% 4% 6% 8% % 農, 林 (N=538) 鉱, 採 石, 砂 利 採 取 (N=) 建 設 (N=34) 製 造 (N=34) 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 (N=9) 情 報 通 信 (N=4) 運 輸, 郵 便 (N=4) 卸 売, 小 売 (N=3) 金 融, 保 険 (N=33) 不 動 産, 物 品 賃 貸 (N=8) 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス (N=25) 宿 泊, 飲 食 サービス (N=67) 生 活 関 連 サービス, 娯 楽 (N=57) 教 育, 学 習 支 援 (N=3) 医 療, 福 祉 (N=258) 複 合 サービス 事 (N=38) サービス ( 他 に 分 類 されないもの)(N=2) 公 務 ( 他 に 分 類 されるものを 除 く)(N=9) 分 類 不 能 の 産 (N=8) 5~29 歳 3~39 歳 4~49 歳 5~59 歳 6~69 歳 7~79 歳 8 歳 以 上 グラフ 内 のNは 就 者 数 を 表 しています 資 料 : 平 成 22 年 国 勢 調 査 4

17 第 2 章 将 来 人 口 推 計 分 析 現 況 のまとめ 課 題 () 人 口 の 推 移 本 町 の 総 人 口 は 減 少 傾 向 にあるとともに 少 子 高 齢 化 が 一 層 進 み 年 齢 3 区 分 別 人 口 構 成 をみると 老 齢 人 口 比 率 が3 割 を 超 え 年 少 人 口 は 割 をきる 状 況 となっています 本 町 においては 昭 和 6 年 (985 年 )から 平 成 22 年 (2 年 )にかけて 総 人 口 の 減 少 が 32.9%と 3 割 を 超 える 状 況 となり 人 口 減 少 の 歯 止 めをしていくことが 最 重 要 課 題 となっています (2) 人 口 動 態 本 町 の 過 去 年 間 の 自 然 増 減 の 年 平 均 は 約 56 人 社 会 増 減 の 年 平 均 は 約 58 人 と 年 平 均 人 を 超 える 減 少 となっています 性 別 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 (5 年 間 )の 状 況 では 進 学 や 就 職 結 婚 など 人 生 の 転 機 にあ たる 時 期 の 転 出 超 過 が 多 くみられるとともに 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 転 出 超 過 も 多 く 入 院 や 施 設 入 所 などの 影 響 によるものと 考 えられます また 最 近 の 人 口 移 動 先 は 転 入 先 転 出 先 ともに 隣 接 している 橋 本 市 が 多 く 本 町 の 近 隣 都 市 で 通 学 通 勤 により 便 利 な 場 所 に 移 動 していることが 考 えられます 出 生 数 と 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 をみると 出 生 数 は 減 少 傾 向 となっているものの 合 計 特 殊 出 生 率 はやや 上 昇 しています 未 婚 率 の 推 移 をみると 男 女 ともに 3 歳 代 の 未 婚 率 が 上 昇 し 女 性 よりも 男 性 の 未 婚 率 は 高 くなっています また 婚 姻 率 の 上 昇 はみられるものの 離 婚 率 も 上 昇 しています 本 町 は 少 子 高 齢 化 が 進 むなか 出 生 数 の 減 少 だけでなく 転 入 転 出 ともに 若 年 層 が 多 い ことと 未 婚 率 も 上 昇 傾 向 となっていることが 人 口 減 少 の 大 きな 要 因 となっています まずは 少 子 化 対 策 と 若 年 層 が 住 み 続 けたくなるまちづくりが 重 要 課 題 となっています (3) 雇 用 就 労 の 状 況 本 町 の 労 働 人 口 は 減 少 傾 向 となり 平 成 22 年 (2 年 )の 国 勢 調 査 では 5 歳 以 上 人 口 の 約 半 数 となっています また 女 性 よりの 男 性 の 労 働 力 が 大 きく 低 下 しています 昭 和 6 年 (985 年 )と 平 成 22 年 (2 年 )の 産 別 就 者 数 ( 国 勢 調 査 )の 各 部 門 の 割 合 は 第 次 産 と 第 2 次 産 が 減 少 し 第 3 次 産 が 増 加 しています また 産 分 類 別 就 人 口 をみると 男 女 ともに 農 が 多 く 次 いで 男 性 は 製 造 女 性 は 医 療 福 祉 となっています 特 化 係 数 をみると 男 女 ともに 農 が 5. を 超 え 基 幹 産 となっているこ とが 現 れています 就 者 数 の 最 も 多 い 農 は 6 歳 未 満 が 3 割 程 度 で 7 割 が 6 歳 以 上 と 高 齢 化 が 進 んで います 製 造 卸 売 小 売 は 各 年 齢 層 のバランスがとれた 割 合 となっています 本 町 の 基 幹 産 である 農 従 事 者 は 高 齢 化 が 進 み 後 継 者 不 足 が 大 きな 問 題 となっていま す また 製 造 や 卸 売 小 売 の 就 者 に 若 年 層 が 多 くみられ 今 後 は 若 年 層 が 就 農 で きる 環 境 づくり 新 たな 6 次 産 化 への 転 換 によって 新 しい 発 想 での 加 工 品 の 開 発 や 販 売 ルートの 拡 大 観 光 と 連 携 した 商 品 開 発 の 促 進 など 若 者 の 就 できる 環 境 づくりと 仕 組 みづ くりが 重 要 課 題 となっています 5

18 2 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ( 社 人 研 )による 人 口 推 計 影 響 度 社 人 研 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 )によると 本 町 の 人 口 は,527 人 まで 減 少 するとさ れています また 人 口 減 少 段 階 の 分 析 によると 老 年 人 口 のピークは 平 成 27 年 (25 年 )となり それ 以 降 は 減 少 が 続 くとされています 6, 5, 4, 3, 2,, 将 来 人 口 推 計 4,957 4,476 4,48 3,64 3,25 2,887 2,55 2,247,982,744,527 人 口 減 少 段 階 の 分 析 総 人 口 年 少 人 口 生 産 年 齢 人 口 老 年 人 口 人 口 分 析 人 口 推 計 の 具 体 的 方 法 コーホート( 同 時 出 生 集 団 ) 要 因 法 基 本 的 な 属 性 である 男 女 年 齢 別 の ある 年 の 人 口 を 基 準 として 出 生 死 亡 移 動 に 関 する 将 来 の 仮 定 値 をあて はめて 将 来 推 計 をする 方 法 () 左 記 の 基 準 人 口 : 平 成 22 年 国 勢 調 査 人 口 ( 男 女 5 階 級 別 人 口 ) (2) 将 来 の 子 ども 女 性 比 (3) 将 来 の ~4 歳 性 比 (4) 将 来 の 生 存 率 (5) 将 来 の 純 移 動 率 はじめに () 及 び(2)~(5)の 仮 定 値 を 設 定 する 次 に 基 準 人 口 に (4)と(5)の 和 を 乗 じることによって 基 準 時 点 からの 5 年 後 の 5 歳 以 上 人 口 を 算 出 する そして 推 計 された 5~49 歳 女 性 人 口 に 5 年 後 の 女 性 比 の 仮 定 値 及 び ~4 歳 性 比 の 仮 定 値 を 乗 じることによって 男 女 別 ~4 歳 人 口 を 算 出 する 以 後 推 計 目 標 年 次 まで 同 じ 計 算 を 繰 り 返 す 人 口 減 少 段 階 一 般 的 に 第 段 階 : 老 年 人 口 の 増 加 ( 総 人 口 の 減 少 ) 第 2 段 階 : 老 年 人 口 の 維 持 微 減 第 3 段 階 : 老 年 人 口 の 減 少 の3つの 段 階 を 経 て 進 行 するとされ ている 今 後 の 人 口 減 少 について 大 きく3 段 階 でみると 第 段 階 は 若 年 人 口 は 減 少 するが 老 年 人 口 は 増 加 する 時 期 (2 年 ~24 年 ) 第 2 段 階 は 若 年 人 口 の 減 少 が 加 速 す るとともに 老 年 人 口 が 維 持 から 微 減 へと 転 じる 時 期 (24~26 年 ) 第 3 段 階 は 若 年 人 口 の 減 少 が 一 層 加 速 化 し 老 年 人 口 も 減 少 していく 時 期 (26 年 以 降 )となります これを 2~24 年 の 地 域 別 の 人 口 動 向 ( 社 人 研 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 3 月 推 計 ) にあてはめると 過 疎 地 域 の 市 町 村 は 既 に 第 3 段 階 に 入 っているとし 2 年 から 24 年 までの 間 に 過 疎 地 域 の 市 町 村 では 4%と 急 速 に 人 口 が 減 少 する ことになります 本 町 では 既 にこの 第 3 段 階 に 入 っており 早 急 に 人 口 増 加 対 策 を 行 わないと 将 来 町 の 存 立 が 脅 かされる 状 況 あります 6

