183761DAD DF001A2E9

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "183761DAD5529296492570DF001A2E9"

Transcription

1 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過 少 申 告 加 算 税 の 賦 課 決 定 (ただ し, 平 成 16 年 3 月 3 日 付 け 決 定 によって 一 部 取 り 消 された 後 のもの)を 取 り 消 す 3 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 5 月 28 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 更 正 (ただし, 平 成 14 年 10 月 24 日 付 け 異 議 決 定 によって 一 部 取 り 消 された 後 のもの)のうち, 納 付 すべき 税 額 4001 万 3000 円 を 超 える 部 分 及 び 過 少 申 告 加 算 税 の 賦 課 決 定 (ただし, 平 成 14 年 10 月 24 日 付 け 異 議 決 定 によって 一 部 取 り 消 された 後 のもの)を 取 り 消 す 4 被 控 訴 人 目 黒 税 務 署 長 が 被 控 訴 人 P2に 対 して 平 成 14 年 6 月 26 日 付 けで した, 控 訴 人 P2の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 更 正 のうち, 納 付 すべき 税 額 万 2300 円 を 超 える 部 分 及 び 過 少 申 告 加 算 税 の 賦 課 決 定 を 取 り 消 す 5 訴 訟 費 用 は, 第 1,2 審 とも 被 控 訴 人 らの 負 担 とする 第 2 事 案 の 概 要 1 控 訴 人 ら 及 びP3は, 昭 和 63 年 12 月 15 日, 父 P4 所 有 の 原 判 決 別 紙 物 件 目 録 記 載 1の 土 地 ( 以 下 本 件 土 地 という )を 代 金 6 億 8198 万 1608 円 で 共 有 取 得 し( 控 訴 人 らは 各 5 分 の2の 持 分 ), 同 日, 安 田 信 託 銀 行 株 式 会 社 ( 現 在 の みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 以 下 安 田 信 託 という )との 間 で, 本 件 土 地 及 び 本 件 土 地 上 に 建 築 する 建 物 を 信 託 財 産 とする 信 託 契 約 を 締 結 し( 以 下 本 件 信 託 契 約 といい, 本 件 信 託 契 約 に 基 づく 受 益 者 の 権 利 を 本 件 信 託 受 益 権 という ), 平 成 3 年 9 月 20 日 に 同 目 録 記 載 2の 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 と いう )が 完 成 した 控 訴 人 ら 及 びP3は, 平 成 12 年 2 月 2 日, 安 田 信 託 との 間 で, 本 件 信 託 契 約 の 変 更 契 約 を 締 結 し, 同 日,ミッションアンダルシアL.L.C に 対 し, 本 件 信 託 受 益 権 を 合 計 32 億 4777 万 3505 円 で 譲 渡 した 控 訴 人 らは, 平 成 12 年 分 所 得 税 の 確 定 申 告 について, 本 件 信 託 受 益 権 の 譲 渡 に 係 る 譲 渡 所 得 の 金 額 の 計 算 に 当 たっ て,1 本 件 土 地 を 取 得 するための 借 入 金 に 係 る 利 子 のうち 本 件 土 地 から 収 益 を 上 げ ることができなかった 期 間 に 係 る 部 分,2 上 記 期 間 に 係 る 本 件 土 地 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税, 並 びに3 本 件 土 地 についての 所 有 権 移 転 登 記 に 係 る 登 録 免 許 税 及 び 本 件 信 託 契 約 に 基 づく 信 託 登 記 に 係 る 登 録 免 許 税 ( 以 下 本 件 登 録 免 許 税 2 とい う )が 存 在 し,これらが 譲 渡 所 得 の 金 額 の 計 算 上, 総 収 入 金 額 から 控 除 されるべ き 取 得 費 に 該 当 するとして 申 告 したところ, 控 訴 人 P1の 申 告 については 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 から, 控 訴 人 P2の 申 告 については 被 控 訴 人 目 黒 税 務 署 長 から,それ ぞれ 否 認 され, 更 正 及 び 過 少 申 告 加 算 税 の 賦 課 決 定 を 受 けた 本 件 は, 控 訴 人 P1が 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 に 対 し(1 審 甲 事 件 ),また, 控 訴 人 P2が 被 控 訴 人 目 黒 税 務 署 長 に 対 し(1 審 乙 事 件 ),それぞれ 譲 渡 所 得 の 金 額 の 計 算 上, 総 収 入 金 額 から 控 除 されるべき 上 記 各 取 得 費 を 控 除 しなかった 各 処 分 は 違 法 である 旨 主 張 して,それらの 取 消 しを 求 める 事 案 である 原 審 は, 上 記 1ないし3は 総 収 入 金 額 から 控 除 されるべき 取 得 費 には 該 当 せ ず, 被 控 訴 人 らがした 上 記 更 正 及 び 過 少 申 告 加 算 税 の 賦 課 決 定 に 違 法 はないとして 控 訴 人 らの 請 求 を 棄 却 したので, 控 訴 人 らが 控 訴 した 2 関 係 法 令 の 定 め, 前 提 事 実, 被 控 訴 人 らが 主 張 する 控 訴 人 らの 所 得 税 額 等, 争 点, 争 点 に 関 する 当 事 者 の 主 張 の 要 旨 は, 次 のとおり, 原 判 決 を 訂 正 し, 当 審 に おける 控 訴 人 らの 主 張 を 付 加 するほか, 原 判 決 の 事 実 及 び 理 由 第 二 の 二 ないし 六 に 摘 示 のとおりであるから,これを 引 用 する ( 原 判 決 の 訂 正 ) (1) 原 判 決 6 頁 18 行 目 の 本 件 信 託 契 約 から 同 20 行 目 の 目 的 とし ま でを 本 件 信 託 契 約 は, 本 件 土 地 の 上 に 建 物 ( 当 初 は, 地 上 9 階, 塔 屋 1 階 建 で, 延 べ 面 積 m2, 用 途 事 務 所 とされていたが, 平 成 元 年 4 月 からの 法 規 制 の 変 更 により, 本 件 建 物 が 建 築 された )を 建 築 し, 本 件 土 地 と 共 に 信 託 財 産

