目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 尾 花

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花"

Transcription

1 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢

2 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 尾 花 沢 の 将 来 人 口 20 (1) 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 創 成 会 議 による 人 口 推 計 の 比 較 20 (2) 社 人 研 推 計 をベースにしたシミュレーション 22 (3) 人 口 減 少 及 び 高 齢 化 が 将 来 に 及 ぼす 影 響 23 (4) 将 来 の 目 標 人 口 24 (5) 目 標 人 口 の 達 成 に 向 けた 施 策 の 基 本 的 視 点 26

3 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 日 本 の 総 人 口 は 平 成 20(2008) 年 以 降 減 少 局 面 に 入 り 平 成 72(2060) 年 に は 8,674 万 人 と 推 計 されており その 後 も 加 速 度 的 に 進 むことが 予 想 されています 国 においては 全 国 的 な 人 口 減 少 少 子 高 齢 化 社 会 の 中 で 平 成 26 年 11 月 に ま ち ひと しごと 創 生 法 が 成 立 したことに 伴 い 人 口 動 向 を 分 析 し 将 来 展 望 を 示 す まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン が 策 定 されました 本 においても 人 口 減 少 と 高 齢 化 が 進 行 しており 今 後 の 地 域 経 済 などに 大 きな 影 響 を 及 ぼすことが 懸 念 されています 尾 花 沢 人 口 ビジョンは まち ひと しごと 創 生 法 に 基 づき 尾 花 沢 総 合 戦 略 を 策 定 するにあたって 本 の 人 口 の 現 状 を 分 析 することで 人 口 の 現 状 に 対 する 認 識 を 民 と 共 有 するとともに 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 人 口 の 将 来 展 望 を 提 示 するものとして 策 定 したものです 図 1 我 が 国 の 人 口 の 推 移 と 長 期 的 な 見 通 し 14,000 万 人 12,000 万 人 2060 年 10,194 万 人 2110 年 9,026 万 人 10,000 万 人 8,000 万 人 6,000 万 人 2013 年 12,730 万 人 2060 年 8,674 万 人 4,000 万 人 2,000 万 人 0 万 人 合 計 特 殊 出 生 率 が 上 昇 した 場 合 (2030 年 :1.8 程 度 2040 年 :2.07 人 程 度 ) 実 績 (1960~2013 年 ) 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 ( 死 亡 中 位 )) 2110 年 4,286 万 人 内 閣 官 房 まち ひと しごと 創 生 本 部 事 務 局 まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 総 合 戦 略 パンフレット 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 ( 死 亡 中 位 )) 2. 対 象 期 間 本 の 人 口 の 将 来 推 計 によると 今 後 も 人 口 減 少 と 高 齢 化 が 進 むと 推 計 されています 少 子 高 齢 化 に 対 応 したまちづくりを 進 めるため 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 を 25 年 後 の 平 成 52(2040) 年 までとします 1

4 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 1 昭 和 55 年 ~ 平 成 22 年 ( 国 勢 調 査 ) 国 勢 調 査 によると 本 の 総 人 口 は 30 年 間 で 約 6,30 減 少 (-24.9%)しています 年 齢 3 区 分 別 人 口 でみると 0~14 歳 と 15~64 歳 は 減 少 傾 向 65 歳 以 上 は 増 加 から 横 ばいに 推 移 しています 65 歳 以 上 が 減 少 していないため 高 齢 化 率 は 32.5%ま で 上 昇 しています 世 帯 数 に 大 きな 変 動 はありませんが 総 人 口 が 減 少 しているため 一 世 帯 あたりの 人 員 数 は 昭 和 55 年 の 4.39 人 から 平 成 22 年 には 3.55 人 まで 減 少 しています 年 齢 階 級 別 純 移 動 数 をみると 男 性 女 性 ともに 進 学 や 就 職 等 が 考 えられる 10~14 歳 15~19 歳 15~19 歳 20~24 歳 が 大 きく 減 少 しています また 20~24 歳 25~29 歳 の 純 移 動 数 をみると 直 近 では 男 性 がほぼ± 女 性 は 増 加 から 減 少 に 変 化 しています 本 では この 10 歳 から 29 歳 の 年 齢 にかけて 一 度 進 学 や 就 職 等 で 転 出 した 人 の 多 くが 尾 花 沢 に 戻 らないことが 人 口 減 少 の 大 きな 要 因 と 考 えられます 図 2 人 口 世 帯 数 の 推 移 30,00 25,00 20,00 15,00 10,00 5,744 5,746 25,231 24,801 3,235 3,773 17,089 16,162 5,579 5,575 5,562 5,549 23,909 23,127 22,010 20,695 4,411 5,344 6,133 6,434 14,998 13,971 12,772 11,667 5,332 18,955 6,163 10,616 6,000 世 帯 5,000 世 帯 4,000 世 帯 3,000 世 帯 2,000 世 帯 65 歳 以 上 歳 0-14 歳 世 帯 数 5,00 1,000 世 帯 4,907 4,866 4,500 3,812 3,105 2,594 2,176 S55 年 (1980) S60 年 (1985) H2 年 (1990) H7 年 (1995) H12 年 (2000) H17 年 (2005) H22 年 (2010) 0 世 帯 国 勢 調 査 2

5 0~4 歳 5~9 歳 5~9 歳 10~14 歳 10~14 歳 15~19 歳 15~19 歳 20~24 歳 20~24 歳 25~29 歳 25~29 歳 30~34 歳 30~34 歳 35~39 歳 35~39 歳 40~44 歳 40~44 歳 45~49 歳 45~49 歳 50~54 歳 50~54 歳 55~59 歳 55~59 歳 60~64 歳 60~64 歳 65~69 歳 65~69 歳 70~74 歳 70~74 歳 75~79 歳 75~79 歳 80~84 歳 80~84 歳 85~89 歳 85 歳 ~ 90 歳 ~ 0~4 歳 5~9 歳 5~9 歳 10~14 歳 10~14 歳 15~19 歳 15~19 歳 20~24 歳 20~24 歳 25~29 歳 25~29 歳 30~34 歳 30~34 歳 35~39 歳 35~39 歳 40~44 歳 40~44 歳 45~49 歳 45~49 歳 50~54 歳 50~54 歳 55~59 歳 55~59 歳 60~64 歳 60~64 歳 65~69 歳 65~69 歳 70~74 歳 70~74 歳 75~79 歳 75~79 歳 80~84 歳 80~84 歳 85~89 歳 85 歳 ~ 90 歳 ~ 図 3 年 齢 階 級 別 純 移 動 数 ( 男 性 ) S55 年 S60 年 S60 年 H2 年 H2 年 H7 年 H7 年 H12 年 H12 年 H17 年 H17 年 H22 年 国 勢 調 査 図 4 年 齢 階 級 別 純 移 動 数 ( 女 性 ) S55 年 S60 年 S60 年 H2 年 H2 年 H7 年 H7 年 H12 年 H12 年 H17 年 H17 年 H22 年 国 勢 調 査 年 齢 階 級 別 純 移 動 数 とは 5 年 ごとに 行 われる 国 勢 調 査 の 結 果 をもとに とある 年 齢 の 人 数 ( 集 団 )が5 年 後 にどれくらい の 増 減 があったかを 示 すもの 例 : 平 成 17 年 の 男 性 15~19 歳 498 人 が5 年 後 ( 平 成 22 年 )に 327 人 (20~24 歳 ) となった 場 合 15~19 歳 20~24 歳 の 純 移 動 数 は-171 人 となる 3

6 2 平 成 17 年 ~27 年 ( 住 民 基 本 台 帳 人 口 ) 平 成 17 年 以 降 の 各 年 の 推 移 をみると 総 人 口 は 10 年 間 で 3,645 人 減 少 ( 平 均 する と 年 間 約 36 減 少 )しています 年 齢 区 分 別 人 口 では 85 歳 以 上 が 増 加 傾 向 にあります 一 方 特 に 減 少 幅 の 大 きい 年 齢 層 は 15~24 歳 (-895 人 :-40.0%) 0~14 歳 (-726 人 :-28.0%) 65 ~74 歳 (-678 人 :-21.7%) 40~64 歳 (-1,445 人 :-20.3%)となってい ます 人 口 構 成 では 65 歳 以 上 が 占 める 割 合 が 増 加 する 高 齢 化 の 進 行 がみられ 平 成 27 年 の 高 齢 化 率 は 35.6%まで 上 昇 しています 25,00 図 5 総 人 口 と 年 齢 区 分 別 人 口 の 推 移 20,00 15,00 10,00 5,00 21,142 20,817 20,653 20,241 19, , ,100 18, ,316 2, ,667 2, ,033 2,783 1,128 2,756 1,162 2,743 3,126 2,768 2,967 2,806 2,701 2,650 2,675 2,557 2,398 2,220 2,236 2,292 17,856 17,497 1,227 1,325 2,576 2,458 2,373 2,448 7,113 6,958 6,921 6,816 6,671 6,631 6,571 6,399 6,145 5,876 5,668 2,802 2,804 2,881 2,835 2,805 2,775 2,700 2,633 2,600 2,471 2,387 2,235 2,129 2,008 1,882 1,841 1,755 1,697 1,604 1,507 1,414 1,340 2,597 2,536 2,486 2,387 2,282 2,207 2,111 2,033 1,960 1,919 1,871 H17 年 H18 年 H19 年 H20 年 H21 年 H22 年 H23 年 H24 年 H25 年 H26 年 H27 年 住 民 基 本 台 帳 ( 各 年 10 月 1 日 ) 平 成 年 は 日 本 人 のみ 85 歳 以 上 歳 歳 歳 歳 歳 0-14 歳 図 6 人 口 構 成 の 推 移 0-14 歳 歳 歳 歳 歳 歳 85 歳 以 上 H17 年 H18 年 H19 年 H20 年 H21 年 H22 年 H23 年 H24 年 H25 年 H26 年 H27 年 % 20% 40% 60% 80% 100% 住 民 基 本 台 帳 ( 各 年 10 月 1 日 ) 平 成 年 は 日 本 人 のみ 4