19 年 齢 3 区 分 別 のこれまでの 実 績 値 と 平 成 72 年 (26 年 )までの 推 計 値 をみると 平 成 72 年 (26 年 )では 生 産 年 齢 人 口 (5~64 歳 )が 674 人 老 年 人 口 が 747 人 と 生 産 年 齢 人 口 人 で. 人 の 高 齢 者 を 支 えることになります 出 生 率 と 移 動 率 を 早 急 に 改 善 していく 対 策 が 必 要 となっています 8, 7, 国 勢 調 査 実 績 値 社 人 研 人 口 推 計 値 の 推 移 ( 年 齢 3 区 分 別 ) 実 績 値 推 計 値 単 位 : 人 6, 5, 4, 3, 2,,,226,334,564,639,75,783 4,778 4,592,8 4,84,746,67 3,7,449 3,8,3 2,698,82 2,268,59, , , ,39,36,49,67 93, ~4 歳 5~64 歳 65 歳 以 上 人 口 の 変 化 が 地 域 の 将 来 に 与 える 影 響 人 口 の 減 少 と 農 等 産 全 般 における 人 材 不 足 人 口 の 減 少 による 購 買 数 の 減 少 や 従 事 者 の 高 齢 化 と 担 い 手 不 足 により 今 後 は 産 全 般 の 縮 小 傾 向 雇 用 機 会 の 減 少 が 懸 念 されます 2 若 者 の 流 出 や 晩 婚 化 による 出 生 数 子 どもの 減 少 若 者 が 流 出 し 晩 婚 化 が 進 行 すると 現 在 の 合 計 特 出 生 率 を 維 持 できない 状 況 となり 子 どもの 数 が 減 少 するために 保 育 所 小 中 学 校 などの 維 持 が 難 しくなる 状 況 が 想 定 され ます 7

20 3 アンケート 結 果 等 による 結 婚 出 産 子 育 てや 移 住 に 関 する 意 識 希 望 等 の 将 来 推 計 九 度 山 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 策 定 にあたり 町 民 の 結 婚 出 産 子 育 てや 移 住 に 関 しての 意 識 調 査 を 行 いました その 結 果 に 基 づき 本 町 の 将 来 推 計 を 策 定 していき ます () 結 婚 について アンケート 回 収 者 の 既 婚 の 割 合 は 57.2% 未 婚 の 割 合 は 39.% 無 回 答 が 3.8%とな っています 8~4 歳 代 未 婚 者 の 結 婚 を 希 望 する 割 合 は 8.4% 結 婚 したい 年 齢 は 24~29 歳 が 54.4%と 半 数 を 超 え 既 婚 者 の 結 婚 した 年 齢 は 7 歳 代 以 上 を 除 き 24~29 歳 の 割 合 が どの 年 齢 層 も 最 も 高 くなっています 現 在 男 女 ともに 25~29 歳 の 未 婚 率 が 7 割 を 超 えており この 結 果 にある 希 望 通 りの 年 齢 で 結 婚 がかなった 場 合 を 反 映 した 将 来 推 計 を 検 討 していきます 結 婚 の 希 望 (8~4 歳 代 の 未 婚 ) % 2% 4% 6% 8% % 結 婚 したい 年 齢 ( 結 婚 希 望 者 ) % 2% 4% 6% 8% % 全 体 (N=7) 男 性 (N=35) 8.4% 82.9% 8.6% 7.% 全 体 (N=57) 男 性 (N=29) 54.4% 58.6% 22.8% 5.3% 27.6% 7.5% 6.9% 6.9% 8~9 歳 (N=7) 85.7% 4.3% 8~9 歳 (N=6) 83.3% 6.7% 2 歳 代 (N=8).% 2 歳 代 (N=8) 66.7% 33.3% 3 歳 代 (N=5) 4.% 6.% 3 歳 代 (N=2) 5.% 5.% 4 歳 代 (N=5) 6.% 4.% 4 歳 代 (N=3) 33.3% 66.7% 女 性 (N=35) 8.% 2.% 女 性 (N=28) 46.4% 7.9% 3.6% 32.% 8~9 歳 (N=6) 83.3% 6.7% 8~9 歳 (N=5) 8.%.% 2.% 2 歳 代 (N=9) 89.5%.5% 2 歳 代 (N=7) 52.9% 23.5%.% 23.5% 3 歳 代 (N=6) 4 歳 代 (N=4) 25.% 83.3% 75.% 6.7% 3 歳 代 (N=5) 4 歳 代 (N=).% 2.% 2.%.% 6.% 結 婚 はしたい 結 婚 はしたくない 24~29 歳 3~35 歳 36 歳 以 上 無 回 答 既 婚 者 - 結 婚 した 年 齢 % 2% 4% 6% 8% % 全 体 (N=35) 25.9% 2 歳 代 (N=3).% 3 歳 代 (N=) 27.3% 4 歳 代 (N=22) 8.2% 5 歳 代 (N=33) 24.2% 6 歳 代 (N=27) 29.6% 7 歳 代 (N=29) 3.% 8 歳 以 上 (N=) 3.% 4.%.% 27.3% 5.% 54.5% 4.7% 24.% 3.4% 3.4%.%.% 4.% 3.7% 6.3% 27.3% 8.2% 27.3% 4.5% 2.% 9.% 4.8% 3.7%.% 37.9% 5.% 8~23 歳 24~29 歳 3~35 歳 36 歳 以 上 無 回 答 8

21 (2) 出 産 について アンケート 回 収 者 2 歳 ~4 歳 代 の 現 在 の 子 どもの 数 の 割 合 は 2 人 が 最 も 高 く 4.7% 次 いで 人 と 3 人 が 3.9% 4 人 以 上 が 5.6%の 順 となっています また 理 想 の 子 どもの 数 の 割 合 は 2 人 が 33.3%と/3を 占 め 次 いで 3 人 が 6.7% 4 人 が 2.8%となり 3 人 を 理 想 とする 割 合 が 現 在 の 3 人 の 割 合 よりやや 上 回 ってい ます また 既 婚 者 の 第 一 子 が 生 まれた 年 齢 では 7 歳 以 上 の 年 齢 層 を 除 いた 年 齢 層 で 24 ~29 歳 が 最 も 高 い 割 合 となっています 一 方 8~4 歳 代 未 婚 者 の 第 一 子 が 欲 しい 年 齢 では 26~29 歳 の 割 合 が 最 も 高 くなっています 社 人 研 による 国 民 希 望 出 生 率 は 以 下 の 通 りです ( 有 配 偶 者 割 合 夫 婦 の 予 定 子 ども 数 + 独 身 者 割 合 独 身 者 のうち 結 婚 を 希 望 する 者 の 割 合 独 身 者 の 希 望 の 子 ども 数 ) 離 死 別 等 の 影 響 国 民 希 望 出 生 率 :.8 (34% 2.7 人 +(-34%) 89% 2.2 人 ).938 九 度 山 町 :.8 (33% 2.5 人 +(-33%) 87.5%.98 人 ).938 有 配 偶 者 割 合 :H22 国 勢 調 査 2~39 歳 子 どもの 数 (2~3 歳 代 ):アンケート 結 果 を 基 準 にしています 九 度 山 町 の 希 望 出 生 率 は 社 人 研 の 結 果 とほぼ 一 致 しています 既 婚 者 - 現 在 の 子 どもの 数 % 2% 4% 6% 8% % 既 婚 者 - 理 想 の 子 どもの 数 % 2% 4% 6% 8% % 全 体 (N=36) 3.9% 4.7% 3.9% 5.6% 25.% 全 体 (N=36) 33.3% 6.7% 2.8% 47.2% 2 歳 代 (N=3) 66.7% 33.3% 2 歳 代 (N=3) 33.3% 66.7% 3 歳 代 (N=) 9.% 36.4% 9.% 45.5% 3 歳 代 (N=) 8.2% 8.2% 63.6% 4 歳 代 (N=22) 9.% 45.5% 8.2% 9.% 8.2% 4 歳 代 (N=22) 4.9% 9.% 45.5% 4.5% 人 2 人 3 人 4 人 以 上 無 回 答 未 婚 者 - 希 望 の 子 どもの 数 % 2% 4% 6% 8% % 全 体 (N=74) 6.8% 7.6% 6.8% 9.5% 5.4% 人 2 人 3 人 4 人 以 上 無 回 答 既 婚 者 - 第 一 子 が 生 まれた 年 齢 % 2% 4% 6% 8% % 全 体 (N=35) 25.9% 4.% 4.% 6.3% 3.7% 2 歳 代 (N=3).% 8~9 歳 (N=4).% 85.7% 7.% 7.% 3 歳 代 (N=) 27.3% 27.3% 27.3% 8.2% 2 歳 代 (N=38) 5.3% 8.6% 3.2% 4 歳 代 (N=22) 5 歳 代 (N=33) 8.2% 24.2% 5.% 54.5% 27.3% 4.5% 2.% 9.% 3 歳 代 (N=2) 8.3% 58.3% 25.% 8.3% 4 歳 代 (N=) 2.% 3.% 3.% 2.% 人 2 人 3 人 4 人 以 上 希 望 しない 無 回 答 未 婚 者 - 第 一 子 が 欲 しい 年 齢 % 2% 4% 6% 8% % 6 歳 代 (N=27) 29.6% 4.7% 4.8%.% 3.7% 7 歳 代 (N=29) 3.% 24.% 3.4% 3.4% 37.9% 8 歳 以 上 (N=) 3.%.% 5.%.% 8~23 歳 24~29 歳 3~35 歳 36 歳 以 上 無 回 答 全 体 (N=72) 23.6% 2.8%.4% 54.2% 8~9 歳 (N=4) 35.7% 28.6% 35.7% 2 歳 代 (N=38) 3.6% 28.9% 2.6% 36.8% 3 歳 代 (N=2).% 4 歳 代 (N=8).% 26~29 歳 3~35 歳 36 歳 以 上 無 回 答 9