2 ( 以 下, 本 件 土 地 及 び 本 件 建 物 を 本 件 信 託 財 産 という )とし, 建 物 を 第 三 者 へ 賃 貸 することを 目 的 とし に 改 める (2) 同 8 頁 1 行 目 冒 頭 から 同 4 行 目 末 尾 までを 次 のとおり 改 める ( 八 ) 控 訴 人 ら 及 びP3は, 平 成 4 年 2 月 27 日, 安 田 信 託 との 間 で, 土 地 信 託 変 更 契 約 書 の 締 結 をした( 甲 3,8) ( 九 ) 控 訴 人 ら 及 びP3は, 平 成 12 年 2 月 2 日, 安 田 信 託 との 間 で, 土 地 信 託 変 更 契 約 書 ( 不 動 産 管 理 処 分 信 託 契 約 )の 締 結 をし( 以 下 本 件 信 託 変 更 契 約 という ), 本 件 信 託 契 約 につき, 信 託 期 間 を 昭 和 63 年 12 月 15 日 から 平 成 22 年 2 月 2 日 までとした( 甲 6の 別 紙 G) これと 同 時 に, 控 訴 人 ら 及 びP3は, 平 成 12 年 2 月 2 日,ミッショ ンアンダルシアL.L.Cに 対 して, 本 件 信 託 受 益 権 ( 本 件 信 託 変 更 契 約 における 委 託 者 としての 一 切 の 権 利 義 務 も 含 まれる )を 合 計 32 億 4777 万 3505 円 ( 消 費 税 額 9777 万 3505 円 を 含 む )で 譲 渡 し, 同 日, 譲 渡 代 金 の 全 額 を 受 領 した (3) 同 40 頁 18 行 目 の 受 託 者 を 受 益 者 に 改 める ( 当 審 における 控 訴 人 らの 主 張 ) 控 訴 人 らは, 次 の 点 を 理 論 上 の 基 礎 として, 原 判 決 摘 示 の 控 訴 人 らの 主 張 を 敷 衍 する (1) 譲 渡 所 得 の 本 質 は, 資 産 が 譲 渡 によって 所 有 者 の 手 を 離 れるのを 機 会 に, その 所 有 期 間 中 の 増 加 益 を 清 算 して 課 税 しようとするものであるが, 譲 渡 所 得 も 所 得 である 以 上,その 課 税 標 準 は, 人 の 担 税 力 を 増 加 させる 経 済 的 利 益 として 把 握 されなければならないから, 譲 渡 所 得 の 計 算 上, 取 得 費 を 控 除 するのは, 資 産 の 値 上 がり 益 から 担 税 力 を 増 加 させる 経 済 的 利 得 に 該 当 しない 部 分 の 金 額 を 控 除 する 趣 旨 であり, 本 件 土 地 を 使 用 できない 期 間 の 借 入 利 子 及 び 同 期 間 に 応 じた 公 租 公 課 は, 担 税 力 を 減 少 させるものであるから, 本 件 信 託 受 益 権 の 譲 渡 益 から 控 除 さ れるべき 取 得 費 に 該 当 する (2) 本 件 譲 渡 資 産 は, 本 件 信 託 受 益 権 であり, 本 件 土 地 及 び 本 件 建 物 そのもの が 譲 渡 されたわけではないから, 本 件 信 託 受 益 権 の 取 得 費 を 譲 渡 の 収 入 金 額 から 控 除 して 譲 渡 所 得 を 算 定 すべきである したがって, 本 件 建 物 が 平 成 3 年 9 月 に 完 成 し 本 件 信 託 受 益 権 が 発 生 する までの 間 に 支 出 した 本 件 借 入 金 利 子 は 本 件 土 地 をその 取 得 に 係 る 用 途 に 供 する 上 で 必 要 な 準 備 費 用, 本 件 公 租 公 課 は 本 件 信 託 受 益 権 を 取 得 するまでの 準 備 費 用 という ことができ 本 件 信 託 受 益 権 を 取 得 するための 付 随 費 用 として,また, 本 件 登 録 免 許 税 2は 本 件 信 託 受 益 権 の 取 得 に 要 する 費 用 として,いずれも 取 得 費 の 算 入 が 認 められるべきである 第 3 当 裁 判 所 の 判 断 当 裁 判 所 も, 控 訴 人 らの 請 求 はいずれも 理 由 がないものと 判 断 する その 理 由 は, 次 のとおり, 原 判 決 を 訂 正 し, 当 審 における 控 訴 人 らの 主 張 に 対 する 判 断 を 付 加 するほか, 原 判 決 の 事 実 及 び 理 由 第 三 の 一 ないし 五 に 説 示 のとおりであるか ら,これを 引 用 する 1 原 判 決 の 訂 正 (1) 原 判 決 49 頁 11 行 目 冒 頭 から 同 15 行 目 末 尾 までを 次 のとおり 改 める 本 件 信 託 契 約 は, 本 件 土 地 の 上 に 建 物 を 建 築 し, 本 件 土 地 と 共 に 信 託 財 産 とし, 建 物 を 第 三 者 へ 賃 貸 することを 目 的 とし, 受 益 者 を 委 託 者 である 控 訴 人 ら 及 びP3とし, 受 託 者 である 安 田 信 託 が 本 件 信 託 財 産 を 管 理 運 営 するものであ り, 信 託 期 間 は, 契 約 日 から 昭 和 78 年 12 月 31 日 までとされていた 本 件 信 託 契 約 では, 信 託 の 元 本 は,1 本 件 信 託 財 産 及 び 本 件 信 託 財 産 に 関 して 取 得 した 敷 金 入 居 保 証 金 等,2 信 託 された 金 銭,3 本 件 信 託 財 産 の 代 償 と して 取 得 した 財 産,4 借 入 金 債 務 及 び 本 件 信 託 財 産 の 賃 貸 に 関 して 受 入 れた 敷 金 入 居 保 証 金 等 の 返 還 債 務,5その 他 これらに 準 ずる 資 産 及 び 債 務 とされ, 信 託 の 収 益 は, 本 件 信 託 財 産 より 生 ずる 賃 貸 料 及 び 信 託 財 産 に 属 する 金 銭 の 運 用 により 生 ず る 利 益 等 とされていた (2) 同 52 頁 9 行 目 末 尾 に 控 訴 人 らは, 上 記 3ないし6については,その1 0%を 本 件 土 地 に 係 る 支 払 利 息 として 土 地 の 取 得 費 とし,また,1については, 平 成 2 年 分 の 不 動 産 所 得 の 必 要 経 費 に138 万 8594 円 を, 本 件 土 地 の 取 得 費 に3 29 万 4123 円 を 振 り 分 けした を 加 える (3) 同 52 頁 10 行 目 冒 頭 から 同 57 頁 9 行 目 末 尾 までを 次 のとおり 改 める 8 本 件 建 物 は, 平 成 3 年 10 月 1 日 からソニーが 賃 借 し,その 期 間 は,