7 本 の 人 口 ピラミッドは 男 性 は 60~64 歳 (845 人 ) 女 性 は 80~84 歳 (781 人 )が 最 も 多 く 年 齢 が 低 くなると 減 少 する 傾 向 がみられます 平 成 17 年 から 27 年 までの 10 年 間 で 40% 以 上 減 少 している 年 齢 は 男 性 が 45~ 54 歳 女 性 は 15~24 歳 45~49 歳 70~74 歳 となっています 一 方 男 女 とも に 60~64 歳 と 85 歳 以 上 は 40% 以 上 の 増 加 がみられます 図 7 人 口 ピラミッド( 平 成 17 年 と 27 年 の 比 較 ) 男 性 (H27 年 ) 男 性 (H17 年 ) 女 性 (H27 年 ) 女 性 (H17 年 ) ( 人 ) , 歳 以 上 歳 歳 歳 歳 歳 歳 歳 歳 歳 歳 歳 歳 歳 歳 歳 歳 歳 歳 249 1, ( 人 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 各 年 10 月 1 日 ) 平 成 17 年 は 日 本 人 のみ 5

8 3 地 区 別 人 口 の 推 移 ( 平 成 22 年 ~27 年 : 住 民 基 本 台 帳 人 口 ) すべての 地 区 で 人 口 が 減 少 しています 高 齢 化 率 は 常 盤 地 区 が 40.5%で 最 も 高 く 宮 沢 地 区 39.9% 福 原 地 区 36.6% 玉 野 地 区 35.5% 尾 花 沢 地 区 32.5%と 続 いてい ます 図 8 地 区 別 人 口 の 推 移 ( 平 成 22 年 ~27 年 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 各 年 10 月 1 日 ) 凡 例 は 図 5と 同 じ 9,00 7,50 6,00 尾 花 沢 地 区 8,061 7,973 7,866 7, , ,610 7, ,50 2,639 2,347 3,00 1,50 1,278 1, , H22 年 H23 年 H24 年 H25 年 H26 年 H27 年 5,00 福 原 地 区 5,00 宮 沢 地 区 4,00 4,225 4, ,083 3,948 3,837 3, ,00 3,00 2,00 1, ,516 1, H22 年 H23 年 H24 年 H25 年 H26 年 H27 年 3,00 2,504 2,404 2,347 2,260 2, ,152 2, , H22 年 H23 年 H24 年 H25 年 H26 年 H27 年 5,00 玉 野 地 区 5,00 常 盤 地 区 4,00 4,00 3,00 2, , , ,088 2,034 1,982 1,925 1, H22 年 H23 年 H24 年 H25 年 H26 年 H27 年 6 3,00 2,532 2,449 2,404 2,316 2, ,168 2, , H22 年 H23 年 H24 年 H25 年 H26 年 H27 年

9 (2) 人 口 動 態 1 自 然 動 態 ( 出 生 死 亡 ) 出 生 数 は 平 成 20 年 以 降 10 強 で 推 移 しています 死 亡 数 が 出 生 数 を 大 きく 上 回 っているため 自 然 増 減 は 各 年 でマイナスとなっています 母 親 の 年 齢 別 出 生 割 合 をみると 平 成 23 年 までは 29 歳 以 下 が 占 める 割 合 が 50% 以 上 ありましたが 平 成 24 年 以 降 は 20~24 歳 が 減 少 するとともに 30~34 歳 の 割 合 が 35%を 超 えています 図 9 自 然 動 態 の 推 移 自 然 増 減 死 亡 数 出 生 数 自 然 増 減 出 生 死 亡 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 ( 年 ) 4 統 計 資 料 ( 各 年 1 月 ~12 月 ) 図 10 母 親 の 年 齢 別 出 生 割 合 の 推 移 歳 歳 歳 歳 その 他 H17 年 H18 年 H19 年 H20 年 H21 年 H22 年 H23 年 H24 年 H25 年 H26 年 % 20% 40% 60% 80% 100% 統 計 資 料 ( 各 年 1 月 ~12 月 ) 7

10 2 合 計 特 殊 出 生 率 本 の 合 計 特 殊 出 生 率 ( 一 人 の 女 性 が 一 生 に 産 む 子 どもの 平 均 人 数 )は 県 全 体 の 値 を 上 回 って 推 移 しており 直 近 では 1.61 人 となっています 本 の 数 値 は 近 年 上 昇 傾 向 にありますが 近 隣 自 治 体 では 最 上 町 の 2.0 が 最 も 高 くなっています 図 11 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 2.4 人 2.2 人 2.02 最 上 町 (2.00) 人 舟 形 町 (1.75) 東 根 (1.63) 尾 花 沢 (1.61) 1.6 人 大 石 田 町 (1.59) 県 全 体 (1.47) 1.4 人 1.38 村 山 (1.39) 1.2 人 H16 年 H17 年 H18 年 H19 年 H20 年 H21 年 H22 年 H23 年 H24 年 H25 年 山 形 県 統 計 年 鑑 グラフ 内 の 数 値 は 尾 花 沢 凡 例 内 の 数 値 は 平 成 25 年 の 合 計 特 殊 出 生 率 3 未 婚 率 男 性 の 場 合 25 歳 以 上 はすべて 未 婚 率 が 増 加 しています 女 性 は 全 体 的 に 男 性 より 未 婚 率 は 低 いものの すべての 年 齢 で 増 加 傾 向 にあります 図 12 年 齢 別 未 婚 率 の 推 移 ( 男 性 ) 100% % 歳 50% 歳 歳 歳 25% 歳 歳 0% S60 年 H2 年 H7 年 H12 年 H17 年 H22 年 国 勢 調 査 8

11 図 13 年 齢 別 未 婚 率 の 推 移 ( 女 性 ) 100% 75% 50% 25% 0% S60 年 H2 年 H7 年 H12 年 H17 年 H22 年 歳 歳 歳 歳 歳 歳 国 勢 調 査 9

12 4 社 会 動 態 ( 転 入 転 出 ) 転 出 数 が 転 入 数 を 上 回 っているため 社 会 増 減 は 各 年 マイナスで 推 移 しています 転 入 数 は 平 成 16 年 まで 毎 年 40 前 後 ありましたが 平 成 17 年 以 降 は 大 きく 減 少 して います 全 国 地 方 別 の 転 入 転 出 者 数 をみると 転 入 転 出 ともに 東 北 地 方 が 多 数 を 占 めてい ます 近 隣 自 治 体 からの 転 入 は 山 形 村 山 東 根 大 石 田 町 からが 多 く 転 出 は 25~64 歳 が 東 根 へ 山 形 や 仙 台 への 15~24 歳 の 転 出 が 多 くみられます 図 14 社 会 動 態 の 推 移 社 会 増 減 転 出 数 転 入 数 社 会 増 減 転 入 転 出 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 ( 年 ) 統 計 資 料 ( 各 年 1 月 ~12 月 ) 図 15 全 国 地 方 別 の 転 入 転 出 者 数 ( 平 成 25 年 ) 転 入 者 数 0-14 歳 歳 歳 歳 歳 85 歳 以 上 人 転 出 者 数 0-14 歳 歳 歳 歳 歳 85 歳 以 上 人 北 海 道 東 北 北 関 東 東 京 圏 中 部 関 西 中 国 四 国 九 州 沖 縄 北 海 道 東 北 北 関 東 東 京 圏 中 部 関 西 中 国 四 国 九 州 沖 縄 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 10

13 山 形 米 沢 鶴 岡 酒 田 新 庄 寒 河 江 上 山 村 山 長 井 天 童 東 根 南 陽 河 北 町 大 石 田 町 最 上 町 舟 形 町 青 森 盛 岡 仙 台 秋 田 福 島 0-14 歳 歳 歳 歳 歳 85 歳 以 上 29 人 13 人 16 人 13 人 25 人 22 人 29 人 山 形 米 沢 鶴 岡 酒 田 新 庄 寒 河 江 上 山 村 山 長 井 天 童 東 根 南 陽 河 北 町 大 石 田 町 最 上 町 舟 形 町 青 森 盛 岡 仙 台 秋 田 福 島 0-14 歳 歳 歳 歳 歳 85 歳 以 上 -43 人 -58 人 -35 人 -17 人 -106 人 -32 人 -39 人 図 16 近 隣 自 治 体 からの 転 入 者 数 ( 平 成 25 年 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 図 17 近 隣 自 治 体 への 転 出 者 数 ( 平 成 25 年 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告