22 (3) 子 育 てについて 本 町 の 子 育 てしやすいまちの 満 足 度 について 全 体 をみると 子 育 てしやすいと 思 う は 37.% どちらともいえない は 39.% 思 わない は 2.6%と どちらともいえ ない 割 合 が 高 く 既 婚 者 と 未 婚 者 別 の 回 答 をみると 既 婚 者 は 思 う 割 合 が 高 く 未 婚 者 は どちらともいえない 割 合 が 高 くなっています また 子 育 て 支 援 についての 満 足 度 は 満 足 ( 満 足 とやや 満 足 の 計 ) は 26.6% どちらともいえない は 59.8% 不 満 (や や 不 満 と 不 満 の 計 ) は 3.6%となり 重 要 度 は 重 要 ( 重 要 とやや 重 要 の 計 ) は 7.2% どちらともいえない は 28.3% 重 要 でない は.5%となっています この 結 果 をみると 子 育 て 支 援 等 について 重 要 とされているにもかかわらず どちらとも いえない 割 合 が 多 いことから 全 町 民 が 子 育 てしやすいまち の 認 識 をもつような 対 策 を し 出 生 率 の 向 上 を 図 っていくことが 重 要 です 今 回 のアンケート 調 査 のなかで 九 度 山 町 で 子 育 てをしていくうえで 必 要 なこと の 質 問 で 仕 事 と 子 育 て 生 活 の 両 立 支 援 の 割 合 が 高 いことを 参 考 に 支 援 策 を 図 っていきます 九 度 山 町 の 子 育 てしやすいまちの 満 足 度 % 2% 4% 6% 8% % 全 体 (N=23) 既 婚 者 (N=35) 2 歳 代 (N=3) 3 歳 代 (N=) 4 歳 代 (N=22) 5 歳 代 (N=33) 6 歳 以 上 (N=66) 未 婚 者 (N=85) 8~9 歳 (N=4) 2 歳 代 (N=38) 3 歳 代 (N=2) 4 歳 代 (N=) 5 歳 以 上 (N=) 37.% 4.7% 54.5% 36.4% 45.5% 39.4% 32.5% 35.7% 3.6% 33.3% 3.% 2.%.% 2.6%.9%.% 39.% 37.8%.3% 9.6% 9.% 36.4% 3.6% 45.5% 4.5% 8.2% 33.3% 3.% 9.% 34.8% 6.7% 5.7% 4.3% 2.% 6.7% 42.2% 9.6% 42.9% 7.% 39.5% 7.9% 4.7% 8.3% 6.%.% 5.% 2.% 子 育 てしていくうえで 必 要 なこと 子 育 て 支 援 環 境 の 整 備 地 域 家 庭 におけ る 子 育 て 支 援 の 充 実 仕 事 と 子 育 て 生 活 の 両 立 支 援 思 う 思 わない どちらともいえない 無 回 答 子 どもが 安 全 安 心 に 過 ごせるま ちづくり 必 要 なときに 子 ど もを 預 けられる 保 育 所 や 学 童 保 育 所 の 充 実 高 校 に 安 心 して 進 学 できる 学 力 の 向 上 子 どもが 安 心 し て 遊 べる 公 園 や 施 設 援 助 の 必 要 な 家 庭 への 支 援 全 体 (N=23) 4.8% 9.6% 47.4% 27.8% 28.3% 3.5% 3.% 9.6% 3.% 8.3% 既 婚 者 (N=35) 4.8% 9.3% 5.4% 28.% 33.3% 6.3%.% 5.9% 2.2% 6.7% 2 歳 代 (N=3).%.% 66.7% 33.3%.% 33.3% 33.3%.% 33.3%.% 3 歳 代 (N=) 27.3% 8.2% 45.5% 8.2% 36.4% 36.4% 9.% 9.%.%.% 4 歳 代 (N=22) 9.% 9.% 63.6% 36.4% 8.2% 3.8% 8.2% 4.5%.% 4.5% 5 歳 代 (N=33) 8.2% 2.2% 54.5% 24.2% 48.5% 6.% 2.% 6.% 3.%.% 6 歳 以 上 (N=66) 3.6% 22.7% 43.9% 28.8% 3.8% 2.% 7.6% 6.%.5% 2.% 未 婚 者 (N=85) 5.7% 2.5% 47.% 28.9% 2.5% 8.4% 8.% 6.9% 4.8% 4.8% 8~9 歳 (N=4) 2.4% 35.7% 42.9% 35.7% 7.%.% 28.6% 2.4%.%.% 2 歳 代 (N=38) 8.4% 28.9% 57.9% 2.% 3.6% 3.2% 3.2% 7.9%.% 2.6% 3 歳 代 (N=2).%.% 33.3% 4.7% 6.7% 8.3% 25.% 33.3% 6.7% 8.3% 4 歳 代 (N=) 2.%.% 6.% 2.% 2.%.%.% 2.%.%.% 5 歳 以 上 (N=).%.% 2.% 4.%.%.% 2.% 2.%.% 2.% その 他 無 回 答 2