3 平 成 13 年 9 月 30 日 までの10 年 間 であり, 本 件 信 託 契 約 は 平 成 15 年 12 月 3 1 日 までとされていた 控 訴 人 ら 及 びP3は, 借 入 金 の 返 済 について,バブル 景 気 の 時 代 であ った 計 画 の 当 初 は 心 配 していなかったが,その 後 の 景 気 低 迷 により,ソニーに 撤 退 されると 多 額 の 借 入 金 の 返 済 ができなくなるおそれが 生 じたことから, 本 件 信 託 受 益 権 を 譲 渡 して 借 入 金 の 返 済 をする 方 がよいのではないかと 考 えるようになり, 買 主 を 探 したところ,ミッションアンダルシアL.L.Cが 購 入 することになった そこで, 控 訴 人 ら 及 びP3は, 平 成 12 年 2 月 2 日, 安 田 信 託 との 間 で, 土 地 信 託 変 更 契 約 書 ( 不 動 産 管 理 処 分 信 託 契 約 )の 締 結 をして 本 件 信 託 変 更 契 約 をし, 信 託 期 間 を 昭 和 63 年 12 月 15 日 から 平 成 22 年 2 月 2 日 までとす る 等 の 契 約 内 容 の 変 更 をし, 同 時 に, 平 成 12 年 2 月 2 日,ミッションアンダルシ アL.L.Cに 対 して, 本 件 信 託 受 益 権 ( 本 件 信 託 変 更 契 約 における 委 託 者 として の 一 切 の 権 利 義 務 も 含 まれる )を 合 計 32 億 4777 万 3505 円 ( 消 費 税 額 万 3505 円 を 含 む )で 譲 渡 し, 同 日, 譲 渡 代 金 の 全 額 を 受 領 した 二 譲 渡 所 得 における 取 得 費 の 解 釈 について 1 所 得 税 法 は, 所 得 の 発 生 原 因 により10 種 類 の 各 種 所 得 を 規 定 し( 所 得 税 法 2 条 1 項 21 号 ),それぞれの 所 得 の 性 質, 担 税 力 の 相 違 に 応 じた 計 算 方 法 を 規 定 する たとえば, 各 種 所 得 における 収 入 金 額 から 控 除 すべき 金 額 について も, 純 所 得 への 課 税 を 目 的 とする 不 動 産 所 得, 事 業 所 得, 雑 所 得 については, 必 要 経 費 として 当 該 所 得 の 総 収 入 金 額 を 得 るため 直 接 に 要 した 費 用 の 額 及 びその 年 に おける 販 売 費, 一 般 管 理 費 その 他 これらの 所 得 を 生 ずべき 業 務 について 生 じた 費 用 の 額 と 規 定 し( 同 法 37 条 1 項 ), 資 産 の 所 有 期 間 中 の 増 加 益 への 課 税 を 目 的 と する 譲 渡 所 得 にあっては, 取 得 費 として その 資 産 の 取 得 に 要 した 金 額 並 びに 設 備 費 及 び 改 良 費 の 額 の 合 計 額 と 規 定 する( 同 法 38 条 ) その 上 で, 退 職 所 得 金 額 及 び 山 林 所 得 金 額 以 外 の 8 種 の 所 得 については 各 所 得 の 金 額 を 合 計 した 総 所 得 金 額 をもって 課 税 所 得 とする ことを 原 則 としている( 同 法 21 条,22 条 ) このような 所 得 税 法 の 仕 組 みに 照 らせば, 譲 渡 所 得 の 取 得 費 についても,まず 法 の 文 言 をその 文 意 及 び 譲 渡 所 得 の 性 質 から 読 み 取 るとともに, 文 理 解 釈 のみでの 調 整 が 困 難 であるときは 納 税 者 に 有 利 な 調 整 を 含 めて, 他 の 各 種 所 得 との 間 で 整 合 性 を 保 つよう 解 釈 する 必 要 がある 2 譲 渡 所 得 の 本 質 は,キャビタル ゲイン,すなわち 所 有 資 産 の 価 値 の 増 加 益 であって, 譲 渡 所 得 に 対 する 課 税 は, 資 産 が 譲 渡 によって 所 有 者 の 手 を 離 れ るのを 機 会 に,その 所 有 期 間 中 の 増 加 益 を 清 算 して 課 税 しようとするものである ( 最 高 裁 判 所 昭 和 43 年 10 月 31 日 第 一 小 法 廷 判 決 裁 判 集 民 事 92 号 797 頁, 最 高 裁 判 所 昭 和 47 年 12 月 26 日 第 三 小 法 廷 判 決 民 集 26 巻 10 号 頁 参 照 ) このように 譲 渡 所 得 課 税 は 資 産 の 保 有 期 間 中 これを 使 用 する 利 益 を 考 慮 に 入 れるものではない また, 譲 渡 資 産 の 取 得 時 の 交 換 価 値 を 構 成 する 金 額, 譲 渡 資 産 の 価 値 を 増 加 させるのに 要 した 費 用 及 び 資 産 価 値 を 実 現 する 譲 渡 に 要 した 費 用 は, 課 税 対 象 利 益 であるキャビタル ゲインを 享 受 するために 不 可 欠 な 支 出 であ り, 総 収 入 金 額 のうちこの 部 分 に 担 税 力 を 見 出 すことはできない そこで, 譲 渡 所 得 の 金 額 は, 譲 渡 所 得 に 係 る 総 収 入 金 額 からその 譲 渡 所 得 の 基 因 となった 資 産 の 取 得 費 及 び 譲 渡 費 用 の 合 計 額 を 控 除 し,その 残 額 の 合 計 額 から 譲 渡 所 得 の 特 別 控 除 額 を 控 除 した 金 額 とされ( 所 得 税 法 33 条 3 項 ),この 資 産 の 取 得 費 とは, 当 該 資 産 が 時 の 経 過 により 減 価 する 資 産 ( 減 価 資 産 )でないときはその 資 産 の 取 得 に 要 した 金 額 並 びに 設 備 費 及 び 改 良 費 の 合 計 額 をいい, 譲 渡 資 産 が 減 価 資 産 であるときは,その 合 計 額 からその 保 有 期 間 中 の 減 価 の 額 を 控 除 した 金 額 とされている( 同 法 38 条 ) なお, その 資 産 の 取 得 に 要 した 金 額 には, 当 該 資 産 の 客 観 的 価 値 を 構 成 すべき 取 得 代 価 のほか, 当 該 資 産 を 取 得 するための 付 随 費 用 も 含 まれると 解 されるが,その 文 理 に 即 して 考 えれば,この 付 随 費 用 も, 当 該 資 産 の 取 得 に 通 常, 必 要 不 可 欠 な 費 用 と 解 すべきであり, 当 該 資 産 の 取 得 に 際 して 支 出 された 費 用 であ っても,それを 利 用 するための 維 持, 管 理 に 必 要 な 費 用 を 含 まないと 解 すべきであ る 三 本 件 借 入 金 利 子 について 1 本 件 借 入 金 利 子 は, 控 訴 人 らが 支 払 った 本 件 土 地 を 取 得 するための 借 入 金 に 係 る 利 子 のうち 平 成 2 年 2 月 1 日 から 平 成 3 年 9 月 30 日 までの 間 に 係 る 部 分 である そこで, 固 定 資 産 を 取 得 するために 借 り 入 れた 資 金 の 利 子 がその 固 定 資 産 を 譲 渡 した 場 合 の 譲 渡 所 得 の 金 額 の 計 算 上 控 除 する 取 得 費 に 算 入 されるか 否 かに