14 12 5,680 4,782 3,844 3,048 2,756 2,397 4,235 4,412 4,443 4,361 3,573 3,004 3,814 3,997 4,268 4,462 4,657 4,409 1,00 2,00 3,00 4,00 5,00 6,00 S60 年 H2 年 H7 年 H12 年 H17 年 H22 年 第 1 次 産 第 2 次 産 第 3 次 産 ,20 1,60 A 農 林 う ち 農 B 漁 C 鉱 採 石 砂 利 採 取 D 建 設 E 製 造 F 電 気 ガ ス 熱 供 給 水 道 G 情 報 通 信 H 運 輸 郵 便 I 卸 売 小 売 J 金 融 保 険 K 不 動 産 物 品 賃 貸 L 学 術 研 究 専 門 技 術 サ ー ビ ス M 宿 泊 飲 食 サ ー ビ ス N 生 活 関 連 サ ー ビ ス 娯 楽 O 教 育 学 習 支 援 P 医 療 福 祉 Q 複 合 サ ー ビ ス 事 R サ ー ビ ス ( 他 に 分 類 さ れ な い も の ) S 公 務 ( 他 に 分 類 さ れ る も の を 除 く ) T 分 類 不 能 の 産 男 性 女 性 (3) 産 別 就 者 全 就 者 数 は 減 少 傾 向 にあり 特 に 第 1 次 産 の 就 者 数 は 昭 和 60 年 の 5,68 か ら 平 成 22 年 には 半 数 以 下 の 2,397 人 に 減 少 しています 男 女 別 産 大 分 類 別 就 者 数 をみると 男 性 では 農 製 造 建 設 卸 売 小 売 が 多 くなっています 女 性 は 農 製 造 卸 売 小 売 が 多 いほか 医 療 福 祉 も 60 を 超 えています 図 18 産 別 就 者 数 の 推 移 国 勢 調 査 図 19 男 女 別 産 大 分 類 別 就 者 数 ( 平 成 22 年 ) 国 勢 調 査

15 男 性 女 性 ともに 就 者 数 が 最 も 多 い 農 については 60 歳 代 以 上 が 60%を 超 えて います 第 3 次 産 で 就 者 数 が 50 以 上 の 卸 売 小 売 宿 泊 飲 食 サービス 医 療 福 祉 では 50 歳 代 以 下 の 占 める 割 合 が 75% 以 上 占 めています 図 20 年 齢 別 産 大 分 類 別 就 者 数 構 成 比 ( 平 成 22 年 ) 20 歳 未 満 20 歳 代 30 歳 代 40 歳 代 50 歳 代 60 歳 代 70 歳 代 80 歳 以 上 A 農 林 (2,392 人 ) うち 農 (2,373 人 ) B 漁 (5 人 ) C 鉱 採 石 砂 利 採 取 (3 人 ) D 建 設 (1,01 ) E 製 造 (1,991 人 ) F 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 (11 人 ) G 情 報 通 信 (2 ) H 運 輸 郵 便 (261 人 ) I 卸 売 小 売 (1,234 人 ) J 金 融 保 険 (96 人 ) K 不 動 産 物 品 賃 貸 (44 人 ) L 学 術 研 究 専 門 技 術 サービス (123 人 ) M 宿 泊 飲 食 サービス (513 人 ) N 生 活 関 連 サービス 娯 楽 (289 人 ) O 教 育 学 習 支 援 (263 人 ) P 医 療 福 祉 (802 人 ) Q 複 合 サービス 事 (123 人 ) R サービス ( 他 に 分 類 されないもの) (322 人 ) S 公 務 ( 他 に 分 類 されるものを 除 く) (308 人 ) T 分 類 不 能 の 産 (5 人 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 国 勢 調 査 13

16 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 尾 花 沢 人 口 ビジョン と 尾 花 沢 総 合 戦 略 の 策 定 に 向 けて 実 施 したアンケート 調 査 の 結 果 から まちづくりに 関 する 民 ニーズを 次 のように 整 理 しました 表 1 アンケート 調 査 の 実 施 概 要 実 施 時 期 平 成 27 年 6 月 調 査 対 象 内 在 住 の 18 歳 から 65 歳 未 満 2,00 ( 無 作 為 抽 出 ) 集 計 対 象 数 738 票 ( 配 付 数 の 36.9%) 1 結 婚 について 重 点 的 に 取 り 組 むべき 結 婚 支 援 事 について 安 定 した 雇 用 の 支 援 に 多 くの 回 答 が 集 まっています 既 婚 者 からは 若 い 夫 婦 への 住 まいの 支 援 や 婚 活 イベントなど 出 会 いの 場 の 提 供 についてもニーズが 挙 がっています 図 21 婚 姻 状 況 別 重 点 的 に 取 り 組 むべき 結 婚 支 援 事 ( 複 数 回 答 ) 安 定 した 雇 用 の 支 援 68.7 若 い 夫 婦 への 住 まいの 支 援 41.5 結 婚 祝 い 金 などの 経 済 的 支 援 28.2 婚 活 イベントなど 出 会 いの 場 の 提 供 33.6 結 婚 相 談 窓 口 ( 仲 立 ち) 若 い 世 代 への 結 婚 に 関 する 講 習 会 交 際 術 やマナーなどを 学 ぶ 講 座 全 体 <738> 独 身 ( 未 婚 ) <183> 独 身 ( 婚 姻 歴 あり) <45> 既 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) <499> 結 婚 を 推 奨 するようなPR 行 政 がやる 必 要 はない その 他 無 回 答 % 20% 40% 60% 80% 100% 14

17 2 出 産 育 児 について 予 定 している 子 どもの 人 数 では 2 人 が 42.7%で 最 も 多 いものの 理 想 的 な 子 ど もの 人 数 では 3 人 が 45.5%で 最 多 となっており 理 想 と 現 実 に 差 が 生 じています 理 想 的 な 子 どもの 人 数 に 対 する 障 害 について 子 育 てや 教 育 にお 金 がかかりすぎる との 回 答 が 多 数 みられ 経 済 的 な 理 由 により 理 想 の 人 数 よりも 実 際 の 人 数 が 少 ないこと が 伺 えます が 最 も 注 力 すべき 育 児 サービスでも 若 い 年 代 を 中 心 に 各 種 助 成 をはじめとする 金 銭 的 なサポートや 現 物 給 付 への 高 いニーズがみられます 図 22 予 定 している 子 どもの 人 数 と 理 想 的 な 子 どもの 人 数 ( 単 一 回 答 ) 子 どもはいらない 1 人 2 人 3 人 4 人 5 人 以 上 無 回 答 1.5 予 定 している 子 どもの 人 数 <738> 理 想 的 な 子 どもの 人 数 <738> % 20% 40% 60% 80% 100% 図 23 理 想 的 な 子 どもの 人 数 に 対 する 障 害 ( 複 数 回 答 ) <738> 子 育 てや 教 育 にお 金 がかかりすぎる 68.3 自 分 の 仕 事 に 差 し 支 える 育 児 出 産 の 心 理 的 肉 体 的 な 負 担 年 齢 的 な 問 題 子 どもを 預 ける 施 設 が 整 っていない 子 育 てを 手 助 けしてくれる 人 がいない 配 偶 者 の 家 育 児 への 協 力 が 見 込 めない 妊 娠 出 産 子 育 てに 関 する 情 報 不 足 ほしいけれど できない 家 が 狭 い 上 記 以 外 の 理 由 障 害 は 特 にない 無 回 答 % 20% 40% 60% 80% 100% 15

18 図 24 が 最 も 注 力 すべき 育 児 サービス( 単 一 回 答 ) 幼 稚 園 保 育 所 認 定 こども 園 などの 施 設 の 整 備 子 どもを 預 かる 施 設 の 教 育 保 育 の 質 の 向 上 各 種 助 成 をはじめとする 金 銭 的 なサポートや 現 物 給 付 子 育 てに 関 する 様 々な 講 座 イベント 講 演 会 の 実 施 行 政 が 行 うサービスをこれ 以 上 増 やす 必 要 はない 子 どもを 預 かるサービスの 時 間 の 延 長 子 育 てに 関 する 施 設 サービス イベントなどの 情 報 提 供 の 充 実 子 育 てに 係 る 母 子 の 保 健 医 療 体 制 の 充 実 その 他 無 回 答 1.5 全 体 <738> ~24 歳 <72> ~39 歳 <222> ~64 歳 <441> % 20% 40% 60% 80% 100% 3 住 みやすさについて 他 自 治 体 へ 移 住 意 向 がある 人 の 理 由 では 雪 が 多 いから との 回 答 が 多 数 を 占 めてい ます 居 住 場 所 で 重 視 することについてでは 各 年 齢 ともに 仕 事 がある が 最 も 多 く 40 ~64 歳 では 雪 が 少 ない 交 通 の 便 がよい 医 療 福 祉 のサービスの 充 実 なども 50% 以 上 のニーズが 挙 がっています 一 方 尾 花 沢 の 住 みやすいと 感 じる 点 では 災 害 が 少 ない 自 然 環 境 が 豊 か が 上 位 を 占 めています 図 25 他 自 治 体 へ 移 住 する 理 由 ( 限 定 設 問 複 数 回 答 ) <165> 雪 が 多 いから 78.2 進 学 転 勤 就 のため 31.5 生 活 環 境 がよくないため 29.7 のサービスに 不 満 足 があるため 13.9 子 どもの 学 校 のため 7.3 結 婚 のため 6.7 親 の 介 護 のため 0.6 妊 娠 出 産 のため 0.0 理 由 はない 1.2 上 記 以 外 の 理 由 11.5 無 回 答 0.6 0% 20% 40% 60% 80% 100% 16