23 (4) 地 方 移 住 への 希 望 について 就 職 を 希 望 している 該 当 者 は 5 人 となり 九 度 山 町 から 通 勤 を 希 望 している 割 合 が 6 割 を 超 えています 性 別 でみると 男 性 より 女 性 がやや 希 望 している 割 合 が 高 くなっていま す 年 齢 別 でみても 九 度 山 町 から 通 勤 を 希 望 している 割 合 がそれぞれ 高 くなっていること から 町 内 や 橋 本 伊 都 圏 域 での 雇 用 の 創 出 を 図 り 町 外 への 人 口 流 出 を 防 ぐことが 必 要 とな っています 九 度 山 町 民 になった 経 緯 としては 生 まれてからずっと 住 み 続 けている 割 合 が 高 くなっ ていますが 性 別 にみると 女 性 は 半 数 以 上 がUターンか 移 住 してきています 移 住 の 理 由 の 多 くは 結 婚 をきっかけにしていることがあげられています また 九 度 山 町 に 住 み 続 ける 意 向 は 今 後 もずっと 住 み 続 けたい と できればこのまち に 住 みたい 割 合 を 合 わせると 7 割 を 超 えています 九 度 山 町 の 重 要 課 題 である 人 口 の 流 出 を 抑 制 するには 住 み 続 けたいと 思 うまちづくりが 必 要 となっています 就 職 を 希 望 している 場 所 % 2% 4% 6% 8% % 全 体 (N=5) 男 性 (N=3) 8~9 歳 (N=8) 2 歳 代 (N=) 3 4 歳 代 (N=3) 5 歳 以 上 (N=9) 女 性 (N=9) 8~9 歳 (N=5) 2 歳 代 (N=6) 3 4 歳 代 (N=3) 5 歳 以 上 (N=5) 66.7% 67.7% 62.5% 45.5% 8.2%.% 88.9% 68.4% 8.% 5.% 66.7% 8.% 9.8% 6.5% 9.6% 22.6% 3.9% 3.2% 37.5% 27.3% 9.%.%.5% 5.8% 5.3% 2.% 33.3% 6.7% 33.3% 2.% 九 度 山 町 から 通 勤 できるところ 和 歌 山 県 内 大 阪 府 その 他 九 度 山 町 民 になった 経 緯 % 2% 4% 6% 8% % 今 後 も 九 度 山 町 に 住 み 続 ける 意 向 % 2% 4% 6% 8% % 全 体 (N=23) 男 性 (N=8) 8~9 歳 (N=8) 2 歳 代 (N=2) 3 歳 代 (N=8) 4 歳 代 (N=6) 5 歳 代 (N=9) 6 歳 以 上 (N=37) 女 性 (N=2) 8~9 歳 (N=6) 2 歳 代 (N=2) 3 歳 代 (N=5) 4 歳 代 (N=6) 5 歳 代 (N=9) 6 歳 以 上 (N=44) 57.8%.4% 22.2% 7.8%.7% 全 体 (N=23) 49.6% 23.9% 7.8%.9% 4.3% 3.5% 7.4%.% 5.7%.9% 男 性 (N=8) 55.6% 23.% 7.4% 9.3% 2.8%.9%.9% 62.5%.% 37.5% 8~9 歳 (N=8) 37.5% 25.% 2.5% 2.5% 2.5% 8.% 5.% 5.% 2 歳 代 (N=2) 2.% 5.% 2.% 5.% 5.% 87.5% 2.5% 3 歳 代 (N=8) 5.% 2.5% 2.5% 25.% 68.8% 25.% 6.3% 4 歳 代 (N=6) 56.3% 8.8% 6.3% 8.8% 84.2% 5.3% 5.3% 5.3% 5 歳 代 (N=9) 78.9%.5% 5.3% 5.3% 56.8% 6.2% 24.3% 2.7% 6 歳 以 上 (N=37) 67.6% 8.9% 8.% 2.7% 2.7% 46.3% 9.9% 28.% 3.2% 2.5% 女 性 (N=2) 43.8% 24.8% 8.3% 6.6% 2.4% 4.% 83.3% 6.7% 8~9 歳 (N=6) 33.3% 6.7% 6.7% 33.3% 8.% 9.% 2 歳 代 (N=2) 9.5% 42.9% 9.5% 9.5% 28.6% 4.% 2.% 4.% 3 歳 代 (N=5) 3.3% 4.% 2.% 26.7% 25.% 8.8% 43.8% 2.5% 4 歳 代 (N=6) 56.3% 25.% 6.3% 2.5% 52.6% 5.3% 26.3% 5.8% 5 歳 代 (N=9) 63.2% 5.8% 5.3% 5.8% 3.8%.4% 25.% 25.% 6.8% 6 歳 以 上 (N=44) 59.% 5.9% 4.5% 6.8%.4% 2.3% 今 後 もずっと 住 み 続 けたい できればこのまちに 住 みたい 生 まれてからずっと 住 んでいる どちらかと 言 えば 町 外 に 移 りたい 町 外 へ 移 りたい 九 度 山 町 で 生 まれ 一 旦 町 外 へ 住 んでいたが 地 元 に 戻 り 住 んでいる わからない 無 回 答 九 度 山 町 出 身 ではないが 移 住 してきた その 他 無 回 答 2

24 4 仮 定 値 による 将 来 人 口 推 計 (4パターン) 現 在 の 合 計 特 殊 出 生 率 をもとに 九 度 山 町 の 将 来 人 口 推 計 を 4 パターンから 検 討 していき ます シミュレーション : 仮 に 合 計 特 殊 出 生 率 が.8 まで 上 昇 し かつ 人 口 移 動 が 均 衡 した とした 場 合 ( 転 入 転 出 数 が 同 数 となり 移 動 がゼロとなった 場 合 ) シミュレーション2: 仮 に 合 計 特 殊 出 生 率 が.8 まで 上 昇 し 移 動 率 が 現 在 の 半 分 とし た 場 合 シミュレーション3: 全 国 の 移 動 率 が 今 後 一 定 に 縮 小 すると 仮 定 した 場 合 ( 社 人 研 推 計 準 拠 ) シミュレーション4: 仮 に 合 計 特 殊 出 生 率 が 人 口 置 換 水 準 ( 人 口 を 長 期 的 に 一 定 に 保 てる 水 準 の 2.)まで 上 昇 し かつ 人 口 移 動 が 均 衡 したとした 場 合 ( 転 入 転 出 数 が 同 数 となり 移 動 がゼロとなった 場 合 ) シミュレーション シミュレーション 2 シミュレーション 3 シミュレーション 合 計 特 出 生 率 総 人 口 4,957 4,677 4,392 4,26 3,885 3,656 3,436 3,239 3,72 2,928 2,8 合 計 特 出 生 率 総 人 口 4,957 4,678 4,263 3,86 3,492 3,98 2,969 2,772 2,597 2,44 2,34 合 計 特 出 生 率 総 人 口 4,957 4,476 4,48 3,64 3,25 2,887 2,55 2,247,982,744,527 合 計 特 出 生 率 総 人 口 4,957 4,677 4,392 4,39 3,926 3,722 3,529 3,36 3,222 3, 3,2 6, 仮 定 値 による 将 来 人 口 推 計 5, 4, 3, 2,, 2 年 25 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 シミュレーション シミュレーション3 シミュレーション2 シミュレーション4 仮 定 値 による 人 口 推 計 結 果 のまとめ シミュレーション: 九 度 山 町 の 希 望 出 生 率 を 実 現 し 社 会 移 動 率 がバランスし となった 場 合 社 人 研 のトレンド 推 計 値 より 26 年 時 点 で 約,3 人 の 人 口 増 となり 人 口 減 少 の 抑 制 効 果 は 高 い シミュレーション2: の 場 合 よりも 5 年 早 く 希 望 出 生 率 を 実 現 するが 社 会 移 動 率 が /2 の 場 合 社 人 研 の 推 計 値 よりも 26 年 時 点 で 約 8 人 の 人 口 増 となり に 比 べると 実 現 性 は 高 いが 人 口 減 少 の 抑 制 効 果 は 低 い シミュレーション3:これまでのトレンドの 出 生 率 及 び 社 会 移 動 率 ( 減 少 )が 継 続 した 場 合 26 年 の 人 口 が,527 人 となり 町 の 存 亡 の 危 機 となることから 推 計 値 としては 望 ましくない シミュレーション4: 希 望 出 生 率 を 人 口 置 換 水 準 (2.)とし 社 会 移 動 率 をとした 場 合 社 人 研 のトレンド 推 計 値 より 26 年 時 点 で 約,5 人 の 人 口 増 となり 人 口 減 少 の 抑 制 効 果 は 最 も 高 い 22

25 第 3 章 本 町 の 将 来 展 望 目 指 すべき 将 来 の 方 向 性 本 町 における 現 状 での 人 口 動 態 を 分 析 すると 今 後 人 口 減 少 はますます 加 速 することが 想 定 されることから 早 急 に 対 応 していく 必 要 があります そのためには 若 年 層 の 流 出 の 減 少 と 流 入 の 増 加 を 図 る 定 住 施 策 を 充 実 し 若 い 人 が 結 婚 しやすく 子 どもを 産 み 育 てやす い 環 境 づくりを 行 うことが 必 要 です そして いつまでも 住 み 続 けたいまち 移 住 したいまち と 言 われるまちづくりの 取 組 を 進 め 地 方 創 生 の 実 現 を 目 指 します () 本 町 への 転 入 の 増 加 と 転 出 の 減 少 を 図 り 若 者 が 住 みたいと 思 うまち 移 住 したいと 思 うまちづくりを 推 進 していきます (2) 若 者 が 安 心 して 定 住 し 結 婚 出 産 子 育 てがしやすい 環 境 づくりを 推 進 していきます (3) 本 町 の 特 徴 である 柿 栽 培 を 核 とした 農 や 世 界 遺 産 に 代 表 される 豊 かな 歴 史 文 化 及 び 自 然 を 活 用 した 観 光 交 流 の 振 興 や 付 加 価 値 の 高 い 産 を 育 成 し 最 大 限 にPRし 若 者 が 定 着 し 移 住 者 が 増 加 する 安 定 した 雇 用 を 生 み 出 す 取 組 を 推 進 していきます (4) 安 全 で 安 心 して 暮 らせるふるさとづくり 小 さなまちの 特 徴 を 活 かし みんなの 顔 が 見 え コミュニティが 豊 かで 住 みやすい 住 環 境 や 心 優 しいふるさとづくりを 目 指 し 子 どもから 高 齢 者 まで 健 康 で 生 き 生 きとした 暮 らしが 実 現 できるまちづくりを 推 進 していきます 2 人 口 の 将 来 展 望 本 町 の 人 口 の 将 来 展 望 は 3,2 人 とします そのためには 合 計 特 殊 出 生 率 を 現 在 の.3 から 23 年 までに 2. を 目 指 します そのために 4つの 目 指 すべき 将 来 の 方 向 性 を 実 施 し 人 口 減 少 に 歯 止 めをかけ 次 世 代 へとつなげていきます めざす 将 来 人 口 推 計 6, 5, 4, 3, 4,957,786 4,677 4,392 4,39 3,926 3,722 3,529,845 3,36 3,222,794 3, 3,2,667,277,528,392,63, , 5, 4, 3, 2, 2,7 2,45 2,7 2,5,9,797,72,682,679,646,597 2,,, 年 25 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 年 少 人 口 老 年 人 口 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 ) 社 人 研 生 産 年 齢 人 口 総 人 口 23