4 ついて 検 討 する ( 一 ) 固 定 資 産 を 購 入 する 者 が,その 購 入 資 金 を 借 入 れにより 賄 う 場 合 には, 借 入 金 の 利 子 の 支 払 が 必 要 となるが,この 利 子 をもって, 当 該 固 定 資 産 を 取 得 するための 取 得 代 価 又 は 付 随 費 用 ということはできない なぜならば, 購 入 資 金 の 借 入 金 利 子 が 取 得 代 価 を 構 成 しないことは 明 らかであり,また, 購 入 資 金 の 調 達 方 法 を 借 入 金 によるか 自 己 資 金 によるか,いくらまでを 借 入 金 によるかは 購 入 者 の 有 する 資 産 の 全 般 的 運 用 に 関 する 判 断 によるものであり, 固 定 資 産 の 取 得 に 当 然 に 借 入 れが 付 随 する 関 係 にはないから, 一 般 に, 上 記 借 入 金 の 利 子 が 当 該 固 定 資 産 を 取 得 するための 付 随 費 用 ということもできない このことは, 購 入 資 金 に 相 当 する 金 銭 を 別 途 運 用 しながら 購 入 資 金 を 借 り 入 れる 場 合,あるいは, 当 該 土 地 の 購 入 資 金 を 自 己 資 金 で 賄 ったが 故 に, 資 金 需 要 が 逼 迫 し, 購 入 資 金 相 当 額 を 借 り 入 れる 場 合 を 想 定 対 比 してみれば 明 らかである したがって, 上 記 借 入 金 の 利 子 は, 原 則 として 譲 渡 所 得 の 金 額 の 計 算 上, 所 得 税 法 38 条 1 項 にいう 資 産 の 取 得 に 要 した 金 額 に 該 当 しないものと 解 すべきである さらに, 融 資 により 不 動 産 を 取 得 した 場 合 の 借 入 金 の 利 子 などのよ うに, 不 動 産 の 取 得 後 に,その 不 動 産 に 関 連 して 支 出 した 種 々の 金 員 を 無 限 定 に 当 該 不 動 産 の 取 得 費 に 算 入 することを 許 すと,その 支 出 の 原 因 となる 契 約 の 内 容, 締 結 時 期 等, 当 事 者 が 任 意 に 定 め 得 る 事 柄 によって 取 得 費 の 額 が 左 右 されることとな る また, 有 価 証 券 を 売 却 したり, 預 貯 金 を 取 り 崩 して 不 動 産 を 取 得 した 者 も,こ れらによる 将 来 の 見 込 利 益 を 喪 失 しているわけであるが,この 見 込 み 利 益 を 取 得 費 に 算 入 する 余 地 はないことと 対 比 すれば, 借 入 利 子 を 取 得 費 とするときは, 種 々の 立 場 の 者 につき 公 正 な 課 税 を 行 うことが 困 難 になるといわざるを 得 ない ( 二 ) もっとも, 個 人 が 不 動 産 を 取 得 する 場 合 などには, 一 般 的 には, 資 産 運 用 上 の 配 慮 よりも 購 入 資 金 の 不 足 が 借 入 れの 原 因 となっており,その 借 入 れ なくしては 当 該 資 産 を 取 得 することができない 関 係 にある また, 資 産 を 取 得 した としても 即 座 に 当 該 資 産 を 使 用 することができるとは 限 らず, 当 該 資 産 の 使 用 を 開 始 するまでに 多 少 なりとも 時 間 がかかる 場 合 があり 得 る このような 場 合, 資 産 を 使 用 することなく 利 子 の 支 払 を 余 儀 なくされるところ, 即 座 に 利 用 可 能 な 状 態 で 資 産 を 購 入 した 場 合 には 利 用 利 益 のための 費 用 と 解 することができ, 不 動 産 所 得 等 に あってはその 金 額 の 計 算 上 は, 必 要 費 用 に 算 入 することができることと 比 べて, 課 税 上 の 均 衡 を 失 することになる さらに, 資 産 を 譲 渡 する 者 が, 取 得 する 者 の 意 向 に 沿 って, 時 間 と 手 間 を かけて 即 座 に 利 用 可 能 な 状 態 で 資 産 を 譲 り 渡 した 場 合,これらの 費 用 を 含 めて 取 得 代 価 の 額 が 形 成 され,これらの 費 用 が 資 産 の 取 得 に 要 した 費 用 を 構 成 すること との 均 衡 を 図 る 必 要 もある このような 関 係 からすると, 譲 受 人 が 使 用 していない 固 定 資 産 を 取 得 する 場 合 には,その 資 産 の 使 用 を 開 始 し 得 るまでの 期 間 に 対 応 する 借 入 金 利 子 は, 通 常 必 要 と 認 められる 範 囲 で, 当 該 資 産 をその 取 得 に 係 る 用 途 に 供 する 上 で 必 要 な 準 備 費 用 と 解 する 余 地 が 生 ずる この 場 合 に, 使 用 を 開 始 し 得 る 時 期 の 認 定 の 不 安 定 さを 避 け, 課 税 の 公 平 を 保 持 するとの 観 点 から,その 資 産 の 使 用 を 開 始 する までの 期 間 に 対 応 する 借 入 金 利 子 を 当 該 資 産 を 取 得 するための 付 随 費 用 に 当 たるも のとして, 所 得 税 法 38 条 1 項 にいう 資 産 の 取 得 に 要 した 費 用 に 含 まれると 解 することも 所 得 税 法 の 趣 旨 に 合 致 するものということができる しかし,この 取 扱 いは, 借 入 金 利 子 負 担 の 費 用 への 配 分 という 観 点 から, 同 項 にいう 資 産 の 取 得 に 要 した 費 用 の 範 囲 を 拡 大 して 処 理 するものであ り, 当 該 資 産 の 使 用 の 有 無 ないし 使 用 開 始 の 日 を 判 断 するに 当 たっては,その 使 用 方 法 が 当 該 資 産 の 価 値 に 見 合 う 収 益 を 生 ずるものであるか 否 か, 取 得 者 が 当 該 資 産 を 取 得 した 目 的 や 資 産 の 利 用 方 法 に 関 する 意 図 等, 取 得 者 の 主 観 的 な 事 情 を 考 慮 す ることなく, 客 観 的 に 使 用 の 有 無 ないし 使 用 開 始 の 日 を 認 定 するのが 相 当 であ る 資 産 をどのように 利 用 するかは, 利 用 者 の 自 由 にまかされていることであるか ら, 譲 渡 所 得 の 算 定 に 当 たり 使 用 方 法 の 内 容 に 立 ち 入 ることは 相 当 ではなく,ま た, 取 得 者 の 主 観 的 事 情 によって, 当 該 資 産 取 得 のための 借 入 金 の 利 子 が 取 得 費 に 算 入 できるか 否 かが 異 な り 得 ることとなれば, 当 該 資 産 の 使 用 開 始 可 能 性 を 判 断 する 場 合 以 上 に, 課 税 をめ ぐる 法 律 関 係 の 安 定 性 や 租 税 負 担 の 公 平 を 損 なう 結 果 となるからである ( 三 ) また, 譲 受 人 が 借 入 金 により 取 得 した 固 定 資 産 を 取 得 した 当 初 か ら 使 用 していた 場 合 や, 取 得 した 当 初 は 未 使 用 であったが,その 後 いったん 使 用 し