19 図 26 年 齢 別 居 住 場 所 で 重 視 すること( 複 数 回 答 ) 仕 事 がある 68.2 雪 が 少 ない 交 通 の 便 がよい 医 療 福 祉 のサービスの 充 実 度 安 心 安 全 な 場 所 買 い 物 をする 店 の 多 さ 41.2 自 然 環 境 が 豊 か 教 育 保 育 のサービスの 充 実 度 家 賃 全 体 <738> 18~24 歳 <72> 25~39 歳 <222> 40~64 歳 <441> 近 所 のつきあい 地 域 活 動 の 活 発 さ 生 まれ 育 った 土 地 移 住 者 への 助 成 制 度 まちの 知 名 度 上 記 以 外 の 理 由 わからない 特 にない 無 回 答 % 20% 40% 60% 80% 100% 図 27 尾 花 沢 の 住 みやすいと 感 じる 点 ( 複 数 回 答 ) 災 害 が 少 ない 自 然 環 境 が 豊 か 職 場 が 近 い 除 雪 体 制 の 充 実 近 所 のつきあい 地 域 活 動 の 活 発 さ 買 い 物 がしやすい 教 育 保 育 のサービス 医 療 福 祉 のサービス 上 記 以 外 の 理 由 わからない 特 にない 無 回 答 <738> 0% 20% 40% 60% 80% 100% 17

20 4 働 くことについて 働 いている 人 の 就 労 場 所 をみると 18~24 歳 では 内 外 の 割 合 がほぼ 同 数 25 歳 以 上 では 内 が 多 いものの 外 も 30% 前 後 となっています 今 後 就 職 や 転 職 の 意 向 がある 人 が 仕 事 を 選 択 する 上 で 重 視 することは 給 与 が 82.5%で 最 も 多 く 次 いで 仕 事 の 内 容 やりがい 休 みの 日 数 ( 有 給 の 取 得 など) が 続 いています 一 方 より 良 い 就 労 場 の 形 成 に 必 要 な 行 政 サービスについてでは 企 情 報 などの 情 報 発 信 就 労 のマッチング 就 労 に 関 する 相 談 窓 口 などに 回 答 が 集 まっています 企 情 報 などの 情 報 発 信 や 企 などと 連 携 した 職 体 験 には 現 在 働 いていない 人 からのニーズが 多 くみられます 図 28 年 齢 別 現 在 の 就 労 場 所 ( 単 一 回 答 ) 働 いていない 内 外 無 回 答 全 体 <738> ~24 歳 <72> ~39 歳 <222> ~64 歳 <441> % 20% 40% 60% 80% 100% 図 29 仕 事 を 選 択 する 上 で 重 視 すること( 限 定 設 問 複 数 回 答 ) <252> 給 与 82.5 仕 事 の 内 容 やりがい 61.5 休 みの 日 数 ( 有 休 の 取 得 など) 57.1 労 働 時 間 50.0 職 場 の 人 間 関 係 44.4 通 勤 時 間 43.3 福 利 厚 生 36.9 介 護 育 休 制 度 の 有 無 20.6 法 令 順 遵 守 (パワハラ セクハラなど) (パワハラ セクハラなど) 16.3 上 記 以 外 2.8 無 回 答 2.0 0% 20% 40% 60% 80% 100% 18

21 図 30 現 在 の 就 労 場 所 別 より 良 い 就 労 場 の 形 成 に 必 要 な 行 政 サービス( 複 数 回 答 ) 企 情 報 などの 情 報 発 信 就 労 のマッチング 就 労 に 関 する 相 談 窓 口 起 支 援 企 などと 連 携 した 職 体 験 合 同 就 職 ( 転 職 ) 説 明 会 職 場 環 境 向 上 のための 企 向 け 広 報 ビジネススキル 向 上 のためのセミナー 全 体 <738> 働 いていない <100> 内 <399> 外 <231> その 他 5.0 無 回 答 9.6 0% 20% 40% 60% 80% 100% 5 理 想 と 考 える の 人 口 規 模 について 若 い 年 代 では 15,000~20,00 に 30% 以 上 の 回 答 が 集 まっていますが 40 ~64 歳 では 20,00 以 上 との 回 答 が 46.5%で 最 も 多 く 年 代 によって 回 答 に 差 がみられます 図 31 年 齢 別 理 想 と 考 える の 人 口 規 模 ( 単 一 回 答 ) 5,00 未 満 5,000~10,00 10,000~15,00 15,000~20,00 20,00 以 上 わからない 無 回 答 全 体 <738> ~24 歳 <72> ~39 歳 <222> ~64 歳 <441> % 20% 40% 60% 80% 100% 19

22 5. 尾 花 沢 の 将 来 人 口 (1) 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 創 成 会 議 による 人 口 推 計 の 比 較 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ( 社 人 研 )と 日 本 創 成 会 議 ( 創 成 会 議 )による 尾 花 沢 の 人 口 推 計 を 比 較 してみると 25 年 後 の 平 成 52(2040) 年 の 総 人 口 は 社 人 研 推 計 (パターン1)が 10,826 人 創 成 会 議 推 計 (パターン2)が 9,542 人 となり 1,284 人 の 差 が 生 じます 図 32 社 人 研 と 創 成 会 議 による 人 口 推 計 ( 総 人 口 )の 比 較 20,00 18,955 18,00 17,382 16,00 14,00 12,00 17,382 15,957 15,723 14,555 14,049 13,242 12,475 パターン1( 社 人 研 推 計 ) パターン2( 創 成 会 議 推 計 ) 12,024 10,826 10,00 10,992 8,00 H22 年 (2010) H27 年 (2015) H32 年 (2020) H37 年 (2025) H42 年 (2030) H47 年 (2035) 9,542 H52 年 (2040) 平 成 22 年 は 国 勢 調 査 結 果 図 33 社 人 研 (パターン1)による 人 口 推 計 ( 年 齢 区 分 別 人 口 ) 20,00 16,00 12,00 8,00 4,00 18,955 1,007 2,760 2,396 6,541 2,648 1,427 17,382 1,370 2,451 2,480 5,630 2,322 15,957 1,580 1,905 2,938 4,805 1,975 14,555 1,560 2,033 2,684 4,168 1,742 13,242 12,024 1,357 10,826 2,404 1,548 2,201 1,702 2,158 1,789 1,614 1,379 3,639 3,396 3,107 1,296 1,678 1,245 1,518 1,071 1, 歳 以 上 歳 歳 歳 歳 歳 0-14 歳 2,176 1,832 1,510 1,297 1,137 1, H22 年 (2010) H27 年 (2015) H32 年 (2020) H37 年 (2025) H42 年 (2030) H47 年 (2035) H52 年 (2040) 平 成 22 年 は 国 勢 調 査 結 果 20

23 表 2 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 創 成 会 議 による 人 口 推 計 の 考 え 方 推 計 の 考 え 方 主 に 平 成 17(2005) 年 から 平 成 22(2010) 年 の 人 口 の 動 向 を 勘 案 し 将 来 の 人 口 を 推 計 移 動 率 は 今 後 全 域 的 に 縮 小 すると 仮 定 ア) 出 生 に 関 する 仮 定 では 原 則 として 平 成 22(2010) 年 の 全 国 の 子 ども 女 性 比 (15~49 歳 女 性 人 口 に 対 する0~4 歳 人 口 の 比 )と 各 町 村 の 子 ども 女 パ タ ー ン 1 ( 社 人 研 推 計 ) 性 比 との 比 をとり その 比 が 平 成 27(2015) 年 以 降 52(2040) 年 まで 一 定 として 町 村 ごとに 仮 定 イ) 死 亡 に 関 する 仮 定 では 原 則 として 55~59 歳 60~64 歳 以 下 では 全 国 と 都 道 府 県 の 平 成 17(2005) 年 22(2010) 年 の 生 残 率 の 比 から 算 出 される 生 残 率 を 都 道 府 県 内 町 村 に 対 して 一 律 に 適 用 60~64 歳 65~ 69 歳 以 上 では 上 述 に 加 えて 都 道 府 県 と 町 村 の 平 成 12(2000) 年 17(2005) 年 の 生 残 率 の 比 から 算 出 される 生 残 率 を 町 村 別 に 適 用 ウ) 移 動 に 関 する 仮 定 では 原 則 として 平 成 17(2005)~22(2010) 年 の 国 勢 調 査 ( 実 績 )に 基 づいて 算 出 された 純 移 動 率 が 平 成 27(2015)~ 32 (2020) 年 までに 定 率 で 0.5 倍 に 縮 小 し その 後 はその 値 を 平 成 47 (2035)~52(2040) 年 まで 一 定 と 仮 定 パ タ ー ン 2 ( 創 成 会 議 推 計 ) 社 人 研 推 計 をベースに 移 動 に 関 して 異 なる 仮 定 を 設 定 ア) 出 生 イ) 死 亡 に 関 する 仮 定 は パターン1と 同 様 ウ) 移 動 に 関 する 仮 定 では 全 国 の 移 動 総 数 が 社 人 研 の 平 成 22(2010)~27 (2015) 年 の 推 計 値 から 縮 小 せずに 平 成 47(2035) 年 ~ 平 成 52(2040) 年 まで 概 ね 同 水 準 で 推 移 すると 仮 定 社 人 研 推 計 に 比 べて 純 移 動 率 (の 絶 対 値 )が 大 きな 値 となる 21