26 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 発 行 : 九 度 山 町 編 集 : 九 度 山 町 役 場 企 画 公 室 和 歌 山 県 伊 都 郡 九 度 山 町 大 字 九 度 山 9 TEL: FAX:

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

第1章 甘楽町人口ビジョン

第1章 甘楽町人口ビジョン 第 1 章 甘 楽 町 口 ビジョン 1. 甘 楽 町 口 ビジョンの 位 置 づけ 国 県 の 口 ビジョンを 勘 案 しつつ 甘 楽 町 における 口 の 現 状 を 分 析 し 口 に 関 する 町 民 の 認 識 を 共 有 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 口 の 将 来 展 望 を 掲 示 する ものです この 甘 楽 町 口 ビジョンは 甘 楽 町 版 総 合 戦 略

More information

人口ビジョン報告書

人口ビジョン報告書 資 料 1 柴 田 町 人 口 ビジョン ( 案 ) 宮 城 県 柴 田 町 27 年 9 月 目 次 第 1 章 総 論... 1 第 1 節 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 目 的 と 位 置 づけ... 1 1 国 県 の 動 き... 1 2 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 計 画 期 間... 7 第 2 章 人 口 ビジョン... 9 第 1 節 柴 田 町

More information

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題...

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 資 料 2 木 更 津 市 人 口 ビジョン 素 案 木 更 津 市 目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 9 1 就 職 段 階 における

More information

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28 吉 野 川 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 策 定 のための アンケート 調 査 結 果 概 要 版 平 成 27 年 7 月 吉 野 川 市 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 調 査 は 今 年 度 策 定 する 地 方 版 総 合 戦 略 において まち ひと しごと 創 生 の 実 現 に 向 けた 効 果 的 な 施 策 を 推 進 するため また 地 方 版

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

sora

sora 地 域 と 人 をつなぐ 確 かな 暮 らしあなんTOWN! 総 合 戦 略 [ 阿 南 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 ] 平 成 28 年 2 月 阿 南 町 - 目 次 - はじめに... 1 第 1 章 計 画 の 概 要... 3 1. 計 画 の 位 置 づけ... 3 2. 計 画 期 間... 5 3.まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考

More information

目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的

目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的 辰 野 町 ビジョン ( 初 版 ) 平 成 27 (215 )1 月 辰 野 町 目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的 視 点... 2

More information

熊 本 市 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 熊 本 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 2 1 人 口 動 向 分 析 2 (1) 総 人 口 の 推 移 2 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 3 (3) 人 口 構 造 の 変 化 4 (4) 総 人 口 変 遷 と 出 生 死 亡 数 転 入 転 出 数 の 推 移 5 (5) 総 人 口 の

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率 まち ひと しごと 創 生 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン 平 成 27 年 10 月 三 戸 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少

More information

Microsoft Word - 伊勢原市人口ビジョン

Microsoft Word - 伊勢原市人口ビジョン 伊 勢 原 市 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 伊 勢 原 市 目 次 1. 伊 勢 原 市 人 口 ビジョンの 策 定 にあたって 1 1-1. 人 口 ビジョンの 基 本 的 な 考 え 方 1 1-2. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 2 1-3. 人 口 ビジョンの 全 体 構 成 2 2. 人 口 の 現 状 分 析 3 2-1. 人 口 構 造 人 口 動 向 等 の

More information

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

独 身 の 方 を 対 象 とした 設 問 において 独 身 生 活 の 利 点 として 行 動 や 生 き 方 が 自 由 (79.0%) 金 銭 的 な 自 由 度 (45.2%)を 挙 げる 回 答 が 多 かった また 結 婚 を 考 えたときに 気 になる 点 としては お 金 が 自 由

独 身 の 方 を 対 象 とした 設 問 において 独 身 生 活 の 利 点 として 行 動 や 生 き 方 が 自 由 (79.0%) 金 銭 的 な 自 由 度 (45.2%)を 挙 げる 回 答 が 多 かった また 結 婚 を 考 えたときに 気 になる 点 としては お 金 が 自 由 第 3 回 小 平 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 推 進 委 員 会 資 料 3 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 小 平 市 人 口 ビジョンについて 1. 小 平 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 推 進 委 員 会 ( 以 下 推 進 委 員 会 という ) 第 1 回 目 の おさらい 小 平 市 は 社 会 増 減 ( 転 出 転 入 )がほぼ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63> ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要...1......1 3 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要...............2 12 あなた( 市 の

More information

目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1) 伊 佐 市 の 人 口 の 推 移 (2) 人 口 動 態 (3) 社 会 増 減 に 影 響 を 与 える 要 因 (4) 自 然 増 減 に 影

目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1) 伊 佐 市 の 人 口 の 推 移 (2) 人 口 動 態 (3) 社 会 増 減 に 影 響 を 与 える 要 因 (4) 自 然 増 減 に 影 伊 佐 市 人 口 ビジョン 伊 佐 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 鹿 児 島 県 伊 佐 市 若 い 世 代 が 魅 力 を 感 じ 楽 しみ 学 び 育 ち 交 流 するまち ~ 自 然 の 恵 みを 取 り 込 み 光 り 輝 く~ 目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1)

More information

目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の

目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の パブリックコメント 本 庄 市 人 口 ビジョン ( 案 ) 平 成 28 年 3 月 本 庄 市 目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の

More information

標準テンプレート

標準テンプレート 資 料 鎌 倉 市 地 方 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 概 要 目 次 0. 要 約 II. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) a. 属 性 I. 市 民 対 象 調 査 a. 属 性 b. 晩 婚 化 の 要 因 の 把 握 c. 希 望 の 子 どもの 数 d. 出 生 率 の 低 下 の 要 因 の 把 握 e. 夫 婦 の 出 生 力 の 低 下 の 背 景 となる

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

まち ひと しごと創生 東庄町総合戦略 案 平成 28 年 3 月 東 庄 町 目 次 第 1 章 東 庄 町 総 合 戦 略 について...1 (1) 総 合 戦 略 策 定 の 背 景...1 (2) 計 画 期 間...1 (3) 人 口 ビジョンとの 関 係...1 (4) 第 5 次 総 合 計 画 との 整 合 性 の 確 保...2 (5) 東 庄 町 における 方 向 性...2

More information

参 考 資 料 4 当 別 町 人 口 ビジョン( 案 ) 平 成 27 年 7 月 版 当 別 町 目 次 1 人 口 動 向 分 析... 1 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 1 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (3) 出 生 死 亡 転 入 転 出 の 推 移... 6 (4) 総 人 口 の 推 移 に 与 えてきた

More information

<4D F736F F D20926E95FB916E90B B836795AA90CD8C8B89CA5F F4390B3>

<4D F736F F D20926E95FB916E90B B836795AA90CD8C8B89CA5F F4390B3> 美 馬 市 地 方 創 生 アンケート 分 析 結 果 平 成 27 年 10 月 美 馬 市 目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート 調 査 1 1. 調 査 概 要 1 2. 結 果 概 要 3 3. 分 析 結 果 9 Ⅱ. 高 校 生 進 路 ( 進 学 就 職 ) アンケート 調 査 28 1. 調 査 概 要 28 2. 結 果 概 要 30 3. 分 析