5 始 めた 後 に 譲 渡 した 場 合 には,その 固 定 資 産 について 使 用 開 始 後 譲 渡 の 日 までの 間 に 使 用 しなかった 中 断 期 間 があったとしても,その 使 用 しなかった 期 間 に 対 応 する 借 入 金 の 利 子 とその 資 産 の 取 得 との 間 に 前 記 ( 二 )に 判 示 したような 関 係 があるとは 認 め 難 い また, 使 用 開 始 をした 後 に, 使 用 の 中 断 が 生 じ,その 後, 当 該 固 定 資 産 の 利 用 状 況 が 変 更 されたからといって,その 変 更 後 の 状 態 によって 借 入 金 の 利 子 を 取 得 費 に 算 入 すべきであるとする 合 理 的 な 理 由 も 認 められない したがって, 借 入 金 により 固 定 資 産 を 取 得 した 場 合 であっても, 当 初 から 使 用 中 の 固 定 資 産 であったり,あるいは,いったん 使 用 を 開 始 した 場 合 に は, 使 用 の 中 断 期 間 があったとしても, 使 用 開 始 後 譲 渡 までの 日 の 期 間 に 対 応 する 借 入 金 の 利 子 は, 原 則 どおり,その 固 定 資 産 の 取 得 費 又 は 取 得 価 額 に 算 入 すべきで はない (4) 同 57 頁 10 行 目 の 4 を 2 に, 同 58 頁 3 行 目 の 5 を 3 に, 同 22 行 目 の 6 を 4 に, 同 59 頁 3 行 目 の 三 を 四 に 改 める (5) 同 60 頁 2 行 目 冒 頭 から 同 頁 9 行 目 末 尾 までを 次 のとおり 改 める 4 控 訴 人 らは, 本 件 公 租 公 課 は, 本 件 土 地 を 取 得 し, 本 件 建 物 を 建 て, 譲 渡 に 係 る 資 産 である 本 件 信 託 受 益 権 を 取 得 するための 準 備 費 用 ということがで き, 当 該 不 動 産 を 取 得 するための 付 随 費 用 に 当 たるものとして, 資 産 の 取 得 に 要 した 金 額 に 含 まれる 旨 主 張 する しかし, 控 訴 人 らは, 本 件 土 地 を 取 得 した 結 果 として, 本 件 建 物 の 建 築 期 間 を 含 めて 本 件 公 租 公 課 を 負 担 することになったのであって, 本 件 信 託 受 益 権 を 取 得 するための 準 備 費 用 として 本 件 公 租 公 課 を 負 担 したのではない 控 訴 人 らの 上 記 主 張 は, 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 性 質 を 無 視 した 独 自 の 主 張 をするもので あって, 採 用 することができない (6) 同 60 頁 13 行 目 冒 頭 から 同 63 頁 11 行 目 末 尾 までを 次 のとおり 改 め る 四 本 件 各 登 録 免 許 税 について 1 業 務 の 用 に 供 される 資 産 の 取 得 に 伴 い 支 出 された 登 録 免 許 税 が, 当 該 資 産 を 譲 渡 した 場 合 の 譲 渡 所 得 の 計 算 上, 取 得 費 に 含 まれるか 否 かについて 検 討 す る 2 所 得 税 法 38 条 1 項 に 規 定 する 資 産 の 取 得 費 のうち その 資 産 の 取 得 に 要 した 金 額 には, 当 該 資 産 の 客 観 的 価 値 を 構 成 すべき 取 得 代 価 のほか, 当 該 資 産 を 取 得 するために 通 常, 必 要 不 可 欠 な 付 随 費 用 も 含 まれることは 既 に 説 示 したと おりである 不 動 産 所 有 権 を 取 得 した 場 合 の 所 有 権 の 移 転 登 記 は, 一 般 に, 所 有 権 の 取 得 に 関 する 費 用 ということができるが, 他 方 で, 所 有 者 としての 不 動 産 利 用 の 前 提 となる 手 続 ということもできる その 意 味 で, 所 得 税 法 上, 登 録 免 許 税 を 各 種 所 得 の 必 要 経 費 として 扱 うか, 譲 渡 所 得 における 取 得 費 における 付 随 費 用 として 扱 うかは, 文 言 及 び 課 税 の 公 平 をも 考 慮 した 判 断 を 要 するものといえる 取 得 に 要 した との 文 言 からは, 取 得 費 用 は, 通 常,その 費 用 なし では 当 該 資 産 を 取 得 することができないか, 著 しく 困 難 になるような 費 用 であり, 当 該 資 産 を 取 得 した 後 の 権 利 の 確 保 に 関 する 費 用 を 含 まないと 解 されるから, 対 抗 要 件 としての 登 記, 登 録 に 係 る 登 録 免 許 税 は, 譲 渡 所 得 における 取 得 費 には 含 まれ ず,むしろ, 不 動 産 所 得, 事 業 所 得 等 を 生 ずべき 業 務 について 生 じた 費 用 ( 所 得 税 法 37 条 1 項 )と 解 することが 文 理 に 沿 うものということができる ただし, 当 該 不 動 産 が 業 務 用 資 産 ではなく, 当 該 不 動 産 について 不 動 産 所 得, 事 業 所 得 等 が 生 じ ない 場 合 には,これらの 所 得 における 必 要 経 費 とする 余 地 はないから, 課 税 の 公 平 の 観 点 からも, 当 該 資 産 が 譲 渡 されたときは, 付 随 費 用 として,その 譲 渡 所 得 にお ける 取 得 費 に 含 めるこ とが 合 理 的 である 3 ところで, 所 得 税 基 本 通 達 37-5は, 業 務 の 用 に 供 される 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税, 登 録 免 許 税 ( 登 録 に 要 する 費 用 を 含 み,その 資 産 の 取 得 価 額 に 算 入 されるものを 除 く ), 不 動 産 取 得 税, 地 価 税, 特 別 土 地 保 有 税, 事 業 所 税, 自 動 車 取 得 税 等 は, 当 該 業 務 に 係 る 各 種 所 得 の 金 額 の 計 算 上 必 要 経 費 に 算 入 する とし, 同 通 達 38-9は, 固 定 資 産 ( 業 務 の 用 に 供 されるものを 除 く 以 下 この 項 において 同 じ )に 係 る 登 録 免 許 税 ( 登 録 に 要 する 費 用 を 含 む ), 不 動 産 取 得 税 等 固 定 資 産 の 取 得 に 伴 い 納 付 することとなる 租 税 公 課 は, 当 該 固 定 資 産 の 取 得 費 に 算 入 する としている これは, 個 人 の 非 業 務 用 資 産 については,1 取 得 費 に 含 まれない 支 出 は, 家 事 費 として, 各 種 所 得 金 額 の 計 算 上, 控 除 することができな