24 (2) 社 人 研 推 計 をベースにしたシミュレーション シミュレーション1 パターン1( 社 人 研 推 計 )をベースにして 合 計 特 殊 出 生 率 が 平 成 42(2030) 年 ま でに 人 口 置 換 水 準 ( 人 口 を 長 期 的 に 一 定 に 保 てる 水 準 である 2.1)まで 上 昇 すると 仮 定 しています その 結 果 このシミュレーションにおいても 総 人 口 の 減 少 傾 向 は 続 き 平 成 22(2010) 年 を 基 準 とした 25 年 後 の 平 成 52(2040) 年 には 減 少 率 が 40.0%と 推 計 され 人 口 減 少 は 大 きく 進 行 する 状 況 にあります シミュレーション2 シミュレーション1に 加 えて 人 口 移 動 ( 純 移 動 率 )が 均 衡 ( 転 入 転 出 が 同 数 とな り 移 動 が±ゼロとなる)で 推 移 すると 仮 定 しています その 結 果 このシミュレーションにおいても 総 人 口 は 減 少 するものの 減 少 曲 線 は 緩 やかになり 平 成 22(2010) 年 を 基 準 とした 25 年 後 の 平 成 52(2040) 年 には 減 少 率 が 25.3%と 推 計 され 社 人 研 推 計 (パターン1)の 減 少 率 ( 42.9%)より 小 さくなります 図 34 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 推 計 をベースにしたシミュレーション 20,00 18,955 18,065 18,00 16,00 14,00 12,00 17,085 17,382 15,957 1パターン1( 社 人 研 推 計 ) 2シミュレーション1(1+ 出 生 率 上 昇 ) 3シミュレーション2(2+ 移 動 ゼロ) 16,202 14,555 14,675 15,478 13,524 13,242 14,824 12,445 12,024 14,158 11,373 10,00 10,826 8,00 H22 年 (2010) H27 年 (2015) H32 年 (2020) H37 年 (2025) H42 年 (2030) H47 年 (2035) H52 年 (2040) 平 成 22 年 は 国 勢 調 査 結 果 これらのシミュレーションにより 人 口 減 少 に 歯 止 めをかけるためには 人 口 移 動 ( 純 移 動 率 )を 減 らすことが 重 要 だと 言 えます 22

25 (3) 人 口 減 少 及 び 高 齢 化 が 将 来 に 及 ぼす 影 響 人 口 の 将 来 推 計 によると 今 後 も 人 口 減 少 と 高 齢 化 が 進 むことは 避 けられない 状 況 に あります 最 も 厳 しい 推 計 結 果 (パターン2)では 平 成 52(2040) 年 の 総 人 口 は 9,542 人 にまで 減 少 するとの 結 果 となりました こうした 仮 定 の 上 で 想 定 される 問 題 点 を 次 のように 整 理 します 児 童 数 が 半 減 以 下 となるため 多 くの 小 中 学 校 で 教 育 環 境 の 維 持 や 学 校 施 設 の 管 理 運 営 に 支 障 をきたす 人 口 減 少 の 一 方 で 世 帯 の 細 分 化 が 進 み ひとり 暮 らし 高 齢 者 等 が 増 加 し 冬 期 間 の 雪 や 防 災 防 犯 の 観 点 での 不 安 が 増 大 する 農 従 事 者 の 担 い 手 不 足 により 遊 休 地 耕 作 放 棄 地 が 拡 大 し 農 の 衰 退 を 招 き ひいては 産 の 衰 退 を 招 く 山 間 部 をはじめとする 小 規 模 地 区 では 集 落 消 滅 の 危 機 あるいは 地 域 コミュ ニティの 存 続 に 深 刻 な 影 響 が 生 じる 安 定 した 税 収 が 望 めず 行 政 経 営 が 厳 しくなり 現 行 サービス 水 準 の 維 持 が 困 難 になる 道 路 水 道 などあらゆるインフラを 含 む 公 共 施 設 の 維 持 管 理 や 営 バスなど 地 域 交 通 機 関 の 維 持 等 が 困 難 になる 人 口 減 少 は 消 費 者 数 の 減 少 を 意 味 するため 地 元 商 店 に 大 きな 影 響 を 及 ぼす ほか 医 療 機 関 をはじめとする 各 種 サービスもその 継 続 が 困 難 となる このように 人 口 の 将 来 推 計 が 示 す 人 口 減 少 から 生 じる 影 響 は 極 めて 大 きく またそ れぞれの 問 題 点 が 連 鎖 し 加 速 度 的 にマイナス 面 が 増 大 することも 考 えられます そのため すべて 民 が 共 通 した 認 識 に 立 ち まちのにぎわいと 雇 用 の 創 出 人 口 流 出 の 軽 減 及 び 若 者 世 代 の 定 住 促 進 など 将 来 を 見 据 えたまちづくりを 積 極 的 に 推 進 して いくことが 必 要 です 23

26 (4) 将 来 の 目 標 人 口 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 や 日 本 創 成 会 議 による 人 口 推 計 を 踏 まえるとともに まちづくりに 関 する 民 ニーズ を 反 映 した 施 策 の 総 合 的 な 展 開 を 勘 案 し 平 成 52 (2040) 年 の 将 来 人 口 ( 総 人 口 )を 概 ね 11,80 と 設 定 します < 将 来 の 目 標 人 口 設 定 の 基 本 的 な 考 え 方 > 第 6 次 尾 花 沢 総 合 振 興 計 画 で 掲 げている 平 成 32(2020) 年 の 総 人 口 17,000 人 ( 目 標 値 )を 踏 まえつつ 合 計 特 殊 出 生 率 は 国 の 長 期 ビジョンを 勘 案 して 平 成 42(2030) 年 まで に 1.8 程 度 平 成 52(2040) 年 までに 2.07 人 程 度 まで 上 昇 すると 仮 定 人 口 移 動 ( 純 移 動 率 )は 平 成 52(2040) 年 までに 均 衡 ( 転 入 転 出 が 同 数 となり 移 動 が±ゼロとなる)の 状 態 となると 仮 定 但 し 純 移 動 率 の 実 績 がプラスの 年 齢 については 現 状 の 値 を 今 後 も 維 持 すると 仮 定 図 35 将 来 の 目 標 人 口 20,00 18,955 18,00 17,726 16,536 将 来 の 目 標 人 口 パターン1( 社 人 研 推 計 ) 16,00 15,304 パターン2( 創 成 会 議 推 計 ) 14,092 14,00 12,00 12,955 11,780 概 ね 11,800 10,00 8,00 H22 年 (2010) H27 年 (2015) H32 年 (2020) H37 年 (2025) H42 年 (2030) H47 年 (2035) H52 年 (2040) 平 成 22 年 は 国 勢 調 査 結 果 第 6 次 尾 花 沢 総 合 振 興 計 画 の 将 来 人 口 とは 推 計 手 法 等 が 異 なるため 一 部 推 計 結 果 に 違 いがあり ます ( 本 人 口 ビジョンによる 将 来 の 目 標 人 口 の 設 定 により 第 6 次 尾 花 沢 総 合 振 興 計 画 における 平 成 32(2020) 年 の 将 来 人 口 を 概 ね 16,60 に 改 正 ) 24

27 図 36 将 来 の 目 標 人 口 ( 年 齢 区 分 別 人 口 ) 20,00 16,00 12,00 8,00 4,00 18,955 1,007 17,726 16,536 概 ね 2,760 1,368 15,304 11,800 1,580 2,468 14,092 1,573 2,396 1,924 12,955 1,392 11,780 2,493 2,066 1,603 2,968 2,469 1,787 2,731 2,294 6,541 2,205 1,878 5,851 1,656 5,175 1,430 4,580 3,995 3,612 2,648 3,089 2,458 2,152 1,874 1,427 1,755 1,609 1,232 1,413 1,163 1, ,176 1,856 1,575 1,428 1,341 1,283 1,290 H22 年 (2010) H27 年 (2015) H32 年 (2020) H37 年 (2025) H42 年 (2030) H47 年 (2035) H52 年 (2040) 85 歳 以 上 歳 歳 歳 歳 歳 0-14 歳 平 成 22 年 は 国 勢 調 査 結 果 第 6 次 尾 花 沢 総 合 振 興 計 画 の 将 来 人 口 とは 推 計 手 法 等 が 異 なるため 一 部 推 計 結 果 に 違 いがあります ( 本 人 口 ビジョンによる 将 来 の 目 標 人 口 の 設 定 により 第 6 次 尾 花 沢 総 合 振 興 計 画 における 平 成 32 (2020) 年 の 将 来 人 口 を 概 ね 16,60 に 改 正 ) 25

28 (5) 目 標 人 口 の 達 成 に 向 けた 施 策 の 基 本 的 視 点 人 口 減 少 を 食 い 止 め 活 気 あるまちづくりを 進 めていくためには 課 題 解 決 の 優 先 順 位 を 定 めるとともに 計 画 的 戦 略 的 に 施 策 を 展 開 していくことが 重 要 です 本 では 平 成 52(2040) 年 の 目 標 人 口 概 ね 11,80 を 達 成 するために 平 成 31 年 度 を 目 標 年 度 とする 尾 花 沢 総 合 戦 略 における 施 策 の 基 本 的 視 点 を 次 のように 設 定 します 図 37 目 標 人 口 の 達 成 に 向 けた 施 策 の 基 本 的 視 点 人 口 減 少 の 主 要 課 題 少 子 化 対 策 雇 用 産 振 興 対 策 定 住 移 住 対 策 若 い 世 代 の 結 婚 出 産 子 育 ての 希 望 の 実 現 だれもが 安 心 して 子 どもを 産 み 育 てられる 環 境 づくり 子 育 てと 仕 事 を 両 立 できる 環 境 の 整 備 基 幹 産 の 農 をはじめ 各 種 産 の 活 性 化 による 雇 用 の 創 出 豊 かな 観 光 資 源 と 交 通 利 便 性 向 上 を 活 かした 交 流 人 口 の 拡 大 ふるさとに 愛 着 を 持 ち 住 み 続 けたい ふるさとに 戻 りたい 人 を 支 援 尾 花 沢 の 魅 力 を 全 国 に 発 信 し 移 住 を 促 進 元 気 な 地 域 づくり 互 いが 支 え 合 い 安 心 して 生 活 できる 元 気 な 地 域 づく りの 推 進 友 好 交 流 都 との 地 域 間 交 流 の 促 進 や 絆 を 大 切 にし た 交 流 の 支 援 克 雪 対 策 冬 期 間 の 安 心 で 快 適 な 生 活 環 境 づくり 利 雪 や 親 雪 活 動 の 推 進 26