More information

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5 海 津 市 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 係 る アンケート 調 査 ~ 調 査 ご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 から 市 政 の 推 進 にご 理 解 ご 協 力 をいただきまして ありがとうございます このたび 海 津 市 では 国 のまち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 に 基 づ き 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 を 示 したうえで 本 市

More information

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216 平 成 26 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 26 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8> 第 2 章 住 まい まちづくりの 課 題 これまで 整 理 した 能 代 市 の 住 宅 住 環 境 の 現 況 及 び 住 民 意 向 調 査 結 果 上 位 関 連 計 画 等 を 考 慮 すると 1. 高 齢 化 の 進 展 2. 社 会 ニーズの 多 様 化 3. 住 宅 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 4. 能 代 市 独 自 の 地 域 性 5. 市 営 住 宅 ストックの 質

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63> ま ち づ く り に 関 す る ア ン ケ ー ト 調 査 平 市 人 口 ン 平 市 合 策 定 のための 市 掟 調 査 アンケート 調 査 へのご のお 願 い 平 市 では 平 成 27 拢 までに 平 市 人 口 ン 平 市 合 を 策 定 することとし 現 在 その 準 備 作 業 を 進 めております 合 は 本 市 が に て る 捯 を 人 口 が 捠 に 進 捯 する 現 在

More information

Microsoft Word - ★美瑛町人口ビジョン.docx

Microsoft Word - ★美瑛町人口ビジョン.docx 美 瑛 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 4 日 美 瑛 町 目 次 Ⅰ 地 方 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 策 定 の 背 景... 1 1 背 景... 1 2 美 瑛 町 人 口 ビジョン 美 瑛 町 総 合 戦 略 の 策 定 にあたって... 1 Ⅱ 美 瑛 町 の 成 り 立 ちと 発 展 の 経 過... 2 1 沿 革... 2 2 まちの 特 徴... 3

More information

目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総

目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総 下 條 村 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 平 成 28 年 3 月 下 條 村 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総 合 戦

More information

玉 城 町 まち ひと しごと 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 報 告 書 平 成 28 年 2 月 三 重 県 玉 城 町 目 次 1 調 査 結 果 報 告 書 の 概 要 1 (1) 調 査 実 施 の 概 要 1 ア 調 査 概 要 1 イ 調 査 の 目 的 1 (2) 調 査 対 象 者 と 配 布 数 及 び 回 収 結 果 1 ア 調 査 対 象 と 抽 出 方 法

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

表 紙 裏

表 紙 裏 資 料 1 白 岡 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 アンケート 調 査 結 果 報 告 書 ( 速 報 値 ) 平 成 27 年 7 月 白 岡 市 表 紙 裏 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 2 2 調 査 概 要... 2 3 報 告 書 の 見 方... 2 Ⅱ. 調 査 結 果 将 来 設 計 に 関 するアンケート 調 査... 3 あなた

More information

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6 羽 島 市 第 六 次 総 合 計 画 策 定 に 関 する 市 民 アンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 平 成 25 年 11 月 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

56 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 町 政 24.7 41.7 12.9 7.9 9.4 5 事 業 の 企 画 検 討 11.6 42.7 22.4 9.8 12.5 2 各 種 計 画 17.0 45.4 17.0 8.3 11.0 6 町 民 の 声 を 聞 く 姿 勢 16.2 34.4 21.3 15.4 9.8

More information

1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総

1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総 資 料 多 々 良 沼 夕 景 92 1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総 合 計 画 審 議 委 員 会 市 民 教 育 機 関 等 (

More information

目 次 はじめに Ⅰ. 笠 岡 市 人 口 現 状 分 析 1. 人 口 推 移 2. 人 口 動 態 3. 年 齢 3 区 分 別 人 口 及 び 人 口 ピラミッド 4. 人 口 移 動 5. 昼 間 人 口 6. 出 生 率 と 出 生 数 7. 現 状 で 人 口 将 来 予 測 Ⅱ. 笠

目 次 はじめに Ⅰ. 笠 岡 市 人 口 現 状 分 析 1. 人 口 推 移 2. 人 口 動 態 3. 年 齢 3 区 分 別 人 口 及 び 人 口 ピラミッド 4. 人 口 移 動 5. 昼 間 人 口 6. 出 生 率 と 出 生 数 7. 現 状 で 人 口 将 来 予 測 Ⅱ. 笠 笠 岡 市 人 口 ビジョン ( 未 定 稿 ) 平 成 27 年 6 月 22 日 岡 山 県 笠 岡 市 目 次 はじめに Ⅰ. 笠 岡 市 人 口 現 状 分 析 1. 人 口 推 移 2. 人 口 動 態 3. 年 齢 3 区 分 別 人 口 及 び 人 口 ピラミッド 4. 人 口 移 動 5. 昼 間 人 口 6. 出 生 率 と 出 生 数 7. 現 状 で 人 口 将 来 予 測 Ⅱ.

More information

目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 について... 2 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 設 計... 2 (4) 回 収 結 果... 3 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2. 回 答 者 の 属 性... 4 (1) 一 般 市 民 調 査... 4 (2) 企 業 調 査... 11 Ⅱ. 調 査 結 果 ( 一

More information

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた 資 料 5 加 古 川 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 素 案 ) 加 古 川 市 目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配 資 料 -2.1 移 住 交 流 定 住 に 関 するアンケート 調 査 結 果 1 目 的 東 北 地 方 への 定 住 の 可 能 性 とその 条 件 また 東 北 地 方 への 来 訪 ( 交 流 )の 可 能 性 とその 条 件 を 探 る 2 調 査 方 法 インターネットによる Web 調 査 ( 株 式 会 社 インテージ) 3 調 査 対 象 インテージモニターを 対 象 1 対 象

More information

目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 死 亡 の 状 況... 3 (3) 転 入 転 出 の 状 況... 5

目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 死 亡 の 状 況... 3 (3) 転 入 転 出 の 状 況... 5 陸 前 高 田 市 人 口 ビジョン 及 び まち ひと しごと 総 合 戦 略 ( 案 ) ~ノーマライゼーションという 言 葉 のいらないまち 陸 前 高 田 ~ 平 成 28 年 1 月 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 宮 崎 県 の 住 宅 事 情 2010 年 宮 崎 県 県 土 整 備 部 建 築 住 宅 課 は じ め に 本 県 の 住 宅 事 情 は 量 的 には 概 ね 充 足 していますが 統 計 調 査 の 結 果 をみます と 様 々な 要 因 から 現 在 の 住 まいに 不 満 を 持 つ 世 帯 が28.1% 存 在 し バリアフリ ー 化 された 住 宅 の 割 合 が5.3% 新 耐

More information

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え 215 年 1 月 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 中 国 支 店 株 式 会 社 日 本 経 済 研 究 所 総 務 本 部 経 営 企 画 部 人 口 減 少 時 代 における 広 島 都 市 圏 の 現 状 と 女 性 の 就 業 状 況 < 要 旨 > - 国 勢 調 査 にみる 人 口 動 向 を 中 心 に- 広 島 都 市 圏 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口

More information

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル 年 金 相 談 マニュアル Contents 年 金 相 談 マニュアル 入 門 編 目 次 ( 入 門 編 ) 第 1 章 年 金 相 談 の 心 得... 1 1 相 談 担 当 職 員 としての 心 構 え... 3 2 一 般 的 な 相 談 の 対 応... 7 3 お 客 様 の 声 への 対 応... 17 4 個 人 情 報 保 護... 22 5 相 談 対 象 者 の 確 認...