6 いこと,2 非 業 務 用 資 産 として 取 得 したとしてもその 後 業 務 用 資 産 に 転 用 されることがあり 得 ること,3 企 業 会 計 上 の 扱 いや 法 人 税 における 取 扱 いに 照 らせば, 非 業 務 用 の 固 定 資 産 の 登 録 免 許 税 を 取 得 費 に 加 えないことについての 不 公 平 感 も 否 定 し 難 いところがあること などから, 通 達 において 譲 渡 所 得 の 計 算 上, 取 得 費 に 算 入 することとし, 取 得 費 の 範 囲 を 政 策 的 に 拡 大 しているものと 考 えられ,これを 違 法 というべきではないが, この 政 策 的 な 取 得 費 の 拡 大 を 原 則 とし, 業 務 の 用 に 供 される 資 産 についても, 上 記 登 録 免 許 税 が 取 得 費 に 含 まれると 解 すべきものではない 4 減 価 償 却 資 産 の 譲 渡 所 得 における 取 得 費 については, 資 産 の 取 得 に 要 した 金 額 並 びに 設 備 費 及 び 改 良 費 の 合 計 額 に 相 当 する 金 額 から 業 務 の 用 に 供 されて いた 期 間 の 償 却 費 の 額 の 累 計 及 びその 余 の 期 間 の 減 価 の 額 の 合 計 額 を 控 除 したもの とされ( 所 得 税 法 38 条 2 項 ), 所 得 税 法 施 行 令 126 条 1 項 の 規 定 は, 不 動 産 所 得, 事 業 所 得 等 の 必 要 経 費 に 算 入 すべき 償 却 費 の 計 算 における 取 得 価 額 につき 当 該 資 産 の 購 入 の 代 価 に 購 入 のために 要 した 費 用 を 加 算 した 金 額 と 規 定 する したがっ て, 減 価 償 却 資 産 については, 譲 渡 所 得 において 控 除 される 取 得 費 と 不 動 産 所 得, 事 業 所 得 等 の 必 要 経 費 に 算 入 すべき 償 却 費 の 計 算 における 取 得 価 額 との 間 に 解 釈 の 不 一 致 を 生 じないような 解 釈 をとるべきである この 点 につき, 資 産 の 取 得 価 額 に 算 入 される 登 録 免 許 税 に 関 する 所 得 税 基 本 通 達 49-3は, 減 価 償 却 資 産 に 係 る 登 録 免 許 税 ( 登 録 を 要 する 費 用 を 含 む )をその 資 産 の 取 得 価 額 に 算 入 するかどうかについては, 次 による (1) 特 許 権, 鉱 業 権 のように 登 録 により 権 利 が 発 生 する 資 産 に 係 るものは, 取 得 価 額 に 算 入 する (2) 船 舶, 航 空 機, 自 動 車 のように 業 務 の 用 に 供 するについて 登 録 を 要 する 資 産 に 係 るものは, 取 得 価 額 に 算 入 しないことができる (3) (1) 及 び(2) 以 外 の 資 産 に 係 るものは, 取 得 価 額 に 算 入 しない としている すなわち, 登 録 が 単 に 対 抗 要 件 に 止 まらず 権 利 の 取 得 要 件 とされる(1)の 資 産 については, 取 得 価 額 に 算 入 し た 上, 償 却 費 として 経 費 化 され, 上 記 (2)の 業 務 の 用 に 供 するについて 登 録 を 要 する 資 産 について 支 出 した 登 録 免 許 税 も, 単 なる 対 抗 要 件 に 止 まらず,その 支 出 が 資 産 取 得 のためにされ, 業 務 の 用 に 供 されるためのものであるから, 本 来 取 得 価 額 に 算 入 すべきであるが,その 支 出 が 資 産 の 取 得 後 にされることを 考 慮 し, 取 得 価 額 に 算 入 するか 否 かを 納 税 者 の 選 択 に 任 せることとし, 事 務 所 店 舗 等 の 不 動 産 の 所 有 権 保 存 登 記 等 の 登 録 免 許 税 のように(3)に 属 するものは, 業 務 上 の 維 持 管 理 上 の 費 用 に 属 するものであり, 取 得 価 額 に 算 入 する 性 質 のものではないから, 全 額 必 要 経 費 に 算 入 することとされてお り, 上 記 説 示 とも 一 致 する 5 なお, 法 人 税 法 における 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 についての 法 人 税 法 施 行 令 54 条 の 規 定 は, 上 記 の 所 得 税 法 施 行 令 126 条 1 項 の 規 定 と 同 様 の 規 定 ぶ りでありながら, 減 価 償 却 費 の 計 算 における 取 得 価 額 に 登 録 免 許 税 を 含 めることが できると 解 されている これは, 法 人 税 においては, 所 得 税 のように 各 種 所 得 ごと に 収 入, 必 要 経 費 等 を 規 定 し, 各 種 所 得 間 の 課 税 の 矛 盾 を 回 避 するという 方 式 では なく, 所 得 の 性 質 や 発 生 原 因 による 区 別 を 設 けることなく, 各 事 業 年 度 の 益 金 の 額 から 損 金 の 額 を 控 除 した 所 得 を 課 税 標 準 としていること( 法 人 税 法 21 条,22 条 1 項 ), 並 びに 収 益 及 び 損 金 に 算 入 すべき 金 額 は 一 般 に 公 正 妥 当 と 認 められる 会 計 処 理 の 基 準 により 計 算 することとするところ( 同 条 4 項 ), 企 業 会 計 上, 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 には, 付 随 費 用 を 含 むとされていることから, 付 随 費 用 に 含 まれるものとして, 登 録 免 許 税 等 を 資 産 の 取 得 価 額 に 含 めることも 認 められているのである このような 法 人 税 法 と 所 得 税 法 との 違 いを 考 慮 すれば, 法 人 税 法 上 費 用 とすることができるからとい って, 所 得 税 法 上 も 取 得 費 とすることができるという 根 拠 にはならない 6 平 成 4 年 最 高 裁 判 決 は 資 産 の 取 得 に 要 した 金 額 につき, 当 該 資 産 の 客 観 的 価 格 を 構 成 すべき 取 得 代 金 の 額 のほか, 登 録 免 許 税, 仲 介 手 数 料 等 当 該 資 産 を 取 得 するための 付 随 費 用 の 額 も 含 まれる と 判 示 するが, 同 判 決 は, 個 人 の 居 住 の 用 に 供 される 不 動 産 を 取 得 するための 借 入 金 の 利 子 が, 当 該 不 動 産 の 譲 渡 に よる 譲 渡 所 得 の 金 額 の 計 算 上, 総 収 入 金 額 から 控 除 されるべき 取 得 費 に 該 当 するか 否 かが 争 点 となった 事 件 に 関 するものであって, 業 務 の 用 に 供 される 不 動 産 を 取 得 した 際 に 支 出 された 登 録 免 許 税 についての 判 断 を 示 すものではなく, 上 記 判 断 に 影 響 を 与 えるものではない (7) 同 63 頁 12 行 目 の 5 を 7 に 改 める (8) 同 64 頁 13 行 目 の 本 件 土 地 の 次 に ないし 本 件 信 託 受 益 権 を 加