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

人口ビジョン報告書

人口ビジョン報告書 資 料 1 柴 田 町 人 口 ビジョン ( 案 ) 宮 城 県 柴 田 町 27 年 9 月 目 次 第 1 章 総 論... 1 第 1 節 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 目 的 と 位 置 づけ... 1 1 国 県 の 動 き... 1 2 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 計 画 期 間... 7 第 2 章 人 口 ビジョン... 9 第 1 節 柴 田 町

More information

第1章 甘楽町人口ビジョン

第1章 甘楽町人口ビジョン 第 1 章 甘 楽 町 口 ビジョン 1. 甘 楽 町 口 ビジョンの 位 置 づけ 国 県 の 口 ビジョンを 勘 案 しつつ 甘 楽 町 における 口 の 現 状 を 分 析 し 口 に 関 する 町 民 の 認 識 を 共 有 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 口 の 将 来 展 望 を 掲 示 する ものです この 甘 楽 町 口 ビジョンは 甘 楽 町 版 総 合 戦 略

More information

熊 本 市 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 熊 本 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 2 1 人 口 動 向 分 析 2 (1) 総 人 口 の 推 移 2 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 3 (3) 人 口 構 造 の 変 化 4 (4) 総 人 口 変 遷 と 出 生 死 亡 数 転 入 転 出 数 の 推 移 5 (5) 総 人 口 の

More information

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題...

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 資 料 2 木 更 津 市 人 口 ビジョン 素 案 木 更 津 市 目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 9 1 就 職 段 階 における

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28 吉 野 川 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 策 定 のための アンケート 調 査 結 果 概 要 版 平 成 27 年 7 月 吉 野 川 市 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 調 査 は 今 年 度 策 定 する 地 方 版 総 合 戦 略 において まち ひと しごと 創 生 の 実 現 に 向 けた 効 果 的 な 施 策 を 推 進 するため また 地 方 版

More information

独 身 の 方 を 対 象 とした 設 問 において 独 身 生 活 の 利 点 として 行 動 や 生 き 方 が 自 由 (79.0%) 金 銭 的 な 自 由 度 (45.2%)を 挙 げる 回 答 が 多 かった また 結 婚 を 考 えたときに 気 になる 点 としては お 金 が 自 由

独 身 の 方 を 対 象 とした 設 問 において 独 身 生 活 の 利 点 として 行 動 や 生 き 方 が 自 由 (79.0%) 金 銭 的 な 自 由 度 (45.2%)を 挙 げる 回 答 が 多 かった また 結 婚 を 考 えたときに 気 になる 点 としては お 金 が 自 由 第 3 回 小 平 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 推 進 委 員 会 資 料 3 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 小 平 市 人 口 ビジョンについて 1. 小 平 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 推 進 委 員 会 ( 以 下 推 進 委 員 会 という ) 第 1 回 目 の おさらい 小 平 市 は 社 会 増 減 ( 転 出 転 入 )がほぼ

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

sora

sora 地 域 と 人 をつなぐ 確 かな 暮 らしあなんTOWN! 総 合 戦 略 [ 阿 南 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 ] 平 成 28 年 2 月 阿 南 町 - 目 次 - はじめに... 1 第 1 章 計 画 の 概 要... 3 1. 計 画 の 位 置 づけ... 3 2. 計 画 期 間... 5 3.まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63> ま ち づ く り に 関 す る ア ン ケ ー ト 調 査 平 市 人 口 ン 平 市 合 策 定 のための 市 掟 調 査 アンケート 調 査 へのご のお 願 い 平 市 では 平 成 27 拢 までに 平 市 人 口 ン 平 市 合 を 策 定 することとし 現 在 その 準 備 作 業 を 進 めております 合 は 本 市 が に て る 捯 を 人 口 が 捠 に 進 捯 する 現 在

More information

目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的

目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的 辰 野 町 ビジョン ( 初 版 ) 平 成 27 (215 )1 月 辰 野 町 目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的 視 点... 2

More information

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

資 料 1-1 ( 仮 称 ) 郡 山 市 人 口 ビジョン 郡 山 市 総 合 戦 略 策 定 のためのアンケート 調 査 集 計 結 果 報 告 書 平 成 27 年 9 月 郡 山 市 政 策 開 発 部 政 策 開 発 課 1 目 次 実 施 概 要... 1 A. 就 学 結 婚 子 育 て 年 代 に 対 するアンケート 調 査... 1 1. 調 査 の 概 要... 1 2. 家

More information

目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1) 伊 佐 市 の 人 口 の 推 移 (2) 人 口 動 態 (3) 社 会 増 減 に 影 響 を 与 える 要 因 (4) 自 然 増 減 に 影

目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1) 伊 佐 市 の 人 口 の 推 移 (2) 人 口 動 態 (3) 社 会 増 減 に 影 響 を 与 える 要 因 (4) 自 然 増 減 に 影 伊 佐 市 人 口 ビジョン 伊 佐 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 鹿 児 島 県 伊 佐 市 若 い 世 代 が 魅 力 を 感 じ 楽 しみ 学 び 育 ち 交 流 するまち ~ 自 然 の 恵 みを 取 り 込 み 光 り 輝 く~ 目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1)

More information

標準テンプレート

標準テンプレート 資 料 鎌 倉 市 地 方 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 概 要 目 次 0. 要 約 II. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) a. 属 性 I. 市 民 対 象 調 査 a. 属 性 b. 晩 婚 化 の 要 因 の 把 握 c. 希 望 の 子 どもの 数 d. 出 生 率 の 低 下 の 要 因 の 把 握 e. 夫 婦 の 出 生 力 の 低 下 の 背 景 となる

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

JOB台帳の略件名

JOB台帳の略件名 参 考 資 料 -2 鳥 羽 市 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 第 一 次 速 報 版 平 成 27 年 8 月 31 日 目 次 1 アンケート 調 査 の 概 要... 1 1.1 調 査 の 目 的... 1 1.2 調 査 の 方 法 及 び 回 収 状 況... 1 2 アンケート 集 計 結 果... 2 2.1 鳥 羽 市 への 愛 着 住 みやすさ 定 住 意 向 について...

More information

Microsoft Word - 伊勢原市人口ビジョン

Microsoft Word - 伊勢原市人口ビジョン 伊 勢 原 市 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 伊 勢 原 市 目 次 1. 伊 勢 原 市 人 口 ビジョンの 策 定 にあたって 1 1-1. 人 口 ビジョンの 基 本 的 な 考 え 方 1 1-2. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 2 1-3. 人 口 ビジョンの 全 体 構 成 2 2. 人 口 の 現 状 分 析 3 2-1. 人 口 構 造 人 口 動 向 等 の

More information

玉 城 町 まち ひと しごと 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 報 告 書 平 成 28 年 2 月 三 重 県 玉 城 町 目 次 1 調 査 結 果 報 告 書 の 概 要 1 (1) 調 査 実 施 の 概 要 1 ア 調 査 概 要 1 イ 調 査 の 目 的 1 (2) 調 査 対 象 者 と 配 布 数 及 び 回 収 結 果 1 ア 調 査 対 象 と 抽 出 方 法

More information

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5 海 津 市 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 係 る アンケート 調 査 ~ 調 査 ご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 から 市 政 の 推 進 にご 理 解 ご 協 力 をいただきまして ありがとうございます このたび 海 津 市 では 国 のまち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 に 基 づ き 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 を 示 したうえで 本 市

More information

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた 資 料 5 加 古 川 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 素 案 ) 加 古 川 市 目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

More information

南 相 馬 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 案 ) ( 概 要 版 ) 平 成 26 年 11 月 南 相 馬 市 1 計 画 の 概 要 (1) 計 画 の 位 置 づけ 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 61 条 第 7 項 に 定 める 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 あるとともに 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 第 8 条

More information

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6 羽 島 市 第 六 次 総 合 計 画 策 定 に 関 する 市 民 アンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 平 成 25 年 11 月 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の

More information

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った 地 方 創 生 の 推 進 に 向 けて Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 2 税 源 の 偏 在 性 が 小 さく 税 収 が 安 定 的 な 地 方 税 体 系 の 構 築 Ⅱ 思 い 切 った 施 策 の 展 開 と 必 要 な 財 源 の 確 保 等 1 地 方 創 生 人 口 減 少

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率 まち ひと しごと 創 生 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン 平 成 27 年 10 月 三 戸 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少

More information

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 について... 2 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 設 計... 2 (4) 回 収 結 果... 3 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2. 回 答 者 の 属 性... 4 (1) 一 般 市 民 調 査... 4 (2) 企 業 調 査... 11 Ⅱ. 調 査 結 果 ( 一

More information

1 移 住 UIターンに 関 する 実 態 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 県 へUIターンされた 方 や 県 外 在 住 で 移 住 UIターンを 検 討 している 方 の 移 住 UIターンの 背 景 や 不 安 点 情 報 収 集 方 法 等 の 実 態 を 把 握 し 今