More information

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積 第 2 章 佐 賀 市 の 住 宅 の 現 状 と 課 題 1. 住 宅 住 環 境 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 と 住 宅 事 情 1 本 市 の 人 口 は 7 年 の 246,674 人 をピークに 減 尐 に 転 じており 15 年 間 で 約 9,000 人 減 尐 しています 今 後 も 減 尐 傾 向 と 推 計 されています また 本 市 の 世 帯 数 は 27 年 まで

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った 地 方 創 生 の 推 進 に 向 けて Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 2 税 源 の 偏 在 性 が 小 さく 税 収 が 安 定 的 な 地 方 税 体 系 の 構 築 Ⅱ 思 い 切 った 施 策 の 展 開 と 必 要 な 財 源 の 確 保 等 1 地 方 創 生 人 口 減 少

More information

H27報告書

H27報告書 平 成 27 年 印 西 市 市 民 満 足 調 査 報 告 書 平 成 28 年 3 月 印 西 市 目 次 第 1 章 調 査 の 概 1 1. 調 査 の 目 的 3 2. 調 査 方 法 3 3. 回 収 状 況 3 4. 調 査 項 目 3 5. 地 域 区 分 4 6. 調 査 結 果 を 見 る 上 での 注 意 事 項 5 7. 考 慮 すべき 標 本 誤 差 6 第 2 章 調

More information

愛 知 県 常 滑 市 人 口 /58,284 人 ( 平 成 28 年 1 月 末 日 現 在 ) 世 帯 /23,472 世 帯 ( 平 成 28 年 1 月 末 日 現 在 ) 面 積 /55.89 km2 北 緯 /34 度 53 分 東 経 /136 度 5 分 東 西 /6 km 南 北

愛 知 県 常 滑 市 人 口 /58,284 人 ( 平 成 28 年 1 月 末 日 現 在 ) 世 帯 /23,472 世 帯 ( 平 成 28 年 1 月 末 日 現 在 ) 面 積 /55.89 km2 北 緯 /34 度 53 分 東 経 /136 度 5 分 東 西 /6 km 南 北 常 滑 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 愛 知 県 常 滑 市 愛 知 県 常 滑 市 人 口 /58,284 人 ( 平 成 28 年 1 月 末 日 現 在 ) 世 帯 /23,472 世 帯 ( 平 成 28 年 1 月 末 日 現 在 ) 面 積 /55.89 km2 北 緯 /34 度 53 分 東 経 /136 度 5 分 東 西 /6 km 南

More information

<8DC4837D83588A54977694C58A6D92E85F907D94928D953130303231322E78>

<8DC4837D83588A54977694C58A6D92E85F907D94928D953130303231322E78> 三 田 市 公 営 住 宅 再 生 マスタープラン 概 要 版 平 成 22 年 3 月 三 田 市 --------------------------------------------------------------------- 1 (1) 計 画 の 目 的 ----------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 推 進

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 推 進 まち ひと しごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 平 成 27 年 12 月 青 森 県 鰺 ヶ 沢 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略

More information

Microsoft Word - ◎0309(最終確認)_坂東市人口ビジョン

Microsoft Word - ◎0309(最終確認)_坂東市人口ビジョン 坂 東 市 人 口 ビジョン 坂 東 市 平 成 28 年 3 月 目 次 第 1 章 人 口 ビジョンの 策 定 にあって 1 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 趣 旨 1 2. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 1 第 2 章 坂 東 市 の 人 口 動 向 3 1. 人 口 の 推 移 3 (1) 総 人 口 の 推 移 3 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移

More information

- 目 次 - Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1 調 査 の 背 景 1 2 調 査 の 目 的 1 3 調 査 の 対 象 方 法 1 4 調 査 の 内 容 1 5 回 収 の 結 果 2 6 調 査 結 果 の 見 方 2 Ⅱ 調 査 結 果 の 概 要 3 Ⅲ 回 答 者 の 属 性 8 1 性 別 と 年 齢 8 2 配 偶 関 係 11 3 家 族 構 成 14 4 育 児 の 必 要 な

More information

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島 経 営 発 達 支 援 画 策 定 推 進 事 業 鶴 ヶ 島 市 地 域 経 済 状 況 調 査 分 析 事 業 平 成 27 年 4 月 30 日 鶴 ヶ 島 市 商 工 会 株 式 会 社 ぶぎん 地 域 経 済 研 究 所 目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統

More information

( 別 紙 ) まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン - 国 民 の 認 識 の 共 有 と 未 来 への 選 択 を 目 指 して-

( 別 紙 ) まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン - 国 民 の 認 識 の 共 有 と 未 来 への 選 択 を 目 指 して- 参 考 2 まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョンについて 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 る まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョンについて 別 紙 のとおり 定 め ( 別 紙 ) まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン - 国 民 の 認 識 の 共 有 と 未 来 への 選 択 を 目 指 して- まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン ( 目

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

周 南 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 策 定 に 関 する 調 査 分 析 務 周 南 市 の 人 口 及 び 経 済 構 造 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 28 年 1 月 公 益 社 団 法 人 中 国 地 方 総 合 センター 目 次 Ⅰ 務 の 概 要 1. 務 の 目 的 1 2. 務 の 内 容 1 3. 務 の 期 間 1 4. 産 連 関 表 について

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

19

19 資 料 編 18 19 1) 村 民 アンケート 調 査 結 果 ( 結 婚 出 産 子 育 て 定 住 移 住 に 関 するアンケート 調 査 ) ( 定 住 移 住 に 関 するアンケート 調 査 ) 1アンケート 概 要 アンケート 実 施 期 間 : 平 成 27 年 11 月 26 日 ~ 平 成 28 年 1 月 15 日 配 布 部 数 800 部 回 答 部 数 :79 部 回 収

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

これからの 福 利 厚 生 のあり 方 について 福 利 厚 生 ガイドブック これからの 福 利 厚 生 のあり 方 について (1) 発 行 部 数 総 ページ 枚 数 1 万 部 42 ページ (2) 監 修 株 式 会 社 ニッセイ 基 礎 研 究 所 (3) 要 約 < 企 業 の 福 利

これからの 福 利 厚 生 のあり 方 について 福 利 厚 生 ガイドブック これからの 福 利 厚 生 のあり 方 について (1) 発 行 部 数 総 ページ 枚 数 1 万 部 42 ページ (2) 監 修 株 式 会 社 ニッセイ 基 礎 研 究 所 (3) 要 約 < 企 業 の 福 利 平 成 28 年 1 月 19 日 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 福 利 厚 生 ガイドブック これからの 福 利 厚 生 のあり 方 について および ニッセイ 福 利 厚 生 アンケート 調 査 報 告 書 の 発 行 について 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 社 長 : 筒 井 義 信 以 下 当 社 )は 企 業 団 体 のお 客 様 向 けに これから の 福 利 厚

More information

人 口 減 少 問 題 対 策 に 関 する 提 言 書 平 成 27 年 1 月 羽 生 市 人 口 減 少 問 題 対 策 プロジェクトチーム 目 次 1. 提 言 書 とりまとめの 目 的 1 2. 提 言 書 の 位 置 づけ 1 3. 本 市 人 口 の 現 状 1 4.アンケート 結 果 の 分 析 と 取 り 組 みの 方 向 性 4 5. 人 口 減 少 対 策 施 策 事 業 提

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

3 節 農 業 経 営 体 と 農 業 就 業 者 の 動 向 農 業 就 業 人 口 の 平 均 年 齢 は 多 くの 地 域 において 65 歳 を 超 えていますが 都 道 府 県 別 にみると その 様 相 は 異 なります 広 島 県 (70.4 歳 ) 山 口 県 (70.3 歳 ) 島

3 節 農 業 経 営 体 と 農 業 就 業 者 の 動 向 農 業 就 業 人 口 の 平 均 年 齢 は 多 くの 地 域 において 65 歳 を 超 えていますが 都 道 府 県 別 にみると その 様 相 は 異 なります 広 島 県 (70.4 歳 ) 山 口 県 (70.3 歳 ) 島 () 農 業 就 業 者 の 動 向 ( 農 業 就 業 人 口 は 引 き 続 き 減 少 高 齢 化 ) 農 業 就 業 人 口 は 平 成 (010) 年 には 61 万 人 となり 平 成 1(000) 年 と 比 べ 33% 平 成 17(005) 年 と 比 べ % 減 少 しています 1 この 減 少 の 要 因 は 高 齢 化 による 離 農 のほか 小 規 模 農 家 の 農 業

More information

世 田 谷 区 将 来 人 口 の 推 計 26 年 2 月 世 田 谷 区 目 次 1 人 口 推 計 の 方 法 2 1.1 人 口 推 計 にあたり 2 1.2 推 計 方 法 3 2 世 田 谷 区 全 域 の 将 来 人 口 推 計 ( 日 本 人 のみ) 4 2.1 3つの 変 動 要 因 ( 出 生 死 亡 移 動 )の 将 来 値 設 定 4 2.2 総 人 口 と 男 女 別 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

JOB台帳の略件名

JOB台帳の略件名 参 考 資 料 -2 鳥 羽 市 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 第 一 次 速 報 版 平 成 27 年 8 月 31 日 目 次 1 アンケート 調 査 の 概 要... 1 1.1 調 査 の 目 的... 1 1.2 調 査 の 方 法 及 び 回 収 状 況... 1 2 アンケート 集 計 結 果... 2 2.1 鳥 羽 市 への 愛 着 住 みやすさ 定 住 意 向 について...