7 え, 同 14 行 目 の 6 を 8 に 改 める 2 当 審 における 控 訴 人 らの 主 張 に 対 する 判 断 (1) 譲 渡 所 得 の 計 算 上, 取 得 費 を 控 除 するのは, 資 産 の 譲 渡 に 係 る 増 加 益 を 含 む 総 収 入 金 額 から 担 税 力 を 増 加 させる 経 済 的 利 得 に 該 当 しない 部 分 の 金 額 を 控 除 する 趣 旨 であることは 控 訴 人 らの 指 摘 するとおりであるが, 資 産 の 増 加 益 を 離 れ て, 納 税 者 の 担 税 力 あるいは 純 資 産 を 減 少 させる 支 出 が 控 除 されるべき 取 得 費 に 含 まれるものではない 論 旨 は, 担 税 力 あるいは 純 資 産 の 減 少 という 一 般 的 概 念 をも って, 資 産 の 取 得 に 要 する 費 用 を 論 ずるものであり, 文 理 に 沿 わないばかりか, 各 種 所 得 の 性 質 及 びそれに 基 づく 計 算 方 法 の 区 分,ひいては, 取 得 費 と 必 要 経 費 との 区 別 をあいまいにするものであって, 採 用 することができない (2) 信 託 は, 信 託 譲 渡 により 受 託 者 の 所 有 名 義 とされた 財 産 を 信 託 目 的 に 従 い, 受 託 者 が 管 理, 処 分 し, 信 託 期 間 中 は 信 託 収 益 を 生 ずべき 財 産 として 管 理 し, 信 託 終 了 時 には 信 託 契 約 に 定 める 者 又 は 委 託 者 に 返 還 することを 趣 旨 とする 契 約 で あり, 信 託 財 産 については, 受 託 者 への 信 託 財 産 の 譲 渡, 信 託 財 産 の 受 託 者 財 産 か らの 独 立 性 といった 信 託 契 約 に 特 有 の 性 質 を 有 するが, 信 託 財 産 からの 収 益 という 点 では, 信 託 収 益 は 信 託 財 産 に 関 する 管 理 委 託 契 約 から 生 ずる 資 産 収 入 としての 実 質 を 有 し,また, 信 託 受 益 権 は 信 託 契 約 上 から 生 ずる 債 権 であるが, 信 託 財 産 の 返 還 請 求 権 者 が 受 益 者 である 場 合 の 信 託 受 益 権 の 譲 渡 は, 実 質 的 には, 収 益 管 理 契 約 上 の 債 権 債 務 が 付 随 した 信 託 財 産 の 譲 渡 ということができる 所 得 税 法 は,このよ うな 信 託 の 基 本 的 な 性 格 を 踏 まえ, 同 法 13 条 1 項 ただし 書 に 定 める 信 託 を 除 き, 信 託 財 産 に 帰 せられる 収 入 支 出 につき, 受 益 者 が 特 定 している 場 合 には 受 益 者 が 信 託 財 産 を 有 するもの とみなして 所 得 税 法 の 規 定 を 適 用 する 旨 規 定 する すなわち, 受 益 者 が 特 定 してい る 場 合 には, 受 益 者 が 信 託 財 産 を 有 して, 信 託 財 産 からの 収 入 を 得, 信 託 財 産 への 支 出 をしたものとして, 所 得 税 法 の 規 定 が 適 用 される したがって, 信 託 財 産 の 譲 渡 による 譲 渡 所 得 については, 譲 渡 に 係 る 所 得 も 譲 渡 にかかる 取 得 費, 譲 渡 費 用 も 受 益 者 に 帰 属 するものとして 譲 渡 所 得 の 計 算 がされることになるし, 信 託 受 益 権 の 譲 渡 も, 所 得 課 税 の 原 因 は, 原 則 として, 信 託 財 産 の 譲 渡 と 解 すべきことになる 既 に 認 定 したとおり, 控 訴 人 ら 及 びP3は, 控 訴 人 らが 所 有 していた 本 件 土 地 上 に 本 件 建 物 を 建 築 し,これを 賃 貸 管 理 することを 趣 旨 として, 安 田 信 託 との 間 において, 控 訴 人 ら 及 びP3を 委 託 者, 安 田 信 託 を 受 託 者 として, 本 件 信 託 契 約 を 締 結 し,さらに, 控 訴 人 ら 及 びP3を 受 益 者 として,1 本 件 信 託 財 産 及 び 本 件 信 託 財 産 に 関 して 取 得 した 敷 金 入 居 保 証 金 等,2 信 託 された 金 銭,3 本 件 信 託 財 産 の 代 償 として 取 得 した 財 産,4 借 入 金 債 務 及 び 本 件 信 託 財 産 の 賃 貸 に 関 して 受 入 れ た 敷 金 入 居 保 証 金 等 の 返 還 債 務,5その 他 これらに 準 ずる 資 産 及 び 債 務 を 信 託 元 本 とし, 本 件 信 託 財 産 より 生 ずる 賃 貸 料 及 び 信 託 財 産 に 属 する 金 銭 の 運 用 により 生 ずる 利 益 等 を 信 託 の 収 益 とする 本 件 信 託 受 益 権 を 設 定 し, 本 件 信 託 財 産 は 受 託 者 で ある 安 田 信 託 が 引 き 続 き 有 していたところ, 控 訴 人 ら 及 びP3が 本 件 信 託 受 益 権 を 譲 渡 したものであ る そうすると, 控 訴 人 らによる 本 件 信 託 受 益 権 の 譲 渡 に 係 る 取 得 費 の 計 算 に ついては, 信 託 の 設 定 により 委 託 者 から 受 託 者 へ 移 転 し,その 受 託 者 が 引 き 続 き 有 しているものである 本 件 土 地 に 関 しては, 控 訴 人 らが 本 件 土 地 を 引 き 続 き 有 してい るものとして, 所 得 税 法 38 条 の 規 定 を 適 用 して 計 算 することとなるから, 譲 渡 所 得 に 係 る 取 得 費 も, 本 件 信 託 受 益 権 を 取 得 するまでの 準 備 費 用 等 としてではなく, 本 件 土 地 の 取 得 費 として 検 討 すべきものである したがって, 本 件 信 託 受 益 権 を 固 有 の 譲 渡 資 産 とし,これを 取 得 するための 付 随 費 用 として 取 得 費 の 算 入 を 検 討 すべ き 旨 の 控 訴 人 らの 主 張 は 採 用 できない 3 よって, 原 判 決 は 相 当 であり, 控 訴 人 らの 本 件 控 訴 は 理 由 がないのでいずれ も 棄 却 することとして, 主 文 のとおり 判 決 する 東 京 高 等 裁 判 所 第 11 民 事 部 裁 判 長 裁 判 官 富 越 和 厚 裁 判 官 桐 ヶ 谷 敬 三

8 裁 判 官 佐 藤 道 明

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論 1 速 報 税 理 御 中 2011.10.20 2000 字 ( 最 大 4000 字 ) 目 安 連 担 建 築 物 設 計 制 度 下 での 余 剰 容 積 率 の 移 転 の 対 価 は 譲 渡 所 得 ではなく 不 動 産 所 得 である 東 京 地 判 平 成 20 年 11 月 28 日 税 資 258 号 順 号 11089TAINS:Z888-1472 立 教 大 学 法 学 部

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc) 平 成 25 年 9 月 27 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 229 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 四 日 市 税 務 署 長 が 平 成 25 年 3 月 15 日 付 けで 原 告 に 対 してした

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

Taro11-20060613120847.jtd

Taro11-20060613120847.jtd 主 文 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 原 告 が 被 告 に 対 して 平 成 13 年 10 月 16 日 付 けでした 原 告 の 平 成 12 年 分 所 得 税 に 係 る 更 正 の 請 求 ( 以 下 本 件 更 正 請 求 という )に 対 し, 被 告 が 同 年 12 月 25

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

8B0D5556F6F88CAA49256CFA0007BD2

8B0D5556F6F88CAA49256CFA0007BD2 主 文 一 破 産 者 株 式 会 社 榮 高 破 産 管 財 人 aの 本 件 控 訴 を 棄 却 する 二 原 判 決 の 主 文 第 二 項 を 取 り 消 す 三 1 破 産 者 株 式 会 社 榮 高 破 産 管 財 人 aとアンバサダー 六 本 木 管 理 組 合 法 人 との 間 において 別 紙 預 金 目 録 1 7 及 び14の 各 定 期 預 金 債 権 がアンバサダー 六 本

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円 税 務 訴 訟 資 料 第 258 号 -120( 順 号 10978) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 浅 草 税 務 署 長 ) 平 成 20 年 6 月 27 日 棄 却 控 訴 判 示 事 項 (1) 事 業 所 得 該 当 性 の 判 断 基 準 (2) 競 走 馬 の 保 有 に

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word sozei-sample1.doc

Microsoft Word sozei-sample1.doc 第 1 章 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 Ⅱ 第 1 節 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 の 趣 旨 (A) 法 人 が, 他 の 内 国 法 人 から 利 益 の 配 当 等 を 受 けた 場 合 には, 企 業 会 計 上, 営 業 外 収 益 に 計 上 されるため, 収 益 の 額 を 構 成 する しかし, 法 人 税 法 上 は, 別 段 の 定 めにより, 原

More information

<4D F736F F D20826C BB97E18CA48B868CB88E9182C982E682E98AF195748BE082CC8A AB2E646F6378>

<4D F736F F D20826C BB97E18CA48B868CB88E9182C982E682E98AF195748BE082CC8A AB2E646F6378> [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 事 業 再 編 / 払 戻 限 度 超 過 額 の 寄 付 該 当 性 ( 東 京 裁 平 成 26 年 6 12 ) 第 60 回 2015 年 ( 平 成 27 年 )6 5 発 表 林 靖 典 MJSS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが主 催 する 研 究 会 です MJSS 租 税 判 例 研 究 会 についての

More information

(1) 確 定 申 告 原 告 は 平 成 21 年 3 月 10 日 平 成 20 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 以 下 本 件 確 定 申 告 書 という )を 処 分 行 政 庁 に 提 出 した そこには 次 の 記 載 があった 総 所 得 金 額 225 万 0400 円

(1) 確 定 申 告 原 告 は 平 成 21 年 3 月 10 日 平 成 20 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 以 下 本 件 確 定 申 告 書 という )を 処 分 行 政 庁 に 提 出 した そこには 次 の 記 載 があった 総 所 得 金 額 225 万 0400 円 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -122( 順 号 12246) 横 浜 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 20 年 分 所 得 税 の 更 正 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 相 模 原 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 7 月 3 日 棄 却 控 訴 判 決 原 告 甲 被 告 国 同 代 表 者 法 務 大 臣 谷 垣 禎 一 処 分 行 政 庁