1 移 住 UIターンに 関 する 実 態 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 県 へUIターンされた 方 や 県 外 在 住 で 移 住 UIターンを 検 討 している 方 の 移 住 UIターンの 背 景 や 不 安 点 情 報 収 集 方 法 等 の 実 態 を 把 握 し 今 移 住 UIターンに 関 する 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 5 月 宮 崎 労 働 局 宮 崎 県 1 移 住 UIターンに 関 する 実 態 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 県 へUIターンされた 方 や 県 外 在 住 で 移 住 UIターンを 検 討 している 方 の 移 住 UIターンの 背 景 や 不 安 点 情 報 収 集 方 法 等 の 実 態 を 把

More information

参 考 資 料 4 当 別 町 人 口 ビジョン( 案 ) 平 成 27 年 7 月 版 当 別 町 目 次 1 人 口 動 向 分 析... 1 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 1 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (3) 出 生 死 亡 転 入 転 出 の 推 移... 6 (4) 総 人 口 の 推 移 に 与 えてきた

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

まち ひと しごと創生 東庄町総合戦略 案 平成 28 年 3 月 東 庄 町 目 次 第 1 章 東 庄 町 総 合 戦 略 について...1 (1) 総 合 戦 略 策 定 の 背 景...1 (2) 計 画 期 間...1 (3) 人 口 ビジョンとの 関 係...1 (4) 第 5 次 総 合 計 画 との 整 合 性 の 確 保...2 (5) 東 庄 町 における 方 向 性...2

More information

第 3 章 住 生 活 基 本 計 画 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 2. 住 まい 住 環 境 に 関 する 現 況 と 課 題 展 開 方 向 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 (1) 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 住 まい 住 環 境 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63> ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要...1......1 3 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要...............2 12 あなた( 市 の

More information

表 紙 裏

表 紙 裏 資 料 1 白 岡 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 アンケート 調 査 結 果 報 告 書 ( 速 報 値 ) 平 成 27 年 7 月 白 岡 市 表 紙 裏 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 2 2 調 査 概 要... 2 3 報 告 書 の 見 方... 2 Ⅱ. 調 査 結 果 将 来 設 計 に 関 するアンケート 調 査... 3 あなた

More information

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え 215 年 1 月 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 中 国 支 店 株 式 会 社 日 本 経 済 研 究 所 総 務 本 部 経 営 企 画 部 人 口 減 少 時 代 における 広 島 都 市 圏 の 現 状 と 女 性 の 就 業 状 況 < 要 旨 > - 国 勢 調 査 にみる 人 口 動 向 を 中 心 に- 広 島 都 市 圏 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口

More information

目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の

目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の パブリックコメント 本 庄 市 人 口 ビジョン ( 案 ) 平 成 28 年 3 月 本 庄 市 目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の

More information

目 次 本 書 の 構 成... 1 各 調 査 の 概 要... 1 (1) 市 民 アンケート... 1 (2) 転 出 者 アンケート... 1 (3) 企 業 アンケート... 1 (4) 高 校 大 学 専 門 学 校 アンケート... 2 Ⅰ. 市 民 アンケート... 3 1. 回 答

目 次 本 書 の 構 成... 1 各 調 査 の 概 要... 1 (1) 市 民 アンケート... 1 (2) 転 出 者 アンケート... 1 (3) 企 業 アンケート... 1 (4) 高 校 大 学 専 門 学 校 アンケート... 2 Ⅰ. 市 民 アンケート... 3 1. 回 答 佐 久 市 まち ひと しごと 創 生 に 関 する アンケート 調 査 レポート 平 成 27 年 9 月 25 日 目 次 本 書 の 構 成... 1 各 調 査 の 概 要... 1 (1) 市 民 アンケート... 1 (2) 転 出 者 アンケート... 1 (3) 企 業 アンケート... 1 (4) 高 校 大 学 専 門 学 校 アンケート... 2 Ⅰ. 市 民 アンケート...

More information

概況

概況 平 成 27 年 7 月 2 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 世 帯 統 計 室 室 長 中 村 年 宏 室 長 補 佐 松 下 英 嗣 ( 担 当 内 線 ) 世 帯 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 一 係 (7587) 所 得 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 二 係 (7588) ( 電 話 代 表 )03(5253)1111

More information

1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総

1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総 資 料 多 々 良 沼 夕 景 92 1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総 合 計 画 審 議 委 員 会 市 民 教 育 機 関 等 (

More information

2. 調 査 票 配 布 した 調 査 票 を 以 下 に 示 す 2

2. 調 査 票 配 布 した 調 査 票 を 以 下 に 示 す 2 資 料 2 1. 調 査 の 概 要 中 間 報 告 結 婚 子 育 てに 関 するアンケート 調 査 調 査 目 的 結 婚 子 育 てに 関 するアンケート 調 査 調 査 内 容 回 答 者 自 身 について 回 答 者 の 属 性 ( 性 別 年 齢 居 住 地 域 就 業 状 況 ) 世 帯 状 況 ( 世 帯 の 年 収 家 族 構 成 ) 結 婚 について 婚 姻 状 況 未 婚 者

More information

<4D F736F F D20926E95FB916E90B B836795AA90CD8C8B89CA5F F4390B3>

<4D F736F F D20926E95FB916E90B B836795AA90CD8C8B89CA5F F4390B3> 美 馬 市 地 方 創 生 アンケート 分 析 結 果 平 成 27 年 10 月 美 馬 市 目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート 調 査 1 1. 調 査 概 要 1 2. 結 果 概 要 3 3. 分 析 結 果 9 Ⅱ. 高 校 生 進 路 ( 進 学 就 職 ) アンケート 調 査 28 1. 調 査 概 要 28 2. 結 果 概 要 30 3. 分 析

More information

56 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 町 政 24.7 41.7 12.9 7.9 9.4 5 事 業 の 企 画 検 討 11.6 42.7 22.4 9.8 12.5 2 各 種 計 画 17.0 45.4 17.0 8.3 11.0 6 町 民 の 声 を 聞 く 姿 勢 16.2 34.4 21.3 15.4 9.8

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配 資 料 -2.1 移 住 交 流 定 住 に 関 するアンケート 調 査 結 果 1 目 的 東 北 地 方 への 定 住 の 可 能 性 とその 条 件 また 東 北 地 方 への 来 訪 ( 交 流 )の 可 能 性 とその 条 件 を 探 る 2 調 査 方 法 インターネットによる Web 調 査 ( 株 式 会 社 インテージ) 3 調 査 対 象 インテージモニターを 対 象 1 対 象

More information

Microsoft Word - ★美瑛町人口ビジョン.docx

Microsoft Word - ★美瑛町人口ビジョン.docx 美 瑛 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 4 日 美 瑛 町 目 次 Ⅰ 地 方 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 策 定 の 背 景... 1 1 背 景... 1 2 美 瑛 町 人 口 ビジョン 美 瑛 町 総 合 戦 略 の 策 定 にあたって... 1 Ⅱ 美 瑛 町 の 成 り 立 ちと 発 展 の 経 過... 2 1 沿 革... 2 2 まちの 特 徴... 3

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

人 口 減 少 問 題 対 策 に 関 する 提 言 書 平 成 27 年 1 月 羽 生 市 人 口 減 少 問 題 対 策 プロジェクトチーム 目 次 1. 提 言 書 とりまとめの 目 的 1 2. 提 言 書 の 位 置 づけ 1 3. 本 市 人 口 の 現 状 1 4.アンケート 結 果 の 分 析 と 取 り 組 みの 方 向 性 4 5. 人 口 減 少 対 策 施 策 事 業 提

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

高速道路の整備効果に関するアンケート調査について

高速道路の整備効果に関するアンケート調査について まちひとごと 創 生 総 合 戦 略 策 定 ため 市 民 等 意 識 調 査 集 計 結 果 平 成 27 年 9 月 目 次 1. 市 民 アンケート... 1-1 2. 若 者 アンケート... 2-45 3. 高 校 生 アンケート... 3-64 4. 転 入 者 アンケート... 4-81 5. 転 出 者 アンケート... 5-92 1. 市 民 アンケート 1. 調 査 概 要 1.1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208341834383668342834195E58F578C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208341834383668342834195E58F578C8B89CA> 募 集 結 果 本 総 合 戦 略 策 定 過 程 において 雇 用 創 出 移 住 定 住 の 促 進 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 新 しいまちづくり の4 分 野 の 施 策 検 討 の 参 考 とするため 人 口 減 少 対 策 や 地 域 活 性 化 につながるようなを 市 民 等 から 募 集 した 寄 せられた は 以 下 のとおり (1) 雇 用 創 出 1 医 師 や 看 護

More information

- 1 -

- 1 - 子 どもと 子 育 てに 関 する 調 査 結 果 報 告 書 平 成 21 年 3 月 青 森 県 子 育 て 支 援 政 策 形 成 リサーチ 事 業 検 討 委 員 会 青 森 県 - 1 - 目 次 調 査 結 果 のまとめ まとめ1 調 査 概 要 1 調 査 結 果 回 答 者 のプロフィール 3 理 想 の 子 ども 数 予 定 の 子 ども 数 について 22 子 ども 数 の 減

More information

Microsoft Word - H25年度の概要

Microsoft Word - H25年度の概要 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 1. 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 概 要 平 成 25 年 度 の 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 について 主 な 経 済 指 標 は 次 のとおりです 3 千 葉 県 [ 参 考 ] 全 国 実 数 増 加 率 実 数 増 加 率 1 県 ( 国 ) 内 総 生 産 県 ( 国 ) 民 所 得 名 目 19 兆 8,112