More information

南 相 馬 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 案 ) ( 概 要 版 ) 平 成 26 年 11 月 南 相 馬 市 1 計 画 の 概 要 (1) 計 画 の 位 置 づけ 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 61 条 第 7 項 に 定 める 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 あるとともに 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 第 8 条

More information

目 次 第 2 章 総 合 戦 略 第 1 節 基 本 的 な 考 え 方 1-1 総 合 戦 略 の 位 置 付 け 総 戦 - 1 1-2 総 合 戦 略 の 計 画 期 間 総 戦 - 1 1-3 国 の 総 合 戦 略 との 関 係 総 戦 - 2 1-4 熊 本 県 の 総 合 戦 略 と

目 次 第 2 章 総 合 戦 略 第 1 節 基 本 的 な 考 え 方 1-1 総 合 戦 略 の 位 置 付 け 総 戦 - 1 1-2 総 合 戦 略 の 計 画 期 間 総 戦 - 1 1-3 国 の 総 合 戦 略 との 関 係 総 戦 - 2 1-4 熊 本 県 の 総 合 戦 略 と 氷 川 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 総 合 戦 略 ( 案 ) 平 成 27 年 11 月 氷 川 町 西 日 本 測 量 設 計 目 次 第 2 章 総 合 戦 略 第 1 節 基 本 的 な 考 え 方 1-1 総 合 戦 略 の 位 置 付 け 総 戦 - 1 1-2 総 合 戦 略 の 計 画 期 間 総 戦 - 1 1-3 国 の 総 合 戦 略 との 関 係 総 戦

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

目 次 本 書 の 構 成... 1 各 調 査 の 概 要... 1 (1) 市 民 アンケート... 1 (2) 転 出 者 アンケート... 1 (3) 企 業 アンケート... 1 (4) 高 校 大 学 専 門 学 校 アンケート... 2 Ⅰ. 市 民 アンケート... 3 1. 回 答

目 次 本 書 の 構 成... 1 各 調 査 の 概 要... 1 (1) 市 民 アンケート... 1 (2) 転 出 者 アンケート... 1 (3) 企 業 アンケート... 1 (4) 高 校 大 学 専 門 学 校 アンケート... 2 Ⅰ. 市 民 アンケート... 3 1. 回 答 佐 久 市 まち ひと しごと 創 生 に 関 する アンケート 調 査 レポート 平 成 27 年 9 月 25 日 目 次 本 書 の 構 成... 1 各 調 査 の 概 要... 1 (1) 市 民 アンケート... 1 (2) 転 出 者 アンケート... 1 (3) 企 業 アンケート... 1 (4) 高 校 大 学 専 門 学 校 アンケート... 2 Ⅰ. 市 民 アンケート...

More information

女性の年金

女性の年金 日 本 年 金 学 会 シンポジウム 2013 年 11 月 9 日 ( 土 ) 働 く 女 性 のライフコースと 年 金 支 給 開 始 年 齢 ~ 働 く 女 性 のライフコースから 考 える 年 金 支 給 開 始 年 齢 ( 株 )TIMコンサルティング 取 締 役 原 佳 奈 子 論 点 提 示 2 働 く 女 性 に 関 する 制 度 関 連 とライフコースへの 影 響 等 ( 沿 革

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

資 料 1-1 ( 仮 称 ) 郡 山 市 人 口 ビジョン 郡 山 市 総 合 戦 略 策 定 のためのアンケート 調 査 集 計 結 果 報 告 書 平 成 27 年 9 月 郡 山 市 政 策 開 発 部 政 策 開 発 課 1 目 次 実 施 概 要... 1 A. 就 学 結 婚 子 育 て 年 代 に 対 するアンケート 調 査... 1 1. 調 査 の 概 要... 1 2. 家

More information

5 市 民 県 民 申 告 が 必 要 かどうかフローチャート 確 定 申 告 をされますか? 市 民 県 民 申 告 は 必 要 ありません 平 成 28 年 月 日 現 在 市 に 住 ( 住 民 登 録 )がありましたか? 月 日 現 在 住 地 で 申 告 してください 公 的 年 受 給

5 市 民 県 民 申 告 が 必 要 かどうかフローチャート 確 定 申 告 をされますか? 市 民 県 民 申 告 は 必 要 ありません 平 成 28 年 月 日 現 在 市 に 住 ( 住 民 登 録 )がありましたか? 月 日 現 在 住 地 で 申 告 してください 公 的 年 受 給 平 成 28 年 度 市 民 県 民 ( 国 民 健 康 保 険 ) 申 告 ご 案 内 申 告 書 を 提 出 する 必 要 ある 方 平 成 28 年 月 日 に 市 内 に 住 があり 平 成 27 年 中 に があった 方 は 市 民 県 民 申 告 書 を 提 出 してください ただし 次 方 は 申 告 書 を 提 出 する 必 要 はありません () 確 定 申 告 書 を 提 出 した

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F5A91EE837D8358835E815B83768389839381698DC58F4994C530333234816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F5A91EE837D8358835E815B83768389839381698DC58F4994C530333234816A2E646F6378> 目 次 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって -------------------------------------------------------- 1 (1) 背 景 と 目 的 ----------------------------------------------------------------- 2 (2) 計 画 の 位 置 づけと 構 成 -------------------------------------------------------

More information

< 目 次 > 1. 調 査 結 果 の 概 要... 1 (1) 調 査 目 的... 1 (2) 調 査 方 法... 1 (3) 回 答 結 果... 1 2. 市 民 アンケート... 2 (1) 回 答 者 の 属 性 について... 2 1 性 別... 2 2 年 齢... 2 3 居

< 目 次 > 1. 調 査 結 果 の 概 要... 1 (1) 調 査 目 的... 1 (2) 調 査 方 法... 1 (3) 回 答 結 果... 1 2. 市 民 アンケート... 2 (1) 回 答 者 の 属 性 について... 2 1 性 別... 2 2 年 齢... 2 3 居 資 料 5 橿 原 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 関 するアンケート 調 査 報 告 書 平 成 27 年 12 月 橿 原 市 < 目 次 > 1. 調 査 結 果 の 概 要... 1 (1) 調 査 目 的... 1 (2) 調 査 方 法... 1 (3) 回 答 結 果... 1 2. 市 民 アンケート... 2 (1) 回 答 者 の 属 性 について...

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

問 4D 専 門 科 目 受 講 していない 1 0.2 0 0.0 1 0.3 1 0.6 0 0.0 0 0.0 不 熱 心 8 1.3 7 2.4 1 0.3 2 1.1 2 1.0 4 1.8 やや 不 熱 心 45 7.3 27 9.1 17 5.3 9 5.0 12 5.7 24 11.

問 4D 専 門 科 目 受 講 していない 1 0.2 0 0.0 1 0.3 1 0.6 0 0.0 0 0.0 不 熱 心 8 1.3 7 2.4 1 0.3 2 1.1 2 1.0 4 1.8 やや 不 熱 心 45 7.3 27 9.1 17 5.3 9 5.0 12 5.7 24 11. 2015 年 卒 業 生 調 査 集 計 表 ( ) Ⅰ 入 学 時 の 状 況 と 大 学 生 活 問 1 入 学 試 験 形 態 一 般 入 試 413 66.7 201 67.9 211 65.5 93 51.4 152 72.4 159 72.9 AO 入 試 7 1.1 3 1.0 4 1.2 6 3.3 1 0.5 0 0.0 推 薦 入 試 148 23.9 71 24.0 77 23.9

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの

More information

1 福 岡 市 の 将 来 人 口 推 計 ( 基 礎 資 料 ) 平 成 24 年 3 月 福 岡 市 総 務 企 画 局 企 画 調 整 部 目 次 1 福 岡 市 の 人 口 動 向 1-1 人 口 及 び 世 帯 の 概 況 1 (1) 総 人 口 男 女 別 人 口 1 (2) 人 口 動 態 2 (3) 区 別 人 口 4 (4) 年 齢 階 層 別 (3 区 分 ) 人 口 5 (5) 昼

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 結 婚 妊 娠 出 産 育 児 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 文 京 区 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1. 調 査 目 的 3 2. 調 査 項 目 3 3. 調 査 設 計 3 4. 回 収 結 果 3 5. 報 告 書 の 見 方 3 Ⅱ 調 査 回 答 者 の 属 5 (1) 7 (2) 年 齢 7 (3) 同 居 者 8 (4) 現 在 の 暮

More information