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

平成20年

平成20年 第 5 章 税 法 その 他 の 分 野 1. 不 動 産 取 得 税 (H24-24) 不 動 産 取 得 税 に 関 する 次 の 記 述 のうち 正 しいものはどれか (1) 不 動 産 取 得 税 の 課 税 標 準 となるべき 額 が 土 地 の 取 得 にあっては 10 万 円 家 屋 の 取 得 のうち 建 築 に 係 るものにあっては1 戸 につき 23 万 円 その 他 のものにあっては

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

第1章 総則

第1章 総則 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 取 引 会 員 規 程 本 規 程 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 の 運 営 する 日 本 卸 電 力 取 引 所 ( 以 下 本 取 引 所 という ) の 取 引 会 員 に 関 する 手 続 きを 定 めることを 目 的 とする 2. 本 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

平成23年1月27日判決言渡 同日原本交付 裁判所書記官

平成23年1月27日判決言渡 同日原本交付 裁判所書記官 平 成 26 年 2 月 5 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 コ) 第 345 号 納 付 義 務 不 存 在 確 認 等 請 求 控 訴 事 件 主 文 本 件 控 訴 を 棄 却 する 控 訴 費 用 は 控 訴 人 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 中, 控 訴 人 敗 訴 部 分 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 の

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -200( 順 号 12324) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 すべき 理 由 がない 旨 の 通 知 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 新 宿 税 務 署 長 事 務 承 継 者 日 本 橋 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 10 月 30 日 棄 却 控 訴 判 決 原 告 更 生 会 社

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63> 添 付 書 面 作 成 基 準 ( 指 針 ) 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 日 本 税 理 士 会 連 合 会 一 はじめに 税 理 士 の 使 命 は 税 理 士 法 第 1 条 に 規 定 する 独 立 した 公 正 な 立 場 において 国 民 の 納 税 義 務 の 適 正 な 実 現 を 図 ることであり この 使 命 に 沿 って 税 理 士 業 務 を 遂 行 することで

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378>

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378> 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 財 務 レポート ( 平 成 27 年 10 月 ) 事 業 年 度 2014 年 4 月 1 日 ー2015 年 3 月 31 日 は じ め に 平 成 26 事 業 年 度 の 財 務 諸 表 について 平 成 27 年 8 月 31 日 付 で 東 京 都 知 事 の 承 認 を 受 けましたので ここに 公 表 します 加 えて 今 回 発

More information

<4D F736F F D BD90E690B CF68A4A A C E646F63>

<4D F736F F D BD90E690B CF68A4A A C E646F63> [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 居 住 用 財 産 の 特 別 控 除 共 有 家 屋 の 一 部 を 取 り 壊 してその 敷 地 を 譲 渡 した 場 合 第 40 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )8 月 5 日 発 表 平 仁 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての

More information

位 協 定 2 条 1 項 (a)に 基 づき, 同 項 (a)の 施 設 及 び 区 域 として, 米 国 に 対 して 提 供 し, それを 米 軍 が 上 瀬 谷 通 信 施 設 として 使 用 してきたものである 3 当 事 者 の 主 張 の 概 要 (1) 原 告 の 主 張 の 概 要

位 協 定 2 条 1 項 (a)に 基 づき, 同 項 (a)の 施 設 及 び 区 域 として, 米 国 に 対 して 提 供 し, それを 米 軍 が 上 瀬 谷 通 信 施 設 として 使 用 してきたものである 3 当 事 者 の 主 張 の 概 要 (1) 原 告 の 主 張 の 概 要 8- 平 成 10(ワ)799 土 地 明 渡 請 求 平 成 14 年 8 月 29 日 横 浜 地 方 裁 判 所 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 被 告 は, 原 告 に 対 し, 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 各 土 地 ( 以 下 本 件 各 土 地 と 総 称 し,

More information

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主 平 成 11 年 11 月 24 日 判 例 集 未 掲 載 大 阪 地 判 管 理 費 等 の 徴 収 中 間 取 得 者 の 支 払 義 務 1 特 別 修 繕 費 の 未 納 者 から 区 分 所 有 建 物 を 競 売 により 取 得 し さらに 第 三 者 にこれを 売 却 した 中 間 取 得 者 も 特 定 承 継 人 として 特 別 修 繕 費 等 の 支 払 義 務 を 負 うとした

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当 平 成 20 年 度 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 報 告 書 金 融 資 産 負 債 台 帳 の 作 成 手 引 き 平 成 20 年 6 月 30 日 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 状 況 (1) 連 結 子 会 社 の 数 22 社 当 連 結 会 計 年 度 より 次 のとおり 連 結 の 範 囲

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 状 況 (1) 連 結 子 会 社 の 数 22 社 当 連 結 会 計 年 度 より 次 のとおり 連 結 の 範 囲 法 令 及 び 定 款 に 基 づくインターネット 開 示 事 項 第 5 回 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 1 2 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 法 令 及 び 定 款 第 16 条 の 規 定 に 基 づき 当 社 ホームページ (http://tokaiholdings.co.jp/ir/library/meeting.html)に

More information

2 個 人 と 法 人 の 税 負 担 比 較 1. 給 与 所 得 控 除 額 を 利 用 した 税 負 担 の 軽 減 平 成 24 年 度 改 正 により 給 与 所 得 控 除 額 の 上 限 が 以 下 のように 設 定 されました 具 体 的 には 平 成 25 年 分 より 1 給 与

2 個 人 と 法 人 の 税 負 担 比 較 1. 給 与 所 得 控 除 額 を 利 用 した 税 負 担 の 軽 減 平 成 24 年 度 改 正 により 給 与 所 得 控 除 額 の 上 限 が 以 下 のように 設 定 されました 具 体 的 には 平 成 25 年 分 より 1 給 与 医 療 法 人 化 のメリットデメリットレジュメダイジェスト 版 1 医 療 法 人 化 するということは 1. 権 利 義 務 の 主 体 は 法 人 に 1 個 人 事 業 は 廃 業 2 法 人 設 立 法 人 格 の 付 与 ( 権 利 義 務 主 体 ) 法 律 に 基 づいて 設 立 登 記 された 法 人 ( 法 人 法 定 主 義 ) 経 営 主 体 の 継 続 性 がない 役 員

More information

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73>

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73> 学 校 法 人 会 計 基 準 について ( 平 成 27 年 度 以 降 ) 予 算 と 決 算 の 両 方 を 満 たす 計 算 体 系 の 説 明 学 校 法 人 の 概 要 学 校 法 人 とは 学 校 教 育 法 私 立 学 校 法 の 定 めるところにより 私 立 学 校 の 設 置 を 目 的 に 設 立 された 法 人 です 私 立 学 校 は この 学 校 法 人 によって 設 置

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63> 当 金 庫 でお 預 りいたしますご 預 金 は 本 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます ひがしん 総 合 口 座 取 引 規 定 1. ( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は ひがしん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます ) ができます 1 普 通 預 金 ( 無 利 息 型 普 通 預 金 を 含 みます 以 下 同

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこ

主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこ 主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこれを5 分 し,その1を 原 告 の 負 担 とし,その 余 は 被 告 らの 負 担 とす る 事

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2-

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2- 平 成 18 年 度 CFP 受 験 対 策 ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング サンプル 版 ~ 途 中 でページが 省 略 されている 部 分 があります 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ CFP 試 験 頻 出 ポイント 集 株 式 会 社 住 まいと 保 険 と 資 産 管 理 http://www.fpcom.net http://www.mylifenavi.net

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information