More information

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島 経 営 発 達 支 援 画 策 定 推 進 事 業 鶴 ヶ 島 市 地 域 経 済 状 況 調 査 分 析 事 業 平 成 27 年 4 月 30 日 鶴 ヶ 島 市 商 工 会 株 式 会 社 ぶぎん 地 域 経 済 研 究 所 目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統

More information

目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 死 亡 の 状 況... 3 (3) 転 入 転 出 の 状 況... 5

目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 死 亡 の 状 況... 3 (3) 転 入 転 出 の 状 況... 5 陸 前 高 田 市 人 口 ビジョン 及 び まち ひと しごと 総 合 戦 略 ( 案 ) ~ノーマライゼーションという 言 葉 のいらないまち 陸 前 高 田 ~ 平 成 28 年 1 月 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口

More information

H27報告書

H27報告書 平 成 27 年 印 西 市 市 民 満 足 調 査 報 告 書 平 成 28 年 3 月 印 西 市 目 次 第 1 章 調 査 の 概 1 1. 調 査 の 目 的 3 2. 調 査 方 法 3 3. 回 収 状 況 3 4. 調 査 項 目 3 5. 地 域 区 分 4 6. 調 査 結 果 を 見 る 上 での 注 意 事 項 5 7. 考 慮 すべき 標 本 誤 差 6 第 2 章 調

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積 第 2 章 佐 賀 市 の 住 宅 の 現 状 と 課 題 1. 住 宅 住 環 境 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 と 住 宅 事 情 1 本 市 の 人 口 は 7 年 の 246,674 人 をピークに 減 尐 に 転 じており 15 年 間 で 約 9,000 人 減 尐 しています 今 後 も 減 尐 傾 向 と 推 計 されています また 本 市 の 世 帯 数 は 27 年 まで

More information

2

2 資 料 5 結 婚 出 産 子 育 てに 関 する アンケート 調 査 調 査 の 目 的 とお 願 い 皆 様 におかれましては 日 頃 から 市 政 にご 支 援 とご 協 力 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 現 在 わが 国 では 全 国 的 な 人 口 の 減 少 を 背 景 に 地 方 創 生 に 向 けた 取 組 が 進 めら れております 本 市 においても 少 子

More information

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ 平 成 23 年 度 財 務 省 調 査 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 23 年 11 月 株 式 会 社 リサーチアンドソリューション 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費

More information

鹿 角 市 その 他 社 会 力 スキルアップ 事 業 ( 家 庭 教 育 事 業 ) 就 学 前 児 童 を 持 つ 保 護 者 を 対 象 に 子 育 て 講 座 を 開 催 小 坂 町 結 婚 しやすい 環 境 づくり 出 会 いイベント 支 援 事 業 出 会 いイベント 等 開 催 に 対

鹿 角 市 その 他 社 会 力 スキルアップ 事 業 ( 家 庭 教 育 事 業 ) 就 学 前 児 童 を 持 つ 保 護 者 を 対 象 に 子 育 て 講 座 を 開 催 小 坂 町 結 婚 しやすい 環 境 づくり 出 会 いイベント 支 援 事 業 出 会 いイベント 等 開 催 に 対 平 成 25 年 度 市 町 村 少 子 化 対 策 事 業 一 覧 ( 平 成 25 年 12 月 16 日 現 在 ) 市 町 村 名 分 類 事 業 名 内 容 鹿 角 市 妊 娠 出 産 等 に 関 する 取 組 こんにちは 赤 ちゃん 事 業 育 児 不 安 を 解 消 するため 生 後 4か 月 までの 乳 児 がいる 家 庭 の 訪 問 相 談 鹿 角 市 妊 娠 出 産 等 に 関

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 宮 崎 県 の 住 宅 事 情 2010 年 宮 崎 県 県 土 整 備 部 建 築 住 宅 課 は じ め に 本 県 の 住 宅 事 情 は 量 的 には 概 ね 充 足 していますが 統 計 調 査 の 結 果 をみます と 様 々な 要 因 から 現 在 の 住 まいに 不 満 を 持 つ 世 帯 が28.1% 存 在 し バリアフリ ー 化 された 住 宅 の 割 合 が5.3% 新 耐

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート... 1 調 査 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 調 査 方 法... 1 3. 調 査 項 目... 1 4. 回 収 結 果... 1 調 査 の 結 果... 2 1.あなたご 自 身 について... 2

目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート... 1 調 査 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 調 査 方 法... 1 3. 調 査 項 目... 1 4. 回 収 結 果... 1 調 査 の 結 果... 2 1.あなたご 自 身 について... 2 ( 仮 称 ) 蕨 市 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョンおよび 総 合 戦 略 の 策 定 にかかる 市 民 アンケート 結 果 報 告 書 ( 案 ) 平 成 27 年 9 月 目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート... 1 調 査 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 調 査 方 法... 1 3. 調 査 項 目... 1 4. 回 収

More information

周 南 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 策 定 に 関 する 調 査 分 析 務 周 南 市 の 人 口 及 び 経 済 構 造 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 28 年 1 月 公 益 社 団 法 人 中 国 地 方 総 合 センター 目 次 Ⅰ 務 の 概 要 1. 務 の 目 的 1 2. 務 の 内 容 1 3. 務 の 期 間 1 4. 産 連 関 表 について

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 1 給 料 表 の 見 直 し [ 実 施 ] 実 施 内 容 ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 については 国 の 見

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 1 給 料 表 の 見 直 し [ 実 施 ] 実 施 内 容 ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 については 国 の 見 福 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % % 25 年 度 267,860 104,103,406

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

19

19 資 料 編 18 19 1) 村 民 アンケート 調 査 結 果 ( 結 婚 出 産 子 育 て 定 住 移 住 に 関 するアンケート 調 査 ) ( 定 住 移 住 に 関 するアンケート 調 査 ) 1アンケート 概 要 アンケート 実 施 期 間 : 平 成 27 年 11 月 26 日 ~ 平 成 28 年 1 月 15 日 配 布 部 数 800 部 回 答 部 数 :79 部 回 収

More information

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮 資 料 5 防 府 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 骨 子 ( 案 ) 1. 目 的 人 口 減 少 少 子 高 齢 化 という 課 題 に 正 面 から 向 き 合 い 将 来 にわたり 持 続 的 に 発 展 して いく 人 まち 元 気 誇 り 高 き 文 化 産 業 都 市 防 府 の 実 現 を 確 かなものにするため 多 様 な 英 知 を 結 集 して 本 市 のまち

More information

問 3 あなたの 勤 務 先 ( 派 遣 社 員 の 場 合 は 派 遣 元 の 事 業 所 )や 経 営 する 店 事 業 などの 業 種 に ついて 当 てはまるものを 1つだけ 選 んでください ( 問 2で 4 を 選 んだ 方 は その 仕 事 の 業 種 について 当 てはまるものを 選

問 3 あなたの 勤 務 先 ( 派 遣 社 員 の 場 合 は 派 遣 元 の 事 業 所 )や 経 営 する 店 事 業 などの 業 種 に ついて 当 てはまるものを 1つだけ 選 んでください ( 問 2で 4 を 選 んだ 方 は その 仕 事 の 業 種 について 当 てはまるものを 選 厚 生 労 働 省 統 計 法 に 基 づく 国 の 統 計 調 査 です 調 査 票 情 報 の 秘 密 の 保 護 に 万 全 を 期 します 地 区 番 号 秘 単 位 区 番 号 調 査 員 記 入 欄 世 帯 番 号 世 帯 員 番 号 公 的 年 金 加 入 状 況 等 調 査 調 査 票 確 認 欄 調 査 のご 協 力 のお 願 い この 調 査 は 国 民 年 金 厚 生 年 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216 平 成 26 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 26 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総

目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総 下 條 村 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 平 成 28 年 3 月 下 條 村 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総 合 戦

More information

<96DA8E9F2E786477>

<96DA8E9F2E786477> 総 目 次 Ⅰ 統 計 図 表 編 Ⅱ 統 計 表 編 1 27 土 地 気 象 28 人 口 35 行 政 財 政 産 業 経 済 60 72 建 設 106 民 生 労 働 保 健 衛 生 教 育 文 化 電 気 ガス 上 下 水 道 運 輸 通 信 公 安 司 法 116 138 150 174 183 197 公 害 214 市 民 生 活 220 目 次 Ⅰ 統 計 図 表 編 富 士 市

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

計画 確定版 240813画像差し替え

計画 確定版 240813画像差し替え 第 2 章 本 県 の 高 齢 者 と 高 齢 者 の 住 まいの 状 況 1 本 県 の 概 況 (1) 高 齢 化 の 状 況 1 高 齢 者 人 口 高 齢 化 率 の 推 移 高 齢 化 が 進 んでおり 平 成 37 年 には 高 齢 化 率 が 28%を 超 えると 見 込 まれています ( 千 人 ) 2,000 1,800 1,600 1,400 1,200 1,000 800 600

More information

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 26 年 度 第 5 回 会 議 資 料 2 子 ども 子 育 て 新 制 度 における 1 号 2 号 3 号 利 用 者 負 担 について 案 平 成 27 年 1 月 29 日 保 健 福 祉 部 子 育 て 推 進 課 1 子 ども 子 育 て 支 援 制 度 における 田 辺 市 の 利 用 者 負 担 について Ⅰはじめに 平 成 24 年 8 月

More information